close

Enter

Log in using OpenID

教 育 研 究 業 績 一覧

embedDownload
教 育 研 究 業 績 一覧
事
項
年 月 日
概
要
(教育上の業績)
1.「東京国際映画祭基本計画策定 昭和 59 年
委員」
通商産業省(当時)の、国際的なコンテンツ戦略に基
づく、「東京国際映画祭」創設のプロジェクトに委員
として参画。私が企画立案し、プロデューサーを務め
た「東京国際ファンタスティック映画祭」は現在、経
済産業省が知的財産戦略と位置づけ、主導している
「国際コンテンツ・ファスティバル」の下地となりま
した。
2.「日米映画人会議」
昭和 62 年
「サンダンス映画祭 in TOKYO」のプロデューサーに
就任。日米映画界の交流促進の為、俳優ロバート・レ
ッドフォード、オリバー・ストーン監督等の著名な映
画人を招いての会議を企画し、司会を務めました。
この時に私が提案した、ロバート・レッドフォード主
催の「サンダンス映画学校」に、日本の若手映画人が
留学できる制度「サンダンス・スカラシップ」が創設
され、現在も「NHK サンダンス国際映像大賞」として、
継続されています。
3.「日韓公式シネマ・フォーラム」 平成 9 年
韓国・富川市長より要請を受け、「富川国際ファンタ
スティック映画祭」の創設顧問に就任。このことを契
機に、韓国における日本の大衆文化禁止政策の解決を
図るため、日韓映画人が初めて公式に交流するフォー
ラムを企画・コーディネートしました。翌年、日本映
画の上映を皮切りに、日本の大衆文化が韓国文化省に
より、段階的に解禁されていきました。
4.「沖縄国際映画祭調査事業」
平成 15 年
沖縄県からの依頼により、
「沖縄国際映画祭調査事業」
の主任研究員として参画。各国で開催されている映画
祭の経済効果の成功事例を調査し、報告書を監修しま
した。この調査に基づき、2009年3月に民間主導
(吉本興業、他)による、
「沖縄国際映画祭」が誕生
しました。
5.「日仏交流セミナー~欧州映画 平成 20 年
市場の最近の情勢と政策~」
「東京国際映画祭」の政策の一環として、フランス政
府の映像振興に学ぶ為、フランス映画庁のケイラ長官
を招いてのセミナー(主催:経済産業省)を企画・コ
ーディネートし、司会を務めました。このセミナーの
後、日仏政府間で映画の共同製作協定の話し合いが行
なわれています。
(職務上の実績)
1.映画祭プロデューサー・企業コ
ンサルタント
「東京国際ファンタスティック映画祭」を皮切りに、
私は国内外の多くの映画祭創設のプロデュースやコ
ンサルタントを務めてまいりました。それまで日本に
於いての映画祭とは、文化イベントとしての認知にと
どまっておりましたが、現在では、徐々に認識も変化
し、映画祭は地域活性化のツールにもなり得ること、
また映画祭プロデューサーもプロフェッショナルな
職業のひとつであるとの先例を作ることができまし
た。
又、私が「東京国際映画祭」の創設に携わった時期は、
ビデオが商品として開発され、映像のマルチメディア
時代の創成期でもあった為、三菱商事の「先進情報都
市計画」のコンサルタント委員や、「株式会社ギャガ
コミュニケーションズ」(以下「ギャガ」と表記)等
の、当時は起業したばかりであったビデオ会社の、新
たなビジネスモデル開発の顧問も務めました。
その後、ギャガは「映像商社」という新機軸のビジネ
スモデルを構築し、現在は日本を代表するメジャー映
画会社に成長しています。
2.自治体、地域活性化コンサルタ
平成 2 年に誕生した「ゆうばり国際ファンタスティッ
ント
ク映画祭」のプロデューサーを務めてからは、イベン
トによって自治体や地域を活性化したい、ブランド力
を高めたいという相談が多くなりました。
夕張の事例は、平成 10 年にパリで開かれた「国際都
市活性化技術会議」に於いて、特別栄誉賞を受賞する
など、国際的にも注目を集めました。
また、夕張を手本にした映画祭が海外で 2 つも誕生
し、私は共にコンサルタント協力を致しました。
そのひとつ、フランス・ジェラルメ市の映画祭(平成
6 年~)は、ヴォージュ県をも巻き込んで、現在は約
20 万人もの集客のある国際イベントへと成長を遂げ
ています。
又、急激な人口増加に悩み、映画祭を開催(平成 9
年~)した韓国・富川市は、継続 10 年目にして街の
経済規模が約 2 倍となる程の成功を収めています。
更に、企業からのコンサルタント依頼も、自治体の活
性化に関連した案件が多くなり、「株式会社乃村工藝
社」の顧問を務めた際には、ハード(箱物)の集客ア
ップを図るためのソフトイベントの活用について、社
員の研修セミナー等の講師も務めました。
単著、
著書、学術論文等の名称 共著の
別
発行又は
発表の年月
発行所、発表雑誌又は
発表学会等の名称、巻
概
要
号、ページ
(著書)
1.夢人間たちの共和国
単著
平成 7 年 10 月
星雲社
東京ファンタスティック映画祭 10 年
史
2.感動のマドレーヌ現象 監修
平成 14 年 4 月
あいであらいふ
イベントマーケティングのフレンチノ
ウハウ
3.ゆうばり映画祭物語
単著
平成 20 年3月
平凡社
自治体活性化を目的として誕生した映
画祭が辿った奇蹟の物語
4.復活!ゆうばり映画祭
編集協力
平成 21 年2月
北海道新聞社
市の財政破綻後、市民たちによって映
