講義要項 - 奈良大学

平 成 28(2016)年 度
講 義 要 項
シ
ラ
バ
ス
― syllabus ―
凡 例
1.各科目の担当者のうち、頭に☆のついている担当者は、非常勤講師です。
非常勤講師については、講義のある曜日のみの出講となりますので、注意
してください。講師控え室は、A棟入口の非常勤講師室となっています。
☆印のついていない担当者は本学の常勤教員です。常勤教員のレポート提
出等は、各教員の研究室、各学科・学部の共同研究室を指定されることが
多いので、各自、研究室等の場所を確認しておいてください。
(カレッジライフ参照)
2.項目「科目ナンバリング」において、入学年度や所属学科・資格科目によ
り表記が異なる場合は下記のとおりカッコ書きで表しています。各自で確
認して下さい。(数字)…入学年度 (史)…史学科 (地)…地理学科 (文)…文化財学科 (学)…学芸員科目 (司)…司書科目
題 ■
英語Ⅰ(十四)…………………………………………23
外
■ 主
英語Ⅰ(十三)…………………………………………23
題
英語Ⅰ(十二)…………………………………………22
教 養 部
主
目 次
表現技法ⅡG1… ……………………………………… 3
英語Ⅱ(一)……………………………………………27
表現技法ⅡG2… ……………………………………… 3
英語Ⅱ(二)……………………………………………27
人間論Ⅰ(一)(二)………………………………… 4
英語Ⅱ(三)……………………………………………28
人間論Ⅱ(一)(二)………………………………… 4
英語Ⅱ(四)……………………………………………28
人間論Ⅲ(一)(二)………………………………… 5
英語Ⅱ(五)……………………………………………29
人間論Ⅳ(一)(二)………………………………… 5
英語Ⅱ(六)……………………………………………29
人間論Ⅴ……………………………………………… 6
英語Ⅱ(七)……………………………………………30
人間論Ⅵ(一)(二)………………………………… 6
英語Ⅱ(八)……………………………………………30
人間論Ⅵ(三)………………………………………… 7
英語Ⅱ(九)……………………………………………31
人間論Ⅶ(一)(二)………………………………… 7
英語Ⅱ(十)……………………………………………31
人間論Ⅷ(一)(二)………………………………… 8
英語Ⅱ(十一)…………………………………………32
国際関係論Ⅰ(一)(二)…………………………… 8
英語Ⅱ(十二)…………………………………………32
国際関係論Ⅱ(一)(二)…………………………… 9
英語Ⅱ(十三)…………………………………………33
国際関係論Ⅲ(一)(二)…………………………… 9
英語Ⅱ(十四)…………………………………………33
国際関係論Ⅳ(一)(二)……………………………10
英語Ⅱ(十五)…………………………………………34
国際関係論Ⅴ…………………………………………10
英語Ⅱ(十六)…………………………………………34
国際関係論Ⅵ(一)(二)……………………………11
英語Ⅲ(一)……………………………………………35
国際関係論Ⅶ…………………………………………11
英語Ⅲ(二)……………………………………………35
国際関係論Ⅷ(一)(二)……………………………12
英語Ⅲ(三)……………………………………………36
環境論Ⅰ(一)(二)…………………………………12
英会話Ⅰ(一)…………………………………………36
環境論Ⅱ(一)(二)…………………………………13
英会話Ⅰ(二)…………………………………………37
環境論Ⅲ(一)(二)…………………………………13
英会話Ⅰ(三)…………………………………………37
環境論Ⅳ………………………………………………14
英会話Ⅰ(四)…………………………………………38
環境論Ⅴ………………………………………………14
英会話Ⅰ(五)…………………………………………38
環境論Ⅵ………………………………………………15
英会話Ⅰ(六)…………………………………………39
環境論Ⅶ(一)…………………………………………15
英会話Ⅰ(七)…………………………………………39
環境論Ⅶ(二)…………………………………………16
英会話Ⅰ(八)…………………………………………40
環境論Ⅷ(一)…………………………………………16
英会話Ⅱ(一)…………………………………………40
環境論Ⅷ(二)…………………………………………17
英会話Ⅱ(二)…………………………………………41
英会話Ⅱ(六)…………………………………………42
英語Ⅰ(三)……………………………………………19
英会話Ⅲ(一)…………………………………………43
英語Ⅰ(六)……………………………………………20
英会話Ⅲ(二)…………………………………………43
英語Ⅰ(七)……………………………………………20
英会話Ⅲ(三)…………………………………………44
英語Ⅰ(八)……………………………………………21
TOEICⅠ(一)……………………………………44
英語Ⅰ(十)……………………………………………21
TOEICⅠ(二)……………………………………45
英語Ⅰ(十一)…………………………………………22
TOEICⅡ(一)……………………………………45
英会話Ⅱ(三)…………………………………………41
■ 外
国
語 ■
英会話Ⅱ(四)…………………………………………42
格
英語Ⅰ(一)……………………………………………19
資
英語Ⅰ(二十)…………………………………………26
総 合 社 会 学 科・
社 会 調 査 学 科 全学自由科目
表現技法Ⅱ…………………………………………… 3
心 理 学 科
英語Ⅰ(十九)…………………………………………26
文化財学科
表現技法ⅠG2… ……………………………………… 2
地 理 学 科
英語Ⅰ(十八)…………………………………………25
科
表現技法ⅠG1… ……………………………………… 2
学
英語Ⅰ(十七)…………………………………………25
史
表現技法Ⅰ…………………………………………… 2
国 文 学 科
英語Ⅰ(十六)…………………………………………24
健 康・ス ポ ー ツ
情報基礎・倫理(二)(三)(六)(七)…………… 1
語
英語Ⅰ(十五)…………………………………………24
国
情報基礎・倫理(一)(四)(五)…………………… 1
TOEICⅡ(二)……………………………………46
中国語表現(九)………………………………………70
TOEICⅡ(三)……………………………………46
中国語表現(十)………………………………………71
TOEICⅡ(四)……………………………………47
中国語表現(十一)……………………………………71
TOEICⅡ(五)……………………………………47
中国語表現(十二)……………………………………72
TOEICⅡ(六)……………………………………48
中国語表現(十三)……………………………………72
TOEICⅡ(七)……………………………………48
中国語応用(一)………………………………………73
TOEICⅡ(八)……………………………………49
中国語応用(二)………………………………………73
TOEICⅡ(九)……………………………………49
中国語応用(三)………………………………………74
TOEICⅢ(一)……………………………………50
中国語応用(四)………………………………………74
TOEICⅢ(二)……………………………………50
中国語応用(五)………………………………………75
ドイツ語基礎(一)……………………………………51
中国語応用(六)………………………………………75
ドイツ語基礎(二)……………………………………51
韓国語基礎(一)………………………………………76
ドイツ語基礎(三)……………………………………52
韓国語基礎(二)………………………………………76
ドイツ語基礎(四)……………………………………52
韓国語基礎(三)………………………………………77
ドイツ語基礎(五)……………………………………53
韓国語表現(一)………………………………………77
ドイツ語基礎(六)……………………………………53
韓国語表現(二)………………………………………78
ドイツ語表現(一)……………………………………54
韓国語表現(三)………………………………………78
ドイツ語表現(二)……………………………………54
韓国語応用(一)………………………………………79
ドイツ語表現(三)……………………………………55
ドイツ語表現(四)……………………………………55
■ 健康・スポーツ ■
ドイツ語表現(六)……………………………………56
スポーツ実技ⅠSA1… ………………………………81
ドイツ語表現(七)……………………………………56
スポーツ実技ⅠSA2… ………………………………81
ドイツ語応用(一)……………………………………57
スポーツ実技ⅠSA3… ………………………………82
フランス語基礎(一)…………………………………57
スポーツ実技ⅠSB1… ………………………………82
フランス語基礎(二)…………………………………58
スポーツ実技ⅠSB2… ………………………………83
フランス語基礎(三)…………………………………58
スポーツ実技ⅠSB3… ………………………………83
フランス語表現(一)…………………………………59
スポーツ実技ⅠSB4… ………………………………84
フランス語表現(二)…………………………………59
スポーツ実技ⅠSC1… ………………………………84
フランス語表現(三)…………………………………60
スポーツ実技ⅠSC2… ………………………………85
フランス語応用(三)…………………………………60
スポーツ実技ⅠSC3… ………………………………85
中国語基礎(一)………………………………………61
スポーツ実技ⅠSD1… ………………………………86
中国語基礎(二)………………………………………61
スポーツ実技ⅠSD2… ………………………………86
中国語基礎(三)………………………………………62
スポーツ実技ⅠSD3… ………………………………87
中国語基礎(四)………………………………………62
スポーツ実技ⅠSE1… ………………………………87
中国語基礎(五)………………………………………63
スポーツ実技ⅠSE2… ………………………………88
中国語基礎(六)
… ……………………………………63
スポーツ実技ⅠSE3… ………………………………88
中国語基礎(八)………………………………………64
スポーツ実技ⅠSF1… ………………………………89
中国語基礎(九)
… ……………………………………64
スポーツ実技ⅠSF2… ………………………………89
中国語基礎(十)………………………………………65
スポーツ実技ⅠSF3… ………………………………90
中国語基礎(十一)……………………………………65
スポーツ実技ⅡSA1… ………………………………90
中国語基礎(十二)……………………………………66
スポーツ実技ⅡSA2… ………………………………91
中国語表現(一)………………………………………66
スポーツ実技ⅡSA3… ………………………………91
中国語表現(二)………………………………………67
スポーツ実技ⅡSA4… ………………………………92
中国語表現(三)………………………………………67
スポーツ実技ⅡSA5… ………………………………92
中国語表現(四)
… ……………………………………68
スポーツ実技ⅡSA6… ………………………………93
中国語表現(五)………………………………………68
スポーツ実技ⅡSA8… ………………………………93
中国語表現(六)………………………………………69
スポーツ実技ⅡSA9… ………………………………94
中国語表現(七)………………………………………69
スポーツ実技ⅡSA10………………………………94
中国語表現(八)………………………………………70
スポーツ実技ⅡSA11………………………………95
スポーツ実技ⅡSB1… ………………………………95
世界遺産文学演習Ⅱ……………………………… 119
スポーツ実技ⅡSB2… ………………………………96
国文学史Ⅰ………………………………………… 120
スポーツ実技ⅡSB3… ………………………………96
国文学史Ⅱ………………………………………… 120
スポーツ実技ⅡSB4… ………………………………97
国文学史Ⅲ………………………………………… 121
スポーツ実技ⅡSB5… ………………………………97
国文学史Ⅳ………………………………………… 121
スポーツ実技ⅡSB6… ………………………………98
国語学概論Ⅰ……………………………………… 122
スポーツ実技ⅡSB8… ………………………………98
国語学概論Ⅱ……………………………………… 122
スポーツ実技ⅡSB10………………………………99
古典文法論………………………………………… 123
スポーツ実技ⅡSB11………………………………99
現代語文法論……………………………………… 123
スポーツ実技Ⅲ3… ………………………………… 100
古典文学概論Ⅰ…………………………………… 124
健康論Ⅰ(一)(二)……………………………… 100
古典文学概論Ⅱ…………………………………… 124
健康論Ⅱ(二)……………………………………… 101
近代文学概論Ⅰ…………………………………… 125
近代文学概論Ⅱ…………………………………… 125
現代文化論Ⅰ……………………………………… 126
文 学 部
現代文化論Ⅱ……………………………………… 126
■ 国
文
学
科 ■
中国文学概論Ⅰ…………………………………… 127
言語・文学(一)…………………………………… 103
中国文学概論Ⅱ…………………………………… 127
言語・文学(二)…………………………………… 103
日本語の歴史Ⅰ…………………………………… 128
言語・文学(三)…………………………………… 104
日本語の歴史Ⅱ…………………………………… 128
言語・文学(四)…………………………………… 104
神話伝承論………………………………………… 129
言語・文学(五)…………………………………… 105
和歌歌謡論………………………………………… 129
言語・文学(六)…………………………………… 105
中古物語論………………………………………… 130
国文学講読(一)…………………………………… 106
上方文学論………………………………………… 130
国文学講読(二)…………………………………… 106
近代小説論………………………………………… 131
国文学講読(三)…………………………………… 107
言語伝承論………………………………………… 131
国文学講読(四)…………………………………… 107
現代文学論(一)…………………………………… 132
国文学講読(五)
… ………………………………… 108
国文学特殊講義…………………………………… 132
国文学講読(六)…………………………………… 108
国語学特殊講義…………………………………… 133
国文学講読(七)…………………………………… 109
世界遺産文学特殊講義…………………………… 133
国文学講読(八)…………………………………… 109
日本語教育論Ⅰ…………………………………… 134
国文学講読(九)…………………………………… 110
言語情報処理論…………………………………… 134
演習Ⅰ(一)………………………………………… 110
比較交流論Ⅰ……………………………………… 135
演習Ⅰ(二)………………………………………… 111
比較交流論Ⅱ……………………………………… 135
演習Ⅰ(三)………………………………………… 111
比較交流論Ⅲ……………………………………… 136
演習Ⅰ(五)………………………………………… 112
中国文学講読Ⅰ…………………………………… 136
演習Ⅰ(六)………………………………………… 112
中国文学講読Ⅱ…………………………………… 137
演習Ⅰ(七)
… ……………………………………… 113
古典芸能実習……………………………………… 137
演習Ⅰ(八)………………………………………… 113
書道Ⅰ……………………………………………… 138
演習Ⅰ(九)………………………………………… 114
書道Ⅱ……………………………………………… 138
演習Ⅰ(十)………………………………………… 114
近世演劇鑑賞……………………………………… 139
世界遺産文学演習Ⅰ……………………………… 115
本と出版・実習…………………………………… 139
演習Ⅱ(一)………………………………………… 115
実地見学・踏査Ⅰ(一)…………………………… 140
演習Ⅱ(二)………………………………………… 116
実地見学・踏査Ⅰ(二)…………………………… 140
演習Ⅱ(三)………………………………………… 116
実地見学・踏査Ⅱ(一)…………………………… 141
演習Ⅱ(四)………………………………………… 117
実地見学・踏査Ⅱ(二)…………………………… 141
演習Ⅱ(五)
… ……………………………………… 117
演習Ⅱ(六)………………………………………… 118
■ 史
学
科 ■
演習Ⅱ(七)………………………………………… 118
史学研究法(一)(二)(三)……………………… 143
演習Ⅱ(八)………………………………………… 119
日本史講読Ⅰ(一)………………………………… 143
日本史講読Ⅰ(二)………………………………… 144
西洋史演習Ⅱ(一)………………………………… 168
日本史講読Ⅰ(三)………………………………… 144
西洋史演習Ⅱ(二)………………………………… 169
日本史講読Ⅰ(四)………………………………… 145
世界遺産史学演習Ⅰ(二)………………………… 169
日本史講読Ⅰ(五)………………………………… 145
世界遺産史学演習Ⅰ(三)………………………… 170
日本史講読Ⅰ(六)………………………………… 146
世界遺産史学演習Ⅱ(二)………………………… 170
日本史講読Ⅱ(一)………………………………… 146
世界遺産史学演習Ⅱ(三)………………………… 171
日本史講読Ⅱ(二)………………………………… 147
日本史概論Ⅰ……………………………………… 171
日本史講読Ⅱ(三)………………………………… 147
日本史概論Ⅱ……………………………………… 172
日本史講読Ⅱ(四)………………………………… 148
東洋史概論Ⅰ……………………………………… 172
日本史講読Ⅱ(五)………………………………… 148
東洋史概論Ⅱ……………………………………… 173
日本史講読Ⅱ(六)………………………………… 149
西洋史概論Ⅰ……………………………………… 173
東洋史講読Ⅰ(一)………………………………… 149
西洋史概論Ⅱ……………………………………… 174
東洋史講読Ⅰ(二)………………………………… 150
古文書学Ⅰ………………………………………… 174
東洋史講読Ⅱ(一)………………………………… 150
古文書学Ⅱ………………………………………… 175
東洋史講読Ⅱ(二)………………………………… 151
歴史学通論Ⅰ……………………………………… 175
西洋史講読Ⅰ(一)………………………………… 151
歴史学通論Ⅱ……………………………………… 176
西洋史講読Ⅰ(二)………………………………… 152
日本史特殊講義(一)……………………………… 176
西洋史講読Ⅱ(一)………………………………… 152
日本史特殊講義(二)……………………………… 177
西洋史講読Ⅱ(二)………………………………… 153
日本史特殊講義(三)……………………………… 177
日本史演習Ⅰ(一)………………………………… 153
日本史特殊講義(四)……………………………… 178
日本史演習Ⅰ(二)………………………………… 154
日本史特殊講義(五)……………………………… 178
日本史演習Ⅰ(三)………………………………… 154
日本史特殊講義(六)……………………………… 179
日本史演習Ⅰ(四)………………………………… 155
日本史特殊講義(八)……………………………… 179
日本史演習Ⅰ(五)………………………………… 155
日本史特殊講義(九)……………………………… 180
日本史演習Ⅰ(六)………………………………… 156
日本史特殊講義(十)……………………………… 180
日本史演習Ⅰ(七)………………………………… 156
日本史特殊講義(十二)…………………………… 181
日本史演習Ⅰ(八)………………………………… 157
日本史特殊講義(十三)…………………………… 181
日本史演習Ⅰ(九)………………………………… 157
日本史特殊講義(十四)…………………………… 182
日本史演習Ⅰ(十)………………………………… 158
東洋史特殊講義(一)……………………………… 182
日本史演習Ⅰ(十一)……………………………… 158
東洋史特殊講義(三)……………………………… 183
日本史演習Ⅰ(十二)……………………………… 159
東洋史特殊講義(五)……………………………… 183
日本史演習Ⅱ(一)………………………………… 159
東洋史特殊講義(六)……………………………… 184
日本史演習Ⅱ(二)………………………………… 160
東洋史特殊講義(七)……………………………… 184
日本史演習Ⅱ(三)………………………………… 160
東洋史特殊講義(八)……………………………… 185
日本史演習Ⅱ(四)………………………………… 161
東洋史特殊講義(九)……………………………… 185
日本史演習Ⅱ(五)………………………………… 161
東洋史特殊講義(十)……………………………… 186
日本史演習Ⅱ(六)………………………………… 162
西洋史特殊講義(一)……………………………… 186
日本史演習Ⅱ(七)………………………………… 162
西洋史特殊講義(二)……………………………… 187
日本史演習Ⅱ(八)………………………………… 163
西洋史特殊講義(三)……………………………… 187
日本史演習Ⅱ(九)………………………………… 163
西洋史特殊講義(四)……………………………… 188
日本史演習Ⅱ(十)………………………………… 164
西洋史特殊講義(五)……………………………… 188
日本史演習Ⅱ(十一)……………………………… 164
西洋史特殊講義(六)……………………………… 189
日本史演習Ⅱ(十二)……………………………… 165
西洋史特殊講義(七)……………………………… 189
東洋史演習Ⅰ(一)………………………………… 165
西洋史特殊講義(八)……………………………… 190
東洋史演習Ⅰ(二)………………………………… 166
世界遺産史学特殊講義(一)……………………… 190
東洋史演習Ⅱ(一)………………………………… 166
世界遺産史学特殊講義(二)……………………… 191
東洋史演習Ⅱ(二)………………………………… 167
日本史史料実習Ⅰ………………………………… 191
西洋史演習Ⅰ(一)………………………………… 167
日本史史料実習Ⅱ………………………………… 192
西洋史演習Ⅰ(二)………………………………… 168
東洋史史料実習Ⅱ………………………………… 192
西洋史史料実習Ⅰ………………………………… 193
世界地誌Ⅱ(二)…………………………………… 213
西洋史史料実習Ⅱ………………………………… 193
地図学Ⅰ…………………………………………… 213
法学概論(一)(二)(三)………………………… 413
地図学Ⅱ…………………………………………… 214
政治学概論(一)(二)…………………………… 414
測量学Ⅰ…………………………………………… 214
社会学概論(一)(二)…………………………… 414
測量学Ⅱ…………………………………………… 215
経済学概論(一)…………………………………… 415
地理情報システムⅠ……………………………… 215
経済学概論(二)…………………………………… 415
地理情報システムⅡ……………………………… 216
哲学概論…………………………………………… 416
環境地理学Ⅰ……………………………………… 216
倫理学概論………………………………………… 416
環境地理学Ⅱ……………………………………… 217
宗教学概論(一)…………………………………… 417
都市地理学………………………………………… 217
宗教学概論(二)…………………………………… 417
農村地理学………………………………………… 218
歴史地理学………………………………………… 218
■ 地
理
学
科 ■
経済地理学………………………………………… 219
地理学実習(一)(二)(三)……………………… 195
交通地理学………………………………………… 219
人文地理学Ⅰ……………………………………… 195
地理学特殊講義(一)……………………………… 220
人文地理学Ⅱ……………………………………… 196
地理学特殊講義(三)……………………………… 220
自然地理学Ⅰ……………………………………… 196
地理学特殊講義(四)……………………………… 221
自然地理学Ⅱ……………………………………… 197
地理学特殊講義(五)……………………………… 221
地理学演習(一)…………………………………… 197
地理学特殊講義(六)……………………………… 222
地理学演習(二)…………………………………… 198
地理学特殊講義(九)……………………………… 222
地理学演習(五)
… ………………………………… 198
地形学……………………………………………… 223
地理学演習(六)…………………………………… 199
気候学……………………………………………… 223
地理学演習(七)…………………………………… 199
災害地理学………………………………………… 224
地理学演習(八)…………………………………… 200
マルチメディアシステム論……………………… 224
地理学演習(九)…………………………………… 200
地域計画論Ⅰ……………………………………… 225
世界遺産地理学演習(一)………………………… 201
地域計画論Ⅱ……………………………………… 225
世界遺産地理学演習(二)………………………… 201
世界遺産地理学特殊講義………………………… 226
地理学卒業演習(一)……………………………… 202
生態学Ⅰ…………………………………………… 226
地理学卒業演習(二)……………………………… 202
生態学Ⅱ…………………………………………… 227
地理学卒業演習(五)……………………………… 203
測量学実習………………………………………… 227
地理学卒業演習(六)……………………………… 203
地理情報システム技法…………………………… 228
地理学卒業演習(七)……………………………… 204
地域分析法………………………………………… 228
地理学卒業演習(八)……………………………… 204
ネットワークプログラミング…………………… 229
地理学卒業演習(九)……………………………… 205
外国研究…………………………………………… 229
世界遺産地理学卒業演習(一)…………………… 205
日本史Ⅰ…………………………………………… 411
世界遺産地理学卒業演習(二)…………………… 206
日本史Ⅱ…………………………………………… 411
地理学講読・調査法(一)
… ……………………… 206
外国史Ⅰ(一)……………………………………… 412
地理学講読・調査法(二)………………………… 207
外国史Ⅰ(二)……………………………………… 412
地理学講読・調査法(三)………………………… 207
外国史Ⅱ(二)……………………………………… 413
地理学講読・調査法(五)………………………… 208
法学概論(一)(二)(三)………………………… 413
地理学講読・調査法(六)………………………… 208
政治学概論(一)(二)…………………………… 414
地理学講読・調査法(七)………………………… 209
社会学概論(一)(二)…………………………… 414
地理学講読・調査法(八)………………………… 209
経済学概論(一)…………………………………… 415
地理学講読・調査法(九)………………………… 210
経済学概論(二)…………………………………… 415
日本地誌Ⅰ………………………………………… 210
哲学概論…………………………………………… 416
日本地誌Ⅱ………………………………………… 211
倫理学概論………………………………………… 416
世界地誌Ⅰ(一)…………………………………… 211
宗教学概論(一)…………………………………… 417
世界地誌Ⅰ(二)…………………………………… 212
宗教学概論(二)…………………………………… 417
世界地誌Ⅱ(一)…………………………………… 212
■ 文 化 財 学 科 ■
美術史演習Ⅳ(二)………………………………… 255
文化財学研究法Ⅰ(一)(二)(三)……………… 231
史料学演習Ⅰ……………………………………… 255
文化財学研究法Ⅱ(一)(二)(三)……………… 231
史料学演習Ⅱ……………………………………… 256
考古学講読Ⅰ(一)………………………………… 232
史料学演習Ⅲ……………………………………… 256
考古学講読Ⅰ(二)………………………………… 232
史料学演習Ⅳ……………………………………… 257
考古学講読Ⅱ(一)………………………………… 233
保存科学演習Ⅰ(一)
… …………………………… 257
考古学講読Ⅱ(二)………………………………… 233
保存科学演習Ⅰ(二)……………………………… 258
美術史講読Ⅰ……………………………………… 234
保存科学演習Ⅱ(一)……………………………… 258
美術史講読Ⅱ……………………………………… 234
保存科学演習Ⅱ(二)……………………………… 259
史料学講読Ⅰ……………………………………… 235
保存科学演習Ⅲ(一)……………………………… 259
史料学講読Ⅱ……………………………………… 235
保存科学演習Ⅲ(二)……………………………… 260
保存科学講読Ⅰ…………………………………… 236
保存科学演習Ⅳ(一)……………………………… 260
保存科学講読Ⅱ…………………………………… 236
保存科学演習Ⅳ(二)……………………………… 261
文化財博物館学講読Ⅰ…………………………… 237
文化財博物館学演習Ⅰ…………………………… 261
考古学実習Ⅰ(一)(二)………………………… 237
文化財博物館学演習Ⅱ…………………………… 262
考古学実習Ⅱ(一)(二)………………………… 238
文化財博物館学演習Ⅲ…………………………… 262
考古学実習Ⅲ(一)(二)………………………… 238
文化財博物館学演習Ⅳ…………………………… 263
考古学実習Ⅳ(一)(二)………………………… 239
世界遺産文化財学演習Ⅰ………………………… 263
美術史実習Ⅰ……………………………………… 239
世界遺産文化財学演習Ⅱ………………………… 264
美術史実習Ⅱ……………………………………… 240
世界遺産文化財学演習Ⅲ………………………… 264
美術史実習Ⅲ……………………………………… 240
世界遺産文化財学演習Ⅳ………………………… 265
美術史実習Ⅳ……………………………………… 241
考古学概論Ⅰ……………………………………… 265
保存科学実習Ⅰ…………………………………… 241
考古学概論Ⅱ……………………………………… 266
保存科学実習Ⅱ…………………………………… 242
美術史概論Ⅰ……………………………………… 266
保存科学実習Ⅲ…………………………………… 242
美術史概論Ⅱ……………………………………… 267
保存科学実習Ⅳ…………………………………… 243
史料学概論Ⅰ……………………………………… 267
考古学演習Ⅰ(一)………………………………… 243
史料学概論Ⅱ……………………………………… 268
考古学演習Ⅰ(二)………………………………… 244
保存科学概論Ⅰ…………………………………… 268
考古学演習Ⅰ(三)………………………………… 244
保存科学概論Ⅱ…………………………………… 269
考古学演習Ⅰ(四)………………………………… 245
考古学特殊講義(一)……………………………… 269
考古学演習Ⅱ(一)………………………………… 245
考古学特殊講義(二)……………………………… 270
考古学演習Ⅱ(二)………………………………… 246
考古学特殊講義(三)……………………………… 270
考古学演習Ⅱ(三)………………………………… 246
考古学特殊講義(四)……………………………… 271
考古学演習Ⅱ(四)………………………………… 247
考古学特殊講義(五)……………………………… 271
考古学演習Ⅲ(一)………………………………… 247
考古学特殊講義(六)……………………………… 272
考古学演習Ⅲ(二)………………………………… 248
美術史特殊講義(一)……………………………… 272
考古学演習Ⅲ(三)………………………………… 248
美術史特殊講義(二)……………………………… 273
考古学演習Ⅲ(四)………………………………… 249
美術史特殊講義(三)……………………………… 273
考古学演習Ⅳ(一)
… ……………………………… 249
美術史特殊講義(四)……………………………… 274
考古学演習Ⅳ(二)………………………………… 250
史料学特殊講義…………………………………… 274
考古学演習Ⅳ(三)………………………………… 250
保存科学特殊講義(一)…………………………… 275
考古学演習Ⅳ(四)………………………………… 251
保存科学特殊講義(二)…………………………… 275
美術史演習Ⅰ(一)………………………………… 251
保存科学特殊講義(三)…………………………… 276
美術史演習Ⅰ(二)………………………………… 252
文化財博物館学特殊講義(一)…………………… 276
美術史演習Ⅱ(一)………………………………… 252
世界遺産文化財学特殊講義……………………… 277
美術史演習Ⅱ(二)………………………………… 253
文化財情報学Ⅰ…………………………………… 277
美術史演習Ⅲ(一)………………………………… 253
文化財修景学……………………………………… 278
美術史演習Ⅲ(二)………………………………… 254
文化財分析学……………………………………… 278
美術史演習Ⅳ(一)………………………………… 254
文化財環境学……………………………………… 279
文化財修復学……………………………………… 279
社会心理学演習Ⅰ(三)…………………………… 296
考古学研究法……………………………………… 280
社会心理学演習Ⅰ(四)…………………………… 296
先史考古学………………………………………… 280
社会心理学演習Ⅰ(五)…………………………… 297
歴史考古学………………………………………… 281
世界遺産社会心理学演習Ⅰ……………………… 297
仏教考古学………………………………………… 281
臨床心理学演習Ⅱ(一)…………………………… 298
世界考古学………………………………………… 282
臨床心理学演習Ⅱ(二)…………………………… 298
東洋美術史………………………………………… 282
臨床心理学演習Ⅱ(三)…………………………… 299
日本彫刻史………………………………………… 283
臨床心理学演習Ⅱ(四)…………………………… 299
日本絵画史………………………………………… 283
臨床心理学演習Ⅱ(五)…………………………… 300
工芸史……………………………………………… 284
社会心理学演習Ⅱ(二)…………………………… 300
文献史料学………………………………………… 284
社会心理学演習Ⅱ(三)…………………………… 301
宗教文化史………………………………………… 285
社会心理学演習Ⅱ(四)…………………………… 301
建築史……………………………………………… 285
社会心理学演習Ⅱ(五)…………………………… 302
日本史Ⅰ…………………………………………… 411
世界遺産社会心理学演習Ⅱ……………………… 302
日本史Ⅱ…………………………………………… 411
臨床心理学演習Ⅲ(一)…………………………… 303
外国史Ⅰ(一)……………………………………… 412
臨床心理学演習Ⅲ(三)…………………………… 303
外国史Ⅰ(二)……………………………………… 412
臨床心理学演習Ⅲ(四)…………………………… 304
外国史Ⅱ(二)……………………………………… 413
臨床心理学演習Ⅲ(五)…………………………… 304
法学概論(一)(二)(三)………………………… 413
社会心理学演習Ⅲ(二)…………………………… 305
政治学概論(一)(二)…………………………… 414
社会心理学演習Ⅲ(三)…………………………… 305
社会学概論(一)(二)…………………………… 414
社会心理学演習Ⅲ(四)…………………………… 306
経済学概論(一)…………………………………… 415
社会心理学演習Ⅲ(五)…………………………… 306
経済学概論(二)…………………………………… 415
世界遺産社会心理学演習Ⅲ……………………… 307
哲学概論…………………………………………… 416
臨床心理学演習Ⅳ(一)…………………………… 307
倫理学概論………………………………………… 416
臨床心理学演習Ⅳ(三)…………………………… 308
宗教学概論(一)…………………………………… 417
臨床心理学演習Ⅳ(四)…………………………… 308
宗教学概論(二)…………………………………… 417
臨床心理学演習Ⅳ(五)…………………………… 309
社会心理学演習Ⅳ(二)…………………………… 309
社会心理学演習Ⅳ(三)…………………………… 310
社会学部
社会心理学演習Ⅳ(四)…………………………… 310
■ 心
理
学
科 ■
社会心理学演習Ⅳ(五)…………………………… 311
心理学入門………………………………………… 287
世界遺産社会心理学演習Ⅳ……………………… 311
社会心理学概論…………………………………… 287
パーソナリティ心理学…………………………… 312
臨床心理学概論…………………………………… 288
社会心理学Ⅰ……………………………………… 312
心理学研究法……………………………………… 288
社会心理学Ⅱ……………………………………… 313
心理統計Ⅰ………………………………………… 289
発達心理学Ⅰ……………………………………… 313
心理学実験………………………………………… 289
発達心理学Ⅱ……………………………………… 314
臨床心理学基礎実習(一)………………………… 290
心理統計Ⅱ………………………………………… 314
臨床心理学基礎実習(二)………………………… 290
認知心理学………………………………………… 315
社会心理学基礎実習(一)………………………… 291
学習心理学………………………………………… 315
社会心理学基礎実習(二)………………………… 291
行動科学論………………………………………… 316
臨床心理学応用実習Ⅱ…………………………… 292
集団力学…………………………………………… 316
社会心理学応用実習Ⅱ…………………………… 292
精神分析学………………………………………… 317
臨床心理学演習Ⅰ(一)…………………………… 293
犯罪心理学………………………………………… 317
臨床心理学演習Ⅰ(二)…………………………… 293
コミュニティ心理学……………………………… 318
臨床心理学演習Ⅰ(三)…………………………… 294
青年心理学………………………………………… 318
臨床心理学演習Ⅰ(四)…………………………… 294
応用心理学………………………………………… 319
臨床心理学演習Ⅰ(五)…………………………… 295
生理心理学………………………………………… 319
社会心理学演習Ⅰ(二)…………………………… 295
心理療法…………………………………………… 320
発達臨床心理学…………………………………… 320
演習Ⅱ(十)………………………………………… 344
精神医学…………………………………………… 321
世界遺産社会学演習Ⅱ…………………………… 345
集団精神療法……………………………………… 321
演習Ⅲ(一)………………………………………… 345
教育臨床心理学…………………………………… 322
演習Ⅲ(二)………………………………………… 346
福祉臨床心理学…………………………………… 322
演習Ⅲ(三)………………………………………… 346
心理病理学………………………………………… 323
演習Ⅲ(四)………………………………………… 347
医療心理学………………………………………… 323
演習Ⅲ(六)………………………………………… 347
文化心理学………………………………………… 324
演習Ⅲ(七)………………………………………… 348
進化心理学………………………………………… 324
演習Ⅲ(十)………………………………………… 348
対人社会心理学…………………………………… 325
世界遺産社会学演習Ⅲ…………………………… 349
産業・組織心理学………………………………… 325
演習Ⅳ(一)………………………………………… 349
心理アセスメント実習Ⅰ………………………… 326
演習Ⅳ(二)………………………………………… 350
心理アセスメント実習Ⅱ………………………… 326
演習Ⅳ(三)………………………………………… 350
カウンセリング実習Ⅰ…………………………… 327
演習Ⅳ(四)………………………………………… 351
カウンセリング実習Ⅱ…………………………… 327
演習Ⅳ(六)………………………………………… 351
社会心理学実験実習……………………………… 328
演習Ⅳ(七)………………………………………… 352
家族社会学………………………………………… 328
演習Ⅳ(十)………………………………………… 352
文化人類学………………………………………… 329
世界遺産社会学演習Ⅳ…………………………… 353
社会心理学特殊講義(一)………………………… 329
フィールドワーク概論…………………………… 353
社会心理学特殊講義(二)………………………… 330
社会統計学Ⅰ……………………………………… 354
社会心理学特殊講義(八)………………………… 330
社会統計学Ⅱ……………………………………… 354
臨床心理学特殊講義(二)………………………… 331
量的分析法………………………………………… 355
臨床心理学特殊講義(三)………………………… 331
質的分析法………………………………………… 355
地域社会学………………………………………… 356
■ 総合社会学科(平成27年度以降入学生)■
家族社会学………………………………………… 356
■ 社会調査学科(平成26年度以前入学生)■
産業社会学………………………………………… 357
社会調査概論……………………………………… 333
国際社会学………………………………………… 357
社会学基礎………………………………………… 333
環境社会学………………………………………… 358
社会調査法………………………………………… 334
情報社会学………………………………………… 358
文化人類学………………………………………… 334
東アジア・東南アジア社会論…………………… 359
経済学……………………………………………… 335
南アジア・西アジア社会論……………………… 359
情報学……………………………………………… 335
経営学……………………………………………… 360
社会体験実習……………………………………… 336
企業行動分析……………………………………… 360
社会調査実習(一)………………………………… 336
消費と経済………………………………………… 361
社会調査実習(二)………………………………… 337
経営管理論………………………………………… 361
演習Ⅰ(一)………………………………………… 337
情報工学…………………………………………… 362
演習Ⅰ(二)………………………………………… 338
産業と技術の発展………………………………… 362
演習Ⅰ(三)………………………………………… 338
世界の民族誌……………………………………… 363
演習Ⅰ(四)………………………………………… 339
民事法概説………………………………………… 363
演習Ⅰ(六)………………………………………… 339
行政法概説………………………………………… 364
演習Ⅰ(七)………………………………………… 340
国際政治学概説…………………………………… 364
演習Ⅰ(十)………………………………………… 340
ジェンダーとライフコース……………………… 365
世界遺産社会学演習Ⅰ…………………………… 341
企業倫理と消費者………………………………… 365
演習Ⅱ(一)………………………………………… 341
生と死の哲学……………………………………… 366
演習Ⅱ(二)………………………………………… 342
応用倫理学概説…………………………………… 366
演習Ⅱ(三)………………………………………… 342
現代社会と宗教…………………………………… 367
演習Ⅱ(四)………………………………………… 343
心理学概説………………………………………… 367
演習Ⅱ(六)………………………………………… 343
メディアとポピュラーカルチャー……………… 368
演習Ⅱ(七)………………………………………… 344
情報基礎理論Ⅰ…………………………………… 368
情報基礎理論Ⅱ…………………………………… 369
映像文化論………………………………………… 389
プログラミング言語Ⅰ…………………………… 369
コンピュータ概論(一)(二)…………………… 389
プログラミング言語Ⅱ…………………………… 370
プログラミング初級(一)………………………… 390
デジタルアーカイブ概論………………………… 370
データ処理論(一)………………………………… 390
文化情報論………………………………………… 371
データ処理論(二)………………………………… 391
販売管理論Ⅰ……………………………………… 371
データ処理論(三)………………………………… 391
販売管理論Ⅱ……………………………………… 372
データ処理論(四)………………………………… 392
販売管理論Ⅲ……………………………………… 372
データ処理論(五)………………………………… 392
知的財産管理論…………………………………… 373
コミュニケーション論…………………………… 393
資産管理計画論Ⅰ………………………………… 373
情報と職業………………………………………… 393
資産管理計画論Ⅱ………………………………… 374
情報ネットワーク論Ⅰ…………………………… 394
社会調査特殊講義(二)…………………………… 374
情報ネットワーク論Ⅱ…………………………… 394
社会調査特殊講義(十二)………………………… 375
人文地理学概論Ⅰ………………………………… 395
社会調査特殊講義(十三)………………………… 375
人文地理学概論Ⅱ………………………………… 395
社会調査特殊講義(十四)………………………… 376
自然地理学概論Ⅰ………………………………… 396
社会調査特殊講義(十五)………………………… 376
自然地理学概論Ⅱ………………………………… 396
世界遺産社会学特殊講義………………………… 377
地誌学概論Ⅰ……………………………………… 397
法学概論(一)(二)(三)………………………… 413
地誌学概論Ⅱ……………………………………… 397
政治学概論(一)(二)…………………………… 414
パソコン操作Ⅰ…………………………………… 398
社会学概論(一)(二)…………………………… 414
パソコン操作Ⅱ(一)……………………………… 398
経済学概論(一)…………………………………… 415
パソコン操作Ⅱ(二)(三)(六)………………… 399
経済学概論(二)…………………………………… 415
パソコン操作Ⅱ(四)(五)……………………… 399
哲学概論…………………………………………… 416
日本国憲法(一)(二)(三)(四)……………… 400
倫理学概論………………………………………… 416
ジェンダー論……………………………………… 400
宗教学概論(一)
… ………………………………… 417
差別・人権問題論………………………………… 401
宗教学概論(二)…………………………………… 417
奈良文化論Ⅰ……………………………………… 401
シルクロード学(一)(二)……………………… 402
全学自由科目
世界遺産学概論…………………………………… 402
海外語学研修……………………………………… 403
統計学入門………………………………………… 379
海外研修(一)……………………………………… 403
生命科学…………………………………………… 379
海外研修(二)……………………………………… 404
生物の多様性……………………………………… 380
入門スペイン語…………………………………… 404
宇宙・物質・エネルギー………………………… 380
入門韓国・朝鮮語(一)…………………………… 405
自然史……………………………………………… 381
入門韓国・朝鮮語(二)…………………………… 405
科学技術史………………………………………… 381
入門韓国・朝鮮語(三)…………………………… 406
思想史……………………………………………… 382
入門韓国・朝鮮語(四)…………………………… 406
社会経済史………………………………………… 382
入門韓国・朝鮮語(五)…………………………… 407
現代史……………………………………………… 383
入門韓国・朝鮮語(六)…………………………… 407
現代芸術論………………………………………… 383
キャリアデザインⅠ……………………………… 408
観光論……………………………………………… 384
キャリアデザインⅡ……………………………… 408
GIS基礎実習…………………………………… 384
キャリアデザインⅢ……………………………… 409
GIS基礎講座…………………………………… 385
インターンシップ概論…………………………… 409
芸能史Ⅰ…………………………………………… 385
インターンシップ実習…………………………… 410
芸能史Ⅱ…………………………………………… 386
キャリアのための人間関係学…………………… 410
書誌学……………………………………………… 386
日本史Ⅰ…………………………………………… 411
比較民族学Ⅰ……………………………………… 387
日本史Ⅱ…………………………………………… 411
比較民族学Ⅱ……………………………………… 387
外国史Ⅰ(一)……………………………………… 412
民俗学Ⅰ…………………………………………… 388
外国史Ⅰ(二)……………………………………… 412
民俗学Ⅱ…………………………………………… 388
外国史Ⅱ(二)……………………………………… 413
法学概論(一)(二)(三)………………………… 413
博物館資料論……………………………………… 437
政治学概論(一)(二)…………………………… 414
博物館資料保存論………………………………… 437
社会学概論(一)(二)…………………………… 414
博物館展示論……………………………………… 438
経済学概論(一)
… ………………………………… 415
博物館教育論……………………………………… 438
経済学概論(二)…………………………………… 415
博物館情報・メディア論………………………… 439
哲学概論…………………………………………… 416
博物館実習Ⅰ……………………………………… 439
倫理学概論………………………………………… 416
博物館実習Ⅱ……………………………………… 440
宗教学概論(一)
… ………………………………… 417
博物館実習Ⅲ……………………………………… 440
宗教学概論(二)…………………………………… 417
図書館概論(一)(二)…………………………… 441
図書館制度・経営論(一)(二)………………… 441
資 格
図書館情報技術論(一)(二)…………………… 442
図書館サービス概論(一)(二)………………… 442
教職論(一)(二)………………………………… 419
情報サービス論(一)(二)……………………… 443
教育原理(一)(二)……………………………… 419
児童サービス論(一)(二)……………………… 443
教育心理学(一)(二)…………………………… 420
情報サービス演習(一)…………………………… 444
発達教育論(一)
… ………………………………… 420
情報サービス演習(二)…………………………… 444
発達教育論(二)…………………………………… 421
情報サービス演習(三)…………………………… 445
教育行政・制度論(一)(二)…………………… 421
図書館情報資源概論(一)(二)………………… 445
教育課程論(一)…………………………………… 422
情報資源組織論(一)(二)……………………… 446
教育課程論(二)…………………………………… 422
情報資源組織演習(一)…………………………… 447
国語科教育法Ⅰ…………………………………… 423
情報資源組織演習(二)…………………………… 447
国語科教育法Ⅱ…………………………………… 423
図書館基礎特論…………………………………… 448
社会科教育法Ⅰ(一)(二)……………………… 424
図書館情報資源特論……………………………… 448
地理歴史科教育法(一)(二)…………………… 424
図書・図書館史…………………………………… 449
公民科教育法……………………………………… 425
図書館施設論……………………………………… 449
国語科教材研究Ⅰ………………………………… 425
図書館総合演習…………………………………… 450
国語科教材研究Ⅱ………………………………… 426
図書館実習………………………………………… 450
社会科教材研究Ⅰ………………………………… 426
学校経営と学校図書館…………………………… 451
社会科教材研究Ⅱ………………………………… 427
学校図書館メディアの構成……………………… 451
地理歴史科教材研究……………………………… 427
学習指導と学校図書館…………………………… 452
公民科教材研究…………………………………… 428
読書と豊かな人間性……………………………… 452
道徳教育の研究(一)(二)……………………… 428
情報メディアの活用……………………………… 453
特別活動の指導法(一)…………………………… 429
特別活動の指導法(二)…………………………… 429
教育方法・メディア論(一)……………………… 430
教育方法・メディア論(二)……………………… 430
生徒指導論(一)(二)…………………………… 431
教育相談心理学(一)(二)……………………… 431
教育実習指導(一)………………………………… 432
教育実習指導(二)………………………………… 432
教育実習Ⅰ………………………………………… 433
教育実習Ⅱ………………………………………… 433
教職実践演習(中・高)
(一)(二)(三)(四)………………… 434
人権教育の研究(一)(二)……………………… 434
生涯学習概論(一)………………………………… 435
生涯学習概論(二)………………………………… 435
博物館概論………………………………………… 436
博物館経営論……………………………………… 436
主
題
科
目
情報基礎・倫理(一)
情報基礎・倫理(四)
情報基礎・倫理(五)
期間
前期
前期
後期
科 目 名
情報基礎・倫理(二)
情報基礎・倫理(三)
情報基礎・倫理(六)
情報基礎・倫理(七)
期間
前期
前期
後期
後期
担当教員
横田 浩
配当
年次
1-4
担当教員
吉田 光次
配当
年次
1-4
単位数 2単位
到 達目標
テ ー マ 情報社会で生きるために!
功罪両面をもつインターネットを節度をもって利用
する知識・技術と倫理観を身につける。
本科目は、現代の情報社会で活動する上で必要な最
低限の知識を解説する。現在の情報社会には光と影
授業概要 がある。この影の部分に光を当て、情報社会を
「秩序
ある社会」
にするにはどのようにすればよいかを、技
術的側面、法的側面、倫理的側面から考える。
1.ガイダンス&情報倫理とは何か?
2.個人情報とその保護
3.個人情報保護法、および知的財産
4.著作権とのその保護
5.インターネットのしくみとサービス
6.インターネットにおけるコミュニケーション
とマナー
7.SNSとモバイル機器利用時のマナー
8.ネットワーク利用犯罪の被害と対応
9.ネットワーク利用犯罪への技術的対策
10.情報セキュリティ:ネットワーク被害と不正ア
クセス
11.情報セキュリティ:認証システムとファイア
ウォール
12.情報セキュリティ:マルウェア(悪意のあるプ
ログラム)
授業内容
13.情報セキュリティ:暗号化技術
14.情報社会の法規
15.授業総括
到 達目標
題
テ ー マ 情報社会で生きるために!
単位数 2単位
功罪両面をもつインターネットを節度をもって利用
する知識・技術と倫理観を身につける。
本科目は、現代の情報社会で活動する上で必要な最
低限の知識を解説する。多くの人が、現在の情報社
会には光と影があることを感じている。この影の部
授業概要
分に光を当て、情報社会を
「秩序ある社会」
にするに
はどのようにすればよいかを、技術的側面、法的側面、
倫理的側面から考える。
1.情報倫理とは何か?
2.個人情報の保護
3.ソーシャルネットワークサービス(SNS)と
プライバシー
4.知的財産の保護
5.インターネット上での著作権侵害
6.インターネットの仕組み
7.インターネットに不可欠なさまざまなサービ
ス
8.インターネットにおけるコミュニケーション
9.インターネットにおけるトラブルとマナー
10.認証とパスワード
11.セキュリティ――暗号化技術
12.セキュリティ――マルウェア(悪意のあるプロ
グラム)
授業内容 13.サイバー犯罪――インターネット利用犯罪
14.ハッキングと不正アクセス
15.授業総括
e-Learningシステムに、配布資料・スライドや小テ
事前・事後 ストの正解等を掲載するので復習をしておくこと。
学
習 日常的に、新聞や雑誌の関連する記事に目を通すこ
と。
e-Learningシステムを活用して、授業時間外に小テ
事前・事後
スト、レポート提出を行う。また、G-Mailを利用し
学
習
た課題の通知も行う。
小テスト・レポート
(40%)
および最終授業で実施する
評価方法
学習到達度確認
(筆記による学力確認、60%)
によっ
・ 基 準
て評価する。
e-Learningによって提出されたレポート、小テスト、
評価方法
最後に実施する学習到達度確認によって、総合的に
・ 基 準
評価する。
・e-Learningシステムを利用して、授業時間外に小テスト
およびレポート提出を行う。また、G-mailを利用した課題
履修上の
の通知等も行う。
・e-Learning、G-mail、レポートのため
注意事項等
のワープロの操作方法が分からない学生は、情報処理セ
ンター主催の講習会に出席するか、サポートを受けること。
・e-Learning、G-Mailを使うので、利用法の分からない者は、情報
処理センター主催の利用講習会に出て、習得すること。・レポート提
履修上の
出はワープロを用いるので、利用法の分からない者は、情報処理セ
注意事項等
ンター主催の講座を受けること。・その他、情報機器の基本操作につ
いて分からないときは、情報処理センターのサポートを受けること。
『インターネット社会を生きるための情報倫理』情報教育学研究会
『インターネット社会を生きるための情報倫理』情報教育学研究
テ キ スト (IEC)・情報倫理教育研究グループ[編],実教出版, 2013年
テ キ スト 会・情報倫理教育研究グループ, 実教出版, 2013
参 考 書
参 考 書 情報倫理入門』情報教育学研究会・情報倫理教育研究グループ, 北
科目ナンバリング AF101
『インターネットの光と影Ver.5: 被害者・加害者にならないための
大路書房, 2014
聴講の可否
×
科目ナンバリング AF101
主
科 目 名
聴講の可否
×
―1―
科 目 名
表現技法Ⅰ
担当教員
共同担当
テ ー マ
単位数 1単位
期間
前期
科 目 名
表現技法ⅠG1
表現技法ⅠG2
配当
年次
1-4
担当教員
横山 香
山本 尚子
大学における学びの姿勢と技法を習得し、大学生活
に早く、上手に適応しよう
テ ー マ
単位数 1単位
期間
後期
配当
年次
1-4
大学における学びの姿勢と技法を習得し、大学生活
に早く、上手に適応しよう
大学における学びのスタイルに適応する。資料の活
到 達目標 用、レポートの作成、プレゼンテーションができる
ようになることを目標とする。
大学における学びのスタイルに適応する。資料の活
到 達目標 用、レポートの作成、プレゼンテーションができる
ようになることを目標とする。
大学生活にスムーズに適応するには、高校までの勉強と
大学における学びとの違いに気づいた上で、学ぶ姿勢と
学びの技法を習得する意欲を持つことが求められます。
授業では、この点にポイントを絞り、新入生に対し、大
授業概要 学における学びの姿勢と学びの技法を習得するための指
導を行います。具体的な授業内容は以下の通りで、第Ⅳ
部では2回程度のレポート作成・提出を求め、添削による
指導を行います。第Ⅴ部では口頭発表と指導を行います。
大学生活にスムーズに適応するには、高校までの勉強と大
学における学びとの違いに気づいた上で、学ぶ姿勢と学び
の技法を習得する意欲を持つことが求められます。授業で
は、この点にポイントを絞り、新入生に対し、大学におけ
授業概要 る学びの姿勢と学びの技法を習得するための指導を行いま
す。具体的な授業内容は以下の通りで、第Ⅳ部では2回程
度のレポート作成・提出を求め、添削による指導を行います。
第Ⅴ部では口頭発表と指導を行います。
1.第Ⅰ部大学で学ぶ:大学生になる
2.第Ⅰ部大学で学ぶ:学び方を学ぶ
3.第Ⅱ部ノートを取る・本を読む:ノートの取り
方
4.第Ⅱ部ノートを取る・本を読む:読むこと
5.第Ⅲ部調べる:大学図書館を活用する
6.第Ⅲ部調べる:インターネットを活用する
7.第Ⅳ部レポートを書く:レポートとは何か
8.第Ⅳ部レポートを書く:レポート作成の具体的
な手順
9.第Ⅳ部レポートを書く:構成を考える
10.第Ⅳ部レポートを書く:わかりやすい文・文章
を書く
11.第Ⅴ部発表する:プレゼンテーションの基本
12.第Ⅴ部発表する:プレゼンテーションの準備と
実際
授業内容
13.第Ⅴ部発表する:プレゼンテーションの実施
14.第Ⅴ部発表する:プレゼンテーションの実施―
―発表資料を使用したプレゼンテーション
15.第Ⅴ部発表する:プレゼンテーションの実施―
―情報機器を利用したプレゼンテーション
1.第Ⅰ部大学で学ぶ:大学生になる
2.第Ⅰ部大学で学ぶ:学び方を学ぶ
3.第Ⅱ部ノートを取る・本を読む:ノートの取り
方
4.第Ⅱ部ノートを取る・本を読む:読むこと
5.第Ⅲ部調べる:大学図書館を活用する
6.第Ⅲ部調べる:インターネットを活用する
7.第Ⅳ部レポートを書く:レポートとは何か
8.第Ⅳ部レポートを書く:レポート作成の具体的
な手順
9.第Ⅳ部レポートを書く:構成を考える
10.第Ⅳ部レポートを書く:わかりやすい文・文章
を書く
11.第Ⅴ部発表する:プレゼンテーションの基本
12.第Ⅴ部発表する:プレゼンテーションの準備と
実際
授業内容
13.第Ⅴ部発表する:プレゼンテーションの実施
14.第Ⅴ部発表する:プレゼンテーションの実施―
―発表資料を使用したプレゼンテーション
15.第Ⅴ部発表する:プレゼンテーションの実施―
―情報機器を利用したプレゼンテーション
授業は、テキストによる十分な予習・復習が行なわれ
ることを前提として進めます。1回の授業で教科書の
事前・事後
1章を説明しますので、授業の前には、必ず、その回
学
習
で扱われる章を読み予習し、授業の後には、再度、
その章を読み返して復習してください。
授業は、テキストによる十分な予習・復習が行なわれ
ることを前提として進めます。1回の授業で教科書の
事前・事後
1章を説明しますので、授業の前には、必ず、その回
学
習
で扱われる章を読み予習し、授業の後には、再度、
その章を読み返して復習してください。
レポート・発表・授業態度等を総合的に勘案して到達
評価方法
度を評価します。毎回出席しなければ、本学での学
・ 基 準
びの技法をしっかりと身につけることはできません。
レポート・発表・授業態度等を総合的に勘案して到達
評価方法
度を評価します。毎回出席しなければ、本学での学
・ 基 準
びの技法をしっかりと身につけることはできません。
・受講クラスが指定されています。指定されたクラス
の時間割に従って受講してください。
・ワープロ、プ
履修上の
レゼンテーションソフトの利用など情報機器の基本
注意事項等
操作について分からないときは、情報処理センター
のサポートを受けること。
・受講クラスが指定されています。指定されたクラス
の時間割に従って受講してください。
・ワープロ、プ
履修上の
レゼンテーションソフトの利用など情報機器の基本
注意事項等
操作について分からないときは、情報処理センター
のサポートを受けること。
『奈良大生のための表現技法』奈良大学教養部 初年次教育を考
『奈良大生のための表現技法』奈良大学教養部 初年次教育を考
テ キ スト える会, 奈良大学教養部, 2015
テ キ スト える会, 奈良大学教養部, 2015
参 考 書 『なし』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング AF102
―2―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AF102
聴講の可否
×
科 目 名
表現技法Ⅱ
期間
後期
科 目 名
表現技法ⅡG1
表現技法ⅡG2
期間
前期
配当
1-4
年次
大学生活及び将来におけるキャリア
(生き方、学び方)
テ ー マ をデザインするとともに、今後必要になるコミュニ
ケーション能力を育成する。
目標あるキャンパスライフを送るキャリアデザイン
到 達目標 を設計すること。及び発信力、傾聴力等を高め多数
の前でのプレゼンテーションを行うこと。
目標あるキャンパスライフを送るキャリアデザイン
到 達目標 を設計すること。及び発信力、傾聴力等を高め多数
の前でのプレゼンテーションを行うこと。
大学生活は将来へ羽ばたくための重要なステップで
ある。この授業では、自己実現に向けて有意義なキャ
授業概要 ンパスライフをおくるために、どのように行動した
らよいかを考えていくとともに、社会に出た時に必
要となる社会人基礎力を育成していく。
大学生活は将来へ羽ばたくための重要なステップで
ある。この授業では、自己実現に向けて有意義なキャ
授業概要 ンパスライフをおくるために、どのように行動した
らよいかを考えていくとともに、社会に出た時に必
要となる社会人基礎力を育成していく。
1.キャリアデザインの重要性
2.社会人として必要な力
3.「聴くこと」の大切さを学ぶ
4.今、求められる「リーダーシップ」
5.グループの力を活かす
6.自己を知る
7.わかりやすく正確に伝える
8.自己を表現する
9.ディスカッション 他者の理解、賛同を得る
10.自己の強みを知る
11.グループ内での表現方法を学ぶ
12.多数に向けての表現方法を学ぶ
13.キャンパスライフにおけるキャリアデザイン
を描く
14.キャリアデザインの発表
授業内容 15.授業まとめ
1.キャリアデザインの重要性
2.社会人として必要な力
3.「聴くこと」の大切さを学ぶ
4.今、求められる「リーダーシップ」
5.グループの力を活かす
6.自己を知る
7.わかりやすく正確に伝える
8.自己を表現する
9.ディスカッション 他者の理解、賛同を得る
10.自己の強みを知る
11.グループ内での表現方法を学ぶ
12.多数に向けての表現方法を学ぶ
13.キャンパスライフにおけるキャリアデザイン
を描く
14.キャリアデザインの発表
授業内容 15.授業まとめ
事前・事後 各講義の振り返りを行なってください。 学
習 次回の講義に結びつくようになります。
事前・事後 各講義の振り返りを行なってください。 次回の講
学
習 義に結びつくようになります。
授業での個人ワークやグループワークへの取り組み
評価方法
方、プレゼンテーション力、レポートなどにより総
・ 基 準
合評価
授業での個人ワークやグループワークへの取り組み
評価方法
方、プレゼンテーション力、レポートなどにより総
・ 基 準
合評価
毎回の授業が、グループ編成により行なう場合が多
履修上の
いので、積極的に意見を述べること。また編成に支
注意事項等
障をきたさないよう、遅刻しないこと。
毎回の授業が、グループ編成により行なう場合が多
履修上の
いので、積極的に意見を述べること。また編成に支
注意事項等
障をきたさないよう、遅刻しないこと。
テ キ スト 『市販テキストは使用しない。』
テ キ スト 『市販テキストは使用しない。』
参 考 書
参 考 書
☆外部講師
聴講の可否
×
担当教員
☆外部講師
科目ナンバリング AF103
単位数 1単位
聴講の可否
×
―3―
題
科目ナンバリング AF103
単位数 1単位
主
配当
1-4
年次
大学生活及び将来におけるキャリア
(生き方、学び方)
テ ー マ をデザインするとともに、今後必要になるコミュニ
ケーション能力を育成する。
担当教員
科 目 名
人間論Ⅰ(一)
人間論Ⅰ(二)
担当教員
丸田 健
単位数 2単位
期間
前期
後期
科 目 名
人間論Ⅱ(一)
人間論Ⅱ(二)
配当
年次
1-4
担当教員
☆大町 公
テ ー マ 人間論入門 到 達目標
単位数 2単位
期間
前期
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ 現代日本の老いと死を考える
人間の存在について広く深く考えられるようになる
ための思想的教養を身に付ける。
教科書として指定する図書は、
古今東西の宗教、
哲学、
芸術、生活文化等を題材に、人間について広く深く
授業概要 考えるための視座を養ってくれるものになっており、
これを下敷きにして、講義を行う。人間に対する柔
軟かつ普遍的まなざしを育てることを目指す。
到 達目標
人生において、老いと死について考えることの重要
性に目覚めさせる
約10年後の2025年、
「団塊の世代」
のすべてが後期高齢者
になる。それに起因する諸問題を
「2025年問題」と言う。
一方で、医療費、社会保障費の増大、介護施設の不足
授業概要 …。他方で
「尊厳死」の問題。4年前、日本老年医学会が
「高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン」
を出して、
「尊厳死」容認への道が開かれた。
「老いと死」
をさらに一層真剣に考えねばならない時期である。
1.導入
2.タマフリの思想とは何か
3.ギリシャ思想:ソクラテス・プラトン(『パイド
ン』)
4.ギリシャ思想:ソクラテス・プラトン(『饗宴』)
5.ギリシャ思想:アリストテレス
6.ギリシャ思想:新プラトン主義
7.中国思想:儒教
8.中国思想:老荘思想
9.中国思想:陰陽五行思想
10.キリスト教
11.仏教思想:仏教概観
12.仏教思想:密教的広がり
13.実存主義:ハイデガーとマルセル
14.実存主義:実存解明の手段としての解釈
授業内容 15.授業まとめ
授業内容
事前・事後 事前・事後に教科書を
(批判的に)
読み、理解を深める
学
習 とともに、自分の関心を広めること。
事前・事後 テキストは決して難解なものではない。必ず、事前
学
習 に目を通しておくこと。それを前提に授業を行う。
評価方法 学習到達度確認
(60%程度)と授業コメントシート
・ 基 準 (40%程度)
を合わせて評価する。
評価方法 学習到達度確認
(70%)
、平常点
(途中段階での理解度
・ 基 準 を調査する・30%)
履修上の
注意事項等
履 修 上 の 私語は厳禁。遅刻、無断退出は欠席と同様に扱うの
注意事項等 で注意すること。
テ キ スト 『なぜ人は美を求めるのか』小穴晶子, ナカニシヤ出版, 2008
テ キ スト 『命の終わり』大町公[著], 法律文化社, 2007年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AT101
―4―
聴講の可否
○
1.ガイダンス―2025年問題
2.日本老年医学会の「新ガイドライン」
3.現代の高齢者問題
4.深沢七郎『楢山節考』
5.有吉佐和子『恍惚の人』
6.佐江衆一『黄落』
7.松田道雄『安楽に死にたい』
8.断食死と安楽死
9.エンド・オブ・ライフのケア
10.認知症について
11.小澤勲『痴呆を生きるということ』
12.耕治人「命終三部作」
13.介護自殺・介護殺人・介護心中
14.「尊厳死」をめぐって
15.まとめ
科目ナンバリング AT102
聴講の可否
○
人間論Ⅲ(一)
人間論Ⅲ(二)
担当教員
丸田 健
単位数 2単位
期間
前期
後期
科 目 名
人間論Ⅳ(一)
人間論Ⅳ(二)
配当
年次
1-4
担当教員
中尾 敏充
単位数 2単位
期間
前期
後期
配当
年次
1-4
主
科 目 名
テ ー マ 法と人間
モノ
(特に伝統的道具)
が人間に対して持つ意味を理
到 達目標
解し、道具について自ら論じられるようになる。
人間の社会生活を規定しているルール、その重要な
ルールである法を学ぶ学問が法学である。法学の知
到 達目標
識の修得を通して、法的なものの見方を理解するこ
と。
人間が手作業で身近な自然素材を用いてモノを作り
出す行為は、現在も細々と続いている。そのような
授業概要 営為が今後も続くべきだとすれば、それは何故なの
か。モノの記号性、身体性、美の観点から、それを
考える。後半は、具体例を検討する。
人間は現在、法の下で、社会生活を営んでいる。そ
こではルールが作られ、その重要なルールが法であ
る。この授業では、テキストを使用して、できるだ
授業概要 けわかりやすく、興味深くなるように、法学を学ぶ
ことをめざしている。テキストも
「学習者の目線で、
学習者が実感を持てる題材を使って、学習者の役に
立つ法学の授業」
をめざしたもの。
1.導入
2.手仕事道具の概念:ポリバケツ民具論/新幹線
民藝論
3.手仕事道具の概念:背景理解の重要さ
4.道具と機能:ハイデガー的道具理解
5.道具の意味:消費社会論
6.道具の意味:自然主義的理解
7.道具の意味:復習
8.道具と身体性
9.道具と美について
10.モノの具体例:原始布
11.モノの具体例:木地
12.モノの具体例:鉄
13.学生発表:第一グループ
14.学生発表:第二グループ
授業内容 15.まとめ
題
テ ー マ 人とモノ:理論と事例
1.法学への招待-ガイダンス-
2.結んだ契約は絶対に守るべき?
3.もし人にケガをさせてしまったら?
4.愛は大切、だけど自分も大切
―婚姻を中心に―
5.愛は大切、だけど自分も大切
―親子関係を中心に―
6.身近な生活と仕事の中で
―消費者法を中心に―
7.身近な生活と仕事の中で
―労働法を中心に―
8.民法と刑法はどう違う?
9.交通事故はどんな罪になるの?
10.初めての選挙、大切な一票
11.情報化社会の中で自分を守るために
授業内容 12.世界の中の日本に生きる
13.どこで生まれても一人の人間として
14.より本格的に学びたい人へ
15.まとめ
特に予習はいらないが、授業で触れたことについて
日ごろ関心を持ち、
理解を深めるようにすること。
事前・事後 は、
学
習 最終的に、手で作ったモノの具体例を一つ経験的に
取り上げ、それについて分析できるようになること。
毎回の講義で説明する章について、事前に教科書を
読んでおくこと。講義終了後も講義内容について確
事前・事後
認し、理解できたところとできなかったところを明
学
習
らかにしておくこと。理解できなかったところにつ
いて、次回に質問すること。
評価方法 レポート
(60%程度)
と授業中課題
(40%程度)
を合わ
・ 基 準 せて評価する。
評価方法 学習到達度確認の結果を主として評価し、中間で実
・ 基 準 施する授業アンケートの提出を求める。
この授業では学生発表を行う。全員が発表すること
履修上の
はできないが、自分が発表者になる可能性があるこ
注意事項等
とを理解の上、履修すること。
履 修 上 の 新聞記事などを通して、日常的にどのような法的問
注意事項等 題が取り上げられているかについて関心をもつこと。
テ キ スト
『手仕事の日本』柳宗悦, 岩波書店, 1985
『生きることの人間論』伊藤・丸田・島本・市川, ナカニシヤ出版, 2016
参 考 書
科目ナンバリング AT103
テ キ スト 『プレステップ 法学 第3版』池田真朗編, 弘文堂, 2016
参 考 書
聴講の可否
○
科目ナンバリング AT104
聴講の可否
○
―5―
科 目 名
人間論Ⅴ
担当教員
岩崎 敬二
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
人間論Ⅵ(一)
人間論Ⅵ(二)
配当
年次
1-4
担当教員
島本 太香子
テ ー マ 人間行動学:人間の行動の独自性と非独自性
到 達目標
テ ー マ
人間の行動の法則性を把握し、客観的・科学的に人間
の行動を理解できる視点を身につける。
単位数 2単位
期間
前期
後期
配当
年次
1-4
いのちある存在としての
「人間」
を科学的な視点から
みつめ、人間の存在を多角的に考察する。
先端医療と生命科学研究の最前線を概観し、科学が
到 達目標 提起する新しい視点と課題の考察を通じて、人間の
生き方、自らのいのちに対する認識を深める。
ヒトはもちろん動物の1種であり、その身体と行動には、
動物としての側面がはっきりと刻印されています。友
情、愛情、同性愛、利他行動、戦略的思考など、ヒト
授業概要 独自であると考えられてきた感情や行動も、近年では
ヒト以外の数多くの動物で見つかっています。この講
義では、ヒトの行動を動物行動学的に読み取り、その
起源と法則性を探り、人間独自の行動原理を考えます。
近年の生命科学や医療技術の進歩はめざましく、人
間の生と死にかかわる現象にも人為的な介入が可能
になってきました。私たちは今、古来からのいのち
授業概要 に関する価値観を問いなおすことを求められていま
す。講義では、いのちをめぐる最前線の話題を取り
入れながら、先端医療が提起する生命をめぐる新し
い課題について一緒に考えていきます。
1.はじめに:霊長類としてのヒト
2.ゴリラの社会:父性行動の起源と意義
3.チンパンジーの社会:政治と愛情の利用
4.愛と権力と同性愛:同性愛の機能
5.かわいらしさの機能:パタリロ、ケンシロウ、
ドラえもんなどの漫画キャラクターの変化
6.人間のしぐさと行動:宥和行動
7.人間のしぐさと行動:同調行動
8.人間のしぐさと行動:示威・威嚇行動と左右対
称性
9.人間のしぐさと行動とジェスチャー:ピースサ
インは、侮辱の印?
10.サッカーの人間行動学:W杯に見るヒトの行動
11.空間分布と距離感覚:座り位置や立ち位置の間
隔
授業内容 12.女の論理・男の論理:街を歩く男女ペアの法則
性
13.男の体と性行動:マスターベーションの機能
14.女の体と「美」の進化:オーガスムの機能
15.人間観察学のススメ:レポート作成の要領
1.オリエンテーション(いのちと科学)
2.いのちを構成する物質・遺伝子・生と死のシナ
リオ(分子生物学)
3.どこからが人間のはじまりか(発生学)
4.いのちを生み出す先端技術(生殖補助医療)
5.いのちの選択(着床前診断)
6.未熟児医療と生育限界(周産期医学)
7.人工妊娠中絶と避妊・DV(ジェンダーと性差
医療)
8.人間となる過程(発達と発育)
9.人と人のつながりの形成(乳幼児虐待と予防)
10.脳の可塑性(記憶とPTSD)
11.遺伝子治療・再生医療
12.いのちの終わりの定義(脳死と臓器移植)
13.死の選択(終末期医療と尊厳死)
授業内容 14.災害医療・テロや健康危機・救急医療
15.授業総括
普段の日常生活やテレビ、映画、携帯の動画サイトなど
で、他者の行動の個性と法則性を、常に、気にするよう
事前・事後
にしてください。また、配布プリントとノートを見て必ず
学
習
復習し、学習した行動がいつどのような状況で生ずるか、
自身を含めた周囲の人間を観察して確認してください。
受講にあたっては事前に、各テーマに関連した身近
事前・事後
な話題を収集して下さい。それと講義内容をもとに
学
習
考察し、授業中にミニレポートを作成します。
レポート
(100点満点)
で評価します。このレポートで
評価方法
は、人間の行動を観察・記録し、その結果と解釈をま
・ 基 準
とめてもらいます。
評価方法 最終授業での学習到達確認
(50%)
と授業中のミニレ
・ 基 準 ポート
(50%)
講義をただ聞くだけという受動的な姿勢では、人間
履 修 上 の の行動を調査することもレポートを書くこともでき
注意事項等 ません。積極的に自身や他者の行動を観察する意欲
と姿勢が必要です。
いのちの始まり・人間としての発達・終末という一連
の
「人間としての生涯」
を段階に追いながら、考察を
履修上の
行ないます。今日的な話題を取り入れることがあり
注意事項等
ます。この講義を単独で履修可能ですが、健康論Ⅰ、
Ⅱとあわせて受講することで理解が深まります。
テ キ スト
テ キ スト
(下)』デスモンド・モリス, 小学館, 1992
参 考 書 『マンウォッチング(上)
参 考 書
科目ナンバリング AT105
科目ナンバリング AT106
―6―
聴講の可否
○
『生きることの人間論』島本太香子 他, ナカニシヤ出版, 2016
『必要な資料を授業で配布』
聴講の可否
○
人間論Ⅵ(三)
担当教員
☆藤原 剛
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
人間論Ⅶ(一)
人間論Ⅶ(二)
配当
年次
1-4
担当教員
☆加藤 希理子
単位数 2単位
期間
前期
後期
配当
年次
1-4
主
科 目 名
テ ー マ 自他関係を考える
到 達目標 ハンセン病や感染症を正しく理解する。
自他関係をめぐるさまざまな議論について理解した
到 達目標 うえで、自他が共に生きる世界に関する具体的なビ
ジョンを持つこと。
古くから最も深刻な差別を受けて来たハンセン病を
中心に感染症の歴史を学ぶことで、病気に対する偏
見や差別がなぜ生じるのかを考え、これらを克服す
授業概要 るためにどうすべきかについて考える。さらに最近
の最も重要な感染症の一つであるHIV感染症や最近
問題になっている感染症の学習を通じ、個々人の存
在の重さについて学ぶ。
1.感染症に関する概説、ハンセン病の医学
2.ハンセン病の現状とハンセン病の感染診断
3.古代ヨーロッパにおける感染症、聖書とハン
セン病
4.中世ヨーロッパにおけるハンセン病
5.近代ヨーロッパにおけるハンセン病
6.日本のハンセン病(古代?明治)
7.日本のハンセン病(大正~戦前)
8.日本のハンセン病(戦後)
9.日本のハンセン病(ハンセン病訴訟判決以後)
10.HIV感染症の医学
11.HIV感染症の現状、感染診断
12.ハンセン病患者、HIV感染者に対する偏見、
差別の現状と克服
13.最近問題になっている感染症
授業内容 14.感染症新法
15.授業まとめ
授業概要
題
テ ー マ 人と病気との関わりを考える。
人間は他者とともに生き、他者との関係の中で自己を形成していく。近代以降の社会においては、
個の自律性が重視されてきた。
しかし、他者と切り離された「私」は存在しえず、各々の人間が自己
自身について探求し、自己を実現していくに際しては、他者との出会いが重要な契機になる。それ
ゆえに、自己と他者がどのように関係するかを問うことは、人間の生について考える際に避けて
通ることができないと言えるだろう。本講義では、自己と他者がどのように関係するのかという
問いについて、両者が共に生きる「場」に視点を向けつつ考察していく。自他関係への問いは、
「私
的なもの」と「公共的なもの」という公私の関係とも密接に関連している。
「公」という言葉からは、
個を支配する全体という構図をイメージするかもしれないが、本講義では、そうした構図を踏ま
えながらも、個を生かし、自他が共に連帯して生きる公共的な場を探求する。具体的には、古今の
さまざまな思想家が追求してきた自他関係をめぐる問いを、現代的な視点から眺めていく。その
際、文化、教育、福祉、経済、社会制度といった様々な実践的な観点をも織り交ぜることとする。
1.イントロダクション
2.古代における公共哲学(1)ソクラテス的対話
3.古代における公共哲学(2)プラトンの正義論
4.古代における公共哲学(3)アリストテレスにお
ける政治と倫理
5.古代における公共哲学(4)キケロのコスモポリ
タニズム
6.キリスト教における自他論(1)共通善と共生の
思想
7.キリスト教における自他論(2)「貧困」をめぐ
る議論
8.キリスト教における自他論(3)責任をめぐる議
論
9.近代における個と社会(1)功利主義と権利の問
題
授業内容 10.近代における個と社会(2)公私二元論と個の絶
対的尊重
11.近代における個と社会(3)近代日本の公共哲学
12.現代における個と社会(1)自由主義と格差の問
題
13.現代における個と社会(2)コミュニティとの絆
の再生
14.公共哲学の実践
15.授業まとめ
高校ではほとんど学習したことのない内容であるの
事前・事後 で、欠席すると授業について行けなくなる。毎回出
学
習 席し、必ず復習をしておくこと。事前に配付された
プリントは必ず読んでくること。
事前・事後 講義において配布した資料について復習を行ったう
学
習 えで講義に臨むこと。
評価方法 授業中
(最終授業等)
に実施する学習到達度確認
(筆
・ 基 準 記による学力確認)
講義内に実施する小レポート
(複数回行う予定)
およ
評価方法 び講義内
(最終授業等)に実施する学習到達度確認
・ 基 準 (筆記等による学力確認)
による総合評価。尚、受講
態度も単位取得の要件となる。
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『使用しない。必要な資料は授業中に配付する。』
テ キ スト 『使用しない。適宜資料を配布する。』
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AT106
聴講の可否
○
科目ナンバリング AT107
聴講の可否
○
―7―
科 目 名
人間論Ⅷ(一)
人間論Ⅷ(二)
担当教員
丸田 健
単位数 2単位
期間
前期
後期
科 目 名
国際関係論Ⅰ(一)
国際関係論Ⅰ(二)
期間
前期
後期
配当
年次
1-4
担当教員
田中 文憲
配当
年次
1-4
テ ー マ 人とモノ:基礎編
到 達目標
テ ー マ 欧州連合
(EU)
暮らしと、そこで出会うモノとの関係に関心を持ち、
そこから人間について考えられるようになること。
日常生活という人間の足元から考える。特に、人間
と生活道具との関わりに強調点を置き、道具を通じ
授業概要 て視野に入ってくる様々の連関を取り上げていく。
哲学、民俗学、工芸論等にも言及しつつ、人間存在の、
モノに依拠した一理解を得ることを目指す。
授業内容
単位数 2単位
1.導入
2.生活文化論
3.人の生活:生まれること
4.人の生活:死ぬこと
5.渋沢敬三の屋根裏博物館:玩具蒐集から
6.屋根裏博物館:民具からのひらけ
7.あるく みる きく
8.民具学
9.暮らしの中の芸術:ウィリアム・モリス
10.柳宗悦『工藝文化』前篇・中篇
11.柳宗悦『工藝文化』後篇
12.暮らしの道具:ある事例
13.暮らしの道具:工芸の複合性
14.人間とは何か:風土内存在とグローバル化
15.まとめ
到 達目標 ヨーロッパ統合の意味を理解する
日本の近代化は、明治維新後ヨーロッパの文化・文明を取
り入れることから始まったと言える。そのヨーロッパは21
世紀に入って拡大を続け、27 ヶ国体制になった。一方2009
授業概要 年12月のリスボン条約発効によってEUは「ヨーロッパ連
邦」にまた一歩近づいた。本講義では「拡大」と「深化」によっ
てアメリカに対抗しうる勢力となったヨーロッパについて
学ぶとともにギリシャ危機以降の問題について考える。
授業内容
1.そもそもヨーロッパとは何か
2.欧州連合はなぜ誕生したのか
3.クーデンホーフ・カレルギー , ジャン・モネ
4.ECSCの成功、EDCの失敗
5.EUに対するイギリスの姿勢
6.マーストリヒト条約とジャック・ドロール
7.EUの深化と拡大
8.「EU憲法」をめぐる動き
9.リスボン条約への道
10.「ヨーロッパ連邦」に向かって
11.「ユーロ」の誕生
12.ギリシャ危機とヨーロッパの動揺
13.ドイツの政治・経済(1)輸出と技術
14.ドイツの政治・経済(2)閉店法
15.授業まとめ
事前・事後 特に予習はいらないが、授業で触れたことについて
学
習 は、日ごろ関心を持ち、理解を深めるようにすること。
事前・事後 授業中に配布する資料やテキストを用いて復習と次
学
習 回授業の予習を行うこと。
評価方法 学習到達度確認
(60%程度)と授業コメントシート
・ 基 準 (40%程度)
を合わせて評価する。
評価方法
学期末試験による。
・ 基 準
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト
テ キ スト 『使用しない』
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AT108
―8―
聴講の可否
○
科目ナンバリング AT109
聴講の可否
○
国際関係論Ⅱ(一)
国際関係論Ⅱ(二)
期間
前期
後期
科 目 名
国際関係論Ⅲ(一)
国際関係論Ⅲ(二)
期間
前期
後期
担当教員
田中 文憲
配当
年次
1-4
担当教員
田中 文憲
配当
年次
1-4
単位数 2単位
単位数 2単位
主
科 目 名
テ ー マ アジア経済
到 達目標 アメリカの
「強さ」
と
[問題点」
を理解する
到 達目標 アジアと日本の過去・現在・未来を考える
アメリカ社会は、1990年代後半からIT(情報技術)革命に支えられた絶好調
の経済によって、わが世の春を謳歌してきた。しかし、2008年のリーマン・
ショック以降大きな経済危機に直面している。また、貧富の差は拡大してお
り、健康保険もなく、充分な医療も受けられないまま死んでいく多くの人々
授業概要 が存在する。本講義では、 まずアメリカ社会がどのような仕組みになってい
るかを概観し、その上でいかに現在の強いアメリカになったかについて言及
するとともに、その犠牲となっている影の部分にもスポットを当て、良くも
悪くも世界の中心となっているアメリカの現状と将来について考える。
古代より、日本とアジアは大変密接な関係を保ってきた。近
世までの日本という国家は、アジア特に一大文明国中国や韓半
島から、さまざまなものを取り入れながら発展したといっても
過言ではない。第二次世界大戦中の不幸な出来事を乗り越え、
授業概要 今再びアジアと日本は、大切なパートナーとしてともに歩み始
めた。本講義では、特に台湾、韓国、シンガポールを取り上げ、
アジア発展の要因や抱える問題点を明らかにしながら、21世紀
の日本とアジアのあるべき関係について考える。
1.アメリカの2大政党制
2.アメリカ経済の基本的な仕組み
3.アメリカ経済の歴史(メイフラワー号から19世
紀末)
4.アメリカ経済の歴史(20世紀初から1970年代)
5.レーガノミックスの時代
6.アメリカ経済の復活(1990年代)
7.サブプライムローン問題とリーマン・ショック
8.アメリカの流通業(1)日米比較
9.アメリカの流通業
(2)ウォルマート,eコマー
ス
10.アメリカの農業(1)穀物メジャー
11.アメリカの農業(2)遺伝子組み換え作物
12.アメリカの所得格差(1)自由主義
13.アメリカの所得格差(2)税制改革
授業内容 14.アメリカの民族問題
15.授業まとめ
授業内容
題
テ ー マ アメリカ社会の光と影
1.台湾のなりたち
2.台湾の政治・経済(1)開発独裁
3.台湾の政治・経済(2)経済発展
4.台湾の抱える問題
5.韓国と日本の深く長い関係(1)李氏朝鮮
6.韓国と日本の深く長い関係(2)韓国併合
7.韓国の日本の深く長い関係(3)戦後の関係
8.韓国の経済発展
9.韓国経済の問題点
10.日韓関係の現状と将来
11.シンガポールの成り立ち
12.リー・クアンユーと[家父長的国家」
13.急速な経済発展と国際戦略
14.シンガポールの光と影
15.授業まとめ
事前・事後 授業中に配布する資料やテキストを用いて復習と次
学
習 回授業の予習を行うこと。
事前・事後 授業中に配布する資料を用いて復習と次回授業の予
学
習 習を行うこと。
評価方法
学期末試験による。
・ 基 準
評価方法
学期末試験による。
・ 基 準
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『使用しない』
テ キ スト 『使用しない』
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AT110
聴講の可否
○
科目ナンバリング AT111
聴講の可否
○
―9―
科 目 名
国際関係論Ⅳ(一)
国際関係論Ⅳ(二)
期間
前期
後期
科 目 名
国際関係論Ⅴ
担当教員
田中 文憲
配当
年次
1-4
担当教員
石﨑 一樹
単位数 2単位
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ 国際金融入門
テ ー マ アメリカを中心とするポピュラー音楽
到 達目標 国際的な
「もの」
と
[お金」
の流れについて理解する
到 達目標 ポピュラー音楽を通じてアメリカ社会を理解する
日本は貿易立国と言われ、特に輸出によって戦後の
経済復興をなしとげたと言っても過言ではない。こ
の貿易という国際間の
「もの」
の流れの裏には、必ず
授業概要
「お金」
の流れがある。この国際間の
「お金」
の流れを
扱うのが国際金融である。本講義では、 国際的に
「も
の」
と
「お金」
が動く仕組みについて考える。
授業内容
1.国際金本位制
2.日本と金本位制
3.国際金本位制の崩壊
4.ブレトンウッズ体制の成立
5.IMF
6.世界銀行
7.ITOとGATT
8.G7(1)目的と意義
9.G7(2)現状と問題点
10.サミット(1)目的と意義
11.サミット(2)現状と課題
12.GATTからWTOへ
13.WTOと農業問題
14.WTOの現状と問題点
15.授業まとめ
授業概要
ポピュラー音楽は古くから人間の生活には欠かせない文化形態のひとつであ
り、それぞれの場所や時代に即した形で存在してきた。移民によって形成さ
れてきた国家であるアメリカでは、様々な音楽形式が折衷され、大きなダイ
ナミズムが生み出されてきた経緯がある。例えばロックもそうしたダイナミ
ズムから生まれ、1960年代から70年代を通じて巨大産業化し爆発的に流行す
るが、いっぽうでキリスト教の道徳観と真正面から衝突し、徹底した批判の
対象にもなった。このように、ポピュラー音楽の歴史やあり方を知ることは、
アメリカの社会を深く知ることにつながる。本クラスでは、政治、文化、民
族、性差、メディア論、産業論などの観点からポピュラー音楽について考え
ることで、アメリカを中心とする西欧社会のあり方について考える。
1.アメリカのポピュラー音楽とその現状
2.移民の流入と音楽(1):「黄金の扉」としてのア
メリカ
3.移民の流入と音楽(2):黒人の哀歌(ブルース)
4.ジャズとR&B:西洋とアフリカの邂逅
5.ロックンロールの誕生:産業化するポピュラー
音楽
6.ハートランド ロック:人種と階級をめぐるダ
イナミズム
7.ブリティッシュ インヴェイジョン:音楽と文
化の輸出入
8.プログレ+サイケデリック:芸術表現としての
ロック
9.ヘヴィーメタル+パンク:音楽の批評性とは
10.ヒップ ホップ:アイデンティティ ポリティク
スと音楽
授業内容
11.メディアは「マッサージ」:MTVの隆盛
12.オルタナティヴ ロック、または「ロックの終
焉」
13.ブリットポップ:英国文化のルネサンス
14.身体性、テクノロジー、ロック・フェス:現代
の音楽産業
15.総括:ジャパン「クール」と世界のなかの日本の
音楽
事前・事後 授業中に配布する資料を用いて復習と次回授業の予
学
習 習を行うこと。
事前学習:次回授業で扱う項目について、ネットなど
事前・事後 で背景事情についてリサーチしておくこと。事後学
学
習 習:授業で配布した資料や、授業中に自分で取った
ノートをみて復習する。
評価方法
学期末試験による。
・ 基 準
評価方法
学習到達度確認と平常点による総合評価。
・ 基 準
履 修 上 の 国際金融・経済問題に関する各種報道に注意を払うこ
注意事項等 と。
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『使用しない』
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AT112
― 10 ―
聴講の可否
○
科目ナンバリング AT113
聴講の可否
○
国際関係論Ⅵ(一)
国際関係論Ⅵ(二)
期間
前期
後期
科 目 名
国際関係論Ⅶ
担当教員
羅 東耀
配当
年次
1-4
担当教員
西出 公之
単位数 2単位
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
1-4
主
科 目 名
テ ー マ オーストラリア事情
到 達目標 中国社会や異文化への理解
到 達目標
中華人民共和国誕生後の60余年間、中国の政治、経
済と社会は時計の振り子のように揺れ動いてきた。
授業概要
本講は、まずその間に起きた大きな出来事を史的に
説明し、その後その変化をテーマごとに説明する。
英語圏・英連邦のなかでのオーストラリアについて概
観したあと、オーストラリア事情の基礎的な事柄に
授業概要 ついて多面的に学習し、アジア・日本との関係を考察
する。ニユージーランドとオセアニア諸国について
も触れる。
授業内容
題
テ ー マ 中国社会の変化
オーストラリア事情についての基礎知識をつけ、ア
ジア・日本との関係について考える。
1.ガイダンス
2.英語圏の国々について
3.英連邦の国々について
4.オーストラリア概論
5.オーストラリア各論 1(地理)
6.オーストラリア各論 2
(自然とライフスタイル)
7.オーストラリア各論 3(政治)
8.オーストラリア各論 4(経済)
9.オーストラリア各論 5(移民・民族・宗教)
10.オーストラリア各論 6(文化・スポーツ)
11.オーストラリア各論 7(歴史)
12.オーストラリア各論 8(外交・対外政策)
13.オーストラリア各論 9(アジアとの関係、日本
との関係)
授業内容 14.ニュージーランド概論
15.オセアニア諸国概論
1.ガイダンス
2.中国の概況
3.国内戦争と中華人民共和国の誕生
4.社会主義のへの加速
5.「文化大革命」と経済改革
6.都市と農村の格差の「二重構造」
7.人口急増と人口政策
8.学校教育
9.大学生の国家主導の就職から就活
10.早婚から晩婚へ
11.社会保障制度の改革
12.経済発展と環境問題
13.多民族国家
14.地域間の格差と西部大開発
15.授業まとめ
授業の前にテキストを読み、授業の後関係の図書や
事前・事後
新聞・雑誌を読むといったような予習復習が必要であ
学
習
る。
事前・事後 世界情勢に興味を持って新聞を読んだり、オースト
学
習 ラリアに関する書籍を読んだりしてほしい。
最終授業時に学習到達度確認
(筆記)
を実施する。そ
評価方法
れを重視すると同時に、学習態度や普段の成績など
・ 基 準
も考慮する。
評価方法
学期末試験
(5択のマルチプルチョイス100題)
による。
・ 基 準
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『激変する中国』羅 東耀, 明新社, 2015年
テ キ スト 『使用しない』
参 考 書
参 考 書 『最初の授業でリストを配布する』
科目ナンバリング AT114
聴講の可否
○
科目ナンバリング AT115
聴講の可否
○
― 11 ―
科 目 名
国際関係論Ⅷ(一)
国際関係論Ⅷ(二)
期間
前期
後期
科 目 名
環境論Ⅰ(一)
環境論Ⅰ(二)
担当教員
田中 文憲
配当
年次
1-4
担当教員
☆土井 勝
単位数 2単位
単位数 2単位
期間
前期
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ ヨーロッパの政治・経済・文化について考える。
テ ー マ 物質とエネルギーの視点から捉えた地球環境
到 達目標 ヨーロッパについて多角的に理解する。
地球環境問題の原因と影響を理解し、解決のための
到 達目標 方策を考え行動できる基礎知識と思考力を身につけ
る
本講義では、ヨーロッパのさまざまな国を取り上げ、
それぞれの国の歴史をひもとき、国の成り立ち、す
授業概要 なわち政治・経済・文化などを考察する。さらに、こ
うした考察を通じて、ヨーロッパを多角的に理解す
ることを目指す。
産業革命を契機として、人類は
「物質」
と
「エネルギー」
に大
きな価値を認め、機械化による大量生産と大量消費の便利
で豊かな社会を生み出した。しかし、こうした人間の営為
が環境に負荷をかけ続け、地球と生物に深刻な影響をもた
授業概要 らしてしまった。地球と生物と人間の営為の総体を地球シ
ステムとして捉える立場から、地球環境問題の原因と現状
と将来予測を説明し、人間活動と地球環境の持続可能な関
係を構築するために、私たちは何をなすべきかを考える。
1.イギリスの歴史
2.イギリスの政治・経済・文化(1)エリザベスⅠ世
3.イギリスの政治・経済・文化(2)東インド会社
4.フランスの歴史
5.フランスの政治・経済・文化(1)エリート支配
6.フランスの政治・経済・文化(2)移民問題
7.オランダの歴史
8.オランダと日本の関係
9.オランダの政治・経済・文化(1)東インド会社
10.オランダの政治・経済・文化(2)ワークシェア
リング
11.スイスの歴史
12.スイスの政治・経済・文化(1)永世中立国
13.スイスの政治・経済・文化(2)銀行秘密
14.フィンランドの歴史・政治・経済・文化
授業内容 15.授業まとめ
授業内容
1.地球環境問題とは何か
2.物質的世界観
3.地球と生物の誕生と進化
4.地球の自然と物質
5.水系と大気系の環境汚染
6.エネルギーとエントロピー
7.気候変動と地球温暖化
8.放射バランスと温室効果ガス
9.温暖化の将来予測とその影響
10.温暖化防止への取り組み
11.放射線と人体への影響
12.放射能汚染と放射性廃棄物
13.エネルギー需要の現状と将来
14.新エネルギーと省エネルギー
15.授業のまとめ
事前・事後 授業中に配布する資料を用いて復習と次回授業の予
学
習 習を行うこと。
問題意識を持って授業に臨み、テキストと配布プリ
事前・事後 ントにより復習して、学習内容を確実に身につける
学
習 とともに、環境問題についての報道に関心を払い、
最新の知識を身につける。
評価方法
学期末試験による。
・ 基 準
評価方法 平常点40%と授業中
(最終授業等)
に実施する学習到
・ 基 準 達度確認60%により評価する。
履修上の
注意事項等
授業を欠席した場合は、自習により内容を理解して
履修上の
おくこと。なお、欠席が1/3以上に及ぶ場合は単位認
注意事項等
定されないので、注意すること。
テ キ スト 『使用しない』
テ キ スト 地立、斎藤紘一, 倍風館, 2008
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AT116
― 12 ―
『環境の科学 三訂版-われらの地球、未来の地球』山口勝三、菊
聴講の可否
○
科目ナンバリング AT117
聴講の可否
○
環境論Ⅱ(一)
環境論Ⅱ(二)
担当教員
☆藤原 剛
単位数 2単位
期間
前期
後期
科 目 名
環境論Ⅲ(一)
環境論Ⅲ(二)
配当
年次
1-4
担当教員
岩崎 敬二
到 達目標
最近の環境問題を理解し、対策を考え、実践する能
力を養う 前期
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ
自然保護学:生物の保護、自然環境の復元、自然との
共生
到 達目標
生物の保護と環境保全・復元の意義を把握し、人間と
自然とが共存できる社会の仕組みについて理解する。
我々の住む地球は深刻な環境問題に直面している。地球の
温暖化は既に不可逆的な過程に入りかけているという指摘
もある。進行する環境の悪化を食い止め、良好な環境を維
授業概要 持するために具体的な対策を考え実行することは人類の生
存のための緊急の課題である。授業では対象を大気と水に
絞って様々な環境問題の現状・原因・対策について学び、環
境を守るためにいかにすべきかを化学的観点から考える。
現在、拡大し続ける人間活動が、数多くの生物を絶滅に追
いやっています。この講義では、まずラッコやクジラなど
の絶滅の危機に瀕する希少動物の現状と絶滅要因について
授業概要 考えます。次に、身近な水道水の問題等を例として、自然
破壊につながる公共事業や開発の問題点を指摘します。最
後に生物の保護や自然の復元に関する具体例を取り上げ
て、自然と共生できる社会と生活のあり方を模索します。
1.地球環境問題とは
2.地球環境問題:日本の取り組み
3.地球温暖化:原因・現状
4.地球温暖化:対策1(京都議定書とその後)
5.地球温暖化:対策2(省エネルギー、バイオエ
タノール等)
6.地球温暖化:対策3(自然エネルギー)
7.酸性雨、大気汚染:現状、原因
8.酸性雨、大気汚染:対策1(硫黄酸化物)
9.酸性雨、大気汚染:対策2(窒素酸化物)
10.オゾン層の破壊:現状と原因
11.オゾン層の破壊:対策
12.重金属による水質汚濁
13.有機物による水質汚濁と冨栄養化
14.対策と下水処理 授業内容 15.授業まとめ
1.ラッコと海藻の森:ラッコの危機と海岸生態系
2.北海道のラッコは蘇るか:北海道のラッコの絶
滅
3.捕鯨の歴史:捕鯨賛成・反対論の対立
4.鯨肉を心置きなく食える日は再びやってくる
か?
5.生物の絶滅速度とその要因:加速する絶滅速度
とその要因の多様化
6.生物の多様性を守る意義
7.奈良市の水道水はおいしいか?:水質汚染と浄
水処理
8.河川の自浄作用について:食物連鎖を通した浄
化
9.ダムはムダ?:ダムの利点と欠点
10.ダムはムダ?:脱ダム宣言とダムの未来
授業内容 11.失われた水辺を復元する:多自然型河川工法と
は何か?
