close

Enter

Log in using OpenID

行事記録 (1977–2015) - 南山宗教文化研究所

embedDownload
CALENDAR OF EVENTS AT THE INSTITUTE
Academic Year A p r i l 1977
A p r i l 1, 1 9 7 7
-
March 1978
Two new r e s e a r c h members ( o n a one y e a r cont r a c t ) join our s t a f f :
Oda Yoshiko ( I s l a m i c s t u d i e s , ~ u f i s m )
Narikawa Mineo ( h i s t o r y of S e t 6 Zen,
~esshfi)
S t a r t of t h e s e r i e s o f monthly d i a l o g u e s e s s i o n s w i t h t h e r e d a c t i o n committee of t h e P u r e
Land B u d d h i s t j o u r n a l Gankai
S t a r t of t h e s e r i e s of f o r t n i g h t l y s e m i n a r s
A p r i l 22
f o r t h e I n s t i t u t e members: e a c h i n t u r n g i v e s
a r e p o r t of t h e r e s e a r c h i n p r o c e s s , f o l l o w e d
by a g e n e r a l d i s c u s s i o n .
May 20
Resumption o f t h e i n t e r d i s c i p l i n a r y s e m i n a r on
S h i n r a n u n d e r .the g u i d a n c e of P r o f e s s o r Takeu c h i Yoshinori
Colloquium on " J a p a n e s e r e l i g i o s i t y 1 ' - g i v e n by
June 3
P r o f . N i s h i t a n i K e i j i , p r o f e s s o r e m e r i t u s of
Kyoto U n i v e r s i t y .
S e p t e m b e r 17
The I n s t i t u t e co-sponsors a p u b l i c l e c t u r e on
S i b e r i a n a r c h e o l o g y by P r o f . Joachim Werner,
p r o f e s s o r e m e r i t u s o f Miinchen U n i v e r s i t y .
O c t o b e r 14-16
T h r e e members ( J a n Van B r a g t , J a n Swyngedouw,
and Oda ~ o s h i k o )r e a d a p a p e r a t t h e Annual
Convention of t h e J a p a n e s e A s s o c i a t i o n f o r
R e l i g i o u s S t u d i e s , h e l d a t A i c h i Gakuin University ( ~ a ~ o ~ a )
October 1 4
Colloquium on "The s c r i p t u r a l s o u r c e s of t h e
Upadesa a n d t h e i r r e s p e c t i v e v a l u e " g i v e n by
P r o f . E t i e n n e Lamotte, p r o f e s s o r e m e r i t u s of
Louvain U n i v e r s i t y ( h e l d a t t h e s i t e of t h e
above-mentioned c o n v e n t i o n )
J a n u a r y 4-6, 1978: B u d d h i s t - C h r i s t i a n Symposium ( s e e r e p o r t
below)
A p r i l 14
.
F u r t h e r i t e m s s h o u l d be mentioned:
- Co-sponsoring by t h e I n s t i t u t e o f , and a c t i v e p a r t i c i p a t i o n by
t h e members i n i n t e r - r e l i g i o u s d i a l o g u e m e e t i n g s :
Conference on R e l i g i o n i n Modern S o c i e t y (CORMOS)
Tokyo, J u l y 19-20, 1977
Kyoto, December 27-28, 1977
World Conference on R e l i g i o n and Peace (WCRP)
Nikk6, March 17-14, 1978
Ecumenical Group f o r the Study of I n t e r f a i t h Dialogue
( EGSID)
Tokyo, A p r i l 2-4, 1977
Omiya, November 19-20, 1977
- D i r e c t i o n of seminars on Japanese r e l i g i o n by members of the
Institute:
Himeji, May 1-3, 1977
Kyoto, August 3-5, 1977
T a i p e i ( ~ a i w a n ) ,October 26-28,
Nagoya, January 2-4, 1978
1977
CALENDAR OF EVENTS AT THE INSTITUTE
Academic Year April 1978
April 1, 1978
-
March 1979
: Jan Swyngedouw, CICM, moves to Nagoya to
become a full-time fellow. Kobayashi Kazushige
(Buddhist folk religion, Shugend6) joins our
staff as a research fellow on a one year contract
James Beckford, lecturer in the Sociology of
Religion at the University of Durham, England,
visits the Institute.
The first of a series of meetings of the Executive Committee of our East-West Spiritual
Exchange plan (cf. article below) is held.
Jan Swyngedouw and Jan Van Bragt lead a seminar
on "Current Japanese Religiosityu for the CICM
Fathers in Himeji.
The series of monthly dialogue sessions with
the Buddhist GANKAI group is resumed.
Groundbreaking ceremonies are held for our
guest house, "the Paulus Heim".
A colloquium on I1ShugendG,the Mountain Religion"
is given by Gorai Shigeru, professor at Btani
University, Kyoto.
The Director leaves for Europe in preparation
for the East-West Spiritual Exchange project,
and a Seminar on "Zen and Christianity" in
The Hague.
Our first book, Nanzan Symposium I , Religious
Experience and Language appears, published by
Kinokuniya, Tokyo.
Our Bulletin Nr. 2 appears.
James Heisig joins our staff as a full-time
fellow.
consultations leading to the incorporation of
the Institute into Nanzan University begin.
Seven members of the C.I.S.R. (Confdrence
Internationale de Sociologie Religieuse) visit
our institute : Professors Carlo Caldarola
(Alberta), Karel Dobbelaere (Leuven), Thomas
Luckmann (Konstanz), David and Bernice Martin
(London), Hans Mol OlcMaster), and Bryan
Wilson (Oxford). There is an informal symposium
followed by a New Year party.
Inauguration ceremonies for our new guest house
"the Paulus Heim," are held.
.
April 4-6
:
April 16
:
April 30-May 2
:
May 16
:
May 29
:
June 19
:
June 23
:
July 31
:
August 31
September 1
:
:
October 1
:
January 1-2, 1979
:
January 25
:
February 7
March 26-29
: A c o l l o q u i u m o n "Buddhism a n d C h r i s t i a n i t y " i s
g i v e n by F r i t z B u r i , P r o f e s s o r E m e r i t u s o f B a s e l
University.
From F e b . 5 - 8 , P r o f . a n d Mrs. B u r i a r e o u r
first g u e s t s i n t h e P a u l u s Heim.
: A P r e p a r a t o r y Seminar f o r o u r East-West
S p i r i t u a l Exchange p r o j e c t is h e l d i n S a n k t
A u g u s t i n , Germany ( n e a r B o n n ) .
CALENDAR OF EVENTS AT THE INSTITUTE
Academic Year A p r i l 1979
A p r i l 1, 1979
-
March 1980
: The I n s t i t u t e is i n c o r p o r a t e d i n t o Nanzan U n i v e r s i t y .
Hino Sh6un ( t h e r e l a t i o n s h i p of Hinduism and I n d i a n
Buddhism) j o i n s o u r s t a f f a s a. r e s e a r c h f e l l o w o n a one
y e a r c o n t r a c t , and Kobayashi Kazushige r e c e i v e s a oney e a r renewal of h i s c o n t r a c t .
S a t 5 Michio, P r o f e s s o r a t
Ryiikoku U n i v e r s i t y i n Kyoto, b e g i n s a y e a r ' s s t u d y of
C h r i s t i a n i t y as a v i s i t i n g s c h o l a r a t t h e I n s t i t u t e .
A p r i l 11
: A seminar of t h e Amida S u t r a and i t s i n t e r p r e t a t i o n
a c c o r d i n g t o t h e " f i v e houses" e s o t e r i c t r a d i t i o n b e g i n s .
A p r i l 21
: P r e s s Conference i n Sophia U n i v e r s i t y (Tokyo) on t h e
forthcoming East-West S p i r i t u a l Exchange Program ( s e e
a r t i c l e below).
A p r i l 26
: The s e r i e s of bi-monthly
A p r i l 27
: A monthly seminar on "Problems of t h e A p o s t o l a t e i n
dialogue sessions with t h e
Buddhist GANKAI group resumes.
~ a p a n "b e g i n s (cosponsored by Bishop S6ma Nobuo of Nagoya
diocese).
May 4
: A c o n f e r e n c e and colloquium on "Euthanasia" i s p r e s e n t e d
by Henry van S t r a e l e n SVD, P r o f e s s o r e m e r i t u s of Nanzan
University.
J u n e 2-3
: A p r e p a r a t o r y seminar f o r t h e p a r t i c i p a n t s i n t h e E a s t -
West S p i r i t u a l Exchange Program is h e l d a t bhe I n s t i t u t e .
June 5
: A colloquium o n "The R i s e of Neo-Confucian
Orthodoxy i n
Yuan c h i n a " i s p r e s e n t e d by Theodore W . De Bary, Prof e s s o r of Columbia U n i v e r s i t y , New York.
June 6
: A seminar of K a r l Rahner's GRUNDKURS DES GLAUBENS is
June 18
: ABSOLUTE NOTHINGNESS, t h e f i r s t volume of o u r p r o j e c t e d
initiated.
s e r i e s , Nanzan S t u d i e s i n R e l i g i o n and C u l t u r e , i s
a c c e p t e d f o r p u b l i c a t i o n by t h e P a u l i s t P r e s s of New York.
J u l y 27
: The D i r e c t o r l e a v e s f o r Europe t o conduct a seminar on
"Buddhism i n t h e West" a t t h e S a l z b u r g e r Hochschulwochen
( J u l y 30-August 1 0 ) and f o r p a r t i c i p a t i o n i n t h e E a s t West S p i r i t u a l Exchange Program.
August 1 7
: The Zen C a l l i g r a p h y E x h i b i t i o n opens a t Cologne's
M u n i c i p a l Museum f o r Eas t-Asian A r t .
September 3-23
: T h i r t y - n i n e J a p a n e s e r e l i g i o n i s t s t a k e up r e s i d e n c e i n
European m o n a s t e r i e s and h o l d d e m o n s t r a t i o n s of ZendE i n
Cologne-Bonn,
Munich
September 26
Amsterdam, The Hague, B r u s s e l s , P a r i s , and
.
: The East-West S p i r i t u a l Exchange group i s g r a n t e d a n
a u d i e n c e w i t h Pope J o h n P a u l 11.
September 30
: B u l l e t i n N r . 3 of t h e I n s t i t u t e a p p e a r s .
November 7
: J . Van B r a g t and J . Swyngedouw l e c t u r e on C h r i s t i a n i t y a t
t h e DendEin ( f o r m a t i o n s e m i n a r y ) of Nishi-Honganji
(Kyoto).
November 1 3
: A c o l l o q u i u m on " ~ e l i g i o u sResearch i n a G l o b a l Community"
i s p r e s e n t e d by Thomas B e r r y , P r o f e s s o r e m e r i t u s of
Fordham U n i v e r s i t y and D i r e c t o r of The R i v e r d a l e C e n t e r
of R e l i g i o u s R e s e a r c h , New York.
November 1 8
: A m e e t i n g of t h e Ecumenical Group f o r t h e S t u d y of I n t e r f a i t h D i a l o g u e (EGSID) i s h e l d a t t h e I n s t i t u t e .
November 24
: A c o l l o q u i u m on
he P h i l o s o p h y of C a r d i n a l W o j t i l a " i s
conducted by Anna-Teresa Tymieniecka, P r e s i d e n t of The
World I n s t i t u t e f o r Advanced Phenomenological Research
and L e a r n i n g .
November 27
: A c o l l o q u i u m on "The B a s i s of Rudolf O t t o ' s P h i l o s o p h y
of R e l i g i o n " i s p r e s e n t e d by Ansgar Paus OSB, P r o f e s s o r
of S a l z b u r g U n i v e r s i t y , A u s t r i a .
December 6
: A c o l l o q u i u m on "The D i a l e c t i c of P l o t i n u s " i s p r e s e n t e d
by R. B a i n e H a r r i s , Chairman of t h e Department o f
P h i l o s o p h y , Old Dominion U n i v e r s i t y , N o r f o l k , V i r g i n i a .
J a n u a r y 1 0 , 1980: A c o l l o q u i u m on " E t h i c a l P e r s p e c t i v e s i n S h i n r a n " i s cond u c t e d by A l f r e d Bloom) P r o f e s s o r of Hawaii U n i v e r s i t y .
March 31-April 2: The T h i r d Nanzan ( B u d d h i s t - C h r i s t i a n )
Symposium i s h e l d
a t t h e I n s t i t u t e on t h e theme " C h r i s t i a n i t y and t h e Kyoto
S c h o o l of P h i l o s o p h y ( N i s h i d a Ki tar-6, Tanabe Haj ime)
.I'
CALENDAR OF EVENTS AT THE INSTITUTE
Academic Year A p r i l 1980
-
March 1 9 8 1
March 3 1 - A p r i l 2 : The T h i r d Nanzan ( B u d d h i s t - C h r i s t i a n )
Symposium i s h e l d a t
t h e I n s t i t u t e on t h e theme " C h r i s t i a n i t y and t h e Kyoto
School o f P h i l o s o p h y ( N i s h i d a ~ i t a r o ,Tanabe Hajime)
April 1
: Hino Shoun r e c e i v e s a one-year
April 3
: Prof. Dr.
."
renewal of h i s c o n t r a c t a s
a research fellow.
Hans W a l d e n f e l s , Dean of t h e Department of Theology
a t Bonn U n i v e r s i t y , who s t a y e d w i t h u s from March 22,
r e t u r n s t o Germany.
April 4
: P r o f . Graham Howes, D i r e c t o r o f S t u d i e s f o r t h e " R e l i g i o u s
and S o c i a l Change Programme" a t t h e U n i v e r s i t y of Cambridge,
v i s i t s the Institute.
A p r i l 23
: The s e r i e s o f monthly s e m i n a r s on t h e Amida S u t r a and i t s
i n t e r p r e t a t i o n according t o t h e e s o t e r i c ~ h i n s h ; t r a d i t i o n
( s o d e n ) resumes.
A p r i l 28
: F a t h e r M a t t h i a s Eder SVD, f o u n d e r and e d i t o r of t h e A s i a n
F o l k l o r e S t u d i e s j o u r n a l , p a s s e s away a t a g e 78. F o r t h e
l a s t f o u r y e a r s F r . E d e r had h i s e d i t o r i a l o f f i c e i n o u r
b u i l d i n g and was a " f a t h e r l y p r e s e n c e " i n o u r m i d s t .
A p r i l 30
: The s e r i e s of bi-monthly
dialogue s e s s i o n s w i t h t h e Buddhist
GANKAI group resumes.
May 8
: P r o f . F a u s t o Gomez OP, Dean of t h e Department of Theology
a t t h e S a n t o ~ o m A sU n i v e r s i t y of M a n i l a , v i s i t s t h e I n s t i tute.
May 20
: A c o l l o q u i u m on "The S t r u c t u r e of t h e Mandala i n E s o t e r i c
Buddhism" i s p r e s e n t e d by Miyasaka ~ ; s h o , P r o f e s s o r of
I n d i a n P h i l o s o p h y a t Nagoya S t a t e U n i v e r s i t y .
May 31
: Members of t h e I n s t i t u t e p a r t i c i p a t e i n t h e m e e t i n g of t h e
Ecumenical Group f o r t h e S t u d y o f I n t e r f a i t h Dial-ogue
(EGSID) a t S o p h i a U n i v e r s i t y i n Tokyo.
J u n e 11
: R e l i g i o n and N o t h i n g n e s s , a t r a n s l a t i o n of N i s h i t a n i K e i j i ' s
sh;kyo
t o wa n a n i k a , i s a c c e p t e d f o r p u b l i c a t i o n i n o u r
E n g l i s h - l a n g u a g e monograph 3 e r i e s by t h e U n i v e r s i t y of
Calendar of Events
April 2013–March 2014
2013
3 April David W. Johnson (Pennsylvania State University) arrives as a short-term
researcher (until 30 July).
17 April Canon Foundation Fellow Ramunas Motiekaitis (University of Vilnius)
arrives to begin a one-year research residence.
26 April A colloquium is held with Xu Yi Meng (Fukuoka Women’s University)
on “The Acceptance of Christianity in a Contemporary Chinese Village:
The Institutional Church and the Non-Institutional Church,” as part of
the project on “Christianity in East Asia.”
5 May Victor Hori (McGill University) arrives for a short-term research residence (until 29 July).
17 May A colloquium is held with Murakami Shiho (Ritsumeikan University)
on the topic “The Protestant Church in Shanghai: Changes in the Midst
of Economic Development and Urbanization,” as part of the project on
“Christianity in East Asia.”
23 May Esther-Maria Guggenmos (International Consortium for Research in the
Humanities in Erlangen, Germany) gives a presentation on “Divining
One’s Karma as Spiritual Practice: The Sūtra on the Divination of Good
and Evil Karmic Retribution.”
31 May– Saitō Takako, researcher of the Centre d’Études Japonaises of the Institut
4 June national des langues et civilisations orientales in Paris and associate professor at the University of Le Havre, comes to consult on her research
projects related to Japanese philosophy.
1–2 June The first Nanzan Seminar for the Study of Japanese Religions is held,
with presentations by eight advanced graduate students from around the
world.
3 June Rebeca Maldonado and Andrés Marquina arrive from Mexico to spend
a month at the Institute working on a Spanish translation of Tanabe
Hajime’s Philosophy as Metanoetics.
5 JuneVictor Hori presents the first of three inhouse seminars; the first on
“What Can and Cannot be Understood through Language in Zen?”
Nanzan Institute for Religion & Culture
5
Bulletin 38 (2014)
calendar of events
7 JuneA colloquium is held with Matsutani Motokazu (Tohoku University)
on “Korean Christianity and Nationalism” as part of the project on
“Christianity in East Asia.”
15–16 June Kim Seung Chul attends the annual meeting of the Association for the
Study of Comparative Thought, held at Taishō University in Tokyo.
17–21 June Clark Chilson visits the Institute to work on the editing and production
of his forthcoming book on Secrecy’s Power.
19 June Victor Hori presents the second of three inhouse seminars; the second on
“A Performative Theory of Zen Language.”
22 June Paul Swanson travels to Kii-Nagashima for the annual meeting of the
International Kumano Association.
23 June Paul Swanson travels to Tokyo for a meeting of the Board of Regents of
the International Institute for the Study of Religion.
23–28 June David White travels to Macao for the annual meeting of the International
Conference of Asian Studies (ICAS).
late June The Japanese Journal of Religious Studies (vol. 40/1), the English Bulletin (vol.
37) and Japanese Shohō (vol. 23) arrive from the printers.
26 June– Kim Seung Chul travels to Ghent, Belgium, for the bi-annual meeting of
5 July the European Network of Buddhist-Christian Studies.
1 JulyHeather Blair (Indiana University) and Kawasaki Tsuyoshi (Shūjitsu
University) visit the Institute to discuss guest-editing a special issue of the
JJRS.
3 July Victor Hori presents the third of three inhouse seminars; the third on
“Recent Critiques of the Concept of Zen Experience.”
6 July Okuyama Michiaki and Paul Swanson travel to Tokyo for meetings of the
editorial board of the journal Religious Studies in Japan, and the Board of
Directors of the Japanese Association for Religious Studies.
7 July Thomas P. Kasulis (Ohio State University) comes for a month to complete his book on Engaging Japanese Philosophy: A History. Word arrives
that Japanese Philosophy: A Sourcebook was awarded an “Edited Volume
Accolade” in Social Sciences by the ICAS.
16–17 July Thomas John Hastings, a Senior Research Fellow at the Japan International
Christian University Foundation in New York City, comes to discuss a
joint project on science and religion.
22 July A colloquium is held with Satō Chitose (Hokkaidō Shōka University) on
“Chinese Society and Christianity: Home Churches and the Dialogue
with the Movement for the Defense of Human Rights.”
Copies of Jim Heisig’s Nothingness and Desire arrive from the publishers.
24 July David Johnson (Boston College) presents a seminar on “Gadamer and
Nishida.”
Bulletin 38 (2014)
6
Nanzan Institute for Religion & Culture
calendar of events
23 Aug. James Heisig leaves for a month’s lecture tour to Europe and the United
States.
1 Sept. Keller Kimbrough (University of Colorado) arrives to spend a few months
at the Institute (until 12/31).
6–8 Sept. Okuyama Michiaki and Paul Swanson attend the annual conference of
the Japanese Association for Religious Studies at Kokugakuin University
(Tokyo)
10‒20 Sept. Kim Seung Chul travels to Germany to attend the conference of Deutsche
Vereinigung für Religionswissenschaft at Göttingen, Germany.
11–18 Sept. Åasulf Lande, former holder of the Roche Chair and currently Senior
Researcher at Agder University, comes to conduct research on Ōmotokyō.
18 Sept. Philip Blosser (Sacred Heart Major Seminary, Detroit) presents a seminar
on “Person and God in Scheler and Nishitani.”
18‒24 Sept. Okuyama Michiaki travels to New York on business.
31 Sept.– Nigel Black (University of South Australia) visits the Institute to pursue
3 Oct. his interest in Zen and design.
13‒29 Oct. Gereon Kopf (Luther College, Iowa) comes to continue his research on
Japanese philosophy.
19‒26 Oct.Ian Reader (Lancaster University) visits the Institute to work on his
donated photo archive.
21–28 Oct. James Heisig travels to Oregon (USA) to present a paper at the Society for
Phenomenology and Existential Philosophy and to deliver a public lecture
on “Christianity’s Dialogue with Buddhism in Japan” at the University of
Oregon.
22‒26 Nov.Kim Seung Chul, Okuyama Michiaki, and Paul Swanson attend the
annual conference of the American Academy of Religion in Baltimore,
USA.
28 Nov. A book review forum is held concerning the publication by Fujino Yōhei
(Tokyo Gaikokugo University) on “Christianity in Taiwan,” as part of the
project on “Christianity in East Asia.” Reviews were given by Institute
researchers Nagasawa Shiho and Nagaoka Takashi.
4 Dec. Jim Heisig gives a lecture on “An East-West Philosophical Antiphony
on Nothingness and Desire” at the University of Tokyo Center for
Philosophy.
10–23 Dec. Carlos Barbosa (Autonomous University of Bogota, Colombia) comes
to assist in the editing of the Spanish editioin of Japanese Philosophy: A
Sourcebook.
13 Dec.– Gereon Kopf (Luther College, Iowa) returns to carry on further research
6 Jan. in Japanese philosophy.
Nanzan Institute for Religion & Culture
7
Bulletin 38 (2014)
calendar of events
2014
9‒12 Jan. Erica Bafelli (Manchester University) comes to gather materials on new
religious movements.
10 Jan. A colloquium is held with I son Jon (Keisen Women’s University) on
“Christianity and the Development of Upper-Level Education in Korea.”
14–31 Jan. Alfonso Falero (University of Salamanca) comes to work on the “Shinto
and Native Studies” section of the Spanish edition of Japanese Philosophy:
A Sourcebook.
17–20 Feb. 7 members of the research staff travel to Hong Kong to consult with local
scholars as part of the Institute’s investigation of Christianity in East Asia.
24 Feb.– Kim Seung Chul travels to Vienna to conduct research at the Institut für
15 March Osteuropäischen Geschichte of the Vienna University.
25 Feb. The local Nagoya Study Group on Religion and Society holds a meeting
with presentations by Awazu Kenta (Nanzan Institute) on “Recent developments in research on memorials for the war dead,” and Ito Masayuki
(Aichi Gakuin) on “Religion, spirituality and theories of happiness.”
6 March Copies of Modern Buddhism in Japan (edited by Hayashi Makoto, Otani
Eiichi, and Paul L. Swanson) arrive from the printers.
8 MarchFrank Korom (Boston University) arrives to assist in editing Asian
Ethnology (until 17 March).
9 MarchMark MacWilliams (St. Lawrence University) arrives to work with
Okuyama Michiaki on their project “defining Shinto” (until 16 March).
20–31 MarchBen Dorman, James Heisig, Paul Swanson, and David White travel to the
US to attend the annual conference of the Association for Asian Studies
in Philadelphia.
Other visitors included
2013
15–22 May Mark Mullins (University of Auckland, New Zealand)
17 May Paula Esguerra (PhD candidate at International Christian University in
Tokyo)
17–19 May Gary Ross (Kanazawa University)
5 June Jamie and Maki Hubbard (Smith College, USA)
Christian Wittern (Professor at the Center for Informatics in East-Asian
Studies of the Institute for Research in Humanities, Kyoto University)
Maria Küchen (Sweden)
10 June Miriam Cho (an undergraduate at Yale University)
14 June Jae-ryong Song (Kyung Hee University, South Korea)
2 JulyChristopher G. Harding (Lecturer in Asian History, University of
Edinburgh)
Bulletin 38 (2014)
8
Nanzan Institute for Religion & Culture
calendar of events
15 July Thomas Kirchner (Hanazono University International Research Institute
for Zen Buddhism)
18 July Mazzei Antonella (student at the Università Orientale di Napoli)
21 July Stefan Vikström (Captain, Finnair)
23 JulyKinoshita Tomio (Principal Program Director, Japan Broadcasting
Corporation/NHK)
5 Aug. Alan Mattei (exchange student at Dōshisha University from the University
of California at Santa Barbara)
26 Sept. Rein Raud (Professor at Tallinn University in Estonia)
30 Sept. Nigel Black (PhD candidate, Adelaide University)
21 Oct. Esben Andreasen (Denmark)
6 Nov. Mark Mullins (University of Auckland, New Zealand)
12 Nov. Tabuchi Munetaka (Embassy of Japan in Norway)
14 Nov. Ikeuchi Suma (graduate student at Emory University)
27 Nov. Sara Bodoni (Università degli Studi di Milano)
19 Dec. Murayama-Cain Yumi (Nagoya University of Commerce and Business)
2014
21 Feb. Thomas Hastings (Center of Theological Inquiry, Princeton)
24 Feb. Murakami Shigenori (Leader of the Hidden Christians in the Kurosaki
District)
25 Feb. James Mark Shields (Bucknell University)
26 March Lee Jin Hyon (Pastor of the Korean Methodist Church)
Nanzan Institute for Religion & Culture
9
Bulletin 38 (2014)
California Press.
: A contract
June 14
i s s i g n e d w i t h t h e ~ h u n j ; s h a P u b l i s h i n g Co. o f
Tokyo Eor t h e p u b l i c a t i o n o f Symposium 111.
: A colloquium (co-sponsored
October 6
by t h e D e p a r t m e n t of P h i l o s o p h y )
o n "Man, a ~ i a l o g u e " i s p r e s e n t e d by P r o f . H e i n r i c h Rombach
o f Wurzburg U n i v e r s i t y .
O c t o b e r 5-9
: Hava L a z a r u s - Y a f e h ,
P r o f e s s o r of I s l a m i c S t u d i e s a t t h e
Hebrew U n i v e r s i t y o f J e r u s a l e m , a n d h e r two c h i l d r e n v i s i t
US.
October 7
: A c o l l o q u i u r n o n " T h e o r y and P r a c t i c e o f Karma and R e i n c a r -
n a t i o n " i s p r e s e n t e d by P r o f . N a r a Y a s u a k i o f Komazawa
U n i v e r s i t y i n Tokyo.
O c t o b e r 20
: The e d i t i n g o f
October 30
: A c o l l o q u i u m on "The E s s e n c e o f C h r i s t i a n i t y " i s p r e s e n t e d
t h e m a n u s c r i p t s o f Symposium I11 i s com-
p l e t e d and d e l i v e r e d t o t h e p u b l i s h e r .
by ProE. Werner D e t t l o f f , D i r e c t o r o f t h e Grabman I n s t i t u t e o f Medieval P h i l o s o p h y and Theology a t t h e U n i v e r s i t y
o f Munich. P r o f . D e t t l o f f l i v e d w i t h u s a s o u r g u e s t f r o m
O c t o b e r 2 4 t o November 3.
November 2 1
: A c o l l o q u i u m o n "The R e l i g i o u s C o n s c i o u s n e s s of t h e J a p a -
n e s e " i s p r e s e n t e d by Yanagawa K e i i c h i , P r o f e s s o r a t Tokyo
S t a t e U n i v e r s i t y and P r e s i d e n t of t h e J a p a n e s e A s s o c i a t i o n
f o r Religious Studies.
December 1 9
: Bulletin
No.4 o f t h e I n s t i t u t e a p p e a r s .
December
: Volume 1 o f "Nanzan S t u d i e s i n R e l i g i o n a n d C u l t u r e , "
Absolute Nothingness: Foundations f o r a Buddhist-Christian
D i a l o g u e by Hans W a l d e n f e l s , i s p u b l i s h e d by t h e P a u l i s t
P r e s s o f New York.
J a n u a r y 2 0 , 1 9 8 1 : The I n s t i t u t e t a k e s o v e r t h e e d i t i n g and p u b l i c a t i o n o f t h e
Japanese J o u r n a l of Religious S t u d i e s , h i t h e r t o published
by t h e I n t e r n a t i o n a l I n s t i t u t e f o r t h e S t u d y of R e l i g i o n s .
: J a n Swyngedouw l e a v e s f o r M a n i l a , f o r a c o n s u l t a t i o n meet-
Jan.17-Febr.3
i n g on " I n c u l t u r a t i o n " a t t h e E a s t A s i a n P a s t o r a l I n s t i t u t e
(EAPI), and f o r g u e s t l e c t u r e s on S h i n t o and J a p a n e s e rel i g i o s i t y a t t h e M a r y h i l l School of Theology.
Febr.1-March
5
: J a n Van B r a g t l e a v e s f o r M a n i l a ,
f o r g u e s t l e c t u r e s on
Buddhism a t t h e U n i v e r s i t y o f S a n t o
omi is
and t h e M a r y h i l l
School of Theology.
February 1 0
: J a n Swyngedouw's b o o k , Wa t o bun n o k o z o ( ~ h es t r u c t u r e of
s h a r e d harmony) a p p e a r s .
Febr.11 and
Febr.14-15
: Dr.
F r e d e r i c k F r a n c k o f "Pacem i n T e r r i s " (New York) d i r e c t s
s e m i n a r s on "The Zen of S e e i n g " a t t h e I n s t i t u t e . D r . a n d
C l a s k e F r a n c k w e r e o u r g u e s t s from J a n u a r y 2 1 t o A p r i l 5.
During t h a t t i m e they n o t o n l y completed t h e e d i t i n g of
a new volume f o r Nanzan S t u d i e s (The Buddha E y e ) , b u t
b r o u g h t a t o u c h o f c r e a t i v i t y t o many a r e a s of o u r l i f e ,
i n c l u d i n g t h e i n t e r i o r d e c o r a t i o n of o u r P a u l u s Heim a n d
t h e d o n a t i o n o f a s c u l p t u r e t o t h e I n s t i t u t e ' s f r o n t lawn.
March 20-29
: James H e i s i g
t r a v e l s t o Rome t o t a k e p a r t i n t h e m e e t i n g s
o f a n i n t e r n a t i o n a l m i s s i o l o g i c a l commission on d i s c u s s i n g
modern p r o b l e m s o f m i s s i o n .
-----I
CALENDAR OF EVENTS AT THE I N S T I T U T E
(Academic Year of
A p r i l 1, 1 9 8 1
1981-1982)
Akamatsu ~ k i h i k o( a s p e c i a l i s t
in
Buddhist l o g i c
i n I n d i a ) j o i n s o u r s t a f f a s a r e s e a r c h member.
April 4
J a n Van B r a g t i s r e a p p o i n t e d a s d i r e c t o r , e f f e c t i v e
t o March 31, 1 9 8 3 .
April 7
D r . F r e d e r i c k and Claske Franck l e a v e u s t o r e t u r n
t o "Pacem i n erri is" i n Warwick, N . Y .
A p r i l 20
The s e r i e s o f m o n t h l y s e m i n a r s on t h e Amida S u t r a
a n d i t s i n t e r p r e t a t i o n a c c o r d i n g t o t h e SZden
resumes.
A p r i l 20
The s e c o n d volume i n o u r ( J a p a n e s e L a n g u a g e ) Nanzan
Symposium s e r i e s , Z e t t a i iriu t o
kmi ( A b s o l u t e
N o t h i n g n e s s a n d God! a p p e a r s .
May 1 9
The s e r i e s o f b i - m o n t h l y d i a l o g u e s e s s i o n s w i t h t h e
S h i n s h n B u d d h i s t GANKAI g r o u p r e s u m e s .
June 17
P r o f . J a y McDaniel o f H e n d r i x C o l l e g e ( A r k a n s a s ,
U.S.A.) j o i n s us a s a v i s i t i n g . s c h o l a r ' f o r s i x
w e e k s , t o work on a c o m p a r a t i v e s t u d y o f Zen a n d
P r o c e s s Theology.
J u n e 19-21
The d i r e c t o r t a k e s M s g r . J e a n J a d o t , P r e s i d e n t o f
t h e Vatican S e c r e t a r i a t f o r Non-Christians,
on a
g u i d e d t o u r o f B u d d h i s t h e a d q u a r t e r s i n Osaka a n d
Kyoto.
J u n e 24
P r o f . G i l b e r t J o h n s t o n of Eckerd C o l l e g e ( F l o r i d a ,
U . S . A . ) j o i n s u s f o r a f o r t n i g h t of s t u d y on
Kiyozawa M a n s h i .
J u n e 26
A c o l l o q u i u m o n "New T r e n d s i n C a t h o l i c E t h i c s
-
Feyond N a t u r a l Law" i s p r e s e n t e d by R e v . I n u g a i
Masakazu, p r o f e s s o r o f Kanagawa U n i v e r s i t y
J u n e 27
Vo1.8 n r s . 1-2 o f t h e Japanese JoctmaZ of' ReZ-igious
Studies, t h e f i r s t i s s u e under our e d i t o r s h i p ,
appears.
J u l y 16
J a n Swyngedouw i s awarded t h e a n n u a l p r i z e o f t h e
J a p a n e s e F e d e r a t i o n o f Catho1i.c u n i v e r s i t i e s f o r
h i s book
Structure
Ma t o bun no k&d
(The
o f S h a r e d Harmony).
D r . W . Mlchael Kelsey j o i n s oilr s t a f f a s an assoc i a t e member
t o s e r v e I n t h e c a p a c i t y o f copy e d i t o r
f o r our j o u r n a l s .
RuZZetin No.5 of t h e I n s t i t u t c a p p e a r s
Acolloquiumoa"Keligionand
Politics
- The
Christian
H j g h t " i s p r e s e n t e d by Thomas M . Gannon, p r o f e s s o r r
a t L.oyola U n i v e r s i t y , C h i c a g o .
A c o l l . o q ~ ~ i uo~nn" ~ u m a n D i g n i t y i n a n E r a o f I n t e r n a t i o n a l I n t e r d e p e n d e n c e " i s p r e s e n t e d by G e r a l d
and P a t r i c i a M i s c h e o f t h e G l o b a l E d u c a t i o n A s s o c i a t e s .
November 6
A c o l l o q u i u n ~o n "Re3 i g i o n a n d ~ o c i a l i s l n " i s p r e s e n t e d
by S a k i A k i o , n o t e d J a p a n e s e s c h o l a r o f r e l i g i o n .
Noveulbar 20
A c o l l o q u l u m o n " J o n a t h a n Edwards and Zen M a s t e r
Hakuin ~ k a k u " i s p r e s e n t e d by J o h n D ~ j k s t r aE u s d e n ,
p r o f e s s o r a t W i l l i a m s C o l l e g e , W i l l i a m s t o w n , U.S.A.
T h e ' l n s t l t u t e h o s t s t h e meeting of the'Ecumenica1
Group f o r t h e S t u d y o f I n t e r f a i t h D i a l o g u e (EGSID),
w i t h a n a d d r e s s by Dr. J o s e p h S p a e o f t h e C h i c a g o
T h e a l o g i c a l Union.
J a n u a r y 1 3 , 1982
A c o l l o q u l u m o n "The Development o f My I d e a s on O t h e r
R e l i g i o n s " i s p r e s e n t e d by Hans Kiing, d i r e c t o r o f
t h e I n s t i t u t e f o r Ecumenical S t u d i e s a t t h e Univers i t y o f Tubingen (Nest Germany).
J a n u a r y 27
The I n s t i t u t e t a k e s o n r o l e o i s e c r e t a r i a t f o r t h e
n e w l y f o u n d e d J a p a n C h a p t e r o f t h e Hawaii East-West
Kcligions Project
March 2
The Buddha [email protected], Vo1.2 o f Nunam S t ~ i d i e si n Re2igon
am2 C u l t m e i s p u b l i s h e d by ctle C r o s s r o a d P u b l i s h i n g
Co, o f New Y o r k .
PIarch 4-7
The I n s t i t u t e o r g a n i z e s t h e M a n i l a C o n f e r e n c e o f
Cliriscjan
O r g a n i z a t i o n s f o r I n t e r r e l i g i o u s En-
c o u n t e r i n E a s t e r n A s i a , h e l d i n Tay t a y ( M a n i l a ,
Philippines).
Other v i s i t o r s p a s s i n g through included:
Play 3 0 , 19C1
.J tine 2 7
Aiigusc 2 3
S e p t e m b e r 29
P r u f e s s o r E r i k R i t t e r Von K i i h n e l t - L e d d i a n
(Austria)
P r o f . Valdo V i g l i e l m o of Hawaii U t . i v e r s i t y (Honolulu)
P r o f . T e r e s a J o h n s o n o f S t . L o u j s U n i v e r s i t y (U. S . A . !
Rev. A l o i s O s t e r w a l d e r , d i r e c t o r of t h e Ost-Asien
I n s t i t u t i n Bonn (Germany)
November 1 6
P r o f . K a r e l D o b b e l a e r e , Head o f t h e D e p a r t m e n t o f
S o c i o l o g y a t c h e U n i v e r s i t y o f Leuven (Delgiurn)
December 1 4
P r o f . S a i o f ~ o University
a
of Pusan (Korea)
D e c e n h e r 22
Prof,. Bryan Wilson,
f e l l o w of A l l Souls' College,
Oxford U n i v e r s i t y (England)
J a n u a r y 4 , 1982
A n t h r o p o l o g i s t s J o h n a n d Mary-Evelyn
U n i v e r s i t y (U.S.A.)
Grim o f Fordham
CALENDAR OF EVENTS
Academic Year 1982-1983
1982
April 1
April 6
April 23
April 30
May 8
May 19
May 30
May 31
June 25
June 30
July 7
Igeta Midori, a graduate of Tokyo University specializing in Jungian
thought, and Ms. Keta Masako, a graduate of Kyoto University specializing in Husserl1s phenomenology, join our staff as research members.
Jan Van Bragt is reapointed to the post of Director, effective to March
31, 1985.
Rev. Willi Miiller, S.V.D., editor of Monurnenta Serica and a specialist
in Shingon Buddhism, joins us for nine months of research and study.
The series of monthly seminars on the Amida Siitra and its interpretation according to the S a e n resumes.
A series of seminars on "Religion and Ethicsff begins, prompted by a
questionnaire circulated by the Vatican Secretariat for Non-Believers.
A colloquium on "The Future of the Seminary" is presented by Philip
Hefner, Professor of Theology of the Lutheran School of Theology a t
Chicago.
The contract for Professor Takeuchi Yoshinori's book, The Heart of
Buddhism, arrives from Crossroad Publishers of New York.
A colloquium on "Buddhism in Korea1' is presented by Rev. Yoon Manyon, Director of the Rajiia Society in Seoul.
The Members of the Institute participante in a meeting of the Ecumenical Group for the Study of Interfaith Dialogue (EGSID) and attend a special reception honoring the Rev. Heinrich Dumoulin (our first
Director) on his 70th birthday, both a t Tokyo's Sophia University.
Gilbert Johnston, Professor of Philosophy and Religion a t Eckerd College, St. Petersburg, Florida, joins us for two months to work on a book
about Kiyozawa Manshi.
The Director is called to Tokyo to receive a check of X2 million from
the Society for the Promotion of Private Schoo!~as a grant to support
our study of Shinto and Christianity.
A colloquium on f'Shinto and Systematic Doctrine" is presented by
Ueda Kenji, Professor a t Kokugakuin University, Tokyo.
The first in a series of consultations a t the Zen Cultural Center in
Hanzaono University of Kyoto, in preparation for the coming visit of a
group of European monks t o stay in Japanese Zen Halls (October,
1983), takes place.
Nanzan BULLETIN N O . 7 / 1983
July 9
July 17
July 26
July 26-28
August 1
October 20
Nov.29-Dec.3
December 7
December 8
December 17
December 20
December 28
1983
Januaiy 9-13
February 2
February 3
February 19
February 25
March 9
March 10
March 19
Valdo Viglielmo, Professor of Japanese Literature at the University
of Hawaii, comes to work on Nishida and Tanabe translations.
Jan Van Bragt leaves for a three-month furlough and lecture tour in
Europe.
Professor Lee Jonj-hoo, Director of the Contemporary Religious
Problem Institute at Daegu, Korea, visits the Institute for consultations on possible collaboration.
The First Convention of the Japan Chapter of the Hawaii East-West
Religions Project, which was founded on February 27, 1983, and for
which our Institute is serving as a Secretariat, meets.
Bulletin No. 6 of the Institute appears.
Jan Van Bragt returns from his European tour.
Jan Van Bragt and Jan Swyngedouw, accompanied by Professor
Kokubu Keiji of Nanzan University, travel to Korea to attend the
Inauguration of the Sokdang Institute for Korean Culture in Dong-A
University, Pusan, and to sign an Agreement of Collaboration with
the Contemporary Religious Problem Institute in Daegu.
A colloquium on "The Pilgrimage Tradition in Japann is conducted by
Lawrence Highfill, Professor at North Carolina State University.
A word-processing system is purchased to facilitate production of
our publications.
A colloquium on the theme "Ancestor Worship in Japan" was held
with Professor Robert J. Smith of Cornell University.
Am Heisig leaves for a two-month tour of lectures and conferences
in the United States.
The first copies of Vol. 3 of Nanzan Studies in Religion and Culture,
Religion and Nothingness by Nishitani Keiji, arrives from the University of California Press.
Jan Swyngedouw assists as a member of the Organizingcommittee in
the Kokugakuin Centennial Symposium on "Cultural Identity and
Modernization in Asian Countries."
We celebrate the 70th birthday (kiju, the "age of rejoicing") of our
mention and close collaborator, Professor Takeuchi Yoshinori.
A Colloquium on "Post-biblical Jewish Messianism" is presented by
Zwi Werblowsky, Professor at the Hebrew University of Jerusalem.
Jim Heisig returns from his American trip.
A contract is signed with Shunjusha Publishers of Tokyo for the publication of the proceedings of the Fourth Nanzan Symposium.
Rev. William Cenkner, O.P., Professor of Religion at the Catholic
University of America in Washington, D.C., joins us for three months
to study the role of the Zen master as spiritual leader.
Jan Swyngedouw volume of essays, Nihonjin to no tabi (My journey
with the ~apanese)appears.
Jan Swyngedouw leaves for a field research trip to Okinawa.
Nanzan BULLETIN No. 7 / 1983
3
Other visitors from abroad passing through included:
Professor Howard Hunter and his wife Doris of Tufts University,
Bedford, Massachusetts.
