close

Enter

Log in using OpenID

応急手当講習会テキスト (AED)

embedDownload
応急手当講習会テキスト
(AED)
心停止の
早期認識と
一次
予防
通報
救命処置
二次救命処置
と
心拍再開後の
集中治療
名張市消防本部
名 張 消 防 署
平成 28年8月1日(内容改正)
救命処置の流れ(心肺蘇生とAEDの使用)
処置
①周囲の確認
観察
②反応なし
③大声で叫び応援を呼ぶ
119番通報・AED依頼
通信指令員の指示に従う
④呼吸をみる
普段どおりの
呼吸あり
気道確保
応援・救急隊を待つ
回復体位を考慮する
呼吸なし ※
※死戦期呼吸は心停止として扱う
⑤
・
・
・
・
⑥
・
⑦
胸骨圧迫
強く(成人は約5cm・小児は胸の厚さの約1/3)
速く(100∼120回/分)
絶え間なく(中断を最小にする)
圧迫解除は胸がしっかり戻るまで
人工呼吸
人工呼吸ができないか、ためらわれる場合は胸骨圧迫のみを続ける
心肺蘇生(胸骨圧迫30回+人工呼吸2回)を繰り返す
⑧AED装着
・電源を入れる
・電極パッドを装着する
⑨心電図の解析
電気ショックは必要か?
⑫繰り返し
⑩電気ショック1回
⑪その後ただちに胸骨圧迫から
心肺蘇生を再開
⑫繰り返し
⑪ただちに胸骨圧迫から
心肺蘇生を再開
救急隊に引き継ぐまで、または傷病者が目を開けたり、
普段どおりの呼吸が出現するまで心肺蘇生を続ける
AEDの使用手順
①AEDの到着・準備《AEDを傷病者の近く(頭の横)に置く》
私の横にAEDを
AEDを持って来ま
置いてください!
した!
②AEDの電源を入れる
☞ AEDの電源を入れ、音声メッセージと点滅するランプに従って操作します。
まず、電源を入れます!
③電極パッドを装着
☞ 傷病者の胸の衣服を取り除き、胸をはだけます。
☞ 電極パッドの粘着面を傷病者の肌《右鎖骨下と左側腹部(脇の5∼8cm下)》
にしっかりと貼り付け、注意事項を確認し「胸部よし」
。
右鎖骨下
左側腹部
小児の貼り付け位置
未就学児(6 歳未満)の場合
☞ 小児用電極パッドが備わっている場合は、これを用いる。
☞ 小児用モードのある機種では、モードを小児に切り替える。
☞ 電極パッドに表示されている絵に従い、電極パッドを貼りま
す。機種によって、胸と背中に貼るタイプのものもあります。
☞ 小児用電極パッド(小児用モードや小児キー)が備わっていない
場合は、成人用パッドを用いる。
※ 電極パッドを貼る時の注意事項
☞ 汗や水などで胸が濡れている場合
☞ 胸に貼る薬が貼られている場合
⇒
⇒
タオルなどで拭き取ります。
はがしてからタオルなどで拭取ります。
☞ ペースメーカーなどが埋め込まれている場合
⇒
埋め込まれている胸の皮
膚が盛り上がっているので、そこを避けて貼りつけます。
☞ 成人には小児用の電極パッドを使用しないでください。
電極パッドに貼る位置が描かれています。
④心電図の解析《離れる(自分、あなた、周囲)》
☞
電極パッドを貼り付け、コネクターをAEDのランプが点滅しているところに
差し込みます。
☞ 「体に触れないでください」などと音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解
析が始まります。
☞ このとき、
「皆さん離れてください」と周囲に注意を促し、誰も傷病者に触れて
いないことを確認します。さらに自分も離れていることを確認します。
みなさん、離れ
てください!
私も離れてま
す!
☞ 一部の機種には、心電図の解析を始めるために、音声メッセージに従って解析ボ
タンを押すことが必要な機種もあります。
⑤指示があれば除細動(電気ショック)
☞ 「ショックが必要です」などの音声メッセージが流れ、充電が始まります。
☞ 「皆さん離れてください」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認
します。
☞ 充電が完了すると、
「ショックボタンを押してください」などの音声メッセージ
が流れ、ショックボタンが点滅し充電完了の連続音が流れます。
☞ 充電が完了したら、
「電気ショックをします。みなさん離れてください!」と再
度周囲に注意を促し、誰も傷病者に触れてないことを確認し、ショックボタンを
押します。
離れてくださ
い!
電気ショックを
します!
☞「ショックは不要です」などのメッセージが流れた場合は、ただちに胸骨圧迫を
再開します。
⑥心肺蘇生法を再開(2分間)
☞ 電気ショックが完了すると、
「ただちに胸骨圧迫を開始してください」などの音
声メッセージが流れるので、これに従い、ただちに胸骨圧迫(30 回)+人工呼吸
(2回)を再開します。
☞ AEDを使用する場合でも、AEDによる心電図の解析や電気ショックなど、や
むを得ない場合を除いて、胸骨圧迫の中断をできるだけ短くすることが重要!!
ただちに胸骨圧迫から再開する!!
⑦2分後に心電図の解析
☞ 心肺蘇生法を再開して2分経つと、再びAEDが自動的に心電図の解析を行いま
す。このときも音声メッセージの指示に従います。
☞ 以後は、心電図の解析
→
電気ショック(必要があれば)又は心肺蘇生法
→ 心電図の解析 の手順を繰り返します。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
385 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content