close

Enter

Log in using OpenID

星をみる会 「皆既月食をみよう」

embedDownload
月食は、太陽-地球-月が直線に並び、月が地球の影に入り込むため、満月の一部また
は全部が欠けたように見える現象です。12 月 21 日の夜に、地球の影の中に月が完全
に入り込む「皆既月食」が起こります。日本で皆既月食が起こるのは、2007 年 8 月
28 日以来およそ 3 年ぶりのことです。
今回の月食は日本全国で観察することができます。また、早い時間帯に月食が起こり、
多くの方にとっては無理をして夜更か
しする必要のない、観察しやすい月食
ですので、晴れたらぜひ空を眺めてみ
てください。
月食の経過は次のとおりです
(日本全国同じ時刻)。
月食の始め
: 15 時 32.3 分
皆既月食の始め
: 16 時 40.4 分
食の最大
: 17 時 17.0 分
皆既月食の終わり : 17 時 53.6 分
月食の終わり
: 19 時 01.7 分
全国のほとんどの地域で、月の出になる前に月食が始まっています。東日本のほとん
どの地域では欠けた状態で月が地平線から姿を見せ、西日本では皆既月食が始まってか
ら月が地平線から上ります。
東に行くほど早い時刻に月の出となりますので、月食を観察できる時間は東に行くほ
ど長くなります。また皆既月食が始まるときの月の地平線からの高さも、東に行くほう
が高く、条件良く観察できることになります。
(国立天文台 NAOJ Mail News No.25 より)
星をみる会
「皆既月食をみよう」
日時 12月21日(火) 16:10~19:30
場所 大崎生涯学習センター屋上天文台 (参加無料)
悪天候時はプラネタリウム館で「月食のおはなし」
2010寅年→2011卯年へ
夜空の「トラ」と「うさぎ」をみよう!
年末年始の夜 10 時ごろ、
南の空には、有名なオリオン
座が輝いています。
オリオン座は、中国では
「参(しん)」という星座で、
伝説の神獣「白虎」が 4 本の
足を力強く広げた姿とされ
ます。また、その下にはかわ
いい「うさぎ」の星座がひっ
そりと輝いています。
その周囲には、おおいぬ座、
子犬座、ふたご座、おうし座
など冬の星座があります。冬
の星空は、明るい星が多く、
他の季節よりきらびやかに
見えます。
防寒着に身を固め、美しい
冬の星を散歩してみましょ
う。
今年一年間ありがとうござ
いました。来年も大崎生涯学
習センター(パレットおおさ
き)をどうぞご愛顧下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆おおさき星空散歩テーマ
12 月「皆既月食をみよう」
1 月 「2011年の天文現象」
☆「青空に金星をみよう」
12 月の土曜日 9:45~10:45
☆「お勉強プラネ・小学 4 年『冬の星』」
1 月 15 日(土)16:00~17:00
☆初歩の天文学「2010 年の天文現象ガイド」
1 月 19 日(水)10:00~11:30
☆星をみる会「月・シリウス・ベテルギウス」
1 月 15 日(土)19:30~21:45
発行 大崎生涯学習センター(パレットおおさき)
〒9 8 9 -6 1 3 6 宮城県大崎市古川穂波三丁目4 -2 0
電話0 2 2 9 -9 1 -8 6 1 1
URL
http://blog.palette.furukawa.miyagi.jp/
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
841 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content