close

Enter

Log in using OpenID

PDFファイルはここをクリック - 社会福祉法人ミッドナイトミッションのぞみ会

embedDownload
2013年8月1日
望 み の 門
(1)
発行者:社会福祉法人 ミッドナイトミッションのぞみ会
No 6 3
2013/8/1
窓会の雰囲気を思わせたものであ�た�然し
既に昨年九月末MBK法人は解散し�今は全
くの任意団体とな�たが�それだからと言�
て� 単 に 有 難 う ご ざ い ま し た�� 過 去 に 心 か
ら感謝致します�とお礼を申し上げたのみで�
今回の訪独ミ�シ�ンが評価されてはならな
いと思うのである�
我々の果たすべき課題は実はこれからであ
る�と言うのは�日独子ども家庭アカデミ�
常務理事
�以下�ピ� タ�パンミ�シ�ン�では�も
井本
義孝
うすでに四年前二○○九年にお二人のドイツ
青年をお招きし�二○一○年には日本から二
平年より約十日早く梅雨明けとなり�連日 人の青年を送り�彼我の文化体験をした�本
猛暑が続いている�昨年六月二十日�法人創 年 は 我 々 が 受 け 入 れ る 番 で あ る� 未 来 を 拓
立五十周年記念会が地元富津公民館にて挙行 くためには青年こそその役割を担う者であろ
されたことは記憶に新しい�主題は�過去に う�MBKは組織としてなくとも�地方には
感謝し未来を拓く�であ�た�訪独団員八名 未だその精神を継承し活動しているようであ
は木下理事長夫妻を筆頭に�京葉後援会代表� る�のぞみ会は訪日された宣教師がスタ�ト
日独子ども家庭アカデミ�代表等であ�た� させたものである�
五月八日のケルンでのMBKミ�シ�ン関 今度はのぞみ会が新しい組織体としてこの
係者に対する理事長の感謝のお言葉を最初に MBKを支援する時と思う�そのためには青
感謝状�記念品の贈呈があり�テシ�ナ�元 年交流事業は積極的に進めたい�日本とドイ
MBK理事長の答辞と乾杯の音頭をはじめ� ツ�今後の協力関係について多大な示唆を受
和やかな雰囲気の内に会は進み�シ��ア先 け新たな展望が与えられたことは誠に感謝で
生�ヘ�トカンプ先生方の細やかなお心遣い あ�た�会には四年前に来日したマリ�・ヘ
のお蔭で時の経つのを忘れる程であ�た�特 ルデンさん�友人のユリア・スタンドフさん�
に�元宣教師の五人の皆さんは秘書であ�た アンゲリカ・ボルフさん�元MBK職員のデ
方々を交えて�久し振りの交歓の時は正に同 イマインドさんも出席していた�残念ながら
本 部:〒293-0023 千 葉 県 富 津 市 川 名 1 4 3 6 番 地
ゆ�くりとお話しすることが出来なか�たの たちのためにお集まり下さり感謝します�
宣教師の先生
であるが�青年を中心とする交流事業を今後 社会福祉法人ミ�ドナイトミ�シ�ンのぞ 方が望みの門や
も進めると共に�任意団体とな�たMBK後 み会は昨年六月二十日に創立五十周年を祝い ベテスダホ�ム
継グル�プの支援について貢献できればと考 ました�その時の主題は�過去に感謝し�未 のために�そし
えている�
来を拓く�でした�
て西千葉教会の
キリスト教信仰により培わされてきた半世 私たちが五十年の歩みを続けて来ることが ために�生涯を
紀に亘る日独友好関係を深め�次代を担う青 出来たのは�神さまの尊さと共に多くの人々 ささげて下さ�
年たちが福祉�教育�医療等を中心に有益な の支えがあ�たことを忘れずに感謝し�未来 たことを心から
人材となるよう私たちは社会貢献することが に向けてさらに前進していこうという気持ち 感謝し�皆様方
求められていよう�
を表わした言葉です�
の上に神さまか
交歓会の中でヘ�トカンプ先生は�し�か そこで私たちはMBKミ�シ�ンの宣教師 らのかえりみが
りと語学教育する必要をお�し��た�もと の方々のお働きと先生方を送り出して下さ� 豊かにあるよう
より望ましいことではあるが�百聞は一見に た M B K ミ � シ � ン に 感 謝 し な け れ ば な ら 祈ります�
如かず�の言葉もあり刺激とな�て長期的語 ないと思いました�何故なら�宣教師の方々
また�先生方
学研修に導く道をも形成したいものである� が日本に来て下さらなか�たら�またMBK を 送 り 出 し� 望 み の 門 を 支 援 し て 下 さ � た
世界は今や電波で瞬時に結ばれる時代とな� ミ�シ�ンの支援がなか�たら�望みの門は ミ�シ�ンの方々にも深く感謝致します�
た�電話・フ��クス・メ�ル全て目に見え 生まれなか�た
今や望みの門は十六の事業を行い�二五○
ない電波が届けてくれる�目には見えないも し�今日までの
人の働き人を与えられ�予算は十二億円を超
う一つのもの��祈ること�によ�て今後も 働きを続けてく
えています�非常に大きく成長しました�し
固く結ばれることを信じる�
ることはできな
かし�最も大切なことは�望みの門の働きは
か�たからです�
宣教師の方々の宣教の業として始められたと
いうことです�
そういうわけ
理事長挨拶
でこの度旅行団
私たちは宣教師の方々が日本において助け
を組織し�ドイ
を必要としている人々を愛し� 彼らに仕え�
理事長
木下
宣世 ツを訪問し�皆
それによ�てキリストを証して下さ�たこと
様方に感謝する
を忘れてはならないと思います�
機会を計画した
してこれからも助けを必要としている
そ
次第です�
人々にキリストの愛をも�て仕えていきたい
(2)
望 み の 門
敬愛する主にある兄弟姉妹の皆さん�今日
は�皆さんとドイツで再びお会いすることが
でき心から嬉しく思います�又�皆さんが私
2013年8月1日
あるバウハウスは二○○二年UIA�国際建
と思�ています�どうぞ�これからも望みの
築 家 連 合 � 世 界 大 会 の 時 に 見 学 し� デ � サ
門のためにお祈り下さい�
ウのバウハウスは時間がなく残念ながら断念
私たちも�皆様方をおぼえて祈ります�
したが今回はぜひ訪問したいと考えていまし
た�ベルリン中央駅から昨日井本常務�伊東
のぞみ会ケルン感謝会に参加して
社長と訪問したポツダムを経由�一時間半程
して途中駅からバスに乗り換え旧東ドイツの
ピ�タパンの会代表
宇野
武夫
のんびりとした田舎町を通りデ�サウに着き
ました�
のぞみ会創立五十周年事業として企画さ
れたケルン感謝会とドイツ訪問の旅にピ�
バウハウスは�とても九十年前にできた建
タ�パンの会より写真記録係として参加しま
築とは思えない程よく管理されており�現在
した�感謝会はケルン大聖堂脇にある落ち着
はユネスコの世界文化遺産に登録されていま
いたビ�ルと料理のおいしいお店で行われま
す�バウハウスの校舎は今見るとよくある公
段を下ると地上では 立高校の様に見えますが�九十年前に新しい
した�井本常務の進行により�木下理事長の
想像のできない地下 時代の建築を求めて活動しナチスに追われ�
五十年にわたる支援に対する感謝の言葉と感
三層の駅舎にな�て その後世界に広まり現在の私たちの建築があ
謝状・記念品の贈呈等�時を忘れて過ごした
います�このホ�ム ると思うと感慨深いものがあります�校舎前
日独友好の会でした�ドイツの宣教師の人々
の熱い思いを聞き感動をし�献身という言葉 にはベ�テル駅方面からの路面電車が地下二 の通りは�グロピウスアレ��と建築家の名
階のホ�ムに入り反対側の街で再び地上に出 前が街路名に命名されています�近くにある
について改めて考えました�
て路面電車にな�ています�この地方都市の 新校舎群は�十cm厚程の断熱材を外部に使用
ここでは�私が建築家として特に感心をし
た二点を紹介し旅の報告とします�まず一点 地上の景観を大切にした街づくりは�私たち した外断熱工法や�木製サ�シ�断熱複層ガ
目は�今回の訪問地であるベ�テルの街につ 経済優先の日本人の感覚では考えられない都 ラス�外ブラインドの採用等日本よりもはる
いての印象です�ビ�レフ�ルト駅は�古い 市計画で あります�同じ思いは ドレスデン� か先を行く�省エネルギ�建築がつくられて
平屋建ての駅舎で駅前には広い公園風の広場 ワシントンDCの隣町アレキサンドリア�イ います�
があり街は四�五階程度の建築で構成され� タリアのトリノ等景観を大切にした街の散策
帰路は別ル�トの特急に乗車�途 中 で 停 車
したり�乗替えのホ�ムが変更されたりしてベ
同行の伊東社長によれば�空が広く気持ちの を思い出しました�
良い街だ�との評価でした�ところがその公 次は�一日自由時間をいただいて一人デ� ルリンには三十分程遅れて到着したが�とても
園脇にあるガラス屋根のエスカレ�タ付の階 サウのバウハウスに行きました�ベルリンに ドイツをよく感じることのできた一日でした�
2013年8月1日
望 み の 門
(3)
�過去に感謝
さり�私達もほ�と安心しました�
ドイツから運ばれてきた�からし種�
し未来を拓く�
ハルトヴ�ク師は�翌々日シ��ア師とお
五十周年記念
会いした折も�変わらぬ祈りの方でした�
京葉後援会
木下
晃子
教 師 の 方 々 に と � て� 日 本 は 本 当 に 行事の一環とし
宣
�からし種�を蒔いてくださ�た土地�ふる て行われたこの
望みの門五十周
年記念行事の最後
さと�なのだと感じた旅でした�
訪独旅行の目的
を飾�たのが�宣
は�一方では歴
教師の方々に直接
史をふりかえる
日独�子どもを取り巻く環境�事情
感謝の言葉を述べ
セレモニ�であ
る今回のイベント
り�もう一方は
新藤
臨床心理士
紀子 これからの未来
でした�
ヘ�トカンプ師
ドイツのセレモニ�はドイツ側の熱い歓迎 を見据えて現在
とシ��ア師が予
を受けて厳かに始まり�皆に惜しまれながら の自分たちのあ
約されたケルンの
華やかに閉幕した�のぞみ会創設の夜明け前 るべき姿を再考することではないか�そのた
から関わ�てこられたMBKの宣教師・理事 め私は現在のドイツ事情を見聞し日本へ持ち
長・事務局の方々のお話は全て貴重な証言で 帰ることも大切な役目の一つと考えた�ここ
有 名 な レ ス ト ラ ン に� あり�彼らを
ではその一部として�子どもを取り巻く環境
五 名 の 元 宣 教 師 の 方 々 含めた多くの
について述べてみたい�
を 含 む 十 四 名 の ド イ ツ ドイツ人の文
ドイツの子どもチ�ンネル�略称Kika�
の方々と日本から八名
は�朝の六時から夜の九時まで子ども向け番
字
通
り
�
有
り
が集いました�
組を放送している�深夜の時間帯には十分程
難い�自己犠
謝のあいさつ�乾 牲の上に�現
の短編映像が繰り返し放送される�主人公は
感
杯�自己紹介�中身の 在の私たちが
厚切りト�ストのベルント�四角い体の中心
濃いスピ�チ�コ�ス料理�そして感謝状の
に十字の切込みが入�ており�両脇に短い手
�
成
り
立
�
て
贈 呈�� ふ る さ と � を 日 独 語 で 歌 い� プ レ ゼ いる�ことの
がブラブラとついている�今回のテ�マはフ�
ントを差し上げ�消息を尋ねあい��とても 歴史的重みを
イスブ�クやラインなどネ�トでつなが�て
時間が足りませんでした�
たくさんの�トモダチ�を持つことだ�た�古
実感したひと
臭いタイプのベルントはコンピ��タの�声�
宣教師の方々がこの訪問をとても喜んで下 時であ�た�
(4)
望 み の 門
2013年8月1日
にいくら勧められてもワ�ルドワイドウ�ブ ビデオで繰り返し訴えかけていた�ベルント
ドイツ訪問の旅�心よりの感謝を
につながることを拒んだが�まんまと の短編は�そんな子どもたちに一歩外に出て
www.
