close

Enter

Log in using OpenID

記者発表資料(PDF形式 840KB)

embedDownload
横 浜 市 記 者 発 表 資 料
平 成 2 8 年 1 2 月 2 1 日
横 浜 市 保 健 所 健 康 安 全 課
港北福祉保健センター生活衛生課
食中毒の発生について
横浜市内で次のとおり食中毒が発生したため、横浜市保健所は平成 28 年 12 月 21 日(水)16 時 20 分
に、原因施設に対し営業禁止処分を行いましたのでお知らせします。
詳細については、現在調査中です。
1 経過
平成 28 年 12 月 19 日(月)10 時 30 分頃、港北区内の飲食店「くいもの屋 わん 綱島店」の利用者
から「12 月 13 日(火)に当該店舗を利用した 26 人のうち複数名が吐き気、嘔吐等の症状を呈している」
との届出が港北福祉保健センターにあり、直ちに調査を開始しました。
2 調査の状況
(1)調査の結果、12 月 13 日(火)に当該施設を利用した者のうち港北福祉保健センターが確認できた 20
人中 16 人が、12 月 14 日(水)から 12 月 15 日(木)までに、吐き気、嘔吐、下痢等の食中毒症状
を呈していることを確認しました。
(2)患者の共通食は当該施設で提供された食事(こだわりの食材 グルメ忘年会コース ※)のみです。
(3)患者の症状および潜伏時間は、ほぼ一致しています。
(4)患者のうち、4人からノロウイルス GⅡが検出されました。
(5)原因食品については現在調査中です。
3 患者状況 (12 月 21 日 14 時現在)
喫 食日
12 月 13 日(火)
喫 食関係
施設利用者数
調査中
初 発日
12 月 14 日(水)
症
状
吐き気、嘔吐、下痢等
【12 月 21 日 14 時現在(調査中)
】
患 者関係
患者数
16 人(20 歳代~80 歳代)
患 者数
内訳
男
8人
女
8人
(症状は比較的軽く、入院患者はいません。
)
4 原因と措置
原 因食品
病 因物質
原 因施設
措
置
平成 28 年 12 月 13 日(火)に原因施設で提供された食事(調査中)
ノロウイルス GⅡ
営
業
者 :株式会社オーイズミフーズ
代 表 取 締 役 :大泉 賢治(おおいずみ けんじ)
所
在
地 :横浜市港北区綱島西1-8-1 綱島名店会館地下1階
名
称 :くいもの屋 わん 綱島店
業
種 :飲食店(大衆酒場)
調査を行った横浜市保健所では、当該施設に対し、12 月 21 日(水)16 時 20 分に
営業禁止処分を行いました。
【参考】
※「こだわりの食材 グルメ忘年会コース」
あん肝ポン酢、御造り(サーモン、鯛、マグロ)
、三元豚の冷しゃぶサラダ、鮟鱇の竜田揚げ、小
鯛の天婦羅、牛もつ鍋、牛イチボのロゼステーキ、ちゃんぽん麺、黒胡麻蜜のもちもち団子
裏面あり
5 検査状況
検体
検体数
検査結果
患者の検便
5人
4人からノロウイルス GⅡ 検出
食材(参考品)
5検体(海藻、蒸しだこ、つま 等)
施設等のふきとり
15 か所(シンク蛇口、包丁取手、大ま
横浜市衛生研究所にて検査中
な板 等)
調理従事者の検便
9人
6 呼びかけ
当該施設を利用した後に消化器症状(下痢、腹痛等)があった方は、最寄りの区福祉保健センター生活
衛生課にお申し出ください。
● 各区の福祉保健センター生活衛生課
・平日(8時 45 分から 17 時まで)
次の URL を御参照いただき、
「各区の福祉保健センター生活衛生課(食品衛生担当・医務薬務担当)
」
に御連絡ください。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hokenjo/about/#S02
・夜間・休日(上記以外)
次の URL を御参照いただき、
「夜間・休日の各区福祉保健センターの連絡先」に御連絡ください。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hokenjo/about/kinkyudaiyaru.html
横浜市保健所 感染症・食中毒緊急通報ダイヤル
電話:045-664-7293
※夜間(平日の 17 時 15 分~翌日8時 30 分)及び休日(24 時間)の時間帯は
担当者の携帯電話におつなぎします。転送までにお時間がかかります。
横浜市内の食中毒発生状況(今回発表分を含まず。
)
期 間
件 数
患 者 数
平成 28 年1月1日~12 月 21 日
39 件
622 人
