close

Enter

Log in using OpenID

NJM2774 データシート

embedDownload
NJM2774
ステレオ3系統オーディオ複合アンプ
■概要
概要
NJM2774 は、1 系統のステレオヘッドフォンアンプと 2 系
統のステレオラインアンプの機能を兼ね備えた複合アンプ IC
です。
各アンプは固定ゲインを内蔵しており、前段の 3.3V 動作デ
バイスの出力信号に対してカップリングコンデンサを介さず
に直結して入力することで適切な出力 DC 電圧と、AC 出力を
得ます。
ヘッドフォンアンプ 1 系統、ラインアンプ 1 系統はカット
オフ周波数 48kHz の LPF を内蔵しており、PWM 信号入力に
も対応いたします。更にもう 1 系統のラインアンプは差動入力
に対応した入力形式となっております。
また3系統の電圧検出回路及び3系統のミュートトランジス
タ制御端子も内蔵しており、ヘッドフォン出力、ライン出力を
持つオーディオ機器に最適です。
■特徴
特徴
● ヘッドフォンアンプ 1 系統
● ラインアンプ2系統
●
●
●
●
●
●
■外形
外形
NJM2774V
48kHz LPF 内蔵、
固定ゲイン +8.5dB
アンプ 2:48kHz LPF 内蔵、固定ゲイン +11dB
アンプ 3:固定ゲイン +9dB
+1
+2
+1
V =11.4 to 20V, V =8.5 to V V
+1
+2
10mA typ. (V ), 6mA typ. (V )
動作電圧範囲
消費電流
電圧検出回路3系統
ミュートトランジスタ制御端子3系統
バイポーラ構造
外形
SSOP32
■ブロック図
ブロック図
f=48kHz ±20%
+8.5dB
Amplifier 1
LPF
HPAmp.
f=48kHz ±20%
+8.5dB
Amplifier 1
LPF
HPAmp.
f=48kHz ±20%
+11dB
Amplifier 2
LPF
LineAmp.
f=48kHz ±20%
+11dB
Amplifier 2
LPF
LineAmp.
+9dB
Amplifier 3
LineAmp.
+9dB
Amplifier 3
LineAmp.
REG.
Ver.4.1
DET.
Mute Tx
Control
–1–
NJM2774
!端子配列
端子配列
No.
32
17
1
16
端子名
機能
No.
端子名
X_PROTECT
OUT
機能
1
V
+1
電源電圧端子 1
17
2
V+2
電源電圧端子 2
18
X_MUTEC IN
3
REG IN
外部基準電圧 (3.3V) 入力端子
19
REC-MUTE
OUT
アンプ出力ミュートコントロール用
ロジック入力端子 C
アンプ出力ミュートコントロール用
ロジック出力端子 C
4
REG OUT
外部基準電圧 (3.3V) 出力端子
20
REC-R OUT
Rch ラインアンプ 2 (REC) 出力端子
5
GND
GND 端子
21
REC-L OUT
Lch ラインアンプ 2 (REC) 出力端子
アンプ出力ミュートコントロール用
ロジック出力端子 B
DC 検出回路ロジック出力端子
6
HP-L IN
Lch ヘッドフォンアンプ入力端子
22
LINE-MUTE
OUT
7
HP-R IN
Rch ヘッドフォンアンプ入力端子
23
LINE-R OUT
Rch ラインアンプ 1 出力端子
8
REF
内部基準電圧 (1.6V) 端子
24
LINE-L OUT
Lch ラインアンプ 1 出力端子
25
HP-MUTE
OUT
Lch ラインアンプ 1 入力端子
アンプ出力ミュートコントロール用
ロジック出力端子 A
9
LINE-L IN
10
LINE-R IN
Rch ラインアンプ 1 入力端子
26
HP-R OUT
Rch ヘッドフォンアンプ出力端子
11
REC-L IN-
Lch ラインアンプ 2 (REC) -入力端子
27
HP-L OUT
Lch ヘッドフォンアンプ出力端子
12
REC-L IN+
Lch ラインアンプ 2 (REC) +入力端子
28
SPR(-) IN
Rch スピーカーアンプ信号(-) 入力端子
13
REC-R IN+
Rch ラインアンプ 2 (REC) +入力端子
29
SPR(+) IN
Rch スピーカーアンプ信号(+) 入力端子
14
REC-R IN-
Rch ラインアンプ 2 (REC) -入力端子
30
