close

Enter

Log in using OpenID

入札公告 - 公立豊岡病院組合

embedDownload
医療機器の購入
入札申請関係書類
① 入札公告(写し)
② 入札説明書
③ 契約書(ひな型)
④ 一般競争入札参加申込書兼競争入札参加資格確認申請書
⑤ 入札書
⑥ 委任状
⑦ 納入実績証明書
⑧ 仕様書
< 担 当 >
〒668-8501 兵庫県豊岡市戸牧1094番地
公立豊岡病院組合
統轄管理事務所 総務部出納室
内海・青山
(TEL 0796-22-6111)
入札公告
次のとおり一般競争入札に付す。
平成28年1月20日
公立豊岡病院組合
管理者
1
調達内容
(1) 購入物品及び数量
医療機器調達 一式
〔公立豊岡病院〕
セントラルモニタ一式
生体情報モニタ一式
薬用保冷庫一式
急速輸液装置一式
〔公立日高医療センター〕
医用テレメーター一式
〔
(仮称)公立朝来医療センター〕
移動式診療用照明灯(1灯タイプ)一式
泌尿器科検診台一式
天吊式診療用照明灯(3灯タイプ)一式
超音波双方向血流計一式
生体情報モニタ(ベッドサイドモニタ)一式
内視鏡装置一式
内視鏡画像・動画記録装置一式
洗浄履歴管理システム一式
内視鏡洗浄装置一式
生理検査システム(心電図ファイリング)一式
心電計一式
自動視力計一式
顕微鏡(カメラ付・血液用)一式
免疫・血液学用遠心機(卓上)一式
遠心機一式
薬用保冷庫(1,033L)一式(2台)
薬用保冷庫(174L)
実験台一式
血液保冷庫一式
バイオメディカルフリーザー(輸血用)一式
バイオビューワークステーション一式
血球洗浄遠心機一式
自動採血管準備装置一式
生体情報モニタ一式
井上 鉄也
全自動錠剤分包機一式
全自動散薬分包機一式
錠剤台(W900 D600 H1800)一式(5台)
外用台(W900 D600 H1800)一式(2台)
外用台(W600 D600 H850)上棚なし 一式
水剤台(W600 D600 H1800)一式
集塵機付散在台(W900 D600 H1800)一式
薬用保冷庫(550L)記録装置付 一式(2台)
作業台(W1200 D750 H800)一式(3台)
アンプル棚 特注一式
安全キャビネット一式
ステンレスワゴン一式(2台)
器械戸棚一式(3台)
作業台(W1200 D750 H800)一式
高圧蒸気滅菌装置一式
洗浄器一式
クリーンベンチ一式
作業台(W900 D750 H800)一式
パスボックス一式
プッシュプル換気装置一式
手洗装置(水道水対応、2人用+3人用)一式
トランスポートストレッチャー一式
カセット式卓上型高圧蒸気滅菌装置一式
手術室無影灯一式(3台)
電気メス一式
電動油圧整形(牽引透視)手術台一式
中央材料コンテナ一式
生体情報モニタ(2台)一式
特殊浴槽装置一式
電動ベッド(個室用)一式(9台)
(ベッドサイドレール18式、介助バー9式、介助バー対応ベッドサイドレール9式)
電動ベッド(その他)一式(29台、このうち6台は離床センサー付)
(ナースコール中継ユニット6台、ベッドサイドレール146式、ベッドサイドテー
ブル88式、介助バー31式、介助バー対応ベッドサイドレール31式)
生体情報モニタアンテナ工事一式
ディジョックボードセット一式
歩行訓練用階段100型一式
昇降用平行棒一式(2台)
エアロバイク一式
プラットホームマット(ワイド)一式(8台)
トリートメントテーブル(電動)一式
トリートメントテーブル(手動)一式
ニューステップ一式
エクササイズベッド一式(4台)
開放型浴室セット一式
エクササイズブロック一式
プーリー一式
PSB本体ゲージ付右用一式
昇降式リハビリテーブル(傾斜機能付き)天然木一式
ハイローテーブル木目 R100mm一式
福祉用椅子三式
PASシステムスティミュレーター一式
PASシステムプログラムユニット一式
洗面&キッチンユニット一式
トイレユニット一式
昇降式サンディングボードセット一式
渦流浴装置ワールプール一式
上肢用渦流浴装置一式
移動式診療用照明灯(3灯タイプ)一式(2台)
電動診察台一式(8台)
ベッドパンウオッシャー一式(3台)
電動シャワートロリー一式(2台)
ベッドプレート一式(160台)
(朝来医療センターの「一式」の内訳については構成一覧表を確認すること。)
(2) 購入物品の特質等
購入物品の性能等に関し、管理者が入札説明書で指定する特質等を有すること。
(3) 納入期限
公立豊岡病院医療機器 平成28年3月31日(全物品)
公立日高医療センター医療機器 平成28年2月28日
(仮称)朝来医療センター医療機器 平成28年3月31日(全物品)
(4) 納入場所
公立豊岡病院
兵庫県豊岡市戸牧1094番地
公立日高医療センター
兵庫県豊岡市日高町岩中81番地
(仮称)朝来医療センター
兵庫県朝来市和田山町法興寺392番地
(5) 入札方法
上記(1)の物品について入札に付する。
落札決定に当たっては、入札書に記載された金額に当該金額の100 分の8に相当
する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を
切り捨てるものとする。)をもって落札価格とするので、入札者は、見積もった契
約金額の消費税抜きに相当する金額を入札書に記載すること。万一誤って記載した
ときは、新しい入札書を使用すること。
2
一般競争入札参加資格
(1) 物品関係入札参加資格者として、公立豊岡病院組合(以下「当組合」という。)の
物品関係入札参加資格者名簿に登録されている者又は登録されていない者で参加申
込みの期間中に出納室へ申請し、開札の日時までに物品関係入札参加資格者として
認定された者であること。
(2) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に基づく当組合の入札
参加資格制限基準による資格制限を受けていない者であること。
(3) 一般競争入札参加申込書兼競争参加資格確認申請書(以下「申込書」という。)の
提出期限日及び当該調達の入札の日において、当組合の指名停止基準に基づく指名
停止を受けていない者であること。
(4) 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更正手続開始の申立て及び民事再生法
(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申立てがなされていない者である
こと。
(5) 以下の物品の仕様書の装置機器と同等の製品を過去5年以内に納入実績を有する者
であること。
〔
(仮称)朝来医療センター〕
内視鏡装置一式
自動採血管準備システム一式
全自動錠剤分包機一式
(6)全調達物品に係る迅速なアフターサービス・メンテナンスの体制が整備されているこ
とを証明した者であること。
3
入札書の提出場所等
(1) 申込書の提出場所、契約条項を示す場所、入札説明書の交付場所及び問合せ先
〒668-0065
兵庫県豊岡市戸牧1094番地
公立豊岡病院組合 統轄管理事務所 総務部 出納室
電話(0796)22-6111
(2) 契約条項を示す期間及び入札説明書の交付期間
平成28年1月20日(水)から同年2月1日(月)まで(土曜日、日曜日及び祝
日を除く。)
午前9時から午後4時まで(正午から午後1時までを除く。)
(3) 入札参加申込書の受付期間
上記(2)に同じ
(4) 入札・開札の日時及び場所
平成28年2月5日(金)午後1時30分
公立豊岡病院第1会議室
(5) 入札書の提出期限
上記(4)の入札・開札の日時及び場所に直接入札書と入札内訳書を提出すること。
4 その他
(1) 契約手続において使用する言語及び通貨
日本語及び日本国通貨
(2) 入札保証金
契約希望金額(入札書記載金額の100分の108)の100分の5以上の額の入札保証金を
平成28年2月3日(水)午後4時までに納入しなければならない。ただし、保険会
社との間に管理者を被保険者とする入札保証保険契約を締結した場合は、その保険証
書を入札保証金に代えて提出すること。
(3) 契約保証金
契約金額の100分の10以上の額の契約保証金を契約締結日までに納入しなければな
らない。ただし、保険会社との間に管理者を被保険者とする履行保証保険契約を締結
した場合は、その保険証書を契約保証金に代えて契約締結日までに提出すること。
(4) 入札者に求められる義務
ア この一般競争入札に参加を希望する者は、入札説明書で示した物品を納入できるこ
とを証明する書類(物品・役務関係入札参加資格審査申請…既に提出済みの者は不
要)を平成28年2月1日(月)午後4時までに上記3(1)の場所に提出すること。
イ 入札者は、開札日の前日までの間において、契約担当者から上記アの提出書類に関
し説明を求められた場合は、それに応じること。
(5) 入札に関する条件
ア 入札書は、所定の日時及び場所に持参により行うこと。
イ 入札者又はその代理人が同一事項について2通以上した入札でないこと。
ウ 同一事項の入札において、他の入札者の代理人を兼ねた者又は2人以上の入札者の
代理をした者の入札でないこと。
エ 連合その他の不正行為によってされたと認められる入札でないこと。
オ 入札書に入札金額並びに入札者の氏名及び押印があり、入札内容が分明であること。
カ 入札開始前に一般競争入札参加資格確認通知書の写しを入札執行者に提出するこ
と。
キ 代理人が入札をする場合は、入札開始前に委任状を入札執行者に提出すること。
ク 入札金額は、特に指示した場合のほか、総価格を記入すること。
ケ 入札書に記載された入札金額が訂正されていないこと。
コ 再度入札に参加できる者は、次のいずれかの者であること。
(ア) 初度の入札に参加して有効な入札をした者
(イ) 初度の入札において、アからコまでの条件に違反し無効となった入札者のうち、
ア、エ又はオに違反し無効となった者以外の者
(6) 入札の無効
本公告に示した一般競争入札参加資格のない者のした入札、入札者に求められる義
務を履行しなかった者のした入札、申込書又は関係書類に虚偽の記載をした者のし
た入札及び入札に関する条件に違反した入札は、無効とする。
(7) 契約書作成の要否
要作成
(8) 落札者の決定方法
入札説明書で示した物品を納入できると管理者が判断した入札者であって、契約規
則第12条の規定に基づいて作成された予定価格の制限の範囲内で最低価格をもって
有効な入札を行った者を落札者とする。
(9) その他詳細は、入札説明書による。
入 札 説 明 書
医療機器の購入に係る一般競争入札(以下「入札」という。
)の実施については、関係法
令に定めるもののほか、この入札説明書によるものとする。
1 公告日 平成28年1月20日(水)
2 一般競争入札に付する事項
(1) 件 名 医療機器の購入
(2) 品目及び数量
〔公立豊岡病院〕
セントラルモニタ一式
生体情報モニタ一式
薬用保冷庫一式
急速輸液装置一式
〔公立日高医療センター〕
医用テレメーター一式
〔
(仮称)公立朝来医療センター〕
移動式診療用照明灯(1灯タイプ)一式
泌尿器科検診台一式
天吊式診療用照明灯(3灯タイプ)一式
超音波双方向血流計一式
生体情報モニタ(ベッドサイドモニタ)一式
内視鏡装置一式
内視鏡画像・動画記録装置一式
洗浄履歴管理システム一式
内視鏡洗浄装置一式
生理検査システム(心電図ファイリング)一式
心電計一式
自動視力計一式
顕微鏡(カメラ付・血液用)一式
免疫・血液学用遠心機(卓上)一式
遠心機一式
薬用保冷庫(1,033L)一式(2台)
薬用保冷庫(174L)
実験台一式
血液保冷庫一式
バイオメディカルフリーザー(輸血用)一式
バイオビューワークステーション一式
血球洗浄遠心機一式
自動採血管準備装置一式
生体情報モニタ一式
全自動錠剤分包機一式
全自動散薬分包機一式
錠剤台(W900 D600 H1800)一式(5台)
外用台(W900 D600 H1800)一式(2台)
外用台(W600 D600 H850)上棚なし 一式
水剤台(W600 D600 H1800)一式
集塵機付散在台(W900 D600 H1800)一式
薬用保冷庫(550L)記録装置付 一式(2台)
作業台(W1200 D750 H800)一式(3台)
アンプル棚 特注一式
安全キャビネット一式
ステンレスワゴン一式(2台)
器械戸棚一式(3台)
作業台(W1200 D750 H800)一式
高圧蒸気滅菌装置一式
洗浄器一式
クリーンベンチ一式
作業台(W900 D750 H800)一式
パスボックス一式
プッシュプル換気装置一式
手洗装置(水道水対応、2人用+3人用)一式
トランスポートストレッチャー一式
カセット式卓上型高圧蒸気滅菌装置一式
手術室無影灯一式(3台)
電気メス一式
電動油圧整形(牽引透視)手術台一式
中央材料コンテナ一式
生体情報モニタ(2台)一式
特殊浴槽装置一式
電動ベッド(個室用)一式(9台)
(ベッドサイドレール18式、介助バー9式、介助バー対応ベッドサイドレール9式)
電動ベッド(その他)一式(29台、このうち6台は離床センサー付)
(ナースコール中継ユニット6台、ベッドサイドレール146式、ベッドサイドテー
ブル88式、介助バー31式、介助バー対応ベッドサイドレール31式)
生体情報モニタアンテナ工事一式
ディジョックボードセット一式
歩行訓練用階段100型一式
昇降用平行棒一式(2台)
エアロバイク一式
プラットホームマット(ワイド)一式(8台)
トリートメントテーブル(電動)一式
トリートメントテーブル(手動)一式
ニューステップ一式
エクササイズベッド一式(4台)
開放型浴室セット一式
エクササイズブロック一式
プーリー一式
PSB本体ゲージ付右用一式
昇降式リハビリテーブル(傾斜機能付き)天然木一式
ハイローテーブル木目 R100mm一式
福祉用椅子三式
PASシステムスティミュレーター一式
PASシステムプログラムユニット一式
洗面&キッチンユニット一式
トイレユニット一式
昇降式サンディングボードセット一式
渦流浴装置ワールプール一式
上肢用渦流浴装置一式
移動式診療用照明灯(3灯タイプ)一式(2台)
電動診察台一式(8台)
ベッドパンウオッシャー一式(3台)
電動シャワートロリー一式(2台)
ベッドプレート一式(160台)
(朝来医療センターの「一式」の内訳については構成一覧表を確認すること。)
(3) 購入物品の規格、品質、性能等 別添仕様書のとおり
(4) 購入物品の条件等 別添仕様書のとおり
(5) 納入期限 以下のとおり
〔公立豊岡病院〕
平成28年3月31日(全品目)
〔公立日高医療センター〕
平成27年2月28日
〔
(仮称)朝来医療センター〕
平成28年3月31日(全品目)
(6) 納入場所
・公立豊岡病院
兵庫県豊岡市戸牧1094番地
・公立日高医療センター 兵庫県豊岡市日高町岩中81番地
・
(仮称)朝来医療センター
兵庫県朝来市法興寺392番地
3 入札参加資格
本件入札に参加できる資格を有する者は、次に掲げる要件を全て満たし、管理者による
一般競争入札参加資格の確認を受けた者であること。
(1) 物品関係入札参加資格者として、公立豊岡病院組合の入札参加資格者名簿に登録さ
れている者又は登録されていない者で入札書の受領期限までに物品関係入札参加資格
者として認定されたものであること。
なお、名簿に登録されていない者で入札を希望する者は、所定の物品関係入札参加
資格審査申請書に関係書類を添えて、下記申請場所へ持参すること。
申請場所 公立豊岡病院組合統轄管理事務所総務部出納室(兵庫県豊岡市戸牧1094番地)
(2) 地方自治法施行令(昭和22 年政令第16 号)第167 条の4の規定に基づく公立豊岡
病院組合の入札参加資格制限基準による資格制限を受けていない者であること。
(3) 公立豊岡病院組合の指名停止基準に基づく指名停止を、一般競争入札参加申込書兼
競争参加資格確認申請書(以下「申込書」という。
)の提出期限日及び当該調達の入札
の日において受けていない者であること。
(4) 会社更生法(平成14 年法律第154 号)に基づく更正手続開始の申立て及び民事再
生法(平成11 年法律第225 号)に基づく再生手続開始の申立てがなされていない者で
あること。
(5) 仕様書の装置機器と同等の製品を納入することができると認める者で、過去5年以
内に以下の装置機器の納入実績を有する者であること。
