close

Enter

Log in using OpenID

(平成28 年度仙台市科学館特別展(案)について) 【PDF 132KB】

embedDownload
資料2
平 成 28 年 度 仙 台 市 科 学 館 特 別 展 ( 案 ) に つ い て
1
2
3
名
称
「 昆 虫 展 」( 仮 称 )
ねらい
(1)生体に触れることで昆虫を身近に感じ,命ある生命体である事を意識する。
(2)小さなからだでありながら機能的なつくりになっていることを,拡大した模型や
写真から理解する。
(3)昆虫の生態からヒントを得た様々な技術が,我々の生活を豊かにしていることを
知る。
開催期間
平 成 28 年 7 月 16 日 (土 )~ 平 成 28 年 8 月 21 日 (日 )【 開 館 : 33 日 間 】
開 展 式 を 平 成 28 年 7 月 16 日 (土 )に 開 催 す る 。
◇ 休 館 日 : 7 月 … 19 日 ( 月 ) ,25 日 ( 月 )
8 月… 1 日(月), 8 日(月)
4 内 容
Ⅰ概要
昆虫との関わりを再考し,人類の未来を考える特別展にしたいと考えている。地球上
には知られている生物種175万種のうち100万種の昆虫が生息しているといわれて
い る 。我 々 人 類 も ,昆 虫 と 関 わ り な が ら 生 活 を し て お り ,絹 や 蜂 蜜 な ど 有 益 な も の か ら ,
病気の媒介や農業害虫などの有害なものまで,昆虫はいたって身近な存在である。しか
しながら近年,人類の生活圏から自然が失われ,昆虫たちが意識から遠のいてしまって
いる。よって,生体に触れ,細部を観察し,音を聞くことを通して,昆虫と同じ目線で
自然を感じながら昆虫との関わりを再考するきっかけとしたい。昆虫は小さい体であり
ながら,実に機能的なつくりになっている。生き残るための驚異的な戦術を紹介しなが
ら,その中からヒントを得た先端技術を展示する。
Ⅱ展示内容
(1) 特 別 展 示 室 内 展 示 関 係
①イントロダクション
会場へのスロープが徐々に微視的な視点に誘導する。
・パラレルトンネル
人スケールから昆虫スケールへのトリップゾーン
・昆虫の基礎知識解説パネル
②拡大のエリア
昆 虫 の 巨 大 ロ ボ ッ ト が 来 場 者 を 迎 え る 。昆 虫 の 体 の 仕 組 み を 拡 大 図 や 立 体 モ デ ル で
紹介する。
・昆虫拡大模型
チョウ,トンボ,セミ,クワガタの大型頭部模型
・複眼の立体模型
見え方を体感できる装置
・巨大ロボット
全長数mのカマキリまたはカブトムシもしくはそれに準ずるもの
・拡大写真と標本
体の一部を拡大した写真とその昆虫の標本を並べて展示
1
③ふれ合いのエリア
草 原 の 昆 虫 ,森 林 の 昆 虫 ,水 辺 ,住 宅 地 の 昆 虫 の 生 体 を 5 種 類 程 度 ず つ ,ジ オ ラ マ
装 飾 を し て 展 示 す る 。甲 虫 を 放 し 飼 い し て い る 巨 大 虫 か ご に 入 っ て ,触 れ る こ と が で
きる。チョウを放し飼いしている巨大な透明ケースで観察できる。
・昆虫の食性と環境
種類や成長過程で巧みな棲み分けをジオラマ再現
・甲虫ふれあい巨大虫かご
カ ブ ト ム シ , ノ コ ギ リ ク ワ ガ タ そ れ ぞ れ 100ペ ア 程 度 を 放 虫
・チョウ放し飼い巨大ケージ
マ ダ ラ チ ョ ウ な ど の チ ョ ウ を 40匹 程 度 を ケ ー ジ 内 に 放 虫
・世界の甲虫
ヘラクレスオオカブトなど世界の甲虫の生体を6種程度展示
・スズメバチの巨大模型
ふれ合いを避ける昆虫の紹介,強靱な顎や毒針を観察
④くらしのエリア
擬態,変態,発光,巣作り,音を出す昆虫を紹介する。
・虫の音当てクイズ,音を出す仕組み
・完全変態,不完全変態,蛹の中
・擬態昆虫
ナナフシ,ハナカマキリ,コノハムシ等の標本,生体,写真展示
・小さな建築家
シロアリの巣の模型,空気膜体,クロアリの生体と巣
・ホタルの発光
ゲンジボタルの点滅間隔の違いをLEDで再現
⑤人との関わりのエリア
・バイオミメティクスを昆虫標本とともに現物と解説パネルで説明する。
例:昆虫に学ぶ医療・美容,(シルク由来の製品),工学(タマムシの目と
赤外線センサ,マイクロロボット),建築(シロアリ省エネ住宅),エ
ネルギー(トンボの翅から風力発電),素材(ハニカム構造,構造色)
・日本と世界の昆虫食
世界各国で食べられている昆虫食の紹介
(2)
5
エントランスホール展示関係
⑥多様性のエリア(エントランス)
エ ン ト ラ ン ス ホ ー ル で 特 別 展 の 内 容 を 紹 介 し ,誘 導 す る 。生 物 多 様 性 ,環 境 指 標 と
しての水生昆虫の展示。
・昆虫標本展示
髙 橋 雄 一 標 本 60箱 程 度 を 定 期 的 に 入 れ 替 え て 展 示
・生物多様性の解説パネル
・水生生物による環境調査の紹介
関連イベント(現時点でのイメージ)
特別展への関心を高めるためにイベントを開催する
・昆虫標本作成教室
・昆虫相談会
・昆虫折り紙教室
・昆虫に関する講演会
2
・飛ぶ昆虫工作教室
6
運営・広報等
① 各 コ ー ナ ー に コ ー ナ ー 解 説 お よ び イ ン ス ト ラ ク タ ー を 配 し ,見 学 者 に 展 示 内 容 を よ く 理
解してもらえるようにする。
②市政だより等のマスメディアを通した広報を積極的に行う。
③ポスターやリーフレットなどを作成し,幼稚園・小・中学校や市民センター等に配布・
掲 示 し 広 報 す る 。ま た ,東 北 地 区 の 科 学 館 等 の 施 設 に ポ ス タ ー お よ び リ ー フ レ ッ ト を 配
布する。
7
効果
昆 虫 に 触 れ ,細 か く 観 察 す る 目 を 養 い ,昆 虫 と の 共 存 を 考 え る こ と か ら 自 然 事 象 へ の
興 味 を 高 め る こ と が で き る 。ま た ,昆 虫 か ら 学 ぶ 科 学 技 術 へ の 関 心 を 高 め る こ と が で き
る。地球の未来について,考えることができる。
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
131 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content