close

Enter

Log in using OpenID

このコンサートが買いだ!2009 年 10 月 谷戸基岩

embedDownload
-このコンサートが買いだ!2009 年 10 月
10 月初旬は過密スケジュールで、大忙し!
まず 2 日(金) -4
谷戸基岩
・買いのコンサートに行ったら2009 年 8 月
まず遠くまで、行った甲斐があったと思ったのがアステールプラ
日(日)にかけて東京オペラシテイコンサートホールで催される
毎年恒例の「アジアオーケストラウィーク
2009J 。私は 2 日夜の
ザ(広島市)での『アフィニス夏の音楽祭
2009 広島 J 。私は 17 日、
18 日の二日間しか聴けなかったが、実に充実した内容だ、った。コ
プラティープ・スパノロン指揮タイ・フィルハーモニック管弦楽
ンサートのための公開セミナ一、シカゴ、交響楽団首席ホルン奏者
デ、ール・クレヴェンジャーの長年の経験に基いた話とレッスンな
団、 4 日午後の陳佐連指揮インチヨン・フィルハーモニク管弦楽
団を聴きに行く。ちなみに私は行けないが
3 日夜は劉鵬指揮武漢
ど聴講するだけでもまことに有意義な二日間だ、った。公開セミナ
管弦楽団で、いずれのコンサートでも冒頭にアジアの楽曲が置か
ーでの各団員の演奏ぶりを聴いて、個人的には札響と京響の公演
れている。アジアにおけるオーケストラに対する価値観の多様性
により一層注目しなければと思った。しかし今回何よりも驚いた
のは素晴らしい大小様々な会場があるアステールプ
ラザ。厚生年金
を知るには恰好の機会だけにくれぐれもお聴き逃がしなきょう。
ρ
その 3 日(土)に関して、まず午後は彩の固さいたま芸術劇場で
の「小山実稚恵ピアノ・リサイタル』へ。ショパン(バラード第
1 番、夜想曲嬰ハ短調)、リスト(愛の夢第 3 番、エステ荘の噴水、
会館ホールの隣りにあり、「ラ・フオノレジュノレネ
j を行うなら最適な会
場ではないか・・・いずれにせよここが会場ならぜひ再来年も訪
れたい。長原幸太、鈴木康浩、辻本玲といった若手弦楽器奏者た
ラ・カンパネッラ)、スクリャービン(ソナタ《黒ミサ)) )、ラフマ
ちがアンサンプルを活性化していたのが
ニノフ(ソナタ第
文化ホールにおける「第
35 回木曽音楽祭』の f フェスティヴァル
コンサイト I J 、「問fiJ 。ファランク「九重奏曲 J とグリエール「弦
楽五重奏曲 J が圧巻だ、った。野島稔が参加したブラームス「ピア
2 番、ほか)と彼女が得意とする作曲家の名曲
が揃うだけにこれはお買い得。夜はエプタザール(狛江駅下車徒
歩 10 分)での横山奈加子(ヴァイオリン)と高橋礼恵(ピアノ)
のリサイタルへ。今年
3 月の同所における共演でも白熱した演奏
を聴かせただけにこれは大いに楽しみ。プログラムはデュオでス
ーク f4 つの小品」、ベートーヴェン「クロイツェル・ソナタ
ピアノ独奏でヤナーチェク「ソナタ
集」よりとなっている。さらに
ノ五重奏曲
j
、
J 、リスト「パガニーニ練習曲
2 日(金)の午後はすみだトリフ
オニーホールでのデリック・イノウエ指揮新日本フィルと椙沢吏
江子(ピアノ)による「新クラシックへの扉
J (シューマン「ピア
ノ協奏曲」、チャイコフスキー「交響曲第
5 番 J) にも出かける。
昨年 1 月の同オケとのサンニサーンス「交響曲第
3 番 J では作品
への共感度の高いアプローチを見せたイノワエがチャイコフスキ
ーではどんな指揮をするのか大変興味がある。
JT アートホールにおける「アフィニス・アンサンブル・セレクショ
ン Jo 10 月は二つ面白い公演が揃った。まず
7 日(水)は日本フィ
ルのメンバーによる『アンクレンゲ
j
と題し、ロマン派のクラリ
j
21 目、22 日木曽文化公園
ではちょっとしたハプニングがあり(詳細は「音楽
の友 j 誌 10 月号に記した)音楽の奥深さを改めて思い知らされた。
予定曲目がメンデ、ルスゾーン「厳格な変奏曲
J 以外は全て変更
になったのが 19 日 f 第 30 回草津夏期国際音楽アカデミー&フエ
スティヴァル j でのブルーノ・力ニーノのピアノ・リサイタル。
しかし多少のリスクを官しても活気に溢れた音楽に志向するカニ
ーノのピアノは細かなトラブソレがあっても音楽の自然な流れが保
たれていて心地良かった。西村朗「オパーノレ光のソナタ
J での緊
迫感、アンコールのベートーヴェン「失われた小銭への怒り」の
表情の変化の鮮やかさなどはさすがだ、った。
30 日午後、五香のフ
リューゲルザールで、のモナ=飛鳥・オットの「ピアノ・リサイタ
ノレ
j では個性的なショパン「英雄ポロネーズ」と手馴れて安定し