〔
(仮称)朝来医療センター〕
内視鏡ユニット一式
自動採血管準備システム一式
全自動錠剤分包機一式
(6) 購入物品に係る迅速なアフターサービス・メンテナンスの体制が整備されているこ
とを証明した者であること。
4 入札者に要求される義務
開札日の前日までの間において、管理者から提出書類に関し、説明を求められた場合は、
それに応じること。
5 入札参加の申し込み
(1) 申込場所
公立豊岡病院組合統轄管理事務所総務部出納室
(〒668-8501 兵庫県豊岡市戸牧1094番地 電話番号 0796-22-6111)
(2) 受付期間
平成28年1月20日(水)から平成28年2月1日(月)まで
土曜日・日曜日・祝日を除く。毎日午前9時から午後4時までとする。(正午から午後
1時までを除く)
(3) 提出書類
ア 申込書を作成のうえ前記(1)の申込場所に原則として直接持参すること。
イ 納入実績証明書
ウ 前記3(6)の事実を確認するための説明書、システム図等(様式任意)
(4) 入札参加資格の確認
ア 一般競争入札参加資格の確認基準日は、前記(2) の最終日とする。
イ 入札参加申込者の一般競争入札参加資格の有無については、提出のあった申込書及び
関係書類に基づいて確認する。
ウ 前号により入札参加資格がないと認められた者は、管理者に対して入札参加資格がな
いと認めた理由について、次に従い、文書(様式任意)により説明を求めることがで
きる。
① 提出期限 一般競争入札参加資格確認通知書に記載する。
② 提出場所 5(1)と同じ。
③ その他 文書は、持参するものとし、郵送又は電送によるものは受け付けない。
6 契約手続きにおいて使用する言語及び通貨
日本語及び日本国通貨
7 入札、開札の場所及び日時
(1) 場 所 公立豊岡病院(兵庫県豊岡市戸牧1094番地)
(2) 日 時 平成28年2月5日(金曜日)午後1時30分
8 入札書の提出方法
入札書は、入札日時に入札箱に投入すること。また、入札内訳書も同時に投入すること。
9 入札書の作成方法
(1) 入札書は日本語で記載し、金額については日本国通貨とし、アラビア数字で表示す
ること。
(2) 入札書は所定の別紙様式によること。
(3) 入札書の記載に当たっては、次の点に留意すること。
ア 品目は、前記2(2) に示した品目とする。
イ 年月日は、入札書の提出日とする。
ウ 入札者の氏名及び押印は、法人にあっては法人の名称又は商号及び代表者の氏名とし、
また、印章は公立豊岡病院組合に届出のものとする。
エ 代理人が入札する場合は、入札者の氏名の表示並びに当該代理人の氏名及び押印があ
ること。なお、この場合にあっては、入札開始前に委任状(様式別紙)を入札執行者
に提出すること。
オ 外国業者にあって押印が必要のあるものについては、署名をもって代えることができ
る。
(4) 落札決定に当たっては、入札書に記載された金額に当該金額の100 分の8に相当す
る額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り
捨てるものとする。
)をもって落札価格とするので、入札者は、見積もった契約金額の
消費税抜きに相当する金額を入札書に記載すること。万一誤って記載したときは、新
しい入札書を使用すること。
(5) 入札執行回数は、2回を限度とする。
(6) 一度提出した入札書は、これを書換え、引換え又は撤回することはできない。
(7) 本件の入札公告(以下「本公告」という。)に示す入札手続き等を十分承知の上入札
すること。
10 仕様書等に関する質問
(1) 入札説明書、仕様書等交付書類に関して疑問がある場合は、次により文書(様式任
意)で質問すること。
ア 受付期間
平成28年1月20日(水)から1月22日(金)まで
閉庁日を除く。毎日、午前9時から午後4時までとする。
(正午から午後1時までを除く。
)
イ 受付場所 前記5(1)に同じ。
ウ その他
文書は、原則として持参するものとする。
(2) 回答書は、次のとおり閲覧に供する。
ア 期 間
平成28年1月28日(木)から2月1日(月)まで
閉庁日を除く。毎日、午前9時から午後4時まで(正午から午後1時までを除く。)
イ 場 所
ホームページにて公示する。
11 入札保証金及び契約保証金
(1) 入札保証金
契約希望金額(入札書記載金額の100分の108)の100分の5以上の額とする。ただし、
保険会社との間に公立豊岡病院組合管理者を被保険者とする入札保証保険契約を締結
した場合は、その保険証書を保険金に代えて提出すること。入札保証金又は入札保証
保険証書の保険金額が、契約希望金額(入札書記載金額の100分の108)の100分の5未
満であるときは、当該入札は無効となるので注意すること。
提出期限は、平成27年2月3日(水)午後4時まで。
被保険者は、
「公立豊岡病院組合 管理者 井上
鉄也」とする。
(2) 契約保証金
契約金額の100分の10以上の額とする。ただし、保険会社との間に公立豊岡病院組
合管理者とする履行保証保険契約を締結した場合は、その保険証書を保証金に代えて
契約締結日までに提出すること。
被保険者は、
「公立豊岡病院組合 管理者 井上 鉄也」とする。
12 開 札
開札は、入札執行後直ちに、入札者又はその代理人を立ち会わせて行い、入札者又
はその代理人が立ち会わない場合においては、入札事務に関係のない職員を立ち会わ
せて行う。
13 無効とする入札
(1) 前記3の一般競争入札参加資格のない者のした入札、入札者に求められる義務を履
行しなかった者のした入札、申込書又は関係書類に虚偽の記載をした者のした入札及
び入札に関する条件に違反した入札は、無効とする。
(2) 一般競争入札参加資格のあることを確認された者であっても、入札時点において資
格制限期間中にある者、指名停止中である者等前記3に掲げる一般競争入札参加資格
のない者のした入札は無効とする。
(3) 無効の入札を行った者を落札者としていた場合は、その落札決定を取り消す。
14 落札者の決定方法
(1) 当該物品を納品できると担当者が判断した入札者であって、公立豊岡病院組合契約
規則第12条の規定に基づいた作成された予定価格の制限の範囲内で最低の価格をもっ
て有効な入札を行った者を落札者とする。
(注)予定価格には次の費用を含む。
① 入札物品の監督及び検査を受けるために要する費用
② 入札物品の納入に伴う包装、梱包及び輸送に要する費用
③ 入札物品に係る関税及びその他輸入課徴金の経費
(2) 落札者となるべき同価の入札をした者が2者以上ある場合は、くじによって落札者
を決定する。なお、落札者となるべき同価の入札をした者は、くじを引くことを辞
退することはできない。
(3) 再度の入札をしても、落札者がないとき又は落札者が契約を結ばないときは、最低
価格業者との随意契約とする。
15 入札に関する条件
入札参加者は、本公告で示す入札に関する条件を十分承知のうえ入札すること。
16 入札の中止等及びこれによる損害に関する事項
天災その他やむを得ない理由により入札の執行を行うことができないときは、これを
中止する。また、入札参加者の連合の疑い、不正不穏行動をなす等により入札を公正に
執行できないと認められるとき、又は競争の実益がないと認められるときは、入札を取
り消すことがある。これらの場合における損害は、入札者の負担とする。
17 契約書の作成
(1) 落札者は、業務担当者から交付された契約書に記名押印し、落札決定の日から7日
以内に管理者に提出しなければならない。ただし、この期間は管理者の承諾を得て延
長されることがある。
(2) 前号の期間内に契約書を提出しないときは、落札はその効力を失うことになる。
(3) 契約書は2通作成し、双方各1通保有する。
(4) 契約書の作成に要する費用はすべて落札者の負担とする。ただし、契約書用紙は交
付する。
(5) 落札決定後、契約締結までの間に落札した者が入札参加の資格制限又は指名停止を
受けた場合は、契約を締結しない。
18 監督及び検査
監督及び検査は、契約条項の定めるところにより行う。
なお、検査の実施場所は、指定する日本国内の場所とする。
19 その他注意事項
(1) 申込書又は関係書類に虚偽の記載をした者は、公立豊岡病院組合の指名停止基準に
より指名停止される。
(2) 入札参加者は、刑法、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律等関係法令
を遵守し、信義誠実の原則を守り、いやしくも住民の信頼を失うことのないよう努め
ること。
20 調達事務担当課
入札参加申込、質問受付、入札執行、契約締結等
〒668-8501 兵庫県豊岡市戸牧1094番地
公立豊岡病院組合統轄管理事務所総務部出納室
内海・青山(TEL 0796-22-6111)
仕 様 書
品目
セントラルモニタ
メーカー
日本光電
規格・型式
CNS-6201
○セントラルモニタ 1式
装置機器
及び役務
納入場所
セントラルモニタ PU-621R
1
液晶ディスプレイユニット VL-611R
1
集中型受信機(8人用) OPG-9100-Z28
1
集中型受信機(4人用) OPG-9100-Z24
1
レコーダーユニット WS-960P
1
WS-960P電源キット SC-611R
1
レーザージェットプリンタP4015n CB509A#ABJ
1
VLケーブルセット(メイン)2.5M YS-097P5
1
アラームインジケータ YL-611P
1
キーボード NEO1NO
1
ベーシックオプティカルマウス P58-00045
1
UPS THA-1000-10-U
1
テーブルタップ
1
手動式磁気カードリーダーターミナル KT-900U-1R-0101
1
CNS設置費用
1
送信機(心電図・呼吸・SPO2) ZS-630P
1
電極リード線 BR-903P K911
1
フィンガープローブ TL-201T2 P225F
1
シリコンカバー YS-103P1 Y224
1
豊岡病院5-西病棟
仕 様 書
品目
メーカー
規格・型式
生体情報モニタ
フィリップスエレクトロニクスジャパン
MX450
○生体情報モニタ 1式
生体情報モニタ MX450
1式
・12インチワイド液晶タッチスクリーン
・バッテリ機能
・標準仕様
・拡張インターフェース
GCX壁付金具
1式
MSL延長オス/メスコネクタ
1式
24.1型カラーワイド液晶ディスプレイEV2455-BK
1式
装置機器
及び役務
納入場所
豊岡病院放射線科
仕 様 書
品目
メーカー
規格・型式
薬用保冷庫
パナソニックヘルスケア
MRP-504H-PJ
○薬用保冷庫 1式
薬用保冷庫 MRP-504H-PJ
搬入設置費 KM-ZUNCHN
装置機器
及び役務
納入場所
豊岡病院検査科
2
1式
仕 様 書
品目
メーカー
規格・型式
急速輸液装置
スミスメディカル
レベル1 システム1000
○急速輸液装置 1式
・急速輸液装置 レベル1 システム1000 H-1025 FULL5 付き
・システム1000用加温チューブ1本/箱 DI-60HL
1
・システム1000用ガスベント付フィルタ 20/箱 F-10
1
・システム1000用Oリングキット 8004003
1
・ホットライン輸液加温装置HL-90 FULL5 付き
2
・ホットライン用加温チューブ 30本/箱 L-70
2
・ホットライン用Oリングキット 8004001
2
装置機器
及び役務
納入場所
1
豊岡病院救急外来
セントラルモニター仕様書
日高医療センター管理課
(調達内容)
医用テレメーター
1台
(構 成)
本体
1台
送信機
4台
その他
1式
(調達品の性能及び仕様)
1 セントラルモニタに関して以下の要件を満たすこと
1-1 ハード構成に関しては以下の要件を満たすこと
1-1-1 本体部、ディスプレイ部、受信部、記録部が一体型のコンパクトモニタであること
1-1-2 ディスプレイは対角15インチ以上、1024×768ドット以上の液晶ディスプレイを有していること
1-1-3 記録器は3chのレコーダを有していること
1-1-4 タッチパネル操作が可能であること
1-1-5 受信チャンネルを480chから選択できること
1-2 画面表示に関して以下の要件を満たすこと
1-2-1 4人以上の生体情報を同時に監視が可能であること
1-2-2 操作メニューの表示は日本語であること
1-2-3 全患者画面で1患者あたり2波形以上表示できること
1-2-3 個人画面で1患者あたり5波形以上表示できること
1-2-4 全患者画面はモニタリング人数に応じて変更可能なこと
1-2-5 表示する波形及び計測値の選択できること
1-2-6 波形の掃引速度の切り替えが可能であること
1-2-7 各測定項目の表示色を選択できること
1-2-8 ベッド番号の色分けが可能であること
1-3 アラーム機能に関して以下の要件を満たすこと
1-3-1 各計測値に関してアラーム設定が可能なこと
1-3-2 アラームは重要度ごとに段階を設けることができること
1-3-3 患者ごとのアラーム設定が可能であること
1-3-4 アラーム発生時にはアラーム音、画面表示で通知ができること
1-4 測定項目に関して以下の要件を満たすこと
1-4-1 波形表示は心電図/呼吸曲線/脈波/観血血圧/炭酸ガス濃度の表示が可能であること
1-4-2 数値表示は心拍数/脈拍数/STレベル/VPC数/呼吸数/SpO2/非観血血圧/CO2/体温/HASTE
の表示が可能であること
1-5 患者情報に関して以下の要件を満たしていること
1-5-1 リコール機能を有していること
1-5-2 リコールリストの表示が可能であること
1-5-3 各計測値のトレンドグラフ及び数値リストを作成する機能があること
1-5-4 各計測値のトレンドグラフ及び数値リストを記録する機能があること
1-5-5 各計測値のトレンドグラフ及び数値リストを保存する機能があること
1-5-6 長時間波形を保存する機能があること
1-6 ベッドサイドモニタとの通信に関して以下の要件を満たしていること
1-6-1 ベッドサイドモニタ及び送信機と無線で通信が可能であること
1-6-2 送信機が当院透析室内の各ベッドから通信できるように必要であればアンテナ工事を行うこと
2 その他については以下の要件を満たすこと
2-1 購入より1年は無償で故障、保守対応を行うこと。
2-2 その他、器機の搬入、設置、現有機の撤去等を本器機の納入に必要な費用は全て含む。
2-3 その他本装置の搬入、据付、配線、調整等において、本仕様書に明示なき事項については、
当然必要と認められるものについて、当院の明示のもとに実施するものとする。
以上
新病院医療機器一式
仕 様 書
まとめ
(仮称)朝来医療センター
1.調達物品名及び構成内訳
1) 新病院医療機器一式
一式
機器の内訳、性能等は「装置本体性能等・技術的要件」及び、別紙「構成一覧表(1~10)」を参照すること。
2) その他
一式
上記一式の・据付・配管・配線及び調整を含む。
(詳細については、「装置本体性能等・技術的要件以外の要件」に示す。)
2.技術的要件の概要
1) 本調達物品に係る要求要件は、下記の「装置本体性能・技術的要件」及び別紙の構成一覧表に示すとおりである。
2)要求要件は (仮称)朝来医療センターが必要とする最低限の要件を示しており、入札機器の性能等がこれを満たして
いないとの判断がなされた場合には、不合格となり、落札決定の対象から除外する。
3.その他
1) 仕様に関する留意事項
入札機器のうち薬事法に基づく製造承認が必要な医療用具に関しては、その承認を得ているものであること。
上記以外の機器に関しては、入札時点で製品化されていること。
2) 提案に関する留意事項
①提案に関しては、提案する装置が本仕様書の要求要件をどのように満たすか、あるいはどのように実現するかを要求要件毎に具体的
かつ分かりやすく、資料等を添付する等して説明すること。したがって、審査するに当たって提案の根拠が不明確、説明が不十分で技術
審査に重大な支障があると(仮称)朝来医療センターが判断した場合は、要求要件を満たしていないものとみなす。
② 提案された内容等について、問い合わせやヒアリングを行うことがある。
③ 提出資料等に関する照会先を明記すること。
(装置本体性能等・技術的要件)
1. 外来部門
1-1.
