close

Enter

Log in using OpenID

現代世界とのかかわり ・・・「精神なき世界の精神」他

embedDownload
現代世界とのかかわり
・・・「精神なき世界の精神」他
※ フーコーによれば、イギリスのピューリタン革命や名誉革命、あるいはフランス革命(それ
らは自然発生的な革命という性格が強かった)では、不思議なほどに「自己への配慮」の契
機が見当たらなかったが、19 世紀になって革命運動が自覚的に「いかなる革命をめざすべき
か」を問うようになったとき、あらためて「自己への配慮」が復活したという。だが、革命
が進展していって「党」が専制的な主導権を握った途端、党のための自己犠牲が言われるよ
うになって(それはキリスト教の「神」をまえにした自己の放棄と類比される)、「自己への
配慮」は後景に退いてしまった。これらの過程を追いかければ、革命的<真理>と革命的主
体との関係が論じうるだろうとフーコーは言う。このように、フーコーの問題意識はナルシ
、、、、
スティックな自己論ではなかった。こうした問題意識が現代へむけられたとき、フーコーの
眼のまえに起きたのがイラン革命(1979 年)だった。
◎ 「これは理念のルポルタージュである」という一連のエッセイ
理念と出来事のあいだで活動するのが「ジャーナリストとしての哲学者」の仕事である
東欧革命(1989 年)
・・・西欧型革命
エジプト革命(2011 年)
イラン革命・・・イスラームの原理主義的革命
これをあたかも褒め称えるかにみえる文章を書
いたフーコーを、欧米の論壇は袋叩きにした。
※ だが、フーコーにとって大事だったのは必ずしもイスラームだったのではなく、イランの革
命運動が「自己への配慮」の具体的ケースと見なせるかどうか、あるいはその行方だった。
・
情勢分析としては何ら新しくない。
・
人間は、理念によって他者から導かれるだけではなく、拒否もするし、みずから自己を導い
たりする。一方における権力=導きは、他方において摩擦=対抗導き(自己の自己による導き)
の可能性を生み出す。この「対抗導き」のなかで「自己への配慮」が問われる。
・
イランの民衆は当初、アメリカの支配する世界体制を、専制政治(シャーと秘密警察と軍隊
の権力で「上からの近代化」をめざす)を、そして聖職者の指導体制をも拒否しようとした。
・
貧困や階級問題は原因のひとつにすぎない。問題は、どんな理念が賭けられたか?
(社会工学や戦略論のてまえにあるものをフーコーは見ようとした)
・ 彼らは 12 イマーム派の伝統的信仰(元々アラブ世界の現実に対する抵抗ゆえに根づいた)を
20 世紀の現実にあわせて読み替え、自由や民主主義などはすでに数百年もまえにイスラームが語
っていたはずだと言い、それらをみずからの力とし、2重3重に拒否を重ねながら、新しい生き
方を模索しようとした。それは個々の、同時に集団的な意志の表現だった(とフーコーは見る)
・
その行く末は・・・聖職者による革命の乗っ取り、排他性の高まり。
・
専制政治を排したら狂信を支持するしかない・・・わけでもないだろう?
・
瞬間的に到来した政治的霊性への関心、宗教改革から階級闘争までの「対抗導き」の系譜
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
102 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content