close

Enter

Log in using OpenID

小樽市消防本部の組織に関する規則

embedDownload
○小樽市消防本部の組織に関する規則
制
定 昭和45年10月5日規則第60号
最近改正 平成21年3月31日規則第33号
(目的)
第1条 この規則は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第10条第2項の規定に基づき、小
樽市消防本部(以下「本部」という。)の組織について定めることを目的とする。
(課及び係の設置)
第2条 本部に次の課及び係を置く。
総務課
警防課
警防係、救急救助係、通信指令第1係、通信指令第2係、通信指令第3係
予防課
予防係、調査係、保安指導係
(職員)
第3条 本部に消防長を、課に課長を、係に係長を置く。
2 本部に本部次長(以下「次長」という。
)、副参事及び主幹を、課に主査を置くことができる。
3 係を置かない課及び係に必要な職員を置く。
(グループの設置等)
第4条 係を置かない課においては、その事務を効率的に処理するため、必要に応じてグループ(課
の分掌事務の一部を共同で処理するための職員の集合体をいう。以下同じ。)を置くことができる。
2 グループの分掌事務及びグループに所属する職員は、課長が定める。
3 課長は、
グループの分掌事務及びグループに所属する職員を定め、又はこれらを変更したときは、
速やかに、その内容を消防長に報告するものとする。ただし、グループの事務分掌の変更又はグルー
プに所属する職員の変更が一時的なものである場合は、この限りでない。
(職員の職務)
第5条 消防長は、消防事務を統括し、部下職員を指揮監督する。
2 次長は、消防長を補佐し、本部の職員を指揮監督する。
3 副参事は、上司の命を受けて、その処理すべきものとされた事務を掌理し、これに従事する職員
を指揮監督する。
4 課長は、上司の命を受けて、所管事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。
5 主幹は、上司の命を受けて、その処理すべきものとされた事務を掌理し、これに従事する職員を
指揮監督する。
6 係長は、上司の命を受けて所管事務を掌理する。
7 主査は、上司の命を受けてその処理すべきものとされた事務を掌理する。
8 第3条第3項に規定する職員は、上司の命を受けてその所管事務に従事する。
(職務代理)
第6条 消防長に事故があるとき又は消防長が欠けたときは、次長がその職務を代理する。
(総務課の事務)
第7条 総務課の分掌事務は、次のとおりとする。
⑴ 儀式及び交際についてのこと。
⑵ 褒賞及び表彰についてのこと。
⑶ 例規及び重要文書についてのこと。
⑷ 職員の人事及び給与についてのこと。
⑸ 消防統計及び消防情報についてのこと。
⑹ 職員及び消防協力者の公務災害についてのこと。
⑺ 職員の福利厚生及び衛生管理についてのこと。
⑻ 北海道都市職員共済組合についてのこと。
⑼ 全国消防長会についてのこと。
⑽ 文書の収受及び発送並びに完結文書の保存についてのこと。
- 1 13-1-2 消防本部の組織に関する規則
⑾ 公印、事務引継及び事務報告についてのこと。
⑿ 庁舎内の取締りについてのこと。
⒀ 消防団についてのこと。
⒁ 消防手数料についてのこと。
⒂ 予算及び決算についてのこと。
⒃ 財産の管理についてのこと。
⒄ 経理についてのこと。
⒅ 物品の購入、出納及び保管についてのこと。
⒆ 他課に属しないこと。
(警防課の事務)
第8条 警防課各係の分掌事務は、次のとおりとする。
警防係
⑴ 消防力及び装備の整備計画についてのこと。
⑵ 消防相互応援協定についてのこと。
⑶ 火災その他の災害の防御計画についてのこと。
⑷ 火災の記録についてのこと。
⑸ 災害等(火災を除く。)の報告及び記録についてのこと。
⑹ 水利の整備及び維持管理についてのこと。
