close

Enter

Log in using OpenID

14-502

embedDownload
B
l込
~
場
IlIIlIhllll'II""IIIII11I I I1I11I II1I1I1II1I11 II1I11 I1II11I\IIIIIIIIIIIII'IIIIIII\IIIII'11I1II1~IIIIJ",lIIllhIllJ'IIIIlI'IIJIIIIIIIIIIII,JfIIlllffllllllll
'
'
'
将 Mム, 22 付g 主性践する光核 l豆~',
lB-l
(東北丈‘王.!)
斎義、玄九
え続投 lit/1 主ピ L も殺靖造の研究争 i~ 乙 L "0用いら九! 9
9粒子放出反応の珂
1
2会見とし之 l主lまヒんピ'用いられ Z いをし).
今治会合支出 U子主ぅ減反応の研究 1主 j~:;" , 札粒与等の局電荒立去を鳴射粒与と
三場合4
J
'
f主ぢ‘光持政良』の場合 I
(
¥
:
.
.(
t
l
l動
車2
射を聞いるとヒによ勺之行まわ仇るため
し7
解析が'均雑ざ碕境刷はずない。
$
却
すtIi;え按反応 ρ拐射エネ jレキ¥侠引をもす間ぺ、る研究の一都ヒ L 乞鞍枝領
域の今〉世 3
回放出反応の照射エネルキ>t依存 i
主主研究する目的 c実被毛行まヲた o
9~ 粒吾放出1 反応 "'Æ1f究 lま銭号~~安測定減免~..放地粧手直時現'J 定判 l~ 比し τ 有利て・
あるがう辛安嫌-r:;1
討を管核のす線スぐ?トロチト )
1ー
を荊¥.,}之調1
'完全行主フた。
翼斜線婚のが f
.
f
o
.(
及
=
=1
5l
v
r
.
) ピ28M
}
(T
)
f
:
:
:2
/h)I
よそに F
長官殺の淵えに都令
の主 U 半戦病害持多} Lが古持織的なエネ J{; ギ の光電ヒ
ク主持つ。
2
4
l
{
f
t定住成守るえ核反 l
むの研究は t
tに行まわ:l)u1;);手
l
j
b
v紗手丸るか, 28HJ宅生
i#
pずある@
成する鬼才女反応の荷主 l
安島全: 愛嬢 1;1;.素北九誉主聖母部原手殺規学研究鈍吉主的互の 3ooMe
v
.LIνAG i
'
符なった。
甥射時間 l主目的殺織の注戸文章 I~ 民, '
t,
1 20叫--v4J..Y.之変えた。
r
.
;-ゲIv ト丸秦 lま烹う1 シウ与 I )'ルミニウ与ノケイ奈 1 リン bょが・イ才ウ
を議が'I 線号較正の目的ず閉¥.,)九長案ピ令 l乙甥射安駿り?なフた。
ミ
制
定,
:
I
l
;3
6c
c&
e仏
i
.
)
山 }021c
- HA を痢L-l, 1
9
長
督j
識の絶対注良重改定立イキ告も青色聞
いて£め L
射殺警 1-;' B
叫 的γ l二よ 1
) 定め 5* - い る 叱 〈 れ れ)
1
1心 草 川 基
半 I~ L L.ポめ} 1府1争当りの飽和住民孝之 L乞光耕民克;収キを£めた@
I
1
3
D
r
綜果:得うれたえ減反此収奪は f凱μ~.- ムω のい~I之従ヲも断面接 k 礎等
しし
2
.
"
A
tキ1.4No.! 宮L今 Z中総, 21'Ha-による断面綾法線主国 11:系す。
結果の奉繋 z 特きれた励匙曲線(,-つ U 乞 9-J
lァ
トj
金持から自的の銭包核主
事えるため本弁夜応,の L~ ¥"倍(-Q
.
1
車)左京め F 長 いz示 L色
。
主民する減&.記・経長私生 j
y)レミェウ 4字ーゲiy トβ1 ~ 1
.
千N
'
a
.
.屯住践する反応 lま30f
l
k
V 前後 .
t
i
f
bり1
;
)
:
.l
Jg
5S~V 古1 よ"(}." 8
'
1
>H~ V,
/r
J
1
!
_-z,~と. - ?を河~L., l>ofuV か }2 タI> H~V まずはかなリめ増
加傾向 F認めら成品。
ケイ奏字』ゲザトから砕/{a.主生 2
えする長島 iまケイ各戸>>3
縄の暴走問母体か 5成る色め反良, 1
主体 I;
J
:
.
定
必
要
注 lI
l, 1
3N.
e
V 以下す主汐なり家計t:
P起もとにがら0(結テモ香梯争等の竣合地予の故均;S'
ri)¥をり関与 t-z_いると之 p
'
推察される。
。乙?世守等の竣合粒子の枚珂かリンデ ゲ γ ト¥イオウ字 ゲザト
,
r
-8
0ー
F
時1 ~の
ゑエ‘殺及 r
t乙しをし イ
皇
2'1- h
l
'
o
.
.ω 空誌の場合ルも
抄~ ,
.
h
z . 勿粒ろ故 i
持及 t
r
:
eの得
点背 l;tより圏艶 r~. 在る。
ケイ事事ーゲ1ブ
ト /
;
1戸
時
宅生敬する反あ
i
.
(
咋
)
吋
J
日斗盤集金品斗主主笠嘉ム」盈望遠よ土主ピ産l
こ畠)
ZワA
t (10
0持) I
(
れ2
rl)t) I
2
4
t
f
o
. I3
1
ι ト
1
e
V
2
8Sしく 9
2
.2
.1
弘) Iげ 3
[仇) I
t
宇陀 I4
3
.
0刷
印
(
1
.り0%)
2
'
1$~
ピ限定立すt1
-L) る
,
回1汐与壬
c
i2f)12'
1JI(~
I4
け M
e
V
K3f2仇) 夜夜←
5
1
.
5HeV
1
ま]OS
I叫tVo. I23.2 MeV
(
,
'
1,
d2
p
m
)I
2~ Nã. I 4'2l
1eV
(
r
,3(31
)I
川
I b2.1 M~V
(
r r
仇) I
24N
.
a I 33、宮山V
〈 川2
r
2
m
)
! 24t
V
o
.
.
. I 5?~ MeV
九年 lれの皮 1
色
:
(れ幻)
2
の場合におトl
e_V付紅にピーク
の各在余認め:>?
h
_~追い I 反応,
j
急
1
揖乙しも i
立法合成1
1
符色 2
草
I I
30S~
く 3、 b 守~)
l
l
'
Z
,0
(
,
作場合ヒ推繋立氷る e
&
0t1晶リ~ I
D
OK
且V
特域の中
広
1
,
,
)
ヒ
?
戸
ク lま30SL(悦 2
p
)
2
宮町診たずl
;
¥
'
.
i
あまリ顕著 τ
eな¥.1 と ヒ 汐 5イ尊重揚手モ
デ)
ν の通用品γ考
え jl
)
t
.るe
また, リ
ゾ宇一ゲ'1 トマイ才ウ 1-ゲ'プトがら
叶
空18
"M
j.の生成 '
;
1
: 31P
ケ , Y君
3
.
u
.Sc
や,1f
)2宮町内皮 1
むによるもゐ弘晃:
わ
せ
レf Z
4
A
A主佐世えする中 1
'
を手械出色合
む年粒 5故J
l
!
j反良!1
二
比 L,
z
- L
l
¥
.
)連
イ1
>
1
'
イも ~I l~ th' 汐わ与1"完成攻応 q~ キ t か
1
0
2
1
L
γ
" 2P) I
28Mf
I
.
I
2
4
.
0M
(
.
V
山
I
3
r
な)
1{~< ,断面積番待\"イ直ジぁ,~。
1
8
I
O
I~O 同eV i'/.. 上のエキ lレギ'-額t.o~"1,"
tt
"関
与
Lt
_
l~ま反応員1怠J ヲちいるど足,わ点るが・I
卒史嬢ず止ヰ時ずあっ
曜
量
(
N
5
u 事、咽高
i
まや閉奇計生伐レノ中間
ι。
持が物') RÆ付4崎'.~S 例私'i'!"
九叫主主 d叫
/
,r
ヤ.1,白 3(1?ゆ
@
。
@
@
。
i
母
宅
月比叫兵ルノ
OMM
戸内弘
山
一
句
d
.,Pヤ S
時
J
仰必,立F42Mlmi
。
2
0
.
~1.
4骨
60
Jo
]00
ヱネ 1
1
,
."
"
,
"
- (MeV)
2
'
1
地今ML2SL今1
4
M
az
e
h今1
曹M
g
-8
1ー
-
,
2~()
IT)励匙也紘
守t 減反点 I~ よる 53 t
1
:
作の銅製
1Bーヌ
L 札1:: ・世霊)
混3
争各?工
oが¢委設立
a
s3f1.例報婚の学説明
(I
'
J 守)
I手約 2ンメ Jρ 6 y とさ ~てレ、るザ丘維なイ直ではない.
yt tJ.る
持~ 16.昨年 η B,
(ι
等1:'1
:
;
' おいて 1
.
.q ぇ
,'30 11...V 。
フ σ トエでパ喪主ぜ
I06
τ考え τい る 問
1
.
:
:
i直 f 幸良筈L-~1)":::l)tは宇留保 2
'
1
)
't
J
.・
)
1 gず無考ザある.
肩書協{直を求めることは宇宙代、すおよが吋啄イヒ~的 1-:;' 有 l羽である。
二内乏
足立て人王的
民宮川吐主作リ毛の君主射能仰を放射 1
(&-対て核私(ゆを t寝室.In-析で茸弘し弐 A =入M
r
:
'I
}玄
F
N
.Lt
J いようロぎ
マヨ o t1 ~V I場予を向い F~ (
p,sf a.i~) .
r/5"バ~V
..~バ九主1'1"., f
-f
列イあるが、 当れを‘i)'¥.の放射
主リ学級期主主交るため 1
:I
手 。 害 殺 穂 と は る E市川主品来る
ごすt迄 人 工 的 I
c
:
.I~
i
tザーは零である,
イ lレ"1 '1殺守主同い勿 Cr(~ノ?t)反 jkτ..
;
;
年
月
九
/5
'
3万九市民jf2長年 j 崎,色、で前者てへどメ /0" r.左右で約 J00 て あ る . !リゲ
能r;t t
n
九4・ 安 城 詰 る さ み と し
ρ S
'
J
.
て先議 E 長持 F~ (0 , 九)咋4f二日町勾川 ~l1n
グ考乙
タれる担でこのき;乏で菅験主の裏話の ~1ヰを格制司ることを目的~ L f
:
.•
L方;五)
,
烹久原手げ要爵質的の
ザ 6t
1
.
e11 :
21バ
.
0
.1
7、 /
Iパ
.
Q
.
1
/
、
κ
ν
R
. -L/ ;
v
'AC を 用 い r続出家あ王匁 t
レギー
201
1
.
R
.γ
μ る.rr
t
l
.ち崩 ν、て F.R. ヲ ー ゲ 内 ト き 桟 肘 L r~
0
欽1
' - ,(吋トど L て ゆ 特 紘 試 薬 F
.
o c
J
.
_
g~ K-;J Hr
J
.i
事i
設としてイソ 7
'Q ピ 11
-:
:
t -干
,
1
,
. て、抽出 L 花 ん げ を 春 場 酸 で i
草加弘し、こ止1.1尚 @
h
孟r
:
.;雪之酸イピ拘としザヲス管
1
;
:封
入し 1
ミものと、鉄沼と
照射の i
烹 の 以ι
ぷvm þ~ω九ヒ宝章 l しギー
E用いた。
の 胡 仏 IJ:千設内」車リで‘ある。
2
..
b
'
1
.
え
o/
弘o I
.
t
.
。
‘
S、
z ιi
f 3
.
0
/
1
..
S
I
f
.
.
!
: ?
!
.
1
f
)1
0
.
0 1
1
.
0 1
2
.
0
号式料 U1A
(
j
.
(
.
A
)
;
2
.
t
)
J
-f
n
ヨ
y
.
tA
)
4
u
んA)
(
)
.
2
,
I
ま
1
6
.
0 1
'
1
.0 1
及
。
1
.え
1
9
.
0
1
J
)
.
0
μ
o J.:
Z
.
O
。
:
; 17
4 2
O
.タ D
j
.
7
.
2
.
1 1
可
‘ .
ノ
/
:
l
.
。
3
.S
'
ム斗也、 l
D
ιも :
、
I
j
.
2.
1 主
人』
。
~t 島7 終') '
{
を
た r
.
,
;
'
ち Ic
:
.3
")
( 3";
¥
1
.
.
.
1 (TJ.)で r λ /
マ7 ト lレ の 掛 義 主 調 べ 、 宮 坂 し た ω戸
、 S'~I1'Jt
有担{せ内核種をき見射惟向 t主元素協会よ 1) えた棒、準続 ìm.
賞品した。
ヲト l
し骨、由、
L家志望)
尚、ぜ~ J
.
.
.n
n
.r
:
.ウ レ 、 て ほ 照 射 し
B
.
L
T, の ス ペ ク ト lし を 差 引 く 三 と
'1得主よれ
c
;O ス ペ ヲ ト
I
レの
}符J
I1
:
'7
uI
'
f
a
.
.
,
τね t8支
(
'1
:
:t
t~則 L
~-q. 11穴を 1司いて
拭耕の r
1
"
-
よリポめ t
:
.
.
¥
Z 0
、
ョ
?
'1
1
t
.'
v‘ O
.土
I1
1.
e
ず
‘
-ペ
^
0
O
.正
午t
1
tず
のyhoす012
0
.
.J< の祈桑乏国 I~ ;f.、す。.r- J.ペワト lレと i辰義時U 緑よリ笠訴え根神 r~ ‘
- 82
f
S1 .
t‘
o 0
.5/ MeV γ
f
)
,
6
1
1
九・
2平市
まT
,1~
z・ ;
v
' 9 ユ ヒ 主 成 グ1 (
:
.•
見。ョヲ・デ、v ト約 I ~ .1:リ得 S れ T
ミ宝ポ株稗の放
0
.
3
8
射能主義,~す;司.
4
4frMHN
nuHH
誠料
I
/
~
6
" 10
'
1
-.
〆P 1Y'-
t.j.乱;()守
岬刊九
?J
I
.
?凡)/}品
d
.f 机
/b.>'
λr
減及促:d) t./,_ r~s{ &ti
宮外ると
t
'
fF
.
R
. ( OI九 )$
'
"
3
1
1
. 唱
が
‘
足止。
)
3,6 1
1
.
R
.V t"
T"
f
.
t
.(
れy:九)舛/
1
九b
'
";
ld
,t グ
'
eV τ
"あ 奇 噌 5
犬
訴
の
,
)
l
司伎俳組威主
?
;
'I
Jd
' dl
ι必 王 主 l
レ キ ー を え0
.rtεV 以下,~苛る 1 区、芋
押し
ザある.
d
重
t フ 載 す ' ゲ 、y ト主同レ、 9I~
L付 し な が タ あ ま リ
rの仇ムメエ;;t.,レギ
I
fる t有 効 が r練 費 は 少 < t
Jリ S
3J
込の笠威
1 手雄官帯,~下るごと庁、半日0> r
:
.
. そ:で r
をヂ
抑 制 必
£事 l
レギーを ,'tt
1
.
tV での肥身才力“参も長 ν、象付ずあ
ろみ k秀 乙 げ れ る .
の n胤 よ リ
,4 ゲダ,~
(OI 九)五
r
1
1
t
.t ~、 ν、
ヨ
ゲ
,
:
:StJ./1;九 I<
t
.'
1- プ 吋 ト 中
l
i
' ?f
.At7帝販の獄号本家
l
たて笠
τ 的 μ~ ,~.匂 Y r
J v、
。
κV R
-LINA ι では~あのピ‘ - t. 国カゼ告さ瓜るヲ
'
-r
""/ト重色 l
脅 ν、
r向 拠 件 各 本 1
.
. ギーを j'
tn~V' と
し/()数的問 i妻維~,射し 7.. >3f
.
e
.1)'"約 J{)J2~ (.3 l
固まじ る
と tザ
,f'
J
?1
ミ.
これ I
J N!
1
1
1
.
'
"
; 1..て約 I.^'L "
y
舟
,
。
て1
ちる。
,
。
20
/
1
0
_
_
1
_ ___J_ーー
60
、防御が支:".~れることグ・望
ν
r
前ヲ首 '
Ji
f
Ji
面司 f
・3
後手島,-=マ〉ザ‘シを含ま叫 ν、安易,-;1今
ゅ ぞ鉱4:'易ぶよリ有知である
(m'
t
要
盤
、E
,げ'あリ、
1
宮入ぜがい.
j殺
?島
ましい e
長時間 R署員守司る1-ifcトニポ的対宇崎~ t
真
里
子
見
1
.
"~ tJν、.
ヲー'('吋トとして '
6.
i
震t
官時ん、
e
」一__J_一一一」一_._L~_ -l____j_._.
もう
:
1,
3ぬ の (l
r
)?
t
);重点‘,~ i
也の著J!ω裁婚と同経!tdl 報系化的iiJ精
主主ヲと考乙てし、~
1
)
'
'
'
,
-i
色々 f
をこの菅験を手足
L 1.いる。
壊し;経~~事,-:あ ρ 及
点前面婦、乞毛フょうであ I
Y
L,;.'光放託点:,";.よる~.3取の銅製'J.意味が 1J
<t
J}
J.
長
岡同照射(ワザ(1"5) し T
:
.f.
t
.
"
-ぬ']- i
'吋 ト I
手重,-; 6時 間 経 R
P
,射レ Z 、 げ凡主才白白しま
じ
、
1
:
.,
.
3
バ
1
1
.t
l
t軍事る 3
予定である.
- 8
3ー
1
高エ主 jレギー者l
動輯射 Y緩
て j事
、
来r
1t~ 5
,
V~f{ι, M昆, sfQ
:J:.;J:-c氏、品6$"w_刊の似8&の生成
8-3
f北 九 五 宣
野対紘{
1 高 ι 評 レギー領域の波及必でj:1
/ ~成片瓦j(:; 主成拘の賞受 /jì':キや荷吃身、帯
!こ崩す 3舟免 1;土,....陽子ぜの f
抵の家主子 r
.j ~ものと, o
'
i
錐 1:よ~ i
Jのl
才少お bP. 本
実験 l<t末北大学の吃 3ヲイアッ 7て‘持られ & ~J-O)イεY 制勤務肘 F 線 ξ ,パナジ、ク
ム,マシが ;
1
, ~央. ::1}\}レト ι 止が射も芳、射レ • U,
ヌ"
"U) 反
疋fぞま(/ ~放射怯ス
カン Y‘ヲム 343dscJ4ト彪レ, ぜれで‘れの択宰~ J-グ‘ヅト 4
交が少の事T
受j
をkの
月n
i
示事事め, 乙 の エ 茅 ル f・-A
費威て走t
'
l
J先挟 f
,
J
J
.
片J
j
k {':フ μ {;号来事 1
Vえ 九
z 照射針折 lt
.
ノぐナジクム);t1
.
.
現
実J
じj ・タグクム主, そめ措 1; 企易主 l打 μt~o ユ
れタ/;.&:坊主緯糸毛ユ y - 1:じて %~1t じて照射(.,. t
"
-J
!
.
,
針 11750MeV吃壬ビ -T
.
屯O
.Z偶 叫 7
込コ/')
, - 9- を 過 し , t
究捜吃手,-jJi老議J
えて除去レ t
:
.制勤務針 y
線
て 1ω3時胡行 t
.
;
.,二.ぞ/' t
rン/'-つ μ て 1
1長夫エ華ル fーた W O おJが.X
_
OO
M
t
Vk
,
.
1f
:
.場 冷 め 究 班 も 抑 え た . J
t
.射伏孟き r
.ス方ンジウ A の担4
本名加えて H
.
.
学小娘レ. 1
-、様スペクト p メ
ト q- I
二
よ 1
', 'fれぞ此の収当主主ポめ t
"
.
.
. ~JJJ尭 r.t..
3
6c
c6
必.-) あわ, I~ 1.4. α G! (Li) 校~嘉k. 1
01
,
+ナャシ岸 Jレ'
i
j
_j
前必和$tJ
1
t~l
f
:
.
. 杭
辛r
J
J
空針供JJ子l
く
おt
'~ J
ト扶裁の c
t
p
6主棋会官玄武愛 /d
史草レ. (司採 I~ ポめ
j
,
0
r
f
く
明u(れ倶)Jq%,I..の収~ I~ 対す 5 伊対極!:.
j
q
'
s
1 ~表わ l- t~.....
3 弘 , n昆
, G
> お1が似品乞4 川, を れ ぞ れ , 引 (J
,
4pm),H長(1
,
タ
t
X
'
I
l)
.
1
.6pX仇
)
, μ
'
.
6
1
ム(
i
'
, 8
f:
l
1
'
!
.
);
j
_
;
,
じ
て
・4
専られ r
'
-4J'V4IS
ι の却対収孝 ι鋲高払壬教
J
l
e
"(
はi-1
)tの期採も;j<'め ,Ji
Jホ 1
.
-t
:~うゲの紡#:.色待1':. .鉄ターゲッ~ 1j.J'6F
e d)
~締 l司 iえ体 (99.9 ~ )!:夫芥.~~夫 k も yf. 対1., t
.IJ~', 砂#.5ι の収幸 aゑ/
1.J尚北t 珂 L
Z./~ ~んどみ 6 れ 1J .
1
. これ 1
1えF
互
の f6F
J
¥
" r
.
1μ ガ t ~ '
lt
.
.
.めて・あ 3
eの指在度 )
1
. ~,ブ・れの場企 t 4
.
弓c
: 1工相当す~ ~.Ìl.歪{~接点主有す 3 曲線ヒ t;. 1
.H.功例1
}
e
a
・
JlO}
先v
n
僚で J
、
革t
fLr~ 4
7
.
1
-t柔領域の生官民執の小布曲線 k類似 Lてω3" ~ 1~ ,
~J耳をのスガングウム株根両収幸 d:. .f且核』のゑ 3箱、苦廷の増抑 t~十/, lir 1
史朗数的
{
.
.
減
少
じ
て .
1
3
.,
$
J
!
.
.射エ華 Jレギ・,領域 1
:お I
tJ尭核反 /
e の換排 1
1私 5照射の場
企{:つ肺てきえられ{りい t/~t系,.... αω - w
句
。y必 i
m .
i
l
!t
.
l
.
主
」
畠l
わゆ象
すaz
. l:.似て.~ょう.
~扶綾城/:お Ij ~苅完 1-:. li. (
i
Jl
i <z
y
oM
e
V~怖縮財てだ射f., t
:
.1
'汁ヅ, t
0
0f
シウム 1-ゲット古、? ~生尚核拘収穿め賞受少 :Ip%) }z
J
o"1
'
:
e
r ð 繰ドよ~ .
(
1
, X'ILI
f
)え必え尚 1
ち
の 針拐殺工方丈島~.i t 連tk(!) 刑訴を殺すす ι たも φ3) "てあ 3
が. これうめ踊究ご /j 寸位手不足 1~1まの収 2宇が局"とl:: :ð~狩拘 2 れ曲線め括大
勺
!
- 84ー
I~ ~ß 告す~ j家殺 d~安エ穿ル f- 品衛の -ótJ.& .
t
:
n
e昔
、
タ がt
;
.1
'中扶子不又倒 I
¥
.
衿勤して ~l~. ~~-ヒ素絹域てるこの J頃伺 b'\'n11向 J れ f 凶 â t,
¥
・
1
)
, '
*-珂完のスカ
ングアム掠稚で I
t
.このよう υ
移
動
,
.
j
:
.1
1 'cんど銘がられかがタ t
.
.
_"
3
lO
一
時
選
ヰ
む
4
定
1
<
1
1
i
e
-
1
ミ
“‘、
‘
J
、
述
車
、
命
、
、
旬
思
、
、
,
旬
、
昌
三
h
、
R 10
,
J
E
J
6
8
1
0
1
2
1
4
-
1
6
方丈島紅子家(が
n
1
8
20
。;妨胤,@;任(天然). ・;o
.
Tf
e
.(根締), A;tfcb.n;U6FGL.
I
}
1
.i
l
J
p
e
r1L
e
t.
a
ム p
t
o
."
&
v
.
, .
1
1
. (/955)
1327
2
) 周.h}長此,
a~ じ.23 年会誹 3妻子尚美 11)
3
)
;
f
b
.
信
,
<J~.
G
.G
.エ
川f
州
- 85ー
~ 6
.
"I
1B-4
M
9
'A
l,
$
i
剃支
d)
1
易手緩射, :よリ生ずる A
l
-2bt?J主ボ針街域内
f
古川路jI~ß, i
長
寿t
二}*,宙守主努事 坂本z
菩
寸 J、討が久軍事
(事長久媛・事事変
x波 詞 )
1 画的 之b
A
l (1
弘=タぷ x/05年),}牢語科学の訴犯の にめ i
こ主丞奇ご 1
金
持z
あ? l ,下
電0, 武喜託料守 i二
波S
えされ, ま V~地地の永,掲危予定頑.'tPJ J 主主名主ど n'
f
'
zt1Jj受 1之官~.~,長みられ z
、、る。これらのえ瓦均中内 2.6Ai 内~使 1畠&解祈する f:.. .Þ'J.-'~ 1.
1
_
'
f1X;f主 k 長針街識の [email protected]_~~' 必要ずあるが, ~'I 走 1 孟 IJ 全く尤蓄にらむ:ぃ. jt
:葬 励
J
起手 1 1. 11ザ弱々乙l-主義 ~6 t
1
3
-1
:
"魂長ずるじめ lこ
,王宮きれヲ 1
=
.f孟 υ践す~ "
,
;
_
も
官、写リ η
i
i
l灘 p
ごf
干与'1. f
番手足長射 1
:
'よ ,Z.
2
6A
fが 主 ず る 時 い lぶE凶主留守 f皇、、エネ
ルギーの博子 (10- 100 H
e
T
T)Q~' "f~喜正あき乙之を考る 2 t
1
;
)A
f
.
, .
3
:
,
. の各
Y-'{'1 ト昔、ら 26A
l1
7"j
:
:
.h
X
古 S及
ぶ
‘ m励え喜朗数 E戎
・
成.Vf:. 雨 時 l
二平誠期的経
、
、2之 助 ( 7
弘=ふ N 年 )
J
7s
e(弘 =53.6f
1 )の主 A技 R..~. ,二つい之も謝主主
t
l
ヲ
f
乙。
X. う
b~ゑ F
番手選、折、 z量文京ゑ前シシ
t
1
e
7
T) および.
2
理訴すr
~ ic ト ロ ン ( E
p
'
"/タHeV) Q'らの?易手ピ-b..毛司、、 zr
t広い, :
;- f
ヅト乙レ 2I
I
.i
;z の企~(/)~毒ik.乙了。レ三ユヴ久見乞事オ司令寸~f/..も内 fft 両[, r
:
.•
7り す f ブ ロ ト ロ ン ( E
p
;
:幻
多ヂ - iヴト 1
:対干る成虫干工主ルギ- \J: ~n x
-r..ネルギ
内胡 1
手
五
局
、
、 z計算 L
f
二
・ 入E
千
手
主}
1
:
王
、
d
-7了ラデ1
- .ガザ f
めv:.電気軍基ピ ム・刀レシトインデゲレイイ剥I
J
t
レz~丈定レ C{. 9-i' プト守 l 二1:.~,,1%.ぷ陥 1 手 it 苧ナ易産前 1: 議スバアト σメ
t
,
:
!
F
r
トリー l二ょっ Z謝主レ k ・
を
6
'
1f~ 1
'- .
"
・7 ト、手金費写磁 1
:落併し, 1
室4 才シ左手安
雄1
O
o, p
る1 1 :1 幻最期a~ ,道線、ャピ向通 lt 1,'''ミユ勺ム珂 3児
暴2
5
ゑT
よれ:よヲ z
A
l およ I
〆8
e -%精製レに. 24Aln 剰え、事宗丈主主 H(/).ti ム4拡~~主丈射能謝 JL 手し 1 ~
~~まされ~':._ r
r 雨時計 Z友愛 3Zi.17v 、、 p 計委主知孝、手電気試抜河内 .zZNa.携本~託
if
t雨
[
, 2或主 LI10qhlZJ4LVxf脇工 1
ft型 シ ン 子 レ ー ダ - z謝走(, ,
.
2
2
.
t
-A前ぐIf7t
2I )'_し(-:..
f
f
i
U1
Naの
ι
t
1
手 0・;
~tofea k. E
i~める 1:' I~~庁00議
f.
ぷ
ユ
7
t
(
)
更
!
司
(
.
, .1)
t
i
n
t
.!
ド段初 m A
1
t) N
: vZ f
e
t
lι
a~t.. fヲ'!htJJti
,
c
X
1
' r
J(t
f
2)
s
(
)
夕、手五仏ザ I
p
e
s か ら f等fこ・
3. 絡ま 前街坊のお 1,二ぼ尋広 域デ
.
t
o
'7
}
ええ仰の主1i.‘折街
・
二ゑ(,
,
,
ト
7
1
13e
:
'
1
1
}j)1匙胡数
~t 1,1:
S
i1- i
"
I l-~ ~l
T
:
.
"
f
<
写 7よく/是正 L
.
H
qき
島3J乙 g、
i1ープ.'y ト
,;
- Zいる" !1~, A
ß !veffe!f ら t?I~・l 産. f
:
1
6
場l
,
定t
:。
f fとま冬 31
" 1 ぃ日、、 tI~',
A I. の生^,二対可る励起絹敬玉 ~L 義 l こよ(, 1
ぷ
戸、
T
:
"
ニわら円峰、J-l
る 2
6Af> NI)_ 岬主減量生計算す
r試料,緩み,字留経の守 1
王主る.
るのに土l
両1
t
v
:
r
r
z
-8
6ー
1zゑ
:$~-k
刊~, A
iやら J加の主抵の
S
tI~ 対れ励起胡差£
p
ゐ走王制 1
丈
、
1000
~
0
0
手1
~26A{
b
ト
ー4
、
,doo←
.
.
Q
←
→
事
H22Na
ト
・4
}
b
ト4
ト4
ト
・4
ト吋
」
ト
四4
←
寸
叶
4
100ト
マ
0
.
1
ト
(
'p
,
n
)
M
B
26
ト
ー4
10 20 30 4
0 I
'
o 6
0
10 20 30 f
o 50
E
p
(t
1eV)
E
p(MeV)
支面長
.
s
.
,
1) t
・
ぺ F
uy札 kawa, Kumt,/
'
1
. O 3W
,
J
( Nudear Ph!
,SUS 主~ ~6λ
(1今 65
')
.H.,
.
.
Je
derer,J.1
1
.Houa;u(er" 工.PerL肌 an, . 7
dble o
f
日 C
1Sotopesn t3okTt W弘l
e
y も$
"
"
"
5,, t守67)
ヲ) D
.W
.,
S
A
e
f
f
e¥F 工.1
l
. Wi
n
i
a111$ , (
!
_
・ B・ F
μL附 Y' ?
h
v
s
.K
ev
.江主
10f与 (/968)
t
- 87ー
lB-5
おむc~
S
f
R
e
r
なお旬中句 :
t
6
A
L'"議~昆
最p
i
l
¥
i事室・寛大捷, t
志本いるち:, .d
t飽 和 維 +
0
〔箱詰〕存弁明白 j
乱
丸
:
:
:
:
:
1
.
者:
:
:
.
1・ハワイ杭;与え K
H
67
5
)1く名、ぃ .
1 中
詩
人ヰ1
専の海民 (J7" Jb.9'は, /7b./~.2'W ~ 17Q{~. Z'N,
1
7b"2
1
.
2
'
W
)かげ-t{I-r:lIL. 綱 i て与?寄託誌面 • t
1
件 " 。 仇h 等 j f
;
奪
取
L
.f
と権,ニれら 1く材毒して事締歩合・・
I
警をに梓れ件。三の約 1
p
oにう丹市産t
3,正念 I~'
o.フ乞
200 jγ予手 i
;
1
.J
.
ニ勾料手主筆め
1
e
s"(
現倣犠千で“ラ,
'
f
;c
4
f
e5
p
,fもr
"
'
V
ャ/
)
.
r咋 cc写"s'
lh
e
r
ι
,/
e)引 っ 1?1
i11t. j・
'
二のろ j
t
t
ω1
eヲp
/
'
e陥
/
e
sV I歩 主 乙 し て ギ 徒 数 十
数百ミ 7口 ン の だ い た L11く h
'tl吃京、;)1'の教-}ぐ ,{t律的官民身包して ほ
,
地
主
事
‘
1
7
)
*
掠誌に ι
,1
]
"
',!
1
q
.C
c
,
_
, TL' の~高与をゆ E 史な事持海員五 1< 比べ 1/ 宰事か i て Ifな
~,
τの主うヰ 5
p
h
er
μl
e
sの起:轟炉柄か乙竹う〉乙 i事‘今大き註 i
顎lじ'を喋めてお・
リ 何 刊 明 吋ι
; S
pherl
ん[
e写/':.- ? LI 宅時‘事え勾寄~-f脅F め亨かい,執侍され 1 ぃ B
Lうl乞守哲匙芳、で'あ 3骨、どう命、の戎史的 1
j
:符拠 i
字f
[
.,1 ¥ 守活安'
fi
kz・
ぁ 3ニヒの i
的存ト聾める/,ビ炉で宅転。
1
I
Q
Q
ワの亀カ守戎め争中守制等生鋭栽 t主主ユれらの云phe~ 中戸現広すユ¥てある
r 三勾前抵で'ルラ"
,
t
'
ω;
t
e>
f
ん同1M1
/
"宇頓起君主であフた喝容に署長毛主:f1~苛宝れ 3
1
主
権 '
J
b
A
lの綾街・史J
量主執行作。
Y格革1
'
史主レ 1
之乞こ_"主じして f
h・U 介主
r} t;'.--J炉 ?
tら*
1
とが 崩闘の称号, -1
f
宮
崎
〔壊後〉 境ず帯紙橡のまま宮司、耕今
1
1
" ~勾踊場事故吻句法軒首包に自主
F
守
}
益
支
え'
1
/
l
:
.
(
l
J吻令乙鳴らかれ車午 3
τ偽スぺ 7トjレ主手し 1
三
。
矢iく試特 2,1
9-左前、 I '
z4
と与持躍し I 1
1レミ三ウム主夕鶴絹撃レて(.2.3誌の伐
7
こ
札
の
泌
考
で
,A
P
20
A
R
放
射
能
1
制
定
[
, 1<"涜射能制定 l三 l êF~器ゐ微弱叔相官色
脅
,
3左
香j 免干し中の γ~T 斥1 号訴事文スペ?トロメ -1 ま崩1/ 1 Z 同掛並の藩1 え(~計略 l軒
勾口タ〉老朽 7 fとい組!免渇・ 4ι 号怜雄司詩矧 1宇,乾私勾 :zbAL の '1ß; 免の均 ~}t. rj.
1 1-"同事手 rf ので.じで i子短時 1~.
.
て締奪乙線対〕 放射能~'I 完勾最接待来を千戸季 i乞穿 10
I
禄1免 名
A
B
ぬい V者~lrX''?iE~主Jt檎
主十数初考(杭)
(
1
.1土Z34ni163咋慨
4
.1
;
'
j
宅
(
戸)
(O.ftj~ i:().()15")dヂ町
正味官IuÞ~
維持私わ件事司
3
(
2.
9い .
17
1
)μ0
t
fH1
"
3
.d
'
(
t
J
.
o
7
J:t:.~、 ð 9
6)dp悦
D‘og6ニ
ヨ O、033 弘f1'Yl.-
~
8
8~
手
たA
,ちのハ"‘'/7グ'ヲク;.- ~.. 1レ Pすず")f-の文ぺ 7ト /1./1)i
1
庁f手均 E 乞 フ Z
f
号F
乙
ス
々 7トI
/
.
-f下
のl
副i
て注す e 二れら守緒来旬、らレて:司釘針 i三 ;ZbA~ の放射能
1
r
l
i手れ 1 11 J:::-ι/)1'--{'穆士 h 手 e 古文書r~gh. i
数HでA
急対特注勾長 ζ ずいユと合よ
ず鈍\~干の再精製によ â j守i
J
1室主縁返して 11 t
JLIユピ信ピ方、うが鈎主下 f勾 lよほ主
にレ守ければ勺ら午いか,", 4
寿られた 5
j
(
}Ke〆
4
宮
城q
f
r
株
主 U+
llの(
3t1= よ 3ι7
れ1
;
",A
,
Bの l
f
T
干げヌダ
33z
必
0・
0主
主
土 0.0与 6
4
1c
l
,pm/ ; '
5
p
l
rer
ず噌得
~4't~()
仏,
.
Qまれよ>;1
J
=7 P也えによ y
生成すれ期符され否。 O 仰 側 乙 必4れよ
1rjlト給手中 1
.
"Iよノメく腸 7"0 ト〉の島:L(í与 jレギ-核反応す苧めちノ z'B二三千やり2~é
勺t
φf
J
1
)勃t
y Mん
》
どf
'勿 y
z
初 等 ょy てで"寸ヨ,ぽ勝手反応の守 μ 方
ふうれ九
2)P
りや命保 l
f宇宙線の J
島エネ IL-'
f友J
も
ど5fcJLC.;
T
i
r
n
)1-:: よ~"
2
O
ι
I
/
)
:
1
川rR 5
f
l
/
.
.
e作んの丈 fす,利か位校からレて,ニ仇グ亨宮容ミ患とすれば:
I
iの'
7
"0 伝 2
.I/'抑えられ~.凶中 1-= Fれ ,
t
'
. れ 期f
手r
,
iIよ 14dpmdr ・
て'
:
h?
F
hl'. '
f
J
場7'0 ト
シ η 十μ
χ ・ゐtaφ 説指 ム4れ 脅t星写の手線長乙夢事 f 久 1 "
ウ
、
う
ニれ孟たf/l.';
tIニ主 d)紡葉 ι比 鞍 す 3 ユ 乙 ItJ
t
t
が Lレ1" レずし 5 ,'ι'cι~ 手 μ侃ん
のイ ι字~ø.荻 ι 低tt回掲 t わ椛針方\ J
tレて/ との訊冴ゅ文書アタ I
t
.地 勾 な f多 校 レ
伝4
ので'あ JJ1Ýfi; 土 4~ ?J~ >
iレて耳の芯'2:芋しんのか宇宙定;
J
t
司
のS
p
h
e
仰 /
!
e
4T
あ1 tさ ι. ,クず寄与持グ (~~-t"Ci) M 家かタ芳ゑず写~ .
vh
ve
にJ
n
u
o.~之
﹁←
守曹,1
∞
O
. 1
。
e加 e
r
g
y1
1
1 MeV
o
.
o
l
0
.
5
1
.
0
- 89ー
1
.
5
'
Z、
G
ど4之 の 毛 髪 交
138
lB-6
'
"
事
.
~-
古,,/Jff;各明~要~ø s_芳チさで田中重L亨
ち
t免 大 考 ど ・ λゑd ‘・毒ミ犬松原〉
3奇 4
是 枝 母 i っそあさ 13lr
L
.
a
, め
ま主主 tニ つ り て 広 G
r
}
_
oν
"
er
Z〆 MAttu
為、よ伝、マurchu?ar
:
a gヲ
コ:
"
'
c
'
吋
句 最 も か あ ‘ ん え の 宅 支 空 会 主 法 芳 1函
1
. 1
3助
長官に存証す
i
r
@ 通 ・ い こ 決 定 寸 れ て け a 0 ポ ιノョー安安.?:!多セ i
皇帝与謝唯の令技比くす与がさふつ
の 〆 繰 り 強 産 比 〉 に つ 口 て は う 争 1条
1= ,';手~
L たように為 ι り/F-ーを欠点7"~ ~。主主申原
酒 t本 あ 事 ソ 輔 ら か ぜ ・ 4 急円コF, 決1
:
'
主器系の・性能
J
t・あまう量く怠かフた=c...名よ t
、
五
副主試斜十句承射性 J下持物〈特 ι2'~ι 〉母点在主主ごぜあ 3 う&芹久ら>h.~
の 河 電 ず は 教 射 イ ヒ 学 的 弱 度 甲 非 常 1 = 為¥'..f色気斜乏議集
て4
定案よリま特度司語、,静粟を得3 ことを
~
1= l
-
よ
こ
ー
7良、'l;
I
.
'
J
;
'
起草書引委}定 ι
8 的 主ι
ι メと.
l ' 厳 司 数 種 司 ラ 〉 ダ ン の イ ヒ 合 物 の 戸 放 財 能 を;
1
?宗
主 主 完 結 果.
1 ,
1
、島化
2. ぢ 忠
学 教 の 酸A
i
.
とヲンダン治吋フ
:
:
;
l
.
.
J
p
1
と。.t.乙d..O
,
3
t
!
.
.
t
, ノ(1j:リ 放 射 能 話;:A亨ヱ
Eこを認め,ニ師事更識に}脅・, .
"
3
主 主 る て ほ 、 7 ' [/>"・を~フキ塩品亘書東
c. L て 1J&>w e
.x 3-0・〉くち
く,2..00 ~ 4
-0 0 メ ッ b エ〉今..28 PX / / + 0 嘱 視 の カ ラ ム E三味晃富士をニ J
.
0
.
.
5
'L
Y
1
ク
玄ン融各事史 (
1
"
1
イ ==3・3 ) - ( 存 施 主 夫 ・ ヲ 〉 ダ ン t
孝三等雄東町 f‘え 2 .
1
;
'
、
ら 1
:0 .
.
A
句 間 tエ 海 弘 七 点 て を f
ヒ/JI勺社記。キ j
;
'
;
;
,
.初 め と 格 . , c
り場 4診を挽を
シ 乱 ク争
g桑
名l!.- ι て ラ シ ア ン 乏 習 わ 侠 2 . , 7 生 , 特 ら ホ プ 主 波 布 叫 桑
ア未A.特、/,,! ,
ι加 え て 少 量 母
l
=i
多
/
r.7}-従力、 !?%I-r.戸シ:3-会7 雄也をL ,~~立て 1!::-.J 哩魯がす'さを!tS' o ・C
7' ン弓三 z
9
.4
1 吉f ・乏持た
れた 3
"
"
φ
X
o
員フ喝事来てから
て ぬ イ と 物 f亡すをえ p 塩
?
k敬-1t物を沈敏"t"f
!
:/三。
融
kて
得 1."
H
J
1= 知をさ
1
./
C
J ~1
往
Ld.zOj乙
p重
5
室 町 劫 定 E事 長 老 夫 枝 婦 の 緯 心 愉 お 放 i
I
'
寸 娃3
制 定 事L ,=主主重土
3
'
/.N:孟工シ〉ナレーシちン・スペy トロメーターーさ将与、、,バック 7"
.
.