Vernon Gregson, Professor of Theology a t Loyola University of New
August 20
Orleans.
September 10 Rev. Edward Cleary, O.P., coordinator of research a t Maryknoll,
New York.
Professor Brian Bocking of the University of Stirling, Scotland.
October 5
Dr. Georg Evers of the Missiological Institute, Missio Aachen.
October 10
Dr. Donald Hernandez, Senior Researcher a t the Kennedy Institute
October 21
of Ethics in Washington, D.C., and his wife Lila.
Dr. Edmund Meeu wissen of the Benevolentia Foundation, Holland,
October 29
Msgr. Edouard Massaux, President of the Louvain-la-neuve UniverOctober 31
sity, Belgium, accompanied by Professor Terao Nobuzz of the same
university.
Professor Karl Peter Breuer of the University of Siegen in Germany.
December 2
Professor Terry Jordan of Griffith University in Brisbane, Australia,
December 7
and his wife Elaine.
March 29
Professor Werner Dettloff, President of the Grabman Institute for
Medieval Philosophy a t t h e University of Munich.
May 8-12
N a n z a n B U L L E T I N N o . 7 / 1983
Calendar of Events
Academic Year 1983-1984
1983
April 1
April 18
April 23-4
April 24-8
May 13
May 14
May 25
June 4
June 16
June 17
June 18
June 24-6
July 25-7
2
Ms. lgeta Midori and Ms. Keta Masakocontinue on our staff for another
year as research members.
A meeting of the Executive Committee for the Preparation of the EastWest Spiritual Exchange I1 Project takes place a t the Zen Cultural
Center in Kyoto.
Msgr. Jean Jadot, Pro-prefect of the Vatican Secretariat for NonChristians, accompanied by Msgr. Tanaka Ken'ichi, Bishop of Kyoto,
honors the Institute with a visit.
Jan Van Bragt guides Msgr. Jadot on his official visits to the headquarters of several Buddhist sects and Japanese religions.
?he first copies of Takeuchi Yoshinorits The Heart of Buddhism, Vo1.4
of Nanzan Studies in Religion and Culture, arrive from the publishers
(Crossroad of New York).
The first preparatory meeting for a lecture series incontinuing education, jointly sponsored by the Institute and the newly-founded Institute
for Social Ethics, takes place.
Watanabe Manabu, a graduate student enrolled in the doctoral program
a t Tsukuba University, is accepted as a research student by Nanzan
University with a view to future collaboration with the Institute.
Rev. William Cenkner, O.P., Professor of Religious Studies a t the
Catholic University of America in Washington, D.C., departs the Institute after three months of research on the role of the Zen master a s a
spiritual leader.
Rev. Johannes Hirschmeier, S.V.D., President of Nanzan University and
founder of the Institute, dies of a heart attack.
The series of monthly seminars on the Amida Sutra and its interpretation according to the SGdengisho resumes.
Joseph M. Kitagawa, Professor of the History of Religions a t the University of Chicago, pays a visit; a scheduled colloquium has to be cancelled because of the funeral of Rev. Hirschmeier.
Jan Van Bragt participates in the Conference on World Spirituality a t
Fordham University and in the editorial meetings of the Encyclopedia
of World Spirituality, planned by the Crossroad Publishing Company.
The second annual convention of the Japan Chapter of the East-West
Nanzan BULLETIN No. 8 / 1984
Iicligions I'roject (for which tllc lnstitutc is serving us sccrcturiet) is
held ut the Kyoto Scminur Iiouse, uround the theme: "liisamatsu
Shintichi's Critique of Shinshii."
Lcc Wun-jne, a speciulist in Confucian thought and Professor of
August 4
Chinese Philosophy at Yeungnam University in Daegu, South Koreu,
joins our staff as a visiting research fellow.
Jan Swyngedouw attends the 17th International Conference for the
Aug.28-31
Sociology of Religion (C.1 .S.R.) in London.
The Second Conference of Inter-Religio (Network of Christian OrganSept .13-17
izations for Interreligious Encounter in Easter Asia) takes place at The
Tao Fong Shan Ecumenical Centre in Hong Kong. (See Inter-Religio
Bulletin 4, Fall 1983, for a report.)
A colloquium on "Foundations for a Religio-aesthetic Tradition in
Sept .2 1
Japan" is held with Richard B. Pilgrim, Professor of Religion a t Syracuse University.
The first of a series of 6 seminars on Confucianism is conducted by Lee
Sept.30
Wan-jae.
October 1 Rev. Ishiwaki Yoshifusa of the Nagoya Diocese joins our staff as a
special research collaborator. He is a specialist in Catholic theology
who studied a t Fribourg University from 1955-59 and received his
S.T.D. from the Gregorianum in Rome.
October 5
Fifteen European monks and two nuns begin a monthst stay in Japan
during which they shared in the life of Zen halls to experience Japanese
Buddhism in loco. A report of thissecond leg of the East-West Spiritual
exchange, prepared by Jan Van Bragt who served as initiator and interpreter, appears elsewhere in this Bulletin.
October 28 A colloquium on "Korean Confucianism and Japanese Confucianism" is
held with Professor Lee Wan-jae and Yamashita RyEji, Professor of
Chinese Philosophy a t Nagoya Stnte University.
Nov.11
A colloquium, co-sponsored with the Department of Philosophy of
Nanzan Univefsityl on "Metaphysics Todaytt is presented by Frederick
Copleston, SJ., Professor Emeritus of London University.
Dec .2
A colloquium on "The Merits and Demerits of Buddhist Studies in Japann
is conducted with Professor Minoru Kiyota, Dean of the Buddhist
Studies Program a t the University of Wisconsin in Madison.
Jan Swyngedouw attends the third New ERA Conference on
Dec.30"God : The Contemporary Discussion1' a t San Juan, Puerto Rico.
Jan.4
1984
Jan Van Bragt and Jim Heisig attend the 2nd Conference on East-West
Jan.3-11
Religions in Encounter a t Hawaii's Loa College.
The Institute, together with the Nanzan Institute for Social Ethics,
Jan.16-20
sponsors a series of five lectures in a program of continuing education
on the theme "Life and Death."
January 21 The members of the Institute meet with the new president of Nanzan
University, Robert Riemer, S.V.D., to evaluate their work and discuss
Nanzan BULLETIN No. 8 / 1984
future activities.
The
third volume of our Japanese-language Nanzan Symposium Series,
January 30
entitled Shint6 to [email protected] 2 ;t- I) x 1 & arrives from the
publis.hers, Shunjiisha of Tokyo. It contains the proceedings of our 4th
symposium held from 16 to 18 March, 1983. (See the report in Bulletin
No. 7, pp.15-19,25-27.)
A colloquium on "The Development of Confucian Spirituality" is conFeb.8
ducted with Julia Ching, Professor of Religious Studies a t Victoria
College of the University of Toronto. Professor Ching stayed with us
from January 13 until February 16.
A colloquium on "Buddhism and Political Dissent" is held with Stephen
Feb.13
Large, Professor of Japanese History a t the University of Adelaide in
Australia. Professor Large stayed with us from February 5 to 19.
Jim lleisig leaves for Hong Kong to conduct a workshop a t Tao Fong
March 13
Shan with Professor Thomas Immoos of Sophia University in Tokyo, and
from there travels t o New York to attend the first United Nations
Interreligious Conference, co-sponsored by the United Nations University for Peace and the Department of Theology of Fordham University.
March 15-16 The Institute hosts a conference on "Buddhist-Christian Encounter:
Conflict or Dialogue?", sponsored jointly with the Journal of
Ecumenical Studies (Temple University, Philadelphia), andThe Eastern
Buddhist ( a t a n i University, Kyoto). The participating panelists were
Doi Masatoshi (Director, NCC Center for the Study of Japanese Religions, Kyoto), Minoru Kiyota (University of Wisconsin, Madison),
Nishitani Keiji (Professor Emeritus, Kyoto University), Leonard Swidler (Temple University), Takeuchi Yoshinori (Professor Emeritus,
Kyoto University), and Hans Waldenfels (Bonn University).
Other visitors from abroad passing through included:
April 19-28
May 10
June 8
June 13
Aug.28-31
December 15
Jan.27-30
Jim Heisig's parents and sister Becky.
Rev. Albert Poulet-Mathis, SJ., Secretary of the Office of Ecumenical and Interreligious Affairs of the Federation of Asian Bishops
Conferences (Taipei).
Paul Watt, Asst. Professor of Religion at Columbia University in New
York.
Rev. Terry Tekippe, Professor a t Notre Dame Major Seminary in New
Orleans.
Julia Ching and Willard G. Oxtoby, Professors of Religion a t the
University of Toronto.
Gordon Kaufman, Professor of Theology a t Harvard Divinity School.
Bardwell Smith, Professor of Buddhism a t Carlton College
Purusottama Bilimoria, Professor of Indian Philosophy a t Deakin University in Victoria, Australia, and his wife.
Nanzan BULLETIN No. 8 / 1984
Calendar of Events
Academic Year 1983-1984
1983
April 1
April 18
April 23-4
April 24-8
May 13
May 14
May 25
June 4
June 16
June 17
June 18
June 24-6
July 25-7
2
Ms. lgeta Midori and Ms. Keta Masakocontinue on our staff for another
year as research members.
A meeting of the Executive Committee for the Preparation of the EastWest Spiritual Exchange I1 Project takes place a t the Zen Cultural
Center in Kyoto.
Msgr. Jean Jadot, Pro-prefect of the Vatican Secretariat for NonChristians, accompanied by Msgr. Tanaka Ken'ichi, Bishop of Kyoto,
honors the Institute with a visit.
Jan Van Bragt guides Msgr. Jadot on his official visits to the headquarters of several Buddhist sects and Japanese religions.
?he first copies of Takeuchi Yoshinorits The Heart of Buddhism, Vo1.4
of Nanzan Studies in Religion and Culture, arrive from the publishers
(Crossroad of New York).
The first preparatory meeting for a lecture series incontinuing education, jointly sponsored by the Institute and the newly-founded Institute
for Social Ethics, takes place.
Watanabe Manabu, a graduate student enrolled in the doctoral program
a t Tsukuba University, is accepted as a research student by Nanzan
University with a view to future collaboration with the Institute.
Rev. William Cenkner, O.P., Professor of Religious Studies a t the
Catholic University of America in Washington, D.C., departs the Institute after three months of research on the role of the Zen master a s a
spiritual leader.
Rev. Johannes Hirschmeier, S.V.D., President of Nanzan University and
founder of the Institute, dies of a heart attack.
The series of monthly seminars on the Amida Sutra and its interpretation according to the SGdengisho resumes.
Joseph M. Kitagawa, Professor of the History of Religions a t the University of Chicago, pays a visit; a scheduled colloquium has to be cancelled because of the funeral of Rev. Hirschmeier.
Jan Van Bragt participates in the Conference on World Spirituality a t
Fordham University and in the editorial meetings of the Encyclopedia
of World Spirituality, planned by the Crossroad Publishing Company.
The second annual convention of the Japan Chapter of the East-West
Nanzan BULLETIN No. 8 / 1984
Iicligions I'roject (for which tllc lnstitutc is serving us sccrcturiet) is
held ut the Kyoto Scminur Iiouse, uround the theme: "liisamatsu
Shintichi's Critique of Shinshii."
Lcc Wun-jne, a speciulist in Confucian thought and Professor of
August 4
Chinese Philosophy at Yeungnam University in Daegu, South Koreu,
joins our staff as a visiting research fellow.
Jan Swyngedouw attends the 17th International Conference for the
Aug.28-31
Sociology of Religion (C.1 .S.R.) in London.
The Second Conference of Inter-Religio (Network of Christian OrganSept .13-17
izations for Interreligious Encounter in Easter Asia) takes place at The
Tao Fong Shan Ecumenical Centre in Hong Kong. (See Inter-Religio
Bulletin 4, Fall 1983, for a report.)
A colloquium on "Foundations for a Religio-aesthetic Tradition in
Sept .2 1
Japan" is held with Richard B. Pilgrim, Professor of Religion a t Syracuse University.
The first of a series of 6 seminars on Confucianism is conducted by Lee
Sept.30
Wan-jae.
October 1 Rev. Ishiwaki Yoshifusa of the Nagoya Diocese joins our staff as a
special research collaborator. He is a specialist in Catholic theology
who studied a t Fribourg University from 1955-59 and received his
S.T.D. from the Gregorianum in Rome.
October 5
Fifteen European monks and two nuns begin a monthst stay in Japan
during which they shared in the life of Zen halls to experience Japanese
Buddhism in loco. A report of thissecond leg of the East-West Spiritual
exchange, prepared by Jan Van Bragt who served as initiator and interpreter, appears elsewhere in this Bulletin.
October 28 A colloquium on "Korean Confucianism and Japanese Confucianism" is
held with Professor Lee Wan-jae and Yamashita RyEji, Professor of
Chinese Philosophy a t Nagoya Stnte University.
Nov.11
A colloquium, co-sponsored with the Department of Philosophy of
Nanzan Univefsityl on "Metaphysics Todaytt is presented by Frederick
Copleston, SJ., Professor Emeritus of London University.
Dec .2
A colloquium on "The Merits and Demerits of Buddhist Studies in Japann
is conducted with Professor Minoru Kiyota, Dean of the Buddhist
Studies Program a t the University of Wisconsin in Madison.
Jan Swyngedouw attends the third New ERA Conference on
Dec.30"God : The Contemporary Discussion1' a t San Juan, Puerto Rico.
Jan.4
1984
Jan Van Bragt and Jim Heisig attend the 2nd Conference on East-West
Jan.3-11
Religions in Encounter a t Hawaii's Loa College.
The Institute, together with the Nanzan Institute for Social Ethics,
Jan.16-20
sponsors a series of five lectures in a program of continuing education
on the theme "Life and Death."
January 21 The members of the Institute meet with the new president of Nanzan
University, Robert Riemer, S.V.D., to evaluate their work and discuss
Nanzan BULLETIN No. 8 / 1984
future activities.
The
third volume of our Japanese-language Nanzan Symposium Series,
January 30
entitled Shint6 to [email protected] 2 ;t- I) x 1 & arrives from the
publis.hers, Shunjiisha of Tokyo. It contains the proceedings of our 4th
symposium held from 16 to 18 March, 1983. (See the report in Bulletin
No. 7, pp.15-19,25-27.)
A colloquium on "The Development of Confucian Spirituality" is conFeb.8
ducted with Julia Ching, Professor of Religious Studies a t Victoria
College of the University of Toronto. Professor Ching stayed with us
from January 13 until February 16.
A colloquium on "Buddhism and Political Dissent" is held with Stephen
Feb.13
Large, Professor of Japanese History a t the University of Adelaide in
Australia. Professor Large stayed with us from February 5 to 19.
Jim lleisig leaves for Hong Kong to conduct a workshop a t Tao Fong
March 13
Shan with Professor Thomas Immoos of Sophia University in Tokyo, and
from there travels t o New York to attend the first United Nations
Interreligious Conference, co-sponsored by the United Nations University for Peace and the Department of Theology of Fordham University.
March 15-16 The Institute hosts a conference on "Buddhist-Christian Encounter:
Conflict or Dialogue?", sponsored jointly with the Journal of
Ecumenical Studies (Temple University, Philadelphia), andThe Eastern
Buddhist ( a t a n i University, Kyoto). The participating panelists were
Doi Masatoshi (Director, NCC Center for the Study of Japanese Religions, Kyoto), Minoru Kiyota (University of Wisconsin, Madison),
Nishitani Keiji (Professor Emeritus, Kyoto University), Leonard Swidler (Temple University), Takeuchi Yoshinori (Professor Emeritus,
Kyoto University), and Hans Waldenfels (Bonn University).
Other visitors from abroad passing through included:
April 19-28
May 10
June 8
June 13
Aug.28-31
December 15
Jan.27-30
Jim Heisig's parents and sister Becky.
Rev. Albert Poulet-Mathis, SJ., Secretary of the Office of Ecumenical and Interreligious Affairs of the Federation of Asian Bishops
Conferences (Taipei).
Paul Watt, Asst. Professor of Religion at Columbia University in New
York.
Rev. Terry Tekippe, Professor a t Notre Dame Major Seminary in New
Orleans.
Julia Ching and Willard G. Oxtoby, Professors of Religion a t the
University of Toronto.
Gordon Kaufman, Professor of Theology a t Harvard Divinity School.
Bardwell Smith, Professor of Buddhism a t Carlton College
Purusottama Bilimoria, Professor of Indian Philosophy a t Deakin University in Victoria, Australia, and his wife.
Nanzan BULLETIN No. 8 / 1984
Calendar of Events
April 1985 - March 1986
April 1, 1985
Tsuchida Tomoaki, a specialist in Chinese Buddhism and a
graduate of Tokyo University and Harvard University joins
our staff as a Research Associate for one year.
Jan Van Bragt, reappointed Director for two years, leaves for
a sabbatical, and Jan Swyngedouw assumes the post as Acting
Director for the current academic year.
Ap1il1.5
The series of monthly seminars on the Amida Siitra with the
Gankai group resumes.
May 23
Jan Swyngedouw leaves for the United States to attend a
Symposium on East Asian Development Models in New York.
Jllly 22
Jan Swyngedouw leaves for Europe to attend the C. I. S. R.
(International Conference on the Sociology of Religion) at
Leuven, Belgium.
James Heisig, John Keenan, Jan Swyngedouw, and Jan Van
Bragt attend the U. S.-Japan Conference o n Japanese
Buddhism at the University of Wisconsin in Madison.
Lawrence Sullivan, newly appointed Professor of Religious
Studies at the University of Chicago, arrives with his family for
a ten-month stay as a Visiting Scholar.
Sept. 1
Richard Wentz, Professor of Religious Studies at the University of Arizona in Tempe, begins five months as a Visiting
Scholar.
Our first Seminar for Interreligious Encounter takes place at
the Carmelite Retreat House in Uji City near Kyoto (see
report in this B~illetin).
Sept. 6-9
T h e third Conference of Inter-Religio (A Network of
Christian Organizations for Interreligious Encounter in Eastern Asia) takes place at the Institute (see Inter-Religio 8, Fall
1985, pp. 62-99).
Sept. 10-24
A group of 20 scholars of religion, mainly from the InterReligio network, visits mainland China.
Sept. 12
Professor Winston and Mrs. Jocelyn King arrive at the Institute for a year of work on the Anjinketsujbsh4 a ShinshD
text.
Sept. 30
Nam Key-young, Professor of philosophy at Kyung Hee University in Seoul joins our staff as a Visiting Scholar for 8
months.
Oct. 8
An informal colloquium takes place with Bryan Wilson,
Reader in the Sociology of Religion at Oxford University.
Oct. 21
A series of six in-house seminars on "The Meaning of Religious Acts" begins.
Nov.22
A colloquium on the thought of Watsuji Tetsurb is held with
William LaFleur, who is spending the year at Tsukuba University to do research.
Dec. 2
In collaboration with the Institute for Social Ethics and the
Center for Latin-American Studies, the Institute sponsors a
colloquium and panel discussion on Liberation Theology with
Gustavo Gutie'rrez, Professor of Theology at the Catholic University of Lima.
Jm. 13, 1986
In collaboration with the Nanzan Institute for Social Ethics,
the Institute opens a week-long annual lecture series for continuing education. This year's topic was "The Meaning of
Work."
Jm.25
James Heisig leaves for Hong Kong to attend a Conference on
Missiological Education in South East Asia and to assist at a
consultation to discuss the future of the Tao Fong Shan
Ecumenical Center.
Jan Swyngedouw leaves for Manila to attend a meeting of
ACUCA (Association of Christian Universities and Colleges
in Asia).
Other Visitors included:
ApriI 2, 1985
Ap~il10
Mclr 1
Toh Kwang-soon, Professor of Kanyb University and President of the South Korean Association for Taoist Studies
Paul Desjardin, Professor of Philosophy at Haverford College,
U. S. A.
Rev. Francis Clark, S. J., of the East Asian Pastoral Center
in Manila
May 15
May 25
scpt. 5
Sept. 6-9
Oct. 2
Oct. 17
Oct. 26
Nov.19
Nov.20
Jan. 8, 1986
Feb. 17
4
P.-H. Virenque, Professor of Economics at the University of
Antwerp, Belgium
Rev. Daniel Ross, s. J., of the Department of Social Work at
the Fujen University, Taipei
Julia Ching, Professor at Victoria College, University of
Toronto
Langdon Gilkey, Professor of Theology at the University of
Chicago
Roland Chagnon, Professor of Religious Studies at the
Universite du Que3ec i Montreal
Rev. Jean-Claude Basset of Geneva
Peter Antes, Professor at the University of Hannover in West
Germany
Dale Wright, Professor at Occidental College in Los Angeles
Erich Bodzenta, Professor at the University of Vienna
Robert Thurman, Professor of Buddhist Studies at Amherst
College, Mass.
Michael Pye, Professor of Buddhist Studies at the PhilippsUniversitat in Marburg
Donald Mitchell, Professor of Religious Studies at Purdue
University, U. S. A.
Hwang Pil-ho, Professor of Phdosophy at Tong-kuk University
in Seoul
Bulletin 10 / 1986
Calendar of Events
April 1986 - March 1987
April 1, 1986
April 10
April 12
April 14
April 16
April 18
May 19
June 6
June 15
June 18
June 25
Miss Kawakami Mitsuyo, graduate of Aichi Gakuin University
and specialist in Buddhist ritual and folklore, joins our staff as a
Research Associate for one year. Jan Van Bragt reassumes his
tasks as director.
A Colloquium on "The Evangelical Mosaic in TwentiethCentury America" is held with Timothy L. Smith, Professor of
History at John Hopkins University, Baltimore, Maryland.
Volume 5 of our Nanzan Studies in Religion and Culture,
Winston L. King's Death was his Kban: the Samurai Zen of
Sumki Shbsan, arrives from Asian Humanities Press.
The series of monthly seminars on the Amida Siitra with the
Gankai group resumes.
Professor Winston and Mrs. Jocelyn King, who were scheduled
to stay with us until the end of September, return early to
Madison, Wisconsin, for reasons of Jocelyn's health.
The fourth volume of our Nanzan Symposium series, r 83 ?%. 2
1')
I- $3J [Shingon Buddhism and Christianity] arrives
from the publishers.
A colloquy is held with Dale S. Wright, Assistant Professor of
Religious Studies at Occidental College, Los Angeles, on his
travels to Zen Buddhist sites in China.
A colloquy is held with Paul Knitter, Professor of Theology at
Xavier University of Cincinnati on "Crossing the Rubicon in
the Theology of Religions."
Nam Key-young, Professor of Philosophy at Kyung Hee University in Seoul, returns home after a stay of nine months as
Visiting Scholar.
Dr. Paul Swanson, specialist in Tendai Buddhism, arrives with
his family to join our staff as Editorial Assistant.
Lawrence Sullivan, Professor of Religious Studies at the University of Chicago, and his family leave us after 10 months as a
Visiting Scholar.
+
June 27
July 5
July 29
Aug. 2
Aug. 17
Sept. 20
Nov. 10
Nov. 13
Dec. 5
Dec. 6
Dec. 26-29
Jan. 9, 1987
Dr. John Keenan, our Editorial Assistant for two years, returns
to the United States with his wife Linda (and children Daniel
and Melanie) to take up teaching assignments at the University
of Middlebury in Vermont.
Francis Cardinal Arinze, President of the Roman Secretariat
for non-Christian Religions, accompanied by his secretary, Rev.
John Shirieda, pays an official visit to the Institute. A colloquy
on the religious situation in Japan and a reception are held in
his honor.
David Chappell, Professor of the University of Hawaii, conducts a preparatory meeting for the Buddhist-Christian Encounter conference to be held in Berkeley in August of 1987.
Professors Doi Masatoshi and Yagi Seiichi are present for the
discussions.
Carlo Cardinal Martini, Archbishop of Milan, visits the Institute, together with Monsignor Tanaka Ken'ichi, bishop of
Kyoto, Monsignor Leonardo Legaspi, archbishop of Naga in
the Philippines), Rev. Luigi Testore, and Mr. Edmund Meuwissen. All join in a colloquy on Japan and Asia.
Joseph O'Leary leaves the Institute after many months as a
freelance Associate Researcher, leaving behind the fruits of his
labors as translator and editor.
Jan Swyngedouw leaves for New Delhi to deliver a paper at the
World Congress of Sociology.
Nanzan Bulletin 10 appears.
A Colloquium on "Oriental Religion and Depth-Psychology" is
held with Yuasa Yasuo, Professor of Comparative Philosophy
at Tsukuba University.
Jan Van Bragt leaves for Taegu, Korea, to deliver a paper at a
Conference on Religion and Nature, organized by the Contemporary Religious Problem Institute.
A Colloquium is held with Wilfred Cantwell Smith, Professor
Emeritus of Harvard University, on "Sacred Scriptures in Religion."
In collaboration with the Center for Latin American Studies,
the Institute sponsors a Colloquium on "Developmental Labor
and Human Independence" with Drs. Ivan Illich and Barbara
Duden.
Our second Seminar for Interreligious Encounter is held at
K6yasan, the Headquarters of Shingon Buddhism (see report in
this Bulletin).
Jan Swyngedouw leaves for Manila to teach at the Maryhill
Jan. 12
Jan. 13
Jan. 19
Feb. 2
March 16- 18
March 23
Seminary until 31 March.
In collaboration with the Institute for Social Ethics and the
Anthropological Institute, the Institute opens a week-long annual lecture series for continuing education. This year's topic is
"Japanese Women Today."
Volume 6 of our Nanzan Studies in Religion and Culture,
Tanabe Hajime's Pliilosopliy as Metanoetics, arrives from the
University of California Press.
Volume 7 of our Nanzan Studies in Religion and Culture, Nishida Kitar6's Intuition and Reflection in Self-Consciousness, arrives from Suny Press.
Gerald Cooke, Professor of Religion at Bucknell University,
begins two months as a Visiting Scholar to do research on the
present state of the Shinsha Otani-ha.
The Sixth Nanzan Symposium is held at the Institute on the
Theme "Theory and Practice in Religion-Tendai Buddhism
and Christianity" (see report in this Bulletin).
Jim Heisig departs for a brief visit to the United States.
Other visitors included:
Professor Harvey Cox of Harvard University.
Jac Kamstra, Professor of Comparative Religion at the Vrije
Universiteit at Amsterdam.
May 12
John Ross Carter, Professor of Philosophy and Religion at Colgate University, Hamilton, New York.
Edward J. Malatesta, S. J., Director of the Institute for
Chinese-Western Cultural History at the University of San
Francisco.
David Kolb, Professor of Philosophy at Bates College, Maine.
May 20
Richard Woods, 0.P., Professor of Theology at Loyola University, Chicago.
Harrie Vanderstappen, S. V. D., Professor of Oriental Art at
June 15-19
the University of Chicago.
Professor George Minamiki, S. J. of Notre Dame University,
June 18
Indiana.
June 20-July 9 Whalen Lai, Director of the Religious Studies Program at The
University of California in Davis.
June 24-26
Beatrice Bodart-Bailey, Professor of Japanese History at the
University of Ottawa.
Abe Masao, Visiting Professor at Haverford College, PennsylJuly 6-27
vania, and his wife.
April 6, 1966
April 25-30
July 7
July 19-21
Sept. 10
Oct. 9-11
Oct. 22
Nov.24-26
Dec. 18
Jan. 6-8, 1987
Jan. 18
Feb. 1
Feb. 20
March 4
Jack Kuepers, S. V. D., Vice-president of Fujen University in
Taipei.
Christian W. Troll, S. J., Professor of Islamic Studies at Vidyajyoti Institute of Religious Studies in New Delhi.
Kishida Hiroshi, Lecturer at Stockholm University.
Roland Robertson, Professor of Sociology of Religion at the
University of Pittsburgh.
Rainer Wassner, Professor of Sociology at the University of
Hamburg.
Dr. Frederick and Claske Franck of Pacem in Tenis, Warwick,
New York.
Professor Frederick and Mrs. Suzy Streng of Southern Methodist University, Dallas.
Peter Koepping, Professor of Asian Studies at the University of
Melbourne.
Gilbert Johnston,Professor of Religion at Eckerd College, St
Petersburg, Florida.
Reverend Han Jung-kwan, Professor at the Catholic Theological College in Seoul.
Willy Wielemans, Professor of Educational Sciences at the University of Leuven, Belgium.
Valdo Viglielmo, Professor of Literature at Hawaii University,
and his wife Frances.
CALENDAR OF EVENTS
April 1987 - March 1988
April 1, 1987 Jan Swyngedouw returns from a three months teaching
stint in Manila, Philippines.
Gerald Cooke, Professor ofReligion at Bucknell University, Lewisburg, ends his two months stay as a Visiting
Scholar and returns to the States via Kyoto.
April 6
The series of monthly seminars with the Gankai Group
resumes, but the theme changes from the Anzida Siitra to
'xJ6do Shinsha 'theology' questioned by Christianity."
April 17
James Heisig opens a series of twice-monthly seminars
on "Psychology and Religion" for the general public. A
group of about 25 attended regularly tl~roughoutthe
year.
Paul Cardinal Poupard, currently President of the Pontifical Council for Culture, accompanied by his secretary, HervC Carrier, SJ., pays an official visit to the
Institute. A colloquium on religion and culture in Japan
and a reception are held in his honor.
A colloquy, co-sponsored by the South-East Asia Study
Circle, is held with Sulak Sivaraksa, leader of the Asian
Cultural Forum on Development (ACFOD) in Bangkok
on "Buddhism and Development."
May 30
June 1
Steve Odin, Professor of Religion at the University of
Hawaii at Manoa, arrives with his wife Jaya and sixmonth old son Vajra, to begin a 15 months stay as a Visiting Scholar to do research on ken6sis and Sanyatii.
June 14
John Meagher, Professor at St. Michael's College, University of Toronto, arrives at the Institute after several
months in India to begin a one-month study ofJapanese
Religion as a Visiting Scholar.
June 16
Michael Saso, Professor of Religion at the University of
Hawaii, presents the results of his research on Tendai
esoteric practices (laimitsu) in a seminar of our staff.
June 19
Miyuki Mokusen, Professor at California State University and a practicing Jungian analyst, comes for a few
days with his daughter Agnes and addresses the open
seminar on "Psychology and Religion".
June 20
Jan Van Bragt speaks at a meeting of young Zen monks,
held at the Institute for Zen Culture in Hanazono University, Kyoto, to prepare the unsui for their stay in
European monasteries in Europe as part of "Spiritual
Exchange 111."
Aug. 10-15
James Heisig, Paul Swanson, and Jan Van Bragt attend
the Third Buddhist- Christian Conference in Berkeley,
California.
Aug. 11
Jan Swyngedouw leaves for Europe to attend the International Conference of the CISR and to teach as a Visiting Professor at the Catholic University of Leuven in
Belgium from October until February 1988.
Aug. 3 1-Sept. 3 Our third Seminar for Interreligious Encounter is
held at the Yamashina Betsuin, a historically important
temple of the J6do Shinshfi, Nishi Hongan-ji branch,
under the direction of Fr. Ishiwaki Yoshifusa.
Sep. 10-13
The fourth Conference of Inter-Ueligio ( A Network of
Christian Organizations for Interreligious Encounter in
Eastern Asia) takes place at Jakarta and Sukabumi, Indonesia, around the theme "Interreligious Dialogue and
Asian Theology."
Oct. 30
Volume 8 ofour Nanzari Series in Religion and Culture,
Robert E. Morrell's Early Kamakaura Buddhism: A Minority Report, arrives from Asian Humanities Press.
Nov. 2
Prachar Hutanuvatra, a member of the Thai Interreligious Commission for Development with a Buddhist
monastic experience of 12 years, begins his eight months
term as a Visiting Scholar during which he plans to study
Japan's Buddhism and New Religions.
Nov. 17
A colloquy o n "Upward and Downward Directions in
Buddhism" is held with Nagao Gadjin, Professor Emeritus of Kyoto University.
Nov. 20
Nanuln Bulletin 11 (finally!) appears.
Professor Marcelino Foronda from the Philippines, a
visiting scholar at the Southeast Asian Institute of Kyoto
University, addresses the open seminar on "Psychology
and Religion" on the topic "Religion in the Philippines."
Nov. 26
Together with the Institute for Social Ethics and the
Center for Latin American Studies, the Institute sponsors a colloquium on "The Third World and Social Justice" with Juan Sobrino S.J., Professor of El Salvador
National University.
Dec. 2
T h e Institute hosts the bi-annual meeting of T h e Ecumenical Group for the Study of Interfaith Dialogue
(EGSID ).
Jan. 13
Inkr-Religo 12 comes off the press.
March 1 I
In collaboration with the Institute for Social Ethics and
the Center for Latin American Studies, the Institute
sponsors a colloquium on "The Nicaraguan Revolution
and the Catholic Church" with Father Ernesto Cardenal, Minister of Culture of Nicaragua.
March 14
A colloquy is held with Thomas Luckmann, Professor of
the Sociology of Religion at the University of Konstanz,
Germany, on "Religion and the Social Conditions of
Modern Consciousness."
Other Visitors Included:
April 1-15
Whalen Lai, Professor of Religious Studies of the University of California, Davis.
May 7
Professor Bardwell Smith of Carlton University and
Elizabeth Harrison of the University of Chicago.
May 8
Professor Joel Smith of Skidmore College.
May 11
Joseph A. Bracken, S.J., Department of Theology, Xavier University, Cincinnati.
June 5
Professor Dennis Gira ofthe Institut Catholique de Paris
June 12
Professor and Arlene Leonard Swidler of Temple University.
June 15
Wolfgang Somary, President of the Intercultural Cooperation Foundation, Zurich.
June 16-July 8 John McCallum, Professor of the Australian Nationa1 University at Canberra.
June 29
Frederic J. Kelly, S.J., Professor of Religious Studies,
Canisius College, Buffalo, N. Y.
July 10
W. John Brennan, Dean of the Department of Commerce, University of Saskatchewan.
Sep. 23
Hubert Morsbach, Professor of Philosophy at the University of Glasgow.
Sep. 30
James Knight, S.V.D., Asian Coordinator for Missiological Education for the Divine Word Missionaries.
Oct. 5
Taitetsu Unno, Professor of Religion at Smith College,
Northampton.
NOV.21-23
Professor and Anne Kolb of Bates College, Auburn.
Dec. 12
Professor Klaus-Peter Koepping of the University of
Melbourne, Australia
Feb. 4
Edmund Meuwissen and Peter Merckx of the Benevolentia Foundation, Amsterdam.
March 30
Etienne De Jonghe, Secretary General of Pax Cllristi International, Antwerp.
CALENDAR OF EVENTS
April 1988 - March 1989
April 1, 1988 Kimura Noritsugu, graduate ofAichi Gakuin University
and specialist in folk rituals, joins our staff as a Research
Associate for one year. O n the same day, two Visiting
Scholars begin their research period at the Institute:
Yoshihara Kazuo, specialist in folk religion in the ethnic
Chinese communities in South-East Asia (for one year),
and Frank Podgorski, professor of religion at Seton Hall
University, New York (for 4 months).
April 8
James Heisig resumes his twice-monthly seminars on
"Psychology and Religion."
April 13
A series of seminars, led by Paul Swanson, on the Two
Truths Theory in Chinese Buddhism begins.
April 18
T h e series of monthly seminars with the Gankai Group
resumes. T h e dialogue topic for this year is the Shinshii
"Theology" of Soga Ry6jin.
April 19
T h e fifth volume of our Nanzan Symposium series,
X4
2 Y b
[Tendai Buddhism and Christianity] arrives from the publishers.
May 16
Volume 9 of our Nanzan Studies in Religion and Culture, Heinrich Dumoulin, Zen Buddhism: A History, Vol.1,
arrives from Macmillan Publishing Company, New
York.
June I 0
Jan Van Bragt leaves for Europe to participate as chairman and introducer in the International Conference on
Buddhism-Christianity, De Tiltenberg, Holland, 17-19
June.
Sept. 23-29
Jan Van Bragt attends the Meeting for the Consultors
in Asia of the Pontifical Council for Interreligious
Dialogue, Hua Hin, Thailand.
+
Oct. 22
Jan Swyngedouw leaves for Sasbachwalden, West Germany, to deliver a lecture on T h e Cultural Background
of Japan's Economic Development at a management
conference of the Monsanto Company.
Oct. 26
In collaboration with the Religious Education Committee of Nanzan University, the Institute sponsors a colloq u i u m o n "Commitment to Justice a n d Faith i n
Education" with Dr. Jean-Yves Calvez S.J..
Nov. 28
James Heisig leaves for the Philippines to attend the
S.V.D. Missiological Consultation a t Tagaytay.
Dec. 1
A Colloquium o n "The non-duality of waki and shite in
Nb Drama" is held with Royal1 Tyler, Professor at the
University of Oslo.
Dec. 9
A Colloquium o n "Kannon Cult a n d Meiji Restoration"
is held with Martin Colcutt, Professor of East Asian
Studies a t Princeton University.
Dec. 17
At St. Agnes Church In Kyoto, several members of the
Institute attend the funeral of Professor Doi Masatoshi,
long-time director of the NCC Center for the Study of
Japanese Religions (Kyoto) a n d pioneer of the interreligious dialogue in Japan.
Dec. 20
A Colloquium is held with Yanagida Seizan, Professor
Emeritus of Kyoto University o n "The two Prodigal
Sons" (in Gospel and Lotus Siitra).
Jan. 2
James Heisig leaves for Hawaii to spend the second
semester as Visiting Professor at t h e University of Hawaii at Manoa, Department of Religion.
Jan. 6
Rosana Tositrakul, member of the Pracha Dhamma
Institute at Bangkok, starts her stay as visiting scholar,
interested in Japanese Buddhism a n d natural agriculture.
Jan. 21
Jan Swyngedouw leaves for the Philippines where he
will be teaching two months at the Maryhill School of
Theology (Quezon City).
Jan. 30
Jan Van Bragt leaves for Belgium for a two-month stint
as Visiting Professor at the University of Louvain. (So,
faute de combattants, no further happenings at the Institute for the remainder of the school year . . . )
Other Visitors included:
April 4
Vladimir Viacheslavovich Malyavin, Senior Research
Member at the Institute of Ethnography, USSR Academy, Moscow.
April 5
Prof. John and Mary-Jo Maraldo, of the University of
North Florida.
April 11-13
Sulak Sivaraksa, Director of the Pracha Dhamma Institute in Bangkok.
April 19
Willy Vande Walle, Professor of Japanology at the
University of Louvain.
April 23
Dr. Yagi Seiichi, Christian Theologian.
April 29
Takeuchi Yoshinori, Professor Emeritus of Kyoto
University.
June 13
Dr. Joseph Simon, Director, Divine Word College,
Epworth, Iowa
June 24-25
Minoru Kiyota, Professor of Buddhist Studies, University of Wisconsin, Madison
June 25
Ian Reader, Professor at Sterling University, Scotland.
July 8-9
Dr. and Mrs. Miyuki Mokusen,
Sept. 16
David Reid, Professor at Tokyo Theological Seminary.
Oct. 21-23
Michael von Briick, Professor of Comparative Religion
at the University of Regensburg.
Oct. 25
Stuart John of Oxford University a n d Jane-Mary
Franklyn of the London School of African and Oriental
Studies.
Dec. 12
John Prior, S.V.D., member of Candraditya Research
Centre for the Study of Religion and Culture in Maumere, Indonesia.
CALENDAR OF EVENTS
April 1989-March 1990
April 1
Watanabe Manabu, who obtained a licentiate in religious studies at Chicago University in 1986 and recently
obtained his doctorate in philosophy from Tsukuba
University, joins our staff as a full-time researcher.
Kimura Noritsugu continues for one more year as a
research associate. Jan Van Bragt is reappointed director for his last two-year stint.
April 6
T h e members gather for the first planning session ofthe
year.
April 19
Eugeen Roosens, Dean of the Anthropology Department at the Catholic University of Leuven (Belgium),
arrives for a one month stay as Visiting Scholar.
April 21
Volume 10 of our Nanzan Studies in Religion and
Culture, Gadjin Nagao's The Fundamental Standpoint of
Mddhyamika Philosophy (translated by John P. Keenan),
arrives from the SUNY Press, New York.
May 9
James Heisig comes back from the University of Hawaii,
where he was teaching for four months as a Visiting
Professor.
May 10
AColloquium is held with Professor Eugeen Roosens on
"Ethnic Minorities in a Unifying Europe: T h e Case of
Immigrant Labor."
June 15
Volume 11 of our Nanzan Studies in Religion and
Culture, Foundations of T'ien-t'ai Philosophy, by our copy
editor, Paul Swanson, arrives from Asian Humanities
Press.
June 18July 11
J a n Nattier, Professor at the Religion Department, Uniersity of Hawaii, stays with us to prepare a book on
Central Asian Buddhism. She conducts seminars for our
staff on June 27 and 30, July 4 and 7.
June 26
A Colloquium on "Mount Fuji and Shugendb" is held
with H. Byron Earhart, Professor of Religion at West
Michigan University, Kalamazoo.
J u n e 30
Inter-Religio No. 15 rolls off o u r presses.
July 6
Paul Ingram, professor at Pacific Lutheran University,
Tacoma, begins his stay as Visiting Scholar (till August
25).
July 8
T h e Institute hosts the bi-annual meeting of EGSID, t h e
contact organization of the Christian Dialogue Institutes
in Japan. Horst Biirkle, Professor of Theology at t h e
University of Munich, Germany, is o u r guest lecturer.
Sept 4-6
T h e Seventh Nanzan Symposium is held at the Institute
on the theme "The Pure Land School of Buddhism a n d
Christianity7' (see report in this Bulletin).
Sept 8
A Colloquium is held with Rabbi Herman E. Schaalman
of Chicago on "Basic Concerns of Contemporary Judaism ."
Oct 2
James Heisig leaves for the U. S. to deliver a paper at
the "International Conference on Metanoetics" held at
Smith College, Northampton.
Oct 18
Minor Rogers, Professor of Comparative Religion at
Washington and Lee University (Lexington, Va.), shares
with us his ideas on "Rennyo's Legacy" in a Colloquium.
Oct 25
Volume 2 of Heinrich Dumoulin's Zen Buddhism: A
History (Volume 9 in the Nanzan Studies in Religion a n d
Culture) arrives from Macmillan Publishing Company.
Nov 6
T h e Institute co-sponsors a Colloquium on "The Role
of Communication in Spreading Religious Values" with
Rev. Thomas Luiz, Counselor of the S.V.D. Generalate
in Rome.
Nov 8
A Colloquium is held o n "Incarnation and Inculturation" with Raynundo Panikkar, Professor of Religious
Studies at the University of California, Santa Barbara.
Nov 17
Nanzan Bulletin 13 appears.
Nov 21
A Colloquium on "Tibet's Cultural Heritage7' is held
with Wang Yao, Professor of Tibetology at the Central
Institute for National Minorities, Beijing, China.
