close

Enter

Log in using OpenID

第4章 中毒環境因子編(PDF形式:2.33MB)

embedDownload
第4章
中毒環境因子編
目的 ●疑うことが大事です
中毒総論
中
160
中毒各論
中
163
自
自然現象・環境因子によるもの
164
第❹章 中毒環境因子編
中毒総論
診断がついたら⇒救急科
CALL
※入院が必要な急性中毒患者が来院する場合には、早期に(救急隊から
の情報の時点でも)オンコール医師を呼び出してください
中毒総論
診察のポイント
飲んだもの・食べたものの内容と量を確認する
家族、救急隊に何をどれくらい飲んだのか確認
飲んだと思われる空の PTP、瓶は必ず持ってきてもらう
検査のポイント
可能な範囲で 定性・定量 の検査をする
■定性検査
●薬物中毒検出用キット『トライエージ』
○患者尿数 ml で検査します
○各項目には偽陽性があり
例;AMP・・・ 風邪薬など
☆測定項目
PCP フェンシクリジン類 COC コカイン系麻薬
AMP 覚せい剤 THC 大麻
研修医マニュアル
O P I モルヒネ系麻薬 B A R バルビツール酸類
BZO ベンゾジアゼピン系 TCA 三環系抗うつ薬
●尿中パラコート
■定量検査
●コリンエステラーゼ
160
わからない時は 中毒情報センター へ問い合わせる
電話番号は毎年更新されます
○看護師事務机右端に、大阪・つくばの中毒情報センターの
電話番号あります
治療のポイント
中毒総論
○救命救急センター、医師控え室の院外インターネット用
PC 内「お気に入り」に中毒情報センターを登録していて、
薬剤の詳細中毒情報の検索が可能です
第❹章 中毒環境因子編
診断のポイント
速やかに治療を開始する
成人用薬用炭(活性炭)50g +ソルビトール 125ml(1 本)+
水道水 125ml の投与
○救命救急センター内に在庫あります
○処方は「投薬」タブ→「チュウドク」もしくは「ヤクヨウスミ」と検索語入力
○『(中毒 )薬用炭セット= 』が立ち上がり、上記の量も自動入力
される
★日本中毒学会『急性中毒の標準治療』活性炭と胃洗浄の比較「活
性炭投与は適応があれば可能な限り早期に投与すべき」胃洗浄
の適応がなければ、速やかに投与することを推奨しています
胃洗浄
適応 ①毒物を経口的に摂取して、
②大量服毒の疑いがあるか、毒性の高い物質であり、
③胃内に多く残留していると推定できる理由(服用 1 時間
以内、腸管運動抑制する毒薬物など)がある
左側臥位 +head down でお湯を使用
チュウブ抜去前に活性炭投与
禁忌 ①酸 ・ アルカリ ②灯油・ガソリン
③意識障害・痙攣
無効 ①酸 ・ アルカリ ②灯油 ・ ガソリン
③アルコール
④重金属 - 鉄・銅・鉛・水銀など
研修医マニュアル
救急室の胃洗浄キットを使用
最後は本で治療方法を調べる
161
分類
薬理学的拮抗作用
第❹章 中毒環境因子編
当院解毒薬一覧
一般名
採用薬品名
(非採用薬品名)
経路
規格
対象中毒
硫酸アトロピン
アトロピン硫酸塩
0.5mg「タナベ」
注射
0.5mg/mL
有機リン系殺虫剤
カーバメート系殺虫剤
サリン
化学的拮抗作用
中毒総論
ネオスチグミン
ワゴスチグミン注0.5mg
注射
0.5mg/mL
抗コリン剤
ロイコボリンCa
ロイコボリン注 3mg
注射
3mg/mL
メトトレキサート
ビタミン K1、K2
ケイツーN注10mg
注射
10mg/2mL
ワルファリン
ビタミン B6
ピドキサール注10mg
注射
10mg/mL
イソニアジド、銀杏
グルコン酸 Ca
カルチコール注射液
注射
8.5% 5mL
10mL
フッ化物、シュウ酸
シアン、ヒ素
チオ硫酸 Na
デトキソール静注液
注射
2g/20mL
ヒドロキソコバラミン
シアノキット注射用セット
注射
5g
シアン
硫酸プロタミン
ノボ硫酸プロタミン
注射
100mg/10mL
ヘパリン
チオプロニン
チオラ錠
経口
100mg
水銀
筋注
100mg/mL
ヒ素、水銀、銅、鉛、
金、ビスマス、
クロム、アンチモン
鉛、カドミウム
ジメルカプロール
バル注
エデト酸Ca・二Na
ブライアン注
注射
1g/5mL
D - ペニシラミン
メタルカプターゼカプセル
経口
100mg
鉛、水銀、銅
スガマデクス Na
ブリディオン静注
注射
200mg
エスラックス
メシル酸
デフェロキサミン
デスフェラール注
注射
500mg/ V
鉄
乾燥まむしウマ抗毒素
乾燥まむしウマ抗毒素
注射
6000 単位
まむし毒
注射
6000 単位
はぶ毒
乾燥はぶウマ抗毒素 (乾燥はぶウマ抗毒素)
