close

Enter

Log in using OpenID

5-4 第二専門診療部 - 国立成育医療研究センター

embedDownload
5-4 第二専門診療部
[原著論文]
1. Asano T, Ageyama N, Takeuchi K, Momoeda M Kitano Y, Sasaki K, Ueda Y, Suzuki , Y, Kondo
Y, Torii R, Hasegawa M, Ookawara S, Harii K, Terao K, Ozawa K, Hanazono Y: Engraftment
and tumor formation after allogeneic in utero transplantation of primate embryonic stem
cells. Transplantation 2003; 76:1061-1067
2. Kitano Y, D. von Allmen, M. Kanai, N. S. Adzick, and A. W. Flake: Epinephrine inhibits
tracheal occlusion induced lung growth in fetal sheep. Fetal Diagn Ther 2003; 18;
333-337
3. Adzick NS, Kitano Y: Fetal surgery for lung lesions, congenital diaphragmatic hernia,
and sacrococcygeal teratoma. Semin Pediatr Surg 2003;12:154-67
4. Morikawa N, Honna T, Kuroda T, Tanaka K, Kitano Y, Nakano M, Matsuda H, Tanaka K,
Kawashima: Life-threatening airway obstruction caused by mediastinal germinoma in a
9-year-old-girl. J Pediatr Surg (in press)
5. Kuroda T, Saeki M, Honna T, Masaki H, Tsunematsu Y: Clinical Significance of Intensive
Surgery with Intraoperative Radiation for Advanced Neuroblastoma; Does It Really Make
Sense? J Pediatr Surg 2003;38:1735-1738
6. Tanaka K, Hiraiwa N, Hashimoto H, Yamazaki Y and Kusakabe M: Tenascin-C regulates
angiogenesis in tumor through the regulation of vascular endothelial growth factor
expression. Internatl J of Cancer 2003;108:31-40
7. Morota N, Kameyama S, Masuda M, Oishi M, Aguni A, Uehara T, Nagamine K: Functional
posterior rhizotomy for severely disabled children with mixed type cerebral palsy. Acta
Neurochir [supple] 2003;87: 99-102
8. Saito A, Sekigutchi A, Chikada M, Tonari K: Mitral vlave replacement in a 15-month-old
infant with infective endocarditis. Int Cardiovasc Thorac Surg 2003; 2:143-145
9. Chikada M, Sekiguchi A: Usefulness of pulsatile bidirectional cavopulmonary shunt in
high-risk Fontan patients. Ann Thorac Surg 2003;76: 2167
10. Chikada M, Sekiguchi A, Miyamoto T, Matsuzaki M, Ishida R, Ishizawa A: An experimental
study of surgical ultrasonic angioplasty-Its effect on atherosclerosis and normal
arteries. Ann Thorac Surg 2004;77:243-246
11. Kikuchi Y, Nakamura T, Takayama S,Toyama Y: MR Imaging in the Diagnosis of Denervated
and Reinnervated Skeletal Muscles:Experimental study in rats. Radiology 2003;229:
861-867
12. Makita A, Nakamura T, Takayama S, Toyama Y: The shape of the triangular fibrocartilage
during pronation-spination. J Hand Sur (Br) 2003;28B:537-545
13. Takeshita A, Nakajima T, Kaneko T, Yazawa M,Tamada I: Surgical creation of a Cupid s
bow using W-plasty in patients after cleft lip surgery. Brit J Plast Surg 2003;56:
375-379
14. Ogata H, Kaneko T, Nakajima T and Kubota J: Strangulated trapdoor type orbital blow-out
fractures in children. Fracture patter and clinical outcome. Euro J Plast Surg 2004;
27: 12-19
15. Kamata Y, Tanabe A, Kanaji A, Kosuga M, Fukuhara Y, Li X-K, Suzuki S, Yamada M, Azuma
N, Okuyana T : Long-term normalization in the central nervous system, ocular
manifestations, and skeletal deformities by a single systemic adnovirus injection into
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
27.
28.
29.
30.
31.
neonatal mice with mucopolysaccharoidosis VII. Gene Therapy 2003;10:406-414
Ohtake Y, Tanino T, Suzuki Y, Miyata H, Taomoto M, Azuma N, Tanihara H, Araie M, Mashima
Y. Phenotype of cytochrome P4501B1 gene (CYP1B1) mutations in Japanese patients with
primary congenital glaucoma. Br J Ophthalmol 2003;87:302-304
Azuma N, Yamaguchi Y, Handa H, Tadokoro K, Asaka A, Yamada M. Mutations of the PAX6 gene
detected in patients with a variety of optic nerve malformations. Am J Hum Genet 2003;
72:1565-1570
Siozawa N,Tazima S, Azuma N, Hiroki K, Kono T, Itou M. Histological study of the
hypertorophic placentas and open eyelid observed in cloned fetuses. J Repord Dev 2003;
49:221-226
Kanaji A, Kosuga M, Li X-K, Fukuhara Y, Tanabe A, Kamata Y, Azuma N, Yamada M, Sakamaki
T, Toyama Y, Okuyama T: Improvement of skeletal lesions in mice with
mucopolysaccharidosis type vii by neonatal adenoviral gene transfer. Molecular Therapy
2003;8:718-725
Nishitai G, Shimizu N, Negishi T, Kishimoto H, Nakagawa K, Kitagawa D, Watanabe T, Momose
H, Ohata S, Tanemura S, Asaka S, Kubota J, Saito R, Yoshida H, Mak TW, Wada T, Penninger
JM, Azuma N, Nishina H, Katada T: Stress induces mitochondria-mediated apoptosis
independent of SAPK/JNK activation in ES cells. J Biol Chem 2004;279:1621-1626
Fujii YE, Takahashi N, Kodama Y, Roman C, Ferriero D, Parer JT: Hemodynamic changes during
complete umbilical cord occlusion in fetal sheep related to hippocampal neuronal damage.
Am J Obstet Gynecol 2003; 188: 413-418
Fujii YE, Takahashi N, Kodama Y, Roman C, Ferriero D, Parer JT : Reply to letter to Editor.
Am J Obstet Gynecol 2003; 189 (6): 1812
Takamatsu K, Fujii E, Ohta H, Nakamura K : Mental health of patients visiting an outpatient
menopause clinic. Int J Fertil 2003; 48(6):252-259
Takamatsu K, Kasuga M, Makita K, Nozawa S : Evaluation of depressive conditions among
Japanese patients at a menopause clinic. J Obstet Gynaecol Res 2004; 30(1): 42-47
Komukai S, Ohta H, Makita K, Yanamoto S, Takamatsu K, Okano H, Yajima M, Nozawa S : One-year
spinal bone change in pre- and perimenopausal Japanese women. A prospective observational
study. Horm Res 2003; 9(2): 79-84
Horikawa N, Yamazaki T, Miyamoto K, Kurosawa A, Oiso H, Matsumoto F, Nishimura K, Karasawa
K, Takamatsu K : Treatment for delirium with risperidone: results of a prospective open
trial with 10 patients. Gen Hosp Psychiatry 2003; 25(4): 289-292
Tsuji T, Liu M, Hase K, Masakado Y, Takahasi H, Hara Y, Chino N: Physical fitness in
persons with hemipraretic stroke: its structure and longitudinal changes during an
inpatient rehabilitation programme. Clin Rehabil 2004; 18: 49-58
Isogawa N, Terasima T, kindaichi J, Takagi Y, Takano Y: Induction of enamel and dentin
complexes by subcutaneous implantation of reconstructed human and murine tooth germ
elements. Archives of Historogy &Cytology 2004; 67:65−77
黒田達夫,佐伯守洋,本名敏郎,中野美和子,田中潔,森川信行,北野良博: 呼吸器・胸郭
内の外科疾患による呼吸障害. 小児科 2003; 44: 925-932
黒田達夫,本名敏郎,中野美和子,田中潔,森川信行,北野良博,正木英一,野坂俊介,岡田
良行,佐伯守洋:胆道拡張症の画像診断小児におけるMRCPの臨床的意義. 日本小児放射線学
会雑誌 2003; 19: 17-22
川島憲子,本名敏郎,黒田達夫,中野美和子,田中潔,森川信行,北野良博,松田博光:奇形
32.
