close

Enter

Log in using OpenID

8月号 - JA中標津

embedDownload
あなたとJAをむすぶ'|胄報誌
一一扉
-11
鱈が パつ
2005
1m 344
牛と対話し、安定した経営を目指したい」と話す鈴木達也各ん。
区、
一画
U
霧蠣
豊さ毬
戸ロ
M6MANAMSHIBETSU
…篦
時
、
当農協の夏の恒例イベント、「JA夏まつり巳DOB」が、
W蝋;
七月二十五日、金融課前駐車場を会場に舎年も盛大に行われました。
肚嶢》》》一一一》》一
。「1.1■
鱈』、6》
鍵俎
iH ̄
い
■
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
i1
丁L
辮
旧-.
('k度船場いll11i1がてランた成ど柾ラ
ンバイl1JiLでた標会さと敬、、だ功の'砿ツ今
ゼボズッ輝灘〈3鮴|蛙偕騨i減
'PS、
いはらクツこの行スざⅡ|【iオilkl'終Ⅲ))るも好
息悲蛎A態T鍋)、鰐(艇'if
例ズるLに職こしジし ̄シ、|きあし、忠
I蕊1蕊醗議
。
す気ンノ<動いハミO腱げJ組、す超、いの
るマス会と選分X線でA、111°の約の殿
公’。とし手にク1をす職.谷ご充一かWf
liliiチ今、て権食イiX'1.」lカデ脇lZT・Iで
i'i洲i1lili墓渓?ii子7W!?鯰!、
巳ppS
SUMMER
2
鱗騨
‐義頚
蕊
霧''三
夜店、ゲーム大会に子供たちも大喜び/
Z壬
藤
P
魚介類と、うまい物に
げます!
Br~、
■
 ̄■
可
Ⅱ
少『互孟ニヨ
雛蝋鰄
蛾
こし魅、とらくやしいるで
ろてlLkおうョさだま段とし
。〈で11tごあんいつ階のた
れ余話ざるの二たて、I〃・
てliliiにいる商んも特焚
いしなまこ,AA・の笈企
るてつすををイのの11ljl
蕊iih莉鰐>,;(lf
さこるう)'1リホセ農BZ
んのINJ気くるツ脇ギヅ
がイ隣持だすトのフー
多くにちさが、乳|、編
いン農にいたF製券ljl
のト脇左まもlllMiき
が・がりしあ牛,濡刀一
雄楽還まてI)肉め’'1で
5国巴召=
I
、マフ
プ
ノグ
ULP
■
_鎌一・!
'3
ししノ6しあ11を今がは「」
いみす征たl)噸どわで、あ’111
とにるイド。がかたせて’11るし
先
IUD&刈四
白?Ⅱ..
胚、
一ユⅡ
1列
七月二十三日、中山間地域等直接支払制度事業を受益する中標津地区集落
(上村重光代表)は、役員で北海道立根釧農業試験場を訪れ、北海道ナンバ
堆察しる落
飼朧し会いな}lll上ji蚊をつがの}腿しる|)Hけ 減肥をてョの
料臓1てうBリを1'1地憂い1「脱〕iU祝たたを、 肥のかi「家1i
を雁サ[|,武Sま臓衣1ノリけてつ]リ1に察・め検災 効イアねつ畜力
果効てたふイド
のW1,6ん耐
説)11ふの尿lI1ii
IU1にんで処仁
をよ])I(、理]亀
こるイヒト、とと」た全1没lリ|に科内のます展 受る施腱刈筑
鮭f糊{鮭ぞjii鯲鮖聞零繩ilii
されwliIi鰯。鱗I怠輸さiitjiiW卸
:nたり験幼て、施脱究各舎設れⅡ!I業
るⅡ水産の餌による飼育体制を緋築
し、二度とBSE禍が起こらないよ
えば、牛乳一脚の生産コストが.千
Ⅲ位になるのではという級でした。
そのほか、搾乳ロボットを導入し、
牛の行動観察をしている施俄行動蕊
験介や、試験川に↑の体に穴を空け
造立根釧農業試験場を視察
てあったりと、研究施設だなあと隅
わせられる器機が多数あり限を兄張
りました。
参加若からは脱棋が大きすぎて比
鞍にならない1という厳しい友も出
ましたが、試験場の研究が当農協の
酪農に樅かされるように願ってやみ
庁舎内に灰ってからの研修では、
ません。
鞠霊;鰄
'4
佃作・李伸”孕午」
今後、どのように
なっていくのか瀧nされるところで
こっております。
求める働きかけも町内の有志から起
れている農業試験場でずが
て、Ⅲ施設が急ピッチで取り壊さ
根釧腱業試験場がリーーューアルさ
どうなる?
H鰯
体に索けられた穴が・・・
ーワンを誇る規模の農業施設を視察しました。
蔦及の環て、
-ぴiMとい巣
り、このような乳牛の生潅体制を行
ふん尿の利活隠には土壌調査が不可欠ですと説明する=枝科及
罰蘆li
』』》』
尿蹄魎揮
:察場.』しは
一一度とBSE相か起こらないようにとによって、完全な
験視験のされ
うなシステム作りの試験を行ってお
■
鱗
程
1㎡
設業策I汁
試の誠とここ
’
織藤i1jlpiiiて了舩
江
す
鑿_
』
グー、
ふん尿の利活用は、
まず土壌を知ること
行
PBI
□
勺
五月一一十八日~一一一十日までの三日間、
か娘なへ配にん’左はごI)Ⅱぼ柵りうIま|腿久ン氏ア
かの体酪が趣にラ今つ[|近賜か征、ニト11ミ+Wボイ{とロ肋
るプ験農捺,;(つンイドた本所f「検’'1息と氏イミル,1と絵ワ・妻ハ肛
溌蕊撚蝋蕊
にiHiるつオしら司に、ん流はの竹つの),Lてで光か村-7..ラ
繩i1K蔓キT:三月で箙鵬紳Iilだ,紙擢諦
さ符将ろ海てタ娘’笈ノ[kさトトリ場のあとポまエタトの毛11・
せ「来ん外心イさジに後ん・の・たいワたア酪腱ビトテ
話をいっぱい持って陥ってくる絵聡
し、来年五川に帰郷するr定。上産
のあと2粁ほど愛人光を締えて研修
まさに体感している絵岨さんは、こ
どおりニュージーランドの酪腱を〈‐
りためになるのでは-」と笑う。希望
て州ってきても就職かないとなるよ
てくるか、今から楽しみです。
》[PR]
⑭社団法人・北海道国際農業交
呼流協会では、引き続き農業交流
》生を募集しております》ニュー
j》ジーランドほか海外のどこの地
』中村・裏地(212903)まで。
印社団法人・北海道国際農業交流
》協会・田村
》または、JA中標津経営相談課
坤電話O11l251l3853
マ》札幌市中央区大通西七丁目一一番
一地・ダイヤビル八F
→》〒○六○-○○四一一
約一詳細については左記まで
推一ます」と田村事業推進部長。
陸》ランドへの研修に力を入れてい
櫛》という要望一が多く、ニュージー
一■
家》さしい放牧型酪農を視察したい
と。
↑。
寸・
く。
前》国や地域、受入農場の選定を行
Jハロ
さ叩いサポート致します。
里”
絵》
「現在は、低コストと消費者
憾函イメージを大切にし、環境仁や
力・
唾一本人の「見たい。学びたい.習
殖一得したい」という要望に即した
藷》域への研修も可能です。希望者
灘
ひと足先にボワートさん一家とご対面j
会、絵皇さんは二11ジーランドで酪農体験中。
に可
さんがこの.年冊でどんなに成及し
5
豊岡の竹村富夫牧場にニュージーランド
在住のマーク・ポワート氏一家が訪れ、
当農協管内の酪農や観光名所を視察しま
した。
竹村牧堀のホニーと一緒にバチリ
牛乳に酢を加えると。,!!