ネ�ト側の策略に引�かか�てデビ��させ 客観的にとらえることでそんな中傷メ�ルは
京葉後援会
奥山
啓子
られてしまう�
�声�
が
�おめでとうございます� 根も葉もないことだと伝えているように見え
これからあなたもオンラインです�何百万人も る�しかし一方ですべての中傷メ�ルが消え 五月七日朝の成田空港�望みの門の各施設
のトモダチが歓迎しています�と祝う�ベルン 去�た後にもゲ�ムや懸賞品でベルントをう 長を始め多くの方のお見送りを受け�ドイツ
トの戸惑いをよそにネ�トは勝手にメ�ルを まく丸め込もう�何とか www.
の中に飲み込 旅行が始まりました�機内では私のような者
送り�それに対して突然湧き出た何百万人も んでしまおうとするネ�トの脅威はあきらめ が参加してよいのだろうかと�不安と緊張で
い�ぱいでしたがフランクフルト空港に着く
のトモダチから二十万の�いいね�をもらい� ずにじり寄�てくる�
無数のコメントが送られてくる��ト�スト ド イ ツ も 日 本 も 少 子 化 に 喘 い で い る� 少 とシ��ア先生が笑顔で迎えてくださり�一
か�こいいな��イカシテル�ポジテ�ブな 数で貴重な子どもたちが急激に変化する生活 人ひとりの名前を呼びながら香り立つバラを
コメントは受け流せる�しかしその後�ベル 環境とそれに伴�て変化する価値観の荒波の くださいました�その小さな時間が私にと�
ントがう�かり言�たことがトモダチの誤解 中で叫んでいる�消費者である子どもを狙� て緊張から解放され�豊かで楽しい旅を予感
を招き�反発から突如中傷メ�ルが嵐にな� て�日替わりメニ��で挑戦してくる企業も させてもらえるものとなりました�
て襲い掛かる�
多い�ある有名な教育者は言う�子どもは育 翌日八日のMBKへの感謝の集い�再び緊
�カビ生えて つ存在である�大人はただ彼らにと�て育ち 張が蘇りました�井本常務の開会の言葉に続
�この固くな�た古パン野郎�
き木 下 理 事 長 の
ん じ � ね え?�� 真 � 黒 に な る ま で 焼 い て や やすい環境を整えるだけでよいと�
ご挨拶�感謝状を
る�
�パンなんか大�嫌い!�渦巻く中傷メ�
ど も に と � て� 現 在 の 子 ど も に と � て
子
ドイツ語と日本語
ルに一瞬巻き込まれるベルントだが�もとも 育ちやすい環境とはどういうものか�それは
で読み上げMBK
とそれを無意味だと考えているため�一歩外 五十年前のそれとは同じではないだろう�し
の方々�来日宣教
れて傍観し�ゴミだな�と一蹴する�と�メ� かし私たちの体は相変わらず同じ形をしてい
師の皆様にお渡し
ルはたちまち消え失せる�
る�新しいものを取り入れながら古い良いも
し�シ��ア先生
現 在 ド イ ツ で は ネ � ト に よ る い じ め の 結 のを残す�それがいつの時代にも求められる
の お 祈 り� 乾 杯�
果青少年の自殺が後を絶たず大きな社会問題 姿勢なのだと�こんな当たり前のことにまた
お食事へと続きま
とな�ている�別の特集番組でも青少年の不 立ち戻�てぐるぐると考えながら答えが出せ
した�この頃には
特定多数による中傷がどのくらいひどく子ど ずにいる自分を発見した�
先程の緊張もどこ
もたちを傷つけ�場合によ�て死に追いや�
� 望みの門ピ�タ�パンの家�
へやら�本来でし
てしまうのか�経験者のインタビ��や再現
2013年8月1日
望 み の 門
(5)
たら私共が感謝
五十年以上も前のことですから��ご不便は
京葉後援会
石城
典子
のおもてなしを
無か�たですかとお尋ねすると�そんなこと
すべきところで
は全く感じなか�たですよとお�し�いまし 私は五月七日から十日間ドイツ旅行に参加
す が� 笑 顔 で�
た�宣教師の皆様が強い力と意志を持�て日 しました�委員会でドイツ旅行の話があ�た
しかも日本 語 で
本に来てくださり�MBKの祈りがあり今も 時�� 行 き た い 人 � と 聞 か れ� 私 が 迷 う こ と
話しかけてくだ
覚えていてくださ�ていると思いました�更 なく手をあげたことで京葉後援会からの代表
さる宣教師の皆
に三・一一東日本大震災による福島原発の話 として選んで頂けました�ツア�に属しない
様に�これでは
題に及んだ時の真剣に向き合おうとする姿を 旅なので�自分の荷物は勿論�全て自己責任
いけないと思い
忘れられません�また�交換留学生として来 でやることが条件でした�
つつおもてなし
日なさ�た若い方もお出でくださり�いろい 成田空港の
を受けている私
ろな形で繋いでいく大切さも改めて知りまし 集合地点に近
がいました�
た�そして�木下晃子先生のお祈りで会を閉 づいた時�望
じました�私の中でその余韻は旅行中ず�と みの門の何人
宣教師が思
かの施設長さ
い出を語�てく
残�ていました�
ださる場面では
続く福祉の街等も有意義に過ごし無事�成 んを見つけて
田に帰�てくることができました�手続きを ビ�クリ�
ヘ�トカンプ先
生 が 五 十 年 以 上 前 に い ら し た 時 は 船 で 横 浜 終えて出口まで来ると�出発した時と同じ笑 � お 見 送 り
に 着 い た こ と� リ ン ゲ ン・ セ ン ダ 先 生 は 看 顔で迎えてくださるお顔が��私が行けたの です�という
護師でもあ�たので治りゆく人を見守�てい は多くの方の背後のお祈りがあ�てこその旅 ので�思わず
たけれど�日本での最初の活動は�障害をか だ�たと感謝の思いでい�ぱいになりました� � 連 休 後 で お
かえている者の苦しみが和らぐように�毎日 理事長始め井本常務�木下晃子先生�新藤 忙 し い 時 に
の中で少しでも喜びをもたらすことができる さん�伊東さん�宇野さん�石城さん�お世 大 丈 夫 で す
ように配慮したこと�そしてシ�フラ�先生 話になりました�心からの感謝を申し上げま か?�と聞い
てしま�た�
は�十一年間の活動のうちのある期間�手工 す�ありがとうございました�
そ し た ら�
芸を教えるお母様と望みの門で過ごしたこと
新生舎の三橋
をお話しくださり�印象に残りました�また�
施設長が�の
ヘ�トカンプ先生に来日当時ドイツと日本で
ぞみ会五十周
は下水道事情や住環境が違うので�なにしろ
(6)
望 み の 門
2013年8月1日
年の最後の記念行事ですから�施設長全員の ずつ手続きをし�乗り場を捜して電車に乗� 会いによ�てはいろいろの人にプレゼントし
総意です�と言われて驚きました�見知�た た�電車は一等車だ�たが混んでいて全員皆 たいと溜めておいた小物類�出かける間際に
顔の方々があちこちに見えました�そのうち バラバラ�私は大きな外国人男性ばかりの所 お嫁さんが買�てきてくれたお寿司がぶら下
全員集合で�坂井牧師が結団式のお祈りをし だ�た�検察が来たが�二人で一枚の切符を が�たボ�ルペン�安らぎの靴下等も沢山入
てくださ�た�施設側では見送りの為に�行� 持�ていない私は後の部屋の人が持�ている れたので私にはち��と重か�た�
てら�し�い�の大きな幕まで用意して掲げ と言�たらそれでOKだ�た�他の人も持�
ホテルでは木下先生がにこにこしてロビ�
て下さ�た�ふと�本当に総意なのかしら? ていないと言�たら�それでOKだ�たそう でお出迎えして下さりお祈りをしていただき
と思�たが�皆さんの顔を眺めていると�全 で�一緒の切符の奥山さんの所には来なか� ました�無事を喜び合�て�ようやく部屋に
員がにこにこして喜んで見送�てくれている たと言�ていた�検札が適当か�日本人は真 着き荷物を置いてホ�と一息�
ようにも思え少し安心した�
面目と思われてのことか判らない�約一時間 偶然か�ル�ムナンバ�は千葉の家の住所
こ の よ う に 大 勢 の 施 設 長 の 方 々 に 見 送 ら でケルンに到着�ケルン駅から二駅ばかりの と同じ1235だ�た�ロビ�は大きくない
れ 一 行 七 名 は 十 一 時 二 十 五 分 に 成 田 を 出 発 所をタクシ�に乗り�アズミ�トホテルへよ が部屋は広く静かで落ち着いていた�ベ�ド
しました�一行の内訳は職員の井本常務�新 うやく到着した�
もお風呂の入り心地も良よか �た�しかし�
藤先生�ピ�タ�パンの会から伊東さん�宇 何 し ろ お 土 産� 西 千 葉 教 会 の ご 婦 人 た ち 石鹸が無くて�それらしいものを押してみた
野さん�京葉後援会から奥山さんに私�自由 手作りの大きめで日本的なパ�チワ�クの素 が出ない�判らなか�たので仕方が無いと思
参加の晃子夫人です�飛行機はロシア上空を 敵な手提げや西陣織の風呂敷など手分けして い�持参の歯磨きで顔を洗�た�初めての経
八時間�そしてノルウ���スエ�デン�ヘル 持ち�又私は機会があれば�渡辺悦子さんに 験だが�油症なので顔の脂が取れていいかな
シンキを通り�ドイツに入り�飛行機に乗るこ 教えていた
と思�たので実行し�夜の食事も取らず�未
と十二時間�同日十六時三十分にフランクフ だいた折り
だ明るいのでカ�テンを引いて早々に寝た�
ルトに到着�
紙を大道で
直ぐに眠れた�
十二時間という時間も食事以外は良く寝て 折�て見せ
この旅の一番の目的は日本と同じ敗戦国で
いたので�さほど苦にならず�あ�という間 一緒に遊び
あ�たドイツのMBK�キリスト教の数ある
のことでした�
たいと思�
団体の中で小さな団体�から望みの門へ五十
年間の支援がありそれに対するお礼が目的の
空港にはシ�ア先生が橙色に赤の縁取りの たので折り
付いたきれいなバラを持�て出迎えて下さい 紙 や� エ コ
旅でした�
ました�観光ツア�の旗の代りだそうで一同 を考えてチ
宣教師派遣の仲立ちをしたのは賀川豊彦
で�派遣された宣教師たちは日本に来て杉並
感激�フランクフルトの空港は大きい�旅行 ラシを持�
の望みの門を拠点にし�半年から一年かけて
中に乗るユ�レイルパスを使えるように二人 て い た� 出
2013年8月1日
望 み の 門
(7)
先ず日本語を学びました�
部に書き送�た報告を晃子さんが翻訳したも 一部屋を借り宣教師の方々がドイツ各地から
集ります�部屋に行�たらもう�数人の方が
その後�夜の繁華街に立ちトラクトを渡し のを読ませていただいて判�た�
て宣教しました�日本の婦人たちが街頭に立 ハ ル ト ヴ � � ク さ ん は 障 害 を 持 つ 女 性 に 来ていた�私はトイレを調べる為にウロウロ
つのは困難だ�たようで�関口孝子さんから� 編み物を教え�彼女は足を使�て出来るよう していたら�後で判�たのですが�グロ�ス
繁華街に立�ていて怖いことがあ�たと云う にな�たそうです�彼女たちに字を教えたり さ ん が�� ト イ レ で す か� 下 に 降 り て 左 � と
ことを何回か聞いたことがあります�頼�て 編み物をする時�編目を数える為に計算を教 教 え て く れ た� 事 前 の 勉 強 会 で 頂 い た 写 真
集�て来た女性たちの居場所を茂原のベテス え�一緒に聖書の学びをしたそうです�この は若い時ので判らなか�たが�今は髪が真�
ダホ�ムで創め�木下弘人先生とド�ラ先生 方の一番最初の受洗者は目に障害のある岡井 白 だ � た� 十 一 時 頃� 次 々 と 集 ま り 私 は テ