SPL(-) IN
Lch スピーカーアンプ信号(-) 入力端子
31
SPL(+) IN
Lch スピーカーアンプ信号(+) 入力端子
32
ZERO IN
外部基準電圧 (0V) 入力端子
15
X_MUTEA IN
16
X_MUTEB IN
–2–
アンプ出力ミュートコントロール用
ロジック入力端子 A
アンプ出力ミュートコントロール用
ロジック入力端子 B
Ver.4.1
NJM2774
■ 絶対最大定格 (Ta=25℃)
項
電
最
目
源
大
記
電
入
力
圧
電
号
定
+
V
圧
VIM
格
単
+23
位
V
+1( )
-0.3 to V *
1200
V
消
費
電
力
PD
mW
動
作
温
度
Topr
-40∼+85
℃
保
存
温
度
Tstg
-40∼+150
℃
注: EIA/JEDEC 仕様基板 (76.2x114.3x1.6mm, 2 層, FR-4) 基板実装時
( )
* 最大入力電圧は電源電圧範囲内に設定してください。
+1
■電気的特性
+2
(指定なき場合には V =15V, V =9V, Ta=25℃)
項
目
記
号
条
件
最
小
標
準
最
大
単
位
全 体 特 性
動 作 電 源 電 圧
1
動 作 電 源 電 圧
消
費
消
電
費
2
流
電
1
流
2
V
+1
V
+2
ICC1
ICC2
11.4
ロ
ス
ト
ー
9
V
-
10
15
mA
+2
-
6
10
mA
V =15V, 無負荷、無信号時
V =9V, 無負荷、無信号時
-
-
-70
dB
1.50
1.60
1.70
V
-
4.26
-
V
+7.5
+8.5
+9.5
dB
2.0
2.2
-
Vrms
-90
(31.6)
-97
(14.1)
-
dBV
(µVrms)
-
0.02
-
%
-
1.0
7.0
%
-
-
-70
dB
電 圧
1
VIDC1
出 力
D C
電 圧
1
VODC1
得
1
GV1
利
最 大 出 力 電 圧
1
VOM1
出 力 雑 音 電 圧
1
VNO1
全 高 調 波 歪 率
1 A
THD1A
全 高 調 波 歪 率
1 B
THD1B
チ
ャ
ン
ネ
ル
セ パ レ ー シ ョ ン 1
L
P
入
特
F
力
抵
性
抗
V
8.5
CT
D C
圧
V
+1
ク
入 力
電
20
+1
Rg=2.2kΩ, Vin=1.6V(DC), Vo=1Vrms,
f=1kHz, BPF:400Hz-30kHz
+2
アンプ1
ヘッドフォンアンプ)
アンプ1(ヘッドフォンアンプ
ヘッドフォンアンプ 特 性 (指定なき場合には V =9V, Ta=25℃)
ク
15
CS1
1
LPF1
1
RIN1
Vin=1.6V(DC)
Vin=1.6V(DC), Vin=0.2Vrms, f=1kHz,
RL =100Ω
V+2=8.75V , Vin=1.57 to 1.725V(DC), THD=1%,
f=1kHz, BPF:400Hz-30kHz, RL =100Ω
Rg=2.2kΩ, Vin=1.6V(DC),
BPF:400Hz-30kHz
Vin=1.6V(DC), Vin=0.2Vrms, f=1kHz,
BPF:400Hz-30kHz, RL =100Ω
+2
V =8.75V, Vin=1.65V(DC), Vo=2.2Vrms,
f=1kHz, BPF:400Hz-30kHz, RL =100Ω
Rg=2.2kΩ, Vin=1.6V(DC), Vo=1Vrms,
f=1kHz, BPF:400Hz-30kHz
-3dB
-
48
-
kHz
70
100
-
kΩ
1.50
1.60
1.70
V
-
5.68
-
V
+10
+11
+12
dB
2.5
3.0
-
Vrms
-90
(31.6)
-95
(17.8)
-
dBV
(µVrms)
-
0.02
-
%
-
0.15
7.0
%
-
-
-70
dB
-
48
-
kHz
70
100
-
kΩ
+1
アンプ2
アンプ2(ラインアンプ
ラインアンプ)
ラインアンプ 特 性 (指定なき場合には V =15V, Ta=25℃)
入 力
D C
電 圧
2
VIDC2
出 力
D C
電 圧
2
VODC2
得
2
GV2
最 大 出 力 電 圧
2
VOM2
出 力 雑 音 電 圧
2
VNO2
電
圧
利
全 高 調 波 歪 率
2 A
THD2A
全 高 調 波 歪 率
2 B
THD2B
チ
ャ
ン
ネ
ル