戸写、
1Eわおの験し楽’1とまり依乳バノノ
,謡せ司りI「11炎今てし被しや頓卜をタをノし
2はクま解流後おんをた、でこ使IilILI1
黙ii蝋!i瀞
:蕊鰯辮蕊繍
鯲騨灘瀧騨
地場産牛乳などを使って、
小学生が体験交流。
七月九日、十二日の両日、新施設
「クレェ」を利用した小学生の体験
交流などが行われました。
綴
この問題がわかるひと-/
七月二十四日~二十五日までの二
日間、恒例のJA夏まつり「女性部
特製ザンギ」出店協力の準備に、総
限界に挑戦ノ・
川埋のザンギと大格闘。
鶴肉・油VS女性部員一きて潜敗は・・'7
勢三十人の部員が参加協力してくれ
ました。
「=
おさちキま命|Ⅱ16しタピけ「なの1,t部らl7flZしIA逃6Mi
膜どんやド・してもifさたの、処かだは11の=の:迦いなと今
れ脇にんキ|イ〈ただ人ダリて゜形〈rJⅢ!、ろ、の指卜17「総な、いなイ{邑
嫌力おのしil1i・ツビ紫が.(Ⅱて、911うi'リ人令議八jltil[増設熱I)は
でいliIi味な蕊と朧でまだの仮11かjl>llffに!?篭はliliIlli地、、
したけ・がま、、′さつつ鍋リの?のM11,-か、とも獄エ新
、りたの腸好鶏がl1i笑ら人な鍵のア施
・きまIllミ、聡慌′P我|》1部底げノミとが始例毛史詩l)いよ.殻
ます部米11t況後が姑ilがとをの縦まのとに=ま、うンョ
し。特年!?の八女か6兄い願苑性|)跡の噸ケし作なもク
た鰹もう時化ら笑えつつ,了にまlAjリミ11ヒタた業11i島なし
部ザまとち三部、顔たたてもなし.ijしと・しイ1§しエ
ュンた齋にトザビに|聯[ひ7|ゼつたillI姿、ながやま、L
のギ゛か終分ンのなは{iMたびて゜Alli限つ、すで換で
告をおに「リ(ギ部l)、をす炎いこ久会界たし<些笂の
様f¥1リ:ドしにifljlⅡIま必統らうるの|'kかの昨か、はLIji(「;
ただし女らで人
6
』トク【戸一
の・・・-...-打う菰る
23135秋山政雄16l佐伯二三子
24137田中散秋
25139☆肚同喜代之助
26147大内利市
※☆印はブービー賞。
同じ打数で回った人は多数の場合
年齢の高い人が上位となります。
7
lilZr「・ク-,fIilト・njjして
は_へI._へ一の女いヒ
プに...-.)し、、別初狩
記一・・トリ=奥を
の一・J1illL’八で11(の脱
jUnイT}「八打打1「す以迩ぐ
り--打一一一。’ノl1IjD盗
人仁が
’1'f左),1
しI
く
し
lI7j
ij
満
ち
瀞汽役は競技に参加し、ホー ルを胴
22135武田三郎151☆中司ぎみ
11111雫jrifフ{‘すケト金以・のオL
ほかの競技村 6ホー
20133内山熱149ヨヨ中マツノ
21134広瀬定夫150萩原トミ
他,r1illl渡ihllll小数で排に
の雌代辺1111:》111f林はすちつ
るたびに巧くなって
佐砿美代子
19132岩井異14712E藤美代子
そ位位位性位位位性ぴよ゛処
に絶墜を受け、
17121遠藤忠填144松丞重子
松率工三子
18125塩田専治146jIピケ平静子
瀧ケ平静子
-勝つらル
〉の親睦パークゴルフ大会が、七月二十
16118小川箔138松隈佳美
15118久保慶一釦136安進花枝
戸
で開かれ、約五十人の参加者らが四コ-
一ニヨーー女ニミー男攻たズLを
ー
を流しました、
10116佐麗勝夫125小川キミ子
Ⅲノ
11117藤井弘美129佐繭ヒデ
117
ガ2117佐瀬永雄130岩井誠子
13117遠禰与畏二I3I小谷みつ子
14118阿部正六135宮脇みつる
l)M[場地区
鈴木達也苔ん
【パーソナルデータ】
昭和54年1月30日生まれの24歳、
水瓶座、A型。
祖母のツルヨさんと2人暮らし。
営膿類型=育成牛販売㈱
パソコンとボウリング
が趣味と話す達也さん。
入づきあいを大事に
する好實年。
で
也さと将する11rとてとつは逃てイド業卒午
さん1-米・い年のはいた、11,1tい部さ業’'1’
んはとのろ部こどうほかはたIIML後ご
への’謡ⅡなのとうこどつパだI}勝て、紹
紀今二つ標イ水ででとのてソい丈か酪介
・後SFIミづii1rrL噺lliラ雛ネ縄
織蕊鰯轍
腕、ウリ・ニイド火山
流に賞,Hf、へ率仏党近ング迎をのん
、えはグ゜統迎経は
認(〈憐鰯、1のめ人ポでえ蝋、
全しのセし的三Ⅱあつ会ウ全てI1Ij1lI
鯉懸羅監麟;#鋼
§丈#柿砦#Ali蝿'iMj‘棚
女鰈iiLli癌'鯏灌峨徽
ボー・こび,辱みごロ斡
達也こまい鵜みたtiiii方し17やを
穰¥千斗汁☆大夫雑千千午
r、
易=j塞騒
担う
六女疾-k¥
鱸
8
薑平j;jiT5Z冒震ヨハ中標津青年部
津胄年
聖 産 部酪農課=
H、 肋 QzzqZZt〃
''''11 iUk
1-1‐1
目
青年部
冑
一一
第4弾
青年部
西垣勢
金子雄司
、'1幌地|えの1jliiliです!「|分が経燐許になってから
砿は、俵橘地|xの金卜牧場後継衿の雄rr1です。今イド
5イドが経ちましたがJWf艇堆は突き1i1liぬると奥が深く、
まだまだわからない,|#ばかりで、」山ノヒの光赦進にお'11:
の`lI1に|:し'11兇からノノ`')、枕腿しました。4力)l余りが過
ぎて、酪農業は肉体的、IIlliiiIl1i10に過酷で、綻!〉iriniや'卜
の符」'11などオールマイティーな能ノノを鍵求される、難
しいjIii蕊だとフミ感しております。さて、私のjll、'1は、
以}iiiは搾乳IlhL1でしたが、父親がイ《ハミの|聯でも大火犬
なように、また、作紫全般を覚えるために、午は給餌
をやっております。乳磁を改解するには、′|葛の健康に
奴を配ることが]瀞だと琴えております。[Ilj親や,liL年
舟1j‘)先illi途のアドバイスを|H1いて、さらに典い乳'1.を
Ii11iになるばか')です。なかなか独りfLち1M〔ませんが、
いつかは恩返し}'1,来るようにj、:っているところです。
3AA1は、農MIIゲイ|ミ部のi,111部長、11雑文)i:Ilil(郷11ドイ|孟全
,畿所の第2愛典会鐘i良・Ijrイド会議ⅦrをjlLじ、いろい