1990
Jan 5-24
Alan Sponberg, Associate Professor of Buddhist Studies
at Stanford University, stays with us to work at his book
on Yogacara in China. He conducts seminars for the
institute staff on January 19 and 22.
Jan 19
Jan Swyngedouw leaves for Manila to teach there for
two months at Maryhill School of Theology.
Feb 1
Paula Arai, Ph.D. Candidate of Harvard University
begins her stay as Associate Researcher (till July 3 1) to
finish her doctoral dissertation on Buddhist Nuns in
Japan.
Feb 15
Toh Kwang-Soon, specialist in Korean Intellectual History and professor at Hanyang University (Seoul),joins
our staff as a Visiting Scholar, for one year.
Feb 26March 1
James Heisig, Paul Swanson, and Jan Van Bragt particpate in the Fifth Inter-Religio Conference, held at
Seoul, on the theme "Liberative Elements in East Asian
Religious Traditions."
March 5
Keel Hee-Sung, Professor of Religion at Sogang University (Seoul), arrives for a year's stay as Visiting Scholar,
studying the Japanese Pure Land Tradition.
March 10
Edmund Skrzypczak, Senior Lecturer at the Japan Centre, Faculty of Asian Studies at the Australian National
University, Canberra, arrives to take up the post of copy
editor at our Institute and the Anthropological Institute.
March 17
At the Nanzan church a funeral service is held for Father
Albert Bold S.V.D., one of the founders of the Institute
who died on February 22, only a few days after his return
to Germany.
Other visitors included:
April 26
Janet R. Goodwin, Professor of Medieval Japanese History at the University of California.
April 27
Laurens Minnema, Ph.D. Candidate in Theology at the
Theological Faculty at Kampen (Netherlands).
May 24
Jacynthe Tremblay, Ph.D. Candidate of the University
of Montreal, Canada.
May 26
Karol H. Borowski, Associate Professor at Tomson State
University, Maryland.
une 1-8
Rev. James Fredericks, Professor of Philosophy at St
Patrick's Seminary, Menlo Park, California.
une 18-19
George Tanabe, Professor of Religion at the University
of Hawaii.
une 19
Rev. Leo Lefebure, Professor at Mundelein College,
Mundelein, Illinois.
June 25
William and Robin Matthews, lecturers at the Buddhist
Institute of Buddhist Studies, Berkeley, California.
July 5-10
Joel Smith, Professor of Philosophy at Skidmore College, Saratoga Springs, New York.
July 20
Abdullah Ibrahim, Head ofthe Folklore Department at
the University of Khartoum, Sudan.
Aug 25
Helen Hardacre, Professor of Japanese Studies at Griffith University, Queensland, Australia.
Oct 15
Rev. Joseph O'Leary, Professor of English Literature at
Sophia University, Tokyo.
Oct 2 1
Rev. Michel Decraene, Superior General of the Scheut
Fathers.
Nov 2
Jos6 d e Mesa, Professor of Systematic Theology at Maryhill School of Theology, Manila, Philippines.
Nov 5-7
David (and Anne) Kolb, Professor of Philosophy at Bates
College, Auburn, Maine.
Nov 6
Dr. Jean-Fransois Mayer, Researcher of the Fonds Nalional de Recherche Scient$que, Fribourg, Switzerland.
Nov 8Dec 15
Whalen Lai, Professor of Religious Studies at the University of California, Davis.
Nov 16
Professor Kirti Bunchua, Director of the Religion and
Culture Research Center at Bangkok, Thailand.
Frederick (and Claske) Franck, artist and philosopher
by the grace of God.
Dec 2
Helmut Morsbach, Visiting Professor at the International Christian University (ICU), Mitaka-shi.
Dec 6
Akizuki Rybmin Rbshi, Professor at Hanazono University, Kyoto.
Dec 28
Rev. Henri Debruyne, Professor of Bible Studies at
Yaounde, Cameroon.
Jan 6, 1990
Joseph Prabhu, Professor of Religion at California State
University.
March 8
Susan Mattis, Ph.D. Candidate at Boston College.
March 14
Ian Reader, Lecturer at the Scottish Centre for Japanese
Studies of the University of Stirling, Scotland.
March 18
Jean-Noel Robert, Senior Researcher at the Centre National de Recherches Scientifiques, Paris.
March 23
Sr. Maryann Hedaa, Academic Dean of the Maryknoll
School of Theology, together with Rev. Robert Gilbert,
Director of the Center for Mission Studies (Maryknoll)
and Rev. Patrick O'Donoghue, Lecturer at Tsukuba
University.
CALENDAR OF EVENTS
April 1990-March 199 1
April 1
T h e new school year starts without any changes in our
personnel.Our two visiting scholars, Toh Kwang-Soon
and Keel Hee-Sung, will be with us till nearly the end
of the school year.
April 3
T h e last of a series of seminars o n Watanabe Manabu's
doctoral dissertation on C. G. Jung is held.
April 5
J a n Van Bragt attends the funeral of Yanagawa Keiichi,
Professor Eemeritus ofTokyo University, long-standing
friend ofthe Institute and member of the advisory board
of the Japanese Journal of Relzgzous Studies.
April 27
Anna Seidel of Hdbdgirin in Kyoto addresses a colliquium on her research in the world of the dead and religious activities at Tateyama.
May 15
A colloquium is held with Akizuki Ry6min Rdshi of
Tokyo on "The Kdan in Hakuin."
June 15
James Heisig and Paul Swanson leave for New York to
participate in the "World Spirituality: New Directions"
Conference, held at Fordham University, June 22-24.
June 22
A colloquium is held on "The social ramifications of the
genealogies of the Kumano 'Bett6"' with Miyake Hitoshi, professor of sociology of religion at Keid University
(Tokyo).
July 1
Jan Swyngedouw leaves for Spain to attend the meeting
of the International Sociological Association.
Aug. 11
A six-day tour of exposure to Japanese religion for Cari uArchbishop
~
dinal Godfi-ied Danneels of ~ e l ~ and
Leonardo Legaspi of the Philippines, guided by members ofthe Institute, ends with a colloquium on Japanese
religion at the Institute.
Aug. 27
T h e sixth volume of our Nanzan Symposium series,
Pure Land Buddhism and Christianity, arrives from the
publishers.
Aug. 29
Nanzan Bulletin 14 appears.
Sept. 21
The Religious Philosophy of Nishitani Keiji: Encounter with
Emptiness (vol. 14 of Nanzan Studies in Religion and Culture) arrives from Asian Humanities Press.
Sept. 26
T h e Institute cosponsors a colloquium, with the Department of Managerial Sciences, on "Capitalism and Christianity" with Dr. David J. Jeremy, Senior Lecturer in
Economic History at Manchester Polytechnic.
Oct. 4
Nishitani Keiji, The Self-overcoming of Nihilism (Vol. 15 in
the Nanzan Studies in Religion and Culture) arrives
from SUNY Press.
Oct. 29
The Religious Philosophy of Tanabe Hajime: The Metanoetic
Imperative (vol. 16 of Nanzan Studies in Religion and
Culture) arrives from Asian Humanities Press.
Nov. 26
Jan Van Bragt and James Heisig attend the funeral, at
Sh6kokuji (Kyoto), of Nishitani Keiji, Professor Emeritus of Kyoto University, who died in his sleep at age 90
on November 24 (see the In memoriam below).
Dec. 20
Hakamaya Noriaki, Professor of Buddhism at
Komazawa University (Tokyo) leads a Colloquium on
"Honne and Tatmae from the perspective of the critique
of Original Enlightenment thought."
Jan. 14
Inter-Religio No. 18 rolls off o u r presses.
Jan. 16
A colloquium is held with Dr. Robert Duquenne, Researcher of the Ecole Francaise d'ExtrGme Orient, on
"The Glorification of the Buddha: From sakyamuni to
Vairocana."
Jan. 17-21
T h e Institute becomes the venue of an international
meeting of SVD Universities in Asia, chaired by James
Heisig.
Jan. 30
Jan Van Bragt leaves for Belgium for a second twomonth stint as Visiting Professor at the University of
Leuven.
Feb. 15
T o h - Kwang-Soon, Professor of Hanyang University
(Seoul), who has been with us for a year as Visiting Fellow, returns to Korea.
Feb. 16
Jan Swyngedouw leaves for Belgium for a three-week
period of teaching at the University of Louvain (French
section).
Feb. 26
Keel Hee-Sung, Professor at Sogang University (Seoul),
who studied Shinran's thought with us for a year, returns to Korea.
Other Visitors included:
April 5
Dr. Leo Garcia, Professor at the Ateneo de Manila
April 16
Michael Pye, Professor of Religious Studies at the University of Marburg
April 17
Kilian McDonnell, President of the Ecumenical lnstitute, Collegeville, USA
April 17
Tong Chie Kiong, Professor at the National University
of Singapore
May 9
Arna Samy, of the Dhyana Ashram, Madras, India
June 1
Gilbert Johnston, Professor at Eckerd College, St. Petersburg, Florida
June 30
Bernardin Cardinal Gantin, Prefect of the Congregation of Bishops, Vatican City, accompanied by Robert
Pung, SVD.
Sept. 3
Hendrik Van Gorp, Dean of the Faculty ofArts and Letters, University of Leuven in Belgium
Sept. 4-12
Jesus Gonzalez Valles, Professor of Missiology at the
University of Madrid (Spain)
Sept. 8
Ludwig Bertsch and Georg Evers of Missio Aachen, Germany
Oct. 12
R. E. Asher, Professor of Litcrature, University of Edinburgh, Scotland
Oct. 27-30
Catherine Cornille, Lecturer at the Theological Faculty,
University of Leuven
NANZANB CILLETIN 15 / 1991
5
Oct. 30
Michael Fitzgerald, Secretary of the Pontifical Council
for Interreligious Dialogue, Vatican City
Nov. 2
K. Peter Takayama, Professor of Sociology at Memphis
State University, USA
Nov. 5
Zwi Werblowsky, Professor of Religion at Hebrew University, Jerusalem
Nov. 8
Bernard Durel, Professor at the University of Strasbourg, France
Nov. 15
Professor and Mrs. Willis M. Stoess, Chairman of the Department of Religion, Wright State University, USA
NOV.15-27
Steven Fox, Professor of Psychology at the University of
Iowa
Dec. 5
John MacInnis, Director of Ecumenism, Archdiocese of
Boston
Dec. 18
David Reid, Professor Emeritus of Tokyo Theological
University
Jan. 2, 1991
Gotelind Miiller, a graduate student from the University
of Munich studying Buddhist movements in China in
the 1920s
Jan. 8
Maki Hubbard, Professor at Smith College, USA
Jan. 25
John McRae, Professor of Buddhist Studies at Cornell
University, USA
Feb. 18
Franco Sottocornora and Maria d e Giorgi of the
Schweitzer Institute in Kyihhii
Feb. 20
Julio T e r i n , President of the Puntifical University of
Ecuador
Ary Crollius, Professor at the Gregorian University in
Rome
Feb. 21
Edward Malloy, President of the University of Notre
Dame in the United States
March 5
William Johnston, Professor Emeritus ofSophia University, Tokyo
March 18
Martin Petrich, a theological student from the University of Munich
今 年 度 の
ィ
事
〒
( l99l 年 4 月∼ l992 年 3 月 )
4月
l日
保呂 篤彦と 渕上恭子が l年間、 研究員として 研究所のスタッフに 加わる。
4月
2日
Paul Swanson
研究所員がケンプリッジ 大字で開催された「日本仏教再考」とい
l0 日間、 イギリス、 ベルギー、 フランス
ラワークショップに 出席するために、
に出発。
4 月 l0
日
と mes
Heisia
4 月 l5
日
南山宗教文化研究シリーズ
所長が 5 年目になる一般向けの 隔週のセミナーをはじめる。
新刊であ る、 Frederick
(Nanzan
Franck,
Studies
Ⅰ
in Religion
be Human against
o
and
All
Culture)
Odds
の最
が出版社から
到着。
A 月 l7
4 月 77
日
日
熊本市にあ
るシュバイツァ
Ⅰ
hf Heart of Buddhjsm
」
ames
Mar 俺 de Giorgi
一別院の
(
『 ィム
教の心髄
凹
が竹内義範の
英文論文集
) のイタリア語訳作成のために 来所 。
Heis ㎏がローマで 開催された「土着化、 対話、 世俗化」についての l0
日
間にわたる会議のために 出発。
5月
7日
Paul
編集の新シリース
Swanson
Studies
in Asjan
Religions)
、
南山アジア宗教研究シリーズ
の第 l 巻、 David
Reid,
Ⅳ
ew
(Nanzan
Wine
が出版社から
到着。
5 月 l4
日
南山宗教文化研究シリーズの
『西田幾多郎
5 月 l6 日
S
Nishltami.
NLshida
Klt r 。 ( 西谷留治 著
こ
の英訳 ) が出版社から 到着。
京都の N C C 宗教研究所の 研究員で、
員 となった Rainer
5 月 l8 日
l 巻、
Wassner
GSID
l
年間、 南山宗教文化研究所の 客員研究
博士がはじめて 来所 。
(Ecumenica
Group for
the
Study of Inter-
年 2 回開催されている
日
reliaious
(.諸宗教対話を 研究するためのエキュメニカル・バループ
Dialogue
Ⅰ
会議が南山で 開催され、 イエズス会士であ り禅の老師でもあ
智 大学教授、 東洋宗教研究所所長 ) が下道の形而上学
5 月 29
5 月 3l
日
日
神社のきつねと
神道の神々について 報告。
Roger Corless
( デューク大学教授 ) が浄土仏教の
日
」
研究をするために 来所 。
amie Hubbard
と妻の
Jam
」
3カ
l年間滞在。
」
Maki ( マサチューセッツのスミス 大学 ) が研究するため
amie
は客員研究所員として 研究し、 また、 Maki
大学覚国語学部の 客員として「覚国語としての 日本語」の教育の
2日
一で稲荷
滞在。
に来 所 。
7月
(上
について講演。
Karnen SmyersS ( プリンストン 大学博士課程人類学専攻 ) が所員セミナ
月
6 月 20
]
る門脇住吉師
)
Ⅰ
e
apanese
Hubbard
が "Pre-Modern,
Reliqions"
南山宗教文化研究所報第
2
Modern.
and
Pos
[ 前 近代、 近代、 近代以降
号 l992 年
七
Ⅱ odern:
研究を続ける。
Dontrjne
( ポストモダン
は南山
@
in
日本の諸
nU
。
教義 ] について所員セミナ 一で報告。
宗教における
7月 l 0 日
Roger 「, orless が "Shinrian
and
Vajra
Mind" [ 親鸞と金剛心 ] について所員セミ
ナ一で報告。
7月 l l日
Paul
Swanson
が "Recfent
」
Cr:ltique
apanese
of Buddha-nature"
[ 仏性に対する
最近の日本の 批判 ] について所員セミナ 一で報告。
PaUl Swanson
7 月 22-
?4
8 月 2l
日
日
」
an
5日
Harrie
l0 日
が「空の論理と
浄土真宗」について 発表。
3 週間滞在。
Vander;Stappen
Antonio
l0 月 9-
Valn Rr.agt ( 研究所員、 前所長 ) が 第 @ 日東西宗教交流学会
Natt ㎏ r が中央アジアの 仏教の末法の 予言についての 著書を完成するため
に来所 。
9月
と」 an
に 参加し、 Van Rr 。agt
( シカゴ大学名誉教授 ) が客員として 来所 。
半年滞在。
Forte ( 京都のイタリア 文化研究所 ) が 妻 Ⅱ la とともに 来所 。 数日間
滞在。 七つ寺で発見された 偽経の古文書の 調査のための 来客。
l0 月 l7
日
」
amie
Hubbard
l0 月 3t
日
」
ames
Heis ㎏が香港にあ る中国文化宗教研究所
Chjnese
Religio
が三階教をめぐる 5 回の報告の最初のものを 所員セミナ一で 報告。
Cultur.e
and
Religjon)
(Christian
に Inter-Rellaio
の会議を l993 年 3 月にバンコ
Study Centre
Inter-
の編集部を移転し、
タ で開催するために、
on
香港とバンコ
タ に 向
けて出発。
ll月 l0 日
Peter
Igar 。ashi ( 新約聖書の研究家 ) が親鸞による
研究するために 来所 。
中国の経典の
彼の研究は京都の N C C 宗教研究所と
使用について
本研究所の両者の
協力のもとで 行なわれた。
l l月 l 4 日
渕上恭子が現代の 韓国のキリスト
所員セミナ一で 報告。
l l月 l 5 日
教におけるシャーマニズム 的な要素について
(Bulletin
研究賜暇で京都に 滞在中であ
l6 所収の論文参照。 )
った Livia
Kohn ( ボストン大学教授 ) が 来所 。
岡野守也 氏 ( 春秋社参与、 サングラハ心理学研究所主幹 ) が「宗教と文化を 考
える
諸宗教間対話の 反省と展望」と 題する研究例会の 最初として「諸宗教
間の対話か融合 か
l2 月
3日
Brian
Lawless
」
というテーマで
報告された。
( 香港にあ る中国文化宗教研究所研究員 ) が Tntsr-Religio
の出
版を香港に移転する 打ち合わせのために 来所 。
l2 月 l 0 日
H 仲 rris Vanderstappen
が風景画から
中国絵画を再解釈することについて
所員セ
ミナ一で報告。
l2 月 l 3 日
」
llan
The
「, arlos
Scannone
博士 ( ブエノスアイレスのデル・サルバドル
Soctal
Teachjng
of the
pective.
Catholic
ChUrc
㎡ A Latln
American
, [ カトリック教会の 社会教誠一一ラテンアメリカの
大字 ) が
Pers-
視 占から ] につい
て講演し懇話会が 開催される。
l7 月 l 7 日
山折哲雄氏
( 国際日本文化研究センター 教授 ) が研究例会において「女神論」
南山宗教文化研究所報第
2 号 [email protected]年
というテーマで 報告された。
l2 月 l9
日
保呂 篤彦が 所員セミナ一で 京都学派の哲学について 報告。
l99? 年
l同
2日
Paul Swanson
がハワイの東西センタ 一で開催された、
についての会議に 参加するため、
l月 l7
日
日
日本の霊性
2 週間滞在。
島 南進 氏 ( 東京大学助教授 ) が研究例会において「現代宗教の 社会的役割と 対
話
l同 l8
ハワイに出発。
法華経学会と
」
というテーマで 報告された。
Harrie
Vander:Stappen
と Jamie
Huhhard
が南山での滞在を 終えてアメリカ 合衆
国に帰国。
l 月 28
日
門脇住吉師 ( 上智大学東洋宗教研究所長 ) が研究例会において「芸能と 宗教」
というテーマで 報告された。
l月 30
2月
日
7日
Tom KirnChner が次期のコピーエディタ 一に就任するために 来航。
Herbert
Guenther
(he Fcst 右 s/
of Spont ヨ nejty
のために 来所 。
3月
9日
Saskachewan
( カナダのサスカチェワン
大学名誉教授 ) が
¥ 自発性のエクスタシー ] という著書の
出版準備
3 週間滞在。
Paul Hoornaert
( 金沢大字 ) が「中観派と
唯識派の論争」についての 原稿の出
版は ついて相談するために 来所 して 3 日間滞在。 また、 諸宗教対話についての 資
料を収集。
日
K. P. Jog 博士 ( インドの プ 一ナにあ るデカン大字
ism in Indian
Society
and lts Culturne,
) が懇話会において 叩 uddh-
[ インドの社会とその 文化に お
ー
3 月 l2
サ
る
仏教 ] について報告された。
3 月 ?f
日
Fd Skrzypczak
がコピーエディターを 2 年間勤めた後、
オーストラリアに 帰国。
他 の 来 客
l99l 年
4 月 28
日
Yusa Michiko
Wa.
a garlta
Medlna.
Ⅲ
7月
Ⅱ
at
Ⅰ
月
5日
Ⅰ
lyukl Mokusen
Northr
Ⅰ
grad
り
<ate stludent
and
lect
[ 昌幸 黙倦 ] , P ofessor
Washington
り
re
Ⅰ
a
Callfornla
at
「
Ⅰ
University,
Hamburng
Sta
士
Un rverls1%
Ⅰ
れ士
Unlverslty
e
dge.
eonard
Swldler.
professor
at
Ⅱ
at West
「
Belllngham,
5 月 l4 日
4日
[ 遊佐道子 ] , P ofessor
南山宗教文化研究所報第
edl%0
Temple
Ⅰ
of the
Umlverslty,
2 号 1992 年
Ⅰ
ourn
右
Ⅰ
o
十
Phlladelphla,
Ecumenjcal
Sfud
エ
es
and
Pa.
5
7 月 l8
日
Peter
Nosco.
p o
「
十
o
十
Seoul
essor
at
ⅠⅡ
e
Univers
of
ty
土
S0
り
t
Ⅱ
Cali
ern
十
orn
a,
土
Ⅰ
os
Angeles.
54
フ
7778
月月 月 月 月
Ⅸ 土
m
ph
土
S り n9
lade
工
Silvio
Rom
日日日
Un
Ⅴ
90n
p
Ⅱ
土
lo Ra
う
p o
「
8da,
ersjty
o
T.
Yり ,
Caruer
Dr.
fGerhard
十
Ⅱ
d 土 pl0mate
0riental
studies
0 土工
emple
Ⅰ
e
り
Belg
van,
professor
onal
日
p
Waddell.
「
玉
り
t e
し
niversit
o
十
し
n
vers
Ⅰ
上
ty,
Kong
p ofessor
of
「
C Ⅱ rlstlan
ofessor
Baptis
ethlcs
Co
士
Gernman
Unlverslty,
of
Ⅱ
d
乙
T Ⅱ eology
R0ma
土
the
at
m.
Hong
6%
at
in t Ⅱ e Department
P Ⅱ. D. , candidate
十
工
Ph. D.
orea,
of
essor
Sehepers,
t e Internat
Paul
円
Pa.
a,
Vita,
り
土
一
Ⅰ
lege.
llterature
c lture
and
a
り
七
Tokyo.
Cathollc
at
Theoloq
Ⅰ
nal
mn
ユ
on
Ⅰ
n
C Ⅱ lcaqo.
0zakl
士
日
月月
recen
Ats
り
[email protected]
Mak0to
m
Grl%
ly returned
Ⅰ
十二
t
Re
Ⅰ
k己 ,
Ⅱ
Unlvers
sen
工
Ⅰ
to
Japan.
or
lect
ty
エ
り
n Aus
rer
七
Ⅰ
H り ds0n
the
」
apa
ese
a
Donatel
Ⅰ
editor
at
日
Lawrence
Rit
圧
d 上土 ori8
34
日日日日
年
ⅡⅡ
㏄月月月月
Parkea
S enko,
H rota
日日
23
月月
Ucko.
Kfiat
lons
ee
Un
「
exec
at
ve
「
3
月
日
3l
Prof ,
[email protected]
り
七
Marcon
slty.
[email protected]
Ⅱ
N
in
し
and
in
士
エ
d
Ⅰ
t e
of
Ⅱ
十
unc
Ⅱ
e
s 士り
lonal
es
"Arc
on
8nd
り
d es
at
Ⅰ
s lan
Ⅰ
ss
eologic8l
Per
P8ola
Gaglianone,
and
Castell0
,
h Ⅰ atory
士
Ⅱ
double
り
e o
十
一
'
apan.
di
え
l992
Ⅱ
亡
C 土 ft
エ
s
Ⅱ
Um
Setsuko,
Ⅱ
for
er
l Honqan
aecretary
り
Ⅰ
NASDA
一
rtaly.
the
at
vers
Ⅰ
n
エ
Ts
i of
t e O
Ⅱ
CⅡ
り
Ⅰ
rches
studfent
c alr
o
十
the
Department
of
Callfo
「
nla.
[email protected] [email protected]
[email protected]
University,@
k し ba
Yarra
at
Hawa
ⅠⅠ
Un
ersity.
Cen
flce
aduate
[email protected]
of
tv
り
l Tnternatlonal
Ⅰ
of
s Wor ld Co ncl
[email protected] [email protected]
Lnterna
tors
エ
「
L.
o
Ⅰ
School
of
Australla.
tlve
Ⅱ
n verslty
f ⅠⅡa fjn0 ,
for
of Chr
ALhara
a a
Ashley.
Yearly.
ェ
e
ed
est
St り
lo り rn8list
ree.seearc
of
Ⅰ
Hans
Ⅰ
and
a
り
Religion
profsssor
Ⅰ
evo
Ⅰ
Aslan
Religious
Ⅰ
and
Ⅰ
ln Brlsbane,
Graham
「
a
g
Kaner,
o
a
rotta.
Tanya
丁
り
丁
Nsmer,
eology
DRnnla
S Ⅰ mon
Jo り rnal
on
日
月月
spectives
丁 Ⅱ
6
り
and
n
し
ralLa.
日
Mark
o 寸土 he
拝奇言れ棄 l , f0rmerly
山
on
Ⅰ
Wasfeda
RellaLo
ⅠⅤ
キ
ln
er
Inter
Manoa
at
一
re
Ⅸ
Ⅰ
yoto.
Lg
Ⅰ
oり s
n Geneva.
し
nlve
り
s
「
slty.
S LJdles
て
[email protected] [email protected]
at
Stanford
[email protected] Religious
Washington
南山宗教文化研究所報第
2
号 l992 年
(l992 年 4 月∼ l993 年 3 月 )
究に
2 回
研究
回 て
@
章
3
の
の
最初
ミ間て
︶。原
9
の㎝二所
C
ユ報
教
十本
山
南
BaⅠて輝WのKとか圭飴のゆて枢半㎎で
大 究
日日
日 日
4日7
2日
0日2 日
9日
3日
9日
4l
8
Ⅰ
Ⅰ
l
l
2
2
2
月月
Ⅱ
7月7
6月
6月
6月
6月
6月7 月
66
5Ⅱ 月
セキ辺
上の
係第
日
4日2
月
5月5
院発あス
si
m。
日日 日
年7 銘刀
卯
月
月
94
4月4
今 年 度 の 行 事
山の代表と懇話会を
7月
9日
7 月 l5
日
7 月 l7
日
7 月 23
日
7 月 27
日
8月 8日
開催。
Simon Kaner (ケンプリッジ 大学考古学大学院生 ) が共同編集きとして 本研究
所が出版しているⅡ RS ( Japanese ノ ournalof 片,e/iogわusSt 化陀s) の夏期合併
号の編集作業を 終えるために 来所。
Ⅱn
Pang
O ル ー ヴァン・カトリック 大学人類学大学院生 ) が ] ケ 月間、 学位
論文のテーマであ る「日本人の 帰国留学生」の 調査のために 到着。 Ⅱ n Pang
はべ んギ 一では E. Roosens
教授 (前 客員研究所員 ) の指導を受けている。
昌幸 黙僖 ( カリフォルニア 州立大学 ) が二日にわたる「太乙金華宗旨」につい
てのセミナ一のために 某所。 このセミナーは 日本コングクラブ 東海支部の主催
で行なわれる。
Ⅲ m Heis ㎏がハワイに 出発し、 日米経営研究所のワークショップの
指導をする。
ボストン大学で 行なわれた仏教キリスト 教会議に参加するために、 Jan Van
Bra 献と PaulSwanson
がアメリカに 向けて出発。 Ⅲ m Heis ㎏や東西宗教交流
学会の他の会員と 現地で合流。
[email protected] Mommaers
( アントワープ 大学 ) が客員研究所員として 5 ケ 月間研究所で
自然神秘主義について 研究するために 某所。
日第 8 回南山シンポジウム「宗教と 文化を考える
9 月 @2
一
諸宗教対話の 反省と展望」
が開催された。
9円 4日
が客員研究所貝の 列に加わるために 来所 。
渡辺 学 が著 妻 『コンバにおける 心と体験世界」 (l99l年、 春秋社 ) を評価され
9 月 l8
日
て 本年度の日本宗教学会賞を 受賞。
ひ ndy Mullins が ノ apan 付了isstiaan片
l0 月 2l
日
Pa Ⅲ Mommaers
日
の最初の所員セミナーを 開催。
Sulak Sivaraksa が懇話会で「アジアにおける 仏教倫理
タイ国の観点から
Buddhist EthicsinAsia:AThai
Perspective 」という題で 講演。
9月
5日
SulakSivaraksa
Ⅰ
げ ew
第 l巻 発刊に向けてスタッフと
相談
するために 来所 。
l0 月 23
l0 月 28 日
が Jan van
Ruusbroec
の思想における
自然神秘主義について
Miguel D,Escoto ( ニカラバアのサンディニスタ 政権 の前大臣 ) が南山を訪れ、
本研究所とラテンアメリカ 研究センタ一の 代表と会食。
がマニラのメリーヒル 神学校で講義するために 離日。
Sulak Sivaraaksa が仏教とキリスト 教の諸関係と 開発の諸問題に 関する研究を
Jan Swynaedouw
Ⅱ同
4
l2
3日
月
日
l2 月Ⅱ日
めぐってセミナーを 開催。
PaUl Mommaers
が懇話会で「キリスト
Chrih:lStian M ysticism 」について講演。
東西宗教交流学会の 理事会が本研究所で
正昭、 上田 閑 照の各氏が集まった。
教神秘主義における 無我 No Self ㎞
開催され、 八木誠一、 秋月 龍眠 、 本多
1993 年
l同
7日
lan Reader
(現在、 ハワイ大学宗教学部 客 異教授) が Paul Swanson
話し合うために 一日だけ研究所を 訪問。
と共通
の プロジェクトについて
4
南山宗教文化研究所研究所報第 3 号 l993 年
l 同 26 日
2 月 l9 日
3 月 23 日
Joe0 Leary が自らの近刊害の 仕事をするために 来所し 3 週間滞在。
・
、ンスター・キム
,スンヘ (韓国西 江 大学校 ) が将来韓国に 諸宗教対話研究所を
設立する構想について 相談するために 来所し 3 日ほど滞在。
以前客員研究所員であ った Larry Sullivan (ハ一ウ フード大学世界宗教研究
センタ一所長 ) が 来所 して二日滞在し、 スタッフと公式の 会議をする機会をも
った 。
3 月 25 日
3 月 29 日
NicholasGier ( アイダホ大学哲学科教授 ) が研究のため 来所し 、 l0 日間滞在。
Mark
( 明治学院大学 ) が日本の諸宗教に
Mullins
関する論文を 収集するため
に 来所 。 彼はⅡ RS の特集号を島田 進 (東京大学 )
編集することになっている。
3 月 30 日
と
Paul Swanson とともに
国分智治 (南山大学名誉教授 ) が名古屋近郊にあ る新宗教、 天祖先教本部を 所
員ら 6 名を連れて訪問。
天祖元教を代表する
神学者、 マタイ寿が 2 時間にわたる
議論に参加。
他の来客
l992 年
2日
4 月 ll 日
Dr ,
[email protected] Kuylaers
[email protected] [email protected]@[email protected]
・
4月
[email protected] [email protected]@
Hei [email protected]
University
j urn3i [email protected] [email protected]@[email protected] Lutheran
e,
[email protected] [email protected]
4 月 l8 日
Bri [email protected] McVei
[email protected] (Ph . D ,
@@ [email protected]@
Pri [email protected] U
Ⅰ
verSty)
,
now
teaching at KOryo Women,sCollege [ 先陣女子短期大学
Jean Van Haute, presidentofthe U RSlA Universityin Antwerp
妙 長寿 (鎌倉 ) の村野宮 恵、
W Ⅲ am E. Paden, professorofcom
parative religion atthe University of
コ
4 月 2l
日
5月
l日
5月
8日
「
Verm ont
5 月 l4 日
7 月 23 日
8 月 20 日
[email protected] R .
8 月 30 日
[email protected]
Mayer ,
[email protected]@[email protected]@[email protected] [email protected]@ontario
,
3
[email protected]@[email protected]
[email protected] Scheuer
,
[email protected] [email protected] [email protected]
@@ Bel i
[email protected]
[email protected] [email protected] of
"[email protected] [email protected] I, Ori nt"@@@ Bruss0s
Moon
[email protected] Ph , D .
,
[email protected]
[email protected]@ [email protected]@
[email protected]@[email protected]
[email protected]@Toronto
9月 3日
[email protected] Hudson
[email protected] Ph
,
・
D,
[email protected]
[email protected]@[email protected]@[email protected]
[email protected] [email protected] [email protected] [email protected]
[email protected]
9 月 24 日
Ⅱ 月 l4
日
[email protected]
,
,
[email protected]@Auckland
[email protected] [email protected]@[email protected]@ [email protected] [[email protected]@
[email protected] Pape ,
[email protected][email protected]
]@ [email protected]
[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]
[email protected]
,
Rome
Ⅱ同 30 日
[email protected]
r,
Austrai
[email protected] Nati
[email protected]
Uni
南山宗教文化研究所研究所報第 3 号 l993 年
erSty .
Canberra
5
[email protected]@
[email protected] [email protected]
[email protected][email protected]
,
Denmark
[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]
[email protected] [email protected]
l993 年
2 月 l0
3月
日
4日
[email protected]@[email protected]@
UrsApp,
D 叶 ectorofthe
Hanazono
University
Robe
吋
Carter,
,
D.
Buddhism
,
[ 在国大学国際 禅 研究所所長 ]
professoratTrent
[email protected] 3u Ⅵ@@ Ph .
Barkeley
[email protected] Research lnstitute forZen
University in Canada
@@ [email protected]@[email protected]
[email protected]@Austin
,
[email protected] Uni
[email protected]@[email protected]@
[email protected]@[email protected]@
i
University
南山宗教文化研究所研究所報第 3 号 l993 年
今
上巳
l993 年
4月
4月
日
5 月 25
日
の
そ〒
コⅠ (1993 年4 月∼1994 年3
月
)
(敬称略 )
Bob 榊 sala が研究 上 としてスタッフに 加わった。 また Ed Skrzypczak が南
l日
7
圭三
月
山学国全体のコピーエディタ ー として再 び スタッフになった。
W Ⅲ am Johnston が目下執筆中の 神秘神学に関する 若田の新たな 4 章につい
て 午前中に 3 時間に及ぶセミナーを 行った。
Ma n Colcu 廿 (プリンストン 大学 朽 支文学・極東夫教授、 現在は京都の 国
「㎡
際日本文化センタ 一に研究のため 滞在中 ) が「 鎌 寸時代初期の 政治と宗教
一一班朝と政子の 勒 合 」という特別 舐 披を行った。 これは南山大学日本研究
6月
センターおよび 日本栢 学科との共同後援で 行われた。
地元の宗教学者との 定期的会合の 第一回目が行われた。 川柄節子が「宗教と
ジェンダー」という 発表を行った。
[email protected]
(諸宗教対話のためのエキ コ メニ 力 ルグループ ) の半年毎の会合が
24 日
7 月 l0 日
8 月 3一 5
8 月 30 日
日
上智大学で開催されたため、 スタッフが東京に 赴いた。
PaulSwanson と JanVan Bragt とⅢ m Heisig が京都の大谷大学で 開催さ
された国際真宗 会荻に 参加し、 発表を行った。
遊佐道子 (米国の西ワシントン 大学准教授 ) が国際交流基金の 研究員として
日本に一年間滞在して、
西田幾多郎に 関する 著 宙の仕事をするために 来所 。
ReeliggioonandSociee ラ向 Modee 月[email protected](Nanzan
Studies
in Asian
Religions の第 5 巻 ) が 到荒 。
l0 月 4 一 Ⅱ回教皇庁 神学と文化 ノ 押紙 会 が後接した国際会 牡が フランス Chantilly の
LesFontaines で開催され、 ⅢmHeisig が 当 研究所を代表して 参加。
l0 月 l5 日
地元の宗教学者の 第二回目の会合において、 小野寺 郷 が古代ギリシャと 日本
く
l0 月 28 日
の 冥界の川の観念を 比較した発表を 行った。
Jan Van Bra 迅が Paul Mommaers
との共同研究「神秘主 俺 一一 キ
ノ
ス
ト
教
と仏教」に関するセミナーを 行った。
Ⅱ同 l0 日
Ⅱ同 20
日
米国内を構 演 旅行するとともに、 ワシントン特別自治区で 開催されるアメリ
カ宗教学会年次大会で 発表するために Paul Swanson が渡米。
日野紹迫と 垂口聴牌 と 共訳した Rudolf㎝ to のⅠ 西と 東の神秘主 尭 J 0人文
正院 ) が日本辞釈家協会の 日本朝釈文化 宜 を受宜し 、 Ⅲ m Heis ㎏が 授甘式
に出席するために 上京。
Ⅱ 月 24 日
諸宗教の神学というテーマで 開催された、 アジア司教連盟の
会合に参加する
ために JanVan
Ⅱ同 29 日
Bra プめ フィリピンに 赴く。
中野 鍛 (東洋哲学研究所 冊 ・創価大学文学部教授 ) が「創価学会一理俳と
運動」という 想話 会のために来訪。 東洋哲学研究所研究部長の 塩 澤徹が同伴。
Paul Mommaers がⅠ an Van Bragt と 六 % の 仕耳 を一 ケ 月にわたって 行なう
l2 月 l0 日
m2 月Ⅱ 日
Tom Kirchner が 止天さ小止観」に関する 修士論文 (大谷大学 ) を完成。
Ⅲm Heis ㎏が京都で開催された「 神 迫の国際性」に 関する会 諒に 参加。
Ⅱ 月 26 日
ために 来所 。
南山宗教文化研究所研究所報第 4 号 l994 年
3
l2 月 l8 日
東西宗教交流学会日本支部の 理まが l994 年度会諒の計画のために 本研究所に
おいて会合。
l2 月 2l 日
大学 秤 献金 が JanVan Bra 献の教授任期を 4 月より 3 年延長することを 決定。
本年に Nanzan Studies in Asian Re lgions (南山アジア宗教義 審 ) の内の
Ⅱ
報せが届く。 Roger 夫妻の RenWo
: 乃 e Second
みterofShin ヨりイ dhisrn が Choice 誌上で「 l994 年の卓越した 学術 毒 」の
2 冊が授宜したとの
月oun
l冊に選ばれた。 Jan
p 乃 ec ダ
ofDec/ 肪e
Nattier の OnceUppon
Ⅲ 993 年の宗教研究の
a 月ufu 屈百me:S
Gustave 0
・
ぬ研es 佑 a Pro升
A Ⅲ党を授典した。
l994 年
l 同 l9
l 月 20
Robe 吋 Ca れ er (本年京都在住の 非常勤研究 昂 ) が和辻の翻訳について 話し
合うために初めて 来訪。 Ca れ er は Japan Foundation の助成金を交付され、
日
山本説 作 と共同研究をするために 日本滞在中。
W Ⅲ am Johnston が神秘神学を 扱った自若に 関して 2 度目のセミナーを 行っ
日
Ⅰ。
-
穴
地元の宗教学きの 3 度目の会合が 開かれた。 Bob [email protected] が「新宗教の 平和 思
2月 4日
2 月 23 日
2 月 24 一 26
日
想」という発表を 行った。
Paul Swanson と梁紅虹が 、 名古屋の七寺の 経蔵 で発見された 仏典の写本の
調 杢 検分に参加。 この写本は平安時代のもので、 今まで未発見だったり、 散
逸していた 疑経の テクストを多数含んでいる。
an Van Bra い、 右脚 硅称 、 Paul Swanson 、 渡辺 学 が山科本願寺別院での
カトリック神学生のための 対話セミナ一に 参加。 Jan Van Bra 鰍は諸宗教対
話の重要性に 関する講演を 行い、 Paul Swanson は仏教の基本的理念に 関し
り
て講演した。 このセミナ一のテーマは「日本の 諸宗教 (浄土真宗 ) との対話
2 月 26
を求めて」であ る。 浄土文宗の佐々木正典と 大村英昭の二人が 招かれて、 浄
土真宗の教義 と 浄土文宗 信 きの日常生活を 説明した。
Jan Van Bra 迅 、 Ⅲ m Heis ㎏、 Paul Swanson
、 渡辺 学 が京都に赴き、 京都
日
NCC センタ一で開かれた EGSlD (諸宗教対話のためのエキュメニカルバ
ループ ) の半年毎の会合に 参加。
の
2 月 28
南山社会倫理研空所とル ー ヴァン大学社会倫理研究所のディスカッションの
ためにⅢ m Heis 旧が渡欧。 滞欧中に日本哲学に 関する講演を 行 う 。
日
3 月 8 一 l2
日
ニューメキシコのサンタフェにおいて「
ズム」というテーマで 5 日間にわたる
Ⅲ
3 月 22 日
3 月 29 日
m Heisig
、
遊佐逆子、
Tom
禅 、 京都学派、
会 拡が開かれた。
Kirchner
Jan
日本のナショナ
リ
Van Bra ぴ、
が 惨加 。
東洋哲学研充所第 l0回学術大会において
Jan Van Bra がが「世界宗教の 条
件と課題」という 話 演を行った。
BobKisala が東京大学文学部宗教学科から 博士号を授与される。
南山宗教文化研空所研究所報第 4 号 l994 年
他の来客
6
l993 年
[email protected]@ [email protected]
[email protected]@[email protected]@Akerlund
, [email protected]@[email protected]
[email protected]@Uppsala
[email protected]
[email protected]
[email protected]@
[email protected]@
[email protected]@@[email protected]@
Rev .
G.
Sweden
,
[email protected]@ [email protected]@[email protected]
Hofsteede
Mai
ge ,
e
[email protected]@[email protected]@(Associ
,
ti [email protected]@Christi
n
[email protected]@[email protected]@Asia)
4 月 24
日
[email protected]@[email protected]
U, S,
[email protected]@ [email protected]
月 22
日
[email protected]@@ [email protected]@
[email protected]
R 引 m0n
[email protected]
丁
ave
れ
et, Cat 引 unya
[email protected]@[email protected]@@ r0l i [email protected]@[email protected]
,
ersity,
A,
[email protected]
Tom
[email protected]
[email protected]@R0i
,
れ
Western
.
[email protected]
M @ ㎡ gan
Fl ri [email protected]@U
i n.
[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]
。
Ⅰ
versity
[email protected] 引 ty. U 旺 A
[email protected]
Literatures, Ohioヾtateゞniversity
7月
9日
M @ha 引 Pye.
Secretaryto
the @terna
佃
[email protected]@Religions;@[email protected]@Pye
・
[email protected]
[email protected] Maraldo ,
[email protected]@
[email protected]@ [email protected]
[email protected]@[email protected]@
,
[email protected]
[email protected]@[email protected]
[email protected]@
College
Ⅰ
[email protected]@philosophy
St . Petersburg
[email protected]
on 引 Asso 引 a 廿 onforthe
,
.
・
Japanese
versity
[email protected]@University
,
[email protected]
,
Fellow
[email protected] [email protected][email protected]@ Eckherd
Florida
,Ⅰ [email protected]@[email protected]@[email protected]@@ HOl
nd ,
[email protected]
ta
D . [email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]@Free
University{f、msterdam
Anbeek
,
Ph .