ていたリスト「スペイン狂詩曲
j が面白かった。しかしその一方
で、シューベルト f3 つのピアノ曲 J を何度も取り上げているにも
ネット三重奏曲を 3 曲(ファランク、ハルトマン、ブラームス)揃えたプ かかわらず今回も繰り返しを一切しないあたりの音楽センスに疑
ログラム。特にファランクとハルトマンは耳にする機会が少ない
問も感じた。未だ 18 歳のピアニストにそこまで要求するのは酷な
だけに楽しみだ。メンバーは伊藤寛隆(クラリネット)、菊地知也
のかもしれないが・・ ·8 日東京文化会館(小)における丸山奏の
(チェロ)、高良仁美(ピアノ)。もうひとつは 26 日(月)の広響、
東フィノレ、N響のメンバーによるアベルト弦楽四重奏団。田野倉
雅秋、近藤薫(ヴァイオリン)、坂口弦太郎(ヴィオラ)、西山健
一(チェロ)というメンバーは東京肇術大学の同窓生。今年
1月
「ヴィオラ・リサイタル J 。レベッカ・クラークの「ソナタ
全体の構成、ダイナミクスの広さと音色の多様性という点でやや
j
では
不満が残ったが「モルフェウス
J およびブリッジの 2 作品は楽し
めた。しかしむしろブラームス「ソナタ第
1番 J におけるやや軽
高輪区民ホールでの公演も良かっただけに、ハイドン
(op. 74- 1)、 いノリの中の多様性、シューマン「ロマンス」で示された粘着性
がこの人の個性なのかもしれない。
演奏を聴かせてくれるのか注目したい。何が飛び出すのか興味
やはり野原みどりの耽美主義的で美しく研ぎ澄まされたドビ、ユ
プロコフィエフ(第
1 番)、メンデルスゾーン(第
2 番)でどんな
津々なのが 14 日(水)サントリーホールにおける『作曲家の個展
中川俊郎 J 。ヒ。アニスト、eM 音楽作家として実にユニーク
2009
な活動で私を魅了する中)
II が管弦楽ではどんな作品を書いている
のか? 飯森範親指揮東京都交響楽団の演奏で委嘱世界初演とな
るシューベルトの同名歌曲その他による「影法師
j 、「合奏協奏曲
第 2 番 J 、「同3 番 J 、「もの思う葦たち J の 4 曲が取り上げられる。
ッシー「ベルカママスク組曲 JU 月の光」だけの予定を変更して全
曲になった)が圧倒的だ、ったのが 7 日東京文化会館(小)におけ
る「アレクセイ・スルタノフ生誕
40 周年記念追悼コンサート』。
しかし場内アナウンスでスルタノフの名前を間違えたり、拍手が
続いているのにアナウンスが入ったり、全体の取り仕切りがイマ
イチだ、った。なお野原の演奏中に舞台裏の他の出演者たちによる
誰よりも心に訴えかける歌手、郡愛子のリサイタルでも特にお
と思われる話し声が聴こえてうるさかった。このホールはついた
薦めしたいのが 27 日(火)紀尾井ホールでの「いちぽん大切なも
の」。前回の公演と同様、松木康子のピアノとともに並木健司のギ
ての後ろの音が客席から非常に良く聴こえることをホールの側か
ターが加わっての公演であることが嬉しい。クラシックから歌謡
の様々な音楽語法を何のためらいもなく使い分けている点が素晴
曲まで幅広いジャンルをハートフルに歌いこなし、愉快な仕種と
トークで笑わせる円熟のステージをご堪能し
1 ただきたい。若手の
ら使用者に厳しく周知徹底する必要があるのかもしれない。既存
中では言葉の意味を大切にした歌唱を聞かせてくれるのが春日保
らしかったのがウンスク・チンの室内楽。
24 日サントリーホール
(小)での「サマーフエスティヴァル
2009J の『室内楽コンサー
ト』で聴いた。中でも言葉の意味に敏感に反応する吉川真澄の歌
人。彼が日本歌曲を本格的に取り上げるという点でどうしても気
唱が素晴らしかった「錯綜としがらみ
になるのが 31 日(土)午後、東京オペラシティ近江楽堂における
「和洋遅遁』。西山まりえの中世ノ\ーフ。およびゴチックハーブ との
の演技力でも吉原すみれが聴衆の目を釘付けにした「アレグロ・
マ・ノン・トロッポ J 、そして響きが明確で彩度の高い音楽で不快
ρ
共演で「荒城の月 J 、「さくらさくら」、「赤し咽tJ などとサンチェ
ス「スターパト・マーテノレ J 、モンテヴェルデ、イ「苦しみは甘く J
などを取り上げる。
さを感じさせない
J 、打楽器奏法だけでなくそ
f3 つのピアノ・エチュード J (演奏:中川賢一)。
アンサンプル・ノマドはじめ素晴らしい演奏陣にも恵まれた理想
的な紹介の場となった。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
1 753 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content