Me Vp 繰 I己実寸
対 す 3針案え効寺
3 フ7
1
'
" -.1;'乞 暫 定 的 に 且 メ 語 句 最 εイ主主L
I、
4
-3
ラウンド司清史的礁に広特巴精製~z. 1
'
=(
e
.0 2- ~ィ史朗 ι た.
す 3針変災妨寺(-;1:〆乙 t
- ~ 1脅"て求完さみた・
法 持M 泥棒準線漁/:;.よ
7
て 決 定 す 3 弓よ史どあ
O
.グ
タ M e V;
r娘
1=
隔けてずーア句鯖祈~崎与ヲプと.
3. 結 果
4握手らえz
_j三 y 貌 ス ペy ト ル の
1イ仰を:3("2 1511 に不 t 九。ま t=.":~.) 定者司教
乏が‘十分イ今、,のイ品終的 :lát. のず略式与叶~"'-'
感期の必各分 t~をに王手 L
私
4
て‘) 3).
久
々μ
L
て特多点先平
t
主.三句原ヲt.i'‘ヰ専ら ",hJ己イ~Ij:.,維京司女蜘 4皐の申明司 4重しと
VI
!
:
rg.耳石孟ぜ乙
j_)ヲマ.G
r
2
0νer二v.予1I
at
l
:ノ
幻
::.句ヲ""_タを解析
のイ」量,ニよソ近、、ょう /=,þ.をえら~"J
p
l
t<・
1
.MaS'
W Tur
c
.
h
/府止め7?ヌ/rt'rzillZノ
0
.
2
. 4-タピ-/ダ I ク )
巧ys
- 90ー
帰以忽三
/ 0 0 0 ( ノタ ~6)
/
3
4
ど
d
.
.
フ
ヂ i表
0
.
フ
ヂ減期
考F
令平;嵐美月
ー
P
G
r
Ldve
ちl
i
Y
a
i
"
z
ィ全半減朔
写
壬c
EC
t
剣士。‘マ〉 xd y くλ.
6
4'
主 0如
。 4ト
マ
〉'く J ι M 1〉XIO'〉 ‘
XIO
JJ
,
r ' r
;
z
・4
-::!:O.2)X/O
/
o
'
'
_
y(
之 / 土o.
l
)x/Oj (/.0 :!:.O./)xIO/' 0
.88
7
u
1
'
"
c
l
r
u
r
e
/
.E"
P
r;サ l
a (
J
本実鞍イ~
第1 I
羽
EXr
/0"
ノ'
之
8
L
a
!
"
3
め
Z
金交 lill
11
/
.
4
-X /0)'
h
s
第 ZJ~
0.9 x
ー
と
企
可
k
- 9
1ー
。‘5"6
La$~針 t1I d~息ス1If7 トFレ
さ
1
ゲy
'
洋~(oL, P) 及たの枝要性体生fYX飾品祷
1B-7
吾朗i..O~急車戸弁ヰ7 家JÁlt 今ifbf言銅
問事 ;
A
玄
'
I
京大エ珂
1" 昨
年,
.
t
O
J放射化誉討絡会ぞがら t
r
1
.
, p) 衣kイの被要性体生島断面荷=
「ごて報告 L九
7
J
, ~e _
(o
L P)友えをの被要性体全滅断面積の尉室皇制数め l
実験
結果 i
合守主イ'"行 I
'
}
.れ九 l0
{,
_T 及急、 τ
‘の?を安維ゅの包1
長術面哉の局秒差t
l
詞敬の
I
,
安費生結呆己比ペて争ヤ話相ポ実ゥ l "た またー荷主 1
三 三 ホ ζ(
7
),
実験符呆壬よ t再
現可る s
t
r
-jf
f-1ふ?梼犠T‘ス亡。ン Z考義 L主理論計算 t比 較 し て え } ,~'l 工ネ吋,、
r
.
l
一員閣でほこ内地?信ず説明 a~ 本五、、エ 1 五作i. fu t
九
。
てこス γ 79
-G
e(イI f) 及~-t'‘毛 7~')帆 ~e. (牛9
5,
壬
ナ )I7!>j
-(?
3叫 r昔ー)の
牧野生体ポ主目i
Lf 7 4仇 (O(( p)夜会内易会 t J ーデイト教 J 主 a
成~~牧愛 I t. ウ、川, τ
守宇t佐惟手数百ボ~2'少
r く与「九、、寸〉内み 1: 枝勾携金
吾
凸 f
皇に守'庖手の 3
5令工ネ lしザー 1孟 76母
'
e "11
:ι
030 H
eV
プ
4
.
e7"1: /
;
、 ?1
.
tN
l
!
.
V
で為')77判恥(士ー )I 71'
t(去十〉正教愛1!停の 1げンポエネ l
レギー(1
9
九入れ
禄竹、、る. し万、いわちの特震は干支震e吃イ約金 FA ðÍ~ 腕責主考 i ~ .
.
t
_'1" 11 寒~~材
、トド,
tJ
!
[
:
r
;
;
.オ'
¥
.
:
?
>
η
τ
1
7
多q
e
.(O
Lf p)及ヌ与での投要性体生 "
"
'
d
f
r街
頭l
t7
t母
宅
(。λ I j') 及志向場令~)司 Cイ喰匂内初~)到数点 f専ら糸 3 毛のと忠 l忘れ ~ø
1
.
t
η ぶ可 11.也、'1.,¥ l lJ、fラ
歩
、 E、
、
う l tI
ま Lr
A
, p) 及
足
、1
"1)敬愛吃件主点、勾
棋継を考ミ 3容の I'l.蒋 114:あ 3 之主』忠 I~,*,- :
3
の γ 浮命ι(
_o
{
, p)及
え、 γの校野i
j
幸
の封~ ~tit識をト射工ネ iしず一利,~ Mγれ"もとめ色。
ーゲヅ1- 7ーゲ‘ヅド味深線開 f
主乏を 7争 .
e
. ι(,
仇 h 外)芝本幸.遣え L
佳品徴f
iネでし 1, ?セト:,.-1'1.・ t懸i
寄L タγ タル治主 1
:
'電
2
3
E
b
j
t
事O1‘
'
f
1
f
義ぎて瓦生勺
引受開 lf
.
_o I
奪2は 0・rI'V/- 'W}~μγ 志づた 0
,
ll
:
e
ユ
.9
G0
s
2
2
射草案「九 Y引てま祈促件寸イヴ包トな y .4.~-;K広大 rt 布.}lを珂 'ìi..~を殺すイワロ
トロンl7'lT
r
易手続で・スヲザ 7
>
主T
怪射目 1fTづ定。
世1
定 J
産財後 9-ザヴト 16.直ち1'-?
c
ι 仇 (ι)中
金
£
史 t“7$" q
之の /
)
.
13i
/
t
{
t
r
;
r
;
'
I
t
I
t
.
7
S'手伝め
P
、
26r
H
.
ι仇 γ
糸川崎 l, CLS(J.
1 件ゲ‘ヲム芝~ (
)(
_
1
I1
"釧
l"
1
D
ι C-d vγZ語科れI ~捧按脅堂.苧s命鮪和有.歪 b
りぶウ 1 得 5 糸丸言計↑数ま紛9存 εN
仇かム~九t /
)
.
必
島
バ5
μ右
の伊払
&
μ
ιさ
台
才
;
,
r
s
.
.
僻
骨
"
>
>
¥
_九 4
佐
芝
勺z
留"
'
"
L
;
芳 L図
件
'
.
:
r
ふ
、す
3. 朱 11罰 1市方、~):.う i三 N射工かしギ「宮門 eすま γr; l
,
, t"シ紋態と f
生
ス
r
@
ピン械態内生臥前面報 I~'l~" 等しく, ず向島γ 以 上 で 11tスザシ#f.懲の主成折面
移t.7í~イ宣スぜシ朕態ぶ,) K~ι 弘之 ミホ 1
1
.
訴[email protected]) 76 仇(_c
.
l
, フ〉及たでの枝要性
I
- 92ー
4
1
体生成針ゐ識の秘怠)釘敬三を ζ1
司C旬均 γあえ 非!図吟 手1:'わ て l
品約
1
0
毛
m~ e.士事 p~ ムι 玄!阜、まる
le
l
.J p)及えるの念針~替内対等包
正岡村:>) I~ よち τl引事をされた攻
撃P
ι
δムι吻あ l号、、てス亡。
yを考各t 九?を更位停のt.~足首f
動手責の ~ii計や手t 来芝生問時
J
(
)
'
l
.
ハS
A
V
t
r
.\._ち。~G.ε
t
'
L
叫 │
(
,
.
1
0
P)
郊 の 側 面 積1
"
1 q
"(
O
{
, p
)
7
6
夜会 I z..伏ぺ 1Iî~'~体内工.f- Iし
b
1
0
ギ-;~胆 1\' .2S""件 11.~'cI 、 3 く,
"
1c
1
_
)k
_
d
I
)I
:
! ~~ p
.
ω .Lu.神
(
iT
o
t
a
.
l
γ安
政1
ドエくー主主守 l'
Z
.
.
d
'
¥
の
l
吋メ 7
-は号制 2 L a │、c
ム什S
t
.
t
ι
xL
S
t
,
.
:
t
ι
>
10
EJ. (Me
.
V)
キ
う
i
阻
I~
ドユ、ヱ.t~芝排明〈克,之オ1
吋河仇今場栓 f
=
I
、4午
hγ
.fで3でわ宅ト )
1大き
3
ち
ゥ1
.
.
.内"ttt
、、起をずをき番号皮肉ピタ ゲ
プ
トずほ守1
生与数多:臓がはやれご、!、
r
さくも 3 傾向芝とるのポ普~t"
あれろ Z め場企 1"3.逆の佐命 Jt.ヰ勺司、、 ~o うれ図 1
'
!
.
.
,
:
!
1'7-ピシ祇態芭イ~Â.ザシ持て
態的生民政(りι)l.不す? (
t
7
4
7
1
まト肘工ネ l
しギ一向埠即:1'(之、 1
、増大守 L的方、
~J!1;飼ポ寂叶 1怠 w .tk.e.等2.) fI)械で待怖い 0
1
.
, p) 及~の例位体
笠駅前面識作│弘 E ん
e"2
.η {
t
重
舟
1手l, 1
現物の主t
!
K1主主くユの
{堤削再現す 3 6 M
魚 川P
)
1
寸
占
へ
ペこ
x
。co
持
(
r
t
l
(
r
J
.p) の扇~t:-をも !ti高針箪
l
"(
党.
)
=
Il
.'
1
,
)
.
.~州t-V l
.
1
.
・h
。
廷内ι)エ1
11 可が)う〈主のエネ
川、 -"(1-; (悦)~ J 1:本竹下i
を
すb の f~向l. ~.L~ 的工ネルギー
0・
1
S
ア
。
1
E
4
1(1
'
h
;
γ〉
ラ
P
を?川均剛山一刻
,1)附o~_.d:oJ N叫んlr~吋 UU"
1
]
2
.
2
.
ユ)1・8 臥吟 ~lU.. W
.
.
t
L
.
.f~. R.w.m-lC問n f'"
3
)H
.o
l
e
.
.
帖
机
.
.
.OULN$ 崎四12
.
.(
.
11
も
旬
ユ 阻
- 93ー
18-8
12/Sb の中11生寺楠Itfl~ 土色生成!2lJb の核要4生体tt
(政文理) 久米三回程p, 。開村日忠夫
(京丈席奇 W) 鬼回』吾郎丈 p 渇~叉徹/
河合示:/
橋本哲
民五位L
、 英場中~生手拘穫に t i7f転今 ~3 殺令核(1:単一スピンオf 勉でめ 1 ,
加
起工茅 ι
f-L殉ど付加判t生子信品工 ;
t
.J ヤー{て等いに L 才、 t. ごのß~磁ロ
雄一,あ励起工ネ lしぜ -~t能 ltõ;僚街曜 l二上ブてのみ宇定 iτf1: J
; tL:
:c1)~t‘
虫色左経て核嬰t生体が生布、す 311 う 11",その生成比左知 3 こと(~1: 77. 万線崩壊
のヰ狗芝機材 5::とが'
r
J~。
芳 L~え
ゴごて l
ま安般をl
J
:
1
舗の条件,懇ろとなヨ核ヂー |中,旺手~Q鳥札瞥; I生向可愛 η易防本
ダーの有熱芝考庖 L 、ズピシの要フた芽 o~~:f低|中性nflf- l:zl:O,シ|干戒
が2フ測定できつ Eの
とt
τ 1215& 左ターゲ¥ゾ
ト I\~ んだ þ t
1
)
詳綱 1
1
:
芳i
-k l~ifi し 7 謁否。 Ilι S e
'
V1
2t I ぇ .~d. 11;
f1
1図的矧↑イ仁続干諭舎で予備的 t
1
.安験1
¥7,,¥て任表 t氏。 当時の f
_/
Jロ
メ
ー '
1{
;
,
.tフτ
分科芝れた中 a陛寺残度が6
.2eV、
て 7メ lFmJ と少.(.そ
のため 1
¥, 賜捕獲(,日々う tラιの槻,聞生 lt.断面積比が満足 I~ 測定で刊
ι
f
ポフたが/その後京丈席予げの岡本教投の考案でモノ 7ロメーターか法進2れ‘
ぞれ('(京大原手1
7
η 自力上辱ど云うこと tl
フフて、灼r-o倍の中,1
症予強度左得ヨ
こどが可能1
工
t
r
.
リ
、
事f
験f
i什がば nl1
:r
.
:t<.改善されτ‘当初の目的左穿す二と
がず空~ !
うi
二元 7 。
r
~~主 主宇佐中I~生手漁と L て/1"京犬席予ぅザ l三訟I置しであ 3 代金t型メ万二万!しモノ 7
口メ-'1ー(ム之乙V 中性手正メ I
0I
fl
U
U
n
_
'MW
')まイ費用 l1
ミ
。 熱中小笠予滑"
tL
て1
17
"ラ7ァイトサーマ 1レカラム左用凶た。 まR
:位者の安験値と比較 I
I
己リ、
測定義作の樹花わため(~足送管{:. tT
安
験tA
テフた o
tノアロメ -1ーやアラ 77イトサーマ tレ力ヲ
ムのダーゲ‘ソト[_L(It丈完治且成のアユチモ〉の
イ〉ゴ¥ソト左同凶。 え送管のた d
1
JI
ごゆ金怠柳本
ま使用 Lた.
う
t1閉じ I
tl.2¥
S
Tの崩壊国司が示 Lてわる
4‘之附ムの 1
"生体 ηi
H
'
J
定I
t ベ1
))
,.
:
J
.
ー
ム
庖
のX
制 N (4I~印刷川、 2.~ci ó) 基刷機 I~ フ川
l
i7
.
SC1'ILx7.)仰の N r~â 晶 Z 間以 1二回対
(約
主
工
¥
¥
.
1
8
W
M
7
f
“
L
,
"
4Mキの相ltl三と t1主フて,拭粁ρ青~"\17丈ささカT臭
、 Li昔、己 4-, l 即札の核要ほ体のが・ン<~,東〆 7t
I
J
- 94-
↓
「 計 官- 0
=
tl問 郊の街廉図式
(2
18-8
I2/Sb の中1/生引車1t1 1~ k~;-主íÂ'12;
J
b
r
!
)
殺到笠体t
t
0閉村日忠夫
K三四郎,
(夜天理) え)
(lr. 丈席奇~)
えさ田直!~p
I
う司走1t補正/ 河イト武ノ
一一一一極坐:i1_&一一一
芸場中A
生
号1
制
緩
{
く
1
:)7{~今 ~J 殺令核 lt 単一スピシポ能,で1) 1
,
加
起工ネ I
t
.
.t
-t殆ど{初日If/
t
,
生
子
;
緯
魯
工
;
1
:
ι1ヤーに等 L.ll L、才 t
.ごの明確な
雄一,あ伽起工ネ lし-r -~f能, (tõ;彼自局場[-;: J::フてのみ宇定 iτ(
1
:J
" tL=ð)~t
匙左経て核嬰准停が生布、す 3行う I
f,その生成比左知 3ごと{-;:::
l7.
7.百線崩壊
生五位L~
T
(});fね芝事場付 3 ごとが r~ ~
う
fL~え
ゴごて I
t実験談備の条件,懇ろとなる核ずー |中,任手~Q鳥肌往|生直可愛 η要脳ネ
ダーの有無 l
:
.T
ち
庖 L、スピンの要フた芽 0射f
低 ! 帖 。 シ 千ぅ広明
ピシ
121
グ2フ測定てきつ Eの
とt
て 5& 左ターゲツ │
ι
2
4
ε 1
3t 1
4
.2
.¥'tt_;'凡 1
1
ト(¥:i!ムt
.
:
.
'
t~d
)
詳綿 I
l;
t1k1
;
:示し 7i
}否
。 I
l
ι
re
V
'1
2t I
2.,~ d
. I
2;
t
'1
1回例矧↑化嬬持命舎で予備的 t
1
.安
草
食1
¥7,, 名表 Lた。 当時の.:e/7ロ
0
v
L
s
【
τ
¥
メ
ー 7-[
"'
l)1分特主れた中,陛ラ強度が6
.
2
e
V‘
'
z
- 7メ lCFmJ と少<.そ
のため 1
'
¥1 菱
自身捕獲(,とを なう I~J.,の稜要,脳卒生成、断面績比!f満足 I~ 測定でF 行
ポフたがJ その後頑丈月号手庁の岡本教授の考案でモノ 7ロメーターがj
は進:2~代、
ぞれ(~京大原手17η 出力上昇ど云うこと tJフフて、灼 5百倍の宇佐予強是主得ヨ
こどが司省:
H
;
:
.
t
.
rリ、事?/験;家什がぱ n
l l<.改善されτ 、当主刀η 自仰左 ~r 二と
ま
r
:
:
!
うi
工作 7
t
と
。
~!i主主幹色~f舵手7属と L て /j京犬席予好 I~設置しであ 3 枚散型メ万二万!しEJ J
1
日メ - r
一(ム之乙v
.
f
14,
空手正メ /04
-M.
t
U1
.
-MW
')ま{費用 I
I
ミ
。 善
意r
t位予 7
風
土t
τIt7
"
ラ 7ァイトサーマ l
レカラム左用,,'た。 ま Iモi~者の安験値と比較 II己リ、
がi
!
!~
刻定義イT の樹t! わため(~足送管{二よヨ安験tAテフた。
tノアロメ-1¥
Ti
"ラア yイトサーマ rレ力ラ
ムのダーゲ‘ゾトと L(It丈f
k
組成、のアユチモ〉の
イ〉プ‘ソト乏伺凶。 え送笹のためにゆ金色粉紋
ま使用 Lた.
うtl 閉じ It 同$bη 街愛国 q がGTr Lτ h~
4‘之附ム 6
り
契'
l
生
体 η湖定 l
.t‘ベ"リニL ーム庭‘の X
説明 Ne
.
l結晶主同 ι
1、z
Sc
lO
)腕 A
r態 1
:
'フ u
τ
I
I7
0
SCAnx7よ仰の N~T~â 晶 Z 間", 1
:
:
'
0 p.~財
存、件の相Jtl
三
と tt-r: フて,言静子ρ青~~丈きさカt奥
1
)、 L
7
.
う
、
己4
.
l叫悦の核要,1
,庄体のがンマ花束〆 7
f
1
‘
- 94ー
¥L
〓
‘'
ef
「州
t
w↓
,
山
「 官 官- 0
r
:
l図 郊の常時E
副賞
1
2
l
<
e
V bOK
乙
,Y ど{重工不 I
L"ーでわるた灼 l
,
二 ;fシプィト7iどき Fーゲットど T
3場
合l
京、旬己日及肢が耐患 tt
r"
3
これらの嗣惣 E静茨するために、“句。や
、気i差窄左前 v\ た同Sb{~ フ"' 1
η
5
4
粁o
)旬態左月、之 Z
刻定を拭み九結果乏足がが
I
0
ゾ I~ す奇__-芳,丈献による E及~:tf手紋i直1τ ど左採用 L--"( ‘それぞれの刻 ;tf,~~守につ
仏ての計紋初辛芝箪忠し色。
室強盆j
まうt
2R1
之今回ポのた I
安
喰話宗左;官す。 3+の斐唱が低
' ー .
J
、
司 ."ー唱司
,
"
ホ1
,
¥
1
.
手
殻
1
I 。芸zラ~,fd 唱
2
3,
,
)
1
.
1
0
u
c
L (
1
9
.
士
a
り
x
1
0
毛 J7CJ十r
-6/)‘ ;2~V
9
(
2
.
1
士
0
.
'
)
)
"
1
0
.
3
)
ι了
所、うの殺事~Iト主体生成比lt , 2t/
5
'
7
サ
ー
'
21レη
7
ム 鶴中"生与 8メ1
1
3
均l
)
x
I
O
'2
0A
t
C
:
似
品
子 (
Sのぞ札の灼 1
0
1
審?司る。 都中
I
.
s切
‘
1
)
メ1
0
,
2
長
1
.i
邑智 無 孟中旺手 村 'O/~(AIt-2. (
{金子の核要性体生成此 I
tヲ
サd
)t
l
:
.
よリやぞ IJI であ\)、長 ft 麿てのぞ験結果1'1:う十の結果 I~ 1
1Y等 Lbh, ま正二の
ぎ
吉
果,
,
J
!~ l(IO-~l~ 較べてtI、であ 3 が,丘uJya.ラらの結果
交差月までの結果(1:¥(e¥sιhの
(
8,
j土D
.
1
)
x1
0ヲ tリl
1:えさい。
計事との比較 Ot ,t)及万~I[)核易陀イ幸生~比の計軍 It ,核安 4・主体生風世「奮1 積 ttと
云う耳切控霊 2 最初 1'(取リあけ“長、 H はf之仇い等 r~ l:づて試みられたが、その後‘
計箪方法 t
E
主色ポ加え 4れ
‘ 1167与の品みでの秒、構色回都昼後 τS
p
eA
b
仇月情
│官官射東軍
時
才
・F
金
Z
手ヲF-'~:'"
A
電
表 L1三方2去が系t新ぃ、(ニラで It新 18計算 i去の優劣 g~骨l''T1. ρ ことにする)。
今回の方法 1
1~'PιY' b0rの計簿方法 1'\..iÍ.."\f>
今までIt核嬰(~生体内生献比の計噂と
云之 iず、特κ(九,l)反応‘(~ウいてその枝 ~II生体生~比の結果だ 11 左童手見(て受中
戸けで j工
ネ It"ギ-/.宇佐ゑ定式の/¥ヲメーターを論じたリ t また足応桜構左論(
3傾向があ)1
三が,これらのパフメ-'
1 -It核要拡 j
字生成、断両積比f
=
_
'Iナき単独I~
説胡 Lli意味がなく、 C
r
r
o
s
h
e
v等の Y
詩集スイ 7トl
しの結果と t充外矛泊の乃 '
l
る
の
て
‘'
t
a
;I
jr
l
l
l
i
[
主
ら
/
l
;
t
,¥
. 今回の計事ずlt技要 4生体生~比と.その比 t .
tた
う
す Y緩スイ 7 ト 1(" と }J\'t<. 一体となフてポ灼~ f
f
l
:
?ので‘ 1
究
費1
(
,生保生町t
.
t
のみ(:
よ~.tf[視8TliJ守l示殺すさかがすごと万,,yけう,t1. ~"
計事 K用いたエネ 1
1
-y
-"
2
判
f( 引 ) 託 前z邸 pzdEw(-P) 川 、 trt~
の掠刀学的趨I
t
であリ,ては接 j
畠Ifであ 3
0 H
b‘7緩の転移 I
tE1~"'1 と!て
計鴬 lt
=
.
. 官十噂 η 結果l~J東スヘ,07 ト Il,- Itムぎのえ lこ t フて It 々はf-~ lく実化1
長7lf¥)i
"
3が
、
帽
,
性
自
主
.
.
.
91
:tフてはめま')笠 i
ヒLrT: レ1 乙と泊匂1] フた。 fft って ιρ 値 li~
線スノ'
:
7い
し rらー義的(';_"
1
!
t
f
Jら
れ 3二
どt
tf
;)
I、ぞの結果 (
}
.
.
I
t/
¥
.A
/
10 刀
す
最t
,
/
生
体
生
l
i
'
X
此i
~~でめ 3 D ま正接 ,
まa
.
1
J
'
Rま〉長特階で 1
1
δ に主ゥ τ童
イ
ヒ
す3
今回の安験角界よ,)、 3/~ I
l
i 2l
J
'
遁主きであ 3と恩わ出 3• ごれ容の i
車l
i
佐の方法て"it
z
約らJtl:11盈 lこ比べて要~でItt言<.あ之て太きT-;.多章治取{宜乃寄4
l}号亀す~ 1
1
t
$tT
;
rJそうであ 3。
:
:
:
0
1
'
"
'
・
9
5ー
l
<
e
V, b{
i
,
(
1ι
Yどイ重工不, Vfーでわるため l
三,イシプザト万どさ Fーゲットど T
3場
企l
京、旬己 B及状が両頭どた "
3
これらの嗣験 E
僻茨するために、出m
c
。や
、気i
差宰玄明凶た同S
b
i
二
フ (グ〉試滑o
)的態を刀、之 Z
理慌を拭みた結果1
J
L
がが
ゾにす否...--芳,丈献 l
二I否吸収{手紋i
宣τ
1ど左採用 L"1‘ぞれザれの刻建五A粁 l二つ
'
l
Q
山ての針紋効辛左箪生し i
し
ー
主愛盆*才 21
<
:1
<今回ポのた 1
を
3tの斐唱が低
所、うの技t!栓体生伐比t
t,2t/
5
'
験結果左;官す
o
Sのぞれの約 1
0
1
審て効 3
.
. 務中
位与の核要性体生成此 I
tヲサ刀 t
.
t
1
m
財産軍
u
ぅ 表実験、結
中峰エ子
ラ
F
'
t
.
<
¥
"
:
.
.
乏170十1-
サ
ー
'
21レηク
ム
6.2,
e
V
/
'
i
.c
ιY
‘
'
1l
生手残虐 C時Z~,td ,
0
'
3 1 (
)
>
'
¥
0
士
0
1
.
9
.
「 1
"
,
- μt
2
.
.
3
(
2
.
2
士
Q
'
>
)
"
I
O
.
13
)
λ
¥
02
0必J (
鶴中"生与 れ 1
均
‘1
"
" c-it:z.
0
2i
摂4,中旺手 チメ 'O/~
(
I
.
s域1)メ ¥
1
/
7
主篭
重
1
.i
よリぞぞ,1,であ\}、 ft)!_ 諺て η ぞ験t古来 rt う十の J結果 I~ 1
1>
"
等 Lvl. ま正二の
長 月
までの‘舘果t
1
:¥(包括ι
hの
ぎE
果,b,~ '{IO-~l~ 較べ τ , h であ 3 が, G
u
/
y
師 G
の結果
3tリはえさい。
(8,~土0.1)x 1
0
-
i
i
計自在との比較 (n. t) え必の核要,腔イ牢生成比の計簿 II. 核安 4生保生決断面1~責 ttと
云う耳切捜量 E 長初 1'(取リあ (r~ I--lはな仇い等\~~づて試みられたが、その後‘
計軍方法 t~丈~ポ加え 4 れ‘ 1167 与の品みでの核構皇周都会後で Sp~bれが~
表L
i
三方議が采 t
新い¥(こ〉で l
t
新1
8計草 i
去の倦お Z
扮
(
'
f
l
, 二とにする)。
今回の方法 1
1S
r
ιrb
e;rの計簿方法 1
'
¥
沌L
今まで It核嬰(~生体内生~比の計噂 ι
云之 l
ず、!持t
三
(
九
, ()瓦Jt.(~ ウいてその枝奥|生体生 lX比の絡畢 t-:."lt 左童手見(て芦れ
戸L"
1 工ネ 1
[,.ギー苧峨制の/¥ヲメーターを論じ向 t また反応機構Z齢
、
3傾向があ)1
三万ぐ,これらのパフメ-, -lt1~ 要校枠生成、断簡積比百けを単独l三
説明し τ
t意味がなく、 4
r
oshev等 の 的 ス イ ハ l
しの結果と t初 矛 j
菌の乃 l¥
るのでt
t
l
jn
l
l
i
r
τらない. 今岡のま十1
fllt不安要性体生攻比と.その ttttたう
すY線ス/で 7トIL
-t~'t< 真一体と fまフ τ ポ灼 G れ 2 ので‘ 1実費 11,生保生町 tt のみに
よ~JiL視81liI守 TI殺す在庁がすごと月fJ けうれあ 計事 l
三用いたエネ l
しぞ一挙¥1L
¥
'
i
l
。、
τ
¥
帆は
f
(
引 )0
<
(
鵠z仰
-w(-Jr)
瓜
川 、 tl恨
の義理刀学的場t
r
でわリ,ては核温Iiであ 30 助、 7緩の事~f$ ItE1だ I
tと!て
計曜 l(
=
o 者
十E
存η結
集戸泉スヘ.07トIlI
t
ムぎの氏 l
三 tフてはなはf= l
く実化す
j .6~'、帽性能...9 こ
[ tフてはめま¥)変化し f
r
.
レ
¥Zと効匂!った。 f
1
t
フ
てρ
ι値
はI
線スヘ~7 ト lし r ら一義的に混と (J られ 3 二と tz 斥リ、ぞの結果 CîI t/
¥
.A
/
10
t
手当でわ 3
I
t
c
{
i
1
'
i
:
夫ま〉長特階で
I
I
δ
1
亡主ゥ
τ
主
イ
と
す
3
ま正接要性{ヰ生釈此
今回の安車産免罪よ\)、 3/~ fIi1""\.. 之 iJ~~きであ 3 と尽わ出~ . ごれ 3
与の値1
1
W
、
刀
0
ε
:
:
=
佐の方法てi
t
z約られ 盈
ィl
こ比べて要修ではた<.あ之
1}号亀す~ 1['$tT
l
".
Jそうて‘あ 3。
- 95ー
τ太ぎた多量溢車三悼の寄与
戸 ld量うす 1怠釘"'~..~号rJ書官・・』才靖Jt'~色、、 p、・依 f長ね, <
."
!
f3看 S ヲ 才 浮 き f
童qJl
1
,
" o 坪 植 手 タ イ ル ヂ - ~ I之 1
1 /和叫ノ事td..4
"
'
"・2嗣朗/雪"" (e(差解 ん・ t載 φ脅
L" 説噌 .'9f 寺今才文身f{巳 fす討論 ~φ 錯 i者寺普 tl 主音.~ I
r,' う fuγ tJ;事J悪ヲ~ ,.
叫
"
1二末寺・
者載、告皐~~ふ ta~
J"
I
I
I
,
4
-
'
e
J ,"~(,J.
1
1
'
8
.
.
.
. '主'S.lr~ 必てT4 , m輔ι,(..
唯 if 脅 4ヒを 1'V-Q)!JfA. ヲほ*~今此乞 t
/
'
'
1
z;
'
t
. Ir~
; μJ~句
・着目、らわかる d う己伊
1
J
多
;
t
.;
l
.
.lv ;
-"-ず,{手t:t.""空審7J l 'Z."~ヲぽ,笥老眼牽世説ゥ R 亀 t: .J醤ふ〆勾f
J
色抑同I~ ~φ み'(,"~~ .
.
ニ
ヲ;
1(t_を夏場.:x:*ル守."_r・ f調 ι為ー広o
:
f
!
.
.
.c
:
t
二
'
:
運えす b 綿布fl苫Jt:在即 t;~車斤 , r
i今乞¥可夕、告案モユユロすと胆事与乞 Idl
.
'
・
" r
.
,
(
'
t
1
. .
m ゐら
弓f
l
3
i
i
l粧穿c
r
ヒザすす輪金持場孝信長 p.6之
,
ヲ十戸ゑ
L pd-b-zLg弘 氏
句4
眠申4
盆長技タ議
J
R
ωd
o
.
,
Nud:
YOr
l
-
今
J
e
J 帆制CCI..~
2 悼 品 Cd
送、、六日
j豆、 '/~ 乞さ
ゆ4
3 ‘。72 0.0
ム
ぢ〆rJA~
う4At
主
.
7
/土0
.
0斗
.
7
0土0
.
0ヰ 0
も 0
1
.?
:
t1
斗
/
3
.!
i主斗 .
3 /
5
"
.
0土 0
.
2
(
;
!
;
土
3
ι
;
v
'
e
u
.
i
ro
n
.
.
.
.
0
.
6
主
主0
.
0
2
/
1
.
0主2
.
1
/
1
.
6土 0
.
0千
千.も土 0
.
3
千.斗土 /
.
0
出7:
t
.0
.
/
ヂO土之
t
f
/主 之
タ
土:
t
.t
,
'
1
0
少;包
7
ぜ
e
y
,
帆
IW
~êム
千千2 主 2~
l
昭
/
4
L/
/
勾
,C
A
弘7
土Z
L
十 3
3守1
{
.1
:
.
.
ぇ i 21
.
f
S主 /
d
' i
もi土 7'
/包
~ι
1
2
7
AZ
S
撃ろ。
2勾 土
(
/
.
7主loj
-/
'
1 6
6
71
6
/ /
一
.
5
"
主Q
.ヂ
/
/
.
2土 0ゐ /
O
.
t
f主 0
.
6 /
一
$
:
1土 0
.
2 ヂ~3 土 O. 乙
土t
.
J土 0.
3 .
- 97
1B-10
、格通した系J?Jげ、主婦放ヲ 7
.
f
!
1
i
L
佐及
馬場 j
i
.
感荷
殺意 I~μ ‘費支講進五I!: J入 ,
1
1ril:鋭利似主婦いて殺事~1L 各/え i }~
7 Iレミ粋子 qt体操企の非達成牲が・ 1~励起4反態
でま事K !J'品こ?が ¥ s
i
o
v
,
i i
,
J'フて lÑ拘~ れた f
) 為J例 制 e'r Iすと今井き絡1
生
{滑走‘川和尚/えれや、 t、れれ ROS ω喧タ併ec
t
づ
j均 泉 主 示 L 3
)
Lo-L‘ んs勺 ωe
c
rの近似ぼ局1Jj.主エ才、 IVギ- IJ准?良え~J, i
!占時 1,止 Lく 作 J1
f
t
債
協
め、震崎川古来左 1
号戸。 1
) _
方
;
%
:
.
,"
J
I
2
/
I
'
}
この効来何本末 4(ð..lニ才、 Jν ず -Æ貫主義, '(1空宇 k 宵品ベ~ 'iの7,"C
Aゐ
場f
a
'
, J この史 κ危
目 l7.、充 ~1 弘、励'/~ :I-がν
lイ-7
.
.
.
.
t
X
_y
J
Lつえ似左用いて準i
主
を毛フl.L、
るが、
岳/えをポむゐこヒ主持氏。
々ト.干支今季ィ立継が¥利略(I
怖 .
J) 同酌ふ精進えば与しく t
でめるif!仏師、らぬ," 1~ 、み ιする. U
Pちルイ品目の i
f
1
:
a
.〆 匂 = (ト f)d
. Z
'
与
理詰徐
えられているヒ可ふ.
s
f
o
c
l勾才 J
ま"
J
,え
フ 1、ー訴ま秀の G
r
a
n
dP
.
a
r
t
品川 r
l
An
d
l
O
n a;
1
;
.
'
勾
、 ぜ札仇
ら
準1
1各・及左手くと、向/見エネ,レ f-Uj ,あワ&スピシ j 左めづ ~11L の各氏 ρ ‘
f
(U
,
j
)=i 7yf(U~
~i' f- 山~~)l
Ji
i
i
r
r
σ2 )
J
2
(l
でこ与えられふこと舟〈・見ft.:?れ人
.
2
(
1
)
下
;
"
・ 1
良三、 L 、 ~f ヤ ωtD1Í 問団 meter
IC
r
Tl
J‘梓紘訴ヲ等周防毛 r
"J V
iii以 I~ h ヴふ 1
重0.1官
柔
/
I
l
'
.
.
.lL.
1
0
).= σ
;
)
.Q
(2)
c
o
n
t
i
n
u
o
i
J
sm
o
d
e
'
l.~
1:A
p=
3
P=3
-
1
・:与ゑ与れる。こ') (Qρ 基~匂 I・ 0
4
え
昆
r
.~ L、て長y
ト
教K対可忌
GS
市まに f1.艶刀ザ b~ 3.皇反古五 l手) L、
z
t えb-;~イl ゐ;喜
Q=
_f_(~- p) ~+ tti)臼) ~ O
.
S
)
.
t
'
j
b
→o
τ
a
a
j
急進作
0
κ
も→四で tr
τ新i
立すゐ
ご下で‘@同
i
Lブ‘ 2‘
'
"
め&伺華人了ム品。
さち K f
ω
ρ企
手1
J
I
.
.
会
:
t
ti_
!
j
.
。
98
O
.
O
!
(
)
.
I
U(Meν 〕
10
之、次
5
1てえゑ Z Jtl.~.
{
'
(U) =
J
σ!
e
x
p
2"
;aV
'
"
r.
V
"A;
時
r
/(
J
f)
.
I
. 14
:
c
fU
(
4
)
V
この場4
与の躍は容易/支え秋乱闘、連続手 εデ Iレ勾 E手イ立を皮え荻 4
.左前 L'
a
.=a
.O ( 品十 S
グ4Sz
(t)
;
l)
ιえられる。
と
いで
,
$ !S
)
.j ;J拍;Æの~ e Jく似衣
梅
株
泉
4
特械ト世盆鋭続,サ伽}
ι 、灼宇判
内
9
町
V
わ
?
畳
畝
良
ヒ
の凋
j
刻j
滋
象 E手
す
l
司毒えて'J1)
,
;
;
0
ミ
遠
童
続
榊
帯
毛
灯T
ず 附比べ、て、 枠連続学毛f"IV1
"
/
'
c
i
4
幼かい干二刷、て'r.lJリ
高 11 7.政け 7 "( I、
品
。 f
:
:
:j
;
i川急r-.J
i
lII て
同
高 似たエォ、/レ千二綾城、 1・ザこのすムの河 f
秀0"続 4 ポ
‘ f
=
Jμ ゑ1r..;A1、て何百
o
d
t
1M~V l‘'この如来〆逆J
tl
、 とれ j1~ エ来/レ干、一例 t-iJi重続,毛デ, J[./~場令
よリ{~~昆 κ (6' ~ L I、
)~!家主示手。 ょのと eiJ 、 yえ κ 角岐川~ iL.,名女パつけての
や~~ ~ j号ιふ れ 佐 ゐ k‘ プエ Jレミ私全左上イ1l.~ ~i.隠れ.fEf i
.
.
ム
ヴ'al
'
f.
i土L げ
努2正
予
見
の
[
.
, 1 I 、みヒ~ 1~れふ e 非連続停の Z手位毎度ま与える (1) ポ iJ 、物品\内村岡達
tデ“ハ与乙 A 牟f
i
L各及κ‘ p去の払
i
合
f
1
統
1
f
!
rF4'~'
ta
'r の ir~~会 κJんふげ&但みふ杓乞ヲ
華
人E末 U
‘k も
今 kt
:
r7 1
. いふ。汁ユ聞を兎
~ t、活工事 lレ千 績が突で, J、 f=Jh勾
条
でI
I
;謹挽停毛 T
・ 1レ
(
;
比
べ
・ 1、 λ 雪い各月是正
1
0
孔
っ t いるが¥エキ lレギーが・舟加すふれつ
1h z 前希作 iιプ~,っ、中 jJ- .
1
え可れこ
れと対 L1
.
‘
勾
系 1・i
耳
、 $
1
.
主審 i
長が連
続苧る 1
"IvO
J 死
刑 J リるつ k3y'{昼l。
、 こポ
I
'J、(喜兵子 J
ν ギ-1
f
t
打 jJ 7エ lレミ純子がすえ
j
lU
I
t'
2
t
)
//
ω
r
=3
S Jゐ
u
e
一
oidt
l
μJ
r
L
'A
,
抜升教主放みの K 余~の L キ 1レ守二左?自賛ミ
q;
T,r-めで'れ ι方υ れ ふ
さ 41 /
/
/
二叫連続者{.[
"
,
レ
乏
支
め
,
.
.
.
.
.ゎ τf
弘主長 lU i
/
/
仰トれた条 1
"おF
長手ふと t(
'
=
- J'フて‘ 支
砂 ,
. I
・・1
殺 q 準イ丘密皮左蘇1
&
.
:
;
:
: t〆可能 1"}
l~
o
A
2
1
/
/
支め放の準 f
a
安
;
t
.=
iフ l
'
τ ゃ検討乏加え Ao IU防
1)専場 7
4,切手イ昨k-;枠:;.{手ふれ ,td').
山川一
r
.
/
J
I/
/
/
IU
E
,
,
ωn ZF
F
1
一
一
一
r
J
殺の中 ,
痢 Z主れ I
t;z.ネ I
レギ、ー倒で岡、さ
0
.
2
)
乙 βゐ
c
.
t
.
,
r
'
J Rw..
t
,
之 μyμ (1仰
s
.
J
3
).
r8./(aん and /
'
1
.!<.OS<?I1J
t
j
)
εわ 吟s
.Rw
iよ
乙
ノ 1
'
7
3(1
9t
?).
99ー
/
r
。
1
.0
U (MeV)
10
JO
内 ム ー 叫cム ん ぷ ん 今 / : 告 す れ
lB-ll
e養母ゎ伐
~-#d
L寺大工折〉
金
主
ñ~ 久
匂
守/骨、弘立LO{角点~j.ムイ主
手佐野乏の取 1
s
_¥
)l
t
;1
9く の 人 々 に よ っ て 史後約長ひ N!~合(?J t
l斤広がずさ
水之、可 1句。 主事命的考牢 m方l
可1
こ1
;1"ヘ人さくわ 1
1て 励 起 工 不 Iし 守 - 'Iえ ト!こよタ
手i
L
i長/をの変 ι
i と ρんI
i 初来の事
;
J
_
ぴ4
えの支ののぎゐの三つがま L ら J
てる。
'
j
t
とこで It~ の椛~み喧じ午、}ア工 I{, ミゲ λ 梗宝!こ基ず<挙ー作会準{主布、み 3 越
危k
.
r
t
必 修 L ( ¥) 竹 川 印 刷 主 ほ の ぎ 入 を ! 正 帽 、 バ o t
;
[h
'.
I
t
w
t
.
必ア
ハ f~ 津小 iそめ交付/マフメ J -f
}(
/
)I
明1
1
:
..
t
U -2(
)
り .e_-tJ2. マ る 丹 止 手 入 Lざりう
扶川自 f
f
r
<で‘の宇佐良 f
をηJ手事。左利ぺ氏。
之丞 単_.~正予胡 1品 d 1
4フ
ェ 11
-~ f
rA t
政 iこ 4 る 1!
