close

Enter

Log in using OpenID

Business Report

embedDownload
Business Report
第50期 年 次 報 告 書
2013.4.1
▶▶
2014.3.31
株主の皆様へ
Top Message
ごあいさつ
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
当社は、おかげさまで本年4月に創立50周年を迎えることができました。こ
れもひとえに皆様からのご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
さて、当社第50期(平成25年4月1日から平成26年3月31日まで)が平成
26年3月31日をもって終了しましたので、その営業の概況についてご報告申し
上げます。
当連結会計年度は、国内では、雇用・所得環境の改善を背景に個人消費は底
堅く推移し、年度末にかけては耐久消費財に加えて日用品でも消費税率引き上
げ前の駆け込み需要が本格化しました。公共投資も復興需要や緊急経済対策の
効果から高い伸びが続きました。海外では、米国において自動車販売や住宅投
資が高水準で推移し改善基調が続きましたが、財政問題や進まぬ雇用環境の改
善が課題となり、欧州ではゆるやかな回復基調が続くなか内需も持ち直し、回
代表取締役会長(写真左)
代表取締役社長(写真右)
復の裾野も広がりつつありますが、南欧諸国では失業問題が依然深刻となって
います。また、中国を始めとする新興国では経済成長率の伸びに減速傾向がみ
られました。
この様な状況のなか、当企業集団は、デジタル化が推進される国内市場に向けて陸上業務用デジタル無線通信機器等の提
案を進めるとともに、新しい操作性を提案したアマチュア用無線通信機器の新製品を投入し、また海外市場に対して、成長
が続くアジア市場の販路拡充に努め、無線通信のデジタル化、システム化を製品開発、販売の両面から推進しました。
これらの結果、当連結会計年度の売上高は262億8千3百万円と、前年同期に比べ4億3千1百万円(1.7%増)の増収と
なりました。営業利益は試験研究費を含む販売費及び一般管理費が増加しましたが22億5百万円と前年同期に比べ2千7百
万円(1.3%増)の増益となり、為替差益の減少から経常利益は28億7千2百万円と前年同期に比べ2億8千4百万円(9.0%
減)の減益、子会社の事務所移転に伴う固定資産売却益を計上し当期純利益は22億3千7百万円と前年同期に比べ9百万円
(0.4%増)の増益となりました。
1
品目別の状況は、次のとおりであります。
〔アマチュア用無線通信機器〕
デジタル標準方式(D-STAR)に対応し、2波同時受信機能や位置情報自動応答機能を搭載した携帯
型無線機や、直感的な操作を可能にするタッチパネル採用の車載型無線機が、国内外の市場で好評を
得たことにより堅調に推移し、売上高は為替の円安影響もあり前年同期比30.6%の増収となりました。
〔陸上業務用無線通信機器〕
国内市場では、デジタル無線機への移行が進み、官公需が増加したことにより堅調に推移しました。海外市場では、米国
において財政問題が引き続き影響し低迷したものの、アジア地域では販路拡充が奏功して堅調に推移し、他の地域において
も為替の円安影響もあり増収となりましたが、品目全体としての売上高は国内売上における前連結会計年度で発生しました
特需の反動があり、前年同期比では13.4%の減収となりました。
〔海上用無線通信機器〕
通話録音機能を搭載しクラス最上級の防水性能をもつVHF帯無線機を市場
に投入し、主力市場の米国で景気回復とともに需要の復調がみられたことか
ら、売上高は為替の円安影響もあり前年同期比20.1%の増収となりました。
〔ネットワーク機器〕
無線LANアクセスポイントのカバーエリアを範囲とした無線機での通信を実現するシステムを投入し新しい市場を開拓す
るとともに、病院やホテルの客室向け、カーディーラー向けの業務用アクセスポイント等の売り上げが伸びましたことか
ら、前年同期比12.8%の増収となりました。
IP Advanced Radio System
■品目別売上高
ネットワーク機器
1,103百万円
4.2%
その他
6,664百万円
25.4%
アマチュア用無線通信機器
3,944百万円
15.0%
26,283百万円
株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご理
解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
海上用無線通信機器
2,521百万円
9.6%
陸上業務用無線通信機器
12,048百万円
45.8%
2
財務ハイライト
(連結)
売上高
Financial Highlights
(単位:百万円)
営業利益
(単位:百万円)
2,500
30,000
25,000 23,640
2,177 2,205
25,851 26,283
22,539
23,582
経常利益
(単位:百万円)
3,500
3,156
2,872
3,000
2,000
2,500
20,000
1,500
1,307
2,000
15,000
730
10,000
500
5,000
1,000
430
713
860
500
0
0
第46期 第47期 第48期 第49期 第50期