画祭が再生されるまでの軌跡
(学術論文)
1. 「 LE CINEMA JAPONIS N’EST
単著
昭和 53 年 10 年
PLUS LE QU’ IL ETAIT」(日本
「ヌーヴェル・リテレール
紙」
(フランス)
映画の変貌)
2.「世界最大の映画博物館 シ
単著
昭和 58 年 5 月
「キネマ旬報」
単著
昭和 59 年 11 月
通商産業省
単著
平成7年 3 月
「日経エグゼクティブ」
ネマテーク・フランセーズ~
アンリ・ラングロワが生涯を
賭けた夢~」
3.「東京国際映画祭調査事業報
告書」
4.「ルネ・クレマンとド・ゴー
ル将軍」
5.「映画と漫画で産業振興 韓
(日経 BP 社)
単著
平成 9 年7月
「映像新聞」
単著
平成 14 年 10 月
「東京国際映画祭」カタログ
国・富川市」
6.「Nippon Cinema Forum Yoichi
KOMATSUZAWA’S Talk Show」
(東京国際映画祭組織委員
会)
7.「沖縄県国際映画祭調査事業
報告書」
監修
平成 18 年3月
沖縄観光リゾート局
(その他)
<主な新聞・雑誌>
1.「追悼 アベル・ガンス監督
単著
昭和 57 年1月
「キネマ旬報」
単著
昭和 58 年 4 月
「キネマ旬報」
単著
平成元年 10 月
「日経エンターテインメン
―現代に甦った“ナポレオ
ン”―」
2.「マルセル・カルネ監督イン
タビュー」
3.「メロンを越えるか?映画祭
での町おこし」
ト」(日経 BP 社)
4.「韓国・富川映画祭視察記」
単著
平成 11 年 10 月
「北海道新聞」
5.「田中絹代・渡米時の 16 ミ
単著
平成 15 年2月
「キネマ旬報」
単著
平成 18 年6年
「沖縄タイムス」
7.「日仏協力セミナー報告」
単著
平成 20 年 10 月
「東京国際映画祭日報」
8.「映画祭は魅力的なソフトツ
単著
平成 21 年1月
「山梨日日新聞」
1.「新春スペシャル 青春’85」
出演
昭和 60 年
NHK
2.「アヴォリアッツ映画祭特
企画
昭和 63 年
テレビ朝日
リ映像発見される」
6.「経済効果のある国際映画祭
~上・中・下~」
ーリズム」
<主な TV・ラジオ>
番」
3.「東京国際ファンタスティッ
ク映画祭特番」
出演
企画
出演
4.「ゆうばり国際映画祭特番」
~平成2年
昭和 63 年
テレビ朝日
~平成2年
平成2年
読売テレビ
~平成 9 年
5.「世界を駆けるプロデューサ
出演
平成2年
テレビ岩手
ラジオ
平成8年
ニッポン放送
ー小松澤陽一」
6.「小松澤陽一のシネマパラダ
イス」
7.「英語討論番組 日本映画の
役割」
出演
ラジオ
~平成 12 年
平成 13 年
インターFM
出演
8.「日本映画解禁直前特番」
出演
平成 14 年
DCN-TV(韓国)
9.「シネマパラダイス ゆうば
出演
平成 14 年
NHK-BS
り映画祭スペシャル」
10.「EZ!TV 映画祭を守れ!立ち
上がる市民たち」
出演
平成 15 年
フジテレビ
昭和 62 年 10 月
主催:アメリカ大使館
企画協力
<シンポジウム・セミナー・講
演>
1.「ロバート・レッドフォード
モデレー
セミナー」
(日米映画人会議) ター
2.「国際セミナー 日本映画の
講師
後援:東京国際映画祭
昭和 63 年6月
現在」
3.「シンポジウム 映画による
ー、国際交流基金(イタリア)
パネラー
平成 4 年3月
国際交流」
4.「日韓公式シネマ・フォーラ
ム」
5.「パリ国際都市活性化技術会
ラム/小松澤陽一トークショ
主催:岩手めんこい TV
後援:外務省
コーディ
平成 9 年7月
ネーター
パネラー
主催:韓国映画振興公社
富川市(韓国)
平成 10 年 4 月
議シンポジウム」
6.「ニッポン・シネマ・フォー
主催:ローマ日本文化センタ
主催:フランス全国市長協会
後援:フランス電力
モデレー
平成 14 年 10 月
主催:東京国際映画祭
平成 15 年 4 月
主催:夕張市
平成 17 年 5 月
主催:九州経済産業局
パネラー
平成 18 年6月
主催:沖縄観光リゾート局
講師
平成 20 年6月
主催:フィルム・コミッショ
ター
ー」
7.「夕張映画資料館開館記念セ
ミナー 女優・田中絹代の知
モデレー
ター
られざる横顔」.
8.「アジア・エンターテインメ
ント・ビジネス・コンベンシ
モデレー
ター
ョン」
9.「国際セミナー 地域を活性
化させる映画祭のビジネス
モデル」
10.「全国フィルム・コミッシ
ョン尾道総会」
11.「公開講座 泣いた笑った、
ン全国連絡協議会
講師
平成 20 年 9 月
主催:NHK 文化センター
講師
平成 20 年 9 月
主催:東北芸術工科大学
ゆうばり映画祭物語」
12.「公開セミナー 地域活性化
の為のイベントの成功モデ
共催:東北経済産業局
ル」
13.「日仏協力セミナー/欧州映
画市場の情勢と政策」
14.「研修セミナー ワインと映
画祭~ソフトツーリズムの
薦め~」
モデレー
平成 20 年 10 月
ター
講師
主催:経済産業省
後援:経団連
平成 21 年1月
主催:甲府市役所
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
253 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content