close

Enter

Log in using OpenID

第2回特別展 釈迦の故郷 (PDFファイル)

embedDownload
立正大学博物館
第 2回 特別展
荻 と の よ 9FF
会期 :平 成 16年10月25日 (月)∼ H月 27日 (土)
立正 大学博物館
2004
目 次
ごあい さつ … ………………………… …………… 1
釈迦の故郷 …………………………………………… 2
・四大仏跡 とカ ピラ城 ……………………… ………… 8
・アシ ョー カ (阿育)工 の石柱
…………………… 9
・テ ィラクフコ ッ ト追跡 …… …… … … ………… 10
テ ィラクラコ ッ ト遺跡出土遺物
・ル ンピユー遺跡
………………… 13
…………………… …………… 17
釈迪の故
(1)こ の図録は、2004(平 成10)年 10月25曰 〈
月)か らll月27● (■)に かけて開催する特Яl展 「
郷Jの 展示図録 として作成 された。
(2)こ の図録の編集 伯 成は、館長 の指示により上野意司事円薇晨 がE当 した。
録を同会の後援を得 て
(3)特 Яl展IB確にあた り (財)全 日本仏教会が実施 したルン ピニー遺跡 の発掘憫奎
展示 した。
“
(4)展 示資料については 立正大学ネパール仏跡調査団、立正大学文学部考古学研究室 の全面的な協力を得
た。
(5)特 別l展開催にあたつて 特に参考に した文献は下記 の通 りである。
ティラクラコットJ(1978 2000わ
立工大学ネパール考古学調査報告第 I n冊 「
中村瑞隆著 『
釈迦の故城を探る一推定カピラ城跡の発掘―J(2000年)
ルンピニー発掘田奎報告』〈
・(財)全 日本仏教会 「
近刊)
ごあい さつ
釈迦 の 故郷 」 を開催 いた します 。
平成 16年度秋季特別 展 と して 「
ニ
仏教 の 開祖 ・釈 迦 C C463∼383、中村元博 1税)は 、ネ パ ール のル ン ビ ー
で生 誕 され 、 カ ピラ城 で青年 時代 を過 ごされ ま した。
そ の 実像 は、 19世紀末 か ら20世 紀初頭 にかけて の 考古学的調 査 に よつて
四大仏跡 をは じめ 、釈 迦 関係 の遺跡 が IJlらかに され て きま した。 しか し、
四 門出遊 の 地 と して知 られ るカ ピ ラ城跡 の所在地 については 諸説 が あ り定
ま っていませ んで した。
そ こで立正大学 は、1967∼77年 の10年間、中村瑞 隆教授 (元立正大学学長)
を中心 とす る調査 団 をイ ン ド ・ネ パール に派遣 し、カ ピ ラ城跡 を探 索 しま
した。 そ の結果 、ネ パー ル のテ ィラ ウラ コ ッ ト遺跡 こそ カ ピ ラ城 の 有力候
補遺跡 と想 定 して発 掘調 査 を実施 しま した。
発掘 の 結果 、釈迦時代 の 多量 の 出土品 を得 るこ とに成功 しま した。また、
あわせ て 、テ ィラ ウラ コ ッ ト遺跡 が 、城跡 で あ つた ことを再確認 し、規模 ・
構造 ・年代 な どと出土品 の 時代観 とをあわせ て釈 迦 の 故城 であつた可能性
を明瞭 にす る こ とがで きま した。
一 方 、 (財)全 日本仏教 会 では 、ル ン ビニーの整備 と顕彰 を 目途 に、 1993
∼2003年 の10年 間、そ の 地 を発 掘 しま した。発掘 の 結果 、釈尊 生誕 の地 を
示す 「
印石」 (標識石)を 検 出す る こ とに成 功 しま した。 この未曾有 の 成果
は明春 に報告書 が 出版 され ます。
そ こで 、 立正大学 の調 査 団 が発掘 したテ イラウ ラ コ ッ ト遺跡 (推定カ ピラ
城跡)の 出 土品にあわせ て 、(財)全 日本仏教会 のル ン ビニー 遺跡発掘 の経過
と成 果 を写真 に よつて 展観 い た します 。
「
釈迦 の 故郷Jの ,急吹 を感得 して頂 けますれ ば幸 いで す。
平成 16年10月
立正大学博物館
館長
坂詰秀 一