33.
34.
35.
36.
37.
38.
39.
40.
41.
42.
43.
44.
45.
46.
47.
48.
49.
50.
51.
52.
53.
腫を伴ったhuman tail(true tail)の一例. 小児外科学会雑誌 (印刷中)
師田信人,亀山茂樹,増田 浩,大石 誠: 末梢神経手術によるジストニアの治療.機能的
脳神経外科 2002;41: 86-87
師田信人,粟国敦男,上原敏則,長嶺功一: 機能的脊髄後根切断術の手術成績. 脳性麻痺
の外科研究会誌 2003;13: 61-64
岡崎真人,高山真一郎,仲尾保志,山中一良,高橋正憲: 筋皮神経外に対して行った肋間神
経・副神経移行術の治療成績. 日手会誌 2003;19:720-724
森田晃造,高山真一郎,岩部昌平,吉川泰宏,中村俊康: 高齢者橈骨遠位端骨折に対する
non-bridging創外固定の治療経験.
東日本整形災害外科学会誌 2004;16:34-37
田島康介,高山真一郎,松村崇史,中村俊康,池上博泰,仲尾保志,戸山芳昭:浅層動脈弓に
発生した外傷性動静脈瘤の1例. 整形外科 2004;55:169-171
吉川泰宏,高山真一郎,井上薫,田島康介,堀内行雄: 手における外傷性動脈瘤の治療経験.
日手会誌 2003;20:385-389
市川 亨,高山真一郎,仲尾保志,田崎憲一,浦部忠久: 骨延長を要した橈骨遠位骨端線早
期閉鎖の経験. 日手会誌 2003;20:335-340
森澤 妥,高山真一郎,仲尾保志,池上博泰,中村俊康:手に見られた乾癬性関節炎の 2 例.
整形外科 2003;54:1654-1657
川島秀一,高山真一郎,中村雅也,戸山芳昭,彦坂一雄: 有連続性神経損傷に対する神経バ
イパス法による軸索再生. 日手会誌 2003:20:475-478
堀内行雄,菊地淑人,高山真一郎,仲尾保志,池上博泰: 神経因性疼痛に対する治療−手術
療法の立場から. 日手会誌 2003;20:461-465
守本倫子, 川城信子, 土橋信明: 小児喉頭異物 3 症例. 日気食会報 2003;,54(3)
:208-213
守本倫子,土橋信明,川城信子,村島温子: 妊娠初期のチアマゾール曝露との関連が疑われ
る後鼻孔閉鎖症例. 産婦人科の実際 2003;52(13)
:2411-2414
高松 潔, 藤井 絵里子, 水野 鳳子, 武者 稚枝子, 岡野 浩哉, 東舘 紀子, 太田 博明 : 更年
期障害に対する女神散の有用性の検討. 産婦人科漢方研究のあゆみ 2003;20:95-100
木村 祐子, 神田 聡子, 高橋 奈菜子, 樋田 一英, 高松 潔, 矢島 正純, 西川 俊郎, 太田 博
明 : ダグラス窩転移を起こした悪性褐色細胞腫の1例. 日本臨床細胞学会雑誌 2003;
42(4):310-313
高橋秀寿: 対麻痺を発症した転換性障害例. 臨床リハ 2003;13:182-183
高橋秀寿: 障害受容のステージにとどまらない心理的問題を抱えた頚随損傷例. 臨床リハ
2004;13:84-85
勝,大高洋平,菊池隆一郎,千野直一:C
西川正洋,小川大祐,林健太郎,高橋秀寿,関
5頸髄損傷患者に対する簡易電動把持装具の試み. 日本義肢装具学会誌 2003;19:65-67
関
勝, 高橋秀寿, 千野直一: 在宅四肢麻痺患者の住環境整備と維持期機能訓練に関する検
討. 日本脊髄障害医学会雑誌 2003;16:216-217
原田貴子,高橋秀寿, 阿部玲音, 柴崎啓一, 関 勝, 鈴木幹次郎, 千野直一: 鼻マスク式
NIPPV(非侵襲的陽圧換気)が夜間呼吸困難に対し有効かつ在宅への導入が成功した頸髄損傷の
2 症例. 日本脊髄障害医学会雑誌 2003;16:210-211
阿部玲音, 高橋秀寿, 原田貴子, 柴崎啓一, 関勝, 千野直一: 脊髄損傷患者における骨粗鬆症
の検討-骨塩定量と骨吸収マーカーによる評価-. 日本脊髄障害医学会雑誌 2003;16:52-53
鈴木幹次郎, 高橋秀寿, 阿部玲音, 小宗陽子, 菊池隆一郎, 木村彰男, 千野直一: ベルト型吊
り具により腕神経叢麻痺をきたした 1 症例. 総合リハ 2003;31:1063-1067
鈴木幹次郎, 高橋秀寿, 阿部玲音, 小宗陽子,木村彰男, 千野直一: 頚髄損傷患者における夜
間低酸素血症および睡眠時無呼吸症候群に関する検討. 総合リハ 2004;32:461-466
[総説]
1. Nishina H, Nakagawa K, Azuma N, Katada T: [review] Activation mechanism and physiological
roles of stress-activated protein Kinase/c-Jun NH2-terminal kinase in mammalian cells.
J Biol Regul Homeost Agents (In press)
2. 北野良博 : 肺の発生. 小児外科 2003;35: 318-325
3. 黒田達夫,本名敏郎,田中潔、他: 吻合潰瘍の治療と病態. 小児外科 2003;35:1499-1504
4. 黒田達夫,本名敏郎,田中潔,他: 非免疫性胎児水腫の原因別病態、治療、予後;胎便性腹
膜炎.
周産期医学 2003; 34: 210-214
5. 下村哲史: 四肢の外傷. 小児外科 2003;35(8):937-941
6. 堀内行雄,池上博泰,高山真一郎,仲尾保志,菊地淑人,伊藤恵康: 外傷性肘関節拘縮に対
する治療戦略.
日整会誌 2004;78:180-187
7. 高山真一郎,仲尾保志,中村俊康: 手根管の局所解剖と画像. 神経内科 2003;59:323-328
8. 堀内行雄,仲尾保志,池上博泰,菊地淑人,高山真一郎: 手根管症候群のminimally invasive
surgery. 神経内科 2003;59:354-360
9. 堀内行雄,菊地淑人,高山真一郎,仲尾保志,池上博泰,中村俊康,内西兼一郎: 上肢にお
けるRSDの治療 ‒手術症例を中心に-. 臨床整形外科 2003;38:1365-1372
:S329
10. 金子 剛: 口唇裂、口蓋裂の治療. 実践小児診療 2003;129(12)
11. 金子 剛,高野淳治,小林正弘,中島龍夫: シリコン肋軟骨モデルの作成と手術シミュレー
ション. 形成外科 2003;46(8):771-778
12. 金子 剛,佐久間恒,木村章子: 遊離植皮術. 手術 2003;57(10)1059-1062
13. 佐々木りか子:小児外来の育児相談 各論 2 身体上の相談 皮膚. 小児科臨床 2003;56
(4)
:797-802
14. 佐々木りか子:第 24 回プライマリケアの皮膚疾患の診かた アトピー性皮膚炎. 治療
2003;85(7)
:2038-2039
:93-97
15. 佐々木りか子:小児の脱毛症の臨床. 日本小児皮膚科学会誌 2003;22(2)
: 962-966
16. 佐々木りか子:新生児の皮膚の特徴. Neonatal Care 2003; 16(11)
:
17. 佐々木りか子:円形脱毛症の治療 小児を中心に. 日本皮膚科学会誌 2003;113(13)
1929-1931
:727-730
18. 佐々木りか子:基礎疾患のある場合の感染症 熱傷. 小児科 2004;45(4)
19. 濱崎せり,佐々木りか子:アトピー性皮膚炎 治療と生活指導 スキンケア. 地域保健
2004;35(3)
:27-34
日本視能訓練士協会誌 2003;32:33-34
20. 東 範行: 視線と視野の成り立ち.