12.失われた水辺を復元する:多自然型河川工法の
利点と欠点
13.奈良県の親水護岸工事と多自然型河川工事
14.原発と環境問題:原発の利点と欠点
15.原発と環境問題:脱原発に向けた取り組み
配付したプリント等の資料について予習、復習を行っ
た上で授業に臨むこと。環境問題に関するマスコミ
事前・事後
の報道に注意すること。受講者は自分が環境の悪化
学
習
をくい止めるためにどのような行動を採ることがで
きるかを念頭に置いて学ぶことが重要である。
配布資料とノートで復習し、授業で扱った環境問題
事前・事後 が、新聞記事やテレビのニュースなどでどのように
学
習 報じられ、どのような展開を見せているかをチェッ
クしておくこと。
評価方法 授業中
(最終授業等)
に実施する学習到達度確認
(筆
・ 基 準 記による学力確認)
定期
(筆記)
試験
(100点満点)
で評価します。評価の基
評価方法
準は、重要な知識の修得度、その応用力、論理的な
・ 基 準
意見の展開、の3つです。
履修上の
注意事項等
講義をただ聞くだけという受動的な姿勢では不十分
履修上の
で、新聞やテレビの報道などから、最新の環境問題
注意事項等
を知ろうとする積極的な姿勢が必要です。
テ キ スト 『使用しない。必要な資料は授業中に配付する。』
テ キ スト
『明日の環境と人間 -地球をまもる科学の知恵-』川合真一郎、
参 考 書 山本義和, 化学同人
科目ナンバリング AT118
聴講の可否
○
参 考 書
科目ナンバリング AT119
聴講の可否
○
― 13 ―
題
テ ー マ 大気と水を巡る環境問題
単位数 2単位
期間
主
科 目 名
科 目 名
環境論Ⅳ
担当教員
岩崎 敬二
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
環境論Ⅴ
配当
年次
1-4
担当教員
☆藤原 剛
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ 自然保護と法律:日本の現状と問題点
テ ー マ 身の回りの
「色」
について考える
生物と自然を保護することの意義を把握し、日本の
到 達目標 自然保護に関する法律の現状、問題点と政治・行政・
司法との関わりを理解する。
到 達目標
貴重な自然や絶滅の危機に瀕している生物たちは、私
達の身近なところにも数多く存在しており、法律に
よって保護されています。しかし、その規制はまだま
授業概要 だ甘く、自然保護に充分に役立っていない法律も散見
されます。この講義では、日本の自然保護に関する法
律をわかりやすく解説しつつ、その問題点を指摘し、
将来の日本の法的自然保護の在り方を考えます。
人は古代から
「色」を巧みに生活に取り入れながら
生活環境を豊かにしてきた。この講義では、身の回
りに溢れていながら普段は見過ごしてしまいがちな
授業概要
「色」
を取り上げ、講義と植物などの天然の材料を用
いた染色を行う中で、
「色」
を科学的に理解し、
「色」
と生活環境との関わりを考える。
1.天然記念物は文化財:文化財保護法と天然記念
物
2.奈良の鹿は天然記念物:文化財保護法と文化・
自然遺産
3.里山も天然記念物に!:天然記念物制度の将来
4.国立公園での自然保護:自然公園法について
5.国定公園での自然保護:再び自然公園法につい
て
6.森林の公的機能の維持と増進?:森林法
7.広い範囲の自然を保護する必要性:自然環境保
全法
8.野生鳥獣を無許可で捕ってはいけない:鳥獣保
護法
9.絶滅危惧種を救え!:絶滅危惧種の保存法
10.自然への影響を事前に予測する:環境影響評価
法
授業内容
11.生物が原告となった裁判:自然の権利裁判につ
いて
12.失われた自然を再生する:自然再生推進法
13.外来種による被害を防ぐ:特定外来生物被害防
止法
14.原発による放射能汚染を規制できない!:環境
基本法
15.まとめ:日本における自然保護関連法の問題点
と将来
授業内容
「色」
を正しく理解し、生活環境を豊かにしていくた
めの基礎的な能力を養う。
1.講義:色とは何か
2.講義:なぜ色が見えるのか
3.講義:表色法1:色名法、マンセル法
4.講義:表色法2:反射スペクトル法、XYZ法
5.講義:天然染料と染色法
6.講義:実験法についての具体的な講義
7.実験:実験準備
8.実験:
「うこん」による直接染色
9.実験:
「きはだ」による直接染色
10.実験:
「あかね」による媒染染色
11.実験:
「すおう」による媒染染色
12.実験:
「あい」による建て染め染色
13.実験:マンセル色記号、反射スペクトルの測定
14.講義:測定結果の解析
15.講義:授業まとめ、 レポートについての指導
配布資料とノートで復習し、授業で扱った環境問題
事前・事後
や法律が、新聞記事やテレビのニュースなどでどの
学
習
ように報じられているかをチェックしておくこと。
事前に配付されたプリントは必ず読んで来ること。
事前・事後
特に、実験を伴う授業の時には実験手順をしっかり
学
習
と頭に入れて来ること。
定期
(筆記)
試験
(100点満点)
で評価します。評価の基
評価方法
準は、重要な知識の修得度、その応用力、論理的な
・ 基 準
意見の展開、の3つです。
評価方法 積 極的な授業への
「取 組」
(50%)およびレポート
・ 基 準 (50%)
によって行なう。
講義をただ聞くだけという受動的な姿勢では不十分
履修上の
で、新聞やテレビの報道などから、最新の環境問題
注意事項等
を知ろうとする積極的な姿勢が必要です。
4回以上欠席すると単位は認定されない。実験を伴
う授業の時の無断欠席は認めない。レポートの作成
履修上の
等単位の取得にはかなりの努力が必要。人数制限あ
注意事項等
り。事前
(詳細は掲示による)
に行う人数調整に必ず
参加すること。不参加の場合は受講できない。
テ キ スト
テ キ スト 『使用しない。必要な資料は授業中に配付する。』
参 考 書
参 考 書 『色の手帳』尚学図書・言語研究所, 小学館
科目ナンバリング AT120
― 14 ―
『色の科学』中村勝儼, 培風館,
聴講の可否
○
科目ナンバリング AT121
聴講の可否
×
環境論Ⅵ
担当教員
☆元田 茂充
後期
科 目 名
環境論Ⅶ(一)
配当
年次
1-4
担当教員
岩崎 敬二
環境の開発と保全、環境に対する多様な価値観の理
解
漁業における環境問題を中心に環境の開発と保全、
水生生物とその生息環境の利用と保護について、国
到 達目標
内外の様々な事例を検討し、人間活動と環境との関
係について理解する。
授業概要
漁業は環境との調和の上に成り立ってきた産業である。しかし、沿岸域・
干潟・河川・湖沼などその生産活動の場は開発の対象にもなっており、特
に近代以降の急激な、大規模な開発に伴って漁場は荒廃・消失し、漁業
は環境問題における「被害者」とされてきた。しかしその一方で、乱獲に
よる水産資源の枯渇や、それに起因する生態系への影響が指摘されるよ
うに、漁業は環境問題における「加害者」としての側面も併せ持っている。
この背景には様々な価値観・利害の相克が存在し、漁業における環境問
題は複雑なものとなっている。本講義では漁業における環境問題の事例
を様々な視点から検討し、人間活動と環境との関係について考えていく。
1.導入:漁業における環境問題
2.公害問題と沿岸漁村:不知火海(八代海)沿岸
3.開発による魚類生息環境の変化:濃尾平野
4.ダム開発と漁業問題・環境運動:長良川河口堰
5.干拓・淡水化事業と漁業問題・環境運動:宍道湖
・中海
6.伝統的環境利用形態の変容:琵琶湖
7.外来魚の移入と在来生態系の変化:琵琶湖
8.外来魚の移入と地域問題:ヴィクトリア湖
9.海獣類の保護と駆除:北海道
10.乱獲はなぜ起こるのか:捕鯨問題
11.乱獲を防ぐ取り組み:様々な漁業管理制度
12.干潟の開発と希少動物の保護:笠岡湾
13.絶滅危惧種と「生命の価値」:甲府盆地
14.エビ産業と環境問題:東南アジア
授業内容 15.漁場保全の取り組み:森林保全と漁業
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
1-4
テ ー マ 大和川水系の生物・環境調査
到 達目標
題
テ ー マ
単位数 2単位
期間
主
科 目 名
身近な川に棲む生物たちの多様性と水質、自然環境
との関係を理解する。
奈良大学の周辺を流れる秋篠川・佐保川・木津川で水
生生物の採集と環境調査を行ない、水質汚染の現状
を把握し、その原因を考え、水生生物による水質浄
授業概要 化作用
(自浄作用)
を学びます。なお、3時間目と4時
間目を連続して、野外調査や実験室での実習を行な
います。4人で一つの班を作り、グループ作業によっ
て、以下のような順序で進めます。
1.講義:河川をめぐる環境と生物の自浄作用につ
いて
2.講義:大和川水系と河川改修の現状
3.講義:河川景観と人間環境・自然環境
4.野外調査:大学近辺の秋篠川での生物の採集と
環境調査
5.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
6.野外調査:西大寺付近の秋篠川での生物の採集
と環境調査
7.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
8.下水処理場見学と野外調査:奈良県浄化セン
ターの見学と佐保川での生物採集・環境調査
9.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。また、下水を処理してく
授業内容
れる微生物の生態を高倍率の顕微鏡で観察し
ます。
10.野外調査:木津川水系での生物環境野外調査
11.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
12.生物学的水質判定法の説明と適用
13.多自然型河川工法による自然復元について
14.データのまとめと分析
15.調査結果の発表会と講評
事前学習:各回のテーマについて、事前に各種メディア
で調べておくこと。事後学習:配付資料・ノート等で授業
事前・事後
内容の復習をすること。授業中に紹介する参考文献を読
学
習
むとより理解が深まる。その他:新聞・テレビ等における
環境問題についての報道内容もチェックしておくこと。
配布資料とノートで復習し、授業で扱った環境問題、
事前・事後 特に水環境の保全に関する問題が新聞記事やテレ
学
習 ビのニュースなどでどのように報じられているかを
チェックしておくこと。
学期末に行う論述形式の筆記試験の成績と平常成績
により総合的に評価する。評価の基準は定期試験の
評価方法
成績を60 ~ 70%程度、平常成績を30 ~ 40%程度と
・ 基 準
する。平常成績は授業に取り組む姿勢や授業中の小
レポート等を評価の対象とする。
評価方法 レポート
(50%)
と演習態度
(50%)
によって評価しま
・ 基 準 す。3回以上の欠席は不合格とします。
積極的な授業参加を望む。授業内容は順番が前後し
履修上の
たり、受講生の興味・関心に応じて他の内容に差し替
注意事項等
えられる場合がある。
1)
第1回目の授業で班編成を行ないますので、必ず出
同じ曜日の4時間目に開講される環境
履 修 上 の 席すること。2)
(一)
と連続して行いますので、それも必ず同時
注意事項等 論Ⅷ
に登録・履修してください。
テ キ スト 『使用しない。プリントを配布する。』
テ キ スト
参 考 書 『授業中に適宜紹介する。』
参 考 書
科目ナンバリング AT122
聴講の可否
○
科目ナンバリング AT123
聴講の可否
○
― 15 ―
科 目 名
環境論Ⅶ(二)
担当教員
岩崎 敬二
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
環境論Ⅷ(一)
配当
年次
1-4
担当教員
岩崎 敬二
テ ー マ 大和川水系の生物・環境調査
到 達目標
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
1-4
テ ー マ 大和川水系の生物・環境調査
身近な川に棲む生物たちの多様性と水質、自然環境
との関係を理解する。
到 達目標
身近な川に棲む生物たちの多様性と水質、自然環境
との関係を理解する。
奈良大学の周辺を流れる秋篠川・佐保川・木津川で水
生生物の採集と環境調査を行ない、水質汚染の現状
を把握し、その原因を考え、水生生物による水質浄
授業概要 化作用
(自浄作用)
を学びます。なお、3時間目と4時
間目を連続して、野外調査や実験室での実習を行な
います。4人で一つの班を作り、グループ作業によっ
て、以下のような順序で進めます。
奈良大学の周辺を流れる秋篠川・佐保川・木津川で水
生生物の採集と環境調査を行ない、水質汚染の現状
を把握し、その原因を考え、水生生物による水質浄
授業概要 化作用
(自浄作用)
を学びます。なお、3時間目と4時
間目を連続して、野外調査や実験室での実習を行な
います。4人で一つの班を作り、グループ作業によっ
て、以下のような順序で進めます。
1.講義:河川をめぐる環境と生物の自浄作用につ
いて
2.講義:大和川水系と河川改修の現状
3.講義:河川景観と人間環境・自然環境
4.野外調査:大学近辺の秋篠川での生物の採集と
環境調査
5.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
6.野外調査:西大寺付近の秋篠川での生物の採集
と環境調査
7.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
8.下水処理場見学と野外調査:奈良県浄化セン
ターの見学と佐保川での生物採集・環境調査
9.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。また、下水を処理してく
授業内容
れる微生物の生態を高倍率の顕微鏡で観察し
ます。
10.野外調査:木津川水系での生物環境野外調査
11.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
12.生物学的水質判定法の説明と適用
13.多自然型河川工法による自然復元について
14.データのまとめと分析
15.調査結果の発表会と講評
1.講義:河川をめぐる環境と生物の自浄作用につ
いて
2.講義:大和川水系と河川改修の現状
3.講義:河川景観と人間環境・自然環境
4.野外調査:大学近辺の秋篠川での生物の採集と
環境調査
5.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
6.野外調査:西大寺付近の秋篠川での生物の採集
と環境調査
7.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
8.下水処理場見学と野外調査:奈良県浄化セン
ターの見学と佐保川での生物採集・環境調査
9.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。また、下水を処理してく
授業内容
れる微生物の生態を高倍率の顕微鏡で観察し
ます。
10.野外調査:木津川水系での生物環境野外調査
11.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
12.生物学的水質判定法の説明と適用
13.多自然型河川工法による自然復元について
14.データのまとめと分析
15.調査結果の発表会と講評
配布資料とノートで復習し、授業で扱った環境問題、
事前・事後 特に水環境の保全に関する問題が新聞記事やテレ
学
習 ビのニュースなどでどのように報じられているかを
チェックしておくこと。
配布資料とノートで復習し、授業で扱った環境問題、
事前・事後 特に水環境の保全に関する問題が新聞記事やテレ
学
習 ビのニュースなどでどのように報じられているかを
チェックしておくこと。
評価方法 レポート
(50%)
と演習態度
(50%)
によって評価しま
・ 基 準 す。3回以上の欠席は不合格とします。
評価方法 レポート
(50%)
と演習態度
(50%)
によって評価しま
・ 基 準 す。3回以上の欠席は不合格とします。
1)
第1回目の授業で班編成を行ないますので、必ず出
同じ曜日の4時間目に開講される環境
履 修 上 の 席すること。2)
(二)
と連続して行いますので、それも必ず同時
注意事項等 論Ⅷ
に登録・履修してください。
1)
第1回目の授業で班編成を行ないますので、必ず出
同じ曜日の3時間目に開講される環境
履 修 上 の 席すること。2)
(一)
と連続して行いますので、それも必ず同時
注意事項等 論Ⅶ
に登録・履修してください。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AT123
― 16 ―
聴講の可否
○
科目ナンバリング AT124
聴講の可否
○
環境論Ⅷ(二)
担当教員
岩崎 敬二
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
1-4
主
科 目 名
到 達目標
題
テ ー マ 大和川水系の生物・環境調査
身近な川に棲む生物たちの多様性と水質、自然環境
との関係を理解する。
奈良大学の周辺を流れる秋篠川・佐保川・木津川で水
生生物の採集と環境調査を行ない、水質汚染の現状
を把握し、その原因を考え、水生生物による水質浄
授業概要 化作用
(自浄作用)
を学びます。なお、3時間目と4時
間目を連続して、野外調査や実験室での実習を行な
います。4人で一つの班を作り、グループ作業によっ
て、以下のような順序で進めます。
1.講義:河川をめぐる環境と生物の自浄作用につ
いて
2.講義:大和川水系と河川改修の現状
3.講義:河川景観と人間環境・自然環境
4.野外調査:大学近辺の秋篠川での生物の採集と
環境調査
5.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
6.野外調査:西大寺付近の秋篠川での生物の採集
と環境調査
7.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
8.下水処理場見学と野外調査:奈良県浄化セン
ターの見学と佐保川での生物採集・環境調査
9.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。また、下水を処理してく
授業内容
れる微生物の生態を高倍率の顕微鏡で観察し
ます。
10.野外調査:木津川水系での生物環境野外調査
11.採集生物の同定:実験室で、顕微鏡を使って生
物の種を調べます。
12.生物学的水質判定法の説明と適用
13.多自然型河川工法による自然復元について
14.データのまとめと分析
15.調査結果の発表会と講評
配布資料とノートで復習し、授業で扱った環境問題、
事前・事後 特に水環境の保全に関する問題が新聞記事やテレ
学
習 ビのニュースなどでどのように報じられているかを
チェックしておくこと。
評価方法 レポート
(50%)
と演習態度
(50%)
によって評価しま
・ 基 準 す。3回以上の欠席は不合格とします。
1)
第1回目の授業で班編成を行ないますので、必ず出
同じ曜日の3時間目に開講される環境
履 修 上 の 席すること。2)
(二)
と連続して行いますので、それも必ず同時
注意事項等 論Ⅶ
に登録・履修してください。
テ キ スト
参 考 書
科目ナンバリング AT124
聴講の可否
○
― 17 ―
外
国
語
科
目
科 目 名
英語Ⅰ(一)
担当教員
☆菊池 あずさ
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅰ(三)
配当
年次
1-4
担当教員
山本 尚子
単位数 2単位
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
通年
配当
年次
1-4
外
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
期間
国
語
外国語を修得するには、たくさんの語彙を覚え、正確な文法で「表現」するこ
とが第一です。教科書は「スヌーピー」のキャラクターで有名なアメリカの漫画
『Peanuts』を中心に学んでいきます。ちょっとしたアメリカの生活を垣間見るこ
とができるだけでなく、四足のスヌーピーが登場したり、発見&驚きの多いテク
ストになっています。授業は、基本的な文法の確認を中心に進め、総合学習とし
てライティングとリスニングを行います。文法は初級からやり直すつもりですが、
「英語力をもっとつけたい」と思う意欲ある学生さんや、英語に自信があり英語が
好きな学生さん、そして「高校英語は不十分なまま終わったので、大学では心機
一転英語頑張るぞ」と決意新たにしている学生さんに受講してもらいたいです。
授業概要
英文を理解する上で必要な語彙、文法事項を確認し
ながら、英語の長文を正確に読む力を身につける。
1.オリエンテーション(成績評価、受講心得につ
いて詳細に説明するので、必ず出席すること)
2.自動詞
3.他動詞
4.句動詞
5.基本時制
6.進行形
7.完了形
8.時制まとめ
9.助動詞
10.名詞・冠詞
11.代名詞
12.名詞まとめ
13.受動態
14.受動態応用
授業内容 15.まとめ
16.オリエンテーション
17.形容詞
18.副詞
19.形容詞と副詞まとめ
20.分詞
21.不定詞
22.動名詞
23.準動詞まとめ
24.前置詞
25.接続詞
26.関係詞
27.関係詞まとめ
28.比較・否定
29.比較まとめ
30.まとめ
授業内容
1.オリエンテーション
2.Unit 1 Are you Ready for a Pet?<トピックセンテン
スとパラグラフの構造を理解する>
3.続き
4.Unit 2 Gap Year<比較する>
5.続き
6.Unit 3 What Is Wealth?<定義を示して例示する>
7.続き
8.Unit 4 Globalization<原因と結果を述べる>
9.続き
10.Unit 5 What I Learn in College<経験を語る(物語)>
11.続き
12.Unit 6 How Paper Is Rececled<手順を説明する>
13.続き
14.英語で物語を読む①
15.授業まとめ
16.オリエンテーション
17.Unit 7 Where Do Our Studetns Come From?<グラ
フなどを使いながら事実を説明する>
18.続き
19.Unit 8 From 'Snail Mail' to PDAs in Just Twenty
Years<事実を時系列に沿って説明する>
20.続き
21.Unit 9 Rules for Sccess<スピーチの文体に慣れる>
22.続き
23.Unit 10 Three Ways to Build a More
International Company<分類しながら説明する>
24.続き
25.Unit 11 A Suitable Hotel<効率的に情報を伝える
(e-mail)
>
26.続き
27.Unit 12 Another Earth?<報告する
(科学)>
28.続き
29.英語で物語を読む②
30.授業まとめ
事前・事後 毎回授業の最後に予習範囲を言いますので、必ず次
学
習 の授業出席の際にはそれをやってくること。
予習を前提として授業を進めるので、テキストにはあらかじ
め目を通し、わからない単語は辞書で調べておくこと。また、
事前・事後
各chapterにある設問にもあらかじめ答えておくこと。各
学
習
chapter終了後、そのchapterで扱った単語等の小テストを
実施するので、毎回の授業内容を復習しておくこと。
平常点(小テスト、授業への取り組み方)40% +学習
評価方法 到達度確認
(前期+後期)60%。ただし、予習せずに
・ 基 準 出席した場合は平常点から減点していく。遅刻・欠席
に関しても平常点から減点する。
平常点
(授業への取り組み、小テスト、課題)50%、
授業中
(最終授業時)
に実施する学習到達度確認
(筆
評価方法
記による学力確認)50%で評価する。*課題につい
・ 基 準
ては、第1回のオリエンテーションで説明するので、
受講希望者は必ず出席すること。
辞書は必ず毎回持参すること。以下の行為を行なっ
た者には、単位を出さない、それ以降の出席は認め
履修上の
ないといった厳しい処置を取る。
「無断での途中退席」
注意事項等
「授業中の飲食
(アメやガムなど)
」
「私語」
「携帯を見
る」
。
辞書
(電子辞書も可)
を必ず持参すること。遅刻は3回で
欠席1回とし、遅刻は授業開始30分まで認め、それ以降
履修上の
は欠席扱いとする。受講生の理解度に応じて進度を調整
注意事項等
する可能性もあるが、1章を2回で完了する予定である。
計画的に予習、復習に取り組むことが求められる。
テ キ スト 『Life with Snoopy』小中秀彦, 南雲堂, 2012
テ キ スト 金星堂, 2012
参 考 書
参 考 書
授業概要
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
『Reading Stream Pre-intermediate』Osamu Takeuchi
×
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
他,
×
― 19 ―
科 目 名
英語Ⅰ(六)
担当教員
☆福地 浩子
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅰ(七)
配当
年次
1-4
担当教員
西出 公之
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
2020年のオリンピック日本開催、また近年増加する外国人旅行者
という背景から、英語で外国人を助ける人員が社会でますます必
要となっている。英語がさほど得意でなくても、中学・高校で学
んだ基本語彙や単純な文法を使って、外国人をサポートすること
授業概要 は可能だ。本授業では、飲食店や買い物、ホテル、道案内といっ
た様々な場面でどのような表現や語彙を使い、英語で外国人に対
応するか練習する。日本文化の独自性について論じた興味深い英
文も読み、オーラルスキルだけでなく読み書きの力も高めたい。
海外旅行を題材にした下記のテキストを用いて、文
法・語法・語彙を総合的に学ぶ。英文の表現が自然に
授業概要 出てくるようになるまで音読をしてもらうが、音読
にはオーバーラッピングやシャドウイングを含む。
また、毎回の授業の最初で単語クイズを行う。
授業内容
1.授業計画、「英語を使って私達は何ができるか」議論、英語に
よる自己紹介
2.Unit 1: For here, or to go?(ファーストフード店での注文
対応)
3.Unit 1続き、Reading, "Rice Ball", Review Quiz 1
4.Unit 2:How many are in your party?"(レストランでの来
客対応)
5.Unit 2続き、Reading, "Ramen", Review Quiz 2
6.Unit 3: I'll be right back.(レストランでの接客サービス)
7.Unit 3続き、Reading, "Chopsticks", Review Quiz 3
8.学習到達度確認テスト①、英語ドラマ『フルハウス』①
9.英語日記:
「天気」「気分」、英語ドラマ『フルハウス』②
10.Unit 4: Would you like me to heat this up?(コンビニや
スーパーでの接客サービス)
11.Unit 4続き、Reading, "Oden", Review Quiz 4
12.Unit 5: Your total comes to 3, 240 yen.(買い物や飲食の
会計)
13.Unit 5続き、Reading, "Sign", Review Quiz 5
14.英語ドラマ『フルハウス』③、英語日記:
「体調」「したいこと」
15.前期のまとめと学習到達度確認テスト②
16.Unit 6: I'm truly sorry for the trouble.(商品やサービスへ
の苦情対応)
17.Unit 6続き、Reading, "Apology", Review Quiz 6
18.Unit 7: Do you have a reservation?(ホテルや旅館での
宿泊客受付)
19.Unit 7続き、Reading, "Japanese Inn", Review Quiz 7
20.英語ドラマ『フルハウス』③、英語日記:外出(1)(2)
21.Unit 8: Wi-Fi is available in this area.(商業施設でのサー
ビス提供や近隣情報の案内)
22.Unit 8続き、Reading, "Souvenir", Review Quiz 8
23.学習到達度確認テスト③、英語日記:
「買い物」
24.Unit 9: I highly recommend Sakura Restaurant(旅行者
への観光案内)
25.Unit 9続き、Reading, "Culture", Review Quiz 9
26.英語ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』①、英語日記:
「見た・
読んだ」「食べた・飲んだ」
27.Unit 10: Turn right at the first intersection.(道案内)
28.Unit 10続き、Reading, "Map Symbol", Review Quiz 10
29.Unit 11: Take the subway to Hommachi.(交通機関の利
用案内や観光施設の情報提供)
30.後期のまとめと学習到達度確認テスト④
1.ガイダンス
2.Unit 1 Prologue
3.Unit 2 On an Airplane
4.Unit 3 Landing at Holonulu Airport
5.Reading (Units 1-3)
6.Tips (Units 1-3)
7.Unit 4 Transit at Honolulu Airport
8.授業のまとめ
9.Unit 5 Exchange Money
10.Unit 6 Transportation
11.Reading (Units 4-6)
12.Tips (Units 4-6)
13.Unit 7 Hotel--Checking in
14.Unit 8 Staying at Hotel
15.授業のまとめ
授業内容 16.Unit 9 Sightseeing
17.Reading (Units 7-9)
18.Tips (Units 7-9)
19.Unit 10 Directions through Towns
20.Unit 11 Food and Drink
21.Unit 12 At the Restaurant
22.授業のまとめ
23.Reading (Units 10-12)
24.Tips (Units 10-12)
25.Unit 13 Shopping
26.Unit 14 Hotel --Checking out
27.Unit 15 Going Back Home
28.Reading(Units 13-15)
29.Tips (Units 13-15)
30.授業のまとめ
事前に指示したページに目を通し、知らない語彙は
事前・事後 辞書で調べてくること。毎回宿題チェックを行う。
学
習 単元が終わるごとに小テスト(Review Quiz)をする
ので、復習は欠かせない。
事前・事後 授業時に実施する学習到達度確認のための4回の筆
学
習 記試験に備えること。
平常点
(宿題・積極的取り組み・発言)30% Review
評価方法
Quiz 30% 提出物
(英語日記等)10% 学習到達度
・ 基 準
確認テスト20% プレゼンテーション 10%
評価方法 授業時に実施する学習到達度確認
(70%)
、毎回行う
・ 基 準 単語クイズへの取り組み
(30%)
。
辞書を持参
(電子辞書も可)
。教材忘れは厳禁。携帯・
履修上の
スマホは使用禁止。ロールプレイの練習が多いので、
注意事項等
クラスメイトと積極的に協力する態度が必要である。
履 修 上 の 教科書の他に、辞書を持参すること。授業に遅刻す
注意事項等 ると、単語クイズに参加できない。
テ キ スト 『You're Welcome! 』工藤多恵著, センゲージラーニング, 2016
テ キ スト 『Fly Across the Border』Masako Mikage, 松柏社, 2014
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL101
― 20 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
×
科 目 名
英語Ⅰ(八)
担当教員
内田 聖二
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅰ(十)
配当
年次
1-4
担当教員
☆後藤 朗子
単位数 2単位
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
通年
配当
年次
1-4
外
テ ー マ 総合英語I(基礎)
期間
1.IntroductionDVD鑑賞(1)
2.DVD鑑 賞(2)Chapter 1 Just Another
Wednesday Morning?
3.Chapter 1 Just Another Wednesday
Morning? (2)
4.Chapter 2 First Kiss -- Last Kiss?
5.Chapter 2 First Kiss -- Last Kiss? (2)
6.Chapter 3 Call Me!
7.Chapter 3 Call Me! (2)
8.Chapter 4 Tea at the Ritz?
9.Chapter 4 Tea at the Ritz? (2)
10.Chapter 4 Tea at the Ritz? (3)
11.Chapter 4 Tea at the Ritz? (4)
12.Chapter 5 The Birthday Party
13.Chapter 5 The Birthday Party (2)
14.Chapter 5 The Birthday Party (3)
授業内容
15.まとめ
16.Chapter 6 Room Service
17.Chapter 6 Room Service (2)
18.Chapter 7 Alone Again
19.Chapter 7 Alone Again (2)
20.Chapter 7 Alone Again (3)
21.Chapter 8 Behind Blue Door
22.Chapter 8 Behind Blue Door (2)
23.Chapter 8 Behind Blue Door (3)
24.Chapter 8 Behind Blue Door (4)
25.Chapter 9 New Hope
26.Chapter 9 New Hope (2)
27.Chapter 10 Just a Girl and a Boy
28.Chapter 10 Just a Girl and a Boy (2)
29.Chapter 10 Just a Girl and a Boy (3)
30.まとめ
1.ガイダンス
2.Unit 1 The Case of the Petite Wife
3.Unit 2 The Case of the Spinning Eggs
4.Unit 3 The Case of the Missing Model
5.Unit 4 The Case of the Theft at the Circus
6.Unit 5 The Case of the Italian Sports Car
7.Unit 6 The Case of the Lost Stamp
8.Unit 7 The Case of the Second Will
9.Unit 8 The Case of the Silver Bowl
10.Unit 9 The Case of the Double Blowout
11.Unit 10 The Case of the Fatal Oversight
12.Unit 11 The Case of the Jade Monkey
13 .Unit 12 The Case of the Confederate HalfDollar
14.Review Test 1&2
授業内容 15.前期授業まとめ
16.Unit 13 The Case of the Olympic Athelte
17.Unit 14 The Case of the Lost Spectacles
18.Unit 15 The Case of the Kidnapped Brother
19.Unit 16 The Case of the Anxious Nephew
20.Unit 17 The Case of the Health Formula
21.Unit 18 The Case of the Fatal Slip
22.Unit 19 The Case of the Arctic Hero
23.Unit 20 The Case of the Silver Pen
24.Unit 21 The Case of the Frightened Playboy
25.Unit 22 The Case of the Vanishing Hostage
26.Unit 23 The Case of the Escobi Sapphire
27.Unit 24 The Case of the Poisoned Drink
28.Review Test 3&4
29.語彙・文法の復習
30.後期授業まとめ
事前・事後
予習は必須。毎時間辞書を持参すること。
学
習
毎回、予習の課題提出がある。予習を前提として授
事前・事後 業を進めるので、物語と文法問題は必ず辞書で調べ
学
習 て丁寧に読んでくること。また、付属のCDを利用し
て、物語を音読して復習すること。
評価方法 平常点
(40%)
と前期と後期の最終授業時に実施する
・ 基 準 学習到達度確認
(60%)
で評価する。
評価方法 授業中に実施する学習到達度確認
(50%)
、提出課題
・ 基 準 (30%)
、授業への積極的参加度・発表
(20%)
履修上の
注意事項等
履 修 上 の 授業中での発表を重視します。予習の課題について
注意事項等 は、初回授業で説明します。
テ キ スト 『Notting Hill』R. Curtis, Pearson, 2005
テ キ スト
参 考 書
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
×
『Solve the Mystery2 and ImproveYour English Reading
Skills』Donald J. Sobol, 英宝社, 2016年
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
×
― 21 ―
語
映画のretold版を読み、基本的な英文を無理なく理
解できることを目指す。予習を前提とする。
国
授業概要
やさしい英語で書かれた短編ミステリーを、1回に1
話、文法・語彙を確認しながら、丁寧に読んでいく。
暗記ものの英語学習ではなく、言葉と文法に基づき、
授業概要 自分で考えて物語を読み解く。精読と音読で英語で
書かれた物語を読む楽しさを味わう。教科書の他に、
英国のミステリードラマを観て、イギリス英語やイ
ギリス文化に親しむ。
科 目 名
英語Ⅰ(十一)
担当教員
内田 聖二
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅰ(十二)
配当
年次
1-4
担当教員
☆橋本 貴
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
映画のretold版を読み、基本的な英文を無理なく理
授業概要
解できることを目指す。予習を前提とする。
比較的易しいテキストを用いてトラディショナルグ
ラマーに基づいた読解を行う。また海外のエピソー
授業概要
ドが基本となっているため異文化理解の手助けとな
る授業を行う。
1.IntroductionDVD鑑賞(1)
2.DVD鑑 賞(2)Chapter 1 Just Another
Wednesday Morning?
3.Chapter 1 Just Another Wednesday
Morning? (2)
4.Chapter 2 First Kiss -- Last Kiss?
5.Chapter 2 First Kiss -- Last Kiss? (2)
6.Chapter 3 Call Me!
7.Chapter 3 Call Me! (2)
8.Chapter 4 Tea at the Ritz?
9.Chapter 4 Tea at the Ritz? (2)
10.Chapter 4 Tea at the Ritz? (3)
11.Chapter 4 Tea at the Ritz? (4)
12.Chapter 5 The Birthday Party
13.Chapter 5 The Birthday Party (2)
14.Chapter 5 The Birthday Party (3)
授業内容
15.まとめ
16.Chapter 6 Room Service
17.Chapter 6 Room Service (2)
18.Chapter 7 Alone Again
19.Chapter 7 Alone Again (2)
20.Chapter 7 Alone Again (3)
21.Chapter 8 Behind Blue Door
22.Chapter 8 Behind Blue Door (2)
23.Chapter 8 Behind Blue Door (3)
24.Chapter 8 Behind Blue Door (4)
25.Chapter 9 New Hope
26.Chapter 9 New Hope (2)
27.Chapter 10 Just a Girl and a Boy
28.Chapter 10 Just a Girl and a Boy (2)
29.Chapter 10 Just a Girl and a Boy (3)
30.まとめ
1.THE REAL ALICE IN WONDERLAND
PART 1
2.THE REAL ALICE IN WONDERLAND
PART2
3.文法:分詞 形容詞 名詞
4.THE LADY ENTERED A UFO PART1
5.THE LADY ENTERED A UFO PART2
6.文法: 慣用語法 派生語 発音
7.THE DEAD MOMAN'S VOICE PART1
8.THE DEAD MOMAN'S VOICE PART2
9.文法: 重要構文 略語
10.THE DEATH OF PONPEI PART1
11.THE DEATH OF PONPEI PART2
12.文法:時制 慣用語法 活用
13.THE BERMUDA TRIANGLE PART1
14.THE BERMUDA TRIANGLE PART2
授業内容
15.文法:疑問詞 人称
16.THE $50.000 WALLPAPER PART1
17.THE $50.000 WALLPAPER PART2
18.文法:関係詞、慣用語法
19.THE TITANIC DISASTER PART1
20.THE TITANIC DISASTER PART2
21.文法:比較 受け身
22.A BOY'S DREAM PART 1
23.A BOY'S DREAM PART 2
24.文法:慣用語法 派生語
25.MUSIC FOR A DEAD MAN PART1
26.MUSIC FOR A DEAD MAN PART2
27.文法:叙述形容詞 同意語
28.SOUP FOR A RUSSIAN PART1
29.SOUP FOR A RUSSIAN PART2
30.文法:ことわざ 派生語
事前・事後
予習は必須。毎時間辞書を持参すること。
学
習
事前・事後 授業時間内に3~5名程度発表を行ってもらうが、
学
習 それ以外の人も事前にテキストを一読しておくこと。
評価方法 平常点
(40%)
と前期と後期の最終授業時に実施する
・ 基 準 学習到達度確認
(60%)
で評価する。
評価方法 発表点20%、授業への参加度
(質疑応答に対応でき
・ 基 準 るか等)20%、期末テスト60%を総合的に評価する。
履修上の
注意事項等
比較的易しい英文のショート・エッセーを速読できる
履修上の
程度の構文読解力と語彙力を必要とする。そのため、
注意事項等
講義前の予習を欠かさず行うこと。
テ キ スト 『Notting Hill』R. Curtis, Pearson, 2005
テ キ スト 雲堂, 2012
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL101
― 22 ―
『What a Story!-Readings in Easy English-』Brian Powle, 南
聴講の可否
×
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
×
科 目 名
英語Ⅰ(十三)
担当教員
☆橋本 貴
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅰ(十四)
配当
年次
1-4
担当教員
西出 公之
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
比較的易しいテキストを用いてトラディショナルグ
ラマーに基づいた読解を行う。また海外のエピソー
授業概要
ドが基本となっているため異文化理解の手助けとな
る授業を行う。
海外旅行を題材にした下記のテキストを用いて、文
法・語法・語彙を総合的に学ぶ。英文の表現が自然に
授業概要 出てくるようになるまで音読をしてもらうが、音読
にはオーバーラッピングやシャドウイングを含む。
また、毎回の授業の最初で単語クイズを行う。
外
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
国
1.ガイダンス
2.Unit 1 Prologue
3.Unit 2 On an Airplane
4.Unit 3 Landing at Holonulu Airport
5.Reading (Units 1-3)
6.Tips (Units 1-3)
7.Unit 4 Transit at Honolulu Airport
8.授業のまとめ
9.Unit 5 Exchange Money
10.Unit 6 Transportation
11.Reading (Units 4-6)
12.Tips (Units 4-6)
13.Unit 7 Hotel--Checking in
14.Unit 8 Staying at Hotel
15.授業のまとめ
授業内容 16.Unit 9 Sightseeing
17.Reading (Units 7-9)
18.Tips (Units 7-9)
19.Unit 10 Directions through Towns
20.Unit 11 Food and Drink
21.Unit 12 At the Restaurant
22.授業のまとめ
23.Reading (Units 10-12)
24.Tips (Units 10-12)
25.Unit 13 Shopping
26.Unit 14 Hotel --Checking out
27.Unit 15 Going Back Home
28.Reading(Units 13-15)
29.Tips (Units 13-15)
30.授業のまとめ
事前・事後 授業時間内に3~5名程度発表を行ってもらうが、
学
習 それ以外の人も事前にテキストを一読しておくこと。
事前・事後 授業時に実施する学習到達度確認のための4回の筆
学
習 記試験に備えること。
評価方法 発表点20%、授業への参加度
(質疑応答に対応でき
・ 基 準 るか等)20%、期末テスト60%を総合的に評価する。
評価方法 授業時に実施する学習到達度確認
(70%)
、毎回行う
・ 基 準 単語クイズへの取り組み
(30%)
。
比較的易しい英文のショート・エッセーを速読できる
履修上の
程度の構文読解力と語彙力を必要とする。そのため、
注意事項等
講義前の予習を欠かさず行うこと。
履 修 上 の 教科書の他に、辞書を持参すること。授業に遅刻す
注意事項等 ると、単語クイズに参加できない。
『What a Story!-Readings in Easy English-』Brian Powle, 南
テ キ スト 雲堂, 2012
テ キ スト 『Fly Across the Border』Masako Mikage, 松柏社, 2014
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
×
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
×
― 23 ―
語
1.THE REAL ALICE IN WONDERLAND
PART1
2.THE REAL ALICE IN WONDERLAND
PART2
3.文法:分詞 形容詞 名詞
4.THE LADY ENTERED A UFO PART1
5.THE LADY ENTERED A UFO PART2
6.文法: 慣用語法 派生語 発音
7.THE DEAD MOMAN'S VOICE PART1
8.THE DEAD MOMAN'S VOICE PART2
9.文法: 重要構文 略語
10.THE DEATH OF PONPEI PART1
11.THE DEATH OF PONPEI PART2
12.文法:時制 慣用語法 活用
13.THE BERMUDA TRIANGLE PART1
14.THE BERMUDA TRIANGLE PART2
授業内容
15.文法:疑問詞 人称
16.THE $50.000 WALLPAPER PART1
17.THE $50.000 WALLPAPER PART2
18.文法:関係詞、慣用語法
19.THE TITANIC DISASTER PART1
20.THE TITANIC DISASTER PART2
21.文法:比較 受け身
22.A BOY'S DREAM PART 1
23.A BOY'S DREAM PART 2
24.文法:慣用語法 派生語
25.MUSIC FOR A DEAD MAN PART1
26.MUSIC FOR A DEAD MAN PART2
27.文法:叙述形容詞 同意語
28.SOUP FOR A RUSSIAN PART1
29.SOUP FOR A RUSSIAN PART2
30.文法:ことわざ 派生語
科 目 名
英語Ⅰ(十五)
担当教員
☆荒木 孝子
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅰ(十六)
配当
年次
1-4
担当教員
☆荒木 孝子
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
英文法の基礎を復習しながら、大学レベルの運用能
力を身につける。各課の補助プリントを配布し、毎
授業概要 回記入して提出する。補足説明が必要な文法項目に
ついては、プリントを配布し、説明後確認テストを
行う。
スヌーピーの4コマ漫画を楽しみながら、日常生活
で使われる生の英語に接する。各単元ごとに、聞き
取り、作文、文法事項、漫画の日本語訳とその落ち
授業概要
を考えるプリントを配布し、授業後提出。文法項目
については、必要な場合、補助プリントを配布し、
説明する。その後確認テストを行う場合もある。
3.前回の続きと確認テスト
4.句と節
5.進行形と完了形 文法項目補助プリント配布、説明
6.前回の確認テスト
7.受動態 文法項目補助プリント配布、説明
8.前回の続きと確認テスト
9.使役動詞
10.5文型 文法項目補助プリント配布、説明
11.前回の続きと確認テスト
12.分詞、不定詞、動名詞。文法項目補助プリント配布、説明
13.前回の学習の続き 説明と練習問題
14.前回の学習の続き 説明と練習問題
授業内容 15.前回の学習の続き 説明と練習問題
16.分詞、不定詞、動名詞の確認テスト
17.関係代名詞と関係副詞 文法項目補助プリント配布、説明
18.前回の続きと練習問題
19.関係代名詞と関係副詞の確認テスト
20.助動詞 文法項目補助プリント配布と説明
21.前回の続きと練習問題
22.助動詞の確認テスト
23.否定構文
24.前置詞と接続詞
25.形容詞と副詞 比較についての補助プリント配布、説明
26.比較の確認テスト
27.仮定法 文法項目補助プリント配布、説明
28.仮定法の確認テスト
29.話法
30.授業のまとめ
1.イントロダクションと簡単なテスト
2.動詞の基本、聞き取り、作文と読解
3.群動詞、聞き取り、作文と読解
4.5文型の説明、聞き取り、作文と読解
5.5文型の練習、確認テスト
6.基本時制、作文と読解
7.進行形、聞き取り、作文と読解
8.完了形、聞き取りと作文と読解 完了形の文
法事項補助プリント配布、説明
9.完了形の説明の続きと練習問題
10.基本時制、進行形、完了形の確認テスト
11.助動詞、聞き取り、作文と読解
12.受動態、聞き取り、作文と読解 受動態の文
法事項補助プリント配布、説明
13.受動態の説明の続きと確認テスト
14.不定詞、分詞、動名詞 文法事項補助プリン
ト配布 授業内容
15.不定詞 聞き取り、作文と読解
16.分詞 聞き取り、作文と読解
17.動名詞 聞き取り、作文と読解
18.文法事項プリントによる学習
19.前回の続き
20.不定詞、分詞、動名詞の確認テスト
21.形容詞、副詞 聞き取り、作文と読解
22.関係詞 聞き取り、作文と読解
23.関係詞の文法事項プリント配布、説明と練習
24.関係詞の確認テスト
25.仮定法 聞き取り、作文と読解
26.仮定法の文法事項プリント配布 練習問題
27.仮定法の確認テスト
28.前置詞、名詞、代名詞の説明と聞き取り、作
文と読解
29.前回の学習の続き
30.授業のまとめ
各課の文法項目については、説明とともに、必要な
事前・事後
場合、補助プリントを配布し、確認テストを行う。
学
習
予習、復習が必ず必要である。
教科書の文法事項は、あらかじめ読んで、予習して
事前・事後
おく。授業中配布したプリントは、宿題になること
学
習
もあるが、必ず提出すること。
確認テストの回数が多いため、教科書のまとめのプ
評価方法
リントともに評価の基準とするので80% 補助プリ
・ 基 準
ントなどの提出20%
評価方法 平常授業への参加、レポート提出30% 確認テスト、
・ 基 準 配布物の提出70%
履修上の
毎時間、必ず辞書を持参すること。
注意事項等
履修上の
授業中の作業が多いので、必ず辞書は持参すること
注意事項等
テ キ スト 『Access to Simple English』Ishii 他, Seibido, 2013
テ キ スト Press, 2014
参 考 書
参 考 書
1.イントロダクションと簡単な到達度テスト
2.基本時制、品詞、文の種類 文法項目補助プリント
配布、説明
科目ナンバリング AL101
― 24 ―
聴講の可否
『Snoopy's World of English』Hidehiko Konaka, Asahi
×
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
×
科 目 名
英語Ⅰ(十七)
担当教員
☆中井 英民
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅰ(十八)
配当
年次
1-4
担当教員
山本 尚子
単位数 2単位
テ ー マ 総合英語I(基礎)
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
通年
配当
年次
1-4
外
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
期間
語
1.テキスト Chapter 1. および「英語発音についての概
要1」
2.テキスト Chapter 1. および「英語発音についての概
要2」
3.「英語の個別音1」
4.テキスト Chapter 2. および「英語の個別音2」
5.テキスト Chapter 2. および「英語の個別音3」
6.「英語の個別音 まとめ」
7.テキスト Chapter 3. および「英語の韻律1」
8.テキスト Chapter 3. および「英語の韻律2」
9.「英語の韻律 まとめ」
10.テキスト Chapter 4. および「英文法の復習1」
11.テキスト Chapter 4. および「英文法の復習2」
12.「英文法の復習3」
13.テキスト Chapter 5. および「英文法の復習4」
14.テキスト Chapter 5. および「英文法の復習5」
授業内容
15.授業まとめ
16.テキスト Chapter 6. および「英語語彙の学習方略1」
17.テキスト Chapter 6. および「英語語彙の学習方略2」
18.「英語語彙の学習方略 まとめ」
19.テキスト Chapter 7. および「英語リーディングの基礎1」
20.テキスト Chapter 7. および「英語リーディングの基礎2」
21.「英語リーディングの基礎 まとめ」
22.テキスト Chapter 8. および「英語速読法1」
23.テキスト Chapter 8. および「英語速読法2」
24.「英語速読法 まとめ」
25.テキスト Chapter 9. および「パラグラフリーディング1」
26.テキスト Chapter 9. および「パラグラフリーディング2」
27.「パラグラフリーディング まとめ」
28.テキスト Chapter 9. および「英語多読1」
29.テキスト Chapter 9. および「英語多読2」
30.授業のまとめ
国
授業概要
この授業では、高校までに学習した英語の文法、音声、語彙の確認を図るとと
もに、基礎的・総合的な英語運用能力の向上をめざします。テキストとしてごく
基礎的なリーディング教材を使用しますが、これ以外にも様々な教材を適宜配
布します。これらを用いて、基礎的な英語の音声、語彙、文法の定着を図ります。
まず英語の発音を理解し、発音記号が読めること、英語の文を正しく音読でき
るかを重点的に指導しますので、授業では発声練習が第一の重要な活動となり
ます。続いて、
基礎的な語彙・文法の確認と定着を図ります。さらに英語でのリー
ディングの基本的な技能の習得をめざします。リーディングに関してはパラグ
ラフ理解を通じた大意把握を中心的に学び、いわゆる訳読形式の授業は極力行
いません。ともかく今後の英語学習の基礎となるように、英文の音読がスムー
ズにできること、まとまった英文を読み大意が把握できることが最低限の習得
目標です。
授業概要
英文を理解する上で必要な語彙、文法事項を確認し
ながら、英語の長文を正確に読む力を身につける。
1.オリエンテーション
2.Unit 1 Are you Ready for a Pet?<トピックセン
テンスとパラグラフの構造を理解する>
3.続き
4.Unit 2 Gap Year<比較する>
5.続き
6.Unit 3 What Is Wealth?<定義を示して例示する>
7.続き
8.Unit 4 Globalization<原因と結果を述べる>
9.続き
10.Unit 5 What I Learn in College<経験を語る(物語)>
11.続き
12.Unit 6 How Paper Is Rececled<手順を説明する>
13.続き
14.英語で物語を読む①
15.授業まとめ
16.オリエンテーション
授業内容 17.Unit 7 Where Do Our Studetns Come From?<
グラフなどを使いながら事実を説明する>
18.続き
19 .Unit 8 From 'Snail Mail' to PDAs in Just
Twenty Years<事実を時系列に沿って説明する>
20.続き
21.Unit 9 Rules for Sccess<スピーチの文体に慣れる>
22.続き
23.Unit 10 Three Ways to Build a More
International Company<分類しながら説明する>
24.続き
25.Unit 11 A Suitable Hotel<効率的に情報を伝える
(e-mail)
>
26.続き
27.Unit 12 Another Earth?<報告する(科学)>
28.続き
29.英語で物語を読む②
30.授業まとめ
テキストは各授業で1課進むので、指示された項目を予習
してくること。次の週に小テストを実施することが多いの
事前・事後
で、復習も不可欠です。それぞれの時間に、上記の当該時
学
習
間の内容に関した補助資料や教材を配布しますが、それに
関しても家庭学習やテストを課す場合があります。
予習を前提として授業を進めるので、テキストにはあらか
じめ目を通し、わからない単語は辞書で調べておくこと。ま
事前・事後
た、各chapterにある設問にもあらかじめ答えておくこと。
学
習
各chapter終了後、そのchapterで扱った単語等の小テス
トを実施するので、毎回の授業内容を復習しておくこと。
評価は、授業中
(最終授業等)
に実施する学習到達確
評価方法
認
(筆記等による学力確認)
と平常点
(小テスト、課題
・ 基 準
提出、積極的な授業への参加姿勢)
をもって行います。
平常点
(授業への取り組み、小テスト、課題)50%、
授業中
(最終授業時)
に実施する学習到達度確認
(筆
評価方法
記による学力確認)50%で評価する。*課題につい
・ 基 準
ては、第1回のオリエンテーションで説明するので、
受講希望者は必ず出席すること。
遅刻は3回で欠席1回に換算します。遅刻は授業開
履 修 上 の 始30分まで認め、それ以降の入室は、欠席扱いに
注意事項等 なります。年間、授業時数の3分の1を超えて欠席し
た場合は、学習到達度確認の受験を認めません。
辞書
(電子辞書も可)
を必ず持参すること。遅刻は3回で
欠席1回とし、遅刻は授業開始30分まで認め、それ以降
履修上の
は欠席扱いとする。受講生の理解度に応じて進度を調
注意事項等
整する可能性もあるが、1章を2回で完了する予定であ
る。計画的に予習、復習に取り組むことが求められる。
『Story Time - Further Readings in Easy English』Brian
『Reading Stream Pre-intermediate』Osamu Takeuchi他, 金
テ キ スト Powle, Kenneth Kendrick, 他, 南雲堂, 2007
テ キ スト 星堂, 2012
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
×
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
×
― 25 ―
科 目 名
英語Ⅰ(十九)
担当教員
☆中村 博文
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅰ(二十)
配当
年次
1-4
担当教員
☆中村 博文
単位数 2単位
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
テ ー マ 総合英語Ⅰ
(基礎)
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
到 達目標 基本的な文法の復習と英語運用の基礎
授業概要
このテキストは科学的なテーマを扱った内容で、寄生虫のストラテ
ジー、減少しているミツバチ、何故シロクマは南極にいないのか、宇
宙人はいるのか、
等々多岐にわたって論述されている。科学的とはいえ、
文系の諸君が読んでも肩をこらせることなく楽しく読める。21世紀に
生きる私たちには、科学的な知識は絶対必要であり、いわば
「生活の中
の科学」
と言うことができる。クラスでは、あらかじめ割り当てたテキ
ストの英文を和訳したり、また文中に登場する専門用語などのリサー
チを行いプレゼンしてもらうこともある。更に、テキストの英文を吹
き込んだ附属CDも活用し、リスニング能力の向上を目指したい。
授業内容
1. イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン。 そ の 後Unit 1。Parasitic
Butterflies and Their Host Ants 寄生虫とは?
2.Unit 1 寄生虫の恐るべきストラテジー。
3.Unit 2 Where Have All the Honeybees Gone? 人
類と蜂蜜の歴史を探る。
4.Unit 2 ミツバチ減少の謎。
5.Unit 3 He or She? 自然界における「性」
6.unit 3「性」を変える生き物たち。
7.Unit 4 Brain Regeneration 脳の不思議。
8.Unit 4 脳細胞も再生するのか?
9.Unit 5 Now You See It, Now You Don't: The
Invisible Gorilla 知覚の謎。
10.Unit 5「脳」のトリック。関連DVDを見る予定。
11.Unit 6 Be Careful of Paper-cuts 感染症と抗生物質。
12.Unit 6 MRSA 善玉菌と悪玉菌のバランス。
13.Unit 7 Baby Corals Dance Their Way Home 二酸
化炭素を吸収するサンゴの効能。
14.Unit 7 絶滅の危機に瀕しているサンゴ。
15.前期授業のまとめ。
16.Unit 9 No Polar Bears in Antarctic シロクマの生態
を知る。
17.Unit 9 シロクマは南極にはいないのは何故?
18.Unit 10 Wish Uopn a Shooting Star「流れ星」はどの
ような現象なのか?
19.Unit 10「流れ星」が地球にもたらす影響とは?
20.Unit 11 It's Not Safe Out There! 宇宙からの落下物。
21.Unit 11 小惑星とは?
22.Unit 12 Come Out, Come Out, Wherever You
are! 宇宙人は既に地球に来ているのか?
23.Unit 12 世界中の海底にのこる「人為的な」遺物の正体。
24.Unit 13 Who Is The Smallest of Them All? 年々小型
化する生き物たち。
25.Unit 13 地球温暖化が生き物に与える影響。
26.Unit 14 Missing Link: Tiktaalik Tiktaalikとは?
27.Unit 14 脊椎動物の進化を知る。
28.Unit 15 The Bittersweet Battle with Cockroaches ゴキブリを科学する。
29.Unit 15 ゴキブリの学習能力。
30.後期授業のまとめ。
期間
通年
配当
年次
1-4
授業概要
このテキストは科学的なテーマを扱った内容で、寄生虫のストラテ
ジー、減少しているミツバチ、何故シロクマは南極にいないのか、宇
宙人はいるのか、
等々多岐にわたって論述されている。科学的とはいえ、
文系の諸君が読んでも肩をこらせることなく楽しく読める。21世紀に
生きる私たちには、科学的な知識は絶対必要であり、いわば
「生活の中
の科学」
と言うことができる。クラスでは、あらかじめ割り当てたテキ
ストの英文を和訳したり、また文中に登場する専門用語などのリサー
チを行いプレゼンしてもらうこともある。更に、テキストの英文を吹
き込んだ附属CDも活用し、リスニング能力の向上を目指したい。
授業内容
1.イントロダクション。その後Unit 1。Parasitic Butterflies
and Their Host Ants 寄生虫とは?
2.Unit 1 寄生虫の恐るべきストラテジー。
3.Unit 2 Where Have All the Honeybees Gone? 人類と
蜂蜜の歴史を探る。
4.Unit 2 ミツバチ減少の謎。
5.Unit 3 He or She? 自然界における「性」
6.unit 3「性」を変える生き物たち。
7.Unit 4 Brain Regeneration 脳の不思議。
8.Unit 4 脳細胞も再生するのか?
9.Unit 5 Now You See It, Now You Don't: The Invisible
Gorilla 知覚の謎。
10.Unit 5「脳」のトリック。関連DVDを見る予定。
11.Unit 6 Be Careful of Paper-cuts 感染症と抗生物質。
12.Unit 6 MRSA 善玉菌と悪玉菌のバランス。
13.Unit 7 Baby Corals Dance Their Way Home 二酸化炭
素を吸収するサンゴの効能。
14.Unit 7 絶滅の危機に瀕しているサンゴ。
15.前期授業のまとめ。
16.Unit 9 No Polar Bears in Antarctic シロクマの生態を知
る。
17.Unit 9 シロクマは南極にはいないのは何故?
18.Unit 10 Wish Uopn a Shooting Star「流れ星」はどのよう
な現象なのか?
19.Unit 10「流れ星」が地球にもたらす影響とは?
20.Unit 11 It's Not Safe Out There! 宇宙からの落下物。
21.Unit 11 小惑星とは?
22.Unit 12 Come Out, Come Out, Wherever You are! 宇
宙人は既に地球に来ているのか?
23.Unit 12 世界中の海底にのこる「人為的な」遺物の正体。
24.Unit 13 Who Is The Smallest of Them All? 年々小型化
する生き物たち。
25.Unit 13 地球温暖化が生き物に与える影響。
26.Unit 14 Missing Link: Tiktaalik Tiktaalikとは?
27.Unit 14 脊椎動物の進化を知る。
28.Unit 15 The Bittersweet Battle with Cockroaches ゴ
キブリを科学する。
29.Unit 15 ゴキブリの学習能力。
30.後期授業のまとめ。
毎時間にカバーするテキストの内容を、あらかじめ
事前・事後 調べておくこと。このテキストは理系の内容で、専
学
習 門用語も頻出するため、Wikipediaなどで常に検索
し、豊富な知識を持ってほしい。
毎時間にカバーするテキストの内容を、あらかじめ
事前・事後 調べておくこと。このテキストは理系の内容で、専
学
習 門用語も頻出するため、Wikipediaなどで常に検索
し、豊富な知識を持ってほしい。
前期末、後期末二つのテストの平均は80%とし、ク
評価方法
ラスでの和訳をはじめとするプレゼン、提出物を
・ 基 準
20%として合算し、総合的に評価する。
前期末、後期末二つのテストの平均は80%とし、ク
評価方法
ラスでの和訳をはじめとするプレゼン、提出物を
・ 基 準
20%として合算し、総合的に評価する。
履 修 上 の 意欲的な態度で授業に臨むべきである。無断の欠席、
注意事項等 遅刻、早退は厳禁である。
履 修 上 の 意欲的な態度で授業に臨むべきである。無断の欠席、
注意事項等 遅刻、早退は厳禁である。
テ キ スト 『Mysteries in Science』Geraldine Twilley et.al., 南雲堂, 2015年
テ キ スト 『Mysteries in Science』Geraldine Twilley et.al., 南雲堂, 2015年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL101
― 26 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AL101
聴講の可否
×
科 目 名
英語Ⅱ(一)
担当教員
内田 聖二
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅱ(二)
配当
年次
1-4
担当教員
☆荒木 孝子
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
季節、休日など、イギリス事情の日常的なテーマに
授業概要 ついて書かれた文章を読み、関連する語彙を学びな
がら内容を把握する力を身につける。
アイルランドの歴史と文化を学びながら、読解力、
作文力を身につける。ビデオ、DVD、CDにより、内
容理解を深めるとともに、リスニング能力を高める。
授業概要
各単元で、内容についての英問、英答による確認テ
ストを行う。後半では、アイルランドの伝説や物語
を読む。
外
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
国
1.オリエンテーション。アイルランドの歴史について、
プリントとDVDによる簡単な紹介。
2.先史時代の古墳などについて英文を読み、日本の古
墳との比較を簡単に英語で書き、提出する。
3.ケルト人、ケルズの書について読む。
4.前回までの確認テスト。英語で書き提出。
5.バイキングについて読む。
6.ノルマン人のイギリス支配について読む。
7.前回までの確認テスト。英語で書き提出。
8.イギリスの支配の強化、アイルランド貴族の逃亡ま
でを読む。
9.ボイン川の戦いまでを読む。
10.前回までの確認テスト。
11.アイルランド人のイギリスに対する反乱までを読む。
12.ロバート・エメット、ダニエル・オコネルまでを読む。
13.大飢饉について読む。
14.前回までの確認テスト。
15.授業のまとめ
.イギリスからの独立戦争について読む。
授業内容 16
17.DVD「マイケル・コリンズ」を見て、時代背景を確認
する。
18.リーアム・オフラハティの短編小説"The Sniper"を
読む。
19.前回の続き。
20.DVD「麦の穂を揺らす風」を見て、アイルランド内
戦を理解する助けとする。
21.前回までの確認テスト。
22.北アイルランド紛争から平和協定までを読む。
23.アイルランドの伝説「クアルンゲの牛とり」を読む。
24.前回の続き。
25.前回までの確認テスト。
26.アイルランドの妖精物語についての簡単な紹介文を
読み、ビデオを見る。
27.エディ・レニハンの妖精物語を読む。
28.前回の続き。
29.アイルランドの伝承物語についてのレポートを英語
で提出。
30.授業のまとめ。
事前・事後
予習は必須。毎時間辞書を持参すること。
学
習
配布プリントが多いので、必ず予習する必要がある。
事前・事後 確認テストは英語が大半なので、教科書、配布プリ
学
習 ントの復習を必ずすること。教科書の英文がかなり
難しいので、予習は不可欠である。
評価方法 平常点
(40%)
と前期と後期の最終授業時に実施する
・ 基 準 学習到達度確認
(60%)
で評価する。
評価方法
確認テスト60% 提出物、レポート40%
・ 基 準
履修上の
注意事項等
履 修 上 の 毎回辞書を持参すること。辞書がないと教科書や配
注意事項等 布プリントの英語を読むことがむずかしい。
『Viewpoints: Japan and England』T. O'Brien et al., Nan'un-
テ キ スト do, 2015
テ キ スト 『A Look at Ireland』R.Kelly 他, 開文社, 2003
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL102
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL102
聴講の可否
△
― 27 ―
語
1.IntroductionLesson 1 Heights
2.Lesson 1 Heights
3.Lesson 2 Seasons
4.Lesson 2 Seasons 2
5.Lesson 3 Be Careful with your licence.
6.Lesson 3 Be Careful with your licence. 2
7.Lesson 4 Doctors
8.Lesson 4 Doctors 2
9.Lesson 5 Business Hours
10.Lesson 5 Business Hours 2
11.Lesson 6 Public Holidays
12.Lesson 6 Public Holidays 2
13.Lesson 7 Your Transport, My Transport
14.Lesson 7 Your Transport, My Transport
15.まとめ
授業内容 16.Lesson 8 Convenience Stores
17.Lesson 8 Convenience Stores 2
18.Lesson 9 Is it a good noise?
19.Lesson 9 Is it a good noise? 2
20.Lesson 10 Fireworks
21.Lesson 10 Fireworks 2
22.Lesson 11 Public or Private?
23.Lesson 11 Public or Private? 2
24.Lesson 12 Technology
25.Lesson 12 Technology 2
26.Lesson 13 Weddings
27.Lesson 13 Weddings 2
28.Lesson 14 Dialects
29.Lesson 14 Dialects 2
30.まとめ
科 目 名
英語Ⅱ(三)
担当教員
☆島田 拓司
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅱ(四)
配当
年次
1-4
担当教員
☆中井 英民
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
この授業では、基礎的な文法事項の確認、それに基
づくリーディングの演習を通して、中級程度の英語
力を養成する。毎週、前回の授業で学習した内容に
授業概要 ついての小テストを授業開始直後に行う。小テスト
の後、文法事項の説明を行い、宿題とした文法問題
の解答を確認する。最後にリーディング演習を行う。
必ず予習をして授業に臨むこと。
この授業では、標準的な英語の文法力、語彙力を養
成し、それを土台にして、英語を聞き、話し、読み、
書くという4技能にわたる総合的な英語運用能力の
授業概要 習得を目標とします。特に、映画を用いた教科書を
使い、英語の音声に親しみ、英語を用いた基礎的な
オーラル・コミュニケーション能力の育成を図りま
す。
1.オリエンテーション、診断テスト
2.名詞(数えられる名詞,数えられない名詞),読解問題
3.小テスト,冠詞(不定冠詞,定冠詞),読解問題
4.小テスト,代名詞(特別用法,thisとthat,再帰代名詞),読
解問題
5.小テスト,代名詞(慣用表現,不定代名詞),読解問題
6.小テスト,時制(現在,過去,未来),読解問題
7.小テスト,進行形(現在進行形,過去進行形,未来進行形,
進行形にならない動詞),読解問題
8.小テスト,完了形(現在完了形,現在完了進行形),読解問題
9.小テスト,完了形(過去完了形,過去完了進行形,未来完了形),
読解問題
10.小テスト,助動詞(can, may, must)
,読解問題
11.
小テスト,
助動詞
(would, should, ought to, used toなど)
,
読解問題
12.小テスト,関係詞(who, which, thatの用法)
,読解問題
13.小テスト,関係詞
(関係代名詞+前置詞,whatの用法,関係
副詞,限定用法と継続用法),読解問題
14.前期の復習
15.前期のまとめ
16.態(受動態の作り方,基本的な構文の受動態),読解問題
17.小テスト,態(注意すべき受動態,by以外の前置詞を用いる
受動態),読解問題
18.小テスト,不定詞(名詞用法,形容詞用法,副詞用法),読解
問題
19.小テスト,不定詞(注意すべき不定詞の用法,原形不定詞,
慣用表現),読解問題
20.小テスト,分詞(限定用法,叙述用法),読解問題
21.小テスト,分詞(分詞構文,独立分詞構文),読解問題
22.小テスト,動名詞(動名詞の用法,動名詞と不定詞),読解問
題
23.小テスト,動名詞(動名詞の意味上の主語,完了形の動名詞,
慣用表現),読解問題
24.小テスト,形容詞・副詞,読解問題
25.小テスト,比較(原級,比較級,最上級),読解問題
26.小テスト,比較(注意すべき比較表現),読解問題
27.小テスト,前置詞,読解問題
28.小テスト,仮定法(仮定法過去,仮定法過去完了),読解問題
29.小テスト,仮定法(仮定法未来,慣用表現),読解問題
30.後期の復習とまとめ
授業内容
1.Unit 1:ガイダンス1、及び春学期映画『Pay It
Forward』
視聴(前半)
2.Unit 1:ガイダンス2、及び春学期映画『Pay It
Forward』
視聴(後半)
3.Unit 2:Reading Focus
4.Unit 2:Communication Activities
5.Unit 3:Reading Focus
6.Unit 3:Communication Activities
7.Unit 4:Reading Focus
8.Unit 4:Communication Activities
9.Unit 5:Reading Focus
10.Unit 5:Communication Activities
11.Unit 6:Reading Focus
12.Unit 6:Communication Activities
13.Unit 7:Reading Focus
14.Unit 7:Communication Activities
15.授業のまとめ
授業内容
16.Unit 8:ガイダンス1、及び秋学期映画『Night
at the Museum』
視聴(前半)
17.Unit 8:ガイダンス2、及び秋学期映画『Night
at the Museum』
視聴(後半)
18.Unit 9:Reading Focus
19.Unit 9:Communication Activities
20.Unit 10:Reading Focus
21.Unit 10:Communication Activities
22.Unit 11:Reading Focus
23.Unit 11:Communication Activities
24.Unit 12:Reading Focus
25.Unit 12:Communication Activities
26.Unit 13:Reading Focus
27.Unit 13:Communication Activities
28.Unit 14:Reading Focus
29.Unit 14:Communication Activities
30.授業のまとめ
前回の授業内容についてよく復習し、小テストの準
事前・事後
備をしておくこと。テキストの文法事項を予習し、
学
習
練習問題を解答して授業に臨むこと。
テキストは2時間で1課進むので、指示された項目を予習
してくること。次の週に小テストを実施することが多い
事前・事後
ので、復習も不可欠です。それぞれの時間に、上記の当
学
習
該時間の内容に関した補助資料や教材を配布しますが、
それに関しても家庭学習やテストを課す場合があります。
学習到達度確認50%、授業への貢献度20%、語彙・文
評価方法
法・表現の小テスト30%の割合で、それぞれの素点の
・ 基 準
合計得点で評価する。
評価は、授業中
(最終授業等)
に実施する学習到達確
評価方法
認
(筆記等による学力確認)
と平常点
(小テスト、課題
・ 基 準
提出、積極的な授業への参加姿勢)
をもって行います。
履 修 上 の 辞書
(電子辞書を含む)
を必ず持参すること。積極的
注意事項等 な授業参加を望む。
遅刻は3回で欠席1回に換算します。遅刻は授業開
履 修 上 の 始30分まで認め、それ以降の入室は、欠席扱いにな
注意事項等 ります。年間、授業時数の3分の1を超えて欠席した
場合は、学習到達度確認の受験を認めません。
『New English Master( リ ー デ ィ ン グ に つ な げ る 英 文 法 )』
テ キ スト Nagaki Kitayama, Margaret Yamanaka, Keiichiro Fukui,
テ キ スト 『Step Up With Movie English』井村誠(他)[編], 金星堂, 2010
参 考 書 『総合英語Forest 7th edition』石黒昭博監修, 桐原書店, 2013
参 考 書
科目ナンバリング AL102
科目ナンバリング AL102
成美堂, 2015
― 28 ―
聴講の可否
△
聴講の可否
△
科 目 名
英語Ⅱ(五)
担当教員
西出 公之
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅱ(六)
配当
年次
1-4
担当教員
西出 公之
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
250語から300語程度で書かれたさまざまなトピック
の英文を、文法・語法・語彙・表現に留意して読解する。
そのあと、英文の表現が自然に出てくるようになる
授業概要
まで音読をしてもらうが、音読にはオーバーラッピ
ングやシャドウイングを含む。また、毎回の授業の
最初で単語クイズを行う。
250語から300語程度で書かれたさまざまなトピック
の英文を、文法・語法・語彙・表現に留意して読解する。
そのあと、英文の表現が自然に出てくるようになる
授業概要
まで音読をしてもらうが、音読にはオーバーラッピ
ングやシャドウイングを含む。また、毎回の授業の
最初で単語クイズを行う。
1.前期ガイダンス
2.Lesson 1 Yoga
3.Lesson 2 Post-it Notes
4.Lesson 3 Space Travel
5.Lesson 4 Internet Slang
6.Lesson 5 Ice Cream Taster
7.Lesson 6 Mia Hamm
8.授業のまとめ
9.Lesson 7 Bullying
10.Lesson 8 Quebec Winter Carnival
11.Lesson 9 Plagiarism
12.Lesson 10 Sick House Syndrome
13.Lesson 11 Bird Strike
14.Lesson 12 Underpopulation
15.授業のまとめ
授業内容 16.後期ガイダンス
17.Lesson 13 Jellyfish
18.Lesson 14 Glass Artist
19.Lesson 15 Brazilian Soccer
20.Lesson 16 The Oedipus and Electra
Complexes
21.Lesson 17 Yahoo!
22.Lesson 18 Light Pollution
23.授業のまとめ
24.Lesson 19 The Variety of English
25.Lesson 20 Virtual Reality Therapy
26.Lesson 21 Guy Fawkes Day
27.Lesson 22 In 2030
28.Lesson 23 Astronauts in Space
29.Lesson 24 Crash Test Dummies
30.授業のまとめ
1.前期ガイダンス
2.Lesson 1 Yoga
3.Lesson 2 Post-it Notes
4.Lesson 3 Space Travel
5.Lesson 4 Internet Slang
6.Lesson 5 Ice Cream Taster
7.Lesson 6 Mia Hamm
8.授業のまとめ
9.Lesson 7 Bullying
10.Lesson 8 Quebec Winter Carnival
11.Lesson 9 Plagiarism
12.Lesson 10 Sick House Syndrome
13.Lesson 11 Bird Strike
14.Lesson 12 Underpopulation
15.授業のまとめ
授業内容 16.後期ガイダンス
17.Lesson 13 Jellyfish
18.Lesson 14 Glass Artist
19.Lesson 15 Brazilian Soccer
20.Lesson 16 The Oedipus and Electra
Complexes
21.Lesson 17 Yahoo!
22.Lesson 18 Light Pollution
23.授業のまとめ
24.Lesson 19 The Variety of English
25.Lesson 20 Virtual Reality Therapy
26.Lesson 21 Guy Fawkes Day
27.Lesson 22 In 2030
28.Lesson 23 Astronauts in Space
29.Lesson 24 Crash Test Dummies
30.授業のまとめ
事前・事後 授業時に実施する学習到達度確認のための4回の筆
学
習 記試験に備えること。
事前・事後 授業時に実施する学習到達度確認のための4回の筆
学
習 記試験に備えること。
評価方法 授業時に実施する学習到達度確認
(70%)
、毎回行う
・ 基 準 単語クイズへの取り組み
(30%)
。
評価方法 授業時に実施する学習到達度確認
(70%)
、毎回行う
・ 基 準 単語クイズへの取り組み
(30%)
。
履 修 上 の 教科書の他に、辞書を持参すること。授業に遅刻す
注意事項等 ると、単語クイズに参加できない。
履 修 上 の 教科書の他に、辞書を持参すること。授業に遅刻す
注意事項等 ると、単語クイズに参加できない。
外
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
参 考 書
参 考 書
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL102
聴講の可否
△
― 29 ―
語
『Practical Reading Expert(基礎教化編)』Makoto Shishido
テ キ スト et al, 成美堂, 2012
科目ナンバリング AL102
国
『Practical Reading Expert(基礎教化編)』Makoto Shishido
テ キ スト et al, 成美堂, 2012
科 目 名
英語Ⅱ(七)
担当教員
西出 公之
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅱ(八)
配当
年次
1-4
担当教員
内田 聖二
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
英語読解力と興味によって各自が選んだ読み物を
「多
読」
することによって、これまで文法力や語彙力を活
授業概要 用しつつ、表現力を伸ばす。各自が読んだものの中
から選んで音読をしてもらう。なお、毎回の授業の
最初に単語クイズを行う。
季節、休日など、イギリス事情の日常的なテーマに
授業概要 ついて書かれた文章を読み、関連する語彙を学びな
がら内容を把握する力を身につける。
1.ガイダンス (1) 「多読」とは? + 多読実践
2.ガイダンス (2) エクセルによるポートフォリオに
ついて + 多読実践
3.ガイダンス (3) 図書館の多読教材について + 多
読実践
4.多読教材の紹介 (1) Levelled Readers について +
多読実践
5.多読教材の紹介 (2) Retold Readers について +
多読実践
6.多読教材の紹介 (3) Graded Readers について +
多読実践
7.多読教材の紹介 (4) 児童文学について + 多読実践
8.多読教材の紹介 (5) そのほか + 多読実践
9.読むということについて (1) 直読 + 多読実践
10.読むということについて (2) 速読 + 多読実践
11.読むということについて (3) 聴読 + 多読実践
12.読むということについて (4) 精読 + 多読実践
13.読むということについて (5) 音読 + 多読実践
授業内容 14.読んだ本の紹介 (1) + 多読実践
15.読んだ本の紹介 (2) + 多読実践
16.後期ガイダンス + 多読実践
17.読むということについて (6) オーバーラッピング +
多読実践
18.読むということについて (7) シャドウイング + 多読
実践
19.多聴について + 多読実践
20.語彙・語彙サイズについて + 多読実践
21.イディオムについて + 多読実践
22.コロケーションについて + 多読実践
23.フレージオロジーについて + 多読実践
24.構文について + 多読実践
25.初級文法について + 多読実践
26.語法について + 多読実践
27.英和辞書について + 多読実践
28.英英辞典について + 多読実践
29.読んだ本の紹介 (3) + 多読実践
30.読んだ本の紹介 (4) + 多読実践
1.IntroductionLesson 1 Heights
2.Lesson 1 Heights
3.Lesson 2 Seasons
4.Lesson 2 Seasons 2
5.Lesson 3 Be Careful with your licence.
6.Lesson 3 Be Careful with your licence. 2
7.Lesson 4 Doctors
8.Lesson 4 Doctors 2
9.Lesson 5 Business Hours
10.Lesson 5 Business Hours 2
11.Lesson 6 Public Holidays
12.Lesson 6 Public Holidays 2
13.Lesson 7 Your Transport, My Transport
14.Lesson 7 Your Transport, My Transport
15.まとめ
授業内容 16.Lesson 8 Convenience Stores
17.Lesson 8 Convenience Stores 2
18.Lesson 9 Is it a good noise?
19.Lesson 9 Is it a good noise? 2
20.Lesson 10 Fireworks
21.Lesson 10 Fireworks 2
22.Lesson 11 Public or Private?
23.Lesson 11 Public or Private? 2
24.Lesson 12 Technology
25.Lesson 12 Technology 2
26.Lesson 13 Weddings
27.Lesson 13 Weddings 2
28.Lesson 14 Dialects
29.Lesson 14 Dialects 2
30.まとめ
事前・事後 自分の読みたい多読用教材を授業前に図書館から借
学
習 り出しておくなどしてほしい。
事前・事後
予習は必須。毎時間辞書を持参すること。
学
習
筆記試験は行わない。予習、教師の問いへの応答、
評価方法
教師への質問、発表、音読など授業への取り組み
・ 基 準
(70%)
、単語クイズへの取り組み
(30%)
評価方法 平常点
(40%)
と前期と後期の最終授業時に実施する
・ 基 準 学習到達度確認
(60%)
で評価する。
履修上の
授業に遅刻すると、単語クイズに参加できない。
注意事項等
履修上の
注意事項等
『教員の用意した多読用教材および図書館に収蔵されている多読
『Viewpoints: Japan and England』T. O'Brien et al., Nan'un-
テ キ スト 用教材を使用する』
テ キ スト do, 2015
参 考 書 『最初の授業で、多読に関する参考文献のリストを配布する』
参 考 書
科目ナンバリング AL102
科目ナンバリング AL102
― 30 ―
聴講の可否
△
聴講の可否
△
科 目 名
英語Ⅱ(九)
担当教員
内田 聖二
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅱ(十)
配当
年次
1-4
担当教員
山本 尚子
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
到 達目標 標準的な文法の理解と英語運用能力の養成
自らの少年時代の思い出を綴ったR. Dahlの作品を読
授業概要 み、文法を確認しながら内容を把握する力を身につ
ける。
Sherlock Holmesが登場するミステリー『まだら
のひも
(The Speckled Band)』
、
『踊る人形
(The
授業概要 Dancing Man)
』
、
『赤毛連盟
(The Red-Headed
League)
』
を読みながら、語彙力、文法力、読解力、
聴解力を身につける。
1.IntroductionThe bicycle and the sweetshop (I)
2.The bicycle and the sweet-shop (I) (2)
3.The bicycle and the sweet-shop (I) (3)
4.The bicycle and the sweet-shop (II)
5.The bicycle and the sweet-shop (II) (2)
6.The bicycle and the sweet-shop (III)
7.The bicycle and the sweet-shop (III) (2)
8.The great mouse plot
9.The great mouse plot (2)
10.Mrs Pratchett's revenge (I)
11.Mrs Pratchett's revenge (I) (2)
12.Mrs Pratchett's revenge (II)
13.Mrs Pratchett's revenge (II) (2)
14.Mrs Pratchett's revenge (III)
授業内容 15.まとめ
16.The Matron (I)
17.The Matron (I) (2)
18.The Matron (II)
19.The Matron (II) (2)
20.The Matron (III)
21.The Matron (III) (2)
22.The Headmaster
23.The Headmaster (2)
24.Chocolates
25.Chocolates (2)
26.Corkers
27.Corkers (2)
28.Fagging (I)
29.Fagging (I) (2)
30.まとめ
1.オリエンテーション
2.The Speckled Band 1. An Early Morning
Visitor for Holmes
3.2. Miss Stoner Begins Her Story
4.3. The Death of Julia
5.4. A Dangerous Enemy
6.5. A Visit to Stoke Moran
7.6. Dr Roylott Returns
8.7. Night of Terror
9.8. The Speckled Band
10.The Dancing Man 1. A Strange Drawing
11.2. Mr Cubitt's Story
12.3. Mr Cubitt's Second Visit
13.4. Terrible News
14.5. The Investigation Begins
15.授業のまとめ
授業内容 16.オリエンテーション
17.6. Holmes Sends a Note
18.7. Holmes Explains the Mystery
19.8. The Murderer is Caught
20.続き
21.The Red-Headed League 1. A Strange
Advertisement
22.2. The Red-headed League
23.3. An Unusual Job
24.4. Who is Vincent Spaulding?
25.5. A Visit to Saxe-Coburg Square
26.6. Everything is Ready
27.7. The Capture of John Clay
28.8. The Mystery Expalined
29.続き
30.授業のまとめ
事前・事後
予習は必須。毎時間辞書を持参すること。
学
習
予習を前提として授業を進めるので、テキストにはあらかじ
め目を通し、わからない単語は辞書で調べておくこと。また、
事前・事後
各chapterにある設問にもあらかじめ答えておくこと。各
学
習
chapter終了後、そのchapterの内容理解を確認する小テス
トを実施するので、毎回の授業内容を復習しておくこと。
評価方法 平常点
(40%)
と前期と後期の最終授業時に実施する
・ 基 準 学習到達度確認
(60%)
で評価する。
平常点
(授業への取り組み、小テスト、課題)50%、
授業中
(最終授業時)
に実施する学習到達度確認
(筆
評価方法
記による学力確認)50%で評価する。*課題につい
・ 基 準
ては、第1回のオリエンテーションで説明するので、
受講希望者は必ず出席すること。
履修上の
注意事項等
辞書
(電子辞書も可)
を必ず持参すること。遅刻は3回
履 修 上 の で欠席1回とし、遅刻は授業開始30分まで認め、それ
注意事項等 以降は欠席扱いとする。比較的長めの物語を読むた
め、計画的に予習、復習に取り組むことが求められる。
テ キ スト 『Dahl, Dahl, Dahl』K. Morinaga, Shohakusha, 2014
テ キ スト Doyle, Macmillan, 2005
参 考 書
参 考 書
外
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
△
科目ナンバリング AL102
聴講の可否
△
― 31 ―
語
聴講の可否
国
科目ナンバリング AL102
『The Speckled Band and Other Stories』Arthur Conan
科 目 名
英語Ⅱ(十一)
担当教員
内田 聖二
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅱ(十二)
配当
年次
1-4
担当教員
山本 尚子
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
到 達目標 標準的な文法の理解と英語運用能力の養成
自らの少年時代の思い出を綴ったR. Dahlの作品を読
授業概要 み、文法を確認しながら内容を把握する力を身につ
ける。
Sherlock Holmesが登場するミステリー『まだら
のひも
(The Speckled Band)』
、
『踊る人形
(The
授業概要 Dancing Man)
』
、
『赤毛連盟
(The Red-Headed
League)
』
を読みながら、語彙力、文法力、読解力、
聴解力を身につける。
1.IntroductionThe bicycle and the sweetshop (I)
2.The bicycle and the sweet-shop (I) (2)
3.The bicycle and the sweet-shop (I) (3)
4.The bicycle and the sweet-shop (II)
5.The bicycle and the sweet-shop (II) (2)
6.The bicycle and the sweet-shop (III)
7.The bicycle and the sweet-shop (III) (2)
8.The great mouse plot
9.The great mouse plot (2)
10.Mrs Pratchett's revenge (I)
11.Mrs Pratchett's revenge (I) (2)
12.Mrs Pratchett's revenge (II)
13.Mrs Pratchett's revenge (II) (2)
14.Mrs Pratchett's revenge (III)
授業内容 15.まとめ
16.The Matron (I)
17.The Matron (I) (2)
18.The Matron (II)
19.The Matron (II) (2)
20.The Matron (III)
21.The Matron (III) (2)
22.The Headmaster
23.The Headmaster (2)
24.Chocolates
25.Chocolates (2)
26.Corkers
27.Corkers (2)
28.Fagging (I)
29.Fagging (I) (2)
30.まとめ
1.オリエンテーション
2.The Speckled Band 1. An Early Morning
Visitor for Holmes
3.2. Miss Stoner Begins Her Story
4.3. The Death of Julia
5.4. A Dangerous Enemy
6.5. A Visit to Stoke Moran
7.6. Dr Roylott Returns
8.7. Night of Terror
9.8. The Speckled Band
10.The Dancing Man 1. A Strange Drawing
11.2. Mr Cubitt's Story
12.3. Mr Cubitt's Second Visit
13.4. Terrible News
14.5. The Investigation Begins
15.授業のまとめ
授業内容 16.オリエンテーション
17.6. Holmes Sends a Note
18.7. Holmes Explains the Mystery
19.8. The Murderer is Caught
20.続き
21.The Red-Headed League 1. A Strange
Advertisement
22.2. The Red-headed League
23.3. An Unusual Job
24.4. Who is Vincent Spaulding?
25.5. A Visit to Saxe-Coburg Square
26.6. Everything is Ready
27.7. The Capture of John Clay
28.8. The Mystery Expalined
29.続き
30.授業のまとめ
事前・事後
予習は必須。毎時間辞書を持参すること。
学
習
予習を前提として授業を進めるので、テキストにはあらか
じめ目を通し、わからない単語は辞書で調べておくこと。ま
事前・事後
た、各chapterにある設問にもあらかじめ答えておくこと。
学
習
各chapter終了後、そのchapterの内容理解を確認する小
テストを実施するので、毎回の授業内容を復習しておくこと。
評価方法 平常点
(40%)
と前期と後期の最終授業時に実施する
・ 基 準 学習到達度確認
(60%)
で評価する。
平常点
(授業への取り組み、小テスト、課題)50%、
授業中
(最終授業時)
に実施する学習到達度確認
(筆
評価方法
記による学力確認)50%で評価する。*課題につい
・ 基 準
ては、第1回のオリエンテーションで説明するので、
受講希望者は必ず出席すること。
履修上の
注意事項等
辞書
(電子辞書も可)
を必ず持参すること。遅刻は3回
履 修 上 の で欠席1回とし、遅刻は授業開始30分まで認め、それ
注意事項等 以降は欠席扱いとする。比較的長めの物語を読むた
め、計画的に予習、復習に取り組むことが求められる。
テ キ スト 『Dahl, Dahl, Dahl』K. Morinaga, Shohakusha, 2014
テ キ スト Doyle, Macmillan, 2005
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL102
― 32 ―
聴講の可否
『The Speckled Band and Other Stories』Arthur Conan
△
科目ナンバリング AL102
聴講の可否
△
科 目 名
英語Ⅱ(十三)
担当教員
☆中村 博文
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅱ(十四)
配当
年次
1-4
担当教員
☆中村 博文
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語II(表現)
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
このテキストは、過去から現在に至る様々な分野で成功を
収めた人々の、成功への秘訣などを述べたものである。そ
の中には、ディズニー、コカ・コーラ社、ナイチンゲールな
授業概要 ど私たちになじみの深い人々が少なくない。単なる英語の
読み物としてではなく、その内容にもこだわり、彼ら独特
のプラス思考やアイディアの着眼点なども学びたい。クラ
スでは、各自に割り当て和訳などのプレゼンを頻繁に行う。
このテキストは、過去から現在に至る様々な分野で成功を
収めた人々の、成功への秘訣などを述べたものである。そ
の中には、ディズニー、コカ・コーラ社、ナイチンゲールな
授業概要 ど私たちになじみの深い人々が少なくない。単なる英語の
読み物としてではなく、その内容にもこだわり、彼ら独特
のプラス思考やアイディアの着眼点なども学びたい。クラ
スでは、各自に割り当て和訳などのプレゼンを頻繁に行う。
1.イントロダクション。その後Unit.1を少し覗く。
2.Unit 1 Walt Disney World ディズニーランドの魅力は?
3.Unit 2 The Rapid Development of the Coca-Cola Company
コカ・コーラの起源は?
4.Unit 2 The Rapid Developmwnt of the Coca-Cola Company
コカ・コーラの全世界的な販売網は、いかにして生まれたのか。
5.Unit 3 New York's Wall Street ウォール街とは?
6.Unit 3 New York's Wall Street 世界経済の中心地と言われるの
はなぜか?
7.Unit 4 Ingenuity 世の中で成功する者の秘訣は何か?
8.Unit 4 Ingenuity「隙間産業」とは? 諸君が、
「こんなのあればいい」
と思うとき。
9.Unit 5 Adjusting to the Changing Times 時代のニーズにこた
える。
10.Unit 5 Adjusting to the Changing Times 先見の明とは?
11.Unit 6 Positive Thinking 苦境に陥った際どうするか?
12.Unit 6 Positive Thinking ネガティヴをポジティヴに変える柔軟
思考
13.Unit 7 Luck is an Accidental Product 常にアイディアを探し
回る
14.Unit 7 Luck is an Accidental Product ひらめいたアイディア
を形にする熟練した技術
15.前期末授業のまとめ
16.Unit 8 Success Stories in the Business World 異文化を知る
ことが成功につながる
17.Unit 8 Success Stories in the Business Wolrd 駆け引きの巧
みさ
18.Unit 9 Original Art Works イサム・ノグチの場合。
19.Unit 9 Original Art Works 西洋芸術と東洋芸術を融合させた成
功例。
20.Unit 10 What Provides Children with greed「貪欲」は教育の
敵か?
21.Unit 10 What Provides Children with 将来の企業戦士として
の子供の教育。
22.Unit 11 Jewish Education ユダヤ人とは?
23.Unit 11 Jewish Education ユダヤ的=ヘブライ的思考とは?
24.Unit 12 The Focus of History Education National
Underground Railroad Freedom Centerとは?
25.Unit 12 The Focus of History Education 正しい歴史認識とは?
26.Unit 13 The Burden of History 過去の過ちにいつまでもこだわ
るべきか?
27.Unit 13 The Burden of History「今」を見据えた生き方。
28.Unit 15 Nightingale as a Reformer フローレンス・ナイチンゲー
ルの生涯。
29.Unit 15 Nightingale as a Reformer 彼女の功績は?
30.後期末授業のまとめ
1.イントロダクション。その後Unit.1を少し覗く。
2.Unit 1 Walt Disney World ディズニーランドの魅力は?
3.Unit 2 The Rapid Development of the Coca-Cola Company
コカ・コーラの起源は?
4.Unit 2 The Rapid Developmwnt of the Coca-Cola Company
コカ・コーラの全世界的な販売網は、いかにして生まれたのか。
5.Unit 3 New York's Wall Street ウォール街とは?
6.Unit 3 New York's Wall Street 世界経済の中心地と言われるの
はなぜか?
7.Unit 4 Ingenuity 世の中で成功する者の秘訣は何か?
8.Unit 4 Ingenuity「隙間産業」とは? 諸君が、
「こんなのあればいい」
と思うとき。
9.Unit 5 Adjusting to the Changing Times 時代のニーズにこた
える。
10.Unit 5 Adjusting to the Changing Times 先見の明とは?
11.Unit 6 Positive Thinking 苦境に陥った際どうするか?
12.Unit 6 Positive Thinking ネガティヴをポジティヴに変える柔軟
思考
13.Unit 7 Luck is an Accidental Product 常にアイディアを探し
回る
14.Unit 7 Luck is an Accidental Product ひらめいたアイディア
を形にする熟練した技術
15.前期末授業のまとめ
16.Unit 8 Success Stories in the Business World 異文化を知る
ことが成功につながる
17.Unit 8 Success Stories in the Business Wolrd 駆け引きの巧
みさ
18.Unit 9 Original Art Works イサム・ノグチの場合。
19.Unit 9 Original Art Works 西洋芸術と東洋芸術を融合させた成
功例。
20.Unit 10 What Provides Children with greed「貪欲」は教育の
敵か?
21.Unit 10 What Provides Children with 将来の企業戦士としての
子供の教育。
22.Unit 11 Jewish Education ユダヤ人とは?
23.Unit 11 Jewish Education ユダヤ的=ヘブライ的思考とは?
24.Unit 12 The Focus of History Education National
Underground Railroad Freedom Centerとは?
25.Unit 12 The Focus of History Education 正しい歴史認識とは?
26.Unit 13 The Burden of History 過去の過ちにいつまでもこだわ
るべきか?
27.Unit 13 The Burden of History「今」を見据えた生き方。
28.Unit 15 Nightingale as a Reformer フローレンス・ナイチンゲー
ルの生涯。
29.Unit 15 Nightingale as a Reformer 彼女の功績は?
30.後期末授業のまとめ
外
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
2回の授業で1つのUnitを終える。テキストの英文を
事前・事後 下調べし、新出単語・イディオムの意味を確認してお
学
習 くこと。また、付属しているCDを大いに活用し、リ
スニング能力の向上を図ってほしい。
2回の授業で1つのUnitを終える。テキストの英文を
事前・事後 下調べし、新出単語・イディオムの意味を確認してお
学
習 くこと。また、付属しているCDを大いに活用し、リ
スニング能力の向上を図ってほしい。
日常点には、学習意欲、和訳などのプレゼン、提出
評価方法 物などが含まれ30%とする。また、前期末・後期末に
・ 基 準 行うペーパーテストの平均は70%とみなし、これら
を総合して評価したものが成績となる。
日常点には、学習意欲、和訳などのプレゼン、提出
評価方法 物などが含まれ30%とする。また、前期末・後期末に
・ 基 準 行うペーパーテストの平均は70%とみなし、これら
を総合して評価したものが成績となる。
無断の欠席、遅刻は極力避けること。欠席回数が全
履 修 上 の 授業回数の1/3を超えれば失格とみなすため注意する
注意事項等 こと。授業には、単に参加するのではなく、意欲的
な態度が期待される。
無断の欠席、遅刻は極力避けること。欠席回数が全
履 修 上 の 授業回数の1/3を超えれば失格とみなすため注意する
注意事項等 こと。授業には、単に参加するのではなく、意欲的
な態度が期待される。
『The Secret of Success』Junko Kobayashi et. al., 朝日出版
『The Secret of Success』Junko Kobayashi et. al., 朝日出版
テ キ スト 社, 2014
テ キ スト 社, 2014
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL102
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL102
聴講の可否
△
― 33 ―
語
授業内容
国
授業内容
科 目 名
英語Ⅱ(十五)
担当教員
石﨑 一樹
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅱ(十六)
配当
年次
1-4
担当教員
☆菊池 あずさ
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
テ ー マ 総合英語Ⅱ
(表現)
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
到 達目標 標準的な文法の確認と英語運用能力の養成
中級レベルのリーディング教材を用い、読解力の向
上を目指すクラス。英語で書かれたアメリカの歴史
を読み、グローバル化する世界の動向においていま
授業概要
だ中心的役割を担っているアメリカという国を理解
する。このことにより、現代の日本人に必要な多様
な価値観の涵養を図る。
この授業では
「運用できる英語習得」
を目指していま
す。これまで
「読む」
「聴く」
を中心に英語を学んでき
た学生諸君が多いと思いますが、
残りの
「書く」
「話す」
授業概要
もこの授業では積極的に取り入れていきます。もち
ろん文法のやり直しと、読解力語彙力の向上も目指
しています。
1.Introduction ~ First Arrivals
2.England Takes the Land
3.Virginia Struggles for Survival
4.The Pilgrims and New England
5.Wrap-up Quiz (1)
6.America Grows to Thirteen Colonies
7.Trouble with England
8.Revolution
9.Shaping a New Government
10.Wrap-up Quiz (2)
11.The British of Political Parties
12.The War of 1812
13.Marching Westward
14.The Civil War
15.Wrap-up Quiz (3)
授業内容 16.Reconstruction
17.America Grows Up
18.Imperialism
19.World War I
20.Wrap-up Quiz (4)
21.The Great Depression
22.World War II ー The Western Front
23.World War II ー The Pacific Front
24.The Cold War
25.Wrap-up Quiz (5)
26.The Counterculture of the 1960
27.Crisis in the White House
28.The Collapse of the Soviet Union
29.Into the 21st Century
30.Wrap-up Quiz (6)
1.オリエンテーション(授業の進め方を説明しま
すので、必ず出席してください)
2.代名詞、冠詞
3.現在時制、未来時制
4.所有格
5.否定
6.itの用法
7.Review
8.過去時制
9.進行形
10.形容詞、副詞
11.命令文
12.比較
13.Review
14.Review
授業内容 15.授業のまとめ
16.オリエンテーション
17.疑問文
18.数詞
19.to不定詞、動名詞
20.完了時制
21.文体
22.Review
23.数えられる名詞、数えられない名詞
24.使役
25.仮定法
26.前置詞、接続詞
27.省略
28.Review
29.Review
30.授業まとめ
事前学習:授業で読む予定の部分について予習。単語の意味調べ
は必須。より理解を深めるために、各章でカバーする歴史背景に
事前・事後
ついて日本語の資料などであらかじめ学習しておくとよい。 事
学
習
後学習:授業で読んだ部分の確認。単語リスト、文法事項のチェッ
ク。英語で読んだ記事の内容を踏まえて、自らの考えを深める。
毎回授業の最後に予習範囲を言いますので、必ず次
事前・事後
の授業出席の際にはそれをやってくること。
学
習
評価方法 質問への応答、Quizの成績、授業への参加度、学習
・ 基 準 態度を総合的に評価する。
平常点(小テスト、授業への取り組み方)40% +学習
評価方法 到達度確認
(前期+後期)60%。ただし、予習せずに
・ 基 準 出席した場合は平常点から減点していく。遅刻・欠席
に関しても平常点から減点する。
履 修 上 の 真剣に英語力の向上を目指す者以外の受講は勧めな
注意事項等 い。英和辞典
(電子辞書もOK)
を必ず持参すること。
辞書は必ず毎回持参すること。以下の行為を行なっ
た者には、単位を出さない、それ以降の出席は認め
履修上の
ないといった厳しい処置を取る。
「無断での途中退席」
注意事項等
「授業中の飲食
(アメやガムなど)
」
「私語」
「携帯を見
る」
。
『Short History of America ーやさしく読めるアメリカ史』染矢
『Simply Reading, Simply Writing』, テリー・オブライエン、三原
テ キ スト 正一, フレッド・W・フェラッシー, ポール・R・マレー編著, 朝日出
テ キ スト 京 南雲堂, 2015年
参 考 書
参 考 書
版社, 2000
科目ナンバリング AL102
― 34 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL102
聴講の可否
△
科 目 名
英語Ⅲ(一)
担当教員
石﨑 一樹
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英語Ⅲ(二)
配当
年次
1-4
担当教員
内田 聖二
単位数 2単位
テ ー マ 総合英語Ⅲ
(応用)
到 達目標 より高度な英語運用力の開発
到 達目標 より高度な英語運用力の開発
通年
配当
年次
1-4
外
テ ー マ 総合英語Ⅲ
(応用)
期間
語
授業内容
1.Introduction
2.Ain't No Good for You! ー Rock Roots (1)
3.Ain't No Good for You! ー Rock Roots (2)
4.Where the Sun Shines? ー 1850s-1950s: Before Rock and
Roll (1)
5.Where the Sun Shines? ー 1850s-1950s: Before Rock and
Roll (2) +Wrap-up Quiz (1)
6.Talkin' 'bout My Generation ー Early 1960: Enter Rock and
Roll (1)
7.Talkin' 'bout My Generation ー Early 1960: Enter Rock and
Roll (2)
8.Everyone Smiles as You Drift Past the Flowers ー Later
1960s: Into Psychedelic (1)
9.Everyone Smiles as You Drift Past the Flowers ー Later
1960s: Into Psychedelic (2) +Wrap-up Quiz (2)
10.Wonderous Stories ー Early 1970: Prog Rock (1)
11.Wonderous Stories ー Early 1970: Prog Rock (2)
12.If We Can Sparkle ー Early 1970: Glam Rock (1)
13.If We Can Sparkle ー Early 1970: Glam Rock (1) +Wrap-up
Quiz (3)
14.Be Anarchy! ー Mid-1970s: Punk Rock (1)
15.Be Anarchy! ー Mid-1970s: Punk Rock (2) +Wrap-up Quiz (4)
16.Beer Drinkers and Hell Raisers ー Later 1970s: Heavy
Metal (1)
17.Beer Drinkers and Hell Raisers ー Later 1970s: Heavy
Metal (2)
18.Mirrors? ー Early 1980: New Romanticism, Futurism, Goth
(1)
19.Mirrors? ー Early 1980: New Romanticism, Futurism, Goth
(2) +Wrap-up Quiz (5)
20.Miserabilism ー Later 1980s: Romantic Realism (1)
21.Miserabilism ー Later 1980s: Romantic Realism (2)
22.A Crack in the Union Jack ー 1990s: Britpop (1)
23.A Crack in the Union Jack ー 1990s: Britpop (2) +Wrap-up
Quiz (6)
24.Did You See Her? ー 1960s-Present: Women in UK Rock (1)
25.Did You See Her? ー 1960s-Present: Women in UK Rock (2)
26.Let's Dance. . . ー 1980s-Present: Dance Music (1)
27.Let's Dance. . . ー 1980s-Present: Dance Music (2) +Wrapup Quiz (7)
28.Lost ー 2000s-Present: Where Now? Where Next? (1)
29.Lost ー 2000s-Present: Where Now? Where Next? (2)
30.Ways to Get What You Want ー Conclusion: Functions of
Rock +Wrap-up Quiz (8)
国
授業概要
ロックを含め、ポピュラー音楽全般を単なる娯楽として片付けてしま
うと、世の中を、そして人間のあり方を見誤ることにいなる。概して
ポピュラー音楽は、社会、政治、歴史、そして人間の精神に多大な影
響を及ぼす。本クラスではブリティッシュ・ロック
(そして一部アメリ
カのロック)
の歴史を俯瞰するテキストを読み、イギリスとアメリカの
社会や歴史を理解するとともに、高度な英語読解力を身につける。テ
キストに登場するアーティストの曲を聴き、歌詞を理解する作業も行
う。ただあくまで主目的は読解力である。非常に高度な語彙が頻出す
るので、一定の英語力を身につけていることを受講の条件とする。
英語の絵本の和訳を試みる。担当箇所をグループで
分け、
発表形式をとる。また、
E-Learningを利用して、
授業概要
毎時間、英語の基本的なコロケーションを身につけ
る小テストを行う。
授業内容
1.Introduction
2.The Whales' Song: house/homeにかかわるコロケー
ション(以下同じ)
3.The Whales' Song: lunch
4.The Whales' Song: phone
5.The Whales' Song: computer
6.発表
7.Bedtime for Frances: internet
8.Bedtime for Frances: music
9.Bedtime for Frances: book
10.Bedtime for Frances: car
11.Bedtime for Frances: train
12.Bedtime for Frances: trip
13.Bedtime for Frances: weather
14.発表
15.まとめ
16.The Best Christmas Present in the World: time
17.The Best Christmas Present in the World: school
18.The Best Christmas Present in the World:
university
19.The Best Christmas Present in the World: class
20.The Best Christmas Present in the World:
company
21.発表
22.The Best Christmas Present in the World: job
23.The Best Christmas Present in the World: money
24.The Best Christmas Present in the World: store
25.The Best Christmas Present in the World: mail
26.The Best Christmas Present in the World: sports
27.The Best Christmas Present in the World:
environment
28.The Best Christmas Present in the World:
accident
29.発表
30.まとめ
事前学習:授業で読む予定の部分について予習。単語の意味調べは
必須。より理解を深めるために、各章でカバーすることがらの背
事前・事後
景について日本語の資料などであらかじめ学習しておくとよい。 学
習
事後学習:授業で読んだ部分の確認。単語リスト、文法事項のチェッ
ク。英語で読んだ記事の内容を踏まえて、自らの考えを深める。
事前・事後
予習は必須。毎時間辞書を持参すること。
学
習
評価方法 質問への応答、Quizの成績、授業への参加度、学習
・ 基 準 態度を総合的に評価する。
評価方法 毎時間の小テストと授業態度、発表などの平常点で
・ 基 準 評価する。
上級者向けの教材を使うので、一定の英語力
(英検2
級以上、TOEIC500以上が目安)
をすでに身につけて
履修上の
いることが望ましいが、真剣に英語力の向上を目指
注意事項等
す者であれば受講可。また、
。英和辞典
(電子辞書も
OK)
を必ず持参すること。
履修上の
プリントを配布する。
注意事項等
『Rock UK: A Cultural History of Popular Music in Britain』
テ キ スト Paul Hullah / Masayuki Teranishi, センゲージラーニング, 2012
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL103
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL103
聴講の可否
△
― 35 ―
科 目 名
英語Ⅲ(三)
担当教員
西出 公之
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英会話Ⅰ(一)
配当
年次
1-4
担当教員
山根 キャサリン
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 総合英語Ⅲ
(応用)
テ ー マ Oral English (Basic)
到 達目標 より高度な英語運用能力の開発
到 達目標 基礎的な日常会話の取得
テキストによって、英字新聞の
「約束事」
について段
階的に学ぶ。これと並行して、学習者向け英字週刊
新聞やネット上で公開されている内外の新聞記事を
授業概要 毎回の授業で取り上げる。読解して終わりではなく、
News Reader になったつもりで音読し、
語彙・語法・
文法を丸ごと身につける。また、毎回の授業の最初
に単語クイズを行う。
Each week the students will have many
opportunities to practice using English in
different situations. We will do a lot of pair and
授業概要
group work in every class, as well as listening
practice. Students will also prepare several
short presentations in English.
授業内容
1.ガイダンス + 最新の新聞記事から1本を読む
2.学習者向けの週刊英字新聞の紹介 + 最新の新聞記事から1本を読む
3.日本の英字新聞とネット上で読める海外の新聞の紹介 + 最新の新聞記
事から1本を読む
4.Lesson 1: 見出しの文法 + 最新の新聞記事から1本を読む
5.Lesson 2: 見出しの語法 (1) 頭文字語と短い語 + 最新の新聞記事から1
本を読む
6.Lesson 3: 見出しの語法 (2) コンマ + 最新の新聞記事から1本を読む
7.Lesson 4: 見出しの語法 (3) コロン + 最新の新聞記事から1本を読む
8.Lesson 5: 見出しの語法 (4) セミコロンと引用符 + 最新の新聞記事か
ら1本を読む
9.Lesson 6: 見出しの語法 (5) ピリオドと縮約後 + 最新の新聞記事から1
本を読む
10.Lesson 7: 見出しの語法 (6) アポストロフィーと冠詞 + 最新の新聞記
事から1本を読む
11.Lesson 8: 見出しの語法 (7) 前置詞と記号 + 最新の新聞記事から1本を
読む
12.Lesson 9: 見出しの文法: 総合復習 + 最新の新聞記事から1本を読む
13.Lesson 10: 見出しの語法: 総合復習 + 最新の新聞記事から1本を読む
14.Lesson 11: 複雑な見出し (1) 複数の「動詞」と品詞 + 最新の新聞記事か
ら1本を読む
15.Lesson 12: 複雑な見出し (2) 多義語と名詞句 + 最新の新聞記事から1
本を読む
16.Lesson 13: 見出しの未知語 (1) 頭文字語など + 最新の新聞記事から1
本を読む
17.Lesson 14: 見出しの未知語 (2) 推測 + 最新の新聞記事から1本を読む
18.Lesson 15: 書き出しの構造 (1) 5W1H + 最新の新聞記事から1本を読む
19.Lesson 16: 書き出しの構造 (2) 情報源の表し方 + 最新の新聞記事から
1本を読む
20.Lesson 17: 書き出しの文法 (1) 主部の修飾関係 + 最新の新聞記事から
1本を読む
21.Lesson 18: 書き出しの文法 (2) 関係節 + 最新の新聞記事から1本を読
む
22.Lesson 19: 書き出しの文法 (3) 分詞の形容詞用法 + 最新の新聞記事か
ら1本を読む
23.Lesson 20: 書き出しの文法 (4) 分詞構文 + 最新の新聞記事から1本を
読む
24.Lesson 21: 学習方略 (1) 見出しからの推測読み + 最新の新聞記事から
1本を読む
25.Lesson 22: 学習方略 (2) 同じ話題を複数の新聞で読む + 最新の新聞記
事から1本を読む
26.Lesson 23: 学習方略 (3) 日英記事比較読みで語彙力増強 + 最新の新聞
記事から1本を読む
27.Lesson 24: 学習方略 (4) 二度読みで弱点チェック + 最新の新聞記事か
ら1本を読む
28.Lesson 25: ニュース価値を失わない記事
29.ニュース放送のサイト紹介 (1) + 最新の新聞記事から2本を読む
30.ニュース放送のサイト紹介 (2) + 最新の新聞記事から2本を読む
授業内容
1.Introducing ourselves; Introducing the course
2.Classroom English; Unit 1: Meeting People
3.Unit 1: Sharing personal information; Asking for repetition;
Listening practice
4.Unit 1: Sharing our Personal Profiles; DVD listening practice
5.Unit 2: Countries and Nationalities; Talking about the world
6.Unit 2: Comparing cities; Talking about cultural traditions
7.Unit 3: Family; Talking about our families; Listening practice
8.Unit 3: Practice with wh-questions; short presentations
9.*Short Test #1 (Units 1-3)
10.Unit 4: Describing People; Listening and speaking practice
11.Unit 4: Describing our family members; Using visual aids
12.Unit 5: Foods and Drinks; Talking about our likes and dislikes;
Vocabulary expansion
13.Unit 5: Talking about our favorite restaurants; DVD listening
practice
14.Unit 6: Talking about things we do; Our daily routines; Listening
practice
15.*Short Test #2 (Units 4-6)
16.Welcome back! Talking about our summer vacations
17.Unit 7: At Home; Vocabulary building; Listening to people
describing houses; "there is/there are"
18.Unit 7: Talking about our dream houses; Expressing our
opinions
19.Unit 8: Free time activities; Talking about activities we enjoy;
Adverbs of frequency: Listening practice
20.Unit 8: Discussing games; Practice with numbers
21.Unit 9: Popular sports; Talking about sports that we enjoy;
Using "can" to talk about ability; Listening practice
22.Unit 9: DVD listening practice; Short presentations using charts
and graphs
23.*Short Test #3 (Units 7-9)
24.Unit 10: Big events; Vocabulary building; Talking about
vacations and big events; Listening practice
25.Unit 10: Showing enthusiasm when we speak; DVD: Taking a
gap year
26.Unit 11: Plans; Talking about and listening practice on
weekend plans; Accepting invitations
27.Unit 11: DVD listening practice; Speaking activity
28.Unit 12: On Vacation; Vocabulary building; Responding to
news; Talking about our recent vacations
29.Unit 12: Asking wh-questions; Listening practice
30.*Short Test #4 (Units 10-12)
授業前に教科書の該当箇所に目を通して、何を学習
事前・事後
するのかを知っておくこと。新聞やテレビのニュー
学
習
スに関心を持っていること。
There will be homework every week to help
the students meet the goals of the course. It is
事前・事後
important to be prepared for class and to try
学
習
to find opportunities to use English outside of
the classroom.
筆記試験は行わない。予習、教師の問いへの応答、
評価方法
教師への質問、発表、音読など授業への取り組み
・ 基 準
(70%)
、単語クイズへの取り組み
(30%)
Your grade for this course will be based on:
評価方法 active participation in class and effort (30%);
・ 基 準 written homework and short presentations
(30%); four short tests (40%).
履 修 上 の 英和辞典
(電子辞書・紙辞書のどちらでもよい)
を持っ
注意事項等 てくること。
*Bring a notebook and dictionary to class
履 修 上 の every week.*For students who want an extra
注意事項等 challenge, special online practice is available
with this textbook. *Try your best!
テ キ スト 『はじめての英字新聞(新訂版)』神本 忠光, 朝日出版社, 2010
テ キ スト 『Stretch (Starter)』Susan STEMPLESKI, Oxford, 2014
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL103
― 36 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL104
聴講の可否
×
科 目 名
英会話Ⅰ(二)
担当教員
山根 キャサリン
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英会話Ⅰ(三)
期間
通年
配当
年次
1-4
担当教員
☆ Greggory HUTTON 単位数 2単位
配当
年次
1-4
テ ー マ Oral English (Basic)
到 達目標 基礎的な日常会話の取得
到 達目標 基礎的な日常会話の習得
Each week the students will have many
opportunities to practice using English in
different situations. We will do a lot of pair and
授業概要
group work in every class, as well as listening
practice. Students will also prepare several
short presentations in English.
Students will spend time practicing basic speaking patterns
and expanding set dialogs with their own or new information.
Class time will be spent using the textbooks and your
homework for speaking. Most work will be done in pairs
授業概要 with opportunities to speak with different students and
the teacher. The focus of the class will be on students
actively producing English, not passively listening. Speaking
Japanese instead of English does not help the student's
English ability to improve. It is strongly discouraged.
1.Introducing ourselves; Introducing the course
2.Classroom English; Unit 1: Meeting People
3.Unit 1: Sharing personal information; Asking for repetition;
Listening practice
4.Unit 1: Sharing our Personal Profiles; DVD listening practice
5.Unit 2: Countries and Nationalities; Talking about the world
6.Unit 2: Comparing cities; Talking about cultural traditions
7.Unit 3: Family; Talking about our families; Listening practice
8.Unit 3: Practice with wh-questions; Short presentations
9.*Short Test #1 (Units 1-3)
10.Unit 4: Describing people: Listening and speaking practice
11.Unit 4: Describing our family members; Using visual aids
12.Unit 5: Foods and Drinks; Talking about our likes and dislikes;
Vocabulary building
13.Unit 5: Talking about our favorite restaurants; DVD listening
practice
14.Unit 6: Talking about things we do; Our daily routines; Listening
practice
15.*Short Test #2 (Units 4-6)
16.Welcome back! Talking about our summer vacations
17.Unit 7: At home: Vocabulary building; Listening to people
describing houses; "there is / there are"
18.Unit 7: Talking about our dream houses; Expressing our
opinions
19.Unit 8: Free time activities: Talking about activities we enjoy;
Adverbs of frequency; Listening practice
20.Unit 8: Discussing games; Practice with numbers
21.Unit 9: Popular sports; Talking about sports that we enjoy;
Using "can" to talk about ability; Listening practice
22.Unit 9: DVD listening practice; Short presentations using charts
and graphs
23.*Short Test #3 (Units 7-9)
24.Unit 10: Big events; Vocabulary building; Talking about
vacations and big events; Listening practice
25.Unit 10: Showing enthusiasm when we speak; DVD: Taking a
gap year
26.Unit 11: Plans; Talking about and listening practice on weekend
plans; Accepting invitations
27.Unit 11: DVD listening practice; Speaking activity
28.Unit 12: On Vacation; Vocabulary building; Responding to news;
Talking about our recent vacations
29.Unit 12: Asking wh-questions; Listening practice
30.*Short Test #4 (Units 10-12)
1.Introductions, Meeting others
2.Talking and greeting
3.Location, cities and nationalities
4.To Be or Not to Be
5.“I am swimming today!”Activities
6.Short Answers
7.Everyday activities
8.What are you doing today?
9.Yes/No Questions
10.Weather and describing people
11.Present Continuous Review
12.Family and relatives
13.There is, there are...
14.Describing neighborhoods and apartments.
15.End of semester review
授業内容 16.Welcome back! How was your summer?
17.Colors, clothing, shopping
18.Languages and nationalities
19.Everyday activities
20.Simple present tense; Habitual actions
21.People's interests and activities
22.Contrasting feelings and emotions
23.Describing usual and unusual activities
24.Occupations, looking for a job
25.Talking about ability
26.Future, going to and want to
27.Future and telling time
28.Talking about past actions and activities.
29.Talking about the past
30.Conclusion; end of semester review and
evaluation
There will be homework every week to help
the students meet the goals of the course. It is
事前・事後
important to be prepared for class and to try
学
習
to find opportunities to use English outside of
the classroom.
Students are expected to come to every class
事前・事後 so you can practice speaking. Preparing to
学
習 speak is having the right attitude. Each class
is an opportunity to speak English.
Your grade for this course will be based on:
評価方法 active participation in class and effort (30%);
・ 基 準 written homework and short presentations
(30%); four short tests (40%).
評価方法
evaluated on how seriously you use English in class, ・ 基 準
*Bring a notebook and dictionary to class
履 修 上 の every week.*For students who want an extra
注意事項等 challenge, special online practice is available
with this textbook. Try your best!
You should have an electronic dictionary or
regular dictionaries. Cellular phones will NOT
履修上の
be welcome in class. If you don’t want to
注意事項等
speak English, please look to join another
class.
テ キ スト 『 Stretch (Starter)』Susan STEMPLESKI, Oxford, 2014
『Side by Side 1 Extra Student Book』Molinsky and Bliss,
Pearson Longman, 2016
テ キ スト
『Side by Side 1 Activity WorkBook』Molinsky and Bliss,
Pearson Longman, 2001
参 考 書
参 考 書
外
テ ー マ Oral English (Basic)
聴講の可否
×
Speaking English is important! Since this class
is English conversation, you will be primarily
not just on your attendance. Participation= 50%, Homework= 10%, quizzes=20%, exams= 20%.
科目ナンバリング AL104
聴講の可否
×
― 37 ―
語
科目ナンバリング AL104
国
授業内容
科 目 名
英会話Ⅰ(四)
期間
通年
科 目 名
英会話Ⅰ(五)
期間
通年
担当教員
☆ Ramon SANTOS 単位数 2単位
配当
年次
1-4
担当教員
☆ Greggory HUTTON 単位数 2単位
配当
年次
1-4
テ ー マ Oral English(Basic)
テ ー マ Oral English (Basic)
到 達目標 基礎的な日常会話の習得
到 達目標 基礎的な日常会話の習得
The goal of this class is to provide you with
many opportunities to practice speaking
English on everyday topics. In addition, 授業概要
you will learn important phrases and key
vocabulary that will help you speak more
fluently.
Students will spend time practicing basic speaking patterns
and expanding set dialogs with their own or new information.
Class time will be spent using the textbooks and your
homework for speaking. Most work will be done in pairs
授業概要 with opportunities to speak with different students and
the teacher. The focus of the class will be on students
actively producing English, not passively listening. Speaking
Japanese instead of English does not help the student's
English ability to improve. It is strongly discouraged.
1.Chapter #1 Student introductions.
2.Chapter #1 Getting to know each other.
3.Chapter #2 Talking about interests.
4.Chapter #2 Talking about likes and dislikes.
5.Chapter #3 Talking about family and friends.
6.Chapter #3 Describing your family.
7.Chapter #4 Talking about people.
8.Chapter #4 Using follow-up questions during
a conversation.
9.Chapter #5 Talking about work.
10.Chapter #5 Job interviews.
11.Chapter #6 Talking about past experiences.
12.Chapter #6 Discussing vacations and trips.
13.Chapter #7 Talking about sports and
activities.
14.Chapter #7 Discussing talents and abilities.
授業内容 15.Presentations.
16.Chapter #8 Summer vacation presentations.
17.Chapter #8 Talking about other countries.
18.Chapter #9 Talking about experiences.
19.Chapter #10 Talking about places.
20.Chapter #10 Describing famous places.
21.Chapter #10 Describing famous places.
22.Chapter #11 Travel vocabulary part 2.
23.Chapter #12 Talking about Japanese
customs.
24.Chapter #12 Talking about American customs.
25.Chapter #13 Talking about future events.
26.Chapter #13 Planning future activities.
27.Review.
28.Preparing for presentations.
29.Presentations.
30.Presentations.
1.Introductions, Meeting others
2.Talking and greeting
3.Location, cities and nationalities
4.To Be or Not to Be
5.“I am swimming today!”Activities
6.Short Answers to easy questions
7.Everyday activities
8.What are you doing today?
9.Yes/No Questions
10.Weather and describing people
11.Present Continuous Review
12.Family and relatives
13.There is, there are...
14.Describing neighborhoods and
apartments.
15.End of semester review
授業内容
16.Welcome back! How was your summer?
17.Colors, clothing, shopping
18.Languages and nationalities
19.Everyday activities
20.Simple present tense; Habitual actions
21.People's interests and activities
22.Contrasting feelings and emotions
23.Describing usual and unusual activities
24.Occupations, looking for a job
25.Talking about ability
26.Future, going to and want to
27.Future and telling time
28.Talking about past actions and activities.
29.Talking about the past.
30.Conclusion; end of semester review and
evaluation
事前・事後
Review the textbook.
学
習
Students are expected to come to every class
事前・事後 so you can practice speaking. Preparing to
学
習 speak is having the right attitude. Each class
is an opportunity to speak English.
5 0 % S p e a k i n g a c t i v i t i e s , t e s t s a n d
評価方法
homework30% Presentations20% Class
・ 基 準
Participation
評価方法
evaluated on how seriously you use English in class, ・ 基 準
Since this is an Oral Communication class, 履修上の
you will be encouraged to speak English
注意事項等
throughout the lesson.