が富津に望みの門学園を作りました�これら 久子さんだ�たそうで�岡井さんは詩を作り シ�ナ�先生と握手�ペ�タ�さんは写真と
の最初の働きはほぼMBKが考え創めたよう 続けて詩集を出しました�
変わらず直ぐ分り�ペ�タ��と呼んで握手
です�
木下宣世先生も一緒に働いて組み立てたと した�ヘ�トカンプ先生もすぐわかり握手し
東京望みの門から始ま�た働きも�日本で いう有名な米軍払下げの蒲鉾兵舎はこの頃の た�勉強会で覚えた人の名前は私は大きな声
は活動する為のお金が無か�た�宣教師たち ことだ�たようです�聖書の学びや女性たち で呼んで握手した�ドイツ人同士もお互いの
はドイツのMBKに何度となく手紙を書き� の学びの為には近隣の教会の牧師も協力した 挨拶が中々終らなか�たが十一時も過ぎたこ
献 金 を 募 り� 日 本 に 送 � て も ら � た� ま た� ようです�べテスダホ�ムの建築�浴場�作 とだし�シ�ンパンで乾杯しようということ
宣 教 師 さ ん 達 の お 給 料 も M B K か ら 出 て お 業所�厨房�工房等の増設建築もドイツのM にな�た�
り�そのために木下ド�ラ先生はず�と望み BKの関連団体を通して絶えず寄付金が送ら
しかし�グラスから違うせいか中々テ�ブ
の門からお給料を貰わないで働いたのです� れてきたそうです�これらのことを頭に叩き ルに運ばれてこなか�た�今頃グラスを出し
その事はドイツの宣教師さんが�ドイツの本 こみ�私達は宣教師さんを接待することを肝 て磨いているんじ�ないのと笑�た�その間
に命じました�
にも写真係の宇野さんと伊東さんは写真をパ
翌朝の朝食は全員大きい丸いテ�ブルに座 チリパチリ撮�ている�二人共立派なカメラ
り食べました�私は前夜食事抜きだ�たので なので皆良く撮れればいいなと思�た�
お昼ご馳走を食べると云うことを忘れ�いろ
司会は井本先生で�木下先生がドイツ語で
いろの物を沢山食べてしま�た�
ご挨拶�シ�ア�先生と新藤さんが通訳して
十時半に目指す会場�大聖堂近くの有名な くれた�この時�日本人の自己紹介は名前を
フリ��というお店に向�た�フリ��は地 云うだけにして下さい�宗教は言�てもいい
球の歩き方にも出ている有名な居酒屋で部屋 です�と言われていたのを言葉通り受け取�
が沢山あり迷いそうなお店だ�たが�そこの て名前だけ言い�もし�時間があ�たら用意
(8)
望 み の 門
2013年8月1日
2013年8月1日
してきたものを
話させて下さい
と云�た�しか
しこれは時間が
無くて話す機会
はなか�た�そ
れからようやく
シ�ンパンが来
て�丁度マイク
を持�て話して
いたテシ�ナ�
先 生 が� 乾 杯 �
子 禁 制 の ホ � ム で 料 理 を し た 唯 一 の 男 性 に いたことです�日本人と結婚したらしい�日
な�た�もうひとつの経験は重症の障害者の 本とドイツの皆様有難うございました�
施設に行�て�足を掻く事も出来ないと云う シ�フラ�さんは一人�子で日本で二年間
障害者に一生懸命足を掻いてや�ている人が の語学研修を終えてから紫苑荘で十年間働い
いるのを見た�
たそうです�お母さんが日本に来て学園で手
MBKの組織は段々小さくな�てきている 編みを教えた�お母さんが七十歳の時に�皆
が�イエスの二枚の絵が思い出される�一枚 さんにお祝いをしていただいたのは嬉しい思
はカラシ種の絵�もう一枚は麦の絵です�低 い出です�私が持�ていたアンチ�コを見せ
く評価してはいけません�死んでしま�たら てと言われ�そこにシ�フラ�さんの写真が
芽は出ません�死ななければ�MBKの働き 無いのがち��と不満そうにも見えました�
が二つの話しのようになります�日本の方が グロ�スさんは九十二年から九十七年まで
遠くドイツの地まで来てくれて感謝します� 東京望みの門で働きそこで知り合�た人特に
とや�てしま�
次のヘ� トカンプ先生は��初め ての仕事 目黒眞理さんは素晴らしい人で良か�た�木
た�先生の話は
で船で富津まで来たら麦が実�ていたので� 下弘人先生とド�ラ先生が望みの門を始めた
未だ延々と続く
ハ サ ミ で 刈 り 入 れ を し た の が 富 津 で の 最 初 のは素晴らし
��� 先 生 い わ く ラ イ� 盲 人� 子 供� 老 人� の仕事だ�た�望みの門がこんなにも立派に いことであ�
売春婦�障害者への伝道の仕事は難しく�精 な�て感謝するしかありません�東京望みの たと話した�
神的な成熟さをも�て事にあたらなければな 門では刺身を食べて�生の魚を食べたと云う
ペ�タ�さ
らなか�た�
んは最初に皆
事で皆に褒められたそうです�
最初は青年を対象にして伝道していたが� 感謝状の授与�感謝の記念品のお披露目を 様有難うと感
老人売春婦を相手にしたことで目が開き�働 し�後でお渡しすることを知らせた�皆嬉し 謝をのべられ�
きは足が地に着いたものにな�た�二十一年 そうなにこにこ顔であ�た�
若者の為に二
間は非常に大変な時代であ�たが�赤の学生
ン ゲ ル さ ん は 五 月 十 一 日 に 八 十 歳 に な 回ばかり西千
リ
には興味が無か�た�問題があ�た時には何 り� 最 初 は イ ン ド の ジ � ン グ ル で 働 き� 次 葉教会に行�
回でも日本に行�て解決しようと思�た�日 に東京に来てべテスダホ�ムに二年間いまし たが小さな町
本に行�たとき�ヘ�トカンプ先生が泊まり た�東京の地下街を歩いた時はジ�ングルと で教会が灯台
なさいと云�たので杉並の望みの門に泊り� 同じだと思�た そうです�楽生園で も働き� の役割りが出
幼稚園生に焼きジ�ガイモの料理をした�男 日本での大事なお土産は千田という名字を頂 来るのが不思
望 み の 門
(9)
議だ�たそうだ�高齢化は�西千葉教会では
関係ないように思えた�青少年の事で印象に
残�たのは修養会や青年会のことでした�ア
フ リ カ で 働 い て い た が� 仕 事 を 始 め る 前 か
らイエスさまが共にいると云うことを感じて
いたと話してくれました�ケルンで客として
呼んで頂きまして有難うございました�西千
州に引�越した方がいる�多くの子供が他県
に移�たりしているが施設の子はそこに留ま
らざるを得ない�西千葉教会の看護師さん達
の先生がその事に気が付いて外にも出かけて
行�て活動して居る�等いろいろお話して下
さ�た�外国の人の方が情報を沢山持�てい
て心配しているようでした�
を選びケル�酒と共に美味しさを堪能した�
ス�プもサラダもデザ�トも全て大盛で食べ
きれない�ヘ�トカンプ先生はぺろりと平ら
げていたが�グロ�スさんとシ�フラ�さん
は�私達の胃袋はそんなに大きくないので食
べられない�と言�ていた�私も美味しいの
に残す羽目にな�て残念だ�た�話しも尽き
葉教会にも皆様にも神のご加護がありますよ
向 か い 側 の 席 だ � た ヘ � ト カ ン プ 先 生 は ないが�時間を一時間も超過しているので散
うに�アフリカで凄い苦労があ�たと誰かが �この後の予定はどうな�ていますか�と聞 会とな�た�大きな声で�ペ�タ��と呼ん
云�ていました�
いたので 私は�大聖堂に行き ます��とい� だからかペ�タ�が私の所に来て握手を求め
マリ�ネエリザベ�ト� た ら�� そ れ で は� 私 も ご 一 緒 し ま し � う � た�私は�またお会いしまし�うね�と云�た�
若い方は五人参加�
アンジ�リカ・ボンエルフ�ユリアさんキ�� とお�し��た�
井本先生は�乾杯の音頭をヘ�トカンプ先
ベルさん�若い方は今現在�給料無しのボラ ヘ � ト カ ン プ 先 生 は 日 本 で 命 の 電 話 を 始 生にや�て貰おうと思�ていたのに�テシ�
ンテアで子供を導くための働きを手助けし働 められた先生だそうで�近年�美智子皇后に ナ � 先 生 が や � て し ま � た � と 残 念 そ う に
いていると云うことでした�二�三年前に日 お話を聞かせて下さいと呼ばれた時には�五 言�ていた�
本に来た方も居ました�
年前の洋服 シ�レンガ�先生は手作りのカ�ドをくれ
� ト カ ン プ 先 生 か ら 質 問 が あ り� 福 島
だ�たそう た�私は狭いところでウロウロしてもし�う
ヘ
の原発について知らせて欲しいと言われた�
で素敵な先 がないと別れを楽しんでいたが�新藤さんと
チ�ルノブイリの時ドイツ人はとても神経
晃子さんはいろいろの気配りで�最初から最
生だ�
質 に な � た そ う で� 五 百 キ ロ や 千 キ ロ 離 れ
の日の 後まで大変だ�たと思う�
こ
ていてもその近辺の物は食べな�かたそう
ご馳走はア ケ ル ン の 大 聖 堂 に 行 き� 皆 で 椅 子 に 座 �
ですが�日本では二十キロ�三十キロで大丈
スパラ�肉� てステンドグラスやあちこち見ていたが�私
夫なのか?と云う疑問の声でした�木下先生
魚から各自 は通訳無しの話は全然わからないので�宇野
が�学者が政府側にな�ており�そんなに危
選 ん だ� 私 さんと伊東さんと三人で��塔に 登ろう�と
険でないんだよと�アピ�ルしているとか�
は六月七日 云 う こ と に な � た� 狭 い 階 段 を て � ぺ ん ま
除染をするが途方もない時間とお金が掛か
で終わりと で 登 � て 五 百 段� 窓 は 閉 め 切 り な の で 暑 い
る�だから若いお母さん方が原発の影響を心
いうホワイ し�大汗が噴き出てくる�ハアハア息を弾ま
配して居る�身近でも子供が小さいのでと九
トアスパラ せてや�と登�た�目が廻りそうだ�た�そ
(10)
望 み の 門
2013年8月1日
2013年8月1日
れでも大勢
が登�てい
て時々は渋
滞で止まる
と又汗が出
る�て�ぺ
んに出ると
風があり気
持良か�た
が�工事中
ですぐ近く
ベ � テ ル に 着 い た� ベ � テ ル に は あ ら ゆ
る福祉が揃�ており�住んでいるほとんどの
人が福祉に関わ�ている人達が多いという町
で�この街の素晴らしいところは�身体障害
者�心身に障害を持�ている人�赤ち�んか
ら高齢者�ホ�ムレスまで居て�街で何らか
の働きをしたりして無理のない暮らしをして
い る と 云 う こ と で す�� 学 校� 商 店� レ ス ト
ラン郵便局銀行�ホテル�住まい�生活に必
要な物はすべてそろ�ていることで�街とし
ての機能がありました�今迄の日本のように
山の中や離れ小島に隔離されると云うことは
なく�ベ�テルの街の外にまで開放されてい
るそうです�これまで井本先生が�ベ�テル�
ベ�テルと云うのを聞いていましたが�望み
の門もベ�テルを目指しているのだというこ
とをようやく肌で感じることが出来ました�
泊�たホテルは障害者と健常者が共に働き
からと遊びに行�たら翌日に響くと思�たの ンからベ�テルへ�娘がバザ�に出して�と
で又カ�テンを閉めて寝てしま�た�晃子さ 言�てくれた服を着ていたが近くに座�た女
んは飛行機の中でも眠れなか�たらしいが� 性が美しいと服を褒めてくれた�
部屋が線路に近いところで�電車が通るたび アメリカに行�た時には�アメリカの一番
に電車の 車両を数えていた そうで��長いの 大きなデパ�トで�女性店員に肩を叩かれて