釈 迦 の 故 郷
坂詰
秀一
I
仏教 の教祖 ・釈l l I ( 前
4 6 3 ∼3 8 3 年 中村元博士説) は 、現在 のネパール に生まれ
、イ ン ド北
一
部 の地 を巡行 して教 えを説 いた と言われ ている。そ の釈迦が歴 史上の人物 として
確定 され
たのは今 か ら1 0 0 年ほ ど以前 の ことで あった。
1 9 世紀 の末 、ネパール か らイン ドの北方にか けて釈迦 の実在 を示す
銘文が刻まれた 資料
( アショーカく1 可
`
育> 工 石柱 舎利壺) 力 あいつい で発見 され た。 この よ うな歴 史的史料 の
確
認 に よって釈 迦 の生没年代 をめ ぐ り百家争鳴 の感 を呈す るよ うになった
。
釈迦の遺跡 の探索は、玄突三蔵 (H国店への僧)の 『大唐西域記』を手掛か りとしてA
カニ ンガム (ィン ド考古調査局長官)に よって着手 された。彼は、ィン ド
各地 ネパール を
ユー
し
の
ルン
踏査 、生誕 地
ビ
、1吾りの地ブ ッダガャ、最初の説法の地サールナー ト、入滅
の地 クシーナガ ラの四大仏跡をは じめ、マガダ回の首都 ラジギール (=舎
城)、コーサラ国
の首都 シュラー ヴァステ ィー (舎衛城)な どを調査 し それぞれの
所在地 と実情を明 ら力ヽこ
した。
他方、ネパールの南
ィ ン ドと国境を接する釈llllの
故郷 ―タライ地域では、ィギ リス ・
フランス ・ドィッ ィ ン ド諸国の仏教学 考古学者 らがル ンビニー シ
、 ャヵ族の本拠地カ
ピラ城 、釈迦の舎利壺が出土 した ピプ ラハ ワーな どにおいて競って
それ らの調査 と研究に
汗を流 した。
4‐ ‐
…
…
()'t'',ス
r i′ “ 氏甲 ,
,
,1
DPLORED SITESり62
■ '`'''''
/た :
,Fr,:n_t・
│・
膚i
│ ヽ
=夕 __〃
:
∼
ンド =α `Lη
イ
'J
ティラフラコ′田 辺嗜図:子
11111'
ほた■
',
☆,■:口ORA KT(tt,ど
,OA● XヽRI
,0,
■
`飩
^Rヽ
s tu、
餞、tl・
0■二り0)
爾青工石柱
S LUNB〔
N[
6Nに ARIゝ OF R
T]HAWA
'∞
タライにおけるカピラヴァス トゥ関連遺跡の分布
(立iE大 学ネパー ルlA跡 調査団
原図)
ル ン ビニー では
ア シ ョー カ王の巡礼 由来が亥1まれ た石 l■
に よってその地が釈」
lll生
.‐
41の
地 と確認 されたが 、釈迦が29歳まで生活 を過 ご していたカ ピラ城跡 につい ては明 ら力│こす
ることがで きなか った。
このよ うな釈迦の遺跡 は、 日本 の僧侶 に とって憧れ の巡ネ
L地であつた。 古 くは平城 天皇
の第二王子高丘親王 (真玖
o、 そ して明恵上人が 「
天竺 (ィン ド)J行 きを渇望 した ことは歴
史上によく知 られ ている。 近代 になつて僧
北畠道龍 は、1883年12月にブ ッダガヤに詣 で
た。道龍 はその地 を釈迦の墳墓 と信 じ 「
年 を経て 名のみ残 りし,1耶の里に今 日み ほ とけの
痕を問ふ哉Jと 感涙 し、 「日本開 闘以来余始詣千澤尊墓前
道龍
明治十六年十 二月四 日J
と刻んだ石碑 を建立 した。
ついで 、 1895年 1月 には、僧
山崎辮榮がブ ッダガャにいた り 「よろづ世は まだ遠 けれ
ば今 さらにふたたび照 らせ仏陀伽耶 の 月Jと 詠んだ。辮榮 は、 さらにサールナ ー ト、 クシ
ーナガ ラ サ ヘー ト マ ベ ー トと巡 ネ
しの足 を運んだ。
一方、 シル クロー ド探検 で知 られ る大谷光瑞 な どは、 19o2年12月か らあ くる 1月 にかけ
ブッダガヤ とラジギー ル を調査 し、 ラジギール で法華経 を説 いた と伝 え られ る霊鷲 山の確
認に意をつ く した。 大谷 の.n査隊は、遺跡 の現状 を撮影 し略測図 を作成 した。
また 、梵文研修 と仏跡探求 を 目指 して1915年 (大正4)年 か ら3年 間イ ン ドに留学 した仏