You should have an electronic dictionary or
regular dictionaries. Cellular phones will NOT
履修上の
be welcome in class. If you don’t want to
注意事項等
speak English, please look to join another
class.
テ キ スト 『Talk A Lot: Book 1. 』David Martin, EFL Press
『Side by Side 1 Extra Student Book』Molinsky and Bliss,
Pearson Longman, 2016
テ キ スト
『Side by Side 1 Activity WorkBook』Molinsky and Bliss,
Pearson Longman, 2003
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL104
― 38 ―
聴講の可否
×
Speaking English is important! Since this class
is English conversation, you will be primarily
not just on your attendance. Participation= 50%, Homework= 10%, quizzes=20%, exams= 20%.
科目ナンバリング AL104
聴講の可否
×
科 目 名
英会話Ⅰ(六)
期間
通年
科 目 名
英会話Ⅰ(七)
期間
通年
担当教員
☆ Robert MacDonald 単位数 2単位
配当
年次
1-4
担当教員
☆ Robert MacDonald 単位数 2単位
配当
年次
1-4
テ ー マ Oral English(Basic)
到 達目標 基礎的な日常会話の習得
到 達目標 基礎的な日常会話の習得
This course will introduce students to
unusual stories to be used for conversational
purposes. Students will read each story
授業概要 and, with a partner, prepare a written
conversation about the story. I will correct
it and the students will then memorize the
conversation and present it to me for credit.
This course will introduce students to
unusual stories to be used for conversational
purposes. Students will read each story
授業概要 and, with a partner, prepare a written
conversation about the story. I will correct
it and the students will then memorize the
conversation and present it to me for credit.
1.Dish Soap for Dinner (Each conversation
will require 2 weeks.)
2.Dish Soap for Dinner
3.A New Man
4.A New Man
5.The Runner
6.The Runner
7.The Love Letters
8.The Love Letters
9.Bad Luck, Good Luck
10.Bad Luck, Good Luck
11.Lost and Found
12.Lost and Found
13.A Little Traveler
14.A Little Traveler
授業内容 15.Man's Best Friend
16.Man's Best Friend
17.The Coin
18.The Coin
19.Love or Baseball
20.Love or Baseball
21.Buried Alive
22.Buried Alive
23.The Winning Ticket
24.The Winning Ticket
25.Thank You
26.Thank You
27.Together Again
28.Together Again
29.Saved by the Bell
30.Saved by the Bell
1.Dish Soap for Dinner (Each conversation
will require 2 weeks.)
2.Dish Soap for Dinner
3.A New Man
4.A New Man
5.The Runner
6.The Runner
7.The Love Letters
8.The Love Letters
9.Bad Luck, Good Luck
10.Bad Luck, Good Luck
11.Lost and Found
12.Lost and Found
13.A Little Traveler
14.A Little Traveler
授業内容 15.Man's Best Friend
16.Man's Best Friend
17.The Coin
18.The Coin
19.Love or Baseball
20.Love or Baseball
21.Buried Alive
22.Buried Alive
23.The Winning Ticket
24.The Winning Ticket
25.Thank You
26.Thank You
27.Together Again
28.Together Again
29.Saved by the Bell
30.Saved by the Bell
S t uden t s ar e e x p e c t e d t o br in g t heir
事前・事後 textbooks and dictionaries to every class
学
習 session. They are also required to read the
story for each class session before the class.
S t uden t s ar e e x p e c t e d t o br in g t heir
事前・事後 textbooks and dictionaries to every class
学
習 session. They are also required to read the
story for each class session before the class.
評価方法 Active class participation 40%Completed
・ 基 準 converstions 60 %
評価方法 Active class participation 40%Completed
・ 基 準 conversation 60 %
This class is meant to provide students with
履 修 上 の a chance to practice conversational skills.
注意事項等 Failure to attend or to participate could result
in a poor grade.
This class is meant to provide students with
履 修 上 の a chance to practice conversational skills.
注意事項等 Failure to attend or to participate could result
in a poor grade.
外
テ ー マ Oral English(Basic)
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL104
『True Stories in the News: A Beginning Reader, 3rd
Edition』Sandra Heyer, Pearson/Longman
聴講の可否
×
科目ナンバリング AL104
聴講の可否
×
― 39 ―
語
『True Stories in the News: A Beginning Reader, 3rd
Edition』Sandra Heyer, Pearson/Longman
国
テ キ スト
科 目 名
英会話Ⅰ(八)
期間
通年
科 目 名
英会話Ⅱ(一)
担当教員
☆ Ramon SANTOS 単位数 2単位
配当
年次
1-4
担当教員
山根 キャサリン
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ Oral English(Basic)
テ ー マ Oral English(Intermediate)
到 達目標 基礎的な日常会話の習得
到 達目標 おおよその日常会話をこなす
The goal of this class is to provide you with
many opportunities to practice speaking
English on everyday topics. In addition, 授業概要
you will learn important phrases and key
vocabulary that will help you speak more
fluently.
Each week the students will have many
opportunities to practice using English in a
授業概要
variety of situations. There will be a lot of pair
and group work, as well as listening practice.
1.Chapter #1 Student introductions.
2.Chapter #1 Getting to know each other.
3.Chapter #2 Talking about interests.
4.Chapter #2 Talking about likes and dislikes.
5.Chapter #3 Talking about family and friends.
6.Chapter #3 Describing your family.
7.Chapter #4 Talking about people.
8.Chapter #4 Using follow-up questions during
a conversation.
9.Chapter #5 Talking about work.
10.Chapter #5 Job interviews.
11.Chapter #6 Talking about past experiences.
12.Chapter #6 Discussing vacations and trips.
1 3 . C h a p t e r # 7 T a l k i n g a b o u t s p o r t s a n d
activities.
14.Chapter #7 Discussing talents and abilities.
授業内容 15.Presentations.
16.Chapter #8 Summer vacation presentations.
17.Chapter #8 Talking about other countries.
18.Chapter #9 Talking about experiences.
19.Chapter #10 Talking about places.
20.Chapter #10 Describing famous places.
21.Chapter #10 Describing famous places.
22.Chapter #11 Travel vocabulary part 2.
23.Chapter #12 Talking about Japanese customs.
2 4 . C h a p t e r # 1 2 T a l k i n g a b o u t A m e r i c a n
授業内容
customs.
25.Chapter #13 Talking about future events.
26.Chapter #13 Planning future activities.
27.Review.
28.Preparing for presentations.
29.Presentations.
30.Presentations.
1.Introducing ourselves; Introducing the course
2.Unit 1: Introductions; Talking about families; Introducing our
classmates
3.Unit 1: Talking about our favorite things; Names and nicknames;
Listening practice
4.Unit 2: Talking about past experiences; Remembering our childhoods
5.Unit 2: Listening practice; Pair practice: Ghost stories
6.Unit 3: Sports and Leisure; Talking about our favorite sports;
Explaining rules
7.Unit 3: Listening; Interview activity; Pronunciation practice; DVD
activity
8.*Short Test on Units1-3; Music listening
9.Unit 4: Shopping and money; Conversation practice; Practice with
big numbers
10.Unit 4: Talking about money and time; Group discussion about
shopping; Vocabulary practice
11.Unit 5: Talking about food; Conversation practice; Pair work;
Describing Japanese food
12.Unit 5: Interview about food and drink; Listening practice; Our
original dialogues
13.Unit 6: Travel; Conversation practice; Talking about where we would
like to go; Group activity: Planning a trip
14.Unit 6: Talking about languages; Practice checking into a hotel;
Original dialogues
15.*Short Test on Units 4-6
16.Welcome back! Talking about our summer vacations
17.Unit 7: Movies and television; Conversation practice; Talking about
movies; Describing popular movies
18.Unit 7: Talking about our favorite movies and TV shows; Listening
practice; Interview game
19.Unit 8: Talking about Work; Conversation practice; Role play: Job
interviews
20.Unit 8: Listening practice; Interview about jobs; Our dream jobs
21.Unit 9: Health; Conversation practice; Pair activity: talking about our
healthy and unhealthy habits; Giving advice
22.Unit 9: What do you think? Interview game; Listening practice; Our
original dialogues
23.*Short Test on Units7-9
24.Unit 10: Love and Marriage; Conversation practice; Group activity:
discussing matchmaking
25.Unit 10: Love survey; Listening practice; Music listening activity
26.Unit 11: Music and Books: Conversation practice; Talking about our
favorite music and books; Quiz game
27.Unit 11: Pair practice; Listening activity; Guessing game; Our
favorite songs
28.Unit 12: Culture and Places in Japan; Conversation practice; Talking
about places in Japan; Group discussion: The best places to~
29.Unit 12: Talking about Japanese culture; Quiz game; Listening
activity: Describing things in Japanese culture
30.*Short Test on Units 10-12: Presentations: Introducing Japanese
Culture
事前・事後
Review the textbook.
学
習
There will be homework every week to help
the students meet the goals of the course. It is
事前・事後
important to be prepared for class and to try
学
習
to find opportunities to use English outside of
the classroom.
50% Speaking activities, quiz zes and
評価方法
homework30% Presentations20% Class
・ 基 準
Participation
Grades will be determined by the following:
評価方法 active participation in class and effort
・ 基 準 (30%); weekly written and oral homework
assignments (30%); four short tests (40%).
Since this is an Oral Communication class, 履修上の
you will be encouraged to speak English
注意事項等
throughout the lesson.
*Bring your notebook and a dictionary to class
every week.*If you miss class, find out the
履修上の
homework assignment from your teacher or
注意事項等
a classmate before the next class.*Try your
best!
テ キ スト 『Talk A Lot: Book 1. 』David Martin, EFL Press
テ キ スト 『Let's Chat!』John PAK, EFL Press, 2007
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL104
― 40 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AL105
聴講の可否
△
科 目 名
英会話Ⅱ(二)
担当教員
山根 キャサリン
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英会話Ⅱ(三)
期間
通年
配当
年次
1-4
担当教員
☆ Greggory HUTTON 単位数 2単位
配当
年次
1-4
テ ー マ Oral English(Intermediate)
外
到 達目標 おおよその日常会話をこなす
The goal of this course is for you to have fun
learning and using English. You will learn English
到 達目標
you can use to talk with others and then practice
using it with other students in pairs or small groups.
語
Each week the students will have many
opportunities to practice using English in a
授業概要
variety of situations. There will be a lot of pair
and group work, as well as listening practice.
Students will spend time practicing speaking patterns and
expanding set dialogs with their own or new information. Class
time will be spent using the textbooks and your homework for
speaking. Most work will be done in pairs with opportunities to
授業概要 speak with different students and the teacher. The focus of the
class will be on students actively producing English, not passively
listening. Speaking Japanese instead of English does not help the
student's English ability to improve. It is strongly discouraged.
授業内容
1.Introducing ourselves; Introducing the course
2.Unit 1: Introductions; Talking about families; Introducing our
classmates
3.Unit 1: Talking about our favorite things; Names and nicknames;
Listening practice
4.Unit 2: Talking about past experiences; Remembering our childhoods
5.Unit 2: Listening practice; Pair practice: Gosht stories
6.Unit 3: Sports and Leisure; Talking about our favorite sports;
Explaining rules
7.Unit 3: Listening; Interview activity; Pronunciation practice; DVD
activity
8.*Short Test on Units1-3; Music listening
9. Unit 4: Shopping and money; Conversation practice; Practice with
big numbers
10.Unit 4: Talking about money and time; Group discussion about
shopping; Vocabulary practice
11.Unit 5: Talking about food; Conversation practice; Pair work;
Describing Japanese food
12.Unit 5: Interview about food and drink; Listening practice; Our
original dialogues
13.Unit 6: Travel; Conversation practice; Talking about where we would
like to go; Group activity: Planning a trip
14.Unit 6: Talking about languages; Practice checking into a hotel;
Original dialogues
15.*Short Test on Units 4-6
16.Welcome back! Talking about our summer vacations
17.Unit 7: Movies and television; Conversation practice; Talking about
movies; Describing popular movies
18.Unit 7: Talking about our favorite movies and TV shows; Listening
practice; Interview game
19.Unit 8: Talking about Work; Conversation practice; Role play: Job
interviews
20.Unit 8: Listening practice; Interview about jobs; Our dream jobs
21.Unit 9: Health; Conversation practice; Pair activity: talking about our
healthy and unhealthy habits; Giving advice
22.Unit 9: What do you think? Interview game; Listening practice; Our
original dialogues
23.*Short Test on Units7-9
24.Unit 10: Love and Marriage; Conversation practice; Group activity:
discussing matchmaking
25.Unit 10: Love survey; Listening practice; Music listening activity
26.Unit 11: Music and Books: Conversation practice; Talking about our
favourite music and books; Quiz game
27.Unit 11: Pair practice; Listening activity; Guessing game; Our
favorite songs
28.Unit 12: Culture and Places in Japan; Conversation practice; Talking
about places in Japan; Group discussion: The best places to ~
29.Unit 12: Talking about Japanese culture; Quiz game; Listening
activity: Describing things in Japanese culture
30.*Short Test on Units 10-12; Presentation: Introducing Japanese
Culture
授業内容
1.Introductions, Meeting others, Class expectations
2.Talking and greeting
3.Talking about friendships and how to be friends
4.Buying food, talking about food
5.How was your Golden Week? Be my guest!
6.Eating in a restaurant; making food, talking about
recipes.
7.Future tense practice; probability
8.Possibility and warnings
9.Making comparisons, giving advice
10.Expressing opinions, agreeing and disagreeing
11.She's the most… Using superlatives to describe
people, places and things
12.Shopping in a department store
13.Imperatives and directions
14.Using transportation, getting around town
15.End of semester review; have a good summer!
16.Welcome back! How was your summer? Describing
people's actions
17.Talking about plans and intentions, the results of
actions
18.Comparatively speaking…. Talking about and
comparing different places and things in Japan
19.Past Continuous Tense. Talking about ongoing past
activities
20.What have you been doing since you started at NU?
21.What will you do for the Aogakisai? School festivals, baseball series and playoffs
22.Expressing past and future ability
23.Expressing past and future obligation
24.Past tense review. Medical examinations and advice
25.Health and nutrition
26.Future continuous tense, time expressions
27.Describing future activities; celebrating Christmas
28.Some / any; verb and pronoun review; Offering help
29.Household problems, talking about ownership
30.End of semester review; thank you for being in the
class!
There will be short homework assignments
each week to help the students meet the goals
事前・事後
of the course. It is important to be prepared
学
習
for class and to try to find opportunities to use
English outside of the classroom.
Students are expected to come to every class
事前・事後 so you can practice speaking. Preparing to
学
習 speak is having the right attitude. Each class
is an opportunity to speak English.
Grades will be determined by the
評価方法 following:active participation in class and effort
・ 基 準 (30%); weekly written and oral homework
assignments (30%); four short tests (40%).
Speaking English is important! Since this class
is English conversation, you will be primarily
評価方法
evaluated on how seriously you use English in
・ 基 準
class, not just on your attendance. Participation=
50%. Homework= 10%, quizzes=20%, exams= 20%.
*Bring your notebook and a dictionary to class
every week.*If you miss class, find out the
履修上の
homework assignment from your teacher or
注意事項等
a classmate before the next class.*Try your
best!
You should have an electronic dictionary or
regular dictionaries. Cellular phones will NOT
履修上の
be welcome in class. If you don’t want to
注意事項等
speak English, please look to join another
class.
テ キ スト 『Let's Chat!』John PAK, EFL Press, 2007
『Side By Side 2 Extra Student Book』Molinsky and Bliss,
Pearson Longman, 2016
テ キ スト
『Side By Side 2 Activity workbook』Molinsky and Bliss,
Pearson Longman, 2001
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL105
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL105
聴講の可否
△
― 41 ―
国
テ ー マ Oral English(Intermediate)
科 目 名
英会話Ⅱ(四)
担当教員
山根 キャサリン
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
英会話Ⅱ(六)
期間
通年
配当
年次
1-4
担当教員
☆ Ramon SANTOS 単位数 2単位
配当
年次
1-4
テ ー マ Oral English(Intermediate)
テ ー マ Oral English(Intermediate)
到 達目標 おおよその日常会話をこなす
到 達目標 おおよその日常会話をこなす
Each week the students will have many
opportunities to practice using English in a
授業概要
variety of situations. There will be a lot of pair
and group work, as well as listening practice.
The goal of this class is to provide you with
many opportunities to practice speaking
English on everyday topics. In addition, 授業概要
you will learn important phrases and key
vocabulary that will help you speak more
fluently.
授業内容
1.Introducing ourselves; Introducing the course
2.Unit 1: Introductions; Talking about families; Introducing our
classmates
3.Unit 1: Talking about our favorite things; Names and nicknames;
Listening practice
4.Unit 2: Talking about past experiences; Remembering our childhoods
5.Unit 2: Listening practice; Pair practice: Ghost stories
6.Unit 3: Sports and Leisure; Talking about our favourite sports;
Explaining rules
7.Unit 3: Listening; Interview activity; Pronunciation practice; DVD
activity
8.*Short test on Units 1 ~ 3; Music listening
9.Unit 4: Shopping and money; Conversation practice; Practice with
big numbers
10.Unit 4: Talking about money and time; Group discussion about
shopping; Vocabulary practice
11.Unit 5: Talking about food; Conversation practice; Pair work;
Describing Japanese food
12.Unit 5: Interview about food and drink; Listening practice; Our
original dialogues
13.Unit 6: Travel: Conversation practice; Talking about where we would
like to go; Group activity: Planning a trip
14.Unit 6: Talking about languages; Practice checking into a hotel;
Original dialogues
15.*Short Test on Units 4~6
16.Welcome back! Talking about our summer vacations
17.Unit 7: Movies and television; Conversation practice; Talking about
movies; Describing popular movies
18.Unit 7: Talking about our favorite movies and TV shows; Listening
practice; Interview game
19.Unit 8: Talking about Work; Conversation practice; Role play: Job
interviews
20.Unit 8: Listening practice; Interview about jobs; Our dream jobs
21.Unit 9: Health; Conversation practice; Pair activity: talking about our
healthy and unhealthy habits; Giving advice
22.Unit 9: What do you think? Interview game; Listening practice; Our
original dialogues
23.*Short Test on Units7-9
24.Unit 10: Love and Marriage; Conversation practice; Group activity:
discussing matchmaking
25.Unit 10: Love survey; Listening practice; Music listening activity
26.Unit 11: Music and Books: Conversation practice; Talking about our
favourite music and books; Quiz game
27.Unit 11: Pair practice; Listening activity; Guessing game; Our
favorite songs
28.Unit 12: Culture and Places in Japan; Conversation practice; Talking
about places in Japan; Group discussion: The best places to~
29.Unit 12: Talking about Japanese culture; Quiz Game; Listening
activity: Describing things in Japanese culture
30.*Short Test on Units 10-12; Presentation: Introducing Japanese
Culture
1.Chapter #1 Student introductions.
2.Chapter #1 Getting to know each other.
3.Chapter #2 Making comparisons.
4.Chapter #2 Making comparisons.
5.Chapter #3 Talking about school and
work.
6.Chapter #3 Talking about school and
work.
7.Chapter #4 Giving directions.
8.Chapter #5 Travel English.
9.Chapter #5 Travel English.
10.Chapter #5 Travel English.
11.Chapter #6 Talking about experiences.
12.Chapter #6 Talking about experiences.
13.Chapter #7 Past information.
14.Chapter #7 Past information.
授業内容 15.Oral Presentations
1 6 . C h a p t e r # 8 S u m m e r v a c a t i o n
presentations.
17.Chapter #8 Talking about food.
18.Chapter #8 Talking about food.
19.Chapter #9 Health and sickness.
20.Chapter #9 Health and sickness.
21.Chapter #10 Suggesting and inviting.
22.Chapter #10 Suggesting and inviting.
23.Chapter #10 Suggesting and inviting.
24.Chapter #11 Travel English.
25.Chapter #11 Travel English.
26.Chapter #11 Travel English
27.Review.
28.Preparation for Presentations
29.Presentations.
30.Presentations.
There will be short homework assignments
each week to help the students meet the goals
事前・事後
of the course. It is important to be prepared
学
習
for class and to try to find opportunities to use
English outside of the classroom.
事前・事後
Every week, you will have homework.
学
習
Grades will be determined by the
評価方法 following:active participation in class and effort
・ 基 準 (30%); regular written and oral homework
assignments (30%); four short tests (40%).
5 0 % S p e a k i n g a c t i v i t i e s , t e s t s a n d
評価方法
homework30% Presentations20% Class
・ 基 準
Participation
*Bring your notebook and a dictionary to
履 修 上 の class every week.*If you miss class, find out
注意事項等 the homework assignment from your teacher
or a classmate before the next class.
Since this is an Oral Communication class, 履修上の
you will be required to speak English
注意事項等
throughout the lesson.
テ キ スト 『Let's Chat!』John PAK, EFL Press, 2007
テ キ スト 『Talk A Lot: Book 2.』David Martin, EFL Press.
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL105
― 42 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL105
聴講の可否
△
科 目 名
英会話Ⅲ(一)
期間
通年
科 目 名
英会話Ⅲ(二)
担当教員
☆ Ramon SANTOS 単位数 2単位
配当
年次
1-4
担当教員
山根 キャサリン
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ Oral English(Advanced)
到 達目標 より高度な情報の理解と運用
到 達目標 より高度な情報の理解と運用
The main purpose of this advanced oral
communication class is to give students the
opportunity to practice and improve their oral
授業概要
communication skills by participating in class
discussions, focusing on various speaking
and listening tasks, and making presentations.
This is a DVD-based course, using video clips from
National Geographic. Pre-viewing activities will
include discussing what we know about each area
of the world and vocabulary building. Following each
授業概要 video clip there are content, discussion and listening
exercises. Each week the students will have many
opportunities to use English in a variety of situations. In addition, students will work on developing the
skills needed for short in-class presentations.
外
テ ー マ Oral English(Advanced)
国
授業内容
事前・事後
Every week, you will have homework.
学
習
There will be short homework assignments every
week to help the students meet the goals of the
事前・事後
course. It is important to be prepared for class and
学
習
to try to find opportunities to use English outside of
the classroom.
50% Speaking activities, quiz zes and
評価方法
homework30% Presentations20% Class
・ 基 準
participation
Grades for this course will be determined by
the following: active participation in class
評価方法
(30%); regular written and oral homework
・ 基 準
assignments (30%); final presentations in July
and January (40%).
Since this is an Oral Communication class, 履修上の
you will be required to speak English
注意事項等
throughout the lesson.
履修上の
注意事項等
テ キ スト
『English Firsthand 2』Marc Helgesen, Steve Brown,
Pearson Longman
『Globe Trotters: Practical English with Video』Carmella
テ キ スト LIESKE, National Geographic Learning/ Cengage, 2013, ,
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL106
1.Introducing ourselves; Introducing the course
2.Unit 1: Spain: Our images and impressions; Vocabulary; Video
activity
3.Unit 1: Listening practice; At the Airport; Conversation practice
4.Unit 2: China: Our images and impressions; Vocabulary; Video
activity
5.Unit 2: Listening practice; From the Airport; Conversation
practice
6.Unit 3: Peru: Our images and impressions; Vocabulary; video
activity
7.Unit 3: Listening practice; At the Hotel; Conversation practice
8.Families of the World: Talking about family life
9.Unit 4: Tokyo: What do we know?; Vocabulary; Video activity
10.Unit 4: Listening practice; Describing cities; Conversation
practice
1 1 . U n i t 5 : N e w Y o r k C i ty : O u r i ma g e s a n d i m p r e s s i o n s ;
Vocabulary; Video activity
12.Unit 5: Listening practice; Giving directions; Conversation
practice
13.Unit 6: Antarctica: What do we know?; Vocabulary; Video
activity
14.Unit 6: Listening practice; Talking about health problems;
Conversation practice
15.Presentations: "My Hometown"; Review activity
16.Welcome back! Talking about our summer vacations
17.Unit 7: India: What do we know?; Vocabulary; Video activity
18.Unit 7: Listening practice; Shopping; Conversation practice
19.Unit 8: New Zealand: What do we know?; Vocabulary; Video
activity
20.Unit 8: Listening practice; Short excursions; Conversation
practice
21.Unit 9: Africa: What do we know?; Vocabulary; Video activity
22.Unit 9: Listening practice; Running into problems; Conversation
practice
23.Documentary on World issues
24.Unit 10: Cambodia: What do we know?; Vocabulary; Video
activity
25.Unit 10: Listening practice; Bargaining; Conversation practice
26.Unit 11: Egypt: What do we know?; Vocabulary; Video activity
27.Unit 11: Listening practice; Home visit; Conversation practice
28.Unit 12: Italy: What do we know?; Vocabulary; Video activity
29.Unit 12: Listening practice; At a restaurant; Conversation
practice
30.Group presentation: "Introducing the World"
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL106
聴講の可否
△
― 43 ―
語
1.Unit 0: Meeting the class (part 1).
2.Unit 0: Meeting the class (part 2).
3.Unit 1: Phrases for introducing yourself.
4.Unit 1: Interviewing your classmates.
5.Unit 2: Expressing emotions.
6.Unit 2: Discussion: What kind of person
are you?
7.Unit 2: Sharing good news and bad
news.
8.Unit 3: Describing places.
9.Unit 3: Discussion: My most interesting
experience.
10.Unit 3: A travel survey.
11.Unit 3: Presentation: My best vacation.
12.Unit 4: Expressions for agreeing and
disagreeing.
13.Unit 4: Stating your opinion.
授業内容 14.Unit 4: The best and the worst.
15.Review Units 1-4
16.Discussion: Summer holidays.
17.Unit 6: Japanese traditions.
18.Unit 6: Famous places in the world.
19.Unit 6: My culture.
20.Unit 6: Discussion: Festivals in Japan.
21.Unit 7: Describing your childhood .
22.Unit 7: Describing past experiences.
23.Unit 7: Discussion: A special time in my
life
24.Preparing for your presentation.
25.Presentations: A special time in my life.
26.Unit 8: Discussing leisure activities.
27.Unit 8: Planning a party.
28.Unit 9: Giving and receiving advice.
29.Unit 9: What would you do if...?
30.Review Units 6-9
科 目 名
英会話Ⅲ(三)
担当教員
山根 キャサリン
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
TOEICⅠ(一)
配当
年次
1-4
担当教員
山本 尚子
単位数 2単位
テ ー マ Oral English(Advanced)
テ ー マ 実用英語
(基礎)
到 達目標 より高度な情報の理解と運用
到 達目標 基礎的な語彙・表現の習得と理解
This is a DVD-based course, using video clips from
National Geographic. Pre-viewing activities will
include discussing what we know about each area
of the world and vocabulary building. Following each
授業概要 video clip there are content, discussion and listening
exercises. Each week the students will have many
opportunities to use English in a variety of situations. In addition, students will work on developing the
skills needed for short in-class presentations.
授業概要
1.Introducing ourselves; Introducing the course
2.Unit 1: Spain: Our images and impressions; Vocabulary; Video
activity
3.Unit 1: Listening practice; At the Airport; Conversation practice
4.Unit 2: China: Our images and impressions; Vocabulary; Video
activity
5.Unit 2: Listening practice; From the Airport; Conversation
practice
6.Unit 3: Peru: Our images and impressions; Vocabulary; video
activity
7.Unit 3: Listening practice; At the Hotel; Conversation practice
8.Families of the World: Talking about family life
9.Unit 4: Tokyo: What do we know?; Vocabulary; Video activity
10.Unit 4: Listening practice; Describing cities; Conversation
practice
11.Unit 5: New York City: Our images and impressions;
Vocabulary; Video activity
12.Unit 5: Listening practice; Giving directions; Conversation
practice
13.Unit 6: Antarctica: What do we know?; Vocabulary; Video
activity
14.Unit 6: Listening practice; Talking about health problems;
Conversation practice
15.Presentations: "My Hometown"; Review activity
16.Welcome back! Talking about our summer vacations
17.Unit 7: India: What do we know?; Vocabulary; Video activity
18.Unit 7: Listening practice; Shopping; Conversation practice
19.Unit 8: New Zealand: What do we know?; Vocabulary; Video
activity
20.Unit 8: Listening practice; Short excursions; Conversation
practice
21.Unit 9: Africa: What do we know?; Vocabulary; Video activity
22.Unit 9: Listening practice; Running into problems; Conversation
practice
23.Documentary on World issues
24.Unit 10: Cambodia: What do we know?; Vocabulary; Video
activity
25.Unit 10: Listening practice; Bargaining; Conversation practice
26.Unit 11: Egypt: What do we know?; Vocabulary; Video activity
27.Unit 11: Listening practice; Home visit; Conversation practice
28.Unit 12: Italy: What do we know?; Vocabulary; Video activity
29.Unit 12: Listening practice; At a restaurant; Conversation
practice
30.Group presentation: "Introducing the World"
授業内容
期間
通年
配当
年次
1-4
数多くのTOEIC形式の問題演習を行い、語彙力、文
法力、読解力、聴解力を身につける。
1.オリエンテーション
2.Unit 1 Traveling
3.続き
4.Unit 2 Daily Life & Shopping
5.続き
6.Unit 3 At Restaurants
7.続き
8.Unit 4 Job Hunting
9.続き
10.Unit 5 At the Office 1
11.続き
12.Unit 6 At the Office 2
13.続き
14.Unit 7 Review Test 1
15.Unit 7 Review Test 1の解説とまとめ
授業内容 16.オリエンテーション
17.Unit 8 Doing Business Online
18.続き
19.Unit 9 Housing
20.続き
21.Unit 10 Making Deals & Contracts
22.続き
23.Unit 11 Public Service
24.続き
25.Unit 12 Banking & Finance
26.続き
27.Unit 13 At Seminars & Workshops
28.続き
29.Unit 14 Review Test 2
30.Unit 14 Review Test 2の解説とまとめ
There will be short homework assignments
every week to help the students meet the goals
事前・事後
of the course. It is important to be prepared
学
習
for class and to try to find opportunities to use
English outside of the classroom.
事前・事後
学
習
Grades for this course will be determined by
the following: active participation in class
評価方法
(30%); regular written and oral homework
・ 基 準
assignments (30%); final presentations in July
and January (40%).
評価方法 平常点
(授業への取り組み、テキストの問題の解答状
・ 基 準 況)50%、小テスト50%で評価する。
履修上の
注意事項等
受講を希望する者は、指定のテキストを購入の上、初回のオリ
エンテーションに必ず出席すること。
(出席できなかった場合は、
履修上の
2回目の授業が始まる前に、必ず研究室(A403)
に来ること。
)辞書
注意事項等
(電子辞書も可)を必ず持参すること。遅刻は3回で欠席1回とし、
遅刻は授業開始30分まで認め、それ以降は欠席扱いとする。
『Globe Trotters: Practical English with Video』Carmella
<事前学習>各unitのCheck Pointを事前に読み、何に気をつけなが
ら、問題に取り組めばよいかを確認する。<事後学習>次回授業の冒
頭で前回の授業で扱った内容を範囲として小テスト
(リスニング、語彙、
文法)
を実施するので、毎回の授業内容を復習する。*予習・復習が求
められるが、特に復習に力を入れてほしい。復習を通して、授業内で
確認した事柄を確実に身につけ、実際のTOEIC受験につなげてほしい。
テ キ スト LIESKE, National Geographic Learning/ Cengage, 2013
テ キ スト 『Lighting up The TOEIC Test』Michiko Ueki 他, 金星堂, 2016
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL106
― 44 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL107
聴講の可否
×
科 目 名
TOEICⅠ(二)
担当教員
山本 尚子
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
TOEICⅡ(一)
配当
年次
1-4
担当教員
石﨑 一樹
単位数 2単位
テ ー マ 実用英語
(表現)
到 達目標 基礎的な語彙・表現の習得と理解
到 達目標 標準的な語彙・表現の習得と理解
通年
配当
年次
1-4
外
テ ー マ 実用英語
(基礎)
期間
1.オリエンテーション
2.Unit 1 Traveling
3.続き
4.Unit 2 Daily Life & Shopping
5.続き
6.Unit 3 At Restaurants
7.続き
8.Unit 4 Job Hunting
9.続き
10.Unit 5 At the Office 1
11.続き
12.Unit 6 At the Office 2
13.続き
14.Unit 7 Review Test 1
15.Unit 7 Review Test 1の解説とまとめ
授業内容 16.オリエンテーション
17.Unit 8 Doing Business Online
18.続き
19.Unit 9 Housing
20.続き
21.Unit 10 Making Deals & Contracts
22.続き
23.Unit 11 Public Service
24.続き
25.Unit 12 Banking & Finance
26.続き
27.Unit 13 At Seminars & Workshops
28.続き
29.Unit 14 Review Test 2
30.Unit 14 Review Test 2の解説とまとめ
事前・事後
学
習
1.Introduction : About the TOEIC Test
2.Unit 1: Companies and Organizations (1)
3.Unit 1: Companies and Organizations (2)
4.Unit 1: Companies and Organizations (3)
+Wrap-up Quiz
5.Unit 2: Work Routines (1)
6.Unit 2: Work Routines (2)
7.Unit 2: Work Routines (3) +Wrap-up Quiz
8.Unit 3: Travel and Entertainment (1)
9.Unit 3: Travel and Entertainment (2)
10.Unit 3: Travel and Entertainment (3) +Wrapup Quiz
11.Unit 4: Human Resources (1)
12.Unit 4: Human Resources (2)
13.Unit 4: Human Resources (3) +Wrap-up Quiz
14.Unit 5: Manufacturing (1)
15.Unit 5: Manufacturing (2) +Wrap-up Quiz
授業内容
16.Unit 6: Office Technology (1)
17.Unit 6: Office Technology (2)
18.Unit 6: Office Technology (3) +Wrap-up Quiz
19.Unit 7: Purchasing (1)
20.Unit 7: Purchasing (2)
21.Unit 7: Purchasing (3) +Wrap-up Quiz
22.Unit 8: Health Care (1)
23.Unit 8: Health Care (2)
24.Unit 8: Health Care (3) +Wrap-up Quiz
25.Unit 9: Housing and Property (1)
26.Unit 9: Housing and Property (2)
27.Unit 9: Housing and Property (3) +Wrap-up
Quiz
28.Unit 10: Banking and Finance (1)
29.Unit 10: Banking and Finance (2)
30.Unit 10: Banking and Finance (3) +Wrap-up
Quiz
<事前学習>各unitのCheck Pointを事前に読み、何に気をつけなが
ら、問題に取り組めばよいかを確認する。<事後学習>次回授業の冒
頭で前回の授業で扱った内容を範囲として小テスト
(リスニング、語彙、
文法)
を実施するので、毎回の授業内容を復習する。*予習・復習が求
められるが、特に復習に力を入れてほしい。復習を通して、授業内で
確認した事柄を確実に身につけ、実際のTOEIC受験につなげてほしい。
事前学習:授業で扱う予定の設問は必ず回答し、わからない単
語の意味を調べるなど、予習を十分にしておく。事後学習:授
事前・事後
業の確認をする。単語帳を作る。学んだ文法項目のまとめをす
学
習
る。各自でリスニング練習
(シャドーイング)やディクテーショ
ン
(書き取り)
をするなど、自学活動も積極的に行うこと。
評価方法 平常点
(授業への取り組み、テキストの問題の解答状
・ 基 準 況)50%、小テスト50%で評価する。
評価方法 Quizの成績、質問への返答の頻度、学習態度を総合
・ 基 準 的に評価する。
受講を希望する者は、指定のテキストを購入の上、初回のオリ
エンテーションに必ず出席すること。
(出席できなかった場合は、
履修上の
2回目の授業が始まる前に、必ず研究室(A403)
に来ること。
)辞書
注意事項等
(電子辞書も可)を必ず持参すること。遅刻は3回で欠席1回とし、
遅刻は授業開始30分まで認め、それ以降は欠席扱いとする。
単位の習得のみを目的とする者、真剣に英語力の向
上を目指さない者は受講しないこと。 学内で行う
履修上の
TOEIC IPの受験を推奨する。参考書は指定しないが、
注意事項等
高校時代に使用していた文法書などを必ず用いるこ
と。英和辞典
(電子辞書もOK)
を必ず持参すること。
テ キ スト 『Lighting up The TOEIC Test』Michiko Ueki 他, 金星堂, 2016
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL107
聴講の可否
×
『TOEIC Skills 1』Alastair Graham-Marr, Jeff Anderson and
Rus Howser, ABAX ELT Publishers, 2015
科目ナンバリング AL108
聴講の可否
△
― 45 ―
語
数多くのTOEIC形式の問題演習を行い、語彙力、文
法力、読解力、聴解力を身につける。
国
授業概要
低~中難易度のTOEIC形式問題を数多く解きながら、総合
的な英語力のアップを目指すクラス。語彙力・文法力の強
化、リーディングとリスニングのスキルアップを行う。学
内TOEICの受験を前提とし、TOEIC450超えを目標にする。
授業概要 効果的に語学スキルを身につけられるかどうかは、いかに
集中しながら、かつ学習に時間をかけられるかにかかって
いる。したがってこのクラスでは、予習と復習を前提とし、
長時間、集中して英語に触れる
「体」
を作ることを目指す。
科 目 名
TOEICⅡ(二)
担当教員
石﨑 一樹
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
TOEICⅡ(三)
配当
年次
1-4
担当教員
☆島田 拓司
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 実用英語
(表現)
テ ー マ 実用英語
(表現)
到 達目標 標準的な語彙・表現の習得と理解
到 達目標 標準的な語彙・表現の習得と理解
低~中難易度のTOEIC形式問題を数多く解きながら、総合
的な英語力のアップを目指すクラス。語彙力・文法力の強
化、リーディングとリスニングのスキルアップを行う。学
内TOEICの受験を前提とし、TOEIC450超えを目標にする。
授業概要 効果的に語学スキルを身につけられるかどうかは、いかに
集中しながら、かつ学習に時間をかけられるかにかかって
いる。したがってこのクラスでは、予習と復習を前提とし、
長時間、集中して英語に触れる
「体」
を作ることを目指す。
TOEICは多くの企業・団体・学校で採用され、そのス
コアは英語力を証明する最も信頼される尺度となっ
ている。この授業では、TOEICの問題に取り組むこ
授業概要 とによって、テスト形式に慣れるとともに、リスニ
ング力強化のための聞き取り練習と文法の復習に重
点を置く。小テスト、ディクテーション演習を頻繁
に行うので、出席は非常に重要である。
1.Introduction : About the TOEIC Test
2.Unit 1: Companies and Organizations (1)
3.Unit 1: Companies and Organizations (2)
4.Unit 1: Companies and Organizations (3)
+Wrap-up Quiz
5.Unit 2: Work Routines (1)
6.Unit 2: Work Routines (2)
7.Unit 2: Work Routines (3) +Wrap-up Quiz
8.Unit 3: Travel and Entertainment (1)
9.Unit 3: Travel and Entertainment (2)
10.Unit 3: Travel and Entertainment (3) +Wrapup Quiz
11.Unit 4: Human Resources (1)
12.Unit 4: Human Resources (2)
13.Unit 4: Human Resources (3) +Wrap-up Quiz
14.Unit 5: Manufacturing (1)
15.Unit 5: Manufacturing (2) +Wrap-up Quiz
授業内容
16.Unit 6: Office Technology (1)
17.Unit 6: Office Technology (2)
18.Unit 6: Office Technology (3) +Wrap-up Quiz
19.Unit 7: Purchasing (1)
20.Unit 7: Purchasing (2)
21.Unit 7: Purchasing (3) +Wrap-up Quiz
22.Unit 8: Health Care (1)
23.Unit 8: Health Care (2)
24.Unit 8: Health Care (3) +Wrap-up Quiz
25.Unit 9: Housing and Property (1)
26.Unit 9: Housing and Property (2)
27.Unit 9: Housing and Property (3) +Wrap-up
Quiz
28.Unit 10: Banking and Finance (1)
29.Unit 10: Banking and Finance (2)
30.Unit 10: Banking and Finance (3) +Wrap-up
Quiz
授業内容
事前学習:授業で扱う予定の設問は必ず回答し、わからない単
語の意味を調べるなど、予習を十分にしておく。事後学習:授
事前・事後
業の確認をする。単語帳を作る。学んだ文法項目のまとめをす
学
習
る。各自でリスニング練習
(シャドーイング)やディクテーショ
ン
(書き取り)
をするなど、自学活動も積極的に行うこと。
前回の授業内容についてよく復習し、語彙・表現の小
事前・事後
テストの準備をしておくこと。予習よりも復習を重
学
習
視する。
評価方法 Quizの成績、質問への返答の頻度、学習態度を総合
・ 基 準 的に評価する。
学習到達度確認50%、ディクテーション演習/リー
評価方法 ディング演習/授業への貢献度30%、語彙・表現の小
・ 基 準 テスト20%の割合で、それぞれの素点を合計して評
価する。
単位の習得のみを目的とする者、真剣に英語力の向
上を目指さない者は受講しないこと。 学内で行う
履修上の
TOEIC IPの受験を推奨する。参考書は指定しないが、
注意事項等
高校時代に使用していた文法書などを必ず用いるこ
と。英和辞典
(電子辞書もOK)
を必ず持参すること。
履 修 上 の 辞書
(電子辞書を含む)
を必ず持参すること。受け身
注意事項等 ではなく、能動的、積極的な授業参加を強く望む。
テ キ スト
『TOEIC Skills 1』Alastair Graham-Marr, Jeff Anderson and
Rus Howser, ABAX ELT Publishers, 2015
参 考 書
科目ナンバリング AL108
― 46 ―
テ キ スト
1.オリエンテーション、TOEICの概要説明、診断テスト
2.Unit1 Daily Lifeディクテーション演習
3.Unit1 Daily Life語法・リーディング演習: 品詞の違い 広告を読
む
4.Unit 2 Placesディクテーション演習、語彙小テスト1
5.Unit 2 Places語法・リーディング演習: カードを読む
6.Unit 3 Peopleディクテーション演習、語彙小テスト2
7.Unit 3 People語法・リーディング演習:代名詞 図表と手紙を読
む (1)
8.Unit 4 Travelディクテーション演習、語彙小テスト3
9.Unit 4 Travel 語法・リーディング演習:案内を読む
10.Unit 5 Businessディクテーション演習、語彙小テスト4
11.Unit 5 Business 語法・リーディング演習:動詞の形 通知・メモ
を読む
12.Unit 6 Officeディクテーション演習、語彙小テスト5
13.Unit 6 Office 語法・リーディング演習:手紙を読む
14.Unit 7 Technologyディクテーション演習、語彙小テスト6語法・
リーディング演習:語い関連 図表と手紙を読む (2)
15.前期授業のまとめ
16.Unit 8 Personnelディクテーション演習
17.Unit 8 Personnel語法・リーディング演習:記事を読む (1)
18.Unit 9 Managementディクテーション演習、語彙小テスト7
19.Unit 9 Management 語法・リーディング演習:接続詞 通知
を読む
20.Unit 10 Purchasingディクテーション演習、語彙小テスト8
21.Unit 10 Purchasing 語法・リーディング演習:手紙とレシー
トを読む
22.Unit 11 Financesディクテーション演習、語彙小テスト9
23.Unit 11 Finances 語法・リーディング演習:時制 レシピを読
む
24.Unit 12 Mediaディクテーション演習、語彙小テスト10
25.Unit 12 Media 語法・リーディング演習:記事を読む (2)
26.Unit 13 Entertainmentディクテーション演習、語彙小テスト
11
27.Unit 13 Entertainment 語法・リーディング演習:前置詞 Eメー
ルを読む
28.Unit 14 Healthディクテーション演習、語彙小テスト12
29.Unit 14 Health 語法・リーディング演習:FAXを読む
30.後期授業のまとめ
『Successful Keys to the TOEIC Test 1(3rd Ed.)』Atsushi
Mizumoto & Mark D. Stafford, 桐原書店, 2015
参 考 書 『総合英語Forest 7th edition』石黒昭博監修, 桐原書店, 2013
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL108
聴講の可否
△
科 目 名
TOEICⅡ(四)
担当教員
☆福地 浩子
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
TOEICⅡ(五)
配当
年次
1-4
担当教員
☆菊池 あずさ
単位数 2単位
テ ー マ 実用英語
(表現)
TOEIC頻出の基本的な語彙と文法を身につける。標
準的スピードの英語アナウンスや会話を聞き取り、
到 達目標
最低限の情報は理解する。音読練習を習慣づけ、英
語らしい発音とリズムで英語を読めるようになる。
到 達目標 標準的な語彙・表現の習得と理解
(Reading)
8.Lesson 4続き、到達度確認テスト(1)
9.会話教材:"Inviting People"
10.Lesson 5: Music (Listening)
11.Lesson 5続き、Lesson 6: Movies (Reading)
12.Lesson 6続き、小テスト②
13.会話教材:"Giving Directions"
14.Lesson 7: Sightseeing (Listening)
授業内容 15.Lesson 7続き、到達度確認テスト(2)
16.Lesson 8: Recruiting (Reading)
17.Lesson 8続き、Lesson 9: Shopping (Listening)
18.Lesson 9続き、小テスト③
19.会話教材:Complaining & Apologizing
20.Lesson 10: Forecasts (Reading)
21.Lesson 10続き、Lesson 11: Customs (Listening)
22.Lesson 11続き
23.到達度確認テスト(3)、会話教材:"Giving Advice"
24.会話教材:"Giving Advice"続き
25.Lesson 12: Crime (Reading)
26.Lesson 12続き、Lesson 13: New Products (Listening)
27.小テスト④、会話教材:"Getting Information"
28.Lesson 13: New Products (Listening)
29.Lesson 13続き
30.後期のまとめ、到達度確認テスト(4)
1-4
授業概要
このクラスは「資格の欄に書けるスコア」を目指すTOEICのクラスです。具体的な
スコア数値としては450 ~ 550を目標にしています(通年真剣に取り組んだ学生の
平均スコアは450前後、最高スコアは580 ~ 600)。毎回語彙力をはかるための単
語テストを行ないます。何より授業中の真摯な取り組みと自宅での学習を指導し
ています。なぜなら、週に一度一時間半の授業をただ漠然と受講しているだけで
は、スコアは決して伸びないからです。本気で勉強したことはありますか?なけ
れば、この授業で思いっきり英語に向き合い、就職活動に際して恥ずかしくない
スコアを取りましょう。一年、共に学び、クラスメイトと切磋琢磨して課題に向
き合ってみてください。達成感、充足感、そして英語力アップを保証します。
1.オリエンテーション
2.TOEICリスニングPart 1①
3.TOECIリスニングPart 1②
4.TOEICリスニングPart 2①
5.TOEICリスニングPart 2②
6.TOEICリスニングPart3①
7.TOEICリスニングPart 3②
8.TOEICリスニングPart 4①
9.TOEICリスニングPart 4②
10.TOEICリーディングPart 5①
11.TOEICリーディングPart 5②
12.TOEICリーディングPart 6①
13.TOEICリーディングPart 6②
14.TOEIC語彙対策(ボキャブラリーを増やそう)
15.まとめ
授業内容 16.オリエンテーション
17.TOEICリーディングPart 7①
18.TOEICリーディングPart 7②
19.TOEICリスニング対策①
20.TOEIC語彙力チェック①
21.TOEICリーディング対策①
22.TOEICリスニング対策②
23.TOEIC語彙力チェック②
24.TOEICリーディング対策②
25.TOEICリスニング(疑問詞)
26.TOEICリスニング(付加疑問)
27.TOEICリスニング(写真問題)
28.TOEICリーディング(メール)
29.TOEICリーディング(社内報告)
30.まとめ
事前に指示した練習問題は必ずしてくること。毎回授業
始めに宿題のチェックを行う。TOEICは選択問題だが、
事前・事後
解答に丸を付けるだけでは宿題をしたことにはならな
学
習
い。なぜその解答を選んだのか説明できるよう、辞書を
活用し自分なりに英文の意味をクリアにすること。
毎日少量でも問題集を解くことを薦めています。毎
事前・事後 回小テストがあるので、それに向けて毎週勉強をす
学
習 ること。TOEICテスト前には、多くの問題を自ら進
んで解くことが理想です。
評価方法 平常点
(宿題、積極的取り組み、発言)
:50%小テスト:
・ 基 準 15%到達度確認テスト:35%
平常点70% +試験20%+TOEICスコア10%。年2回
評価方法 行なわれる大学IPテストを必ず一度は受験すること。
・ 基 準 それを受験できないものは公式のTOEICを自ら申し
込んで受験すること。
教材忘れや宿題忘れは減点となる。スマホや携帯は
いかなる用途にも使用しない。机に置かない。出席
履修上の
するだけでは単位は取れない。積極的な取り組みや
注意事項等
地道な努力、そして試験で合格点を取ることが必要
である。
辞書を毎回必ず持参すること。無断での途中退席、
履修上の
授業中に飲食、私語、携帯を見る等の行為を行なっ
注意事項等
た者には、単位を出さない。
『Navigator for the TOEIC Test (Newly Updated Edition)』
『はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル』長本吉斉, PHP
テ キ スト Donald Beaver他, 南雲堂, 2013
テ キ スト 研究所, 2009
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL108
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL108
聴講の可否
△
― 47 ―
語
1.授業計画説明、TOEICという試験について
2.Lesson 1: Headhunting (Listening)
3.Lesson 1続き、Lesson 2: The Internet (Reading)
4.Lesson 2続き、小テスト①
5.会話教材:"Icebreaking"
6.Lesson 3: Weddings: (Listening)
7.Lesson 3続 き、Lesson 4: Corporate Culture
配当
年次
国
本授業はTOEICをまだ受けたことのない、あるいはTOEIC受験
経験の少ない学生さんを対象に500点取得(990満点)を目指す。大
学生があまり馴染みのない「職場の英語」や英語圏現地の英語にで
きる限り多く触れ、親しみを感じて頂けるようになればと思う。
授業概要 TOEICや英検など、在学中に英語の資格を取得したい学生さんの
相談にも応じる。通年の授業なのでTOEIC対策だけでなく、幅広
く英語や英語圏文化に興味を持って頂けるよう、英語のドラマや
映画、またグループアクティビティも取りあげる予定である。
通年
外
テ ー マ 実用英語Ⅱ
(表現)
標準的な語彙・表現の習得と理解
期間
科 目 名
TOEICⅡ(六)
担当教員
☆後藤 朗子
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
TOEICⅡ(七)
配当
年次
1-4
担当教員
☆後藤 朗子
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 実用英語
(表現)
テ ー マ 実用英語
(表現)
到 達目標 標準的な語彙・表現の習得と理解
到 達目標 標準的な語彙・表現の習得と理解
TOEICの出題形式にしたがい、毎回リスニングとリー
ディングの両方を進め、1章を2回の授業で完了する。
できるだけ多くの問題を解いて、日常・ビジネス場面
授業概要
で使われる語彙・表現に慣れ、文章の文法理解を深
め、内容把握のコツをつかむ。テキストの他に、映
像から英語の音・表現に親しみ、書き取りを行なう。
TOEICの出題形式にしたがい、毎回リスニングとリー
ディングの両方を進め、1章を2回の授業で完了する。
できるだけ多くの問題を解いて、日常・ビジネス場面
授業概要
で使われる語彙・表現に慣れ、文章の文法理解を深
め、内容把握のコツをつかむ。テキストの他に、映
像から英語の音・表現に親しみ、書き取りを行なう。
1.ガイダンス・TOEIC Testについて
2.Unit 1 Eating(1)(レストラン・文の構造)
3.Unit 1 Eating(2)(広告・注意すべき構文)
4.Unit 2 Amusement(1)(娯楽・名詞)
5.Unit 2 Amusement(2)(娯楽・代名詞)
6.Unit 3 Daily Life(1)(手紙文・冠詞)
7.Unit 3 Daily Life(2)(可算・不可算名詞)
8.Unit 4 Directions(1)(道の行き方を尋ねる・教
える)
9.Unit 4 Directions(2)(形容詞・副詞)
10.Unit 5 Travel(1)(空港にて・動詞)
11.Unit 5 Travel(2)(ホテルにて・助動詞)
12.Unit 6 Advertising(1)(看板・時制の一致)
13.Unit 6 Advertising(2)(時・条件を表す副詞節)
14.文法・読解・リスニング総復習(1)
15.前期授業まとめ
授業内容
16.Unit 7 Personnel(1)(イディオム)
17.Unit 7 Personnel(2)(社内回覧)
18.Unit 8 Purchases(1)(買い物・主語と動詞の一
致)
19.Unit 8 Purchases(2)(注文・慣用表現)
20.Unit 9 Office Work(1)(分詞・動名詞)
21.Unit 9 Office Work(2)(不定詞)
22.Unit10 Employment(1)(関係詞1)
23.Unit10 Employment(2)(関係詞2)
24.Unit11 Business(1)(接続詞)
25.Unit11 Business(2)(前置詞)
26.Unit12 Finance&Banking(1)(銀行・強調構文)
27.Unit12 Finance&Banking(2)(否定の倒置)
28.Unit 13 Health&Welfare (比較)
29.文法・読解・リスニング総復習(2)
30.後期授業まとめ
1.ガイダンス・TOEIC Testについて
2.Unit 1 Eating(1)(レストラン・文の構造)
3.Unit 1 Eating(2)(広告・注意すべき構文)
4.Unit 2 Amusement(1)(娯楽・名詞)
5.Unit 2 Amusement(2)(娯楽・代名詞)
6.Unit 3 Daily Life(1)(手紙文・冠詞)
7.Unit 3 Daily Life(2)(可算・不可算名詞)
8.Unit 4 Directions(1)(道の行き方を尋ねる・教
える)
9.Unit 4 Directions(2)(形容詞・副詞)
10.Unit 5 Travel(1)(空港にて・動詞)
11.Unit 5 Travel(2)(ホテルにて・助動詞)
12.Unit 6 Advertising(1)(看板・時制の一致)
13.Unit 6 Advertising(2)(時・条件を表す副詞節)
14.文法・読解・リスニング総復習(1)
15.前期授業まとめ
授業内容
16.Unit 7 Personnel(1)(イディオム)
17.Unit 7 Personnel(2)(社内回覧)
18.Unit 8 Purchases(1)(買い物・主語と動詞の一
致)
19.Unit 8 Purchases(2)(注文・慣用表現)
20.Unit 9 Office Work(1)(分詞・動名詞)
21.Unit 9 Office Work(2)(不定詞)
22.Unit10 Employment(1)(関係詞1)
23.Unit10 Employment(2)(関係詞2)
24.Unit11 Business(1)(接続詞)
25.Unit11 Business(2)(前置詞)
26.Unit12 Finance&Banking(1)(銀行・強調構文)
27.Unit12 Finance&Banking(2)(否定の倒置)
28.Unit 13 Health&Welfare (比較)
29.文法・読解・リスニング総復習(2)
30.後期授業まとめ
テキストの文法・読解問題は事前に必ず目を通し、辞書を用
いて予習してくること。また、授業中のリスニングだけでは、
事前・事後
聴き取る力は伸びない。 テキストのリスニング問題は自習
学
習
用CDを何度も聞いて復習すること。テキストを徹底的に利
用した学習を求める。積極的・継続的な学習姿勢が大切です。
テキストの文法・読解問題は事前に必ず目を通し、辞書を用
いて予習してくること。また、
授業中のリスニングだけでは、
事前・事後
聴き取る力は伸びない。テキストのリスニング問題は自習
学
習
用CDを何度も聞いて復習すること。テキストを徹底的に利
用した学習を求める。
積極的・継続的な学習姿勢が大切です。
評価方法 授業中に実施する学習到達度確認(60% ) 、小テスト・
・ 基 準 課題(30% )、授業への積極的参加度・発表(10% )
評価方法 授業中に実施する学習到達度確認(60% ) 、小テスト・
・ 基 準 課題(30% )、授業への積極的参加度・発表(10% )
履 修 上 の 定期的に実施される小テスト・課題は、評価に影響し
注意事項等 ます。授業中の指示を聞いて、準備すること。
履 修 上 の 定期的に実施される小テスト・課題は、評価に影響し
注意事項等 ます。授業中の指示を聞いて、準備すること。
『Power Charge for the TOEIC Test 』西田晴美ほか, 金星堂,
『Power Charge for the TOEIC Test 』西田晴美ほか, 金星堂,
テ キ スト 2011年
テ キ スト 2011年
参 考 書 『なし』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング AL108
― 48 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL108
聴講の可否
△
科 目 名
TOEICⅡ(八)
担当教員
☆福地 浩子
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
TOEICⅡ(九)
配当
年次
1-4
担当教員
石﨑 一樹
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 実用英語
(表現)
TOEIC頻出の基本的な語彙と文法を身につける。標
準的スピードの英語アナウンスや会話を聞き取り、
到 達目標
最低限の情報は理解する。音読練習を習慣づけ、英
語らしい発音とリズムで英語を読めるようになる。
到 達目標 標準的な語彙・表現の習得と理解
本授業はTOEICをまだ受けたことのない、あるいはTOEIC受験
経験の少ない学生さんを対象に500点取得(990満点)を目指す。大
学生があまり馴染みのない「職場の英語」や英語圏現地の英語にで
きる限り多く触れ、親しみを感じて頂けるようになればと思う。
授業概要 TOEICや英検など、在学中に英語の資格を取得したい学生さんの
相談にも応じる。通年の授業なのでTOEIC対策だけでなく、幅広
く英語や英語圏文化に興味を持って頂けるよう、英語のドラマや
映画、またグループアクティビティも取りあげる予定である。
低~中難易度のTOEIC形式問題を数多く解きながら、総合
的な英語力のアップを目指すクラス。語彙力・文法力の強
化、リーディングとリスニングのスキルアップを行う。学
内TOEICの受験を前提とし、TOEIC450超えを目標にする。
授業概要 効果的に語学スキルを身につけられるかどうかは、いかに
集中しながら、かつ学習に時間をかけられるかにかかって
いる。したがってこのクラスでは、予習と復習を前提とし、
長時間、集中して英語に触れる
「体」
を作ることを目指す。
1.授業計画説明、TOEICという試験について
2.Lesson 1: Headhunting (Listening)
3.Lesson 1続き、Lesson 2: The Internet (Reading)
4.Lesson 2続き、小テスト①
5.会話教材:"Icebreaking"
6.Lesson 3: Weddings: (Listening)
7.Lesson 3続 き、Lesson 4: Corporate Culture
(Reading)
8.Lesson 4続き、到達度確認テスト(1)
9.会話教材:"Inviting People"
10.Lesson 5: Music (Listening)
11.Lesson 5続き、Lesson 6: Movies (Reading)
12.Lesson 6続き、小テスト②
13.会話教材:"Giving Directions"
14.Lesson 7: Sightseeing (Listening)
15.Lesson 7続き、到達度確認テスト(2)
授業内容
16.Lesson 8: Recruiting (Reading)
17.Lesson 8続き、Lesson 9: Shopping (Listening)
18.Lesson 9続き、小テスト③
19.会話教材:Complaining & Apologizing
20.Lesson 10: Forecasts (Reading)
21.Lesson 10続き、Lesson 11: Customs (Listening)
22.Lesson 11続き
23.到達度確認テスト(3)、会話教材:"Giving Advice"
24.会話教材:"Giving Advice"続き
25.Lesson 12: Crime (Reading)
26.Lesson 12続 き、Lesson 13: New Products
(Listening)
27.小テスト④、会話教材:"Getting Information"
28.Lesson 13: New Products (Listening)
29.Lesson 13続き
30.後期のまとめ、到達度確認テスト(4)
1.Introduction : About the TOEIC Test
2.Unit 1: Companies and Organizations (1)
3.Unit 1: Companies and Organizations (2)
4.Unit 1: Companies and Organizations (3)
+Wrap-up Quiz
5.Unit 2: Work Routines (1)
6.Unit 2: Work Routines (2)
7.Unit 2: Work Routines (3) +Wrap-up Quiz
8.Unit 3: Travel and Entertainment (1)
9.Unit 3: Travel and Entertainment (2)
10.Unit 3: Travel and Entertainment (3)
+Wrap-up Quiz
11.Unit 4: Human Resources (1)
12.Unit 4: Human Resources (2)
13.Unit 4: Human Resources (3) +Wrap-up
Quiz
14.Unit 5: Manufacturing (1)
5: Manufacturing (2) +Wrap-up Quiz
授業内容 15.Unit
16.Unit 6: Office Technology (1)
17.Unit 6: Office Technology (2)
18.Unit 6: Office Technology (3) +Wrap-up
Quiz
19.Unit 7: Purchasing (1)
20.Unit 7: Purchasing (2)
21.Unit 7: Purchasing (3) +Wrap-up Quiz
22.Unit 8: Health Care (1)
23.Unit 8: Health Care (2)
24.Unit 8: Health Care (3) +Wrap-up Quiz
25.Unit 9: Housing and Property (1)
26.Unit 9: Housing and Property (2)
27.Unit 9: Housing and Property (3) +Wrapup Quiz
28.Unit 10: Banking and Finance (1)
29.Unit 10: Banking and Finance (2)
30.Unit 10: Banking and Finance (3) +Wrapup Quiz
事前に指示した練習問題は必ずしてくること。毎回授業
始めに宿題のチェックを行う。TOEICは選択問題だが、
事前・事後
解答に丸を付けるだけでは宿題をしたことにはならな
学
習
い。なぜその解答を選んだのか説明できるよう、辞書を
活用し自分なりに英文の意味をクリアにすること。
事前学習:授業で扱う予定の設問は必ず回答し、わからない単
語の意味を調べるなど、予習を十分にしておく。事後学習:授
事前・事後
業の確認をする。単語帳を作る。学んだ文法項目のまとめを
学
習
する。各自でリスニング練習(シャドーイング)やディクテー
ション(書き取り)をするなど、自学活動も積極的に行うこと。
評価方法 平常点
(宿題、積極的取り組み、発言)
:50%小テスト:
・ 基 準 15%到達度確認テスト:35%
評価方法 Quizの成績、質問への返答の頻度、学習態度を総合
・ 基 準 的に評価する。
教材忘れや宿題忘れは減点となる。スマホや携帯は
いかなる用途にも使用しない。机に置かない。出席
履修上の
するだけでは単位は取れない。積極的な取り組みや
注意事項等
地道な努力、そして試験で合格点を取ることが必要
である。
単位の習得のみを目的とする者、真剣に英語力の向
上を目指さない者は受講しないこと。 学内で行う
履修上の
TOEIC IPの受験を推奨する。参考書は指定しないが、
注意事項等
高校時代に使用していた文法書などを必ず用いるこ
と。英和辞典
(電子辞書もOK)
を必ず持参すること。
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL108
聴講の可否
△
『TOEIC Skills 1』Alastair Graham-Marr, Jeff Anderson and
Rus Howser, ABAX ELT Publishers, 2015
科目ナンバリング AL108
聴講の可否
△
― 49 ―
語
テ キ スト Donald Beaver他, 南雲堂, 2013
国
『Navigator for the TOEIC Test (Newly Updated Edition)』
外
テ ー マ 実用英語Ⅱ
(表現)
標準的な語彙・表現の習得と理解
科 目 名
TOEICⅢ(一)
担当教員
石﨑 一樹
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
TOEICⅢ(二)
配当
年次
1-4
担当教員
☆橋本 貴
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 実用英語
(応用)
テ ー マ 実用英語
(応用)
到 達目標 より高度な語彙・表現の習得と理解
到 達目標 より高度な語彙・表現の習得と理解
TOEICに多く出題されるビジネスシーンで使われる
英語表現を、リスニングとスピーキングの活動を中
心に身につけながら、総合的な英語力のアップを目
授業概要 指すクラス。基本的な文法力は習得済みと見なし、
中級から上級クラスのビジネス実用英語表現を扱う。
学内TOEICの受験を前提とし、TOEIC700 ~ 900点
の取得を目標にする。
CALL機材を利用してTOEIC試験対策の授業を行う。具
体的にはスコア470点レベルを目標として、Listening,
Readingの各パートをテキストその他の教材を利用して
授業概要 学習する。基本的に自主的な授業への取り組みが必要と
なるため、授業への出席や参加度など平常点を重視す
る。 年間を通じ前期15回、後期15回
(いずれも、ガイ
ダンス、定期試験を含む)
の授業を実施する。
1.Introduction +Unit 1: Work Habits (1)
2.Unit 1: Work Habits (2)
3.Unit 2: The Small Business (1)
4.Unit 2: The Small Business (2) +Wrap-up
Quiz
5.Unit 3: Inside the Company (1)
6.Unit 3: Inside the Company (2)
7.Unit 4: Meetings (1)
8.Unit 4: Meetings (2) +Wrap-up Quiz
9.Unit 5: Business and Tourism (1)
10.Unit 5: Business and Tourism (2)
11.Unit 6: Business Ethics (1)
12.Unit 6: Business Ethics (2) +Wrap-up
Quiz
13.Unit 7: Promotion and Marketing (1)
14.Unit 7: Promotion and Marketing (2)
15.Unit 8: New Market +Wrap-up Quiz
授業内容
16.Unit 9: Negotiating (1)
17.Unit 9: Negotiating (2)
18.Unit 10: Technology and Business (1)
19.Unit 10: Technology and Business (2)
+Wrap-up Quiz
20.Unit 11: The Business of Giving (1)
21.Unit 11: The Business of Giving (2)
22.Unit 12: Patterns of Employment (1)
23.Unit 12: Patterns of Employment (2)
+Wrap-up Quiz
24.Unit 13: Europe (1)
25.Unit 13: Europe (2) +Wrap-up Quiz
26.Unit 14: Business and Sport (1)
27.Unit 14: Business and Sport (2)
28.Unit 15: Managing Overseas (1)
29.Unit 15: Managing Overseas (2)
30.Wrap-up Quiz + Other Activities
1.オリエンテーション
2.Headhunting
3.The Internet
4.Weddings
5.Corporate Culture
6.Music
7.Movies
8.小テストもしくは文法事項解説
9.Sightseeing
10.Recruiting
11.Shopping
12.Weather Forecasts
13.Customs
14.Crime
15.前期講義概括
授業内容 16.New Products
17.Global Matters
18.Health
19.Parties
20.Skiing
21.Travel
22.小テストもしくは文法事項確認
23.Dating
24.Hospitals
25.Advertising
26.Opportunities
27.Employment
28.Banking/Finance
29.後期講義概括・文法事項確認
30.TOEICテスト解説
事前学習:扱う予定の範囲を必ず予習し、設問に回答してから授業に臨む。
リスニングとスピーキングのアクティビティが中心なので、ポータブル音楽
プレーヤーなど、常にリスニング教材を聴ける環境を用意しておくこと。設
問についても、テキスト付属のCDを聞き、回答しておく。事後学習:授業後
には学習内容を復讐し、理解度を確認すること。各自で適宜、語彙リストを
作成し、
ボキャブラリーの定着を図る。また、
各自でリスニング練習
(シャドー
イング)
やディクテーション
(書き取り)
などの自学活動も積極的に行うこと。
事前・事後
学
習
事前・事後 講義中にテキストの問題を解答してもらうので分か
学
習 らない単語は事前に調べておくこと。
評価方法 Quizの成績、授業への参加度、学習態度を総合的に
・ 基 準 評価する。
学習到達度確認60%、授業に対する取り組み20%、
評価方法
適宜行う小テスト20%を総合的に判断して最終評価
・ 基 準
とする。
学内で行うTOEIC IPの受験を推奨する。
英和辞典
(電
を必ず持参すること。高度な英語力が
履 修 上 の 子辞書もOK)
注意事項等 必要になる場合もあるので、真剣に英語力の向上を
目指す者以外の受講は勧めない。
TOEICの実習形式の授業なので遅刻厳禁。また、CALL
教室の機能を十分に活用してもらうためインターネットサイ
履修上の
トの活用や無料のクラウドサービスを利用して、効果的な学
注意事項等
習指導を行いたい。そのため、ある程度のPCの操作は行う
必要があるが、適宜、操作方法の指導を行う予定である。
『Business Listening & Speaking』Maurice Jamall and
テ キ スト Bruce Wade, ABAX ELT Publishing, 2000
テ キ スト 『Navigator for the TOEICTest』DonaldBeaver, 南雲堂, 2006年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL109
― 50 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL109
聴講の可否
△
科 目 名
ドイツ語基礎(一)
担当教員
☆今本 幸平
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
ドイツ語基礎(二)
配当
年次
1-4
担当教員
横山 香
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ ドイツ語の発音や文法などの基礎を学びます。
初歩的なドイツ語の文法を理解し、読み書きができ
到 達目標
る。
初めて耳にする音や、英語では習ったことのない文
法事項が出てくるかもしれませんが、
「話す・読む・書
到 達目標
く」
の応用へと進むためのステップとして、ドイツ語
の基礎を身に付けることを到達目標とします。
外
基本的には教科書の内容に基づいて授業を進めます
が、必要に応じて補足の教材
(プリント)
を使用する
授業概要 場合もあります。進み具合は下記のとおり、2、3
回で1課を終える程度を予定していますが、受講生
の理解度などの状況に応じて調整します。
教科書
『ドイツ語一歩一歩』
を用いて授業を進めてい
きます。各課はいくつかの文法事項の解説と、その
練習問題で構成されています。授業では補助教材と
授業概要 してプリントを配布し、追加の練習問題もやってい
きます。また、ペアまたはグループで作業をしたり、
発表をしたりすることがあります。授業には積極的
に取り組んでください。
語
1.授業ガイダンス、アルファベット
2.あいさつ、アルファベットの発音
3.ドイツ語のつづりと発音
4.第1課 文の作り方(動詞の形)
5.第1課 動詞の形、語順
6.第1課 練習問題、読み方
7.第2課 文の作り方(名詞と冠詞)
8.第2課 名詞の性別、冠詞
9.第2課 練習問題、読み方
10.第3課 動詞の形(2)
11.第3課 動詞の形(2)
12.第3課 練習問題、読み方
13.第4課 冠詞の仲間
14.第4課 練習問題、読み方
15.まとめ
授業内容 16.前期の復習
17.名詞の複数形、人称代名詞
18.第5課 練習問題、読み方
19.第6課 前置詞の使い方
20.第6課 前置詞の使い方
21.第6課 練習問題、読み方
22.第7課 形容詞の使い方
23.第7課 形容詞の使い方
24.第7課 練習問題、読み方
25.第8課 助動詞を使った表現
26.第8課 助動詞を使った表現
27.第8課 練習問題、読み方
28.第9課 二つの文のつなぎ方
29.第9課 練習問題、読み方
30.まとめ
授業内容
教科書に出てくる単語の読み方、意味などを辞書で
事前・事後
調べる。教科書についているCDのドイツ語を聴く。
学
習
授業の復習を欠かさずにする。
1.LEKTION 0 ドイツ語はこんな音:発音の基本、数字
2.LEKTION 1 私はハンス・ベッカーです。ドイツ語教師です。:動詞
の現在人称変化と語順①
3.LEKTION 1 私はハンス・ベッカーです。ドイツ語教師です。:動詞
の現在人称変化と語順②
4.LEKTION 2 これは何?:名詞の性、複数形、形容詞
5.LEKTION 3 何を買うの?:名詞の格と定冠詞・不定冠詞①
6.LEKTION 3 何を買うの?:名詞の格と定冠詞・不定冠詞②、人称代
名詞
7.LEKTION 4 手伝ってあげて!:不規則動詞の現在人称変化①
8.LEKTION 4 手伝ってあげて!:不規則動詞の現在人称変化②、命
令法
9.LEKTION 5 ぼくと一緒に来る気はある?:前置詞①
10.LEKTION 5 ぼくと一緒に来る気はある?:前置詞②
11.LEKTION 5 ぼくと一緒に来る気はある?:zu不定詞①
12.LEKTION 6 赤い車それとも白い車、どちらの車?:定冠詞類・不定
冠詞類①
13.LEKTION 6 赤い車それとも白い車、どちらの車?:定冠詞類・不定
冠詞類②
14.LEKTION 6 赤い車それとも白い車、どちらの車?:形容詞の付加
語的用法
15.前期の復習・まとめ
16.LEKTION 7 別な列車に乗り換えなければならない:複合動詞(分離
動詞・非分離動詞)
17.LEKTION 7 別な列車に乗り換えなければならない:話法の助動詞
18.LEKTION 8 携帯の電源を切らなければならなかった:動詞の三基
本形
19.LEKTION 8 携帯の電源を切らなければならなかった:過去時制
20.LEKTION 8 携帯の電源を切らなければならなかった:従属接続詞
21.LEKTION 9 先週末ミュンヒェンに行ってきた:現在完了形①
22.LEKTION 9 先週末ミュンヒェンに行ってきた:現在完了形②
23.LEKTION 9 先週末ミュンヒェンに行ってきた:受動態①
24.LEKTION 9 先週末ミュンヒェンに行ってきた:受動態②
25.LEKTION 10 旧友との再会が待ちどおしい:再帰代名詞と再帰動詞
26.LEKTION 10 旧友との再会が待ちどおしい:非人称の表現、比較級
と最上級
27.LEKTION 11 貸した本は気に入った?:定関係代名詞
28.LEKTION 11 貸した本は気に入った?:不定関係代名詞・関係副詞
29.附録:話法の助動詞の完了形、接続法
30.後期の復習・まとめ
予習の範囲と宿題については授業中に知らせます。
事前・事後
かならず予習と宿題を行ったうえで授業に臨んでく
学
習
ださい。
評価方法
・ 基 準
・前期、後期とも、全15回の授業のうち最低10回出席することと、学
期末の学習到達度確認で60点以上取ることが単位取得の必要条件で
す。
・原則として学習到達度確認の点数に基づいて成績を評価しま
す。出席状況によるプラス評価
(出席点)
はありません。
・各学期で欠
席が5回を超えると、成績評価の対象外となります。
(遅刻、早退は0.5
回分とします。例えば欠席5回と遅刻1回は、5.5回欠席で不可です)
学期末の学習到達度確認および小テストの結果、課
評価方法
題の提出や授業への取り組み状況により総合的に判
・ 基 準
断します。
履修上の
注意事項等
教科書の他に、ドイツ語の辞書
(独和辞典)も必ず用意し、毎回持参
すること。また自宅での学習でも活用すること。辞書については初回
の授業でもいくつか紹介するので、その後で購入してもかまいませ
ん。遅刻、欠席をしないように自己管理をきちんとすること。やむを
得ず欠席した場合は、休んだ授業の内容を次回までに自分でフォロー
する必要がある。
(自力では分からない部分の質問は受け付けます)
○教科書、○辞書、○提出できる用紙(レポート用紙またはルーズ
リーフ)、○配布プリントをファイリングするファイルをかならず
履修上の
持参すること。辞書は電子辞書でも可ですが、初修者用のものを
注意事項等
準備してください。共同作業もあるので、遅刻・欠席は周囲の迷惑
になります。きちんと出席して、積極的に関わり、発言してください。
『PANORAMA(パノラマ 初級ドイツ語ゼミナール)』白水社
テ キ スト 『任意の独和辞典』
『アクセス独和辞典』三修社,
参 考 書
参 考 書 『クラウン独和辞典』三省堂,
科目ナンバリング AL111
テ キ スト 『ドイツ語一歩一歩』山本 洋一, 郁文堂, 2015年
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL111
聴講の可否
△
― 51 ―
国
テ ー マ 初心者のためのドイツ語文法
科 目 名
ドイツ語基礎(三)
担当教員
☆奥田 紀代子
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 入門ドイツ語
科 目 名
ドイツ語基礎(四)
期間
通年
配当
1-4
年次
この授業ではドイツ語に親しむための基礎を学びま
テ ー マ す。教科書は文法中心のものを使用しますが、まず
は文字と発音に慣れるということを目指します。
担当教員
☆嶋田 宏司
単位数 2単位
到 達目標 初級ドイツ語文法の習得と異文化理解
ドイツ語固有の文字・単語を書き綴ることができる。
到 達目標 その語が発音できる。そして簡単な構文の作文がで
きる、という3点の習得を目指します。 この授業では、各課6ページ全12課で構成されている
CD付教科書を用いて、初級文法を一歩ずつ着実に
習得することを目的とする。異文化理解を深めるこ
授業概要
とも念頭に置き、適宜DVDを視聴する。なお授業進
度は、受講生の理解度に応じて調整を行う可能性が
ある。
おおむね教科書にしたがって授業を進めますが、ド
イツ語を実際に使用する場合の優先順を考えて、課
を先取り・後回しにすることがあります。それはドイ
授業概要
ツ語の文構造をいち早くイメージできるようにする
ためです。また、ドイツという国にも関心を持って
もらうためのエピソードも交えたいと思います。
1.導入、アルファベット、発音
2.第1課 人称代名詞と動詞の現在人称変化
3.第1課 不定詞句とドイツ語の文(平叙文・決定
疑問文・補足疑問文)
4.第2課 名詞の性・数、定冠詞と不定冠詞
5.第2課 名詞の格変化と格の用法
6.第3課 前置詞の格支配及び定冠詞との融合形
7.第3課 従属接続詞と副文、不規則動詞
8.第4課 人称代名詞の格変化
9.第4課 再帰代名詞と再帰動詞
10.第5課 冠詞類とその格変化
11.第5課 命令・依頼・提案等の表現
12.第6課 形容詞の格変化
13.第6課 形容詞の比較変化
14.第1課から第6課までの総括
15.授業まとめ
授業内容
16.前期の復習
17.第7課 分離動詞
18.第7課 非分離動詞
19.第8課 話法の助動詞
20.第8課 推量や使役の助動詞
21.第9課 動詞の3基本形と過去形
22.第9課 現在完了形
23.第10課 能動態と受動態
24.第10課 非人称受動・状態受動
25.第11課 関係文(定関係代名詞・不定関係代名
詞)
26.第11課 関係副詞、指示代名詞
27.第12課 接続法第1式
28.第12課 接続法第2式
29.第7課から第12課までの総括と文法補足
30.授業まとめ
1.ドイツとドイツ語についてのガイダンス。ヨー
ロッパの諸語との関係。アルファベートと発音。
2.アルファベートと発音。簡単なあいさつ。
3.第1課 主語に用いられる人称代名詞 動詞の
現在人称変化 語順
4.第1課 動詞の現在人称変化 seinとhaben
5.第2課 名詞と冠詞(性と数)
6.第2課 名詞の複数形 定冠詞と不定冠詞
7.第3課 不規則動詞
8.第4課 冠詞類 dieserとmein
9.第5課 目的語としての人称代名詞
10.第5課 前置詞と名詞
11.第6課 話法の助動詞(1)
12.第6課 話法の助動詞(2) 未来表現
13.第7課 分離動詞
14.第7課 再帰代名詞と再帰動詞
授業内容
15.授業まとめ
16.第8課 形容詞 17.第8課 形容詞の語尾変化
18.第9課 動詞の3基本形
19.第9課 動詞の過去人称変化
20.第10課 現在完了 seinとの対応
21.第10課 現在完了 habenとの対応
22.第11課 関係代名詞(1)
23.第11課 関係代名詞(2) 動詞との対応
24.第12課 比較級と最高級
25.第12課 zu不定詞
26.第13課 能動文と受動文(1)
27.第13課 能動文と受動文(2) 状態受動
28.第14課 接続法(1)
29.第14課 接続法(2) 仮定表現
30.授業まとめ
外国語を学ぶ際には日々の努力が不可欠である。授
事前・事後 業後は自主学習の時間を確保し、既習事項をしっか
学
習 り復習した上で次回授業に臨むこと。宿題がある場
合は必ず済ませておくこと。
新しく学ぶ言語なので授業で言葉を知り、それを覚
事前・事後 えるよう復習に力を入れてください。インターネッ
学
習 トでドイツの情報を得ることが簡単にできますので、
見ておかれることを薦めます。
平常点
(授業態度、
発言、
課題への取り組み等)
と前期・
評価方法
後期の最終授業に実施する学習到達度確認による総
・ 基 準
合評価。
言葉の習得には反復回数を増やすことと、新しい知
評価方法
識を仕入れることが必須です。学習到達度確認と平
・ 基 準
常点
(授業態度・提出物など)
を総合して評価します。
履 修 上 の 授業では間違いを恐れず積極的に発言し、何事にも
注意事項等 前向きに取り組むこと。
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『総合学習・異文化理解のドイツ語』大薗正彦, 朝日出版社, 2016年
テ キ スト イツ文法』春日正男 松澤 淳, 朝日出版社, 2010年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL111
― 52 ―
聴講の可否
△
『Wie nennt man das Gefuhl auf Deutsch? 怖くはないぞド
科目ナンバリング AL111
聴講の可否
△
科 目 名
ドイツ語基礎(五)
担当教員
☆奥田 紀代子
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
ドイツ語基礎(六)
配当
年次
1-4
担当教員
横山 香
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ ドイツ語の発音や文法などの基礎を学びます。
外
到 達目標 初級ドイツ語文法の習得と異文化理解
初めて耳にする音や、英語では習ったことのない文
法事項が出てくるかもしれませんが、
「話す・読む・書
到 達目標
く」
の応用へと進むためのステップとして、ドイツ語
の基礎を身に付けることを到達目標とします。
この授業では、各課6ページ全12課で構成されている
CD付教科書を用いて、初級文法を一歩ずつ着実に
習得することを目的とする。異文化理解を深めるこ
授業概要
とも念頭に置き、適宜DVDを視聴する。なお授業進
度は、受講生の理解度に応じて調整を行う可能性が
ある。
教科書
『ドイツ語一歩一歩』
を用いて授業を進めてい
きます。各課はいくつかの文法事項の解説と、その
練習問題で構成されています。授業では補助教材と
授業概要 してプリントを配布し、追加の練習問題もやってい
きます。また、ペアまたはグループで作業をしたり、
発表をしたりすることがあります。授業には積極的
に取り組んでください。
語
1.導入、アルファベット、発音
2.第1課 人称代名詞と動詞の現在人称変化
3.第1課 不定詞句とドイツ語の文(平叙文・決定
疑問文・補足疑問文)
4.第2課 名詞の性・数、定冠詞と不定冠詞
5.第2課 名詞の格変化と格の用法
6.第3課 前置詞の格支配及び定冠詞との融合形
7.第3課 従属接続詞と副文、不規則動詞
8.第4課 人称代名詞の格変化
9.第4課 再帰代名詞と再帰動詞
10.第5課 冠詞類とその格変化
11.第5課 命令・依頼・提案等の表現
12.第6課 形容詞の格変化
13.第6課 形容詞の比較変化
14.第1課から第6課までの総括
15.授業まとめ
授業内容
16.前期の復習
17.第7課 分離動詞
18.第7課 非分離動詞
19.第8課 話法の助動詞
20.第8課 推量や使役の助動詞
21.第9課 動詞の3基本形と過去形
22.第9課 現在完了形
23.第10課 能動態と受動態
24.第10課 非人称受動・状態受動
25.第11課 関係文(定関係代名詞・不定関係代名
詞)
26.第11課 関係副詞、指示代名詞
27.第12課 接続法第1式
28.第12課 接続法第2式
29.第7課から第12課までの総括と文法補足
30.授業まとめ
授業内容
外国語を学ぶ際には日々の努力が不可欠である。授
事前・事後 業後は自主学習の時間を確保し、既習事項をしっか
学
習 り復習した上で次回授業に臨むこと。宿題がある場
合は必ず済ませておくこと。
予習の範囲と宿題については授業中に知らせます。
事前・事後
かならず予習と宿題を行ったうえで授業に臨んでく
学
習
ださい。
平常点
(授業態度、
発言、
課題への取り組み等)
と前期・
評価方法
後期の最終授業に実施する学習到達度確認による総
・ 基 準
合評価。
学期末の学習到達度確認および小テストの結果、課
評価方法
題の提出や授業への取り組み状況により総合的に判
・ 基 準
断します。
履 修 上 の 授業では間違いを恐れず積極的に発言し、何事にも
注意事項等 前向きに取り組むこと。
○教科書、○辞書、○提出できる用紙(レポート用紙またはルーズ
リーフ)、○配布プリントをファイリングするファイルをかならず
履修上の
持参すること。辞書は電子辞書でも可ですが、初修者用のものを
注意事項等
準備してください。共同作業もあるので、遅刻・欠席は周囲の迷惑
になります。きちんと出席して、積極的に関わり、発言してください。
テ キ スト 『総合学習・異文化理解のドイツ語』大薗正彦, 朝日出版社, 2016年
テ キ スト 『ドイツ語一歩一歩』山本 洋一, 郁文堂, 2015年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL111
聴講の可否
△
1.LEKTION 0 ドイツ語はこんな音:発音の基本、数字
2.LEKTION 1 私はハンス・ベッカーです。ドイツ語教師です。:動詞
の現在人称変化と語順①
3.LEKTION 1 私はハンス・ベッカーです。ドイツ語教師です。:動詞
の現在人称変化と語順②
4.LEKTION 2 これは何?:名詞の性、複数形、形容詞
5.LEKTION 3 何を買うの?:名詞の格と定冠詞・不定冠詞①
6.LEKTION 3 何を買うの?:名詞の格と定冠詞・不定冠詞②、人称代
名詞
7.LEKTION 4 手伝ってあげて!:不規則動詞の現在人称変化①
8.LEKTION 4 手伝ってあげて!:不規則動詞の現在人称変化②、命
令法
9.LEKTION 5 ぼくと一緒に来る気はある?:前置詞①
10.LEKTION 5 ぼくと一緒に来る気はある?:前置詞②
11.LEKTION 5 ぼくと一緒に来る気はある?:zu不定詞①
12.LEKTION 6 赤い車それとも白い車、どちらの車?:定冠詞類・不定
冠詞類①
13.LEKTION 6 赤い車それとも白い車、どちらの車?:定冠詞類・不定
冠詞類②
14.LEKTION 6 赤い車それとも白い車、どちらの車?:形容詞の付加
語的用法
15.前期の復習・まとめ
16.LEKTION 7 別な列車に乗り換えなければならない:複合動詞(分離
動詞・非分離動詞)
17.LEKTION 7 別な列車に乗り換えなければならない:話法の助動詞
18.LEKTION 8 携帯の電源を切らなければならなかった:動詞の三基
本形
19.LEKTION 8 携帯の電源を切らなければならなかった:過去時制
20.LEKTION 8 携帯の電源を切らなければならなかった:従属接続詞
21.LEKTION 9 先週末ミュンヒェンに行ってきた:現在完了形①
22.LEKTION 9 先週末ミュンヒェンに行ってきた:現在完了形②
23.LEKTION 9 先週末ミュンヒェンに行ってきた:受動態①
24.LEKTION 9 先週末ミュンヒェンに行ってきた:受動態②
25.LEKTION 10 旧友との再会が待ちどおしい:再帰代名詞と再帰動詞
26.LEKTION 10 旧友との再会が待ちどおしい:非人称の表現、比較級
と最上級
27.LEKTION 11 貸した本は気に入った?:定関係代名詞
28.LEKTION 11 貸した本は気に入った?:不定関係代名詞・関係副詞
29.附録:話法の助動詞の完了形、接続法
30.後期の復習・まとめ
科目ナンバリング AL111
聴講の可否
△
― 53 ―
国
テ ー マ 入門ドイツ語
科 目 名
ドイツ語表現(一)
担当教員
☆今本 幸平
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
ドイツ語表現(二)
配当
年次
1-4
担当教員
☆嶋田 宏司
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 初級者のためのドイツ語会話と文法
テ ー マ ドイツ滞在中の様々なシーンごとの会話を学びます。
到 達目標 ドイツ語の基礎的な文法と会話表現を見につける。
到 達目標
基本的には教科書の内容に基づいて授業を進める
が、必要に応じて補足の教材
(プリント)
も配布する。
進み具合は下記に記す通り、2~4回で1課を終え
授業概要
る程度を予定しているが、状況に応じて調整する。
授業内容の理解度を確認するための小テストを数回
行う。
DVDでドイツの生活を知り、文の音読を行うことで
ドイツ語を口と耳で覚えてゆきます。授業計画には
授業概要 文法事項を掲げていますが、その内容をドイツ語の
例文を掲げて説明します。こうしてノートに取るこ
とで、新しい文字を書く練習ともなります。
1.ガイダンス、アルファベットの発音
2.つづりと発音(あいさつ、数字、季節、曜日の単語)
3.第1課:ベルリンに到着(動詞の現在人称変化)
4.第1課:動詞の現在人称変化(練習問題)
5.第2課:パン屋さんで(名詞の性、名詞の格変化(1格
と4格))
6.第2課:名詞の性、名詞の格変化(練習問題)
7.第3課:語学コース(不規則動詞の現在人称変化)
8.第3課:名詞の複数形、名詞の格変化(3格)
9.第3課:不規則動詞の現在人称変化、名詞の複数形、
名詞の格変化(3格) 練習問題
10.第4課:学生食堂で(前置詞)
11.第4課:前置詞(練習問題)
12.第4課:副文
13.第4課:副文(練習問題)
14.前期の内容の復習
授業内容 15.まとめ
16.前期の復習
17.第5課:お医者さん(人称代名詞の3格、4格と再帰代
名詞)
18.第5課:人称代名詞の3格、4格と再帰代名詞(練習問題)
19.第5課:名詞の2格
20.第6課:学生寮で(冠詞類)
21.第6課:冠詞類(練習問題)
22.第7課:ヴァンゼーへ(zu不定詞、分離動詞)
23.第7課:zu不定詞(練習問題)
24.第7課:分離動詞(練習問題)
25.第8課:美容院へ行く(話法の助動詞)
26.第8課:話法の助動詞(練習問題)
27.第9課:ビアガーデンで(過去形、現在完了形)
28.第9課:受動態
29.後期の内容の復習
30.まとめ
教科書に出てくる単語の読み方、意味などを辞書で
事前・事後 調べる。教科書についているCD、DVDのドイツ語
学
習 を聴く。授業の復習を欠かさずにする。その他に必
要な学習、準備等は事前に説明します。
簡単なドイツ語会話を覚えること。また基本的なド
イツ語文法を操ることができること。
1.動詞の現在人称変化
2.動詞の現在人称変化
3.動詞の位置
4.動詞seinとhabenの変化
5.名詞の性、名詞の1格4格
6.名詞の性、名詞の1格4格
7.所有冠詞
8.不規則動詞の現在人称変化、名詞の複数形
9.名詞の3格
10.前置詞と名詞の格
11.人称代名詞の3格4格
12.分離動詞、非分離動詞
13.分離動詞、非分離動詞
14.話法の助動詞
15.3・4格支配の前置詞
授業内容 16.3・4格支配の前置詞
17.並列接続詞
18.現在完了形、過去形
19.現在完了形、過去形
20.定冠詞類
21.定冠詞類
22.定冠詞類
23.再帰代名詞と再帰動詞
24.再帰代名詞と再帰動詞
25.再帰代名詞と再帰動詞
26.非人称表現(esの用法)
27.非人称表現(esの用法)
28.形容詞の格変化
29.接続法2式
30.zu不定詞
外国語学習は記憶がものをいいます。そのためにも
事前・事後
復習が欠かせません。学習した表現は、学外でも反
学
習
復して覚えてください。
【単位取得のための必要条件】
1.授業に出席する。2.学期末
評価方法 の学習到達度確認で60点以上とる。評価は原則としてテストの
点数に基づく。全授業回数の3分の2以上出席した場合のみ、評
・ 基 準 価の対象とする。(欠席回数のカウントは前期15回と後期15回
評価方法 受講態度40%(質問に対する返答や課題の取り組みな
・ 基 準 ども含む)、期末テスト60%
教科書の他に、ドイツ語の辞書
(独和辞典)も必ず用意し、毎回持参
すること。また自宅での学習でも活用すること。辞書については初回
の授業でもいくつか紹介するので、その後で購入してもかまいませ
ん。遅刻、欠席をしないように自己管理をきちんとすること。やむを
得ず欠席した場合は、休んだ授業の内容を次回までに自分でフォロー
する必要がある。
(自力では分からない部分の質問は受け付けます)
履 修 上 の 十分な出席回数と前期・後期両方のテストを受けるこ
注意事項等 とが必要条件です。
で区切る。また遅刻、欠席、早退は2回で1回の欠席とみなす)
履修上の
注意事項等
『Meine Deutschstunde(ドイツ語の時間(ビデオ教材 恋する
テ キ スト ベルリン)DVD付き)』清野智昭, 朝日出版社
『独和辞典(5月以降必要)』
『アクセス独和辞典』三修社
参 考 書 『クラウン独和辞典』三省堂
科目ナンバリング AL112
― 54 ―
『ドイツ語の時間<ときめきミュンヘン>DVD-ROM付コミュニカ
テ キ スト ティブ版』清野智昭、時田伊津子、牛山さおり, 朝日出版社, 2014
参 考 書
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL112
聴講の可否
△
科 目 名
ドイツ語表現(三)
担当教員
横山 香
テ ー マ
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
ドイツ語表現(四)
配当
年次
1-4
担当教員
横山 香
ドイツ語およびドイツ語圏文化についての理解を深
め、言語運用能力と国際感覚を身に付けます。
テ ー マ
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
ドイツ語およびドイツ語圏文化についての理解を深
め、言語運用能力と国際感覚を身に付けます。
「基礎」
で学んだ文法事項について理解を深め、話す・聞く・
読む・書くの練習を繰り返しおこないます。また、ドイツ語
到 達目標
圏の文化事情を知り、国際感覚と広い視野を身に付け、生
きた言語としてドイツ語を学んでいきます。
外
まず1週目に各課の文法事項の確認と復習を行い、2週目に
それに関連した
「話す」
「聞く」
「読む」
「書く」
の能力を総合
的に伸ばすための練習をします。また、ドイツ語圏文化事
授業概要 情の知識を得ることで、実際に用いられていることばとし
てドイツ語を学びましょう。授業はペアまたはグループワー
クを中心にしますので、積極的に関わり、たくさん発話す
るようにしてください。
まず1週目に各課の文法事項の確認と復習を行い、2週目に
それに関連した
「話す」
「聞く」
「読む」
「書く」
の能力を総合
的に伸ばすための練習をします。また、ドイツ語圏文化事
授業概要 情の知識を得ることで、実際に用いられていることばとし
てドイツ語を学びましょう。授業はペアまたはグループワー
クを中心にしますので、積極的に関わり、たくさん発話す
るようにしてください。
語
1.Aussprache:ドイツ語の発音①、挨拶
2.Aussprache:ドイツ語の発音②、数字・曜日・月・季節
3.Lektion 1 動詞:規則動詞とsein/habenの現在人称変
化
4.Lektion 1 動詞:自己紹介・出身や専攻などを尋ねる
5.Lektion 2 名詞:名詞の性と格(1格・4格)、冠詞(定冠詞・
不定冠詞・否定冠詞)
6.Lektion 2 名詞:いろんな物を紹介する
7.ドイツ語圏文化事情① ドイツ語圏の都市
8.Lektion 3 名詞:所有冠詞・人称代名詞・名詞の格(3格)
9.Lektion 3 名詞:家族や持ち物について尋ねる、人に贈
り物をする
10.ドイツ語圏文化事情② ドイツ語圏の食文化
11.Lektion 4 前置詞:前置詞の意味と格支配
12.Lektion 4 前置詞:場所を尋ねる
13.Lektion 5 動詞:不規則動詞の現在人称変化、再帰動詞
14.Lektion 5 動詞:好きなものや趣味を尋ねる
15.前期の復習・まとめ
16.Lektion 6 動詞:話法の助動詞、分離動詞
17.Lektion 6 動詞:できること・したいことを尋ねる、文の
枠構造に慣れる
18.Lektion 7 動詞:3基本形、過去時制、現在完了形
19.Lektion 7 動詞:童話を読む
20.Lektion 7 動詞:過去の出来事を話す
21.Lektion 8 動詞:受動態、未来形
22.Lektion 8 動詞:受動文を作ってみる、天気を予報する
23.Lektion 9 接続詞:並列接続詞・従属接続詞、副文
24.Lektion 9 接続詞:理由や条件の表現を用いてみる
25.ドイツ語圏文化事情③ ドイツ語圏の音楽
26.Lektion 10 動詞・名詞:zu不定詞とその表現の練習
27.Lektion 10 動詞・名詞:関係代名詞を用いて人物紹介を
する
28.Lektion 11 動詞:命令形、接続法
29.Lektion 11 動詞:命令の表現、「もし~だったら」の表
現の練習
30.後期の復習・まとめ
1.Aussprache:ドイツ語の発音①、挨拶
2.Aussprache:ドイツ語の発音②、数字・曜日・月・季節
3.Lektion 1 動詞:規則動詞とsein/habenの現在人称変
化
4.Lektion 1 動詞:自己紹介・出身や専攻などを尋ねる
5.Lektion 2 名詞:名詞の性と格(1格・4格)、冠詞(定冠詞・
不定冠詞・否定冠詞)
6.Lektion 2 名詞:いろんな物を紹介する
7.ドイツ語圏文化事情① ドイツ語圏の都市
8.Lektion 3 名詞:所有冠詞・人称代名詞・名詞の格(3格)
9.Lektion 3 名詞:家族や持ち物について尋ねる、人に贈
り物をする
10.ドイツ語圏文化事情② ドイツ語圏の食文化
11.Lektion 4 前置詞:前置詞の意味と格支配
12.Lektion 4 前置詞:場所を尋ねる
13.Lektion 5 動詞:不規則動詞の現在人称変化、再帰動詞
14.Lektion 5 動詞:好きなものや趣味を尋ねる
15.前期の復習・まとめ
16.Lektion 6 動詞:話法の助動詞、分離動詞
17.Lektion 6 動詞:できること・したいことを尋ねる、文の
枠構造に慣れる
18.Lektion 7 動詞:3基本形、過去時制、現在完了形
19.Lektion 7 動詞:童話を読む
20.Lektion 7 動詞:過去の出来事を話す
21.Lektion 8 動詞:受動態、未来形
22.Lektion 8 動詞:受動文を作ってみる、天気を予報する
23.Lektion 9 接続詞:並列接続詞・従属接続詞、副文
24.Lektion 9 接続詞:理由や条件の表現を用いてみる
25.ドイツ語圏文化事情③ ドイツ語圏の音楽
26.Lektion 10 動詞・名詞:zu不定詞とその表現の練習
27.Lektion 10 動詞・名詞:関係代名詞を用いて人物紹介を
する
28.Lektion 11 動詞:命令形、接続法
29.Lektion 11 動詞:命令の表現、「もし~だったら」の表
現の練習
30.後期の復習・まとめ
授業内容
授業内容
予習の範囲と宿題については授業中に知らせます。
事前・事後
かならず予習と宿題を行ったうえで授業に臨んでく
学
習
ださい。
予習の範囲と宿題については授業中に知らせます。
事前・事後
かならず予習と宿題を行ったうえで授業に臨んでく
学
習
ださい。
学期末の学習到達度確認および口頭テストの結果、
評価方法
課題の提出や授業への取り組み状況により総合的に
・ 基 準
判断します。
学期末の学習到達度確認および口頭テストの結果、
評価方法
課題の提出や授業への取り組み状況により総合的に
・ 基 準
判断します。
○教科書、○辞書、○提出できる用紙
(レポート用紙または
ルーズリーフ)
、○配布プリントをファイリングするファイ
履 修 上 の ルをかならず持参すること。辞書は電子辞書でも可ですが、
注意事項等 初修者用のものを準備してください。共同作業が中心ですの
で、遅刻・欠席は周囲の迷惑になります。きちんと出席して、
積極的に関わり、たくさん発言をするようにしてください。
○教科書、○辞書、○提出できる用紙
(レポート用紙または
ルーズリーフ)
、○配布プリントをファイリングするファイ
履 修 上 の ルをかならず持参すること。辞書は電子辞書でも可ですが、
注意事項等 初修者用のものを準備してください。共同作業が中心ですの
で、遅刻・欠席は周囲の迷惑になります。きちんと出席して、
積極的に関わり、たくさん発言をするようにしてください。
テ キ スト 『みるみるドイツ語』田中雅敏・筒井友弥, 同学社, 2013年
テ キ スト 『みるみるドイツ語』田中雅敏・筒井友弥, 同学社, 2013年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL112
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL112
聴講の可否
△
― 55 ―
国
「基礎」
で学んだ文法事項について理解を深め、話す・聞く・
読む・書くの練習を繰り返しおこないます。また、ドイツ語
到 達目標
圏の文化事情を知り、国際感覚と広い視野を身に付け、生
きた言語としてドイツ語を学んでいきます。
科 目 名
ドイツ語表現(六)
担当教員
☆奥田 紀代子
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
ドイツ語表現(七)
配当
年次
1-4
担当教員
横山 香
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
ドイツ語およびドイツ語圏文化についての理解を深
め、言語運用能力と国際感覚を身に付けます。
テ ー マ 初級ドイツ語
テ ー マ
基礎文法習得と異文化理解を踏まえたドイツ語表現
到 達目標
力の養成
「基礎」
で学んだ文法事項について理解を深め、話す・聞く・
読む・書くの練習を繰り返しおこないます。また、ドイツ語
到 達目標
圏の文化事情を知り、国際感覚と広い視野を身に付け、生
きた言語としてドイツ語を学んでいきます。
この授業では、各課4ページ全12課構成のCD付教科
書を用いて、基本の文法事項を簡潔に学びつつ初歩
的な表現力を養成することを目的とする。また随所
授業概要
に盛り込まれているドイツの基礎情報にも注目し、
より広い世界観を獲得していく。なお授業進度は、
受講生の理解度に応じて調整を行う可能性がある。
まず1週目に各課の文法事項の確認と復習を行い、2週目に
それに関連した
「話す」
「聞く」
「読む」
「書く」
の能力を総合
的に伸ばすための練習をします。また、ドイツ語圏文化事
授業概要 情の知識を得ることで、実際に用いられていることばとし
てドイツ語を学びましょう。授業はペアまたはグループワー
クを中心にしますので、積極的に関わり、たくさん発話す
るようにしてください。
1.導入、アルファベット
2.第1課 つづり字と発音
3.第1課 挨拶と基本会話、基数(0?20)
4.第2課 人称代名詞と動詞の現在人称変化
5.第2課 語順と重要動詞
6.第3課 名詞の性と複数形
7.第3課 定冠詞、不定冠詞、所有冠詞、nichtの
用法
8.第4課 名詞の格変化
9.第4課 定冠詞類、不定冠詞類、keinの用法
10.第5課 不規則変化動詞、命令形
11.第5課 人称代名詞と疑問代名詞の格変化、非人
称のes
12.第6課 前置詞の格支配と定冠詞との融合形
13.第6課 並列接続詞と従属接続詞、時間の表現
14.第1課から第6課までの総括
授業内容
15.授業まとめ
16.前期の復習
17.第7課 話法の助動詞
18.第7課 分離動詞・非分離動詞
19.第8課 zu不定詞(句)
20.第8課 形容詞の付加語的用法
21.第9課 再帰代名詞と再帰動詞
22.第9課 比較表現、基数(20?)
