close

Enter

Log in using OpenID

AED(自動体外式除細動器)(PDF文書)

embedDownload
AED(自動体外式除細動器)
1.AEDとは??
AEDとはAutomated External Defibrillator の頭文字をとったもので、自動体外式除細
動器ともいわれています。
突然に心臓が止まるのは、心臓がブルブルと細かくふるえる「心室細動」によって生じることが
多く、この場合もできるだけ早く心臓に電気ショックを与え、心臓の動きを取り戻す(これを除細
動といいます)ことがとても重要です。
2.誰にでもできるAEDを用いた救命処置
【
心肺蘇生法の手順
1
】
倒れている人を見たら・・・
反応(意識)の確認
2
119番通報とAEDの依頼
あなたは119番通報してください
あなたはAEDを持ってきてください
3
呼吸の確認
4
胸骨圧迫
・普段どおりの呼吸をしているか調べる
・胸の真ん中を重ねた両手で「強く、早く、絶え間なく」
・10秒以内で胸や腹部の上がり下がりを見る
・1分間に少なくとも100回の早いテンポで30回
・胸が少なくとも5cm沈むほど強く圧迫
・小児は両手または片手で、胸の厚さの1/3が沈む
ほど強く圧迫
胸骨圧迫のポイント
胸にあてる手の部分
・圧迫部位は、胸の真ん中を目安にする
5
・胸にあてる手の部分
人工呼吸(口対口人工呼吸)
(1)気道の確保
(2)人工呼吸
・あご先を引き上げ、空気を肺に通しやすくする
(片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と
中指の2本をあご先に当てる)
6
・鼻をつまみ、胸が上がる程度に2回息を
吹き込む
(1回の吹き込み時間は約1秒)
心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)の継続
30:2
・胸骨圧迫を30回連続して行った後、人工呼吸を2回行う
(30:2の割合で救急隊が到着するまで、又は傷病者が目を開けたり、普段どおりの呼吸をし始める
まで続ける)
【AEDの取扱い手順】 AEDが到着したら・・・
(電極パッドを貼り心電図の解析準備ができるまでは、心肺蘇生法を継続する)
(1)AEDの電源を入れる
・電源スイッチを押す。
・カバーを開けると自動で電源が入る機種もあります。
(2)電極パッドを傷病者の胸に貼る
電極パッドの正しい位置
・電極パッドを貼る位置は、胸の右上と胸の左下側(脇の下5~8cm)で
しっかりと密着させる。
(3)心電図を解析する
カンジャニ フレナイデ クダサイ
・心電図の解析中は、傷病者に誰も触れない。
(解析ボタンを押す機種やメッセージが表示される機種もあります)
(4)除細動(電気ショック)を行う
・解析結果から電気ショックが必要な場合は、自動的に充電が開始され音声で指示が出ます。
「ショックボタンを押してください」の指示が出れば、傷病者に誰も触れていないことを確認
し、ショックボタンを押します。
・電気ショック実施後は音声の指示に従い手当を行ってください。
* 高島市消防本部では、心肺蘇生法やAEDの取扱い方法を含めた応急手当の方法が身につく
講習会を開催しています。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
531 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content