close

Enter

Log in using OpenID

腎と骨代謝研究会 学術集会 2016 プログラム抄録集

embedDownload
腎と 骨代謝研究会
学術集会
2016
プログラ ム抄録集
2016 年 10 月 9 日 (日) 午前 9 時 00 分
経団連会館 2 階「 国際会議場」
腎と 骨代謝研究会学術集会
腎と 骨代謝研究会 学術集会2016
日
時: 平成28年10月9日
( 日) 9: 00 ∼
会
場: 経団連会館 2階 「 国際会議場」
〒100-0004 東京都千代田区大手町1−3−2
T EL 03-6741-0222
事 務 局 代 表: 衣笠 えり 子( 昭和大学横浜市北部病院)
問い合わせ先: 腎と 骨代謝研究会ホームページ
w w w .jinkotsu.com
参
加
費: 1,000円
*
学術集会終了後、
情報交換会を開催いたします
。
経団連会館
案内図
東京メ ト ロ「 大手町」駅下車
C2b出口直結
―2 ―
日時・ 場所
2016年10月9日
( 日) 午前9時00分
経団連会館 2階
「 国際会議場」
〒
1
0
0
0
0
0
4 東京都千代田区大手町1
3
2
:
0
3
6
7
4
1
0
2
2
2
T
E
L
参加さ れる先生方へのお知ら せ
1. 参加受付
1
0
月9
日
(日)
午前8
時3
0
分より経団連会館 2
階
「国際会議場」
前にて行います
。
2. 会費
●
会費として1
,0
0
0
円を受付にてお
支払い
ください
。
参加証をお
渡し致します
。
参加証は
領収証を兼ね
ております
。
参加証は
所属、
氏名をご記入の
上、
ご着用ください。
●
3. 討論
●
討論は
座長の
指示に従い
、
必ず
討論用の
マイクを用い、
所属、
氏名を述べ
てか
ら発言して
ください。
演者の先生方へのお知ら せ
1. 発表時間
口演:
1
0分
(発表:
7
分、
質疑:
3
分)
シンポ
ジウ
ム
:
2
0分 時間厳守してください。
2. 発表形式
・ご発表はP
o
w
e
rP
o
in
tもしく は
K
e
y
n
o
te
にてお願い致します
。
プロジェクターは
1
台の
み
の
使用となります
。
ィアでお持込になる場合;U
S
B
メモリにてお持ちください。
その
際にO
S
名(W
in
/
M
a
c
)を
・メデ
ください。
お知らせ
・P
C
でお持込になる場合;基本O
S
は
、
W
in
d
o
w
s
、
M
a
c何れ
でも可能です
。
C
をご自身で操作ください
。
・演台にあるP
(試写)
は
発表3
0
分前までにお
済ませ
ください
。
(一時的に試写受付が
混雑します
の
で時
・受付
間に
余裕を持ってお越しください
)
3. 患者プラ イ バシー保護について
*
発表され
る先生は
、
患者固有の
情報を発表資料に記載しないなどの
プライバ
シー
保護に関
しての
配慮をいただきます
ようお願い
致します
。
・. ベスト アブスト ラ ク ト 賞受賞演題はプログラ ム中に★印で示し ます。
―3 ―
腎と 骨代謝研究会学術集会2016・
プ ロ グラ ム
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
9:00 ∼ 9:05
・ ・ の・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・
・ ・
9:05 ∼ 9:55
・ ・ 演・
・ ・ ・・
・
・ ・
・ ・
・ ・
・ ・
・
・ ・ ・ ・ ・ 生・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
がC
に与える影響についての検討
e
s
is
tin
K
D
M
B
D
型糖尿病患者におけるR
1. 2
・・ ・ ・ ・ 1、
大・ ・ 一・ 1、
・ ・ ・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 2、
・・ ・
1
1
2
東京・ 会・ ・ 大学・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ 、
東京・ 会・ ・ 大学分・ ・ 学・ ・ ・
骨形成/
骨吸収マーカー,
骨折の
関連性:
2. 透析患者における血清スクレロスチン値,
東海透析コホート研究
・・ ・ ・ ・ 1、
・ 場大・
・ ・ ・ ・ 7、
・・ ・・
1
,2
、
・ 田・ ・ 1、
・ 田・ ・ 1、
・ ・ 裕一・ 3、
・ ・ ・ 一4、
・ ・ ・ ・、
・ 田・ ・ 6、
1
1
2
3
4
東・ 大学・ 学・ ・ ・ 分・ 代・ ・ 、
東・ 大学・ 合・ 学・ ・ 所、
・ ・ クリ・ ・ ク、
・ ・ ・ ・ ン・ ラ・ クリ・ ・ ク、
6
7
・い
・ ・ クリ・ ・ ク、
くらた・ ・ 、
(・ )
・・会
・
a
R
A
C
P
5
b
負荷に起因するT
低下は
死亡リスク上昇に関連する −
東海透析コホート研究−
3. C
・・ ・ 千・ 1、
・ 場大・
・ ・ ・ ・ 7、
・・ ・・
1
,2
、
・ 田・ ・ 1、