23.第10課 動詞の三基本形
24.第10課 過去形、序数
25.第11課 現在完了形
26.第11課 能動態と受動態
27.第12課 関係文(定関係代名詞・不定関係代名詞)
28.第12課 接続法(第1式・第2式)
29.第7課から第12課までの総括
30.授業まとめ
1.Aussprache:ドイツ語の発音①、挨拶
2.Aussprache:ドイツ語の発音②、数字・曜日・月・季節
3.Lektion 1 動詞:規則動詞とsein/habenの現在人称変
化
4.Lektion 1 動詞:自己紹介・出身や専攻などを尋ねる
5.Lektion 2 名詞:名詞の性と格(1格・4格)、冠詞(定冠詞・
不定冠詞・否定冠詞)
6.Lektion 2 名詞:いろんな物を紹介する
7.ドイツ語圏文化事情① ドイツ語圏の都市
8.Lektion 3 名詞:所有冠詞・人称代名詞・名詞の格(3格)
9.Lektion 3 名詞:家族や持ち物について尋ねる、人に贈
り物をする
10.ドイツ語圏文化事情② ドイツ語圏の食文化
11.Lektion 4 前置詞:前置詞の意味と格支配
12.Lektion 4 前置詞:場所を尋ねる
13.Lektion 5 動詞:不規則動詞の現在人称変化、再帰動詞
14.Lektion 5 動詞:好きなものや趣味を尋ねる
15.前期の復習・まとめ
授業内容 16.Lektion 6 動詞:話法の助動詞、分離動詞
17.Lektion 6 動詞:できること・したいことを尋ねる、文
の枠構造に慣れる
18.Lektion 7 動詞:3基本形、過去時制、現在完了形
19.Lektion 7 動詞:童話を読む
20.Lektion 7 動詞:過去の出来事を話す
21.Lektion 8 動詞:受動態、未来形
22.Lektion 8 動詞:受動文を作ってみる、天気を予報する
23.Lektion 9 接続詞:並列接続詞・従属接続詞、副文
24.Lektion 9 接続詞:理由や条件の表現を用いてみる
25.ドイツ語圏文化事情③ ドイツ語圏の音楽
26.Lektion 10 動詞・名詞:zu不定詞とその表現の練習
27.Lektion 10 動詞・名詞:関係代名詞を用いて人物紹介を
する
28.Lektion 11 動詞:命令形、接続法
29.Lektion 11 動詞:命令の表現、「もし~だったら」の表
現の練習
30.後期の復習・まとめ
外国語を学ぶ際には日々の努力が不可欠である。授
事前・事後 業後は自主学習の時間を確保し、既習事項をしっか
学
習 り復習した上で次回授業に臨むこと。宿題がある場
合は必ず済ませておくこと。
予習の範囲と宿題については授業中に知らせます。
事前・事後
かならず予習と宿題を行ったうえで授業に臨んでく
学
習
ださい。
平常点
(授業態度、
発言、
課題への取り組み等)
と前期・
評価方法
後期の最終授業に実施する学習到達度確認による総
・ 基 準
合評価。
学期末の学習到達度確認および口頭テストの結果、
評価方法
課題の提出や授業への取り組み状況により総合的に
・ 基 準
判断します。
履 修 上 の 授業では間違いを恐れず積極的に発言し、何事にも
注意事項等 前向きに取り組むこと。
○教科書、○辞書、○提出できる用紙
(レポート用紙または
ルーズリーフ)
、○配布プリントをファイリングするファイ
履 修 上 の ルをかならず持参すること。辞書は電子辞書でも可ですが、
注意事項等 初修者用のものを準備してください。共同作業が中心ですの
で、遅刻・欠席は周囲の迷惑になります。きちんと出席して、
積極的に関わり、たくさん発言をするようにしてください。
テ キ スト 『たいむりぃ』森田悟、川上博子、跡守美音, 朝日出版社, 2016年
テ キ スト 『みるみるドイツ語』田中雅敏・筒井友弥, 同学社, 2013年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL112
― 56 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL112
聴講の可否
△
科 目 名
ドイツ語応用(一)
担当教員
横山 香
テ ー マ
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
フランス語基礎(一)
配当
年次
1-4
担当教員
☆田中 良
実用的なドイツ語能力を身に付け、ドイツ語圏の地
域について学ぶ。
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ フランス語の基本文法
テキストには
『フランス語文法の
〈基礎〉
』
(全19課)
を使用。
このテキストは、フランス語の基本文法をやさしく解説し
たもので、1回の授業で1課進む予定である。但し、いくつ
授業概要 かの課では1回半の時間をかけることもある。前期で9課ま
で、後期で19課まで学ぶ。授業中、多くの練習問題に取り
組んでもらう。各学期の
「授業のまとめ」
の前に、動詞活用
と数に関する小テストを行う。
授業内容
1.ドイツ語の発音・挨拶・数詞
2.Lektion 1 Willkommen!:自己紹介・他己紹介
3.Lektion 1 Willkommen!:現在人称変化と語順
4.ドイツ語圏文化事情① ドイツ語を話す国々・地理・政治
5.Lektion 2 Nanas Universitat:名詞の性と格、人称代名詞
6.Lektion 2 Nanas Universitat:冠詞の変化
7.Lektion 3 Meine Familie:現在人称変化(不規則動詞)
8.Lektion 3 Meine Familie:定冠詞類・不定冠詞類
9.ドイツ語圏文化事情② ドイツ語圏の大学、ドイツ料理
10.Lektion 4 Eine Reise nach Dresden:話法の助動詞
11.Lektion 4 Eine Reise nach Dresden:前置詞
12.ドイツ語圏文化事情③ ドイツ語圏の観光名所
13.Lektion 5 Geniesen wir jeden Sommertag!:複合動詞
14.Lektion 5 Geniesen wir jeden Sommertag!:接続詞・形容
詞
15.前期の復習・まとめ
16.Lektion 6 Der Beginn des Wintersemesters:動詞の3基
本形
17.Lektion 6 Der Beginn des Wintersemesters:過去形・現
在完了形
18.ドイツ語圏文化事情④ ドイツリート
19.Lektion 7 Ein Waldspaziergang:受動態
20.Lektion 7 Ein Waldspaziergang:比較級・最上級
21.Lektion 8 Berlin hat viele Gesichter:関係代名詞
22.Lektion 8 Berlin hat viele Gesichter:再帰動詞
23.ドイツ語圏文化事情⑤ ドイツの首都ベルリン
24.Lektion 9 Auf dem Weihnachtsmarkt:zu不定詞
25.Lektion 9 Auf dem Weihnachtsmarkt:分詞、非人称表現
26.ドイツ語圏文化事情⑥ クリスマスについて、クリスマスカー
ドを書いてみよう
27.Lektion 10 Rollenverteilung heute:接続法第II式
28.Lektion 10 Rollenverteilung heute:接続法第I式
29.Lektion 10 Rollenverteilung heute:議論・意見を交わそう
30.後期の復習・まとめ
1.ガイダンス「フランス語とはどういう言語か」
2.フランス語の音と文字
3.1課:名詞の性と数、冠詞
4.2課:人称代名詞(1)、動詞 ETRE と AVOIR
5.3課:否定形、形容詞、基数Ⅰ
6.4課:第1軍規則動詞、疑問形
7.5課:指示形容詞、所有形容詞
8.6課:動詞 ALLER と VENIR、近接未来と近接
過去、前置詞 A と DE と定冠詞の縮約
9.7課:疑問形容詞、疑問代名詞
10.発音のまとめⅠ:綴り字の読み方
11.発音のまとめⅡ:母音で始まる後に関する規則
12.8課:第2群規則動詞、比較級と最上級
13.9課:命令法、非人称表現
14.動詞活用と数の小テスト1
授業内容 15.前期の授業のまとめ
16.前期の復習と後期ガイダンス
17.10課:人称代名詞(2)
18.11課:複合過去(1)
19.11課の続き:複合過去(2)
20.12課:関係代名詞
21.12課の続き:指示代名詞
22.13課:代名動詞
23.14課:単純未来
24.15課:特殊な名詞
25.16課:半過去
26.17課:受動態、現在分詞とジェロンディフ
27.18課:条件法
28.19課:接続法
29.動詞活用と数の小テスト2
30.後期の授業のまとめ
予習の範囲と宿題については授業中に知らせます。
事前・事後 かならず予習と宿題を行ったうえで授業に臨んでく
学
習 ださい。また、ドイツ語圏文化事情については適宜
参考文献を指示します。
授業前にその日に学ぶ文法事項に目を通し、終了後
事前・事後 はその日に学んだことを整理しておくこと。練習問
学
習 題を宿題にすることもあるので、必ず次回までにし
ておくこと。
学期末の学習到達度確認および口頭テストの結果、
評価方法
課題の提出や授業への取り組み状況により総合的に
・ 基 準
判断します。
各学期の最後に実施する小テストと筆記テストの結
評価方法
果をベースに、授業に臨む姿勢を考慮して総合的に
・ 基 準
評価する。
ペアまたはグループワークが中心になりますので、
履 修 上 の 遅刻・欠席すると他の学生に迷惑が掛かることになり
注意事項等 ます。したがって、授業にきちんと出席し、積極的
に参加することが履修条件となります。
この授業は
「フランス語表現」
と同時履修することが
望ましい。辞書としては、
「クラウン仏和辞典」
(三
履修上の
省堂)
、
「ディコ仏和辞典」
(白水社)
、
「プティ・ロワ
注意事項等
イヤル仏和辞典」
(旺文社)
を推薦するが、最初の授
業での説明を聞いてから購入してもよい。
テ キ スト
『ドイツに行ってみませんか<Ver. 3>』佐藤和弘・Heike Pinnau・
中村俊子, 郁文堂, 2015年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL113
テ キ スト 『フランス語文法の〈基礎〉』太田浩一他, 駿河台出版社, 2008
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL121
聴講の可否
△
― 57 ―
語
教科書各課の文法事項の復習をしながら、次の練習を行ないます。
①話す:ペアまたはグループワークで会話をし、コミュニケーショ
ンスキルを磨きます。②聞く:CDを用いて、リスニングやディク
テーションをして、聞き取り能力を高めます。③読む:少し長めの
授業概要 テキストを読んでいきます。④文化事情の学習:ドイツ語圏のさま
ざまな話題についてプレゼンテーションをしてもらい、知識を得
ます。教科書は『ドイツに行ってみませんか<Ver. 3>』
を基本的に
用いますが、適宜映像やインターネット資料等を使用します。
フランス語の基本構造を学ぶことで、英語とは別の
アルファベット世界を理解すること。
国
到 達目標
外
「話す」
「聞く」
「読む」
といったドイツ語の実用的な
到 達目標 言語運用能力を高めると同時に、ドイツ語圏地域の
文化事情について学びます。
科 目 名
フランス語基礎(二)
担当教員
☆田中 良
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
フランス語基礎(三)
配当
年次
1-4
担当教員
☆丸瀬 康裕
テ ー マ フランス語の基本文法
到 達目標
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ フランス語文法の基礎
フランス語の基本構造を知ることで、英語とは別の
アルファベット世界を理解すること。
到 達目標
名詞の性、形容詞の性数一致、動詞の活用、基本構
文など、フランス語のしくみを理解する
テキストには
『フランス語文法の
〈基礎〉
』
(全19課)
を使用。
このテキストは、フランス語の基本文法をやさしく解説し
たもので、1回の授業で1課進む予定である。但し、いくつ
授業概要 かの課では1回半の時間をかけることもある。前期で9課ま
で、後期で19課まで学ぶ。授業中、多くの練習問題に取り
組んでもらう。各学期の
「授業のまとめ」
の前に動詞活用と
数の小テストを行う。
フランス語はどのような言語なのか、文法から理解して
いく。規則が厳密に体系化されていて、その規則をひ
とつひとつ学習していくことで、フランス語のしくみを
把握することができる。項目を解説し、その内容を確認
授業概要 する練習問題を解いていく。発音も重要なので、録音
をくりかえし聴き、声を出して言ってみる。欠席すると
分からなくなるので、きちんと出席して、授業に積極的
に参加することが大切です。
1.ガイダンス「フランス語とはどういう言語か」
2.フランス語の音と文字
3.1課:名詞の性と数、冠詞
4.2課:人称代名詞(1)、動詞ETRE とAVOIR
5.3課:否定形、形容詞、基数Ⅰ
6.4課:第1群規則動詞、疑問形
7.5課:指示形容詞、所有形容詞
8.6課:動詞ALLER とVENIR、近接未来と近接
過去、前置詞 A と DE と定冠詞の縮約
9.7課:疑問形容詞、疑問代名詞
10.発音のまとめⅠ:綴り字の読み方
11.発音のまとめⅡ:母音ではじまる語に関する規
則
12.8課:第2群規則動詞、比較級と最上級
13.9課:命令法、非人称表現
14.動詞活用と数の小テスト1
授業内容
15.前期の授業のまとめ
16.前期の復習と後期ガイダンス
17.10課:人称代名詞(2)
18.11課:複合過去(1)
19.11課の続き:複合過去(2)
20.12課:関係代名詞
21.12課の続き:指示代名詞
22.13課:代名動詞
23.14課:単純未来
24.15課:特殊な代名詞
25.16課:半過去
26.17課:受動態、現在分詞とジェロンディフ
27.18課:条件法
28.19課:接続法
29.動詞活用と数の小テスト2
30.後期の授業のまとめ
1.ガイダンス(辞書や勉強の仕方などについて)
アルファベット
2.挨拶の表現 名詞の性と数について
3.冠詞
4.提示の表現(1)
5.主語人称代名詞と動詞
6.動詞の活用、提示の表現(2)
7.形容詞の性・数の一致 国籍、職業
8.否定形
9.規則動詞の活用
10.疑問文と答え方
11.指示形容詞と所有形容詞
12.第2群規則動詞の活用
13.疑問形容詞
14.形容詞の女性形の例外、複数形の例外
15.授業まとめ
授業内容
16.指示代名詞
17.aller とvenirの直説法現在と近接未来と近接
過去
18.前置詞と定冠詞の縮約
19.中性代名詞
20.疑問代名詞(1)
21.疑問副詞、序数
22.比較級と最上級
23.人称代名詞の強勢形
24.命令法
25.非人称表現
26.中性代名詞en
27.直接目的語人称代名詞
28.間接目的語人称代名詞
29.複合過去
30.授業まとめ
授業前にその日学ぶ文法事項に目を通し、終了後は
事前・事後 その日学んだことを整理しておくこと。練習問題を
学
習 宿題にすることもあるので、必ず次回までにしてお
くこと。
事前・事後 新しい項目に出てくる新出語を辞書で引いておく。
学
習 習った項目は復習しておく。とくに復習が肝要です。
各学期の最後に実施する小テストと筆記テストの結
評価方法
果をベースに、授業に臨む姿勢を考慮して総合的に
・ 基 準
評価する。
授業中
(最終授業時)
に実施する学習到達度確認
(筆
評価方法
記による学力確認)
+平常点
(授業の参加、発表、提
・ 基 準
出物、小テスト)
この授業は
「フランス語表現」
と同時履修することが
望ましい。辞書としては、
「クラウン仏和辞典」
(三
履修上の
省堂)
、
「ディコ仏和辞典」
(白水社)
、
「プティ・ロワ
注意事項等
イヤル仏和辞典」
を推薦するが、最初の授業での説
明を聞いてから購入しても良い。
履修上の
教室には辞書を持ってくること。
注意事項等
テ キ スト 『フランス語文法の〈基礎〉』太田浩一他, 駿河台出版社, 2013
テ キ スト 『ラ・フォーレーフランス語基礎文法』森 繁, 朝日出版社, 2014
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL121
― 58 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL121
聴講の可否
△
科 目 名
フランス語表現(一)
担当教員
☆田中 良
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
フランス語表現(二)
配当
年次
1-4
担当教員
☆丸瀬 康裕
配当
年次
1-4
基本的な文法を理解し、平易なフランス語を読み、
話し、聴き、書くことができる
1.ガイダンス
2.アルファベットと発音のしくみ
3.自分の名前、国籍や職業を言う。
4.前回のつづき
5.年齢を言う、自分の家族について語る。
6.前回のつづき
7.好きなものを言う。
8.前回のつづき
9.自分の持ち物を言う。
10.前回のつづき
11.友達について話す。
12.前回のつづき
13.いつ、どこ、どのように、など人に尋ねる
14.前回のつづき
15.授業総括
授業内容 16.何、誰という質問をする
17.前回のつづき
18.近い未来、近い過去のことを語る
19.前回のつづき
20.時間、天候を言う
21.前回のつづき
22.数量を表す
23.前回のつづき
24.紹介する
25.前回のつづき
26.日課について話す
27.前回のつづき
28.頼んだり、命令したりする
29.前回のつづき
30.授業総括
事前・事後 授業前には必ず、各課の会話の意味を調べておくこ
学
習 と。授業後は、学んだ基本表現を覚えること。
事前・事後 新しい単元に出てくる単語を辞書でひいておくこと。
学
習 終わった単元は復習しておくこと。
各学期の最後に実施する発音テストと筆記テストの
評価方法
結果をベースに、授業に臨む姿勢を考慮して総合的
・ 基 準
に評価する。
授業中に実施する学習到達度確認
(筆記による学力
評価方法
確認)60%+授業への参加、発表、小テスト、提出
・ 基 準
物40%
この授業は
「フランス語基礎」
と同時履修することが
望ましい。辞書としては、
「クラウン仏和辞典」
(三
履修上の
省堂)
、
「ディコ仏和辞典」
(白水社)
、
「プティ・ロワ
注意事項等
イヤル」
(旺文社)
を推薦するが、最初の授業で説明
を聞いてから購入してもよい。
履修上の
テキストとともに辞書を持ってくること
注意事項等
『さわやかフランセ』田中良/マリー・フランソワーズ バルドゥー
『新・東京ーパリ初飛行(新装改訂版)』藤田裕二, 駿河台出版社,
テ キ スト 鎌田, 朝日出版社, 2006
テ キ スト 2013
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL122
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL122
聴講の可否
△
― 59 ―
語
平易な日常会話をもとにして、フランス語のしくみ
を解説し、練習課題で確認していきます。 簡単な
会話練習ができるように、録音されたフランス語を
授業概要
くりかえし聴き、実際に発音する練習をする。いつ
もしっかり声をだして読むこと、練習問題はきちん
と自分で解くことが大切です。
国
1.発音の基本
2.1課:シャルル・ド・ゴール空港で 1.挨拶をする
3.1課の続き:2.名前をいう 3.国籍をいう 4.職業・身分をい
う
4.2課:オルセー美術館で 1.これは何ですか?
5.2課の続き:2.勉強についていう 3.好みをいう
6.3課:オペラ座の近くで 1: ~を持っていますか?
7.3課の続き:2.身体の状態をいう 3.食べ物・飲み物について
いう
8.4課:ルーブル美術館へ
9.4課の続き:1.動詞〈ALLER〉
を使って 2.動詞〈VENIR〉
を使っ
て
10.5課:シャン・ゼリゼで 1.この~は~です
11.5課の続き:2.~を知っていますか? 3.家族についていう
12.6課:凱旋門で 1.助動詞〈AVOIR〉
を使って過去のことをいう 2.
助動詞〈ETRE〉を使って過去のことをいう。
13.7課:ヴェルサイユ宮殿で 1.これは誰ですか? 2.代名詞〈Y〉
を使って 3.どうしたの?- ~が痛い
14.発音テスト1
15.前期の授業のまとめ
16.前期の復習と後期ガイダンス
17.8課:カルティエ・ラタンで 1.時刻をいう
18.8課の続き:2.起きる/寝る 3.複合過去形で
19.9課:モン・サン・ミシェルで 1・天候をいう
20.9課の続き:2.季節をいう 3.~しなければなりません/ ~が
必要です
21.10課:ランスで 1.未来のことをいう
22.10課の続き:2.方向をいう 3.~を持っていますか?
23.11課:リヨンで 1.どんな~が好きですか?
24.11課の続き:2.~へ行くのにどれくらい時間がかかりますか?
3.~はいつですか?
25.12課:ニースで 1.なぜ~ ?/なぜなら~
26.12課の続き:2.比較する 3.~に注意しなさい
27.13課:アヴィニョンで 1.~のように見えます 2.~できますか?
3.~しながら~をする
28.14課:オランジュで 1.道を尋ねる 2.~と言われています 3.
最上級でいう
29.発音テスト2
30.後期の授業のまとめ
到 達目標
外
フランス語の日常的な表現を運用できることを目指
す。
テキストには
『さわやかフランセ』
(全16課)
を使用。
各課は、基本会話と重要表現の練習から成っている。
最初、会話を訳読することにより発音と意味を学び、
授業概要
次に練習問題で重要な表現を身につける。前期で7
課まで、後期で14課まで進む予定。なお、各学期
の
「授業のまとめ」
の前に発音テストを行う。
授業内容
通年
テ ー マ 文法を概観しながらフランス語の日常表現に親しむ
テ ー マ フランス語の基本的表現
到 達目標
単位数 2単位
期間
科 目 名
フランス語表現(三)
担当教員
☆丸瀬 康裕
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
フランス語応用(三)
期間
通年
配当
年次
1-4
担当教員
☆ Marie Francoise KAMATA
配当
年次
1-4
テ ー マ 文法を概観しながらフランス語の日常表現に親しむ
基本的な文法を理解し、平易なフランス語を読み、
話し、聴き、書くことができる
到 達目標
平易な日常会話をもとにして、フランス語のしくみ
を解説し、練習課題で確認していきます。 簡単な
会話練習ができるように、録音されたフランス語を
授業概要
くりかえし聴き、実際に発音する練習をする。いつ
もしっかり声をだして読むこと、練習問題はきちん
と自分で解くことが大切です。
単位数 2単位
テ ー マ フランス語の会話
到 達目標 日常のフランス語表現を使えるようになること
授業概要 フランス文を読み、筆記と口頭の練習を中心に行う。
1.ガイダンス
2.アルファベットと発音のしくみ
3.自分の名前、国籍や職業を言う。
4.前回のつづき
5.年齢を言う、自分の家族について語る。
6.前回のつづき
7.好きなものを言う。
8.前回のつづき
9.自分の持ち物を言う。
10.前回のつづき
11.友達について話す。
12.前回のつづき
13.いつ、どこ、どのように、など人に尋ねる
14.前回のつづき
15.授業総括
授業内容 16.何、誰という質問をする
17.前回のつづき
18.近い未来、近い過去のことを語る
19.前回のつづき
20.時間、天候を言う
21.前回のつづき
22.数量を表す
23.前回のつづき
24.紹介する
25.前回のつづき
26.日課について話す
27.前回のつづき
28.頼んだり、命令したりする
29.前回のつづき
30.授業総括
1.オリエンテーション
2.1課「今日は」:出会いのあいさつ/別れのあい
さつ
3.1課の続き:アルファベット/数(0 ~ 10)
4.2課「テレビゲーム」:職業
5.2課の続き:国籍/数(11~20)
6.3課「電話」:電話をかける
7.3課の続き:数(20~69)/発音と綴り字
8.4課「キャフェ」:喫茶店で注文する
9.5課「何いたしましょう?」:買い物をする
10.5課の続き:疑問文の形
11.テスト
12.6課「今何してるの?」:近況を述べる」
13.6課の続き:職場/曜日/レジャー
14.復習
授業内容 15.まとめと学習到達度確認
16.7課「大きな書店で」:場所の表現
17.7課の続き:序数形容詞/形容詞/指示形容詞
18.8課「バカンスに出かける」:身の回りの物1
19.8課の続き:家族
20.9課「次のウィークエンド」:身の回りの物2
21.9課の続き:天候の表現
22.復習
23.テスト
24.10課「昨日何をした?」:過去を述べる1
25.10課の続き:日付の表現/時間の表現
26.11課「探偵小説」:小説/映画/番組のジャンル
27.11課の続き:時に関する疑問文
28.12課「子供時代の思い出」:過去を述べる2
29.12課の続き:感情の表現
30.まとめ
事前・事後 新しい単元に出てくる単語を辞書でひいておくこと。
学
習 終わった単元は復習しておくこと。
事前・事後 宿題をしておくこと。授業前には次の課を勉強して
学
習 おくこと。
授業中に実施する学習到達度確認
(筆記による学力
評価方法
確認)60%+授業への参加、発表、小テスト、提出
・ 基 準
物40%
2回のテストと2回の試験の結果をベースに、口答
評価方法
での質疑応答、授業への参加姿勢等を考慮して、総
・ 基 準
合的に評価する。
履修上の
テキストとともに辞書を持ってくること
注意事項等
履 修 上 の この授業を履修する者は、
「フランス語基礎」
と
「フラ
注意事項等 ンス語表現」
を修得していることが望ましい。
『新・東京ーパリ初飛行(新装改訂版)』藤田裕二, 駿河台出版社,
『ミニ・ドゥ・コンセール(ユーロ版)』大阪日仏センター=アリアン
テ キ スト 2013
テ キ スト スフランセーズ, 朝日出版社, 2003
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL122
― 60 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL123
聴講の可否
△
科 目 名
中国語基礎(一)
担当教員
☆山本 恭子
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語基礎(二)
配当
年次
1-4
担当教員
☆山本 恭子
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 中国語の世界に足を踏み入れる。
到 達目標 中国語の基本文法の理解。正確な発音を身につける。
到 達目標 中国語の基本文法の理解。正確な発音を身につける。
中国語は「簡体字」という画数の少ない中国独自の漢字を用います。発音は「ピンイン」とい
うアルファベットで表記されます。また、漢字にはそれぞれ「声調」という4種類の音の高
低アクセントがあります。ピンインと声調をしっかり把握して、まず正確な発音を身につ
けましょう。次に中国人とコミュニケーションするために、目・口・耳・手を使って、基本的
な表現をくり返し練習します。京劇を見たり、パンダのぬいぐるみを買ったり、日本人が
中国へ行って出会う場面の会話が教材です。教室は毎回CALL教室を使用します。美し
い中国語を耳元で何度も聞いてから、自分の発音を録音し、聞き比べます。そして聞き取
り練習へ進みます。隣の席の人と会話練習もします。中国語のしくみを理解するために、
例文は書いて覚えます。中国の風俗習慣にも触れます。少しずつ着実に身につけましょう。
中国語は「簡体字」という画数の少ない中国独自の漢字を用います。発音は「ピンイン」とい
うアルファベットで表記されます。また、漢字にはそれぞれ「声調」という4種類の音の高
低アクセントがあります。ピンインと声調をしっかり把握して、まず正確な発音を身につ
けましょう。次に中国人とコミュニケーションするために、目・口・耳・手を使って、基本的
な表現をくり返し練習します。京劇を見たり、パンダのぬいぐるみを買ったり、日本人が
中国へ行って出会う場面の会話が教材です。教室は毎回CALL教室を使用します。美し
い中国語を耳元で何度も聞いてから、自分の発音を録音し、聞き比べます。そして聞き取
り練習へ進みます。隣の席の人と会話練習もします。中国語のしくみを理解するために、
例文は書いて覚えます。中国の風俗習慣にも触れます。少しずつ着実に身につけましょう。
外
テ ー マ 中国語の世界に足を踏み入れる。
事前・事後
学
習
言葉はまず何よりも音です。テキストのCDは毎日聴きましょう。中国語を聴かないと落ち着かないと感じるほどに、生活習慣にしてし
まいましょう。いますぐ音声を持ち運びできるよう移動させましょう。予習として、テキストの「単語」はノートに写して、単語帳を作り
ましょう。各課1、2ページめの「ポイント」と3ページめの「本文」は漢字とピンインをノートに写し、日本語訳を書いておきましょう。
授業に出て初めてテキストを開くのと、予習をしているのとでは授業の密度が全く異なります。予習をして授業に臨み、充実した時間
を過ごしませんか。復習はテキストの「本文」の筆写と朗読です。まず「本文」を漢字とピンインで写します。授業のノートでその文のしく
みを理解します。次に、1文ずつ、テキストのピンインを見て2回朗読、次は漢字を見て2回、最後はテキストから目を離し、顔をあげ
て2回。これで1文の暗唱完了です。できなければもう一度ピンインの朗読から始めます。一週間に少なくとも5文、できる時は1課の
本文をまるごと覚えましょう。「1文ずつ」というところが重要です。着実に一文を自分のものにするのです。内容を理解して、自分の手
で写していると、自分の中で中国語が育っていくのが感じ取れます。小さな芽を大切に育てていくつもりで、少しずつ覚えていきましょう。
1.ガイダンス 第1課 こんにちは 発音1 声
調
2.第2課 また明日 発音2 3.第3課 ありがとう 発音3
4.第4課 お久しぶり 発音4
5.第5課 出迎える1
6.第5課 出迎える2
7.第6課 歓迎会1
8.第6課 歓迎会2
9.第7課 タクシーに乗る1
10.第7課 タクシーに乗る2
11.第8課 宿泊する1
12.第8課 宿泊する2
13.第9課 道を尋ねる1
14.第9課 道を尋ねる2
授業内容 15.まとめ
16.発音 前期の復習
17.第10課 ショッピングする1
18.第10課 ショッピングする2
19.第11課 おしゃべりする1
20.第11課 おしゃべりする2
21.第12課 料理を注文する1
22.第12課 料理を注文する2
23.第13課 サッカーのチケットを買う1
24.第13課 サッカーのチケットを買う2
25.第14課 マッサージ1
26.第14課 マッサージ2
27.第15課 インターネット1
28.第15課 インターネット2
29.復習
30.授業と総まとめ 事前・事後
学
習
言葉はまず何よりも音です。テキストのCDは毎日聴きましょう。中国語を聴かないと落ち着かないと感じるほどに、生活習慣にしてし
まいましょう。いますぐ音声を持ち運びできるよう移動させましょう。予習として、テキストの「単語」はノートに写して、単語帳を作り
ましょう。各課1、2ページめの「ポイント」と3ページめの「本文」は漢字とピンインをノートに写し、日本語訳を書いておきましょう。
授業に出て初めてテキストを開くのと、予習をしているのとでは授業の密度が全く異なります。予習をして授業に臨み、充実した時間
を過ごしませんか。復習はテキストの「本文」の筆写と朗読です。まず「本文」を漢字とピンインで写します。授業のノートでその文のしく
みを理解します。次に、1文ずつ、テキストのピンインを見て2回朗読、次は漢字を見て2回、最後はテキストから目を離し、顔をあげ
て2回。これで1文の暗唱完了です。できなければもう一度ピンインの朗読から始めます。一週間に少なくとも5文、できる時は1課の
本文をまるごと覚えましょう。「1文ずつ」というところが重要です。着実に一文を自分のものにするのです。内容を理解して、自分の手
で写していると、自分の中で中国語が育っていくのが感じ取れます。小さな芽を大切に育てていくつもりで、少しずつ覚えていきましょう。
評価方法 学習到達度確認
(50%)
、平常点
(練習への参加・提出
・ 基 準 物・暗唱・小テスト等)
(50%)
評価方法 学習到達度確認
(50%)
、平常点
(練習への参加・提出
・ 基 準 物・暗唱・小テスト等)
(50%)
語学はトレーニングすれば誰もが身につけることにできるもの
です。授業はトレーニングを積み重ねる絶好のチャンスですか
ら、それを逃す手はありません。出席は大変重要です。チャン
スを生かして、毎回一歩ずつ、積み重ねていきましょう。欠席
する場合はなるべく事前に、無理なら後から、理由を報告して
ください。進度はクラスによって調節する可能性があります。
語学はトレーニングすれば誰もが身につけることにできるもの
です。授業はトレーニングを積み重ねる絶好のチャンスですか
ら、それを逃す手はありません。出席は大変重要です。チャン
スを生かして、毎回一歩ずつ、積み重ねていきましょう。欠席
する場合はなるべく事前に、無理なら後から、理由を報告して
ください。進度はクラスによって調節する可能性があります。
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『しゃべっていいとも中国語』陳淑梅・劉光赤, 朝日出版社, 2010年
テ キ スト 『しゃべっていいとも中国語』陳淑梅・劉光赤, 朝日出版社, 2010年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL131
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL131
聴講の可否
△
― 61 ―
語
1.ガイダンス 第1課 こんにちは 発音1 声
調
2.第2課 また明日 発音2 3.第3課 ありがとう 発音3
4.第4課 お久しぶり 発音4
5.第5課 出迎える1
6.第5課 出迎える2
7.第6課 歓迎会1
8.第6課 歓迎会2
9.第7課 タクシーに乗る1
10.第7課 タクシーに乗る2
11.第8課 宿泊する1
12.第8課 宿泊する2
13.第9課 道を尋ねる1
14.第9課 道を尋ねる2
授業内容 15.まとめ
16.発音 前期の復習
17.第10課 ショッピングする1
18.第10課 ショッピングする2
19.第11課 おしゃべりする1
20.第11課 おしゃべりする2
21.第12課 料理を注文する1
22.第12課 料理を注文する2
23.第13課 サッカーのチケットを買う1
24.第13課 サッカーのチケットを買う2
25.第14課 マッサージ1
26.第14課 マッサージ2
27.第15課 インターネット1
28.第15課 インターネット2
29.復習
30.授業と総まとめ 授業概要
国
授業概要
科 目 名
中国語基礎(三)
担当教員
羅 東耀
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語基礎(四)
配当
年次
1-4
担当教員
☆村上 幸造
テ ー マ 入門中国語
到 達目標
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 中国語の発音と基本語法
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
基礎文法の理解
到 達目標
pinyin(中国式ローマ字)
を発音でき、簡体字の意味
を知って、簡単な日常会話ができ短文が綴れること。
この授業は「表現中国語」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのため、まず発音記号であ
授業概要 るピンインを学び、その後中国語の表現の仕組みを理解
し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。中
国語の発音は難しいので、その記号の習得は3回の授業を
必要とし、その後の授業は2週間1課のぺースで進める。
毎回、発音練習を行い、基本的語法
(=文法)
を順次
学んでいく。簡体字の意味とそれに対応する日本漢
授業概要 字との意味や用法のずれ、また共通点に注意するこ
と。聞き取り、
短文の翻訳や作文により授業を進める。
習った表現で自分自身を主張しよう。
1.ガイダンス
2.発音記号「単母音と複合母音」
3.発音記号「子音」
4.発音記号「子音と鼻音」
5.第1課 こんにちは!
6.同 復習と練習
7.第2課 わたしは高木で、高木麻美です
8.同 復習と練習
9.第3課 これはわたしの中国語のテキストです
10.同 復習と練習
11.第4課 うちは3人家族です
12.同 復習と練習
13.第5課 わたしの誕生日は10月2日です
14.同 復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容
17.第6課 いまは12時半になりました
18.同 復習と練習
19.第7課 わたしの家は東京です
20.同 復習と練習
21.第8課 わたしは日本料理が好きです
22.同 復習と練習
23.第9課 北京の冬は東京より寒いです
24.同 復習と練習
25.第10課 私たちは先生と一緒に中国に行きた
いです
26.同 復習と練習
27.第11課 わたしもちょっと中に入って見たい
です
28.同 復習と練習
29.第12課 わたしは中華料理をつくっています
30.授業まとめ
1.ガイダンスと発音
2.人称代名詞、「~是~」の文型、否定「不」
3.疑問の「?」、「~的」+名詞
4.指示代名詞、形容詞述語文
5.「的」の後の名詞の省略、主述述語文
6.場所代名詞、動詞述語文
7.時を表す語の位置、副詞の「都」「也」、疑問詞
疑問文
8.前期前半のまとめ。復習と補足。
9.助動詞「想」、動詞「喜歓」、動詞の重ね
10.選択疑問文、数詞、名詞述語文
11.金額、「~有~」の文型
12.反復疑問文、「~在~」の文型、方位詞
13.完了の「了」、連動文
14.前置詞「離」、時を表す語
授業内容 15.前期の授業のまとめ。復習と補足。
16.変化の「了」、存在の「有」
17.前置詞「在」、助動詞「可以」「会」「能」
18.直接話法と間接話法、前置詞「給」
19.時刻、経験の「~過」
20.動作の回数、方向補語
21.副詞「有点ル~」、「是~的」構文
22.比較表現、「把」構文
23.後期の前半のまとめ。復習と補足。
24.結果補語、「从~到~」、二重目的語
25.動作の時間の長さ、疑問詞「zenme」、使役
26.番号の表現、年月日、様態補語
27.進行表現、曜日
28.「要~了」、名詞を修飾する語
29.主述構造の目的語、前置詞「為」
30.総まとめ。復習と確認。
毎日CDで発音記号、単語と本文を聞き、自分で宿題
事前・事後
にチャレンジし、また授業の前に予習する必要もあ
学
習
る。
附属のCDを聞いて耳を中国語にならしておくこと。
学習する課でなくどこでもよく、とにかく中国語の
事前・事後
音になれることが重要。また復習と整理のために単
学
習
語帳を作ること。簡体字、PINYIN、意味、それと用
例を1文でよいから書き出すこと。
前期と後期ともに学習到達度確認
(筆記)
を実施する。
評価方法
それと同時に、学習態度および普段の成績も考慮す
・ 基 準
る。
学習到達度の確認
(筆記等による、第8、15、23、30
評価方法
回の計4回)
、授業中の発表や提出物を総合して評価
・ 基 準
する。
履修上の
中国語表現の履修を勧める
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『老師好!』守屋宏則他著, 郁文堂, 2011年
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL131
― 62 ―
聴講の可否
△
『1冊目の中国語《講読クラス》』劉穎・喜多山幸子・松田かの子, 白水
社, 2011年
科目ナンバリング AL131
聴講の可否
△
科 目 名
中国語基礎(五)
担当教員
☆
華
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語基礎(六)
配当
年次
1-4
担当教員
☆柴 格朗
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
到 達目標
会話を重視する授業です。毎回復習しながら、新し
い知識を勉強します。喋る楽しさと喋れた達成感を
授業概要 味わってほしいです。中国語だけではなく、授業の
合間に中国の文化、習慣、ニュースも紹介し、中国
に興味を持ってほしいです。
中国語は漢字で表記されていますが、かなりの数の
漢字が日本の漢字と字形が異なっています。次に厄
介なのが漢字の発音を覚えることです。前期では発
授業概要
音の習得が中心となります。始めは発音編として漢
字の発音を表す中国式のルビ
(ピンイン)
の読み練習
を行います。後期では語法の解説が中心になります。
1.中国と中国語
2.声調と母音
3.子音
4.今までの復習とまとめ
5.第一課 挨拶
6.第二課 be動詞の使い方
7.第二課 形容詞の使い方
8.今までの復習
9.第三課 動詞の使い方
10.第三課 “有”と“在”の使い方
11.第四課 数詞
12.第四課 時間の言い方
13.第五課 方位詞
14.第五課 量詞
15.映画の鑑賞
授業内容 16.前期の復習
17.第六課 選択疑問文
18.第六課 助動詞
19.第七課 完了を表す表現
20.第七課 語気助詞
21.第八課 時間、回数の表現
22.第八課 進行形
23.第九課 連動式
24.第九課 反復疑問文
25.第十課 近未来を表す表現
26.第十一課 結果補語
27.第十一課 過去の動作の表現
28.第十二課 受け身表現
29.第十二課 比較表現
30.映画の鑑賞
授業内容
ピンインが正確に読めること。簡単な文を理解し、
また書けること。
1.中国語に関するガイダンス。授業の進め方について。
発音編…単母音。声調。
2.発音編…子音。複母音。
3.発音編…鼻母音。
4.発音編…声調変化。儿化。発音編の総復習。
5.以下本編…中国語の基本語順について。疑問文、否
定文等。
6.中国語の基本語順について。人称代名詞。「是」「姓」
「叫」を用いた動詞述語文。諾否疑問文、否定文。
7.中国語の基本語順について。指示代名詞。疑問詞疑
問文。構造助詞「的」。
8.指示詞、数量詞。「有」を用いた動詞述語文。
9.「在」「去」「来」を用いた動詞述語文。省略疑問文。
10.存在を表す2種類の表現「有」「在」について。名詞述
語文。
11.形容詞述語文。主述述語文。動詞述語文。
12.反復疑問文。限定語の構造、時を表す状況語について。
13.介詞「在」。連動文。
14.時刻と時間量。時間量補語。
15.まとめ
16.間接目的語を取る動詞と二重目的語。選択疑問文。
17.完了を表す「了」。動詞の重ね型。介詞「从」、「給」
18.助動詞「能」と「会」。状態補語を導く「得」
19.状況の変化を表す「了」。経験を表す文。
20.程度補語、程度補語を導く「得」。結果補語。
21.動詞+「一下」。「要」について。将然を表す文。
22.目的語の性質と数量補語・目的語の語順。
23.進行の表現。「動作の進行」と「状態の持続」。
24.可能補語。付帯状況を表す「着」。
25.介詞「離」と「从」。使役文と兼語文。
26.「比」を用いた比較文。「有・没有」を用いた比較文。
27.「一」を用いた否定の強調文。疑問詞+
「都・也」の強調
文。
28.「把」字文。
29.総復習。やや複雑な構造を持つ文。
30.まとめ
事前・事後
その都度、学習範囲を指定する。
学
習
発音編では、授業後かならず声を出して発声練習をしてく
ださい。また、ローマ字表記の綴り方を会得して、ローマ
事前・事後
字表記の中国語が発音できるようになることです。本編で
学
習
は練習問題が多くありますから、一課終わる毎に家で解答
してから出席するようにして下さい。
評価方法 毎回の小テストと積極的な受講態度を総合的に評価
・ 基 準 する
評価方法 学年末に行う
「筆記等による学力確認」が中心です
・ 基 準 (70%)
。その外に平素の課題も参考にします。
履修上の
注意事項等
1年間で一通りを学ぶのですから、一回の内容は少
なくありません。当然の事ながら欠席するとついて
履修上の
ゆきにくくなります。語学は積み重ねが大切です。
注意事項等
また、努力した分だけ必ず身に付きます。休まず、
たゆまず学習することを求めます。
テ キ スト 『入門 中国語の小窓』山下輝彦, 同学社
テ キ スト 『鈴木君の中国生活』柴 格朗, 駿河台出版社, 2013年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL131
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL131
聴講の可否
△
― 63 ―
語
到 達目標 簡単な日常会話ができるようになる
国
テ ー マ 発音と基礎文法の習得
外
テ ー マ 楽しく中国語を習おう
科 目 名
中国語基礎(八)
担当教員
☆柴 格朗
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語基礎(九)
配当
年次
1-4
担当教員
☆何 穎
テ ー マ 発音と基礎文法の習得
到 達目標
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 中国語の基礎力を習得
ピンインが正確に読めること。簡単な文を理解し、
また書けること。
到 達目標
この授業は学生が楽しみながら中国語を身につけ、
中国への関心を大いに持ってもらうことを目指す。
中国語は漢字で表記されていますが、かなりの数の
漢字が日本の漢字と字形が異なっています。次に厄
介なのが漢字の発音を覚えることです。前期では発
授業概要
音の習得が中心となります。始めは発音編として漢
字の発音を表す中国式のルビ
(ピンイン)
の読み練習
を行います。後期では語法の解説が中心になります。
「ピンイン」
という発音の習得から簡単な会話文を組
み立てることができるように、大学生活の現状を反
授業概要
映し、最新の中国事情を介して、
「聞く、話す、読む、
書く」
四つの技能をトレーニングする。 1.中国語に関するガイダンス。授業の進め方について。
発音編…単母音。声調。
2.発音編…子音。複母音。
3.発音編…鼻母音。
4.発音編…声調変化。儿化。発音編の総復習。
5.以下本編…中国語の基本語順について。疑問文、否
定文等。
6.中国語の基本語順について。人称代名詞。「是」「姓」
「叫」を用いた動詞述語文。諾否疑問文、否定文。
7.中国語の基本語順について。指示代名詞。疑問詞疑
問文。構造助詞「的」。
8.指示詞、数量詞。「有」を用いた動詞述語文。
9.「在」「去」「来」を用いた動詞述語文。省略疑問文。
10.存在を表す2種類の表現「有」「在」について。名詞述
語文。
11.形容詞述語文。主述述語文。動詞述語文。
12.反復疑問文。限定語の構造、時を表す状況語について。
13.介詞「在」。連動文。
14.時刻と時間量。時間量補語。
15.まとめ
16.間接目的語を取る動詞と二重目的語。選択疑問文。
17.完了を表す「了」。動詞の重ね型。介詞「从」、「給」
18.助動詞「能」と「会」。状態補語を導く「得」
19.状況の変化を表す「了」。経験を表す文。
20.程度補語、程度補語を導く「得」。結果補語。
21.動詞+「一下」。「要」について。将然を表す文。
22.目的語の性質と数量補語・目的語の語順。
23.進行の表現。「動作の進行」と「状態の持続」。
24.可能補語。付帯状況を表す「着」。
25.介詞「離」と「从」。使役文と兼語文。
26.「比」を用いた比較文。「有・没有」を用いた比較文。
27.「一」を用いた否定の強調文。疑問詞+
「都・也」の強調
文。
28.「把」字文。
29.総復習。やや複雑な構造を持つ文。
30.まとめ
1.中国語とは? 簡体字と繁体字
2.発音1 単母音 声調
3.発音2 子音
4.発音3 複母音 鼻母音
5.発音のまとめ
6.第一課 あなたは日本人ですか。A是B
7.人称代名詞 教室用語 8.第二課 これは何ですか。 指示代名詞
9.「的」の用法(1) 副詞の「也」
10.第三課 あなたは何処へ行きますか。動詞述語文
11.所有を表す「有」 省略疑問の「~は?」 12.第四課 このバックはいくらですか。数量詞「何個、
どのぐらい」
13.指示代名詞(2)形容詞述語文
14.第五課 今晩は用事ありますか。日付・時刻を表す語
15.数字の言い方 動作の時点を言う表現
16.第六課 ご飯をたべましたか。完了を表す「了」
17.所在を表す「在」 助動詞(1)「想」 18.第七課 あなたの家族は何人ですか。介詞(1)「在」
19.存在を表す「有」反復疑問文
20.第八課 あなたは何時からアルバイトを始めますか。
時間量を表す語
21.助動詞(2)「得」介詞(2)
22.第九課 あなたはアメリカへ行ったことがあります
か。過去の経験を表す
23.「是・・・的」の文 介詞(3)
24.第十課 あなたは歌を歌えますか。 助動詞(3)
「能」
「会」
25.動作の様態を表す様態補語「得」 動詞の重ね型
26.第十一課 あなたは何をしていますか。 動作の進
行を表す「在~」 選択疑問文
27.連動文: ~しに来る・~しに行く 目的語を文頭に出
す表現
28.第十二課 楽しい旅行を 比較の表現 「的」の用法
(2) 29.2つの目的語をとる動詞 目的語が主述句の時
30.まとめ
授業内容
授業内容
発音編では、授業後かならず声を出して発声練習をしてく
ださい。また、ローマ字表記の綴り方を会得して、ローマ
事前・事後
字表記の中国語が発音できるようになることです。本編で
学
習
は練習問題が多くありますから、一課終わる毎に家で解答
してから出席するようにして下さい。
事前・事後
復習と予習は必ずすること。
学
習
評価方法 学年末に行う
「筆記等による学力確認」が中心です
・ 基 準 (70%)
。その外に平素の課題も参考にします。
評価方法 授業へ積極的に参加すること
(会話練習と小テスト)
・ 基 準 50% 学習到達度の確認
(期末に実施、筆記)50%
1年間で一通りを学ぶのですから、一回の内容は少
なくありません。当然の事ながら欠席するとついて
履修上の
ゆきにくくなります。語学は積み重ねが大切です。
注意事項等
また、努力した分だけ必ず身に付きます。休まず、
たゆまず学習することを求めます。
履修上の
数回の小テストをクリアすることが望ましい。
注意事項等
テ キ スト 『鈴木君の中国生活』柴 格朗, 駿河台出版社, 2013年
テ キ スト 2015
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL131
― 64 ―
聴講の可否
『中国語はじめの一歩』竹島金吾監修 伊景春 竹島毅, 白水社,
△
科目ナンバリング AL131
聴講の可否
△
科 目 名
中国語基礎(十)
担当教員
☆楊 莉
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語基礎(十一)
配当
年次
1-4
担当教員
☆楊 莉
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 中国語の発音、朗読、会話と解読
テ ー マ 中国語の発音、朗読、会話と解読
到 達目標
発音の記号である
「ピンイン」
の習得、朗読、会話の
練習および文法構造の理解
この授業は中国語で読む、書くおよび話すなどの総
合的なコミュニケーション能力の養成を目的とする。
まず、発音記号である
「ピンイン」を学び、その後、
授業概要
中国語の表現、文法の仕組みを理解し、簡単な会話
ができるようにすることを目指す。授業は二週間に
一課のペースで進める。
1.ガイダンス、中国と中国語に関する基礎知識の紹介、
単母音、声調
2.子音、複合母音
3.鼻母音、声調の組み合わせ
4.ピンインのまとめ練習
5.第1課 校門で(単語、ポイント)
6.第1課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
7.第2課 廊下で(単語、ポイント)
8.第2課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
9.第3課 キャンバスで(単語、ポイント)
10.第3課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
11.第4課 携帯を見ながら(単語、ポイント)
12.第4課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
13.第5課 学生食堂で(単語、ポイント)
14.第5課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
15.前期のまとめ
16.前期の復習 第6課 王先生の研究室で(単語、ポイ
ント)
17.第6課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
18.第7課 コンビニで(単語、ポイント)
19.第7課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
20.第8課 バス停で(単語、ポイント)
21.第8課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
22.書く練習 作文:私の一日
23.第9課 放課後に(単語、ポイント)
24.第9課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
25.第10課 卓球の中継を見ながら(単語、ポイント)
26.第10課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練…
習)
27.第11課 デイズニ―ランドで待ち合わせ(単語、ポイ
ント)
28.第11課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
29.習った表現を応用して、会話練習する
30.後期のまとめ
1.ガイダンス、中国と中国語に関する基礎知識の紹介、
単母音、声調
2.子音と複合母音
3.鼻母音、声調の組み合わせ
4.「ピンイン」の総復習
5.第1課 校門で(単語、ポイント)
6.第1課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
7.第2課 廊下で(単語、ポイント)
8.第2課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
9.第3課 キャンバスで(単語、ポイント)
10.第3課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
11.第4課 携帯を見ながら(単語、ポイント)
12.第4課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
13.第5課 学生食堂で(単語、ポイント)
14.第5課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
15.前期のまとめ
授業内容 16.前期の復習 第6課 王先生の研究室で(単語、ポイ
ント)
17.第6課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
18.第7課 コンビニで(単語、ポイント)
19.第7課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
20.第8課 バス停で(単語、ポイント)
21.第8課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
22.書く練習 作文:私の一日
23.第9課 放課後に(単語、ポイント)
24.第9課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
25.第10課 卓球の中継を見ながら(単語、ポイント)
26.第10課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
27.第11課 デイズニ―ランドで待ち合わせ(単語、ポイ
ント)
28.第11課の練習と復習(本文の朗読、書く練習、会話練習)
29.習った内容を応用して、会話練習する
30.後期まとめ
授業内容
事前・事後 習った内容を必ず復習すること新しい内容を予習す
学
習 ること
事前・事後 習った内容を必ず復習すること新しい内容を予習す
学
習 ること
前期と後期、それぞれ到達度確認を行う。そして、
評価方法
普段の発音、朗読、会話力および学習参加度も考慮
・ 基 準
に入れて評価する。
前期と後期、それぞれ学習到達度の確認テストを行
評価方法
う。そして、普段の発音、朗読、会話力および授業
・ 基 準
への参加度も考慮に入れて評価する
履修上の
「中国語表現」
と同時に履修することを勧める
注意事項等
履修上の
「中国語表現」
と同時に履修することを勧める
注意事項等
テ キ スト 『はじめまして!中国語』喜多山幸子 鄭幸枝, 白水社, 2014
テ キ スト 『はじめまして!中国語』喜多山幸子 鄭幸枝, 白水社, 2014
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL131
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL131
聴講の可否
△
― 65 ―
語
この授業は中国語で読む、書くおよび話すなどの総
合的なコミュニケーション能力の養成を目的とする。
まず、発音記号である
「ピンイン」を学び、その後、
授業概要
中国語の表現、文法の仕組みを理解し、簡単な会話
ができるようにすることを目指す。授業は二週間に
一課のペースで進める。
国
発音記号である
「ピンイン」
の習得、朗読、会話の練
習および文法構造の理解
外
到 達目標
単位数 2単位
期間
科 目 名
中国語基礎(十二)
担当教員
☆
華
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語表現(一)
配当
年次
1-4
担当教員
☆郭 斐映
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 楽しく中国語を習おう
テ ー マ 入門中国語
到 達目標 簡単な日常会話ができるようになる
到 達目標
会話を重視する授業です。毎回復習しながら、新し
い知識を勉強します。喋る楽しさと喋れた達成感を
授業概要 味わってほしいです。中国語だけではなく、授業の
合間に中国の文化、習慣、ニュースも紹介し、中国
に興味を持ってほしいです。
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3 回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1 課のペースで進める。
1.中国と中国語
2.声調と母音
3.子音
4.今までの復習とまとめ
5.第一課 挨拶
6.第二課 be動詞の使い方
7.第二課 形容詞の使い方
8.今までの復習
9.第三課 動詞の使い方
10.第三課 “有”と“在”の使い方
11.第四課 数詞
12.第四課 時間の言い方
13.第五課 方位詞
14.第五課 量詞
15.映画の鑑賞
授業内容 16.前期の復習
17.第六課 選択疑問文
18.第六課 助動詞
19.第七課 完了を表す表現
20.第七課 語気助詞
21.第八課 時間、回数の表現
22.第八課 進行形
23.第九課 連動式
24.第九課 反復疑問文
25.第十課 近未来を表す表現
26.第十一課 結果補語
27.第十一課 過去の動作の表現
28.第十二課 受け身表現
29.第十二課 比較表現
30.映画の鑑賞
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容 17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげ
ます」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがありま
すか」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
事前・事後
その都度、学習範囲を指定する。
学
習
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
評価方法 毎回の小テストと積極的な受講態度を総合的に評価
・ 基 準 する
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
履修上の
注意事項等
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
テ キ スト 『入門 中国語の小窓』山下輝彦, 同学社
テ キ スト 帝社, 2016年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL131
― 66 ―
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL132
聴講の可否
△
科 目 名
中国語表現(二)
担当教員
☆郭 斐映
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語表現(三)
配当
年次
1-4
担当教員
☆何 穎
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 入門中国語
テ ー マ 入門中国語
到 達目標
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
この授業は「中国語基礎」と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号であ
授業概要 るピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを理解
し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。中
国語の発音は難しいので、その習得は約3回の授業を必要
とし、その後の授業は2週間に1課のペースで進める。
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容 17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげま
す」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容
17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげます」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
テ キ スト 帝社, 2016年
テ キ スト 帝社, 2016年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL132
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL132
聴講の可否
△
― 67 ―
語
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3 回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1 課のペースで進める。
国
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
外
到 達目標
単位数 2単位
期間
科 目 名
中国語表現(四)
担当教員
☆張 淑琴
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語表現(五)
配当
年次
1-4
担当教員
羅 東耀
テ ー マ 入門中国語
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 入門中国語
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
到 達目標
単位数 2単位
期間
到 達目標
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3 回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1 課のペースで進める。
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3 回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1 課のペースで進める。
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容 17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげま
す」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容
17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげます」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
テ キ スト 帝社, 2016年
テ キ スト 帝社, 2016年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL132
― 68 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL132
聴講の可否
△
科 目 名
中国語表現(六)
担当教員
羅 東耀
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語表現(七)
配当
年次
1-4
担当教員
☆劉 慶
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 入門中国語
テ ー マ 入門中国語
到 達目標
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3 回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1 課のペースで進める。
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容
17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげます」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容
17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげます」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
テ キ スト 帝社, 2016年
テ キ スト 帝社, 2016年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL132
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL132
聴講の可否
△
― 69 ―
語
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1課のペースで進める。
国
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
外
到 達目標
単位数 2単位
期間
科 目 名
中国語表現(八)
担当教員
☆劉 慶
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語表現(九)
配当
年次
1-4
担当教員
☆張 淑琴
テ ー マ 入門中国語
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 入門中国語
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
到 達目標
単位数 2単位
期間
到 達目標
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1課のペースで進める。
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3 回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1 課のペースで進める。
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容 17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげます」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容 17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげま
す」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
テ キ スト 帝社, 2016年
テ キ スト 帝社, 2016年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL132
― 70 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL132
聴講の可否
△
科 目 名
中国語表現(十)
担当教員
☆張 淑琴
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語表現(十一)
配当
年次
1-4
担当教員
羅 東耀
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 入門中国語
テ ー マ 入門中国語
到 達目標
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1課のペースで進める。
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容 17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげま
す」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容 17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげま
す」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
テ キ スト 帝社, 2016年
テ キ スト 帝社, 2016年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL132
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL132
聴講の可否
△
― 71 ―
語
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1課のペースで進める。
国
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
外
到 達目標
単位数 2単位
期間
科 目 名
中国語表現(十二)
担当教員
羅 東耀
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語表現(十三)
配当
年次
1-4
担当教員
☆何 穎
テ ー マ 入門中国語
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 入門中国語
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
到 達目標
単位数 2単位
期間
到 達目標
中国語の発音記号の習得、朗読と会話の練習および
文法の理解
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1課のペースで進める。
この授業は「中国語基礎」
と同じ入門クラスで、中国語で読
む、書くおよび話すなどの総合コミュニケーションの能力
の養成を到達目標とする。そのために、まず発音記号で
授業概要 あるピンインを学び、その後、中国語の表現の仕組みを
理解し、簡単な日常会話ができるようにすることを目指す。
中国語の発音は難しいので、その習得は約3回の授業を必
要とし、その後の授業は2週間に1課のペースで進める。
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容 17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげま
す」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
1.ガイダンス
2.発音(単母音と複合母音)
3.発音(子音)
4.発音(子音と鼻音)
5.第1課「あなたは留学生ですか」
6.同復習と練習
7.第2課「これは誰の写真ですか」
8.同復習と練習
9.第3課「わたしは一杯のコーラがほしいです」
10.同復習と練習
11.第4課「この辞書は高いですか」
12.同復習と練習
13.第5課「あなたは何時に授業を受けますか」
14.同復習と練習
15.授業まとめ
16.ガイダンスと前期授業の復習
授業内容 17.第6課「わたしは映画のチケットを3枚買いました」
18.同復習と練習
19.第7課「わたしの家は東大寺から近いです」
20.同復習と練習
21.第8課「わたしたちは彼にプレゼントを一つあげま
す」
22.同復習と練習
23.第9課「あなたは奈良公園に行ったことがあります
か」
24.同復習と練習
25.第10課「期末試験の準備はどうですか」
26.同復習と練習
27.第11課「わたしはちょうど写真を見ているところ
です」
28.同復習と練習
29.第12課「先生はわたしたちにレポートを書くように」
30.授業まとめ
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
毎日CDで発音記号、単語および本文を聞き、自分で
事前・事後
練習問題にチャレンジし、また授業の前に予習する
学
習
必要がある。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
前期と後期ともに学習到達度確認を実施する。それ
評価方法
を重視すると同時に、学習の態度および普段の成績
・ 基 準
なども考慮する。
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
履修上の
「中国語基礎」
の同時履修を勧める。
注意事項等
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
『会話と文法を学ぶ初級中国語表現』蘇徳昌監修、羅東耀他著, 白
テ キ スト 帝社, 2016年
テ キ スト 帝社, 2016年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL132
― 72 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL132
聴講の可否
△
科 目 名
中国語応用(一)
担当教員
☆山本 恭子
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語応用(二)
配当
年次
1-4
担当教員
☆
華
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
中国語の基本をしっかり身につける。コミュニケー
ション能力を養う。
テ ー マ 中国語でしゃべってみよう
到 達目標
基本的な文法を理解し、それを用いて簡単な会話や
作文ができるようになる。
到 達目標 簡単な会話で中国で一人で旅行ができるようになる
授業概要
中国の子供の生活を題材にした教材を用います。中国文化を詳しく
紹介するコラムと、中国のイラストレーターによるかわいいイラス
トが特徴です。1年生で身につけた中国語の基本を復習しながら、
実際に使える例文を自分の手で写します。そして、くり返し耳元で
何度も自然な発音を聞きます。自分でもくり返し大きな声で発音し
てみます。そうすればいつの間にか、その文はあなたの中に住み着
いて、少しずつ育っていきます。自分の中の小さな芽を大切に育て
るつもりで、練習を積み重ねましょう。それぞれのペースで、今日
はこの3文、次回はがんばって5文と着実に身につけましょう。
発音と会話を中心にする授業です。基礎で習った単
語や文法文型を復習しながら、授業を進みます。喋
授業概要 る楽しさと喋れた達成感を味わってほしいです。授
業の合間に中国の文化や習慣を紹介して、中国にも
興味を持ってほしいです。
評価方法 定期試験
(50%)
、平常点
(練習への参加・提出物・暗唱・
・ 基 準 小テスト等)
(50%)
履修上の
注意事項等
語学はトレーニングすれば誰もが身につけることにできるもので
す。授業はトレーニングを積み重ねる絶好のチャンスですから、そ
れを逃す手はありません。出席は大変重要です。チャンスを生かし
て、毎回一歩ずつ、積み重ねていきましょう。欠席する場合はなる
べく事前に、無理なら後から、理由を報告してください。進度はク
ラスによって調節する可能性があります。
『中国語入門 きらきらの童年 CD付』相原茂・殷文怡, 朝日出版
事前・事後
その都度、学習範囲を指定する。
学
習
評価方法 毎回の小テストと積極的な受講態度を総合的に評価
・ 基 準 する
履修上の
注意事項等
テ キ スト 社, 2013年
テ キ スト 『中国のひとり旅』陳淑梅 張国路, 駿河台, 2012年4 月1日
参 考 書 『なし』
参 考 書
科目ナンバリング AL133
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL133
聴講の可否
△
― 73 ―
語
事前・事後
学
習
言葉はまず何よりも音です。テキストのCDは毎日聴きましょう。中国語を聴かないと落ち着かな
いと感じるほどに、生活習慣にしてしまいましょう。いますぐ音声を持ち運びできるよう移動させ
ましょう。予習として、テキストの本文は漢字とピンインをノートに写し、語句を参考に日本語訳
を書いておきましょう。予習をして授業に臨み、充実した時間を過ごしましょう。復習はテキスト
の本文の筆写と朗読です。まずテキストの本文を漢字とピンインで写します。授業のノートでそ
の文のしくみを理解します。次に、1文ずつ、テキストのピンインを見て2回朗読、次は漢字を見
て2回、最後はテキストから目を離し、顔をあげて2回。これで1文の暗唱完了です。できなけれ
ばもう一度ピンインの朗読から始めます。一週間に少なくとも5文、できる時は1課の本文をまる
ごと覚えましょう。
「1文ずつ」
というところが重要です。着実に一文を自分のものにするのです。
1.入門の内容を復習する
2.第一課 挨拶
3.第二課 両替 銀行関連
4.第二課 「両替」に役立つ表現
5.第三課 チエックイン ビジネス関連
6.第三課 レバーとリーを増やそう
7.復習
8.第四課 タクシーに乗る 交通関連
9.第四課 レバーとリーを増やそう
10.第五課 注文 食事関連
11.第五課 レパートリーを増やそう
12.第六課 買い物 買い物関連
13.第六課 レバーとリーを増やそう
14.復習
15.映画の鑑賞
授業内容 16.前期の復習
17.第七課 値切り 市場関連
18.第七課 レバーとリーを増やそう
19.第八課 道を尋ねる 位置関連
20.第八課 レバーとリーを増やそう
21.第九課 ファーストフード店 食べ物関連
22.第九課 レバーとリーを増やそう
23.復習
24.第十課 乗車券を買う 乗り物関連
25.第十課 レバーとリーを増やそう
26.第十一課 頼み事 ホテル関連
27.第十一課 レバーとリーを増やそう
28.第十二課 落し物 デパート関連
29.第十二課 レバーとリーを増やそう
30.映画の鑑賞
国
1.ガイダンス 発音の復習 声調変化 声調の組み合
わせ 2.ブリッジ 第1課 こんにちは 発音の復習
3.ブリッジ 第2課 家族は何人ですか 本文暗誦 4.ブリッジ 第3課 誕生日は何月何日ですか 本文暗
誦
5.ブリッジ 第4課 趣味は何ですか 本文暗誦
6.ブリッジ 第5課 DVD映画 本文暗誦
7.第1課 アイスキャンディー 前半 文法 練習
8.第1課 アイスキャンディー 後半 本文暗誦
9.第2課 ラビット印のミルクキャンディー 前半 文
法 練習
10.第2課 ラビット印のミルクキャンディー 後半 本
文暗誦
11.第3課 切手集め 前半 文法 練習
12.第3課 切手集め 後半 本文暗誦
13.第4課 自転車の籐椅子 前半 文法 練習
授業内容 14.第4課 自転車の籐椅子 後半 本文暗誦
15.まとめ 総復習
16.第5課 アニメを見る 前半 文法 練習
17.第5課 アニメを見る 18.第6課 良友理髪店 前半 文法 練習
19.第6課 良友理髪店 20.第7課 石蹴り 前半 文法 練習
21.第7課 石蹴り 後半 本文暗誦
22.第8課 中秋節に月を愛でる 23.第8課 中秋節に月を愛でる 後半 本文暗誦
24.第9課 ママブランドの生姜湯 25.第9課 ママブランドの生姜湯 26.第10課 木の葉のしおり 27.第10課 木の葉のしおり 28.第11課 人魚姫
29.第11課 人魚姫 30.まとめ 総復習 外
テ ー マ
科 目 名
中国語応用(三)
担当教員
羅 東耀
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語応用(四)
配当
年次
1-4
担当教員
☆村上 幸造
テ ー マ 中級中国語
到 達目標
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 中国語の読解力の養成
中級レベルの語彙と文法をマスターすることを目標
とする。
到 達目標 中国語の簡単な文章が理解できること。
既習の語彙と文法を復習しながら、2週間1課のペー
スで、文の解読と朗読および会話の練習を中心に授
授業概要 業を進める。
「中検」
の実施期間に合わせて、前期で
は
「中検準4級」
を、後期では
「中検4級」
の模擬試験を
それぞれ2回実施する。
毎回、発音練習を行い、未習の語法
(=文法)
を順次
学んでいく。短文の翻訳や作文により授業を進める。
授業概要
中国語のより複雑な表現を身に着け、また中国に対
する理解をより深めていけるように。
1.ガイダンス
2.第1課 自己紹介
3.同 復習と練習
4.第2課 わたしの家族
5.同 復習と練習
6.第3課 インターネット
7.同 復習と練習
8.第4課 デートする
9.同 復習と練習
10.第5課 温泉旅行
11.同 復習と練習
12.「中検準4級」模擬試験1
13.「中検準4級」模擬試験2
14.第6課 わたしの趣味
15.授業まとめ
授業内容 16.ガイダンスと前期授業の復習
17.第7課 友だちになる
18.同 復習と練習
19.第8課 会食する
20.同 復習と練習
21.第9課 目覚まし時計
22.同 復習と練習
23.「中検4級」模擬試験1
24.「中検4級」模擬試験2
25.第10課 アルバイト
26.同 復習と練習
27.第11課 冬休み
28.同 復習と練習
29.第12課 留学
30.授業まとめ
1.初級語法の復習
2.春休み(1)文末の「了」、様態補語
3.春休み(2)副詞「剛」、「就是~」
4.新学期(1)数量補語、「比」の比較文
5.新学期(2)結果保護、連動文
6.誕生日(1)「把」構文、「除了~以外,~」
7.誕生日(2)「又~又~」、副詞「才」
8.前期前半のまとめ。復習と補足。
9.デジカメ(1)「雖然~但是~」、動詞+「着」
10.デジカメ(2)存現文、進行表現
11.アルバイト(1)兼語文、反語
12.アルバイト(2)離合詞、「如果~」
13.留学(1)「以為」、可能補語
14.留学(2)「会~的」
15.前期の授業のまとめ。復習と補足。
授業内容 16.前期の復習
17.宿泊(1)「的」+名詞、「請~一下」
18.宿泊(2)「有」の連動文と兼語文、「听説~」
19.道を尋ねる(1)「从~到~」、「先~然后~」
20.道を尋ねる(2)前置詞「往~」、「対~」
21.警察(1)「被~」、方向補語
22.警察(2)「是~的」構文、「連~都~」
23.後期の前半のまとめ。復習と補足。
24.招待(1)「譲~」、疑問詞の連用
25.招待(2)「為~」、「~什?的」
26.将来の夢(1)「越来越~」、「比如説~」
27.将来の夢(2)間接話法
28.送別(1)「祝~」、「因為~所以~」
29.送別(2)「~地」、副詞「却」
30.総まとめ。復習と確認。
毎日CDで単語と本文などを聞き、自分で宿題にチャ
事前・事後
レンジし、また授業の前に予習する必要もある。全
学
習
員
「中検」
を受けるように望む。
附属のCDを聞いて耳を中国語にならしておくこと。
事前・事後 また復習と整理のために単語帳を作ること。簡体字、
学
習 PINYIN、意味、それと用例を1文でよいから書き出
すこと。
前期と後期ともに学習到達度確認
(筆記)
を実施する。
評価方法
それを重視すると同時に
「中検」
の成績や学習の態度
・ 基 準
も考慮する。
学習到達度の確認
(筆記等による、第8、15、23、30
評価方法
回の計4回)
授業中の発表や提出物を総合して評価す
・ 基 準
る。
履 修 上 の 中国語を1年以上勉強したことのある学生のための科
注意事項等 目
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『2冊目の中国語(購読クラス)』劉頴他著, 白水社, 2015年
テ キ スト 駿河台出版社, 2015
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL133
― 74 ―
聴講の可否
『中国語 中級の一歩手前』布川雅英監修、青野英美・浜田ゆみ著,
△
科目ナンバリング AL133
聴講の可否
△
科 目 名
中国語応用(五)
担当教員
☆劉 慶
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
中国語応用(六)
配当
年次
1-4
担当教員
☆郭 斐映
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
到 達目標
基本文法を理解し、応用する。正確な発音を身につ
ける。
到 達目標
基礎的な文法を応用し、簡単な会話・作文・講読が出
来るようにする。
授業概要
まず本文の会話文を読み、その中にある文法ポイン
トを理解し、応用ドリルを練習する。
まず基本文型を理解し、単語の発音を練習します。次
に本文にある基本的な表現をくり返し練習します。ビ
デオや録音機材を利用して、中国語を何度も聞いてか
授業概要 ら自分の発音が正しいかどうか確認します。そしてク
ラスの二、三人の友達とグループで会話練習をします。
最後に教科書のドリルの練習へ進みます。中国の風俗
習慣にも触れ、中国に関する映像も見ます。
語
テ ー マ 初級から中級へレベルアップすること。
1.授業のガイダンス。第1課 あなたも留学生で
すか
2.第1課の小テスト。第2課 アルバイトをする
3.第2課の小テスト。第3課 レストランで
4.第3課の小テスト。第4課 カラオケに行く(1)
5.第4課 カラオケに行く(2)
6.第4課の小テスト。第5課 あなたは歌がうま
い(1)
7.第5課 あなたは歌がうまい(2)
8.第5課の小テスト。第6課 家族写真(1)
9.第6課 家族写真(2)
10.第6課の小テスト。第7課 シャツを買う(1)
11.第7課 シャツを買う(2)
12.第7課の小テスト。第8課 誕生パーティー (1)
13.第8課 誕生パーティー (2)
14.第8課の小テスト。第1課~第8課の復習。
授業内容
15.前期まとめ。
16.前期の内容を復習する。
17.第9課 DVDを見る(1)
18.第9課 DVDを見る(2)
19.第9課の小テスト。第10課 夏休み(1)
20.第10課 夏休み(2)
21.第10課の小テスト。第11課 学園祭(1)
22.第11課 学園祭(2)
23.第11課の小テスト。第12課 スキーをする(1)
24.第12課 スキーをする(2)
25.第12課の小テスト。第13課 診察を受ける(1)
26.第13課 診察を受ける(2)
27.第13課の小テスト。第14課 帰国前(1)
28.第14課 帰国前(2)
29.第14課の小テスト。第9課~第14課の復習
30.後期まとめ。
1.オリエンテーション
2.復習課
3.第1課 虹橋空港にて
4.第2課 地下鉄に乗って
5.第3課 上海の交通は便利です
6.第4課 二週間、上海にいます
7.第5課 豫園でショッピングする
8.第6課 道を尋ねる
9.第7課 オールド・ジャズバンド
10.第8課 ジャズバーで飲みながら
11.第9課 上海人の友達の家で
12.第10課 朝食後は何をする
13.第11課 市場にて
14.総まとめと復習
15.総まとめと復習
授業内容 16.第12課 上海人も好きです
17.第13課 日本料理を食べてみたい
18.第14課 お寺に興味はありますか?
19.第15課 日本料理を食べて
20.第16課 散歩から帰って
21.第17課 列車のチケット
22.第18課 周庄は遠いですか?
23.第19課 帰国前のひととき
24.第20課 留学したいですか?
25.第21課 何時に出発しますか?
26.第22課 また来てください
27.映画鑑賞(1)
28.映画鑑賞(2)
29.総まとめと復習
30.総まとめと復習
事前・事後 各課の小テストに間違いがあれば、授業後訂正をし
学
習 てください。
事前・事後 予習と復習を欠かさずにすること。辞書を必ず用意
学
習 する事。
授業に取り込む姿勢
(積極性・会話練習・小テスト)
は
評価方法
40%、授業中
(15回目・30回目)
に実施される学習到達
・ 基 準
度確認は60%の基準で評価します。
評価方法 平常点
(50%)
、授業参加・学習態度を総合的に判断す
・ 基 準 る。小テスト
(50%)
、数回小テストを行う。
履 修 上 の クラスの状況により、授業内容を調整することもあ
注意事項等 ります。
履 修 上 の 学生の熱心な学習態度を要求する。辞書を必ず持参
注意事項等 する事。
テ キ スト
『しゃべっていいとも中国語2ステップアップ編』陳淑梅・劉光赤,
朝日出版社, 2013年
科目ナンバリング AL133
テ キ スト 『LOVE ! 上海2』楊 凱栄・張麗群, 朝日出版社, 2016
参 考 書
参 考 書
聴講の可否
△
国
中国語を応用して、中国人とのコミュニケーション
力を高める。
外
テ ー マ
科目ナンバリング AL133
聴講の可否
△
― 75 ―
科 目 名
韓国語基礎(一)
担当教員
☆許 聖一
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
韓国語基礎(二)
配当
年次
1-4
担当教員
☆平井 清実
テ ー マ 韓国語の基礎学習
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 文法を中心に韓国語の基礎を総合的に学習します。
韓国語の文字や発音、文の構造をしっかり理解し、読み書きの基礎
づくりをし、また基礎的な単語や構文等を使い、簡単な日常的表現
を韓国語できちんと
「読む、書く、聞く、話す」
ができるようにします。
全体として、ハングル検定の5級くらいの力を養うことを目標として
います。
韓国語の文字を見て、発音でき、基礎文法の学習を
到 達目標 通じて、初級で身に付けなければならない文法事項
を学習する。
到 達目標
単語の発音 発音変化 名詞文、用言文へと進みま
す。韓国語は大きく分けてハンミダ体とヘヨ体の二
授業概要
つの文体があります。この二つの文体を用いて、学
習していきます。
授業は講義形式となりますが、一方的な講義とはな
らず、随時学生に質問したり、読み書きや板書させ
たりする授業となります。また、韓国の社会・文化等、
授業概要 韓国事情についても随時、紹介していきます。 可
能であれば、画像や映像も時々使用したいと思いま
す。
「韓国語表現」
と平行して学習すると効果がある
でしょう。
1.準備学習 文字と発音 韓国語の概略から
2.母音
3.子音
4.有声音
5.二重母音
6.パッチン
7.名詞文 文章文
8.指示詞 疑問詞
9.疑問詞 接続詞
10.存在詞
11.数詞 漢数詞
12.用言文 13.動詞のヘヨ体 Ⅰ
14.動詞のヘヨ体 Ⅱ
15.数詞 固有数詞
授業内容 16.数詞 練習
17.過去形 Ⅰ 18.過去形 Ⅱ
19.形容詞のヘヨ体 Ⅰ
20.形容詞のヘヨ体 Ⅱ
21.不規則活用 Ⅰ
22.不規則活用 Ⅱ
23.形容詞の過去形
24.手段を表す助詞など 25.依頼表現
26.意志・予定表現
27.希望・願望を表す表現
28.丁寧に表現する語尾
29.確認・同意・感嘆などの表現
30.用言のハンミダ体
授業内容
1.オリエンテーション、およびイントロダクション
「韓国
語とは」
2.第1課 文字と発音(1) 単母音など
3.第1課 文字と発音(1) 半母音、終声(その1)
4.第2課 文字と発音(2) 平音、有声音化
5.第2課 文字と発音(2) 二重母音、連音化
6.第3課 文字と発音(3) 激音、濃音
7.第3課 文字と発音(3) 終声(その2)、濃音化、かなのハン
グル表記
8.第4課 主題「~は」、 「~です」「~ですか」
、ハムニダ
体
9.第4課 自己紹介「~と言います」「~と申します。」、鼻
音化
10.第5課 主格「~が」、 「~です」「~ですか」、ヘヨ体
11.第5課 「~ではありません」、激音化
12.第6課 漢数詞、「~に」(時間・場所)
13.第6課 存在の有無、「あります/います」「ありません/
いません」、二文字のパッチム
14.前期の復習など
15.前期の授業まとめ
16.前期の復習、第7課 ヘヨ体の作り方(1)
17.第7課 目的格「~を」
18.第7課 添加「~も」、7課会話本文
19.第8課 ヘヨ体の作り方(2)、「~で」(場所)
20.第8課 「~に」(人・動物)、指示詞(こそあど)、8課会話本
文
21.第9課 ヘヨ体の作り方(3)、「~で」(手段・方法)
22.第9課 「~から~まで」(場所・空間の移動)、固有数詞
23.第9課 会話本文、第10課 ヘヨ体の作り方(4)、
「~しに」
(目的)
24.第10課 「~から~まで」(時間の経過)、10課会話本文
25.第11課 過去形の作り方
26.第11課 ウ変則用言の活用、前置否定形「~しません」
27.第11課 会話本文、第12課 尊敬形「~されます」
28.第12課 意志「~するつもりです」、願望「~したいです」
29.第12課 会話本文、後期授業の復習など
30.後期の授業まとめ
授業時間内だけでは、定着できません。予習として、
各章の説明を読み、ハングルを発音する事。練習問
事前・事後
題を解いておき、疑問点はまとめておく、復習として、
学
習
課の終了時に実施する小テストについて後日配布す
る解答をもとに答え合わせを行う事。
事前・事後
学
習
授業は必ずノートを準備すること。宿題、課題は期限を守り、必ず
やってくること。テキストにある韓国語のみならず、街中にあるハ
ングル表記や韓国ドラマなどにも関心を持ちましょう。また頭で覚
えるのではなく、絶えず、繰り返し読んで書いて覚える習慣を身に
付けましょう。初めて学ぶ言語となる場合が多いので、より復習に
重点をおいて学習しましょう。
本文の文章が読める事。文法説明が理解できる事。
評価方法 聞き取りによって、文字が暗記できる事。以上の三
・ 基 準 点によって、各単元毎にその達成度を見ていきます。
期末試験50 小テスト50
各学期:小テスト20%、課 題および学習態度など
評価方法 30%、筆記による学力確認50% 通年の授業ではあ
・ 基 準 りますが、最終成績は前期、後期の成績を合算して
出されます。
前期、後期とも一つの課が終わるごとに課題の提出およびその課題
の内容をもとにした10分程度の小テストを行います。できるだけ欠
席しないようにしてください。また、前期の学習で文字と発音につ
いてしっかり覚えないと、後期の活用や文型・表現学習にはついて
いけなくなります。通年の授業ではありますが、前期の
「筆記による
学力確認」
でしっかり合格点をとれるようにしましょう。
履修上の
初級者対象です。
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『これで話せる韓国語 STEP1』入佐信宏, 白帝社, 2015
テ キ スト 社, 2012年
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL141
― 76 ―
聴講の可否
『改訂版・韓国語の世界へ 入門編』李潤玉・酒匂康裕他, 朝日出版
△
科目ナンバリング AL141
聴講の可否
△
科 目 名
韓国語基礎(三)
担当教員
☆許 聖一
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
韓国語表現(一)
配当
年次
1-4
担当教員
☆許 聖一
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
文字と発音から入る。基本文法の学習を通じて、基
礎で身に付けなければならない文法事項を学習する。
授業概要
言葉だけではなく、教科書にあるトピックに関連し
て韓国の歴史や文化的背景なども紹介する。
授業概要 基本文法の復習から入ります。
1.ハングルの仕組みおよび文章構造
2.第1課 母音
3.第2課 子音
4.第3課 子音②
5.第4課 子音③
6.第5課 子音④
7.第6課 子音⑤
8.第7課 母音②
9.第8課 終声
10.第9課 発音変化①
11.第9課 発音変化②
12.発音のまとめ
13.第11課 名詞文 肯定文
14.第12課 名詞文 否定文
15.第13課 用言文 ハンミダ体 肯定文 疑問
文
授業内容
16.数詞
17.第14課 用言文 否定文
18.第15課 ヘヨ体 名詞文
19.助詞のまとめ
20.第16課 用言文 ヘヨ体 肯定文 疑問文
21.第17課 尊敬語 22.第18課 尊敬表現
23.第19課 用言文の過去形
24.第20課 未来形 意志形
25.第21課 願望・勧誘形
26.第22課 進行形
27.第23課 並行・先行表現
28.第24課 変則活用①
29. 変則活用②
30. 連体形
1.基本文法用語 初級助詞のまとめ 中級助詞
のまとめ
2.第一課 助詞のまとめ
3. 本文解釈
4.第二課 根拠 理由の表現
5. 本文解釈
6.第三課 ティグ変則活用 原因 理由の表現
7. 本文解釈
8.文型復習 母音脱落・縮約
9.第四課 復習
10.第五課 ピウプ不規則活用 11. 本文解釈 12.第六課 動詞・形容詞の連体形 13. 本文解釈
14.第七課 意図・意志の表現
授業内容 15. 本文解釈
16.第八課 復習
17. 不規則活用の整理
18.第九課 可能形・不可能形の表現
19. 本文解釈
20.第十課 仮定・条件り表現
21. 本文解釈
22.第十一課 推量表現 23. 本文解釈
24.第十二課 復習
25.第十三課 進行・持続を表す表現 26. 本文解釈
27.第十四課 仮定・譲歩の表現
28. 本文解釈
29.第十五課 義務の表現
30. 本文解釈
授業時間内だけでは内容を理解・定着できません。授
業の復習および予習も必要です。特に、発音の段階
事前・事後
で詰まると苦しい授業になります。楽しく授業を受
学
習
けるためにも、授業の前日までに次回の学習内容を
読み、発音する学習をして下さい。
事前・事後 本文の文章を読む事。授業前日までに次回の学習内
学
習 容を読み、本文の単語を憶えて下さい。
本文の文章が読める事。文法事項が理解できている
評価方法 事。単語など暗記ができている事。聞き取りができ
・ 基 準 る事。以上、各単元毎に達成度を見る。期末試験50
小テスト50で評価します。
本文の文章をしっかり読める事。本文の文法説明が
評価方法 できる事。聞き取り練習によって、文字の暗記がで
・ 基 準 きているかを確認する。期末試験50 小テスト50と
する。
履修上の
注意事項等
履修上の
基礎を履修し終えている事。
注意事項等
テ キ スト 『韓国語の初歩 改訂版』厳基珠 , 白水社, 2013
テ キ スト 『韓国語 中級I講義ノート』李昌圭, 白帝社, 2014
参 考 書
参 考 書
語
到 達目標 韓国語の文字を見て、
発音でき、
基礎文法を理解する。
初級から中級への架け橋です。初級の文法事項を確
認しながら、進めます。自信のない場合は発音の要
到 達目標
領から丁寧に教えます。途中で放棄するのは、勿体
ないと思う学生は再度挑戦して下さい。 国
テ ー マ 初級を終えた中級学習者の韓国語学習
外
テ ー マ 韓国語の基礎
科目ナンバリング AL141
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL142
聴講の可否
△
― 77 ―
科 目 名
韓国語表現(二)
担当教員
☆方 俊植
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
韓国語表現(三)
配当
年次
1-4
担当教員
☆方 俊植
はじめて韓国語を学ぶ学生を対象とし、韓国語での
コミュニケーションに必要な基礎的能力を養う。
テ ー マ
テ ー マ
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
はじめて韓国語を学ぶ学生を対象とし、韓国語での
コミュニケーションに必要な基礎的能力を養う。
入門レベルの韓国語の知識を身につけ、読み書きできる
ようになることと、あいさつなどの決まり文句を使いこ
到 達目標
なし、最終的には自己紹介や日常生活においての基本的
な事柄についての簡単な質疑応答ができるようにする。
入門レベルの韓国語の知識を身につけ、読み書きできる
ようになることと、あいさつなどの決まり文句を使いこ
到 達目標
なし、最終的には自己紹介や日常生活においての基本的
な事柄についての簡単な質疑応答ができるようにする。
会話中心の授業になるが、基本的には教科書の構成
授業概要 に沿って進めていく。韓国語の最も基礎的な4技能
(読
む、書く、話す、聴く)
の能力を培う。
会話中心の授業になるが、基本的には教科書の構成
授業概要 に沿って進めていく。韓国語の最も基礎的な4技能
(読
む、書く、話す、聴く)
の能力を培う。
1.オリエンテーション、文字と発音の予備知識
2.第1 ~ 2課 基本母音字
3.第3 ~ 5課 基本子音字
4.第6 ~ 7課 合成子音と合成母音
5.第7 ~ 8課 合成母音と終声(パッチム)
6.第8 ~ 9課 パッチムと発音のルール
7.第10課(1)「名詞+は」、「名詞+と言います」
8.第10課(2)「名詞+です/ですか」、「名詞+も」
9.第11課(1) 指示代名詞
10.第11課(2) 名詞文の否定(~ではありません)
11.第12課(1) 場所を示す代名詞
12.第12課(2) 名詞+存在詞
13.第13課(1) 名詞+存在詞
14.第13課(2) 場所+で、~を(目的格)
15.前期のまとめ
授業内容 16.第14課(1) ~~より(も)、疑問の表現
17.第14課(2) 否定文の作り方
18.第15課(1) 曜日の練習
19.第15課(2) 名詞+で、動詞+に
20.第16課(1) 尊敬語(られる/れる)
21.第16課(2) 脱落
22.第17課 丁寧形(
体)
23.第18課 数字の数え方1(漢字語数詞)
24.第19課 数字の数え方2(固有語数詞)
25.第20課 時間の読み方
26.第21課 用言の過去形
27.第22課 丁寧な指示・誘いの表現など
28.第23課 誘いの意向を尋ねる表現など
29.第24課 ~~したい、~ ( )
などの表現 30.まとめ
1.オリエンテーション、文字と発音の予備知識
2.第1 ~ 2課 基本母音字
3.第3 ~ 5課 基本子音字
4.第6 ~ 7課 合成子音と合成母音
5.第7 ~ 8課 合成母音と終声(パッチム)
6.第8 ~ 9課 パッチムと発音のルール
7.第10課(1)「名詞+は」、「名詞+と言います」
8.第10課(2)「名詞+です/ですか」、「名詞+も」
9.第11課(1) 指示代名詞
10.第11課(2) 名詞文の否定(~ではありません)、
名詞+の
11.第12課(1) 場所を示す指示代名詞
12.第12課(2) 名詞+存在詞
13.第13課(1) 用言+です・ます。
14.第13課(2) 場所+で、~を(目的格)
授業内容 15.前期のまとめ
16.第14課(1) ~~より(も)、疑問の表現
17.第14課(2) 否定文の作り方
18.第15課(1) 曜日の練習
19.第15課(2) 名詞+で、動詞+に
20.第16課(1) 尊敬語(られる/れる)
21.第16課(2) 脱落
22.第17課 丁寧形(
体)
23.第18課 数字の数え方1(漢字語数詞)
24.第19課 数字の数え方2(固有語数詞)
25.第20課 時間の読み方
26.第21課 用言の過去形
27.第22課 丁寧な指示・誘いの表現など
28.第23課 誘いの意向を尋ねる表現など
29.第24課 ~~したい、~ ( )
などの表現
30.まとめ
講義スケジュールに合わせて、CDを聞いたりして
事前・事後
予習と復習をしてきてください。特に、復習に力を
学
習
入れましょう。
講義スケジュールに合わせて、CDを聞いたりして
事前・事後
予習と復習をしてきてください。とくに、復習に力
学
習
を入れましょう。
授業への取り組み30点
(簡単な小テスト実施)
、学習
評価方法 到達確認50点
(前期25点、後期25点)
、授業中の発表
・ 基 準 とミニレポート20点、最終成績は前期と後期の成績
を合算する。
授業への取り組み30点
(簡単な小テスト実施)
、学習
評価方法 到達確認50点
(前期25点、後期25点)
、授業中の発表
・ 基 準 とミニレポート20点、最終成績は前期と後期の成績
を合算する。
外国語は、粘り強く継続に学習することが大事です。
履 修 上 の できるだけ欠席しないようにしましょう。そして、
注意事項等 朝鮮半島の社会、文化、政治、歴史などについても
興味を持つこと。
外国語は、粘り強く継続に学習することが大事です。
履 修 上 の できるだけ欠席しないようにしましょう。朝鮮半島
注意事項等 の社会、文化、政治、歴史などについても興味を持
つこと。
『やさしく仕組みがわかる韓国語初級講義ノート』李昌圭, 白帝社,
『やさしく仕組みがわかる韓国語初級講義ノート』李昌圭, 白帝社,
テ キ スト 2014
テ キ スト 2014
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AL142
― 78 ―
聴講の可否
△
科目ナンバリング AL142
聴講の可否
△
科 目 名
韓国語応用(一)
担当教員
☆平井 清実
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
1-4
到 達目標
1.韓国語の文法力・表現力を向上させ、初級~中級程度の韓国語の
文章を読解できるようにする。各学期においては、前期はハムニダ
体、後期はハンダ体で書かれた文をきちんと読み書き、そして解釈
できるようにする。 2.韓国事情
(社会・文化)
について学び、隣国
に対する理解を深める。
国
初級~中級の韓国語で書かれた文章を読解し、韓国
事情について学ぶ。
外
テ ー マ
語
授業は概ね講義、解説、練習問題、読解発表等となる。
読解においては、あらかじめ一人一人に割り当てた
部分を準備し、発表する。ちょうど英語のリーダー
授業概要 のような形となる。読解文は大体韓国の社会や文化
をテーマとして書かれているが、内容を補うため随
時写真や映像メディアなども積極的に取り入れて解
説していきたい。
1.オリエンテーション
2.第1課(1) ハムニダ体
3.第1課(2) ハムニダ体 並列・完了の接続語尾
4.第1課(3) 逆接の接続語尾
5.第2課(1) 名詞の引用、理由の表現
6.第2課(2) 韓国の住宅(1) 読解(1)
7.第2課(3) 韓国の住宅(1) 読解(2)
8.第3課(1) 未来連体形、可能・不可能の表現
9.第3課(2) 韓国の住宅(2) 読解(1)
10.第3課(3) 韓国の住宅(2) 読解(1)
11.第4課(1) 後置否定形、仮定法、副詞化語尾 12.第4課(2) 韓国の礼儀作法(1) 読解(1)
13.第4課(3) 韓国の礼儀作法(1) 読解(2)
14.第5課(1) 連用形、義務の表現、推量形
15.前期のまとめ
授業内容 16.前期の復習 ハムニダ体、連用形、義務の表現、
推量形
17.第5課(2) 韓国の礼儀作法(2) 読解(1)
18.第5課(3) 韓国の礼儀作法(2) 読解(2)
19.第6課(1) 現在連体形、様態、変化の表現
20.第6課(2) 韓国の高校生 読解(1)
21.第6課(3) 韓国の高校生 読解(2)
22.第7課(1) ハンダ体の現在形、過去形、未来形
23.第7課(2) 兵役の義務 読解(1)
24.第7課(3) 兵役の義務 読解(2)
25.第8課(1) 引用文、過去連体形(1)
26.第8課(2) 引用文、過去連体形(2)
27.第8課(3) 読物(1)
28.第8課(4) 読物(2)
29.後期の復習
30.後期のまとめ
できるだけ辞書を持って学習することが望ましい。またノー
トをを必ず準備し、板書事項を中心にしっかり、解説内容を
事前・事後
書きとめておくことが大切である。課題提出時に必要となる。
学
習
また、普段よりネットやメディアを利用し韓国語や韓国事情
と接する機会を多く持つようにすることも重要である。
各学期小テスト20%、課題および発表、態度等30%、
評価方法
筆記による学力確認50%とする。通年ではあるが、
・ 基 準
最終成績は前期・後期を合算して出される。
この授業は基礎的な学習を一通り終えた学生の次の
履 修 上 の 段階の学習を前提として構成されている。よって、
注意事項等 本大学の韓国語基礎、韓国語表現を履修した学生が
次の段階として受講することが望ましい。
テ キ スト 『授業時に教材(プリント)を配布する。』
参 考 書
科目ナンバリング AL143
聴講の可否
△
― 79 ―
健康・スポーツ科目
科 目 名
スポーツ実技ⅠSA1
担当教員
田原 武彦
テ ー マ
単位数 1単位
期間
前期
科 目 名
スポーツ実技ⅠSA2
配当
年次
1-4
担当教員
田原 武彦
自己の健康を意識し、基礎的な運動方法やスポーツ
を正しく実践することを「ねらい」とする
テ ー マ
単位数 1単位
期間
後期
配当
年次
1-4
自己の健康を意識し、基礎的な運動方法やスポーツ
を正しく実践することを「ねらい」とする
心身の健康を高めるため、運動やスポーツを正しく
到 達目標 実践できるようになる。同時にスポーツの意義・価値
を理解し、習慣化につなげる
健康・体力づくりのために運動方法、スポーツ活動を
体得し、同時にスポーツ実践を通じてスポーツの楽
しさや学生相互のコミュニケーションを養う。体育
授業概要
館(バレー・バスケットボール、バドミントンなど)
、
グランド(ソフトボール、サッカー)を使用し実施
する。
健康・体力づくりのために運動方法、スポーツ活動を
体得し、同時にスポーツ実践を通じてスポーツの楽
しさや学生相互のコミュニケーションを養う。体育
授業概要
館(バレー・バスケットボール、バドミントンなど)
、
グランド(ソフトボール、サッカー)を使用し実施
する。
1.自己の健康づくり、スポーツ実施の必要性の
説明(講義)
2.実施種目の特性、歴史、ルールの講義や実践
3.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
4.実践的な練習(基本、ルールを体験)
5.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
6.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
7.実践ゲーム(チームワークを大切に)
8.実践ゲーム(勝負にこだわり)
9.グランド種目の特性、ルールの講義や実践
10.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
11.実践的な練習(基本、ルールを体験)
12.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
13.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
14.実践ゲーム(チームワークを大切に)
授業内容 15.授業まとめ
1.自己の健康づくり、スポーツ実施の必要性の
説明(講義)
2.実施種目の特性、歴史、ルールの講義や実践
3.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
4.実践的な練習(基本、ルールを体験)
5.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
6.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
7.実践ゲーム(チームワークを大切に)
8.実践ゲーム(勝負にこだわり)
9.グランド種目の特性、ルールの講義や実践
10.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
11.実践的な練習(基本、ルールを体験)
12.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
13.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
14.実践ゲーム(チームワークを大切に)
授業内容 15.授業まとめ
事前・事後 ・日常的に規則正しい生活を心がけ、健康に留意する
学
習 こと。 ・実施種目のルールや歴史等を予習すること。
事前・事後 ・日常的に規則正しい生活を心がけ、健康に留意する
学
習 こと。 ・実施種目のルールや歴史等を予習すること。
受講態度や積極性(90%、
取り組み姿勢、
リーダーシッ
評価方法
プなど)
、技能の上達度(10%)などを総合的に評価
・ 基 準
する
受講態度や積極性(90%、
取り組み姿勢、
リーダーシッ
評価方法
プなど)
、技能の上達度(10%)などを総合的に評価
・ 基 準
する
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
― 81 ―
健 康・ス ポ ー ツ
心身の健康を高めるため、運動やスポーツを正しく
到 達目標 実践できるようになる。同時にスポーツの意義・価値
を理解し、習慣化につなげる
科 目 名
スポーツ実技ⅠSA3
担当教員
☆的場 由親子
単位数 1単位
期間
前期
科 目 名
スポーツ実技ⅠSB1
配当
年次
1-4
担当教員
田原 武彦
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
1-4
自己の健康を意識し、基礎的な運動方法やスポーツ
を正しく実践することを「ねらい」とする
テ ー マ 生涯スポーツへの基盤
テ ー マ
スポーツを通して、身体の構造・身体運動の必要性・
到 達目標 人との協調性・自主性等を認識、生涯スポーツへとつ
なげる能力を養う。
心身の健康を高めるため、運動やスポーツを正しく
到 達目標 実践できるようになる。同時にスポーツの意義・価値
を理解し、習慣化につなげる
☆簡易ゲームを行い、各種目のルール・楽しさを知る。
☆集団ゲーム・個人ゲームを通して、チームプレイ・
個人プレイでの協調性や自主性を身に付ける。☆身
授業概要
体運動を通して、健康管理の認識を身に付ける。☆
施設・道具を大切に扱う態度を学ぶ。☆安全に実施す
ることをまなぶ。
健康・体力づくりのために運動方法、スポーツ活動を
体得し、同時にスポーツ実践を通じてスポーツの楽
しさや学生相互のコミュニケーションを養う。体育
授業概要
館(バレー・バスケットボール、バドミントンなど)
、
グランド(ソフトボール、サッカー)を使用し実施
する。
1.ガイダンス
2.集団ゲーム(キックベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
3.集団ゲーム(ティーベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
4.集団ゲーム(キックベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
5.集団ゲーム(ティーベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
6.個人ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
7.集団ゲーム(バスケットボール)~天候・実施
場所により変更有り~
8.個人ゲーム(卓球)~天候・実施場所により変
更有り~
授業内容 9.集団ゲーム(バレーボール)~天候・実施場所
により変更有り~
10.集団ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
11.集団ゲーム(ソフトバレーボール)~天候・実
施場所により変更有り~
12.集団ゲーム(卓球)~天候・実施場所により変
更有り~
13.個人ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
14.集団ゲーム(ソフトバレーボール)~天候・実
施場所により変更有り~
15.授業まとめ
1.自己の健康づくり、スポーツ実施の必要性の
説明(講義)
2.実施種目の特性、歴史、ルールの講義や実践
3.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
4.実践的な練習(基本、ルールを体験)
5.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
6.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
7.実践ゲーム(チームワークを大切に)
8.実践ゲーム(勝負にこだわり)
9.グランド種目の特性、ルールの講義や実践
10.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
11.実践的な練習(基本、ルールを体験)
12.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
13.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
14.実践ゲーム(チームワークを大切に)
授業内容 15.授業まとめ
事前・事後 前回の受講態度(積極性・自主性・協調性)を省み、
学
習 授業に臨むこと。
事前・事後 ・日常的に規則正しい生活を心がけ、健康に留意する
学
習 こと。 ・実施種目のルールや歴史等を予習すること。
評価方法 ☆受講態度(積極性・自主性・協調性)☆各自の身体
・ 基 準 状態の認識度☆各個人での上達度
受講態度や積極性(90%、
取り組み姿勢、
リーダーシッ
評価方法
プなど)
、技能の上達度(10%)などを総合的に評価
・ 基 準
する
☆スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること。
履修上の
☆体育館での実技時には、体育館シューズを用意す
注意事項等
ること。
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AS101
― 82 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
科 目 名
スポーツ実技ⅠSB2
担当教員
田原 武彦
テ ー マ
単位数 1単位
期間
後期
科 目 名
スポーツ実技ⅠSB3
配当
年次
1-4
担当教員
☆的場 由親子
自己の健康を意識し、基礎的な運動方法やスポーツ
を正しく実践することを「ねらい」とする
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
1-4
テ ー マ 生涯スポーツへの基盤
スポーツを通して、身体の構造・身体運動の必要性・
到 達目標 人との協調性・自主性等を認識、生涯スポーツへとつ
なげる能力を養う。
健康・体力づくりのために運動方法、スポーツ活動を
体得し、同時にスポーツ実践を通じてスポーツの楽
しさや学生相互のコミュニケーションを養う。体育
授業概要
館(バレー・バスケットボール、バドミントンなど)
、
グランド(ソフトボール、サッカー)を使用し実施
する。
☆簡易ゲームを行い、各種目のルール・楽しさを知る。
☆集団ゲーム・個人ゲームを通して、チームプレイ・
個人プレイでの協調性や自主性を身に付ける。☆身
授業概要
体運動を通して、健康管理の認識を身に付ける。☆
施設・道具を大切に扱う態度を学ぶ。☆安全に実施す
ることを学ぶ。
1.自己の健康づくり、スポーツ実施の必要性の
説明(講義)
2.実施種目の特性、歴史、ルールの講義や実践
3.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
4.実践的な練習(基本、ルールを体験)
5.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