&~ e _dajJ_ 街 !t4
,
A {1二
項LlCどとの 1
1
2e}
品本 l 1
と。即ち
ι(= df
~ r
Jゾ、
"
d
o
(
寸
(
1
)
Adrctd-C -cゐーム_,)
(
2
.
)
で 与 乙 ら 札 ‘ ふ ,l
n
I(
ま え 忽 ー i毒
IaI
! 苧J
丘エネ lレポーを.&.h l , t
'
:
',tl1二
( (~;( f
乏
がμ 4
ムγ Lて H る 時 の 工 ネ lレ ザ ー 是 必 ら れ y 。
N~urtnしりの右辺によると
わのず主会系にかけて
フエ/し土足元 f
寄
付料苧
4
Z,W'陶民
[
c
ぷ-tよ1
)
C
6
,,t
刊 j
手
l
t
J
f
句) [此~ t
.
:
- ー(弘一 t"-I)]
→
!
J
_
-
l
i虫
/
主 1.吐
1
4
I
)
芝
て。められ乏止しさ;;10
LW
仇J
1
J
f
(η )
(
3
)
ととて・-
Z的 = ム
rI+似 prt
>
f
.-
u=
= 乱ア2.
t
fI
)
IT
J
(
4
)
(
5
)
_寸
a
i
旬よリ」ニ下町キィ1t}'Ì者手 7 る産~左与える荷菅伺是正 r ゐリ、
1
1些ザ手 J
i
f
昼
夜 ,.
aI!政手伸長産 d7〆 1-でるる.. (
,
伺
'
u
I越ヒ f
J会 灼
i)叫
(
t手
イ
佐
泣r
免i
(
n
)
[
t ブ乞 11
-ミ
z
7
ι
拘句ゐラア戸 (とわ、、る以点‘ 尋
5ぬ 寸
Eす
の
デ
苧
f
'他
f
E工手 lレ
げ
ギ -(
-必
4め呈が 外川4炉'l4g_~ 叫ム~"ム
ん6 毛
A
みjパ え
疋
れ
J
川
円
L
μ4
4
ゐ
ゐ
世v1
抗?托乞ム
抑郎
γ 打吋琵れ 不粁イ ,川マ門7〆けタ 一μ 司、川、叶t ヂ仰/陪企向司哨?向拘「ぺt 堤れの U
よう ご
引
差
砂
炉
仰
め
肘
州
?
汁
川
i
j
'
:
;
_ー
ら
こ/ = ( 1 --6.)ぐ 4九 一 九 ィ )
(
6
)
e
l
一心示会げ+付手私
__
l
_ 1
1
, /1,
j
t
'
=J
Z
f
r
ぶ
:
:
:
:
.
的
(1
、S
/3_
泥拍仇
J
之
;
向
5
'_JIZ
会
局 、 ー 戸1
'
;
_
1
-100ー
介ぺ:
1ぐ托 <I
'
1
t
'
(
8
)
二二て '
6
-i 1 立常設 l!( めだi 萩〈、~;-ゑ紋付 ι( 2,&.20伊 14) 2g,50,'
:
S2JZo,
/
J
'
{
L
)
であ )
1
,ふ誕初来の射響 i ヰここ l 二あらわ士 ~l ゐ。 1え?て
p
々
1
$
;
:
:
、
U;-l
n二i ヲ - (え .
t
nーの拍]
-47
払 [n
1
1-
I)
2 3
/
-
,
]
(
q
)
n,M
。
;
1
/
旦
ノ3
J
Jノ
一フ&
-、.,
一主
一
一t
一エ
〆
一(
ヱ
t
N
G一バ
1
!
U
十九ふ [gc--%i-Id
0)
iJ
l
主つ-;:. 1
[
- ミ工手 Iレ 有 一
AL
4
こ
基υ
7〈ず i
l
l
可
同
'
J
5
)
'を ル ミ 刀 a くは世 l
c,'{JJ人で
f
司i
1
:っ け ら ι
I
lh;
;
v i
dご
f
一三_7_ _
.
3
(壬イ
yv
主
ベい)ちょ'1 1斗 ヲ て ‘
パ
/
ー //3
'
tj'~テ
(
!1
)
移ラ l 二付 1 7;;1 ~~{f五問尚 d;v
2rl
(( ~ 1.め道:荻の初炉支わるベモ枚
-/-
:J= /
0
/ + ji{'
ま を 年 )1-) (
,
I~よ,)
0
~
c
{
A
J
I
1.ぞれ
d
z をそ,1
4
えわた.
h準一私ラ雪作長良 j でわるのご
_
d
I
ぴ2)
圭
ゴや 1量検特~ l
'
.
t
.
じ耳え検討 1 う た わ
1
:
:
:
'
だi
々
、
《
tZ= n
:
"
'
d
2/o
t
二与ラて
主人主が
:
'
1f
之'長良
1¥
0ヲ
メ
(
/e
:
;
)
J -f;主 J
I
)/
:
.
ご
~初去を意長 I
b
t
;
_
_f,あふわ収級、、とわるザ‘妓の金局主号 4
5tた L守
み
取
;
{
s
.
.¥
¥Ia 色列 ぐヲメクー θ (=ci/d
ィ
5
ゐイニ
t(
/
-2&") e-d2
J
d)
こ付
iて
I
ふ伺 dヴ
F
の
すi
,
)き
が
(
1
1
/
)
d) (主のイくオ)'
)(
; .
s
.d
e
j を寸し入
て
手
{
ま
:
%
)
'
;
ミ
ξ
求
;
の
た
。
L
お喜三 k当
者
工 .
(
j
.t
f=
=5
.'
8J
V
I
ιv(
向f2 ては C と ( て 喜 之 ら 1 /( て い ろ 3 今ニヨヂハ危 V
o
>!
1を司、、て ヰ I(~宇佐善良 y マ 7 〆 J -aき管号本 A 1ζ;1Iτ デ 11 ブ│、!た
わが事 ~I 羽でわる。 ζ ゎ
?を良 F
食品と-R_するよ勺 i之 氏 (/)めち込 1
;
:
: 1'
1'
7J ー
0,6/5 村
長f
1
1(c
hゐ。 更快佐 l主 GJ.
μd品 向 相 批 ♂t
. i
1ひ".
l
3
as
c
<&
_~
3) I
ζ よる務
,
す3
の問較 二イ示、て支イじするを 若 え ゐ 。 久 (6) (ケ) (
t
r
t
杭t
b
J
Kで ー 守 1
壬るおふェ τιrー (8 U
ιV前後) /
ζ
4(
"M 足ミ止問、、勺枝 I~ 付す
るi
&て守、ある。 更t
i
ti主 8==- 0 1ζ そ1'9るきr¥t
(
Jで 9 る。
(
!
:
l~' ,
L 8司らがな主勺¥:::. Z =
=20..
2
'
i
f, 50, '
6
2
ゎ射響ボ蹟高 J~ わらわ H て ρ ゐ。 vii
z=50I~
主グ N =50,82,
(126)
I
の~
11 する αm 臭母島{且主の才、~ 1
1
:旬、
Eム
1 Iチ ユ 1
<?
乙
千
:
ゎ
#
R
!1
S
¥で
i
'
i茎ι
K経で支
局(て戸 )
1 、 :
の支 Jうのえふきハイ戸't<l ,g Sw
i
.
a
&
A
の管孝之LK42j J
{め Tめを巧
で'め a~ )司 l" く弄 -I~ 1二一足偽待 r
、
字 i. ミのを丹 4
えの崎氏ぜ更与於 f
giJ"守、す f
客
も
込汁ff)f
)
(去1
;
¥t
r.
f
比
ご x た丹i
'
-6
l利泊 .
d-1
よl
J¥
"
,
:
>
0
主く主 E られ之、、七 4う l
こキム鵠・
Z:山プ
I
-101
あニ喝':. ~CLチ
てブ, a
・
y 卜1f
え ,
/
i
!
_
_
!p1!J
t z
:
、3る
点、略的予
/
i川
キ - ~ ~--tfj ハσ ラ リ -GJ~ 吋(
l
レ
の工手 lレ f 一年{丘 j よ今 N-~/3 /1-1乙 v
で"める。
~η 勾ら
のみは 1
'
:i
乙 Lた が
いì)~ -Q‘リ==0 ('めん件必ゲ の説会旬、主くれ台、も。よ
I:" .i!:,'べ I~ ,~-tiち政 I~ えイキ・() "
'0,
ダ 持 活 ベ サ7
式
'
J1 .
;
t
えd
i金引の尺 J) I 三 ~e~
kηM 崎市 V 久そく 1J フて、、台。 ~7 ち虫足首, ~'/~ ')小さく~ J'
l
実
見
守!
Ae))下 -j
.
r正
さた l1
こ止考乙ん f
l令。/えヲと f
j,
.
6
- ø 止の熱討 ε ワすばら \t'・ 4 に i~ 長す di 黒
1
1
"均i
守できる 。
なおえ (4パ 5) をよ且(て単一 μ 去手ィ1 長え jく付する期起エ名 1(.. キーの '~7 管内 t(
討!Ji
:
"tf
s
:
11
弟子阜、〉 ζ ヒ
で
‘ J
らわう。
〆/
一一一一一一一一一戸へ
〆¥
ご
斗
311¥/;長
1 /
ノ
ね[email protected]ご~=--=-
;
Z
"
'
8
2
3
V
Z
1
2
b
と
ミ
i
JL/Z-Z=48
~IO~==--=τ三一一一一
'
'
グ
会Z221V3U
,
〆
[email protected]ご:::::=:::>-一一__,---:::.~
ゆ二ご二二二二~以.:::--=
;
!
=
'
i
O
一__j_一一一一ーー」一一一一一上一一一一一一
6
0
1
2
0
A
I
~O
2
4
D
F
e
j,
1
. Lv
,
;
吐
,
s'7Jc..n...
J
.
:う
宮
山
崎
:
(
.
;
;
.
月1.2
d
'
ムL
々
と
7)
41.タ品 Hι
(
/
全乏i
f
E
(
1)寸~ ]
)
.Newlon
パ仇・ J.p
.
件
、
笠
30"
1(/956)
匂d.
(
2
)W
.
]
)
.M~ &
.W
.J S,仰~ ) /
l
l
u
.
d
.A
。
2
1 Jく1守66')
A
.母必ぷt_A.
G
.U
I
.ω似'.tT7Z.・ (Mz_.J.吟 ・ 位 / 似 (1jt
.
め
?恥v-~ C~岬凶叫仇~ι
1
0
2ー
)
11. 以主主ミ.~)
者機l臨海韻 1<:対ずる目線の作荊
1B-12
手習祈
、
笠
主L 瞬4
必ず
I
<
=
- おかれ作ぱ氷財保夕、ら
of
t
x
ふ美瑠・肴藤暗殺
l
d
:i
)t
.
_
銚
魚
d
-7 i
i)供給去の;'/)者類の尿 3
ト
例主主手〆拭弘乏オtゐ。ラのラ ι〆ぴ場設の競売I
J
#
.弘 p ゅの, i包手々也事紘棋~~丈dえ
する予報愛乙 ι ラペムぞ紗め 1 特徴今争今の lうし t 叫香乙芳えラオt る。~~もず I C­
ががれ F
と以来射#
i
'\ð:'め付争廷のをト1f下 21〉 JJ のぷう信指f 篭が憐 l~ め念。 P 会
f-;. ìりr;l:)Í)頭3 の /~Æ島 I~ グのまヲ制手)特急ずみがパ'7 -<'17 紫( l
- ν、
タイ 10 のイ :
;
(y~車
1
(
."
J
:る
賓客少好例祈充ちが少'f.?;v'l,ずよ1':'.訟掌し犬。メト併あ I~ 伺様のうft点主-Jß-1i殺
格闘心不 l
手通i
有レ必薬仰の例 i
'I 精機佑世2
掛(、海棋 )1づげ fるぱ格安のイ手附 1
:
;ク ν
.
1 1/乙 i
くItl係判バ汗 γ4
乙{ク 1
紹f多伊勢五九ヰ&移 dワi
三ゐ「ラ移フ停るのず‘ある。
、
五
三
金 程~1不孝íiJ lζ 併弾く射掛〈州州)互つ rr )
1
Jz~;る育委ぷ狩がつ伝るの左0, ,~:援t庫
じして約約伝 e 抜射能市戸 IO V-C:-,~ゑ燥の態宣ばヲい1-"ある。?の l事乏ば似IA同
t割当~f ~チ #..'Ø~非主去のあ穆ち'Í,~ I~ 乙りの~" <.タ│く T
かうの反動例 N
p;
ji
l
'γ が
I
'
,qr~ 屋家♂める。ジのぶ?好例 3握i患の主シ i亡者孫、粋-t~毒殺のかか_$ 4
.
i
/
i
.
.
箱
ミ
ペEゑ φの
五イ汗 γ〆掃、乙し τ 前同要 -lliì'本r~ 伊会修つ炉。滋耕部争目安の t 吃 lま /α ちチ ðJ'ぜ~
~ιl~ 移!f._[?す多クと〆少のイフr シ L埠タ持機 l' J 婿微粉 ,
i
'l
i
f'
^ れ ψ,N i
DJ
LlJ
ラ
'
念。ジのま毒殺すよ以蕗手 4
島幸往来主勝者V
t
手事 C
:9イ汗)1\;):移ばち I-::'~遮壇場ち l~ rり
関
電割弱掛ヂリ。き似伝三れて~~ずる 10 此叫準じめの 0t心 ,0 0 0 ぷ )V トタ砂防今t)crÞぷ
JVト。
i
手ρ遮芝1tLノ t
I
A
争飼料圭 'tOC川 m鋭安易 J
冷称され} [
G佼
耳
石
1
tρ;死唱i-:}堵比佐4
Yリパ /
ν え誉r
数ミ κ象。畏 v
;
.t
iば
イ J Y持
、 y少
何者}J'j: t
)
.
¥::;-、反篭手場Jセ~老逸し
r
て1
0
-6"
.
_1 θベ
lorr 也、、~ 1
) I 炉逸ず必、~ '0'"輸遂ず 1<:: イダ Y の初期の新電~~手陣 p 、也
~矢才能移 'i'(f) ク〉貝倒神 t ィ、 ?t~、ぜ~-9ク乙修く脱剃苛オt ゐチと〆刻 m 、実勇安子移し
目i
開
下
-Zハ
可
か抑今祇乞件多。争前ミれ伝 1I'>J 主忠正予(YI事クポ喧す増持者 l~ 入金寸ず b と生吐の震
の ~r f
i
c普L
*lv 川 走 ら 1(.lt'DOOl
J
V~ ?
午
仰迭されて神話〔篭移色衝撃 v,16~交付す
10マt(.~宮中毛糸ル 1':: )
ν久杉し宅前宰搾マ繰
り /J イf事
者 ψ嘉 F スケ ダ / 多 八 し
J
の グ デ 山oyy Y./よ総長家主れる。え
iうf公)<J: ,ィグ部 v ト-t.;tの滅後~~母犬
A:あ F
主篭紘 B:;
主持板 じ:0(被 l~ 正ゐ必略えをtx 玉、♂ある。イダン L障の
者よぎの外前
射 係 D:義
浩
司
安 E:訊粁樹ぬ d
毒殺 訴前タリマト乙 クポ喝今場A
f:¥要事ん 1
0
-ワT
or
r ~ト: 1~ス電総 川ザト 1よ~ /~左\C.してあ多〆ノ k-*~,t
'
¥
a
'v、
f
'rt,る件I)tI.twむ lC糧支戸をして泌jえし然。
図1. イズシi
摩
p
-1
0
4ー
盆盆互笠室iき采耕診して嗣 、移チトロ必)1/'
"/'叉毒殺の妙説、 ~I クトロ必 lνρ
j
l
.
1 'Cノスタ
ス7
0ラ
者 'L-してジタマノヤヲ 0 0ん
, を I~ 、くんぷいゐ。クトり .ft 1GJノOI場
v
J
コユ欠グ/〆イ b
愛 広 爪 /%~' )ジチズグ l
A
〆い斜掛ずる。紙季初雪曾捗扇{多多と│のヲj:1 1
予庁、し移。ヲ1
'
jf
舛ι宇多列 1
1
3宇
$-/~,ヲV 々 *j ばずヲヲ1 のイ露夕、ら~',"
f撃を緋弘、のきr
t
:
:
;J
常手、捗.Jf).,よめる。クの X ヲ移チトロ拶 IV'¥?-/え
;
:
rY¥浮じレて多受発 lιy健
涛
育
委 iイ
えミ骨し事与イダ Y雑ば客ダノ
9
. 紙新の鯵煽
象1
ゆ
色 1,
WeI2/W~1民 Wel6
十
H
。
N
。
NC 1
NC 2
C. V. A七omic メ
4.53
4.68
4.49
39.63
38.59
工
38.9
38.92
28.60
8.51
8.80
8.55
5.37
48.37
47.61
48.04
26.40
T
o七a工 100.00 工00.00 100.00 工00.00
のイフrγJJZ
シれ砂)<r H
2C
1
,
+ ,14N十, 160十の手ヲ貴子
多摩キ,茅 J
す
篭 A;(Yぜあ
る乙方弘られる。 H
ι
1
3ノ
!
I
2
q
引5
4
6
1
f
,
7
'
作
M
/
0
,
ノ
I
w
w
e
1〆
ジも l
1
よ ヴ き V し/乞'd___
が乙めラオ1-1
多〆ノクれラ d
ノ
O
+
ui十
ノ OH+ノ N
w
i
I
r
f
J手少ら移る勢作l
e6
N
O
:
"
+の X う移多,
をら ιM
l
tA;(γ ぷ持 ot.--煮えられ14-る立がo
ψ
,
12C?+
O
1
6
2
十のヌフ
予
る
、
ぞ
./グ〆易拡ミ<'l't,チ~fJ以
0
.な l t
1
W
eワ,We
ノ N
'
e
/
:
r'/1-'"あ多乙先 L られる。参件,要~17t あるお哲来診し-1.. t
;
(;
形手魚ぎのフシ足立曜L
e2-3
V
'
ン1
ち
"
'
d
1 ジ令げ/グ〆砂乙めらオし多ダ/チ~依 N 0':十の多摩才少らずる三シ ~~1'寝;! l
今 6 帝弘のれん~~)<J;殺がをれ件イ fγ 維のう多致命多く鬼必至れる券常 3 浄
庁〉ぴ>0'十 >
N
¥
/
ψ7
i
'
J
1み。 H
J材
対与を ,
重斧帰}倉 kは
漏電 Af >
'
像
笈 d)"
'l~ ク、、 1.. O
1
')
0
+
c
.
+
什す
f
c
:
:
と巴色。場変}j.し1-."今〆ノ
がの明i
t
f
>H>C>O>NI bし ポ 9J
1
'
十ぶ却下多引(拘引哲)ヂと〆チヒ彰ク乞円急
1
予多凶(約
L
O
i
)Hi
~者) /
i
i
)
N
努
停
よ、、初中番、トタ "1ï ゅの彬 jj), の今じザぷるヅ青~~局 18 \~ J
i
美よめ多。少のク ι
'
" 魚
トタ γ グの宮L刻過滞ぷ pド煮魚手診事 ~fi字まのぐ~6Íら夕、 σ きí~*~荻割五項 C' 1.叫るタ
t
家Z イず Yの#か t
工onic メ
工
工
工
H+
85.20
86.57
C+
6.50
6.03
N+
2.80
2.8ち
+
50
5・
55
4・
。
〆
T
o七al 100.00 100.00
乙&認すわの乙費えら似る。ノダ,多摩争事新電
Al' γ泌易摩宮勇 (U1 管l イ fγ 乙巳じ飲イ、守ゐ ~~I-=­
tるよ長レ t がれ/羽(I~ ý ,ffi'唱~A :f Y\~f<' 似ノ
f
ヲ~~'A :X γ03 す 'J,O/fì' の|♂ある。クれらの A ;
ぃ
'o
<
.
f
w pれ令チトり必 /V'9 ./欠損制約 i
i3の
i
f
γ
チ事リ移
i
の?
Æ
1 宇治 手事り/准の~~孟未婚話?I
ち 14woを与され¢ ψ
タが道色篭浮 V 事 っ そ 哨 φ グ
のず A る。チオt予の A1γの事ぷ l
i,移乙礼I-d')ユ
シ
の派手の核剥移
込めま孝夫E
tトタヲ 7める引涼
SJp
三
.のも未知 l
~培像の事減準緩 l 予析すゐ院経内イ;;f Y4t
/}山そ裳重度的維務呑め杉弘多今の乙芳元られる。
-105ー
ナマージスペケト百戸 ダ のゾ
肉にお '
1るイ才ン軌跡
r
lB-13
"
B
l
l
l
l
l 蜂
E
f
F
f
(板犬・エ)
I
f
i
.定
t
J
i
ズポリュー-ム
0φ 沃Ja
j
を
減
~ト松英手乙
+)(ージえぺヲトロ .
J- '
jーでは荻野性気体折、J-スボi)j
..〆ムザ iご導入矛れ
わ手絞め索変け, ぜの娘1
号、きが・イ才ン 4じする。 ぜの疲愛主派物であるイずン
の吃;す絞めるい '
dまた I
I
%,:;穏を吃説場て・分却す否。 ソースホ・・,);l- -ム内で・ Il~ト
手ー/宣之イ才./-~ト3チp イすン一宮きがどの衝突-色ご '1 1'; ヴ机l 在崎ばらばい机ら
梧多品真空で・めること h\"~牢菜、 3 机る。従-? 1~丈射位急成分きの !$.j更も浦ぎイ色< fJ
.
~o ミの ~1キ下です十;g'I Df能 1<:1-イ才ン 5えを得~ 1
:
.
商
事
守 lて允やが令解能。.I':i'場~t ある。
イ才ン殺生容として /00戸の効率をヰづ北のを使用した ιl1もノ、ノ 叉ポ');1...
}ムがら引 J iJぇ l ìLるイ才ン5td先制 5~反州!芋で・ 3うる r:::.'t 手叫くノ ぜのピ
ケの FWHMがふさいご :
1tJ"'
)
t
掌である。
之の新記の対象~ (J ゥ 1~ 4
ム
ャ
ジスペワトlJ.J.-ダーのゾ スポ )
1ューム色圏
1
.
/
ご
示 L。
亡
.
f この、ノ-スオマリュ ムのザィドリンゲ‘ i
こl
廼まれた管場中でイずレが
収集 3抗 争 円 ぜの収集妨李 I
J
A
トイ才レ!こす才 lて必ず Lも 史
(
.
-I~ 1J
.
く
, マの荷
'
I
t
荻l
て比例するニと色さきに品磁丸 L1
=
1
3t
:
:l
:
乙l
;
tli'.5kr~匂b で、仮朱る 1しヒ" :
;
'
句
ム
イすレ J~ , 2 i
面のもの前'1j自のものよ 1
t
.
/
J
. 1昔の収集対季で、める~' t
祈祷,められ
た
。 1)
J
t
r
d
F
J
1
ム肉 i乞
お
,tるイ才々の軌跡左迄閥、するこ kによ久管場による
イ才ンの収集知~~ソ-- "i
K1
)ユ-b.から引きみ 3れるイ才レピ〉ムのピ-7
t
,
f
ヵ
γ堆剰できる。電気伝靭生のシ/ト上│三吃導位者?粁でガ"イドリングヒ加速7',
)
ザ
三棟浮こしノ ぜの主 i
三等修也線主櫛<:.
( l::によゥてイ才ふt
k関、が決定
ド色ニ攻為的 i
できる。ミミ字、ノ♂スボ'):L-ムを電導シ トにに模倣す 3場争の電気的訪をの
すi
N
ι表 lに示しに。
ずイト"リレゲについマ 1
;
;
[最あき者の事のか最ゐ久きい初乗ち与乙者がらJ 主
│こ最
危端F イドリシク"皮ゲ前主主ク"リ‘ソト"について, ~の栃 4え箱 ~i江宣J ぜ
れ
,
:
.J
1
U之
香i
車A:r
iι
"に程々のもの左杷免し J按対立畑乙た。国 21.1この咋手-比訪的主将 ij牧
集 "tJJキを与之~ t
芳乞られるものにづいて 安?撃のソ スポリユ ムヒ L'(試作
Lf
:屯のがら得 f
<
:ソ スポリェ ム内にお /
1~ 1
ぎザゲスの令祈例色示す。
があ、主主反広fによる峨感 3の友Jjt
エ
キl
し
ギ が収集知孝反 0・ピ/ク初に与乙 3
若
手
撃に巧いす l
寸樹件下'
f
t
J1
;
、}-スボリェ
t
r
J
r
J
1
0
1
0
6ー
V
F
象考丈献
1
)
K
.N
i
S
h
i
zt
l
.w
t
l
.,
K
.N.
o
r
l
S
.
od
Q,H.Temntltsu
管室分祈(波稿¥f)
*
1 ソースポ)1ュ
r
門.S
h
i
n
l
t
g
i
l
w
l
且y
ムヒ億導シ/ト kの対良い
ム
L
五線収率
吃
h一
F 劇 MU
ス一軍電車誇
一
TfJ
佐導シ/ト
I
吃 住
f!r場強度
t~t 産!
!底導度
I
O
N
l
Z
A
T
I
O
NGAUGB
l
STI
O
NSOURCE
Tl
MICAWINDOW
G
R
I
D
S
山口F咽H
NEEDLEVALVE
l
r
為
r
.
r
凶
ロ
ロ
ヨ OU
H4F
RADlOACTIV
.
P
.G
AS
f;RA!
竺
^
)
1
¥.
¥.
;
'
"
*
'
/
;
.¥
J¥
Jーに
'
'
" '-胃___....._,,_ノ、司J
14
Fig
. 1 Schematic viewo
ft
h
e
15
、..r、司~
1
6 17 18
M/e
source-vo1ume
F
i
g
. 2 Masss
p畦ctrorumo
f residual g
a
s
-107ー
1B-14
吟Xι → I~~CS に伴う~電仰の兎'1 え
p
(
,反丈・工)
J
L
1
1
自
主
唱
威提案
を
9
;!
t 棄
を
寿
医
。ヰ私薬事己
九l
f羊早急期 5
・
2
7d のベー?一言文脅す停で.をの壊なの除か
1
〉竜一魚を会支出す 3
ず,その 65 戸 l~ !内部寄広域寄る。べ- 9-t索吸の除枚電拾のな4 にたð:~名ニレクトロ
シゼレェー 7オヂ17>1.三め p 分与 i
手主に雪量?ト般の電斗互扶企寄 3ことによりイオン
イ
C可否。-敢にペー/.}-t患なの結果,モの守匂ーが‘スペ?ト 1レ l
事 l1
i
も1
f蓄
え kで
あ
っ,~緬!となる lこヲ1kて急激 l二滅l/;r 奇 3 "ーち円程F
私喰 l
手主ヒ l"c向紋に布、¥) Z
匙'),その結果車鎖的志才-...y:t.材呆を引を 1
守之号。この t寄金その子守ーが‘スペ
ワト l し l事 99 柏じ掲示 E 椅つ毛のヒな弓 O/~→tも /ι べ -9-~がげシ司- ( 11q~~取
帯魚) 1
裳廷で恥るすも,モの守守ーヅスパワト l
レl
事両元自の校舎 Lr-モのであること
ガ蜘侍立れ~ ol~~tも lこ ζ 弓 lもの電指令キト弘 A ,1
1
,S
.
叩
P
1tF問t M拘 均 九 iご手リ
聴希仁細君主な曳~\匙i量ず得ら札てお tl", ~与根輸のゆ暑は怠けと毛 j号ぇ 5~ ヨず.主
リ繍当主てま~若T 合埼予測定糸町宮前干~'(あわ t て 5晃肩キキーが‘ス尺 7 ト匂 x- 今ーの性
能 E車主的しその特 f
¥
'
!
t~宣言回べ~ t
:1
1
>Iここの硝~ずな~4\_足。 i司l. l二この岡常 iこ向日
左手勺ーザスバ 1
..
t
-)
((
)-今-'tt:芳、布。乙のま遣 l
本4
、
也 qずヰで ζ
l予定ゑし主そのに
尽i
ぎ同盟で R
EF7'13
弘、電荷分あの 3
更
,
¥1
足!こ過可否 Zうζ
i 之 . 3 の号、で改思ガ、加えら
*-~。限ちれ 1三 tt ~~射喰モの九 Eも献丹 iこ拡ヰる場合,ー般民ベ才シ苅\5'意書i ヒ 1長室内
骨絡役時向iL l 量生リ pn}x~ 1
1:比較的 t
c
快財官毛の長1L)宅のを件吾乙t.1J'、金未3骨 ,
ベオシ主主強足立ある結良域馳 lこして令無色,t1Q:払げ 3 智力甘「‘な主札~ ~可なわ号イ
才シ射也ヒ1-I
こス 1
) '
Y トず設けもれ,和台純けイ;rシえに Lて')-ス i
ピ¥) :L. - ~ h
'
S I\;:tンず射生i :tれた。寺 1ミ 11 ベドりシゲ~ぴ和1忌ヴ l) ~'1ド|こかけ 3 噴llE l
:
d,
ソ
ースi¥て¥)ューム肉のイオン斬協を怠売に l"t.来虫~'! J
L
1
ミヰとのでおる ρ
曳 同 肋 九ψ .
a
〆mず
ら購入主th.在宅ので f 民 ぢ 拘 制 約 /0似 し は .
P
)て、ノおk
J
131弘1j:ピ η 不純物を微量 ~t が,をの放射ÄC 学酌斜角II守"プじ" .
:
t
.
.
ヒ
主
れ
1
. ~
モのであった。
;.il恨三五乏齢者fl二守るため,加悲鳴~lE "
i
(
一
定ζL ,属工島鴇 ?
I去によりヰ句ージスバ
l
ト
7 ox- 今一ず詩集d 牝札た。ー 定要換の毛にでベオ〉を付文集:Æz~ぢ ~t忠告 f 先T
電0õf η ,(オ ~tこ初 L て集束紡キず県?J..~。司なわち干ャージギベスワ\)ミヰ-'>
z ンずおこ~"従ッて,この襲来.'l-値伊集及的 t の補iE-a掩主れる肋零ず~~ 0
-今ーゼ筆
事司令_Ii誌の電荷サ存'-現竹』ザスペワトロ x
こ帆に執有 3浦 正 俗 歌 l
亀ず跨主主札在。
-a同¥)'
t
‘
衰
雪
量.
'
!
i
こ主')剤、足主れてお杭このイ主導k
為 SI
S
K
九
'
t
-108
今老矢島(
<
.
1
)
A
.
H
.均 df 例
J
.
. F
・偽ωゅゐ'J1.,
~.lùペムノ i
l
lノ 1338(19,8)
ω k
.処dザ似{.A仏) )ι 先制i4~ ω'lJ..
噴遺骨有L t
l, f5<
J
.U1oi)
(
3
)
K
..似品子側外()../
伽t d.パ •
k
.'
}
t
ω
(
/
s
ふ;γL氏 μ 似 孔
竜自警骨祈 (最続中)
図 l
-109
ふば&ノ
)1. s.ゐ~,.似λ&
(
J
H
.
i
h
句制局叫
丁
1B-15
OHOKU
C Sの 位 能 の 改 長
ソ ー ス 、 ポ リ lフムの収集初孝と/{I レス計 ~II
葉北丈、 E
里
。平賀正乞
ち尿賢二二
l
昨年の拡街化学首輪金名、 IJ 号~ i
t:、設畳当時のナ布
了 OHOKU
長谷敏犬
堪 )1)孝信
F
靖国拓ニ
ジ 、 ス ペ ヴ ト ロ メ - 9-(
CS) の ほ 能 に つ い て 報 告 し た 。 モ の 後 当 厨 究 室 i二 分 J
Tる実陵の
席 完 目 的 に 合 bと 之 、 長 壷 の )
1
生徒の日雇のZ
互援のた t
フ種々の楼首まかこむ勺た。
ソ ー ス - ボ リ ウ ム の 1任 能 の 長 益 11+々 ー ジ - ス ペ ク ト ロ メ ー タ -~1$. の位能左
ニの j
景色詳細 I
=
-検 討 レ た 報 告 は 少 々 レl。 わ れ わ 杭
犬きく左右するちのさ、あ号州、
j
立‘)-ス、ポ、リウムの
z
o段のガ‘イド-リンゲ 1:: tJ¥1
1{l管位勾面t、、)-ース‘ポリう
ムの電位差の~体の I電位差に女すする嘗11益.
rt-ち 検 許 し た
才ン収集初主幹 1
:対 す っ 野 望
T
r
)
.
-
ソ
J
ス、ポリウム出口対M:rの電位 ρィ
q
ソース句jI¥'・ 1
)ウム内部の 2
0段 の が イ ド 、 リ シ ゲ に が
I
r"{)雷位匂画G:
dFì~ ・
1 の様
}こ変えた場合、会俸のイコfン 収 集 知 率 I
=
-との J う U 影響在砂よ l
-a'すがを詞 .
1
¥
"r
:
.
.o
;
[ T~& 1 の よ う κ1;;-る。呈録的な匂配 J りも、主に凸吾、あ/Jc
iうt
J
.勾配の
結索 J
方。r収 集 初 苧 l
まず
と
1
1
:111:" と
1
J
l
'h官、力。呈線的む勾配よりも. 下 に 凸 で あ わ J
うな勾盈Eで l
才収集知キ 1
;1"脅し10 これはソース、ボ、リウムの特長として当然、のニと
4
ヒ考えられわ。
従来、ノース、えでリウ仏の入口と出口の電位差 l
司f才 シ 軌 道 会 行 程 の 電 位 差 の 4
%とお、くの d 酋通で‘あリ‘
z
WQ.I
己 rゃ C
a
.
r
I50n
I
j こ れ ら を 棟 用 し て レi秒。しがレ.
2 の!ゑ l
ま薪レ¥)葉畳 、l
ま再楼前の余兇グあラ。われわれば二の
4%ιω う僧 i
ニニ
T
a
b
l
e1 I
o
n1
n
↑
e
n
s
i
t
)
'
4
之
E
9.6xl0
・1
7
W
0
1
.5x1
v
1
6
1
.1xJ0
-
明
2
.
0X 1
0
-
1
6
市山
8.6X 1
0
-
一
↑
1
6
E
︿ hvuA ﹀
4.
4X 1O~'!S
gmHvn
4' a4
a
・
凶
ωd
I
o
nC
u
r
r
e
n
t (amp.)
。
〉
3
.
8
3
.
'
1
1
7
F
i
1
l
.
1
n
u
m
b
e
ro
f9
ui
d
er
i
n
.
g
P
o
r
e
n
T
i
.
o
IGradient
-110-
1
5
2
0
だわうす柄、志
/外/-
n
/
/
・
ゲ/
21
5
一
↑υSoυω232
ト肝心
C
o‘製のカ
J
ボン紙主用レl、 撲 初 l実験的に竜
id,3I
乙示
位勾配分苧を欄ぺ‘た。 1の結果左 F
す。ソ
ス、ポ,)ウ A の 末 端 l
ニレンズ作用の
/
//
3
0
範囲 i
ニわたって再検討したが司
での結果左 Fì~ ‘ Z! 二示す。イ才ン量の最丈
ィ
亘l
Jq %付近にあ,)、 4%で、の値の 2催経患
にもf?二とが‘わが
た。
っさ"に、}-ス、ポリウム出口付 i
立で、の電イ立
勾配の協響。r
、イ才ン収集 i
二丈ぎ.('[メグいて
いるあのと老えられ/Jの号、 KA I Electric
ハハ・ 1・i
入
u
b
o
5
0 4
0
(
/
1
J
強レ1 苦~1}' が‘出規し、イ才ン・ピ r ム左合同 e
2
0
1
0
ω/も
0(%)
Fi~.2 C
o
l
l
e
c
t
i
o
nE
i
f
i
c
i
e
n
,
cy
Curve
o
fS
OL
ir
c
eV
oI
um
e
しシズ導レ1 てレ!万二と互確認した。 Fì~ 、 3 の
条件を変化さ也、ソース、ボソウムと今 i
e
s
e
,
.
J :
;.,ス:‘との閣の l曹佐勾配ちがえると、ピ-b.,
I"d:管散ずみと T
"
i'
)
イオン量 111
6;下する傾向
t
lみられラ。
反応室 1
:導 が れ る イ オ ン の エ ネ 1
レヤーは従
来の条件ではがむり島工ネ J
レギー絹1
'に あ り
佑エネ J
レギーではイオン量古l
¥
君、殺 i
二
世下するので‘ き設の減速レン犬を反応‘室昼前にとリつ 1
1
_ イ念エネ Jレギーのイ才
シ量の増丈をはがづた。 100 eV付 吃 る 1
0
-13 仏側 p程産の管流値由¥"#.尋られた。
昨年の放射化掌首論会への報告 C
'I';r管定値の測定 I~ I
す童L
:
;
衣!電魂左増巾してお、乙
な勺 T
:
:
-:
0"
1
今回│才ノマルス計場'
1二つ1.-1て検言干した。 H
e
+,A
r
+, にX
e十 むと・のし lろ
,
) て溺足すぺ・き結索が、得られた。電盾 l
ま十 I, 十 z 十 3 で
、
多
いろの梯刀・スにつ L
K
また質量数世r
変化して令ノマルスの特性はほとんと・?fィt~X く、設時な計場'1111・, i
)
j
'
ニ
なえる象付左撃九万二ヒ世¥"で'きた。
4
0
0
03
6
0
03
2
0
0
1
2
0
08
0
04
0
0
Fì~, 3 P
o
t
e
n
t
io
.
¥G
r
.
o
d
i
e
n
ti
nt
h
e Ne',~hborhood o
fE
x
i↑ o
fSoUr
,
ceV
olum6
→
-111-
TOHOKU CS ,こけ C
h
A
A
併 S
t
t
ぬD叫
刊の.hft克
1
. {1
J
"ス
のX
,
f
.
事
按
射
J
,
'..が CH3~'By t
1
)1
T域支
lB-16
京米^~
9
1
実¥
n秘会 ヂF
質五乙 5
j
す
・
噴
ユ
湯河考信
放射'1"1 肉料争 I~ J リ,f.t,議 5 保長ノ投与 I~ ,淑射 i主1~11û..1干の域支均 3 山\~ ~t 荷~fv,
エ
キν
1¥ 秒勧告〈足1
?,1r ~lð~堂々の 71 ,.・メン}・;, x γI~ 情報す 5 。ごれら
のイ有〉の包 ~~r 淀を言I~ べ à :
:,
c
'¥
3
-,}
窓
生1
:r
.~ R お~~.~の初 i 司 ~i~ ,令 3向の
使荷物す'p'!..キ 1ν ぞー移動も僻叫~ 3
' _t....(福カ勺歩絞め t フ f あ~.. k 女朕t・ I~
r
TOHOKU C.$~市、、持,:叫PBY の工 T 域安 lごついて突破も示 C 哲 ψ ,~主
W~\~γ ら I~ J)
'q号~ l
}
t1~ 持罪'c. I~ 凶くつがのゑ.1- ご E 均 3 新し叫持 j も~! <
t.
C突破・持薬]
幸先久哲核事:f~~t 寺う 1 r 、γ7 の義久エキ lνr- 付 M~V の制動訳荊少年~ NI). ~f
粉ま,~ ~1.射し,照射後 7 メテ 1ゆえ由主 b の良氏・官、~ ,官.O"'~f につい τ );t試射官t .r帆~fo..刊
のC
t
"
f
3
B
r~々厳 l t
c.
.,~!.射時1( 1司時 K 包昔~ ~ ~ g
'
o
守9
Y(/
7・6机 ) ~ I~ t ん b
-j記
長4
,吃るドめ K , Rf身n急対 2 時捕伝つ t 曹、ち?剖えを r~~ 1!告しな。力、、ス)1. 1~ I)
く 10-& "
"
~ X1
0
・4 T
orr '
"
わ
伝
7主A
t~
i私・;¥t ン \1 Cu. -~/b 段位 2 í~~ ~滞情官 1: J
1
)枝且し, )
ず }
ν スi
f
i
引をそミヲつ伝。ソース・ギ?ウ久仇 1A ン月文章、 l
マ¥
¥
1^
~t
711\η 込み是枝討\~ j ,X 緯 11~ 射\: J?愛称 I~ ~ヲて包 V 予" 1
" γtlfl 叫~
f
1
.
i
.
,1
¥
:
.I
l
-X
t'"十ぜーず・ 1 へ~ ?ト IVt手 4・ごすtIJ
;1
3μ.
V
"d)門o1Hlx
.~t t..!~身Z しもも
d
)t
-~ à 。ソース・ギ‘)今以内実 i~ 守両(\1- .列,~ 1)角的てレなもっ bもよ帆穿.
i
可t
b)
、 , AV/
V
e
ω も 7,
r
r'L しt<.ドγI~ フ L、 τ も 1司\,"傾向町スヤ?ト lν ザえらがな。
,
.
.
.
r
r
;
j
・1 C~町~e
&
p
e
.
c
t
ylA."M i
n
X
ー
は
.
y irYWAi,臥te.
gX
e
a官 -
A
u
UFJρ6-u﹀
C
'
Y
l
o
t.
c
o
v
r
e
t
t
e
a
l
)
t
-112ー
F
方
ギリウム中 I
d
争
入 3 T()..b~e 1 P
is
t
Y
i
b
,
"t
i
o
'
Y
t 0
1 1Y'ι~ W\~~t i
D吋
tT>案支\~
d
~
I
う
プ
.
の
pYO<
A
v
.t
e
.
db
:
J1
"
¥v刊 te~s ì 札 (J\3'60......~y
4オンのサや ll
< .T
Q
.T
¥
e 工t
、/ース
机
1
i
:
. CH 3 to'l\\ Br
世〉ト・
F
id
.[¥:手iJ2lIDリであ事。ご内安易受
託穿 ¥
1$
.W
t
J
>
:
¥
げ
や 1
司℃売を市ぃ τ京
験しド持棄と y(較
し τ. 2,
3の長 γ
Ir凡~ met
,
,
-
B
r
+'
6"r~2
B
;
3
l~ っ, \1 しけazi 〆 ìr~ I}\'}.'t.<.
t~ 興味託、、の \1 , (L \1 3 ßγ t , (UlzBY)~
(C¥
i
¥
3y,
T
)
Aγ のうち. C
C同36
'
γ
)
守以外的も
のj
t
.
o50
0
.
'
0
O
.付
B~句
1.0
B
y
;
'
'
1
O
.q
o
0
.
1
3
B
y
+b
j 才ン t・j)}。こがら内 (
1
1・¥11- 7
"
3
.
3
'
or
t4
(tBγ? の 7ラ7
・
'
メ γト
-
~e\Q.tìv,モ().'o!i、血札E
角 I~ 手茨城 t・ 11 枝広 j 小伝が
WもlX.¥
e
r\1 球主していち ψ 。~ .
v具
生1;{γ
H
"
'
"
の電荷信号\~つい τ\ 1.