・ 田・ ・ 1、
・ ・ 裕一・ 3、
・ ・ ・ 一4、
・ ・ ・ ・、
・ 田・ ・ 6、
1
1
2
3
4
東・ 大学・ 学・ ・ ・ 分・ 代・ ・ 、
東・ 大学・ 合・ 学・ ・ 所、
・ ・ クリ・ ・ ク、
・ ・ ・ ・ ン・ ラ・ クリ・ ・ ク、
6
7
・い
・ ・ クリ・ ・ ク、
くらた・ ・ 、
(・ )
・・会
・
骨粗鬆症に対するデノスマブの
有効性の
検討
4. 透析患者の
・ ・ ・ ・ 1、
大・ ・ 一・ 2、
・ ・ ・ ・ 2、
・ ・ ・ ・ ・ 2、
・・ ・
2
1
2
・ ・ ・ ・ ・ ・ 団・ ・ 会・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 、
東京・ 会・ ・ 大学・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・
コペニアと骨密度の関連についての
検討
5. 血液透析患者におけるサル
・・ ・ ・ ・ 1、
・
3
・・ ・・
・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 1、
・ ・ 京・ 1、
・ ・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ 2、
1
2
・ ・ 会・ ・ ・ ・ 、
大・ ・ ・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 学、
大・ ・ ・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ 代・ 分・ ・ ・ ・ ・ 学
3
9:55 ∼ 10:45
・ ・ 演・
・ ・ ・・
・
・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
増加と筋肉強度と質との関連性
6. 血液透析患者における血清フェリチン値の
・・ ・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 4、
・ ・ ・ 3、
・ ・ ・ ・ 4、
・ ・ ・ ・ 4、
・ ・ 田・ ・ 1、
・・ ・・
1
2
2
会・ ・ ・ ・ ・ ・ 会・ 大・ ・ ・ ・ ・ 、
大・ ・ ・ 大学・ 学・ ・ 属・ ・ 代・ 分・ ・ ・ ・ ・ 学、
4
大・ ・ ・ 大学・ 学・ ・ 属・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 学、
・・・・ ・・
3
―・ ―
・ ・
・ ・
・ ・
・ ・
における尿中鉄測定の
K
D
意義
7. 保存期C
・・ ・ あ
・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 1、
都・ ・ ・ 1、
・ 田・ ・ 1、
・ ・ ・ 2、
・・ ・・
1
1
2
大・ ・ ・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ 代・ 分・ ・ ・ ・ ・ 学、
大・ ・ ・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 学
においては、
は
K
D
E
M
g
血漿アルドステロン濃度が
高いほど血清マグネシウム濃度とF
高
8. 保存期C
く なる
・千田・ ・ 1,・、
・ ・ ・ 行1、
・ 口・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 3、
・ ・ ・ ・ 3、
・ ・ ・ ・ ・ 4、
・ ・ ・ 2、
・ 本代・ 2、
2
2
・
・・ ・ 、
・・ ・・ 、
守・ ・ ・
1
2
大・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ 患・ 合・ ・ 学、
大・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 学、
4
・
・ リ・ ・ ・ ・ ア大学アー
バ
イン・ 、
・ 生・ ・ 、
大・ 大学保・ ・ ンター
身・ ・ ・ 学
3
K
D
g血症の
患者における低M
危険因子である
9. 蛋白尿と糖尿病はC
・・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ 行2、
・ 田・ 一1、
・ 本・ ・ 1、
千田・ ・ 1、
・ 本代・ 1、
・ 大・ 1、
・ 口・ ・ 2、
1
1
1
・・ ・・・ 、
・・ ・ 、
・・ ・・
1
2
大・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 学、
大・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ 患・ 合・ ・ 学
イオン化率は
血清リン濃度と負相関する
10. 血液透析患者における血中マグネシウムの
・・ 田・ 一1、
・ 口・ ・ 2、
・ ・ ・ 行2、
・ 本・ ・ 1、