6.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
7.実践ゲーム(チームワークを大切に)
8.実践ゲーム(勝負にこだわり)
9.グランド種目の特性、ルールの講義や実践
10.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
11.実践的な練習(基本、ルールを体験)
12.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
13.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
14.実践ゲーム(チームワークを大切に)
授業内容 15.授業まとめ
1.ガイダンス
2.集団ゲーム(キックベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
3.集団ゲーム(ティーベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
4.集団ゲーム(キックベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
5.集団ゲーム(ティーベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
6.個人ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
7.集団ゲーム(バスケットボール)~天候・実施
場所により変更有り~
8.個人ゲーム(卓球)~天候・実施場所により変
更有り~
授業内容 9.集団ゲーム(バレーボール)~天候・実施場所
により変更有り~
10.集団ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
11.集団ゲーム(ソフトバレーボール)~天候・実
施場所により変更有り~
12.集団ゲーム(卓球)~天候・実施場所により変
更有り~
13.個人ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
14.集団ゲーム(ソフトバレーボール)~天候・実
施場所により変更有り~
15.授業まとめ
事前・事後 ・日常的に規則正しい生活を心がけ、健康に留意する
学
習 こと。 ・実施種目のルールや歴史等を予習すること。
事前・事後 前回の受講態度(積極性・自主性・協調性)を省み、
学
習 授業に臨むこと。
受講態度や積極性(90%、
取り組み姿勢、
リーダーシッ
評価方法
プなど)
、技能の上達度(10%)などを総合的に評価
・ 基 準
する
評価方法 ☆受講態度(積極性・自主性・協調性)☆各自の身体
・ 基 準 状態の認識度☆各個人での上達度
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
☆スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること。
履修上の
☆体育館での実技時には、体育館シューズを用意す
注意事項等
ること。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
― 83 ―
健 康・ス ポ ー ツ
心身の健康を高めるため、運動やスポーツを正しく
到 達目標 実践できるようになる。同時にスポーツの意義・価値
を理解し、習慣化につなげる
科 目 名
スポーツ実技ⅠSB4
担当教員
☆的場 由親子
単位数 1単位
期間
後期
科 目 名
スポーツ実技ⅠSC1
配当
年次
1-4
担当教員
田原 武彦
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
1-4
自己の健康を意識し、基礎的な運動方法やスポーツ
を正しく実践することを「ねらい」とする
テ ー マ 生涯スポーツへの基盤
テ ー マ
スポーツを通して、身体の構造・身体運動の必要性・
到 達目標 人との協調性・自主性等を認識、生涯スポーツへとつ
なげる能力を養う。
心身の健康を高めるため、運動やスポーツを正しく
到 達目標 実践できるようになる。同時にスポーツの意義・価値
を理解し、習慣化につなげる
☆簡易ゲームを行い、各種目のルール・楽しさを知る。
☆集団ゲーム・個人ゲームを通して、チームプレイ・
個人プレイでの協調性や自主性を身に付ける。☆身
授業概要
体運動を通して、健康管理の認識を身に付ける。☆
施設・道具を大切に扱う態度を学ぶ。☆安全に実施す
ることを学ぶ。
健康・体力づくりのために運動方法、スポーツ活動を
体得し、同時にスポーツ実践を通じてスポーツの楽
しさや学生相互のコミュニケーションを養う。体育
授業概要
館(バレー・バスケットボール、バドミントンなど)
、
グランド(ソフトボール、サッカー)を使用し実施
する。
1.ガイダンス
2.集団ゲーム(キックベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
3.集団ゲーム(ティーベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
4.集団ゲーム(キックベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
5.集団ゲーム(ティーベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
6.個人ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
7.集団ゲーム(バスケットボール)~天候・実施
場所により変更有り~
8.個人ゲーム(卓球)~天候・実施場所により変
更有り~
授業内容 9.集団ゲーム(バレーボール)~天候・実施場所
により変更有り~
10.集団ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
11.集団ゲーム(ソフトバレーボール)~天候・実
施場所により変更有り~
12.集団ゲーム(卓球)~天候・実施場所により変
更有り~
13.個人ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
14.集団ゲーム(ソフトバレーボール)~天候・実
施場所により変更有り~
15.授業まとめ
1.自己の健康づくり、スポーツ実施の必要性の
説明(講義)
2.実施種目の特性、歴史、ルールの講義や実践
3.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
4.実践的な練習(基本、ルールを体験)
5.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
6.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
7.実践ゲーム(チームワークを大切に)
8.実践ゲーム(勝負にこだわり)
9.グランド種目の特性、ルールの講義や実践
10.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
11.実践的な練習(基本、ルールを体験)
12.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
13.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
14.実践ゲーム(チームワークを大切に)
授業内容 15.授業まとめ
事前・事後 前回の受講態度(積極性・自主性・協調性)を省み、
学
習 授業に臨むこと。
事前・事後 ・日常的に規則正しい生活を心がけ、健康に留意する
学
習 こと。 ・実施種目のルールや歴史等を予習すること。
評価方法 ☆受講態度(積極性・自主性・協調性)☆各自の身体
・ 基 準 状態の認識度☆各個人での上達度
受講態度や積極性(90%、
取り組み姿勢、
リーダーシッ
評価方法
プなど)
、技能の上達度(10%)などを総合的に評価
・ 基 準
する
☆スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること。
履修上の
☆体育館での実技時には、体育館シューズを用意す
注意事項等
ること。
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AS101
― 84 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
科 目 名
スポーツ実技ⅠSC2
担当教員
田原 武彦
テ ー マ
単位数 1単位
期間
後期
科 目 名
スポーツ実技ⅠSC3
配当
年次
1-4
担当教員
☆津田 真一郎
自己の健康を意識し、基礎的な運動方法やスポーツ
を正しく実践することを「ねらい」とする
テ ー マ
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
1-4
現代社会における運動の必要性への理解を深め、生
涯スポーツへの展望をひらく
・仲間とからだを動かすことにより得られる言葉を超
到 達目標 えたコミュニケーション感覚を体験学習する ・ス
ポーツマンシップやリーダーシップの習得
健康・体力づくりのために運動方法、スポーツ活動を
体得し、同時にスポーツ実践を通じてスポーツの楽
しさや学生相互のコミュニケーションを養う。体育
授業概要
館(バレー・バスケットボール、バドミントンなど)
、
グランド(ソフトボール、サッカー)を使用し実施
する。
現代人は、ストレス社会の中で生活することを余儀なくされ、
近代化より運動不足病とも呼ばれる生活習慣病を患うケース
が多くなってきている。最近の研究では、適度な運動実施に
授業概要 より身体的な健康の維持・増進を図ることが可能であるだけで
なく、メンタルヘルスの向上にも効果があることが報告され
ている。本科目では、レクリエーショナル・スポーツを行うこ
とにより、生涯スポーツ意義とその方法について学習する。
1.自己の健康づくり、スポーツ実施の必要性の
説明(講義)
2.実施種目の特性、歴史、ルールの講義や実践
3.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
4.実践的な練習(基本、ルールを体験)
5.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
6.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
7.実践ゲーム(チームワークを大切に)
8.実践ゲーム(勝負にこだわり)
9.グランド種目の特性、ルールの講義や実践
10.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
11.実践的な練習(基本、ルールを体験)
12.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
13.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
14.実践ゲーム(チームワークを大切に)
授業内容 15.授業まとめ
1.ガイダンス(運動の生心理学的効果など)及
びアイスブレーキング
2.硬式テニス競技の歴史と特性グランドストロー
ク
3.硬式テニスボレー硬式テニスサービス&スマッ
シュ
4.硬式テニスルール説明および簡易ゲーム
5.硬式テニスダブルスゲーム
6.バドミントン競技の歴史と特性フォア・バック
ハンド
7.バドミントンクリアー
8.バドミントンサービス
9.バドミントンダブルスゲーム
10.ソフトバレーボールゲーム
11.バレーボールゲーム
授業内容 12.キンボールゲーム
13.フットサル基本練習
14.フットサルゲーム
15.まとめ
事前・事後 ・日常的に規則正しい生活を心がけ、健康に留意する
学
習 こと。 ・実施種目のルールや歴史等を予習すること。
事前・事後
生涯スポーツとは何かについて学習しておくこと
学
習
平常点(50%)
、
受講態度(40%、
取り組み姿勢、
積極性、
評価方法
リーダーシップなど)
、技能の上達度(10%)などを
・ 基 準
総合的に評価する
評価方法 積極性、リーダーシップ、技能上達の度合いにより
・ 基 準 評価する。
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
履 修 上 の 実技にふさわしいトレーニングウエア、シューズ等
注意事項等 を着用の上、受講すること
テ キ スト
テ キ スト 『使用しない、必要に応じて資料等を配付する。』
参 考 書
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
― 85 ―
健 康・ス ポ ー ツ
心身の健康を高めるため、運動やスポーツを正しく
到 達目標 実践できるようになる。同時にスポーツの意義・価値
を理解し、習慣化につなげる
科 目 名
スポーツ実技ⅠSD1
担当教員
田原 武彦
テ ー マ
単位数 1単位
期間
前期
科 目 名
スポーツ実技ⅠSD2
配当
年次
1-4
担当教員
☆的場 由親子
自己の健康を意識し、基礎的な運動方法やスポーツ
を正しく実践することを「ねらい」とする
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
1-4
テ ー マ 生涯スポーツへの基盤
心身の健康を高めるため、運動やスポーツを正しく
到 達目標 実践できるようになる。同時にスポーツの意義・価値
を理解し、習慣化につなげる
スポーツを通して、身体の構造・身体運動の必要性・
到 達目標 人との協調性・自主性等を認識、生涯スポーツへとつ
なげる能力を養う。
健康・体力づくりのために運動方法、スポーツ活動を
体得し、同時にスポーツ実践を通じてスポーツの楽
しさや学生相互のコミュニケーションを養う。体育
授業概要
館(バレー・バスケットボール、バドミントンなど)
、
グランド(ソフトボール、サッカー)を使用し実施
する。
☆簡易ゲームを行い、各種目のルール・楽しさを知る。
☆集団ゲーム・個人ゲームを通して、チームプレイ・
個人プレイでの協調性や自主性を身に付ける。☆身
授業概要
体運動を通して、健康管理の認識を身に付ける。☆
施設・道具を大切に扱う態度を学ぶ。☆安全に実施す
ることを学ぶ。
1.自己の健康づくり、スポーツ実施の必要性の
説明(講義)
2.実施種目の特性、歴史、ルールの講義や実践
3.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
4.実践的な練習(基本、ルールを体験)
5.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
6.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
7.実践ゲーム(チームワークを大切に)
8.実践ゲーム(勝負にこだわり)
9.グランド種目の特性、ルールの講義や実践
10.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
11.実践的な練習(基本、ルールを体験)
12.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
13.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
14.実践ゲーム(チームワークを大切に)
授業内容 15.授業まとめ
1.ガイダンス
2.集団ゲーム(キックベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
3.集団ゲーム(ティーベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
4.集団ゲーム(キックベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
5.集団ゲーム(ティーベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
6.個人ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
7.集団ゲーム(バスケットボール)~天候・実施
場所により変更有り~
8.個人ゲーム(卓球)~天候・実施場所により変
更有り~
授業内容 9.集団ゲーム(バレーボール)~天候・実施場所
により変更有り~
10.集団ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
11.集団ゲーム(ソフトバレーボール)~天候・実
施場所により変更有り~
12.集団ゲーム(卓球)~天候・実施場所により変
更有り~
13.個人ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
14.集団ゲーム(ソフトバレーボール)~天候・実
施場所により変更有り~
15.授業まとめ
事前・事後 ・日常的に規則正しい生活を心がけ、健康に留意する
学
習 こと。 ・実施種目のルールや歴史等を予習すること。
事前・事後 前回の受講態度(積極性・自主性・協調性)を省み、
学
習 授業に臨むこと。
受講態度や積極性(90%、
取り組み姿勢、
リーダーシッ
評価方法
プなど)
、技能の上達度(10%)などを総合的に評価
・ 基 準
する
評価方法 ☆受講態度(積極性・自主性・協調性)☆各自の身体
・ 基 準 状態の認識度☆各個人での上達度
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
☆スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること。
履修上の
☆体育館での実技時には、体育館シューズを用意す
注意事項等
ること。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AS101
― 86 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
科 目 名
スポーツ実技ⅠSD3
担当教員
☆的場 由親子
単位数 1単位
期間
後期
科 目 名
スポーツ実技ⅠSE1
配当
年次
1-4
担当教員
☆津田 真一郎
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
1-4
現代社会における運動の必要性への理解を深め、生
涯スポーツへの展望をひらく
テ ー マ
スポーツを通して、身体の構造・身体運動の必要性・
到 達目標 人との協調性・自主性等を認識、生涯スポーツへとつ
なげる能力を養う。
・仲間とからだを動かすことにより得られる言葉を超
到 達目標 えたコミュニケーション感覚を体験学習する ・ス
ポーツマンシップやリーダーシップの習得
☆簡易ゲームを行い、各種目のルール・楽しさを知る。
☆集団ゲーム・個人ゲームを通して、チームプレイ・
個人プレイでの協調性や自主性を身に付ける。☆身
授業概要
体運動を通して、健康管理の認識を身に付ける。☆
施設・道具を大切に扱う態度を学ぶ。☆安全に実施す
ることを学ぶ。
現代人は、ストレス社会の中で生活することを余儀なくされ、
近代化より運動不足病とも呼ばれる生活習慣病を患うケース
が多くなってきている。最近の研究では、適度な運動実施に
授業概要 より身体的な健康の維持・増進を図ることが可能であるだけで
なく、メンタルヘルスの向上にも効果があることが報告され
ている。本科目では、レクリエーショナル・スポーツを行うこ
とにより、生涯スポーツ意義とその方法について学習する。
1.ガイダンス
2.集団ゲーム(キックベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
3.集団ゲーム(ティーベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
4.集団ゲーム(キックベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
5.集団ゲーム(ティーベースボール)~天候・実
施場所により変更有り~
6.個人ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
7.集団ゲーム(バスケットボール)~天候・実施
場所により変更有り~
8.個人ゲーム(卓球)~天候・実施場所により変
更有り~
授業内容 9.集団ゲーム(バレーボール)~天候・実施場所
により変更有り~
10.集団ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
11.集団ゲーム(ソフトバレーボール)~天候・実
施場所により変更有り~
12.集団ゲーム(卓球)~天候・実施場所により変
更有り~
13.個人ゲーム(バトミントン)~天候・実施場所
により変更有り~
14.集団ゲーム(ソフトバレーボール)~天候・実
施場所により変更有り~
15.授業まとめ
1.ガイダンス(運動の生心理学的効果など)及
びアイスブレーキング
2.硬式テニス競技の歴史と特性グランドストロー
ク
3.硬式テニスボレー硬式テニスサービス&スマッ
シュ
4.硬式テニスルール説明および簡易ゲーム
5.硬式テニスダブルスゲーム
6.バドミントン競技の歴史と特性フォア・バック
ハンド
7.バドミントンクリアー
8.バドミントンサービス
9.バドミントンダブルスゲーム
10.ソフトバレーボールゲーム
11.バレーボールゲーム
授業内容 12.キンボールゲーム
13.フットサル基本練習
14.フットサルゲーム
15.まとめ
事前・事後 前回の受講態度(積極性・自主性・協調性)を省み、
学
習 授業に臨むこと。
事前・事後
生涯スポーツとは何かについて学習しておくこと
学
習
評価方法 ☆受講態度(積極性・自主性・協調性)☆各自の身体
・ 基 準 状態の認識度☆各個人での上達度
評価方法 積極性、リーダーシップ、技能上達の度合いにより
・ 基 準 評価する。
☆スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること。
履修上の
☆体育館での実技時には、体育館シューズを用意す
注意事項等
ること。
履 修 上 の 実技にふさわしいトレーニングウエア、シューズ等
注意事項等 を着用の上、受講すること
テ キ スト
テ キ スト 『使用しない、必要に応じて資料等を配付する。』
参 考 書
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
― 87 ―
健 康・ス ポ ー ツ
テ ー マ 生涯スポーツへの基盤
科 目 名
スポーツ実技ⅠSE2
担当教員
田原 武彦
テ ー マ
単位数 1単位
期間
後期
科 目 名
スポーツ実技ⅠSE3
配当
年次
1-4
担当教員
☆津田 真一郎
自己の健康を意識し、基礎的な運動方法やスポーツ
を正しく実践することを「ねらい」とする
テ ー マ
単位数 1単位
期間
後期
配当
年次
1-4
現代社会における運動の必要性への理解を深め、生
涯スポーツへの展望をひらく
心身の健康を高めるため、運動やスポーツを正しく
到 達目標 実践できるようになる。同時にスポーツの意義・価値
を理解し、習慣化につなげる
・仲間とからだを動かすことにより得られる言葉を超
到 達目標 えたコミュニケーション感覚を体験学習する ・ス
ポーツマンシップやリーダーシップの習得
健康・体力づくりのために運動方法、スポーツ活動を
体得し、同時にスポーツ実践を通じてスポーツの楽
しさや学生相互のコミュニケーションを養う。 体
授業概要
育館(バレー・バスケットボール、
バドミントンなど)
、
グランド(ソフトボール、サッカー)を使用し実施
する。
現代人は、ストレス社会の中で生活することを余儀なくされ、
近代化より運動不足病とも呼ばれる生活習慣病を患うケース
が多くなってきている。最近の研究では、適度な運動実施に
授業概要 より身体的な健康の維持・増進を図ることが可能であるだけで
なく、メンタルヘルスの向上にも効果があることが報告され
ている。本科目では、レクリエーショナル・スポーツを行うこ
とにより、生涯スポーツ意義とその方法について学習する。
1.自己の健康づくり、スポーツ実施の必要性の
説明(講義)
2.実施種目の特性、歴史、ルールの講義や実践
3.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
4.実践的な練習(基本、ルールを体験)
5.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
6.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
7.実践ゲーム(チームワークを大切に)
8.実践ゲーム(勝負にこだわり)
9.グランド種目の特性、ルールの講義や実践
10.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
11.実践的な練習(基本、ルールを体験)
12.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
13.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
14.実践ゲーム(チームワークを大切に)
授業内容 15.授業まとめ
1.ガイダンス(運動の生心理学的効果など)及
びアイスブレーキング
2.硬式テニス競技の歴史と特性グランドストロー
ク
3.硬式テニスボレー硬式テニスサービス&スマッ
シュ
4.硬式テニスルール説明および簡易ゲーム
5.硬式テニスダブルスゲーム
6.バドミントン競技の歴史と特性フォア・バック
ハンド
7.バドミントンクリアー
8.バドミントンサービス
9.バドミントンダブルスゲーム
10.ソフトバレーボールゲーム
11.バレーボールゲーム
授業内容 12.キンボールゲーム
13.フットサル基本練習
14.フットサルゲーム
15.まとめ
事前・事後 ・日常的に規則正しい生活を心がけ、健康に留意する
学
習 こと。 ・実施種目のルールや歴史等を予習すること。
事前・事後
生涯スポーツとは何かについて学習しておくこと
学
習
受講態度や積極性(90%、
取り組み姿勢、
リーダーシッ
評価方法
プなど)
、技能の上達度(10%)などを総合的に評価
・ 基 準
する
評価方法 積極性、リーダーシップ、技能上達の度合いにより
・ 基 準 評価する。
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
履 修 上 の 実技にふさわしいトレーニングウエア、シューズ等
注意事項等 を着用の上、受講すること
テ キ スト
テ キ スト 『使用しない、必要に応じて資料等を配付する。』
参 考 書
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング AS101
― 88 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
科 目 名
スポーツ実技ⅠSF1
担当教員
田原 武彦
テ ー マ
単位数 1単位
期間
前期
科 目 名
スポーツ実技ⅠSF2
配当
年次
1-4
担当教員
田原 武彦
自己の健康を意識し、基礎的な運動方法やスポーツ
を正しく実践することを「ねらい」とする
テ ー マ
単位数 1単位
期間
後期
配当
年次
1-4
自己の健康を意識し、基礎的な運動方法やスポーツ
を正しく実践することを「ねらい」とする
心身の健康を高めるため、運動やスポーツを正しく
到 達目標 実践できるようになる。同時にスポーツの意義・価値
を理解し、習慣化につなげる
健康・体力づくりのために運動方法、スポーツ活動を
体得し、同時にスポーツ実践を通じてスポーツの楽
しさや学生相互のコミュニケーションを養う。体育
授業概要
館(バレー・バスケットボール、バドミントンなど)
、
グランド(ソフトボール、サッカー)を使用し実施
する。
健康・体力づくりのために運動方法、スポーツ活動を
体得し、同時にスポーツ実践を通じてスポーツの楽
しさや学生相互のコミュニケーションを養う。体育
授業概要
館(バレー・バスケットボール、バドミントンなど)
、
グランド(ソフトボール、サッカー)を使用し実施
する。
1.自己の健康づくり、スポーツ実施の必要性の
説明(講義)
2.実施種目の特性、歴史、ルールの講義や実践
3.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
4.実践的な練習(基本、ルールを体験)
5.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
6.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
7.実践ゲーム(チームワークを大切に)
8.実践ゲーム(勝負にこだわり)
9.グランド種目の特性、ルールの講義や実践
10.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
11.実践的な練習(基本、ルールを体験)
12.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
13.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
14.実践ゲーム(チームワークを大切に)
授業内容 15.授業まとめ
1.自己の健康づくり、スポーツ実施の必要性の
説明(講義)
2.実施種目の特性、歴史、ルールの講義や実践
3.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
4.実践的な練習(基本、ルールを体験)
5.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
6.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
7.実践ゲーム(チームワークを大切に)
8.実践ゲーム(勝負にこだわり)
9.グランド種目の特性、ルールの講義や実践
10.基礎技術の練習・習得(個人、対人、グループ)
11.実践的な練習(基本、ルールを体験)
12.簡易ゲーム(簡易ルールを用い)
13.実践ゲーム(楽しくできる工夫を)
14.実践ゲーム(チームワークを大切に)
授業内容 15.授業まとめ
事前・事後 ・日常的に規則正しい生活を心がけ、健康に留意する
学
習 こと。 ・実施種目のルールや歴史等を予習すること。
事前・事後 ・日常的に規則正しい生活を心がけ、健康に留意する
学
習 こと。 ・実施種目のルールや歴史等を予習すること。
受講態度や積極性(90%、
取り組み姿勢、
リーダーシッ
評価方法
プなど)
、技能の上達度(10%)などを総合的に評価
・ 基 準
する
受講態度や積極性(90%、
取り組み姿勢、
リーダーシッ
評価方法
プなど)
、技能の上達度(10%)などを総合的に評価
・ 基 準
する
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS101
聴講の可否
×
― 89 ―
健 康・ス ポ ー ツ
心身の健康を高めるため、運動やスポーツを正しく
到 達目標 実践できるようになる。同時にスポーツの意義・価値
を理解し、習慣化につなげる
科 目 名
スポーツ実技ⅠSF3
担当教員
☆津田 真一郎
テ ー マ
単位数 1単位
期間
前期
科 目 名
スポーツ実技ⅡSA1
配当
年次
1-4
担当教員
☆坂手 比呂志
現代社会における運動の必要性への理解を深め、生
涯スポーツへの展望をひらく
・仲間とからだを動かすことにより得られる言葉を超
到 達目標 えたコミュニケーション感覚を体験学習する ・ス
ポーツマンシップやリーダーシップの習得
現代人は、ストレス社会の中で生活することを余儀なくされ、
近代化より運動不足病とも呼ばれる生活習慣病を患うケース
が多くなってきている。最近の研究では、適度な運動実施に
授業概要 より身体的な健康の維持・増進を図ることが可能であるだけで
なく、メンタルヘルスの向上にも効果があることが報告され
ている。本科目では、レクリエーショナル・スポーツを行うこ
とにより、生涯スポーツ意義とその方法について学習する。
1.ガイダンス(運動の生心理学的効果など)及
びアイスブレーキング
2.硬式テニス競技の歴史と特性グランドストロー
ク
3.硬式テニスボレー硬式テニスサービス&スマッ
シュ
4.硬式テニスルール説明および簡易ゲーム
5.硬式テニスダブルスゲーム
6.バドミントン競技の歴史と特性フォア・バック
ハンド
7.バドミントンクリアー
8.バドミントンサービス
9.バドミントンダブルスゲーム
10.ソフトバレーボールゲーム
11.バレーボールゲーム
授業内容 12.キンボールゲーム
13.フットサル基本練習
14.フットサルゲーム
15.まとめ
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
2-4
テ ー マ 文化としてのスポーツの重要性を理解する。
到 達目標
バドミントンの特性を理解し、生涯を通じてバドミ
ントンを楽しみ、継続できる能力と態度を養う。
授業概要
人間形成を図る教育効果が期待されるスポーツには、個人・対人及び集団の
中で「遊び」「競争」「全身運動」の三要素が包括的に含まれている。この
スポーツの本質を経験することによって、自己の発見(他者との差異など)
に気づくことができる。また、その局面では、互いの存在意義や存在価値
を理解し、認め合い、信頼し、助け合う精神が醸成される。これらを共通
意識として、下記内容で実技を実施する。具体的には、次のような内容を
計画している。種目はバドミントンであり、その競技特性を理解するため
の、動きの特徴・試合の進め方とルール及び歴史等については適宜資料を配
布し、講義を適時取り入れてバドミントンの理論と実際について実施する。
1.ガイダンス及びバドミントンの基礎知識①(授
業計画と授業中の安全性への配慮及び歴史・競
技特性について、資料を配布し説明する)
2.バドミントンの基礎知識②(競技施設、用具
と服装、競技の概要について、資料を配布し
説明する)
3.バドミントンの基礎技術①ストローク(フォ
アとバック等)
4.バドミントンの基礎技術②サービスとフライ
トの種類等
5.バドミントンの基礎技術の復習と簡易ゲーム
へ
6.バドミントンのゲームの進め方とルール及び
審判法について(資料を配布し説明する)
7.シングルスのゲーム展開へ①(班分け1回目)
授業内容 8.シングルスのゲーム展開②(班分け2回目)
9.シングルス班別リーグ戦
10.ダブルスのゲーム展開へ①(班別リーグ戦1
回目)
11.ダブルスのゲーム展開②(班別リーグ戦組換
え後2回目)
12.団体戦①(シングルス・ダブルスを含む)
13.団体戦②(シングルス・ダブルス・混合ダブル
スを含む)
14.技能テスト
15.まとめ
事前・事後
生涯スポーツとは何かについて学習しておくこと
学
習
授業中に個人的な技術について、課題を見つけ各自
事前・事後
で問題解決に努力をすること。 そのうえで、分か
学
習
らないことがあれば質問すること。
評価方法 積極性、リーダーシップ、技能上達の度合いにより
・ 基 準 評価する。
評価方法 授業への積極的参加度、授業への取り組み方、技能
・ 基 準 評価、授業中の記録、の総合評価とする。
履 修 上 の 実技にふさわしいトレーニングウエア、シューズ等
注意事項等 を着用の上、受講すること
①スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること(Gパン・
綿パン等の普段着は認めない)。 ②教場に合うスポーツ
履修上の
シューズを用意すること。 ③安全上、怪我につながるもの
注意事項等
は着用しないこと。 注:授業計画は履修者の状況によって
は変更になる場合がある。授業には積極的に参加すること。
テ キ スト 『使用しない、必要に応じて資料等を配付する。』
テ キ スト 『テキストは使用しない。適宜資料を配布する。』
参 考 書 『なし』
参 考 書 『参考書は使用しない。必要に応じて紹介する。』
科目ナンバリング AS101
― 90 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
科 目 名
スポーツ実技ⅡSA2
期間
前期
配当
2-4
年次
文化としてのスポーツの重要性を理解し、生涯を通
テ ー マ じてスポーツを楽しみ継続していく能力と態度を養
う。
担当教員
☆山下 伸一
単位数 1単位
自発的な運動実践の方法を学び、生涯スポーツの重
到 達目標 要性を理解する。 他者との交流を積極的に行い、
協力する態度を身につける。
1.ガイダンス 授業の進行の説明と注意事項の
伝達
2.基本スキル グランドストローク(フォア) 硬式テニスの特徴・用具の使い方、注意事項の
説明と実践
3.基本スキル グランドストローク(フォア・バッ
ク) フットワークとバックストロークの説明
と実践
4.基本スキル ボレー・スマッシュ 試合におけ
るスキルの説明と実践
5.基本スキル サーブ・サーブレシーブ ファー
ストサーブとセカンドサーブの説明と実践
6.乱打形式の実践練習(ストローク中心) ポジ
ショニングとラリーの説明と実践
7.乱打形式の実践練習(サーブから)
試合方法
の説明と実践
授業内容
8.簡易ルールによるゲーム①(ダブルス) 簡易
ルールの説明と実践
9.簡易ルールによるゲーム②(チームごと) グ
ループ分けとルールの説明と実践
10.ダブルスゲーム(各コートに分かれて) ダブ
ルスゲームの方法と実践
11.ダブルスゲーム(能力別に分かれて) スキル
別グループの編成とゲームの実践
12.ダブルスゲーム(チーム対抗戦①)
チーム対
抗方式の説明と実践
13.ダブルスゲーム(チーム対抗戦②)
チーム内
でのミーティングと実践
14.チーム対抗戦(シングルス・ダブルス) シン
グルス・ダブルスの組み分けと実践
15.まとめ・最終評価 各チームの成績発表とチー
ム対抗戦
スポーツ実技ⅡSA3
担当教員
☆坂手 比呂志
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
2-4
テ ー マ 文化としてのスポーツの重要性を理解する。
到 達目標
卓球の特性を理解し、生涯を通じて卓球を楽しみ、
継続できる能力と態度を養う。
授業概要
人間形成を図る教育効果が期待されるスポーツには、個人・対人及び集団
の中で「遊び」「競争」「全身運動」の三要素が包括的に含まれている。こ
のスポーツの本質を経験し、自己の発見(他者との差異など)に気づくこ
とができる。また、その局面では、互いの存在意義や存在価値を理解する
ことによって、認め合い、信頼し、助け合う精神が醸成される。これらを
共通意識として、下記内容でスポーツ実技を実施する。具体的には、次の
ような内容を計画している。種目は卓球であり、その競技特性を理解する
ための、動きの特徴・試合の進め方とルール及び歴史等については適宜資
料を配布し、講義を適時取り入れて卓球の理論と実際について実施する。
1.ガイダンス及び卓球の基礎知識①(授業計画
と授業中の安全性への配慮及び歴史・競技特性
等について、資料を配布し説明する)
2.卓球の基礎知識②(競技施設、用具と服装、
競技の概要について、資料を配布し説明する)
3.卓球の基礎技術①ストローク(フォアとバッ
クのラリーの継続等)
4.卓球の基礎技術②ストローク等(球質の変化
含む)
5.卓球の基礎技術③サービス等(球質の変化含む)
6.卓球のゲームの進め方とルール及び審判法に
ついて(資料を配布し説明する)
7.シングルスのゲーム展開へ①(班分け1回目)
8.シングルスのゲーム展開②(班分け2回目)
9.シングルスの班別リーグ戦
授業内容 10.ダブルスのゲーム展開へ①(班別リーグ戦1
回目)
11.ダブルスのゲーム展開②(班別リーグ戦組み
替え後2回目)
12.団体戦①(シングルス・ダブルスを含む)
13.団体戦②(シングルス・ダブルス・混合ダブル
スを含む)
14.技能テスト
15.まとめ
事前・事後 日常生活において健康に留意し、身体活動の実践に
学
習 努めること。日常生活の中で体力の維持・向上を図る。
授業中に個人的な技術について、課題を見つけ各自
事前・事後
で問題解決に努力をすること。 そのうえで、分か
学
習
らないことがあれば質問すること。
全回出席を基本とし、授業への積極的な参加・取り組
評価方法 みや技能を総合的に評価する。個人技能だけでなく
・ 基 準 他者との協調性も必要とする。遅刻・見学・忘れ物・授
業の進行を妨げる言動は減点対象とする。
評価方法 授業への積極的参加度、授業中の取り組み方、技能
・ 基 準 評価、授業中の記録、の総合評価とする。
スポーツに適した服装・テニスシューズの着用を義務
履 修 上 の 付ける。技能よりも取り組む姿勢や態度を重視する。
注意事項等 雨天時にはテニスコート以外の場所で実技を行うこ
ともあるので実技の準備を忘れないようにする。
①スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること(Gパン・
綿パン等の普段着は認めない)。 ②教場に合うスポーツ
履修上の
シューズを用意すること。 ③安全上、怪我につながるもの
注意事項等
は着用しないこと。 注:授業計画は履修者の状況によって
は変更になる場合がある。授業には積極的に参加すること。
テ キ スト 『使用しない。』
テ キ スト 『テキストは使用しない。適宜資料を配布する。』
参 考 書 『使用しない。』
参 考 書 『参考書は使用しない。必要に応じて紹介する。』
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
― 91 ―
健 康・ス ポ ー ツ
実施種目として硬式テニスを行う。自発的なスポー
ツ活動の実践は健康の維持・増進に良い影響を与え
ると言われているが、本時では硬式テニスを通じて
授業概要
スポーツの意義、重要性を認識できるように理論と
実践を通して授業を進める。基本的に毎回実技を行
う。具体的な内容は以下のとおりである。
科 目 名
科 目 名
スポーツ実技ⅡSA4
期間
前期
配当
2-4
年次
文化としてのスポーツの重要性を理解し、生涯を通
テ ー マ じてスポーツを楽しみ継続していく能力と態度を養
う。
担当教員
☆山下 伸一
単位数 1単位
自発的な運動実践の方法を学び、生涯スポーツの重
到 達目標 要性を理解する。 他者との交流を積極的に行い、
協力する態度を身につける。
実施種目として硬式テニスを行う。自発的なスポー
ツ活動の実践は健康の維持・増進に良い影響を与え
ると言われているが、本時では硬式テニスを通じて
授業概要
スポーツの意義、重要性を認識できるように理論と
実践を通して授業を進める。基本的に毎回実技を行
う。具体的な内容は以下のとおりである。
1.ガイダンス 授業の進行の説明と注意事項の
伝達
2.基本スキル グランドストローク(フォア) 硬式テニスの特徴・用具の使い方、注意事項の
説明と実践
3.基本スキル グランドストローク(フォア・バッ
ク) フットワークとバックストロークの説明
と実践
4.基本スキル ボレー・スマッシュ 試合におけ
るスキルの説明と実践
5.基本スキル サーブ・サーブレシーブ ファー
ストサーブとセカンドサーブの説明と実践
6.乱打形式の実践練習(ストローク中心) ポジ
ショニングとラリーの説明と実践
7.乱打形式の実践練習(サーブから) 試合方法
の説明と実践
授業内容
8.簡易ルールによるゲーム①(ダブルス) 簡易
ルールの説明と実践
9.簡易ルールによるゲーム②(チームごと) グ
ループ分けとルールの説明と実践
10.ダブルスゲーム(各コートに分かれて) ダブ
ルスゲームの方法と実践
11.ダブルスゲーム(能力別に分かれて) スキル
別グループの編成とゲームの実践
12.ダブルスゲーム(チーム対抗戦①) チーム対
抗方式の説明と実践
13.ダブルスゲーム(チーム対抗戦②) チーム内
でのミーティングと実践
14.チーム対抗戦(シングルス・ダブルス)
シン
グルス・ダブルスの組み分けと実践
15.まとめ・最終評価 各チームの成績発表とチー
ム対抗戦
科 目 名
スポーツ実技ⅡSA5
担当教員
☆坂手 比呂志
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
2-4
テ ー マ 文化としてのスポーツの重要性を理解する。
バスケットボールの特性を理解し、生涯を通じてバ
到 達目標 スケットボールを楽しみ、継続できる能力と態度を
養う。
授業概要
人間形成を図る教育効果が期待されるスポーツには、個人・対人及び集団の
中で「遊び」
「競争」
「全身運動」の三要素が包括的に含まれている。このスポー
ツの本質を経験し、自己の発見(他者との差異など)に気づくことができる。
また、その局面では、互いの存在意義や存在価値を理解することによって、
認め合い、信頼し、助け合う精神が醸成される。これらを共通意識として下
記内容でスポーツ実技を実施する。具体的には、次のような内容を計画して
いる。種目はバスケットボールであり、その競技特性を理解するための、動
きの特徴・試合の進め方とルール及び歴史等については適宜資料を配布し、
講義を適時取り入れてバスケットボールの理論と実際について実施する。
1.ガイダンス及びバスケットボールの基礎知識
①(授業計画と授業中の安全性への配慮及び
歴史・競技特性等について、資料を配布し説明
する)
2.バスケットボールの基礎知識②(競技施設、
用具と服装、競技の概要について、資料を配
布し説明する)
3.バスケットボールの基礎技術①(パス、ドリ
ブル、シュート等)
4.バスケットボールの基礎技術②(チームプレー
の練習、オフェンス・リバウンド等)
5.バスケットボールの基礎技術③(チームプレー
の練習、ディフェンス・リバウンド等)
6.チームプレーの基本的な戦術①(マンツーマ
ンディフェンスの方法・ゾーンディフェンスの
方法)
授業内容
7.チームプレーの基本的な戦術②(マンツーマ
ンディフェンスの攻略・ゾーンディフェンスの
攻略)
8.バスケットボールのゲームの進め方とルール
及び審判法について(資料を配布し説明する)
9.リーグ戦の展開へ1回目
10.リーグ戦の展開組換え後2回目
11.リーグ戦の展開組換え後3回目
12.トーナメント戦の展開へ1回目
13.トーナメント戦の展開組換え後2回目
14.技能テスト
15.まとめ
事前・事後 日常生活において健康に留意し、身体活動の実践に
学
習 努めること。日常生活の中で体力の維持・向上を図る。
授業中に個人的な技術について、課題を見つけ各自
事前・事後
で問題解決に努力をすること。 そのうえで、分か
学
習
らないことがあれば質問すること。
全回出席を基本とし、授業への積極的な参加・取り組
評価方法 みや技能を総合的に評価する。個人技能だけでなく
・ 基 準 他者との協調性も必要とする。遅刻・見学・忘れ物・授
業の進行を妨げる言動は減点対象とする。
評価方法 授業への積極的参加度、授業への取り組み方、技能
・ 基 準 評価、授業中の記録、の総合評価とする。
スポーツに適した服装・テニスシューズの着用を義務
履 修 上 の 付ける。技能よりも取り組む姿勢や態度を重視する。
注意事項等 雨天時にはテニスコート以外の場所で実技を行うこ
ともあるので実技の準備を忘れないようにする。
①スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること(Gパン・
綿パン等の普段着は認めない)。 ②教場に合うスポーツ
履修上の
シューズを用意すること。 ③安全上、怪我につながるもの
注意事項等
は着用しないこと。 注:授業計画は履修者の状況によって
は変更になる場合がある。授業には積極的に参加すること。
テ キ スト 『使用しない。』
テ キ スト 『テキストは使用しない。適宜資料を配布する。』
参 考 書 『使用しない。』
参 考 書 『参考書は使用しない。必要に応じて紹介する。』
科目ナンバリング AS201
― 92 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
科 目 名
スポーツ実技ⅡSA6
期間
前期
配当
2-4
年次
文化としてのスポーツの重要性を理解し、生涯を通
テ ー マ じてスポーツを楽しみ継続していく能力と態度を養
う。
担当教員
☆山下 伸一
単位数 1単位
科 目 名
スポーツ実技ⅡSA8
担当教員
☆高橋 哲以
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
2-4
健康生活をおくるために、身体活動の重要性を、ス
ポーツを通して理解する。
自発的な運動実践の方法を学び、生涯スポーツの重
到 達目標 要性を理解する。 他者との交流を積極的に行い、
協力する態度を身につける。
到 達目標
自主性や個性を養うと同時に、体を動かす楽しみを
感じ、運動を習慣化できるような基礎を確立する。
実施種目として硬式テニスを行う。自発的なスポー
ツ活動の実践は健康の維持・増進に良い影響を与え
ると言われているが、本時では硬式テニスを通じて
授業概要
スポーツの意義、重要性を認識できるように理論と
実践を通して授業を進める。基本的に毎回実技を行
う。具体的な内容は以下のとおりである。
初めてバドミントンを経験する者も、基本技術を練
習過程により身につけ、ゲームを楽しむ。また、ダ
授業概要
ブルスゲームや団体戦を通して、仲間を信頼するこ
とや協調性を育む。
1.ガイダンス 授業の進行の説明と注意事項の
伝達
2.基本スキル グランドストローク(フォア) 硬式テニスの特徴・用具の使い方、注意事項の
説明と実践
3.基本スキル グランドストローク(フォア・バッ
ク) フットワークとバックストロークの説明
と実践
4.基本スキル ボレー・スマッシュ 試合におけ
るスキルの説明と実践
5.基本スキル サーブ・サーブレシーブ ファー
ストサーブとセカンドサーブの説明と実践
6.乱打形式の実践練習(ストローク中心) ポジ
ショニングとラリーの説明と実践
7.乱打形式の実践練習(サーブから)
試合方法
の説明と実践
授業内容
8.簡易ルールによるゲーム①(ダブルス) 簡易
ルールの説明と実践
9.簡易ルールによるゲーム②(チームごと) グ
ループ分けとルールの説明と実践
10.ダブルスゲーム(各コートに分かれて) ダブ
ルスゲームの方法と実践
11.ダブルスゲーム(能力別に分かれて) スキル
別グループの編成とゲームの実践
12.ダブルスゲーム(チーム対抗戦①)
チーム対
抗方式の説明と実践
13.ダブルスゲーム(チーム対抗戦②)
チーム内
でのミーティングと実践
14.チーム対抗戦(シングルス・ダブルス) シン
グルス・ダブルスの組み分けと実践
15.まとめ・最終評価 各チームの成績発表とチー
ム対抗戦
1.ガイダンス
2.基礎スキル ストローク (フォア) 講義 運動開始前におけるストレッチの効果
3.基礎スキル ストローク (バック)
4.基礎スキル サービス
5.基礎スキル スマッシュ 講義 バドミント
ンの運動特性
6.シングルスゲーム (ルールの習得)
7.シングルスゲーム (戦術の基礎)
8.シングルスゲーム (戦術の応用) 講義 シン
グルスゲームの戦略
9.ダブルスゲーム (ルールの習得)
10.ダブルスゲーム (戦術の基礎)
11.ダブルスゲーム (戦術の応用) 講義 ダブ
ルスゲームの戦略
授業内容 12.団体戦 (ルールの習得)
13.団体戦 (戦術の基礎)
14.団体戦 (戦術の応用)
15.まとめ
事前・事後 日常生活において健康に留意し、身体活動の実践に
学
習 努めること。日常生活の中で体力の維持・向上を図る。
事前・事後 毎時、授業はじめにコーディネーショントレーニン
学
習 グを使ったウォームアップを行う
全回出席を基本とし、授業への積極的な参加・取り組
評価方法 みや技能を総合的に評価する。個人技能だけでなく
・ 基 準 他者との協調性も必要とする。遅刻・見学・忘れ物・授
業の進行を妨げる言動は減点対象とする。
評価方法
技能、授業態度を総合評価する
・ 基 準
スポーツに適した服装・テニスシューズの着用を義務
履 修 上 の 付ける。技能よりも取り組む姿勢や態度を重視する。
注意事項等 雨天時にはテニスコート以外の場所で実技を行うこ
ともあるので実技の準備を忘れないようにする。
履 修 上 の 積極的な参加態度と自主性・協調性のある取り組みを
注意事項等 すること。スポーツにふさわしい服装をすること。
テ キ スト 『使用しない。』
テ キ スト
参 考 書 『使用しない。』
参 考 書
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
― 93 ―
健 康・ス ポ ー ツ
テ ー マ
科 目 名
スポーツ実技ⅡSA9
担当教員
☆高橋 哲以
単位数 1単位
期間
前期
配当
年次
2-4
テ ー マ
健康生活をおくるために、身体活動の重要性を、ス
ポーツを通して理解する。
到 達目標
自主性や個性を養うと同時に、体を動かす楽しみを
感じ、運動を習慣化できるような基礎を確立する。
科 目 名
スポーツ実技ⅡSA10
期間
前期
配当
2-4
年次
生涯にわたり健康に対する認識を深め、運動・スポー
テ ー マ ツを継続的に習慣化し、実践することを「ねらい」
とする。
担当教員
田原 武彦
単位数 1単位
授業に自主的、学生相互に協力しながら実践できる
到 達目標 態度を身につけ、同時に将来にわたりスポーツへの
取り組み姿勢を養う。
初めてテニスを経験する者も、基本技術を練習過程
により身につけ、ゲームを楽しむ。授業を進める中
授業概要
で協調性を育むとともに、生涯におけるスポーツの
重要性を理解する。
学生相互で自主的に授業(準備、
練習、
ゲーム)
を進め、
スポーツの楽しさも実感できるようになる。また授
業を通じて学生相互のコミュニケーションを図るこ
授業概要
とも重要視する。受講生はバレーボールの歴史、
ルー
ルを理解し、授業準備、審判が行えるようになるこ
とを基本とし、以下のように実施する。
1.ガイダンス
2.基礎スキル ストローク (フォア) 講義 運動開始前におけるストレッチの効果
3.基礎スキル ストローク (バック)
4.基礎スキル ボレー・スマッシュ
5.基礎スキル サーブ
6.ラリー形式 基礎スキルの応用(フォア、バッ
ク) 講義 テニスの運動特性
7.ラリー形式 基礎スキルの応用(ボレー)
8.ラリー形式 基礎スキルの応用(サーブ)
9.シングルスゲーム (簡易ルール) 講義 シン
グルスゲームの戦略
10.シングルスゲーム (戦術の基礎)
11.シングルスゲーム (戦術の応用)
12.ダブルスゲーム (簡易ルール) 講義 ダブ
ルスゲームの戦略
授業内容
13.ダブルスゲーム (戦術の基礎)
14.ダブルスゲーム (戦術の応用)
15.まとめ
1.バレーボールの特性、歴史、ルール、道具な
どの説明・講義
2.基本練習:パス(アンダー、オーバーなど)サー
ブの重要性の説明
3.基本練習:スパイク、ブロック、パス練習
4.ネット、コートを使ってのレシーブ練習
5.簡易ゲーム(チーム分けを行い、簡易ルール
にしたがって)
6.簡易ゲーム(いろいろなチームで、楽しく)
7.簡易ゲーム(声のかけ合い、チームワーク)
8.実践練習パス、サーブ、スパイク、返球
9.リーグ戦用チーム分け、試合用ルールの説明、
戦略を考える
10.実践ゲームトーナメント戦(楽しく)
11.実践ゲーム、リーグ戦(アドバイスをしながら)
授業内容 12.実践ゲーム、リーグ戦(ゲーム後の評価)
13.実践ゲーム(各チーム作戦を考え)
14.実践ゲーム(トーナメント、リーグ戦)
15.授業まとめ
事前・事後 毎時、授業はじめにコーディネーショントレーニン
学
習 グを応用したウォームアップを行う
事前・事後 ・日常的に健康に留意し、運動をすること ・バレー
学
習 ボールの歴史、ルール等を学習すること
評価方法
技能、授業態度を総合評価する
・ 基 準
平常点(50%)
、
受講態度(40%、
取り組み姿勢、
積極性、
評価方法
リーダーシップなど)
、技能の上達度(10%)などを
・ 基 準
総合的に評価する
履 修 上 の 積極的な参加態度と自主性・協調性のある取り組みを
注意事項等 すること。スポーツにふさわしい服装をすること。
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング AS201
― 94 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
科 目 名
スポーツ実技ⅡSA11
期間
前期
配当
2-4
年次
生涯にわたり健康に対する認識を深め、運動・スポー
テ ー マ ツを継続的に習慣化し、実践することを「ねらい」
とする。
担当教員
田原 武彦
単位数 1単位
授業に自主的、学生相互に協力しながら実践できる
到 達目標 態度を身につけ、同時に将来にわたりスポーツへの
取り組み姿勢を養う
1.ソフトボールの特性、歴史、ルール道具など
の説明・講義
2.基本練習(キャッチボール、バッティング)
3.バッティング・各守備位置別の練習(各自の適
正)
4.小グループ分かれ打撃・守備練習、簡易チーム
分け
5.簡易ゲーム(各自の適正ポジションの選択)
6.簡易ゲーム(ルールの理解、楽しく)
7.簡易ゲーム(声のかけ合い、チームワーク)
8.簡易ゲームを参考に正式なチーム分け
9.ルールの確認、戦略を考える。簡易ゲーム
10.実践ゲームトーナメント戦(楽しく)
11.実践ゲーム、リーグ戦(アドバイスをしながら)
12.実践ゲーム、リーグ戦(ゲーム後の評価)
授業内容 13.実践ゲーム(各チーム作戦を考え)
14.実践ゲーム(トーナメント、リーグ戦)
15.授業まとめ
スポーツ実技ⅡSB1
担当教員
☆坂手 比呂志
単位数 1単位
期間
後期
配当
年次
2-4
テ ー マ 文化としてのスポーツの重要性を理解する。
到 達目標
バドミントンの特性を理解し、生涯を通じてバドミ
ントンを楽しみ、継続できる能力と態度を養う。
授業概要
人間形成を図る教育効果が期待されるスポーツには、個人・対人及び集団の
中で「遊び」「競争」「全身運動」の三要素が包括的に含まれている。この
スポーツの本質を経験することによって、自己の発見(他者との差異など)
に気づくことができる。また、その局面では、互いの存在意義や存在価値
を理解し、認め合い、信頼し、助け合う精神が醸成される。これらを共通
意識として、下記内容で実技を実施する。具体的には、次のような内容を
計画している。種目はバドミントンであり、その競技特性を理解するため
の、動きの特徴・試合の進め方とルール及び歴史等については適宜資料を配
布し、講義を適時取り入れてバドミントンの理論と実際について実施する。
1.ガイダンス及びバドミントンの基礎知識①(授
業計画と授業中の安全性への配慮及び歴史・競
技特性について、資料を配布し説明する)
2.バドミントンの基礎知識②(競技施設、用具
と服装、競技の概要について、資料を配布し
説明する)
3.バドミントンの基礎技術①ストローク(フォ
アとバック等)
4.バドミントンの基礎技術②サービスとフライ
トの種類等
5.バドミントンの基礎技術の復習と簡易ゲーム
へ
6.バドミントンのゲームの進め方とルール及び
審判法について(資料を配布し説明する)
7.シングルスのゲーム展開へ①(班分け1回目)
授業内容 8.シングルスのゲーム展開②(班分け2回目)
9.シングルス班別リーグ戦
10.ダブルスのゲーム展開へ①(班別リーグ戦1
回目)
11.ダブルスのゲーム展開②(班別リーグ戦組換
え後2回目)
12.団体戦①(シングルス・ダブルスを含む)
13.団体戦②(シングルス・ダブルス・混合ダブル
スを含む)
14.技能テスト
15.まとめ
事前・事後 ・日常的に健康に留意し運動をすること ・ソフト
学
習 ボールのルールや戦略等を学習すること
授業中に個人的な技術について、課題を見つけ各自
事前・事後
で問題解決に努力をすること。そのうえで、分から
学
習
ないことがあれば質問すること。
平常点(50%)
、
受講態度(40%、
取り組み姿勢、
積極性、
評価方法
リーダーシップなど)
、技能の上達度(10%)などを
・ 基 準
総合的に評価する
評価方法 授業への積極的参加度、授業への取り組み方、技能
・ 基 準 評価、授業中の記録、の総合評価とする。
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
①スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること(Gパン・
綿パン等の普段着は認めない)。 ②教場に合うスポーツ
履修上の
シューズを用意すること。 ③安全上、怪我につながるもの
注意事項等
は着用しないこと。 注:授業計画は履修者の状況によって
は変更になる場合がある。授業には積極的に参加すること。
テ キ スト
テ キ スト 『テキストは使用しない。適宜資料を配布する。』
参 考 書
参 考 書 『参考書は使用しない。必要に応じて紹介する。』
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
― 95 ―
健 康・ス ポ ー ツ
学生相互で自主的に授業(準備、
練習、
ゲーム)
を進め、
スポーツの楽しさも実感できるようになる。また授
業を通じて学生相互のコミュニケーションを図るこ
授業概要
とも重要視する。受講生はソフトボールの歴史、ルー
ルを理解し、授業準備、審判が行えるようになるこ
とを基本とし、以下のように実施する
科 目 名
科 目 名
スポーツ実技ⅡSB2
期間
後期
配当
2-4
年次
文化としてのスポーツの重要性を理解し、生涯を通
テ ー マ じてスポーツを楽しみ継続していく能力と態度を養
う。
担当教員
☆山下 伸一
単位数 1単位
自発的な運動実践の方法を学び、生涯スポーツの重
到 達目標 要性を理解する。 他者との交流を積極的に行い、
協力する態度を身につける。
実施種目として硬式テニスを行う。自発的なスポー
ツ活動の実践は健康の維持・増進に良い影響を与え
ると言われているが、本時では硬式テニスを通じて
授業概要
スポーツの意義、重要性を認識できるように理論と
実践を通して授業を進める。基本的に毎回実技を行
う。具体的な内容は以下のとおりである。
1.ガイダンス 授業の進行の説明と注意事項の
伝達
2.基本スキル グランドストローク(フォア) 硬式テニスの特徴・用具の使い方、注意事項の
説明と実践
3.基本スキル グランドストローク(フォア・バッ
ク) フットワークとバックストロークの説明
と実践
4.基本スキル ボレー・スマッシュ 試合におけ
るスキルの説明と実践
5.基本スキル サーブ・サーブレシーブ ファー
ストサーブとセカンドサーブの説明と実践
6.乱打形式の実践練習(ストローク中心) ポジ
ショニングとラリーの説明と実践
7.乱打形式の実践練習(サーブから) 試合方法
の説明と実践
授業内容
8.簡易ルールによるゲーム①(ダブルス) 簡易
ルールの説明と実践
9.簡易ルールによるゲーム②(チームごと) グ
ループ分けとルールの説明と実践
10.ダブルスゲーム(各コートに分かれて) ダブ
ルスゲームの方法と実践
11.ダブルスゲーム(能力別に分かれて) スキル
別グループの編成とゲームの実践
12.ダブルスゲーム(チーム対抗戦①) チーム対
抗方式の説明と実践
13.ダブルスゲーム(チーム対抗戦②) チーム内
でのミーティングと実践
14.チーム対抗戦(シングルス・ダブルス)
シン
グルス・ダブルスの組み分けと実践
15.まとめ・最終評価 各チームの成績発表とチー
ム対抗戦
科 目 名
スポーツ実技ⅡSB3
担当教員
☆坂手 比呂志
単位数 1単位
期間
後期
配当
年次
2-4
テ ー マ 文化としてのスポーツの重要性を理解する。
到 達目標
卓球の特性を理解し、生涯を通じて卓球を楽しみ、
継続できる能力と態度を養う。
授業概要
人間形成を図る教育効果が期待されるスポーツには、個人・対人及び集団
の中で「遊び」「競争」「全身運動」の三要素が包括的に含まれている。こ
のスポーツの本質を経験し、自己の発見(他者との差異など)に気づくこ
とができる。また、その局面では、互いの存在意義や存在価値を理解する
ことによって、認め合い、信頼し、助け合う精神が醸成される。これらを
共通意識として、下記内容でスポーツ実技を実施する。具体的には、次の
ような内容を計画している。種目は卓球であり、その競技特性を理解する
ための、動きの特徴・試合の進め方とルール及び歴史等については適宜資
料を配布し、講義を適時取り入れて卓球の理論と実際について実施する。
1.ガイダンス及び卓球の基礎知識①(授業計画
と授業中の安全性への配慮及び歴史・競技特性
等について、資料を配布し説明する)
2.卓球の基礎知識②(競技施設、用具と服装、
競技の概要について、資料を配布し説明する)
3.卓球の基礎技術①ストローク(フォアとバッ
クのラリーの継続等)
4.卓球の基礎技術②ストローク等(球質の変化
含む)
5.卓球の基礎技術③サービス等(球質の変化含む)
6.卓球のゲームの進め方とルール及び審判法に
ついて(資料を配布し説明する)
7.シングルスのゲーム展開へ①(班分け1回目)
8.シングルスのゲーム展開②(班分け2回目)
9.シングルスの班別リーグ戦
授業内容 10.ダブルスのゲーム展開へ①(班別リーグ戦1
回目)
11.ダブルスのゲーム展開②(班別リーグ戦組み
換え後2回目)
12.団体戦①(シングルス・ダブルスを含む)
13.団体戦②(シングルス・ダブルス・混合ダブル
スを含む)
14.技能テスト
15.まとめ
事前・事後 日常生活において健康に留意し、身体活動の実践に
学
習 努めること。日常生活の中で体力の維持・向上を図る。
授業中に個人的な技術について、課題を見つけ各自
事前・事後
で問題解決に努力をすること。そのうえで、分から
学
習
なことがあれば質問すること。
全回出席を基本とし、授業への積極的な参加・取り組
評価方法 みや技能を総合的に評価する。個人技能だけでなく
・ 基 準 他者との協調性も必要とする。遅刻・見学・忘れ物・授
業の進行を妨げる言動は減点対象とする。
評価方法 授業への積極的参加度、授業への取り組み方、技能
・ 基 準 評価、授業中の記録、の総合評価とする。
スポーツに適した服装・テニスシューズの着用を義務
履 修 上 の 付ける。技能よりも取り組む姿勢や態度を重視する。
注意事項等 雨天時にはテニスコート以外の場所で実技を行うこ
ともあるので実技の準備を忘れないようにする。
①スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること(Gパン・
綿パン等の普段着は認めない)。 ②教場に合うスポーツ
履修上の
シューズを用意すること。 ③安全上、怪我につながるもの
注意事項等
は着用しないこと。 注:授業計画は履修者の状況によって
は変更になる場合がある。授業には積極的に参加すること。
テ キ スト 『使用しない。』
テ キ スト 『テキストは使用しない。適宜資料を配布する。』
参 考 書 『使用しない。』
参 考 書 『参考書は使用しない。必要に応じて紹介する。』
科目ナンバリング AS201
― 96 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
科 目 名
スポーツ実技ⅡSB4
期間
後期
配当
2-4
年次
文化としてのスポーツの重要性を理解し、生涯を通
テ ー マ じてスポーツを楽しみ継続していく能力と態度を養
う。
担当教員
☆山下 伸一
単位数 1単位
自発的な運動実践の方法を学び、生涯スポーツの重
到 達目標 要性を理解する。 他者との交流を積極的に行い、
協力する態度を身につける。
1.ガイダンス 授業の進行の説明と注意事項の
伝達
2.基本スキル グランドストローク(フォア) 硬式テニスの特徴・用具の使い方、注意事項の
説明と実践
3.基本スキル グランドストローク(フォア・バッ
ク) フットワークとバックストロークの説明
と実践
4.基本スキル ボレー・スマッシュ 試合におけ
るスキルの説明と実践
5.基本スキル サーブ・サーブレシーブ ファー
ストサーブとセカンドサーブの説明と実践
6.乱打形式の実践練習(ストローク中心) ポジ
ショニングとラリーの説明と実践
7.乱打形式の実践練習(サーブから)
試合方法
の説明と実践
授業内容
8.簡易ルールによるゲーム①(ダブルス) 簡易
ルールの説明と実践
9.簡易ルールによるゲーム②(チームごと) グ
ループ分けとルールの説明と実践
10.ダブルスゲーム(各コートに分かれて) ダブ
ルスゲームの方法と実践
11.ダブルスゲーム(能力別に分かれて) スキル
別グループの編成とゲームの実践
12.ダブルスゲーム(チーム対抗戦①)
チーム対
抗方式の説明と実践
13.ダブルスゲーム(チーム対抗戦②)
チーム内
でのミーティングと実践
14.チーム対抗戦(シングルス・ダブルス) シン
グルス・ダブルスの組み分けと実践
15.まとめ・最終評価 各チームの成績発表とチー
ム対抗戦
スポーツ実技ⅡSB5
担当教員
☆坂手 比呂志
単位数 1単位
期間
後期
配当
年次
2-4
テ ー マ 文化としてのスポーツの重要性を理解する。
バスケットボールの特性を理解し、生涯を通じてバ
到 達目標 スケットボールを楽しみ、継続できる能力と態度を
養う。
授業概要
人間形成を図る教育効果が期待されるスポーツには、個人・対人及び集団の
中で「遊び」
「競争」
「全身運動」の三要素が包括的に含まれている。このスポー
ツの本質を経験し、自己の発見(他者との差異など)に気づくことができる。
また、その局面では、互いの存在意義や存在価値を理解することによって、
認め合い、信頼し、助け合う精神が醸成される。これらを共通意識として下
記内容でスポーツ実技を実施する。具体的には、次のような内容を計画して
いる。種目はバスケットボールであり、その競技特性を理解するための、動
きの特徴・試合の進め方とルール及び歴史等については適宜資料を配布し、
講義を適時取り入れてバスケットボールの理論と実際について実施する。
1.ガイダンス及びバスケットボールの基礎知識
①(授業計画と授業中の安全性への配慮及び
歴史・競技特性等について、資料を配布し説明
する)
2.バスケットボールの基礎知識②(競技施設、
用具と服装、競技の概要について、資料を配
布し説明する)
3.バスケットボールの基礎技術①(パス、ドリ
ブル、シュート等)
4.バスケットボールの基礎技術②(チームプレー
の練習、オフェンス・リバウンド等)
5.バスケットボールの基礎技術③(チームプレー
の練習、ディフェンス・リバウンド等)
6.チームプレーの基本的な戦術①(マンツーマ
ンディフェンスの方法・ゾーンディフェンスの
方法)
授業内容
7.チームプレーの基本的な戦術②(マンツーマ
ンディフェンスの攻略・ゾーンディフェンスの
攻略)
8.バスケットボールのゲームの進め方とルール
及び審判法について(資料を配布し説明する)
9.リーグ戦の展開へ1回目
10.リーグ戦の展開組換え後2回目
11.リーグ戦の展開組換え後3回目
12.トーナメント戦の展開へ1回目
13.トーナメント戦の展開組換え後2回目
14.技能テスト
15.まとめ
事前・事後 日常生活において健康に留意し、身体活動の実践に
学
習 努めること。日常生活の中で体力の維持・向上を図る。
授業中に個人的な技術について、課題を見つけ各自
事前・事後
で問題解決に努力をすること。そのうえで、分から
学
習
ないことがあれば質問すること。
全回出席を基本とし、授業への積極的な参加・取り組
評価方法 みや技能を総合的に評価する。個人技能だけでなく
・ 基 準 他者との協調性も必要とする。遅刻・見学・忘れ物・授
業の進行を妨げる言動は減点対象とする。
評価方法 授業への積極的参加度、授業への取り組み方、技能
・ 基 準 評価、授業中の記録、の総合評価とする。
スポーツに適した服装・テニスシューズの着用を義務
履 修 上 の 付ける。技能よりも取り組む姿勢や態度を重視する。
注意事項等 雨天時にはテニスコート以外の場所で実技を行うこ
ともあるので実技の準備を忘れないようにする。
①スポーツ実技にふさわしい服装を用意すること(Gパン・
綿パン等の普段着は認めない)。 ②教場に合うスポーツ
履修上の
シューズを用意すること。 ③安全上、怪我につながるもの
注意事項等
は着用しないこと。 注:授業計画は履修者の状況によって
は変更になる場合がある。授業には積極的に参加すること。
テ キ スト 『使用しない。』
テ キ スト 『テキストは使用しない。適宜資料を配布する。』
参 考 書 『使用しない。』
参 考 書 『参考書は使用しない。必要に応じて紹介する。』
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
― 97 ―
健 康・ス ポ ー ツ
実施種目として硬式テニスを行う。自発的なスポー
ツ活動の実践は健康の維持・増進に良い影響を与え
ると言われているが、本時では硬式テニスを通じて
授業概要
スポーツの意義、重要性を認識できるように理論と
実践を通して授業を進める。基本的に毎回実技を行
う。具体的な内容は以下のとおりである。
科 目 名
科 目 名
スポーツ実技ⅡSB6
期間
後期
配当
2-4
年次
文化としてのスポーツの重要性を理解し、生涯を通
テ ー マ じてスポーツを楽しみ継続していく能力と態度を養
う。
担当教員
☆山下 伸一
単位数 1単位
科 目 名
スポーツ実技ⅡSB8
担当教員
☆高橋 哲以
単位数 1単位
期間
後期
配当
年次
2-4
テ ー マ
健康生活をおくるために、身体活動の重要性を、ス
ポーツを通して理解する。
自発的な運動実践の方法を学び、生涯スポーツの重
到 達目標 要性を理解する。 他者との交流を積極的に行い、
協力する態度を身につける。
到 達目標
自主性や個性を養うと同時に、体を動かす楽しみを
感じ、運動を習慣化できるような基礎を確立する。
実施種目として硬式テニスを行う。自発的なスポー
ツ活動の実践は健康の維持・増進に良い影響を与え
ると言われているが、本時では硬式テニスを通じて
授業概要
スポーツの意義、重要性を認識できるように理論と
実践を通して授業を進める。基本的に毎回実技を行
う。具体的な内容は以下のとおりである。
初めてバドミントンを経験する者も、基本技術を練
習過程により身につけ、ゲームを楽しむ。また、ダ
授業概要
ブルスゲームや団体戦を通して、仲間を信頼するこ
とや協調性を育む。
1.ガイダンス 授業の進行の説明と注意事項の
伝達
2.基本スキル グランドストローク(フォア) 硬式テニスの特徴・用具の使い方、注意事項の
説明と実践
3.基本スキル グランドストローク(フォア・バッ
ク) フットワークとバックストロークの説明
と実践
4.基本スキル ボレー・スマッシュ 試合におけ
るスキルの説明と実践
5.基本スキル サーブ・サーブレシーブ ファー
ストサーブとセカンドサーブの説明と実践
6.乱打形式の実践練習(ストローク中心) ポジ
ショニングとラリーの説明と実践
7.乱打形式の実践練習(サーブから) 試合方法
の説明と実践
授業内容
8.簡易ルールによるゲーム①(ダブルス) 簡易
ルールの説明と実践
9.簡易ルールによるゲーム②(チームごと) グ
ループ分けとルールの説明と実践
10.ダブルスゲーム(各コートに分かれて) ダブ
ルスゲームの方法と実践
11.ダブルスゲーム(能力別に分かれて) スキル
別グループの編成とゲームの実践
12.ダブルスゲーム(チーム対抗戦①) チーム対
抗方式の説明と実践
13.ダブルスゲーム(チーム対抗戦②) チーム内
でのミーティングと実践
14.チーム対抗戦(シングルス・ダブルス)
シン
グルス・ダブルスの組み分けと実践
15.まとめ・最終評価 各チームの成績発表とチー
ム対抗戦
1.ガイダンス
2.基礎スキル ストローク (フォア) 講義 運動開始前におけるストレッチの効果
3.基礎スキル ストローク (バック)
4.基礎スキル サービス
5.基礎スキル スマッシュ 講義 バドミント
ンの運動特性
6.シングルスゲーム (ルールの習得)
7.シングルスゲーム (戦術の基礎)
8.シングルスゲーム (戦術の応用) 講義 シン
グルスゲームの戦略
9.ダブルスゲーム (ルールの習得)
10.ダブルスゲーム (戦術の基礎)
11.ダブルスゲーム (戦術の応用) 講義 ダブ
ルスゲームの戦略
授業内容 12.団体戦 (ルールの習得)
13.団体戦 (戦術の基礎)
14.団体戦 (戦術の応用)
15.まとめ
事前・事後 日常生活において健康に留意し、身体活動の実践に
学
習 努めること。日常生活の中で体力の維持・向上を図る。
事前・事後 毎時、授業はじめにコーディネーショントレーニン
学
習 グを使ったウォームアップを行う
全回出席を基本とし、授業への積極的な参加・取り組
評価方法 みや技能を総合的に評価する。個人技能だけでなく
・ 基 準 他者との協調性も必要とする。遅刻・見学・忘れ物・授
業の進行を妨げる言動は減点対象とする。
評価方法
技能、授業態度を総合評価する
・ 基 準
スポーツに適した服装・テニスシューズの着用を義務
履 修 上 の 付ける。技能よりも取り組む姿勢や態度を重視する。
注意事項等 雨天時にはテニスコート以外の場所で実技を行うこ
ともあるので実技の準備を忘れないようにする。
履 修 上 の 積極的な参加態度と自主性・協調性のある取り組みを
注意事項等 すること。スポーツにふさわしい服装をすること。
テ キ スト 『使用しない。』
テ キ スト
参 考 書 『使用しない。』
参 考 書
科目ナンバリング AS201
― 98 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング AS201
聴講の可否
×
科 目 名
スポーツ実技ⅡSB10
期間
後期
科 目 名
スポーツ実技ⅡSB11
期間
後期
配当
2-4
年次
生涯にわたり健康に対する認識を深め、運動・スポー
テ ー マ ツを継続的に習慣化し、実践することを「ねらい」
とする。
配当
2-4
年次
生涯にわたり健康に対する認識を深め、運動・スポー
テ ー マ ツを継続的に習慣化し、実践することを「ねらい」
とする。
授業に自主的、学生相互に協力しながら実践できる
到 達目標 態度を身につけ、同時に将来にわたりスポーツへの
取り組み姿勢を養う。
授業に自主的、学生相互に協力しながら実践できる
到 達目標 態度を身につけ、同時に将来にわたりスポーツへの
取り組み姿勢を養う
学生相互で自主的に授業(準備、
練習、
ゲーム)
を進め、
スポーツの楽しさも実感できるようになる。また授
業を通じて学生相互のコミュニケーションを図るこ
授業概要
とも重要視する。受講生はバレーボールの歴史、
ルー
ルを理解し、授業準備、審判が行えるようになるこ
とを基本とし、以下のように実施する。
学生相互で自主的に授業(準備、
練習、
ゲーム)
を進め、
スポーツの楽しさも実感できるようになる。また授
業を通じて学生相互のコミュニケーションを図るこ
授業概要
とも重要視する。受講生はソフトボールの歴史、ルー
ルを理解し、授業準備、審判が行えるようになるこ
とを基本とし、以下のように実施する
1.バレーボールの特性、歴史、ルール、道具な
どの説明・講義
2.基本練習:パス(アンダー、オーバーなど)サー
ブの重要性の説明
3.基本練習:スパイク、ブロック、パス練習
4.ネット、コートを使ってのレシーブ練習
5.簡易ゲーム(チーム分けを行い、簡易ルール
にしたがって)
6.簡易ゲーム(いろいろなチームで、楽しく)
7.簡易ゲーム(声のかけ合い、チームワーク)
8.実践練習パス、サーブ、スパイク、返球
9.リーグ戦用チーム分け、試合用ルールの説明、
戦略を考える
10.実践ゲームトーナメント戦(楽しく)
11.実践ゲーム、リーグ戦(アドバイスをしながら)
授業内容 12.実践ゲーム、リーグ戦(ゲーム後の評価)
13.実践ゲーム(各チーム作戦を考え)
14.実践ゲーム(トーナメント、リーグ戦)
15.授業まとめ
1.ソフトボールの特性、歴史、ルール道具など
の説明・講義
2.基本練習(キャッチボール、バッティング)
3.バッティング・各守備位置別の練習(各自の適
正)
4.小グループ分かれ打撃・守備練習、簡易チーム
分け
5.簡易ゲーム(各自の適正ポジションの選択)
6.簡易ゲーム(ルールの理解、楽しく)
7.簡易ゲーム(声のかけ合い、チームワーク)
8.簡易ゲームを参考に正式なチーム分け
9.ルールの確認、戦略を考える。簡易ゲーム
10.実践ゲームトーナメント戦(楽しく)
11.実践ゲーム、リーグ戦(アドバイスをしながら)
12.実践ゲーム、リーグ戦(ゲーム後の評価)
授業内容 13.実践ゲーム(各チーム作戦を考え)
14.実践ゲーム(トーナメント、リーグ戦)
15.授業まとめ
事前・事後 ・日常的に健康に留意し、運動をすること ・バレー
学
習 ボールの歴史、ルール等を学習すること
事前・事後 ・日常的に健康に留意し、運動をすること ・ソフト
学
習 ボールのルールや戦略等を学習すること
平常点(50%)
、
受講態度(40%、
取り組み姿勢、
積極性、
評価方法
リーダーシップなど)
、技能の上達度(10%)などを
・ 基 準
総合的に評価する
平常点(50%)
、
受講態度(40%、
取り組み姿勢、
積極性、
評価方法
リーダーシップなど)
、技能の上達度(10%)などを
・ 基 準
総合的に評価する
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
授業にふさわしい服装(ジーパンなどは不可)シュー
履修上の
ズを用意すること。アクセサリーなどは身につけな
注意事項等
いこと。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
担当教員
田原 武彦
聴講の可否
×
担当教員
田原 武彦
科目ナンバリング AS201
単位数 1単位
聴講の可否
×
― 99 ―
健 康・ス ポ ー ツ
科目ナンバリング AS201
単位数 1単位
科 目 名
スポーツ実技Ⅲ3
担当教員
☆津田 真一郎
テ ー マ
単位数 1単位
期間
後期
科 目 名
健康論Ⅰ(一)
健康論Ⅰ(二)
配当
年次
3-4
担当教員
島本 太香子
硬式テニスを通じて運動の必要性への理解を深め、
生涯スポーツへの展望をひらく
テ ー マ
単位数 2単位
期間
前期
後期
配当
年次
1-4
「生きる力の基礎となる健康科学(自らのからだを知
る)
」
・仲間とからだを動かすことにより得られる言葉を超
到 達目標 えたコミュニケーション感覚を体験学習する・スポー
ツマンシップやリーダーシップの習得
健康な心身を保つしくみを、生理学的に理解し、生
到 達目標 涯を通じて自らの健康を把握・管理・改善する力を養
います。
本科目では、性別を問わず、子供から高齢者までの
幅広い世代で気楽に楽しめる硬式テニスを行なうこ
とにより、生涯スポーツへのきっかけとし、ルール
授業概要 やマナー、技術の習得、体力の維持・増進を図ること
を目標とする。さらに、スポーツ活動を通じてコミュ
ニケーション能力を身に付けることにより、より良
い人間性の育成を目指す。
健康は生きる力の根底をなすもので、生涯を通じて健康に過ご
すには、なによりも自分自身の健康を保つしくみについて、熟
知する必要があります。授業では、ダイエット、アルコール、
食中毒やアレルギーなどの身近で今日的な話題をとり入れなが
授業概要 ら、生物学的・医学的に、健康な心身を保つしくみへの理解を深
め、一緒に考えていきます。様々な健康情報が氾濫する中で、
自分自身の健康状態を正確に把握し健康管理していくために、
自ら適切に判断し行動できる力を身につけることを目指します。
1.ガイダンス(運動の生心理学的効果など)及
びアイスブレーキング
2.グランドストローク(フォアハンド)
3.グランドストローク(バックハンド)
4.ボレー(フォアハンド)
5.ボレー(バックハンド)
6.スマッシュ
7.サービス
8.簡易ゲーム(ダブルス)
9.簡易ゲーム(ダブルス)
10.ゲーム(ダブルス)
11.ゲーム(ダブルス)
12.ゲーム(シングルス)
13.ゲーム(シングルス)
14.団体戦(シングルス+ダブルス)
授業内容 15.まとめ
授業内容
硬式テニスの簡単なルールを学習しておくこと。例:
事前・事後
ポイントのカウントの方法、サービスの位置、ゲー
学
習
ム数など。
受講にあたっては事前に、各テーマに関連した身近
事前・事後
な話題を収集して下さい。それと講義内容をもとに
学
習
考察し授業中にミニレポートを作成します。
評価方法 積極性、リーダーシップ、技能上達の度合いにより
・ 基 準 評価する。
評価方法 最終授業での学習到達確認(50%)と授業中のミニ
・ 基 準 レポート(50%)
実技にふさわしいトレーニングウエア、シューズ等
履修上の
を着用の上、受講すること。実施場所は全天候型屋
注意事項等
外砂入り人工芝コートです。
履 修 上 の この講義は単独でも受講できますが、健康論Ⅱとあ
注意事項等 わせて受講するのが望ましい。
テ キ スト 『使用しない、必要に応じて資料等を配付する。』
テ キ スト 『必要な資料を授業で配布します』
参 考 書 『なし』
参 考 書
科目ナンバリング AS301
― 100 ―
聴講の可否
×
1.オリエンテーション
2.健康とは何か(主要指標・主観的健康度など)
3.感染症の予防と免疫
4.がんのリスクと最新医療
5.食生活と健康、食中毒の予防
6.ウェイトコントロール、ダイエットの真実
7.運動と健康
8.飲酒と健康
9.薬物と健康
10.喫煙と健康
11.心の病と健康
12.性差医療
13.健康状態の把握方法
14.健康課題の分析と今後の方策
15.授業総括
科目ナンバリング AS102
聴講の可否
○
科 目 名
健康論Ⅱ(二)
担当教員
島本 太香子
テ ー マ
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
1-4
「生きる力を支える健康科学(健康を守る社会のしく
みを知る)
」
健康を守り・支えるための社会的基盤としくみについ
到 達目標 て学び、それらを将来の自らの健康管理のために活
用する力を養います。
授業内容
健 康・ス ポ ー ツ
健康論Ⅰでは個体レベルでの健康を中心にとりあげま
すが、健康論Ⅱでは、社会としての健康への取り組み
と個人との関わりを総合的に学んでいきます。健康に
授業概要 関する社会的基盤を理解し、生涯を通じて健康に過ご
す上で有効に活用できるような力を身につけることを
目指します。下記以外にも、社会保障、集団感染等の
今日的な話題を取り上げることがあります。
1.健康と社会のかかわり
2.健康課題の変遷
3.人口動態と衛生の主要指標
4.健康評価のための統計学
5.日本の疫学研究
6.予防医学の概念
7.生活習慣病の概念と予防
8.ヘルスプロモーションと健康日本21
9.母子保健対策、少子化社会と次世代育成
10.感染症対策(新興・再興感染症)
11.食の安全(食品衛生と食中毒予防など)
12.環境問題と健康(人体に影響を及ぼす有害物質)
13.医療における行動と選択・医療安全対策
14.健康管理の実際
15.授業総括
受講にあたっては事前に、各テーマに関連した身近
事前・事後
な話題を収集して下さい。それと講義内容をもとに
学
習
考察し授業中にミニレポートを作成します。
評価方法 最終授業での学習到達確認(50%)と授業中のミニ
・ 基 準 レポート(50%)
履 修 上 の この講義は単独でも受講できますが、健康論Ⅰとあ
注意事項等 わせて受講することがのぞましい。
テ キ スト 『必要な資料を授業で配布します。』
参 考 書
科目ナンバリング AS103
聴講の可否
○
― 101 ―
国 文 学 科 科 目
科 目 名
言語・文学(一)
担当教員
松本 大
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
言語・文学(二)
配当
年次
1-4
担当教員
石川 一
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 古典和歌入門
徹底的な語釈を通して、
『伊勢物語』の世界を把握す
るとともに、読解上の問題点をどのように扱うべき
到 達目標
かを学ぶ。また、古典文学研究の基礎的な手法を身
につけることを目的とする。
新古今集は、三代集(古今・後撰・拾遺)を中心に、王朝
和歌の世界をいかに発展させているのか。藤原俊成・定
到 達目標
家父子の主張する本歌や物語の世界はどのようにうまれ
たのか。新古今和歌の持つ世界を基礎から取り扱う。
平安時代の歌物語として代表的な存在であり、後世にも多大なる
影響を与えた『伊勢物語』を扱い、本作品の各段について個人で
発表を行う(前期と後期に各一回ずつ。受講者が多い場合はグルー
プ発表に変更予定)。発表に関しては、語釈と和歌解釈に重点を
授業概要 置く。先行研究や辞書・注釈書をそのまま引用するのではなく、自
身の手で用例を検索・収集し、集めた資料によって考察を導くこと
とする。また読解する上で問題となる箇所については、従来の説
を整理し、根拠を示した上で、発表者自身の読みを提示してもらう。
『新古今和歌集』の組織・構成・作者・表現技法など、
授業概要 基礎的な段階から解き明かしてゆく。王朝時代に関
する基礎的・文学史的な知識を養成したい。
1.ガイダンス・発表日程決め
2.『伊勢物語』を読む前の基礎知識
3.『伊勢物語』の構成と主題
4.初段「初冠」
5.4段「西の対」
6.6段「芥川」
7.9段「東下り」
8.14段「くたかけ」
9.23段「筒井筒」
10.24段「梓弓」
11.39段「源の至」
12.41段「紫」
13.49段「若草」
14.58段「荒れたる宿」
15.まとめと補足
授業内容 16.ガイダンス・発表日程決め
17.60段「花橘」
18.63段「つくも髪」
19.65段「在原なりける男」
20.69段「狩の使」
21.77段「春の別れ」
22.82段「渚の院」
23.83段「小野」
24.87段「布引の滝」
25.96段「天の逆手」
26.107段「身をしる雨」
27.111段「まだ見ぬ人」
28.114段「芹川行幸」
29.125段「つひにゆく道」
30.まとめと補足
1.新古今集概説
2.八代集までの系譜(はじめに)
3.仮名序
4.春歌上の巻頭歌
5.鶯・霞の歌
6.伊勢物語幻想
7.花(咲く花・散歌)
8.暮春(三月尽・惜春)
9.夏歌(時鳥)
10.納涼
11.秋歌の「三夕の歌」
12.秋気色と恋愛模様
13.秋の情趣
14.冬歌(時雨)
15.定家の本歌取り
授業内容 16.無常と述懐
17.「恋歌」の配列構成
18.忍恋
19.逢恋・逢不逢恋
20.寄物恋など
21.歌合における「恋題」
22.雑部(一)
23.雑部(二)
24.神祇
25.釈教
26.六家集歌人(西行)
27.その他の歌人(慈円・良経)
28.俊成・定家
29.女流歌人
30.総括
発表者は自身の担当段を熟読し、発表の準備を行っ
てくること。その際、分かりやすい発表資料の作成
事前・事後
を心掛けることが求められる。また、自分の発表段
学
習
以外についても、目を通しておき、演習中に質問を
行えるようにしておくこと。
事前・事後 文学史的知識を養成するための入門であるから、最
学
習 初から堅実なノート作りをして貰いたい。
評価方法
発表70%、授業中の発言30%。
・ 基 準
意欲的な受講態度、および積極的な授業への取り組
評価方法
み30パーセント、レポート70パーセントなどを総合
・ 基 準
的に判断する。
発表者が十分な準備を行わないと、他の受講生にも
履 修 上 の 多大なる迷惑が掛かる。発表者は責任をもって発表
注意事項等 に臨むこと。なお、発表者が発表当日に無断欠席し
た場合は、単位は認めない。
和歌に関する基礎知識を育成するために、初歩から
履修上の
徐々に積み上げてゆくので、真摯な態度で臨んで欲
注意事項等
しい。
テ キ スト 『伊勢物語』大津有一校注, 岩波書店, 1964
テ キ スト 『カラー版 新古今和歌集』藤平春男, おうふう, 1989初版
参 考 書
『伊勢物語全評釈 古注釈十一種集成』竹岡正夫, 右文書院, 1987
『伊勢物語全読解』片桐洋一, 和泉書院, 2013
科目ナンバリング LJ101
聴講の可否
×
国 文 学 科
テ ー マ 『伊勢物語』の基礎的読解
参 考 書
科目ナンバリング LJ101
聴講の可否
×
― 103 ―
科 目 名
言語・文学(三)
担当教員
中尾 和昇
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
言語・文学(四)
配当
年次
1-4
担当教員
藤本 寿彦
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 草双紙を読む
テ ー マ 昭和の短編小説と詩の読解法を学ぶ。
①近世文学に関する基礎的知識を習得する。②近世
到 達目標 文学の読解方法を習得する。③草双紙の特性を理解
する。
到 達目標 昭和文学史や表現を理解する。
近世後期に流行した「草双紙(くさぞうし)
」は、子供向け
の「赤本」からはじまり、
内容が複雑になるにしたがって、
「黒
本・青本」
「黄表紙」
「合巻」と発展した娯楽絵本である。絵
と文章に込められたさまざまな〈仕掛け〉を丁寧に読み解き、
授業概要 作品に対する理解を深めたい。前期は唐来参和(とうらいさ
んな)の黄表紙『莫切自根金生木(きるなのねからかねのな
るき)
』を、後期は曲亭馬琴(きょくていばきん)の合巻『千
葉館世継雑談(ちばやかたよつぎぞうたん)
』を精読する。
昭和初年から戦後にかけて執筆された短編小説を
読解しながら、近代小説を概観する。日本の近代文
学はヨーロッパの文芸思潮の影響を受けながら発展
授業概要 したが、ここで取り上げる作品の多くは、表現者た
ちが流入した文芸思潮を消化吸収した史的足跡であ
る。一つの小説が成立していく中で、どのような言
語及び思想的な実験がなされたかを考える。
1.ガイダンス
2.草双紙の世界①赤本・青本・黒本
3.草双紙の世界②黄表紙
4.唐来参和と『莫切自根金生木』
5.発表資料の作成方法
6.模擬発表
7.『莫切自根金生木』の発表①
8.『莫切自根金生木』の発表②
9.『莫切自根金生木』の発表③
10.『莫切自根金生木』の発表④
11.『莫切自根金生木』の発表⑤
12.『莫切自根金生木』の発表⑥
13.『莫切自根金生木』の発表⑦
14.『莫切自根金生木』の発表⑧
15.前期のまとめ
授業内容 16.草双紙の世界③合巻
17.曲亭馬琴と『千葉館世継雑談』
18.『千葉館世継雑談』の発表①
19.『千葉館世継雑談』の発表②
20.『千葉館世継雑談』の発表③
21.『千葉館世継雑談』の発表④
22.『千葉館世継雑談』の発表⑤
23.『千葉館世継雑談』の発表⑥
24.『千葉館世継雑談』の発表⑦
25.『千葉館世継雑談』の発表⑧
26.『千葉館世継雑談』の発表⑨
27.『千葉館世継雑談』の発表⑩
28.『千葉館世継雑談』の発表⑪
29.『千葉館世継雑談』の発表⑫
30.後期のまとめ
1.授業の概要
2.昭和の小説と詩の概観1
3.昭和の小説と詩の概観2
4.発表作品の決定、発表の仕方
5.テキストの読み方 宮澤賢治「注文の多い料
理店」1
6.宮澤賢治「注文の多い料理店」2
7.テキストの読み方 宮澤賢治「よだかの星」1
8.宮澤賢治「よだかの星」2
9.テキストの読み方 宮澤賢治「セロ弾きのゴー
シュ」1
10.宮澤賢治「セロ弾きのゴーシュ」2
11.テキストの読み方 太宰治「走れメロス」1
12.太宰治「走れメロス」2
13.テキストの読み方 太宰治「桜桃」
14.テキストの読み方 芥川龍之介「鼻」
授業内容 15.テキストの読み方のまとめ
16.転換期の作者像 芥川龍之介「蜃気楼」
17.新感覚派の表現 川端康成「バツタと鈴虫」
18.同人雑誌の表現 梶井基次郎「檸檬」
19.社会革命の表現 中野重治「春さきの風」
20.転向の文学表現 高見順「感傷」
21.深層心理の表現 伊藤整「緑の崖」
22.童謡から詩へ 丸山薫の詩「豹」1
23.童謡から詩へ 丸山薫の詩「豹」2
24.演劇表現の導入 坂口安吾「風博士」
25.表現革命の表現 中原中也の詩「サーカス」
26.戦時体制下の恋愛表現 堀辰雄「曠野」
27.戦時体制下の恋愛表現 高村光太郎の詩「レ
モン哀歌」
28.希望を詠う 丸山薫の詩「未来へ」
29.政治を風刺する 安部公房「手」
30.授業まとめ
発表者は担当する場面について、辞書等を活用して十分
に準備し、資料(翻刻・語釈・現代語訳)を作成したうえで、
事前・事後
発表にのぞんでほしい。また、自身の担当箇所以外の場
学
習
面も、丁寧に読んで予習しておく必要がある。発表後は
担当箇所の問題点を明確にし、解決方法を考えること。
事前・事後 授業終了時、次週の授業に備える課題を与え、授業
学
習 のまとめを提出してもらう。
①口頭発表:60点②レポート:40点(前期・後期)ただ
評価方法
し、前期・後期それぞれ5回以上欠席した者には、単
・ 基 準
位を認めない。
評価方法 「平常点」
「積極的な授業への取り組み」
「意欲的な受
・ 基 準 講態度、試験」
質疑応答の場を設けるので、受講生は積極的に発言
してほしい。また、自身が発表する際の遅刻・欠席は、
履修上の
他の受講生に多大な迷惑かけることになるので、絶
注意事項等
対に避けるようにする。このようなことが繰り返し
行われた場合は、単位を認めない場合がある。
履修上の
受講生が資料を配付し、発表する。
注意事項等
テ キ スト 『使用しない』
テ キ スト 『プリントを配布』
参 考 書 『使用しない』
参 考 書 『周縁としてのモダニズム』藤本寿彦, 双文社
科目ナンバリング LJ101
― 104 ―
『水夫の足-丸山薫のことなど』藤本寿彦, 七月堂
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ101
聴講の可否
×
科 目 名
言語・文学(五)
担当教員
光石 亜由美
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
言語・文学(六)
配当
年次
1-4
担当教員
木田 隆文
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
1-4
テ ー マ 小説の読み方
テ ー マ 芥川龍之介の短編小説を読む
①テクストを精読する方法、②文献調査の方法、③
到 達目標 ディスカッションの技術、④プレゼンテーションの
技術を身につける。
(1)芥川龍之介の小説作品に対する理解を深める。
(2)近代文学研究の基礎的な能力を習得する。
(3)
到 達目標
高校までの〈国語〉と大学の〈文学研究〉の差異を
理解する。
①前期前半は、レジュメの作成の仕方、パワーポイ
ントの使い方など、発表の基礎的な部分を学ぶ。②
授業概要 前期後半は、文学理論をふまえた作品の基礎的な読
み方を習得する。③後期は、前期で習得したことを
ふまえて、発表を行う。
この授業は(1)近代文学研究の基礎的な手法と、
(2)
大学で必要な発表の方法を身に着けることを目的と
します。前期はまず芥川龍之介「羅生門」を素材に
授業概要 作品の分析方法を学び、その後受講生を班に分け、
指定された短編作品の分析・発表を行います。後期は
自主的に検討対象とする作品を選び、前期で培った
研究方法を生かしながら研究発表を行います。
1.ガイダンス〈現代国語〉と〈文学研究〉の違い
2.小説を読む前に1「芥川龍之介」とは誰か
3.小説を読む前に2 作品(テクスト)とは何か
4.「羅生門」を読む1 直観から論理へ
5.「羅生門」を読む2 時間を考える① 精読作業
6.「羅生門」を読む3 時間を考える② 解釈作業
7.「羅生門」を読む4 人物を考える① 精読作業
8.「羅生門」を読む5 人物を考える② 解釈作業
9.「羅生門」を読む6 構造をとらえる① 精読作業
10.「羅生門」を読む7 構造をとらえる② 解釈作業
11.口頭発表のために(発表のための注意点)
12.作品分析の実践1 口頭発表1
13.作品分析の実践2 口頭発表2
14.作品分析の実践3 口頭発表3
15.前期まとめ
16.後期ガイダンス 発表作品の決定
授業内容
17.注釈の試み1 手法と文献
18.注釈の試み2 図書館を使い尽くす(図書館実習1)
19.発表のための文献調査(図書館実習2)
20.口頭発表1 問題点の確認および質疑応答
21.口頭発表1 前週の追加報告および先行論文と
の対比
22.口頭発表2 問題点の確認および質疑応答
23.口頭発表2 前週の追加報告および先行論文と
の対比
24.口頭発表3 問題点の確認および質疑応答
25.口頭発表3 前週の追加報告および先行論文との対比
26.口頭発表4 問題点の確認および質疑応答
27.口頭発表4 前週の追加報告および先行論文との対比
28.口頭発表5 問題点の確認および質疑応答
29.口頭発表5 前週の追加報告および先行論文との対比
30.まとめ
事前・事後 事前に配布されたテクスト・資料は必ず読んでくるこ
学
習 と。
検討対象となる作品や事前に配布された資料は必ず
事前・事後
読んでくること。 わからない用語は下調べをして
学
習
おくこと。
評価方法 授業内での発表 40% 提出物・レポート(前期後期
・ 基 準 2回)
30% 議論への積極性 30%
平常(10%)
、課題(20%)
、発表(30%)
、期末レポー
評価方法 ト(40%)
ただし自発的な学習態度には平常点の比
・ 基 準 率を上げます。また発言を重視するので、上記とは
別に発言ポイントを加算します。
発表はもちろん、
討論での発言度、
積極性を重視する。
履 修 上 の 受講者は全員、テクストを読んで、討議に参加する
注意事項等 こと。受講人数によって授業計画を変更することが
ある。
履 修 上 の 欠席したりわからないことが出た場合、翌週までに
注意事項等 木田研究室まで質問に来ること。
テ キ スト 『プリントで配布する』
テ キ スト 『羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八編』芥川龍之介, 文春文庫
参 考 書 『文学テクスト入門』前田愛, ちくま学芸文庫, 1993年
参 考 書 『講義中に適宜指示します。』
科目ナンバリング LJ101
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ101
聴講の可否
×
― 105 ―
国 文 学 科
1.前期ガイダンス
2.図書館ガイダンス
3.パワーポイント作成実習Ⅰ
4.パワーポイント作成実習Ⅱ
5.パワーポイント発表
6.①主人公
7.②タイトル・作者名
8.③書き出し
9.④語り
10.⑤空間と時間
11.⑥テクストの空白
12.⑦ストーリーとプロット
13.⑧インターテクステュアリティ
14.レジュメの作成の仕方Ⅰ 15.レジュメの作成の仕方Ⅱ
授業内容 16.後期ガイダンス
17.①有島武郎「一房の葡萄」発表・討議Ⅰ
18.②有島武郎「一房の葡萄」発表・討議Ⅱ
19.③有島武郎「一房の葡萄」先行研究の検討
20.①森鴎外「高瀬舟」発表・討議Ⅰ
21.②森鴎外「高瀬舟」発表・討議Ⅱ
22.③森鴎外「高瀬舟」先行研究の検討
23.①谷崎潤一郎「刺青」発表・討議Ⅰ
24.②谷崎潤一郎「刺青」発表・討議Ⅱ
25.③谷崎潤一郎「刺青」先行研究の検討
26.①梶井基次郎「檸檬」発表・討議Ⅰ
27.②梶井基次郎「檸檬」発表・討議Ⅱ
28.③梶井基次郎「檸檬」先行研究の検討
29.全体討議
30.まとめ
科 目 名
国文学講読(一)
担当教員
上野 誠
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
国文学講読(二)
配当
年次
2-4
担当教員
松本 大
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
2-4
テ ー マ 万葉集の香具山の歌を講読する。
テ ー マ 高松宮家旧蔵本『竹取物語』の世界
万葉集を読むための基礎的知識を身に付けた後、一
到 達目標 つのテーマに基づいて、歌を読んでゆく力を身につ
けることを目標とする。
物語の描き出す世界が、伝本によって異なることを
経験的に理解するとともに、古典文学作品における
到 達目標
本文校訂の問題点・課題を把握する。また、くずし字
を読解する能力を身につける。
『万葉集』の香具山関係歌を丁寧に読みながら、その作
品世界に迫りたい。前期はまず手始めに、教授者が、
『万
葉集』の解題を行なう。<『万葉集』の名義><成立の
授業概要 事情><各巻の構成><標目・部立・題詞・左注><国歌
大観番号><四期時代区分><巻1、2の性格>などの
解説を行なう。担当歌を各グループに配当し、その担当
歌について発表をしてゆくことにする。
授業概要
『竹取物語』の本文は、通行本系統と古本系統に分けられる。現在我々が
目にしている本文は通行本系統であるが、通行本系統の内部にも様々な異
同が存在する。また、現在の本文が平安時代の本文であると捉えてしまう
ことは、大きな誤りである。そこで本講読では高松宮家旧蔵本を扱い、普
段目にすることのない物語世界を読み解いていく。受講者には、影印資料
を配布する予定である。この影印資料を翻刻し、他の本文との比較を行っ
た上で、物語の読解を行っていく。その上で、全集等の本文とは異なる物
語世界を持つことを経験的に理解し、一様ではない古典文学作品の扱い方・
読解の注意点等を学ぶ。なお、受講生の理解度によって、授業の進行を見
直す場合があるため、以下の内容は参考程度に示したものである。
1.注釈書の見方
2.注釈書から問題点をさぐる
3.研究成果から考える方法を学ぶ
4.歴史地図の利用
5.発表の手順を学ぶ
6.香具山と国見 舒明国見歌
7.香具山と国見 「天の」という表現
8.持統天皇の香具山 生活の歌
9.持統天皇の香具山 暦と文学
10.藤原京を歌う 都の文学
11.藤原京を歌う 世界の中心
12.大和三山とは 妻争い
13.大和三山とは 反歌の論
14.藤原宮御井歌 水と都
15.藤原宮御井歌 歌の遠近法
授業内容 16.高市皇子挽歌 人麻呂の世界
17.高市皇子挽歌 殯宮挽歌
18.香具山追悼歌 大宮びと
19.香具山追悼歌 懐旧の情
20.大伴旅人と香具山 文人の文学
21.大伴旅人と香具山 官人の文学
22.香具山行路死人歌 都と課役
23.香具山行路死人歌 路傍の死
24.巻七香具山歌 山の文学
25.巻七香具山歌 有名な山とは
26.巻十香具山歌 季節と文学
27.巻十香具山歌 生活と表現
28.巻十一香具山歌 平安朝和歌へ
29.巻十一香具山歌 うたと抒情
30.まとめ・総括
1.ガイダンス・発表日程決め
2.『竹取物語』を読む前に
3.1丁表
4.1丁裏
5.2丁表~ 2丁裏
6.3丁表~ 3丁裏
7.4丁表~ 4丁裏
8.5丁表~ 6丁裏
9.7丁表~ 8丁裏
10.9丁表~ 10丁裏
11.11丁表~ 12丁裏
12.13丁表~ 14丁裏
13.15丁表~ 16丁裏
14.補足
15.まとめ
授業内容 16.ガイダンス・発表日程決め
17.17丁表~ 19丁裏
18.20丁表~ 22丁裏
19.23丁表~ 25丁裏
20.26丁表~ 28丁裏
21.29丁表~ 31丁裏
22.32丁表~ 34丁裏
23.35丁表~ 37丁裏
24.38丁表~ 40丁裏
25.41丁表~ 42丁裏
26.43丁表~ 45丁裏
27.46丁表~ 48丁裏
28.49丁表~ 51丁裏
29.補足
30.まとめ
各注釈書を、充分に読んでおくこと。注釈書ごとの
事前・事後 説の違いを十分に理解し、解釈にあたって、注釈書
学
習 の言説が、十分にいかされるようにしておいて下さ
い。
発表者は自身の担当段を熟読し、発表の準備を行ってくるこ
と。その際、分かりやすい発表資料の作成を心掛けることが
事前・事後
求められる。また、自分の発表段以外についても、目を通し
学
習
ておき、演習中に質問を行えるようにしておくこと。全集等
であらかじめ『竹取物語』を通読しておくことが望ましい。
主に発表内容によって評価を行う。評価基準は、問
評価方法
題発見とそのわかりやすい提出ができたかというこ
・ 基 準
とを基準とする。
評価方法 発表50%、最終授業時に実施する筆記による到達度
・ 基 準 確認30%、授業中の発言20%。
主に発表内容によって評価を行う。評価基準は、問題発見と
そのわかりやすい提出ができたかということを基準とする。
履 修 上 の 当該科目に関係する諸事項について、つねに関心を持って、
注意事項等 自分なりの視点でものが考えられるように、努力してほしい。
そうすれば、授業で得られた知見によって、他の問題につい
ても考える力を養えるのではないか。教授者は、そう考える。
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『万葉集』鶴久・森山隆[編],おうふう, 2001年
テ キ スト 『増補改訂 仮名変体集』伊地知鐵男, 新典社, 1966
参 考 書 『なし』
参 考 書 『授業中に適宜指示する。』
科目ナンバリング LJ201
― 106 ―
聴講の可否
×
発表者が十分な準備を行わないと、他の受講生にも多大なる迷惑が掛かる。
発表者は責任をもって発表に臨むこと。発表者が発表当日に無断欠席した場
合は、単位は認めない。また、影印による講読であるため、特にテキストは
定めないが、全集等のテキストを用意することが望ましい。なお、くずし字読
解用に『増補改訂 仮名変体集』を指定したが、別の講義等で既に所持して
いる者や別の仮名手引き等を持っている者は、新たに購入する必要はない。
科目ナンバリング LJ201
聴講の可否
×
科 目 名
国文学講読(三)
担当教員
石川 一
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
国文学講読(四)
配当
年次
2-4
担当教員
中尾 和昇
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
2-4
テ ー マ 江戸の恋愛小説『春色梅児誉美』を読む
古典読解力を養うと共に、諸家集などの周辺資料の取
り扱いを習熟させ、作品の背景にある作者の創作意図
到 達目標
を明らかにする。変体仮名を習熟することを目標にし
ているので、それについて十分な心構えを期待したい。
①近世文学の読解方法を習得する。②会話を中心に
到 達目標 展開する人情本の特性を理解する。③江戸の庶民文
化を理解する。
『西行物語』を読む。新古今時代の代表歌人である
西行の和歌作品を通して、西行という人物の魅力を
授業概要 解明してゆく。併せて「山家集」
「西行上人集」など
の家集との本文・詞書の異同を検証して、創作問題も
考察したい。
江戸時代の恋愛小説といえば、遊郭を舞台にした「洒
落本」が、長らくその役割を担ってきたが、19世紀
に入ると、一般の男女を主人公にした「人情本」が流
授業概要 行する。人情本に見られる江戸の風俗描写や洗練さ
れた会話表現を丁寧に読み解き、作品に対する理解
を深めたい。この講義では、為永春水の代表作『春
色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)
』を精読する。
1.作品概説
2.作品構成・組織
3.作品講読(家系と才能)
4.現世無常の道理
5.春の歌
6.鳥羽殿における誉れ
7.友人の急死
8.深まる道心
9.娘を蹴落とす
10.妻に語る言葉
11.出家受戒
12.出家賛歌
13.年末・新年の感慨
14.桜に寄せて
15.伊勢参拝
授業内容 16.伊勢縁起(一)
17.伊勢縁起(二)
18.月に寄せて
19.二見浦の侘び住まい
20.花月の歌
21.東への旅立ち
22.渡し船での事件
23.小夜の中山
24.悲しき再会
25.清見潟
26.富士の煙
27.鴫立つ沢
28.武蔵野の隠者
29.白河の関
30.総括
1.ガイダンス
2.人情本の世界
3.為永春水と『春色梅児誉美』
4.発表資料の作成方法
5.模擬発表
6.『春色梅児誉美』第一齣の発表①
7.『春色梅児誉美』第一齣の発表②
8.『春色梅児誉美』第一齣の発表③
9.『春色梅児誉美』第一齣の発表④
10.『春色梅児誉美』第一齣の発表⑤
11.『春色梅児誉美』第二齣の発表①
12.『春色梅児誉美』第二齣の発表②
13.『春色梅児誉美』第二齣の発表③
14.『春色梅児誉美』第二齣の発表④
15.前期のまとめ
授業内容 16.『春色梅児誉美』第三齣の発表①
17.『春色梅児誉美』第三齣の発表②
18.『春色梅児誉美』第三齣の発表③
19.『春色梅児誉美』第三齣の発表④
20.『春色梅児誉美』第四齣の発表①
21.『春色梅児誉美』第四齣の発表②
22.『春色梅児誉美』第四齣の発表③
23.『春色梅児誉美』第四齣の発表④
24.『春色梅児誉美』第五齣の発表①
25.『春色梅児誉美』第五齣の発表②
26.『春色梅児誉美』第五齣の発表③
27.『春色梅児誉美』第六齣の発表①
28.『春色梅児誉美』第六齣の発表②
29.『春色梅児誉美』第六齣の発表③
30.後期のまとめ
変体仮名のテキスト(当初はその翻刻)を使用する
事前・事後
ので、事前に独力でノートを作成し、徐々に読解力
学
習
を会得して欲しい。
発表者は担当する場面について、辞書等を活用して十分
に準備し、資料(翻刻・語釈・現代語訳)を作成したうえで、
事前・事後
発表にのぞんでほしい。また、自身の担当箇所以外の場
学
習
面も、丁寧に読んで予習しておく必要がある。発表後は
担当箇所の問題点を明確にし、解決方法を考えること。
評価方法 意欲的な受講態度、および積極的な授業への取り組
・ 基 準 み30%、レポート70%などで総合的に評価したい。
①口頭発表:60点②レポート(前期・後期):40点ただ
評価方法
し、前期・後期それぞれ5回以上欠席した者には、単
・ 基 準
位を認めない。
テキストの他に周辺資料のプリントを配布しながら、
多面的な角度から作品の内容を考えてゆくので、古
履修上の
典文学に対して知識欲の旺盛な者が望ましい。なお、
注意事項等
「西行物語」テキストは品切れであれば、受講生が確
定してから写真版を配布する。
質疑応答の場を設けるので、受講生は積極的に発言
してほしい。また、自身が発表する際の遅刻・欠席は、
履修上の
他の受講生に多大な迷惑かけることになるので、絶
注意事項等
対に避けるようにする。このようなことが繰り返し
行われた場合は、単位を認めない場合がある。
テ キ スト
『増補改訂 仮名変体集』伊地知鐵男, 新典社, 1966初版
『西行一大里巷伝』大坪利絹, 和泉書院, 1985初版
テ キ スト 『使用しない』
参 考 書
科目ナンバリング LJ201
国 文 学 科
テ ー マ 歌人伝記という作品を通しての古典文学精読
参 考 書 『使用しない』
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ201
聴講の可否
×
― 107 ―
科 目 名
国文学講読(五)
担当教員
光石 亜由美
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
国文学講読(六)
配当
年次
2-4
担当教員
藤本 寿彦
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
2-4
テ ー マ 〈女性作家〉を読む
テ ー マ 近現代の名詩を読む
①近代文学のテクストの読解方法を学ぶ。 ②テク
ストの背景となる歴史、文化を理解する。 ③先行
到 達目標
研究の調査方法、引用の仕方を学ぶ。④問題点を抽
出し、分析・論述する。
到 達目標
近代文学のテクストを、テクストが描かれた時代背
景、文化背景を踏まえた上で、読み解く。また、先
授業概要 行研究を調査、検討したうえで、それぞれのテクス
トの問題点をあぶりだし、発表者に分析を加えても
らう。
明治維新以降、ヨーロッパの文学思想を受容するこ
とで、近代詩の歴史が開かれていった。新しい表現
授業概要 を獲得するために、詩人たちは様々な模索をしてい
る。それによって生まれた表現とそれを支えた詩作
法を学ぶ。
1.前期ガイダンス
2.先行研究・資料の調査方法について
3.レジュメの作り方Ⅰ 先行研究
4.レジュメの作り方Ⅱ 時代背景
5.山田詠美「海の方の子」
:フリーディスカッショ
ン
6.山田詠美「海の方の子」:先行研究の検討
7.山田詠美「海の方の子」:テクストの分析Ⅰ
8.山田詠美「海の方の子」:テクストの分析Ⅱ
9.山田詠美「海の方の子」:テクストの分析Ⅲ
10.林芙美子「下町」:フリーディスカッション
11.林芙美子「下町」:先行研究の検討
12.林芙美子「下町」:テクストの分析Ⅰ
13.林芙美子「下町」:テクストの分析Ⅱ
14.林芙美子「下町」:テクストの分析Ⅲ
15.中間まとめ
授業内容
16.林京子「空缶」:フリーディスカッション
17.林京子「空缶」:先行研究の検討
18.林京子「空缶」:テクストの分析Ⅰ
19.林京子「空缶」:テクストの分析Ⅱ
20.林京子「空缶」:テクストの分析Ⅲ
21.大庭みな子「山姥の微笑」:フリーディスカッ
ション
22.大庭みな子「山姥の微笑」:先行研究の検討
23.大庭みな子「山姥の微笑」:テクストの分析Ⅰ
24.大庭みな子「山姥の微笑」:テクストの分析Ⅱ
25.大庭みな子「山姥の微笑」:テクストの分析Ⅲ
26.田村俊子「女作者」:フリーディスカッション
27.田村俊子「女作者」:先行研究の検討
28.田村俊子「女作者」:テクストの分析Ⅰ
29.田村俊子「女作者」:テクストの分析Ⅱ
30.田村俊子「女作者」:テクストの分析Ⅲ
1.授業の内容説明
2.近代詩史の概観
3.詩の読み方
4.浪漫主義の恋愛1 島崎藤村「昼の夢」
5.浪漫主義の恋愛2 島崎藤村「初恋」
6.浪漫主義の風景1 島崎藤村「小諸なる古城の
ほとり」
7.浪漫主義の風景2 土井晩翠「荒城の月」
8.浪漫主義の精神風景 土井晩翠「おほいなる
手のかげ」
9.明星派の詩 与謝野鉄幹「人を恋ふる歌」
10.明星派の詩 与謝野晶子「君死にたまふこと
なかれ」
11.口語自由詩の成立 川路柳虹「塵塚」
12.人道主義の恋愛1 高村光太郎「人に」
13.人道主義の恋愛2 高村光太郎「同棲同類」
授業内容 14.人道主義の造型 高村光太郎「雷獣」
15.大正期の抒情1 室生犀星「小景異情」
16.大正期の抒情2 室生犀星「春の寺」
17.大正期の抒情3 室生犀星「靴下」
18.大正期の抒情4 室生犀星「駱駝」
19.大正期の抒情5 萩原朔太郎「旅上」
20.昭和初期の抒情 草野心平「秋の夜の会話」
21.モダニズムの風景1 三好達治「鶺鴒」
22.モダニズムの風景2 村野四郎「鹿」
23.昭和期の恋愛1 黒田三郎「そこにひとつの席が」
24.昭和期の恋愛2 伊藤桂一「水ぐるま」
25.昭和期の家族1 丸山薫「ランプのやうに」
26.昭和期の家族2 岡本潤「二つの世代」
27.昭和期の家族3 三井ふたばこ「みち」
28.昭和期の家族4 高田敏子「赤ちゃんの目」
29.戦後の青年像 谷川俊太郎「二十億光年の孤独」
30.授業まとめ
事前・事後
事前に配布された資料は必ず読んでくること。
学
習
事前・事後 事前に配布された資料を読み、感想をまとめておく
学
習 こと。
評価方法 授業内での発表 40% 提出物・レポート 40% ・ 基 準 議論への積極性 20%
評価方法 「平常点」
「積極的な授業への取り組み」
「意欲的な受
・ 基 準 講態度、試験」
発表はもちろん、討論での発言度、積極性を重視す
る。受講者は全員、テクストを読んで、討議に参加
履修上の
すること。テクストを読まないで授業に参加するの
注意事項等
は、出席と認めない。受講人数によって授業計画を
変更することがある。
履修上の
毎時間、感想文を提出してもらう。
注意事項等
テ キ スト 『プリントで配布』
テ キ スト 『プリントの配布』
参 考 書
『女性文学を学ぶ人のために』渡邊澄子編, 世界思想社, 2000年
『はじめて学ぶ日本女性文学史』ミネルヴァ書房, 2005年
科目ナンバリング LJ201
― 108 ―
聴講の可否
×
明治以降に創作された名詩を対象として、詩表現の
読解力を養う。
参 考 書 『周縁としてのモダニズム』藤本寿彦, 双文社, 2009年
科目ナンバリング LJ201
聴講の可否
×
科 目 名
国文学講読(七)
担当教員
☆大槻 慎二
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
国文学講読(八)
配当
年次
2-4
担当教員
木田 隆文
テ ー マ 小説を書くこと、読むことが好きになる、愉しくなる。
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
2-4
テ ー マ 川端康成の小説を読む-〈注釈〉的視座から
(1)川端康成の文学世界を知る。
(2)文学研究の
到 達目標 基礎的手法の習得を目指す。
(3)文献の探索・読解
に慣れる。
よく書くことは、よく読むことに通じます。逆もま
た真なり。古今東西の短編小説からセレクトしたも
のを読み、その構造を知って味わうことと、小説的
授業概要 文章とはどういうものか、また文体とは何かを会得
するレッスンを並行して行います。前期の最後に15
枚の掌編小説を、最終講義に30枚の短編小説を提出
してもらいます。
川端康成「掌の小説」
「古都」を、
〈注釈〉によって読み進
める。注釈は作品の中に描かれた事物や出来事の実際を資
料によって確認し、それに基づいて作品を解釈する方法で
ある。そのため、作品を読むのはもちろん、作品の背景に
授業概要 ある同時代の文献を探索し、読み解くことも重視する。前
期:
「掌の小説」の収録作品(短編)を読む。まずは講義形
式で注釈の方法を学び、その後割り当てられた作品に対し
て注釈に基づく作品研究を行う。 後期:
「古都」
(長編)を
取り上げ、受講生がリレー形式で作品分析と報告を行う。
1.ガイダンス
2.漫画をノベライズしてみる(1)
3.漫画をノベライズしてみる(2)
4.漫画をノベライズしてみる(3)
5.小説的文章とは何か
6.いい短編小説を読む楽しみ
7.短編小説読書会(1)
8.短編小説読書会(2)
9.短編小説読書会(3)
10.文体というもの
11.SFとライトノベル
12.再び、小説的文章とは
13.短編小説読書会(4)
14.短編小説読書会(5)
15.掌編小説とは
授業内容 16.掌編小説合評会(1)
17.掌編小説合評会(2)
18.一枚の写真から小説を書いてみる(1)
19.一枚の写真から小説を書いてみる(2)
20.一枚の写真から小説を書いてみる(3)
21.プロットについて(1)
22.プロットについて(2)
23.プロットについて(3)
24.推敲について(1)
25.推敲について(2)
26.推敲について(3)
27.短歌をノベライズする(1)
28.短歌をノベライズする(2)
29.短歌をノベライズする(3)
30.授業まとめ
1.ガイダンス 班分け・担当作品決定
2.講義と実践1 注釈とはなにか
3.講義と実践2 問題点はどこにある?