ろな業種の人たちのつながりのなかでiiIhf1Lています‘
これからは、今できる'1$、やらなければならない11「を
雌ソミにこをし、リミ紙を残し後Ei1If進の良い)MNとなオしる
ように.n分、身にノくきなl1hljを持つで兵鉄していき
ます。午はiiYW縦にAIして、「111Tを排ってii1j1Ilしてい
''二雁することをT[念します”
ただける'k乳の'1{'埴に命ノノを投じ、I1illIMtに繁殖Iif」111に
平成14年度
ノ」をiiHいでいく11を満:【:いたします。
平成14年度
現状
半成1b年度
平成15年度
目標
′I已澗灘
0.[
(Lピ
|ノi二iYM黙().5().(}
2010
1最重点目標②|体細胞数24.4
|最重点目標②|体細胞数24.41200’
「92,_ll0l)()4,1状維排
F9b、1.1()()()fI1l状維排
SNr
SNFqz'3.67(】(,塊状純イJi
8.6
現状維持
l〕
['○〃3-200,】
3.2
現状維持
9J状維持
1,i,」il形
1,|,」il形12.781)0
12.78()()
塊状維持
3,l状維持
今、1番力を入れている事は、主に餌の管理を行っ
ていること。そしてもっと乳牛を増やし安定した経営
を目指すために、繁殖管理に気を造っております。
特にフリーストールで飼養するようになってからは、
発情を見つけづらくなり、繁殖カレンダーが役立って
います。
雁IMI数
′[:,Mi数’
現状
平成15年度
目標
02
0.2
().2().2
28
体細胞数
1最重点目標妙体細胞数’28.8
E雇斎Ei燕『
20」0
20.0
F9D
F90
4.100[
)00
4.2C
4.20
SNFqZ
SNF形
8-64[jT
|Ⅲ[)
8.700(,
8.70()(}
3.1.10m
l()b
3-16o《】
3.16。()
PFljb
I)%
`。
L」
令帖|形12-74')、12.80()(]
809(]
企l1il形
12.74〔)o
今、1番力を入れている仕事は、給餌です。
現在の給餌場所は、雨が降ると地面がドロドロにな
り、泥のデッピングをしているような感じ。乳質にも
係わるので、現在、建設中のFS牛舎が完成すれば、
作業方法か変わるかもしれませんので、今から楽しみ
です。給餌作業は、牛の健康や乳量に直接係わるので
「おいしい牛乳をたくさん出してね」という気持ちで
気を配っています□
大半は、妻が管理していますが、誰が見ても気をつ
けなければならない牛が判ります。皆さんの中には既
に利用している方が大半だと思いますが、頭数が増え
つつある今、力強い味方です。
自分の考えはまだまだありますが、この辺で…。
lH
I
当牧場で私が1番熱を入れている管理は絵餌作業
きれいな甥所で食べさせてあけたい
9
門
戸可
/
どんよりした天気の中、一悉
草収稚作業も|段繕した今月の
人気燭は、俵僑地区・人西雛秀
さん宅次女・芙慶ちゃんです。
寝起きはいつもし機嫌という
そんなお任渡明けにお邪魔する
と、超ご機嫌の美慶ちゃんが終
始ハイテンションで取材に応じ
てくれました。
いつもの災慶ちゃんの行動を
ちょっと探ってみると、ちょっ
ぴりおしゃべりも多くなったし、
それから、腸をこよなく愛す
る大西家の娘である芙慶ちゃん
は、パパやママ同様、釛物が大
好きで、まだ馬には乗れないけ
れど、お気に入りの馬の乗り物
にこの日も乗ってf機嫌ノ
そんな美慶ちゃんの将来につ
いて、ハパとママに鍬ねると「十
一歳で四歳のf供を突き群とし
ったりしない、こましやくれて
たり、十六歳で親をバットで殴
いない、索祓で伸び伸びとした
のあるお答えをいただきました。
子供に行って欲しい」と、呪笈味
美慶ちゃん!人自然で、優
雅に走るお脇さんのように優し
く、そして系肛で素敵な女の子
になってね!
’9?
にi虫
、
つかまり立ちで行動範州も煙が
って、史にはハイハイもⅢ燗L
にスピードを上げてきたくjⅡこ
の頃。ハハ川く「呪仮、1秒フ
ラットで、膝小州がすっかりⅢ
る」とか(笑)。
ずむくらい、俄然鍛えられてい
さて、トマトとお.弘腐が人脈
きだという戈慶ちゃんは.これ
まで特に人きな病気もせず、征
Ⅱ、鵬育倒から帰ってくる皿乃
お姉ちゃんを心げちにしては、
一緒に遊んでもらっているんだ
って。岐近では、お姉ちゃんの
やる蝉がとにかく銃になるし、
いしで、時にはそんなおもちゃ
お姉ちゃんのおもちゃも触りた
ノ
、
を無惨な姿にしてしまうことも
f■。、
大西美慶ちゃん
おお仁しみのり
大西雅秀・歌織さん夫妻の次女
として生まれる
iii
L
、
1
2002年9月18日生
■
あったりと、以外におてんばさ
んを耐も(笑)。
P
= ̄
ル
アイド
■■
大自然の中、
お馬と一緒にのびのびと育つ美慶ちゃんノ
10
1s]
身一
ロⅡiⅡFロIF
3年Q檀名前、Ⅱ野沙記
.辱のらちしぼり芒にいけんして、心にのこっていることは、jWlj。.(1)牛のちぢしぼりを正いけんして.」血にのこっていろ〒〆は.疋九
こすか?
垣…-て-Wづうかくてあ7壱方か7)》た
」三昌日寺5hつ潮17Iらたしてはし''1X)
-尽司泥z咄麺ウzWllと息z在[丁巴`ウス在人て116だ。
一、Zr
2牛匡調らら蓬あけて、11mにのこっていることば、なんですか?
②牛におらちをあけて、心にのこっていることは、なんですカ
あけ肋正どきウニ''いのみつ毎Fりた化思11
ン乳〆嵜ヨヮ、'1,均泥jL骨吋γ,、
Ⅱ
言(元。
プーくう、>,11カニで?・・す
饗梵>ff爵FilFfjfFilW辮鵡,,
鰯lKjに梨って.jUlこのこっているE左はなんですか?
.÷’),珸十ま:きい瞳
き[圧迫
-アプWLさ、耳曉六ズT1Alff-7<#1主(た「
紅2.中擦津の午閣をJこくて.がんぞうを回いてください.
千
,8楠
4甲礎湖の牛慰をたべて.かんそうを閏いてください△
二向|よどZ諺沿[ルカも戸Z''弧
: ̄、マミー」′正三た合ぺ・泥('7式
5上Fとついてちつと知り尼いEと、しらべてみたいことはなんですか?