キ
空
局
長 ru'
¥
桶
/
, ~ ;
:
,
が
今 z, 他 τl
、
1
・3ψ¥:;0- 1が あ } . W
帆 ¥
t
y1 '
f
私
信
ヤ
1
2
;
-
s
\1 ワ i面 I~ ザーワがあリ. '
21
曲)) '
t
こ
ちl
二
、
)
、
, ¥
.
¥
ザ
ー
7〆)1'v .
i
JSふラ。
ご~ )1) 益
要も主¥,..f<津田 ¥
dソー λ・
ギリウ州内相守のゑ%ピが九えち似
る
。
1
0
百一山町 ﹄(
'
"
"
豆
&争『
0
.
1
0
t
Z
s
o マ
(t
h
o
.
y
Se)
・
,
i
F1 C
h
.
o
Y
%
es
v
e
r
t
r
u
"
t
'
t
¥ o
t fO~ s
y
¥
I
¥
.r
J
.
e
t
o
.
'
j O
T l
¥
1
"
3
&
O
"
'
B
r
('
Y
I
.o
t tOYY'~.
c
t
e
.
d)
-113ー
2
1
U
h
B
y
"
"
t
t
h
B
'
r
I
"
2
.tト
C
i
IS
y
+
23
L
6
y
"
"
4
.1
l
H
3
+
4
1
O\~+
2
‘b
(
1
0
f
t
L守
i
、
2
l
'
l
"
"
菩1
.
0
0
.
'
"
今
0
.
3
3
1
.
5
0
.
5
0
lB-17
TOHOKU Cs~)有 \11三 14:/ ーのま反jh荷免
l メ手)L,了ミン
(栄光犬、王室)0
1
支え手敏夫色泳賢ニ逗叶Z
信
五段ノ?をベ今陽イ耳シヒ φ矛稜勺反爪;・は防イ布〉つ:電矛:訴降、陽イ才シ勺「卑
窃エ亭 I
lギーの両面がう肩先す b とイ号ウれ§知是 l
ま極的てすt
ゑが久ぞくは色。
ドモ'4-実験におけて \J 、身長栓をメ Jケ j し 1~ シ l 二限定し.
I)宇一連中笹々今跡-1;r~(、電荷交換 E 忽こさ 1主、メナj しアぜニイウ令フラグメ
ニトーイ弓「乙内か匙試熊 e)
号泉し、ひ苧つゴぎニス的 lこ
メ
づ}
L7~ンと勺イ,r~
分き反/記を匙マ t 、こ句イ;r:--,分 3ト長氏、と初期内メナj しア ξ ~Æ チイ"r川励匙
長熊、J;ょが 7'7プメニト‘~;fン勺 þþ.産手iJj~ちと勺!勾j寺; e~主 Z章、亨る,
ヱ〉イ才ニ-1)き反舟今うち吾、運動エネ}しギー移作左伴ほう反応rぞ i
吾、それ 1亡
つりてキガスイ子ふとメチ jしアぜシの反舟につけて視象苓る。稜々 q イ才メL
解
声量五並行 Lτ郎主ヒヌとわれる η ぞれ&u.叫時\S-s~同'l\sl5Yl.理論今 Jナに 32 っ E 牢絶ぼ
j
ち零きず寺めろには、問題 :
l
i
.予弾干れる。
主基 10¥
10
悶 C
f
jき工記 1
)に e
t1) ては、主丈量二段質量タ杓計と Lて明 1) 、
夫
又却の lこ反 þ\:-宣 E 萱くが‘フラプメ L ト‘イ;f~ヒのイ ;r:_.1J ま反んにおけて
I
d:、反氏室き j
色合南丘 lこ 苓 ) (棋し反J
号室, 童子約 ¥
O
.
2
.T
oo以 下 ピ 有 る .)主
記之)手今実験 i
J:、、/ース・ポリヴム E反~、亙 t lて fト最型脅吾街撃づえ >
A
手
主
張着し.カ λ j -ド型ニ段質量タ折計ヒ iてi
官
、
)f
;
:
メナ I
L
-)
'
て '
:
'
1
在
、
宗
J
f
,
ィι
長友銀拘級品較も Jメチルアマ〉在、持殺Jド暖化万リウ
ムと長j
長守¥!:f:::校、臭空~~苫 L て}丹, )下。イヰ::--;
;
J
t
、
}
/λ と LlI
在、 C
Q
.
t
"l
てI
<
JC
C
是
正
C
'
!ては (02 .
1
包l
志キガ、ス在そ η まま i
司
け1
三。
盆.*e}
J
!
f
; 図1l
c
i X~tf:-叡絞換&有わせドとき合メイデ J
しアマン勺噴窒スペ
ク
ト jしを 示す eC 句 S うに l て 1 '3桂内揚イ J ニモ i老荷丈~~f.fわせ R1愛、分解曲
p
D
r
0
稼E棋風、し:メナ l
しJ
$
.ン介まう;fシ勺 J
i
>
>
.
匙張費手(予射牙〉今品本合 L 手Jし千ー
からメイケル了マシ勺イ;fンイじ電えを!f_.引、 J 長 6め ) e.言子併し、企 v
h
t
tてエネ)し千
一分作h款を j
号
車 Lf
:
: .その手在来メナ J
し
ア Jン今糸吃3軌道町エネ J
しギ-=1えも=
つけて、矛街が目、}ごとを蔵事実、 Lt
三。
周 21在、民j
氏、室ji..芝高めドとき勺主は 7フfメ〉ト句主五九六数きまとめ fも
勺
Y
、
むある。 .
3~ミイ X シ iこっリて l高実験が耐難む危11 ば符克がぞれ之、司、) :
t
J (
3ω
.
(
3
1
)ぷ乏文づ;f>と l<
:
:
え
分I
主蕗度 l
ざ'
1t
!
r
存可 3ときに i
在、当ぎて期符ずれて主リ
モめ 5う 。l
司ぺ乏&),C
之 V.
6
'
¥イ
島エネ Jし ギ ー 側 そ 生 じ て け "
f
:
JtJ"‘イ朗ミ存叱勺商再結合
エ
ネ jしギー η 芋与と』きわれる
-J
J
.
J
)
S 、1
J
;
f
:
:
-冶合反氏、町場動エネ jしず一千伝&棋は
.
1
をめて洋税培、不におりて時
けく内刀、報壱例があるが、メサ}し了て'::"d)J'うぽ多庶す.fr3
-lご I
亙ると、 A
滞
空
宇
イ
才ユの再結合エ字 J
l
.
.
ギ -j}"'~1L 事 b ことによる告示会- ¥ ")勺イ-1:/イι
解
報
民
J
)
¥
;
が . 鶴D、 、 喰 如 s)省撃何シ今 L
皐動エネ lしギー灯ι
lごよる企イ-1:
'
1
ι嗣
や安ィι C )妹 f
げ まi
二1
c1、タベ今時献が品村 ε 街撃 1-1シ勺五島動L
ネ lレギ一安 4じに併協う標的合ヨ「勺イ疋ユィι 向穐過程勺安 1"L等~ .'-i~1亡 λ ,f\~ご
ヒ,
:
n
_)
t
芋である.
Ø31去、 Ar+ε メナ jしアミ=--~衝撃し I三ヒさ句企Ij~ニイlJ1有向積勺相対値安ィι
主主 lR
:t勺をめ 9 .~T 勺運動エネ)l..'f'ーは la ガれ 0 ・ 0 汀まむである.
T
Ar衝学示じ Icl 、発熱示日向モ、-;::1
1
¥
易
会
仁l
主企イ才ニイr.
a
f
t
面
積 IJ
'
、l
まl
ずヤ手玉虫
幹め切にはコてける.
0
;
0
11
>0ト
~O
6
0
4
0
一
'
館
M
﹄ 31d
s
し
ト
勺
L037
且坤・挟 A
a
z
老町
.
:t
一
一
リ
﹂i h父
J げ漏出削
十
、
、
、
tE
レ
7
-.43
J 1 1吃
国対
一
ー
一
ML
:
2
.
0
図ヱ メ十)しア守シ内稜々勺陽イ;f:-と勺
曽有よと検後勺生成イ;f'/
¥¥
g
ヰ
1
0 1
'
- 1+ 同 時 2 .
0 泣24-:L~仔
6
.
4
,
2
.
。
L
.
J
.
I
10
1
0
0
¥
0
0
0 e
.
V
図 3 Ar-t-衝撃によ 3 メチ)しアマ〉の&~才〉化
者f
荷積勺安 1
,
:
1
-115ー
2B-l
思統トリ今勺ム取ろとト i
し工ヅ"BtV'^¥、ノゾュト¥)I
し
と
の
競争的及品
売
l
1
¥
理
Q完』ロ令樹
私 )1世
¥l
鼠
;
島納骨
Cl.l.(悦.d. )~Hの桟隠恥 l~ ¥‘}包括す ~~a ト 1 今勺ム鴎,~と布礎化令情!との R 耐の
踊喰 η 一環と l1‘民国hト可今行ム野、きちト l
し
工
'
.
IB¥ザぺ V プこトリルヒ競争
的にほ~ざ t トリよ十トうム化 じ
t
二
干
恥d主ぽす墨桟匙 η 宝
む5
響主検言討有 L長
q雫~!験金の 7肯1 さ企主と総事某
長
(
1)苛料の調官:ート l
レ工ゾ、ぺソブ‘二ト
)
1 ¥'レ、保酸')今勺L....為等も i
レ
f
):
lら鞠主
c
r
"
-\0'"、気比3 内~抗議圧下 i二封入
活雫警に ¥
l1穂射前科・とし 1
ミ.その組践の一例主
五t.
照射試料 η 祖~
P
h
t
t
h
~C. N
U1C
0
3
2
3ん同 3(引例 X
I
O
M)
3
,
%
b旨 t " ・ }
2
.1
't
t
2(
~. 'i岱。)
義 iに;r-す a
{立)守世る摂射一江紘1¥掌 R与村岡守王子i
fのT
R
Iらf¥-刊叫k
)
[~,与'kt で 5x ¥
0
"'1¥I
f
J
I
t
'
料、
も時閉めヤ世る腎射主竹也、 1
三
。
日)~さ射1をの処理ーキ性み耳~, 射魚、高司~ì ソ了 iし"t開封 l 1, "&恥主令鞠にホ E
加え最酸、l
今句仏ミヨ寄稿¥.¥
:
.
.
魚
、 ツ ~J 'Jスし一斉主体柚払蕊で高崎判定エーす│レ袖
品し、 Y 内工-=t lし事司王ちを~ ¥二工- I
'\レて完売~\~OQ 叫)とし‘義えの主う 1: A
‘
良
c、Dの田甚?骨に骨相 L、をの A訴並 v'B¥こキセ¥)~ーと l 1、 トル工ヅ誌はペゾ
、l' こトり iレ~ t
t
d
_、 tT
:
:
. Cにはぜスうロマト Tラフ τ-¥二主主主ζ警の T
三めの内
静慢手と L1モ) '
)
ロ l
しぺ、ノピソ主同i...1
三.
張主. ~宅,\量、.'&-び‘ E45 加~月とモ内号主
主
:
'
. ¥\'し工ソ~,~ぴ・べ V 、f こト。
会加吻句を
l
レの比祇射能(埠位: d
刊l
附R
)
令制量 ,
*b
u拘
¥
l 2
.0叫 . P
kUh
ユ
1
.l~ ~
B 20
p~tN
.
l.
1
5
4 2
、
¥
'
i
斗
C ¥5
i笠 E
P
hU
0、
¥b
<\.'可
~.lS'ì ~
O. :2 l0~
t
¥
(
胤
C
f
u
)
B(
P
ht
N
)
2,
4
¥ユ
l
'
.
¥
♂
p
i
(
m
c
H
a
)
l
守
h
l
N
)
斗ぶ可ミ'A\O~
ユ、 ~ol x¥
o
'
~,~ '
s
4
-x\()~
¥
:~o's λ\ t>8
:
l.
l
l斗可 ¥
r
l
:
斗九 b
O.
x\()~
3、
'
1
-SbX \O~
A.B 甘~ l
言、も恥ぞれキ訴すれたト i
し工ソ、ペソプミト,) I
、
し b廿ちは‘託尋
報仇ト l
し工 γ 主主注ザぺ V ブヱヤ') Iレ主、常1i~えはさ再r.dlも唱で連融 l 1、 で~ \~.
rスうロマト')'‘ラ 7't置で精也1ft取し‘ それ Yれの続最ミうす庁吋下、 7ロマト T
ち 1で特定 lt~ 後、 をれらの比百主計徒主主 T
キモ/ソ今しーモノョツ計数主主に¥ q飛
白i
l~.毛主 3 にモ句結果1..7f".
-116ー
なに、
D サ S 精地~融?れ五ト iし工ツお¥ぜてツ、f 二トヲ iレミ、王れピ*-、 ~f
吹 射 性 的 問 -1
ヒ持物 γ尋椋 Lで怯. ト i
し
工 γ i、
正 K
肌0
4
酸 化 ,ぺ、/ソ・・=ト¥)ル l
主
、 7 ル七、)加水内情て¥ ~I忠奄酸 l .
¥f=-.守主 i
、
二 これらのキ札令酸ミトプ'日仏
寸ヒヤ 1 =
-¥)ド、 ユ
.
<
¥
,b
ーい)プロむ i-:= ¥) 'J、 ヨ,トジ=ヤロをえ』争一位 l
工誘導 l¥~
結晶主l
二与、)官注射化事的 l
二純粋になるま γ精敬¥.1
三色.キt
i
ヒ谷町内比放射能,1議
イキミノシ今しーし司、/計数~t.で弐t:t .
¥"
i
:
_, 1
;t
;
、 t
'
t
i
)
t
対龍 l
ま商事J
討-前、=び一弘、棋の
7工シ今シJ"矧末、をき l
色
¥
."
{
全
土
t
_
¥
.1::.ゑ斗及本び義 S に事務専体の比~射能の
-'(判定守、ち.
も4
_ トl
し工ソ治区びモ η 守宅事与体
長S
. 令、ノプコト ~Iレ也、与 "\]'"'t の議
の比官官軒能 (単位: Jp,.,.. l知~)
ュ
高1
年内比背E射 能 L
聖位‘恥/
.
J
)
V
トi
し工 '.J
.
2
.斗斗与 κ
¥
(
)
苛
べ7、
ノ
、
,
"
:
.
ト
¥
) IレI.~~ユ)( ¥
C
d
キ丸争政
¥
.
司 4b xIO~
~鬼令酸
ト可~ 0 X ¥
D
ヤ
ゴ
ロ
ムit
ト
Tヱ
¥
)
ド
l
、与「与)(I
O
d
セ
ヤ
?
己
)
下
、
\.もミ~ X l~t
ヤ・'lÌ]~ 1
、
為b十
、)
1
'
ロム了士ラソ
11. 込.~ ~ '
/
. IO~
L全b
-ト
¥
)
)
"
ロ
ムT
こ
う
ソ
可
.~ 1
1x1
0
'
LLゾ二トロキ1
ミも酸
i
、
¥b~ 1
.I
げ
~s- ジー :::-t t
l幸宏吾酸
しI
b~ xl
t
'
,
r
-
主J
主
kj.土の注-)"
'
(
三
雫
験
1
)
¥ ~特 S れ~~イヒ倍町内比百注射能勾植~ ¥}、令尋問主"~げも
も向句ト 1 今今ふ令正予はなのミうに h~..
長も. トル工 γ 恥¥ゲペ、ノ γュヤり
老.
.
.
1
. トi
し
工 V台
、
注
げ
べ
:
、
/
'
)
"
=
キ
、
,
)¥
し
(
!
)
"
'
.
l
常
事
iし勺トり t 勺~ )
ぺ i
し比
核1
刊のト V今ち Q 弓
'
¥
"
¥
レt
t
!
之
寺均
¥
2
ヰtl]
l
¥
仁
川
胤
t
N 1.~'1
¥竹
(
1
.
4
1
)
" II 、斗~)*
川 0品
、
¥
(4
3
)
*
目
C
}
1
[
3胤C
N し11
.
.
1
.
.
.
.
.
.
1
,
,
¥
.
.
.
.
.
"
(
(
1
、
1st
¥
.旨
¥
(
[
.
1
)
;
"
)
1
1
"
¥
.
13
、
¥
(1
5
}
骨
骨 h ッコ内角値 l~ (~h(N "h\洲I\~O 内比闘機)均気キミ杭tt的 \:tÌ)i~-\"維と山地令.
之れら q 精果 I与トル1.')忌注'V~てソ、j‘=ト') ¥し内;t)も取のト、}今、ムイヒにま事
走η 影響ザ、往訟では亀~ )$'、~ñ.-; ~二とを可, l1¥
¥1, Lb
¥¥
,
マi
も職内角ト
し工 γ 、守、/γ=ト
'
) \しとも末甑の如くはぽぜ~写令蒔であッ
')今行ふ令号は、ト l
1
、
三
l
i 泣
内
Q
c
.
r
h
¥00
l<t~ )-tN
14
きR トl
し工ソ恥 kザハてうプ三ト') Iし q 音工事1・税令?唱年は溢両 ~k~寺rt.ヰ~f\:t に与、)
本~ t~ ~..\ミ勺清ヲキ\1"、ミ h 芝、札 11 ‘旨メヲ可.t-t \メ河内~&1 )でI-~ ~、ト II 工シの-1S
廿令栴して,-;\.1 こと tr~官誌;7 ~ t
し
-117
トアトム化学 (V
I
I
'
)
三臭化リ〉ー芽巷格系における(々1,
2f
1
1)
・
(
I
.
T
.
)
, (
l
T
l
.
,r
)・
(
1
.τ
)
および(1.て)反応のイヒ考的初釆
有機命予イじゃ物におけ名県素のホ
2B-2
0
1
事野露番手
(銭久エ)
y
岸川崎時
四宮伊野
1 目的
三泉出 1
) シ t裳 索 活 ど に 繁 雑 穀 反 民 ('
7
'
1B
rぐ
れ.
2
1
l
'
l
)
'
1
9
'
もγ(1
.
1
:
)
, <,rI
B
r
(
f
T
1
, Y)苦•.
2
J
I
I
o
s
.
,
.
(
1
.τ
t
2
B
r および似I
I
n
B
r(
1
.
T)
f
r
:
Z
B
J
によ勺て生成、する~之、y
ト集奪原子がぺ乙ゼ;報
r
('
"
p11.-宥『ι ぺ・〉グ~, 1
¥ ロペ〉ぞ・〉等)中ぞ与宇し若者殺保':fc
O
.Y
.)也 婚 原 晶 エ
キ,f, q 一色 ttl増税均のイオユイ七竃~ (1
..
P)セの銅像を検討 tた
。
2 安雄
監豊 三 t~ヒ '1 :
;
.1
1:常設によ f
)令
ポ L二回端疋蒸留 L精叡
骨報梼級品を使間 Lf¥t撃な場合 1
ま精娘 Lた。
中性守穏鮒
Lた
。
でLゼ〉報 1
ま
J
足庭~ tf -t"め娘~t:を E 刻するため攻 Fうす去.によりホ γ ト皐 f:t
の反応 W~ "'{_得た。① (m.,~ )
ー(
I
.
T
.
)反 骨 一 一 ア 〉 ア ル 封 入 Lた草花リ:;:.. ~々こぞ‘〉
教 セ の 婚 相 反 長 料 KUR震送制。"3-:-['・中惇手緩如 ( t
門W
蹴 T嚇柿予車'2;<,';.弘仏
,穏射時飼い扮)
ι 約 μ ゐ 市I
(撃場b.,搾舛r
)放 flた.②ぐ !τ)互先-)'
〉ア yレに封入した イ
ヒ1
' ~屯 ~'I空手探射後オ 1ず宇し調書~ L'ておいた皮長長ヘ珠
如 t約 b01
ケ飼殿
告と.③(庁l
,
2t
n
.
)
四
(
1
.τ)反長一一 γ 〉アルに封入 L左足先系
を本撃のコザヴロフトウオ I
vト 〉 型 中 椎 手 議 時 書 ? ‘ 録 制 埠 中 I同 車 e
m
t
仏
惣射埼簡 1
0
,
7
)
-) L7
長。摂前後昼食に今藤 t被 射 策 議 離 を 遺 跡 1 た e
金整砂弘により場機層、ι無機看 Y に身動 tた。有機化考雑時々ー lずーっロマ
ドグヲフ識に土り争寄れた。
放物縦制定~ N
o
.
!(廿)検虫築防境島I;r,祈事&~を徒爾 L 位Br-を測定E の対象セ L た.
また予手紙片の剃史に 1ま寺十戸主主特出援を痢いた。 (r
n,
2
汀1
)
べ
1
.
τ)長たによる吋与の放
知能!土品毒併合射能の新家宅建軍事 1鰻如射撃の雄前純増を外埼 Lτ 得税と。
t
J
t
,
3
結 果J
i
.t
}
:考薙
I) 襲f
ヒ1
) :.-の如水み解称予-;ltl¥ロゲユめま霊究に I
J
:-較にj:蹴球ナトリウ
ムフ1く嘉惑が従前?れるが皐イヒリニ売で It~ 議長毛主むるので水蟻イヒナトリ咋パ悲
識を使用 L走。ご向場命号車場i
l
手できず、有機号キの令手;tR雫奪 1
ま〉ド層に抽出 γ きた.
2) 安!領域、反長の 7
橡射 皐イヒ') :::.ーベ、〉七、〉奪で F
霊長認定、婚相手吾&び毒患を
f元点機農暑の荒長?快調べた。 H
.F
..
1D
.ずスケロマトゲラフによるプロムペ〉
.-I(ュへの費イt
孝!士 ZXIOt-r"、無反長に尚 o
Y内生活和lぎ約 ().o2ゆであリ常幸患でき性。
1
1
8ー
ヨ) 間 加8
.
.
(
/
τ
)
"
'
2
8
,
.
. 8..~:
~f
t1
) >-の経時涛却による o
yめ低成遺産解析の
鯖罪(旬 1)足長のキ誠、期 ti~.2nTIBr の半3威期(約るみ)ピ l寺町ー裂し在。ごれより更を脅す
皇化') :.-ピの及長による oYt
ま( /
.T
.)夜長に先手慣寸ゐご'(1
'
(判 明 L売
。
4) ペユザユ釆ぞそれ千れの根月三f:.に主る oy'
(
号
善
意 Y の欄俸を!担 21て赤す
いすオ[打線尻長て、、も oy1
1
:
集
イ
じI
'ニの佑擁護で l古事1いd代中帯意報併rr
i
-患の
m)
4泰寺ぐ晶、少のイ噌伺 ~f卜'L 1
:t
)
手
た o'
(昔
{ (1
J
1
,2
ー(
IT.)及長による場合Z
同の殺
!
j
_長によゐ場喜子よリ者か司た。 t、す・*-の綾 l
f
Z
長で名主普段物 l
まブロムペユで、ニで
f
!
)2)c
皐イヒリ〉諜意に帯!俸:布、〈ー建内生成、寄をホ Lた (
与) .
t
イ
七)
t ~実 !ι 令者 (rm 千)の骨化に々 ~t 収者物維の 1噴きの壌やが愛イじす
るので Y
m
o
r=0yx)
1
iー何千〉に報相ヒ 1た 。 干 の 特 例 組 3に 付 。 ご 市 よ
り oy を与える反長~維が棄なゐ禦イヒリ〉め奇襲療報域‘ボ存在 L 1:.。
6
) いすれ m殺原点、 '
1
:
' γ!
し
守 1
1.,々〉ヤ〉中での oYr
'
J
:
*
"
>)
"
層帯 7減
少
;f,しト目立的_~ (\Oラ-~~震やキ与しシ〉ト,~工::-)付>- t
"> ごめ 1慢
芹r
a;院経ピ
嗣 嫌 に )I~ 守 11.,ぺ〉ザ〉者慢の1. p
.C')I
J
,蹟*'C一銭 L、
7
1
'γ ト皐奪掠予け延命枝豆およ
び再結命が、 11~ 有ルベシザ〉主演のゆ予のイオ〉イむピ哲棒に絹保 t ていうご'(f:
o
t
F
t
手 t ている(侶 4) 。キ与し乙の家,~彰体問の oy の和王室 1士索、輸の年金制'(,. 1
ま認め縫
っ
1
:
. "p
ぺ〉ぞい〉類(ヴ PIし←,プ冶ムベ‘〉ぞう)でをごの梱蜂がJt-~れた。
n
br、
>
1
0
。
1
相
.
4 ,
t
m
i
/
1
l
(LT.)艮長の維~
o
e ..:φH
(処加校t
吟
(
1
J
l
,
)
主
的
G
η
.
.
-.
_
.
.P
B
r
3
乙tmf
1
1
包3 観 相 じ 即 #
中B
r
~1。
:
r
.
1
I.
1
3
。
ァ
一
•.一
V
_
.
.
_
_
.
,
・ .
ao
h
、
,
ロ町田やぬ
A
俳恥
O_
0
。令L 3④UF
国1
警化
t
3
0
:
;
,
PB
ち
;
物
千
占
図 2 C, H(,-PBち~にお \tる梓長長の
4
む守初来(町叫, 'YtelJ 的。-~.f.)
1
)
岸)
'
1,埼 m
V15
事1
3由放射イE奪事備会 必椛('げ)
F
1
1
9
i
0
1
釘4 有機倣暑のイオユイ七都停存
1
2
B
3
有機分子{ヒ令坊における輿素のホヴト 7トム化学 (
IX)
2B
r~応・の
臭化 7:"チモよ/一芳香接系にちける 8
2
m
B
r
(1
.T
.)8
イヒ管的初果
〈熊丈工)
0岸川俊明
四告書口部
費者 γ, 幻l
ま芳香接旗イtJk案中 Eの8
2
mS
.
1T
.
)
B
2
B
r1
安n
t
.内興業索と Lz
.
a
K
f
.
t
r(
寝
{
ヒ
ア L手モシか"利用で・き 2?lLキlレぺ・ン t・ン中'Z..の精磯収率が宅れらめイオン
¥ ることおよび・ 1
¥ロペ.
:
.
.
.
.
t
どL中 z
'
・の有機4
又$1
古ハロゲン置場基
{ヒ電圧ヒ!翻僚し Z1
L
-f
'ーロスが壷毒事母収事決定国会であ弘こと芝居出した。今
と均衡安!こよるエネ I
.
z
)おより!希紋
回はこれら《庭応・奈中て叫辰雄生威物分弗主文刀べ‘シジャー添加j
割添加 J
去によツ検討した。
〔嚢
誠
草
食
〕
茶色皐{ヒ y~ チ =f.~) 1
"1
し
キ l
l
/
¥
"
:
'
"巴
・ン筆書J ハロペ、ユゼン類およ U蒋絞
剤l
ま砂零居場合には場 i
E
.によっ精難し Z使用し1=
中性与照射 ポリ工チしン笹口封入した S
b
Br
3~ 1
<URの長単菅 '
Z
"
2分即日事射し
?と.腹自~1安:す lずやく i喪拍車bJ'分またr; 2 bX'分反応・秦中に赤加しを温 Z~暗片に約 60
令由放置した.
ち
づ
艶 亜 硫 酸 ナ ト り ウ ム 唇没J 温画室 Z常務生成物を抽出 LT
=
. 各乃の放
射能i苫 N~ I( TI)捜忠審フ孝芳息解祈携 1-: ょう剤定し全有増収宰主主めた。有様化
雪緩め分布ほヲ三寸汀‘又 7 0 <トゲラフィー (6ENTONE3
4
.
.
.
. 10%,
NEOPAK IA~
60-80mesh
,
ワ0-180c)によっ f
罪た。
0
*
3
0
・
[結果ヒ考察〕
1.文月へいンジャー奏力栗 照射S
b
B
らを又力咋〉ジャー (
B
r
z
.
.I
B
rまたは h
)
を含むi'1
し
キl
レ
ヘ"Lぜン (R=H
.
.0門 e 門 e
,2門 e)ヲ事実に加えη
τ 知果五しらべ1
=
=0 16... または 12~ 毛ちいた場合 Z見 153-bio-z m干 の 範 囲 Z
"
I
古肩機似事 l
e
tほ Y
一定?あり}.こ司 f
畠l
古文力べ二ジャーを含ま R
きいとき内値と│苦 f等し庁フ柱。し
tlo-3m千以下 Z
"
I
す mf のヨ訴すにフれて収宰I
ま噌加耳る鵠白 E禾し T
三o B
r
z
ずし Z
1
i
!
.eSいた場合 J'd同じ m 千の量包囲 z
喝 機 収 事l
玄ゆ bやかに増加 Jるi
噴耐を去した
3
芯B
r
2.麗し の値とほ Y一致した。 21(1
0
- mチ以下ですま
か
‘
〉 宅の O尚子ぺのす同串趨 l
:
: m千の減少につれて収書ト l
ま増加する傾白左京し T
=
.
o ごめ結悪ょうズ
前者と周様 1
刀ペ‘・ニシャーフリーで‘ tサー <1し7
<
>口包又 l
古車梶 Z
守ると君えられ1.;>0
2
. 希紋剤劾果 j7 1 しキ lレペ・〉ピ〉中?の8'2 8t 高雄 4~ 宰がこれらのイオ L 化電
圧と閣僚L.'Zいることから 1 S
'F写の封書簡会却では助主E中自錯俸としてホフト書柔
1) T
.1
<ishikQWIl.) Y.Ara十onoondC.ShinomiyQ,Bul.
lC
hem.So
己.J
o
.pcm
,主
主
, 1276
(
1Q70). 2
)岸 1
1
1,大古,田宮,沖 1
3回放射化零封論会く Iqιq) あ古屋.
-120ー
と ?Iし
干l
レペコゼンとの f
音J/'::.尉匙亀荷移動錯体的存在"'i!..i
辰E
きした。毛し色埠無制
ヒ;主フト奥義ヒの栂歪作用によ ~ij控16fJ主とi畳程も励怠脅EJ前線ヌ錨停の怖感、によると
する 1
主らぱi
脊暴走制のイオ:.4
ヒ色圧と右犠収奪とめ朗巴 t同教の薦]僚か・昆 :
!
4
べ
ると湾之られる。島{ヒア L すもシと良応.
t
t耳
; また阜毒ヒ何度応・'注色t:t草量的に{堅、
ω 弟鞍~J と L て門包 OH (If=lo.l
i
'5)
.
1 EtOH(
10・
50)
.
1A
c
.OH(
10・
35)ぁ
" 1-ぴ.Me'Z.CO
円
、 6q) ~漫 υ〉々ニ /t. ンきた lïl '
7
"
ロ
ム
ペ
"
:
'1
:
.
"
:
:
.
.
.
.
と
《
策
担2
F
X
‘分奈中 '
l
"の (
1
.
1
.)
庭/t.によ時持制又年〈先手E制ヒ η 毘舟奴キ左手車正) ~求めたく図l. A-D)。 々-L
Z‘〉中 Z
"の有株イt号滞 I
t
tア
・
ロ
ム
ペ
.
;
.
.
.e
"ンτ
ン
・ 1
殻音列シ 7・
b ム置捜停を投出 L
ア
ロ
ム
ペν
: t!':,中む・め主連路、物 l'dC6Hs.i2.Br ぉ C
F(
;
:
.(.6H"
I
-s
.
.
.8'2Sr (TJ各 罪 性 体 Z
例
った川及率ほイオ:-f
t章圧か悔い l
守 ど 息 1¥d
i
l牢主-5之る 1
0
.
島
陶 E手した e すた三つ‘.
ロム f~襲体の dj(キ e イオニ{ヒ電圧と閉 1是する j唾広Jb\" みられた.
3
. シ ア0 6ベ':"1;.."ンの麗E自 性 A
U
与
す5bS
I
"a
ーら内 8r-Dil
.
悪z
.
.
μ ずれ毛 3緒。3
要性f$o
.生路、が認められた。 1;
:1く蒸置鴇お 1
三りの似事 1
まいずれ《奈で.~ 0
:
>r
nク
ト仇Il)~ I
=;
J
哉
、
少 Lた。 s
.
A
射SbB
I
"
?>-C"H宮 s
r事 ZI
r
l
d
文字比 o
/
m
/
p 10/6.5/3ずあ
った。害義によるア・口山々:..t;..:..の襲警長{ヒ反応、にあ‘ける震を主体生成キ lま olmlp~
10/1/100 Z
明右ので(1.て〉罷1Il.
"
I
:~ゐ百島ぽペコ官、 L 礎的冗種4-'合帯例都響
主主脅 l
ナ1
守し¥ H
ottm~費毘応、ヒ考之られる。
千.ハロペユゼ‘ン重量z:"の λ揚足応・ C6Hヲ (
λ
:
:
:
.FJ 臼 6r) におけ事 C6H;BZSr
m
=
'
.
.
い
宮
x
1
aj{ 聾は Fくu.ぐ Br 的"麗 lこ鵡加し T-:: 。ま巴ハ口ト Iレヱン中 Z、.の軍機 ε.~l' d
¥
商E白性 l
古
門e
C6Hq
.X(
X=臼
, B.
)めをれと一致し
られすI
T
=
,.
門e
基入海底応.t
;
rl¥
レ Me
.;
1技百舟はみ
Me.暮6)?
kぜ置換色みられ f寺かヲ 1
壬
。
これよっハロケ"L入持長応・l
e
t街舎
によるエネ l
し4
"
-0 :
Z/J‘淑専決定国各 z..あっ,駒怠付加錯体内務官 1:. よ~
tので‘
i宮市 (1 と~之られ~。
40
140
伺
40
e M哩21
:0
h.8
30
可
ヨ、
-
z
〉
ω
ー
叫
o Ac
.Oトi ~30l\\ 玖喝、可\ー
(9
.
1
3
0
ト
1
3
'
0
EtOH
。門邑OH ~z.oト 1
、人
@
¥I
-ZOト¥Y
司、島』
、
噌
亀
1
1
.
0
110
ー
司
。
4
>
H
.
5
D
i
.
lφ6
・
s
1
"
j
φI
ll
t
sl'
yi
el
d
.
A
.
1
0
v
e
惜Ify
i
e
l
d
.
.
国 1
一両.るl3r
~S
門。 I Fr
a
.
c
.
十 ion 0子 Dill.4ent
6
. Ove~ 1I y
i
e
l
d
.
C.φ'3B...y
i
e
l
d
.
BZ
8
'z
.
.
.
.
8
r
(l
.
i.)
D.φ61"1'
3
.
e
.r y
i
eI
d
.
B,
.
夜
応
・
に Sる 満 雄 収 奪 1
:
'ãすよ L~"す希続制の勧果.
8z同Br~原 lま眼射 Sbðr3.
1
2
1ー
2B-4
1¥相にあ・ I
t
;
}8
0
m
B
r仇核異性停転移 1
:とも辛う北学的的手
CH3B
γ との民氏・について
事北久‘壬里本
車北大技主里町ギキ
0 小梓孝彰キ
)¥本主主ずキ 吐蟻健次長
ー
F温
えど
1
1
)
旦ft_:従来校要性体転移により生じる及田ヒ襲来の気相反応については葎々枝
.H
4' c
d
u
,
~ど 81'よリもイ文シ化電正の事1 い北合均ヒの反応に芯い
討され、 (1) C
てゆ・遁剰電宮内工"f-Iレぞーをもっ 1
三中性原与として E
えたに関与す五点γ ト7 トh
反1
たと B
/
'とし 1関与する 4矢ンー分み京氏、との両者の寄与があ a0 (2.)乙 H?13y
B
y
ど
よリも
4スシ化賞丘のイ広 t叶ヒ合坊との糸て・はお刊の E宇和がえ子易!こあ‘三事長
t
L
め木、シト 7 トい艮たのみがみ 5れるとされてまた。
.
.
こiJ'l~の要膜 l 三石川て l志 8zml3 t. お B
1
Y2 左用いて
.
e
.
. rnoLecuLι ヒ Lて 3
rの SOllYC
工よる多重電荷ヒクーロシ反耗 l
てよる結令切
いるが‘殺罪性侍転移の捺肉絞電離 l
1
:
.
よフて瓦時事急が生じると芳えると、その旬期試篤(電荷
1
重
量
カエキ lレ¥ー〉
釣
会 s
ul
ι
/
:
.よリかかク要怠るものと期待ざれる。
ou..Y"ε
i
ι m
o
l
ec
そ二之・キ実験にがれて 1
1-.上記観点からみて匂期枚箆がもっヒも-!ちこると思わ
>
、
お附
0)
f
/
8
y と8
rとを用川、及跳集宗の CH3B
れる H J
rとの反た{こつ M て比車長按討した。
η ク
安 駿 :(1) お"'Bャ(斗.宝}】 y) 1
こ封入したね 8Y2 電車北犬電チライ T
主ゐ要管 l
)(わ 2時間照射して得f-. 30 分放 P
の制動車易紛 y線く何r-vbo M巴v
合後ー定量
p
B/O""B
畠
を
と
'
)
\.的熱し、熱会解ず生じる
亡補-lし、ま主ー喜
y-を長~容器 i
のP
Jr
2
&om
y
(
t布
芯 P 0s,i
.
z
.Oとの瓦たによ VH s
rとし ι
後.反応容恭 l
こ捕集 L1
三。亡 H
3B
l
l:
よ布販品を吃 m主主用¥1色。
獄一級品を 3回宴宝蒸留し長ものを、主主 KrI
(2) 反点;2225 を~逼下、暗所に 2 時間以 L 放置し、 80 B
y
- を療費生主えさせた後
~φ
仁
_
Q
C 4
E
.~
, S03 )トとお設を抑えて育機キ@. 無機相に 密室しそth.抱れの 80Bγ の放射i
i
(
l
;
9
}
0
1
~宇{直が
5 有機収李をもヒめた。主主有機相
G
-e )搾tJ:¥誌で測定、分灘時へ
りマトグラアザーによツ生品、幼全確認し長後
I~
ラデ穴がス
f ヱ 7 ロマト
の一部
7
舎を捕隼し.
ー Jレ急度.{)
}
.
i
.
.
校1
グ
ヲ 71 --/二よグ令離し、ドライア 7 スー工l' )
(
r
,U 穣武器ず放財保主 5
到えし在。
.工
1
t
1
'
色 No
2
結果
ζ
f
O
V
3
r C
γ, B
"
B
r-c
.H33
t
b
B
Y
I、ずれのまにあ'いても弔穐孟柄
免察: H80"
f
『
土保ぢ
'
O
.
Bv および CHzBV888vのみであラ 1
三。全圧をー定(,( S 0 も げ )I
ふc
-H38
拘 i
仰向
:示 L E.
_H3'B r の 7 長官吹を金大主場令の~'f 5式見合の明李を図ー i 1
3
.
.
.
.,c
H 1
h' O Pl
ま
・
・
直
務
的
I
t
.J5
1
:
>
m
. f.河上ぐ !
事│手 l
.
l
埠i
域'クれが I 0 ~ o
I
i ~γ う患穫 O.J :
_C
,
十
i
3B
y 釆めス bべ〉ジャ一曲線とは
m
B
r
;I
.干、では jJ
.
-2
正一定ヒなツ快来の B
<
i
'
YY)
1
2
2
ー
そそ草川崎向主示し i
三.
これらの生版物を与え否反応4
養護をさらに様討有主主め [CfhB
r
J/ [十│抑8
r]
(8~:JS) み・よ-r;.・全圧( ~ 6タ O t
.yt-) をー定 l
三 1
和、主主主 K
γ を加え主とご
予図-2 1
:
.芋 L1
三ょう l
乞 k
v
- 5~ 度。 ""Q. [f srn. 千 .0\ 賢由て Ii}.とんと収卒51立減少
¥
t~.. l
iγ
¥ 一定1・
ー
あ
.
, i
:
. 二小 l
主B
)
"
92
"
'
g
.
,
.- tH3B
γ先
に H 4 3 )〈E IJあ忌 l
¥I
まA
.
.
-2) を
0
問え 1
三従来ゎ同種め事駿務手といちじるしく黒字るものである.
、
~2~rι C. H~ Bvt.ゎ広氏機構 l
乙関して 1
;
)
:これ主で OI
<A川 TO, T.
A
C
.IH1
<A州 リ あ る
I
a
:
.RAι1
く2.)ら 1
'
:
.よソ,
で
・l
/
'_13",
主B
tH3Brの ふ う に
H
yよリも 4方 ン 化 電 圧 の 偉 い 化 合 劫 ヒ 釘 寄 で
B
0 へ問中かが怠易に£、ごソ瓦向b 島幸 l 主有べ l~島制運動工キ l レ封、ーを
も勺 1己中性鼻:}として反た 1':.関与 ~}ι 説哨され ι 。しかし H
"
'
B
yから主成宇る
l
I
o
0・
4
ト
0・
b
--00
I
1
L
十
〉ー
}
i
i
J・ 2 E
秤坦J: o
fk
t
r
.
o
t
o
o
h o
n
r ∞ 町 民h
)
'
1
1
1
.
0
。
去 r 0 --0
6
・
晶
.
.
・
τZ
3
y
l
ι
I
d
.
0・
8
m
.
f
.
4
ト
y
i
ι
l
d
y
i
e
tt
A
.
.
_
;
p
r
od
.
l
A
c
I
。ふ
仙
y
i
e
tJ
.
ova ﹁A
、¥¥一¥
¥・込
・/色'
q-A
-00
↑lill--ドl11
llit--
・r d a
伊
90
04
lli-43
210
(HU2u戸
h
nd
foc
h
nr
4JntnιhU
川必.札
十U
M
的
ルE
l
a : ,
CH
2
.
0.2
lH
k
O
"
'
B
t)
・:chhap/r,ollr
OY'
。
一
lぃ
げ
市J
t
く叫リ山引
パ叫ん出品れ}
山川和
4luι 円 一 ゅ 亦
niL
'sp
EE--AUJV
一R I E t
rR.Jf
Fh
ホ・ト
U4+
a
c
¥
Y
l
t
<
.
:
d-4
w土
1白 地
- Jキ
hhqdiωM
、白山
‘
F
1
L h A吋 河 川 叫 川
げ
14
j円
u 削 L L U L E d対
e
E
R J A‘E l r u
3
+
仙
帥
判
lhu
、
、 M 吋
氏以
附 川 W K同 上 叩 引 市 い 小
J
i
向いし W C 一 い 凶
よし川良ね口叫し
、J G A U
izR
﹄
、
o ;
¥¥x
品同時季のもっ霊動ヱ斗 ν
l 苓ー i
主れ、ゼカ、 i己了手主政でお ;
J
, ,
t S1
:
.cH
3息。 B
r,
c.1i~ B
y80Br とも K
.
l
:
.よるモヂ、し)タカ茅 '
{
I
ふとんとい受けないから. 三 tれらの生氏、
物の京都合 l
主品、ヲト了ト h 反た-以外の機構 1
:
.よって生じ・ 3ものと芳九さ'.a~得な
t
o
01
い。央こ.['8
/B
v-C.H
3}
iv未A 結界ヒ l
t.厳し1.Q_丸-楼主主 i
二 つ 1,
t方寒 lt
:
.d
,
私eY'e
a
e
t'TYl
ywith Crh8r
!