[email protected]@@[email protected]@
[email protected]
[email protected]@
[email protected]
[email protected]
.
nko ,
[email protected]@soci l [email protected]@[email protected]
Nati
l [email protected]@Sci [email protected] [email protected]
[email protected]
[email protected]
POi
[email protected]
Tokyo [ 科学技術政策研究所 l
[email protected]@
[email protected]@
[email protected] Hut;@ l [email protected]@[email protected]@@@ Pri ceton
[email protected]@[email protected]@
Brian evitt, independentcom puterso 付 [email protected]
[email protected]@[email protected]@[email protected]
8 月 30
Ⅰ
8月 2日
日
Ⅰ
ar Ⅳ Su Ⅲ van.
d 叶 ectorofHarvard.s
Centerforthe
Study
0fWo
Ⅱ
Religions
[email protected]@[email protected]@Dvi
Pah[email protected]
[email protected] ,
,
U
[email protected]@Chi ago
Ⅱ
[email protected]@[email protected]@[email protected]@in
Groningen
[email protected]@ [email protected]@
[email protected] [email protected] [email protected]@[email protected]
1l
[email protected]
[email protected]@
[email protected]@
mssion
Ⅵ [email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]@Recherche
[email protected]@Paris
@@ @@[email protected]@
[email protected]@ l es ,
Washin
associ [email protected]@[email protected]@U
田on
南山宗教文化研究所研空所報第
4 号 l994 年
Ⅱ
[email protected]@[email protected]
,
d
l994
Mary
Flaherty currently‘mployed
・
l同 8 日
at
Osaka;akuin University
[email protected]@
@@]
日
[email protected] Hall:@[email protected]@ [email protected]@ Melbourne
[email protected][email protected]@[email protected]@[email protected]
[email protected];@ [email protected]@"[email protected]@Humanisme
[email protected]@Germany
・
l 同 3l
S 月 l0 日
3 月 23 日
"@Lyon ,
France
南山宗教文化研究所研究所報第
4 号 l994 年
車戸
3
5
行年
0%
度月
4
年年
4
1994 年
4 月 28
(敬称略)
日
│anS
りり eedouw
を囲んで「宗教の 国際性」をめぐって 懇話会を開催した。
Tan Ⅴ 皿 Braet 、 遊佐道子、 Tom
5 月 1 日
℡rchner,JimHeisie
が京都に行って 、
ン
タ・フェで行なわれた 国際禅 シンポン ウム のフォロー・アップ・セッシ
ンに 参加した。
ョ
8
8
日
6
月
日
5
月
(上智大学 ) が神秘神学に 関するセミナーを 前年度に引
き続き、 本研究所で行なった。
WilliamTohnslon
が国家主義と 京都学派に
TyUnno(SmithCollege,Norlhhamplon,Mass.)
関する研究の 中間報告を行なった。
6 月 17
日
6
日
月
30
本研究所第 4 回研究例会が 開催され、 遊佐道子が「西田幾多郎の
の起源に関する 考察」と題する 発表を行なった。
純粋経験
宮田幸一 (眉 @@ 大学、 東洋哲学研究所 ) を囲んで「 創価 思想の源流
日常三郎の思想」をめぐって 懇話会を開催した。
-
牧
一
(東京ルター神学院、 同神学院カウンセリンバセンタⅡが
日本の仏教的世俗主義社会におけるキリス
卜者の証言」に 関するプロジェ
KennethDale
7 月 6 日
08
日日
77
月月
クトについて 話し合うために 来所 。
Paulswanson
が「国際法華経学会」に 参加するために 磐梯荘へ 出発。
J 皿 V 皿 Braet,[email protected],[email protected],
渡辺
学 、 遊佐道子が東西宗教交
流学会日本支部の 大会に参加するために 京都へ出発。
7 月 20
日
JohanVerslraeten(L
的な視点」をめぐって
8 月 18
日
9 月 16
日
㎝vanUniversity) を迎えて「ヨーロッパにおける
コロキウム を開催。
倫理
がサンタ・フェで 開催された国際 禅 シンポジウムの 成果を編
集するために 某所。
JohnMaraldo
吉 照星 (韓国西江 大学校) が親鸞に関する 著書を仕上げるために
某所。
南山宗教文化研究所研究所報
第 5号
1995 年
1 週間
「日蓮正宗と創価学会」をめぐって 小林正博 (東洋哲学研究所 ) を囲んで懇
話会が開催された。
10 月 13
日
10
月
15
日
10
月
20
日
JimHeis
10 月 27
日
AnltonyFernando
l0
月
20
日
11
月
24
日
nl
同
25
日
家本博一 (南山大学社会倫理研究所 ) が東京の東洋哲学研究所に 赴き、 「カ
トリックと社会政治運動」をめぐって 懇話会が開催された。
はが 東洋哲学研究所主催の 連続講演会「宗教と 社会」において 講
演 を行なった。
が妻 V
空所の客員研究所員として
「
vyan
とともにスリランカから 来所。 同氏は本所
決定していた。
1 年間採用されることが
喀が国立民族博物館に 赴き、インドの宇宙論をめぐる「自己と
マンダラ」という 4 日間のシンポジウムに 参加して、 「真の自己の探求」と
いう発表を行なった。
JimHeis
山本修一 (創価大学、 東洋哲学研究所 ) を迎えて、 「創価学会と環境問題」
と題する懇話会を 催した。
奥山倫明 が本研究所第
する発表を行なった。
回研究例会で「歴史的限定と
5
宗教的創造性」と 題
1995 年
Ⅰ
月
S1
日
がハーヴァード 大学の沼田講座で
│anVanBraet
Ⅱ叩 fman
とともに日本仏教について
4
月中旬まで
所長 (Tamaleinstltute forCrossculturalStudies)
来萌 して 1 週間滞在した。
2 月 1l
日
2 月立4
日
M ,tiぬ ,卸別田弗 istan
JohnKlrby
3 月 19
日
JimHelsie
ノ
は
Gordon
講義するために 渡米した。
がガーナから
㎝ h,tian の初版本が出版社から 届いた。
が仏教やキリスト 教の学者と会って 将来の協力関係を 検討する
ために べ トナムに赴いた。
その他の海外来客
1鍍 4 年
[email protected]
11 [email protected]
[email protected]
[email protected]
17 [email protected]
Roa
[email protected]
21 [email protected]
[email protected]
5 月 28
日
・
Ⅰ
, [email protected]@Religion, [email protected]@[email protected]
Kristiansen
, Assoc
, [email protected]@[email protected][email protected]@[email protected]@[email protected]@At
, Norway
Ⅰ
[email protected]
lan Na ㎡e,ofIndianaUnive,,ity
[email protected]@@ [email protected]@
[email protected][email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]
6 月 1
AasulvLande,ProfessorofLund
日
Univers Ⅱt.y,Sweden
南山宗教文化研究所研究所報
第 5 号 lw.)5 年
月
(敬称略 )
年
1
梅澤弓子が研究員としてスタッフに 加わる。梅澤は博士論文 (神と無 ) に携わるかた
日
わら、RaimonPanikkar
4
月
回Ⅱ
コ
&
自用
4
イオ︵
今卸
5
9
9
1
1995
19
の T ゎ 6 ㏄Ⅰ 卸 ofhp,in,idゎ r.E ゆクパ p.7tc,8
を翻訳 中 。
が彼の著作であ るひ㎡仮ぬ ndi.M
笘 Christianiりの第一章に 関す
A Ⅱ lhonlyFernlando
日
るセミナーを行な う 。
5 月 13
EGSID
日
(EculmnenicalGroup
for the Stuldy oflnlterreligiouIsDialogule
対話を研究するためのエキュメニカル・バループ
) の懇話会が東京の
一諸宗教
オリェンス宗教
研究所にて開催。 ErnlslPniyeuls が今日の宣教学の 問題について 講演を行かう。
5
月
23
第 7 回南山・東洋哲学研究所の
日
研究例会が東京で 開催され、 ロバート・
キサラが 、
「キリスト教の
平和思想」というテーマで 発表を行かう。
5
月
S1
南山宗教文化研究叢書最新刊、 価 ル Aalflkentil
笘Ⅰが出版社より到着。
日
を迎えて第
AnlhonyFernanldo
6
月
1-4
J. ヴァンブラフト ,
日
と
6
月
3
2
回の研究会が 午前中行われる。
P. スワンソン,渡逝学 が東京で開かれた 第
回国際アジア 哲学
宗教学会に出席。
J. ハイジックが京都イタリア会館にて、 西田幾多郎没後
日
2
50 年記念の一環として、 講
演を行かう。テーマは「田辺の 種の論理とグローバル・ヴィレッジの批判」。
6
月
6-1l
日
J. ハイジックが 、
ラ
"GIohalizalionl"というテーマで 行われた、 スリランカ、ネ ゴンボの
・サール修道会主催の 一週間にわたる 会議において 議長を務める。 J. ハイジック
は 「世界再想像」の最終講演を行な
6
月
15
日
う
。
垣 津徹 (東洋哲学研究所 ) が第 8 回南山・東洋哲学研究所の 研究例会にて 講演。
同氏のテーマは「創価学会の 政治活動」
42
南山宗教文化研究所 第 6 号
19 ㏄ 年
6 月 27
東京にて第
日
9
回南山, 東 哲の例会が開催され、 鳥柴 義 文が「カトリックにおける
修道
生活の役割」について 講演を行な
28
日
AnlthonlyFernanldo
6 月 30
日
ChleryIlAllam
6
7
月
6
月
う
。
が第 2 回のセミナーを 行かう。
が / 砕 anlC %st 肋れ
ん
R 卯i.
伽の編集と刊行のため
二日間 来所 。
栗原淑江を迎え、 「創価学会の 女性運動」というテーマで、第 10 回南山・ 東哲 の研
日
先例会を開催。
7 月 7
J. シンゲ ド一の 送別会が開かれる。 同氏は 20 年にわたり、当 研究所に貢献し、 定
日
年退職を迎えた。
7
15
月
東洋哲学研究所主催合同シンポジウムが
日
東京で開催される。 討議は、 J. ヴァンブ
ラフトの「世界宗教の条件と課題」に 基づいて行われた。
7
21
月
当研究所の初代所長であ
日
り、 著名な禅研究家、 Heinlrich DuImouIlin
逝去。(本所
報の追悼文を 参照。)
7 月神 26 日京都パレスサイドホテルにて、 東西宗教交流学会が 開催される。
8 月 7-1I
日
J. ハイジック,J. ヴァンブラフト , P. スワンソンがメキシコに赴き、国際宗教史学会
に出席、 講演を行なう。
8
11-If
月
9 月 1
9
日
渡蓬学が ハーバード大学世界宗教研究センタ
日
出席のため、 韓国に赴く。
一での研究のため 留学。
13-14 日第 9 回南山シンポジウム (東洋哲学研究所との 合同シンポジウム ) を開催。
月
10 月 田15
10
R. キサラが日韓宗教研究者によるシンポジウムに
月
22
日
日
P. スワンソンがパリ天台挙国際会議に
出席のため、 パリに赴く。
当所の招きにより、ヴェトナムのⅦ nlHalmh 禅寺一行が一週間
来所。 当研究所員が、
ThichNeuyenlTalI)と 共に、一行を京都・ 東京に案内する。 10 月 24 日午後、 当所
充所にて、 懇話会を開催。 僧侶 ThichTriQulanlg,ThichoacToan
と在家信者
Tran Tulan Man
11
月
5-g
日
が参加。
R. キサラ が神言 会 アジア太平洋地域宣教学教育と
研究会議のため、
インド・
フナ
に赴く。
11
月
24
日
イタリア、
ViaggidiCullulra
の Slefan)oCamlmne
Ⅲとその他
9
名が、日本における 宗
教についての 視察のため、 午後、訪問。
11
月
30
日
VictorMair(UniversityofPennlsylvanla)
を迎えて、 「胡盧の諸神話
その中国
と日本文化への 同化」というテーマで懇話会を開催。
12
月
9
日
南山宗教文化研究所の 幹事で EGSID
会議が開かれる。 Kenneth
Dale が日本の
キリスト教会の成長についての 講演を行な う 。
南山宗教文化研究所 第 6 号
1㏄6 年
43
1996 年
ひ㎡竹下 脇ltWn2, Sh)l7i切㎡南山アジア
1 同 2 日
より到着。
tnanitiesPress
1 同 30
宗教研究叢書第 6 巻 ) が出版社、 Asianl [email protected]
R. キサラとJ. ハイジックが Inler-Religio のあ りかたを再考する 会議に出席するため、
日
に赴く。
ソウルの SelonlInllerrelieiousCenller
3 月 9
J. ヴァンブラフトの 送別会を開催。 同氏は 20 年以上に 亘 って 当研究所に貢献し、
日
定年退職を迎えた。
3 月 11
J. ハイジックが「メガロポリス」をテーマとした
国際会議において 議長を務め、 講演を
日
行 な ため、メキシコ・シティに
赴く。
う
他の来客
1995
年
5 月 6 日
[email protected]
6 月
[email protected]
1 日
, [email protected]@[email protected][email protected]
Ⅱ @[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected][email protected]
,
Prague
6 月 5
[email protected]
日
Neave
[email protected][email protected] [email protected]
Women
・
[email protected]
University
[email protected]
,
of
Geography
6 月 13
日
[email protected]
6 月 19
日
[email protected]
7 月 1-S
日
[email protected]@Kwan
, [email protected]@[email protected][email protected][email protected]@[email protected]@[email protected]@Copenhagen
, [email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]@Philosophy
,
[email protected]@[email protected]
7
月
19
[email protected][email protected]
・
Dr
日
, [email protected]@
[email protected][email protected]@[email protected]@[email protected]
[email protected]
9 月 9 日
9 月 29
, Professor
[email protected]@Leiden
, [email protected]@[email protected]
[email protected][email protected]@Lancaster
[email protected] [email protected]@[email protected]@and
, [email protected]@
Cultures
Dr
・
[email protected] Nattier , Assoc
, Professor
, [email protected]
[email protected]@
Studies
, Indiana
[email protected]
[email protected] [email protected]
Studies
, Indiana
University
[email protected]
MacRae
, Assoc
・
Professor
,
University
12 月 2
12 月 12
1996
日
, [email protected]
[email protected]@Brannigan
, [email protected][email protected]
, Pittsburg
年
1 月 2 日
44
[email protected][email protected][email protected]@Sociology
, [email protected]
南山宗教文化研究所 第 6 号
1㏄6 年
[email protected] @@ [email protected] [email protected] [email protected]
Smith , [email protected] Lecturer , [email protected]
[email protected]@
Studies , Monash
University
1 月 13
日
, [email protected]@[email protected]
[email protected]@[email protected]
[email protected]@Fand
, [email protected]@University
, [email protected]@[email protected]@[email protected]
Choice
, [email protected][email protected]@[email protected]
[email protected]@Yusuke
2 月 6 日
2 月 IR
[email protected][email protected]
Sing , [email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]
[email protected]
2 月 lf
日
[email protected]
, translator
, Tokyo
2 月 21
日
[email protected] [email protected] [email protected] [email protected] [email protected] [email protected] [email protected] [email protected] [email protected] Twenty-First
[email protected](SGI)@
[email protected]
[email protected]@Hayhoe
, [email protected]@Toronto
南山宗教文化研究所 第 6 号
Ⅰ㏄
6 年
6 月 29
[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]
日
№ n Ⅱ ieWi39,o
7 月 5 日
10 月 25
11 月 9
日
egon
S ale
Ⅰ
[email protected][email protected]@Sti ling
[email protected]
日
Ⅰ
ersiy
, [email protected]@[email protected]@RCigions
, [email protected]
,
58
日日
月月
Canada
Pa
Reasoner
Ⅱ
, [email protected]@[email protected]@[email protected]
, St Pau
・
, Minn
,
[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]@for
ムU
l
Ⅰ
76
2
日日
2
0%
1995
[email protected] [email protected] Asia
日
9億
月月月
[email protected] Communiti
Dr
[email protected][email protected]
Ms
・
Asakama
, [email protected]@[email protected]@[email protected]
, Bologna
, [email protected]@Barcelona
, [email protected]
[email protected]@[email protected]@[email protected][email protected]@@ [email protected]@
[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]
2 月 2l
J.NelsonJennmnes,doctoralstudentalEdinburgh
日
[email protected]@@[email protected]@
[email protected]
[email protected]
Mar
12 [email protected]
Ⅰ
NewPla
, Hanoi , Vietnam
Univers
Ⅱ
Y
, [email protected]@[email protected]
[email protected][email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]@[email protected]
比
南山宗教文化研究所研究所報
第 5号
1995 年
今年の行事
1997 年 4 月 ∼ 1998 年 3 月
(敬称略)
1997 年
4月6日
西シドニー大学のハワアード・与至子が、遠藤周作研究のため、客員研究員とし
て 2ヶ月間来所。
4 月 17 日
ライデン・カトリック大学の Ilse Bulhof を迎えて、
「デリダと形なきの自己」と
いうテーマで懇話会を開催。
4 月 24 日
Ian Reader が Japanese Journal of Religious Studies の特集「日本の巡礼」に関する仕
事を行うため、1ヶ月間来所。
4 月 30 日
オーストラリア国立大学の大学院生 Ben Dorman が、研修生としてスタッフに加
わり、日本の諸宗教に関する博士論文に携わる。
5月7日
ハワアード・与至子を迎えて「遠藤周作と愛」というテーマで所員セミナーを行う。
6月1日
神言会海外トレーニング・プログラムのメンバー、Biju Kizhakkele が、トレーニ
ング 3 年次に研修生としてスタッフに加わる。
6月2日
Mary Baldwin College の Daniel Metraux が 2 週間来所、オウム真理教に関する著
作のための研究に携わる。
6月6日
第 9 回研究例会を開催。関西大学の小田淑子が「宗教哲学と宗教共同体の意味」
と題した研究発表を行う。
8月1日
カナダ McGill University の Victor Hori が、客員研究所員として1年間来所、
禅林
句集の翻訳に携わる。
渡邉学が、Robert Jay Lifton 教授 (City Universiy of New York) と共にオウム真理
教に関する近刊書に関する共同研究を行うとともに、国際アジア哲学宗教学会
(IAAPR)年次大会での研究発表を行うために、アメリカに赴く。
8 月 11 日
28
J. Heisig が、意見交換と国際会議出席のため、アメリカ、ヨーロッパ、タイなど
南山宗教文化研究所 研究所報
第8号
1998 年
を回る旅行に赴く。
9月1日
P. Swanson が、インディアナ大学で研究賜暇を開始。
9 月 21-27 日 ASPAMIR(Asian-Pacific Association of Mission Researchers ― アジア太平洋宣教
研究者協会)の会員 30 名が「現代世界における宗教運動」をテーマに発足シン
ポジウムに参加。同会合は、所内にてキサラを主事として開かれ、ハイジックが
基調講演を行った。
10 月 17 日
井門富二夫を迎えて、
「グローバリゼーションと宗教ポピュリズム」というテー
マで懇話会を開催。
11 月 2 日
R.Kisala が、ボストン大学ミレニアム研究所ならびに「宗教の科学的研究」学会
(SSSR)年次大会での研究発表を行うため、アメリカに赴く。
11 月 4 日
バンコクのチュラロンコン大学哲学部から Pratoom Angurarohita が、8ヶ月間来
所、日蓮の著作の翻訳に携わる。
渡邉学が、ロヨラ・メリーマウント大学での特別講演と「宗教の科学的研究」学
会(SSSR)年次大会で研究発表を行うため、アメリカに赴く。
11 月 17 日
Bryan Wilson を迎えて、
「寛容、世俗化、宗教性の新しい形」とのテーマで懇話
会を開催。懇話会の後、懇親会を開催。
11 月 20 日
Heisig が、アメリカ宗教学会(AAR)への参加およびそこでの研究発表のため、
アメリカに赴く。
1998 年
1月8日
南山宗教文化研究叢書最新刊(特集「日本の巡礼」
)が出版社より到着。
2月5日
Clark Chilson が、コピー・エディターとしてスタッフに加わる。Tom Kirchner
との間で2ヶ月間の引継を行う。
2 月 17 日
デンマークから博士課程在籍の学生 Jesper Garsdal が、3ヶ月間来所。
2 月 29 日
Encyclopedia of Spirituality 仏教編全2巻中の第2巻編
上智大学のJoseph O’ Learyが、
集のため、3 週間来所。
3 月 25 日
Mark Mullins が、氏の著作 Christianity made in Japan の仕上げのため、1 週間来所。
3 月 28 日
R.Kisala が、ワシントンで開催されたアジア学会(AAS)年次大会においてパネ
ル・ディスカッション「戦前期の日本宗教を論ずる」の議長を務める。
3 月 31 日
長年、第二種研究所員を務め、神学者として刺激を与えつづけた石脇慶總が定年
を迎え、その職を退く。同研究所員の鳥巣義文が任期を満了して退任。また、非
常勤研究員の保呂篤彦が、7 年間の本所での活躍を終え、大学教員として和歌山
に転出。過去 6 年間編集助手を務めた Tom Kirchner が、京都の天龍寺哲学宗教
南山宗教文化研究所 研究所報
第8号
1998 年
29
研究所に転出。過去 2 年間研究員を務めた稲葉広由が、名古屋郊外にある実家
の寺に戻り、僧職を務める。
他の来客
1997 年
5 月 28 日
Vargese Puthuparampil, a Franciscan from India, studying in Kyoto.
6月2日
Arai Shinobu 荒井 忍 , doctoral student at the University of Wisconsin, Madison.
Paula Arai, Asst. Professor at Vanderbilt University.
6 月 27 日
Lucien Cosijns, Director of the regional office of the United Religions Institute in
Belgium.
7 月 18 日
Jamie Hubbard, professor in the Numata Chair, Smith College.
8 月 27 日
Hans-Rudolf Kantor, a doctoral student from Bonn University.
10 月 14 日
Mark Larrimore, Princeton University.
10 月 15 日
Eli Franco, Privat Dozent at the University of Hamburg.
11 月 13 日
Daniel Metraux, Mary Baldwin College.
11 月 17 日
Eamon Adams, a Columban missionary working in South Korea.
11 月9日
Yoshiko Howard, University of Western Sydney, and her son, Brian.
11 月 28 日
Nicholas H. Barker, visiting research fellow at the Graduate School of International Development in Nagoya University.
12 月 17 日
Georg Evers of Missio Aachen.
1998 年
3 月 16 日
Ranjana Mukhopadhyaya, a doctoral candidate from India studying at Tokyo
University.
Yusa Michiko 遊佐道子 , Professor at West Washington University, U.S.A.
3 月 19 日
Gil and Sheila Johnston, now of Harvard, Mass.
3 月 21 日
Bernard Stevens of Louvain University, now studying in Kyoto.
30
南山宗教文化研究所 研究所報
第8号
1998 年
昨年の行事
1998 年 4 月 ∼ 1999 年 3 月
1999年
4月1日
奥山倫明が在米研究から帰国し、第一種研究所員となる。近藤光博が向こう2年
間の研究員となる。
4月9日
J.ハイジックが13年目になる月に二度公開セミナーを開始する。前年からのグ
ルジェフ研究を仕上げた後、マルティン・ブーバーの思想を中心に検討する。
5月15日
ヴァンダービルト大学宗教学部講師のPaula Araiが、女性の役割と日本仏教の儀
礼に関する著作執筆のため、1年間の客員研究員となる。
5月23日
Pratoom Angurarohitaが1年間の客員研究を終え、教務を再開するためにタイ・
バンコクのチュラロンコーン大学に戻る。
6月3日
R.キサラが近刊予定のPeace in Japan’s New Religionに関する3回のセミナーのうち
第1回を行う。
6月4日
アリゾナ州立大学教授のJames Foardを迎えて、「中世日本における聖像、神、
身体」のテーマで研究会を開催。
6月10日
R.キサラがPeace in Japan’s New Religionに関するセミナー第2回を開催。
6月12日
人類学研究所と共催された研究会において、Karen Smyersが「性信仰」に関す
る研究発表を行う。
6月17日
R.キサラがPeace in Japan’s New Religionに関するセミナー第3弾を開催。
6月24日
近藤光博がヒンドゥー・ナショナリズムに関するセミナーを開催。
7月1日
Kim Sun-Chol(金承哲)が、日本における宗教間対話の研究と宗教的多元主義
の探求のため1ヶ月滞在の予定で来所。
9月1日
アイオワ大学宗教学部助教授のJanine Sawadaが、明治期日本の民間宗教、こと
に富士信仰を研究するため、10ヶ月間の客員研究員としてスタッフに加わる。
9月14日
日本宗教学会が、1999年度学術大会開催校として南山大学を正式に決定。同会
議でJ.ハイジックが理事に、P.スワンソンと渡邉学が評議員に選出される。
92
南山宗教文化研究所 研究所報 第 9 号 1999 年
12月11日
Ruben Habito 龍谷大学客員教授が、「近代日本における日蓮像を超えて」と題
して研究会を開催。
1999年
1月13日
Raquel Bouso, Amador Vega, Victoria Cirlot が西谷啓治の『宗教とは何か』のス
ペイン語訳の最終的な編集のため、2ヶ月間滞在するために来所。
3月2日
P.スワンソンがアメリカでの研究賜暇から戻り、Japanese Journal of Religious
Studies 編集者としての任に復帰する。
3月31日
1997年度シンポジウム「キリスト教は仏教から何を学べるか」をまとめた論集
が法蔵館から同じ表題で刊行される。
他の来客
1998年
4月20日
Peter Clarke, Professor of the history and sociology of religion at the University of
London, editor of the Journal of Contemporary Religion, and director of the Centre
for New Religions.
6月1日
Michael Brannigan of LaRoche College.
Daniel Metraux of Mary Baldwin College
6月7日
José María Fernández-Martos (SJ provincial of Toledo) and Guillermo RodríguezIxquierdo Gavala (SJ provincial of Andalucía and Canarias).
7月8日
Ruben Habito, Professor at the Perkins School of Theology, Southern Methodist
University.
Jackie Stone, Professor of Religious Studies at Princeton University.
7月13日
Larry Barnet, a Columban Missionary from Taiwan.
7月15日
Lucia Carassia, doctoral candidate at the Università Ca’ Foscari de Venezia.
7月23日
John and Linda Keenan, former members of the Nanzan editorial staff.
Harold Kasimow, George Drake Professor of Religious Studies at Grinnell
College, Grinnell, Iowa.
7月24日
Kevin W. K. Lam 林 永強, a doctoral student at the Hong Kong University of
Science and Technology.
9月24日
Werner Jeanrond and Aasulv Lande of the Department of Theology and
Religious Studies of Lund University.
10月5日
Prof. Joseph Bracken of the Department of Theology, Xavier University,
Cincinnati.
南山宗教文化研究所 研究所報 第 9 号 1999 年
93
10月13日
Rev. Josho Warner, a Sõtõ nun from the Stone Creek Zendo in Sebastopol,
California; the French Benedictine contemplatives Sr. Samuel Nougué-Debat,
and Sr. Marie Pinlou.
11月9日
Murayama Toshiko 丸山とし子, coordinator of the Centre for North East Asian
Mission Studies at Selly Oaks, England.
12月13日
Takashima Ken'ichi 高嶋謙一, Professor in the Department of Asian Studies at
the University of British Columbia in Vancouver.
1999年
2月4日
Nils Grueber, formerly German Consul General in Osaka and currently professor
of international relations at Meijõ University in Nagoya.
3月30日
Kevin W. K. Lam 林 永強, a doctoral student at the Hong Kong University of
Science and Technology.
94
南山宗教文化研究所 研究所報 第 9 号 1999 年
昨年の行事
1999 年 4 月 ∼ 2000 年 3 月
1999年
4月 9日
4月15日
4月23日
James Heisig が15年目になる隔月の公開セミナーを開始する。
『キリスト教は仏教から何が学べるか』が法蔵館から届く。
第10回研究所セミナーが開催される。客員研究員 Paula Arai が「仏教によって
癒される女性の経験研究」と題して発表する。
4月30日
McGill 大学の Victor Hori が『禅林句集』の翻訳のために来所し、3ヶ月間滞
在。
5月3日
Paula Arai は客員研究員としての任期を終えて Vanderbilt 大学の任に復帰する。
5月5日
James Heisig が神学と医療倫理に関する会議に参加するため、スウェーデンと
アイルランドを旅する。
5月21日
年2回開かれる EGSID の会議が東京の上智大学で開催される。高柳俊一が
Jacques Dupuis の著作をめぐる論争について講演する。
6月2日
所内のセミナーが開かれ、近藤光博が「ヒンドゥー・ナショナリズムの研究に関
する方法論的諸問題」と題して発表する。
6月25日
インディアナの Manchester 大学客員助教授 Robin Roth が「エコフェミニズム
とアジアの自然観」について講演する。
6月29日
Janine Sawada が所内のセミナーで大正期の富士講活動について研究を発表す
る。
7月16日
第11回研究所セミナーが開催され、Paul Swanson が「菩提達磨の壁視と梵漢合
成語」と題して発表する。
7月21‐23日 年に一度の東西宗教交流学会が京都で開催され、研究所員渡邉学と James
Heisig が「自然、霊性、自己」という全般的なテーマに寄せてユングについて発
表する。
8月18日
60
James Heisig は研究所を代表して高山での第三回陽光文明国際会議に出席する。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 10 号 2000 年
会議のテーマは「生命と環境」で、Heisig が「地球への回心」について発表する。
9月2日
オーストラリアから神言会士 Frank Gerry が日本での諸宗教対話の状況を調べ
るため来所し、1ヶ月間滞在する。
9月16日
「日蓮の再検討」を特別テーマとする秋季発行の Japanese Journal of Religious
Studies が印刷所から届く。
9月17-19日
研究所が南山大学での第58回日本宗教学会学術大会を主催し、南山大学50周年
記念事業の一環として南山大学共催で国際シンポジウムも併催する 。
10月5日
西谷啓冶の『宗教とは何か』のスペイン語訳、La religion y la nadaの初刷がマ
ドリッドの出版社から届く。
10月10日
南山叢書の新シリーズ『現代世界と宗教』の第1巻としてヨアヒム・ヴァッハの
古典的研究『宗教の比較研究』(法蔵館)の邦訳が出版される。
11月14日
第12回研究所セミナーが開催され、熊田一雄が「白光真宏会と宗教心理活動の医
療化」と題して発表する。
11月17日
Robert Kisala の新著、Prophets of Peace の見本が University of Hawai‘i Press か
ら届く。
2000年
1月3日
Robert Kisala が米国シカゴの Catholic Theological Union で日本の宗教を講義
するため出発する。
1月17日
Columbus, Ohioの Trinity Seminary の Donald Luck が半年間客員研究所員とし
てスタッフに加わる。
3月3日
近藤光博研究員が研究例会で「「マハトマ」暗殺と現代のヒンドゥー・ナショナ
リスト運動」と題して発表する。
3月17日
前職、現職の研究所メンバーによる論集『宗教と宗教の〈あいだ〉』が風媒社か
ら届く。
3月24日
本研究所設立25周年を記念してシンポジウムが開催される。
他の来客
1999年
5月18-21日
June McDaniel, Associate Professor of Religious Studies at the College of
Charleston
6月2日
Alberto Recupero, graduate student in Buddhist studies at Venice University
6月9日
Louis Roy, associate professor in the Theology Department, Boston College が京
都学派に関する自らの研究発表のため三日間立ち寄る。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 10 号 2000 年
61
7月7日
林鎮國 Lin Chen-Kuo, associate professor of the Department of Philosophy,
National Chengchi University, Taiwan
10月5日
Dag Hareide, director of leader of the national dialogue between all the major
religions and life-view societies in Norway
11月17日
A delegation from Scandinavia of the Christian Mission to Buddhists made up of
Ms. Anne Skov Sorensen, Rev. Christel Eyerman, Rev. Hans Arne Aakero, and
Ernst Harbakk
2000年
1月14日
62
Carina Roth, 京都大学研究生
南山宗教文化研究所 研究所報 第 10 号 2000 年
昨年の行事
2000 年 4 月 ∼ 2001 年 3 月
2000年
4月20日
“Guidebook for the Study of Japanese Religion”の製作と出版の補助として、研
究所(代表者 Paul Swanson)が日本学術振興会科学研究費を助成されるとの通
知が届く。
4月24日
奥山倫明の著書『エリアーデ宗教学の展開――比較・歴史・解釈』が刀水書房
から届く。
6月2日
Robert Kisalaと久松英二がローマに向けて出発。神言修道会日本管区を代表し
て神言修道会大会に出席し、7月中旬に戻る。
第14回研究例会を開催。吉田一彦が「方便法身尊像裏書を資料として新しい蓮
如像を模索する」と題して研究発表を行う。
6月11日
Paul Swanson が名古屋国際学園の第33回卒業式で祝辞 (Commencement
Address)。
6月12日
Luther College の Gereon Kopf が来所。二ヶ月間滞在し、京都学派の研究を行
う。
6月15日
Donald Luck が自己の論文 “Paradoxical Reversal in Mahayana and Luther” を焦
点とする所員セミナーを行う。
6月23日
渡邉学の論文を含む『21世紀の日本と宗教』が第三文明社から出版される。
6月27日
Robert Jay Liftonの著書『 終末と救済の幻想――オウム真理教とは何か 』
[Destroying the World to Save It: Aum Shinrikyõ, Apocalyptic Violence, and the New Global
Terrorism (1999)]
(渡邉学訳)が岩波書店から出版される。
7月11–15日 渡邉学が渡米。2000年8月28–31日にニューヨークの国連本会議場で開催される
Millennium World Peace Summit of Religious and Spiritual Leaders事務局の命を
受け、ハーヴァード大学世界宗教研究センターと神学部の組織する作業部会の
会合に出席。
7月24–26日 東西宗教交流学会の年次大会が京都で開催され、Paul Swansonと渡邉学が出席。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 11 号 2001 年
49
ワシントン州タコマで行われる Society for Buddhist-Christian Studies の会議に
出席してパネル・ディスカッションを行う日本グループの編成を準備する。
8月5–12日
Paul Swansonと渡邉学が Society for Buddhist-Christian Studies の第6回国際会
議に出席。“Buddhist, Christianity, and Global Healing” をテーマに掲げ、タコ
マの Pacific Lutheran University で開催されたこの会議において、Swansonと渡
邉は “Spirituality, Nature, and the Self” をテーマとする日本グループによるパネ
ル・ディスカッションの議長および通訳を務めた。また、渡邉はC.G.ユングと自
己と自然について発表。
8月5–12日
Robert Kisala、奥山倫明、Clark Chilson が南アフリカのダーバンへ。五年に一
度行われる International Association for the History of Religions(IAHR)の世
界会議に出席。第18回目となった今回の会議は “History of Religions: Origins
and Visions” をテーマとして行われた。
9月13–15日 Paul Swanson、渡邉学、Robert Kisala、奥山倫明が、駒澤大学で行われた日本
宗教学会の第五十九回大会に出席する。
9月6日
奥山倫明らによるMircea Eliade, Histoire des croyances et des idées religieuses, vol.Ⅲ/2
(Vom Zeitalter der Entdeckungen bis zur Gegenwart) の邦訳、『世界宗教史――
諸世界の邂逅から現代まで』の文庫版が出版される。
9月25日
Japanese Journal of Religious Studies 掲載論文の和訳から Paul Swanson と林淳(愛
知学院大学)によって編集された論集『異文化から見た日本宗教の世界』が法
蔵館から届く。
9月29日
第15回目の研究例会が開催され、岩田文昭(大阪教育大学)が「救済宗教と心
理療法――阿闍世コンプレックス論をめぐって」と題する研究発表を行う。
10月7日
地方テレビ局CBCの40周年を記念して製作されたドラマ「乳房」の撮影地とし
て、研究所の施設が利用される。
10月12日
米本和広(フリー・ジャーナリスト)を迎え、「ジャーナリストから見た今日の
〈カルト〉問題――社会問題としての宗教をめぐって」と題する懇話会を開催。
これは、将来「カルトと反カルト、今日の日本における宗教の役割」をテーマ
とするシンポジウム開催に向けて行われる一連の懇話会の第一回目である。
10月19–22日 Robert Kisala がヒューストンで行われた Society for the Scientific Study of
Religion の年次大会に出席。 “Images of God” についてのパネル・ディスカッ
ションに参加する。
11月14日
“Mortuary Rites in Japan” をテーマに、Elizabeth Kennedy と Edmund Gilday を
ゲスト・エディターに迎えた特集号として編集されたJapanese Journal of Religious
Studies が印刷所から届く。
11月17–21日 James Heisig、Paul Swanson、渡邉学、Clark Chilson が渡米。テネシー州ナッシ
50
南山宗教文化研究所 研究所報 第 11 号 2001 年
ュビルで行われた American Academy of Religion の年次大会に出席する。
11月30日
Robert Kisalaが名古屋の金城学院大学キリスト教文化研究所に客員講師として
招聘され、
「国民的使命としての世界平和建設」について講演を行う。
12月8日
Victor Hori が自己の著書 Zen Words[『禅林句集』]に関わる仕事のために来所
し、12月24日まで滞在。
12月11日
櫻井義秀(北海道大学)を迎え、「「カルト」教団における入信をめぐって――
統一教会を事例に」と題する懇話会を開催。シンポジウムに向けて行われる一
連の懇話会の第二回目である。
12月8-11日
Robert Kisala がシカゴへ。アメリカの神言修道会創立100周年を記念し、
“Mission for the 21st Century” をテーマとしてテクニーで行われたシンポジウム、
および会議に出席。
12月26–27日 渡邉学と奥山倫明が京都で開催された「現代社会における宗教の役割」研究会
(CORMOS)の年次大会に出席。
2001年
1月5–12日
James Heisig が一時的に日本に戻り、自らの著書Philosophers of Nothingness の完
全版下を仕上げる。
1月6日
Guidebook for the Study of Japanese Religions に収録するエッセイの内容を検討する
会議が、ゲスト・スピーカー及び相談役として林淳を迎えて研究所で行われる。
1月26日
中野毅(創価大学)を迎え、「新宗教運動と反カルト・キャンペーン」と題する
懇話会を開催。シンポジウムに向けて行われる一連の懇話会の第三回目である。
2月1日
立正大学から数名の代表者が訪れ、研究所の施設を視察。立正大キャンパス内
に新しい研究所を設置するための準備過程の一環であった。
2月15–20日 Paul Swanson、Robert Kisala、奥山倫明が台湾へ。Inter-religio network の主催
により、 “Narrating Religious Experience in East Asia” をテーマに行われた会議
に出席。
2月16–19日 渡邉学が神奈川県葉山の生産性国際交流センターへ。異分野研究者交流フォー
ラムに出席し論文を発表。
2月23–27日 渡邉学がジョージア州アトランタへ。American Academy of Religion Committee
on International Connections の会合に出席。
3月2日
Robert Kisala と Clark Chilson が、上智大学の Monumenta Nipponica 主催、日
本研究関連の学術的出版に取り組む編集者および専門家の会合に出席。
3月12日
金承哲(釜山の慶星大学)が来所。研究所に一年間滞在し、日本におけるキリ
スト教理解とその韓国への影響を研究する予定。
3月15–17日 Paul Swansonが東京へ。国立情報学研究所主催の会議でオンライン出版につい
南山宗教文化研究所 研究所報 第 11 号 2001 年
51
ての発表を行い、さらに『宗教研究』の編集委員会に出席。
3月30日
奥山倫明が著書『エリアーデ宗教学の展開――比較・歴史・解釈』(刀水書房)
により宝積比較宗教・文化研究所主催第9回中村元賞を授与される。
他の来客
2000年
4月25日
河島幸夫、西南学院大学教授。
4月15日
Anne Bouchy, L’École Française d’Extrême-Orient, が Peter Knecht や Paul
Swanson との面会、および修験道に関する資料収集のため、南山大学を訪れ
る。
4月26日
Joseph Prabhu が夫人とともに来所し、日本国内の多数の場所で講義を行う。
夫妻は1月2日までパウルス・ハイムに滞在。
6月6日
Royall Tyler, the Australian National University.
6月16–17日 Aasulv Lande, Professor of Missiology with Ecumenical Theology in the
Department of Theology and Religious Studies of Lund University.
7月3日
Dr. Lai Sen-Chon 頼賢宗, Department of Philosophy, Huafan University, Taiwan,
and Hans-Rudolf Kantor, post-graduate researcher on T’ien-t’ai Buddhism, Bonn
University.
7月27日
パリの Ecole Pratique des Hautes Etudes の所長、Jean Bauberot が来所し、研
究所との協力の将来的可能性について協議する。
7月28日
Silvio Marquardt, graduate student.
9月27–28日 チューリッヒのマルチメディア・プロデューサー、Peter Buchmann が、神道
に関するビデオ・マルチメディアによるプレゼンテーションの検討と準備のた
め、来所。
11月7日
Cristina Rocha, Ph.D. Candidate, Western Sydney University, and Marc W. Stahel,
Zen monk.
11月21日
Jesús González Valles, PP. Dominicos of Madrid.
2001年
1月12日
Fr. Antonio Pernia, Superior General of the SVDs.
1月29日
ザベリオ会会員 Luigi Menegazzo と Tiziano Tosolini が来所し、ザベリオ会が
研究所と将来的に協力する可能性と、研究所がRev. Tosoliniを客員研究所員と
して迎える可能性について検討。
3月31日
52
Dr. and Mrs. Martin Wu of Bond University (Australia).