21. 東 範行: 網膜光障害の分子メカニズム. 日本の眼科 2003;74:223-224
日本の眼科 2003;74:113-114
22. 東 範行: 先天白内障の原因遺伝子.
眼科 2003;45:753-756
23. 大西克尚,東 範行,雨宮次生:小児の悪性腫瘍.
24. 東 範行: 眼組織. Crinical Neuroscience 2003;21:1187-1191
25. 仁科幸子: 眼瞼下垂 主訴からみた眼科疾患の診断と治療. 眼科 2003; 45:1620-1628
26. 仁科幸子,東範行: 臨床の場における弱視の治療方針. 日本の眼科 2004;75:157-161.
27. 泰地秀信: 特集「耳管から鼓室・乳突蜂巣」 ティンパノメトリ. JOHNS 2003;19: 77-80
JOHNS 2003;19: 585-588
28. 泰地秀信: 特集「診察の基本」 頭痛・顔面痛.
29. 泰地秀信: 特集「耳鼻咽喉科・頭頸部外科の機能検査」 ティンパノメトリ. 耳喉頭頸
2003;75: 32-37
30. 川城信子: 特集「外来における公的医療文書の作成」 育成医療とその文書の作成. JOHNS
2003;19:175-180
31. 川城信子: 特集「耳鼻咽喉科の救急疾患」 外耳道異物 ENT Now,メディカルビュー社
2003;7-9
:303-306
32. 守本倫子: 幼小児の聴力検査. JOHNS 2004;20(3)
33. 高松 潔, 藤井 絵里子 : 子宮癌・卵巣癌検診の現状と課題. Current Therapy 2003;
21(1):43-50
34. 高松 潔, 藤井 絵里子 : 女性のライフサイクルにまつわる不定愁訴−月経時. ストレスと
臨床 2003;16:14-19
35. 高松 潔, 藤井 絵里子 : HRTと乳癌. 産婦人科の実際 2003; 52(5):599-612
36. 高松 潔, 藤井 絵里子 : 外陰部掻痒・帯下. 産科と婦人科 2003; 70(11):1439-1445
37. 高橋秀寿: QOL の測定尺度-疾患別 QOL/脊髄損傷-. 総合リハ 2003;31:1076-1077
義肢装具学会誌
38. 花山耕三,高橋秀寿,里宇明元:神経筋疾患における装具療法.
2003;19:242-246
39. 高橋秀寿.里宇明元,千野直一: PEDI 子供のための能力低下評価法―文献にみる使用状況―.
臨床リハ 2003;12: 530-534
40. 高橋秀寿,里宇明元:オーバービュー、治療効果尺度と研究デザイン―エビデンスからみた脳
性麻痺児への治療効果―. 臨床リハ 2004;13:500-507
[著書]
1. Azuma N, Kawase E, Suzuki Y, Yamada M: Mutation of PAX6 gane detected in patients with
congenital optic nerve anomalies. European Society of Ophthalmology, 2003;337-343
2. Taiji H: Magnitude of distortion-product OAEs in a nonlinear model of the cochlea. in
Gummer AW(ed), Biophysics of the cochlea: from molecules to models. World Scientific,
Singapore, 2003;555-556
3. 師田信人,亀山茂樹:脳性麻痺の手術̶痙性に対する機能的脊髄後根切断術. 片山容一、山
本隆充(編集)
,脳神経外科手術のための神経モニタリングアトラス,医学書院,東京,2003;
107-118
,脳神経外科手術のた
4. 亀山茂樹,師田信人:てんかんの手術. 片山容一、山本隆充(編集)
めの神経モニタリングアトラス,医学書院,東京,2003;132-147
,顕微鏡下手
5. 師田信人:脳幹部・第 4 脳室底と皮質球路の機能外科解剖. 新井 一(編集)
術のための脳神経外科解剖 XV ̶機能温存のための脳神経外科解剖̶,サイメッド・パブリケー
ションズ,東京,2003;73-80
6. 関口昭彦: 新生児大動脈縮窄症の手術(心臓血管外科と遠隔成績). Annual Review 循環
器,中外医学社,2003; 238-241
7. 日下部 浩: 単純性股関節炎. 整形外科医のための小児日常診療 ABC, メジカルビュー社、
2003;170-174
,今日の治療指針, 医学書
8. 高山真一郎: 小児の肘周辺骨折. (山口徹 北原光夫総編集)
院, 2004;738-739
9. 高山真一郎: Case 16 スノーボードで転倒以来、繰り返される肘関節の不安定感を訴える 25
歳男性. (堀内行雄編)
, 整形外科専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 3(改
訂版),日本醫亊新報社, 2004;113-119
,日常診療
10. 佐々木りか子:トリコフィトンその他の皮膚真菌症. (日本小児感染症学会編)
に役立つ小児感染症マニュアル 2003-2004, 東京医学社, 2003;347-356
11. 佐々木りか子:皮膚疾患(五十嵐隆編)小児科学 改訂第9版, 文光堂, 2004;24-29
,こどもの発疹のみかた−急性発疹症へのアプローチ,
12. 佐々木りか子:麻疹. (日野治子編)
中外医学社, 2004;885-899
13. 東 範行: 画像ファイリングシステム NAVIS. 眼科診療プラクティス, 文光堂, 東
京, 2003;6: 170-174
山本節(編)
,小児眼科・診療の最前線, 金原出版, 東
14. 東 範行: 未熟児網膜症の管理.
京, 2003;223-230
, 小児眼科の ABC 第 2 版, 日本医事新報社,
15. 仁科幸子: 涙器異常. 小口芳久(編)
2003;67-71
, 小児眼科の ABC
16. 仁科幸子: 視覚障害児(低視力児)のハビリテーション. 小口芳久(編)
第 2 版, 日本医事新報社, 2003;178-184
, 小児眼科の ABC 第 2 版, 日本医事新報社,
17. 富田香,仁科幸子: 斜視. 小口芳久(編)
2003;22-45
18. 根岸一乃,仁科幸子: 小眼球, 全身疾患, 小児にみられる各種症候群の眼症状. 小口芳久
(編)
, 小児眼科の ABC 第 2 版, 日本医事新報社, 2003;166-173
, 小児眼科・診療の最前線, 金原出版,
19. 仁科幸子: 先天性後眼部疾患. 山本節(編)
2003;268-275
, 眼科
20. 野田英一郎,仁科幸子: 小児白内障術後の屈折矯正法. 前田直之,田野保雄(編)
診療プラクテイス 95 屈折矯正法の正しい選択, 文光堂, 2003;118-122
, 研修医の小児医療研修のための基礎知識, ミ
21. 仁科幸子: 眼底検査. 衛藤義勝(監修)
クス, 2003;222-225
, 病弱教育の視点からの医学事典, ジ
22. 仁科幸子: 眼疾患. 西間三馨・横田雅史(監修)
アース教育新社, 2003;230-237
, 眼科診療プラクテイス 100 小児眼科プライマ
23. 仁科幸子: 追視の遅れ. 初川嘉一(編)
リ・ケア, 文光堂, 2003;14-15
, 小児眼科最近の進歩, フ
24. 仁科幸子: 小児眼科の特殊性と検査法の進歩. 小口芳久(編)
ァーマインターナショナル, 2003;2-3
, インフォームドコンセントのための図説シリー
25. 仁科幸子: 斜視・弱視. 小口芳久(編)
ズ 眼科, 医薬ジャーナル, 2004;52-57
26. 川瀬英理子,東 範行:学校保健. 小児眼科のABC. 日本医事新報社,東京, 2003;174-177
眼科診療プラクティス, 文光堂,東京,2003
27. 東 範行(編):視神経乳頭のみかた.
28. 東 範行:目の異常. 最新保育保健の基礎知識. 日本小児医事出版社,東京, 2003;298-300
29. 東 範行:感覚器疾患. 新体系看護学 29 小児看護②健康障害をもつ小児の看護,メジカル
フレンド社,東京, 2003;338-343
30. 野田英一郎,東 範行:眼疾患 結膜炎. 実践小児診療, 日本医師会,東京, 2003;318
実践小児診療, 日本医師会,東京, 2003;318
31. 野田英一郎,東 範行:眼疾患 睫毛内反.
