close

Enter

Log in using OpenID

排水管更生工事に「抗菌」機能を付与 真空吸引力を利用した吸引式

embedDownload
が
ほ
と
ん
ど
で
メ
ン
テ
ナ
ン
管
の
給
水
管
を
用
い
る
こ
と
る

現
在
で
は
塩
ビ
の
樹
脂
用
水
を
使
う
こ
と
が
で
き
こ
と
に
よ
り
安
心
し
た
生
活
ん
と
メ
ン
テ
ナ
ン
ス
を
行
う
ら
な
い
存
在
で
あ
り

き
ち
な
い
給
水
管
は
な
く
て
は
な
た
め
に
欠
か
す
こ
と
の
で
き
で
は
﹁
ク
レ
フ
ロ
ス
﹂
を
用
そ
う
し
た
事
態
を
防
ぐ
た
る
要
因
に
な
る

り

腐
食
や
サ
ビ
が
発
生
す
ン
グ
鋼
管
が
使
わ
れ
て
お
管

あ
る
い
は
塩
ビ
ラ
イ
ニ
建
物
の
給
水
管
の
多
く
は
鉄

年
以
上
前
に
施
工
さ
れ
た
電
気
防
錆
法
と
ク
レ
ハ
環
境
言
え
ま
す

当
社
で
は
こ
の
確
か
な
実
績
の
あ
る
工
法
と
方
法
で
あ
り

歴
史
も
古
く
止
め
る
最
も
基
本
的
な
防
食
流
を
流
す
こ
と
に
よ
り
錆
を
錆
び
て
い
る
鉄
に
微
弱
な
電
の
取
替
え
を
行
う
よ
り
も
格
る こ 配 よ に し 配 い 装 し
工  と 線 り 設  線 て 置 金
事
が が  置 給 経 は に 具
費
で で 給 し 湯 路 配 配 を
と
き き 水 て 室 を 管 線 取
し
 管 い な
経  り
る 電 に く ど 事 路 専 付
て
よ 流 く  の 前 に 有 け
も
う を ま こ 給 に 応 部 て

に 通 な れ 水 調 じ に 電
配
管
な す く に 管 査 た お 源
電
気
防
錆
法
で

法
と
は
い
わ
ゆ
る
き 抑 を れ 線 な に
﹁ る え ほ た 電 電 挿
線  る ぼ 配 極 流 入
電
こ 1 管 が を し
極
と 0 の 挿 供 
防
が 0 腐 入 給 微
食
で % 食 さ  弱
の
電
極
を
配
管
内
久
性
の
高
い
線
状
る

同
工
法
は
耐
工
事
を
行

て
い
い
た
線
電
極
防
食
法
の
施
工
通
し

各
ポ
イ
ン
ト
に
引
出
部
へ
の
給
水
管
に
線
電
極
を
槽

そ
こ
か
ら
繋
が
る
共
用
用
部
の
受
水
槽
か
ら
高
架
水
施
工
方
法
と
し
て
は

共
氏
は
話
す

東
京
事
業
部
長
の
植
村
真
生
だ
い
て
お
り
ま
す
﹂
と
同
社
く
の
建
物
に
活
用
し
て
い
た
を
使

た
施
工
を
行
い

多

化
繊
維
︶
を
用
い
た
不
溶
維
と
し
て
E
T
F
E
︵
4
フ
・
保
護
の
た
め
の
網
状
の
繊
イ
リ
ジ
ウ
ム
で
覆
い

絶
縁
売
し
て
い
る
チ
タ
ン
を
酸
化

て
穴
が
空
い
て
し
ま

た
ま
す

給
水
管
の
腐
食
に
よ

て
し
ま
う
ケ

ス
が
あ
り
知
ら
ぬ
間
に
ボ
ロ
ボ
ロ
に
な
件
も
多
い
で
す

給
水
管
は
に
収
め
る
こ
と
が
で
き
る
物
ま
す
が

1
0
0
万
円
以
内
と
し
て
も
大
き
さ
に
も
よ
り
構
造
に
な

て
お
り

値
段
路
が
縦
割
り
で
シ
ン
プ
ル
な
性
線
電
極
の
﹃
ク
レ
フ
ロ
ス
﹄
ル
の
場
合
で
す
と

配
管
経
め

サ
ニ
コ
ン
︵
堺
市
北
区
︶
︵
福
島
県
い
わ
き
市
︶
が
販
こ
と
が
多
い
で
す

特
に
ビ

ン
や
ビ
ル
に
活
用
さ
れ
る
植
村
氏
は
﹁
分
譲
マ
ン
シ
果
を
得
る
こ
と
が
で
き
る

で
き

半
永
久
的
に
防
食
効
段
に
安
く
施
工
す
る
こ
と
が
し
て

老
朽
化
し
た
給
排
水
の
﹁
真
空
吸
引
力
﹂
を
利
用
法
だ

吸
引
車
ど
を
改
善
さ
せ
る

物
に
よ
る
流
水
の
つ
ま
り
な
か
つ
赤
水
に
よ
る
水
質
や
異
真空吸引力を利用した吸引式パイプライニング工法
ン
グ
を
行
う
工
・
管
内
ラ
イ
ニ
て
サ
ビ
の
清
掃
引
力
を
利
用
し
対
し
て
真
空
吸
し
た
給
水
管
に
と
は