教学者 (後 立正大学教授)の 同 教法 は カ ピラ城跡 を求めて タライに赴 き 諸説 を検討 し
て自説 を発表 した。
このよ うに ヨー ロ ッパ 諸国の学者に よる釈迦遺跡 の調査研 究に対 し、 日本 の学者 も現地
において調査 を試み たのであった。
その後 第 2次 世界大戦 を挟 んで空 白期が あつたが 1950(昭 和341年 に 京 都 大 学 が ブ
ッダガヤで発 掘 し、樋 口隆康 は、釈迦 の遺跡 に対 し 「日本人 として最初の発掘 であ り、そ
の意義は大 きいJと 感懐 を被れ き した。
ついで '67年か ら10年間
未確定 のカ ピラ城跡 を求めてネパールのテ ィラ ウラ コ ッ トを
発掘 した立正大学、1986年以来、サヘ ー ト マヘ ー トの発掘 と研 究を続 けている関西大学 、
1993年か ら10年にわた リル ン ビニーの発掘 と調査を実施 した (財)全 日本仏教会は 、それ ぞ
れ大きな成 果 を挙げた。 とくに、ル ン ビニーの発掘 は 「
印石J発 見によって世界の関係学
界より注 目され.世 界遺産登録 の気運 をつ く りだ したのであ る。
Il
ル ン ピニ ー
ブ ッダガャ 、 サ ー ル ナー ト、 ク シー ナ ガ ラの 4大 仏跡 をは じめ 、釈迦 に 関
す る多 くの 造跡 が 明 ら力│こされ て きた の に対 し、出家 の●
lt―カ ピラ城 の遼跡 に つ い ては定
まって い な い感 が あ った。
の
かつ て、カ ピラ城 の伝承地 を 5世 紀 の は じめに訪れ た法顕 は、す でに荒れ はてた城跡
の
の
故官 に釈迦 の母 の像 、釈迦 が病人 と会 つた と伝 え られ る東門な どのほか、付近 伝説 個
所 に塔婆 がた つていた こ とを書 いてい る (隔 僧法頭伝♪。
ついで、 7世 紀 の 中頃 にカ ピラ城伝承地 を詣でた玄実は、カ ビラヴァス トウ国には十数
の荒廃 した城 があ り、工城 には釈迦 の 父の像 と母 の像 が置 かれ てい る建物や精舎 な どがあ
の が
の
り、それ らは レンガでつ くられ ていた と記 し さらに、三城 の付近には多 く llll藍 跡
い
あ り 王城 に接 して存在す る一つの伽藍では3,000余 人の僧 が小乗 の仏教 を学んで るほか
異教 の 人た ち も住 んでいた と描写 して い る
この よ うな カ ピラ城 は、 どこにあるのか
(『
)。
大膚西lul記
』
そ
の探索が 1 9 世紀 の 後半 か ら ヨー ロ ッパ諸国 の
.
^
.
.
t が
゛ゞ孔
学者 の 主導に よつて進 め られ た。 1 8 9 6 年にル
ミンデ ィにお いてA
フュー ラーが発見 した
ア シ ョー カ王 ( 前3 世 紀マ ウリヤ朝第 3 代 工)
の石柱 に刻 まれた銘文に よつて
釈迦生誕 の
地が明 ら力■こされた。 ル ン ビニーが確定 した
,
のに ともな い、カ ピラ城 の所在 が課題 とな つた。
法頭 と玄実 の記録 を もとに付近一 帯 が調査 され 、
西南約 13kmの ピプ ラハ ワー (イン ド)と 西北約
Ⅲ
ピプラハワー出土の舎利壼
カルジー原m
(P Cム
注 目され た。 ともに レンガを用 いた廃墟 が残 され て
23kmのテ ィラウラ コ ッ ト (ネパール)め`
いた。
1898年にW・ C
ペ ッペ によつて ピプ ラハ ワーの塔婆遺跡 が発掘 され、石棺 の なかか
い
ら 5個 の舎利壷 、多数 の日1葬品 が検 出 され た。 その舎利壺 の一つ には銘 文が刻 まれ て
(中
いた。
た。 そ こには 「シ ャカ族 出身 の世尊 ブ ッダの遺骨 を納 める」 村元)と 読 まれ て
ムカル ジー が 、テ ィラウラ コ ッ ト
ス ミスの指導 に よ りP C
さらに1899年には、V
を発掘 し、城 塞遺跡 で あるこ とを明 ら力ヽこした。
墳墓
