close

Enter

Log in using OpenID

イスパニア語

embedDownload
教養教育のラーニングアウトカムズ(LO)と各授業科目との関係性を確認するカリキュラムマップ
学部等名
教養教育の
教育目的
1.さまざまな学問を主体的に学び、幅広い教養を身につけ、専門分野に必要な基礎学力を修得する。
2.現代社会の提起する諸問題を多角的・総合的に考える能力を養う。
3.国際感覚を養い、異文化への理解を深め、コミュニケーション能力を高める。
4.人としてあるべき姿を自覚した倫理観と社会を構成する者としての責任感を育む。
教養教育のラーニングアウトカムズ(LO)
(◎=LO達成のために、特に重要な事項、○=LO達成のために、重要な事項、△=LO達成のために、望ましい事項)
(知識・教養)
授業科目名
授業の目的
授業の到達目標
(この授業科目の存在意義を記入)
(この授業科目の学習後に到達すべき
目標を、学生を主語にして、
行為動詞を使用して箇条書に記入)
専門分野に必要な基
礎知識・技法及びそ
の応用或いは専門分
野に対する複合的な
視点を確立するため
の幅広い領域の知
識・技能
(思考力)
現代社会における諸 知識・技能を活かして 日本語あるいは外国
課題を批判的に検討 新たな価値を生み出 語を理解し論理的な
したり、それをもとに す創造的思考力
文章を書く能力或い
問題解決のプロセス
は自らの意見を分か
などを構想する論理
りやすく伝える能力
的思考力
(コミュニケーション能力)
多様な文化への柔軟
な理解或いは外国語
による日常生活程度
のコミュニケーション
能力
適切な情報・情報手
段を選択して活用す
るための基礎的な知
識・技能
外国語科目 イスパニア語
秋学期に開講される「イスパニア語実習2A(秋学期・月・3 山田)」とセットで,イスパニア語(スペイ
ン語)の基礎文法をひと通り習得する.本講義を完璧にマスターすれば,将来本格的に(もちろん本
講義も初級レベルの講義としては相当に本格的なものである)イスパニア語を勉強する必要が生じ
イスパニア語実習1A た場合にも強固な基礎とすることができる.
スペイン語(イスパニア語)圏の文化に触れながら、スペイン語の文法の基礎を習得する。
イスパニア語実習1B
(秋学期の「イスパニア語実習2A」まで含めての目標)
1.イスパニア語文法の基礎知識を得て,それを簡単に説明することができる[a]
2.文法知識をもとに,文を構造的に読み,簡単な文を書き,論理的に思考することができる.[b]
3.「文法知識」と「辞書」,そして「文法知識に裏打ちされた勘」を頼りに簡単な文書を読みこなし,生
きていくのに必要最小限の会話表現を駆使して一人でイスパニア語圏の国々をなんとか旅行するこ
とができる.[c]
○
◎
△
○
◎
△
○
◎
△
○
◎
△
この授業は「イスパニア語ⅠB(秋学期・月・3 山田)」とセットを組んでおり,1冊の教科書を通年
で読み進めるので,必ず両方の科目をセットで履修すること.その他の条件は「イスパニア語実習1
A(春学期・月・3 山田)」と共通である.同科目の該当欄を参照せよ.
○
◎
△
1. 辞書を使って平易なスペイン語文が読める。(秋学期の「イスパニア語実習2B」とあわせて一年
間で)[a]
2. スペイン語圏の人と日常生活上の最低限のコミュニケーションができる。[c]
○
◎
△
○
◎
△
○
◎
△
○
◎
△
◎
△
◎
△
◎
△
1. 辞書を使って平易なスペイン語文が読める。(秋学期の「イスパニア語実習2B」とあわせて一年
間で)[a]
2. スペイン語圏の人と日常生活上の最低限のコミュニケーションができる。[c]
春学期に開講される「イスパニア語実習1A(春学期・月・3 山田)」とセットで,イスパニア語(スペイ 「イスパニア語実習1A(春学期・月・3 山田)」とセットで履修目標・到達目標を設定している.同科
ン語)の基礎文法をひと通り習得する.本講義を完璧にマスターすれば,将来本格的に(もちろん本 目の該当欄を参照せよ.