4.講義と実践3 「神の骨」注釈と読解1
5.講義と実践4 「神の骨」注釈と読解2
6.講義と実践5 「神の骨」注釈と読解3
7.グループ発表1 注釈・解釈と質疑応答
8.グループ発表1 追加報告と質疑応答
9.グループ発表2 注釈・解釈と質疑応答
10.グループ発表2 追加報告と質疑応答
11.グループ発表3 注釈・解釈と質疑応答
12.グループ発表3 追加報告と質疑応答
13.グループ発表4 注釈・解釈と質疑応答
14.グループ発表4 追加報告と質疑応答
15.前期まとめ
授業内容 16.前期ガイダンス 発表分担決定
17.講義1 「古都」について
18.講義2 注釈のポイントと主要文献
19.講義3 図書館実習(注釈資料の探索)
20.口頭発表1「春の花」報告・討議
21.口頭発表2「尼寺と格子」報告・討議
22.口頭発表3「きものの町」報告・討議
23.口頭発表4「北山杉」報告・討議
24.口頭発表5「祇園祭」報告・討議
25.口頭発表6「秋の色」報告・討議
26.口頭発表7「松のみどり」報告・討議
27.口頭発表8「秋深い姉妹」報告・討議
28.口頭発表9「冬の花」報告・討議
29.レポート作成の注意点(発表予備日)
30.まとめ 事前・事後
講義内で適宜提出された課題をやってくる。
学
習
(1)授業で取り上げる作品は必ず下読みをし、注釈
事前・事後
を付すべき言葉にチェックを入れておくこと。
(2)
学
習
配布された資料にはあらかじめ目を通すこと。
評価方法 前期終了時提出の掌編小説、最終回提出の短編小説
・ 基 準 に対する評価に、普段の講義の聴講態度を加味する。
平常10% 発表30% レポート60%の総合評価。 評価方法
ただし積極的な発言や授業参加が認められた場合、
・ 基 準
平常点の比率を上げます。
履 修 上 の 毎回、自分の原稿用紙(400字)と赤ペンを持ってく
注意事項等 る。
テキストはできるだけ大学購買部で購入すること
履 修 上 の (同じ文庫本でも古い版はページ数が違うため、発表
注意事項等 の際に混乱が生じる恐れがあります。大学外で購入
すると異版を入手する可能性があります)
。
テ キ スト
テ キ スト 『古都』川端康成, 新潮文庫
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング LJ201
国 文 学 科
自分の文体で、30枚の短編小説がしっかり書けるよ
うになる。
到 達目標
『掌の小説』川端康成, 新潮文庫
聴講の可否
×
『論集 川端康成-掌の小説』川端康成研究会, おうふう, 2001
『その他、随時指示します。』
科目ナンバリング LJ201
聴講の可否
×
― 109 ―
科 目 名
国文学講読(九)
担当教員
柏原 卓
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
2-4
科 目 名
演習Ⅰ(一)
期間
通年
配当
3-4
年次
万葉集の巻11を読む。万葉集を読むための基礎的知
テ ー マ 識を確認した後、万葉歌を読むための力を身につけ
る。
担当教員
上野 誠
単位数 4単位
テ ー マ
日本語史研究入門の論文を読んで過去から現在の日
本語を観察する方法を知り参考にする。
到 達目標
古今の日本語研究のさまざまな分野や資料と方法を
知る。
到 達目標
研究方法や主要問題について述べた論文を読んで、
日本語研究のテーマと研究方法の多様性を学ぶ。
本年度は、旋頭歌と正述心緒を読むことになるだろう。
しかも、それらには「人麻呂歌集」の歌々が多く含まれ
ている。発表には厳密を求めるが、歌は一人一人味わっ
授業概要 て欲しい。読むための作業は煩瑣なものであるが、その
作業を通じて、歌を理解するということが、じわりとわ
かってくるのではないか。毎回一首を丁寧に読み込みま
す。各人に配当された歌について発表をしてもらいます。
授業概要
『万葉集』の恋歌を本質的に理解する。万葉歌表現
の特性を見出す力を身に付ける。
1.序説
2.各論文の位置について
3.日本語音韻史の研究方法
4.アクセント史研究の要点
5.日本漢字音史の研究方法
6.語彙史の研究方法
7.文法史の研究方法
8.表記史の研究方法
9.方言国語史の研究方法
10.上代語研究のトピックス
11.中古語研究のトピックス
12.中世語研究のトピックス
13.近世語研究のトピックス
14.近代語研究のトピックス
15.前期の要点まとめ
授業内容 16.後期の序説
17.訓点資料
18.和化漢文資料
19.キリシタン資料
20.近代外国資料
21.録音資料
22.古辞書概説
23.和名類聚抄
24.類聚名義抄
25.色葉字類抄
26.古本節用集
27.近世節用集
28.補説・古典語と現代語
29.補説・日本語史と方言
30.後期の要点まとめ
1.『万葉集』の研究史
2.あたらしい『万葉集』の見方
3.発表の準備と方法を学ぶ
4.『万葉集』2351番歌講読
5.『万葉集』2352番歌講読
6.『万葉集』2353番歌講読
7.『万葉集』2354番歌講読
8.『万葉集』2355番歌講読
9.『万葉集』2356番歌講読
10.『万葉集』2357番歌講読
11.『万葉集』2358番歌講読
12.『万葉集』2359番歌講読
13.『万葉集』2360番歌講読
14.『万葉集』2361番歌講読
15.『万葉集』2362番歌講読
授業内容 16.『万葉集』2363番歌講読
17.『万葉集』2364番歌講読
18.『万葉集』2365番歌講読
19.『万葉集』2366番歌講読
20.『万葉集』2367番歌講読
21.『万葉集』2368番歌講読
22.『万葉集』2369番歌講読
23.『万葉集』2370番歌講読
24.『万葉集』2371番歌講読
25.『万葉集』2372番歌講読
26.『万葉集』2373番歌講読
27.『万葉集』2374番歌講読
28.『万葉集』2375番歌講読
29.『万葉集』2376番歌講読
30.まとめ・総括
授業時に配付する論考のプリントを用いて十分な予
事前・事後 習が行われることを前提として講読を進めるので留
学
習 意すること。なお、各回の発表者の発表内容につい
ての評価レポートを受講者の全員に求める。
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降
は予習なしに授業に臨むと授業についていけなくな
事前・事後
る可能性があります。諸本の異同と解釈案の相違に
学
習
ついて、注釈書が依拠する根拠を、十分に考えて来
てください。
評価方法
レポート、及び発表の内容を総合して評価する。
・ 基 準
発表と質疑応答によって評価する。より深く、より
評価方法
わかりやすい発表のためにどのような準備がなされ
・ 基 準
たかなどを評価する。
履修上の
適宜に指示する。
注意事項等
発表と質疑応答によって評価する。より深く、よりわかりやす
い発表のためにどのような準備がなされたかなどを評価する。
履 修 上 の 当該科目に関係する諸事項について、つねに関心を持って、自
注意事項等 分なりの視点でものが考えられるように、努力してほしい。そ
うすれば、授業で得られた知見によって、他の問題について
も考える力を養えるのではないか。教授者は、そう考える。
テ キ スト 『プリント配布』
テ キ スト 『万葉集』鶴久・森山隆[編],おうふう, 2001年
参 考 書 『なし』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LJ201
― 110 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ301
聴講の可否
×
科 目 名
演習Ⅰ(二)
担当教員
松本 大
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
演習Ⅰ(三)
配当
年次
3-4
担当教員
石川 一
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 古典文学、特に和歌に関する基礎知識の習得
古典文学作品の研究として、適切な場面読解・本文の
異同・先行研究の把握といった初歩的な実践を行うと
到 達目標
ともに、卒業論文のテーマについて選択肢の幅を広
げられるような知見を手にする。
私家集についての古文読解力を養うと共に、影印本
到 達目標 の底本を他本との校合を視野に入れることにより、
文献学的な方法についての知見を深める。
『源氏物語』玉鬘巻について、各場面の細かな読解を行った上で、発表者
の興味のあるテーマについて先行研究を押さえながら考察を加えていく。
『源氏物語』に対する先行研究は膨大にあるが、それらの中には検討の
余地をいまだに残すものも多い。これらの先行研究を批判的に乗り越え
授業概要 ることを目標として、『源氏物語』の読解を行っていき、古典文学作品研
究の方法を身につける。本演習では、前期にまず場面読解を行い、後期
で各自のテーマに沿った発表を行う予定である。発表者の人数によって、
演習のテーマや進行は変化するため、以下はおおまかな内容である。
『建礼門院右京大夫集』を読む。源平争乱の中で平
資盛との愛を育んだ女房の絶唱を通して、歴史に翻
授業概要
弄される人生の意味を考える。
『平家物語』の裏面史
として重層的に作品を読んでゆきたい。
1.ガイダンス・発表日程決め
2.段追いのやり方―発表までの流れ―
3.玉鬘巻までの概略と諸問題
4.場面読解:新編全集〔1〕
5.場面読解:新編全集〔2〕
6.場面読解:新編全集〔3〕
7.場面読解:新編全集〔4〕
8.場面読解:新編全集〔5〕~〔6〕
9.場面読解:新編全集〔7〕
10.場面読解:新編全集〔8〕~〔9〕
11.場面読解:新編全集〔10〕~〔11〕
12.場面読解:新編全集〔12〕~〔13〕
13.場面読解:新編全集〔14〕~〔16〕
14.場面読解:新編全集〔17〕~〔18〕
15.まとめと補足
授業内容 16.ガイダンス・発表日程決め
17.人物論への試み:光源氏①
18.人物論への試み:光源氏②
19.人物論への試み:玉鬘①
20.人物論への試み:玉鬘②
21.人物論への試み:紫の上
22.人物論への試み:花散里
23.人物論への試み:右近
24.テーマ論への試み:筑紫
25.テーマ論への試み:下向(旅)
26.テーマ論への試み:貴種流離
27.テーマ論への試み:初瀬詣
28.テーマ論への試み:衣配り
29.テーマ論への試み:当時の信仰
30.まとめと補足
1.作品概説
2.作品構成・作者
3.演習要領説明
4.序
5.内と中宮
6.中宮と建春門院
7.実宗との贈答
8.実宗と維盛
9.御八講
10.一枝の花
11.上の御笛
12.友の恋・菊合の歌
13.喜び申し・内裏近き火
14.葦分け小舟
15.のがれがたき契り・総括
授業内容 16.寿永・元暦の世のさわぎ(上)
17.同(下)
18.旅の空
19.身もぬるむ・恋人ゆかりの梅
20.見し人のあらぬ姿・重衡
21.維盛の入水
22.人との贈答
23.恋人の死
24.ためしなき別れ
25.経供養
26.夏深き頃・神仏をうらむ
27.北山のほとり
28.昔の跡の煙・うきためし
29.建礼門院を訪れる
30.総括
発表者は自身の担当段を熟読し、発表の準備を行ってくること。その際、分か
りやすい発表資料の作成を心掛けることが求められる。また、自分の発表段以
事前・事後 外についても、目を通しておき、演習中に質問を行えるようにしておくこと。
学
習 あらかじめ『源氏物語』を通読しておくことが望ましいが、難しい場合は玉鬘
巻まででも可とする。夕顔巻については良く読み込んでおくように。また人物
関係等が複雑であるため、注釈書や全集等を用いて十分な知識を得ておくこと。
演習担当者は前もってプリント資料(解読・語注・人
事前・事後 物紹介・通釈・関連資料など)を作成準備し、演習参
学
習 加者は予め質問を整理しておく。言うまでもなく、
演習担当者の無断欠席は基本的に容認しない。
発表50%、授業中の発言30%、レポート(年度末)
評価方法 20%。授業中での発言・質疑応答を重視し、先行研究
・ 基 準 に対して新たなる読解の可能性を示したものについ
ては、高く評価する。
評価方法 発表の際の資料および発表内容30%、レポート70%
・ 基 準 を総合的に判断する。
発表の準備には非常に多くの時間を要するため、余裕を持って取りかかること
を推奨する。発表者が十分な準備を行わないと、他の受講生にも多大なる迷
履 修 上 の 惑が掛かる。発表者は責任をもって発表に臨むこと。なお、発表者が発表当
注意事項等 日に無断欠席した場合は、単位は認めない。テキストは特に指定しないが(た
だし、新編全集を推奨)、『源氏物語』の本文については各自で用意しておく
ように。また、発表に関わる相談・質問がある場合は、早めに申し出ること。
履 修 上 の 和歌に興味のある者、変体仮名やくずし字の習熟に
注意事項等 関心がある者が望ましい。
テ キ スト 『特に指定しない。』
テ キ スト 1986初版
参 考 書 『授業中に適宜指示する。』
参 考 書
科目ナンバリング LJ301
国 文 学 科
テ ー マ 『源氏物語』玉鬘巻の批判的読解
『(九大細川文庫蔵)建礼門院右京大夫集』平林文雄, 和泉書院,
『仮名変体集』伊地知鐵男, 新典社, 1966初版
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ301
聴講の可否
×
― 111 ―
科 目 名
演習Ⅰ(五)
担当教員
中尾 和昇
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
演習Ⅰ(六)
配当
年次
3-4
担当教員
光石 亜由美
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 江戸の伝奇小説『椿説弓張月』を読む
テ ー マ 近代の長編恋愛小説を読む
①近世文学の読解方法を習得する。②後期読本の特
到 達目標 徴である〈稗史(はいし)
〉の手法を理解する。③曲
亭馬琴の表現・文体の特徴を理解する。
①テクストを精読し、問題点を抽出・分析・論述する。
到 達目標 ②ジェンダー、セクシュアリティの観点から近代
の恋愛観を考える。
近世後期に流行した「読本(よみほん)」は、『水滸伝』や
『三国志演義』といった中国小説をモデルとする伝奇小説で
ある。歴史を題材とし、説話・伝承・演劇などの趣向が盛り込
授業概要 まれ、〈勧善懲悪〉〈因果応報〉の思想でまとめられた、高度
に洗練された小説といえる。この講義では、昨年度に引き続
き、曲亭馬琴の代表作『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』
を精読し、悲運の英雄・源為朝の〈外伝〉に迫りたい。
作家や作品の情報、先行研究の流れなど基本的な
作業をふまえた上で、恋愛、結婚、家庭等の観点か
授業概要
らテクストを論じてゆく。テクストを精読しながら、
近代の恋愛観を考察してゆく。
1.ガイダンス・読本について
2.曲亭馬琴と『椿説弓張月』
3.発表資料の作成方法・模擬発表
4.『椿説弓張月』前編・第5回の発表①
5.『椿説弓張月』前編・第5回の発表②
6.『椿説弓張月』前編・第5回の発表③
7.『椿説弓張月』前編・第5回の発表④
8.『椿説弓張月』前編・第5回の発表⑤
9.『椿説弓張月』前編・第5回の発表⑥
10.『椿説弓張月』前編・第6回の発表①
11.『椿説弓張月』前編・第6回の発表②
12.『椿説弓張月』前編・第6回の発表③
13.『椿説弓張月』前編・第6回の発表④
14.『椿説弓張月』前編・第6回の発表⑤
15.前期のまとめ
授業内容 16.『椿説弓張月』前編・第7回の発表①
17.『椿説弓張月』前編・第7回の発表②
18.『椿説弓張月』前編・第7回の発表③
19.『椿説弓張月』前編・第7回の発表④
20.『椿説弓張月』前編・第7回の発表⑤
21.『椿説弓張月』前編・第7回の発表⑥
22.『椿説弓張月』前編・第7回の発表⑦
23.『椿説弓張月』前編・第8回の発表①
24.『椿説弓張月』前編・第8回の発表②
25.『椿説弓張月』前編・第8回の発表③
26.『椿説弓張月』前編・第8回の発表④
27.『椿説弓張月』前編・第8回の発表⑤
28.『椿説弓張月』前編・第8回の発表⑥
29.『椿説弓張月』前編・第8回の発表⑦
30.後期のまとめ
1.ガイダンス
2.文献探索の仕方
3.発表の仕方
4.レジュメの作り方
5.吉本ばなな「キッチン」事前討議
6.吉本ばなな「キッチン」発表Ⅰ
7.吉本ばなな「キッチン」発表Ⅱ
8.吉本ばなな「キッチン」全体討議
9.吉本ばなな「キッチン」まとめ
10.森鴎外「雁」事前討議
11.森鴎外「雁」発表Ⅰ
12.森鴎外「雁」発表Ⅱ
13.森鴎外「雁」全体討議
14.森鴎外「雁」まとめ
15.安部公房「砂の女」事前討議
授業内容 16.安部公房「砂の女」発表Ⅰ
17.安部公房「砂の女」発表Ⅱ
18.安部公房「砂の女」全体討議
19.安部公房「砂の女」まとめ
20.太宰治「人間失格」事前討議
21.太宰治「人間失格」発表Ⅰ
22.太宰治「人間失格」発表Ⅱ
23.太宰治「人間失格」全体討議
24.太宰治「人間失格」まとめ
25.谷崎潤一郎「痴人の愛」事前討議
26.谷崎潤一郎「痴人の愛」発表Ⅰ
27.谷崎潤一郎「痴人の愛」発表Ⅱ
28.谷崎潤一郎「痴人の愛」全体討議
29.谷崎潤一郎「痴人の愛」まとめ
30.通年のまとめ
発表者は担当する場面について、辞書等を活用して十分
に準備し、資料(翻刻・語釈・現代語訳)を作成したうえで、
事前・事後
発表にのぞんでほしい。また、自身の担当箇所以外の場
学
習
面も、丁寧に読んで予習しておく必要がある。発表後は
担当箇所の問題点を明確にし、解決方法を考えること。
事前・事後
テクスト・資料は必ず読んでくること。
学
習
①口頭発表:60点②レポート:40点(前期・後期)ただ
評価方法
し、前期・後期それぞれ5回以上欠席した者には、単
・ 基 準
位を認めない。
評価方法 授業内での発表 40% 提出物(10回)20% 分析
・ 基 準 ノート・レポート 40%
質疑応答の場を設けるので、受講生は積極的に発言
してほしい。また、自身が発表する際の遅刻・欠席は、
履修上の
他の受講生に多大な迷惑かけることになるので、絶
注意事項等
対に避けるようにする。このようなことが繰り返し
行われた場合は、単位を認めない場合がある。
発表はもちろん、討論での発言度、積極性を重視す
る。受講者は全員、テクストを読んで、討議に参加
履修上の
すること。テクストを読まないで授業に参加するの
注意事項等
は、出席と認めないので、発表の前に確認テストを
おこなう。
テ キ スト 『使用しない』
「雁」
「砂の女」
「人間失格」
「痴人の愛」』新潮文庫
テ キ スト 『「キッチン」
参 考 書 『使用しない』
参 考 書
科目ナンバリング LJ301
― 112 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ301
聴講の可否
×
科 目 名
演習Ⅰ(七)
担当教員
藤本 寿彦
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
演習Ⅰ(八)
配当
年次
3-4
担当教員
木田 隆文
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 昭和期の文学表現を学ぶ
テ ー マ 太宰治から現代作家へ― 文学研究の視点と方法 ―
昭和40年代までに発表された詩や小説世界を読解し
到 達目標
ながら、昭和文学の表現を理解する。
(1)論文作成に必要な基礎的技能を習得し、4回生
時点で独力で卒業論文を仕上げることができるよう
到 達目標
にする。
(2)多様な文学作品を読むことで、文学研
究の視点を広げる。
論文は〈エッセイ〉ではないため、資料的な裏付けや、これまでの研究史を踏まえ
ておく必要があります。しかし現在活躍している作家や、映像や音楽を研究対象と
する場合、指針となる先行研究が少ないのはもちろん、研究に必要な基礎情報すら
整理されていないことがほとんどです。そこで本講義は、4回生で卒業論文を作成す
るために必要な研究手法の獲得と、自分の関心を研究的に掘り下げることを目指しま
す。前期は太宰治の小説作品を例に、論文作成に必要な手法と作品解釈に必要な視
点の獲得を目指します。後期は自分で研究したい近現代の作家・作品について、研究
報告を行います。これは4回生で卒論を描くための予備研究にもなります。またその
時点で研究テーマが決まっていない人は、自分の関心を模索する機会ともなります。
授業概要
1.授業の概要1
2.授業の概要2
3.昭和詩の概観1
4.昭和詩の概観2
5.短詩の世界 北川冬彦「馬」
6.二行詩の世界 三好達治「雪」
7.生と死の色彩表現 三好達治「信号」
8.港湾の風景化 丸山薫「錨」
9.聖なる女性表現 中原中也「臨終」
10.幻想を造型する1 中原中也「少年時」
11.幻想を造型する2 中原中也「骨」
12.幻想を造型する3 中原中也「一つのメルヘン」
13.批評としての色彩表現1 田中冬二「青い夜道」
14.批評としての色彩表現2 田中冬二「山の水」
15.批評としての色彩表現3 「ふるさとにて」
16.戦時体制下の恋愛詩1 立原道造「はじめての
授業内容
ものに」
17.戦時体制下の恋愛詩2 立原道造「のちのおも
ひに」
18.文芸復興期の恋愛詩1 津村信夫「小扇」
19.文芸復興期の恋愛詩2 津村信夫「落葉松」
20.深層心理を描く1 伊藤整「朝」
21.深層心理を描く2 丸山薫「離愁」
22.深層心理を描く3 丸山薫「水の精神」
23.体験の虚構化1 井伏鱒二「鯉」
24.体験の虚構化2 太宰治「満願」
25.日本の風景を描く 草野心平「富士山」
26.共生の風景を描く 大岡信「虫の夢」
27.感受性の原風景1 川崎洋「ひどく」
28.感受性の原風景2 新川和江「比喩でなく」
29.感受性の原風景3 茨木のり子「倚りかからず」
30.授業まとめ
1.ガイダンス・対象作品の決定
2.論文作成の基礎1 文献リストの作成と調査方
法の実践
3.論文作成の基礎2 研究史の整理・分析の方法
4.精読の実践1「走れメロス」登場人物の分析 5.精読の実践2「走れメロス」語りの分析
6.精読の実践3「走れメロス」構造の把握
7.チーム発表1 研究史の報告と作品分析
8.チーム発表1 前週の追加報告・再検討
9.チーム発表2 研究史の報告と作品分析
10.チーム発表2 前週の追加報告・再検討
11.チーム発表3 研究史の報告と作品分析
12.チーム発表3 前週の追加報告・再検討
13.チーム発表4 研究史の報告と作品分析
14.チーム発表4 前週の追加報告・再検討
15.前期まとめ 授業内容
16.後期ガイダンス 発表作品の決定
17.発表対象作品の基礎調査(図書館での文献調
査)
18.発表資料作成について
19.口頭発表1 研究史の報告と作品分析 20.口頭発表2 研究史の報告と作品分析
21.口頭発表3 研究史の報告と作品分析 22.口頭発表4 研究史の報告と作品分析
23.口頭発表5 研究史の報告と作品分析 24.口頭発表6 研究史の報告と作品分析
25.口頭発表7 研究史の報告と作品分析
26.口頭発表8 研究史の報告と作品分析
27.口頭発表9 研究史の報告と作品分析
28.口頭発表10 研究史の報告と作品分析
29.卒業論文のテーマについて(報告会1)
30.卒業論文のテーマについて(報告会2) 事前・事後
配布したテキストを読んでくる。
学
習
対象となるテキストや資料には必ず目を通すこと。
事前・事後 パソコンの超基本的な操作(Web検索・文章作成)
学
習 に不安がある人は、授業開始までに身に着けておく
こと。
評価方法 「平常点」
「積極的な授業への取り組み」
「意欲的な受
・ 基 準 講態度、試験」
授業への取組(10%)
、課題(20%)
、発表(30%)
、
学年末課題(40%)課題の未提出、正当な理由なく
評価方法
発表を辞退した場合は単位を認めない。自主的な取
・ 基 準
り組みや活発な討議への参加が認められた受講生に
は、平常点の比率を上げて判断することもある。
履修上の
当番制による発表を行う。
注意事項等
履 修 上 の この授業ではWebを利用した情報収集を行う。必ず
注意事項等 情報処理センターの利用申請を済ませておくこと。
テ キ スト 『プリントを配布』
テ キ スト 『晩年』太宰治, 新潮文庫
参 考 書
『走れメロス』太宰治, 新潮文庫
『周縁としてのモダニズム』藤本寿彦, 双文社, 2009年
『水夫の足-丸山薫のことなど』藤本寿彦, 七月堂, 1993年
科目ナンバリング LJ301
聴講の可否
参 考 書 『講義中に適宜指示します。』
×
科目ナンバリング LJ301
聴講の可否
×
― 113 ―
国 文 学 科
近現代の詩人は大正末以降に流入した芸術思潮を受
容して、前衛詩人という自意識を持ちながら詩作を
授業概要 続けた。その詩風は主知的抒情詩と呼ばれているが、
彼等が創造したその詩的世界の魅力を味わう。さら
に彼等に影響を受けた文学者の表現も併読する。
科 目 名
演習Ⅰ(九)
期間
通年
配当
3-4
年次
編集という仕事の実際を学ぶことで、ネットやその
テ ー マ 他さまざまなメディアに応用可能な〈編集的方法論〉
を会得する。
担当教員
到 達目標
☆大槻 慎二
単位数 4単位
書籍編集、雑誌編集の実際を知り、自分なりの企画
を立てて、それを実現する手法を学ぶ。
科 目 名
演習Ⅰ(十)
担当教員
柏原 卓
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 現代日本語につながる近世語の資料を読み解く。
到 達目標
近世語と現代語(方言を含む)
、近世語とそれ以前の
日本語の、共通点・相違点を知る。
書籍・雑誌それぞれの編集の実際を学び、擬似企画
会議を体験して、自分なりの企画を立案してみる。
授業概要 また、実際の編集作業を通して、文章を書くこと、
編むこと、アイディアを生むこと、そしてそれらを
統合してひとつの形にすることを学ぶ。
近松門左衛門の世話浄瑠璃作品を、辞書を引きつつ
授業概要 丁寧に現代語訳する中で、近世語の諸側面を解明し
ていく。今年度は『冥途の飛脚』を読む。
1.ガイダンス
2.出版という世界、編集という仕事
3.書籍編集について(1)
4.書籍編集について(2)
5.装幀というもの
6.書籍企画会議(1)
7.書籍企画会議(2)
8.書籍企画会議(3)
9.雑誌編集について(1)
10.雑誌編集について(2)
11.エディトリアル・デザインとは?
12.雑誌編集会議(1)
13.雑誌編集会議(2)
14.雑誌編集会議(3)
15.雑誌編集会議(4)
授業内容 16.編集者が書く文章
17.書評を書いてみる(1)
18.書評を書いてみる(2)
19.書評を書いてみる(3)
20.単行本の帯を作ってみる(1)
21.単行本の帯を作ってみる(2)
22.単行本の帯を作ってみる(3)
23.校正について(1)
24.校正について(2)
25.インタビューの方法
26.インタビューのまとめ
27.対談・座談会の方法
28.対談・座談会のまとめ(1)
29.対談・座談会のまとめ(2)
30.全体のまとめ
1.序説
2.忠兵衛登場
3.為替垠の催促①
4.為替垠の催促②
5.養母妙閑の心配
6.家に入りあぐねる忠兵衛
7.八衛門の男気①
8.八衛門の男気②
9.鬢水入れ
10.江戸から駄荷
11.新町越後屋
12.梅川述懐
13.三世相
14.八衛門来る
15.八衛門の打明け①
授業内容 16.八衛門の打明け②
17.封印切
18.梅川口説き
19.身請け
20.白状
21.覚悟
22.道行①
23.道行②
24.道行③
25.新ノ口村①
26.新ノ口村②
27.孫衛門
28.梅川の介抱
29.孫衛門述懐①
30.授業まとめ
事前・事後
講義の中で適宜出す課題をやってくる
学
習
事前・事後 配布プリントを予習して臨むこと。毎回、発表に対
学
習 する評価レポートを全員に課する。
評価方法 前期、および後期終了時に提出するレポートに対す
・ 基 準 る評価に、普段の講義の聴講態度を加味する。
評価方法 発表、提出物、積極的参加、および最終授業での到
・ 基 準 達度評価を総合的に評価する。
履修上の
特になし
注意事項等
履修上の
適宜伝える。
注意事項等
テ キ スト
テ キ スト 『プリント配布』
参 考 書
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LJ301
― 114 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ301
聴講の可否
×
科 目 名
世界遺産文学演習Ⅰ
期間
通年
配当
3-4
年次
世界遺産文学としての万葉集。万葉集の巻11を読む。
テ ー マ 万葉集を読むための基礎的知識を確認した後、万葉
歌を読むための力を身につける。
担当教員
到 達目標
上野 誠
単位数 4単位
『万葉集』の恋歌を本質的に理解する。万葉歌表現
の特性を見出す力を身に付ける。
科 目 名
演習Ⅱ(一)
担当教員
上野 誠
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
4
テ ー マ
上代文学および世界遺産を中心とする講読、演習を
基礎として、卒業論文を作成する。
到 達目標
研究課題を発見し、問題解決して、卒業論文を作成
する力を身に付ける。
卒業論文は、大学生活の総決算とも言えるものであ
り、有終の美を飾ってほしいものである。そのため
授業概要 の個別指導・報告会などを年間を通して行なうことに
している。具体的には個別指導とグループ指導であ
るが、仮に計画を立てておく。
1.『万葉集』の研究史
2.あたらしい『万葉集』の見方
3.発表の準備と方法を学ぶ
4.『万葉集』2351番歌講読
5.『万葉集』2352番歌講読
6.『万葉集』2353番歌講読
7.『万葉集』2354番歌講読
8.『万葉集』2355番歌講読
9.『万葉集』2356番歌講読
10.『万葉集』2357番歌講読
11.『万葉集』2358番歌講読
12.『万葉集』2359番歌講読
13.『万葉集』2360番歌講読
14.『万葉集』2361番歌講読
15.『万葉集』2362番歌講読
授業内容 16.『万葉集』2363番歌講読
17.『万葉集』2364番歌講読
18.『万葉集』2365番歌講読
19.『万葉集』2366番歌講読
20.『万葉集』2367番歌講読
21.『万葉集』2368番歌講読
22.『万葉集』2369番歌講読
23.『万葉集』2370番歌講読
24.『万葉集』2371番歌講読
25.『万葉集』2372番歌講読
26.『万葉集』2373番歌講読
27.『万葉集』2374番歌講読
28.『万葉集』2375番歌講読
29.『万葉集』2376番歌講読
30.まとめ・総括
1.古事記序文の研究指導
2.古事記上巻の研究指導
3.古事記中巻の研究指導
4.古事記下巻の研究指導
5.万葉集巻1の研究指導
6.万葉集巻2の研究指導
7.万葉集巻3の研究指導
8.万葉集巻4の研究指導
9.万葉集巻5の研究指導
10.万葉集巻6の研究指導
11.万葉集巻7の研究指導
12.万葉集巻8の研究指導
13.万葉集巻9の研究指導
14.万葉集巻10の研究指導
15.万葉集巻11の研究指導
授業内容 16.万葉集巻12の研究指導
17.万葉集巻13の研究指導
18.万葉集巻14の研究指導
19.万葉集巻15の研究指導
20.万葉集巻16の研究指導
21.万葉集巻17の研究指導
22.万葉集巻18の研究指導
23.万葉集巻19の研究指導
24.万葉集巻20の研究指導
25.風土記の研究指導
26.日本霊異記の研究指導
27.民俗芸能論の研究指導
28.芸能伝承論の研究指導
29.卒業論文の点検
30.まとめ・総括
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降
は予習なしに授業に臨むと授業についていけなくな
事前・事後
る可能性があります。諸本の異同と解釈案の相違に
学
習
ついて、注釈書が依拠する根拠を、十分に考えて来
てください。
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降は予習な
しに授業に臨むと授業についていけなくなる可能性がありま
事前・事後
す。用例の収集とその分析によって、卒業論文を制作するの
学
習
で、毎回、カード制作とその分析について、報告をしてもら
います。その準備を充分にして、授業に臨んで下さい。
発表と質疑応答によって評価する。より深く、より
評価方法
わかりやすい発表のためにどのような準備がなされ
・ 基 準
たかなどを評価する。
評価方法 月ごとに課題を与えるので、その課題の取り組みを
・ 基 準 評価する。
発表と質疑応答によって評価する。より深く、よりわかりやす
い発表のためにどのような準備がなされたかなどを評価する。
履 修 上 の 当該科目に関係する諸事項について、つねに関心を持って、自
注意事項等 分なりの視点でものが考えられるように、努力してほしい。そ
うすれば、授業で得られた知見によって、他の問題について
も考える力を養えるのではないか。教授者は、そう考える。
月ごとに課題を与えるので、その課題の取り組みを評価す
る。当該科目に関係する諸事項について、つねに関心を持っ
履 修 上 の て、自分なりの視点でものが考えられるように、努力して
注意事項等 ほしい。そうすれば、授業で得られた知見によって、他の
問題についても考える力を養えるのではないか。教授者は、
そう考える。
テ キ スト 『万葉集』鶴久・森山隆[編],おうふう, 2001年
テ キ スト 社, 2003年
参 考 書 『なし』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LJ3W1
聴講の可否
国 文 学 科
本年度は、旋頭歌と正述心緒を読むことになるだろう。
しかも、それらには「人麻呂歌集」の歌々が多く含まれて
いる。発表には厳密を求めるが、歌は一人一人味わって
授業概要 欲しい。読むための作業は煩瑣なものであるが、その作
業を通じて、歌を理解するということが、じわりとわかっ
てくるのではないか。 毎回一首を丁寧に読み込みます。
各人に配当された歌について発表をしてもらいます。
『万葉民俗学を学ぶ人のために』上野誠・大石泰夫[編], 世界思想
×
科目ナンバリング LJ401
聴講の可否
×
― 115 ―
科 目 名
演習Ⅱ(二)
担当教員
松本 大
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
演習Ⅱ(三)
配当
年次
4
担当教員
石川 一
テ ー マ 平安文学に関する卒業論文作成演習
到 達目標
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
4
テ ー マ ゼミ生の卒業論文指導
平安文学作品を対象として、自身でテーマを設定し、
考証を積み重ねた上で、卒業論文を執筆する。
到 達目標
卒業論文テーマに応じて最良策を講じて、卒業論文
を完成させたい。
各自の選んだテーマに従いながら個人で発表を行い、
卒業論文を作成していく。発表の回数は、前期は2
回、後期は1回を予定している。前期ではテーマに関
授業概要 わることを広く扱い、見識を深めることを目的とし、
後期からは本格的な卒論執筆となる。また、他人の
発表を聞くことで、問題設定や論証の方法について、
自分自身に振り返って見つめ直すことも求められる。
ゼミ生各自の卒業論文テーマに応じて、①個別に対
応策を講し、各自の卒業論文を完成させる。または
授業概要 ②統一テーマに近いスタンダードな作品を選び、そ
の読解を進めながら、各自の卒業論文にあたる。今
の時点では決められない。
1.ガイダンス・発表日程決め
2.卒論構想発表(発表者4名)
3.卒論構想発表(発表者4名)
4.卒論構想発表(発表者4名)
5.卒論題目指導(発表者3名)
6.卒論題目指導(発表者3名)
7.卒論題目指導(発表者3名)
8.卒論題目指導(発表者3名)
9.卒論進捗状況発表(発表者2名)
10.卒論進捗状況発表(発表者2名)
11.卒論進捗状況発表(発表者2名)
12.卒論進捗状況発表(発表者2名)
13.卒論進捗状況発表(発表者2名)
14.卒論進捗状況発表(発表者2名)
15.各自中間報告と指導
授業内容 16.ガイダンス・発表日程決め
17.卒論進捗状況発表(発表者2名)
18.卒論進捗状況発表(発表者2名)
19.卒論進捗状況発表(発表者2名)
20.卒論進捗状況発表(発表者2名)
21.卒論進捗状況発表(発表者2名)
22.卒論進捗状況発表(発表者2名)
23.卒論構成指導および面接
24.卒論構成指導および面接
25.卒論構成指導および面接
26.卒論最終指導
27.卒論最終指導
28.卒論反省会
29.卒論反省会
30.総括
1.年間計画概要
2.個別面談(一)
3.個別面談(二)
4.個別面談(三)
5.個別面談(四)
6.個別面談(五)
7.目的と方法(一)
8.目的と方法(二)
9.目的と方法(三)
10.目的と方法(四)
11.目的と方法(五)
12.基礎作業(一)
13.基礎作業(二)
14.基礎作業(三)
15.基礎作業(四)
授業内容 16.基礎作業(五)
17.中間報告
18.今後の対応策(一)
19.今後の対応策(二)
20.今後の対応策(三)
21.今後の対応策(四)
22.今後の対応策(五)
23.今後の課題(一)
24.今後の課題(二)
25.今後の課題(三)
26.今後の課題(四)
27.今後の課題(五)
28.最終総括①
29.最終総括②
30.最終総括③
発表の直前になって用意しても、満足のいく発表にはならない。普
段からの積み重ねを怠らないよう、各自で目標を設定しながら卒論
事前・事後 作成に取りかかってほしい。また、テーマの異なる他人の発表であっ
学
習 ても、自分の論文作成上の大きなヒントとなる場合が多々ある。次
回の発表者のテーマについても、最低限の知識は事前に調べておく
べきであり、議論についても積極的な参加が求められる。
自己の研究テーマに対して、毎回の内容に対応すべ
事前・事後
く準備をする。参考文献の収集・読解などに留意して、
学
習
基本文献に洩れがないか確認すること。
評価方法
発表60%、授業中の発言40%。
・ 基 準
研究史の把握、研究テーマの設定、基本資料の読解、
評価方法
論証のプロセス、最後に結論などを総合的に評価す
・ 基 準
る。
『卒業論文作成の手引き』をあらかじめ良く読んでお
履修上の
くこと。なお、論文執筆に関わる相談がある場合は、
注意事項等
早めに申し出ること。
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『発表ごとに指示する。』
テ キ スト 『使用しない』
参 考 書 『卒業論文作成の手引き』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LJ401
― 116 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ401
聴講の可否
×
科 目 名
演習Ⅱ(四)
担当教員
中尾 和昇
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
演習Ⅱ(五)
配当
年次
4
担当教員
光石 亜由美
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
4
テ ー マ 近世文学に関する卒業論文作成のための演習
テ ー マ
日本近代文学を中心とする卒業論文作成のための演
習
到 達目標 設定したテーマに基づき、卒業論文を完成させる。
到 達目標
設定したテーマについて、調査・論述して、論文を完
成する。
全体指導・個別指導・個別報告を通して、設定したテー
マに基づく卒業論文を完成させる。全体指導では、
授業概要 論文作成の手順について講義し、個別指導では、各
人のテーマに沿った指導を行う。個別報告では、受
講生全員が討議に参加し、意見交換を行う。
・報告会による発表、個人指導を通じて、卒業論文を
完成させる。 ・履修者の自主的なテーマに従って、
授業概要
文献の検索方法、調査方法、論文の構成、論文の書
き方など基本的な指導を行う。
本)
5.全体指導②先行研究の探索(データベースの活用法)
6.全体指導③先行研究の整理(概説書・研究書・研究論
文など)
7.全体指導④作品精読・問題点の指摘・趣旨の確定
8.個別指導①
9.個別指導②
10.個別指導③
11.個別指導④
12.個別指導⑤
13.個別指導⑥
14.前期末報告①
授業内容 15.前期末報告②
16.夏休み成果報告①
17.夏休み成果報告②
18.全体指導⑤序論・本論・結論
19.全体指導⑥文章の構成と展開・文体の統一・文献の引
用
20.全体指導⑦推敲
21.個別指導⑦
22.個別指導⑧
23.個別指導⑨
24.個別指導⑩
25.個別指導⑪
26.個別指導⑫
27.個別指導⑬
28.個別指導⑭
29.卒業論文の報告と反省
30.まとめ
1.ガイダンス(論文作成にむけて、一年間の計
画の確認)
2.先行研究・参考文献の調査方法
3.先行研究の目録作成
4.文献探索の仕方
5.図書館調査の方法
6.現地調査の方法
7.書誌情報について
8.問題設定について
9.構想発表会
10.構想発表会で出た問題を再検討する
11.論文の構成
12.目次の作り方
13.文献引用の仕方
14.注のつけ方
授業内容 15.図表などの作成の仕方
16.参考文献一覧の作成の仕方
17.序論の作成
18.問題設定に従って本論の構成を作成する
19.本論の作成
20.中間報告会(1)第一グループ
21.中間報告会(2)第二グループ
22.中間報告会(3)第三グループ
23.中間報告会で出た問題を再検討する
24.結論の作成
25.最終報告会(1)第一グループ
26.最終報告会(2)第二グループ
27.最終報告会(3)第三グループ
28.推敲について
29.論文提出の形式について
30.論文発表会
問題意識を高く持ち、設定したテーマに対して真摯
事前・事後
に取り組むこと。そのためには、文献(テキスト・論
学
習
文など)を徹底的に読み込む作業が不可欠である。
事前・事後 報告会、面談に際して、自分の意見を主張できるよ
学
習 う十分に準備すること。
評価方法 卒業論文に対する取り組み方、個別報告での発表、
・ 基 準 卒業論文の完成度などを総合的に評価する。
評価方法 発表会への参加 20% 相談・報告などの平常点 ・ 基 準 20% レポート点 60%(4回提出)
卒業論文は4年間の総決算である。安易に妥協せず、
履修上の
高いレベルの論文を目指してもらいたい。そのため
注意事項等
には、こまめに相談に来ることがのぞましい。
履修上の
報告会は必ず参加すること。
注意事項等
テ キ スト 『使用しない』
テ キ スト
参 考 書 『使用しない』
(国文学科で配布したもの)
参 考 書 『卒業論文のてびき』
科目ナンバリング LJ401
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ401
聴講の可否
×
― 117 ―
国 文 学 科
1.ガイダンス・自己紹介
2.構想報告①
3.構想報告②
4.全体指導①使用テキストの確定(活字本・影印本・原
科 目 名
演習Ⅱ(六)
担当教員
藤本 寿彦
テ ー マ
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
演習Ⅱ(七)
配当
年次
4
担当教員
木田 隆文
卒業論文を作成するための研究方法、書き方を習得
する。
通年
配当
年次
4
近現代文学およびその隣接領域に関する卒業論文の
作成
論文の作成を通じて (1)4年間の学習・研究の成
到 達目標 果をまとめ上げる。 (2)社会で通用する客観的な
論理性や文章作成能力を身につける。
到 達目標 卒業論文を完成させる。
授業概要
テ ー マ
単位数 2単位
期間
履修者の自主的なテーマ設定や自由な発想を尊重す
る。論文指導は、個人面談によって行う。
1.ガイダンス
2.卒業論文の書き方1
3.卒業論文の書き方2
4.卒業論文の書き方3
5.ゼミ生の個人発表1
6.ゼミ生の個人発表2
7.ゼミ生の個人発表3
8.ゼミ生の個人発表4
9.ゼミ生の個人発表5
10.第1回レポート提出
11.レポート返却・個人指導1
12.レポート返却・個人指導2
13.レポート返却・個人指導3
14.レポート返却・個人指導4
15.レポート返却・個人指導5
授業内容 16.第2回レポート提出
17.レポート返却・個人指導1
18.レポート返却・個人指導2
19.レポート返却・個人指導3
20.レポート返却・個人指導4
21.レポート返却・個人指導5
22.合同検討会1
23.合同検討会2
24.レポート提出
25.レポート返却・個人指導1
26.レポート返却・個人指導2
27.レポート返却・個人指導3
28.レポート返却・個人指導4
29.最終ガイダンス
30.卒論発表会
論文のテーマは受講生それぞれ違うので、基本的には
研究室での個別指導を中心とする。ただし、他人のもの
の見方や考え方からは、研究の大きなヒントが得られる
授業概要 ので、それを知るために、全員を集めて中間報告会を実
施する(年間数回)
。なお個別指導の時間は教員と受講
生の都合を相談して決定する。また報告会の日時と課題
は掲示板およびメーリングリストを通じて知らせる。
1.ガイダンス
2.個別指導1 仮題目報告
3.個別指導2 先行研究の報告
4.個別指導3 仮テーマ報告
5.個別指導4 構成(目次)案作成・報告
6.全体報告会1 卒論題目と構成案報告
7.個別指導5 構成および各章の内容検討1
8.個別指導6 構成および各章の内容検討2
9.個別指導7 構成および各章の内容検討3
10.全体報告会2 構成および各章の論点の報告
11.個別指導8 各章の論旨の作成・検討1
12.個別指導9 各章の論旨の作成・検討2
13.個別指導10 各章の論旨の作成・検討3
14.個別指導11 各章の論旨の作成・検討4
15.全体報告会3 進捗状況および現状課題の報
告
授業内容
16.全体報告会4 後期ガイダンス
17.個別指導12 下書きの検討1
18.個別指導13 下書きの検討2
19.個別指導14 下書きの検討3
20.個別指導15 下書きの検討4
21.個別指導16 下書きの検討5
22.個別指導17 下書きの検討6
23.個別指導18 下書きの検討7
24.個別指導19 下書きの検討8
25.全体報告会5 提出前の諸注意
26.個別指導20 形式チェック1
27.個別指導21 形式チェック2
28.全体報告会6 提出報告
29.全体報告会7 反省会・口頭試問に関する連絡
30.まとめ
授業計画に示したように、各月に課題を設定してい
事前・事後 る。レポートの書き方などは、全体指導の場で行う
学
習 ので授業に出席し、スケジュール通りに課題をこな
してもらう。
事前・事後 必ず毎日資料に目を通し、自身のテーマを練り上げ
学
習 てゆくこと。
評価方法 「平常点」
「積極的な授業への取り組み」
「意欲的な受
・ 基 準 講態度」
評価方法 中間報告と個別指導への取り組み、卒業論文の完成
・ 基 準 度による総合評価。
履修上の
個人指導を中心に行う。
注意事項等
個別指導はあらかじめ日時の予約を入れること。迷っ
たことがあれば遠慮せず、すぐに連絡すること。書
履修上の
類提出など事務的手続きの情報を見逃すと提出がで
注意事項等
きなくなる場合もあります。手続きに関する情報は
必ず入手すること。
テ キ スト 『プリントで配布』
テ キ スト 『卒業論文作成の手引き』ガイダンスで配布済
参 考 書
『周縁としてのモダニズム』藤本寿彦, 双文社, 2009年
『水夫の足-丸山薫のことなど』藤本寿彦, 七月堂, 1993年
科目ナンバリング LJ401
― 118 ―
聴講の可否
参 考 書
×
科目ナンバリング LJ401
聴講の可否
×
科 目 名
演習Ⅱ(八)
担当教員
柏原 卓
単位数 2単位
期間
通年
科 目 名
世界遺産文学演習Ⅱ
配当
年次
4
担当教員
上野 誠
授業概要
通年
配当
年次
4
テ ー マ
上代文学および世界遺産を中心とする講読、演習を
基礎として、卒業論文を作成する。
受講生が設定した課題について、調査・研究の方法、
分析・記述の仕方を教授し、論文を完成させる。
到 達目標
研究課題を発見し、問題解決して、卒業論文を作成
する力を身に付ける。
受講生の自主的なテーマ設定を歓迎し、個々人の自
由な発想を尊重する。
卒業論文は、大学生活の総決算とも言えるものであ
り、有終の美を飾ってほしいものである。そのため
授業概要 の個別指導・報告会などを年間を通して行なうことに
している。 具体的には個別指導とグループ指導で
あるが、仮に計画を立てておく。
テ ー マ 日本語学関係の卒業論文指導
到 達目標
単位数 2単位
期間
1.古事記序文の研究指導
2.古事記上巻の研究指導
3.古事記中巻の研究指導
4.古事記下巻の研究指導
5.万葉集巻1の研究指導
6.万葉集巻2の研究指導
7.万葉集巻3の研究指導
8.万葉集巻4の研究指導
9.万葉集巻5の研究指導
10.万葉集巻6の研究指導
11.万葉集巻7の研究指導
12.万葉集巻8の研究指導
13.万葉集巻9の研究指導
14.万葉集巻10の研究指導
15.万葉集巻11の研究指導
授業内容 16.万葉集巻12の研究指導
17.万葉集巻13の研究指導
18.万葉集巻14の研究指導
19.万葉集巻15の研究指導
20.万葉集巻16の研究指導
21.万葉集巻17の研究指導
22.万葉集巻18の研究指導
23.万葉集巻19の研究指導
24.万葉集巻20の研究指導
25.風土記の研究指導
26.日本霊異記の研究指導
27.民俗芸能論の研究指導
28.芸能伝承論の研究指導
29.卒業論文の点検
30.まとめ・総括
事前・事後 国文学科の『卒業論文作成の手引き』に沿って論文
学
習 作成の計画を立て、順次進行させること。
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降は予習
なしに授業に臨むと授業についていけなくなる可能性があ
事前・事後 ります。用例の収集とその分析によって、卒業論文を制作
学
習 するので、毎回、カード制作とその分析について、報告を
してもらいます。その準備を充分にして、授業に臨んで下
さい。
評価方法 研究内容の報告、レポート、卒業論文の完成度によっ
・ 基 準 て、総合的に評価する。
評価方法 月ごとに課題を与えるので、その課題の取り組みを
・ 基 準 評価する。
履修上の
適宜に指示する。
注意事項等
月ごとに課題を与えるので、その課題の取り組みを評価す
る。当該科目に関係する諸事項について、つねに関心を持っ
履 修 上 の て、自分なりの視点でものが考えられるように、努力して
注意事項等 ほしい。そうすれば、授業で得られた知見によって、他の
問題についても考える力を養えるのではないか。教授者は、
そう考える。
テ キ スト 『なし』
テ キ スト 社, 2003年
参 考 書 『なし』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LJ401
国 文 学 科
1.ガイダンス(前半)
2.各自の構想発表(1班)
3.各自の構想発表(2班)
4.各自の構想発表(3班)
5.各自の構想発表(4班)
6.テーマに関する先行文献検討(1班)
7.テーマに関する先行文献検討(2班)
8.テーマに関する先行研究検討(3班)
9.テーマに関する先行研究検討(4班)
10.個別面談(1班)
11.個別面談(2班)
12.個別面談(3班)
13.個別面談(4班)
14.夏休みでの課題検討
15.前半の総括
授業内容 16.ガイダンス(後半)
17.研究内容の報告(1班)
18.研究内容の報告(2班)
19.研究内容の報告(3班)
20.研究内容の報告(4班)
21.個別面談(1・2班)
22.個別面談(3・4班)
23.レポートの提出
24.レポートの検討(1・2班)
25.レポートの検討(3・4班)
26.卒業論文完成
27.成果発表(1班)
28.成果発表(2班)
29.成果発表(3班)
30.成果発表(4班)
『万葉民俗学を学ぶ人のために』上野誠・大石泰夫[編], 世界思想
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ4W1
聴講の可否
×
― 119 ―
科 目 名
国文学史Ⅰ
担当教員
上野 誠
テ ー マ
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
国文学史Ⅱ
配当
年次
1-4
担当教員
☆金子 貴昭
国文学史の諸問題(古代前期の韻文を中心に、日本
文学の伝統を俯瞰する)
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
1-4
テ ー マ 近世(江戸時代)の歌舞伎・浄瑠璃史
国文学史に関する基礎的知識と、国文学を史的に俯
到 達目標
瞰する方法について考える力を身につける。
1、近世(江戸時代)の演劇史のうち、とりわけ歌舞
伎・人形浄瑠璃の歴史を学ぶ。2、近世演劇とそれに
到 達目標
関連する資料を組み合わせて、読解する力を身につ
ける。
作品を成立順に並べ、作者と内容を説明するといったオー
ソドックスな授業はしない。第一、「国文学史」を記述す
るなどということが果たして可能なのだろうか。そこで、
授業概要 本授業では、作品と作品を生み出した人間、それをとり囲
む社会との関係を歴史的に俯瞰する方法を模索するところ
から、はじめようと思う。下記の内容を受講生の理解度を
確かめながら、2ないし3週間かけて説明してゆきたい。
歌舞伎・人形浄瑠璃は、江戸時代に開花した演劇であ
る。両者は江戸時代の文芸全般に強い影響を及ぼし、
かつ、現代においても世界的評価を受けている日本
授業概要 の代表的な伝統芸能である。この授業では、それら
の歴史を概説しつつ、それらがどのようなものであ
り、どのように興行され、どのように享受されてい
たのかについて理解を進めていきたい。
授業内容
1.「国文学史」とはなにか-史の記述-
2.平城京の文学
3.歴史社会学派の構想した国文学史
4.民俗学派と国文学史
5.折口信夫の考えた国文学の発生-巨大な仮説
6.国文学と口承文芸
7.口承から記載へ-言霊について-
8.宗教文学発生論
9.韻文と散文の発達-日本語表記の難しさ-
10.漢文学と国文学
11.都の文学の展開
12.文学意識の形成-文雅士-
13.女性と文学
14.現代文学と古典
15.まとめ・総括
1.浄瑠璃の歴史1(語り物から操りへ、古浄瑠
璃と説経)
2.浄瑠璃の歴史2(古浄瑠璃から当流浄瑠璃へ)
3.浄瑠璃の歴史3(近松門左衛門、紀海音)
4.浄瑠璃の歴史4(黄金期の浄瑠璃)
5.浄瑠璃の歴史5(三代名作『菅原伝授手習鑑』
『仮名手本忠臣蔵』『義経千本桜』)
6.浄瑠璃の歴史6(黄金期の後)
7.歌舞伎の歴史1(歌舞伎の成立)
8.歌舞伎の歴史2(若衆歌舞伎、野郎歌舞伎)
9.歌舞伎の歴史3(元禄歌舞伎)
10.歌舞伎の歴史4(享保期・宝暦期の歌舞伎)
11.歌舞伎の歴史5(文化文政期の歌舞伎)
12.歌舞伎の歴史6(幕末期の歌舞伎)
13.地方の浄瑠璃・歌舞伎
授業内容 14.明治以降の歌舞伎・浄瑠璃
15.総括
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降
は予習なしに授業に臨むと授業についていけなくな
事前・事後
る可能性があります。授業中に言及した折口信夫、
学
習
風巻景次郎、小西甚一、加藤周一、小峯和明らの言
説について、図書館等で確認をしておいて下さい。
授業内容には、上方と江戸、歌舞伎と浄瑠璃など、
事前・事後 シラバスには書き切れない複雑な問題をはらんでい
学
習 る。理解深化のために、こまめにノートをとり、復
習を行うことが必要である。
最終授業時に実施する学習到達度確認(筆記等によ
評価方法 る学力確認)による。学習到達度確認では、授業内
・ 基 準 容の理解はもとより、その理解を踏まえた応用力を
評価したい。
評価方法
期末に行う習熟度確認テストによる(100%)
。
・ 基 準
授業時の最初に、受講にあたっての心構えについて指導す
るので、必ず出席すること。当該科目に関係する諸事項に
履 修 上 の ついて、つねに関心を持って、自分なりの視点でものが考
注意事項等 えられるように、努力してほしい。そうすれば、授業で得
られた知見によって、他の問題についても考える力を養え
るのではないか。教授者は、そう考える。
毎回出欠をとる。5回以上欠席した場合、テストを受
履 修 上 の けたとしても評価対象外となる。この授業では劇場
注意事項等 に足を運ぶことはできないので、別途、近世演劇鑑
賞の受講を推奨する。
テ キ スト 『万葉びとの奈良』上野誠, 新潮社, 2010年
テ キ スト 『使用しない(プリントを配付する)』
『日本人にとって聖なるものとは何か―神と自然の古代学―』上野
参 考 書 誠, 中央公論新社, 2015年
科目ナンバリング LJ102
― 120 ―
聴講の可否
○
参 考 書 『授業中に指示する』
科目ナンバリング LJ103
聴講の可否
○
科 目 名
国文学史Ⅲ
担当教員
上野 誠
テ ー マ
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
国文学史Ⅳ
配当
年次
1-4
担当教員
中尾 和昇
社会と作家と作品の関係は如何なるものか?個別の
問いを具体的な事例を通じて説明してゆきたい。
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ 近世小説史
上代から中古までの文学史を俯瞰してゆく方法を考
到 達目標 えたいと思う。と同時に国文学史を論じるための基
礎的知識を身に付ける。
到 達目標
古代前期の文学史の諸問題を個別に論じてゆくとい
う方法で、授業を進めてゆきたい。つまり、テーマ
を決めて、個別に問題を解決しながら、日本の文学
授業概要
の歴史を考えてゆこうと思う。下記の内容を受講生
の理解度を確かめながら、2ないし3週間かけて説
明してゆきたい。
近世は出版の時代とも言われ、小説においても、
「浮世草子」「読
本」「人情本」など、多彩なジャンルの作品が生み出され、版
本として広く流通した。この講義では、代表的作者の小説につ
授業概要 いて、歴史的・文化的背景をふまえて紹介する。なお、文学史
を学ぶことは、作者名・作品名を〈記号化〉して暗記すること
ではない。個々の作者・作品に触れながら、全体の潮流をつか
むことが必要である。この点を強く肝に銘じてほしい。
①近世小説の基礎的知識を習得する。②作者・作品
の特性を理解する。
1.古代文学の担い手たち-官人・貴族・女房-
2.律令官人の文芸
3.花鳥風月の文学史
4.人格主義の国文学史とは?
5.環境論的国文学史
6.庭園文化と『万葉集』-場の論-
7.女房文学の起源
8.万葉びとと文字
9.万葉びとの生活空間と歌-宅と庄-
10.望郷の文学史
11.恋歌の歴史
12.大伴家持と日記文学のはじまり-歌日記から
読ませる日記へ-
13.日記文学の発展
14.文学史論再考
授業内容 15.まとめ・総括
授業内容
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降
は予習なしに授業に臨むと授業についていけなくな
事前・事後
る可能性があります。授業中に言及した折口信夫、
学
習
風巻景次郎、小西甚一、加藤周一、小峯和明らの言
説について、図書館等で確認をしておいて下さい。
前週にプリントを配布するので、一通り読んでおく。
授業時にはメモをこまめに取り、理解を深めてほし
事前・事後
い。なお、この講義で扱う作品については、収録さ
学
習
れているテキストを紹介するので、興味を抱いたも
のがあれば、図書館などで読んでみてほしい。
最終授業時に実施する学習到達度確認(筆記等によ
評価方法 る学力確認)による。学習到達度確認では、授業内
・ 基 準 容の理解はもとより、その理解を踏まえた応用力を
評価したい。
評価方法
学期末におこなう学習到達度確認によって評価する。
・ 基 準
授業時の最初に、受講時の心構えについて指導するので、
必ず出席すること。当該科目に関係する諸事項について、
履 修 上 の つねに関心を持って、自分なりの視点でものが考えられる
注意事項等 ように、努力してほしい。そうすれば、授業で得られた知
見によって、他の問題についても考える力を養えるのでは
ないか。教授者は、そう考える。
履 修 上 の 原則として、5回以上欠席した者には単位を認めな
注意事項等 い。
テ キ スト 『万葉びとの奈良』上野誠, 新潮社, 2010年
テ キ スト 『使用しない』
科目ナンバリング LJ104
聴講の可否
○
国 文 学 科
『日本人にとって聖なるものとは何か―神と自然の古代学―』上野
参 考 書 誠, 中央公論新社, 2015年
1.ガイダンス
2.仮名草子
3.浮世草子①井原西鶴の好色物・武家物
4.浮世草子②井原西鶴の雑話物・町人物
5.浮世草子③八文字屋本
6.談義本
7.洒落本
8.草双紙①赤本・青本・黒本
9.草双紙②黄表紙・合巻
10.前期読本
11.後期読本①文化期
12.後期読本②文政・天保期
13.人情本
14.滑稽本
15.授業まとめ
参 考 書 『使用しない』
科目ナンバリング LJ105
聴講の可否
○
― 121 ―
科 目 名
国語学概論Ⅰ
担当教員
柏原 卓
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
国語学概論Ⅱ
配当
年次
1-4
担当教員
柏原 卓
テ ー マ 国語学のみかた
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ 国語学のみかた
到 達目標
国語学の成果に基づいて、日本語に関する基本的な
知識を理解し習得する。
到 達目標
国語学の成果に基づいて、日本語に関する基本的な
知識を理解し習得する。
授業概要
国語に関する基本的な項目・術語を重点的に取り上
げ、具体的な事例を通して内容を理解し、特色を知る。
授業概要
国語に関する基本的な項目・術語を重点的に取り上
げ、具体的な事例を通して内容を理解し、特色を知る。
授業内容
1.言語:言語の特質、世界の言語
2.国語:日本語と国語、国語の研究
3.音声と音韻
4.音声器官
5.音節と単音
6.アクセント
7.イントネーションとプロミネンス
8.音韻の変遷
9.五十音図といろは歌
10.文字
11.漢字
12.仮名
13.ローマ字
14.語彙とその種類・語彙の系統
15.授業まとめ
授業内容
1.語彙の位相
2.語義
3.語構成
4.辞書
5.文法
6.文と文節
7.文の構成
8.単語・品詞
9.文法の変遷
10.敬語
11.文章
12.文章の種類
13.方言と共通語、方言区画
14.言語地理学
15.授業のまとめ
事前・事後 テキストと講義内容の復習、テキストおよび関連文
学
習 献等による予習をすること。
事前・事後 テキストと講義内容の復習、テキストおよび関連文
学
習 献等による予習をすること。
評価方法
参加状況、提出物、及び定期試験により評価する。
・ 基 準
評価方法
参加状況、提出物、及び定期試験により評価する。
・ 基 準
履修上の
国語学概論Ⅱと併せて受講することが望ましい。
注意事項等
履修上の
国語学概論Ⅰと併せて受講することが望ましい。
注意事項等
テ キ スト 『国語要説・五訂版』和田利政・金田弘, 大日本図書, 2003
テ キ スト 『国語要説・五訂版』和田利政・金田弘, 大日本図書, 2003
参 考 書 『なし』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LJ106
― 122 ―
聴講の可否
○
科目ナンバリング LJ107
聴講の可否
○
科 目 名
古典文法論
担当教員
☆芹澤 剛
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
現代語文法論
配当
年次
1-4
担当教員
☆芹澤 剛
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ 古典文法の確認と理解
テ ー マ 現代語文法の理解―ことばの法則性を考える―
①古典文法を学ぶことの意義を簡潔に説明できる②
文法記述の立場・観点、著名な学説について簡潔に説
到 達目標
明できる③学校文法の特徴を簡潔に説明できる④具
体的な文法事項の移り変わりのおおよそを説明できる
①ことばを意識的・分析的に捉えることができる②こ
到 達目標 とばの法則性を考える姿勢になることができる③現
代語の文法項目を簡潔に説明することができる
古典文法といえば、高等学校で学習してきた古典を解
釈するための文法-学校文法・教科文法-をまず考え
る。文法の考え方はその他にもさまざまある。古典文
授業概要 法を学ぶ意義を考えることから始め、いくつかの文法
学説を概観しながら文法の全体像を把握し、いろいろ
な考え方の特徴を講述する。また、高等学校で学習し
てきた事柄の復習もかねて、文法の変遷を概観する。
これまで学習した体系的な文法は古典文法であろう。古典文法
は古典語を対象にしたもので、古典作品を読むための文法であ
るため、
「覚える文法」という性格が強くなる。一方、現代語の
文法は私たちが今使っていることばが対象で、どのような法則
授業概要 に基づいて使っているのかを知るための文法であるため、「考え
る文法」
「発見する文法」である。この授業では、活用、格助詞、
使役、受身、テンス、モダリティ、条件、省略、
「は」と「が」
、
とりたて助詞、
「のだ」
、敬語といった項目を取り上げ学んでいく。
授業内容
1.授業説明
2.動詞の活用の種類
3.格助詞が表す名詞と述語の関係
4.自動詞・他動詞と使役の関わり
5.迷惑を表す受身
6.過去・現在・未来とテンス
7.話し手の気持ちを表すモダリティ
8.出来事の順序と条件
9.主語を描かない省略
10.情報の新旧という側面を持つ「は」と「が」
11.含意を暗示するとりたて助詞
12.いろいろな関連付けをする「のだ」
13.対者に向かう現代敬語
14.謙譲語をめぐる問題
15.授業のまとめ
・活用形、活用の種類、品詞の区別など高校で学習した基
本的な文法事項を頻繁に取り上げる。授業中に出てきた
事前・事後
ことは必ず復習しておくこと。
・課題を出すことがあるの
学
習
で指定された様式に整えてくること。
・高校の文法教科書
を参照することがあるので持参することが望ましい。
授業では各回のテーマの入口(基本的考え方)を講
述する。学習内容の確認として、小テストを行うこ
事前・事後
とがあるので、しっかりと復習すること。また、発
学
習
展的な学習は授業後に、専門辞書等にあたって各自
で行う必要がある。
評価方法 平常点(授業中小テストや課題)45%最終授業時の
・ 基 準 学習到達度確認55%
評価方法 ・平常点(課題や小テスト)40%・最終授業で実施す
・ 基 準 る学習到達度確認60%
履 修 上 の 後期「現代語文法論」と合わせて履修することが望
注意事項等 ましい。
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『プリント配布』
テ キ スト 『やさしい日本語のしくみ』庵功雄, くろしお出版, 2003
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング LJ108
聴講の可否
○
科目ナンバリング LJ109
聴講の可否
○
― 123 ―
国 文 学 科
1.授業説明
2.学校で古典文法を学ぶということの意義を考
える
3.「已然形接続」をつうじて学校で学んだ文法の
一面を考える
4.肯定文・否定文・疑問文をつくる―文法記述の
立場と観点(1)―
5.私たちの古典文法の目的―文法記述の立場と
観点(2)―
6.橋本文法を概観する―いろいろな文法学説
(1)―
7.山田文法・時枝文法を概観する―いろいろな文
法学説(2)―
8.歴史的な観点から学校文法の特徴をみる
9.品詞論の観点から学校文法の特徴をみる
授業内容 10.成分論の観点から学校文法の特徴をみる
11.奈良時代の動詞の活用を考える
12.平安時代の動詞の活用を考える
13.室町時代の動詞の活用を考える
14.江戸時代の動詞の活用を考える
15.授業のまとめ
科 目 名
古典文学概論Ⅰ
担当教員
石川 一
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
古典文学概論Ⅱ
配当
年次
1-4
担当教員
石川 一
テ ー マ 古典文学および古典文学史の読解と展望
到 達目標
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ 古典文学および古典文学史の読解と展望
古典文学作品の読解を通して文学の面白さを解明す
ると共に、文学史の課題に関する展望を把握する。
歴史物語の「四鏡」と称せられているものの中から、
『増
鏡』を題材として、鎌倉時代の文化思潮を解明したい。
武家が覇権を握ったとはいえ、まだまだ公家貴族は大き
授業概要 な勢力を維持しており、特に文化面においては彼らの領
導に拠るものであった。そういう意味では、王朝的世界
の掉尾を飾るものとして、大きな意義を有している。そ
れらを読解しながら、文学史的課題を明らかにしたい。
到 達目標
古典文学作品の読解を通して文学の面白さを解明す
ると共に、文学史の課題に関する展望を把握する。
歴史物語の「四鏡」と称せられているものの中から、
『増
鏡』を題材として、鎌倉時代の文化思潮を解明したい。
武家が覇権を握ったとはいえ、まだまだ公家貴族は大き
授業概要 な勢力を維持しており、特に文化面においては彼らの領
導に拠るものであった。そういう意味では、王朝的世界
の掉尾を飾るものとして、大きな意義を有している。そ
れらを読解しながら、文学史的課題を明らかにしたい。
1.鏡物という歴史物語の概説
2.老人に昔を語らせるという形態の叙述スタイ
ルの持つ意味(序一)
3.老人の語る「鏡物」の系譜(序二)
4.『増鏡』という名称の由来(序三)
5.後鳥羽院の出生・踐祚
6.後鳥羽院の在位時代
7.水無瀬離宮の造営
8.土御門天皇即位
9.勅撰和歌集のこと
10.千五百番歌合と新古今和歌集の成立
11.土御門帝、順徳天皇に譲位
12.順徳天皇
13.後鳥羽院の逸話
14.慈円・定家の長歌贈答
授業内容 15.土御門天皇の和歌
授業内容
事前・事後 歴史物語の展開を常に把握するように心掛け、作品
学
習 の中で語られる事象を個別作品によって確認する。
事前・事後 歴史物語の展開を常に把握するように心掛け、作品
学
習 の中で語られる事象を個別作品によって確認する。
評価方法 意欲的な受講態度、および積極的な授業への取り組
・ 基 準 み30%、レポート70%など総合的に判断する。
評価方法 意欲的な受講態度、および積極的な授業への取り組
・ 基 準 み30%、レポート70%など総合的に判断する。
履 修 上 の 配布資料について語ることを書き留め、重層的に作
注意事項等 品の理解を高めること。
履 修 上 の 「古典文学概論Ⅰ」を受講しておくことが望ましいが、
注意事項等 どうしても受講したい場合はその限りではない。
テ キ スト 『増鏡(校注古典叢書)』木藤才蔵, 明治書院, 1969初版
テ キ スト 『増鏡(校注古典叢書)』木藤才蔵, 明治書院, 1969初版
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング LJ110
― 124 ―
聴講の可否
○
1.「増鏡」第二(新島守)概説
2.桓武平氏
3.清和源氏
4.頼朝の上洛
5.二代将軍頼家
6.三代将軍実朝暗殺
7.摂家将軍の下向
8.後鳥羽院の挙兵計画
9.承久の乱
10.乱の状況・経過
11.土御門院の四国遷幸
12.承久の乱(総括)
13.隠岐の後鳥羽院(一)
14.隠岐の後鳥羽院(二)
15.隠岐の後鳥羽院(三)
科目ナンバリング LJ111
聴講の可否
○
科 目 名
近代文学概論Ⅰ
担当教員
光石 亜由美
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
近代文学概論Ⅱ
配当
年次
1-4
担当教員
藤本 寿彦
テ ー マ 近代日本文学の成立と展開
到 達目標
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ 近代文学の諸相を学ぶ
近代日本文学の歴史を理解し、テキストの解釈を深
める。
日本が近代国家として出発すると同時に、「文学」も西洋のさ
まざまな思想を取り入れて「近代化」をおしすすめていった。
「文学」や「国文学」というジャンルの起源を解き明かすとと
授業概要 もに、それらがどのように変遷していったのかを、文学史的
にとらえる。作家、作品、文学史の流れ、メディアなど、基
本的な知識を身につける一方、作家や作品が、時代状況、文
化状況の中にどのように位置づけられているのかを考える。
1.ガイダンス
2.戯作から小説へ
3.近代文学の黎明―坪内逍遥「小説神髄」
4.二葉亭四迷「浮雲」と近代小説
5.樋口一葉の文学
6.硯友社の文学
7.言文一致
8.日清戦争後の文学
9.浪漫主義文学
10.自然主義文学Ⅰ
11.自然主義文学Ⅱ
12.夏目漱石の文学
13.森鴎外の文学
14.谷崎潤一郎の文学
15.まとめ
到 達目標
明治以降の文学流派と表現を概観し、近代文学の史
的理解と読解を身につける。
明治から昭和までの主たるエコール(文学流派)と
その文学性を取り上げ、それぞれの時代が孕んでい
た文学的課題と文学表現の実態を明らかにする。そ
授業概要
のことによって、
表現者が取り組んだ「自我」
「
、描写」
、
「メディア」
、
「物語」などや「文学」という制度の問
題について考察する。
授業内容
1.戯作と小説
2.俳諧と俳句
3.和歌と短歌
4.近代詩の勃興1
5.近代詩の勃興2
6.浪漫主義の勃興
7.鴎外の文学的出発1
8.鴎外の文学的出発2
9.白樺派の文学
10.文芸復興期の小説 谷崎潤一郎「春琴抄」
11.夢の造型 夏目漱石「夢十夜」
12.夢の造型 内田百閒「冥途」
13.童謡から詩へ 丸山薫「病める庭園」
14.森田たま「着物・好色」
15.授業まとめ
国 文 学 科
授業内容
単位数 2単位
期間
事前・事後 事前学習事前に配布されたプリントは必ず読んでく
学
習 ること。
事前・事後
授業時に配布した資料を読んでくること。
学
習
評価方法
試験60% 小レポート・提出物 40%
・ 基 準
評価方法 「平常点」
「積極的な授業への取り組み」
「意欲的な受
・ 基 準 講態度、試験」
講義で扱うテクストについては、抄録したものを配
履修上の
布するが、あらかじめ全集や文庫本などで読んでお
注意事項等
くことがのぞましい。
履修上の
毎時間、課題を提出してもらう。
注意事項等
テ キ スト 『プリントで配布する。』
テ キ スト 『プリントで配布』
参 考 書 『講義内で紹介する。』
参 考 書
科目ナンバリング LJ112
聴講の可否
○
『周縁としてのモダニズム』藤本寿彦, 双文社, 2009年
『水夫の足-丸山薫のことなど』藤本寿彦, 七月堂, 1993年
科目ナンバリング LJ113
聴講の可否
○
― 125 ―
科 目 名
現代文化論Ⅰ
担当教員
光石 亜由美
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
現代文化論Ⅱ
配当
年次
1-4
担当教員
木田 隆文
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
1-4
テ ー マ 〈恋愛歌謡曲〉を読む
テ ー マ 「サザエさん」に見る戦後日本の生活文化
①歌詞の解釈を深める。②歌の誕生した文化的・社会
到 達目標 的背景を理解する。③ジェンダー、セクリュアリティ
の理論を理解する。
(1)戦後日本の生活文化を理解する (2)文化研
到 達目標 究の基礎的な方法を知る (3)漫画の歴史資料とし
ての可能性を考える
この講義では、恋愛を歌った歌謡曲の歌詞を〈詩〉
として読んでみる。まず、詩の内容を理解し、その
表現技法を分析する。さらに、歌謡曲の変遷から日
授業概要 本人の恋愛観の変遷をたどる。また、歌謡曲の背景
を理解し、歌の世界を考えることで、言葉によって
紡がれる恋愛、コミュニケーションの世界を考えて
みたい。
本講義は戦後日本の生活文化を、漫画「サザエさん」(や同時代の
小説など)から考察しようとするものです。具体的には毎時生活文
化にかかわる事象を1つとりあげ、まずはそれらの解説を行い、次
いで各事象の漫画のなかでの扱われ方や、ストーリー中での機能を
授業概要 考察していきます。そうした事例研究を積み重ねることで、戦後の
生活文化全体を俯瞰できるようにしたいと考えています。 なお講
義中に、生活文化を研究する際の参考文献や調査方法を適宜紹介し、
戦後文化(文学)を実証的に研究する方法も学べるようにします。
授業内容
1.ガイダンス
2.歌謡曲の歴史Ⅰ
3.歌謡曲の歴史Ⅱ
4.〈歌謡曲〉の読み方 「プラネタリウム」
5.〈想い〉から〈行動〉へ 「宵待草」
6.デートの変遷Ⅰ 「東京行進曲」
7.デートの変遷Ⅱ 「青春サイクリング」
8.デートの変遷Ⅲ 「狂った果実」 9.出会いと別れⅠ 「シクラメンのかほり」
10.出会いと別れⅡ 「木綿のハンカチーフ」
11.出会いと別れⅢ 「あずさ2号」
12.恋愛観の変化Ⅰ 「なみだの操」 13.恋愛観の変化Ⅱ 「神田川」
14.恋愛観の変化Ⅲ 「守ってあげたい」
15.まとめ
1.Ⅰ ガイダンス 歴史研究における〈漫画〉
の可能性
2.Ⅱ 戦後の生活文化とは(概説)
3.敗戦1 敗戦後の生活
4.敗戦2 アメリカ文化
5.敗戦3 民主化と天皇
6.女性1 民主化と女性の権利
7.女性2 女性の労働
8.女性3 家庭での役割
9.生活1 食生活
10.生活2 居住環境 11.生活3 家電
12.生活4 ファッション
13.家族1 夫婦関係
14.家族2 子供の位置
授業内容 15.まとめ
事前・事後 事前に配布されたプリントは必ず読んでくること。
学
習 *曲目は変更することがあります。
配布された資料は事前に読んでくること。資料の後
事前・事後 日配布は一切行なわないので、紛失しないこと。欠
学
習 席する場合は友人等に入手を依頼するか、翌週まで
に木田研究室に取りに来ること。
評価方法
講義内での課題60%レポート40%
・ 基 準
平常(10%)
、ミニレポート(20%)
、期末試験(70%)
評価方法 の総合評価。 授業中の発言を高く評価します。活
・ 基 準 発な発言が認められる受講生に対しては、出席発言
点の比率を上げて評価する場合もあります。
履修上の
毎時間、課題プリントを提出してもらう。
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『プリントで配布します。』
テ キ スト 『プリントを配布。』
参 考 書 『日本流行歌変遷史』菊池清麿, 論創社, 2008年
参 考 書 『戦後日本の大衆文化』鵜飼正樹・他編, 昭和堂, 2000
科目ナンバリング LJ114
― 126 ―
聴講の可否
○
科目ナンバリング LJ115
聴講の可否
○
科 目 名
中国文学概論Ⅰ
担当教員
☆平塚 順良
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
中国文学概論Ⅱ
配当
年次
2-4
担当教員
☆平塚 順良
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
2-4
テ ー マ 中国古代の韻文
テ ー マ 中国古代の散文
・中国文学の特色を理解し、
『詩経』の詩篇から近体
詩・詞に至る韻文の発展過程をおおまかに説明でき
到 達目標
る。
・各時期の代表的な詩人や、詩風の差異・特色な
どについておおまかに説明できる。
各時期・各ジャンルの文体の概要をよく理解し、それ
到 達目標 ぞれの発展過程及び特色について大まかに説明でき
る。
中国古典文学のうち韻文の分野を概説する。テキス
授業概要 トとレジュメに基づきながら講義し、適宜視聴覚資
料を用いて学習の補助とする。
中国古典文学のうち散文の分野を概説する。テキス
授業概要 トとレジュメに基づきながら講義し、適宜視聴覚資
料を用いて学習の補助とする。
授業内容
1.上古の記録(甲骨文字・金文)
2.経書 『易経』・
『春秋左氏伝』
3.諸子百家(1) 『論語』
・
『孟子』
・
『荀子』
・
『墨子』
4.諸子百家(2) 『老子』・
『荘子』・
『韓非子』
5.歴史書 『史記』・
『漢書』
6.『楚辞』
7.辞賦文学と駢儷文 司馬相如・陶淵明
8.唐宋八家文(1) 韓愈・柳宗元
9.唐宋八家文(2) 欧陽脩・王安石
10.文学評論(1) 『詩品』・
『文心雕龍』
11.文学評論(2) 詩話
12.小説(1) 中国古典小説概説・神話・古小説
13.小説(2) 志怪小説・志人小説・唐代伝奇
14.小説(3) 『三国演義』・
『水滸伝』
15.小説(4) 『西遊記』・
『紅楼夢』
予めテキストを読み、授業で配布されるレジュメを
よく復習すること。折を見て小テストを実施する。
事前・事後
また、授業中に言及した作家の別の作品を鑑賞する、
学
習
紹介した書籍や論文を実際に読んでみる、といった
各自の学習活動も期待したい。
予めテキストを読み、授業で配布されるレジュメを
よく復習すること。折を見て小テストを実施する。
事前・事後
また、授業中で扱った以外の文章にも目を通す、紹
学
習
介した書籍や論文を実際に読んでみる、といった各
自の学習活動も期待したい。
評価方法 授業の取り組み(30%)
・小テスト(20%)
・定期試験
・ 基 準 (50%)により総合的に評価する。
評価方法 授業の取り組み(30%)
・小テスト(20%)
・定期試験
・ 基 準 (50%)により総合的に評価する。
・欠席が5回以上の場合、成績評価の対象とならない。
・
私語をはじめ授業運営に悪影響を及ぼす学生には、
履修上の
退席を命じるなど厳しい態度で臨む所存である。
・第
注意事項等
一回の授業で下記テキスト(500円)を頒布する。各
自500円玉を準備すること。
・欠席が5回以上の場合、成績評価の対象とならない。
・
私語をはじめ授業運営に悪影響を及ぼす学生には、
履修上の
退席を命じるなど厳しい態度で臨む所存である。
・第
注意事項等
一回の授業で下記テキスト(500円)を頒布する。後
期から受講する学生は、500円玉を準備すること。
テ キ スト 『修訂 中国文学概論』中国芸文研究会
テ キ スト 『修訂 中国文学概論』中国芸文研究会
参 考 書
『中国文学を学ぶ人のために』興膳宏(編),世界思想社, 1991年
『中国文化叢書 文学概論』鈴木修次ほか, 大修館書店, 1967年
科目ナンバリング LJ202
聴講の可否
○
参 考 書
『中国文学を学ぶ人のために』興膳宏(編),世界思想社, 1991年
『中国文化叢書 文学概論』鈴木修次ほか, 大修館書店, 1967年
科目ナンバリング LJ203
聴講の可否
○
― 127 ―
国 文 学 科
授業内容
1.中国文学の特色
2.『詩経』
3.楽府・古詩
4.魏晋詩 三曹・建安七子・阮籍
5.南北朝詩 陶淵明・謝霊運
6.近体詩の成立(1) 四声八病・平仄・押韻
7.近体詩の成立(2) 諸作品の検討
8.初盛唐詩 辺塞詩・山水詩
9.李白
10.杜甫
11.中唐詩 白居易・李賀
12.晩唐詩 李商隠・杜牧
13.宋詩 梅堯臣・蘇軾・陸游
14.「詞」の発生と展開
15.詞の用語説明と名作鑑賞
科 目 名
日本語の歴史Ⅰ
担当教員
柏原 卓
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
日本語の歴史Ⅱ
配当
年次
2-4
担当教員
柏原 卓
単位数 2単位
テ ー マ 国語史の大要と資料
テ ー マ 国語史の大要と資料
到 達目標 国語史の大要と資料を知る。
到 達目標 国語史の大要と資料を知る。
授業概要
授業内容
国語史の大要を知り、具体例を通して日本語の変遷
の特色を理解する。
1.上代:概観、音韻・文字
2.上代:語彙、文章・文体
3.上代:文法、敬語
4.上代:資料の検討
5.中古:概観、音韻・文字
6.中古:語彙、文章・文体
7.中古:文法、敬語
8.中古:資料の検討①
9.中古:資料の検討②
10.中世:概観、音韻・文字
11.中世:語彙、文章・文体
12.中世:文法、敬語
13.中世:資料の検討①
14.中世:資料の検討②
15.授業のまとめ
授業概要
授業内容
期間
後期
配当
年次
2-4
国語史の大要を知り、具体例を通して日本語の変遷
の特色を理解する。
1.近世:概観、音韻・文字
2.近世:語彙、文章・文体①
3.近世:語彙、文章・文体②
4.近世:文法、敬語
5.近世:資料の検討①
6.近世:資料の検討②
7.近世:資料の検討③
8.現代:概観、音韻・文字
9.現代:語彙、文章・文体①
10.現代:語彙、文章・文体②
11.現代:文法、敬語
12.現代:資料の検討①
13.現代:資料の検討②
14.現代:資料の検討③
15.授業のまとめ
事前・事後 テキストと講義内容の復習、テキストおよび関連文
学
習 献等による予習をすること。
事前・事後 テキストと講義内容の復習、テキストおよび関連文
学
習 献等による予習をすること。
評価方法
参加状況、提出物、及び定期試験により評価する。
・ 基 準
評価方法
参加状況、提出物、及び定期試験により評価する。
・ 基 準
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『新訂国語史要説』金田弘・宮腰賢, 大日本図書, 2008
テ キ スト 『新訂国語史要説』金田弘・宮腰賢, 大日本図書, 2008
参 考 書 『なし』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LJ204
― 128 ―
聴講の可否
○
科目ナンバリング LJ205
聴講の可否
○
科 目 名
神話伝承論
担当教員
上野 誠
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
和歌歌謡論
配当
年次
3-4
担当教員
石川 一
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
3-4
テ ー マ
古代日本神話の特性 神話の伝承というものが如何
になされてきたのか、
『古事記』を通じて考えます。
テ ー マ 伝統和歌の世界探訪
到 達目標
受講生が『古事記』の読解を通じて、神話伝承のあ
りようを個別に考える力を身に付けてもらいます。
新古今歌人の慈円に関する和歌作品を読むが、その
到 達目標 ための基礎知識(和歌史・修辞など)を習得を目標と
する。
そも、
「神話」とはなんぞや。そも、
「伝承」とはなん
ぞや。そんな概念規定から初めて、7世紀から8世紀
の<神話>の歴史を考えてみたいと思います。神話を
授業概要 その伝承のもつ機能という面から、考察してゆきます。
本年度は、
「古代日本神話の特性」を取り上げて講義を
します。下記の内容を受講生の理解度を確かめながら、
2ないし3週間かけて説明してゆきたい、と思います。
授業内容
1.作品概説(組織・構成など)
2.諸社法楽百首群のこと(詠歌・法楽の背景)
3.大比叡1番・判詞(序文相当)
4.大比叡2~5番
5.大比叡6~10番
6.大比叡11~15番
7.小比叡1~5番
8.小比叡6~10番
9.小比叡11~15番
10.聖真子1~5番
11.聖真子6~10番
12.聖真子11~15番
13.十禅師15番判詞(俊成歌論)
14.自歌合(跋文)
15.総括
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降は予
習なしに授業に臨むと授業についていけなくなる可能性
事前・事後
があります。
『古事記』本文の読解については、授業中
学
習
にそのつど言及しますが、不明な点がある場合、語彙と
語法については、自分で調べて、ノートを作って下さい。
新古今時代和歌は表現技法にとどまらず、物語や本
歌の世界を摂取することが見られるなど、かなり深
事前・事後
遠な内容を有しているので、それなりの準備が必要
学
習
となる。テキスト・資料は受講者が確定してから配布
する。
最終授業時に実施する学習到達度確認(筆記等によ
評価方法 る学力確認)による。学習到達度確認では、授業内
・ 基 準 容の理解はもとより、その理解を踏まえた応用力を
評価したい。
意欲的な受講態度、および積極的な授業への取り組
評価方法
み30パーセント、レポート70パーセントなどを総合
・ 基 準
的に判断する。
テキストを充分に読み込んで出席して下さい。当該科目に
関係する諸事項について、つねに関心を持って、自分なり
履修上の
の視点でものが考えられるように、努力してほしい。そう
注意事項等
すれば、授業で得られた知見によって、他の問題について
も考える力を養えるのではないか。教授者は、そう考える。
履 修 上 の 作者・表現技法・語注など少し積み上げてゆく努力を
注意事項等 要するので、自覚を持って臨んで貰いたい。
テ キ スト 『神話伝承論ノート』神話伝承論学習の会, 書肆アルス, 2013年
テ キ スト
『万葉挽歌のこころ―夢と死の古代学―』上野誠, 角川学芸出版,
参 考 書 2012年
科目ナンバリング LJ302
聴講の可否
○
参 考 書
科目ナンバリング LJ303
聴講の可否
○
― 129 ―
国 文 学 科
1.この授業であつかう「神話」とは何か…国家
起源説明伝承
2.神話と史実
3.神話の史料批判/資料の性質と深く関わる学
問
4.神話と史実反映論
5.古事記(712)と日本書紀(720)は八世紀前
半の資料/どこまで遡る
6.神話研究のための史料批判/古事記の成り立
ちを考える
7.史料批判…いつ、どこで、だれが、なんのために、
どのように
8.律令国家の歴史書、史への関心/風土への関
心…風土記
9.天武天皇の修史事業…「歴史は○○のもの」
授業内容 10.古事記の序文の性格…上表文のかたちをとっ
ている
11.古事記の序文が語る古事記の成立過程
12.稗田阿礼の役割(誦習者)
13.太安万侶の役割(筆録者)
14.口承から書承へ(一番はじめは一宮)
15.まとめ・総括
慈円自歌合「慈鎮和尚自歌合」を読む。日吉七社に
授業概要 奉納・法楽する自歌合なので、かなり和歌に関する特
殊な事情をあわせて説明する。
科 目 名
中古物語論
担当教員
松本 大
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
上方文学論
配当
年次
3-4
担当教員
中尾 和昇
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
3-4
テ ー マ 『源氏物語』に関する諸問題
テ ー マ 近世大坂の名所図会と古典文学
『源氏物語』を読解する際に求められる基礎的知識や
理論、注意点等を学習する。また、研究史上の問題
到 達目標
点を理解し、古典文学研究に関する課題探索のため
の視野を広げる。
到 達目標
日本を代表する古典文学作品である『源氏物語』には、多くの研究史の積
み重ねがある。これらの研究史については、首肯すべき点も多くあるもの
の、中には見直しを迫らざるをえないものも存在する。本講義では、『源
氏物語』に関する基礎的な理解を示しながら、考証の余地があるものにつ
授業概要 いては、その問題点までも含めて丁寧な見直しを行う。特に、物語という
特性をどのように捉えるべきか、という点について深く考えることとする。
なお、毎回講義の最後には、理解度をはかるためにリアクションペーパー
を提出してもらう。理解度によっては、講義の進行を変える場合がある。
近世後期、秋里籬島(あきさとりとう)によって生み出された名
所案内記のひとつに「名所図会(めいしょずえ)」なるものがある。
これは、各地の名所・旧跡を、現地取材に基づく細密かつ写実的な
挿絵とともに紹介したガイドブックで、大変に魅力的な書物である。
授業概要 また、名所の解説には、近世以前の古典文学(徒然草・源氏物語な
ど)も頻繁に利用されている。この講義では、大坂(摂津・河内・和
泉)の名所図会に描かれた各地の名所をとりあげ、古典文学との関
連に迫りたい。また、名所図会の利用実態の一例も紹介する。
1.ガイダンス―「物語」を「読む」ということ
2.作品を読む前に(1)―各巻の名称と概要
3.作品を読む前に(2)―現存諸本と校訂本文
4.若紫巻の読解(1)―場面を構成するもの
5.若紫巻の読解(2)―景物の役割
6.若紫巻の読解(3)―『伊勢物語』引用につ
いて
7.葵巻の読解(1)―呼称が持つ意味
8.葵巻の読解(2)―年中行事と物語展開
9.須磨巻の読解(1)―引歌の効果
10.須磨巻の読解(2)―准拠という方法
11.須磨巻の読解(3)―和歌をめぐる問題
12.玉鬘巻の読解(1)―物語内引用をめぐって
13.玉鬘巻の読解(2)―貴種流離という枠組み
14.玉鬘巻の読解(3)―当時の信仰との接点
授業内容 15.まとめ
授業内容
①名所図会の特性を理解する。②名所図会と古典文
学の関連を理解する。
1.ガイダンス
2.近世の名所案内記
3.近世初期大坂の名所案内記
4.摂津名所図会の世界
5.摂津名所図会と古典文学①
6.摂津名所図会と古典文学②
7.大田南畝の大坂見物と摂津名所図会の利用①
8.大田南畝の大坂見物と摂津名所図会の利用②
9.河内名所図会の世界
10.河内名所図会と古典文学①
11.河内名所図会と古典文学②
12.和泉名所図会の世界
13.和泉名所図会と古典文学①
14.和泉名所図会と古典文学②
15.授業のまとめ
次回扱う範囲については、前回の授業時に指示、も
しくはプリント配布を行うので、登場人物や各巻の
事前・事後
内容などは事前に確認しておくこと。また授業後は、
学
習
問題点の整理や自身の読解を深めることが求められ
る。なお、
『源氏物語』を通読しておくことが望ましい。
前週にプリントを配布するので、一通り読んでおく。
事前・事後
授業時にはメモをこまめに取り、理解を深めてほし
学
習
い。授業後は、内容を整理しておく必要がある。
評価方法 最終授業時に実施する学習到達度確認(筆記)70点
・ 基 準 +平常点30点。
評価方法
学期末におこなう学習到達度確認によって評価する。
・ 基 準
物語の内容を丁寧に読解するわけではないので、古
履 修 上 の 典読解が苦手なものは辞書等を持参しても良い。ま
注意事項等 た、事前に配布した資料については必ず読んでおく
こと。
履 修 上 の 原則として、5回以上欠席した者には単位を認めな
注意事項等 い。
テ キ スト 『プリント等を配布する。』
テ キ スト 『使用しない』
参 考 書 『講義中に適宜提示する。』
参 考 書 『使用しない』
科目ナンバリング LJ304
― 130 ―
聴講の可否
○
科目ナンバリング LJ306
聴講の可否
○
科 目 名
近代小説論
担当教員
光石 亜由美
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
言語伝承論
配当
年次
3-4
担当教員
☆井上 幸
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
3-4
テ ー マ 〈戦後〉を読む
テ ー マ 古代の日本語にみる漢字文化の受容と後世への展開
戦後史の流れを把握しながら、戦後に書かれた小説
到 達目標
を読むことによって、
〈戦後〉とは何かを理解する。
古代の文字資料および古代の日本語にひろく親しみ
をもちながら、古代日本語の特徴を観察するととも
到 達目標
に、自分達が使っている現代の日本語も意識的に観
察できるようになること。
戦後に書かれた小説を取り上げ、敗戦後の日本社会
を文学から考える。戦後と民主主義、戦後と世相、
授業概要
戦後文学と女性といった観点から講義を行う。映画
や歌謡曲なども使いながら戦後文化を考える。
授業概要
古代の日本の文字資料には、言語体系の異なる中国の漢字、漢語、漢文を受
容しつつ、それらを使って日本語を書き記そうとした様相や現代語に受け継が
れていく様々な礎の痕跡がうかがえる。これらの実態を具体的に観察し、古
代の日本における言語・文字生活を追う。授業で取り上げる資料は、主に木簡
や正倉院文書などの、書かれた当時の姿をとどめる資料で、これらに親しみ
がもてるよう、なるべく図版などで用例を紹介する。なお、第6回は、学外授
業として、別途定めた日程に実施する。日程は、講義の進捗状況および受講
生との調整によって定める。見学内容は、平城宮跡内のおもな木簡の出土地
をめぐったり、平城宮跡資料館の展示を見学したりすることを予定している。
1.ガイダンス―古代の日本、中国や朝鮮半島の
文字資料の紹介
2.古代の漢字受容と現代の日本語と漢字
3.古代の使用漢字の種類
4.さまざまな文字の形
5.文字の形の受容と応用
6.木簡の出土地(平城宮跡)見学〈予定〉
7.漢字で日本語の音を書き記すことと万葉仮名
の成立
8.万葉仮名で語や文を書き記すこと
9.漢字から仮名の創出へ
10.ことばを伝える古辞書
11.古代の記号
12.漢語の受容と和製漢語
13.古代日本語と現代日本語・中国語の単語
授業内容 14.漢字だけで作った文の語順
15.授業まとめ
配布された予習プリントは必ず読んでくること。と
事前・事後
りあげる作家の略伝については事前に学習しておく
学
習
こと。
授業で提示した例の中で気になる例があれば、関連
事前・事後
する例を自分で検索(例えば下記参考URLにて)
学
習
して、用例を収集してみてほしい。
評価方法
レポート点 60%提出物 40%
・ 基 準
授業内で指示した小課題の提出や積極的な授業への
評価方法 取組を考慮し、授業内容をふまえた学習到達度確認
・ 基 準 (記述式、最終授業等に実施)により、総合的に判断
する。
履修上の
授業内で小レポートを課す場合がある。
注意事項等
履 修 上 の 提示される用例に対し、積極的に自分の目で確かめ
注意事項等 る姿勢をもって、履修してもらいたい。
テ キ スト 『プリントで配布』
テ キ スト 『プリントを配布』
参 考 書 『講義内で指示する』
参 考 書 『内容に応じて、適宜紹介』
科目ナンバリング LJ308
聴講の可否
○
科目ナンバリング LJ311
聴講の可否
○
― 131 ―
国 文 学 科
1.ガイダンス
2.戦後史概要
3.戦争を書く――坂口安吾「白痴」(1)
4.戦争を書く――坂口安吾「白痴」(2)
5.戦後と民主主義――石坂洋次郎「青い山脈」
(1)
6.戦後と民主主義――石坂洋次郎「青い山脈」
(2)
7.戦後と世相――田村泰次郎「肉体の門」(1)
8.戦後と世相――田村泰次郎「肉体の門」(2)
9.戦後とアメリカ――小島信夫「アメリカン・ス
クール」(1)
10.戦後とアメリカ――小島信夫「アメリカン・ス
クール」(2)
11.戦地から帰れない人々――石原吉郎「望郷と
海」(1)
授業内容
12.戦地から帰れない人々――石原吉郎「望郷と
海」(2)
13.戦後を生きる女性――林芙美子「下町」(1)
14.戦後を生きる女性――林芙美子「下町」(2)
15.まとめ
科 目 名
現代文学論(一)
担当教員
藤本 寿彦
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
国文学特殊講義
配当
年次
3-4
担当教員
松本 大
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
3-4
平安文学作品の享受と注釈―『古今和歌集』
『伊勢
物語』
『源氏物語』を中心に―
テ ー マ 現代文学の諸相を捉える。
テ ー マ
現代の小説、詩歌などを読解しながら、現代文学が
到 達目標
表現したものを捉える。
古典文学作品の享受について理解を深め、享受の過
程で発生する問題や、現代の全集等を扱う際の注意
到 達目標
点を把握する。また平安文学作品が後世に与えた影
響を、総体的につかむことを目標とする。
現代文学の表現者達は、戦後世界の世態風俗や多様
な文化現象を吸収しながら、
先鋭的な表現活動を行っ
授業概要 ていった。小説、詩、俳句、短歌などの作品を読解
することによって、現代文学者が到達した表現の有
様を考察する。
1.戦争体験の造型 島尾敏雄 「島の果て」 1
2.戦争体験の造型 島尾敏雄 「島の果て」 2
3.戦後世代の心象 谷川俊太郎の詩的世界
4.女性が性を書く 円地文子「『二世の縁』拾遺」
5.花柳界を書く 幸田文「流れる」1
6.花柳界を書く 幸田文「流れる」2
7.不良青年の肖像 三島由紀夫「雨の中の噴水」
1
8.不良青年の肖像 三島由紀夫「雨の中の噴水」
2
9.ベストセラーの仕掛け幸田文『番茶菓子』1
10.ベストセラーの仕掛け幸田文『番茶菓子』2
11.ベストセラーの仕掛け俵万智『サラダ記念日』
12.現代女性を詠う 黛まどか『B面の夏』
13.性と愛 山田詠美「ベッドタイム・アイズ」
授業内容 14.性と愛 江国香織「冷静と情熱のあいだ」
15.授業まとめ
授業概要
我々が古典文学作品を手に取ろうとした時、既に全集等に収められた本文
を使用することがほとんどであり、原典に当たることはまずない。しかし、
現存する古典文学作品は、各時代の人々によって脈々と受け継がれてきた
ことを忘れてはならない。特に、今回本講義で取り扱う『古今和歌集』
『伊
勢物語』
『源氏物語』については、後世に多大なる影響を与え、また様々な
受容の形態を取りながら現代まで伝えられて来た。本講義では、現代の我々
が全集等で見ている古典文学作品が、いかに当時の実態から離れているも
のであるかを明らかにするとともに、現代において古典文学作品を取り扱
う際の注意点を示すこととする。また、各作品における享受の諸相を踏ま
えた上で、平安文学作品が日本文化に与えた影響についても考えてみたい。
1.ガイダンス
2.古典籍に関する基礎知識
3.平安時代の本文の様相
4.『古今和歌集』をめぐって①:
『古今和歌集』の
基礎知識
5.『古今和歌集』をめぐって②:御子左家と六条
藤家
6.『古今和歌集』をめぐって③:定家の『古今和
歌集』書写
7.『伊勢物語』をめぐって①:
『伊勢物語』の成立
事情
8.『伊勢物語』をめぐって②:原初形態の『伊勢
物語』
9.『伊勢物語』をめぐって③:室町期における一
受容
授業内容 10.『源氏物語』をめぐって①:本文と享受・注釈の
関係
11.『源氏物語』をめぐって②:池田亀鑑と大島本
12.『源氏物語』をめぐって③:大島本の功罪
13.現代における受容の問題①―本文異同と多様
な物語世界について―
14.現代における受容の問題②―注釈書の扱いと
享受―
15.まとめ
事前・事後 授業終了時に課題を与え、授業のまとめとともに提
学
習 出してもらう。
配布した資料をもとに毎回の講義をふりかえり、理解を深
めること。また『古今和歌集』
『伊勢物語』
『源氏物語』に
事前・事後 ついては、全集等の解題を読み、基礎的な知識をあらかじ
学
習 め得ておくことが望ましい。享受資料に関しても、講義中
に参考資料を指示するので、受講後には振り返りを兼ねて
一読しておくことが求められる。
評価方法 「平常点」
「積極的な授業への取り組み」
「意欲的な受
・ 基 準 講態度、試験」
評価方法 最終授業時に実施する学習到達度確認(筆記)70点
・ 基 準 +平常点30点。
履 修 上 の 前回の授業で配布したテキストを熟読して、次の授
注意事項等 業に臨むこと。
古典文法や単語等については細かな説明は行わない
ため、苦手なものは辞書等を持ち込んでもかまわな
履修上の
い。また、
『古今和歌集』
『伊勢物語』
『源氏物語』に
注意事項等
ついては、事前に一読しておくと講義が分かりやす
くなる。
テ キ スト 『プリントで配布する』
テ キ スト 『プリントを配布する。』
参 考 書 『幸田文「わたし」であることへ』藤本寿彦, 翰林書房, 2007年
参 考 書 『古典注釈入門― 歴史と技法 ―』鈴木健一, 岩波書店, 2014
科目ナンバリング LJ312
科目ナンバリング LJ314
― 132 ―
聴講の可否
○
聴講の可否
○
科 目 名
国語学特殊講義
担当教員
柏原 卓
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
世界遺産文学特殊講義
配当
年次
3-4
担当教員
☆浅田 隆
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
2-4
テ ー マ 語彙の諸問題
テ ー マ 奈良の世界遺産にかかわる文学について考える。
到 達目標 語彙の諸側面について具体的に知る。
文学作品を介して奈良の世界遺産への理解を深め、
到 達目標 世界遺産にからむ文学作品を介して文学への理解を
深める。
授業概要
1.序説:語と語彙
2.意味の性質、語と文章
3.中心的意味と随伴的意味
4.多義と意味変化
5.品詞と意味
6.類義語と反対語
7.上位概念と下位概念
8.専門語と日常語
9.集団語
10.文体と語彙
11.複合語
12.派生語、省略・転成
13.外来語、漢語、和語
14.語彙教育
15.授業のまとめ
授業内容
1.(9/20)奈良県概説=理解を深めるため視覚資料も取り入れ、歴史・
地理・文化の方面から奈良県について概説する。
2.(9/27)廃仏毀釈と寺院の荒廃=飛鳥時代に渡来した仏教は奈良の
歴史風土と深くかかわってきたが、明治政府の施政のあおりで著
しく荒廃した。これは現代の奈良の文化風土を考える上で抜きに
出来ない出来事であり、視覚資料も交えてその実態に触れたい。
3.(10/4)西の京の文学①=唐招提寺は鑑真和上の開いた学問寺院の
伝統を持ち、静謐な雰囲気に覆われており、唐招提寺にかかわる
文学を紹介する。
4.(10/18)西の京の文学②=薬師寺は藤原京の時代に創建され、平
城遷都とともに西の京に移築された。唐招提寺から薬師寺にかけ
ての西の京の風情は多くの文学者などに感銘を与えたようで、文
学作品や視覚資料で紹介する。
5.(10/25)正岡子規「寒山落木」=明治28年に奈良を訪れた子規の
俳句作品等を介して、子規の眼に映じた奈良について考える。学
習効果を上げるため視覚資料も使用する予定。
6.(11/8)森鴎外「奈良五十首」①=鴎外について概説し、歌集から
読み取れる奈良への思いを考える。
7.(11/15)森鴎外「奈良五十首」②=前回に続き、歌集から読み取
れる鴎外の奈良への思いを考えるとともに、関連視覚資料を交え
て理解を深める。
8.(11/22)担当者の都合により休講。補講として後日文学散歩を実
施する。
(12/18)午前10時近鉄奈良駅行基噴水周辺に集合。午後
3時半頃終了予定。昼食は各自自由に。途中参加・途中離脱も可能。
日頃見慣れた奈良公園についての新しい発見があるかもしれな
い。
9.(11/29)会津八一の奈良①=会津八一の奈良とのかかわりの紹介
とともに、主として歌集「鹿鳴集」に収められた作品に込められ
ている八一の奈良への思いを読み取る。
10.(12/6)会津八一の奈良②=前回に続き、「鹿鳴集」等に収められ
た作品に込められている八一の奈良への思いを読み取るととも
に、奈良の八一の歌碑や関連画像を介して、実感的に理解を深め
る。
11.(12/13)井上靖の奈良=正倉院宝物「漆胡樽」に触発されて羽ば
たいた井上靖の想像力の世界を紹介し、井上にとっての奈良のイ
メージを考える。
12.(12/20)役行者伝承と坪内逍遥「役行者」①=日本の伝統的な信
仰形態である神仏習合の一つ山岳修験の開祖とされてきた役行者
の伝承について概説する。
13.(1/10)役行者伝承と坪内逍遥「役行者」②=役行者伝承を素材に
描かれた坪内逍遥の戯曲「役行者」を概説し、視覚資料を用い奥
吉野の自然やそこで行われる修験の様相を見る。
14.(1/17)風土と文学・世界遺産の風景=授業で触れえなかった作品
にも触れ、奈良の風土を理解するための参考となるような視覚資
料を鑑賞し、各自の奈良及び世界遺産への理解を深める。
15.(1/24)評価と授業のまとめ=授業前半で学習到達度確認を行い、
その結果に触れつつ授業のまとめをする。
事前・事後 配布プリントと講義内容について復習し、プリント
学
習 や予習課題について予習すること。
授業で取り上げるシラバス記載の作品を読んでおい
事前・事後
てほしい。また授業中に紹介する作品についても読
学
習
むことを希望する。
評価方法
参加状況と提出物、及び定期試験で総合評価する。
・ 基 準
最終回の授業で授業内容に即した学習到達度確認を
評価方法 実施し、授業内容が理解できているか、授業内容が
・ 基 準 自己内部で発展的に把握できているかについて、受
講状況を勘案しつつ評価する。
履修上の
注意事項等
3分の1以上の欠席を認めないのは当然ながら、3時間
以上の無断連続欠席は名簿から抹消することがある。
履修上の
11月22日は休講とし、臨地学習として12月18日に奈良
注意事項等
公園文学散歩を実施する。テキストはプリントで配
布。参考文献については授業で指示する。
テ キ スト 『プリント配布』
テ キ スト
参 考 書 『なし』
参 考 書
科目ナンバリング LJ315
聴講の可否
○
科目ナンバリング LJ2W1
聴講の可否
○
― 133 ―
国 文 学 科
授業内容
意味、単語の系列、語種、語構成などの諸問題につ
いて具体例に即して考える。
奈良には3つの世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物
群」
「古都奈良の文化財」
「紀伊山地の霊場と参詣道」
がある。これ等世界遺産を取り巻く奈良の風土との
授業概要
触れ合いの中から多数の近・現代文学が生まれた。そ
れらの諸作品を紹介しながら、文学や世界遺産につ
いて考える。
科 目 名
日本語教育論Ⅰ
担当教員
☆芹澤 剛
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
言語情報処理論
配当
年次
2-4
担当教員
☆芹澤 剛
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
2-4
テ ー マ 日本語教育の概要を知る
テ ー マ 日本語データ処理の基礎
①指導内容(日本語・日本文化)について初歩的な質問に
答えることができる②代表的な指導方法(教授法)の特徴
到 達目標
を簡潔に説明することができる③〈話す・聞く・読む・書く〉
に関する指導上の課題について説明することができる
①日本語データ処理の基礎が理解できる②簡単な
到 達目標 コーパスデータの処理ができる③ウェブを活用して
簡単なレポートが作成できる
日本語教育について初歩的・基本的なことを学ぶ。学
習者の年齢・母語・国籍・文化、目的・レベルなどによ
り指導の内容や方法は異なる。こういったさまざま
授業概要 な要素を考慮しなければならない日本語教育の現実
を見ていく。授業はテキストにそって講述するほか、
受講者が分担発表しながらまとめ、質疑応答しなが
ら進める。
日本文学・日本語学の分野においても、研究にコン
ピュータを活用することが一般的になった。ウェブで
の文献資料やデータの収集、レポートや論文の作成、
授業概要 発表資料作成など活用方法はさまざまである。この授
業では、
「日本語データ処理の基礎」をテーマに、コー
パスデータとウェブの活用について基礎的な事柄を実
際にコンピュータを使いながら考え身につけていく。
1.授業説明
2.日本語教育と国語教育について概説する
3.初級学習者の文法・語彙の指導方法を考える
4.中上級学習者の文法・語彙の指導方法を考える
5.日本語教授法を学ぶ(1)文法訳読法など
6.日本語教授法を学ぶ(2)サイレントウェイ
など
7.日本語教授法を学ぶ(3)コミュニカティブ
アプローチなど
8.聞くことの指導の留意点
9.話すことの指導の留意点
10.読むことの指導の留意点
11.書くことの指導の留意点
12.日本語教授法に関する問題演習
13.シラバス・コースデザインに関する問題演習
授業内容 14.音声・文法・文字表記・語彙に関する問題演習
15.授業のまとめ
1.授業説明
2.文書作成・編集と日本語処理レポートや論文の
文章・表・グラフ作成についておさらいと日本
語データを処理するための基礎的事柄を学習
する。
3.検索(その1)日本語データ処理の一環として、
検索を概観する。
4.検索(その2)ワード・エクセルを用いて日本
語データ処理の基礎を学習する。
5.形態素解析文を要素(形態素)に分割し、読み・
表記・品詞などの付与方法を学習する。
6.コーパスの利用(その1)パソコン内に構築
したコーパスを利用する方法を学習する。コー
パスの作成と入手方法を概観する。
7.コーパスの利用(その2)コーパスを利用す
るための処理方法の基礎を学習する。
授業内容
8.検定コーパスデータの統計的検定の基本的な
考え方について学習する。
9.音声・音韻の研究コーパスに基づく音声・音韻
の研究例を学習する。
10.文字・表記の研究コーパスに基づく文字・表記
の研究例を学習する。
11.語彙・文法の研究コーパスに基づく語彙・文法
の研究例を学習する。
12.文章・文体の研究コーパスに基づく文章・文体
の研究例を学習する。
13.ウェブの利用(その1)コーパスとしてのウェ
ブの利用方法を概観する。検索エンジンを用
いて実践練習も行う。
14.ウェブの利用(その2)ウェブを利用して簡
単な日本語研究の課題に取り組む。
15.授業のまとめ
毎回発表内容について質疑応答をする。受講者は発
事前・事後 表に対する質問をしなければならないので、事前に
学
習 テキストの該当範囲は読んでくること。分担発表の
際には、発表者は準備学習をしっかりとすること。
授業の復習を兼ねた課題を出し、発表してもらうこ
とがある。指定された様式に整えてこなければなら
事前・事後
ない。また、単語、文節、動詞、形容動詞、活用形
学
習
など基礎的な文法事項が頻出するので、確認してお
くこと。
評価方法 平常点(発表・質疑)50%最終授業で実施する学習
・ 基 準 到達度確認50%
評価方法 平常点(課題への取り組み)60%最終授業で実施す
・ 基 準 る学習到達度確認40%
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『ここからはじまる日本語教育』姫野昌子, ひつじ書房, 1998
テ キ スト 『ファイル形式で授業中に配布』
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング LJ206
― 134 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ207
聴講の可否
×
科 目 名
比較交流論Ⅰ
担当教員
松本 大
テ ー マ
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
比較交流論Ⅱ
配当
年次
2-4
担当教員
☆鈴木 喬
日本古典文学作品における漢文学の影響―上代~平
安中期を中心に―
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
2-4
テ ー マ 文字の運用と表現理解
文字の体系や機能について理解する。文字を通した
到 達目標 日本語史について学び、それぞれの資料で運用する
テクスト上の表現(歴史・文学)を理解する。
古典文学作品を読解する際、漢文学への配慮は必要不可欠
である。これは当時の学問大系において漢文学が大きな役割
を占めていたことに起因する。本講義では、
『万葉集』
『竹取
物語』
『伊勢物語』
『源氏物語』といった上代から平安中期ま
授業概要 でに成立した作品に見られる、具体的な現象について考察を
加え、その諸相を明らかにする。特に『白氏文集』
『遊仙窟』
を重点的に取り扱う予定である。なお、毎回講義の最後には、
理解度をはかるためにリアクションペーパーを提出してもら
う。理解度によっては、講義の進行を変える場合がある。
我々の社会には文字があふれている(言語景観)。テレビにおけるバ
ラエティ番組もマンガも文字が記され表現装置として用いられてい
る。音声では果たせない表現効果を文字がもたらしているといえる。
日本語の文字体系は複雑であり、それが故に表現装置として用いられ
授業概要 ることがある。我々は常に「書記者」であり「享受者」である。本授
業では「文字」「漢字」「かな」の体系や機能をそれぞれの資料(正倉
院文書・木簡など)・作品(古事記・万葉集・仮名文学・近代文学・マンガ
など)でどのように運用されているかをみていきながら、
「文字の体系」
「書記」について考え、「日本語史」「読むこと」「書くこと」を学ぶ。
1.ガイダンス
2.上代から平安中期までの漢籍受容
3.『白氏文集』の受容①―「長恨歌」の基礎的理
解
4.