セ パ レ ー シ ョ ン 2
L
入
Ver.4.1
P
F
力
特
抵
性
抗
CS2
2
LPF2
2
RIN2
Vin=1.6V(DC)
Vin=1.6V(DC), Vin=0.2Vrms, f=1kHz,
RL =10kΩ
Vin=1.57 to 1.725V(DC), THD=1%,
f=1kHz, BPF:400Hz-30kHz, RL =10kΩ
Rg=2.2kΩ, Vin=1.6V(DC),
BPF:400Hz-30kHz
Vin=1.6V(DC), Vin=0.2Vrms, f=1kHz,
BPF:400Hz-30kHz, RL =10kΩ
+1
V =11.4V, Vin=1.65V(DC), Vo=3.0Vrms,
f=1kHz, BPF:400Hz-30kHz, RL =10kΩ
Rg=2.2kΩ, Vin=1.6V(DC), Vo=1Vrms,
f=1kHz, BPF:400Hz-30kHz
-3dB
–3–
NJM2774
+1
+2
■電気的特性 (指定なき場合には V =15V, V =9V, Ta=25℃)
項
目
記
号
条
件
最
小
標
準
最
大
単
位
+1
アンプ3
ラインアンプ)
アンプ3(ラインアンプ
ラインアンプ 特 性 (指定なき場合には V =15V, Ta=25℃)
入 力
D C
電 圧
3
VIDC3
出 力
D C
電 圧
3
VODC3
得
3
GV3
最 大 出 力 電 圧
3
VOM3
出 力 雑 音 電 圧
3
VNO2
電
圧
利
全 高 調 波 歪 率
3 A
THD3A
全 高 調 波 歪 率
3 B
THD3B
Vin=1.5V(DC)
Vin=1.5V(DC), Vin=0.2Vrms, f=1kHz,
RL =10kΩ
Vin=1.5V(DC), THD=1%, f=1kHz,
BPF:400Hz-30kHz, RL =10kΩ
Rg=2.2kΩ, Vin=1.6V(DC),
BPF:400Hz-30kHz
Vin=1.5V(DC), Vin=0.2Vrms, f=1kHz,
BPF:400Hz-30kHz, RL =10kΩ
+1
V =11.4V, Vin=1.5V(DC), Vo=2.8Vrms,
f=1kHz, BPF:400Hz-30kHz, RL =10kΩ
Rg=2.2kΩ, Vin=1.5V(DC), Vo=1Vrms,
f=1kHz, BPF:400Hz-30kHz
1.50
1.60
1.70
V
-
5.84
-
V
+8
+9
+10
dB
2.5
3.0
-
Vrms
-90
(31.6)
-95
(17.8)
-
dBV
(µVrms)
-
0.02
-
%
-
0.15
7.0
%
-
-
-70
dB
チ
ャ
ン
ネ
ル
セ パ レ ー シ ョ ン 3
CS3
同 相 信 号 除 去 比
CMRR
35
-
-
dB
3
RIN3
40
65
-
kΩ
1
VDET1
* 検出電圧以下で X_MUTE OUT 端子出力電流 ON,
X_PROTECT OUT 端子電圧 Low
+1
10.1
10.7
11.0
V
解 除 電 圧
VDET1U
* 解除電圧以上で X_MUTE OUT 端子出力電流 OFF,
X_PROTECT OUT 端子電圧 HIGH
+2
-
-
11.4
V
6.6
7
8.0
V
-
-
8.5
V
-
0.7
-
V
REGIN=3.3V, Io=10mA
3.25
3.30
3.35
V
VOPROH ロジック出力:High, RL =1MΩ
2.8
2.95
3.1
V
0
-
0.5
V
2.8
-
-
V
1.3
1.75
2.2
V
VIMUTEH ロジック入力:High
2.5
-
5.5
V
VIMUTEL ロジック入力:Low
0
-
0.2
V
入
力
抵
抗
制 御 部 D C 特 性
検
出
電
V D E T 1
検
出
電
V D E T 2
検
出
R
E
圧
2
VDET2
解 除 電 圧
VDET2U
電
G
圧
圧
3
VDET3
電
圧
VREG
X_PROTECT
端 子 出 力 電
X_PROTECT
端 子 出 力 電
X _ M U T E
端 子 出 力 電
X _ M U T E
端 子 出 力 電
X _ M U T E
端 子 入 力 電
X _ M U T E
端 子 入 力 電
※
OUT
圧 H
OUT
圧 L
O U T
圧 H
O U T
圧 L
I N
圧 H
I N
圧 L
VOPROL