移動式診療用照明灯(1灯タイプ)
1台
1-1-1.
移動式診療用照明灯(1灯タイプ)は以下の要件を満たすこと。
1-1-1-1. 灯体サイズは210mm×175mm以上であること。
1-1-1-2. スタンド脚部は601mm×572mm以下であること。
1-1-1-3. 使用光源は超高演色LEDであること。
1-1-1-4. 照度は10,000lux以上であること
1-1-1-5. 色温度は4,000~4,500K以内であること。
1-1-1-6. 光源寿命は35,000時間以上であること。
1-2.
泌尿器科検診台
一式
1-2-1.
泌尿器科検診台は以下の同等機能を満たすこと。
1-2-1-1. 椅子型で且つ回転式であること。
1-2-1-2. 初高が450mm以下である事。
1-2-1-3. 検診位の初高が750mm以下であること。
1-2-1-4. 汚水トレーを有すること。
1-2-1-5. クリニカルシーツを装備できること。
1-2-1-6. 両足開脚、片足開脚、開脚停止の機能選択がフットスイッチで行えること。
1-2-1-7. 乗降位から検診位へ移動する際、正面位で一時停止すること。
1-2-1-8. ベッド形状に変形できる機能を備えていること
1-3.
天吊式診療用照明灯(3灯タイプ)
1台
1-3-1.
天吊式診療用照明灯(3灯タイプ)は以下の要件を満たすこと。
1-3-1-1. 灯体サイズは360mm×291mm以上であること。
1-3-1-2. 使用光源は超高演色LEDであること。
1-3-1-3. 照度は75,000lux以上であること
1-3-1-4. 色温度は4,000~4,500K以内であること。
1-3-1-5. 光源寿命は40,000時間以上であること。
1-3-1-6. 照度調整は30%~100%で調整できること。
1-4.
超音波双方向血流計
1式
1-4-1.
超音波双方向血流計は以下の要件を満たすこと。
1-4-1-1. 計測血管の深度により超音波周波数が2つ以上使用できること。
1-4-1-2. 血流方向検出が可能であること。
1-4-1-3. 血流速最大値、平均値、最小値、および心拍数の測定が可能であること。
1-4-1-4. 計測結果を記録できるようプリンター機能を有すること。
1-4-1-5. 計測中に血流波形をモニターできること。
1-4-1-6. 計測波形のフリーズ機能を有すること。
1-4-1-7. 小型で持ち運びが簡単であること。
2. 放射線部門
2-1.
生体情報モニタ一式
一式
2-1-1.
生体情報モニタ一式は以下の要件を満たすこと。
2-1-1-1. 非観血血圧・動脈血酸素飽和度(SpO2)・心電図・体温・呼吸数・心(脈)拍数が1台のモニタで測定可能なこと
2-1-1-2. オプションとして2chの記録器を有していること。
2-1-1-3. オプションとしてバッテリ機能を有していること
2-1-1-4. 7インチのTFTカラー液晶表示器を装備していること。
2-1-1-5. 数値データーを大きく拡大し見やすくする画面表示を有している。
2-1-1-6. 波形情報は最大3波形まで表示できる機能を有している
2-1-1-7. 数値リストが1500件以上保存可能なこと
2-1-1-8. 数値リストは表示パラメータのカスタマイズが可能なこと
2-1-1-9. 各計測値のトレンドグラフ及び数値リストは記録器にて記録可能なこと。
2-1-1-10. 各測定項目に対して上限値・下限値のアラーム設定が可能である。
2-1-1-11. 血圧測定を通常時よりも速く測定する機能を有している。
2-1-1-12. 血圧値に応じた加圧値を自動で決定する機能を有している
2-1-1-13. リアルタイムに測定する心(脈)拍数、動脈血酸素飽和度、体温アラーム時に血圧測定を起動させる機能を有している。
2-1-1-14. 画面表示は日本語表示である。
2-1-1-15. 送信機を内蔵することによりテレメトリシステムとして活用可能である。
2-1-1-16. 夜間でも操作が可能なバックライト付スイッチが装備していること
3. 内視鏡・エコー部門
3-1.
内視鏡装置一式
一式
3-2.
内視鏡画像・動画記録装置
一式
3-2-1.
ハードウェアは以下の要件を満たすこと
同等品不可とする。
3-2-1-1. NTSC(S-VIDEO/コンポジットビデオ)、RGBの各信号を取得しDICOM Storage送信可能なこと。
3-2-1-2. パーソナルコンピュータに依存しない構造でも問題ないこと。
3-2-1-3. パーソナルコンピュータに依存しない為、いかなるタイミングでの電源OFFでも安定的な動作が可能であること。
3-2-1-4. 内蔵HDDは120GBで、3パーテーション構造を有し、容量がFullになった場合は自動的にパーテーション単位で削除機能を有すること。
3-2-1-5. 10/100/1000Base-TXのネットワークインターフェースを有していること。
3-2-1-6. 専用のリモコンでの操作が可能であること。
3-2-1-7. リモコンはカナ・英数字の入力に対応していること。
3-2-1-8. 装置本体は内視鏡ラック内/上に配置可能なサイズであること。
3-2-1-9. 内視鏡装置本体の電源スイッチに連動して起動が可能であること。
3-2-1-10. 本体内部にSDカード(最大32GB)へのバックアップ機能を有すること。
3-2-1-11. 内視鏡装置のメーカーを問わず接続可能であること。
3-2-1-12. 内部に記録及び転送のメンテナンスLOG記録情報機能を有し、LAN障害/PACS受信障害に対する転送障害などの問題点の切り分け/原因
追及に関わる機能を有すること。
転送構文は以下の要件を満たすこと
3-2-2.
3-2-2-1. 転送構文は「Implicit VR Little Endian」及び「Jpeg Baseline」に対応していること。
3-2-3.
DICOM CSは以下の要件を満たすこと
3-2-3-1. DICOM Storage SCU・DICOM MWM SCUを有していること
患者情報取得は以下の要件を満たす
こと。
3-2-4-1. 内視鏡装置連携ケーブルにより、内視鏡に登録された患者情報を自動的に取得できる機能を有すること。
3-2-4.
3-2-4-2. 磁気カードリーダーから患者属性情報を取得できること。
3-2-4-3. 取得した患者IDをキーとしMWMを取得できること。
3-2-4-4. リモコンで患者属性の入力/修正も可能なこと。
3-2-5.
MWMは以下の要件を満たすこと。
3-2-5-1. MWMオーダーを本日のみに対して、患者ID、モダリティコードを絞り込めること。
3-2-5-2. 外部モニターにて複数オーダーの情報を確認・選択して取得できること(リモコンでは、1件単位での表示が可能)。
3-2-5-3. MWMによりAccession Number・Patient ID・Patient Name・Patient Sex・Patient Birthday・Study Instance UID等を取得できること。
3-2-6.
検査実施は以下の要件を満たすこと。
3-2-6-1. 内視鏡スコープのボタンとトリガー連動し画像を取得できること。
3-2-6-2. 転送終了後に任意の患者情報を修正して、手動送信が可能な機能を有すること
3-2-6-3. ネットワーク遮断の状態でも画像取得(内部に画像データを保持)が可能なこと。
3-2-6-4. ネットワークに再接続次第自動的に送信を行うことが可能であること。
3-2-6-5. 画像は撮影ごとに自動転送、及び手動にて任意検査の再送ができること。
3-2-6-6. 送信障害等の問題発生時にブザー及び、アラートを表示すること。
3-2-6-7. 患者未登録検査を記録、転送する機能を有すること(MWM/連携障害回避)、また解除も可能であること。
3-2-6-8. 動画記録が可能な機能を有していること。
3-2-6-9. 内蔵HDDに記録された画像から静止画のみをDICOM転送し、動画は転送せず、SDカードにのみ保存するなど静止画と動画を別の状況で保
存する機能を有すること。
洗浄履歴管理システム
一式
同等品不可とする。
3-3.
内視鏡洗浄装置
一台
4-1.
生理検査システム一式
一式
4-1-1.
生理検査情報システムサーバは以下の要件を満たすこと。
4-1-1-1.
システムサーバのハードウエアは以下の機能を有していること。
3-4.
同等品不可とする。
4. 検査部門
4-1-1-1-1. 本体は長時間連続運転が可能なファクトリコンピュータであること。
4-1-1-1-2. 本体のCPUの演算性能はIntel Core I 7 2.1GHz相当以上であること。
4-1-1-1-3. 本体の主記憶装置の容量は3GB以上であること。
4-1-1-1-4. 本体のハードディスクの物理容量は320GB以上でミラーリングされていること。
4-1-1-1-5. 本体には100BASE-TXおよび1000BASE-Tに対応しているネットワークインタフェースカードを有していること。
4-1-1-1-6. LANの通信方式はEthernetLANで、プロトコルはTCP/IPを使用していること。
4-1-1-1-7. NASは2TB以上でRAID1構成を組んでいること。
4-1-1-1-8. NASは運用用とバックアップ用の2台へ同時に自動書き込みができること。
4-1-1-2.
システムサーバのソフトウェアは以下の機能を有していること。
4-1-1-2-1. 本体のOSはWindows Embedded Standard 7相当以上であること。
4-1-1-2-2. ハードウェアの異常を検知する、RAS機能を有していること。
4-1-1-2-3. 未知のウィルスが保存されない対策が講じられていること。
4-1-1-2-4. 未知のウィルスが起動しない対策が講じられていること。
4-1-1-3.
システムサーバは以下の性能を有していること。
4-1-1-3-1. 検査データを表示する端末(以後、表示端末)からのアクセスは同時に10台まで可能なこと。
4-1-1-3-2. Microsoft社サーバーOSライセンスに違反する事なく、全ての電子カルテ端末からMFER形式もしくは波形ファイル形式のファイルの心電図
データが参照できること。
システムサーバのデータ保存機能は以下の要件を満たすこと。
4-1-1-4.
4-1-1-4-1. 心電計から送出される標準12誘導心電図、15誘導心電図、リズム記録、EXTRA誘導のMFER形式もしくは波形ファイル形式のファイルで保
存・管理ができること。
4-1-1-5.
オフライン登録機能は以下の要件を満たすこと。
4-1-1-5-1. 登録可能なファイル形式はJPEG、PNG、PDFであること。
4-1-1-5-2. 登録データを事前確認するために、プレビュー機能を有すること。
4-1-1-5-3. 患者IDをキーに、患者基本情報を取得し、患者IDにくくりつけてデータを登録する機能を有すること。
4-1-1-6.
院内情報システム(以降HISとする)との接続は以下の要件を満たすこと。
4-1-1-6-1. HISから被検者情報(患者基本属性)を取得可能であること。
4-1-1-6-2. HIS端末の要求に応え、管理している検査データをWebブラウザで表示が可能であること。
4-1-1-6-3. HIS端末での検査データ参照に際して患者ID、検査日を引数として利用し、検索条件として使用できること。
4-1-1-7.
検査データ表示機能は以下の要件を満たすこと。
4-1-1-7-1. 電子カルテ端末の要求に応え、管理している検査データをWebブラウザで表示できること。
4-1-1-7-2. Web参照時のログインは、ユーザ名、パスワードなどによる認証をおこなうことが望ましい。
4-1-1-7-3. WXGA(1280×768ドット)のディスプレイ解像度に対応していること。
4-1-1-7-4. 以下の条件で、検査の検索が可能であること。
患者ID、氏名、検査種別、検査日(任意の範囲指定)
4-1-1-7-5. 表示された検査一覧リストをCSV出力できること。
4-1-1-7-6. 標準12誘導心電図データ及びリズム記録は、MFER形式もしくは波形ファイル形式のファイルと数値等の検査情報を同一画面で表示できる
こと。
4-1-1-7-7. MFER形式もしくは波形ファイル形式の標準12誘導心電図データの時系列比較表示機能(アベレージ波形あるいは代表波形を6回以上)を有
すること。
4-1-1-7-8. MFER形式もしくは波形ファイル形式の心電図データ表示については、感度設定、掃引速度(25or50mm/sec)の変更機能を有すること。
4-1-1-7-9. 検査データのコメントが電子カルテ端末から書けること。
4-1-1-8.
地域医療連携のために、以下の要件を満たすこと。
4-1-1-8-1. 地域医療情報に対してSS-MIX2形式もしくはJPEG形式でのデータ出力が可能なこと。
4-1-1-8-2. 指定した検査データをCD等の可搬媒体に書き込み可能な形式で出力できること
4-1-1-9.
保守については以下の要件を満たすこと。
4-1-1-9-1. ファクトリコンピュータは5年間にわたり故障時の部品供給が可能なこと。
4-2.
心電計一式
4-2-1.
検査対象
一式
4-2-1-1. 安静時・負荷後の標準12誘導心電図が記録できること
4-2-1-2. マスターステップ検査が行えること。
4-2-1-3. 安静時心電図検査メニューを10種類以上登録できること。
4-2-1-4. オプションの入力箱の追加により、15誘導心電図の同時記録が可能であること
4-2-1-5. オプションの追加によりホルター心電図の再生・記録ができること。
4-2-2.
心電図入力部
4-2-2-1. A/B切り替え機能が内蔵されていること。
4-2-2-2. ノイズやハムを低減させるデジタル入力箱もしくはデジタルフィルターを使用していること。
4-2-2-3. 除細動保護が施されていること。
4-2-2-4. 周波数特性が最大150Hz以上であること。
4-2-2-5. 同相弁別比は110dB以上であること。
4-2-3.
表示部
4-2-3-1. 液晶カラーディスプレイであること
4-2-3-2. ディスプレイは対角12.1インチ以上であること。
4-2-3-3. ディスプレイ解像度は、800×600ドット以上であること。
4-2-3-4. タッチパネル方式であること。
4-2-3-5. ディスプレイの視認性を確保するため、ディスプレイは、前後移動・ディスプレイ面の角度調整が可能であること。
4-2-4.
ファイル保存
4-2-4-1. 記録した心電計データを、記憶メディアにデータ保存ができること。
4-2-4-2. 本体へ内蔵可能なメモリーカードへのデータ保存が可能であること。(オプション可)
4-2-4-3. 本体内部メモリへのデータ保存が可能であること。
4-2-4-4. 保存された心電図データは、記録のみでなく、全波形を心電計の画面上にも表示し、確認ができること。
4-2-4-5. 記憶メディアに保存されたデータから同一IDの検査データを時系列記録できること。
4-2-5.
ファイル送信
4-2-5-1. 記録した心電計データおよび記憶メディアに保存された心電図データをファイリングシステムへ送信できること。
4-2-5-2. データ送信は、有線LANでの送信が可能であること。
4-2-6.