そ の結果 、テ イラ ウラ コ ッ トはカ ピラ城 、 ピプ ラハ ワー は釈llllの
(塔婆)と 考 え ら
れ たが、一部 には後者 をカ ピラ城 とす る意 見 もあ つた。
カ ピラ城 をめ ぐる問題 は、1960年代 の後半か ら70年代にかけて再び注 目され るよ うにな
った。 その端緒 は 1967年 か ら立正大学 がネパール考古局 とともに着 手 した テ イ ラ ウラ
コ ッ トの発掘 によつて 高揚 した。
(前318年頃∼前180年頃)か らクシ ャー
調査 は10余年間にわ た つて続 け られ 、マ ウ リヤ朝
ナ朝 (1∼ 3世 紀)、そ して グプ タ期 020∼550年頃)に 力■すて存在 していた城 塞遺跡 で ある
こ とが明確 とな つた。
4
東西約450m、 南北約500mの 南北に長軸 をもつ城 は、周囲に レンガの壁をめぐらし、東
西南北に各 1∼ 2ヵ 所 の門を、城中には 2つ の池 と8つ の墳丘 健 物跡)を 有することが知
られた。
とくに、釈迦の時代 を示す北方黒色磨研土器の出土はカピラ城跡 の比定地 として有力で
あることを提示 した。
この発掘に触発 されて1971年か らイ ン ド考古局のK・ M・ ス リヴァスタヴァは、 ピプ ラ
ハ ワーの発掘に着手 し、かつて、ペ ッペが発掘 した石棺の下方か ら二つの合利壷を掘 りだ
すとともに、付近 の僧院跡か らクシャーナ朝のシール (印章)40数 点を発見 した。
それには 1∼ 2世 紀の文字で 「この僧院はカニシカ王がカビラ城 の僧団のためにたてたJ
「
大カピラバス トの比丘Jな どと刻まれていた。そ こで ピプラハ ワーはカピラ城跡 とす る
見解が喧伝 された。
しかし、出土遺跡 が僧院、 シールは 1∼ 2世 紀 の もので移動性 に富む資料 であ り、かつ
近く C・
7掘 されたガンフ リヤの遺跡 も僧院であつた。
それに対 して、テ ィラウラコッ トは、パーナガンガ川 (経典にみえるパギラティ川か)が 西
1じこ接 して流れ、遺跡 は大規模 な城塞、出土資料に釈迦時代の土器な どが確実に存在す る
など、まさにカ ピラ城 にふ さわ しい遺跡 と言えることが明瞭 とな つたのである。
イン ドの週刊誌 FThe week』(2001 5 13)は 、カ ピラ城問題 を特集 し、テ ィラ ウラ コ
ットこそカ ピラ城 としての可能性 が高 い との論調 を掲げた。
Ⅲ
7世 紀の中頃、釈迦の生誕地ルンピユーを訪れた玄美は、アシ ョー カエのたてた石柱 が
あり、上に馬 の像があつたが後に落雷 のため柱は折れ 、倒れ てお り、また、付近には沐浴
する池がある、 と伝 えている。
19世紀の末、A・ フューラーは、釈迦 の故郷 の 日跡 を究明するため、ネパールの タライ
に至 り、多 くの知見をえたが、なかでも1896年にル ンピユー において発見 したアシ ョーカ
エの石柱は、以降における調査 と研究に とつて重要な役割を果たす ものであった。その石
柱には、 「
天愛喜見王 (アショーカ王)は 、灌頂20年に、自らここに来て崇敬 した。 ここで
仏陀釈迦牟尼が生誕 されたか らである。それで石柵 を設営せ しめ、石柱 を建立せ しめた。
に れは)こ こで世尊が生誕 された ことを (記念するためである)¨ J(塚 本啓祥訳)と 記 され
ていた。 この地が生誕地であることを証す る史料 となつたのである。
ルンビニーの発掘は、1898年に P・ C
ムカルジーによつて実施 された。彼は、石柱の
南と,Llこトレンチ (溝)を 掘 り、東 に隣接 して建つマヤデ ィビ堂の四周に鍬を入れ 、 さら
に沐浴池の調査 と全域の測量図を伯 戎した。 この報告は1899年に発掘 したテ ィラウラコ ッ
か ら出版 された。
として1901年にイ ン ド考古 局
卜の報告 と共 に一冊 の報告書
つた。マ
ビニ 全 域 の調査 と整備 を行
ルン
ラナは、
つて J B・
その後、1930年代 に入
の廃 レンガで 2つ
の
張 りな どを施 し、そ とき
レンガ化粧
の
