close

Enter

Log in using OpenID

乾燥機にかけた洗濯物が燃える事故(平成27年7月放送分)

embedDownload
乾燥機にかけた洗濯物が燃える事故
平成 27 年7月
衣類乾燥機で洗濯物を乾かしていたら、洗濯物が燃えてしまったという事故が報告され
ています。
例えば、
「マッサージ用のボディオイルをふき取ったタオルを洗濯し、乾燥機にかけたら
タオルが燃えた」という事故や、
「オリーブオイルのついた洗濯物を洗濯して乾燥機にかけ、
乾燥後に畳んで積んでおいたら自然発火した」などの事故が起こっています。
このような事故はアロマオイルや油分の多いマッサージクリームを大量に使うエステサ
ロンなどで発生することが多いのですが、一般家庭でも同様の事故が起こっており、国が
注意を呼び掛けています。
自然発火の原因は、油が空気にふれて酸化するときに出る「酸化熱」という熱です。
物質が空気にふれると熱が出るというのは意外な気がしますが、冬に活躍する「使い捨
てカイロ」も、鉄の粉が空気中の酸素と反応して発熱する「酸化熱」を利用した製品です。
油の中にも酸化しやすい油があり、食用油やエステ用のアロマオイルなどは酸化しやす
いと言われています。
アロマオイルやマッサージクリームがしみ込んだタオルなどは、洗濯しても繊維の隙間
に油分が残ることがあります。そのまま乾燥機で乾かすと、酸化熱に、さらに乾燥機の熱
が加わってますます高熱になり、発火して火事になる危険があります。
洗濯後でも、油分の付着した衣類やタオルなどは、絶対に乾燥機で乾燥させず、自然乾
燥させてください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
14
File Size
87 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content