close

Enter

Log in using OpenID

巨大スクリーン

embedDownload
銀幕をもう一度
秋田県
ほのぼの苑
イトウ
介護士
伊藤
長谷川
リョウコ
良子
絵美 後藤
宙史
【はじめに】
開設時から様々な工夫を凝らし、行事やレクリエー
ションを実施してきた。入所者の生活意欲を引き出す
ため、また離床運動の一貫として、平成9年12月より当
施設内に巨大スクリーン(6m×6m)を設置し、映画
館のような迫力のある映像を入所者へ提供している。
そこで、今回私達は、当施設内での映画上映について
アンケート調査を行い検討したので報告する。
【対象と方法】
聞き取り調査可能な入所者50例を対象とした。性別
は男性5例、女性45例である。平均年齢は80歳(男性
76歳、女性81歳)である。方法は、独自のアンケート
用紙を基に聞き取り調査を行った。
【結果】
映写会を毎回楽しみにしている方は、全体の88%と
圧倒的な割合を占め、なぜ楽しいかという質問に対し
ては、映像が大きいので見やすい、迫力がある、昔を
思い出す(昔、映画は見たことがあるが、贅沢なもの
であったため見ることができて嬉しい)との回答が得
られた。反面、12%の方々は楽しく鑑賞できないと答
えた。その内訳は、時間が長い、腰やお尻が痛いなど
であった。今後どの様なものを見たいかとの質問に対
し 、 時 代 劇 40 % 、 お 笑 い ( 落 語 含 む ) 26 % 、 戦 争
18%、西部劇10%であった。少数派意見として、ロマ
ンや教養のあるもの、自分が若かった頃の映画、自分
自身の実写があげられた。
【考察】
老健におけるレクリエーションは、機能維持・回復
のみならず、精神面への刺激、ストレス解消、入所者
同士の交流などの効果は大きい。今回当苑における巨
大スクリーンによる映画鑑賞についてのアンケート調
査を実施した。その結果、満足している人が多かった
が、幾つかの改善点も指摘された。長時間の上映の
際、同一姿勢による苦痛や多くの人の希望に沿う映画
が仲々ないなどである。今後は、この点を改善し、入
所者の心のゆとりや入所者同士の共通となる話題提供
を目指し、上映を続けたいと考えている。
【まとめ】
1. 映写会に対するアンケート調査を行い検討した。
2. 巨大スクリーンによる映画鑑賞に対する関心度は比
較的高かった。
3. 映画鑑賞は、入所者の心のゆとりや入所者同士の共
通の話題提供に有用である。
4. 今後は、入所者の心像を十分に理解した上で改善し
ていきたい
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
10 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content