南山宗教文化研究所 研究所報 第 11 号 2001 年
昨年の行事
2001 年 4 月 ∼ 2002 年 3 月
2001年
4月6日
Richard Seager (Hamilton College)、Robert Eppsteiner (Boston Research Center
for the Twenty-First Century)、Sumimoto Tokihisa (Research for Soka Gakkai
International) が来所し、Richard Seager による創価学会に関する最近の調査プ
ロジェクトについて相談を受ける。
4月9日
Tiziano Tosolini が来所。1年間滞在して日本の哲学及び京都学派の研究を行う。
4月9-30日
アムステルダムの Vrije Universiteit で神学・哲学部の宗教学教授を務める
Hendrik Vroom が来所。3週間滞在して宗教間対話と仏教における神の観念に
ついての研究を行う。
4月20日
日本における価値観調査の実施と分析の補助として、研究所(代表者 R. Kisala)
が文部省科学研究費(3年間で15,200,000円)を助成されるとの通知が届く。
4月19-22日
奥山倫明が London School of Economics で行われた “The Spiritual Supermarket: Religious Pluralism in the 21st Century” についての国際会議に出席し、
村上春樹と大江健三郎について発表(Bulletin 25を参照)
。
4月22日
Victor Horiが来所。
『禅林句集』の英訳完成のため、3ヶ月滞在。
5月19日
Erin McCarthy (St. Lawrence University)が来所。2∼3週間滞在して、和辻哲郎
の研究を行う。
5月21日
James Heisig の新著 Philosophers of Nothingness が出版元の University of Hawai‘i
Press から届く。
5月26日
研究所でEGSIDの会合が開かれ、NCC 宗教研究所、上智大学キリスト教文化・
東洋宗教研究所、オリエンス宗教研究所の代表者が参加。Martin Repp が
“Hõnen and the Structure of Religious Reformation” について研究報告を行う。
5月28日
Claire Wolfteich (Boston University School of Theology)が研究所を訪問し、
“Church and Theology in the Contemporary World” に関するプロジェクトにつ
いて協議。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 12号 2002 年
63
5月31日
山口広弁護士を迎え、
「宗教法人問題連絡会の日弁連「判断基準」批判について
の争点」というテーマで懇話会を開催。これは第11回南山シンポジウムに先立
つ一連の懇話会の第4回目にあたり、26名が参加した。
6月8日
第16回研究例会が開催される。平島(奥村)美佐が「三日月と十字架のもとに
――マレーシアにおけるキリスト教とエスニック・アイデンテイテイ」という
ペーパーを発表。16人が参加。
6月11日
Gereon Kopf が来所。2∼3週間滞在して研究を行う。
6月16-17日
東京で開催された「宗教と社会」学会に Robert Kisala、渡邉学、奥村倫明が出
席。
6月23日
Robert Kisala と Clark Chilson が上智大学で開催された Asian Studies Conference
Japan に参加して、
「隠された宗教性」に関するパネルで発表。
6月29日-7月1日 東京大学で開催された印度学仏教学会の年次大会に Paul Swanson が参加
し、仏典の翻訳の問題について発表。
7月2日
2000年度の Bulletin 25 と『所報』11号が印刷所から届く。
7月5日
奥山浩基が所員セミナーで、本人の調査に基づき、
「コーサンビー争論説話の展
開」というテーマで発表。
7月6-9日
東京大学史料編纂所主催で開かれた“International Symposium on Historical and
Buddhist Sources in Japan” に Paul Swanson が出席。
7月17日
Princeton University 自然科学部高等研究所、天体物理学教授 Piet Hut が昼食に
立ち寄り、科学と霊性について活発な議論を行う。
7月19日
Institute of Buddhist Studies in Mountain View (CA) の学部長 Richard Payne が
研究所を訪問し、南山のガイドブック・プロジェクトについて協議。
7月23-25日
Paul Swanson と渡邉学が京都で開かれた東西宗教交流学会の第20回年次大会に
出席。
8月3日
Scott Schnell (University of Iowa) が研究所を訪問し、将来南山に滞在して研究
を行う可能性について協議。
8月27日
Robert J. Kisala、Mark R. Mullins 編集の Religion and Social Crisis in Japan:
Understanding Japanese Society through the Aum Affair が出版元の Palgrave から届く。
8月31日-9月8日 SVD の所用ため、Robert Kisala がオーストラリアのメルボルンへ出張。
9月10日
James Heisig がスペイン、バルセロナでの1年間の研究休暇と、ラテンアメリカ
での5ヶ月にわたるレクチャー・ツアーから帰国。
9月14-16日
久留米大学で開催された日本宗教学会の第60回年次大会に参加するため、Paul
Swanson, Robert Kisala、渡邉学、奥山倫明が九州に出張。Kisala、渡邉、奥山
が発表し、Paul Swanson は『宗教研究』の編集会議に出席。この大会期間中に
年刊の JJRS の審議会 (advisory board meeting) が開かれた。
64
南山宗教文化研究所 研究所報 第 12 号 2002 年
9月17-25日
Institute of Philosophy of the Romanian Academy からの招待を受けて、奥山倫
明がルーマニアを訪問し、国際シンポジウム“Mircea Eliade in Eternity” におい
て Mircea Eliade に関するペーパーを発表。
9月21日
香港の Institute of Sino-Christian Studies の Academic Director である Liu
Xiao-feng 夫妻が研究所を訪問し、アジアにおける宗教間対話に協力する方法に
ついて協議。
9月24日
Robert Kisala が日本カトリック神学会年次大会のシンポジウムに参加し、「多元
的社会における教会の使命と役割――諸宗教の場合」というテーマで発表。
9月27-30日
華梵大学の招待により、Paul Swanson が台湾に出張。天台学会が主催した天台
研究に関する第4回大会の基調講演を行う。
10月1日
ソルボンヌ、École Pratique des Hautes Études の Directeur d’études である
Dr. Jean-Noel Robert が編集会議と昼食のため研究所に立ち寄る。
10月1-3日
オーストラリアの University of Notre Dame School of Philosophy and Ethics の
研究科長を務める Brian Mooney が研究所を訪問し、日本の神道と仏教におけ
る倫理と自殺の問題について討論。
10月14-28日 SVD の所要と、それぞれ1週間にわたる2つの大会に出席するため、Robert
Kisala が印度に出張。ムンバイで10月15-19日にわたって開催された ASPAMIR
(SVD Asian-Pacific Association of Mission Researchers)主催のシンポジウムと、
10月24-28日にわたって開催された“The Church in Mission: Universal Mandate
and Local Concerns” に関するコロキウムに参加。
10月15日
University of Notre Dame Erasmus Institute 所長 James Turner が研究所を初め
て訪問し、将来の相互協力の可能性について協議。
10月19日
フォトジャーナリストの藤田庄市を迎えて「「信教の自由」から「精神の自由」
へ-カルト取材を通してみえてきたもの」というテーマで懇話会を開催。これは
第11回南山シンポジウムに先立つ一連の懇話会の第5回目にあたり、17人が出
席した。
10月26日
第17回研究例会が開催され、愛知学院大学の伊藤雅之が「あたらしい霊性文化
のグローバル、ローカルな次元――和尚ラジニーシ・ムーブメントの事例を通
して」というペーパーを発表。11人が出席。
11月8日
大正大学助教授、弓山達也を迎え、「宗教と〈カルト〉のあいだ」というテーマ
で懇話会を開催。これは第11回南山シンポジウムに先立つ一連の懇話会の第6回
目にあたり、17人が出席した。
11月16-20日 Paul Swanson, Robert Kisala、渡邉学、Clark Chilson がデンバーで開かれたAAR
の年次大会のため、アメリカ合衆国に出張。
11月25日-12月7日 James Heisig がヨーロッパに出張。アムステルダムの Porticus Founda-
南山宗教文化研究所 研究所報 第 12号 2002 年
65
tion で講演を行った。
12月26-27日 Paul Swanson が京都で開かれた CORMOS の第48回年次集会に出席する。
12月27日
島薗進を研究所に招待し、本人の新著『ポストモダンの新宗教−現代日本の精
神状況の底流』についての討論会を行う。この本について愛知学院大学の伊藤
雅之、林淳、南山宗教文化研究所の奥山倫明がコメントし、島薗がこれに応答
した。16名が参加。
2002年
1月13-14日
Paul Swanson が大阪に出張し、ザベリオ会のシンポジウムで仏教に関する講義
を行う。さらに東京で、 “Science and the Spiritual Quest” に関する東京シンポ
ジウムのための組織委員会の会合に出席した。
1月15-19日
生命山カトリック別院の Maria De Giorgi が研究所を訪問し、仏教と宗教間対
話に関する研究に従事。
1月17日
甲南女子大学人間科学部教授、芦田徹郎を迎え、「イエスの方舟とオウム真理教
――「わかる」と「わからない」の〈あいだ〉について――」というテーマで
懇話会を開催する。これは第11回南山シンポジウムに先立つ一連の懇話会の第7
回目にあたり、20名が参加した。
1月24日
韓国の慶星大学教授で客員研究所員でもある金承哲が所員セミナーで、自己の
研究テーマに基づき「韓国キリスト教の自己理解と宗教間対話」について発表。
11人が参加。
1月28-30日
渡邉学が大阪と東京に出張し、相国寺の大本山では「〈カルト〉問題の反省と展
望-オウム真理教問題を中心に」というテーマで、上智大学のカトリックセンタ
ーでは「現代青少年の宗教意識と人間教育の課題」についてそれぞれ講演した。
2月22日
Paul Swanson, Robert Kisala, Clark Chilson が東京に出張し、上智大学の
Monumenta Nipponica 主催による“English-language Scholarly Periodical
Publishing in Japan Workshop 2002” に出席。
3月1-5日
渡邉学がジョージア州アトランタに出張し、American Academy of Religion
Committee on International Connections に委員として出席。
3月11-13日
第11回南山シンポジウムが「宗教と社会問題の〈あいだ〉
」というテーマで開催
され、14名のパネリストのほか、50名を越える参加者があった。
3月23日
長谷千代子が2年間の任期で、研究員として来所。
3月17-30日
研究所の所用のため、James Heisig と Paul Swanson がニューヨーク、バルセロ
ナ、ヴェニスに出張。
3月24-27日
Robert Kisala が韓国に出張し、価値観調査についてと、これと同様の調査を韓
国で実施する可能性について協議。
66
南山宗教文化研究所 研究所報 第 12 号 2002 年
その他の訪問者
2001年
4月13日
Claudia Romberg, Research fellow and Ph. D. candidate, Vrije Universiteit
(Amsterdam).
5月14日
John Harding, Ph. D. Candidate, University of Pennsylvania.
5月28日
John F. Griffin, financial analyst.
7月7日
山部能宜・九州龍谷短期大学教授。
8月21日
Dr. Thomas Hentrich. カナダ・モントリオールの神学者。
9月13日
Ian and Dorothy Reader, Lancaster University.
11月5日
Dr.J. Preisinger, ドイツ連邦共和国総領事。
12月14日
James Mark Shields, Ph.D. Candidate, McGill University.
2002年
1月13-14日 東馬場郁生、天理大学講師。
2月11日
Prof. Doyen Philippe Capelle. President de la Conférence Mondiale des
Institutions Universitaires Catholiques de Philosophie, and Faculté de
3月6日
Philosophie of the Institut Catholique de Paris.
水野友晴、Curtis Rigsby、Kevin Lim(林永強)。それぞれ京都大学大学院哲学
研究室に在籍。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 12号 2002 年
67
昨年の行事
2002 年 4 月 ∼ 2003 年 3 月
2003年
4月8日
Jean-Pierre Denis(Chef du Service Religion for La Vie)が来所し、日本における
宗教と考古学について議論。
4月15日
James Heisig と Paul Swanson が 4月12日になくなった竹内義範の葬儀に参列。
4月20日
ルーマニアの研究者と共同でおこなわれるミルチャ・エリアーデについての調
査プロジェクトの補助金として、奥山倫明に文部省科学研究費(3年間)が助成
されるとの通知が届く。
5月15–20日 奥山倫明が Journal of the American Academy of Religion の国際化についてのワー
クショップ出席のためアトランタに出張。
5月21–25日 James Heisig が著書 Filósofos de la nada: Un ensayo sobre la escuela de Kioto の説明
のためバルセロナへ出張。
5月26日
–月5日26
奥山倫明が、ジャマイカの Port Antonio で開かれた国際比較文明学会に出
し、“Religious Nationalism in the Modernization Process: State Shinto and Nichirenism in Prewar Japan” というペーパーを発表。
6月1日
Victor Hori が著書の完成のため来所。7月いっぱいで原稿は完成し、最終校が
出版社に送られた。
6月7日
第 18 回研究例会開催。堀雅彦が「『宗教的経験の諸相』の百年-誰がどのように
読み、あるいは読まなかったか」というペーパーを発表。11名が出席。
6月14日
Japanese Journal of Religious Studies (Spring 2002, 29/1-2) が届く。
6月20日
2002 年度の Bulletin 26 が印刷所から届く。
6月22日
奥山倫明がフルブライト・アメリカ研究インスティテュート、Religion in the
–8月6日
U. S.: Pluralism and Public Presence"プログラムに参加するため、サンタバーバ
ラほか、インディアナポリス、アトランタ、ワシントン D.C. に滞在。
6月22日
国際言語文化振興財団から、James Heisig に対し Nicolae Mari,s (Rumanian
Academy)との共同翻訳プロジェクト(日本哲学文献のルーマニア語への翻訳)
について研究助成が与えられる。
36
南山宗教文化研究所 研究所報 第 13 号 2003 年
7月1日
学位論文の調査のため、2ヶ月間滞在の予定で Tullio Lobetti が来所。
7月5日
日本宗教学会の理事会に出席するため、Paul Swanson が東京へ出張。
7月11–17日 Paul Swanson が Gene Reeves および立正佼成会主催の「法華経と禅学会」
(於:東京・長野)にて「止観と禅―天台智顗の禅観」という題で発表。
7月17日
2001 年の東西宗教交流学会の発表原稿が収録された『東西宗教研究』の創刊号
が印刷所から届く。
7月22–24日 James Heisigと渡邉学が京都で開かれた第21回の東西宗教交流学会年次大会に
出席。
8月20日
第11回南山シンポジウムの会議録である『宗教と社会問題の〈あいだ〉――カ
ルト問題を考える』が出版元である青弓社から届く。
9月4–5日
価値観調査に関する講演のため Robert Kisala が宮崎へ出張。
9月13–24日 Robert Kisala がタイで開かれた神言会のアジア・太平洋地域の会議に出席。
9月14–15日 大正大学で開催された日本宗教学会第 61 回学術大会に出席するため、Paul
Swanson、James Heisig、渡邉学、奥山倫明が東京に出張。あわせて Japanese
Journal of Religious Studies の編集委員会も開かれた。
9月29日
Robert Kisalaが価値観調査に関する講演のため大阪へ出張。
10月7日
世界宗教研究所長でもある卓新平 Zhou Xinping が会長をつとめる中国社会科
学院より10名の派遣団が南山大学を訪問。南山宗教文化研究所および人類学研
究所にも立ち寄る。
10月12日
本研究所第一種研究員がオリエンス研究所で開かれた EGSID の会議に出席す
るため、東京へ出張。Paul Swanson、渡邉学、奥山倫明は 2005 年開催の国際
宗教学宗教史会議19回世界大会実行委員会にも出席した。
10月18–19日 Paul Swanson が学習院大学でおこなわれた国際シンポジウム「科学とこころ―
科学、価値観、知識の限界」に出席するため東京へ出張。組織委員会のメンバ
ーでもある彼は最後のパネルディスカッションでは議長を務めた。
10月23日
–11月5日
奥山倫明がブカレスト大学、ルーマニア・アカデミーからの招待をうけ、ルー
マニアを訪問。ミルチャ・エリアーデに関する研究報告を行う。
10月30–11月4日
アメリカで開催された Society for the Scienti³ic Study of Religion の年次大
会に Robert Kisala が出席。
11月7日
ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「21 世紀の創造」(読売新聞社、NHK およ
び南山大学主催)が開催される。
「自立した精神とモラリティの再建――人間の
尊厳のために」というテーマのもと、ノーベル文学賞受賞者である大江健三郎
氏とノーベル経済学賞を受賞したアマーテア・セン氏をスピーカーとして迎え
たこのフォーラムでは、渡邉学がコーディネーターを務めた。
11月8日
第19回研究例会が開催され、名古屋大学の山口亜紀氏が「近代日本における宗
南山宗教文化研究所 研究所報 第 13 号 2003 年
37
教学の夜明けと宣教師たち―ユニテリアニズムと明治期啓蒙知識人」というペ
ーパーを発表。13名が出席した。
11月21–26日 Paul Swanson、James Heisig、渡邉学、奥山倫明、Clark Chilson がカナダのトロ
ントで開かれた American Academy of Religion の年次大会に出席。Clark Chilson
が発表、Paul Swanson がパネル “The Contemporary Teachings of Traditional
Buddhism” でコメンテイターを務めた。
12月6日
東北公益文科大学教授の間瀬啓允氏を迎え、「多元主義と日本の宗教学」という
テーマで懇話会を開催。21 名が参加。
12月16–18日 James Heisigが京都大学大学院文学研究科シンポジウム「言葉・翻訳」に出席し、
「哲学の翻訳と用語の脱聖化」という発題をおこなう。
12月21日–1月6日
Marc Bernabe と Veronica Calafell が来所。
12月26–27日 Paul Swanson と渡邉学が京都で開かれた CORMOS の第 49 回年次集会に出
席。
2003年
1月10日
「宗教研究に対する日本の貢献」を特集する2003年度American Academy of
Religionアトランタ大会への日本人研究者の参加を募るため、希望者にむけての
第1 回ミーティングが研究所で開かれた。8名が出席。
1月11日
Paul Swansonと奥山倫明が国際宗教研究所主催のシンポジウム「新しい追悼施
設は必要か―若き宗教者の発言」
(於:大正大学)に出席。
11月16日
Walter Van Herck (Senior Research Fellow, University of Antwerp, Belgium)を迎
え、懇話会を開催。“Four Ways of Doing Philosophy of Religion” というテーマ
のもと18 名が出席。
1月17日
1月27日
所員セミナー開催。Clark Chilsonが真宗秘密講について研究報告をおこなった。
「宗教研究に対する日本の貢献」を特集する 2003 年度 American Academy of
Religion アトランタ大会への日本人研究者の参加を募るため、希望者にむけて
の第 2 回ミーティングが研究所で開かれた。18 名が出席。
2月4日
Jay Fordが来所。中世の僧、貞慶について3ヶ月に渡り研究する。
2月5日
南山大学執行部から南山宗教文化研究所に委託された文部科学省 21 世紀 COE
プログラムへの応募に際し、広く意見を聞くための話し合いの場が設けられた。
27 名が出席。
2月6日
Paul Swansonと渡邉学、南山学長事務室の代表者が大阪に出張。COE の説明会
出席のため。
2月16–24日 Robert Kisalaが価値観調査について協議するためヨーロッパへ出張。
2月18日
38
Paul Swansonと渡邉学が日本学術振興会主催のシンポジウム「わが国の学術研
南山宗教文化研究所 研究所報 第 13 号 2003 年
究の動向を考えるシンポジウム―人文・社会科学を中心として」に出席、京都
に出張。
2月19日
『禅林句集』(南山宗教文化叢書第6巻)の初版がUniversity of Hawai'i Pressか
ら届く。
2月21日
世田谷区役所が開いたシンポジウム「オウム真理教問題シンポジウム――なぜ
若者たちはオウムに走ったのか」に渡邉学がパネリストとして参加。
2月21–25日 渡邉学が American Academy of Religion 国際委員会出席のためにアトランタに
出張。
3月2–5日
James Heisig と Robert Kisala がタイの Pattaya で開かれた Inter-Religio 会議に
出席。テーマは「今日の東アジアにおける宗教と文化」であった。
3月6日
南山大学と南山宗教文化研究所が「宗教・文化・社会的価値の国際比較研究」
というテーマで 21 世紀 COE プログラムに応募。
3月8–9日
Paul Swanson が大正大学での博士論文の口述試問の審査員をつとめるために、
また、
『宗教研究』の編集会議出席のため東京に出張。
3月9日
Paul Swanson、渡邉学、奥山倫明が 2005 年国際宗教学宗教史会議19回世界大
会実行委員会の第二回のミーティングに出席。
3月17–21日 アジア価値観調査についてのさらなる協議のため、Robert Kisala がフィリピン
へ出張。
3月27日
山梨有希子が 4 月 1 日から研究員として赴任するために来所。
3月13–31日 Paul Swansonがイタリア・ヴェニスの Ca’ Foscari 大学大学院での2週間にわた
る講義、その他のためヴェニスへ出張。
その他の訪問者
2002年
4月15日
John Langan, Professor of Ethics, Georgetown University.
5月13日
Rev. Christian Cochini,researcher for the Ricci Institute in Taipei, Taiwan.
5月15日
Veronica Calafell, 手塚治『仏陀』
、『火の鳥』のスペイン語翻訳者。
6月10日
Cindy Bentley,graduate student, McGill University.
6月17日
元好朗子、京都ノートルダム女子大学(近東学・アラビア文学)
。
6月24日
Scott Schnell, the University of Iowa.
7月24–25日 Ng Yu-kwan, Hong Kong Baptist University.
9月19日
長坂格・新潟国際情報大学。
9月20日
Esben Andreasen、co-author of Japanese Religions: Past and Present.
9月29–30日 Peter Merkx, Stichting Porticus.
南山宗教文化研究所 研究所報 第 13 号 2003 年
39
10月10日
Barbara Golen, Sophia University.
10月28日
Antony Boussemart, Ecole Francaise d'Extreme-Orient of Paris.
2003年
2月13日
40
山梨有希子(大正大学)
、坂井祐円(大谷大学)。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 13 号 2003 年
昨年の行事
2003 年 4 月 ∼ 2004 年 3 月
2003年
4月5日
Paul Swanson, James Heisig, 渡邉学,奥山倫明が日本宗教学会の各委員会に出席
するため東京へ出張。
4月9日
所員セミナーを開催。James L. Ford (Wake Forest University) が、“Jõkei and
Established Buddhism in Early Medieval Japan”というテーマで研究報告をおこな
った。10名が出席。
4月10–12日 James Heisig が、Seton Interreligious Research and Spirituality Center の出版プロ
ジェクトに協力するためソウルに出張。
4月21日
宗教研究における国際協力の研究の補助金として、南山宗教文化研究所に文部
科学省科学研究費(3年間)が助成されるとの通知が届く。
5月1日
京都大学の藤田正勝氏を迎え、
「情意における空」というテーマで懇話会を開催。
29名が出席。
5月6–15日
奥山倫明が、5月8−10日にノルウェーのベルゲンで開催された European Association for the Study of Religions の第3回大会に出席するため、ヨーロッパへ出
張。この大会は、2005年3月に東京で開催予定の国際宗教学宗教史会議の地域
大会である。
5月10–11日 Paul Swanson が国際宗教研究所の理事会(5月10日)に出席するため、東京へ
出張。また5月11日には岩波書店で開かれた『思想』の禅研究特集号をめぐる
会議にも出席。
5月17日
COE プログラムのメンバーが最終的な提案の内容を報告し、将来の選択肢を議
論するために、連絡会議が開かれた。
5月25–29日 Paul Swanson が、天台学会および比叡山の叡山学院主催の国際天台学会議に出
席。
5月31日
Robert Kisala, Felipe Muncada, 藤本哲史が、アジア価値観調査のミーティング
に出席するため東京へ出張。
6月4日
Paul Swanson が、東京大学 COE プログラム主催のワークショップ「死生学の
南山宗教文化研究所 研究所報 第 14 号 2004 年
61
構築」で発表するため東京へ出張。テーマは「仏教における死生観」であった。
6月7日
渡邉学と奥山倫明が、東京大学 COE プログラム主催のワークショップに出席
するため東京へ出張。
6月15日
Robert Kisala が南山大学同窓会・定時代議員総会で講演を行う。テーマは「宗
教と文化――南山宗教文化研究所の活動を振り返って」であった。
6月19日
Victor Sõgen Hori (McGill University) の著書 Zen Sand の出版を記念して、
Victor Sõgen Horiを迎え「砂と混ぜて金を売る――『禅林句集』翻訳」という
テーマで懇話会を開催。25名が参加。
6月21–22日 渡邉学が上智大学市ヶ谷キャンパスで開かれた Asian Studies Conference Japan
に出席するため、東京へ出張。“Manga/Film” のパネルでレスポンデントを務
める。
6月27日
第20回研究例会を開催。樫村愛子(愛知大学)が「リアルショーの社会学的分
析」という題で発表。15名が参加。
6月29日
Paul Swanson が『宗教研究』編集委員会に出席するため、東京に出張。
6月30日
Paul Swanson が駒沢大学仏教学会平成15年度第1回公開公演にて「ダルマと
「壁観」と梵漢合成語」を発表。James Heisig, Dialogues at One Inch above the
Ground: Reclamations of Belief in an Interreligious Age と James Heisig 訳, Amador Vega, Ramon Llull and the Secret of Life が出版元の Herder & Herder から届
く。
7月5日
Paul Swanson, James Heisig, 渡邉学, 奥山倫明が日本宗教学会の委員会および理
事会に出席するため、東京へ出張。
7月9–15日
奥山倫明が UCLA で開かれたフルブライト・プログラムに参加するため、アメ
リカへ出張。
7月14–16日
Timothy W. Richardson (Brigham Young University, Hawaii) が来所し、Jim
Heisigと中国語の正書法のプロジェクトについて話し合う。
7月20–26日
奥山倫明がトリノで開かれた ISSR の会議に出席するためイタリアへ出張。
7月17–30日
朴眞暎 (American University) が来所し、韓国と日本の禅について研究。
7月18日
第21回研究例会を開催。長谷千代子(本研究所研究員)が「日常的実践として
の宗教――中国西南部徳宏タイ族の関公廟参拝行動をめぐって」という題で発
表。17名が参加。
7月22–24日
東西宗教交流学会の第22回年次大会が本研究所で開催される。本学会の事務
局は長年、本研究所に置かれていたが、本研究所での年次大会開催ははじめて
の試みであった。
7月26日
Paul Swanson が、バンコックの Center of Buddhist Studies を訪問するためタイ
–8月3日
へ出張。また、Chiang Mai にある Payap Univeristy の Institute for the Study of
62
南山宗教文化研究所 研究所報 第 14 号 2004 年
Religion and Cultureを訪ね、国際会議に出席。テーマは「宗教とグローバリゼ
ーション」であった。
7月27日
James Heisig がさまざまの研究センターを訪問するため、イタリア、ス日ペイ
–8月12
ン、ルーマニア、トルコに出張。また、World Congress of Philosophy にも出
席。
8月4–5日
University of Graz (Austria) の Martina Roessl が、茶室の研究に必要な資料を収
集するため来所。
8月25日
奥山倫明が Leiden Institute for the Study of Religions を訪問するため、オランダ
–9月1日
へ出張口頭発表をする。
9月1–30日
Chloé Sondervorst (Catholic University of Louvain-la-Neuve) が来所し、学位論文
の準備のため日本哲学と西谷啓治の著書について研究を行う。
9月3–5日
Paul Swanson, James Heisig, 渡邉学, Robert Kisala, 奥山倫明が、天理大学で開催
された日本宗教学会第62回学術大会に出席するため天理に出張。Japanese Journal of Religious Studies の編集委員会も同時に開催。
9月14–24日 奥山倫明がヘルシンキ大学とサンクトペテルブルグの Sorokin/Kondratieff
Instituteを訪問するため、フィンランドとロシアに出張。また、International
Society for the Comparative Study of Civilizations の第32回年次大会で口頭発表。
9月18日
Paul Swanson が、アメリカ大使館で開かれた日米教育委員会(フルブライトプ
ログラム)主催のレセプションに出席するため東京に出張。
9月19–20日 Ian Reader(Lancaster University)と Thomas Kasulis (Ohio State University) と
Lloyd Steffen (Lehigh University) が来所。日本の哲学をテーマとするプロジェ
クトについて話し合う。
9月26日
William LaFleur (Pennsylvania University)を迎え、南山大学社会倫理研究所と共
同で懇話会を開催。テーマは「人間性の死体解剖?――哲学とバイオテクノロ
ジー」であった。33名が出席。
10月3日
第22回研究例会を開催。まどかアッセマ庸代(本学人文学部心理人間学科)が
「いろはワーク+1の秘法『ん』と空海秘鍵『ギャテイ』――Science of Life and
Death の描法と直観」という題で発表。12名が出席。
10月4日
渡邉学と奥山倫明が、2005 年 IAHR 世界大会の総会を計画するために開かれ
た実行委員会に出席するため東京に出張。
10月11日
Paul Swanson が、同志社大学一神教学際研究センターの創立を記念して開かれ
たシンポジウム「日本の精神性と一神教世界」に出席するため京都に出張。
10月17
Paul Swanson が、フルブライト奨学金の面接審査委員をつとめるため東京に出
–18日
張。また、COE プロジェクト「死生学」主催のワークショップにも出席。
10月20日
渡邉学が、日本学術会議で開催された第19回国際宗教学宗教史会議(IAHR)
南山宗教文化研究所 研究所報 第 14 号 2004 年
63
運営委員会と組織委員会に出席するため東京へ出張。
10月25日
Paul Swanson と奥山倫明が、上智大学で開かれた EGSID の会議に出席するた
め東京に出張。James Heisig が、京都大学主催の諸宗教間対話をテーマとする
シンポジウムに出席するため京都に出張。
10月25
渡邉学が、淡路夢舞台で開催された国際シンポジウム“Life Science and the Crisis
–18日26日
Facing Humanity”に出席するため淡路島へ出張。
10月29日
Paul Swanson が、CORMOS の常任理事会に出席するため京都に出張。
10月31日
Paul Swanson と奥山倫明が、是枝裕和監督と会うため東京に出張。アトランタ
で開かれる AAR 年次大会での「ディスタンス」の上映、およびそれに続く質
疑応答について話し合った。
11月7日
「現代日本におけるフェミニズムと宗教」を特集する JJRS 秋号が印刷所から届
く。
11月9日
奥山倫明が、国学院大学で開かれた特別講演「宗教者からの社会への提言」と
レセプションに出席。これは国際宗教研究所の創立 50 周年を記念して開催さ
れた。
11月18
奥山倫明が、アトランタのEmory Universityで開催されたJournal of the Ameri-
–21日
can Academy of Religion 主催の国際会議に出席。テーマは“Contesting Religion
and Religions Contested: The Study of Religion in a Global Context”であった。
11月19日
南山大学 21 世紀 COE プログラム・プロジェクト委員会の初会合がおこなわれ
る。南山宗教文化研究所が提出した計画案について話し合われた。Paul Swanson
が研究所を代表して参加。
11月20–26日 Paul Swanson, James Heisig, 渡邉学, Robert Kisala, 奥山倫明, Ben Dorman が、
AARの年次大会に出席するためアトランタに出張。“Focus on Japan”の一環
として、所員が“Religious Studies in the Japanese Context”という特別トピッ
クフォーラム、「ディスタンス」の上映会、およびそれに続く是枝裕和監督と
のディスカッションに参加。(映画上映企画は国際交流基金の助成により実現
した。
)また、University of Hawaii Press との共同主催のレセプションほか、さ
まざまの研究パネルにも参加。
12月14–19日 渡邉学が、イギリスの Lancaster に出張。資料の収集およびその地域の宗教研
究をおこなう研究所と連絡をとる。
12月17–26日 奥山倫明が、ミルチャ・エリアーデに関する資料収集と研究をおこなうためフ
ランスのパリに出張。
12月18日
南山大学 21 世紀 COE プログラムプロジェクト委員会の第2回会合が開かれる。
南山宗教文化研究所が提出した計画案について話し合われた。研究所を代表し
て、Paul Swanson, James Heisig, Robert Kisala が参加。
64
南山宗教文化研究所 研究所報 第 14 号 2004 年
12月20日
Paul Swansonと渡邉学が、国学院大学学長阿部美哉氏の葬儀に参列するため東
京に出張。阿部氏は古くからの友人であるとともに、南山宗教文化研究所のア
ドバイザーであり、JJRS 編集委員会のメンバーでもあった。渡邉は、葬儀後、
同大学開催の「宗教と社会」学会常任委員会にも出席。
12月26–27日 Paul Swanson が、京都で開かれた CORMOS の第 50 回年次大会に出席。
12月29日
James Heisigが南山電子ブックを創刊。内容は、JJRS vol. 1–30(研究所報の全
体を含む)の完全に検索可能なファイルを載せたディスク(CD-ROM)をはじ
め、Hans Waldenfels 著 Absolute Nothingness: Foundations for a BuddhistChristian Dialogueを完全収録したディスクである。
2004年
1月11日
2005年 IAHR 世界大会参加の促進、およびパネル構成の計画について話し合う
ため、南山宗教文化研究所主催の説明会が開催され、事務局本部から市川裕委
員(東京大学)が参加。
1月14日
Università Orientale (Napoli) のCarlo Saviani が、西谷啓治の『宗教とは何か』
をイタリア語に翻訳するため 2 週間滞在の予定で来所。
1月16日
オハイオ州立大学教授の Thomas Kasulis が、James HeisigとJapanese Philosophy:
A Sourcebookという題の本を編集するプロジェクトに参加するため 8 ヶ月滞在の
予定で来所。
1月23日
吉澤五郎(麗澤大学比較文明文化研究センター教授)を迎え、懇話会を開催。
テーマは「文明間の対話と聖の普遍性――比較文明学の視点から」であった。
23名が参加。
1月26–27日 James Heisig と Paul Swanson が、東京大学および皓星社で、電子ブック(CDROM)の可能性についてデモンストレーションをするため東京に出張。
1月28日
Charles Cohen(Chair of the Religious Studies program, University of WisconsinMadison)が来所。“American Politics and American Religious Exceptionalism”と
いうテーマのもと、短い発表をおこなう。
1月30日
Robert Kisala 主催の価値観調査に関する国際会議が南山大学で開催され日る。ヨ
–2月2
ーロッパやアジアから10名が参加。
2月15日
Paul Swanson と渡邉学が国際宗教学宗教史会議第19回世界大会第5回実行委員
会に出席するため、東京に出張。
2月15–17日 奥山倫明が Asia-Europe Foundation 主催の“Talks on the Hill: Exploring the Relationship between Religion and the State in Asia and Europe”に出席するため、シ
ンガポールに出張。
2月20–21日 Paul Swansonが、同志社大学の CISMOR が主催する国際ワークショップ「宗教
南山宗教文化研究所 研究所報 第 14 号 2004 年
65
における戦争と暴力――一神教の世界からの応答」に参加するため京都に出張。
2月27日
Ursula King(Professor Emerita and Senior Research Fellow, University of Bristol)
を迎え、懇話会を開催。「ジェンダーと宗教間対話」というテーマのもと、23
名が出席。
3月2日
Robert Kisala が価値観調査プロジェクトの協議のため、東京へ出張。
3月10日
Robert Kisala がインドネシアにおける価値観調査の基礎を築くために、インド
ネシアの Malang と Ledalero に出張。
3月14-23日 Robert Kisala が藤本哲史と Philip Muncada とともに、価値観調査について協議
するため東京へ出張。
3月23日
第23回研究例会開催。Rossa O’Muireartaigh(名古屋大学大学院)が「鈴木大拙
の禅の翻訳における脱物象化の課題」という題で発表。
3月27日
山口亜紀が研究員として2年間の予定で赴任するために来所。
3月28日
James Heisig, Paul Swanson, 渡邉学が日本宗教学会の理事会と各種委員会に出席
するため、東京に出張。
3月29–30日 Fredrik Stromberg (Ph.D. student in the Philosophy Department, Uppsala University, Sweden)が来所し、“On Conventional Truth: Nag„rjuna and Dõgen”と
いう題のエッセーについて議論する。
その他の訪問者
2003 年
4月3日
Ulrike Schmidt, Ph.D. candidate, 早稲田大学.
5月27日
Maria Cristina Barrón Soto, Coordinator of the Department of International
Studies, Universidad Iberoamericana, Mexico, DF.
5月31日
Andrew and Anne-Marie Feenberg of Simon Fraser University, Burnaby, Canada.
6月17日
Dennis P. McCann, Alston Professor of Bible and Religion in the Department of
Religious Studies at Agnes Scott College, Atlanta.
6月23日
Charlotte Eubanks, a doctoral student in comparative literature at the University of
Colorado.
7月7日
Markus Goebl, a researcher, 同志社大学.
9月19–20日 Ian Reader, Professor of Religious Studies at Lancaster University.
9月23日
Richard H. Moore, Associate Professor in the Department of Human and Community Resource Development, Ohio State University.
9月24–25日 Ian Astley, Senior Lecturer in Japanese at the University of Edinburgh.
10月30日
66
Soizic Conrath(Ecole Pratique des Hautes Etudes)が来所。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 14 号 2004 年
2004年
1月30–31日 Ethan Lindsay, a graduate student in Japanese religions at Indiana University.
2月18日
Paul Morris (Department of Religious Studies) and Duncan Campbell (Chinese
Programme, School of Asian and European Languages and Cultures) of the Asian
Studies Institute, Victoria University of Wellington, in New Zealand.
南山宗教文化研究所 研究所報 第 14 号 2004 年
67
昨年の行事
2004 年 4 月 ∼ 2005 年 3 月
2004 年
4月2日
James Heisig が西谷啓治の『宗教と無』のルーマニア語への翻訳に対する援助と
して、サントリー文化財団から 30 万円の出版助成金が受給されたとの連絡を受
ける。
4 月 7 日
Paul Swanson が 2005 年の第 9 回国際宗教学宗教史会議(IAHR)の全体会議の打
ち合わせで、Helen Hardacre、末木文美士、安丸良夫と合流するため、林淳とと
もに東京へ出張。
4 月 9–25 日 James Heisig がイタリアのナポリにある Università Orientale と Pontificia Facoltà
Teologica dell’Italia Meridionale で講演をするため、ヨーロッパへ出張。また、国
際会議に出席のため、ナポリからオランダのアデルドールンに出張。
4 月 23 日
日本女子大学助教授の磯前順一が来所し、「西洋と日本宗教研究」についてゲス
ト講義を行う。
4 月 27–30 日 南山大学、アジア欧州財団 Asia-Europe Foundation(シンガポール)
、ルアーヴ
ル大学 Le Havre University(フランス)を主催者とし、大幸財団他の後援によ
り、日本学術振興会「国際研究集会」プログラム、アジア - ヨーロッパ・ワー
クショップ「人間のためのグローバリゼーションを求めて――精神文化に依拠
した社会運動の貢献――」が、名古屋ガーデンパレスで開催される(奥山倫明
が共同企画者として参加)。タイの社会運動家 Sulak Sivaraksa と London School of
Economics 名誉教授の Eileen Barker らが基調講演を行った。
4 月 29 日
ドイツのオスナブリュックの弁護士 Robert Rauther が漢字に関するドイツ語の
テキストを作成するため、4 週間の日程で来所し、James Heisig と協力。
5 月 4–27 日 Andre van der Braak(University of Amsterdam and Luzac College, Alkmaar)がニー
チェと龍樹の研究のため来所。
5 月 4 日
James W. Jones(Rutgers University)が懇話会で「恐怖と変容――宗教のパラドクス」
というテーマで発表。27 名が参加。
5 月 5 日
NCC 宗教研究所、上智大学キリスト教文化・東洋宗教研究所、オリエンス研究
所の代表が出席し、EGSID の会議が当研究所で開催される。会議の後、中田考
(同志社大学一神教学際研究センター、CISMOR)が「CISMOR のヴィジョンと活動」
を報告。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 5 号 2005 年
47
5 月 9 日
Michael Brownstein(University of Notre Dame)が近松門左衛門研究のため、短期
間の滞在予定で来所。
5 月 24 日
Erin McCarthy(St. Lawrence University)が日本哲学とフェミニズムの研究のため、
 ヶ月間の滞在予定で来所。
5 月 28 日
京都の NCC 宗教研究所の客員研究員 Annewieke Vroom が臨済仏教と京都学派の
研究のため来所。
6月日
西谷啓治の『宗教と無』のイタリア語訳 La religione e il nulla が出版社の Città
Nuova of Rome から届く。本書は研究所の協力によって作成された。
6月4日
Japanese Journal of Religious Studies(Vol. 3/)が印刷所から届く。本号は新しいデ
ザインの表紙となった最初の号である。
6 月 7–0 日
第 2 回南山シンポジウムが「哲学の再定義」というテーマで開催される。0 ヶ
国から 6 名の参加者と 5 名のオブザーバーが集まった。
6 月 4 日
2003 年夏から 2004 年春まで客員研究員を務めた Scott Schnell が、所員セミナー
で「3 つの視点から見た山――日本アルプスのランドスケープにおける自然、心、
瞑想」を発表。
6 月 23 日
Paul Swanson は国際的な研究機関との交流の促進を目的とした科研費のプロジ
ェクトの一環として、複数の研究者と研究機関を訪問するため、アメリカへ出張。
6 月 27 日
Robert Kisala と Benjamin Dorman は Asian Studies Association of Australia の年次大
会に参加するため、オーストラリアに出張。
6 月 30 日
James Heisig は、モンセラート修道院での諸宗教集会に参加し、バルセロナでの
“Foro 2004”' の会合で講演するためヨーロッパへ出張。
7 月 3–0 日
奥山倫明は Fourth International Meeting of Socio-Religious Studies に参加するため、
キューバのハバナに出張。
7 月 5–0 日 香港中文大学の宗教学専攻の大学院生 Yoyo Chan Yiu Kwan が短期間の滞在のた
め来所。
7 月 5 日
第 24 回研究例会の開催。Barbara Ambros(国際基督教大学)が「大山の宗教に
ついてのビデオ、『天の岩戸開き』を見て」を発表。参加者は 4 名。
7 月 6 日
2002 年 9 月から 2004 年 8 月まで客員研究員を務めた Gereon Kopf が、所員セミ
ナーで「平常心と平常底とのあいだ――西田哲学における仏教の解釈」という
テーマで発表。
7 月 20–22 日 東西宗教交流学会の第 23 回年次大会が当研究所で開催される。
7 月 23 日
John Templeton Foundation のプロジェクト Global Perspectives on Science and
Spirituality への参加可能性について Pranab Das 教授との懇談が行われた。
7 月 24 日
奥山倫明が研究者たちとの交流とエリアーデ研究のためアトランタとバークレ
8 月 30 日
James Heisig は各国の宗教哲学研究者たちと知り合い、さまざまな研究所と接触
ーへ出張。
するため、リトアニア、エストニア、フィンランド、フランス、トルコへ出張。
9 月 6–5 日 奥山倫明が European Association for the Study of Religion の第 4 回大会
に参加するためスペインへ出張。
48
南山宗教文化研究所 研究所報 第 5 号 2005 年
9 月 0–2 日 Paul Swanson が東京大学で開かれた第 9 回国際宗教学宗教史会議(IAHR)の
実行委員会と日本宗教学会第 63 回学術大会に出席するため東京へ出張。Paul
Swanson 所長が日本宗教学会常務理事、James Heisig と渡邉学両所員が同学会理
事に選出された。
9 月 7 日
山本祐靖東京大学名誉教授を迎えて、懇話会を開催。テーマは「科学と宗教に
対立はない――キリスト者の立場から」である。26 名が参加。懇話会開始前に
Templeton の Global Perspectives on Science and Spirituality(GPSS)のプロジェクト
について会議を行う。
9 月 2–28 日 Paul Swanson が国際的な研究機関との交流の促進を目的としたプロジェクトの
一環として、複数の研究者と会い、いくつかの研究機関を訪問するため、台湾
へ出張。
9 月 30 日
Zaza Piralishvili(Tbilisi State University, Georgia)が大幸財団の助成によって客員
研究員として 6 ヶ月間滞在するため名古屋に到着。
0 月 4–6 日
Bernard Stevens 教授(Louvain University)の指導を受けている大学院生 Pauline
Couteau が日本哲学の研究と文献収集のために短期間の滞在予定で来所。
0 月 8 日
Paul Swanson が京都の真宗大谷派教学研究所で行われた第 3 回教団付置研究所
懇話会にオブザーバーとして参加。
0 月 22 日
James Heisig が研究所のいくつかの業務を処理し、さまざまな出版や研究プロジ
ェクトを促進するため、バルセロナ、マドリード、パレルモへ出張。
0 月 30 日
渡邉学が経済倫理に関する科研費(研究代表・杉田正樹関東学院大学教授)に
よる調査のためハワイへ出張。
 月 5–8 日
Paul Swanson が、熊野地域の世界遺産登録記念シンポジウムと第 25 日本山岳修
験学会熊野学術大会に参加するため和歌山県新宮市に出張。また、この機会を
用いて、仏教と科学との対話を行う Templeton の GPSS プロジェクトへの参加可
能性について話し合うため Adam Engle と京都で面談。
 月  日
京都大学大学院文学研究科の芦名定道助教授を迎えて懇話会の開催。テーマは
「科学と宗教の対話――その現状と課題」。25 名が参加。
 月 9–23 日 Paul Swanson、渡邉学、Robert Kisala、奥山倫明、Benjamin Dorman がテキサス
のサンアントニオでの AAR 年次大会に参加するため、アメリカへ出張。また、
いくつかの研究所のプロジェクトにも参加する。
2 月  日
渡邉学が「カルト問題と社会秩序――公共性の構築に関する比較社会論的検討」
と題するセミナーを研究所で開催し 3 つの研究レポートが報告される。7 名が参
加。なお、これは、Robert Kisala と渡邉学が参加している科研費プロジェクト(研
究代表・櫻井義秀北海道大学大学院教授)と「宗教と社会」学会のカルト問題
研究プロジェクトの共催である。
2 月 4 日
懇 話 会 の 開 催。 台 湾 の 輔 仁 大 学 教 授、 科 学 與 宗 教 研 究 中 心 所 長 の Frank
Budenholzer が「中国における科学と宗教の対話――その現状と課題」というテ
ーマで発表。20 名が参加。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 5 号 2005 年
49
2 月 23 日
佼 成 出 版 に よ っ て CD-ROM 化された『摩訶 止 観 』The Great Cessation-andContemplation 第  部が出版社から届く。
2 月 26–27 日 Paul Swanson が京都での CORMOS の第 5 回年次大会に参加し、パネルディスカ
ッション「教育における感性と霊性」の司会を務める。
2005 年
月日
Robert Kisala が神言会日本管区長に就任し、研究所の第二種研究所員として任命さ
れる。
 月 9–3 日
James Heisig が記念講演のためスウェーデンのルンドに出張。そこから、西谷啓
治の哲学に関する Raquel Bouso の博士論文の審査に出席するためスペインのバ
ルセロナへ出張。
 月 8 日
2 月 8 日
Benjamin Dorman が東京の東洋哲学研究所で発表するため八王子へ出張。
Paul Swanson が宗教の秘跡学に関する Peter Baekelmans の博士論文の口頭試問の
主査を務める。
2 月 24 日
山梨有希子が所員セミナーで「宗教間「論」再考――宗教間対話をどう論じるか」
を発表。
2 月 28 日
Ulombe Kaputu (Lubumbashi University, Congo) が文部科学省の助成で  ヶ月間の
3月4日
南山宗教文化研究所が申請していた学術研究プログラム「科学・こころ・宗教
滞在予定で来所。
――日本のコンテクストにおける科学と精神性」が GPSS の研究助成として採用
されたとの正式な連絡が届く。期間は 2005 年 3 月から 2006 年 7 月までである。
3月7日
客員研究員の Zaza Piralishvili が、所員セミナーで「オウム真理教――東京の地
下鉄におけるテロ行為から十周年」を発表する。
3 月 0–2 日 Paul Swanson が GPSS プロジェクトに招聘するため東京に出張し佐藤哲也(地球
シミュレーターセンター長)と田中啓治(理化学研究所脳科学総合研究センタ
ー領域ディレクター)と面談。また、『宗教研究』の編集委員会にも参加。
3 月 8 日
当研究所客員研究員 Steven Engler(Mount Royal College, Calgary)が日本学術振
興会の助成により天理大学、北海道大学、慶應義塾大学で講演し IAHR に参加す
るため大阪に到着。
3 月 2 日
南山宗教文化研究所の協力と国際交流基金の後援による知的交流プログラム「中
東における宗教間対話の探求」の会議が当研究所で開催。チュニジア、
エジプト、
イスラエル、トルコからの研究者、駐日チュニジア大使 Salah Hannachi らが参加。
3 月 22 日
本研究所とサントリー文化財団の後援によって円卓会議「宗教間対話――世界
からの報告」が本研究所において開催される。ハンガリー、ルーマニア、ウク
ライナ、ベルギー、キューバ、ブラジル、フィリピン、韓国、日本からの報告
がなされた。
3 月 24–3 日 研究員が東京での第 9 回国際宗教学宗教史会議(IAHR)に参加し、数多くのイ
ベントに積極的に関わった。
50
南山宗教文化研究所 研究所報 第 5 号 2005 年
その他の訪問者
2004 年
5 月 0 日
Ranjana Mukhopadhyana, 名古屋市立大学大学院人間文化研究科専任講師
5 月 3 日
Venerable Dr. Mettanando Bhikkhu, Director of International Affairs for The Foundation
of King Rama the Great in Bangkok, Thailand.