実践小児診療, 日本医師会,東京, 2003;318
32. 鈴木由美,東 範行:眼疾患 屈折異常.
実践小児診療, 日本医師会,東京, 2003;319
33. 芝 大介,東 範行:眼疾患 斜視.
34. 鈴木由美,東 範行:眼疾患 眼異物. 実践小児診療, 日本医師会,東京, 2003;319
35. 芝 大介,東 範行:眼疾患 眼振. 実践小児診療, 日本医師会,東京, 2003;320
36. 川城信子: 耳鼻咽喉科薬物療法の特徴 I―1 年齢との関係. (神崎 仁, 小川 郁 編)
耳鼻咽喉科薬物療法マニュアル,金原出版,2003
37. 藤井絵里子: 第 4 章 血液疾患. 村田雄二 編, 合併症妊娠 第 2 版,メディカ出版,2003;
41-63
38. 高松 潔, 脇田 哲矢, 太田 博明, 野澤 志朗: 更年期障害の薬物治療 ①ホルモン補充療法
(HRT). 更年期の不安とうつ, フジメディカル出版, 2003; 105-120
39. 高松 潔, 太田 博明 : 疲労感, 頭痛, 腰背部痛, 手のこわばり, 不眠, のぼせなどを訴える
50 歳女性. 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 3 内分泌疾患[第 3 版],日本医
40.
41.
42.
43.
44.
45.
46.
47.
48.
49.
50.
51.
52.
53.
54.
事新報社, 2003; 277-293
高松 潔, 太田 博明, 野澤 志朗 : 女性性器. 長寿科学事典,医学書院, 2003; 541-543
高松 潔, 太田 博明, 野澤 志朗 : 子宮体部. 長寿科学事典,医学書院, 2003; 549-550
高松 潔, 太田 博明, 野澤 志朗 : 子宮体部 加齢および閉経に伴う生理的変化. 長寿
科学事典, 医学書院, 2003; 550-551
高松 潔, 太田 博明, 野澤 志朗 : 子宮体部 子宮位置異常. 長寿科学事典, 医学書院,
2003; 551-552
高松 潔, 太田 博明, 野澤 志朗 : 子宮体部の炎症および感染症. 長寿科学事典,医学書
院, 2003; 552
高松 潔, 太田 博明, 野澤 志朗 : 子宮体部良性腫瘍. 長寿科学事典,医学書院, 2003;
552-554
高松 潔, 太田 博明, 野澤 志朗 : 子宮体部悪性腫瘍. 長寿科学事典,医学書院, 2003;
554-555
高松 潔 : 漢方薬の種類とその位置づけ. エクセルナース薬シリーズ[産婦人科編], メデ
ィカルレビュー社, 2003; 128-139
高松 潔 : 子宮体癌に対する化学療法. エクセルナース薬シリーズ[産婦人科編],メディ
カルレビュー社, 2003; 226-237
高松 潔, 太田 博明 : 骨粗鬆症の治療指針概説. 骨粗鬆症ガイドブック,日本医学館,
2003; 32-47
高橋秀寿: 対麻痺-四肢麻痺に対するリハビリテーション. 永田和哉著, 脳神経外科ナース
の疾患別ケア, メデイカ出版, 2003;307-311
千野直一編, 現代リハビリテーション, 金原出版, 2004;474-487
高橋秀寿: 老化と障害.
高橋秀寿: 社会的不利の評価. 千野直一編, 現代リハビリテーション, 金原出版, 2004;218
高橋紀代,高橋秀寿,道免和久: 義肢装具とリハビリテーション−リウマチ患者の靴型装具
−. 千野直一、安藤徳彦編, リハビリテーション MOOK 7, 金原出版, 2003;178-185
山中克巳,鈴木俊夫,青柳公男,石川邦治,堤 寛,栗原由佳,金田一純子,栗原英見,吉野
宏,菅田智子,仁井谷善恵,村山郁子,新井裕子,杉山香代子,波多江新平:歯科訪問診療に
おける感染予防対策の基本と実際(ICGH 研究会編)
,砂 書房,2004.
[報告書、その他](研究班報告書、刊行物等)
1. 師田信人,平本 準,三島 牧,左合治彦,林 聡,千葉敏雄:胎児性頭蓋内出血後水頭症に
ついて. 厚生労働科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業,先天性水頭症に関する調査研
究:分子遺伝子学アプローチによる診断基準・治療指針の策定と予防法・治療法の開発,平成
15 年度総括・分担研究報告書, 2004; 73-76
2. 高山真一郎,中村俊康,佐藤和毅,菊地淑人: 振動障害に対する MRI を用いた運動機能評価
の試み. 平成 15 年度 振動障害診断のための新たな検査体系の確立に関する研究, 厚生労
働省委託研究報告書,2004;81-90
3. 東 範行: (主任研究)厚生労働科学研究費補助金感覚器障害研究事業「眼疾患に対する遺
伝子・細胞治療に関する研究」
4. 東 範行: (分担研究)眼の形成不全症の責任遺伝子と発症機能. 厚生労働科学研究費補
助金ヒトゲノム・再生医療等研究事業「器官・組織の形成不全症の責任遺伝子らの発症機能の
解明と再生医療への応用」
5. 東 範行: (分担研究)視神経形成異常の遺伝子解析. 厚生労働科学研究費補助金感覚器障
害研究事業 「難治性感覚器疾患の遺伝情報網および遺伝子診断システムの確立」
6.
7.
東 範行: (分担研究)網膜芽細胞腫全国登録(2002 年度調査). 厚生労働科学研究費
補助金がん克服戦略研究事業 「小児がんの遺伝的・発生生物学的特性の解明と診断の応用」
泰地秀信,松永達雄: 平成 14 年度厚生科学研究費補助金「遺伝子変異による進行性聴覚障害
に対する医療指針の作成」平成 14 年度研究報告書, 2003
[学会発表]
1. Kuroda T, Saeki M, Honna T, Masaki H, Tsunematsu Y: Clinical Significance of Intensive
Surgery with Intraoperative Radiation for Advanced Neuroblastoma; Does It Really Make
Sense? The 36th Annual Meeting of Pacific association of Pediatric Surgeons, Sidney,
2003.5
2. Tanaka K, Honna T: Surgical manifestations and problems of HSAN-IV. International
Symposium on CIPA, Tokyo, 2003.11.23-24
3. Morota N: Endoscopic coagulation of choroid plexus. 2nd world conference of the
International Study Group on Neuroendoscopy. Napoli, 2003.9.11
4. Morota N: Brainstem mapping. Symposium on Intraoperative Neurophysiology . Ljubljana,
2003.10.18
5. Azuma N, Kawase E, Suzuki Y, Yamada M: Mutation of the PAX6 gene detected in patients
with congenital optic nerve anomalyes. The 14 th Congress of the European Society of
Ophthalmology ,Madrid ,2003.6
6. Azuma N: Symposium; PAX6 mutations in congenital eye anomalies and role of the
gene on retinal development.
International Symposium of the Pax6 Gene,Sendai,
2003.7
Advanced
7. Azuma N: Update treatment of retinopathy of prematurity in Japan.
Voireous Surgery Course,Tokyo, 2003.10
8. Nishina S, Noda E, Azuma N. Long-term refractive changes after congenital and
developmental cataract surgery. 2003 Annual Meeting, Association for Research in Vision
and Ophthalmology, Fort Lauderdale, Florida, 2003.5.4
9. Hoya N, Okamoto Y, Nakagawa S, Suzuki T, Taiji H, Matsunaga T: Local application of a
mitochondrial toxin, 3-Nitropropionic Acid causes dose dependent ABR threshold shift
on rat cochlea: a model for sudden deafness. 40 th Inner Ear Biology Workshop, Granada,
Spain, 2003.9.8
10. Morikawa N, Honna T, Kuroda T, Nakano M, Tanaka K, Kitano Y, Matsuda H, Tanaka K, Kawashima
N: A case of triple gastrointestinal anomalies of imperforate anus, malrotation, and
Hirschsprung s disease associated with holoprosencephaly . 第 39 回日本小児外科学
会総会,京都,2003.5.29
11. 北野良博,佐々木京子,浅野隆之,長尾慶和,波利井清紀,小澤敬也,花園豊: ヒツジの胎内
環境における霊長類幹細胞の増殖と分化. 第 40 回日本小児外科学会総会,京都, 2003.5.30
12. 田中 潔,本名敏郎,黒田達夫,中野美和子,森川信行,北野良博,松田博光,田中圭一朗,
川島憲子: 小児外鼠径ヘルニアの術後再発:吸収糸による高位結紮は再発率を高めない. 第
40 回日本小児外科学会総会, 京都, 2003.5.28-30
13. 黒田達夫,本名敏郎,中野美和子,田中潔,森川信行,北野良博,松田博光,川島憲子,田中
圭一郎,正木英一,恒松由記子,熊谷昌明,宮内潤,松岡健太郎,佐伯守洋:Tumor board の
機能;神経芽細胞腫に関する術中開窓照併用手術の成績.