は五十両もあるのよ�と言�ていた�お気の �ナイス�ビ�ウテフル�と言われた事があ
毒に又良く眠れなか�たらしい�木下先生は る�この時は全身黒に�お嫁さんにもら�た
スケジ��ルの関係で帰国のため朝九時半に スカ�フをしていたのだ�この次は何処で言
はお別れだ�丸いテ�ブルに全員で座り朝食 われるか?二度あることは三度あるので期待
を食べながら感想を言い合�てやがて九時半 した�
にはロビ�でお見送りした�
は見えな
私 達 は 大 聖 堂 の 近 く ま で 歩 き� ラ イ ン 川
か�た�伊
河畔で景色を見ながら朝からケル�酒を飲ん
東さんと宇
だ�何しろ水よりビ�ルの方が安いのだ�コ�
野さんは建築屋さんと設計屋さんなので外の ヒ�も飲んだがど�ちかの男性がおご�てく
景色を眺める癖が付いているので良く分か� れた�その後�ホテルに戻り各自チ��クア
たようだ�たが�私は分からなか�た�階段 ウトしてケルン駅に向�た�
をのぼりながらこれは何時取り付けたのかな
ルンの駅前は物凄い騒ぎでお祭りのよ
ケ
とか柱の作りなどを話していた�下にはあ� う で も あ り� お 巡 り さ ん も 出 て い る� 何 だ
と い う 間 に 降 り て 地 下 で 大 聖 堂 の 土 台 を 見 ろうと思�た�ビ�ルを片手�両手に持�て
たら物凄い石の積み重ねだ�た�日本の厳島 人々が歩いている�駅に入り�ホ�ムで電車
や二条城の二十年ごとの建て替えの話などか が来るのを待�ていたら�百mくらい離れた
ら�幕屋への話に繋が�てい�た�
目の前の道路を大勢の人が列にな�て歩いて
それからは雨が降�て来たのでタクシ�に いる�や�ぱり�ビ�ル持参だ�見ていたら
乗りアズミ�トホテルへと帰�た�
一斉にこちらに向�て放尿した�目のやり場
今 夜 も お 腹 が 一 杯 で 食 べ ら れ な い と 思 い に困�た�フ�リガンかもしれない�ドイツ
誰にも連絡しないでお風呂に入り�今夜は力 のサ�カ�熱の凄さがここにも表れていると
い�ぱい押してせ�けん液を出した�明るい 思�た�ジ��マンレイル一等に乗�てケル
望 み の 門
(11)
運営しているというリンデンホ�フというホテ 室�ベ�ド
が�これは寝ているベ�ドで垂れ流し状態に
ルで�静かな田園の中にあるホテルです�ル� が並んでい
なるのだろうか?そして�ベ�ドの脇には土
ムキ�がえらく難しいコツのいる鍵でした� るところな
の入�たバケツが置いてあり小さなスコ�プ
用 の 物 が 入 � て い た� 聞 く 人 も い な い の で
障 害 者 が 開 け ら れ る の だ か ら 私 達 も 開 け どいろいろ
想 像 す る し か な い が� ぎ � � と し た� ベ �
な け れ ば と 思 う の だ が そ の コ ツ が よ く 判 ら あ�た�個
テルでこうなのかと重�い思いを胸に外に出
な い� 途 中 で 出 会 � た 井 本 先 生 に 開 け て も 室 に は 絵
た�
ら � た� 荷 物 を 置 い て さ � そ く 女 性 だ け で な ど 掛 け
付 近 を 散 歩� 自 然 豊 か で あ ち こ ち で 満 開 の てあ�たり
その後�晃子さんは一人で何処か病気でケ
ルンに来られなか�た宣教師さんを訪問�そ
ボ タ ン 桜 や リ ラ の 花 の 大 木 を 眺 め て 楽 し ん 小さな整理
して�男性達とは別行動で私達も三人で歩き�
だ�翌日井本先生は鍵を開けるのに二十分も ダンスのよ
美味しいレストランに入�た�ここでもレス
かか�て大汗をかいたらしい�皆も苦労して うな物�置
トランに恵まれた�街をぶらぶら歩いていた
いた�ついに井本先生がもうこのホテルは使 いてあ�た
らホテルの鍵が無いのに気が付いた�何処か
えないと言�た�今朝は井本先生の案内で徒 トイレは木
で落として無くしたらしい�私はあまり心配
歩でベ�テルの街に向�たが道を間違えたら で 出 来 て
しないで又作�て貰えばいいと思�たが�何
しい�途中からバスに乗りベ�テルの福祉博 いた�
物館�ベ�テルの創始者や関係者が眠るお墓 机 に 電 気 ス タ ン ド を 置 い て あ る と こ ろ も しろ普通と違うホテルなので�鍵を作る人が
を訪ねた�綺麗に整備されてお花が咲いてい あ�たが一番衝撃的でよく分からなか�た物 いなくなるかもしれないと云うので�急ぎタ
た�博物館では廃物利用で作�たア�ト作品 があ�た�それは�大部屋に並んでいるベ� クシ�で帰�た�そして�私が�鍵を無くした�
が精巧で素晴らしか�た�休みだ�たのに開 ド�ベ�ドには土が入れてあり�マ�トの役 とハンサムさんに云�たが通じなくて新藤さ
けて見せてくれたのだ�歩いていると�老人 目をしているようにも思えることだ�昔はオ んがドイツ語で云�てくれて通じた�そした
や障害のある人�病を抱えていそうな人に多 ムツも足りなか�たのではなかろうか�ある ら�これからは気を付けて下さい�と無料で
くであ�た�作業所では車いすの女性が作� いは�介護の人が足りなくて合理的にと考え 作�てくれた�私はどうや�てお礼をしたら
いいかなと考え�持�て行�たチラシや折り
ているぬいぐるみが可愛くて六月末に生まれ 出されたのか���
る孫の分まで色違いで五個買�た�孫がず� そ の ベ � ド に は 網 の よ う な 物 が 敷 い て あ 紙で兜や箱風船を沢山作り紙袋に一杯入れて
と持ち続けてくれたらいいなあと思�ている り� 尿 が 土 の 中 に し み て 行 く 仕 組 み に な � 持�て行�た�ワ�カ�の仕事ぶりをチ��
が�そうなるかどうかは判らない�ここの二 ているように思えた�ベ�ドは柵がしてある クしているからか自然に厳しそうな顔つきに
階�三階を見せてくれると云うので行�てみ ので自分でトイレを出来ない人は�ベ�ドを なるリ�ダ�の女性に渡した�その時の嬉し
たら�ベ�テルの昔の療養の道具や病室�個 出たり入�たりと動ける筈が無いと思うのだ そうな笑顔が忘れられない�他のワ�カ�さ
(12)
望 み の 門
2013年8月1日
んも笑顔にな�た�昨日は注意されて切れて
いたようだと云うおし�れな坊やも居た�鍵
の一件や歯磨きで顔を洗�た事などを話して
あ�たので�奥山さんが�私の�その神経の
半分欲しい�と言�ていた�しかし新藤さん
はドイツ語が話せて�ツア�コンダクタ�も
やれて心理士で�良く気が付き親切�おまけ
に剣道の師範でかずさの里の希望する子供に
教えている�
こんな素晴らしい人が望みの門に居てくれ
て嬉しいなと思い�どうして望みの門に就職
したのか聞いてしま�たら�快くいろいろな
ことを話してくれた�この夕食の時�井本先
生が�私のおごりでビ�ルをどうぞ�と云う
ので遠慮しないで頂いた�私達が夢中にな�
て話していたのでお金を払�て先に行�てし
ま�た�一緒に話しに入りたか�たのかもし
れないので申し訳なか�た�リンデンホ�フ
ホテルはシ�ワ�のみだ�たが鍵と違い清潔
で 気 持 良 か � た� し か し 誰 か が�� き ち ん と
されて無か�たわ�と言�ていた�
五月十一日�いよいよビ�ルフエルトから
ケルンに出てベルリンへ�シ�ア�先生とは
ここでお別れだ�ベ�テルや車窓からは何処
でもリラの木�藤の自然のままの大木�菜の
花畑�風車が良く見えた�多いところでは推
定百本位の風車が建�ている所を見た�
ベルリンのホテルはベルリン動物園の近く
2013年8月1日
望 み の 門
(13)
のクラウンホ
テルだ�ホテ
ルに着くまで
にカイザ�ウ
イリアム教会
なんですよ�という内容だ�たらしい�帰り
教会を出る時はその牧師が入口に立�ていて
握手してくれた�目の見えなさそうな老人が
長いこと握手してとても嬉しそうで幸せそう
な顔だ�た�
で夜音楽礼拝
翌日の聖日には又カイザ�教会の礼拝に
があるという
行�た�ホテルを出るとツ�ルドドイツの自
事を字の読め
転車レ�スが始まるところで少しばかり見て
る晃子さんが
いたが�一斉に走�た色とりどりの自転車と�
言 � て い た�
着ているスポ�ツウエアの様子がとても綺麗
女性達は荷
で見事だ�た�
物を置いて直
教会では晃子さんと新藤さんは入口の棚に
ぐ教会に出か
積み上げた讃美歌を借りている�私は読めな
け�教会の前
いので借りない�礼拝堂の左右には本日の讃
の屋台で売�ていたカリ�ヴ�ルストを食べ 美歌のナンバ�が大きな字のカ�ドで貼�て
てから教会の中に入�た�お説教は女性牧師 あ�た�また女性牧師で昨日の牧師より若い�
で�使徒行伝からのお説教だ�たらしい�私 昇天祭のためのカンタ�タを�デンマ�クの
はち�ともわからない�八角形の教会全体に 合唱団と聖歌隊が讃美した�お説教はヨハネ
ステンドグラスがはめてありその色は海を思 伝 で�� 神 は あ な た を 孤 児 に は し な い� 何 処
わせるような素晴らしく綺麗な色だ�た�真 にでも神は一緒に居る�と云うことだ�た�
正面に大きなイエスさまが掛か�ている�説 内容が昨夜と似ているかなと思�た�晃子さ
教 が 全 然 わ か ら な い の で 仕 方 な く� ス テ ン んに誘われて前に出ていき聖さんを受けた�
ド グ ラ ス は い � た い 何 枚 あ る の だ ろ う と 数 御煎餅のようなパンと大きな聖杯に入�た葡
えた�四十×三十五×八で一万一千二○○枚 萄酒をカ�プで少しずつ回しそれをいただい
だ�た�ステンドグラスも聖歌隊の讃美もう た�献金のおばさんはいかめしい顔をしてい
つくしい�女性牧師は晃子さんが話してくれ たが慌てていたのか�黒のス�ツの中から出
たのには�� イエスさまは何時で も何処にで した白いブラウスの襟がき�かり半分しか出
も貴方と共に居ますよ�最後には教会も大変 ていなか�た�
オルガンに詳しい晃子さんがオルガンにつ お腹が出来たので�ぷらぷらとペルガモン 方が嫌だから�路上では地図を見ないと云�
いて教えてくれた��千百本のパイプがある� 博物館まで歩いた�長い列のなか並びチケ� た�お腹もすいてないし�判らないテレビに
パイプオルガンでシ��ケオルガンと云うの トを買い�荷物を預け�日本語説明のイヤホ くぎ付けにな�てもし�うがないので�今夜
だそうだ�聖歌隊の場所はベランダのように ンを借りた�
も何も食べないで寝た�テレビの下の方に出
浮いている中二階でそこにパイプオルガンも 二十年前に見たときより感激が薄れ�一通 る為替で円安が進んでいるのは判�た�
据え付けてあ�た�修復中の教会はアイアン り見てから広い階段に座�て�神話の世界に 五月十二日�今日も元気で目が覚めた�朝
マンと云う人の計画がベルリン市民の反対に 眺め浸�た�戦勝記念塔�テレビ塔�国会議 食後部屋に戻ると�コンコン�コンコンと云
より今の建築で進行することで落ち着いたの 事堂も近くに見えたがもういいわと中に入ら うドアをノ�クする音がするのでドアを開け
だそうだ�いまだ戦争の跡が生々しく残�て なか�た�
てみたら�若い黒人男性が磨きたいと掃除道
いた�
夕方帰りがけに�又カイザ�教会のロ�ク 具を持�て立�ていた�でも�未だ早すぎる
礼拝後トイレを捜してウロウロし�教育館 の音楽礼拝に寄�てみた�私は好きでも嫌い と思�たので��未だ待�て�と言�て断�た�
のようなところでトイレを借りようと思�た でもなか�たが�晃子さんが�こういうの嫌 ホテルの場所は最高で�日本でいえば銀座の
ら�中年女性に�ここはプライベ�トの部分 い�と言�て出たので�私も若い二人を置い ような所で何処に行くにも便利�今日は女性
だから早く出て下さい�と追い出された�
て出てしまい�クラウンホテルに戻りほ�と 四人でベルリン駅まで行きそこから�ルタ�
礼拝後蚤の市を見て�電車三回乗り継ぎで した�奥山さんと新藤さんは若く元気だ�私 を訪ねてビ�テンブルグまで行くのだ�八時
ブランデンブルグ門方面に向�た�私はU番� は タ ク シ � 派
半ホテル出発�ベルリンから列車で五十分だ�
S 番 の 乗 り 場 を 捜 し て 歩 き ま わ � た り す る だが�奥山さん
駅に着いたら何も無い�小さな観光案内所が
よりも時間と体力温存のためにタクシ�を利 は怖いのでタク
あるだけの静かな何も無い方に出たらしい�
用した方が良いと思い��タクシ�に乗ろう� シ�に絶対乗ら
よその若いグル�プに付いて二十分くらい歩
と云�たが�他の人は電車派だ�たので私も ないそうだ�地
いて行�た�館に着き庭の入口を入�た所に
従�た�門のそばあたりは各種のにぎやかな 図 を 片 手 に 歩
ルタ�の奥さんのカタリ�ナさんの�躍動的
パフ��マンスがあ�た�竹の子族かパラパ きたい方だ�新
なブロンズ像が私達を迎えてくれた�館が広
ラのグル�プのような若い人達が大声で歌� 藤さんと晃子さ
く学校も経営していたらしいが�性的虐待か
たり踊�たりしている�とにかく二十年前よ んは字が読める
ら逃れて来た修道女たちを匿�たリ�その他
り物凄くにぎやかだ�た�あちこち歩き見て ので歩く方が良
頼�て来た人を食べさせていたので�ルタ�
からレストランの大きなテントの下で食事を いに決ま�てい
さんは生活が忙しく大変だ�たらしい�やが
した�ここも美味しか�た�餌が豊富な為か� る�私は地図を
て逃げて来た女性達も結婚したりして�次第
雀が肥えて人に慣れていた�
見て隙を見せる
にいなくな�たので最後に残�たカタリ�ナ
(14)
望 み の 門
2013年8月1日
さんと結婚したらしい�
てから遅れて発車した�途中で電車は止ま� 飴や柿ピ�等
ル タ � 博 物 館 は と て も 広 く 沢 山 の 聖 書 や たり�変更があ�たりしたがドイツでは日常 を置いたりし
印刷機�武具も飾られていた�逃げて来た人 茶飯事らしく七十パ�セント正常に走れば良 ていた�少し
の為に武具も必要だ�たらしい�二�三の教 い方らしい�今日はフランクフルトまで五時 でも荷物を軽
会を見たが中には修復中で入れない所もあ� 間乗るのだ�電車で注文して何か食べたが名 くしたい�し
た� 東 ド イ ツ だ � た の で 今 ま で 修 復 さ れ な 前を忘れた�ベ�テルでは�日本に居る時か かし�今回ほ
か�たのだろうと云う話しにな�た�行事が ら食べたか�たシ�ニ�ツエルを注文して食 どお土産を買
無い時は静からしい�また由緒正しそうなそ べたが私が考えていたのと違�ていたのがど わない旅は無
れでいて安そうなレストランに入り私はワイ うしても不思議で�新藤さんに聞いたら�
�あ いなあと思�
ンやアスパラ�ソ�セ�ジを頼んだら本当に あ�オ�ス トリアとドイツでは 違いますよ� た�記念の自
美味しか�た�ここでも八重桜を見た�ドイ ドイツは大きくて厚いです�とのことだ�た� 分の物もお父
ツのあちこちで桜のお花見が出来るとは思� そうなのかと納得した�
さんの物もな
てもみなか�た�
フランクフルトのサボイホテルはこの旅最 い�整理の時
夕方五時二十二分発の電車に乗�たら�途 後のホテルだ�未だチ��クインできないの 期で欲しい物が無いのだから仕方が無い�そ
中 で 全 員 下 ろ さ れ て し ま � た� 新 藤 さ ん は でロビ�でワイワイしながら待�た�チ�� れより�見送りして呉れた人達へのお土産を
乗�ていた電車の車掌さんに聞いたが��私 ク イ ン 後� 皆 自 由 行 動 し た い よ う だ � た の どうしようかと何回か考えた�
だ�て知らないわよ�と言�て不親切だ�た� で私も一人で一時間半ばかりホテルの近辺を 五 月 十 五 日� チ � � ク ア ウ ト 後 荷 物 を 預
皆は慣れているのか黙々と歩いている�こん 歩きまわ�た�自分のいる所が何処か判らな か�て貰�て�新藤さんを解放�奥山さんは
な時日本なら大変だなと思�た�新藤さんが くな�たので�タクシ�に乗り�ガレリヤは 地図を片手に独りで歩きたい�私は晃子さん
捜した電車は乗り換えなしでホテルのそばま 遠いかどうか聞いたら遠いと云う�ガレリヤ にお邪魔でし�うが一緒に行きまし�うと�
で行くらしいと云うことだ�た�私はあなた でお土産を買いたいと思�ていたのだが諦め 行動を共にすることにした�高級住宅地だと
任せでち�とも心配しないので呑気だが�新 てホテルまで行�てもら�た�誰にも会わな 云うところを歩き�聖書ハウスに行�た�私
藤さんは仕事で来ているので大変だろうなと か�たので�一人でホテルのバ�に入りコ� はそこで子供用に作られたチ�コレ�トと絵
思�た�でも�ち�とも�顔や態度に現さな ヒ�とピザを頼んだ�コ�ヒ�のお代りもし 葉書を買�た�それから電車に乗りレ�マ�
い�本当にたいしたものだ�
てお腹が一杯にな�たので�最後の夜だけど� 広場に行�た�そこで一回りしてからベンチ
に座り風景を見ていた�同じベンチに座�て
五月十四日�朝八時半までに各時チ�クア 部屋に入�て帰る支度�折り紙やチラシで兜
ウトを済ますことと言われ全員済ませ�ベル や箱�風船を折�て並べてピロ�マネ�を入 いる若い男の人が爪を噛んでいる�そのうち
リン中央駅へタクシ�で移動�電車は乗車し れた�いつもピロ�マネ�と折り紙�日本の パフ��マンスをしている人の所に行き話し
2013年8月1日
望 み の 門
(15)
ている�おとなしくて声もかけない二人のパ を見て歩いた�育ち盛りの孫達の為にグミや
フ��マンスの人がち�とも仕事を出来ない チ�コレ�トを買い込んだ�大風呂敷に包ん
でいるので何だなと思�た�全身に金や銀を でバラバラにならないようにしてから一人で
塗�て一緒に写真を撮�てお金を稼ぐらしい ジ��スとサンドイ�チを買�て食べた�
バザ�実行委員長
田尻
隆
がち�とも客はいない�音楽隊もジプシ�も 乗�た飛行機は来る時と同じ席で�隣が空
居た�レ�マ�広場で奥山さんに出会い�お� 席�その隣は伊東頭領なので安心して良く寝 六月一日�土�今年も望みの門バザ�が盛
と云�て二�三分で別れた�旧市庁舎では結 た�十一時間後成田に着いたら木下牧師初め 大に行われました�五月二十九日に例年より
婚式があ�たらしいが花嫁さんは中々出てこ 数人の施設長が迎えに出てくだ�さていた� 早い梅雨入りで天候が心配されましたが降水
木下牧師が挨拶と感謝のお祈りをして下さり 確率四○%のこの日�何とか天気はも�てく
ないので見るのを諦めた�
解散とな�た�事務局長から二十五日の記念 れました�開会を飾るのは今年も地元富津保
次にレ�マ�広場を後にしてマイン川の橋
を渡りゲ�テハウスに向�た�橋の欄干には 礼拝で二十年の感謝状が授与されるので礼拝 育園の元気なお友達の太鼓演奏です�生き生
きと太鼓をたたく子どもたちの表情は真剣そ
沢山の鍵が掛けてあ�た�多分私の推測では に出るように言われた�
金庫か財布を守る日本の絵馬のようなものだ 井 本 先 生 か ら は 感 想 か 報 告 文 を 二 十 五 日
と思う�知�ていたら私も鍵を持�てくるん まで提出するように言われた�お嫁さんが迎
えに来てくれていたので真�先に帰ろうとし
だ�たのに��
� テ ハ ウ ス は 所 々 に 古 い 部 材 や 部 品 を た�晃子さんが握手しに駆け寄�てくださ�
ゲ
使�ているが二十年前と違�て立派にな�て た�皆と握手すべきかどうか迷�たが�何時
いた�二階から下がのぞけるなどと云うこと までも名残惜しまないで�早くお別れした方
はもう無か�た�広く大きく立派にな�た分 が良いような気がして�誰とも握手せずにさ
沢山の肖像画�絵画や本が飾られていた�家 よならをした�
に帰�てゲ�テ�て持てそうな顔だよねと
高齢者と呼ばれる年齢ですが�全て自分で
言�たら�夫がゲ�テの女性関係は晩年まで やりおおせた体力�健康�恵みに感謝し大い
派手だ�たらしいよと云�た�そして�野バ なる喜びを感じました�この旅では日本の教
ラ�の歌詞を読んで御覧�綺麗に纏めてある 会が行�てきた社会事業の歴史と理念�実践
けど�あれはと教えてくれた�又電車に乗り子 が少しばかり判�たような気がしました�望
供のおもち�博物館を見てホテルに戻�た� みの門では�一時代が終りこれからまた新し
夜 八 時 四 十 五 分 の 飛 行 機 に 乗 る た め に 早 く進まなければならないと強く思いました�
めに飛行場へ行き�荷物を預けてから免税店
(16)
望 み の 門
2013年8月1日
新藤
紀子
かずさの里に作られたピカピカの武道場が
できてもう三年がたちます�現在合気拳法の
門人は十名�今回の昇段級審査会の結果�一
番上が七級で一名�八級が一名�初級が二名
合気拳法指導員
のもので見ている私たちの心にも響いてきま した�メイン会場では職員と利用者のご家族
す�き�と日頃から一生懸命練習しているの が腕を振るう屋台村に多くのお客様が来てく
でし�う�ありがとうございました�
ださいました�焼きそば�お好み焼き�ラ�
そ ん な 子 ど も た ち の と こ ろ へ� な ん と 我 メン�綿あめ��特に焼きそばは�今回液体
が富津市の公認ゆるキ�ラ�ふ�つん��ゆ ソ�スから粉末ソ�スに変えることで更に美
るキ�ラグランプリ二○一二
エントリ�数 味しくな�たと評判でした�どのメニ��も
八六五中第二○六位�が応援に来てくれまし 終了時間前に完売となる盛況ぶりでした�
た�子どもたちも大喜びでふ�つんとのしば コンサ�ト会場での�君津ロ�タリ�クラ
しの交流を楽しみました�
ブ百年バンド�の演奏とフラダンスシ��は
いつも開店時に混雑する売り場は今回も多 感動のエンタ�テイメントで�お客様も大喜
くの皆さまにご来場頂き�会計にも長い列が びされているようでした�またこのバザ�を
できお待たせしてしまい申し訳ありませんで 支えて頂いたボランテ�アの皆さまは百名を
超え�大変心強く思いました�これからも望
みの門は地域の皆さまとともに福祉の輪を広
げていくことが出来ましたら幸いです�御協
力ありがとうございました�
2013年8月1日
望 み の 門
(17)
平成25年6月10日 単位:円
望みの門バザー収支報告書
収 入
支 出
当 日 売 上 1,529,892 材 料 費
339,533
寄 付 金
200,000 雑
費
205,847
通 信 費
3,040
本部繰入金 1,180,000
時期繰越
1,472
収 入 計
1,729,892 支 出 計
1,729,892
追加となり�全
体では七級一
名� 八 級 三 名�
初級二名�そし
て秋の審査会で
初級をねらう子