5 月 3–4 日
Ellen Schattschneider, Assistant Professor of Anthropology at Brandeis University.
8 月 9 日
Rosemary Morrison, a scholar and translator of Watsuji Tetsurō.
8 月 27 日
千田智子日本学術振興会特別研究員(東京芸術大学)
0 月 30 日
Mathew Varghese, research fellow ICPR, New Delhi, and Fukuroi Yuko, Ph.D. in Buddhist
art.
2 月 7 日
Franz Winter, a scholar from Vienna and research associate at the NCC Center for the
Study of Japanese Religions in Kyoto.
2 月 2 日
James Baskind, Ph.D. student in Buddhist Studies at Yale University.
2 月 22 日
Ninette Sachiko Poetzsch, a student of Japanese at Göttingen University.
2005 年
 月 2 日
John Powers, Professor in Buddhist Studies at Australian National University.
 月 2 日
Christal Whelan, Boston University.
南山宗教文化研究所 研究所報 第 5 号 2005 年
5
昨年の行事
2005 年 4 月 ~ 2006 年 3 月
2005 年
4 月 8–27 日
James W. Jones(Rutgers University)がオウム真理教研究のため来所。
4月8日
James Heisig が 20 年目の「丸ハ」公開セミナーを開催。
4月9日
James Heisig、Paul Swanson、奥山倫明、渡邉学が東京大学での日本宗教学会の諸
委員会に出席のため東京へ出張。
4 月 10 日
渡邉学が國學院大学での「宗教と社会」学会の常任委員会出席のため東京へ出張。
4 月 10–5 月 9 日 John Maraldo (University of North Florida) が日本哲学資料集プロジェクトの一
環として九鬼周造の翻訳の件で来所。
4 月 22 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズ 2005 年第度 1 回懇話会。南山大学の横山
輝雄教授が「進化論をめぐる科学と宗教」について発表。21 名が参加。
4 月 25 日
James W. Jones(Rutgers University)が「オウム真理教を事例に宗教テロの心理学
的ルーツ」について発表。
5 月 1–5 日
Thomas Kirchner(元編集員)が Ruth Fuller Sasaki による「臨済録」の注釈付英
訳書のレイアウトに関する仕事のため来所。
5月9日
5 月 13 日
渡邉学が日本倫理学会の年次大会の共通テーマ委員会出席のため東京へ出張。
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズ 2005 年度第 2 回懇話会。佐藤哲也・地球
シミュレータセンター長が「人と自然は論理のみで理解できるか」を発表。18
名が参加。
5 月 16 日
Robert J. J. Wargo, The Logic of Nothingness: A Study of Nishida Kitarō(University of
Hawai‘i Press 発行、Nanzan Library of Asian Religion and Culture の第 7 巻)が印刷
会社から届く。
5 月 19 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズ 2005 年度第 3 回懇話会。田中啓治・理化
学研究所脳科学総合センター領域ディレクターが「心と科学――目的指向的行
動と前頭連合野」を発表。21 名が参加。
5 月 21 日
Enrico Fongaro と Tiziano Tosolini(共に非常勤研究員)が James Heisig と Carlo
Saviani 共編の “Tetsugaku” シリーズの一冊としてイタリアのパレルモの出版社 L’
Epos から刊行予定の本の打ち合わせのため来所。
6 月 1–9 日
奥山倫明が CESNUR の 2005 International Conference での発表のためイタリアの
パレルモに出張。
54
南山宗教文化研究所 研究所報 第 16 号 2006 年
6 月 3–9 日
Paul Swanson が第 7 回 International Conference on Buddhist­Christian Dialogue
(Loyola Marymount 大学の Society for Buddhist­Christian Studies 後援)での発表の
ためロスアンゼルスに出張。
6 月 10 日
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion and Culture (Vol. 29) が印刷会社から届く。
6 月 3–11 日
James Heisig が World Council of Churches の国際会合で発表のためスイスのジェ
ノヴァに出張。
6 月 11–12 日 渡邉学が國學院大学での「宗教と社会」学会の年次大会と同学会常任委員会出
席のため東京へ出張。
6 月 16 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズの 2005 年第度 4 回懇話会。田無神社宮
司でもある賀陽済・かや医院院長が「日本の伝統的な信仰と精神分析について」
を発表。26 名が参加。
6 月 23 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズの 2005 年第度 5 回懇話会。早稲田大学ヒ
ューマノイド研究所所長の橋本周司教授が「こころを持った機械は作れるか」
を発表。20 名が参加。
6 月 27 日
James Heisig と Carlo Saviani 共編の新シリーズ “Tetsugaku: Studi e testi di filosofia
giapponese” の第 1 巻と第 2 巻がパレルモの出版社 L’Epos から届く。
6 月 29 日
韓国の Hanyang University の Park Kyutae 教授と Hanshin University の Sung Min
Ryu 教授が来所し、韓国宗教文化研究所との協力について話し合う。Thomas
Kasulis が日本哲学プロジェクトにかかわる 2 ヵ月の研究のため来所。
7月2日
7月7日
James Heisig、Paul Swanson、渡邉学が東京大学での日本宗教学会の諸委員会に出
席のため東京へ出張。
末木文美士氏を招き、同氏の『近代日本の思想・再考』(「明治思想家論」と「近
代日本と仏教」の全 2 巻)について、研究員の山口亜紀と大谷栄一の両氏およ
び愛知学院大学の林淳氏が書評、討論会を行う。21 名が参加。
7 月 7 日 –9 月 2 日 Philip Vanhaelemeersch が 2 ヶ月の研究のため来所。
7 月 13 日
–9 月 13 日
James Heisig が講演とトマスによる福音書についての著作準備のため、ボゴタ、
コロンビア、ブラジルのリオデジャネイロに出張。
7 月 14–19 日 Paul Swanson が国際ワークショップ Global Perspectives on Science and Spirituality
に参加のためパリに出張。
7 月 19–21 日 渡邉学が東西宗教交流学会の年次大会と理事会出席のため京都に出張。
7 月 15–25 日 奥山倫明が International Society for the Sociology of Religion の第 28 回大会に参加
のためクロアチアのザグレブに出張。
7 月 27–28 日 Paul Swanson が高木顕明と大逆事件の調査のため和歌山県新宮市に出張。
8 月 18–26 日 スウェーデンの Lund 大学の Aasulv Lande 教授が神道研究のため来所。
8 月 25 日
Paul Swanson がロンドンでの第 14 回 Conference of the International Association of
–9 月 5 日
Buddhist Studies とウィーンでの第 11 回 International Conference of the European
9 月 9–11 日
James Heisig、Paul Swanson、Benjamin Dorman、渡邉学が関西大学での日本宗教
Association of Japanese Studies 参加のため出張。
学会年次大会に出席のため大阪へ出張。
9 月 14–26 日 奥山倫明が UCSIA Summer Sminar 参加といくつかの研究所訪問のためベルギー
南山宗教文化研究所 研究所報 第 16 号 2006 年
55
のアントワープに出張。
9 月 17–21 日 Paul Swanson と渡邉学が淡路夢舞台国際会議場で開催の第 4 回陽光文明国際会議
「危機の時代における科学と宗教」に参加。
9 月 29 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズの 2005 年度第 6 回懇話会。上智大学の田
中裕教授が「ハンセン病問題を考える――復生の文学・生命と医療の倫理・宗
教の三つの観点から」を発表。20 名が参加。
10 月 3 日
Paul Swanson が現代社会における宗教の役割研究会 ( CORMOS ) の次回年次大会
に関する理事会に出席のため京都に出張。
10 月 5–11 日 James Heisig が宗教関連の学会にいくつか参加するためミュンヘンとボローニャ
に出張。
10 月 7 日
Paul Swanson が、京都国立博物館「最澄と天台の国宝展」のオープニング・セ
レモニーへの参加、および京都の Asian Studies Group で天台仏教についての発
表のため京都に出張。
10 月 7–10 日 渡邉学が岡山大学での日本倫理学会年次大会に参加するため出張。
10 月 8 日
Paul Swanson と奥山倫明が EGSID の会合(オリエンス宗教研究所後援)出席の
ため東京に出張。
11 月 4 日
Nanzan Guide to Japanese Religions 発刊記念パーティ。10 名が参加。
11 月 11 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズの 2005 年度第 7 回懇話会。大阪大学の大
嶋泰治名誉教授が「地球生命と人間活動」を発表。19 名が参加。
11 月 12–17 日 奥山倫明がフランスからの訪問者に同伴して京都と東京に出張。
11 月 18–22 日 Paul Swanson、渡邉学、Robert Kisala、奥山倫明、Benjamin Dorman がフィラデ
ルフィアでの American Academy of Religion 年次大会参加のためアメリカへ出張。
12 月 2 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズの 2005 年度第 8 回懇話会。京都大学の富
田直秀教授が「医工学技術における多様性と安心」を発表。17 名が参加。
12 月 2­5 日
渡邉学が愛媛大学での人体科学会で、現代社会と宗教に関するパネルの討論者
として出席のため出張。
12 月 9­19 日 James Heisig が International Congress on Interreligious Dialogue 参加のためスペイ
ンのビルバオに出張。
12 月 11 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズの 2005 年度第 9 回懇話会。京都大学霊長
類研究所所長の松沢哲郎教授が「心の進化――ヒトとチンパンジーの比較から」
を発表。40 名が参加。
12 月 21 日
所員の忘年会。
12 月 26–27 日 Paul Swanson と渡邉学が CORMOS の第 52 回研究会議参加のため京都に出張。
2006 年
1 月 28 日
エストニア、ベルギー、ブラジル、アメリカから 5 名の研究者を招き、国際ワ
ークショップ「宗教研究の国際化をめぐる諸問題――世界各地の研究機関にお
ける国際協調」を主催。
2月3日
56
GPSS「科学・宗教・宗教」シリーズの 2005 年度第 10 回懇話会。名古屋大学の
南山宗教文化研究所 研究所報 第 16 号 2006 年
三田一郎教授が「物理学と神」を発表。33 名が参加。
2 月 25 日
James Heisig が日本哲学の長期プロジェクトの一環として「儒教哲学」のシンポ
–3 月 8 日
ジウム参加のためアメリカのテクニーに出張。
3 月 8–12 日
Paul Swanson がイギリスの ESRC と HEFC の会合に参加のためロンドンに出張。
3 月 11 日
Klaus Gresbrand が James Heisig と Die Kana learnen und behalten の仕事のため来所。
3 月 15 日
James Heisig 編『日本哲学の国際性』の初刷が世界思想社から届く。
3 月 17 日
Paul Swanson と Benjamin Dorman が上智大学で Monumenta Nipponica 後援のエデ
ィトリアル・ワークショップに参加。
3 月 17 日
ドイツの弁護士で University of Osnabrück の大学院生の Robert Rauther 氏が James
–4 月 3 日
Heisig と Die Kanji lernen und behalten の第 2 巻の仕事のため来所。
3 月 22–29 日 奥山倫明がエジプトに出張し、カイロ大学研究者らとの交流を再開。
3 月 30 日
Audrius Beinorius (Vilnius University) が 1 ヶ月、日本の伝統における占いの役割を
研究するため来所。
その他の訪問者
2005 年
5 月 2–3 日
Michele Marra, Professor in the Department of East Asian Languages and Cultures at
University of California­Los Angeles.
5 月 19 日
Gerald Gipiriani, research fellow in the Aesthetics and Art History Department of Kyoto
University.
5 月 15 日
Nami Kim, Assistant Professor of Religion at Spelman College (Atlanta, Georgia, USA).
6 月 30 日
佛教大学総合研究所の田中典彦所長と同大学の山本博子と吉岡典子の両氏
7 月 4–5 日
Fr. Thierry­Marrie Courau, of the Couvent de l’Annonciation (Paris)
7月6日
Fr. Jacques Grenier(横浜の二俣川教会司祭)、Dr. Marcel Viau, Doyen in the Faculté
de théologie et de sciences religieuses of Université Laval in Quebec, Canada.
7 月 11 日
内村鑑三研究者の Michelle La Fay.
7 月 27–29 日 Gereon Kopf, professor at Luther College (Iowa, USA).
8月3日
Bradley D. Park, assistant professor of Philosophy in the Department of Philosophy and
Religious Studies at St. Mary’s College of Maryland
8 月 18–28 日 Aasulv Lande, professor in the Department of Theology and Religious Studies at Lund
University, Sweden.
2006 年
1 月 23 日
妙見閣寺の竹内日祥住職、佐々木正典氏、Rev. Shokei Steffans.
2月2日
Nevad Kahteran, associate professor of the History of Eastern Philosophy in the
University of Sarajevo, and Thierry Zarcone of the Centre d’Histoire du Domaine Turc in
the École des Hautes Études en Sciences Sociales of Paris.
2月3日
Alena Govorounova(関西大学講師)
南山宗教文化研究所 研究所報 第 16 号 2006 年
57
Royden Muranaka, University of Hawai‘i Press sales manager.
3月1日
筒井裕(京都大学大学院生)
3 月 18 日
Terry F. Kleeman, Associate Professor of Chinese and Religious Studies, University of
Colorado at Boulder.
3 月 23 日
創価学会国際広報局の寺崎広嗣と長岡良幸の両氏
3 月 28­30 日 Stefan Baumberger, Professor at Hochschule fur Philosophie, München, Germany.
3 月 29 日
58
Jason Josephson, PhD Candidate at Stanford University.
南山宗教文化研究所 研究所報 第 16 号 2006 年
昨年の行事
2006 年 4 月 ∼ 2007 年 3 月
2006 年
4月3日
Paul Atkins (University of Washington) が 6 ヶ月の研究のため来所。
4 月 4–10 日 Paul Swanson と Benjamin Dorman が Association for Asian Studies の年次大会出席
のためサン・フランシスコに出張。同大会では Nanzan Guide to Japanese Religions
についてのパネルおよび同書の出版を祝うハワイ大学後援のレセプションが開
かれた。
4 月 11 日
Thomas Kasulis 南山諸宗教研究講座(ローチ・チェア)初代客員研究所員が 6 ヶ
月の研究のため来所。
4 月 14 日
コンポン研究所顧問の井上悳太氏が来所。
4 月 21 日
名古屋大学の黒田光太郎教授らが翌 22 日の「サイエンス・カフェ」
(日本学術
会議主催、文部科学省後援)の打ち合わせのため来所。
4 月 22 日
Paul Swanson が京都大学霊長類研究所の松沢哲郎教授と、名古屋の三省堂書店
で開かれた「サイエンス・カフェ」で「心の進化――比較認知科学と宗教学の
対話」というテーマで対談。
4 月 22 日
5 月 1–5 日
James Heisig による 20 年以上続いた「○ハ」公開セミナーが終了。
Thomas Kirchner(元編集部員)が Ruth Fuller Sasaki による「臨済録」の注釈付
英訳書の改訂作業のため来所。
5 月 12–14 日 第 13 回南山シンポジウム「科学・こころ・宗教――科学から見る『こころ』の意義」
を開催。
5 月 16 日
James Heisig が学会出席のためバルセロナ、ボローニャ、ライデンに出張。上田
–6 月 2 日 閑照氏に同行し、通訳や対談もした。
6 月 2–8 日
渡邉学が “Rethinking Embodiment: A Japanese Contemporary Perspective” と題した
CSJR 主催のワークショップ出席のためロンドンに出張。
6月3日
Paul Swanson と奥山倫明が京都の NCC 宗教研究所主催の EGSID グループの会
合に参加。
6 月 3–4 日
Benjamin Dorman が同志社大学での「宗教と社会」学会年次大会参加のため京
都に出張。
6月9日
愛知学院大学の林淳教授を招き、同氏の『近世陰陽道の研究』について「日本
近世宗教史を再考する」というテーマの下、書評・討論会を行った。評者は木
74
Shoho 17 (2007).indb 74
南山宗教文化研究所 研究所報 第 17 号 2007 年
7/4/2007 11:49:08 AM
場明志(大谷大学)
、遠藤潤(國學院大学)
、大谷栄一(南山宗教文化研究所)
の 3 氏。27 名が参加。
6 月 22 日
Robert Roche 氏を招いて南山諸宗教研究講座(ローチ・チェア)の開講レセプ
ションを行い、学長はじめ大学関係者らが多数、出席した。
6 月 30 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズの第 11 回懇話会。東京大学の西平直教授
が「アイデンティティとスピリチュアリティ――非実体的脱自的な存在理解の
地平から」を発表。36 名が参加。
7月1日
James Heisig、Paul Swanson、渡邉学が日本宗教学会の理事会・諸委員会に出席の
ため東京へ出張。
7 月 1–13 日
奥山倫明がパリでの International Society for the Comparative Study of Civilizations
の年次大会参加およびサンタ・バーバラの Institute for United States Studies での
招待講演のため出張。
7月5日
Paul Swanson が、上智大学の Faculty of Liberal Arts の創立を記念して開かれた「大
学における宗教の役割」のパネル参加のため東京に出張。
7月6日
Keller Kimbrough 客員研究員が所内研究会で “Narrating the Six Realms: Supernatural
Travelers’ Tales of Late Medieval Japan.” を発表。
7 月 15 日
当研究所メンバーらによる毎年恒例のガーデン・パーティをパウルスハイムに
て開催。
7 月 25 日
Jacynthe Tremblay 氏がフランス語による日本哲学選集の編纂に関する 3 ヶ月間の
研究のため来所。
7 月 26 日 –8 月 1 日
Paul Swanson が GPSS のワークショップ参加のためパリに出張
7 月 29–30 日 渡邉学が筑波大学倫理学会の会合(年 2 回開催)で発表するために箱根に出張。
8月6日
奥山倫明がパリで 6 ヶ月のサバティカル。
8 月 21 日 –9 月 12 日
9月1日
当研究所の 2 階が全研究室のアスベスト除去のため閉鎖。
スウェーデン Lund University の Christina and Manfred Hofmann 博士夫妻が 2 ヶ
月の研究のため来所。
9 月 15–18 日 Paul Swanson、渡邉学、Benjamin Dorman が東北大学での日本宗教学会年次大会
参加のため仙台に出張。
9 月 24–28 日 Paul Swanson が天台仏教発祥の地、中国の天台山を初訪問。
10 月 1 日
Keel Hee-Sung が第 2 代南山諸宗教研究講座(ローチ・チェア)に着任。任期は 1 年。
10 月 6 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズの第 12 回懇話会。脳科学者の入来篤史氏が「知
性の神経生物学――象徴思考進化の萌芽を道具を使うサルの脳に探る」を発表。
36 名が参加。
10 月 10 日
University of Barcelona の Jesus Blas Vicens 教授が環境問題への仏教的アプローチ
を研究するため 6 週間の滞在。妻 Angels と娘 Claudia も 2 週間滞在。
10 月 18–22 日
James Heisig が GPSS「科学・こころ・宗教」プロジェクトと日本哲学プロジ
ェクト関係の会合および講演のためにボローニャとベルリンに出張。
10 月 27 日
渡邉学が立正大学で「修行と身体」というテーマの講演を行うため東京に出張。
10 月 30 日 –11 月 5 日
ザンビアの St. Augustine National Major Seminary 講師 Andrej Poukhaev
氏が来所。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 17 号 2007 年
Shoho 17 (2007).indb 75
75
7/4/2007 11:49:08 AM
10 月 31 日
St. Lawrence University の Erin McCarthy 氏が和辻哲郎に関するプロジェクトの仕
–12 月 5 日
事のため短期研究滞在。
11 月 10 日
Paul Swanson が「認知発達の比較研究」についての研究のための新ファンド設
立を祝うベネッセ後援による Jane Goodall と松沢哲郎の両氏との夕食会に参加。
11 月 11 日
チンパンジー研究で世界的に知られ国連平和大使でもある Jane Goodall 氏が南
山大学で講演。当研究所などが後援。
11 月 16 日
イタリアの Andrea Molle 氏が日本学術振興会からのスカラシップで 2 年の日本
宗教研究のため来所。
11 月 18–21 日 渡邉学と Benjamin Dorman が American Academy of Religion の年次大会参加のた
めワシントンに出張。
11 月 28 日
Rosemary Morrison が日本哲学プロジェクトの関連で 1 ヶ月ほどの和辻哲郎の翻
訳準備のため来所。
12 月 1–3 日
Paul Swanson が理化学研究所および GPSS の参加者らを訪問するため東京に出
張。
12 月 7 日
天理大学の岡田正彦准教授を迎え、同氏が翻訳したジェームス・E・ケテラー
『邪教 / 殉教の明治――廃仏毀釈と近代仏教』の書評会を開催。評者は羽賀祥二
(名古屋大学)、林淳(愛知学院大学)、川上恒雄(南山宗教文化研究所)の 3 氏、
コーディネーターは大谷栄一(南山宗教文化研究所)がつとめた。31 名が参加。
12 月 8 日
所員の年末パーティ。
12 月 13 日
教団付置研究会の第 1 回宗教間対話研究部会。テーマは「宗教における『救い』
とは ?」。当研究所の Paul Swanson と日蓮現代宗教研究所の影山教俊氏が基調報
告。30 名が参加。
12 月 15 日
Alena Govorounova 氏が研究例会で「キリスト教と仏教における生命倫理をめぐ
る諸問題――科学と宗教の統合は可能か」を発表。9 名が参加。
12 月 26–27 日 Paul Swanson が CORMOS の第 53 回研究会議でパネル「祈りと供養」のチェア
をつとめるため京都に出張。
12 月 27 日
James Heisig(編)Frontiers of Japanese Philosophy が印刷会社から届く。
2007 年
1月1日
ハワイ Brigham Young University の Timothy Richardson 氏が家族とともに 4 ヶ月
の研究のため来所。James Heisig と共同で簡体中国語と繁体中国語に関するシリ
ーズ本の編集作業。
1 月 13–14 日 Benjamin Dorman が國學院大学での記念国際シンポジウム「ひらかれる学術資
産――学術メディアセンターの展望」にコメンテーターとして参加のため東京
に出張。
1 月 26–27 日 Paul Swanson が Andrea Molle 氏の研究支援および日本宗教学会理事会出席のた
め東京に出張。
1 月 29 日
奥山倫明がパリでのサバティカルを終え帰国。
2月2日
Universidade Católica de São Paulo の Rafael Shoji 氏が 2 ヶ月の研究のため来所。
76
Shoho 17 (2007).indb 76
南山宗教文化研究所 研究所報 第 17 号 2007 年
7/4/2007 11:49:09 AM
2月3日
Paul Swanson、渡邉学、奥山倫明が上智大学での EGSID の会合出席のため東京
に出張。
2 月 23 日
GPSS「科学・こころ・宗教」シリーズの第 13 回懇話会。科学史研究の中山茂・
神奈川大学名誉教授が「東洋医学文献に現れた〈気〉と〈心〉」を発表。39 名が
参加。
3 月 4–26 日 奥山倫明が南米の「国家と宗教」問題についての研究のためブラジルに出張。
3 月 5–6 日
3 月 6–15 日
Paul Swanson が国際宗教研究所の委員会等に参加のため東京に出張。
James Heisig が日本哲学の長期プロジェクトの一環として「日本哲学と科学」の
ワークショップ参加のためアメリカのテクニーに出張。
3月7日
Paul Swanson が同志社大学一神教学際研究センターの「日本宗教から一神教へ
の提言」研究グループの初会合出席のため京都に出張。
3 月 17 日
Paul Swanson が『宗教研究』編集委員会に出席のため東京に出張。
3 月 19 日
Benjamin Dorman が所内セミナーで、出版を検討している “Covering the ‘Rush
Hour’: Reporting New Religions in Occupied Japan.” について発表。
3 月 19 日
James Heisig 著 Filozofi ništavila: Esej o Kyoto školi がサラエヴォの出版社から届く。
3 月 22–27 日 Paul Swanson と Benjamin Dorman が Association for Asian Studies の年次大会に
出席のためボストンに出張。Paul Swanson はミネソタ大学での Bob Dylan Symposium で発表(3 月 25–27 日)
。Benjamin Dorman はシカゴの ATLA (American
Theological Library Association) 本部を訪問し、同機関のデータベースおよびジャ
ーナルの出版と宣伝について話を聞く。
3 月 29 日
ランカスター大学の川並宏子氏が研究例会で “Women in Buddhism: Understanding
the Struggle.” を発表。15 名が参加。
その他の訪問者
2006 年
4 月 24 日
Fredrik Stromberg, Ph.D. student in the Philosophy Department at Uppsala University in
Sweden.
4 月 28 日
Cornelia Dragusin, Ph.D. candidate at the Australian National University.
5月8日
Naoko Frances Hioki, Ph.D. Candidate at the Graduate Theological Union, Berkeley,
USA.
5 月 31 日
Mark MacWilliams, Professor in the Religious Studies Department of St. Lawrence
University
6 月 7–8 日
Jamie Hubbard, Yehan Numata Lecturer in Buddhist Studies Department of Religion and
Biblical Literature at Smith College.
7 月 2–3 日
Notre Dame University の Larry Sullivan と上智大学の Richard Gardner の両氏 .
7 月 14–15 日 Lucia Dolce (SOAS, University of London) と松本郁代(日本学術振興会 PD)の両
氏.
7 月 18–20 日 Gereon Kopf, Assistant Professor for Asian and comparative religion at Luther College,
Iowa.
南山宗教文化研究所 研究所報 第 17 号 2007 年
Shoho 17 (2007).indb 77
77
7/4/2007 11:49:10 AM
7 月 25 日
龍谷大学の Galen Amstutz 教授 .
7 月 31 日
林鎭國 ( 台湾、国立政治大学教授 ), 張政遠 ( 東北大学大学院 ), 林永強 ( 京都大学
外国人特別研究員 ) の 3 氏 .
8 月 18 日
Mark Blum, professor at the State University of New York.
10 月 4 日
Dr. Evgeny S. Steiner, adjunct professor at New York University and member of the
Institute of Synergetic Anthropology (Moscow).
11 月 1 日
広島大学に客員教授として来日していた University of Amsterdam の Karel van der
Leeuw 教授 .
2007 年
1 月 17–18 日 Elena Lange, a doctoral candidate from the University of Hamburg, Germany.
3月1日
慶應義塾大学日本語・日本文化教育センターの学生 Karl Rosvold 氏 .
3月2日
Clinton Godart, PhD. student from the University of Chicago.
78
Shoho 17 (2007).indb 78
南山宗教文化研究所 研究所報 第 17 号 2007 年
7/4/2007 11:49:10 AM
昨年の行事
2007 年 4 月 ~ 2008 年 3 月
 年
4 月 1­4 日
Tom Mackenzie 氏(GPSS パリ本部)、GPSS「科学と宗教」プロジェクト審査の
ため来所。
4月3日
James Heisig の Philosophers of Nothingness のボスニア語版 Filozofi ništavila: Esey o
Kyoto školi が出版社より届く。
4月7日
Paul Swanson、James Heisig、渡邉学、奥山倫明が、日本宗教学会の各種委員会の
ため東京へ出張。
4 月 27–30 日 James Heisig と Paul Swanson、日本哲学に関する長期プロジェクトの一環として
のワークショップ「日本哲学と仏教」のため、米国イリノイ州テクニーへ出張。
5月5日
Paul Swanson、国際宗教研究所の会議および脇本平也氏の退職レセプション出席
のため、東京へ出張。
5月7日
Heup Young Kim 氏(韓国江南大学教授、組織神学)、GPSS プロジェクトとの今
後の協力関係について議論するため来所。
5月8日
渡邉学、南山人類学研究所の再建を助けるため、同研究所長に任命される。(任
期は 2 年間。一方で宗文研の任期なし研究員としても留任)
5 月 14 日
Keller Kimbrough 氏、3 ヶ月間の研究滞在のために来所。
5 月 15 日
Joseph O’Leary 氏(上智大学文学部教授)、短期調査のため訪問滞在。
John Maraldo 氏(ノース・フロリダ大学教授)、日本哲学プロジェクトの仕事を
目的とした 1 ヶ月間滞在のため来所。
Scott Schnell 氏、2 度の短期滞在(5 月 15 ~ 28 日、6 月 8 ~ 20 日)のうち 1 度目
の来所。
5 月 26 日
Erin McCarthy 氏(セント・ローレンス大学哲学科)、1 ヶ月間の研究滞在のため
来所。
5 月 30 日
Paul Swanson、James Heisig、奥山倫明が、「宗教的多元主義と宗教間対話の試み
–6 月 4 日
――西洋、中東、そして日本」をテーマとする会議のためチュニジアへ出張。3
名の南山大学大学院生が同伴。
5 月 31 日
Charlotte Eubanks 氏、(ペンシルバニア州立大学比較文学・日本語助教授)1 ヶ
月間の研究滞在のため来所。
6 月 9–10 日 渡邉学と奥山倫明、駒澤大学で開かれた「宗教と社会」学会学術大会参加のため、
74
南山宗教文化研究所 研究所報 第 18 号 2008 年
東京へ出張。翌年の南山大学での開催が決定。
6 月 12–16 日 Hayo Krombach 氏(ロンドン大学、The London School of Economics and Political
Science , Centre for Philosophy of Natural and Social Science)、来訪。
6 月 17–19 日 渡邉学が上智大学キリスト教文化・東洋宗教研究所における講演、および 9 月
に立正大学にて開かれる日本宗教学会学術大会のオープニング・シンポジウム
の準備会議のため、東京へ出張。
6 月 22–24 日 Paul Swanson が天台仏教「天台智顗の円融三諦と一念三千の理解」の講演、お
よび日蓮ゆかりの地を訪れるツアーに参加するため、新潟と佐渡へ出張。
6 月 25 日
田中裕氏(上智大学教授)、「無の哲学と歴程の神学」と題する講演を行なう。
7月6日
Paul Swanson、James Heisig、奥山倫明が、東京のチュニジア大使館において催さ
7月7日
Paul Swanson と渡邉学、日本宗教学会の理事会およびその他委員会の会議に出
7月9日
11 名が参加。
れたチュニジア大使主催の夕食会に招かれる。
席。
Martin Lu(呂武吉)氏、2 ヶ月間の研究滞在のため来所。
7 月 22–26 日 奥山倫明、国際宗教社会学会の大会出席のため、ドイツ、ライプツィヒへ出張。
7 月 24 日
「科学・こころ・宗教――科学
第 13 回南山シンポジウムの要旨と議論の集成、
から見る「こころ」の意義」が出版社より届く。
7 月 27–29 日 Paul Swanson と奥山倫明、南山大学において「アメリカの宗教」と題して行な
われた名古屋アメリカ研究夏期セミナーに参加。
7 月 30 日
Timothy W. Richardson 氏( ブ リ ガ ム ヤ ン グ 大 学 助 教 授 )、“Remembering the
Kanji”の中国語版の仕事を続けるための 3 週間滞在のため来所。
7 月 31 日
Keel Hee­Sung 氏(南山諸宗教研究講座主任)、最近の関心「悪と終末論」に関
8月1日
「科学は宗教ではないが、宗教学でありうる」というテーマで、Gary Laderman
してセミナーを開催。
氏(エモリー大学、宗教研究科教授)とともに、討議会を開く。これは GPSS の「科
学と宗教」シリーズにおける 19 回目の公式な討議である。19 名が参加。
8 月 2–3 日
渡邉学がオウム真理教の調査資料に関して国際宗教研究所と協議するため、お
8月3日
Clark Chilson 氏、JSPS 研究員として 1 年間の研究滞在を始めるため来所。
8 月 30 日
渡邉学、宗教間対話に関する本研究所の会議で話すため、東京へ出張。群馬県
よびワークショップに参加するため、東京へ出張。
長楽寺(曹洞宗)の住職、峰岸正典氏が司会。東京滞在中、日本倫理学会の会
議にも参加。
9月4日
Paul Swanson が京都へ出張し、新たに設立された京都大学こころの未来研究セ
ンターを訪問。センター長の吉川佐紀子氏に会い、南山研究所や GPSS プロジ
ェクトとのこれからの協力関係について議論。
9 月 10–12 日 James Heisig と渡邉学、東西宗教交流学会の学術大会へ参加。大会テーマは「Jan
。Heisig はこのテーマに即したオープニング講演を行なう。
Van Bragt の思想」
9 月 11 日
John Keenan 氏、3 代目の南山諸宗教研究講座の職務を始める 9 ヶ月の滞在のため、
Linda Keenan 氏とともに来所。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 18 号 2008 年
75
9 月 15­17 日 Paul Swanson、渡邉学、奥山倫明、Benjamin Dorman が、立正大学で開かれた日
本宗教学会出席のため、東京へ出張。渡邉は「宗教的伝統における自己修養と
身体」と題するオープニング・シンポジウムにて発表。
9 月 17 日
Benjamin Dorman、米国ブルーミントンのインディアナ大学を訪問。今後 Asian
–10 月 13 日
Ethnology(旧:Asian Folklore Studies)の編集員となる Scott Schnell 氏や、さまざ
まな学者や編集協力者と Asian Ethnology に関して打ち合わせをした。さらに、
アイオワ・シティのアイオワ大学を Schnell 氏とともに訪ね、協力者たちと編集
に関して議論し、Asian Folklore Studies の特別号 (65/2)(元編集者 Peter Knecht 師
の業績を記念)にかんする最終調整を行なった。
10 月 12–15 日 Paul Swanson と大谷栄一、南山宗教文化研究所と輔仁カトリック大学が主催し
た GPSS ワークショップ「意識、脳、科学、そして宗教―アジアの視点から」
に参加するため、台湾へ出張。
10 月 12–14 日 渡邉学、新潟大学で開かれた日本倫理学会学術大会、評議会出席のため、新潟
へ出張。
10 月 15–24 日 Sangeetha Menon 氏(インド、バンガロール、国立高等研究所、研究員)GPSS
プログラムでの発表と、短期の調査滞在のため来所。
10 月 19 日
Sangeetha Menon 氏が「脳と意識――科学 – スピリチュアリティの対話の試み」
のセミナーを開く。これは GPSS「科学と宗教」プロジェクト 20 回目の公式セ
ミナーである。17 名が参加。
11 月 3–5 日
Paul Swanson、長野県木曽福島で開かれた山岳修験学会学術大会に出席。
11 月 15 日
Cornelia Dragusin 氏(オーストラリア国立大学、Ph.D. 候補者)、天理教を調査
するため来所(12 月 20 日まで)。
11 月 15–20 日 James Heisig、学会と講演のため、ポルトガルへ出張。
11 月 15–23 日 渡邉学、寺尾寿芳、大谷栄一、川上恒雄、アメリカ宗教学会の年次大会出席のため、
米サンディエゴへ出張。
12 月 5 日
Clark Chilson 氏、自分の研究プロジェクト「宗教と秘密」にかんして所内セミ
ナーで発表。
12 月 6 日
研究所の忘年会。
12 月 7 日
John Keenan 氏、(南山諸宗教研究講座)彼の著書 A Christian Reading of the Heart
Sutra の原稿に基づいて所内セミナーで発表。
12 月 7–13 日 Benjamin Dorman、オーストラリアに出張し、メルボルン ( ディーキン大学、モ
ナッシュ大学、メルボルン大学 ) およびシドニー ( シドニー大学、西シドニー
大学 ) の研究者たちと Asian Ethnology(旧 Asian Folklore Studies)について議論。
12 月 8–9 日 2006 年に行なわれた GPSS シンポジウム(2007 年、書籍として出版)で明るみ
に出たテーマについてさらに議論を深めるため、2 日間にわたるワークショッ
プが GPSS プロジェクトのメンバーのために行なわれた。
12 月 7–20 日 Benjamin Dorman、オーストラリアへ出張し、多くの人類学者やその他の専門家
たちと Asian Ethnology ( 旧 Asian Folklore Studies) の今後について相談。
12 月 8–20 日 James Heisig、自らの著書 El gemelo de Jesús の出版に関連してスペインとイタリ
アにて講演。
76
南山宗教文化研究所 研究所報 第 18 号 2008 年
12 月 9–16 日 奥山倫明、国際会議“Ancient Civilisations, New Beginnings: A Dialogue of Change.”
のため、フランス・パリへ出張。
12 月 26–27 日 Paul Swanson、渡邉学、寺尾寿芳 CORMOS の会合のため、京都へ出張。
 年
1 月 3–20 日 Mark Blum 氏(ニューヨーク州立大学助教授)、日本哲学プロジェクトの仏教部
門に参与する 3 週間の滞在のため来所。
1 月 14–15 日 James Heisig、渡邉学が、長倉久子氏(南山大学教授、元研究所員、中世哲学専攻)
の葬式へ出席。
1 月 18 日
Frédéric Girard 氏(フランス国立高等研究院教授)と、
「鎌倉初期における禅と
念仏との接点――如浄の風鈴頌を通じて」と題する討論会が開かれた。23 名参加。
1 月 23 日
松沢哲郎氏(京都大学霊長類研究所所長)が提起した「自然」というテーマを
めぐって議論するワークショップに参加するため、Paul Swanson が京都へ出張。
このイベントは、京都大学野生動物研究センターを立ち上げる準備の一環とし
て行なわれた。
1 月 25 日
安丸良夫氏の最近の論文集『文明化の経験』(2007)を対象とする書評会を開催
. ( 演題: 思想史と宗教史の < あいだ >――安丸良夫『文明化の経験』(岩波書店
2007 年)を読む )。林淳氏(愛知学院大学教授)が司会を務め、桂島宣弘氏(立
命館大学)と本研究所の大谷栄一によって論じられた。35 名参加。
2 月 15–25 日 奥山倫明、戦後の日本宗教についての SCAP 文書を調査するため、米オレゴン
大学へ行く。
2 月 20 日
John Keenan 氏が、自らの著書 A Christian Reading of the Heart Sutra に関する 2 度
目の所内セミナーを行なう。
2 月 22 日
Andrea Molle 氏(JSPS 客員研究員)が、研究「スピリチュアリティと物的創作物」
についての所内セミナーを行なう。
3 月 6–7 日
Paul Swanson、国際宗教研究所の顧問委員会の会議と、その他 GPSS の用事のた
め東京へ出張。
3 月 13–19 日 奥山倫明、私用のためニューヨークへ旅行。
3 月 14 日
Paul Swanson、国際日本文化研究センターにて催された会議「日本の仏教学者:
二十一世紀の仏教学に向けて」に参加するため、京都へ出張。
3 月 15 日
Paul Swanson と渡邉学、雑誌『宗教研究』の編集会議のため、東京へ出張。
3 月 17–31 日 Paul Swanson、米ブルーミントンのインディアナ大学で開かれた会議「宗教と国
家」に参加するため、アメリカへ出張。この機会に、多くの Asian Ethnology の
顧問と会合。
3 月 17–19 日 Benjamin Dorman、東京・八王子の創価大学にて開かれた東洋哲学会の学術大会
へ参加。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 18 号 2008 年
77
その他の訪問者
 年
3月3日
Oddbjørn Ørbech Jensen(デンマーク、オールフス大学卒業。京都哲学を専攻)
5 月 11 日
Juanito Santosdedios(カナダ、トロント大教区にて退職した司教)
5 月 28 日
Cath Knight(ニュージーランド、インターナショナル・パシフィック大学講師)
7月3日
Duncan Williams(カリフォルニア大学バークレー校、日本研究センター長)
7月4日
Lori Meeks(南カリフォルニア大学、助教授)
7 月 10 日
Levi McLaughlin(プリンストン大学博士課程、日本宗教専攻)
7 月 30 日
Pamela Winfield(米、北カリフォルニア、メレディスカレッジ、宗教・哲学科助
教授)
9月1日
Emily Anderson(カリフォルニア大学ロスアンジェルス校、Ph.D. 候補者、日本
史専攻)
10 月 14–15 日 Graham Parkes(ホノルル、ハワイ大学教授)と彼の妻 Setsuko
10 月 17 日
Markus Goebl(ハイデルベルグ大学の Ph.D。現在、京都大学にて研究中).
