close

Enter

Log in using OpenID

リファレンスマニュアル日本語

embedDownload
参考資料
RM0008
リ フ ァ レ ン ス ・ マニ ュ アル
中容量及び大容量 STM32F101xx 及び STM32F103xx
高性能 ARM ベース 32bit MCU
は じ めに
こ の リ フ ァ レ ン ス ・ マニ ュ アルには、 ア プ リ ケーシ ョ ン開発を行 う 開発者を対象 と し て中
容量及び大容量 STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ の メ モ リ やペ リ
フ ェ ラ ルについての詳細な情報が記載 さ れています。 特に記載がない限 り 、 こ のマニ ュ ア
ルでは中容量及び大容量 STM32F101xx 及び STM32F103xx の総称 と し て STM32F10xxx と 記
載 さ れています。
STM32F10xxx は異な る メ モ リ ・ サイ ズ、 パ ッ ケージ、 ペ リ フ ェ ラルを持 っ た フ ァ ミ リ 製品
にな り ます。
注文 コ ー ド 、 外形寸法、 電気特性の詳細については、 中容量及び大容量 STM32F101xx 及び
STM32F103xx デー タ シー ト を参照 し て く だ さ い。
内蔵 さ れている Flash メ モ リ の書込み、 消去、 保護については、 STM32F10xxx Flash プ ログ
ラ ミ ング ・ マニ ュ アル を参照 し て く だ さ い。
ARM Cortex ™ -M3 コ アの詳細な情報に関 し ては、Cortex ™ -M3 Technical Reference Manual を
参照 し て く だ さ い。
関連 ド キ ュ メ ン ト
次の資料が www.arm.com か ら 入手で き ます。
■ Cortex ™ -M3 Technical Reference Manual
次の資料が www.st.com: か ら 入手で き ます。
■ STM32F101xx STM32F103xx デー タ シー ト
■ STM32F10xxx Flash プ ログ ラ ミ ン グ ・ マニ ュ アル
July 2008
Rev 5 -日本語版
1/720
www.st.com
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
目次
1
2
こ のマニ ュ アルにおける表記の規則 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
1.1
レ ジ ス タ に関する略記 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
1.2
用語 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
メ モ リ と バスの構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
2.1
シ ス テム ・ アーキテ ク チ ャ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
2.2
メ モ リ 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
2.3
メ モ リ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
2.4
3
4
ペ リ フ ェ ラル メ モ リ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
2.3.2
内蔵 SRAM . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
2.3.3
ビ ッ ト ・ バンデ ィ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
2.3.4
内蔵 Flash メ モ リ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
ブー ト 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
CRC 計算ユニ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
3.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
3.2
主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
3.3
CRC 機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
3.4
CRC レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
3.4.1
デー タ ・ レ ジ ス タ (CRC_DR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
3.4.2
独立型デー タ ・ レ ジ ス タ (CRC_IDR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
3.4.3
制御レ ジ ス タ (CRC_CR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
3.4.4
CRC レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47
電源制御 (PWR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
4.1
4.2
4.3
2/720
2.3.1
電源供給 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
4.1.1
独立 し た A/D コ ンバー タ 電源 と 参照電圧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
4.1.2
バ ッ テ リ ・ バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
4.1.3
電圧レギ ュ レー タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
電源供給管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
4.2.1
パワー ・ オ ン・ リ セ ッ ト (POR)/ パワー ・ ダウ ン・ リ セ ッ ト (PDR) . . . . . . 50
4.2.2
プ ロ グ ラ ム可能な電圧検出回路 (PVD) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
低電力モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
Rev 5-日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
4.4
5
ク ロ ッ ク 周波数の低減 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
4.3.2
ペ リ フ ェ ラル回路の ク ロ ッ ク ・ ス イ ッ チ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
4.3.3
SLEEP モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
4.3.4
STOP モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
4.3.5
STANDBY モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
4.3.6
低電力モー ド か らの自動ウ ェ ー ク ア ッ プ (AWU : Auto-wakeup) . . . . . . . 58
電源制御レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
4.4.1
電源制御レ ジ ス タ (PWR_CR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
4.4.2
電源制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (PWR_CSR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61
4.4.3
PWR レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63
5.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63
5.2
主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63
5.3
機能解説 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
5.4
6
4.3.1
5.3.1
タ ンパ検出 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
5.3.2
RTC 周波数調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
BKP レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65
5.4.1
バ ッ ク ア ッ プ ・ デー タ ・ レ ジ ス タ x (BKP_DRx) (x = 1 ..42) . . . . . . . . . . . 65
5.4.2
RTC ク ロ ッ ク較正レ ジ ス タ (BKP_RTCCR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
5.4.3
バ ッ ク ア ッ プ制御レ ジ ス タ (BKP_CR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67
5.4.4
バ ッ ク ア ッ プ制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (BKP_CSR) . . . . . . . . . . . . . . 68
5.4.5
BKP レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
6.1
6.2
リ セ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
6.1.1
シ ス テム ・ リ セ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
6.1.2
電源 リ セ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
6.1.3
バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン ・ リ セ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
ク ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
6.2.1
HSE ク ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
6.2.2
HSI ク ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
6.2.3
PLL 回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
6.2.4
LSE ク ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
6.2.5
LSI ク ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
6.2.6
シ ス テム ・ ク ロ ッ ク (SYSCLK) の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
Rev 5 -日本語版
3/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
6.3
7
ク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ シ ス テム (CSS) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
6.2.8
RTC ク ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
6.2.9
ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ ク ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
6.2.10
ク ロ ッ ク 信号出力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
RCC レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80
6.3.1
ク ロ ッ ク 制御レ ジ ス タ (RCC_CR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80
6.3.2
ク ロ ッ ク 構成レ ジ ス タ (RCC_CFGR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
6.3.3
ク ロ ッ ク 割込みレ ジ ス タ (RCC_CIR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
6.3.4
APB2 ペ リ フ ェ ラ ル ・ リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (RCC_APB2RSTR) . . . . . . . . 87
6.3.5
APB1 ペ リ フ ェ ラ ル ・ リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (RCC_APB1RSTR) . . . . . . . . 89
6.3.6
AHB ペ リ フ ェ ラル ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル ・ レ ジ ス タ
(RCC_AHBENR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
6.3.7
APB2 ペ リ フ ェ ラ ル ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル ・ レ ジ ス タ
(RCC_APB2ENR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93
6.3.8
APB1 ペ リ フ ェ ラ ル ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル ・ レ ジ ス タ
(RCC_APB1ENR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
6.3.9
バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジ ス タ (RCC_BDCR) . . . . . . . . . . . . . . . 98
6.3.10
制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (RCC_CSR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
6.3.11
RCC レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO) . . . . . . . . . . . . . . . . 102
7.1
7.2
4/720
6.2.7
GPIO 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
7.1.1
汎用入出力 (GPIO) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
7.1.2
ア ト ミ ッ ク ・ ビ ッ ト のセ ッ ト / リ セ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
7.1.3
外部割込み / ウ ェ ー ク ア ッ プ信号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
7.1.4
オル タ ネー ト 機能 (AF) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106
7.1.5
ソ フ ト ウ ェ アに よ る オル タ ネー ト 機能の入出力ピ ンの再割当て . . . . . 106
7.1.6
GPIO ロ ッ ク 機構 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106
7.1.7
入力回路の構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 107
7.1.8
出力回路の構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
7.1.9
オル タ ネー ト 機能の構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 109
7.1.10
アナ ロ グ入力の構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110
GPIO レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 111
7.2.1
ポー ト 構成レ ジ ス タ ( 下位 ) (GPIOx_CRL) (x=A..G) . . . . . . . . . . . . . . . . . 111
7.2.2
ポー ト 構成レ ジ ス タ ( 上位 ) (GPIOx_CRH) (x=A..G) . . . . . . . . . . . . . . . . . 112
7.2.3
ポー ト 入力デー タ ・ レ ジ ス タ (GPIOx_IDR) (x=A..G) . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
7.2.4
ポー ト 出力デー タ ・ レ ジ ス タ (GPIOx_ODR) (x=A..G) . . . . . . . . . . . . . . . . 113
7.2.5
ポー ト ビ ッ ト ・ セ ッ ト / リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (GPIOx_BSRR) (x=A..G) . 114
Rev 5-日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
7.3
7.4
7.5
8
7.2.6
ポー ト ビ ッ ト ・ リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (GPIOx_BRR) (x=A..G) . . . . . . . . . . 114
7.2.7
ポー ト 構成ロ ッ ク レ ジ ス タ (GPIOx_LCKR) (x=A..G) . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
オル タ ネー ト 入出力機能 と デバ ッ グ構成 (AFIO) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116
7.3.1
GPIO ポー ト PC14/PC15 を OSC32_IN/OSC32_OUT ピ ン と し て
使用する には . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116
7.3.2
GPIO ポー ト PD0/PD1 を OSC_IN/OSC_OUT ピ ン と し て使用する には 116
7.3.3
CAN オル タ ネー ト 機能のピ ン再割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116
7.3.4
JTAG/SWD オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
7.3.5
ADC オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
7.3.6
タ イ マ ・ オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119
7.3.7
USART オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121
7.3.8
I2C 回路 1 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
7.3.9
SPI 回路 1 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
AFIO レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123
7.4.1
イ ベ ン ト 制御レ ジ ス タ (AFIO_EVCR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123
7.4.2
オル タ ネー ト 機能の再割当て と デバ ッ グ入出力構成レ ジ ス タ
(AFIO_MAPR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124
7.4.3
外部割込み構成レ ジ ス タ 1 (AFIO_EXTICR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 127
7.4.4
外部割込み構成レ ジ ス タ 2 (AFIO_EXTICR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 127
7.4.5
外部割込み構成レ ジ ス タ 3 (AFIO_EXTICR3) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 128
7.4.6
外部割込み構成レ ジ ス タ 4 (AFIO_EXTICR4) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 128
GPIO ・ AFIO レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 129
割込み と イ ベン ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
8.1
8.2
8.3
ネス ト 化 さ れたベ ク タ 割込みコ ン ト ロー ラ (NVIC) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
8.1.1
SysTick 較正値レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
8.1.2
割込み ・ 例外ベ ク タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
外部割込み / イ ベン ト コ ン ト ロー ラ (EXTI) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 134
8.2.1
主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 134
8.2.2
ブ ロ ッ ク 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 134
8.2.3
ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ イ ベン ト 管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135
8.2.4
機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135
8.2.5
外部割込み / イ ベ ン ト ラ イ ンの割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 136
EXTI レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 137
8.3.1
割込みマ ス ク ・ レ ジ ス タ (EXTI_IMR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 137
8.3.2
イ ベ ン ト マ ス ク ・ レ ジ ス タ (EXTI_EMR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 137
8.3.3
立上 り ト リ ガ選択レ ジ ス タ (EXTI_RTSR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 138
Rev 5 -日本語版
5/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
9
RM0008
6/720
立下 り ト リ ガ選択レ ジ ス タ (EXTI_FTSR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 138
8.3.5
ソ フ ト ウ ェ ア割込みイ ベ ン ト ・ レ ジ ス タ (EXTI_SWIER) . . . . . . . . . . . . . 139
8.3.6
ペンデ ィ ン グ ・ レ ジ ス タ (EXTI_PR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 139
8.3.7
EXTI レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 140
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 141
9.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 141
9.2
DMA の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 141
9.3
DMA の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142
9.4
10
8.3.4
9.3.1
DMA ト ラ ンザ ク シ ョ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142
9.3.2
アービ タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 143
9.3.3
DMA チ ャ ネル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 143
9.3.4
エ ラ ー管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 144
9.3.5
割込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
9.3.6
DMA リ ク エ ス ト のマ ッ ピ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
DMA レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149
9.4.1
DMA 割込みス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (DMA_ISR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149
9.4.2
DMA 割込み フ ラ グ ・ ク リ ア ・ レ ジ ス タ (DMA_IFCR) . . . . . . . . . . . . . . 150
9.4.3
DMA チ ャ ネル x 構成レ ジ ス タ (DMA_CCRx) (x = 1 ..7) . . . . . . . . . . . . . . 151
9.4.4
DMA チ ャ ネル x デー タ 数レ ジ ス タ (DMA_CNDTRx) (x = 1 ..7) . . . . . . . . 152
9.4.5
DMA チ ャ ネル x ぺ リ フ ェ ラル ・ ア ド レ ス ・ レ ジ ス タ
(DMA_CPARx) (x = 1 ..7) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
9.4.6
DMA チ ャ ネル x メ モ リ ・ ア ド レ ス ・ レ ジ ス タ
(DMA_CMARx) (x = 1 ..7) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
9.4.7
DMA レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
A/D コ ンバー タ (ADC) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156
10.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156
10.2
ADC の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156
10.3
ADC の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 157
10.3.1
ADC 電源の制御 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
10.3.2
ADC ク ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
10.3.3
チ ャ ネル選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
10.3.4
シ ン グル変換モー ド (Single conversion mode) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 159
10.3.5
連続変換モー ド (Continuous conversion mode) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 159
10.3.6
タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 160
10.3.7
アナ ロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 160
Rev 5-日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
10.3.8
スキ ャ ン ・ モー ド (Scan mode) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 161
10.3.9
イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 161
10.3.10
分割モー ド (Discontinuous mode) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 162
10.4
較正機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 163
10.5
デー タ の配置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164
10.6
入力チ ャ ネルご と のサン プ リ ン グ タ イムの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 165
10.7
外部 ト リ ガによ る変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 165
10.8
DMA リ ク エ ス ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167
10.9
デ ュ アル ADC モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167
10.9.1
同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド (Injected simultaneous mode) . . . . . . . . . . . . 169
10.9.2
同時レギ ュ ラ ・ モー ド (Regular simultaneous mode) . . . . . . . . . . . . . . . . 169
10.9.3
高速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド (Fast interleaved mode) . . . . . . . . . . . . . . . . 170
10.9.4
低速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド (Slow interleaved mode) . . . . . . . . . . . . . . . . 170
10.9.5
オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ モー ド (Alternate trigger mode) . . . . . . . . . . . . 171
10.9.6
独立モー ド (Independent mode) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 172
10.9.7
同時レギ ュ ラ ・ モー ド + 同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . 172
10.9.8
並列レギ ュ ラ ・ モー ド + オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ モー ド . . . . . . . . . . . 173
10.9.9
同時イ ン ジ ェ ク ト + イ ン タ リ ーブ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 173
10.10
温度セ ンサ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 174
10.11
ADC 割込み リ ク エ ス ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 175
10.12
ADC レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 176
10.12.1
ADC ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (ADC_SR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 176
10.12.2
ADC 制御レ ジ ス タ 1 (ADC_CR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 177
10.12.3
ADC 制御レ ジ ス タ 2 (ADC_CR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 180
10.12.4
ADC サン プル ・ タ イ ム ・ レ ジ ス タ 1 (ADC_SMPR1) . . . . . . . . . . . . . . . . 183
10.12.5
ADC サン プル ・ タ イ ム ・ レ ジ ス タ 2 (ADC_SMPR2) . . . . . . . . . . . . . . . . 184
10.12.6
ADC イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル ・ デー タ ・ オ フ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ x
(ADC_JOFRx)(x=1..4) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 184
10.12.7
ADC ウ ォ ッ チ ド ッ グ上限ス レ ッ シ ョ ル ド ・ レ ジ ス タ (ADC_HTR) . . . . 185
10.12.8
ADC ウ ォ ッ チ ド ッ グ下限ス レ ッ シ ョ ル ド ・ レ ジ ス タ (ADC_LTR) . . . . . 185
10.12.9
ADC レギ ュ ラ ・ シーケ ン ス ・ レ ジ ス タ 1 (ADC_SQR1) . . . . . . . . . . . . . . 185
10.12.10 ADC レギ ュ ラ ・ シーケ ン ス ・ レ ジ ス タ 2 (ADC_SQR2) . . . . . . . . . . . . . . 186
10.12.11 ADC レギ ュ ラ ・ シーケ ン ス ・ レ ジ ス タ 3 (ADC_SQR3) . . . . . . . . . . . . . . 187
10.12.12 ADC イ ン ジ ェ ク ト ・ シーケ ン ス ・ レ ジ ス タ (ADC_JSQR) . . . . . . . . . . . 187
10.12.13 ADC イ ン ジ ェ ク ト ・ デー タ ・ レ ジ ス タ x (ADC_JDRx) (x= 1..4) . . . . . . . 188
10.12.14 ADC レギ ュ ラ ・ デー タ ・ レ ジ ス タ (ADC_DR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 189
Rev 5 -日本語版
7/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
10.12.15 ADC レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 189
11
D/A コ ンバー タ (DAC) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 191
11.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 191
11.2
DAC の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 191
11.3
DAC 機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 193
11.4
11.5
8/720
11.3.1
DAC チ ャ ネル ・ イ ネーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 193
11.3.2
DAC 出力バ ッ フ ァ ・ イ ネーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 193
11.3.3
DAC デー タ ・ フ ォ ーマ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 193
11.3.4
DAC 変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 194
11.3.5
DAC 出力電圧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 195
11.3.6
DAC ト リ ガ選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 195
11.3.7
DMA リ ク エ ス ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 196
11.3.8
ノ イ ズ生成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 196
11.3.9
三角波生成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
デ ュ アル DAC チ ャ ネル変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 199
11.4.1
波形生成な し の独立 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 199
11.4.2
同 じ LFSR 生成に よ る独立 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 199
11.4.3
異な る LFSR 生成に よ る独立 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
11.4.4
同 じ 三角波生成に よ る独立 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
11.4.5
異な る三角波生成に よ る独立 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
11.4.6
同時 ソ フ ト ウ ェ ア ス タ ー ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 201
11.4.7
波形生成な し に よ る同時 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 201
11.4.8
同 じ LFSR 生成に よ る同時 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 202
11.4.9
異な る LFSR 生成に よ る同時 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 202
11.4.10
同 じ 三角生成に よ る同時 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 202
11.4.11
異な る三角生成に よ る同時 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203
DAC レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 204
11.5.1
DAC 制御レ ジ ス タ (DAC_CR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 204
11.5.2
DAC ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ ・ レ ジ ス タ (DAC_SWTRIGR) . . . . . . . . . . . . 208
11.5.3
DAC チ ャ ネル 1 12bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12R1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208
11.5.4
DAC チ ャ ネル 1 12bit 左寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12L1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 209
11.5.5
DAC チ ャ ネル 1 8bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR8R1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 209
11.5.6
DAC チ ャ ネル 2 12bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12R2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 210
Rev 5-日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
12
11.5.7
DAC チ ャ ネル 2 12bit 左寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12L2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 210
11.5.8
DAC チ ャ ネル 2 8bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR8R2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 211
11.5.9
デ ュ アル DAC 12bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12RD) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 211
11.5.10
デ ュ アル DAC 12bit 左寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12LD) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 212
11.5.11
デ ュ アル DAC 8bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR8RD) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 212
11.5.12
DAC チ ャ ネル 1 デー タ 出力レ ジ ス タ (DAC_DOR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . 213
11.5.13
DAC チ ャ ネル 2 デー タ 出力レ ジ ス タ (DAC_DOR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . 213
11.5.14
DAC レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 214
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215
12.1
TIM1 及び TIM8 の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215
12.2
TIM1 及び TIM8 の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216
12.3
TIM1 及び TIM8 機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 218
12.3.1
タ イ ムベース ・ ユニ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 218
12.3.2
カ ウ ン タ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220
12.3.3
繰返 し カ ウ ン タ (ダウ ン カ ウ ン タ ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229
12.3.4
ク ロ ッ ク 選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231
12.3.5
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 234
12.3.6
入力キ ャ プ チ ャ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 236
12.3.7
PWM 入力モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237
12.3.8
出力強制駆動モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 238
12.3.9
出力比較モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 238
12.3.10
PWM モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 240
12.3.11
相補出力 と デ ッ ド タ イ ム挿入 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 243
12.3.12
ブ レ ー ク 機能の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 244
12.3.13
外部イ ベン ト に よ る OCxREF 信号の ク リ ア . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 247
12.3.14
6 ス テ ッ プ PWM 波形生成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 248
12.3.15
単一パルス発生モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 249
12.3.16
エ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 250
12.3.17
タ イ マ入力 XOR 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 253
12.3.18
ホール ・ セ ンサ ・ イ ン タ フ ェ ース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 253
12.3.19
TIMx と 外部 ト リ ガ同期 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 255
12.3.20
タ イ マ間の同期 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 258
Rev 5 -日本語版
9/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
12.3.21
12.4
13
10/720
デバ ッ グ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 258
TIM1 及び TIM8 レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 259
12.4.1
制御レ ジ ス タ 1 (TIMx_CR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 259
12.4.2
制御レ ジ ス タ 2 (TIMx_CR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 260
12.4.3
ス レ ーブ ・ モー ド 制御レ ジ ス タ (TIMx_SMCR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 262
12.4.4
DMA / 割込み リ ク エ ス ト 許可レ ジ ス タ (TIMx_DIER) . . . . . . . . . . . . . . . . 264
12.4.5
ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (TIMx_SR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 266
12.4.6
イ ベ ン ト 生成レ ジ ス タ (TIMx_EGR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 267
12.4.7
キ ャ プ チ ャ / 比較モー ド ・ レ ジ ス タ 1 (TIMx_CCMR1) . . . . . . . . . . . . . . 269
12.4.8
キ ャ プ チ ャ / 比較モー ド ・ レ ジ ス タ 2 (TIMx_CCMR2) . . . . . . . . . . . . . . 272
12.4.9
キ ャ プ チ ャ / 比較イ ネーブル ・ レ ジ ス タ (TIMx_CCER) . . . . . . . . . . . . . 273
12.4.10
カ ウ ン タ (TIMx_CNT) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 276
12.4.11
プ リ スケー ラ (TIMx_PSC) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 276
12.4.12
自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ (TIMx_ARR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 276
12.4.13
繰返 し カ ウ ン タ ・ レ ジ ス タ (TIMx_RCR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 277
12.4.14
キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ 1 (TIMx_CCR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 277
12.4.15
キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ 2 (TIMx_CCR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 278
12.4.16
キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ 3 (TIMx_CCR3) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 278
12.4.17
キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ 4 (TIMx_CCR4) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 279
12.4.18
ブ レ ー ク / デ ッ ド タ イ ムレ ジ ス タ (TIMx_BDTR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 279
12.4.19
DMA 制御レ ジ ス タ (TIMx_DCR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 281
12.4.20
バース ト ・ モー ド DMA ア ド レ ス ・ レ ジ ス タ (TIMx_DMAR) . . . . . . . . . . 282
12.4.21
TIM1 及び TIM8 レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 283
汎用 タ イ マ (TIMx) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 285
13.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 285
13.2
TIMx の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 285
13.3
TIMx の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 286
13.3.1
タ イ ムベース ・ ユニ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 286
13.3.2
カ ウ ン タ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 288
13.3.3
ク ロ ッ ク 選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 296
13.3.4
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 299
13.3.5
入力キ ャ プ チ ャ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 301
13.3.6
PWM 入力モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 302
13.3.7
出力強制駆動モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 302
13.3.8
出力比較モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 303
13.3.9
PWM モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 304
Rev 5-日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
13.4
14
13.3.10
単一パルス発生モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 307
13.3.11
外部イ ベン ト に よ る OCxREF 信号の ク リ ア . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 308
13.3.12
エ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 309
13.3.13
タ イ マ入力 XOR 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 311
13.3.14
タ イ マの外部 ト リ ガ同期 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 311
13.3.15
タ イ マ間の同期 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 314
13.3.16
デバ ッ グ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 320
TIMx レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 321
13.4.1
制御レ ジ ス タ 1 (TIMx_CR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 321
13.4.2
制御レ ジ ス タ 2 (TIMx_CR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 322
13.4.3
ス レ ーブ ・ モー ド 制御レ ジ ス タ (TIMx_SMCR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 323
13.4.4
DMA/ 割込みイ ネーブル ・ レ ジ ス タ (TIMx_DIER) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 326
13.4.5
ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (TIMx_SR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 327
13.4.6
イ ベ ン ト 生成レ ジ ス タ (TIMx_EGR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 328
13.4.7
キ ャ プ チ ャ / 比較モー ド ・ レ ジ ス タ 1 (TIMx_CCMR1) . . . . . . . . . . . . . . 330
13.4.8
キ ャ プ チ ャ / 比較モー ド ・ レ ジ ス タ 2 (TIMx_CCMR2) . . . . . . . . . . . . . . 333
13.4.9
キ ャ プ チ ャ / 比較イ ネーブル ・ レ ジ ス タ (TIMx_CCER) . . . . . . . . . . . . . 334
13.4.10
カ ウ ン タ (TIMx_CNT) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 335
13.4.11
プ リ スケー ラ (TIMx_PSC) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 336
13.4.12
自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ (TIMx_ARR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 336
13.4.13
キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ 1 (TIMx_CCR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 336
13.4.14
キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ 2 (TIMx_CCR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 337
13.4.15
キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ 3 (TIMx_CCR3) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 337
13.4.16
キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ 4 (TIMx_CCR4) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 338
13.4.17
DMA 制御レ ジ ス タ (TIMx_DCR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 338
13.4.18
バース ト ・ モー ド DMA ア ド レ ス ・ レ ジ ス タ (TIMx_DMAR) . . . . . . . . . . 339
13.4.19
TIMx レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 340
ベーシ ッ ク ・ タ イ マ (TIM6 及び TIM7) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 342
14.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 342
14.2
TIM6 及び TIM7 の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 342
14.3
TIM6 及び TIM7 の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 343
14.4
14.3.1
タ イ ムベース ・ ユニ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 343
14.3.2
カ ウ ン タ 動作モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 345
14.3.3
ク ロ ッ ク ・ ソ ース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 347
14.3.4
デバ ッ グ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 348
TIM6 及び TIM7 レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 348
Rev 5 -日本語版
11/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
15
RM0008
14.4.2
制御レ ジ ス タ 2 (TIMx_CR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 350
14.4.3
DMA / 割込み リ ク エ ス ト 許可レ ジ ス タ (TIMx_DIER) . . . . . . . . . . . . . . . . 350
14.4.4
ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (TIMx_SR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 351
14.4.5
イ ベ ン ト 生成レ ジ ス タ (TIMx_EGR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 351
14.4.6
カ ウ ン タ (TIMx_CNT) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 352
14.4.7
プ リ スケー ラ (TIMx_PSC) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 352
14.4.8
自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ (TIMx_ARR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 352
14.4.9
TIM6 及び TIM7 レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 353
15.1
RTC の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 354
15.2
RTC の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 355
15.3
RTC の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 355
15.3.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 355
15.3.2
RTC レ ジ ス タ の リ セ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 356
15.3.3
RTC レ ジ ス タ の読出 し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 356
15.3.4
RTC レ ジ ス タ の構成設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 357
15.3.5
RTC フ ラ グセ ッ ト の条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 358
RTC レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 359
15.4.1
RTC 制御レ ジ ス タ (上位) (RTC_CRH) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 359
15.4.2
RTC 制御レ ジ ス タ (下位) (RTC_CRL) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 360
15.4.3
RTC プ リ スケー ラ ・ ロー ド ・ レ ジ ス タ (RTC_PRLH / RTC_PRLL) . . . . 362
15.4.4
RTC プ リ スケー ラ 分周レ ジ ス タ (RTC_DIVH / RTC_DIVL) . . . . . . . . . . . 363
15.4.5
RTC カ ウ ン タ ・ レ ジ ス タ (RTC_CNTH / RTC_CNTL) . . . . . . . . . . . . . . . . 364
15.4.6
RTC ア ラ ーム ・ レ ジ ス タ (上位) (RTC_ALRH / RTC_ALRL) . . . . . . . . . 365
15.4.7
RTC レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 366
独立型ウ ォ ッ チ ド ッ グ (IWDG) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 367
16.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 367
16.2
IWDG の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 367
16.3
IWDG の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 367
16.4
12/720
制御レ ジ ス タ 1 (TIMx_CR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 348
リ アル タ イ ム ・ ク ロ ッ ク (RTC) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 354
15.4
16
14.4.1
16.3.1
ハー ド ウ ェ アウ ォ ッ チ ド ッ グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 367
16.3.2
レ ジ ス タ ・ ア ク セスに対する保護 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 368
16.3.3
デバ ッ グ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 368
IWDG レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 369
Rev 5-日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
17
18
16.4.1
キーレ ジ ス タ (IWDG_KR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 369
16.4.2
プ リ スケー ラ ・ レ ジ ス タ (IWDG_PR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 369
16.4.3
再ロー ド 値レ ジ ス タ (IWDG_RLR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 370
16.4.4
ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (IWDG_SR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 371
16.4.5
IWDG レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 372
Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グ (WWDG) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 373
17.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 373
17.2
WWDG の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 373
17.3
WWDG の機能解説 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 374
17.4
ウ ォ ッ チ ド ッ グに よ る タ イ ムアウ ト を利用するには . . . . . . . . . . . . . . . . . 376
17.5
デバ ッ グ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 377
17.6
WWDG レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 377
17.6.1
制御レ ジ ス タ (WWDG_CR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 377
17.6.2
構成レ ジ ス タ (WWDG_CFR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 378
17.6.3
ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (WWDG_SR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 378
17.6.4
WWDG レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 379
フ レキシ ブル ・ ス タ テ ィ ッ ク ・ メ モ リ ・ コ ン ト ロー ラ (FSMC) . . . . . . . . 380
18.1
FSMC の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 380
18.2
ブ ロ ッ ク 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 381
18.3
AHB イ ン タ フ ェ ース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 382
18.3.1
18.4
18.5
18.6
サポー ト さ れる メ モ リ 及び ト ラ ンザ ク シ ョ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 382
外部デバイ ス ・ ア ド レ ス ・ マ ッ ピ ング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 383
18.4.1
NOR/PSRAM ア ド レ ス ・ マ ッ ピ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 383
18.4.2
NAND/PC カ ー ド ・ ア ド レ ス ・ マ ッ ピ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 384
NOR 型 Flash/PSRAM コ ン ト ロー ラ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 385
18.5.1
外部 メ モ リ ・ イ ン タ フ ェ ース信号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 386
18.5.2
サポー ト さ れる メ モ リ 及び ト ラ ンザ ク シ ョ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 388
18.5.3
一般的な タ イ ミ ン グ規則 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 389
18.5.4
NOR 型 Flash/PSRAM コ ン ト ロー ラ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . 389
18.5.5
同期バース ト 読込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 407
18.5.6
NOR/PSRAM 制御レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 413
NAND 型 Flash/PC カ ー ド ・ コ ン ト ロー ラ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 419
18.6.1
外部 メ モ リ ・ イ ン タ フ ェ ース信号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 420
Rev 5 -日本語版
13/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
19
RM0008
NAND 型 Flash/PC カ ー ド がサポー ト さ れる メ モ リ 及び
ト ラ ンザ ク シ ョ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 421
18.6.3
NAND、 ATA 及び PC カ ー ド に関する タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . 421
18.6.4
NAND 型 Flash レデ ィ / ビ ジー管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 424
18.6.5
エ ラ ー訂正 コ ー ド 生成 ECC (NAND 型 Flash) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 425
18.6.6
NAND 型 Flash/PC カ ー ド 制御レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 425
SDIO イ ン タ フ ェ ース (SDIO) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 432
19.1
SDIO の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 432
19.2
SDIO バス ・ ト ポロ ジ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 433
19.3
SDIO の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 435
19.4
19.5
14/720
18.6.2
19.3.1
SDIO アダ プ タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 436
19.3.2
SDIO AHB イ ン タ フ ェ ース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 446
カ ー ド 機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 447
19.4.1
カ ー ド 識別モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 447
19.4.2
カ ー ド ・ リ セ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 447
19.4.3
動作電圧範囲検証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 447
19.4.4
カ ー ド 識別プ ロ セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 448
19.4.5
ブ ロ ッ ク 書込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 449
19.4.6
ブ ロ ッ ク 読出 し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 449
19.4.7
ス ト リ ーム ・ ア ク セス、 ス ト リ ーム書込み、 ス ト リ ーム読込み
(MultiMediaCard のみ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 450
19.4.8
消去 : グループ消去 と セ ク タ 消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 451
19.4.9
ワ イ ド バス選択または非選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 451
19.4.10
保護管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 452
19.4.11
カ ー ド ・ ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 455
19.4.12
SD ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 458
19.4.13
SD I/O モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 463
19.4.14
コ マ ン ド と レ スポン ス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 464
レ スポン ス ・ フ ォ ーマ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 467
19.5.1
R1 ( ノ ーマル ・ レ スポン ス ・ コ マ ン ド ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 467
19.5.2
R1b . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 468
19.5.3
R2 (CID、 CSD レ ジ ス タ ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 468
19.5.4
R3 (OCR レ ジ ス タ ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 468
19.5.5
R4 ( 高速 I/O) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 469
19.5.6
R4b . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 469
19.5.7
R5 (割込み リ ク エ ス ト ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 470
Rev 5-日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
19.5.8
19.6
19.7
20
R6 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 470
SDIO I/O カ ー ド 仕様動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 471
19.6.1
SDIO_D2 信号に よ る SDIO I/O 読込みウ ェ イ ト 動作 . . . . . . . . . . . . . . . . 471
19.6.2
SDIO_CK 停止に よ る SDIO 読込みウ ェ イ ト 動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 471
19.6.3
SDIO サスペン ド / リ ジ ュ ーム動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 471
19.6.4
SDIO 割込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 472
CE-ATA 仕様動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 472
19.7.1
コ マ ン ド 完了信号デ ィ セーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 472
19.7.2
コ マ ン ド 完了信号イ ネーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 472
19.7.3
CE-ATA 割込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 472
19.7.4
CMD61 のアボー ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 472
19.8
HW フ ロー制御 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 473
19.9
SDIO レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 473
19.9.1
SDIO 電源制御レ ジ ス タ (SDIO_POWER) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 473
19.9.2
SDIO ク ロ ッ ク制御レ ジ ス タ (SDIO_CLKCR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 474
19.9.3
SDIO 引数レ ジ ス タ (SDIO_ARG) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 475
19.9.4
SDIO コ マ ン ド ・ レ ジ ス タ (SDIO_CMD) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 475
19.9.5
SDIO コ マ ン ド ・ レ スポ ン ス ・ レ ジ ス タ (SDIO_RESPCMD) . . . . . . . . . . 476
19.9.6
SDIO レ スポン ス 0..4 レ ジ ス タ (SDIO_RESPx) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 477
19.9.7
SDIO デー タ タ イ マ レ ジ ス タ (SDIO_DTIMER) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 477
19.9.8
SDIO デー タ 長レ ジ ス タ (SDIO_DLEN) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 478
19.9.9
SDIO デー タ 制御レ ジ ス タ (SDIO_DCTRL) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 478
19.9.10
SDIO デー タ ・ カ ウ ン タ ・ レ ジ ス タ (SDIO_DCOUNT) . . . . . . . . . . . . . . . 480
19.9.11
SDIO ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (SDIO_STA) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 480
19.9.12
SDIO 割込み ク リ ア ・ レ ジ ス タ (SDIO_ICR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 482
19.9.13
SDIO マ ス ク ・ レ ジ ス タ (SDIO_MASK) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 483
19.9.14
SDIO FIFO カ ウ ン タ ・ レ ジ ス タ (SDIO_FIFOCNT) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 486
19.9.15
SDIO デー タ FIFO レ ジ ス タ (SDIO_FIFO) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 487
19.9.16
SDIO レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 488
USB フルス ピー ド ・ デバイ ス ・ イ ン タ フ ェ ース (USB) . . . . . . . . . . . . . . . 489
20.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 489
20.2
USB の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 489
20.3
USB の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 490
20.3.1
20.4
USB ブ ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 491
プ ロ グ ラ ミ ングの際の注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 493
Rev 5 -日本語版
15/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
20.5
21
20.4.1
一般的な USB デバイ スのプ ロ グ ラ ミ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 493
20.4.2
シ ス テム ・ リ セ ッ ト と パワー ・ オ ン ・ リ セ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 493
20.4.3
ダブルバ ッ フ ァ ・ エ ン ド ポ イ ン ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 499
20.4.4
ア イ ソ ク ロ ナス転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 501
20.4.5
サスペ ン ド / レ ジ ュ ーム イ ベン ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 502
USB レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 504
20.5.1
一般レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 504
20.5.2
エ ン ド ポ イ ン ト に対応する レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 511
20.5.3
バ ッ フ ァ ・ デ ィ ス ク リ プ タ ・ テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 516
20.5.4
USB レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 519
CAN (Controller Area Network) (bxCAN) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 521
21.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 521
21.2
bxCAN の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 521
21.2.1
21.3
21.4
16/720
詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 522
bxCAN の動作モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 524
21.3.1
初期化モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 524
21.3.2
通常モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 525
21.3.3
SLEEP モー ド (低消費電力) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 525
21.3.4
テ ス ト モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 525
21.3.5
サイ レ ン ト ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 526
21.3.6
ループバ ッ ク ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 526
21.3.7
サイ レ ン ト ・ モー ド と ループバ ッ ク ・ モー ド の組合わせ . . . . . . . . . . . 527
bxCAN の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 527
21.4.1
送信動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 527
21.4.2
タ イ ム ト リ ガ通信モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 529
21.4.3
受信動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 529
21.4.4
ID に よ る フ ィ ル タ リ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 530
21.4.5
メ ッ セージ ・ メ モ リ ( メ ールボ ッ ク ス) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 535
21.4.6
エ ラ ー管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 536
21.4.7
ビ ッ ト ・ タ イ ミ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 537
21.5
bxCAN の割込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 538
21.6
CAN レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 540
21.6.1
レ ジ ス タ ・ ア ク セスに対する保護 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 540
21.6.2
CAN 制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 541
21.6.3
メ ールボ ッ ク ス ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 553
Rev 5-日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
22
21.6.4
CAN フ ィ ル タ ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 560
21.6.5
bxCAN レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 564
SPI (Serial peripheral interface) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 567
22.1
SPI の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 567
22.2
SPI と I2S の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 568
22.3
22.4
22.5
22.2.1
SPI 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 568
22.2.2
I2S 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 569
SPI の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 570
22.3.1
概説 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 570
22.3.2
SPI ス レーブ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 574
22.3.3
SPI マ ス タ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 575
22.3.4
一方向の通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 575
22.3.5
ス テー タ ス ・ フ ラ グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 576
22.3.6
CRC の計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 577
22.3.7
DMA (direct memory addressing) を使用する SPI 通信 . . . . . . . . . . . . . 578
22.3.8
エ ラ ー ・ フ ラ グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 578
22.3.9
SPI のデ ィ セーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 579
22.3.10
SPI 割込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 579
I2S 機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 579
22.4.1
詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 579
22.4.2
サポー ト さ れる オーデ ィ オ ・ プ ロ ト コ ル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 581
22.4.3
ク ロ ッ ク ・ ジ ェ ネ レー タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 588
22.4.4
I2S マス タ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 589
22.4.5
I2S ス レーブ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 590
22.4.6
ス テー タ ス ・ フ ラ グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 592
22.4.7
エ ラ ー ・ フ ラ グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 593
22.4.8
I2S 割込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 593
22.4.9
DMA 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 593
SPI と I2S レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 594
22.5.1
SPI 制御レ ジ ス タ 1 (SPI_CR1) (I2S モー ド では使用 し ません。 ) . . . . . . 594
22.5.2
SPI 制御レ ジ ス タ 2 (SPI_CR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 596
22.5.3
SPI ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (SPI_SR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 596
22.5.4
SPI デー タ ・ レ ジ ス タ (SPI_DR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 598
22.5.5
SPI CRC 多項式レ ジ ス タ (SPI_CRCPR)
(I2S モー ド では使用 し ません。 ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 598
22.5.6
SPI Rx CRC レ ジ ス タ (SPI_RXCRCR) (I2S モー ド では使用 し ません。 ) . 599
Rev 5 -日本語版
17/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
23
24
RM0008
22.5.7
SPI Tx CRC レ ジ ス タ (SPI_TXCRCR) (I2S モー ド では使用 し ません。 ) . 599
22.5.8
SPI_I2S 構成レ ジ ス タ (SPI_I2SCFGR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 600
22.5.9
SPI_I2S プ リ スケー ラ ・ レ ジ ス タ (SPI_I2SPR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 601
22.5.10
SPI レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 602
I2C (Inter-integrated circuit) イ ン タ フ ェ ース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 603
23.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 603
23.2
I2C の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 604
23.3
I2C の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 605
23.3.1
モー ド 選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 605
23.3.2
I2C ス レーブ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 606
23.3.3
I2C マ ス タ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 609
23.3.4
エ ラ ー条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 613
23.3.5
SDA/SCL ラ イ ン制御 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 614
23.3.6
SMBus . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 615
23.3.7
DMA リ ク エ ス ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 618
23.3.8
パケ ッ ト ・ エ ラ ーの検出 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 620
23.4
I2C 割込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 621
23.5
I2C デバ ッ グ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 623
23.6
I2C レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 623
23.6.1
制御レ ジ ス タ 1 (I2C_CR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 623
23.6.2
制御レ ジ ス タ 2 (I2C_CR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 625
23.6.3
自己ア ド レ ス ・ レ ジ ス タ 1 (I2C_OAR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 627
23.6.4
自己ア ド レ ス ・ レ ジ ス タ 2 (I2C_OAR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 627
23.6.5
デー タ ・ レ ジ ス タ (I2C_DR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 628
23.6.6
ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ 1 (I2C_SR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 629
23.6.7
ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ 2 (I2C_SR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 632
23.6.8
ク ロ ッ ク 制御レ ジ ス タ (I2C_CCR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 634
23.6.9
TRISE レ ジ ス タ (I2C_TRISE) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 635
23.6.10
I2C レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 636
USART . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 637
24.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 637
24.2
USART の主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 638
24.3
USART の機能詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 639
24.3.1
18/720
USART の特性詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 642
Rev 5-日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
25
送信回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 643
24.3.3
受信回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 645
24.3.4
ボーレー ト 生成回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 649
24.3.5
複数プ ロ セ ッ サ間の通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 651
24.3.6
パ リ テ ィ 制御 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 652
24.3.7
LIN (local interconnection network) モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 653
24.3.8
USART 同期シ リ アル ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 655
24.3.9
単線式半二重通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 657
24.3.10
ス マー ト カ ー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 658
24.3.11
IrDA SIR ENDEC ブ ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 660
24.3.12
DMA を使用する連続的な通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 662
24.3.13
ハー ド ウ ェ ア ・ フ ロー制御 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 663
24.4
USART 割込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 665
24.5
USART モー ド 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 666
24.6
USART レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 666
24.6.1
ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (USART_SR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 666
24.6.2
デー タ ・ レ ジ ス タ (USART_DR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 669
24.6.3
ボーレー ト ・ レ ジ ス タ (USART_BRR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 670
24.6.4
制御レ ジ ス タ 1 (USART_CR1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 670
24.6.5
制御レ ジ ス タ 2 (USART_CR2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 673
24.6.6
制御レ ジ ス タ 3 (USART_CR3) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 675
24.6.7
ガー ド タ イ ム / プ リ スケー ラ ・ レ ジ ス タ (USART_GTPR) . . . . . . . . . . . 676
24.6.8
USART レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 678
デバイ ス電子署名 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 679
25.1
25.2
26
24.3.2
メ モ リ ・ サイ ズ ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 679
25.1.1
Flash サイ ズ ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 679
25.1.2
RAM サイ ズ ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 679
ユニー ク ・ デバイ ス ID レ ジ ス タ (96bit) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 680
デバ ッ グ ・ サポー ト (DBG) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 682
26.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 682
26.2
ARM ド キ ュ メ ン ト の参照 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 684
26.3
SWJ デバ ッ グ ・ ポー ト (シ リ アル ・ ワ イヤ と JTAG) . . . . . . . . . . . . . . . . 684
26.3.1
26.4
JTAG-DP も し く は SW-DP 選択 メ カ ニズム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 685
ピ ン配置 と デバ ッ グ ・ ポー ト ピ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 685
Rev 5 -日本語版
19/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
SWJ デバ ッ グ ・ ポー ト ピ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 685
26.4.2
フ レ キシ ブルな SWJ-DP ピ ン配置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 685
26.4.3
JTAG ピ ンの内部プルア ッ プ / プルダウ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 686
26.4.4
GPIO と し て も シ リ アル ・ ワ イ ヤの使用 と 未使用デバ ッ グ ピ ンの解放 687
26.5
STM32F10xxx JTAG TAP 接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 688
26.6
ID コ ー ド と ロ ッ ク メ カ ニズム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 689
26.6.1
MCU デバイ ス ID コ ー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 689
26.6.2
バウ ン ダ リ ・ スキ ャ ン TAP . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 690
26.6.3
Cortex-M3 TAP . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 690
26.6.4
Cortex-M3 JEDEC-106 ID コ ー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 690
26.7
JTAG デバ ッ グ ・ ポー ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 690
26.8
SW デバ ッ グ ・ ポー ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 692
26.8.1
SW プ ロ ト コ ル概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 692
26.8.2
SW プ ロ ト コ ル手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 692
26.8.3
SW-DP ス テー ト マ シ ン ( リ セ ッ ト 、 ア イ ド ルス テー ト 、 ID コ ー ド ) . 693
26.8.4
DP 及び AP の読出 し / 書込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 694
26.8.5
SW-DP レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 695
26.8.6
SW-AP レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 696
26.9
AHB-AP (AHB ア ク セスポー ト ) - JTAG-DP も し く は SW-DP で有効 . 696
26.10
コ ア ・ デバ ッ グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 697
26.11
シ ス テム ・ リ セ ッ ト 時のデバ ッ グ ・ ホス ト 接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 697
26.12
FPB (Flash patch breakpoint : Flash パ ッ チ ・ ブ レー ク ポ イ ン ト ) . . . . . . . 698
26.13
DWT (data watchpoint trigger : デー タ ・ ウ ォ ッ チポ イ ン ト ・ ト リ ガ) . . . 698
26.14
ITM (instrumentation trace macrocell : 計測 ト レース ・ マ ク ロ セル) . . . . 699
26.15
26.16
20/720
26.4.1
26.14.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 699
26.14.2
タ イ ムス タ ン プ ・ パケ ッ ト 、 同期及びオーバ フ ロー ・ パケ ッ ト . . . . . 699
MCU デバ ッ グ ・ コ ンポーネ ン ト (MCUDBG) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 701
26.15.1
低電力モー ド におけ るデバ ッ グのサポー ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 701
26.15.2
タ イ マ、 ウ ォ ッ チ ド ッ グ、 bxCAN と I2C に対する
デバ ッ グ ・ サポー ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 701
26.15.3
デバ ッ グ MCU 構成レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 702
TPIU (trace port interface unit) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 704
26.16.1
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 704
26.16.2
ト レ ース ・ ピ ン配置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 705
26.16.3
TPIU フ ォ ーマ ッ タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 707
26.16.4
TPIU フ レーム同期パケ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 707
Rev 5-日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
目次
RM0008
26.16.5
同期 フ レ ームパケ ッ ト の発行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 708
26.16.6
同期モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 708
26.16.7
非同期モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 708
26.16.8
STM32F10xxx 内部の TRACECLKIN 接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 708
26.16.9
TPIU レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 709
26.16.10 設定例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 710
26.17
27
DBG レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 711
改版履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 712
Rev 5 -日本語版
21/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
表の一覧
RM0008
表の一覧
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
13.
14.
15.
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
27.
28.
29.
30.
31.
32.
33.
34.
35.
36.
37.
38.
39.
40.
41.
42.
43.
44.
45.
46.
47.
48.
22/720
レ ジ ス タ ・ バウ ン ダ リ ・ ア ド レ ス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
Flash モ ジ ュ ールの構成 (中容量デバイ ス) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
Flash モ ジ ュ ールの構成 (大容量デバイ ス) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
ブー ト ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
CRC 計算ユニ ッ ト -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47
低電力モー ド 要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
Sleep-now . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
Sleep-on-exit. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
STOP モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
STANDBY モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
PWR - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
BKP - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
RCC - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
ポー ト ・ ビ ッ ト 構成表 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
出力モー ド ビ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
CAN オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116
デバ ッ グ ・ イ ン タ フ ェ ース信号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
デバ ッ グ ・ ポー ト のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
ADC1 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク ト 変換オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . 118
ADC1 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ変換オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
ADC2 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク ト 変換オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . 118
ADC2 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ変換オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
タ イ マ 5 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119
タ イ マ 4 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119
タ イ マ 3 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119
タ イ マ 2 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119
タ イ マ 1 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 120
USART3 ピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121
USART2 ピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121
USART1 ピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121
I2C1 ピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
SPI1 ピ ン割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
GPIO -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 129
AFIO -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 129
ベ ク タ テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
外部割込み / イ ベ ン ト コ ン ト ロー ラ (EXTI) レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . 140
DMA 割込み リ ク エ ス ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
チ ャ ネルに対する DMA1 リ ク エ ス ト の一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 147
チ ャ ネルに対する DMA2 リ ク エ ス ト の一覧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 148
DMA - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
ADC ピ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
アナ ロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ チ ャ ネル選択. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 161
ADC1 と ADC2 のレギ ュ ラ ・ チ ャ ネルのための外部 ト リ ガ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 165
ADC1 と ADC2 のイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルのための外部 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 166
ADC3 のレギ ュ ラ ・ チ ャ ネルのための外部 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 166
ADC3 のイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルのための外部 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 166
ADC 割込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 175
ADC - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 189
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
表の一覧
RM0008
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
49.
50.
51.
52.
53.
54.
55.
56.
57.
58.
59.
60.
61.
62.
63.
64.
65.
66.
67.
68.
69.
70.
71.
72.
73.
74.
75.
76.
77.
78.
79.
80.
81.
82.
83.
84.
85.
86.
87.
88.
89.
90.
91.
92.
93.
94.
95.
96.
97.
98.
99.
100.
DAC ピ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部 ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
DAC -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
カ ウ ン ト の方向 と エ ン コ ーダ信号. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TIMx 内部 ト リ ガ接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ブ レー ク 機能を も つ相補出力 OCx 及び OCxN チ ャ ネルの出力制御ビ ッ ト . . . . . . . . . . . .
TIM1 及び TIM8 -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
カ ウ ン ト の方向 と エ ン コ ーダ信号. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TIMx 内部 ト リ ガ接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
標準 OCx チ ャ ネルの出力制御ビ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TIMx -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TIM6 及び TIM7 - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
RTC - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ タ イムアウ ト 時間 (40 kHz ク ロ ッ ク 入力時). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IWDG -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
WWDG -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
NOR/PSRAM バン ク 選択. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部 メ モ リ ・ ア ド レ ス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
メ モ リ ・ マ ッ ピ ング と タ イ ミ ング ・ レジス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
NAND バン ク選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プ ロ グ ラ マ ブル NOR/PSRAM ア ク セス ・ パ ラ メ ー タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
非マルチ プ レ ク ス I/O NOR 型 Flash . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
マルチ プ レ ク ス I/O NOR 型 Flash . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PSRAM . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
NOR 型 Flash /PSRAM がサポー ト する メ モ リ 及び ト ラ ンザ ク シ ョ ン . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_TCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_TCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BWTRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_TCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BWTRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_TCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BWTRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_TCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BWTRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_TCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_TCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_BCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC_TCRx ビ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プ ロ グ ラ マ ブル NAND/PC カ ー ド ・ ア ク セス ・ パラ メ ー タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8bit NAND 型 Flash . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
16bit NAND 型 Flash . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
16bit PC カ ー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
サポー ト さ れる メ モ リ 及び ト ラ ンザ ク シ ョ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ECC リ ザル ト 関連ビ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO I/O 定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Rev 5 -日本語版
192
195
214
251
264
275
283
310
325
335
340
353
366
368
372
379
383
384
384
385
386
386
387
387
388
391
392
394
394
394
398
398
398
400
401
401
403
404
404
406
407
410
410
412
412
419
420
420
420
421
431
436
23/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
表の一覧
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
101.
102.
103.
104.
105.
106.
107.
108.
109.
110.
111.
112.
113.
114.
115.
116.
117.
118.
119.
120.
121.
122.
123.
124.
125.
126.
127.
128.
129.
130.
131.
132.
133.
134.
135.
136.
137.
138.
139.
140.
141.
142.
143.
144.
145.
146.
147.
148.
149.
150.
151.
152.
24/720
RM0008
コ マ ン ド ・ フ ォ ーマ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
シ ョ ー ト ・ レ スポ ン ス ・ フ ォ ーマ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ロ ン グ ・ レ スポン ス ・ フ ォ ーマ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コ マ ン ド ・ パス ・ ス テー タ ス ・ フ ラ グ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
デー タ ・ ト ー ク ン ・ フ ォ ーマ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
送信 FIFO ス テー タ ス ・ フ ラ グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
受信 FIFO ス テー タ ス ・ フ ラ グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
カ ー ド ・ ス テー タ ス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SD ス テー タ ス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
速度 ク ラ ス ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パ フ ォ ーマ ン ス ・ ムーブ ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
AU_SIZE フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
最大 AU サイ ズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
消去サイ ズ ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
消去 タ イ ムアウ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
消去オ フ セ ッ ト ・ フ ィ ール ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ブ ロ ッ ク 重視書込み コ マ ン ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ブ ロ ッ ク 重視書込み保護 コ マ ン ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
消去 コ マ ン ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I/O モー ド ・ コ マ ン ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ロ ッ ク ・ カー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ア プ リ ケーシ ョ ン固有 コ マ ン ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
R1 レ スポン ス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
R2 レ スポン ス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
R3 レ スポン ス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
R4 レ スポン ス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
R4b レ スポン ス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
R5 レ スポン ス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
R6 レ スポン ス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
レ スポン ス タ イ プ と SDIO_RESPx レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ダ ブルバ ッ フ ァ リ ン グ ・ バ ッ フ ァ ・ フ ラ グ定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
バル ク ・ ダ ブルバ ッ フ ァ リ ン グ ・ メ モ リ ・ バ ッ フ ァ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ア イ ソ ク ロ ナス ・ メ モ リ ・ バ ッ フ ァ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
レ ジ ュ ーム ・ イ ベ ン ト 検出 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
受信ス テー タ ス ・ エ ン コ ーデ ィ ン グ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
エ ン ド ポ イ ン ト ・ タ イ プ ・ エ ン コ ーデ ィ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
EP_KIND ビ ッ ト の意味. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
送信ス テー タ ス ・ エ ン コ ーデ ィ ン グ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ア ロ ケー ト さ れたバ ッ フ ァ ・ メ モ リ ・ サイ ズの定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
送信 メ ールボ ッ ク スのマ ッ ピ ン グ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
受信 メ ールボ ッ ク スのマ ッ ピ ン グ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
bxCAN - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SPI 割込み リ ク エ ス ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2S 割込み リ ク エ ス ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SPI -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMBus ・ I2C 比較 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2C 割込み リ ク エ ス ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2C - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
サン プルデー タ から の ノ イ ズ検出. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ボーレ ー ト 設定 と 周波数の誤差 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
440
441
441
441
444
445
446
456
459
460
460
461
461
461
462
462
465
465
466
466
466
467
467
468
468
469
469
470
470
477
488
499
500
501
503
515
515
515
515
519
519
535
535
564
579
593
602
615
621
636
647
650
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
表の一覧
RM0008
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
153.
154.
155.
156.
157.
158.
159.
160.
161.
162.
163.
164.
165.
166.
167.
168.
169.
170.
171.
172.
173.
フ レーム ・ フ ォ ーマ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USART 割込み リ ク エ ス ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USART モー ド 設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USART -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 . . . . . . . . .
SWJ デバ ッ グ ・ ポー ト ピ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
融通性の高い SWJ-DP ピ ンの割 り 当て . . . . . . . . . . . . . . .
JTAG デバ ッ グ ・ ポー ト ・ デー タ ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . .
A[3:2] で選択 さ れる 32bit デバ ッ グ ・ ポー ト ・ レ ジ ス タ .
パケ ッ ト ・ リ ク エ ス ト (8bit) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ACK 応答 (3bit) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
DATA 転送 (33bit). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SW-DP レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Cortex-M3 AHB-AP レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コ ア ・ デバ ッ グ ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
主な ITM レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
非同期 ト レース ・ ピ ン割 り 当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
同期 ト レ ース ・ ピ ン割 り 当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
融通性の高い ト レース ・ ピ ン割 り 当て. . . . . . . . . . . . . . . .
重要な TPIU レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
DBG - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値. . . . . . . . . . . .
改版履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Rev 5 -日本語版
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
...........................
652
665
666
678
685
686
691
692
693
693
693
695
696
697
700
705
705
706
709
711
712
25/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
図の一覧
RM0008
図の一覧
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
13.
14.
15.
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
27.
28.
29.
30.
31.
32.
33.
34.
35.
36.
37.
38.
39.
40.
41.
42.
43.
44.
45.
46.
47.
48.
26/720
シ ス テム ・ アーキテ ク チ ャ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
メ モ リ ・ マ ッ プ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
CRC 計算ユニ ッ ト ・ ブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
電源系の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
パワー ・ オ ン ・ リ セ ッ ト / パワー ・ ダウ ン ・ リ セ ッ ト 波形 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
PVD ス レ ッ シ ョ ル ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
リ セ ッ ト 回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
ク ロ ッ ク 構成図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
HSE/ LSE ク ロ ッ ク ・ ソ ース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
入出力ポー ト の基本構造 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
5V 耐性入出力ポー ト の基本構造 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
入力回路の構造 ( フ ローテ ィ ン グ / プルア ッ プ / プルダウ ン ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 107
出力回路の構造 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
オル タ ネー ト 機能時のポー ト の構成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 109
ハイ ・ イ ン ピーダ ン ス ・ アナ ロ グ入力の構成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110
外部割込み / イ ベ ン ト コ ン ト ロー ラ (EXTI) ブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 134
外部割込み / イ ベ ン ト の GPIO 割当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 136
DMA ブ ロ ッ ク構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142
DMA1 リ ク エ ス ト のマ ッ ピ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 146
DMA2 リ ク エ ス ト のマ ッ ピ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 148
シ ン グル ADC ブ ロ ッ ク 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 157
タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 160
アナ ロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グの保護 ド メ イ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 160
イ ン ジ ェ ク ト 変換の遅延時間 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 162
較正動作の タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164
デー タ の右寄せ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164
デー タ の左寄せ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164
デ ュ アル ADC ブ ロ ッ ク 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 168
4 チ ャ ネルの同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 169
16 チ ャ ネルの同時レ ギ ュ ラ 変換モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 170
連続変換モー ド におけ る 1 チ ャ ネルの高速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 170
1 チ ャ ネルの低速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 171
オル タ ネー ト ・ ト リ ガ : 各 ADC のイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル ・ グループ . . . . . . . . . . . . . . 172
オル タ ネー ト ・ ト リ ガ : 分割モデルの (各 ADC ご と の) 4 イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル . . . 172
オル タ ネー ト + 同時レ ギ ュ ラ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 173
イ ン ジ ェ ク ト 変換中に ト リ ガが発生 し た場合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 173
イ ン ジ ェ ク ト ・ シーケ ン ス CH11、 CH12 でのイ ン タ リ ーブ ・ シ ン グル ・ チ ャ ネル . . . . . 174
温度セ ンサ及び VREFINT チ ャ ネル ・ ブ ロ ッ ク 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 174
DAC チ ャ ネル ・ ブ ロ ッ ク 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 192
シ ン グル DAC チ ャ ネル ・ モー ド のデー タ ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 194
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ モー ド のデー タ ・ レ ジ ス タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 194
ト リ ガ ・ デ ィ セーブル時 (TEN = 0) の変換 タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 195
DAC LFSR レ ジ ス タ 計算アルゴ リ ズム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 196
LFSR 波形生成に よ る DAC 変換 (SW ト リ ガ ・ イ ネーブル). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
DAC 三角波生成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
三角波生成に よ る DAC 変換 (SW ト リ ガ ・ イ ネーブル) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 198
高機能制御 タ イ マ ・ ブ ロ ッ ク 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217
プ リ スケー ラ 分周比が 1 か ら 2 に変化 し た時のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . 219
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
図の一覧
RM0008
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
49.
50.
51.
52.
53.
54.
55.
56.
57.
58.
59.
60.
61.
62.
63.
64.
65.
66.
67.
68.
69.
70.
71.
72.
73.
74.
75.
76.
77.
78.
79.
80.
81.
82.
83.
84.
85.
86.
87.
88.
89.
90.
91.
92.
93.
94.
95.
96.
97.
98.
99.
100.
プ リ スケー ラ 分周比が 1 か ら 4 に変化 し た時のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 2 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 4 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が N の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ARPE=0 時 (TIMx_ARR はプ リ ロー ド な し )、 更新イ ベ ン ト 時の タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . .
ARPE=1 時 (TIMx_ARR はプ リ ロー ド )、 更新イ ベン ト の タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 2 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 4 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が N の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
繰返 し カ ウ ン タ が使用 さ れない と きの更新イ ベン ト 時の タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 (TIMx_ARR=0x6). . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 2 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 4 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 (TIMx_ARR=0x36). . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が N の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ARPE=1 時の更新イ ベン ト の タ イ ミ ン グ図 (カ ウ ン タ はア ン ダ フ ロー). . . . . . . . . . . . . . .
ARPE=1 時の更新イ ベン ト の タ イ ミ ン グ図 (カ ウ ン タ はオーバ フ ロー). . . . . . . . . . . . . . .
カ ウ ン タ モー ド と TIMx_RCR レ ジ ス タ の設定に よ る更新状況の例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比 1 の場合の通常モー ド の制御回路. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TI2 外部 ク ロ ッ クの接続例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 1 の制御回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部 ト リ ガ入力ブ ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 の制御回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル (例 : チ ャ ネル 1 入力ス テージ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル 1 メ イ ン回路. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル (チ ャ ネル 1 - 3) の出力ス テージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル (チ ャ ネル 4) の出力ス テージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PWM 入力モー ド の タ イ ミ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
出力比較モー ド 、 OC1 出力の ト グル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
エ ッ ジ ア ラ イ ン PWM 波形 (ARR=8) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
セ ン タ ーア ラ イ ン PWM 波形 (ARR=8). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
デ ッ ド タ イ ム挿入のあ る相補出力. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
負のパルス よ り 長い遅延があ る と きのデ ッ ド タ イ ムの波形 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
正のパルス よ り 長い遅延があ る と きのデ ッ ド タ イ ムの波形 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ブ レー ク に対する出力の動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
OCxREF の ク リ ア動作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6 ス テ ッ プ PWM 波形の生成 と CO 例 (OSSR=1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
単一パルス発生モー ド の例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
エ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド におけ る カ ウ ン タ の動作例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TI1FP1 の極性を反転 し たエ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド の例 . . . . . . . . . . . . . . . .
ホール ・ セ ンサ ・ イ ン タ フ ェ ースの例. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
リ セ ッ ト ・ モー ド におけ る制御回路. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ゲー ト ・ モー ド の制御回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ト リ ガ ・ モー ド の制御回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 + ト リ ガ ・ モー ド の制御回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
汎用 タ イ マのブ ロ ッ ク 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プ リ スケー ラ 分周比が 1 か ら 2 に変化 し た時のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . .
プ リ スケー ラ 分周比が 1 か ら 4 に変化 し た時のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 2 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 4 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Rev 5 -日本語版
219
220
221
221
221
222
222
224
224
224
225
225
227
227
227
228
228
229
230
231
232
232
233
233
234
234
235
235
237
239
241
242
243
243
244
246
247
248
249
252
252
254
255
256
257
258
286
287
288
289
289
289
27/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
図の一覧
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
101.
102.
103.
104.
105.
106.
107.
108.
109.
110.
111.
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
112.
113.
114.
115.
116.
117.
118.
119.
120.
121.
122.
123.
124.
125.
126.
127.
128.
129.
130.
131.
132.
133.
134.
135.
136.
137.
138.
139.
140.
141.
142.
143.
144.
145.
146.
147.
148.
149.
150.
151.
28/720
RM0008
内部 ク ロ ッ ク 分周比が N の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ARPE=0 (TIMx_ARR はプ リ ロー ド な し ) の時の更新イ ベン ト のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図.
ARPE=1 (TIMx_ARR はプ リ ロー ド ) の時の更新イ ベ ン ト のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 2 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 4 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が N の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
繰 り 返 し カ ウ ン タ が使用 さ れない時の更新イ ベン ト のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 (TIMx_ARR=0x6) . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 2 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ロー ド ・ レ ジ ス タ 内部 ク ロ ッ ク分周比が 4 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
(TIMx_ARR=0x36) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が N の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ARPE=1 ( カ ウ ン タ はア ン ダ フ ロー ) の時の更新イ ベ ン ト のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . .
ARPE=1 ( カ ウ ン タ はオーバ フ ロー ) の時の更新イ ベ ン ト のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合の、 通常モー ド の制御回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TI2 外部 ク ロ ッ クの接続例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 1 の制御回路. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部 ト リ ガ入力ブ ロ ッ ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 の制御回路. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル (例 : チ ャ ネル 1 入力ス テージ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル 1 メ イ ン回路. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル (チ ャ ネル 1) の出力ス テージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PWM 入力モー ド の タ イ ミ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
出力比較モー ド 、 OC1 出力の ト グル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
エ ッ ジ ア ラ イ ン PWM 波形 (ARR=8) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
セ ン タ ーア ラ イ ン PWM 波形 (ARR=8) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
単一パルス発生モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TIMx OCxREF の ク リ ア動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
エ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド におけ る カ ウ ン タ の動作例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IC1FP1 の極性を反転 し たエ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド の例 . . . . . . . . . . . . . . . .
リ セ ッ ト ・ モー ド の制御回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ゲー ト ・ モー ド の制御回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ト リ ガ ・ モー ド の制御回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 + ト リ ガ ・ モー ド の制御回路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
マ ス タ / ス レ ーブ タ イ マの例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
タ イ マ 1 の OC1REF に よ る タ イ マ 2 のゲー ト 操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
タ イ マ 1 のイ ネーブルに よ る タ イ マ 2 のゲー ト 制御 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
タ イ マ 1 のア ッ プデー ト に よ る タ イ マ 2 の ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
タ イ マ 1 のイ ネーブルに よ る タ イ マ 2 の ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
タ イ マ 1 の TI1 入力に よ る タ イ マ 1 と タ イ マ 2 の ト リ ガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
基本 タ イ マ ・ ブ ロ ッ ク 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プ リ スケー ラ 分周比が 1 か ら 2 に変化 し た時のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . .
プ リ スケー ラ 分周比が 1 か ら 4 に変化 し た時のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 2 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 4 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比が N の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ARPE=0 時 (TIMx_ARR はプ リ ロー ド な し )、 更新イ ベ ン ト 時の タ イ ミ ン グ図. . . . . . . . . .
ARPE=1 時 (TIMx_ARR はプ リ ロー ド )、 更新イ ベン ト の タ イ ミ ン グ図 . . . . . . . . . . . . . . .
内部 ク ロ ッ ク 分周比 1 の場合の、 通常モー ド の制御回路. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
RTC ブ ロ ッ ク構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
290
290
291
292
292
292
293
293
294
294
295
295
295
296
297
297
298
298
299
299
300
300
302
304
305
306
307
309
310
311
312
313
313
314
315
316
317
318
319
320
343
344
344
345
346
346
346
347
347
348
356
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
図の一覧
RM0008
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
152.
153.
154.
155.
156.
157.
158.
159.
160.
161.
162.
163.
164.
165.
166.
167.
168.
169.
170.
171.
172.
173.
174.
175.
176.
177.
178.
179.
180.
181.
182.
183.
184.
185.
186.
187.
188.
189.
190.
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
191.
192.
193.
194.
195.
196.
197.
198.
199.
200.
201.
202.
RTC 秒及びア ラ ーム波形 (PR=0003、 ALARM=00004)STANDBY モー ド . . . . . . . . . . . . . . . .
RTC オーバ フ ロー波形 (PR=0003) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
独立型ウ ォ ッ チ ド ッ グのブ ロ ッ ク 図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ウ ォ ッ チ ド ッ グブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グの タ イ ミ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC ブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FSMC メ モ リ ・ バン ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド 1 読込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド 1 書込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド A 読込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド A 書込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド 2/B 読込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド 2 書込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド B 書込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド C 読込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド C 書込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド D 読込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モー ド D 書込みア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
マルチ プ レ ク ス し た読込みア ク セス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
マルチ プ レ ク ス し た書込みア ク セス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
同期読込みモー ド - NOR、 CRAM . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
同期書込みモー ド - CRAM. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コ モ ン ・ メ モ リ ・ ア ク セス用 NAND コ ン ト ロー ラ の タ イ ミ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
‘CE don’ t care’ で ない NAND 型 Flash へのア ク セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO “no response” と “no data” 動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO (複数) ブ ロ ッ ク読込み動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO (複数) ブ ロ ッ ク書込み動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO 連続読込み動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO 連続書込み動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO ブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO アダ プ タ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
制御ユニ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO アダ プ タ ・ コ マ ン ド ・ パス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コ マ ン ド ・ パス ・ ス テー ト ・ マ シ ン (CPSM) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SDIO コ マ ン ド 転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
デー タ ・ パス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
デー タ ・ パス ・ ス テー ト ・ マ シ ン (DPSM) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB ペ リ フ ェ ラ ル ・ ブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
バ ッ フ ァ ・ デ ィ ス ク リ プ シ ョ ン ・ テーブル ・ ロ ケーシ ョ ンの
パケ ッ ト ・ バ ッ フ ァ ・ ド メ イ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
CAN ネ ッ ト ワー クの ト ポロ ジ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
CAN ブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
bxCAN 動作モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
bxCAN サイ レ ン ト ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
bxCAN ループバ ッ ク ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
bxCAN 組合わせモー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
送信 メ ールボ ッ ク スのス テー ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
受信 FIFO のス テー ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
フ ィ ル タ ・ バン クのスケール設定 - レ ジ ス タ 構成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
フ ィ ル タ 番号の例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
フ ィ ル タ の メ カ ニズム-例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
CAN エ ラ ー状態図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Rev 5 -日本語版
358
358
368
374
376
381
383
390
391
392
393
395
396
397
399
400
402
403
405
406
409
411
422
424
433
433
434
434
434
435
436
437
438
439
440
442
443
490
495
522
523
524
526
526
527
528
529
532
533
534
536
29/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
図の一覧
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
203.
204.
205.
206.
207.
208.
209.
210.
211.
212.
213.
214.
215.
216.
217.
218.
219.
220.
221.
222.
223.
224.
225.
226.
227.
228.
229.
230.
231.
232.
233.
234.
235.
236.
237.
238.
239.
240.
241.
242.
243.
244.
245.
246.
247.
248.
249.
250.
251.
252.
253.
254.
30/720
RM0008
ビ ッ ト ・ タ イ ミ ング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
CAN フ レ ーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
イ ベ ン ト ・ フ ラ グ と 割込み生成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SPI ブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
シ ン グル ・ マ ス タ / シ ン グル ・ ス レ ーブ ・ ア プ リ ケーシ ョ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハー ド ウ ェ ア / ソ フ ト ウ ェ ア ・ ス レ ーブ選択の管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
デー タ と ク ロ ッ クの タ イ ミ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2S ブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2S フ ィ リ ッ プ ス プ ロ ト コ ル波形 (16/32bit フ ル精度、 CPOL = 0) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2S フ ィ リ ッ プ ス標準波形 (24bit フ レ ーム、 CPOL = 0) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
0x8EAA33 の送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
0x8EAA33 の受信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2S フ ィ リ ッ プ ス標準 (32bit パケ ッ ト フ レームに拡張 さ れた 16bit、 CPOL = 0) . . . . . . . . .
例..........................................................................
MSB づめ 16bit または 32bit フル精度長、 CPOL = 0 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
MSB づめ 24bit フ レ ーム長、 CPOL = 0. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
MSB づめ 32bit パケ ッ ト フ レ ームに拡張 さ れた 16bit、 CPOL = 0 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
LSB づめ 16bit ま たは 32bit フル精度、 CPOL = 0 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
LSB づめ 24bit フ レ ーム、 CPOL = 0 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
0x3478AE を送信するのに必要な動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
0x3478AE の受信に必要な動作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
LSB づめ 32bit パケ ッ ト フ レ ームへ拡張 さ れた 16bit、 CPOL = 0 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
例..........................................................................
PCM 標準波形 (16bit). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PCM 標準波形 (32bit パケ ッ ト フ レ ームに拡張 さ れた 16bit) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オーデ ィ オサン プ リ ン グ周波数定義. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2S ク ロ ッ ク生成アーキテ ク チ ャ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2C バス プ ロ ト コ ル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2C ブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ス レーブ ・ ト ラ ン ス ミ ッ タ の交信手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ス レーブ レ ・ シーバの交信手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
マ ス タ ト ラ ン ス ミ ッ タ の交信手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
マ ス タ レ シーバの交信手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
I2C 割込みマ ッ ピ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USART ブ ロ ッ ク図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ワー ド 長の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
制御 STOP ビ ッ ト の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ノ イ ズ検出のためのデー タ サン プ リ ン グ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ア イ ド ル ・ ラ イ ン検出を利用する ミ ュ ー ト モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ア ド レ ス マー ク 検出を利用する ミ ュ ー ト モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
LIN モー ド におけ る ブ レー ク 検出 (11 ビ ッ ト ブ レ ー ク 長 (LBDL=1) ) . . . . . . . . . . . . . . . . .
LIN モー ド におけ る ブ レー ク 検出 と フ レー ミ ン グ ・ エ ラ ー検出 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USART 同期シ リ アル送信の例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USART デー タ ク ロ ッ ク タ イ ミ ン グ (M=0). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USART デー タ ク ロ ッ ク タ イ ミ ン グ (M=1). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
RX デー タ セ ッ ト ア ッ プ / ホール ド タ イ ム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ISO 7816-3 非同期プ ロ ト コ ル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1.5 STOP ビ ッ ト を利用 し たパ リ テ ィ ・ エ ラ ー検出 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IrDA SIR ENDEC - ブ ロ ッ ク 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IrDA デー タ 変調 (3/16) - ノ ーマル ・ モー ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 個の USART 間のハー ド ウ ェ ア ・ フ ロー制御 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
RTS フ ロー制御 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
537
538
539
570
571
571
573
580
582
582
582
583
583
583
584
584
584
585
585
585
586
586
586
587
587
588
588
605
606
607
608
611
612
622
641
642
644
647
651
652
654
655
656
656
657
657
658
659
661
661
663
664
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
図の一覧
RM0008
図
図
図
図
図
図
255.
256.
257.
258.
259.
260.
CTS フ ロー制御 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USART 割込みマ ッ ピ ン グ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ブ ロ ッ ク 図 - STM32F10xxx レ ベル と Cortex-M3 レ ベルのデバ ッ グ ・ サポー ト . .
SWJ デバ ッ グ ・ ポー ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
JTAG TAP 接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TPIU ブ ロ ッ ク図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Rev 5 -日本語版
.
.
.
.
.
.
..
..
..
..
..
..
...
...
...
...
...
...
664
665
683
684
688
704
31/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
RM0008
1
こ のマニ ュ アルにおける表記の規則
1.1
レ ジ ス タ に関する略記
レ ジ ス タ の各ビ ッ ト に関 し ては、 次の略記が使用 さ れます。
1.2
32/720
read/write (rw)
ソ フ ト ウ ェ アか ら ビ ッ ト (bit) の読出 し / 書込みがで き ます。
read-only (r)
ソ フ ト ウ ェ ア では、 ビ ッ ト (bit) の読出 し のみが可能です。
write-only (w)
ソ フ ト ウ ェ ア ではビ ッ ト (bit) への書込みのみが可能です。 ビ ッ ト (bit) の読
出 し では、 常に リ セ ッ ト 時の値が読出 さ れます。
read/clear (rc_w1
ソ フ ト ウ ェ ア ではビ ッ ト (bit) に” 1” を書込む と 、 読み出 し と ク リ アがで き
ます。” 0” を書込んだ と き にはビ ッ ト の値は変化 し ません。
read/clear (rc_w0)
ソ フ ト ウ ェ ア ではビ ッ ト (bit) に” 0” を書込む と 、 読み出 し と ク リ アがで き
ます。” 1” を書込んだ と き にはビ ッ ト の値は変化 し ません。
read/set (rs)
ソ フ ト ウ ェ ア ではビ ッ ト (bit) の読出 し と セ ッ ト がで き ます。” 0” を書込んだ
と き にはビ ッ ト の値は変化 し ません。
toggle(t)
ソ フ ト ウ ェ ア ではビ ッ ト (bit) に” 1” を書込む と ト グル ( 反転) のみがで き
ます。” 0” を書込んだ と き にはビ ッ ト の値は変化 し ません。
用語
•
Flash メ モ リ 容量が32~128KbyteのSTM32F101xx及びSTM32F103xxマ イ ク ロ コ ン ト ロー
ラ は、 中容量デバイ スです。
•
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 大容量デバイ スです。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
RM0008
2
メ モ リ と バスの構成
2.1
シス テム ・ アーキテ ク チ ャ
シ ス テムの中核は次の要素で構成 さ れています。
•
•
5 個のマス タ 回路 :
-
CortexTM-M3 コ ア、 ICode バス (I-bus)、 DCode バス (D-bus)、 シ ス テム ・ バス (Sbus)
-
GP-DMA1 及び 2 ( 汎用 DMA)
3 個のス レ ーブ回路 :
-
内蔵 SRAM
-
内蔵 Flash メ モ リ
-
すべての APB 周辺回路を接続する ための AHB/APB ブ リ ッ ジ (AHB2APBx)
こ れ ら は図 1 に示 さ れている よ う に、 マルチ レ イ ヤ AHB バス ・ アーキテ ク チ ャ で相互に
接続 さ れています。
図 1.
シ ス テム ・ アーキテ ク チ ャ
IC ode
Cortex
TM
-M3
Flas h
FLI TF
DCode
システム
SRAM
DMA1
FSMC
SD IO
Ch.1
AHB システムバス
Ch.2
ブリッジ 1
ブリッジ 2
APB2
APB 1
Ch.7
DMAリクエスト
DMA2
ADC1
ADC2
ADC3
USA RT1
SPI1
TIM1
TIM8
GPIO A
GPIOB
Ch.1
GP IOC
GP IOD
GPIO E
GPI OF
GPIO G
EX TI
AFIO
DAC SPI 3/I2S
PWR SPI 2/I2S
IWDG
BKP
bxCAN WWDG
RT C
US B
TIM7
I2C2
TIM6
I2C1
TIM5
UART 5
TIM4
UART 4
US ART3 TIM3
US ART2 TIM2
Ch.2
Ch.5
DMAリクエスト
ai14800b
ICode バス
こ のバスは CortexTM-M3 コ アの命令語バス (Instruction bus) を Flash メ モ リ の命令語イ ン タ
フ ェ ースに接続 し ています。 命令語のプ リ フ ェ ッ チは こ のバス を経由 し て行われます。
Rev 5 -日本語版
33/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
RM0008
DCode バス
こ のバスは CortexTM-M3 コ アの Dcode バス ( リ テ ラルのロー ド と デバ ッ グのためのア ク セ
ス) と Flash メ モ リ ・ イ ン タ フ ェ ースに接続 し ています。
シ ス テム ・ バス
こ のバスは CortexTM-M3 のシ ス テム ・ バス (ペ リ フ ェ ラ ル ・ バス) をバス ・ マ ト リ ッ ク ス
と 接続 し 、 コ ア と DMA の間のア ク セスの競合を管理 し ています。
DMA バス
こ のバスは DMA の AHB マ ス タ ・ イ ン タ フ ェ ース と バス ・ マ ト リ ッ ク スの間を接続 し 、
CPU の DCode バス と DMA か ら SRAM や Flash メ モ リ 、 周辺回路へのア ク セス を管理 し て
います。
バス ・ マ ト リ ッ ク ス (BusMatrix)
バス ・ マ ト リ ッ ク スは コ ア シ ス テム ・ バス と DMA マ ス タ バスの間のア ク セス競合を ラ ウ
ン ド ロ ビ ン方式で管理 し ています。 バス ・ マ ト リ ッ ク スは 3 個のマス タ (CPU DCode バ
ス、 シ ス テム ・ バス、 DMA バス) と 3 個のス レ ーブ (FLITF、 SRAM、 AHB/APB ブ リ ッ
ジ) か ら 構成 さ れています。
AHB ペ リ フ ェ ラ ルは DMA ア ク セス を可能 と する ため、 バス ・ マ ト リ ッ ク ス を経由 し て シ
ス テム ・ バスに接続 さ れています。
AHB/APB ブ リ ッ ジ (APB)
2 個の AHB/APB ブ リ ッ ジは AHB と 2 個の APB バスの間の、 完全同期式の接続を提供 し
ています。 APB1 は上限周波数 36 MHz で、 APB2 は フルス ピー ド (デバイ スに依存 し 、 最
大 72 MHz) で動作 し ます。
各ブ リ ッ ジに接続 さ れている周辺回路のア ド レ ス割当てに関 し ては表 1 (36 ページ) を参
照 し て く だ さ い。
各デバイ ス ・ リ セ ッ ト の後、 すべてのペ リ フ ェ ラ ル ・ ク ロ ッ ク はデ ィ セーブルにな り ま
す。 (SRAM と FLITF は除 く ) ペ リ フ ェ ラルを使 う 前に、 RCC_AHBENR、 RCC_APB2ENR ま
たは RCC_APB1ENR レ ジ ス タ で、 ク ロ ッ ク を イ ネーブルにする必要があ り ます。
注意 :
APB レ ジス タ へ 16 または 8bit ア ク セスが行われる と 、 ア ク セスは 32bit ア ク セスへ変換 さ
れます。 ブ リ ッ ジが 16 または 8bit デー タ を複製 し 、 32bit のベ ク タ を提供 し ます。
2.2
メ モ リ 構成
プ ロ グ ラ ム メ モ リ 、 デー タ メ モ リ 、 レ ジ ス タ と 入出力ポー ト は同 じ 4 G バイ ト の リ ニア な
ア ド レ ス空間に配置 さ れています。
メ モ リ の各バイ ト は リ ト ル ・ エ ンデ ィ ア ン形式で、 ワー ド 内の も っ と も小 さ な ア ド レ スの
バイ ト が最下位バイ ト に、 も っ と も 大き な ア ド レ スのバイ ト が最上位バイ ト にな り ます。
STM32F10xxx の メ モ リ ・ マ ッ プは図 2 (35 ページ) に示 さ れています。 周辺回路のレ ジ
ス タ のア ド レ スに関 し ては、 対応する個々の章を参照 し て く だ さ い。
ア ド レ ス可能な メ モ リ 空間は、 8 個の、 それぞれ 512 MB のブ ロ ッ ク に分け られています。
チ ッ プ上の メ モ リ やペ リ フ ェ ラ ル回路に割当て ら れていない メ モ リ ・ ド メ イ ンは、 すべて
「予約済み」 にな り ます。 ( こ の ド メ イ ンは 図 2 (35 ページ) では網掛けが施 さ れていま
す。)
34/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
RM0008
2.3
メモリ ・ マップ
図 2.