己,牛についてちつと起りたいこと.しらべてみたい丘左は】圧んですか?
■■■
牛のL勒芳’1万V'壱・と矢、りたl1zノノヨ。
食行酪進
Hf・殿公/〈
験采体で)j
 ̄馬験九十
.7.V了.m為U)か】
--でl工
二L、wユ・し゛二L~に1MnkつにA4n1うしノガホが
し、
。U二う花いしてくEごっ尼中標津展圏のみなさんへ
■■■●■■
す''爽〈。と舌謁`しえzくれzありil>|'!こうご'エ11’
曰しようたいしてくださった中lpKu璽醒のみなさん八
.…点認可塞具てくjl〔熱7コ
一ⅡⅡ一ⅡⅡI●P
牛の:学讐’
3年ノ蝋名両稲nT躍塑
回“琶繭寵/iT ̄函5-
CLFのちらしほりを尼いけんして、IDにのこっていることは、な/U
llM各ト小Ⅱ
ふ1や二,そ.〈ニミーぞ’)-TI・弓-.
0
催共ラ学、
ざ進ク佼中
羊の学習
れ会シニ標
ま兄ヨゴド津
3鱒|鰻名輌中/11>|士
し学ン化町
た・_を膿
・祁搾対協
:、牛の石らしぼり遷尼いけんして.JUにのこっていることは、なん
●
…ずニプZこし一z畠尤今が
ですか?._‐…---・,_L、鍔H(〉
筐m帝-,犬。,l7i11、心`h§nIuがA十<'’てた0-)オII
溌腎雫斐潜'坐!若『弓沃琵霧稲鞭し’
~呉にミルクも7W“工士のL6hたぜ'可へ
v>、の人でい7三が';次の、フ準。
こ斧は‐jlI市('1J(八Mしワフハ'1歯っがだて!'屯
また.二;ししくみ:くち菰(ず'だ‘ノでl鳶
⑧鵬に黙って、心にのこっていることはなんですか?
零1TIfでfREP1jf「孑零芽21竺図砺琳りしz
rlIL宮うlま、士、七z7lI蓉一と布'もvよし走り典,
弓’,U多謝、Zした毎う叢しての-てたブ'右
己鈩nW=し十LZq回且厳MUf,L
濁りが`ヒニラ二MTlノ設可,
冗中裡墾の牛麗をたべて.かんそうを徴いてください.
牛lまハノフ之布ハイjiL=ご'1成人莚 圃努 ペⅢ主
Tう。
⑧し全うたいしてくださった中標津段墜のみなさんへ
渦リカトヒヲニいさ''しノま菰
,。]q$。⑨CO⑥0⑥。。【.
■■■■■qq000■。40d
u
三一ILnI冤毛L粛蒙71A拷乃吟弥【 ML刀L韮で飴
すか?
寧琴電漂硬濡(習脊`Ⅸ
ツイE;V百;等Yiい嫁i1:ff藤署f『篭が?
冒人一ざすが『,
鰯榴W1i鷲ノド饗鰍Yjf葦へい、し
お乞い鶉ナ〕
・企試I1lli、典
inIのなん小のlIIil
入恐恐ど学坐は
かいいな!i三輪11F
肱川川<達雄’12
粋なに、は業か
しどな今′卜はら
てがつ’''1や〃行
掛寄たの馬酪つ
,|i比せよIil兵に農て
いらう験触〃お
たれではれで.’)
しますとるあ、
まし・てこり’'1
すたそもとを標
・のの1itがが雛
で'1$Hfほら町
OoOOC⑧ロロロDDcOQcCOCCOcOOo⑤CO。⑥。⑥pCCcCccCOO⑥0
たる博はノガイピ受兵腱し農’|’達祭
だ組受<火のツをし入IiiX六脇た協標六||リJ1
0.0.○COCOC
高校生続々と
酪農郷で体験学習
…一
韓鱗鰯
11
こ’卜乳象総
の肉・に合
麦かワーガ三。
だのしか穴た_
⑫牛迄おらちをあけて、IDにのこっていることは、jなんですか?
乙司
が.ア['1三
し゛
】缶。■■■■■■■■■缶■■■。■■■■■■■巴巴■■■■■■ロロ▲●▲■■▲■▲●▲■■□■▲▲■▲△。。▲■。▲■。。。■■。■■■□。■■■■缶■■■■■■■■■■■■■
S牛についてちつと知り危いこと、しらべてみたいことは
触牛
、馬を 見て
れて、 体験して。
3蕊ユ噂名前河葬令総墓
牛蝿i,,)螺
●酪農体験アトラクションの思い州
#三mミ:jFの籍
『
Eと。
灘
P
lj1ijl
藪鍵
鉾
」
 ̄
(】
●だいこん選別選果作業操業式
1△
田中世_だい二八部会昼のあいさつ
てでなの11ニイL後」をけの作いなす米つ’11といに!{別々農ち場作
ほみ猫11:丙Wノ業ぞF測るノント1..選がてと’|’進よなえしの協当で雄
旧:Mi蛎雌Ⅱがノ[)'1農よにけま采、く兄[Ⅱ:!'いりまて労の評は締
ノー、
驚蝋雛if隷蛾瀦蝋
”難戦聯漏鑑鱗撫;1,i蝋
:翻鮭鵬辮鰹騨f戦:鯆総
とがらil(・て1「ろ記や、|たらが架」&、き,|にうかrliiiて挟め
Ⅲ
二!