昨年同期(平成 27 年1月1日~12 月 21 日)
47 件
402 人
※
死 者 数
0人
0人
※暫定数
横浜市保健所健康安全課長
港北福祉保健センター生活衛生課長
お問合せ先
木村 博和
吉田 匡史
Tel 045-671-2442
Tel 045-540-2369
年間を通じて感染の恐れあり!
現在、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が流行しています
ノロウイルス対策
ノロウイルスとは?
ノロウイルスは、感染力が強く、乳幼児から高齢者まであら
ゆる年齢の人に急性胃腸炎を起こすウイルスです。
下痢や嘔吐など風邪のような症状があり、1~2日で 回復
しますが抵抗力が弱い乳幼児や高齢者では重篤に なることが
あります。
ノロウイルス患者の治療に効果のある薬剤や有効な ワクチ
ンは今のところありません。自覚症状がなくなってからも1週
間から1ヶ月間ウイルスの排泄が続くことがあります。
ノロウイルスはどこから感染するの?
食中毒
① 二枚貝等感染ルート
(汚染された二枚貝等による感染)
中腸腺にノロウイルスが蓄積されたカ
キや、シジミのしょうゆ漬け等の二枚貝等
を生あるいは十分に加熱調理しないで食
べた場合。
② 食品取扱い者感染ルート
食品取扱者がノロウイルスに感染し、そ
の人を介して汚染された食品を食べた場
合。
生ものや加熱調理品など、食品の種類に
関わらず食中毒の原因になります。
横浜市で平成26年に発生した食中毒事件51
件(患者数321人)中、8件(患者数92人)が
感染症
③ 糞便・嘔吐物感染ルート
ノロウイルスに感染している人の糞便や嘔
吐物の処理時に感染する場合。
処理後に、乾燥して浮遊したノロウイルスを
吸い込んで感染する場合。
ノロウイルスによるものでした。
近年、全国的にノロウイルスを原因とする患
者数が最も多く、平成26年に起こった全国の
食中毒事件の患者数のうち、※54.3%(10,506
人/19,356人)を占めています。
※暫定数:平成27年3月2日集計時点
ノロウイルス対策には何をすればよいの?
加熱
85~90℃ 90秒以上の加熱でノロウイルスの感染力は失われます。
食材や、調理器具、布巾など加熱できるものは加熱で対策!!
手洗い 調理の前や、トイレの後、汚れたものを触った後は手を良く洗いましょう!!
ノロウイルスにはアルコールや逆性石鹸が効きにくいため、洗い流すことが重要です。
時計指輪などははずすし、流水でよく洗う
↓
石鹸を泡立て、手のひら、手の甲、指の間、指、
しわ、手首を丁寧に洗う
↓
爪ブラシ等を使い爪の間も洗う
↓
流水で石鹸と汚れを洗い流し、清潔なタオルやペ
ーパータオルで拭きます
糞便や嘔吐物の処理時には使い捨て手袋を使用
し、処理後は十分に手を洗いましょう!
塩素系消毒薬による消毒(ノロウイルスには、エタノールや逆性石鹸は効きにくいため次
亜塩素酸ナトリウムを使います)
調理器具は洗剤で十分に洗浄し、0.02%次亜塩素酸ナトリウムで浸すように拭きましょ
う。
糞便や嘔吐物を片付けるときには、処理に使用したペーパータオル等は0.1%、処
理後の床は0.02%の次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう。
希釈濃度(使用時の濃度)
製品の塩素濃度
0.02%
0.1%
1%
50倍 水1ℓ + 原液 20mℓ
10倍 水1ℓ + 原液110mℓ
5%
250倍 水1ℓ + 原液 4mℓ
50倍 水1ℓ + 原液 20mℓ
6%
300倍 水1ℓ + 原液3.3mℓ
60倍 水1ℓ + 原液 17mℓ
12%
600倍 水1ℓ + 原液1.7mℓ
120倍 水1ℓ + 原液8.4mℓ
めやす・・・市販の塩素系消毒薬は5~6%が多い。ペットボトルのキャップ1杯は約5mℓ。
従事者の健康管理
下痢や嘔吐の症状がある場合には、食品を直接取り扱う作業は避け、他の人への感染を防ぎましょ
う。糞便や嘔吐物を片付ける時には、使い捨て手袋やマスクを使い、使用後は密封して処分するこ
とで二次感染を予防しましょう。
【参考】嘔吐物処理方法の映像(横浜市保土ケ谷区作成 YouTube の動画)
YouTube トップページより
実践で学ぶ嘔吐物処理
検索
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
840 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content