第46期 第47期 第48期 第49期 第50期
当期純利益
(単位:百万円)
2,500
2,228 2,237
1株当たり当期純利益
(単位:円)
180
150.37 151.02
120
1,500
1,095
1,000
436
230
90
0
30
73.94
従業員数
1,097
(単位:名)
1,057 1,047 1,056 1,070
1,000
600
400
29.44
15.55
0
第46期 第47期 第48期 第49期 第50期
第46期 第47期 第48期 第49期 第50期
800
60
500
0
1,200
150
2,000
3
1,526
1,500
1,000
200
0
第46期 第47期 第48期 第49期 第50期
第46期 第47期 第48期 第49期 第50期
商品紹介
■
Our Products
陸上業務用無線通信機器
■
海上用無線通信機器
次代を見据えたアナログ/デジタルデュアルモード機、米国
規格のデジタル方式APCO25、超ナローバンド技術を活かし
たIDAS(アイダス)シリーズなど、国内外において業務用無
線機のデジタル化を強力に推進しています。
高い機能性、デザイン性、
パフォーマンスが高く評価
されています。
<海外向け>
IC-M506
■
IDASシリーズ
〈NXDN/dPMR〉
IC-M92D
アマチュア用無線通信機器
IC-7100
アマチュア無線の世界で
も、開発力と技術力を活
かし、デジタル化の促進、
IPネットワークの活用など、
常に革新的な新製品やシス
テムを提案し続けています。
ID-51
ID-5100
※D-STARは一般社団法人日本アマチュア無線連盟の登録商標です。
■
IC-F9511T
IC-F9011T
ネットワーク機器
IP Advanced Radio System
<国内向け>
IP100FS
IC-DU5505CN
〈IPネットワーク対応〉
IC-DPR3
IC-DU65C
無線通信のデジタル化に
ともない激変する市場環
境に適応すべく、多種多
様なネットワーク関連製
品を開発しています。
IP100H
IP1000C
AP-80M
4
連結財務諸表
Consolidated Financial Data
連結貸借対照表(要旨)
科 目
単位:百万円
当連結会計年度 前連結会計年度
平成26年3月31日現在 平成25年3月31日現在
■資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形及び売掛金
商品及び製品
仕掛品
原材料及び貯蔵品
繰延税金資産
その他
貸倒引当金
固定資産
有形固定資産
無形固定資産
投資その他の資産
資産合計
5
科 目
当連結会計年度 前連結会計年度
平成26年3月31日現在 平成25年3月31日現在
■負債の部
42,941
41,676
30,662
26,046
4,311
6,893
3,104
79
2,802
3,303
80
2,454
552
591
1,461
2,334
△32
△27
13,516
7,920
63
13,189
7,664
138
5,532
5,386
56,457
54,866
流動負債
3,568
4,221
買掛金
1,187
1,075
未払金
660
445
未払法人税等
423
911
賞与引当金
447
450
57
47
0
―
製品保証引当金
繰延税金負債
その他
固定負債
繰延税金負債
退職給付引当金
791
1,290
1,498
1,539
191
22
―
876
退職給付に係る負債
649
―
その他
657
641
5,067
5,761
50,787
49,068
負債合計
■純資産の部
株主資本
7,081
7,081
資本剰余金
10,449
10,449
利益剰余金
33,360
31,641
△102
△102
資本金
自己株式
その他の包括利益累計額
602
36
△34
△48
為替換算調整勘定
432
84
退職給付に係る調整累計額
204
―
純資産合計
51,390
49,105
負債純資産合計
56,457
54,866
その他有価証券評価差額金
連結損益計算書(要旨)
科 目
売上高
売上原価
売上総利益
販売費及び一般管理費
営業利益
営業外収益
受取利息
受取配当金
投資有価証券売却益
為替差益
補助金収入
その他
営業外費用
売上割引
その他
経常利益
特別利益
固定資産売却益
特別損失
固定資産売却損
固定資産除却損
単位:百万円
当連結会計年度 前連結会計年度
平成25年4月 1 日から 平成24年4月 1 日から
平成26年3月31日まで 平成25年3月31日まで
科 目
単位:百万円
当連結会計年度 前連結会計年度
平成25年4月 1 日から 平成24年4月 1 日から
平成26年3月31日まで 平成25年3月31日まで
26,283
25,851
営業活動によるキャッシュ・フロー
5,077
△281
14,761
15,134
投資活動によるキャッシュ・フロー
△1,158
△1,671
11,521
10,717
9,316
8,540
財務活動によるキャッシュ・フロー
△ 518
△296
2,205
2,177
現金及び現金同等物に係る換算差額
241
335
885
1,194