・ ・ ・ 2、
・ 大・ 1、
・ 本代・ 1、
・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 3、
1
・・ ・・
1
2
3
大・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 学、
大・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ 患・ 合・ ・ 学・ ・ ・ 座、
・ ・ クリ・ ・ ク
・ ・ 演・
10:45 ∼ 11:25
・ ・ ・・
・
・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・
・ ・
・
・ ・
th
o
測定の
意義
11. 血液透析患者における分泌型klo
・・ ・ ・ ・
1
,2
、
・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ 2、
・ ・ ・ 2、
・ 田・ ・ 1、
・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 2、
・・ ・・
1
1
2
大・ ・ ・ 大学代・ 分・ ・ ・ ・ ・ 学・・ ・ ・ ・ ・ ・ 学、
・ ・ 生・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
レジンとN
レジンのクロスオーバーがC
a
a
K
D
M
B
D
血症を呈する保存期腎不全患者に対するC
12. 高K
に与える影響の
検討
・・ ・ ・ ・ 1、
・ 田・ 1、
・ ・ ・ 一2、
・・ ・
1
1
2
・ ・ ・ 大学・ 学・ ・ ・ 学・ 座・ ・ ・ ・ ・ ・ 、
・ ・ ・ 大学・ 学・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 合・ ・ ・ ・ ・・ 学・ 座
比較検討
13. 当院の副甲状腺摘出術施行症例における短期透析群と長期透析群の
・・ 田学、
・ 本・ ・ 、
・・ ・・、
・・ ・・
名・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
★14. 経口活性型ビタミンD
製剤による早期治療は
二次性副甲状腺機能亢進症の
進展抑制に関連する
−
東海透析コホート 研究−
・・ ・ ・ 大1、
・ 場大・
1
,2
、
・ 田・ ・ 1、
・ 田・ ・ 1、
・ 田・ ・ 3、
・ ・ ・ ・ 4、
・・ ・・
1
2
3
4
東・ 大学・ 学・ ・ ・ 分・ 代・ ・ 、
東・ 大学・ 合・ 学・ ・ 所、
(・ )
・ 田会、
(・ )
・・会
11:25 ∼ 11:35
・ ・
―・ ―
1
11:35 ∼ 12:15
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
腎性貧血治療の
展望
鉄利用・
鉄吸収の
最適化
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・
12:15 ∼ 12:45
12:45 ∼ 13:45
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ 演・
・ ・
・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
★15. 蛋白質カルバ
ミル
化は
血管石灰化の
増悪因子である
・・ 大・ 1、
・ ・ ・ 1、
・ 本・ ・ 1、
・ ・ ・ 1、
・ 田・ 一1、
・ 本代・ 1、
千田・ ・ 1、
・ 口・ ・ 2、
・ ・ ・ 行2、
・・ ・・1
1
2
大・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 学、
大・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ 患・ 合・ ・ 学
★16. レニンアンギオテンシン系の
阻害は
腎不全ラットの
骨脆弱性を改善させる
・・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 2、
・ 本・ 1、
・ ・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 3、
・ 間・ 一・ 4、
・ 田一・
1
2
1
3
・ ・ 大学・ 学・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ 、
大分・ ・ ・ 護・ 学大学・ 間・ 学・ 座、
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 所、
・ ・ ・ ・ ・ ・ 大学・ 学・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・
4
★17. O
s
te
rixはF
G
F
2
3
F
G
F
2
3
産生腫瘍において発現し、
遺伝子発現を亢進する
・・ ・ ・ ・ 、