『白氏文集』の受容②―「李夫人」「琵琶引」
に関して
5.『白氏文集』の受容③―物語作品への影響
6.『白氏文集』の受容④―左遷に関して
7.『白氏文集』の受容⑤―菅原道真への影響
8.『白氏文集』の受容⑥―散文における左遷
9.神仙世界への憧憬―『竹取物語』を発端とし
て
10.神仙思想と『万葉集』
11.『遊仙窟』の影響①―『遊仙窟』の基礎的理解
12.『遊仙窟』の影響②―『万葉集』「遊松浦序」
授業内容 13.『遊仙窟』の影響③―『伊勢物語』初段
14.『遊仙窟』の影響④―『源氏物語』若紫巻
15.まとめ
1.ガイダンス/文字とは何か①―音声言語と文
字言語-
2.文字とは何か②―日本語の文字体系、記号は
文字か-
3.正倉院文書を日本語資料としてよむ
4.出土文字資料を日本語資料としてよむ
5.上代特殊仮名遣は何をあらわすか
6.コーパス利用と統計学利用を学ぶ
7.テクストと表現装置①(万葉集における文字)
8.テクストと表現装置②(万葉歌人と文字-文
字は作者を同定できるか)
9.テクストと表現装置③(日本書紀と古事記)
10.テクストと表現装置④(定家仮名遣い)
11.テクストと表現装置⑤(辞書と字書)
12.テクストと表現装置⑥(江戸期)
授業内容 13.テクストと表現装置⑦(漱石と鴎外)
14.テクストと表現装置⑦(マンガにみえる振り
仮名・振り漢字)
15.授業まとめ
次回扱う範囲については、前回の授業時に指示、も
しくはプリント配布を行うので、分からない語彙や
事前・事後
扱う作品の内容・概要などは事前に確認しておくこ
学
習
と。また授業後は、問題点の整理や自身の読解を深
めることが求められる。
事前に配布された資料は必ず読んだうえ授業に臨
事前・事後
み、扱うテクスト(作品)についての知識を身に付
学
習
けて授業に臨むこと。
評価方法 最終授業時に実施する学習到達度確認(筆記)70点
・ 基 準 +平常点30点。
評価方法 平常点(受講態度及び授業後のレポート等)30%、
・ 基 準 期末レポート70%
古典読解や漢文読解が苦手なものは辞書等を持参し
履修上の
ても良い。また、事前に配布した資料については必
注意事項等
ず読んでおくこと。
履 修 上 の テーマに対し常に内省を働かせること。専攻する分
注意事項等 野の資料に生かすようこころがけること。
テ キ スト 『プリント等を配布する。』
テ キ スト 『授業中に配布』
参 考 書 『講義中に適宜提示する。』
参 考 書
科目ナンバリング LJ208
聴講の可否
○
『文字・表記探究法』犬飼隆, 朝倉書店, 2002
『上記以外に参考書・参考論文は随時提示する。』
科目ナンバリング LJ209
聴講の可否
○
― 135 ―
国 文 学 科
上代から平安中期までの各作品において、漢文学が
与えた影響の諸相を把握した上で、その変遷や意味
到 達目標
について理解する。また、漢文学を通して見た時の、
日本古典文学の特質・特性を分析する。
科 目 名
比較交流論Ⅲ
担当教員
☆鈴木 喬
テ ー マ
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
中国文学講読Ⅰ
配当
年次
2-4
担当教員
☆上原 尉暢
漢字の機能や運用を通して漢字文化圏について考え
る。
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
2-4
テ ー マ 古典中国語である漢文の読解能力の育成
それぞれの国が漢字をどのように受け入れたのか理
到 達目標 解する。また日本がどのように漢字を「飼い慣らし
たか」を理解する。
漢和辞典の調べ方、
「訓読」の基礎的事項を一通り
到 達目標 把握し、基礎的内容の古典漢文を理解できるように
なる。
文字は社会的慣習によって成り立ち、異なる文化や
記憶(歴史)をつなぐことを可能とする。古代東ア
ジアは中国を中心とする漢字文化圏を形成していた。
授業概要 つまり漢字を通じて他文化をつないでいたことにな
る。漢字の受容はそれぞれの国によって異なり、ま
た漢字との付き合い方も異なる。それらを考察する
ことで「日本文化」
「日本人」
「多文化社会」を考える。
「漢文」とは、古典中国語を指す言葉である。本講義では、まず
古典中国語を読むために必須な漢和辞典の使用方法を学習し、つ
いで古典中国語を日本語の文法 に合うように語順を入れかえ、助
詞・助動詞を加える「訓読」という方法を学習する。これと平行し
授業概要 て、訓読の文体に慣れるべく、漢文訓読体で書かれた文章も 幾
篇か閲読する。こうした作業を通して古典中国語を解釈・翻訳する
技術を身につけるようにする。その過程では、中国古典の持つ豊
饒な文化的意義を学習し、さらにそれを「訓読」によって受けい
れてきた日本文化の特質について理解を深めることを目指す。
1.授業ガイダンス-言語における「文字」とは
2.文字言語とは
3.文字について-表音文字と表語文字
4.漢字の成立と中国文化
5.漢字の受容と漢字文化圏
6.東アジアの漢文訓読
7.漢字文化圏の展開(漢字を飼い慣らす)
8.漢字の現在と未来①(中国・台湾の漢字)
9.漢字の現在と未来②(日本の漢字-国字・和製
漢語・位相文字-)
10.漢字の現在と未来③(韓国・ベトナムと漢字)
11.漢字の現在と未来④(モンゴルと文字)
12.東アジアの近代化と文字(民族の自覚と文字)
13.現代と文字(マンガなどの大衆文化と文字)
14.多文化社会と多様化する文字環境
授業内容 15.授業まとめ
1.ガイダンス 漢字と漢文/直読と訓読/日本
人と漢文(教科書第1・2・3・4講)
2.漢和辞典の引き方(16講)
・漢文の文型(第7・
8講)
3.返り点(第9・10講)
・送り仮名(第11・12・13講)
4.再読文字・置き字(第5・6講)・
5.書き下し文・漢文訓読体(第14講・第15講)
6.これまでのまとめと訓読演習の準備
7.訓読演習・故事成語1
8.訓読演習・故事成語2
9.訓読演習・諸子の文章1――『論語』
10.訓読演習・諸子の文章2――『孟子』
11.訓読演習・諸子の文章3――『荀子』
12.訓読演習・諸子の文章4――『韓非子』
13.訓読演習・諸子の文章5――『墨子』・
『孫子』
授業内容 14.訓読演習・諸子の文章6――『莊子』
15.まとめ
事前・事後 事前に配布された資料は必ず読んだうえで授業に臨
学
習 むこと。
指定した教科書の該当個所を事前に目を通し、内容
を理解しておく。また授業中に次の回の課題をプリ
事前・事後
ントで配付するので、必ず予習しておく。予習用の
学
習
ノート(ルーズリーフは使わないこと)を必ず用意
すること。
評価方法 平常点(受講態度及び授業後のレポート等)30%、
・ 基 準 期末レポート70%
提出物及び小テストによる平常点(40%)
、さらに最
評価方法
後の授業における学習到達度確認(60%)で評価す
・ 基 準
る。
履 修 上 の テーマに対し常に内省を働かせること。随時、課題
注意事項等 プリントを提出してもらう。
漢和辞典を必ず携帯すること。電子辞書よりも紙の
履修上の
辞書であることが望ましい。手頃な推薦辞書を参考
注意事項等
書欄に挙げる。
テ キ スト 『適宜プリントを配布』
テ キ スト
『文字・表記探究法』犬飼隆, 朝倉書店, 2002
参 考 書 『岩波講座 日本語8 文字』河野六郎, 岩波書店, 1977
参 考 書 『全訳 漢辞海(第三版)』佐藤進・濱口富士雄編, 三省堂, 2011
『その他:文字・漢字に関わるもの』
科目ナンバリング LJ210
― 136 ―
聴講の可否
『漢文訓読入門』古田島洋介・湯浅吉信, 明治書院, 2011
『漢文入門』前野直彬, ちくま学芸文庫, 2015
○
科目ナンバリング LJ211
聴講の可否
○
科 目 名
中国文学講読Ⅱ
担当教員
☆上原 尉暢
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
古典芸能実習
配当
年次
2-4
担当教員
☆金春 穂高
テ ー マ 古典中国語である漢文の読解能力の育成
到 達目標
単位数 2単位
期間
通年
配当
年次
2-4
テ ー マ 能楽の基礎知識および実技
漢和辞典の調べ方、
「訓読」の基礎的事項を一通り
把握し、様々な古典漢文を読解できるようになる。
前期の内容を踏まえ、多様なジャンルの古典漢文を
読解し、その内容や修辞を深く味わう。さらに漢文
授業概要 教育で必要な、教材準備の仕方、授業の展開の仕方
なども学習する。授業では、予習・復習が必須であり、
提出課題を課す予定である
授業概要
大和を中心として興った中世の芸能・能楽の歴史の概略を知り、現在の能楽シテ方五流の
中で、もっとも古い伝統をもち、大和四座の筆頭であった金春流の謡曲および仕舞を実際
に謡い、舞うことによりこれを習得し、能の技法を学び、さらに直接能面や能装束を身近
に見、能の舞台にも接して、能楽に興味を持たせる。謡方、立方の実習を行う。謡方とし
ては一曲選定し、一年間を通じて実習する。立方としては、前期後期それぞれ一曲づつ仕
舞を習得する。これによって左右均整の取れた姿勢と、真摯で堂々とした態度をとること
ができるようし、人前に出ても恥ずかしくない立居振る舞いができるようにするとともに、
最近忘れられがちな本来の日本人の心や、日本人としての礼儀を見直す。実習の合間には、
能楽の歴史や、能楽にまつわること、特に大和の祭りと能楽の関係についての講義を行う。
また、学外鑑賞授業を設定し、能楽堂で催される本物の能を鑑賞し、能の演出特性を知る。
1.ガイダンスおよび謡曲の発声について
2.謡曲の節使いについて
3.能の歴史についての講義①と謡曲実習
4.薪能の歴史についての講義と謡曲実習
5.能の歴史についての講義②と謡曲実習
6.能楽の役方についての講義と謡曲実習
7.謡曲実習と立方の基本姿勢の実習
8.謡曲実習と立方の基礎的な型の実習
9.仕舞「鶴亀」の練習①と謡曲実習
10.仕舞「鶴亀」の練習②と謡曲実習
11.仕舞「鶴亀」の練習③と謡曲実習
12.仕舞「鶴亀」の練習④と謡曲実習
13.立方実技試験
14.能面についての講義と謡曲実習
15.能装束についての講義と謡曲実習
16.能の季節と装束のかねあいについての講義と謡曲
実習
授業内容 17.仕舞と謡曲実習
18.仕舞と謡曲実習
19.仕舞と謡曲実習
20.仕舞と謡曲実習
21.仕舞と謡曲実習
22.仕舞と謡曲実習
23.春日若宮おんまつりについての講義と謡曲実習
24.仕舞と謡曲実習
25.仕舞と謡曲実習
26.立方実技試験
27.4月24日(日)奈良県新公会堂能楽ホールで12時
半から開催の奈良金春会
28.6月19日(日)奈良県新公会堂能楽ホールで12時
半から開催の奈良金春会
29.9月4日(日)奈良県新公会堂能楽ホールで12時半
から開催の奈良金春会
30.10月16日(日)奈良県新公会堂能楽ホールで12時
半から開催の奈良金春会
授業中に次の回の課題をプリントで配付するので、
事前・事後
必ず予習しておく。予習用のノート(ルーズリーフ
学
習
は使わないこと)を必ず用意すること。
事前・事後 前回までの授業の実技内容の反復練習をおこなうこ
学
習 と
提出物及び小テストによる平常点(40%)
、さらに最
評価方法
後の授業における学習到達度確認(60%)で評価す
・ 基 準
る。
前期および、後期最終講義日に、立方の実技試験を行う。格技
室で、4人ないし3人づつに分けて仕舞を舞わせる。姿勢、構
評価方法 えおよび態度を重視した採点方法で、評価、採点する。授業中
・ 基 準 にも簡単な謡曲の実技を行い、これを平常点として加味する場
合がある。 また、年間4回の学外能楽鑑賞(学外授業として)
を設定し、それに参加し、レポートを提出すること義務づける。
履 修 上 の 漢和辞典を必ず携帯すること。電子辞書よりも紙の
注意事項等 辞書であることが望ましい。
テキストとして謡本「一角仙人」
(2700円)
、立方で
履 修 上 の 使用する扇(4500円)が必要である。 また、立方
注意事項等 実技に際しては、白足袋または、白の綿ソックス使
用を望む。
テ キ スト 『全訳 漢辞海(第三版)』佐藤進・濱口富士雄編, 三省堂, 2011
テ キ スト 社)金春円満井会出版部
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング LJ212
聴講の可否
○
『金春流昭和正本「一角仙人」』著作者:金春流第八〇世宗家,(公
科目ナンバリング LJ213
聴講の可否
×
― 137 ―
国 文 学 科
1.ガイダンス
2.歴史記述を読む(1)―『史記』荊軻列伝(1)
3.歴史記述を読む(2)―『史記『荊軻列伝(2)
4.歴史記述を読む(3)―『史記』荊軻列伝(3)
5.志怪小説を読む(1)―『搜神記』
6.志怪小説を読む(2)―『搜神後記』(「桃花
源記」)
7.伝奇小説を読む(1)―「人面桃花」
8.伝奇小説を読む(2)―「人虎伝」(1)
9.伝奇小説を読む(3)―「人虎伝」(2)
10.文学批評を読む(1)―曹丕「典論論文」
(1)
11.文学批評を読む(2)―曹丕「典論論文」
(2)
12.文学作品を読む(1)―張衡「帰田賦」
13.文学作品を読む(2)―白居易「長恨歌」
(1)
14.文学作品を読む(3)―白居易「長恨歌」
(2)
授業内容 15.まとめ
到 達目標 謡曲と仕舞及び能に関する基礎知識の理解
科 目 名
書道Ⅰ
担当教員
☆森田 彦七
テ ー マ
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
書道Ⅱ
配当
年次
3-4
担当教員
☆森田 彦七
国語科教育における「書写」とは文字を書くことである。その技法や能力の向上を
目指して学ぶことであり、これは国語科の目標達成に欠かせないものである。そこ
で本講座は国語科書写の授業が展開できるよう書写指導の意義・目的・指導者とし
ての資質や態度そして書写の内容と技能に関する事柄を目的として学んでいく。
教育の現場において、必要とされる技法の習得、書
写指導の考え方や知識、さらに授業の展開[示範・添
到 達目標
削・評価]等を身につけ、生徒たちに支援できる力を
養う。
授業概要
授業内容
平成20年3月に小・中学校の新「学習指導要領」が告示された。そこで中学校国
語科書写の取り扱いは『伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項』2に記
載されている。そこには『文字を正しく整えて速く書くことができるようにする
とともに、書写の能力を学習や生活に役立てる態度を育てるよう配慮すること』
『硬筆及び毛筆を使用する書写の指導は各学年で行い、毛筆を使用する書写の指
導は硬筆による書写の基礎を養うようにすること』となっている。そこで本講
座はこのような教育活動のねらいの中で教員の持つ役割はじつに大きなものが
あり、とくに書写の指導にあたるという観点から以下のことについて学んでいき
たい。以下の事柄をポイントとし、毛筆・硬筆の実技を通して授業を展開していく。
1.書写教育とは
2.中学校書写の概要
3.用具・用材
4.姿勢・執筆法
5.楷書の基本
6.楷書学習
7.楷書と仮名の調和
8.行書の基本
9.行書の学習
10.行書と仮名の調和
11.生活の中の書Ⅰ
12.生活の中の書Ⅱ
13.書写の指導計画
14.評価と作品処理
15.まとめ
テ ー マ
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
3-4
国語科教育における「書写」とは文字を書くことである。その技法や能力の向上を
目指して学ぶことであり、これは国語科の目標達成に欠かせないものである。そこ
で本講座は国語科書写の授業が展開できるよう書写指導の意義・目的・指導者とし
ての資質や態度そして書写の内容と技能に関する事柄を目的として学んでいく。
教育の現場において、必要とされる技法の習得、書
写指導の考え方や知識、さらに授業の展開[示範・添
到 達目標
削・評価]等を身につけ、生徒たちに支援できる力を
養う。
授業概要
授業内容
平成20年3月に小・中学校の新「学習指導要領」が告示された。そこで中学校国語科
書写の取り扱いは『伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項』2に記載されてい
る。そこには『文字を正しく整えて速く書くことができるようにするとともに、書写
の能力を学習や生活に役立てる態度を育てるよう配慮すること』『硬筆及び毛筆を使
用する書写の指導は各学年で行い、毛筆を使用する書写の指導は硬筆による書写の基
礎を養うようにすること』となっている。そこで本講座はこのような教育活動のねら
いの中で教員の持つ役割はじつに大きなものがあり、とくに書写の指導にあたるとい
う観点から以下のことについて学んでいきたい。※新規受講者は書道Ⅰの内容にて実
施する。書道Ⅰの単位を取得してさらに継続受講者は下記の内容で実施。以下の事柄
をポイントとし、毛筆・硬筆の実技を通してさらに指導者としての技術を高めていく。
1.楷書学習1
2.楷書学習2
3.楷書と仮名の調和1
4.楷書と仮名の調和2
5.楷書の名筆を学ぶ1
6.楷書の名筆を学ぶ2
7.行書学習1
8.行書学習2
9.行書と仮名の調和1
10.行書と仮名の調和2
11.行書の名筆に学ぶ1
12.行書の名筆に学ぶ2
13.実用的な書式1
14.実用的な書式2
15.まとめ
テキストは必ず事前に読んでおくこと。本日の課題
事前・事後
は自宅でも練習し、その作品は次時に添削をうける
学
習
こと。
テキストは必ず事前に読んでおくこと。本日の課題
事前・事後
は自宅でも練習し、その作品は次時に添削をうける
学
習
こと。
*課題作品を50%、リポート30%、関心・意欲・態度・
評価方法
努力そして専門的知識度を20%として評価する。*
・ 基 準
毎時の提出作品をABCの3段階で評価する。
*課題作品を50%、リポート30%、関心・意欲・態度・
評価方法
努力そして専門的知識度を20%として評価する。*
・ 基 準
毎時の提出作品をABCの3段階で評価する。
*この講座は教育免許課程に関する科目のため遅刻
履修上の
や途中退室は一切認めない。*毎時必ず毛筆・硬筆の
注意事項等
実技ができるよう用具を準備すること。
*この講座は教育免許課程に関する科目のため遅刻
履修上の
や途中退室は一切認めない。*毎時必ず毛筆・硬筆の
注意事項等
実技ができるよう用具を準備すること。
『明解書写教育』全国大学書写書道教育学会[編], 萱原書房, 平成
『明解書写教育』全国大学書写書道教育学会[編], 萱原書房, 平成
テ キ スト 25年
テ キ スト 25年
参 考 書 『なし』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LJ319
― 138 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ320
聴講の可否
×
科 目 名
近世演劇鑑賞
担当教員
中尾 和昇
単位数 2単位
期間 その他
科 目 名
本と出版・実習
配当
年次
担当教員
☆永井 一彰
1-4
テ ー マ 古典芸能の鑑賞
到 達目標
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
3-4
テ ー マ 近世の出版を追体験する
①古典芸能の基礎的知識を習得する。②古典芸能の
〈様式美〉を理解する。
能・狂言・浄瑠璃・歌舞伎は、日本の古典芸能として、現在もなお演じ続けられている。し
かし、〈伝統〉という枠組みのせいか、「敷居の高いもの」という認識が根強いことも否め
ない。この授業を通して、伝統芸能に親しみ、理解を深めてほしい。なお、通常の授業と
異なるため、以下の点に注意してのぞんでもらいたい。○4月から1月の間に計10回実施す
授業概要 るので、4回以上参加する。○鑑賞後、1週間以内にレポートを提出する。○チケット料金
は半額を自己負担とする(料金は演劇の種類によって異なる)。〔全体の流れ〕(1)歌舞伎・
文楽などの興行に合わせて日程を組み、その都度、掲示板に案内を告知する(別の授業で
告知することもある)。(2)告知内容にしたがって、各人が申し込む。(3)事前授業(水曜・
3限)に出席する。(4)劇場へ出かけて鑑賞する(5)レポートを執筆し、提出する。
近世出版に携わった人々の叡智を学び、近世の出版
機構について理解を深める。
版本(はんぽん)
・板木(はんぎ)
・文書(もんじょ)
・
浮世絵など生の資料を教材として取り上げ、それら
授業概要 を使用した実習を通じて近世の出版を追体験するこ
とにより、出版に関わった本屋・職人の知恵と工夫に
ついて理解を深める。
1.近世文学概観
2.和本とはどのようなものか その形態と呼称
3.和本を見る・触る・考える1 洒落本
4.和本を見る・触る・考える2 滑稽本
5.和本を見る・触る・考える3 人情本 6.和本を見る・触る・考える4 読本
7.和本を見る・触る・考える5 草双紙
8.和本の印刷方法 活字印刷と板木印刷の違い
9.日本の印刷の歴史 百万塔陀羅尼から近世の
板木印刷まで
10.板木の作成方法
11.板木の形状とその時代的変遷
12.和本をばらして綴じ直してみる
13.板木の拓本作成
14.浮世絵の重ね摺りを追体験する
授業内容 15.浮世絵作成の工程
開催日前週のオフィスアワー時(水曜・3限)に事前
授業を行うので参加すること(別の授業との関係で
事前・事後
出席できない場合は、事前に連絡する)
。また、テレ
学
習
ビの古典芸能番組(NHK「にっぽんの芸能」
「古典
芸能への招待」など)をチェックしておくとよい。
事前に資料が配布された場合は、じっくりと目を通
先鋭な問題意識をもって授業に臨むこと。事後は、
事前・事後 し、
学
習 疑問点ががどのように解決されたのかに留意しつつ
整理して、レポートを作成すること。
評価方法
レポートによって評価する。
・ 基 準
単元ごとにレポートを課し(全10回、各10点)
、その
評価方法
合計点が評価となる。欠席した場合は、その単元の
・ 基 準
レポートの提出資格を失う。
初回ガイダンスの告知を掲示板に貼っておくので、必ず確認す
ること(ゼミ分けの時にもお知らせします)。なお、上記の「授
履修上の
業内容」には、10月までの予定のみ記しているが、11月以降も
注意事項等
歌舞伎や文楽を鑑賞するので、注意しておいてほしい。「国文
学史Ⅱ」や「古典芸能実習」を併せて受講することが望ましい。
履 修 上 の 実習をベースにした科目という性格上、遅刻入室は
注意事項等 一切認めない。また、欠席3回で名簿から削除する。
テ キ スト 『使用しない』
テ キ スト 『プリント等で配布』
参 考 書 『使用しない』
参 考 書 『講義時に指示する』
科目ナンバリング LJ116
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ321
聴講の可否
×
― 139 ―
国 文 学 科
1.ガイダンス【必ず出席する】
2.奈良金春会演能会 事前授業
3.奈良金春会演能会(奈良春日野国際フォーラ
ム、4月24日)
4.歌舞伎鑑賞教室 事前授業
5.歌舞伎鑑賞教室(京都四條南座、5月中旬)
6.文楽鑑賞教室 事前授業
7.文楽鑑賞教室(国立文楽劇場、6月上旬)
8.奈良金春会演能会 事前授業
9.奈良金春会演能会(奈良春日野国際フォーラ
ム、6月19日)
10.七月大歌舞伎 事前授業
11.七月大歌舞伎(大阪松竹座、7月中旬)
12.奈良金春会演能会 事前授業
13.奈良金春会演能会(奈良春日野国際フォーラ
ム、9月4日)
授業内容
14.奈良金春会演能会 事前授業
15.奈良金春会演能会(奈良春日野国際フォーラ
ム、10月16日)
到 達目標
科 目 名
実地見学・踏査Ⅰ(一)
担当教員
上野 誠
テ ー マ
単位数
- 単位
期間 その他
科 目 名
実地見学・踏査Ⅰ(二)
配当
年次
担当教員
上野 誠
1-3
実地の見聞を通して、日本文学や日本文化に対する
理解を深める。
テ ー マ
期間 その他
単位数 2単位
配当
年次
2-4
実地の見聞を通して、日本文学や日本文化に対する
理解を深める。
到 達目標 実感から国文学を学ぶ姿勢を身につける。
到 達目標 実感から国文学を学ぶ姿勢を身につける。
この授業は、古典や近・現代文学にあらわれる故地を
実際に訪ね、
文学や芸術・芸能に関する観賞眼を養い、
感性を研くことを目的として、創設されました。教
授業概要
室で学んだ知識を実地の見学・踏査でさらに深め、学
習を進めるのが特徴です。具体的には受講生と相談
して見学地を決めてゆく。下記は仮の内容である。
この授業は、古典や近・現代文学にあらわれる故地を
実際に訪ね、
文学や芸術・芸能に関する観賞眼を養い、
感性を研くことを目的として、創設されました。教
授業概要
室で学んだ知識を実地の見学・踏査でさらに深め、学
習を進めるのが特徴です。具体的には受講生と相談
して見学地を決めてゆく。下記は仮の内容である。
授業内容
1.奈良の名歌
2.佐紀を歩く
3.佐保を歩く
4.奈良の食
5.演劇鑑賞
6.平城宮跡を歩く
7.詩の朗読
8.古代の衣装について学ぶ
9.奈良公園文学散歩
10.奈良町を歩く
11.おん祭の世界
12.奈良大学博物館見学
13.石仏の見方
14.国文学のなかの奈良
15.まとめ・総括
授業内容
1.奈良の名歌
2.佐紀を歩く
3.佐保を歩く
4.奈良の食
5.演劇鑑賞
6.平城宮跡を歩く
7.詩の朗読
8.古代の衣装について学ぶ
9.奈良公園文学散歩
10.奈良町を歩く
11.おん祭の世界
12.奈良大学博物館見学
13.石仏の見方
14.国文学のなかの奈良
15.まとめ・総括
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降は予習
なしに授業に臨むと授業についていけなくなる可能性があ
事前・事後 ります。場所については、
『歴史地名事典』
、歴史的事項に
『歴史事典』等によって、必ず事前事後の学習を
学
習 ついては、
して下さい。授業中に指示した文献については、図書館等
でその文献を確認し、必要個所をメモしてきて下さい。
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降は予習
なしに授業に臨むと授業についていけなくなる可能性があ
事前・事後 ります。場所については、
『歴史地名事典』
、歴史的事項に
『歴史事典』等によって、必ず事前事後の学習を
学
習 ついては、
して下さい。授業中に指示した文献については、図書館等
でその文献を確認し、必要個所をメモしてきて下さい。
この授業はポイント制で行ない、一回の見学・踏査は、
原則として半日で1ポイント、10ポイントで単位を
評価方法
認定します。ポイント認定は、レポートの提出によっ
・ 基 準
て行いますので、レポートの提出を忘れないように
して下さい。
この授業はポイント制で行ない、一回の見学・踏査は、
原則として半日で1ポイント、10ポイントで単位を
評価方法
認定します。ポイント認定は、レポートの提出によっ
・ 基 準
て行いますので、レポートの提出を忘れないように
して下さい。
常に国文学共同研究室前の掲示を見て下さい。見落とすと
参加できなくなります。 当該科目に関係する諸事項につ
履 修 上 の いて、つねに関心を持って、自分なりの視点でものが考え
注意事項等 られるように、努力してほしい。そうすれば、授業で得ら
れた知見によって、他の問題についても考える力を養える
のではないか。教授者は、そう考える。
常に国文学共同研究室前の掲示を見て下さい。見落とすと
参加できなくなります。 当該科目に関係する諸事項につ
履 修 上 の いて、つねに関心を持って、自分なりの視点でものが考え
注意事項等 られるように、努力してほしい。そうすれば、授業で得ら
れた知見によって、他の問題についても考える力を養える
のではないか。教授者は、そう考える。
テ キ スト 『使用しない』
テ キ スト 『使用しない』
参 考 書 『なし』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LJ117
― 140 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ117
聴講の可否
×
科 目 名
実地見学・踏査Ⅱ(一)
担当教員
上野 誠
テ ー マ
単位数
- 単位
期間 その他
科 目 名
実地見学・踏査Ⅱ(二)
配当
年次
担当教員
上野 誠
1-3
実地の見聞を通して、日本文学や日本文化に対する
理解を深める。
テ ー マ
期間 その他
単位数 2単位
配当
年次
2-4
実地の見聞を通して、日本文学や日本文化に対する
理解を深める。
到 達目標 実感から国文学を学ぶ姿勢を身につける。
到 達目標 実感から国文学を学ぶ姿勢を身につける。
この授業は、古典や近・現代文学にあらわれる故地を
実際に訪ね、
文学や芸術・芸能に関する観賞眼を養い、
感性を研くことを目的として、創設されました。教
授業概要
室で学んだ知識を実地の見学・踏査でさらに深め、学
習を進めるのが特徴です。具体的には受講生と相談
して見学地を決めてゆく。下記は仮の内容である。
この授業は、古典や近・現代文学にあらわれる故地を
実際に訪ね、
文学や芸術・芸能に関する観賞眼を養い、
感性を研くことを目的として、創設されました。教
授業概要
室で学んだ知識を実地の見学・踏査でさらに深め、学
習を進めるのが特徴です。具体的には受講生と相談
して見学地を決めてゆく。下記は仮の内容である。
授業内容
1.奈良の名歌
2.佐紀を歩く
3.佐保を歩く
4.奈良の食
5.演劇鑑賞
6.平城宮跡を歩く
7.詩の朗読
8.古代の衣装について学ぶ
9.奈良公園文学散歩
10.奈良町を歩く
11.おん祭の世界
12.奈良大学博物館見学
13.石仏の見方
14.国文学のなかの奈良
15.まとめ・総括
国 文 学 科
授業内容
1.奈良の名歌
2.佐紀を歩く
3.佐保を歩く
4.奈良の食
5.演劇鑑賞
6.平城宮跡を歩く
7.詩の朗読
8.古代の衣装について学ぶ
9.奈良公園文学散歩
10.奈良町を歩く
11.おん祭の世界
12.奈良大学博物館見学
13.石仏の見方
14.国文学のなかの奈良
15.まとめ・総括
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降は予習
なしに授業に臨むと授業についていけなくなる可能性があ
事前・事後 ります。場所については、
『歴史地名事典』
、歴史的事項に
『歴史事典』等によって、必ず事前事後の学習を
学
習 ついては、
して下さい。授業中に指示した文献については、図書館等
でその文献を確認し、必要個所をメモしてきて下さい。
予習と復習を必ず行ってください。特に2回目以降は予習
なしに授業に臨むと授業についていけなくなる可能性があ
事前・事後 ります。場所については、
『歴史地名事典』
、歴史的事項に
『歴史事典』等によって、必ず事前事後の学習を
学
習 ついては、
して下さい。授業中に指示した文献については、図書館等
でその文献を確認し、必要個所をメモしてきて下さい。
この授業はポイント制で行ない、一回の見学・踏査は、
原則として半日で1ポイント、10ポイントで単位を
評価方法
認定します。ポイント認定は、レポートの提出によっ
・ 基 準
て行いますので、レポートの提出を忘れないように
して下さい。
この授業はポイント制で行ない、一回の見学・踏査は、
原則として半日で1ポイント、10ポイントで単位を
評価方法
認定します。ポイント認定は、レポートの提出によっ
・ 基 準
て行いますので、レポートの提出を忘れないように
して下さい。
常に国文学共同研究室前の掲示を見て下さい。見落とすと
参加できなくなります。 当該科目に関係する諸事項につ
履 修 上 の いて、つねに関心を持って、自分なりの視点でものが考え
注意事項等 られるように、努力してほしい。そうすれば、授業で得ら
れた知見によって、他の問題についても考える力を養える
のではないか。教授者は、そう考える。
常に国文学共同研究室前の掲示を見て下さい。見落とすと
参加できなくなります。 当該科目に関係する諸事項につ
履 修 上 の いて、つねに関心を持って、自分なりの視点でものが考え
注意事項等 られるように、努力してほしい。そうすれば、授業で得ら
れた知見によって、他の問題についても考える力を養える
のではないか。教授者は、そう考える。
テ キ スト 『使用しない』
テ キ スト 『使用しない』
参 考 書 『なし』
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LJ118
聴講の可否
×
科目ナンバリング LJ118
聴講の可否
×
― 141 ―
史
学
科
科
目
科 目 名
史学研究法(一)
史学研究法(二)
史学研究法(三)
担当教員
大田 壮一郎・森川 正則
山崎 岳・角谷 常子
足立 広明・山口 育人
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史講読Ⅰ(一)
配当
年次
1-4
担当教員
寺崎 保広
テ ー マ 歴史学研究への入門
到 達目標
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
2-4
テ ー マ 『続日本紀』の講読
歴史学という学問の特徴、研究手法の習得、および
2年次以降の専門分野(講読・演習)の選択
到 達目標
日本古代の基礎史料を読み、その読解力をつけるこ
とを目指す。
『続日本紀』は奈良時代史を研究する際の最も基本的な史
料であり、内容も様々な分野に及ぶ。これを読み進めな
がら、古代史研究法の基礎を体得する。 奈良時代の様々
授業概要 な制度も併せて紹介し、理解を深める。事前に報告担当
を割り当て、担当者はレジュメを用意して、書き下し文、
用語解説、
関係史料の紹介などを行ってもらう。本年度は、
『続日本紀』巻31の宝亀2年正月条からスタートする。
1.史学科紹介。全体ガイダンス
2.各クラスで前期各担当者による授業①
3.同上②
4.同上③1クール終了
5.同上④2クール目開始担当者交替
6.同上⑤
7.同上⑥2クール目終了
8.史学科特別講義1回目
9.同上⑦3クール目開始
10.同上⑧
11.同上⑨3クール目終了
12.分担者以外の史学科教員による全体授業①
13.分担者以外の史学科教員による全体授業②
14.前期授業まとめ①
15.前期授業まとめ②
授業内容 16.各クラスで後期各担当者による授業①
17.同上②
18.同上③1クール終了
19.同上④2クール目開始担当者交替
20.同上⑤
21.同上⑥2クール目終了
22.同上⑦3クール目開始
23.同上⑧
24.同上⑨3クール目終了
25.講読分属決定協議①
26.講読分属決定協議②
27.講読分属最終決定
28.史学科特別講義2回目
29.後期授業まとめ①
30.後期授業まとめ②
1.ガイダンス、古代史の史料概説。
2.『続日本紀』解題
3.続日本紀講読1
4.続日本紀講読2
5.続日本紀講読3
6.続日本紀講読4
7.続日本紀講読5
8.続日本紀講読6
9.続日本紀講読7
10.続日本紀講読8
11.続日本紀講読9
12.続日本紀講読10
13.続日本紀講読11
14.続日本紀講読12
15.続日本紀講読13
授業内容 16.続日本紀講読14
17.続日本紀講読15
18.続日本紀講読16
19.続日本紀講読17
20.続日本紀講読18
21.続日本紀講読19
22.続日本紀講読20
23.続日本紀講読21
24.続日本紀講読22
25.続日本紀講読23
26.続日本紀講読24
27.続日本紀講読25
28.続日本紀講読26
29.続日本紀講読27
30.まとめ
事前・事後
各担当者の指示に従うこと。
学
習
報告担当が当たっていない学生にもランダムにあて
事前・事後
て、史料を読んでもらうので、毎時間、出席者全員
学
習
の予習が要求される。
評価方法 平常の授業態度と各担当者のレポート等課題の総計
・ 基 準 による。
評価方法 平常点・レポート・学習到達度確認などを総合して評
・ 基 準 価する。
履修上の
注意事項等
事前の予習が必須で、そのためには丹念に辞書を引
履 修 上 の き、自分で訳を考えることが何より大切である。現
注意事項等 代語訳も出版されているが、それに頼ると、力がつ
かないので、注意。
テ キ スト 『用いない。適時各担当者が配布、指示する。』
テ キ スト 『「続日本紀」後篇(新訂増補国史大系普及版)』吉川弘文館
参 考 書 『用いない。各担当者の指示に従うこと。』
参 考 書
×
科目ナンバリング LH201
科
聴講の可否
学
科目ナンバリング LH101
史
3分割したクラスで日本史・東洋史・西洋史を担当す
る本学教員が輪番で講義をおこなう。それを通して
受講生が各分野の基礎的な知識を身につけ、各自の
授業概要
専門分野を決定する。学外研究者の講演、各種のガ
イダンスもおこなうことがあるので掲示に注意して
おくこと。
聴講の可否
×
― 143 ―
科 目 名
日本史講読Ⅰ(二)
担当教員
大田 壮一郎
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史講読Ⅰ(三)
配当
年次
2-4
担当教員
河内 将芳
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
2-4
前近代(中世・近世)文化史にかかわる文献史料(古
文書・古記録の読解)の読解
テ ー マ 中世文献史料(古文書・古記録等)の読解
テ ー マ
①和様漢文の読み方に慣れる。②史料用語の調べ方
到 達目標 を身につける。③中世の古文書について様式と特徴
を理解する。
前近代(中世・近世)文化史にかかわる文献史料(主
到 達目標 に中世の古文書・古記録)の読解力の基礎力を身につ
けることをめざす。
はじめに基本的な史料の読み方・調べ方について講義
する。その後、配布したテキストを受講者全員で輪
授業概要
読する。後期には担当を決めてレジュメを作成して
発表する。
第1回~15回:授業で扱う古文書を指定し、受講生
全員が予習をしたうえ、担当者を決めずに各回、複
数の受講生が発表。第16回~30回:史料のプリン
授業概要 トを配布し、受講生各人の担当と担当日を決め、担
当者は史料を読み下し・読解し、必要なことがらを調
べあげ、レジメ資料を作成し受講生全員に配布した
うえで発表。
1.ガイダンス 史料の種類と特色 必要な工具書の説明
2.和様漢文の文法と読み方
3.史料用語の読み方と調べ方
4.中世史料を読むⅠ 法制史料の輪読―御成敗式目(1)
5.中世史料を読むⅠ 法制史料の輪読―御成敗式目(2)
6.中世史料を読むⅠ 法制史料の輪読―御成敗式目(3)
7.中世史料を読むⅠ 法制史料の輪読―寺社法(1)
8.中世史料を読むⅠ 法制史料の輪読―寺社法(2)
9.中世史料を読むⅠ 法制史料の輪読―寺社法(3)
10.中世史料を読むⅡ 古記録について 日記の家
11.中世史料を読むⅡ 古記録を読む―中世前期の古記録
(1)
12.中世史料を読むⅡ 古記録を読む―中世前期の古記録
(2)
13.中世史料を読むⅡ 古記録を読む―中世後期の古記録
(1)
14.中世史料を読むⅡ 古記録を読む―中世後期の古記録
(2)
授業内容 15.講義まとめ
16.ガイダンス 古文書とは
17.古文書の分類と様式
18.中世史料を読むⅢ 平安時代の公家文書 下文
19.中世史料を読むⅢ 平安時代の公家文書 奉書
20.中世史料を読むⅢ 鎌倉時代の武家文書 下知状
21.中世史料を読むⅢ 鎌倉時代の武家文書 御教書
22.中世史料を読むⅢ 室町時代の武家文書 軍忠状
23.中世史料を読むⅢ 室町時代の武家文書 御判御教書
24.中世史料を読むⅢ 室町時代の武家文書 管領奉書
25.中世史料を読むⅢ 戦国時代の武家文書 書下
26.中世史料を読むⅢ 戦国時代の武家文書 判物
27.中世史料を読むⅣ 戦国時代の武家文書 印判状
28.中世史料を読むⅣ 古文書・古記録の所在と調査方法
(1)
29.中世史料を読むⅣ 古文書・古記録の所在と調査方法
(2)
30.講義まとめ
1.公式様文書の読解①
2.公式様文書の読解②
3.公式様文書の読解③
4.公式様文書の読解④
5.公式様文書の読解⑤
6.公家様文書の読解①
7.公家様文書の読解②
8.公家様文書の読解③
9.公家様文書の読解④
10.公家様文書の読解⑤
11.武家様文書の読解①
12.武家様文書の読解②
13.武家様文書の読解③
14.武家様文書の読解④
15.武家様文書の読解⑤
授業内容 16.室町時代の古記録の読解①
17.室町時代の古記録の読解②
18.室町時代の古記録の読解③
19.室町時代の古記録の読解④
20.室町時代の古記録の読解⑤
21.戦国時代の古記録の読解①
22.戦国時代の古記録の読解②
23.戦国時代の古記録の読解③
24.戦国時代の古記録の読解④
25.戦国時代の古記録の読解⑤
26.織田・豊臣期の古記録の読解①
27.織田・豊臣期の古記録の読解②
28.織田・豊臣期の古記録の読解③
29.織田・豊臣期の古記録の読解④
30.織田・豊臣期の古記録の読解⑤
各自、
専用のノート(ルーズリーフ不可)とA4ポケッ
トのファイルを用意すること。配布テキストの該当
事前・事後
部分について、あらかじめ読み下し文と現代語訳を
学
習
ノートに記入した上で講義に臨むこと。ノートの提
出を求めることもある。
講読では受け身の姿勢で授業にのぞんでも、なんら
事前・事後
の力も身につかない。予習していることを前提とし
学
習
て積極的な授業参加を期待する。
平常点(40%)
輪読時の発表、質問など講義への
評価方法 参加度を評価する。授業中(最終授業等)に行う筆
・ 基 準 記による学習到達度の確認(60%)
。なお、正当な理
由のない発表時の欠席は単位を認定しない。
評価方法 平常点(40%)
、発表内容(40%)
、年度末のレポー
・ 基 準 ト(20%)などを総合して評価する。
博物館等で古文書・古記録に関する展示が開催され
履修上の
る場合、現地見学を行うこともある。漢和辞典を用
注意事項等
意しておくこと。
基本的な漢和辞典や国語辞典および日本史辞典は備
履修上の
えておくことが必要。なお、くわしくは、授業中に
注意事項等
指示する。
『日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法』苅米一志, 吉川弘文
テ キ スト 館, 2015
参 考 書
『概説古文書学 古代・中世編』日本歴史学会編, 吉川弘文館, 1983
『古記録入門』高橋秀樹, 東京堂出版, 2005
科目ナンバリング LH201
― 144 ―
聴講の可否
×
テ キ スト 『適宜、資料を配付する。』
参 考 書
科目ナンバリング LH201
聴講の可否
×
科 目 名
日本史講読Ⅰ(四)
担当教員
木下 光生
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史講読Ⅰ(五)
配当
年次
2-4
担当教員
村上 紀夫
テ ー マ 近世古文書の読解
到 達目標
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
2-4
テ ー マ 日本幕末・維新期文化に関する史料読解
近世古文書の文章表現を理解し、当時のくずし字を
読めるようになる。
到 達目標
近代文化史にかかわる史料読解に必要な基本的な力
を身につけることをめざす。
1.ガイダンス~講読の目的と進め方について
2.E.S.モースが見た近代日本の生活~『日本その日
その日』解題~
3.『日本その日その日』(1)都市・村落生活の概要
4.『日本その日その日』(2)生活
5.『日本その日その日』(3)モースをめぐる人びと
6.『日本その日その日』(4)世相
7.『日本その日その日』(5)住居
8.『日本その日その日』(6)旅のありさま
9.『日本その日その日』(7)大森貝塚と近代の学知
10.まとめ
11.年中行事と地域文化~『諸国風俗問状』解題~
12.『諸国風俗問状』(1)正月行事
13.『諸国風俗問状』(2)春の生活
14.『諸国風俗問状』(3)夏のくらし
授業内容 15.『諸国風俗問状』(4)秋の生活
16.『諸国風俗問状』(5)冬のくらし
17.近代の風俗誌と調査
18.『奈良県風俗誌』(1)村の景観
19.『奈良県風俗誌』(2)年中行事
20.『奈良県風俗誌』(3)衣食
21.『奈良県風俗誌』(4)風俗・習慣
22.『奈良県風俗誌』(5)人生儀礼
23.滋賀県公文書―大正期の風俗調査―
24.滋賀県公文書 娯楽調査(1)芝居
25.滋賀県公文書 娯楽調査(2)芸能
26.滋賀県公文書 娯楽調査(3)盆踊り
27.京都府公文書 地方改良運動 28.郡志編纂と歴史認識
29.フィールドワーク
30.一年間の講読のまとめ
くずし字は、週1回程度の勉強では絶対読めるよう
事前・事後
にはならないので、ちょっとずつでいいから毎日の
学
習
反復練習を怠らないでほしい。
事前・事後 予習していることを前提として授業を進めるので、
学
習 必ず事前に史料を読んでくること。
評価方法
平素の受講態度と学習到達度確認
・ 基 準
講義時の報告内容(70%)
・授業中の積極的な発言
評価方法
(30%)をもとに評価する。積極的な授業参加を求め
・ 基 準
る。無断遅刻・欠席は厳禁とする。
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『プリントなど配布』
テ キ スト
参 考 書 『授業中に指示』
参 考 書
科目ナンバリング LH201
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH201
聴講の可否
×
― 145 ―
科
1.前期講読の進め方
2.近世の文章表現に慣れる~活字史料から
3.活字史料を「口に出して」読む
4.近世のくずし字を読むには~辞書の引き方な
ど
5.借金証文を読む
6.借金証文の世界を理解する
7.田畑売り渡し証文を読む
8.田畑売り渡し証文の世界を理解する
9.奉公人請状を読む
10.奉公人請状の世界を理解する
11.人別送り状を読む
12.人別送り状の世界を理解する
13.小作証文を読む
14.小作証文の世界を理解する
授業内容 15.まとめ
16.後期講読の進め方
17.五人組帳前書を読む(前半)
18.五人組帳前書を読む(後半)
19.五人組帳前書の世界を理解する
20.触れを読む
21.触れの世界を理解する
22.村方騒動の訴状を読む
23.村方騒動の返答書を読む
24.村方騒動の世界を理解する
25.領主役人の年中行事を読む(1~3月)
26.領主役人の年中行事を読む(4~6月)
27.領主役人の年中行事を読む(7~9月)
28.領主役人の年中行事を読む(10 ~ 12月)
29.領主役人の世界を理解する
30.まとめ
学
授業で扱う幕末維新期の文化・生活に関する史料を
授業概要 指定し、受講生全員が予習をしたうえ受講生が発表
し、全体で討論をする。
史
近世史を理解するためには、まず何よりも当時の古
文書を読めるようにならなければならない。そこで
本講読では、最初に活字史料を用いて、近世人の文
授業概要
章表現に慣れてもらったうえで、実際の古文書(コ
ピー)をテキストに、くずし字が読めるようひたす
ら反復練習をおこなっていく。
科 目 名
日本史講読Ⅰ(六)
期間
通年
配当
2-4
年次
日本(または日本を含むアジア・太平洋地域)の近現代史に
テ ー マ 関わるテーマを調査・研究する上で欠かせない「史料(資料)」
について、その種類・特徴と読み方・探し方を学びます。
担当教員
到 達目標
森川 正則
単位数 4単位
いろいろなタイプの「史料(資料)
」に触れ、それぞれの特徴を理解する
とともに、文書・文献史料を読む作法を身につけてもらいます。あわせて、
日本(または日本を含むアジア・太平洋地域)の近現代史の大きな流れと
基礎的事項を確認してもらいつつ、3年・4年次を見すえて専門的に調査・
研究したい時期・分野・題材について問題関心を高めてもらいます。
前期の授業では、①統計書、②当時を生きた人びとの回想・
回顧・証言、③当時に出版された文献、④当時の新聞およ
び雑誌を取り扱います。後期の授業では、⑤国(中央政府)
の文書史料、
⑥地方自治体(都道府県・市町村)の文書史料、
授業概要 ⑦個人または家の文書史料、⑧非文字資料(絵図・写真など)
を取り扱います。なお、①~⑧のいずれについても可能な
かぎり、受講者の興味・問題関心に沿って史料を選定する予
定です。
授業内容
1.2年次の講読Ⅰの開始にあたって
2.「史料(資料)」にはどのようなものがあるか
3.史学科共同研究室と本学図書館を見て歩こう
4.「統計書」で近現代日本の姿を大きく捉える①
5.「統計書」で近現代日本の姿を大きく捉える②
6.「当時を生きた人びとの回想・回顧・証言」から探る明治・
大正の日本①
7.「当時を生きた人びとの回想・回顧・証言」から探る大正・
昭和の日本②
8.「当時を生きた人びとの回想・回顧・証言」から探る昭和・
平成の日本③
9.「当時に出版された文献」で探る明治・大正の日本①
10.「当時に出版された文献」で探る大正・昭和の日本②
11.「当時に出版された文献」で探る昭和・平成の日本③
12.「当時の新聞および雑誌」で探る明治・大正の日本①
13.「当時の新聞および雑誌」で探る大正・昭和の日本②
14.「当時の新聞および雑誌」で探る昭和・平成の日本③
15.前期のまとめと後期への橋渡し
16.講読の再開にあたって
17.刊行されている文書史料と未刊行の文書史料について
18.「国の文書史料」で探る明治・大正の日本①
19.「国の文書史料」で探る大正・昭和の日本②
20.「国の文書史料」で探る昭和・平成の日本③
21.「非文字資料」(絵図・写真など)に触れてみよう①
22.「地方自治体の文書史料」で探る明治・大正の日本①
23.「地方自治体の文書史料」で探る大正・昭和の日本②
24.「地方自治体の文書史料」で探る昭和・平成の日本③
25.「非文字資料」(絵図・写真など)に触れてみよう②
26.「個人または家の文書史料」で探る明治・大正の日本①
27.「個人または家の文書史料」で探る大正・昭和の日本②
28.「個人または家の文書史料」で探る昭和・平成の日本③
29.「非文字資料」(絵図・写真など)に触れてみよう③
30.1年間のまとめと3年次の講読Ⅱ・演習Ⅰへの橋渡し
科 目 名
日本史講読Ⅱ(一)
担当教員
寺崎 保広
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 『養老令』の講読。
到 達目標
日本古代の法制史料を読み、史料読解力の向上を目
指す。
律令格式と称される法制史料のうち、
「令」を取り上げる。具
体的には、国家の基本法である養老令の条文をできる限り多く
読みすすめることによって、古代法の基礎を体得する。史料に
関連する事項・論文なども紹介しつつ、理解を深める。1回あ
授業概要 たり二人づつ事前に担当者を決めて報告をしてもらい、それを
補足しながら授業をすすめてゆく。担当者はレジュメを用意し、
史料の書き下し、現代語訳、重要語句説明、関連史料の紹介な
どを行う。
1.律令格式と養老令
2.養老令の構成
3.職員令1
4.同 2
5.同 3
6.神祇令1 7.同 2 8.僧尼令1
9.同 2
10.戸 令1
11.同 2
12.田 令1
13.同 2
14.賦役令1
15.同 2
授業内容 16.学 令
17.選叙令1
18.同 2
19.考課令1
20.同 2
21.禄 令
22.宮衛令
23.軍防令1
24.同 2 25.儀制令
26.営繕令
27.公式令1
28.同 2 29.雑 令
30.授業まとめ
授業開始に先立って、前年度の史学研究法(1年次)
で配布したプリントの内容(3回分)を各自で振りか
事前・事後
えっておいてください。授業開始後は、各回で配布
学
習
する史料プリントを事前に必ず読んだ上で授業に臨
んでください。
担当があたっていない学生にもランダムにあてて読
事前・事後
んでもらうので、毎時間、出席者全員の予習が要求
学
習
される。
日々の事前予習と受講態度(評価割合40%)
、年2回
評価方法
の学期末レポート(評価割合60%)を総合して評価
・ 基 準
します。
評価方法
平常点・学習到達度確認等で評価する。
・ 基 準
特別の事由、それを証明する文書、事前連絡のない
履修上の
欠席については、成績評価上大きなマイナスとなり
注意事項等
ます。
欠席が続いたり、予習を怠ると、授業についてゆけ
履修上の
なくなるので、注意すること。なお、テキストはプ
注意事項等
リントを配布する。
テ キ スト 『授業で配布する史料プリントです。』
テ キ スト
参 考 書 『授業中に適宜紹介します。』
参 考 書
科目ナンバリング LH201
― 146 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH301
聴講の可否
×
科 目 名
日本史講読Ⅱ(二)
担当教員
大田 壮一郎
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史講読Ⅱ(三)
配当
年次
3-4
担当教員
河内 将芳
テ ー マ 中世文献史料(古文書・古記録等)の分析と考察
到 達目標
史料の読み方・調べ方の基礎的知識を前提に、史料
を用いて独自の考察ができる。
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ
前近代(中世・近世)文化史にかかわる文献史料(古
文書・古記録)の読解と研究
到 達目標
前近代(中世・近世)文化史にかかわる文献史料(古
文書・古記録)の読解力と研究力を身につける。
第1回~ 30回:史料(古文書・古記録)のプリントを
配布し、受講生各人の担当と担当日を決め、担当者
授業概要 は史料を読み下し・読解し、必要なことがらについて
研究し、レジメ資料を作成し受講生全員に配布した
うえで発表。
1.ガイダンス 担当者の決定
2.発表の方法と注意事項
3.使用する古記録の概要紹介
4.中世前期の古記録を読む(1)儀式
5.中世前期の古記録を読む(2)仏事
6.中世前期の古記録を読む(3)戦乱
7.中世前期の古記録を読む(4)文芸
8.中世前期の古記録を読む(5)政治
9.中世後期の古記録を読む(1)文化
10.中世後期の古記録を読む(2)農民
11.中世後期の古記録を読む(3)経済
12.中世後期の古記録を読む(4)贈答
13.中世後期の古記録を読む(5)生活
14.古記録読解のまとめ
15.講義まとめ
授業内容 16.ガイダンス 担当者の決定
17.公式様文書の概観
18.平安時代の古文書(1)下文
19.平安時代の古文書(2)綸旨 院宣
20.鎌倉時代の古文書(1)下文 下知状
21.鎌倉時代の古文書(2)御教書
22.室町時代の古文書(1)軍忠状
23.室町時代の古文書(2)御判御教書
24.室町時代の古文書(3)奉行人奉書
25.戦国時代の古文書(1)東国大名
26.戦国時代の古文書(2)西国大名
27.戦国時代の古文書(3)戦国時代の室町幕府
28.花押の歴史的変遷
29.古文書読解のまとめ
30.講義まとめ
1.公式様文書の読解と研究①
2.公式様文書の読解と研究②
3.公式様文書の読解と研究③
4.公式様文書の読解と研究④
5.公式様文書の読解と研究⑤
6.公家様文書の読解と研究①
7.公家様文書の読解と研究②
8.公家様文書の読解と研究③
9.公家様文書の読解と研究④
10.公家様文書の読解と研究⑤
11.武家様文書の読解と研究①
12.武家様文書の読解と研究②
13.武家様文書の読解と研究③
14.武家様文書の読解と研究④
15.武家様文書の読解と研究⑤
授業内容 16.室町時代の古記録の読解と研究①
17.室町時代の古記録の読解と研究②
18.室町時代の古記録の読解と研究②
19.室町時代の古記録の読解と研究④
20.室町時代の古記録の読解と研究⑤
21.戦国時代の古記録の読解と研究①
22.戦国時代の古記録の読解と研究②
23.戦国時代の古記録の読解と研究③
24.戦国時代の古記録の読解と研究④
25.戦国時代の古記録の読解と研究⑤
26.織田・豊臣期の古記録の読解と研究①
27.織田・豊臣期の古記録の読解と研究②
28.織田・豊臣期の古記録の読解と研究③
29.織田・豊臣期の古記録の読解と研究④
30.織田・豊臣期の古記録の読解と研究⑤
事前・事後 担当部分以外についても、各自で事前に読み下し文
学
習 と現代語訳を作成した上で講義に臨むこと。
講読では受け身の姿勢で授業にのぞんでも、なんら
事前・事後
の力も身につかない。予習していることを前提とし
学
習
て積極的な授業参加を期待する。
平常点(50%)
担当部分の発表内容や質疑など講
評価方法
義への参加度を評価する。授業中(最終授業等)に
・ 基 準
実施する筆記による学習到達度確認(50%)
評価方法 平常点(40%)
、発表内容(40%)
、年度末のレポー
・ 基 準 ト(20%)などを総合して評価する。
博物館等で古文書・古記録に関する展示が開催され
履修上の
る場合、現地見学を行うこともある。担当部分の発
注意事項等
表を無断で欠席した者は、直ちに単位を不可とする。
基本的な漢和辞典や国語辞典および日本史辞典は備
履修上の
えておくことが必要。なお、くわしくは、授業中に
注意事項等
指示する。
テ キ スト 『なし』
テ キ スト 『適宜、資料を配付する。』
科目ナンバリング LH301
聴講の可否
×
科
『概説古文書学 古代・中世編』日本歴史学会編, 吉川弘文館, 1983
『古記録入門』高橋秀樹, 東京堂出版, 2005
学
参 考 書
史
受講者は配布した史料の担当部分についてレジュメ
授業概要 を作成し発表する。担当者以外の受講者は発表内容
について質疑を行う。発表回数は受講人数による。
参 考 書
科目ナンバリング LH301
聴講の可否
×
― 147 ―
科 目 名
日本史講読Ⅱ(四)
担当教員
木下 光生
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史講読Ⅱ(五)
配当
年次
3-4
担当教員
村上 紀夫
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 近世古文書の分析と考察
テ ー マ 日本幕末・維新期の史料読解
到 達目標 近世古文書を読み解き、それが語る世界を考える。
到 達目標
近世文書を理解するためには、くずし字が「読める」
だけではなく、史料の背景を「考察」できるように
ならなければならない。そこで本講読では、受講生
授業概要
のくずし字読解能力の向上のみならず、分析と考察
能力の向上も目指して、近世古文書の読解を進めて
いく。
授業では畿内における幕末維新期の庶民・女性の日記
(活字史料)を指定し、受講生全員が予習をしたうえ
授業概要
受講生が発表し、全体で討論をする。庶民の暮らし
の実態を史料を通して理解する。
1.前期講読の進め方
2.村の世界を理解する~土地
3.村の世界を理解する~農業
4.村の世界を理解する~生業複合
5.村の世界を理解する~金融
6.村の世界を理解する~村掟
7.町の世界を理解する~町式目
8.町の世界を理解する~奉公人
9.町の世界を理解する~家屋敷
10.宗門改帳から人口の把握と移動を考える
11.領主への訴願から政治参加を考える
12.郡中議定から地域秩序を考える
13.免定から税体系を考える
14.五人組帳前書から支配秩序を考える
15.まとめ
授業内容 16.後期講読の進め方、近世文書の調査方法
17.小作証文から地主・小作関係を考える
18.触れから近世法を考える
19.検地帳から土地登録体系を考える
20.土砂留めから環境問題を考える
21.村と町を巡ってくる宗教者たち
22.村と町の治安維持
23.鉄砲をもつ村人
24.寺と神社の維持
25.高齢者の支えられ方
26.近世の「貧困」を考える~物乞い
27.近世の「貧困」を考える~夜逃げ
28.村と町の「貧困」対策
29.領主の「貧困」対策
30.まとめ
近代文化史にかかわる史料読解に必要な基本的な力
を身につけることをめざす。
1.ガイダンス~講読の目的と進め方について
2.京都近郊村落の日記を読む~『若山要助日記』
解題~
3.『若山要助日記』(1)村落の概要
4.『若山要助日記』(2)村の生活
5.『若山要助日記』(3)東塩小路村の人びと
6.『若山要助日記』(4)幕末の世相
7.『若山要助日記』(5)村から見た維新
8.『若山要助日記』(6)近代の東塩小路村
9.『若山要助日記』(7)東塩小路村と近隣の風景
10.まとめ
11.京都近郊の町人日記を読む~『幕末維新京都
町人日記ー高木在中日記』解題~
12.『高木在中日記』(1)壬生村の概要
13.『高木在中日記』(2)壬生村の年中行事
14.『高木在中日記』(3)壬生村に暮らす人びと
授業内容 15.『高木在中日記』(4)日記に見る幕末の世相
16.『高木在中日記』(5)日記に見る庶民の暮らし
17.『高木在中日記』(6)町人の見た明治維新
18.『高木在中日記』(7)近代の暮らし
19.『高木在中日記』(8)
20.まとめ
21.幕末維新期女性の日記を読む~『小梅日記』
解題
22.『小梅日記』(1)主な登場人物
23.『小梅日記』(2)紀州の暮らしと年中行事
24.『小梅日記』(3)川合小梅が見た幕末
25.『小梅日記』(4)日記に見る世相
26.『小梅日記』(5)絵師としての暮らし
27.『小梅日記』(6)変わる風景
28.『小梅日記』(7)女性から見た維新
29.『小梅日記』(8)近代の生活
30.一年間の講読のまとめ
くずし字は、週1回程度の勉強では絶対読めるよう
事前・事後
にはならないので、ちょっとずつでいいから毎日の
学
習
反復練習を怠らないでほしい。
事前・事後 予習していることを前提として授業を進めるので、
学
習 必ず事前に史料を読んでくること。
評価方法
平素の受講態度と学習到達度確認
・ 基 準
講義における報告内容(70%)
・討論の様子(30%)
評価方法
などを総合して評価する。無断遅刻・欠席は厳禁とす
・ 基 準
る。
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『授業中に指示』
テ キ スト
参 考 書 『授業中に指示』
参 考 書 『幕末維新京都町人日記』内田九州男他編, 清文堂出版, 1989
『叢書京都の史料 若山要助日記 上下』京都市歴史資料館, 京都
市歴史資料館, 1997.8
『小梅日記1 ~3』川合小梅, 平凡社・東洋文庫, 1974
科目ナンバリング LH301
― 148 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH301
聴講の可否
×
科 目 名
日本史講読Ⅱ(六)
担当教員
森川 正則
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
東洋史講読Ⅰ(一)
配当
年次
3-4
担当教員
角谷 常子
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
2-4
テ ー マ
2年次の日本史講読Ⅰ(六)の復習・続編として、日本(または、日本を含むアジア・太平洋地域)
の近現代史の中でも、昭和の戦時期(日中戦争期とアジア・太平洋戦争期)と戦後期(平成も
含む)に焦点を当てて、いろいろなタイプの史料(資料)を取り上げます。その後、受講者
の皆さんが各自で史料を探し、読み、その内容について紹介・解説する発表をしてもらいます。
テ ー マ 漢文読解の基礎
到 達目標
いろいろなタイプの史料(資料)を探し・読み・使う作法、史料
に基づいて歴史を叙述・考察する能力を高めてもらいます。そ
して、4年次の卒業論文に向けて、自分が調査・研究したい時期・
分野・具体的な題材(テーマ)について、受講者各自の問題関
心の絞りこみ・明確化をはかってもらいます。
到 達目標
授業概要
前期の授業では、2年次の講読Ⅰの授業で扱ったいろいろなタ
イプの史料(資料)について、昭和の戦時期(日中戦争期とア
ジア・太平洋戦争期)と戦後期(平成も含む)に焦点を当てな
がら読んでいきます。その際、可能な限り、受講者の関心・リク
エストに沿ったテーマに即した史料を取り上げる予定です。後
期の授業では、受講者が関心をもつ時期・分野・題材について、
各自で史料を探し、読み、その内容を紹介・解説する発表をし
てもらいます。その発表をうけて、
参加者全員で質疑応答(ディ
スカッション)を交わすという内容になります。
まず「並んでいる漢字を適当に組み合わせれば感覚
で読める」と考えている人はその認識を改めてほし
い。言語構造の違い、漢字にこめられた意味の違い
授業概要
を知り、外国語として学習する。と同時にそうした
文章や言葉を通して中国の社会や思考方法について
も学ぶ。
1.3年の講読Ⅱの開始にあたって
2.ある華族(伯爵)の日記に見る昭和戦前期の日本①
3.ある華族(伯爵)の日記に見る昭和戦時期の日本②
4.新聞・雑誌で探る昭和戦時期の日本
5.文書・文献史料(新聞・雑誌以外)で探る昭和戦時期
の日本とアジア・太平洋
6.新聞・雑誌で探る昭和戦時期の地域社会~奈良県下の
場合
の地域社会~奈良県下の場合
す
日本
.新聞・雑誌で探る平成と21世紀の日本
授業内容 13
14.文書・文献史料(新聞・雑誌以外)で探る平成と21世
紀の日本
15.前期のまとめと後期への橋渡し
16.講読Ⅱの再開にあたって
17.受講者による史料の紹介・解説発表①-1
18.受講者による史料の紹介・解説発表①-2
19.受講者による史料の紹介・解説発表①-3
20.受講者による史料の紹介・解説発表①-4
21.受講者による史料の紹介・解説発表①-5
22.受講者による史料の紹介・解説発表①-6
23.学外に出て近現代史に関わる場所を見て歩く
24.受講者による史料の紹介・解説発表②-1
25.受講者による史料の紹介・解説発表②-2
26.受講者による史料の紹介・解説発表②-3
27.受講者による史料の紹介・解説発表②-4
28.受講者による史料の紹介・解説発表②-5
29.受講者による史料の紹介・解説発表②-6
30.現・4年生の方から卒業論文についてのお話を聞く
事前・事後 授業で配布する次回の史料については必ず一読した
学
習 上で、授業に臨んでください。
重要なことは2つ。1つは必ずテキストを予習をす
事前・事後 ること。漢文読解力を養うには予習が8割である。
学
習 もう一つは必ず出席すること。予習段階でわからな
かったところは、必ず授業において理解する。
日々の事前予習と受講態度・発表内容(評価割合
評価方法
40%)
、年2回の学期末レポート(評価割合60%)を
・ 基 準
総合して評価します。
評価方法 最終授業中に実施する学習到達度確認8割、平常点
・ 基 準 2割(授業中の応答内容など)
特別の事由、それを証明する文書、事前連絡のない
履修上の
欠席については、成績評価上大きなマイナスとなり
注意事項等
ます。
履 修 上 の 漢和辞典を用意すること。できれば『新字源』
(角川
注意事項等 書店)が望ましい。
『授業で配布する史料プリントおよび受講者の史料紹介・解説プリ
テ キ スト ントになります。』
テ キ スト 『プリントを使用する。』
参 考 書 『授業中に適宜紹介します。』
参 考 書
科目ナンバリング LH301
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH202
聴講の可否
×
― 149 ―
科
9.ある女性の日記に見る昭和戦後期の日本①
10.ある女性の日記に見る昭和戦後期の日本②
11.新聞・雑誌で探る昭和戦後の日本
12.文書・文献史料(新聞・雑誌以外)で探る昭和戦後の
学
8.「非文字資料」で見る昭和戦時期の日本と奈良のよう
1.ガイダンス
2.中国語と日本語の違い
3.漢文を読むために(さまざまな工具書)
4.漢文を「読む」とは
5.基本文法(否定)
6.基本文法(再読文字)
7.基本文法(助字)
8.漢文読解(さまざまな「いう」)
9.漢文読解(使役形式)
10.漢文読解(受け身形式)
11.漢文読解(比較形式)
12.漢文読解(「可」のさまざま)
13.漢文読解(「以」のさまざま)
14.漢文読解(時間の表現)
15.前期のまとめと総復習
授業内容 16.漢文読解(反語)
17.漢文読解(疑問)
18.漢文読解(自分の表現)
19.漢文読解(「また」のさまざま)
20.漢文読解(「与」について)
21.漢文読解(「於」について)
22.漢文読解(女性を表す言葉)
23.漢文読解(身分の表現)
24.漢文読解(「すなわち」のさまざま)
25.漢文読解(時間の表現)
26.漢文読解(熟語の構造)
27.漢文読解(寓話と政治)
28.漢文読解(長文を読む…構造を中心に)
29.漢文読解(長文を読む…寓意を理解する)
30.授業の総まとめ
史
7.文書・文献史料(新聞・雑誌以外)で探る昭和戦時期
①漢文読解力を養う。②中国人の考え方、社会のあ
り方を理解する。
科 目 名
東洋史講読Ⅰ(二)
担当教員
山崎 岳
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
東洋史講読Ⅱ(一)
配当
年次
2-4
担当教員
角谷 常子
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 漢文読解の基礎
テ ー マ 『後漢書』選読
漢文読解の基礎能力を身につける。お寺などで見か
到 達目標 ける漢字の意味が分かり、お経も何となく読めるよ
うになる。
到 達目標
中国の古典語である漢文は、中国史はもとより、北
アジア・中央アジア・朝鮮・琉球、それに日本など、近
代以前の東アジアの歴史・文化を探る手がかりとして
は不可欠の言語である。この授業では、漢文読解と
授業概要
文献調査という、歴史研究に必要な二つの基礎的技
術の修得を目指す。前期は文法の解説と簡単な詩文
の訓読、後期は漢文で書かれた東アジア諸国の古典
の読解演習を行う。
単に読むだけでなく、調べる練習をする。史料中に
でてきた人物・官職名・地名・事件など、さまざまな事
項について調べてみる。こうした一見無味乾燥な作
授業概要 業を繰り返すことによって、調べる勘とテクニック
が身につく。また地名や官職名にはくり返し出てく
るものがあるが、それにも理由がある。こうしたさ
まざまなことを気づかせてくれる作業である。
1.前期導入
2.中国語と日本語
3.文法(返り点)
4.文法(再読文字)
5.文法(肯定と否定)
6.文法(疑問と反語)
7.文法(代名詞)
8.文法(副詞)
9.文法(接続詞)
10.文法(前置詞)
11.文法(仮定表現)
12.文法(使役表現)
13.文法(受身表現)
14.文法(比較表現)
15.前期まとめ
授業内容 16.後期導入
17.漢籍目録の読み方
18.選読『大学』
19.選読『中庸』
20.選読『論語』
21.選読『孟子』
22.選読『般若心経』
23.選読『観音経』
24.選読『善隣国宝記』
25.選読『高麗史』
26.選読『朝鮮王朝実録』
27.選読『使琉球録』
28.選読『球陽』
29.選読『海東諸国記』
30.後期まとめ
1.ガイダンス
2.後漢という時代
3.『後漢書』について
4.循吏と後漢政治
5.講読(儒林…序文)
6.講読(儒林…劉混)
7.講読(儒林…楊政)
8.講読(儒林…欧陽歙)
9.講読(儒林…尹敏)
10.講読(循吏…許荊)
11.講読(循吏…孟嘗)
12.講読(循吏…第五訪)
13.講読(循吏…劉矩)
14.講読(循吏…劉寵)
15.前期のまとめと総復習
授業内容 16.講読(循吏…仇覧)
17.講読(循吏…童恢)
18.酷吏と後漢政治
19.講読(酷吏…竇宣)
20.講読(酷吏…樊?)
21.講読(酷吏…李章)
22.講読(酷吏…周紆)
23.講読(酷吏…黄昌)
24.講読(酷吏…陽球)
25.講読(酷吏…王吉)
26.宦官と後漢政治
27.講読(宦者…鄭衆)
28.講読(宦者…蔡倫)
29.講読(宦者…孫程)
30.授業の総まとめ
授業参加にあたっては、必ず事前に配布する資料を
事前・事後 予習すること。また、一般の語学学習と同様に、要
学
習 点を復習し、語句や言い回しを記憶する努力を怠ら
ないこと。
必ずテキストを予習をすること。後漢についての知
事前・事後
識が乏しい学生は、概説書などで学習しておくこと
学
習
が望ましい。
八割方は平時の学習態度、二割ほど15回目と30回目
評価方法
に実施する学習到達度確認をみて評価する。学習到
・ 基 準
達度確認には授業内容に即した筆記試験を課する。
評価方法 学習到達度確認8割、平常点2割(授業中の応答内
・ 基 準 容など)
テキストはこちらで準備して配布する。
『新字源』等
の漢和辞典を購入し、真剣に取り組んでほしい。予
履修上の
習に際しては、面倒がらずこまめに辞書を引くこと。
注意事項等
すぐに結果が出るわけではないが、しばらくすると
時間をかけただけ成果を感じるようになる。
履修上の
できるだけ全員に発言してもらう。
注意事項等
テ キ スト
テ キ スト 『プリントを使用する。』
参 考 書 『新字源』小川環樹等, 角川書店
参 考 書 『なし』
科目ナンバリング LH202
― 150 ―
聴講の可否
×
これまでに得た漢文読解力を向上させ、史料を研究
材料として自由に扱えるようになることを目指す。
科目ナンバリング LH302
聴講の可否
×
科 目 名
東洋史講読Ⅱ(二)
担当教員
山崎 岳
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
西洋史講読Ⅰ(一)
配当
年次
3-4
担当教員
足立 広明
テ ー マ 漢文読解の応用
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
2-4
テ ー マ 定評ある研究者の著書を精読する。
国際的に定評のある研究者の著書を読み進む。今年
度はGillian Clark, Late Antiquity: A Very Short
Introduction, Oxford, 2011 の予定。毎回アトラン
授業概要 ダムに指名してテキストを順番に読み進めることが
授業のベースとなるが、適時西洋古代中世をテーマ
にしたDVDや、英語発音に関連する教材などにも触
れる。
1.前期導入
2.『明史』読解の実習
3.『明史』選読(日本伝・冒頭部分)
4.『明史』選読(日本伝・洪武年間前半)
5.『明史』選読(日本伝・洪武年間後半)
6.『明史』選読(日本伝・永楽年間前半)
7.『明史』選読(日本伝・永楽年間後半)
8.『明史』選読(日本伝・宣徳~正徳年間前半)
9.『明史』選読(日本伝・宣徳~正徳年間後半)
10.『明史』選読(日本伝・嘉靖年間前半)
11.『明史』選読(日本伝・嘉靖年間後半)
12.『明史』選読(日本伝・万暦前)
13.『明史』選読(日本伝・万暦中)
14.『明史』選読(日本伝・万暦後)
15.後期学習到達度確認
授業内容 16.後期導入
17.『朝鮮王朝実録』読解実習
18.『朝鮮王朝実録』選読(建国期前半)
19.『朝鮮王朝実録』選読(建国期後半)
20.『朝鮮王朝実録』選読(対中国関係前半)
21.『朝鮮王朝実録』選読(対中国関係後半)
22.『朝鮮王朝実録』選読(対女真関係前半)
23.『朝鮮王朝実録』選読(対女真関係後半)
24.『朝鮮王朝実録』選読(対中世日本関係前半)
25.『朝鮮王朝実録』選読(対中世日本関係後半)
26.『朝鮮王朝実録』選読(壬辰倭乱前半)
27.『朝鮮王朝実録』選読(壬辰倭乱後半)
28.『朝鮮王朝実録』選読(丁酉倭乱前半)
29.『朝鮮王朝実録』選読(丁酉倭乱後半)
30.後期まとめ
1.全体ガイダンス:
「英語を学ぶ」から「英語で
学ぶ」へ。 西洋古代中世史と英語・外国語に
ついて。
2.テキスト輪読開始。適時AV教材使用。
3.テキスト輪読②
4.テキスト輪読③
5.テキスト輪読④
6.テキスト輪読⑤
7.テキスト輪読⑥
8.テキスト輪読⑦
9.テキスト輪読⑧
10.テキスト輪読⑨
11.テキスト輪読⑩
12.テキスト輪読⑪
13.テキスト輪読⑫
14.前期まとめ
授業内容 15.テスト返却と講評。成績の足りない人は夏休
みの課題をこの日に与える。
16.後期開始。テキスト輪読。適時AV教材使用。
17.テキスト輪読②
18.テキスト輪読③
19.テキスト輪読④
20.テキスト輪読⑤
21.テキスト輪読⑥
22.テキスト輪読⑦
23.テキスト輪読⑧
24.テキスト輪読⑨
25.テキスト輪読⑩
26.テキスト輪読⑪
27.テキスト輪読⑫
28.テキスト輪読⑬
29.テキスト輪読⑭
30.後期まとめ
授業にあたっては、必ず講読箇所の予習をしてくる
こと。授業では、受講者一人一人が毎回講読箇所の
事前・事後
読み下しと語句の説明を求められる。一般の語学学
学
習
習と同様に、要点を復習し、語句や言い回しを記憶
する努力を怠らないこと。
事前・事後
学
習
事前の予習は自明であるが、授業で使用された歴史学上の用語
や文法などについてよく復習しておくこと。週一回だけ英語に
触れるのではなく、自ら中学・高校の文法の復習や、英語音声
に接するなどの努力が肝要。テキストには授業担当者による翻
訳もあり、参考にしてもらってよいが、なぜそのような訳になっ
ているのか、自ら辞書を引いて、英語自体から学んでほしい。
八割方平常点、二割ほど最終授業時に実施する学習
評価方法
到達度確認をみて評価する。学習到達度確認には漢
・ 基 準
文の読解を課する。
評価方法 授業中(最終授業等)に実施する学習到達度確認
・ 基 準 50%、平常点50%。
テキストはこちらで準備して配布する。ただ、
『新字
源』等の漢和辞典を購入し、
真剣に取り組んでほしい。
履修上の
予習に際しては、面倒がらずこまめに辞書を引くこ
注意事項等
と。すぐに結果が出るわけではないが、しばらくす
ると時間をかけただけ成果を感じるようになる。
平常授業への積極的な関与を重視する。テキストは
履修上の
プリントで配布する。なお、この授業は西洋史講読
注意事項等
Ⅱ(一)と合同。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書 『新字源』小川環樹等, 角川書店
参 考 書
科目ナンバリング LH302
聴講の可否
×
『Late Antiquity: A Very Short Introductio』Gillian Clark,
Oxford University Press, 2011
『古代末期のローマ帝国―多文化の織りなす世界』ジリアン・ク
ラーク著、足立広明訳, 白水社, 2015
科目ナンバリング LH203
聴講の可否
×
― 151 ―
科
中国の古典語である漢文は、中国史はもとより、北
アジア・中央アジア・朝鮮・琉球、それに日本など、近
代以前の東アジアの歴史・文化を探る手がかりとして
は不可欠の言語である。この授業では、漢文読解と
授業概要
文献調査という、歴史研究に必要な二つの基礎的技
術の修得を目指す。前期は、18世紀に編纂された中
国明朝の歴史『明史』を、後期は朝鮮王朝の公式記
録『朝鮮王朝実録』を選読する。
学
英語を学ぶのでなく、英語で歴史研究書を読むこと
到 達目標 になじみ、洋書文献を用いた研究の入り口に到達す
る。
史
漢文読解の応用能力を身につける。漢文で書かれた
本や石碑が自分で読めるようになる。
到 達目標
科 目 名
西洋史講読Ⅰ(二)
担当教員
山口 育人
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
西洋史講読Ⅱ(一)
配当
年次
2-4
担当教員
足立 広明
テ ー マ 西洋近現代史理解のための文献・史料講読
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 定評ある研究者の著書を精読する。
西洋近現代史を理解するための英文文献および史料
の基礎的な読解力をもつ
英語を学ぶのでなく、英語で歴史研究書を読むこと
到 達目標 になじみ、洋書文献を用いた研究の入り口に到達す
る。
西洋近現代史の研究を進めるうえで必要となる、英
語で書かれた基本的文献・史料を理解できるよう、テ
キストを和訳しながら読み進めることが授業の中心
授業概要
となる。また、教材で登場する重要な歴史事項に関
連する史料を紹介してもらい(日本語・英語いずれで
も可)
、3年生以降の演習科目に備えてもらう。
国際的に定評のある研究者の著書を読み進む。今年
度はGillian Clark, Late Antiquity: A Very Short
Intoroduction, Oxford, 2011の予定。毎回アトラ
授業概要 ンダムに指名してテキストを順番に読み進めること
が授業のベースとなるが、適時西洋古代中世をテー
マにしたDVDや、英語発音に関連する教材などにも
触れる。
1. テ キ ス ト『The Journal(s)of Captain
James Cook』とは何か
2.テキストを「選ぶ」
3.クック太平洋探検の概要
4.England to Rio de Janeiro
5.Rio Janeiro to Tahiti
6.Tahiti
7.Tahiti to New Zealand
8.Exploration of New Zealand
9.Exploration of East Coast of Australia
10.Batavia to Cape of Good Hope
11.Cape of Good Hope to England
12.16世紀ヨーロッパ史にかかわる史料の紹介
13.17世紀ヨーロッパ史にかかわる史料の紹介
14.18世紀ヨーロッパ史にかかわる史料の紹介
15.前期授業の総括
授業内容
16.後期教材の紹介
17.Philippa Levine, The British Empire
(2007), Ch.1 'Uniting the Kingdom'
18.Ch.2 'Slaves, merchants and trade'
19.Ch.3 'Settling, the 'New World''
20.Ch.4 'After America'
21.Ch.5 'Britain in India'
22.Ch.6 'Global growth'
23.Ch.7 'Ruling an empire'
24.Ch.8 'Being ruled'
25.Ch.9 'Gender and sexuality'
26.Ch.10 'Contesting empire'
27.Ch.11 'Decolonisation'
28.19世紀ヨーロッパ史にかかわる史料の紹介
29.20世紀ヨーロッパ史にかかわる史料の紹介
30.授業総括
1.全体ガイダンス:
「英語を学ぶ」から「英語で
学ぶ」へ。 西洋古代中世史と英語・外国語に
ついて。
2.テキスト輪読開始。適時AV教材使用。
3.テキスト輪読②
4.テキスト輪読③
5.テキスト輪読④
6.テキスト輪読⑤
7.テキスト輪読⑥
8.テキスト輪読⑦
9.テキスト輪読⑧
10.テキスト輪読⑨
11.テキスト輪読⑩
12.テキスト輪読⑪
13.テキスト輪読⑫
14.前期まとめ
授業内容 15.テスト返却と講評。成績の足りない人は夏休
みの課題をこの日に与える。
16.後期開始。テキスト輪読。適時AV教材使用。
17.テキスト輪読②
18.テキスト輪読③
19.テキスト輪読④
20.テキスト輪読⑤
21.テキスト輪読⑥
22.テキスト輪読⑦
23.テキスト輪読⑧
24.テキスト輪読⑨
25.テキスト輪読⑩
26.テキスト輪読⑪
27.テキスト輪読⑫
28.テキスト輪読⑬
29.テキスト輪読⑭
30.後期まとめ
到 達目標
事前の予習は自明であるが、授業で使用された歴史学上の用語や
文法などについてよく復習しておくこと。週一回だけ英語に触れ
るのではなく、自ら中学・高校の文法の復習や、英語音声に接す
る機会を増やすなどの努力が必要。テキストには授業担当者によ
る翻訳もあり、参考にしてもらってよいが、なぜそのような訳に
なっているのか、自ら辞書を引いて、英語自体から学んでほしい。
事前・事後 事前学習:教材の下調べ(和訳)
事後学習:教材の
学
習 読み直し
事前・事後
学
習
評価方法 平常点(発表、授業参加)
(60%)/授業中に実施す
・ 基 準 る学習到達度確認(筆記等による学力確認)
(40%)
評価方法 授業中(最終授業等)に実施する学習到達度確認
・ 基 準 50%、平常点50%。
履修上の
西洋史講読Ⅱ(二)との合同授業
注意事項等
平常授業への関与度を重視する。テキストはプリン
履修上の
トで配布する。なお、この授業は西洋史講読Ⅰ(一)
注意事項等
と合同。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング LH203
― 152 ―
聴講の可否
×
『Late Antiquity: A Very Short Intoroduction』Gillian Clark,
Oxford University Press, 2011
『古代末期のローマ帝国―多文化の織りなす世界』ジリアン・ク
ラーク著、足立広明訳, 白水社, 2015
科目ナンバリング LH303
聴講の可否
×
科 目 名
西洋史講読Ⅱ(二)
担当教員
山口 育人
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史演習Ⅰ(一)
配当
年次
3-4
担当教員
寺崎 保広
テ ー マ 西洋近現代史理解のための文献・史料講読
到 達目標
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 日本古代史の諸問題
西洋近現代史を理解するための英文文献および史料
の読解力を確立する
西洋近現代史の研究を進めるうえで必要となる、英
語で書かれた基本的文献・史料を理解できるよう、テ
キストを和訳しながら読み進めることが授業の中心
授業概要
となる。また、教材で登場する重要な歴史事項に関
連する史料を紹介してもらう(日本語・英語いずれで
も可)
。
日本古代史に関する研究書・論文を読み込みながら、
理解を深め、卒業論文作成の基礎的な能力を養う。
ゼミ形式で行う。担当者の報告内容に対して、出席者
が相互討論を行い、理解を深める。前期はテキストを
用い、事前に章ごとに担当者を割り当て、当日はレジュ
授業概要 メをもとに、内容の要約と検討結果の報告を行う。 後期は、各自が関心をもつテーマについて研究論文を
取り上げ、内容要約・問題点・他の研究者との違いなど
について報告をする。
報告は1回につき2人ずつ行う。
報告者としての準備はもちろんのこと、報告者以外
事前・事後
の受講生全員が、当該の章もしくは論文を事前に読
学
習
んで予習しておくことが必須である。
評価方法 平常点(発表、授業参加)
(60%)/授業中に実施す
・ 基 準 る学習到達度確認(筆記等による学力確認)
(40%)
評価方法 レポートを前期・後期各1回課す。成績は、報告内容・
・ 基 準 レポート・普段の受講態度を総合して評価する。
履修上の
西洋史講読Ⅰ(二)との合同授業
注意事項等
履 修 上 の 日本史演習Ⅰ(一)は、日本史演習Ⅱ(一)と合同
注意事項等 して授業を行う。
テ キ スト
テ キ スト 『平城京の時代』坂上康俊, 岩波書店, 2011
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング LH303
『飛鳥の都』吉川真司, 岩波書店, 2011
『平安京遷都』川尻秋生, 岩波書店, 2011
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH304
聴講の可否
×
― 153 ―
科
事前・事後 事前学習:教材の下調べ(和訳)
事後学習:教材の
学
習 読み直し
学
1.はじめに
2.テキストについての報告(3・4回生)1
3.テキストについての報告(3・4回生)2
4.テキストについての報告(3・4回生)3
5.テキストについての報告(3・4回生)4
6.テキストについての報告(3・4回生)5
7.テキストについての報告(3・4回生)6
8.テキストについての報告(3・4回生)7
9.テキストについての報告(3・4回生)8
10.テキストについての報告(3・4回生)9
11.テキストについての報告(3・4回生)10
12.卒論中間発表(4回生)1
13.卒論中間発表(4回生)2
14.卒論中間発表(4回生)3
15.卒論中間発表(4回生)4
授業内容 16.卒論中間発表(4回生)5
17.日本古代史の論文についての報告(3回生)1
18.日本古代史の論文についての報告(3回生)2
19.日本古代史の論文についての報告(3回生)3
20.日本古代史の論文についての報告(3回生)4
21.日本古代史の論文についての報告(3回生)5
22.卒論要旨発表(4回生)1
23.卒論要旨発表(4回生)2
24.卒論要旨発表(4回生)3
25.卒論要旨発表(4回生)4
26.卒論要旨発表(4回生)5
27.卒論執筆にむけての指導
28.卒論構想発表(3回生)1
29.卒論構想発表(3回生)2
30.卒論構想発表(3回生)3
史
1.テキスト『The Journal(s) of Captain James
Cook』とは何か
2.テキストを「選ぶ」
3.クック太平洋探検の概要
4.England to Rio de Janeiro
5.Rio Janeiro to Tahiti
6.Tahiti
7.Tahiti to New Zealand
8.Exploration of New Zealand
9.Exploration of East Coast of Australia
10.Batavia to Cape of Good Hope
11.Cape of Good Hope to England
12.16世紀ヨーロッパ史にかかわる史料の紹介
13.17世紀ヨーロッパ史にかかわる史料の紹介
14.18世紀ヨーロッパ史にかかわる史料の紹介
15.前期授業の総括
授業内容
16.後期教材の紹介
17.Philippa Levine, The British Empire
(2007), Ch.1 'Uniting the Kingdom'
18.Ch.2 'Slaves, merchants and trade'
19.Ch.3 'Settling, the 'New World''
20.Ch.4 'After America'
21.Ch.5 'Britain in India'
22.Ch.6 'Global growth'
23.Ch.7 'Ruling an empire'
24.Ch.8 'Being ruled'
25.Ch.9 'Gender and sexuality'
26.Ch.10 'Contesting empire'
27.Ch.11 'Decolonisation'
28.19世紀ヨーロッパ史にかかわる史料の紹介
29.20世紀ヨーロッパ史にかかわる史料の紹介
30.授業総括
到 達目標
科 目 名
日本史演習Ⅰ(二)
担当教員
寺崎 保広
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史演習Ⅰ(三)
配当
年次
3-4
担当教員
大田 壮一郎
テ ー マ 日本古代史の諸問題
到 達目標
日本古代史に関する研究書・論文を読み込みながら、
理解を深め、卒業論文作成の基礎的な能力を養う。
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ
個人研究のテーマを確定し、卒業論文の執筆へ向け
た準備を行う。
到 達目標
日本中世史に関する研究動向を理解し、個人研究テー
マの関連文献と史料を把握する。
ゼミ形式で行う。担当者の報告内容に対して、出席
者が相互討論を行い、理解を深める。前期はテキス
トを用い、事前に章ごとに担当者を割り当て、当日
はレジュメをもとに、内容の要約と検討結果の報告
授業概要
を行う。 後期は、各自が関心をもつテーマについ
て研究論文を取り上げ、内容要約・問題点・他の研究
者との違いなどについて報告をする。 報告は1回
につき2人ずつ行う。
関心のあるテーマについて、①どのような先行研究
があるのか、②どのような史料が使えるのか、につ
いて文献と史料を網羅的に収集する。③各自の研究
授業概要 テーマを研究史に位置付け課題を明確にし、④卒論
を書くために必要な作業と手順を把握する。なお、
発表に際してはレジュメを作成し全員に配布する。
また受講者は、積極的に討論に参加すること。
1.はじめに
2.テキストについての報告(3・4回生)1
3.テキストについての報告(3・4回生)2
4.テキストについての報告(3・4回生)3
5.テキストについての報告(3・4回生)4
6.テキストについての報告(3・4回生)5
7.テキストについての報告(3・4回生)6
8.テキストについての報告(3・4回生)7
9.テキストについての報告(3・4回生)8
10.テキストについての報告(3・4回生)9
11.テキストについての報告(3・4回生)10
12.卒論中間発表(4回生)1
13.卒論中間発表(4回生)2
14.卒論中間発表(4回生)3
15.卒論中間発表(4回生)4
授業内容 16.卒論中間発表(4回生)5
17.日本古代史の論文についての報告(3回生)1
18.日本古代史の論文についての報告(3回生)2
19.日本古代史の論文についての報告(3回生)3
20.日本古代史の論文についての報告(3回生)4
21.日本古代史の論文についての報告(3回生)5
22.卒論要旨発表(4回生)1
23.卒論要旨発表(4回生)2
24.卒論要旨発表(4回生)3
25.卒論要旨発表(4回生)4
26.卒論要旨発表(4回生)5
27.卒論執筆にむけての指導
28.卒論構想発表(3回生)1
29.卒論構想発表(3回生)2
30.卒論構想発表(3回生)3
1.ガイダンス 演習の進め方 担当者の調整
2.日本中世史研究の流れ(担当教員講義)
3.中世の各時期に関する近年の研究動向(担当教員講義)
4.問題関心を自分の言葉で説明する
5.関心のある分野について研究事典等で研究動向を確認する
6.仮研究テーマを設定する
7.研究テーマについて研究事典等で現在の研究水準を確認する
8.各種オンラインデータベースで関連文献を検索・収集する
9.『史学雑誌 回顧と展望』で関連文献を検索・収集する
10.仮文献目録を完成させる
11.関連文献を時期や内容によって分類する
12.関連文献が引用している文献について確認する
13.関係する自治体史や報告書類を確認する
14.文献目録を補訂し、既読文献・未読文献を整理する
15.夏季休暇中に進める作業のリストアップ
16.関係史料の集め方(担当教員講義)
授業内容 17.関連文献を参考に、研究テーマに関する基本史料を収集する
『大日本古文書』等の古文書刊本を検索する
18.『大日本史料』・
『史料纂集』等の古記録刊本を検索する
19.『大日本古記録』・
『続群書類従』等の部類記を検索する
20.『群書類従』・
21.関係地域の自治体史史料編を検索する
22.関係地域の自治体史史料編を検索する
23.『大正蔵』データベース等から経典・聖教類を検索する
24.収集史料を時系列に並べた仮史料目録を作成する
25.既読史料・未読史料の整理
26.『史料総覧』や『国書総目録』から未刊行史料の所在を確認
報告者としての準備はもちろんのこと、報告者以外
事前・事後
の受講生全員が、当該の章もしくは論文を事前に読
学
習
んで予習しておくことが必須である。
発表に向けて十分に時間をかけて準備する。また、
事前・事後
発表後は質疑応答で受けた指摘を参考に内容を深
学
習
め、次回の発表に活かすことが重要である。
評価方法 レポートを前期・後期各1回課す。成績は、報告内容・
・ 基 準 レポート・普段の受講態度を総合して評価する。
評価方法 平常点(50%)
発表内容や質疑応答への参加度を
・ 基 準 評価する。 試験に替わるレポート(50%)
日本史演習Ⅰ(二)は、日本史演習Ⅱ(二)
、世界遺
履修上の
産史学演習Ⅰ(三)
、世界遺産史学演習Ⅱ(三)と合
注意事項等
同して授業を行う。
履 修 上 の 無断で発表を欠席した場合は直ちに単位を不可とす
注意事項等 る。
『飛鳥の都』吉川真司, 岩波書店, 2011
する
27.東京大学史料編纂所データベース等から未刊行史料の所在を
確認する
28.史料目録を補訂し、刊行・未刊行を併せた史料目録とする
29.文献目録・史料目録を元に研究テーマを絞り込む
30.卒論テーマの仮決定
テ キ スト 『平城京の時代』坂上康俊, 岩波書店, 2011
テ キ スト 『なし』
参 考 書
参 考 書 『適宜、紹介する。』
『平安京遷都』川尻秋生, 岩波書店, 2011
科目ナンバリング LH304
― 154 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH304
聴講の可否
×
科 目 名
日本史演習Ⅰ(四)
担当教員
大田 壮一郎
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史演習Ⅰ(五)
配当
年次
3-4
担当教員
河内 将芳
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ
個人研究のテーマを確定し、卒業論文の執筆へ向け
た準備を行う。
テ ー マ 日本中世・近世文化史の諸問題
到 達目標
日本中世史に関する研究動向を理解し、個人研究テー
マの関連文献と史料を把握する。
日本中世・近世文化史の諸問題を理解し、関心のある
到 達目標 テーマを見つけだし研究していくための専門的な能
力を身につける。
①最初に各講時担当の報告者を決める。1講時に4
人。通年で受講生1人が4回報告を行う。②報告者
は報告したいテーマを見つけだし、そのテーマにか
授業概要 かわる報告を行う。報告をする際にはレジメ資料も
作成、受講生全員に配布。③報告を聞いた受講生と
教員との質疑応答を繰り返すなかで報告内容をより
深めていくことをめざす。
1.ガイダンス 演習の進め方 担当者の調整
2.日本中世史研究の流れ(担当教員講義)
3.中世の各時期に関する近年の研究動向(担当教員講義)
4.問題関心を自分の言葉で説明する
5.関心のある分野について研究事典等で研究動向を確認する
6.仮研究テーマを設定する
7.研究テーマについて研究事典等で現在の研究水準を確認する
8.各種オンラインデータベースで関連文献を検索・収集する
9.『史学雑誌 回顧と展望』で関連文献を検索・収集する
10.仮文献目録を完成させる
11.関連文献を時期や内容によって分類する
12.関連文献が引用している文献について確認する
13.関係する自治体史や報告書類を確認する
14.文献目録を補訂し、既読文献・未読文献を整理する
15.夏季休暇中に進める作業のリストアップ
16.関係史料の集め方(担当教員講義)
授業内容 17.関連文献を参考に、研究テーマに関する基本史料を収集する
18.『大日本史料』・
『大日本古文書』等の古文書刊本を検索する
19.『大日本古記録』・
『史料纂集』等の古記録刊本を検索する
20.『群書類従』・
『続群書類従』等の部類記を検索する
21.関係地域の自治体史史料編を検索する
22.関係地域の自治体史史料編を検索する
23.『大正蔵』データベース等から経典・聖教類を検索する
24.収集史料を時系列に並べた仮史料目録を作成する
25.既読史料・未読史料の整理
26.『史料総覧』や『国書総目録』から未刊行史料の所在を確認
する
27.東京大学史料編纂所データベース等から未刊行史料の所在を
確認する
28.史料目録を補訂し、刊行・未刊行を併せた史料目録とする
29.文献目録・史料目録を元に研究テーマを絞り込む
30.卒論テーマの仮決定
1.ガイダンス(演習の進め方・報告の仕方)
2.担当者の報告および質疑応答 1
3.担当者の報告および質疑応答 2
4.担当者の報告および質疑応答 3
5.担当者の報告および質疑応答 4
6.担当者の報告および質疑応答 5
7.担当者の報告および質疑応答 6
8.担当者の報告および質疑応答 7
9.担当者の報告および質疑応答 8
10.担当者の報告および質疑応答 9
11.担当者の報告および質疑応答 10
12.担当者の報告および質疑応答 11
13.担当者の報告および質疑応答 12
14.担当者の報告および質疑応答 13
15.担当者の報告および質疑応答 14
授業内容 16.担当者の報告および質疑応答 15
17.担当者の報告および質疑応答 16
18.担当者の報告および質疑応答 17
19.担当者の報告および質疑応答 18
20.担当者の報告および質疑応答 19
21.担当者の報告および質疑応答 20
22.担当者の報告および質疑応答 21
23.担当者の報告および質疑応答 22
24.担当者の報告および質疑応答 23
25.担当者の報告および質疑応答 24
26.担当者の報告および質疑応答 25
27.担当者の報告および質疑応答 26
28.担当者の報告および質疑応答 27
29.担当者の報告および質疑応答 28
30.担当者の報告および質疑応答 29
発表に向けて十分に時間をかけて準備する。また、
事前・事後
発表後は質疑応答で受けた指摘を参考に内容を深
学
習
め、次回の発表に活かすことが重要である。
報告者はその報告内容をしっかりとつくりあげるこ
事前・事後
と、また受講生は建設的な質問や意見を述べること
学
習
ができるよう日常的な学習の継続が必要.
