close

Enter

Log in using OpenID

日本語版 [PDF:2.05MB] - Radiation Effects Research Foundation

embedDownload
目 次
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.1
編集者のことば .
RERFニュース
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.1
成人健康調査開始50周年に当たって 大久保利晃 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.2
第36回専門評議員会 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.5
スタッフニュース .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.5
学会からの受賞についての報告 .
国際会議・ワークショップ報告
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.6
放射線の乳がんリスクに関するワークショップ 中村 典 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.7
放射線白内障発生ワークショップ 錬石和男 .
学術記事
出生前の放射線被曝(胎内被曝)によるリスクはいかなるものでどれほどの大きさか?
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.9
RoyShor
e、今泉美彩、立川佳美、中村 典 .
ヒューマン・ストーリー
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
早期定年退職をして 清水由紀子 .
14
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
リコンタクト 塚本敏子 .
15
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
追悼文 .
17
調査結果
放影研調査:研究テーマ、優先順位、調査プログラムの 5カ年目標、部間共同
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
プログラム、および米国国立がん研究所との新しい契約 RoyShor
e.
18
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
承認された研究計画書 .
19
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
最近の出版物 .
19
このニューズレターは、放射線影響研究所(元ABCC;原爆傷害調査委員会)が発行してい
る。放影研は昭和50
年 4月 1日に日本の公益法人として発足した。その経費は日米両国政府が
分担し、日本は厚生労働省の補助金、米国はエネルギー省との契約に基づく米国学士院の補助
金が充てられている。
放影研は、平和目的の下に、放射線の医学的影響を調査研究し、被爆者の健康維持および福
祉に貢献するとともに、人類の保健福祉の向上に寄与することをその使命としている。
編 集 者:Ev
a
nB.Doupl
e
(主席研究員)
実務編集者:井川祐子(広報出版室)
編集方針:Upda
t
eに掲載されている投稿論文は、編集上の検討のみで、専門家による内容の審
査は受けていない。従って、その文中の意見は著者のものであり、放影研の方針や立場を表明
するものではない。
問い合わせ先:〒7320815広島市南区比治山公園52放影研事務局広報出版室
電話:0822613131
ファックス:0822637279
インターネット:www.
r
e
r
f
.
j
p
1
編集者のことば、RERFニュース
編集者のことば
素晴らしい!
年から以前のように 1年に二度発行することになり、今
比治山の桜の季節がついにやってきて花が満開になっ
年もそれを継続したいと願っております。今年の夏の号
た時にこの言葉が放影研の周りでよく聞かれました。寒さ
には、成人健康調査(AHS)開始 50周年を記念する記事、
のために開花が大幅に遅れたので今年はお花見の予定を
第 36回専門評議員会の要約、胎内被爆者調査の要約、更
立てるのが難しかったのです。あたかも自然がこの素晴
に原爆被爆者のがんに関する長期的共同疫学調査を継続
らしい季節を先延ばしにしているようでした。Se
ymour
するための米国国立がん研究所との新しい契約の開始に
Abr
a
ha
ms
on博士なら、お花見の幾つかを「お葉見」と呼
ついての報告などが掲載されています。いつものように、
んでいたかもしれません。しかしやっと暖かい季節が
この号を楽しんでいただけることを願っています。また、
やってくると、その景色は目を見張るものでした。綺麗 !
放影研の多くの活動に関する私どもの記事を更に充実し
放影研の中からも桜の木はたくさん見えますが、放影研の
たものにするために何かご助言があればぜひお知らせく
建物と桜の木を一緒に写真に撮るのは実際には難しいの
ださい。
です。この問題を解決するために、我々はカーブミラーの
じゃあまた!
助けを借りました。
編 集 長 Ev
a
n B.
Doupl
e
Up
d
a
t
eの新しい号をお届けできて嬉しく思います。昨
実務編集者 井川祐子 成人健康調査開始50周年に当たって
理事長
大久保利晃
1
9
5
8年に大規模疫学調査である被爆者成人健康調査が
に上回る 70歳になってしまった。
始まって、満 50年が経過した。一口に 50年というが、調
成人健康調査の特徴は期間の長さだけではない。開始
査を受ける立場にとっても調査する側にとっても、これ
時に、あらゆる年齢層にわたり、しかも被曝線量の範囲が
はとてつもなく長い期間である。原爆が広島と長崎の一般
多岐に及ぶ約 2万人という大規模な集団を対象にしたこ
市民に向けて投下されたことから、被爆者の年齢は若齢か
とも類例のないことである。原爆被爆は人類史上初めての
ら高齢まで広範囲にわたっている。被爆時に最も若かっ
ことであり、当時までに急性症状はある程度分かってい
た人でも 6
3歳を迎えた。また、調査担当側にとっても、
たにしても、慢性あるいは長期の健康影響については誰も
1
9
5
8年当時に最も若い 20歳であった人が定年をはるか
知らなかったので、この調査が必要だったわけである。疫
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
2
RERFニュース
学調査は一般に規模が大きく追跡期間が長いほど、まれ
と長崎が被爆から復興
な疾患やわずかな影響について、より正確に把握すること
するに伴い、ライフス
ができるので、この調査が長期で大規模なこと、また多く
タイルの変遷、被爆者
の被爆者の長年にわたるご協力こそが、健康調査の精度
の高齢化など、時間経
を上げるために不可避であった。
過を見つめてきたはず
この調査が開始されたのは、放影研の前身である、アメ
である。この間、調査
リカ政府が設置した原爆傷害調査委員会(ABCC)時代で
担当者には忍耐とひた
あった。原爆を投下したアメリカによる調査だったわけ
むきな努力と思いやり
で、対象になった方々の当時の心中を察するに余りがあ
が必要だったであろ
る。事実、調査目的に疑問を感じ非協力を決めた方々も少
う。
なくないと聞いており、それも当然のことと考えている。
疫学調査では、この
しかし、5
0年後の今になってみれば、この調査によって
ような論文には表現できない、面接や診察を通して人と人
明らかになった原爆の長期的影響に関する医学的知見の
とのつながりから生まれる多くの医学社会学的観察結果
重要性を疑う人はなく、人類の科学の発展と福祉にとっ
が重要であることを忘れてはならない。細胞培養などの試
て偉大な貢献となっている。
験管実験や動物実験と違い、疫学情報は人間関係から生
この重要な調査を直接・間接に支えてきた人々の数は
じているわけだから、データの収集から生じたこのような
計り知れない。直接放影研で担当した人の数だけでも千
副次的な効果が高ければそれだけ科学調査としての質も
人、いや二千人は下らないのではないだろうか。成人健康
信頼性も高いと言えよう。統計数値化された科学的成果
調査はこれらの面から考えて、医学領域における野外調査
の裏には、その何倍にも上る歴史的な観察情報が隠れて
(フィールドスタディ)という点で、歴史に残る極めて重
おり、将来の成人健康調査の研究者にとっても貴重な資
大久保利晃 理事長
要な大事業であることは間違いない。
源が残されている。従って、疫学調査の結果はこのような
成人健康調査の医学研究としての成果は、既に多くの
多角的な側面を総合的に見ない限り正しい評価はできな
学術論文で世界的に発表されてきている。しかし、疫学調
い。
査では、研究成果のうち一般化できるのはごくわずかであ
既に多くの関係者が放影研を去り、これらの証言がで
り、数値化して研究論文に収めることができるのは、将来
きる人もわずかになってきた。ここでは特に ABCC時代
の研究と発見のために使えるであろう情報全体の 10
%に
に長年連絡員として働き、直接被爆者に接して受診をお
も満たないと言われている。そして、成人健康調査には人
願いした元職員の回想録を紹介し、いわば「第二の研究成
道的な一面もある。例えば、
「空白の 10年」と言われる初
果」ともいうべき貴重な記録として残しておきたいと思
期の被爆者が置かれた困難な状況などを考えると、本調
う。
(Up
d
a
t
e本号 15ページの「ヒューマン・ストーリー」
査にかかわった医学関係者は、調査の過程で多くの被爆
をご覧ください。)
者と接し、苦楽を共にしてきたはずである。そして、広島
第36回専門評議員会報告
放影研における研究の進捗状況および計画を審査する
射線生物学/分子疫学部を審査していただいた。
第3
6回専門評議員会が 2009年 3月 2日から 4日まで、
冒頭で大久保利晃理事長は専門評議員に対して、会議
放影研広島研究所で開催された。徳永勝士博士と Da
vi
d に出席し研究プログラムの審査をしていただくことへの
Hoe
l博士が共同座長を務め、Sa
l
l
y Amunds
on博士(コロ
感謝の言葉を述べ、専門評議員会の審査が放影研の研究
ンビア大学)と宮川 清博士(東京大学)が新しく専門評
員にとっていかに重要であるかを強調した。理事長は、上
議員会に加わられた。特別専門評議員を数名招聘して特
級委員会が最終報告書を提出し、その報告書の中で原爆
定の部の重点的審査を補強するという、昨年始まった審
被爆者の健康リスクを評価するという使命を果たすため
査形式を今年も踏襲し、Ra
n
a
j
i
t
Ch
a
k
r
a
b
o
r
t
y博士、島田義
に放影研は存続すべきであると強い支持を表明した旨を
也博士、ならびに鈴木 元博士を招聘して遺伝学部と放
報告した。また、寿命調査集団、成人健康調査集団、胎内
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
3
RERFニュース
被爆者集団、被爆二世集団という主要なコホートの追跡
・専門評議員会は、放影研が研究テーマに基づいた複
調査を少なくとも 20年更に継続し、これらの調査から得
数の部にまたがるワーキンググループの設立を通じ
られるデータを科学的に最大限有効に利用する必要があ
て、研究員間における共同研究を増大させているこ
ることを強調した。
とを評価した。そして、ワーキンググループの数を更
Ro
y
E.
