close

Enter

Log in using OpenID

Brocade SDNコントローラ・データ・シート

embedDownload
DATA SHEET
Brocade SDNコントローラ
特長
•
業界をリードするオープン・ソースのSDN
コントローラOpenDaylightの、活気ある
大規模な開発者コミュニティを持つ、
十分テストされた拡張可能な市販
ディストリビューション
• ベンダ固有の拡張機能を排除し、
OpenDaylightアプリケーションや
プラグインの移植性を保証することで、
OpenDaylightによる継続的な
構築を可能に
計画的なイノベーションとビジネス価値
SDN(Software-Defined Networking)
は、新時代のネットワーキングへ
のアプローチで、
急速に進化し続けています。SDN導入を検討する
主な理由として、一般的に次の2つがあります*。
• デバイスの相互運用性と、アーキテクチャのニーズに関係なくネット
ワーキング・プラットフォームを選択できること
• サービスの迅速な設計、開発、ティアダウンのための
プログラマビリティへのニーズ
• あらゆる主要ベンダの物理/仮想ネット
ワーキング・デバイスを制御できる機能に
よって、
マルチベンダ環境で使用可能な
•
•
SDNテクノロジを選定する際、
オープン・
のユーザや開発者とともに共通の目標を
広範なプラットフォームを提供
ソースということが、重要な判断要素である
目指して取り組むイノベーションの力であ
イノベーションに向けた協力関係を促進
といわれます。
しかし、
ネットワーク運用に
るとブロケードは考えます。ブロケードの
し、
サービス・プロバイダなどの企業の
ニーズを満たすSDN環境の作成を実現
新しいアプローチを採用するのは容易なこ
コミュニティ・リーダーシップと多面的な
とではありません。信頼できる専門のパート
サポートが、あらゆる企業で新サービスの
教育やプロフェッショナル・サービスとの
ナー業者が可能な限りシームレスに移行を
提供を迅速化し、
ビジネス運用を最適化
パッケージ化により、
独自のビジネス・
行うことを期待するものです。
します。
2013年4月にLinux Foundationのもとで
Brocade SDNコントローラ・パッケージに
ロジック、
使用ケース、
カスタム・ネット
ワーク・サービスの開発と導入を支援
• シングル・ソースの技術サポートを
Brocade SDNコントローラの全環境に
24時間年中無休で提供
開始されたOpenDaylightプロジェクトが
は、既存環境内のソフトウェア定義ネット
あります。これは、
オープン・ソースのSDN
ワークにSDNを不安なく迅速に実装する
ソリューションを通して、
ネットワークにプ
ための各種ツールとサービスが含まれてい
ログラマビリティと制御をもたらす基本的
ます。ブロケードでは、各社製品の互換性
なフレームワークの確立を目指すプロジェ
テストを実施するほか、OpenDaylight開発
クトです。Brocade SDNコントローラは、
者コミュニティの専門家の技術力を背景に
OpenDaylightプロジェクトの初の市販コン
したBrocade SDNコントローラ環境の
トローラで、ベンダ固有の拡張機能やプラッ
シングル・ソースのサポートを提供してい
トフォームへの依存性が排除されています。
ます。
®
OpenDaylightコミュニティはコントローラ
(2014年3月)
* GigaOm Research社「SDN, NFV, and Open Source: The Operator’s View」
SDNへの円滑な移行
ブロケードは、
オープンSDNへの移行で
最高のエクスペリエンスを提供できるよう
取り組んでいます。
低リスク
オープン・ソースのSDNに関心のあるユーザ
の4分の3は、市場のメジャーなプロバイダ
のテクノロジを利用することで、導入に
伴うリスクを低減し、信頼できるサポートを
受けたいと考えているといわれています*。
Brocade SDNコントローラは、世界中に
人材を擁するブロケードが実績あるネット
ワーキング・プロバイダとして、各種のテスト
やドキュメント整備を綿密に行い、品質を
保証している製品です。
Brocade SDNコントローラは、
OpenDaylight
コードで絶えず開発が進行しています。
不具合の解決が行われれば、
コミュニティ
の間でただちに共有されて、
もとのコードに
組み込まれていきます。さらに、
スケーラビ
