close

Enter

Log in using OpenID

フランス・ブルターニュ 風光明媚なガストロノミーの漁村、カンカルで

embedDownload
在日フランス大使館 企業振興部
フランス産業情報
プレスリリース No.474754
フランス・ブルターニュ
風光明媚なガストロノミーの漁村、カンカルで
ミシュランの星を獲得した日本料理店
2013 年 4 月 4 日
世界でも最も人気のある世界遺産のひとつ、モンサンミッシェルを湾の対岸に眺めるブルターニュの漁村、
カンカルは、牡蠣に代表される豊富な海の幸によって知られています。この町で採れる食材を活かした日
本料理を紹介するレストラン「ラターブル・ブレッツカフェ」が、この度ミシュランの一つ星を獲得しま
した。料理を提供するのは、日本人シェフ 久高章郎(くだか・ふみお)です。
ここ数年、フランスでは健康的で洗練された美しい料理という日本料理の評価とともに、日本人シェフの活
躍が際立ってきています。このレストラン「ラターブル・ブレッツカフェ」は、開店した 2010 年早々に、
L’Expresse 誌の Le Meilleur Restaurant Japonais(2010 年ベスト日本料理店)に選ばれました。また久高シェ
フ自身も 2012 年にミシュランと並び称されるレストランガイド「ゴーミヨ」でコック帽 2 つを獲得、
「ブル
ターニュ地方の若い才能賞」を受賞しています。
《魅力的な立地と併設施設》
カンカルは新鮮な海の幸が豊富なことから、フランスの一流シェフも店を構
える美食の町の代表格です。観光ルートとしても、モンサンミッシェルから
距離にして約 50km、車で約 1 時間、またサンマロへは 20 分程度と、ブルタ
ーニュの海を堪能するルートとして理想的な場所です。
アクセス例:
パリ⇒ TGV(3 時間)⇒ サンマロ ⇒ バス(約 30 分)⇒ カンカル
約 3 時間 30 分
海に面した、シーフードレストランの並ぶ通りの一角にブレッツカフェがあ
ります。
「ラターブル・ブレッツカフェ」の 1 階には本場のガレットとバラ
エティ豊かなシードルを提供する「ラクレープリー・ブレッツカフェ」が、
また上階にはプチホテル「レ・シャンブル・ドット・ブレッツカフェ」が併
設されています。
モンサンミッシェルやサンマロといったブルターニュの観光名所を巡
ったあとに、潮の満ち引きを眺めながら地元の海の幸を味わい、ゆっ
くり朝を迎えることができる。そんなカンカルの過ごし方に、はるか
異郷の旅の途中で、日本人の供する料理とサービスに出会える、驚き
とほっとした時間が加わります。
是非、貴メディアにてご紹介ください。
現地の取材に際して、レストランでのお料理の提供、ご宿泊のご相談は、
以下まで。
取材のお申し込み先:
株式会社 ル ブルターニュ
広報・販売促進企画 高橋 悦子
TEL: 03-3235-6457 FAX:03-5229-3535
Email: [email protected]
HP: www.le-bretagne.com
現地担当者:Julien GAYE( ジュリアン ガイエ)
Email:[email protected]
TEL:33 (0) 2 99 89 56 46
在日フランス大使館 企業振興部 広報室 ▣ Email : [email protected]nce.fr ▣ 〒106-8514 東京都港区南麻布 4-11-44
Tel 03-5798-6079 (standard) ▣ Fax 03-5798-6081 ▣ URL : http://www.ubifrance.com/jp/
《背景》
このレストランをプロデュースするのは、日本でクレープリー「ル ブルターニュ」、
「ブレッツカフェ」を展開するベルト
ラン・ラーシェ氏。ブルターニュ地方の代表的な料理であるガレットを日本に定着させ、多くのファンを獲得した同氏は、
今回、故郷ブルターニュで日本料理店を成功させることにより、日本とブルターニュの真の架け橋を実現しました。
シェフ 久高章郎(Fumio KUDAKA)
辻調理学校リヨン校出身。
フランスの Les Maisons de Bricourt (Olivier Roellinger)、 Auberge de L’Eridan (Marc Veyrat)
らを経て、2007 年ジョージアンクラブ東京にてミシュランの一つ星を獲得。再び渡仏後、2010
年 2 月、ブルターニュ地方カンカルにてラターブル・ブレッツカフェをオープン。日仏双方の料
理技術を取り入れ、豊かな地元の素材を活かしたバラエティ豊かな料理を提供しています。
ブレッツカフェ カンカル店 インフォメーション
所在地 : 7, Quai Thomas, 35260 Cancale, France
1F「ラクレープリー・ブレッツカフェ」
:本場のガレットとバラエティ豊かなシードルのレストラン
2F「ラターブル・ブレッツカフェ」
:久高シェフによるクリエイティブな日仏融合料理
4-5F「レ・シャンブル・ドット・ブレッツカフェ」
:ツインルーム×4 部屋、ファミリールーム×1 部屋
朝食込み料金(1 室 2 名利用)
:108€(4 月~11 月)
、98€(12 月~3 月)。
ファミリールームは最大 6 名まで、追加お一人様につき 20€。
このリリースに対するお問合せは表記の連絡先か、在日フランス大使館企業振興部 UBIFRANCE 広報室(Email :
[email protected] )まで。
尚、大変お手数ですが、ご掲載いただきました場合は、記事を 1 部下記までお送りいただきますようお願い申し上げます。
送付先: 〒106-8514 東京都港区南麻布 4-11-44
在日フランス大使館企業振興部 UBIFRANCE 広報室 宛
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
602 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content