メモリ ・ マップ
予約済み
0xA000 1000 - 0xBFFF FFFF
FSMC レジスタ
0xA000 0000 - 0xA000 0FFF
FSMC バンク4 PCCARD
0x9000 0000 - 0x9FFF FFFF
FSMC バンク3 NAND (NAND2)
0x8000 0000 - 0x8FFF FFFF
FSMC バンク2 NAND (NAND1)
0x7000 0000 - 0x7FFF FFFF
FSMC バンク1 NOR/PSRAM 4
0x6C00 0000 - 0x6FFF FFFF
FSMC バンク1 NOR/PSRAM 3
0x6800 0000 - 0x6BFF FFFF
FSMC バンク1 NOR/PSRAM 2
0x6400 0000 - 0x67FF FFFF
FSMC バンク1 NOR/PSRAM 1
0x6000 0000 - 0x63FF FFFF
予約済み
0x4002 3000 - 0x4002 33FF
予約済み
0x4002 2400 - 0x4002 2FFF
Flash インタフェース
0x4002 2000 - 0x4002 23FF
予約済み
0x4002 1400 - 0x4002 1FFF
RCC
0x4002 1000 - 0x4002 13FF
予約済み
0x4002 0400 - 0x4002 0FFF
DMA2
0x4002 0400 - 0x4002 07FF
DMA1
0x4002 0000 - 0x4002 03FF
0x4001 8400 - 0x4001 FFFF
0x4001 8000 - 0x4001 83FF
予約済み
SDIO
予約済み
0xFFFF FFFF
ADC3
USART1
TIM8
SPI1
TIM1
ADC2
512-Mbyte
ブロック 7
Cortex-M3の
内部ペリフェラル
ADC1
ポート G
ポート F
ポート E
ポート D
ポート C
ポート B
ポート A
EXTI
AFIO
0xE000 0000
0xDFFF FFFF
0xC000 0000
0xBFFF FFFF
0xA000 0000
0x9FFF FFFF
512-Mbyte
ブロック 6
未使用
メモリブロック
512-Mbyte
ブロック 5
FSMC レジスタ
予約済み
512-Mbyte
ブロック 4
FSMC バンク 3
& バンク4
BxCAN
共有 USB/CAN SRAM
512 bytes
USB registers
I2C2
I2C1
DAC
PWR
BKP
予約済み
0x8000 0000
0x7FFF FFFF
UART5
512-Mbyte
ブロック 3
FSMC バンク1
& バンク2
0x6000 0000
0x5FFF FFFF
512-Mbyte
ブロック 2
ペリフェラル
0x2000 0000
0x1FFF FFFF
512-Mbyte
ブロック 0
Code
0x0000 0000
予約済み
SRAM(ビット・バンディング
による64KBアライアス)
オプション
システムメモリ
予約済み
Flash
予約済み
BOOTピンによるFrash、
システムメモリもしくは
SRAMのアライアス
Rev 5 -日本語版
0x4001 2800 - 0x4001 2BFF
0x4001 2400 - 0x4001 27FF
0x4001 2000 - 0x4001 23FF
0x4001 1C00 - 0x4001 1FFF
0x4001 1800 - 0x4001 1BFF
0x4001 1400 - 0x4001 17FF
0x4001 1000 - 0x4001 13FF
0x4001 0C00 - 0x4001 0FFF
0x4001 0800 - 0x4001 0BFF
0x4001 0400 - 0x4001 07FF
0x4001 0000 - 0x4001 03FF
0x4000 7800 - 0x4000 FFFF
0x4000 7400 - 0x4000 77FF
0x4000 7000 - 0x4000 73FF
0x4000 6C00 - 0x4000 6FFF
0x4000 6800 - 0x4000 6BFF
0x4000 6400 - 0x4000 67FF
0x4000 6000 - 0x4000 63FF
0x4000 5C00 - 0x4000 5FFF
0x4000 5800 - 0x4000 5BFF
0x4000 5400 - 0x4000 57FF
0x4000 5000 - 0x4000 53FF
0x4000 4C00 - 0x4000 4FFF
USART3
USART2
0x4000 4800 - 0x4000 4BFF
0x4000 4400 - 0x4000 47FF
予約済み
0x4000 4000 - 0x4000 43FF
SPI3/I2S3
0x4000 3C00 - 0x4000 3FFF
2S2
0x4000 3800 - 0x4000 3BFF
予約済み
0x4000 3400 - 0x4000 37FF
IWDG
0x4000 3000 - 0x4000 33FF
WWDG
512-Mbyte
ブロック 1
SRAM
0x4001 4000 - 0x4001 7FFF
0x4001 3C00 - 0x4001 3FFF
0x4001 3800 - 0x4001 3BFF
0x4001 3400 - 0x4001 37FF
0x4001 3000 - 0x4001 33FF
0x4001 2C00 - 0x4001 2FFF
UART4
SPI2/I
0x4000 0000
0x3FFF FFFF
0x4002 4400 - 0x5FFF FFFF
CRC
0x4000 2C00 - 0x4000 2FFF
RTC
0x4000 2800 - 0x4000 2BFF
予約済み
0x4000 1800 - 0x4000 27FF
TIM7
0x4000 1400 - 0x4000 17FF
TIM6
0x4000 1000 - 0x4000 13FF
TIM5
0x4000 0C00 - 0x4000 0FFF
TIM4
0x4000 0800 - 0x4000 0BFF
TIM3
0x4000 0400 - 0x4000 07FF
TIM2
0x4000 0000 - 0x4000 03FF
0x3FFF FFFF
0x2001 0000
0x2000 FFFF
0x2000 0000
0x1FFF F800 - 0x1FFF F80F
0x1FFF F000 - 0x1FFF F7FF
0x1FFF EFFF
0x0808 0000
0x0807 FFFF
0x0800 0000
0x07FF FFFF
0x0008 0000
0x0007 FFFF
0x0000 0000
ai14753c
35/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
2.3.1
RM0008
ペ リ フ ェ ラル メ モ リ ・ マ ッ プ
表 1.
レ ジ ス タ ・ バウ ン ダ リ ・ ア ド レ ス
ア ド レ スの範囲
36/720
ペ リ フ ェ ラル回路
バス
レジス タ ・ マ ッ プ
0x4002 2400 - 0x4002 2FFF
予約済み
0x4002 3000 - 0x4002 33FF
CRC
0x4002 2000 - 0x4002 23FF
Flash メ モ リ
イ ン タ フ ェ ース
0x4002 1400 - 0x4002 1FFF
予約済み
0x4002 1000 - 0x4002 13FF
リ セ ッ ト ・ ク ロ ッ ク制御
AHB
RCC
0x4002 0800 - 0x4002 0FFF
予約済み
0x4002 0400 - 0x4002 07FF
DMA2
セ ク シ ョ ン 9.4.7 (153 ページ)
0x4002 0000 - 0x4002 03FF
DMA1
セ ク シ ョ ン 9.4.7 (153 ページ)
0x4001 8400 - 0x4001 FFFF
予約済み
0x4001 8000 - 0x4001 83FF
SDIO
0x4001 4000 - 0x4001 7FFF
予約済み
0x4001 3C00 - 0x4001 3FFF
ADC3
セ ク シ ョ ン 10.12.15 (189 ページ)
0x4001 3800 - 0x4001 3BFF
USART1
セ ク シ ョ ン 24.6.8 (678 ページ)
0x4001 3400 - 0x4001 37FF
TIM8 タ イ マ
セ ク シ ョ ン 12.4.21 (283 ページ)
0x4001 3000 - 0x4001 33FF
SPI1
セ ク シ ョ ン 22.5 (594 ページ)
0x4001 2C00 - 0x4001 2FFF
TIM1 タ イ マ
セ ク シ ョ ン 12.4.21 (283 ページ)
0x4001 2800 - 0x4001 2BFF
ADC2
セ ク シ ョ ン 10.12.15 (189 ページ)
0x4001 2400 - 0x4001 27FF
ADC1
セ ク シ ョ ン 10.12.15 (189 ページ)
0x4001 2000 - 0x4001 23FF
GPIO ポー ト G
APB2 セ ク シ ョ ン 7.5 (129 ページ)
0x4001 1C00 - 0x4001 1FFF
GPIO ポー ト F
セ ク シ ョ ン 7.5 (129 ページ)
0x4001 1800 - 0x4001 1BFF
GPIO ポー ト E
セ ク シ ョ ン 7.5 (129 ページ)
0x4001 1400 - 0x4001 17FF
GPIO ポー ト D
セ ク シ ョ ン 7.5 (129 ページ)
0x4001 1000 - 0x4001 13FF
GPIO ポー ト C
セ ク シ ョ ン 7.5 (129 ページ)
0x4001 0C00 - 0x4001 0FFF
GPIO ポー ト B
セ ク シ ョ ン 7.5 (129 ページ)
0x4001 0800 - 0x4001 0BFF
GPIO ポー ト A
セ ク シ ョ ン 7.5 (129 ページ)
0x4001 0400 - 0x4001 07FF
EXTI
セ ク シ ョ ン 8.3.7 (140 ページ)
0x4001 0000 - 0x4001 03FF
AFIO
セ ク シ ョ ン 7.5 (129 ページ)
セ ク シ ョ ン 3.4.4 (47 ページ)
セ ク シ ョ ン 6.3.11 (101 ページ)
セ ク シ ョ ン 19.9.16 (488 ページ)
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
RM0008
表 1.
レ ジ ス タ ・ バウ ン ダ リ ・ ア ド レ ス (続き)
ア ド レ スの範囲
ペ リ フ ェ ラル回路
バス
レジス タ ・ マ ッ プ
0x4000 7800 - 0x4000 FFFF
予約済み
0x4000 7400 - 0x4000 77FF
DAC
セ ク シ ョ ン 11.5.14 (214 ページ)
0x4000 7000 - 0x4000 73FF
電源制御 PWR
セ ク シ ョ ン 4.4.3 (62 ページ)
0x4000 6C00 - 0x4000 6FFF
バ ッ ク ア ッ プ ・ レジス タ
BKP
セ ク シ ョ ン 5.4.5 (69 ページ)
0x4000 6800 - 0x4000 6BFF
予約済み
0x4000 6400 - 0x4000 67FF
bxCAN
0x4000 6000 - 0x4000 63FF
USB/CAN 共用 SRAM
512bytes
0x4000 5C00 - 0x4000 5FFF
USB レ ジス タ
セ ク シ ョ ン 20.5.4 (518 ページ)
0x4000 5800 - 0x4000 5BFF
I2C2
セ ク シ ョ ン 23.6.10 (636 ページ)
0x4000 5400 - 0x4000 57FF
I2C1
セ ク シ ョ ン 23.6.10 (636 ページ)
0x4000 5000 - 0x4000 53FF
UART5
セ ク シ ョ ン 24.6.8 (678 ページ)
0x4000 4C00 - 0x4000 4FFF
UART4
セ ク シ ョ ン 24.6.8 (678 ページ)
0x4000 4800 - 0x4000 4BFF
USART3
セ ク シ ョ ン 24.6.8 (678 ページ)
0x4000 4400 - 0x4000 47FF
USART2
0x4000 4000 - 0x4000 3FFF
予約済み
0x4000 3C00 - 0x4000 3FFF
SPI3/I2S
セ ク シ ョ ン 22.5 (594 ページ)
0x4000 3800 - 0x4000 3BFF
SPI2/I2S
セ ク シ ョ ン 22.5 (594 ページ)
0x4000 3400 - 0x4000 37FF
Reserved
0x4000 3000 - 0x4000 33FF
独立型ウ ォ ッ チ ド ッ グ
IWDG
セ ク シ ョ ン 16.4.5 (372 ページ)
0x4000 2C00 - 0x4000 2FFF
Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ
グ WWDG
セ ク シ ョ ン 17.6.4 (379 ページ)
0x4000 2800 - 0x4000 2BFF
RTC
セ ク シ ョ ン 15.4.7 (366 ページ)
0x4000 1800 - 0x4000 27FF
予約済み
0x4000 1400 - 0x4000 17FF
TIM7 タ イ マ
セ ク シ ョ ン 14.4.9 (353 ページ)
0x4000 1000 - 0x4000 13FF
TIM6 タ イ マ
セ ク シ ョ ン 14.4.9 (353 ページ)
0x4000 0C00 - 0x4000 0FFF
TIM5 タ イ マ
セ ク シ ョ ン 13.4.19 (340 ページ)
0x4000 0800 - 0x4000 0BFF
TIM4 タ イ マ
セ ク シ ョ ン 13.4.19 (340 ページ)
0x4000 0400 - 0x4000 07FF
TIM3 タ イ マ
セ ク シ ョ ン 13.4.19 (340 ページ)
0x4000 0000 - 0x4000 03FF
TIM2 タ イ マ
セ ク シ ョ ン 13.4.19 (340 ページ)
Rev 5 -日本語版
セ ク シ ョ ン 21.6.5 (564 ページ)
APB1
セ ク シ ョ ン 24.6.8 (678 ページ)
37/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
2.3.2
RM0008
内蔵 SRAM
STM32F10xxx は 64Kbytes の SRAM を搭載 し ています。 SRAM は、 バイ ト 、 ハー フ ワー ド
(16bit)、 フ ルワー ド (32bit) に よ る ア ク セスが可能で、 そのア ド レ スは 0x2000 0000 か ら
始ま り ます。
2.3.3
ビ ッ ト ・ バンデ ィ ン グ
CortexTM-M3 の メ モ リ ・ マ ッ プには 2 つのビ ッ ト バン ド ・ ド メ イ ンが組込まれています。
こ れ ら の ド メ イ ン では、 メ モ リ のエ イ リ ア ス ・ ド メ イ ンの各ワー ド を メ モ リ のビ ッ ト バン
ド ・ ド メ イ ンのビ ッ ト に配置 し ています。 エ イ リ ア ス ・ ド メ イ ンのワー ド への書込みは、
ビ ッ ト バン ド ・ ド メ イ ンの対象ビ ッ ト に読込み / モデ ィ フ ァ イ / 書込み動作で ア ク セスす
る こ と と 同 じ 効果を も ち ます。
STM32F10xxx では、 周辺回路のレ ジ ス タ も SRAM ド メ イ ン と 同 じ ビ ッ ト バン ド ・ ド メ イ ン
にマ ッ ピ ン グ さ れています。 こ れに よ り 、 ビ ッ ト バン ド ・ ド メ イ ンの書込み ・ 読出 し 操作
を同 じ よ う に実行する こ と がで き ます。
マ ッ ピ ン グの計算式は、 ビ ッ ト バン ド ・ ド メ イ ンの対象ビ ッ ト がどのよ う にエ イ リ ア ス ・
ド メ イ ンのワー ド に対応 さ せ られるかを示 し ています。 こ の式は、
bit_word_addr = bit_band_base + (byte_offset x 32) + (bit_number - 4 )
こ こ で、
bit_word_addr は対象ビ ッ ト に対応 さ せら れる エ イ リ ア ス ・ ド メ イ ンのワー ド のア ド レ
ス です。
bit_band_base はエ イ リ ア ス ・ ド メ イ ンの開始ア ド レ スです。
byte_offset は対象ビ ッ ト を含む、 ビ ッ ト バン ド ・ ド メ イ ン内のバイ ト のオ フ セ ッ ト 値
です。
bit_number は対象ビ ッ ト のビ ッ ト 位置 (0-7) です。
例:
以下の例は SRAM ア ド レ ス 0x20000300 のバイ ト がエ イ リ ア ス ・ ド メ イ ン にどのよ う に配
置 さ れてい るかを示 し ています。
0x22006008 = 0x22000000 + (0x300*32) + (2*4).
ア ド レ ス 0x22006008 への書込みは SRAM ア ド レ ス 0x20000300 のバイ ト のビ ッ ト 2 に対 し
て読込み / モデ ィ フ ァ イ / 書込みを実行する こ と と 同 じ 効果があ り ます。
ア ド レ ス 0x22006008 の読出 し では、 SRAM ア ド レ ス 0x20000300 のバイ ト のビ ッ ト 2 の状
態が、 ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていれば 0x01 と し て、 リ セ ッ ト さ れていれば 0x00 と し て読出
し さ れます。
ビ ッ ト ・ バンデ ィ ン グの詳細に関 し ては、 CortexTM-M3 テ ク ニ カル ・ リ フ ァ レ ン ス ・ マ
ニ ュ アル を参照 し て く だ さ い。
38/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
RM0008
2.3.4
内蔵 Flash メ モ リ
高機能な Flash メ モ リ ・ モ ジ ュ ールは次の特徴を も っ ています。
•
容量 512Kbyte
•
メ モ リ 構成 : Flash メ モ リ は メ イ ン ブ ロ ッ ク と 情報ブ ロ ッ ク で構成 さ れています。
-
中容量デバイ スは 16Kb × 64bits を 1Kbyte のページ 128 ページ で分割 し ます。
(表 2 を参照 )
-
大容量デバイ スでは 64 Kb × 64bits を 2Kbytes の 256 ページへ分割 し ます。
(表 3 を参照)
-
情報ブ ロ ッ ク は 258 × 64bits で、 2Kbytes と 16bytes の 2 つのページに分割 し ま
す。 (表 2 を参照)
Flash メ モ リ ・ イ ン タ フ ェ ース (ELITF) は次の機能を持 っ ています。
•
プ リ フ ェ ッ チ ・ バ ッ フ ァ を持つ読込みイ ン タ フ ェ ース (2 x 64bit ワー ド )
•
オプ シ ョ ンバイ ト ・ ローダ
•
Flash プ ロ グ ラ ム書込み / 消去操作
•
読込み / 書込み禁止機能
表 2.
Flash モ ジ ュ ールの構成 (中容量デバイ ス)
ブロ ッ ク
メ イン ・ メモリ
情報ブ ロ ッ ク
Flash メ モ リ ・
イ ン タ フ ェ ース ・
レジス タ
名称
ア ド レス
サイ ズ (bytes)
ページ 0
0x0800 0000 - 0x0800 03FF
1 Kbyte
ページ 1
0x0800 0400 - 0x0800 07FF
1 Kbyte
ページ 2
0x0800 0800 - 0x0800 0BFF
1 Kbyte
ページ 3
0x0800 0C00 - 0x0800 0FFF
1 Kbyte
ページ 4
0x0800 1000 - 0x0800 13FF
1 Kbyte
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ページ 127
0x0801 FC00 - 0x0801 FFFF
1 Kbyte
シ ス テム ・ メ モ リ
0x1FFF F000 - 0x1FFF F7FF
2 Kbytes
オプ シ ョ ン ・ バイ ト
0x1FFF F800 - 0x1FFF F80F
16
FLASH_ACR
0x4002 2000 - 0x4002 2003
4
FLASH_KEYR
0x4002 2004 - 0x4002 2007
4
FLASH_OPTKEYR
0x4002 2008 - 0x4002 200B
4
FLASH_SR
0x4002 200C - 0x4002 200F
4
FLASH_CR
0x4002 2010 - 0x4002 2013
4
FLASH_AR
0x4002 2014 - 0x4002 2017
4
予約済み
0x4002 2018 - 0x4002 201B
4
FLASH_OBR
0x4002 201C - 0x4002 201F
4
FLASH_WRPR
0x4002 2020 - 0x4002 2023
4
Rev 5 -日本語版
39/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
表 3.
RM0008
Flash モ ジ ュ ールの構成 (大容量デバイ ス)
ブロ ッ ク
メ イン ・ ブロ ッ ク
情報ブ ロ ッ ク
Flash メ モ リ ・
イ ン タ フ ェ ース ・
レジス タ
注意 :
40/720
名称
ア ド レス
サイ ズ (bytes)
ページ 0
0x0800 0000 - 0x0800 07FF
2 Kbytes
ページ 1
0x0800 0800 - 0x0800 0FFF
2 Kbytes
ページ 2
0x0800 1000 - 0x0800 17FF
2 Kbytes
ページ 3
0x0800 1800 - 0x0800 1FFF
2 Kbytes
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ページ 255
0x0807 F800 - 0x0807 FFFF
2 Kbytes
シ ス テム ・ メ モ リ
0x1FFF F000 - 0x1FFF F7FF
2 Kbytes
オプ シ ョ ン ・ バイ ト
0x1FFF F800 - 0x1FFF F80F
16
FLASH_ACR
0x4002 2000 - 0x4002 2003
4
FLASH_KEYR
0x4002 2004 - 0x4002 2007
4
FLASH_OPTKEYR
0x4002 2008 - 0x4002 200B
4
FLASH_SR
0x4002 200C - 0x4002 200F
4
FLASH_CR
0x4002 2010 - 0x4002 2013
4
FLASH_AR
0x4002 2014 - 0x4002 2017
4
予約済み
0x4002 2018 - 0x4002 201B
4
FLASH_OBR
0x4002 201C - 0x4002 201F
4
FLASH_WRPR
0x4002 2020 - 0x4002 2023
4
Flash メ モ リ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ レ ジ ス タ の詳細は、 STM32F10xxx Flash プ ログ ラ ミ ン グマ
ニ ュ アルを参照 し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
RM0008
Flash メ モ リ の読出 し
Flash メ モ リ の操作やデー タ ・ ア ク セスは AHB バス を経由 し て行われます。 ICode バス を
通 し ての命令語 フ ェ ッ チでは、 プ リ フ ェ ッ チ回路が使用 さ れます。 ア ク セス競合の管理は
Flash メ モ リ ・ イ ン タ フ ェ ース で行われ、 DCode バス を経由するデー タ ・ ア ク セスが最 も
優先 さ れます。
Flash メ モ リ の読出 し の際には、 次のオプ シ ョ ンが指定で き ます。
注意 :
•
遅延 : 読込みア ク セスの際のウ ェ イ ト ・ ス テー ト 数は on-the-fly で プ ロ グ ラ ム設定が
で き ます。
•
プ リ フ ェ ッ チ ・ バ ッ フ ァ (2 x 64bit ブ ロ ッ ク) : こ の機能は、 リ セ ッ ト 後に イ ネーブル
する こ と が出来ます。 ブ ロ ッ ク ・ サイ ズが Flash メ モ リ のバン ド 幅に適合する よ う に、
全体のブ ロ ッ ク は Flash メ モ リ か ら 一回の読込みで置き換え る こ と が出来ます。 プ リ
フ ェ ッ チ ・ バ ッ フ ァ があ る ため、 CPU がプ リ フ ェ ッ チ ・ バ ッ フ ァ です ぐ に利用で き
る、 次のワー ド で一度に一つのワー ド を フ ェ ッ チする ため、 よ り 高速な CPU 動作を
行 う こ と が出来ます。
•
ハー フ ・ サイ ク ル : 消費電力 と の関連で決める こ と が出来ます。
1
これらのオプ シ ョ ンは Flash メ モ リ のア ク セス タ イム と の兼ね合いで選択 さ れます。 ウ ェ
イ ト ・ ス テー ト は Flash メ モ リ ・ ア ク セス タ イムに対する SYSCLK (シス テム ・ ク ロ ッ ク)
周期の比率を表 し ます。
0 < SYSCLK ≦ 24 MHz の場合、 ゼロウ ェ イ ト ・ ス テー ト
24 MHz < SYSCLK ≦ 48 MHz の場合、 1 ウ ェ イ ト ・ ス テー ト
48 MHz < SYSCLK ≦ 72 MHz の場合、 2 ウ ェ イ ト ・ ス テー ト
2
ハー フサイ クルの構成は AHB 上のプ リ スケー ラ と 同時に利用する こ と はで き ません。 シ
ス テム ・ ク ロ ッ ク (SYSCLK) は HCLK ク ロ ッ ク と 同 じ にする必要があ り ます。 このため、
この機能は 8 MHz 以下の低周波数ク ロ ッ クのみで使用 さ れます。 また、 ク ロ ッ クは HSI も
し く は HSE から生成 さ れ、 PLL からは生成 さ れません。
3
AHB ク ロ ッ ク では 1 と 異な る プ リ スケー ラ を使用する場合、 プ リ フ ェ ッ チ ・ バ ッ フ ァ は維
持 さ れる必要があ り ます。
4
プ リ フ ェ ッ チ ・ バ ッ フ ァ は SYSCLK が 24MHz よ り 低い と きのみ、 オン / オ フ し なければ
な り ません。 プ リ フ ェ ッ チ ・ バ ッ フ ァ は、 通常初期化ルーチ ン でマ イ ク ロ コ ン ト ロー ラが
内部 8MHzRC (HSI) オシ レー タ で動作中にオン / オ フ さ れます。
5
DMA の利用 : DMA 回路は DCode バス を経由 し て Flash メ モ リ にア ク セス し てお り 、 ICode
からのア ク セス よ り 優先 さ れます。 DMA では、 各転送動作のあ と に 1 サイ クル分の空き時
間がおかれる よ う 制御 し ています。 い く つかの命令語は DMA 転送 と 同時に実行 さ れます。
Flash メ モ リ の書込み と 消去
Flash メ モ リ は一度に 16bit (ハー フ ・ ワー ド ) ずつ書込まれます。
Flash メ モ リ の消去はページ単位か、 も し く は Flash メ モ リ 全体に対 し て (全体消去) 実行
さ れます。 全体消去の場合で も、 情報ブ ロ ッ クは消去 さ れません。
正確な Flash 書込み時間を維持する ため、 Flash 書込み / 消去 コ ン ト ロー ラ には固定 さ れた
の ク ロ ッ クが供給 さ れています。
デー タ 書込みや消去の終了時に割込み リ ク エ ス ト を発生 さ せる こ と がで き ます。 FLITF ク
ロ ッ ク がイ ネーブルの場合は、 こ の割込み ト リ ガで WFI モー ド か ら 終了する こ と がで き ま
す。 FLITF ク ロ ッ クがデ ィ セーブルの と き には WFI モー ド か ら 終了 し た後に割込み処理動
作が行われます。
注意 :
Flash メ モ リ 動作 と レ ジ ス タ 設定についての詳細は、 STM32F10xxx Flash プ ログ ラ ミ ングマ
ニ ュ アルを参照 し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
41/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
2.4
RM0008
ブー ト 構成
STM32F10xxx では 3 種のブー ト 動作が可能で、 次の 表 4 のよ う に BOOT[1:0] ピ ン に よ っ
て選択で き ます。
表 4.
ブート ・ モード
ブー ト ・ モー ド 選択
ピン
ブー ト ・ モー ド
摘要
BOOT1
BOOT0
x
0
メ イ ン Flash メ モ リ
メ イ ン Flash メ モ リ から ブー ト が行われます。
0
1
シ ス テム ・ メ モ リ
シ ス テム ・ メ モ リ から ブー ト が行われます。
1
1
内蔵 SRAM
内蔵 SRAM から ブー ト が行われます。
ブー ト ・ モー ド で指定 さ れた物理 メ モ リ は Block 000 (ブー ト ・ メ モ リ ) に割付け られま
す。 BOOT ピ ンの状態は 、 リ セ ッ ト 後 SYSCLK の 4 番目の立上が り エ ッ ジ で ラ ッ チ さ れま
す。 ユーザは リ セ ッ ト 後のブー ト ・ モー ド を指定する ために BOOT1 と BOOT0 ピ ン に必要
な設定をする必要があ り ます。
BOOT ピ ンは STANDBY モー ド を終了する場合に もサン プル さ れます。 し たが っ て、 こ れ
らのピ ンは STANDBY モー ド の中で必要 と さ れる ブー ト ・ モー ド を指示する よ う 、 信号レ
ベルが維持する必要があ り ます。
ブー ト ・ メ モ リ 空間に割 り 当て ら れている関連する メ モ リ (Flash メ モ リ も し く は SRAM
メ モ リ ) は、 同時に、 メ モ リ と し ての通常のア ド レ スか ら も ア ク セスが可能です。
起動時、 所定の時間が経過 し た後、 ブー ト ・ メ モ リ の最下位ア ド レ ス 0x0000 0000 か ら
CPU の命令実行が始ま り ます。
内蔵ブー ト ローダ
内蔵ブー ト ローダは USART1 シ リ アル ・ イ ン タ フ ェ ースに よ り 、 Flash メ モ リ を再プ ロ グ
ラ ムする ために使われます。 こ のプ ロ グ ラ ムは ST に よ り 生産時にプ ロ グ ラ ム さ れ、 シ ス
テム ・ メ モ リ に配置 さ れます。 詳細については AN2606 を参照 し て く だ さ い。
42/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
メ モ リ と バスの構成
RM0008
Rev 5 -日本語版
43/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
CRC 計算ユニ ッ ト
3
RM0008
CRC 計算ユニ ッ ト
Flash メ モ リ 容量が 32 ~ 128Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト ロー
ラは、 中容量デバイ ス です。
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 大容量デバイ ス です。
こ のセ ク シ ョ ンは、 注意書きがない限 り 、 STM32F10xxx フ ァ ミ リ 全てに適応 さ れます。
3.1
概要
CRC (Cyclic Redundancy Check) 計算ユニ ッ ト は、 32bit デー タ ワー ド と 決め ら れた生成多
項式か ら CRC コ ー ド を取得 し ます。
他のア プ リ ケーシ ョ ンの中で も、 CRC ベースのテ ク ニ ッ クはデー タ 転送やス ト レ ージの整
合性を実証する ために用い ら れます。 EN/IEC60335-1 標準の中で、 Flash メ モ リ の整合性を
実証する こ と が挙げ ら れています。 リ ン ク 時に生成 さ れ、 与え られた メ モ リ ・ ロ ケーシ ョ
ン上に保存 さ れた リ フ ァ レ ン ス符号 と 比較する ために、 CRC 計算ユニ ッ ト は、 ラ ン タ イ ム
時に ソ フ ト ウ ェ アの符号計算を支援 し ます。
3.2
主な機能
•
CRC-32 (Ethernet) 多項式 : 0x4C11DB7 を使用
–
X32 + X26 + X23 + X22 + X16 + X12 + X11 + X10 +X8 + X7 + X5 + X4 + X2+ X +1
•
シ ン グル入力 / 出力 32bit デー タ ・ レ ジ ス タ
•
CRC の計算は 4 AHB ク ロ ッ ク ・ サイ クル (HCLK) で完了
•
汎用 8bit レ ジ ス タ (テ ンポ ラ リ ・ ス ト レージ と し て利用可能)
図 3 にブ ロ ッ ク図を示 し ます。
図 3.
CRC 計算ユニ ッ ト ・ ブ ロ ッ ク 図
AHB バス
32bit(読込みアクセス)
データレジスタ
(出力)
CRCの計算(多項式:0x4C11DB7)
(書込みアクセス)
32bit
データレジスタ
(入力)
ai14968
44/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
CRC 計算ユニ ッ ト
RM0008
3.3
CRC 機能詳細
CRC 計算ユニットは、 主に次のような 1 つの 32bit データ ・ レジスタから構成されています。
•
CRC 計算機に新たなデー タ を入力する (レ ジ ス タ へ書込みする場合) 入力レ ジ ス タ と
し て使用
•
前の CRC 計算結果を保持 (レ ジ ス タ を読込みする場合)
デー タ ・ レ ジ ス タ への各書込みオペ レ ーシ ョ ンは、 前の CRC 値 と 新たな値 (CRC 計算は
32bit デー タ ・ ワー ド 単位で行われ、 バイ ト 毎ではあ り ません。) の組み合わせを作 り ます。
CPU は処理の間は停止しているため、 ソフトウェア ・ ウェイト ・ サイクルを挿入せずに、 backto-back の書込みアクセスや、 連続した書込みと読込みアクセスを可能にします。
CRC 計算機は、 CRC_CR レ ジ ス タ の RESET 制御ビ ッ ト で、 FFFF FFFFh に リ セ ッ ト する こ
と が出来ます。 こ のオペ レーシ ョ ンは CRC_IDR レ ジ ス タ の内容に影響 し ません。
3.4
CRC レ ジ ス タ
CRC 計算ユニ ッ ト には、 2 つのデー タ ・ レ ジ ス タ と 制御レ ジ ス タ か ら 構成 さ れています。
3.4.1
デー タ ・ レ ジ ス タ (CRC_DR)
ア ド レ ス ・ オ フ セ ッ ト : 0x00
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
DR [31:16]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
DR [15:0]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:0 デー タ ・ レ ジス タ ・ ビ ッ ト
新たなデー タ を CRC 計算機に書込む時に入力レ ジ ス タ と し て使います。
読込み時は、 前の CRC 計算結果を保持 し ています。
Rev 5 -日本語版
45/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
CRC 計算ユニ ッ ト
3.4.2
RM0008
独立型デー タ ・ レ ジ ス タ (CRC_IDR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x04
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
予約済み
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
予約済み
-
-
Bits 31:8
-
-
-
IDR[7:0]
-
-
-
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
Bits 7:0 汎用 8bit デー タ ・ レ ジス タ ・ ビ ッ ト
1 バイ ト のテ ンポ ラ リ ス ト レージ と し て使 う 事が出来ます。
こ のレ ジ ス タ は、 CRC_CR レ ジ ス タ の RESET ビ ッ ト によ り 生成 さ れる CRC リ セ ッ ト の影響を受
けません。
3.4.3
制御レ ジ ス タ (CRC_CR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x08
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
予約済み
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
予約済み
-
-
Bits 31:1
-
-
-
-
-
-
RESET
-
-
-
-
-
-
-
w
予約済み
Bits 0 RESET ビ ッ ト
CRC 計算ユニ ッ ト を リ セ ッ ト し 、 デー タ ・ レ ジス タ を FFFF FFFFh にセ ッ ト し ます。
こ のビ ッ ト はセ ッ ト のみで、 ハー ド ウ ェ アによ り 自動的に ク リ ア さ れます。
46/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
CRC 計算ユニ ッ ト
RM0008
3.4.4
CRC レ ジ ス タ ・ マ ッ プ
次のテーブルは、 CRC レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 値を示 し ます。
表 5.
CRC 計算ユニ ッ ト -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 値
オフ
セッ ト
レジス タ
0x00
CRC_DR
リセッ ト値
0x04
CRC_IDR
リセッ ト値
0x08
CRC_CR
リセッ ト値
31-24
23-16
15-8
7
6
5
4
3
2
1
0
デー タ ・ レ ジ ス タ
0xFFFF FFFF
独立型デー タ ・ レ ジ ス タ
0x00
予約済み
予約済み
Rev 5 -日本語版
予約済み
0
RESET
0
47/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
4
RM0008
電源制御 (PWR)
Flash メ モ リ 容量が 32 ~ 128Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 中容量デバイ スです。
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 大容量デバイ スです。
こ のセ ク シ ョ ンは、 注意書きがない限 り 、 STM32F10xxx フ ァ ミ リ 全てに適応 さ れます。
4.1
電源供給
こ のデバイ スは 2.0 ~ 3.6 V の VDD 電源供給を必要 と し ます。 内部の 1.8 V デジ タ ル電源
を供給する ために、 レギ ュ レ ー タ が搭載 さ れています。
リ アル タ イ ム ・ ク ロ ッ ク (RTC) と バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ の電源は、 主電源 VDD がオ フ
の時には VBAT か ら 供給 さ れます。
図 4.
電源系の概要
VDDA ド メ イ ン
(VSSA) VREF(2.4 V から VDDA まで ) VREF+
A/D コ ンバー タ
温度センサ
リ セ ッ ト ・ブ ロ ッ ク
PLL
(VDD) VDDA
(VSS) VSSA
VDD ドメイン
1.8 V ドメイン
I/O リング
VSS
STANDBY 回路
( ウェークアップ
ロジック、
IWDG)
VDD
コア
メモリ
デジタル
ペリフェラル
電圧レギュレータ
電圧低下検出
バックアップ・ドメイン
VBAT
注意 :
48/681
1
LSE ク リ ス タ ル 32k osc
BKP レジスタ
RCC BDCR レジスタ
RTC
VDDA と VSSA はそれぞれ VDD と VSS へ接続する必要があ り ます。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
RM0008
4.1.1
独立 し た A/D コ ンバー タ 電源 と 参照電圧
AD 変換の精度を向上 さ せる ため、 ADC には独立 し た電源が供給 さ れます。 こ の電源回路
には フ ィ ル タ やシール ド を内蔵 し てい る ため、 PCB 上の ノ イ ズを防ぐ こ と がで き ます。
•
ADC 電源の入力は他 と 分離 し た VDDA ピ ンから 供給 さ れます。
•
ADC 電源のグ ラ ン ド は、 独立 し た VSSA ピ ン と し て引出 さ れています。
パッケージにより VREF- は、 VSSA に接続する必要があります。
100 ピ ン及び 144 ピ ンのパ ッ ケージ
高精度を維持 し 入力電圧を低 く 保つため、 独自の外部参照電圧を ADC の VREF+ 及び VREF. に接続する こ と がで き ます。 VREF+ の電圧は 2.4V か ら VDDA の範囲にな り ます。
64 ピ ンのパ ッ ケージ
VREF+ と VREF- は提供 さ れていません。 こ れ らはチ ッ プ内で ADC 電源 (VDDA) 及びグ ラ ン
ド (VSSA) と 接続 さ れています。
4.1.2
バッ テ リ ・ バッ クア ッ プ ・ ド メ イン
VDD がオ フ の と き にバ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ の内容を保持するの と RTC の機能を提供す
る ため、 VBAT ピ ン を電池な どの待機電源に よ り 提供 さ れる オプ シ ョ ンの STANDBY 電源
に接続する こ と がで き ます。
VBAT ピ ンか ら は RTC 回路に も 電源供給 さ れてお り 、 LSE オシ レ ー タ と PC13 ~ 15 の入出
力は メ イ ンのデジ タ ル電源 (VDD ) がオ フの間 も RTC が動作 し つづけ る こ と がで き ます。
VBAT 電源への切替えは リ セ ッ ト ブ ロ ッ ク に組込まれてい るパワー ・ ダウ ン ・ リ セ ッ ト 回
路に よ っ て行われます。
要注意 :
VDD ス タ ー ト 時の過渡時間 tRSTTEMPO の間、 VBAT/VDD の電源ス
イ ッ チは VBAT 側に接続 さ れています。 VDD の立上が り が早 く 、
こ の時間内に所定の電圧に達する場合には、 VBAT が VDD-0.6V よ
り 低 く な る と VDD と VBAT の間のダ イ オー ド を通 し て VBAT に電
流が流入 し ます。 tRSTTEMPO の値に関 し てはデー タ シー ト を参照
し て く だ さ い。
外部バ ッ テ リ が使用 さ れないア プ リ ケーシ ョ ン では、 VBAT はチ ッ プ外で 100 n F の外部セ
ラ ミ ッ ク 安定化 コ ンデンサを経由 し て VDD と 接続 し ます。 (詳細は AN2586 を参照)
バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ンが VDD (アナ ロ グス イ ッ チ を VDD へ接続) に よ っ て供給を受けて
い る場合には次の機能が利用で き ます。
注意 :
•
PC14 と PC15 は GPIO あ る いは LSE ピ ン と し て使 う こ と がで き ます
•
PC13 は GPIO、 TAMPER ピ ン、 RTC 較正 ク ロ ッ ク、 RTC ア ラ ームまたは第二出力 と し
て使 う こ と がで き ます ( セ ク シ ョ ン 5: バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジス タ (BKP) (63 ページ)
を参照)
ス イ ッ チに流す こ と がで き る電流の量は限られているので (3mA)、 GPIO の PC13 から
PC15 の利用は限られ、 同時に 1 つの出力のみ使用する こ と が出来ます。 最大負荷 30 p F
時の最大速度は 2MHz で、 こ れらの入出力は電流ソ ース と し て使 う こ と はで き ません。
50 p F 負荷で 3.6V の平均消費電流は、 2MHz で 0.4mA です。
Rev 5 -日本語版
49/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
RM0008
バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ンが VBAT (VDD は存在 し ないので アナ ロ グス イ ッ チは VBAT へ接
続) に よ っ て供給を う けてい る場合には、 次の機能が利用で き ます。
4.1.3
•
PC14 と PC15 は LSE ピ ン と し てのみ使 う こ と がで き ます。
•
PC13 は TAMPER ピ ン、 RTC ア ラ ームまたは第二出力 と し て使 う こ と がで き ます。 ( セ
ク シ ョ ン 5.4.2: RTC ク ロ ッ ク較正レ ジス タ (BKP_RTCCR) (66 ページ) を参照)
電圧レギ ュ レー タ
リ セ ッ ト 後、 電圧レギ ュ レ ー タ は常に動作状態 と な り 、 ア プ リ ケーシ ョ ンの状態に応 じ て
3 種類のモー ド で動作 し ます。
•
Run モー ド : レ ギ ュ レ ー タ は 1.8 V ド メ イ ン ( コ ア、 メ モ リ 、 デジ タ ルペ リ フ ェ ラ ル回
路) に全電力を供給 し ます。
•
STOP モー ド : レギ ュ レー タ は 1.8 V ド メ イ ン に対 し て、 レ ジ ス タ や SRAM の内容を
保持で き る、 限定 さ れた電力を供給 し ます。
•
STANDBY モー ド : レギ ュ レー タ はパワー ・ オ フ状態です。 STANDBY 回路 と バ ッ ク
ア ッ プ ・ ド メ イ ン以外のレ ジ ス タ や SRAM の内容は失われます。
4.2
電源供給管理
4.2.1
パワー ・ オ ン・ リ セ ッ ト (POR)/ パワー ・ ダウン・ リ セ ッ ト (PDR)
こ のデバイ スには、 電源電圧が 2 V を超え、 も し く は低下 し た と き に必要な動作を行わせ
る ための、 POR/PDR 回路が搭載 さ れています。
デバイ スは VDD / VDDA が所定のス レ ッ シ ョ ル ド (VPOR/PDR) を下回 っ ている間は、 外部の
リ セ ッ ト 回路を必要 と せずに、 リ セ ッ ト ・ モー ド を維持する こ と がで き ます。 POR/PDR
閾値に関 し ては、 デー タ シー ト の電気特性の項を ご参照 く だ さ い。
図 5.
パワー ・ オ ン ・ リ セ ッ ト / パワー ・ ダウ ン ・ リ セ ッ ト 波形
VDD/VDDA
POR
40 mV
ヒステリシス
PDR
遅延時間
tRSTTEMPO
リセット
50/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
RM0008
4.2.2
プ ロ グ ラ ム可能な電圧検出回路 (PVD)
電源電圧 VDD / VDDA と 電源制御レ ジ ス タ (PWR_CR) の PLS[2:0] で指定 さ れている ス レ ッ
シ ョ ル ド を比べる ために PVD を利用する こ と がで き ます。
PVD は PVDE ビ ッ ト を セ ッ ト する と き に有効 と な り ます。
電源制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (PWR_CSR) の PVDO フ ラ グは電源電圧 VDD / VDDA が
PVD ス レ ッ シ ョ ル ド よ り 高いか、 低いかを示 し ます。 こ の状態はイ ベ ン ト と し て EXTI の
ラ イ ン 16 に接続 さ れてお り 、 EXTI レ ジ ス タ で許可状態であれば、 割込み リ ク エ ス ト を生
成 し ます。 VDD / VDDA が電圧ス レ ッ シ ョ ル ド を上回る場合に リ ク エ ス ト が生成するか、 下
回る と き に リ ク エ ス ト が生成するかは、 EXTI ラ イ ン 16 で割込み リ ク エ ス ト が発生する信
号エ ッ ジの設定で決ま り ます。 こ れを利用 し て、 サービ ス ・ ルーチ ン で緊急停止処理を行
わせる こ と な どがで き ます。
図 6.
PVD ス レ ッ シ ョ ル ド
VDD/VDDA
PVD スレッショルド
100 mV
ヒステリシス
PVD 出力
Rev 5 -日本語版
51/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
4.3
RM0008
低電力モー ド
標準状態では、 シ ス テム ・ リ セ ッ ト も し く は電源 リ セ ッ ト 後、 マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラは
Run モー ド の状態です。 Run モー ド では、 CPU ク ロ ッ ク と し て HCLK が使用 さ れ、 プ ロ グ
ラ ム コ ー ド が実行 さ れます。 外部か らのイ ベ ン ト 待ち な ど で CPU がプ ロ グ ラ ムの実行が
必要ない と き に、 消費電力を小 さ く する ために、 い く つかの低電力モー ド が用意 さ れてい
ます。 低電力モー ド は、 消費電力 と 、 ウ ェ ー ク ア ッ プのための最短ス タ ー ト ア ッ プ時間 と
イ ベ ン ト と の関連で選択 さ れます。
STM32F10xxx デバイ スは次の 3 種の低電力モー ド を持 っ ています。
•
SLEEP モー ド (Cortex-M3 コ ア停止、 ペ リ フ ェ ラ ルは動作継続)
•
•
STOP モー ド (すべての ク ロ ッ クが停止)
STANDBY モー ド (1.8V 系 ド メ イ ンの電源オ フ)
加えて、 Run モー ド の消費電力を低下 さ せる ために次の手段を と る こ と がで き ます。
•
シ ス テム ・ ク ロ ッ ク周波数の低減
•
使用 さ れない APB、 AHB のペ リ フ ェ ラ ル ・ ク ロ ッ クの停止
表 6.
低電力モー ド 要約
モー ド 名称
SLEEP
(Sleep-now
もし くは
Sleep-on-exit)
STOP
STANDBY
4.3.1
モー ド 遷移
イ ベン ト
ウェークア ッ プ
イ ベン ト
1.8V ド メ イ ンの
クロッ ク
WFI
割込み発生
WFE
ウェークア ッ プ
(Wake-up)
イ ベン ト
CPU CLK OFF
アナログ、 及び
他のク ロ ッ ク へ
の影響な し
PDDS 及び
LPDS ビ ッ ト +
SLEEPDEEP
ビ ッ ト + WFI
または WFE
EXTI ラ イ ン
(EXTI レ ジ ス タ
設定に依存)
PDDS ビ ッ ト
+ SLEEPDEEP
ビ ッ ト + WFI
または WFE
WKUP ピ ン立上 り
エ ッ ジ、 RTC ア
ラ ーム、 NRST ピ
ン外部 リ セ ッ ト 、
IWDG リ セ ッ ト
VDD
ド メ イン
クロッ ク
無し
電圧
レギ ュ レー タ
ON
ON も し く は
低電力モー ド
(電源制御レ
ジス タ
(PWR_CR) に
全 1.8V ド メ イ ン HSI、 HSE
ク ロ ッ ク OFF オシ レー タ よ る)
OFF
OFF
ク ロ ッ ク 周波数の低減
Run モー ド では、 プ リ スケー ラ ・ レ ジ ス タ のプ ロ グ ラ ム設定で Run モー ド のシ ス テム ・ ク
ロ ッ ク (SYSCLK、 HCLK、 PCLK1、 PCLK2) の周波数を低下 さ せる こ と がで き ます。 また、
プ リ スケー ラ を使用 し て、 SLEEP モー ド に入る前に、 ペ リ フ ェ ラルの周波数を低下 さ せて
お く こ と も で き ます。
こ の詳細は セ ク シ ョ ン 6.3.2: ク ロ ッ ク構成レ ジス タ (RCC_CFGR) を参照 し て く だ さ い。
52/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
RM0008
4.3.2
ペ リ フ ェ ラル回路のク ロ ッ ク ・ ス イ ッ チ
Run モー ド で、 個々のペ リ フ ェ ラ ル と メ モ リ に対する HCLK 及び PCLKx を任意に停止 し 、
消費電力を低減する こ と がで き ます。
SLEEP モー ド における更な る電力低減のために、 WFI 及び WFE 命令を実行する前にペ リ
フ ェ ラ ル ・ ク ロ ッ ク を停止 し てお く こ と がで き ます。
ペ リ フ ェ ラ ルの ク ロ ッ クは AHB ペ リ フ ェ ラル ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル ・ レ ジス タ
(RCC_AHBENR)、 APB1 ペ リ フ ェ ラル ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル ・ レ ジ ス タ
(RCC_APB1ENR) 及び APB2 ペ リ フ ェ ラル ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル ・ レ ジ ス タ
(RCC_APB2ENR) で制御 さ れます。
4.3.3
SLEEP モー ド
SLEEP モー ド に入るには
WFI (Wait For Interrupt) も し く は WFE (Wait for Event) 命令を実行する こ と で、 SLEEP モー
ド に入 り ます。 こ の際には、 Cortex-M3 シ ス テム制御レ ジ ス タ の SLEEPONEXIT ビ ッ ト の
設定に応 じ て、 SLEEP モー ド に入る メ カ ニズムを選択する ために 2 つのオプ シ ョ ンが利用
で き ます。
•
SLEEP-NOW: SLEEPONEXIT ビ ッ ト が ク リ ア さ れる と 、 MCU は WFI、 WFE 命令の実行
と 同時に SLEEP モー ド に入 り ます。
•
SLEEP-ON-EXIT: SLEEPONEXIT ビットがセットされている時には、 MCU は最も優先度の
低い ISR を終了した時点で SLEEP モードに入ります。
SLEEP モー ド に入る際の動作の詳細は表 7 及び表 8 を参照 し て く だ さ い。
SLEEP モー ド を終了するには
WFI 命令に よ っ て SLEEP モー ド に入 っ た時には、 ペ リ フ ェ ラ ルの割込み リ ク エ ス ト がネ
ス ト 化 さ れたベ ク タ 割込み コ ン ト ロー ラ (NVIC) で受付け られる と 、 デバイ スは SLEEP
モー ド を終了 し ます。
WFE 命令に よ り SLEEP モー ド に入 っ た場合、 イ ベン ト が発生する と 同時に MCU は
SLEEP モー ド を終了 し ます。 ペ リ フ ェ ラ ル回路の制御レ ジ ス タ で割込み リ ク エ ス ト と し て
許可 さ れお り NVIC では受付けが許可 さ れていないペ リ フ ェ ラ ル回路の割込み リ ク エ ス ト
と 、 イ ベ ン ト モー ド が指定 さ れてい る EXTI ラ イ ンか らの信号が、 こ のイ ベ ン ト と な り ま
す。
こ のモー ド は割込みの入 り 口 と 出口で余分な時間を必要 と し ないため、 ウ ェ ー ク ア ッ プ時
間は最 も 短 く な り ます。
SLEEP モー ド か らの終了の詳細は、 表 7 及び表 8 を参照 し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
53/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
RM0008
表 7.
Sleep-now
Sleep-now モー ド
詳細
モー ド 遷移
次の条件下の WFI (Wait for Interrupt) も し く は WFE (Wait for Event) 命令
- SLEEPDEEP = 0 及び
- SLEEPONEXIT = 0
CortexTM-M3 シ ス テム制御レ ジ ス タ の説明を参照
モー ド 終了
WFI 命令で SLEEP モー ド に入っ た場合、
割込み : 表 35: ベ ク タ テーブル を参照
WFE 命令で SLEEP モー ド に入っ た場合、
ウ ェ ー ク ア ッ プ (Wake-up) イ ベ ン ト : セ ク シ ョ ン 8.2.3: ウ ェ ー ク ア ッ
プ ・ イ ベン ト 管理 を参照
ウ ェ ー ク ア ッ プ時の遅延 な し
表 8.
Sleep-on-exit
Sleep-on-exit
摘要
モー ド 遷移
次の条件下の WFI (Wait for Interrupt) も し く は WFE (Wait for Event) 命令
- SLEEPDEEP = 0 及び
- SLEEPONEXIT = 1
Cortex ™ -M3 シ ス テム制御レ ジ ス タ の説明を参照
モー ド 終了
割込み : 表 35: ベ ク タ テーブル を参照
ウ ェ ー ク ア ッ プ時の遅延 な し
54/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
RM0008
4.3.4
STOP モー ド
STOP モー ド は、 Cortex-M3 のデ ィ ープ ス リ ープ (deepsleep) モー ド と ペ リ フ ェ ラル回路の
ク ロ ッ ク ・ ス イ ッ チ機能を組合わせた も のです。 電圧レ ギ ュ レ ー タ は通常モー ド か、 低電
力モー ド のいずれかです。 STOP モー ド では 1.8 V ド メ イ ンのすべての ク ロ ッ クは停止 し 、
PLL、 HSI、 HSE RC 発振回路はデ ィ セーブル状態 と な り ます。 SRAM と レ ジ ス タ の内容は
保持 さ れています。
STOP モー ド に入る には
STOP モー ド への入 り 方については表 9 を参照 し て く だ さ い。
STOP モー ド で、 消費電力を よ り 削減する には、 内蔵 さ れてい る電圧レギ ュ レ ー タ を低電
力モー ド に し ます。 こ の設定は電源制御レ ジス タ (PWR_CR) の LPDS ビ ッ ト で指定 し ます。
Flash メ モ リ の書込みが進行中の と き には、 STOP モー ド への遷移は メ モ リ ・ ア ク セスが
終了する ま で待た さ れます。
APB ド メ イ ン にア ク セス中の と き には、 STOP モー ド への遷移は APB ア ク セスが終了す
る ま で待た さ れます。
STOP モー ド では、 次の回路で、 個別の制御ビ ッ ト に よ る機能設定がで き ます。
•
独立型ウ ォ ッ チ ド ッ グ (IWDG) : IWDG の動作は、 キーレ ジ ス タ への書込み、 も し く は
ハー ド ウ ェ アの設定で開始 さ れます。 ウ ォ ッ チ ド ッ グの動作がい っ たん開始 さ れる
と 、 リ セ ッ ト 以外では停止する こ と がで き ません。 セ ク シ ョ ン 16: 独立型ウ ォ ッ チ
ド ッ グ (IWDG) の セ ク シ ョ ン 16.3 を参照 し て く だ さ い。
•
リ アル タ イム ・ ク ロ ッ ク (RTC) : こ の設定はバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジス タ
(RCC_BDCR) の RTCEN ビ ッ ト で行います。
内蔵 RC オシ レー タ (LSI RC) : こ の設定は制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (RCC_CSR)
•
の LSION ビ ッ ト で行います。
•
外部 32.768 kHz のオシ レ ー タ (LSE OSC) : こ の設定はバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ
ジス タ (RCC_BDCR) の LSEON ビ ッ ト で行います。
ADC や DAC は、 STOP モー ド に入る前にデ ィ セーブルに さ れない限 り 、 STOP モー ド の間
は電力を消費 し ます。 デ ィ セーブルする には、 ADC_CR2 レ ジ ス タ の ADON ビ ッ ト と
DAC_CR レ ジ ス タ の ENx ビ ッ ト の両方に 0 を書き込ま なければな り ません。
STOP モー ド を抜け出すには
STOP モー ド か ら抜け出す条件の詳細は表 9 を参照 し て く だ さ い。
割込み も し く はウ ェ ー ク ア ッ プ ・ イ ベ ン ト の発生で STOP モー ド を終了す場合、 HSI RC
オシ レ ー タ がシ ス テム ・ ク ロ ッ ク と し て選択 さ れます。
電圧レ ギ ュ レー タ が低電力モー ド の時には、 STOP モー ド か ら のウ ェ ー ク ア ッ プの際に余
分なス タ ー ト ア ッ プ時間を必要 と し ます。 STOP モー ド の間 も 内蔵レ ギ ュ レ ー タ を オ ン状
態に保つ こ と で、 消費電力は増加 し ますがウ ェ ー ク ア ッ プに要する時間は短縮 さ れます。
Rev 5 -日本語版
55/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
表 9.
RM0008
STOP モー ド
STOP モー ド
4.3.5
摘要
モー ド 遷移
次の条件下の WFI (Wait for Interrupt) も し く は WFE (Wait for Event) 命令
- CortexTM-M3 シ ス テム制御レ ジ ス タ の SLEEPDEEPbit を セ ッ ト
- 電力制御レ ジ ス タ (PWR_CR) の PDDS bit を ク リ ア
- PWR_CR レ ジ ス タ の LPDS ビ ッ ト で電圧レギ ュ レー タ のモー ド を選択 さ
れている
注 : STOP モー ド に入るには、 EXTI ラ イ ンのペ ンデ ィ ングビ ッ ト ( ペン
デ ィ ング ・ レ ジス タ (EXTI_PR)) すべて と RTC ア ラ ーム フ ラ グは リ セ ッ ト
する必要があ り ます。 リ セ ッ ト し ない場合、 STOP モー ド に入る手順は無
視 さ れ、 プ ログ ラ ムの実行が続け られます。
モー ド 終了
WFI 命令で STOP モー ド に入っ た場合、
割込みモー ド に設定 さ れている任意の EXTI ラ イ ン (対応する割込みベ
ク タ が NVIC で有効 と さ れてい る ラ イ ン)。 表 35: ベ ク タ テーブル (130
ページ) を参照
WFE 命令で STOP モー ド に入っ た場合、
イ ベン ト モー ド に設定 さ れている任意の EXTI ラ イ ン。 セ ク シ ョ ン 8.2.3:
ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ イ ベン ト 管理 (135 ページ) を参照
ウ ェ ー ク ア ッ プ時の
遅延
HSI RC ウ ェ ー ク ア ッ プ時間 + 低電力モー ド から の通常起動時間
STANDBY モー ド
STANDBY モー ド では消費電力を最 も 少な く で き ます。 こ のモー ド は電圧レギ ュ レ ー タ が
デ ィ セーブルで CortexTM-M3 のデ ィ ープ ス リ ープ (deepsleep) モー ド で 1.8 V ド メ イ ン も電
源オ フ 状態 と な り ます。 また、 PLL、 HSI オシ レー タ 及び HSE オシ レ ー タ も オ フ 状態 と さ
れます。 SRAM と レ ジ ス タ の内容はバ ッ ク ア ッ プ ド メ イ ンのレ ジ ス タ と STANDBY 回路
(図 4 参照) を除いて失われます。
STANDBY モー ド に入るには
STANDBY モー ド への入 り 方については表 10 を参照 し て く だ さ い。
STANDBY モー ド では次の回路で、 個別の制御ビ ッ ト に よ る機能設定がで き ます。
56/681
•
独立型ウ ォ ッ チ ド ッ グ (IWDG): IWDG の動作は、 キーレ ジ ス タ への書込み、 も し く は
ハー ド ウ ェ アの設定で開始 さ れます。 ウ ォ ッ チ ド ッ グの動作がい っ たん開始 さ れる
と 、 リ セ ッ ト 以外では停止する こ と がで き ません。 セ ク シ ョ ン 16: 独立型ウ ォ ッ チ
ド ッ グ (IWDG) の セ ク シ ョ ン 16.3 を参照 し て く だ さ い。
•
リ アル タ イム ・ ク ロ ッ ク (RTC) : こ れはバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン ・ レ ジ ス タ
(RCC_BDCR) の RTCEN ビ ッ ト で設定 さ れます。
•
内蔵 RC オシ レー タ (LSI RC) : こ れは制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (RCC_CSR) の
LSION ビ ッ ト で設定 さ れます。
•
外部 32.768 kHz オシ レ ー タ (LSE OSC) : こ れはバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジ ス タ
(RCC_BDCR) レ ジ ス タ の LSEON ビ ッ ト で設定 さ れます。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
RM0008
STANDBY モー ド の終了
マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ は 外部 リ セ ッ ト (NRST ピ ン)、 IWDG リ セ ッ ト 、 WKUP ピ ン信号の
立上が り エ ッ ジ、 も し く は RTC ア ラ ームのいずれかの発生で、 STANDBY モー ド を終了 し
ます。 電源制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (PWR_CSR) を除 く すべてのレ ジ ス タ は、
STANDBY モー ド か らの起動時に リ セ ッ ト さ れます。
STANDBY モー ド か らのウ ェ ー ク ア ッ プ後、 プ ロ グ ラ ムは リ セ ッ ト 直後 と 同様に (ブー ト
ピ ン信号のサン プル、 リ セ ッ ト ・ ベ ク タ の フ ェ ッ チ、 な ど) 開始 さ れます。 電源制御 / ス
テー タ ス ・ レ ジ ス タ (PWR_CSR) の SBF ス テー タ ス ・ フ ラ グは、 MCU が STANDBY モー ド
か否かを示 し ます。
STANDBY モー ド か ら抜け出す条件の詳細は表 10 を参照 し て く だ さ い。
表 10.
STANDBY モー ド
STANDBY モー ド
摘要
モー ド 遷移
次の条件下の WFI (Wait for Interrupt) も し く は WFE (Wait for Event) 命令
- Cortex ™ -M3 シ ス テム制御レ ジ ス タ の SLEEPDEEPbit を セ ッ ト
- 電力制御レ ジ ス タ (PWR_CR) の PDDSbit を セ ッ ト
- 電力制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (PWR_CSR) の WUFbit を ク リ ア
モー ド 終了
WKUP ピ ン信号の立上が り エ ッ ジ、 RTC ア ラ ーム、
NRST ピ ンの外部 リ セ ッ ト 信号、 IWDG リ セ ッ ト
ウ ェ ー ク ア ッ プ時の
遅延
リ セ ッ ト 状態からの通常のス タ ー ト ア ッ プ
STANDBY モー ド における入出力の状態
STANDBY モー ド では、 以下の信号を除いて、 すべての入出力ピ ンはハイ ・ イ ン ピーダ ン
ス状態 と な り ます。
•
リ セ ッ ト パ ッ ド (有効)
•
TAMPE ピ ン ( タ ンパ も し く は較正出力に設定 さ れてい る場合)
•
WKUP ピ ン (イ ネーブル状態の場合)
デバ ッ グ ・ モー ド
デバ ッ グ機能が使用 さ れてい る と き に、 ア プ リ ケーシ ョ ンの動作 と し て MCU が STOP
モー ド も し く は STANDBY モー ド に入る と 、 デバ ッ グ接続は失われます。 こ れは
CortexTM-M3 コ アに ク ロ ッ クが供給 さ れな く な る こ と に よ る ものです。
し か し 、 DBGMCU_CR レ ジ ス タ の構成ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と に よ り 低電力モー ド で も 使
用する場合、 ソ フ ト ウ ェ アはデバ ッ グ を行 う こ と がで き ます。 こ の詳細は セ ク シ ョ
ン 26.15.1: 低電力モー ド におけるデバ ッ グのサポー ト を参照 し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
57/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
4.3.6
RM0008
低電力モー ド から の自動ウ ェ ー ク ア ッ プ (AWU : Auto-wakeup)
外部割込み (AWU モー ド ) を使用せずに、 RTC を利用 し て MCU を低電力モー ド か ら
ウ ェ ー ク ア ッ プする こ と がで き ます (Auto-Wake-Up mode)。 RTC は 一定の時間間隔で
STOP モー ド も し く は STANDBY モー ド か ら ウ ェ ー ク ア ッ プする ための設定可能な タ イ ム
ベース機能を提供 し ています。 こ の目的のため、 3 種の RTC ク ロ ッ クの う ち、 次のいず
れかを バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジス タ (RCC_BDCR) の RTCSEL[1:0] で選択する こ
と がで き ます。 :
•
低電力 32.768 kHz 外部 ク リ ス タ ル ・ オシ レー タ (LSE OSC)
こ の ク ロ ッ クは低電力 (標準的な使用で 1μA 以下) で高精度の タ イ ムベース を備え
ています。
•
低電力内蔵 RC オシ レー タ (LSI RC)
こ の ク ロ ッ ク を利用する こ と で、 32.768 kHz の ク リ ス タ ル発振子の コ ス ト を省 く こ と
がで き ます。 内部 RC オシ レー タ は、 オシ レ ー タ の消費電力が最小 と な る よ う 設計 さ
れています。
RTC ア ラ ームに よ り STOP モー ド か ら ウ ェ ー ク ア ッ プする ためには、 次の設定が必要で
す。
•
EXTI ラ イ ン 17 を立上が り エ ッ ジが有効 と な る よ う 設定 し ます。
•
RTC 回路を、 RTC ア ラ ームを発生する よ う 設定 し ます。
Stnadby モー ド か らのウ ェ ー ク ア ッ プ では、 EXTI ラ イ ン 17 の設定は必要 と さ れません。
58/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
RM0008
4.4
電源制御レ ジ ス タ
4.4.1
電源制御レ ジ ス タ (PWR_CR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x00
リ セ ッ ト 値 : 0000 0000h (STANDBY モー ド か らのウ ェ ー ク ア ッ プ時に リ セ ッ ト さ れます)
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
PVDE
CSBF
CWUF
PDDS
LPDS
rw
rc_w1
rc_w1
rw
rw
予約済み
Res.
15
14
13
12
11
10
9
8
予約済み
DBP
Res
rw
7
PLS[2:0]
rw
rw
rw
Bits 31:9 予約済み、 常に 0 が読込まれます。
Bit 8 DBP: バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン書込み禁止解除
リ セ ッ ト 時には RTC レ ジ ス タ と バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ は過渡状態における書込みア ク セスから
保護 さ れています。 こ れら のレ ジ ス タ への書込みを可能 と するには、 こ のビ ッ ト を セ ッ ト し なけれ
ばな り ません。
0: RTC と バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ へのア ク セスは禁止 さ れています。
1: RTC と バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ へのア ク セスが可能です。
Bits 7:5 PLS[2:0]: PVD レベル選択
これ らのビ ッ ト には、 電源電圧検出回路 (PVD: Power Voltage Detector) の電圧ス レ ッ シ ョ ル ド 値を
ソ フ ト ウ ェ ア で設定 し ます。
000: 2.2V
001: 2.3V
010: 2.4V
011: 2.5V
100: 2.6V
101: 2.7V
110: 2.8V
111: 2.9V
注 : 電気特性の詳細に関 し てはデー タ シー ト を参照 し て く だ さ い。
Bit 4 PVDE: PVD (Power Voltage Detector) イ ネーブル
このビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: PVD デ ィ セーブル
1: PVD イ ネーブル
Bit 3 CSBF: STANDBY フ ラ グのク リ ア
このビ ッ ト の読出 し は常に 0 が戻 さ れます。
0: ビ ッ ト の値に影響を与え ません。
1: SBF (STANDBY フ ラ グ) を ク リ ア し ます。 (書込み時)
Bit 2 CWUF: ウ ェ ー ク ア ッ プ (Wake-up) フ ラ グのク リ ア
このビ ッ ト の読出 し は常に 0 が戻 さ れます。
0: ビ ッ ト の値に影響を与え ません。
1: WUF (ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ フ ラ グ) を 2 シス テム ・ ク ロ ッ ク後に ク リ ア し ます。 (書込み時)
Rev 5 -日本語版
59/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
RM0008
Bit 1 PDDS: パワー ・ ダウン ・ デ ィ ープ ス リ ープ Power Down Deepsleep.
このビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア で き ます。 こ のビ ッ ト は LPDS ビ ッ ト と の組合わせで
動作 し ます。
0: CPU がデ ィ ープ ス リ ープに入る と 、 STOP モー ド にな り ます。 レギ ュ レー タ の状態は LPDS ビ ッ
ト に依存 し ます。
1: CPU がデ ィ ープ ス リ ープに入る と 、 STANDBY モー ド と な り ます。
Bit 0 LPDS: 低電力 ・ デ ィ ープ ス リ ープ Low-Power Deepsleep.
このビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア で き ます。 こ のビ ッ ト は PDDS ビ ッ ト と の組合わせで
動作 し ます
0: 電圧レギ ュ レー タ は STOP モー ド の間も オン状態を保ち ます。
1: 電圧レギ ュ レー タ は STOP モー ド の間は低電力モー ド と な り ます。
60/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
RM0008
4.4.2
電源制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (PWR_CSR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x04h
リセット値 : 0000 0000h (STANDBY モードからのウェークアップ時にはリセットされません)
このレジスタを読込むためには、 標準 APB 読込みに対する追加の APB サイクルが必要です。
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
予約済み
Res.
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
EWUP
予約済み
PVDO
SBF
WUF
Res.
rw
Res.
r
r
r
Bits 31:9 予約済み、 常に 0 が読込まれます。
Bit 8 EWUP: WKUP ピ ン ・ イ ネーブル
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アで き ます。
0: WKUP ピ ンは汎用入出力 (GPIO) と し て使用 さ れます。 こ の WKUP ピ ンのイ ベン ト は STANDBY
モー ド か らのウ ェ ー ク ア ッ プ をする ものはあ り ません。
1: WKUP ピ ンは STANDBY モー ド から のウ ェ ー ク ア ッ プに使用 さ れます。 こ のピ ンは強制的にプ
ルダウン入力モー ド に設定 さ れます。 (WKUP ピ ンの立上が り エ ッ ジで STANDBY モー ド から の
ウ ェ ー ク ア ッ プが発生 し ます。)
注 : こ のビ ッ ト はシス テム ・ リ セ ッ ト で リ セ ッ ト さ れます。
Bits 7:3 予約済み、 常に 0 が読込まれます。
Bit 2 PVDO: PVD 出力
こ のビ ッ ト のセ ッ ト / ク リ アはハー ド ウ ェ アが行います。 こ のビ ッ ト は PVDE ビ ッ ト の設定で
PVD がイ ネーブル状態 と な っ ている と き に限 り 有効です。
0: VDD /VDDA は PLS[2:0]bit で設定 さ れてい る PVD ス レ ッ シ ョ ル ド よ り 高い電圧です。
1: VDD /VDDA は PLS[2:0]bit で設定 さ れてい る PVD ス レ ッ シ ョ ル ド よ り 低い電圧です。
注 : PVD は STANDBY モー ド で停止 し ます。 こ のため、 こ のビ ッ ト は STANDBY 及び リ セ ッ ト 後は
PVDE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れる ま で 0 を戻 し ます。
Bit 1 SBF: STANDBY フ ラ グ
こ のビ ッ ト はハー ド ウ ェ アでセ ッ ト さ れ、 POR/PDR (パワー ・ オン ・ リ セ ッ ト / パワー ・ ダウ
ン ・ リ セ ッ ト ) も し く は電源制御レ ジス タ (PWR_CR) の CSBF ビ ッ ト に 1 を書込む こ と で ク リ ア
さ れます。
0: デバイ スは STANDBY モー ド ではあ り ません。
1: デバイ スは STANDBY モー ド です。
Bit 0 WUF: ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ フ ラ グ
こ のビ ッ ト はハー ド ウ ェ アでセ ッ ト さ れ、 POR/PDR (パワー ・ オン ・ リ セ ッ ト / パワー ・ ダウ
ン ・ リ セ ッ ト ) も し く は電源制御レ ジス タ (PWR_CR) の CWUF ビ ッ ト 1 を書込む こ と で ク リ ア さ
れます。
0: ウ ェ ー ク ア ッ プ (Wake-up) イ ベン ト は発生 し ていません。
1: WKUP ピ ン、 も し く は RTC ア ラ ームによ り 、 ウ ェ ー ク ア ッ プ (Wake-up) イ ベ ン ト が受付け られ
ま し た。
注 : WKUP ピ ンのレ ベルが常にハイの場合、 WKUP ピ ンがイ ネーブル (EWUPbit で設定) さ れる と 追
加のウ ェ アー ク ア ッ プ イ ベン ト が検出 さ れます。
Rev 5 -日本語版
61/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
電源制御 (PWR)
4.4.3
RM0008
PWR レ ジ ス タ ・ マ ッ プ
次の表は PWR レ ジ ス タ の一覧です。
0
0
0
予約済み
0
LPDS
0
PDDS
予約済み
リセッ ト値
0
0
0
SBF
PWR_CSR
0
WUF
0x004
0
CSBF
リセッ ト値
PLS[2:0]
CWUF
予約済み
PVDO
PWR_CR
PVDE
レジス タ
DBP
0x000
PWR - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値
EWUP
オフ
セッ ト
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 11.
0
0
0
レ ジ ス タ のア ド レ ス範囲に関 し ては表 1 (36 ページ) を参照 し て く だ さ い。
62/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP)
RM0008
5
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP)
Flash メ モ リ 容量が 32 ~ 128Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト ロー
ラは、 中容量デバイ ス です。
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 大容量デバイ スです。
こ のセ ク シ ョ ンは、 注意書きがない限 り 、 STM32F10xxx フ ァ ミ リ 全てに適応 さ れます。
5.1
概要
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ は、 84bytes のユーザア プ リ ケーシ ョ ンのデー タ を保存する事が
可能な 42 個の 16bit レ ジ ス タ で構成 さ れています。 こ れら のレ ジ ス タ は、 VDD 電源が遮断
さ れた時に、 VBAT に よ り 電源を維持するバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン に搭載 さ れています。 こ
れ らのレ ジ ス タ は、 デバイ スが STANDBY か ら ウ ェ ー ク ア ッ プ し た場合や、 シ ス テム ・ リ
セ ッ ト または電源 リ セ ッ ト さ れて も リ セ ッ ト さ れません。
更に、 BKP 制御レ ジ ス タ は タ ンパ検出機能や RTC 周波数調整に も 使用 さ れます。
リ セ ッ ト 後、 バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ と RTC へのア ク セスはデ ィ セーブル状態で、 バ ッ
ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン (BKP) は過渡的に発生 し 得る予期 し ない書込みア ク セスから 保護 さ
れています。 バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ や RTC へのア ク セス を可能 と する には、 次の手順
が必要です。
5.2
•
RCC_APB1ENR レ ジ ス タ の PWREN と BKPEN ビ ッ ト を セ ッ ト し 、 パワー と バ ッ ク ア ッ
プ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ ク ロ ッ ク を イ ネーブルに し ます。
•
電源制御レ ジ ス タ (PWR_CR) の DBP ビ ッ ト を セ ッ ト し 、 バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ と
RTC へのア ク セス を イ ネーブルに し ます。
主な機能
•
20bytes のデー タ ・ レ ジ ス タ (中容量デバイ ス) あ る いは 84bytes デー タ ・ レ ジ ス タ
(大容量デバイ ス)
•
割込みに よ る タ ンパ検出管理のためのス テー タ ス / 制御レ ジ ス タ
•
RTC 周波数の調整値を格納する較正レ ジ ス タ
•
RTC 較正ク ロ ッ ク 、RTC ア ラ ームパルス、も し く は タ ンパピ ン PC13 の 2 つ目のパルス
( こ のピ ンが タ ンパ検出に使われていない場合) の出力
Rev 5 -日本語版
63/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP)
5.3
機能解説
5.3.1
タ ンパ検出
RM0008
ANTI_TAMP ピ ンは、 バ ッ ク ア ッ プ制御レ ジ ス タ (BKP_CR) の TPAL ビ ッ ト に応 じ て、 信号
が 0 か ら 1 も し く は 0 か ら 1 に変化 し た と き に タ ンパ検出イ ベン ト を発生 さ せます。 タ ン
パ検出イ ベ ン ト は、 全てのバ ッ ク ア ッ プ ・ デー タ ・ レ ジ ス タ の内容を リ セ ッ ト し ます。
し か し 、 タ ンパ ・ イ ベ ン ト の見落 し を防ぐ ため、 エ ッ ジ検出に使用 さ れる信号は タ ンパ ・
イ ネーブル ・ ビ ッ ト と の論理積が と られています。 こ れに よ り 、 タ ンパピ ンがイ ネーブル
にな る前にすでに発生 し ていた タ ンパ ・ イ ベ ン ト も検出する こ と がで き ます。
•
TPAL=0 の と き : タ ンパ ・ ピ ンが TPE ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で イ ネーブル と さ れる
前か らハイ レ ベルであれば、 タ ンパ ・ ピ ンがイ ネーブルに さ れる と 同時に タ ンパ ・ イ
ベン ト が発生 し ます。 ( こ の と き、 TPE がセ ッ ト さ れた後には タ ンパ ・ ピ ンの信号に
は立上 り エ ッ ジは存在 し ていません。)
•
TPAL=1 の と き : タ ンパ ・ ピ ンが TPE ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で イ ネーブル と さ れる
前か ら ローレ ベルであれば、 タ ンパ ・ ピ ンがイ ネーブルに さ れる と 同時に タ ンパ ・ イ
ベン ト が発生 し ます。 ( こ の と き、 TPE がセ ッ ト さ れた後には タ ンパ ・ ピ ンの信号に
は立下 り エ ッ ジは存在 し ていません。)
BKP_CSR レ ジ ス タ の TPIE ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と に よ り 、 タ ンパ検出イ ベン ト が発生 し
た時に割込みが発生 し ます。
タ ンパ ・ イ ベン ト が検出 さ れ、 その後に ク リ ア さ れた と き には、 タ ンパ ・ ピ ンは一旦デ ィ
セーブル と し 、 その後バ ッ ク ア ッ プ ・ デー タ ・ レ ジ ス タ (BKP_DRx) に書込みを行 う 前に
TPE ビ ッ ト で イ ネーブル と さ れなければな り ません。 こ れは、 タ ンパ検出がイ ネーブル と
さ れる前に タ ンパ ・ ピ ンの値が タ ンパ検出を示 し ている と き に、 ソ フ ト ウ ェ アがバ ッ ク
ア ッ プ ・ デー タ ・ レ ジ ス タ (BKP_DRx) への書込みを行 っ て し ま う のを防ぎ ます。 こ れは タ
ンパ ・ ピ ン で レ ベル検出を行 っ てい るの と 同 じ 働き を も ち ます。
注意 :
タ ンパ検出は VDD 電源がオ フの と き に も有効に動作 し ます。 バ ッ ク ア ッ プ ・ デー タ ・ レ
ジ ス タ の内容が不用意に リ セ ッ ト さ れる こ と を防ぐ ため、 ANTI_TAMP ピ ンは外部で適当な
信号レ ベルに接続 し てお く こ と が必要です。
5.3.2
RTC 周波数調整
ク ロ ッ ク 周波数を測定する ため、 32.768 kHz RTC ク ロ ッ ク を タ ンパ ・ ピ ン に出力する こ と
がで き ます。 こ の動作は RTC ク ロ ッ ク較正レ ジス タ (BKP_RTCCR) の CCO ビ ッ ト を セ ッ ト
する こ と で指示 し ます。
ク ロ ッ ク 周波数は CAL[6:0] の設定で最大 121 ppm ま で低下 さ せる こ と がで き ます。
RTC 周波数調整及び厳密な タ イ ミ ン グ管理方法の詳細については、 AN2604 「STM32Fxx と
STM32F103xxRTC 周波数調整」 を参照 し て く だ さ い。
64/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP)
RM0008
5.4
BKP レ ジ ス タ
レ ジ ス タ の詳細で使用 さ れてい る略語については セ ク シ ョ ン 1.1 (32 ページ) を参照 し て
く だ さ い。
5.4.1
バ ッ ク ア ッ プ ・ デー タ ・ レ ジ ス タ x (BKP_DRx) (x = 1 ..42)
ア ド レ ス ・ オ フ セ ッ ト : 0x04 ~ 0x28、 0x40 ~ 0xBC
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
D[15:0]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 15:0 D[15:0]: バ ッ ク ア ッ プ ・ デー タ
これ らのビ ッ ト には任意のユーザデー タ を書込む こ と がで き ます。
注 : BKP_DRx レ ジ ス タ はシ ス テム ・ リ セ ッ ト やパワー ・ リ セ ッ ト 、 も し く は STANDBY モー ド から の
ウ ェ ー ク ア ッ プ では リ セ ッ ト さ れません。
レ ジ ス タ の内容はバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン ・ リ セ ッ ト も し く は タ ンパピ ン ・ イ ベン ト (こ の機能が
有効な場合) によ っ て リ セ ッ ト さ れます。
Rev 5 -日本語版
65/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP)
5.4.2
RM0008
RTC ク ロ ッ ク 較正レ ジ ス タ (BKP_RTCCR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x2C
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
ASOS
ASOE
CCO
Res.
rw
rw
rw
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
CAL[6:0]
rw
rw
rw
rw
Bits 15:10 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 9 ASOS ア ラ ームまたはセ カ ン ド 出力選択
ASOE がセ ッ ト さ れた時、 ASOS ビ ッ ト を使 っ て タ ンパピ ンの信号出力を RTC セ カ ン ド パルス信
号にするか、 ア ラ ームパルス信号にするかを選択で き ます。
0: RTC ア ラ ームパルス出力を選択 し ます。
1: RTC セ カ ン ド パルス出力を選択 し ます。
注 : このビ ッ ト を リ セ ッ ト するのは、 バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ンの リ セ ッ ト だけです。
Bit 8 ASOE ア ラ ームまたはセ カ ン ド 出力イ ネーブル
このビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で、 RTC ア ラ ームパルス信号か、 ASOS ビ ッ ト の設定に応 じ て タ ン
パピ ン上のセ カ ン ド パルス信号を出力する事が出来ます。
出力パルス周期は、 1RTC ク ロ ッ ク周期です。 ASOE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている間は、 タ ンパピ ン
を イ ネーブルに し てはいけません。
注 : このビ ッ ト を リ セ ッ ト するのは、 バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ンの リ セ ッ ト だけです。
Bit 7 CCO: 較正ク ロ ッ ク出力
0: 影響な し
1: このビ ッ ト を セ ッ ト する と 、 64 分周 さ れた RTC ク ロ ッ クが タ ンパピ ンか ら出力 さ れます。 タ ン
パ検出の誤動作を防ぐ ため、 CCO ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている と き には タ ンパピ ン を イ ネーブルに
する こ と はで き ません。
注 : こ のビ ッ ト は VDD 供給がオ フ と な っ た時にはク リ ア さ れます。
Bit 6:0 CAL[6:0] 較正値
この値は、 2^20 ク ロ ッ ク パルス毎に無視 さ れる ク ロ ッ ク パルス数を示 し ます。 こ れによ り 、 RTC
の較正が出来、 ク ロ ッ ク を 1000000/2^20 ppm のス テ ッ プ で下げる事が出来ます。
RTC ク ロ ッ クは、 0 ~ 121 ppm の間で下げる こ と が出来ます。
66/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP)
RM0008
5.4.3
バ ッ ク ア ッ プ制御レ ジ ス タ (BKP_CR)
ア ド レ ス ・ オ フ セ ッ ト : 0x30
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
予約済み
TPAL
TPE
Res.
rw
rw
Bits 15:2 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 1 TPAL: タ ンパ ・ ピ ン ・ ア ク テ ィ ブ ・ レベル
0: タ ンパ ・ ピ ンのハイ レ ベルで全バ ッ ク ア ッ プ ・ デー タ ・ レ ジ ス タ が リ セ ッ ト さ れます。
(TPE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている場合)
1: タ ンパ ・ ピ ンのローレ ベルで全バ ッ ク ア ッ プ ・ デー タ ・ レ ジス タ が リ セ ッ ト さ れます。
(TPE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている場合)
Bit 0 TPE: タ ンパ ・ ピ ン ・ イ ネーブル
0: タ ンパ ・ ピ ンは汎用入出力 (GPIO) と し て使用する こ と がで き ます。
1: タ ンパ ・ オル タ ネー ト 入出力機能が有効 と な り ます。
注意 :
TPAL と TPE ビ ッ ト を同時にセ ッ ト する こ と は常に可能ですが、 両方を同時に ク リ アする
こ と は副作用 と し て タ ンパ ・ イ ベン ト を発生 さ せて し ま う こ と があ り ます。 このため、
TPAL ビ ッ ト の変更は TPE ビ ッ ト がク リ ア さ れている と き に限る よ う に し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
67/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP)
5.4.4
RM0008
バ ッ ク ア ッ プ制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (BKP_CSR)
ア ド レ ス ・ オ フ セ ッ ト : 0x34
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
14
15
13
12
11
10
9
8
予約済み
TIF
TEF
Res.
r
r
7
6
5
4
3
2
1
0
予約済み
TPIE
CTI
CTE
Res.
rw
w
w
Bits 15:10 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 9 TIF: タ ンパ割込み リ ク エス ト ・ フ ラ グ
このビ ッ ト は タ ンパ ・ イ ベン ト が検出 さ れ、 TPIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている と き に、 ハー ド ウ ェ
アによ っ てセ ッ ト さ れます。 こ のビ ッ ト は CTI ビ ッ ト に 1 を書込む こ と で ク リ ア さ れます。 また、
TPIE ビ ッ ト を ク リ ア し た と き に も ク リ ア さ れます。
0: タ ンパ割込み リ ク エ ス ト は発生 し ません。
1: タ ンパ割込み リ ク エ ス ト が発生 し ま し た。
注 : このビットはシステム ・ リセット、 もしくは STANDBY モードからのウェークアップでのみリセットされま
す。
Bit 8 TEF: タ ンパ ・ イ ベン ト ・ フ ラ グ
このビ ッ ト は タ ンパ ・ イ ベン ト が検出 さ れた と き に、 ハー ド ウ ェ ア でセ ッ ト さ れます。 こ のビ ッ
ト を ク リ アするには、 CTE ビ ッ ト に 1 を書込みます。
0: タ ンパ ・ イ ベン ト は発生 し ていません。
1: タ ンパ ・ イ ベン ト が発生 し ま し た。
注 : タ ンパ ・ イ ベ ン ト はすべての BKP_DRx レ ジ ス タ を リ セ ッ ト し ます。 レ ジ ス タ は TEF ビ ッ ト が
セ ッ ト さ れている間、 リ セ ッ ト 状態に置かれます。 フ ラ グがセ ッ ト さ れている と き に BKP_DRx レ
ジ ス タ への書込みを行っ て も、 その値は格納 さ れません。
Bits 7:3 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 2 TPIE: タ ンパ ・ ピ ン割込み リ ク エス ト 許可
0: タ ンパ割込み リ ク エ ス ト は禁止 さ れています。
1: タ ンパ割込み リ ク エ ス ト は許可 さ れています。 (BKP_CR レ ジ ス タ の TPE ビ ッ ト はセ ッ ト さ れて
いなければな り ません。)
注 1: タ ンパ割込みは、 コ ア を低電力モー ド から ウ ェ ー ク ア ッ プする こ と はあ り ません。
注 2: こ のビ ッ ト はシ ス テム ・ リ セ ッ ト 、 も し く は STANDBY モー ド か らのウ ェ ー ク ア ッ プ で リ
セ ッ ト さ れます。
Bit 1 CTI: タ ンパ割込み リ ク エス ト ・ ク リ ア
このビ ッ ト は書込み専用で、 読出 し では常に 0 が戻 さ れます。
0: 影響な し
1: タ ンパ割込み リ ク エ ス ト と TIF タ ンパ割込み リ ク エス ト ・ フ ラ グ を ク リ ア し ます。
Bit 0 CTE: タ ンパ ・ イ ベン ト ・ ク リ ア
このビ ッ ト は書込み専用で、 読出 し では常に 0 が戻 さ れます。
0: 影響な し
1: タ ンパ ・ イ ベン ト ・ フ ラ グを ク リ ア し ます。 (同時に タ ンパ検出回路も リ セ ッ ト さ れます。)
68/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP)
RM0008
5.4.5
BKP レ ジス タ ・ マ ッ プ
BKP レ ジ ス タ は、 次の表のよ う に、 すべて 16bit のレ ジ ス タ です。
BKP - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値
レ ジス タ
予約済み
0x00
D[15:0]
予約済み
リセッ ト値
0
BKP_DR6
0
BKP_DR7
BKP_DR8
0
BKP_DR9
BKP_DR10
0
BKP_RTCCR
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
予約済み
リセッ ト値
0x30
0
予約済み
リセッ ト値
0x2C
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x28
0
予約済み
リセッ ト値
0x24
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x20
0
予約済み
リセッ ト値
0x1C
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x18
0
BKP_CR
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
CAL[6:0]
0
0
0
0
0
TPE
BKP_DR5
0
予約済み
リセッ ト値
0x14
0
TPAL
BKP_DR4
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x10
0
0
0
CTI
BKP_DR3
0
予約済み
リセッ ト値
0x0C
0
CTE
BKP_DR2
0
TPIE
0x08
0
CCO
BKP_DR1
ASOE
0x04
ASOS
オフ
セッ ト
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 12.