浴地
、沐
ャデ ィビ堂の解体整備
現場 を見学 した仏教学
の作業中のある日 0933年12月)、
つたoこ
つ
く
を
の造形物
の円錐状
を している」 こと、
「
ネパール政府が調査 と修復
の
ピー
予算Jで
「
ル
10万
は
者 平等通1召
的模型」について、
「 の
つているJと 記 した。この 塔 想像
型を作
の想像的模
の塔
「
で古
廃上
パ Jに な つている、 と述
わ つて感銘す るス トツ
をま
が周囲
の巡ネ
し
者
「
く
D・ ミ トラが 多
べ た ことがある。
ルン ビニ
を うけて 「
ン ト (当時 国連事務総長)の 意
を
・
タ
ウ
れた
ニ
訪
ビ
1967年、ルン
「
ルンビニ 開 発委員会Jが 構成 され、
だ し、13カ国か らなる
き
が動
ト
ロジエク
」
プ
ー開発
とに準備がは じめ られた。
丹下健二の基本設計の も
手 した。 その結果、
のメンバ を 動員 して発掘に も着
一方、1977年か らネパール考古局
土器時代に遡
マヤデ イビ堂の基礎は北方黒色磨研
の
、
存在
の遺構
マ
ヤ期
リ
カ
石柱の北側に ウ
金製)、アシ ヨ
利壺 (高さ約 3 cmの
の
、舎
発掘
群
塔婆
奉献
は 、マ ウリ
る ことな どが知 られ、また、
つてル ン ビニ
が出上 した。 この発掘 によ
ど
の破片な
み
のたてが
石柱 に伴 う馬
ら力ヽこされた。
くの遺物 を出土す ることが明
多
じめ、
は
の上器を
て
ャ期か らグプタ期 にかけ
会は、マヤ堂修復計画 に
FTH発 トラス トの意 を承 けて (財)全 日本仏教
ニ
ビ
ルン
1992年、
上坂悟 (元立
の直下を発掘する ことにな り
そ
し
マ
を解体
ヤ堂
て
着手 し、その前提 とし
の中心部 の直下か ら70
マ
され た。発掘 によつて ヤ堂
に派遣
て現場
とし
当者
正大学証mが 担
0り
::tiL蝙
、
仄
lfl量
曇
12こ
靴
∬
」
メ
堪
里
軍 Xl)墜
され
を示す標識 と して埋置
た と考 え られ た。 そ
構
の時期 について上坂 は、l ■
の状 態 、伴 出
した。
土器 か らマ ウ リヤ期 と推定
た
中J こ そ 発掘 され
石柵J の 「
てい る 「
まれ
読
め
せ
じ
J
と
「
石柱 の刻文 に 石柵 を設営
の
発 掘は大 F t とな り、有 終 の美 を挙 げた
のル ン ピニ
(
財
教会
日本仏
)
全
つた
。
「
石J で あ
で ある。
日本 の仏教徒 と研究者 に
の発見か ら1 0 0 年目の1 9 9 5 年、
よる石柱
に
ツの学者
イ
1 8 9 6 年、 ド
ので ある。
印 石J が 発 見 され た
ょって 「
( ネ パール) を 世界遺 産 と して登録 した。
にル ンビニ
コ
ユ
ス
は
1
9
9
7
年
ネ
か く して、
り転載)
6/29 7/6 7/13よ
夕T ゆ 2 0 0 4 年
(『
東京新聞』 く
釈迦 関連遺跡 調 査 等年表
前 463年
ピラ ヴァス トゥに生まれ る
Iカ
前 383年
│ク
シーナガラにて入減 (中村元博士説)
7世 紀中頃
1玄
実、カピラ城伝承地を詣でる
1883年 12月
l僧
1895年 1月
北畠道龍
・山崎辮龍
l僧
ブ ッグガヤに詣てる
ブ ッグガヤ、サールナー ト、 クシーナガ ラ サヘー ト、
マヘー トと巡ネ
し
1896年
ミンデ ィにお いて 、A
lル
フュー ラーがアシ ョーカエの石柱 を発見、釈
迦生誕 の地が明 ら力│こなる。
1898年
lW C・
1899年
iV
ペ ッペ、 ピプ ラハ ワー遺跡を発掘
ス ミスの指導により、 P C
ムカルジー テ ィラウラコッ トを発
掘 城塞遺跡であることを確認
1902年 12月
l大
∼1903年 1月 lを
1915年 ∼1918年
l仏
谷光瑞、ノング″ヤ、ラジギールを調査 遺跡の現状を撮影 し略測図
作成
教学者 岡 教速 カピラ城跡を求めてタライに赴 き、諸説を検討 し
て 自説 を発表