記録部
4-2-6-1. 記録紙幅は210mm以上であること。
4-2-6-2. 最大15chの記録が可能であること。(オプション可)
4-2-6-3. 記録速度は5/10/12.5/25/50(mm/s)より選択可能であること。
4-2-7.
バッテリー
4-2-7-1. 満充電時で40分以上の稼働ができるバッテリーを内蔵していること。
4-2-8.
波形表示
4-2-8-1. 波形表示部分の背景にグリッドを表示可能であること。
4-2-8-2. 不整脈を発見しやすいよう、リズム波形の不整部分の色を変えて表示できること。
4-2-9.
安静時12誘導検査
4-2-9-1. 10秒~24秒の自動記録が可能であること。
4-2-9-2. 自動記録により収集された心電図波形の自動解析が可能であること。
4-2-9-3. 自動記録の解析結果に、不整脈に該当する所見が含まれていたときに、自動的にリズム記録を行う機能を有すること。
4-2-9-4. 下記の自動記録結果と同等内容を画面上に表示可能であること。
①安静時12誘導記録の計測・解析結果
②安静時12誘導記録波形(記録した時間内の全心拍)
③安静時12誘導記録の詳細計測値(各誘導のP波高・Q波幅・Q波高・R波幅・R波高・S波幅・S波高・ST J値・ST MID値・ST END値・T波高及
び検出された各心拍のQRSタイプ番号とRR間隔)
4-2-9-5. 安静時12誘導検査において被検者IDを入力した際、本体内部メモリ・メモリーカード・外部システム(指定品)内に同一被検者の検査データ
が存在する場合、直近の検査データの12誘導アベレージ波形もしくは12誘導ドミナント波形を自動的に読込み、現在波形と並べて表示可能
であること。
4-2-9-6. 安静時12誘導検査において記録を行った際、本体内部メモリ・メモリーカード・外部システム(指定品)内に同一被検者の検査データが存在
する場合、最大過去4回分の検査データの12誘導アベレージ波形もしくは12誘導ドミナント波形と、今回の検査のアベレージ波形を時系列
表示可能であること。また、各データの全波形・解析結果・詳細計測値を画面上に表示できること。
4-2-9-7. 最大5分前まで遡って、任意の箇所を指定してその時点の12誘導心電図波形を画面上で確認できること。また、その心電図波形を自動記録
できること。
4-2-9-8. 記録された心電図データは、自動的に保存・送信が可能であること。
4-2-9-9. 標準12誘導心電図のデータをもとに右側胸部(V3R~V5R)および背部(V7~V9)の6誘導を演算により導出できること。
4-2-10.
リズム記録
4-2-10-1. 安静時検査中に、キー操作によりリズム記録を開始できること。
4-2-10-2. リズム記録の書式は、1誘導記録・3誘導記録・12誘導記録より選択可能であり、記録時間は最大5分間可能であること。
4-2-10-3. 最大5分間分の全誘導の心電図波形を1つのリズム記録ファイルとして保存・送信が可能であること。(分割されたファイルは管理が煩雑と
なるため不可とする)
4-2-10-4. 最大5分前まで遡って、任意の箇所を指定してリズム記録ができること。
4-2-10-5. リズム記録で記録した波形を画面上に表示できること。
4-2-11.
心電図自動解析
4-2-11-1. 心電図波形の自動解析機能を有すること。
4-2-11-2. 130件以上の解析所見数を有すること
4-2-11-3. Brugada型心電図に関連する解析所見を3種類以上有すること。
4-2-11-4. ミネソタコード(日循協心電図コード2005年度版)の出力が可能であること。
4-2-12.
負荷後検査
4-2-12-1. マスタステップ検査のステップ数の算出機能を有し、ステップ音を出力できること。
4-2-12-2. マスタステップ負荷後の設定した時間で自動的に心電図の自動記録がおこなえること。
4-2-12-3. 負荷後自動記録と安静時自動記録の解析結果に差異がある場合、解析所見にマークを添付して記録出来ること。
4-2-12-4. 負荷終検査了後、ファイナルレポートの記録が可能であること。ファイナルレポートではST最大降下時の波形・STトレンド・HRトレンドの記録
が行えること。また、ファイナルレポートの内容を画面上で確認できること。
その他の検査
4-2-13.
4-2-13-1. 右側胸部誘導(V3R~V6R)、左右背部誘導(V7~V9、V7R~V9R)での記録の際、各誘導名を画面表示および記録紙上に印字可能である
こと。
また、記録結果を画面上に表示できること。
更に、記録されたデータのファイル保存およびファイル送信が可能であること
被検者データ入力
4-2-14.
4-2-14-1. 磁気カードリーダ・バーコードリーダにより入力可能であること。(オプション可)
4-2-14-2. 手動で設定する際は、タッチパネル上のフルキーボードおよび外付けのキーボードで行えること。
4-2-14-3. 一度入力した被検者データをマスタとして本体内部メモリに登録し、次回入力時はID番号の指定によりその他の項目を自動的に入力できる
機能を有すること。また、被検者マスタは、本体内部メモリに4000件以上保存可能であること。
4-2-14-4. 被検者データは、下記項目が入力可能であること。
ID番号・サブID番号・氏名・カナ氏名・性別・生年月日・年令・身長・体重・血圧・投薬情報・自覚症状・病室番号・依頼科・依頼医師名・技師名
また、全角文字で100文字以上のコメントの入力が可能であること。
4-2-14-5. 被検者取り違いを防止するため、ID番号が未更新の状態で記録開始操作を行った場合に注意喚起のメッセージを画面表示する機能を有す
ること。
4-2-15.
その他
4-2-15-1. 汎用性の高いUSBポートを2系統以上装備していること。
4-2-15-2. 心電計の国際標準規格IEC 60601-2-51に適合していること。
4-2-15-3. データの二次利用性を向上させるため、収集した安静時12誘導心電図データをMFER方式もしくはJPEG方式でファイル出力出来ること。出
力の方式は、保存メディアへのオフライン出力およびLANによるオンライン出力が可能であること。
自動視力計一式
一式
4-3.
4-3-1.
自動視力計は、以下の要件を満たすことを条件とする。
4-3-1-1. 視標種類は、視力値0.1~1.0、1.2、1.5 までの12 段階で、上下左右4方向のランドルト環であること。
4-3-1-2. 視標距離は、遠用視力5m、近用視力50cm であること。
4-3-1-3. 測定可能な瞳孔間距離は、55mm~75mm 内であること。
4-3-1-4. 内部照明ランプは白色LED で交換不要であること。
4-3-1-5. 音声ガイドにより検査が進められること。
4-3-1-6. 検査は開始からすべての行程を全自動で完了すること。
4-3-1-7. 測定モードは、両眼・右眼・左眼における遠用視力、近用視力の組み合わせが可能なこと。
4-3-1-8. 検査状況を確認できるコントローラを備えること。
4-3-1-9. めがね、コンタクトレンズ装用における裸眼/矯正を区別しないで検査を行うモードと区別しながら行うモードを備えていること。
4-3-1-10. プリンターを有し、外部通信のためのRS232C ポートを有すること。
4-3-1-11. 本体外形寸法は220(W)×340(D)×410(H)mm以内であること。
4-3-1-12. コントローラを含めて重量は7.27Kg 以内で持ち運び可能なこと。
4-4.
顕微鏡(カメラ付・血液用)
4-4-1.
顕微鏡部は以下の要件を満たすこと。
一式
4-4-1-1. 顕微鏡本体は正立型であること。
4-4-1-2. 透過光源は高演色白色LEDであること。
4-4-1-3. デジタルカメラが取り付け可能な三眼鏡筒であり、3段階の光路切替(双眼部100% /双眼部20%:カメラ80% /カメラ100%)が可能である
こと。
4-4-1-4. レボルバは6本以上の対物レンズが装備可能であること。
4-4-1-5. レボルバはコード機能を有し、接続するデジタルカメラのコントローラーへ対物レンズ
の位置情報信号を出力できること。
4-4-1-6. 接眼レンズは10倍であること。
4-4-1-7. 対物レンズは血液検査(ノーカバー標本)に対応し、倍率は10倍(NA:0.30)、20倍(NA:0.45)、40倍(NA:0.75)、100倍(NA:0.9)を搭載している
こと。また全てドライタイプであること。
4-4-1-8. 調光部は左右どちらからでも操作ができるよう、鏡体の前面に配置されていること。
4-4-2.
デジタルカメラ部は以下の要件を満たすこと。
4-4-2-1. 撮像素子はカラーCCDで、画素数は500万画素以上あること。
4-4-2-2. 動画撮影が行なえること。
4-4-2-3. 制御用コントローラーが含まれること。
4-4-2-4. ライブ表示速度は15fps以上あること。
4-4-2-5. 接続する顕微鏡のレボルバより出力された信号を受け、対物レンズの位置情報を認識する機能を有すること。また、対物レンズの位置情報
に合わせ、自動的にスケール表示の倍率切替が行なえること。
4-4-2-6. 各操作はモニタに表示されたメニューより、マウス操作で行なえること。
4-4-2-7. 撮影された画像は付属のUSBメモリに保存されること。
4-4-2-8. 簡易計測機能を搭載しており、2点距離などの計測が行なえること。
4-4-2-9. 補助機能として音声保存が可能なこと。
4-4-2-10. 17型LCDモニタが含まれること。
4-4-2-11. 顕微鏡と接続するための、0.5倍Cマウントアダプタが含まれること。
4-5.
免疫・血液学用遠心機(卓上)
一台
4-5-1.
免疫・血液学用遠心機(卓上)は以下の要件を満たすこと。
4-5-1-1. 1台でHLA検査のリンパ球洗浄とクームス試験の赤血球洗浄ができること。
4-5-1-2. リンパ球洗浄用と赤血球洗浄用のロータを使用することができ、どちらも簡単に着脱できること。
4-5-1-3. 血小板を除去するトロンビン処理の3秒前後の遠心ができること。
4-5-1-4. 遠心力・時間をメモリーでコントロールできること。
4-5-1-5. 遠心時間を変更できること。
4-5-1-6. 制御方式がプッシュボタン・回転数固定方式であること。
4-6.
遠心機
4-6-1.
遠心機は以下の要件を満たすこと。
一台
4-6-1-1. 250mℓ×4本以上のサンプルを一度に遠心処理できること。
4-6-1-2. 本体は卓上型であり、サイズが幅44cm×奥行56cm×高さ31cm以内であること。
4-6-1-3. 5mℓ・7mℓ・10mℓの各種サイズの採血管と15 mℓガラス管が同時に使用できるチューブラックを有していること。
4-6-1-4. 電動ドアロックを採用し、ドアを閉じると自動ロックされること。また、回転停止後ドアは自動で開くこと。
4-6-1-5. 遠くからでも運転状態が分かるようドア上部にランプを装備し、ランプは7色から選択できること。
4-6-1-6. ロータの回転が見え、実回転数のチェックもできるビューポート付きであること。
4-6-1-7. 5種類以上の運転条件がメモリーできること。
4-6-1-8. 国際安全規格IEC61010-020に準拠していること。
4-6-1-9. タイマは分と秒を組み合わせた設定ができること。
4-6-1-10. チャンバ開口部の高さは27.5cm以下、開口部が38cmと広い全開口方式を採用していること。
4-6-1-11. メモリフラッシング機能でスピンダウンが簡単に行えること。
4-7.
薬用保冷庫(1033L)
2台
薬用保冷庫は以下の要件を満たすこ
と。
4-7-1-1. 庫内温度設定が2℃~14℃の範囲以上であること
4-7-1.
4-7-1-2. 外形寸法はW1800mm×D600mm×H1790mm以下であること
4-7-1-3. 内容量は1033L以上であること
4-7-1-4. 電源は単相100Vであること
4-7-1-5. 扉に鍵が付いていること。
4-7-1-6. 測定孔がついており(左側面1か所)30mmφ以上であること
4-8.
薬用保冷庫(174L)
1台
薬用保冷庫は以下の要件を満たすこ
と。
4-8-1-1. 保冷部庫内温度設定が2℃~14℃の範囲以上、フリーザー部庫内温度設定が-15℃~-35℃程度の範囲以上であること。
4-8-1.
4-8-1-2. 外形寸法はW540mm×D600mm×H1825mm以下であること
4-8-1-3. 内容量は保冷部174L以上・フリーザー部は39L以上であること
4-8-1-4. 電源は単相100Vであること
4-8-1-5. 扉に鍵が付いていること。
4-9.
実験台一式
一式
4-10.
血液保冷庫
1台
血液保冷庫は以下の要件を満たすこ
と。
4-10-1-1. 庫内温度制御範囲が4℃±1℃であること。
4-10-1.
4-10-1-2. 外形寸法はW800mm×D832mm×H1810mm以下であること
4-10-1-3. 内容量は425L程度であること。
4-10-1-4. 電源は単相100Vであること
4-10-1-5. 扉に鍵が付いていること。
4-11.
バイオメディカルフリーザー(輸血用)
1台
4-11-1.
バイオメディカルフリーザーは以下の要件を満たすこと。
4-11-1-1. 庫内温度設定範囲が-20℃~-30℃であること。
4-11-1-2. 外形寸法はW820mm×D770mm×H1806mm以下であること
4-11-1-3. 内容量は504L程度であること。
4-11-1-4. 電源は単相100Vであること
4-11-1-5. 扉に鍵が付いていること。
4-12.
オーソバイオビューワークステーション
一式
同等品不可とする。
4-13.
血球洗浄遠心機
一式
同等品不可とする。
一式
同等品不可とする。
5. 中央採血・化学療法部門
5-1.
自動採血管準備装置一式
5-1-1.
自動採血管準備装置は、以下の要件を満たすこと。
5-1-1-1. 受信した検体ラベル情報に従い、バーコードラベルが貼付された採血管、手貼り用ラベル、採血指示書を患者毎に1つのトレイへ準備できる
こと。
5-1-1-2. 次の形状の採血管に対応できること。
外径:φ12~18mm,長さ:75~110mm,栓種:ゴム・フィルム・プラスチック・栓なし。
5-1-1-3. 自動採血管準備装置には、8種類以上の採血管を同時搭載できること。
5-1-1-4. 採血管は、同一方向に揃える必要なく、装置前面から補充できること。
5-1-1-5. 自動貼付けを行うプリンターは、2台同時に貼り付け動作が可能であり、1患者当り4本準備する場合、1時間あたり300人分以上の採血管が
準備できる処理能力を有すること。
5-1-1-6. 採血管切れ、採血管の補充間違いは目視ではなく、全数機械的に監視する機能を有すること。
5-1-1-7. 採血管搭載位置は、採血管を補充する際、他の採血管を誤って投入しないように、各搭載位置毎に独立して引き出せる機構であること。
5-1-1-8. トラブル発生時、マスターの設定変更をすることなく、採血管搭載位置を変更できること。
5-1-1-9. 準備済みの採血管は、外来分と入院分が混在しないよう、別々の排出口から準備できること。
5-1-1-10. 外来分の準備済みトレイは、内容物(採血時の注意コメント等)の確認および取り出しが容易なよう、装置全面へ4個以上並べて待機可能な
スペースを有すること。
5-1-1-11. 入院分の準備済みトレイは、一括発行を行うため、自動的に20個以上積み上げる機能を有すること。
5-1-1-12. 空のトレイは、一度に20個以上搭載可能で、補充の手間を軽減できること。
5-1-1-13. オーダーに対し、採血管が確実に準備されたか、ラベル貼付け時にバーコード検証する機能を有すること。
5-1-1-14. ダウン対策として、自動貼付けを行うプリンターが1台ダウンしても、残り1台のプリンターで、装置に搭載する8種類すべての採血管を準備で
きること。
5-1-1-15. 自動貼付けを行うプリンタが全数ダウンし、すべて手貼りとなる場合でも、採血従事者の負担を軽減するため、手貼りラベルと併せて、ラベ
ル貼付け前の採血管を自動選択し、同一トレイ内に準備できること。
5-1-1-16. ダウン対策として、未完全状態の採血管と正常発行された採血管(外来分、入院分)が混在しないよう、排出口が分かれていること。
5-1-1-17. ラベルの再発行および外来採血優先発行の機能を有すること。
5-1-1-18. バーコードは、code128,code39,JAN,NW-7,ITFを印字できること。
5-1-1-19. ラベルフォーマットは、採血管毎に設定できること。
5-1-1-20. ラベル貼付け位置は、採血管の栓の有無に関わらず、採血管毎に1mm単位で設定できること。
5-1-1-21. 設置スペースを最小限にするため、制御端末は、タッチパネル方式のPCを装置上に搭載していること。
5-1-1-22. PC上で表示可能な旧字や外字は、すべて印字できる機能を有すること。
5-1-1-23. 入札時点で製品化されていること。
5-1-2.