老
朽
化
S
R
C
T
工
法
や
構
造
物
の
延
命
を
図
り

り
す
る
こ
と
な
く

既
設
管
る
給
排
水
管
を
取
り
外
し
た
建
築
物
内
に
配
管
さ
れ
て
い
建
築
物
を
取
り
壊
し
た
り

す
る
こ
と
に
よ
り

既
存
の
﹁
真
空
吸
引
力
﹂
を
利
用
に
ラ
イ
ニ
ン
グ

行

て
い
る

エ
ポ
キ
シ
樹
脂
塗
料
を
管
内
C
T
工
法
︶
﹂
を
︵
以
下

S
R
イ
ニ
ン
グ
工
法
引
式
パ
イ
プ
ラ
め
に
高
圧
で
人
体
に
無
害
な
し

防
錆
防
腐
食
防
止
の
た
付
着
物
を
ク
リ

ニ
ン
グ
管
の
内
面
に
発
生
し
た
錆
や
た
場
合

平
成

年

月
る
世
帯
で
相
続
が
発
生
し
部
の
戸
建
を
保
有
し
て
い
万
円
に
な
り
ま
す

都
市
月
1
日
以
降
は
4
8
0
0
で
し
た
が

平
成

年
1
万
円
の
基
礎
控
除
が
可
能
3
人
の
場
合
は
8
0
0
0
あ
れ
ば

法
定
相
続
人
が
に
な
り
ま
し
た

従
来
で
が
図
表
1
の
よ
う
に
変
更
は

相
続
税
の
基
礎
控
除
平
成

年
1
月
1
日
以
降
き
ま
し
た

売
さ
れ
る
よ
う
に
な

て
の
不
動
産
商
品
と
し
て
販
投
資
な
ど
が
相
続
税
対
策
ら

タ
ワ

マ
ン
シ

ン
販
売
が
増
加
し
た
こ
と
か
定
共
同
事
業
者
の
不
動
産
ま
す

近
年
は
不
動
産
特
め
て
多
数
販
売
さ
れ
て
い
古
く
か
ら
保
険
な
ど
を
含
相
続
税
対
策
商
品
は

る
不
動
産
の
活
用
2
・
相
続
税
対
策
に
お
け
ま 下 8 な が 相 る 0
仮 す げ 0 り 8 続 と 万
に  る 0  0 税  円

こ 0 相 0 評 市 だ
物
と 万 続 0 価 場 
件
が 円 財 万 額 価 た
を
で 引 産 円 の 格 と
1
き き を に 差 と す
税
評
価
額
が
2
0
0
に

1
部
屋
の
相
続
図
表
2
の
よ
う
り
ま
す

【プロフィール】
監査法人トーマツ、
みずほ証券、
東京ス
ター銀行を経てかえでキャピタルマネ
ジメント株式会社(旧:株式会社ye
nbridge)
を設立。
流動化・証券化関連業務、
不動産鑑定評
価、
デリバティブ評価などに従事。
【著書等】
中央経済社
年
月
『金融マンのため
の実践ファイナンス講座』
・中央経済社

年
月『金融マンのための実践デリ
バティブ講座』
・中央経済社年月
『金融マンのための不動産ファイナン
ス講座』
・中央経済社



年
月
『図解 為替デリバティブのしくみ』
銀行研修社ターンアラウンド・マネー
ジャー年月号『事業再生型M&
Aから考える再生資金調達のポイン
ト』
第一法規JICPAジャーナル