書
一〉|鷲ロ迫1
日本で一番遅い季節まで楽しめます。
 ̄●
■
|つは約束を守るということ。
八時から朝礼を行うと伝えてあっ
た。でもそれを出来ない人もいる。
遅れるなら連絡するなどし、これ
を守ってほしい。
二つ目は楽しく仕事をして欲し
い。たくさんの人が作業をしてい
るので、ちょっとした一一一三栞の取り
違いなどで喧嘩になることもある。
気避い合って協調し合うことで、
楽しく仕事が出来る環境を作らな
い人は辞めてもらうことになるか
くてはならないし、それが出来な
もしれない。
三つ目は一生懸命やってほしい
ということ。いろんな人がいるの
で作業が遅い人、早い人それぞれ
います。その人の持てる力を十分
に発揮してくれれば必ず評価され
ます。要領が良く作業が早くても、
さぼっているような人は一生懸命
な人には敵わない。自分のベスト
を尽くし一生懸命になって下さい。
'戸、
生産者の日々の努力と、
「グミ
丁寧な選別で毎年高評価“
 ̄
重呼
鋪
一一《
今年の奥だいこんの収稚が始
まった七Ⅱ卜八Ⅱ㈱、俊儒にあ
川及び艇協関係満ら卜芸人と
る選采場でだじ」ん選別選果作
業の操業式が附かれました。
鱗談
|I
艮渕課長補佐【二よる朝礼のことは
いちご部会
乾農場のいちご摘み
けりでまのいれそん極ががちて充膿
Ⅱa色戸口
、い今Ⅱイミせ摘だ季とれたは牝jL1l〔ろお、)暖|炎
)l}ち)]党んみと節’1]ぞろ可美らでんりさ物砺
鰯鮴1鱗i鷲ii(鞭蕊
6Miiかしつちす地気性なうん・イ帯Ⅱち-.場
Itj0Iらまはご゜も峡とつわが千広lIlHご〃で
しを(よすざにのにいみせ作ゴ方な狩、は
く迎、゜よはのよちL、L、付狩耐どりい馬
なえハI)砂いつご司苛けりなはのち鈴
ってウ6W/{ちてⅡ]えきてをど''1J場ごし
て兵ス|「やご、のらたい楽か内をのよ
いつのlLlミミが11将んえるしら近一化、
き赤’'1がル′'三本》IILくいんも郊般藤iill
青い実はとっちゃだめだよ
麺:;#灘聡聯鰔
,,なじり葱遅そ灘Ⅶ澱印Bi鵬
12
きロ木1ノリ成几し’111i
くうと装しⅡトな
|)Mト合.まか〃6
肱にわ照しら111の
す望も係しののす
への活もてはが司る
●トレーラーハウスが完成
科〃川リ|い形)I1illlLの
:艤溌iiilii
未放うで‐たてIWil
定す。あと'|'い化魅
竜;721柄j萢
定ダめ氏サ、にロノ
も1,.イ保つiii
あな佼屯クイ」それ来
るどの誠ルで、ま
そ宿公MMしき特す
うiil谷1リIiiTiるの゜
で耐に関)Ⅱもも
 ̄Ⅱ■■■ ̄ ̄=■
Wl
完成したトレーラーハウス
.凸■▲二▲凸■■■■■■-■----凸■■■□■■■a●●●●■□■■□●●●■Ⅱ
れにて、ii】jと人くづらhと、験きMr」,i「
13
'11Jしfi
l人]て〃
仁懸の
(1)念流
店さ川
されも
れて’11
るい心
とまIj
R「す街
わ。1111
中標津町商エ会が組織するまちづくり委員会に、地域住民団体等委員と
什Xして、こ2い街が化合経べ,lW行
秋化、
、と聯
してJA青年部副部長の鷲見健氏と、当農協乾信参事が選出され、七月二
だAとして・るらていな城|:織むて襖
の1.1
米空立
fFiliilち
十四日嗣中標津経済センターで委嘱状を交付されました。
・たFドとのいかしよび地115,1を逃しw1
商肝街と一汽えば、街の顔といわれ
すいをイドすて係振り’1ぞ、、を、対人
るほど川として嘔妥なもの。腿引く
でせ兄サイまオLl卿||よで体政ど’''1にる
不況r、商店激の減少で空き牒舗が
卒おご潅澗・あ}}1,農のりえ炎[、,イ,のなて
い寄意新サリさ脇・を、齢卜jiiiなiiTiどい
よりよい街づくり、活性化を目指し、
ばての唯1Mも進bくぢ化’1W片〃i」イillilL
●まちづくり委員会
代理で委蝋状を受け取る青年部・灘田圃l部長
農協関係者二人が、
まちづくり委員に選出されました。
==---
■■■■ロロロロ0s■■●c●●●●●●①■■■■■●●●。●●●■■●□0ロロ●■■■■■■●□●bO●●qqCQ勺勺●●■●●□0の●●●。印■■■000000q■0■qq0000qq■■■■qq■。1曰▲
》古い農機具もアイディア次第
冊形を変えリサイクルして再利用。
北進の佐伯雅視牧場にある
も〆たト値タが幽ウ
し外’1`111ノi、し人 の])もしIlIワ11/{利ス
がご装氏でイ「て焚 で力の’し1イⅡ川は
、の孝うてサ[几1組#〕
火での、光の約,ii
帰農館(佐伯館長)と、平山賀
?ぱ゛佐十、とと
氏経営のレストラン牧舎横に
ド、当ン約か作すIリ 社・をツIlfし組1V〔|
ア細しはJiけ蝋・澱 のアつプに、什収ハ
農機具リサイクルのトレーラ
組作氏デ始科後い{i ラたしのめに能Ⅸレ
みらがザし代、いドi ンもむク込Ⅱルドリの|
・北孤イ、を制まノj ドの<ロみ人川牧ラ
ーハウスが完成し、最近では、
いています。
れては゜作ど零つⅡ# ユリ・たロ人、もこ
る水平外をのどたで |受hli水のイドバ;jとの
I上で111装IlM材けと約 ホけⅡ|製ii1Ii頃性」|ユト
牧舎を訪れる観光客の目を惹
甲■■■DB■■■■■■■■ひ■■■□6BB88■■■■0■■■OB00■■■■■■■■■■OB■■■■BBOBBG■■■PP●●●●●じじ印●●●●●CD●●①P口■■●■■■■ロロロロ■■ロロ●●●■●。
{fせⅡJ1た製ほだ、11 二,淡’し、イト谷と
r=可
F言う
行いましょう’
フレッシュチェック
家畜改良課より
□■■&■~句。◆■。●●■■◆■■●■⑪■●c■ScO◆●■◆P■P■■●P■。■■。■■凸p0ら●◆p●●■■●■■b■■p□cpcCCCC■c■■F■■■■q■■cp●CBCC●■-■■■■-■■■■■■■二二■■▲-▲▲_.
に磯で忠ユ期てににIii1lllるうな,kなかのの牛うか膜迎い
-」!)】説わチ間かはう活がす,1Fこうす場のな’卜がにしに}iijえ時奥
度’1}11リlれエをら、し’'1111,るがヒレま介繁らはい具をつ’''1た’11lb
の ̄しまツ設み箙ツす*こ川にツで仁殖ぱ、る体がいはいをい
サをたすク定せ-シれると》|〈よシお「l1i:ljiit良iiiの的らて、6乗よ
イノnV。にしるにユばとにる’)ユいlnill;い純もは、[!':」IEのりい
クートWIKかてよ苑チイ「忠よと゛チてしがのに事発’12かイ魚で切よ
ルIIPにげそI)11'ガエ効わつい』iLエおたけで苑実’情11ドせにす’ノイパ
でとへ少るのはをツなれてう」01ツく際えす111『だ徴のて暖!、添
F、
う識介しとノリ|、みクのま、点にクのにらがのと候’'1いつ。」「1.1
レ定娩前いI111分せをでず初や紫へで、九、兄忠をにたて〈
ツし後にう仁娩な1丁し.’''1、nlT繁はたまほ逃いみはだ」しフミllKj
シたかこの’1孟後い効よで授苑lM(殖なだすとしませIiiiき体’),淵
ユヒらのがをかなにうは1;i'illIi1I;診〈花・んなすな’''1ま的のに
チきのコイ「フらビル1ケかどをl11ilを断、Ifiそどど・い,'ドしをあこ
、征|効レーと川;の’11.101ツビー定微のはでそよいたヅビるの
ツ12葱ナだツ定感ず?よめをhLを期候よ’''1あ』しうた.IlIi秋忙
ク)]iゲ|とシのじるうる「すif的をうらるらなよし徴をし
エ
■■●■■●■■oDOdCb■■■■■■のsqc●・■●●●■■●●■■●■c●●OcDCD■つじ●■●▲■●■■●■●■■●■■。■▲■●●●●◆■■●■●凸■-●■■■■凸の■■●■■■■▲■■■■▲■凸凸一一一一一一一一一---==ニーーニーニニニー
てチはjIkとてしし14ITr〈記う力Miす片れ空しをIllifにれを
エだ雛商で我ツた体今班と録1レにるつしまりf】て沢′,ii:職た行
コツかしなす々シ゜的lmlなこへンかのてかすj9Iいめが1長とい
ミクらいの。とユ今なけのろ〆まダかははし。111]ける認さき、
ユ’'二皆こで水キチ1111利うでにモたlるかみなのれ:めんにも
二にさとす211ヤエの川しす置なフをFなてがihliぱとらへ、し
ケ徴んだがはツツこ例ツ1いどし上’111リ古ら少発こ九辿治’''1
1鵬がと、ウ:チクとをシて ̄ツ手を人、、にII1jのを終ljくら
シを11三思きちボやであユおなシに幟変こい人ツビよいしがか
ヨど’1Fつす会1人一げチ〈どユ活減:れく変兄うとて必の
ンのにてがつル1:悉さエと常チ用すそらら効率なき摘要繁
lFs
を〆でいにてをI愛人せツいにエしるこの12
#Mは艤な殖
とモるま今いすWi!「てクう牛・ソてたでデ)1
つな際すのたるなないのの篝クいめこ,にあ嘘jiiiキ菫ザ
てどに。ⅡIi1だとどのたJt6ののきにオLター
i笏ルのもばが
いを授期けいをはだ典か目結ま、らを度
けj、#';それうj、、き,''1:なにjM:し繁の|Uと
れ上.ればこじフまと’)付のよ殖確握は
ぱとぞえています。何かと忙しい奥です
が、フレッシュチェックを積極的に行っ
て繁殖管理向上に努めていきましょう!