0
0
0
予約済み
BKP_CSR
予約済み
リセッ ト値
0x38
予約済み
0x3C
予約済み
Rev 5 -日本語版
TIF
0x34
TEF
リセッ ト値
0
0
予約済み
69/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP)
オフ
セッ ト
0x40
BKP - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値
レ ジス タ
BKP_DR11
(続き)
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 12.
RM0008
D[15:0]
予約済み
リセッ ト値
0x44
BKP_DR12
0
BKP_DR13
BKP_DR14
0
BKP_DR15
BKP_DR16
0
BKP_DR17
BKP_DR18
0
BKP_DR19
BKP_DR20
0
BKP_DR21
BKP_DR22
0
BKP_DR23
BKP_DR24
0
BKP_DR25
BKP_DR26
0
BKP_DR27
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
リセッ ト値
70/681
0
予約済み
リセッ ト値
0x80
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x7C
0
予約済み
リセッ ト値
0x78
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x74
0
予約済み
リセッ ト値
0x70
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x6C
0
予約済み
リセッ ト値
0x68
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x64
0
予約済み
リセッ ト値
0x60
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x5C
0
予約済み
リセッ ト値
0x58
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x54
0
予約済み
リセッ ト値
0x50
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x4C
0
予約済み
リセッ ト値
0x48
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
バ ッ ク ア ッ プ ・ レ ジ ス タ (BKP)
RM0008
オフ
セッ ト
0x84
BKP - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値
レ ジス タ
BKP_DR28
(続き)
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 12.
D[15:0]
予約済み
リセッ ト値
0x88
BKP_DR29
0
BKP_DR30
BKP_DR31
0
BKP_DR32
BKP_DR33
0
BKP_DR34
BKP_DR35
0
BKP_DR36
BKP_DR37
0
BKP_DR38
BKP_DR39
0
BKP_DR40
BKP_DR41
0
BKP_DR42
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
リセッ ト値
0xBC
0
D[15:0]
リセッ ト値
0xB8
0
予約済み
リセッ ト値
0xB4
0
D[15:0]
リセッ ト値
0xB0
0
予約済み
リセッ ト値
0xAC
0
D[15:0]
リセッ ト値
0xA8
0
予約済み
リセッ ト値
0xA4
0
D[15:0]
リセッ ト値
0xA0
0
予約済み
リセッ ト値
0x9C
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x98
0
予約済み
リセッ ト値
0x94
0
D[15:0]
リセッ ト値
0x90
0
予約済み
リセッ ト値
0x8C
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
D[15:0]
予約済み
リセッ ト値
0
0
0
0
0
0
0
0
0
レ ジ ス タ のア ド レ ス範囲に関 し ては表 1 (36 ページ) を参照 し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
71/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
6
RM0008
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
Flash メ モ リ 容量が 32 ~ 128Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト ロー
ラは、 中容量デバイ ス です。
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 大容量デバイ スです。
こ のセ ク シ ョ ンは、 注意書きがない限 り 、 STM32F10xxx フ ァ ミ リ 全てに適応 さ れます。
6.1
リセッ ト
リ セ ッ ト 動作には、 シ ス テム ・ リ セ ッ ト 、 電源 リ セ ッ ト 、 バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン ・ リ
セ ッ ト の 3 種類の リ セ ッ ト 動作があ り ます。
6.1.1
シ ス テム ・ リ セ ッ ト
システム ・ リセットは、 クロック ・ コントローラ CSR レジスタのリセット ・ フラグとバックアップ ・ ド
メインのレジスタ (図 4 を参照) を除いた、 すべてのレジスタを初期値にリセットします。
シ ス テム ・ リ セ ッ ト は次のイ ベ ン ト のいずれかの発生時に実行 さ れます。
1.
NRST ピ ン信号のローレ ベル (外部 リ セ ッ ト )
2.
Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グのカ ウ ン ト 終了 (WWDG リ セ ッ ト )
3.
独立型ウ ォ ッ チ ド ッ グのカ ウ ン ト 終了 (IWDG リ セ ッ ト )
4.
ソフトウェア ・ リセット (SW リセット) ( セ ク シ ョ ン : ソ フ ト ウ ェ ア ・ リ セ ッ ト を参照)
5.
低電力管理 リ セ ッ ト ( セ ク シ ョ ン : 低電力管理 リ セ ッ ト を参照)
発生したリセットの要因は制御 / ステータス ・ レジスタのリセット ・ フラグから知ることができま
す。 ( セ ク シ ョ ン 6.3.10: 制御 / ステー タ ス ・ レ ジス タ (RCC_CSR) を参照)
ソフ トウェア ・ リセッ ト
デバイ ス上で ソ フ ト ウ ェ ア ・ リ セ ッ ト を実行する には、 Cortex ™ -M3 のア プ リ ケーシ ョ ン
割込みレ ジ ス タ 、 リ セ ッ ト 制御レ ジ ス タ の SYSRESETREQ ビ ッ ト がセ ッ ト する必要があ り
ます。 詳細は Cortex ™ -M3 テ ク ニ カル ・ リ フ ァ レ ン ス ・ マニ ュ アルを参照 し て く だ さ い。
低電力管理 リ セ ッ ト
低電力管理 リ セ ッ ト を発生する には、 2 種類の方法があ り ます。
1.
STANDBY モー ド に入る際の リ セ ッ ト 動作
こ の リ セ ッ ト は ユーザ ・ オプ シ ョ ン ・ バイ ト の nRST_STDBY ビ ッ ト を リ セ ッ ト する
こ と で有効 と な り ます。 こ の場合、 STANDBY モー ド に入る動作が正常に実行 さ れる
と 、 STANDBY モー ド に入る代わ り にデバイ スが リ セ ッ ト さ れます。
2.
STOP モー ド に入る際の リ セ ッ ト 動作
こ の リ セ ッ ト はユーザ ・ オプ シ ョ ン ・ バイ ト の nRST_STOP ビ ッ ト を r リ セ ッ ト する
こ と で有効 と な り ます。 こ の場合、 STOP モー ド に入る動作が正常に実行 さ れる と 、
STOP モー ド に入る代わ り にデバイ スが リ セ ッ ト さ れます。
ユーザ ・ オプ シ ョ ン ・ バイ ト の詳細に関 し ては STM32F10x Flash プ ロ グ ラ ミ ン グマニ ュ ア
ルを参照 し て く だ さ い。
72/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
6.1.2
電源 リ セ ッ ト
パワー ・ リ セ ッ ト は次のいずれかの場合に実行 さ れます。
1.
パワー ・ オ ン / パワー ・ ダウ ン ・ リ セ ッ ト (POR/PDR リ セ ッ ト )
2.
STANDBY モー ド を抜け出す場合
パワー ・ リ セ ッ ト はバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン (図 4 を参照) 以外のすべてのレ ジ ス タ を初
期化 し ます。
これらの信号は RESET ピンに対して働き、 ピンを所定の時間ローレベルに保ちます。 RESET
サービスルーチンのベクタはメモリ ・ マップ上で固定された 0x0000_0000-0x0000_0004 に配置され
ています。 詳細は表 35: ベ ク タ テーブル (130 ページ) を参照してください。
図 7.
リ セ ッ ト 回路
VDD/VDDA
RPU
外部 リ セ ッ ト
フ ィ ルタ
シ ス テム・ リ セ ッ ト
NRST
パルス
発生回路
( 最小 20 µ s)
WWDG リ セ ッ ト
IWDG リ セ ッ ト
POR/PDR リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア・ リ セ ッ ト
低電力管理 リ セ ッ ト
バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン (図 4 を参照) は、 こ の ド メ イ ン にのみ有効な 2 種類の リ セ ッ ト
があ り ます。
6.1.3
バッ クア ッ プ ・ ド メ イン ・ リセ ッ ト
バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ンの リ セ ッ ト は、 次のいずれかのイ ベン ト に よ り 実行 さ れます。
6.2
1.
ソ フ ト ウ ェ ア ・ リ セ ッ ト 、 バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジス タ (RCC_BDCR) の
BDRST ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で ト リ ガ さ れます。
2.
VDD も し く は VBAT パワー ・ オ ン、 ただ し 、 両方の電源供給が と も にオ フ 状態であ っ
た場合。
クロッ ク
次の 3 信号が、 シ ス テム ・ ク ロ ッ ク (SYSCLK) の駆動源 と し て利用で き ます。
•
•
HSI オシ レー タ ・ ク ロ ッ ク
HSE オシ レ ー タ ・ ク ロ ッ ク
•
PLL ク ロ ッ ク
デバイ スは、 また、 次の 2 種の信号を補助的な ク ロ ッ ク ・ ソ ース と する こ と も で き ます。
•
40 kHz 低速内蔵 RC (LSI RC)、 こ の信号は独立型ウ ォ ッ チ ド ッ グ を駆動 し ています。
また、 設定に よ っ ては STOP/STANDBY モー ド か らの自動ウ ェ ー ク ア ッ プ (Auto
Wake-up) に使用 さ れる RTC 回路を駆動する こ と も で き ます。
•
32.768 kHz 低速外部発振子 (LSE ク リ ス タ ル )、 こ の信号は設定に よ り 、 RTCCLK と し
て リ アル タ イ ム ・ ク ロ ッ ク を駆動する こ と がで き ます。
それぞれのクロック ・ ソースは、 未使用時の電力消費を省くために、 個別にオン ・ オフが可能
です。
Rev 5 -日本語版
73/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
図 8.
RM0008
ク ロ ッ ク構成図
US B
USBCLK
をUSBインタフェースへ
48 MHz
プリスケーラ
/1, 1.5
I2S3CLK
ペリフェラル・クロック
イネーブル
I2S3へ
I2S2CLK
I2S2へ
ペリフェラル・クロック
イネーブル
8 MHz
HS I R C
SDIOCLK
ペリフェラル・クロック
イネーブル
HSI
FSMCへ
ペリフェラル・クロック
イネーブル
/2
72 MHz max
PLLS RC
SDIOへ
FSMCCLK
/8
SW
PLLMUL
HS I
..., x16
x2, x3, x4
PLL
SYSC LK
AHB
APB1
プリスケーラ
プリスケーラ
72 MHz
/1, 2..512
max
PL LC LK
HCLKをAHBバス、コア
メモリおよびDMAへ
クロック
イネーブル(4bits)
/1, 2, 4, 8, 16
HSE
Cortex システム・タイマへ
FCLK Cortex
フリーランニング・クロック
36 MHz max
PC LK1
APB1
ペリフェラルへ
ペリフェラル・クロック
イネーブル(20 bits)
TIM2,3,4,5,6,7
If (APB1 プリスケーラ =1) x1
else x2
CSS
TIM2,3,4,5,6 および 7へ
TIMXCLK
ペリフェラル・クロック
イネーブル(6bits)
APB2
PLLXTPRE
OSC _OUT
OS C_IN
4-16 MHz
HS E OSC
OS C32_OUT
ペリフェラルをAPB2へ
ペリフェラル・クロック
イネーブル(15bits)
/2
TIM1 & 8 タイマ
If (APB2 プリスケーラ=1) x1
else x2
/128
OSC32_ IN
LSE OSC
32.768 kHz
RTCへ
LS E
プリスケーラ
独立型ウォッチドッグ(IWDG)へ
TIM1 およびTIM8へ
TIMxCLK
ペリフェラル・クロック
イネーブル(2bit)
ADC1,2もしくは3
ADC CLK
HCLK/2
/2
RTCSE L[1:0]
LSI
ADC
/2, 4, 6, 8
RTCCLK
LSI RC
40 kHz
PCLK2
72 MHz max
プリスケーラ
/1, 2, 4, 8, 16
SDIO AHBインタフェースへ
ペリフェラル・クロック
イネーブル
IWDG CLK
/2
メインクロック出力
MCO
PLLCLK
HS I
HSE
SYSCLK
略称:
HSE = 高速外部クロック信号
HSI = 高速内蔵クロック信号
LSI = 低速内蔵クロック信号
LSE = 低速外部クロック信号 MCO
ai14752b
1.
HSI が PLL ク ロ ッ ク入力 と し て使用 さ れる場合、 最大シ ス テム ・ ク ロ ッ ク周波数は 64MHz です。
複数のプ リ スケー ラ を利用 し て、 AHB 周波数、 高速 APB (APB2) 及び低速 APB (APB1) ド
メ イ ンの周波数を設定する こ と がで き ます。 AHB 及び APB2 ド メ イ ンの最高周波数は 72
MHz で、 APB1 ド メ イ ンの最高周波数は 36 MHz です。 SDIO AHB イ ン タ フ ェ ースは
HCLK/2 と 等 し い固定 ク ロ ッ ク で動作 し ます。
RCC は Cortex シ ス テム タ イ マ (SysTick) 外部 ク ロ ッ ク に AHB ク ロ ッ ク を 8 分周 し た信号
を供給 し ています。 SysTick は こ の分周 さ れた ク ロ ッ ク か、 Cortex ク ロ ッ ク (AHB) のいず
れかで動作する こ と がで き、 こ れは SysTick 制御 と ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ で選択 さ れます。
ADC には高速 APB (APB2) ク ロ ッ ク を 2、 4、 6 も し く は 8 分周 し た ク ロ ッ クが供給 さ れま
す。
74/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
タ イ マ ・ ク ロ ッ ク周波数はハー ド ウ ェ ア で自動的に決定 さ れます。 こ れには、 2 つのケー
スがあ り ます。
1.
APB プ リ スケー ラが 1 の と き には、 タ イ マの ク ロ ッ ク周波数は接続 さ れている APB
ド メ イ ンの ク ロ ッ ク と 同 じ にな り ます。
2.
その設定ではない場合、 タ イ マ ・ ク ロ ッ クの周波数は タ イ マが接続 さ れている APB
ド メ イ ンの ク ロ ッ クの 2 倍です。
FCLK は Cortex ™ -M3 フ リ ー ラ ニ ン グ ク ロ ッ ク と し て動作 し ます。詳細は ARM Cortex ™ -M3
テ ク ニ カル ・ リ フ ァ レ ン ス ・ マニ ュ アルを参照 し て く だ さ い。
6.2.1
HSE ク ロ ッ ク
高速外部 ク ロ ッ ク信号 (HSE) は次のいずれかの方法で生成する こ と がで き ます。
•
HSE 外部 ク リ ス タ ル / セ ラ ミ ッ ク発振子
•
HSE 外部 ク ロ ッ ク信号
波形ひずみ と 発振開始時の安定動作のため、 発振子 と 負荷キ ャ パシ タ はオシ レ ー タ のピ ン
ので き る だけ近 く に配置する必要があ り ます。 同調キ ャ パシ タ の容量は使用 さ れてい る発
振子にあわせて調整する こ と が必要です。
図 9.
HSE/ LSE ク ロ ッ ク ・ ソ ース
ク リ ス タ ル / セ ラ ミ ッ ク発振子
外部ク ロ ッ ク 信号
ハー ド ウ ェ ア構成
OSC_OUT
(HiZ)
外部信号ソ ース
OSC_IN OSC_OUT
CL1
CL2
負荷キ ャ パシ タ
外部ソ ース (HSE バイパス)
こ のモー ド は外部に ク ロ ッ ク ・ ソ ース と な る 25 MHz 以下の信号が必要です。 こ のモー ド
は ク ロ ッ ク制御レ ジス タ (RCC_CR) の HSEBYP ビ ッ ト と HSEON ビ ッ ト を セ ッ ト する こ
と で指定 し ます。 供給 さ れる ク ロ ッ ク 信号はデ ュ ーテ ィ サイ クルがほぼ 50 % の矩形波、 正
Rev 5 -日本語版
75/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
弦波、 三角波のいずれかで、 OSC_IN ピ ン を駆動 し ます。 こ の と き OSC_OUT ピ ンはハイ ・
イ ン ピーダ ン スの状態 と し ます。 (図 9 を参照)
外部ク リ ス タ ル / セ ラ ミ ッ ク 発振子 (HSE ク リ ス タ ル)
4 ~ 16 MHz の発振子を外部に付加する こ と に よ り 、 メ イ ン ク ロ ッ ク の周波数を高精度 と す
る こ と がで き る利点が生 じ ます。
関連するハー ド ウ ェ アの構成は図 9 に示 さ れています。 詳細は、 デー タ シー ト の電気特性
の項を参照 し て く だ さ い。
ク ロ ッ ク制御レ ジス タ (RCC_CR) の HSERDY フ ラ グは外部オシ レ ー タ が安定に動作 し て
い るか否かを示 し ます。 起動時には こ のビ ッ ト がハー ド ウ ェ ア でセ ッ ト さ れる ま で、 ク
ロ ッ ク 信号は送出 さ れません。 ク ロ ッ ク割込みレ ジス タ (RCC_CIR) で許可 さ れていれば、
フ ラ グのセ ッ ト 時に割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
HSE ク リ ス タ ル ・ モー ド は、 ク ロ ッ ク制御レ ジス タ (RCC_CR) の HSEON ビ ッ ト でオ ン ・
オ フ さ れます。
6.2.2
HSI ク ロ ッ ク
HSI ク ロ ッ ク信号は内蔵 さ れてい る 8 MHz RC オシ レー タ で生成 さ れ、 直接にシ ス テム ・
ク ロ ッ ク と し て、 も し く は 2 分周 さ れ PLL 入力 と し て直接使用 さ れます。
HSI RC オシ レー タ の利用は、 低 コ ス ト (外付部品な し ) で ク ロ ッ ク信号を得 ら れる利点が
あ り ます。 同時に、 HSE ク リ ス タ ル発振子を使用する場合に比べ、 ス タ ー ト ア ッ プに要す
る時間が短縮 さ れますが、 較正を実施 し ていて も 、 外部の ク リ ス タ ル / セ ラ ミ ッ ク 発振子
を使用する場合に比べて周波数の精度は劣 り ます。
周波数の調整 (較正)
RC オシ レ ー タ の周波数は、 製造工程でのば ら つ きのため、 チ ッ プ ご と に異な り ます。 こ
のため、 TA=25 ℃で 1 % の精度を確保する よ う 、 製造時に ST 社においてデバイ ス ご と の
較正が行われています。
リ セ ッ ト 直後に 製造時の較正値は、 ク ロ ッ ク制御レ ジス タ (RCC_CR) の HSICAL[7:0] に
ロー ド さ れます。
RC オシ レ ー タ の周波数に影響を与え る電圧や温度の環境で利用 さ れる と き には、 ク ロ ッ
ク制御レ ジス タ (RCC_CR) の HSITRIM[4:0] フ ィ ール ド を使用 し て、 ア プ リ ケーシ ョ ン で
HSI 周波数の調整を行 う こ と がで き ます。
ク ロ ッ ク制御レ ジス タ (RCC_CR) の HSIRDY フ ラ グは HSI RC オシ レー タ が安定状態か否
かを示 し ます。 HSI RC 出力は こ の フ ラ グがハー ド ウ ェ ア でセ ッ ト さ れる ま で HIS RC 信号
は出力 さ れません。
HSI RC 回路は ク ロ ッ ク制御レ ジ ス タ (RCC_CR) の HSION ビ ッ ト に よ り 、 オ ン ・ オ フ を切
り 替え る こ と がで き ます。
HSI 信号は HSE ク リ ス タ ル ・ オシ レ ー タ の動作が異常の場合はバ ッ ク ア ッ プ (補助 ク ロ ッ
ク) と し て使用する こ と も で き ます。 こ れに関 し ては セ ク シ ョ ン 6.2.7: ク ロ ッ ク ・ セキ ュ
リ テ ィ シ ス テム (CSS) (78 ページ) を参照 し て く だ さ い。
6.2.3
PLL 回路
HSI RC 出力や HSE ク リ ス タ ル出力の ク ロ ッ ク周波数を逓倍する ために、 内蔵 さ れてい る
PLL 回路を利用する こ と がで き ます。 こ れに関 し ては図 8 と ク ロ ッ ク制御レ ジス タ
(RCC_CR) を参照 し て く だ さ い。
76/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
PLL の設定 (PLL 入力ク ロ ッ ク が HSI 2 分周信号 も し く は HSE 信号かの選択、 及び逓倍
数) は PLL 回路がイ ネーブルにな る前に行 う 必要があ り ます。 PLL 回路がイ ネーブルにな
る と 、 PLL のパラ メ ー タ は変更で き ません。
ク ロ ッ ク割込みレ ジス タ (RCC_CIR) で許可 さ れていれば、 PLL が安定 し た動作状態に
入 っ た と き に割込み リ ク エ ス ト が生成 さ れます。
ア プ リ ケーシ ョ ン で USB イ ン タ フ ェ ースが使用 さ れる と き には、 48 MHz の USBCLK を得
る ために、 PLL 出力は 48 MHz も し く は 72 MHz に設定 さ れなければな り ません。
6.2.4
LSE ク ロ ッ ク
LSE ク リ ス タ ルは 32.768 kHz 低速外部 ク リ ス タ ル / セ ラ ミ ッ ク発振子を使用 し ます。 こ の
ク ロ ッ ク は、時計 / カ レ ン ダ、 その他の タ イ ミ ン グ機能のための リ アル タ イ ム ・ ク ロ ッ ク
(RTC) に、低電力で高精度の ク ロ ッ ク信号を供給で き ます。
LSE ク リ ス タ ルはバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジス タ (RCC_BDCR) の LSEON ビ ッ ト
でオ ン ・ オ フ を切 り 替え る こ と がで き ます。
バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジス タ (RCC_BDCR) の LSERDY フ ラ グは LSE オシ レー タ
が安定 し て動作 し てい るか否かを表示 し ています。 起動時に LSE ク リ ス タ ル出力 ク ロ ッ
ク信号は、 ハー ド ウ ェ アが こ のビ ッ ト を セ ッ ト する ま では出力 さ れません。 ク ロ ッ ク割込
みレ ジス タ (RCC_CIR) で許可 さ れている場合、 フ ラ グがセ ッ ト さ れた と き に割込み リ ク
エ ス ト が発生 し ます。
外部ク ロ ッ ク ・ ソ ース (LSE バイパス)
こ のモー ド は外部に ク ロ ッ ク ・ ソ ース と な る 32.768 kHz の信号が必要です。 こ のモー ド は
バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジス タ (RCC_BDCR) の LSEBYP ビ ッ ト と LSEON ビ ッ ト
を セ ッ ト する こ と で指定 し ます。 供給 さ れる外部 ク ロ ッ ク信号はデ ュ ーテ ィ サイ ク ルがほ
ぼ 50 % の矩形波、 正弦波、 三角波のいずれかで、 OSC_32IN ピ ン を駆動 し ます。 こ の と き
OSC_32OUT ピ ンはハイ ・ イ ン ピーダ ン スの状態にな り ます。 (図 9 を参照)
6.2.5
LSI ク ロ ッ ク
LSI RC は、 独立型ウ ォ ッ チ ド ッ グ (IWDG) や自動ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ ユニ ッ ト (AWU) のため
に STOP モー ド 及び STANDBY モー ド で動作する低電力の ク ロ ッ ク ・ ソ ース と し て動作 し
ます。 ク ロ ッ ク 周波数は約 40 kHz 前後 (30 kHz ~ 60kHz) にな り ます。 詳細はデー タ シー
トの電気特性の項を ご参照 し て く だ さ い。
LSI RC 回路は制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (RCC_CSR) の LSION ビ ッ ト でオ ン ・ オ フが
切 り 替え られます。
制御 / ス テー タ ス ・ レ ジス タ (RCC_CSR) の LSIRDY フ ラ グは内蔵オシ レ ー タ が安定 し て
動作 し てい るか否かを表示 し ています。 起動時、 こ の ク ロ ッ ク はハー ド ウ ェ アが フ ラ グ を
セ ッ ト する ま では、 ク ロ ッ ク 信号は出力 さ れません。 ク ロ ッ ク割込みレ ジ ス タ (RCC_CIR)
で許可 さ れてい る場合、 フ ラ グセ ッ ト 時に割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
注意 :
LSI の較正は、 大容量デバイ スに限 り 利用可能です。
LSI 周波数調整 (較正)
低速内部 RC (LSI) 発振子の周波数のば ら つ きは、 RTC 基準時間及び / も し く は妥当な精
度の IWDG タ イ ムアウ ト ( こ れ ら のペ リ フ ェ ラ ルに LSI が ク ロ ッ ク ・ ソ ース と し て使われ
る時) にたい し て較正する事が出来ます。
Rev 5 -日本語版
77/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
こ の較正は、 TIM5 入力 ク ロ ッ ク (TIM5CLK) に対 し て LSI ク ロ ッ ク を計測する こ と で行わ
れます。 HSE 発振子の精度で行われる こ の計測は、 正確な基準時間を得る、 ま たは正確な
IWDG タ イ ムアウ ト を計算する為に、 ソ フ ト ウ ェ アは RTC の 20 ビ ッ ト プ リ スケー ラ を調
整する事が出来ます。
LSI を較正する には、 次の手順に従 っ て く だ さ い。
6.2.6
1.
TIM5 タ イ マ を イ ネーブル し 、 チ ャ ネル 4 を入力キ ャ プ チ ャ ・ モー ド に設定する。
2.
較正用に LSI ク ロ ッ ク を内部で TIM5 チ ャ ネル 4 入力キ ャ プ チ ャへ接続する ために、
AFIO_MAPR レ ジ ス タ の TIM5CH4_IREMAP ビ ッ ト を セ ッ ト する。
3.
TIM5 キ ャ プ チ ャ / 比較 4 イ ベ ン ト あ る いは割込みを使 っ て、 LSI ク ロ ッ ク を計測す
る。
4.
必要な基準時間及び / も し く は、 IWDG タ イ ムアウ ト の計算に よ り 、 RTC の 20bit プ リ
スケー ラ を更新する ために、 計測 し た LSI 周波数を使 う 。
シ ス テム ・ ク ロ ッ ク (SYSCLK) の選択
シ ス テム ・ リ セ ッ ト の直後は HSI オシ レー タ がシ ス テム ・ ク ロ ッ ク と し て選択 さ れていま
す。 ク ロ ッ ク ・ ソ ースが直接、 も し く は PLL を経由 し て シ ス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ
れている と き には、 こ のク ロ ッ ク 信号を停止する こ と はで き ません。
あ る ク ロ ッ ク ・ ソ ースから 別のク ロ ッ ク ・ ソ ースに切 り 替え る と き には、 目的の ク ロ ッ ク
信号が動作中 (ス タ ー ト ア ッ プ遅延後に ク ロ ッ ク が安定 し ているか、 も し く は PLL がロ ッ
ク さ れてい る状態) で なければな り ません。 ク ロ ッ クが動作状態で なければ、 こ のク ロ ッ
クの動作が安定するのを待 っ て切 り 替えが行われます。 ク ロ ッ ク制御レ ジス タ (RCC_CR)
のス テー タ ス ・ ビ ッ ト は個々のク ロ ッ ク が動作状態であ るか否か と 、 どの ク ロ ッ ク がシ ス
テム ・ ク ロ ッ ク と し て利用可能であ るかを示 し ています。
6.2.7
ク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ シ ス テム (CSS)
ク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ シ ス テムは ソ フ ト ウ ェ ア で有効にで き ます。 こ の と き、 HSE オシ
レ ー タ のス タ ー ト ア ッ プ遅延時間の後に ク ロ ッ ク 検出回路の動作が開始 さ れ、 オシ レ ー タ
が停止する と 検出回路 も デ ィ セーブル状態 と な り ます。
HSE オシ レー タ の ク ロ ッ ク 信号に異常が検出 さ れた と き には、 オシ レ ー タ は自動的に停止
し 、 ク ロ ッ ク 異常イ ベ ン ト が高機能制御 タ イ マ TIM1 のブ レ ー ク入力に送 られます。 また、
ソ フ ト ウ ェ アに異常を通知 し 、 割込み リ ク エ ス ト ( ク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ シ ス テム割込
み (CSSI)) が生成 さ れ MCU が対応処理を行 う こ と が許可 さ れます。 CSSI は Cortex ™ -M3
NMI (Non-Maskable Interrupt) 例外ベ ク タ と 対応 し ています。
注意 :
CSS がイ ネーブル と な り 、 HSE ク ロ ッ ク異常が発生する と 、 CSS 割込みが リ ク エス ト さ
れ、 NMI が自動的に発生 し ます。 NMI 動作は CSS 割込みペンデ ィ ングビ ッ ト がク リ ア さ れ
ない限 り 、 無条件に実行 し ます。 つま り 、 NMI ISR の中でユーザがク ロ ッ ク割込みレ ジス
タ (RCC_CIR) の CSSC ビ ッ ト を セ ッ ト し 、 CSS 割込みを ク リ ア し なければな り ません。
HSE オシ レー タ が直接 も し く は間接的 ( こ の信号が PLL 入力で、 PLL 出力がシ ス テム ・ ク
ロ ッ ク と し て使用 さ れている場合) にシ ス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ れてい る と き に
は、 異常検出に よ り シ ス テム ・ ク ロ ッ クは HSI オシ レ ー タ に切 り 替わ り 、 外部 HSE 発振回
路はデ ィ セーブル と な り ます。 HSE オシ レ ー タ の ク ロ ッ クが PLL 入力で、 PLL 出力がシ ス
テム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ れてい る と き に異常が発生する と 、 PLL 回路 も デ ィ セーブル
にな り ます。
78/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
6.2.8
RTC ク ロ ッ ク
RTCCLK クロックは HSE/128、 LSE、 もしくは LSI クロックのいずれかから供給されます。 これ
はバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジ ス タ (RCC_BDCR) の RTCSEL[1:0] ビットで選択ができ
ます。 この選択はバックアップ ・ ドメインをリセットしない限り変更することはできません。
LSE ク ロ ッ ク はバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン に属 し ますが、 HSE と LSI ク ロ ッ ク はそ う ではあ
り ません。 こ のため、
•
LSE が RTC ク ロ ッ ク と し て使われている と き には、
-
•
LSI が自動ウ ェ ー ク ア ッ プ (AWU) ク ロ ッ ク と し て使われている と き には、
-
•
VDD 供給がオ フ と な っ た と き、 AWU の状態は保証 さ れません。 LSI 較正の詳細に
ついては セ ク シ ョ ン 6.2.5: LSI ク ロ ッ ク (77 ページ) を参照 し て く だ さ い。
128 分周 し た HSE ク ロ ッ クが RTC ク ロ ッ ク と し て使われてい る と き には、
-
6.2.9
VDD 供給がオ フ と な っ て も VBAT の供給が保たれてい る限 り 、 RTC は動作を続け
ます。
VDD 供給がオフとなったとき、 もしくは内蔵されている電圧レギュレータがオフとなり
1.8 V ドメインの電源供給が停止したときは、 RTC の状態は保証されません。
ウォ ッ チ ド ッ グ ・ ク ロ ッ ク
独立型ウ ォ ッ チ ド ッ グ (IWDG) がハー ド ウ ェ アのオプ シ ョ ン と し て、 も し く は ソ フ ト ウ ェ
アに よ っ て開始 さ れた と き、 LSI オシ レ ー タ は強制的にオ ン にな り 、 オ フ にする こ と はで
き ません。 LSI オシ レー タ の立上 り の過渡状態が終わる と 、 こ の ク ロ ッ ク が IWDG に供給
さ れます。
6.2.10
ク ロ ッ ク 信号出力
マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ ・ ク ロ ッ ク 出力機能 (MCO) は、 ク ロ ッ ク 信号を外部の MCO ピ ン に
出力 し ます。 こ の と き、 対応する GPIO ポー ト の設定レ ジ ス タ はオル タ ネー ト 機能が選択
する必要があ り ます。 以下の 4 つの信号の一つが、 MCU の ク ロ ッ ク と し て選択する こ と が
出来ます。
•
•
SYSCLK
HSI
•
HSE
•
2 分周 さ れた PLL ク ロ ッ ク
出力 さ れる ク ロ ッ ク は ク ロ ッ ク構成レ ジス タ (RCC_CFGR) の MCO[2:0] ビ ッ ト で指定 し ま
す。
Rev 5 -日本語版
79/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
6.3
RM0008
RCC レ ジ ス タ
レ ジ ス タ の詳細記述で使用 さ れてい る略語については セ ク シ ョ ン 1.1 (32 ページ) を参照
し て く だ さ い。
6.3.1
ク ロ ッ ク 制御レ ジ ス タ (RCC_CR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x00
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 XX83 X は不定
ア ク セス : ノ ーウ ェ イ ト 、 ワー ド ・ ハー フ ワー ド ・ バイ ト ア ク セス
31
15
30
14
29
28
27
26
25
24
予約済み
PLL
RDY
PLLON
予約済み
r
rw
9
8
13
12
11
10
23
7
22
19
18
17
16
予約済み
CSS
ON
HSE
BYP
HSE
RDY
HSE
ON
予約済み
rw
rw
r
rw
3
2
1
0
予約
済み
HSI
RDY
HSION
r
rw
6
HSICAL[7:0]
r
r
r
r
r
21
5
20
4
HSITRIM[4:0]
r
r
r
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:26 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 25 PLLRDY: PLL ク ロ ッ ク ・ レデ ィ ・ フ ラ グ
ハー ド ウ ェ アでセ ッ ト さ れ、 PLL がロ ッ ク 状態である こ と を示 し ています。
0: PLL はロ ッ ク状態ではあ り ません。
1: PLL はロ ッ ク状態です。
Bit 24 PLLON: PLL イ ネーブル
PLL を イ ネーブル と する ため、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
STOP モー ド 、 STANDBY モー ド に入る と き、 ハー ド ウ ェ アによ っ て ク リ ア さ れます。 こ のビ ッ ト
は PLL 出力がシス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ れている と き、 も し く はこ れから シス テム ・ ク
ロ ッ ク と し て使用 さ れよ う と し ている と き には リ セ ッ ト で き ません。
0: PLL オ フ
1: PLL オ ン
Bits 23:20 予約ビ ッ ト 、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 19 CSSON: ク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ システム ・ イ ネーブル
ク ロ ッ ク 検出回路を イ ネーブル と する ため、 ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: ク ロ ッ ク 検出回路オ フ
1: ク ロ ッ ク 検出回路オン (1-25MHz HSE オシ レー タ の動作時のみ)
Bit 18 HSEBYP: 高速外部 (HSE) ク ロ ッ ク ・ バイパス ・ モー ド
デバ ッ グ時に、 オシ レー タ をバイパス し て外部からのク ロ ッ ク信号の利用を指示する ために、 ソ
フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。 こ のビ ッ ト は 外部 1 ~ 25MHz オシ レー タ がデ ィ セー
ブルの時にのみ書込む こ と がで き ます。
0: 外部 1 ~ 25MHz オシ レー タ はバイパス さ れません。
1: 外部 1 ~ 25MHz オシ レー タ はバイパス さ れ、 外部ク ロ ッ クが使用 さ れます。
80/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 17 HSERDY: 高速外部 (HSE) ク ロ ッ ク ・ レデ ィ ・ フ ラ グ
外部 1 ~ 25MHz オシ レー タ が安定 し た動作状態であるか否かを示すよ う 、 ハー ド ウ ェ ア でセ ッ ト
さ れます。 HSEON が リ セ ッ ト さ れてから フ ラ グがク リ ア さ れる ま で、 外部 1 ~ 25MHz オシ レー タ
のク ロ ッ ク は 6 サイ クル相当の時間を必要にな り ます。
0: 外部 1 ~ 25MHz オシ レー タ はレデ ィ 状態ではあ り ません。
1: 外部 1 ~ 25MHz オシ レー タ はレデ ィ 状態です。
Bit 16 HSEON: 高速外部 (HSE) ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト さ れます。
STOP モー ド 、 STANDBY モー ド に入 り 外部 1 ~ 25MHz が停止する と ハー ド ウ ェ アによ り リ セ ッ
ト さ れます。 外部 1 ~ 25MHz が直接、 も し く は間接的にシ ス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ れてい
る と き、 または こ れか ら使用 さ れよ う と し ている と き には、 こ のビ ッ ト を リ セ ッ ト で き ません。
0: HSE オシ レー タ OFF
1: HSE オシ レー タ ON
Bits 15:8 HSICAL[7:0]: 高速内蔵 (HSI) ク ロ ッ ク ・ ト リ ミ ング
こ れら のビ ッ ト は、 ス タ ー ト ア ッ プ時に自動的に初期化 さ れます。
Bits 7:3 HSITRIM[4:0]: 高速内蔵 (HSI) ク ロ ッ ク ・ ト リ ミ ング
こ れら のビ ッ ト は、 ユーザがプ ログ ラ ム可能な ト リ ミ ング値を HSICAL[7:0] ビ ッ ト に追加で書込む
事が出来ます。 こ れは電圧や温度の変化に対応する ためにプ ログ ラ ムで変更する こ と がで き、 内
蔵 HSI RC の周波数に影響 し ます。
デ ィ フ ォル ト 値は 16 で HSICAL 値を追加 し た場合は HSI を 8MHz ± 1%に ト リ ムする必要があ り
ます。
Bit 2 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 1 HSIRDY: 高速内蔵 (HSI) ク ロ ッ ク ・ レデ ィ ・ フ ラ グ
内蔵 8 MHz RC オシ レー タ が安定 し た動作状態であるか否かを示すために、 ハー ド ウ ェ ア でセ ッ ト
さ れます。 HSION が リ セ ッ ト さ れてから フ ラ グがク リ ア さ れる ま で、 内蔵 8MHz RC オシ レー タ の
ク ロ ッ ク で 6 サイ クル相当の時間を必要にな り ます。
0: 内蔵 8 MHz RC オシ レー タ はレデ ィ 状態ではあ り ません。
1: 内蔵 8 MHz RC オシ レー タ はレデ ィ 状態です。
Bit 0 HSION: 高速内蔵 (HSI) ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト さ れます。
STOP モー ド 、 STANDBY モー ド を終了 し た と き、 も し く は 外部 1 ~ 25MHz オシ レー タ の ク ロ ッ
ク が直接 / 間接的にシ ス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ れ、 こ の ク ロ ッ ク に異常が検出 さ れた と き
に、 内蔵 8 MHz RC 回路を強制的にオン と する ためにハー ド ウ ェ アによ り セ ッ ト さ れます。 内蔵 8
MHz RC ク ロ ッ クが直接、 も し く は間接的にシス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ れている と き、 また
は こ れから 使用 さ れよ う と し ている と き には、 こ のビ ッ ト を リ セ ッ ト で き ません。
0: 内蔵 8 MHz RC オシ レー タ OFF
1: 内蔵 8 MHz RC オシ レー タ ON
Rev 5 -日本語版
81/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
6.3.2
RM0008
ク ロ ッ ク 構成レ ジ ス タ (RCC_CFGR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x04
リ セ ッ ト 値 : 0000 0000h
ア ク セス : 0 <= ウ ェ イ ト 数 <= 2、 ワー ド ・ ハー フ ワー ド ・ バイ ト ア ク セス
ク ロ ッ ク ・ ソ ースの切 り 替え中のア ク セスに限 り 、 1 ない し 2 個のウ ェ イ ト ・ ス テー ト が
挿入 さ れます。
31
30
29
28
27
26
予約済み
14
13
ADC PRE[1:0]
rw
rw
12
11
rw
23
22
予約
済み
USB
PRE
20
19
18
PLLMUL[3:0]
17
16
PLL
XTPRE
PLL
SRC
rw
rw
予約済
み.
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
PPRE1[2:0]
rw
21
rw
PPRE2[2:0]
rw
24
MCO[2:0]
予約済み
15
25
rw
rw
HPRE[3:0]
rw
rw
rw
rw
SWS[1:0]
rw
r
r
SW[1:0]
rw
rw
Bits 31:26 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bits 26:24 MCO: マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ ク ロ ッ ク出力
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0xx: ク ロ ッ ク出力な し 。
100: シス テム ・ ク ロ ッ クが出力 さ れます。
101: 内蔵 8 MHz RC オシ レー タ (HSI) ク ロ ッ クが出力 さ れます。
110: 外部 1-25 MHz オシ レー タ (HSE) ク ロ ッ クが出力 さ れます。
111: 2 分周 さ れた PLL ク ロ ッ クが出力 さ れます。
注:
- こ のク ロ ッ ク 出力は、 ス タ ー ト ア ッ プ時も し く は MCO ク ロ ッ ク ・ ソ ースがス イ ッ チ さ れる間に、
サイ クルを短縮する こ と がで き ます。
- MCO ピ ンにシ ス テム ・ ク ロ ッ クが出力 さ れる場合、 その周波数が最大入出力速度の 50 MHz を超
えない よ う 、 注意 し て く だ さ い。
Bit 22 USBPRE: USB プ リ スケー ラ
48 MHz の USB ク ロ ッ ク を生成する ために、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。 こ の
ビ ッ ト は RCC_APB1ENR レ ジ ス タ で USB ク ロ ッ ク がイ ネーブル と さ れる前に有効な値がセ ッ ト さ
れていなければな り ません。 また、 USB ク ロ ッ ク がイ ネーブル状態の と き に、 こ のビ ッ ト を リ
セ ッ ト する こ と はで き ません。
0: PLL ク ロ ッ クは 1.5 分周 さ れます。
1: PLL ク ロ ッ クは分周 さ れません。
82/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bits 21:18 PLLMUL: PLL 逓倍数
これ らのビ ッ ト には、 PLL の逓倍数の指定を ソ フ ト ウ ェ アで書込みます。 書込みは PLL がデ ィ
セーブル状態の と き に限 られます。
注意 : PLL 出力周波数は 72 MHz を超え る こ と はで き ません。
0000: PLL 入力周波数 x 2
0001: PLL 入力周波数 x 3
0010: PLL 入力周波数 x 4
0011: PLL 入力周波数 x 5
0100: PLL 入力周波数 x 6
0101: PLL 入力周波数 x 7
0110: PLL 入力周波数 x 8
0111: PLL 入力周波数 x 9
1000: PLL 入力周波数 x 10
1001: PLL 入力周波数 x 11
1010: PLL 入力周波数 x 12
1011: PLL 入力周波数 x 13
1100: PLL 入力周波数 x 14
1101: PLL 入力周波数 x 15
1110: PLL 入力周波数 x 16
1111: PLL 入力周波数 x 16
Bit 17 PLLXTPRE: PLL 入力に対する HSE 分周
PLL 入力信号 と し て使用 さ れる HSE の分周比を設定する ため、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト
し ます。 この設定は PLL がデ ィ セーブル状態の時にのみ書込みが可能です。
0: HSE ク ロ ッ クは分周 さ れません。 (直に入力 さ れます。)
1: HSE ク ロ ッ クは 2 分周 さ れます。
Bit 16 PLLSRC: PLL 入力ク ロ ッ ク ・ ソ ース
PLL ク ロ ッ ク ・ ソ ース を選択する ため、 ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。 こ のビ ッ
ト は PLL がデ ィ セーブル状態の と き にのみ書込みが可能です。
0: HSI ク ロ ッ ク / 2 が PLL 入力 と な り ます。
1: HSE ク ロ ッ クが PLL 入力 と な り ます。
Bits 14:14 ADCPRE: ADC プ リ スケー ラ
ソ フ ト ウ ェ ア で ADC の ク ロ ッ ク周波数を選択 し ます。
00: PLCK2 2 分周
01: PLCK2 4 分周
10: PLCK2 6 分周
11: PLCK2 8 分周
Bits 13:11 PPRE2: APB 高速 プ リ スケー ラ (APB2)
ソ フ ト ウ ェ ア で APB 高速ク ロ ッ ク分周を制御する ためにセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0xx: HCLK は分周 さ れません (= HCLK)
100: HCLK 2 分周
101: HCLK 4 分周
110: HCLK 8 分周
111: HCLK 16 分周
Rev 5 -日本語版
83/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bits 10:8 PPRE1: APB 低速プ リ スケー ラ (APB1)
ソ フ ト ウ ェ ア で APB 低速 の ク ロ ッ ク分周を制御する ためのセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0xx: HCLK は分周 し ません。
100: HCLK 2 分周
101: HCLK 4 分周
110: HCLK 8 分周
111: HCLK 16 分周
Bits 7:4 HPRE: AHB プ リ スケー ラ
ソ フ ト ウ ェ ア で AHB の ク ロ ッ ク分周を制御する ためのセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0xxx: SYSCLK は分周 し ません。 (= SYSCLK)
1000: SYSCLK 2 分周
1001: SYSCLK 4 分周
1010: SYSCLK 8 分周
1011: SYSCLK 16 分周
1100: SYSCLK 64 分周
1101: SYSCLK 128 分周
1110: SYSCLK 256 分周
1111: SYSCLK 512 分周
注 : AHB ク ロ ッ ク で 1 と は異な る プ リ スケー ラ を使 う 場合、 プ リ フ ェ ッ チ ・ バ ッ フ ァ は保持する
必要があ り ます。 詳細については Flash メ モ リ の読出 し (41 ページ) を参照 し て く だ さ い。
Bits 3:2 SWS: システム ・ ク ロ ッ ク ・ ス イ ッ チ ・ ステー タ ス
どの信号がシ ス テム ・ ク ロ ッ ク を生成する ために使われているかを表示する ため、 ハー ド ウ ェ ア
によ っ てセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
00: HSI オシ レー タ がシス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使われています。
01: HSE オシ レー タ がシス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使われています。
10: PLL がシ ス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使われています。
11: 未使用
Bits 1:0 SW: システム ・ ク ロ ッ ク ・ ス イ ッ チ
ソ フ ト ウ ェ ア で、 SYSCLK のソ ース と し て使われる信号を セ ッ ト / リ セ ッ ト し ます。
STOP モー ド 、 STANDBY モー ド を終了する時、 も し く は HSE 発信回路が直接 / 間接的にシ ス テ
ム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ れてお り 、 この信号に異常が検出 さ れた と き に、 ハー ド ウ ェ アによ っ
て値がセ ッ ト さ れます。 (後者はク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ シ ス テムが有効な場合のみ)
00: HSI がシス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ れます。
01: HSE がシス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ れます。
10: PLL がシ ス テム ・ ク ロ ッ ク と し て使用 さ れます。
11: 設定禁止
84/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
6.3.3
ク ロ ッ ク 割込みレ ジ ス タ (RCC_CIR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x08
リ セ ッ ト 値 : 0000 0000h
ア ク セス : ノ ーウ ェ イ ト 、 ワー ド ・ ハー フ ワー ド ・ バイ ト ア ク セス
31
15
30
14
29
13
28
27
26
25
24
23
予約済み
CSSC
予約済み
w
12
11
10
9
8
7
予約済み
PLL
RDYIE
HSE
RDYIE
HSI
RDYIE
LSE
RDYIE
LSI
RDYIE
CSSF
予約済み
rw
rw
rw
rw
rw
r
22
21
予約済み
6
5
予約済み
20
19
18
17
16
PLL
RDYC
HSE
RDYC
HSI
RDYC
LSE
RDYC
LSI
RDYC
w
w
w
w
w
4
3
2
1
0
PLL
RDYF
HSE
RDYF
HSI
RDYF
LSE
RDYF
LSI
RDYF
r
r
r
r
r
Bits 31:24 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 23 CSSC ク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ システム割込みク リ ア
このビ ッ ト を ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト する こ と で、 CSSF フ ラ グがク リ ア さ れます。 フ ラ グ ・ ク リ ア
後に、 このビ ッ ト はハー ド ウ ェ ア で リ セ ッ ト さ れます。
0: CSSF はク リ ア さ れません。
1: CSSF がク リ ア さ れます。
Bits 22:21 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 20 PLLRDYC: PLL レデ ィ 割込みク リ ア
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト する こ と で、 PLLRDYF フ ラ グがク リ ア さ れます。 フ ラ グ ・ ク リ ア後、 こ の
ビ ッ ト はハー ド ウ ェ ア で リ セ ッ ト さ れます。
0: PLLRDYF はク リ ア さ れません。
1: PLLRDYF がク リ ア さ れます。
Bit 19 HSERDYC: HSE レデ ィ 割込みク リ ア
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト する こ と で、 HSERDYF フ ラ グがク リ ア さ れます。 フ ラ グ ・ ク リ ア後、 こ の
ビ ッ ト はハー ド ウ ェ ア で リ セ ッ ト さ れます。
0: HSERDYF はク リ ア さ れません。
1: HSERDYF がク リ ア さ れます。
Bit 18 HSIRDYC: HSI レデ ィ 割込みク リ ア
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト する こ と で、 HSIRDYF フ ラ グがク リ ア さ れます。 フ ラ グ ・ ク リ ア後、 こ の
ビ ッ ト はハー ド ウ ェ ア で リ セ ッ ト さ れます。
0: HSIRDYF はク リ ア さ れません。
1: HSIRDYF がク リ ア さ れます。
Bit 17 LSERDYC: LSE レデ ィ 割込みク リ ア
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト する こ と で、 LSERDYF フ ラ グがク リ ア さ れます。 フ ラ グ ・ ク リ ア後、 こ の
ビ ッ ト はハー ド ウ ェ ア で リ セ ッ ト さ れます。
0: LSERDYF はク リ ア さ れません。
1: LSERDYF がク リ ア さ れます。
Rev 5 -日本語版
85/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 16 LSIRDYC: LSI レデ ィ 割込みク リ ア
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト する こ と で、 LSIRDYF フ ラ グがク リ ア さ れます。 フ ラ グを ク リ ア後、 こ の
ビ ッ ト はハー ド ウ ェ ア で リ セ ッ ト さ れます。
0: LSIRDYF はク リ ア さ れません。
1: LSIRDYF がク リ ア さ れます。
Bits 15:13 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 12 PLLRDYIE: PLL レデ ィ 割込み リ ク エス ト ク リ ア
PLL ロ ッ ク によ り 発生する割込み リ ク エス ト を許可 / 禁止する ために、 ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト /
リ セ ッ ト がで き ます。
0: PLL ロ ッ ク割込み リ ク エス ト 禁止
1: PLL ロ ッ ク割込み リ ク エス ト 許可
Bit 11 HSERDYIE: HSE レデ ィ 割込み リ ク エス ト 許可
外部 1 ~ 25MHz オシ レー タ の安定動作によ り 発生する割込み リ ク エス ト を許可 / 禁止する ため、
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: HSE レデ ィ 割込み リ ク エス ト 禁止
1: HSE レデ ィ 割込み リ ク エス ト 許可
Bit 10 HSIRDYIE: HSI レデ ィ 割込み リ ク エス ト 許可
内部 8 MHz RC オシ レー タ の安定動作によ り 発生する割込み リ ク エス ト を許可 / 禁止する ため、 ソ
フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: HSI レデ ィ 割込み リ ク エス ト 禁止
1: HSI レデ ィ 割込み リ ク エス ト 許可
Bit 9 LSERDYIE: LSE レデ ィ 割込み リ ク エス ト 許可
外部 32 kHz オシ レー タ の安定動作によ り 発生する割込み リ ク エス ト を許可 / 禁止する ため、 ソ フ
ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: LSE レデ ィ 割込み リ ク エス ト 禁止
1: LSE レデ ィ 割込み リ ク エス ト 許可
Bit 8 LSIRDYIE: LSI レデ ィ 割込み リ ク エス ト 許可
内蔵 RC 40kHz オシ レー タ の安定動作によ り 発生する割込み リ ク エス ト を許可 / 禁止する ため、 ソ
フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: LSI レデ ィ 割込み リ ク エス ト 禁止
1: LSI レデ ィ 割込み リ ク エス ト 許可
Bit 7 CSSF: ク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ システム割込み リ ク エス ト ・ フ ラ グ
外部 1 ~ 25 MHz オシ レー タ で異常が検出 さ れた と き にハー ド ウ ェ ア でセ ッ ト さ れ、 ソ フ ト ウ ェ ア
によ り CSSC ビ ッ ト に 1 を書込む こ と で リ セ ッ ト さ れます。
0: HSE ク ロ ッ ク異常によ る ク ロ ッ ク セキ ュ リ テ ィ 割込みは発生 し ていません。
1: HSE ク ロ ッ ク異常によ る ク ロ ッ ク セキ ュ リ テ ィ 割込みが発生 し ま し た。
Bits 6:5 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 4 PLLRDYF: PLL レデ ィ 割込み リ ク エス ト ・ フ ラ グ
PLLRDYIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている と き、 PLL がロ ッ ク状態 と な る と ハー ド ウ ェ ア でセ ッ ト さ
れ、 ソ フ ト ウ ェ ア で PLLRDYC ビ ッ ト に 1 を書込む こ と で リ セ ッ ト さ れます。
0: PLL レデ ィ 割込み リ ク エス ト は発生 し ていません。
1: PLL レデ ィ 割込み リ ク エス ト が発生 し ま し た。
Bit3 HSERDYF: HSE レデ ィ 割込み リ ク エス ト ・ フ ラ グ
HSERDYIE ビットがセットされて、 外部低速クロックの動作が安定するとハードウェアによってセットされ、
ソフトウェアで HSERDYC ビットに 1 を書込むことでリセットされます。
0: HDE (1 ~ 25 MHz オシ レー タ ) レデ ィ 割込み リ ク エス ト は発生 し ていません。
1: HDE (1 ~ 25 MHz オシ レー タ ) レデ ィ 割込み リ ク エス ト が発生 し ま し た。
86/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 2 HSIRDYF: HSI レデ ィ 割込み リ ク エス ト ・ フ ラ グ
HSIRDYIE ビットがセットされて、 内部高速クロックの動作が安定するとハードウェアによってセットされ、
ソフトウェアで HSIRDYC ビットに 1 を書込むことでリセットされます。
0: HSI (内蔵 8 MHz RC オシ レー タ ) レデ ィ 割込み リ ク エス ト は発生 し ていません。
1: HSI (内蔵 8 MHz RC オシ レー タ ) レデ ィ 割込み リ ク エス ト が発生 し ま し た。
Bit 1 LSERDYF: LSE レデ ィ 割込み リ ク エス ト ・ フ ラ グ
LSERDYIE ビットがセットされ、 外部高速クロックの動作が安定するとハードウェアによってセットされ、 ソ
フトウェアで LSERDYC ビットに 1 を書込むことでリセットされます。
0: LSE (外部 32 kHz オシ レー タ ) レデ ィ 割込み リ ク エ ス ト は発生 し ていません。
1: LSE (外部 32 kHz オシ レー タ ) レデ ィ 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ま し た。
Bit 0 LSIRDYF: LSI レデ ィ 割込み リ ク エス ト ・ フ ラ グ
LSIRDYIE ビットがセットされて、 内部低速クロックの動作が安定するとハードウェアによってセットされ、
ソフトウェアで LSIRDYC ビットに 1 を書込むことでリセットされます。
0: LSI (内蔵 32 kHz オシ レー タ ) レデ ィ 割込み リ ク エ ス ト は発生 し ていません。
1: LSI (内蔵 32 kHz オシ レー タ ) レデ ィ 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ま し た。
6.3.4
APB2 ペ リ フ ェ ラル ・ リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (RCC_APB2RSTR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x0C
リ セ ッ ト 値 : 0000 0000h
ア ク セス : ノ ーウ ェ イ ト 、 ワー ド ・ ハー フ ワー ド ・ バイ ト ア ク セス
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
予約済み
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
ADC3
RST
USART1
RST
TIM8
RST
SPI1
RST
TIM1
RST
ADC2
RST
ADC1
RST
IOPG
RST
IOPF
RST
IOPE
RST
IOPD
RST
IOPC
RST
IOPB
RST
IOPA
RST
予約
済み
AFIO
RST
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
予約済
み
rw
Bits 31:16 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 15 ADC3RST ADC3 イ ン タ フ ェ ース ・ リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: ADC3 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 14 USART1RST: USART1 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: USART1 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 13 TIM8RST TIM8 タ イ マ ・ リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: TIM8 を リ セ ッ ト し ます。
Rev 5 -日本語版
87/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 12 SPI1RST: SPI 1 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: SPI 1 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 11 TIM1RST: TIM1 タ イ マ ・ リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: TIM1 タ イ マ を リ セ ッ ト し ます。
Bit 10 ADC2RST: ADC2 イ ン タ フ ェ ース ・ リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: ADC2 イ ン タ フ ェ ース を リ セ ッ ト し ます。
Bit 9 ADC1RST: ADC1 イ ン タ フ ェ ース ・ リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: ADC1 イ ン タ フ ェ ース を リ セ ッ ト し ます。
Bit 8 IOPGRST 入出力ポー ト G リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: 入出力ポー ト G を リ セ ッ ト し ます。
Bit 7 IOPFRST 入出力ポー ト F リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: 入出力ポー ト F を リ セ ッ ト し ます。
Bit 6 IOPERST: 入出力ポー ト E リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: 入出力ポー ト E を リ セ ッ ト し ます。
Bit 5 IOPDRST 入出力ポー ト D リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: 入出力ポー ト D を リ セ ッ ト し ます。
Bit 4 IOPCRST 入出力ポー ト C リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: 入出力ポー ト C を リ セ ッ ト し ます。
Bit 3 IOPBRST 入出力ポー ト B リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: 入出力ポー ト B を リ セ ッ ト し ます。
Bit 2 IOPARST: 入出力ポー ト A リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: 入出力ポー ト A を リ セ ッ ト し ます。
Bit 1 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
88/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 0 AFIORST: オル タ ネー ト 機能入出力 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: オル タ ネー ト 機能ポー ト を リ セ ッ ト し ます。
6.3.5
APB1 ペ リ フ ェ ラル ・ リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (RCC_APB1RSTR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x10
リ セ ッ ト 値 : 0000 0000h
ア ク セス : ノ ーウ ェ イ ト 、 ワー ド ・ ハー フ ワー ド ・ バイ ト ア ク セス
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
予約済み
DAC
RST
PWR
RST
BKP
RST
予約
済み
CAN
RST
予約
済み
USB
RST
I2C2
RST
I2C1
RST
UART
5
RST
UART
4
RST
予約済み
rw
rw
rw
予約済
み
rw
予約済
み
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
予約済
み
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
USART USART
3
2
RST
RST
16
予約
済み
15
14
SPI3
RST
SPI2
RST
予約済み
WWD
GRST
予約済み
TIM7
RST
TIM6
RST
TIM5
RST
TIM4
RST
TIM3
RST
TIM2
RST
rw
rw
予約済み
rw
予約済み
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:30 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 29 DACRST DAC イ ン タ フ ェ ース ・ リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: DAC イ ン タ フ ェ ース を リ セ ッ ト し ます。
Bit 28 PWRRST: 電源イ ン タ フ ェ ース ・ リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: 電源イ ン タ フ ェ ース を リ セ ッ ト し ます。
Bit 27 BKPRST: バ ッ ク ア ッ プ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: バ ッ ク ア ッ プ ・ イ ン タ フ ェ ース を リ セ ッ ト し ます。
Bit 26 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 25 CANRST: CAN リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: CAN を リ セ ッ ト し ます。
Bit 24 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 23 USBRST: USB リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: USB を リ セ ッ ト し ます。
Rev 5 -日本語版
89/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 22 I2C2RST: I 2C 2 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: I 2C2 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 21 I2C1RST: I 2C1 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: I 2C1 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 20 USART5RST: USART5 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: USART5 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 19 USART4RST: USART4 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: USART4 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 18 USART3RST: USART3 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: USART3 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 17 USART2RST: USART2 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: USART2 を リ セ ッ ト し ます。
Bits 16 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 15 SPI3RST: SPI 3 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: SPI 3 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 14 SPI2RST: SPI 2 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: SPI 2 を リ セ ッ ト し ます。
Bits 13:12 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 11 WWDGRST: Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グを リ セ ッ ト し ます。
Bits 10:6 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 5 TIM7RST: タ イ マ 7 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: タ イ マ 7 を リ セ ッ ト し ます。
90/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 4 TIM6RST: タ イ マ 6 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: タ イ マ 6 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 3 TIM5RST: タ イ マ 5 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: タ イ マ 5 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 2 TIM4RST: タ イ マ 4 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: タ イ マ 4 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 1 TIM3RST: タ イ マ 3 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: タ イ マ 3 を リ セ ッ ト し ます。
Bit 0 TIM2RST: タ イ マ 2 リ セ ッ ト
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 影響な し
1: タ イ マ 3 を リ セ ッ ト し ます。
6.3.6
AHB ペ リ フ ェ ラル ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル ・ レ ジス タ (RCC_AHBENR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x14
リ セ ッ ト 値 : 0000 0014h
ア ク セス : ノ ーウ ェ イ ト 、 ワー ド ・ ハー フ ワー ド ・ バイ ト ア ク セス
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
6
18
17
16
5
4
3
2
1
0
予約
済み
FLITF
EN
予約
済み
SRAM
EN
DMA2
EN
DMA1
EN
rw
rw
rw
予約済み
15
14
13
予約済み
12
11
10
SDIO
EN
9
8
7
予約
済み
FSMC
EN
予約
済み
rw
CRCE
N
rw
rw
rw
Bits 31:11 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 10 SDIOEN SDIO ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: SDIO には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: SDIO に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bits 9 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 8 FSMCEN FSMC ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: FSMC にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: FSMC に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Rev 5 -日本語版
91/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 7 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 6 CRCEN CRC ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: CRC には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: CRC に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 5 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 4 FLITFEN: FLITF ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
SLEEP モー ド における FLITF ク ロ ッ クのオン / オ フ を切 り 替え る ため、 ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト /
リ セ ッ ト がで き ます。
0: SLEEP モー ド で、 FLITF にはク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: SLEEP モー ド で、 FLITF に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 3 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 2 SRAMEN: SRAM イ ン タ フ ェ ース ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
SLEEP モー ド における SRAM ク ロ ッ ク のオン / オ フ を切 り 替え る ため、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト /
リ セ ッ ト がで き ます。
0: SLEEP モー ド で、 SRAM にはク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: SLEEP モー ド で、 SRAM に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 1 DMA2EN DMA2 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: DMA2 には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: DMA2 に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 0 DMAEN: DMA ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: DMA にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: DMA に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
92/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
6.3.7
APB2 ペ リ フ ェ ラル ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル ・ レ ジ ス タ (RCC_APB2ENR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 18h
リ セ ッ ト 値 : 0000 0000h
ア ク セス : ワー ド ・ ハー フ ワー ド ・ バイ ト ア ク セス
ア ク セスは ノ ーウ ェ イ ト で行われます。 ただ し 、 APB2 ド メ イ ンのペ リ フ ェ ラ ルにア ク セ
ス中の場合は、 こ れが終了する ま でウ ェ ー ト ス テー ト が挿入 さ れます。
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
予約済み
予約済み
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
ADC3
EN
15
USAR
T1EN
TIM8
EN
SPI1
EN
TIM1
EN
ADC2
EN
ADC1
EN
IOPG
EN
IOPF
EN
IOPE
EN
IOPD
EN
IOPC
EN
IOPB
EN
IOPA
EN
予約
済み
AFIO
EN
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
予約済
み
rw
Bits 31:16 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 15 ADC3EN ADC 3 イ ン タ フ ェ ース ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: ADC3 イ ン タ フ ェ ースにはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: ADC3 イ ン タ フ ェ ースに ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 14 USART1EN USART1 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: USART1 には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: USART1 に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 13 TIM8EN TIM8 タ イ マ ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: TIM8 にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: TIM8 に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 12 SPI1EN: SPI 1 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: SPI 1 にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: SPI 1 に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 11 TIM1EN: TIM 1 タ イ マ ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: TIM1 には タ イ マ ・ ク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: TIM1 に タ イ マ ・ ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 10 ADC2EN: ADC 2 イ ン タ フ ェ ース ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: ADC 2 イ ン タ フ ェ ースにはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: ADC 2 イ ン タ フ ェ ースに ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Rev 5 -日本語版
93/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 9 ADC1EN: ADC 1 イ ン タ フ ェ ース ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: ADC 1 イ ン タ フ ェ ースにはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: ADC 1 イ ン タ フ ェ ースに ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 8 IOPEEN: 入出力ポー ト G ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 入出力ポー ト G にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: 入出力ポー ト G に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 7 IOPEEN: 入出力ポー ト F ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 入出力ポー ト F には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: 入出力ポー ト F に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 6 IOPEEN: 入出力ポー ト E ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 入出力ポー ト E には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: 入出力ポー ト E に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 5 IOPDEN: 入出力ポー ト D ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 入出力ポー ト D には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: 入出力ポー ト D に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 4 IOPCEN: 入出力ポー ト C ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 入出力ポー ト C にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: 入出力ポー ト C に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 3 IOPBEN: 入出力ポー ト B ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 入出力ポー ト B にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: 入出力ポー ト B に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 2 IOPAEN: 入出力ポー ト A ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 入出力ポー ト A には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: 入出力ポー ト A に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 1 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 0 AFIOEN: オル タ ネー ト 機能入出力ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: オル タ ネー ト 機能入出力にはク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: オル タ ネー ト 機能入出力に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
94/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
6.3.8
APB1 ペ リ フ ェ ラル ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル ・ レ ジ ス タ (RCC_APB1ENR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x1C
リ セ ッ ト 値 : 0000 0000h
ア ク セス : ワー ド ・ ハー フ ワー ド ・ バイ ト ア ク セス
ア ク セスは ノ ーウ ェ イ ト で行われます。 ただ し 、 APB1 ド メ イ ンのペ リ フ ェ ラ ルにア ク セ
ス中の場合は、 こ れが終了する ま でウ ェ ー ト ス テー ト が挿入 さ れます。
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
予約済み
DAC
EN
PWR
EN
BKP
EN
予約
済み
CAN
EN
予約
済み
USB
EN
I2C2
EN
I2C1
EN
UART5E
N
UART4
EN
USART
3EN
USART
2EN
予約
済み
Res
rw
rw
rw
Res
rw
Res
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Res
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
15
14
SPI3
EN
SPI2
EN
予約済み
WWD
GEN
予約済み
TIM7
EN
TIM6
EN
TIM5
EN
TIM4
EN
TIM3
EN
TIM2
EN
rw
rw
Res
rw
Res
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:30 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 29 DACEN DAC イ ン タ フ ェ ース ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: DAC イ ン タ フ ェ ースには ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: DAC イ ン タ フ ェ ースに ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 28 PWREN: 電源イ ン タ フ ェ ース ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 電源イ ン タ フ ェ ースには ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: 電源イ ン タ フ ェ ースに ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 27 BKPEN: バ ッ ク ア ッ プ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: バ ッ ク ア ッ プ ・ イ ン タ フ ェ ースにはク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: バ ッ ク ア ッ プ ・ イ ン タ フ ェ ースに ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 26 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 25 CANEN: CAN ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: CAN には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: CAN に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 24 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 23 USBEN: USB ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: USB にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: USB に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 22 I2C2EN: I 2C 2 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: I 2C 2 には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: I 2C 2 に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Rev 5 -日本語版
95/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 21 I2C1EN: I 2C 1 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: I 2C 1 には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: I 2C 1 に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 20 USART5EN: USART 5 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: USART 5 には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: USART 5 に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 19 USART4EN: USART 4 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: USART 4 には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: USART 4 に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 18 USART3EN: USART 3 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: USART 3 にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: USART 3 に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 17 USART2EN: USART 2 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: USART 2 にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: USART 2 に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bits 16 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 15 SPI3EN: SPI 3 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: SPI 3 にはク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: SPI 3 に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 14 SPI2EN: SPI 2 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: SPI 2 には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: SPI 2 に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bits 13:12 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 11 WWDGEN: Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グにはク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グに ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bits 10:6 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 5 TIM7EN: タ イ マ 7 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: タ イ マ 7 には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: タ イ マ 7 に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 4 TIM6EN: タ イ マ 6 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: タ イ マ 6 には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: タ イ マ 6 に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
96/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 3 TIM5EN: タ イ マ 5 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: タ イ マ 5 には ク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: タ イ マ 5 に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bit 2 TIM4EN: タ イ マ 4 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: タ イ マ 4 にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: タ イ マ 4 に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 1 TIM3EN: タ イ マ 3 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: タ イ マ 3 にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: タ イ マ 3 に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Bit 0 TIM2EN タ イ マ 2 ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: タ イ マ 2 にはク ロ ッ ク が供給 さ れません。
1: タ イ マ 2 に ク ロ ッ ク が供給 さ れます。
Rev 5 -日本語版
97/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
6.3.9
RM0008
バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジ ス タ (RCC_BDCR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x20
リ セ ッ ト 値 : 0000 0000h (バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン ・ リ セ ッ ト 信号で リ セ ッ ト さ れます。)
ア ク セス : 0 ≦ウ ェ ー ト 数 ≦ 3、 ワー ド ・ ハー フ ワー ド ・ バイ ト ア ク セス
こ のレ ジ ス タ への連続 し たア ク セス で、 ウ ェ ー ト ス テー ト が挿入 さ れます。
バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン制御レ ジス タ (RCC_BDCR) の LSEON、 LSEBYP、 RTCSEL、
RTCEN の各ビ ッ ト はバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ンに属 し ています。 こ のため、 リ セ ッ ト 後こ れ
らのビ ッ ト は書込み禁止状態にあ り 、 ビ ッ ト の値を変更するには、 その前に電源制御レ ジ
ス タ (PWR_CR) の DBP ビ ッ ト を セ ッ ト し なければな り ません。 詳細はセ ク シ ョ ン 5 (63
ページ) を参照 し て く だ さ い。 こ れらのビ ッ ト は VBAT 電源がオ ン でバ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ
イ ン ・ リ セ ッ ト の時にのみ リ セ ッ ト さ れます。 他の リ セ ッ ト 機能は こ れらのビ ッ ト の値に
は影響を与え ません。
注意 :
31
30
15
14
29
13
28
12
RTC
EN
予約済み
rw
Res
27
11
26
10
25
24
9
23
21
20
19
18
17
16
予約済み
BDRST
Res
rw
8
7
RTCSEL[1:0]
rw
22
rw
6
5
4
3
2
1
0
予約済み
LSE
BYP
LSE
RDY
LSEON
Res
rw
r
rw
Bits 31:17 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 16 BDRST: バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン ・ ソ フ ト ウ ェ ア ・ リ セ ッ ト
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: リ セ ッ ト が有効ではあ り ません。
1: バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ン全体が リ セ ッ ト さ れます。
Bit 15 RTCEN: RTC ク ロ ッ ク ・ イ ネーブル
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: RTC にはク ロ ッ クが供給 さ れません。
1: RTC に ク ロ ッ クが供給 さ れます。
Bits 14:10 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bits 9:8 RTCSEL[1:0]: RTC ク ロ ッ ク ・ ソ ースの選択
こ れら のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アで RTC のク ロ ッ ク ・ ソ ース を選択する セ ッ ト を行 う こ と がで き ま
す。 RTC ク ロ ッ ク ・ ソ ースの選択が行われる と バ ッ ク ア ッ プ ド メ イ ンの リ セ ッ ト 無 し で変更をす
る こ と はで き ません。 こ の内容の リ セ ッ ト は BDRST ビ ッ ト で行います。
00: ク ロ ッ ク な し
01: LSE オシ レー タ の ク ロ ッ クが RTC ク ロ ッ ク と し て使用 さ れます。
10: LSI オシ レー タ の ク ロ ッ クが RTC ク ロ ッ ク と し て使用 さ れます。
11: HSE オシ レー タ の ク ロ ッ ク を 128 分周 し た信号が RTC ク ロ ッ ク と し て使用 さ れます。
Bits 7:3 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 2 LSEBYP: 外部低速オシ レー タ ・ バイパス
デバ ッ グ ・ モー ド で、 オシ レー タ をバイパスする ために ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト する こ
と がで き ます。 こ のビ ッ ト は外部 32kHz オシ レー タ がデ ィ セーブルの時にのみ書込みが出来ます。
0: LSE オシ レー タ はバイパス さ れません。
1: LSE オシ レー タ がバイパス さ れます。
98/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 1 LSERDY: 外部低速オシ レー タ ・ レデ ィ
外部 32kHz オシ レー タ が安定 し た動作状態であるか否かを示すよ う にハー ド ウ ェ ア でセ ッ ト / リ
セ ッ ト さ れます。 LSEON が リ セ ッ ト さ れてから フ ラ グがク リ ア さ れる ま で、 この外部低速オシ
レー タ ・ ク ロ ッ ク で 6 サイ クル相当の時間を必要 と し ます。
0: LSE オシ レー タ はレデ ィ 状態ではあ り ません。
1: LSE オシ レー タ はレデ ィ 状態です。
Bit 0 LSEON: 外部低速オシ レー タ ・ イ ネーブル
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 外部 32kHz オシ レー タ OFF
1: 外部 32kHz オシ レー タ ON
6.3.10
制御 / ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (RCC_CSR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x24
リ セ ッ ト 値 : 0C00 0000h (シ ス テム ・ リ セ ッ ト で リ セ ッ ト さ れます。 ただ し リ セ ッ ト ・ フ
ラ グ類は電源 リ セ ッ ト 時のみ リ セ ッ ト さ れます)
ア ク セス : 0 ≦ウ ェ イ ト 数 ≦ 3、 ワー ド ・ ハー フ ワー ド ・ バイ ト ア ク セス
こ のレ ジ ス タ への連続 し たア ク セス で、 ウ ェ ー ト ス テー ト が挿入 さ れます。
31
30
29
28
27
26
25
24
LPWR
RSTF
WWDG
RSTF
IWDG
RSTF
SFT
RSTF
POR
RSTF
PIN
RSTF
予約
済み
RMVF
18
17
16
2
1
0
予約済み
LSI
RDY
LSION
予約済み
r
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Res
rw
15
14
13
12
11
10
9
8
23
22
21
20
19
予約済み
予約済み
7
6
5
4
3
Bit 31 LPWRRSTF: 低電力 リ セ ッ ト ・ フ ラ グ
低電力管理 リ セ ッ ト が発生 し た と き、 ハー ド ウ ェ アによ っ てセ ッ ト さ れ、 ソ フ ト ウ ェ ア で RMVF
ビ ッ ト に 1 を書込む こ と で リ セ ッ ト さ れます。
0: 低電力管理 リ セ ッ ト は発生 し ていません。
1: 低電力管理 リ セ ッ ト が発生 し ま し た。
低電力管理 リ セ ッ ト の詳細は セ ク シ ョ ン : 低電力管理 リ セ ッ ト を参照 し て く だ さ い。
Bit 30 WWDGRSTF: Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ リ セ ッ ト ・ フ ラ グ
Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ リ セ ッ ト が発生 し た と き にハー ド ウ ェ アでセ ッ ト さ れ、 ソ フ ト ウ ェ ア
で RMVF ビ ッ ト に 1 を書込む こ と で リ セ ッ ト さ れます。
0: Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ リ セ ッ ト は発生 し ていません。
1: Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ リ セ ッ ト が発生 し ま し た。
Bit 29 IWDGRSTF: 独立型ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ リ セ ッ ト ・ フ ラ グ
VDD ド メ イ ン でウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ リ セ ッ ト が発生 し た と き にハー ド ウ ェ アによ っ てセ ッ ト さ れ、
ソ フ ト ウ ェ ア で RMVF ビ ッ ト に 1 を書込む こ と で リ セ ッ ト さ れます。
0: ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ リ セ ッ ト は発生 し ていません。
1: ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ リ セ ッ ト が発生 し ま し た。
Rev 5 -日本語版
99/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
Bit 28 SFTRSTF: ソ フ ト ウ ェ ア ・ リ セ ッ ト ・ フ ラ グ
ソ フ ト ウ ェ ア ・ リ セ ッ ト が発生 し た と き にハー ド ウ ェ アによ っ てセ ッ ト さ れ、 ソ フ ト ウ ェ ア で
RMVF ビ ッ ト に 1 を書込む こ と で リ セ ッ ト さ れます。
0: ソ フ ト ウ ェ ア ・ リ セ ッ ト は発生 し ていません。
1: ソ フ ト ウ ェ ア ・ リ セ ッ ト が発生 し ま し た。
Bit 27 PORRSTF: POR/PDR リ セ ッ ト ・ フ ラ グ
POR/PDR リ セ ッ ト が発生 し た と き にハー ド ウ ェ アでセ ッ ト さ れ、 ソ フ ト ウ ェ ア で RMVF ビ ッ ト
に 1 を書込む こ と で リ セ ッ ト さ れます。
0: POR/PDR リ セ ッ ト は発生 し ていません。
1: POR/PDR リ セ ッ ト が発生 し ま し た。
Bit 26 PINRSTF: ピ ン ・ リ セ ッ ト ・ フ ラ グ
NRST ピ ン で リ セ ッ ト が発生 し た と き にハー ド ウ ェ ア でセ ッ ト さ れ、 ソ フ ト ウ ェ ア で RMVF ビ ッ
ト に 1 を書込む こ と で リ セ ッ ト さ れます。
0: NRST ピ ンの リ セ ッ ト は発生 し ていません。
1: NRST ピ ンの リ セ ッ ト が発生 し ま し た。
Bit 25 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 24 RMVF: リ セ ッ ト ・ フ ラ グ解除
リ セ ッ ト ・ フ ラ グの値を初期値に戻すため、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト し ます。
0: リ セ ッ ト ・ フ ラ グの初期化は行われません。
1: リ セ ッ ト ・ フ ラ グの初期化を行います。
Bits 23:2 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 1 LSIRDY: 内蔵低速 オシ レー タ ・ レデ ィ
内蔵 RC40kHz オシ レー タ が安定 し た動作状態であるか否かを示すよ う に、 ハー ド ウ ェ アでセ ッ ト
/ リ セ ッ ト さ れます。 LSION が リ セ ッ ト さ れてから フ ラ グがク リ ア さ れる ま で、 この内蔵
RC40kHz オシ レー タ の ク ロ ッ ク で 3 サイ ク ル相当の時間を必要 と し ます。
0: 内蔵 RC40kHz オシ レー タ はレデ ィ 状態ではあ り ません。
1: 内蔵 RC40kHz オシ レー タ はレデ ィ 状態です。
Bit 0 LSION: 内蔵低速オシ レー タ ・ イ ネーブル
このビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / リ セ ッ ト がで き ます。
0: 内蔵 RC40kHz オシ レー タ OFF
1: 内蔵 RC40kHz オシ レー タ ON
100/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
リ セ ッ ト と ク ロ ッ ク の制御 (RCC)
RM0008
6.3.11
RCC レ ジ ス タ ・ マ ッ プ
次の表は RCC レ ジ ス タ ・ マ ッ プ及び リ セ ッ ト 値について示 し ています。
1
HSIRDY
HSION
予約済み
HSIRDYF
LSERDYF
LSIRDYF
予約済み
AFIORST
TIM2RST
DM1AEN
0
0
0
0
0
予約済み
0
予約済み
0
0
TIM2EN
0
AFIOEN
DM2AEN
TIM3RST
SRAMEN
IOPAEN
0
TIM3EN
IOPFEN
0
TIM4EN
IOPGEN
0
IOPBEN
ADC1EN
1
IOPCEN
ADC2EN
1
予約済み
TIM4RST
IOPARST
PLLRDYF
HSERDYF
TM5RST
IOPBRST
TM6RST
IOPCRST
予約済み
0
0
0
0
0
LSEON
1
0
予約済み
0
0
0
0
0
LSION
PINRSTF
0
0
予約済み
0
LSEBYP
PORRSTF
0
0
RTC
SEL
[1:0]
0
LSERDY
SFTRSTF
0
0
0
RMVF
IWDGRSTF
0
予約済み
LPWRSTF
リセッ ト値
WWDGRSTF
RCC_CSR
0
0
リセッ ト値
0x024
0
0
0
LSIRDY
予約済み
TIM1EN
0
0
WWDGEN
0
SPI1EN
0
0
予約済み
USART2EN
0
TIM8EN
USART3EN
0
USART1EN
UART4EN
0
予約済み
UART5EN
0
0
RTCEN
RCC_BDCR
I2C1EN
0
I2C2EN
CANEN
0
予約済み
0
0
0
0
0
0
BDRST
0x020
0
USBEN
リセッ ト値
BKPEN
予約
済み
予約済み
RCC_APB1ENR
DACEN
0x01C
PWREN
リセッ ト値
0
0
SPI2EN
予約済み
0
0
ADC3EN
RCC_APB2ENR
0
0
SPI3EN
0x018
0
0
0
0
0
0
予約済み
0
0
TIM6EN
リセッ ト値
0
0
0
予約済み
0
予約済み
0
0
FLITFEN
0
SW
[1:0]
TIM5EN
0
1
TM7RST
0
0
1
SWS
[1:0]
IOPDRST
CSSF
0
0
0
IOPFRST
0
0
0
IOPERST
予約済み
0
0
0
予約済み
RCC_AHBENR
0
SPI1RST
0
0
TIM1RST
0
0
WWDGRST
USART2RST
0
0
予約済み
USART3RST
0
0
TIM8RST
UART4RST
0
0
USART1RST
UART5RST
0
0
SPI2RST
I2C1RST
0
予約済み
I2C2RST
0
USBRST
0
CANRST
0
予約済み
0
0
SDIOEN
0x014
BKPRST
リセッ ト値
予約済み
RCC_APB1RSTR 予約
済み
DACRST
0x010
PWRRST
リセッ ト値
0
ADC3RST
予約済み
0
IOPGRST
0
0
予約済み
0
0
FSMCEN
0
0
HSIRDYIE
0
0
LSERDYIE
LSIRDYIE
0
0
0
HPRE[3:0]
ADC1RST
0
1
ADC2RST
0
0
PPRE1
[2:0]
予約済み
0
0
PLLRDYIE
0
0
HSERDYIE
0
PPRE2
[2:0]
SPI3RST
RCC_APB2RSTR
PLLSRC
0
PLLXTPRE
予約済み
0
0
IOPDEN
0
0
TIM7EN
HSEON
0
ADC
PRE
[1:0]
0
CRCEN
HSERDY
PLLMUL[3:0]
0
HSITRIM[4:0]
IOPEEN
CSSON
0
0
リセッ ト値
0x00C
0
LSIRDYC
RCC_CIR
0
0
LSERDYC
0x008
0
HSEBYP
リセッ ト値
0
HSIRDYC
MCO [2:0]
予約済み
0
HSICAL[7:0]
PLLRDYC
RCC_CFGR
0
CSSC
0x004
0
予約済み
HSERDYC
リセッ ト値
USBPRE
予約済み
予約済み
RCC_CR
PLL ON
レ ジス タ
予約済み
0x000
RCC - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値
PLL RDY
オフ
セッ ト
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 13.