 年
2月1日
Yoriko Yamada­Bochynek 博士(ベルリン自由大学)
2 月 15–16 日 Carina Roth(ジェノバ大学、研究員)
2 月 22–23 日 Galina Vorobyova(キルギス共和国日本人材開発センター主任講師。現在、国立
国語研究所の客員研究者として日本に滞在)
2 月 24–27 日 Silja Graupe(ベルリン在住、経済学および、西田哲学の研究者)
3 月 13 日
78
Jacques Fasan(シカゴ大学歴史学科、博士候補者)
南山宗教文化研究所 研究所報 第 18 号 2008 年
昨年の行事
2008 年 4 月 ~ 2009 年 3 月
 年
4 月 12 日
Annewieke Vroom(アムステルダム自由大学神学部)、西田と西谷にかんする短
期調査のため来所 (4 月 14 日~ 5 月 30 日 ) 。Paul Swanson、
James Heisig、奥山倫明、
渡邉学が、日本宗教学会の委員会のため上京。
4 月 16 日
2 つの所内セミナーが行なわれた。発表は Clark Chilson による “Conundrums
Secrecy Creates” および Rafael Shoji による “Religions among Japanese Brazilians.” 14
名参加。
4 月 23 日
川上恒雄が「教団改革と信者」と題して所内セミナーで発表。内容は世界救世
教にかんするこれまでの調査による。9 名参加。
4 月 24 日
John Keenan が 3 度目の所内セミナーを行なう。 タイトルは “A Christian Reading
of the Heart Sutra.”。
5月9日
京都大学に新たに設置されたこころの未来研究センターから 2 名の講演者を迎
え、GPSS「科学と宗教」の懇話会が開かれた。内容は以下の通り。船橋新太郎氏(同
センター教授)
「前頭連合野からみた人のこころ」吉川左紀子氏(同センター長)
「表情とこころ―心理学のアプローチ」。これは GPSS「科学と宗教」の 21 回目の
懇話会にあたる。39 名参加。
5 月 13 日
Victor Hori が短期調査のため来所(7 月 31 日まで)。
5 月 15 日
R. Keller Kimbrough が調査のため来所(8 月まで)。 渡邉学が名古屋の中部平和
会館において「現代人の宗教意識とスピリチュアリティの文脈」と題して講演。
5 月 16 日
。
Scott Schnell が短期調査のため来所(6 月 6 日まで)
5 月 23–24 日 石井砂母亜 ( 上智大学 ) が東西宗教研究の構成のため、来所。
5 月 24 日
渡邉学が南山大学における市民講座の初回において「宗教研究の課題―伝統宗
教からスピリチュアリティまで―」と題して講演。
5 月 23 日
Paul Swanson 韓国のソウルへ出張、西江大学の参加者と 10 月の GPSS 国際ワー
クショップについて打ち合わせ。
5 月 24 日
川並宏子(ランカスター大学教授)、人類学研究所の将来についての評価委員会
に参加のため来所。
Tom Kirchner、『臨済録』の Ruth Fuller Sasaki による注釈つき訳書の新訂版の最
終校正のため来所。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 19 号 2009 年
71
6月4日
6月7日
6 月 7–8 日
Beverly Stoeltje(インディアナ大学教授、人類学)、Richard Bauman(インディア
ナ大学教授、民俗学・民族音楽学)、熱田神宮の例祭に参加するため来所。
奥山倫明、宗教法学会参加のため京都へ出張。
James Heisig、日本哲学プロジェクトのため以下の研究者らを迎える。上原麻有
子、斎藤多香子、Clinton Godard,、氣多雅子、Britta Boutry­Stadelmann、嘉指信雄、
Isaac Sylvain、北川東子、清水高志、寺尾寿芳。
6 月 12 日
「救援・復興・宗教―危機的状況下における人道援助とこころのケア―」と題
する第 1 回懇話会を開催。西山志保(山梨大学准教授)による「 阪神・淡路大
震災における『支えあい』の実践知―ボランタリズムとサブシステンス ―」
。15
名参加。
6 月 14–15 日 「宗教と社会」学会第 16 回学術大会が南山大学にて開催される。併せて、GPSS
主催によるパネル「日本における『科学と宗教』の対話の意味を問い直す」が
行なわれた。大会には 230 人を上回る人が、パネルには 50 名が参加した。
6 月 21 日
渡邉学、日本宗教学会編集委員会出席のため、東京へ出張。
6 月 22 日
Mark Blum および Teresa Blum、日本哲学プロジェクトのため来所。
6 月 23 日
Tom Kasulis、日本哲学プロジェクトのため研究所を短期訪問(9 月 9 日まで)。
6 月 27 日
6 月 28 日
7 月 5–12 日
7月5日
Neglected Themes and Hidden Variations (vol. 2 of the “Frontiers of Japanese Philosophy”
series), edited by Victor Hori and Melissa Anne­Marie Curley が印刷所より届く。
Paul Swanson、同志社大学で開催された G8 宗教指導者サミット参加のため、京
都を訪問。
James Heisig、Associación Latinoamericana para el Estudio de las Religiones (ALER) 参
加、および基調講演のためコロンビアのボゴタを訪れた。
Paul Swanson、
渡邉学、
奥山倫明、
日本宗教学会各種委員会出席のため東京へ出張。
7 月 8–14 日 Paul Swanson、GPSS プロジェクトにおけるワークショップのため、パリに出張。
7 月 18 日
上原立人(タカハシクリニック 精神保健福祉士)を迎え、「 沖縄トラウマと
その否認―戦後の精神障害者と私宅監置―」と題する懇話会を開催。
「救援・復
興・宗教」シリーズの 2 回目で、16 名参加。
7 月 30 日
Timothy Richardson(ブリガム・ヤング大学ハワイ校)、 Remembering Traditional/
Simplified Hanzi, vol. 2 に関して James Heisig との共同作業のため来所 (8 月 19 日
まで)。
8 月 1–4 日
Paul Swanson、東アジア宗教文化学会、創立記念国際学術大会に出席するため韓
国、釜山に出張。.
8 月 9–24 日 Robert Rauther(junior lawyer with the Higher Regional Court of Duesseldorf,
Germany)、Jim Heisig と“Learning the Hanzi”のドイツ語版に関する作業のため
来所。
8 月 17 日
奥山倫明、国際会議 (Understanding Conflicts: Cross­Cultural Perspectives) 出席のた
8 月 23 日
渡邉学、日本倫理学会評議員会出席のため東京へ出張。
8 月 25 日
渡邉学、南山大におけるオウム資料についての発表のため、国学院大学へ出張。
8 月 27 日
Benjamin Dorman オーストリアのアボリジニ研究に関する資料収集のため、オー
72
めデンマーク、オーフス大学へ出張 (9 月 2 日まで)。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 19 号 2009 年
ストラリアへ出張(9 月 20 日まで)。オーストラリア国立大学より The Research
School of Pacific and Asian Studies における客員研究員への任命を受ける。またメ
ルボルンも訪問し、人類学者やアジア研究者と懇談した。
9月1日
Yusa Michiko(西ワシントン大学、日本研究・東アジア研究)、日本哲学プロジ
ェクトのため来所。
9月1日
渡邉学、東西宗教交流学会出席のため、京都へ出張。
9月5日
日本語版『研究所報』(2008, vol. 18)印刷所より納品。
9 月 10 日
Benjamin Dorman、オーストラリア国立大学音楽学部の大学院ゼミに招待され、
査読付き学術誌へ論文投稿に関して講演を行なう。
9 月 13­15 日 渡邉学、奥山倫明が、筑波大学で催された日本宗教学会大会に参加した。渡邉
は宗教系大学における宗教教育に関して発表した。
9 月 16­19 日 奥山倫明が会議 “La filosofia e l ’ arte di Shinjo Ito” 出席のためミラノへ出張。
9 月 22–29 日 James Heisig、イタリアのトリノへ出張し、“Torino Spiritualità” の国際会議にお
いて講演した。
9 月 27 日
渡邉学、「宗教と社会」学会常任委員会出席のため東京へ出張。
10 月 3 日
宮原浩二郎(関西学院大学教授)を迎え、「災害復興を社会美学の観点から考え
直す」と題して懇話会を開催。これは「救援・復興・宗教」シリーズの第 3 回
にあたり 18 名が参加した。
10 月 3 日
渡邉学、日本倫理学会出席のため、筑波大学へ出張。
10 月 4 日
John Maraldo、諸宗教研究講座(ローチ・チェア)就任のため来所。 (2009 年 4
10 月 9 日
James Heisig、奥山倫明、エジプトのカイロへ出張。カイロ大学文明研究・文化
月まで )
間対話プログラム主催「伝統と近代のあいだにおける発展―エジプトと日本の
経験―」の会議への参加のため。
10 月 11 日
Paul Swanson、日本宗教学会の常務理事会に出席のため東京へ出張。
10 月 17 日
国際日本文化研究センター共催のワークショップ開催。テーマは「 仏教からみ
た前近代と近代」。大谷栄一が「近代日本仏教史研究は何を問わなかったか?」、
James Heisig が「英文日本哲学資料集の作成について」と題して発表。 25 名参加。
10 月 24 日
Paul Swanson、大谷栄一、GPSS の会議「脳科学と宗教―いくつかのアジアの視
角―」のため韓国のソウルへ出張。南山宗教文化研究所と西江大学宗教研究セ
ンターの共催で行なわれた。
10 月 27 日
渡邉学、国学院大学日本文化研究所で開かれた「国際研究フォーラム〈ウェブ
10 月 28 日
Benjamin Dorman、南山学会地域研究・国際関係系列の研究例会において発表し
10 月 30 日
James Heisig、渡邉学、アメリカ宗教学会大会出席のため、シカゴへ出張。渡邉は「湯
10 月 31 日
Paul Swanson、新潟県妙高山麓で催された山岳修験学会へ参加。
11 月 9 日
Mark Teeuwen(オスロ大学教授、日本研究)日本哲学プロジェクトにおける「神
経由の神道・日本宗教〉―インターネット時代の宗教文化教育のゆくえ―」の
パネルでコメントした。
た。
浅泰雄の哲学」のパネルで湯浅に対するユングの影響について発表。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 19 号 2009 年
73
道思想」セクションの作業のため来所(11 月 30 日まで)。
11 月 12 日
Andrea Molle(過去 2 年間、南山大における JSPS post­doctoral research fellow)が
武道に関する所内セミナーを行なう。題目は “Doing Research in Japanese Martial
Arts: Studying Religious Implications.” 9 名参加。
11 月 14 日
Paul Jen­kuei Li 李壬癸(Academia Sinica, Institute of Linguistics in Taipei)、人類学
研究所図書館の資料収集のため、来所。
11 月 19 日
Benjamin Dorman、アメリカ人類学会出席のため、サンフランシスコへ出張。併
せて、Asian Ethnology に関する会議を、編集協力者 Scott Schnell らの研究者と行
なった。
11 月 20 日
Monasticism Buddhist and Christian: The Korean Experience (Peeters/ Eerdmans, 2008),
ed. Sunghae Kim and James Heisig が、印刷所より納品された。
Ranjana Mukhopadhyaya(名古屋市立大学准教授)を招いて懇話会が催された。
テーマは「社会開発・国際支援・仏教復興―カンボジアにおける『社会参加仏教』
―」。「救援・復興・宗教」シリーズの 4 回目となり、20 名が参加した。
11 月 22 日
Laura Spaeker(ウィリアムズ・カレッジ大学院生)が、将来の研究計画につい
て Victor Hori と相談するために来所。
11 月 27 日
John Breen(京都の国際日本文化研究所にて研究中)が出版プロジェクトについ
て議論するため来所。
11 月 29 日
GPSS の連携メンバーのために 2 日間にわたるワークショップを開催。テーマは
「脳科学とこころ」。発表者は、田中啓治、入来篤史(理化学研究所)、舟橋新太
郎(京都大学こころの未来研究センター)。
12 月 6 日
Jessica Main(マッギル大学大学院生、現在、大谷大学にて研究中)が、Victor
Hori と博士論文について相談するために来所。
12 月 11 日
Les philosophes du néant: Un essai sur l’école de Kyoto (Paris: CERF, 2008), James Heisig
著、Sylvain Isaac、Bernard Stevens、Jacynthe Tremblay 訳、印刷所より納品。
12 月 12 日
Richard Jaff(デューク大学宗教学科長)、JJRS の特集について議論するために来
所。
宮地尚子(一橋大学教授)を迎え、懇話会を開催。テーマは「トラウマに向き
合うということ:環状島モデルを用いて」。「救援・復興・宗教」シリーズの 5
回目になり、17 名が参加。
12 月 16 日
Japanese Journal of Religious Studies (volume 35/2) 秋号、印刷所より納品。
12 月 18 日
Origins and Possibilities (“Frontiers of Japanese Philosophy” 3, 2008), James Heisig and
Uehara Mayuko 編、印刷所より納品。
12 月 20 日
渡邉学、日本倫理学会 および「宗教と社会」学会の委員会のため、東京へ出張。
 年
1 月 1–9 日
)、日本哲学研究のため来所。
Gereon Kopf(ルター・カレッジ准教授[アイオワ州]
1 月 4–9 日
Bret Davis(ロヨラ・カレッジ助教授[メリーランド州])日本哲学プロジェク
トおよびその他の将来のプロジェクトについて議論するため来所。
74
南山宗教文化研究所 研究所報 第 19 号 2009 年
1月4日
Mark Blum(ニューヨーク州立大学准教授)日本哲学プロジェクトのため来所、
3 週間滞在。
1月6日
Kim Sung­hae と James W. Heisig 編著の新書、Encounters: The New Religions of Korea
and Christianity. (Seoul: The Royal Asiatic Society, 2008), 185 pages が印刷所より納品
される。
1 月 23 日
今泉宜子(Senior Researcher at the Meiji Jingu Research Institute,)明治神宮の研究
について議論するため来所。
1 月 23 日
日本の「イタコ」とコンゴの「ミキシ」を比較研究する Felix Kaputu(国際日本
文化研究所外来研究者)が来所。
1 月 29 日
稲葉圭信(神戸大学准教授)を迎え、懇話会が開かれた。 テーマは「混迷の時
代を考える―思いやり・宗教の社会貢献研究と私―」
、「救援・復興・宗教」シ
リーズの 6 回目となり、参加者は 18 名。
2 月 15 日
Aasulv Lande(ルンド大学名誉教授[スウェーデン])神道に関する著作の執筆
のため来所(3 月 9 日まで)。
2 月 17 日
2 月 18 日
Annewieke Vroom、阿部正雄研究のため来所(5 月まで)。
James W. Heisig、Robert Rauther、Timothy W. Richardson による新刊、Vereinfachte
Hanzi lernen una behalten. Bedeutung und Schreibweise der häufigsten chinesischen
Schriftzeichen (Frankfurt: Klostermann Verlag), 471 pages、が印刷所より納品。
2 月 27 日
第 14 回南山シンポジウム「救援・復興・宗教――危機的状況下における人道援
助とこころのケア―」が開催された。 参加者 30 名以上、参加者国籍は 11 カ国
以上に及ぶ(フィンランド、レバノン、ロシア、マケドニア、オランダ、インド、
スウェーデン、コンゴなど)。
3月8日
Raphael Shoji(サンパウロ・カトリック大学研究員)来所。
Joseph O’Leary(上智大学教授)来所。
3 月 12 日
John Maraldo( ロ ー チ・ チ ェ ア ) が 所 内 セ ミ ナ ー で 発 表。 テ ー マ は“An
Alternative Notion of Normativity”、13 名が参加。
3 月 13 日
渡邉学、宗教文化士プロジェクトの第 4 回全体会議および『宗教研究』編集委
員会出席のため東京へ出張。
3 月 168 日
Benjamin Dorman、八王子の創価大学で行なわれた東洋哲学研究所のミーティン
グに出席。
3 月 18 日
大谷栄一の送別会を開催。
3 月 25 日
Benjamin Dorman、シカゴで開かれたアジア学会大会で発表、併せて、Asian
Ethnology の編集協力者 Scott Schnell とミーティング。5 月 29 日よりアイオワを
訪れ、Scott Schnell とともに雑誌に関する仕事、およびアイオワ大学の協力者と
の相談が行なわれる(4 月 6 日まで)
。
3 月 23 日
James Heisig、講演および同志社大学での会議のため、福岡と京都に出張。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 19 号 2009 年
75
その他の訪問者
 年
4月2日
Ian Reader(マンチェスター大学教授); Ioannis Gaitanidis(リーズ大学博士候補生)
4月4日
David Kolb(ベイツ・カレッジ名誉教授)
4 月 14 日
Anton Luis Capistrano(国際交流基金フェロー、アテネオ・デ・マニラ大学)
5月1日
Daniel Metraux(メアリー・ボールドウィン・カレッジ教授)
6 月 17 日
Richard Reitan(フランクリン・アンド・マーシャル・カレッジ助教授)
6 月 20 日
Anna Bertova(名古屋大学研究生)
6 月 23 日
Levi McLaughlin(プリンストン大学博士候補生)
7 月 22 日
Jean­Noël Robert(フランス国立高等研究院教授・フランス極東学院)
7 月 25 日
Odagiri Takushi(スタンフォード大学博士候補生)
8 月 2–3 日
John D. Dadosky(レジス・カレッジ准教授[カナダ])
8 月 9–10 日 Sija Graupe(ケルン大学ポストドクトラル研究員)
9 月 3–4 日
岩本明美(宗文研旧研究員)
9 月 19 日
國弘暁子(お茶の水女子大学研究員)
10 月 8 日
Kiri Paramore(レイデン大学助教授)
10 月 19 日
稲垣京輔(横浜市立大学准教授)
10 月 20 日
Alberto Silva,(京都外国語大学客員教授)
11 月 13 日
粟津賢太(創価大学講師)
 年
1月9日
Dermott Walsh(レイデン大学大学院生)
1 月 21 日
尾本久美(大正大学研究生)
1 月 19 日
Wamae Muriuki(オハイオ州立大学大学院生)
2月3日
林貴啓(立命館大学講師)
2月4日
伊達聖伸(日本学術振興会特別研究員)
3 月 16 日
Michael Saso(ハワイ大学名誉教授)
76
南山宗教文化研究所 研究所報 第 19 号 2009 年
昨年の行事
2009 年4 月 ∼ 2010 年 3 月
2009 年
4 月 11 日
渡邉学が日本倫理学会評議員会出席のため東京へ出張した。
4 月 17 日
金承哲主催による第一回書評会 (Ted Peters, Playing God? Genetic Determinism and
Human Freedom) が行われた。
4 月 18 日
Paul Swanson と渡邉学が、日本宗教学会理事会出席のため東京大学へ出張した。
4 月 18 日
–22 日
奥山倫明が、Asia-Europe Foundation 主催の国際学術会議 “The Future of the Dialogue of Cultures and Civilisations” に出席のためフィリピンへ出張した。
5月8日
研究所の新メンバーを迎え、歓迎ディナー・パーティーが催された。
5 月 15 日
Felix Ulombe Kaputu が、コンゴ民主共和国 Lubumbashi 大学から、在外研究のた
め 4 ヵ月の滞在(主に東京と京都にて研究を行う)。
5 月 20 日
今泉宜子(明治神宮国際神道文化研究所主任研究員)が、明治神宮に関して所
内で発表を行った。
5 月 27 日
Lam Wing-keung and Cheung Ching-yuen 編著 Facing the 21st Century (Frontiers of
5 月 30 日
James Heisig が、国際学術会議出席のためスペイン出張。Japanese Philosophy 6:
–6 月 7 日
Confluences and Cross Currents と題する報告を行った。
Japanese Philosophy 4) が出版社より届いた。
6月1日
H. Keller Kimbrough が、在外研究のため来所した(2010 年 8 月まで滞在)。
6月5日
Victor Hori が、南山諸宗教研究講座客員研究所員(ローチ・チェア)として来所した
(2009 年 12 月まで滞在 )。
6月6日
–7 日
6月9日
渡邉学、奥山倫明、Benjamin Dorman が、創価大学(東京)で開かれた、「 宗教
と社会 」 学会第 17 回学術大会に参加した。
James Heisig and Sarah Van Camp 著 Snel Japans leren lezen en schrijven が出版社より
届く。
6 月 11 日
–7 日
6 月 12 日
–13 日
6 月 19 日
Benjamin Dorman が、ドイツのテュービンゲン大学にて開催された学術ワーク
ショップ会議 “Web 2.0 in Japan: Shifting Patterns of Authority” に出席、発表した。
Hank Glassman が、Keller Kimbrough を共同編集者とする JJRS 特集号についての打
ち合わせのために来所した。
Jan Nattier(創価大学国際仏教学高等研究所教授)が、懇話会にて “Thinking
through Translations: Learning from Early Chinese Buddhist Texts” と題する講演を行
い、18 名が参加した。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 20 号 2010 年
Shoho-20.indb 67
67
2010-07-03 11:09:14 AM
6 月 27 日
7月5日
渡邉学が、『宗教研究』編集会議のため、東京大学へ出張した。
Brigham Young University(ハワイ)の Timothy Richardson が、James Heisig との
共著 Remembering Hanzi の出版作業のために数週間滞在した。
7 月 10 日
–19 日
奥山倫明が、国際政治学会(International Political Science Association)での発表
のため、サンチアゴ(チリ)へ出張した。
7 月 11 日
Paul Swanson、渡邉学が、日本宗教学会理事会出席のため東京大学へ出張した。
7 月 14 日
中村友太郎が、懇話会にて「日本におけるカトリック『聖霊による刷新』運動
の台頭と展開」と題する講演を行い、20 名が出席した。
7 月 27 日
–29 日
武藤亮飛(筑波大学大学院)が来所、滞在し宗教間対話に関する資料調査を行
った。
7 月 29 日 –31 日 Tiziano Tosolini が、日本哲学プロジェクトのために来訪した。
8月3日
–6 日
8月5日
–6 日
Bret Davis (Loyola College in Baltimore) が、将来の研究協力事業について協議する
ため来訪した。
Pranab Das (Principal Investigator) が、Global Perspectives on Science and Spirituality
(GPSS) 事業査察のため来訪。
8 月 29 日
渡邉学が、日本倫理学会理事会に出席のため慶應義塾大学へ出張した。
9 月 11 日
第一種研究所員全員が、日本宗教学会第 68 回学術大会(京都大学)へ出席した。
9 月 23 日
Victor Hori が、所内講演において “Little Jade: Language and Experience in Zen” と
題する発表を行い、11 名が出席した。
9 月 23 日
研究例会にて、粟津賢太が「沖縄における遺骨収集と語りの分析」と題する発
表を行い、12 名が出席した。
10 月 2 日
10 月 3 日
Aaslav Lande 夫妻が、次年度の滞在研究の準備のために来訪した。
Nevad Kahteran と James Heisig に よ る 共 編 著 Nove granice japanske filozofije
(Frontiers of Japanese Philosophy 5) が出版社より届いた。
10 月 16 日
–18 日
10 月 30 日
日本倫理学会が、同学会評議員の渡邉学を実行委員長として、年次大会を南山大学
で開催した。
Raquel Bouso と James Heisig による共編著 Confluences and Cross-Currents (Frontiers
of Japanese Philosophy 6) が出版社より届いた。
10 月 31 日
Benjamin Dorman が、武蔵野大学(東京)で開かれた「宗教とメディア―メデ
ィアは、宗教について何を伝えてきたのか―」と題するシンポジウムに参加した。
11 月 5 日
–10 日
11 月 19 日
–20 日
11 月 20 日
渡邉学、奥山倫明、Benjamin Dorman が、American Academy of Religion (AAR) の
年次大会に出席のためモントリオール(カナダ)へ出張した。
Benjamin Dorman が、ドイツ日本研究所(東京)で開かれた「幸せをめぐる政
治―日本の宗教団体とその政治活動」と題するシンポジウムに参加した。
Paul Swanson が、愛知県副知事、和歌山県知事らとともに、世界遺産認定 5 周
年を記念する「世界から見た熊野の魅力」と題するシンポジウムに参加し、発
表した。
11 月 28 日
5 年間に渡るプロジェクト Global Perspectives on Science and Spirituality Project の
–29 日
締めくくりとなる国際会議 “Brain Science and Religion: Some Asian Perspectives”
68
Shoho-20.indb 68
南山宗教文化研究所 研究所報 第 20 号 2010 年
2010-07-03 11:09:14 AM
が、南山宗教文化研究所において行われた。
12 月 4 日
John McRae (Chair of the Publication Committee of the BDK Tripitak Translation
Series) が、懇話会において「坐禅体験批判の批判 (Meditative Experience and the
Hermeneutic of Dismission: Critiquing Robert Sharf ’s Critique of a Modern Buddhist
Rhetoric)」と題する発表を行い、18 名が出席した。
12 月 7 日 –10 日 Robert Reuther が、Remembering Hanzi の独語訳のために来訪した。
12 月 10 日
–12 日
Benjamin Dorman が、ソウル(韓国)の西江大学で開かれたシンポジウム ”Problematizing Korean Religions” に参加し、発表した。
12 月 21 日
渡邉学が、日本倫理学会評議員会に出席のため慶應義塾大学へ出張した。
12 月 26 日
奥山倫明が、CORMOS(現代における宗教の役割研究会)の年次大会(京都)
–27 日
において、「自死・孤独死・安楽死」と題するパネル・ディスカッションの司会
を務めた。
2010 年
1 月 31 日
渡邉学と粟津賢太が、清水克行明治大学准教授を訪問し、故・孝本貢教授の蔵
書寄贈について打ち合わせと現状視察を行った。
2 月 18 日
池上良正(駒沢大学教授)が、懇話会にて「近代日本における聖霊派の系譜―
初期ホーリネスを中心に―」と題する発表を行った。
2 月 26 日
南山宗教文化研究所が主催する合評会(マルセル・ゴーシェ著『民主主義と宗教』
伊達聖伸・藤田尚志訳、トランスビュー、2009)が行われ、評者として粟津賢太(南
山宗教文化研究所研究員)
、丸岡高弘(南山大学外国語学部教授)が、応答者と
して伊達聖伸(東北福祉大学)、藤田尚志(九州産業大学)がそれぞれ発表した。
23 名が出席した。
3 月 13 日
Paul Swanson と渡邉学が、日本宗教学会『宗教研究』編集委員会出席のため東
京大学へ出張した。
3 月 16 日 –18 日 Benjamin Dorman が、財団法人東洋学術研究所を訪問した。
3 月 17 日
長澤壮平(南山宗教文化研究所研究員)が、所内において「農村の伝統的祭礼
における「社会参加」
「つながり」―山形県鶴岡市の王祇祭を例に―」と題する
発表を行った。
3 月 22 日
Sarah van Camp が、Remembering the Kanji のオランダ語版出版のために来訪した。
3 月 24 日
Benjamin Dorman が、フィラデルフィア(米国)で開かれた Association of Asian
–29 日
Studies (AAS) の年次大会に出席し、発表した。
その他の来訪者
2009 年
6月1日
Jamie Hubbard 夫妻(スミス・カレッジ)
、Scott Schnell(アイオワ大学、Asian
Ethnology 共同編集者)
6月2日
Andrew Armstrong(ボストン大学博士候補生)
南山宗教文化研究所 研究所報 第 20 号 2010 年
Shoho-20.indb 69
69
2010-07-03 11:09:14 AM
6 月 19 日
John Shultz(マンチェスター大学博士候補生)
9月7日
Girardo Rodriguez(立命館アジア太平洋大学大学院生)
7月3日
Paul Atkins(ワシントン大学助教授[日本学])
7 月 20 日
Steven Fesmire(グリーン・マウンテン大学准教授[哲学・環境学])
8月9日
Purushottama Bilimoria(メルボルン大学 Editor in Chief of Sophia)
9月3日
Letizia Coccia(マセラタ大学[イタリア])および、Selusi Ambrogio(ボローニャ
大学[イタリア])
9 月 14 日
Alexei Stephenson(オックスフォード大学大学院生)
10 月 8 日 –9 日 Morten Schlütter(アイオワ大学宗教学部准教授)
10 月 24 日
Susan Andrews(コロンビア大学大学院生)
11 月 18 日 –20 日 Jeffrey Watson(ホフストラ大学[ニューヨーク]宗教学・哲学専攻学生)
12 月 4 日 -6 日
Richard Reitan(フランクリン・マーシャル・カレッジ助教授)
2010 年
1 月 13 日
Marleen Kassel お よ び Sara Lizzul( ク イ ー ン・ カ レ ッ ジ[CUNY] the Asian
Initiatives Program)
2月9日
Amos Nascimento(ワシントン大学哲学専攻助教授)、Marcio de Moraes(サン・
パウロ・メトディスタ大学学長[ブラジル])
3月9日
Philippe Bordeyne(パリ・カトリック学院学長)、Boris Gudziak(ウクライナ・
カトリック大学総長)
3 月 16 日
70
Shoho-20.indb 70
Bryan Rill(フロリダ州立大学博士候補生[文化人類学])
南山宗教文化研究所 研究所報 第 20 号 2010 年
2010-07-03 11:09:14 AM
昨年の行事
2010 年4 月 ~ 2011 年 3 月
2010 年
3 月 22 日
4月5日
Sarah van Camp が来所し、Remembering the Kanji 第 1 巻のオランダ語版を完成さ
せるため 3 週間滞在した。
上智大学教授であり Monumenta Nipponica の新編集委員である Mark Mullins が来
所し、共同編集作業と東アジアのカリスマ運動に関するプロジェクトについて
会議を行った。
4 月 12 日
Lucy Schultz が来所し、ヘーゲルと西田幾多郎の弁証法の比較研究のため、7 週
4 月 15 日
Lorenzo Marinucci が来所し、“Decovestruzione: un Derrida nipponico.” に関する研
間滞在した。
究のため 2 ヶ月間滞在した。
4 月 24 日
Benjamin Dorman が、天理大学にて開催された Anthropology of Japan in Japan の
5月1日
Åasulv Lande が来所し、諸宗教研究講座客員研究所員(ローチ・チェア)とし
5 月 11 日
Paul Swanson が、東京で立正佼成会幹部に対し「諸宗教間対話の<教学>構築
春期ワークショップに出席した。
て 1 年間滞在した。
のために――キリスト教の真理と仏教の真理」と題する講演を行った。
5 月 14 日
金承哲による読書会が、昨年度に引き続き再開された。
5 月 17 日
新ローチ・チェアである Åasulv Lande の歓迎夕食会が開かれた。
5 月 24 日
Mission Spirituality and Theology at Lutheran Theological Seminary(香港)Reichelt
5 月 31 日
Ramon Llull University(バルセロナ)博士候補生である桑野萌が来所し、日本哲
6月5日
渡邉学、Benjamin Dorman が、立命館大学にて開催された「宗教と社会」学会
6 月 10 日
山田政信が、
「カリスマ刷新運動の国際的研究」懇話会シリーズの一部として「デ
教授 Wai Man Yuen が図書閲覧のため来所し、1 週間滞在した。
学に関する資料収集のため数日間滞在した。
年次大会に出席するため、京都に出張した。
カセギとペンテコステ運動――ブラジル系プロテスタント教会を事例に」と題
する発表を行い、15 名が出席した。
6 月 13 日
Brigham Young University Hawaii の Timothy Richardson が来所し、漢字に関する
著作の 2 巻以上にわたる部分について、James Heisig と共同作業を行うため、2
週間滞在した。
6 月 18 日
Wofford College の Levi McLaughlin が、懇話会において「創価学会の教育活動と
南山宗教文化研究所 研究所報 第 21 号 2011 年
53
任用試験—基礎と現状」と題する発表を行い、13 名が出席した。
6 月 22 日
國學院大學准教授である菅浩二が、南山学会にて発表を行うにあたり来所した。
6 月 29 日
Florida State University 博士候補生である Bryan Rill が、“Cultivating Consciousness
in Shugendō”について、人類学的研究における映像利用を中心に発表を行い、
11 名が出席した。
7月3日
Paul Swanson、Benjamin Dorman、David White が、上智大学大学院グローバル・
スタディーズ研究科主催の“Workshop on Journal Development”に参加するため、
東京に出張し、Swanson と Dorman が発表を行った。
7月9日
Northwestern University 博士候補生である Chen Shuman が来所し、天台仏教に関
7 月 13 日
The University of Missouri の宗教学科准教授 Ed Drott が来所し、1 ヶ月滞在した。
7 月 15 日
7 月 16 日
7 月 21 日
する資料収集を行うため数週間滞在した。
Matcha Latte Media の Ian Chun と神澤絵美が来所し、研究所のウェブサイトとイ
ンターネット環境の向上について話し合いがなされた。
Lancaster University(イギリス)の講師である川並宏子が、Asian Ethnology の編
集会議のため来所した。
James Heisig と David White が、John Maraldo や Tom Kasulis と Japanese Philosophy:
A Sourcebook の最終校正を集中的に行い、編集上のチェックをするため、スペイ
ンに出張した。
8月8日
Benjamin Dorman が、The 7th International Conference on Media, Religion and Culture
8 月 19 日
Benjamin Dorman が、 メ ル ボ ル ン と キ ャ ン ベ ラ( オ ー ス ト ラ リ ア ) に 出 張
に出席し発表するため、トロント(カナダ)に出張した。
し、戦争記念に関する調査を行うため 3 週間滞在した。9 月 2 日には Australian
National University において、大学院生に対し査読付雑誌の出版について講義を
行った。
8 月 30 日
渡邉学が、花園大学(京都)にて開催された東西宗教交流学会年次大会に出席
9月3日
Paul Swanson、渡邉学、奥山倫明が、東洋大学(東京)にて開催された日本宗教
した。渡邉は総会で副会長に選出された。
学会年次大会に出席した。Japanese Journal of Religious Studies の年次編集会議がこ
のとき開催された。
9 月 14 日
奥山倫明が、“Economic/Social Exclusion and Collective Action: Europe and Asia
Compared”と題する国際会議に出席するため、アイルランドに出張した。
9月8日
Paul Swanson が、Indiana University の同業者と意見交換するため、1 週間アメリ
9 月 13 日
Western Washington University の遊佐道子が来所した。
9 月 16 日
Paul Swanson、James Heisig、渡邉学が、日本学術振興会の面接のため東京に出張
9 月 30 日
岡山大学大学院准教授である鐸木道剛が、「カリスマ刷新運動の国際的研究」懇
カに出張した。
した。
話会シリーズの一部として「イコンとシャーマニズム?」と題する発表を行い、
23 名が出席した。
10 月 8 日
54
渡邉学が、慶応大学三田キャンパスで開催された日本倫理学会年次大会に出席
南山宗教文化研究所 研究所報 第 21 号 2011 年
した。
10 月 15 日
渕上恭子が、
「カリスマ刷新運動の国際的研究」懇話会シリーズの一部として「韓
国のペンテコスタリズムにおける「祈禱院運動」の展開――キリスト教土着化
論の考察」と題する発表を行い、14 名が出席した。
10 月 29 日
渡邉学が、筑波大学哲学・思想学会年次大会に出席するため、つくば市に出張
した。
11 月 2 日
Lund University の Anders Melin が来所し、日本における環境倫理と仏教につい
て研究するため、3 週間滞在した。
11 月 7 日
Hamilton College の宗教学准教授である S. Brent Rodriguez Plate が 3 日間滞在し、
その間に“The Altar and the Screen: Filmmaking and Worldmaking”と題するセミナ
ーを行った。
11 月 7 日
Ohio State University の教授である Tom Kasulis が来所し、研究のため 1 ヶ月間滞
在した。
12 月 11 日
渡邉学が、人体科学会年次大会に出席するため東京に出張した。渡邉は「湯浅
泰雄先生の学問と人体科学」と題する発表を行った。
12 月 17 日
Roger Munsi が、「キリシタン神社の歴史と現状」と題する所内発表を行い、12
名が出席した。これは「近代日本における「神」の比較宗教史的研究」の第 1
回会合にあたる。
12 月 17 日
James Heisig が、京都に出張し、西田幾多郎『善の研究』出版 100 周年記念国際
会議において発表した。
12 月 26 日
Paul Swanson、 渡 邉 学、 金 承 哲 が、 京 都 に お い て 開 催 さ れ た CORMOS
(Conference on Religion and Modern Society) 年次大会に出席した。本年の大会テ
ーマは「宗教文化教育と心の教育」であった。
12 月 29 日
James W. Heisig と Rein Rand が編集した、“Frontiers of Japanese Philosophy”シリ
ーズ第 7 巻 Classical Japanese Philosophy が印刷所から納品された。
2011 年
1月8日
Rafael Shoji が来所し、「カリスマ刷新運動の国際的研究」プロジェクトの研究を
行うため、3 ヶ月間滞在した。
1 月 18 日
Nikki Bado と Eric Waite が来所し、四国巡礼の撮影準備のため 6 ヶ月間滞在する
こととなった。
Andrew Kim が来所し、「カリスマ刷新運動の国際的研究」プロジェクトに参加
するため 1 週間滞在した。
1 月 20 日
「カリスマ刷新運動の国際的研究」英語ワークショップが開催され、Rafael Shoji
(日系ブラジル人のカリスマ運動について)、Andrew Kim(韓国のペンテコステ
について)、Alena Govorounova(ロシアのペンテコステについて)による発表が
行われた。Mark Mullins、野口生也ほか 19 名が出席した。
James Heisig と Timothy W. Richardson、Robert Rauther と の 共 同 編 集 に よ る
Traditionelle Hanzi lernen und behalten. Bedeutung und Schreibweise der haufigsten
南山宗教文化研究所 研究所報 第 21 号 2011 年
55
chinesischen Schriftzeichen 第 1 巻 が、出版社 Klostermann Verlag より納品された。
1 月 21 日
Alena Govorounova が、懇話会において「日本精神と正教神°性――日本におけ
る正教の土着化の諸問題をめぐって」と題する発表を行い、14 名が出席した。
これは「近代日本における「神」の比較宗教史的研究」の第 2 回会合にあたる。
1 月 26 日
2月2日
長澤志穂が、博士学位請求論文に関して、
「清代中国における瞑想の展開――『太
乙金華宗旨』の内丹思想」と題する所内発表を行い、9 名が出席した。
Paul Swanson が東京に出張し、最先端研究開発支援プロジェクト (FIRST) 国際シ
ンポジウム「心の生物学――進化的人間観の科学をめざして」において、
“Mind,
Kokoro, and Language”と題する発表を行った。
2 月 24 日
Roger Munsi が、コンゴにおけるキリスト教のインカルチュレーションについて
3月5日
渡邉学が東京に主張し、宗教文化士の認定に関する会合に出席した。
3 月 11 日
3 月 10 日
所内発表を行い、13 名が出席した。
東日本大震災、津波の壊滅的な被害、原発事故の結果、3 月末までの学術的会
合の多くがキャンセルとなった。
James Heisig が、University of London の SOAS において、比較宗教に関する The
2010-2011 Jordon Lectures として、“Nothing and Desire: A Philosophical Antiphony”
と題する全 6 回の講義を行った。
3 月 13 日
Nikki Bado と Eric Waite が、四国巡礼における儀礼の役割に関する映像作品を作
3 月 30 日
James Heisig、Paul Swanson、Benjamin Dorman、David White がホノルル(ハワイ)
るプロジェクトについて発表し、11 名が出席した。
に出張し、Association of Asian Studies 年次大会に出席した。Dorman は 3 月 31 日
に発表を行った。また、全員が 4 月 1 日に the Asian Ethnology の国際編集会議に
出席した。
その他の来訪者
2010 年
4月5日
Mei Tin Huang (Sonja Huang)(輔仁大学天主教学術研究院研究員)、Davis YinChun Cheng(輔仁大学宗教学科助教)
4 月 30 日
Franco Bertossa( ボ ロ ー ニ ャ 大 学[ イ タ リ ア ]Associazione Spazio Interiore
Ambiente (ASIA))
5 月 12 日
William Londo(ミシガン州立大学)
5 月 13 日
Clark Chilson(ピッツバーグ大学)
5 月 17 日
Barbara Ambros(ノースカロライナ大学チャペルヒル校)
6月8日
Ovidi Carbonell Cortés および Hiroyasu Yoshioka(サラマンカ大学[スペイン]ス
ペイン日本文化センター)
6 月 14 日
宮下聡子(東京大学倫理学研究室助教)
7月5日
Valentina Mejía(エル・コレギオ・デ・メヒコ[メキシコ]アジア・アフリカ研
9 月 23 日
56
究センター研究員)
Michael Gardiner(ウォーリック大学)
南山宗教文化研究所 研究所報 第 21 号 2011 年
10 月 4 日
Kristina Buhrman(南カリフォルニア大学博士候補生[日本宗教・日本史])
10 月 18 日
Maria Elvira Rios Peñafiel(エル・コレギオ・デ・メヒコ[メキシコ]アジア・ア
フリカ研究センター博士候補生)
10 月 21 日
Tom Fallon(シェフィールド大学博士候補生)
10 月 25 日
11 月 6 日
斉藤多香子(ル・アーヴル大学[フランス]准教授)および Simon Ebersol(INALCO
[パリ]大学院生)
西村明(鹿児島大学)
田村恵子(オーストラリア国立大学太平洋アジア地域研究所)
11 月 9 日
Bardwell Smith および Joyhn W. Nason(カールトン・カレッジ名誉教授[宗教学・
アジア学])
12 月 15 日
Erica Baffelli(オタゴ大学[ニュージーランド]講師[アジア宗教])
12 月 29 日
Maya Stiller(UCLA 大学院生[韓国の巡礼])
2011 年
1 月 10 日
Han Hyung Mo(京都大学客員研究員)
1 月 11 日
John Bray(国際ラダック研究協会会長)
2 月 14 日
Christopher S. Thomson(オハイオ大学准教授[日本語・日本文化])
2 月 21 日
Laurent Stehlin(大阪大学およびローザンヌ大学[スイス]研究員)
3 月 15 日
David Quinter(アルバータ大学宗教学際研究プログラム東アジア部門および東
アジア研究科助教)
南山宗教文化研究所 研究所報 第 21 号 2011 年
57
昨年の行事
2011 年4 月 ∼ 2012 年 3 月
2012 年
3 月 31 日
Paul Swanson、David White、Benjamin Dorman、James Heisig がホノルルに出張し、
3 月 31 日から 4 月 3 日まで開催された the Association for Asian Studies 第 70 回年
次大会に参加した。大会期間中、Asian Ethnology の編集会議が行われた。
4月1日
Paul Swanson の後任として、渡邉学が南山宗教文化研究所所長に就任した。
4月5日
渡邉学を研究代表者とする 3 年間の科学研究費補助金事業(基盤研究 (A))「宗
教研究の国際化推進のための拠点形成と総合的な研究史調査」について、文部
科学省より採択の通知があった。
4 月 19 日
4 月 30 日
5 月 10 日
5 月 21 日
Manchester University の Ian Reader 教授が来所し、Japanese Journal of Religious
Studies のオウム事件後の特集に関する作業を行った。
Lund University(スウェーデン)の Åasulv Lande 名誉教授が、諸宗教研究講座客
員研究所員(ローチ・チェア)の任期を満了した。
Lithuanian Institute for Literature and Folklore(リトアニア)の Giedrė Šmittienė 研
究員が来所し、日本の現象学に関する研究のため短期滞在した。
Paul Swanson、渡邉学が、南山大学で開催された国際熊野学会の 2 日間にわたる
年次大会に参加した。
5 月 28 日
渡邉学が國學院大學に出張し、宗教文化学習教材を編纂するプロジェクトの準
6月2日
The University of Iowa の文化人類学の大学院生 Ligia E. Fragoso が来所し、現代日
6月6日
備会議に参加した。
