close

Enter

Log in using OpenID

① 電話自動受付システム(Eメール連携 IVR システム)

embedDownload
① 電話自動受付システム(Eメール連携 IVR システム)
電話取次ぎ業務を大幅に軽減
メッセージ録音とメッセージ通知によりお客様へのサービス向上が図れます。
導入メリット
● ダイレクトに電話一次受付をしますので電話取次ぎを大幅に軽減します。
● 業務時間外でも自動受付およびメッセージ録音ができますので24時間営業を実現できます。
● 携帯電話、モバイルPC、PDAへメッセージ録音ファイルをメール転送できますので素早いお客様
対応が可能です。
システムイメージ図
1 お客様は音声ガイダンスにより、担当営業を呼び出すかカタログ等FAX情報を取り出すかを選択します。
FAX情報の選択であればお客様のFAXへ自動送信します。
2 担当営業不在および通話中の場合は、メッセージを録音します。またお急ぎの場合は連絡先の電話番号を入力します。
3 InnoVoiceはメッセージをメールに添付して担当営業に送ります。担当営業は出社時にパソコンでメッセージを聞きます。
担当営業が携帯電話を持ち歩いている場合、外出する時にPCにて携帯電話に転送するよう設定します。
4 InnoVoiceはメッセージを預かり、携帯電話にメール発信して外出中の担当営業へメッセージが入ったことを知らせます。
急用の連絡であればワンクリックで相手に発信できます。
5 担当営業は携帯電話からInnoVoiceへアクセスし、自分宛のメッセージを再生して聞くことができます。
※ PBX/ボタン電話設備がない場合でもNTTボイスワープの応答後転送(加入電話のみ)でも実現できます。
【システム応用例】 (外線転送への対応)
1 お客様はInnoVoiceへ電話をします。
2 InnoVoiceは、予め設定された電話番号に転送します。
3 転送先とお客様は会話することができます。
4 転送できない時は、メッセージを録音します。
InnoVoiceはメッセージを預かり、携帯電話にメール発信
して外出中の担当営業へメッセージが入ったことを知らせ
ます。
※ PBX/ボタン電話設備がない場合でもNTTボイスワープの応答後
転送(加入電話のみ)でも実現できます。
システム構成例
InnoVoice
InnoVoice(アナログ 2 回線)
ソフトウェア
Windows 2000 Server / Access 2002
ハードウェア
PC サーバー / USB オーディオインターフェースボード / ヘッドセット
その他
システム導入費(PC サーバー構築作業)/ 現地設置費 / InnoVoice 年間保守費
※
※
※
※
※
※
※ PCI バス 3.3V 用、2 回線音声 FAX 応答カードが含まれております。
※Access 2000 の選択も可能です。
マルチプロセッサ構成のPCサーバーには対応しておりません。
PCサーバーには、3.3VのPCIバスが搭載されている必要があります。
オプションのアナログ2回線音声FAX応答カードにより回線追加ができます。
InnoVoiceの最大回線数は、8回線です。9回線以上のシステム構築をご希望の方は、下記までお問合わせください。
お客様のご要望によりカスタマイズ作業を承ります。
当システムは、必要回線数分のアナログ内線がPBXに収容されていることが必要です。また、事前にPBX調査(メーカ名、機種名、
信号スペック等)が必要です。
株式会社インターコムでは、実際に以下の電話番号で電話一次受付システムを運用中です。お気軽にアクセスして下さい。
電話一次受付システム番号 03 (3839) 6742
interCOM、InnoVoice は、(株)インターコムの登録商標です。
Microsoft、Access、Windows、および Windows NT は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
Pentium は、インテルコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
その他、各製品の名称は、各メーカーの(登録)商標です。
お問合せ先
企業情報システム事業部
〒110-8654
東京都台東区台東1-3-5 反町ビル
電話
03 (3839) 6791
Fax 03 (3839) 6233
URL
http://www.intercom.co.jp/inno/
2004.11
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
318 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content