close

Enter

Log in using OpenID

Arup Newsletter 2014-08

embedDownload
Arup Newsletter
2014-08-19
アラップ東京事務所・発行
ムンバイ空港 ターミナル移転 その印象を決めるのは・・・?
ムンバイ国際空港のターミナル 2 が、今年 2 月オープンしました。設計は SOM。最新鋭の設備を備えつつも、
インドの伝統を重んじた設計は、どこか懐かしさも感じさせる柔らかい雰囲気です。樹木のように上部で広がる
柱、その合間から漏れるカラフルな光は国鳥のクジャクを想起し、蓮の花をイメージした照明器具が空間を照ら
しています。
アラップは、運営準備や移行をスムースに行う ORAT(Operational Readiness, Activation and Transition)という
協力をしています。24 時間運営の空港内で、40 の航空会社、14,500 人がトレーニングを受け、新しい IT シス
テムやバゲッジ・ハンドリング、セキュリティ・チェック、避難誘導等を習得しました。
包括的なマネジメントで新空港に息吹を吹き込みました。オープン当日は問題無く移行が叶ったようです▼
http://www.arup.com/Projects/New_T2_Mumbai_Airport.aspx?sc_lang=ja-JP
ケンプラッツにて詳細を紹介しています(アラップ トータル・デザインの舞台ウラ 21)▼
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/column/20140812/673569/
ロンドンのスカイラインを一新 リーデンホールビル
46 階建、高さ 224m でロンドン市内一の高さを誇るオフィスビルが竣工しました。セント・ポール大聖堂の景観
保護のため、空に向かって薄くなっていく形態が特徴的です。
主要な構造要素となっているのは、建物外周に網目状に表れた鉄骨メガフレーム。これにより、内部にコアは
なく、柱は最大でも 6 本と、自由度の高い平面が実現しました。超高層では類をみないほどのプレファブ化を
試み、全体の約 85%が工場組立てという施工方法も特徴の一つです。
意匠設計はロジャース・スターク・ハーバー・アンド・パートナーズ。アラップは構造設計、設備設計に加え、エ
レベーターなどの縦動線、音響、照明、セキュリティのコンサルティングを担当しました▼
http://www.arup.com/News/2014_07_July/29_July_The_Leadenhall_Building_reaches_Practical_Completion.asp
x
米国内最高、122m のフラッグポールが完成
米国ウィスコンシン州・シェボイガン市にて除幕式を迎えたのは、星条旗を掲揚するフラッグポール。一見単純
な構造物ですが、シンプルな形態ゆえに、高さの追求には建築設計以上の工夫が求められました。
米国内最高の高さ・400 フィート(約 122m)実現するべく、アラップは技術面全体のアドバイザリーを行いました。
54m/s の風を想定した耐風圧・制振設計、-41 度の過酷な環境かつ 50 年の寿命に耐えうる材料エンジニアリ
ング、520m3 のコンクリート基礎設計、照明設計など、その範囲は多岐にわたります。
頂上にあるベアリングや、ポール中に仕込まれた 3 種の振り子型制振装置が設計の要となりました。リンクから
施工の様子もみることができます▼
http://www.arup.com/News/2014_07_July/10_July_Tallest_US_flagpole_dedicated
2050 年の鉄道って? 鉄道の未来
切符不要、自動制御の貨物列車、無人のメンテナンス車輌、車掌のいない高速鉄道…すでに日本では導入さ
れているような…?
都市への人口集中、局地的な天候の悪化、様々な技術開発 - これらが鉄道システムにどのような影響を与
えるかを予測し、2050 年の鉄道の姿をまとめた報告書、Future Rail of 2050 が完成しました。“鉄道の建設自
体も無人機器を遠隔で操作することになる”とか、“貨物は乗客とは別の高架・もしくはより深い地下に専用の線
路が設けられるのではないか”など、楽しい挿絵付きで紹介されています。
下記のリンク内から、報告書のダウンロードが可能です▼
http://www.arup.com/News/2014_06_June/24_June_Arup_Reveals_a_Vision_of_the_Future_of_Rail
Arup Journal 1/2014 できました!
Arup Journal 1/2014
http://publications.arup.com/Publications/T/The_Arup_Journal/2014/The_Arup_Journal_2014_Issue_1.aspx
今回は、ライトレールなど、交通関係のプロジェクトが盛りだくさんとなっています。その他にもイギリスのアリー
ナ、ニューヨークのフルトンセンターの改修工事、香港のゼロ・カーボン・ビルディングなどを紹介しています;
- ウルトラ・ヒースロー・システム
ロンドン、ヒースロー空港の第5ターミナルと駐車場を結ぶ、移動システム。コンパクトな形状で個々のニーズに
合わせて移動します。
- A30 モントリオールの高速道路
PPPのスキームで作られた、カナダ・ケベック州のバイパス。42㎞のプロジェクトには、橋なども含まれています。
このニュースレターは、アラップのスタッフと名刺交換させていただいた方にお送りしています。ご不要の方は、
お手数ですが下記の(2) のリンクより、「配信停止」のお手続きをお願い致します。
アラップがたずさわった世界各地のプロジェクト情報をご紹介していきますので、気になるデザイン、技術等が
ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
(1) お問合せ・ご意見、メールアドレス変更→ [email protected]
(2) 配信停止・新規登録→ https://a.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=arup
(3) 本ニュースレターのバックナンバー(PDF 版)は、arup.com 日本語トップページの『トピックス』より
→ http://www.arup.com/japan
編集・発行: Arup 東京事務所 菊地 雪代
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町 24-4 東武 富士ビル 3F
電話 03-3461-1155(代) ホームページ http://www.arup.com/japan
本ニュースレターは、arup.comの内容を中心に要訳・ご紹介しています。
Copyright(c) 2014 Arup / 本メールに掲載された内容の無断複製・転載を禁じます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
12
File Size
265 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content