0
0
レ ジ ス タ のア ド レ ス範囲に関 し ては表 1 (36 ページ) を参照 し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
101/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7
RM0008
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
Flash メ モ リ 容量が 32 ~ 128Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト ロー
ラは、 中容量デバイ ス です。
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 大容量デバイ スです。
こ のセ ク シ ョ ンは、 注意書きがない限 り 、 STM32F10xxx フ ァ ミ リ 全てに適応 さ れます。
7.1
GPIO 機能
汎用入出力ポー ト (GPIO) には、 それぞれに、 32bit の構成レ ジ ス タ (GPIOx_CRL、
GPIOx_CRH) と 、 2 個の 32bit デー タ ・ レ ジ ス タ (GPIOx_IDR、 GPIOx_ODR)、 32bit のセ ッ ト /
リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (GPIOx_BSRR) 、 16bit の リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (GPIOx_BRR)、 32bit の
ロ ッ ク レ ジ ス タ (GPIOx_LCKR) が備え られています。
個々の入出力ポー ト の特定のハー ド ウ ェ ア特性に関 し ては、 デー タ シー ト に記載 さ れてい
ます。 汎用入出力 (GPIO) ポー ト の各ビ ッ ト は、 個々に、 ソ フ ト ウ ェ ア で以下の動作モー
ド を選択で き ます。
-
フ ローテ ィ ン グ入力
-
プルア ッ プ付き入力
-
プルダウ ン付き入力
-
-
アナ ロ グ入力
オープ ン ド レ イ ン出力
-
プ ッ シ ュ プル出力
-
オル タ ネー ト 機能対応プ ッ シ ュ プル
-
オル タ ネー ト 機能対応オープ ン ド レ イ ン
個々の入出ポー ト ビ ッ ト は任意に設定で き ますが、 入出力ポー ト ・ レ ジ ス タ は 32 ビ ッ ト
ワー ド と し て ア ク セス し なければな り ません。 ハー フ ワー ド やバイ ト 単位でのア ク セスは
で き ません。 GPIOx_BSRR レ ジ ス タ と GPIOx_BRR レ ジ ス タ を利用すれば、 GPIO レ ジ ス タ
に ビ ッ ト 単位で ア ク セス し 、 値を変更する こ と がで き ます。 こ れに よ り 、 一部ビ ッ ト の変
更を複数命令で行 う 際に生 じ る、 読出 し と 変更の間の割込み リ ク エ ス ト の発生 リ ス ク を回
避する こ と がで き ます。
図 10 は、 入出力ポー ト ビ ッ ト の基本的な構造を示 し ています。
102/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
図 10.
入出力ポー ト の基本構造
V DD
アナログ入力
オンチップ
ペリフェラル
オン/オフ
オルタネート機能入力
入力データレジスタ
オン/オフ
V DD
TTLシュミット
トリガ
V SS
I/O ピン
V DD
出力ドライバ
保護ダイオード
P-MOS
出力
コントロール
V SS
N-MOS
読込み/書込み
V SS
オンチップ
ペリフェラル
保護ダイオード
オン/オフ
入力ドライバ
出力データレジスタ
書込み
ビットセット/クリアレジスタ
読込み
プッシュプル、
オープンドレイン、
両オフのいずれか
オルタネート機能出力
ai14781
図 11.
5V 耐性入出力ポー ト の基本構造
V DD
アナログ入力
オンチップ
ペリフェラル
オン/オフ
オルタネート機能入力
入力データレジスタ
オン/オフ
読込み/書込み
オンチップ
ペリフェラル
V DD_FT(1)
TTLシュミット
トリガ
オン/オフ
V SS
入力ドライバ
出力データレジスタ
書込み
ビットセット/クリアレジスタ
読込み
I/O ピン
V DD
出力ドライバ
保護ダイオード
P-MOS
V SS
出力
コントロール
N-MOS
V SS
オルタネート機能出力
プッシュプル、
オープンドレイン、
両オフのいずれか
ai14782
1.
VDD_FT は、 5V 耐性入出力の電位で、 VDD と は異な り ます。
Rev 5 -日本語版
103/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
表 14.
RM0008
ポー ト ・ ビ ッ ト 構成表
ポー ト 構成
CNF1
プ ッ シ ュ プル
汎用出力
オープ ン ド レ イ ン
オル タ ネー ト 機能 ・
出力
プ ッ シ ュ プル
オープ ン ド レ イ ン
アナログ入力
入力
フ ローテ ィ ング入力
入力・プルダウン付入力
入力・プルア ッ プ付入力
表 15.
104/681
0
1
0
1
CNF0
0
1
0
1
MODE1
MODE0
01
10
11
表 15 を参照
0
1
PxODR
レジス タ
0 または 1
0 または 1
無視
無視
無視
00
0
無視
0
1
出力モー ド ビ ッ ト
MODE[1:0]
意味
00
予約値
01
最大出力速度 10 MHz
10
最大出力速度 2 MHz
11
最大出力速度 50 MHz
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.1.1
汎用入出力 (GPIO)
リ セ ッ ト 中、 及び リ セ ッ ト 直後は、 オル タ ネー ト 機能は有効ではな く 、 入出力ポー ト は フ
ローテ ィ ン グ入力モー ド (CNFx[1:0]=01b、 MODEx[1:0]=00b) に設定 さ れています。
リ セ ッ ト 直後、 JTAG ピ ンはプルア ッ プ / プルダウ ン を有する入力モー ド と な っ ています。
PA15: JTDI 入力 ( プルア ッ プ付き )
PA14: JTCK 入力 ( プルダウ ン付き )
PA13: JTMS 入力 ( プルア ッ プ付き )
PB4: JNTRST 入力 ( プルア ッ プ付き )
ポー ト ビ ッ ト が出力に設定 さ れる と 、 出力デー タ ・ レ ジ ス タ (GPIOx_ODR) に書込まれてい
たデー タ の値がピ ン に出力 さ れます。 出力 ド ラ イバは、 プ ッ シ ュ プル ・ モー ド かオープ ン
ド レ イ ン ・ モー ド (出力が 0 の時に N-MOS のみがア ク テ ィ ブ (ON) と な り ます) のいずれ
かを指定で き ます。
入力デー タ ・ レ ジ ス タ (GPIOx_IDR) は、 APB2 ク ロ ッ ク ・ サイ クルご と に、 入出力ピ ン上の
信号の状態を反映 し ます。
プルア ッ プ / プルダウ ンが選択 さ れているか否かにかかわ ら ず、 入力モー ド に設定 さ れた
GPIO ピ ンは常に内部に高い抵抗値のプルア ッ プ と プルダウ ン を搭載 し ています。
7.1.2
ア ト ミ ッ ク ・ ビ ッ ト のセ ッ ト / リ セ ッ ト
GPIOx_ODR を ビ ッ ト レ ベルで操作する際に、 ソ フ ト ウ ェ ア で割込みを禁止する必要はあ り
ません。 一回のア ト ミ ッ ク APB2 書込みア ク セスのみで、 1 も し く は数ビ ッ ト のみを変更
する こ と がで き ます。 こ のためには、 ビ ッ ト セ ッ ト / リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (GPIOx_BSRR、
も し く は リ セ ッ ト のみであれば GPIOx_BRR) の変更 し たい ビ ッ ト に対応する位置に 1 を書
込みます。 選択 さ れなかっ た (= 0) 出力ビ ッ ト の値は変わ り ません。
7.1.3
外部割込み / ウ ェ ー ク ア ッ プ信号
各ポートで、 外部割込みを発生させることができます。 外部割込みを利用するには、 そのポー
トは入力モードにする必要があります。 詳細は、 次のセクションを参照してください。
•
•
セ ク シ ョ ン 8.2: 外部割込み / イ ベン ト コ ン ト ロー ラ (EXTI) (134 ページ)
セ ク シ ョ ン 8.2.3: 再起動イ ベン ト 管理 (130 ページ)
Rev 5 -日本語版
105/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7.1.4
RM0008
オル タ ネー ト 機能 (AF)
オル タ ネー ト 機能を使用する には、 デ フ ォ ル ト のピ ン接続であ っ て も 、 事前にポー ト ビ ッ
ト 構成レ ジ ス タ の設定を行 う 必要があ り ます。
•
注意 :
オル タ ネー ト 機能の入力では、 ポー ト は入力モー ド ( フ ローテ ィ ン グ、 プルア ッ プ、
プルダウ ン) に設定 し 、 入力ピ ンは外部か ら 駆動 し なければな り ません。
汎用入出力コ ン ト ロー ラ を プ ログ ラ ムする事で、 ソ フ ト ウ ェ ア で AFI 入力ピ ン を エ ミ ュ
レー ト する こ と が出来ます。 こ の場合、 ポー ト を オル タ ネー ト 機能出力モー ド に設定する
必要があ り ます。 こ の際明らかに、 対応するポー ト は汎用入出力コ ン ト ロー ラ を使い ソ フ
ト ウ ェ アに よ り 駆動 さ れるので、 外部から駆動 し てはな り ません。
•
オル タ ネー ト 機能の出力では、 オル タ ネー ト 機能出力 (プ ッ シ ュ プル、 オープ ン ド レ
イ ン) を選択 し ます。
•
オル タ ネー ト 機能の信号が両方向の場合は、 ポー ト ビ ッ ト はオル タ ネー ト 機能出力
(プ ッ シ ュ プル、 オープ ン ド レ イ ン) に設定 し ます。 こ の と き、 入力 ド ラ イバは フ
ローテ ィ ン グ入力モー ド と な っ ています。
ポー ト ビ ッ ト を オル タ ネー ト 機能出力に設定 し た時には、 ピ ンは GPIO 出力レ ジ ス タ か ら
切離 さ れ、 オ ン チ ッ プ ・ ペ リ フ ェ ラ ル回路の出力信号に接続 さ れます。
ソ フ ト ウ ェ ア でオル タ ネー ト 機能出力を選択 し た場合でペ リ フ ェ ラ ル回路がア ク テ ィ ブ で
はない と き、 その出力ピ ンの信号は確定 し ません。
7.1.5
ソ フ ト ウ ェ アによ る オル タ ネー ト 機能の入出力ピ ンの再割当て
異な る種類のデバイ スパ ッ ケージ で複数のペ リ フ ェ ラ ル入出力機能を利用する場合、 い く
つかのペ リ フ ェ ラ ル回路を別のピ ン に割当て る こ と に よ り 適切な割当てにする こ と がで き
ます。 こ の場合は、 対応する レ ジ ス タ の設定を行います。 (AFIO レ ジ ス タ (123 ページ)
を参照 し て く だ さ い。) また、 そのオル タ ネー ト 機能では標準割当てのピ ンは使用で き ま
せん。
7.1.6
GPIO ロ ッ ク機構
ロ ッ ク 機構は I/O ポー ト 構成の設定を ロ ッ ク し ます。 ポー ト の個々のビ ッ ト に ロ ッ クの手
順が適用 さ れる と 、 次の リ セ ッ ト ま で、 そのポー ト ビ ッ ト の値を変更で き な く な り ます。
106/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.1.7
入力回路の構成
入出力ポー ト で入力モー ド が選択 さ れた と き には、
•
出力バ ッ フ ァ は無効にな り ます。
•
シ ュ ミ ッ ト ・ ト リ ガ入力が有効 と な り ます。
•
入力のモー ド 設定 (プルア ッ プ、 プルダウ ン、 フ ローテ ィ ン グ) にかかわ ら ず、 高抵
抗のプルア ッ プ、 プルダウ ン抵抗はア ク テ ィ ブ です。
入出力ピン上のデータは、 APB2 クロック ・ サイクルごとに入力データ ・ レジスタに読込ま
れます。
•
•
入力デー タ ・ レ ジ ス タ を読出す こ と で、 入出力ピ ンの状態を得る こ と がで き ます。
図 12 (107 ページ) は、 入力モー ド 時の入出力ポー ト の状態を示 し ています。
図 12.
入力回路の構造 ( フ ローテ ィ ン グ / プルア ッ プ / プルダウ ン )
V DD
オン/オフ
読込み/書込み
on
入力データレジスタ
出力データレジスタ
書込み
ビットセット/クリアレジスタ
読込み
V DD 又は VDD_FT(1)
TLLシュミット
トリガ
入力ドライバ
保護ダイオード
オン/オフ
V SS
I/O ピン
出力ドライバ
保護ダイオード
V SS
ai14783
1.
VDD_FT は、 5V 耐性入出力の電位で、 VDD と は異な り ます。
Rev 5 -日本語版
107/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7.1.8
RM0008
出力回路の構成
入出力ポー ト で出力モー ド が選択 さ れた と き には、
•
出力バ ッ フ ァ が有効 と な り ます。
-
-
オープ ン ド レ イ ン ・ モー ド : 出力レ ジ ス タ が 0 の と き N-MOS がア ク テ ィ ブ (ON)
と な り 、 1 の と き にはポー ト はハイ ・ イ ン ピーダ ン ス状態 と な り ます。 (P-MOS
がア ク テ ィ ブ と な る こ と はあ り ません。)
プ ッ シ ュ プル ・ モー ド : 出力レ ジ ス タ が 0 の と き N-MOS がア ク テ ィ ブ (ON) と な
り 、 1 の と き には P-MOS がア ク テ ィ ブ (ON) と な り ます。
•
シ ュ ミ ッ ト ・ ト リ ガ入力は有効で動作 し ます。
•
高抵抗のプルア ッ プ、 プルダウ ン抵抗は無効です。
•
入出力ピン上のデータは、 APB2 クロック ・ サイクルごとに入力データ ・ レジスタに読込ま
れます。
•
オープ ン ド レ イ ン ・ モー ド では、 入力デー タ ・ レ ジ ス タ を読出す こ と で、 入出力ピ ン
の状態を得る こ と がで き ます。
•
プ ッ シ ュ プル ・ モー ド では、 出力デー タ ・ レ ジ ス タ を読み出す こ と で、 最後に書込ま
れたデー タ を得る こ と がで き ます。
図 13 (108 ページ) は、 出力モー ド 時の入出力ポー ト の状態を示 し ています。
出力回路の構造
読込み/書込み
V DD または VDD_FT(1
TTLシュミット
トリガ
保護ダイオード
入力ドライバ
出力データレジスタ
ビットセット/クリアレジスタ
読込み
書込み
オン
入力データレジスタ
図 13.
I/O ピン
V DD
出力ドライバ
保護ダイオード
P-MOS
V SS
出力
コントロール
N-MOS
V SS
プッシュプルまたは
オープンドレイン
ai14784
1.
108/681
VDD_FT は、 5V 耐性入出力の電位で、 VDD と は異な り ます。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.1.9
オル タ ネー ト 機能の構成
入出力ポー ト がオル タ ネー ト 機能に設定 さ れている場合には、
•
出力バ ッ フ ァ はオープ ン ド レ イ ン も し く はプ ッ シ ュ プル ・ モー ド で動作 し ます。
•
出力バッファはペリフェラル回路からの信号で駆動されます。 (オルタネート機能出力)
•
シ ュ ミ ッ ト ・ ト リ ガ入力は有効です。
•
•
高抵抗のプルア ッ プ、 プルダウ ン抵抗は無効にな り ます。
入出力ピ ン上のデー タ は、 APB2 ク ロ ッ ク ・ サイ クルご と に、 入力デー タ ・ レ ジ ス タ
に読込まれます。
•
オープ ン ド レ イ ン ・ モー ド では、 入力デー タ ・ レ ジ ス タ を読出す こ と で、 入出力ピ ン
の状態を得る こ と がで き ます。
•
プ ッ シ ュ プル ・ モー ド では、 出力デー タ ・ レ ジ ス タ を読み出す こ と で、 最後に出力レ
ジ ス タ に書込まれたデー タ を得る こ と がで き ます。
図 14 (109 ページ) は、 オルタネート機能を選択した時の入出力ポートの状態を示していま
す。 同時に、 セ ク シ ョ ン 7.4: AFIO レ ジス タ (123 ページ) をあわせて参照してください
オル タ ネー ト 機能入出力 (AFIO) レ ジ ス タ の設定で、 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て を変更
する こ と がで き ます。
図 14.
オル タ ネー ト 機能時のポー ト の構成
オンチップ
ペリフェラル
オルタネート機能入力
入力データレジスタ
on
出力データレジスタ
書込み
ビットセット/クリアレジスタ
読込み
V DD or VDD_FT(1)
TTLシュミット
トリガ
保護ダイオード
入力ドライバ
I/O ピン
V DD
出力ドライバ
出力
コントロール
VS S
N-MOS
読込み/書込み
V SS
オンチップ
ペリフェラル
保護ダイオード
P-MOS
プッシュプルまたは
オープンドレイン
オルタネート機能出力
ai14785
1.
VDD_FT は、 5V 耐性入出力の電位で、 VDD と は異な り ます。
Rev 5 -日本語版
109/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7.1.10
RM0008
アナロ グ入力の構成
入出力ポー ト で アナ ロ グ入力が選択 さ れた と き には、
•
出力バ ッ フ ァ はデ ィ セーブル状態にな り ます。
•
入出力ピ ン に負荷を与え ないため、 シ ュ ミ ッ ト ・ ト リ ガ入力はオ フ状態 と な り ます。
シ ュ ミ ッ ト ・ ト リ ガ回路の出力は常に 0 と な り ます。
•
•
高抵抗のプルア ッ プ、 プルダウ ン抵抗は存在 し ません。 (デ ィ セーブル状態です。)
入力デー タ ・ レ ジ ス タ か らは、 0 が読出 さ れます。
図 15 (110 ページ) は、 ハイ ・ イ ン ピーダ ン ス ・ アナ ロ グ入力の構成を示 し ています。
図 15.
ハイ ・ イ ン ピーダ ン ス ・ アナ ロ グ入力の構成
入力データレジスタ
アナログ入力
オンチップ
ペリフェラル
出力データレジスタ
書込み
ビットセット/クリアレジスタ
読込み
オフ
0
V DD または VDD_FT(1)
TTLシュミット
トリガ
保護ダイオード
入力ドライバ
I/O ピン
保護ダイオード
V SS
読込み/書込み
オンチップ
ペリフェラル
ai14786
110/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.2
GPIO レ ジ ス タ
レ ジ ス タ の詳細記述で使用 さ れてい る略語については セ ク シ ョ ン 1.1 (32 ページ) を参照
し て く だ さ い。
7.2.1
ポー ト 構成レ ジ ス タ ( 下位 ) (GPIOx_CRL) (x=A..G)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x00
リ セ ッ ト 値 : 0x4444 4444
31
30
CNF7[1:0]
29
28
MODE7[1:0]
27
26
CNF6[1:0]
25
24
23
MODE6[1:0]
22
CNF5[1:0]
21
20
19
MODE5[1:0]
18
CNF4[1:0]
17
16
MODE4[1:0]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
CNF3[1:0]
rw
rw
MODE3[1:0]
rw
rw
CNF2[1:0]
rw
rw
MODE2[1:0]
rw
rw
CNF1[1:0]
rw
rw
MODE1[1:0]
rw
rw
CNF0[1:0]
rw
rw
MODE0[1:0]
rw
rw
Bits 31:30, 27:26, 23:22, CNFx[1:0]: ポー ト x 構成ビ ッ ト (x = 0 .. 7)
19:18, 15:14, 11:10, 7:6, 3:2
こ れら のビ ッ ト は対応するポー ト の構成を指定する ため、 ソ フ ト ウ ェ アで書込ま
れます。
表 14: ポー ト ・ ビ ッ ト 構成表 (104 ページ) を参照 し て く だ さ い。
入力モー ド 時 (MODE[1:0] = 00):
00: アナログ入力モー ド
01: フ ローテ ィ ング入力 ( リ セ ッ ト 時の値)
10: プルア ッ プ / プルダウン付きの入力
11: 予約値
出力モー ド 時 (MODE[1:0] > 00):
00: プ ッ シ ュ プル ・ 汎用出力
01: オープ ン ド レ イ ン ・ 汎用出力
10: ブ ッ シ ュ プル ・ オル タ ネー ト 機能出力
11: オープ ン ド レ イ ン ・ オル タ ネー ト 機能
Bits 29:28, 25:24, 21:20, MODEx[1:0]: ポー ト x モー ド ビ ッ ト (x = 0 .. 7)
17:16, 13:12, 9:8, 5:4, 1:0
こ れら のビ ッ ト は対応するポー ト の構成を指定する ため、 ソ フ ト ウ ェ アで書込ま
れます。
表 14: ポー ト ・ ビ ッ ト 構成表 (104 ページ) を参照 し て く だ さ い。
00: 入力モー ド ( リ セ ッ ト 時の値)
01: 出力モー ド 、 最大速度 10 MHz
10: 出力モー ド 、 最大速度 2 MHz
11: 出力モー ド 、 最大速度 50 MHz
Rev 5 -日本語版
111/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7.2.2
RM0008
ポー ト 構成レ ジ ス タ ( 上位 ) (GPIOx_CRH) (x=A..G)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x04
リ セ ッ ト 値 : 0x4444 4444
31
30
CNF15[1:0]
29
28
MODE15[1:0]
27
26
CNF14[1:0]
25
24
MODE14[1:0]
23
22
CNF13[1:0]
21
20
MODE13[1:0]
19
18
CNF12[1:0]
17
16
MODE12[1:0]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
CNF11[1:0]
rw
rw
MODE11[1:0]
rw
rw
CNF10[1:0]
rw
rw
MODE10[1:0]
rw
rw
CNF9[1:0]
rw
rw
MODE9[1:0]
rw
rw
CNF8[1:0]
rw
rw
MODE8[1:0]
rw
rw
Bits 31:30, 27:26, 23:22, CNFx[1:0]: ポー ト x 構成ビ ッ ト (x = 8 .. 15)
19:18, 15:14, 11:10, 7:6, 3:2
こ れ らのビ ッ ト には対応するポー ト の構成を指定する ため、 ソ フ ト ウ ェ ア で書込
まれます。
表 14: ポー ト ・ ビ ッ ト 構成表 (104 ページ) を参照 し て く だ さ い。
入力モー ド 時 (MODE[1:0] = 00):
00: アナログ入力モー ド
01: フ ローテ ィ ング入力 ( リ セ ッ ト 時の値)
10: プルア ッ プ / プルダウン付きの入力
11: 予約値
出力モー ド 時 (MODE[1:0] > 00):
00: プ ッ シ ュ プル ・ 汎用出力
01: オープ ン ド レ イ ン ・ 汎用出力
10: ブ ッ シ ュ プル ・ オル タ ネー ト 機能出力
11: オープ ン ド レ イ ン ・ オル タ ネー ト 機能
Bits 29:28, 25:24, 21:20, MODEx[1:0]: ポー ト x モー ド ビ ッ ト (x = 8 .. 15)
17:16, 13:12, 9:8, 5:4, 1:0
こ れ らのビ ッ ト には対応するポー ト の構成を指定する ため、 ソ フ ト ウ ェ ア で書込
まれます。
表 14: ポー ト ・ ビ ッ ト 構成表 (104 ページ) を参照 し て く だ さ い。
00: 入力モー ド ( リ セ ッ ト 時の値)
01: 出力モー ド 、 最大速度 10 MHz
10: 出力モー ド 、 最大速度 2 MHz
11: 出力モー ド 、 最大速度 50 MHz
112/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.2.3
ポー ト 入力デー タ ・ レ ジ ス タ (GPIOx_IDR) (x=A..G)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x08h
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 XXXX
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
IDR15
IDR14
IDR13
IDR12
IDR11
IDR10
IDR9
IDR8
IDR7
IDR6
IDR5
IDR4
IDR3
IDR2
IDR1
IDR0
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
Bits 31:16
予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bits 15:0 IDRx[15:0]: ポー ト 入力デー タ (x = 0 .. 15)
こ れら のビ ッ ト は読出 し 専用で、 そのア ク セスはワー ド モー ド に限ら れます。 こ れら のビ ッ ト には
対応するポー ト の入力値が格納 さ れています。
7.2.4
ポー ト 出力デー タ ・ レ ジ ス タ (GPIOx_ODR) (x=A..G)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x0C
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
予約済み
15
14
13
12
11
10
ODR15 ODR14 ODR13 ODR12 ODR11 ODR10
rw
rw
Bits 31:16
rw
rw
rw
rw
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
ODR9
ODR8
ODR7
ODR6
ODR5
ODR4
ODR3
ODR2
ODR1
ODR0
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bits 15:0 ODRx[15:0]: ポー ト 出力デー タ (x= 0 .. 15)
こ れら のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アで読出 し ・ 書込みがで き、 そのア ク セスはワー ド モー ド に限られ
ます。
注 : 個別のビ ッ ト セ ッ ト / リ セ ッ ト 時には、 GPIOx_BSRR (x= A .. G) レ ジ ス タ 書込みで、 ODR ビ ッ ト
が個々にセ ッ ト / リ セ ッ ト さ れます。
Rev 5 -日本語版
113/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7.2.5
RM0008
ポー ト ビ ッ ト ・ セ ッ ト / リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (GPIOx_BSRR) (x=A..G)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x10
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
BR15
BR14
BR13
BR12
BR11
BR10
BR9
BR8
BR7
BR6
BR5
BR4
BR3
BR2
BR1
BR0
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
BS15
BS14
BS13
BS12
BS11
BS10
BS9
BS8
BS7
BS6
BS5
BS4
BS3
BS2
BS1
BS0
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
Bits 31:16 BRx: ビ ッ ト x リ セ ッ ト (x = 0 .. 15)
こ れ らのビ ッ ト は書込み専用で、 そのア ク セスはワー ド モー ド に限られます。
0: 対応する ODRx ビ ッ ト の値は変化 し ません。
1: 対応する ODRx ビ ッ ト を リ セ ッ ト (ク リ ア) し ます。
注 : BSx ビ ッ ト と BRx ビ ッ ト の両方が 1 の時には、 BSx ビ ッ ト の指定 (セ ッ ト ) が優先 し
ます。
Bits 15:0 BSx: ビ ッ ト x セ ッ ト (x = 0 .. 15)
こ れ らのビ ッ ト は書込み専用で、 そのア ク セスはワー ド モー ド に限られます。
0: 対応する ODRx ビ ッ ト の値は変化 し ません。
1: 対応する ODRx ビ ッ ト を セ ッ ト し ます。
7.2.6
ポー ト ビ ッ ト ・ リ セ ッ ト ・ レ ジ ス タ (GPIOx_BRR) (x=A..G)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x14
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
BR15
BR14
BR13
BR12
BR11
BR10
BR9
BR8
BR7
BR6
BR5
BR4
BR3
BR2
BR1
BR0
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
Bits 31:16
予約済み
Bits 15:0 BRx: ビ ッ ト x リ セ ッ ト (x = 0 .. 15)
こ れら のビ ッ ト は書込み専用で、 そのア ク セスはワー ド モー ド に限ら れます。
0: 対応する ODRx ビ ッ ト の値は変化 し ません。
1: 対応する ODRx ビ ッ ト を リ セ ッ ト ( ク リ ア) し ます。
注 : BSx ビ ッ ト と BRx ビ ッ ト の両方が 1 の時には、 BSx ビ ッ ト の指定 (セ ッ ト ) が優先 し ま
す。
114/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.2.7
ポー ト 構成ロ ッ ク レ ジ ス タ (GPIOx_LCKR) (x=A..G)
こ のレ ジ ス タ は、 ビ ッ ト 16 (LCKK) に正 し い手順で書込みを行い、 ポー ト の個々のビ ッ ト
の構成を ロ ッ ク する ために使用 さ れます。 ビ ッ ト [15:0] の値は GPIO の構成を ロ ッ ク する
ために使われ、 書込み手順の間は LCKR[15:0] の値は同 じ でなければな り ません。 ポー ト
ビ ッ ト に対する LOCK の手順が終了する と 、 次の リ セ ッ ト ま で、 ポー ト ビ ッ ト の値を変更
する こ と がで き ません。
個々のロ ッ ク ビ ッ ト は、 制御レ ジ ス タ (CRL、 CRH) の対応する 4bit の設定値を固定 し ます。
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x18
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
予約済み
16
LCKK
rw
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
LCK15
LCK14
LCK13
LCK12
LCK11
LCK10
LCK9
LCK8
LCK7
LCK6
LCK5
LCK4
LCK3
LCK2
LCK1
LCK0
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:17
予約済み
Bit 16 LCKK[15:0]: ロ ッ ク ・ キー
こ のビ ッ ト は常時読出 し がで き ます。 ビ ッ ト 値の変更はロ ッ ク キー書込み手順に従っ て行 う
必要があ り ます。
0: ポー ト 構成ロ ッ ク ・ キーは無効です。
1: ポー ト 構成ロ ッ ク ・ キーが有効です。 GPIOx_LCKR レ ジ ス タ は MCU リ セ ッ ト が発生する ま
で ロ ッ ク さ れます。
ロ ッ ク ・ キー書込み手順 :
1 を書込む
0 を書込む
1 を書込む
0 を読込む
1 を読込む ( こ の読出 し は必ず し も必要あ り ませんが、 ロ ッ ク さ れた こ と を確認する ために有
効です。)
注:
ロ ッ ク キー書込み手順の間は、 LCK[15:0] の値を変更する こ と はで き ません。
ロ ッ ク手順中にエ ラ ーが発生する と 、 手順は無効 と な り ます。
Bits 15:0 LCKy: ロ ッ ク ビ ッ ト y (x = 0 .. 15)
こ れら のビ ッ ト は読出 し ・ 書込みがで き ますが、 書込み時の LCKK ビ ッ ト は 0 にする必要が
あ り ます。
0: ポー ト 構成はロ ッ ク さ れません。
1: ポー ト 構成がロ ッ ク さ れます。
Rev 5 -日本語版
115/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7.3
RM0008
オル タ ネー ト 入出力機能 と デバ ッ グ構成 (AFIO)
64 ピ ン、 100 ピ ン及び 144 ピ ンのパ ッ ケージに搭載 さ れてい る ペ リ フ ェ ラル回路を必要数
にあ っ た もの と する ために、 い く つかの回路機能を別のピ ン に割当て る こ と がで き ます。
こ れは ソ フ ト ウ ェ ア で オル タ ネー ト 機能の再割当て と デバ ッ グ入出力構成レ ジ ス タ
(AFIO_MAPR) (124 ページ) の設定を行 う こ と がで き ます。 こ の場合、 オル タ ネー ト 機能
の、 標準のピ ン割当ては無効 と な り ます。
7.3.1
GPIO ポー ト PC14/PC15 を OSC32_IN/OSC32_OUT ピ ン と し て使用するには
LSE オシ レー タ のピ ン OSC32_IN と OSC32_OUT は、 LSE オシ レ ー タ がオ フの場合、 汎用入
出力 PC14 及び PC15 と し てそれぞれ使用する こ と がで き ます。 LSE は、 GPIO 機能よ り 高
い優先順位を持 っ ています。
注意 :
7.3.2
1
PC14/PC15 は、 1.8V ド メ イ ンの電源がオ フ (STANDBY 状態 と な る) の場合あるいは、
VBAT (VDD の供給が断たれる) によ り バ ッ ク ア ッ プ ・ ド メ イ ンに電力供給 さ れている場合、
その GPIO 機能は無効にな り ます。 この場合、 入出力はアナ ログ入力モー ド にセ ッ ト さ れ
ます。
2
I/O の使い方の制限に関 し ては、 セ ク シ ョ ン 4.1.2 (49 ページ) を参照 し て く だ さ い。
GPIO ポー ト PD0/PD1 を OSC_IN/OSC_OUT ピ ン と し て使用するには
外部オシ レー タ のピ ン OSC_IN と OSC_OUT は、 オル タ ネー ト 機能の再割当て と デバ ッ グ
入出力構成レ ジ ス タ (AFIO_MAPR) の PD01_REMAP ビ ッ ト の設定で、 汎用入出力 (GPIO) の
PD0/PD1 信号に割当て る こ と がで き ます。
こ の割当て変更は、 36 ピ ン、 48 ピ ン、 64 ピ ンのパ ッ ケージ でのみ有効です。 (100 ピ ン及
び 144 ピ ンのパ ッ ケージ では PD0/PD1 には専用のピ ンが備え ら れているので、 こ の割当
て変更の必要はあ り ません。)
注意 :
外部割込み / イ ベン ト 機能は、 再割当てで き ません。 36、 48 及び 64 ピ ンのパ ッ ケージで
は、 PD0 と PD1 を外部割込み / イ ベン ト 生成に使用する こ と は出来ません。
7.3.3
CAN オル タ ネー ト 機能のピ ン再割当て
CAN 信号は、 表 16 のよ う に、 ポー ト A、 ポー ト B も し く はポー ト D のピ ン に割当て変更
する こ と がで き ます。 ポー ト D は、 36、 48 及び 64 ピ ンのパ ッ ケージのデバイ ス では再割
当て る こ と は出来ません。
表 16.
CAN オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て変更
オル タ ネー ト 機能
CAN_REMAP[1:0] =
“00”
CAN_REMAP[1:0] =
“10” (1)
CAN_REMAP[1:0] =
“11”(2)
CANRX
PA11
PB8
PD0
CANTX
PA12
PB9
PD1
1. 36 ピ ンパ ッ ケージ ではピ ン割当ての変更はで き ません。
2. PD0 と PD1 が OSC_IN と OSC_OUT に再割当て さ れていない場合、 ピ ン割当ての変更は、 100
ピ ン及び 144 ピ ンパ ッ ケージの場合のみ可能です。
116/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.3.4
JTAG/SWD オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
デバッグ ・ インタフェース信号は、 表 17 のように、 GPIO ポートのピンに割当てされています。
表 17.
デバ ッ グ ・ イ ン タ フ ェ ース信号
オル タ ネー ト 機能
GPIO ポー ト
JTMS / SWDIO
PA13
JTCK / SWCLK
PA14
JTDI
PA15
JTDO / TRACESWO
PB3
JNTRST
PB4
TRACECK
PE2
TRACED0
PE3
TRACED1
PE4
TRACED2
PE5
TRACED3
PE6
デバ ッ グ時に GPIO で使用で き る ピ ンの割当て を最適化する ため、 オル タ ネー ト 機能の再
割当て と デバ ッ グ入出力構成レ ジス タ (AFIO_MAPR) の SWJ_CFG[1:0] ビ ッ ト の設定で、 複
数のピ ン割当てから 選ぶ こ と がで き ます。 表 18 を参照 し て く だ さ い。
表 18.
デバ ッ グ ・ ポー ト のピ ン割当て
SWJ I/O ピ ンの割当て
SWJ
_CFG
[2:0]
利用可能なデバ ッ グ ・ ポー ト
PA.13 /
JTMS/
SWDIO
PA.14 /
JTCK/S
WCLK
PA.15 /
JTDI
PB.3 /
JTDO/
TRACE
SWO
PB.4/
JNTRST
000
フル SWJ (JTAG-DP + SW-DP)
( リ セ ッ ト 時の状態)
X
X
X
X
X
001
フル SWJ (JTAG-DP + SW-DP)、
JNTRST な し
X
X
X
x
自由
010
JTAG-DP デ ィ セーブル及び
SW-DP イ ネーブル
X
X
自由
自由(1)
自由
100
JTAG-DP デ ィ セーブル及び
SW-DP デ ィ セーブル
自由
自由
自由
自由
自由
その他 設定で き ません
1. 非同期 ト レース を使用 し ていない と き にのみ、 GPIO で使用で き ます。
Rev 5 -日本語版
117/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7.3.5
RM0008
ADC オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能の再割当て と デバ ッ グ入出力構成レ ジ ス タ (AFIO_MAPR) を参照 し て く だ
さ い。
表 19.
ADC1 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク ト 変換オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て (1)
オル タ ネー ト 機能
ADC1 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク
ト 変換
ADC1_ETRGINJ_REMAP = 0
ADC1 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク
ト 変換は EXTI15 へ接続
ADC1_ETRGINJ_REMAP = 1
ADC1 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク
ト 変換は TIM8_CH4 へ接続
1. 割当て変更は、 大容量デバイ スに限 り 利用出来ます。
表 20.
ADC1 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ 変換オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て (1)
オル タ ネー ト 機能
ADC1 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ変
換
ADC1_ETRGREG_REMAP = 0
ADC1 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ
変換は EXTI11 へ接続
ADC1_ETRGREG_REMAP = 1
ADC1 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ
変換は TIM8_TRGO へ接続
1. 割当て変更は、 大容量デバイ スに限 り 利用出来ます。
表 21.
ADC2 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク ト 変換オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て (1)
オル タ ネー ト 機能
ADC2 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク
ト 変換
ADC2_ETRGINJ_REMAP = 0
ADC2 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク
ト 変換は EXTI15 へ接続
ADC2_ETRGINJ_REMAP = 1
ADC2 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク
ト 変換は TIM8_CH4 へ接続
1. 割当て変更は、 大容量デバイ スに限 り 利用出来ます。
表 22.
ADC2 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ 変換オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て (1)
オル タ ネー ト 機能
ADC2 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ
変換
ADC2_ETRGREG_REG = 0
ADC2_ETRGREG_REG = 1
ADC2 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ
変換は EXTI11 へ接続
ADC2 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ
変換は TIM8_TRGO へ接続
1. 割当て変更は、 大容量デバイ スに限 り 利用出来ます。
118/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.3.6
タ イ マ ・ オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
タ イ マ 4 のチ ャ ネル 1 ~ 4 は、 ポー ト B と ポー ト D のいずれかに割当て ら れます。 他の
タ イ マ で変更可能な ピ ン割当ては表 25 ない し 表 27 に示 さ れています。 同時に オル タ ネー
ト 機能の再割当て と デバ ッ グ入出力構成レ ジス タ (AFIO_MAPR) を参照 し て く だ さ い。
表 23.
タ イ マ 5 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て (1)
オル タ ネー ト 機能
TIM5CH4_IREMAP = 0
TIM5CH4_IREMAP = 1
TIM5 チ ャ ネル 4 は PA3 へ LSI の内部ク ロ ッ クは TIM5_CH4 入力へ較正の
接続
目的で接続
TIM5_CH4
1. 割当て変更は、 大容量デバイ スに限 り 利用出来ます。
表 24.
タ イ マ 4 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能
TIM4_REMAP = 0
TIM4_REMAP = 1(1)
TIM4_CH1
PB6
PD12
TIM4_CH2
PB7
PD13
TIM4_CH3
PB8
PD14
TIM4_CH4
PB9
PD15
1. 割当て変更は、 100 ピ ン と 144 ピ ンパ ッ ケージに限 り 利用出来ます。
表 25.
タ イ マ 3 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能
TIM3_REMAP[1:0] = “00” TIM3_REMAP[1:0] = “10” TIM3_REMAP[1:0] = “11”
( 再割当てな し )
( 完全な再割当て ) (1)
( 部分的な再割当て )
TIM3_CH1
PA6
PB4
PC6
TIM3_CH2
PA7
PB5
PC7
TIM3_CH3
PB0
PC8
TIM3_CH4
PB1
PC9
1. 割当て変更は、 64 ピ ン、 100 ピ ン と 144 ピ ンパ ッ ケージに限 り 利用出来ます。
表 26.
タ イ マ 2 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能
TIM2_REMAP[1:0]
= “00” (再割当てな し )
TIM2_REMAP[1:0]
= “01” ( 部分的
な再割当て )
TIM2_REMAP[1:0]
= “10” (部分的
な再割当て ) (1)
TIM2_REMAP[1:0]
= “11” ( 完全な
再割当て ) (1)
TIM2_CH1_ETR(2)
PA0
PA15
PA0
PA15
TIM2_CH2
PA1
PB3
PA1
PB3
TIM2_CH3
PA2
PB10
TIM2_CH4
PA3
PB11
1. 割当て変更は 36 ピ ンパ ッ ケージ ではで き ません。
2. TIM_CH と TIM_ETR は同 じ ピ ン を共有 し ますが、 同時に使用する こ と は出来ません。 (そのた
め TIM2_CH1_ETR と い う 名称が付け られています )
Rev 5 -日本語版
119/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
表 27.
RM0008
タ イ マ 1 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能
再割当て
TIM1_REMAP[1:0] =
“00” ( 再割当てな し )
TIM1_REMAP[1:0] =
TIM1_REMAP[1:0] = “11”
“01” ( 部分的再割当て )
( 完全な再割当て ) (1)
TIM1_ETR
PA12
PE7
TIM1_CH1
PA8
PE9
TIM1_CH2
PA9
PE11
TIM1_CH3
PA10
PE13
PA11
PE14
TIM1_CH4
PB12
(2)
PA6
PE15
TIM1_CH1N
PB13
(2)
PA7
PE8
TIM1_CH2N
PB14 (2)
PB0
PE10
TIM1_CH3N
(2)
PB1
PE12
TIM1_BKIN
PB15
1. 割当て変更は、 100 ピ ン と 144 ピ ンパ ッ ケージに限 り 利用出来ます。
2. 割当て変更は、 36 ピ ン ではで き ません。
120/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.3.7
USART オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能の再割当て と デバ ッ グ入出力構成レ ジ ス タ (AFIO_MAPR) の記述を参照し
てください。
表 28.
USART3 ピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能
USART3_REMAP[1:0] =
USART3_REMAP[1:0] =
USART3_REMAP[1:0] =
“00” ( 再割当てな し ) “01” ( 部分的再割当て ) (1) “11” ( 完全な再割当て ) (2)
USART3_TX
PB10
PC10
PD8
USART3_RX
PB11
PC11
PD9
USART3_CK
PB12
PC12
PD10
USART3_CTS
PB13
PD11
USART3_RTS
PB14
PD12
1. 割当て変更は、 64 ピ ン、 100 ピ ン と 144 ピ ンパ ッ ケージに限 り 利用出来ます。
2. 割当て変更は、 100 ピ ン と 144 ピ ンパ ッ ケージに限 り 利用出来ます。
表 29.
USART2 ピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能
USART2_REMAP = 0
USART2_REMAP = 1(1)
USART2_CTS
PA0
PD3
USART2_RTS
PA1
PD4
USART2_TX
PA2
PD5
USART2_RX
PA3
PD6
USART2_CK
PA4
PD7
1. 割当て変更は、 100 ピ ン と 144 ピ ンパ ッ ケージに限 り 利用出来ます。
表 30.
USART1 ピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能
USART1_REMAP = 0
USART1_REMAP = 1
USART1_TX
PA9
PB6
USART1_RX
PA10
PB7
Rev 5 -日本語版
121/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7.3.8
RM0008
I2C 回路 1 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能の再割当て と デバ ッ グ入出力構成レ ジ ス タ (AFIO_MAPR) の記述を参照し
てください。
表 31.
I2C1 ピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能
I2C1_REMAP = 0
I2C1_REMAP = 1 (1)
I2C1_SCL
PB6
PB8
I2C1_SDA
PB7
PB9
1. 割当て変更は、 36 ピ ン ではで き ません。
7.3.9
SPI 回路 1 オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能の再割当て と デバ ッ グ入出力構成レ ジ ス タ (AFIO_MAPR) の記述を参照し
てください。
表 32.
122/681
SPI1 ピ ン割当て
オル タ ネー ト 機能
SPI1_REMAP = 0
SPI1_REMAP = 1
SPI1_NSS
PA4
PA15
SPI1_SCK
PA5
PB3
SPI1_MISO
PA6
PB4
SPI1_MOSI
PA7
PB5
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.4
AFIO レ ジス タ
レ ジ ス タ の詳細記述で使用 さ れてい る略語については セ ク シ ョ ン 1.1 (32 ページ) を参照
し て く だ さ い。
7.4.1
イ ベン ト 制御レ ジ ス タ (AFIO_EVCR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x00
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
予約済み
15
14
13
12
11
予約済み
10
9
8
7
EVOE
rw
PORT[2:0]
rw
rw
PIN[3:0]
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:8 予約済み
Bit 7 EVOE イ ベン ト 出力イ ネーブル
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アか ら セ ッ ト / ク リ アがで き ます。 こ のビ ッ ト がセ ッ ト さ れている と き
には、 Cortex の EVENT OUT 出力が、 PORT[2:0] 及び PIN[3:0] bit で選択 さ れた ピ ンに出力 さ れま
す。
Bits 6:4 PORT[2:0]: ポー ト 選択
こ れらのビ ッ ト は、 Cortex EVENT OUT 信号を出力するポー ト を指定する ため、 ソ フ ト ウ ェ アから
セ ッ ト / ク リ アがで き ます。
000: PA が選択 さ れます
001: PB が選択 さ れます
010: PC が選択 さ れます
011: PD が選択 さ れます
100: PE が選択 さ れます
Bits 3:0 PIN[3:0] ピ ン選択 (x = A .. E)
こ れらのビ ッ ト は、 Cortex EVENT OUT 信号を出力する ピ ン を指定する ため、 ソ フ ト ウ ェ アから
セ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0000: Px0 が選択 さ れます
0001: Px1 が選択 さ れます
0010: Px2 が選択 さ れます
0011: Px3 が選択 さ れます
...
1111: Px15 が選択 さ れます
Rev 5 -日本語版
123/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7.4.2
RM0008
オル タ ネー ト 機能の再割当て と デバ ッ グ入出力構成レ ジ ス タ (AFIO_MAPR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x04
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
14
PD01_
REMAP
rw
13
CAN_REMAP
[1:0]
rw
Bits 31:27
rw
24
23
SWJ_
CFG[2:0]
予約済み
15
25
12
TIM4_
REMAP
rw
11
rw
w
w
w
9
8
rw
TIM2_REMAP
[1:0]
rw
21
rw
7
6
TIM1_REMAP
[1:0]
rw
rw
20
19
18
17
16
ADC2_ ADC2_ ADC1_ ADC1_
TIM5CH
ETRGR ETRGIN ETRGR ETRGIN
4_IREM
EG_RE J_REM EG_RE J_REM
AP
MAP
AP
MAP
AP
予約済み
10
TIM3_REMAP
[1:0]
22
5
rw
rw
rw
rw
rw
4
3
2
1
0
USART3_
REMAP[1:0]
rw
rw
USART USART
I2C1_ SPI1_
2_
1_
REMAP REMAP
REMAP REMAP
rw
rw
rw
rw
予約済み
Bits 26:24 SWJ_CFG[2:0]: シ リ アル ・ ワ イヤ JTAG 構成
こ れ らのビ ッ ト は書込みのみにな り ます。 ( 読込む場合は値は未定義にな り ます。) これらのビ ッ
ト は SWJ (Serial Wire JTAG) と ト レース ・ オル タ ネー ト 機能入出力を設定 し ます。 SWJ は JTAG
も し く は SWD によ る Cortex デバ ッ グ出力へのア ク セス をサポー ト し ます。 リ セ ッ ト 直後のデ
フ ォル ト 値は SWJ オン で、 ト レースな し です。 こ の と き JTMS/JTCK ピ ン に特定のシーケ ン ス を
送る こ と で、 JTAG も し く は SW モー ド が有効 と な り ます。
000: フ ル SWJ (JTAG-DP + SW-DP) ( リ セ ッ ト 時の状態)
001: フ ル SWJ (JTAG-DP + SW-DP)、 JNTRST な し
010: JTAG-DP デ ィ セーブル及び SW-DP イ ネーブル
100: JTAG-DP デ ィ セーブル及び SW-DP デ ィ セーブル
他の値の設定はで き ません。
Bits 23:21
予約済み
Bits 20 ADC2_ETRGREG_REMAP ADC 2 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ ー変換割当て
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。 こ のビ ッ ト は、 ADC2 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ ー変換
に接続 さ れている ト リ ガ入力を制御 し ます。 こ のビ ッ ト がセ ッ ト さ れる と 、 ADC2 外部 ト リ ガ ・
レギ ュ ラ ー変換は EXTI11 へ接続 さ れます。 こ のビ ッ ト が リ セ ッ ト さ れる と 、 ADC2 外部イ ベン ト
レギ ュ ラ ー変換は TIM8_TRGO へ接続 さ れます。
Bits 19 ADC2_ETRGINJ_REMAP ADC 2 外部 ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク ト 変換割当て
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。 こ のビ ッ ト は、 ADC2 外部 ト リ ガ入力変換に接続 さ
れている ト リ ガ入力を制御 し ます。 こ のビ ッ ト がセ ッ ト さ れる と 、 ADC2 外部 ト リ ガ入力変換は
EXTI15 へ接続 さ れます。 こ のビ ッ ト が リ セ ッ ト さ れる と 、 ADC2 外部イ ベン ト 入力変換は
TIM8_Channel4 へ接続 さ れます。
Bits 18 ADC1_ETRGREG_REMAP ADC 1 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ ー変換割当て
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。 こ のビ ッ ト は、 ADC1 外部 ト リ ガ ・ レギ ュ ラ ー変換
に接続 さ れている ト リ ガ入力を制御 し ます。 こ のビ ッ ト がセ ッ ト さ れる と 、 ADC1 外部 ト リ ガ ・
レギ ュ ラ ー変換は EXTI11 へ接続 さ れます。 こ のビ ッ ト が リ セ ッ ト さ れる と 、 ADC1 外部イ ベン ト
レギ ュ ラ ー変換は TIM8_TRGO へ接続 さ れます。
Bits 17 ADC1_ETRGINJ_REMAP ADC 1 外部 ト リ ガ入力変換割当て
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。 こ のビ ッ ト は、 ADC1 外部 ト リ ガ入力変換に接続 さ
れている ト リ ガ入力を制御 し ます。 こ のビ ッ ト がセ ッ ト さ れる と 、 ADC1 外部 ト リ ガ入力変換は
EXTI15 へ接続 さ れます。 こ のビ ッ ト が リ セ ッ ト さ れる と 、 ADC1 外部イ ベン ト 入力変換は
TIM8_Channel4 へ接続 さ れます。
124/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
RM0008
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
Bits 16 TIM5CH4_IREMAP TIM5 チ ャ ネル 4 内部割当て
ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。 こ のビ ッ ト は、 TIM5_CH4 内部割当て を制御 し ます。
リ セ ッ ト さ れる と 、 TIM5_CH4 は PA3 へ接続 さ れます。 セ ッ ト さ れる と 、 LSI 内部ク ロ ッ ク は較正
の目的で TIM5_CH4 へ接続 さ れます。
Bit 15 PD01_REMAP: OSC_IN/OSC_OUT 上のポー ト D0/D1 のピ ン割当て
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。 こ のビ ッ ト は GPIO 機能の PD0 と PD1
のピ ン割当て を設定 し ます。 HSE オシ レー タ が使用 さ れない と き (ア プ リ ケーシ ョ ンが内部の 8
MHz RC で実行 さ れている と き) には、 OSC_IN と OSC_OUT ピ ンは PD0 及び PD1 と し て使用で き
ます。 こ の割当ては 36、 48、 64 ピ ンパ ッ ケージ で利用で き ます。 (100 ピ ン及び 144 ピ ンのパ ッ
ケージでは別に PD0、 PD1 ピ ンがある ため、 こ の割当ては使用 し ません。)
0: PD0、 PD1 は OSC_IN、 OSC_OUT ピ ンに割当てがで き ません。
1: OSC_IN ピ ンは PD0 と し て、 OSC_OUT ピ ンは PD1 と し て割当て ます。
Bits 14:13 CAN_REMAP[1:0]: CAN オル タ ネー ト 機能のピ ン割当て
こ れらのビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き、 オル タ ネー ト 機能 CANRX と CANTX の
ピ ン割当てがで き ます。
00: CANRX と し て PA11 ピ ンが、 CABTX と し て PA12 ピ ン を割当て ます。
01: 予約値
10: CANRX と し て PB8 ピ ンが、 CABTX と し て PB9 ピ ン を割当て ます。
(36 ピ ンパ ッ ケージ では使用で き ません。)
11: CANRX と し て PD0 ピ ンが、 CABTX と し て PD1 ピ ン を割当て ます。
Bit 12 TIM4_REMAP: TIM4 機能のピ ン割当て
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き、 GPIO ポー ト の TIM4 のチ ャ ネル 1 ~ 4 のピ
ン割当てが設定 さ れます。
0: 割当て変更な し (TIM4_CH1/PB6、 TIM4_CH2/PB7、 TIM4_CH3/PB8、 TIM4_CH4/PB9)
1: 割当て変更あ り (TIM4_CH1/PD12、 TIM4_CH2/PD13、 TIM4_CH3/PD14、 TIM4_CH4/PD15)
注 : PE0 ピ ンに割当て さ れている TIM4_ETR は再割当で き ません。
Bits 11:10 TIM3_REMAP[1:0]: TIM3 機能のピ ン割当て
こ れらのビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き、 GPIO ポー ト の TIM3 のチ ャ ネル 1 ~ 4
のピ ン割当てが設定で き ます。
00: 割当て変更な し (CH1/PA6、 CH2/PA7、 CH3/PB0、 CH4/PB1)
01: こ の値は指定で き ません。
10: 部分的な割当て変更 (CH1/PB4、 CH2/PB5、 CH3/PB0、 CH4/PB1)
11: 全面的な割当て変更 (CH1/PC6、 CH2/PC7、 CH3/PC8、 CH4/PC9)
注 : PE0 ピ ンに割当て ら れている TIM3_ETR は変更で き ません。
Bits 9:8 TIM2_REMAP[1:0]: TIM2 機能のピ ン割当て
こ れらのビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き、 GPIO ポー ト の TIM2 のチ ャ ネル 1 ~ 4
と 外部 ト リ ガ (ETR) のピ ン割当てが設定で き ます。
00: 割当て変更な し (CH1/ETR/PA0、 CH2/PA1、 CH3/PA2、 CH4/PA3)
01: 部分的な割当て変更 (CH1/ETR/PA15、 CH2/PB3、 CH3/PA2、 CH4/PA3)
10: 部分的な割当て変更 (CH1/ETR/PA0、 CH2/PA1、 CH3/PB10、 CH4/PB11)
11: 全面的な割当て変更 (CH1/ETR/PA15、 CH2/PB3、 CH3/PB10、 CH4/PB11)
Rev 5 -日本語版
125/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
Bits 7:6 TIM1_REMAP[1:0]: TIM1 機能のピ ン割当て
こ れらのビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き、 GPIO の TIM2 のチ ャ ネル 1 ~ 4、 1N ~
3N と 外部 ト リ ガ (ETR)、 ブ レー ク 入力 (BKIN) のピ ン割当てが設定で き ます。
00: 割当て変更な し (ETR/PA12、 CH1/PA8、 CH2/PA9、 CH3/PA10、 CH4/PA11、 BKIN/PB12、
CH1N/PB13、 CH2N/PB14、 CH3N/PB15)
01: 部分的な割当て変更 (ETR/PA12、 CH1/PA8、 CH2/PA9、 CH3/PA10、 CH4/PA11、 BKIN/PA6、
CH1N/PA7、 CH2N/PB0、 CH3N/PB1)
10: こ の値は指定で き ません。
11: 全面的な割当て変更 (ETR/PE7、 CH1/PE9、 CH2/PE11、 CH3/PE13、 CH4/PE14、 BKIN/PE15、
CH1N/PE8、 CH2N/PE10、 CH3N/PE12)
Bits 5:4 USART3_REMAP[1:0]: USART3 機能のピ ン割当て
こ れ らのビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き、 UART3 の CTS、 RTS、 CK、 TX、 RX ピ ン
の割当てが設定で き ます。
00: 割当て変更な し (TX/PB10、 RX/PB11、 CK/PB12、 CTS/PB13、 RTS/PB14)
01: 部分的な割当て変更 (TX/PC10、 RX/PC11、 CK/PC12、 CTS/PB13、 RTS/PB14)
10: こ の値は設定で き ません。
11: 全面的な割当て変更 (TX/PD8、 RX/PD9、 CK/PD10、 CTS/PD11、 RTS/PD12)
Bit 3 USART2_REMAP: USART2 機能のピ ン割当て
こ れ らのビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き、 UART2 の CTS、 RTS、 CK、 TX、 RX ピ ン
の割当てが設定で き ます。
0: 割当て変更な し (CTS/PA0、 RTS/PA1、 TX/PA2、 RX/PA3、 CK/PA4)
1: 割当て変更あ り (CTS/PD3、 RTS/PD4、 TX/PD5、 RX/PD6、 CK/PD7)
Bit 2 USART1_REMAP: USART1 機能のピ ン割当て
こ れ らのビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き、 UART1 の TX、 RX ピ ンの割当てが設定
で き ます。
0: 割当て変更な し (TX/PA9、 RX/PA10)
1: 割当て変更あ り (TX/PB6、 RX/PB7)
Bit 1 II2C1_REMAP: I2C 1 機能のピ ン割当て
こ れ らのビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き、 I2C 1 の SCL と SDA ピ ンの割当てが設
定で き ます。
0: 割当て変更な し (SCL/PB6、 SDA/PB7)
1: 割当て変更あ り (SCL/PB8、 SDA/PB9)
Bit 0 SPI1_REMAP: SPI 1 機能のピ ン割当て
こ れ らのビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き、 SPI 1 の NSS、 SCK、 MISO、 MOSI ピ ン
の割当てが設定で き ます。
0: 割当て変更な し (NSS/PA4、 SCK/PA5、 MISO/PA6、 MOSI/PA7)
1: 割当て変更あ り (NSS/PA15、 SCK/PB3、 MISO/PB3、 MOSI/PB5)
126/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.4.3
外部割込み構成レ ジ ス タ 1 (AFIO_EXTICR1)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x08
リ セ ッ ト 値 : 0x0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
予約済み
15
14
13
12
11
EXTI3[3:0]
rw
rw
Bits 31:16
rw
10
9
8
7
EXTI2[3:0]
rw
rw
rw
rw
EXTI1[3:0]
rw
rw
rw
rw
EXTI0[3:0]
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
Bits 15:0 EXTIx[3:0]: EXTI x 構成 (x= 0 ~ 3)
こ れ らのビ ッ ト には EXTIx 外部割込みのソ ース と な る信号の選択を、 ソ フ ト ウ ェ アで書込む こ と が
で き ます。 詳細は セ ク シ ョ ン 8.2.5: 外部割込み / イ ベン ト ラ イ ンの割当て (136 ページ) を参照 し て
く だ さ い。
0000: PA[x] ピ ン
0001: PB[x] ピ ン
0010: PC[x] ピ ン
0011: PD[x] ピ ン
0100: PE[x] ピ ン
0101: PF[x] ピ ン
0110: PG[x] ピ ン
7.4.4
外部割込み構成レ ジ ス タ 2 (AFIO_EXTICR2)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x0C
リ セ ッ ト 値 : 0x0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
6
5
4
3
18
17
16
2
1
0
予約済み
15
14
13
12
11
EXTI7[3:0]
rw
rw
Bits 31:16
rw
10
9
8
7
EXTI6[3:0]
rw
rw
rw
rw
EXTI5[3:0]
rw
rw
rw
rw
EXTI4[3:0]
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
Bits 15:0 EXTIx[3:0]: EXTI x 構成 (x= 4 ~ 7)
これ らのビ ッ ト には EXTIx 外部割込みのソ ース と な る信号の選択を、 ソ フ ト ウ ェ ア で書込む
こ と がで き ます。
0000: PA[x] ピ ン
0001: PB[x] ピ ン
0010: PC[x] ピ ン
0011: PD[x] ピ ン
0100: PE[x] ピ ン
0101: PF[x] ピ ン
0110: PG[x] ピ ン
Rev 5 -日本語版
127/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
7.4.5
RM0008
外部割込み構成レ ジ ス タ 3 (AFIO_EXTICR3)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x10
リ セ ッ ト 値 : 0x0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
予約済み
15
14
13
12
11
EXTI11[3:0]
rw
rw
Bits 31:16
rw
10
9
8
7
EXTI10[3:0]
rw
rw
rw
rw
EXTI9[3:0]
rw
rw
rw
rw
EXTI8[3:0]
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
Bits 15:0 EXTIx[3:0]: EXTI x 構成 (x= 8 ~ 11)
こ れら のビ ッ ト には EXTIx 外部割込みのソ ース と な る信号の選択を、 ソ フ ト ウ ェ ア で書
込む こ と がで き ます。
0000: PA[x] ピ ン
0001: PB[x] ピ ン
0010: PC[x] ピ ン
0011: PD[x] ピ ン
0100: PE[x] ピ ン
0101: PF[x] ピ ン
0110: PG[x] ピ ン
7.4.6
外部割込み構成レ ジ ス タ 4 (AFIO_EXTICR4)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x14
リ セ ッ ト 値 : 0x0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
6
5
4
3
18
17
16
2
1
0
予約済み
15
14
13
12
11
EXTI15[3:0]
rw
rw
Bits 31:16
rw
10
9
8
7
EXTI14[3:0]
rw
rw
rw
rw
EXTI13[3:0]
rw
rw
rw
rw
EXTI12[3:0]
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
Bits 15:0 EXTIx[3:0]: EXTI x 構成 (x= 12 ~ 15)
これ らのビ ッ ト には EXTIx 外部割込みのソ ース と な る信号の選択を、 ソ フ ト ウ ェ ア で書込む こ と
がで き ます。
0000: PA[x] ピ ン
0001: PB[x] ピ ン
0010: PC[x] ピ ン
0011: PD[x] ピ ン
0100: PE[x] ピ ン
0101: PF[x] ピ ン
0110: PG[x] ピ ン
128/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
汎用入出力 と オル タ ネー ト 機能入出力 (GPIO、 AFIO)
RM0008
7.5
GPIO ・ AFIO レ ジス タ ・ マ ッ プ
レ ジ ス タ のア ド レ ス範囲に関 し ては表 1 (36 ページ) を参照 し て く だ さ い。 次の表は、
GPIO と AFIO レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 値を示 し ています。
GPIOx_CRL
CNF MODE CNF MODE CNF MODE CNF MODE CNF MODE CNF MODE CNF MODE CNF MODE
7
7
6
6
5
5
4
4
3
3
2
2
1
1
0
0
[1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0]
リセッ ト値
GPIOx_CRH
リセッ ト値
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
GPIOx_IDR
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
GPIOx_BSRR
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
BR[15:0]
0
0
0
0
0
0
0
GPIOx_BRR
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
LCKK
0
予約済み
0
レ ジス タ
AFIO_EVCR
AFIO_EXTICR1
1
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
LCK[15:0]
0
0
0
AFIO_EXTICR2
AFIO_EXTICR3
AFIO_EXTICR4
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
予約済み
予約済み
リセッ ト値
Rev 5 -日本語版
0
0
0
0
TIM1_REMPAP[0]
0
USART3_REMAP[1]
0
TIM1_REMPAP[1]
0
TIM2_REMPAP[0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
EXTI6[3:0]
0
0
0
0
EXTI10[3:0]
0
0
0
0
0
EXTI2[3:0]
EXTI11[3:0]
0
0
0
EXTI7[3:0]
予約済み
0
0
EXTI3[3:0]
予約済み
0
TIM2_REMPAP[1]
0
0
TIM3_REMPAP[0]
0
0
TIM4_REMPAP
CAN_REMAP[0]
0
PORT[2:0] PIN[3:0]
TIM3_REMPAP[1]
CAN_REMAP[1]
0
PD01_REMAP
TIM5CH4_IREMAP
ADC1_ETRGINJ_REMAP
ADC2_ETRGINJ_REMAP
0
ADC1_ETRGREG_REMAP
0
予約済み
ADC2_ETRGREG_REMAP
SWJ_CFG[1]
SWJ_CFG[0]
予約済み
SWJ_CFG[2]
AFIO_MAPR
リセッ ト値
0x14
1
0
予約済み
リセッ ト値
0x10
0
BR[15:0]
リセッ ト値
0x0C
0
AFIO -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値
リセッ ト値
0x08
0
BSR[15:0]
予約済み
GPIOx_LCKR
0
リセッ ト値
0x04
1
EVOE
0x00
0
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
オフ
セッ ト
1
ODR[15:0]
リセッ ト値
表 34.
0
予約済み
リセッ ト値
0x18
0
I2C1_REMAP
0x14
0
0
GPIOx_ODR
リセッ ト値
0
IDR[15:0]l
リセッ ト値
0x10
1
予約済み
リセッ ト値
0x0C
0
SPI1_REMAP
0x08
1
CNF MODE CNF MODE CNF MODE CNF MODE CNF MODE CNF MODE CNF MODE CNF MODE
15
15
14
14
13
13
12
12
11
11
10
10
9
9
8
8
[1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0] [1:0]
USART1_REMAP
0x04
0
USART2_REMAP
0x00
レ ジス タ
USART3_REMAP[0]
オフ
セッ ト
GPIO -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 33.
0
0
0
0
EXTI1[3:0]
0
0
0
0
EXTI5[3:0]
0
0
0
0
EXTI9[3:0]
0
0
0
0
EXTI0[3:0]
0
0
0
0
EXTI4[3:0]
0
0
0
0
EXTI8[3:0]
0
0
0
0
EXTI15[3:0]
EXTI14[3:0]
EXTI13[3:0]
EXTI12[3:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
129/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
8
RM0008
割込み と イ ベン ト
Flash メ モ リ 容量が 32 ~ 128 キロバイ ト の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン
ト ロー ラ は、 中容量デバイ ス です。
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512 キロバイ ト の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン
ト ロー ラ は、 大容量デバイ ス です。
こ のセ ク シ ョ ンは、 注意書きがない限 り 、 STM32F10xxx フ ァ ミ リ 全てに適応 さ れます。
8.1
ネス ト 化 さ れたベ ク タ 割込み コ ン ト ロー ラ (NVIC)
主な機能
•
60 個のマ ス ク可能な割込みチ ャ ネル( Cortex ™ -M3 の 16 個の割込み ラ イ ンは数に含ま
れていません。)
•
プ ロ グ ラ ム可能な 16 の優先レ ベル (4bit の優先割込みを使用)
•
遅延時間の少ない例外及び割込みハン ド リ ン グ
•
電力管理制御
•
シ ス テム制御レ ジ ス タ の実装
NVIC と プ ロ セ ッ サ コ アのイ ン タ フ ェ ース と は密接に結びついてお り 、 割込み処理の遅延
時間を小 さ く し 、 遅れて リ ク エ ス ト さ れた割込みを効率的に処理で き る よ う に工夫 さ れて
います。
コ アの例外を含むすべての割込みは NVIC で管理 さ れます。 例外 と NVIC のプ ロ グ ラ ミ ン
グに関 し ては、 ARM Cortex ™ -M3 テ ク ニ カル ・ リ フ ァ レ ン ス ・ マニ ュ アルの 「5 章 例外」
と 「8 章 ネス ト 化 さ れた割込み コ ン ト ロー ラ」 の章を参照 し て く だ さ い。
8.1.1
SysTick 較正値レ ジ ス タ
SysTick 較正値は 9000 に固定 さ れてお り 、 SysTick ク ロ ッ ク が 9 MHz ( 最大値 HCLK/8) の
時に 1 ms の タ イ ムベースが生成 さ れます。
8.1.2
割込み ・ 例外ベ ク タ
表 35.
位
置
ベ ク タ テーブル
優
先
度
優先種別
-
-
-3
詳細
ア ド レス
-
予約済み
0x0000_0000
固定
Reset
リセッ ト
0x0000_0004
-2
固定
NMI
ノ ン マス カ ブル割込み。 RCC ク
ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ ・ シ ス テム
(CSS) は こ こ に接続 さ れています。
0x0000_0008
-1
固定
HardFault
すべての異常
0x0000_000C
メ モ リ 管理
0x0000_0010
0
130/681
項目 (略称)
設定可能 MemManage
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
RM0008
表 35.
位
置
ベ ク タ テーブル (続き)
優
先
度
優先種別
1
2
-
詳細
ア ド レス
設定可能 BusFault
プ リ フ ェ ッ チ異常、 メ モ リ ・ ア ク セ
ス異常
0x0000_0014
設定可能 UsageFault
未定義命令も し く は異常状態
0x0000_0018
-
項目 (略称)
-
予約済み
0x0000_001C 0x0000_002B
3
設定可能 SVCall
SWI 命令によ る シ ス テム ・ サービ ス
コ ール
0x0000_002C
4
設定可能 Debug Monitor
デバ ッ グ ・ モ ニ タ
0x0000_0030
予約
0x0000_0034
-
-
-
5
設定可能 PendSV
ペンデ ィ ング可能なシ ス テムサービ
ス ・ リ ク エス ト
0x0000_0038
6
設定可能 SysTick
シ ス テム ・ テ ィ ッ ク ・ タ イ マ
0x0000_003C
0
7
設定可能 WWDG
Window 型ウ ォ ッ チ ド ッ グ割込み
0x0000_0040
1
8
設定可能 PVD
PVD 検出割込み (EXTI 経由)
0x0000_0044
2
9
設定可能 TAMPER
タ ンパ (改ざん) 割込み
0x0000_0048
3
10
設定可能 RTC
RTC グローバル 割込み
0x0000_004C
4
11
設定可能 FLASH
Flash グローバル割込み
0x0000_0050
5
12
設定可能 RCC
RCC グローバル割込み
0x0000_0054
6
13
設定可能 EXTI0
EXTI ラ イ ン 0 割込み
0x0000_0058
7
14
設定可能 EXTI1
EXTI ラ イ ン 1 割込み
0x0000_005C
8
15
設定可能 EXTI2
EXTI ラ イ ン 2 割込み
0x0000_0060
9
16
設定可能 EXTI3
EXTI ラ イ ン 3 割込み
0x0000_0064
10
17
設定可能 EXTI4
EXTI ラ イ ン 4 割込み
0x0000_0068
11
18
設定可能 DMA_Channel1
DMA チ ャ ネル 1 グローバル割込み
0x0000_006C
12
19
設定可能 DMA_Channel2
DMA チ ャ ネル 2 グローバル割込み
0x0000_0070
13
20
設定可能 DMA_Channel3
DMA チ ャ ネル 3 グローバル割込み
0x0000_0074
14
21
設定可能 DMA_Channel4
DMA チ ャ ネル 4 グローバル割込み
0x0000_0078
15
22
設定可能 DMA_Channel5
DMA チ ャ ネル 5 グローバル割込み
0x0000_007C
16
23
設定可能 DMA_Channel6
DMA チ ャ ネル 6 グローバル割込み
0x0000_0080
17
24
設定可能 DMA_Channel7
DMA チ ャ ネル 7 グローバル割込み
0x0000_0084
18
25
設定可能 ADC1_2
ADC グローバル割込み
0x0000_0088
19
26
設定可能
USB_HP_CAN_
TX
USB 優先割込み、 も し く は
CAN TX 割込み
0x0000_008C
20
27
設定可能
USB_LP_CAN_
RX0
USB 非優先割込み、 も し く は CAN
RX0 割込み
0x0000_0090
21
28
設定可能 CAN_RX1
CAN RX1 割込み
0x0000_0094
Rev 5 -日本語版
131/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
RM0008
表 35.
132/681
ベ ク タ テーブル (続き)
位
置
優
先
度
優先種別
22
29
設定可能 CAN_SCE
CAN SCE 割込み
0x0000_0098
23
30
設定可能 EXTI9_5
EXTI ラ イ ン [9:5] 割込み
0x0000_009C
24
31
設定可能 TIM1_BRK
TIM1 ブ レー ク 割込み
0x0000_00A0
25
32
設定可能 TIM1_UP
TIM1 更新割込み
0x0000_00A4
26
33
設定可能 TIM1_TRG_COM
TIM1 ト リ ガ と コ ミ ュ テーシ ョ ン
割込み
0x0000_00A8
27
34
設定可能 TIM1_CC
TIM1 キ ャ プ チ ャ /
比較割込み
0x0000_00AC
28
35
設定可能 TIM2
TIM2 グローバル割込み
0x0000_00B0
29
36
設定可能 TIM3
TIM3 グローバル割込み
0x0000_00B4
30
37
設定可能 TIM4
TIM4 グローバル割込み
0x0000_00B8
31
38
設定可能 I2C1_EV
I2C1 イ ベン ト 割込み
0x0000_00BC
32
39
設定可能 I2C1_ER
I2C1 エ ラ ー割込み
0x0000_00C0
33
40
設定可能 I2C2_EV
I2C2 イ ベン ト 割込み
0x0000_00C4
34
41
設定可能 I2C2_ER
I2C2 エ ラ ー割込み
0x0000_00C8
35
42
設定可能 SPI1
SPI1 グローバル割込み
0x0000_00CC
36
43
設定可能 SPI2
SPI2 グローバル割込み
0x0000_00D0
37
44
設定可能 USART1
USART1 グローバル割込み
0x0000_00D4
38
45
設定可能 USART2
USART2 グローバル割込み
0x0000_00D8
39
46
設定可能 USART3
USART3 グローバル割込み
0x0000_00DC
40
47
設定可能 EXTI15_10
EXTI ラ イ ン [15:10] 割込み
0x0000_00E0
41
48
設定可能 RTCAlarm
RTC ア ラ ーム割込み (EXTI 経由 )
0x0000_00E4
42
49
設定可能 USBWakeup
サスペン ド から の USB ウ ェ ー ク
ア ッ プ割込み (EXTI 経由 )
0x0000_00E8
43
50
設定可能 TIM8_BRK
TIM8 ブ レー ク 割込み
0x0000_00EC
44
51
設定可能 TIM8_UP
TIM8 更新割込み
0x0000_00F0
45
52
設定可能 TIM8_TRG_COM
TIM8 ト リ ガ と コ ミ ュ テーシ ョ ン
割込み
0x0000_00F4
46
53
設定可能 TIM8_CC
TIM8 キ ャ プ チ ャ ・ 比較割込み
0x0000_00F8
47
54
設定可能 ADC3
ADC3 グローバル割込み
0x0000_00FC
48
55
設定可能 FSMC
FSMC グローバル割込み
0x0000_0100
49
56
設定可能 SDIO
SDIO グローバル割込み
0x0000_0104
50
57
設定可能 TIM5
TIM5 グローバル割込み
0x0000_0108
51
58
設定可能 SPI3
SPI3 グローバル割込み
0x0000_010C
項目 (略称)
詳細
ア ド レス
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
RM0008
表 35.