第 40 回日本小児外科学会総会,
京都,2003.5
14. 田中圭一朗,本名敏郎,北野良博,黒田達夫,中野美和子,田中 潔,森川信行,松田博光,
15.
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
27.
28.
29.
30.
川島憲子,宮内 潤,松岡健太郎: 小児 Fibrolamellar hepatocellular carcinoma の 1 例.
第 40 回小児外科学会総会,京都, 2003.5.28
川島憲子,本名敏郎,北野良博,黒田達夫,中野美和子,田中潔,森川信行,松田博光,田中
圭一朗,亀岡一裕: 膵胸腔瘻を合併し、治療に難渋した乳児膵炎の一女児例, 第 40 回日本小
児外科学会総会, 京都, 2003.5.28-30
北野良博,本名敏郎,黒田達夫,中野美和子,田中潔,森川信行,二瓶健次,長澤哲朗,宮内
潤: 結節性硬化症に合併する腎血管筋脂肪腫, 第 9 回家族性腫瘍研究会, 東京, 2003.6.13
川島憲子,本名敏郎,森川信行,黒田達夫,中野美和子,田中潔,北野良博,松田博光,田中
圭一朗: ビンクリスチン投与後のSIADHにより、低ナトリウム血症をきたした神経芽腫の
1例. 第 25 回小児体液研究会, 東京, 2003.9.6
飯島一誠,藤丸李可,稲富淳,鈴木輝明,松岡健太郎,宮内潤,田中 潔,本名敏郎,佐々木
聡: 一側 WT1 allele 完全欠損(WAGR 症候群)は巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)の原因と
なる. 第 12 回発達腎研究会, 東京, 2003.9.20
森川信行,本名敏郎,黒田達夫,中野美和子,田中 潔,北野良博,松田 光,田中圭一朗,
川島憲子,町頭成郎,川崎一輝,宮川知士,肥沼悟郎:シャント結紮術によりチアノーゼが軽
快した先天性門脈大循環シャントの1例. 第 38 回日本小児外科学会関東甲信越地方会,千
葉, 2003.10.25
渕本 康史,黒田達夫,本名敏郎,中野美和子,田中 潔,森川信行,北野良博,松田 博光,
田中圭一朗,川島憲子,町頭成郎: 甲状舌管嚢胞を合併した甲状腺過誤腫の一例. 第 38 回
日本小児外科学会関東甲信越地方会, 千葉, 2003.10.25.
川島憲子,本名敏郎,黒田達夫,渕本康史,田中潔,森川信行,北野良博,田中圭一朗,町頭
成郎: 腹腔内遊離卵巣嚢胞の 1 例. 第 38 回日本小児外科学会関東甲信越地方会, 千葉,
2003.10.25
町頭成郎,本名敏郎,黒田達夫,田中潔,森川信行,北野良博,渕本康史,田中圭一朗,川島
憲子: 中腸軸捻転症と回腸末端膜様閉鎖症を合併していた胎便製腹膜炎の一例.
第 38 回日本小児外科学会関東甲信越地方会, 千葉, 2003.10.26
北野良博,本名敏郎,黒田達夫,左合治彦,林聡,千葉敏雄 : CCAM と診断された胎児 8 例の
検討. 第 14 回日本小児呼吸器外科研究会, 淡路島, 2003.11.20
田中 潔,本名敏郎,黒田達夫,森川信行,北野良博,渕本康史: 下腹部小切開創からの卵巣
嚢腫手術−腹腔鏡(補助)手術との比較. 第 23 回日本小児手術手技/小児内視鏡手術研究会,
淡路島, 2003.11.20-21
森川信行,本名敏郎,黒田達夫,田中 潔,北野良博,渕本康史:当院における食道閉鎖症 long
gap 症例の検討. 第 19 回日本小児外科学会秋季シンポジウム, 淡路島, 2003.11.22
田中 潔,本名敏郎,黒田達夫,森川信行,北野良博,渕本康史: 術後吻合部合併症(気管食
道瘻再発を除く)に対する再手術. 第 19 回日本小児外科学会秋季シンポジウム, 淡路島,
2003.11.22
黒田達夫,本名敏郎,田中潔、他:固形腫瘍治療後の二次がん症例の経験;成育医療としての
小児がん治療. 第 19 回日本小児がん学会総会, 東京,2003.11
川島憲子,本名敏郎,黒田達夫,北野良博,田中潔,森川信行,田中圭一朗: 術中所見で手
術方針を変更した重症膵炎. 第 93 回東京小児外科研究会, 東京, 2003.12.9
師田信人,二瓶健次,長澤哲郎,本田真美,粟国敦男,上原敏則,長嶺功一,島袋智志,富山
潤,落合靖男: 軽症痙直型脳性麻痺小児に対する機能的脊髄後根切断術. 第 45 回日本小
児神経学会総会,博多,2003.5.24
藤山陽子,師田信人: Intranidal aneurysm を合併した小児側頭葉 AVM の 1 例. 第 90 回日
本脳神経外科学会関東地方会,東京,2003.6.14
31. 藤山陽子,師田信人: 小児頭蓋頚椎移行部病変に対する治療の decision making. 第 18
回日本脊髄外科学会,東京,2003.6.26
32. 師田信人,藤山陽子: 術中神経生理学的手技を駆使した潜在性二分脊椎症の手術. 第 18
回日本脊髄外科学会,東京,2003.6.26
33. 師田信人,藤山陽子,亀山茂樹,増田 浩,粟国敦男,上原敏則,長嶺功一: 機能的脊髄後
根切断術にみる脊髄神経後根感覚支配領域の重複. 第 18 回日本脊髄外科学会,東京,
2003.6.27
34. 藤山陽子,師田信人: 小児水頭症における神経内視鏡手技の応用. 第 31 回日本小児神経
外科学会,新潟,2003.7.2
35. 師田信人,藤山陽子: 小児巨大脳腫瘍に対する手術戦略. 第 31 回日本小児神経外科学会,
新潟,2003.7.3
36. 藤山陽子,師田信人: 脊髄空洞症を伴った潜在性二分脊椎の手術. 第 31 回日本小児神経
外科学会,新潟,2003.7.4
37. 師田信人,藤山陽子,山田淳二,持木かなえ,左合治彦,林 聡: 胎児脳室拡大 現状と問
題点. 第 31 回日本小児神経外科学会,新潟,2003.7.4
38. 師田信人: 国立成育医療センターにおける二分脊椎症への取り組み. 第 20 回日本二分脊
椎研究会,名古屋,2003.7.5
39. 持木かなえ,山田淳二,師田信人: 巨大嚢胞を伴った家族性多発性海綿状血管腫の一例. 第
91 回日本脳神経外科学会関東地方会,東京,2003.9.20
40. 師田信人,山田淳二,平本 準: 成育医療における脳神経外科の役割. 第 62 回日本脳神
経外科学会総会,仙台,2003.10.1
41. 師田信人,山田淳二,平本 準: 胎生期頭蓋内出血後水頭症の実態調査. 第 62 回日本脳
神経外科学会総会,仙台,2003.10.2
42. 師田信人,上野竜一,粟国敦男,上原敏則,長嶺功一,島袋智志,當山 潤,落合靖男: 歩
行可能な痙直型脳性麻痺小児に対する機能的脊髄後根切断術. 第 20 回脳性麻痺の外科研究
会,長崎,2003.11.1
43. 山田淳二,持木かなえ,師田信人: 中頭蓋窩くも膜嚢胞の治療戦略について. 第 21 回こ
ども病院神経外科医会,名古屋,2003.11.22
44. 師田信人,山田淳二,平本 準,埜中正博: 乳幼児水頭症術後硬膜下液貯留の治療. 第 21
回こども病院神経外科医会、名古屋、2003.11.23
45. 平本 準,師田信人,山田淳二,持木かなえ: 無症候性巨大第 3 脳室コロイド嚢胞の小児例.