>
t(1・
T.)吋
品
、 v.
d
t
ec
¥2bs
@
一一一一ムーーとo.-A込
。
。
0.2
O
.
L
十
[kr]
-123
0
.
,
:
1
r
n
.f
.
0
.8
'
0
.
'
取相系 t~ あ, I
;!
J8
0
可ぃ勾林家 4・
'
1
:"
幸恥特
{じ掌的 ~þ~
2B--5
-
I
(弘 之 匂 づ
CH+ ~のぷ!~ I亡つけて
車4
ヒ丈・私事宮祈
ハバLノ邑声
索tじ丈、揮に
,)、私 j
革委
1
。
ι
i砕 1
建次官?
気河草 lてあげる伊L ,mzm 林家 4・z 停車衿 I~ ~危な行 4じ写め知号 I~ I
担L
:
れ 1Z
'
‘狩ぜ町 1
伺 尻 町 う 減 吋 2オ
t1主 将 が , ごm.う干急車ほ停車坊 l
てよヲて玄坂ず
。坊主
ーな, g弘を与える A 叫叫ぽ ωb~ 1::. ι 'l r
J p.o.~'i
t三 氏 .
ユ札ら量的"作事思念屯仇冷・れの娘林稚
~,ょ (A~
d切 断 か
1
? <.用いられ
r電
l
i¥
幻存華雪、投 1
:
: 到電設" C
L
.
jl
!
-
手放出 γη 電所屯帯'(j'~ l:何時 l
て分 +1勾
を 3均すカ 1
:
:よる 1 - ロ ン 京 衆 1
三よ')'
t
れ
"
{
"
.
j
t
.
致 tOeγm 孟撃が~ t}レギ・ーも持つ 1
" tる
, i.
:
'7.シlI't ~ 1
.
,
.c
f
%
.
f
3
,
.
.;"よ" 8
1
"1
:
.(
向
:
1d
l 及品、三つ 11 '
Zt
Ji
) 電桁 ;;)淫動吋 1
レ",," - 4
ふ存判定戸トグ 1均与して‘, a
.~ e
0
"
グ三れ'>("*-永之れ
C
.H'
f
-
τ王 伝 。 1 - 締 官 で IJ1
6
"
'
6
.
.
-ðI枚l'.ぽ{辛抱衿 1= で第 b止す
¥:のみヌ"1
:
: づ け 守 町 r t1)川正動£ネ}レギ‘
F
がおあ・ょ当
(
J
,
a 静~V'~
3eV{,:;j~常川,~
" H B I" き $our吋判的肋~ !.した t"~ 品、手 U 取得孟動 L 牛 Iv J(' ーが先般均.K i ・'
9
f
e
ヲ
スv屯,4011.1"は仰/叫.tt.1:.し作d)今 1
= フ H て権付する 1 ヒ 1
:
:よ 1,"
"
'
e
rt• ιH .,. ヒのゐ
1
忌
"
l
,
" C"
'
8
1
"!
t~ト t:: 入る及 lふ(~いがな b ゑゐ乏蒋,:: '
a
:
J ~守るかも汚若島す 3 :.包色~
80
什T
と.
。衷雄 ,
J
P恥セ軍
I
t
ι
τ二ラ-1 1 守?で最 f三与0..... 臼 f1 éず句t'~努!響力義安?探 z.' 1
d'
J望
ユ割当向摂射し?胸仇 1
4 9. 射削向。裂liJ-解 I~ よ')え1f的\: ~.,官。
草 食 けa
B
v If
許可均をオ<.
J
i
博句 j手私下'Z..9.応芝巴\~~し任。
i
¥,+, 1~
1
:
:¥
え
。
τ有執,容さ棋:汚にゆ慨し作・
みん容量奇 1~ .4暗祢 I~ z..!I~向拡ε
粛千町駅不良f
ydI - 事P もヲ 6 ,~
G
eC
u)
平場(非;fIf-~舟 t・ BO'Øv- 公正ぴ仰&l-ðI友電ザーフモ血ふかし救急白甥の陪.tfrから育機状
ユ令指殺戸のー壱 '
:
.
1td} ι判事V," vtt~ 6凡 セ 押 え 字 iもが、ス 7ロ 司 ト
ゲ
‘
う 1 "(、‘究れ?恥 t
三組事 1 ~毒p 阜、も j訟判柑l し.材型 N...r. C
T
.
.
()定白黒ト 1“
苛 F明性,
両角勾斜符t
τ 令ら乙1i3i
1
=
>
8
r
, v
H
,
_106
伏孝 E季、めF-:. なあ‘右手提ノヲ κ,
品 '1 !
.1
1
..
eb
Y
i~ I
r
寺t 弘め令。
・
ソ人9 ト何万反射能 ll~ く司章治2 芝れは場、ウ fモ.
ヲ
シ
‘
;
fIr' ス 7 口定トゲラフパよ E 討果すうtt.~物 k し 1 \~ c
.
.
.
I
イ
ヲz
。
日
.
.
.,
CK1flhmJ十 f 棟以ミれん管めt-~:t令 1~~ /1:)もれな昔、フ校。
手私 k~気予ト丘と収キ
、の相手¥;S.r
る φ多
el
i
1μ
?D() 伸吋1-/3 で・ 1 手 11‘ F 良一(占L~ 芳, 1
.
.
.
‘
こめ妥固で主主情丘、s
。民集
。"¥;
^~í 宮崎久等\~手; ~r を与えは川二'l. Irわ か ゥ k e
H95L-tr
帆芯‘よ α ル々みー乙何年主
1
=s
"
‘ '
l収 支 が l
手l
i
" H日
V
'
,
仇
d
j ?鬼席何 t管制 1こに例し T 敢歩す~ ~r~ ど H匁【内
克1
・・ H8r ι /
.
.
.
.
.
f,
J
:
人工,急‘d-(.,. g
.
.
.
.
'
官v 乙H牛車?・臣、 、
。(C帆 千 株 主 ) ,::つけ之島子、色抜
扮 の 収 奪 グ 80'
l
3V d) :
t
.
フ
:
) を符 ~'J:-t.." ;リ 孟島~.L今 jレキヘーや~M の艮点、-:.'<1ヨ;t 1
3
モ M ‘梯1
'す 川 均 ‘
l
て 1れ'{..れr¥ 吾 川 寸 仇 : : : <
)
:
z
.'
1 ......十で、のち闘につ
I
r
"
1
2
.
1
!
.
#
:
ゑ
属
手
t種替のほ
l
1
・・ 3
干
し
恥 色 合 伸 し 花 の 啄 存 主 化 を 校 対 し 色 . 免 罪 1ま
¥
i
lL ~'r O' 2
.,::キしム lill t
'ら 鴫 け 、 は ι勺 tニ H 8 1 J
仏軍"("I
tC
H
/
'
'
'
(
J
.
r
'
, CJf~a句
《喉~ r
fl
.
.'
t
.1:' 恥非拘\~ぶつ t ゐく掌化¢ず t 信J~私、持 i 打。恥の電府の伺与 7
1j
I1ンータ子ゑん,,,-~勺 z ~孝弘可 3 乙 d'/......f;;_ られ色。
ニ の ! ~ \~ t
I~v のIÆ"
続的昨をい舟1主可$系 I~ 為、けて:iOw 't.代 6v- 'c..町帝待ず;fJlfo.ゐ k 多(f 同 I~ -i汗ン目
1
I
7
.
,
H
吊ネ注品グキ,,~夜7事 'l'):3. ヲトI 3 : ヒ 包 ラ ド レ て " ~ 0
-芳 8ャ~6v-- 侃併存'(" l;
t
こ
れ 37
.
"k
.u
l ~日つ"'( i
:~111-1< ~うは ι.rtj私時々、軍筋't-今!レギ -4:-'1量得の鼻持 K
Z ゥてを〆 f
.
:
.ら さ れ . 惚 タ c
t
t
.
8"8V"~ はドャ i争怖の弘噌もゆ也九廿・ 4\[ な H こヒ ρ 与,
イ 1シ タ手足介 r
:
. J : ヮ て た か ら ミ れ 3て の ヒ 持 弘 与 れ る 。
前立て・恥 I
-t
¥
=
-1
ト
枠 1s~ヒ t 之よリ ι村/OBt'の収キのうぢム 3γo b')I_もι キ l
レザー私有匂みた K
ヰ帝政? 0.)"" グイ f
i.
:-/j訟手 1Uた I( 再臨す 3 電乙のt_1f主主三~ l. ま τ
t
f
'
a
v
£何千主 τ
・・ l
t
:γ 0) t
13
1v' 場f
ま
,
"
-j
j
.¥! Z.有料収奪@ゑ臥。救 A
f
!
r棋 の ら れ た 炉 え の 哉
守今 I~ \手町 ιtfz.~ø'1-の1/:ぇ~ゅ織す分与 r 稼レ乞会'}, -夕刊9句r の 秋 季 I
.
! H(
l
rの 泳
F
戸
.
t
t_
勢P¥
'
:
.,~人、‘.~~君、ィ告げなけ
供十_.,.一一一ーもt
~ 'c-休日.以与のとヒ
y ら伶事抗坊のま弘機構l
く _
\~J争 t ぬ匂相当Eγ あ II ~ c 話~ j
、
J
t
<
>
,
t
:
修
員L芝れ食。
ー噂
a乙代打、必if.
cHfpnm収
キ IC討す 3恥
I
>t仰骨紗-l
0
fi"1~ , ~ e~ι (~, 2'f.吋)-lj1",!
•
+
.
.
.
.
‘
。
0
.
+
0
..
2
f
'
・
.
一
81
乙他 4
0
'
:
弘
&-EUfzaer
。、¥'
し0
圃
a
•
-・--Il二三h 忌f
:
:
:
:
』
、
。
。
lJ/
4
~
¥、
li\~ ・ 2
.・-・ ・
J
ω戸
﹀
前~の t乙考執曹H
一・ー:有嫌収~
。
.
6
.
・
/
、
立
•
1
陣 ι
t
:;
Ofl. ~ K,
.
.
.
.
語
、
ー
咽
a
r
l
'
lo
R
e
κ対守るドト ( 3
漁仰骨妙身長
•
高一一一一ー園
k をけ CÅ{t'~ 介手配
収
キ
a
'
園田
ー一一=・園
-
(
J
.
.
"
c.Æ~.6....'1- t1)I
•
之
fl~. 1
.l
I
8
t
f
!
"
,
, (O,l
b
.
.
.
t
)
C
ト
1
争
系 〉
ご
,
'
:
.
岳
け
t
I
.
・
_
_
_
・
向.1
/
『
、
、
.
.
.
.
.
.
_
_
_
4
畠
一一-
0
.
2
o
..
q
相Ð I2a十~ι七:ot'\
125 -
,
d6
0
+ Kr
.
一
一
一
o
.
g
'
.
0
長
手8K 1
011 ~ g-o~,3rの受か:
フ~C2 パシ中 κ jf[ げ 3 竺Ì?r -t
i
/
IJ
か
2B-6
(弔ず珂〕
。
立1
1
1f
r
J1
主
予幸信柄京
白 色9
4 ヒぎ反た-苛面河戸副す奇長。見をク 5 戸 f 綬 t レで ~~Þ~J を!丹いた場ノ色,侍ら
小~ T
'
自
稲
川 べ‘てを九 Z え 1
'
"f一句雨戸れ彩吾域み動 f(;でていぷ~ . ル が L穆その
向 ~I~ f
.
ff 苦瓦 At!~J みヨ草寺定時手:-Ff L・却がるこ t作よりそれらの緩ん前面
τ
r
e
o
z い
主干炉(,;, ~.
u
r
t
."
'
l
l
d
. t
J
引例a~ ,
1
~~fT を附“て兼をめ c-H 併合戸広・ける, 工
年上L勾 震 た'
f
主を対べ・て司、る e 川 、
ν 主内紛ナのみ予尚 4ト舟を胡ベ・~ :
:~ 1'1戸被匹#事 1乞凶敬 fあ れ と 小 守 E“付与
らが k
Jt緊よ 90!之 0 〆 ~I均 f すべ'(の水車は司 C 辰夫・確キを哲勺f: ¥'討論 2 れ
とい 3
セ1-釈-(11 '8'0Bγ F グ P ノJシ明度た を~ 9l:.. 1",ユ雅孝良勾 c~ H:
.
f
tk(
t
'
~~九 It,. f-門 川 ・ J
t川 行 叫 ん 1 . ) 1
もあ.I
j3 ~O f
l
.
r
_
_ 上i
&斥 tJ
f
;
(物 ;
'
P
y
s
y,作 g
.
-3
1
'1'"のま材を詳何,-::河免レ, c~ H何ノ舎の反戸 1
・
tt3'O J
3γ 勾エネ 11.--4
"-(
,
;
の紺 111 帰後今対討をも~Jトると土経目的 k ず 2 ・
積ゆ例外キ 1<:: 唱 す 仲 良 を わ
ι
支 島
全
帯
、
凶
t 1~1条 l' 馬要アジデ ψ r;!'1久レレ Byユを dRR- .!t I~ て/捗l旬照射レ, h
B
γ のi
舟‘柔?を, 7
'り
パ γ , 添 加 物 k~思t'レy ro匂 y →e
ofh-'~f 1
町民主後, f坂
物
壬ラジ" A ダズ 7'
0マト 7
綱方プイ"_ <"),分析かに.柄、、花オラム 1
1 It
J
;
{TOp-也ラデ
ト'(あムガヲム &
7
4
t事み r
O
c-1J'ら/之 D 主事 r
"I(
)
.
グ
ム
拠
勾
庄
}
1
.
r
:
'
ヰi
晶 vU T i
丈身才能
殺虫 11 (千門オ今 γ j -仔よリ庁、"k"
祥I~;発毎
庁凶 φ 戻殺を 11 ヲ樟 p 最も管長~1 パ事正 ρ 攻") f
jた
の事-f-'(あ J
By
ム
ー
一
一
一
→2B
γ・
'By tC3HB~CH3 ・è. H. c
ト
h十 Hl
1y
Cト
h・c
H.
c
H
s十 3
IYユ
ー
→ cH宕 . CH
B
r
'cH
s
厚 t"・ ~K 告物を B骨折 l~ ~主主す" :
:r戸 よ ヲ < : ~ j二
玩 4 !<J.._止を史ノ会 τ
I 除( .
:1
:
. 1,3 (
'
:
'
手
が円。不全身作十‘c:11
ア P バ シ 勾 ID h 神主 h ム乏タジグルズ万イン三》ー
も ιて拘元主ご't τ
I よ
リ, 主 成 功 1
; ~'よ!ぎすめ等を 10 J
砕い t
c.之内本吋下("概
;,t1 をが~ !あ{均 11,e
-H
ヲB
γ ,c
'
>
H
t
B
t
r,i
-C3H7B勺 :
n-C3H78r, C仏 /
3
1
"
1J 絶
I
=
-G
;H6B
Y
J
.
ど
ム 3 ・( C~H6 I3 y.).-11f D ノ¥0 Y 中
勾J
子同功 J .
t
らI
=
-アグオグ・ズ ;
0:::
制
T
〆
ト 7~. 今み J:;. f,' ヴ 3tμ1//10;の k めノ今回府丸対象グら浮く)ノ喜写~均ヲ之 1'1- 1-
初軍(ト!マ ,f
Ir J
:r を朝九て)勾!符果 ι,CfhByヂ
!
(q !荷物,1.ミデし -J-μ
1
1
2
6
1
'
1
¥
.fγ~~
与問時待相雰 κ 外j争主rj\.,ニ Lれらのま~l1 jァエ洋 rv{'- 攻メト tS 人1."いる
C そも支(, 1'
¥"
a. じH
3'
s
y (孝弘お立。、 08 戸初、らモず V-1~ の祢仰也実 κ 戸(
守v 0
,今件。‘ 05'戸以外科.ilJ¥a
. 引ー科目'r/~ 市町f の Yて l手ゅう 3 立はセ市 II
i
'
(
)I手V 咋 ([0'
/
0o:o. f1-砕 )γl手戸断十科iV>'-~ /l~ Pl.,.寸前 5旦<.-H )イ存者怜
)
凡 1
守ト叶綿ノきちサ!、
l土 O
.:
l'tr~品。
l習 11帯主政ゅの斥戸勧衰を芳レ杭ものでーあふ今ま依1秒、も lく丘タ ~~κ~~争 I宮
れ の 傾 向 先 "1 ~~叫'P;I'
t .:.p(~... K "'7パ,C 引 -p
rBr/~有&-c7)f"t
'
c
f
竜
,
t
tt1 ¥ ~ "⑨ト科ルめ衛費 1'¥ ~ ~
是主此 11 引ー i寺和ずの弓!J\ K 判レ,1í"C鞍1.f~低fi.. 11'りずそz
:U1S1').
t
t 日空会t'J'くあ、昨》伊丹rめ呼均エキ lν4・ 勺
主、庁、, 1
詑
f
J
j
i~L}\.
(
1
r
1
守丘力也?をv-. ,
C
j
-μ
ふ 行 ら 五 2 立 0.3
a
.
.
!
.
K
J
1
f
F
3 ・イ夏休f!1自主主~1いレ 4 是μ 芹 1レベ---,本全土手げす('\許可 3 攻刻r~ い歪事fJ:I- 弁
I
レ
ベ fh,安斉教を主レち 1
,¥ (
f(孟 KI寺 l千与 ν ぃ k 売へ~ L
j
¥
.~ (
ピ 1勾 ドでデ
¥Vη年
金た 5 川。 し臥げバ」ニ+己勺 wt -t r~ ~ßI'1rτ'r S'JH_-H れれ可も安青 11竺色
村 P
y
i
m-1-1川自1:l-i
l
- 十 伽 ホ ち シ Hをま νイ バ 包 飼 三 似 し
れ
ら 1事わ-r.1 シ K~~ }也存立京会 t~奪取ιKl乏が r こい対れ 3
r
r
IV
品世 t しらペ'}日ゆィエ?レ F アゅパ Vì~ 者仏都内〉ド円~W 李鉄吟モを
ぜ川護区パ/身レ↑'¥
~ .y)も予<<c(1'ち
sho..d_",川、')争塚、費税 l 1;~fvrv ム.
篭 v 仏,得与小ふ持率 t,ノ伺筑 t
'
1
争ザぞ
H
定方夫、物今月i:. p~;tJ 果
5
"0
メメ λ J
J
v
d
vけ 仙
v
,RW 早A
ノ多:ii然惇争九、*_ IlLL
h わ1-和v
t
i
j E
t晴、、11'寸書一
ν
,
i
I.
d-4
場パーセレト'f~
,
寺1 ←にや、ら司
¥
[
M
)
To
t
o
J
. ?t'1!.~SlA.f.Q. L 州 vt~)
女帝, 1)寸,守 m ふ見恥ふ下_~.GミfV).RJ恥ð._ '1 プ-r~.~ 、立主特 6 (lr
7り
討しþ, S~\ 似叫ん A- C
T
.
;
¥oW5
..
'C
J
l
.
.
加
、
C
U
jt
J
s~十 fo].
.
.
.
2
.
;
.
件
T
v
^
吋v叫
TTr
:
:A.
V
t
'
!
I
¥
¥
I
l
¥
.
" パ~t;- ν
、
,
t1
.f
・1
トタ
I
-1
2
7一
一
1
5
'0
Jω
2Bー 7
7日ム政行リウムイ二
く
が
, 1 ~長仇 ,t'I ÛY の
l
)守ン〉タン}くっ、、マ
1
索令こに ι
翌
。池副長主
長土庁
{
十
1
.J
L
f
L ざ-d" lく(C
o(NH3¥
JCも-K.
2Cy04- えAトオミ t~ つ、、 マ.:fi-道~-;t I~I'Z
誌
名
¥
じ
じ tをえ土地宿'd1 ずば企扇 Z わえ孝~ ,)守ンション"づけて殺釘 L ニ~(
l
; iJ\ を乞 tA伊比乞《制 l~ 、五静的 -(j Jf病胡 A~: の ch ~こ h ~五L 弘 1 f
:
.
1
)
.
か
函 L.tこの
府、先主さ吟 lえ4_グ). 主乞 i"(反乱 .f/Cr 司リ守ンシヨン 1"\ つ、、で芳場~ ~ 170ぇ(,
ヱ えええず江広之 00 へ/ z
,
j
om1e_
p
A t') C
C
o(NH~ ¥
)c
.
e1 (.,. k
,
,
- ~ t
'
d:f品衛 tL
2 y0
、、小、ち s
r~住居:--.~t, t~ .;f銭域的\,寸/す7&..~ if~ 純粋 lくつ'j 江夜十 RIG
-A
-1
[
ザ Jf~
I
J禄針了RR-ぇ託送-tで'1"十事?援射 i 首級(司 4
じ 2
'3ヰ必) 乞(6];1;手\~ 1"(実、験主
0
.
c
代勺f"~,
3 、ぶま_L!愛国 1 国~,えぜ机モれ')守ンシヲン(1<. )ι マ,~を街草花 bdfTJ
m 設,)克之名家主示す・婚制 1ゴ勺干の 4北沿弱;科 t
q 仁
( 0(1
¥
1H
3¥)
UJ 司 毛 lレ ゲ キ 伊,
)
1
1
-'
}
. ,)守ンシヲンイズ a 噌犬 k 乞 {l
く孟緑色り l六
議
、 γl グ 1(
,
'
右
局
直
竣
)
j
;
Z
字 l才メ
パピ仁川 1zJ
t
句
。 1ト、 3が こ が 川 実 披i
在家主説叫す 3れ め l六 円 ぎ fll .
r
1
江
成、.~ε 秀九 斉家主竹, l
"
.
ニ小北点ト~ l~ 1
;v、"( C
C
y
"
*
C
N
H3}{;yt 0. 土み江す 1¥3、を角:J:f金主Ox.'均がま舟すい
y¥
~ .f1'ゐ、員動じ,NC
1K
r
O
tv1、結晶'"1
トヘ能〆広 I
号
{1.
:
b t¥ ~芳久ら寸\. 3-。、持品
1C
7
ト
へ ド弘す良樹(Jt-'
C
r ~~\ι 正徳 \1 C
r(す) J'J.
:
t
:
.
Gj うふ(Jll) tl 可能、~:r 1こ
?にき ρ? 払ぢ均。 "ß_~.ι初来(.. '
ff
そif~ C
r
タ(耳L)α 手
育
長 l才.
c
i
)l
i
!
¥
.
手0¥ 1
ど
'
-C
r
O
t話品先手'"J
ト
パf
悲し¥'il:~すこ包すく、 Cy"*(置い~ a I
cゾ止ま
れ 11
)
、 まで~ l
:
r
鼻
持
,
令 iマ、 Cr
勺
斗
'
2
.
.
-¥~ t
"
.
f3
.
(
i
i
) K
2
C
.
γ叫結 JHA7
トヘ艇が ιi 誘諸す")¥
1.,r k
1
.[
;
0
4
- A笠
i
下両す'3.
ι*
1
1
'
:
.
0
.
1く,_ C,. 04 結晶司 7トヘ ~~μ 忠(、誘脅す 3 C[0(Nl
1J¥ J
U3j~ 1B¥,午前 1 L
ご.
r~ /
-\~芳え 3 二乞 l\. j )
, 葉、験結家 E'i J
.
.O
¥
,
[
;
.
.
.
, パ鋭 Y~ す 3 ニ k ガζ でき L
(
i
i
i)
~ ~も t Cr
"
九γ
ず113 ,)ろンション i
;
!(R
孔) 1 与
え3
.
こ川島 lす国 1
¥ス戸、、マ コ
こ
も i\~外南! (
",実験的 1大事〆 J.
.
:!
:-1J'~ 7 き
3-. こ~ 1
.
5
.
もKoつ
刊e re
t
e
'
Y
¥t
i0.,..し t t
;i
-、:-'
r¥
え
す L
設
(
耳
(
.
.
i
i
)(l 4
右 1わす宮前.
t.
c
)
1
ずに
'
2
.
.
C
r
O
'
r 同お !
ai~ 11く軍事実 Lí~ 1
)
i
i
ミ¥
1 0)
、
号1
1
0
r
蔚ま手段(て‘ C
/O
,
/
-~壬荷 i 止 i ~.北右\サ詞;向司恥主管室ふれ,) 1¥~いでめ~~ゐ
Cy~( 乱 1 α 摩守京,ピ 1
.C
.
,O
斗《主 1
"政 E モ
ド可.<}-~ c
(
,
.
*(
耳
)
]
, (
ピ
'
2
.
γ
C0+) ~ 1、》
2
4
γ
l
レ
家
主
が原氏、 1
:
'iゥ
て妥,1L.管長五 f
:)
,,~之内イ 1 [/0 同 毛
(
C
./
0
;
C
、
4 -) !:c寸~\ ,
c
j
)";
t
域
鵡 iく
J
: 1づ守ン
32 シ 1ゴ
.
f
!
}咋
'
" V2.CγOt
,
.
.
H
i品す子.
titz
、
点 If
,.
f
![ド
I
e t:{". i
)i
手J
話晶
1
1
‘
1
2
8
o
t
J
CC
r-lt
a
.
.(C/(1[)J(ピュ Cγ04
)
,;
(
.
i
)
両辺主導 H
r.管争'9''''企根幹は 7 0 ム。母 i~(‘割れイ
Rγ=
ω・
(
1
<
2
.CrO今 J =α/ω く/ー χ )
(
)
,
)
、
:
_,
/
¥ R
vr
;f訴手与す 1K
lγ
C04j
i
i尚乞日対互作民 1
:
:
: iIz::干くリヲンション i
!(
'
三4,
1
":
'
iSi
tI?
1
(
j yete
乃
む
か 0'>'1) ι、、ムエ与がさ‘き 3・ ω1
(
1
!
L
) 司会主射 J
t;字紙
キて, d
"
:;
,。祭場主的 荊え.7"1
¥ ~ 1) 守シシ呈ン,\~ K'
d
(3)
r
z
. ='十 R
γ
(R
I
Lr a
;ω)-clω ・ χ
イ引巧'R>
1
'-i 司 tf1ミ~ t
'i
-1-;: ~j~~J 1~ 7~-'~- 1"~τ t. f こ説 d c才 五 .
i
(i
i
)(/¥官もかすずば怠J
るZ
機長 j
と:¥く飼与寸 3ものでム 31
1こ
.ぅ昆石¥ます試科司単 j'
U
孝
章
あ下 1
)1
/
'写内す 3笠
4
、写叫すわ a牟今夜三 {Ct/¥Nf
I)
bJ11c-すれ l
τ
(
4
)
~ (C
戸(NH
)¥
,
Jr == ~, (c/(
]
[
)
).
x
向江主導 A立
型を VA令事射4
4
7ロム ω浮守 Zまτ事1 ~ニl:: ¥
,
;
-r
.)
U)
γ
~ ゼ
・ ω・3乙
寸f
J寸'
7t
1i
/1
1 i
L¥";.比例 1 '(咋久す} :
.
.
乞 fこ託胡ゴれ L
u
j
¥
L
a
i
k
i
a
rら 1
<2.C.,.OL
t 号川お、 11 長湯ゲ'
/
C
r
)
i; / シ 予 吾 ン 1ゴ 1
i古
六j
hf
'
C
r
尿
今
村
く
‘ ¥
<
2C
yOt
'f
f品。て3
.
5
4
?を刊の汀旬、つれ i01 おJω 一旦括 A
トを切
っf
,骨二 . '
rJ
、
布 i(ぇ il}~手向,1<'1 C
)
'
"O
l
ti
f
ii
l
乱1
タ?卑お/注 τ3 ニ 乞 :
:
:
J
乙函寸 3 も
O
!(
I
Lome
l
'e
t
e叫 t
;o'Yし)^
')111、. 1
) 艮由じ fプC
r
q
s"
'1
<
2
.心。+括 la ゴt 予~ i~ 〆士、、 l 、 :. f
'
P
こ;南咽 V
¥K
'
LC
r
O
t;
(
[ ヒl
ai
J
}
:市11 ユ乞 1
: も包オくも♂ /γ;$ìb 吋 γe~刊 L'o 'lV')
もを宰 tr)立草色品約 3も CI ~タえら寸へ~.
,“
才
c
:
'
l
ι
z
r
乙
z
珂
ド
a
1
M-:
B
.
.
A
.
.
.iR
I
t
ゐ山
J
〆&
TRJG
A
-l
l
.
o'-JR~-2
々
;
〆
R=!~l~l玖民
主三一可~
0
.
)
_ .
.
.
.
.
.
.
6
"
'
.
a
.
v
、
ん
h'~
"
'
.
O
:
J
r
。
。‘~
(
(
0
ω
H
i
¥
l
a
a官
、
。
I
e
'f
y
.
(
l
C
t
i
01¥ CX)
f千ro
.
e
t
i
~O
[
ら (NH必処開。
Fig. ユ
. Re工ation be七ween re七en
七ion and mixing ra
七i
o.
1
)
. ~也回蘇す
肌〈幻
Fig. 2
. 丘ela七i011 between cen七ral
a七om subs七i七ution yユeld and
mixing ra七io.
切に事7."1手企(_ I
q7
0年ぷ司,章常':
1
2
9
z
.
.
議
場
1f
I
//擦識ニッケ t
し錦亭i
ニちける
古
2Bー
も
毛
主;
11二侍 },f乙守的支え来
j
I
_北え・理主主 u
l考信
EC宅 よ ザ Y
。
J
具係ミ久弘義
盆二主
肉
体
象
者
!
f
{
J
ι
令特フ本‘アトアトム仏守 iニ宅、、て
を
掻
,
7
Il
r
/
n
s
/
c al}J1叫ん与えA
,
.
J
. 3
I
務時は,栓めて含暑で事る。々ヲ巴め iユほ,こ札えで tニ告喚味苓る鮭号~-1<‘1-1う札
τ いる壕友愛 3ヲ
ィιす的存動 t
左統的 iニ究明寺ることが必阜であると秀とう仇る.
主'Ni ゥ EC ちょぴ f3+~裏表〈う ι れい二件主化守的款未 tニ hむしても,幻 !-I/ 採
哉、共サア シミニニ、 vケI
L(
む錯悼をにか、て,方、主 J
:;
$~、。仁AtMWftak寺が'1-1フ
孔 p 之ウ i
ニゑアニーす〉ゲ久込 t
ニよってそヲ吹王手がえ加すると主か誌めう札色 P
今切は 之札うラ通守党主之う i
二、毛めて /L ナし〉 γァミ〉為よ t
r
"アロピし〉デア
F
ミ〉主鏡北幸1
ニミザ, A札うつ勾 Ni嫁議ハロゲル ι
f物録保主吊いて
0 d‘〉ラ仏守的季おを検討 ι
き7
い は7
長
。
F
受友愛壬
之監
J
_J七人?を }j1jヴ7
4
え
大 4o/
V
t
.
ι
vr線 t二k ソ点射 L:
t品変化ニ、ゾケ Jしt
議長
r
.
主イ才〉え換樹脂法 lニよ?の仏主分離し主役 す
法 ι ょすの Ni柊
敏 1ニ;いも
r
I
言設けスサし〉 Y アミシニッケーし t引い叩~(ω~}2:t) 宅ょがトヲスアロピし〉ジ
1
.(
豆) (
(>1
/
1
1
/
(/
I
)
)jr~ )鈴俸を令戎し ι
。ニッケ tし鋒体/
;
;
t
:/ ド 汁 ア
アミシ二、7 ケ/
4ス 通 夜 ゼ 以 1
IL
J.-<上社査して士1N t
' モ壌友之せた .27EA 祷識イも併を /
;
;
;
(
J 仁
ょ
う
すr納品一〈 ζoX
.
.ι
;
;
.1ノナ C
i
sー〔ふんら γ(X :/¥ロゲ_)f
f
..
J
-I L: 乙 九 是 主 i
衣(
/
1
1
)
考ょが (ζ:
0L.J}.h Iニフ弘、て /j
;
.
基4才〉え子安積A
S
法(品。 ωex3-OW -X 8,_ o.7cmチ
X I之 ζ I
Y
Z
/ 1
0
0
-会 00
〆
、
ソ
シ
:
.
.
:
z/ f
I勺 )I
ニ
よ'
j
;
念美詳しそ牝ぞ九ヲ吹三守主事δち
た
。
結果内よび考寒
J
r壕友 iニよァて生じた s}ω
.
5
"
1
1
¥
1
/持識ニヴケ凡銭体i
ニ率、、て/ 1
=C ちょが
f
"
f
もす持労坊がえキ t
ゑ 11ニ去とめて本宅。 ~1仏 Lf- 吠キヒ碍 L て i之 J 1)ヱチ L
〉ジ?ミ〉録体考よぜ‘ 7・
o e しシジY ミ〉銀事 ι毛,ホI
!
}
!
会4守〉がおもい毛,
吹キi之 iま ι んど昔~~喜重え jナト、 F 込〉木手b 持〉ゑ水拘,ぅ) ,
p
J
7
.>e,J て石毛・
勾ζ:
OX L.
:
z+ー吹キはr 径
が..;、主く/ らムfーザえ三千ラょう t二金統制頃匂は言走、さちうゆし
Q
"
,
な い が p 寺べ之ラ場令 F トう〉 λ吟今吹キ才、〉ス吟 iニ較べ品、、。
:
i
'
}
/
ニ
ノ (..1-1;;/(,P内 ):lJc/~ ベ今けるアニプ〉ゲめ株主托柔剣としてま季、
アゆ字削二か、て;.,t./t:
l
和 偽 造 受 iニウ j片 A
λ‘r5払
'
jeI)/ ア ニ づ 2 グとそ i
ニ
札材〈煮る領域(匂e j[)/ 主ラ iニ我ゆ事J ラ金分解#相領域{泊~~g) ι
手/
J~O
t
泊
事長イをも。一主義水物て‘ i
之,治学工
主 3今?を亙~.k.持制る。 S十アェ
i
ニ老いてフ対b特主事本坊主総干え L走
場令,ァ主争勃ヲヲケ ;
d
'
J
'ニ -')二,ゲ久
且
'
"
"
'
去
、
・
‘
バ
、
、
勺
、
、
_
Q
J
えが夫?そちい・ま主エナしふ3"1'
ミ3録年よもj アロザし〉デアミふ錆
〉
ミ
本 l
瓦
η
体うさが /iぶ手芳純考ょがjき水勃と毒,
η い Lf-牧
王
子l
;
t
l
d
るく去る f
雪向が為
I
イ
4
Z3
ぶ
るo L古 し , い ず れ η 毛令を / jJ'
_
ミー貨体 tニ今 )jる y ニ --')/Jめ各ま
うよフ 1
ニ //)dUCf
t
'
d
/
{Pιr/od を
持ι
へ
、3
ずiニ此宇え的怒寸t
l
jううち iニJ アシト
-t
皐ば遺事る。 5fa
;
e
:立 i二 去 い て 此
7ニ -').)1、、?ク払:4-ええたが f
tLC
T
tM
(
;
.(hr.)
守主主予をう去しく少撃が主せる t いう興味
i
尋1I (S1
;
v
t
'(?h);11
C/
<
.Iニ考ける S'~
今?ニーザ〉グ反応
亀る告示ず守づれた a
l
。: (sJ
.
;
t
'(tn)j c
/
<
.・之仇O
A
:
、
(s7
!
'
h
1J
C
/
I
"
N1(
表上手刀う!
/
j吹字
.s?c:o 聖書識化学話ぅ it~卒{ヌ}
化会伐
,
;
{ 2サ
(N
,
(
'
t邑れ JJ
c
九、之品。
66
.3土之、 j
(Ntfeれ ~lB九・之付ξO
(Ntien~ jI~ .
仇O
ι5
.8主之.
0
ι
5
.
0
主之 4
{N;
r
e
l
l
)
_
j
C
.
I
7
S
7
x
<
-・
5
(I\/tfC 叫 J8;'~
7
7
・
/
:
1
:
みι
75
ゐ土必f/.
t
4
.
7
:
rz・
2
[
N'
t
(
en)3ノ
ー
ム
(Il!t'rfh)j]a ・2~己 C
(
t
v
'
t
'
(
!
'
"
)
j
}
8
.
r
ピ之同0
{
/
I
I
/
(
f
h
1
1
工之・之他。
(N'(
(
J
h
J
.]
C
/
.
之
(
l
I
I
i
(
!
'
n
1l8.
:
r
之
μ,
んρA合}I
.
c
.
1)
6
3
.
0
:
t
.2
.
1
4之8土
芝
、l
7
3
.
1
二
主
之5
7之-7玄之.
0
/
.
r
7
5
.
0
土
会伽玉-(Íら ~L..] 手
3.6:Lo,
6
2
.
9主 005
3 4主。 8
之
‘
き:
tO
.
t
f
る.己主 0
.
5
/
.
8土0.3
之5土0
.
'
1
2.8土0
.
3
3、C主 C斗
・
/8:
1
:0
・
3
to
£
・
/
.
6:
/.之主 0
"
'
;
:
乙
C
i
s
-([0λ~Lj"
(
C
aLs]Jt
ト/~士 0 ・る
♀8‘
守
主/
.
8
3
/
.
0ヱG‘
0.8主0之
・
/
.
0土 O之
0
.
7:
tO
.之
0
.
6:
10
.
/
O
.色
:
!
:0
.
/
主O
.乙
/
.
0
/
.I.
J
:
.o
.と
0
.
8:
1
:0
.
'
0・
7
.
10・
l
0
.
6.IO‘i
3
0
.ξ:
t
<
・
0
3
0
.ι
士/
.
7
之)05
:
t/
.
b
/
9
.
之
:
1
:‘
,
/i
ι
.
/主i・1
と
ー
3メ7
1
1
.
8
33./:1之~O
32.8:
1
:1
・
7
る3
.
5
土i
・
4
ゐ4・
7
主1
・
i
之
きi
主/
0
T
.
‘ OMon', S‘仁 .w
u(lnJ .
rS;','oKa_ωιI R
.
ιd,
'
oc
/
'
e岡崎疋MI;'a
.
.
I1a
.
.1
Le 汁~r.l/
1
./4-os"(If70)
J~l
コ
パ
‘ tレト 7ちナ 1レ 7-tz.トプ錯伸広 )::"01 ECホヅト 7トμ (e,字的
およ ý' 波書f季語 4t}t的所~lf
2B-9
(お壌の水世十予犬、建〉
1
穿与え- 患主 主子
イ左野
J織に涼駒 t戦 i亡乞も 'fJ: J 之生ずる "8T46 磁イ~4ど怠'の主主え草紙本義}乞づい "l /
"
1
,
ュカ)I
1務 作 4
混4
t-草薙主りも T
K
1
三q もの句室長/-:.対し包 l客,ーた方ージェ初史{::J:
(
, 区K算の毛'" 01 を哉、 1
z
.
/
i
J
:
,之主党閉され-z.¥
:フ
' ~ -1),",純化苧持 J? tび イ ¥ 鱗 A
)
())義守,~~
J
F
1
志ぜ iU
¥ ~されれ, ~" でき I
=
-和 れ わ れ 1
,
さ "AbMtppω紺ピ
1
1'
1帆ぉ
0
1
芹
j
J
i
当
て
・
1
i
JJ ;:.を色, /
洗勺;‘これ念説明す J J
(
,ι
2
αz.D'f)"ヂ仇 o J-:_、事
:
.
I
H
t
)
q
c
e〉taEach 剤 、 も (
T
C
o
)
事、J"1
(7}笠まえすると k ,
/‘ くら, s
'
h
色
,F
守
良(
三手, τE
1
1
) 勾宝寺えするこ乞,りか与あき与が/=-し
a
.
.
c
.
.)
(
o
-c
3 和らも E C 鵠 海 1
"
(
119
5
;
'
.
,ぇ (11)
r
.
:
.
"
毛
ジ、工
dl Y-草,われわれ
事位磁イI
!
.
t
J
K箆 笠 誕 の 繊 構 k し之 ,
1
E仁藤養/-:..乞もなう才ー
l量殺 1 亡 Z りをじ?三今手また 1 主義予の励起4Kち主主位-z.-t~-面t.1:包手向 q 電若手予
動咽「者専 r
,
r1す割を占め
Z¥IJ 的ずはかい妙、乞 1
重う刷 L 九
卓乙訓芳え/-:.る土ず"
今同l
豆、親、限 σ1
過程ヵJ波昔話事注射(-:.J , z
. tつ 〈 ら れ る 毛 勿 乞 売 え 之 , ア 乞
い" 上 1
今1
.
c草寺吃“全じ・ 7ミ J" ;;'11,).、す紘盟
レア色ト γ 偽コ"・ fレト金量保互め{もいフい吃
l
r
e
εr
/主も苧的訴事しをあ・二な ,t
=
"
J ; 生じ丸敬 (~Jf;{.事め井スパ‘ 77加I
:
..
f'
l
n花左手控帰した
CO ~ι 4'籾左緋薄乞す品メスパ‘ヲ 7 ーヌイ?トーレ()) ?
J
'主1#,
I
1
こ
t< を革委主毒吠教f
2ν
泉
, '
:
-イ
ス
ず γ レ ヌ ス 伊 -Iレ J.
停 t しe.)線金色議侍苦手議j
営1
F
?
7
¥} r
をl乞持 L 1:
:
.
.
" 海 均 株 J分併さ也防長まや本エ 抗告を城市立咋 t し 1 . とo(仏 〉 綿i
F
1
'
~Il
♂
:
.イ
主器 1
4也司鴻着目守 Jtff,ι
泉
, τ ててグト レ 主 税 剤 し -:"0
ぞ1
灯 油 h寄与事ぅ畠#.1
{
-よ
, 7_笠析し 1之 I~A手 l乞ヲい吃 l 手,、世射怯説、科
*'仇普及者待通うずあし ま得度保 f
J
宅 内 の 争L砕 を ジ リ カ ヂ , レ カ ラ 臼 シ
革審 l
乞
Jフ
一本:<1'しん
マφ
ι
σ控{弘毒 f宮城名島 1-:.手るカ1 ク ロ マ ト グ ラ ブ
陪常費 7
.
:
.
# ~占カ忌れる J警与磁 ~~tk' ~主{-:.フ 11τl 串, こ れ が ホ ザ ト ア ト Q 初
米加s
易会 1在方ージェ-ア "7 J 勃 聖 〉 で 1さfJ;¥
黒(こ司 t
寄りゐも芝、され-z ¥1 ~の 1\ コバ't
r
?
F
e
t
(
1
1
)
t
レアもト γ 犠侍/:.為、い"'1..H-匂れ品
h
しト?セヤ
の空
二
! S 忌 も の か1
F
'う が を 知 る 丸 め τ
1,
ふ〈も'コハ
管
態
手
を £弐ハバ、、ラ
,
.
.
.
レ
!
ド
二
喜
r-ス ぷ, '
1ト 1
A
0
1
n
r
?