Shor
e副理事長兼研究担当理事は昨年の専門評
に増やし、比較研究の優先順位を決定し、中間目標お
議員会の審査が放影研にとって非常に有益であったと感
よびスケジュールを策定し実施するよう勧告した。
謝の意を述べた。放影研は長期的目標および研究の方向
また専門評議員会は、中央施設という構造の構築に
性を明確にすべきであるという昨年の専門評議員会の勧
よって、統合性と作業効率が促進されるであろうと
告への対応として、
「がん」
「心臓血管疾患」
「その他の放
述べ、研究部門の統合に関して更に検討すべきであ
射線に関連する健康状態」
「遺伝的影響」
「免疫学的影響」
ると勧告した。
および「線量推定」という六つの主要な研究テーマを設定
・専門評議員会は、ワーキンググループを設立し、
し、これらのテーマに従って 5カ年計画を作成したと説
データ管理および生物試料管理をより良く統合する
明した。その他の勧告への対応として、研究上の優先順位
計画を策定するよう勧告した。
を作成し更に詳細なものにするため各研究部と共同作業
・専門評議員会は、科学の性質における変化により、放
を行ったこと、プログラムに基づいた学際的研究を幾つ
影研はバイオインフォマティックスに関する専門知
か行っており、今後もその方向で更に進めていく予定で
識の開発・導入に高い優先順位を与える必要がある
あること、地元の大学との関係を強化していること、研究
ことが示されていると述べた。
方法が適切であるように調査デザインと解析に関してよ
・専門評議員会は、データおよび生物試料の共有に関
り注意を傾けていること、国際的な共同研究および国際的
して原爆被爆者ならびに地域社会とより緊密な意思
教育・研修に相当な力を注いでいること、などについて述
疎通を図るよう勧告した。広報関係者に対し、
「調査
べた。
対象者や被爆者の家族との交流プログラム」を拡大
次に、放射線生物学/分子疫学部と遺伝学部の研究員
し、
「世界的な放送機関や新聞社に放影研の使命や活
から研究活動および計画に関して詳細な発表が行われ、
動を取り上げてもらう」よう勧告した。
臨床研究部、疫学部、統計部、および広報活動の概要が報
告された。その後、専門評議員は小グループに分かれ、各
・専門評議員会は、放影研研究員による筆頭著者論文
の割合を高めることが重要であると述べた。
部の研究員とのインフォーマルな会合に数時間を費やし
各部に対するコメントならびに勧告を以下に一部抜粋
た。
する。
専門評議員会の報告書は、今回もその冒頭で次のよう
・胎内被曝への染色体異常解析の応用は、突然変異の
に述べている。
「放影研は世界の放射線リスク研究におけ
安定性および幹細胞の動態の解明に役立っており、
る傑出した指導的機関であり、また他の機関では実施不
放射線発がんの年齢依存性に関する機序が示唆され
可能な調査の遂行に必要な専門知識、調査集団および
ている。
データセットを保持している。日本国厚生労働省と米国
・雌ラットの未成熟卵母細胞の研究も、自然突然変異
エネルギー省による支援、ならびに米国学士院による指
率と誘発突然変異率に見られる雄と雌の差について
導は、放影研の使命にとって引き続き極めて重要である。
科学的根拠を提供するかもしれないので、重要であ
このような支援および被爆者とその家族の協力がなけれ
る。更に、一般市民は女性の生殖系の放射線リスクに
ば、世界に大きな影響を及ぼす重要な調査研究を放影研
対して非常に敏感である。
が実施することはできないであろう。近年、1
)原子力オ
・専門評議員会は、高密度アレイを用いた比較ゲノム
プション、2
)医療におけるスクリーニングや治療のため
ハイブリダイゼーションにより放射線に関連するゲ
の放射線使用の増大、3
)核テロの脅威により、放射線の
ノム欠失を F1動物モデルで調査するよう勧告し、そ
健康リスクに対する国際的な懸念が高まる中、放影研の
の調査の後に被爆二世を対象とした類似の調査を検
使命は以前にも増して重要となっている」
。また、
「世界中
討できるかもしれないと述べた。
の放射線防護団体が放影研から出されたリスク値に大き
・まれなメンデル遺伝病は、家族の中で新規に発生し
く依存してきた」と強調し、最近におけるこのような例を
ているのであれば、放射線に関連する生殖細胞の突
幾つか挙げた。
然変異である可能性があるので、被爆二世臨床調査
以下に全般的勧告の要約を示す。
では、一般的な多因子疾患だけでなく、まれなメンデ
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
4
RERFニュース
ル遺伝病の頻度および関連する家族歴も調査すべき
ター副センター長
米倉 義晴 放射線医学総合研究所理事長
であるとの勧告があった。
・放射線に関連するがんおよびがん以外の疾患の機序
としての免疫老化は魅力的な仮説である。放射線生
物学/分子疫学部は自己免疫疾患や炎症性疾患にお
いて調節的役割を果たしているかもしれない新しく
定義された T細胞のサブセットを更に精査し、自然
免疫も検討し、臨床研究部との共同研究ではこの仮
説に関して免疫疾患の臨床症例を調査すべきである
柳川 堯 久留米大学バイオ統計センター教授
宮川 清 東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学
センター放射線分子医学部門教授
Ma
r
i
a
nne
Be
r
wi
c
k
米国ニューメキシコ大学疫学部長兼
教授、疫学・がん予防プログラム主任
J
ohn J
.
Mul
vi
hi
l
l
米国オクラホマ大学保健科学センター
小児科学教授
Mi
c
ha
e
l
N.
Cor
nf
or
t
h 米国テキサス大学医学部放射線腫
との勧告があった。
・専門評議員会は、小笹晃太郎疫学部長が新しく採用
されたことを喜び、小笹部長の指導により、疫学部が
更に前進する素晴らしい機会が生まれるであろうと
瘍学部門生物学部教授兼部長
Sa
l
l
y A.
Amu
nds
on
米国コロンビア大学内科・外科学部
放射線腫瘍学准教授
述べた。
特別専門評議員
放影研専門評議員
鈴木 元 国立保健医療科学院生活環境部長(2009年
Da
vi
d
G.
Hoe
l
米国サウスカロライナ医科大学生物統
計・疫学部殊勲教授(共同座長)
徳永 勝士 東京大学大学院医学系研究科国際保健学専
攻人類遺伝学分野教授(共同座長)
丹羽 太貫 放射線医学総合研究所重粒子医科学セン
3月まで)、現在は国際医療福祉大学クリニック教授
島田 義也 放射線医学総合研究所放射線防護研究セン
ター発達期被ばく影響研究グループチームリーダー
Ra
n
a
j
i
t
Ch
a
k
r
a
b
o
r
t
y
米国シンシナティ大学医学部環境保
健部門ゲノム情報センター所長兼教授
広島研究所で開催された第 36回専門評議員会の出席者
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
5
RERFニュース
スタッフニュース
疫学部の清水由紀子副部長が 2008年 11月 30日付で
について研究いたしました。そ
退職し、同年 12月 1日付で非常勤研究員に任命されまし
の後、癌研究会癌研究所の研究
た。
(清水研究員の 37年以上にわたる放影研勤務の思い
員としてエピジェネティックな
出を 1
4ページに掲載していますのでご覧ください。)
発がん機構を肝臓がんを用いて
放射線生物学/分子疫学部の中地 敬部長は、2008年
研究いたしました。それから、
1
2月 3
1日付で定年退職を迎えた後、2009年 1月 1日付
大阪にあります国立循環器病セ
で放影研顧問・プロジェクト代表研究者に任命されまし
ンター研究所へ室長として赴任
た。同日付で楠 洋一郎副部長が部長代理に就任しまし
し、動脈硬化、高血圧にかかわ
た。丹羽保晴研究員が 2009年 2月 1日付で同部の細胞生
る環境因子や原因遺伝子につい
物学研究室に採用されました。
て研究いたしました。
遺伝学部細胞遺伝学研究室の中野美満子研究参与と大
広島市内の街並みは美しく、徒歩で、あるいは広電の電
瀧一夫研究員(嘱託)が 2009年 3月 31日付の再雇用期
車に乗って散策するのにとても良い街だと感じています。
間終了をもって退職しました。同年 4月 1日付で児玉喜
それから、新しい市民球場も完成し、興味深い場所がもう
明遺伝学部副部長が浅川順一部長代理の後任として遺伝
一つ増えました。この美しい街並みになったのも戦後の
学部長代理に任命されました。
復興の象徴として、広島の方々の努力と平和への強い祈
ここでは、新しくスタッフに加わった丹羽研究員に自
念を感じることができました。
己紹介と放影研での研究分野について少し述べてもらい
これまで、諸先生方が被爆と疾患との関係について明
ました。
らかにされてきました。しかしながら、放射線と疾患発症
丹羽保晴 研究員
のメカニズムはいまだ明らかでないことが多く、今後も病
に
わ やすはる
丹 羽 保 晴 態発症メカニズムの解析を行わなければなりません。私の
はじめまして。この 2月 1日付で放射線生物学/分子
放影研での業務は生活習慣病と被爆の関連性を基礎研究
疫学部に赴任いたしました、丹羽保晴です。よろしくお願
を通して明らかにすることです。私のこれまでの経験と、
い申し上げます。私は、徳島大学大学院を卒業後、助手と
研究所の諸先生方のご指導を賜りながら病態解明に貢献
して徳島大学に勤務し、在職中にハーバード大学へ留学
できましたら幸いです。
し、主に血小板の分泌機構と幹細胞から血小板への分化
学会からの受賞についての報告
のり
放影研の中村 典 主 席研究
員が 2009年 7月 1日より 4
年間の任期で、国際放射線防
護委員会(I
CRP)の第一委員
中村 典 主席研究員
第6
1回広島医学会総会ポスター 演題優秀賞を受賞して
広島・臨床研究部研究員 高橋郁乃
会委員に就任することになり
2008年 11月 29 - 30日に行われました第 61回広島医
ました。放影研にとっても名
学会総会にて、成人健康調査(AHS)対象者における脳卒
誉なこととして Upda
t
eの誌
中研究から「脳卒中の生涯リスク(Li
f
e
t
i
me
r
i
s
k
)」を報告
面でご報告できることを喜ば
し、優秀賞を受賞いたしました。脳卒中研究は、延べ
しく思います。
4,
500人分ほどのチャートをひたすらめくって脳卒中発症
を確認する、という傍目には地味な作業から始まりまし
た。この作業に携わった数カ月は、その日に見た病歴を夢
に見る日々でしたが、同時に、半世紀という世界でもまれ
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
6
RERFニュース、国際会議・ワークショップ報告
な長期的記録に触れるという感慨と、多くの健診受診者
侵襲の少ない検査の実施機会が増えてきました。画像検
や職員の AHS継続に対する献身に報いたいという決意
査にとって放射線は必須であるものの、果たして本当に
を、当時の私に植え付けるものでした。
医療被曝が人体にとって無害であるのか、この問題に答
膨大な歴史的価値のある資料の肩の上に乗って見えた
えを出すことは、放影研にしかできないことだと思いま
ものは、中年期に血圧が高い日本人の 2 -3割が脳卒中発
す。特に、生活の質を
症の危険性があり、正常血圧の人の 2倍以上である、とい
大きく左右する脳卒中
う日本で初、世界でも有数の結果でした。いかに血圧が脳
などの動脈硬化性疾患
卒中に影響を及ぼしているか、しかも随分前の血圧に
の発症を放射線が促進
よってその後の脳卒中の発症がかなり規定されることを
するのか、もしそうだ
示唆したことは、自覚症状のない生活習慣病(高血圧)の
とするとその機序はど
治療に関心を抱くことが困難な多くの患者さんに、何のた
のようになっているの
めに治療を受ける必要があるのかを説明し得るものです。
かを解明すべく、邁進
こうした疫学的示唆を行っていくことも、AHS継続に携
し て 参 り ま す。ご 指
わった方々に報いることにつながれば、と願わずにはい
導・ご鞭撻の程、よろ