採血採尿受付機は、以下の要件を満たすこと。
5-1-2-1. 患者が診察カードを挿入することで、職員が無人でも受付できること。
5-1-2-2. 対角12インチ以上のタッチパネル式モニタを有し、音声とアニメーションにより、わかり易く案内できること。
5-1-2-3. 患者が装置の前に立つと、自動的に案内を開始する人感センサーを有すること。
5-1-2-4. 診察カードを忘れた患者にも対応できるよう、仮受付の整理番号を発券できる機能を有すること。
5-1-2-5. 採血がある場合には整理券を、検尿がある場合にはバーコードラベル貼付済の尿カップを自動発行できること。
5-1-2-6. 尿カップには、検査項目に応じて最大3枚以上のバーコードラベルを貼付できること。
バーコードラベルは、スピッツへ分注する際に尿カップから剥がしてスピッツへ貼り換え出来ること。
又、再検査に備え尿カップには、患者氏名、IDを印字した小ラベルを患者識別用として同時貼付けが出来ること。
5-1-2-7. 整理券には、患者基本情報(ID、氏名等)、採血採尿情報を印字できること。
5-1-2-8. 磁気カードリーダー、整理券プリンター、尿カップ発給機、表示ディスプレイを有した一体構造であること。
5-1-2-9. 操作方法がわからない時に、係員を呼び出すボタンを有すること。
5-1-2-10. 患者が整理券の印刷途中に引っぱり出したりしないように、採血整理券は印字終了後、用紙を切断し患者側に排出されること。
5-1-2-11. 尿カップ補充の回数を減らすため、尿カップ発給機には250個以上のカップを収納できること。
5-1-2-12. 診察カードの取り忘れを防止するため、整理券と尿カップ(検尿がある場合のみ発行)を取った後に排出すること。また、音声およびインジ
ケータ(光)により案内する機構を有すること。
5-1-2-13. 表示ディスプレイに操作手順の案内、受付後の指示を表示できること。
5-1-2-14. 尿カップ発給機の印字密度は、12ドット/mm以上であること。
5-1-3.
バーコードラベルプリンターは、以下の要件を満たすこと。
5-1-3-1. 受信した検尿ラベル情報に従い、バーコードラベルを印字できること。
5-1-3-2. 印字密度は、12ドット/mm以上であること。
5-1-3-3. 印字方式は、感熱方式であること。
5-1-3-4. ヘッド切れをチェックする機能を有すること。
5-1-3-5. バーコードは、code128,code39,JAN,NW-7,ITFを印字できること。
5-1-3-6. バーコードラベルは、患者氏名、ID、検査項目が印字できること。
5-1-4.
整理券プリンターは、以下の要件を満たすこと。
5-1-4-1. 有人受付時、採血整理券を発行できること。
5-1-4-2. 整理券には、日付、患者氏名、患者ID、整理番号のほか、採血・採尿の有無を示すコメントを見やすく印字できること。
5-1-4-3. 整理券用紙は、ドロップイン方式で交換できること。
5-1-5.
管理サーバーは、以下の要件を満たすこと。
5-1-5-1. 当院システムと接続し、ラベル情報の取得を行うとともに、自動採血管準備装置、採血採尿受付装置、バーコードラベルプリンター、整理券
プリンターを制御できること。
5-1-5-2. 管理サーバーのOSは、Windows Server 2008 Standard同等品以上のタワー型で、物理メモリーは2GB以上であること。
5-1-5-3. 時間帯別外来採血患者数、受付時間、ラベル発行時間、採血終了時間、採血管毎の使用本数等の統計情報を保存できること。
5-2.
生体情報モニタ一式
一式
5-2-1.
生体情報モニタ一式は以下の要件を満たすこと。
同等品不可とする。
5-2-1-1. 非観血血圧・動脈血酸素飽和度(SpO2)・心電図・体温・呼吸数・心(脈)拍数が1台のモニタで測定可能なこと
5-2-1-2. オプションとして2chの記録器を有していること。
5-2-1-3. オプションとしてバッテリ機能を有していること
5-2-1-4. 7インチのTFTカラー液晶表示器を装備していること。
5-2-1-5. 数値データーを大きく拡大し見やすくする画面表示を有している。
5-2-1-6. 波形情報は最大3波形まで表示できる機能を有している
5-2-1-7. 数値リストが1500件以上保存可能なこと
5-2-1-8. 数値リストは表示パラメータのカスタマイズが可能なこと
5-2-1-9. 各計測値のトレンドグラフ及び数値リストは記録器にて記録可能なこと。
5-2-1-10. 各測定項目に対して上限値・下限値のアラーム設定が可能である。
5-2-1-11. 血圧測定を通常時よりも速く測定する機能を有している。
5-2-1-12. 血圧値に応じた加圧値を自動で決定する機能を有している
5-2-1-13. リアルタイムに測定する心(脈)拍数、動脈血酸素飽和度、体温アラーム時に血圧測定を起動させる機能を有している。
5-2-1-14. 画面表示は日本語表示である。
5-2-1-15. 送信機を内蔵することによりテレメトリシステムとして活用可能である。
5-2-1-16. 夜間でも操作が可能なバックライト付スイッチが装備していること
6. 薬剤部門
6-1.
全自動錠剤分包機
一式
6-1-1.
全自動錠剤分包システムは、以下の要件を満たすこと。
6-1-1-1. 処方解析監査装置から分割生成処理・包装形態指示を制御装置が受け取り、順次1包化分包を行えること。
6-1-1-2. 患者氏名・用法、薬品名が印字できること。
6-1-1-3. 処方区分、病棟毎に自動で印字内容を変更できること。
6-1-1-4. 台数は制御用PC1台、全自動錠剤分包機1台設置すること。
6-1-1-5. 全自動錠剤分包機は薬剤の収納カセット数が204種以上であること。
6-1-1-6. 錠剤カセットの棚への誤挿入防止と、それによる分包ミスを未然に防ぐ機能が標準で搭載されていること。
6-1-1-7. 監査面・服用面においてミス防止に役立てるため、分包紙に多彩な印字や多彩な表現(印字例:患者名、薬品名、用法、バーコード、イラス
ト、写真、等)ができる印字機能(Windowsフォント機能)を標準で搭載していること。
6-1-1-8. 全自動錠剤分包機は錠剤の収納カセットが抗菌性、防湿性等に優れていること。
6-1-1-9. 全自動錠剤分包機は1包化分包速度は54包/分以上の性能を有していること。
6-1-1-10. 全自動錠剤分包機は別包包装ができること。
6-1-1-11. 全自動錠剤分包機は分包紙のカットが自由に設定できること。
6-1-1-12. 全自動錠剤分包機は至急の割り込み及び機器の指定もできること。
6-1-1-13. 全自動錠剤分包機の印字は全行熱転写方式であること。
6-1-1-14. 全自動錠剤分包機は非実装薬剤の1包化が容易に出来ること。
6-1-1-15. 全自動錠剤分包機は分包した薬剤内容の確認が容易に行えること。
6-1-1-16. 全自動錠剤分包機は分包紙への印字は鮮明であること。[氏名、ID番号、用法(特殊な場合も含む)等]
6-1-1-17. 全自動錠剤分包機は情報提供の観点から、薬品名などを印字可能なこと。
6-1-1-18. 全自動錠剤分包機のサイズはW1200mm×D930mm×H2200mm以下で、当院薬局で指定する場所に設置できること。
6-1-1-19. PC等の機器はその時点での最新の機能を有すること。
6-2.
全自動散薬分包機
一式
6-2-1.
全自動散薬分包機は以下の仕様を満たすこと。
6-2-1-1. 外形寸法はW1150mm×D678mm×H1,110mm以内であること。
6-2-1-2. 電源は単相100Vであること単相100Vであること。
6-2-1-3. 文包モードは散剤・錠剤・散錠交互、特殊分包を有すること。
6-2-1-4. 分包速度は低速(20~30包/分)、標準(35~43包/分)、高速(45~50包/分)以内であること。
6-2-1-5. 分包紙サイズはW80H70の固定もしくは、W70H60・W70H70・W70H80(標準)・W70H90より選択可能なこと。
6-2-1-6. 印字方式は熱転写方式であること。
6-2-1-7. 集塵機能を有していること。
6-3.
錠剤台(W900D600H1800)
5式
6-4.
外用台(W900D600H1800)
2式
6-5.
外用台(W600D600H850)上棚無し
1式
6-6.
水剤台(W600D600H1800)
1式
6-7.
集塵機付散薬台(W900D600H1800)
1式
6-8.
薬用保冷庫(552L) 記録装置付き
2台
6-8-1.
薬用保冷庫(552L) は以下の要件を満たすこと。
6-8-1-1. 庫内温度設定が2℃~14℃の範囲以上であること
6-8-1-2. 外形寸法はW900mm×D650mm×H1917mm以下であること
6-8-1-3. 内容量は550L以上であること
6-8-1-4. 電源は単相100Vであること
6-8-1-5. 測定孔がついており(左側面1か所)30mmφ以上であること
6-8-1-6. 冷蔵部の温度記録機能を有すること。
6-9.
作業台(W1200D750H800)
3台
6-10.
アンプル棚 特注
一式
6-10-1.
アンプル棚 特注は以下の要件を満たすこと。
※W1200
6-10-1-1. 別紙図面の仕様を満たすこと。
6-11.
安全キャビネット
1台
安全キャビネットは以下の要件を満たすこ
と。
6-11-1-1. 機能はクラスⅡタイプB2であること。(100%屋外排気型)
6-11-1.
6-11-1-2. 最低排気風量は1,140CMH(機内静圧380Pa)であること。
6-11-1-3. 排気はフィルターを通して排出される事。
6-11-1-4. 給気及び排気フィルターはHEPAフィルターであること。
6-11-1-5. 庫内に殺菌ランプを有し、かつ、安全装置がなされている事。
6-11-1-6. 全面シャッター部の乱流対策及び汚染空気の侵入・流出防止策が十分である事。
6-11-1-7. 電圧補正機構が装備されていること。
6-11-1-8. 給気・排気のバランス調整機能が装備されていること。
6-11-1-9. 前面シャッター部に傾斜がついており、疲れにくい設計になっていること。
6-12.
ステンレスワゴン
2台
6-13.
器械戸棚
3台
6-14.
作業台(W1200D750H800)
1台
6-15.
高圧蒸気滅菌器
1台
6-15-1.
高圧蒸気滅菌器は以下の要件を満たすこと。
6-15-1-1. 外形寸法はW430mm×D515mm(取っ手含まず)×H330mm(ゴム足含まず)以内であること。
6-15-1-2. 缶内寸法はΦ235mm×340mm程度であること。
6-15-1-3. 電源は単相100Vであること
6-15-1-4. 滅菌温度は低温115℃/標準121℃/高温135℃の3種にて選択可能なこと。
6-15-1-5. 日時指定可能な予約機能を有すること。
6-15-1-6. 安全弁、温度ヒューズ、空焚き防止温度ヒューズ、漏電ブレーカー等の安全装置を有すること。
6-16.
洗浄器
1台
6-17.
クリーンベンチ
1台
6-18.
作業台(W900D750H800)
1台
6-19.
パスボックス
1台
同等品不可とする。
7. 手術・中央材料部門
7-1.
プッシュプル換気装置
一式
7-2.
手洗い装置(水道水対応)2人用+3人用 一式
7-3.
トランスポートストレッチャー
7-3-1.
トランスポートストレッチャーは以下の要件を満たすこと。
同等品不可とする。
一台
7-3-1-1. 安定した走行の為、20cm以上の大径キャスターで、ケーブルなどの噛み込み防止にカバーが付いていること。
7-3-1-2. ペダル操作で、4つの車輪すべての回転、旋回を両方ともロックできること。
7-3-1-3. ショック治療に有用な、正・逆のトレンデレンブルグ・ポジションにできること。
7-3-1-4. 少ない、非力な帯同者でも、安定して患者搬送ができる第5車輪、またはセンターホイールを有すること。
7-3-1-5. 移動時に押したり、操作するハンドルがあること。
7-4.
カセット式卓上型高圧蒸気滅菌器一式
一式
7-5.
手術室 無影灯
三式
同等品不可とする。
7-6.
電気メス一式
一式
同等品不可とする。
7-7.
電動油圧整形(牽引透視)手術台一式
一式
同等品不可とする。
7-8.
中材コンテナ一式
一式
同等品不可とする。
8-1.
生体情報モニター
二式
同等品不可とする。
8-2.
特殊浴槽装置一式
一式
8-2-1.
介護浴槽本体は以下の要件を満たすこと。
8. 病棟部門
8-2-1-1. 外形寸法は概ね2585mm(L)×1130mm(W)×705~1236mm以内であること。
8-2-1-2. 浴槽内寸法は概ね1895mm(L)×710mm(W)×450mm(D)以上であること。
8-2-1-3. スイッチや温度等の表示は操作パネルに配置されており、見やすく使いやすいこと。
8-2-1-4. 担架を浴槽にスライドさせたその場で、入浴操作や入浴ケアが行えるよう、サイドパネルに入浴に必要な操作スイッチが配置されているこ
と。
8-2-1-5. 給湯、増し湯、浴槽湯温、入浴時間等がデジタル表示されていること。
8-2-1-6. 給湯、増し湯、ハンドシャワーのミキシングは、電動ミキシング方式が採用されていること
8-2-1-7. 自動給湯停止機能が搭載されていること
8-2-1-8. 衛生面の対策として、殺菌効果の高い塩素系薬液による殺菌機能が搭載されていること。
8-2-1-9. 浴槽や担架等は塩素系薬液による殺菌が行えること。
8-2-1-10. 入浴がより快適に行えるように、噴流機能(気泡浴装置)が搭載されていること
8-2-1-11. 患者の安全を確保するため、担架が中央にきて、所定位置にロックされた場合のみ昇降が可能。
8-2-1-12. 停電時対応として、簡単に浴槽を下降できる手動バルブを設けていること。
8-2-2.
介護浴槽用ストレッチャーは以下の要件を満たすこと。
8-2-2-1. 外形寸法は概ね2060mm(L)×680mm(W)×720mm(H)以内であること。
8-2-2-2. 担架を浴槽へ移動させるときに、無理な前傾姿勢にならず、楽に作業できるよう工夫がなされていること。
8-2-2-3. 浴槽縁高さが1039mm程度以下。
8-2-2-4. キャスターのロックが同時に行える機構であること。
8-2-2-5. シャワーフック置きがあること。
8-2-3.