1930年 代
1959年
ラナ、ル ン ピニー全域 の調査 と幽 府
都大学がブ ッグガヤで発掘
l京
1967年∼1977年
1967年
B
lJ・
l立
lク
正大学がカ ピラ城跡を求めてテ ィラクラコッ ト遺跡 を発掘
・タン ト (当時の国連事務総長)の 意をうけて 「
ルンピユー開発プ ロジ
ェク トJ動 き出す
ス リr/ァスタヴァ ピプ ラハ ワーの発掘に着手
1971年∼
lイ
ン ド考古局のK M
1986年 ∼
I関
西大学、サヘ ー ト ・マベ ー トの発掘 と研 究
1993∼2003年
1997年
●rl全 日本仏教会、ルンピに―の発掘 と調査、 「
印石Jを 発見
l〈
レレンピニー、世界遺産として登録
2001年∼5月 13日 lイ
ン ドの週刊誌 『
The Week』
、カピラ城問題を特集
四 大 仏 跡 とカ ピ ラ城
り、
L国)、悟 りの地ブ ッダガヤ (払陀lll』
釈迦 の四大仏跡 は、生誕の地ルンビニー (藍昆「
これ以外 にも、調
最初の説法の地サールナー ト (鹿野苑)、入滅の地クシーナガラである。
ヘー ト は 国精舎)な どが、
コ
査によ リマ ガタ国の首都 ラジギール (■舎城)、 ーサラ国のサ
ついては明瞭ではなか つ
明 らかにされ た。 しか し、釈迦出家の城 ―カ ピラ城 岬 羅城)に
た。
の
に
カ ピラ城 については、 5世 紀 法頭の 『高僧法顕伝』 7世 紀 玄実 『大唐西域記』
記述 がみ られ 、 ドイ ツ人 フェラー はサ
ー
ガル ハ ワー説 、 日本人高橋順 次郎 ・河 曰
慧海 はパ リガ ワ説 、イ ン ド人 ム クル ジー
はテ ィラウラ コ ッ ト説 を唱 えた。現地踏
‐
査 を踏 まえ、 このテ ィラウラ コ ッ ト カ
ピラ城 説 に注 目し、 この地 を発掘 したの
が立正大学 ネパール 考古学調 査団である。
ル ンピユー
ブッダガヤ
テ ィラウラ コツ トと四大仏仏跡
サ ー ルナ ー ト
クシーナガラ
(坂詰秀―
撮影)
ア シ ヨー カ ( 阿育 ) 王 の 石 柱
アシ ョー カエ ( 前2 7 2 ∼2 3 2 ) は 、マ ウ リア朝の第 3 代 工でイ ン ドを統 一 した人物であ り、
そ の政 治は武 力か ら法 ( ダルマ) へ といわれ る。王は 即位後 北イ ン ドの 要地や釈迦 の遺
跡 に石柱 を建立 した。 この石柱 がア シ ョー カエの石柱 と呼ばれ てい る。 これ よつて 、当時
認識 され ていた釈迦 の遺跡 が 明 らめ│ こな り、石柱 の所在 が釈迦関係 の遺跡 である ことの証
明に もな ってい る。
石柱 は、チ ュナ ール産 の黄灰 色砂岩の一 石で造 られた円柱 で 表 面は研磨 され てい る。
全部 で 、3 0 本ほ どが報告 され てい るが、現存す る ものは破 片 も含めて1 5 例であ り その 大
き さは、7 m と 1 3 m 前後 に三分 され る。 ル ン ビニーの石柱 は、銘 文か らア シ ョーカ王の巡礼
出来 の地 であ り、 ここが釈迦生誕 の場所 と確認 され た。
ニガリ サガール
ル ン ピニー
ゴー テ ィハ ヮ
(立正大学ネパール考昔学調査 団
撮影 )
テ ィ ラ ウ ラ コ ッ ト遺 跡
テ ィラウラコッ ト遺跡は、ネパール王国ルンビニー州 タウリハ ワーに位置す る。 当遺跡
は釈迦が太子 シッタルダとして青年時代を送 り、やがて出家を決意 したカピラ城比定遼跡
の一つである。調査は、立正大学ネパール考古学調査団 によつて、1967年より1977年にか
けて 8次 にわたつて実施 された。
調査の結果 遺跡は、東西約450m 南北約500mの南北に長軸をもつ長方形状を呈する城
塞遺跡である ことが確認 された。 また、周囲には レンガの塀 と溝をめぐらし、東西南北に
各 1∼ 2ヵ 所の門、城 中に 2つ の池、 8つ の建物跡 を有す ることが明 ら力ヽこされた。
検出 された遺構は、建物跡 井戸、埋葬遺構な どであ り、建物跡が多く検出された第Ⅶ