ベ ク タ テーブル (続き)
位
置
優
先
度
優先種別
52
59
設定可能 UART4
UART4 グローバル割込み
0x0000_0110
53
60
設定可能 UART5
UART5 グローバル割込み
0x0000_0114
54
61
設定可能 TIM6
TIM6 グローバル割込み
0x0000_0118
55
62
設定可能 TIM7
TIM7 グローバル割込み
0x0000_011C
56
63
設定可能 DMA2_Channel1
DMA2 チ ャ ネル 1 グローバル割込み
0x0000_0120
57
64
設定可能 DMA2_Channel2
DMA2 チ ャ ネル 2 グローバル割込み
0x0000_0124
58
65
設定可能 DMA2_Channel3
DMA2 チ ャ ネル 3 グローバル割込み
0x0000_0128
59
66
設定可能 DMA2_Channel4_5
DMA2 チ ャ ネル 4 と DMA2 チ ャ ネル
5 グローバル割込み
0x0000_012C
項目 (略称)
詳細
Rev 5 -日本語版
ア ド レス
133/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
8.2
RM0008
外部割込み / イ ベン ト コ ン ト ロー ラ (EXTI)
外部割込み / イ ベ ン ト コ ン ト ロー ラ は、 割込み リ ク エ ス ト / イ ベ ン ト を発生 さ せる 19 本
のエ ッ ジ検出回路を構成 し まいます。 入力 ラ イ ンは個別に割込み種別 (パルス、 ペンデ ィ
ン グ) 及び ト リ ガ種別 (立上 り 、 立下 り 、 両エ ッ ジ) を選択する こ と がで き ます。 また、
ラ イ ン ご と にマ ス ク をかける こ と も で き ます。 ペンデ ィ ン グ ・ レ ジ ス タ は割込み リ ク エ ス
ト ・ ラ イ ンの状態を保持 し ています。
8.2.1
主な機能
EXTI コ ン ト ロー ラは次のよ う な機能を持っ ています。
8.2.2
•
割込み / イ ベ ン ト ラ イ ン ご と に、 独立 し た ト リ ガ と マス ク 設定が可能
•
割込みラ イ ン ご と のス テー タ ス ・ ビ ッ ト を装備
•
最大 19 本 の ソ フ ト ウ ェ ア イ ベ ン ト / 割込み リ ク エ ス ト の生成
•
APB2 ク ロ ッ ク周期よ り 小 さ なパルス幅の外部信号の検出機能。 具体的な詳細はデー
タ シー ト の電気特性の項を参照 し て く だ さ い。
ブ ロ ッ ク図
ブ ロ ッ ク 構成は図 16 に示 さ れています。
図 16.
外部割込み / イ ベ ン ト コ ン ト ロー ラ (EXTI) ブ ロ ッ ク図
AMBA APB バス
PCLK2
ペリフェラルインタフェース
19
割込み
マスク
レジスタ
NVIC 割込み
コントローラへ
19
19
ペンディング
リクエスト
レジスタ
19
ソフトウェア
割込み
イベント
レジスタ
19
19
19
19
立上り
トリガ
選択
レジスタ
立下り
トリガ
選択
レジスタ
19
19
.
19
19
パルス
発生回路
エッジ検出回路
19
19
入力
ライン
イベント
マスク
レジスタ
134/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
RM0008
8.2.3
ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ イ ベン ト 管理
Cortex ™ -M3 は外部イ ベ ン ト や内部イ ベ ン ト に よ り コ ア (WFE) を ウ ェ ー ク ア ッ プ さ せる こ
と がで き ます。 外部 ラ イ ン を入力ポー ト と し て設定する こ と で、 RTC ア ラ ーム及び USB
ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ イ ベ ン ト を CPU のウ ェ ー ク ア ッ プ (WFE か ら 終了) に利用する こ と が
で き ます。
EXTI ラ イ ン を ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ イ ベン ト と し て利用する方法については セ ク シ ョ ン 8.2.4:
機能詳細 を参照 し て く だ さ い。
8.2.4
機能詳細
割込みを生成する には、 割込み リ ク エ ス ト ・ ラ イ ン を設定 し 、 有効にする必要があ り ま
す。 こ れには 2 個の ト リ ガ ・ レ ジ ス タ で必要なエ ッ ジ方向を指定 し 、 割込みマ ス ク ・ レ ジ
ス タ の対応すビ ッ ト に 1 を書込み、 リ ク エ ス ト を受付可能に し ます。 外部割込みラ イ ン で
指定 さ れたエ ッ ジが生成 さ れる と 割込み リ ク エ ス ト が発生 し 、 ラ イ ン に対応する ペンデ ィ
ン グ ビ ッ ト がセ ッ ト さ れます。 リ ク エ ス ト はペンデ ィ ン グ ・ レ ジ ス タ の対応ビ ッ ト に 1 を
書込む こ と で リ セ ッ ト する こ と がで き ます。
イ ベ ン ト を生成 さ れる には、 イ ベン ト ラ イ ン を設定 し 、 有効にする必要があ り ます。 こ れ
には 2 個の ト リ ガ ・ レ ジ ス タ で必要な エ ッ ジ方向を指定 し 、 イ ベ ン ト マ ス ク ・ レ ジ ス タ の
対応すビ ッ ト に 1 を書込み、 リ ク エ ス ト を受付可能に し ます。 イ ベ ン ト ラ イ ン で指定 さ れ
たエ ッ ジが生成 さ れる と イ ベ ン ト パルスが発生 し ます。 こ の と き、 イ ベ ン ト に対応する ペ
ンデ ィ ン グ ビ ッ ト はセ ッ ト さ れません。
割込み / イ ベン ト ・ リ ク エ ス ト は、 ソ フ ト ウ ェ ア割込み / イ ベ ン ト ・ レ ジ ス タ の対応ビ ッ
ト に 1 を書込む こ と で、 ソ フ ト ウ ェ アか ら生成 さ せる こ と も で き ます。
ハー ド ウ ェ ア割込みの選択
19 本の入力 ラ イ ン を割込み リ ク エ ス ト と する設定は次のよ う に行います。
•
19 本の割込み ラ イ ンのマス ク ・ ビ ッ ト を設定 し ます。 (EXTI_IMR)
•
割込みラ イ ンの ト リ ガ選択ビ ッ ト の設定を行います。 (EXTI_RTSR 及び EXTI_FTSR)
•
NVIC IRQ チ ャ ネルが外部割込み コ ン ト ロー ラ (EXTI) に割当て さ れる よ う 、 イ ネーブ
ル ・ ビ ッ ト 、 マ ス ク ・ ビ ッ ト を設定 し 、 19 本の ラ イ ンか らの割込み リ ク エ ス ト が正
し く 受付け られる よ う に し ます。
ハー ド ウ ェ ア イ ベン ト の選択
19 本の入力 ラ イ ン を イ ベン ト 要因 と する設定は次のよ う に行います。
•
19 本のイ ベ ン ト ラ イ ンのマ ス ク ・ ビ ッ ト を設定 し ます。 (EXTI_EMR)
•
イ ベ ン ト ラ イ ンの ト リ ガ選択ビ ッ ト の設定を行います。 (EXTI_RTSR、 EXTI_FTSR)
ソ フ ト ウ ェ ア割込み / イ ベン ト の選択
19 本の入力 ラ イ ンは割込み / イ ベ ン ト ラ イ ンのいずれか と し て設定 し てお く こ と がで き ま
す。 ソ フ ト ウ ェ ア割込みは次の操作で生成 し ます。
•
割込み / イ ベ ン ト ラ イ ンのマ ス ク ・ ビ ッ ト を設定 し ます。 (EXTI_IMR、 EXTI_EMR)
•
ソ フ ト ウ ェ ア割込みレ ジ ス タ (EXTI_SWIER) の所定のビ ッ ト を セ ッ ト し ます。
Rev 5 -日本語版
135/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
8.2.5
RM0008
外部割込み / イ ベン ト ラ イ ンの割当て
112 本の GPIO 信号は、 次の図のように、 16 の外部割込み / イベントラインに割振られます。
図 17.
外部割込み / イ ベ ン ト の GPIO 割当て
AFIO_EXTICR1 レ ジ ス タ の EXTI0[3:0] bit
PA0
PB0
PC0
EXTI0
PD0
PE0
PF0
PG0
AFIO_EXTICR1 レ ジ ス タ EXTI1[3:0] bit
PA1
PB1
PC1
EXTI1
PD1
PE1
PF1
PG1
AFIO_EXTICR4 レ ジ ス タ の EXTI15[3:0] bit
PA15
PB15
PC15
EXTI15
PD15
PE15
PF15
PG15
他の 3 本の EXTI ラ イ ンは次のよ う に接続 さ れています。
136/681
•
EXTI ラ イ ン 16 は PVD 出力 と 接続 さ れています。
•
EXTI ラ イ ン 17 は RTC ア ラ ーム イ ベ ン ト と 接続 さ れています。
•
EXTI ラ イ ン 18 は USB ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ イ ベ ン ト と 接続 さ れています。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
RM0008
8.3
EXTI レ ジ ス タ
レ ジ ス タ の詳細記述で使用 さ れてい る略語については、 セ ク シ ョ ン 1.1 (32 ページ) を参
照 し て く だ さ い。
8.3.1
割込みマス ク ・ レ ジ ス タ (EXTI_IMR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x00
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
予約済み
18
17
16
MR18
MR17
MR16
rw
rw
rw
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
MR15
MR14
MR13
MR12
MR11
MR10
MR9
MR8
MR7
MR6
MR5
MR4
MR3
MR2
MR1
MR0
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
20
19
18
17
16
MR18
MR17
MR16
rw
rw
rw
Bits 31:19
予約済み、 常に リ セ ッ ト 時の値 (0) を保持 し て く だ さ い。
Bits 18:0 MRx: 割込みマス ク (ラ イ ン x)
0: ラ イ ン x の割込み リ ク エ ス ト は禁止 (マス ク) さ れています。
1: ラ イ ン x の割込み リ ク エ ス ト は許可 さ れています。
8.3.2
イ ベン ト マス ク ・ レ ジ ス タ (EXTI_EMR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x04
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
MR15
MR14
MR13
MR12
MR11
MR10
MR9
MR8
MR7
MR6
MR5
MR4
MR3
MR2
MR1
MR0
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:19
予約済み、 常に リ セ ッ ト 時の値 (0) を保持 し て く だ さ い。
Bits 18:0 MRx: ラ イ ン x 上のイ ベン ト ・ マス ク
0: ラ イ ン x のイ ベン ト ・ リ ク エ ス ト は禁止 (マス ク) さ れています。
1: ラ イ ン x のイ ベン ト ・ リ ク エ ス ト は許可 さ れています。
Rev 5 -日本語版
137/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
8.3.3
RM0008
立上 り ト リ ガ選択レ ジ ス タ (EXTI_RTSR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x08
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
予約済み
18
17
16
TR18
TR17
TR16
rw
rw
rw
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
TR15
TR14
TR13
TR12
TR11
TR10
TR9
TR8
TR7
TR6
TR5
TR4
TR3
TR2
TR1
TR0
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:19
予約済み、 常に リ セ ッ ト 時の値 (0) を保持 し て く だ さ い。
Bits 18:0 TRx: ラ イ ン x 上の立上 り エ ッ ジ ・ ト リ ガ
0: 入力ラインの ( イベントと割込みについて) 立上りエッジはトリガとして有効ではありません。
1: 入力 ラ イ ンの ( イ ベン ト と 割込みについて) 立上 り エ ッ ジは ト リ ガ と し て有効です。
注意 :
外部ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ ラ イ ンはエ ッ ジ ・ ト リ ガです。 グ リ ッ チが無いよ う にする必要があ
り ます。 EXTI_RTSR レ ジス タ への書込み中に外部割込みラ イ ンの立上 り エ ッ ジが発生 し た
と き には、 ペンデ ィ ング ビ ッ ト はセ ッ ト さ れません。
同 じ 割込みラ イ ン で、 立上 り エ ッ ジ と 立下 り エ ッ ジの双方を セ ッ ト する こ と がで き ます。
この と き には、 いずれのエ ッ ジであ っ て も ト リ ガ条件 と な り ます。
8.3.4
立下 り ト リ ガ選択レ ジ ス タ (EXTI_FTSR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x0C
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
予約済み
18
17
16
TR18
TR17
TR16
rw
rw
rw
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
TR15
TR14
TR13
TR12
TR11
TR10
TR9
TR8
TR7
TR6
TR5
TR4
TR3
TR2
TR1
TR0
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:19
予約済み、 常に リ セ ッ ト 時の値 (0) を保持 し て く だ さ い。
Bits 18:0 TRx: 立下 り エ ッ ジ ト リ ガ (ラ イ ン x)
0: 入力ラインの ( イベントと割込みについて) 立下りエッジはトリガとして有効ではありません。
1: 入力ラ イ ンの ( イ ベン ト と 割込みについて) 立下 り エ ッ ジは ト リ ガ と し て有効です。
注意 :
外部ウ ェ ー ク ア ッ プ ・ ラ イ ンはエ ッ ジ ・ ト リ ガです。 グ リ ッ チが無いよ う にする必要があ
り ます。 EXTI_FTSR レ ジス タ への書込み中に外部割込みラ イ ンの立下 り エ ッ ジが発生 し た
と き には、 ペンデ ィ ング ビ ッ ト はセ ッ ト さ れません。
同 じ 割込みラ イ ン で、 立上 り エ ッ ジ と 立下 り エ ッ ジの双方を セ ッ ト する こ と がで き ます。
この と き には、 いずれのエ ッ ジであ っ て も ト リ ガ条件 と な り ます。
138/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
RM0008
8.3.5
ソ フ ト ウ ェ ア割込みイ ベン ト ・ レ ジ ス タ (EXTI_SWIER)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x10
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
15
14
13
12
11
10
9
rw
rw
Bits 31:19
rw
rw
rw
rw
17
16
SWIER SWIER SWIER
18
17
16
予約済み
8
SWIER SWIER SWIER SWIER SWIER SWIER SWIER
15
14
13
12
11
10
9
18
7
6
5
4
3
rw
rw
rw
2
1
0
SWIER SWIER SWIER SWIER SWIER SWIER SWIER SWIER SWIER
8
7
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み、 常に リ セ ッ ト 時の値 (0) を保持 し て く だ さ い。
Bits 18:0 SWIERx: ラ イ ン x 上のソ フ ト ウ ェ ア割込み
こ のビ ッ ト が 0 の時に 1 を書込む と 、 EXTI_PR レ ジ ス タ の対応するペ ンデ ィ ングビ ッ ト がセ ッ ト
さ れます。 EXTI_IMR 及び EXTI_EMR レ ジス タ で、 こ のラ イ ンの割込み リ ク エス ト が許可 さ れてい
れば、 割込み リ ク エス ト が発生 し ます。
EXTI_PR レ ジ ス タ の対応する ビ ッ ト を ク リ アする (対応ビ ッ ト に 1 を書込む) と 、 こ のビ ッ ト は
ク リ ア さ れます。
8.3.6
ペンデ ィ ン グ ・ レ ジ ス タ (EXTI_PR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x14
リ セ ッ ト 値 : 0xxxxx xxxx
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
予約済み
18
17
16
PR18
PR17
PR16
rc_w1
rc_w1
rc_w1
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
PR15
PR14
PR13
PR12
PR11
PR10
PR9
PR8
PR7
PR6
PR5
PR4
PR3
PR2
PR1
PR0
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
rc_w1
Bits 31:19
予約済み、 常に リ セ ッ ト 時の値 (0) を保持 し て く だ さ い。
Bits 18:0 PRx: ペンデ ィ ングビ ッ ト
0: ト リ ガ リ ク エ ス ト は発生 し ていません。
1: ト リ ガ リ ク エ ス ト が発生 し ま し た。
外部割込み ラ イ ン で指定 さ れている ト リ ガ条件が発生 し た と き、 こ のビ ッ ト がセ ッ ト さ れます。
このビ ッ ト に 1 を書込んだ と き、 も し く はエ ッ ジ検出回路の設定を変更 し た と き、 こ のビ ッ ト は
ク リ ア さ れます。
注 : STOP モー ド に入る 1 サイ クル前に割込み リ ク エ ス ト が発生 し た時には、 STOP モー ド から終了
し た時点で EXTI_PR レ ジス タ が更新 さ れ、 EXTI_IMR レ ジ ス タ の対応ビ ッ ト で許可 さ れていれば割込
み リ ク エス ト が発生 し ます。
Rev 5 -日本語版
139/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
割込み と イ ベン ト
8.3.7
RM0008
EXTI レ ジ ス タ ・ マ ッ プ
次の表は EXTI レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 値を示 し ています。
オフ
セッ ト
0x00
外部割込み / イ ベ ン ト コ ン ト ロー ラ (EXTI) レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値
レ ジス タ
EXTI_IMR
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 36.
リセッ ト値
0x04
EXTI_EMR
0
EXTI_RTSR
EXTI_FTSR
EXTI_SWIER
EXTI_PR
リセッ ト値
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
x
x
x
x
x
x
x
x
TR[18:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
TR[18:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
SWIER[18:0]
予約済み
リセッ ト値
0x14
0
予約済み
リセッ ト値
0x10
0
MR[18:0]
0
リセッ ト値
0x0C
0
予約済み
リセッ ト値
0x08
MR[18:0]
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
PR[18:0]
予約済み
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
レ ジ ス タ のア ド レ ス範囲に関 し ては表 1 (36 ページ) を参照 し て く だ さ い。
140/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
RM0008
9
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
Flash メ モ リ 容量が 32 ~ 128Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト ロー
ラは、 中容量デバイ ス です。
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 大容量デバイ スです。
こ のセ ク シ ョ ンは、 注意書きがない限 り 、 STM32F10xxx フ ァ ミ リ 全てに適応 さ れます。
9.1
概要
DMA (Direct Memory Access) は、 ペ リ フ ェ ラ ル と メ モ リ 間、 及び メ モ リ 内で高速のデー タ
転送を行 う ために利用 さ れます。 DMA を利用する こ と で CPU の動作を要せずデー タ をす
ばや く 移動する こ と がで き ます。 こ れに よ り 、 CPU の能力を他の動作のためにあけてお く
こ と がで き ます。
DMA コ ン ト ロー ラ は合計 12 チ ャ ネル (7 つの DMA1、 5 つの DMA2) を搭載 し 、 それぞれ
がペ リ フ ェ ラ ルから の メ モ リ ・ ア ク セス を管理 し ます。 また、 コ ン ト ロー ラ は DMA リ ク
エ ス ト 間のア ク セス順序を管理する アービ タ を内蔵 し ています。
9.2
DMA の主な機能
•
個別に設定可能な 12 チ ャ ネル ( リ ク エ ス ト ) : 7 つの DMA1 及び 5 つの DMA2
•
12 チ ャ ネルはそれぞれに固有のハー ド ウ ェ ア DMA リ ク エ ス ト と 接続 さ れています。
また、 ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガは各チ ャ ネルでサポー ト さ れています。 設定は ソ フ ト
ウ ェ ア で行われます。
•
1 つの DMA のチ ャ ネル間の リ ク エ ス ト の優先度は、 ソ フ ト ウ ェ ア で指定で き ます。
(4 レ ベル、 最高、 高、 中、 低) ま た、 ハー ド ウ ェ アに よ り チ ャ ネル番号の順 と する
こ と も可能です。 ( リ ク エ ス ト 1 が リ ク エ ス ト 2 に優先、 な ど)
•
転送元 と 転送先で転送幅 (バイ ト 、 ハー フ ワー ド 、 ワー ド ) を個別に指定で き、 こ の
際にデー タ のパ ッ キン グ、 ア ンパ ッ キン グが行われます。
•
サーキ ュ ラ ・ バ ッ フ ァ 管理のサポー ト
•
3 個のイ ベン ト フ ラ グ (DMA 1/2 転送終了、 DMA 転送完了、 DMA 転送エ ラ ー)、 こ れ
ら の論理和はチ ャ ネルご と に割込み リ ク エ ス ト を発生
•
メ モ リ 間転送機能
•
ペ リ フ ェ ラ ルか ら メ モ リ 、 メ モ リ か ら ペ リ フ ェ ラ ル、 及びペ リ フ ェ ラ ル相互間の転送
機能
•
Flash メ モ リ 、 SRAM、 ペ リ フ ェ ラ ル SRAM、 APB1、 APB2 及び AHB ペ リ フ ェ ラルへの
ア ク セス (転送元 / 転送先 と し て)
•
最大 65536 ま で、 転送デー タ 数の設定が可能
ブ ロ ッ ク 構成は図 18 に示 さ れています。
Rev 5 -日本語版
141/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
図 18.
RM0008
DMA ブ ロ ッ ク 構成
IC ode
Fl as h
FLI TF
DCode
Co rtex-M3
システム
SRAM
DMA1
FS MC
Ch.1
Ch.2
SDI O
AHB システム
Ch.7
ブリッジ
2
ブリッジ
1
APB1
APB 2
アービタ
DMAリクエスト
AHB スレーブ
DMA2
Ch.1
Ch.2
DMAリクエスト
USA R T2 TIM2 USA R T1
USA R T3 TIM3 SP I1
UART4
TIM 4 ADC1
SP I/I2S2 TIM5 ADC3
SP I/I2S3 TIM6 TIM1
I2C1
TIM8
TIM7
I2C2
Ch.5
DMA リクエスト
アービタ
AHB スレーブ
ai14801
9.3
1.
DMA2 コ ン ト ロー ラ は大容量デバイ スにのみ搭載 さ れています。
2.
ADC3、 SPI/I2S3、 UART4、 SDIO、 TIM5、 TIM6、 DAC、 TIM7、 TIM8 DMA リ ク エ ス ト は大容量デバイ スで
のみ備え ら れています。
DMA の機能詳細
DMA コ ン ト ロー ラ はシ ス テム ・ バス を CortexTM-M3 コ ア と 共用 し なが ら DMA 転送を実行
し ます。 CPU と DMA が同 じ 転送先 (RAM も し く はペ リ フ ェ ラ ル) のア ク セス を試みた と
き、 CPU か ら シ ス テム ・ バスへのア ク セス動作が 1 バスサイ ク ルの間、 DMA に よ っ て停
止 さ せ ら れる こ と があ り ます。 バス ・ マ ト リ ッ ク スは ラ ウ ン ド ロ ビ ン方式で競合を解決 し
ていますので、 (RAM 及びペ リ フ ェ ラ ルの両方への) シ ス テム ・ バス帯域の少な く と も
1/2 が CPU のために確保 さ れます。
9.3.1
DMA ト ラ ンザク シ ョ ン
所定のイ ベ ン ト 後、 ペ リ フ ェ ラ ルは DMA コ ン ト ロー ラ に リ ク エ ス ト 信号を送 り ます。
DMA コ ン ト ロー ラ はチ ャ ネル間の優先順位に従 っ て、 こ れ らの リ ク エ ス ト を処理 し ます。
DMA コ ン ト ロー ラ がペ リ フ ェ ラ ルにア ク セスする と 、 ア ク ノ レ ッ ジ信号がペ リ フ ェ ラ ルに
送 ら れます。 ペ リ フ ェ ラ ルは DMA コ ン ト ロー ラ か ら のア ク ノ レ ッ ジ を受け取る と 、 DMA
リ ク エ ス ト 信号を解除 し ます。 ペ リ フ ェ ラ ルか ら の DMA リ ク エ ス ト が解除 さ れる と 、
DMA コ ン ト ロー ラ はア ク ノ レ ッ ジ信号を解除 し ます。 別の DMA 転送が必要であれば、 ペ
リ フ ェ ラ ルは次の ト ラ ンザ ク シ ョ ン を開始する こ と がで き ます。
142/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
RM0008
個々の DMA 転送は次の 3 動作か ら構成 さ れています。
9.3.2
•
ペ リ フ ェ ラ ル ・ デー タ ・ レ ジ ス タ 、 も し く は メ モ リ 上の所定の位置か ら 、
DMA_CMARx レ ジ ス タ にデー タ を ロー ド し ます。
•
ロー ド さ れたデー タ を DMA_CMARx レ ジ ス タ から ペ リ フ ェ ラルのデー タ ・ レ ジ ス タ 、
も し く は メ モ リ 上の所定の位置に格納 し ます。
•
こ のあ と 予定 さ れる DMA ト ラ ンザ ク シ ョ ンの数を保持 し ている DMA_CNDTRx レ ジ ス
タ を カ ウ ン ト ダウ ン し ます。
アービ タ
アービ タ はア ク セス リ ク エ ス ト を チ ャ ネルの優先順位に応 じ て管理 し 、 ペ リ フ ェ ラ ルや メ
モ リ に対する ア ク セス動作を開始 さ せます。
優先順位は 2 段階で管理 さ れます。
•
•
ソ フ ト ウ ェ ア : 優先順位は DMA_CCRx レ ジ ス タ で 4 段階のいずれかを チ ャ ネルご と に
設定で き ます。
-
最優先
-
高優先度
-
中優先度
-
低優先度
ハー ド ウ ェ ア : ソ フ ト ウ ェ ア優先度が同 じ レ ベルの リ ク エ ス ト が複数あ る場合、 番号
の小 さ なチ ャ ネルが優先 し ます。 た と えばチ ャ ネル 2 はチ ャ ネル 4 よ り 優先 さ れる こ
と にな り ます。
注意 :
大容量デバイ スでは、 DMA1 コ ン ト ロー ラは DMA2 コ ン ト ロー ラ よ り 高い優先順位を持っ
ています。
9.3.3
DMA チ ャ ネル
各チ ャ ネルは固定 さ れたア ド レ スのペ リ フ ェ ラ ルレ ジ ス タ と メ モ リ と の間の DMA 転送を
扱 う こ と がで き ます。 転送 さ れるデー タ の総量 (最大 65535) はプ ロ グ ラ ムで設定可能で
す。 こ の数を保持 し てい る レ ジ ス タ は、 転送 ト ラ ンザ ク シ ョ ン ご と に カ ウ ン ト ダウ ン さ れ
ます。
デー タ ・ サイ ズの設定
ペ リ フ ェ ラ ルや メ モ リ と の転送時のデー タ ・ サイ ズは MDA_CCRx の PSIZE 及び MSIZE
フ ィ ール ド で任意に設定で き ます。
ポ イ ン タ の加算
ペ リ フ ェ ラ ルや メ モ リ のポ イ ン タ は、 各転送動作のあ と に カ ウ ン ト さ れる よ う 、
MDA_CCRx の PINC 及び MINC で指定する こ と がで き ます。 カ ウ ン ト ア ッ プが行われる場
合、 設定 さ れてい るデー タ ・ サイ ズに応 じ て、 1、 2、 4 のいずれかが加算 さ れます。 最初の
転送のア ド レ ス と し てはソ フ ト ウ ェ ア で DMA_CPARx/DMA_CMARx に設定 さ れた値が使用
さ れます。
チ ャ ネルの設定がサーキ ュ ラ ・ モー ド で ない と き には、 転送終了後 (転送デー タ 数が 0 ま
で カ ウ ン ト ダウ ン さ れた後) は DMA リ ク エ ス ト に対する転送動作は行われません。
Rev 5 -日本語版
143/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
RM0008
チ ャ ネル設定手順
DMA チ ャ ネルの設定は、 次の手順で行います。 (x はチ ャ ネル番号です。)
1.
DMA_CPARx レ ジ ス タ にペ リ フ ェ ラ ルレ ジ ス タ のア ド レ ス を設定 し ます。 ペ リ フ ェ ラ
ルイ ベ ン ト ご と に、 こ のレ ジ ス タ と メ モ リ の間でデー タ が転送 さ れる こ と にな り ま
す。
2.
DMA_CPARx レ ジ ス タ に メ モ リ のア ド レ ス を設定 し ます。 ペ リ フ ェ ラルイ ベ ン ト ご と
に、 こ の メ モ リ に書込み、 も し く は こ の メ モ リ か ら 読み出 さ れる こ と にな り ます。
3.
転送 さ れるデー タ の数を DMA_CNDTRx レ ジ ス タ に設定 し ます。 個々のペ リ フ ェ ラ ル
イ ベ ン ト 後に こ の値がカ ウ ン ト ダウ ン さ れます。
4.
5.
DMA_CCRx レ ジ ス タ の PL[1:0] フ ィ ール ド でチ ャ ネルの優先度を指定 し ます。
デー タ 転送の方向、 サーキ ュ ラ ・ モー ド の有無、 ペ リ フ ェ ラル と メ モ リ のア ド レ ス カ
ウ ン ト の有無、 ア ク セス時のデー タ ・ サイ ズ、 1/2 終了 も し く は全終了後の割込みの
有無を DMA_CCRx レ ジ ス タ に設定 し ます。
6.
DMA_CCRx レ ジ ス タ の ENABLE ビ ッ ト を セ ッ ト し 、 チ ャ ネルの動作を有効 と し ます。
チ ャ ネル動作が有効にな る と 、 そのチ ャ ネルに接続 さ れている ペ リ フ ェ ラ ルか らの DMA
リ ク エ ス ト に こ たえ る こ と がで き ます。
1/2 転送終了割込み許可ビ ッ ト (HTIE) がセ ッ ト さ れてい る と き、 転送バイ ト 数の半分が転
送 さ れる と 1/2 転送終了割込み フ ラ グ (HTIF) がセ ッ ト さ れ、 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ま
す。 すべての転送が完了 し た と き には、 転送完了割込み許可ビ ッ ト (TCIE) がセ ッ ト さ れて
いれば 転送完了 フ ラ グ (TCIF) がセ ッ ト さ れ、 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
サーキ ュ ラ ・ モー ド
サーキ ュ ラ ・ モー ド を指定する こ と で、 サーキ ュ ラ ・ バ ッ フ ァ を管理 し 、 連続的なデー タ
の流れ (ADC スキ ャ ン ・ モー ド な ど) を扱 う こ と がで き ます。 こ の機能は DMA_CCRx レ
ジ ス タ の CIRC ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で有効 と な り ます。 サーキ ュ ラ ・ モー ド が指定 さ
れる と 、 チ ャ ネル設定時に指定 さ れた転送デー タ 数は自動的にデー タ 数レ ジ ス タ に再ロー
ド さ れ、 DMA リ ク エ ス ト は続けて処理 さ れます。
メ モ リ 間転送モー ド
DMA チ ャ ネルはペ リ フ ェ ラルか らの リ ク エ ス ト に よ る ト リ ガがな く と も 動作 さ せる こ と が
で き ます。 こ のモー ド は メ モ リ 間転送 と 称 さ れます。
DMA_CCRx レ ジ ス タ の MEM2MEM ビ ッ ト がセ ッ ト さ れる と 、 ソ フ ト ウ ェ ア で DMA_CCRx
レ ジ ス タ のイ ネーブル ・ ビ ッ ト (EN) がセ ッ ト さ れる と 同時にチ ャ ネルの動作が開始 さ れま
す。 転送は DMA_CNDTRx レ ジ ス タ の値が 0 に カ ウ ン ト ダウ ン さ れる と 停止 し ます。 メ モ
リ 間転送モー ド と サーキ ュ ラ ・ モー ド と を同時に指定する こ と はで き ません。
9.3.4
エ ラ ー管理
DMA に よ る読込み も し く は書込みア ク セスでバス エ ラ ーが発生 し た と き、 ハー ド ウ ェ ア で
対応する チ ャ ネル構成レ ジ ス タ (DMA_CCRx) の EN ビ ッ ト を ク リ アする ため、 エ ラ ーを生
じ たチ ャ ネルは自動的にデ ィ セーブル状態 と な り ます。 DMA_CCRx レ ジ ス タ の 転送エ ラ ー
割込み許可ビ ッ ト (TEIE) がセ ッ ト さ れていれば、 DMA_IFR レ ジ ス タ のチ ャ ネルに対応する
転送エ ラ ー割込みフ ラ グ (TEIF) がセ ッ ト さ れ、 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
144/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
RM0008
9.3.5
割込み
割込みは各 DMA チ ャ ネル毎に、 ハー フ ト ラ ン ス フ ァ 、 ト ラ ン ス フ ァ 完了ま たは ト ラ ン ス
フ ァ エ ラ ーに よ り 発生 し ます。 高い融通性のために、 別々の割込みを備えています。
表 37.
DMA 割込み リ ク エ ス ト
割込みイ ベ ン ト
イ ベン ト ・ フ ラ グ
イ ネーブル制御ビ ッ ト
1/2 転送
HTIF
HTIE
転送完了
TCIF
TCIE
転送エ ラ ー
TEIF
TEIE
注意 :
大容量デバイ スでは、 DMA2 チ ャ ネル 4 と DMA2 チ ャ ネル 5 は、 同 じ 割込みベ ク タ へ割 り
当て られます。 DMA1 と DMA2 の他の全ての割込みは、 それぞれの割込みベ ク タ を持っ て
います。
9.3.6
DMA リ ク エ ス ト のマ ッ ピ ング
DMA1 コ ン ト ロー ラ
ペ リ フ ェ ラ ル (TIMx[1,2,3,4]、 ADC1、 SPI1、 SPI/I2S2、I2Cx[1,2] 及び USARTx[1,2,3]) か ら の 7
種の リ ク エ ス ト は DMA1 コ ン ト ロー ラ に渡 さ れる前に論理和が と ら れます。 こ のため、 同
時には 1 種類の リ ク エ ス ト のみが有効 と さ れなければな り ません図 19: DMA1 リ ク エス ト
のマ ッ ピ ング を参照 し て く だ さ い。
ペ リ フ ェ ラ ルか らの DMA リ ク エ ス ト は、 独自に、 個々のペ リ フ ェ ラルのレ ジ ス タ の DMA
制御ビ ッ ト の設定で、 許可 / 禁止する こ と がで き ます。
Rev 5 -日本語版
145/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
図 19.
RM0008
DMA1 リ ク エ ス ト のマ ッ ピ ン グ
固定優先順位ハードウェア
ペリフェラル
リクエスト信号
優先度 高
ADC1
TIM2_CH3
TIM4_CH1
USART3_TX
TIM1_CH1
TIM2_UP
TIM3_CH3
SPI1_RX
USART3_RX
TIM1_CH2
TIM3_CH4
TIM3_UP
SPI1_TX
USART1_TX
TIM1_CH4
TIM1_TRIG
TIM1_COM
TIM4_CH2
SPI/I2S2_RX
I2C2_TX
USART1_RX
TIM1_UP
SPI/I2S2_TX
TIM2_CH1
TIM4_CH3
I2C2_RX
HW リクエスト 1
チャネル 1
SW トリガ (MEM2MEM bit)
チャネル 1EN ビット
HW リクエスト 2
チャネル 2
SW トリガ (MEM2MEM bit)
チャネル 2EN ビット
HW リクエスト 3
チャネル 3
SW トリガ (MEM2MEM bit)
内部
チャネル 3EN ビット
DMA1
HW リクエスト 4
リクエスト
チャネル 4
SW トリガ (MEM2MEM bit)
チャネル 4EN ビット
HW リクエスト 5
チャネル 5
SW トリガ (MEM2MEM bit)
チャネル 5EN ビット
USART2_RX
TIM1_CH3
TIM3_CH1
TIM3_TRIG
I2C1_TX
HW リクエスト 6
チャネル 6
SW トリガ (MEM2MEM bit)
チャネル 6EN ビット
USART2_TX
TIM2_CH2
TIM2_CH4
TIM4_UP
I2C1_RX
HW リクエスト 7
チャネル 7
優先度 低
SW トリガ (MEM2MEM bit)
チャネル 7EN ビット
表 38 には各チ ャ ネルに対する DMA リ ク エ ス ト が表示 さ れています。
146/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
RM0008
表 38.
チ ャ ネルに対する DMA1 リ ク エ ス ト の一覧
ペ リ フ ェ ラル
チ ャ ネル 1
チ ャ ネル 2
チ ャ ネル 3
チ ャ ネル 4
チ ャ ネル 5
ADC1
ADC1
SPI/I2S
SPI1_RX
SPI1_TX
SPI/I2S2_RX
SPI/I2S2_TX
USART
USART3_TX
USART3_RX
USART1_TX
2
I C
TIM1
TIM2
TIM1_CH1
TIM2_CH3
TIM3
TIM4
TIM1_CH2
チ ャ ネル 6
チ ャ ネル 7
USART1_RX
USART2_RX
USART2_TX
I2C2_TX
I2C2_RX
I2C1_TX
I2C1_RX
TIM1_CH4
TIM1_TRIG
TIM1_COM
TIM1_UP
TIM1_CH3
TIM2_UP
TIM3_CH3
TIM4_CH1
TIM2_CH2
TIM2_CH4
TIM2_CH1
TIM3_CH4
TIM3_UP
TIM3_CH1
TIM3_TRIG
TIM4_CH2
TIM4_CH3
TIM4_UP
DMA2 コ ン ト ロー ラ
ペ リ フ ェ ラ ルか らの 5 種の リ ク エ ス ト (TIMx[5,6,7,8]、 ADC3、 SPI/I2S3、 UART4、
DAC_Channel[1,2] と SDIO) は、 DMA2 へ渡 さ れる前に論理和が と られます。 こ のため、 同
時には 1 種類の リ ク エ ス ト のみが有効 と さ れなければな り ません図 20: DMA2 リ ク エス ト
のマ ッ ピ ング を参照 し て く だ さ い。
ペ リ フ ェ ラ ルか らの DMA リ ク エ ス ト は、 独自に、 個々のペ リ フ ェ ラルのレ ジ ス タ の DMA
制御ビ ッ ト の設定で、 許可 / 禁止する こ と がで き ます。
注意 :
DMA2 と 関連 リ ク エス ト は、 大容量デバイ スでのみ利用で き ます。
Rev 5 -日本語版
147/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
図 20.
RM0008
DMA2 リ ク エ ス ト のマ ッ ピ ン グ
ペリフェラルリクエスト信号
TIM5_CH4
TIM5_TRIG
TIM8_CH3
TIM8_UP
SPI/I2S3_RX
固定優先順位ハードウェア
優先度 高
HW リクエスト 1
チャネル 1
SW トリガ (MEM2MEM bit)
チャネル 1EN ビット
TIM8_CH4
TIM8_TRIG
TIM8_COM
TIM5_CH3
TIM5_UP
SPI/I2S3_TX
HW リクエスト 2
チャネル 2
SW トリガ (MEM2MEM bit)
チャネル 2EN ビット
HW リクエスト 3
TIM8_CH1
UART4_RX
TIM6_UP/DAC_Channel1
チャネル 3
SW トリガ (MEM2MEM bit)
内部
チャネル 3EN ビット
DMA2
TIM5_CH2
SDIO
TIM7_UP/DAC_Channel2
HW リクエスト 4
リクエスト
チャネル 4
SW トリガ (MEM2MEM bit)
チャネル 4EN ビット
ADC3
TIM8_CH2
TIM5_CH1
UART4_TX
HW リクエスト 5
チャネル 5
優先度 低
SW トリガ (MEM2MEM bit)
チャネル 5EN ビット
表 39 には各チ ャ ネルに対する DMA2 リ ク エ ス ト が表示 さ れています。
表 39.
チ ャ ネルに対する DMA2 リ ク エ ス ト の一覧
ペ リ フ ェ ラル
チ ャ ネル 1
チ ャ ネル 2
チ ャ ネル 3
チ ャ ネル 4
ADC3
SPI/I2S3
ADC3
SPI/I2S3_RX
SPI/I2S3_TX
UART4
UART4_RX
SDIO
TIM5
TIM5_CH4
TIM5_TRIG
TIM5_CH3
TIM5_UP
TIM5_CH2
TIM5_CH1
TIM6_UP/
DAC_Channel1
TIM7/
DAC_Channel2
148/681
UART4_TX
SDIO
TIM6/
DAC_Channel1
TIM8
チ ャ ネル 5
TIM7_UP/
DAC_Channel2
TIM8_CH3
TIM8_UP
TIM8_CH4
TIM8_TRIG
TIM8_COM
TIM8_CH1
TIM8_CH2
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
RM0008
9.4
DMA レ ジ ス タ
レ ジ ス タ の詳細記述で使用 さ れてい る略語については、 セ ク シ ョ ン 1.1 (32 ページ) を参
照 し て く だ さ い。
注意 :
DMA2 は 5 つのチ ャ ネル し か持たないので、 次に示すレ ジ ス タ では、 チ ャ ネル 6 と チ ャ ネ
ル 7 関連の全ビ ッ ト は、 DMA2 には適応 さ れません。
9.4.1
DMA 割込みス テー タ ス ・ レ ジ ス タ (DMA_ISR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x00
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
TEIF7
HTIF7
TCIF7
GIF7
TEIF6
HTIF6
TCIF6
GIF6
TEIF5
HTIF5
TCIF5
GIF5
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
TEIF4
HTIF4
TCIF4
GIF4
TEIF3
HTIF3
TCIF3
GIF3
TEIF2
HTIF2
TCIF2
GIF2
TEIF1
HTIF1
TCIF1
GIF1
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
Bits 31:28
予約済み、 常に 0 が読み出 さ れます。
Bits 27, 23, TEIFx: チ ャ ネル x 転送エ ラ ー ・ フ ラ グ (x = 1 ..7)
19, 15, 11,
こ のビ ッ ト はハー ド ウ ェ アでセ ッ ト さ れます。 DMA_IFCR レ ジス タ の対応する ビ ッ ト に 1 を書込む
7, 3
こ と で、 こ のビ ッ ト を ク リ アする こ と がで き ます。
0: チ ャ ネル x で、 転送エ ラ ー (TE) は生 じ ていません。
1: チ ャ ネル x で、 転送エ ラ ー (TE) が発生 し ま し た。
Bits 26, 22, HTIFx: チ ャ ネル x 1/2 転送終了フ ラ グ (x = 1 ..7)
18, 14, 10,
こ のビ ッ ト はハー ド ウ ェ アでセ ッ ト さ れます。 DMA_IFCR レ ジス タ の対応する ビ ッ ト に 1 を書込む
6, 2
こ と で、 こ のビ ッ ト を ク リ アする こ と がで き ます。
0: チ ャ ネル x で、 1/2 転送終了 (HT) イ ベン ト は発生 し ていません。
1: チ ャ ネル x で、 1/2 転送終了 (HT) イ ベン ト が発生 し ま し た。
Bits 25, 21, TCIFx: チ ャ ネル x 転送完了フ ラ グ (x = 1 ..7)
17, 13, 9, 5,
こ のビ ッ ト はハー ド ウ ェ アでセ ッ ト さ れます。 DMA_IFCR レ ジス タ の対応する ビ ッ ト に 1 を書込む
1
こ と で、 こ のビ ッ ト を ク リ アする こ と がで き ます。
0: チ ャ ネル x で、 転送完了 (TC) イ ベン ト は発生 し ていません。
1: チ ャ ネル x で、 転送完了 (TC) イ ベン ト が発生 し ま し た。
Bits 24, 20, GIFx: チ ャ ネル x 割込み リ ク エス ト ・ フ ラ グ (x = 1 ..7)
16, 12, 8, 4,
こ のビ ッ ト はハー ド ウ ェ アでセ ッ ト さ れます。 DMA_IFCR レ ジス タ の対応する ビ ッ ト に 1 を書込む
0
こ と で、 こ のビ ッ ト を ク リ アする こ と がで き ます。
0: チ ャ ネル x で、 TE、 HT、 TC イ ベン ト はいずれも 発生 し ていません。
1: チ ャ ネル x で、 TE、 HT、 TC イ ベン ト のいずれかが発生 し ま し た。
Rev 5 -日本語版
149/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
9.4.2
RM0008
DMA 割込みフ ラ グ ・ ク リ ア ・ レ ジ ス タ (DMA_IFCR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x04
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
予約済み
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
CTEIF
7
CHTIF
7
CTCIF
7
CGIF
7
CTEIF
6
CHTIF
6
CTCIF
6
CGIF
6
CTEIF
5
CHTIF
5
CTCIF
5
CGIF
5
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
CTEIF
4
CHTIF
4
CTCIF
4
CGIF
4
CTEIF
3
CHTIF
3
CTCIF
3
CGIF
3
CTEIF
2
CHTIF
2
CTCIF
2
CGIF
2
CTEIF
1
CHTIF
1
CTCIF
1
CGIF
1
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
w
Bits 31:28
予約済み、 常に 0 が読み出 さ れます。
Bits 27, 23, CTEIFx: チ ャ ネル x 転送エ ラ ー ク リ ア (x = 1 ..7)
19, 15, 11, 7,
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
3
0: 影響な し
1: DMA_ISR レ ジ ス タ の対応する TEIF フ ラ グを ク リ ア し ます。
Bits 26, 22, CHTIFx: チ ャ ネル x 1/2 転送終了ク リ ア (x = 1 ..7)
18, 14, 10, 6,
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
2
0: 影響な し
1: DMA_ISR レ ジ ス タ の対応する HTIF フ ラ グ を ク リ ア し ます。
Bits 25, 21, CTCIFx: チ ャ ネル x 転送完了ク リ ア (x = 1 ..7)
17, 13, 9, 5, 1
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: 影響な し
1: DMA_ISR レ ジ ス タ の対応する TCIF フ ラ グを ク リ ア し ます。
Bits 24, 20, CGIFx: チ ャ ネル x 割込み リ ク エス ト ク リ ア (x = 1 ..7)
16, 12, 8, 4, 0
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: 影響な し
1: DMA_ISR レ ジ ス タ の、 対応する チ ャ ネルの GIF、 TEIF、 HTIF、 TCIF フ ラ グ を ク リ ア し ます。
150/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
RM0008
9.4.3
DMA チ ャ ネル x 構成レ ジス タ (DMA_CCRx) (x = 1 ..7)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x08 + 20d × チ ャ ネル番号
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
7
6
5
4
3
2
1
0
MINC
PINC
CIRC
DIR
TEIE
HTIE
TCIE
EN
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
15
予約
済み
14
MEM2
MEM
rw
Bits 31:15
13
12
PL[1:0]
rw
rw
11
10
9
8
MSIZE[1:0]
PSIZE[1:0]
rw
rw
rw
rw
予約済み、 常に 0 が読み出 さ れます。
Bit 14 MEM2MEM: メ モ リ 間転送モー ド
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: メ モ リ 間転送モー ド は指定 さ れていません。
1: メ モ リ 間転送モー ド が有効です。
Bits 13:12 PL[1:0]: チ ャ ネル優先レベル
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
00: 低
01: 中
10: 高
11: 最優先
Bits 11:10 MSIZE[1:0]: メ モ リ ・ サイズ
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
00: 8 ビ ッ ト
01: 16 ビ ッ ト
10: 32 ビ ッ ト
11: 予約値
Bits 9:8 PSIZE[1:0]: ペ リ フ ェ ラル ・ サイ ズ
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
00: 8 ビ ッ ト
01: 16 ビ ッ ト
10: 32 ビ ッ ト
11: 予約値
Bit 7 MINC: メ モ リ ・ イ ン ク リ メ ン ト ・ モー ド
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: メ モ リ ・ イ ン ク リ メ ン ト ・ モー ド は指定 さ れていません。
1: メ モ リ ・ イ ン ク リ メ ン ト ・ モー ド は有効です。
Bit 6 PINC: ペ リ フ ェ ラル ・ イ ン ク リ メ ン ト ・ モー ド
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: ペ リ フ ェ ラル ・ イ ン ク リ メ ン ト ・ モー ド は指定 さ れていません。
1: ペ リ フ ェ ラル ・ イ ン ク リ メ ン ト ・ モー ド は有効です。
Rev 5 -日本語版
151/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
RM0008
Bit 5 CIRC: サーキ ュ ラ ・ モー ド
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: サーキ ュ ラ ・ モー ド は指定 さ れていません。
1: サーキ ュ ラ ・ モー ド は有効です。
Bit 4 DIR: デー タ 転送方向
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: ペ リ フ ェ ラルか ら読出 さ れます。 (ペ リ フ ェ ラル→ メ モ リ )
1: メ モ リ から読出 さ れます。 ( メ モ リ →ペ リ フ ェ ラル)
Bit 3 TEIE: 転送エ ラ ー (TE) 割込み リ ク エス ト 許可
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: TE 割込み リ ク エス ト 禁止
1: TE 割込み リ ク エス ト 許可
Bit 2 HTIE: 1/2 転送終了 (HT) 割込み リ ク エス ト 許可
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: HT 割込み リ ク エ ス ト 禁止
1: HT 割込み リ ク エ ス ト 許可
Bit 1 TCIE: 転送完了割込み (TC) リ ク エス ト 許可
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: TC 割込み リ ク エ ス ト 禁止
1: TC 割込み リ ク エ ス ト 許可
Bit 0 EN: チ ャ ネル ・ イ ネーブル
こ のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ アでセ ッ ト / ク リ アがで き ます。
0: チ ャ ネルはデ ィ セーブル状態です。
1: チ ャ ネルはイ ネーブル状態です。
9.4.4
DMA チ ャ ネル x デー タ 数レ ジス タ (DMA_CNDTRx) (x = 1 ..7)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト t: 0x0C + 20d × チ ャ ネル番号
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
Bits 31:16
予約済み、 常に 0 が読み出 さ れます。
Bits 15:0 NDT[15:0]: 転送 さ れるデー タ 数
転送 さ れるデー タ の数 (0 か ら 最大 65535 バイ ト )。 こ のチ ャ ネルへの書込みは、 チ ャ ネルがデ ィ
セーブル時に限ら れます。 一旦チ ャ ネルが有効 (イ ネーブル) と な る と 、 こ のレ ジス タ は読出 し 専
用 と な り 、 まだ転送 さ れていないバイ ト 数を示 し ます。 こ のレ ジス タ の値は個々の DMA 転送動作
後に カ ウン ト ダウン さ れます。
すべての転送が終了する と 、 通常は、 こ のレ ジス タ の値は 0 に と ど ま り ます。 ただ し 、 自動再ロー
ド ・ モー ド が設定 さ れている時には、 先に ソ フ ト ウ ェ アで設定 し た値が再びロー ド さ れます。
こ のレ ジ ス タ の値が 0 の と き には、 チ ャ ネルがイ ネーブルか否かにかかわら ず、 DMA リ ク エス ト
に応え る こ と はあ り ません。
152/681
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
RM0008
9.4.5
DMA チ ャ ネル x ぺ リ フ ェ ラル ・ ア ド レ ス ・ レ ジス タ (DMA_CPARx) (x = 1 ..7)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x10 + 20d × チ ャ ネル番号
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
Bits 31:0 PA[31:0]: ペ リ フ ェ ラル ・ ア ド レ ス
デー タ が読出 さ れ、 も し く は書込まれるペ リ フ ェ ラルレ ジス タ のア ド レ ス。 (ア ド レ スがカ ウ
ン ト ア ッ プ さ れる場合は、 先頭ア ド レ ス)
9.4.6
DMA チ ャ ネル x メ モ リ ・ ア ド レ ス ・ レ ジス タ (DMA_CMARx) (x = 1 ..7)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x14 + 20d × チ ャ ネル番号
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
Bits 31:0 MA[31:0]: メ モ リ ・ ア ド レ ス
デー タ が読出 さ れ、 も し く は書込まれる メ モ リ 領域のベース ・ ア ド レ ス。
9.4.7
DMA レ ジ ス タ ・ マ ッ プ
次の表は DMA レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 値の一覧です。
TCIF1
GIF1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
予約済み
PL
[1:0]
0
0
0
M
PSIZE
SIZE
[1:0]
[1:0]
0
0
0
0
0
EN
CGIF1
HTIF1
CTCIF1
0
TCIE
0
HTIE
CHTIF1
GIF2
TEIF1
0
TEIE
CTEIF1
TCIF2
0
DIR
CGIF2
HTIF2
CTCIF2
0
PINC
0
CIRC
CHTIF2
GIF3
TEIF2
0
MINC
CTEIF2
TCIF3
0
CGIF3
HTIF3
0
CTCIF3
0
CHTIF3
GIF4
TEIF3
0
0
0
0
0
0
0
0
0
NDT[15:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
PL
[1:0]
M
PSIZE
SIZE
[1:0]
[1:0]
MINC
予約済み
0
0
0
0
0
PA[31:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0 0 0
予約済み
0
0
予約済み
0
0
0
0
EN
0
TCIE
0
HTIE
0
TEIE
0
DIR
0
PINC
MA[31:0]
CIRC
DMA_CMAR1
DMA_CNDTR2
0
0
リセッ ト値
0x020
0
0
0x018
0x01C
0
0
DMA_CPAR1
DMA_CCR2
0
0
DMA_CNDTR1
リセッ ト値
0
MEM2MEM
0x014
0
0
DMA_CCR1
リセッ ト値
0
0
リセッ ト値
0x010
0
0
リセッ ト値
0x00C
0
CTEIF3
TCIF4
0
CGIF4
HTIF4
0
CTCIF4
0
CHTIF4
GIF5
TEIF4
0
CTEIF4
TCIF5
0
CGIF5
HTIF5
0
CTCIF5
0
CHTIF5
GIF6
TEIF5
0
CTEIF5
TCIF6
0
CGIF6
HTIF6
0
CTCIF6
GIF7
TEIF6
TCIF7
0
MEM2MEM
0x008
0
CHTIF6
予約済み
リセッ ト値
0
CTEIF6
DMA_IFCR
0
CGIF7
0x004
0
CTCIF7
予約済み
リセッ ト値
TEIF7
DMA_ISR
HTIF7
レ ジス タ
CTEIF7
0x000
DMA - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値
CHTIF7
オフ
セッ ト
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 40.
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
NDT[15:0]
予約済み
リセッ ト値
0
Rev 5 -日本語版
0
0
0
0
0
0
0
0
0
153/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
DMA_CPAR2
PA[31:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
PL
[1:0]
M
PSIZE
SIZE
[1:0]
[1:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
DMA_CCR3
0 0 0
予約済み
0
0
予約済み
リセッ ト値
DMA_CNDTR3
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
PL
[1:0]
M
PSIZE
SIZE
[1:0]
[1:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0 0 0
予約済み
0
0
予約済み
0x064
154/681
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
PL
[1:0]
M
PSIZE
SIZE
[1:0]
[1:0]
0
0
0
0
PA[31:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
DMA_CCR5
0 0 0
予約済み
0
0
予約済み
DMA_CNDTR5
0
0
0
0
TCIE
EN
0
HTIE
0
DIR
MA[31:0]
TEIE
DMA_CMAR4
0
0
0
0
0
0
0
NDT[15:0]
予約済み
0
DMA_CPAR5
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
PA[31:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
DMA_CMAR5
リセッ ト値
0x068
0
MINC
0
DMA_CPAR4
リセッ ト値
0
NDT[15:0]
リセッ ト値
0x060
0
予約済み
リセッ ト値
0x05C
0
EN
0
TCIE
0
0x054
0x058
0
HTIE
0
DMA_CNDTR4
リセッ ト値
0
MEM2MEM
0x050
0
DIR
0
DMA_CCR4
リセッ ト値
0
TEIE
0
リセッ ト値
0x04C
0
0
リセッ ト値
0x048
0
MA[31:0]
0x040
0x044
0
PA[31:0]
DMA_CMAR3
リセッ ト値
0
MINC
0x03C
0
DMA_CPAR3
リセッ ト値
0
NDT[15:0]
予約済み
リセッ ト値
0x038
0
MEM2MEM
0x034
0
EN
0
TCIE
0
HTIE
0
DIR
0
TEIE
0
PINC
MA[31:0]
CIRC
リセッ ト値
0
CIRC
DMA_CMAR2
0x02C
0x030
0
CIRC
0x028
0
PINC
リセッ ト値
MINC
レ ジス タ
PINC
0x024
DMA - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 (続き)
MEM2MEM
オフ
セッ ト
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 40.
RM0008
0
0
MA[31:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0 0 0
予約済み
0
0
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
DMA コ ン ト ロー ラ (DMA)
RM0008
0
DMA_CNDTR6
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0x08C
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
PL
[1:0]
M
PSIZE
SIZE
[1:0]
[1:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0 0 0
予約済み
0
0
予約済み
0
0
0
0
EN
0
TCIE
0
HTIE
0
DIR
0
DMA_CNDTR7
0
0
0
0
0
0
0
NDT[15:0]
予約済み
0
DMA_CPAR7
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
PA[31:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
DMA_CMAR7
リセッ ト値
0x090
0
TEIE
0
DMA_CCR7
リセッ ト値
0
CIRC
0
リセッ ト値
0x088
0
0
リセッ ト値
0x084
0
MA[31:0]
0x07C
0x080
0
PA[31:0]
DMA_CMAR6
リセッ ト値
0
MINC
0x078
0
DMA_CPAR6
リセッ ト値
0
NDT[15:0]
予約済み
リセッ ト値
0x074
0
MEM2MEM
0x070
0
EN
0
0
TCIE
0
HTIE
0
リセッ ト値
DIR
M
PSIZE
SIZE
[1:0]
[1:0]
TEIE
PL
[1:0]
PINC
予約済み
CIRC
DMA_CCR6
MINC
レ ジス タ
PINC
0x06C
DMA - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 (続き)
MEM2MEM
オフ
セッ ト
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 40.
0
0
MA[31:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0 0 0
予約済み
0
0
レ ジ ス タ のア ド レ ス範囲に関 し ては表 1 (36 ページ) を参照 し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
155/681
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
10
RM0008
A/D コ ンバー タ (ADC)
Flash メ モ リ 容量が 32 ~ 128Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト ロー
ラは、 中容量デバイ ス です。
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 大容量デバイ スです。
こ のセ ク シ ョ ンは、 注意書きがない限 り 、 STM32F10xxx フ ァ ミ リ 全てに適応 さ れます。
10.1
概要
ADC ペ リ フ ェ ラ ル回路の A/D コ ンバー タ は 12bit 逐次比較方式で、 マルチ プ レ ク サで切 り
替え ら れる最大 18 チ ャ ネルの入力は、 16 個の外部信号 と 2 個の内部 ソ ースの測定を行 う
こ と がで き ます。 複数のチ ャ ネルに対する測定は、 ワ ン スキ ャ ン ・ 連続スキ ャ ン及び分割
モー ド で行 う こ と がで き ます。 変換結果は、 16bit デー タ ・ レ ジ ス タ の上位 も し く は下位
に格納 さ れます。
アナ ロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ機能では、 ユーザが指定 し た上限 も し く は下限か ら、 入力が逸
脱 し ていないかを検出する こ と がで き ます。
10.2
ADC の主な機能
•
精度 12bit
•
変換終了時、 イ ン ジ ェ ク ト 変換終了時、 及びアナ ロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ イ ベン ト 終
了時に割込みを生成
•
ワ ン スキ ャ ン、 及び連続変換モー ド
•
チ ャ ネル 0 か ら チ ャ ネル n を自動変換する ためのスキ ャ ン ・ モー ド
•
•
自己較正
変換デー タ の性格に応 じ た ビ ッ ト 寄せの選択
•
チ ャ ネルご と のサン プ リ ン グ タ イ ムの設定
•
レ ギ ュ ラ 及び イ ン ジ ェ ク ト 変換の両方についての外部 ト リ ガ ・ オプ シ ョ ン
•
分割モー ド
•
デ ュ アル ・ モー ド (2 個の ADC の協調動作)
•
ADC 変換レー ト 1 MHz
-
STM32F103xx パ フ ォ ーマ ン ス ・ ラ イ ン ・ デバイ ス : 56MHz 時 1μs (72MHz 時
1.17μs)
-
STM32F101xx ア ク セス ・ ラ イ ン ・ デバイ ス : 28MHz 時 1μs (36MHz 時 1.55μs)
•
ADC 電源供給 : 2.4V ~ 3.6V
•
ADC 入力電圧 : VREF- ≦ VIN ≦ VREF+
•
レ ギ ュ ラ 変換におけ る DMA リ ク エ ス ト の生成
ADC 回路のブ ロ ッ ク構成は 図 21 に示 さ れています。
注意 :
156/720
VREF- ピ ンが用意 さ れているパ ッ ケージでは、 こ のピ ン を VSSA に接続 し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
10.3
ADC の機能詳細
図 21 は、 1 回路分の ADC ブ ロ ッ ク図を、 表 41 は ADC ピ ン配列を示 し ています。
図 21.
シ ン グル ADC ブ ロ ッ ク図
フラグ
変換終了
インジェクト変換終了
アナログ・ウォッチドッグ・イベント
割込み要求
許可ビット
EOC
EOCI E
JEOC
JEOCIE
AWD
AWDIE
ADC 割込み要求、NVIC へ
アナログウォッチドッグ
上限スレッショルド
(12 bits)
下限スレッショルド
(12 bits)
アドレス/データ・バス
比較結果
インジェクト・データ・レジスタ
V RE F+
(4 x 16 bits)
V RE Fレギュラ・データ・レジスタ
V DDA
V SSA
(16 bits)
アナログ
マルチブレクサ
DMA リクエスト
ADCx_IN0
ADCx_IN1
GPIO
最大 4
ポート
最大16
ADC x_IN15
ADCCLK
インジェクト
チャネル
レギュラ
チャネル
アナログ/デジタル
コンバータ
温度センサ
V RE FINT
ADC プリスケーラから
JEXTSE L[2:0] bits
TIM1_TRGO
TIM1_CH4
TIM2_TRGO
TIM2_CH1
TIM3_CH4
TIM4_TRG O
E XTI_15
JE XTR IG
bit
スタート・トリガ
(インジェクト・グループ)
TIM8_CH4(2)
JEXTSE L[2:0] bits
ADCx-ETRGINJ_REMAP bit
EX TRI G
bit
E XTS E L[2:0] bits
TIM1_CH1
TIM1_CH2
TIM1_CH3
TIM2_CH2
TIM3_TRG O
TIM4_CH4
スタート・トリガ
(レギュラ・グループ)
TIM1_TRGO
TIM1_CH4
TIM4_CH3
TIM8_CH2
TIM8_C H4
TIM5_TRG O
TIM5_CH4
TIM8_TRGO(2)
ADCx_ETRGREG_REMAP bit
スタート・トリガ
(インジェクト・グループ)
E XTS E L[2:0] bits
TIM3_CH 1
TIM2_CH 3
TIM1_CH3
TIM8_CH1
TIM8_TRG O
TIM5_C H1
TIM5_CH3
EXTI_11
JE XT R IG
bit
EX TRIG
bit
スタート・トリガ
(レギュラ・グループ)
ADC3のトリガ
(1)
ai14802d
1.
ADC3 は、 ADC1 と ADC2 と は異な る レギ ュ ラ と イ ン ジ ェ ク ト 変換 ト リ ガ を持 っ ています。
2.
TIM8_CH4 と TIM8_TRGO に対応 し た ビ ッ ト 寄せは、 大容量デバイ スに限 り 存在 し ます。
Rev 5 -日本語版
157/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
表 41.
RM0008
ADC ピ ン
名称
10.3.1
信号種別
摘要
VREF+
入力、
アナログ参照電圧 +
ADC の参照電圧、 ハイ レ ベル / 正電圧
2.4V ≦ VREF+ ≦ VDDA
VDDA
入力、
アナログ電源供給
アナログ回路電源、
2.4V ≦ VDDA ≦ VDD (3.6V)
VREF-
入力、
アナログ参照電圧 -
ADC の参照電圧、 ローレ ベル / 負電圧
VREF- = VSSA
VSSA
入力、
アナロググ ラ ン ド
VSS と 等 し いアナログ回路電源のグ ラ ン ド
ADCx_IN[15:0]
アナログ入力信号
16 チ ャ ネルのアナログ入力
ADC 電源の制御
ADC 回路は ADC_CR1 レ ジ ス タ の ADON ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で、 電源オ ンの状態 と な
り ます。 ADON ビ ッ ト が最初にセ ッ ト さ れた と き には、 ADC はパワー ・ ダウ ン ・ モー ド か
らの立上げ と な り ます。
二度目に ADON ビ ッ ト が ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト さ れる と 、 ADC パワー ・ ア ッ プ ・ タ イ ム
(tSTAB) 後に変換動作が開始 さ れます。
変換動作を停止 し ADC をパワー ・ ダウ ン ・ モー ド と する には、 ADON ビ ッ ト を ク リ ア し ま
す。 こ の状態では ADC 回路は電源をほ と んど消費 し ません。 (数 μA 程度)
10.3.2
ADC ク ロ ッ ク
PCLK2 (APB2 ク ロ ッ ク ) に同期 し た ADCCLK ク ロ ッ ク は ク ロ ッ ク ・ コ ン ト ロー ラ か ら 供
給 さ れます。 RCC コ ン ト ロー ラ は、 ADC ク ロ ッ ク 専用のプ リ スケー ラ を持 っ ています。
詳細は、 リ セ ッ ト と ク ロ ッ クの制御 (RCC) (72 ページ) ク ロ ッ ク (CLK) の章を参照 し て く
だ さ い。
10.3.3
チ ャ ネル選択
ADC は 16 の多重化 さ れた入力チ ャ ネルを搭載 し ています。 こ れ らの入力の変換動作は、
レギ ュ ラ (regular) と イ ン ジ ェ ク ト (injected) の 2 グループに構成する こ と がで き ます。 各
グループは変換チ ャ ネルの順序を定める も ので、 任意のチ ャ ネルを任意の順序で指定する
こ と がで き ます。 た と えば、 Ch3、 Ch8、 Ch2、 Ch2、 Ch0、 Ch2、 Ch2、 Ch15 のよ う なチ ャ ネ
ルの選び方が可能です。
•
レ ギ ュ ラ ・ グループ (regular group) には、 最大 16 個の変換動作を指定する こ と がで き
ます。 レギ ャ ラ ・ グループのチ ャ ネル と 順序は ADC_SQRx レ ジ ス タ で指定 し 、 グルー
プに含まれる変換の数は ADC_SQR1 レ ジ ス タ の L[3:0] フ ィ ール ド で与え ます。
•
イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ (injected group) には、 最大 4 個の変換動作を指定する こ と が
で き ます。 イ ン ジ ェ ク ト ・ グループのチ ャ ネル と 順序は ADC_JSQR レ ジ ス タ で指定
し 、 グループに含まれる変換の数は同 じ ADC_JSQR レ ジ ス タ の JL[1:0] フ ィ ール ド で
与え ます。
変換動作中に ADC_SQRx も し く は ADC_JSQR レ ジ ス タ が変更 さ れた時には、 その時点で
行われてい る変換は リ セ ッ ト さ れ、 新たに設定 さ れたグループの変換を開始する ス タ ー ト
パルスが ADC に送 られます。
158/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
温度セ ンサ /VREFINT 内部チ ャ ネル
温度セ ンサは ADCx_IN16 へ、 内部の参照電圧 VREFINT は ADCx_IN17 へ、 チ ッ プ内部で ADC
に接続 さ れています。 こ の両内部チ ャ ネルは、 レ ギ ュ ラ ・ グループ、 イ ン ジ ェ ク ト ・ グ
ループのいずれにおいて も 、 一般の入力チ ャ ネル と 同様に選択する こ と がで き ます。
注意 :
温度セ ンサ と VREFINT はマス タ ADC1 のみで利用で き ます。
10.3.4
シ ン グル変換モー ド (Single conversion mode)
シ ン グル変換モー ド では ADC は一回の変換を行います。 こ のモー ド は CONT ビ ッ ト が 0
の と き、 ADC_CR2 レ ジ ス タ の ADON ビ ッ ト を セ ッ ト する (レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルのみ) か、
も し く は外部 ト リ ガに よ っ て (レギ ュ ラ も し く はイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの場合) 変換が
行われます。
指定 さ れたチ ャ ネルの変換が終了する と 、
•
•
レ ギ ュ ラ ・ チ ャ ネルが変換 し た場合 :
-
変換 さ れたデー タ は 16bit の ADC_DR レ ジ ス タ に格納 さ れます。
-
-
EOC (End Of Conversion) フ ラ グがセ ッ ト さ れます。
EOCIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていれば、 割込み リ ク エ ス ト を発生 し ます。
イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルが変換 し た場合 :
-
変換 さ れたデー タ は 16bit の ADC_DRJ1 レ ジ ス タ に格納 さ れます。
-
JEOC (End Of Conversion Injected) フ ラ グがセ ッ ト さ れます。
-
JEOCIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていれば、 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
こ の後、 ADC の変換動作は停止 し ます。
10.3.5
連続変換モー ド (Continuous conversion mode)
連続変換モー ド では、 ADC は一回の変換が終わる と 次の変換に移 り ます。 こ のモー ド は
CONT ビ ッ ト が 1 の と き、 外部 ト リ ガか、 も し く は ADC_CR2 レ ジ ス タ の ADON ビ ッ ト を
セ ッ ト する こ と でス タ ー ト し ます。
グループの各入力チ ャ ネルの変換の後に、
•
•
レ ギ ュ ラ ・ チ ャ ネルが変換 し た場合 :
-
変換 さ れたデー タ は 16bit の ADC_DR レ ジ ス タ に格納 さ れます。
-
EOC (End Of Conversion) フ ラ グがセ ッ ト さ れます。
-
EOCIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていれば、 割込み リ ク エ ス ト を発生 し ます。
イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルが変換 し た場合 :
- 変換 さ れたデー タ は 16bit の ADC_DRJ1 レ ジ ス タ に格納 さ れます。
-
JEOC (End Of Conversion Injected) フ ラ グがセ ッ ト さ れます。
-
JEOCIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていれば、 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
Rev 5 -日本語版
159/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
10.3.6
RM0008
タ イ ミ ン グ図
図 22 に見 られる よ う に、 ADC は高精度の変換動作を開始する前に安定時間 tSTAB を必要
と し ます。 ADC 変換の開始後 14 ク ロ ッ ク ・ サイ クルで EOC フ ラ グがセ ッ ト さ れ、 変換 さ
れたデー タ は 16bit の ADC デー タ ・ レ ジ ス タ に格納 さ れます。
図 22.
タ イ ミ ン グ図
ADC_CLK
SET ADON
ADC パワー・オン
1 番目の変換の開始
次の変換の開始
ADC 変換
ADC
tSTAB
次の ADC 変換
変換時間
(トータル変換時間)
EOC
ソフトウェアが EOC ビットをリセット
10.3.7
アナロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ
アナ ロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ (AWD) ス テー タ ス ・ ビ ッ ト は、 ADC で変換 さ れた値が下限ス
レ ッ シ ョ ル ド を下回るか、 も し く は上限ス レ ッ シ ョ ル ド を超えた時にセ ッ ト さ れます。 こ
の上下限の値は、 16bit レ ジ ス タ ADC_HTR 及び ADC_LTR レ ジ ス タ の下位 12bit に設定 し ま
す。 ADC_CR1 レ ジ ス タ の AWDIE ビ ッ ト の設定で、 割込み リ ク エ ス ト を発生 さ せる こ と も
で き ます。
上下限の値は ADC_CR2 レ ジ ス タ の ALIGN ビ ッ ト の設定の影響を受けません。 上下限 と の
比較はデー タ を 16bit 化する前に行われます。 ( セ ク シ ョ ン 10.5 を参照)
アナ ロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ機能は表 42. のよ う に、 ADC_CR1 レ ジ ス タ の設定に応 じ て、 一
変換 も し く は一連の変換を チ ェ ッ ク 対象 と する こ と がで き ます。
図 23.
アナ ロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グの保護 ド メ イ ン
アナログ電圧
HTR
上限スレッショルド
保護ドメイン
下限スレッショルド
160/720
LTR
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
表 42.
アナ ロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ チ ャ ネル選択
アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グで監視 さ れ
る チ ャ ネル
ADC_CR1 レ ジ ス タ 制御ビ ッ ト (x = 無視 )
AWDSGL ビ ッ ト
AWDEN ビ ッ ト
JAWDEN ビ ッ ト
なし
x
0
0
すべてのイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル
0
0
1
すべてのレギ ュ ラ ・ チ ャ ネル
0
1
0
すべてのレギ ュ ラ と イ ン ジ ェ ク ト ・
チ ャ ネル
0
1
1
シ ングル(1) イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル
1
0
1
シ ングル (1) レギ ュ ラ ・ チ ャ ネル
1
1
0
シ ングル (1) レギ ュ ラ または
イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル
1
1
1
1. AWDCH[4:0] フ ィ ール ド で指定 さ れます。
10.3.8
スキ ャ ン ・ モー ド (Scan mode)
こ のモー ド はアナ ロ グ入力のグループ を スキ ャ ンする際に使用 さ れます。
スキ ャ ン ・ モー ド は ADC_CR1 レ ジ ス タ の SCAN ビ ッ ト を セ ッ ト し た と き に選択 さ れます。
こ のビ ッ ト がセ ッ ト さ れる と 、 ADC は ADC_SQRx レ ジ ス タ (レ ギ ュ ラ ・ チ ャ ネル時) も し
く は ADC_JSQR レ ジ ス タ (イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル時) で選択 さ れているすべてのチ ャ ネ
ルを スキ ャ ン し ます。 グループ内の各チ ャ ネルに対 し ては、 1 回の変換が行われます。 各
変換が終了する と 、 グループ内の次の変換が自動的に行われます。 CONT ビ ッ ト がセ ッ ト
さ れていれば、 グループの最後のチ ャ ネルのあ と も変換動作は終了せず、 そのグループの
最初の項目か ら 変換が続け ら れます。
DMA ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていれば、 各 EOC 時に、 レ ギ ャ ラ ・ グループの変換デー タ を
SRAM に転送する ために DMA コ ン ト ロー ラ を利用する こ と がで き ます。
イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの変換デー タ は、 常に ADC_JDRx レ ジ ス タ に格納 さ れます。
10.3.9
イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの管理
ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク シ ョ ン (Triggered injection)
ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク シ ョ ン を行 う には、 ADC_CR1 レ ジ ス タ で JAUTO ビ ッ ト が ク リ ア さ れ
てお り 、 SCAN ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていなければな り ません。
1.
外部 ト リ ガか、 ADC_CR2 レ ジ ス タ の ADON ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と に よ り 、 レギ ャ
ラ ・ グループのチ ャ ネルの変換を開始 し ます。
2.
レ ギ ャ ラ ・ グループの変換中に、 外部イ ン ジ ェ ク ト ・ ト リ ガが発生する と 、 その時点
で行われてい る変換は リ セ ッ ト さ れ、 イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル ・ シーケ ン スは、 ス
キ ャ ン ・ ワ ン ス ・ モー ド で変換 さ れます。
3.
その後、 レギ ュ ラ ・ グループ ・ チ ャ ネル変換は、 最後の割込みレ ギ ュ ラ 変換か ら再開
さ れます。 レギ ュ ラ ・ イ ベ ン ト はイ ン ジ ェ ク ト 変換の間に発生 し 、 割込みはあ り ませ
んが、 イ ン ジ ェ ク ト ・ シーケ ン スの終了時に、 レギ ュ ラ ・ シーケ ン スが実行 さ れま
す。 図 24 は、 タ イ ミ ン グ図を示 し ています。
Rev 5 -日本語版
161/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
注意 :
RM0008
ト リ ガ ・ イ ン ジ ェ ク シ ョ ン を使用する場合は、 ト リ ガ ・ イ ベン ト の間隔はイ ン ジ ェ ク シ ョ
ン ・ シーケ ン ス よ り 長 く なければな り ません。 例えば、 シーケ ン スの長 さ が 28 ADC ク
ロ ッ ク ・ サイ クル (それぞれの 1.5 ク ロ ッ ク周期のサン プ リ ング時間を持つ 2 つの 変換)
の場合、 最小の ト リ ガ間隔は 29ADC ク ロ ッ ク ・ サイ クルにする必要があ り ます。
自動イ ン ジ ェ ク シ ョ ン (Auto injection)
JAUTO ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている と き、 イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルはレギ ュ ラ ・
グループ ・ チ ャ ネルの後に自動的に変換 さ れます。 こ れに よ り 、 ADC_SQRx レ ジ ス タ と
ADC_JSQR レ ジ ス タ を使用 し て最大 20 個の変換順序を設定で き ます。
こ のモー ド ではイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの外部 ト リ ガは無効にする必要があ り ます。
JAUTO ビ ッ ト と と も に CONT ビ ッ ト がセ ッ ト さ れてい る場合は、 レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの
変換 と イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの変換が交互に行われます。
範囲 4 か ら 8 ま での ADC ク ロ ッ ク ・ プ リ スケー ラ 用には、 レギ ュ ラ か ら イ ン ジ ェ ク ト ・
シーケ ン ス (同様に イ ン ジ ェ ク ト か ら レギ ュ ラ ) への切 り 替え時に、 1ADC ク ロ ッ ク周期
の遅延時間が自動的に挿入 さ れます。 ADC ク ロ ッ ク ・ プ リ スケー ラが 2 に設定 さ れた場
合、 遅延時間は 2ADC ク ロ ッ ク 周期です。
注意 :
自動イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド と 分割モー ド を同時に有効 と する こ と はで き ません。
図 24.
イ ン ジ ェ ク ト 変換の遅延時間
ADC クロック
インジェクト・イベント
ADC リセット
SOC
最大遅延時間 (1)
1. 最大遅延時間は、 STM32F101 及び STM32F103xx の電気特性の資料 に 記 さ れ て い ま す。
10.3.10
分割モー ド (Discontinuous mode)
レギ ュ ラ ・ グループ
こ のモー ド は ADC_CR1 レ ジ ス タ の DISCEN ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で有効 と な り ます。
こ のモー ド では、 ADC_SQRx レ ジ ス タ で指定 さ れてい る変換対象の う ちの n (n <=8) 項目を
一連の変換の対象 と し ます。 変換数 n は ADC_CR1 レ ジ ス タ の DISCNUM[2:0] フ ィ ール ド で
指定 し ます。
外部 ト リ ガが生 じ る と 、 ADC_SQRx レ ジ ス タ で選択 さ れてい る項目がすべて終了する ま
で、 こ の内の次の n 項目の変換が開始 さ れます。 ADC_SQRx の有効な設定の総数は
ADC_SQR1 レ ジ ス タ の L[3:0] で指定 さ れています。
162/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
例:
n = 3、 変換対象 と な る チ ャ ネル = 0、 1、 2、 3、 6、 7、 9、 10
最初の ト リ ガに よ る変換の対象は、 0、 1、 2
2 番目の ト リ ガに よ る変換の対象は、 3、 6、 7
3 番目の ト リ ガに よ る変換の対象は、 9、 10、 次に EOC イ ベン ト が生 じ ます。
4 番目の ト リ ガに よ る変換の対象は、 0、 1、 2
注意 :
レギ ュ ラ変換グループが分割モー ド で変換 さ れる と き には、 指定項目の最後から直ちに最
初の項目に戻る こ と はあ り ません。
グループのすべての分割スキ ャ ンが終了する と 、 次の ト リ ガではグループの最初から ス
キ ャ ンが行われます。 上の例では、 4 番目の ト リ ガで最初のサブグループ 0、 1、 2 が変換 さ
れます。
イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ
こ のモー ド は ADC_CR1 レ ジ ス タ の JDISCEN ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で有効 と な り ます。
こ のモー ド では、 ADC_JSQR レ ジ ス タ で指定 さ れている変換対象を、 外部 ト リ ガご と に 1
チ ャ ネルずつ変換 し ます。
外部 ト リ ガが生 じ る と 、 ADC_JSQR レ ジ ス タ で選択 さ れている項目がすべて終了する ま
で、 こ の内の次の変換が開始 さ れます。 ADC_JSQR の有効な設定の総数は ADC_JSQR レ ジ
ス タ の JL[1:0] で指定 さ れています。
例:
n = 1、 変換対象 と な る チ ャ ネル = 1、 2、 3
最初の ト リ ガではチ ャ ネル 1 が変換 さ れ、
2 番目の ト リ ガではチ ャ ネル 2 が変換 さ れ、
3 番目の ト リ ガではチ ャ ネル 3 が変換 さ れ、 EOC 及び JEOC イ ベン ト が生 じ ます。
4 番目の ト リ ガではチ ャ ネル 1 が変換 さ れます。
注意 :
1
すべてのイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルが変換 さ れる と 、 次の ト リ ガではグループの最初から変
換が行われます。 上の例では、 4 番目の ト リ ガで最初の項目、 チ ャ ネル 1 が変換 さ れます。
2
自動イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド と 分割モー ド を同時に有効 と する こ と はで き ません。
3
レギ ュ ラ と イ ン ジ ェ ク ト ・ グループの両方で分割モー ド を設定 し てはいけません。 この
モー ド の設定は、 いずれか一方のグループのみに限られます。
10.4
較正機能
ADC には、 自己較正機能が備え られています。 こ の較正機能で、 内部の複数のキ ャパシ タ
のば ら つ き に よ る誤差を大幅に低減する こ と がで き ます。 較正時に誤差の補正値 (デジ タ
ル値) が個々のキ ャ パシ タ に対 し て計算 さ れ、 変換動作時に こ の補正値を利用する こ と で
キ ャパシ タ に よ る誤差を取 り 除き ます。
較正は ADC_CR2 レ ジ ス タ の CAL ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で開始 さ れます。 較正が終了す
る と 、 CAL ビ ッ ト はハー ド ウ ェ ア で ク リ ア さ れ、 通常の変換動作が行われます。 パワー ・
オ ン後に一度、 ADC の較正を行 う こ と が推奨 さ れます。 較正動作が終了する と 、 補正値が
ADC_DR レ ジ ス タ に格納 さ れます。
注意 :
1
パワー ・ ア ッ プ後には、 毎回、 較正を実行する こ と を お勧め し ます。
2
較正動作を開始する前に、 ADC は少な く と も 2 ADC ク ロ ッ ク ・ サイ クルの間、 パワー ・
オ フの状態 (ADON ビ ッ ト = 0) になければな り ません。
Rev 5 -日本語版
163/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
図 25.