介護浴槽用担架は以下の要件を満たすこと。
8-2-3-1. リクライニング方式が採用されていること
8-2-3-2. 担架面はフルフラットかが可能であり、搬送用ストレッチャー、車椅子からののせかえがスムーズに行えること
8-2-3-3. サイドフェンス、手すり、肩用のフェンス、安全ベルト等が装備されており、安全に入浴できること
8-2-3-4. 浴槽上昇時、背もたれ部分が自動でリクライニングする機能を有していること
8-2-3-5. レッグレスト等が持ち上がることで入浴姿勢が安定するチルト機構を有していること。
8-3.
電動ベッド一式(個室用)
一式
同等品不可とする。
(内訳)
8-4.
電動ベッド
9台
ベッドサイドレール
18セット
介助バー
9本
介助バー対応ベッドサイドレール
9本
電動ベッド一式(その他)
一式
同等品不可とする。
(内訳)
電動ベッド(離床センサー付)
6台
NC中継ユニット
6台
電動ベッド
23台
ベッドサイドレール
146セット
ベッドサイドテーブル
88台
介助バー
31本
介助バー対応ベッドサイドレール
31本
生体情報モニタアンテナ工事一式
一式
9-1.
ディジョックボードセット
1台
9-2.
歩行訓練用階段100型
1台
9-3.
昇降式平行棒
2台
9-4.
エアロバイク
1台
9-5.
プラットホームマット(ワイド)
8台
8-5.
9. リハビリ部門
同等品不可とする。
9-6.
トリートメントテーブル(電動)
1台
9-7.
トリートメントテーブル(手動)
1台
9-8.
ニューステップ
1台
9-9.
エクササイズベッド
4台
9-10.
開放式浴槽セット
1台
9-11.
エクササイズブロック
1台
9-12.
プーリー
1台
9-13.
PSB本体ケージ付右用
1台
9-14.
1台
9-15.
昇降式リハビリテーブル(傾斜機能付き)天
然木
ハイローテーブル
9-16.
福祉用椅子
3台
9-17.
PASシステムスティミュレーター
1台
9-18.
PASシステムプログラムユニット
1台
9-19.
洗面&キッチンユニット
1台
9-20.
トイレユニット
1台
9-21.
昇降式サンディングボードセット
1台
9-22.
渦流浴装置ワールプール
1台
9-23.
上肢用過流浴装置
1台
10-1.
移動式診療用照明灯(3灯タイプ)
2台
10-1-1.
移動式診療用照明灯(3灯タイプ)は以下の要件を満たすこと。
1台
10. 共通物品
10-1-1-1. 灯体サイズは360mm×291mm以上であること。
10-1-1-2. スタンド脚部は685mm×599mm以内であること。
10-1-1-3. 使用光源は超高演色LEDであること。
10-1-1-4. 照度は75,000lux以上であること
10-1-1-5. 色温度は4,000~4,500K以内であること。
10-1-1-6. 光源寿命は40,000時間以上であること。
10-1-1-7. 照度調整は30%~100%で調整できること。
10-2.
電動診察台
8台
10-3.
ベッドパンウオッシャー一式
3式
10-3-1.
ベッドパンウォッシャー一式は以下の要件を満たすこと。
10-3-1-1. 汚物が入った便・尿器をそのままセットするだけで処理を実現すること。
10-3-1-2. 汚物容器を作業者の正面からセットする前面ドア方式であり、ドアは非接触赤外線感知式自動ドアにより開閉し機器に一切接触しないで始
動する機能を有して、洗浄、消毒,乾燥の全工程が自動的に実現すること。
10-3-1-3. 器具や汚れに応じた3種類以上の洗浄プログラムを選択出来るスイッチを有していること。
10-3-1-4. 水圧による洗浄効果の差をなくし、均一な洗浄効果を得ること。
10-3-1-5. 石灰付着防止、容器の水切りのためのリンス剤ミキシング機能を装備していること。
10-3-1-6. 新しい洗浄・消毒装置の国際規格 ISO15883-3に準拠した、A0値による消毒管理が出来る機能を有していること。
10-3-1-7. 洗浄完了後、独立した内蔵水蒸気発生装置で被洗浄物を加熱消毒する機能を有していること。
10-3-1-8. 運転中は安全装置によりドアが開かないことと、完全に工程が終了しないとドアが開かないこと。
10-3-1-9. 排水管詰まりセンサーを標準装備していること。
10-3-1-10.洗浄槽は傾斜をもたせ、液体の汚物を流せる構造であること。
10-3-1-11.扉は蒸気が一切外部に漏れ出ない完全密閉式であること。
10-3-1-12.工程の進行状況を日本語(カタカナ)で表示すること。
10-3-1-13.洗浄漕の材質はステンレス製SUS304もしくはSUS316であり、洗浄漕以外の材質はSUS304であること。
10-3-1-14.電源は3相、若しは単相200Vアース付き設計であること。
10-3-1-15.本体のサイズはW500㎜×D555㎜×H1730㎜以内であること。
10-4.
電動シャワートロリー
2台
10-4-1.
電動シャワートロリーは以下の要件を満たすこと。
10-4-1-1. 外形寸法は(L)2,165×(W)775×(H)1,080~525㎜程度であること。
10-4-1-2. 浴槽内寸法は(L)2,030×(W)650×(深さ)ヘッド部180フット部210㎜程度であること。
10-4-1-3. 本体外枠が上下し、浴槽モードとストレッチャーモードの切り替えが可能であること。
10-4-1-4. 本体の高さは525㎜~1,080㎜まで調整が可能であること。
10-4-1-5. シートは撥水性が高く、保温効果もあること。
10-4-1-6. 電源は充電式バッテリーであること。
10-4-1-7. 積載重量は200㎏まで可能であること。
10-4-1-8. バッテリー消耗時には、アラーム音及びハンドリモコンのバッテリー警告灯で知らせる機能を装備
10-4-1-9. 非常時に本体を下降させる非常下降ボタンを装備していること。
10-5.
ベッドプレート
160個
(装置本体性能等・技術的要件以外の要件)
1-1
設置条件等
1-1-1
設置場所
1-1-1-1 (仮称)朝来医療センター担当者と協議の上、設置すること。
1-1-2
搬入、据付、配線、配管、調整
1-1-2-1 設置据付に起因する室内改修等が必要な場合は、納入業者の負担で必要な措置を行うこと。
1-1-2-2 計画している空調設備以外に、特に空調設備が必要な場合は納入業者によって設置すること。
1-1-2-3 装置の搬入、据付、配線、配管、調整、撤去、既存設備との接続がある場合については、新病院の開設準備に支障をきたさないよう納入業者の責任
において必要な措置を講じること。
1-1-2-4 装置の現場内設置から使用開始までの施工業者への養生管理、各種使用量等の負担金又はそれに伴う保険等は納入業者側の負担で行うこと。
1-1-2-5 装置に関し、必要な場合には耐震対策を講じること。
1-2
保守体制等
1-2-1
保守体制は以下の要件を満たすこと。
1-2-1-1 装置が正常に作動するように、開院日より1年間は無償で点検、調整を行うこと。
1-2-1-2 装置の運用を円滑に実現するための技術的サポート体制が整備されていること。
1-2-1-3 保守には、定期点検及び故障時の作業費、性能維持に必要なハードウェア及びソフトウェアのバージョンアップを含むこと。
1-2-2
保証期間
1-2-2-1 開院後1年間は、通常の使用により故障した場合の無償修理に応じること。
1-2-3
障害時支援体制等
1-2-3-1 障害時において、復旧のため通報を受けてから速やかに対応できる体制が整っていること。
1-2-3-2 FAX回線・電話回線等を利用し、システムに関するリモート対応を実施できる体制であること。
1-2-3-3 リモートメンテナンス用回線使用料等は、落札業者の負担とすること。
1-3
その他
1-3-1
教育体制等
1-3-1-1 稼働に当たり、落札業者の負担にて(仮称)朝来医療センターに操作説明員を派遣し、関係者への教育訓練を行うこと。また、その後必要に応じて派遣
又は電話対応等の体制を確保すること。
1-3-1-2 開院前のリハーサルに協力すること。
1-3-2
説明書・マニュアル等
1-3-2-1 操作マニュアルは各装置について、日本語版を提供すること。
1-3-3
システム接続費用
1-3-3-1 CSI社電子カルテ(MI・RA・Is)の標準インターフェイス仕様に本システムベンダ側が標準対応できない場合、本システムベンダ側でCSI社電子カルテの
標準インターフェイス仕様に合わせるよう対応すること。
落札から納入までの間に装置の仕様変更やソフトウェア等のバージョンアップがあった場合には、(仮称)朝来医療センターと協議のうえ、最新の仕様
1-3-4
にて引き渡すこと。
本仕様書に記載されていない事項等、業務上の疑義が生じた場合は、朝来医療センターと別途協議のうえ、その指示に従うものとすること。
1-3-5
構 成 一 覧 表 1 【外来部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
【整形外科 診察室3】
1
移動式診療用照明灯(1灯タイプ)
1台
山田医療照明㈱
マッケジャパン(株)
No.CS01GV スタンド型 左記同等仕様
2
泌尿器科検診台一式
一式
タカラベルモント㈱
モリタ製作所
<内訳>
検診台
1台 UR-7000T5
左記同等仕様
医師用肘受
1台 UR-7000-I
〃
ヒーター
1台 DG-7000-E
〃
上肢台
1台 DG-7000-A J5
〃
縦型排水トラップ
1個 DG-OPT-JT5-PC
〃
【救急外来処置室】
3
天吊式診療用照明灯(3灯タイプ)
1台
山田医療照明㈱
マッケジャパン(株
No.CV03GV 天吊式 左記同等仕様
4
超音波双方向血流計
一式
㈱Hadeco
<内訳>
超音波双方向血流計 SD-45
1
SD-45/N
超音波プローブ 標準8Mカール
1
BT8M05S8C/N
構 成 一 覧 表 2 【放射線部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
【CT撮影室】
1
生体情報モニタ一式
一式
オムロンコーリン㈱
日本光電㈱
<内訳>
本体
1台 HBP-2070-NEXT
レコーダーユニット
1台
バッテリー
1台
専用架台
1台
デュラセンサ
1台 DS-100A
<以上>
左記同等仕様
左記同等仕様
構 成 一 覧 表 3 【内視鏡・エコー部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
【上部内視鏡室】
1
内視鏡装置一式
一式
オリンパス㈱
<内訳>
EVIS LUCERA ELITE ビデオシステムセンサー 1台 CV-290
EVIS LUCERA ELITE 高輝度光源装置 1台 CLV-290SL
CV通信変換器
1台 MAJ-1916
周辺機器リモートケーブル
2本 MAJ-1918
内視鏡用送水ポンプ
1台 OFP-2
EVIS LUCERA ELITE 上部消化管汎用ビデオスコープ
1本 GIF-H290Z
EVIS LUCERA ELITE 上部消化管汎用ビデオスコープ
1本 GIF-Q260J
副送水用洗浄チューブ
1本 MAJ-1971
高解像LCDモニタ
1台 OEV262H
SDIケーブル
1本 MAJ-1464
モービルワークステーション
1台 WM-NP2
OC2ボンベホルダー
1台 MAJ-1639
炭酸ガス送気装置
1台 UCR
拡大観察コントローラ
1台 MAJ-570
リモートケーブル
1本 MAJ-1021
【X-TV室】
2
内視鏡画像・動画記録装置一式
一式
TEAC㈱
<内訳>
本体
1台 MV-3CS-D
内視鏡キーボード連携ケーブル
1本
ケーブルセット
1式
接続調整
1式
<次葉へ>
構 成 一 覧 表 3 【内視鏡・エコー部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
<前葉より>
3
洗浄履歴管理システム一式
一式
オリンパス㈱
<内訳>
4
プロトコルコンバータ
1台 MAJ-1839-ST
ケーブル
2本 MAJ-1790-ST
サーバクライアント
1台 MAJ-1897(A)
IDシール
5枚 MAJ-1546
スコープIDタグ
21枚 MAJ-1545
ITセットアップ
1式
内視鏡洗浄装置
1台
洗浄装置
オリンパス㈱
OER-4
<以上>
構 成 一 覧 表 4 【検査部門】
番号
品名
1
【生理検査室】
1
生理検査システム一式
数量
参考メーカー
参考規格
一式
日本光電
フクダ電子
<内訳>
2
MFERステーション
1
オフライン登録アプリケーション
1
可搬媒体データ出力AP
1
I・ODATA HDL-XR20 2TB
2
専用PC
1
Smart-UPS1000LCD
1
保守費用(5年一括)
1
NAS保守費用(5年一括)
2
心電計一式
CRT-1000
左記同等仕様
SMT1000J
左記同等仕様
一式
日本光電
フクダ電子
<内訳>
心電計
1
ECG-1550
左記同等仕様
架台
1
KD-106D
〃
中間棚
1
DI-013D
〃
トレイセット
1
DI-015D
〃
バッテリ SB-150D
1
X073
〃
コードハンガ
1
KH-110D
〃
SDカードアダプタ
1
Y093B
〃
SDメモリーカード QM-002D
2
Y154F
〃
ネットワーク分離装置
1
HIT-100
〃
ハンドベルド・バーコードレーザースキャナ
1
LS2208-USBR
〃
ワニ口ディスポ電極アダプタ 6色10入
1
Y086
〃
設置・調整
1
【運動負荷室】
3
自動視力計一式
一式
㈱ニデック
㈱トーメー
<内訳>
自動視力計
1台 NV-350-N
電動光学台
1台 OT-600-N
<次葉へ>
左記同等仕様
〃
構 成 一 覧 表 4 【検査部門】
番号
品名
数量
参考メーカー
参考規格
一式
オリンパス㈱
<前葉より>
4
顕微鏡(カメラ付・血液用)
㈱ニコン
<構成>
システム生物顕微鏡
1台 BX43-13NC
左記同等仕様
(ノーカバー対物レンズ組合せ)
5
コード微分干渉6ヶ穴レボルバ
1台 U-D6RES
〃
広視野三眼鏡筒
1台 U-TR30-2
〃
コード機能用コントロールボックス
1台 U-CBS
〃
コードレボルバ用分岐ユニット
1台 U-1FRES
〃
電源コード
2本 UYCP-11-D
〃
3芯2芯アダプタ
2個 UYCP-AD32
〃
顕微鏡用デジタルカメラ(500万画素/スタンドアロン組合せ)
1台 DP27-B
〃
マウントアダプタ 0.5×
1個 U-TV0.5XC-3
〃
免疫・血液学用遠心機(卓上)
一式
久保田商事㈱
㈱コクサン
<構成>
6
本体
1台 KA-2200
セロマチックロータ
1台 ST-722M
遠心機
一式
久保田商事㈱
左記同等仕様
〃
㈱コクサン
<構成>
7
本体
1台 4000
スイングロータ
1台 ST-722M
〃
ステンレスバスケット(4個/1組)
1組 535820
〃
5-10ml採血管/15ml×48チューブラック(4個/1組)
1組
薬用保冷庫(1033L)
2台
パナソニックヘルスケア
MPR-1014
8
薬用保冷庫(174L)
1台
パナソニックヘルスケア
MPR-215F
<次葉へ>
左記同等仕様
福島工業
左記同等仕様
福島工業
左記同等仕様
構 成 一 覧 表 4 【検査部門】
番号
品名
数量
参考メーカー
参考規格
一式
㈱ダルトン
<前葉より>
9
実験台
オリエンタル技研工業㈱
<一式の内訳>
サイド実験台(W1200D750H850)脚パネル
3台 WF1N-AA4M-AA00 左記同等仕様
木製ワゴン(W454D480H626)開戸
3台 MM1A-NP1M-AA00
〃
木製ワゴン(W454D480H626)3段引出
3台 MM1B-NP1M-AA00
〃
サイド実験台(W1500D750H850)脚パネル・ワゴン付 4台 WF1N-AA5M-AA00
〃
サイド実験台(W1500D750H850)脚パネル・ワゴン付 4台 WF1N-AA5M-AA00
〃
サイド実験台(W150D750H850)脚パネル・背面化粧・ワゴン付