どもたちが四名
と な り ま し た�
どの審査会にも
ドラマがありま
すが�今回の目
玉は初めて審査
を受けた初級の
二 名 で し � う�
正直�大人をて
こずらせるキング�で大賞に輝きそうなやん
ち�な子どもたちですが�一人は審査会を目
指すようにな�てからメキメキと成長し�審
査 会 で は 口 を 一 文 字 に 結 ん で� も の す ご く
か�こいい男に変身していました�堂々とし
た構え�正確な技�相手の動きをし�かり見
つめ�それでいて相手が痛がらないよう力加
減をし�私はその子の相手をしながら�これ
が同じ子どもなのかと�不思議というか�う
れしいような�誰かに自慢したいような�い
ろんな気持ちが混ざり合�た気持ちで向かい
合�ていました�もう一人は�普段の練習で
はいい時と悪いときの差が激しく�審査会の
場で本当に技ができるのかやや不安がありま
③電子決裁機能:有給休暇 勤・務変更 少・額備
した�指導者として匙を投げたくなることも
品購入の申請及び決裁をします�施設内の
しばしばでした�審査が開始して初�端私は
みで処理できる比較的簡単な決裁を電子化
賭けに出ました�その子を一番で指名したの
でき�紙 時・間の節約になります�
事務局長
西尾
建 ④文書管理機能:様式 規・程等を保存します�
です��え�!�その子の表情が動きました�
逃げてしまうかもしれないという思いがよぎ
法人内の共通の様式や規程を必要時に閲覧
のぞみ会では施設規模も拡大し�施設の立
りました�しかし�その子はその場に居続け 地も富津地区�上総湊地区�東京地区に分か
出
・ 力できます�最新版の管理が容易にな
たのです�照れ照れの赤ら顔で開始した審査 れていることから情報共有の必要性が高ま�
り�配布の手間や紙の節約になります�そ
でしたが�技が進むにつれて技に集中してい てきておりました�
の他にも法人内の予定表や職員一覧表など
き�最後の得意技ではし�かりと相手を見据
を保存して共有しています�
そのため�昨年よりグル�プウ�アを導入
えて大きな気合を入れ�思い�きり投げるこ し試験運用を経て今年度から本格的運用を開
このように�情報の共有や提供と管理業務
とができました�
始いたしました�
の一部にグル�プウ�アを利用することで効
五月の練習中に��ねえ�僕カミもらえる?� 今 回 導 入 し た の は イ ン タ � ネ � ト を 利 用 率化を図り�労力�時間�紙などを節約する
と そ の 子 は 聞 き ま し た�� カ ミ? あ あ� 認 定 したウ�ブによるコンピ��タネ�トワ�ク ことができるようになりました�
証 の こ と ね� も ち ろ ん が ん ば る 人 は も ら え システムで�一定の条件を満たせばインタ� しかし�まだ課題も多くパソコン台数の確
るよ�と私は答えましたが�それがこの子に ネ � ト に 接 続 で き る パ ソ コ ン か ら こ の シ ス 保や職員のパソコンの基本操作のスキルの習
と�てどんな意味があるのかわかりませんで テムを使用することができるものです�つま 得が不可欠です�
した�
り�建物が離れていても法人内のパソコンが また�今回紹介したグル�プウ�アはコン
ふざけてばかりの時もありますが�毎回休 繋が�ているかのように情報の提供や共有を ピ��タ上のネ�トワ�クシステムです�必
まずくるこの子の心の中に�カミ�が何かし することが可能となります�
要とされている情報共有やコミ�ニケ�シ�
らの位置を占めているのは間違いなさそうで
機能とメリ�トを紹介しますと
ンはこれだけではありません�
�顔と顔��声と声�によ
す��カミ�を握�たまま自分の審査票をじ� ①掲示板機能:法人内又は階層ごとの連絡事 内容によ�ては�
と眺めている姿を見て�その子の内部にどん
項等を発 信します�各施設に回 覧 配
・ 布が ることも必要ですし�タイミングも重要です�
不要となりますので紙 時
な世界が動いているのか�想像して熱くなり
・ 間の節約になり あくまでツ�ルのひとつとしてうまく活用さ
れることが望まれます�
ます�
ました�
②設備予約機能:共用する車両 部・屋 備・品の
合格した子�不合格だ�た子�みんないろ
予約をします�必要時に予約状態がすぐ確
んな困難を乗り越えてそれぞれの人生に真剣
認できます�
勝負しているのでし�う�
(18)
望 み の 門
2013年8月1日
た姿勢と美しい日本語で対応されました�そ
し て 年 度 末 に は�� 神 さ ま に 守 ら れ て� 今 年
も必要なものを与えられ感謝です�と言われ
た言葉は忘れられません�
元職員
小中乃芙子
私共�キリスト者と言いながら�無神論者
のようにあれこれ悩み�人間ができるかのよ
東 京 望 み の 門 の 歩 み は 一 九 四 九 年� 昭 和
うに�主にゆだねず�まして寮生�退寮生他
二十四年�にドイツキリスト教協議会から視
に証・伝道の姿を見せることができないでい
察団が来日した時�日本のキリスト教界の代
る時に�中嶋先生の生き方に多くを今も教え
表者より売春問題を訴えられ�働き人を送�
られております�
てほしいと要請したことに始まりました�戦
さんは�初代施設長として以来二十七年間お
後の混乱状態でした�
二○一二年十月惜別主にある平安を心より
働きくださり�その後も後援会に出席し寮生� お祈りいたします�
これに応じて一九五三年にドイツMBK
ミ�シ�ンより婦人宣教師二名が来日され� 退寮生のために祈り続けられました�
日 本 語 の 勉 強 を 進 め な が ら� 街 頭 伝 道 が 始 私は後援会の会計担当をや�ており�いつ
められました�当時YMCA職員だ�た中嶋 までもドイツの教会婦人の献金に頼らず自立
温子さんは来日第一夜を過ごした二人に出会 することを求められておりました�法的には
い��この二人は日本に知り合いがありませ 少人数の施設に公の補助金は出ず�後援会費
ん�どうぞ助けてください�とドイツ人監督 やバザ�その他の努力をしつつ�東京都に少
園長
田尻
隆
者に言われました��何をどういうふうに?� 人数の施設の良さを訴え続けました�中嶋施
と思いつつ�この二人が都内だけでなく�神 設長�ヘ�トカンプ宣教師�会計担当者とし �Oさんが今度�受洗したいと言�ています��
奈川�千葉のいわゆる赤線�青線と言われた て私が加わり�都議会で承認を得るため�都 夜中に目を覚まし�そのままあれこれと動
場所に�精力的に出向いて行くのに同行しま 庁内にある各党や関係局に現状説明と陳情に き始めてしま�たため�出勤後少々ボ��と
迷路のような場所を何回も訪問しました�こ していた朝の連絡会でこの驚きの報告を受け
した�
時 色 街 を 逃 げ 出 し て も 大 施 設 の 生 活 に れが施設長としての最後の大仕事で�結果は 一気に眠気が覚めました�
当
な じ め ず� 元 の 所 に 戻 る 人 が 出 て� 借 家 を 補助金が出ることになりました�
� え � � �! ど う し て? 彼 女 は 学 園 に 来 て
� 望 み の 門 � と 名 付 け� ご く 少 数 を 収 容 す 中嶋施設長は�このような問題も�寮生の ま だ 三 � 月 く ら い だ し� キ リ ス ト 教 の こ と
る�のがれの家�として発足�正式な開設は 難問も��困 �た�という言葉 や顔色は一切 分 か � て い る の?�� 受 洗 � て� 私 は キ リ ス
一九五六年�昭和三十一年�です�中嶋温子 お見せにならず�穏やかに話を聞き�凛とし ト 教 を 信 仰 し ま す� と い う 宣 言 と� 教 会 が
2013年8月1日
望 み の 門
(19)
の存在を知�たからではなく�ず�と神さま
に知られていたことを知らされたところから
新たな信仰が与えられたのだと思います�こ
れまでに辛い経験や悲しい思いも数多くして
看護員
保坂
惠子
きたことと思います�その中にあ�て神さま
はいつも彼女と共に歩んでくださ�ていて� 早いもので�楽生園に異動となり�一年を
この神さまの恵みは突然�私たちの思いをは 迎えました�
るかに超えたところから目に見えるものとし 今年も熱中症予防対策中です�歳を重ねる
と温度に対する 感覚が弱くなる為�暑さや�
て現れてきたのでした�
身体の水分不足を自覚しにくいこと�又�体
彼女は三月三十一日�望みの門教会イ�ス
タ�特別礼拝において坂井栄一牧師より無事 の 熱 を 放 散 し に く い こ と か ら� 若 年 者 よ り
そ れ を 認 め る と い う 式 の こ と で し � う� ま 洗礼を受けました�ドイツの宣教師による宣 循環器への負担が大きくなると言われていま
たどうしてそんなこと言い出したんでし�う 教活動より生まれた望みの門の五十年の歴史 す�のどが乾かなくても�こまめな水分補給
ね�?�いろいろな?が職員の頭に浮かんだ にこの日�新たな信仰の友が加えられました� を行い�室内の環境を良くすること等�心が
結果�私が彼女から直接話を聞くことになり これからも望みの門はキリスト教の伝道活動 けています�
ました�
と
社
会
福
祉
事
業
を
力
強
く
推
進
し
て
い
く
こ
と
で
皆様ご高齢にて�現在の平均年齢は�八十
四歳�それぞれ病をお持ちです�無理はでき
彼女は超がつくお�とりタイプであり�い し�う�
やも�とは�きり言えば超マイペ�スで学園
洗後の彼女のことを少し紹介します�学 ませんが�せめて�身体機能の維持が出来ま
受
の日課には一切興味を示さず�部屋にいるこ 園での人間関係も広がり�ステキな笑顔が多 すように週三回のリハビリをおこな�ていま
とが生きがいなのかと思うくらいやる気が見 く見られるようになりました�また�職員と
えなく�毎日ぼんやり過ごしていました��や 一緒に毎日の昼食作りに挑戦しています�き�
だ �� や り た く な い � と 否 定 的 な 言 動 ば か うりのスライスは既に彼女の担当です�そし
りの目立つ彼女が�初めて��したい�と前 て�この夏の富津海水浴場デビ��のための
向きな希望を口にしたのではないかと思いま ダイエ�トをたくらみ栄養士共々ウ��キン
す�実は以前教会学校に行�た経験があるら グに励んでいます�さらに�のぞみ会で九月
しく�幼い頃彼女の中にまかれた信仰の種が� に開講される介護職員初任者研修課程受講を
学園に来たことで大きく成長しようとしてい 決め準備に余念がありません�さあ�この暑
るのだと感じました�それは�彼女が神さま い夏を熱く乗り切りまし�う�がんばれ!
(20)
望 み の 門
2013年8月1日
す�歩行訓練を楽しく行うことで�自発的に 生園から特別養護老人ホ�ムの紫苑荘へこの を少しでも見つけてはコミ�ニケ�シ�ンを
参加される方も増えてきております�適度に 四月に異動して参りました�同じ法人内で同 積み重ねました�私から利用者様の名前を呼
身体を動かし�体循環�身体の活性化を促し じ高齢者施設�しかもお向かいにあるという んでの声かけは出来るようになりましたが�
立地で長年過ごして来ましたが�紫苑荘へは 先日利用者様から名前で呼んで頂けた時の感
ています�
公用車の鍵を取りに行く程度でしたので�ど 動と言�たら�!