年
月 『多様化する金融商品に対する会
計面の整備について』
第一法規JICPAジャーナル



年
月 『株式分割時における分割株式の
評価額に関する考察』
を
説
明
し
ま
す

ま
ず

満
た
な
い
金
額
に
な
に
役
立
つ
﹁
吸
い
配
管
の
維
持
市
︶
で
は

古
V
E
E
m
a
福
井
県
福
井
︵
ヴ


マ

V
E
E
m
a
A
認
定
を
受
け
て
い
る

イ
ニ
ン
グ
剤
と
し
て
S
I
A
め
ら
れ

業
界
初
の
抗
菌
ラ
簡
単
に
今
回
の
改
正
内
容
い
る
と
は
思
い
ま
す
が

ほ
と
ん
ど
の
人
が
知

て
が
行
わ
れ
て
い
る
た
め

要 1
既
・
に
相
相
続
続
税
税
法
法
改
の
正
改
の
正
概
割
愛
し
ま
す

の
で

こ
こ
で
は
説
明
を
影
響
は
な
い
と
思
い
ま
す
帯
で
あ
れ
ば

そ
れ
ほ
ど
ン
パ
ク
ト
は
一
般
的
な
世
場
価
格
の

%
に
も
く

一
般
的
に
は
市
そ
う
い
う
訳
で
は
な
額
が
1
億
円
か
と
い
う
と
こ
の
部
屋
の
相
続
税
評
価
執筆者
かえでグループ
公認会計士 税理士
山下 章太氏
高
い
抗
菌
性
・
安
全
性
が
認
そ
れ
を
き
ち
ん
と
供
給
す
る
命
の
源
と
も
言
え
る
﹁
水
﹂

日
常
的
に
使
う

我
々
の
サ
ニ
コ
ン
東京事業部長
植村 真生氏
給
水
管
の
サ
ビ ))))))))))))))))))))
ビルやマンションなどの建物の
を
「見えない部分」は意識していない
止
と忘れがちな部分である。その代表
例とも言える給排水管の中は放置し
め
ておくと、錆による劣化によって管
る
内に穴が空いてしまったり、衛生面
線
においても悪影響を及ぼす要因とな
りえる。
そのような
「見えない部分」
電
は常に意識して点検などを行う必要
極
があり、ビルオーナーにとっても欠
かすことのないようにしたい要素と
防
いえる。
給排水管をメンテナンスし、
食
ビルに安全・安心・衛生を提供する
法
会社を紹介する。
給排水メンテナンス
))))))))))))))))))))
ス
の
手
間
も
ほ
ぼ
な
い
が

◀
施
工
後
す
ぐ
の
給
水
管
◀
1
年
後
の
給
水
管
の
状
態
ス
メ
し
ま
す
﹂
と
話
す

し

対
策
す
る
こ
と
を
オ
ス
度
配
管
の
状
況
を
チ


ク
ま
す

そ
う
な
る
前
に
も
一
を
行
わ
ざ
る
を
得
な
く
な
り
場
合

配
管
の
取
替
え
工
事
以
下
S
I
A
A
︶
に
よ

て

協
議
会
︵
東
京
都
新
宿
区

団
体
で
あ
る
抗
菌
製
品
技
術
ま
た

抗
菌
製
品
の
業
界
せ
る
こ
と
が
で
き
る

し

排
水
管
の
劣
化
を
遅
ら
い
ま
す

点
か
ら
説
明
し
よ
う
と
思
用
し
て
い
る
か
と
い
う
観
ど
の
よ
う
に
不
動
産
を
活
り

各
法
さ
れ
て
お
し
た

た
だ
し

こ
の
イ
り
も
税
率
が
高
く
な
り
ま
が
高
く
な
る
ほ
ど
従
来
よ
の
相
続
財
産
の
取
得
金
額
定
相
続
人
あ

た
と
し
ま
す

た
だ

す 屋 で
れ 購 
ば 入 部
▶
図
表
2
時
価
と
相
続
税
評
価
額
の
比
較

ン
の
高
層
階
の
物
件
が
れ
て
い
る
タ
ワ

マ
ン
シ
1
部
屋
1
億
円
で
取
引
さ
評
価
額
と
な
る
の
で
す

は

相
続
税
の
観
点
か
ら

率
も
変
更
タ
イ
コ

ア
な
ど
雑
菌
の
発
生
を
抑
制
))))))))))))))))))))
▶
配
管
内
に
微
弱
な
電
流
を
供
給
平成

年  月
日
(毎週月曜 第
週除く) 給排水メンテナンス (

)
週刊
平成6年月日第三種郵便物承認
))))))))))))))))))))
第

号
法
︶
﹂
を
採
用
し
て
い
る

コ

ト
工
法
︵
C
S
C
工
ロ
ン
ス

パ

排水管更生工事に「抗菌」機能を付与
し
た
﹁
サ
イ
ク
機
能
を
プ
ラ
ス
事
に
﹁
抗
菌
﹂
排
水
管
更
生
工
県
船
橋
市
︶
は
イ
コ

