close

Enter

Log in using OpenID

遠距離通学児童補助事業(PDF/11KB)

embedDownload
平成21年度事務事業評価シート
【基本事項】
遠距離通学児童補助事業
事務事業名
417100
単年度予算
(予算事業コード)
事業区分
事業の開始・終了 平成
運営方法
教育こども課
担当係名
教育総務係
直営
月 ∼ 平成
年
担当課名
年
月
(事業に始期又は終期がある場合に記入)
根拠法令等の名称 下諏訪町立小、中学校通学費補助金交付要綱
【事業の概要及び分析】
事業の目的
遠距離(片道3㎞以上)から通学する児童に対する通学費を補助し、1年生から4年生までは全額、
5・6年生は1/2額を補助し、通学に要する負担を軽減している。
(誰に対して)
(何のために)
(何を行うか)
指標名
事業の活動成果
指標の算出方法
(事業の実施によりどの 補助児童数
ような状態にしたいか)
同左
単位
人
H20年
目 標
実 績
達成率
H21年
32
#DIV/0!
H22年
29
#DIV/0!
【投入されたコスト・業務量】
平成20年度決算
事業費
平成21年度決算
平成22年度予算
国の負担
千円
千円
千円
県の負担
千円
千円
千円
町の負担
875 千円
778 千円
908 千円
町の借入金
千円
千円
千円
受益者負担金B
(使用料・手数料等)
千円
千円
千円
そ の 他
千円
千円
千円
875 千円
778 千円
908 千円
計 A
内
人
千円
人
千円
人
千円
0.03 人
215 千円
0.03 人
214 千円
0.03 人
214 千円
嘱託臨時職員人件費
正規職員人件費C
事業費合計D(A+C)
1,090 千円
受益者負担率(B/D)
0
992 千円
%
0
1,122 千円
%
0
%
【事業の評価】
区
分
評
価
説
明
妥当性
町が行う必要があるか
国・県・民間・住民と役割分
担できないか
B
町以外では
行えない
遠距離通学児童に通学費を補助することにより、経済的負担の軽減と
安全確保を図ることは町の責務である。
公平性
受益者が偏っていないか
適切な費用負担を求めてい
るか
A
適切である
距離別、学年別に条件を設け、公平性を保っている。
効率性
予算、人員と成果を踏ま
え、事業が効率的に行われ
ているか
A
適切である
公的機関の運賃を基に効率的に補助している。
達成度
事業の活動成果は目標を
上回っているか
申請に応じて補助するものであり、目標設定にはなじまない。
現状維持
総 合 評 価
前年度の総合評価
(評価が変わった場合はその理由)
現状維持
この事業を継続することにより、遠距離通学児童の安全確保と経済的
負担が軽減される。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
11 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content