構は、①居住施設お よびこれに付随する施設、
号丘においては、総数27軒が検出 された。l●
②基壇状施設、③埋葬遺構、④井戸お よび貯水槽施設 の 4類 に分類 され る。さらに①類は、
そ の構成 され て い る形状 に よ り、
a)1室
に よ り構成 された建物 、
b)数 室 によ り構成 され
一部分
に非居住空間を有 して方形 を呈す
る建物 、c)数 室に よ り構成 され
直線状 に西己され た建物 、 d)数 室
が直線状 に配 され 、その主軸方向
の一 面 に前室及び前庭部 を伴 う建
物 、 e)居 住空間 としての機能 は
有 しているが、全容 が不明である
建物 、 の 5種 類 に細 分 で きる。
調査 され た遺跡 の時期は、先 マ
BC4
ウ リヤ朝期 マ ウ リヤ朝期 〈
∼ 2世紀)シ ュンガ朝期 〈
BC 2∼
1世 紀 建物 I期)、 クシヤー ナ 朝
期 (ADl∼ 3世 紀 建物Π IIl lV
期)頃にわたつてい る。
テ ィラ ウラ コ ッ ト実測 図
( 立正大学ネパール仏跡調査国 原口)
10
“ 磁 d d
鮨 ” ” ”
〔 ■ ■■□■
第Ⅶ号丘検出遺構配置図
”¨ ][ ﹂ [
精撃 磯 聯 陽 語
第 Π号丘遺構配置図
第Ⅶ号丘中央区域 (南方より,
第 Π号丘調査区全景 (東方より)
│」
テ ィ ラ ウ ラ コ ッ ト遺 跡 出 十 造 物
多 (.
‐ 1',:
H ',li l │'亡
: 1 1 , 1 1 1 1 i 1 ll , ヽ
'1 11て
11 ''41卜:II JIⅢ
11111 1 ,til
せ品 │ サ
1 ■` : 1 1 i : : ●
山 ' F I l t i : │ ‖ : │ 「「
│:HI■│,[ :
亡│ : 口
1 . ' ' ■ : │ . │ I L ザl Ⅲ ウL ` ' 1 ■│ │ │
ィ:
IL 1 11[ j口
1 l i LⅢ
■l l : , ■
11::[ It '1,
雷
黒 灰 色皿 形
婉 形土 器
黒 灰色 広 口壼 形 上器
赤色碗形土器
赤色鉢I1/土器
赤色 小 形土 器
赤色蓋形 土器
赤 色婉 形土需
' `│!
111t 11
赤色広口壼形土器
赤色広口壼形土器
赤色広 口壼形 曽彫 土器
赤色片口付婉形土器
赤色鍋形土器
赤色壼形土器
│11
一
赤色長1同買
ll
OoO■
“
'
・
cTメ
■‐ ●
00t00
0000●
‐ ‐ ●
石製蓋 容器
●
0●
0
0 0
―
C
6
● ● ●
e Cじ
こ
OeOc
000o
● O o0
+型 T蟹
ガラス製工類
し0 ●
● ‐ r
③●●螂
器 鶴 ●
● ● ゆ
︶●
じ0
炒鬱
③ O留
土製脚 調当板
<
r ヽ
■ 日●
0
′
t t t 嚇
ヽ ”
O r
《( │ ( 1 1
.(((1
(11気
螂
、
、 1
,.
OL
I
つ 畑
D00
毬 0翻
マウリヤ期
リ
妙O③
③⑬O
③③O
シュンガ期
貸 銭
16
一 . i 町一い 概
〓
一
一
・
t
ヽ 一 ‘
骨角製品 骨製品
③ 00
oO①
OO①
● ① ●
クシャーナ期
ル ン ビニ ー 遺 跡
ルンビニー遺跡は、ネ′`
―ル王国ルンビニー州ル ミンデ ィに位置 し 釈迦生誕の地 として知
られている.1896年 にA
フューラーがアショー カ王石柱を発見、その記載銘文によつて生誕の
地 と確認 され 以降 何回かの小発掘が実施 され、整備 されてきた。 0オ)全 日本仏教会は1993
年から2003年に力ヽすてルンビユーの整備のための発掘調査を実施 した。その結果 「
印石Jが 検
査には 0わ 全日本仏教会 より委嘱 さ
出され 1997年 には世界遺産 として登録 された 発lll調
れたり
あたつた。
陪 (立lE大
学大学坑修T ,こ立iE大ウ ト
常Il littDが
旧マヤ堂 (調査詢
マヤ堂跡 蹴
況 哺 より)
旧マヤ堂 0餞 踪郵ω
マヤ堂跡 調査状況 (南
西より)
((lll全 日本仏教会 提供)
17
「
印石」出土状況 (1)
く
.