較正動作の タ イ ミ ン グ図
CLK
較正動作がハー ド ウエ アに よ り リ セ ッ ト さ れる
較正動作進行中
tCAL
CAL
通常の ADC 変換
ADC
変換
10.5
デー タ の配置
ADC_CR2 レ ジ ス タ の ALIGN ビ ッ ト は、 図 26. 及び図 27. のよ う に、 変換デー タ をデー タ ・
レ ジ ス タ に格納する際に左寄せするか、 も し く は右寄せするかを指定 し ます。
イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルのデー タ の場合には、 ADC_JOFRx レ ジ ス タ に ソ フ ト
ウ ェ ア で任意に設定 し た値を引き算する こ と がで き、 負の値を含む変換結果 と する こ と が
で き ます。 SEXT は符号が拡張 さ れた ビ ッ ト です。
レギ ュ ラ ・ グループ ・ チ ャ ネルの変換結果ではオ フ セ ッ ト の引き算は行われませんので、
12bit のみが有効です。
図 26.
デー タ の右寄せ
イ ン ジ ェ ク ト ・グループ
SEXT SEXT SEXT SEXT
D11
D10
D9
D8
D11
D10
D9
D8
D7
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
D5
D4
D3
D2
D1
D0
レギ ャ ラ ・グループ
0
0
図 27.
0
0
D7
D6
デー タ の左寄せ
イ ン ジ ェ ク ト ・グループ
SEXT
D11
D10
D9
D8
D7
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
0
0
0
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
0
0
0
0
レギ ャ ラ ・グループ
D11
164/720
D10
D9
D8
D7
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
10.6
入力チ ャ ネルご と のサン プ リ ング タ イムの設定
ADC は入力電圧を読込む際に、 サン プル ・ タ イ ム と し て、 ADCCLK サイ ク ルを単位 と し て
ADC_SMPR1 及び ADC_SMPR2 の SMP[2:0] で指定 さ れたサン プ リ ン グ タ イ ムを使用 し ます。
個々の入力チ ャ ネルには、 個々に異な っ たサン プ リ ン グ タ イ ムを設定 し てお く こ と がで き
ます。
チ ャ ネルの変換に要する時間は次の式で計算 さ れます。
Tconv = サン プ リ ン グ タ イ ム + 12.5 サイ クル
例:
ADCCLK = 14 MHz で、 サン プ リ ン グ タ イムが 1.5 サイ ク ルの と き、
Tconv = 1.5 + 12.5 = 14 サイ クル = 1μs
10.7
外部 ト リ ガに よ る変換
タ イ マキ ャ プ チ ャ、 外部割込みな どの外部イ ベ ン ト を変換の ト リ ガ と する こ と がで き ます。
EXTTRIG 制御ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていれば、 外部イ ベ ン ト は変換動作を ト リ ガする こ と が
で き ます。EXTSEL[2:0] 及び JEXTSEL[2:0] フ ィ ール ド はレ ギ ュ ラ 及び イ ン ジ ェ ク ト ・グルー
プのそれぞれについて、 8 種の イ ベ ン ト か ら ト リ ガ と し て使用 さ れる イ ベ ン ト を選択 し ま
す。
注意 :
ADC のレギ ュ ラ及び イ ン ジ ェ ク ト 変換 と し て外部 ト リ ガが選択 さ れている と き、 ト リ ガ信
号の立上が り エ ッ ジのみが変換動作の ト リ ガ と な り ます。
表 43.
ADC1 と ADC2 のレ ギ ュ ラ ・ チ ャ ネルのための外部 ト リ ガ
ト リ ガ ・ ソ ース
信号種別
EXTSEL[2:0]
タ イ マ 1 CC1 出力
000
タ イ マ 1 CC2 出力
001
タ イ マ 1 CC3 出力
タ イ マ 2 CC2 出力
オ ン チ ッ プ ・ タ イ マから の信号
010
011
タ イ マ 3 TRGO 出力
100
タ イ マ 4 CC4 出力
101
外部割込み 11
/TIM8_TRGO イ ベン ト (1)(2)
外部ピ ン / オ ン チ ッ プ ・ タ イ マ
110
からの内部信号
SWSTART
ソ フ ト ウ ェ ア制御ビ ッ ト
111
1.
TIM8_TRGO イ ベン ト は、 大容量デバイ スにのみ搭載 さ れています。
2.
外部 ト リ ガ EXTI line11 やレギ ュ ラ ・ チ ャ ネルのための TIM8_TRGO イ ベン ト の選択は、 ADC1 と ADC2 の
それぞれについて、 構成ビ ッ ト ADC1_ETRGREG_REMAP 及び ADC2_ETRGREG_REMAP によ り 行われます。
Rev 5 -日本語版
165/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
表 44.
RM0008
ADC1 と ADC2 のイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルのための外部 ト リ ガ
ト リ ガ ・ ソ ース
信号種別
JEXTSEL[2:0]
タ イ マ 1 TRGO 出力
000
タ イ マ 1 CC4 出力
001
タ イ マ 2 TRGO 出力
オン チ ッ プ ・ タ イ マから の信号 010
タ イ マ 2 CC1 出力
011
タ イ マ 3 CC4 出力
100
タ イ マ 4 TRGO 出力
101
外部割込み 15
/TIM8_CC4 イ ベン ト (1)(2)
外部ピ ン / オン チ ッ プ ・ タ イ マ
110
からの内部信号
JSWSTART
ソ フ ト ウ ェ ア制御ビ ッ ト
111
1.
TIM8_CC4 イ ベン ト は、 大容量デバイ スにのみ搭載 さ れています。
2.
外部 ト リ ガ EXTI line15 やイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの TIM8_CC4 イ ベン ト は、 ADC1 と ADC2 のそれぞれに
ついて、 構成ビ ッ ト ADC1_ETRGINJ_REMAP 及び ADC2_ETRGINJ_REMAP によ り 行われます。
表 45.
ADC3 のレ ギ ュ ラ ・ チ ャ ネルのための外部 ト リ ガ
ト リ ガ ・ ソ ース
信号種別
EXTSEL[2:0]
タ イ マ 3 CC1 イ ベン ト
000
タ イ マ 2 CC3 イ ベン ト
001
タ イ マ 1 CC3 イ ベン ト
タ イ マ 8 CC1 イ ベン ト
010
オ ン チ ッ プ ・ タ イ マからの
内部信号
011
タ イ マ 8 TRGO イ ベン ト
100
タ イ マ 5 CC1 イ ベン ト
101
タ イ マ 5 CC3 イ ベン ト
110
SWSTART
そふ と う え
表 46.
ソ フ ト ウ ェ ア制御ビ ッ ト
111
ADC3 のイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルのための外部 ト リ ガ
ト リ ガ ・ ソ ース
信号種別
JEXTSEL[2:0]
タ イ マ 1 TRGO イ ベン ト
000
タ イ マ 1 CC4 イ ベン ト
001
タ イ マ 4 CC3 イ ベン ト
タ イ マ 8 CC2 イ ベン ト
010
オン チ ッ プ ・ タ イ マからの
内部信号
011
タ イ マ 8 CC4 イ ベン ト
100
タ イ マ 5 TRGO イ ベン ト
101
タ イ マ 5 CC4 イ ベン ト
110
JSWSTART
ソ フ ト ウ ェ ア制御ビ ッ ト
111
ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ ・ イ ベ ン ト は、 レ ジ ス タ のビ ッ ト (SWSTART 及び ADC_CR2 の
JSWSTART) を設定する こ と で行え ます。
レギ ャ ラ ・ グループ変換は、 イ ン ジ ェ ク ト ・ ト リ ガに よ り 割込まれる こ と が可能です。
166/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
10.8
DMA リ ク エ ス ト
レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの変換では変換結果は 1 個のレ ジ ス タ に格納 さ れます。 こ のため、 複
数のチ ャ ネルを変換する際にすでに ADC_DR レ ジ ス タ に格納 さ れてい るデー タ が失われる
のを防ぐ ため、 DMA の使用が必要 と さ れる場合があ り ます。
レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの変換終了時にのみ DMA リ ク エ ス ト が発生 し 、 こ れに よ り ADC_DR
レ ジ ス タ から ソ フ ト ウ ェ ア で指定 し た場所に変換デー タ を移動する こ と がで き ます。
注意 :
この DMA 機能は、 ADC1 と ADC3 だけが持っ ています。 ADC2 によ り 変換 さ れたデー タ は、
マ ス タ であ る ADC1 に よ っ て、 DMA を使いデ ュ アル ADC モー ド で転送可能です。
10.9
デ ュ アル ADC モー ド
ADC を 2 回路搭載 し たデバイ ス では、 デ ュ アル ADC モー ド を使用する こ と がで き ます。
(図 28 を参照)
デ ュ アル ADC モー ド では、 ADC1 (マ ス タ ) と ADC2 (ス レ ーブ) に、 交互に、 も し く は
同時に変換開始 ト リ ガが与え られます。 こ れは ADC_CR1 レ ジ ス タ の DUALMOD[2:0] ビ ッ
ト で選択 さ れます。
注意 :
デ ュ アル ADC モー ド では、 外部イ ベン ト によ る変換動作の設定はマス タ ADC のみに行い
ます。 ス レーブ で ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ を セ ッ ト する と 、 ス レーブ ADC で誤っ た変換動
作が行われて し まいます。 但 し 、 外部 ト リ ガ を有効 と する設定は、 マス タ と ス レーブの両
方の ADC に対 し て行われねばな り ません。
デ ュ アル ADC には、 次の 6 種の動作モー ド があ り ます。
-
同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド (Injected simultaneous mode)
-
同時レギ ュ ラ ・ モー ド (Regular simultaneous mode)
-
高速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド (Fast interleaved mode)
-
低速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド (Slow interleaved mode)
-
オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ モー ド (Alternate trigger mode)
-
独立モー ド (Independent mode)
こ れ ら のモー ド が次のよ う に組合わ さ れる場合があ り ます。
注意 :
-
同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド + 同時レギ ュ ラ ・ モー ド
-
同時レギ ュ ラ ・ モー ド + オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ モー ド
-
同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド + イ ン タ リ ーブ ・ モー ド
デ ュ アル ADC モー ド では、 マス タ のデー タ ・ レ ジス タ から ス レーブの変換デー タ を読出
すには、 変換 さ れた レギ ュ ラ ・ チ ャ ネル ・ デー タ の転送に使用 さ れるか否かにかかわら
ず、 DMA ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていなければな り ません。
Rev 5 -日本語版
167/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
図 28.
デ ュ アル ADC ブ ロ ッ ク図
レギュラ・データ・レジスタ
(12
(16bits)
bits)
インジェクト・データ・レジスタ
(4 x 16 bits)
レギュラ
チャネル
ADC2(スレーブ)
内部トリガ
レギュラ・データ・レジスタ
(16 bits)*
インジェクト・データ・レジスタ
(4 x 16 bits)
アドレス / データ バス
インジェクト
チャネル
ADCx_IN0
ADCx_IN1
レギュラ
チャネル
GPIO
ポート
インジェクト
チャネル
ADCx_IN15
温度センサ
VREFINT
デュアル・モード
制御
EXTI_11
スタート・トリガ・
マルチプレクサ
ADC1(マスタ)
(レギュラ・グループ)
EXTI_15
スタート・トリガ・
マルチプレクサ
(インジェクト・グループ)
注 : 外部 ト リ ガは ADC2 上にあ り ますが、こ のブ ロ ッ ク 図には記載 さ れていません。
* 幾つかのデ ュ アル ADC モー ド では、ADC1 デー タ ・レ ジ ス タ (ADC1_DR)は ADC1 と ADC2 の両方の
レギ ュ ラ 変換デー タ を、32 ビ ッ ト 全体の中に含みます。
168/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
10.9.1
同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド (Injected simultaneous mode)
こ のモー ド ではイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル ・ グループの変換を行います。 外部 ト リ ガ信号は
(ADC1_CR2 レ ジ ス タ の JEXTSEL[2:0] に よ っ て選択 さ れた) ADC1 のイ ン ジ ェ ク ト ・ グ
ループ ・ マルチ プ レ ク サか ら 来ます。 同時 ト リ ガは ADC2 へ送 られます。
注意 :
同 じ 入力チ ャ ネルを両方の ADC で変換 し てはいけません。 (同 じ チ ャ ネルを両方の ADC
で変換する時には、 サン プ リ ング タ イムが重な っ てはいけません。)
ADC1 も し く は ADC2 におけ る変換終了イ ベ ン ト 時に、
注意 :
•
変換 さ れたデー タ は、 各 ADC の ADC_JDRx レ ジ ス タ に格納 さ れています。
•
ADC1/ADC2 のイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルがすべて変換 さ れた と き、 いずれかの ADC で
割込み リ ク エ ス ト が許可 さ れていれば、 JEOC 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
同時モー ド では、 変換グループの長 さ が同一で、 両方の変換グループ で必要な ト リ ガ間隔
よ り 、 実際の ト リ ガ間隔が長い こ と が確実でなければな り ません。 変換グループの長 さ が
異な る と き には、 長いほ う の ADC で変換が終了する までに、 短い方の ADC で設定の最初
に戻っ ての変換が行われる こ と があ り ます。
図 29.
4 チ ャ ネルの同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド
サン プ リ ン グ
変換
ADC2
ADC1
ト リガ
10.9.2
CH0
CH1
CH2
CH3
CH3
CH2
CH1
CH0
ADC1 と ADC2 上のイ ン ジ ェ ク ト 変換の終わ り
同時レギ ュ ラ ・ モー ド (Regular simultaneous mode)
こ のモー ド ではレギ ュ ラ ・ チ ャ ネル ・ グループの AD 変換を行います。 外部 ト リ ガ信号は
ADC1 のレギ ュ ラ変換 ト リ ガ ・ ス イ ッ チで、 ADC1_CR2 レ ジ ス タ の EXTSEL[2:0] に よ っ て
選択 さ れます。 ト リ ガ信号は ADC2 に同時に送 ら れます。
注意 :
同 じ 入力チ ャ ネルを両方の ADC で変換 し てはいけません。 (同 じ チ ャ ネルを両方の ADC
で変換する時には、 サン プ リ ング タ イムが重な っ てはいけません。)
ADC1 も し く は ADC2 におけ る変換終了イ ベ ン ト 時に、
注意 :
•
DMA ビ ッ ト がセ ッ ト さ れてい る と き には、 32bit の ADC1_DR レ ジ ス タ の内容を SRAM
に転送する ため、 DMA 転送 リ ク エ ス ト が発生 し ます。 ADC1_DR レ ジ ス タ には、 上位
16bit に ADC2 の変換デー タ が、 下位 16bit に ADC1 の変換デー タ が格納 さ れていま
す。
•
ADC1/ADC2 のレギ ュ ラ 変換チ ャ ネルがすべて変換 さ れた と き、 いずれかの ADC で割
込み リ ク エ ス ト が許可 さ れていれば、 EOC 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
同時モー ド では、 変換グループの長 さ が同一で、 両方の変換グループ で必要な ト リ ガ間隔
よ り 、 実際の ト リ ガ間隔が長い こ と が確実でなければな り ません。 変換グループの長 さ が
異な る と き には、 長いほ う の ADC で変換が終了する までに、 短い方の ADC で設定の最初
に戻っ ての変換が行われる こ と があ り ます。
Rev 5 -日本語版
169/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
図 30.
RM0008
16 チ ャ ネルの同時レギ ュ ラ 変換モー ド
サン プ リ ン グ
変換
ADC1
ADC2
CH0
CH1
CH2
CH3
CH15
CH14
CH13
CH12
CH15
CH0
ADC1 と ADC2 上の変換の終わ り
ト リガ
10.9.3
...
...
高速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド (Fast interleaved mode)
こ のモー ド はレギ ュ ラ 変換グループ (通常は一入力チ ャ ネル) でのみ実行 さ れます。 外部
ト リ ガ信号は ADC1 のレギ ュ ラ 変換 ト リ ガか ら 来ます。 外部 ト リ ガ時には、
•
ADC2 は直ち にス タ ー ト し ます。
•
ADC1 は 7 ADC ク ロ ッ ク ・ サイ クル遅れて変換がス タ ー ト し ます。
ADC1 と ADC2 の両方で CONT ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていれば、 それぞれのレ ギ ャ ラ ・ グ
ループは連続的に変換 さ れます。
ADC1 で EOCIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れてお り EOC 割込み リ ク エ ス ト が発生 し た後、 DMA
ビ ッ ト がセ ッ ト さ れてい る と き には、 32bit の ADC1_DR レ ジ ス タ の内容を SRAM に転送す
る ために DMA 転送 リ ク エ ス ト が発生 し ます。 ADC1_DR レ ジ ス タ には、 上位 16bit に ADC2
の変換デー タ が、 下位 16bit に ADC1 の変換デー タ が格納 さ れています。
注意 :
同 じ 入力チ ャ ネルを変換する場合、 ADC1 と ADC2 のサン プ リ ング タ イムがオーバラ ッ プ
する こ と を防ぐ ため、 使用可能な最大サン プ リ ン グ タ イムは 7 ADCCLK サイ クル未満で
す。
図 31.
連続変換モー ド におけ る 1 チ ャ ネルの高速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド
ADC2 上の変換の終わ り
ADC2
ADC1
...
CH0
CH0
ト リガ
...
サン プ リ ン グ
変換
CH0
CH0
ADC1 上の変換の終わ り
7 ADCCLK
サイ ク ル
10.9.4
低速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド (Slow interleaved mode)
こ のモー ド はレギ ュ ラ 変換グループ (一入力チ ャ ネルのみ) で実行 さ れます。 外部 ト リ ガ
信号は ADC1 のレギ ュ ラ 変換 ト リ ガか ら 来ます。 外部 ト リ ガ時には、
注意 :
170/720
•
ADC2 は直ち にス タ ー ト し ます。
•
ADC1 は 14 ADC ク ロ ッ ク ・ サイ クル遅れて変換がス タ ー ト し ます。
•
ADC2 は、 更に 14 ク ロ ッ ク遅れて、 二番目の変換を開始 し ます。 以降、 こ の要領で変
換が続き ます。
ADC1 と ADC2 のサン プ リ ング タ イムがオーバラ ッ プする こ と を防ぐ ため、 使用可能な最
大サン プ リ ング タ イムは 14 ADCCLK サイ クル未満です。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
ADC1 で EOCIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れてお り EOC 割込み リ ク エ ス ト が発生 し た後、 DMA
ビ ッ ト がセ ッ ト さ れてい る と き には、 32bit の ADC1_DR レ ジ ス タ の内容を SRAM に転送す
る ために DMA 転送 リ ク エ ス ト が発生 し ます。 ADC1_DR レ ジ ス タ には、 上位 16bit に ADC2
の変換デー タ が、 下位 16bit に ADC1 の変換デー タ が格納 さ れています。
28 ADC ク ロ ッ ク ・ サイ クル後には、 ADC2 は自動的に新たな変換を開始 し ます。
こ のモー ド では指定 さ れた レギ ュ ラ 変換チ ャ ネルを連続的に変換する ため、 CONT ビ ッ ト
を セ ッ ト する こ と はで き ません。
注意 :
ア プ リ ケーシ ョ ン では、 イ ン タ リ ーブ ・ モー ド がイ ネーブル状態の と き、 イ ン ジ ェ ク ト ・
チ ャ ネルの ト リ ガが発生 し ないよ う 、 注意する こ と が必要 と さ れます。
図 32.
1 チ ャ ネルの低速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド
ADC2 上の変換の終わ り
サン プ リ ン グ
変換
ADC2
ADC1
CH0
CH0
CH0
ト リガ
CH0
ADC1 上の変換の終わ り
14 ADCCLK
サイ ク ル
28 ADCCLK
サイ ク ル
10.9.5
オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ モー ド (Alternate trigger mode)
こ のモー ド はイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル ・ グループ でのみ実行 さ れます。 外部 ト リ ガ信号は
ADC1 のイ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ マルチ プ レ ク サか ら 供給 さ れます。
•
最初の ト リ ガが発生 し た と き、 ADC1 すべてのイ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルの
変換が開始 さ れます。
•
二番目の ト リ ガ発生で、 ADC2 のすべてのイ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルの変換
が開始 さ れます。
•
以上の動作が繰返 さ れます。
ADC1 ですべてのイ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルの変換が完了する と 、 (割込み リ ク エ
ス ト が許可 さ れている と き) JEOC 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
ADC2 ですべてのイ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルの変換が完了する と 、 (割込み リ ク エ
ス ト が許可 さ れている と き) JEOC 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
すべてのイ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルの変換 さ れた後に他の外部 ト リ ガが発生する
場合、 オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ プ ロ セスは ADC1 イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルの変
換に よ り 再ス タ ー ト し ます。
Rev 5 -日本語版
171/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
図 33.
RM0008
オル タ ネー ト ・ ト リ ガ : 各 ADC のイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル ・ グループ
1 番目の ト リ ガ
ADC1 上の
EOC, JEOC
3 番目の ト リ ガ
ADC1 上の
EOC, JEOC
ADC1
(n) 番目の ト リ ガ
サン プ リ ング
変換
...
ADC2
EOC, JEOC
ADC2 上の
EOC, JO
on ADC2
2 番目の ト リ ガ
4 番目の ト リ ガ
(n+1) 番目の ト リ ガ
ADC1、 ADC2 の両方で、 イ ン ジ ェ ク ト 分割モー ド が有効にな っ ている と き には、
•
最初の ト リ ガが発生 し た と き、 ADC1 のイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルが変換 さ れます。
•
二番目の ト リ ガが発生 し た と き、 ADC2 のイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルが変換 さ れます。
•
以上の動作が繰返 さ れます。
ADC1 ですべてのイ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルの変換が完了する と 、 (割込み リ ク エ
ス ト が許可 さ れている と き) JEOC 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
ADC2 ですべてのイ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルの変換が完了する と 、 (割込み リ ク エ
ス ト が許可 さ れている と き) JEOC 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
すべてのイ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルが変換 さ れた後に他の外部 ト リ ガが発生する
場合、 オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ プ ロ セスは再ス タ ー ト し ます。
図 34.
オル タ ネー ト ・ ト リ ガ : 分割モデルの (各 ADC ご と の) 4 イ ン ジ ェ ク ト ・
チ ャ ネル
1 番目の ト リ ガ
3 番目の ト リ ガ
5 番目の ト リ ガ
7 番目の ト リ ガ
サン プ リ ング
ADC1 上の JEOC
変換
ADC1
ADC2
ADC2 上の JEOC
2 番目の ト リ ガ
10.9.6
4 番目の ト リ ガ
6 番目の ト リ ガ
8 番目の ト リ ガ
独立モー ド (Independent mode)
ADC 間の同期を行わず、 各 ADC 回路を独立 し て動作 し ます。
10.9.7
同時レギ ュ ラ ・ モー ド + 同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド
レギ ュ ラ ・ グループの同時変換を中断中に、 イ ン ジ ェ ク ト ・ グループの同時変換を開始す
る こ と がで き ます。
注意 :
172/720
同時レギ ュ ラ / イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド の結合において、 1 つは、 同 じ 長 さ でシーケ ン ス を
変換 し なければな り ません。 も し く は、 2 シーケ ン ス以上の長 さ の ト リ ガ間隔が必要です。
変換グループの長 さ が異な る場合には、 シーケ ン スが長い方の ADC が以前の変換が完了
する ま でに、 短いシーケ ン スの ADC が再ス タ ー ト する こ と があ り ます。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
10.9.8
並列レギ ュ ラ ・ モー ド + オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ モー ド
レギ ュ ラ ・ グループの同時変換中断中に、 イ ン ジ ェ ク ト ・ グループのオル タ ネー ト ・ ト リ
ガ変換を開始する こ と がで き ます。 図 35 は、 オル タ ネー ト ・ ト リ ガが同時レ ギ ュ ラ 変換
の割込み動作を示 し ています。
イ ン ジ ェ ク ト ・ オル タ ネー ト 変換は、 イ ン ジ ェ ク ト ・ イ ベ ン ト が発生する と 直ち に開始 さ
れます。 すでに レギ ュ ラ 変換が動作 し ている場合、 イ ン ジ ェ ク ト 変換後に同時性を維持す
る ために、 両 ADC (マ ス タ ・ ス レ ーブ) における レギ ュ ラ 変換は停止 し 、 イ ン ジ ェ ク ト 変
換の終了後に再開 さ れます。
注意 :
同時レギ ュ ラ+オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ モー ド の結合において、 1 つは、 同 じ 長 さ でシー
ケ ン ス を変換 し なければな り ません。 も し く は、 2 シーケ ン ス以上の長 さ の ト リ ガ間隔が
必要です。 変換グループの長 さ が異な る場合には、 シーケ ン スが長い方の ADC が以前の
変換が完了する までに、 短いシーケ ン スの ADC が再ス タ ー ト する こ と があ り ます。
図 35.
オル タ ネー ト + 同時レギ ュ ラ
最初のトリガ
ADC1 reg
CH0
CH1
CH2
CH3
CH3
CH4
CH6
CH7
CH7
CH8
CH0
ADC1 inj
ADC2 reg
CH2
CH3
CH5
CH6
CH0
ADC2 inj
同時性は失われません
2 番目のトリガ
イ ン ジ ェ ク ト 変換がレギ ュ ラ 変換へ割込みを し てい る間に ト リ ガが発生する場合、 こ の ト
リ ガは無視 さ れます。 図 36 は こ の状況を図示 し ています。 (2 番目の ト リ ガが無視 さ れて
います。)
図 36.
イ ン ジ ェ ク ト 変換中に ト リ ガが発生 し た場合
最初のトリガ
ADC1 reg
CH0
CH1
CH2
CH3
CH6
CH7
CH3
CH5
CH6
CH4
CH0
CH7
CH8
CH0
ADC2 inj
2 番目のトリガ
10.9.9
CH3
CH0
ADC1 inj
ADC2 reg
CH2
3 番目のトリガ
4 番目のトリガ
同時イ ン ジ ェ ク ト + イ ン タ リ ーブ
イ ン タ リ ーブ ・ モー ド の変換を行 っ ている際に、 イ ン ジ ェ ク ト ・ イ ベン ト で、 こ れを中断
する こ と がで き ます。 こ の場合、 イ ン タ リ ーブ ・ モー ド の変換は中断 さ れ、 イ ン ジ ェ ク ト
変換動作がス タ ー ト し ます。 イ ン ジ ェ ク ト 変換の終了後は、 イ ン タ リ ーブ変換が再開 さ れ
ます。 図 37 には、 こ の使用例の動作が示 さ れています。
Rev 5 -日本語版
173/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
注意 :
RM0008
ADC ク ロ ッ ク ・ プ リ スケー ラが 4 に設定 さ れている場合、 イ ン タ リ ーブ ・ モー ド は等間隔
のサン プル期間では リ カバー し ません : サン プ リ ング間隔は、 7 ク ロ ッ ク周期に続 く 7 ク
ロ ッ ク周期ではな く 、 6ADC ク ロ ッ ク周期に続き 8ADC ク ロ ッ ク周期 と な り ます。
図 37.
イ ン ジ ェ ク ト ・ シーケ ン ス CH11、 CH12 でのイ ン タ リ ーブ ・ シ ン グル ・ チ ャ ネル
サンプリング
CH0
ADC1
ADC2
CH0
CH0
CH0
変換
CH0
CH0
トリガ
CH11
CH12
CH12
CH11
CH0
CH0
10.10
CH0
CH0
温度セ ンサ
温度センサは、 デバイスの周辺空気温度 (TA) の測定を行うために利用することができます。
温度センサは内部で ADCx_IN16 入力チャネルに接続されており、 センサの出力電圧をデジタル
値に変換することができます。 この入力のサンプリングタイムの推奨値は、 17.1μs です。
温度センサのブロック図は図 38 にあります。
センサが使用されないときには、 この回路をパワー ・ ダウン状態としておくことができます。
注意 :
内部チ ャ ネル ADCx_IN16 (温度セ ンサ) と ADCx_IN17 (VREFINT) の変換を可能 と するには、
TSVREFE ビ ッ ト を セ ッ ト し ておかねばな り ません。
主な機能
•
温度範囲 : -40 ~ 125 ℃
•
精度 : +/- 1.5 ℃
図 38.
温度セ ンサ及び VREFINT チ ャ ネル ・ ブ ロ ッ ク 図
温度センサ
VSENSE
ADCx_IN16
変換された
データ
ADC1
内部
電源ブロック
174/720
VREFINT
アドレス / データ バス
TSVREFE 制御ビット
ADCx_IN17
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
温度デー タ の読込み
温度セ ンサを使用する には、
1.
ADCx_IN16 入力チ ャ ネルを選択 し ます。
2.
サン プ リ ン グ タ イムを 17.1μs に設定 し ます。
3.
温度セ ンサをパワー ・ ダウ ン ・ モー ド か ら起動する ため、 ADC 制御レ ジ ス タ 2
(ADC_CR2) レ ジ ス タ の TSVREFE ビ ッ ト を セ ッ ト し ます。
4.
VSENSE デー タ の変換結果を ADC デー タ ・ レ ジ ス タ か ら読出 し ます。
5.
次の式を適用 し 、 温度の値を得ます。
温度 ( ℃ ) = { (V25 - VSENSE) / Avg_Slope } + 25
こ こ で、
V25 = 25 ℃における VSENSE の値
Avg_Slope = 温度 ・ VSENSE (mV/ ℃ も し く は μV/ ℃ ) カ ーブの平均傾斜
6.
V25 及び Avg_Slope の実際の値に関 し ては、 デー タ シー ト のデバイ スの電気特性を参
照 し て く だ さ い。
注意 :
セ ンサがパワー ・ ダウン状態から起動 し 、 その時点の有効な VSENSE を出力するには、 ス
タ ー ト ア ッ プ タ イムが必要 と さ れます。 ADC 自体もパワー ・ ダウン ・ モー ド からのス タ ー
ト ア ッ プ タ イムを必要 と し ていますので、 これらの遅延時間を最小 と する ため、 ADON
ビ ッ ト と TSVREFE ビ ッ ト は同時のセ ッ ト さ れる こ と が効果的です。
10.11
ADC 割込み リ ク エ ス ト
レギ ュ ラ ・ グループ と イ ン ジ ェ ク ト ・ グループの変換終了時、 及びアナ ロ グ ・ ウ ォ ッ チ
ド ッ グ ・ ス テー タ ス ・ ビ ッ ト がセ ッ ト さ れた と き、 割込み リ ク エ ス ト を発生 さ せる こ と が
で き ます。 こ れ ら には、 個別に割込み リ ク エ ス ト 許可ビ ッ ト が備え ら れています。
注意 :
ADC1 と ADC2 割込みは、 同 じ 割込みベ ク タ へ配置 さ れます。 ADC3 割込みは別の割込みベ
ク タ へ配置 さ れます。
ADC_SR レ ジ ス タ には他に 2 個の フ ラ グが備わ っ ていますが、 こ れ らは割込み リ ク エ ス ト
にはかかわ り ません。
•
JSTRT (イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルの変換開始)
•
STRT (レギ ュ ラ ・ グループ ・ チ ャ ネルの変換開始)
表 47.
ADC 割込み
イベン ト フ ラグ
イ ネーブル制御
ビッ ト
レギ ュ ラ ・ グループの変換終了
EOC
EOCIE
イ ン ジ ェ ク ト ・ グループの変換終了
JEOC
JEOCIE
アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ ス テー タ ス ・ ビ ッ ト のセ ッ ト
AWD
AWDIE
割込みイ ベ ン ト
Rev 5 -日本語版
175/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
10.12
RM0008
ADC レ ジス タ
レ ジ ス タ の詳細記述で使用 さ れてい る略語については セ ク シ ョ ン 1.1 (32 ページ) を参照
し て く だ さ い。
10.12.1
ADC ス テー タ ス ・ レ ジス タ (ADC_SR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 00h
リ セ ッ ト 値 : 00000000h
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
STRT
JSTRT
JEOC
EOC
AWD
rc_w0
rc_w0
rc_w0
rc_w0
rc_w0
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
Bits 31:5
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bit 4 STRT: レギ ュ ラ変換チ ャ ネル ・ ス タ ー ト ・ フ ラ グ
こ のビ ッ ト はレギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの変換が開始 さ れた と き、 ハー ド ウ ェ アによ っ てセ ッ ト さ れま
す。 フ ラ グのク リ アはソ フ ト ウ ェ ア で行います。
0: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの変換は開始 さ れていません。
1: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの変換が開始 さ れま し た。
Bit 3 JSTRT: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル ・ ス タ ー ト ・ フ ラ グ
こ のビ ッ ト はイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの変換が開始 さ れた と き、 ハー ド ウ ェ アによ っ てセ ッ ト さ
れます。 フ ラ グのク リ アはソ フ ト ウ ェ ア で行います。
0: イ ン ジ ェ ク ト ・ グループの変換は開始 さ れていません。
1: イ ン ジ ェ ク ト ・ グループの変換が開始 さ れま し た。
Bit 2 JEOC: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル変換終了
こ のビ ッ ト はイ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネル変換がすべて終了 し た と き に、 ハー ド ウ ェ ア で
セ ッ ト さ れます。 フ ラ グのク リ アはソ フ ト ウ ェ ア で行います。
0: 変換は完了 し ていません。
1: 変換が完了 し ま し た。
Bit 1 EOC: 変換終了フ ラ グ
こ のビ ッ ト は、 グループ ・ チ ャ ネル変換 (レギ ュ ラ も し く はイ ン ジ ェ ク ト ) が終了 し た と き に、
ハー ド ウ ェ アによ っ てセ ッ ト さ れます。 フ ラ グは ADC_DR レ ジ ス タ を読出 し た と き、 も し く は ソ
フ ト ウ ェ アによ る ス テー タ ス ・ レ ジ ス タ への書込みで行います。
0: 変換は完了 し ていません。
1: 変換が完了 し ま し た。
Bit 0 AWD: アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ フ ラ グ
こ のビ ッ ト は、 変換 さ れた電圧が、 あ ら か じ め ADC_HTR レ ジス タ 及び ADC_LTR レ ジ ス タ で設定
さ れている上下限を超えた と き に、 ハー ド ウ ェ ア でセ ッ ト さ れます。 フ ラ グのク リ アはソ フ ト
ウ ェ ア で行います。
0: アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ イ ベン ト は発生 し ていません。
1: アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ イ ベン ト が発生 し ま し た。
176/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
10.12.2
ADC 制御レ ジス タ 1 (ADC_CR1)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 04h
リ セ ッ ト 値 : 0000 0000h
31
30
29
28
27
26
25
24
予約済み
15
14
13
DISCNUM[2:0]
rw
rw
Bits 31:24
rw
23
22
AWDE
N
JAWD
EN
rw
rw
21
20
19
予約済み
12
11
10
9
8
7
6
5
JDISC
EN
DISC
EN
JAUT
O
AWD
SGL
SCAN
JEOC
IE
AWDIE
EOCIE
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
4
18
17
16
DUALMOD[3:0]
rw
rw
rw
rw
3
2
1
0
rw
rw
AWDCH[4:0]
rw
rw
rw
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bit 23 AWDEN: アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ有効 (レギ ュ ラ ・ チ ャ ネル)
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア し ます。
0: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルに対するウ ォ ッ チ ド ッ グ機能は無効です。
1: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルに対するウ ォ ッ チ ド ッ グ機能は有効です。
Bit 22 JAWDEN: アナロ グ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ有効 (イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル)
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア し ます。
0: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルに対するウ ォ ッ チ ド ッ グ機能は無効です。
1: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルに対するウ ォ ッ チ ド ッ グ機能は有効です
Bits 21:20
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 19:16 DUALMOD[3:0]: デ ュ アル ADC モー ド の選択
こ れら のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア で動作モー ド を選択する ため、 ソ フ ト ウ ェ ア で書込みます。
0000: 独立モー ド
0001: 組合わせ動作 : 同時レギ ュ ラ + 同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド
0010: 組合わせ動作 : 同時レギ ュ ラ + オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ モー ド
0011: 組合わせ動作 : 同時イ ン ジ ェ ク ト + 高速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド
0100: 組合わせ動作 : 同時イ ン ジ ェ ク ト + 低速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド
0101: 同時イ ン ジ ェ ク ト ・ モー ド のみ
0110: 同時レギ ュ ラ ・ モー ド のみ
0111: 高速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド のみ
1000: 低速イ ン タ リ ーブ ・ モー ド のみ
1001: オル タ ネー ト ・ ト リ ガ ・ モー ド のみ
注:
- これ らのビ ッ ト は ADC2 及び ADC3 では使用 さ れません。 (予約ビ ッ ト です)
– チ ャ ネル選択の変更の際、 動作の再ス タ ー ト が行われ、 デ ュ アル ADC モー ド では同期状態が崩
れる こ と があ り ます。 チ ャ ネル選択を変更する前に、 デ ュ アル ADC モー ド を無効 と し てお く こ
と が勧め られます。
Rev 5 -日本語版
177/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
Bits 15:13 DISCNUM[2:0]: 分割モー ド ・ チ ャ ネル数
こ れら のビ ッ ト には、 レギ ュ ラ変換グループ で分割スキ ャ ン を行 う 際の、 個々 ト リ ガで変換 さ れ
る チ ャ ネルの数を ソ フ ト ウ ェ ア で設定 し ます。
000: 1 チ ャ ネル
001: 2 チ ャ ネル
.......
111: 8 チ ャ ネル
Bit 12 JDISCEN: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル上の分割モー ド
こ のビ ッ ト は、 イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ ・ チ ャ ネルの分割モー ド を有効 / 無効にする ために、 ソ
フ ト ウ ェ アによ り セ ッ ト / ク リ ア し ます。
0: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの分割モー ド は無効です。
1: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの分割モー ド は有効です。
Bit 11 DISCEN: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネル上の分割モー ド
こ のビ ッ ト は、 レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの分割モー ド を有効 / 無効にする ために、 ソ フ ト ウ ェ アによ
り セ ッ ト / ク リ ア し ます。
0: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの分割モー ド は無効です。
1: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの分割モー ド は有効です。
Bit 10 JAUTO: 自動イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ変換
こ のビ ッ ト は、 レギ ュ ラ ・ グループ変換後の自動イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ変換を有効 / 無効にす
る ために、 ソ フ ト ウ ェ アによ り セ ッ ト / ク リ ア し ます。
0: 自動イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ変換は無効です。
1: 自動イ ン ジ ェ ク ト ・ グループ変換は有効です。
Bit 9 AWDSGL: スキ ャ ン ・ モー ド でのシ ングル ・ チ ャ ネル上でのウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ イ ネーブル
こ のビ ッ ト は、 AWDCH[4:0] ビ ッ ト によ り で指定 さ れたチ ャ ネル上のアナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ を
有効 / 無効にする ために、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア し ます。
0: アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ機能はすべてのチ ャ ネルで有効です。
1: アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ機能はシ ングル ・ チ ャ ネルでのみ有効です。
Bit 8 SCAN: スキ ャ ン ・ モー ド
こ のビ ッ ト はスキ ャ ン ・ モー ド の有効 / 無効を切替え る ため、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア し
ます。 スキ ャ ン ・ モー ド では、 ADC_SQRx 及び ADC_JSEQR レ ジ ス タ で指定 し た入力の変換が行わ
れます。
0: スキ ャ ン ・ モー ド は無効です。
1: スキ ャ ン ・ モー ド は有効です。
注 : EOCIE も し く は JEOCIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていれば、 指定 さ れている最後の変換が終了 し た と
き、 EOC も し く は JEOC 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
Bit 7 JEOCIE: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの割込み許可
こ のビ ッ ト はイ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルについての変換割込み終了を有効 / 無効にする ために、 ソ
フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア し ます。
0: JEOC 割込み無効。
1: JEOC 割込み有効。 JEOC ビ ッ ト がセ ッ ト さ れる と 割込みが発生 し ます。
178/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
Bit 6 AWDIE: アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ割込み許可
こ のビ ッ ト はアナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ割込みの有効 / 無効を切替え る ため、 ソ フ ト ウ ェ ア で
セ ッ ト / ク リ ア し ます。 スキ ャ ン ・ モー ド で、 ウ ォ ッ チ ド ッ グの上下限が逆転 し ている ケースで
は、 こ のビ ッ ト がセ ッ ト さ れている場合に限っ てスキ ャ ンがアボー ト さ れます。
0: アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ割込み無効。
1: アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ割込み有効。
Bit 5 EOCIE: EOC 割込み有効
こ のビ ッ ト は、 変換終了時の割込みの有効 / 無効を切替え る ため、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ
ア し ます。
0: EOC 割込み無効。
1: EOC 割込み有効。 JEOC ビ ッ ト がセ ッ ト さ れる と 割込みが発生 し ます。
Bits 4:0 AWDCH[4:0]: アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ ・ チ ャ ネル選択ビ ッ ト
こ れら のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アによ り セ ッ ト / ク リ ア さ れます。 こ れら は、 アナログ ・ ウ ォ ッ チ
ド ッ グによ り 保護 さ れる入力チ ャ ネルを選択 し ます。
00000: ADC アナログ入力チ ャ ネル 0
00001: ADC アナログ入力チ ャ ネル 1
....
01111: ADC アナログ入力チ ャ ネル 15
10000: ADC アナログ入力チ ャ ネル 16
10001: ADC アナログ入力チ ャ ネル 17
他の値は予約 さ れてお り 、 設定で き ません。
注:
– ADC1 アナログ入力チ ャ ネル 16 と チ ャ ネル 17 は、 内部で温度セ ンサ と VREFINT にそれぞれ接続 さ
れています。
– ADC2 アナログ入力チ ャ ネル 16 と チ ャ ネル 17 は、 内部で VSS へ接続 さ れています。
– ADC3 アナログ入力チ ャ ネル 9、 チ ャ ネル 14、 チ ャ ネル 15、 チ ャ ネル 16 と チ ャ ネル 17 は、 VSS へ
接続 さ れています。
Rev 5 -日本語版
179/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
10.12.3
RM0008
ADC 制御レ ジス タ 2 (ADC_CR2)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x08
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
予約済み
15
14
JEXTT
RIG
13
12
JEXTSEL[2:0]
rw
rw
rw
11
ALIGN
rw
10
9
予約済み
8
23
22
21
20
TSVRE
FE
SWST
ART
JSWST
ART
EXTT
RIG
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
7
6
5
4
3
2
1
0
RST
CAL
CAL
CONT
ADON
rw
rw
rw
rw
DMA
rw
rw
予約済み
19
18
17
16
予約
済み
EXTSEL[2:0]
Bits 31:24 予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bit 23 TSVREFE: 温度セ ンサ と VREFINT 有効
こ のビ ッ ト は、 温度セ ンサ及び VREFINT チ ャ ネルを有効 と するか否かを許可 ・ 禁止を切替え る た
め、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア し ます。 2 回路の ADC を有するデバイ スでは、 こ のビ ッ ト は
ADC1 に対 し てのみ有効です。
0: 温度セ ンサ及び VREFINT チ ャ ネルは機能 し ません。
1: 温度セ ンサ及び VREFINT チ ャ ネル有効です。
Bit 22 SWSTART: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの変換開始
こ のビ ッ ト は、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト する こ と によ り 変換が開始 さ れ、 変換開始直後にハー ド
ウ ェ アによ っ て ク リ ア さ れます。 EXTSEL[2:0] で外部 ト リ ガ と し て SWSTART が選択 さ れていれ
ば、 レギ ュ ラ ・ グループの変換が開始 さ れます。
0: リ セ ッ ト 状態
1: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの変換が開始 さ れます。
Bit 21 JSWSTART: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの変換開始
こ のビ ッ ト は、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト する こ と によ り 変換が開始 さ れ、 変換開始直後にハー ド
ウ ェ アによ っ て ク リ ア さ れます。 JEXTSEL[2:0] で外部 ト リ ガ と し て SWSTART が選択 さ れていれ
ば、 イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルのグループの変換が開始 さ れます。
0: リ セ ッ ト 状態
1: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの変換が開始 さ れます。
Bit 20 EXTTRIG: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルについての外部 ト リ ガ変換モー ド
こ のビ ッ ト は、 レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルの変換を開始する外部 ト リ ガ機能の有効 / 無効を切替え る た
め、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア し ます。
0: 外部イ ベン ト によ る変換は行われません。
1: 外部イ ベン ト によ る変換が行われます。
180/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
Bits 19:17 EXTSEL[2:0]: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネルについての外部イ ベン ト 選択
こ れら のビ ッ ト は、 レギ ュ ラ ・ グループの変換を開始する ト リ ガ を使用する ための外部イ ベン ト
を選択 し ます。
ADC1 及び ADC2 関連の ト リ ガは、
000: タ イ マ 1 CC1 イ ベン ト
001: タ イ マ 1 CC2 イ ベン ト
010: タ イ マ 1 CC3 イ ベン ト
011: タ イ マ 2 CC2 イ ベン ト
100: タ イ マ 3 TRGO イ ベン ト
101: タ イ マ 4 CC4 イ ベン ト
110: EXTI ラ イ ン 11/TIM8_TRGO イ ベン ト (TIM8_TRGO は大容量デバイ スのみで利用可能)
111: SWSTART
ADC3 関連の ト リ ガは、
000: タ イ マ 3 CC1 イ ベン ト
001: タ イ マ 2 CC3 イ ベン ト
010: タ イ マ 1 CC3 イ ベン ト
011: タ イ マ 8 CC1 イ ベン ト
100: タ イ マ 8 TRGO イ ベン ト
101: タ イ マ 5 CC1 イ ベン ト
110: タ イ マ 5 CC3 イ ベン ト
111: SWSTART
Bit 16
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bit 15 JEXTTRIG: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルの外部 ト リ ガ変換モー ド
こ のビ ッ ト は、 イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル ・ グループの変換を開始する外部 ト リ ガ機能の有効 / 無
効を切替え る ため、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア し ます。
0: 外部イ ベン ト によ る変換は行われません。
1: 外部イ ベン ト によ る変換が行われます。
Bits 14:12 JEXTSEL[2:0]: イ ン ジ ェ ク ト ・ グループについての外部イ ベン ト 選択
こ れら のビ ッ ト は、 イ ン ジ ェ ク ト ・ グループの変換を開始する ト リ ガ を使用する ための外部イ ベ
ン ト を選択 し ます。
ADC1 及び ADC2 関連の ト リ ガは、
000: タ イ マ 1 TRGO イ ベン ト
001: タ イ マ 1 CC4 イ ベン ト
010: タ イ マ 2 TRGO イ ベン ト
011: タ イ マ 2 CC1 イ ベン ト
100: タ イ マ 3 CC4 イ ベン ト
101: タ イ マ 4 TRGO イ ベン ト
110: EXTI ラ イ ン 15/TIM8_CC4 イ ベン ト (TIM8_CC4 は大容量デバイ スのみで利用可能)
111: JSWSTART
ADC3 関連の ト リ ガは、
000: タ イ マ 1 TRGO イ ベン ト
001: タ イ マ 1 CC4 イ ベン ト
010: タ イ マ 4 CC3 イ ベン ト
011: タ イ マ 8 CC2 イ ベン ト
100: タ イ マ 8 CC4 イ ベン ト
101: タ イ マ 5 TRGO イ ベン ト
110: タ イ マ 5 CC4 イ ベン ト
111: JSWSTART
Rev 5 -日本語版
181/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
Bit 11 ALIGN: デー タ ・ ア ラ イ メ ン ト
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア さ れます。 図 26. 及び図 27. を参照 し て く だ さ い。
0: 右 (下位) 寄せ
1: 左 (上位) 寄せ
Bits 10:9
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bit 8 DMA: DMA モー ド
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ ア さ れます。 詳細は DMA コ ン ト ロー ラの章を参照 し て
く だ さ い。
0: DMA モー ド は無効です。
1: DMA モー ド は有効です。
注 :ADC1 と ADC3 のみで DMA リ ク エ ス ト を生成する こ と がで き ます。
Bits 7:4
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bit 3 RSTCAL: 較正値 リ セ ッ ト
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ ア で リ セ ッ ト し ますが、 ハー ド ウ ェ ア で ク リ ア さ れる こ と も あ り ます。
較正値レ ジ ス タ がク リ ア さ れる と 、 こ のビ ッ ト はク リ ア さ れます。
0: 較正値レ ジ ス タ はすでに初期化 さ れています。
1: 較正値レ ジ ス タ の初期化を行います。
注 : 変換の実行中に RSTCAL ビ ッ ト を セ ッ ト し た場合は、 較正レ ジ ス タ を ク リ アする ために、 よ
り 多 く のサイ ク ルが必要 と さ れます。
Bit 2 CAL: A/D 較正
こ のビ ッ ト を ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト する と 、 較正が開始 さ れます。 較正が終了する と 、 ハー ド
ウ ェ アによ っ て こ のビ ッ ト が リ セ ッ ト さ れます。
0: 較正は終了 し ま し た。
1: 較正を開始 し ます。
Bit 1 CONT: 連続変換
こ のビ ッ ト は、 ソ フ ト ウ ェ アによ り セ ッ ト / ク リ ア さ れます。 ビ ッ ト を リ セ ッ ト する ま で連続変
換が行われます。
0: シ ングル変換モー ド
1: 連続変換モー ド
Bit 0 ADON: A/D コ ンバー タ ・ オン / オ フ
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アによ り セ ッ ト / ク リ ア さ れます。 こ のビ ッ ト が 0 である と き に 1 を書
込む と 、 ADC をパワー ・ ダウン状態から 起動 し ます。
こ のビ ッ ト が 1 の状態で、 さ ら に 1 を書込む と 、 変換動作が開始 さ れます。 ア プ リ ケーシ ョ ン で
は、 起動から 変換ま でに tSTAB の遅延が発生 し ます。 図 22. を参照 し て く だ さ い。
0: ADC の変換 / 較正を中断 し 、 パワー ・ ダウン状態に移行 し ます。
1: ADC を有効 と し 、 変換動作を開始 し ます。
注 : このレ ジ ス タ の ADON 以外のビ ッ ト が 変更 さ れた と き には、 この書込みによ っ て変換が開始 さ
れる こ と はあ り ません。 こ れによ り 、 設定時に誤っ て変換が開始 さ れる こ と を防いでいます。
182/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
10.12.4
ADC サン プル ・ タ イ ム ・ レ ジス タ 1 (ADC_SMPR1)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x0C
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
予約済み
15
14
rw
13
12
11
SMP14[2:0]
rw
Bits 31:24
rw
10
9
8
SMP13[2:0]
rw
rw
21
20
SMP17[2:0]
Res.
SMP
15_0
22
rw
rw
18
SMP16[2:0]
17
16
SMP15[2:1]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
7
6
5
4
3
2
1
0
SMP12[2:0]
rw
19
rw
SMP11[2:0]
rw
rw
rw
SMP10[2:0]
rw
rw
rw
rw
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 23:0 SMPx[2:0]: チ ャ ネル x サン プル ・ タ イム選択
こ れら のビ ッ ト は、 個々のチ ャ ネルご と にサン プル ・ タ イムを選択する ために、 ソ フ ト ウ ェ ア で
設定 し ます。 変換動作のサン プル ・ タ イムの間は、 こ れら のビ ッ ト は変更する こ と はで き ません。
000: 1.5 サイ クル
001: 7.5 サイ クル
010: 13.5 サイ クル
011: 28.5 サイ クル
100: 41.5 サイ クル
101: 55.5 サイ クル
110: 71.5 サイ クル
111: 239.5 サイ クル
注:
– ADC1 アナログ入力チ ャ ネル 16 と チ ャ ネル 17 は、 内部的に温度セ ンサ と VREFINT にそれぞれ接続
さ れています。
– ADC2 アナログ入力チ ャ ネル 16 と チ ャ ネル 17 は、 内部で VSS と 接続 さ れています。
– ADC3 アナログ入力チ ャ ネル 14、 チ ャ ネル 15、 チ ャ ネル 16 と チ ャ ネル 17 は、 VSS へ接続 さ れて
います。
Rev 5 -日本語版
183/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
10.12.5
RM0008
ADC サン プル ・ タ イ ム ・ レ ジス タ 2 (ADC_SMPR2)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x10
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
予約済み
15
27
26
SMP9[2:0]
14
SMP
5_0
rw
28
Bits 31:30
24
23
SMP8[2:0]
22
21
20
SMP7[2:0]
19
18
17
SMP6[2:0]
16
SMP5[2:1]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
SMP4[2:0]
rw
25
rw
SMP3[2:0]
rw
rw
rw
SMP2[2:0]
rw
rw
SMP1[2:0]
rw
rw
rw
rw
SMP0[2:0]
rw
rw
rw
rw
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 29:0 SMPx[2:0]: チ ャ ネル x サン プル ・ タ イム選択
こ れら のビ ッ ト は、 個々のチ ャ ネルご と にサン プル ・ タ イムを選択する ために、 ソ フ ト ウ ェ ア で
設定 し ます。 変換動作のサン プル ・ タ イムの間は、 こ れら のビ ッ ト は変更する こ と はで き ません。
000: 1.5 サイ クル
001: 7.5 サイ クル
010: 13.5 サイ クル
011: 28.5 サイ クル
100: 41.5 サイ クル
101: 55.5 サイ クル
110: 71.5 サイ クル
111: 239.5 サイ クル
注 : ADC3 アナログ入力チ ャ ネル 9 は、 VSS へ接続 さ れています。
10.12.6
ADC イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル ・ デー タ ・ オ フ セ ッ ト ・ レ ジス タ x
(ADC_JOFRx)(x=1..4)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x14-0x20
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
JOFFSETx[11:0]
rw
Bits 31:12
rw
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 11:0 JOFFSETx[11:0]: イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル x のデー タ ・ オ フ セ ッ ト
こ れら のビ ッ ト は、 イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネルを変換する場合に、 生変換デー タ から 引かれたオ フ
セ ッ ト を定義する ために、 ソ フ ト ウ ェ アによ り 設定 さ れます。 引き算後の変換結果は ADC_JDRx
レ ジ ス タ から 読出 さ れます。
184/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
10.12.7
ADC ウ ォ ッ チ ド ッ グ上限ス レ ッ シ ョ ル ド ・ レ ジス タ (ADC_HTR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x24
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
HT[11:0]
rw
Bits 31:12
rw
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 11:0 HT[11:0] アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ上限ス レ ッ シ ョ ル ド
こ れら のビ ッ ト にはソ フ ト ウ ェ アで、 アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ機能の上限ス レ ッ シ ョ ル ド 値を設定
し ます。
10.12.8
ADC ウ ォ ッ チ ド ッ グ下限ス レ ッ シ ョ ル ド ・ レ ジス タ (ADC_LTR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x28
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
LT[11:0]
rw
Bits 31:12
rw
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 11:0 LT[11:0] アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ下限ス レ ッ シ ョ ル ド
こ れら のビ ッ ト にはソ フ ト ウ ェ ア で、 アナログ ・ ウ ォ ッ チ ド ッ グ機能の下限ス レ ッ シ ョ ル ド 値を
設定 し ます。
10.12.9
ADC レギ ュ ラ ・ シーケ ン ス ・ レ ジス タ 1 (ADC_SQR1)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x2C
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
予約済み
14
13
SQ16_0
rw
12
11
10
9
8
SQ15[4:0]
rw
rw
rw
20
19
L[3:0]
Res.
15
21
rw
rw
rw
17
16
SQ16[4:1]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
7
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
SQ14[4:0]
rw
18
rw
Rev 5 -日本語版
SQ13[4:0]
rw
rw
rw
rw
rw
185/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
Bits 31:24
RM0008
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 23:20 L[3:0]: レギ ュ ラ ・ チ ャ ネル ・ シーケ ン ス長
こ れら のビ ッ ト は、 レギ ュ ラ ・ チ ャ ネル変換シーケ ン スの変換合計数を定義する ために、 ソ フ ト
ウ ェ ア で設定 し ます。
0000: 1 変換
0001: 2 変換
.....
1111: 16 変換
Bits 19:15 SQ16[4:0]: 16 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
こ れら のビ ッ ト は、 16 番目の変換シーケ ン ス と し てチ ャ ネル番号 (0..17) を割当て る ために、 ソ
フ ト ウ ェ アによ り 設定 さ れます。
Bits 14:10 SQ15[4:0]: 15 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
Bits 9:5 SQ14[4:0]: 14 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
Bits 4:0 SQ13[4:0]: 13 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
10.12.10
ADC レギ ュ ラ ・ シーケ ン ス ・ レ ジス タ 2 (ADC_SQR2)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x30
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
予約済み
15
14
26
25
24
Bits 31:30
22
21
20
19
SQ11[4:0]
18
17
16
SQ10[4:1]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
SQ9[4:0]
rw
23
SQ12[4:0]
SQ10_
0
rw
27
rw
rw
SQ8[4:0]
rw
rw
rw
rw
rw
SQ7[4:0]
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 29:26 SQ12[4:0]: 12 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
これ らのビ ッ ト は、 12 番目の変換シーケ ン ス と し てチ ャ ネル番号 (0..17) を割当て る ために、 ソ フ
ト ウ ェ アによ り 設定 さ れます。
Bits 24:20 SQ11[4:0]: 11 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
Bits 19:15 SQ10[4:0]: 10 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
Bits 14:10 SQ9[4:0]: 9 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
Bits 9:5 SQ8[4:0]: 8 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
Bits 4:0 SQ7[4:0]: 7 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
186/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
10.12.11
ADC レギ ュ ラ ・ シーケ ン ス ・ レ ジス タ 3 (ADC_SQR3)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x34
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
予約済み
15
14
26
25
24
Bits 31:30
22
21
20
19
SQ5[4:0]
18
17
16
SQ4[4:1]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
SQ3[4:0]
rw
23
SQ6[4:0]
SQ4_0
rw
27
rw
rw
SQ2[4:0]
rw
rw
rw
rw
rw
SQ1[4:0]
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 29:25 SQ6[4:0]: 6 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
こ れら のビ ッ ト は、 6 番目の変換シーケ ン ス と し てチ ャ ネル番号 (0..17) を割当て る ために、 ソ
フ ト ウ ェ アによ り 設定 さ れます。
Bits 24:20 SQ5[4:0]: 5 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
Bits 19:15 SQ4[4:0]: 4 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
Bits 14:10 SQ3[4:0]: 3 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
Bits 9:5 SQ2[4:0]: 2 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
Bits 4:0 SQ1[4:0]: 1 番目のレギ ュ ラ ・ シーケ ン ス
10.12.12
ADC イ ン ジ ェ ク ト ・ シーケ ン ス ・ レ ジス タ (ADC_JSQR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x38
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
予約済み
14
13
JSQ4_0
15
rw
12
11
10
rw
rw
19
JL[1:0]
9
8
JSQ3[4:0]
rw
20
7
6
rw
rw
rw
rw
Rev 5 -日本語版
17
16
JSQ4[4:1]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
5
4
3
2
1
0
rw
rw
JSQ2[4:0]
rw
18
JSQ1[4:0]
rw
rw
rw
rw
rw
187/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
Bits 31:22
RM0008
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 21:20 JL[1:0]: イ ン ジ ェ ク ト ・ シーケ ン ス長
こ れ らのビ ッ ト は、 イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル変換シーケ ン スの変換合計数を定義する ために、 ソ フ
ト ウ ェ アで設定 し ます。
00: 1 変換
01: 2 変換
10: 3 変換
11: 4 変換
Bits 19:15 JSQ4[4:0]: 4 番目のイ ン ジ ェ ク ト ・ シーケ ン ス
こ れ らのビ ッ ト は、 4 番目の変換シーケ ン ス と し てチ ャ ネル番号 (0..17) を割当て る ために、 ソ フ
ト ウ ェ アによ り 設定 さ れます。
注 : レギ ュ ラ変換シーケ ン ス と 異な り 、 JL[1:0] が 4 よ り 小 さ な と き には変換は (4-JL) 番目の項目
か ら開始 さ れます。
例 : ADC_JSQR[21:0] = 10 00011 00011 00111 00010 の と き には、 7、 3、 3 の順序で変換が行われます。
(2、 7、 3 ではあ り ません。)
Bits 14:10 JSQ3[4:0]: 3 番目のイ ン ジ ェ ク ト ・ シーケ ン ス
Bits 9:5 JSQ2[4:0]: 2 番目のイ ン ジ ェ ク ト ・ シーケ ン ス
Bits 4:0 JSQ1[4:0]: 1 番目のイ ン ジ ェ ク ト ・ シーケ ン ス
10.12.13
ADC イ ン ジ ェ ク ト ・ デー タ ・ レ ジス タ x (ADC_JDRx) (x= 1..4)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x3C - 0x48
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
r
r
r
r
r
r
r
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
JDATA[15:0]
r
r
Bits 31:16
r
r
r
r
r
r
r
予約済み、 書込み時は常に 0 と し て く だ さ い。
Bits 15:0 JDATA[15:0]: イ ン ジ ェ ク ト ・ デー タ
こ れ らのビ ッ ト は読出 し 専用です。 こ れらのビ ッ ト には、 イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル x かの変換結果
が格納 さ れます。 デー タ は、 図 26 及び図 27 で示 さ れる よ う に、 左も し く は右に寄せられていま
す。
188/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
RM0008
10.12.14
ADC レギ ュ ラ ・ デー タ ・ レ ジス タ (ADC_DR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x4C
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
ADC2DATA[15:0]
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
r
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
r
r
r
r
r
r
r
DATA[15:0]
r
r
r
r
r
r
r
r
r
Bits 31:16 ADC2DATA[15:0]: ADC2 デー タ
– ADC1 では、 デ ュ アル ・ モー ド の と き、 こ れらのビ ッ ト には ADC2 のレギ ュ ラ ・ デー タ が格納 さ れ
ます。 セ ク シ ョ ン 10.9: デ ュ アル ADC モー ド を参照 し て く だ さ い。
– ADC2 及び ADC3 では、 こ れ らのビ ッ ト は使用 さ れません。
Bits 15:0 DATA[15:0]: レギ ュ ラ ・ デー タ
こ れ らのビ ッ ト は読出 し 専用です。 こ れらのビ ッ ト には、 イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル x かの変換結果
が格納 さ れます。 デー タ は、 図 26 及び図 27 で示 さ れる よ う に、 左も し く は右に寄せられていま
す。
10.12.15
ADC レ ジス タ ・ マ ッ プ
次の表は ADC レ ジ ス タ の一覧です。
JEOC
EOC
AWD
0
0
0
0
0
0x0C
ADC_JOFR1
ADC_JOFR2
0
0
0
0
予約済み
0
0
0
0
0
0
0
0
0
Sample time bits SMPx_x
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
Sample time bits SMPx_x
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
JOFFSET1[11:0]
予約済み
リセッ ト値
0x18
0
0
AWDCH[4:0]
ADON
0
0
EOCIE
0
0
AWDIE
0
0
SCAN
0
0
JEOC IE
ALIGN
0
0
DMA
JEXTSEL
[2:0]
JAUTO
EXTSEL
[2:0]
0
AWD SGL
DISCEN
0
0
DISC
NUM [2:0]
予約済み
JDISCEN
0
予約済み
0
0
0
ADC_SMPR2
リセッ ト値
0x14
0
0
DUALMOD
[3:0]
ADC_SMPR1
リセッ ト値
0x10
0
0
JEXTTRIG
リセッ ト値
0
予約済み
予約済み
0
EXTTRIG
ADC_CR2
0
JSWSTART
0x08
AWDEN
リセッ ト値
JAWDEN
予約済み
TSVREFE
ADC_CR1
SWSTART
0x04
CAL
予約済み
リセッ ト値
CONT
ADC_SR
STRT
レ ジス タ
JSTRT
0x00
ADC - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値
RSTCAL
オフ
セッ ト
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 48.
0
0
0
0
0
Rev 5 -日本語版
0
0
0
JOFFSET2[11:0]
予約済み
リセッ ト値
0
0
0
0
0
0
0
0
189/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れ製
品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の正
規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料情報に
基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
A/D コ ンバー タ (ADC)
オフ
セッ ト
0x1C
ADC - レ ジ ス タ ・ マ ッ プ と リ セ ッ ト 時の値 (続き)
レ ジス タ
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
表 48.
RM0008
ADC_JOFR3
JOFFSET3[11:0]
予約済み
リセッ ト値
0x20
0
ADC_JOFR4
0
ADC_HTR
ADC_LTR
リセッ ト値
0x34
ADC_SQR3
リセッ ト値
0x38
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
ADC_JSQR
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
ADC_JDR1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
ADC_JDR2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
ADC_JDR4
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
ADC2DATA[15:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
JDATA[15:0]
予約済み
ADC_DR
0
JDATA[15:0]
予約済み
0
0
JDATA[15:0]
予約済み
ADC_JDR3
リセッ ト値
0
JDATA[15:0]
リセッ ト値
0x4C
0
予約済み
リセッ ト値
0x48
0
イ ン ジ ェ ク ト ・ チ ャ ネル ・ シーケ ン ス JSQx_x bits
JL[1:0]
予約済み
0
リセッ ト値
0x44
0
レギ ュ ラ ・ チ ャ ネル ・ シーケ ン ス SQx_x bits
リセッ ト値
0x40
0
レギ ュ ラ ・ チ ャ ネル ・ シーケ ン ス SQx_x bits
リセッ ト値
0x3C
0
レギ ュ ラ ・ チ ャ ネル ・ シーケ ン ス SQx_x bits
L[3:0]
予約済み
0
LT[11:0]
0
予約済み 予約済み
ADC_SQR2
0
予約済み
ADC_SQR1
0
HT[11:0]
0
リセッ ト値
0x30
0
予約済み
リセッ ト値
0x2C
0
JOFFSET4[11:0]
リセッ ト値
0x28
0
予約済み
リセッ ト値
0x24
0
0
0
0
0
0
0
Regular DATA[15:0]
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
レ ジ ス タ のア ド レ ス範囲に関 し ては、 表 1 (36 ページ) を参照 し て く だ さ い。
190/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
11
D/A コ ンバー タ (DAC)
Flash メ モ リ 容量が 32 ~ 128Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト ロー
ラは、 中容量デバイ ス です。
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 大容量デバイ スです。
こ のセ ク シ ョ ンは、 大容量デバイ スにのみ適応 さ れます。
11.1
概要
DAC モ ジ ュ ールは 12bit、 電圧出力デジ タ ル-アナ ロ グ ・ コ ンバー タ です。 DAC は 8 また
は 12bit モー ド に設定 さ れ、 DMA コ ン ト ロー ラ と 共に使用する こ と も出来ます。 12bit モー
ド では、 デー タ は左または右寄せにする こ と が出来ます。 DAC は 2 つの出力チ ャ ネルを
持 っ てお り 、 それぞれが コ ンバー タ を搭載 し ています。 デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ モー ド
においては、 同期ア ッ プデー ト ・ オペ レーシ ョ ンのために両チ ャ ネルがグループ化 さ れて
いれば、 変換は独立あ る いは同時に行 う こ と が可能です。 高分解能用に、 入力基準ピ ン
VREF+ が用意 さ れています。
11.2
DAC の主な機能
•
2 つの DAC コ ンバー タ : それぞれ 1 つの出力チ ャ ネル
•
8bit または 12bit の単調出力
•
12bit モー ド の左または右デー タ 寄せ
•
同期ア ッ プデー ト 機能
•
ノ イ ズ波形生成
•
•
三角波生成
デ ュ アル DAC チ ャ ネル独立または同時変換
•
両チ ャ ネル用 DMA
•
変換用外部 ト リ ガ
•
入力基準電圧 VREF+
DAC チ ャ ネルのブ ロ ッ ク 図は図 39 に、 ピ ン記述は表 49 に示 さ れています。
Rev 5 -日本語版
191/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
図 39.
RM0008
DAC チ ャ ネル ・ ブ ロ ッ ク 図
DAC 制御レジスタ
EXTI_9
DMAENx
トリガセレクタ
SWTRIGx
TIM2_TRGO
TIM4_TRGO
TIM5_TRGO
TIM6_TRGO
TIM7_TRGO
TIM8_TRGO
x
TSELx[2:0] bits
DMA リクエストx
12bit
DHRx
コントロールロジック
LFSRx
x
三角波形x
TENx
MAMPx[3:0] bits
WAVENx[1:0] bits
12bit
DORx
12bit
VDDA
デジタル/アナログ
コンバータ x
VSSA
DAC_OUTx
VREF+
ai14708b
表 49.
名称
注意 :
192/720
DAC ピ ン
信号種別
摘要
VREF+
入力、
アナログ基準電圧 +
DAC の基準電圧、 ハイ レ ベル / 正電圧
2.4 V ≦ VREF+ ≦ VDDA (3.3 V)
VDDA
入力、
アナログ電源供給
アナログ回路電源
VSSA
入力、
アナロググ ラ ン ド
アナログ回路電源のグ ラ ン ド
DAC_OUTx
アナログ出力信号
DAC チ ャ ネル x アナログ出力
一度 DAC チ ャ ネルがイ ネーブル さ れる と 、 対応する GPIO ピ ン (PA4 または PA5) が自動
的にアナログ ・ コ ンバー タ 出力 (DAC_OUTx) に接続 さ れます。 寄生消費電力を防ぐ ため
に、 PA4 または PA5 ピ ンはまずアナロ グ (AIN) と し て設定 し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
11.3
DAC 機能詳細
11.3.1
DAC チ ャ ネル ・ イ ネーブル
各 DAC チ ャ ネルは、 DAC_CR レ ジ ス タ の対応する ENx ビ ッ ト を設定する事に よ り 起動す
る こ と が出来ます。 そ し て DAC チ ャ ネルは、 tWAKEUP 後に イ ネーブル さ れます。
注意 :
ENx ビ ッ ト は、 アナロ グ DAC チ ャ ネルのマ ク ロ セルのみを イ ネーブル し ます。 DAC チ ャ
ネル x デジ タ ル ・ イ ン タ フ ェ ースは、 ENx ビ ッ ト が リ セ ッ ト さ れた場合で も イ ネーブル さ
れます。
11.3.2
DAC 出力バ ッ フ ァ ・ イ ネーブル
DAC は、 出力イ ン ピーダ ン ス を減ら す こ と がで き、 外部動作ア ン プ な し に負荷を駆動で き
る 2 つの出力バ ッ フ ァ を内蔵 し ています。 各 DAC チ ャ ネル出力バ ッ フ ァ は、 DAC_CR レ ジ
ス タ の対応する BOFFx ビ ッ ト に よ り イ ネーブル / デ ィ セーブルする こ と が出来ます。
11.3.3
DAC デー タ ・ フ ォ ーマ ッ ト
次のよ う に、 選択 さ れた構成モー ド に よ り 、 デー タ は指定 さ れた レ ジ ス タ へ書込む必要が
あ り ます。
•
シ ン グル DAC チ ャ ネル x では、 3 つの状況が考え られます :
–
8bit 右寄せ : ユーザは、 デー タ を DAC_DHR8Rx[7:0] ビ ッ ト (DHRx[11 : 4] ビ ッ ト
へ保存) へロー ド し なければな り ません。
–
12bit 左寄せ : ユーザは、 デー タ を DAC_DHR12L x[15:4] ビ ッ ト (DHRx[11 : 0]
ビ ッ ト へ保存) へロー ド し なければな り ません。
–
12bit 右寄せ : ユーザは、 デー タ を DAC_DHR12Rx[11:0] ビ ッ ト (DHRx[11 : 0]
ビ ッ ト へ保存) へロー ド し なければな り ません。
ロー ド さ れた DAC_DHRyyyx レ ジ ス タ の内容に よ り 、 ユーザが書込んだデー タ はシ フ ト さ
れ、 DHRx ( メ モ リ へ配置 さ れない内部レ ジ ス タ であ るデー タ 保持レ ジ ス タ x) へ保存 さ れ
ます。 そ し て DHRx レ ジ ス タ は、 自動的または外部イ ベン ト に よ る ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ
に よ り 、 DORx レ ジ ス タ へロー ド さ れます。
Rev 5 -日本語版
193/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
図 40.
シ ン グル DAC チ ャ ネル ・ モー ド のデー タ ・ レ ジ ス タ
31
24
15
7
0
8-bit 右寄せ
12-bit 左寄せ
12-bit 右寄せ
ai14710
•
デ ュ アル DAC チ ャ ネルでは、 3 つの状況が考え られます。
–
8bit 右寄せ : DAC チ ャ ネル 1 へのデー タ は、 デー タ を DAC_DHR8RD[7:0] ビ ッ ト
(DHR1[11 : 4] ビ ッ ト へ保存) へ、 DAC チ ャ ネル 2 へのデー タ は、
DAC_DHR8RD[15:8] ビ ッ ト (DHR2[11 : 4] ビ ッ ト へ保存) へロー ド さ れます。
–
12bit 左寄せ : DAC チ ャ ネル 1 へのデー タ は、 デー タ を DAC_DHR12LD[15:4] ビ ッ
ト (DHR1[11 : 0] ビ ッ ト へ保存) へ、 DAC チ ャ ネル 2 へのデー タ は、
DAC_DHR12LD[31:20] ビ ッ ト (DHR2[11 : 0] ビ ッ ト へ保存) へロー ド さ れます。
–
12bit 右寄せ : DAC チ ャ ネル 1 へのデー タ は、 デー タ を DAC_DHR12RD[11:0] ビ ッ
ト (DHR1[11 : 0] ビ ッ ト へ保存) へ、 DAC チ ャ ネル 2 へのデー タ は、
DAC_DHR12LD[27:16] ビ ッ ト (DHR2[11 : 0] ビ ッ ト へ保存) へロー ド さ れます。
ロー ド さ れた DAC_DHRyyyD レ ジ ス タ の内容に よ り 、 ユーザが書込んだデー タ はシ フ ト さ
れ、 DHR1 と DHR2 ( メ モ リ へ配置 さ れない内部レ ジ ス タ であ るデー タ 保持レ ジ ス タ ) へ
保存 さ れます。 そ し て DHR1 及び DHR2 レ ジ ス タ は、 自動的または外部イ ベン ト に よ る ソ
フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガに よ り 、 DOR1 と DOR2 レ ジ ス タ へロー ド さ れます。
図 41.
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ モー ド のデー タ ・ レ ジ ス タ
31
24
15
7
0
8-bit 右寄せ
12-bit 左寄せ
12-bit 右寄せ
ai14709
11.3.4
DAC 変換
DAC_DORx へは、 直接書込む こ と は出来ません。 し たが っ て、 DAC チ ャ ネル x へのデー タ
転送は DAC_DHRx レ ジ ス タ (DAC_DHR8Rx、 DAC_DHR12Lx、 DAC_DHR12Rx、
DAC_DHR8RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR12LD への書込み) へのロー ド に よ り 行 う 必
要があ り ます。
DAC_DHRx レ ジ ス タ へ保存 さ れたデー タ は、 ハー ド ウ ェ ア ト リ ガが選択 さ れていなければ、
1APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ ク ル後に DAC_DORx レ ジ ス タ へ自動的に転送 さ れます。 し か し なが
ら、 ハー ド ウ ェ ア ト リ ガが選択 さ れてお り (DAC_CR レ ジ ス タ の TENx がセ ッ ト さ れてい
る)、 尚且つ ト リ ガが発生する と 、 転送は 3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ ク ル後に行われます。
DAC_DORx に DAC_DHRx の内容がロー ド さ れる と 、 出力電圧は、 電源電圧 と アナ ロ グ出力
負荷に応 じ て決定 さ れる tSETTLING 時間後に利用可能 と な り ます。
194/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
図 42.
ト リ ガ ・ デ ィ セーブル時 (TEN = 0) の変換 タ イ ミ ン グ図
APB1_CLK
DHR
DOR
0x1AC
DAC_OUTピンで利用可能な
0x1AC
出力電圧
t SETTLING
ai14711b
11.3.5
DAC 出力電圧
デジ タ ル入力は、 0 か ら VREF+ の リ ニ ア変換に よ り 出力電圧へ変換 さ れます。
各 DAC チ ャ ネルピ ンのアナ ロ グ出力電圧は、 次の式に よ り 決定 さ れます。
DOR
DACoutput = V REF × -------------4095
11.3.6
DAC ト リ ガ選択
TENx 制御ビ ッ ト が外部イ ベ ン ト ( タ イ マ ・ カ ウ ン タ 、 外部割込みピ ン) に よ り セ ッ ト さ れ
る と 、 TSELx[2 : 0] 制御ビ ッ ト は、 表 50 に示す 8 つの中のどのイ ベン ト が変換を ト リ ガす
るか決定 し ます。
表 50.
外部 ト リ ガ
発生元
種別
TSEL[2:0]
タ イ マ 6 TRGO イ ベン ト
000
タ イ マ 8 TRGO イ ベン ト
001
タ イ マ 7 TRGO イ ベン ト
タ イ マ 5 TRGO イ ベン ト
オ ン チ ッ プ ・ タ イ マからの
内部信号
010
011
タ イ マ 2 TRGO イ ベン ト
100
タ イ マ 4 TRGO イ ベン ト
101
EXTI line9
外部ピ ン
110
SWTRIG
ソ フ ト ウ ェ ア制御ビ ッ ト
111
DAC イ ン タ フ ェ ースが、 選択 さ れた TRGO タ イ マ出力、 あ る いは選択 さ れた外部割込み ラ
イ ン 9 上に立上 り エ ッ ジ を検出する度に、 DAC_DHRx レ ジ ス タ に最後に保存 さ れたデー タ
は、 DAC_DORx レ ジ ス タ へ転送 さ れます。 DAC_DORx レ ジ ス タ は、 ト リ ガが発生 し てか ら
3APB1 サイ ク ル後にア ッ プデー ト さ れます。
ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガが選択 さ れてい る場合、 変換は SWTRIG ビ ッ ト がセ ッ ト さ れる と 開
始 さ れます。 SWTRIG ビ ッ ト は、 DAC_DHRx レ ジ ス タ の内容が DAC_DORx レ ジ ス タ へロー
ド さ れる と リ セ ッ ト さ れます。
注意 :
1
ENx ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている と 、 TSELx[2:0] ビ ッ ト は変更する こ と が出来ません。
2
ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガが選択 さ れている と 、 DAC_DHRx から DAC_DORx レ ジス タ への転送
は僅か 1APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クルで行われます。
Rev 5 -日本語版
195/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
11.3.7
RM0008
DMA リ ク エ ス ト
各 DAC チ ャ ネルは、 DMA を持 っ ています。 DAC チ ャ ネルの DMA リ ク エ ス ト は、 2 つの
DMA チ ャ ネルに よ り 処理 さ れます。
DAC DMA リ ク エ ス ト は、 DMAENx ビ ッ ト がセ ッ ト さ れてお り 外部 ト リ ガ ( ソ フ ト ウ ェ ア ・
ト リ ガで な く ) が起き た時に発生 し ます。 その後 DAC_DHRx レ ジ ス タ の値は、 DAC_DORx
レ ジ ス タ へ転送 さ れます。
デ ュ アル ・ モー ド では、 両方の DMAENx ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている と 、 2 つの DMA リ ク
エ ス ト が発生 し ます。 も し 1 つの DMA リ ク エ ス ト のみ必要な ら ば、 対応する 1 つの
DMAENx ビ ッ ト を セ ッ ト し ます。 こ れに よ り 、 ア プ リ ケーシ ョ ンは各 DMA リ ク エ ス ト に
対 し て個別の DMA チ ャ ネルを使 う 事で、 両方の DAC チ ャ ネルをデ ュ アル ・ モー ド で管理
する こ と が出来ます。
DAC DMA リ ク エ ス ト はキ ュ ー さ れないので、 最後の DMA リ ク エ ス ト への応答の前に 2 つ
目の外部 ト リ ガが発生する と 、 新たな リ ク エ ス ト は無視 さ れエ ラ ー も 報告 さ れません。
11.3.8
ノ イ ズ生成
可変振幅の擬似 ノ イ ズの生成には、 リ ニア ・ フ ィ ー ド バ ッ ク ・ シ フ ト ・ レ ジ ス タ (LFSR)
が利用で き ます。 DAC ノ イ ズ生成は、 WAVEx[1:0] を 01 にセ ッ ト する こ と で選択 さ れます。
LFSR にプ リ ロー ド さ れる値は 0xAAA です。 こ のレ ジ ス タ は、 各 ト リ ガ ・ イ ベン ト の
3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ ク ル後に、 特定のアルゴ リ ズムに従 っ て ア ッ プデー ト さ れます。
図 43.