家畜改良課では、ブリーディングカレ
ンダー(繁殖管理盤)(写真)購入のと
りまとめを行っております。今回記載の
記事のとおり、繁殖の基本となり得るも
のですし、回転式ですので、この機会に
一牧場一合のご購入をお勧めいたします。
サイズ九十霧×九十諺。
詳細については家畜改良課
電話312131番まで、取りまとめ
おすすめの繁殖護廻鱈です
期限八月末日。
▲
:W瀞iiilii
14
す怠’)業弓原グ、
1識やをMル喬ル,;|
ラを役行勵イ111級
ム投iii11つし恋プガリ
のげにてな代司農
様かついけ表えMI
T・けいくれをふ将
よして人’'1乗'1..ま
うたの牧標仁の、し
で奥パ場ilkkミZた
す体タで交興ル「l・
・み’搾流露ク11
のづ乳拠・やは
<くし点雌り゛
illl)た施終、リユ
ニに牛,没Ⅱ卜の
Ⅱ挑乳をにう餌
にⅢifを仇はク.;Iif
な、1hつ、夕せ
つ光Ⅱ]てJlや
■
騨愚&
縄
[
b
 ̄
単仔のミルクやりに、ちょっと緊張気味
'15
●小学生農業体験学習
職、
酪農を好きになれたかな?
た笑し受A1l11I鷺リ
f、雛fi
ill'6ソミ農.if
や際場職
人酷でI9I
lll1農働人
'1Mに〈学
係擁久の
なわ性iiリ
ピろの谷
■
1
識演する河合知子助教授
離婚を考えたことがある?
にfillM酪迎のい部
フにわ111tえイ「手興
って可は
L二
●根釧農試が酪農フォーラム開催
兎}》卯のいてLfⅡl産
に廻投波
排しかで
根釧農業試験場は八月十日、「酪農場で働く家族の役割」をテーマに第十回
ま几、族たと1女た
す)]参I1Hなしる性'1:
がL1D細
心と教,祇
の根釧農試酪農フォーラムを開催し、町内外から酪農関係者約百人が聴講し
介た楡のリラうiWflll
し_し家た1い腱11Z
11i2搬トノ1k
ました。
、をコーディネーターに、標津農協
綿しiiiでな不すのI】Ii
久恵m1
と家族のつながり仁ついて.|離僻
をまて’'1ばハ。|ノlの
術、まし上ンに丸1
をレワえたことがある-」四八・し評
堆統たがにI測るの[|’
拭い゜いかる家調H1「
験てやけこ族盃農
場行さてと会結協
のわれあ、瀧采で
西れるげソ)でを行
海た’'7るIlk。Wfつ
蝋フLIFはミまた
顕ォなで腱ユえ酪
王Iど次しニーMHt
lビラを性いケ|Ⅱ]家
〈Ijiム,ネルの(|越企
'''1で菰ス葉シ捉女
技はしトをヨ超Ill;
(回騨徹命作の)など、昨舵‐六川に
艇しス性をよ象浜
医司
|イパ女てllilIらら験の’12ま|ノiZiHin(イポ協辿の
謎Ui蕊蕊
■、
F-
●
良厩帆飼料を確保する上で、
蔽地の土壌成分を知り側題点左
改善することは重要な要素の一
つです。
f戸、
三諺:=』匡璽三毒臺鑿詣油遥
⑨
壌の成分を把握しよう
北根室地区農業改良普及センター
成たれ川(るなへ刺イjと反代は(ヨしはI前りIliI準(二)をのはすとHIIl[へ
分化る散のど起の率占而`;1M牧約力まりIlHiま以I/[約'ⅢI;'1r六.ん」い〕''地'11表徴、
が'1tのイ1Jで ̄立牧はわ、にIYj:六りしンでせ上以八ンノー地・たど;((:一棟一へ北
蝋鰯雲蝿聯轤艫鮮雛騨:
削ii瀧辨ネなⅢ岨…’祈津}の
い討成が要つ'櫃′卜,噺にるるや準
場が分皿でを悴のま、と人タ(111
合職凹萸鯲''i鮭艀:兵Iil
少一てり域ザル'川YHが。診標成域
鰄瀞離
縛陛l腱iiIi鯲蝋艀。,川搬〃
懸鰹鍬螺mIMkで俗。の室學
ぁ,M《せら鍵鰯位洲);過含lxi:Ilii
灘鰄懇,1M1底鰄鳰
F円、
うれし度I)lL進’)6にIxI獲結二きI1lu滞大でれり抗妥の準り1匹D折を折11れ
゜ぱぱ行まはこぶン表上炎ノバ采lxl、まや抗切あるを作1k]酸値、イ『イJはおが慶ば
-らうす、壌こ鹸′K鍵で〃で ̄L±す、作につな多H1と性以|キ灰灰辨勧ででイ'三
嘆く二・神サととさ成も法すは壌・パI11なてど川にな化L土は、及ぬきすI1Ij
t分と草及ンがカオし分炎は。、診ラにリも ̄す注’)やでは{i皆セしるが二
襲析が地セプ「f「りま結現述分A断ンルリま、へる意まマし約○」ニンまの、,’
嚇蝿蝿111露
ていいはⅢうす化地」,瞳す解つの
み卓る三意た゜学の準一りて上
ま地のf{きしめ肥場iii[こや結壌
しがでにての料令なのす果診
よあ、‐あiiiを、ど他<の断
ロ塁準以下□基準内□基準以上
カリ(多)ヰ作物の苦土吸収を抑える
00%
石灰(多)吟作物の苦土の吸収を抑える
80%
苦土(多)今作物の石灰(カルシウム)の吸収を抑える
go秘
70髄
6,雛
pli
外側の11]:坐flkli/lI1-lill城
lifI2‘
lAII1Iの'11:」蝉(kliIh以ド114域
%%%%%%
図2
5432I
リン樅
000000
rlf
62
嘩一銅噸
R5.口
1一。{7}・3
7.
