close

Enter

Log in using OpenID

その他セグメント

embedDownload
Osaka Gas Co., Ltd.
その他セグメント
情報処理事業(オージス総研グループ)
ファイン材料・炭素材事業
㈱オージス総研は大阪ガスのシステム開発を主体と (大阪ガスケミカルグループ)
して発足しましたが、現在では大阪ガスグループ外へ
大阪ガスケミカルグループでは、大阪ガスで蓄積して
も、システムの設計・コンサルティング、開発及び運用・
きた石炭化学の技術をベースにさまざまな産業分野に
維持管理業務など幅広いサービスを提供しています。ま
進出しています。ファイン材料分野では、液晶ディスプ
た、効率的なシステム開発を行う上で有効なUMLモデ
レイ用フィルム、高画素携帯電話向けカメラレンズなど
リングに関しては、我が国有数の技術を有しています。
の高機能材料の製造販売を行っています。炭素材分野
2008 年3月期のオージス総研グループは、グループ
では、太陽電池製造炉向け断熱材用などの炭素繊維、
外向けシステム開発の受注が好調に推移し、売上高が
浄水器カートリッジ用の繊維状活性炭などの製造販売
増加しました。また、2008 年 4 月には、2006 年 7 月よ
を行っています。上記のほか、日本エンバイロケミカル
り業務資本提携を行っていたさくら情報システム㈱との
ズ㈱が幅広い用途の活性炭と木材保護塗料などの保存
関係をより強固なものとするため、㈱三井住友銀行から
剤を製造販売しています。
同社の株式を追加取得して同社を子会社とし、事業の
さらなる拡大を図っています。
2008 年 3 月期の大阪ガスケミカルグループは、ファ
イン材料事業の販売が好調であり売上高が増加しまし
今後は、強みであるUMLモデリングを活かした「モデ
た。今後は、成長事業であるファイン材料事業に注力
ルベース開発」による外販部門の売上成長、さくら情報
するとともに、炭素繊維などの炭素材事業についても
システム㈱との連携強化によるビジネスの拡大、M&A
拡大を図り、事業を成長させていきます。
を含めた戦略的アライアンスを通じた収益の拡大によ
り、トータルソリューションプロバイダーとしての存在感
を一層確かなものとしていきます。
レンズなどオプトエレクトロニクス分野の機能性新素材「フルオレン誘導品」
(右)
(左)
と汎用炭素繊維の 1 つである「成形断熱材」
IT戦略策定からシステム構築・運用までトータルなソリューションを提供しています
日本エンバイロケミカルズ㈱の木材保護着色塗料「キシラデコール」は、数々
の国宝や重要文化財で使用されています(写真は熊本城)
29
30
Annual Report 2008
サービス関連事業
サービス関連事業として、ホームセキュリティ「アイ
ルス」などのセキュリティサービス関連事業・マンション
管理事業(大阪ガスセキュリティサービス㈱ほか)、
フィットネスクラブ「コ・ス・パ」をはじめとしたスポーツ
施設運営などのフィットネス事業(㈱オージースポー
ツ)、エンジニアリング事業(大阪ガスエンジニアリング
㈱)、リース事業(大阪ガスオートサービス㈱、㈱オー
ジック)、地域情報事業(㈱エルネット)、施設管理事
業・人材派遣事業(大阪ガスビジネスクリエイト㈱)、有
料老人ホーム事業(㈱アクティブライフ)
などを行ってい
ます。
2008 年 3 月期は、フィットネス事業については、
フィットネスクラブ「コ・ス・パ」を、近畿圏外への初の
めいのはま
出店となる姪浜店(福岡県)、松原店(埼玉県)
を含め4
店舗を開業しました。セキュリティサービス関連事業・
マンション管理事業などにおいては、新規顧客獲得によ
近畿圏外への初めての出店となった、㈱オージースポーツのフィットネスクラブ
「コ・ス・パ姪浜店(福岡県)」
(上)
と「コ・ス・パ松原店(埼玉県)」
(下)
り売上高を増加させています。
今後は、多様なグループ事業の選択と集中をさらに
推進し、フィットネス事業、セキュリティ事業・マンショ
ン管理事業など、成長が見込める事業へ積極的に経営
資源を投入することにより、収益の拡大を目指します。
大阪ガスセキュリティサービス㈱のセキュリティサービス「アイルス」では、防
犯・防災サービスのほか、携帯電話を使って自宅の照明・給湯器などの住宅設
備の操作が出来る一歩進んだ便利なサービスも提供しています
㈱アクティブライフが運営する介護付き有料老人ホーム「アクティブライフ豊中
(大阪府)」
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
615 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content