close

Enter

Log in using OpenID

PDFダウンロード - Austrade

embedDownload
真空管集熱型太陽熱温水器
企業プロファイル
Apricusは、極めて効率のいい真空集熱管式太陽熱温水シス
テムの製造と販売を行うグローバル企業で、現在30ヶ国以
上で販売を行い、4大陸それぞれにオフィスを構えている。
Apricus社の太陽熱応用機器は温水、空間ヒーティング、工
業用温水それに空調にまでも使用することが可能で、家庭用
のみならず商業用途も含め幅広く利用されている。Apricus
太陽熱集熱器を1台設置するだけで200本以上の植林をする
のと同じ量の二酸化炭素を削減することができる。
Apricusは、経済性があるだけでなく環境にもいい最高品質
の製品を設計・製造そして世界市場で販売している。最も効
率がいい太陽熱温水器を手軽に入手可能な価格で提供すべく
常に研究開発を行っている。真空集熱管技術を応用した当社
の太陽熱温水器はフラット・パネル式に比べ効率がよく、設
定されている保証期間は市場でも最も長期のものとなってい
る。また評価の高いサプライヤー各社と協力して製品に最高
の品質を持つ部品部材のみが確実に使用されるよう常に注意
を払っている。
ビジネス・レビュー・ウィークリィ誌では専門家で構成され
る審査員による豪州企業評価を実施しているが、2012 年の
この評価で Apricus 社はオーストラリアで最も革新的は企業
の第 21 位にランクされた。同時に一般投票による「私が選
ぶ企業」では第1位に選ばれている。ビジネス・レビュー・
ウィークリィ誌の会員専用オンラインサイトでは Apricus 社
CEO クリス・テイラーへのインタビューの詳細を紹介して
いる。
オーストラリアは Apricus 社にとって最も成功を収めている
太陽熱温水器市場で。オーストラリア国内真空集熱管式太陽
熱温水器市場において 80%超のシェアを誇っており、家庭
用太陽熱温水器全体を対象とした場合でも 20%近くのシェ
アを保持している。
技術と能力
Apricusソーラー集熱管は最新の太陽熱応用技術を代表する
ものである。これは真空集熱管にヒートパイプとグラスウー
ル断熱材とを組み合わせることで生み出される高機能な利点
を活用した効率の高い太陽熱応用システムである。Apricus
ソーラーが設計・製造そして保証するApricus製品はオース
トラリアのみならず国際的な関連基準をすべて満たしており、
家庭用・商業用を問わず、すべての応用面でその高い太陽熱
変換能力を発揮するよう設計されている。太陽熱エネルギー
を吸収し温水づくりのための熱に変換することが真空集熱管
技術で可能になっている。Apricus社の集熱管は信頼性と効
率が高い「ダブル・ガラス管」構造になっており、真空集熱
管はそれぞれ2本の極めて高い強度のほうけい酸ガラスのガ
ラス管でできている。外側のガラス管は光の反射をできるだ
け抑え、光線が透過するよう透明になっており、また内側の
管には特別に選び抜かれたコーティング(AL-N/ALによるも
の)が施してあり、このコーティングは、太陽放射熱の吸収
性に極めて優れていること、および光反射性が最低限に抑え
られることを特徴としている。2本のガラス管の最上部は製
造時融着してあり、管を高温下に置きながら2層のガラス間
にある空気をポンプで取り除く。この空気の「排出」により
オーストラリア貿易促進庁
真空状態が生み出されており、これは真空集熱管の性能を発
揮させる上で大切な要素となっている。システムを構成する
要素は集熱管、ポンプ、コントローラそして貯水タンクであ
る。部品はすべて試運転やテストを行い、購入したシステム
が信頼できるだけでなく、何世代にもわたる使用に耐えるだ
けの投資であったという安心を消費者に与えるもととなって
いる。
企業の背景
Apricus社は過去4年にわたり毎年200%を超える成長を遂げ
てきた。その間当社の販売先は20社から2000社に増加し、
販売エリアも全豪州に拡大しました。ニュー・サウス・ウェ
ールズ州で創業した当社は現在メルボルン、ブリスベン、ア
デレード、パースの各都市にオフィスと倉庫を構えるに至っ
ています。
国際プロジェクト
カナダ

メドウ・パーク・スポーツ&レクリエーション・センタ
ー、ウィスラー

サイモン・フレーザー大学、バンクーバー

ブリティッシュ・コロンビア大学、バンクーバー
オーストラリア国内プロジェクト

マルーブラ・サーフ・ライフ・セービング・クラブ
[email protected] | www.austrade.gov.au/Japan
本文書の情報の受取人はその内容の使用にあたり、その正確性、権利などについては事前に独自で確認することをお勧めします。内容に出てくる各団
体の連絡先や概要について事例としてのみの目的で使用されるべきで、その団体の印象付けや後援をするものではありません。ゆえにオーストレード
は本文書の情報と内容に起因するいかなる責任、損失に関与するものではありません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
174 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content