VOMUTEH
VOMUTEL
検出電圧: V
+1
検出電圧: V
検出電圧: V
*検出電圧以下で X_MUTE OUT 端子出力電流 ON,
X_PROTECT OUT 端子電圧 Low
+2
検出電圧: V
* 解除電圧以上で X_MUTE OUT 端子出力電流 OFF,
X_PROTECT OUT 端子電圧 HIGH
検出電圧:|SP(+) – SP(-)|
* 検出電圧以上で X_PROTECT OUT 端子電圧 Low
ロジック出力:Low, RL =1MΩ
ロジック出力:High,
Vpullup =3.3V, Rpullup=10kΩ
ロジック出力:Low,
Vpullup =3.3V, Rpullup=10kΩ
X_MUTE OUT 端子の電源投入時における初期値の出力電流は ON 設定となります。そのため電源投入後、VIMUTE = Low → High として
X_MUTE OUT 端子の出力電流を OFF 待機(検出解除)してご使用ください。
また X_PROTECT OUT 端子の電源投入時における初期値は High 待機となります。
下記のいずれかの条件時において全ての X_MUTE OUT 端子の出力電流が ON (測定回路条件[Vpullup =3.3V, Rpullup=10kΩ]においては
X_MUTE OUT 端子出力電圧が 1.75V 出力), X_PROTECT OUT 端子の出力電圧が Low 出力となります。
<X_MUTE OUT 端子の出力電流が ON する条件>
VDET1 > V+1
VDET2 > V+2
VIMUTE = Low
<X_PROTECT OUT 端子の出力電圧が Low となる条件>
VDET1 > V+1
VDET2 > V+2
VDET3 < |SP(+) – SP(-)|
–4–
Ver.4.1
NJM2774
! 端子等価回路
端子
端子名
1
2
V
+2
V
+1
機能名
内部等価回路
電源電圧端子 1
電源電圧端子 2
端子電圧
11.4 to 20V
+1
8.5 to V V
12kΩ
GND
+2
V
+2
+2
V
V
3
REG IN
外部基準電圧 (3.3V) 入力端子
―
200Ω
GND
+2
+2
V
V
10Ω
4
REG OUT
外部基準電圧 (3.3V) 出力端子
REG IN
10Ω
200Ω
GND
+2
+2
V
V
6
HP-L IN
7
HP-R IN
Lch ヘッドフォンアンプ
入力端子
Rch ヘッドフォンアンプ
入力端子
1.6V
200Ω
100kΩ
GND
REF1(1.6V)
+1
+1
V
V
9
LINE-L IN
10
LINE-R IN
Lch ラインアンプ 1
入力端子
Rch ラインアンプ 1
入力端子
1.6V
200Ω
100kΩ
GND
Ver.4.1
REF1(1.6V)
–5–
NJM2774
! 端子等価回路
端子
端子名
機能名
内部等価回路
端子電圧
+1
V
+1
V
12
REC-L IN+
13
REC-R IN+
Lch ラインアンプ 2
+入力端子
Rch ラインアンプ 2
+入力端子
1.6V
17kΩ
48kΩ
GND
REF1(1.6V)
+1
V
+1
V
11
REC-L IN-
14
REC-R IN-
Lch ラインアンプ 2
-入力端子
Rch ラインアンプ 2
-入力端子
1.6V
17kΩ
48kΩ
GND
Feedback
+1
V
+1
V
8
REF
内部基準電圧 (1.6V) 端子
200Ω
1.6V
GND
GND
+1
V
15
X_MUTEA IN
16
X_MUTEB IN
18
X_MUTEC IN
アンプ出力ミュートコントロール
用ロジック入力端子 A
アンプ出力ミュートコントロール
用ロジック入力端子 B
アンプ出力ミュートコントロール
用ロジック入力端子 C
5kΩ
0V
200kΩ
12kΩ
GND
GND
GND
2.98V
10kΩ
200Ω
17
X_PROTECT
OUT
DC 検出回路ロジック出力端子
2.95V
12kΩ
GND
–6–
100kΩ
GND
Ver.4.1
NJM2774
! 端子等価回路
端子
端子名
内部等価回路
機能名
端子電圧
+1
V
19
22
25
REC-MUTE
OUT
LINE-MUTE
OUT
HP-MUTE
OUT
アンプ出力ミュートコントロール
用ロジック出力端子 C
アンプ出力ミュートコントロール
