close

Enter

Log in using OpenID

日本のアメリカンフットボール - SAWADA LAB

embedDownload
日本のアメリカンフットボール
R07017 大島仁
指導教員 小山友介
1.背景と目的
スポーツにおける関心は、野球やサッカーなど知
は平日にも関わらず、1 万 5 千人以上の観客を集めた。
2.3.競技人口[2]
名度の高いスポーツでは高まってきている。最近で
表 1 を見ると日本アメリカンフットボール協会の
は「なでしこ Japan」の優勝などが挙げられる。その
登録者数は大学が全体の半分を占めているのがわか
影でアメリカンフットボールは知名度も低く、細々
る。アメリカンフットボール部の存在する大学は 218
と大会が行われている。芝浦工業大学のアメリカン
校。日本に存在する大学は 1,151 校、約 20%しかアメ
フットボール部に所属していたことから、関心を持
リカンフットボール部は存在しない。混同されがち
ったので現状や問題について調査し、考察をする。
のラグビーと比較すると、ラグビー部が存在する大
学は約 30%である。
2.アメリカンフットボール
高校にいたっては、2%しか存在していない。ラグビ
2.1.アメリカンフットボールとは
ーは 25%となっている。野球やサッカーは約 80%であ
アメリカンフットボールはラグビーと混同されが
る。
ちである。主な違いとして、アメリカンフットボー
表 1 アメフトの競技人口と登録チーム数
ルは防具を着用しており、試合は基本的にセットプ
競技人口(人)
加盟チーム(チーム)
レイで進行する。ラグビーはヘッドギアを着用する
大学
9,745
218
が体には装着しない、プレイが基本的に止まらない、
高校
4,208
113
などがあげられる。試合の流れとして、ボールを相
中学
844
24
手陣内のエンドゾーンに向けて前進させ、得点数を
小学
574
17
競うスポーツである。主にボールを持って走る方法
社会人
4,676
60
のランプレー、味方にパスを投げる方法のパスプレ
表 2 ラグビーの競技人口
ーがある。
2.2.日本でのアメリカンフットボールの起源[1]
誕生のきっかけは、1934 年(昭和9年)当時の国
際代替相場の円安を利用し日本で高等教育を履修し
ようとしていたハワイ出身の日系 2 世アメリカ人の
存在だった。多数の留学生を受け入れた、関東の立
教、明治、早稲田の各大学のアメリカ人担当教師が、
彼らへの適切なる娯楽の提供としてアメリカ国技の
アメリカンフットボールの導入を計った。
同年 10 月 28 日各大学関係者数十名が立教大に集
会し、
「米国アメリカンフットボールを日本に紹介し、
米国ナショナル・学生・アスレチック・協会規定・
フットボール・ルールに従い試合を行う目的」で東
京学生アメリカンフットボール連盟を設立した。
(現
日本アメリカンフットボール協会)日本初の公式戦
競技人口(人)
加盟チーム(チーム)
大学
12,877
371
高校
33,942
1,225
中学
8,464
326
スクール
27,198
404
社会人
10,443
1,091
ここでアメリカンフットボールの総競技人口の半
分を占める大学だけを見てみると、表 3 のようにな
る。北海道・関東・関西地方は約 25%の大学にアメ
リカンフットボール部が存在している。しかし、残
りの地方の大学では約 10%しか存在していないこと
がわかる。日本の大学アメリカンフットボール界は、
関東と関西で成り立っていることがこの表 3 からわ
かる。
表 3 地域別大学アメフト競技人口と登録チーム数
大学数(校)
はというと、視聴率は 0.5%前後である。
3.2.アメリカンフットボール界の問題
競技人口
加盟 チーム数
(人)
(チーム)
北海道
533
14
55
ィーズが、日本社会人アメリカンフットボール協会
東北
341
10
79
に加盟費を支払うことができず、自主的に 2 部に降
関東
4,551
98
366
格した。当時 59 人いた選手たちは降格が決まると他
東海
687
17
135
チームへ移籍してしまい、試合できる選手がいない
関西
2,787
53
237
という理由から、昨年 7 月 31 日に解散が決定した。
北陸
196
5
54
このように経営難からくる廃部や解散が過去にも
中四国
209
8
111
数度あったというのが社会人アメリカンフットボー
九州
541
13
114
ル界で問題になっている。
[3]
合計
9,745
218
1,151
昨年、社会人リーグ 1 部で 3 位だった吹田マーヴ
一方アメリカでは日本とは逆にアメリカンフット
ボールは国技と言われるほどの人気があり、ハイス
クールレベルであっても、どの学校も必ずチームを
持っていると言われている。競技人口は大学が
73,000 人、社会人(NFL)が 15,000 人、小中高で
400 万人以上と言われる。
3.アメリカンフットボール界の現状
3.1.TV・WEB放送
地上波ではNHKが日本一を決定する「ライスボウル」
を毎年放送している。しかし、残りはNFLの試合など
しか放送していないのが現状。地方の放送局、CS放
送などでは日本の試合も放送されている。有料チャ
ンネルでしか日本の試合は見ることができない。
WEB上では、大学1部の試合は関東・関西アメリカ
ンフットボール連盟のオフィシャルホームページで
閲覧可能。
X リーグ(社会人)の試合もダイジェストだが、X
リーグオフィシャルホームページで閲覧可能。
日本での NFL のTV放送は、NHK BS1 がレギュラー
シーズン原則週 3 試合、全米№1 を決める「スーパー
ボウル」を生中継で放送。GAORA(CS 放送)がレギュ
ラーシーズンを週 2~6 試合放送。日テレG+(CS
放送)はレギュラーシーズンを週 3~4 試合、プレイ
オフはどの局も全試合放送している。
アメリカにおける「スーパーボウル」の人気は凄
まじいもので、20 年連続視聴率 40%越えという記録
を残している。一方日本における「ライスボウル」
日本アメリカンフットボール界全体としての問題
は、試合会場の少なさが問題に挙げられる。リーグ
トップのチーム試合が優先して割り振られていくた
め、下部になるほど会場の問題が深刻になる。関東
のチーム同士の試合であっても、山梨や静岡まで遠
征し、試合を行うこともあるのが現状である。
この問題に対して関西学生アメリカンフットボー
ル連盟は何年ものあいだチケット代を貯めていき、
2006 年 6 月に日本初のアメリカンフットボール専用
競技場である、エキスポフラッシュフィールドを大
阪府吹田市の万博記念公園内に建設した。しかしそ
れでも会場不足であるのは変わりない。
4.考察
日本のアメリカンフットボール界がより盛り上が
っていくためには、ファンの獲得が急務であると考
える。ファンが増えることにより、チケット代から
試合会場の建設、広告費などにあてることができる
ためである。ファンの獲得としては現在小中学校の
新・学習指導要領に登場したフラッグフットボール
等で低年齢層の確保が必要だと言える。
5.参考資料
[1]日本アメリカンフットボール協会、限りなき前
進―日本アメリカンフットボール五十年史(1984 年)
[2]社団法人日本アメリカンフットボール協会、加
盟団体数登録人数 1983~2011
[3]X リーグ 2 部降格の真相 35 万人都市「吹田マ
ーヴィーズ」の誤算/
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110505/ot
h11050518010004-n1.htm
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
184 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content