られません。
しくお願いいたしま
また近年、医療画像検査のめざましい進歩により、体に
す。
賞状を手にした高橋郁乃 研究員
放射線の乳がんリスクに関するワークショップ
主席研究員 中村 典
表記のワークショップを去る 10月 10 - 11日広島放影
の乳がんサブタイプの話をしてもらいました。最近エスト
研講堂にて開催しました。放射線医学総合研究所(放医
ロゲンレセプターなど数種類の遺伝子の発現パターンの
研)との初めての共催によるものです。放射線の乳がんリ
違いによって、乳がんが 5種類程度のサブタイプに分け
スクに関する研究の現状(生物学から疫学まで)を簡単に
られるようになってきました(サブタイプによって予後
分かってもらえるように企画したつもりです。
も違う)。日本人の乳がんは、全体としては増加傾向にあ
は じ め に、紅 林 淳 一 先 生(川 崎 医 科 大 学)と Ya
ng りますが、まだ欧米人の乳がんと比べると b
a
s
a
l型と呼ば
Xi
a
o
h
o
n
g先生(米国国立衛生研究所)に、日本人と欧米人
れる予後の悪いサブタイプの割合は少ないようです。放射
線被曝によってすべてのサブタイプのリスク
が増加するのか、それとも一部なのかは分
かっていません。
次 い で、Al
e
xa
nde
r
Bor
ows
ky先 生(カ リ
フォルニア大学)には、乳がんの生物学を講
義してもらいました。乳がんの病理型の違い
が何に由来すると考えられるか、など。また西
信雄先生(放影研)には、原爆被爆者の乳がん
疫学研究のまとめを、馬淵清彦先生(米国国立
がん研究所)には、がんの放射線治療を受けた
患者さんの二次がんとしての乳がんリスクの
つぶ ら
まとめを話してもらいました。それから 螺 良 愛郎先生(関西医科大学)には、疫学で乳がん
のリスクを修飾すると言われている因子の生
広島研究所講堂で開かれた放射線の乳がんリスクに関するワークショップ
目次に戻る
物学的な意味を話してもらいました。例えば、
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
7
国際会議・ワークショップ報告
初産年齢が低いと乳がんリスクが低いのは、乳腺幹細胞が
そこに来られた外国の先生方にも参加してもらえたのは
分化してしまうためではないか、とか。Mi
k
e
At
ki
ns
on先
望外の喜びでした。企画者一同の感想は、ワークショップ
生と Soi
l
e
Ta
pi
o先生(ドイツのヘルムホルツ研究所)に
では、発がん機構の想像以上の多様性、またがん研究の展
は、パラフィン組織を使ってどこまでがん研究技術が可
開の速さを実感し、総合討論からは、原爆被爆者の乳がん
能になったかについて話してもらいました。
についてサブタイプ分類をしてみる価値があるかもしれ
最後の今岡達彦先生(放医研)には、ラットに放射線を
ないと思いました。一方複数の参加者からは、放射線と乳
当てて作った乳がんのアレイを用いた遺伝子発現の解析
がんの研究を総合的に推進するために今回のようなワー
結果を紹介してもらいました。放射線で作った乳がんは、
クショップは今後も欠かせないとの意見をいただきまし
自然に生じた乳がんとは異なる遺伝子発現パターンを示
た。
すという話です。その後総合討論を行いました。
最後になりましたが、今回のワークショップ開催に尽
今回の企画は、馬淵先生と丹羽太貫先生(放医研)、そ
力していただいた事務局と遺伝学部の皆さんに心からお
して私とで 2年くらい前から議論してきたものです。この
礼を申し上げます。
直前に二つの重要な国際会議が日本で開催されており、
放射線白内障発生ワークショップ
広島・臨床研究部副部長 錬石和男
2
0
0
9年 3月 9 - 10日に、放射線白内障発生ワーク
(広島大学)、藤井紀子(京都大学原子炉実験所)の各氏で
シ ョ ッ プ が 放 影 研 講 堂 で 開 催 さ れ た。招 聘 講 演 者 は
あった。当研究所からは Ro
y Shor
e副理事長・研究担当
Ga
br
i
e
l
Chodi
c
k
(イスラエル、Ma
c
c
a
bi健康サービス機
理事および中島栄二統計部副部長が講演した。オブザー
構)
、Nor
ma
n
J
.
Kl
e
i
ma
n
(米国コロンビア大学)、El
e
a
nor
バーとして放射線医学総合研究所から丹羽太貫先生、三
A.
Bl
a
ke
l
y
(米国ローレンス・バークレー国立研究所)、
枝 新先生、吉永信治先生が出席された。
Pol
l
y
Cha
ng
(米国 SRIインターナショナル)
、Le
o T.
本会議の目的は、放射線白内障の疫学研究を比較検討
Ch
yl
a
c
k
(米国ハーバード大学、インターネットウェブ会
して、疫学的特徴を明らかにし、分子生物学的研究を論ず
、Fr
a
nc
i
s
A.
Cuc
i
not
t
a
(米国航空宇宙局
議による参加)
ることにより発生機序を明らかにすることである。被招聘
[NASA]ジョンソン宇宙センター、Le
o T.
Ch
y
l
a
c
kが代理
者は、放射線技術者、心臓カテーテル専門医、宇宙飛行
発表)
、皆本 敦(みなもと眼科)、北岡 隆(長崎大学)、
士、チェルノブイリ事故処理作業者、原爆被爆者などの放
隈上武志(長崎大学)、木内良明(広島大学)、金本尚志
射線被曝者の疫学研究を行っている研究者であり、低線
放射線白内障発生ワークショップの参加者
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
8
国際会議・ワークショップ報告
量被曝による白内障についてのそれぞれの経験を比較検
2. 水晶体放射線障害の本質はアポトーシス障害、器質構
討した。一方、他の被招聘者は放射線による水晶体の分子
造変化、クリスタリンのラセミ化(蛋白光学構造の変
生物学的変化(アポトーシス蛋白質、クリスタリン、ATM
化)などである。
蛋白質)について研究を行っており、それぞれの放射線に
よる分子生物学的変化について深い議論を行った。会議
3. 特異な分子生物学的蛋白質の発現が関与する可能性が
ある。
の成果としては、放射線白内障に関する疫学、分子生物学
4. 今後、共同で研究を行うべきである。
の専門家が互いに情報を共有しながらその発生機序の本
最後に、ここでの議論を専門誌に発表することが提起
質に迫る深い議論を行ったことである。
され、この提起は満場一致で了承された。いずれ Upda
t
e
結論は以下のようなものであった。
誌上でもこのワークショップの詳しい科学的側面につい
1
.
閾値は従来信じられてきた線量より低いであろう。
てご報告する予定である。
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
9
学術記事
出生前の放射線被曝(胎内被曝)によるリスクはいかなるもので
どれほどの大きさか?
1
Ro
y
Sh
o
r
e
今泉美彩2 立川佳美3 中村 典4
1
放影研 副理事長・研究担当理事、2臨床研究部(長崎)
、3臨床研究部(広島)
、
4
主席研究員
緒 言
線に基づいて正の関係があることを示した。De
l
o
n
g
c
h
a
mp
1
9
5
0-6
0年代に Al
i
c
e
St
e
wa
r
tらが小児がんに関する
1
らは、この症例が OSCC調査によって示唆された小児期
オックスフォード調査(OSCC)について初期の発表 を
の大きな過剰リスクと一致する所見を示すものの、広範囲
して以来、胎芽および胎児は特に電離放射線の発がん影
のリスク推定値とも矛盾しておらず、OSCCの結果を裏付
響に対して感受性が強いと広く信じられてきた。医用診断
けるには弱い証拠しか示さないことを指摘した。
放射線胎内被曝と小児がんに関する極めて大規模な症例
対照調査(約 14,
000人の小児がんによる死亡、そのうち
2
胎内原爆被爆後の成人期のがん
約2
,
2
0
0人は胎内で X線に曝露) の結果は、幾つかの他
胎内被爆後の小児がんリスク推定値が高いことを考え
の症例対照調査によってもおおむね裏付けられている
ると、胎内被爆者における成人期のがんリスクが小児期の
(参考文献 3を参照)
。OSCC調査に基づくと、小児がんに
被爆に比べて同等もしくはより大きくなるという仮説が
よる死亡について、1グレイ(Gy
)当たり約 6%という過
立てられる。原爆胎内被爆者コホートの長期的追跡調査
4,
5
剰絶対リスク(EAR)推定値が得られている。 しかし、
が継続されてきた。出生前後に被曝した人の成人期のがん
他の様々な調査によると、白血病以外の幾つかのタイプ
に関するテチャ川調査報告9があるが、我々が知る限り、
の小児がんに対する出生前被曝の影響については、結果は
出生前のみの放射線被曝と成人期のがんに関する報告は原
一致していない(参考文献 6など)。更に、出生前放射線
爆胎内被爆者コホートに関するもの以外にはない。恐らく
被曝に関する幾つかのコホート調査では、小児がんのリ
テチャ川のコホートでは線量分布が比較的低かったため、
スクについて弱い証拠しか認められなかったか、証拠が
出生前被曝も出生後被曝も線量反応は有意ではなかった。
全く認められなかった。ただし、これらのコホート調査の
放影研の疫学部および統計部は、胎内被爆したコホー
統計的検出力は限られているので、これを一般論として強
ト(2,
452人)の 12-55歳での固形がんと小児期(0-5
3
く論じることはできない。
歳)に被爆した 15,
388人の固形がんについて線量に関連
する罹患率を比較した。10 胎内被爆群では合計 94例、よ
胎内原爆被爆後の小児がん
り大きな小児期被爆群では 649例の固形がんが認められ
原爆被爆者調査は、出生前被爆と小児がんについては
た。本要約における胎内被爆コホートの線量は母親の子
明確な情報をもたらしておらず、得られた結果については
宮線量である。胎児の線量そのものの推定値は利用可能
7
様々な解釈が可能であった。J
a
b
l
o
nおよび加藤 は、胎内
でないが、子宮線量は恐らく妥当な近似値であろう。これ
で原爆に被爆した 1,
292人に関する調査では 10歳未満の
は、胎児線量が子宮線量推定値と約 5% しか差がなく、特
小児がんは一例のみであったと報告した。一方、日本人集
定の組織空中カーマについて妊娠期によって比較的変動
団のベースライン率だけでも 0.
75例は予想され、St
e
wa
r
t
が少ないことを予備的計算結果が示しているためであ
調査に基づく放射線リスク推定値の下限からは少なくとも
る。11 将来の研究では、胎児線量の直接的な推定値を算出
5例の過剰がんが予想された。胎内被爆コホートにおいて
したいと考えている。
1
6歳未満で診断された唯一のがん症例(6歳での肝臓が
胎内被爆コホートにおけるがんについては、線量依存
ん)については母親の推定子宮線量は 1.
43 Gyであった。
性の過剰リスクがあり(過剰相対率[ERR]= 1 Gy当たり
8
De
l
o
n
g
c
h
a
mpら はこのコホートにおける 16歳未満のが
1.
0
、95% 信頼区間[CI
] 0.
2-2.
3
)、これは小児期被爆コ
んについて解析し、上記のがん症例が受けた高線量の放射
ホートの過剰リスク(ERR = 1 Gy当たり 1.
7
、95
% CI
1.
1
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
10
学術記事
㧝Gyᒰߚ
ߚࠅߩERR
12
ㆊ೾଀
10,000ੱᐕG
Gyᒰߚࠅߩㆊ
100
⢝ౝⵍ῜
9
6
3
ⵍ῜ᤨᐕ㦂
0㧙5 ᱦ
P difference = 0.2
80
ⵍ῜ᤨᐕ㦂
0㧙5 ᱦ
60
40
P difference = 0.13
20
⢝ౝⵍ῜
0
0
10
20
30
40
50
60
ᐕ㦂
10
20
30
40
50
60
ᐕ㦂
図 1.胎内または 0-5歳で原爆に被爆した人における 12-55歳での固形がんの過剰相対
リスク(ERR)および過剰絶対リスク(EAR)
(参考文献 10より)
-2
.