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
3,641
△1,913
223
221
現金及び現金同等物の期首残高
23,778
25,692
5
13
現金及び現金同等物の期末残高
27,419
23,778
12
3
497
792
6
7
139
155
218
214
165
155
52
59
2,872
3,156
499
57
499
57
2
2
0
―
2
2
3,369
3,211
法人税、住民税及び事業税
929
1,186
法人税等調整額
202
△203
少数株主損益調整前当期純利益
2,237
2,228
当期純利益
2,237
2,228
税金等調整前当期純利益
連結キャッシュ・フロー計算書(要旨)
6
個別財務諸表
Financial Data
貸借対照表
(要旨)
科 目
単位:百万円
前 期
当 期
平成26年3月31日現在 平成25年3月31日現在
■資産の部
32,579
31,581
固定資産
12,332
12,208
有形固定資産
6,058
6,104
無形固定資産
52
127
6,221
5,976
44,912
43,790
流動負債
2,939
3,146
固定負債
1,238
1,189
負債合計
4,177
4,335
資産合計
科 目
売上高
流動資産
投資その他の資産
損益計算書(要旨)
単位:百万円
前 期
当 期
平成25年4月 1 日から 平成24年4月 1 日から
平成26年3月31日まで 平成25年3月31日まで
22,572
22,442
14,016
14,488
8,556
7,954
6,537
6,221
2,019
1,732
営業外収益
792
1,089
営業外費用
183
181
経常利益
2,629
2,640
特別利益
―
2
特別損失
0
2
2,628
2,641
774
895
69
△110
1,784
1,856
売上原価
売上総利益
販売費及び一般管理費
営業利益
■負債の部
■純資産の部
株主資本
40,768
39,502
7,081
7,081
資本剰余金
10,449
10,449
利益剰余金
23,341
22,075
自己株式
△102
△102
評価・換算差額等
△34
△48
△34
△48
純資産合計
40,734
39,454
負債純資産合計
44,912
43,790
資本金
その他有価証券評価差額金
7
税引前当期純利益
法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額
当期純利益
株式の状況(平成26年3月31日現在)
Stock Information
■発行可能株式総数
34,000,000株
■発行済株式の総数
14,850,000株
■株 主 数
■所有者別株式分布状況
31名
6,057名
87名
■大 株 主
株 主 名
持 株 数
千株
井
上
徳
18名
121名
5,800名
株主数
6,057名
発行済株式総数に
対する持株数の割合
%
造
1,868
12.58
ステートストリートバンク
アンドトラストカンパニー
1,668
11.23
ギ ガ パ レ ス 株 式 会 社
1,472
9.91
公益財団法人アイコム
電子通信工学振興財団
1,000
6.73
ジェーピーモルガンチェース
バ ン ク 3 8 5 1 7 4
915
6.16
株 式 会 社JVCケ ン ウ ッ ド
445
3.00
日本トラスティ・サービス
信託銀行株式会社(信託口)
353
2.38
明治安田生命保険相互会社
326
2.19
日本マスタートラスト信託
銀 行 株 式 会 社( 信 託 口 )
289
1.95
株式会社三菱東京UFJ銀行
243
1.64
4,350,629株
4,775,457株
20,904株
■個人その他
■金融機関
■その他法人
■金融商品取引業者
■外国法人等
株式数
14,850,000株
2,569,750株
3,133,260株
■所有株数別株式分布状況(単元株のみ)
45名
41名
404名
167名
10名
29名
5,243名
株主数
5,939名
98,800株
601,200株
■1単元以上
■5単元以上
■10単元以上
■50単元以上
■100単元以上
■500単元以上
■1,000単元以上
675,900株
276,500株
989,400株
株式数
14,841,000株
709,400株
11,489,800株
8
会社情報
Corporate Data
会社概要
(平成26年3月31日現在)
社名
アイコム株式会社
英文社名
ICOM INCORPORATED
設立
昭和39年7月16日
資本金
70億8,122万円
発行済株式総数
14,850,000株
従業員数
単体
624名
連結 1,070名
主要な事業所
本社
(大阪市平野区)
営業所 ●北海道
(札幌市)
●仙台
●東京
(東京都中央区)
●名古屋 ●大阪
●広島 ●四国
(高松市)
●九州
(福岡市)
平野事業所
(大阪市平野区)
加美事業所
(大阪市平野区)
加美東事業所
(大阪市平野区)
加美南事業所
(大阪市平野区)
東京事業所
(東京都中央区)
ならやま研究所
(奈良市)
9
子会社 和歌山アイコム株式会社
(本社:和歌山県有田郡)
アイコム情報機器株式会社
(本社:大阪市浪速区)
Icom America, Inc.