︵
千
葉
そ
こ
で

タ
て
し
ま
う

の
劣
化
を
進
め
も
に

排
水
管
因
と
な
る
と
と
排
水
不
良
の
原
汚
れ
や
悪
臭

は

排
水
管
の
す
る
細
菌
類
に
発
生
・
蓄
積
排
水
管
内
部
同
工
法
て
い
る

に
貢
献
し
ト
の
削
減
ン
ス
コ
ス
メ
ン
テ
ナ
寿
命
化
と
水
管
の
長
グ
で

排
ラ
イ
ニ
ン
磨
と
抗
菌


な
研
ス
ピ

デ
◀
エ
ポ
キ
シ
樹
脂
に
抗
菌
効
果
を
付
与
磨
後
に
塗
布
す
る
エ
ポ
キ
シ
デ


な
工
事
を
実
現

研
速
・
高
精
度
研
磨
で
ス
ピ

パ

コ

ト
工
法
独
自
の
高
を
高
め
た
サ
イ
ク
ロ
ン
ス

を
落
と
し

よ
り
研
磨
精
度
能
な
か
ぎ
り
の
サ
ビ
と
汚
れ
専
用
ノ
ズ
ル
を
用
い
て

可
は
独
自
開
発
の
高
圧
研
磨
用
良
の
原
因
と
な
る
バ
ク
テ
リ
と
で
﹁
つ
ま
り
﹂
や
排
水
不
排
水
管
内
部
に
塗
布
す
る
こ
制
す
る
抗
菌
性
能
が
あ
り

に
お
け
る
細
菌
の
増
殖
を
抑
ラ
イ
ニ
ン
グ
材
は

塗
装
面
抗
菌
塗
装
に
使
用
す
る
抗
菌
す
る
技
術
を
自
社
で
開
発

樹
脂
に
﹁
抗
菌
性
能
﹂
を
付
与
増
加
し
て
い
ま
す

今
回
策
と
し
て
購
入
す
る
人
も
り

不
動
産
を
相
続
税
対
相
続
税
法
の
改
正
に
よ
の
適
用
税
で
相
続
税
同
じ
改
正
ま 加 世 象
ま す し 帯 に
た  て も な

い 増 る
不相
続
動税
対
産策
と
投し
て
資の
り
課
税
対
下
げ
に
よ
控
除
の
引
降
は
基
礎
月
1
日
以
成

年
1
す
が

平
と
思
い
ま
帯
も
多
い
て
い
た
世
外
に
な

課
税
対
象
相
続
税
の
に
よ

て
基
礎
控
除
末
ま
で
は
買
金
額
は

高
層
階
に
な
不
動
産
市
場
に
お
け
る
売
タ
ワ

マ
ン
シ

ン
の
対
策
の
日
本
人
で
す

国
内
外
の
富
裕
層
か
相
続
し
て
い
る
の
は

主
に

そ
の
よ
う
な
物
件
を
購
入
ス
も
よ
く
あ
り
ま
す
が

た
り
数
億
円
と
い
う
ケ

上
階
な
ど
は

1
部
屋
当
タ
ワ

マ
ン
シ

ン
の
最
い
う
傾
向
が
あ
り
ま
す

階
は
値
段
が
高
く
な
る
と
階
は
値
段
が
安
く

高
層
シ

ン
の
場
合
は

低
層
都
市
部
の
タ
ワ

マ
ン
 借 と 続 は い 有 産 相 億 で ま が る ナ を 続 円 ば 入 金 単
億 入 し 対  る し を 続 円  す で こ ス マ 財 の 8 す で 純
円 金 て 策 相 人 て 保 財 の 8 の き と す イ 産 相 億 れ 購 に


部
屋
を
借
入
と
が
可
能
と
な
り
ま
す

相
続
財
産
を
引
下
げ
る
こ
ウ
ト
な
く
8
0
0
0
万
円
す
の
で

キ


シ

ア
相
続
す
る
こ
と
に
な
り
ま
対
し
て
1
億
円
の
負
債
を
価
額
が
2
0
0
0
万
円
に
賄

た
場
合

相
続
税
評
億
円
の
借
入
金
に
よ

て
増
え
て
い
ま
す

動
産
特
定
共
同
事
業
者
が
商
品
を
販
売
し
て
い
る
不
関
係
を
利
用
し
て
不
動
産
す
が

こ
の
よ
う
な
課
税
税
対
策
の
一
つ
の
方
法
で
ま い
こ す い
れ  と
は
い
あ
う
く
計
ま
算
で
に
相
な
続
り
▲図表
 遺産に係る基礎控除の改正
で
あ
れ
ば

同
じ
相
続
税
高
層
階
で
も
面
積
が
同
じ
す
な
わ
ち

低
層
階
で
も
一
切
考
慮
さ
れ
ま
せ
ん

層
階
か
と
い
う
考
え
方
は
あ
る
た
め

低
層
階
か
高
の
土
地
・
建
物
の
価
格
で
で
保
有
し
て
い
る
不
動
産
相
続
税
評
価
額
は
あ
く
ま
傾
向
に
あ
る
の
で
す
が

る
ほ
ど
高
く
な
る
と
い
う
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
1 021 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content