!】7.7
9.
4匂】 0口】
559
14m
ヨ1日
 ̄ヨM7r~---
H雨H噂H,, |-
?9.3
4●一「こ-3a.姻一R】3つ」
-42E ̄
4gC
19.5
53-6
6則
一卸
3321287
phリン酸カリ苦十
石灰
可
図一土壌分析結果、平成十四年度
北根室地区農業改良普及センター
表1拮抗作用の関係
'16
再三のチャンスを
いかしきれず、
惜しくも初戦で敗退。
●管内農協野球大会
L ̄
 ̄=
議田選手(農産販売課)の打球は随しくむファールに
|||’なた,江(ノヒ上I)IILリに
111襟一つよ介気の、寒まO
襟11鷺試てう仁が応雌かしl
:ii堕蕊噸#鯛蕊
し人Ⅱ'らをし点襲し3末忠初'1Hが量
8:45
血圧、伸長、体孟測定
8:45血圧、伸長、体孟測定
胸部X線写真、腹部超音波、胃バリウム検査
けます。。Lガン(骨粗しよう症、脳ドック、肺ドック)
けます。⑥Lガン(骨粗しよう症、脳ドック、肺ドック)
11:3D
昼食
11:30昼食
12:30
血圧測定
12:30血圧測定
13:00
検査結果説明、健康相談
13:00検査結果説明、健康相談
帰宅
IIEの擁jlKは、Iiilllと二'111のもの〈z1IIl法〕をお持ちください。
黙11変M$1111であ'”『プション検診を耐剋さjしるノノはⅡ!「1111か12
<なります。
''0j・乳LL段う症検
1.8()()I[I
十蝋[しきう症検鯵1.8()()|[I
脳ドック検診(il[独トリZ鯵11#)28-0{][]11]
脳ドック検診(ilL勉付[鯵11$)28,0()OII]
(),ビイミドソクのオプション披,,公111「)22.0()OII]
'r
〃(l[fkk塒ツクワコ式勺ランニォシIHfP-、All皐1リリハnnII]
liIドソク検修(」,ヒイ足ドソクワ)オ・フションのみ)9.9{)01【]
|ル17ドック検修(」,!§イ星ドックワ)オ・フションのみ〉9.9{)01【I
磯オプション航`鉾8Mrはすべて」催イ勺検,i参に川11,[されて,;l1jjIビさイヒ
ます。税はHllj&26
は検診する方が少ないというデータ
Lガン検,惨L()()[]|【I
\しガン検,彦L()()01【’
いっても、まだまだ艇業は「体が溢
1Uj》]し病一児ソ更liliIW:的検fr-IiiL波険fii
<オプション検診>組合員自己負担・下記半額
があります。機械化が進んでいると
腎識-
水」ですから、健康符理のためにも麸
非年.腹の検診をお奨めいたします。
▽検診曜日Ⅱ男惟・川・水・金。
女性・火・水、定休日・上・日・祝
Ⅱ。蛎折批当の大久保さんによると
IT蔵・I獅砿~
「〈‐Ⅱ以降の空きⅡは二人まで収ま
iIi化撚糸~バリウム、検艇
泌ルビ撚糸-枚),NI
っているところがありますが、まだ
Wi環器系~心lEIx1、lulIki検fiE
Iii慰撫I蟻
yl1迎診
まだ余総がありますのでご連絡願い
ます」とのこと。受付は、組織広報
呼吸器系~胸門lルントゲン
,溌鰄蝋lIIi
係(岻諦2-3721藤)まで。
<基本検診内容>組合員自己負担9.000円(jmf竹29.()()O1IlI
合ソlXi病'1ドツ施1'りて説珍受をトナ厚行今
j1の気がク識人いⅡJ1煉珍ir-fI:つ年
とrを出のでがろを科内つで病て三
比防liL米検、雄6行の容ては腕いⅡ
鮫が!Ⅲる,珍八本のい’矢はい、へる|M
●摩周厚生病院
心電図、視力検査、聴力測定、呼吸機能検査、眼底検
査蕊オプション検診を希望される方は適宜検査を受
組M1うドる術しの各,珍一・周を
〔
血液検査、問診表の確認
ロ
健康管理に
8:30
受付け匙オリエンテーション
8:30受付け魁オリエンテーション
切フ選反進た人タた鼈
臼帰、}脛トック検診護
8:15
8:15確実に摩周厚生病院に到着してください
U
ヤ球はトーしど無んンに、股(H)球霧
・準一f総しそと了とり退
鮒縢噂践雌lilL:儲 れγ手,縢約。れイがと,jぞ1ドゼ;。こ
ず|ののるらム、チ戦い稲オした
時1H]
内容
時間内容
17
弓
M1徽鮭鯏補院蝿
純織T匹瀦fljliI蝉Mそ
協゜采ピイ↑て、6選こ鵠敗
日帰りドック検診のながれ(表1)
9:Ⅲ
9:00
鐘7セノ制,L舵,!』燃隙,'T雌
')線と|後ドツれをの緒川》I会三協§
イガ:;締羅滞オ:鮴Al'「;ろ
鍵呂.組合圏の大声祝も届かず・・,
腱協は、札幌の令遊
大会に駒を進めることとなりますが、
侠の札幌だけでなく試谷にも頑張っ
てもらいたいbのです。
ルレのもれり攻ヤ敗たはた轡△
皇亭
$唇;示板
①
L
ijl
liil
■
i、、
、if
、
刮司Ⅲ】1
今月号からなるべく有用な情報を
スを用意しましたので、何かありま
掲載・告知してゆけるようなスペー
キ)Ⅱ、こスにたにラ斜ソミ)]
したら(何時、何処で、誰が、何を
うる必什ののめWiいホの』if
イも要まマまに蝋まクIlil牧
ムのにせニま他すしし場場
ケをなんユ[ilillljるたン紋で
|便l)・ア場し時。、イIJLJ
み/Uなの'|胃報・告知
します)という情報をお待ちしてお
i「で川すたJ鼈11及キビ腱ラ1t
つ媒のぎめ出若はの産イ化
た人liセるにささ、hlI1UXムの
もしイ1JのはれせINIノルIfケ其
のて機で排、る菜で【ilLll11
・いが撤辿そたを行がキ)こ
ります。
を1m(Vかるらを|葱を、 ̄
ライムケーキの圃場散布を
実施
験農めボ|l’すか物ケ協職[I佐
の
U
メールsoshikikouhou@infoseek、jpへお寄せ下さいc
し斜ので11tもイ《イiILiiIfI戸
試Allたはイijの純ム農,h(凡武
ドニヨ
ソ占いはこ診料的おる「|
配。■
諜一農と断とに’)よ体
弔うMIIがをなタ、うば
イやdiu行リン11111に’'1
ム鰈まつま力科な米
ケ及UILてすル成っよ
’セる迦・よ分たり
キンた[Eしり率のも
のタグ)1,tかもでで水
扱1,以しか換扱分
いへ卿lfな巻猟し、を
(よどL|<でが|)す易少
、’11の敬ら亥るくな
艇縦あ布、IIliとなく
産「るすヒな金つMI
ライムケーキの散布実証試験
外つ|#1機道イムiもり}!f伯
かI)Ill1i:|上〈ノニベ会111ンイド爵
らL。零lpンはH1ス部ま
多とliil港めト、まう、つ
数’'1空’11のをノしつア|卿り
の11港滑森’1N)]Iノ|[:&
米lII1の進公’1Mし&ム公ふ
場lIiL-,路|+i’しⅡふが]'j儲れ
がとな ̄イまに九組イドあ
」Ⅵいかにくす}あ識ililjい
雛撫:雛
蠅ぃjjili,I1Iil敦橋のし」&'イ:
るの`:』のザル,亀確'i11imi賎ぞMl
r小卜fjl2恢氏し氏集l'〔は祝
写真展を開催中1.