3
)にかなり近い。しかし、過剰絶対リスク(EAR)を
は線量反応を認めたが、胎内被爆者の 40歳における検査
指標としてこれを検討し到達年齢に対して図示すると、リ
では線量反応を認めなかった。この結果は、妊娠したマウ
スクの経時的曲線には差異があることが強く示唆された。
スに放射線を照射し、20週齢における母親と子供の染色
すなわち小児期被爆コホートでは 10,
000人年 Gy当たり
体転座率を 2色 FI
SH法で観察することにより、実験的に
の EARが年齢増加に伴い急激に上昇したが、胎内被爆コ
確認された。これらの調査については以前の Up
d
a
t
eの記
ホートでは変化がなかった(図 1)。
事で詳細に述べている(中村ら、Upda
t
e
16:
7
–12,
2005
)。
胎内被爆または小児期被爆後の成人期における固形が
より最近になって、骨髄細胞プールが少数の胎児幹細胞
んの調査
10
からは、ほかにも興味深い知見が得られてい
に由来しているために 2組の染色体に関する転座データ
る。妊娠第 1、2、3期で胎内被爆した人のリスク推定値は
はその他の染色体における異常を代表していないかもし
ほぼ同じであり、被爆時の妊娠月齢によって感受性の強
れないという可能性を除外するために、マウスの同じサン
い時期があることを示す証拠はなかった。胎内被爆と小
プルを用いて全ゲノム多色 FI
SH
(mFI
SH)解析を実施し
児期被爆コホートを合わせると、女性被爆者における放
た。これによって胎内被曝マウスに線量反応が欠如して
射線関連 EARは男性の約 2倍であった(女性:男性の比
いることが改めて確認された(中野ら、原稿作成中)。し
は2
.
1
、p
= 0
.
02
)。胎内被爆者については、10,
000人年 Gy
かし、新しい予備的データでは、上皮細胞はリンパ球と違
当たりの EARは、女性で 9.
2
、男性で 4.
3であった。
い胎内被曝後の線量反応があるかもしれないことが示唆
胎内被爆群における成人期発症の白血病についても検
されているので、この問題はまだ未解決である。
討している。前回完了した 1992年までの解析8では、白血
病症例は被爆群 2例、非被爆群(<0.
01 Gy
)4例で、解析
胎内原爆被爆後の甲状腺疾患
には不十分であった。この解析では、被爆群の過剰白血病
成人期に現れる胎内放射線被曝の影響についてはほと
率はかろうじて有意であり(p = 0.
054
)、小児期被爆群に
んど知られていないので、がん以外の健康影響についても
比べると過剰率は約半分であるが統計的には差がないこ
検討することが重要と思われる。特に若年被爆者では甲状
とが示された(p = 0.
10
)。しかし、2例の白血病例の推定
腺は放射線感受性が最も強い部位であるので、12 甲状腺結
線量がわずか 23 mGyおよび 40 mGyであったので、線量
節 の 有 病 率 を 検 討 し た。広 島・長 崎 の 成 人 健 康 調 査
反応は認められなかった。最新の解析は現在進行中であ
(AHS)では、線量が推定されている胎内被爆者 319人に
り、まだ完了していない。
原爆被爆者調査における胎内被爆後のがんリスクにつ
ついて被爆の約 55
-58年後に調査することが可能であっ
た。被爆群(≥
5 mGy)における平均子宮線量は約 0.
26 Gy
いて、一般的に弱い証拠しかないか、または証拠が示され
(線量範囲は 0.
02
-1.
79 Gy
)であった。胎内被爆コホート
ないので、それを説明するために放影研では実験研究も実
と比較するために、被爆時年齢が 0-5歳の受診者 437人
施してきた。遺伝学部は胎内原爆被爆群の血液リンパ球
の甲状腺結節有病率についても検討した。出生後に被爆
を用いて Gバンド法により、またその母親の染色体 3組
した AHS対象者については、高線量の被爆者を優先的に
を着色する 2色 FI
SH
(蛍光 i
ns
i
t
uハイブリダイゼーショ
選択することが可能であったため、この被爆群の平均線
ン)法により染色体異常(転座)を検査し、母親について
量はかなり高く、0.
92 Gyであった。
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
1
1
学術記事
図 2. 胎内被爆者臨床集団における放射線量に伴う甲状腺充実性結節のリスク
(参考文献 13より)
図 2に示すように、今泉ら 13は充実性甲状腺結節のリ
胎内原爆被爆後の循環器疾患
スクに増加を認めたが(1 Gyにおけるオッズ比[OR]= AHSの胎内被爆コホートにおいて調査しているもう一
2
.
7
8
、9
5
% CI
0.
5,
12
)
、放射線リスクは統計的に有意では
つの健康影響は、循環器疾患、血圧ならびに脂質異常であ
なかった。これは恐らく集団の大きさが比較的小さく線
る。これは疫学調査である寿命調査(LSS)において循環
量分布が低かったため、統計的検出力が限られていたこ
器疾患による死亡率と放射線被曝の関係が示されている
とに起因すると思われる。しかし、このリスク推定値はこ
ためである。立川ら14は、1978
-2003年の AHS受診者に
の調査における小児期被爆群の推定値(1 Gyにおける
おける原発性高血圧・高コレステロール血症・脳卒中・
OR = 2
.
6
5
、9
5
% CI
2.
0-3.
7
)に類似していた。胎内被爆
心筋梗塞の罹患率と放射線量との関係を検討した。脳卒
コホートにおける甲状腺結節リスクの検討では、被爆時
中と心筋梗塞の症例数は少なかったので、これらを合わ
の妊娠週齢による差異は示されなかった。
せて解析した。AHSの臨床測定値または評価で標準的な
今泉らは、胎内被爆コホートにおける自己免疫甲状腺
診断基準を満たした場合、また他の医師により診断が確
疾患の有病率も評価した。抗甲状腺抗体検査、抗甲状腺抗
認されたり処方があった場合にはこれらの疾患があった
体陰性または陽性の甲状腺機能低下症、グレーブス病に
とみなした。比較のために、被爆時年齢 0-9歳の AHS
ついて、線量との関連は認められなかった。これらについ
対象者についても同じ方法でこれら疾患の罹患率と放射
ても被爆時の妊娠週齢による線量反応の差異はなかった。
線量の関係を検討した。AHS対象者は、胎内被爆者 50
6
自己免疫甲状腺疾患については AHS調査でも有意な結果
人、0-9歳で被爆した人 1,
053人から成る。
12 は得られていないので、 これらの所見は驚くべきもので
放射線以外の一連の生活習慣に関連する因子は、循環
はない。
器疾患のリスクに影響を与えるので、喫煙・飲酒・肥満
表. AHSにおける胎内被爆コホートおよび小児期被爆コホートの循環器疾患、ならびに血圧・コレステ
ロール異常に対する放射線量リスク(1 Gyにおける RR)
疾 患
胎内被爆コホート
RR (
95% CI
)
P値;症例数
小児期被爆コホート
RR (
95% CI
)
P値;症例数
高血圧
1.
20 (
0.
6–2.
4)
0.
60;
n = 155
1.
15 (
1.
0–1.
3) 0.
06;
n = 318
高コレステロール血症
非致死性 CVD*
1.
33 (
0.
7–2.
4)
0.
35;
n = 223
1.
05 (
0.
9–1.
2) 0.
45;
n = 508
0.
09 (
<0.
01–80) 0.
49;
n = 6
1.
72 (
1.
2–2.
4) <0.
001;
n = 37
3.
94 (
0.
8–20)
1.
76 (
1.
3–2.
4) <0.
001;
n = 48
致死性および非致死性
*
CVDの合計 0.
10;
n = 9
*ここに示す CVD(循環器疾患)は脳卒中と心筋梗塞を合わせたもの(文献 14より)
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
12
学術記事
度(BMI
)を解析に含めた。胎内被爆および小児期被爆コ
示さないか、または全くそのような証拠を示していない。
ホートのリスク推定値を表に示す。高血圧および高コレ
しかし、LSSにおける小児がんリスクを評価するための統
ステロール血症については、胎内被爆と小児期被爆コ
計的検出力は限られていた。放射線リスク評価にかかわる
ホートの放射線リスク推定値は類似している。非致死性
学界の主な懸念は、OSCCが報告した小児がんの大きな放
の 脳 卒 中 と 心 筋 梗 塞 を 合 わ せ た も の(心 臓 血 管 疾 患
射線リスクが成人期まで続き、生涯がんリスクが小児期放
[CVD]と表す)については、小児期被爆コホートでは線
射線被曝の場合に比べてかなり高くなるのではないかと
量に依存するリスクが認められたが、胎内被爆コホート
いうものである。そのようなリスク増加はないように思わ
では認められなかった。しかし、致死性と非致死性の
れる―確固たる結論を出すには時期尚早であるが、固形
CVDを合わせて検討すると、統計的に有意ではなかった
がんについては幼児期被爆よりも胎内被爆によるリスク
が放射線に関連するリスクが示唆された。非致死性の
の方が小さい可能性さえある。甲状腺結節については、胎
CVDだけの場合と非致死性と致死性の CVDを合わせた
内被爆と小児期被爆による放射線リスクは類似している。
場合でリスク推定値が異なることは、より正確な評価を 高血圧と循環器疾患(脳卒中および心筋梗塞)について
行うためには追跡期間を延長し、より多くの CVD診断症
も、胎内被爆と小児期被爆では放射線量に依存するリス
例を検討する必要があることを示している。ここでも、胎
クは類似している。
内被爆コホートの検討では統計的検出力が大きな制約と
結論としては、胎内原爆被爆コホートは感受性の高い
なるが、放射線に関連するリスクは、胎内被爆コホートと
集団と思われる。このコホートのリスクが幼児期被爆コ
小児期被爆コホートで類似しているように推論する。
ホートのリスクほど高いか否かはまだ不明であるが、両コ
要約すると、妊娠期の医用診断放射線被曝に関する
ホートのリスク推定値は概して近い。胎内被爆コホート
OSCCおよび他の小規模の症例対照調査で報告されたよ
は成人期に発症する疾患が最も多くなる年齢に達しよう
うな胎内放射線被曝による小児がんリスク増加について、
としているので、今後 10
-30年間追跡を継続することに
ABCC-放影研データはこれらを裏付ける弱い証拠しか
より独自の価値あるデータが得られるであろう。
参考文献
1
.
St
e
wa
r
t
A,
We
b
b
J
,
He
wi
t
t
D.
A s
u
r
v
e
y
o
f
c
h
i
l
d
h
o
o
d
ma
l
i
g
n
a
n
c
i
e
s
.
BrMe
dJ
1
:
1
4
9
5
5
0
8
,
1
9
5
8
.
2
.
Gi
l
ma
n
E,
Kne
a
l
e
G,
Knox
E,
e
tal
.