第 92 回日本脳神経外科学会関東地方会、東京、2003.11.29
46. 師田信人,山田淳二,平本 準: 新生児・乳児水頭症に対する神経内視鏡治療. 第 10 回
日本神経内視鏡学会,名古屋,2003.12.5
47. 山田淳二,師田信人,持木かなえ,平本 準: 新生児モンロー孔部脈絡叢嚢胞の治療経験.
第 10 回日本神経内視鏡学会,名古屋,2003.12.5
48. 師田信人,埜中正博,平本 準: 包括的脳性麻痺治療における機能的脊髄後根切断術の役割.
第 43 回多摩小児神経懇話会,東京,2003.12.20
49. 斎藤 綾,関口昭彦,近田正英,戸成邦彦: 心臓術後の高乳酸血症の影響因子についての検
討. 第 103 回日本外科学会定期学術集会, 札幌, 2003.6.4
50. 斎藤 綾,関口昭彦,近田正英,戸成邦彦: AP window と double aortic arch を合併した
乳児の1手術例. 第 126 回胸部外科学会関東甲信越地方会, 東京, 2003.6.28
51. 近田正英,関口昭彦,戸成邦彦,斎藤 綾,石澤 瞭,百々秀心,磯田貴義: Fontan 術後遠
隔期患者の凝固系の異常に関する検討. 第 39 回日本小児循環器学会総会, 神戸,
2003.7.16
52. 戸成邦彦,関口昭彦,近田正英,松井貴宏: 先天性心疾患術後に合併した難治性の乳糜胸に
対しオクトレオチドが著効した 1 例. 第 38 回日本小児循環器学会総会, 東京, 2003.9.13
53. 近田正英,関口昭彦,戸成邦彦, 斎藤 綾, 高山博夫: 胎児体外循環の基礎的研究. 第 56
回日本胸部外科学会総会, 東京, 2003.11.21
54. 松井貴宏,戸成邦彦,近田正英,関口昭彦: 肺動脈弁欠損症候群の2乳児手術例. 第 128
回胸部外科学会関東甲信越地方会, 東京, 2003.12.6
55. 近田正英,関口昭彦,戸成邦彦,松井貴宏: 新生児、乳児の大血管奇形に対する術前診断と
しての 3D CT の有用性の検討. 第 34 回日本心臓血管外科学会総会, 東京, 2004.2.19
56. 日下部 浩,下村哲史,山本さゆり,坂巻豊教: 8 歳以上で発症したペルテス病の治療成績.
第 42 回 日本小児股関節研究会, 兵庫, 2003.6.21
57. 日下部 浩,坂巻豊教, 柳本繁, 一宮優, 木村準, 戸山芳昭: 新しい人工関節インターフェ
イス (HA Coated Multilayered Mesh Structure) の研究-荷重下動物実験による検討-. 第 18
回日本整形外科学会基礎学術集会, 福岡,2003.10.16
58. 日下部 浩,下村哲史,山本さゆり: 環軸関節回旋位固定症例の検討. 第 14 回日本小児整
形外科学会,東京, 2003.11.22
59. 下村哲史,坂巻豊教,日下部浩: 小児大腿骨頸部骨折の治療成績 シンポジウム(小児大腿
骨頸部骨折の治療法とその成績)第 30 回日本股関節学会, 東京, 2003.10.31
60. 下村哲史,坂巻豊教,日下部浩,山本さゆり: 化膿性股関節炎後骨頭消失例に行った大転子
股関節形成術の長期経過.
第 14 回日本小児整形外科学会,東京, 2003.11.22
61. 池上博泰,中村俊康,佐藤和毅,池田崇,高山真一郎,堀内行雄: 上腕骨遠位骨端離開(パ
ネル 小児の肘周辺骨折)
. 第 44 回関東整形災害外科学会, 東京,2004.3.27
62. 中村俊康,仲尾保志,池上博泰,佐藤和毅,高山真一郎: 小児モンテジア骨折の診断と治療
における問題点(パネル 小児の肘周辺骨折)
. 第 44 回関東整形災害外科学会, 東京,
2004.3.27
63. 高山真一郎, 下村哲史,日下部浩,山本さゆり: 分娩麻痺における交叉過誤神経支配とそ
の対策.
第 15 回関東小児整形外科研究会,東京, 2004.2.14
64. 池上博泰,仲尾保志,中村俊康,佐藤和毅,堀内行雄,高山真一郎: Stage III IV の Kienbock
病に対する骨釘移植術.
第 21 回中部日本手の外科研究会,京都,2004.2.20
65. 長田夏哉,堀内行雄,高山真一郎,中村俊康,仲尾保志: 当科における発育期上腕骨内側上
顆骨軟骨障害.
第 16 回日本肘関節学会,京都,2004.2.21
66. 中村俊康,佐藤和毅,高山真一郎,仲尾保志,池上博泰: 離断性骨軟骨炎に対する肘関節鏡
視下骨釘挿入術.
第 16 回日本肘関節学会,京都,2004.2.21
67. 池上博泰,仲尾保志,中村俊康,佐藤和毅,高山真一郎,堀内行雄: 創外固定を用いた外傷
性肘関節拘縮の治療. 第 16 回日本肘関節学会,京都,2004.2.21
68. 佐藤和毅,高山真一郎,仲尾保志,中村俊康,田崎憲一,谷野善彦: 上腕骨小頭離断性骨軟
骨炎遊離型症例に対する肋骨肋軟骨移植術の治療経験. 第 16 回日本肘関節学会, 京都
2004.2.21
69. 高山真一郎,下村哲史,日下部浩,山本さゆり,仲尾保志,井上薫,栩木弘和: 母指多指症
術後症例に対する短母指外転筋移行術による対立再建. 第 18 回東日本手の外科研究会,山形
2004.1.31
70. 北村和也,高山真一郎,森田晃造,佐藤和毅,中村俊康,池上博泰,仲尾保志,戸山芳昭:
Dupuytren 拘縮術後に屈筋腱が bowstring を呈し環指の屈曲障害を生じた 1 例. 第 18 回東日
本手の外科研究会,山形,2004.1.31
71. 西脇正夫,中村俊康,仲尾保志,池上博泰,高山真一郎: 両側陳旧性月状骨周囲脱臼の1例.
第 18 回東日本手の外科研究会,山形,2004.1.31
72. 森澤 妥,中村俊康,高山真一郎,仲尾保志,池上博泰,佐藤和毅,田崎憲一: 橈骨 sigmoid
notch 裂離骨折を伴う TFCC 損傷の 1 例. 第 18 回東日本手の外科研究会,山形,2004.1.31
73. 芦沢裕子,仲尾保志,池上博泰,中村俊康,矢部啓夫,戸山芳昭,高山真一郎: 手指の Ollier
病に続発した軟骨肉腫の 1 例. 第 18 回東日本手の外科研究会,山形,2004.1.31
74. 高山真一郎,仲尾保志,池上博泰,中村俊康,佐藤和毅,堀内行雄,伊藤恵康,矢部裕: 中
足骨移植と小指外転筋移行による Blauth IIIb および IV 母指形成不全症の治療. 第 14 回日
本小児整形外科学会,東京,2003.11.22
第 18 回日本整形外科学
75. 高山真一郎,仲尾保志,平田仁: 末梢神経端側縫合の臨床応用.