リティや、信頼性の向上、操作性への配慮な
ど、
ブロケードがBrocade SDNコントローラ
に加えた改善全てがコミュニティの発展に
寄与し、それが他のOpenDaylightベース
のコントローラとの相互運用性の確保につ
ながっています。このような手法によって、
ソース・コードの品質と信頼性が継続的に
オープン・ソースのSDNを不安なく導入した
いと考えるユーザ企業に対し、
ブロケードと
そのパートナーは広範なサポート、
教育、
プロフェッショナル・サービスを提供していま
す。ブロケード・プロフェッショナル・サービス
は、
SDNアーキテクチャの計画、
実装、
開発
の取り組みを支援するコンサルティング
専門家を派遣することで、Brocade SDN
コントローラの顧客にSDNの最高の力を
実感していただけるようサポートします。
さらに、
さまざまな形式で受講可能な
ブロケードのトレーニング・コースでは、
IT
企業がSDNをスムーズに導入するのに
必要な概念的な基礎とスキルを提供して
います。コミュニティ・サポートのリソース
には、community.brocade.com/devnet
からアクセスできます。
投資の保護
SDNの導入が遅れる理由の1つに、
既存の
設備を総入れ替えすることになるという
不安があります。SDNコントローラの中に
は、
プラットフォームに依存性があって、
ドメインの対象機器を特定ベンダの製品
に限定するものもあります。ベンダ別に
コントローラ・
ドメインを複数作成すれば、
コントローラが乱立して相互運用性の問題
が生じ、運用はさらに複雑化します。
高められています。同時に、
コントローラへ
の機能の新規追加や改善を、数カ月ではな
く数週間で組み込むことができます。
(2014年3月)
* GigaOm Research社「SDN, NFV, and Open Source: The Operator’s View」
2
OpenDaylightおよびBrocade SDNコント
環境全体のシングル・ソース技術サポートを
ローラは汎用SDNコントローラとして設計
提供しています。それぞれのワークロードの
されています。Brocade SDNコントローラ
ニーズに合わせてネットワーク・インフラを
は、
プラットフォームやホストOS、
ハイパー
最適化し、OpenDaylightベースのすべての
バイザに依存しません。この点で、
既存の
コントローラで実行可能なネットワーク・
異機種混合データ・センターにSDNを導入
アプリケーションを開発できます
(図1参照)
。
する場合の最適な選択肢といえます。
ネットワーキング機器についても、標準化
されたOpenDaylightのサウスバウンド・
インタフェース
(SBI: Southbound
Interface)
に対応しているか、
OpenDaylight
プラグインが提供されていれば、物理
デバイスか仮想デバイスかを問わず、全て
のベンダの機器でコントローラ・
ドメインで
の運用が可能です。Brocade SDNコント
ローラでは、既設のネットワークを、
導入
箇所を徐々に広げながら、停止することなく
コントローラ・
ドメインに組み入れることが
できます。
さらにブロケードでは、
サードパーティ・
プラットフォームとの接続のトラブルシュー
ティングを含めた、
Brocade SDNコントローラ
スムーズなインストールとメンテナンス
Brocade SDNコントローラでは、
コントローラ
の価値を高める多数のツールとテスト済み
のソリューションによって、短時間で導入が
可能で、
日常管理の工数も軽減されます。
• ワンクリック・コントローラ設定、詳細な導
入ガイドとチュートリアル、
アーキテクチャ
計画サービス
• すぐに使いこなせて反復操作も簡単に
行える直感的なGUI
イノベーションのための枠組み
SDNの導入を考える際には、効率的な
管理、相互運用性の課題の解決、運用コスト
の削減など、比較的すぐに実現できそうな
メリットを期待しがちです。
しかしSDNが
元々保証しているのはプログラマビリティ
を通した迅速なカスタム開発によるイノ
ベーションで、
むしろこの方が、
ビジネスの
場にSDN採用のさらに大きなメリットを
もたらします。
ブロケードが提供する、
コミュニティとの
「架け橋」
専門的なネットワーク開発者のスキルが
貴重なこの時代に、OpenDaylightベースの
コントローラでは、業界を代表するSDN分
野の専門開発者の技術力だけではなく豊富
なコード・ライブラリを活用することが可能