用ロジック出力端子 B
アンプ出力ミュートコントロール
用ロジック出力端子 A
10kΩ
―
10kΩ
GND
GND
+1
+1
V
V
50Ω
20
REC-R OUT
21
REC-L OUT
Rch ラインアンプ 2 (REC)
出力端子
Lch ラインアンプ 2 (REC)
出力端子
50Ω
5.84V
GND
48kΩ
17kΩ
to 11pin, 14pin
+1
+1
V
V
50Ω
23
24
LINE-R OUT
LINE-L OUT
50Ω
Rch ラインアンプ 1 出力端子
Lch ラインアンプ 1 出力端子
100kΩ
5.68V
GND
35.4pF
39.2kΩ
ZERO IN (32pin)
+2
+2
V
V
50Ω
26
27
HP-R OUT
HP-L OUT
50Ω
Rch ヘッドフォンアンプ 出力端子
Lch ヘッドフォンアンプ 出力端子
100kΩ
4.26V
GND
60.2kΩ
38.5pF
ZERO IN (32pin)
Ver.4.1
–7–
NJM2774
! 端子等価回路
端子
端子名
内部等価回路
機能名
端子電圧
+1
V
+
28
SPR(-) IN
29
SPR(+) IN
30
SPL(-) IN
31
SPL(+) IN
Rch スピーカーアンプ信号(-)
入力端子
Rch スピーカーアンプ信号(-)
入力端子
Lch スピーカーアンプ信号(-)
入力端子
Lch スピーカーアンプ信号(-)
入力端子
200Ω
100kΩ
GND
―
+1
V
-
200Ω
GND
32
ZERO IN
外部基準電圧 (0V) 入力端子
12kΩ
―
GND
–8–
Ver.4.1
NJM2774
■ 応用回路例 1
V+1=13 to 18V
DC Det.
10.7V±5%
32
1
+2
V =9V
※
ZERO IN
DC Det.
7V±5%
L+
31
2
SP Output
3.3V
DC
Detector
3
30
L-
29
R+
V+2
3.3V REGOUT
4
SP Output
V+2
5
HP-L+
PWM
6
HP-L-
3.01V
R-
28
f=48kHz ±20%
Gain=+8.5dB (V ODC1 : 4.26V)
REF1
V+2
Amplifier 1
to Headphone Output
100µF 100Ω
27
ZERO IN
HP-R+
0.09V
100µF 100Ω
26
7
Center : 1.60V
HP-R-
V+1
ZERO IN
V
8
+1
25
LINE-L+
PWM
REF1
REF1(=1.6V)
9
LINE-L-
V+1
ZERO IN
to Line Output
2.2µF 1kΩ
24
Amplifier 2
3.01V
f=48kHz ±20%
Gain=+11dB (VODC2 : 5.68V)
LINE-R+
0.09V
to Headphone Output
V +1
REF1
23
V +1
ZERO IN
LINE-R-
to Line Output
2.2µF 1kΩ
REF1
10
Center : 1.60V
Bias Control
V+1
11
22
2.2µF 1kΩ
REC-L
12
1Vrms
REF1
Amplifier 3
to REC Output
21
V+1
Center : 1.5V
Gain=+9dB (VODC3 : 5.84V)
REC-R
to REC Output
2.2µF 1kΩ
20
13
V +1
REF1
19
14
3.3V
±5%
X_MUTEA IN
18
15
X_MUTEC IN
3.3V
±5%
3.3V
X_MUTEB IN
17
16
X_PROTECT
OUT
3.3V
±5%
µC
+2
※ V は電流駆動能力の大きいヘッドフォンアンプ及び3.3V REGアンプに供給する電源電圧となって
おりますので9Vでのご使用を推奨いたします。
+1
それ以上の高い電圧(例えばV と共通電源)でご使用の場合には、本応用回路例の定数ではパッケージの
許容損失を超える恐れがありますので、ヘッドフォンアンプ及び3.3V REGアンプの負荷を軽くするなど、
消費電力(内部損失)を考慮し設計を行ってください。
Ver.4.1
–9–
NJM2774
■ 応用回路例 2
V+1=13 to 18V
DC Det.
10.7V±5%
32
1
+2
V =9V
"
ZERO IN
DC Det.