会基礎学術集会, 福岡, 2003.10.17
76. 栩木弘和,仲尾保志,斎藤治和,高山真一郎,岡野洋尚,岡野栄之,戸山芳昭: 遺伝子導入
シュワン細胞を応用したハイブリッド型人工神経. 第 18 回日本整形外科学会基礎学術集会
福岡, 2003.10.17
77. 仲尾保志,斎藤治和,栩木弘和,池田崇,高山真一郎,戸山芳昭: Tissue Engineering を応
用した超微細構造を有する人工神経の開発.
第 18 回日本整形外科学会基礎学術集会, 福
岡, 2003.10.17
78. 中村俊康,高山真一郎,Moy O, Peimer C: 遠位橈尺関節支持性に関する生体力学的検討 -TFCC
尺骨起始部切離モデルでの検討. 第 18 回日本整形外科学会基礎学術集会,福岡,2003.10.17
79. 丹治敦,池上博泰,高山真一郎,中村俊康,佐藤浩三,堀内行雄,関 敦仁: 人工肘関節の
形状決定に関する基礎研究 −正常日本人遠位上腕骨髄腔の形態分析−. 第 18 回日本整形外
科学会基礎学術集会,福岡, 2003.10.17
80. 森澤 妥,高山真一郎,大串一彦,戸山芳昭,荒川義弘,福田恵一: 骨格筋における神経栄
養因子(NGFmRNA, BDNFmRNA) の定量 −末梢神経再生過程での変化(第 2 報)
. 第 18 回日本
整形外科学会基礎学術集会,福岡, 2003.10.17
81. 新井健,仲尾保志,斎藤治和,高山真一郎,堀内行雄: 腰神経叢損傷モデルにおける神経幹
内側副発芽 −経時的変化の検討. 第 18 回日本整形外科学会基礎学術集会,福岡,
2003.10.17
82. 金子 剛,森 文子,木村章子,佐久間恒,緒方寿夫,中島龍夫: ティッシュエキスパンダ
ーを用いた耳介形成術−最近の工夫−. 第 46 回日本形成外科学会学術集会,神戸,2003.4.10
83. 緒方寿夫,中島龍夫,金子 剛,佐久間恒,島田卓治,吉川嘉一郎,藤野豊美: Marginal
Musculo-mucosal flap を応用した Intravelar Veloplasty の試み. 第 46 回日本形成外科学
会学術集会,神戸,2003.4.11
84. 永竿智久,金子 剛,小林正弘,中島龍夫:上顎 buttress 再建の構造力学的意味について. 第
12 回日本形成外科学会基礎学術集会,東京,2003.10.9
85. 金子 剛,佐久間恒,木村章子,永竿智久,中島龍夫,小林正弘: シンポジウムI 「長期
経過観察からの小耳症治療」 ティッシュエキスパンダーを用いた耳介形成術の長期結果.
第 21 回日本頭蓋顎顔面外科学会,東京,2003.11.6
86. 玉田一敬,中島龍夫,大西文夫,三澤典弘,金子 剛,中島龍夫: シンポジウムⅡ 「片側
唇顎口蓋裂の治療−術後5年以上の成績から」 直線に近い縫合線をめざした片側唇裂外鼻初
回手術. 第 21 回日本頭蓋顎顔面外科学会,東京,2003.11.6
87. 金子 剛,森 文子,木村章子,佐久間恒,緒方寿夫,中島龍夫: ティッシュエキスパンダ
ーを用いた耳介形成術−最近の工夫−. 第 46 回日本形成外科学会学術集会,神戸,2003.4.10
88. 緒方寿夫,中島龍夫,金子 剛,佐久間恒,島田卓治,吉川嘉一郎,藤野豊美: Marginal
Musculo-mucosal flap を応用した Intravelar Veloplasty の試み. 第 46 回日本形成外科学
会学術集会,神戸,2003.4.11
89. 永竿智久,金子 剛,小林正弘,中島龍夫: 上顎 buttress 再建の構造力学的意味について.
第 12 回日本形成外科学会基礎学術集会,東京,2003.10.9
90. 緒方寿夫,坂本輝雄,佐藤博子,矢澤真樹,金子 剛,一色泰成,中島龍夫: 口蓋瘻孔を伴
う両側顎裂に対する歯槽骨仮骨延長治療の応用.第 21 回日本頭蓋顎顔面外科学会,東京,
2003.11.7
91. 佐久間恒,金子 剛,木村章子: 胸背動静脈を interpositional graft として用いた遊離
血管柄付き肩甲骨移植の一例. 第 30 回日本マイクロサージャリー学会,岡山,2003.11.14
92. 佐久間恒,木村章子,金子 剛,森 文子,師田信人: Endoscopy−assisted suturectomy
を行った plagiocephaly の 1 例. 第 9 回形成外科内視鏡手術手技研究会, 東京,2004.2.21
93. 佐々木りか子: 円形脱毛症の治療―小児を中心に― シンポジウム 2 脱毛症の最前線. 第
102 回日本皮膚科学会総会・学術大会,浦安,2003.5.23
94. 佐々木りか子: 小児の脱毛症の臨床 シンポジウムⅡ 脱毛症の病体と治療. 第 27 回日
本小児皮膚科学会学術大会,浦安,2003.6.28
95. 安本美奈子,佐々木りか子ほか: 乳児好酸球性膿疱性毛包炎の1例. 第 27 回日本小児皮
膚科学会学術大会,浦安,2003.6.28
96. 濱崎せり,佐々木りか子: 当科における最近の小児のブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)
についての検討. 第 27 回日本小児皮膚科学会学術大会,浦安,2003.6.28
97. 佐々木りか子: 小児アトピー性皮膚炎の早期介入療法. 第 14 回日光カンファランス「ア
レルギー疾患の早期診断と早期介入療法」
,宇都宮, 2003.8.26
98. 佐々木りか子: 大人と違うこどもの皮膚科診療 ランチョンセミナー. 第 323 回日本皮膚
科学会山形・宮城・福島三県合同地方会,山形,2003.9.7
99. 佐々木りか子: 小児アトピー性皮膚炎と抗アレルギー薬. イブニングセミナー. 第 67
回日本皮膚科学会東部支部総会・学術大会,旭川,2003.9.27
100. 佐々木りか子: とびひと SSSS を 5 日で治すには シンポジウム3 21 世紀のとびひ治療―
MRSA が開業医をおびやかす日―. 第 55 回日本皮膚科学会西部支部学術大会,松山,
2003.10.26
101. 佐々木りか子: 皮膚科的問題. 無痛無汗症国際シンポジウム 2003 臨床3セッション,東
京,2003.11.24
102. 佐々木りか子: 保湿剤によるアトピー性皮膚炎のスキンケア,皮膚科診療シリーズ 4 アト
ピー性皮膚炎のスキンケアー選択肢は薬?化粧品?. 第 67 回日本皮膚科学会東京支部学術
大会,東京,2004.2.14
103.佐々木りか子: アトピー性皮膚炎治療の新戦略. 第 27 回日本小児皮膚科学会皮膚科セミ
ナー.
(座長)
,東京,2004.2.21
104.東 範行: 教育講演 電子カルテにおけるファイリングシステム. 日本白内障・眼内レ
ンズ・屈折矯正学会,神戸,2003.6
105. 東 範行: 特別講演 眼の形態形成遺伝子. 生理化学談話会,大阪,2003.10
106.東 範行: シンポジウム 硝子体網膜手術の限界とこれからの対応−小児硝子体手術の適応
と限界. 日本眼科学会,福岡,2003.4
107.東 範行: シンポジウム 眼をつくる仕組みと再生医療. 成育公開シンポジウム,東京,
2003.5
108.東 範行: シンポジウム 網膜芽細胞腫全国登録. 第 28 回日本小児眼科学会,神戸,
2003.6
109.東 範行: シンポジウム 電子カルテ化と眼科診療−ペーパレス電子カルテの現状と問題点.