⑺ 火災警報についてのこと。
⑻ 消防車等の整備及び管理についてのこと。
⑼ 機械器具の整備及び管理についてのこと。
⑽ 消防車等の修理についてのこと。
⑾ 整備工場についてのこと。
⑿ 課内他係に属しないこと。
救急救助係
⑴ 救急及び救助の運用に係る基本計画についてのこと。
⑵ 救急及び救助の企画及び指導についてのこと。
⑶ 救急及び救助の装備についてのこと。
⑷ 救急及び救助の報告及び記録についてのこと。
⑸ 救急証明についてのこと。
⑹ 応急手当の普及及び啓発についてのこと。
通信指令第1係、通信指令第2係及び通信指令第3係
⑴ 通信施設の維持管理についてのこと。
⑵ 通信機器の操作についてのこと。
⑶ 災害現場との通信連絡についてのこと。
⑷ 出動等指令業務についてのこと。
⑸ 気象情報についてのこと。
(予防課の事務)
第9条 予防課各係の分掌事務は、次のとおりとする。
予防係
⑴ 災害予防の普及及び啓発についてのこと。
⑵ 防火対象物の実態把握についてのこと。
⑶ 消防用設備の点検結果報告についてのこと。
⑷ 防火相談についてのこと。
⑸ 防火管理者等の指導についてのこと。
⑹ 自衛消防隊その他防火団体の育成指導についてのこと。
⑺ 防火対象物の特例認定についてのこと。
⑻ 課内他係に属しないこと。
調査係
⑴ 火災の原因及び損害の調査(小樽市消防署で行うものを除く。)についてのこと。
- 2 13-1-2 消防本部の組織に関する規則
⑵ り災証明についてのこと。
⑶ 建築物の確認の同意等についてのこと。
⑷ 消防用設備等の設置指導及び検査についてのこと。
⑸ 火災についての統計及び報告についてのこと。
保安指導係
⑴ 危険物施設等の許可、認可、承認及び届出についてのこと。
⑵ 危険物施設等の査察及び訓練指導についてのこと。
⑶ 危険物災害の原因調査についてのこと。
⑷ 指定防火対象物及び危険物施設の違反処理についてのこと。
⑸ 液化石油ガスの貯蔵等の届出についてのこと。
⑹ 液化石油ガス施設の査察指導についてのこと。
⑺ 小樽市火災予防条例(昭和48年小樽市条例第34号)による届出(小樽市消防手数料に係る
ものに限る。
)についてのこと。
⑻ 指定防火対象物の査察及び訓練指導についてのこと。
⑼ 自衛消防隊の訓練指導についてのこと。
⑽ 指定防火対象物の査察計画についてのこと。
⑾ 防火対象物の特例認定検査についてのこと。
(各係共通の事務)
第10条 前3条に掲げる分掌事務のほか、各係(予防課調査係を除く。)は、火災その他の災害の警
戒及び防ぎょについての事務をつかさどる。
(委任)
第11条 この規則の施行に関し必要な事項は、消防長が定める。
付 則
1 この規則は、公布の日から施行する。
2 小樽市消防本部の設置名称及び組織に関する規則(昭和25年規則第9号)は、廃止する。
付
則(昭47.9.18規則50)
付
則(昭49.4.1規則20)
付
則(昭49.8.31規則48)
付
則(昭51.7.1規則67)
付
則(昭52.4.23規則23)
付
則(昭54.6.1規則23)
付
則(昭60.4.1規則22)
付
則(平3.6.10規則37)
附
則(平5.4.8規則37)
附
則(平6.4.8規則29)
附
則(平7.3.31規則32)
附
則(平12.3.31規則82)
附
則(平14.3.29規則33)
附
則(平15.6.4規則54)
附
則(平18.3.31規則32)
附
則(平18.9.26規則62)
附
則(平19.8.10規則65)
附 則(平21.3.31規則33)
この規則は、平成21年4月1日から施行する。
- 3 13-1-2 消防本部の組織に関する規則
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
70
File Size
152 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content