イスパニア語実習2A 講義も初級レベルの講義としては相当に本格的なものである)イスパニア語を勉強する必要が生じ
た場合にも強固な基礎とすることができる.
スペイン語(イスパニア語)圏の文化に触れながら、スペイン語の文法の基礎を習得する。
イスパニア語実習2B
「イスパニア語実習1A(春学期・月・3 山田)」と共通である.同科目の該当欄を参照せよ.
イスパニア語ⅠA
スペイン語(イスパニア語)圏の文化に触れながら、スペイン語の文法の基礎を習得する。
イスパニア語ⅠA
「イスパニア語実習2A(秋学期・月・3 山田)」と共通である.同科目の該当欄を参照せよ.
1. 辞書を使って平易なスペイン語文が読める。[a]
2. スペイン語圏の人と日常生活上の最低限のコミュニケーションができる。[c]
「イスパニア語実習2A(秋学期・月・3 山田)」と共通である.同科目の該当欄を参照せよ.
イスパニア語ⅠB
スペイン語(イスパニア語)圏の文化に触れながら、スペイン語の文法の基礎を習得する。
イスパニア語ⅠB
イスパニア語演習A
秋学期に開講される「イスパニア語演習A(秋学期・月・4 山田)」と合わせ,まとまった量のテクスト 1.まとまった分量のテクストを徹底的に読みこなすことで,「イスパニア語実習」で学習した文法知
を詳細に読みこなすことで確かな読解力を養成し,同時に重要表現や文法事項の一歩進んだ解説 識を確固たるものとすることができる.[a]
と練習をおこなって「イスパニア語実習1・2」で学んだ文法知識全般の整理・定着と応用を図る.
2.「イスパニア語実習」で学んだ文法知識を基礎にして,より高度な内容のテクストを構造的に読む
習慣をつけることで,論理的な思考力に磨きをかけることができる.[b]
3.標準的な文学作品・エッセイ・評論,新聞・雑誌,インターネットのホームページ等なら辞書と文法
知識を頼りになんとか一人で読むことができる.[c]
一年次に習得したスペイン語(イスパニア語)の知識を定着させ、応用力を身につけることを目的と
する。
イスパニア語演習B
春学期に開講される「イスパニア語演習A(春学期・月・4 山田)」に引き続き,より高度なイスパニ
ア語の運用能力の獲得を目指す.
イスパニア語演習A
一年次に習得したスペイン語(イスパニア語)の知識を定着させ、応用力を身につけることを目的と
する。
イスパニア語演習B
1. 辞書を使って平易なスペイン語文が読める。[a]
2. スペイン語圏の人と日常生活上の最低限のコミュニケーションができる。[c]
1. まとまった分量のスペイン語の文章を読解できる。[a]
2. スペイン語圏の文化・習慣を知り、スペイン語圏の人と日常会話よりさらに深いコミュニケーション
ができる。[c]
1.まとまった分量のテクストを徹底的に読みこなすことで,「イスパニア語実習」で学習した文法知
識を確固たるものとすることができる.[a]
2.「イスパニア語実習」で学んだ文法知識を基礎にして,より高度な内容のテクストを構造的に読む
習慣をつけることで,論理的な思考力に磨きをかけることができる.[b]
3.標準的な文学作品・エッセイ・評論,新聞・雑誌,インターネットのホームページ等なら辞書と文法
知識を頼りになんとか一人で読むことができる.[c]
1. まとまった分量のスペイン語の文章を読解できる。[a]
2. スペイン語圏の文化・習慣を知り、スペイン語圏の人と日常会話よりさらに深いコミュニケーション
ができる。[c]
○
(倫理観・責任感)
他者と協調・協働して 生涯にわたって主体 人としてあるべき姿を 社会を構成する者とし
行動できる能力或い 的に広く学び続けよう 自覚した倫理観
ての責任感
は他者に方向性を示 とする自己学習力
し目標の実現に動員
できるリーダーシップ
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
150 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content