Pr
e
gna
nc
y
x
r
a
ys
a
nd
c
hi
l
dhood
c
a
nc
e
r
s
:
Ef
f
e
c
t
s
of
e
xpos
ur
e
a
ge
a
nd
r
a
d
i
a
t
i
o
n
d
o
s
e
.
JRa
d
i
o
lPr
o
t
e
c
t
8
:
3
8
,
1
9
8
8
.
3
.
I
nt
e
r
na
t
i
ona
l
Commi
s
s
i
on
on
Ra
di
ol
ogi
c
a
l
Pr
ot
e
c
t
i
on
(
I
CRP)
.
Bi
ol
ogi
c
a
l
Ef
f
e
c
t
s
a
f
t
e
r
Pr
e
na
t
a
l
I
r
r
a
di
a
t
i
on
(
Embr
yo
a
nd
Fe
t
us
)
.
Oxf
or
d,
UK:
I
nt
e
r
na
t
i
ona
l
Co
mmi
s
s
i
on
on
Ra
di
ol
ogi
c
a
l
Pr
ot
e
c
t
i
on
(
Pe
r
g
a
mon
Pr
e
s
s
)
;
2
0
0
3
.
4
.
Mu
i
r
h
e
a
d
C,
Kn
e
a
l
e
G.
Pr
e
n
a
t
a
l
i
r
r
a
d
i
a
t
i
o
n
a
n
d
c
h
i
l
d
h
o
o
d
c
a
n
c
e
r
.
JRa
d
i
o
lPr
o
t
9
:
2
0
9
1
2
,
1
9
8
9
.
5
.
Do
l
l
R,
Wa
k
e
f
o
r
d
R.
Ri
s
k
o
f
c
h
i
l
d
h
o
o
d
c
a
n
c
e
r
f
r
om f
e
t
a
l
i
r
r
a
d
i
a
t
i
o
n
.
BrJRa
d
i
o
l
7
0
:
1
3
0
9
,
1
9
9
7
.
6
.
Ma
c
Ma
h
o
n
B.
Pr
e
n
a
t
a
l
x
r
a
y
e
x
p
o
s
u
r
e
a
n
d
c
h
i
l
d
h
o
o
d
c
a
n
c
e
r
.
JNa
t
lCa
n
c
e
rI
n
s
t
2
8
:
1
1
7
3
9
1
,
1
9
6
2
.
7
.
J
a
bl
on
S,
Ka
t
o
H.
Chi
l
dhood
c
a
nc
e
r
i
n
r
e
l
a
t
i
on
t
o
pr
e
na
t
a
l
e
xpos
ur
e
t
o
a
t
omi
c
bomb
r
a
di
a
t
i
on.
Lanc
e
t
2
:
1
0
0
0
3
,
1
9
7
0
.
8
.
De
l
ongc
ha
mp
RR,
Ma
buc
hi
K,
Yos
hi
mot
o
Y,
e
tal
.
Ca
nc
e
r
mor
t
a
l
i
t
y
a
mong
a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
vor
s
e
x
p
o
s
e
d
i
nu
t
e
r
o o
r
a
s
y
o
u
n
g
c
h
i
l
d
r
e
n
,
Oc
t
o
b
e
r
1
9
5
0
–Ma
y
1
9
9
2
.
Ra
d
i
a
tRe
s
1
4
7
:
3
8
5
9
5
,
1
9
9
7
.
9
.
Os
t
r
oumo
v
a
E,
Akl
e
ye
v
A,
Ha
l
l
P
.
I
nf
a
nt
mor
t
a
l
i
t
y
a
mong
of
f
s
pr
i
ng
of
i
ndi
vi
dua
l
s
l
i
vi
ng
i
n
t
he
r
a
di
oa
c
t
i
v
e
l
y
c
o
n
t
a
mi
n
a
t
e
d
Te
c
h
a
Ri
v
e
r
a
r
e
a
,
s
o
u
t
h
e
r
n
Ur
a
l
s
.
Ac
t
aMe
d
i
c
aNa
g
a
s
a
k
i
e
n
s
i
a 5
0
(
1
)
:
2
3
8
,
2
0
0
5
.
1
0
.
Pr
e
s
t
o
n
DL,
Cu
l
l
i
n
g
s
H,
Su
y
a
ma
A,
e
ta
l
.
So
l
i
d
c
a
n
c
e
r
i
n
c
i
d
e
n
c
e
i
n
a
t
omi
c
b
o
mb
s
u
r
v
i
v
o
r
s
e
x
p
o
s
e
d
i
n
u
t
e
r
o
o
r
a
s
y
o
u
n
g
c
h
i
l
d
r
e
n
.
JNa
t
lCa
n
c
e
rI
n
s
t
1
0
0
:
4
2
8
3
6
,
2
0
0
8
.
1
1
.
Ke
r
r
GD.
Or
g
a
n
d
o
s
e
e
s
t
i
ma
t
e
s
f
o
r
t
h
e
J
a
p
a
n
e
s
e
a
t
omi
c
b
omb
s
u
r
v
i
v
o
r
s
.
He
a
l
t
hPh
y
s
3
7
:
4
8
7
5
0
8
,
1
9
7
9
.
1
2
.
I
ma
i
z
u
mi
M,
Us
a
T,
To
mi
n
a
g
a
T,
e
ta
l
.
Ra
d
i
a
t
i
o
n
d
o
s
e
r
e
s
p
o
n
s
e
r
e
l
a
t
i
o
n
s
h
i
p
s
f
o
r
t
h
y
r
o
i
d
n
o
d
u
l
e
s
a
n
d
a
u
t
o
i
mmune
t
hyr
oi
d
di
s
e
a
s
e
s
i
n
Hi
r
os
hi
ma
a
nd
Na
ga
s
a
ki
a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
v
or
s
5
5
–
5
8
ye
a
r
s
a
f
t
e
r
r
a
di
a
t
i
on
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
学術記事
13
e
x
p
o
s
u
r
e
.
J
AMA 2
9
5
:
1
0
1
1
2
2
,
2
0
0
6
.
1
3
.
I
ma
i
z
u
mi
M,
As
h
i
z
a
wa
K,
Ne
r
i
i
s
h
i
K,
e
ta
l
.
Th
y
r
o
i
d
d
i
s
e
a
s
e
s
i
n
a
t
omi
c
b
o
mb
s
u
r
v
i
v
o
r
s
e
x
p
o
s
e
d
i
nu
t
e
r
o
.
J
Cl
i
nEn
d
o
c
rMe
t
a
b
9
3
:
1
6
4
1
8
,
2
0
0
8
.
1
4
.
Ta
t
s
uka
wa
Y,
Na
ka
s
hi
ma
E,
Ya
ma
da
M,
e
tal
.
Ca
r
di
o
v
a
s
c
ul
a
r
di
s
e
a
s
e
r
i
s
k
a
mong
a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
v
or
s
e
x
p
o
s
e
d
i
nu
t
e
r
o,
1
9
7
8
–
2
0
0
3
.
Ra
d
i
a
tRe
s
1
7
0
:
2
6
9
7
4
,
2
0
0
8
.
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
14
ヒューマン・ストーリー
早 期 定 年 退 職 を し て
広島・疫学部非常勤研究員 清水由紀子
昨年 1
1月に早期定年退職をしましたが、放射線影響研
若い時に良い先生、
究所疫学部の非常勤研究員として、もう少し、放影研にお
良い先輩に恵まれると
世話になります。よろしくお願いいたします。
幸せといいますが、ま
1
9
7
2年暮れ、広島大学理学部数学科の学生だった私は、
さに私のことだと思っ
ゼミの教授山本純恭先生から、放影研の前身である原爆
て い ま す。疫 学 研 究
傷害調査委員会(ABCC)に面接に行くよう勧められ、歌
を、一から教えてくだ
手の森山良子さんの叔父である当時の統計部長森山先生
さった加藤寛夫先生
(Dr
.
I
wa
o
Mor
i
ya
ma
)の面接を受け、1973年 4月 ABCC は、私が先生に頼まれ
統計部に入所しました。この年の 7月に Dr
.
Gi
l
b
e
r
t
Be
e
b
e
た仕事の締め切りを尋
が統計部長として赴任されました。写真は当時の統計部
ねると、たいてい“by の研究員です。
ye
s
t
e
r
da
y
(昨日まで)”
その当時の統計部は、ABCCの職員の 3分の 2を占め、
と言われました。本当
現在の疫学部、統計部、情報技術部、臨床研究部の一部
に忙しい毎日でしたが、私が疫学研究に長年携わってこ
(臨床庶務課など)を含んでいました。当時の研究室には
れたのは先生のお陰だったと思っています。苦手の統計
部屋にコンピュータがなかったので 2人部屋でした。私
を教えてくださった藤田正一郎先生には、いつも大きな
は、今でも時々放影研に来所されている Dr
.
