close

Enter

Log in using OpenID

胃がんリスク検診 - 医療法人社団 豊生会

embedDownload
胃がんリスク検診とは?
「ピロリ菌感染の有無を調べる検査」と
「胃粘膜の萎縮の状態を調べる検査」を血液検査で判定することで、
「胃がん」に
なり易いか否かのリスク(危険度)を判定する、新しい検査方法です。
※直接胃がんを見つける検診ではありません。正確な診断のためには、
胃カメラ検査を受ける必要が有ります。
胃がんリスク検診 を
受けてみませんか?
血液検査
のみでわかります!
検査内容
◆ ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査
…ピロリ菌感染の有無を調べる検査
ピロリ菌感染は胃がん発生のリスクを高めます。
◆ ペプシノゲン法
…胃粘膜の萎縮(老化)の状態を調べる検査
料金
3,800 円
(税込)
< ABC
分類に適さない方 >
●胃切除後の方 ●腎不全の方
●胃の病気の治療中の方
●胃酸を抑える薬を服用中の方
●ヘリコバクター・ピロリ菌除菌治療を受けた方
胃粘膜の萎縮が進む程胃がん発生率が高まります。
結果判定
胃の健康度を ABCD の4グループに分け、
それぞれの胃がん発生リスクを判定します。
A群
B群
C群
D群
ご質問などお気軽にお問合せ下さい。
健康的な胃粘膜です。
少し弱った胃粘膜です。
弱った胃粘膜です。
かなり弱った胃粘膜です。
784-1116
東苗穂病院 健康推進室 TEL…
(011)
〒007-0803 札幌市東区東苗穂3条1丁目2-18
医療法人社団
豊生会
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
820 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content