4台 WF1N-AA5M-AA00T
〃
サイド実験台(W1800D750H850)
1台 WM1W-AA6M-AA00
〃
サイド実験台(W1800D750H850)背面化粧付
1台 WM1W-AA6M-AA0T
〃
木製作業台(W1650D750H850)引出付
1台 UM2A-AA6M-AA00T
〃
サイド実験台(W2000D750H850)ワゴン付
1台 WF1N-AA8M-AA0T
〃
10 血液保冷庫
1台
パナソニックヘルスケア
MBR-506T4
11 バイオメディカルフリーザー
1台
パナソニックヘルスケア
MDF-U539
12 オーソバイオビューワークステーション
1台
オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス
815324
13 血球洗浄遠心機
1台
日立工機
MC450
<以上>
福島工業
〃
福島工業
〃
構 成 一 覧 表 5 【中央採血・化学療法部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
【採血室】
1
自動採血管準備装置一式
一式
㈱テクノメディカ
<構成>
自動採血管準備装置 2ユニット・採血管8管種対応型
1台 BC・ROBO-888
採血・採尿受付機
1台 AI-350
バーコードプリンタ
1台 BC-459S
整理券発行システム
1式
管理PC
1式
【化学療法室】
2
生体情報モニタ
一式
オムロンコーリン㈱
<構成>
本体
1台 HBP-2070-NEXT
レコーダーユニット
1台
バッテリー
1台
専用架台
1台
デュラセンサ
1台 DS-100A
<以上>
構 成 一 覧 表 6 【薬剤部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
【調剤エリア】
1
全自動錠剤分包機
1台
㈱トーショー
Xana-2040EU
2
全自動散薬分包機
1台
㈱タカゾノ
Stage-Pro
3
錠剤台(W900D600H1800)
5式
㈱タカゾノ
㈱タカゾノ ㈱ユヤマ
左記同等仕様
㈱トーショー
左記同等仕様
㈱トーショー
<5式の構成>
6段L型錠剤オンユニットアイボリー
4
5台 PL-90A-L6-I
左記同等仕様
引出アンダーユニット4段アイボリー オールロック 8台 PT-45B4A-I(J)
〃
引出アンダーユニット3段アイボリー オールロック 2台 PT-45B3A-I(J)
〃
天板(穴有)グリーン
2枚 PG-180-G
〃
天板(穴有)グリーン
1枚 PG-90-G
〃
ハカマ
2個 PH-180
〃
ハカマ
1個 PH-90
〃
外用台(W900D600H1800)
2式
㈱タカゾノ
㈱トーショー
<2式の構成>
マルチオンユニットLSタイプアイボリー
5
1台 PMP-90A-LS-I
左記同等仕様
引出アンダーユニット3段アイボリー オールロック 1台 PT-60B3A-I(J)
〃
引出アンダーユニット3段アイボリー オールロック 1台 PT-30B3A-I(J)
〃
マルチオンユニットL1タイプアイボリー
1台 PMP-90A-L1-I
〃
引出アンダーユニット3段アイボリー オールロック 2台 PT-45B3A-I(J)
〃
天板(穴アリ) グリーン
2枚 PG-90-G
〃
ハカマ
2個 PH-90
〃
外用台(W600D600H850)上棚無し
1式
㈱タカゾノ
㈱トーショー <構成>
引出アンダーユニット4段アイボリー オールロック 1台 PT-60B4A-I(J)
6
左記同等仕様
天板(穴ナシ)グリーン
1枚 PGF-60-G
〃
ハカマ
1個 PH-60
〃
水剤台(W600D600H1800)
1式
㈱タカゾノ
㈱トーショー <構成>
水剤オンユニットアイボリー
1台 PW-60A-I
水剤アンダーユニットアイボリー
1台 PW-60BDX-I
〃
水剤用天板グリーン
1枚 PGW-60-G
〃
ハカマ
1個 PH-60
〃
<次葉へ>
左記同等仕様
構 成 一 覧 表 6 【薬剤部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
<前葉より>
7
集塵機付散薬台(W900D600H1800)
1式
㈱タカゾノ
㈱トーショー <構成>
8
集塵機付散剤オンユニットアイボリー
1台 PPC-90AG-I
左記同等仕様
引違戸アンダーユニットアイボリー
1台 PC-90B-I
〃
天板(穴アリ)グリーン
1枚 PG-90-G
〃
ハカマ
1個 PH-90
〃
薬用保冷庫
2台
福島工業
パナソニックヘルスケア
<内訳>
自記温度記録計付
FMS-501S
左記同等仕様
記録計取付金具
【注射払出エリア】
9
作業台(W1200D750H800)
3台
㈱タカゾノ
㈱トーショー 1式
㈱タカゾノ
㈱トーショー 【倉庫エリア】
10 アンプル棚 特注
<一式の構成>
特注オンユニット
2式
別紙図面参照
蛍光灯(20W)
2本 PLU-90(J)
左記同等仕様
引出アンダーユニット4段アイボリー オールロック 4台 PT-60B4A-I(J)
〃
特注天板
2枚
〃
ハカマ
2個 PH-120
〃
【抗がん剤室】
11 安全キャビネット
1台
日科ミクロン
BCG401
12 ステンレスワゴン
1台
㈱タカゾノ
NSU-ITZ600-U
13 器械戸棚
1台
㈱タカゾノ
NSU-ITB750-SUS
14 作業台(W1200D750H800)
1台
㈱タカゾノ
1台
㈱タカゾノ
【製剤・準備室】
15 卓上高圧蒸気滅菌器
<次葉へ>
Steriwit
㈱トーショー 左記同等仕様
㈱トーショー 左記同等仕様
㈱トーショー 構 成 一 覧 表 6 【薬剤部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
<前葉より>
16 洗浄器(W623D450H580)
1式
ホシザキ
ウォッシャーディフェンスエフェクター
1台 MWD-80UA2
専用洗剤(5L)
1個 WD-E
13 器械戸棚
1台
㈱タカゾノ
NSU-ITB900-SUS
㈱トーショー 左記同等仕様
【IVH調整室】
17 クリーンベンチ
1台
日科ミクロン
NCF-1300R
12 ステンレスワゴン
1台
㈱タカゾノ
NSU-ITZ600-U
日本医科機械
左記同等仕様
㈱トーショー 左記同等仕様
18 作業台(W900D750H800)
1台
㈱タカゾノ
㈱トーショー 13 器械戸棚
1台
㈱タカゾノ
㈱トーショー NSU-ITB750-SUS
19 パスボックス
1台
日科ミクロン
NPB-60/60
左記同等仕様
構 成 一 覧 表 7 【手術・中央材料部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
【標本作製室】
1
プッシュプル換気装置
1台
興研㈱
設置・ダクト2次側接続作業
一式 MU-01
【手術ホール】
2
手洗い装置(水道水対応)2人用+3人用 一式 東洋紡エンジニアリング㈱
大研医器 <一式の内訳>
水道水対応人口大理石製手洗シンク3人用 1台 TDS-03
左記同等仕様
センサー式ソープコンテナ3台付
センサー式滅菌タオルフォルダ1台付
センサー式ブラシディスペンサー不要
水道水対応人口大理石製手洗シンク2人用 1台 TDS-02
〃
センサー式ソープコンテナ2台付
センサー式滅菌タオルフォルダ1台付
センサー式ブラシディスペンサー不要
3
トランスポートストレッチャー
1台
日本ストライカー㈱
74726
4
カセット式卓上型高圧蒸気滅菌器一式
左記同等仕様
一式
サクラ精機㈱
カセット式卓上型高圧蒸気滅菌器
1台
ステイティム5000G4 G4-221005
ロングカセット
1台 01-112509S
<内訳>
【手術室1(整形外科)】
5
手術室 無影灯 一式
一式
ミズホ㈱
<内訳>
主灯
1台 PulⅡ7
副灯
1台 PulⅡ5
操作ボックス
1台 PUCBⅡ-22(フラットタイプ)
<次葉へ>
パラマウントベッド
構 成 一 覧 表 7 【手術・中央材料部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
<前葉より>
6
電気メス一式
一式 コヴィディエン ジャパン㈱
<内訳>
7
ForceTriadエネルギープラットフォーム
1
FORCETRIAD
FORCETRIAD センヨウカート2
1
JC2011
モノポーラフットスイッチ(カラーペダル)
1
E6008B
バイポーラフットスイッチ
1
E6009
LIGASURE シングルペダル フットスイッチ
1
LS0300
ユニバーサルアダプター
1
E0017
電動油圧整形(牽引透視)手術台一式
一式
ミズホ㈱
電動油圧整形(牽引透視)手術台
1台
MOS-1300B型 下肢牽引除き
上肢台用オリジナルマットレス60mm
2個
下肢牽引装置
1式
<内訳>
【手術室2(整形外科)】
5
手術室 無影灯 一式
一式
ミズホ㈱
<内訳>
主灯
1台 PulⅡ7
副灯
1台 PulⅡ5
操作ボックス
1台 PUCBⅡ-22(フラットタイプ)
【手術室3(外科)】
5
手術室 無影灯 一式
一式
ミズホ㈱
<内訳>
主灯
1台 PulⅡ7
副灯
1台 PulⅡ5
操作ボックス
1台 PUCBⅡ-22(フラットタイプ)
<次葉へ>
構 成 一 覧 表 7 【手術・中央材料部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
<前葉より>
8
中材コンテナ一式
一式
エレクター㈱
<内訳>
回収コンテナ 325×535×106
2
SC100N
回収コンテナ 325×270×106
6
SC12100N
バスケット 260×450×70
2
SCB100
バスケット 250×200×70
6
SCB12100
<以上>
構 成 一 覧 表 8 【病棟部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
【内科・外科病棟 観察・処置室】
1
生体情報モニタ
二式
フクダ電子
<二式の内訳>
ベッドサイドモニタ
2
DS-8100N
送信機モジュール
2
HLX-801
無線双方向モジュール
2
HTC-702
8100用トロリー上ユニット
2
OAO-8100
レコーダ・拡張ポートユニット
2
HR-811
モニター用トロリー下ユニット
2
OTO-11
部品-ネルコアセンサ
2
DS100A
センサ接続ケーブル
2
DOC-10
心電中継コード CIO-(3電極)
2
CIO-05CTP-3NU
エアホース(3.5m)
2
OA-80APR3.5
心電計ケーブル
2
CMF-700-3
モニター用血圧カフ 成人用(標準)
2
CUF-8404
トロリー用収納ボックス
2
OAO-91A
感熱記録紙(ロール)
10 OPO50-01TDR
HTC-702取付アタッチメント
2
OAO-55A
リチウムイオンバッテリパック
2
BTO-008
【療養病棟 特殊浴室】
2
特殊浴槽装置一式
1台
オージー技研㈱
酒井医療㈱
<内訳>
昇降式介護浴槽(片袖)
1台 HK-255S-U2
〃
担架
1台 RA-355L
〃
固定ストレッチャー
1台 RA-255P
〃
【病棟全般】
3
電動ベッド一式
一式
シーホネンス
<一式の内訳>
電動リモートコントロールベット
9
ベッドサイドレール
18 AB-600R
ベッドサイドレール(介助バー対応)
9
AB-600S
介助バー
9
AB-50R
<次葉へ>
AX-71111T
構 成 一 覧 表 8 【病棟部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
<前葉より>
4
電動ベッド一式
パラマウントベッド
<一式の内訳>
5
電動リモートコントロールベッド(離床センサー付)
6
KA-75120A
ナースコール中継ユニット
6
NU-8**
電動リモートコントロールベッド
23 KA-53121A
ベッドサイドレール
146 KS-171G
ベッドサイドテーブル
88 KF-1920
介助バー
31 KS-096AG
ベッドサイドレール(介助バー対応)
31 KS-191G
生体情報モニタアンテナ工事一式
一式
<一式の内訳>
2階 テレメータ用アンテナ工事
アンテナケーブル配線工事費
1式
アンテナ端末 設置工事
5式
アンテナ引込通線工事
1式
漏洩ケーブル 7C-FVF-L
250m
アンテナ2分配器(混合器) DS-2
3個
アンテナ3分配器(混合器) DS-3
1個
ブースター
2台
3階 テレメータ用アンテナ工事
アンテナケーブル配線工事費用
1式
アンテナ端末 設置工事
10式
アンテナ引込通線工事
2式
漏洩ケーブル 7C-FVF-L
500m
アンテナ2分配器(混合器) DS-2
6個
アンテナ3分配器(混合器) DS-3
2個
ブースター
4台
その他諸経費
1式
フクダ電子
構 成 一 覧 表 9 【リハビリ部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
【理学療法室】
1
ディジョックボードセット
1台
酒井医療㈱
SPR-2600
2
歩行訓練用階段100型
1台
酒井医療㈱
SP-100
3
昇降式平行棒
2台
エアロバイク
1台
左記同等仕様
OG技研㈱ 左記同等仕様
酒井医療㈱
SP-350
4
OG技研㈱ OG技研㈱ 左記同等仕様
コナミ&スポーツライフ
2100U
5
プラットホームマット(ワイド)
8台
酒井医療㈱
SPR-545
6
トリートメントテーブル(電動)
1台
酒井医療㈱
PM-212
7
トリートメントテーブル(手動)
1台
ニューステップ
1台
左記同等仕様
OG技研㈱ 左記同等仕様
酒井医療㈱
PM-216H
8
OG技研㈱ OG技研㈱ 左記同等仕様
セノー
BG9NST4R
9
エクササイズベッド
4台
酒井医療㈱
SPR-1068P
OG技研㈱ 左記同等仕様
【作業療法室】
10 開放式浴槽セット
1台
酒井医療㈱
SAS-900
11 エクササイズブロック
1台
酒井医療㈱
EXB-100
<次葉へ>
OG技研㈱ 左記同等仕様
OG技研㈱ 左記同等仕様
構 成 一 覧 表 9 【リハビリ部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
<前葉より>
12 プーリー
1台
酒井医療㈱
SPR-412A
13 PSB本体ケージ付右用
1台
酒井医療㈱
OG技研㈱ 左記同等仕様
OG技研㈱ PSB-300GR/PSB-301 左記同等仕様
14 昇降式リハビリテーブル(傾斜機能付き)天然木 1台
酒井医療㈱
SOT-810N
15 ハイローテーブル
1台
酒井医療㈱
KT-1200M
16 福祉用椅子
3台
OG技研㈱ 左記同等仕様
OG技研㈱ 左記同等仕様
酒井医療㈱
OG技研㈱ PD-5005S
左記同等仕様
【日常動作訓練室(ADL)】
17 PASシステムスティミュレーター
1台
オージー技研㈱
GD-612
18 PASシステムプログラムユニット
1台
オージー技研㈱
GD-611
19 洗面&キッチンユニット
1台
OG技研㈱
UC-310
20 トイレユニット
1台
OG技研㈱
UC-320
21 昇降式サンディングボードセット
1台
OG技研㈱
UA-3500-S
<次葉へ>
酒井医療㈱
左記同等仕様
酒井医療㈱
左記同等仕様
酒井医療㈱
左記同等仕様
構 成 一 覧 表 9 【リハビリ部門】
番号
品名
参考メーカー
参考規格
数量
<前葉より>
【水治療室】
22 渦流浴装置ワールプール
1台
酒井医療㈱
WP-300V
23 上肢用過流浴装置
1台
酒井医療㈱
WP-400V
<以上>
OG技研㈱
左記同等仕様
OG技研㈱
左記同等仕様
構 成 一 覧 表 10 【部門共通】
番号
1
2
品名
移動式診療用照明灯(3灯タイプ)
電動診察台
数量
参考メーカー
参考規格
2台
山田医療照明㈱
マッケジャパン(株)
No.CS03GV スタンド式
左記同等仕様
タカラベルモント㈱
パラ マウ ン ト ベッ ド
8台
EX-SD2WS
3
ベ ッド パ ンウォッシャー一式
三式
小川医理器㈱