Ch
a
r
l
e
s
La
n
d 声で怒鳴られていましたが、言葉の奥には温かい思いやり
と同室になりました。英語とも日本語ともつかぬ言葉での
がありました。計算課(現在の情報技術部)の今田天津雄
会話でしたが、お互いの意思は通じていたようです。あれ
さん、片上恭子さんには、実際のデータのことを教えても
から約 3
6年が経ちましたが、今振り返るとあっという間
らいました。しつこく質問する私は、
「スッポンのおゆき」
でした。
とのあだ名を付けられましたが、そんな私にへきえきしな
清水由紀子 非常勤研究員
がらも親切に教えてくださったのを思い出します。厳し
いが優しい先輩に恵まれたと心から思っています。また、
先輩だけでなく、後輩にも恵まれました。後輩からは最新
の情報を教えていただいたり、私の研究の手助けをしてい
ただいたりしました。また外国人研究員からは、日本では
まだよく知られていないその時々の最先端の統計手法を
習うことができました。
優しい先輩、優秀な後輩に恵まれ、ここに挙げた方々の
ほか、放影研の皆様に支えられ、定年を迎えることができ
ました。ありがとうございました。正式な定年まで 2年を
残して退職しましたが、この時間は高齢の両親への親孝行
1973年当時の ABCC統計部スタッフ
目次に戻る
の時間にしたいと思っています。
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
15
ヒューマン・ストーリー
リ コ ン タ ク ト
広島・元リコンタクター 塚本敏子
広島市南区内の小高い丘の上の比治山公園の頂上に米
の輪が下がっているのをしっかりと持っていないと振り
軍兵舎のカマボコ型の建物が 5棟くらいありました。日
落とされることがあります。雨の日、雪の日はつらい仕事
本では見たこともない小学校・中学校のような建物でし
でしたが、皆苦労しながら一生懸命やりました。家を見つ
た。求人広告もないのに誰かから人員募集のことを義母が
けるのも今頃のようなわけにはいきません。隣家でも番地
聞き、私に行ってみなさいと言いました。昭和 32年の 7
は飛び飛び、走り回って探すのも苦労でした。○○町○○
月だったように思います。8時 30分までとのことで行き
番地、職業は大学教授と書いてあるカードも、探してみた
ました。山を登り、正門を入ると貼り紙を見ながら 2階に
ら木造の古いアパートの 2階でした。大学教授と思い大
行き、講堂に入りました。もう 2分の 1くらい腰掛に座っ
きな立派な家ばかり探し回っていたのです。
て待っている人がいたのには驚きました。15分くらい
暴力団(やくざ)の親分の居宅のカードも何軒かあり、
待った頃に、女性の、身長のある、私より年の多い人が
〇〇町の〇〇組に行きました。立派な門の家でした。入り
入って来て「私は受付係長です。ここのしている仕事の内
口の呼び出しベルを鳴らしました。
「オー」という声で上
容を説明します」と話されました。
「今日は 165人の人に
下黒服の若い男性 5、6人が出てきました。係長から「〇
来ていただいてご苦労様です。そのうちから男性 6人、女
〇駅近くの〇〇組へコンタクトに行った時、
『ABCCは嫌
性 6人、入所してもらいますので、4日間筆記試験で 5日
いだ、帰れ』と出刃包丁で追っかけられたから用心して行
目は胸部のレントゲンを受けてもらいます」とのこと。私
きなさいよ」と聞かされていましたから、心の中はブルブ
は 4日間の筆記試験を何とかパスし、5日目の健診の後、
ル震えていましたが、顔は平静にして話しかけました。犬
1カ月半くらいしてやっと合格通知がありました。9月よ
が 2匹出てきました。グレートテンという大きな犬です。
り、8時 3
0分出勤、朝は 5時に起き、食事の支度、忙しい
「ウーウー」とうなりながら近寄ってきます。我が家にも
朝ですが若さと元気とで張り切って 7時 30分には家を出
スピッツの犬がいます。その 3倍くらいあるほど大きい
て、バスに電車と 2度も乗り換え、比治山下から歩いて出
けど「ここで負けて逃げては私の負け。これも仕事の一
勤の毎日ですが、疲れを知らぬ子供のように一心不乱の
つ」と思い、
「よしよし、いい子いい子」と言いながら近寄
日々を送り、23年の定年までを過ごしました。
りました。犬が突然立ち上がり私の肩へ手をかけてじー
印象に残ったコンタクトを紹介します。その頃はコン
と目を見る。私は笑顔で犬の目を見ました。黒服の若者が
タクターは 3
0人くらいいて 5人くらいが男性でした。
犬の首輪を持ち、犬の名前を呼び引き下ろしてくれた時、
ジープも人数分だけあって 1台に 1人ずつドライバーが
〇〇組の親方が「何かー」と出てきました。小柄な普通の
いました。ドライバーは左ハンドルだから左側に乗り、私
人の感じで、私は必死で名刺を出し用件を話しました。
たちは右に乗るのだけれどドアは右にないので、上から皮
「あんた、犬が恐ろしくないのか」
「私は犬猫大好き。我が
家にも小さいのを飼っています」
「ああ、それで犬の臭い
がしたからか、恐れて逃げると犬は追いかけるからな」。
そして奥に向かって「おいおい」と奥さんを呼び「この人
に応接間に上がってもらって話を聞いてあげて」と言い、
私は部屋に案内されました。立派な応接間でした。紅茶も
出してくれ、話をしました。それでアポイントができまし
た。そして 2年ごとに健診を受けることも予約しました。
ジープで待っていたドライバーに「心配したよ。やくざの
家へよく行ってアポイントしたねー」と言われましたが、
やくざといっても同じ日本人の人間です。ちゃんと礼を
尽くして接すれば彼らもそのように応じてくれると思い
ました。
1949年頃コンタクト業務に使用されていたジープ
目次に戻る
10年した頃でしたか、係長も課長も部長も 3人目にな
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
16
ヒューマン・ストーリー
りました。課長が「塚本はよくアポイントしてくるからリ
た。①も②も詳しく説明して理解してもらいました。いろ
コンタクトをしてくれ」と言われ、リコンタクトをするよ
いろな話を相手の身になって聞いているうちに心を開い
うになりました。もらったカードを見ると全部リフュー
てくださり、最初はリフューズだった 10人のうち 7人く
ズ(拒否)されたカードでした。私は絶対健診に来てくだ
らいはアポイントしてくださいました。どうしてかと言わ
さいと初めから言いません。
「どうして貴方は ABCCまた
れても説明はできません。そのうちの 1人、私より 5歳く
は放影研がお嫌いなのですか」と言います。一つ一つ聞き
らい年上の女性は「もうそろそろ塚本さんが来られる頃と
ますといろいろ言われます。それを相手の身になって聞
待っていました」と言われる人もいてくださいました。こ
きます。親を子供を兄を妹を祖父母を原爆で殺された話
んな時は私はとてもこの仕事が楽しくなりました。コンタ
を泣きながら話す人がいます。私も母と妹と 3人暮らし
クターのある人が「塚本さん、この仕事苦しくないの?嫌
だったのに、母、妹が外出していて、母は 8月 6日に、妹
にならないの?」と言われましたが、私は楽しんで仕事を
(当時 2
1歳)は体の 90
%火傷で血を吐き、小便、大便も
していることを話すと「不思議だ」と言われました。コン
血の海のように出しながら、8月 16日に私の死にものぐ
タクターの 1人が「塚本さんは催眠術を使うの?」と言わ
るいの看護もむなしく 2人とも死亡。私は一人ぽっちに
れて「私はそんなこと知らないからできないよ」と言った
なり、毎日どれほど泣いて過ごしたか分かりません。庭の
ことがあります。
木で首をつって死ぬことも考えましたけど、墓を守って
あれから 50年。ABCC入所の頃、外人ドクターが日本
いくのは私しかいないのだと思い生きていくことにした
は優秀国と聞いているが自分の体のことを大切にするこ
こと、などを話して手を取り合って泣いたこともありま
とについては 30年遅れていると話されました。今頃は自
す。また、私より 30歳くらい年上の女性の人もリフュー
分から人間ドックに申し込んだり、市町村に回って来る
ズの人でしたけど、私の母と重なって見え、涙を流しなが
車で健診を受けたりすることも多くなりました。予防医学
ら話しているうちに、その人が私に抱きついてこられて一
が発達してきたのでしょう。しかし、どんな時代であって
緒に抱き合って泣きました。結果的に健診に承諾をいた
も人間にとって重要なことは、良いことは見習い、悪いこ
だきました。
とはしない強い心を持つことだと思います。犬猫ほかのけ
拒否の理由として、① ABCCへ行くとたくさんの血を
だものは良いも悪いも人間が何度も繰り返し教えなけれ
採られてたくさんの血を集めて全部の血を混ぜて売るの
ば分かりません。私一人の思い込みでしょうか?この判
でしょう、②どこも悪くないのにここが悪いあそこが悪い
断の基準としての「恥」と「良心」
、この二つは人間のみが
と言い病人にしても薬もくれない。大学病院を紹介してそ
持っていると聞いています。私たちは人間です。よく考
こから礼の金をもらうのでしょう、というものがありまし
え、自らに問うことが重要だと思います。
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
17
ヒューマン・ストーリー
追 悼 文
The
l
ma
J
abl
o
n夫人と J
udi
t
h J
a
bl
o
nさん
ABCCの研究において最も偉大な指導者の一人だった
人のご家族が続けて二人亡くなられたという悲しい
ニュースを受け取りました。The
l
ma
J
a
bl
onさんは 2009
年 1月 1
6日にメリーランド州ベゼスダの自宅で 89歳で
亡くなられました。ABCC初期の重要な調査コホートの
デザインと設定に主要な役割を果たされた Se
ymour
J
a
bl
on博士のご夫人で、結婚生活は 67年間に及びまし
た。J
a
bl
on夫人は生涯のほとんどを教師として過ごし、
1
9
6
0
-1
9
6
3年および 1968
-1971年に日本で夫と共に暮
らし、インターナショナルスクールで教える一方、日本の
美術にも精通されていました。ご夫妻の娘の一人である
J
u
d
i
t
h
J
a
b
l
o
nさんも 2009年 5月 10日にベセスダで亡く
Sey
mour
(右)と Thel
ma
(左)J
abl
on夫妻(1987年、当時
の斎藤十朗厚生大臣の執務室で)
なられました。
竹本 孝医師
竹本 孝医師が 2009年
に掲載されたインタビュー記事が「広島の医療における
1月 2日に 8
3歳で亡くな
ABCCの重要な貢献にも、広島市の医療機関との協力に
られたという訃報が届き
ついても何も触れていない」ことに憤慨しておられまし
ました。同医師は ABCC
た。同医師は記者と放影研に手紙を書き、
「ABCCは広島
の初期、1
9
5
0
-1954年に
市内の他の医療施設と競う性質の組織ではなかった」の
遺伝学部に勤務されてい
で、治療を行わなかったのは当然であったと説明しまし
ました。岡山市の岡山医
た。
科大学に在籍していた当
時、原爆投下の翌朝に広
1950年頃の竹本 孝 医師
竹本医師は ABCCを退職した後、広島市民病院の耳鼻
咽喉科で医師として勤務しました。市民病院が組織病理
島市に入りました。竹本医師は中国新聞(2007年 6月 7
検査についてはすべて ABCCに依存していたことを同医
日付)の ABCCに関するインタビューで、ABCCでの最
師は指摘しています。更に、ABCC病理部と広島大学の人
初の仕事が新生児調査であったと述べています。住所が
的交流が実りある結果を生み出したことも指摘していま
タイプされたカードを持って、新生児が産まれた家を同
す。二つの組織が良好な関係を保ったので、個人開業医は
僚と共に一軒一軒訪ねました。先入観や偏りを避けるため
信頼できる検査報告を受け取ることができたのです。ま
に、彼らは親が原爆被爆者か否かを知らされていませんで
た、戦時中は日本の医学図書館には外国の文献はほとん
した。新生児に先天性異常があるかどうかを調べ、家を辞
どありませんでしたが、ABCCの図書館には多くの米国
す時に米国製のせっけんを母親に渡しました。
の文献に加えて英国の文献も少しあり、日本の医師が利
長年の間、一部の人々から、ABCCは検査だけをして治
用することができました。ABCCは無料で論文のコピー
療をしなかったと批判されてきました。竹本医師は新聞
を提供し、様々な書籍を医師に貸し出したそうです。
