close

Enter

Log in using OpenID

プレスリリース全文(PDF/471KB)

embedDownload
プレスリリース
2015 年 3 月 13 日
報道関係者各位
慶應義塾大学
慶應義塾図書館「アインシュタイン文書」を展示公開(3/25∼5/23)
企画展示「アインシュタインの見た日本 ∼三宅速との絆を通して∼」
∼3 月 24 日(火)に報道関係者向け内覧会を実施∼
2014 年 1 月、慶應義塾図書館は、理論物理学者として多大な功績を残したノーベル賞受賞者
アルベルト・アインシュタイン博士の直筆草稿等の寄贈を受けました。この度、これらの資料を
3 月 25 日(水)∼5 月 23 日(土)の日程で展示公開します。2014 年 3 月に報道関係者向けの
発表会を行いましたが、一般の方向けは今回が初めてとなります。
今回の展示では、来日の船に偶然乗り合わせ、以降長く交誼を結んだ医師で九州帝国大学教授
の三宅速(みやけ はやり)氏との交流を物語る直筆の草稿(新たに手がけた翻訳も付与)や書
簡を中心に、図書館が所蔵するアインシュタイン来日に関連する資料も展示します。
つきましては、イベント欄への掲載のほどよろしくお願い申し上げます。
1.開催概要
(1)日程 2015 年 3 月 25 日(水)∼5 月 23 日(土)
平日:9:00∼18:20 土曜:9:00∼16:50(閉室日 日曜・祝日)
(2)場所 慶應義塾大学 三田キャンパス 図書館新館1階展示室(港区三田 2-15-45)
※一般の方(中学生以上)も見学可能です(入場無料)
(3)主な展示資料
・アインシュタイン自筆草稿「私の日本旅行雑感」
・アインシュタインと三宅速の署名入り写真
・アインシュタイン自筆の礼状(書簡・三宅速宛)
・アインシュタイン自筆の寄せ書き(絵葉書・三宅速宛)
・三宅速夫妻の墓碑銘原稿(タイプ・アインシュタイン作成)
3 月 24 日(火)、報道関係者向けの内覧会を実施します。展示会場が図書館内のため、開催期
間中にご取材・撮影の希望をお受けすることは難しく、今回、内覧の機会を設けさせていただき
ました。この機会に、ご取材をよろしくお願い申し上げます。
2.報道関係者向け内覧会
(1)日時
3 月 24 日(火)14:00∼15:30
(2)場所 慶應義塾大学 三田キャンパス
図書館新館 1 階展示室
※上記時間内であれば、ご自由にご覧いただけます。
※当日、田村俊作慶應義塾図書館長、資料の翻訳を担当いたしました斎藤太郎慶應義塾大学
文学部教授が会場におります。ご取材を希望される際は、広報室までご連絡ください。
※ご出席の場合、別紙にて事前にお申し込みをお願いします。
※会場受付にてお名刺をお渡しください。
1/2
アインシュタイン博士と三宅 速氏の交流
アインシュタイン博士は、その生涯において一度、日本を訪問しています。1922 年(大正 11
年)11 月 17 日∼12 月 28 日の間、一般向けの講演を中心に、日本人科学者との会見、名所旧跡
の見物など、精力的に国内をめぐりました。この訪日は総合雑誌『改造』の版元である改造社の
招きに応じて実現したもので、既に理論物理学者として高名であった博士は、各地で熱狂的な歓
待を受けました。これに先立つ 10 月、博士とエルザ夫人は日本に向けて仏マルセイユを船で発
ちます。その途上、体調を崩した博士を治療したのが偶然乗り合わせた日本人医師の三宅速氏で
した。ドイツへの医学留学の経験があり、語学にも堪能な三宅氏の診察により、博士の容態はほ
どなくして快方に向かいました。このことをきっかけに友誼を結んだ二人は、生涯にわたる交流
を持つこととなりました。
アインシュタイン博士と慶應義塾
1922 年(大正 11 年)11 月 17 日に神戸に上陸したアインシュタイン博士は、早くもその 2 日
後の 11 月 19 日、日本における最初の講演会に臨みます。この記念すべき初講演は、慶應義塾大
学において行われました。会場となった三田キャンパスの大講堂(通称:大ホール)は、2,000
名を超える聴衆で埋め尽くされ、あいだに 1 時間の休憩を挟みながら、講演自体は 5 時間に及ぶ
長大なものとなりました。
比企寿美子(ひき すみこ)氏と慶應義塾
エッセイスト、ノンフィクションライターとして活躍する比企寿美子氏は、これまで慶應義塾
大学の聴講生として学んだほか、著述に際しては本学図書館での資料調査にあたるなどしてこら
れました。この経験を通じ、慶應義塾図書館の蔵書や貴重資料の管理について、その姿勢と技術
を高く評価していただきました。
また、夫君の比企能樹氏は慶應義塾評議員ならびに、同窓会組織・三田会を包括する「慶應連
合三田会」会長を務め、長年にわたり本学の発展に貢献してこられた塾員(卒業生)です。その
ご縁もあり、寄贈が実現しました。
寄贈された資料は、博士の来日の船に偶然乗り合わせ、以降長く交誼を結んだ医師で九州帝国
大学教授の三宅速氏が受け取り、保管していたものです。日本到着後、講演のため国内をめぐっ
た博士がその印象を記した「私の日本旅行雑感」の草稿や書簡など、およそ二十点に上ります。
博士の生誕 135 周年にあたる昨年、三宅氏のご令孫である比企寿美子氏のご厚意により本学へ寄
贈され、慶應義塾図書館に収められました。
本リリースは文部科学記者会、新聞・通信各社 社会部、教育部、文化部等へ送信させていただ
いております。
本発表資料のお問合せ先 慶應義塾広報室(兒玉)
TEL 03-5427-1541 FAX 03-5441-7640
Email [email protected] http://www.keio.ac.jp/
2/2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
471 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content