A1)"あットアト
γ
4
ル 7包ト
量
主 m 敬 7包 ケ レ
I
矢
三
0
'
> ~互
9 しらベ、 1
t c;仇司稀 1聾~,
γ
軒家
,
舗
錨侍
井
昆
晶 kl吃
を3
4孝
f
'
1(
)(
((0,.
a
.
.
c
.
o
.
.(
.
)
J
C)
f
=
-
忌CIf) {7J 1-事長時持、め匂脅しず, 持 (111),
:
e 7包ザレア
おい司針~納、れ主主う'J'
P
1
γ
J
:
十
て
、
i
f
;
1
,
仇
.
本
1
:
:
0
1
こ句こ乞
α
I
i
{(o, C
,
,
)
(
d
.
犠時
1
セト
εach zFITanF2{
砂
州、すいすト 7 ト向初完/-;.1]吃 笠 じ '
t
:
.
.
:
: ~ e 支 持 す J" 幸弘(昆, nQ)ζt:LU¥.ι}J 念緯
D
-
議
昆(
/
1
) のヒ。ー?毛,
k し'"1..;:制詮し私文対?ト fレ で み 乞 め ら れ る E守
J~2
乙れ季玲豊作侍
kιτ 者若手到し?と t-t~ Cfズノグ?ト ν J
=/t羊
勺 ち 〈 あ ら 村 れ ず , このするノ合。 丹花 (1/)
毛市、"} 1-アト向争力要/-:.よふ乞 -ibZiタ
t
.
)
tJ ~ '
t
ヵf
打汐 1) t
亡。
(('" f
'7 (
)
)
(
(
)
.
.
c
ac
.
)
J 1
:
.T
'¥1 τ乞ず〉
(
C
o,
句。)((ACtA.Cゐ
(
(
A
t
.
A
.c
)j
L 珍 1l
1
:
.$
.
'
tJ
1
1/ J
:
.J
(F
,
量
.
-tr 汐,V 徹~、汐I'-fケタ,伐 ïi
.
:
/d
1
',
t
3うf申J
問柑手命撃す/¥I;じ',} L
-イメごき¥1
これをさら 1
:
.L- 多イ‘~ t
三掛{-:.. l
l
!勾 7乞
イ手 tコ
/
、
・,
I レト緒伴も ~~tt
伊,レ 7セト γ 緒
0
J
bl t 7 H t メヌ
13H勺
~'l L t
三o 1o読
ま
果
,
h
(etCI
tι
7-ズイテト
1
レを留
た k 支 I~" (
ρ1
,f?Co)-
J
:
.;
J
j
, ¥1τlポ, 1
矛/
1
'
・((0,!
'
7Co)-
τ
lシf
t3ヌヘo 7 ト '
vr砦似 t 弘
、符棄を 4
署
長
。 と勾王室t
b/
:
.7 11 7
.1
<1な広'持
.
.
.
-.
.
.
.
.
. .
.
・
. .
.
.
.
.
..
.
.
.
・
.
.
・
.
.
.
ー
‘
.
・
7
胴
・
.
..tf-irra
.dLatedre(
_
'
:
:
・
・
,
"
・
.
(Fe,r
.
h.)((Aι叫ん
・
.
・
.
・
,.
、 ,
.
・.
.
・
.
・・
,
・
・
・.
,
¥
1
1
A
C
)
r
.
.・
.
.
.
・
.
.
・
.
・
.
.・
•・
4
.
t
A
t
:
.
1
・
・
・・..
"
. ...
.
. .
.
- .
・
.・
.
.
.
,.
.
.
.
.
.
1
..
d.
. .
t
.
.
L
_]XT09r
コハ",レト 60 I
三i' J õ線、f!!.~ 菩 ι ゑ
F
e
(d
.c
l
t
c
)
J1
三フ 1
1 7.停今dL丸〆ヌハ"歩ア
ーズペ。クト 1νIポ, ((0,f'
l
CO)(/).CQ.C)3
-
.~.
(
(
)
.
.
ω山
殺を??・・ r
f吃
輔
.・
n
t
o
J
-
t
7
昆 (
1
/
) '"主似1::7."/3,
、
.r
与
c
抑長 (
1
1
) 勿ヌイクト
・・
・
・
・
・
・
..
..・.・ h._~_. ・,....
H
呼
スイク 1 Iレ i~も,-;t:‘ t ラ ( F
eJ?to)I
(
o
.
.c
叫 ん 勾 - t/-=-1主 \1 披 dてを手 t 吃い~
草1
勺討管内
m
執、料珍1 ; P
1
.
わ
/
:
.I
c
毛
マ認定し免 1i~ 写'~し7. /
"
i
J
,
(._仇,
0
,
.
.
J
ι
.
Hz,C0, Cf
l
y,
l~'准~e>)塁之をも免らず J う 7友房dt 4( i与
を信 1と~::I宣5別され ð
放
.
A
'よ t
/
'(
.O.
zt
;
r:
{"が持出雲ふす主。
乙掛没者同事 4
何事例温耗/:.づい τl誹
, 4~ の
j ピ~均 QJt易ノg. q
:I:.~乞 k 志 1-:.. 玉芝在さら(-:.ぷ脅
さざすずお 3切に曽副主手 0
I
,
f
;静 包 k'
II
=
-t
t
持
:
.
t ,
":
、
f
"
d
'
.0
、
ivl
まの化 J
fペ
0
1I
Z
:
岬
F
f
J
.
1
O
t
J
:
;
P3
.
2
骨
量
.
M. K
'
o
.
.nnoJ
1
3
3-
2
.
.
3
VeJodty (帽...., IS~I!, w
.
r
.も.をr
,ぉ
,)
Chem. Commソ 竺豆1,601.
:
1
7
$
和
子L
ft10月,名古産、
2) 佐野,菅野,う'
113回 初r
J
,
者U 0
宇古河梯4
1,1
j
) H.S'Q.7tO
IX 10 r
..L
2
0
"
dt
¥
祭
'
.
~
f
Z
4
三角メょ{.''
/
象
的
財
態
/
.
.
が1
1h;f,.,/卜アトム化学('t2 毅)
2B-I0
(
m
>.
卜ゲズアゼヂルアゼトナトコパ、ルト
有事~;~妻子長}.
(=がげゐスガベァダマ一勧:1:
0
'
1
k 媛・ 5
昔 時 括J
t
(章夫搾・ 4
包)
盆Z
L
錯
1r
例掠め f
言宗主
1
: 討11ゐ亦ヅトアトム"b.tv.の却金 1
1 ~,n 1)1 Iケ
〈
<1二錫 1
t'*"~,視の~撤 fれ基金ぅ告の ~1'1Id 年うホットアトム及£の有名分,) 11 鎚辛 I~
'
i1:."Vられ"( V'
I
旬
、
、
。 iを選も (1, (i) 錯 ü~ 籾の帯域喬 T耳元乗車{がよ 62まるま
手) 1
; 活 け 右 あ γ ト7 トム及 t
二の研 7
L芳ラ主主雄主し , l れるの~ f: 詰η ゐ五 t寂
識を誌耳目R;
(
る '
t t tJ
:
.
. (l) 友 Z え i 五=毒話毒殺王寺時中 I~ 討 η ゐ議事(錆侍)の奇
'
t
Z人
・
CoC/2
主線
ムト
MA
d
山内
二×
二、ヘ
一
一
二度材
問
,ノ
a
、-?・ノ
・セ
p
一
ト04鳴 の
j
・
古
沢
一
Y
aJ
4H
一ト・来
﹃
、‘、
d
gu
ヘ
,
ズ
均
-:{‘
¥川比
dR
¥司
41tc
44
131ー
-合ー
、、 、 戸 、
kAJ1
。
図
も E 壬 n 札 ~oc() の γ etentí 0れ 1
.
1
・『
川町市川川臥川町山1
~ð
llJIlt-,寸,ttlJill-寸
UK
程前 .
l.
r$
;
t
:
掛(
1 cil.'十 f~;[.. ED
rA1
/
'
く?を乗れよる i
争
時r
!
T
:
:
t
.
技
(
ベ
シ
長ン存指 3
i
)
1
}, 3klま c
i
.
十f
%ゐ4
f
争
議 t1
長
身 L1
:
.免 除 4方ン安培法
(
;
:
.9Jー
ル
, 面下都 i
を桑忘) 11.よ'} 1
1
山下山
申(
'
:
.
1
1J
:i事守ワ章の F
e
C
J
3・6HJ.0
)F
e
C
I
3
.
C
u
.(
A
c
O
)
J
.'
H20
, 0JC
l
;正の寄島 t
孟
z1
主ス刀ベンダ¥- ~ Lて手め浮世PL
刈且﹃ヲ﹄
n
l
c幼 2.s
e
c
.
) Lr
:
. 担青1:
1
ベ
ヨt
を
;
h
へ求﹂ C2hwヒ mU
骨x.#箆の研号i
U
4
i
tホ v ト7' t ム及 t:r'Et: 甫司る可能結 t 橡討 Z るこ~ t目的 Z
L1 季統的。祁会Lκ~ 寺 L , 守備的 q続
車 E報苦 L
1
:
z
:
} 売の将軍 i
才.C
o
(
a
c
a
c
)
j
を函 4
芳{中持主程前後者撤?を時 izf争
解 Lr
r
.喝
今(:もマ-1f
:
.C
o
(
a
c
ac
)
3のベシ毛 y
t
争議(ぢ Jd場詩i$-乗)l.担射 L.
r喝信 1
:も,会議中 Jの曲純令五五二 (
t
h
e
r
m
a1
y
e
a
c
1
i
o
n
s
)1
:Jゐ 6
0
C
oの r
e
t
e
n
t
i
o
n他 の 侍 仰 が み '
td
f
)らJ
{
'
l
.ゐが. z の ~kvl昔 fe
(盟)1孟壬スガベァ言、トど L
τ 守抗議仰-;{.rt!i抑制守Il1h:'i芸品 L tぃゐ:)
f報 i1
1C
o(
a
C
a
C
)
3 ベン 4ン戎議主/'1.話いて F
ε
(
I
I
f
)
の
持 IJ'(~ C
u(
T
l
)J C
o(
1
1
)均
ヌ
三の包 ~1:通のス刀ベ〉ジャー初享 E 稔討し I :;J五ベン長ン v
.
)
.
l
tの布 4
致命時季 f
の
ホザトアトム及た t 研 ~L た ø
~ ,i l~ , ;幸詩子警官基守 ρ 缶君主抵農の初主 A の£前 i
主
主立 Z , f量議 I~ .
,
;1¥ t C
o
(
a
c
ac
)
Jベシ長ン会議 z極併 C
o
(
a
c
a
e
)
3 のう民生主 1
:ぢりゐ
、
古 γ トアトム及ぶ t志
主計 L 1
。
之
O.2M Co(acaC)3 ベ p ゼシ~}戎
季 競 詰 3去
C
o(
a
c
a
c
)
3d
J
;
る
ヲ提訴糾詰;r
/元衆・国併訴事事 3
話料
eCI36H
F
zO
6
削
i
寸ト F
eC}
j
!T
RIG
-A1
1型兎 3昨 f
4
5
5
是/f告
1
_.(ト C
u(AcO)
.
z'
H
z
O
銅製 ψ位争堅官1(裂す,t
iを
まS
X
I
OI
h
(
{
,
o
C
o(
i
J
.c
ac ~状考)壬~ kf)T
c
.
笠一塁 (1)回 1 1:,
(
i1
J3/:, 0
.
2
M
C
o
(
a
c
a
C
)
3イ
シ
,
3
長シ f
t
f
脅1
:
. jX1
0
-M (イシ
へb
ラ毒 ~k 十回 4手
r
e
t
e
n
t
i
o
n1
且(
1
1
ttA五 o
ガ
安易通 sf
h
o
tr
e
a
c
t
i
o
n
s'
t:
:
:
;
la
ヲq
Z砂
るo
lのよう μ
t
h
e
r
m
a
lr
e
a
c
T
i
o
n
sf.区別ずる
花的のス汐八シジャー tL.
1有
効 iめる: '
t
.1
J¥a~ ;
./
)
'1
.f
J,
k
.
.D
1
'た
z.
,
j
t/:よ 7 て核安
~
E
ふ
l~ P手 1J '~J
2
J.5XIO-
、
陀a
c
t
iDns1才霊安
、
J
・
t
A¥
,
ご
拷尽の向 (
m
J Cu(
宜j喝をうかu
7るど?審議 ψず
の τ
nermal .~斗
(.6
0
ズ
州
、
シ
ザ
ト
ー1
.
.
.
.αJx1σz
端麗 (M))0 oAx10-2
4
a
、
、
、
、
‘晶、
¥
A
,
、
・
、
、
、
、、、
、
、
4
) 芯
d予 1
'
,i
J;fるぞル比 1
+X1
0
-
L
a
C
)
3
α向c
i
書簡捷
hhZ
。
200
4
.00
600.
gOO
c
o
(
a
c
a
c
)
J量(mg)/ペ
シ
せ
:
;
.(ml)
図2
.C
o
(
a
c
a
c
)
3;..'シぜン?事決~ C
o
(
a
C
a
c
)
J国停のう長与.f.
I~ n
'
l
1ゐ R
ε:
t
e
n
i
i
o
nのを 4じ
〔
ス
ヵλ
?お
ー :F1
εC
I
3・6Hz0)
1
皇i乞呼 1c
o
r
a
cJ
.c
hベシぜシ議
議申{の持 t
ilJ僻製 1111tん
~. 1
00%μ
/屯1Í 1 る苦のど才移1i~丞色古イ刷1 1.1
(
2
υ
j昔酔下 a
磁
誕f
議
多3
飛
長
季'
l/
げ
1宰J
島
も
温 t系
1
主
抑 L匂 ( "
{も y
陀e
t
担
l
e
川
Y
1
吋
1
t
l
o
ω1
1
姐
直ω
l
宮 0%I
:
.
I
迫
kい〆
Pi
.こ
l
I
収
t
托
t
M骨昨下隙イ才シの C
o^の画配l
1
他
宣に
I工
周f
手
f
o
が
,
'
,
ゐ
)
る r児れ£寸胤
t
れ
1ゐ ヱタ )-IJ., 子毒予~}-イ、 lず, ベ
シ吾、シ f
手5
負
手 z 同r
F:
[~A急場[: 1h '
J1
‘
ベy デャ一知事 nぐ み ど グ ) ~ .
r
t'
Y
.
臼)白白cac)3 のベシ t!. :/1争議・周 4手元lî~ 主ぜ,両不自のう長イ~tヒ lτ 伴-; r
etention
m事1
t~ i
f
7
脅
ヂi
Jt1) 樗セ 1
/ス刀イシダゲ -5
濃
厚1
'
.づ 同 .
1~~'J Jf Lt
ヒ(哩
,2
)
0 議決
柑 z厨柑〆互い 1
:1
事宣イ.柑互作用 t"υ
'
"tイ.
ef
t({るど,手長イ7季の retenii‘on1
1純
粋ヮ#柑1/)rete~付ì o
nt5
Aatヒ/J'; 末、1)~ l{t 国 Zの A11if;金;f.s1J~ ヌ汐ベ p ヲ〉1 1$~ 舟場伝 B 1
1i
f
柔不目安 fナI
j
jf
J ス刀バシずャ - fi iL 1易イ?の宕却繍ttB~f. 1
:
.柑善
"
( ff を η ヌヵパシジャーラ事戒の元~~季の retention の雲剃姐 iずずべ‘ 1 A,
B両曲
鮮の削 l
:
.I
n~らする li ゎ~. L1)' L 多
芳 1
Jω-f
:
p/
1 lt
!
l長岡汁 i /
1
1~ Lt;
h
',
リ
雲母 l~ 1
<
1;
'
t
i
主,国柑の県白 t~L" て向柑閥 1-:. 柑量作崩がめる: '
t t?ト 11~ L てυ h
.
3 作 t 4i η スヵベジデザー ti 込場~~委剃 'ftD:,年 C 1
1C
o向c
a
c
)
3I
)
?
長解成付ifc.{手賛
意
ゆ Id
者
L
.
, r
e
t
e
n
t
i
o
n1
1国婚の祈也'lre
:,~ !/d普れず~ :ど〆 J
i
.t1
lみれる&
,
G
u
.
毛
1
)T
.T
o
m
i
n
a
q
a,K
.F
u
j
i
w
a
t
a,Bul
/
.C
h
e
m
.S
o
c
..J.抑制,必, 2279(
/
9
7
0
)
2
)薄着手 I宮/タ62 芽(~ CoL3宮宰者1
4
-(L:カ
ヂ/J;'
l
J
'才キラム jの回呼 1~4才 L たずを i~ 局時 L て
1
i認する F
李τ
l,水元議tf'1l両得 6反応のち m銘ほど L1tJ) 60Co ω 収~ P~'1r'f 仰"4 i
-:
工,ガ!tJ'・両 Htf反応げ予 m 凸瓦ナ ~1ま抑す.}t 1
1抑 制 H1.ゐ二ピ E毅者 Lτμ る.
(
j
J
.S
a
i
t
o
,τT
o
m
i
Y
1a
!
}
a,H
.Sano
,3
f
u
l
l
.C
h
e
m
.S
o
C
.Japan, 35
,1739(
/
9
6
2
)
.
ー
ー
1
3
5
2B-1
l
トリスー 1
)10- ブェナ〉トロリシ
のふソト?トム化学
}
b大理
1 レテュヤ ~(n)t孟
ム寺芳雄 J 古JlI
~各明 I 0排 他 本 研 {
mdv〔Ru(phM)31(α0
'
+
)
2 をユトロべ‘〉ゼシなどにう嬉角干し t鳳ラヌア?-・照射 Lt
:L
事
会
広4 てラベ J
L:!れた d均鋒停止.Q.f
f
J録保が生す.奇乙とを被告しえ了その際) '
d
見
Lた ρ
R
μ のd骨歩合管 4
手〈のタ!fキ%の内て.. 向 錯i
亭へのタ t
キD
q_よリさ過剰の令は
ターゲット狗せの dサタ左遁j実的 κ 体 1
きして生じたリ子シションとして立停配置保
c(
=
=D
d-]
)
R
_)止定義 L 食。また,弓の時?と 1
るはと t (
'
:
.
需i
是
為、}生リ子〉ショ y R
枝 h
与に注じ五 Yテン乙ョ〉として立停場己宣非保為、}主,)Tシ〉呈ン R
n ~定義 L "k"
J
e
J
ふれら R
c
) 1?n lま問、射略の ffl手秒差に彼1きしな φ、フ多乙ム乞台、ら)~苦俸につ L\ ¥
.
防1
分与的主良心によヲ'z t) ると悲えた。ふ報告ではさら κ錯呼:事免にべ・ンゼ・ J
〆J ジ
Î~ ユ 1レ才キサ γ -1レ (Ppo) )回 t晶化決案 I 1
)10-ブ工アントロリ〉を弓 1れそ・米
仰九て
伝つた実験の特:f.k つりて i
阜べゐ。
[実験] 竪却益社: d
f
f
ラ舘斗:;
I
I
D
Jo酸 7二今モユ 1
'
'η リヴム(光孝介容J
'
者
り Kよ
ゐ沈殿場作 [email protected]ノ過也事政協として 7]<.. 七、ら再宇古島 1~2 回。ニトロべコセ:・ニ:塩基
性 7ルミナ力ラム通過。ュトロメタシ:空気主主通じて遁trGレ, 書留の後塩差性ア
ルミナ通過。べ、ンゼン I r
!9塩化炭案: 11É);r.~ ,cJ PPO:
ι シ今しーシヨ〉グレー
ドめ市販品。 ち10-フz ナ〉トロソシ:べ‘シゼ〉がら再教l
e(?
kを降去)。墨!t.:
I ~S 分間際射J"
KUR s
L
a
n
te
;
x
p
o
s
μr
et
i
Lb
e(.
5M Wノぬ:10'2----10'
'
'
;
'
0
例そs
e
c
反び e
ゅ ωu
.r
e 払 be N
o2
.(E-之)(
.
5NW) φ
弘:I
O
"
n
.C'IYfI2
.附 -fp 72時間身よむ・・
7
1
0
,
似時間Jl~射)。鑓色:前fIIリと同徐鵠性 r ,レさアカラム通過J 段ぴ羽織7
〉Jヤ毛ユ l
レ力リヴム κよ否定』挙分事JJのう吃殿繰返し。放射能費│定 2
J
合総前の 4益法射
能:均 X3"ハ(
a
1
(
T
t
)
-T門
, C4
0
0C
h
.P.HA. によソ腰、井t.:唇若手 J- と距緯 ~O A/30 0併で;fJ~定。
分純捻:ヴr.l
レ
型1
7
手
経 xfA4IfTυ-富士通予ユ 7
"
'1レ 竹 ネ lレ.
PH
.
A
.(
A
N
1
2
)κよ7
3
喜
;
1
(
!
_~ c
cを測定。 u可k 主I06R
l
9
?k
e
Vð~長の吃む0_ 7の計数£左手め九計
止
のL
数~1干の敷正 l 広岡崎v:::J1~射し た鋒4
羽音晶の計数キ η 対gfkょっぇ J
I
結果と危奪] べ、〉セ"ン) PPO の悲知内幸~~害 1;1:.み ι め 0'l}t主力、った(函 -t2) 。四
塩化案柔) 1
,
1
0
-アヱアユトロリシの清 1
1
0のお <h)主体配置非保存,t
主リテン予ョン
'
Rnに対 Lての守みとめ今1ft)保存,1
主リテシジ 2 シRc
..l乞対してはみ七め乙7例なぜフ
I
'
た飼 -1)3)。ょの乙とは J 少なく色主乙 zれらの~験i仲下で I~ 主呼配置ィ射手通殺
(Rrk寄幸司 3瓦ふ1l稚)には戎7
供者ι
" の拘立f
下前のわ封書かず季、、よとをいみ司し
み九(図-4-)のように) 1
)
1
0
-九 fントロリンの涼仰によって R
nT
l
"
都停滞1
設に依
存れ略なにも 1 '
R
c,e];併特鶏定 ι体1
与し字 I
I~乞がらノ前牧と珂禄民主咋踊ι
Jl
:
6
重保存並殺にワリ1.I~ 10弘化学権t..~'1 の金量体 ι の羽互作用 η動I,f l 宏司メとめらずt ま
,Rc. I 3-企業媒去に国脅の安手っ
し令、 L
かヮ色。
k 越iをとるとふろ台、ぅノ。凡Jと~
誌と海媒止のヰß~ 作用 1 (1;. 1配置咋ゐ l昆移 κメ言ま 41 'Zけるよう Tめ 61 . 以 上 句 乙 tが
らI R
ιI広
和A
与を持来的に切ら写りょう宇及封t
d
)
.
T
軍事?の下降左手すものと汚九られ
φa e
J
t
.i
:
浮
かη 峰
手l
.
v
-陥落俳t.CI)不自警~ I 下曙クワ色ま~ゐの 1・・, R
.
cIま為者~~~味でー
決 リ わ ら / 主 シ ヒ u う L ι ば忠ネ~ ~1 b
¥
'
, 乙こで!有 U 左足f
槻キ比ワ U ての-))(
リ
予
ン
:
:
:
.
-3
. y の下院ヒザ手可~ l が忠朱 ~o
R
nは回向島4
ビ泉柔 η5和 1
2
1
.
乙
ょ
っ τ
森少し(函 1
),仰
1
;
仰7
九
zナれ〉トロリンの悲
,. 1)
秀
毛
し
く吟
t 如 L誤
た乙{凶-寸3
,
与
)
九o 乙$侃
t
れ
t協 白 t
i
品
&
主
臼
4
巳泰寿毛 ι‘<1ば♂托のイタ分僻主鼠0
吻
担
沙
が
「
ス
奇守ベべ、シジジ‘ぞ戸 ι
ι 1.作
1
下
用ん
LJ 戸ゑブヨ乞ユナ〉トロソン 1広
〆10九4 を金た 7う 7柿下メムト左
及
た
bし口て 街昔停を角冷
J台
械
詩
桜
見
可
苔丘
Zヒ劫め土幼汚九ら z
ホ
J
れ
1
.~. し1仰 の τ
扮 に も J 似 の 桝Y三
者
L "1.¥lるヒふるザ久フラ 7
"
'.
fシトと宗主力E者1
1と の 良 心 ド 摘 ま 予 ま で に 7ろ プ メ ル
ト1
<J:嘩攻防 κ d
1
f
争続停に友、オt主¥l :lt ~~κ 芋?で II 壱こ-1:.がわ併可~o 四品4ι表素土台
仰によって R
nの抑制が疋奇じとは I '
R
nの中に r 没 '
)1シシ 2 シ以外角リ?シショ
シ合r
令まu11¥
.
¥~ ;
:
_
.
.
ヒ
を
そ
並
?
孝
司
る
。 なわ. 7r
- ~トf2. '
) >-存庇下で r
J
.p
n惣 κよ
リ
R
n的 /JV可ゐ(岡戸3のー一一+,--→)ので;際費村長特吋U初しなザったま式.料の R
n
につ 1
1て 4
1Ef
身1
:
畠庭内もJ
qをう f
'
}て I
I宿場 1
:あゐ.
(回ーり(~ 真L
Z
怠n.のフェナシト G リンの存五 f
(
_
"4
苦吟濃度左差九て腰、射 L'
C
:
ニ
結
~1."あ否。'Rn ld儲 4
毒素厚 IC依存す争ょう K 乱九るがJ 王室臨 1-;e
T}らみ、で'
I
d念 t九
'
l
O
r
t
t
i
/'品
t
e
ι
j
r
t
,
t
-r
士
会
~
P
h
N
白
r PPO1
mPhN01
.
~
CC 4 同 地NO
.
z II
0 P
P
Ol
mMeNO
7
'
z f
.
rc
α
川
I
a
~
I
・
年同
~ ,
.
& C6同 町 内NOl
j C6H6i
m門eN白
三 い
5
4
1
。
ば
rI .¥
~~cv
~
I
lc
,
2
〆
/
t
¥n
陪
o
:
f
f
a
:
~
~ t
/
(
.
, 6 R.
.
1 1 ! ,/
│
;
;
5
R
:
2
0
40
舛
- → 加L
~- T
~
1
)伐
ゆ,
,
~:c
R
c
t
I
!
?
。
6
0
1
Ci
6
'
C
α
弘法 1
J
o
o
l
l
.
I
t
;平
一一~ (図-1)
~
Aイ
l
.
.
_
〆"..,..
ι
奇,んf1_,製作.
0
.
1
M
e
d
l
u
m
:1
'
h
N
0
2
~: l
{
o
.
p
日│一一一!
f/
[~ド円門円門;ゴ沈訓 州:な制肘仙:リ山 )ド川[帥..]=0
仲州
~ιエ;:州q
l
t
/
(
1
J
oP
1
.
併
後
加
令
書
;;な~ ド
t
[
p
h
e4
叩
0
ω
D
r
' -g
j
必
f
c
VI
ト
一
一
.
→
→
掃
糊
物
.
1
γ
Lω
Z
お
的
m
十
抑
十
Z
;
以
z
5
。 ; I
L一
)
→
一
@
←
)
-
ノ'
↓
~~_ 0
.2
.0
→ g
'y
t
'
(
弘E
P
P
O
;約 Eの駒場
(
回
一 2)
、
0
.
04
-
u
ι
τ 仰を主目
世
一悶午均
J
りほシ
玄
│一一→一か
o
.
o
r0
.
1
2 0
.1
6
→ gp}叫ん
1
.
1
0先わトqb
未知の
品帯
(団-3
)
白
0
.
0
2 O
.
f
X
I
.O
,
Pら
→8
'(!()mf/eY
c
c
綿 棒 場f
夏場予噂ー
芹lλI!)~丈射jヒデ釘吟会 p 熊手 (
/
9
68)
-137
州n]:刺仰包
(国一斗)
2Bー 1
2
必17 タ O Ì/アユン I~
約σ
都理署
ι
:ょ1ま可;待為的齢、
.
h
'げる浪羽 V
浄子のキ勃(
。ェ給料支野也、
(
J
f
,
、
何
)
l 一皇宣立
小
d羽
}
乃
タ w レげア z ン (μ c
ωPじ〉ま川.1
号料壱7例実矧肩線椴偽;んシ緋バる処処
μ~f\、 J主真酔砂掌骨肘
l中中
め1
苓
F
掌江1;" 戸
1 =よフて、 ~-(þιPc c1)夜、針今長待lt:J1二p¥長する ほ{東毛有している e こ
め‘待品約まる宇多 1
:、 2JCOOc札L で、川P
J
F
F
l
zよってもたるもので';hう、 c
ト μ
Pι l~ ι1
1~ .&._$9~ノ芳、子めれア__-リンブ'実験域托.., ~ 1-:'あたっては、特l
斗捻ゅう品、
専かみし
euP
ι
,
(
'
:
.h
''
1る賜閥、れ摂しア-:;..-1
)ン i
'実
験1
1
.
. ~え,-:t~卒、長銃将、〉によ:
lt
‘
:r
Iわ 札 川 町 "が か ¥ 熱 ア ユ - 1) シブ溜、主 1:'17) CJ..→戸、作おう払坊に唱ぼ
r
)
.
- .
V
.
-
1
して
、 t
uPc にら 11 る長身体れ苧が品機寸してみた。いー待;来、持':ß1f~料多
にともはう、待d
もの肉符エ先 lレギー加変化 1
J
"
、 只
調k
ノ;y.-}の表件アジ戸リン?三重存呈 κ久
ffJ
手ゲ写をふ九吃い 3ユ Y作 1J fJ~しれ。
禁尚氏 ω
d
,
キ4 ン1'*喋〉め紛ネ倒的勢俗文 (
J
I
Sれ)桝し
豆急手者ゐし f
乙毛めを問、ーん か Cμfc ,
1
.
. 〆
0
しP
c
.
,
毛
,
)
(
)
(
)QC !"S叶?閉伊県レ、
,
s
-ffち I~ 季対争~ t!,... t,,-もめを f ヒして)有い、比J$~'"九グ) I 亡、ぺ~-ttンてだ将し、 p-
行
i
)
1之 島 移 き 也 仇 も め
幻 前 νt
o
-o
務宇佐 '}~Md: 、
1
0
0
L
0
(
¥
1
I
.
J
R
択‘え仇気込宅〔一一
者
号
、
ヤ
t
'
t
子
朱 :S
.5
'x
/
0
'
3 ~ω1, 2/seι 〉を ~60I
I
I~♂寸一一
~・~〆r ~r
I
.3050C
一
rl
'I
I
I~
伺い ド ラ イ ア イ ス 豆 トp/
.I
I .
片I ~
握震や /0料、臨/~ g4o~J f/→一一→ー十一~ー一
h 任。浮手I
アR
均千旨'
12
9
0
・
c
J
~一一
2
s
2・
c
の~~機寸す川与ー
4
グ干の掛津 ,乞ついて 1
1、 吋 U
玲1
)
ヂ
進
攻
"
(
,
.J
.
o
,タN
:
l
あるいはドライアイ
0
スシ昆及でぶメ~)'吉岡ん
o
号 術 的 糊 れ 、 こ 斗g,Lよ
ι
r
o
o
200
∞
3
ANNEAL
lN
GT
I
M
E(min)
-138-
400
叩O
r
J7 た。
γ‘号、'f<,~矧守 I~ 1
0
0
1
,
:
I
: 15Kι
iC
o-60
、
匁
司
、 (μ 〆 I
OSR
/
l
)
も
明
、
、 t
7
.
.,
称アシ__1
)ン
ブ
、l
<
t
日
蹴 m 妙 々 / 似20
舟│分l)
q
,咋しれをおヂ
2
2
8
20C
4聞い 1ム、:江つ九百40
ィt
i
}h
i
紘 1
:
1
:
孝
夫
料 E
を 漁 師 免1
こを効利広20
¥匹以E♀
~ ~iみいよ?て :h、こ
町、ず、保(})~I民J 二
Jフ て リ ヲ シ し ヨ ン
0
0
ィ孟毛品、グ)I'亡。l"i g J
J、持手そ島、ょが舟桑
町
I
I1
,
ニ
1
0
0
200
300
400
500
ANNEAL
lN
G TIME (min)
(j.. -ι叫 PC め持品料 r~..- リン 7・, 1
¥
切れ 手レた。 1
"
0t
rらも哨り、な
よう色、従~め安‘駁てず号~
t
i
I
"
-L l
¥
(
:牟銅なぜ担保で、 I
t
T
J<
、
変~点 m イをβ かす/ものら
料。こめか、表、fIJ1
.
i
1
.
1
f
.d: 、併はむJ二等乙ヒもにか奇的要Ij,ニキラ動レてい~ .
凶作肌中島県ア;;..-,)ン湖皐t.t1I{/ヒ歓を下手・い不し巳。こ
f
-
f
:
f
f
Jで伺い k
y'CAιPじ li, )斗獄料(小 CAPCMopmに し て
ち1二島断
也代もい あ
るo d
.
.
-C札 p(/ j1)与も車料アユーリンブ'昔、保I'~ ,初期手力哲'
n
is-(/.ん良
H
めそれよりも進、反乱、~ ;
f
、しい, ~ '/J¥....、支阪奈川i
立
て
い
の
_
i
L
_
J
:
:
-d
、司うちえ後,
'
1
, i
芝
!
三F
ふ
し
f
'
c めずらトィ孟よ 4も お 、 デ ラ ト 1
&に
建L
レ Eい し
l
H'
J
- Ir
'
:
.,
y
,~札る歩絡も解ポfレ f乞;r ごう‘ 三緯美貴の及式;、め冷暗ミ世線 "
t
"e
h~こ k
I
aザ'1Ð~ し花 o -フ tま‘ (
d-c
v
-pc-1" 見られるせD,~:W'<.I噸似レ「こ MτH如、仰のーっ
1
1、、特為的事手れ初来、い透昇ずに $i:ι乃えら t
I
しる針案 tあ ふ 』
、台容の速皮鈴的解利をふ, :行うヒ E も f乙‘アユーリンゲ励む川ぶ;符J
M
;骨材7
1
9
J
,
心
め培、出ヒエキ iレキ'FJ 、綜'Ie.ft)私衿 l 乙とも咋う併肝~- 1
レ
"
'
"-(7)会
;
ィ
ヒ nζ につ、、
t も校討句評えた。
Jえ 1::' ,、持品P)~少女 lレギ'-(7)愛4 じ ~f問i乏して、中「主争搾到寸 1-. よる庁舎為中への
工主ー Iレ堤、-~成句、来についてキ然寸しれ。
仏 p
c片的手ミ叶F
町寺、争げてい殉オ
レ、穿的効恨の減;君主4
支改グ)てドライアイス進攻て$丈豆吟閉めずは柄拘て 1
t;
"
2t
J
'つ「二世妙1
:プ い 吃 ‘ 争 勝 ア ユ -,
) /7"~匁時めた。て m ょう ηヌ~J阿佐
げよい場企 z 比較し f~ ドろ、ニ三興味J氏、 1克弘ドるとめられ t:.
工) K, Yoshihara and t
l
.E
bihara,J, Chem. Phys.,1
2,896 工
(9
66)
-139ー
t
79ロシアニン針咋町民自主防・京・よ
1
1
アェーソ γ7
・辰夫 1
乞伺ず事録緒的才名
2B-13
わとえ拷
月草叶
7
7
o者原資酔
エ荷主博司
シア:;::..:,/卒者伽脚版長官Iν ア
エ -YY1 夜五~ 1
:
-r
I
f.
{?伐材けぐの
かbv古、ニ庁ややむ、人 ご1'-I
t71t7 ν
:/が・多〈句会Jt,~針停を ('f り,が
勺 H.~~I::; 闘す L}-,,;l-Ð ~ ム 1
ぅ 府 か げ 仰 す い し 納 金 ¢ げ # 提 ヂ'
J~多 H
1
1
め
マ
'
;
J
;
,
ヲ j. と
的ゑ I材 字l寸才手持子生めよいタチ γ みつマ中 f・
じl
ニA
会4安 今 川:j:
f
.
'0
r
:
=
.
11
f
L7 ;k‘う,キえぴ~"が・多へやれわれ 1'1業主キ前からフタロ γアユン錯t宇l包丈 tナ
3限時をい fじ矛的Jf砂壬材先レ τ朱
へ
.
:
:
:
."
.~五 1" 式‘ It) 友.H&夜j::. 1;'J
;
-1.)-アュー
リ
ン7
夜応:勺デー '
1b、
うl
司惇ナ r
=、
身'
Ts 友l-l~-t.J- 司祭毒",包つ h 之弓考fi 孟ず二号
つ f三今 7・4夜告す~.
D
仇e
… ,仰
e
イ
n…
是矧柑系 1:小
:
.j
:
;
‘パ
ι
ぺ汀
τ
言山
E
叫叩とMωU
的
勺I
t凶
E
:
s
μ
ι
ザ
fJω γ勾
吋
々 T 湯らM小グ件れ υ
5止
う1
伊
TS'I
"
ω
W
仰
ル
(
帥
/
'
"
r
川
/
;
向 9ん
dDμrη - yeac,
{
行
!
f凡 内必花幸記色, L ,ι毛‘"寸~ . 白押ゑ 1::片 H 乏 1
1託
ι
W0
1
含
y
γ
I HE
今
料ゑ l こわr'/ ような~ 1t7f,V',ム dð /l仰向肱'~It"~~ 乞 t~ 必停止 L
τ 角川 Cγと司芝い茨 J
:
:
.l
: l1
. Itc
ヴt
t
"
J7
t
i
tr
e
t
<
.ι
[
;
u
r
n
.) バ
ha
向J 向 a
.C印同 1
Tt 主づ考える必・等合,..;;;フ, す
う 1=〉
fffJ
の h
.
f
t
.K
.r
a
t
l
A
.
μ_
.
ft
'
"'C'~ t3Iイ湾ウす 3 歩、 z苦づ考えン V.;:"z. (
;
fすらない. Lが レ ご よ
,j~!'答の与と 1:: 夜jE.þ\'ι仔す~~岬 k 考えられ人
.
)
;
7
・・I
t,* -l企ィぱ ~9 tí月又.fA. い I= .,~
京).!ffえの反応作 7 It ~夜芹みを宇-z. p引ヒす 3 と
れ~
Jp(川
a
.
fり 0
(
.E
(
1
)
e
t
e
r, f
ど司ぱ工系』レ干 -EI
:
:
.;
t・
Ita1
(
l
罪
被
・
宅 N
(
司(
j
:
:
r
.
.
/
手ぺ- E司芳与勾イ百毅 7 μ . μ !;mcι
t
,
"
"
-f
a
,i
"
t
:
:
L ~t
かえ
7 去). "Iz-戸レえけんら r μじん
p
a
r
(
:
"
/
'
t
'
I
t
fJ1
I
tr
をttG九d 相互のず e
oι
ι
'
/T
j~‘ Iz i
生;
1
;
1
1
'
-3.
岨
i司
体
守
恥
司
て
むに
叱
E
長芭
l
E吉3
鷺ヒ
エd
蒋
草
が
が.
.
核
茨
虫
レf
作
三μ
f
l
'
I '
&
日
pア叩
A 錯体恥!工女す'1川T
付; ア
フl'.A_.(ふ,以:..<. c
μ
u
.r
.
札か.広
、
,
札
り 2
事広芸
υ汗
1
f
え
j乏
司エ J
舟
字
わtレギ一列 とニ》列
τ
! 立よ ,
7
九 す φやぢ 勾
A
?
ド4
レ
"
.
,
a
μ ι
ι 1
2μ & T
骨
和
2
玄;
;
3 ユヒ î"~あ£も~. I
I
1 E
ρア
バ 傍4
停
本
!
ド
二
筑
介
屯げ
l
r
}.
:"> (ωμ r.
v
乙 ,
オ
i7タロ
1
2 シアユン J
奇書体
附
z
A
〆沖
ベ
令叫
仏
も
)1
マ
同
ド E 直明マブ~
7 忘 れ こ リ % よ れ い
l
. は い 、 ち 材 ( . . -z呼.!:I .
,
_1
才
マ
ヴ
ゲt ゲ 寸
F
;
う
〉tμ 釘
少す( 1
:
.t
i 2納 め 事 4 壬 依 す 五 時 が お よ . 一 つ 吋 ! ぽ
I
ι
μ
予
渇
zr
広
ト
‘
川
}
与
“
志,
九
7
ご九町
才
付
h
-L
と
:
:
:
<
7
>
古
笈
f
応,
付
t
オ
枠
ト
尚
学
恥1
.
.冷 t
択
郎
'
Z
6
>
的
7
σ
什
,
千
作
!
止
峨
安
豹
め f
宅
い 毛 4 才京hυ
山
伊
イ
E
之
を地ぽれ花エ九,レイ干一勾
4
志
‘
い
‘f
夜防
9
持
占
除
索
桁
ナ
3
-崎
1域μ
j
手
初
的
附l
ド
叶d
"c
ゲ
ω
f
t
ナ
付
』
Z
-140ー
ア
γ
乙
V
ルc
kt
. d
,
_I
ニム‘川之 1
司f
i
/の
ふ3一広 3 いはアヌアメシ「ヒ反Jち す 人 ご η よ;Qザ内反ぷ副司特色 Ityt
!
f
:
.'
1とん k、例。 ;
f
ゑιヲ ゥ い 『 わ か ; ごと τ rtご れ
'
科目ヂ持作安 1
.
.1
をめづデ去すん
7ng~,.. J pr
cμ44 K
3ZY
支ヒ局 l
1
J
.
(
J
.
o
tp
r
oム
<
lI
t'i..ltt ゃ μI)-eA'LJLr 今那事 ~~I'r ず rh~rrntt1 prCcLμ は こ れ ら
の動揺 i更
、f> 宥 内 k い わ 令 '1.-U,1 ド
; 回柏戸介、、'l.¥咋争司令グやゆ IP
おれ3
I
vnI-:.J~4'J 吹喝ふ忘?をい"l- ¥1R
J4
b
:
-艮応、 t
v
.
L
f
iでSUI..-tJ-酬"j
k r勺勤客玄麦 ,
tJ ~ tρ1・
少すい. 7J
' シ ア エ ン がJ;l:;3 “\;!~私町場ノトリ吃 i苦ゐ炉、湿度今野坂字、息られ
3ア手始 1
7
"J
i
人 こご7'"11反挑J
宮 子 炉J
守孝!す肖 4lt ニう t 何同勺才芳子し才寸'-i2-t
老7・
ど
・ 4上
う│エ反 j
j
:
;
.す 317'"f芳幸レIv.予言 3
名
手t
f 74
L
Z
I
安勾イ色アlIt-f12 吋仰す 3
いとイ反之レ"0-.費財主将め丈 1
)、 l
け つ 2追 わ 下 y
れ t;mrMP
Y j司同勺
y1
r
l
I
,}
r
t
匂
:
Y
1
.
.
;
F
J¥
t~}ユ岡村~ 71
.
皮 4 才#
t
乏ず d~~I判 1"--.イれか勺 15!..宅: í ふえ~.