受容体拮抗作用
代謝・排泄
促進作用
その他
研修医マニュアル
塩酸ナロキソン
ナロキソン塩酸塩静注
注射
0.2mg/1mL
麻薬、非麻薬
フルマゼニル
フルマゼニル注射液
注射
0.5mg/
5mL
ベンゾジアゼピン系
酒石酸レバロル
ファン
(ロルファン注)
注射
1mg
麻薬
ヨウ化
プラリドキシム
パム注
注射
500mg/
20mL
有機リン系殺虫剤
サリン
亜硝酸アミル
亜硝酸アミル
吸入
0.25mL/
A
シアン、硫化水素
注射
3% 10mL
シアン、硫化水素
経口
17. 6 % 20mL
アセトアミノフェン
全般
亜硝酸 Na
《院内製剤》
N- アセチル
システイン
アセチル
システイン内用液
L- メチオニン
(L- メチオニン注)
注射
100gm/A
グルタチオン
(タチオン注)
注射
100mg/A
全般
メチレンブルー
1%
メチレンブルー
注射
1%10mL
亜硝酸化合物
メトヘモグロビン血症
経口
50mg
被ばく対策
注射
10mg/
2mL
まむし毒
レボフロキサシン
クラビット
ヨウ化カリウム
ヨウ化カリウム丸
セファランチン
162
セファランチン
炭疽菌対策
○タバコ誤飲
・誤飲してから 4 時間経過観察して異常がなければ問題ない
⇒ 帰宅
第❹章 中毒環境因子編
中毒各論
・明らかに 2cm 以上飲み込んだ時や、
CALL
○急性アルコール中毒
アルコール血中濃度簡易計算式
中毒各論
ニコチンの溶け出した液を飲んだ時 ⇒ 小児科
予想浸透圧 =2 × Na+ 血糖 /18+BUN/2.8
予想血中アルコール濃度 =(実測浸透圧 - 予想浸透圧)× 4.6
アルコール血中濃度と臨床症状
臨床症状
血中濃度
mg/dL
精神
身体
50 ∼ 100
気分高揚
協調運動障害
100 ∼ 200
品行変化
運動失調
200 ∼ 300
傾眠
嘔吐
300 ∼ 400
昏睡
反射消失
低体温 血圧低下
400<
呼吸抑制 心肺停止
研修医マニュアル
163
第❹章 中毒環境因子編
自然現象・環境因子によるもの
1、熱中症
定義 暑熱環境により生じる熱性生体障害
分類
自然現象・環境因子によるもの
新分類
病
態
Ⅰ度
脱水による
循環血液量
減少
塩分喪失性
脱水
Ⅱ度
Ⅲ度
高度脱水
循環障害
体温調節
機能の
破綻
体温上昇
±
+
+++
発
汗
+
+
-
症
状
軽度意識
障害
*
起立性
低血圧と同様
低Na血症
低K血症痙攣
重 症 度
軽症
中等症
重症
治
外来
入院治療
集中
治療
熱疲労
Heat
exhaustion
熱射病
Heat
stroke
療
旧 分 類
熱失神
Heat
syncope
熱痙攣
Heat
cramp
*一症状でも該当あれば診断確定
1)中枢神経症状 意識障害、小脳症状、痙攣発作
2)肝・腎機能障害 GOT,GPT,BUN,C rの上昇
3)血液凝固異常 DIC の診断
治療
研修医マニュアル
可及的速やかに短時間で体温を下げる
・冷却輸液点滴…冷蔵庫にソルアセト 1L 冷やしてあります
・体表冷却 ⇒ 霧吹きで微温湯噴射 + 風による蒸泄
…霧吹き、うちわあります
入院適応 ⇒ 救急科
164
CALL
診断
火災・練炭自殺など受傷機転で疑わしければ
⇒ 血液ガス分析で確認 COHb ≧ 10%で確定
なんと言っても
①酸素投与 ・・・ リザーバー 10 L
②心電図 - 心筋虚血をモニター
∼高圧酸素療法の適応∼
COHb にかかわらず高圧酸素療法は実施したほうがよい
➡
①軽症 仙石病院
②重症 東北大学救命救急センター
⇒ 救急科
CALL
自然現象・環境因子によるもの
治療
第❹章 中毒環境因子編
2、一酸化炭素中毒
研修医マニュアル
165
第❹章 中毒環境因子編
3、つぶ貝中毒
エゾバイ科エゾボラ属の巻貝の通称である
つぶ貝を食べて「複視・酔ったような感じ」で受診します。
2013
2014
2015
3
中毒総論
2
1
0
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月 10月 11月 12月
キーワード
「自分で調理したつぶ貝」を食べた
?
原因
唾液腺に含まれるテトラミンという神経毒
唾液腺を取り除かないで食べることにより発症
研修医マニュアル
166
治療
対症療法 数時間の経過観察
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
2 390 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content