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
18
調査結果
放影研調査:研究テーマ、優先順位、調査プログラムの 5 カ年目標、
部間共同プログラム、および米国国立がん研究所との新しい契約
Roy Shor
e
副理事長・研究担当理事
第 3
6回専門評議員会の報告書は、放影研による調査プ
NASと放影研が結ぶ
ログラムの 5カ年目標の設定を専門評議員が歓迎してい
下請契約によりこの
ることを示している。ここで設定された目標は、研究の優
プロジェクトに対す
先順位、資源の配分、そして研究プロジェクトのスケ
る資金が直接提供さ
ジュールを決定するための指針を提供するものである。
れていたが、新しい
放影研指導層は各部と協力して 5カ年目標設定のための
契約では資金が直接
作業を行い、既存の調査プロジェクトの優先順位を決定
放影研に提供され、
した。我々は放影研における主な研究テーマを明確にし、
児玉和紀主席研究員
資源の配分およびプロジェクトの中間目標や研究スケ
と Roy Shor
e副理事
ジュールの決定と審査を行うための手順を確立する作業
長・研究担当理事が
を開始した。
プロジェクトの共同
専門評議員会はまた、心臓血管疾患(座長:Ro
y Shor
e
責任者となっている。
Roy Shor
e副理事長・研究担当理事
研究担当理事)、被爆二世(F1)調査(座長:児玉和紀主席
契約の焦点は、NCI研究員が放影研研究員と共同研究
研究員)および線量推定(座長:大久保利晃理事長)に関
を行い、寿命調査(LSS)集団に関連するがん罹患リスク
連した調査プログラムについて、複数の部にまたがる委員
に関するデータを解析し、報告書を作成できるようにす
会やワーキンググループが設立されたことを嬉しく思っ
ることである。このプロジェクトには、胎内被爆者集団、
ている。このほか白内障調査、様々なタイプのがんの遺伝
および小児期被爆者を含む LSS集団の一部におけるがん
子に関する研究および免疫学調査についても学際的な
罹患率についての一連の報告書の完成(Upda
t
e本号 9
ワーキンググループを立ち上げる予定である。
ページにこれらの調査の概説を掲載)、リンパ・造血系腫
コミュニケーションを更に活発にするため、放影研の
瘍(白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫)への放射線の影響
全研究員を対象に毎月コロキウム(学究的セミナー)が開
に関する解析の更新、肺がん罹患率、その他契約期間中に
催されており、そのほかにも各研究部は「現在進行中」の
双方の合意で計画されるかもしれないプロジェクトなど
研究に関する発表会を毎週または隔週で開いている。この
が含まれる。
研究発表会には他の部の研究員や上級研究員も出席して
これまでの NCIの支援により広島と長崎の腫瘍登録が強
いる。放影研研究員の生産性と相互交流を促進するため
化され、最近、固形がんに関するデータが 1998年まで 1
1
のその他の方法として、共用の中央施設の設置、データ
年分更新された(Pr
e
s
t
onら、Ra
di
a
t
i
on Re
s
e
a
r
c
h 168:
1–64
,
ベースと生物試料の集中・統合管理、国際的共同研究の
2007
)。最新の報告書では固形がん全体と 18の特定のが
促進などが検討されている。今後もこれらの計画について
ん部位各々のリスクに加えて、その他のがん部位を一つ
最新情報を提供していきたい。
にまとめたもののリスクも評価された。その他のがん部位
また 2
0
0
8年 9月、
「原爆被爆者におけるがんの疫学的
を一つにまとめたものに関するより詳細な解析により、尿
研究に対する支援」と題する米国国立がん研究所(NCI
)
路上皮細胞癌に放射線関連性があることが初めて突きと
からの提案要請を受けて、放影研は研究提案書を作成し
められた。学際的調査には生物試料の入手および使用も
たが、この提案は受け入れられるものであると評価され、
含まれ、LSSコホートの死亡とがん罹患の通常の追跡調
契約が締結されて 2008年 12月に資金提供が開始される
査では分からないリスク因子に関する貴重な情報を郵便
旨の連絡を受けた。契約は 5年にわたり年間約 30万ドル
調査を利用して収集する。最後に、症例対照研究では、診
を提供するものであり、1979年に遡る放影研と NCI放射
断前の血中の栄養素、ホルモンや抗体価の変化が特定の
線疫学部門の長年の共同研究を継続するものである。以
部位のがんのリスクと相関しているかどうか検討を続行
前は、NCIと米国学士院(NAS)との元契約に基づいて
する。
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
19
承認された研究計画書、最近の出版物
承認された研究計画書
(2008 年 10 月-2009 年 3 月)
RP 6
0
8 エラストメーターを用いた原爆被爆者の肝
弾性度調査、広島
大石和佳、立川佳美、藤原佐枝子、Hs
u WL、高畑弥奈子、
山田美智子、西 信雄、柘植雅貴、茶山一彰
広島の成人健康調査(AHS)受診者(若年被爆者拡大集
団を含む)約 3,
800人を対象とし、2周期(4年間)にわ
たって、エラストメーターを用いて肝線維化程度の指標
としての肝弾性度を測定し、肝弾性度と放射線被曝との
関連について検討する。肝弾性度の解析に際し、慢性炎
症、インスリン抵抗性などに関連するバイオマーカー、肥
満度指数(BMI
)
、飲酒、食習慣、肝炎ウイルス感染状況な
どの考えられる交絡因子について評価を行う。また、動脈
硬化性疾患の罹患における肝弾性度の関与についても検
討する。
最近の出版物
Ar
a
ga
ne
NS,
I
ma
i
K,
Komi
ya
K,
Sa
t
o A,
Tomi
ma
s
u R,
Hi
s
a
t
omi
T,
Sa
kur
a
gi
T,
Mi
t
s
uoka
M,
Ha
ya
s
hi
S,
Na
ka
c
hi
K,
Su
e
o
k
a
E.
Ex
o
n 19 o
f
EGFR mu
t
a
t
i
o
n i
n r
e
l
a
t
i
o
n t
o t
h
e
CAr
e
p
e
a
t
p
o
l
ymo
r
p
h
i
s
m i
n i
n
t
r
o
n 1.
Ca
n
c
e
r
Sc
i
e
n
c
e
200
8
(
J
une
)
;
99(
6)
:
11807.
As
i
a
Pa
c
i
f
i
c
Cohor
t
St
udi
e
s
Col
l
a
bor
a
t
i
on (
RERF:
Na
ka
c
hi
K)
.
Ci
g
a
r
e
t
t
e
s
mo
k
i
n
g
,
s
y
s
t
o
l
i
c
b
l
o
o
d p
r
e
s
s
u
r
e
,
a
n
d c
a
r
d
i
o
v
a
s
c
ul
a
r
di
s
e
a
s
e
s
i
n t
he
As
i
a
Pa
c
i
f
i
c
r
e
gi
on.
St
r
oke
2008
;
39(
6)
:
1694702.
Fukuz
a
wa
M,
Ya
ma
guc
hi
R,
Hi
de
I
,
Che
n Z,
Hi
r
a
i
Y,
Sugi
mot
o A,
Ya
s
uha
r
a
T,
Na
ka
t
a
Y.
Pos
s
i
bl
e
i
n
v
ol
v
e
me
nt
of
l
ong c
ha
i
n f
a
t
t
y a
c
i
ds
i
n t
he
s
por
e
s
of
Ganode
r
maI
uc
i
dum (
Re
i
s
hi
Hous
hi
)
t
o i
t
s
a
nt
i
t
umor
a
c
t
i
vi
t
y
.
Bi
ol
ogi
c
a
l
a
nd
Pha
r
ma
c
e
ut
i
c
a
l
Bul
l
e
t
i
n 2008 (
Oc
t
obe
r
)
;
31(
10)
:
19337.
Ha
gi
no H,
Fur
uka
wa
K,
Fuj
i
wa
r
a
S,
Oka
no T,
Ka
t
a
gi
r
i
H,
Ya
ma
mot
o K,
Te
s
hi
ma
R.
Re
c
e
nt
t
r
e
nds
i
n t
he
i
nc
i
de
nc
e
a
nd l
i
f
e
t
i
me
r
i
s
k of
hi
p f
r
a
c
t
ur
e
i
n Tot
t
or
i
,
J
a
pa
n.
Os
t
e
opo
r
os
i
s
I
nt
e
r
na
t
i
ona
l
2009 (
Apr
i
l
)
;
20(
4)
:
5438.
濱谷清裕、江口英孝、Col
ogne
J
B、早田みどり、安倍邦
子、林 徳眞吉、中島正洋、関根一郎、林 雄三、中
地 敬:原爆被爆者の成人甲状腺乳頭がんにおいて 特徴的に生じた遺伝子変異。長崎医学会雑誌 200
8
(
Se
p
t
e
mb
e
r
25)
;
83(
Sp
e
c
i
a
l
i
s
s
u
e
)
:
2647.
(
第 49回原子爆
弾後障害研究会講演集、平成 20年)
Ha
r
ut
a
D,
Ma
t
s
uo K,
I
c
hi
ma
r
u S,
Soda
M,
Hi
da
A,
Se
r
a
N,
I
ma
i
z
u
mi
M,
Na
k
a
s
h
i
ma
E,
Se
t
o S,
Ak
a
h
o
s
h
i
M.
Me
n wi
t
h
Br
uga
da
l
i
ke
e
l
e
c
t
r
oc
a
r
di
ogr
a
m ha
ve
hi
ghe
r
r
i
s
k of
pr
os
t
a
t
e
c
a
nc
e
r
.
Ci
r
c
ul
a
t
i
on J
our
na
l
2009 (
J
a
nua
r
y)
;
73(
1)
:
63
8.
(
放影研報告書 308
)
片山博昭:がん登録では個人情報はこのように守られて
いる。J
ACR Monogr
a
ph 2008 (
Ma
r
c
h)
;
No.
13:
359.
(地
域がん登録全国協議会第 16回総会研究会記録集)
片山博昭、立川佳美、坂田 律:ブラジルに移住した広
島・長崎原爆被爆者に対するアンケート調査結果。長崎
医学会雑誌 2008 (
Se
pt
e
mbe
r
25)
;
83(
Spe
c
i
a
l
i
s
s
ue
)
:
301
3.
(
第 49回原子爆弾後障害研究会講演集、平成 20年)
小平美江子、梁 治子、高橋規郎、鎌田直子、古川恭治、
中島裕夫、野村大成、中村 典:原爆被爆者の子供に
おけるマイクロサテライト突然変異のスクリーニング。
長 崎 医 学 会 雑 誌 2008 (
Se
pt
e
mbe
r
25)
;
83(
Spe
c
i
a
l
i
s
s
ue
)
:
3
458.
(第 49回原子爆弾後障害研究会講演集、
平成 20年)
Na
ka
ni
s
hi
S,
Ya
ma
ne
K,
Ohi
s
hi
W,
Na
ka
s
hi
ma
R,
Yone
da
M,
No
j
i
ma
H,
Wa
t
a
n
a
b
e
H,
Ko
h
n
o N.
Ma
n
g
a
n
e
s
e
s
u
p
e
r
o
x
i
de
di
s
mut
a
s
e
Al
a
16Va
l
pol
ymor
phi
s
m i
s
a
s
s
oc
i
a
t
e
d wi
t
h
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
最近の出版物
t
h
e
d
e
v
e
l
o
p
me
n
t
o
f
t
y
p
e
2 d
i
a
b
e
t
e
s
i
n J
a
p
a
n
e
s
e
Ame
r
i
c
a
n
s
.
Di
a
b
e
t
e
s
Re
s
e
a
r
c
h a
n
d Cl
i
n
i
c
a
l
Pr
a
c
t
i
c
e
2008 (
Se
p
t
e
mb
e
r
)
;
8
1
(
3
)
:
3
8
1
5
.
中島栄二、錬石和男、赤星正純、Pr
e
s
t
on DL:広島原爆
被爆者における術後白内障発生率 19862006:予備的
解析。長崎医学会雑誌 2008 (
Se
pt
e
mb
e
r
25)
;
83(
Spe
c
i
a
l
i
s
s
u
e
)
:
2
4
3
7.
(第 49回原子爆弾後障害研究会講演集、
平成 2
0年)
Ni
s
hi
N.
Mul
t
i
l
e
ve
l
a
na
l
ys
i
s
of
s
oc
i
oe
c
onomi
c
f
a
c
t
or
s
.