反
応 直行震の主昆茂徐イ手・!主 E計五レア嘉吉来季
,1 と
・2I
=
'.
=
f
ず
; 下;
7
.
1
E
2
ぞ い T;
争'イー合唱 1
1 C二 戸 港 ι皮A
.
・"1 z;紛王手レ,
(
J
.1)J ,
.
.
.
.
.
. tJ.I).leレ
/
ιノ
ぅ 杭タ .Zl~ 争うナレ;事ぃ与ニ:> 7:
a$反,
;
1 'J 場令 E不 h d・
6"-'1・
S
'
"eレ
ノ
ヂf
y安,~ ~ヮ 2H 3. Pf
・1・
,
.,
t喧J
雪係J
手作かみられ 3 門 下i
j2 7・ r
J
t
A孝
'
".
t
急変範
囲7
"
'
1~1.虎依tf J
止が伊うれr;-ぃ. :
:
:
:
:7
"¥1"守合自体司エ系 宇 ー の タ1t
:
.~止す吉孝
之 z何回訓ふ手前 !
1
f鮮1嘗 え l --z.芳ん z "å 門知管 I~ 1
1{
i
l
'
.
時
司 d合 会 勾 jP!!%
多
eO
3Y'llfdte1L .
,ιt
l
l
t
"ゆ け パ 孝 え ら れ つ リ 伽 い り
?
1
z
τ
t
3
・
ι
郎川
t
I
!や・ト~.
'
バnl
1
.
.
e
J
,ム:
1t か
1
, ""μ c
ylaιtor
ヤ工
古川 17 S
ιデ
勺I.. ILt7J'j'-=-ー
リシア反応夕、羽 3
[ret働マ !~c1}γ lt~十字 1-: 友ぃ鉱餌 7・タ1~ l"7 1,~.
V
a
l
1d-Pr
,
'
.
.
.
,
.
.k'l荷物 4
"
1宇 E'=- 長Tムp
rfと ζ 1 " 8,'~ 向 μ
p
ιロr哨 多
ブ 7りシ今
=t 錯停 17Er ソヴ"íit-'I~
ペ
す'1 )1 あら日早
l
. 門戸
yt.}.g:イビリ吋‘ー It 何t/.tM't- ヴ t~(..1ID r の大判手重大ぎ‘処
T
旬Pて が れ . lrlZ~仇ブ fお ι1片 1= つ \1 4 る It~間的作壱~ft ð\ 1
f
:吃け
の求1-~Q '1ょ., f
"z.芳孝レヘ
と
下
守
・2
可
‘l
』
。
、
峰
占
、
河
・
1b
2
.
J
JO
3仰
l
/
T
f
l
・
K
-141ー
l
I
'
T
2
.
TO
3帥
41
l0.
κ
リンーイ汗ウ朱ι
A令物の;f...''1 トアトムイヒ学-1[.
3B-l
P
。氏糸福次宮
梧岡犬建
1
l
-久 詔
L事~
員五
(í祐三)リシー 4 づT ラゑ Aι 令吻主孫手 -Jf\勾て・守惟チ~,~,射する~ ,塾、T世手,:よリ
3
I
p
(}l,)')ヤ,事)I_'''f世チパl: 1
)ヌ::5(河 ,
p
i
Z
pJ
i
.
J
ち1
.
"3Zp主
主
主 U 為。
V えに核反t_.'-jf.ら訴の翼
広ヲ穴ニ穫のホ吋トアトム反応、を, )司-,極成のも~ 1..‘'騒乱来するユ¥〆 f きる。
レ才、レあ i皇1'.1")1空手 1-( よる ~S{π , p )
"
L
p反応、主主エし1.)
主
;
, U さ吃る穴約)(,試新 Sカ
ド ε今ム婚で包んて,};ま予防授,射する Z き,ニニヴの問題 J
鬼 〆 弦 じ る . (1)ガドミウ
ム箔でき~/If'J:ま予を、品転レ 1 も, ~在外線城の洋性予パ押す右ガドミウムの吸収ぷT 面
榎I
'j:小さいの1..",
きR
9ト綾城の't惟手,(, J ゐヤ (
η ,)
'
)
;
z
p反応、)" ,
l
: ,1
.:
1
ゑじるヲヤの事l
合
扉手炉内 f 的主会本申惟手スペブト Jレ~ ,そのエ
1
1
:1
1、
な,)凡さい。ユの訓告、 1
;
f凶 1(,お '
1ゐヤ〈 η ,Y)31.p瓦J
もの励起1
お教のデー
ネ}レギ-j
J/J'"不完全であ志穴扮,実
験的戸えめ 7
まげれば"なら広い. (2) カドミウ A の守性チ端、表 γ媒J' d ' Z ,試料
'
f)~
!之ぴえヤブヲグメ γ ト ポ ア 長 戸 リ ン グ Z受 げ る . ,
/
の Y保 ア ユ ー リ 〉 グ の 初
来主携えレ
'
f
'
d
:1
i,
y
¥
,
,
;
(
'J 核反舟形式、のちタぐいが及跳北孝雄
t
7
J
1
ri
p)~月五 l ヂず彩準
2 ,
批持 κ検 釘 7右;:. ~が‘で守治ぃ,
ユ JLら力問題点,をふまえ穴工で,リン
Z
イズウ孫子のみ
B、ら布 h )
a
:
]穫の成イヒリ
A汗/'3
t:
1
突ク 1
コマト
(3) I
<
i
l
射針科 1字のヤ及跳
γ を熱、粁ピレ Z 房子炉 24射レ,ヤ及跳北1-維を埠媒捕以法~
.11-脅する Z き
,
ゲヲフ?ゑ主剤、 I 1
χ
;の1
句題 l
!
.
,q
:
.
'J
;
!
.I}' 1と
o
Aι -'J稚 1τ 易担杯もレ〈はそれ J三世工、寸長~)てあゐので I J
ニ記のう星式骨折法主 F
町
、
、
ゐ
z 特異 1-; 挙動主釆すものがあリ y 非叔釘慌の現体主相台萱添加するニ~ )てよっ t
J
その手動 )
1.il乙学同裏する・
(実駿)試滑
4
え
々
)
"
a ~の規象主“午ヤリャー拘来"弘咋ぶ・
z諌 手 が Z
色
非r;
'1!]維の就北リン
i
え7 1.令成レ犬。
(1)
( Fる ff~ , '
?
4S
.,s
,
.S
7ノ J
7
4
.
i
J
品) 1
1丈
訴
え1
,(
(1)問題主検おする試料~
l.
1 ,帝政岳特級試乗の〆仇P
OI/.
~ K2S
'
Oq
.をそのまま用、 I 1
< . い ず れ の 試 粁 も ぷ リ ヱ ナ レ シ ガ デ 乞 1ν)<詰 め J 宅の
Fト却を J孝ぎ ρ.!>m酬の刀ドミウム婚でニ童)~名んがるの~
カドミウム;丞振を先レ
tい な い も の 五 , ま y
三昇手責戸亥要究所 κUR
.
, P
7
I3
)h
'、
、.
1 7
.
I
1W運 転 勝 J
て1
51
ケl
前ま
た1
1!
>
月W 運 転 府 l
く 6少 由 ド ラ イ ア イ ス 遁 走 T・
J
,
1
J
.射し穴・試不十の愛げた γ線 君 主 培
,
J
I
えする穴め l
く,アヲスナヴク線量計五 l
司 狩 し 穴 . 中 (n,r)匁P 乙 ZZSM,
pFP友 J
2
・J,rフ
l
令、;前 i
互の是正争r
1
:
'え ら れ 穴 κ
H
2P
O
I
f ~κ23ぬのー定萱主将秤レ,前
者 1
'3:タ=4.のポリリン桜子昆念物丞合'["涛:
3
走
}
之
1
愛着 1
1K
H2P04毛担』糸工レ1.4
;
:
"
[
、
落
燕
l
く 落 解 レ 穴 。 ;J
lわの 3
喜戒の え 量 五 試 耕 民 ず で ! . 先 取 凶 レ , 円 相gんがのア}レミ
11
主じ‘ゐ
3Zpの争
I
J
ユウム税収不足 M す '
1穴 競 走 空 母 .
1
1
.ガ ウ > :
; -で主?の 1
文射胞を須l
定レた
142-
a
と企三盆
l
くよ'"
7ユ'リ
Y グ‘;力ドミウム:t蔽在先さず κ舜手がま乱射し穴試*tのー却を Z
リ,ドライアイス追走1."山 c
.の
7採を Z
Z射レ
i
c .総線量 11灼 7λ/が K ていあ b
・
反挑化学維の I;r継 ;ZF,射試料 I~ ko""l のニ説化炭乗ェ /).1H 防磁アシ毛ニウムタ手~ミ
l~V 1- 液 t:J - ト1ギて‘ I /
!
J・
C以 千 で ‘ 企 介 l
句援 Z う L
-1
定後ノニメ脅が1r'再註ず吾のを 4
奇
ヲて引か昨年昭震をみ事J
Iレ穴.昨磁ア γ 毛 ニ ウ ム 漆1
A
をl
く1
1) P
/
J
.
'
!
:
1
3 b
'1 〆 p
,
_O~ S
l
t のア
1レ力リ加水分僻!_!.氏物主担砕弘し Z そi) l ぞれ 0・ f 刑~r!柑,~t_" もの ( f
1C-1) ,"!穴
1
1
" ~の立体の絶 lくう;:, I
トリ,テトライトズリン緩ナトリウム換や助~ O.fm~P/mf 添
加レ托るの (
I
1C-l
L
)る剤、‘作。 Jれらの三樹のやの放射能理iJえ 1
1 )すIi誌の
ヤ:;J-で 行 方 ヲ 穴 . 水 澗
K掛止えきれ
7
く>
Z
p反眺北字経 1
1 ,/
)
,
テ
ヂ
災
2 0cm
G
.
M
.刀
ilJ昨滅型
蔭 A ズシ1: 1実樹脂 [)~ω凶作 !(J ilJ刀ヲム 1~ つ 11 ) O.ZH昨 蔽 ア シ モ ニ ウ ム ('
300叫
1
.)
-o, tH 面下磁アシるエウム涛浪の組イト也 I~ ~ ? Gr
a
.d'
t
ent-f
.lui;on法 1
.
"1
:
r殺 レ 穴 e 落
l
l
i
.
浪I
'
j
: t t ブヲクう/ヲンパゲ耳i
.
i
{V .
1 95
"
0"
"
.
R
_$長め,糸 f.: 根着されてい~ A
ι
号稚 l
官
4
.1
1堀 誠 で 浄 :
t
¥レ 7
主。各 7 ヲ 7;
/-aンの殺釘首位 1
1"試、粁叫1ず で 員 凶 レ 穴 後 , 必 パ マ
フ プ ラ ウ ン ド 放 射 能 旬 併 殺l
史張蓋 l' よワ t 卦J
)
え
し
p
.
:
,
(結果 z議 論 ) 向 題 点 (f) b
'よ グ (3)の検討結果の一身を,対 f ノ z ゑ)~かす.
ぅ
f1表
ニ穫の核 7
i
.
J
i
そで 1
広 じ毛布の事l
令
(K
1
I
R
.P
.
.
.
3)
;
I
f 1長官、ら,力ド
明
<
>
ZH W
P
/凶
S
/
sCd.
t
"M w
タf
1V
V
2MW
~ウム Z主張主詑レ
P
*
3
"
最
3Z
J
l
p〆,
S~pcJ.
I
・ 仰 主 0・02
2・(
)
f
J:
t
.0・(
)
2
λ54 .
:
t 0.02
2.16:
1
:0.02
P$仰./>戸P及 J
Eて、注
そ
!
p 0.0598:IO.()OOゲ 0.06 :!.O・0()02 O.oq
.5f!
.(
)
・ 0005 0.0633:
1
:0,
000之 ぴ ゐ . 7
・ヲスナザ
p,S 1:
1 5
'
P
{
n,y)ヤ ,;J%S( '11. .p)1%P 内反~‘で‘生 I.:'~ ~zp の萱,“ 1'1ガドさ ク去年苦手Tでほ誤差
3
4
.5
':
t 0.4
32,6 :
r0・3
31
t
.ゲ r
:0・3
3
*
.之 主 0・2
た鵡令パ
λ05
":
t0.01
f
・of :
1
:(
)
・ 04
1
・02 .
:
t(
)
・ 02
1.00 .
:
t0・01
.
j・7
長舛外の
“
~犬きいが y ガド
今ム i
丞騒が‘ある鵡令を示す.
芳え j
長
稜々の%--1井千1.."1}::..相
松?場面
F
i
Y線 &
j
有
担体
レ
F
五S
Jb
九:
S
s.
43.7I O.!)
I
1C-ヱ
'
f
*ぷf
局$
,
.b
1
I
.'
.
>
.
3:
t
:0.6
骨2
.5主 f.O
吊S
7
a 12.苦主
グ xI0 6 /(C
レ
l
?
Jf
f
34
I
1C-JI
p
1C-J[
グ'
7
."
1:
t (.0
6'1・(:
t0・8
守守.主主
(
.
4
'
13.4:
tf
.'
3
タ'
0
.
9:
t f.3
a
. ; 51
1W'l." 61
1
-1
勾
宇f
.31
:f
.3
,b ;
な
t
1C-J[
~6・ 3
:
t
. t.3
'y',及オ叉され J
a .
x
:J,.~え 1く砂、、 τ
94.1 .1孔-'1- '1j(漆世部 .
7
1主 水 和
ヂク・れ f
・:
3
~O・ 3 :
t{
.
4 I~ 掛 必 ず る 操 作 l
'
?~.2 主(.!>
9
f
t
.q:
t
.'
7
..
1 t・
'
キ γ リャー如
テタ.
4.
:
t(.~~"
ヂ 2.6:
t
. 1.4
2Nvyz" ,
S
1
!
-1
旬 泉 井r.
r
J
、媒 n、・余分 I~ 試耕 K
'
7
0.5'1 f
.6
c
- ;6
.
C
.- 繰毛皮甥1'.
1
.
L
z約ワス 106F
.
の Y
6宇
・:
Z:
t'
.
1 1
"6,反跳 j
ι 字殺の
'
1
2
.'
3
:
t 0.7
96.0! (
.
3
1
.f
ミタム i
車両五があゐ
あリ
レ
ー な
f
.
r
;
'
l;J歯止えされ穴 1
z
pの 看 介 キ
,
.
J
1
l
"
J
l
_受 げ ら れ
,イズ〉主投11-
告宣の婦系
これらめ凶手を j
号患レ穴 Iニt
.
" ) 緒言 1~
I
4
3
n
''
1る 凶 的
1
ごつい1.~安釘する
E
削‘差し
Vシ後〆テえのぶり「アトムイ ι苧
3B-3
家久氏者ト
t
?
なz
脅
:
:
:
,
1
、
林
!
犬
』
。体5
者仲
続2
2
: 命令リシ紙 f ヤリクムの ι 吋ヤアトふ仙寺の祈免ャ ,(1t. 批 3~ Pt(
5
¥
'
吻引やヴ?をぷ1t.帥均質勾宮北&
t
p依存 lJ ヲJ- p の隙.fb米総 n: 身 }1\f 丙のl'~集 (,:-j"
7'i持?え存型ミれ百乙とが判時 lt
=
- まず持品坊のト Ji
VJ
! J シ略 Tトリウ h
(レにtA.)瓦滞時特t
f,包(1壬主も令, ダ 0%、
'
J
LくQ) 3.
2
.
-pポ 1
1
ν トリ〉議長山幸雄色
l
τ 焼金之創作ボをの号室ぷゑ0
:
.ほ と ん J五{安 l
J
1')た,そふと実守うそ吟を令良
寛列。、 1,
舟,
1I
lラス以リシめますトリウ民主将的拘寝,"'"l1:二場合1まんの 10九ぐ
ちけのち).1
7I
lf
iIν ト~シ鍛換と/'t締法ミれたが乙の守 iシ J1: ク" }
6t
主ι ぇ三僚
t
位。比れみの井客 r"
Ci
f
ちd
b
弁え&グヲス黙り F
告
をb のちが 1,が
y保持;9'相手正?(5Z-J7t ち守管::-ß\'r右 I~~えた主 3るよ ir lT
三と夫え 4本品。
のザ?が金主れマ
1
)
先主 L究 J:
; ~ ì の玖如 (U奪絞殺会 'tlτ 水素224ミキ 1::>- あける ?f与の食 ~t 弓ユ?
下手ボゆ iシあま 1
ずけ}ぜ句 J 1
:
e
.
(τ年内"(-刈えよ今仇 iシよ竹与 It
=
-H と e付与三エ
タ )V勾 Y民意リシ般と葺ぅ ν批 b号特ャ加も,.3R羽t
?>-1 学 11~'~あや作 f ð 房長 It~予
防を殺を l 花 e い1拐の珂 ~lt: 1
介
護 j
稜3グヲス保{喝 e "ム政 Tトリウ A I こ
立 t(
j
h 川弘文ぱ F 傾向色事忠実,、ろ~ r:: も~' -れたれ j 山首~ l
l
初均気 M
1挙手(;..ぶコて移俄¥¥ Ir
三ずヲス匂トリ .
.
}Jス中の色守点在6z..&1
tラム?の平白昼中前色
β
r
調
べ
、
作
。
長
局
長
: 矯{ぬ拘句叶受フ(=-リシ倣グヲスぱをお妙巾 1
.
"f
1)
(0 #
c
.J 3tl:争i
言
)
々i
>
!
.
11
1 私自~' .
(,ま7tf ベ J守t 争え戸内五i~ 乍&イ喰斜翌l4 r,孔 t‘'!f I体争単身叫行フ日.~象品 X戸
内め γ保存 t
手
?
「
デ
~も与の 7も色jま 1 ・殺虫 L 同時にシウ線本Æ~灸イ1院教議決{た d
ずみパ A 弘主 b0 L。γ得
ぞ3
総長事長与 t
tヲ(-;;f存罪乞中 [email protected] 色/量 IPP~/() 輔
がイもの世品」糾Z
1芋切弘北{f;.-シ
キν
1ザ r!
為ι
l
ゑ4
張作ちた-:b-ち I f
Je...e./l.内法要~ι{ 免ゲ
1¥
弘前世風 1
手
試
草
寺1
1I
¥
l
z
. l\丸キ '('?NHG~ ずか時奇持 t ~ぺて 1 ルトリ L 姥
11~.l‘、厳 f t. 総務4ηL と乍ミラ 2- P1寸静
i
ュヰヲ五士官ぞ 1i
fシ丈主幹クぴペヤゲヤ
め多梯ち fjフ 7
己。
(1)ヰ吟を念j
支石のぎな 1 ~ y 隊ずヲス左{長年十比ずユ 0
;
;野新 L 't抑 K
3
庁t
ろT ,
?の奇持左端ぺ(=f
る1
i
-J ず う パ ム 雄 主 ず う 街 り し /0 t企バ、-1< !
i
.J
t
=
フれて告の'f.長年峨a
VL F
の ゆ が 均 州 , え 干 均 秘 権 1ニ
肉i
をなえ糊古棋の q
(dj 1~1緑色{て見張弘之九れすた手J{手十字 1二{乳〈め f が/九 C
守九也ぇぷ予 ιi
い で あ 九 /jrH
ぞ
1
-V肉 γ綴 1/[ ) 7r
吠 t
た
&
守
)
5
¥
0
)
/
7
,
&~丈高換え i 事ゲラハ Q 主主
妨害そ:
I
-144ー
ポ会 i。 吋 イ I
、)
:
;
rl~
t
I
/ ~ル o
(0 /
I
6と干均を合員ボ減少い
i乙 フ 仇
ラフヤ-.r ~ヒ長]afl::- をの吸え友え完 l <
.
,
}
j
ちえな 3 く
表 1)
τ
z
践の天皇
t
思}ゲヤ八ム謹L 尚三l~'c' /ケ坊、, 3&称, d ,立合金空'!.~r Iた j寺努 1 手f
l
:
相変 ~ll;%~(l か原弘(!t/L午 ψ フた・ 1ずの句文字ぽ伝子D償金作増えて"
η1をえ戎.3えしノ悦..eIl- 1:二対 tTFの吠手 1 1-線~,ニ誠実タ [τ"ι ポを勺径‘ぇ増え乙り
くくゑ之 )0 .
I
5ゲラ/, tAを
2
.
.
.
/
1
¥γ
4
年tエ本ヲで或均的判。似;<<の耐支持邑九 (tI
イ~ J
-'
(
f内ずみ仰害時的e.{吋場y
え
ず aピオ良之のふ .
eL'7i
[
- lた ) .
。);
<1
索令、名特急鳥川崎企tV
,
( /又 l
まf 色 ゲ ラ パ 仇 盛 川 ‘ -7・しJ
季ふがず│司 t
1
0
;
:
(JK~-r 11
:
と5{,叉 ,N よ戸/ずのま式幹 1
1
払 !
1 !-;官けが例制在仁左ド_7 ( r
:ゲ
タハ仇払([偽弁。アラヘ M 弘ょうも (0九株主争利、人た,持τ
t工む九泣く t
D
~.:... 7 す3と rI()均川の F
州文〆免与 l
ニ手書え'( t)~ 1
:
:
'
-.
f
f
J
-もす JP
!
4
.
1
f
.
丈/
J
"37( ) 細 川
,
〆
マ
I
/::笠ずる。え比れら砕与がぐ挫~11 1
汁‘うえ左ぇ o
(
)
~
z
" 30 f
)ど、ちリア;;.- Iレ
r~ 色!ま If."帝色が端攻 LI司時tzd も久宝 I~ ヘう I '
10九t
包えめ
!
J
;
"
"
pが、戸色
tて
根
島
:
1
.
,
に
た
(
#
, 3)•
以長の怜索 1: : もと fð ,意色竹身簡と受 f枚J:.t}にA ずうスペヤリヴクスキ t::.~脅
殺とれ 1
乞正札い l
iI
L
1才ぅヲタル〆叫光弘首'
X8
oeh (重雄氏!事局段的 r
:
.1
間(
[
",,~
~と{材事げ品~ .
長1平
均 f令/'iの皐なj.
1
/:
;^ 伊 # )
3
屯
,
.
.
.
.
V
P
% )%
えi
グヲ
3
5
:
/リ ‘
~1.
r
~員スゲラ,、久世主中的事:;;vpペ骨骨
G
1
'
1
)秒
!~
ι
9 4
え
働
時u
}。身ゐt
。,
10
パt
;
.o
~f;;.;詳:JrR~
F
完
十
九
á'~脅 何α
i
/
1
)
.6
t
、
)
" ク'
,
S
- 1
1r;J~8
会l
L.
6
r
<
I
d
?
ι
>9
ι
ι、4~j , タ /
(
)
"
.
も
4;'
、
f
t
.
.
(
)
ι。 31 411 4
7、
zs
7
o 。
"
,
/
;
"
"1
,6 f1
{
、
む
βグ
,
s
- fタ
l
乙
、 之f
4
60 。
‘
ムz,J'
.チ .
ム/ ダ6
ら
7.
0
‘
t
十
.
1 ((1.3
表3 ¥
"
.
.
.
.
.1f) したグラ/、仏払J
7t
化枠 7・
7ハ向島民tJjtpr
:
:
救
λ 。 b ~乙で }o'$J 手ぺ ν
ま
かPフM 解
/
J
(
J水信仰
J
』
争
う
ら
‘や% 2
f急
/
0
J九 Pz-も
ム F
メ
九 メ5
(芹均品を1t
.
還
丈
〕
he童文)
(
5
f
均
i
.
$
(寺吟称件数)
ム之
r
.
。
q~/O
10,
ρ
.3 .
グ
テ λ、ム盛 0
1
‘
.
1ι
4 62‘
4
C~
,
8
)
(
I
t
,
る
)
( 3,3
_
1
よ
。
o.乙 .- I守
仏
(
/
.
.
/
,
之 ι
3
'
.6 r
M句 -7 d,~ι
、? JO‘
Z
i
‘
Q
{弘、 6)
(‘
与
:
< o)
( 3‘
.
r
)
工 ド- 7 0,6 J
:
之
‘
。
うf
(
)
.d ιヌ之 t
/ム J ,
J
タ
ク
.
C3、
, )
ピι 0)
( ~乙 I 8
')
ド
,d
J
、q 2ヌ4 6
1
,
ク
ト
IιI- 7
(4-,2-)
之0
,
(
)
,
)
t
a守
3 o.~己
t
!
,q
"AS~
2
.
.
1
/
.
.γ
t
,
s
クI
(
J
,
.
之~;t.
縦
十
戸
ユ
一
w
_t
"
/
t
.
ι 1
1
)
一
一
一
-145ー
》
極低温 I
.
zおける'31PCηJコ
32p 豆島の化学的効果
3B-4
し京大原手げ〉
o
1
1椋1
.
長江 .~毎回安姑ヨt 岡祥f自,
'
木曽義之
緒言 哉立は, -jfの o
:;化合物ま,単~~で J あるいは浮浪 ffK.態で胃、予防照射し J
2p
3
J
p
C
η,
n3
8
g32P の行なうイ仁学瓦 J色'について検討~ ,教
瓦舟によっ τ生 成 す る 瓦 J
官してまた。 ごの JjJ~ の Prìmil..Yj Re1eη t.oηl詰 i手どんど・ 0 と若えられる、、る iJ~', ~瓦
々乃安,喰話及品主防t5主苛 L1
。
ヒ フまリ B-lØ~ 32 P涜 与 は 当 初 ぱ J厚手で・あ L
ι
l
k
1
s
;3
聞の化孝 t~iト正行合ヮて長h柊注成物ま与える-;:: K τ
1 な多。
ッド'事友 F
ちであ l
J]
;
宜
苧f
才也、 10
麗古美
Lt
:
:d
l
・'って,
最終止 7
教
i
功の d
ト材結果.61 ~, 品工;}
vl '
[
折u,.tま得るには J 困
リ む ラ ジ カ ル のι
f孝f
iFt~! 1
"フ
ρ原手すた I
'
J
1
レギーのリ
この会て 2
1
¥
" "iJ
;
6
γ 多い e
常様iリ P オ々ゾ酸1
孟r
zづ け て lo
J
D
77k 1
:
',席与庁内需対するこど 1
'
Z
与 j,瓦跡
f の 初 期 化 学 反 応'1再利行する試み州瓶事されてける?一連のフェエ)[1 9~ 1
ヒ必
3'J
拘正
kURの 略 温 掃 射 装 直 (20
的 処 理 現,
l
・
・
,f'-
0
i
.
k 以下)1.い探知人規ィι 令抑 J イt~ 移ベ, p
.
r
.
射 1 O).w 悲
2
表
司I
4喜;誠~ ì~ 4'-仰の
謹頬々眼寺 i
て
及l
ずす J
5響左
喰 討 t作 の す
報告する n
安喰ゐ‘よ i
Y
'結
果試粁C
T
y
/
-
n
均ねそ .Jp
温度の
Ph P
3
7
Ph P=O
3
54
-
*.~)Ð 虫学
P
h
p
O-H-OH 79
。
"
c
C%)
低温
文献
3)
有機層際若手キ r
.
)
文
胤
3)
が温J! ~ 5
a
4{;::
83
63.3
82.1
63・6(;;:;46・9(:i:!
46
36.4
53.1
57
35.8
36・7(2:; 孔
(PhO)3P=O 43
r
'ε
ηY
[f
h
o
sr
h
/
I
/
E,Ph
.
f(OH)2 99
/~'irhe'nytrhcs
反跳生成坊の*-拍 l
I
(牢
99
18.7
一
99.4
21
1
l
一
0.6
:
:武臣 L
f
ZD 手
伝
p
h
i
n
eo
x
i
d
e i干/- げ温及:kU 尺の P71-tu.bεr:'Jう・ける照射.イヒ~的処理まl."I~ 宮君主 1
水描出すは訴v料のクロロホ i
レ
ム3
J
ぶA
及
。lら,問者の水への抽出中 τ
“ある。
凶
f
l
h
e
わφ
引戸
1
y(尚
f
h
o
s
叩同
F
〆
,
1
.
初
η
7t
'
:
千
t
花
ε
J 依 温: 初
2 o.K
κ 以下 7.:' の R照妥 R財す.え水〈拍街ヰ卒字E旨‘つ~3 試
各
再
穆
安リ
2
片
jP敵
右埠皐正 4
令
含
も
ψ
、
水
7k
τ‘3回 捕 出 C/
必
:
全ω
l
om
,
.
ρ
/
)L
f
抱吋
Eもの ζ工攻)1::
ι
J
:そ
〉
t
のF
残主攻 l
陀
z
T1ir
h
e
.
n
y
{
p
h
o
s
7
エ
ド
:
:
:
/
ル
レ
リ
企
関
灸
若
類
更
正
;
?
孟
h
:
V
加
oU
花
主f
綬
愛.
5
%N
ω
I
t0
吋永
7
;
X
,
'
忠
5
1
偉
主J
広
z
7
:3
回 ぐイ合
~
/o
叫〉初公
p
h
c
d
eI /101'10L
t
ζも
のσ
)
1
.
f
vでーあるe
p
h
e
n
y
l
p
h
cSf
h
o1
li
C j
.
: 南i
;!
f
.
!
l射朱伴 I
'
J'
l
.
f
'~五J!J1P,加!: 1
1>"_致 V.
I、
、
J
;
. U)¥(.,神出の i
T
J
ゑl
志伝広
照射の場ふ 11
'
.
;
手
ず
る
。
α
C
l
d
)f
I
o
n
or
h
e
n
y
/
p
h,f COH)2{
活力ロロホルム/'2掃工広試料材く/-z;事訴レ ,!
Jt
J叫 /
1
1
ム)=対す:
?
J
:
f
J
!
J身
宇
p
h
o
s
p
h
i
n
i
c{
Jc
i
dヲ 告
〆
1
/
;
:
1
同
戸
俗 !'Om(} を み
ま
;
p
:占合作。
O
-146
標的化会物;f
h
3
P
5%%
イ
;
'
5
.
昆
I
I
.S
'
/
.
英管ずに真空封入 l, kURの低 s
a照 A
仕草 l
{(若井引生子
;
t=1
.
<
3XIO"m/c.
悦 矢 先C J ( - d
o
s
er
a
.
f
e := ?
千 XIOor
<
./h)で /
658
脊凶の目見肘正行・ 3つ作。 招封.柊 3
f
A
jイヒ単的主処:i!
正施す迄 1
<
1 (3"-5fJ)試科 i
f77 1
<l? t i
手私 li
2,
五周F
往庇吻の7]<拍 l
i幸正表- 1 τ
J 示す。 分 手 l
f
l
τ 酸t
,
0
2宮~~%
ATIliti--IBI--
制制限凶事・起将
ま
二I
す'
f
z 1;)け同7)f0) 場 必 l
z,日立射埼の温度差の劫 l.
6)
"
.
(
¥
1
げ温度
i
J1
)認 め ら れ る 。
7
]
(~昼、 If:呈瓦問主主主成 ~W .
J
)化 挙 時 l
d IP
C付
差是 J
す
,
) t の è~ ゑ b
l
J
. [hiJì" って f~;:昼間射 /7 o
'
" 1
.
.1
<
)
:I す く 包 < :
tt反向ドヤ勺 37% r
JI i
結 晶 lf7
:
'ι
1
1字
結や左記 1
壱さ'-1;
ι
τ る'!Jず;
ψ 品]併は Lτ 捕 1疋さI)l之あ、
*
8%
ヨ凶可
﹃
vZM可江
﹃
r 凶市UHC
可
32
江凶可04
n
リI 1
防泣(i畳程てい, イ
E場
:J
'
ii
も
,
差
[
jう《の
,マーバークロマトゲ‘ヲ 71 - C展 開 抑
戸 ア じ モ = ア ー 水 ) (;‘イト離~,
国ヨイ司 j
J
ークロマトゲ'ラA
cJ
f
え 5H1
..
9
.
1
1
-
rtJJI.;- 。1レ
~~ト離さ III τ
/
- 弘、みの放
射 能 強 震 ま 測 定 L柁。
t
主 知 抱 強 度d
ト手の l 例法国一 1lZ示す。 げ1
3
/
' の修道主
照射マf貯ノ 4
ト放射能強皮の約河野 /j 時=0,
6
¥ 5 向;QS
J
' Z か け に おd
i
'
nf
J獄;t (
$リ
,
t
J
.
目
。
P
h
P
H
.
o
H
0
30
,
考
緊
U
lt
r, -?~考結企三記 3 さ -lE -L "、
1
5
け
こ
D
:
t
:
Il...~。
t
:
小
t うる。
ま托
J
イ広過 1
:
:お
そn奇政キのす引いあり。
19..際社広吻の棺減,はキたも T
I
.
Pt
f
す温度/-::よ
拍創キ,
官却品富民
M
お初
( 哨 小 ) 晶E
か;トザ τ
l'
1:0 ぁ・よ-ft
" 0f/基ま持ヮ標的 fι~~前 τ・. 1
手
,
1
b 差ロあ手~ f;~1 Jつら
P
h,
fCOH)2
0
I
}
l tけ 。
p
h
,fU(.OH l
er
h
c
C
o
l
i
)虫の I
広混 R
目前
抑制ふゅ図正図
Lz訴す。
l
f
z場やの反!ド佐
d
トや凶のメイク}ヲ《叫/
筑間ま捗刀!す,忌依の噂類 νやア=ーリ~ 1
)
"等
1
0
"
f
)管う
or、~::~--..--_!:!_1
?Q2↓%引 ;
J
B
e
£内CL.
"
'
0
.
.
.
ー
ま
ム . 且 - , ,0
1
.
0
l
/
l
Uぃ。 国中, R
f
:
:
:
o'
¥
.
.
リ1
'2:がけ之の t
t
l
f
J
,
?
1
[
j
附 tH・
oH 7
"I
jI 32% の 五 勝 会 F
' ,"1
''
f
C1
.:・喜ふま仔立
つ工、¥る。
国f ヘ
,
V_j(_万Uマトヴラ A
l
亡あa=- '
)
J
i
X
.
.
i
r1
;
;主
t
:
: (..務枝'リ U 町長ヒ Æ え~ 7
I
t否
。 ぎ た 町 "0
.
3
へ併にが乃ての .
l
qt
/i
η3i
f
'
i
A
-1
'
J
. 7':I:ニ 1
1)事ま帯ヲ反勝
校成物 (
PhI
rCO/f)z,ph2PoH,同 o,fH(OH)也 ど ) 1
:
'あ 3
うc
工、¥ ~.
7
五
分k
時=0‘η i
I
t1J-の多< )";},水 12.抑街
それずいJ リ ジ の 官 公 体 k 周庄しう 3。耕化 lたリ G
t
j
車手必リょフ γ カ lレl
¥
J
,
志r
J, 浩之易 n 玖 e
r
,
するので'ノ
:
r
"'Q
明暗1J.-iト自むすま主左京さ
これ l
;
j ",-i
l ヅ ド'
1
5kF~' t
:
%z.られる。
1
0
1
!
J
,
務
企
毛 7r
:.
.
.
,
. 1νte符 号 マ
l)J:伽'~er. R
"
d
i
o
c
h
i問 .A
c
t
,
.
a1
2,
I
f
f
6(
I
'
l
(
,
C
fユ
幻B
u/
l
‘
c
h
e
m
.
S
c
c
・
J
b
.
f
1η,判 277?(1~67), 37.
ow
h
e
e
f
e
;
rR
.
a
d
i
Oc
h
i
l
l
f
,
f
k
t
'
<,
(
0
.t
3
3C
1
C
f6'
8
)
,
Z の及剤ド~pld 者!;.2 めイe
-147-
S
h:m:今 J
車、手グ照射ネットアトム化学工わ、サる相効果
3B-5
'
1
左
点
呼
)tf~ 大学原、手メア失験fJ'T
0 萄 lJ
¥
声旬走、中
1 締官
アシイチモン r
t令物のせ二 γ トアトム効果 lユづ、、て lずf!..々殺害セ;hイいるが、言(,三
教峯 tム喜夫ク高比放射自tRI の寺区i室ピク関連!~行、、 τ 、 5J-, 3 ナ l ニ注目 l L 、そ "
?
.
t
ミ
開トユよ 7 て生じる 5
b汁ヲ吠キを増加をせるニどを目的 y
: l 1 そタ相効果を検討(
た。 Sh.z O) 間体ヲ~跳ィじ手 11 M.目、ネす原氏 ν/) ,::.よフ1.#fえされて日参が、 iJ
/
1
.
に主るヒ 5
hS句吹キ 1ず 3へ 8 s'r:. 三れそ る。咲 A タ実験、話来主それ '<:1吉 明 L
U
値をす与左。 ユヲ吹キをタ Lz
": { 久 笠 く す る た 砂 、 間 体 dソヰ又4
5
4
X態!乞粗を変化号
《、 μ 竹 れ s
p
t
'
;
'
)~蓑反を h.3 元町を;創刊竹川 T 竹 崎
I~ お S 1
1
"
1
号考察日フいて検討
L: 免 措 来 を 報 宰 す れ
.2.実於古法
yーゲァト'c l
て l古 t~~ タ南北反sb~{)3 (
名
夜 7又 ?
t
7のを用、、夫。闘停照射ァ
場合入lすこれを JJ;'量円、 ~;:J J:-ナレンヒン F ます入口、 KV尺 ヲ ユ ユ ー マ チ '7 )
湖付崎(例性子末ぇ, 3x/0 '3 穴μ se ι) イ~~洞照射 l た。ょ花 t事〆郎、 I ぴ・
N H(~ ";;志揖{マ戸支濃度?ふえ
矧
千 1" l、原手グ級(実体弐1f )
]
、 Jザド 7イアイス埴皮件。代f
t
Ji肉体
払おう場 4
ト
ヒl
司祢. エ ユ -"
:
1
.
チ '
/
I
J
ι
身
す
ま
夫
婦 1"s-小問,@~t "1r-1 t ケフた。
照射吹けザド、~ ~ 5
b~ナヒ Sb 付。介離 lす、アユ f シえ吹樹前 (DðWe,x. 1x,
f,
5
7
J"'--/{){)初 ed)を用けて‘ /.S
-I
JHc
_
f
.
.
.
.
(5
b
'
十を海躍するすよ去を用りた唱
十
3
分 観 Lt
ヒ
ラb
'
cS
h付フヲ 7シヨンをそれそ・れ壊絡 Lτf究室 1::: し
‘ 1ヲ
G
J
〆λLe
非ア理仇 1(T
-f)シン今レーシヨ γ カ ケ サ -r
"
,
'
U
$
J
,~ o
..
it
4川 e7
T不トピつを
官j
え L l白川妓キ Eポ 拶 走 。
氷結 ~t、ト=っ、、て l官、 Iニ託 5んらを又 ,s------
t
)
,
3
'0
、結果
。 間体弐対/:;.つい t は沖淳氏以つ夜宮¥::.):、、 玖を見た。ニヲ古島令、緩和時
タ湯l
員ヲ影響F
夕方換を調べるため、淳子汐猛反 ι ド
ア 7ア イ ス 過 友 τ.
・9
S
1
3
r
片
付文キ比較聞す L1:-4" ,旬、人ぜそヲゑ 11~ めら札ながつえ。
o ;
.
之
体
部l
ニフ、;て ¥
1、売 7
3
要
ノ
支
を
安
ィι笠ぞ1: ~更射 L ゑ。れ話来l1 急行よ
7宇
'5
1
:
>
ヲ
ー
失i
験 idhlisV9L
民
和
、 100 向 く な フ 下 、 い リ わ が る 。
しずし
I
.
c
1
"
イ
金
¥
[L",あ、?、
ユ今 dも令 c;/:乙者(~t s
-148ー
J~ デフトヲ古文奇才 t与政ィヒ ,ð\'怠
ニヮイリる k芳えられる
a
寺ず糸砂jszPbEqj
葉月えを長ィじゴイマ照射 L免責暴令、 s
t
t
今伏キ i
変化 ¥
1国 1今気球作不すよ〉ヲ密イじをする。すな的多、;華 j
長山弘 ι行 れ
l
1
"f[ ~ ~{ラb 付ヲ fえキ \"0す押する A ぐ、 あE
E
教
Z
反以下て lまもヰザ官加モデ、--昆f
!
_
(均貯区) 1乞追っ・ <0 間 1ヲ
;
え
朱 i手同 1
4
?試キわがH
+t
J
O
3 :
a2.0勺ルI
f府 民 し
〈、ヲb
,. t
倣 I友化左手えi.[
l
i
?
月tlr
:4~トヲよクず τ ある〆、 ユ 引 い , J
E
ト5
1
,
;
産
f
及1"'" ;
h
'
、
、 τ5
h十ク '
1
.
文
字¥
1
:NH
4!(
ちを咋加 l1;:、寸ヲ 1" 対 Lて 4"-γ 〆南くケフ
o 氷1
2
5
気対日十、そ l、
官
七、ラボ"
τ
5b~室長 b\' ~‘ bO I)S- H
ofy)人 司 1
宮5
btt: ~~が・ :lS 民 u 、)-失棋を寺、
フゼ将、 $
1t!)l
i
事
放
を
.
免 (0‘00IHd)件奇づ、 こ れ 1亡 NH+N0
;
.
号
3 1
L 1. 、、~ o
i
.
i
安
こ
え
て わP し ~t ヲ1. 1互月ずした~イト今~系 E 周之,.守二 T
。 ニゥ場令、持加を
を搾す、吹キ市暗部す~ ~.ぐ、める J7たもよよ島都す B ヒ 4え号坊位ヲ曜を争咲陰À"
見うれ、売タ~和佳 \1.>ぞ吋 J .
2S
-1
.1 乞守る。 P人J:_qJヱヒ S、タタK.~~羽 1"- h'¥
1'
f
;s
T
守ホブトアトt¥.,初湖
1
ず之f
托及T・1ず待 r ラ)h'μdえられヲ.
〆
Kキ
本 1 ~花4卒、.~~身t 匹わ、げ?I $t抵
;
患
f
f
i
.
ヒヲb
け伐キ b 今関係
S
b
亜
c
.
o?
tι
.
Sh付
(
f
t
101
.
)
1
"、.....,....
.
S
J ト 、o
、¥
I
~-
""0.....、。‘¥
ミ
1EI¥¥
(1.)
、
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ヲ7
.3
H、
i
7
7
.s
-
、0、
E
J
'
?.
rI
~~. F
噌
万
一
、
円
、
。 oI
、
。o0 I
、
。 o"0I
'
(
r
e
f
.0
1
.
.
ft~
ー“
d
t
O
O
o
:
,'
o
D
o
1
001
o
;
o
r
--------o,‘1
O
m
t
e
n
t
r
4
.
t
i
o
n吋s
b
.
t
O
!門
(o
(
.