• 広範な使用ケースをサポートできるテスト
です。Brocade SDNコントローラのユーザ
• リリースやリビジョンを通した互換性の
く、
OpenDaylightプロジェクトの成果を享受
済みのソリューション・パッケージ
管理
は、
ユーザ自身で開発者に出資することな
する顧客として、
OpenDaylightコミュニティ
に参加するブロケード技術者の実績と技術
を通して、
自社の開発要員を抱えることなく
製品改善を迅速に行うことができます。
図1: Brocade SDNコントローラは、
オープンなモジュラ・ポートフォリオの一部です。
3
さらに、
ブロケードでは固有の使用ケースや
Brocade SDNアプリケーションの始動
Brocadeグローバル・サービス
環境をサポートするカスタム・アプリケー
ブロケードは、独自で行うのと同時にパート
ションを要望に応じて共同で設計し、作成で
ナーと協力して、
OpenDaylightベース・
きます。つまり、顧客を自社のニーズを満た
効率性に優れたクラウド・インフラストラク
アプリケーションのエコシステムの開発へ
す優れたパートナーとすることができます。
チャの構築を支援する高い技術力を有し
の投資を行っています。これらのアプリケー
ブロケードは、
これらのアプリケーションの
ています。20年にわたるストレージ、
ネット
ションは、
ライセンスがコントローラ本体と
多くが運用企業のビジネスに固有なもの
ワーク、
仮想化の技術的蓄積を活用して、
は独立した扱いになりますが、
コントローラ
であることを理解し、運用企業の環境と知
世界最高水準のプロフェッショナル・サービ
の基本性能は維持され、
アプリケーションの
的財産を保護するための正式な手段を
ス、
技術サポート、教育サービスを提供し
移植性も確保されます。
ます。このサービスを利用することで、
詳細については、
ブロケード販売パートナー
ブロケード製品への投資効果を最大限に
講じます。
独自のアプリケーションを作成したいと
までお問い合わせいただくか、
または次の
考えるユーザ企業に対し、
ブロケードは
Webサイトをご覧ください。
幅広い開発者ツール、無料のWebベース・
www.brocade.com/jp
トレーニング、正規の開発者コースを備えた
Developer Editionを提供しています。
一般のYANGリポジトリ、
およびBrocade
SDNコントローラ向けの無料のPerl、
Postman、Python、Rubyライブラリを
利用して、
アプリケーション開発を簡素化
し、迅速化できます。開発者向けのリソース
やチュートリアルは、Brocade SDNコント
ローラのGitHubページに定期的に掲載さ
れます。詳細については、
「Brocade SDN
Controller Developer Edition」データ・シート
をご覧ください。
4
Brocadeグローバル・サービスは、拡張性と
高め、新しいテクノロジの導入を迅速化し、
ネットワーク・インフラストラクチャから最高
の性能を引き出すことが可能となります。
Brocade SDNコントローラの仕様
対応ノースバウンド・プラグイン
Restconfプラグイン
OpenStack Neutron ML2ドライバ
NETCONFプロトコル、バージョン1.1、
RFC 6241
Read config
(get/get-config)
Edit config
対応サウスバウンド・プラグイン
OpenFlow 1.0、
1.3
NETCONF/YANG
(RFC 6241/6020)
OVSDB
BGP-LS/PCE-P
対応OpenFlow機能
TLS 1.2セキュリティ
基本L2/L3フロー
ARPヘッダ・サポート: 送り元/宛て先IP、
送り元/宛て先 MAC照合
IPv6ヘッダ・サポート: 送り元IP、宛て先IP、
フロー・ラベル、拡張ヘッダなど
ICMPv6 NDサポート: ターゲットIP、
送り元リンク・レイヤ、
宛て先リンク・レイヤなど
Copy config
Delete config
Notifications
Lock/unlock
Rollback
YANGプロトコル、RFC 6020
Brocade SDNコントローラでは、
200を超える
YANGモデルがサポートされます。サポートさ
れるYANGモデルの一覧については、
ユーザ・
ガイドを参照してください。
対応OpenDaylightコントローラ・モジュール
サポートされるモジュールとプロジェクトの
一覧については、