Ka
wa
ka
mi
N,
Koba
ya
s
hi
Y,
Ha
s
hi
mot
o H,
e
d.
He
a
l
t
h a
nd Soc
i
a
l
Di
s
pa
r
i
t
y — J
a
pa
n a
nd Be
yond.
Me
l
bour
ne
:
Tr
a
ns
Pa
c
i
f
i
c
Pr
e
s
s
;
2009 (
Ma
r
c
h)
,
pp 21139.
野 田 朝 男、平 井 裕 子、児 玉 喜 明、中 村 典:Ta
nde
m r
e
pe
a
t
i
ns
t
a
bi
l
i
t
yが意味するもの。放射線生物研究 2
0
0
8
(
J
u
n
e
)
;
43(
2)
:
10718.
Oha
r
a
M,
Ha
ya
s
hi
T,
Kus
unoki
Y,
Na
ka
c
hi
K,
Fuj
i
wa
r
a
T,
Koma
t
s
uz
a
wa
H,
Suga
i
M.
Cyt
ol
e
t
ha
l
di
s
t
e
ndi
ng t
oxi
n i
nduc
e
s
c
a
s
pa
s
e
de
pe
nde
nt
a
nd i
nde
pe
nde
nt
c
e
l
l
de
a
t
h i
n MOLT4
c
e
l
l
s
.
I
nf
e
c
t
i
on a
nd I
mmuni
t
y 2008 (
Oc
t
obe
r
)
;
7
6
(
1
0
)
:
4
7
8
391.
大石和佳、茶山一彰:B型肝炎―最新治療の進めかた 慢
性 B型肝炎の治療―治療薬選択、治療期間の判断の実
際。Me
d
i
c
a
l
Pr
a
c
t
i
c
e
2008 (
Oc
t
obe
r
)
;
25(
10)
:
184751.
小笹晃太郎:1990年代に行われた 3つの大規模コホート
研究の統合解析。治療学 2009 (
Fe
br
ua
r
y 10)
;
43(
2)
:
113
.
Sa
nt
e
n
RJ
,
Song RX,
Ma
s
a
mur
a
S,
Yue
W,
Fa
n P
,
Sogon T,
Ha
ya
s
hi
SI
,
Na
ka
c
hi
K,
Eguc
hi
H.
Ada
pt
a
t
i
on t
o e
s
t
r
a
di
ol
de
pr
i
va
t
i
on c
a
us
e
s
upr
e
gul
a
t
i
on of
gr
owt
h f
a
c
t
or
pa
t
hwa
ys
a
nd
hype
r
s
e
ns
i
t
i
vi
t
y t
o e
s
t
r
a
di
ol
i
n br
e
a
s
t
c
a
nc
e
r
c
e
l
l
s
.
Adva
nc
e
s
i
n Expe
r
i
me
nt
a
l
Me
di
c
i
ne
a
nd Bi
ol
ogy 2
0
0
8
;
6
3
0
:
1934.
Si
gur
ds
on
AJ
,
Ha
M,
Ha
upt
ma
nn M,
Bha
t
t
i
P
,
Sr
a
m RJ
,
Be
s
k
i
d
O,
Ta
wn EJ
,
Wh
i
t
e
h
o
u
s
e
CA,
Li
n
d
h
o
l
m C,
Na
k
a
n
o M,
Koda
ma
Y,
Na
ka
mur
a
N,
e
t
a
l
.
I
nt
e
r
na
t
i
ona
l
s
t
udy of
f
a
c
t
or
s
a
f
f
e
c
t
i
ng huma
n c
hr
omos
ome
t
r
a
ns
l
oc
a
t
i
ons
.
Mu
t
a
t
i
o
n
Re
s
e
a
r
c
h 2008 (
Apr
i
l
30)
;
652(
2)
:
11221.
20
Suya
ma
A,
I
z
umi
S,
Ko
ya
ma
K,
Sa
ka
t
a
R,
Ni
s
hi
N,
Soda
M,
Gr
a
nt
EJ
,
Shi
mi
z
u Y,
Fur
uka
wa
K,
Cul
l
i
ngs
HM,
Ka
s
a
gi
F,
Koda
ma
K.
The
of
f
s
pr
i
ng of
a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
vor
s
:
Ca
nc
e
r
a
nd nonc
a
nc
e
r
mor
t
a
l
i
t
y a
nd c
a
nc
e
r
i
nc
i
de
nc
e
.
Na
ka
s
hi
ma
M,
Ta
ka
mur
a
N,
Ts
uka
s
a
ki
K,
Na
ga
ya
ma
Y,
Ya
ma
s
hi
t
a
S,
e
ds
.
Ra
di
a
t
i
on He
a
l
t
h Ri
s
k Sc
i
e
nc
e
s
:
Pr
o
c
e
e
di
ngs
of
t
he
Fi
r
s
t
I
nt
e
r
na
t
i
ona
l
Sympos
i
um of
t
he
Na
g
a
s
a
ki
Uni
v
e
r
s
i
t
y Gl
oba
l
COE Pr
ogr
a
m “
Gl
oba
l
St
r
a
t
e
gi
c
Ce
nt
e
r
f
or
Ra
di
a
t
i
on He
a
l
t
h Ri
s
k Cont
r
ol
.
”
200
8
(
De
c
e
mb
e
r
)
,
pp 5762.
陶山昭彦、早田みどり:長崎県のがん登録の現状。J
ACR Mo
nogr
a
ph 2009 (
Ma
r
c
h)
;
No.
14:
358.
(
地域がん登録全
国協議会第 17回総会研究会記録集)
Ta
ma
k
os
hi
A,
Na
ka
c
hi
K,
I
t
o Y,
Li
n Y,
Ya
gyu K,
Ki
kuc
hi
S,
Wa
t
a
n
a
b
e
Y,
I
n
a
b
a
Y,
Ta
j
i
ma
K.
So
l
u
b
l
e
Fa
s
l
e
v
e
l
a
n
d c
a
n
c
e
r
mor
t
a
l
i
t
y:
Fi
ndi
ngs
f
r
om a
ne
s
t
e
d c
a
s
e
c
ont
r
ol
s
t
udy
wi
t
hi
n a
l
a
r
ge
s
c
a
l
e
pr
os
pe
c
t
i
ve
s
t
udy.
I
nt
e
r
na
t
i
ona
l
J
our
na
l
of
Ca
nc
e
r
2008;
123(
8)
:
19136.
立川佳美、Hs
u WL、山田美智子、赤星正純、藤原佐枝
(
Ma
r
c
h)
;
16(
3)
:
6
子:好中球増加と高血圧。血圧 2009 7.
Ts
uge
M,
Noguc
hi
C,
Hi
r
a
ga
N,
Mor
i
N,
Hi
r
a
ma
t
s
u A,
I
ma
mur
a
M,
Ohi
s
hi
W,
Ar
a
t
a
ki
K,
Ai
ka
t
a
H,
Ka
wa
ka
mi
Y,
Ta
ka
ha
s
hi
S,
Cha
ya
ma
K.
A c
a
s
e
of
f
ul
mi
na
nt
he
pa
t
i
c
f
a
i
l
ur
e
c
a
us
e
d by he
pa
t
i
t
i
s
E vi
r
us
.
Cl
i
ni
c
a
l
J
our
na
l
of
Ga
s
t
r
oe
nt
e
r
ol
ogy 2008 (
J
une
)
;
1(
2)
:
6974.
Ue
no T,
Soma
M,
Ta
ba
r
a
Y,
Tokuna
ga
K,
Ta
hi
r
a
K,
Fukuda
N,
Ma
t
s
umot
o K,
Na
ka
ya
ma
T,
Ka
t
s
uya
T,
Ogi
ha
r
a
T,
Ma
ki
t
a
Y,
Ha
t
a
A,
Ya
ma
da
M,
Ta
ka
ha
s
hi
N,
Hi
r
a
wa
N,
Ume
mur
a
S,
Mi
ki
T.
As
s
oc
i
a
t
i
on be
t
we
e
n f
a
t
t
y a
c
i
d bi
nd
i
ng pr
ot
e
i
n 3 ge
ne
v
a
r
i
a
nt
s
a
nd e
s
s
e
nt
i
a
l
hype
r
t
e
ns
i
on i
n
huma
ns
.
Ame
r
i
c
a
n J
our
na
l
of
Hype
r
t
e
ns
i
on 2008 (
J
une
)
;
21(
6)
:
6915.
吉田健吾、林 奉権、森下ゆかり、長村浩子、牧 真由
美、空 美佐江、今井一枝、楠 洋一郎、中地 敬:
放射線被曝と発がんリスクに及ぼす遺伝的要因。長崎
医学会雑誌 2008 (
Se
pt
e
mbe
r
25)
;
83(
Spe
c
i
a
l
i
s
s
ue
)
:
254
8.
(
第 49回原子爆弾後障害研究会講演集、平成 20年)
Suga
numa
M,
Ya
ma
guc
hi
K,
Ono Y,
Ma
t
s
umot
o H,
Ha
ya
s
hi
T,
Oga
wa
T,
I
ma
i
K,
Kuz
uha
r
a
T,
Ni
s
hi
z
ono A,
Fuj
i
ki
H.
TNFai
nduc
i
ng pr
ot
e
i
n,
a
c
a
r
c
i
noge
ni
c
f
a
c
t
or
s
e
c
r
e
t
e
d f
r
om H.py
l
or
i
,
e
nt
e
r
s
ga
s
t
r
i
c
c
a
nc
e
r
c
e
l
l
s
.
I
nt
e
r
na
t
i
ona
l
J
o
u
r
n
a
l
o
f
Ca
nc
e
r
2008;
123(
1)
:
11722.
陶山昭彦:前立腺がん検診はすべきではないのか? 第 15
回東京前立腺癌フォーラム 前立腺癌と PSA。東京:
リノ・メディカル株式会社 2009 (
Fe
br
ua
r
y)
:
228.
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
最近の出版物
21
放影研データを使った外部研究者による論文
ここには一般公開している放影研のデータを使った外
部機関の研究者による出版物の情報を載せています。
Li
t
t
l
e
MP
.
Le
uk
e
mi
a
f
ol
l
o
wi
ng c
hi
l
dhood r
a
di
a
t
i
on e
xpos
ur
e
i
n
t
h
e
J
a
p
a
n
e
s
e
a
t
o
mi
c
b
o
mb
s
u
r
v
i
v
o
r
s
a
n
d i
n me
d
i
c
a
l
l
y e
xpos
e
d
gr
oups
.
Ra
di
a
t
i
on Pr
ot
e
c
t
i
on Dos
i
me
t
r
y 2008;
1
3
2
(
2
)
:
1
5
6
65.
Ri
c
ha
r
ds
on
DB.
Expos
ur
e
t
o i
oni
z
i
ng r
a
di
a
t
i
on i
n a
dul
t
hood a
n
d
t
h
y
r
o
i
d
c
a
n
c
e
r
i
n
c
i
d
e
n
c
e
.
Ep
i
d
e
mi
o
l
o
g
y 2009 (
Ma
r
c
h
)
;
2
0
(
2
)
:
1
8
1
7
.
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e1
,2
0
0
9
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
2 108 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content