close

Enter

Log in using OpenID

が父系社?であることを反映した ` 制度の中の家族 ` 、この制度 - S

embedDownload
本?究では、韓?社?が父系社?であることを反映した ‘ 制度の中の家族 ’ 、この制度との?係の中で構築され
た‘イデオロギ?の中の家族’、そして?象者自身が‘私の家族’であると考える‘意識の中の家族’という
3つの側面に?する比較?究を行った。本?究の目的は、これら3側面の相互?係と乖離を提示すると同時に、
‘ 意識の中の家族 ’ の境界をなす基準が形成される過程及び背景を明らかにすることにある。このような目
的のもとに、外形的に父系的な家口構成を示す集姓村に居住する?婚女性を?象者に選定した。集姓村とは、
主に同姓同本の父系親(patrilineal
kin)を持つ男性と、この男性との婚姻を契機として夫方居住
(virilocality)に?って居住地を移すこととなった女性、そしてこの2人の間に誕生した子女を中心として構
成された村を意味する。この子女は一個人が父系親の系譜に基づいて??する父系血統(patrilineal descent)
に?って、また一個人が父系親の姓氏を引き?ぐ父姓主義に?って集姓村をなす新しい一員となる。本?究にお
いてフィ?ルドワ?クを行った全羅北道淳昌郡東?面?尾里は南原楊氏の集姓村であり、全?象者56名のうち49
名(87%)が南原楊氏の父系親を持つ男性と婚姻した女性によって構成されている。
‘ 制度の中の家族 ’ に?する分析は、韓?の父系的な社?要件を基盤とした?籍と南原楊氏の族譜、そして
婚姻と?連のある慣習を?象として行った。次に ‘イデオロギ?の中の家族’ は、これらの制度との?連の中で
構築された ‘男?選好思想’と‘出嫁外人イデオロギ?’という?念を中心として分析を?施し、‘意識の中
の家族’は?究者が自ら行ったフィ?ルドワ?クを通じて?集した情報や資料に基づいて導出した。
まず、 ‘制度の中の家族 ’と ‘ イデオロギ?の中の家族’ の相互?係は、現在大きな?革の渦中にあるこ
とが明らかになった。この結果は、族譜における‘ 出嫁外人イデオロギ?’ の娘に?する直接適用の緩和と外
孫に?する間接適用の?滓、そして ‘ 男?選好思想 ’ を支持する記載方法の持?から導出した。また、?籍制度
の?止に伴い、2008年1月 1日から個人別の登?簿を編成するよう制度上で?化が起こり、?籍によって裏付け
られていた‘男?選好思想’と‘出嫁外人イデオロギ?’に?する一つの制度的基盤が喪失した。このような?
究結果から、韓?社?の制度的な側面における父系的な要素が緩和?弱化している趨勢を?み取ることができた
。
次に、‘制度の中の家族’で、特に成文法に基づく制度において‘?際的な制度’と‘意識の中の制度’
という制度の二重性を確認することができた。この二つの‘制度’のうち、‘意識の中の制度’が‘意識の
中の家族 ’ と非常に密接な?係にあることが明らかとなった。 ‘ 意識の中の制度 ’ によると、婚姻を契機と
して?象者の?籍が?家から婚家へ移動し、 ‘ 意識の中の家族 ’ に婚家の家族が含まれることとなる。しかし
、 ‘ ?際的な制度 ’ にはこのような規定は存在せず、第一子の妊娠、或いは出産との深い?係の中で、?象者
の?籍が移動した場合が過半?を上回ることが明らかとなった。また、婚姻した男性が長男でない場合にも、
女性が婚姻すると無?件的に婚家の?籍に入籍するという ‘ 意識の中の制度’ に基づく‘ ?籍の共同’ という
基準が、‘意識の中の家族’に大きな影響力を行使していることがわかった。
最後に、 ‘ イデオロギ?の中の家族 ’ と ‘ 意識の中の家族 ’ の?係において、60代以上の?象者は主に
‘多男’を目標とした‘男?選好思想’と‘出嫁外人イデオロギ?’を受容していることが明らかとなった。
これに?して、50代以下の?象者は‘得男’を目標とした‘男?選好思想’を受容し、‘出嫁外人イデオロギ?’
の受容を拒否した。つまり、‘ 意識の中の家族’ に影響を及ぼす父系的なイデオロギ?の?容及び受容に世代
による?著な差異が現れた。このようなイデオロギ?は、娘として送った?家での生活や、婚姻後の日常的、
且つ持?的な??を通じて?面化されたということがわかった。本?究では、50代以下の?象者が??的な ‘ 意識の
中の家族 ’ を持っているのに?し、60代以上の?象者は父系的なイデオロギ?から相?的に?い影響を受けてい
ることが明らかになった。また、‘出嫁外人イデオロギ?’と‘意識の中の家族’の?係を分析した結果、こ
れらに必然的な相??係が存在するとはみなし難いということがわかった。本?究結果から、朝鮮王朝以降制
度的に父系的な要素が?化されるに?って作り出されたイデオロギ?と、 ‘ 意識の中の家族 ’ の間の乖離が深
まりつつある傾向にあることを指摘することができた。また、父系社?と呼ばれる韓?社?に?する本?究地に
おいて、?象者の世代が下るほど‘イデオロギ?の中の家族’と‘私の家族’であると考える‘意識の中の家
族 ’ との乖離に?する認識が高まり、 ‘ イデオロギ?の中の家族 ’ を?容して受容したり、父系的なイデオロ
ギ?自?を反駁する‘意識の中の家族’を持つことが明らかとなった。
* Note: The text above is the abstract of the thesis.
You can use the full-text by clicking the "Link" (URL) of item record and
the viewer program will be installed automatically.
In case of having problem with the viewer program installation,
please download it manually using this url
http://pdfdrm.snu.ac.kr/snudrm/download/PDFReaderSetup.exe
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
126 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content