左記同等仕様
ア ト ム メ ディ カ ル
<三式の内訳>
4
マイコ ベ ッド パ ンウォッシャー
3 台 TOPLI NE20AT
マイコ用 洗浄バ スケット
3 個 L( 兼用型)
〃
マイコ用 ポ ータブ ルトイレラック
3 個 TL-PTR
〃
電動シャワートロリー
2台 ケイセイ医科工業㈱
PST-B06
5
ベッドプレート
<以上>
160
村中医療器
左記同等仕様
参考メーカー
物
1
2
3
4
5
品
品
名
規 格 (型 式 )
数
量
単
価
契 約 金 額
売
買
契
約
書
医療機器一式(別紙にて)
別紙にて
別紙にて
¥
-
¥
-
( う ち 取 引 に 係 る消 費 税 額及 び地 方 消 費 税額 ¥
買主
6
7
8
納 入 期 限
納 入 場 所
代 金 の 支 払
9
契 約 保 証 金
10
納
入
方
法
)
別紙にて
別紙にて
検査完了後、支払い請求のあった時から起算して
30日以内に支払う
契約金額の100分の10以上の額の契約保証金を契
約締結日までに納入しなければならない。ただし、
保険会社との間に管理者を被保険者とする履行保
証保険契約を締結した場合は、その保険証書を契
約保 証 金に 代 えて 契 約締 結 日ま で に提 出 する こ と。
甲の指示による
公立豊岡病院組合(以下「甲」という。)と売主
(以下「乙」
という。)とは、上記物品の売買について、次の条項に従い互いに信義を守り、誠実にこれ
を履行するものとする。
(総則)
第1条
乙は、甲の示す仕様書及び図面又は見本に基づいて、頭書の納入期限内に物品を納
入しなければならない。
2
乙は、納入すべき物品について品質が明らかで なく、又は特別の指示を受けていないと
きは、高級な品質を有するものを納入しなければならない。
3
乙は、仕様書及び契約条件に明示されていない事項について、物品の納入に当然必要な
ことは、甲の指示によらなければならない。
(検査)
第2条
乙は、物品を納入するときは、その旨を甲に届け出て、立会いの上、甲の検査を受
けなければならない。
2
検査に要する費用及び検査による変質、変形又は消耗及び損傷した物品の修繕等の費用
は、すべて乙の負担とする。
3
乙は、第1項に規定する検査に立ち会わなかったときは、検査の結果につ き、異議を申
立てることができないものとする。
(手直し、補強又は取換え)
第3条
乙 は、納入 す る物品が不 良のため 、 前条の第1 項の検査 に 合格しなか ったとき は、
甲の指定した期限内にこれを手直しし、補強し、又は取換えて検査を受けなければならな
い。
(給付の完了)
第4条
2
甲は、検査に合格した物品につき、その引渡しを受けるものとする。
物品の容器、包装等は、特に定める場合を除き、甲の所有とする。
(危険負担)
第5条
物品の納入前に生じた損害は、すべて乙の負担とする。
(瑕疵担保)
第6条
乙は、納入した物品で、隠れた瑕疵があるときは、その契約を履行した日から、1
年間、無償で手直しし、補強し、又は取換えなければならない。
2
乙は、甲に対して、前項に規定する瑕疵により生じた損害 を 賠償 し な け れ ば な ら な い 。
(権利、義務の譲渡禁止)
第7条
乙は、この契約により生ずる権利又は義務を第三者に譲渡し、又は承継させてはな
らない。ただし、甲の書面による承認を受けた場合は、この限りでない。
(代金の支払等)
第8条
甲は、この契約に基づく給付の完了を確認した後、乙の適正な支払請求書を受理し
たのち、頭書に掲げる支払期日内 に契約金額を支払うものとする。ただし、特別な理由が
ある場合においては、この限りでない。
(乙の請求による履行期限の延長)
第9条
乙は、天災地変、その他やむを得ない理由により契約の履行期限以内に物品を納入
することができないときは、甲に対して、遅滞なく、その理由を明らかにした書面により、
期限の延長を求めることができる。この場合はおいて、甲が正当と認めたときは、甲、乙
協議して書面により延長日数を定めるものとする。
(契約の解除)
第10条
甲は、乙が次の各号のいずれかに該当する場合においては、この契約を解除 するこ
とができる。
(1)乙の責めに帰すべき理由により、契約の履行期限内に契約を履行しないとき、又は
契約を履行する見込がないと明らかに認められるとき。
(2)法令の規定により、営業に関する許可を取り消され、又は営業の停止を命じられた
とき。
(3)乙又は、その代理人その他の使用人が検査を妨げたとき。
(4)乙又は、その代理人が、この契約事項に違反し、そのため契約の目的を達すること
ができないとき。
2
甲は、前項に規定する場合のほか、特に必要があるときは、この契約を解除することが
できる。
3
甲は、前2項の規定により、この契約を解除したときは、乙の請求により既納部分の代
価を支払って当該部分の所有権を取得するものとする。
4
第1項の規定により、契約を解除した場合においては、乙は契約金額の10分の1に相
当する額を違約金として、甲の指定する期間内に甲に納付しなければならない。
5
甲は、この契約を解除しようとするときは、その理由を記載した書面により、乙に通知
するものとする。
(履行遅延の場合の違約金)
第11条
乙は、その責めに帰すべき理由により、契約の履行期限内に物品を納入しないとき
は、契約の履行期限の翌 日から履行の日までの日数に応じ、契約金額につき
年10.7
5パーセントの割合で計算した額を違約金として甲に納めなければならない。
2
乙は、第3条の手直し、補強又は取換えが、甲が指定した期限後にわたるときは、前項
に基づき違約金を納めなければならない。
3
前各項の違約金徴収日数の計算については、検査に要した日数は、これに算入しないも
のとする。
(契約の変更、中止)
第12条
甲は、必要があると認めるときは、乙に対して、書面による通知により、契約の内
容を変更し、又は中止させることができる。この場合において、契約金額又は納入期限を
変更する必要があると認められるときは、甲、乙協議して書面によりこれを定めるものと
する。
(事情の変更)
第13条
契約の締結後において、予期することのできない経済情勢の変動等により、契約金
額が著しく不当と認められる事情が生じたときは、甲、乙協議の上、契約金額その他の契
約内容を変更することができる。
(機密保持)
第14条
乙は、この契約で知り得た事項を第3者へ漏らしてはならない。
(協議)
第15条
この契約について疑義があるとき、又はこの契約に定めのない事項については、契
約規則(昭和50年公立豊岡病院組合規則第12号)によるほか、甲、乙協議の上、定め
るものとする。
この契約の証として、本書2通を作成し、甲、乙記名押印の上、各自その1通を保有する。
平成
年
月
日
甲
兵庫県豊岡市戸牧1094番地
公立豊岡病院組合
管理者
乙
住
井上
所
会 社 名
代表者名
鉄也
下請契約等における暴力団排除に関する特約
受注者及び発注者は、暴力団を利することにならないよう必要な措置を実施すること
とする。
1 この特約において、用語の定義は下記のとおりとする。
(1) 暴力団 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3 年法律第77 号。
以下「法」という。
)第2条第2号に規定する暴力団をいう。
(2) 暴力団員 法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。
(3) 暴力団員等 次に掲げる者をいう。
ア 暴力団員
イ 暴力団員が役員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第9条第15号ロ
に規定する役員をいう。以下同じ)として、又は実質的に経営に関与している事業
者
ウ 暴力団員を業務に関し監督する責任を有する者(役員を除く。以下「監督責任者」
という。
)として使用し、又は代理人として選任している事業者
エ 次に掲げる行為をした事業者。ただし、事業者が法人である場合にあっては、役
員又は、監督責任者が当該行為をした事業者に限る。
(ア) 自己若しくは自己の関係者の利益を図り、又は特定の者に損害を与える
目的を
持って、暴力団の威力を利用する行為
(イ) 暴力団又は暴力団員し対して、金品その他の財産上の利益の供与をする
行為
(ウ) (ア)又は(イ)に掲げるもののほか、暴力団又は暴力団員と社会的に非難さ
れる関
係を有していると認められる行為
オ 兵庫県が暴力団排除条例(平成22 年兵庫県条例第35 条)第27 条に基づ
き氏名
その他を公表した者
(4) 暴力団等 暴力団又は暴力団員等をいう。
2 受注者は、暴力団等と、この契約の履行に伴い締結する契約(以下「下請契約等」
という。
)を締結してはならない。
3 受注者は、当該者を発注者とする下請契約等を締結する場合においては、この特
約に準じた条項を含んだ下請契約等を締結しなければならない。
4 受注者は、次のいずれかに該当するときは、発注者に報告し、警察に届け出なけ
ればならない。
(1) 下請契約等の受注者が暴力団であることを知ったとき。
(2) この契約の履行に関して工事の妨害その他不当な要求を受けたとき。
(3) 下請契約等の受注者から当該者が発注した下請契約等におけるこの項に準じた
規定に基づく報告を受けたとき。
5 発注者は、受注者及び下請契約等の受注者が暴力団等に該当しないことを確認す
るため、受注者に対して、次に掲げる者(受注者及び下請契約等の受注者が個人で
ある場合はその者を含む。以下「役員等」という。)についての名簿その他の必要
な情報の提供を求めることができる。
(1) 役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいい、相談
役、顧問その他いかなる名称を有する者であるかを問わず、受注者または下請契約
等の受注者に対し業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者と同
等以上の支配力を有するものと認められる者を含む。)
(2) 受注者又は下請契約等の受注者がその業務に関し監督する責任を有する者((1)
の役員を除く。
)として使用し、又は代理人として選任している者(支店若しくは
常時建設工事の請負契約を締結する事務所の代表者を含む。
)
6 発注者は、受注者から提供された情報を所管の警察署長に提供することができる。
7 発注者は、受注者が次のいずれかに該当するときは、契約を解除することができ
る。
(1) 役員等が暴力団員であると認められるとき。
(2) 暴力団又は暴力団員が経営に実質的に関与していると認められるとき。
(3) 役員等が自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者
に損害
を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしたと認められるとき。
(4) 役員等が、暴力団又は暴力団員に対して資金等を供給し、又は便宜を供
与する
など直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与している
と認められるとき。
(5) 役員等が暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有していると認
められるとき。
(6) 下請契約等を締結するに当たり、その相手方が(1)から(5)までのいずれかに
該当することを知りながら、当該者と契約を締結したと認められるとき。
(7) 受注者が、
(1)から(5)までのいずれかに該当する者を下請契約等の相手方と
していた場合(
(6)に該当する場合を除く。)に、発注者が受注者に対して当該契
約の解除を求め、受注者がこれに従わなかったとき。
(8) 下請契約等の受注者が下請契約等を再発注して(1)から(5)までのいずれかに
該当する者を相手方としていた場合に、受注者がその事実を知りながら発注者へ報
告を正当な理由なく怠ったとき、受注者が下請契約等の受注者とこの特約に準じた
条項を含んだ下請契約等を締結していなかったときその他受注者が正当な理由が
ないにもかかわらずこの特約の条項に故意に違反しその違反により暴力団を利す
る行為をしたと認められるとき。
8 前項の規定による解除に伴い、受注者に損害が生じたとしても、受注者は発注者
に対してその損害を請求することはできない。
9 受注者は、この契約の契約金額(発注者と複数の契約を締結する場合には、その
合計額)が300 万円を超える場合には、発注者に対し、この契約の締結前に次の事
項に関しての誓約書を提出するものとする。
(1) 受注者が暴力団等でないこと。
(2) 下請契約等を締結するに当たり、暴力団等を下請契約等の受注者としないこと。
(3) 受注者は、この契約の約定に違反したときには、契約の解除、違約金の請求その
他の発注者が行う一切の措置について異議を述べないこと。
10 受注者は、下請契約等を締結する場合においては、前項に準じて当該下請契約等
の受注者に誓約書を提出させ、それ(第3項の規定によりこの特約に準じて下請
契約等に定めた規定により提出させた誓約書を含む。)を発注者に提出しなければ
ならない。
一般競争入札参加申込書
兼競争参加資格確認申請書
平成
公立豊岡病院組合
管理者 井上 鉄也
年
月
日
様
所
在
地
商号又は名称
代表者又は
受任者名
㊞
公告のあった下記調達に係る一般競争入札に参加する資格について確認さ
れたく、確認書類を添えて入札参加申込みをします。
なお、地方自治法施行令第167条の4第1項に該当するものでないこと
及び添付書類の内容については、事実と相違ないことを誓約します。
記
1
入札件名
医療機器の購入
2
確認書類
□物品・役務関係入札参加資格審査申請書
(当組合の名簿に未登録の場合のみ必要)
□納入実績証明書(過去5年以内、入札公告に示す物品のみ)
□購入物品にかかる迅速なアフターサービス・メンテナンス体制が整
備されていることを証明する説明書、システム図等(様式は任意)
3
連絡先
所 属
氏
名
電
話
入
札
書
1 物
件
名
医療機器調達一式
2 納
入
病
院
公立豊岡病院
公立日高医療センター
(仮称)朝来医療センター
3 入
札
金
額
¥
(入札内訳書は別紙のとおり)
上記の品目について、入札説明書等の関係書類をすべて熟知、承諾の上、上
記の金額をもって入札いたします。
平成
年
月
公立豊岡病院組合
管理者
井 上
日
鉄
也
様
住
会
所
社
名
代表者名
入札代理人
委
任
状
公立豊岡病院組合
管理者 井上 鉄也 様
私は、下記の者を代理人と定め、公立豊岡病院組合が行う医療機器調達
一式について、下記事項に関する権限を委任します。
記
1.見積、入札に関すること。
2.その他、上記に付随する一切のこと。
平成
年
月
日
委任者
所在地
商号又は名称
代表者職・氏名
㊞
代理人
所在地
商号又は名称
代表者職・氏名
㊞
平成
納
公立豊岡病院組合
管理者 井上 鉄也
入 実
績
証
明
年
書
在
地
商号又は名称
代表者又は
受任者名
納
先
入
品
日
様
所
番
号
月
名
型
㊞
式
数
量
納入年
月日
備考
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
(注) 納入実績は、製造会社における当該製品又は類似製品の過去5年以内
の納入実績を記入すること。納入件数が多い場合は、直近の10件分を記入する
こと。
平成
公立豊岡病院組合
管理者 井上 鉄也
年
月
日
様
所
在
地
商号又は名称
代表者又は
受任者名
所
在
地
商号又は名称
代表者又は
受任者名
入札申込者欄
㊞
メーカー等欄
㊞
アフターサービス及びメンテナンス体制証明書
○○○○○○○のアフターサービス及びメンテナンス体制について、下記の
とおりであることを証明いたします。
記
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
178
File Size
2 587 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content