DAC LFSR レ ジ ス タ 計算アルゴ リ ズム
XOR
X6
X 12
11
10
9
8
7
6
X4
5
4
X0
X
3
2
1
0
12
NOR
ai14713b
DAC_CR レ ジ ス タ の MAMPx[3 : 0] ビ ッ ト に よ り 、 部分的あ る いは全体がマス ク さ れる
LFSR 値は、 オーバ フ ローな し に DAC_DHRx の内容に加算 さ れます。 そ し て、 こ の値は
DAC_DORx レ ジ ス タ へ保存 さ れます。
LFSR が 0x0000 の場合、 1 が入れ られます。 (ア ン チ ロ ッ ク ア ッ プ ・ メ カ ニズム)
WAVEx[1 : 0] ビ ッ ト を リ セ ッ ト する事で、 LFSR 波形生成の リ セ ッ ト が可能です。
196/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
図 44.
LFSR 波形生成に よ る DAC 変換 (SW ト リ ガ ・ イ ネーブル)
APB1_CLK
DHR
0x00
0xD55
0xAAA
DOR
SWTRIG
ai14714
注意 :
ノ イ ズ生成のためには、 DAC_CR レ ジス タ の TENx ビ ッ ト を セ ッ ト し 、 DAC ト リ ガ を イ
ネーブル し なければな り ません。
11.3.9
三角波生成
DC または低周波上に、 小 さ な振幅の三角波を追加する こ と が可能です。 DAC 三角波生成
は、 WAVEx[1 : 0] を 10 にセ ッ ト する こ と で選択 さ れます。 振幅は DAC_CR レ ジ ス タ の
MAMPx[3 : 0] ビ ッ ト を通 じ て設定 さ れます。 内部のカ ウ ン タ は、 各イ ベ ン ト の 3APB1 ク
ロ ッ ク ・ サイ ク ル後に イ ン ク リ メ ン ト さ れます。 こ のカ ウ ン タ の値は、 オーバ フ ローな し
に DAC_DHRx レ ジ ス タ へ加え ら れ、 合計は DAC_DORx レ ジ ス タ へ保存 さ れます。 こ のカ ウ
ン タ は、 MAMPx[3 : 0] ビ ッ ト に よ り 定義 さ れた最大振幅よ り 、 転送 さ れた値が小 さ か っ た
場合に イ ン ク リ メ ン ト さ れます。 設定 さ れた振幅に達する と 、 カ ウ ン タ は 0 にデ ク リ メ ン
ト さ れ、 再び イ ン ク リ メ ン ト を行います。
三角波生成は WAVEx[1 : 0] ビ ッ ト を リ セ ッ ト する事で、 リ セ ッ ト 可能です。
図 45.
DAC 三角波生成
増
少
減
加
MAMPx[3:0] 最大振幅
DAC_DHRxベース値
ai14715b
Rev 5 -日本語版
197/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
図 46.
RM0008
三角波生成に よ る DAC 変換 (SW ト リ ガ ・ イ ネーブル)
APB1_CLK
DHR
DOR
0xABE
0xABE
0xABF
0xAC0
SWTRIG
ai14714
注意 :
198/720
1
ノ イ ズ生成には、 DAC_CR レ ジス タ の TENx ビ ッ ト を セ ッ ト し DAC ト リ ガ を イ ネーブル し
なければな り ません。
2
DAC を イ ネーブルする前に MAMPx[3:0] ビ ッ ト を設定 し なければ、 それら を変更する こ と
は出来ません。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
11.4
デ ュ アル DAC チ ャ ネル変換
同時に 2 つの DAC チ ャ ネルを必要 と する ア プ リ ケーシ ョ ン で、 バスバン ド 幅を有効に使
う ために、 DHR8RD、 DHR12RD と DHR12LD の 3 つのデ ュ アル ・ レ ジ ス タ が搭載 さ れてい
ます。 2 つの DAC チ ャ ネルを同時に使 う には、 特別な レ ジ ス タ ・ ア ク セスが必要です。
2 つの DAC チ ャ ネル と 3 つのデ ュ アル ・ レ ジ ス タ を使 う こ と で、 11 の変換モー ド が利用
可能です。 全ての変換モー ド は、 必要な場合には、 別の DHRx レ ジ ス タ を使 っ て も 利用で
き ます。
全てのモー ド は、 次の節に記載 さ れています。
11.4.1
波形生成な し の独立 ト リ ガ
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
TEN1 と TEN2 の 2 つの DAC チ ャ ネル ・ ト リ ガ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト を セ ッ ト
•
TSEL1[2:0] と TSEL2[2 : 0] ビ ッ ト に異な る値を セ ッ ト し 、 異な る ト リ ガ ソ ース を設定
•
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガが発生する と 、 DHR1 レ ジ ス タ は DAC_DOR1 へ転送 さ れます。
(3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後)
DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガが発生する と 、 DHR2 レ ジ ス タ は DAC_DOR2 へ転送 さ れます。
(3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後)
11.4.2
同 じ LFSR 生成によ る独立 ト リ ガ
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
TEN1 と TEN2 の 2 つの DAC チ ャ ネル ・ ト リ ガ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト を セ ッ ト
•
TSEL1[2:0] と TSEL2[2 : 0] ビ ッ ト に異な る値を セ ッ ト し 、 異な る ト リ ガ ソ ース を設定
•
2 つの DAC チャネル WAVEx[1 : 0] ビットを 01 に、 同じ LFSR マスクを MAMPx[3 : 0] に設定
•
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガが発生する と 、 同 じ マ ス ク で LFSR1 カ ウ ン タ が DHR1 レ ジ ス タ に
加算 さ れ、 合計は DAC_DOR1 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後) その後
LFSR1 カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガが発生する と 、 同 じ マ ス ク で LFSR2 カ ウ ン タ が DHR2 レ ジ ス タ に
加算 さ れ、 合計は DAC_DOR2 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後) その後
LFSR2 カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
Rev 5 -日本語版
199/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
11.4.3
RM0008
異な る LFSR 生成によ る独立 ト リ ガ
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
TEN1 と TEN2 の 2 つの DAC チ ャ ネル ・ ト リ ガ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト を セ ッ ト
•
TSEL1[2:0] と TSEL2[2 : 0] ビ ッ ト に異な る値を セ ッ ト し 、 異な る ト リ ガ ソ ース を設定
•
2 つの DAC チ ャ ネル WAVEx[1:0] ビ ッ ト を 01 に、異な る LFSR マス ク を MAMP1[3:0] と
MAMP2[3 : 0] に設定
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
•
DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガが発生する と 、 MAMP1[3 : 0] に よ り 設定 さ れたマス ク で LFSR1 カ
ウ ン タ が DHR1 レ ジ ス タ に加算 さ れ、 合計は DAC_DOR1 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ
ク ・ サイ クル後) その後 LFSR1 カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガが発生する と 、 MAMP2[3 : 0] に よ り 設定 さ れたマス ク で LFSR2 カ
ウ ン タ が DHR2 レ ジ ス タ に加算 さ れ、 合計は DAC_DOR2 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ
ク ・ サイ クル後) その後 LFSR2 カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
11.4.4
同 じ 三角波生成によ る独立 ト リ ガ
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
TEN1 と TEN2 の 2 つの DAC チ ャ ネル ・ ト リ ガ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト を セ ッ ト
•
TSEL1[2:0] と TSEL2[2 : 0] ビ ッ ト に異な る値を セ ッ ト し 、 異な る ト リ ガ ソ ース を設定
•
2 つの DAC チ ャ ネル WAVEx[1:0] ビ ッ ト を 1x に、同 じ 最大振幅値を MAMPx[3:0] に設定
•
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガが発生する と 、 DAC チ ャ ネル 1 三角カ ウ ン タ が同 じ 三角振幅で
DHR1 レ ジ ス タ に加算 さ れ、 合計は DAC_DOR1 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ
クル後) その後 DAC チ ャ ネル 1 三角カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガが発生する と 、 DAC チ ャ ネル 2 三角カ ウ ン タ が同 じ 三角振幅で
DHR2 レ ジ ス タ に加算 さ れ、 合計は DAC_DOR2 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ
クル後) その後 DAC チ ャ ネル 2 三角カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
11.4.5
異な る三角波生成によ る独立 ト リ ガ
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
TEN1 と TEN2 の 2 つの DAC チ ャ ネル ・ ト リ ガ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト を セ ッ ト
•
TSEL1[2:0] と TSEL2[2 : 0] ビ ッ ト に異な る値を セ ッ ト し 、 異な る ト リ ガ ソ ース を設定
•
2 つの DAC チ ャ ネル WAVEx[1:0] ビ ッ ト を 1x に、異な る最大振幅値マ ス ク を MAMP1[3:
0] と MAMP2[3 : 0] に設定
•
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
DAC チャネル 1 トリガが発生すると、 MAMP1[3 : 0] により設定されたマスクで DAC チャネル 1
三角カウンタが DHR1 レジスタに加算され、 合計は DAC_DOR1 へ転送されます。 (3APB1 ク
ロック ・ サイクル後) その後 DAC チャネル 1 三角カウンタがアップデートされます。
DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガが発生する と 、 MAMP2[3 : 0] に よ り 設定 さ れたマス ク で DAC チ ャ
ネル 2 三角カ ウ ン タ が DHR2 レ ジ ス タ に加算 さ れ、 合計は DAC_DOR2 へ転送 さ れます。
(3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後) その後 DAC チ ャ ネル 2 三角カ ウ ン タ カ ウ ン タ がア ッ プ
デー ト さ れます。
200/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
11.4.6
同時ソ フ ト ウ ェ ア ス タ ー ト
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
こ の コ ン フ ィ グ レーシ ョ ン では、 DHR1 と DHR2 レ ジ ス タ は、 1APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ ク ル
後に DAC_DOR1 と DAC_DOR2 へそれぞれ転送 さ れます。
11.4.7
波形生成な し によ る同時 ト リ ガ
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
TEN1 と TEN2 の 2 つの DAC チ ャ ネル ・ ト リ ガ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト を セ ッ ト
•
TSEL1[2:0] と TSEL2[2 : 0] ビ ッ ト に同 じ 値を セ ッ ト し 、 同 じ ト リ ガ ソ ース を設定
•
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
ト リ ガが発生する と 、 DHR1 と DHR2 レ ジ ス タ は、 DAC_DOR1 と DAC_DOR2 へそれぞれ転
送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後)
Rev 5 -日本語版
201/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
11.4.8
RM0008
同 じ LFSR 生成によ る同時 ト リ ガ
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
TEN1 と TEN2 の 2 つの DAC チ ャ ネル ・ ト リ ガ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト を セ ッ ト
•
TSEL1[2:0] と TSEL2[2 : 0] ビ ッ ト に同 じ 値を セ ッ ト し 、 同 じ ト リ ガ ソ ース を設定
•
2 つの DAC チャネル WAVEx[1 : 0] ビットを 01 に、 同じ LFSR マスクを MAMPx[3 : 0] に設定
•
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
ト リ ガが発生する と 、 同 じ マ ス ク で LFSR1 カ ウ ン タ が DHR1 レ ジ ス タ に加算 さ れ、 合計は
DAC_DOR1 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後) その後 LFSR1 カ ウ ン タ が
ア ッ プデー ト さ れます。 同時に、 同 じ マ ス ク で LFSR2 カ ウ ン タ が DHR2 レ ジ ス タ に加算 さ
れ、 合計は DAC_DOR2 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後) その後 LFSR2 カ
ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
11.4.9
異な る LFSR 生成によ る同時 ト リ ガ
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
TEN1 と TEN2 の 2 つの DAC チ ャ ネル ・ ト リ ガ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト を セ ッ ト
•
TSEL1[2:0] と TSEL2[2 : 0] ビ ッ ト に同 じ 値を セ ッ ト し 、 同 じ ト リ ガ ソ ース を設定
•
2 つの DAC チ ャ ネル WAVEx[1:0] ビ ッ ト を 01 に、異な る LFSR マス ク を MAMP1[3:0] と
MAMP2[3 : 0] に設定
•
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
ト リ ガが発生する と 、 MAMP1[3 : 0] で設定 さ れたマ ス ク で LFSR1 カ ウ ン タ が DHR1 レ ジ ス
タ に加算 さ れ、 合計は DAC_DOR1 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ ク ル後) その
後 LFSR1 カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
同時に、 MAMP2[3 : 0] で設定 さ れたマ ス ク で LFSR2 カ ウ ン タ が DHR2 レ ジ ス タ に加算 さ
れ、 合計は DAC_DOR2 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後) その後 LFSR2 カ
ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
11.4.10
同 じ 三角生成によ る同時 ト リ ガ
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
TEN1 と TEN2 の 2 つの DAC チ ャ ネル ・ ト リ ガ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト を セ ッ ト
•
TSEL1[2:0] と TSEL2[2 : 0] ビ ッ ト に同 じ 値を セ ッ ト し 、 同 じ ト リ ガ ソ ース を設定
•
2 つの DAC チ ャ ネル WAVEx[1:0] ビ ッ ト を 1x に、同 じ 最大振幅値を MAMPx[3:0] に設定
•
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガが発生する と 、 DAC チ ャ ネル 1 三角カ ウ ン タ が同 じ 三角振幅で
DHR1 レ ジ ス タ に加算 さ れ、 合計は DAC_DOR1 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ
クル後) その後 DAC チ ャ ネル 1 三角カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
同時に、 DAC チ ャ ネル 2 三角カ ウ ン タ が同 じ 三角振幅で DHR2 レ ジ ス タ に加算 さ れ、 合計
は DAC_DOR2 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ ク ル後) その後 DAC チ ャ ネル 2 三
角カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
202/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
11.4.11
異な る三角生成によ る同時 ト リ ガ
DAC を こ の変換モー ド に設定する には、 次の手順が必要です。
•
TEN1 と TEN2 の 2 つの DAC チ ャ ネル ・ ト リ ガ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト を セ ッ ト
•
TSEL1[2:0] と TSEL2[2 : 0] ビ ッ ト に同 じ 値を セ ッ ト し 、 同 じ ト リ ガ ソ ース を設定
•
2 つの DAC チ ャ ネル WAVEx[1:0] ビ ッ ト を 1x に、異な る最大振幅値マ ス ク を MAMP1[3:
0] と MAMP2[3 : 0] に設定
希望する DHR レ ジ ス タ (DAC_DHR12RD、 DAC_DHR12LD または DAC_DHR8RD) へ、
デ ュ アル DAC チ ャ ネル ・ デー タ を ロー ド
•
ト リ ガが発生する と 、 MAMP1[3 : 0] で設定 さ れた三角振幅で DAC チ ャ ネル 1 三角カ ウ ン
タ が DHR1 レ ジ ス タ に加算 さ れ、 合計は DAC_DOR1 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・
サイ ク ル後) その後 DAC チ ャ ネル 1 三角カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。 同時に、
MAMP2[3 : 0] で設定 さ れた三角振幅で DAC チ ャ ネル 2 三角カ ウ ン タ が DHR2 レ ジ ス タ に
加算 さ れ、 合計は DAC_DOR2 へ転送 さ れます。 (3APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後) その後
DAC チ ャ ネル 2 三角カ ウ ン タ がア ッ プデー ト さ れます。
Rev 5 -日本語版
203/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
11.5
DAC レ ジス タ
11.5.1
DAC 制御レ ジ ス タ (DAC_CR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x00
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
14
予約済み
27
DMA
EN2
予約済み
15
28
13
26
25
24
MAMP2[3:0]
23
22
21
WAVE2[1:0]
20
19
TSEL2[2:0]
18
17
16
TEN2
BOFF2
EN2
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
TEN1
BOFF1
EN1
rw
rw
rw
DMA
EN1
rw
MAMP1[3:0]
rw
rw
rw
WAVE1[1:0]
rw
rw
rw
TSEL1[2:0]
rw
rw
rw
Bits 31:29 予約済み
Bit 28 DMAEN2: DAC チ ャ ネル 2DMA イ ネーブル
こ のビ ッ ト はソ フ ト ウ ェ アに よ り セ ッ ト / ク リ ア さ れます。
0: DAC チ ャ ネル 2DMA モー ド はデ ィ セーブルです。
1: DAC チ ャ ネル 2DMA モー ド はイ ネーブルです。
Bit 27:24 MAMP2[3:0]: DAC チ ャ ネル 2 マス ク / 振幅セ レ ク タ
こ れ らのビ ッ ト は、 波形生成モー ド のマス ク、 または三角生成モー ド の振幅を選択する ために、
ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
0000: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト 0/ 三角振幅は 1 と 等 し い
0001: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [1:0]/ 三角振幅は 3 と 等 し い
0010: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [2:0]/ 三角振幅は 7 と 等 し い
0011: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [3:0]/ 三角振幅は 15 と 等 し い
0100: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [4:0]/ 三角振幅は 31 と 等 し い
0101: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [5:0]/ 三角振幅は 63 と 等 し い
0110: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [6:0]/ 三角振幅は 127 と 等 し い
0111: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [7:0]/ 三角振幅は 255 と 等 し い
1000: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [8:0]/ 三角振幅は 511 と 等 し い
1001: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [9:0]/ 三角振幅は 1023 と 等 し い
1010: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [10:0]/ 三角振幅は 2047 と 等 し い
1011: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [11:0]/ 三角振幅は 4095 と 等 し い
Bit 23:22 WAVE2[1:0]: DAC チ ャ ネル 2 ノ イ ズ / 三角波生成イ ネーブル
こ れ らのビ ッ ト は、 ソ フ ト ウ ェ アによ り セ ッ ト / ク リ ア さ れます。
00: 波形生成はデ ィ セーブルです。
01: ノ イ ズ波生成はイ ネーブルです。
1x: 三角波生成はイ ネーブルです。
注 : ビ ッ ト TEN2 = 1 の場合に限 り 使われます。 (DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガ ・ イ ネーブル)
204/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
Bits 21:19 TSEL2[2:0]: DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガ選択
こ れ らのビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 2 を ト リ ガする ための外部イ ベン ト を選択 し ます。
000: タ イ マ 6 TRGO イ ベン ト
001: タ イ マ 8 TRGO イ ベン ト
010: タ イ マ 7 TRGO イ ベン ト
011: タ イ マ 5 TRGO イ ベン ト
100: タ イ マ 2 TRGO イ ベン ト
101: タ イ マ 4 TRGO イ ベン ト
110: 外部ラ イ ン 9
111: ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ
注 : ビ ッ ト TEN2 = 1 の場合に限 り 使われます。 (DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガ ・ イ ネーブル)
Bit 18 TEN2: DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガ ・ イ ネーブル
こ のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガ を イ ネーブル / デ ィ セーブルする ために ソ フ ト ウ ェ アに よ
り セ ッ ト / リ セ ッ ト さ れます。
0: DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガはデ ィ セーブルで、 DAC_DHRx レ ジス タ から転送 さ れたデー タ は 1APB1
ク ロ ッ ク ・ サイ クル後に DAC_DOR2 レ ジ ス タ へ転送 さ れます。
1: DAC チ ャ ネル 2 ト リ ガはイ ネーブルで、 DAC_DHRx レ ジス タ から転送 さ れたデー タ は、 3APB1
ク ロ ッ ク ・ サイ クル後に DAC_DOR2 レ ジ ス タ へ転送 さ れます。
注 : ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガがイ ネーブルな場合、 DAC_DHRx から DAC_DOR2 レ ジ ス タ への転送に
は、 1APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル し かかか り ません。
Bit 17 BOFF2: DAC チ ャ ネル 2 出力バ ッ フ ァ ・ デ ィ セーブル
こ のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 2 出力バ ッ フ ァ を イ ネーブル / デ ィ セーブルする ために ソ フ ト ウ ェ
アによ り セ ッ ト / リ セ ッ ト さ れます。
0: DAC チ ャ ネル 2 出力バ ッ フ ァ はイ ネーブルです。
1: DAC チ ャ ネル 2 出力バ ッ フ ァ はデ ィ セーブルです。
Bit 16 EN2: DAC チ ャ ネル 2 イ ネーブル
こ のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 2 を イ ネーブル / デ ィ セーブルする ために ソ フ ト ウ ェ アによ り セ ッ
ト / リ セ ッ ト さ れます。
0: DAC チ ャ ネル 2 はデ ィ セーブルです。
1: DAC チ ャ ネル 2 はイ ネーブルです。
Bits 15:13 予約済み
Bit 12 DMAEN1: DAC チ ャ ネル 1DMA イ ネーブル
こ のビ ッ ト は、 ソ フ ト ウ ェ アによ り セ ッ ト / リ セ ッ ト さ れます。
0: DAC チ ャ ネル 1DMA モー ド はデ ィ セーブルです。
1: DAC チ ャ ネル 1DMA モー ド はイ ネーブルです。
Rev 5 -日本語版
205/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
Bits 11:8 MAMP1[3:0]: DAC チ ャ ネル 1 マス ク / 振幅セ レ ク タ
こ れ らのビ ッ ト は、 波形生成モー ド のマス ク、 または三角生成モー ド の振幅を選択する ために、
ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
0000: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト 0/ 三角振幅は 1 と 等 し い
0001: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [1:0]/ 三角振幅は 3 と 等 し い
0010: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [2:0]/ 三角振幅は 7 と 等 し い
0011: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [3:0]/ 三角振幅は 15 と 等 し い
0100: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [4:0]/ 三角振幅は 31 と 等 し い
0101: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [5:0]/ 三角振幅は 63 と 等 し い
0110: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [6:0]/ 三角振幅は 127 と 等 し い
0111: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [7:0]/ 三角振幅は 255 と 等 し い
1000: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [8:0]/ 三角振幅は 511 と 等 し い
1001: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [9:0]/ 三角振幅は 1023 と 等 し い
1010: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [10:0]/ 三角振幅は 2047 と 等 し い
1011: LFSR のマス ク し ない ビ ッ ト [11:0]/ 三角振幅は 4095 と 等 し い
Bits 7:6 WAVE1[1:0]: DAC チ ャ ネル 1 ノ イズ / 三角波生成イ ネーブル
こ れ らのビ ッ ト は ソ、 フ ト ウ ェ アによ り セ ッ ト / ク リ ア さ れます。
00: 波形生成はデ ィ セーブルです。
01: ノ イ ズ波生成はイ ネーブルです。
1x: 三角波生成はイ ネーブルです。
注 : ビ ッ ト TEN1 = 1 の場合に限 り 使われます。 (DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガ ・ イ ネーブル)
Bits 5:3 TSEL1[2:0]: DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガ選択
こ れ らのビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 1 を ト リ ガする ための外部イ ベン ト を選択 し ます。
000: タ イ マ 6 TRGO イ ベン ト
001: タ イ マ 8 TRGO イ ベン ト
010: タ イ マ 7 TRGO イ ベン ト
011: タ イ マ 5 TRGO イ ベン ト
100: タ イ マ 2 TRGO イ ベン ト
101: タ イ マ 4 TRGO イ ベン ト
110: 外部ラ イ ン 9
111: ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ
注 : ビ ッ ト TEN1 = 1 の場合に限 り 使われます。 (DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガ ・ イ ネーブル)
206/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
Bit 2 TEN1: DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガ ・ イ ネーブル
こ のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガ を イ ネーブル / デ ィ セーブルする ために ソ フ ト ウ ェ アに よ
り セ ッ ト / リ セ ッ ト さ れます。
0: DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガはデ ィ セーブルで、DAC_DHRx レ ジス タ から転送 さ れたデー タ は 1APB1 ク
ロ ッ ク ・ サイ クル後に DAC_DOR1 レ ジ ス タ へ転送 さ れます。
1: DAC チ ャ ネル 1 ト リ ガはイ ネーブルで、 DAC_DHRx レ ジス タ から転送 さ れたデー タ は、 3APB1 ク
ロ ッ ク ・ サイ クル後に DAC_DOR1 レ ジ ス タ へ転送 さ れます。
注 : ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガがイ ネーブルな場合、 DAC_DHRx から DAC_DOR1 レ ジス タ への転送に
は、 1APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル し かかか り ません。
Bit 1 BOFF1: DAC チ ャ ネル 1 出力バ ッ フ ァ ・ デ ィ セーブル
こ のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 1 出力バ ッ フ ァ を イ ネーブル / デ ィ セーブルする ために ソ フ ト ウ ェ
アによ り セ ッ ト / リ セ ッ ト さ れます。
0: DAC チ ャ ネル 1 出力バ ッ フ ァ はイ ネーブルです。
1: DAC チ ャ ネル 1 出力バ ッ フ ァ はデ ィ セーブルです。
Bit 0 EN1: DAC チ ャ ネル 1 イ ネーブル
こ のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 1 を イ ネーブル / デ ィ セーブルする ために ソ フ ト ウ ェ アによ り セ ッ
ト / リ セ ッ ト さ れます。
0: DAC チ ャ ネル 1 はデ ィ セーブルです。
1: DAC チ ャ ネル 1 はイ ネーブルです。
Rev 5 -日本語版
207/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
11.5.2
RM0008
DAC ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ ・ レ ジ ス タ (DAC_SWTRIGR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x04
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
6
5
4
3
2
17
16
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
1
0
SWTRI
G2
SWTRI
G1
w
w
Bits 31:2 予約済み
Bit 1 SWTRIG2: DAC チ ャ ネル 2 ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ
このビ ッ ト は、 ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ を イ ネーブル / デ ィ セーブルする ために ソ フ ト ウ ェ アによ
り セ ッ ト / リ セ ッ ト さ れます。
0: ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガはデ ィ セーブルです。
1: ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガはイ ネーブルです。
注 : こ のビ ッ ト は DAC_DHR2 レ ジ ス タ 値が DAC_DOR2 レ ジス タ へロー ド さ れる と 、 ハー ド ウ ェ ア
によ り リ セ ッ ト さ れます。 (1APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後)
Bit 0 SWTRIG1: DAC チ ャ ネル 1 ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ
このビ ッ ト は、 ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガ を イ ネーブル / デ ィ セーブルする ために ソ フ ト ウ ェ アによ
り セ ッ ト / リ セ ッ ト さ れます。
0: ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガはデ ィ セーブルです。
1: ソ フ ト ウ ェ ア ・ ト リ ガはイ ネーブルです。
注 : こ のビ ッ ト は DAC_DHR1 レ ジ ス タ 値が DAC_DOR1 レ ジス タ へロー ド さ れる と 、 ハー ド ウ ェ ア
によ り リ セ ッ ト さ れます。 (1APB1 ク ロ ッ ク ・ サイ クル後)
11.5.3
DAC チ ャ ネル 1 12bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12R1)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x08
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
DACC1DHR[11:0]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:12 予約済み
Bit 11:0 DACC1DHR[11:0]: DAC チ ャ ネル 1 12bit 右寄せデー タ
こ れら のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 1 用の 12bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
208/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
11.5.4
DAC チ ャ ネル 1 12bit 左寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12L1)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x0C
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
DACC1DHR[11:0]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:16 予約済み
Bit 15:4 DACC1DHR[11:0]: DAC チ ャ ネル 1 12bit 左寄せデー タ
こ れ らのビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 1 用の 12bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
Bits 3:0 予約済み
11.5.5
DAC チ ャ ネル 1 8bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR8R1)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x10
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
DACC1DHR[7:0]
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:8 予約済み
Bits 7:0 DACC1DHR[7:0]: DAC チ ャ ネル 1 8bit 右寄せデー タ
こ れ らのビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 1 用の 8bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
Rev 5 -日本語版
209/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
11.5.6
RM0008
DAC チ ャ ネル 2 12bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12R2)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x14
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
DACC2DHR[11:0]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:12 予約済み
Bits 11:0 DACC2DHR[11:0]: DAC チ ャ ネル 2 12bit 右寄せデー タ
こ れらのビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 2 用の 12bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
11.5.7
DAC チ ャ ネル 2 12bit 左寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12L2)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x18
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
DACC2DHR[11:0]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:16 予約済み
Bits 15:4 DACC2DHR[11:0]: DAC チ ャ ネル 2 12bit 左寄せデー タ
こ れ らのビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 2 用の 12bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
Bits 3:0 予約済み
210/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
11.5.8
DAC チ ャ ネル 2 8bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR8R2)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x1C
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
DACC2DHR[7:0]
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:8 予約済み
Bits 7:0 DACC2DHR[7:0]: DAC チ ャ ネル 2 8bit 右寄せデー タ
こ れら のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 2 用の 8bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
11.5.9
デ ュ アル DAC 12bit 右寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12RD)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x20
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
予約済み
15
14
13
22
21
20
19
18
17
16
DACC2DHR[11:0]
12
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
rw
rw
予約済み
DACC1DHR[11:0]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:28 予約済み
Bits 27:16 DACC2DHR[11:0]: DAC チ ャ ネル 2 12bit 右寄せデー タ
こ れら のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 2 用の 12bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
Bits 15:12 予約済み
Bits 11:0 DACC1DHR[11:0]: DAC チ ャ ネル 1 12bit 右寄せデー タ
こ れら のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 1 用の 12bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
Rev 5 -日本語版
211/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
11.5.10
RM0008
デ ュ アル DAC 12bit 左寄せデー タ 保持レ ジ ス タ
(DAC_DHR12LD)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x24
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
rw
rw
rw
rw
rw
16
2
1
0
予約済み
DACC1DHR[11:0]
rw
17
予約済み
DACC2DHR[11:0]
rw
18
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:20 DACC2DHR[11:0]: DAC チ ャ ネル 2 12bit 左寄せデー タ
これらのビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 2 用の 12bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
Bits 19:16 予約済み
Bits 15:4 DACC1DHR[11:0]: DAC チ ャ ネル 1 12bit 左寄せデー タ
これらのビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 1 用の 12bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
Bits 3:0 予約済み
11.5.11
デ ュ アル DAC 8bit 右寄せデー タ 保持レ ジス タ
(DAC_DHR8RD)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x28
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
rw
rw
rw
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
DACC2DHR[7:0]
rw
rw
rw
rw
rw
DACC1DHR[7:0]
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 31:16 予約済み
Bits 15:8 DACC2DHR[7:0]: DAC チ ャ ネル 2 8bit 右寄せデー タ
こ れら のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 2 用の 8bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
Bits 7:0 DACC1DHR[7:0]: DAC チ ャ ネル 1 8bit 右寄せデー タ
こ れら のビ ッ ト は、 DAC チ ャ ネル 1 用の 8bit デー タ を示す ソ フ ト ウ ェ アによ り 書込まれます。
212/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
RM0008
11.5.12
DAC チ ャ ネル 1 デー タ 出力レ ジス タ (DAC_DOR1)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x2C
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
r
r
r
r
r
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
DACC1DOR[11:0]
r
r
r
r
r
r
r
Bits 31:12 予約済み
Bits 11:0 DACC1DOR[11:0]: DAC チ ャ ネル 1 デー タ 出力
こ れ らのビ ッ ト は、 読み取 り 専用で DAC チ ャ ネル 1 のデー タ 出力を保持 し ます。
11.5.13
DAC チ ャ ネル 2 デー タ 出力レ ジス タ (DAC_DOR2)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x30
リ セ ッ ト 値 : 0x0000 0000
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
6
5
4
3
2
1
0
r
r
r
r
r
予約済み
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約済み
DACC2DOR[11:0]
r
r
r
r
r
r
r
Bits 31:12 予約済み
Bits 11:0 DACC2DOR[11:0]: DAC チ ャ ネル 2 デー タ 出力
こ れ らのビ ッ ト は、 読み取 り 専用で DAC チ ャ ネル 2 のデー タ 出力を保持 し ます。
Rev 5 -日本語版
213/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
D/A コ ンバー タ (DAC)
11.5.14
RM0008
DAC レ ジ ス タ ・ マ ッ プ
次の表は DAC レ ジ ス タ の一覧です。
DAC -レ ジ ス タ ・ マ ッ プ
名称
0x00
DAC_CR
0x04
DAC_SWTRI
GR
0x08
DAC_DHR12
R1
0x0C
DAC_DHR12
L1
0x10
DAC_DHR8R
1
0x14
DAC_DHR12
R2
0x18
DAC_DHR12
L2
0x1C
DAC_DHR8R
2
0x20
DAC_DHR12
RD
0x24
DAC_DHR12
LD
0x28
DAC_DHR8R
D
0x2C
DAC_DOR1
予約済み
DACC1DOR[11:0]
0x30
DAC_DOR2
予約済み
DACC2DOR[11:0]
注意 :
214/720
予約済み
予約済み
DACC1DHR[11:0]
予約済み
予約済み
DACC1DHR[11:0]
予約済み
DACC1DHR[7:0]
予約済み
DACC2DHR[11:0]
予約済み
予約済み
DACC2DHR[11:0]
予約済み
予約済み
DACC2DHR[7:0]
予約済み
DACC2DHR[11:0]
予約済み
DACC2DHR[11:0]
EN1
TSEL1[2:
0]
SWTRIG1
WAV
E1[2:
0]
TEN1
MAMP1[3:0]
BOFF1
予約済み
DMAEN1
TSEL2[2:
0]
EN2
WAV
E2[2:
0]
TEN2
MAMP2[3:0]
BOFF2
予約済み
DMAEN2
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
アドレ
スオ フ
セッ ト
SWTRIG2
表 51.
予約済み
DACC1DHR[11:0]
予約済み
DACC1DHR[11:0]
DACC2DHR[7:0]
DACC1DHR[7:0]
レ ジ ス タ のア ド レ ス範囲に関 し ては、 表 1 (36 ページ) を参照 し て く だ さ い。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
12
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
Flash メ モ リ 容量が 32 ~ 128Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト ロー
ラは、 中容量デバイ ス です。
Flash メ モ リ 容量が 256 ~ 512Kbyte の STM32F101xx 及び STM32F103xx マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ は、 大容量デバイ ス です。
こ のセ ク シ ョ ンは、 注意書きがない限 り 、 STM32F10xxx フ ァ ミ リ 全てに適用 さ れます。
12.1
TIM1 及び TIM8 の概要
中容量デバイ スは TIM1 を持ち、 大容量デバイ スは TIM1 と TIM8 の両方を持 っ ています。
高性能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8) は、 プ ロ グ ラ マ ブル ・ プ リ スケー ラ に よ る 16bit 自動再
ロー ド ・ カ ウ ン タ を持 っ ています。
こ の タ イ マは、 入力信号のパルス幅の測定 (入力キ ャ プ チ ャ) や出力波形の生成 (出力比
較、 PWM、 デ ッ ド タ イ ムを挿入 し た相補 PWM) な ど、 様々な目的に使用で き ます。
パルス幅 と 波形の周期は、 タ イ マ プ リ スケー ラ と RCC ク ロ ッ ク ・ コ ン ト ロー ラ ・ プ リ ス
ケー ラ を使用 し て、 数マ イ ク ロ秒か ら数 ミ リ 秒ま での範囲で変化 さ せる こ と がで き ます。
高機能 タ イ マ (TIM1 及び TIM8) と 汎用 タ イ マ (TIMx) は互いに独立 し てお り 、 リ ソ ースの一
部を共有 し てい る こ と はあ り ません。 また セ ク シ ョ ン 12.3.20 に記 さ れてい る よ う に、 相
互に同期 さ せる こ と も で き ます。
Rev 5 -日本語版
215/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
12.2
RM0008
TIM1 及び TIM8 の主な機能
TIM1 及び TIM8 タ イ マの主な機能は :
216/720
•
16bit ア ッ プ、 ダウ ン自動再ロー ド ・ カ ウ ン タ
•
16bit プ ロ グ ラ マ ブル ・ プ リ スケー ラ 。 カ ウ ン タ ・ ク ロ ッ ク周波数を 1 か ら 65535 の間
で分周で き、 分周比を動作中に変更する こ と も で き ます。
•
次の機能を持つ、 独立 し た最大 4 チ ャ ネル。
-
入力キ ャ プ チ ャ
-
出力比較
-
PWM 生成 (エ ッ ジ ア ラ イ ン ・ モー ド と セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド )
-
単パルス モー ド 出力
•
設定可能なデ ッ ド タ イ ムを有する相補出力
•
外部信号で タ イ マ を制御する同期回路 と 複数 タ イ マ間の相互接続。
•
所定の回数だけ タ イ マ レ ジ ス タ を更新する繰返 し カ ウ ン タ 。
•
タ イ マの出力信号を リ セ ッ ト 状態、 も し く は指定 し た状態 と する プ レー ク入力。
•
以下のイ ベ ン ト に よ る、 割込み /DMA リ ク エ ス ト の発生。
-
更新 : カ ウ ン タ ・ オーバ フ ロー / ア ン ダ フ ロー、 カ ウ ン タ の初期化 (ソ フ ト ウ ェ
ア指示、 及び内部 / 外部 ト リ ガ)
-
ト リ ガ ・ イ ベ ン ト (カ ウ ン タ ・ ス タ ー ト 、 ス ト ッ プ、 初期化、 及び内部 / 外部 ト
リ ガに よ る カ ウ ン ト 動作)
-
入力キ ャ プ チ ャ
-
出力比較
-
ブ レ ー ク入力
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
図 47.
高機能制御 タ イ マ ・ ブ ロ ッ ク図
内部クロック (CK_INT)
RCC からの CK_TIM18
ETRF
トリガ
コントローラ
ETRP
ETR
TIMx_ETR
極性選択、
エッジ検出
プリスケーラ
TRGO
入力フィルタ
ITR0
ITR2
他のタイマへ
DAC/ADC へ
TGI
ITR
ITR1
スレーブ
TRC
モード
TRGI
Reset, Enable, Up/Down, Count
コントローラ
ITR3
TI1F_ED
TI1FP1
エンコーダ
インタフェース
TI2FP2
REP レジスタ
U
UI
自動再ロード・レジスタ
繰返し
カウンタ
Stop, Clear or Up/Down
CK_PSC
PSC
CK_CNT
プリスケーラ
+/-
CNT
カウンタ
TI1
入力フィルタ、
エッジ検出回路
IC1
プリスケーラ
TI2
入力フィルタ、
エッジ検出回路
IC1PS U
キャプチャ/ 比較1レジスタ
TIMx_CH1
OC1REF
DTG
出力
TI2FP1
TI2FP2
IC2
プリスケーラ
CC2I
IC2PS U
キャプチャ/ 比較2レジスタ
OC2REF
TIMx_CH2
DTG
出力
入力フィルタ、
エッジ検出回路
TI3FP3
TI3FP4
TI4
入力フィルタ、
エッジ検出回路
TI4FP3
TI4FP4
TIMx_CH2N
OC2N
IC3
プリスケーラ
IC3PS
TIMx_CH3
CC3I
U
キャプチャ/ 比較3レジスタ
OC3REF
DTG
出力
OC3
制御
TIMx_CH3N
OC3N
TRC
TIMx_CH4
OC2
制御
CC3I
TI3
TIMx_CH1N
OC1N
CC2I
TRC
TIMx_CH3
OC1
制御
TRC
TIMx_CH1
TIMx_CH2
TI1FP1
TI1FP2
DTG レジスタ
CC1I
CC1I
XOR
U
CC4I
IC4
プリスケーラ
IC4PS
CC4I
TIMx_CH4
U
キャプチャ/ 比較4レジスタ
OC4REF
出力
制御 OC4
TRC
ETRF
TIMx_BKIN
BRK
極性選択回路
BI
クロック・コントローラ CSS (Clock Security system)
からのクロック異常イベント
凡例:
Reg
制御ビットの設定に応じて、
U イベント
の発生時に、
プリロード・レジスタの内容は、
アクティブレジスタにロードされます
イベント
割込み・DMA リクエスト
Rev 5 -日本語版
217/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
12.3
TIM1 及び TIM8 機能詳細
12.3.1
タ イ ムベース ・ ユニ ッ ト
プ ロ グ ラ マ ブル高機能制御 タ イ マの主要な ブ ロ ッ クは自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ を持 っ た
16bit カ ウ ン タ です。 カ ウ ン タ はカ ウ ン ト ア ッ プ、 カ ウ ン ト ダウ ン、 及びア ッ プ ・ ダウ ンの
動作が可能です。 カ ウ ン タ の ク ロ ッ クはプ リ スケー ラ に よ っ て分周 さ れます。
カ ウ ン タ 、 自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ 、 及びプ リ スケー ラ ・ レ ジ ス タ は、 カ ウ ン タ が動作中
であ っ て も、 ソ フ ト ウ ェ アに よ る読書きがで き ます。
タ イ ムベース ・ ユニ ッ ト には次の要素が含まれます。
•
カ ウ ン タ ・ レ ジ ス タ (TIMx_CNT)
•
プ リ スケー ラ ・ レ ジ ス タ (TIMx_PSC)
•
自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ (TIMx_ARR)
•
繰返 し カ ウ ン タ ・ レ ジ ス タ (TIMx_RCR)
自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ はプ リ ロー ド 機能を持 っ ています。 自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ の読
書きはプ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ へのア ク セス と な り ます。 プ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ の内容が、
TIMx_CR1 レ ジ ス タ のプ リ ロー ド ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト (ARPE) の設定に応 じ て、 常時 も し
く は更新イ ベン ト UEV ご と に、 シ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ に移 さ れます。 TIMx_CR1 レ ジ ス タ の
UDIS ビ ッ ト が 0 であれば、 更新イ ベ ン ト はカ ウ ン タ がオーバ フ ロー (ダウ ン カ ウ ン ト 時
はア ン ダ フ ロー) に達 し た と き に発生 し ます。 また、 ソ フ ト ウ ェ ア で更新イ ベ ン ト を発生
さ せる こ と も 可能です。 こ の方法は、 それぞれの タ イ マ構成のセ ク シ ョ ン に記 さ れていま
す。
カ ウ ン タ のク ロ ッ ク は、 TIMx_CR1 レ ジ ス タ のカ ウ ン タ ・ イ ネーブル ・ ビ ッ ト (CEN) が
セ ッ ト さ れてい る と き にのみ、 プ リ スケー ラ出力 CK_CNT か ら供給 さ れます。 (カ ウ ン タ
を イ ネーブル と する方法の詳細に関 し ては、 ス レ ーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラの記述を合
わせてお読み く だ さ い。)
なお、 実際のカ ウ ン タ ・ イ ネーブル信号 CNT_EN は CEN ビ ッ ト が セ ッ ト さ れてか ら 1 ク
ロ ッ ク 遅れてセ ッ ト さ れる こ と に留意 し て く だ さ い。
218/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
プ リ スケー ラ
プ リ スケー ラ はカ ウ ン タ ・ ク ロ ッ ク 周波数を 1 か ら 65536 の間の値で分周する こ と がで き
ます。 プ リ スケー ラ は 16bit レ ジ ス タ (TIMx_PSC) を通 し て制御 さ れる 16bit カ ウ ン タ を
ベース と し ています。 制御レ ジ ス タ にはバ ッ フ ァ が備わ っ ているので、 プ リ スケー ラが動
作中であ っ て も、 レ ジ ス タ 内容を変更する こ と がで き ます。 新たに指定 さ れた分周比は次
の更新イ ベ ン ト で効果があ り ます。
図 49 と 図 50 は動作中に分周比を変化 さ せた と きのカ ウ ン タ の動作の例を示 し ています。
図 48.
プ リ スケー ラ 分周比が 1 か ら 2 に変化 し た時のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CEN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
F7
F8 F9 FA FB FC
00
01
02
03
更新イベント (UEV)
プリスケーラ制御レジスタ
0
1
TIMx_PSC への新しい値の書込み
図 49.
プリスケーラバッファ
0
プリスケーラカウンタ
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
プ リ スケー ラ 分周比が 1 か ら 4 に変化 し た時のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CEN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
F7
00
F8 F9 FA FB FC
01
更新イベント (UEV)
プリスケーラ制御レジスタ
0
3
TIMx_PSC への新しい値の書込み
プリスケーラバッファ
0
プリスケーラカウンタ
0
Rev 5 -日本語版
3
0
1
2
3
0
1
2
3
219/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
12.3.2
RM0008
カ ウン タ ・ モー ド
ア ッ プ カ ウン ト ・ モー ド
ア ッ プ カ ウ ン ト ・ モー ド では、 カ ウ ン タ は 0 か ら自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ の値 (TIMx_ARR
レ ジ ス タ の内容) ま で カ ウ ン ト を行い、 その後 0 か らのカ ウ ン ト を再開 し 、 同時に カ ウ ン
タ ・ オーバフ ロー ・ イ ベ ン ト を発生 さ せます。
繰返 し カ ウ ン タ が使用 さ れてい る場合には、 繰返 し カ ウ ン タ ・ レ ジ ス タ (TIMx_RCR) に設
定 さ れてい る回数ま で ア ッ プ カ ウ ン ト 動作が繰返 さ れ、 その後に更新イ ベン ト (UEV) が発
生 し ます。 繰返 し カ ウ ン タ が使用 さ れていない と き には、 カ ウ ン タ のオーバ フ ローご と に
更新イ ベ ン ト が発生 し ます。
ソ フ ト ウ ェ アに よ る レ ジ ス タ 書込みで、 も し く はス レーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラ に よ っ
て TIMx_EGR レ ジ ス タ の UG ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で も更新イ ベン ト を発生 さ せる こ と
がで き ます。
UEV イ ベ ン ト は ソ フ ト ウ ェ ア で TIMx_CR1 レ ジ ス タ の UDIS ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で、
デ ィ セーブル と する こ と がで き ます。 こ れはプ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ に新 し い値を書込んで
い る と き にシ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ が更新 さ れるのを防止 し ます。 こ の後 UDIS ビ ッ ト に 0 が
書込まれる ま で、 更新イ ベン ト は発生 し ません。 し か し 、 プ リ スケー ラのカ ウ ン タ と 同 じ
く (ただ し プ リ スケー ラ の比は変化 し ません)、 カ ウ ン タ は 0 から カ ウ ン ト を再開 し ます。
さ ら に、 TIMx_CR1 レ ジ ス タ の URS ビ ッ ト (更新 リ ク エ ス ト 選択) がセ ッ ト さ れている場
合は、 UG ビ ッ ト のセ ッ ト が更新イ ベン ト UEV を引起 こ し ますが、 UIF フ ラ グはセ ッ ト さ
れず、 割込みや DMA リ ク エ ス ト は発生 し ません。 こ れは、 キ ャ プ チ ャ イ ベ ン ト の際に カ
ウ ン タ を ク リ アする こ と で、 更新 と キ ャ プ チ ャ割込みが と も に発生する こ と を防ぎ ます。
更新イ ベ ン ト が発生 し た と き、 すべてのレ ジ ス タ が更新 さ れ、 URS ビ ッ ト の設定に応 じ て
更新 フ ラ グ (TIMx_SR レ ジ ス タ の UIF ビ ッ ト ) がセ ッ ト さ れます。
•
繰返 し カ ウ ン タ には TIMx_RCR レ ジ ス タ の内容が再びロー ド さ れます。
•
自動再ロー ド ・ シ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ はプ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ (TIMx_ARR) の値に更新
さ れます。
•
プ リ スケー ラ のバ ッ フ ァ にはプ リ ロー ド 値 (TIMx_PSC レ ジ ス タ の値) が再びロー ド
さ れます。
以下の図は、 自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ TIMx_ARR = 0x36 の場合の、 異な る ク ロ ッ ク 周波数
における カ ウ ン タ の挙動の例を示 し ています。
図 50.
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CNT_EN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
31
32 33 34 35 36 00 01 02 03 04 05 06 07
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
220/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
図 51.
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 2 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CNT_EN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
0034
0035 0036
0000
0001
0002
0003
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
図 52.
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 4 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CNT_EN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
0035
0036
0000
0001
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
図 53.
内部 ク ロ ッ ク 分周比が N の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
1F
20
00
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
Rev 5 -日本語版
221/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
図 54.
RM0008
ARPE=0 時 (TIMx_ARR はプ リ ロー ド な し )、 更新イ ベン ト 時の タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CEN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
31
32 33 34 35 36 00 01 02 03 04 05 06 07
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
自動再ロード・レジスタ
FF
36
TIMx_ARR への新しい値の書込み
図 55.
ARPE=1 時 (TIMx_ARR はプ リ ロー ド )、 更新イ ベ ン ト の タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CEN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
F0
F1 F2 F3 F4 F5 00 01 02 03 04 05 06 07
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
自動再ロード・プリロード・レジスタ
F5
36
自動再ロード・シャドウ・レジスタ
F5
36
TIMx_ARR への新しい値の書込み
222/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
ダウン カ ウン ト ・ モー ド
ダウ ン カ ウ ン ト ・ モー ド では、 カ ウ ン タ は自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ の値 (TIMx_ARR レ ジ
ス タ の内容) か ら 0 ま でのカ ウ ン ト ダウ ン を行い、 その後、 自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ の値
か らのカ ウ ン ト ダウ ン を再開 し 、 同時に カ ウ ン タ ・ ア ン ダ フ ロー ・ イ ベ ン ト を発生 さ せま
す。
繰返 し カ ウ ン タ が使用 さ れてい る場合には、 繰返 し カ ウ ン タ ・ レ ジ ス タ (TIMx_RCR) に設
定 さ れてい る回数ま でダウ ン カ ウ ン ト 動作が繰返 さ れ、 その後に更新イ ベン ト (UEV) が発
生 し ます。 繰返 し カ ウ ン タ が使用 さ れていない と き には、 カ ウ ン タ のア ン ダ フ ローご と に
更新イ ベ ン ト が発生 し ます。
ソ フ ト ウ ェ アに よ る レ ジ ス タ 書込みで、 も し く はス レーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラ に よ っ
て TIMx_EGR レ ジ ス タ の UG ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で も更新イ ベン ト を発生 さ せる こ と
がで き ます。
UEV イ ベ ン ト は ソ フ ト ウ ェ ア で TIMx_CR1 レ ジ ス タ の UDIS ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で、
デ ィ セーブル と する こ と がで き ます。 こ れはプ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ に新 し い値を書込んで
い る と き にシ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ が更新 さ れるのを防止 し ます。 こ の後 UDIS ビ ッ ト に 0 が
書込まれる ま で、 更新イ ベン ト は発生 し ません。 し か し 、 プ リ スケー ラのカ ウ ン タ が 0 か
ら カ ウ ン ト を再開するのに対 し (ただ し プ リ スケー ラ の比は変化 し ません)、 カ ウ ン タ は
その時点の自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ の値か ら カ ウ ン ト ダウ ン を再開 し ます。
さ ら に、 TIMx_CR1 レ ジ ス タ の URS ビ ッ ト (更新 リ ク エ ス ト 選択) がセ ッ ト さ れている場
合は、 UG ビ ッ ト のセ ッ ト が更新イ ベン ト UEV を引起 こ し ますが、 UIF フ ラ グはセ ッ ト さ
れず、 割込みや DMA リ ク エ ス ト は発生 し ません。 こ れは、 キ ャ プ チ ャ イ ベ ン ト の際に カ
ウ ン タ を ク リ アする こ と で、 更新 と キ ャ プ チ ャ割込みが と も に発生する こ と を防ぎ ます。
更新イ ベ ン ト が発生 し た と き、 すべてのレ ジ ス タ が更新 さ れ、 URS ビ ッ ト の設定に応 じ て
更新 フ ラ グ (TIMx_SR レ ジ ス タ の UIF ビ ッ ト ) がセ ッ ト さ れます。
•
繰返 し カ ウ ン タ には TIMx_RCR レ ジ ス タ の内容が再びロー ド さ れます。
•
プ リ スケー ラ ・ バ ッ フ ァ にはプ リ ロー ド 値 (TIMx_PSC レ ジ ス タ の内容) が再びロー ド
さ れます。
•
自動再ロー ド ・ ア ク テ ィ ブ レ ジ ス タ はプ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ (TIMx_ARR) の値に更新
さ れます。 自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ の更新はカ ウ ン タ の再ロー ド の前に行われますの
で、 次の周期は希望の時間 と な り ます。
以下の図は、 自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ TIMx_ARR = 0x36 の場合の、 異な る ク ロ ッ ク 周波数
における カ ウ ン タ の挙動の例を示 し ています。
Rev 5 -日本語版
223/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
図 56.
RM0008
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CNT_EN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
04 03 02 01 00 36 35 34 33 32 31 30 2F
05
カウンタ・アンダフロー (cnt_udf)
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
図 57.
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 2 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CNT_EN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
0002
0001 0000
0036
0035
0034
0033
カウンタ・アンダフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
図 58.
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 4 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CNT_EN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
0001
0000
0036
0035
カウンタ・アンダフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
224/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
図 59.
内部 ク ロ ッ ク 分周比が N の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
20
1F
00
36
カウンタ・アンダフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
図 60.
繰返 し カ ウ ン タ が使用 さ れない と きの更新イ ベン ト 時の タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CEN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
05
04 03 02 01 00 36 35 34 33 32 31 30 2F
カウンタ・アンダフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
自動再ロード・レジスタ
FF
36
TIMx_ARR への新しい値の書込み
Rev 5 -日本語版
225/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド (ア ッ プ / ダウ ン カ ウ ン ト )
セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド では、 カ ウ ン タ は 0 か ら 自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ の値
(TIMx_ARR レ ジ ス タ の内容) - 1 ま で カ ウ ン ト を行い、 カ ウ ン タ ・ オーバ フ ロー ・ イ ベン
ト を発生 さ せます。 次に 1 ま でのカ ウ ン ト ダウ ン を行い、 カ ウ ン タ ・ ア ン ダ フ ロー ・ イ ベ
ン ト を発生 さ せます。 その後 0 か ら のカ ウ ン ト を再開 し ます。
こ のモー ド では TIMx_CR1 レ ジ ス タ の方向ビ ッ ト (DIR) への書込みはで き ません。 こ のビ ッ
ト はハー ド ウ ェ アに よ っ て更新 さ れ、 その時点でのカ ウ ン タ のカ ウ ン ト 方向を表示 し ま
す。
更新イ ベ ン ト はカ ウ ン タ がオーバ フ ロー及びア ン ダ フ ローを生 じ る ご と に発生 し ます。 ま
た、 TIMx_EGR レ ジ ス タ の UG ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で、 ソ フ ト ウ ェ ア で、 も し く はス
レ ーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラ に よ り 、 更新イ ベン ト を発生 さ せる こ と も で き ます。 こ の
と き には、 プ リ スケー ラ のカ ウ ン タ と 同 じ く 、 カ ウ ン タ は 0 か ら のカ ウ ン ト ア ッ プ を再開
し ます。
UEV イ ベ ン ト は ソ フ ト ウ ェ ア で TIMx_CR1 レ ジ ス タ の UDIS ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で、
デ ィ セーブル と する こ と がで き ます。 こ れはプ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ に新 し い値を書込んで
い る と き にシ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ が更新 さ れるのを防止 し ます。 こ の後 UDIS ビ ッ ト に 0 が
書込まれる ま で、 更新イ ベン ト は発生 し ません。 し か し 、 カ ウ ン タ はその時点の自動再
ロー ド 値を使用 し て、 カ ウ ン ト 動作 (ア ッ プ / ダウ ン) を続けます。
さ ら に、 TIMx_CR1 レ ジ ス タ の URS ビ ッ ト (更新 リ ク エ ス ト 選択) がセ ッ ト さ れている場
合は、 UG ビ ッ ト のセ ッ ト が更新イ ベン ト UEV を引起 こ し ますが、 UIF フ ラ グはセ ッ ト さ
れず、 割込みや DMA リ ク エ ス ト は発生 し ません。 こ れは、 キ ャ プ チ ャ イ ベ ン ト の際に カ
ウ ン タ を ク リ アする こ と で、 更新 と キ ャ プ チ ャ割込みが と も に発生する こ と を防ぎ ます。
更新イ ベ ン ト が発生 し た と き、 すべてのレ ジ ス タ が更新 さ れ、 URS ビ ッ ト の設定に応 じ て
更新 フ ラ グ (TIMx_SR レ ジ ス タ の UIF ビ ッ ト ) がセ ッ ト さ れます。
•
繰返 し カ ウ ン タ には TIMx_RCR レ ジ ス タ の内容が再びロー ド さ れます。
•
プ リ スケー ラ ・ バ ッ フ ァ にはプ リ ロー ド 値 (TIMx_PSC レ ジ ス タ の内容) が再びロー ド
さ れます。
•
自動再ロー ド ・ ア ク テ ィ ブ ・ レ ジ ス タ はプ リ ロー ド 値に更新 さ れます。 更新の原因が
カ ウ ン タ のオーバ フ ローである と き には、 自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ の更新はカ ウン タ
の再ロー ド の前に行われるので、 次の周期は希望の時間 と な り ます。
以下の図は異な る ク ロ ッ ク 周波数における カ ウ ン タ の挙動の例を示 し ています。
226/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
図 61.
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 1 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 (TIMx_ARR=0x6)
CK_PSC
CNT_EN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
03 02 01 00 01 02 03 04 05 06 05 04 03
04
カウンタ・アンダフロー
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
1.
こ こ では、 セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド =1 が使用 さ れています。 (詳細は セ ク シ ョ ン 12.4: TIM1 及び TIM8
レ ジス タ (259 ページ) を参照 し て く だ さ い)
図 62.
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 2 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
CNT_EN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
0003
0002 0001
0000
0001
0002
0003
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
図 63.
内部 ク ロ ッ ク 分周比が 4 の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図 (TIMx_ARR=0x36)
CK_PSC
CNT_EN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
0034
0035
0036
0035
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
注: ここでは、センターアライン・モード 2 または 3 が使用されており、UIF はオーバフローでセットされています。
Rev 5 -日本語版
227/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
図 64.
RM0008
内部 ク ロ ッ ク 分周比が N の場合のカ ウ ン タ ・ タ イ ミ ン グ図
CK_PSC
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
20
1F
01
00
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
図 65.
ARPE=1 時の更新イ ベン ト の タ イ ミ ン グ図 (カ ウ ン タ はア ン ダ フ ロー)
CK_PSC
CEN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
06
05 04 03 02 01 00 01 02 03 04 05 06 07
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
自動再ロード・プリロード・レジスタ
FD
36
TIMx_ARR への新しい値の書込み
自動再ロード・アクティブレジスタ
228/720
FD
36
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
図 66.
ARPE=1 時の更新イ ベン ト の タ イ ミ ン グ図 (カ ウ ン タ はオーバ フ ロー)
CK_PSC
CEN
タイマ・クロック = CK_CNT
カウンタ・レジスタ
F7
F8 F9 FA FB FC 36 35 34 33 32 31 30 2F
カウンタ・オーバフロー
更新イベント (UEV)
更新割込みリクエスト・フラグ (UIF)
自動再ロード・プリロード・レジスタ
FD
36
TIMx_ARR への新しい値の書込み
自動再ロード・アクティブレジスタ
12.3.3
FD
36
繰返 し カ ウン タ (ダウン カ ウン タ )
セ ク シ ョ ン 12.3.1: タ イムベース ・ ユニ ッ ト には、 カ ウ ン タ のオーバ フ ローやア ン ダ フ
ローに伴 っ て、 どのよ う に更新イ ベ ン ト (UEV) が発生するかが説明 さ れています。 実際に
は繰返 し カ ウ ン タ が 0 に達 し た と き にのみ更新イ ベ ン ト が発生 し ます。 こ の こ と は PWM
信号を生成する際に役立ち ます。
こ れは、 TIMx_RCR 繰返 し カ ウ ン タ ・ レ ジ ス タ の値を N と する と き、 N 回目のカ ウ ン タ の
オーバ フ ロー も し く はア ン ダ フ ローご と に、 プ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ か ら シ ャ ド ウ ・ レ ジ ス
タ にデー タ が移 さ れる こ と を意味 し ています。 (対象レ ジ ス タ : TIMx_ARR 自動再ロー ド ・
レ ジ ス タ 、 TIMx_PSC プ リ スケー ラ ・ レ ジ ス タ 、 比較モー ド での TIM_CCRx キ ャ プ チ ャ / 比
較値レ ジ ス タ )
繰返 し カ ウ ン タ のカ ウ ン ト ダウ ンは次の場合に行われます。
•
アップカウント ・ モードで、 カウンタ ・ オーバフローごと
•
ダウンカウント ・ モードで、 カウンタ ・ アンダフローごと
•
センターアライン ・ モードで、 カウンタ ・ オーバフローとカウンタ ・ アンダフローごと
このとき、 繰返し回数の上限は 128 PWM サイクルとなりますが、 同時に、 デューティサイ
クルを変更する機会が PWM 周期あたり 2 回あることになります。 センターアライン ・ モード
で比較値レジスタの値を PWM 周期あたり 1 回のみ更新するときには、 波形が対称である
ため、 最大精度は 2xTck となります。
繰返 し ダウ ン カ ウ ン タ は自動再ロー ド 方式で、 繰返 し の回数は TIMx_RCR レ ジ ス タ の値
(図 67 を参照) で定ま り ます。 ソ フ ト ウ ェ ア で (TIMx_EGR レ ジ ス タ の UG ビ ッ ト を セ ッ
ト する こ と で) も し く はス レ ーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラ を介 し てハー ド ウ ェ アに よ り 更
新イ ベン ト が発生 さ せ られた と き、 その と きの繰返 し ダウ ン カ ウ ン タ の値にかかわ ら ず直
ち に イ ベ ン ト が発生 し 、 繰返 し ダウ ン カ ウ ン タ には TIMx_RCR レ ジ ス タ の内容がロー ド さ
れます。
Rev 5 -日本語版
229/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
図 67.
RM0008
カ ウ ン タ モー ド と TIMx_RCR レ ジ ス タ の設定に よ る更新状況の例
センターアライン・モード
エッジアライン・モード
アップカウント
ダウンカウント
カウンタ
TIMx_CNT
TIMx_RCR = 0
UEV
TIMx_RCR = 1
UEV
TIMx_RCR = 2
UEV
TIMx_RCR = 3
UEV
TIMx_RCR = 3
再同期あり
UEV
(by SW)
UEV
230/720
(by SW)
(by SW)
更新イベント : プリロード・レジスタからアクティブレジスタにデータがコピーされ、
更新割込みリクエストが発生します。
更新イベント : カウンタの値が自動再ロード・レジスタの値と等しいときに
繰返しダウンカウンタのアンダフローが発生した場合。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
12.3.4
ク ロ ッ ク 選択
カ ウ ン タ ・ ク ロ ッ ク は次の信号のいずれかか ら供給する こ と がで き ます。
•
内部 ク ロ ッ ク (CK_INT)
•
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 1: 外部入力ピ ン
•
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2: 外部 ト リ ガ入力 ETR
•
内部 ト リ ガ入力 (ITRx): あ る タ イ マ を別の タ イ マのプ リ スケー ラ と し て使用 し ます。
例えば、 タ イ マ 1 が タ イ マ 2 のプ リ スケー ラ と し て働 く よ う に設定する こ と がで き ま
す。 詳細は セ ク シ ョ ン : タ イ マ を別の タ イ マのプ リ スケー ラ と するには (319 ページ)
を参照 し て く だ さ い。
内部ク ロ ッ ク (CK_INT)
ス レーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラ がデ ィ セーブル状態 (SMS=000) の と き には、 TIMx_CR1
レ ジ ス タ の CEN、 DIR ビ ッ ト と TIMx_EGR レ ジ ス タ の UG ビ ッ ト が実際の制御ビ ッ ト と な
り ます。 自動的に ク リ ア さ れる UG ビ ッ ト 以外は、 こ れ ら のビ ッ ト は ソ フ ト ウ ェ ア でのみ
変更で き ます。 CEN ビ ッ ト に 1 が書込まれる と 、 プ リ スケー ラ には ク ロ ッ ク と し て内部 ク
ロ ッ ク CK_INT が供給 さ れます。
図 68 には、 プ リ スケー ラ を使用 し ない場合の制御回路 と 通常モー ド のア ッ プ カ ウ ン タ の
動作が図示 さ れています。
図 68.
内部 ク ロ ッ ク 分周比 1 の場合の通常モー ド の制御回路
内部クロック
CEN=CNT_EN
UG
CNT_INIT
カウンタ・クロック = CK_CNT = CK_PSC
カウンタ・レジスタ
31
32 33 34 35 36 00 01 02 03 04 05 06 07
Rev 5 -日本語版
231/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
外部ク ロ ッ ク ・ モー ド 1
こ のモー ド は TIMx_SMCR レ ジ ス タ の SMS=111 の時に選択 さ れます。 カ ウ ン タ は選択 さ れ
た入力の立上 り 、 も し く は立下 り エ ッ ジ で カ ウ ン ト を行います。
図 69.
TI2 外部 ク ロ ッ ク の接続例
TIMx_SMCR
TS[2:0]
TI2F
TI1F
又は
又は
ITRx
TI2F_Rising
TI2
フィルタ
エッジ
検出回路 TI2F_Falling
1
エンコーダ
モード
TI1_ED 100
TI1FP1 101
TRGI
外部クロック
モード 1
CK_PSC
TI2FP2 110
ETRF 111
ETRF
外部クロック
モード 2
CK_INT
内部クロック
モード
CC2P
ICF[3:0]
TIMx_CCMR1
0
又は
0xx
TIMx_CCER
( 内部クロック )
ECE SMS[2:0]
TIMx_SMCR
一例 と し て、 ア ッ プ カ ウ ン タ が TI2 入力の立上 り エ ッ ジ で カ ウ ン ト を行 う 構成は、次のよ う
に設定 し ます。
注意 :
1.
TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の CC2S=01 と する こ と で、 チ ャ ネル 2 が TI2 入力の立上 り エ ッ
ジ を検出する よ う に設定 し ます。
2.
TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の IC2F[3:0] ビ ッ ト への書込みで、 入力 フ ィ ル タ の応答時間を設
定 し ます。 (フ ィ ル タ を使用 し ない と き には、 IC2F=0000 と し てお き ます。)
3.
4.
TIMx_CCER レ ジ ス タ の CC2P=0 を書込み、 立上 り エ ッ ジ極性を選択 し ます。
TIMx_SMCR レ ジ ス タ の SMS=111 を書込み、 タ イ マ を外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 1 に設定
し ます。
5.
TIMx_SMCR レ ジ ス タ の TS=110 を書込み、 ト リ ガ入力 と し て TI2 を選択 し ます。
6.
TIMx_CR1 レ ジ ス タ の CEN=1 を書込み、 カ ウ ン タ を イ ネーブル と し ます。
キャプチャ ・ プリスケーラはトリガとして使用されませんので、 これに関する設定は不要です。
TI2 の立上りエッジが生じたとき、 カウンタは 1 カウントを行い、 TIF フラグがセットされます。
TI2 の立上 り エ ッ ジか ら 実際のカ ウ ン タ ・ ク ロ ッ ク ま での間には、 TI2 入力の再同期回路に
起因する遅延が生 じ ます。
図 70.
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 1 の制御回路
TI2
CNT_EN
カウンタ・クロック = CK_CNT = CK_PSC
カウンタ・レジスタ
34
35
36
TIF
TIF=0 書込み
232/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
外部ク ロ ッ ク ・ モー ド 2
こ のモー ド は TIM1_SMCR レ ジ ス タ の ECE=1 と する こ と で選択 さ れます。
カウンタは外部トリガ入力 ETR の立上りもしくは立下りエッジごとにカウントを行います。
図 71 には外部 ト リ ガ入力ブ ロ ッ クの概要が図示 さ れています。
図 71.
外部 ト リ ガ入力ブ ロ ッ ク
又は
ETR ピ ン
ETR
0
1
分周回路
/1, /2, /4, /8
ETRP
フィルタ
ダウンカウンタ
fDTS
TI2F
TI1F
又は
エンコーダ
モード
又は
TRGI
外部クロック
モード 1
CK_PSC
ETRF
外部クロック
モード 2
CK_INT
内部クロック
モード
( 内部 ク ロ ッ ク )
ETP
TIMx_SMCR
ETPS[1:0]
ETF[3:0]
TIMx_SMCR
TIMx_SMCR
ECE SMS[2:0]
TIMx_SMCR
一例 と し て、 ア ッ プ カ ウ ン タ が ETR の 2 個の立上 り エ ッ ジ ご と に 1 回カ ウ ン ト を行 う 構成
は、 次のよ う に設定 し ます。
1.
こ の例では フ ィ ル タ は必要 と さ れませんので、 TIMx_SMCR レ ジ ス タ の ETF[3:0] に
0000 を書込みます。
2.
TIMx_SMCR レ ジ ス タ の ETPS[1:0]=01 と する こ と で、 プ リ スケー ラ の設定を行います。
3.
TIMx_SMCR レ ジ ス タ の ETP=0 と し 、 ETR ピ ン で立上 り エ ッ ジ を検出する よ う に設定
し ます。
4.
TIMx_SMCR レ ジ ス タ の ECE=1 を書込み、 外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 を有効 と し ます。
5.
TIMx_CR1 レ ジ ス タ の CEN=1 を書込み、 カ ウ ン タ を イ ネーブル と し ます。
カ ウ ン タ は 2 個の立上 り エ ッ ジ ご と に 1 回カ ウ ン ト 動作を行います。
ETR の立上 り エ ッ ジか ら実際のカ ウ ン タ ・ ク ロ ッ ク ま での間には、 ETRP 入力の再同期回路
に起因する遅延が生 じ ます。
図 72.
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 の制御回路
fCK_INT
CNT_EN
ETR
ETRP
ETRF
カウンタ・クロック = CK_CNT = CK_PSC
カウンタ・レジスタ
34
Rev 5 -日本語版
35
36
233/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
12.3.5
RM0008
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネルは、 キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ (シ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ を含む)、
入力ス テージ (デジ タ ル ・ フ ィ ル タ 、 マルチ プ レ クサ、 プ リ スケー ラ )、 と 出力ス テージ
(比較回路、 出力制御) か ら構成 さ れています。
図 73 から図 76 には、 キャプチャ / 比較チャネル (1 チャネル) の概要が図示されています。
入力ス テージは対応する TIx 入力信号をサン プル し 、 フ ィ ル タ リ ン グ を行 っ た TIxF 信号を
生成 し ます。 次に、 エ ッ ジ検出回路 と 極性選択回路が、 ス レーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラ
への ト リ ガ入力 も し く はキ ャ プ チ ャ ・ コ マ ン ド と し て使用 さ れる信号 (TIxFPx) を生成 し ま
す。 こ の信号はプ リ スケー ラ を通 し て (ICxPS) キ ャ プ チ ャ ・ レ ジ ス タ に渡 さ れます
図 73.
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル (例 : チ ャ ネル 1 入力ス テージ)
TI1F_ED
スレーブ・モード・コントローラへ
TI1
fDTS
TI1F_Rising
TI1F
フィルタ
ダウンカウンタ
エッジ
検出回路
0
TI1FP1
01
TI1F_Falling
1
CC1P
ICF[3:0]
TIMx_CCMR1
TIMx_CCER
TI2F_rising
0
( チャネル 2 から )
TI2F_falling
1
( チャネル 2 から )
TI2FP1
10
IC1
IC1PS
分周回路
/1, /2, /4, /8
TRC
11
( スレーブ・モード・
コントローラから )
CC1S[1:0] ICPS[1:0]
CC1E
TIMx_CCMR1
TIMx_CCER
出力ス テージは OCxREF (ア ク テ ィ ブ ・ ハイ) と し て使用 さ れる中間波形を生成 し ます。
信号の極性は最終出力に影響を与え ます。
図 74.
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル 1 メ イ ン回路
APB バス
read CCR1H S
read CCR1L
high
8
read_in_progress
CC1S[0]
IC1PS
write_in_progress
キャプチャ/ 比較・プリロード
input
mode
S write CCR1H
R
R
output
mode
compare_transfer
capture_transfer
CC1S[1]
8
low
(if 16-bit)
MCU - ペリフェラル・インタフェース
write CCR1L
CC1S[1]
CC1S[0]
OC1PE
キャプチャ/ 比較シャドウ
UEV
capture
CC1E
比較回路
OC1PE
TIM1_CCMR1
( タイムベース・
ユニットから )
CNT>CCR1
カウンタ
CC1G
CNT=CCR1
TIM1_EGR
234/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
図 75.
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル (チ ャ ネル 1 - 3) の出力ス テージ
ETR
0
‘0’
OC1_DT
CNT>CCR1
出力モード OC1REF
CNT=CCR1 コントローラ
デッドタイム
生成回路
x0
10
1
11
CC1P
出力
イネーブル
回路
OC1
出力
イネーブル
回路
OC1N
TIM1_CCER
OC1N_DT
11
0
10
‘0’
0x
1
CC1NE CC1E TIM1_CCER
OC1CE OC1M[2:0]
TIM1_CCMR1
図 76.
DTG[7:0]
TIM1_BDTR
CC1NE CC1E
TIM1_CCER
CC1NP MOE OSSI OSSR TIM1_BDTR
TIM1_CCER
キ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル (チ ャ ネル 4) の出力ス テージ
ETR
マスタ・モード・
コントローラへ
0
1
出力
イネーブル
回路
OC4
CC4P
CNT > CCR4
出力モード OC4 REF
CNT = CCR4 コントローラ
TIM1_CCER
CC4E TIM1_CCER
OC2M[2:0]
MOE OSSI TIM1_BDTR
TIM1_CCMR2
OIS4 TIM1_CR2
キ ャ プ チ ャ / 比較ブ ロ ッ ク は 1 個のプ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ と 1 個のシ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ で
構成 さ れています。 ソ フ ト ウ ェ アか らの読書きのア ク セスは常にプ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ に
対 し て行われます。
キ ャ プ チ ャ ・ モー ド では、 キ ャ プ チ ャ動作は実際にはシ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ で行われ、 その
値がプ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ に コ ピー さ れます。
比較モー ド では、 プ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ の内容がシ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ に コ ピー さ れ、 こ れ
がカ ウ ン タ と の比較動作に使われます。
Rev 5 -日本語版
235/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
12.3.6
RM0008
入力キ ャ プ チ ャ ・ モー ド
入力キ ャ プ チ ャ ・ モー ド では、 対応する ICx 信号の変化が検出 さ れた と き に カ ウ ン タ の値
を ラ ッ チする ために、 キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ (TIMx_CCRx) が使用 さ れます。 キ ャ プ
チ ャが発生する と 、 TIMx_SR レ ジ ス タ の 対応する CCxIF フ ラ グがセ ッ ト さ れ、 リ ク エ ス ト
発生が許可 さ れていれば、 割込み リ ク エ ス ト も し く は DMA リ ク エ ス ト が発生 し ます。
CCxIF フ ラ グがすでにセ ッ ト さ れている と き にキ ャ プ チ ャ 動作が発生する と 、 TIMx_SR レ
ジ ス タ のオーバキ ャ プ チ ャ ・ フ ラ グ CCxOF がセ ッ ト さ れます。 CCxIF フ ラ グは ソ フ ト
ウ ェ ア で こ のビ ッ ト に 0 を書込むか、 も し く は TIMx_CCRx レ ジ ス タ の内容を読出す
(16bit レ ジ ス タ の場合には下位バイ ト の読出 し ) こ と で ク リ ア さ れます。 CCxOF の ク リ ア
は、 こ のビ ッ ト に 0 を書込む こ と で行います。
次の例は、 TI1 入力が立上が っ た と き に、 カ ウ ン タ の値を TIMx_CCR1 にキ ャ プ チ ャ する も
のです。 こ のためには次のよ う に操作 し ます。
•
有効な入力を選択 し ます。 TIMx_CCR1 は TI1 入力 と リ ン ク さ れていなければな ら ず、
こ のためには TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の CC1S ビ ッ ト に 01 を書込みます。 CC1S の値
が 00 か ら変化する と 、 チ ャ ネルは入力用に構成 さ れ、 TIMx_CCR1 レ ジ ス タ は読出 し
専用 と な り ます。
•
入力 フ ィ ル タ で タ イ マに接続 さ れる信号に応 じ て必要な応答時間を設定 し ます。
(TIMx_CCMRx レ ジ ス タ の ICxF ビ ッ ト ) 入力信号が反転 し た と き、 最大で内部 ク ロ ッ
ク の 5 サイ クルの間、 信号が安定 し ない と 想定 し てみます。 こ の場合、 フ ィ ル タ の応
答時間 と し て 5 ク ロ ッ ク ・ サイ クルを超え る長 さ を指定 し なければな り ません。 一例
と し て、 連続 し た 8 個の入力サン プル値が新 し い値を持っ てい る と き に、 TI1 で有効
な変化があ っ た と する こ と がで き ます。 こ れを設定する には、 TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ
の IC1F ビ ッ ト に 0011 を書込みます。 ( こ の場合、 fDTS 周波数に よ るサン プル)
•
TI1 チ ャ ネルの変化で ア ク テ ィ ブ と さ れる エ ッ ジ を選択 し ます。 こ のためには、
TIMx_CCER レ ジ ス タ の CC1P ビ ッ ト に 0 を書込みます。 ( こ の場合、 立上 り エ ッ ジの
選択)
•
入力プ リ スケー ラ を設定 し ます。 今回の例では有効な信号変化ご と にキ ャ プ チ ャ を行
いますので、 プ リ スケー ラ は無効 と し ます。 (TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の IC1PS ビ ッ ト
に 00 を書込みます。)
•
カ ウ ン タ か ら キ ャ プ チ ャ ・ レ ジ ス タ へのキ ャ プ チ ャ ・ モー ド を イ ネーブル と し ます。
こ れには、 TIMx_CCER レ ジ ス タ の CC1E ビ ッ ト を セ ッ ト し ます。
•
必要な ら ば、 関連する割込み リ ク エ ス ト を許可状態 と する ために TIMx_DIER レ ジ ス タ
の CC1IE の設定を行 う か、 DMA リ ク エ ス ト のために TIMx_DIER レ ジ ス タ の CC1DE レ
ジ ス タ の設定を行います。
入力キ ャ プ チ ャ 動作が行われる と 、
•
ア ク テ ィ ブ な信号変化で、 TIMx_CCR1 レ ジ ス タ にはカ ウ ン タ の値が格納 さ れます。
•
CC1IF フ ラ グ (割込み リ ク エ ス ト ) がセ ッ ト さ れます。 フ ラ グが ク リ ア さ れていない
状態で 2 回目以降のキ ャ プ チ ャ が発生する と CC1OF ビ ッ ト も同時にセ ッ ト さ れます。
•
CC1IE ビ ッ ト の設定に応 じ て、 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
•
CC1DE ビ ッ ト の設定に応 じ て、 DMA リ ク エ ス ト が発生 し ます。
オーバキ ャ プ チ ャの対応では、 オーバキ ャ プ チ ャ ・ フ ラ グの読出 し 前にデー タ を読出すよ
う に し て く だ さ い。 こ れに よ り 、 フ ラ グ読出 し 後、 デー タ 読出 し 前に発生 し 得る オーバ
キ ャ プ チ ャの見落 と し を避け る こ と がで き ます。
注意 :
236/720
TIMx_EGR レ ジス タ の対応する CCxG ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で、 IC 割込み リ ク エス ト と
DMA リ ク エス ト の一方、 も し く は両方を ソ フ ト ウ ェ ア で発生 さ せる こ と がで き ます。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
12.3.7
PWM 入力モー ド
こ のモー ド は、 入力キ ャ プ チ ャの特別な応用例です。 操作手順は入力キ ャ プ チ ャ ・ モー ド
と 同様ですが、 以下の点が異な っ ています。
•
2 個の ICx 信号が同 じ TIx 入力に配置 さ れます。
•
こ の 2 個の ICx 信号は、 ア ク テ ィ ブ エ ッ ジが逆の極性に設定 さ れます。
•
2 個の TIxFP 信号の一方が ト リ ガ入力 と し て選択 さ れ、 ス レーブ ・ モー ド ・ コ ン ト
ロー ラ が リ セ ッ ト ・ モー ド に設定 さ れます。
一例 と し て、 TI1 上の PWM 信号の周期 (TIMx_CCR1 レ ジ ス タ ) と デ ュ ーテ ィ サイ ク ル
(TIMx_CCR2 レ ジ ス タ ) を測定する もの と し ます。 こ の と き には、 以下の操作手順を実行
し ます。 (手順は CK_INT 周波数 と プ リ スケー ラの値に よ っ て、 若干異な る こ と があ り ま
す。)
•
TIMx_CCR1 のア ク テ ィ ブ な入力を選択 し ます。 こ こ では、 TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の
CC1S ビ ッ ト に 01 を書込みます。 (TI1 を選択)
•
TI1FP1 のア ク テ ィ ブ な極性を選択 し ます。 (TIMx_CCR1 キ ャ プ チ ャ と カ ウ ン タ ク リ ア
の両方に使用 し ます。) こ れには CC1P ビ ッ ト に 0 を書込みます。 (立上 り エ ッ ジ)
•
TIMx_CCR2 のア ク テ ィ ブ な入力を選択 し ます。 こ こ では、 TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の
CC2S ビ ッ ト に 10 を書込みます。 (TI1 を選択)
•
TI1FP2 のア ク テ ィ ブ な極性を選択 し ます。 (TIMx_CCR2 のキ ャ プ チ ャ に使用 し ます。)
こ れには CC2P ビ ッ ト に 1 を書込みます。 (立下 り エ ッ ジ)
•
有効な ト リ ガ入力を選択 し ます。 こ こ では、 TIMx_SMCR レ ジ ス タ の TS ビ ッ ト に 101
を書込みます。 (TI1FP1 を選択)
•
ス レ ーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラ を リ セ ッ ト ・ モー ド と し ます。 こ れには、
TIMx_SMCR レ ジ ス タ の SMS ビ ッ ト を 100 と し ます。
•
キ ャ プ チ ャ 動作を開始 し ます。 こ れには、 TIMx_CCER レ ジ ス タ の CC1E ビ ッ ト と
CC2E ビ ッ ト に 1 を書込みます。
図 77.