評価方法 平常点(50%)
発表内容や質疑応答への参加度を
・ 基 準 評価する。 試験に替わるレポート(50%)
評価方法
平常点(50%)と報告内容(50%)によって評価する。
・ 基 準
履 修 上 の 無断で発表を欠席した場合は直ちに単位を不可とす
注意事項等 る。
履 修 上 の 日本史演習Ⅰ(五)は、日本史演習Ⅱ(五)と合同
注意事項等 して授業を行う。
テ キ スト 『なし』
テ キ スト 『特に使用しない。』
参 考 書 『適宜、紹介する。』
参 考 書
×
科目ナンバリング LH304
聴講の可否
科
聴講の可否
学
科目ナンバリング LH304
史
関心のあるテーマについて、①どのような先行研究
があるのか、②どのような史料が使えるのか、につ
いて文献と史料を網羅的に収集する。③各自の研究
授業概要 テーマを研究史に位置付け課題を明確にし、④卒論
を書くために必要な作業と手順を把握する。なお、
発表に際してはレジュメを作成し全員に配布する。
また受講者は、積極的に討論に参加すること。
×
― 155 ―
科 目 名
日本史演習Ⅰ(六)
担当教員
河内 将芳
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史演習Ⅰ(七)
配当
年次
3-4
担当教員
木下 光生
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 日本中世・近世文化史の諸問題
テ ー マ 卒論提出に向けて、近世史の諸問題を考える
日本中世・近世文化史の諸事象のなかから関心のある
到 達目標 テーマを見つけだし研究し、卒業論文作成のための
専門的な能力を身につける。
到 達目標
①最初に各講時担当の報告者を決める。1講時に4
人。通年で受講生1人が4回報告を行う。②報告者
は報告したいテーマを見つけだし、そのテーマにか
授業概要 かわる報告を行う。報告をする際にはレジメ資料も
作成、受講生全員に配布。③報告を聞いた受講生と
教員との質疑応答を繰り返すなかで報告内容をより
深めていくことをめざす。
卒論を書くためには、自分が関心をもっていること
を調べてきて、まとめるだけでは不十分で、先行研
究を整理し、残された課題を発見していく、という
授業概要 研究史整理が不可欠である。3回生を終える頃には、
研究史整理があらかた済んでいることを目指して各
自報告をおこない、討論を通して皆でそれぞれの研
究を支え合っていきたい。
1.ガイダンス(演習の進め方・報告の仕方)
2.担当者の報告および質疑応答 1
3.担当者の報告および質疑応答 2
4.担当者の報告および質疑応答 3
5.担当者の報告および質疑応答 4
6.担当者の報告および質疑応答 5
7.担当者の報告および質疑応答 6
8.担当者の報告および質疑応答 7
9.担当者の報告および質疑応答 8
10.担当者の報告および質疑応答 9
11.担当者の報告および質疑応答 10
12.担当者の報告および質疑応答 11
13.担当者の報告および質疑応答 12
14.担当者の報告および質疑応答 13
15.担当者の報告および質疑応答 14
授業内容 16.担当者の報告および質疑応答 15
17.担当者の報告および質疑応答 16
18.担当者の報告および質疑応答 17
19.担当者の報告および質疑応答 18
20.担当者の報告および質疑応答 19
21.担当者の報告および質疑応答 20
22.担当者の報告および質疑応答 21
23.担当者の報告および質疑応答 22
24.担当者の報告および質疑応答 23
25.担当者の報告および質疑応答 24
26.担当者の報告および質疑応答 25
27.担当者の報告および質疑応答 26
28.担当者の報告および質疑応答 27
29.担当者の報告および質疑応答 28
30.担当者の報告および質疑応答 29
1.卒論テーマの絞り込み開始
2.現代的な問題との関わりの整理
3.高校日本史教科書での通説イメージの確認
4.小学館や講談社の通史シリーズの確認
5.吉川弘文館の分野史の確認
6.歴代『岩波講座(岩波通史)』の確認
7.東大出版『講座日本歴史』『日本史講座』の確認
8.山川出版社の県史シリーズの確認
9.中央公論社『日本の近世』シリーズの確認
10.山川出版社新体系シリーズ、東京堂出版『展
望日本歴史』シリーズの確認
11.国史大辞典で「古典的」な研究の確認
12.『史学雑誌』「回顧と展望」の確認
13.自治体史の確認
14.NDL-OPACによる文献検索
授業内容 15.半年間で調べた先行研究の整理
16.吉川弘文館の人物叢書シリーズの確認
17.「地元」にこだわるメリット、デメリット
18.「人物(有名人)」にこだわるメリット、デメリット
19.「特定時期」にこだわるメリット、デメリット
20.「特定分野」にこだわるメリット、デメリット
21.中世史など、「前の時代」の成果の確認
22.近代史など、「あとの時代」の成果の確認
23.民俗学など、他分野の研究の確認
24.テーマが似通った「外国史」研究の確認
25.活字化された史料集の確認
26.史料所蔵機関の確認
27.博物館・図書館を訪ねる
28.フィールドワークの実施
29.ネット上で公開されている史料情報の確認
30.卒論テーマの最終決定
卒論のテーマを絞り込んでいくとともに、研究史の
整理を進めていく。
報告者はその報告内容をしっかりとつくりあげるこ
事前・事後
と、また受講生は建設的な質問や意見を述べること
学
習
ができるよう日常的な学習の継続が必要。
事前・事後 討論で出た問題点を、次回報告までにそれなりに克
学
習 服できるよう、たえず地道な準備を進めておくこと。
評価方法
平常点(50%)と報告内容(50%)によって評価する。
・ 基 準
評価方法 平素の受講態度(報告内容と討論への参加姿勢)と
・ 基 準 期末レポート
履 修 上 の 日本史演習Ⅱ(五)は、日本史演習Ⅰ(五)と合同
注意事項等 して授業を行う。
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『特に使用しない。』
テ キ スト 『授業中に指示』
参 考 書
参 考 書 『授業中に指示』
科目ナンバリング LH304
― 156 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH304
聴講の可否
×
科 目 名
日本史演習Ⅰ(八)
担当教員
木下 光生
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史演習Ⅰ(九)
配当
年次
3-4
担当教員
村上 紀夫
テ ー マ 卒論提出に向けて、近世史の諸問題を考える
到 達目標
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 日本近代文化史の研究手法を学ぶ
卒論のテーマを絞り込んでいくとともに、研究史の
整理を進めていく。
卒論を書くためには、自分が関心をもっていること
を調べてきて、まとめるだけでは不十分で、先行研
究を整理し、残された課題を発見していく、という
授業概要 研究史整理が不可欠である。3回生を終える頃には、
研究史整理があらかた済んでいることを目指して各
自報告をおこない、討論を通して皆でそれぞれの研
究を支え合っていきたい。
日本近代文化史に関する先行研究を理解し、問題関
到 達目標 心を深めるとともに、卒業論文執筆にむけての準備
をする。
第1回~ 15回:『岩波講座日本歴史』などから自分が卒
論で取り上げたいテーマに近い論文を指定し、受講生
全員が予習をしたうえで受講生が発表し、全員が討論
授業概要 する。第16回~ 30回:担当日を決めて、それぞれが関心
のあるテーマについてレジュメを作成し発表。登録人
数により変更する場合がある。また、特に前期後半は
受講者の関心によりテーマを変更する可能性がある。
評価方法 平素の受講態度(報告内容と討論への参加姿勢)と
・ 基 準 期末レポート
講義における報告内容(50%)
・授業中の積極的な発
言と討論内容(30%)
・レポート(20%)を総合して
評価方法
評価する。無断遅刻・欠席は厳禁とする。特に報告予
・ 基 準
定者の無断欠席、やむを得ない事情以外の当日の欠
席は認めない。
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『授業中に指示』
テ キ スト
参 考 書 『授業中に指示』
参 考 書 『岩波講座 日本歴史 第15巻 近現代Ⅰ』岩波書店, 2014
科目ナンバリング LH304
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH304
聴講の可否
×
― 157 ―
科
事前・事後 討論で出た問題点を、次回報告までにそれなりに克
学
習 服できるよう、たえず地道な準備を進めておくこと。
前期は対象となった報告予定者はあらかじめ論文の
コピーを1週間前までに全員に配布する。論文は全員
事前・事後
が必ず読んできて、疑問点や自分の意見をもって演
学
習
習にのぞむこと。後期は文献・資料の調査をしっかり
行い、担当者は報告レジュメを作成する。
学
授業内容
1.ガイダンス~各自の問題関心を報告し、分担を確定する
2.吉田裕「近現代史への招待」
3.松尾正人「戊辰戦争と廃藩置県」について
4.奥田晴樹「地租改正と地域社会」について
5.神山恒雄「殖産興行政策の展開」について
6.松沢祐作「地方自治制と民権運動・民衆運動」について
7.塩出浩之「北海道・沖縄・小笠原諸島と近代日本」について
8.鈴木淳「官僚制と軍隊」について
9.苅部直「文明開化の時代」について
10.谷川穣「教化・教育政策と宗教」について
11.前講座『岩波講座日本通史』所収 安丸良夫「一八五〇-七〇
年代の日本」について
12.前講座『岩波講座日本通史』所収 宮地正人「維新政権論」に
ついて
13.前講座『岩波講座日本通史』所収 井上勝生「志士と民衆」に
ついて
14.前講座『岩波講座日本通史』所収 牧原憲夫「文明開化論」に
ついて
15.前期のまとめと夏期休暇中の課題を提示する 16.演習報告(第1回)各自の問題関心に沿って先行研究を集める
17.演習報告(第1回)各自の問題関心に沿って集めた先行研究を
読み込む
18.演習報告(第1回)先行研究の理解と残された課題を見つける
19.演習報告(第1回)先行研究の課題を自分の問題関心に沿って
整理する
20.演習報告(第1回)関連する分野の先行研究を理解する
21.演習報告(第1回)より広い視点から各自が関心を持っているテー
マの意義と課題を考える
22.演習報告(第1回)先行研究の理解をふまえ、研究テーマを絞
り込む
23.演習報告(第2回)先行研究が参照している史料の収集と確認
24.演習報告(第2回)先行研究が引用する史料の読み直しと分析
25.演習報告(第2回)史料読解にもとづく先行研究の再検討
26.演習報告(第2回)関連史料・資料と文献の所在調査
27.演習報告(第2回)関連史料・資料と文献の収集
28.演習報告(第2回)関連史料・資料と文献の精査
29.演習報告(第2回)今年度の研究をふまえたテーマの絞り込み
と調査計画の策定
30.まとめ~次年度の卒業論文作成に向けての課題整理
史
1.卒論テーマの絞り込み開始
2.現代的な問題との関わりの整理
3.高校日本史教科書での通説イメージの確認
4.小学館や講談社の通史シリーズの確認
5.吉川弘文館の分野史の確認
6.歴代『岩波講座(岩波通史)』の確認
7.東大出版『講座日本歴史』『日本史講座』の確認
8.山川出版社の県史シリーズの確認
9.中央公論社『日本の近世』シリーズの確認
10.山川出版社新体系シリーズ、東京堂出版『展
望日本歴史』シリーズの確認
11.国史大辞典で「古典的」な研究の確認
12.『史学雑誌』「回顧と展望」の確認
13.自治体史の確認
14.NDL-OPACによる文献検索
授業内容 15.半年間で調べた先行研究の整理
16.吉川弘文館の人物叢書シリーズの確認
17.「地元」にこだわるメリット、デメリット
18.「人物(有名人)」にこだわるメリット、デメリット
19.「特定時期」にこだわるメリット、デメリット
20.「特定分野」にこだわるメリット、デメリット
21.中世史など、「前の時代」の成果の確認
22.近代史など、「あとの時代」の成果の確認
23.民俗学など、他分野の研究の確認
24.テーマが似通った「外国史」研究の確認
25.活字化された史料集の確認
26.史料所蔵機関の確認
27.博物館・図書館を訪ねる
28.フィールドワークの実施
29.ネット上で公開されている史料情報の確認
30.卒論テーマの最終決定
科 目 名
日本史演習Ⅰ(十)
担当教員
村上 紀夫
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 日本近代文化史の研究手法を学ぶ
日本近代文化史に関する先行研究を理解し、問題関
到 達目標 心を深めるとともに、卒業論文執筆にむけての準備
をする。
第1回~ 15回:『岩波講座日本歴史』などから自分が卒
論で取り上げたいテーマに近い論文を指定し、受講生
全員が予習をしたうえで受講生が発表し、全員が討論
授業概要 する。第16回~ 30回:担当日を決めて、それぞれが関心
のあるテーマについてレジュメを作成し発表。登録人
数により変更する場合がある。また、特に前期後半は
受講者の関心によりテーマを変更する可能性がある。
授業内容
1.ガイダンス~各自の問題関心を報告し、分担を確定する
2.吉田裕「近現代史への招待」
3.松尾正人「戊辰戦争と廃藩置県」について
4.奥田晴樹「地租改正と地域社会」について
5.神山恒雄「殖産興行政策の展開」について
6.松沢祐作「地方自治制と民権運動・民衆運動」について
7.塩出浩之「北海道・沖縄・小笠原諸島と近代日本」について
8.鈴木淳「官僚制と軍隊」について
9.苅部直「文明開化の時代」について
10.谷川穣「教化・教育政策と宗教」について
11.前講座『岩波講座日本通史』所収 安丸良夫「一八五〇-
七〇年代の日本」について
12.前講座『岩波講座日本通史』所収 宮地正人「維新政権論」
について
13.前講座『岩波講座日本通史』所収 井上勝生「志士と民衆」
について
14.前講座『岩波講座日本通史』所収 牧原憲夫「文明開化論」
について
15.前期のまとめと夏期休暇中の課題を提示する 16.演習報告(第1回)各自の問題関心に沿って先行研究を集める
17.演習報告(第1回)各自の問題関心に沿って集めた先行研究を
読み込む
18.演習報告(第1回)先行研究の理解と残された課題を見つける
19.演習報告(第1回)先行研究の課題を自分の問題関心に沿って
整理する
20.演習報告(第1回)関連する分野の先行研究を理解する
21.演習報告(第1回)より広い視点から各自が関心を持っている
テーマの意義と課題を考える
22.演習報告(第1回)先行研究の理解をふまえ、研究テーマを絞
り込む
23.演習報告(第2回)先行研究が参照している史料の収集と確認
24.演習報告(第2回)先行研究が引用する史料の読み直しと分析
25.演習報告(第2回)史料読解にもとづく先行研究の再検討
26.演習報告(第2回)関連史料・資料と文献の所在調査
27.演習報告(第2回)関連史料・資料と文献の収集
28.演習報告(第2回)関連史料・資料と文献の精査
29.演習報告(第2回)今年度の研究をふまえたテーマの絞り込み
と調査計画の策定
30.まとめ~次年度の卒業論文作成に向けての課題整理
科 目 名
日本史演習Ⅰ(十一)
期間
通年
配当
3-4
年次
広く「近現代の日本とアジア・太平洋、世界」に関わ
テ ー マ る図書の一部または学術雑誌掲載論文を読んでもら
い、その内容について質疑応答・意見交換を行います。
先行研究に謙虚に学びつつ、自分なりの疑問や別の
切り口を発見する力を養うことが目標です。加えて、
到 達目標
4年次の卒業論文研究を見すえて、学術的な論文の
執筆スタイル・技法の習得をはかります。
担当教員
森川 正則
単位数 4単位
受講者の問題関心・興味にも配慮しながら、図書または
学術雑誌掲載論文を選定し、輪読・討議します。また、
後期からは卒業論文研究に向けた準備作業もはじめるこ
授業概要 とになります。授業では毎回、発表担当者と質疑担当者
を割り当てます。発表担当者にはレジュメを作成・配布の
上、発表してもらいます。続いて、質疑担当者のコメン
トを踏まえて、全員で討議するという形式をとります。
授業内容
1.演習の内容と進め方について
2.《近現代という時代》を大きく見渡し、考える
3.《近現代世界の中の日本》を大きく見渡し、考える
4.《近代国家・社会の建設期の日本》を学び、考える
5.《近代国家・社会の確立期の日本》を学び、考える
6.《第1次世界大戦と大正デモクラシー期の日本》を学び、考える①
7.《第1次世界大戦と大正デモクラシー期の日本》を学び、考える②
8.《第1次世界大戦と大正デモクラシー期の日本》を学び、考える③
9.《世界の中の非常時日本》を学び、考える①
10.《世界の中の非常時日本》を学び、考える②
11.《第2次世界大戦に向かう世界と日本》を学び、考える
12.《日中戦争と戦時体制下の日本》を学び、考える
13.《アジア・太平洋戦争と戦時体制下の日本》を学び、考える
14.《アジア・太平洋戦争の終結と日本》を学び、考える
15.前期のまとめと後期への橋渡し
16.後期の演習の進め方と図書・学術論文の探し方について
17.《敗戦・降伏後の占領期日本》を学び、考える
18.《冷戦期の世界と昭和戦後の日本》を学び、考える①
19.《冷戦期の世界と昭和戦後の日本》を学び、考える②
20.《冷戦期の世界と昭和戦後の日本》を学び、考える③
21.《歴史の中の21世紀世界と平成日本の現在》を学び、考える①
22.《歴史の中の21世紀世界と平成日本の現在》を学び、考える②
23.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する①
24.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する②
25.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する③
26.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する④
27.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する⑤
28.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する⑥
29.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する⑦
30.1年間のまとめと4年次の演習Ⅱへの橋渡し
前期は対象となった報告予定者はあらかじめ論文の
コピーを1週間前までに全員に配布する。論文は全員
事前・事後
が必ず読んできて、疑問点や自分の意見をもって演
学
習
習にのぞむこと。後期は文献・資料の調査をしっかり
行い、担当者は報告レジュメを作成する。
事前・事後 授業で取り上げる図書の一部または学術雑誌掲載論
学
習 文については、必ず熟読して授業に臨んでください。
講義における報告内容(50%)
・授業中の積極的な発
言と討論内容(30%)
・レポート(20%)を総合して
評価方法
評価する。無断遅刻・欠席は厳禁とする。特に報告予
・ 基 準
定者の無断欠席、やむを得ない事情以外の当日の欠
席は認めない。
日々の受講態度・発表内容(評価割合40%)
、年2回の
評価方法
学期末レポート(評価割合60%)を総合して評価し
・ 基 準
ます。
履修上の
注意事項等
特別の事由、それを証明する文書、事前連絡のない
履修上の
欠席については、成績評価上大きなマイナスとなり
注意事項等
ます。
テ キ スト
テ キ スト す。』
参 考 書 『岩波講座 日本歴史 第15巻 近現代Ⅰ』, 岩波書店, 2014
参 考 書 『授業中に適宜紹介します。』
科目ナンバリング LH304
― 158 ―
『授業で取り上げる図書の一部または学術雑誌掲載論文になりま
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH304
聴講の可否
×
科 目 名
日本史演習Ⅰ(十二)
期間
通年
配当
3-4
年次
広く「近現代の日本とアジア・太平洋、世界」に関わ
テ ー マ る図書の一部または学術雑誌掲載論文を読んでもら
い、その内容について質疑応答・意見交換を行います。
先行研究に謙虚に学びつつ、自分なりの疑問や別の
切り口を発見する力を養うことが目標です。加えて、
到 達目標
4年次の卒業論文を見据えて、学術的な論文の執筆
スタイル・技法の習得もはかります。
担当教員
森川 正則
単位数 4単位
科 目 名
日本史演習Ⅱ(一)
担当教員
寺崎 保広
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
4
テ ー マ 日本古代史の諸問題
到 達目標
日本古代史に関する研究書・論文を読み込みながら、
理解を深め、卒業論文作成の実践的な能力を養う。
1.はじめに
2.テキストについての報告(3・4回生)1
3.テキストについての報告(3・4回生)2
4.テキストについての報告(3・4回生)3
5.テキストについての報告(3・4回生)4
6.テキストについての報告(3・4回生)5
7.テキストについての報告(3・4回生)6
8.テキストについての報告(3・4回生)7
9.テキストについての報告(3・4回生)8
10.テキストについての報告(3・4回生)9
11.テキストについての報告(3・4回生)10
12.卒論中間発表(4回生)1
13.卒論中間発表(4回生)2
14.卒論中間発表(4回生)3
15.卒論中間発表(4回生)4
授業内容 16.卒論中間発表(4回生)5
17.日本古代史の論文についての報告(3回生)1
18.日本古代史の論文についての報告(3回生)2
19.日本古代史の論文についての報告(3回生)3
20.日本古代史の論文についての報告(3回生)4
21.日本古代史の論文についての報告(3回生)5
22.卒論要旨発表(4回生)1
23.卒論要旨発表(4回生)2
24.卒論要旨発表(4回生)3
25.卒論要旨発表(4回生)4
26.卒論要旨発表(4回生)5
27.卒論執筆にむけての指導
28.卒論構想発表(3回生)1
29.卒論構想発表(3回生)2
30.卒論構想発表(3回生)3
授業内容
事前・事後 授業で取り上げる図書の一部または学術雑誌掲載論
学
習 文については、必ず熟読して演習に臨んでください。
報告者としての準備はもちろんのこと、報告者以外
事前・事後
の受講生全員が、当該の章もしくは論文を事前に読
学
習
んで予習しておくことが必須である。
日々の受講態度・発表内容(評価割合40%)
、年2回の
評価方法
学期末レポート(評価割合60%)を総合して評価し
・ 基 準
ます。
評価方法 レポートを前期・後期各1回課す。成績は、報告内容・
・ 基 準 レポート・普段の受講態度を総合して評価する。
特別の事由、それを証明する文書、事前連絡のない
履修上の
欠席については、成績評価上大きなマイナスとなり
注意事項等
ます。
履 修 上 の 日本史演習Ⅱ(一)は、日本史演習Ⅰ(一)と合同
注意事項等 して授業を行う。
『授業で取り上げる図書の一部または学術雑誌掲載論文になりま
『飛鳥の都』吉川真司, 岩波書店, 2011
テ キ スト す。』
テ キ スト 『平城京の時代』坂上康俊, 岩波書店, 2011
参 考 書 『授業中に適宜紹介します。』
参 考 書
科目ナンバリング LH304
『平安京遷都』川尻秋生, 岩波書店, 2011
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH401
聴講の可否
×
― 159 ―
科
1.演習の内容と進め方について
2.《近現代という時代》を大きく見渡し、考える
3.《近現代世界の中の日本》を大きく見渡し、考える
4.《近代国家・社会の建設期の日本》を学び、考える
5.《近代国家・社会の確立期の日本》を学び、考える
6.《第1次世界大戦と大正デモクラシー期の日本》を学び、考える①
7.《第1次世界大戦と大正デモクラシー期の日本》を学び、考える②
8.《第1次世界大戦と大正デモクラシー期の日本》を学び、考える③
9.《世界の中の非常時日本》を学び、考える①
10.《世界の中の非常時日本》を学び、考える②
11.《第2次世界大戦に向かう世界と日本》を学び、考える
12.《日中戦争と戦時体制下の日本》を学び、考える
13.《アジア・太平洋戦争と戦時体制下の日本》を学び、考える
14.《アジア・太平洋戦争の終結と日本》を学び、考える
15.前期のまとめと後期への橋渡し
16.後期の演習の進め方と図書・学術雑誌掲載論文の探し方
17.《敗戦・降伏後の占領期日本》を学び、考える
18.《冷戦期の世界と昭和戦後の日本》を学び、考える①
19.《冷戦期の世界と昭和戦後の日本》を学び、考える②
20.《冷戦後期の世界と昭和戦後の日本》を学び、考える③
21.《歴史の中の21世紀世界と平成日本の現在》を学び、考える①
22.《歴史の中の21世紀世界と平成日本の現在》を学び、考える②
23.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する①
24.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する②
25.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する③
26.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する④
27.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する⑤
28.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する⑥
29.自分の問題関心に見合った学術雑誌掲載論文を探し、読み、
発表する⑦
30.1年間のまとめと4年次の演習Ⅱへの橋渡し
学
ゼミ形式で行う。担当者の報告内容に対して、出席
者が相互討論を行い、理解を深める。前期はテキス
トを用い、事前に章ごとに担当者を割り当て、当日
はレジュメをもとに、内容の要約と検討結果の報告
授業概要
を行う。 後期は、各自が関心をもつテーマについ
て研究論文を取り上げ、内容要約・問題点・他の研究
者との違いなどについて報告をする。 報告は1回
につき2人ずつ行う。
史
受講者の問題関心・興味にも配慮しながら、図書または
学術雑誌掲載論文を選定し、輪読・討議します。また、
後期からは卒業論文に向けた準備作業もはじめることに
授業概要 なります。授業では毎回、発表担当者と質疑担当者を割
り当てます。発表担当者にはレジュメを作成・配布の上、
発表してもらいます。続いて、質疑担当者のコメントを
ふまえて、全員で討議するという形式をとります。
科 目 名
日本史演習Ⅱ(二)
担当教員
寺崎 保広
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史演習Ⅱ(三)
配当
年次
4
担当教員
大田 壮一郎
テ ー マ 日本古代史の諸問題
到 達目標
テ ー マ
日本古代史に関する研究書・論文を読み込みながら、
理解を深め、卒業論文作成の実践的な能力を養う。
ゼミ形式で行う。担当者の報告内容に対して、出席
者が相互討論を行い、理解を深める。前期はテキス
トを用い、事前に章ごとに担当者を割り当て、当日
はレジュメをもとに、内容の要約と検討結果の報告
授業概要
を行う。 後期は、各自が関心をもつテーマについ
て研究論文を取り上げ、内容要約・問題点・他の研究
者との違いなどについて報告をする。 報告は1回
につき2人ずつ行う。
1.はじめに
2.テキストについての報告(3・4回生)1
3.テキストについての報告(3・4回生)2
4.テキストについての報告(3・4回生)3
5.テキストについての報告(3・4回生)4
6.テキストについての報告(3・4回生)5
7.テキストについての報告(3・4回生)6
8.テキストについての報告(3・4回生)7
9.テキストについての報告(3・4回生)8
10.テキストについての報告(3・4回生)9
11.テキストについての報告(3・4回生)10
12.卒論中間発表(4回生)1
13.卒論中間発表(4回生)2
14.卒論中間発表(4回生)3
15.卒論中間発表(4回生)4
授業内容 16.卒論中間発表(4回生)5
17.日本古代史の論文についての報告(3回生)1
18.日本古代史の論文についての報告(3回生)2
19.日本古代史の論文についての報告(3回生)3
20.日本古代史の論文についての報告(3回生)4
21.日本古代史の論文についての報告(3回生)5
22.卒論要旨発表(4回生)1
23.卒論要旨発表(4回生)2
24.卒論要旨発表(4回生)3
25.卒論要旨発表(4回生)4
26.卒論要旨発表(4回生)5
27.卒論執筆にむけての指導
28.卒論構想発表(3回生)1
29.卒論構想発表(3回生)2
30.卒論構想発表(3回生)3
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
4
研究テーマについて独自の見解を述べた卒業論文を
作成する。
収集した史料を分析した上で、先行研究と異なる独
到 達目標 自の見解を提示し、それを説得的かつ論理的な文章
で説明する。
①3回生の間に見出した研究テーマの方向性を再確
認する。②収集した関連文献や史料を用いて卒業論
文へ向けた具体的分析を行う。③その分析をもとに
授業概要 先行研究が述べていない独自の見解を発表する。④
その内容を説得力のある文章として構成し、研究テー
マに関する論証と結論を述べた卒業論文としてまと
める。
授業内容
1.ガイダンス 演習の進め方 担当者の調整
2.研究テーマの再確認と今後の研究計画の点検
3.『史学雑誌 回顧と展望』および学術雑誌の文献目録で最新の研
究動向を確認する
4.収集した史料について、異本や別の刊行本と比較し、より良質な
史料を厳選する
5.収集した史料について、一次史料(同時代史料)と二次史料(編
纂史料など)に分類する
6.論証の核となる重要史料を選別し、人物比定・年代比定をはじめ
とする徹底した分析を行う
7.重要史料に関して、他史料による裏付け及び傍証となる補足史料
の収集を行う
8.研究テーマの論点整理として、先行研究の到達点と問題点を提示
する
9.その問題点の解決に必要な方法について複数の可能性を検討する
10.収集した史料の状況と照らし合わせて、実行可能な方法を選択す
る
11.「はじめに」に該当する①問題関心、②研究史とその問題点、③
問題点解決の方法、を文章にまとめる
12.「章」に該当する個別の①論点、②論証の内容と使用史料、③結論、
を章ごとに箇条書きでまとめる
13.「おわりに」に該当する①各章のまとめ、②結論、③残された課題、
について文章にまとめる
14.仮章構成を完成させる
15.夏期休暇中に進めるべき作業を確認する
16.論文第1稿の脱稿と自己評価
17.章・節ごとに見直し 補足史料の追加 史料解釈の再点検
18.論文全体の見直し 構成の再検討
19.章のタイトル節のタイトルの修正、本文と註の入れ替え
20.引用文献の典拠を再確認する
21.「はじめに」と「おわりに」の対応関係の見直し 22.卒論掲載用の図表について、配置・項目・大きさなどを再検討する
23.卒業論文「はじめに」の執筆
24.卒業論文第1章の執筆
25.卒業論文第2章の執筆
26.卒業論文第3章の執筆
27.卒業論文「おわりに」の執筆
28.文章の推敲 打ち込み史料と原史料を照らし合わせる
29.最終推敲 誤字・脱字・表記統一などの確認
30.卒業論文の完成・提出
報告者としての準備はもちろんのこと、報告者以外
事前・事後
の受講生全員が、当該の章もしくは論文を事前に読
学
習
んで予習しておくことが必須である。
発表に向けて十分に時間をかけて準備する。また、
事前・事後
発表後は質疑応答で受けた指摘を参考に内容を深
学
習
め、次回の発表に活かすことが重要である。
評価方法 レポートを前期・後期各1回課す。成績は、報告内容・
・ 基 準 レポート・普段の受講態度を総合して評価する。
評価方法 平常点(30%)
発表内容や質疑応答への参加度を
・ 基 準 評価する。 期末レポートおよび卒業論文(70%)
日本史演習Ⅱ(二)は、日本史演習Ⅰ(二)
、世界遺
履修上の
産史学演習Ⅰ(三)
、世界遺産史学演習Ⅱ(三)と合
注意事項等
同して授業を行う。
履 修 上 の スケジュールに沿って各受講者の発表を進めて行く
注意事項等 ので、無断欠席は厳禁である。
『飛鳥の都』吉川真司, 岩波書店, 2011
テ キ スト 『平城京の時代』坂上康俊, 岩波書店, 2011
テ キ スト 『なし』
参 考 書
参 考 書 『適宜、紹介する』
『平安京遷都』川尻秋生, 岩波書店, 2011
科目ナンバリング LH401
― 160 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH401
聴講の可否
×
科 目 名
日本史演習Ⅱ(四)
担当教員
大田 壮一郎
テ ー マ
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史演習Ⅱ(五)
配当
年次
4
担当教員
河内 将芳
研究テーマについて独自の見解を述べた卒業論文を
作成する。
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
4
テ ー マ 日本中世の諸研究
収集した史料を分析した上で、先行研究と異なる独
到 達目標 自の見解を提示し、それを説得的かつ論理的な文章
で説明する。
日本中世史の諸事象のなかから関心のあるテーマを
到 達目標 見つけだし研究し、卒業論文作成のための専門的な
能力を身につける。
①3回生の間に見出した研究テーマの方向性を再確
認する。②収集した関連文献や史料を用いて卒業論
文へ向けた具体的分析を行う。③その分析をもとに
授業概要 先行研究が述べていない独自の見解を発表する。④
その内容を説得力のある文章として構成し、研究テー
マに関する論証と結論を述べた卒業論文としてまと
める。
①最初に各講時担当の報告者を決める。1講時に4
人。通年で受講生1人が4回報告を行う。②報告者
は報告したいテーマを見つけだし、そのテーマにか
授業概要 かわる報告を行う。報告をする際にはレジメ資料も
作成、受講生全員に配布。③報告を聞いた受講生と
教員との質疑応答を繰り返すなかで報告内容をより
深めていくことをめざす。
1.ガイダンス(演習の進め方・報告の仕方)
2.担当者の報告および質疑応答 1
3.担当者の報告および質疑応答 2
4.担当者の報告および質疑応答 3
5.担当者の報告および質疑応答 4
6.担当者の報告および質疑応答 5
7.担当者の報告および質疑応答 6
8.担当者の報告および質疑応答 7
9.担当者の報告および質疑応答 8
10.担当者の報告および質疑応答 9
11.担当者の報告および質疑応答 10
12.担当者の報告および質疑応答 11
13.担当者の報告および質疑応答 12
14.担当者の報告および質疑応答 13
15.担当者の報告および質疑応答 14
授業内容 16.担当者の報告および質疑応答 15
17.担当者の報告および質疑応答 16
18.担当者の報告および質疑応答 17
19.担当者の報告および質疑応答 18
20.担当者の報告および質疑応答 19
21.担当者の報告および質疑応答 20
22.担当者の報告および質疑応答 21
23.担当者の報告および質疑応答 22
24.担当者の報告および質疑応答 23
25.担当者の報告および質疑応答 24
26.担当者の報告および質疑応答 25
27.担当者の報告および質疑応答 26
28.担当者の報告および質疑応答 27
29.担当者の報告および質疑応答 28
30.担当者の報告および質疑応答 29
史
学
科
授業内容
1.ガイダンス 演習の進め方 担当者の調整
2.研究テーマの再確認と今後の研究計画の点検
3.『史学雑誌 回顧と展望』および学術雑誌の文献目録で最新の研
究動向を確認する
4.収集した史料について、異本や別の刊行本と比較し、より良質な
史料を厳選する
5.収集した史料について、一次史料(同時代史料)と二次史料(編
纂史料など)に分類する
6.論証の核となる重要史料を選別し、人物比定・年代比定をはじめ
とする徹底した分析を行う
7.重要史料に関して、他史料による裏付け及び傍証となる補足史料
の収集を行う
8.研究テーマの論点整理として、先行研究の到達点と問題点を提示
する
9.その問題点の解決に必要な方法について複数の可能性を検討する
10.収集した史料の状況と照らし合わせて、実行可能な方法を選択す
る
11.「はじめに」に該当する①問題関心、②研究史とその問題点、③
問題点解決の方法、を文章にまとめる
12.「章」に該当する個別の①論点、②論証の内容と使用史料、③結論、
を章ごとに箇条書きでまとめる
13.「おわりに」に該当する①各章のまとめ、②結論、③残された課題、
について文章にまとめる
14.仮章構成を完成させる
15.夏期休暇中に進めるべき作業を確認する
16.論文第1稿の脱稿と自己評価
17.章・節ごとに見直し 補足史料の追加 史料解釈の再点検
18.論文全体の見直し 構成の再検討
19.章のタイトル節のタイトルの修正、本文と註の入れ替え
20.引用文献の典拠を再確認する
21.「はじめに」と「おわりに」の対応関係の見直し 22.卒論掲載用の図表について、配置・項目・大きさなどを再検討する
23.卒業論文「はじめに」の執筆
24.卒業論文第1章の執筆
25.卒業論文第2章の執筆
26.卒業論文第3章の執筆
27.卒業論文「おわりに」の執筆
28.文章の推敲 打ち込み史料と原史料を照らし合わせる
29.最終推敲 誤字・脱字・表記統一などの確認
30.卒業論文の完成・提出
発表に向けて十分に時間をかけて準備する。また、
事前・事後
発表後は質疑応答で受けた指摘を参考に内容を深
学
習
め、次回の発表に活かすことが重要である。
報告者はその報告内容をしっかりとつくりあげるこ
事前・事後
と、また受講生は建設的な質問や意見を述べること
学
習
ができるよう日常的な学習の継続が必要。
評価方法 平常点(30%)
発表内容や質疑応答への参加度を
・ 基 準 評価する。 期末レポートおよび卒業論文(70%)
評価方法
平常点(50%)と報告内容(50%)によって評価する。
・ 基 準
履 修 上 の スケジュールに沿って各受講者の発表を進めて行く
注意事項等 ので、無断欠席は厳禁である。
履 修 上 の 日本史演習Ⅱ(五)は、日本史演習Ⅰ(五)と合同
注意事項等 して授業を行う。
テ キ スト 『なし』
テ キ スト 『特に使用しない。』
参 考 書 『適宜、紹介する。』
参 考 書
科目ナンバリング LH401
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH401
聴講の可否
×
― 161 ―
科 目 名
日本史演習Ⅱ(六)
担当教員
河内 将芳
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史演習Ⅱ(七)
配当
年次
4
担当教員
木下 光生
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
4
テ ー マ 日本中世の諸研究
テ ー マ 卒論の提出に向け、具体的内容を詰める
日本中世史の諸事象のなかから関心のあるテーマを
到 達目標 見つけだし研究し、卒業論文作成のための専門的な
能力を身につける。
到 達目標 具体的な史料分析を精緻化させ、卒論を仕上げる。
①最初に各講時担当の報告者を決める。1講時に4
人。通年で受講生1人が4回報告を行う。②報告者
は報告したいテーマを見つけだし、そのテーマにか
授業概要 かわる報告を行う。報告をする際にはレジメ資料も
作成、受講生全員に配布。③報告を聞いた受講生と
教員との質疑応答を繰り返すなかで報告内容をより
深めていくことをめざす。
3回生の間におおよそ整理した研究史上の課題をも
とに、今度はその課題に応えるための史料収集と分
授業概要 析にあたる。その分析内容を各自報告し、討論をふ
まえて、よりいい卒論に仕上がるよう、皆で支え合っ
ていきたい。
1.ガイダンス(演習の進め方・報告の仕方)
2.担当者の報告および質疑応答 1
3.担当者の報告および質疑応答 2
4.担当者の報告および質疑応答 3
5.担当者の報告および質疑応答 4
6.担当者の報告および質疑応答 5
7.担当者の報告および質疑応答 6
8.担当者の報告および質疑応答 7
9.担当者の報告および質疑応答 8
10.担当者の報告および質疑応答 9
11.担当者の報告および質疑応答 10
12.担当者の報告および質疑応答 11
13.担当者の報告および質疑応答 12
14.担当者の報告および質疑応答 13
15.担当者の報告および質疑応答 14
授業内容 16.担当者の報告および質疑応答 15
17.担当者の報告および質疑応答 16
18.担当者の報告および質疑応答 17
19.担当者の報告および質疑応答 18
20.担当者の報告および質疑応答 19
21.担当者の報告および質疑応答 20
22.担当者の報告および質疑応答 21
23.担当者の報告および質疑応答 22
24.担当者の報告および質疑応答 23
25.担当者の報告および質疑応答 24
26.担当者の報告および質疑応答 25
27.担当者の報告および質疑応答 26
28.担当者の報告および質疑応答 27
29.担当者の報告および質疑応答 28
30.担当者の報告および質疑応答 29
1.テーマの最終確定
2.『史学雑誌』「回顧と展望」で最新研究の確認
3.NDL-OPACで最新研究の確認
4.活字史料の博捜
5.活字史料の分析と史料批判
6.活字史料の限界の確認
7.史料所蔵機関の確認
8.史料目録の確認
9.未刊行史料の調査
10.未刊行史料の分析と史料批判
11.関連しそうな中世史料の確認
12.関連しそうな近代史料の確認
13.使えそうな文学作品の確認
14.夏休み中の調査先の確認
15.卒論の具体的な構想(章題など)の確定
授業内容 16.夏休み中の史料調査の成果を整理
17.史料の取捨選択~活字史料
18.史料の取捨選択~調査した未刊行史料
19.史料の取捨選択~風景、石造物、聞き取りな
ど
20.原文書の読解内容の最終確認
21.史料批判の最終確認
22.図表の整理
23.先行研究一覧の執筆
24.卒論「はじめに」の執筆
25.卒論第1章の執筆
26.卒論第2章の執筆
27.卒論第3章の執筆
28.卒論「おわりに」の執筆
29.最終推敲
30.卒論の提出
報告者はその報告内容をしっかりとつくりあげるこ
事前・事後
と、また受講生は建設的な質問や意見を述べること
学
習
ができるよう日常的な学習の継続が必要。
事前・事後 討論で出た問題点を、次回報告までにそれなりに克
学
習 服できるよう、たえず地道な準備を進めておくこと。
評価方法
平常点(50%)と報告内容(50%)によって評価する。
・ 基 準
評価方法 平素の受講態度(報告内容と討論への参加姿勢)と
・ 基 準 期末レポート、卒論
履 修 上 の 日本史演習Ⅱ(六)は、日本史演習Ⅰ(六)と合同
注意事項等 して授業を行う。
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『特に使用しない。』
テ キ スト 『授業中に指示』
参 考 書
参 考 書 『授業中に指示』
科目ナンバリング LH401
― 162 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH401
聴講の可否
×
科 目 名
日本史演習Ⅱ(八)
担当教員
木下 光生
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史演習Ⅱ(九)
配当
年次
4
担当教員
村上 紀夫
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
4
テ ー マ 卒論の提出に向け、具体的内容を詰める
テ ー マ 日本近代史の研究を深め、卒業論文を作成する
到 達目標 具体的な史料分析を精緻化させ、卒論を仕上げる。
到 達目標
3回生の間におおよそ整理した研究史上の課題をも
とに、今度はその課題に応えるための史料収集と分
授業概要 析にあたる。その分析内容を各自報告し、討論をふ
まえて、よりいい卒論に仕上がるよう、皆で支え合っ
ていきたい。
各自、関心のあるテーマについて研究し、レジュメ
授業概要 を作成して報告し、全体で討論を行うなかで研究を
深めていく。成果を卒業論文として完成させる。
各自の問題関心に基づき、日本近代史の研究を深め、
成果を卒業論文としてまとめる
事前・事後
史料の調査、先行研究の整理、論文執筆など
学
習
評価方法 平素の受講態度(報告内容と討論への参加姿勢)と
・ 基 準 期末レポート、卒論
報告内容と討論の様子で評価する。無断遅刻・欠席は
評価方法
厳禁。特に報告予定者の無断欠席、やむをえない事
・ 基 準
情以外の当日欠席は認めない。
履修上の
注意事項等
履 修 上 の 報告者以外の受講生も報告をよく聞いて、積極的に
注意事項等 討論に参加すること。
テ キ スト 『授業中に指示』
テ キ スト
参 考 書 『授業中に指示』
参 考 書
科目ナンバリング LH401
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH401
聴講の可否
×
― 163 ―
科
事前・事後 討論で出た問題点を、次回報告までにそれなりに克
学
習 服できるよう、たえず地道な準備を進めておくこと。
学
授業内容
1.ガイダンス~演習の目的を確認し、各自のテーマを提示する
2.報告順と内容の確定
3.演習報告(第1回)各自テーマの先行研究の収集
4.演習報告(第1回)先行研究の論点整理
5.演習報告(第1回)先行研究の論点のさらなる整理
6.演習報告(第1回)先行研究の課題を整理し、研究テーマを絞り
込む
7.演習報告(第1回)研究対象を確定する
8.演習報告(第2回)確定した研究対象について史料の所在を確認
する
9.演習報告(第2回)研究対象に関する史料を収集する
10.演習報告(第2回)収集した史料の分析をする
11.演習報告(第2回)収集した史料の分析を深める
12.演習報告(第2回)収集史料の分析をもとに先行研究の課題を析
出する
13.演習報告(第2回)関連文献・関連史料の収集とさらなる分析を
する
14.演習報告(第2回)これまでの研究をふまえて卒業論文の構成を
考える
15.前期のまとめ~前期の成果をふまえ、調査計画をたて夏期休暇
中の調査にそなえる
16.後期ガイダンス~卒論完成にむけてのスケジュール確認~
17.演習報告(第3回)夏期休暇中の調査成果を整理する
18.演習報告(第3回)夏期休暇中の調査成果と収集史料を分析する
19.演習報告(第3回)これまで収集した史料の分析を深める
20.演習報告(第3回)卒業論文の構成をかためる
21.演習報告(第3回)卒業論文の構成に沿って史料の追加調査の計
画を立てる
22.演習報告(第3回)追加調査の成果を整理し、全体の構成案を修
正する
23.演習報告(第4回)これまでの調査成果と収集史料の分析を深め、
考察をする
24.演習報告(第4回)論文に必要な図・表の作成をする
25.演習報告(第4回)卒業論文の草稿を完成させる
26.演習報告(第4回)草稿をもとに不備な点を検討し、必要に応じ
て修正を加える
27.演習報告(第4回)卒業論文の完成に向けて作業を進める
28.卒業論文作成~卒業論文をほぼ完成させる
29.卒業論文作成~卒業論文の推敲・引用史料・註記の確認をし、完
成度を上げる
30.卒業論文作成~卒業論文を完成させる
史
1.テーマの最終確定
2.『史学雑誌』「回顧と展望」で最新研究の確認
3.NDL-OPACで最新研究の確認
4.活字史料の博捜
5.活字史料の分析と史料批判
6.活字史料の限界の確認
7.史料所蔵機関の確認
8.史料目録の確認
9.未刊行史料の調査
10.未刊行史料の分析と史料批判
11.関連しそうな中世史料の確認
12.関連しそうな近代史料の確認
13.使えそうな文学作品の確認
14.夏休み中の調査先の確認
15.卒論の具体的な構想(章題など)の確定
授業内容 16.夏休み中の史料調査の成果を整理
17.史料の取捨選択~活字史料
18.史料の取捨選択~調査した未刊行史料
19.史料の取捨選択~風景、石造物、聞き取りな
ど
20.原文書の読解内容の最終確認
21.史料批判の最終確認
22.図表の整理
23.先行研究一覧の執筆
24.卒論「はじめに」の執筆
25.卒論第1章の執筆
26.卒論第2章の執筆
27.卒論第3章の執筆
28.卒論「おわりに」の執筆
29.最終推敲
30.卒論の提出
科 目 名
日本史演習Ⅱ(十)
担当教員
村上 紀夫
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史演習Ⅱ(十一)
配当
年次
4
担当教員
森川 正則
テ ー マ 日本近代史の研究を深め、卒業論文を作成する
到 達目標
テ ー マ
各自の問題関心に基づき、日本近代史の研究を深め、
成果を卒業論文としてまとめる
各自、関心のあるテーマについて研究し、レジュメ
授業概要 を作成して報告し、全体で討論を行うなかで研究を
深めていく。成果を卒業論文として完成させる。
授業内容
1.ガイダンス~演習の目的を確認し、各自のテーマを提示する
2.報告順と内容の確定
3.演習報告(第1回)各自テーマの先行研究の収集
4.演習報告(第1回)先行研究の論点整理
5.演習報告(第1回)先行研究の論点のさらなる整理
6.演習報告(第1回)先行研究の課題を整理し、研究テーマを絞り
込む
7.演習報告(第1回)研究対象を確定する
8.演習報告(第2回)確定した研究対象について史料の所在を確認
する
9.演習報告(第2回)研究対象に関する史料を収集する
10.演習報告(第2回)収集した史料の分析をする
11.演習報告(第2回)収集した史料の分析を深める
12.演習報告(第2回)収集史料の分析をもとに先行研究の課題を析
出する
13.演習報告(第2回)関連文献・関連史料の収集とさらなる分析を
する
14.演習報告(第2回)これまでの研究をふまえて卒業論文の構成を
考える
15.前期のまとめ~前期の成果をふまえ、調査計画をたて夏期休暇
中の調査にそなえる
16.後期ガイダンス~卒論完成にむけてのスケジュール確認~
17.演習報告(第3回)夏期休暇中の調査成果を整理する
18.演習報告(第3回)夏期休暇中の調査成果と収集史料を分析する
19.演習報告(第3回)これまで収集した史料の分析を深める
20.演習報告(第3回)卒業論文の構成をかためる
21.演習報告(第3回)卒業論文の構成に沿って史料の追加調査の計
画を立てる
22.演習報告(第3回)追加調査の成果を整理し、全体の構成案を修
正する
23.演習報告(第4回)これまでの調査成果と収集史料の分析を深め、
考察をする
24.演習報告(第4回)論文に必要な図・表の作成をする
25.演習報告(第4回)卒業論文の草稿を完成させる
26.演習報告(第4回)草稿をもとに不備な点を検討し、必要に応じ
て修正を加える
27.演習報告(第4回)卒業論文の完成に向けて作業を進める
28.卒業論文作成~卒業論文をほぼ完成させる
29.卒業論文作成~卒業論文の推敲・引用史料・註記の確認をし、完
成度を上げる
30.卒業論文作成~卒業論文を完成させる
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
4
受講者各自が、日本近現代史(または、日本を含むアジア・太平洋近
現代史、近現代の日本と諸外国との関係史・比較史)において、対象
とする《時期》
《分野》そして具体的な《テーマ(題材)
》を設定し
た上で調査・研究を進めていき、その途中経過を発表してもらいます。
受講者各自が設定したテーマについての調査・研究成
到 達目標 果を、論理的かつ史料実証的にまとめ、卒業論文と
して完成させることです。
受講者による調査・研究の経過発表が、この授業の主
軸となります。担当教員と受講者全員で質疑応答・意
授業概要
見交換を交わしていき、各自の卒業論文完成を目指
します。
授業内容
1.卒業論文研究計画書の提出と演習の進め方
2.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて①
3.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて②
4.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて③
5.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて④
6.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて⑤
7.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて⑥
8.発表の予備日
9.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく①
10.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく②
11.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく③
12.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく④
13.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく⑤
14.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく⑥
15.発表の予備日/前期のまとめと後期に向けて
16.後期の進め方:卒業論文の執筆・完成に向けて
17.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ①
18.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ②
19.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ③
20.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ④
21.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ⑤
22.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ⑥
23.発表の予備日
24.卒業論文の執筆経過発表:完成・提出に向けての最終確認①
25.卒業論文の執筆経過発表:完成・提出に向けての最終確認②
26.卒業論文の執筆経過発表:完成・提出に向けての最終確認③
27.卒業論文の執筆経過発表:完成・提出に向けての最終確認④
28.受講者による相互検討:卒業論文の読み合わせ①
29.受講者による相互検討:卒業論文の読み合わせ②
30.受講者による相互検討:卒業論文の読み合わせ③
事前・事後
史料の調査、先行研究の整理、論文執筆など
学
習
調査・研究発表にあたっては、参照・引用史料および
図書・学術雑誌掲載論文の一覧も記したレジュメを作
事前・事後
成して臨んでもらいます。 そして、報告を踏まえ
学
習
ての意見交換・質疑応答を卒業論文研究に活かすこ
とこそ、事後学習の最大の材料となります。
報告内容と討論の様子で評価する。無断遅刻・欠席は
評価方法
厳禁。特に報告予定者の無断欠席、やむをえない事
・ 基 準
情以外の当日欠席は認めない。
評価方法 日々の受講態度(評価割合40%)
、調査・研究の進み
・ 基 準 具合と発表内容(60%)を総合して評価します。
履 修 上 の 報告者以外の受講生も報告をよく聞いて、積極的に
注意事項等 討論に参加すること。
じっくり、こつこつと調査・研究を進めることを心が
履 修 上 の けてもらいたいです。また、演習の時間帯以外でも
注意事項等 何か相談・質問がありましたら、担当教員のオフィス
アワーの時に遠慮なく研究室に来て下さい。
テ キ スト
テ キ スト 『授業の性格上、テキストはありません。』
参 考 書
参 考 書 『履修者各自に適宜紹介していきます。』
科目ナンバリング LH401
― 164 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH401
聴講の可否
×
科 目 名
日本史演習Ⅱ(十二)
担当教員
森川 正則
テ ー マ
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
東洋史演習Ⅰ(一)
配当
年次
4
担当教員
角谷 常子
受講者各自が、日本近現代史(または、日本を含むアジア・太平洋近
現代史、日本と諸外国との関係史・比較史)において、対象とする《時
期》
《分野》そして具体的な《テーマ(題材)
》を明確に設定した上
で調査・研究を進めていき、その途中経過を発表してもらいます。
受講者者各自が設定したテーマについての調査・研究
到 達目標 成果を、論理的かつ史料実証的にまとめ、卒業論文
として完成させることです。
受講者による調査・研究の経過発表が、本演習の主
軸となります。担当教員と受講者全員で質疑応答・意
授業概要
見交換を交わしていき、各自の卒業論文完成を目指
します。
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 前近代アジア史上の諸問題
自ら問題設定し、調べ、まとめ、発表する。さまざ
到 達目標 まな事柄の調べ方、まとめ方、発表のし方を修得す
る
調査・研究発表にあたっては、参照・引用史料および
図書・学術雑誌掲載論文の一覧も記したレジュメを作
事前・事後
成して臨んでもらいます。そして、発表をふまえて
学
習
の意見交換・質疑応答を卒業論文研究に活かすこと
こそ、事後学習の最大の材料となります。
発表にあたっている学生は十分に余裕をもって準備
事前・事後
すること。発表後は答えられなかった質問への回答
学
習
を調べ、次回に回答すること。
日々の受講態度(評価割合40%)
、調査・研究の進み
評価方法
具合と発表内容(評価割合60%)を総合して評価し
・ 基 準
ます。
評価方法 発表内容(5割)
、授業中の質問・意見(2割)
、レポー
・ 基 準 ト(3割)で評価する。
じっくり、こつこつと調査・研究を進めることを心が
履 修 上 の けてもらいたいです。また、演習の時間帯以外でも
注意事項等 何か相談・質問がありましたら、担当教員のオフィス
アワーの時に遠慮なく研究室に来て下さい。
履 修 上 の 発表はもちろん、質問・意見を積極的に行う姿勢が大
注意事項等 切。
テ キ スト 『授業の性格上、テキストはありません。』
テ キ スト 『使用しない。』
参 考 書 『受講者各自に適宜紹介していきます。』
参 考 書 『適宜紹介する。』
科目ナンバリング LH401
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH305
聴講の可否
×
― 165 ―
科
授業内容
1.ガイダンス
2.問題点の発見、レポートと論文の違い
3.史料・資料の見つけ方
4.研究発表、質疑応答、討論(問題点を絞る)
5.研究発表、質疑応答、討論(発表のしかた① レジュメ
の書き方)
6.研究発表、質疑応答、討論(発表のしかた② 口頭で何
を言うか)
7.研究発表、質疑応答、討論(発表のしかた③ 資・史料
の提示のしかた)
8.研究発表、質疑応答、討論(発表のしかた④ パワーポ
イントの使い方)
9.研究発表、質疑応答、討論(発表のしかた⑤ 理解して
もらう方法)
10.研究発表、質疑応答、討論(聞き方① 聞く準備)
11.研究発表、質疑応答、討論(聞き方② 発表を聞くポイ
ント)
12.研究発表、質疑応答、討論(聞き方③ どうすれば質問
できるか)
13.研究発表、質疑応答、討論(聞き方④ 発表を採点して
みる)
14.研究発表、質疑応答、討論(自己評価)
15.前期のまとめ
16.研究発表、質疑応答、討論(前期の反省)
17.研究発表、質疑応答、討論(各自の自己点検と目標設定)
18.研究発表、質疑応答、討論(問題意識をもつ)
19.研究発表、質疑応答、討論(多角的に見る)
20.研究発表、質疑応答、討論(比較という手法)
21.研究発表、質疑応答、討論(視野を広げるために)
22.研究発表、質疑応答、討論(活発な討論の方法)
23.研究発表、質疑応答、討論(議論の訓練)
24.研究発表、質疑応答、討論(因果関係の検証)
25.研究発表、質疑応答、討論(論理展開の検証)
26.研究発表、質疑応答、討論(実証レベルの検証)
27.研究発表、質疑応答、討論(質問の意図を的確に伝える)
28.研究発表、質疑応答、討論(生産的な議論のために)
29.研究発表、質疑応答、討論(ベストオブザイヤー選出と
討論)
30.まとめ、総合討論
学
授業概要
大学において養ってほしいのは、多角的に物事を見て分析する力である。各自が
興味を持つテーマを自由な角度から分析・まとめ、自分なりの見方を獲得する訓練
をする演習こそ、最も大学らしい科目であり、それだけに最も力をいれてほしい
科目である。興味や疑問のあるテーマについて調べ、まとめて発表する訓練をす
るが、単に人が書いた本をまとめるのが目標ではない。自分なりの視点でまとめ
ること、そしてそこから疑問点や問題点を見出すことが目標である。疑問をもつ
のは難しい。これまで教科書は正しいと信じた、いわば受動的な姿勢での学習が
主流であったからである。しかし、ものの見方・考え方は訓練すればいくらでも広
げることができる。この授業で視野を大いに広げて欲しい。各自が自由にテーマ
を選び、発表し、その後質疑応答を行う、という形式で進める。発表内容はもち
ろん、質問も非常に重要である。全員で授業を作るのだから、欠席は厳禁である。
史
授業内容
1.卒業論文研究計画書の提出と演習の進め方
2.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて①
3.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて②
4.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて③
5.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて④
6.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて⑤
7.卒業論文研究計画書の発表:論文題目の決定に向けて⑥
8.発表の予備日
9.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく①
10.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく②
11.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく③
12.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく④
13.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく⑤
14.その後の調査・研究経過発表:論文の構成を考えていく⑥
15.発表の予備日/前期のまとめと後期に向けて
16.後期の進め方:卒業論文の執筆・完成に向けて
17.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ①
18.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ②
19.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ③
20.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ④
21.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ⑤
22.夏休み中の調査・研究経過発表:論文の構成を固めて執筆へ⑥
23.発表の予備日
24.卒業論文の執筆経過発表:完成・提出に向けての最終確認①
25.卒業論文の執筆経過発表:完成・提出に向けての最終確認②
26.卒業論文の執筆経過発表:完成・提出に向けての最終確認③
27.卒業論文の執筆経過発表:完成・提出に向けての最終確認④
28.受講者による相互検討:卒業論文の読み合わせ①
29.受講者による相互検討:卒業論文の読み合わせ②
30.受講者による相互検討:卒業論文の読み合わせ③
単位数 4単位
期間
科 目 名
東洋史演習Ⅰ(二)
担当教員
山崎 岳
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
東洋史演習Ⅱ(一)
配当
年次
3-4
担当教員
角谷 常子
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
4
テ ー マ 東洋史論文精読
テ ー マ 前近代アジア史上の諸問題
東洋史の文献を、自己の関心に随って検索・読解し、
到 達目標 その内容を公的な場で発表し、質問に答えることが
できるようになる。
到 達目標 卒業論文の作成
三・四回生合同。三回生については、関心のおもむく
まま、東洋史に関する論文を精読し、それを演習の
場で報告し、質問に答える訓練を積む。一連の作業
授業概要 を通じて、学界に蓄積された学術情報を自己の知識
として活用できるようになることを目指す。何周か
これを繰り返すうち、関心を特定の主題に絞り込み、
卒業論文の作成につなげられることが望ましい。
3回生で行なった訓練を基礎として、自ら選んだテーマに
ついて、先行研究を整理し、問題点を析出し、それを解決
するという作業を行なう。論文はレポートとは全く違うが、
そのことを改めて自覚してもらいたい。しかしたいへんな
授業概要 作業ではあるが、非常にクリエイティブかつエキサイティ
ングな作業である。たとえ先学と同じ結果になったとして
も、自分の力でつかんだものは自分だけのものである。史
料の海に飛び込んでそれをつかんできて欲しい。
1.通年の内容説明と進行計画
2.図書館の利用方法および情報検索の基礎につ
いて
3.研究発表の要領説明
4.四回生卒論計画発表(主題の構想について)
5.四回生卒論計画発表(関連文献の検索について)
6.四回生卒論計画発表(情報の選り分けについて)
7.四回生卒論計画発表(主題の絞り込みについて)
8.四回生卒論計画発表(資料作成の方法について)
9.四回生卒論計画発表(口頭発表の要諦について)
10.三回生論文紹介(論文の構成について)
11.三回生論文紹介(問題設定について)
12.三回生論文紹介(論理展開について)
13.三回生論文紹介(実証手続きについて)
14.三回生論文紹介(結論の意義について)
授業内容 15.前期のまとめ
16.後期の進行計画
17.四回生卒論中間報告(論文の構成について)
18.四回生卒論中間報告(問題設定について)
19.四回生卒論中間報告(論理展開について)
20.四回生卒論中間報告(実証手続きについて)
21.四回生卒論中間報告(結論の意義について)
22.三回生研究報告(主題の構想について)
23.三回生研究報告(関連文献の検索について)
24.三回生研究報告(情報の選り分けについて)
25.三回生研究報告(主題の絞り込みについて)
26.三回生研究報告(資料作成の方法について)
27.三回生研究報告(論文作成の方法について)
28.三回生卒論構想(四年次の計画)
29.三回生卒論構想(春休みに何をするか)
30.後期のまとめ
1.ガイダンス
2.論文とレポートの違い
3.史料・資料の見つけ方
4.研究発表、質疑応答、討論(テーマの見つけ方)
5.研究発表、質疑応答、討論(テーマの絞り方)
6.研究発表、質疑応答、討論(先行研究の探し方)
7.研究発表、質疑応答、討論(先行研究のまとめ方)
8.研究発表、質疑応答、討論(拡散と収斂作業)
9.研究発表、質疑応答、討論(文献史料と出土資料)
10.研究発表、質疑応答、討論(石刻資料について)
11.研究発表、質疑応答、討論(簡牘資料について)
12.研究発表、質疑応答、討論(考古資料について)
13.研究発表、質疑応答、討論(各種サイトの利用)
14.研究発表、質疑応答、討論(自己点検)
15.前期のまとめ
16.研究発表、質疑応答、討論(設定した問題の意義)
17.研究発表、質疑応答、討論(先行研究における位
授業内容
置づけ)
18.研究発表、質疑応答、討論(問題解決のための資
史料)
19.研究発表、質疑応答、討論(問題解決のための考
え方)
20.研究発表、質疑応答、討論(論の展開方法)
21.研究発表、質疑応答、討論(論文の構成)
22.研究発表、質疑応答、討論(資史料引用の仕方)
23.研究発表、質疑応答、討論(図表の有効な提示)
24.研究発表、質疑応答、討論(読者に理解してもら
える書き方)
25.研究発表、質疑応答、討論(論文の体裁)
26.研究発表、質疑応答、討論(最終点検)
27.研究発表、質疑応答、討論(最終点検)
28.研究発表、質疑応答、討論(自己総括)
29.研究発表、質疑応答、討論(問題点の整理と展望)
30.まとめ、総合討論
発表は、三回生は30分間(四回生は60分間)をめや
事前・事後
すとする。必ず十分な時間をかけて準備をしてくる
学
習
こと。
卒論執筆に向けて計画的に準備を進めること。発表
事前・事後
のためだけの準備ではなく、卒論のための準備をし
学
習
ていると考えること。
評価方法
発表内容、および平時の授業に対する積極性による。
・ 基 準
評価方法
発表内容(7割)
、質問・意見(3割)で評価する。
・ 基 準
履修上の
注意事項等
東洋史演習Ⅱ(二)と合同。報告の分担は初回の授業で行う。何
らかの事情で予定日に発表できない時は、必ず事前に連絡し、後
日それを証明するものを持参すること。あくまで自分の興味関心
に沿って、知りたいことを知るという姿勢で授業に臨むこと。ま
た、自分以外の報告者とも互いに興味関心をを共有するつもりで、
積極的に質問や発言を行ってほしい。
指摘された問題点は、次回までに調べて解決してお
履 修 上 の くこと。思わぬところで時間をとられるので、論文
注意事項等 や史資料収集は確実・着実にすすめ、二度手間になら
ないよう整理しておくこと。
テ キ スト
テ キ スト 『使用しない。』
参 考 書
参 考 書 『適宜紹介する。』
科目ナンバリング LH305
― 166 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH402
聴講の可否
×
科 目 名
東洋史演習Ⅱ(二)
担当教員
山崎 岳
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
西洋史演習Ⅰ(一)
配当
年次
4
担当教員
足立 広明
テ ー マ 東洋史卒論演習
到 達目標
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 西洋古代中世史の研究
東洋史の文献を、自己の関心に随って網羅的に収集・
読解し、学術論文として発表できるようになる。
三・四回生合同。四回生については、
自己の関心に随っ
て特定の研究主題を選び、三年次に培った基礎を応
授業概要
用して関係文献を網羅的に収集・読解し、その研究成
果を論文として発表することを目指す。
西洋古代中世史を学ぶ人のための演習。範囲は古代
オリエントからルネサンス。オスマン朝初期までと
する。三回生の目標は、①必要な文献にアクセスで
授業概要
きる、②その文献を読みこんで人前で発表できる、
③その発表を文章化できる、以上三つの力を身につ
けることである。
1.全体ガイダンス
2.図書館見学
3.研究発表の方法について説明
4.基礎的な文献に基づいた研究発表①
5.基礎的な文献に基づいた研究発表②
6.基礎的な文献に基づいた研究発表③
7.基礎的な文献に基づいた研究発表④
8.基礎的な文献に基づいた研究発表⑤
9.基礎的な文献に基づいた研究発表⑥
10.基礎的な文献に基づいた研究発表⑦
11.基礎的な文献に基づいた研究発表⑧
12.発表予備日
13.発表予備日
14.各発表の反省と後期への展望
15.前期のまとめ
授業内容 16.後期ガイダンス
17.卒論を視野に入れた自由発表①
18.卒論を視野に入れた自由発表②
19.卒論を視野に入れた自由発表③
20.卒論を視野に入れた自由発表④
21.卒論を視野に入れた自由発表⑤
22.卒論を視野に入れた自由発表⑥
23.卒論を視野に入れた自由発表⑦
24.卒論を視野に入れた自由発表⑧
25.卒論を視野に入れた自由発表⑨
26.卒論を視野に入れた自由発表⑩
27.発表予備日
28.発表予備日
29.合同クラス発表会
30.一年のまとめ
史
学
科
1.通年の内容説明と進行計画
2.図書館の利用方法および情報検索の基礎につ
いて
3.研究発表の要領説明
4.四回生卒論計画発表(主題の構想について)
5.四回生卒論計画発表(関連文献の検索について)
6.四回生卒論計画発表(情報の選り分けについて)
7.四回生卒論計画発表(主題の絞り込みについて)
8.四回生卒論計画発表(資料作成の方法について)
9.四回生卒論計画発表(口頭発表の要諦について)
10.三回生論文紹介(論文の構成について)
11.三回生論文紹介(問題設定について)
12.三回生論文紹介(論理展開について)
13.三回生論文紹介(実証手続きについて)
14.三回生論文紹介(結論の意義について)
授業内容 15.前期のまとめ
16.後期の進行計画
17.四回生卒論中間報告(論文の構成について)
18.四回生卒論中間報告(問題設定について)
19.四回生卒論中間報告(論理展開について)
20.四回生卒論中間報告(実証手続きについて)
21.四回生卒論中間報告(結論の意義について)
22.三回生研究報告(主題の構想について)
23.三回生研究報告(関連文献の検索について)
24.三回生研究報告(情報の選り分けについて)
25.三回生研究報告(主題の絞り込みについて)
26.三回生研究報告(資料作成の方法について)
27.三回生研究報告(論文作成の方法について)
28.三回生卒論構想(四年次の計画)
29.三回生卒論構想(春休みに何をするか)
30.後期のまとめ
前期は文献収集とその読解の基本を学び、後期は次
到 達目標 年度の卒論に向けて各人の自由テーマで研究を深め
る。
発表は、四回生は60分間(三回生は30分間)をめや
事前・事後
すとする。必ず十分な時間をかけて準備をしてくる
学
習
こと。
事前準備なしの発表が無理であるのは言うまでもな
事前・事後 いが、質疑応答やコメントなどを参考に、次回のよ
学
習 り良い発表に向けて弱点を補強し、理解できたとこ
ろはさらに伸ばす努力が肝要である。
評価方法
発表内容、および平時の授業に対する積極性による。
・ 基 準
評価方法 前後期の発表・レポートと、授業関与度(積極的な質
・ 基 準 疑応答、コメント作成)により総合的に判断する。
履修上の
注意事項等
東洋史演習Ⅰ(二)と合同。報告の分担は初回の授業で行う。何らかの事情で予定日
に発表できない時は、必ず事前に連絡し、後日それを証明するものを持参すること。
報告の分担は初回の授業で行う。何らかの事情で予定日に発表できない時は、必ず
事前に連絡し、後日それを証明するものを持参すること。あくまで自分の興味関心に
沿って、知りたいことを知るという姿勢で授業に臨むこと。また、自分以外の報告者
とも互いに興味関心をを共有するつもりで、積極的に質問や発言を行ってほしい。
自身の発表だけでなく、他の人の発表に耳を傾け、
履修上の
積極的に質疑応答できることも大きな評価ポイント
注意事項等
である。
テ キ スト
テ キ スト 『とくに用いない。』
参 考 書
参 考 書 『適時指示する。』
科目ナンバリング LH402
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH306
聴講の可否
×
― 167 ―
科 目 名
西洋史演習Ⅰ(二)
担当教員
山口 育人
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
西洋史演習Ⅱ(一)
配当
年次
3-4
担当教員
足立 広明
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
4
テ ー マ 西洋近現代史の諸問題
テ ー マ 西洋古代中世史の研究
①西洋近現代史の諸問題について、基礎的な文献を
理解し、まとめることができる ②西洋近現代史の
到 達目標
諸問題に関わるテーマを設定し、プレゼンテーショ
ン・レポートによってそのテーマについて報告できる
各人の設定したテーマに関して、国内の邦語文献を完
全に消化して他の人に伝えることができるようになる
到 達目標
のが第一目標。これがクリアできる人は、海外の研究
文献や原史料を用いた研究論文の水準を目指す。
授業では大きく3つの学習活動を行う。西洋近現代史
(主な対象時期は15世紀末から20世紀)にかかわる諸
授業概要 問題について、①基本文献を読み、まとめる ②関
連文献を見つけ、それらを書評する ③調査・研究す
るテーマを設定し、報告する
西洋古代中世史を卒論テーマとする人の演習。卒論
作成のための発表とレポート作成を行う。授業は毎
回の発表と質疑応答が中心となる。質問などで明ら
授業概要
かとなった不十分な点を次回発表までに補強し、先
行研究や史料に基づいた歴史研究と呼べるものに近
づけていく。
1.テキストの紹介
2.喜安朗『パリ――都市統治の近代』
(岩波新書)
第1章
3.『パリ』第2章
4.『パリ』第3章
5.『パリ』第4章
6.『パリ』第5章
7.『パリ』第6章、終章
8.石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』(講談社
現代新書)第1章
9.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第2章
10.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第3章
11.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第4章
12.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第5章
13.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第6章
14.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第7章
授業内容
15.前期授業総括
16.レファレンスツール・事典の活用
17.関連文献の探し方
18.調査・研究テーマの設定
19.先行研究の探索――概説書、通史
20.先行研究の探索――学術書
21.先行研究の探索――雑誌論文
22.文献リストの作成
23.レポートのアウトライン作成
24.研究テーマの概要報告(近代史)
25.研究テーマの概要報告(現代史/世界遺産史学)
26.レポートの構成報告(近代史)
27.レポートの構成報告(現代史)
28.レポートの構成報告(世界遺産史学)
29.レポートの最終校正
30.授業総括
1.全体ガイダンス
2.前年度の研究を踏まえた基礎的発表①
3.前年度の研究を踏まえた基礎的発表②
4.前年度の研究を踏まえた基礎的発表③
5.前年度の研究を踏まえた基礎的発表④
6.前年度の研究を踏まえた基礎的発表⑤
7.基礎的発表をふりかえって:反省点と今後の補
強点など
8.卒論に向けた基礎的発表①
9.卒論に向けた基礎的発表②
10.卒論に向けた基礎的発表③
11.卒論に向けた基礎的発表④
12.卒論に向けた基礎的発表⑤
13.発表予備日
14.発表予備日
15.前期のまとめ
授業内容
16.後期ガイダンス
17.卒論作成に向けた研究発表一順目
18.卒論作成に向けた研究発表一順目
19.卒論作成に向けた研究発表一順目
20.卒論作成に向けた研究発表一順目
21.卒論作成に向けた研究発表一順目
22.卒論作成に向けた研究発表二順目
23.卒論作成に向けた研究発表二順目
24.卒論作成に向けた研究発表二順目
25.卒論作成に向けた研究発表二順目
26.卒論作成に向けた研究発表二順目
27.発表予備日
28.卒業論文作成にあたっての諸注意。体裁、期日、註、
参考文献の書式などについての最終チェック。
29.合同クラス発表会
30.全体のまとめ
事前・事後 事前学習:発表準備 事後学習:発表に対するコメン
学
習 ト・助言ならびに討論を参考に、報告を修正する
事前・事後 もないが、発表時に質問などで明らかとなった弱点を補強し
て次の回に臨むことで卒論作成に近づくことができる。その
学
習 ためには日頃から文献探索に努め、また授業担当者と自身の
卒論に向けた発表で事前準備が不可欠であることは言うまで
研究テーマについて緊密に連絡を取り、助言を得ること。
評価方法
報告・授業参加(65%)/レポート(35%)
・ 基 準
評価方法 発表とレポート、それに他の人の発表回における質
・ 基 準 疑応答、コメント記入などにより総合的に判断する。
履 修 上 の 世界遺産史学演習Ⅰ(二)との合同授業テキストの
注意事項等 入手については第1回目の授業時に説明する
自身の発表だけでなく、他の人の発表に耳を傾け、
履修上の
質疑応答に参加することも重要な評価ポイントとな
注意事項等
る。
テ キ スト
テ キ スト 『とくに用いない。』
参 考 書
参 考 書 『適時指示する。』
科目ナンバリング LH306
― 168 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH403
聴講の可否
×
科 目 名
西洋史演習Ⅱ(二)
担当教員
山口 育人
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
世界遺産史学演習Ⅰ(二)
配当
年次
4
担当教員
山口 育人
テ ー マ 西洋近現代史の諸問題
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
3-4
テ ー マ 世界遺産と歴史学
①「過去と現在との対話」の具体的な場としての世界遺産の歴
史的意義を理解するために必要な、近現代世界史の諸問題に関
する基礎的な文献を理解し、まとめることができる ②世界遺
産の歴史的意義に関わるテーマを設定し、プレゼンテーション・
レポートによってそのテーマについて報告できる
「世界遺産と歴史学」について研究を目指す受講生
を中心とした演習である。授業では大きく3つの学習
活動を行う。世界遺産の歴史的意義にかかわる諸問
授業概要
題について、①基本文献を読み、まとめる ②関連
文献を見つけ、それらを書評する ③調査・研究する
テーマを設定し、報告する
1.卒業論文作成のガイダンス
2.研究構想の発表(16-17世紀)
3.研究構想の発表(18世紀)
4.研究構想の発表(19世紀)
5.研究構想の発表(20世紀前半)
6.研究構想の発表(20世紀後半)
7.研究構想の発表(世界遺産史学)
8.研究概要の発表(16-17世紀)
9.研究概要の発表(18世紀)
10.研究概要の発表(19世紀)
11.研究概要の発表(20世紀前半)
12.研究概要の発表(20世紀後半)
13.研究概要の発表(世界遺産史学)
14.研究進捗レポートの作成
15.授業総括
授業内容 16.研究進捗状況の確認
17.論文執筆のスケジュール管理
18.卒論中間発表(16-17世紀)
19.卒論中間発表(18世紀)
20.卒論中間発表(19世紀)
21.卒論中間発表(20世紀前半)
22.卒論中間発表(20世紀後半)
23.卒論中間発表(世界遺産史学)
24.論文の構成確認
25.註の作成
26.参考文献リストの作成
27.論文の最終校正について
28.卒論発表会(西洋史)
29.卒論発表会(西洋史・世界遺産史学)
30.授業総括
1.テキストの紹介
2.喜安朗『パリ――都市統治の近代』
(岩波新書)
第1章
3.『パリ』第2章
4.『パリ』第3章
5.『パリ』第4章
6.『パリ』第5章
7.『パリ』第6章、終章
8.石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』(講談社
現代新書)第1章
9.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第2章
10.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第3章
11.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第4章
12.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第5章
13.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第6章
14.『ヒトラーとナチ・ドイツ』第7章
授業内容
15.前期授業総括
16.レファレンスツール・事典の活用
17.関連文献の探し方
18.調査・研究テーマの設定
19.先行研究の探索――概説書、通史
20.先行研究の探索――学術書
21.先行研究の探索――雑誌論文
22.文献リストの作成
23.レポートのアウトライン作成
24.研究テーマの概要報告(近代史)
25.研究テーマの概要報告(現代史/世界遺産史学)
26.レポートの構成報告(近代史)
27.レポートの構成報告(現代史)
28.レポートの構成報告(世界遺産史学)
29.レポートの最終校正
30.授業総括
事前・事後 事前学習:研究進捗記録の作成 事後学習:報告なら
学
習 びに討論のリフレクション・ペーパー作成
事前・事後 事前学習:発表準備 事後学習:発表に対するコメン
学
習 ト・助言ならびに討論を参考に、報告を修正する
評価方法
報告(50%)/討論参加(30%)/レポート(20%)
・ 基 準
評価方法
報告・授業参加(65%)/レポート(35%)
・ 基 準
履修上の
世界遺産史学演習Ⅱ(二)との合同授業
注意事項等
履 修 上 の 西洋史演習Ⅰ(二)との合同授業テキストの入手に
注意事項等 ついては第1回目の授業時に説明する
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング LH403
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH3W1
聴講の可否
×
― 169 ―
科
西洋の歴史における諸問題について研究し、卒業論
文を執筆することを目指す受講生を中心とする演習
である。対象とするおもな時代は15世紀末から近世、
授業概要
近代、現代である。各回の授業では、受講生それぞ
れの研究構想、テーマと論点、卒論作成について報
告してもらい、全体で報告について討論を行う。
学
到 達目標
史
西洋近現代史にかかわる研究テーマを設定し、卒業
到 達目標
論文の作成ができる
科 目 名
世界遺産史学演習Ⅰ(三)
担当教員
寺崎 保広
テ ー マ
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
世界遺産史学演習Ⅱ(二)
配当
年次
3-4
担当教員
山口 育人
世界遺産のうち、特に日本古代史を中心とする遺産
の諸問題
単位数 4単位
期間
通年
配当
年次
4
テ ー マ 世界遺産と歴史学
日本古代の世界遺産に関する研究書・論文を読み込
到 達目標 みながら、理解を深め、卒業論文作成の基礎的な能
力を養う。
「過去と現在との対話」の具体的な場としての世界遺
到 達目標 産の歴史的意義を、卒業論文作成を通じて論じるこ
とができる
ゼミ形式で行う。担当者の報告内容に対して、出席
者が相互討論を行い、理解を深める。前期はテキス
トを用い、事前に章ごとに担当者を割り当て、当日
はレジュメをもとに、内容の要約と検討結果の報告
授業概要
を行う。 後期は、各自が関心をもつテーマについ
て研究論文を取り上げ、内容要約・問題点・他の研究
者との違いなどについて報告をする。 報告は1回
につき2人ずつ行う。
「世界遺産と歴史学」について卒業論文を執筆する
ことを目指す受講生を中心とする演習である。受講
授業概要 生それぞれの研究構想、テーマと論点、卒論作成に
ついて報告してもらい、全体で報告について討論を
行う。
1.はじめに
2.テキストについての報告(3・4回生)1
3.テキストについての報告(3・4回生)2
4.テキストについての報告(3・4回生)3
5.テキストについての報告(3・4回生)4
6.テキストについての報告(3・4回生)5
7.テキストについての報告(3・4回生)6
8.テキストについての報告(3・4回生)7
9.テキストについての報告(3・4回生)8
10.テキストについての報告(3・4回生)9
11.テキストについての報告(3・4回生)10
12.卒論中間発表(4回生)1
13.卒論中間発表(4回生)2
14.卒論中間発表(4回生)3
15.卒論中間発表(4回生)4
授業内容 16.卒論中間発表(4回生)5
17.日本古代史の論文についての報告(3回生)1
18.日本古代史の論文についての報告(3回生)2
19.日本古代史の論文についての報告(3回生)3
20.日本古代史の論文についての報告(3回生)4
21.日本古代史の論文についての報告(3回生)5
22.卒論要旨発表(4回生)1
23.卒論要旨発表(4回生)2
24.卒論要旨発表(4回生)3
25.卒論要旨発表(4回生)4
26.卒論要旨発表(4回生)5
27.卒論執筆にむけての指導
28.卒論構想発表(3回生)1
29.卒論構想発表(3回生)2
30.卒論構想発表(3回生)3
1.卒業論文作成のガイダンス
2.研究構想の発表(16-17世紀)
3.研究構想の発表(18世紀)
4.研究構想の発表(19世紀)
5.研究構想の発表(20世紀前半)
6.研究構想の発表(20世紀後半)
7.研究構想の発表(世界遺産史学)
8.研究概要の発表(16-17世紀)
9.研究概要の発表(18世紀)
10.研究概要の発表(19世紀)
11.研究概要の発表(20世紀前半)
12.研究概要の発表(20世紀後半)
13.研究概要の発表(世界遺産史学)
14.研究進捗レポートの作成
15.授業総括
授業内容 16.研究進捗状況の確認
17.論文執筆のスケジュール管理
18.卒論中間発表(16-17世紀)
19.卒論中間発表(18世紀)
20.卒論中間発表(19世紀)
21.卒論中間発表(20世紀前半)
22.卒論中間発表(20世紀後半)
23.卒論中間発表(世界遺産史学)
24.論文の構成確認
25.註の作成
26.参考文献リストの作成
27.論文の最終校正について
28.卒論発表会(西洋史)
29.卒論発表会(西洋史・世界遺産史学)
30.授業総括
報告者としての準備はもちろんのこと、報告者以外
事前・事後
の受講生全員が、当該の章もしくは論文を事前に読
学
習
んで予習しておくことが必須である。
事前・事後 事前学習:研究進捗記録の作成 事後学習:報告なら
学
習 びに討論のリフレクション・ペーパー作成
評価方法 レポートを前期・後期各1回課す。成績は、報告内容・
・ 基 準 レポート・普段の受講態度を総合して評価する。
評価方法
報告(50%)/討論参加(30%)/レポート(20%)
・ 基 準
世界遺産史学演習Ⅰ(三)は、日本史演習Ⅰ(二)
、
履修上の
日本史演習Ⅱ(二)
、世界遺産史学演習Ⅱ(三)と合
注意事項等
同して授業を行う。
履修上の
西洋史演習Ⅱ(二)との合同授業
注意事項等
『飛鳥の都』吉川真司, 岩波書店, 2011
テ キ スト 『平城京の時代』坂上康俊, 岩波書店, 2011
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
『平安京遷都』川尻秋生, 岩波書店, 2011
科目ナンバリング LH3W1
― 170 ―
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH4W1
聴講の可否
×
科 目 名
世界遺産史学演習Ⅱ(三)
担当教員
寺崎 保広
単位数 4単位
期間
通年
科 目 名
日本史概論Ⅰ
配当
年次
4
担当教員
河内 将芳
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
1-4
テ ー マ
世界遺産のうち、特に日本古代史を中心とする遺産
の諸問題
テ ー マ 日本の古代・中世の歴史をどのように理解するか。
到 達目標
日本古代の世界遺産に関する諸論文を読み込みなが
ら、
理解を深め、
卒業論文作成の実践的な能力を養う。
到 達目標
ゼミ形式で行う。担当者の報告内容に対して、出席
者が相互討論を行い、理解を深める。前期はテキス
トを用い、事前に章ごとに担当者を割り当て、当日
はレジュメをもとに、内容の要約と検討結果の報告
授業概要
を行う。 後期は、各自が関心をもつテーマについ
て研究論文を取り上げ、内容要約・問題点・他の研究
者との違いなどについて報告をする。 報告は1回
につき2人ずつ行う。
古代・中世がどのような時代であったのか、その歴史
授業概要 を知るためのもっとも有力な手がかりである古文書
や古記録など文献史料をとおして、具体的に考える。
事前・事後 日本の古代・中世にかかわる書物をできるだけ多く読
学
習 んでおいてほしい。
評価方法 レポートを前期・後期各1回課す。成績は、報告内容・
・ 基 準 レポート・普段の受講態度を総合して評価する。
評価方法
授業中の課題(50%)
、レポート(50%)
・ 基 準
世界遺産史学演習Ⅱ(三)は、日本史演習Ⅰ(二)
、
履修上の
日本史演習Ⅱ(二)
、世界遺産史学演習Ⅰ(三)と合
注意事項等
同して授業を行う。
はじめて大学での歴史の授業をうける史学科1回生
履 修 上 の をおもな対象として授業展開をする。また、授業中
注意事項等 に課題を課して、それをもとにして授業展開をする
予定である。
『飛鳥の都』吉川真司, 岩波書店, 2011
テ キ スト 『平城京の時代』坂上康俊, 岩波書店, 2011
テ キ スト 『とくに使用しない。』
参 考 書
参 考 書
『平安京遷都』川尻秋生, 岩波書店, 2011
科目ナンバリング LH4W1
聴講の可否
×
科目ナンバリング LH102
聴講の可否
○
― 171 ―
科
報告者としての準備はもちろんのこと、報告者以外
事前・事後
の受講生全員が、当該の章もしくは論文を事前に読
学
習
んで予習しておくことが必須である。
学
授業内容
1.ガイダンス 日本の歴史をまなぶ方法とは
2.飛鳥の時代
3.古代国家へ
4.奈良時代の政治
5.平安京の社会
6.鎌倉幕府の成立
7.鎌倉時代の社会
8.南北朝の動乱
9.室町幕府の成立
10.室町時代の社会
11.室町時代の政治
12.戦国時代の都市
13.戦国の合戦
14.信長の時代
15.秀吉の時代
史
1.はじめに
2.テキストについての報告(3・4回生)1
3.テキストについての報告(3・4回生)2
4.テキストについての報告(3・4回生)3
5.テキストについての報告(3・4回生)4
6.テキストについての報告(3・4回生)5
7.テキストについての報告(3・4回生)6
8.テキストについての報告(3・4回生)7
9.テキストについての報告(3・4回生)8
10.テキストについての報告(3・4回生)9
11.テキストについての報告(3・4回生)10
12.卒論中間発表(4回生)1
13.卒論中間発表(4回生)2
14.卒論中間発表(4回生)3
15.卒論中間発表(4回生)4
授業内容 16.卒論中間発表(4回生)5
17.日本古代史の論文についての報告(3回生)1
18.日本古代史の論文についての報告(3回生)2
19.日本古代史の論文についての報告(3回生)3
20.日本古代史の論文についての報告(3回生)4
21.日本古代史の論文についての報告(3回生)5
22.卒論要旨発表(4回生)1
23.卒論要旨発表(4回生)2
24.卒論要旨発表(4回生)3
25.卒論要旨発表(4回生)4
26.卒論要旨発表(4回生)5
27.卒論執筆にむけての指導
28.卒論構想発表(3回生)1
29.卒論構想発表(3回生)2
30.卒論構想発表(3回生)3
わが国の古代から中世の歴史をみるなかで、歴史と
はなにか、歴史からなにをまなぶかを考える。
科 目 名
日本史概論Ⅱ
担当教員
村上 紀夫
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
東洋史概論Ⅰ
配当
年次
1-4
担当教員
角谷 常子
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
1-4
テ ー マ 日本史の流れの基本的理解
テ ー マ 中国古代・中世史概論
日本の近世から近現代までの流れを庶民の暮らしや
到 達目標 文化に注目して理解し、歴史研究の手法や視点を学
ぶ。
周の封建的支配から、春秋戦国を経て統一帝国が出
現して古代帝国が確立するが、そこからさらに貴族
到 達目標
制へと展開する、そうした歴史的動きのメカニズム
を理解する。
各時代の概観と主要な事項について身近なトピック
スをもうけて近世・近現代のできごとを史料を交えて
授業概要 紹介する。教科書的な通史ではなく、できるだけ身
近なテーマを入り口とした歴史学の視点も学んでほ
しいので、切り口と構成は変更する可能性がある。
古代帝国成立そしてその確立、さらに皇帝権力を相
授業概要 対化する諸勢力の進展、さらに中世の貴族制へ、と
いう大きな変化をさまざまな事象を通じて論じる。
1.ガイダンス
2.殷の政治
3.周の政治と社会
4.青銅器からみた殷周時代
5.春秋時代の政治と社会
6.戦国時代の政治
7.戦国時代の社会
8.秦の統一(皇帝の出現)
9.漢の成立と郡国制
10.漢代の政治と社会
11.王莽
12.後漢時代の政治と社会
13.六朝貴族制社会
14.隋唐帝国へ
15.まとめ
1.ガイダンス(受講者の関心調査と講義の進め
方について)
2.日本社会と都市について
3.近世前期の社会
4.近世中期、とりわけ享保期の都市社会
5.近世の宗教と寺社
6.近世文化をめぐって
7.開国前後の都市社会
8.幕末の政変
9.慶応期の社会変動
10.明治維新のとらえ方
11.文明開化と地域社会
12.近代の社会と文化
13.民権運動と近代市民社会
14.社会問題と社会運動
授業内容 15.現代と歴史学
授業内容
事前・事後 随時、参考文献を紹介するので、幅広い読書を心が
学
習 けること。
事前・事後 中国史に関して予備知識の乏しい人は、概説書など
学
習 で大まかな流れをつかんでおくことがのぞましい。
評価方法 定期試験(80%)と受講態度(20%)による総合評
・ 基 準 価
評価方法
定期試験(筆記)を実施する予定。
・ 基 準
履修上の
注意事項等
高校の時に学習しなかったからわからない、という
履 修 上 の 人はそれを補う努力をしてほしい。大学は与えられ
注意事項等 たことだけをする、受け身の場ではなく、自発的に
学ぶところなのだから。
テ キ スト 『特に使用しない』
テ キ スト 『使用しない。』
参 考 書
参 考 書 『適宜紹介する。』
科目ナンバリング LH103
― 172 ―
聴講の可否
○
科目ナンバリング LH104
聴講の可否
○
科 目 名
東洋史概論Ⅱ
担当教員
山崎 岳
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
西洋史概論Ⅰ
配当
年次
1-4
担当教員
山口 育人
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
1-4
テ ー マ 10世紀以降の東アジア
テ ー マ イギリス帝国史を通してみるヨーロッパ世界の歴史
到 達目標 日本を含む東アジア通史の大まかな全体像をつかむ。
①中世末から現代にいたるヨーロッパ世界の歴史的
展開の大きなながれを説明できる ②中世末から現
到 達目標
代にいたる西洋史における諸問題を、講義内容に基
づいてまとめることができる
唐の滅亡以降の東アジア諸国の歴史的展開を通史的
に概説する。高校世界史の枠組みを基礎とするが、
原史料と最新の学説を適宜紹介することで、より深
授業概要 い理解への糸口を提供する。日本史との関連性を意
識するとともに、前近代の東アジアにおける諸国間
の外交・貿易・移民・情報伝播などの相互関係に対する
理解を深める。
中世末から現代にいたるまでのイギリス(連合王国)
・
ブリテン諸島およびイギリス帝国の歴史を概観する。
ただし単なるイギリス史の授業ではない。ヨーロッ
授業概要
パ世界の歴史的展開における諸問題(政治、経済、
社会、文化、思想、ヨーロッパ外世界との関係)を
考察する材料としてイギリス帝国に着目する。
事前・事後 事前学習:配布レジュメにある歴史事項を調べる 事
学
習 後学習:小テストに向けての授業内容の復習
期末試験による。試験の内容は、授業を真面目に受
講していれば解答できるものである。また、授業中
評価方法
に小テストを課すこともありうる。平常点もある程
・ 基 準
度加味するが、出席さえしていれば単位を得られる
という考えは捨ててほしい。
平常点(小レポート、小テスト)
(40%)/授業中に
評価方法
実施する学習到達度確認(筆記等による学力確認)
・ 基 準
(60%)
履 修 上 の 私語は厳禁。人に迷惑をかけずに受講できる学生の
注意事項等 み歓迎。
履修上の
注意事項等
テ キ スト
テ キ スト 『使用しない』
参 考 書
参 考 書 『近現代イギリス史』木畑洋一・秋田茂, ミネルヴァ書房, 2011年
科目ナンバリング LH105
『イギリス帝国の歴史』秋田茂, 中央公論新社, 2012年
『イギリス史10講』近藤和彦, 岩波書店, 2013年
聴講の可否
○
科目ナンバリング LH106
聴講の可否
○
― 173 ―
科
授業の前後に、高校世界史の教科書・参考書か、あるいは
自分にあった概説書などに目を通してほしい。そうするこ
事前・事後
とで、歴史を味わうのに必要な語彙とその意味が定着す
学
習
る。また、歴史上の時間的前後感覚を持つため、最低限
にとどめたいが、特に指定する年号などは記憶してほしい。
学
1.中世末のヨーロッパ
2.近代国家イングランドの成立と16世紀のヨー
ロッパ
3.ヨーロッパ「17世紀の危機」と海外進出、国
家強化のなかでのブリテン諸島とイギリス帝
国の起源
4.大西洋経済圏の覇者、工業化への道
5.アメリカ独立革命・フランス革命とイギリス
6.ウィーン体制、イギリス帝国の再編
7.パクス・ブリタニカの世界
8.イギリスを追いかける19世紀ヨーロッパ諸国
9.帝国主義時代
10.内と外でのナショナリズム
11.第一次世界大戦とヨーロッパ
12.2度目の世界大戦とヨーロッパ、イギリス帝国
授業内容 13.冷戦、脱植民地化
14.ヨーロッパ統合とイギリス
15.授業総括
史
1.導論
2.10世紀:唐末五代の変動
3.11世紀:契丹(遼)と宋
4.12世紀:女真(金)と宋
5.13世紀:モンゴルの世界征服
6.14世紀:明朝の建国
7.15世紀(1):朝貢貿易の時代
8.15世紀(2):朝鮮王朝と中世日本
9.16世紀(1):倭寇
10.16世紀(2):豊臣秀吉の朝鮮出兵
11.17世紀(1):オランダ東インド会社の東方貿
易
12.17世紀(2):満洲の勃興と明の滅亡
13.18世紀:清朝の繁栄
14.19世紀:西洋の影響と東アジア
授業内容 15.総括
科 目 名
西洋史概論Ⅱ
担当教員
足立 広明
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
古文書学Ⅰ
配当
年次
1-4
担当教員
☆安田 真紀子
テ ー マ 信仰の海―地中海世界
到 達目標
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
2-4
テ ー マ 古文書の様式と機能
地中海世界の諸宗教の歴史を、それを生み出した社
会に注目しつつ理解する。
中東やヨーロッパの民族・宗教問題に関するニュー
スは、毎日のようにメディアで流されている。しか
し、背景となる歴史的知識が少なくて複雑に感じる
授業概要 という人は現在でも多いようである。この授業では、
古代オリエント時代から中近世の西欧に至る地中海
世界周辺で生じた諸宗教の対立と共存の歴史につい
て、背景となる社会に注目しながら概観する。
1.古代オリエントの多神教世界
2.古代ユダヤ教の歴史 預言者と聖典
3.ギリシア・ローマの多神教世界(含:フェニキア、
ケルトなど)
4.キリスト教とローマ帝国 5.修道制と巡礼 聖人と奇蹟
6.公会議の社会史 7.イスラームの興隆① 8.イスラームの興隆② 9.東方正教世界の確立 10.西欧カトリック世界の誕生 11.東西教会の分立と十字軍 12.オスマン帝国という解決 13.異端審問から宗教改革の時代へ 14.近現代の宗教問題
授業内容 15.まとめ
到 達目標 古代・中世文書の様式や役割について理解する。
歴史学研究において史料は不可欠である。なかでも
古文書は、当時の人々の意思が書き表されている点
授業概要 で、第一級の史料といえる。本講義では、奈良時代
から戦国時代の古文書について、形態や様式・機能な
どを、時代的な変遷を辿りながら概説する。
授業内容
1.古文書について
2.公式様文書 符・牒
3.公式様文書 移・解
4.公家様文書 宣旨・口宣案
5.公家様文書 官宣旨・下文
6.公家様文書 御教書
7.公家様文書 奉書
8.武家様文書 下文
9.武家様文書 下知状
10.武家様文書 御教書・奉書
11.武家様文書 施行状・遵行状・打渡状
12.武家様文書 御判御教書・御内書
13.武家様文書 書下・判物・印判状
14.上申文書・証文類
15.授業まとめ
シラバスの標題を見て次回の予習をして臨めば理解
事前・事後 しやすくなる。また、事後の復習が次回と全体理解
学
習 につながる。高校の世界史教科書のほか、授業中に
指示する文献が参考になる。
事前・事後 テキストに基づき、毎回予習・復習を行うこと。その
学
習 際、辞典類を活用すること。
評価方法 毎回の提出物(50%)と学習到達度確認(50%)に
・ 基 準 より総合的に判断する。
評価方法 授業中(最終授業時)に実施する学習到達度確認(筆
・ 基 準 記による学力確認)による。
履修上の
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト 『とくに用いない』
テ キ スト 『演習古文書選様式編』日本歴史学会編, 吉川弘文館
参 考 書 『適時指示する。』
参 考 書 『日本古文書学講座(全11巻)』雄山閣
科目ナンバリング LH107
― 174 ―
『古文書学入門』佐藤進一, 法政大学出版局
『概説古文書学古代・中世編』日本歴史学会編, 吉川弘文館
聴講の可否
○
科目ナンバリング LH204
聴講の可否
○
科 目 名
古文書学Ⅱ
担当教員
☆安田 真紀子
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
歴史学通論Ⅰ
配当
年次
2-4
担当教員
足立 広明
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
1-4
テ ー マ 近世文書の種類と機能
テ ー マ 現代歴史学の課題
到 達目標 近世文書の種類や機能について理解する。
到 達目標 アナール学派を中心に現代歴史学の課題を理解する
従来、古文書学では古代・中世の文書が研究対象と
されてきたが、近年では近世・近代の文書も古文書学
の対象となってきている。本講義では、近世文書の
授業概要
具体的な例をあげながら、書式や機能などについて
検討を加え、江戸時代における文書の役割を考察す
る。
近代歴史学の方法はヨーロッパで確立した。政治史
を中心とした実証主義的な歴史学であるが、20世紀
半ば以降その方法は内省的に見直され、新しい社会
授業概要
史や文化史が登場して現在に至っている。本講義で
は、この歴史学における学問的変貌の理解を中心と
しながら、現在の歴史学の課題を探るものとする。
事前・事後
よく復習をすること
学
習
評価方法 授業中(最終授業時)に実施する学習到達度確認(筆
・ 基 準 記による学力確認)による。
評価方法
平常授業の感想とレポートで総合的に判断する
・ 基 準
履 修 上 の 履修にあたっては、古文書学Ⅰを履修していること
注意事項等 が望ましい。
履 修 上 の 上記の授業各回テーマはあくまで目安であり、授業
注意事項等 進行上より適切な教材に変更することがある。
テ キ スト 『プリントを配布する。』
テ キ スト
『日本古文書学講座(全11巻)』, 雄山閣
参 考 書 『多数用いるが、授業中に指示する。』
参 考 書 『概説古文書学近世編』日本歴史学会編, 吉川弘文館
『演習古文書選近世編』日本歴史学会編, 吉川弘文館
科目ナンバリング LH205
聴講の可否
○
科目ナンバリング LH108
聴講の可否
○
― 175 ―
科
事前・事後 授業時に配布する史料を用いて、予習・復習を行うこ
学
習 と。
学
1.歴史学とはどのようなことをする学門か。 阿部謹也『西洋中世の罪と罰ー亡霊の社会史』
:
権力と心性
2.阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男』:差別と畏…
れ、人間をとりまく大宇宙と小宇宙
3.池上俊一『動物裁判』:環境・自然と人間
4.西洋の歴史学のあらまし①
5.西洋の歴史学のあらまし②
6.マルク・ブロック『王の奇蹟』:社会史と心性
史の誕生
7.フィリップ・アリエス『子供の誕生』:心性の
歴史の誕生―子どもへのまなざしの変化の歴
史
8.ミシェル・フーコー『狂気の歴史』:権力と心
性
授業内容 9.カルロ・ギンズブルグ『チーズとうじ虫』:ル
ネサンス民衆のミクロコスモス
10.ル・ロワ・ラデュリ『モンタイユー』:中世農民
の世界観
11.アラン・コルバン『記録を残さなかった男の歴
史―ある木靴職人の世界』
12.ツヴェタン・トドロフ『他者の記号学』ーアス
テカ帝国の征服
13.山本秀行『ナチズムの記憶ー日常生活からみ
た第三帝国』
14.網野義彦『無縁・公界・楽』:日本中世のアジー
ル
15.授業のまとめ
史
授業内容
1.近世文書について
2.判物・朱印状
3.御内書・老中奉書
4.老中返札・老中申渡書
5.法度・条目
6.触書
7.年貢割付状・年貢皆済状
8.検地帳・名寄帳
9.五人組帳・村掟・町式目
10.宗門人別改帳・宗旨手形
11.為取替証文・内済証文
12.奉公人請状・土地売買証文
13.借用証文・願書
14.久離願・離縁状・その他
15.授業まとめ
科 目 名
歴史学通論Ⅱ
担当教員
☆久保 利永子
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
日本史特殊講義(一)
配当
年次
1-4
担当教員
☆吉江 崇
テ ー マ 歴史を学ぶ際の基本姿勢と注意点の習得
到 達目標
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
2-4
テ ー マ 日本古代の国家と宗教―平安時代仏教篇(後篇)―
ユニット毎にテキストやワークシートを使用しながら、歴史を学んだり記
述したりする時に、なぜ論理性や合理性が必要不可欠とされるのか、史資
料の誤読や知識の偏りの危険性とはどのようなものか、対象を見据えつつ
同時に自分自身の思考のありかたも検証しなくてはならないのはなぜか、
といった、歴史を学んでいく過程における基本姿勢や注意点を習得する。
歴史学とは、本来、年号や人名といった過去の事例に関するデータ
を暗記することではない。それは、過去と現代の間で交わされる積
極的かつ豊かな「対話」で ある。こうした対話を通して、我々は過
去を理解するだけでなく、自らを省みる機会や、現代社会における
授業概要 様々な問題を理解するための重要な示唆を得ることも可能となる。
本講義の目的は、こうした「歴史を学ぶ意義」を段階を踏んで理解
しながら、
「歴史を学ぶ・記述する」という行為を本当に意義あるもの
とするために必要となる基本姿勢や注意点の理解と習得をめざす。
1.ガイダンス ― 履修に関する注意事項
2.[Unit1-1] マグレガーさんは「怖い人」か(史
料批判の基礎1)
3.[Unit1-2] ひとつの出来事、ふたつのおは
なし(史料批判の基礎2)
4.[Unit2-1] 一枚の旗が教えてくれること(自
分の「常識」について考える)
5.[Unit2-2] フランツ君の物語(資料精読の
重要性 1)
6.[Unit2-2] 話せない自分のことば(資料精
読の重要性 2)
7.[Unit2-3] 誰のための物語なのか(資料精
読の重要性 3)
8.[Unit3-1] 妻を売るヘンチャード(事例研
究1 先入観と論理性)
授業内容 9.[Unit3-2] 「妻売り」とは何だったのか(事
例研究2 一次史料と二次史料)
10.[Unit3-3] 儀式としての「妻売り」(事例研
究3 比較・考察する意味)
11.[Unit3-4] 語り手の問題、読み手の問題(史
料批判の基礎3)
12.[Unit4-1] アウトラインを書いてみよう(テ
キストの内容をまとめる技術)
13.[Unit4-2] 資料検索のABC(資料検索の基礎)
14.[Unit4-3] 史・資料について考えてみる(何が、
どのように史・資料になるのか)
15.後期講義内容のまとめ
日本古代における宗教の展開を多角的に理解し、国
到 達目標 家と宗教の関係について自分なりの歴史像を描き出
せるようになることを目標とする。
授業概要
授業内容
平安時代の国家と宗教との関係について、仏教に焦
点をあてながら講義する。
1.ガイダンス―平安仏教の特質―
2.御霊信仰と仏教(1)
3.御霊信仰と仏教(2)
4.宮廷社会と仏教儀礼
5.天皇・貴族の出家と寺院(1)
6.天皇・貴族の出家と寺院(2)
7.御願寺の展開
8.末法思想と浄土教(1)
9.末法思想と浄土教(2)
10.僧綱制度と仏教儀礼
11.六勝寺と院政期の仏教(1)
12.六勝寺と院政期の仏教(2)
13.「玉体安穏」思想の成立
14.顕密体制論の再検討
15.まとめと展望―仏教史からみた古代と中世―
「自分のために学ぶ」という意識を常に持ち、講義時
事前・事後
に配布される資料およびワークシートを積極的に活
学
習
用し、予習・復習をすること。
事前学習 授業の内容について予習する。事後学習
事前・事後
毎回、授業の内容をまとめるような課題を出すの
学
習
で、それをもとに復習する。
レポート60%、受講態度・平常点40%※レポートに関
評価方法
する注意事項などは講義時にプリントを配布して解
・ 基 準
説する。
評価方法 授業への参加態度(15点満点)
、毎回の課題(25点満
・ 基 準 点)
、試験(60点満点)の合計で評価する。
・毎回プリントを配布するのでファイルを用意する。
・
履修上の
授業中の私語など、他の受講者の迷惑になる行為は
注意事項等
厳禁。
・参考文献等は講義時に適宜紹介する。
履修上の
注意事項等
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング LH109
― 176 ―
聴講の可否
○
科目ナンバリング LH206
聴講の可否
○
科 目 名
日本史特殊講義(二)
担当教員
☆吉江 崇
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
日本史特殊講義(三)
配当
年次
2-4
担当教員
寺崎 保広
単位数 2単位
期間
前期
配当
年次
2-4
テ ー マ 摂関政治の展開
テ ー マ 奈良時代の人物伝
摂関政治が確立し、それが中世的に政治体制へ展開
到 達目標 していく過程を多角的・具体的に理解し、自分なりの
歴史観を養うことを目標とする。
奈良時代の主要な人物を取り上げ、その薨卒伝史料
を中心に読みながら、人物像を考えるとともに、時代
到 達目標
相・政治・社会・氏族なども合わせて講義し、それによっ
て歴史研究の基礎的な能力を高めることを目指す。
授業概要
科
授業内容
1.はじめに
2.『続日本紀』とその薨卒伝
3.道昭
4.行基
5.光明皇后
6.石川年足
7.鑑真
8.藤原仲麻呂
9.百済王敬福
10.吉備真備
11.藤原百川
12.淡海三船
13.大伴家持
14.佐伯今毛人
15.授業のまとめ
学
1.ガイダンス―摂関政治の基礎的構造―
2.内裏の焼亡(1)
3.内裏の焼亡(2)
4.安和の変の歴史的位置
5.皇朝十二銭の終焉と公家新制(1)
6.皇朝十二銭の終焉と公家新制(2)
7.摂関政治と藤原兼家
8.藤原道長の内覧就任と一条天皇(1)
9.藤原道長の内覧就任と一条天皇(2)
10.藤原道長の栄花と皇統の統一
11.藤原頼通の時代(1)
12.藤原頼通の時代(2)
13.院政の成立
14.権門体制論の再検討
15.まとめ―摂関政治と院政―
史
授業内容
摂関政治が確立していく過程について、制度の変革
や政争に焦点をあてながら講義する。
講義形式で行う。
『続日本紀』にみえる12人の薨卒
伝史料を配布し、原則として、1回あたり1人を取り
上げることとする。授業では、
史料を読み進めながら、
授業概要
その人物の生涯を確認し、さらに関連する事項を別
途資料にもとづき説明し、総合的に考えてゆくこと
とする。
事前学習 授業の内容について予習する。事後学習
事前・事後
毎回、授業の内容をまとめるような課題を出すの
学
習
で、それをもとに復習する。
事前・事後
プリントをもとに十分に復習をすること。
学
習
評価方法 授業への参加態度(15点満点)
、毎回の課題(25点満
・ 基 準 点)
、試験(60点満点)の合計で評価する。
評価方法
授業中に実施する学習到達度確認。
・ 基 準
履修上の
注意事項等
履 修 上 の プリントを配布する。漢文史料を読むことになるの
注意事項等 で、受講生には、漢文読解の基礎力が必要である。
テ キ スト
テ キ スト
参 考 書
参 考 書
科目ナンバリング LH206
聴講の可否
○
科目ナンバリング LH206
聴講の可否
○
― 177 ―
科 目 名
日本史特殊講義(四)
担当教員
☆下坂 守
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
日本史特殊講義(五)
配当
年次
2-4
担当教員
☆下坂 守
テ ー マ 歴史史料としての絵画の読解
到 達目標
絵画を文献等と同様、歴史的史料として理解・活用で
きるようになることをめざす。
中・近世の絵巻物や屏風さらには参詣曼荼羅等、さまざ
まな絵画に描かれた都市の風景を分析しすることで、わ
が国の中世(鎌倉時代から戦国時代)がいかなる時代で
授業概要 あったかを考え、またそれが近世に入りどのように変化
していったかを検証する。講義ではパワーポイントを用
い、絵画をできるだけ細部にわたり検討できるようにす
る。また、資料はその都度、コピーにて配付する。
1.ガイダンス
2.中世都市の風景1 戦国期・京都の風景(1)
3.中世都市の風景2 戦国期・京都の風景(2)
4.中世都市の風景3 戦国期・京都の風景(3)
5.中世都市の風景4 京都・東山の風景(1)
6.中世都市の風景5 京都・東山の風景(2)
7.中世都市の風景6 京都・東山の風景(3)
8.中世都市の風景7 京都・四条河原の生活(1)
9.中世都市の風景8 京都・四条河原の生活(2)
10.中世都市の風景9 京都・四条河原の生活(3)
11.中世都市の風景10 近世都市京都の成立(1)
秀吉の都市改造 12.中世都市の風景11 近世都市京都の成立(2)
高瀬川と四条河原 13.中世都市の風景12 近世都市京都の成立(3)
鴨川東岸の開発
授業内容
14.中世都市の風景13 近江の都市・坂本(1)
15.中世都市の風景14 近江の都市・坂本(2)
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
2-4
テ ー マ
わが国の中世社会において寺社(寺院・神社)が占めていた政治・経
済的位置はこれまで考えられている以上に大きなものがあった。さ
まざまな寺社の活動実態を多角的・立体的に追うことで、その実相
を浮かび上がらせる。
到 達目標
わが国の中世社会について多角的に考察できるよう
になること。
中世の寺社の組織にはじまり、その運営実態、公家・
武家との関係等を史料に基づき考察する。また、延
授業概要
暦寺・日吉社・祇園社等の寺社を取り上げ、その歴史
の独自性と共通性を検証する。
授業内容
1.ガイダンス
2.中世寺院の組織1 惣寺の構造
3.中世寺院の組織2 衆徒の構成
4.中世寺院の組織3 寺院の運営
5.中世寺院の武力1 衆徒の軍事力
6.中世寺院の武力2 衆徒と武家
7.中世寺院の経済力1 寺院の金融
8.中世寺院の経済力2 荘園の経営
9.中世寺院の経済力3 勧進 その1
10.中世寺院の経済力4 勧進 その2 11.中世神社の組織1 祇園社
12.中世神社の組織2 日吉社
13.中世神社の経済力1 祇園社
14.中世神社の経済力2 日吉社
15.中世寺社と民衆
事前・事後 配付する資料を事後に復習し、授業の内容を再確認
学
習 しておくこと。
事前・事後 配付する資料を事後に復習し、授業の内容を再確認
学
習 しておくこと。
評価方法
筆記試験(60%)と平常点(40%)で総合評価する。
・ 基 準
評価方法
筆記試験(60%)と平常点(40%)で総合評価する。
・ 基 準
履 修 上 の 各回で取り上げた基本的な問題や概念について正し
注意事項等 く理解できているかどうかを評価する。
履 修 上 の 各回で取り上げた基本的な問題や概念について正し
注意事項等 く理解できているかどうかを評価する。
テ キ スト
テ キ スト
『洛中洛外図の群像』瀬田勝哉, 平凡社, 1994
『上杉本洛中洛外図屏風を見る』小澤弘・川嶋将生, 河出書房新社,
参 考 書 1994
『描かれた日本の中世』下坂守, 法蔵館, 2003
科目ナンバリング LH206
― 178 ―
聴講の可否
○
参 考 書
『中世寺院社会の研究』下坂 守, 思文閣出版, 2001年
『京を支配する山法師たち』下坂 守, 吉川弘文館, 2011年
科目ナンバリング LH206
聴講の可否
○
科 目 名
日本史特殊講義(六)
担当教員
大田 壮一郎
単位数 2単位
期間
後期
科 目 名
日本史特殊講義(八)
配当
年次
2-4
担当教員
木下 光生
テ ー マ 室町時代史研究の可能性
到 達目標
単位数 2単位
期間
後期
配当
年次
2-4
テ ー マ 新しい日本近世史像を考える
中世史研究の軌跡と現在の研究水準を理解し、研究
課題を発見する方法を身につける
近世日本の社会や国家に対する新たな見方を通して、
到 達目標 過去と現在のつながりを柔らかく、複眼的にとらえ
る発想を鍛える。
1.講義の目的と進め方
2.近世の百姓:教科書記述の問題点
3.近世の百姓:中世~近代の「自給」経済と「商
品(貨幣)」経済
4.近世の百姓:中世~近代における生業複合の世
界
5.近世の百姓:
「小経営」からみた近世~近現代
史
6.近世の税制:
「重税」史観の問題点
7.近世の税制:
「公定」税率と「実質」税率
8.近世の税制:太閤検地と「五公五民」の歴史的
位置
9.近世の税制:石高制誕生の世界史的背景
10.近世の税制:中世~近代における村請の世界
11.近世の身分制:教科書記述の問題点
「刀狩り」と「兵農分離」の実
授業内容 12.近世の身分制:
像
13.近世の身分制:
「農」から「兵」になる人びと
14.近世社会と現代社会
15.講義のまとめ
教科書的・概説的知識を前提に進めるので、中世史関
事前・事後
係の概説書や通史シリーズで時代のイメージをつか
学
習
んでおくこと。
講義内容は「鵜呑み」にせず、たえず批判的な姿勢
事前・事後 で講義にのぞむこと。またそのためにも、たえず過
学
習 去と現在のつながりが垣間見えるさまざまな事象に
関心をもち続けること。
評価方法 筆記による学習到達度の確認(70%)
、平常点(講義
・ 基 準 中の小レポートなど30%)
評価方法
期末レポート
・ 基 準
履修上の
毎回レジュメを配布する。
注意事項等
履修上の
注意事項等
テ キ スト
テ キ スト 『毎回プリントを配布する』
『室町・戦国期研究を読みなおす』中世後期研究会編, 思文閣出版,
参 考 書 2007
『室町幕府の政治と宗教』大田壮一郎, 塙書房, 2014
科目ナンバリング LH206
聴講の可否
○
参 考 書 『適宜紹介する』
科目ナンバリング LH206
聴講の可否
○
― 179 ―
科
1.ガイダンス
2.中世史研究の到達点と課題
3.南北朝・室町時代史の展開
4.南北朝内乱の主役と僧侶(1)
―後醍醐天皇と文観―
5.南北朝内乱の主役と僧侶(2)
-足利尊氏と賢俊-
6.南北朝内乱の主役と僧侶(3)
-足利直義と夢窓疎石-
7.室町幕府と醍醐寺三宝院(1)
―賢俊の場合―
8.室町幕府と醍醐寺三宝院(2)
―光済の場合―
9.室町幕府と醍醐寺三宝院(3)
―満済の場合―
授業内容 10.室町時代史研究の現在(1)公武関係論Ⅰ
11.室町時代史研究の現在(2)公武関係論Ⅱ
12.室町時代史研究の現在(3)首都と地域社会
13.室町時代史研究の現在(4)宗教と国家Ⅰ
14.室町時代史研究の現在(5)宗教と国家Ⅱ
15.講義のまとめ
学
近世日本の社会や国家に対する見方は、たえず変化
し、進化し続けている。本講義では、中学・高校日本
史教科書における近世史像の記述が、1970年代以降
授業概要 どう変化してきたかを素材として、なにゆえその変
化は生まれたのか、また最新の研究段階はどこにあ
るのかを紹介して、近世史に対する新たな見方を考
えていきたい。
史
日本中世史研究は、主として中世前期を対象に検討さ
れてきた。しかし近年はとくに室町時代に関する研究
が盛んである。こうした研究動向を概観しながら、主
授業概要 に南北朝・室町時代史研究の現状について検討する。
とくに、講師の専門分野である宗教史からのアプロー
チを中心とする。各分野の研究動向の紹介とともに、
論点となる重要史料についての分析も行う。
科 目 名
日本史特殊講義(九)
担当教員
☆安田 真紀子
単位数 2単位
期間
前期
科 目 名
日本史特殊講義(十)
配当
年次
2-4
担当教員
森川 正則
テ ー マ 近世大和における観光産業
前期
配当
年次
2-4
テ ー マ 「映画」を手がかりにして問う戦後日本の70年
観光都市奈良の成立背景を理解し、近世社会におけ
到 達目標
る産業としての観光の意義を考える。
産業としての観光が、近世大和の発展と都市の変容
に大きく関与していることは明らかである。講義で
授業概要 は、江戸時代から明治期における大和観光の実態を
多角的に考察し、観光という視点から、近世社会が
抱える諸問題について考える。
授業内容
単位数 2単位
期間
1.ガイダンス奈良観光をめぐる問題
2.奈良観光の萌芽
3.南都八景をめぐって
4.観光による都市の変容
5.名所としての大和
6.大和への誘引 大和の観光システム
7.絵図屋の出版活動
8.観光コースの構築
9.案内人の活動
10.大和めぐりの実態
11.奈良観光の衰退 明治初期の奈良
12.奈良観光の復興 13.奈良公園をめぐって
14.近代的観光
15.授業まとめ
到 達目標
この授業は、日本近現代史において一般に「戦後」と呼ばれる第2次世界大
戦(アジア・太平洋戦争)後、つまり昭和戦後期(1945年~)と平成期(1989
年~)に目を向けます。今年度は「映画」を手がかりにして、《日本近現代史
の中でも戦後史においては、どのような論点・題材があるか》について問いか
けや視点の提示を行い、受講者の皆さん各自に考察・思索を深めてもらいます。
授業概要
日本近現代史の中で「戦後」と呼ばれる時期も、昨年(2015年)で
70年が過ぎました。では、現在(いま)に直結する「戦後史」につ
いて、どのようなことを問い、考えればよいでしょうか?そこで、
この授業で手がかりにするのが「映画」です。近現代日本の作家(文
学者)たちが残した優れた文学作品の数々と同様、映画においても
人間と社会、そして歴史について鋭い洞察と問いかけを放つ作品が
数多くあります。この授業では、文書・文献史料を基礎とする歴史
学(近現代史研究)にも豊かな示唆を与えてくれる映画を取りあげ
ながら、70年が経過した戦後日