思わずガ�ツポ�ズが出
さて�楽生園では�毎月�自治会が開催さ
れ�自治会長を中心に�取り決めの確認・新 の よ う な 施 設 な の か� ど の よ う な 利 用 者 様 てしまいそうでした�でもまだまだ個人の特
しい決めごとや相談等が行われます�その中 がいるのか全くわからずまさに未知の世界に 徴や性格や嗜好品だ�たりを完璧に覚えるま
で�月の楽しみの一つに�誕生会があります� 飛び込むという心境でした�それは六年前に でには至らず日々格闘中です�
お誕生者の祝いと職員の出し物�カラオケ等 大学を卒業し�社会人として新しい人生を歩 措置の施設から介護保険の施設へ異動し�
を楽しみます�カラオケには身体に様々な良 みだした時の期待で心や目をキラキラさせな 対象となる利用者様や関係してくる法律も全
い効果があるといわれています�意外な人が� がらも不安感を含んだ気持ちと似ていました く違い�同じ生活相談員として働いていると
思い出の歌を口ずさみ�遠い昔のお話を聞か が�楽生園での六年間で福祉には重要な要素 いう実感もあまりない時もありますが�上司
だと思われる経験を積んで来たので度胸は多 や同僚に指導して頂きながら今後も色々な経
せてくださる等�笑顔が見られます�
少つきました�経験を踏まえながらもあの頃 験を積み人間として�のぞみ会の職員として�
先日も�大正琴�向山先生�の慰問があり
懐かしい歌を合唱して�楽しい一時を過ごさ と同じく真�新な気持ちで�より多くの事を 紫苑荘の生活相談員として一回りも二回りも
せていただきました�皆様が�このような催 早い段階で吸収し利用者の皆様やご家族様� 成長出来るように努力を続けていきたいと思
し事に�参加でき楽しめる前向きな気持ちが そして同じ志を持�て働く職員の方の役に早 います�
く立ちたい!と心に誓いました�
大事だと感じています�
それから四�月が経とうとしています�コ
今後も皆様が健康で�安全な生活ができま ピ�の撮り方すらわからず�聞くのも先輩の
す様�努力したいと思います�
手を止めてしまうので申し訳なく思�ていた
私も四�月で少しは成長したはず�と信じた
いです�想像以上に覚える事が多く�それに
生活相談員
飯田
篤史
加え百名程の利用者様と職員の顔と名前を一
致させなければなりません�目が回りそうで 平成二十四年七月にオ�プンした富士見の
したが�最初の頃はとにかく利用者様の名前 里もおかげさまで一周年を迎えることができ
生活相談員
渡邊
由佳 を覚えて名前を呼びながらの声かけをする事 ました�現在�一階多床室三十名�二階ユニ�
を目標に掲げ�毎日利用者様の所に行く時間 ト型個室三十名の全てのお部屋に入所してい
2013年8月1日
望 み の 門
六年間お世話にな�た養護老人ホ�ムの楽
(21)
ただいております�利用者の方々も施設の生 題です
その支えは�
活に慣れ�とてもいい顔を毎日みせてくださ 球を追いかけるのではなく�相手が今何を 利 用 者 さ ん か
います�相談員さんと呼ばれたり�あんち� されたら嫌なのか�相手がどのコ�スに打と ら 頂 い た も の
んと呼ばれたり�電話のお兄さんと呼ばれた うとしているのか�打ちたが�ているのか守 も 大 き く� 料
り�どの階に行�ても次から次へと利用者様 りたが�ているのかなど�粘り強く色々なこ 理・野菜の栽培
に呼ばれるので�モテモテだと錯覚してしま とに気を配れた人が勝利します�自分の事ば 方法・花の名前
うくらいです�でも�それだけこの相談員と かり書いてしまいましたが�介護の仕事も同 を知�たり�お
いう仕事の重要性を感じています�
じだと思 うのです��木を見て森 を見ず�と 腹 を 抱 え 大 笑
さて�今回は私の趣味について少し書かせ いうことわざがありますが�私たち介護の仕 い し た り� 涙
ていただきます�私は�中学校の頃から卓球 事は�森をみて木も沢山見る�でなければい を 流 し た り 利
をしています�今も�仕事を終えてから�木 けません�施設全体の利用者様の様子に目を 用 者 さ ん と の
更津まで練習に行�ています�卓球を始めた 向けながら�一人ひとりの体調や要望にも配 毎 日 の 会 話 の
ばかりの頃は�当然ですが飛んでくる球にば 慮していく�私たち富士見の里は二年目を迎 中 に 日 々 大 切
かり集中して�スマ�シ�などのすごい球を える今�そんな温かい施設を目指しています� な物が多く�毎日が新鮮で楽しいものとな�
相手に打ち込むことばかり考えていました�
たような気がします�
日�日曜営業としてデイサ�ビスでは�
しかし�卓
先
球に慣れてい
運動会を行いました�
くと試合で勝
パン食い競争�綱引き等様々な競技を行い
てる人とそう
ましたが�普段では見られないハ�スルする
でない人の違
姿に職員はび�くり�ハラハラする程でした
在宅支援員
長嶋由紀子
いがでてきま
が�皆さんの 真剣な姿に感動を してしまい�
す�その差は
望みの門デイサ�ビスにて勤務させて頂い 今日も涙を流し大笑いしてしまいました�
もちろん技術
ております長嶋と申します�
帰りの送迎の車中でも�今日一日がどんな
の差もあるか
望みの門デイサ�ビスに勤務させて頂くま 日だ�たかを�聴 く事も楽しみの一つです�
もしれません
で介護という仕事に携わ�た事が無く�はた �楽しか�た�こんなに笑�たのは久しぶり�
が練習量�情
して大丈夫かと思�た事もありましたが�皆 疲れたけど良か�たね��の一言 に喜びを感
熱�そして視
さんに支えて頂き�や�と少しずつ慣れてき じ�また頑張ろうと意欲がわいてきます�
野の範囲の問
たように感じます�
また�車いすで来られていた方が杖やシル
(22)
望 み の 門
2013年8月1日
零子
早いもので開所から三�月過ぎ現在八名
の 利 用 者 が お り ま す� 訪 問 看 護 は 主 治 医 の
先生からの指示のもとで看護計画を立て看
護を提供し定期的に評価・見直をしながら在
�在宅で・自分らしく生きたい�と思�て
いる利用者様のお手伝いをさせていただきた
いと考え�今年の二月に望みの門訪問看護ス
テ�シ�ンの開所に向けての準備をしてまい
りました�県への申請をはじめ多くの方々の
ご協力をいただきながら�ようやく四月一日
に開所の運びとなりました�
管理者�看護師� 渡邊
バ�カ�で歩行出来る様になるなど身体状況
の変化がみられる事があります�特に集中的
なリハビリを行�てはいませんが�午後の体
操・レクや日常の生活動作を繰り返す事によ
り�自然と良いリハビリにな�ているのがわ
かります�
これからも利用者さんが笑顔になれるよう
な 行 事 や レ ク を�� 目 配 り� 気 配 を し て� 笑
顔で元気な職員�を目指し勤めていきたいと
思います�
2013年8月1日
望 み の 門
(23)
宅での利用者
ております�具体的に訪問看護ステ�シ�ン
様のお手伝い
の内容を述べますと
をさせていた
① 病 状 や 療 養 生 活 を 専 門 家 の 目 で 見 守 り�
だいておりま
的確なアセスメントに基づいたケアとアド
す�指示書を
バイスで�自立した生活が送れるよう支援
頂いている病
する�
院等は�東病
②二十四時間三六五日急変時も主治医と連
院・三枝病院・
携し�病状の観察�急変時の処置�医療的
君津中央病
な処置が多い利用者様の場合�他のステ�
院・田中ハ�
シ�ンや医療機関の訪問看護を併用する事
トクリニ�
もあります�
ク・白金整形
③ 経 管 栄 養� 在 宅 酸 素 療 法� 吸 引� 在 宅 点
外科・東邦病
滴注射�等の医療処置が必要な方の在宅療
院です�また
養を支援する�
色々な職種の方々と連携をと�ています�例 ④ 認 知 症 ケ ア 専 門 士 が お り 認 知 症 の 方 の 生
えば医師や看護師・保健師・薬剤師・医療相
活リズムの調整や介護の相談�
談員・介護支援専門員・市町村の職員や地域 ⑤ 住み慣れた家で最後まで過ごせるように�
包括支援センタ�員・訪問介護員�などです� 主治医の指示による痛みの管理や症状の緩
和など対処し�ご希望があれば看取りを行
連携に欠かせないことは�顔の見える関係つ
くり�と思�ており時間の合間を見て富津� います�
君 津 地 区 の 医 院・ ク リ ニ � ク や 居 宅 支 援 事 ⑥ さ ま ざ ま な 在 宅 ケ ア サ � ビ ス の 使 い 方 を
紹介し�医療と介護の橋渡しの役割�
業所を訪問しております�最近では亀田総合
病院の総合相談室の主任さんが来所されまし ⑦ 糖 尿 病 の 悪 化 や 寝 た き り 予 防� 拘 縮 予 防
や機能の回復�嚥下訓練�福祉用具の相談�
た�その中で�富津市は今まで訪問看護ステ�
介護予防等�
シ�ンが無く困�ていたので今回訪問看護ス
テ�シ�ンが出来心強い�と話されていまし このようなサ�ビスの提供を訪問看護では
た� ス タ � フ 一 同� 期 待 に 応 え る 事 が 出 来� 行�ています�お気軽にご連絡下さい�
より良い看護の提供が行えるよう研鑽を重ね スタ�フ一同お待ちしております�
勤率もア�プしているような気がします�
き嫌いや食べ方�箸の持ち方や食べる順序な
さて先日�新生舎では新たな�食�の場面 どなど�学ぶべき事は多いところですが先ず
として�外食会�なる行事を行いました�テ� は楽しんで食事ができる環境を作ることがと
ブルマナ�向上を兼ねた初の試みで�三つの ても大切なような気がします�
職業支援員
山本
朋美 作業班に分かれレストランや食堂に食事に出 � たか が 食事� さ れ ど 食事�� 今 日も� 食�
を笑顔で楽しむ新生舎です�
新生舎には様々な�食�の場面が見られま 掛けました�
す�春のお花見や潮干狩り�秋のスポ�ツ大 一定額以内で食べられるものを上手に選ん
会など行事の時に外で食べるお弁当は格別で で食事を楽しもうという企画でしたが注文も
皆�自然と笑顔がこぼれます�
まさに十人十色 という感じでした�� サラダ
毎日食べる給食にも笑顔が見られる新生舎 セ�トにしたらデザ�トが食べられないよ�
ならではのイベントメニ��があるのをご存 ど う し よ う � と 悩 む 人� 自 分 一 人 で 注 文 が
じ で す か? そ れ は� パ ン の バ イ キ ン グ �� ト 出来た人��栄養のバランスを考えなくち��
世話人
齊藤
房子
レイに並んだ色々な種類の中から自分の好き と時間をかけてゆ�くりメニ��を選ぶ人�
なパンを選ぶのですが�お皿を握りしめ�お 反対に職員に何 を言われても 即決�� ステ� 七 年 間 勤 め て き た ホ � ム ヘ ル プ サ � ビ
目当てのパンを見つめその時を待つ表情は真 キ!�� ご 飯 が 付 け ら れ な い よ � と 声 掛 け し ス か ら 一 年 前 に デ イ サ � ビ ス セ ン タ � へ
剣そのもの�
ても�いいの!ステ�キにする�ステ�キが 異 動 し� こ の 四 月 か ら は グ レ � ス ホ � ム
の顔は
いい!�と単品ステ�キを美味しそうにほお の 世 話 人 と し て 勤 務 し て い ま す� 高 齢 者
そ
好きなパンを
ばる人�食事が運ばれると3分で平らげる� の 介 護 の 仕 事 を し て き た の で� 障 害 の あ
ゲ�トした瞬
なんて人も�
る方のお世話ができるかどうか不安でい�
間�満面の笑
また自分でレジで支払う経験が出来た人も ぱ い で し た� 栄 養 管 理 や 健 康 管 理� 生 活 支
みに変わりま
いました�
援も何をどこまでしていいものか戸惑うこと
す�まだ月に
域 生 活 を 送 る 上 で 必 要 な ル � ル や マ ばかりでした�
地
一度しかない
ナ��社会性を身につける良い機会とな�た
世話人とな�て三�月が過ぎ�利用者さん
選択メニ��
のはもちろんですが�いつも一緒に作業を共 とふれあう中で自分なりに感じたことがあり
ですが利用者
にしている仲間との食事会は会話の弾む笑顔 ます�障害は個性であり�病気も個性��一
にはとても好
あふれるものとなりました�
人一人の利用者さんの個性に合わせた支援を
評で�当日は
通所事業所のため一日に一回しか�食�と することが大切なことなのではないかと�そ
若干ですが出
いう場面はなく�とても貴重な時間です�好 れぞれの個性を感じながらア�トホ�ムな支
(24)
望 み の 門
2013年8月1日
さてこの
援ができたらいいなと思�ています�
日は�七夕
先日グレ�スホ�ムの恒例行事である一泊
旅行で養老渓谷に行�てきました�長い階段
のおやつと
を下りられなか�たり�その人を�こわくな
して�水饅
管理者