・・ ・・、
・ 田・ ・ 、
・ ・ 、
・・ ・・
大・ ・ ・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ 代・ 分・ ・ ・ ・ ・ 学
マウスにおいて血漿fib
ro
b
la
s
tgro
w
thfa
c
to
r2
3(F
G
F
2
3
)濃度上昇を引き起こす
18. 心筋肥大は
・・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ 1、
・ 本・ ・ 1、
・ 大・ 1、
・ 田・ 一1、
・ 本代・ 1、
千田・ ・ 1、
・ 口・ ・ 2、
・ ・ ・ 行2、
・・ ・・1
1
2
大・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 学、
大・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ ・ ・ 患・ 合・ ・ 学
★19. F
シグナル
による腎骨連関:
リン摂取時期と体内保持の
G
F
2
3
/
K
lo
th
o
重要性
・・ ・ ・ ・ 1、
・ ・ ・ 1、
・ ・ 一・ 1、
長・ ・ ・ ・ 2、
・ ・ ・ 生2、
・ 本・ 一1
1
2
・ ・ 大学大学・ ・・ ・ 学・ ・ ・ 分・ ・ ・ 学分・ 、
・ ・ ・ 大学大学・ ・学・ ・ ・ ・・ ・ ・ 発生生・ 学・ 
へ
の影響
a
F
G
F
2
3
負荷の
20. 静脈内C
1
・田・ ・ 1、
・ ・ ・ ・ 1、
・ 上・ 1、
・ ・ あい
、
・ ・ ・ ・ 2、
・ ・ ・ ・ 3、
・ ・ ・ り・ 2、
田・ ・
1
2
3
1
・ ・ 大学・ 学・ ・ ・ 学・ 座 ・ ・ ・ ・ 学・ ・ 、
・ ・ 大学・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 、
・ ・ 大学・ が
・・・ ・・・・
―・ ―
13:45 ∼ 14:25
・ ・ ・ ・ ・
・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・
・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
保存期か
重要性
らのリン管理の
―
鉄過剰の
危険性―
C
a
/
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・
14:25 ∼ 14:35
・ ・
14:35 ∼ 14:45
・ ・
14:45 ∼ 16:25
・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・
・・・・
・・・・ ・ ・ ・ る・ の・ ・ ・ ・
・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
に関連する薬剤の
K
D
M
B
D
位置付け骨作動薬1. C
・・ ・ ・ ・
大・ ・ ・ 大学大学・ ・ 学・ ・ ・ 代・ 分・ ・ ・ ・ ・ 学
におけるリン低下薬の
K
D
M
B
D
選択
2. C
第一選択薬は?
・・ 口・ ・ 、
・・ ・・
・ ・ ・ ・ ・ ・ 会・ ・ ・ ・ ・ ・ クリ・ ・ ク
V
D
R
A
(
)
受容体作動薬
療法
3. 慢性腎臓病患者に対するビタミンD
・・ ・ 大・
・ 田保・ ・ 生大学・ ・ ・ 学
セト
4. 塩酸シナカル
・・ ・ ・ ・ ・
東京・ 会・ ・ 大学・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・
転倒抑制に関連する薬剤
5. 骨量・
・・ ・ ・ ・
・の
・ ・ ・ ・ 分・ ・ ンター
16:25 ∼ 16:35
・ ・ ・ ・ ・
・ ・
―・ ―
・ ・
・ ・
・ ・
・
16:35 ∼ 17:55
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ の・ ・ ・ ・・・・
・・・・ の・ ・
・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
活性型ビタミンD
発見と、
我が
国における
の
誘導体の
創薬の
歴史
ビタミンD
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・
未来へつなぐC
研究と診療
K
D
M
B
D
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・
17:55 ∼ 18:00
18:00 ∼
・ ・ の・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
―・ ―
・ ・ ・ ・ ・
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
1 351 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content