PWM 入力モー ド の タ イ ミ ン グ
TI1
TIMx_CNT
0004
0000
0001
0002
TIMx_CCR1
0004
TIMx_CCR2
0002
0003
0004
IC1 キャプチャ
IC2 キャプチャ
IC2 キャプチャ
パルス幅測定
0000
IC1 キャプチャ
周期測定
カウンタリセット
ai15413
Rev 5 -日本語版
237/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
12.3.8
RM0008
出力強制駆動モー ド
こ のモー ド (TIMx_CCMRx レ ジ ス タ の CCxS=00) では、 各出力比較信号 (OCxREF 及び
OCx/OCxN) は ソ フ ト ウ ェ アに よ っ て強制的にア ク テ ィ ブ、 イ ン ア ク テ ィ ブのいずれかの
状態 と さ れます。 こ れは出力比較レ ジ ス タ と カ ウ ン タ の間の比較動作 と はかかわ り な く 行
われます。
出力比較信号 (OCxREF/OCx) を強制的にア ク テ ィ ブ レ ベル と する には、 対応する
TIMx_OCMRx レ ジ ス タ の OCxM ビ ッ ト に 101 を書込みます。 こ れに よ り 、 OCxREF はハイ
レ ベル (OCxREF は常にア ク テ ィ ブ ・ ハイ です) と な り 、 OCx は CCxP 極性ビ ッ ト と 逆の
レ ベル と な り ます。
つま り 、 CCxP=0 (OCx ア ク テ ィ ブ ・ ハイ) => OCx はハイ レ ベル と な り ます。
TIMx_CCMRx レ ジ ス タ の OCxM ビ ッ ト に 100 を書込む こ と で、 OCxREF 信号を ローレ ベル
と する こ と がで き ます。
こ の間、 TIMx_CCRx シ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ と カ ウ ン タ の比較は実行 さ れてお り 、 こ れに よ る
フ ラ グのセ ッ ト は行われます。 フ ラ グの状態に よ っ ては割込み リ ク エ ス ト や DMA リ ク エ
ス ト が発生する こ と も あ り ます。 こ れに関 し ては、 次の出力比較モー ド のセ ク シ ョ ン に記
さ れています。
12.3.9
出力比較モー ド
こ のモー ド は出力波形を制御する場合や、 一定時間が経過 し た こ と を表示する場合に使用
さ れます。
キ ャ プ チ ャ / 比較レ ジ ス タ と カ ウ ン タ の値が一致 し た と き、 出力比較は次のよ う に働き ま
す。
•
対応する出力ピ ン に、 プ ロ グ ラ ムで設定 さ れている、 出力比較モー ド と し ての値
(TIMx_CCMRx レ ジ ス タ の OCxM ビ ッ ト ) と 出力極性 (TIMx_CCER レ ジ ス タ の OCxP
ビ ッ ト ) を適用 し た信号を出力 し ます。 値が一致 し た と き に出力ピ ンは、 固定レ ベル
を維持 (OCxM=000)、 ア ク テ ィ ブ レ ベルにセ ッ ト (OCxM=001)、 イ ン ア ク テ ィ ブ レ ベ
ルにセ ッ ト (OCxM=010)、 反転 (OCxM=011) な どの状態 と する こ と がで き ます。
•
割込みス テー タ ス ・ レ ジ ス タ の フ ラ グ を セ ッ ト し ます。 (TIMx_SR レ ジ ス タ の CCxIF
ビッ ト)
•
対応する割込み リ ク エ ス ト の許可ビ ッ ト (TIMx_DIER レ ジ ス タ の CCxIE ビ ッ ト ) が
セ ッ ト さ れていれば、 割込み リ ク エ ス ト が発生 し ます。
•
対応する DMA リ ク エ ス ト の許可ビ ッ ト (TIMx_DIER レ ジ ス タ の CCxDE ビ ッ ト ) が
セ ッ ト さ れていれば、 DMA リ ク エ ス ト が発生 し ます。 (DMA リ ク エ ス ト の選択には、
TIMx_CR2 レ ジ ス タ の CCDS ビ ッ ト が使われます。)
TIMx_CCRx レ ジ ス タ の設定において プ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ が使用 さ れるか否かは
TIMx_OCMRx レ ジ ス タ の OCxPE ビ ッ ト で指示で き ます。
出力比較モー ド では、 更新イ ベン ト UEV は OCxREF 及び OCx 出力には影響を与え ません。
タ イ ミ ン グの分解能はカ ウ ン タ の 1 カ ウ ン ト 分 と な り ます。 出力比較モー ド は 1 個のパル
ス を発生 さ せる (単一パルス発生モー ド ) ために使用する こ と も で き ます。
238/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
操作手順 :
1.
カ ウ ン タ ・ ク ロ ッ ク を選択 し ます。 (内部、 外部、 プ リ スケー ラ)
2.
TIMx_ARR レ ジ ス タ と TIMx_CCRx レ ジ ス タ に希望のデー タ を書込みます。
3.
割込み リ ク エ ス ト の発生が必要であれば、 CCxIE ビ ッ ト を セ ッ ト し ます。
4.
5.
出力モー ド を下の例のよ う に選択 し ます。
-
OCxM = 011 を書込み、 CNT と CCRx が一致 し た と き に OCx 出力ピ ン を反転 さ せ
ます。
-
OCxPE = 0 を書込み、 プ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ の使用を行わない状態 と し ます。
-
CCxP = 0 を書込み、 極性 と し て ア ク テ ィ ブ ・ ハイ を選択 し ます。
-
CCxE = 1 を書込み、 出力を イ ネーブル と し ます。
カ ウ ン タ の動作を開始する には、 TIMx_CR1 レ ジ ス タ の CEN ビ ッ ト を セ ッ ト し ます。
プ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ が使用 さ れていません (OCxPE=0) ので、 TIMx_CCRx レ ジ ス タ は出力
波形を制御する ため ソ フ ト ウ ェ ア で常時変更がで き ます。 (OCxPE=1 の時には次の更新イ
ベ ン ト UEV でのみシ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ が変更 さ れます。) タ イ ミ ン グの一例は図 78 に示
さ れます。
図 78.
出力比較モー ド 、 OC1 出力の ト グル
CC1R レジスタに B201h を書込み
TIM1_CNT
TIM1_CCR1
0039
003A
003B
003A
B200
B201
B201
oc1ref=OC1
CCR1 で一致検出
禁止されていなければ、割込みリクエストが発生
Rev 5 -日本語版
239/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
12.3.10
RM0008
PWM モー ド
パルス幅変調 (PWM) モー ド では、 周波数が TIMx_ARR レ ジ ス タ で定ま り 、 デ ュ ーテ ィ 比が
TIMx_CCRx レ ジ ス タ で指定 さ れる信号を生成する こ と がで き ます。
PWM モー ド は、 個々のチ ャ ネル (OCx 出力ご と に PWM 1 波形) で、 TIMx_CCMRx レ ジ ス
タ の OCxM ビ ッ ト に 110 (PWM モー ド 1) や 111 (PWM モー ド 2) を書込む こ と で、 独自
に選択する こ と がで き ます。 こ の と き、 TIMx_CCMRx レ ジ ス タ の OCxPE ビ ッ ト を セ ッ ト す
る こ と で対応する チ ャ ネルのプ リ ロー ド 機能を有効 と し てお く こ と が必要 と さ れます。 ま
た、 ア ッ プ カ ウ ン ト ・ モー ド やセ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド では、 TIMx_CR1 レ ジ ス タ の
ARPE ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で、 自動再ロード ・ プ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ も 有効に し てお
く 必要 も 生 じ ます。
プ リ ロー ド ・ レ ジ ス タ の内容は、 更新イ ベン ト が発生 し た と き にのみシ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ
に コ ピー さ れる ため、 カ ウ ン タ を ス タ ー ト する前に、 TIMx_EGR レ ジ ス タ の UG ビ ッ ト の
セ ッ ト で、 すべてのレ ジ ス タ を初期化 し てお く こ と が必要 と さ れます。
OCx 信号がア ク テ ィ ブ ・ ハイ であ るか、 ア ク テ ィ ブ ・ ローであ るかの極性は、 TIMx_CCER
レ ジ ス タ の CCxP ビ ッ ト を使用 し て、 ソ フ ト ウ ェ ア で指定する こ と がで き ます。 OCx 出力
は ブ レ ー ク機能が組み込まれていない場合には、 TIMx_CCER レ ジ ス タ の CCxE ビ ッ ト に
よ っ て イ ネーブル と さ れます。 ブ レ ー ク 機能を有する と き には、 (TIMx_CCER レ ジ ス タ と
TIMx_BDTR レ ジ ス タ の) CCxE、 CCxNE、 MOE、 OSSI 及び OSSR ビ ッ ト の組合わせに よ っ
て指示 さ れます。 詳細は TIMx_CCERx レ ジ ス タ の説明を お読み く だ さ い。
PWM モー ド (1 及び 2) では、 TIMx_CCRx ≦ TIMx_CNT か TIMx_CNT ≦ TIMx_CCRx かを判
別する (カ ウ ン ト の方向に依存 し ます) ため、 TIMx_CNT と TIMx_CCRx は常時比較 さ れま
す。
タ イ マは PWM を エ ッ ジ ア ラ イ ン ・ モー ド と セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド のいずれかで生成
する こ と がで き、 こ れは TIMx_CR1 レ ジ ス タ の CMS ビ ッ ト で指定 し ます。
240/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
PWM エ ッ ジ ア ラ イ ン ・ モー ド
•
ア ッ プ カ ウ ン ト 構成
TIMx_CR1 レ ジ ス タ の DIR ビ ッ ト がローの と き には、 ア ッ プ カ ウ ン ト 動作がア ク テ ィ
ブ と な っ ています。 ア ッ プ カ ウン ト ・ モー ド (220 ページ) を参照 し て く だ さ い。
以下の例では PWM モー ド 1 を想定 し ます。 PWM 基準信号 OCxREF は
TIMx_CNT < TIMx_CCRx の間はハイ レ ベルに、 他の場合にはローレ ベル と な り ます。
TIMx_CCRx の比較値が自動再ロー ド 値 (TIMx_ARR レ ジ ス タ の値) よ り 大き い場合には、
OCxREF は 1 を保ち、 比較値が 0 の と き には OCxREF は 0 を保ち ます。 図 79 は
TIMx_ARR=8 の時のエ ッ ジ ア ラ イ ン PWM 波形の例を示 し ています。
図 79.
エ ッ ジ ア ラ イ ン PWM 波形 (ARR=8)
カウンタ・レジスタ
CCRx=4
0
1
2
3
4
5
6
7
8
0
1
OCXREF
CCxIF
OCXREF
CCRx=8
CCxIF
OCXREF ‘1’
CCRx>8
CCxIF
OCXREF ‘0’
CCRx=0
CCxIF
•
ダウ ン カ ウ ン ト 構成
TIMx_CR1 レ ジ ス タ の DIR ビ ッ ト がハイの と き には、 ダウ ン カ ウ ン ト がア ク テ ィ ブ と
な っ ています。 ダウン カ ウン ト ・ モー ド (223 ページ) の説明を参照 し て く だ さ い。
PWM モー ド 1 では、 基準信号 OCxREF は TIMx_CNT > TIMx_CCRx の間はローレ ベル と
な り 、 他の場合にはハイ レ ベル と な り ます。 比較値 TIMx_CCRx が TIMx_ARR レ ジ ス タ
の自動再ロー ド 値よ り 大き な と き には、 OCxREF は 1 を保ち ます。 こ のモー ド では
デ ュ ーテ ィ 比 0 % の PWM 信号を生成する こ と はで き ません。
PWM セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド
セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド は TIMx_CR1 レ ジ ス タ の CMS ビ ッ ト が 00 ではない と き にア ク
テ ィ ブ と な り ます。 (OCxREF/OCx 信号に関 し ては、 他の設定はすべて同 じ 効果を持 っ て
います。) CMS ビ ッ ト の設定に応 じ て、 カ ウ ン タ がカ ウ ン ト ア ッ プ を行 っ ている と き、 カ
ウ ン ト ダウ ン を行っ てい る と き、 その両方の と き、 比較 フ ラ グがセ ッ ト さ れます。
TIMx_CR1 レ ジ ス タ の方向ビ ッ ト (DIR) はハー ド ウ ェ アに よ っ て更新 さ れてお り 、 ソ フ ト
ウ ェ ア で値を変更する こ と はで き ません。 セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド (ア ッ プ / ダウ ン カ
ウン ト ) (226 ページ) を参照 し て く だ さ い。
図 80 は次の条件の例で、 セ ン タ ーア ラ イ ン PWM 波形を示 し ています。
•
TIMx_ARR=8
•
PWM モー ド は PWM モー ド 1
•
TIMx_CR1 レ ジ ス タ の CMS=01 で選択 さ れる セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド 1 に対応 し て、
カ ウ ン タ がカ ウ ン ト ダウ ンの と き に フ ラ グがセ ッ ト さ れます。
Rev 5 -日本語版
241/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
図 80.
RM0008
セ ン タ ーア ラ イ ン PWM 波形 (ARR=8)
カウンタレジスタ
0
1
2
3
4
5
6
7
8
7
6
5
4
3
2
1
0
1
OCxREF
CCRx = 4
CMS=01
CMS=10
CMS=11
CCxIF
OCxREF
CCRx = 7
CMS=10 or 11
CCxIF
OCxREF
'1'
CCRx = 8
CMS=01
CMS=10
CMS=11
CCxIF
OCxREF
'1'
CCRx > 8
CMS=01
CMS=10
CMS=11
CCxIF
OCxREF
'0'
CCRx = 0
CCxIF
CMS=01
CMS=10
CMS=11
ai14681
セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド を使用する際に、
•
セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド を ス タ ー ト する と き には、 ア ッ プ ・ ダウ ン設定が使用 さ れ
ます。 カ ウ ン タ は TIMx_CR1 レ ジ ス タ の DIR ビ ッ ト に書込まれてい る値に応 じ て、 カ
ウ ン ト ア ッ プ、 カ ウ ン ト ダウ ン を実行 し ます。 さ ら に、 DIR ビ ッ ト と CMS ビ ッ ト は
ソ フ ト ウ ェ ア で同時に変更する こ と はで き ません。
•
セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド で動作中のカ ウ ン タ への書込みは、 予期 し ない結果を招 く
こ と があ る ため好ま し く あ り ません。 特に、
•
242/720
-
自動再ロー ド 値よ り 大き な値を カ ウ ン タ に書込んだ場合 (TIMx_CNT > TIMx_ARR)
には、 方向は更新 さ れません。 カ ウ ン ト ア ッ プ中であれば、 カ ウ ン タ はその動作
を続けます。
-
カ ウ ン タ に 0 も し く は TIMx_ARR 値を書込んだ と き には、 方向が更新 さ れます
が、 更新イ ベ ン ト UEV は発生 し ません。
セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド を使用する確実な方法は、 カ ウ ン タ を ス タ ー ト する直前に
TIMx_EGR レ ジ ス タ の UG ビ ッ ト を セ ッ ト し て ソ フ ト ウ ェ ア で更新イ ベン ト を発生 さ
せ、 動作中はカ ウ ン タ への書込みを行わない こ と です。
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
12.3.11
相補出力 と デ ッ ド タ イ ム挿入
高機能制御 タ イ マ TIM1 と TIM8 は 2 本の相補信号を出力する こ と がで き、 出力におけ る ス
イ ッ チ ン グ ・ オ ン と ス イ ッ チ ン グ ・ オ フ 動作を管理する こ と がで き ます。
こ の時間は通常デ ッ ド タ イ ム と 称 さ れている もので、 出力に接続 さ れているデバイ ス と そ
の特性 (レ ベルシ フ タ の伝播遅延、 パワース イ ッ チにおけ る遅延、 な ど) に応 じ て調整す
る こ と がで き ます。
出力 (主出力 OCx 及び補助出力 OCxN) の極性は、 出力ご と に独自に設定する こ と がで き
ます。 こ れは TIMx_CCER レ ジ ス タ の CCxP ビ ッ ト 及び CCxNP ビ ッ ト への書込みで指定 し
ます。
相補信号 OCx 及び OCxN は、 TIMx_CCER レ ジ ス タ の CCxE ビ ッ ト 及び CCxNE ビ ッ ト 、
TIMx_BDTR レ ジ ス タ と TIMxCR2 レ ジ ス タ の MOE ビ ッ ト 、 OISx ビ ッ ト 、 OISxN ビ ッ ト 、
OSSI ビ ッ ト 及び OSSR ビ ッ ト と い っ た複数の制御ビ ッ ト の組み合わせで有効化 さ れます。
詳細は表 54: ブ レー ク機能を も つ相補出力 OCx 及び OCxN チ ャ ネルの出力制御ビ ッ ト
(275 ページ) を参照 し て く だ さ い。 特に、 IDLE 状態に切替わる と き (MOE が 0 にな る と
き) にデ ッ ド タ イ ムが挿入 さ れます。
デ ッ ド タ イ ム挿入は CCxE ビ ッ ト と CCxNE ビ ッ ト の両方がセ ッ ト さ れてお り 、 ブ レー ク
回路が組込まれている場合には、 さ ら に MOE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている と き に イ ネーブ
ル と な り ます。 個々のチ ャ ネルは 10 ビ ッ ト のデ ッ ド タ イ ム生成回路を も っ ています。 こ
の回路は基準波形 OCxREF か ら 2 種の出力 OCx と OCxN を生成 し ます。 OCx と OCxN が
ア ク テ ィ ブ ・ ハイの時には、
•
OCx 出力信号は、 立上 り エ ッ ジが基準波形の立上 り エ ッ ジか ら 遅れてい る点を除け
ば、 基準信号 と 同 じ です。
•
OCxN 出力信号は、 立上 り エ ッ ジが基準波形の立下 り エ ッ ジか ら遅れてい る点を除け
ば、 基準信号を反転 さ せた波形 と 同 じ です。
遅延時間がア ク テ ィ ブ な出力 OCx 及び OCxN のパルス幅よ り 大き な時には、 対応するパ
ルスは生成 さ れません。
以下の図はデ ッ ド タ イム生成回路の出力信号 と 基準信号 OCxREF と の関係を示 し ていま
す。 (例では、 CCxP=0、 CCxNP=0、 MOE=1、 CCxE=1 及び CCxNE=1 を想定 し ています。)
図 81.
デ ッ ド タ イ ム挿入のあ る相補出力
OCxREF
OCx
遅延
OCxN
遅延
図 82.
負のパルス よ り 長い遅延があ る と きのデ ッ ド タ イ ムの波形
OCxREF
OCx
遅延
OCxN
Rev 5 -日本語版
243/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
図 83.
RM0008
正のパルス よ り 長い遅延があ る と きのデ ッ ド タ イ ムの波形
OCxREF
OCx
OCxN
遅延
デ ッ ド タ イ ム遅延時間はチ ャ ネル間で共通で、 ソ フ ト ウ ェ アか ら TIMx_BDTR レ ジ ス タ の
DTG ビ ッ ト で指定で き ます。 遅延時間の計算式に関 し ては セ ク シ ョ ン 12.4.18: ブ レー ク /
デ ッ ド タ イムレ ジス タ (TIMx_BDTR) (279 ページ) に記 さ れています。
OCxREF 信号から OCx 及び OCxN へ
出力モー ド (強制駆動、 出力比較、 PWM) では、 OCxREF 信号が OCx 出力 と OCxN 出力に
送 られますが、 こ の出力は TIMx_CCER レ ジ ス タ の CCxE ビ ッ ト 及び CCxNE ビ ッ ト で設定
さ れます。
こ の設定で、 一方の出力に特定の波形 (PWM も し く はア ク テ ィ ブ レ ベルに固定) を出力
し 、 他方を イ ン ア ク テ ィ ブ レ ベルに固定する こ と も可能です。 他の例 と し ては、 両方の出
力を イ ン ア ク テ ィ ブ レ ベル と する場合や、 両方をデ ッ ド タ イ ムを有する有効な相補出力 と
する こ と がで き ます。
注意 :
OCxN のみがイ ネーブル と さ れた (CCxE=0、 CCxNE=1) 場合、 こ の出力は相補的ではな く 、
OCxREF がハイ レ ベル と な る と 、 出力はア ク テ ィ ブ と な り ます。 例えば、 CCxNP=0 であれ
ば OCxN=OCxREF と な り ます。 他方、 OCx と OCxN の両方がイ ネーブル と さ れた
(CCxE=CCxNE=1) と き には、 こ れらは相補的で、 OCxREF がハイ レ ベルにな る と OCx はア
ク テ ィ ブ と な り 、 OCxREF がローレ ベル と な る と OCxN はア ク テ ィ ブ と な り ます。
12.3.12
ブ レー ク 機能の利用
ブ レー ク 機能を使用する と き、 出力イ ネーブル信号 と イ ン ア ク テ ィ ブ レ ベルは追加 さ れた
制御ビ ッ ト (TIMx_BDTR レ ジ ス タ の MOE、 OSSI、 OSSR、 及び TIMxCR2 レ ジ ス タ の
OISxN ビ ッ ト ) に よ っ て任意に設定する こ と がで き ます。 ただ し 、 OCx と OCxN 出力は両
方を同時にア ク テ ィ ブ レ ベル と する こ と はで き ません。 詳細は表 54: ブ レー ク機能を も つ
相補出力 OCx 及び OCxN チ ャ ネルの出力制御ビ ッ ト (275 ページ) を参照 し て く だ さ い。
ブ レー ク の要因 と な る信号はブ レー ク入力ピ ン も し く は リ セ ッ ト ・ ク ロ ッ ク ・ コ ン ト ロー
ラ (RCC) の ク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ シ ス テム (CSS) か ら 発せ ら れる ク ロ ッ ク 異常イ ベ ン ト
です。 ク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ テ ィ シ ス テムの詳細は セ ク シ ョ ン 6.2.7: ク ロ ッ ク ・ セキ ュ リ
テ ィ シス テム (CSS) (78 ページ) を参照 し て く だ さ い。
リ セ ッ ト が解除 さ れた と き、 ブ レー ク回路はデ ィ セーブル状態で MOE ビ ッ ト はローレ ベ
ル と な っ ています。 TIMx_BDTR レ ジ ス タ の BKE ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で、 ブ レ ー ク機
能を有効 と する こ と がで き ます。 ブ レ ー ク 入力の極性は同 じ レ ジ ス タ の BKP ビ ッ ト で指
定で き ます。 BKE ビ ッ ト と BKP ビ ッ ト は常時変更が可能です。
MOE の立下 り エ ッ ジは任意の時点で生 じ る ため、 実際に出力に影響を与え る信号 と
(TIMx_BDTR レ ジ ス タ から ア ク セス で き る) 同期制御ビ ッ ト の間に、 再同期回路がおかれ
ています。 こ のため、 ローレ ベルの MOE に 1 を書込 も う と し た と き、 こ れを正 し く 読出
すには所定の遅延 (ダ ミ ー命令) を おかねばな り ません。 こ れは ク ロ ッ ク と 非同期の信号
を書込み、 ク ロ ッ ク に同期 し た信号を読出す状況に相当 し ています。
244/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
ブ レー ク (ブ レ ー ク 入力上の所定のレ ベル) が発生する と 、
注意 :
•
MOE ビ ッ ト は直ち に ク リ ア さ れ、 出力を イ ン ア ク テ ィ ブ状態 と し 、 OSSI ビ ッ ト で指
示 さ れてい る よ う にア イ ド ル状態も し く は リ セ ッ ト 状態 と し ます。 こ の機能は MCU
発振回路がオ フ であ っ て も機能 し ます。
•
個々の出力チ ャ ネルは MOE=0 と な っ た と き、 TIMx_CR2 レ ジ ス タ の OISx ビ ッ ト で指
定 さ れてい る レ ベルに駆動 さ れます。 OSSI=0 であれば、 タ イ マはイ ネーブル状態の
出力を解放 し 、 OSSI=1 であればハイ レ ベルを保ち ます。
•
相補出力が使用 さ れてい る と き には、
-
出力は先ず リ セ ッ ト 状態のイ ン ア ク テ ィ ブ状態 (極性に依存 し ます) と さ れま
す。 こ れは ク ロ ッ ク と は非同期に行われ、 タ イ マに ク ロ ッ ク が供給 さ れていない
と き であ っ て も機能 し ます。
-
タ イ マ ・ ク ロ ッ ク が供給 さ れている と き には、 デ ッ ド タ イ ム後に OISx と OISxN
ビ ッ ト で指定 さ れてい る所定のレ ベルに出力を駆動する ため、 デ ッ ド タ イ ム発生
回路が作動 し ます。 こ の場合で も、 OCx 及び OCxN は同時にア ク テ ィ ブ レ ベルに
駆動する こ と はで き ません。 MOE の ク ロ ッ ク同期に関連 し て、 デ ッ ド タ イ ムの
時間は通常動作よ り 1 ビ ッ ト タ イ ム分 (2 CK_TIM ク ロ ッ ク ・ サイ クル程度) 長
く な り ます。
-
OSSI=0 であれば タ イ マは有効状態の出力を解放 し 、 OSSI=1 であればそのま まの
値を維持、 も し く は、 CCxE も し く は CCxNE ビ ッ ト がハイ レ ベルにな っ た と き に
ハイ レ ベル と な り ます。
•
ブ レ ー ク 状態フ ラ グ (TIMx_SR レ ジ ス タ の BIF ビ ッ ト ) がセ ッ ト さ れます。 TIMx_DIER
レ ジ ス タ の BIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていれば割込み リ ク エ ス ト が発生 し 、 BDE ビ ッ ト
がセ ッ ト さ れていれば DMA リ ク エ ス ト が発生 し ます。
•
TIMx_BDTR レ ジ ス タ の AOE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている と き、 MOE ビ ッ ト は次の更新
イ ベ ン ト UEV で再び自動的にセ ッ ト さ れます。 一例 と し て、 こ れを制御目的で利用
する こ と も で き ます。 AOE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れていない と き には、 MOE ビ ッ ト は ソ
フ ト ウ ェ ア で 1 を書込むま で 0 状態を維持 し ます。 こ れは、 MOE 信号を セキ ュ リ
テ ィ 目的で利用 し た り 、 ブ レー ク入力をパワー駆動回路や温度セ ンサな どのア ラ ーム
と し て利用する こ と がで き ます。
ブ レー ク入力はレ ベル信号 と し て機能 し ます。 こ のため、 ブ レー ク入力が (自動的に、 も
し く はソ フ ト ウ ェ アの操作で) ア ク テ ィ ブの時には、 MOE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れる こ と はあ
り ません。 また、 こ の間ス テー タ ス ・ フ ラ グ BIF はク リ ア で き ません。
ブ レー ク は、 BRK 入力が所定のレ ベルにあ り 、 TIMx_BDTR レ ジ ス タ の BKE ビ ッ ト で機能
がイ ネーブル と さ れてい る と き に発生 し ます。
さ ら に、 ブ レー ク入力 と 出力の管理は、 ア プ リ ケーシ ョ ン に対する安全策 と し て、 ブ レー
ク回路内で書込み保護が施 さ れています。 こ れに よ り 、 い く つかのパ ラ メ ー タ (デ ッ ド タ
イ ム時間、 OCx/OCxN 極性 と デ ィ セーブル時の状態、 OCxM 設定、 ブ レ ー ク イ ネーブル と
極性) を固定する こ と がで き ます。 こ の と き、 TIMx_BDTR レ ジ ス タ の LOCK ビ ッ ト で レ ベ
ル 3 の保護を指定 し ます。 こ れについては セ ク シ ョ ン 12.4.18: ブ レー ク / デ ッ ド タ イムレ
ジ ス タ (TIMx_BDTR) (279 ページ) . を参照 し て く だ さ い。 LOCK ビ ッ ト の書込みは リ セ ッ
ト 後 1 回に限 ら れます。
図 84 はブ レー ク に対する出力の挙動の例を示 し ています。
Rev 5 -日本語版
245/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
図 84.
RM0008
ブ レー ク に対する出力の動作
BREAK (MOE
)
OCxREF
OCx
(OCxN 実装な し 、CCxP=0, OISx=1)
OCx
(OCxN 実装な し 、CCxP=0, OISx=0)
OCx
(OCxN 実装な し 、CCxP=1, OISx=1)
OCx
(OCxN 実装な し 、CCxP=1, OISx=0)
OCx
遅延
遅延
OCxN
(CCxE=1, CCxP=0, OISx=0, CCxNE=1, CCxNP=0, OISxN=1)
遅延
OCx
遅延
遅延
OCxN
(CCxE=1, CCxP=0, OISx=1, CCxNE=1, CCxNP=1, OISxN=1)
遅延
OCx
OCxN
(CCxE=1, CCxP=0, OISx=0, CCxNE=0, CCxNP=0, OISxN=1)
遅延
OCx
OCxN
(CCxE=1, CCxP=0, OISx=1, CCxNE=0, CCxNP=0, OISxN=0)
遅延
OCx
OCxN
(CCxE=1, CCxP=0, CCxNE=0, CCxNP=0, OISx=OISxN=0 or OISx=OISxN=1)
246/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
12.3.13
外部イ ベン ト によ る OCxREF 信号のク リ ア
指定 さ れたチ ャ ネルの OCxREF 信号は ETRF 入力をハイ レ ベル と する こ と で ローレ ベル と
する こ と がで き ます。 (TIMx_CCMRx レ ジ ス タ の 対応する OCxCE イ ネーブル ・ ビ ッ ト が 1
に設定 さ れてい る と き) OCxREF 信号は次の更新イ ベン ト UEV が発生する ま で ローレ ベル
を保ち ます。
こ の機能は出力比較モー ド と PWM モー ド でのみ使用で き、 強制駆動モー ド では利用で き
ません。
例えば、 通常動作のため、 OCxREF 信号を比較回路の出力に接続する こ と がで き ます。 こ
の場合、 ETR は次のよ う に設定 し なければな り ません。
1.
外部 ト リ ガ ・ プ リ スケー ラ はオ フ と し てお き ます。 こ のため、 TIMx_SMCR レ ジ ス タ の
ETPS[1:0] を 00 と し ます。
2.
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 はデ ィ セーブル と し ます。 TIMx_SMCR レ ジ ス タ の ECE ビ ッ
ト は 0 にセ ッ ト し ます。
3.
外部 ト リ ガ極性 (ETP) と 外部 ト リ ガ フ ィ ル タ (ETF) は必要に応 じ た設定 と し ます。
図 85 はイ ネーブル ・ ビ ッ ト OCxCE の値 と 、 ETRF 入力がハイ レ ベルにな っ た と きの
OCxREF の挙動を示 し ています。 こ の例では TIMx タ イ マは PWM モー ド で動作 し ていま
す。
図 85.
OCxREF の ク リ ア動作
(CCRx)
カウンタ (CNT)
ETRF
OCxREF
(OCxCE=’0’)
OCxREF
(OCxCE=’1’)
OCREF_CLR
ハイに変化
Rev 5 -日本語版
OCREF_CLR
ハイを維持
247/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
12.3.14
RM0008
6 ス テ ッ プ PWM 波形生成
チ ャ ネルで相補出力が使用 さ れてい る と き、 OCxM ビ ッ ト 、 CCxE ビ ッ ト 及び CCxNE ビ ッ
ト で プ リ ロー ド 機能が有効 と な り ます。 プ リ ロー ド ビ ッ ト の値は COM 転流イ ベン ト で
シ ャ ド ウ ビ ッ ト に コ ピー さ れます。 こ れに よ り 、 次のス テ ッ プの値を あ らか じ め設定 し 、
全チ ャ ネルの設定を同時に変更する こ と がで き ます。 COM イ ベ ン ト は ソ フ ト ウ ェ ア で
TIM1_EGR レ ジ ス タ の COM ビ ッ ト を セ ッ ト するか、 TRGI 信号の立上 り エ ッ ジ でハー ド
ウ ェ アに よ り セ ッ ト する こ と で発生 さ せる こ と がで き ます。
TIM1_SR レ ジ ス タ の COMIF フ ラ グは COM イ ベ ン ト が発生 し た と き にセ ッ ト さ れます。 こ
の フ ラ グは (TIM1_DIER レ ジ ス タ の COMIE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れてい る と き) 割込みか、
(TIM1_DIER レ ジ ス タ の COMDE ビ ッ ト がセ ッ ト さ れている と き) DMA リ ク エ ス ト を発生
する こ と がで き ます。
図 86 は COM イ ベン ト が発生 し た と きの OCx と OCxN 出力の挙動を、 設定の異な る 3 種
の例で示 し ています。
図 86.
6 ス テ ッ プ PWM 波形の生成 と CO 例 (OSSR=1)
カウンタ (CNT)
(CCRx)
OC xR E F
CO M =1の書込み
COM イベント
CCxE=1
OCxM =100の書込み
CCxNE=0
(強制非アクティブ状態)
OCxM=100
CCxE=1
CCxNE=0
OCx M=100
CCxNE =1の書込み
OCxM =101の書込み
CCxE=1
CCxNE=0
(強制非アクティブ状態)
OCxM=100
CCxE=0
CCxNE=1
OCx M=101
OCx
例1
例2
OCxN
OCx
OCxN
CCxNE =0の書込み
CCxE=1
OCxM =100の書込み
CCxNE=0
(強制非アクティブ状態)
OCxM=100
OCx
例3
CCxE=1
CCxNE=0
OCx M=100
OCxN
ai14910
248/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
12.3.15
単一パルス発生モー ド
単一パルス発生モー ド (OPM: One Pulse Mode) は こ れま でに説明 し たモー ド の一ケースで
す。 こ のモー ド では、 ト リ ガに応 じ て カ ウ ン タ を ス タ ー ト さ せ、 設定 し た遅延時間の後
に、 設定 し た幅のパルス を発生 さ せます。
カ ウ ン タ のス タ ー ト はス レーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラ に よ っ て行 う こ と がで き ます。 パ
ルス波形の生成は出力比較モー ド 、 も し く は PWM モー ド に よ っ て行います。 単一パルス
発生モー ド は TIM1_CR1 レ ジ ス タ の OPM ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で選択 さ れます。 こ の と
き にはカ ウ ン タ は次の更新イ ベ ン ト UEV で自動的に停止 し ます。
パルスは比較値がカウンタの初期値と異なるときのみ正しく生成されます。 カウンタをスタートさ
せる (タイマがトリガ信号を待つ状態となる) 前に、 次の設定が必要とされます。
•
ア ッ プ カ ウ ン ト 時 : CNT < CCRx ≦ ARR (特に 0 < CCRx)
•
ダウ ン カ ウ ン ト 時 : CNT > CCRx
図 87.
単一パルス発生モー ド の例
TI2
OC1REF
カウンタ
OC1
TIM1_ARR
TIM1_CCR1
0
tDELAY
tPULSE
t
一例 と し て、 TI2 入力ピ ン で立上 り エ ッ ジが検出 さ れた と き に、 OC1 にパルス幅が tPULSE
の正のパルス を遅延時間 tDELAY 後に発生 さ せる こ と と し ます。
TI2FP2 を ト リ ガ 1 と し て使用 し ます。 :
•
TI2FP2 を TI2 に配置する ために、 TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の CC2S=01 を書き込みます。
•
TI2FP2 で立上 り エ ッ ジ を検出 し ます。 TIMx_CCER レ ジ ス タ の CC2P=0 を書込みます。
•
TI2FP2 を ス レ ーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラ の ト リ ガ (TRGI) と し ます。 こ のためには、
TIMx_SMCR レ ジ ス タ の TS=110 を書込みます。
•
TI2FP2 で カ ウ ン タ を ス タ ー ト さ せます。 こ のためには、 TIMx_SMCR レ ジ ス タ の SMS
ビ ッ ト に 110 ( ト リ ガ ・ モー ド ) を書込みます。
OPM 波形は比較値レ ジ ス タ の設定 (ク ロ ッ ク 周波数 と プ リ スケー ラ に依存 し ます) で定ま
り ます。
•
遅延時間 tDELAY は TIMx_CCR1 レ ジ ス タ に書込まれた値に よ っ て定義 さ れます。
•
パルス幅 tPULSE は自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ と 比較値の差 (TIMx_ARR - TIMx_CCR1) に
よ っ て定義 さ れます。
Rev 5 -日本語版
249/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
•
RM0008
カ ウ ン タ の値が比較値 と 一致 し た と き 0 から 1 に変化 し 、 自動再ロー ド 値に達 し た と
き に 1 か ら 0 に変化する波形を生成する と し ます。 こ れを行 う ためには、
TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の OC1M=111 を セ ッ ト し ます。 こ の と き TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ
の OC1PE=1 と し 、 TIMx_CR1 レ ジ ス タ の ARPE=1 と する こ と で プ リ ロー ド を有効 と す
る こ と も で き ます。 こ の場合には、 比較値を TIMx_CCR1 レ ジ ス タ に、 自動再ロー ド
値を TIMx_ARR レ ジ ス タ に書込んだ上で、 ソ フ ト ウ ェ ア で UG ビ ッ ト を セ ッ ト する こ
と で更新イ ベ ン ト を発生 さ せ、 TI2 上の外部 ト リ ガ ・ イ ベン ト を待ち ます。 こ の例で
は CC1P には 0 を書込みます。
上の例では TIMx_CR1 レ ジ ス タ の DIR ビ ッ ト と CMS ビ ッ ト はローレ ベルで なければな り ま
せん。
発生するパルスは 1 個ですので、 次の更新イ ベ ン ト (カ ウ ン タ が自動再ロー ド 値に達 し
て、 カ ウ ン タ の値が 0 に戻る時点) で カ ウ ン タ が停止する よ う 、 TIMx_CR1 レ ジ ス タ の
CPM ビ ッ ト には 1 を書込みます。
応用例 : OCx 即時イ ネーブル
単一パルス発生モー ド では、 TIx 入力のエ ッ ジ検出はカ ウ ン タ を有効化する CEN ビ ッ ト を
セ ッ ト し ます。 その後、 カ ウ ン タ と 比較値レ ジ ス タ の値 と の比較で出力が反転 さ せ られま
す。 こ の動作には数 ク ロ ッ ク ・ サイ クルが必要 と さ れますので、 実現可能な遅延時間の最
小値は制限を受けます。
よ り 小 さ な遅延時間が望まれる と き には、 TIMx_CCMRx レ ジ ス タ の OCxFE ビ ッ ト を セ ッ ト
する こ と がで き ます。 こ の と き OCxREF (及び OCx) は、 比較動作を行 う こ と な く 、 ト リ
ガに応 じ て レ ベルが定ま り ます。 こ の と きのレ ベルは比較が一致 し た と き と 同 じ です。
OCxFE はチ ャ ネルが PWM1 も し く は PWM2 モー ド に設定 さ れた と き にのみ有効です。
12.3.16
エ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド
エ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド を選択する には、 TIMx_SMCR レ ジ ス タ で、 カ ウ ン タ
が TI2 エ ッ ジのみを カ ウ ン ト するのであれば SMS=001 に、 TI1 エ ッ ジのみであれば
SMS=010 に、 TI1 と TI2 の両方のエ ッ ジ を カ ウ ン ト するのであれば SMS=011 と し ます。
TI1 と TI2 の極性は TIMx_CCER レ ジ ス タ の CC1P ビ ッ ト と CC2P ビ ッ ト で指定で き ます。
必要な ら ば、 入力フ ィ ル タ の設定 も 同 じ よ う に行います。
二つの入力 T1 と TI2 はイ ン ク リ メ ン タ ル ・ エ ン コ ーダ と のイ ン タ フ ェ ースのために使用
さ れます。 動作は表 52 を参照 し て く だ さ い。 カ ウ ン タ がイ ネーブル状態 (TIMx_CR1 レ ジ
ス タ の CEN ビ ッ ト が 1) であれば、 TI1FP1 も し く は TI2FP2 ( フ ィ ル タ を通 し 、 極性を整
えた TI1 及び TI2 信号) の有効な レ ベル変化がカ ウ ン タ の ク ロ ッ ク と し て使用 さ れます。
両入力の変化の順序が、 カ ウ ン ト パルス と 同時に方向信号を与え ます。 変化の順序に よ っ
て カ ウ ン タ がカ ウ ン ト ア ッ プ、 カ ウ ン ト ダウ ン を行 う と き、 TIMx_CR1 レ ジ ス タ の DIR
ビ ッ ト は こ れに応 じ てハー ド ウ ェ ア で変更 さ れます。 カ ウ ン ト が TI1 のみ、 TI2 のみ、 TI1
と TI2 の両方のいずれで行われるかにかかわ ら ず、 DIR ビ ッ ト の値は TI1、 TI2 いずれかの
変化を検出 し た と き に設定 さ れます。
エ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド は、 単に方向の選択を含む外部 ク ロ ッ ク方式 と し て
動作 し ます。 カ ウ ン タ は 0 と TIMx_ARR レ ジ ス タ の自動再ロー ド 値の間で (方向に応 じ て
0 か ら ARR、 も し く は ARR か ら 0 の間で) 連続的に カ ウ ン ト を行います。 し たが っ て、
TIMx_ARR は他の場合 と 同 じ く 開始前に設定 し ておかねばな り ません。 キ ャ プ チ ャ、 比較、
プ リ スケー ラ 、 繰返 し カ ウ ン タ 、 ト リ ガ出力の機能は通常 と 同 じ く 機能 し ています。 エ ン
コ ーダ ・ モー ド と 外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 は競合する点があ り ますので、 同時に設定 し て
はいけません。
250/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
こ のモー ド ではカ ウ ン タ はイ ン ク リ メ ン タ ル ・ エ ン コ ーダの速度 と 方向、 そ し てその コ ン
テ ン ツ に応 じ て自動的に変更 さ れ、 その値は常にエ ン コ ーダの位置を示 し ています。 カ ウ
ン タ の方向は接続 さ れている セ ンサの回転方向に対応 し ます。 下の表は TI1 と TI2 の変化
の組合わせを ま と めた ものです。 (TI1 と TI2 は同時に変化 し ない と 想定 し ています。)
表 52.
カ ウ ン ト の方向 と エ ン コ ーダ信号
有効エ ッ ジ
他方の信号に
対する レ ベル
(TI1FP1 for TI2,
TI2FP2 for TI1)
TI1FP1 信号
TI2FP2 信号
立上 り
立下 り
立上 り
立下 り
TI1 のみを
カ ウン ト
High
Down
Up
カ ウン ト な し
カ ウン ト な し
Low
Up
Down
カ ウン ト な し
カ ウン ト な し
TI2 のみを
カ ウン ト
High
カ ウン ト な し
カ ウン ト な し
Up
Down
Low
カ ウン ト な し
カ ウン ト な し
Down
Up
TI1 と TI2 を
カ ウン ト
High
Down
Up
Up
Down
Low
Up
Down
Down
Up
外部のイ ン ク リ メ ン タ ル ・ エ ン コ ーダは外部に イ ン タ フ ェ ース回路を持つ こ と な く 、 MCU
に直接に接続 さ れます。 ただ し 、 通常は コ ンパレ ー タ がエ ン コ ーダの作動出力をデジ タ ル
信号に変換する ために使用 さ れます。 こ れに よ り 耐 ノ イ ズ性が大幅に向上 し ます。 機械的
なゼロ位置を示すエ ン コ ーダの 3 番目の出力は、 外部割込み入力に接続する こ と がで き、
カ ウ ン タ の リ セ ッ ト を ト リ ガする こ と がで き ます。
図 88 はカ ウ ン ト 信号の生成 と 方向制御を含む カ ウ ン タ の動作を示 し ています。 同時に、
両エ ッ ジ を選択 し た と き、 ジ ッ タ がどのよ う に除かれるか も示 さ れています。 こ の状況
は、 セ ンサの位置が一方のス イ ッ チ ン グポ イ ン ト の近 く にあ る と き に生 じ ます。 こ の例で
は、 次の設定がな さ れている こ と を想定 し ています。
•
CC1S=01 (TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ 、 TI1FP1 は TI1 に配置)
•
CC2S=01 (TIMx_CCMR2 レ ジ ス タ 、 TI1FP2 は TI2 に配置)
•
•
CC1P=0 (TIMx_CCER レ ジ ス タ 、 TI1FP1 非反転、 TI1FP1=TI1)
CC2P=0 (TIMx_CCER レ ジ ス タ 、 TI1FP2 非反転、 TI1FP2=TI2)
•
SMS=011 (TIMx_SMCR レ ジ ス タ 、 両入力で、 立上 り と 立下 り の両エ ッ ジ を カ ウ ン ト )
•
CEN=1 (TIMx_CR1 レ ジ ス タ 、 カ ウ ン タ ・ イ ネーブル)
Rev 5 -日本語版
251/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
図 88.
RM0008
エ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド におけ る カ ウ ン タ の動作例
forward
jitter
backward
jitter
forward
TI1
TI2
カウンタ
down
up
up
図 89 では、 TI1FP1 の極性を反転 し た時のカ ウ ン タ の動作を示 し ています。 こ れは上の例
と ほぼ同 じ 設定ですが、 CC1P=1 であ る点が異な っ ています。
図 89.
TI1FP1 の極性を反転 し たエ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド の例
forward
jitter
backward
jitter
forward
TI1
TI2
カウンタ
down
up
down
エ ン コ ーダ ・ イ ン タ フ ェ ース ・ モー ド に設定 さ れた タ イ マはセ ンサの位置を表示 し ていま
す。 キ ャ プ チ ャ ・ モー ド に設定 し た二番目の タ イ マ を使用 し 、 ふたつのエ ン コ ーダ イ ベン
ト の時間差を計る こ と で、 速度、 加速度、 減速度 と い っ た動的な情報を得る こ と がで き ま
す。 機械的なゼロ位置を示すエ ン コ ーダの出力は こ の目的に使用で き ます。 ふたつのイ ベ
ン ト の時間差に よ っ ては、 カ ウ ン タ を任意の時点で読出す こ と も で き ます。 ハー ド ウ ェ ア
に余裕があれば、 カ ウ ン タ の値を 3 番目の入力キ ャ プ チ ャ ・ レ ジ ス タ に ラ ッ チする こ と が
で き ます。 ( さ ら に、 キ ャ プ チ ャ が周期的な と き には、 キ ャ プ チ ャ 信号の発生に別の タ イ
マ を使 う こ と も 考え ら れます。) また、 リ アル タ イ ム ・ ク ロ ッ ク に よ っ て発生する DMA リ
ク エ ス ト で こ の値を読出す こ と も で き ます。
252/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
12.3.17
タ イ マ入力 XOR 機能
TIMx_CR2 レ ジ ス タ の TI1S ビ ッ ト で、 チ ャ ネル 1 の入力 フ ィ ル タ を、 TIMx_CH1、 TIMx_CH2
及び TIMx_CH3 を入力 と する 3 入力 XOR ゲー ト の出力に接続する こ と がで き ます。
XOR 出力は、 ト リ ガや入力キ ャ プ チ ャ と い っ た タ イ マ入力機能のすべて で利用する こ と が
で き ます。 こ の機能の利用の一例は セ ク シ ョ ン 12.3.18 に記 さ れてい る ホール ・ セ ンサ ・
イ ン タ フ ェ ース です。
12.3.18
ホール ・ セ ンサ ・ イ ン タ フ ェ ース
こ れは、 図 90 で “イ ン タ フ ェ ース ・ タ イ マ” と 呼ばれてい る他の TIMx (TIM2、 TIM3 、
TIM4、 または TIM5) タ イ マや、 モー タ を駆動する ための PWM 信号を生成する高機能 タ イ
マ (TIM1 または TIM8) を使用する こ と に よ っ て行われます。 “イ ン タ フ ェ ース ・ タ イ マ”
は XOR を通 し て TI1 入力チ ャ ネルに接続 さ れている 3 本の タ イ マ入力ピ ン (CC1、 CC2、
CC3) をキ ャ プ チ ャ し ます。 (TIMx_CR2 レ ジ ス タ の TI1S ビ ッ ト を セ ッ ト する こ と で選択で
き ます。)
スレーブ ・ モード ・ コントローラはリセット ・ モードに設定され、 TI1F_ED をスレーブ入力としま
す。 3 本の入力のいずれかが反転するごとに、 カウンタは 0 からのカウントを再開します。 これ
がホール ・ センサ入力の変化によってトリガされるタイムベースを構成します。
“イ ン タ フ ェ ース ・ タ イ マ” のキ ャ プ チ ャ / 比較チ ャ ネル 1 は TRC をキ ャ プ チ ャ信号 と す
るキ ャ プ チ ャ ・ モー ド に設定 さ れます。 (図 73: キ ャ プチ ャ / 比較チ ャ ネル (例 : チ ャ ネル
1 入力ス テージ) (234 ページ) を参照 し て く だ さ い。) キ ャ プ チ ャ さ れた値はふたつの入
力の変化の間の経過時間に対応 し てお り 、 モー タ の速度情報を与え ます
“イ ン タ フ ェ ース ・ タ イ マ” は、 (COM イ ベン ト を ト リ ガする こ と で) 高機能 タ イ マ
(TIM1 または TIM8) のチ ャ ネルの構成を変更するパルス を生成する ために、 出力モー ド で
使用 さ れます。 TIM1 タ イ マはモー タ を駆動する PWM 信号を生成する ために使用 さ れま
す。 こ のために、 イ ン タ フ ェ ース ・ タ イ マ ・ チ ャ ネルは所定の時間後に正パルス を生成す
る よ う (出力比較モー ド も し く は PWM モー ド ) 設定 さ れなければな り ません。 こ のパル
スは TRGO 出力を通 じ て 高機能 タ イ マ (TIM1 または TIM8) に送 られます。
例 : TIMx に接続 さ れている ホール ・ セ ンサ入力が変化する ご と に、 所定の時間が経過 し た
後に高機能 タ イ マ TIM1 の PWM 設定を変更する と し ます。
•
3 本の タ イ マ入力を TI1 入力チ ャ ネルに OR 接続 し ます。 こ のためには、TIMx_CR2 レ ジ
ス タ の TI1S に 1 を書込みます。
•
タ イ ムベース を設定 し ます。 TIMx_ARR に最大値を書込み、 TI1 の変化で カ ウ ン タ が ク
リ ア さ れる よ う に し ます。 プ リ スケー ラはセ ンサのふたつの変化間の時間よ り 長い カ
ウ ン ト 時間が得 ら れる よ う 設定 し ます。
•
チ ャ ネル 1 をキ ャ プ チ ャ ・ モー ド (TRC 選択) と し ます。 こ のために TIMx_CCMR1
レ ジ ス タ の CC1S ビ ッ ト に 01 を書込みます。 必要な らば、 デジ タ ル ・ フ ィ ル タ の設
定 も 行います。
•
チ ャ ネル 2 を PWM モー ド 2 と し 、 所定の遅延時間を設定 し ます。 こ のために、
TIM1_CCMR1 レ ジ ス タ の OC2M ビ ッ ト に 111 を、 CC2S ビ ッ ト に 00 を書込みます。
•
OC2REF を TRGO の ト リ ガ出力 と し ます。 こ のために、 TIMx_CR2 レ ジ ス タ の MMS
ビ ッ ト に 101 を書込みます。
高機能 タ イ マ TIM1 で、 ト リ ガ入力 と し て適切な ITR 入力を選択 し 、 タ イ マが PWM 信号を
生成する よ う 設定 し 、 (TIM1_CR2 レ ジ ス タ の CCPC=1 で) キ ャ プ チ ャ / 比較制御信号がプ
リ ロー ド さ れ、 (TIM1_CR2 レ ジ ス タ の CCUS=1 で) COM イ ベン ト が ト リ ガ入力で制御 さ
れる よ う に設定 し ます。 PWM 制御ビ ッ ト CCxE 及び OCxM は、 COM イ ベン ト が発生 し た
Rev 5 -日本語版
253/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
後に次のス テ ッ プのために書込まれます。 ( こ れは OC2REF の立上 り エ ッ ジ で生 じ る割込
み処理ルーチ ン で行 う こ と がで き ます。)
図 90 には、 こ の例の動作が図示 さ れています。
図 90.
ホール ・ セ ンサ ・ イ ン タ フ ェ ースの例
インタフェース・タイマ
TIH1
TIH2
TIH3
カ ウン タ (CNT)
(CCR2)
CCR1
C7A3
C7A8
C794
C7A5
C7AB
C796
TRGO=OC2REF
高機能タイマ (TIM1 及び TIM8)
COM
OC1
OC1N
OC2
OC2N
OC3
OC3N
次のス テ ッ プのために CCxE、CCxNE
及び OCxM を書込みます。
254/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
12.3.19
TIMx と 外部 ト リ ガ同期
TIMx タ イ マは、 リ セ ッ ト ・ モー ド 、 ゲー ト ・ モー ド 、 ト リ ガ ・ モー ド と い っ た幾つかの
モー ド で外部 ト リ ガ と 同期を取る こ と がで き ます。
ス レーブ ・ モー ド : リ セ ッ ト ・ モー ド
ト リ ガ入力イ ベ ン ト に よ っ て、 カ ウ ン タ と そのプ リ スケー ラ の再初期化を行 う こ と がで き
ます。 さ ら に、 TIMx_CR1 レ ジ ス タ の URS ビ ッ ト がローレ ベルであれば、 更新イ ベ ン ト が
発生 し ます。 こ れに よ り プ リ ロー ド 機能を も つ レ ジ ス タ 、 TIMx_ARR と TIMx_CCRx が更新
さ れます。
次の例では、 TI1 入力の立上 り エ ッ ジに応 じ て、 ア ッ プ カ ウ ン タ が ク リ ア さ れます。
•
チ ャ ネル 1 が TI1 の立上 り エ ッ ジ を検出する よ う に設定 し ます。 入力 フ ィ ル タ の応答
時間を設定 し ます。 ( こ の例では フ ィ ル タ 機能は必要あ り ません。 IC1F=0000 と し てお
き ます。) ト リ ガに よ る動作ではキ ャ プ チ ャ ・ プ リ スケー ラ は使用 さ れませんので、
設定の必要はあ り ません。 CC1S ビ ッ ト は入力キ ャ プ チ ャの信号を選択するのみで、
TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の CC1S=01 と し ます。 ト リ ガの極性 (立上 り エ ッ ジのみを検
出) を設定する ために、 TIMx_CCER レ ジ ス タ の CC1P=0 と し ます。
•
TIMx_SMCR レ ジ ス タ の SMS=100 で、 タ イ マ を リ セ ッ ト ・ モー ド と し ます。
TIMx_SMCR レ ジ ス タ の TS=101 で入力信号 と し て TI1 を選択 し ます。
•
TIMx_CR1 レ ジ ス タ の CEN=1 に よ り 、 カ ウ ン タ を ス タ ー ト し ます。
カ ウ ン タ は内部 ク ロ ッ ク で カ ウ ン ト を開始 し 、 TI1 の立上 り エ ッ ジが生 じ る ま で通常の動
作を行います。 TI1 が立ち上がっ た と き、 カ ウ ン タ は ク リ ア さ れ、 0 か ら カ ウ ン ト が再開 し
ます。 同時に、 ト リ ガ フ ラ グ (TIMx_SR レ ジ ス タ の TIF ビ ッ ト ) がセ ッ ト さ れ、 割込み リ
ク エ ス ト 、 も し く は DMA リ ク エ ス ト が発生 し ます。 (TIMx_DIER レ ジ ス タ の TIE も し く は
TDE ビ ッ ト で許可 さ れている場合。)
次の図は自動再ロー ド ・ レ ジ ス タ TIMx_ARR=0x36 の場合の動作を示 し ています。 TI1 の立
上 り エ ッ ジか ら 実際に カ ウ ン タ が リ セ ッ ト さ れる ま での遅延は、 TI1 入力が ク ロ ッ ク に同期
さ せ ら れる こ と に起因 し ます。
図 91.
リ セ ッ ト ・ モー ド における制御回路
TI1
UG
カウンタ・クロック = ck_cnt = ck_psc
カウンタ・レジスタ
30 31 32 33 34 35 36 00 01 02 03 00 01 02 03
TIF
Rev 5 -日本語版
255/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
ス レーブ ・ モー ド : ゲー ト ・ モー ド
選択 さ れた入力のレ ベルに応 じ て、 カ ウ ン タ が動作 し ます。
以下の例では、 TI1 入力がロー ・ レ ベルの と き にのみア ッ プ カ ウ ン タ がカ ウ ン ト 動作を行
います。
•
•
•
チ ャ ネル 1 で TI1 のローレ ベルを検出する よ う 設定 し ます。 入力 フ ィ ル タ の応答時間
を設定 し ます。 ( こ の例では フ ィ ル タ は必要あ り ませんので IC1F=0000 のま ま と し ま
す。) キ ャ プ チ ャ ・ プ リ スケー ラは ト リ ガでは使用 さ れませんので、 設定の必要はあ
り ません。 TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の CC1S ビ ッ ト は CC1S=01 と し 、 入力キ ャ プ チ ャ の
信号を選択 し ます。 TIMx_CCER レ ジ ス タ の CC1P=1 を書込み、 極性 (ロー ・ レ ベルの
みを検出) を有効 と し ます。
タ イ マ をゲー ト ・ モー ド に設定 し ます。 こ のためには、 TIMx_SMCR レ ジ ス タ で
SMS=101 と し ます。 TIMx_SMCR レ ジ ス タ の TS=101 で TI1 を入力信号 と し て選択 し ま
す。
TIMx_CR1 レ ジ ス タ の CEN=1 に よ り 、 カ ウ ン タ を イ ネーブル と し ます。 (ゲー ト ・
モー ド では ト リ ガ入力のレ ベルにかかわ ら ず、 CEN=0 ではカ ウ ン タ はス タ ー ト し ませ
ん。)
カ ウ ン タ は TI1 がローレ ベルの時に カ ウ ン ト を開始 し 、 TI1 がハイ レ ベルにな る と 停止 し
ます。 カ ウ ン タ のス タ ー ト 時 と ス ト ッ プ時の両方で TIMx_SR レ ジ ス タ の TIF フ ラ グがセ ッ
ト さ れます。
TI1 の立上 り エ ッ ジか ら実際に カ ウ ン タ が停止する ま での遅延は、 TI1 入力が ク ロ ッ ク に同
期 さ せ ら れる こ と に起因 し ます。
図 92.
ゲー ト ・ モー ド の制御回路
TI1
cnt_en
カウンタ・クロック = ck_cnt = ck_psc
カウンタ・レジスタ
30 31 32 33
34
35 36 37 38
TIF
TIF=0 書込み
256/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
ス レーブ ・ モー ド : ト リ ガ ・ モー ド
選択 さ れた入力のイ ベ ン ト に応 じ て、 カ ウ ン タ がス タ ー ト し ます。
次の例では、 TI2 入力の立上 り エ ッ ジに応 じ て、 ア ッ プ カ ウ ン タ がス タ ー ト し ます。
•
チ ャ ネル 2 で TI2 の立上 り エ ッ ジ を検出する よ う 設定 し ます。 入力 フ ィ ル タ の応答時
間を設定 し ます。 ( こ の例ではフ ィ ル タ は必要あ り ませんので IC2F=0000 のま ま と し
ます。) キ ャ プ チ ャ ・ プ リ スケー ラ は ト リ ガでは使用 さ れませんので、 設定の必要は
あ り ません。 TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の CC2S ビ ッ ト は CC2S=01 と し 、 入力キ ャ プ チ ャ
の信号を選択 し ます。 TIMx_CCER レ ジ ス タ の CC2P=1 を書込み、 極性 (ロー ・ レ ベル
をのみを検出) を有効 と し ます。
•
タ イ マ を ト リ ガ ・ モー ド に設定 し ます。 こ のためには、 TIMx_SMCR レ ジ ス タ で
SMS=110 と し ます。 TIMx_SMCR レ ジ ス タ の TS=110 で TI2 を入力信号 と し て選択 し ま
す。
TI2 の立上 り エ ッ ジ で カ ウ ン タ は内部 ク ロ ッ ク で カ ウ ン ト を開始 し 、 同時に TIF フ ラ グ を
セ ッ ト し ます。
TI2 の立上 り エ ッ ジか ら実際に カ ウ ン タ がス タ ー ト する ま での遅延は、 TI2 入力が ク ロ ッ ク
に同期 さ せら れる こ と に起因 し ます。
図 93.
ト リ ガ ・ モー ド の制御回路
TI2
cnt_en
カウンタ・クロック = ck_cnt = ck_psc
カウンタ・レジスタ
34
35 36 37 38
TIF
ス レーブ ・ モー ド : 外部ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 + ト リ ガ ・ モー ド
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 は、 他のス レ ーブ ・ モー ド と と も に (ただ し 、 外部 ク ロ ッ ク ・
モー ド 1 と エ ン コ ーダ ・ モー ド は除き ます) 使用する こ と がで き ます。 こ の と き、 ETR 信
号は外部 ク ロ ッ ク入力 と し て使用 さ れ、 別の入力が ト リ ガ入力 ( リ セ ッ ト ・ モー ド 、 ゲー
ト ・ モー ド 、 及び ト リ ガ ・ モー ド ) と し て使用 さ れます。 TIMx_SMCR レ ジ ス タ の TS ビ ッ
ト の設定では、 TRGI と し て ETR を選択 し ない よ う に し て く だ さ い。
以下の例では、 TI1 の立上 り エ ッ ジが発生 し た と き、 ア ッ プ カ ウ ン タ は ETR 信号の立上 り
エ ッ ジに よ る カ ウ ン ト ア ッ プ を開始 し ます。
1.
TIMx_SMCR レ ジ ス タ で次の設定を行い、 外部 ト リ ガ入力回路の構成を行います。
-
ETF = 0000: フ ィ ル タ な し
-
-
ETPS=00: プ リ スケー ラ は無効
ETP=0: ETR の立上 り エ ッ ジ を検出。 ECE=1 で外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 を有効 と
し ます。
Rev 5 -日本語版
257/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
2.
RM0008
TI1 の立上 り エ ッ ジ を検出する ため、 チ ャ ネル 1 で次の設定を行います。
-
IC1F=0000: フ ィ ル タ な し
-
トリガに関してはキャプチャ ・ プリスケーラは使用されませんので設定は不要です。
-
TIMx_CCMR1 レ ジ ス タ の CC1S=01 で、 入力キ ャ プ チ ャ 信号を選択 し ます。
-
3.
TIMx_CCER レ ジ ス タ の CC1P=0 で、 極性を有効 と し ます。 (同時に、 立上 り エ ッ
ジの選択を指示 し ます。)
タ イ マ を ト リ ガ ・ モー ド と する ため、 TIMx_SMCR レ ジ ス タ の SMS=110 と し ます。 入
力 と し て TI1 を選択する ため、 TIMx_SMCR レ ジ ス タ の TS=101 を設定 し ます。
TI1 の立上 り エ ッ ジ で カ ウ ン タ がイ ネーブル と な り 、 TIF フ ラ グがセ ッ ト さ れます。 カ ウ ン
タ は ETR の立上 り エ ッ ジ を カ ウ ン ト し ます。
ETR 信号の立上 り エ ッ ジか ら 実際に カ ウ ン タ の リ セ ッ ト ま での遅延は、 ETRP 入力が ク
ロ ッ ク に同期 さ せら れる こ と に起因 し ます。
図 94.
外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 + ト リ ガ ・ モー ド の制御回路
TI1
CEN/CNT_EN
ETR
カウンタ・クロック = ck_cnt = ck_psc
カウンタ・レジスタ
34
35
36
TIF
12.3.20
タ イ マ間の同期
TIM タ イ マは同期 も し く は連結のために、 内部で互いに接続する こ と がで き ます。 こ れに
関 し ては セ ク シ ョ ン 13.3.15: タ イ マ間の同期 (314 ページ) で説明 さ れています。
12.3.21
デバ ッ グ ・ モー ド
マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ がデバ ッ グ ・ モー ド (Cortex-M3 コ アは停止状態) に入 っ た と き、
TIM1 カ ウ ン タ が通常どお り に動作するか、 停止するかを、 DBG モ ジ ュ ールの
DBG_TIM1_STOP 構成ビ ッ ト で指定する こ と がで き ます。 詳細は セ ク シ ョ ン 26.15.2: タ イ
マ、 ウ ォ ッ チ ド ッ グ、 bxCAN と I2C に対するデバ ッ グ ・ サポー ト に記載 さ れています。
258/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
12.4
TIM1 及び TIM8 レ ジ ス タ
レ ジ ス タ の詳細記述で使用 さ れてい る略語については セ ク シ ョ ン 1.1 (32 ページ) を参照
し て く だ さ い。
12.4.1
制御レ ジ ス タ 1 (TIMx_CR1)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x00
リ セ ッ ト 値 : 0x0000
15
14
13
12
11
10
9
予約済み
Res.
8
CKD[1:0]
rw
rw
7
ARPE
rw
6
5
CMS[1:0]
rw
rw
4
3
2
1
0
DIR
OPM
URS
UDIS
CEN
rw
rw
rw
rw
rw
Bits 15:10 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bits 9:8 CKD[1:0]: ク ロ ッ ク 分周
こ れ らのビ ッ ト は、 タ イ マ ・ ク ロ ッ ク (CK_INT) 周波数 と 、 デ ッ ド タ イ ム、 デ ッ ド タ イ ム生成回路
で使用 さ れるサン プ リ ン グ ・ ク ロ ッ ク (tDTS ) 及びデジ タ ル。 フ ィ ル タ (ETR、 TIx) と の間の分周
比を指定 し ます。
00:
01:
10:
11:
tDTS = tCK_INT
tDTS = 2*tCK_INT
tDTS = 4*tCK_INT
予約値、 設定で き ません。
Bit 7 ARPE: 自動再ロー ド ・ プ リ ロー ド ・ イ ネーブル
0: TIM1_ARR レ ジ ス タ はバ ッ フ ァ を使用 し ません。
1: TIM1_ARR レ ジ ス タ はバ ッ フ ァ を使用 し ます。
Bits 6:5 CMS[1:0]: セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド 選択
00: エ ッ ジ ア ラ イ ン ・ モー ド 、 カ ウン タ は方向ビ ッ ト (DIR) に応 じ て、 カ ウン ト ア ッ プ / カ ウン ト
ダウン を行います。
01: セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド 1、 カ ウン タ は交互にア ッ プ / ダウン を行います。 出力設定
(TIM1_CCMRx レ ジ ス タ の CCxS=00) の各チ ャ ネルの出力比較割込み リ ク エ ス ト ・ フ ラ グはカ ウン
ト ダウンの時にのみセ ッ ト さ れます。
10: セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド 2、 カ ウン タ は交互にア ッ プ / ダウン を行います。 出力設定
(TIM1_CCMRx レ ジ ス タ の CCxS=00) の各チ ャ ネルの出力比較割込み リ ク エ ス ト ・ フ ラ グはカ ウン
ト ア ッ プの時にのみセ ッ ト さ れます。
11: セ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド 3、 カ ウン タ は交互にア ッ プ / ダウン を行います。 出力設定
(TIM1_CCMRx レ ジ ス タ の CCxS=00) の各チ ャ ネルの出力比較割込み リ ク エ ス ト ・ フ ラ グはカ ウン
ト ア ッ プ / カ ウン ト ダウンの両方でセ ッ ト さ れます。
注 : カ ウン タ がイ ネーブル状態 (CEN=1) の と き、 エ ッ ジ ア ラ イ ン ・ モー ド から セ ン タ ーア ラ イ ン ・
モー ド に切替え る こ と はで き ません。
Bit 4 DIR: 方向
0: カ ウン タ はカ ウン ト ア ッ プ を行います。
1: カ ウン タ はカ ウン ト ダウン を行います。
注 : こ のビ ッ ト はセ ン タ ーア ラ イ ン ・ モー ド も し く はエ ン コ ーダ ・ モー ド に設定 さ れている と き には
読出 し 専用 と な り ます。
Bit 3 OPM: 単一パルス ・ モー ド
0: カ ウン タ は更新イ ベン ト で停止 し ません。
1: カ ウン タ は次の更新イ ベン ト で カ ウン ト 動作を停止 (CEN ビ ッ ト を ク リ ア) し ます。
Rev 5 -日本語版
259/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
Bit 2 URS: 更新 リ ク エス ト の要因
更新イ ベン ト (UEV) を発生する元 と な る信号を選択する ため、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ アが
で き ます。
0: 次のイ ベン ト のいずれかが更新割込み、 も し く は DMA リ ク エス ト を発生 し ます。 ( リ ク エス ト
が許可 さ れている と きのみ)
-カ ウン タ ・ オーバフ ロー / ア ン ダ フ ロー
-UG ビ ッ ト のセ ッ ト
-ス レーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラから の更新指示
1: カ ウン タ のオーバ フ ロー / ア ン ダ フ ローのみが更新割込み、 も し く は DMA リ ク エス ト を発生 し
ます。 ( リ ク エ ス ト が許可 さ れている と きのみ)
Bit 1 UDIS: 更新動作デ ィ セーブル
更新イ ベン ト (UEV) 発生を イ ネーブル / デ ィ セーブル と する ため、 ソ フ ト ウ ェ ア でセ ッ ト / ク リ
アがで き ます。
0: UEV イ ネーブル。 更新イ ベン ト (UEV) は次のいずれかで発生 し ます。
-カ ウン タ ・ オーバフ ロー / ア ン ダ フ ロー
-UG ビ ッ ト のセ ッ ト
-ス レーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラから の更新指示
こ の と き、 バ ッ フ ァ を持つレ ジ ス タ ではプ リ ロー ド 値がロー ド さ れます。
1: UEV デ ィ セーブル。 更新イ ベン ト は発生せず、 個々のシ ャ ド ウ ・ レ ジ ス タ (ARR、 PSC、 CCRx)
がそれぞれの値を保持 し ています。 カ ウン タ と プ リ スケー ラは UG ビ ッ ト がセ ッ ト さ れた と き、
及びス レーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラからハー ド ウ ェ ア リ セ ッ ト が指示 さ れた と き に初期化 さ れ
ます。
Bit 0 CEN: カ ウン タ ・ イ ネーブル
0: カ ウン タ ・ デ ィ セーブル
1: カ ウン タ ・ イ ネーブル
注 : 外部 ク ロ ッ ク、 ゲー ト ・ モー ド 及びエ ン コ ーダ ・ モー ド は CEN ビ ッ ト が事前に ソ フ ト ウ ェ ア で
セ ッ ト さ れている と きのみ動作 し ます。 ト リ ガ ・ モー ド では ハー ド ウ ェ アで自動的に CEN ビ ッ ト を
セ ッ ト し ます。
12.4.2
制御レ ジ ス タ 2 (TIMx_CR2)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x04
リ セ ッ ト 値 : 0x0000
15
14
13
12
11
10
9
8
7
予約
済み
OIS4
OIS3N
OIS3
OIS2N
OIS2
OIS1N
OIS1
TI1S
Res.
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
rw
6
5
4
MMS[2:0]
rw
rw
rw
3
2
1
0
CCDS
CCUS
予約
済み
CCPC
rw
rw
Res.
rw
Bit 15 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Bit 14 OIS4: 出力ア イ ド ル状態 4 (OC4 出力)
OIS1 ビ ッ ト の説明を参照 し て く だ さ い。
Bit 13 OIS3N: 出力ア イ ド ル状態 3 (OC3N 出力)
OIS1N ビ ッ ト の説明を参照 し て く だ さ い。
Bit 12 OIS3: 出力ア イ ド ル状態 3 (OC3 出力)
OIS1 ビ ッ ト の説明を参照 し て く だ さ い。
260/720
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し ている に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない この資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
Bit 11 OIS2N: 出力ア イ ド ル状態 2 (OC2N 出力)
OIS1N ビ ッ ト の説明を参照 し て く だ さ い。
Bit 10 OIS2: 出力ア イ ド ル状態 2 (OC2 出力)
OIS1 ビ ッ ト の説明を参照 し て く だ さ い。
Bit 9 OIS1N: 出力ア イ ド ル状態 1 (OC1N 出力)
0: MOE=0 の時、 デ ッ ド タ イム後に OC1N=0
1: MOE=0 の時、 デ ッ ド タ イム後に OC1N=1
注 : こ のビ ッ ト は LOCK レ ベル 1、 2 も し く は 3 が指定 さ れている と き には変更で き ません。
(TIM1_BKR レ ジ ス タ の LOCK ビ ッ ト )
Bit 8 OIS1: 出力ア イ ド ル状態 1 (OC1 出力)
0: MOE=0 の時 OC1=0 (OC1N がセ ッ ト さ れていればデ ッ ド タ イ ム後に)
1: MOE=0 の時 OC1=1 (OC1N がセ ッ ト さ れていればデ ッ ド タ イ ム後に)
注 : こ のビ ッ ト は LOCK レ ベル 1、 2 も し く は 3 が指定 さ れている と き には変更で き ません。
(TIM1_BKR レ ジ ス タ の LOCK ビ ッ ト )
Bit 7 TI1S: TI1 選択
0: TIM1_CH1 ピ ンが TI1 入力に接続 さ れます。
1: TIM1_CH1、 CH2 及び CH3 ピ ンが TI1 入力に接続 さ れます。 (XOR 接続)
Bits 6:4 MMS[1:0]: マス タ ・ モー ド 選択
こ れ らのビ ッ ト はス レーブ タ イ マの同期のためにマス タ ・ モー ド においてス レーブ ・ タ イ マに送ら
れる情報 (TRGO) の選択を行います。
000: Reset - TIM1_EGR レ ジス タ の UG ビ ッ ト が ト リ ガ出力 (TRGO) と し て使用 さ れます。 ト リ ガ入
力によ っ て リ セ ッ ト が発生 し た と き (ス レーブ ・ モー ド ・ コ ン ト ロー ラが リ セ ッ ト ・ モー ド に設定
さ れている と き) TRGO 信号は実際の リ セ ッ ト から 遅れて発生 し ます。
001: Enable - カ ウン タ ・ イ ネーブル信号 CNT_EN が ト リ ガ出力 (TRGO) と し て使用 さ れます。 これ
は幾つかの タ イ マ を同時にス タ ー ト さ せる と きや、 ス レーブ タ イ マの動作範囲を制御する時に有効
です。 カ ウン タ ・ イ ネーブル信号は、 CEN 制御ビ ッ ト と ゲー ト ・ モー ド に設定 さ れてい る と きの ト
リ ガ入力 と の論理和で発生 し ます。 マス タ / ス レーブ ・ モー ド に設定 さ れている と き を除いて
TRGO 出力には遅延が存在 し ます。 (TIM1_SMCR レ ジ ス タ の MSM ビ ッ ト の説明を お読み く だ さ い。)
010: Update - 更新イ ベン ト が ト リ ガ出力 (TRGO) と し て選択 さ れます。 例えばマス タ タ イ マがス
レーブ タ イ マのプ リ スケー ラ と な る と き に使用 さ れます。
011: Compare Pulse - キ ャ プ チ ャ も し く は比較一致で CC1F フ ラ グのセ ッ ト 条件が発生 し た と き (フ
ラ グがすでにハイ レ ベルであ っ て も)、 正のパルスが ト リ ガ出力 (TRGO) から 送出 さ れます。
100:
101:
110:
111:
Compare
Compare
Compare
Compare
-
OC1REF
OC2REF
OC3REF
OC4REF
信号が ト リ ガ出力
信号が ト リ ガ出力
信号が ト リ ガ出力
信号が ト リ ガ出力
(TRGO)
(TRGO)
(TRGO)
(TRGO)
と し て使用 さ れます。
と し て使用 さ れます。
と し て使用 さ れます。
と し て使用 さ れます。
Bit 3 CCDS: キ ャ プ チ ャ / 比較 DMA 選択
0: CCx イ ベン ト 発生時に CCx DMA リ ク エス ト が送出 さ れます。
1: 更新イ ベン ト の発生時に CCx DMA リ ク エ ス ト が送出 さ れます。
Bit 2 CCUS: キ ャ プ チ ャ / 比較 ・ 制御更新選択
0: キ ャ プ チ ャ / 比較制御ビ ッ ト は、 プ リ ロー ド 機能を使用 し ている (CCPC=1) 場合、 COM ビ ッ ト が
セ ッ ト さ れた と き にのみ更新 さ れます。
1: キ ャ プ チ ャ / 比較制御ビ ッ ト は、 プ リ ロー ド 機能を使用 し ている (CCPC=1) 場合、 COM ビ ッ ト が
セ ッ ト さ れた と き も し く は TRGI の立上 り エ ッ ジで更新 さ れます。
注 : こ のビ ッ ト は相補出力を有する チ ャ ネルに対 し てのみ有効に働き ます。
Bit 1 予約済み、 常に 0 が読出 さ れます。
Rev 5 -日本語版
261/720
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 こ の資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必ず最新の正規英語版資料を事前にご確認下 さ い。 ST 及び ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱は、 現行の
正規英語版資料の更新に よ り 製品に関する最新の情報を提供 し てい る に も 関わ ら ず、 当該英語版資料に対応 し た更新がな さ れていない こ の資料の情
報に基づいて発生 し た問題や障害な どにつ き ま し ては如何な る責任 も 負いません。
参考資料
高機能制御 タ イ マ (TIM1 及び TIM8)
RM0008
Bit 0 CCPC: キ ャ プ チ ャ / 比較 ・ プ リ ロー ド 制御
0: CCxE、 CCxNE 及び OCxM ビ ッ ト はプ リ ロー ド さ れません。
1: CCxE、 CCxNE 及び OCxM ビ ッ ト はプ リ ロー ド 機能が有効で、 書込み後に COM ビ ッ ト がセ ッ ト さ
れた と き に値が更新 さ れます。
注 : こ のビ ッ ト は相補出力を有する チ ャ ネルに対 し てのみ有効に働き ます。
12.4.3
ス レーブ ・ モー ド 制御レ ジ ス タ (TIMx_SMCR)
ア ド レ スオ フ セ ッ ト : 0x08
リ セ ッ ト 値 : 0x0000
15
14
ETP
ECE
rw
rw
13
12
11
10
ETPS[1:0]
rw
rw
9
8
ETF[3:0]
rw
rw
7
6
MSM
rw
rw
rw
5
4
rw
2
予約
済み
TS[2:0]
rw
3
rw
Res.
1
0
SMS[2:0]
rw
rw
rw
Bit 15 ETP: 外部 ト リ ガ極性
こ のビ ッ ト は外部 ト リ ガ動作に ETR と ETR のど ち らかが使用 さ れるかを選択 し ます。
0: ETR は反転 さ れず、 ハイ レ ベル も し く は立上 り エ ッ ジがア ク テ ィ ブ と な り ます。
1: ETR を反転 し 、 ローレ ベル も し く は立下 り エ ッ ジがア ク テ ィ ブ と な り ます。
Bit 14 ECE: 外部ク ロ ッ ク 有効
こ のビ ッ ト は外部ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 を有効 と し ます。
0: 外部ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 は無効です。
1: 外部ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 は有効です。 ETRF 信号のア ク テ ィ ブ エ ッ ジがカ ウン タ のク ロ ッ ク と な
り ます。
注 1: ECE ビ ッ ト を セ ッ ト する と 、 外部ク ロ ッ ク ・ モー ド 1 で TRGI が ETRF に接続 さ れた状態
(SMS=111、 TS=111) と 同 じ 効果 と な り ます。
注 2: 外部ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 と 同時に次のス レーブ ・ モー ド を指定で き ます。 リ セ ッ ト ・ モー ド 、
ゲー ト ・ モー ド 、 ト リ ガ ・ モー ド 。 ただ し 、 TRGI は ETRF に接続 さ れていてはいけません。 (TS
ビ ッ ト は 111 でない こ と が必要。)
注 3: 外部ク ロ ッ ク ・ モー ド 1 と 外部 ク ロ ッ ク ・ モー ド 2 が同時に有効に設定 さ れる と 、 外部ク ロ ッ
ク 入力は ETRF と な り ます。
Bits 13:12 ETPS[1:0]: 外部 ト リ ガ ・ プ リ スケー ラ
外部 ト リ ガ信号 ETRP の周波数は最大で TIMxCLK 周波数の 1/4 に制限 さ れます。 ETRP の周波数
を低下 さ せる ためにプ リ スケー ラが使用で き、 高速の外部ク ロ ッ ク が与え ら れる場合に役立ち ま
す。
00:
01:
10:
11:
262/720
プ リ スケー ラ ・ オ フ
ETRP 分周比 2
ETRP 分周比 4
ETRP 分周比 8
Rev 5 -日本語版
こ の資料は、 STMicroelectronics NV 並びにその子会社 ( 以下 ST) が英文で記述 し た資料 (以下、 「正規英語版資料」) を、 皆様のご理解の一助 と し て
頂 く ために ST マ イ ク ロ エ レ ク ト ロ ニ ク ス㈱が英文か ら 和文へ翻訳 し て作成 し た も のです。 こ の資料は現行の正規英語版資料の近時の更新に対応 し
ていない場合があ り ます。 この資料は、 あ く ま で も 正規英語版資料を ご理解頂 く ための補助的参考資料のみにご利用下 さ い。 こ の資料で説明 さ れる
製品のご検討及びご採用にあた り ま し ては、 必