藤崎
美智 頭�をみん
いよ�と励ます人がいたり�カラオケではこ
んな歌も歌えるんだ等�新発見がたくさんあ � さ さ の は
さ�らさ�ら
の き ば に ゆ れ なで作りま
りました�坂道や階段で転ばないように�お る��と大合唱�この歌声は�ヨカデイサ� した�ヨカ
酒 を 飲 み す ぎ な い よ う に� ホ テ ル の 方 に 迷 ビスセンタ�で七月四日に�七夕の集い�を デイサ�ビ
惑をかけないように�そして何より目一杯楽 行�た時のみなさんの元気な声です�今回は� スでは�月
しんでもらえるようにと気疲れの連続でした ヨカデイサ�ビスセンタ�で恒例とな�てい 二回ほどお
が�日常では見られない利用者さんの笑顔に る�七夕の集い�をご紹介したいと思います� やつ作りを
触れ�元気をもらう旅行となりました�
今年も六月の末に笹の木を全員で取りに行 行�ていま
これからも微力ですが�利用者さんの笑顔 き�すぐに笹飾り作りに取り組みました�折 す�みなさ
がたくさん見られるような支援ができるよう り紙を切りそろえる人�輪飾りや提灯を作る んおやつ作
努力していきた
人とそれぞれの自分のできることをや�てい り は 大 好
いと思います�
ただき�色とりどりの笹飾りが完成しました� きで�張り
みの門に縁
そこで�ひとりひとりが短冊に�お願い�を 切�て参加
望
が あ � て 八 年�
書くことになりました�それぞれが思い思い し ま す�� 水 饅 頭 � は 餡 を 丸 め て� 餡 の 底 に
父や母�そして
に�元気ですごせますように���いつまでも 星形の白桃を入れ�葛を流し込んで冷やして
長男がお世話に
ヨカデイにくることができますように���ヨ できあがりです�涼しげな和菓子の味に大満
なり�皆さんに
カデイで外食に行きたい�など�みんなの願 足でした�
助けていただい
いは同じ内容が多いようでした�しかし�五 私が�四月にグレ�スホ�ムからヨカデイ
た恩返しが少し
十七歳のMさんは�就職したい�というお願 サ�ビスセンタ�に異動して�四�月が経ち
でもできたらと
いを短冊に書き�みんなをび�くりさせまし ました�
思�ています�
た��Mさんから就職という言葉を聞いたの ヨカデイの利用者さんは�グレ�スホ�ム
は初めてのことです�現実は厳しいかもしれ の方々が大多数ですが�これからは日中を共
ませんが�こうなりたいと思えるMさん�願 に過ごす指導員として�色々な活動をみなさ
いが叶うと良いね�
んと楽しんでいきたいと思�ています�
2013年8月1日
これからもよ
ろしくお願いし
ます�
望 み の 門
(25)
達の貴重なお話は�視覚的にもわかるように 親が大工棟梁をや�ていたこともあり�その
お渡しの身の周りに置き�常に忘れないよう 威厳は強く�父親の一言で何事も覆り�異を
にと心がけています�
唱えるものなら食器が飛んでくることもあり
また�人の生活の奥深くまで立ち入�て相 ました�ですから�母を含め家族全員が父親
牧野まさ江
相談支援員
談にのるという経験を私は今までにした事が の機嫌を人一倍気遣う生活が続き�今の世な
ありません�初めのうちは�おそるおそる先 ら�問題とな�たのではと思うほどでした�
�明日もお願いしますよ��
一日の勤務が終わり�帰宅時によく言�て 輩達の側で学ばせていただいていました� そんな中�私自身�思春期には気持ちも荒
くださるセンタ�長のこの一言は�私の心を やがて穏やかな春の日差しがさしこみ�ク れ�たくさんの方々に迷惑をかけました�救
癒してくださり�明日への活力の源とな�て ラ イ ア ン ト の 心 が に こ や か に な � て い く こ いだ�たのは�そんな私のことを最後まで信
います�本当に素敵な言葉です�
と�おのずと私の考え方も皆様と同じ方向に じてくれる人�話を聴いてくれる人�また叱�
てくれる人が身近にいたことです�
四 月 よ り 中 核 地 域 生 活 支 援 セ ン タ � 君 津 傾いていました�
ふくしネ�トに勤務をさせていただき�早や �我以外皆師也�
だからこそ今の私があると思�ています�
三�月が経ちました�
私は幼い頃より�年下の子の面倒を見るの
が好きで�幼稚園の担当先生の 影響もあり�
こ の 三 カ 月 の 間� 私 は� 今 日 の ク ラ イ ア
ントに対する自分の対応は�決して上手とは
保育士になるのが夢でした�高校生になり�
言えない!�と自分を責めたり��こんな時�
児童養護施設で暮らす子どもたちのことを知
どのような社会資源を活用すればいいのだろ
り�どこか自分に重なる部分を感じ�この子
う???�と悩んだり�知識と心のビタミン
たちの話しを聞いてあげたい�少しでも笑顔
保育士
米本真知子
不足を実感していました�
を増やしてやりたい�との思いを強くし�専
かずさの里に 門学校に進み保育士になりました�
しかし�センタ�長をはじめ�職員間で交
きて早いもので
わされる日常の一言は�徐々に私を元気にし
私たち職員の役割は�まず安心して学校に
一年が経ちまし 通�たり�遊んだりできる物心両面の環境を
てくださいました�
た�日々�子ど 整えることです�そして日々の生活を通して
クライアントにと�て�今は�何が一番大
もたちと触れ合 社会に出た時に�一人の大人として認められ�
切かという熱い思いや信念�人生観を事ある
う中�私自身の 周囲の人を助けたり�また助けられたり�社
ごとにおしみなくぶつけ合�ている先輩達の
この仕事への思 会にきちんと交わることができる大人に育て
姿に感動をせずにはいられませんでした�そ
の感動は�物に香りが移る如く�私の心や行 いを振り返る事となりました�
ることだと思います�その為には�私自身が�
動に大きな影響を与えて下さいました�先輩 私事になりますが�幼い頃の我が家は�父 礼儀作法�あいさつ等�人々との関わりを実
(26)
望 み の 門
2013年8月1日
践し見せていくことが大切だと思います�そ あくまで�自分�ではなく��施設がどうか� の方向を転
れ故�私自身の心身に余裕がない時でも�努 という視点で評価します�
換させるこ
めて元気に笑顔を見せることに心掛けており
内容については割愛しますが�結果を見て ともあるで
ます�
気づかされたことは�同じ質問であ�ても五 し�う�今
本 当 に き つ い な と 感 じ る 時 も あ り ま す 段階評価に大きな差が見られたことでした� 回の自己評
が�一年経�て少しずつ子どもたちが�その それぞれの立場での回答ですが� これでは�意 価によ�て
�
�共感���共通理解�という点で� 幾つかの課
姿を理解してくれるようになり�嬉しく疲れ 思の疎通�
まだまだ意識づけが必要であることを実感す 題が与えら
も癒されます�
る結果となりました�
れ�今後の
これからも一人ひとりの話しに耳を傾け�
見 守 り� 時 に は 叱 り� 間 違 い に は 気 付 か せ� 良 く� 少 数 精 鋭 � と 言 い ま す が�� 精 鋭 を サ�ビスの
活き活きとした暮らしとなるよう頑張りたい 少 数 雇 う ��� 少 数 に す る こ と で 精 鋭 を 育 て 質向上へ向
と思います�
る��後者がより現状に合�ている気がしま けての手掛
子どもたちの心からの笑顔が増えることを す��精鋭を 育てる�そのために はまず一人 かりを見つ
願います�
ひとりが意見をもち�それを発信する力を持 けることが
つ必要があると考えます�
出来たことは大変有効であ�たと考えます�
み
る必要があり�学ぶ必 今年度も自己評価を実施しますが�昨年より
発言するためには看
要があり ます�現状に満足する のではなく� 自信をも�て評価が上げられるよう積極的に
より高みを目指して支援の方法も進化する必 このチ�ンスを利用したいと思います�
要があります�
社会から求められる施設像�子どもたちか
施設長
白鳥
正道 ら求められる大人像�法人�施設の考え方�
社会的養護といわれる児童福祉施設や乳児 それらは最低限働く者として知�ておく必要
院等三年に一度は外部機関による評価を受け はあると思います�
ることが義務付けられました�それに伴い毎 その基本となる 土台の上で初めて�� 自分
相談支援員
中尾
実慧
年自己評価を実施することが必要になり�方 は こ う し た い ��� こ の 方 が よ り 良 い 支 援 に
舟も昨年度自己評価を実施しました�定員九 な る � 等 自 由 に 意 見 交 換 を し� ど う し て も
今年四月一日�児童家庭支援センタ��望
名�職員十四人の小さい乳児院ですので�常 納得がいかない場合はそれがどう�根拠のあ み の 門 ピ � タ � パ ン の 家 � が 開 設 さ れ ま し
勤職員で自己評価を実施してもらいました� るサ�ビス�なのかという説明により�全体 た�子育て中のご家族�子どもさん自身や周
2013年8月1日
望 み の 門
(27)
二 階 の 相 談 室� プ レ イ ル � ム で は� 社 会
福祉士�精神保健福祉士�児童福祉司とい�
た資格をも�た相談員が二名と�臨床心理士
�Y・I�
囲の方々からの悩みや相談を受ける�いわば 一名がチ�ムを組んで来所者の相談に応じま
子どもにまつわる�よろず相談所�です�自 す�電話・メ�ル・来所での相談はもちろん�
分の育児に不安を抱えている親御さんは多く 求めに応じて訪問での相談もお受けします�
います�子どもと向き合い過ぎて親自身が疲 ま た 必 要 に 応 じ て 発 達 検 査 や 心 理 療 法 も
炎暑の候�玉稿をお寄せ下さ�た方々�誠
れ切�てしまい�その様子を見た子どもが不 行 � て い ま す� 受 付 時 間 等 詳 し く は パ ン フ に有難うございました�参院選は熱気感じぬ
安定にな�て�余計に親の気持ちを逆なです レ�トをご覧ください��
ままに終わ�た�自民圧勝と投票前から予想
るようなことをしてしまうなど�双方の思い 最近では�玄関前に植えたピ�マンやトマ
されていたが�その通りになる時代の風潮を
が裏目に出てしまう事があります�
トが色付き始め�来所された方々の試食コ�
不気味に感じる�勝者は誇らず�本当に民の
そんな時�いかに親と子どもが楽に向き合 ナ�とな�ています�野菜が苦手なお子さん ための政治を願う�
えるかが鍵とな�てくるのではないでし�う が 今 で は�� ト マ ト も う 一 個 食 べ た い!� と
さて本号は�ドイツ訪問団�特集とした�
か�まず�悩みを打ち明ける事で肩の荷を下 目を輝かせるほどです�ママが�じ��お家 理事長の表敬挨拶�簡にして要を得たもので
ろし�相談員に支えられて自分の育児をふり でも野菜作�てみようか?�と自然な食育が
ある�はじめにドイツ語でそして次に日本語
返ります�
進んでいます�
で数回に分けて話され見事なものであ�た�
客観的に見つめ直すことで自分にあ�た対 子 ど も の 成 長 は 一 人 で 抱 え ら れ る も の で 団 員 お 一 人 お ひ と り か ら 感 想 文 を お 寄 せ 頂
処法を見つけ出していくことができれば�お はありません�お子さんの健やかな成長を願
き�順不同でご記載させて頂いた�ご了承い
のずと日常の悪循環から解き放たれていくこ い�共に考え�歩んでいけるようなセンタ�
ただきたい�お暑い中玉稿をお寄せ下さ�た
とができるのではないでし�うか�
を作�て行きたいと思�ています�
方々に心からお礼を申し上げます�
セ ン タ � 一 階 に は� 気 軽 に 立 ち 寄 � て
当
て� の ぞ み 会 に は こ の 四 月 よ り� 二 つ
さ
頂けるようにフリ�スペ�スを設けてありま
の新規事業がスタ�トした�一つは児童家庭
す�ボ�ルテント�ブロ�クなどの遊具やベ
支援センタ��通称児家セン�でもう一つは
ビ�ベ�ト�授乳スペ�スがあり�お散歩途
在宅重視の在宅看護センタ�です�少子高齢
中で�おむつが替えたい��お�ぱいの時間
化社会の中�子育て支援と在宅福祉の充実は
にな�ち��た�とか��子どもを遊ばせな
待�たなしの緊急性があります�
がらママ友逹と話がしたい�方々などが自由
のぞみ会の事業は�し�かりと時代を見据
にご利用頂けます�
えつつ歩んでいることをご理解いただければ
幸いである�
(28)
望 み の 門
2013年8月1日
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
37
File Size
4 460 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content