(本社:アメリカ)
Icom (Europe) GmbH
(本社:ドイツ)
Icom (Australia) Pty., Ltd.
(本社:オーストラリア)
Icom Spain, S.L.
(本社:スペイン)
役員・執行役員
取締役会長(代表取締役)
井上徳造
取締役社長(代表取締役)
福井 勉
常務取締役
小川伸郎
取締役
清水洋司
取締役
小路山憲一
取締役
吉澤晴幸
監査役(常勤)
大野健治
監査役
梅本 弘
監査役
杉本勝徳
執行役員
播磨正隆
執行役員
中岡洋詞
執行役員
辻内多佳志
執行役員
松尾信一
執行役員
田邉重良
執行役員
箭野佳照
Asia Icom Inc.
(本社:台湾)
Icom America License Holding LLC
(本社:アメリカ)
ICOM CANADA HOLDINGS INC.
(本社:カナダ)
ICOM DO BRASIL
RADIOCOMUNICACAO LTDA.
(本社:ブラジル)
株主メモ
Stockholder Information
単元株式数
100株
事業年度
4月1日~翌年3月31日
基準日
期末配当
毎年3月31日
中間配当
毎年9月30日
定時株主総会
株主名簿管理人
特別口座の口座管理機関
毎年6月
三菱UFJ信託銀行株式会社
三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
同 連絡先
〒541-8502 大阪市中央区伏見町三丁目6番3号
電話:0120-094-777(通話料無料)
上場証券取引所
(コード番号:6820)
東京証券取引所市場第一部
電子公告により行う
公告掲載URL http://www.icom.co.jp/
公告の方法
(ただし、電子公告によることができない事故、その他のや
むを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に公告致し
ます。
)
<株式に関するお手続きについて>
1. 株主様の住所変更、単元未満株式の買取り・買増し請求その他の各種お手続きにつき
ましては、原則、口座を開設されている口座管理機関(証券会社等)で承ることとな
っております。口座を開設されている証券会社等にお問い合わせ下さい。株主名簿管
理人(三菱UFJ信託銀行)ではお取り扱いできませんのでご注意下さい。
2. 特別口座に記録された株式に関する各種お手続きにつきましては、三菱UFJ信託銀行
が口座管理機関となっておりますので、上記特別口座の口座管理機関(三菱UFJ信託
銀行)にお問い合わせ下さい。なお、三菱UFJ信託銀行全国各支店にてもお取り次ぎ
致します。
3. 未受領の配当金につきましては、三菱UFJ信託銀行本支店でお支払い致します。
当社では配当金の振込口座に「ゆうちょ銀行貯金口座」をご指定頂けます。
振込口座のご変更または新たに振込みによる配当金のお受取りを希望される場合は、ご
利用の証券会社までお申し出下さい。なお、特別口座に記録された株式をお持ちの場合
は、口座管理機関である上記の三菱UFJ信託銀行株式会社にてお手続き下さい。
10
〒547-0003 大阪市平野区加美南1-1-32 http://www.icom.co.jp/
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
22
File Size
704 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content