・
一
ヽ
「
印石」出土状況 (2,
●財1全 日本4L教会 '諄
'
0
―
5
1価
―
「印石J存 在状態
((財)奎 日本仏教会
提供)
テ ィラ ウラ コ ッ ト遺跡調査 の経過
1966年
12月 18日
1967年
10月 19日
1967年
10月 20日
1 1 月2 0 日
1968年
2月 25曰
5月 5曰
6月
テ ィラクラコ ッ ト、
予備調査実施
ネパ ール 政府 との共
同調査契約が締結
第 1次 調査開始
現地調査開始
現地調査終了
第 1次 調査終了
ネパール秘宝展開催
1 2 月2 5 曰
1 2 月3 0 曰
1974年
11月 13日
1 1 月2 6 日
1975年
2月 20日
2月 24曰
1976年
11月 30日
1 2 月1 0 日
1 2 月3 0 日
( 6 月 2 9 日∼ 7 月 1 7 日
於東京 力ヽ
日急百貨店)
『ネパール王国チラ
クラコ ッ ト遺跡―第
1次調査の記録一』
(1967 10-.68
9月 12日
11月 1日
1969年
1970年
31日
1月
2月 11日
12月 13日
1 2 月2 8 日
2月 20日
5月 20日
1 1 月6 日
1 1 月2 7 日
3月 10日
3月 20日
1 0 月5 日
11月
を発行
第 2次 調査 開始
現地調査 開始
第 Ⅶ 号 丘西側 部分 を
中心 に調査
魂地調 査終了
第 2次 調 査終了
第 3次 調 査開始
1978年
4曰
3月
3月 6日
現地調査開始
第 Ⅶ Ⅱ号丘 を中.い
2月
20日
3月 12日
3月 19日
1 0 月1 4 曰
1973年
1月 5日
12月 8日
1 2 月2 3 日
第 Ⅷ ・Ⅱ号丘 の発掘
終了
現 地調査終 了
第 4次 調査終 了
補 足調査 開始
祇園精舎 、デー ヴァ
グハ城 の仏跡 を踏 査
補足調査終 了
第 5次 調査開始
現地調査 開始
第 Π号 丘 の補 足調 査
開始
魂地調査終 了
第 7次 調査終了
第 8次 調査開始
見地調査開始
遺跡 北地 区及 び現地
周辺 を中心 に調 査
魂地調査終 了
第 8次 調査終 了
『ティラクラコ ッ ト』
徊 版編)を発行
m kOT―発
『TILШ
掘の記録』
現地調査開始
第 Ⅶ 号 丘西側 部分 を
現地調査終了
第 3次 調 査終了
第 4次 調査開始
現地調 査開始
現地調査終 了
第 6次 調査終 了
第 7次 調 査開
現地調査開始 '台
“立正大学ネ パ ー ル
考古学調査報告第 肛"
3月
1980年
1995年
1月 27日
2月 24曰
6月
3月
に調査
1972年
15日
1977年
2)
中心 に調 査
シュ ンガ 、 クシャー
ナ 王 朝期 の コパ ー
コイ ン2253枚出土
1971年
1977年
現地調 査終 了
第 5次 調査終 了
第 6次 調査開始
7月
1978)を発行
l1068∼
補足調査開始
補足調査終了
f釈迦 の官殿 カ ピフ
城 を探 る一 テ ィラウ
ラ コ ッ ト発掘30年の
回顧― 展J開 催
“立正大学ネパール
考古学調査報告第 1"
『ティラウラコット』
(本文編)を 発行
中村瑞隆 『釈迦 の故
城 を探 る一推定カ ピ
ラ城跡の発海』を発行
(『
ティラウラコット』 1よ り)
記念講演会
日 :H月 13日 (土)
場 :立 正大学熊谷校舎l号館 H07教 室
間 :13:30∼ 15:00
題
「
釈迦の遺跡 を掘 る
くカピラヴァス トゥとル ンピユー >J
坂諸 秀一
(立正大学博物館館長 ・元立正大学学長)
期
会
時
演
第 2回 特別展 釈迦の故郷
立正大学博物館
編集 発行
発 行 日 2004年 10月25日
〒3600194
埼玉 県熊 谷市万 吉 1700
TBL:048-536-6150 F4X:048-536-6170
E llAIL:mtlsemOris ac jp
株式会社
東プリ
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
8
File Size
2 971 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content