)
O
,
沼]1氷待杭什 E
亘
射1"
-
1
5
わゆが\好‘曲,~~
一一←- N
D
;3
}
t
Jロ
一ー+一一 E
来押容し
•
F
•
事
〉、
E
。
間ュ 7~~tf\f千蛭月す崎、
S
't
J
+
,
依
存 t~,%Jl03
L
わロそ k 弓
月
司4
手
¥
.
n
5
0
1
0
0
Cencentr~ti併\
1
5
0
)∞
l
S
O
o
fN
"
'
l
f
.
N
O
s 伊ν
"
し
)
-149ー
守A
幻 稀I
によ 3過場対絡今繍常設戸果
3B-6
音字ス槻すイ明 o~や~, I
銅
孝
幸四苦行
,
同的 bdc
.
.
o付税(::ね材1
争奪刃て得う帆鮮のじ仁験的I芯っさ, L ¥1
鴻儲官締槻粁どして旬、" )
寺 川 円 相 問 主 照 射 し い 、 ¥ι じ ( 比
,c主} J-It
玉
井
、t
コ
も 伝 う 反 映d科会本‘よザ真説3'I
l1
=
=ょぬきb
孟季最 yテウム中ヲ
過塩孝司安イオシヲ令脅与をま間 P ぺ仇~ .
at
:
.
.
, i
最長割分ン之 z ウQ 左拐粁とし言明
い R とき'" 1
4N _
()
¥
.I T
)I今(
_
I
J応 マ 反 梯 70ロトシみ‘よポ彦験号 3
- ltF主帆斗 1-:0.
l
三よ 3街安ゥ掬ォ務まず宰 5ど、ヒ tl-=-, q放射粉相沖訪問べ‘を札会ヲ令解手書・
本青をヰ食産ζし 札 . な あ " NH.,.~:忌 I-=- 史うれる主) '
=
, N~T イ方 γ 付待サ軍令桝1=対
亨 3 里守;~生などもま安釘 ~fT フ丸。
安駿照射過倉孝司安')ナウ h t R 1 d cで明寺向妻宅i:1
'
:
:
無
水1
こし九れを執‘
3
ζ
I
.
z
約 ピ し て 伺 い 仇 . 中4
主主照身刑事, KυRA
主主'K,声(啓》サ之戸:宮1'1¥¥1)勺足気専務に
送権/'{o
..3主乙開、、て行ヲ仇.
令骨平生六‘句ヲ定号令解金夜、今制定号ゆっぎ‘の占 J1
亡し之行ヲた..l
l
r
.
t
F
J
,
古
島
幸
司
安
ィ
オシぽ l
蜘 0
¥勺 7いタ川ごイオレツト予嘉夫ゎ穆ーアクワ角会桑t
rHE彦〉
/70 0吋
場l
主し生号U わ
とモ
γ
,11/)牧班長同~)M. μ1亡み・ ρ
ピシト=砂川之袖也し
j
.
.
.
.
.
潅幸ィオシ司え号民 20
胤
"'-0¥
ゅ支産主
今硝厳霊長寄与ヌミ I
=
-よ 3
徴華
骨位差希定て・行フVt..1
/~'Ïf1\島雪酸イオ v ぁ、よ -(F~言伝警務イオシヲ Æ-t (
d
'
,
I
AK
d
.
eY'
IRF
射訓ヰセ 03""'0¥コ時代7トケ
ウ何本濃ぁ,ょが 0.3"
"
'
0¥素酸水をナ十ケウ L,(
_
納
言
t
;
t
; 1,S )勺 5
長合三本主 ・
E
事
$enぅ吋三去りに手 C 之行フ(A."すなのう
1
併 Lr
lOh M lをι
畷予定飛で続考可愛{左差宥定を用、‘之 k
!
l最古島幸司安イオシ E生号し
ひきずプちを勾5
容
認
を 1"'- (
.t
; "'0 ¥木様作ナト yウム主意表ヒ向暖化才之ミウム{伐 l
(
0
) を 3-v ~肴/11:1へ主?と懸案識で唱を{左差靖定'k t
r
=¥,定号 L ~.長毒自費イ才〉は,
~告を酸イオ γ6' ~ /唱をイ才シ ;
,
Z
'
'
I
l
1
昼量破イ才ン 4・J;(i.・密室葦酸イオシ主主
し引い民{恥 h 号
じ L t:::。
移号 F
そり で得う4t...仇 bL/ C.礼, cJ.)3
1
1夜長今野身干時時ヒ吃恥吃'q.._ゥ令骨子
号ヒ勾 1
萄{寄主{司,::手しYt.., I
司
ゲ
ラ
, C.IOi
.)-ι¥-"7(...10';,- c
.1D - UJ1
"
量1ニ生向号
F
I
t
f
ベ
ま
t:t,J:生主照射今ざ u 舘 A 寄件(ノを J '.fr~虐ぁ・
主 t - ドライ1"1ヌ
三島,,)を j
とえ之行ヲ札」き"t(号。、戸空うれぷ j ;
:J
=
-, ζ ‘-lt.-~~
q)
長件 I=- ぁ、、.之=t';E-向-T'-:'け多イヒはなく/徒ヲ之ノ君沙尚早 t-::. よユ今栗 rC
}
"詰
ま勾安・h.
かうトさくなぷ三之が・ゆが〉に
向者は安裳 ~2 同行ヲ1i\..がミ勾局主~1 主は全《れ、フt.....
品L
.
i (比, cl) 勾五島 q 石拐を品料}ロよ与 J!J~忌-t由実! >
>
'
0
1 奇 y勺昭 4
呈線量 1奇
なれ九"
~九
-150ー
ロ:CIOよ,
喜入,@塩垂直~Y シモ=ウ
向唱 E二桝主主照射し"t1_l,..きヲ
考
委 E応 tま叩(¥-1.., f)'斗 C
8
:
・
9
1
1
:c.t-(.:ドライ阿ヌ唱者
Cl
O-
享応叩亭主先 7 D 十シあ'J:ぴ高
途中4
主主(-=-よ 3待
す
すt
'tc
f
.)
;~ ~7'r
虚し林約f
制ヌキ之官巧札。宅
のとさ 1
"
2
.
為
、
サ ANHJイ 方 シ
間 ~ !~é d.給会 1-= 6.i令静
表 事 場dね押さけ期害事抄キ
G
rC
仁1
) 4
-(
(
'
I
o
j
) ~(ζ10ζ) G
r((..(0-)
L-iιIO~
0
.
3
8
2
.
3
.
&
".
2
.
﹀九仲断ヤ:弓
,
・
CIO;
'ct却 み
。
:
yvs
を宇
f: 拍 手7
k
,
2
.
'
<
照 射 日 寺 南 ( 恥i川
-U
十
。
。
ι が
仏
円、応レ
~
ザ
<
<
dl
鼻骨・
A
n ェ令﹁﹄'﹂ 4v'hp-フ
引券遇併よ
初 SM
申"
礼町寸
正
、
J
(ιθ
j
'12
.
LH ・・同+容す今
h
u
R.
勺 ゆ 引 いι
'持表
h.'hoi-fノ タ ム ﹁ と /
﹄﹄靖'性 z
v
こ骨一早、少すの
0
d
、
旬
・
U M 白崎幻ザ腕い紛訂
- - I Y砕かを 肘作
﹀
1削
d.
:
1
6
到
h'
ま
')川崎
1
tNW
山向
九
宮
九一
之@
し五
Z
、
に
唱。
し
島宇1-7
=τ'v
J
u
プ
、
z k忠
宏芳
A
一
、 壬
m
-
ぅ私
,
崎
、
。
円
口
町
一
向
dz
m
l応
三
T
i
f
、7 z
・
ιAvh
V
、 手
2
寸
品
フ bl
‘
E
.
、
~・ 04・ lf
(
)
.
O之
.
(
/
.
全壊を行フらか:ァドタド対れ互助fn・
P トγ ゆ
今彰警が、丈~ 'J:~賃制をヰ
-;::ピ左皇、‘虫し私。
さう 1zr 退場号t~震V&.'"
オ
<
1T-η
1
=J
;
‘
ザ J伺 持 な
tJ: Yも水幻付文相軍備手
で包じ、ドラカ ν のか票が‘ーメ義過通費量ィォ γ の令解 I-::.J~(幻 t ヲヒヰ在先し長e
1) T
.A V\Å c....se~ H.E
. t-1Ad se~} AYllA.I
.
ι
heJ胤 γ 担 r将 仁 川 6幻 .
川 島 .c
.
.80yaI T.Er. W o..t"a,
J
'r・) :
r
.l
'
ly
S
.乙he
.
m'
lI
u
.
, 3111J (
/
<
1
'判 .
I
r
-151
(
F
,
e
.
3B-7
(h
e
_
.
)
パM
.
¥
_t糸めメス J:'"ウ了一久々 7トν
J
N~}.'1- '
P
}
L
大
主
主
。
訴 ω末広
3
る
!
:
Jt
_三
I
i
鴻本!f-沢
1
-0
'入すつも非芽拍車ーよら 3淳、ポイJr~ヒずし々易及、}­
I
t
'
i 内 索 、 き の も つ 捌 事 変 的 性 質 ι 従 司 て ぜ れ ぞ れ 勺 持 3 ぷ κ hJ'ゆす右。L.かも務 3
安ー胡 η
λ託尋11
¥ l'ン均支 J
ゑ
1
.
- ~_ ,
V '
:
1
"
(
' - 句、小'J " {.ょう花トら A 祐吉、宮、わく秒力守的毛主阜1
'
v
.tたヮて~忌1 ~ rγ11ノ
ト
砲
乙1 "
"
ト (ぬ
, NA,
)f,
(,
f
i
.
Q~,,)S 車 仏 つ い て 11 R、仇止
c
1
w
)らが' 格 f容 止 ,
t
;
f'
I ?材事し1:-).隼的ている<>' 持ラ長、); A
t<号!イ% ;
/'"階l
η 旬噴しく
J れ斗句作冷物 i亡 \L1ト早急~
っ、、
L
1
'
&
丑日内り、 l
'f
j
:ぃ。
(実、号令〉
(&,門性)2.l
' ~ \~
J
信者二マン
7
' 1レ 以
間的約五且あ~
,
1
) -Q_釘 λ
し、
K
1000
7れるエうv.: .?_伺。、く材砕し司
f勇
三
エ1
8 l告の~斜 'e
i
ま
予
700 p し
ら'"
f
;
f
0
ιT
?!C I
'
.
e
. ~門札訓材不也 {r )
'
-冷
oVv
R
ιし て
fl"毒
i
平勺&(." ~.人 fオ凶巧 F
7
(
10 'ι1" Zsキ
*
')
W
¥~'!LfÞ 熱\
1
:
'
~崎.3ß 芥(",
(
1
)
k
a
C
d;判
ニネ勾マ民叶", J
札 a 尚也
i
前
中
l
、
ぶ円品れぽい同
J
を} J
、(1) 句
主
f
生i
i~
~
¥えあ‘い
1
1}
ト
1
iIえめ》町[~ ,
1_.k手会}ゑv._
1
・
白域 1
1
; I~
j
:
'
,{
'
:
.0
元義〉
::..r-ららぬぬ中に
局主ぶ
する,
(
え
,
1
"
1
"
,
)
ュ
l
'~
~告 3 表、(め q ぢ 11'" ;
1
ト
激 1・
1
"・ ι
F 考まち'" ;
1
,
ゑ 3長 , ハ 的 介 λ
'
1 1
イヰ花司 b九司、吸収イた欽 b也、
k
l レの品~;fff(" ,
[
;
'
ρ
1 らにか扶L- (e
議品、子守[玄によ')行ヲ
u信愛
lF
tIN
i
.
).
.
t
1
、中長。
〆 1 パヤア戸手々クト
裂が広いわ内ヒし
f
'
_
_
1
.
札þ:-あU
で 、 作 件 胡 4守 f
よ? (
く
。
生合え'1- ~,容し@.:ftí \~ よ'& "
- (tiL,
N~ ,
)_
:
vI
J t)t- r
r
.1
邑悉 f
守 t あ 3 伺¥
b且ぁ~
シ e 'l~1!々\
I
;
t
:
k晶表 1 ~品去五品エ袴あリ・託れら芭ð''Íi
(17 {
"
:1
,
:
写{t.菅吾r1e...,~
ち媛、(今 lく 物 静 寄 る 官 乙 r 1 1)
リ
y ノ易} ,<よヲl.
d}
i
‘
(1)I(L)
M〆LJルιP4丈 lぺ l司書札,~を
ン 1環 3 司 f千~.ß絹~司 7ゑiJl_'riJ:.くv:. f
i
止をする
e
終寄与 l
i
), C)~ヒ仇, M 俳号車き《絡事訴、八角注Ni 1:角的('( (
工
、
内正予ぽ均'al-方略的手術
奇~ ¥
,
_
'{
1
:
t
s
i
0
;
'
J
&I
L 可I>
( 厄 ル)
2'p券 τl お い ,
.
t~主可.
t
1
'
U
:
' リム帆d,vvザ
~,ι 凡下\ð-
/;(00'し
1
'
"
_ 1
1
'
t
.
1
ち
え
J
ら札七。図的
~(ð;;jゑ 3 返(\) 1
0
df ら 件 ‘
k
~吋 t 1",(,)亡向 1
)十l
込f
〉
乙
O
乙
に
示
q
o
o
'
1 '1.ヰ 4理T 寄 'I$.J.~
5
!
i
.く 長 羽 し 1 い る 。 レ
f
)
_
L ( Fí,ι~;_.) 2.'P
Fe
.t
l L
を1
: ~を~ j?, ω\'. 多く !t~ 砕する a
時間的手作し1. :
:
V‘
tιl
主予勺.1i和町多│卒、 I
土事: {
I
ビ ¥1 匙ら
久
hNι l
' ,~
q 、、,ニ恥ら
η
I100・
C I~
ごとから
t
:
; ß守 [email protected]\ 加脇~ ¥
.
.
こ れ ら 《 々 准1同i
t
:
.
冷
.
r
o1
:
' 示、い1: 1主将~ ~主同今メ主各?な b 内た換え j~' 句え伶 iじ工品 lレギ‘ーが・犬吉丈、執
-152
主目ゲ fエリ~,、為 7~与 K (j らがいヒ者:_:f狭~えj
函l.Q
勺
y
'
a
n
'
lo
fk
.
zpG
r
J
s
:
f
o
.
fS
あt仰 は 匙 う ば い パ む ら 日 。
/
.
r
一歩
r"
'九 u) 官e(2-) 0¥ i
'1 ソ"( - シ 7 11
O
.
'67
札ヴ~
(
;
:
;
.
ト
o
f
げ
,
ザ ト 是 非 ) 1引 d m
説
明
言 Lて い e瓜〆
t
~)千主 WÁ
.
/
i
合一@一@一一@
弘一O ,
@
/
/φ
/一¥ / /
干し
d~刊
勺 7 一司、う偽(-:. {在~わこ仇こヒヒ r 拡 l Z
o
、
}
'
I
J0
C
;OO"
cIこあγナる手i
街等五紘
、│ 01
/
/
@
ぷi
j
令
/~へ
x
l(/
ん
り
/
、
0
.
5
'
山
,
吋
三
芝
@
q
F
申
~
00k
:
:
:
.
10
0
.
5
、
。O
X
F
包々L M1
(
F
(
.ル)
λ
p 1
,
;
<
D
J
トさくぶつ
.
1
q
{ 1>ニ<7¥)り買い荻してい
ゐ A で嘉祐高久ト、本会主長、(今"1 Z二
( l
草丈 3
す告、るがイii
'
[
司
ゐ
t
.
, f
;i..ノられる〆. 〆ス/,'
F
e
(1
)c
=o,
1
[email protected] F
e
(
2
) (::.Jえ
@ P
(
I
) c=込
PU.) C=o,l
l
f
l
l
1 1まこ17¥ '1現 r~
N;" 事 3 司久~
は , 十 3d ) イ ー
@-・-~一一一@
•
;
)
,
"
2
'
糾叱れO
.
民
(
F
.
ε,1
J
i
.
.
)
;
zP
系
-153ー
F
e-V二7
7
Jι
v
二C
r
)f
ゑV
1
1
凡系のメスノぐみアー
3B-8
スへ。クト 1レ
(丸太短) o~ι~jf) 古TlG 糸魚,
主村格チ
鉄色々r.r ω ちい・ろ《三ー究J 員立念 J帥~ll6 k物主 i 'í:- )
, . を勾払虫丸長イ仏
ス
イ
7 トルのま i
じk
Q)
l'Al砕を銅べ
端本主押か乱モ持品のら司的
F
"
.
.
-V-T~ , F~'【 V-(x,
F
ー
ムv
M
.
.
.司 三 つ 丹 J
i
:
_ち i
皐)/-..侠のを包/主
の占L~島町-t'泌をま、 L (<.戸、卓司試料も 7
弘
、
、 t
<
.
で ld.
k
t
L
メ1.. )
¥ 11ー
する。ネ対尭
し. 1
也 の Z維
D
古ぅt
入ヒエ長寿と
念品同 ι
{々4
初 lま だ の 占 う r
j
_
ー
を
此
,,
<
.G.'る.J. ;
'r
:
.
.ι
J庄司 J c、&),色
主主主並々~ 1
.
.
‘ イ
弘
f
f
:
.1,レ-j.'γ~I 自主でア - J拡 吃 L てぜる敬 L tI
t k.
干
し
。 仏
。 門
。
.
。
l
i
l
.
o1
ん伊門。 ω
s
(M~ T
.
<
.)c
x)門札 )
日
<
.
1
.
01
ふ
る
.
5M
.
.'
1
ム
巨1
.
.¥
ん
お
け
グ
‘ 15
R
.
10 L
ゐl' 門o.fo
F
f
-I
・
0
ν0.7 パ
ム
"
。
h
.,
.
o 1
ん5
5
M件 s
f
i,
.
ν。
。
ト
1
<
.0
部i
争i主 持 却 し 作 O
'
C'
C 3日 l
明1
7
;
:
!
. -リ/' i¥
て 利良 iく l
司
、
, (
二ρ
判定。
訴iX
;j-扮ネ,;1メ J
鉱函昨1: .
J ス ハ ウ ァ -1
.
7ト,v効i
ι もf
jぱ, (:.メス
パヲア
久 ぺ 7ト '
Vぱ 事h 試料 :
1つ.' 1 払停を柔革A_q' ら !
JO
(
)・ レ 主 て 司 j
6
¥1
、主主皮宅金 ιて 刺 え l r
:
.
.
誤判例調嘆し
ヲ
0
^
r
J
お 1 t月表. でず J うが T 試料~ I
下マ r
:
.t
主勾アニ- '
1
γ プ勺:k1J*-とみ b (~めに
‘デユ- '
) )-プの時アI
t
lr
.
を L(て 夙 1
重5
衣
料 lて 4 ν、てメスパーウア スベクト ν
j 色
け
貴
lr
<
く ヒ ミ ろ . 了ユ
リ ゾ 7 " ) '"吹下 '[-"1立 久 バ 7 干 lVが
芳 l.
< í'" 時ーヂ I~ t
,
f
. ヴ('.1/'
み~ b s M 勾
季
五l
i
¥-1;" l:Iあま・j をうじがみらJ^-.f
,
rA)司令(-:.0 そこで
メ4
弘前町も.メス
n
t
n
7♂ ス ペ ア 干 Fレ t _
;
,
日
M
¥1 ユー 1
' Y J tれ 弘 幸i
{",ついて
f
J
.
'" r
二
。
メミ買え曲折のお J
手
,t三つ司.5'-,のイじふ拘みほ吸収e:' - J 1-:' 急 説 的 す ι。、み
)'み
J
ι
官官 品 も 生 成 し て
ν
、るよ
t がめjJ' Q
•
}r
<
-品
1
9、
}1
1 it
,也;t,
Fれ . 旬
)~ )"ジヤふ内有少、
F
e
.
ー
す
ー
五
五
7
:
:1
1A会主え曇t..n'‘パアジウム裁グ '
<
r
.
レえ趨 7
二する傾向以あっ司処のユつ司正、で I
d説-y ~ },;)傾向氏みるニヒがわかマ(-:..0
メ ス バ ウ y - ヌ イ フ ト 7νη 卦j
え4
長男二 (
l 々 l\U~ {~ユトロフo 11/ 0/ "}下の執吠キ γ
.
1
1i
l
LI二吸収ヒ J 色 も フ シング lレtJ - 7 テ F フ ,V~. - J '
<
.(
,
正
ヲ
{
:
.
. !k平c.町~、
I
ti
也叩去っの手 l
く 段 乙 ベ て 吸 収 キ ヮ Jイ
臨
と
こι
(;tこの系"J ?~Æ詮坊が藤長レみ梨舟 Ah
ち わ っ た め で わ る k 秀んうれる。 i
L
-ず,け汎釆て{ま川崎司金 4
をが増大言ゐヒ名 1
:哉欧 A
1
1
1~ -Ji'づ 久 イ ヴ 干 )V司1fうが減雑 K ぽる. :'~Il ダブ JレV
J- ?マゲ "7 7
" IVI
t
7勺をも〔フv:. J:ゐむのヒ 1
5
-れu--.--る。
て百三方よも土 r うえ方
t
i
jJ
r
.1
: 去の,)
•
0 _
-154-
巨
L
・V
T
.
.
.A
:
:弘 之 主 紛 の メ ス Jく
そ7 7 - ;
.
.
へ
・ 7ト .
v
め
l
,
:
t
乱
伊'
J
1 4
集崎小 j
"
"
G つ 勺 叫 と 間 よ レ ( < .10 最初今エーイ手
)
:
:
.
.=
/
γ グ.
v& - 7 でめるが、
:ヒ(ん
U クい仏_t.C,)ヒ
司
伎のユ伊 1
が少発L
¥
'
L ている乙¥:.. ~声乙メなわ吃るピ
げ"7
f
t.壬つめピー I
v'
1
:
.
声 I./ (',方
メト説 1
" ~な
ぐよぃ。ての
ー
ー
ー
吾
、
く
土
、
色
、
_
.
.
.
.
y
入
、
十
、
司
、
.
.
.
.
.
.
.『 、_
.
.
.
.
.
、
、-"
"
一
、
、
、
、
、
'
ノ
¥、
、 、 、・
,〆
一
¥、
、/
"
'
ぺ
、
r
、、
、
.'
、、、
,
A
¥ 八 ,
、
h
、、
,"
、、
,"
_J
、
、
.
,
,
'
‘
、
、,
ミ〉は fo iJ1: 訂頭ぬ都新も n ぽラ(~}~采主主
事 t元
:tて み る 。 問 事i<.
1
に
[
亡
P
つめt_
o
お晶司主み l 三工七、勾治 J/-ト組勺巳~ " I
-
7I色
'
<
市
i(-:.l~ 品格、也 L 、 11 '
!く件革正方つ乙ヰ童のみえ│
1
:
' 占るもの¥:. t井乙ゆトゐ。 L 、
ゐ L ~司丘イ
τ令-1;
鴻
久
1
:
.~も{二えんのげ " j 氏~ヤ)が
b
ζ ヒから う奏活ら i主令久的比佐 1-:"l
!
d
.令指"
Q
I
でき
青島今要なる L稼 今 も 勺 が み る 』 j
母
んr
:
-.向
1~
{
ι
.)1:拘 1" 万11' z
功 Z
ン庖まド t
a i.
r
.
.
.
4 サ{ tがあるもの k角乙らよる,
{'色丹t:勺
以主
、
d
ρ
-155
一 、 ー 一 . . - .
.
・
ー
ー
_
・
干
、
ー、
‘ 、、
、 、今
、,
.. ー
_
,
,
;
;
,
,
・h
a
E
、‘
‘
・
一、
,一 ,
・、
、
ー,
、
、 ,,
、
、
、
.
¥、、
f
~ '-、,{"
/.
/
、
I
、、
、"
¥汗、
J
、、旬"盲、〆"
司・
I
.' •.
:m-9
台 l玄」トエ q 校舎梨京都'b、>)~を広ず奇枝分裂宮 内坊
(芳夫宇 3ガ
)
橋三ト哲氏
包
含
;
;
:
~,玄ξト1ふどの鮮総符モ検念事長与 L r 司叶族令都;待針仏 (
f
i
'
,
s
5
i
肌
7臥 .
a
.
J
x
.
)初
白τ 令ぢ<IDかう行 M われ t 、む〆君~4.~予見えt哲』ぐ)'0.... 1) 乙ん l~教令裂玄 FX物 tfÀ千
動 1: I
刻1 rご併l発ぽニれ矛 E、行が砂~'1:'‘(J. 11\.,ニ~ :
1
宮
占 ιtt 、手‘:.f)核分裂解
協法 ot ll.ñ~ d 州、ゆ的研究 l;
j1i
!
. t c
夜吻官 庁管狗1t司令ヲテぞれわれて
おう
校脅すイビ歩の会貯さ~ k";'弘斡凶作(有 うれと以 f
れ、しとめ f
也,)直恥枝令俊
2
勾 5・4
市
民
,
玖 Lよ l担悼みれゐ d
p
t
E
2
5復帰勾 I
o
tc'
I
"
'
I
. 手Fあ
寝教 m も
り ιめよう ω
財著作吟拘正 j
的手練生活 (i.i~?えすちに lま,ÃÓ1私当えし 1実体面りだ \J t~ ょ
うt
JJ
'-)
"
‘γ ト
をf
f2争三」がよ凶難 r~ r
=
-:}:.があプられよそフ・
/
f京
事
(
.
-¥
q
:
:
'
" 命令み E 綾
i,洛 k レ 亡 明 仏 核会裂、t%片吻バ妨げ否校生が司~ r
J
i
i
.
再
飛
部
,
¥
長
月
笹 E唱し 夕
、
つP
)-1J~百・~.,壬も~ f: 執粁 E イ戸弘可右下ど I~ 守 lt~ι
E 恥芝
宇多 );Ff宮、~f 中 J -1
'
'
ソ│戸川下裂も有吟ヴク 心
街1
:
f
也l
羽
‘ Kラ、ソ歩 .;
5
ゑ
d司サ 2指定いく話番呆 t~号h ナ‘ C鞭:脅すすい汁斜粁似ついて有千年創1 画初 ιpφ
}
扮
1
7
)~(RJ昇arf 1i 行1~ω ,: ~0ß.~聖子線_'f K れし とくる物従事降、均 E件
,
t
t
t
9
汗帯たま河合!. C
ト c同
声乙レ 同昨1< 合 l安-8J:'~油正;t l手 í~ 微鏡7よどr!'観摩れことに
Z り 使節勾持管ゃ.併を3
号令れ身動屯制ぺゐ 1ιE 目的1:. v伝 1f
<
.:
:
.
民
除
手
投
処常在泡し Z乙台}玄サえか何不安今号民1
'1"険吻が告忠実{r;も詞べ,-K
.
ガ7
1
¥:
令官与エ K 門戸 l.i j存均身キモ符ラ~ t
'
) l~ 秩令者~Jヲ智色樹脂零脹 κ 投入 f もうツ
ガーポもるf
r
1
i
i
.
'
1
< 併と茅ヲッ1) - 誌 に お 1:事衿拘守 l三ウラン五 ;t~ 入 f 争私的、
• 1
1I~ 融ウラヨ 1レ五捧ゃ、すわ五少-:ふちれ ζ いにが; 来持ゆ Iて誌も
マ~ f;~隊ケヲヨ lレ易 ιl守党ノ生少:' 1
t
)
り
・
タ
を lC枝今場l勃れ
主主夕、し=む,. ~ t
1
'
回
裏t
tぁ'1<. ウ
ラ
.
.
.Iレダパンゾ、 4ル
メ
ア
ン oi
?~ l
d帯符ケヲン,tf停然・帯域悲楳Id各易 ltB
,
争 す
も
二
ヒ lてす1ß ・レ、 :::h~ キJ I
有ν
?“プットキh
震
をf
fも.,. ~tニ
しK " 1
i
j幌
、7
.
I,:: }レ~ 1
:タラ餅除手豹えにジパ V 7・
;
jI
レノ?
シーア念れ持労色けd えと計~ 61
L
<1-: 調 ~r~ て侍私輯勺
づ
:
;
;
:1レジ、六、?ヅイ lレメ?シも 7J~ )
')
!
.
-J
. -J
レ持?たかう島氏お
レw合吟 4 一史ご 駒!敏工チ){.., ," ì各政し (~11"I'mt 犯格
t1~) ユト戸側隊t-I
レ白川,久秒系を琢かし=サ" :0今蒋え
l'
;
1
ι
1
5
6ー
内ー勾~ 7
}
<血よ!亡森下 1も ウラン t~f.乏を信奇 L 存料職七 lし b -叉各候も{ト
ド・ 1く命 P4 ん 1ギ非牒獄、平すも向 /..fc此 q 自怠Ii'r-(' 可〈、、じり乾燥 1'_~ れ L をね
やわぜてヤラ沙問1~司ヂfι (., i
c
.
.o 合奪三十 :
2
-0 者
l{を れ も い 詳
しν
.K
'
リR
4 員込者八(
d
.
7~, /内向照射レ下 際、財佐官有料q 鈴、'~A1~g_ ~五時粂マ也意'V-め \~~.r
r
'GI I同校まし,モの 4 ち件、Mllf料、*f,~ク" :
< Ir'
t
負1
プ
サ
6
d
e
.
C
-(,. !
昨向担J1r
fl-~も
多売件の系街化 lぎ件r
l
fI
官
!
障
に
声
軍
事5
わか吋川《嬉モ来" ÞI~ 1" f
.
fr~ ~世
φ 御陵 z サレ )ð叫~Jf.2 向 (
#
l1
:/(
1
/
'
1
'
)
五
月
厳 O?ftJ
b2
.(
2
1 C
!
J2:う f
ク
シ
)
;
為1
とが家政タ'
J
p
?
t
i
l
d告拠í~ ?年魂 rf <1l放射健司効 i支 Lτ 、{町 z 手ル~...... -綿 f~(ι ,l.dþ I
<
.
e
VH
)1~. .2 ω,
!
手 l
レ
し払
午、戸 ~r%
"
i
'
d
'
l
微鏡 t善
良
寧
)f)cι 司令とおj 平安土曜 a 申 u 伺吟 l亡命 l安身長《待路亀向持ぉ F 仏、、XI与~
L μ.
お年:
4
号機句母 rt )メ 9vウムプ沖 (1
fd.・~~唱恥r-, 1 千ル↑,哨収手工作 f 9
宇
.
勺
五 ケヲタルベ〉ソ,.1]
レ
メ
?
ν
,
?xIÞ-~作らよ~~阪-e..
γ
D-〆スド /
o
''
r
1
"
,
J
1
¥
/
呼
械ι
サル格言免許司 ;
'
F r~?薄緑 3 不'~<þ' ~得fe. /
l
J
.~ vc り岬手守司~エ "f ~JII/Cイでめ
り ~1 Mt
/
.
メ
ん 4孝
芝 τ1 拘苔しぜい正 絹降る川,文中 4 枝令保庁司俊野炉、 μ バZ
1
患 t i) 志、色 E 湾乙rK. l"l'手刑事わロス l宮/~以下~.ム~ :
:
.~実験 K 討し τ 軒両
定e
'1~も偽争んに
毒採れ勺う〉〆令 111下核少製~溺 4 線事 IC ;. )
1鈎
代、収〆
pω 11
f
'ぅb
小 ゐ Z う句、 F
ヲ,岩城桝 z侍z い包 従
前
・1盤危内 I
bら
("1'1秩会場静野・ 5
り各穆処理推す,~母長生~ ~棋な生~Lf txlト局員し喝 "1/ 日手事ょう ~J 少、〉ぞヌぺ 7
8
- I
ト1/
.
,
.
長 j '
l
A
"c
{
'
I
L
;
r
叫
手5
県掛かう 1
1
/
&• i
<t 研併 ιケLレアラ 7シ Q ;y怜 (1';Ii宮
中
併勤客 p‘ふり‘ 7
.
.
.
rít 和幸福良処 ff 我 t~ !~1五分私生時拘示、 1-v.:合 l玄4トかう叫 '"3c. "W
余
, ;~士し Z い呑明か‘わ昔、ち.
ニふう t de に J
各袴俗r
f魂 1
:
:r
1
';
各
企 L 及核今匁主
Tk 妨げHI)(~花) e綿花 1
>
'J ぴ・命!を-óf~錆為~釘恥そ長シ m 弗&長イヒ車内 2 (
:
:
:
章
子 エ
例 l
司令う 7,,' ?ç::)~を隣処理司 2 l
i
l.
Bq プ
ラ 1ra )
' [:::fs? ゃ多く It員会松宮~-均〆義
弘事'a eIがれ、十 ごれ t手足考鈎搬を主千ぞ痕跡、が~a:. ~ )
c 安之つ勺為§昨 r 拘若
しt いも. むの':. e tぎ~~挽生 DI ~tl'" 守可 t
、、 uプ
ッ i
eコド幸厳拠 l
fi1やえがナ今策時・
幻
命
事 t
.~ ,¥ '
t (すり‘?it.~急入〆あゐ z とをす~ ~ t v..句
方
言
字
、
処T
聖
t
.f
.
:釘
粁 If
h、
、
1
. \手、急危7 処fT戒中(::惑を急事も扶令税玄除恥 t1~~ メ・争拡 '1 、 刈 : : ~ lâ-'必~
u 治以下 F めも乞色丹:51).‘ Ji俳鈴観察で~雷、 11"短4 時,ぞい~ ~ ~ -紋'~ c.以弘
前
t
!
!せ
F
'l
I
4
"
A
.~
ザ
r
;
;
-同
ーー
マ
付s叫為yì n-.,iiatiol'l吾t~yl
言I
t
" _
.
.
.
Ac品位
1
:1
' HI
(0
3
~
l
:
' 1
fr ~
@
圏i
E
m
-157-
ブ4 刈~~替の暴雨楚厄奇攻J 1
3B-I0
1
3(
'
n
.0{)Li 反応、 iて主方アンモニア水 tJ'G の b ドラジ、ン(/)í~
J
(微?に・工)
0 ~llJネきム勝
視?r
r
i
t
.
晶
'
1I
義明
緒 ち j 1,
f
ゾ
:
:
1,
{
t
;
1
手11i 核反応;で生/)'K:
r
:
;
+I
レT
にき有劾 1
,
:
4
t
:
J
学
反
示
、l
¥
t
1
摘す方こヒ E~ 的 t す布もの 1" 品九.す rJ わち,核紙斜端唄 ~A~場マトリッ 71に
い~~ト五五局、 3 洲ず I '1/料開、射す為ニヒ 1{J
:
'
ヲτ
宝 じ た 鵡I
t媒活断川
づ I
I
l
OM J
以上のエ主 hレ
ず!
K
抑/jJA'{;穿マトソヅ 7 ス I,~文治こ色"よフてイ L
き及品、ずま怠dす事.-ガ, ζ 止tうの友応・の対象'er
!兎必lf.マトソックス b し1
1立
。及換え荷、の系がち<{司いう tれ t あ~ ,手乱r
:l.まず,室乗鴎史反応、/じドラゾシイト'
P
¥
及
品
、
ゐ
,
J
:t
〆室乗ーメタシ不才、うのシアンイ叫ζ象令'T'<友応、時芯、が久札?要ば友 j
誌、装皇
E 晴、、 1 行ザわれt ぃ屯 .J 方 J 叙 I~ ずのこの穆の府'.!fu 1
1
,
}
,
J
.
府L
嘉誠厨)で今 J
実
、験例主札布ごとがで♂均 l
く
す3
"
T
Jρ. きた 71 ~/え.4t'iまの将?款の l ヲ乙レて,
毛
の LE
.i(1 1J"~~字減の- 4.f告耗!lの事のが期待で♂勾1'1.ピ,イ伽放射維の場4
ト
ヒ応事長日伴机 l~ ん向、正義しく晶、、路孝 f滑る ζ とがτマ為.
主人所![r~ ,肝 t者i験よ二の読書付千万、うイぱマトリツ 7 ヌ~ t しτ,
;
r N
H
3-H
)
.
Oゑ E丞ぽ,
時代萩煤科拘官主*符マ古均前段7
菅也レ 1
1ンヨ与会了水'Q'$のヒドラジン主戒 l之
磁l
す万 1
ヂ内祝射線のあ準ぉ kば島〈札以)Li.え応、今れ傘!てウリ T 総会 ~1f11 ヲ R:.
索、検 j '
f
'
陪手拡財 1
1y';K}.ま専が(凶 R
)仇見丘若 .
ff
1
t
.-Z 1.λ 5)(IO~rßr)
先t"'z.
7
t;tf()IS 弘 4 [ec);
およ 0:傾斜思射説J(5
/
.
ωず 必f).
tx,,~& r/
I
.
.
r ~;=< }
.
f
r
/
O
必
今;
;
"
"
V
e
ι
)_
r(
司
l
,
¥(
c
. よれらの♂、財'
JI
J11 炉内 f 、維が'~þ~哲 Iご大♂いため .5F、対時間 5
1
色 村 V ( 似)及応、ゆ貯の射ふけくす~ý.:め主 1 , f
3~じ約習の考 (,01的介
ぷJ
5
'/fI/)~ピ) :
E,
1ぇ"K.百イ白令均" Iす アン':f..:;:,了米 (
.
21
%)代可:み1'[~砂川悦
岬t",~ f
l
J
- ""そが仇B~μr& t
"eI
有ぃ?と。ま K {08(-n,υ171..-.'及氏、 1J~ ~今 NH{Jk ヘ勾吸
I
I
・
J
I
p
I
収織を i本(化瓜)角、う瓦町~~手のもつ ~.JjH~V~ エ茅 JV干、ーがアン毛エユ 7水{\ I
Q/
l
、
外吸はさ川もの'(, v
t計革レ九宅 d
しらの唯 U
始時五 /0"'01 SJ{)ZZ,
eV
'
$
.て
没
u ドラデ γ の収キ b 唯取得雪也の閉 i手五銅ヘ、.た.試科(.(3イ仏b令均入リ T ン毛 ~r
水(臼
λ '8"7メ~) ι
1ルレ} L~蜂革射 β
ピ、 νl戸之入れ, 何
I
ロ
0
σ
'
寸3礼 凧H
同2町
]
嘉
i
'
空
室
下τ
射〈ωg同尤幻)み主 ω ドライアイ丈,盆逼凌控貨財す (f凡弘レFム.2~ レ托丸,笠成じザヲず〉 tホ
.旦射
h
々
=1
A
科
1
ftドテイアイス?酌受 f,
'
V/ ~射殺"
'
r
fーグが』レ r~ノA'" V^~ ア Jレf" t の
の
す
也
喚耐え々庁主訊,~ちすB え/分;t勤Il陥(ヲ皮ゑ ft 5
"
?
巧I
.
l
) 't史憂した e ぬおよ~. H
t
大分有 r
t質管タ材蕗ず行フト
結案砂川、岩容.i 凍~ ~f 何方娩?繰 f, t今 T
ν る多ア才(.{以外 J方、 SヒPラ
デソのま ~I~ , 帯益虫肘ィrJ"J芯 ;, 9)111 /1(的水,ドライ"1 4 文ラ雇え 3E実?で J1;l/. t/JI.々
-158ー
r
__J"~. '7た。ド、 71 r イス盆茂~財-t" 1
1GIJG 手泉ヒ比較レ t
f
l
戸内紋射後今彩牟r
大
3ムふうわれ J t
y
営蕗 't宅a¥_,令のお果 1害少ぜかフ 1
丸
日
イL
小物 iT
l収録壁ヒの凋イゑ i f
3
(
1
(
,sJL
i
.
・の手先魂 b レtら砕ハI
/
kB
乃 /NH4sF
t
I
為よ1):'~B H
今
E
.I
哲人性収合長重げ維の争時 z
骨
・u
τ 10旬、 ,
$1
0
;
'
;
:
:i
γま了、動μ
尺持要l~ f
事
,1
,
,
:
=
r
,
1
"
・ e
;
./
t
合 偽t
m1:'舟1I1f(場合:--, ):;ドアザシ (}1 M
待 1す
よ
ヌf
02
/
e
i
f
'
"
τ
¥
1 でJ.線的 1 之棺抑レたれぷ lo~eγ 民主ず l す戒少し示。ぐの場ふのま~\:;.ドラワ
ン }~ηJまを1j(í}怯1f't 手、、州 ~I sc
匁ぷ jμ及品 て
‘k
有1
71
恥
メ γト
のi
重j
勤
エ
;本 IV~" -1T"、 N I1~官、~ NHz フゾカ Iレ主づく有,~ :
t
J、 oM
タ1
1
1
かB
f
J1]¥ tN
1
7
企
'
7;
)
'
芳
fνずf報レ r これ炉、加減的役射 E す市~~えうれ為。 NH,ゆ f訟のよ J r
t$011'0o
.
c
J
s
l 干 'U究i患財 I て s っ τ 業停 T ン毛ユアか手ヒドヲゾ γ が、生~1 均及品、 l\ I苫j
b
j
容レ可
、、也、、う取市ずA勾1}'¥',守作写虫色射 l ミ Z 均乙 fí~‘ f のようす,f((局柱があ') 1
3(71ft
)
.
)μ
附叶簿 r潟、めら~1) 0 A
且レJ 1;:..ドラジ、ゾ以量 l
本ゐ特胤1
3
(
31,
;
$有 村 弘
員ノ弘句。 ν、
力 υ &J.III"/./;也 IiJ弓今場令 .rXIO~ ",'γÞX よず U~苧ず舟1にすカの fす生成 '1Mら
5推定のがわJl't,'<..も t て昆 lζ 伊僻えたも 1主lI!手d1..有 K~ ずあろう~ 1
I
H
t
;
.sf
<
“今場小1
之
l
手
, J
象量の台 P戒の kめ援射崎夙 i
芯
ー
え 1ミレ 1JTぃτノちイ巴令物の量五変先屯包
有 ~'(t~島氏じドヲヲ γ の収寺:r~ム館長特!て増加す竹'\ I [司ぴ日策定で、ば忠良射時間
忘予習しもも下ドヲザ γ
の淑キ l
下帯さ t
I声
、
コ
r
.
:
.
C
x
H
f
N
I
も8
円
これらのごピカ、わ
N
H
4
8
昆 (1
0l
I
l
i
n
.胤 j
N
K
t句
作 l苛日の及寄按力
NH
<
!
&
作 (40附乱闘.)
NQ
.B
H4
支1
1I
¥勺
手;
.
l
l
以上ずは
M
>
I
I
︹
e当48fz匂¥自主}1-HZ
れち.
。民@&・
物~IJすも令。 1,1C; えら
50
1
0
0
情。
~~ìtìve
t
回
,
l
I
J
O
74 γj
0
Oose 収 1
Pig
.1
1Q
'
B
(
n,
o
t)'Li-radio1ysis of am即 nia so1ution (28%)
Dose-dependence of the N~HA-concentration
obtained
2
4
withC_H~NH_BP_.
H
.
B
F.
2
-"
5
"2
-3
'N
4
4or NaBH. as born source.
( Irradiated at• S1
,ant' of KUR.
,at room temp. )
-159ー
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
64
File Size
3 627 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content