リリース・ノートを参照して
ください。
PBBサポート: I-SID照合、
Push/Pop PBBタグ
LLDPトポロジ
MPLS
Normalアクション、
Dropアクション
QinQ
グループ・テーブル: All、
Fast Failover、IP Hop
論理インタフェース
Decrement TTLサポート
Set queueサポート
グループ・テーブル定義
グループ・テーブル適用
対象プラットフォーム/OS
RedHat RHEL̶6.5
Ubuntu̶14.04
Web UIサポート
Firefox v45
Chrome v49
サービス・インタフェース
メーター・テーブル定義
Karaf: http://karaf.apache.org/(3.0.4)
メーター・テーブル適用
OSGi: http://www.osgi.org/
任意のマスク
(L3)
Akka: http://akka.io(2.4.1)
推奨最小サーバ構成
3.0 GHz Intel XeonまたはIntel Core:
4コア相当
RAM: 12 GB
保管時: 64 GB
ネットワーク: 1Gbpsイーサネット以上
5
Brocade SDNコントローラ製品番号
ソフトウェアおよびサポート
BR-9500-5N-LIC-SVV-SW-60D
5ノードまでのプロモーション版、
および60日間のサポート提供
BR-9500-1NODE-SVV-SW-1
1ノード・ライセンス
(証書)1年間、
サポートを含む
BR-9500-3NODE-SVV-SW-1
1ノード・ライセンス
(証書)3年間、
サポートを含む
プロフェッショナル・サービス
SVC-CONTROLLER-SME
Brocade SDNコントローラ顧客向けの、
専門エキスパートによるコンサルティング
(時間単位)
SVC-CONTROLLER-INSTALL
Brocade SDNコントローラ実装コントラクト; SOW
教育
BSC200
Brocade SDNコントローラ
(運用)
̶3日間
BSC201
Brocade SDNコントローラ
(開発者)
̶4日間
価格や利用可能なコースについてはブロケードの教育サービス部門までお問い合わせください。
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
〒 100-0013 東京都千代田区霞ヶ関 1-4-2 大同生命霞ヶ関ビル
TEL.03-6203-9100 FAX.03-6203-9101 Email:[email protected]
BROCADE に関するより詳しい情報は、以下の Web サイトをご覧ください。
http://www.brocade.com/jp
© 2016 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved. 06/16 GA-DS-1872-04-JA
ADX、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、ClearLink、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、VCS、VDX、Vplane、
Vyattaは、米国およびその他の国におけるBrocade Communications Systems, Inc.の登録商標です。Fabric Visionは、米国およびその他の国におけるBrocade
Communications Systems, Inc.の商標です。その他のブランド、製品名、サービス名は各所有者の製品またはサービスを示す商標またはサービスマークである
場合があります。
注意: 本ドキュメントは情報提供のみを目的としており、Brocade が提供しているか、今後提供する機器、機器の機能、サービスに関する明示的、暗示的な保証を
行うものではありません。Brocade は、本ドキュメントをいつでも予告なく変更する権利を留保します。また、本ドキュメントの使用に関しては一切責任を負いません。
本ドキュメントには、現在利用することのできない機能についての説明が含まれている可能性があります。機能や製品の販売 / サポート状況については、Brocade
までお問い合わせください。
6
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
479 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content