、空め場会と笈やべき'1が
|IIJ港て一場左行かつ艇い
内まの’'1をる姿いマMIIも
よのそ」』〔ん′咳,爪いまⅡいでちり11}帰
る‐の6.1〔したた」Lるすの農農
軒l1lI鮒麟:|i;蕊
しずにれ「lなり人ンをⅡゲソミ戸
よの会ろイIlIビ、Ilillダ、l11lI1そ行な
うで場司し寵モlU(ンi111iLl露か
か、が111°の|さトはし分Liし
゜足近瞬''111タれと、まよ全く
を;|典まⅡに’てのキすりでつ
逆しつ、ちグい'リヤ・弓は空
んてりIDなうる』〔ビ’'1,港
でい&めんィ[メカ|ヒン際ノL ̄
みるふのだダ城影.111川司
てこれ様イ1が会う空し〃腱
けとあ公べの解やラ港11港
いもい’蝋|ン体放、イま(U)ま
かあ広でト験さりドトつ′「つ
が’)1h脇行がJlモれ段アリIiiiI)
で‘まLわⅡ行た,柾テL)LL
なかしくつ空港まつりが開
催されます。
でつ初底は’1場じし ̄や
ロールメッセージ募集。
jlFくしトイi二’''1広るか場じ
仁で′グさの腿て几て’|lたる戸
・氏まのj(【途もしでし’1M馬あ
じゃがいも伯爵まつり&ふ
れあい広場のご案内
うし移ン今ノくいすな広一
[JA青年部]ロールハックで脈年、
地域の農業をアピールしている什年
部ですが、今年もI|Ⅱ木までに制
作し序兵を職り、応捺するニレ|が光
Ⅱの役典会で決定しました。アヒ1
ル内需やどのような形にロールを祇
むかなど、各文部で検刑することと
なっておりますが、携様からも広く
J八青年祁蛎務局(奥野)
案を八Ⅱ木まで弊染いたします。
岻話213721瀞まで。
IF肉
IRさ方る嬢肥緬て米
18
●掲示板に掲載する情報をお待ちしていま魂
TEL2-3721oFAX2-5g83
活動内容。成果事例を募集
【家の光]北海道農業協同組合中央
会とJA北海道女性協議会は、家庭
細いンも会ドNlや会イ称
織てド棚11.前犬ム、協くさ
;!下りメボ緋娑朧了¥
9口
・q
鶚=`列。
幽礁 鐡露
u
Oll
9口口
繩 洲潔iii蒋雲
蕊iiiii蕊iliiiii1iI
IiiFoピし版・
噸iii騨
鰯蕊iii11MザJlliIH
-付I,ワい,二k押鯆
伯爵まつり&ふれあい広軽会喝
興のにてズil職との農会会
ILkr分辮し、、励推で ̄
岩手県豊沢川土地改良区役
員視察
第3回企画会議
12日
だし、こん部会打ち合わせ
14日
畑地帯総合整備事業聞き取
り
第2期防疫検査~18日
馬鈴しよ振興会役員会
写奥はテッタ1作業をする尼崎学
子さんと野人郎くんです。作業を止
めるのも巾し訳ないと思い繩ったも
のなので、写り映えはご容赦願いま
すが、作業機械の繩需の中、途中か
ら母の背中でスヤスヤと気持ちよさ
そうを寝顔になっていました。
雷太郎くん、緑の大地ですくすく
とたくましく育て!
第5回青年部役員会
農協総合共進会代表者会議
」A夏まつり
第4回伯爵まつり実行委員
会
農業後継者相談員会議
30日
東電学園酪農実習受入式
畑対役員会
311目
撮影:7月2眉
19
第1期種馬鈴しよ防疫検査
11日
日日日日日日
のでかいをフなろめま繩よ’|’た初・に、
フ月の組合曰誌
723459
L下。まて報うあ「初さ店ばのし゜す気て
のニガパ例るいお学
122222
して、おすにざ誌仁胸と未でへしたⅡリとノしめ
た笥大り゜提まLあをもてす多たぱ時思なに
。'空ま呰供なとる樵に、がけ゜たでいいか
供のすさし購い司で、侍一れそとすま犬け
。【'1は11りてにて励論'1
機jLITの対もしか
ilkUfr:’1Fすらてら
NSH利用組合精算会識
【4
駝)17挫騰鰄軸iiiIi醐豊,鋼繍'1#
'~)
でへ切はいどげ液記
眉日
をん忙おえ形りむぱこ上感るの’てに1]たとか
実L期伴てでにすいろ出謝こでジしよIIリガlllIiら
感ののちおりミ、ぷ、で米すとはもまり11もれ八
1111ル|‐めを活さりんIiIi
IWiイヤ[])ル(薙血」|)ら今で報
2.゜橘集成に後フミ誌
’’'1J川し采M2、践司
2リヒA紙て・及家し家
3会久こい活しのたの
o、性枚まfl』た光二光
4打|脇以すIノリいでと些
悉111,砿lノリ・容1F奴、の
-会・応に柄リリ,l掲
圭||締募つなあ征'Iiji
49
く・かさのれろIと今てにごをとも月て呪気々七
ま・あて情ぱいズJ年いし協発い=にの花が力)」
し・ち、報とろどAいるてノj行うトな異、さう後
さ・や蕊もぢなおをつとは(こすもぺつm1j八しツ半
9編集後記8
た・可らけいしたしての識いで七め嫌中
環境保全型酪進推進コンク
ijh:灘繍
ー
熟Iihi瓢織ll
ーレ
のノパけ行て流光行進は戸
応lE1lJ業一化札〒あを]くさルj血進や.、 ̄|上北
鋒,ili央推農'1j兇○る得MiノL}iKilili的地ン)し獅海
jU]O会進ビilj(〃て瀞ま逃のな城ク’'1|道道
限1常Mリル1110は11t在す券1:環に111クク
I‐
懐し髻古芒一枚の孚真
………鐡可ご伝えU《
臣
□
Ⅲ
|夏
呂自㈹二・農
r
蟻
■
■
o撫斬・・揺謂欝匂罪縫誌。嵩叩o勤給、麟畔除目調嵩離日謹議
、Ⅲ中奥く・召宛一一、.r8坊1条rく
北光地区に入植して4年目、昭和27年頃の初夏の写真だ
と思います。今からちょうど半世紀前の、田中利秋さん
ご夫妻とご兄弟で、自宅前でみなさん揃ってのデントコ
ーン除草作業をしているところです。
50年の月日が過ぎるのは早いもので、今では機械化と規
模拡大で、このような農作業風景は見られなくなりまし
たね。
写真提供藤井弘美氏
、鼬I罵忌
20
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
38
File Size
4 680 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content