7V±5%
L+
31
2
SP Output
3.3V
DC
Detector
3
30
L-
29
R+
V+2
3.3V REGOUT
4
SP Output
V+2
5
HP-L+
PWM
6
HP-L-
f=48kHz ±20%
Gain=+8.5dB (VODC1 : 4.26V)
REF1
V
3.01V
+2
R-
28
Amplifier 1
to Headphone Output
100µF 100Ω
27
ZERO IN
HP-R+
0.09V
100µF 100Ω
26
7
Center : 1.60V
HP-R-
V+1
ZERO IN
8
V+1
25
LINE-L+
PWM
LINE-L-
REF1
REF1(=1.6V)
9
V+1
ZERO IN
f=48kHz ±20%
Gain=+11dB (VODC2 : 5.68V)
LINE-R+
23
V+1
ZERO IN
LINE-R-
to Line Output
2.2µF 1kΩ
REF1
10
Center :1.60V
to Line Output
2.2µF 1kΩ
24
Amplifier 2
3.01V
0.09V
to Headphone Output
V+1
REF1
Bias Control
REC-LCOMMON
V+1
11
22
2.2µF 1kΩ
REC-L+
12
1.0Vrms
REF1
Amplifier 3
to REC Output
21
V+1
Gain=+9dB (VODC3 : 6.0V)
REC-R+
V
REF1
REC-RCOMMON
to REC Output
2.2µF 1kΩ
20
13
+1
19
14
3.3V
±5%
X_MUTEA IN
18
15
X_MUTEC IN
3.3V
±5%
3.3V
X_MUTEB IN
17
16
X_PROTECT
OUT
3.3V
±5%
µC
+2
※ V は電流駆動能力の大きいヘッドフォンアンプ及び3.3V REGアンプに供給する電源電圧となって
おりますので9Vでのご使用を推奨いたします。
+1
それ以上の高い電圧(例えばV と共通電源)でご使用の場合には、本応用回路例の定数ではパッケージの
許容損失を超える恐れがありますので、ヘッドフォンアンプ及び3.3V REGアンプの負荷を軽くするなど、
消費電力(内部損失)を考慮し設計を行ってください。
– 10 –
Ver.4.1
NJM2774
■ 測定回路
V+1
DC Det.
10.7V±5%
ICC1
32
1
V+2
ZERO IN
DC Det.
7V±5%
ICC2
31
2
V DET3
3.3V
DC
Detector
3
30
V+2
VREG
29
4
V DET3
10mA
V+2
5
6
Vin
Rg=2.2kΩ
28
f=48kHz ±20%
Gain=+8.5dB (VODC1 : 4.26V)
REF1
V+2
Amplifier 1
100µF
AMP1 Output
27
100Ω
ZERO IN
VDC
100µF
Vin
Rg=2.2kΩ
100Ω
REF1
V+1
ZERO IN
V DC
AMP1 Output
26
7
V
8
Vpullup=3.3V
Rpullup=10kΩ
+1
25
V OMUTE
REF1
REF1(=1.6V)
9
Vin
V+1
10kΩ
Amplifier 2
Rg=2.2kΩ
f=48kHz ±20%
Gain=+11dB (VODC2 : 5.68V)
VDC
REF1
2.2µF
AMP2 Output
23
10
Vin
AMP2 Output
2.2µF
24
ZERO IN
Rg=2.2kΩ
10kΩ
ZERO IN
V pullup=3.3V
Bias Control
V DC
V +1
11
Rpullup=10kΩ
22
V OMUTE
AMP3 Output
2.2µF
12
Vin
REF1
Amplifier 3
V
Rg=2.2kΩ
21
+1
10kΩ
Gain=+9dB
Vin=1.5V(DC)
2.2µF
REF1
10kΩ
Vin
Vin=1.5V(DC)
Vpullup=3.3V
Rg=2.2kΩ
Rpullup=10kΩ
19
14
3.3V
±5%
VIMUTE
AMP3 Output
20
13
VOMUTE
10kΩ
18
15
3.3V
±5%
VIMUTE
10kΩ
X_PROTECT OUT
VIMUTE
17
16
3.3V
±5%
10kΩ
<注意事項>
このデータブックの掲載内容の正確さには
万全を期しておりますが、掲載内容について
何らかの法的な保証を行うものではありませ
ん。とくに応用回路については、製品の代表
的な応用例を説明するためのものです。また、
工業所有権その他の権利の実施権の許諾を伴
うものではなく、第三者の権利を侵害しない
ことを保証するものでもありません。
Ver.4.1
– 11 –
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
156 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content