close

Enter

Log in using OpenID

20151116[楽苦備倶楽部OB会会報十一月号2]

embedDownload
 2 2015年11月15日(52)
於:西宮市多目的グランド
*先週7日の練習参加者は下記の通りです。編集長の予想を大幅に上回る参加者でした。
石嶋、小出、桑田、宮薗、岩永、桑原、金子、押川、山本、繁村、岡田、大庭、古谷、田上、赤木、
山崎、中川(潤)中川(啓)、松寿、戸間、有本の21名 (赤パン川口が来てへん参加予想をしたのは間違いでした?有本はここ最近100%の参加は見事です。
金ちゃんも四国から久しぶりの参加ですか、年末の惑惑戦には戻って来いよ!)
試合情報
雨も朝方には上がりグランドの具合もまずまずか、ジェントルマン、ワーカーズ、三丁目バーバリアン
ズにまざり合同チームを編成して楽しんだことでしょう。まぁ~なんと最近は、助っ人に出したり、助っ
人を受けたりと、自チームの試合がないのは、なんとも寂しいことです。さて本日の参加メンバーは次 の
通りです。 宮薗、川口、山本、井下、桑原、三芳、繁村、岡田、中川(潤)岡本、安井、古谷、
馬形、松崎、梶原、中川(啓)赤木、松寿、首藤 の19名 あれ?有本は?
現役チーム公式戦情報 *次戦は11月22日(日) 対神戸川重戦 12時 KO 三菱グランド これに勝って三勝三敗の五分の星に戻しましょう
余談 ラグビーの国歌吹奏は問題がいっぱいです。その2
ワールドカップでジャパンが大敗したスコットランドの国歌は、従来、連合王国(英国)国歌の 『ゴ
ッド・セイブ・ザ・クィーン』と決まっていたのだが、英国王室のプリンセス・アン王女隣席の五か国
対抗戦の折り、地元エディンバラのマレーフイールドで英国国歌が流れるとスコットランド人観客から
激しいブーイングの嵐。スコットランド協会のパトロンが英国王室アン王女であるため、困った協会は
新しい国歌制定に動き、1989年12月マレーフイールドで行われたスコットランド対ルーマニヤ戦
から『フラワー・オブ・スコットランド』(スコットランドの花)にとって替えられた。
世界のラグビーフアンに、どの国の国歌が一番か?と尋ねれば、ウエールズの『ランド・オブ・マイ・
ファーザーズ』になることが間違いなしと言われています。この曲がカーディフ・アームズパークのナ
ショナル・スタジアムでイングランド相手の試合で歌われる時には、地球上で最高の国歌斉唱と言われ
ています。1973年ジャパンがウエールズに遠征しアームズパークでのテストマッチで、英国国歌が
流れると激しいブーイング、ウエールズとイングランドは別の国だと実感したそうです。ウエールズ人
にとって13世紀以来の支配者であるイングランド人に対する、ウエールズ人の内なる闘争心が『ラン
ド・オブ・マイ・ファーザーズ』の合唱によって一気に高揚し、単なるラグビーの試合ではなくなって
しまうのである。
アイルランド代表は、共和国と英国領の北アイルランドが、政治と宗教に関係なく統一チームを形成
しています。その昔アイルランド共和国国歌の『ソルジャーズ・ソング』が吹奏されていましたが、1
972年に激化した北アイルランド紛争から、国歌吹奏が自粛され それから数十年1995年の5か
国対抗戦から国歌セレモニーが行われるようになりました。 (了)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
149 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content