本の宗教空間の再構成に関する研究のため、7 週間滞在した。
John Jay College(City University of New York)内 The Center on Terrorism の Charles
E. Strozier 所長が夫人とともに来所し、懇話会において “Religious Fundamentalism
and Violence” と題して講演を行った。
6 月 20 日
Brigham Young Univeisity(ホノルル)の Timothy W. Richardson 准教授(中国語・
スペイン語)が来所し、James Heisig とともに中国語筆記システムに関する本の
第 2 巻の作業を行うため、1 ヶ月間滞在した。
Ohio State University の Thomas Kasulis 教授が来所し、日本哲学史研究のため短期
滞在した。
6 月 21 日
6 月 23 日
7 年の歳月をかけて完成した Japanese Philosophy: A Sourcebook が、南山宗教文化
研究所の協力のもと、The University of Hawai‘i Press より刊行された。
奥山倫明が「近代日本の神概念に関する比較研究」第 3 回研究会を主催した。
南山宗教文化研究所 研究所報 第 22 号 2012 年
39
6 月 25 日
国 際 基 督 教 大 学 に お い て Asian Studies Conference Japan が 開 催 さ れ、Paul
Swanson、Benjamin Dorman がパネル “Meet the Editors” にパネリストとして参加
した。
6 月 30 日
7月8日
7 月 14 日
Iowa State Univeisity の Nikki Bado 准教授(宗教学)と大学院生 Eric Waite が、四
国巡礼に関する 5 ヶ月にわたる研究プロジェクトを終了した。
University of North Carolina, Chapel Hill の Barbara Ambros 准教授(宗教学)が来
所し、日本仏教の研究のため 3 週間滞在した。
懇話会が開催され、Free University of Amsterdam の博士候補生 野口生也が「日本
における韓国系ペンテコスタリズム―支部教会の事例を中心に」と題して発表
した。
7 月 16 日
「宗教研究の国際化推進のための拠点形成と総合的研究史調査」(基盤研究(A))
7 月 19 日
James Heisig、Thomas Kasulis が、共生のための国際哲学研究センター(東京大学)
の第 1 回科研研究会を開催した。
において、先日刊行された Japanese Philosophy: A Sourcebook について講演を行っ
た。
7 月 29 日
懇話会が開催され、大谷大学の飯田剛史教授(社会学)が「在日コリアン社会
8月1日
Benjamin Dorman が戦争記念碑の調査のため、Sydney、Canberra、Melbourne に
8 月 23 日
8 月 30 日
におけるカリスマ系宗教―巫俗と純福音教会」と題して発表した。
3 週間出張した。
Paul Swanson、Benjamin Dorman、James Heisig が、Tallin(エストニア)で開催
された European Association for Japanese Studies の第 13 回国際会議に参加した。
渡邉学、Benjamin Dorman が、ドイツ日本研究所(東京)において開催された 2
日間のワークショップ “Aftermath: Religion in the Wake of the 1995 Aum Affair” に参
加した。
9 月 2-4 日
9 月 12 日
9 月 20 日
9 月 30 日
10 月 1 日
10 月 6 日
10 月 9 日
10 月 13 日
40
渡邉学、奥山倫明が、関西学院大学において開催された日本宗教学会第 70 回年
次大会に参加した。
James Heisig が University College Cork(アイルランド)において、Irish Institute
of Japanese Studies の設立記念講演を行った。
James Heisig が、Boston College において開催された国際会議 “Interreligious Dia-
logue and the Cultural Shaping of Religions” において発表した。
渡邉学が、富山大学において 9 月 30 日から 10 月 2 日にかけて開催された日本
倫理学会第 62 回年次大会に参加した。
Ohio State University の Thomas Kasulis 教授が再び来所し、日本哲学史の研究のた
め 6 週間滞在した。
懇話会が開催され、Thomas Kasulis が “Japanese Philosophy and Religious Thought
in the Modern Period” と題して発表した。
Western Washington University の遊佐道子教授が来所し、日本哲学の研究のため
2 ヶ月間滞在した。
University of Indiana(Bloomington 校)において、American Folklore Society と日本
民俗学会の協力体制の調印式が行われ、Paul Swanson が南山宗教文化研究所を
南山宗教文化研究所 研究所報 第 22 号 2012 年
代表して出席した。
10 月 17 日
Paul Swanson が、Center for East Asian and Pacific Studies(University of Illinois)に
おいて、“Takagi Kenmyō and Buddhist Socialism” と題して講演を行った。
10 月 19 日
Paul Swanson が、Purdue University において二つの講演を行った。一つは the
Center on Religion and Chinese Society における “The Threefold Truth as the Basic
Pattern for T’ien-t’ai Buddhist Philosophy” と題する講演であり、もう一つは “Takagi
Kenmyō and Buddhist Socialism: A Meiji Martyr and Misfit” と題する公開講演であっ
た。
10 月 22 日
渡邉学が、第 9 回 Doha Conference on Inter-faith Dialogue に参加するため、カタ
ールに 1 週間出張した。
11 月 17 日
James Heisig、Paul Swanson、渡邉学、David White が、サンフランシスコで開催
された American Academy of Religion 年次大会に参加し、発表を行った。
12 月 1 日
University of Edinburgh の Ian Astley 上級講師(日本語)が来所し、日本仏教の研
究のため 1 ヶ月間滞在した。
12 月 3-4 日
研究所スタッフの協力のもと、第 21 回人体科学会年次大会が南山大学において
開催された。
12 月 15 日
Pontifical University of São Paulo の Rafael Shoji 研究員が来所し、在日日系ブラジ
ル人の宗教活動についての研究を行うため、6 週間滞在した。
12 月 26 日
渡邉学が、京都で開催された第 58 回コルモス研究会議に研究所を代表して参加
した。
2012 年
1月7日
Paul Swanson が、自身の主催するアジアのペンテコステとシャーマニズムに関
する研究プロジェクトを完了するため、研究休暇より一時帰国した。
1 月 8-9 日
James Heisig が、Japanese Philosophy: A Sourcebook のスペイン語版チームの代表者
10 名とともに、バルセロナにおけるワークショップに参加した。
1 月 8-20 日
St. Lawrence University( カ ナ ダ ) の Mark MacWilliams 教 授( 宗 教 学 )、
Manchester University の Ian Reader 教授(日本研究)、高麗大学校(ソウル)の
Andrew Kim 教授(社会学)、Boston University の Frank Korom 教授(人類学)、
University of Otago(ニュージーランド)の Erica Baffelli 上級講師(宗教学)、上
智大学の Mark Mullins 教授が研究のため短期滞在し、また、研究所において開
催されたシンポジウムに参加した。
1月9日
「宗教研究の国際化推進のための拠点形成と総合的研究史調査」の第 2 回科研研
究会を開催した。
1 月 10 日
University College Cork(アイルランド)の Graham Parkes 教授(哲学)が来所し、
6 ヶ月間の諸宗教研究講座客員研究所員(ローチ・チェア)に就任した。
1 月 15 日
Asian Ethnology の共同編集者として、Scott Schnell の後任として Boston University
の Frank Korom を迎えた。
1 月 20-21 日 国際シンポジウム “Pentecostalism and Shamanism in Asia” が南山宗教文化研究所
南山宗教文化研究所 研究所報 第 22 号 2012 年
41
において開催された。その報告は Bulletin 36 号に掲載予定。
1 月 25 日
Luther College の Gereon Kopf 准教授(宗教学)が来所し、日本仏教哲学の研究
のため 1 週間滞在した。
2月9日
Paul Swanson が、University of Michigan の Center for Japanese Studies において、
“Takagi Kenmyō and Buddhist Socialism: A Meiji Martyr and Misfit” と題して講演を
行った。
2 月 22 日
Benjamin Dorman の著書 Celebrity Gods: New Religions, Media, and Authority in Occu­
2 月 27 日
奥山倫明が、近代日本の宗教についてのフランスの最近の研究について調査す
pied Japan が the University of Hawai‘i Press より刊行された。
るため、パリに 1 週間出張した。
2 月 28 日
Manchester University において Ian Reader 教授を記念する公開ワークショップ
“Majour ‘Booms’ and Minor Trends in Modern Religious Practices” が開催され、Paul
Swanson が “Takagi Kenmyō and Buddhist Socialism: A Meiji Martyr and Misfit” と題
して講演を行った。
3月1日
Heidelberg University における Institute for Japanese Studies の吉田新研究員が来所
し、隠れキリシタンのアーカイヴを調査するため 2 ヶ月間滞在した。
Paul Swanson が、The University of Edinburgh に お い て “Takagi Kenmyō and
Buddhist Socialism: A Meiji Martyr and Misfit” と題して講演を行った。
3 月 28 日
University of Dayton(オハイオ)の College of Arts and Sciences において、人文
科学系の一般むけイベントが開催され、Paul Swanson が “Takagi Kenmyō and
Buddhist Socialism: A Meiji Martyr and Misfit” と題して講演を行った。
その他の来訪者
2011 年
5 月 1–4 日
Joseph S. O’Leary(上智大学教授)
5 月 2-3 日
Miikael Lotman(タリン大学[エストニア]日本研究科大学院生)
5 月 22 日
Frédéric Girard(フランス極東学院)
5 月 21–23 日 Clark Chilson(ピッツバーグ大学[アメリカ]助教授)
5 月 26–27 日 Timoteo Tommasini(大谷大学大学院生)
6 月 13–15 日 Mario Poceski(フロリダ大学[アメリカ]宗教学部准教授)
7 月 11 日
Micah Auerback(ミシガン大学[アメリカ]助教授)
7 月 18 日
James Mark Shields(バックネル大学[アメリカ]比較人文学・東洋思想助教授)
10 月 23–27
斉藤多香子(ル・アーヴル大学[フランス]准教授)
11 月 3–7 日
Connie Lasher(セント・ジョゼフズ・カレッジ・オブ・メイン[アメリカ]元教授)
11 月 10 日
David Burke(京都大学研究員)
11 月 28 日
Mathias Nygaard(Fjellhaug インターナショナル・カレッジ[ノルウェー]准教授、
現在は神戸ルーテル神学校客員教授)
42
南山宗教文化研究所 研究所報 第 22 号 2012 年
2012 年
2 月 16 日
Elvin Zoet、鈴木淑子(エラスムス大学[オランダ]博士候補生)
3 月 12–15 日 Salvatore Gianmusso(フェデリコ 2 世・ナポリ大学[イタリア]講師)
南山宗教文化研究所 研究所報 第 22 号 2012 年
43
昨年の行事
2012 年4 月 ∼ 2013 年 3 月
2012 年
4月1日
奥山倫明が、所長としての辞令を受ける。金承哲が、第一種研究所員として着
4 月 12 日
日本宗教学会の Religious Studies in Japan がオンライン公開される。本研究所、
任する。
Paul Swanson、David White、粟津賢太が奥山倫明とともに尽力したもの。同日、
Benjamin Dorman は京都出張、AE 関連の打ち合わせ。
Paul Swanson が Elon University (North Carolina、USA) に お い て “Buddhist
Socialism in Japan: Thoughts on a Buddhist Monk and Martyr” と題して講演を行っ
た。
4 月 13 日
Paul Swanson が University of North Carolina Chapel Hill/Duke University の East
Asian Religions Cluster において “Takagi Kenmyō and Buddhist Socialism: A Meiji
Martyr and Misfit” と題して講演を行った。
4 月 14 日
日本宗教学会理事会に James Heisig らが参加。
4 月 26 日
金承哲が韓国宗教学会と韓国仏教学会に出席するために出国(5 月 1 日帰国)。
5月1日
Paul Swanson が University of Southern California において “Takagi Kenmyō and
Buddhist Socialism: A Meiji Misfit and Martyr” と題して講演を行った。
5月4日
Rein Raud 教授(Tallinn University, Estonia)滞在(~ 24 日)。
5 月 11 日
Erica Baffelli 氏(Senior Lecturer, University of Otago, New Zealand)を迎え、科研基
盤研究(A)「宗教研究の国際化推進のための拠点形成と総合的な研究史調査」
の研究会を開催。タイトル “Being There without Being There: Agonshū’s Rituals and
Satellite Broadcastings.”
5 月 17 日
6月1日
6 月 15 日
Mario Poceski 氏(Associate Professor, University of Florida)、中国禅仏教研究のた
め滞在(~ 8 月 15 日)。
Edward Drott 氏(Assistant Professor, University of Missouri, Columbia)、中世仏教研
究のため滞在(~7 月 15 日)。
金承哲がパッヘ研究奨励金(課題「統合的神学についての基礎的研究」)による
研究会を開催。講師として稲垣久和氏(東京基督教大学教授、共立基督教研究
所所長)を招聘。講題「科学と宗教の日本的展開: logical negativism から critical
realism へ」。
6 月 16 日
Thomas Kasulis 教授(Ohio State University)、日本哲学研究のため滞在(~ 8 月 7 日)。
6 月 22 日
Graham Parkes 教授(University College Cork)を迎えて懇話会を開催。タイトルは、
南山宗教文化研究所 研究所報 第 23 号 2013 年
75
“Getting Better: How Philosophy Can Help Improve Things.”レスポンデントとして
東京大学 UTCP より、小林康夫、高田康成、中島隆博各氏にもご参加いただく。
懇親会でも楽しい議論が続いた。
6 月 23 日
研究休暇を過ごしていた遊佐道子教授(Western Washington University)が、滞
6 月 30 日
Graham Parkes 氏が諸宗教研究講座客員研究員(ローチ・チェア)の任期を満了。
7月2日
Benjamin Dorman は東京出張、AE 関連の打ち合わせ。
7月7日
日本宗教学会理事会、各種委員会。本研究所からは奥山倫明と粟津賢太が参加。
7 月 13 日
Mario Poceski 氏 を 迎 え て 懇 話 会 を 開 催。 タ イ ト ル は、“The Growth and
在を終える。
Transformation of Christianity in Modern China.”南山大学より助成の国際化推進事
業第二期「現代東アジアにおけるキリスト教の受容と展開に関する国際的研究」
の一環として開催。
7 月 15 日
Ricardo Baeza 教授(Universidad Católica de Valparaíso, Chile)、西谷啓治とエック
ハルトに関する研究のため滞在(~ 8 月 4 日)。Rocío Barreiro Rodríguez(University
of Oviedo, Spain)も同行。
7 月 16 日
7 月 27 日
Gereon Kopf 氏(Associate Professor, Luther College)、仏教哲学研究のため滞在(~
7 月 26 日)。
南山大学社会倫理研究所との共催、法学部の協賛により、Frank S. Ravitch 教授
(Michigan State University)を迎えて懇話会。タイトルは、“Religion and the 2012
U.S. Presidential Election.”
7 月 27 日
Ben Dorman が鹿児島で行われた「国際シンポジウム 戦争の記憶と継承」に参加。
8月1日
Ben Dorman は科研費(研究代表者:西村明・鹿児島大学准教授、「戦争死者慰
霊の関与と継承に関する国際比較研究」)の研究出張でオーストラリアに出発。
戦争記念館で資料収集(9 月 8 日帰国)。
8月7日
Paul Swanson が研究休暇を終え、帰国。James Heisig は、翻訳、編集打ち合わせ
等のため、スペイン、オランダ、米国に向け出発(8 月 31 日帰国)
8 月 14 日
金承哲はドイツ訪問に出発、その後、ストックホルムで開催のヨーロッパ宗教
8 月 22 日
奥山倫明がヨーロッパ宗教学会での発表のためストックホルムに出発。その間、
9月3日
金 承 哲 は、 京 都 で 開 催 さ れ た、 東 西 宗 教 交 流 学 会 に 参 加。 理 事 会 で 事
~5 日
務理事として選ばれた。
9月7日
伊 勢 の 皇 学 館 大 学 で 日 本 宗 教 学 会 第 71 回 学 術 大 会 開 催。 奥 山 倫 明、Paul S
~9 日
学会で発表(8 月 30 日帰国)
ルンド大学訪問、学会後パリに滞在(8 月 31 日帰国)。
Swanson、渡辺学が参加。
9 月 11 日
金承哲は、明治学院大学で開催された日本基督教学会第 60 回学術大会に参加。
9 月 14 日
金承哲がパッヘ研究奨励金による研究会を開催。講師として芦名定道教授(京
都大学)を招聘。講題「キリスト教思想とコミュニケーション合理性―宗教と
科学、あるいは宗教間―」。
10 月 15 ~ 16 日
10 月 28 日
76
Paul Swanson は、立正大学で開催の第 7 回国際法華経学会に参加、発表。
Jörn Rüsen 教授(Kulturwissenschaftliches Institut Essen)を招聘。10 月 30 日に
南山宗教文化研究所 研究所報 第 23 号 2013 年
~ 11 月 1 日
11 月 3 日
“Humanism and Interreligious Discourse” のタイトルで懇話会を開催した。
10 月 7 日に故国ベルギーで逝去された Jan Swyngedouw 南山大学名誉教授 (19352012) の追悼ミサが東京のカトリック松原教会にて行なわれ、James Heisig、奥山
倫明が参列。
11 月 16 日
シカゴにてアメリカ宗教学会(American Academy of Religion)年次大会開催。
~ 20 日
James Heisig, 金承哲、奥山倫明が参加。
11 月 25 日
ウィーンで開催の KAICIID (King Abdullah Bin Abdulaziz International Centre for
~ 29 日
Interreligious and Intercultural Dialogue) 設立記念式典ならびにシンポジウム出席
のため、金承哲が訪墺。
11 月 27 日
NHK ディレクターの渡辺考氏、生物学者・福岡伸一氏(青山学院大学教授)ら
が「京都学派」について取材するために研究所を訪問、James Heisig へのイン
タビューを行なう。
11 月 28 日
フロリダ州タラハシーで開催の World War II and Religion 会議での研究発表のた
~ 12 月 2 日 め、奥山倫明と粟津賢太が渡米。西村明・鹿児島大学准教授とともにを研究発
表を行なった。粟津は会議後、引き続きハワイ調査に出発。
12 月 14 日
国際化推進事業「現代東アジアにおけるキリスト教の受容と展開」懇話会開催。
発表は、長澤志穂研究員による「 台湾キリスト教研究の歩みと現状について」
と大学院生の馬妙言氏による「 近代中国におけるキリスト教『土着化運動』の
現代中国キリスト教への影響」。
12 月 26 日
京都でコルモス(現代における宗教の役割研究会)会議、Paul Swanson と金承
~ 27 日
哲が参加。
2013 年
1月6日
Mark MacWilliams 教授(St. Lawrence University)が、Defining Shinto のプロジェ
~ 12 日
クトのため滞在。6 日には、奥山倫明とともに科学研究費関連の研究会を開催
した。
1 月 11 日
国際化推進事業「現代東アジアにおけるキリスト教の受容と展開」懇話会開催。
国際基督教大学副学長の森本あんり教授をお招きし「キリスト教本質論再考―
アジア神学の視点から―」と題して報告していただいた。
1 月 13 日
金承哲は、韓国・仁川大学で開催の韓国日本基督教文学会に参加、発表を行なう。
~ 15 日
学会総会で会長として選ばれた。
1 月 17 日
日沖直子氏、
『キリスト教聖霊運動とシャーマニズム』の編集、校閲のため滞在。
1 月 20 日
11 月に収録された James Heisig のインタビューを含む NHK 教育テレビ「日本人
は何を考えてきたのか」第 11 回「近代を超えて―西田幾多郎と京都学派」が放
映される。
1 月 21 日
Thomas Hastings 氏(Senior Research Fellow in Science and Religion, Japan ICU
Foundation, New York)が、宗教と科学の研究についての相談のため来所。
1 月 25
金承哲は、東アジアキリスト教交流史研究会(神戸)、日本キリスト教文学会関
~ 26 日
西支部(関西学院大学)に参加。同日、Alena Govorounova 氏、『キリスト教聖
南山宗教文化研究所 研究所報 第 23 号 2013 年
77
霊運動とシャーマニズム』の編集と、奥山倫明を研究代表者とする科研基盤研
究(C)「近代日本における『神』の比較宗教史的研究―戦前から戦後までの制
度と思想―」打ち合わせのため滞在。
2 月 22 日
国際化推進事業「現代東アジアにおけるキリスト教の受容と展開」懇話会開催。
台湾の東海大学から趙星光准教授をお招きし“Social Change and the Development
of Protestantism in Taiwan after World War II”と題して報告していただいた。
3月1日
国際化推進事業「現代東アジアにおけるキリスト教の受容と展開」の調査のた
~5 日
めに第一種研究所員、研究員、非常勤研究員計 7 名で韓国訪問。2 日には Korea
University でワークショップ開催(発表者 Young Jin Min, Sung Gun Kim, Shin Ahn)
4 日には吉熙星氏主宰の尋道学舎訪問、1 泊滞在し、翌日、帰国した。 3 月 20
James Heisig は上海で開催の Comparative and Continental Philosophical Circle で発
~ 25 日
表。
3 月 21
サ ン デ ィ エ ゴ で ア ジ ア 学 会 Association for Asian Studies 年 次 大 会 開 催。Ben
~ 24 日
Dorman, David White, 奥 山 倫 明 , Paul Swanson が 参 加。 大 会 期 間 中、Asian
Ethnology の編集委員会を開催。
その他の来訪者
2012 年
4 月 8 ~ 9 日 一條東子(Senior Researcher in European Studies at Kingston University London)、
Hayo Krombach(Centre for the Philosophy of the Natural and Social Sciences at the
London School of Economics)
5月9日
Hans Martin Krämer (Assistant Professor, Ruhr-Universität Bochum)
5 月 16 日
Nenita Tenefrancia (Director of the Asian Zone of the Teresian Association)
5 月 25 日
Marc Yamada (Assistant Professor, East Asian Languages and Cultures, Wake Forest
University)
5 月 28 日
Michael Quick (Graduate Student, Duke University)
9 月 21 日
Karen Rommelfanger (Post-doctoral Fellow, Emory University)
10 月 12 日
Esben Andreasen (Denmark)
10 月 22 日
Sharon Kinsella (University of Manchester)
10 月 29 日~ 30 日 日沖直子(上智大学比較文化研究所)
11 月 27 日
Jørn Borup (Aarhus University)
11 月 28 日
Alberto Silva (Japan Foundation Fellow from Argentina)
12 月 2 日、5 日~ 7 日 Janaina Maciel Molinar, Myriam Constantino Castillo (Japan Foundation
Fellow from Mexico) 2013 年
1月7日
森里 武(Graduate Student, Katholieke Universiteit Leuven)
1 月 11 日
Mark Mullins ( 上智大学 )
78
南山宗教文化研究所 研究所報 第 23 号 2013 年
1 月 12 日
Elena Prats (Doctoral Student, Universitat de Barcelona)
1 月 25 日
赤池憲昭(愛知学院大学)
2 月 17 日~ 3 月 4 日 Aasulv Lande (Adger University)
3 月 7 日~ 18 日 Thomas Kasulis (Ohio State University)
3 月 9 日~ 18 日 Frank Korom (Boston University)
南山宗教文化研究所 研究所報 第 23 号 2013 年
79
昨年の行事
2013 年4 月 ∼ 2014 年 3 月
2013 年
月日
David W. Johnson 氏(Pennsylvania State University)が短期客員研究所員として滞
 月  日
Canon Foundation Fellow の Ramunas Motiekaitis 氏 (University of Vilnius ) が  年間
 月  日
在開始( 月  日まで)。
の訪問研究のために到着。
国際化推進事業第二期「現代東アジアにおけるキリスト教の受容と展開に関す
る国際的研究」の一環として懇話会開催。講師は徐亦猛(Xu Yi Meng)氏(福
岡女学院大学准教授)、タイトルは「現代の中国農村におけるキリスト教の受容
――体制教会と非体制教会」。
月日
 月  日
短期客員研究所員として Victor Hori 氏(McGill University)が滞在開始( 月 9 日)。
国際化推進事業懇話会開催。講師は村上志保 氏(立命館大学社会システム研究
所客員研究員)、タイトルは「上海におけるプロテスタント教会――経済発展と
都市化の中での変化」。
 月  日
研究会を開催し、Esther-Maria Guggenmos 氏 (International Consortium for Research
 月  日 ~
パリの Centre d’Études Japonaises (Institut national des langues et civilisations orien-
月日
 月 ~ 日
月日
月日
月日
in the Humanities, Erlangen, Germany) が「占察 善惡業報經 」について発表。
tales) 研究員と Le Havre 大学の准教授の斉藤多香子氏は、日本哲学に関するプロ
ジェクトについての相談、資料参考のために訪問する。
海外の大学で研究中の大学院生  人を中心に、「日本宗教研究・南山セミナー」
を開催した。
Rebeca Maldonado 氏と Andrés Marquina 氏 が来所。田辺元の『懺悔道としての
哲学』のスペイン語訳のため、一ヶ月の滞在を予定 .
Victor Hori 氏が研究会を開催、一回目は「禅において何を言語で表すことが可
能か」について発表。
「現代東アジアにおけるキリスト教」プロジェクトの一環として懇話会開催。講
師は松谷基和氏(東北大学准教授)、タイトルは「韓国キリスト教とナショナリ
ズム-“民族教会”の史的根拠を問う」。
 月 ~ 日 金承哲が大正大学で開催された比較思想学会に参加。
 月 ~ 日 隠れ真宗についての研究書編集のため、Clark Chilson 氏が来所。
 月 9 日
Victor Hori 氏が二回目の研究会を開催、「禅言語における performative theory」
について発表。
南山宗教文化研究所 研究所報 第  号  年

 月  日
Paul Swanson が国際熊野学会常任委員会と講演会に参加。
 月  日
Paul Swanson が国際宗教研究所理事会と記念会議に参加。
 月 ~ 日 David White が国際アジア学会(ICAS)の大会に参加。
 月末
Japanese Journal of Religious Studies (vol. /), 英語の Bulletin (vol. )、と『研究所報』
(vol. ) の納品。
 月 ~
金承哲がベルギーで開催された European Network of Buddhist-Christian Studies の
月日
会議に参加。
月日
Heather Blair 氏 (Indiana University) と川崎剛志氏(就実大学)が JJRS 特集の打ち
合わせのために来所。
月日
Victor Hori 氏が三回目の研究会を開催、「禅体験に対する最近の批判」について
発表。
月日
奥山倫明と Paul Swanson が日本宗教学会の英語版編集委員会と理事会に参加。
月日
Thomas P. Kasulis 氏 (Ohio State University) が『日本哲学の小史』を完成するため、
一ヶ月の滞在を開始。
Japanese Philosophy: A Sourcebook が icas(国際アジア学会)より 社会科学分野で
“Edited Volume Accolade” を受賞 .
 月 ~ 日 Thomas John Hastings ( ニューヨークの日本国際基督教大学財団研究所員)が「宗
教と科学」共同研究プロジェクトについて話し合うために訪問。
 月  日
国際化推進事業懇話会開催。講師は佐藤千歳 氏(北海商科大学商学部准教授)、
タイトルは「中国社会とキリスト教――家庭教会と権利擁護運動の対話」。
J・ハイジック著 Nothingness and Desire が出版社から届く。
 月  日
David Johnson 氏が研究会を開催、「Gadamar and Nishida」について発表。
 月  日 ~
James Heisig が講演のためヨーロッパと米国に出張。
9月日
Keller Kimbrough 氏 (Unviersity of Colorado) が研究のため来所( 月  日まで)。
9 月 ~ 日
奥山倫明と Paul Swanson が国学院大学で開催された日本宗教学会大会に出席。
9 月 ~ 日 金承哲がドイツ宗教学会に出席するためにドイツに出張 .
9 月 ~ 日 Åasulf Lande 氏 (Agder 大学研究員)が大本教についての研究のため来所。
9 月  日
Philip Blosser 氏が研究会を開催、“Person and God in Scheler and Nishitani”につい
て発表。
9 月 ~ 日 奥山倫明が会議のためニューヨークに出張。
9 月 ~
Nigel Black 氏 (University of South Australia) が「禅とデザイン」の研究のために来
 月  日
所。
 月 ~9 日 Gereon Kopf 氏 (Luther College) が日本の哲学研究のために来所。
 月 9~ 日 Ian Reader 氏 (Lancaster University) がオンライン写真集の編集のために来所。
 月 ~ 日 James Heisig が Society for Phenomenology and Existential Philosophy の学術大会で
発表し、オレゴン大学で「日本におけるキリスト教 - 仏教の対話」について講
演するため米国オレゴン州に出張。
 月 ~ 日 金承哲、奥山倫明と Paul Swanson、アメリカ宗教学会 (aar) のために米国に出張。
 月  日

藤野陽平著『台湾における民衆キリスト教の人類学――社会的文脈と癒しの実
南山宗教文化研究所 研究所報 第  号  年
践』について合評会を開催し、研究員の長澤志穂と永岡崇がコメント、藤野氏
がリプライを行なう。
 月  日
Jim Heisig が University of Tokyo Center for Philosophy で“An East-West Philosophical
Antiphony on Nothingness and Desire”について講演する。
 月 ~ 日 Carlos Barbosa 氏(ボゴタ自治大学)、『日本哲学資料集』のスペイン語版の編集
協力者。
 月 9~ 月  日
Gereon Kopf 氏 (Luther College) が日本の哲学研究のために来所。
2014 年
 月 9~ 日
Erica Bafelli 氏 (Manchester University) が日本の新宗教研究のために来所。
 月  日
国際化推進事業懇話会開催。講師は李省展氏(恵泉女学園大学)、タイトルは「近
代朝鮮の高等教育の発展とキリスト教」。
 月 ~ 日 サラマンカ大学(スペイン)教授 Alfonso Falero 氏が、『日本哲学資料集』のス
ペイン語版における「神道と国学」に関する部分の編集のために来所。
 月 ~ 日 研究所員  名が「アジアのキリスト教」プロジェクトの一部として香港を訪問。
 月 ~ 月  日 金承哲が東ヨーロッパ歴史研究所・ウィーン大学に出張 .
 月  日
名古屋宗教社会学研究会が研究会を開催。発表は粟津賢太(「戦没者慰霊碑研究
の発展の近年の動向」)と伊藤雅之氏(「宗教・スピリチュアリテイ・幸福論の
現在」)。
月日
Modern Buddhism in Japan ( 林淳、大谷栄一、Paul L. Swanson 編 ) が納品。
月日
Frank Korom 氏 (Boston University) が Asian Ethnology 編集協力のために来所 ( 月
月9日
 日まで )。
Mark MacWilliams 氏 (St. Lawrence University) が「神道の再定義」研究プロジェク
トのために来所 ( 月  日まで )。
 月 ~ 日 Ben Dorman, James Heisig, Paul Swanson, と David White が Association for Asian
Studies 大会に参加するために米国 Philadelphia に出張 .
他の訪問者
 月 ~ 日 Mark Mullins (Aukland University, New Zealand)
 月 ~9 日 Gary Ross ( 金沢大学 )
 月  日
Paula Esguerra(国際基督教大学博士課程)
月日
Jamie and Maki Hubbard (Smith College, USA)、Christian Wittern(京都大学東アジ
 月  日
ア人文情報学研究センター教授)、Maria Küchen (Sweden)
Miriam Cho ( 学生、Yale University, USA)
 月  日
Jae-ryong Song (Kyung Hee University, South Korea)
月日
Christopher G. Harding (Lecturer in Asian History, University of Edinburgh)
 月  日
Thomas Kirchner ( 花園大学国際禅学研究所 )
 月  日
Mazzei Antonella ( 大学院生、Università Orientale di Napoli)
南山宗教文化研究所 研究所報 第  号  年
9
 月  日
Stefan Vikström (Finnair 機長 )
 月  日
木下富夫 (NHK 報道番組センター ディレクター )
月日
Alan Mattei (University of California at Santa Barbara からの同志社大学への留学生 )
9 月  日
Rein Raud (Tallinn University 教授 )
9 月 ~ 月  日
Nigel Black (PhD candidate, Adelaide University)
 月  日
Esben Andreasen (Denmark)
 月  日
Mark Mullins (Aukland University, New Zealand)
 月  日
田渕宗孝 ( 在ノルウェー日本国大使館専門調査員 )
 月  日
池内須摩 (Emory University, 大学院生 )
 月  日
Sara Bodoni ( 学生、Università degli Studi di Milano)
 月 9 日
村山由美 ( 名古屋商科大学非常勤講師 )
 月  日
李晋鉉(韓国メソジスト教会牧師)

南山宗教文化研究所 研究所報 第  号  年
昨年の行事
2014 年4 月 ∼ 2015 年 3 月
2014 年
 月 ~ 日
Aingeru Aroz 氏(東京大学 大学院生)は『日本哲学資料集』のスペイン語版に
取り組むため来所。
 月 ~ 日
Carla Tronu 氏(天理大学 客員研究員)は『日本哲学資料集』のスペイン語版に
取り組むため来所。
 月  日
Carla Tronu 氏が「聖なる空間と儀礼―― 年~  年の長崎キリスト教社会」
について発表し、所内ゼミを開催した。
 月  日
林淳、大谷栄一、宮坂清の三氏が来所し、粟津賢太と Paul Swanson とともに
Modern Buddhism in Japan 出版祝として研究会を開く。
月日
Jan Van Bragt, Interreligious Affinities, edited by James Heisig and Kim Seung Chul が納
品。
 月  日
~ 月  日
 月 ~
Costica Bradatan 氏 (Texas Tech University 准教授 ) が来所し、In Praise of Failure と
題した研究プロジェクトを開始。
金承哲が European Association for the Study of Religion で研究発表のためオランダ
に出張。
 月  日
~ 月  日
 月 
~ 月  日
 月  日
~ 月  日
月
~ 月  日
James Heisig は講演やプロジェクトの打ち合わせをめどに、アフリカ、ヨーロッ
パ、南米を旅する。
金承哲が諸会議のため韓国に出張。
Paul Swanson が国際法華経セミナー参加のため東京・埼玉に出張。
Keller Kimbrough 氏が研究のため来所。
 月 ~ 日 奥山倫明と Paul Swanson が宗教情報センター主催の CIR Seminar for the Study of
Japanese Religion and Culture  にコメンテーターとして参加。
 月 ~ 日 Ben Dorman と David White が aas-in-Asia 学会のために Singapore に出張。
 月  日
Paul Swanson が「高木顕明師を思う集い、遠松忌法要」に出席するために、新
宮市の浄泉寺に出張。
 月  日
W. Puck Brecher 氏 (Washington State University) と Juan Edgardo DePascuale 氏
(Kenyon College) が研究のために来所。
南山宗教文化研究所 研究所報 第  号  年

 月  日
所内ゼミで池内須摩 ( エモリー大学)が「キリストの流した血、日本人の血―
―日本の(日系)ブラジル人コミュニティにおける南米ペンテコステ派の現状」
について発表。
月日
Robert Rather 氏が Die Kanji lernen und behalten 1 の eBook を作成するため来所。
月日
奥山倫明と Paul Swanson が日本宗教学会の編集委員会や理事会のため東京、国
学院大学に出張。
 月 ~ 日 Montserrat Crespín 氏(バルセロナ自治大学)が、『日本哲学資料集』のスペイン
語版の編集に協力するため来所。
 月 
Raquel Bouso 氏(ポンペウ・ファブラ大学、バルセロナ)は、『日本哲学資料集』
~ 月  日
のスペイン語版の編集に協力するため来所。
月日
David Johnson 氏 (Boston College) が和辻哲郎について発表。
月日
川村邦光氏(大阪大学)らが来所、国際日本学研究会を開催。
 月 ~ 日
金承哲と Paul Swanson が東西宗教交流学会第  回大会に参加。Paul Swanson が
「脳科学とこころ――「科学と宗教」プロジェクトの報告と今後の課題」につい
て発表。
 月 ~ 日 Carlos Rubio 氏(コンプテンセ大学、マドリド)は、『日本哲学資料集』のスペ
イン語版の編集に協力するため来所。
 月 
Paul Swanson が第  回 European Association for Japanese Studies 大会に参加 .「日
~ 月  日
本宗教研究の動向と課題」について基調講演。
月日
James Baskind 氏による “Myōtei mondō and Discourse on the Afterlife during Japan’s
Christian Century” につての懇話会が行われる。
 月 ~ 日 金承哲が日本基督教学会の理事会に出席するために西宮に出張。
 月 ~ 日 金承哲がドイツ神学会 (Europäische Kongress für Theologie) 出席のため海外出張。
 月 ~ 日 同志社大学で日本宗教学会開催、奥山倫明が  日の理事会に出席。
 月  日
Paul Swanson が Gene Reeves の名誉博士授与式のため、東京に出張。
 月 ~ 日 奥山倫明がボストンとニューヨーク訪問。
 月  日
村松晋氏(聖学院大学)を迎え、同氏著『近代日本精神史の位相』合評会。評
者は研究員の永岡崇と村山由美。
 月  日
白波瀬達也、高橋典史、星野壮の三氏を迎え、
「多国籍化する現代日本のカトリ
ック教会と〈多文化共生〉」をテーマに懇話会。
 月  日
 周年記念シンポジウム「宗教研究の拠点形成をめぐる課題と展望」を開催。
発表者として青山玄、山中弘、Gereon Kopf、大谷栄一の各氏をお招きした。
 月 ~ 日 金承哲が kaiciid Conference に出席、研究発表をするために Wien に出張。
 月  日
金承哲が日本科学哲学会(南山大学)にて特別公演。
 月 ~ 日 奥山倫明がアメリカ宗教学会の年大会に出席のため、米国に出張。
 月 ~ 日 金承哲が Georg Eckert Institut (Braunschweig) の会議に出席のため、ドイツに出。
 月 ~ 日 李壬癸氏(台北の中央研究院語言学研究所)が台湾の言語に関する資料を調べ
るために來所。

南山宗教文化研究所 研究所報 第  号  年
 月  日
~ 月  日
 月  日
Frank Korom 氏が Asian Ethnology 編集のため来所。
James Heisig はメキシコ国立自治大学で “Ontología e historia: Indagación sobre las
~ 月  日 vías para otra historia desde la ontología del siglo xx” というゼミナールに参加して、
開始講演を行う。
 月 ~ 日 金承哲が韓国日本キリスト教文学会に出席、研究発表をするために韓国に出張。
 月  日
Thomas Kasulis 氏(オハイオ州立大学比較文化学部教授)が研究のため来所。
 月  日
カスーリス著『神道』(ちくま学芸文庫、 年)をめぐってコメンテーター :
衣笠正晃氏(法政大学国際文化学部教授、同書訳者)、守屋友江氏(阪南大学国
際コミュニケーション学部教授、同書監訳者)、藤本頼生氏(國學院大學神道文
化学部准教授)を迎え懇話会を開催。
2015 年
 月 ~ 日 Tom Hastings 氏が「宗教と科学」プロジェクトのため来所。
 月  日
南山大学国際化推進事業(第二期)の最終イベントとして「東アジア・キリス
ト教研究の課題と展望」をテーマで国際シンポジウムを開催した。
 月 ~ 日 Paul Swanson と James Heisig が国際日本文化研究センターの第  回国際研究会
「比較思想から見た日本仏教」に出席。
 月 
~ 月  日
 月 ~ 日
Paul Swanson が国際熊野学会熊野例会「熊野の霊山・霊山信仰」に参加。
金承哲が中国の「宗教と科学の対話」の研究のため香港(漢語基督教文化研究所)
に出張。
 月 ~ 日 Aasulv Lande 氏が神道研究のために短期研究所員として滞在。
 月  日
「科学と宗教と対話」研究会で武蔵野大学の小松美樹氏が「生権力と『人間の尊
厳』概念を考える」で発表。
 月 ~ 日 金承哲が「南山宗教文化研究所研究叢書」に関しての合評会のため韓国に出張。
 月  日
Paul Swanson が cormos 常務理事会のため京都に出張。
他の訪問者
2014 年
月日
Lucie Rousselot, Centre International de Recherche en Intelligence du Développement 大
学院生
 月  日
Melanie Coughlin, McGill University 大学院生(京都大学留学中)
 月  日
奥山佳子 , University of Hawai‘i at Hilo 准教授
 月  日
李名泉 , Singapore Bible College 学生
 月  日
Yang Myung Su, Ewha Womans University 教授
 月  日
Anton Luis Sevilla, 日文研
南山宗教文化研究所 研究所報 第  号  年

 月  日
Yangho Francis Lee, Notre Dame University
 月  日
Heather Stepp, University of Puget Sound
 月  日
Jorge Martinez B., Pontificia Universidad Católica de Chile
2015 年
月日
今津伸一、ノルウェールーテル教会牧師
 月  日
A. K. Zebdi, IT 企業家、岡崎市
 月  日
Joel Van Fossen, St. Norbert College (De Pere, WI, USA) 卒業生
月日
早川けんじ、University of British Columbia (Canada) 卒業生
 月  日
Milo Brendan Barisof, 大学生、Pomona College, Claremont, CA, USA.
 月  日
三後明日香 , Carleton College 准教授 .
 月  日
Tom Hastings and Drew Rick-Miller, テンプルトン財団代表 .

南山宗教文化研究所 研究所報 第  号  年
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
375
File Size
6 121 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content