第 57 回日本臨床眼科学会,名古屋,2003.10
110.東 範行: シンポジウム Vision2020 の進展−我が国における小児失明の現状と対策. 第
57 回日本臨床眼科学会,名古屋,2003.10
111.東 範行: 25G 径結膜硝子体手術. 第 57 回日本臨床眼科学会,名古屋,2003.10
112. 東 範行: 25G 径結膜硝子体手術の幕明け. 第 57 回日本臨床眼科学会,名古屋,2003.10
113. 東 範行: 教育講演 先天白内障手術の合併症対策. 日本眼科手術学会,東京,2004.1
114. 仁科幸子,越後貫滋子,赤池祥子,東範行: 早期発症外斜視手術例の検討. 第 59 回日本弱
視斜視学会総会 第 28 回日本小児眼科学会総会合同学会, 神戸,2003.6.27
115. 高橋広,唐木剛,仁科幸子: 視覚障害をもつ子どもへのロービジョンケア. 第 57 回日本臨
床眼科学会,名古屋,2003.11.1
116. 仁科幸子,野田英一郎,東範行: 先天・発達白内障術後の緑内障. 第 57 回日本臨床眼科学
会, 名古屋,2003.11.2
117. 羽藤晋,仁科幸子,東範行,山田昌和: 早期発症調節性内斜視の治療経過. 第 57 回日本臨
床眼科学会, 名古屋,2003.11.2
118. 仁科幸子: こどもの眼科診療リフレッシュ. 第 17 回神奈川県・昭和大学藤が丘合同オープ
ンカンファレンス, 横浜,2003.4.12
119.鈴木由美,川瀬英理子,仁科幸子,東 範行: 左右の異なった視神経異常. 第 28 回
日本小児眼科学会,神戸,2003.6
120.鈴木由美,川瀬英理子,仁科幸子,東 範行: 乳頭周囲ぶどう腫の光干渉断層像. 第
57 回日本臨床眼科学会,名古屋,2003.10
121.芝 大介,東 範行: 電子カルテにおけるデ−タファイリング. 第 57 回日本臨床眼科
学会 ,名古屋,2003.10
122.鎌田裕子,仁科幸子,東 範行: 瞳孔形成を行った角膜水晶体分離不全. 第 57 回日
本臨床眼科学会,名古屋,2003.10
123. 泰地秀信,岡本康秀,保谷則之,増田圭奈子,松永達雄: 補聴器における残響(過渡ひずみ)
の定量的評価. 第 104 回日本耳鼻咽喉科学会,東京,2003.5.22
124. 泰地秀信,岡本康秀,保谷則之、松永達雄: 蝸牛の基底板振動モデルの一般利用に関する検
討. 第 48 回日本聴覚医学会, 東京,2003.9.26
125. 泰地秀信,岡本康秀,保谷則之,増田圭奈子,松永達雄: 真珠腫性中耳炎の治療に関する臨
床的検討−多施設共同研究にむけて−. 第 58 回国立病院療養所総合医学会, 札幌,2003.
11.1
126. 松永達雄,熊野御堂浩,鈴木隆史,城間将江,廣田栄子,佐藤美奈子,泰地秀信,新美成二,
宇佐美真一: A1555G ミトコンドリア DNA 変異を伴う聴覚障害の発症・修飾因子. 第 104
回日本耳鼻咽喉科学会,東京,2003.5.22
127. 松永達雄,熊野御堂浩,城間将江,佐藤美奈子,廣田栄子,泰地秀信,新美成二,宇佐美真一:
A1555G ミトコンドリア DNA 変異に伴う聴覚障害の特徴と病態生理. 第 48 回日本聴覚医学会,
東京,2003.9.25
128. 松永達雄,鈴木隆史,熊野御堂浩,弓削勇,大塚明弘,泰地秀信,新美成二,宇佐美真一: コ
ネキシン 26 遺伝子変異による日本人先天性難聴の遺伝子型と聴覚像. 第 13 回日本耳科学会
総会,幕張,2003.10.17
129. 鈴木隆史,保谷則之,岡本康秀,増田圭奈子,泰地秀信,松永達雄: 遺伝子変異の疑われる
原因不明後天性感音性難聴における難聴遺伝子スクリーニング. 第13 回日本耳科学会総会,
幕張,2003.10.17
130. 岡本康秀,保谷則之,増田圭奈子,鈴木隆史,泰地秀信,松永達雄: ミトコンドリアトキシ
ン投与による内耳障害:突発性難聴モデルの組織学的検討. 第 13 回日本耳科学会総会,幕
張,2003.10.17
131. 保谷則之,岡本康秀,鈴木隆史,増田圭奈子,泰地秀信,松永達雄: ミトコンドリアトキシ
ン投与によるラット内耳障害:突発性難聴モデルの作成. 第 13 回日本耳科学会総会,幕張,
2003.10.17
132. 岡本康秀,泰地秀信,保谷則之,増田圭奈子,鈴木隆史,中川進,松永達雄:ミトコンドリア
障害難聴モデルにおける病態の解明. 第 58 回国立病院療養所総合医学会, 札幌,2003. 11.1
133. 鈴木隆史,松永達雄,保谷則之,岡本康秀,増田圭奈子,泰地秀信:原因不明感音性難聴にお
ける難聴遺伝子スクリーニング(PCR-RFLP 法)
. 第 58 回国立病院療養所総合医学会, 札幌,
2003. 11.1
134. 守本倫子, 川城信子, 土橋信明: 当院における先天性喉頭喘鳴の検討. 第 104 回日本耳鼻
咽喉科学会,東京,2003.5.23
135. 守本倫子, 川城信子, 土橋信明: 先天性水頭症症例における聴力の検討. 第 13 回日本耳
科学会総会,幕張,2003.10.16
136. 守本倫子, 川城信子, 泰地秀信: 頭蓋顔面奇形に伴う呼吸障害. 第 49 回小児耳鼻咽喉科
研究会,東京,2003.12.6
. 第
137. 川城信子: 教育セミナー 全身疾患と耳鼻咽喉科 「小児耳鼻咽喉科疾患と全身疾患」
13 回日本耳鼻咽喉科学会,東京,2003.5.22
138. 川城信子: 耳鼻咽喉科疾患. 小児保健,東京,2003.6.15
日本耳鼻咽喉科学会夏期講習会,東京,2003.7.13
139. 川城信子: 心因性難聴.
. 気管食道科学会認定医大
140. 川城信子: シンポジウム 小児の気管食道「小児の気道疾患」
会,東京,2004.2.21
141. 高松 潔, 藤井 絵里子, 堀川 直史 : レーザー子宮腟部円錐切除術がメンタルヘルスに与え
るインパクトに関する検討. 第 32 回日本女性心身医学会学術集会, 那覇, 2003.6.22
142. 高松 潔, 牧田 和也, 堀口 文, 野澤 志朗 : 更年期障害患者における抑うつ傾向の検討.
第 32 回日本女性心身医学会学術集会, 那覇, 2003.6.22
143. 高松 潔, 牧田 和也, 堀口 文, 野澤 志朗 : 更年期外来受診患者における抑うつ傾向の検
討. 第 18 回日本更年期医学会学術集会, 東京, 2003.11.8
無痛無汗症国際シン
144. 斉藤克美: 先天性無痛無汗症患者の水中トレッドミルの取り組み.
ポジウム 2003, 東京, 2004.1.14.
145. 佐藤裕子: 構音障害を主訴に現れる就学前の発達障害の検討. 第 45 回日本小児神経学会,
福岡, 2003.5.23.
146. 佐藤裕子: 口蓋裂チーム外来における言語聴覚士の役割. 平成 15 年度日本小児耳鼻咽喉
科学会, 大阪, 2003.7.5.
147. 佐藤裕子: 成育医療センターにおける言語聴覚療法. 第 1 回成育医療懇話会, 東京,
2003.9.15.
148. 佐藤裕子: 退院後、摂食への不安じから虐待を訴えた母親に対しチームアプローチを行った
症例. 第 9 回日本摂食嚥下リハビリテーション学会, 福岡, 2003.5.23.
149. 高橋秀寿: パネルデイスカッション、脊髄損傷リハビリテーションアウトカム. 第 51 回
日本職業災害医学会学術大会, 横浜, 2003.11.15.
150. 高橋秀寿: 脊髄損傷のリハビリテーションーup to date. 第 11 回浜松リハビリテーショ
ンセミナー, 浜松, 2003.2.13
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
71
File Size
145 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content