close

Enter

Log in using OpenID

報道資料 2011 年 6 月 24 日 (日本時間) ソーラーパネルが大きくコスト

embedDownload
報道資料
2011 年 6 月 24 日
(日本時間)
ソーラーパネルが大きくコストダウン、アメリカ国民はソーラー技術の将来を楽観
•
全世界におけるソーラー発電の設置数は 2010 年に倍増
•
技術革新により規模拡大と変換効率向上
アプライド マテリアルズ(Applied Materials, Inc., Nasdaq:AMAT、本社:米国カリフ
ォルニア州サンタクララ、会長兼 CEO マイケル・スプリンター)は 6 月 20 日(現地時
間)、例年夏至に先立って実施している太陽エネルギー意識調査の結果を発表しました。
この調査は今年で 3 回目になります。
アプライド マテリアルズのソーラー部門プレジデント、チャーリー・ゲイは次のように
述べています。「夏至は太陽エネルギーについて考えるのにふさわしい時期で、私たちが
使っているソーラー技術が過去数年間にどれだけ進歩したかを認識する良い機会でもあり
ます」
太陽電池パネルの価格は、2008 年当時 1 ワット当たり 4 ドルでしたが、現在は 70%低下
し、今後数年でワット当たり 1 ドルまで下がると見られています。その結果、イタリア、
スペイン、ブラジル、米国カリフォルニア州を含め 19 の国や地域では、2011 年末までに
ソーラーパネルによる発電コストが従来の家庭用電力のコストと同等になる見通しです。
アプライド マテリアルズは、2020 年までに 100 カ国以上でソーラー電力が現在の家庭用
電力と同等のコストで利用可能になる、と予測しています。これは、世界人口の 98%、世
界 GDP 割合の 99.7%、エネルギー関連の CO2 排出量の 99.2%に相当します。
「ソーラー発電のコストは重要な転換点を迎えています。2010 年末における全世界のソー
ラー発電設備の設置量は合計 36 ギガワットに達しましたが、そのうち 18 ギガワットは昨
年 1 年間に設置されたもので、ソーラー発電能力がこの 1 年で倍増したことになります。
こうした驚異的な伸びに加えて、パネルの変換効率や拡張性も新技術によって向上してい
ることから、ソーラー電力のコストはこれまでになく手頃になっています」(C.ゲイ)
。
米国民はソーラー分野における自国のリーダーシップと太陽光発電の利用比率を過大評価
米国民を対象に行った再生可能エネルギー(太陽光、水力、風力、地熱、バイオマス他)
に関する意識調査では、最も効率的な(すなわち最も簡単に変換・利用できる)再生可能
エネルギーとして太陽光を挙げた人は 32%でした。また、米国がソーラー分野をリードし
ている、と答えた人は全体の 5 分の 1(21%)でした。実際には米国よりもドイツ、スペ
イン、日本、イタリアのほうがソーラー電力を多く利用しており、ソーラーパネルの製造
では中国が突出しています。
現在米国のエネルギー消費に占めるソーラー発電の割合は 1%足らずです。米国における
ソーラー電力の普及度が低いという認識は、米国人の間に広まりつつあります。(米国の
エネルギー消費に占めるソーラー発電の割合を 0‐5%と正しく回答した人は、2009 年の
調査では全体の 5 分の 1 でしたが、2011 年の調査では全体の 3 分の 1 に増えています。
)
その一方、米国におけるソーラー発電の割合が全電力消費の 5%を超える、と誤って答え
た人も 51%いました。
米国民の 4 人に 1 人は自宅へのソーラーパネル設置に前向き
米国人を対象に行われたこの調査によれば、自宅にソーラーパネルの設置を検討してもよ
い、とする回答者は全体の 4 分の 1 以上(27%)いました。今すぐ設置を検討する予定は
ない、とする回答者は 48%でしたが、かなりの回答者(80%)が、初期費用と長期的投資
の両面で節約の機会が増えるならソーラー電力の導入を前向きに検討してもよい、と答え
ています。ソーラーパネル設置を後押しする主な要因として回答者が挙げたものは以下の
とおりです。
・設置費用の軽減に向けた政府による奨励策(65%)
・持ち家の査定価格上昇(54%)
・関連情報の充実(49%)
・電力会社による余剰電力買取制度(47%)
ソーラーパネルの設置を検討したいと答えた人の割合は若い世代ほど多く、18‐44 歳では
回答者全体の 32%弱だったのに対し、45‐64 歳では 27%、65 歳以上では 15%となってい
ます。また、72%の人が、自宅にソーラーパネルを設置して電力コストを節減できれば、
10 年以内に設置費用を回収できるだろうと答えています。
2011 年太陽エネルギー意識調査の詳細な結果、関連するソーシャルメディア活動、インフ
ォグラフィックなどについては、アプライド マテリアルズのブログをご参照ください。
調査方法
この太陽エネルギー意識調査は、オピニオン・リサーチ・コーポレーションが行った電話
調査の結果をまとめたものです。全国的な確率標本となるよう抽出された米国本土の民間
世帯に住む 18 歳以上の成人 1,011 人(男性 503 人、女性 508 人)に対し、2011 年 6 月 9
日~12 日にかけて CARAVAN® Survey 方式による電話インタビューを行いました。誤差
は±3%です。
アプライド マテリアルズ(Nasdaq: AMAT)は、先進的な半導体、フラットパネルディ
スプレイ、太陽電池の製造に用いられる革新的な装置、サービスおよびソフトウェアを提
供するグローバルリーダーです。アプライド マテリアルズのテクノロジーにより、スマ
ートフォン、薄型テレビ、ソーラーパネルなどの製品が世界中の家庭やビジネスで、より
手頃な価格でご利用いただけるようになります。アプライド マテリアルズは、今日のイ
ノベーションを明日の産業へ発展させていきます。
詳しい情報はホームページ:http://www.appliedmaterials.com でもご覧いただけます。
********************************************************************************
このリリースは 6 月 20 日米国においてアプライド マテリアルズが行った英文プレスリリースをアプライド
マテリアルズ ジャパン株式会社が翻訳の上、発表するものです。
アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:渡辺徹)は 1979 年 10 月
に設立。京都、大阪支店のほか 14 のサービスセンターを置き、日本の顧客へのサポート体制を整えて
います。
このリリースに関する詳しいお問い合わせは下記へ
アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社
社長室: 大橋 百合 (Tel: 03-6812-6801)
ホームページ: http://www.appliedmaterials.com
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
227 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content