close

Enter

Log in using OpenID

「家族っていいな。」「呉で輝く若者たち」 [PDFファイル/8.8MB]

embedDownload
バンザイ そこに息づく呉の魅力
わがまち
mにも満
その本土側に あ る の が 、 県 内
有数のツツジの 名 所 「 音 戸 の 瀬
して加わりまし た 。
語り継がれるツツジの名所
音戸の瀬戸
と本土の間が
たない海峡「音戸の瀬戸」。
ロッジは、リーズナブルな価
格と絶好のロケーションもあっ
て、修学旅行や合宿などによく
宿 泊 客 と な っ た の が、 安
ッ ジ 閉 館 の 前 日、 最 後 の
利用されていました。
ロ
公園内にはお よ そ 八 千 三 百 本
も の ツ ツ ジ が 植 え ら れ て お り、
書道学科)の合宿でした。
道文化専攻(現・同大学文学部
戸公園」です。
4月中旬からゴ ー ル デ ン ウ イ ー
田女子大学文学部日本文学科書
瀬戸の急流を行き交う大小さ
まざまな船を間近に見ることが
クにかけて満開 を 迎 え 、 市 内 外
公
園内の民間温浴施設があ
協力をしました。すでに結婚し
プを張るなどしてできる限りの
に釘を打って作品を掛けるロー
年
月までの
の翌年から平成
年間、「国民宿舎音戸ロッジ」
がありました。
族で訪れ、合宿した当時のこと
公園があれば、いつかここを家
越した人もいるでしょう。
でも、
ざい ぜん
このツツジの美しい音戸の瀬戸
閉館するまで の 年 間 を 音 戸
ロ ッ ジ と と も に 過 ご し、 最 後
でしょうか」と少し目を潤ませ
あきら
の支配人を務めた財前 明 さん
を思い出してくれるのではない
の様子を「八千 本 の ツ ツ ジ が 咲
ながら話してくれました。
お 客 さ ま が 多 い 時 期 で し た ね。
トから眺めるツ ツ ジ は 最 高 。 市
に子や孫たちにこれからも語り
雅 やかなツツジと音戸の瀬
戸の風景は、旅の思い出ととも
特にボンネット バ ス の 高 い シ ー
民 の 財 産 だ と 思 い ま す。」 と 古
継がれていくことでしょう。
の 人 か ら『 楽 し そ う じ ゃ ね 』 って
回覧板を持って き て く れ る 近 所
れる家が理想で し た 。 と き ど き
迷惑にならない 、 み ん な が 集 ま
ーなどでワイワ イ や っ て も 近 所
この家につい て 二 人 は 「 た く
さん友達が呼べ て 、 バ ー ベ キ ュ
です。
をするよりずっと前からのこと
でも、中川家にたくさんの仲
間が集まるのは、この家で生活
に、すぐに気がつきました。
それを実現したんだということ
た際、自分たちのマイホームで
と話していたので、今回訪問し
した。その後、そのときのメン
また会おうね」と言って別れま
と「出産を終えて落ち着いたら
ころ、保健所が主催のプレママ
サークルをつくった当時のこ
とをゆかりさんは「妊婦だった
めていきます。
巻
巻
文化財・建物・橋・海軍遺構編
イベント・祭り・風習編
自然・景観・動植物編
巻
呉の魅力・お宝 選 販売中
第
第
第
【販売】企画課 本
( 庁 4 階 、) 各 市 民
立ち上げます。さらに市が募集
ともに地域で子育てサークルを
ゆかりさんは、長男・翔太く
んの誕生をきっかけに、仲間と
一方、夫の憲司さんは、呉に
子育て広場ができた十数年前ご
振り返ります。
感し合えたいい時間でした」と
い年。育児についていろいろ共
ーズ」
。子どもたちはみんな同
が、子育てサークル「スマイリ
て電話して集まってつくったの
バーに順番に「生まれた?」っ
練習を見に来てくれたり、一緒
もらったり、習っている柔道の
今でも親交があるそうです。翔
ランティアさんでした。
長い間、
はいつも豊丸聰子さんというボ
あり、その時の翔太くんの担当
や編集会議があるたびに託児が
ていたことで、ワークショップ
センター、大和ミュージアム
した子育て応援サイト制作ワー
ろでは珍しかったイクメンパパ
【料金】各千円
クショップ(後の「くれパステ
スクールで出会ったママ友たち
言われるんですよ」と話します。
タ ー を つ く っ て も ら え る な ら、
ル」
) の 初 期 メ ン バ ー と し て、
に撮った写真を持ってきてくれ
そう話すのは、神 山 で暮らす
なかがわ た
中川 翔 太くん( 歳)。
けん じ
父・憲司さん( 歳)と、母・
ゆかりさん( 歳)は縁側や畑
その当時からゆかりさんは
「もしも焼山に子育て支援セン
いるみたい」と、うれしそうに
太くんは「小学校の入学祝いを
専属で面倒を見てもらったので
とよまるとし こ
畑がある古民家 が い い な 。 垣 根
です。家族ぐるみのサークル活
たり、もう一人おばあちゃんが
り合いです。
も門もない広々 と し た と こ ろ で
同じ乳幼児を持つ親子が楽しく
動を始めたころの様子について
じんやま
があり、山や谷を見渡せるこの
縁側に親子が集 ま り 、 み ん な で
過ごせる場づくりへの関心を高
「 家 族 で 関 わ っ て い た こ と で、
ークルのお祭り『チャイルドフ
ても仲良くなれました。市内サ
メンバーのお父さんたちともと
れながら、すくすくと成長して
中川家の子どもたちは、たく
さんの仲間や大人たちに支えら
話してくれました。
くれ』では、
子どもたちと遊んだりしまし
少なかったけれど、声を掛ける
まりでパパたちが活躍する場は
さんの出来事が待つ季節。
春は、新しい仲間との出会い
や昔の仲間との再会など、たく
た。当時呉では子育て世代の集
と意外にみんなノリノリで参加
また、くれパステルに参加し
す」と振り返ります。
しく思えました。
住まい。私にはとてもうらやま
してくれました。いい思い出で
仲間といろいろなイベントを
企画したくなるような夢のある
います。
人のパ
ェスタ
5
パが戦隊もののコスチュームで
in
しょう
場所が気に入り、古い民家を買
畑を耕せるような場所がいい」
みんなが集まる家がいい
周りの大人や仲間たちに感謝
90
い取り、増改築したそうです。
筆者とゆかり さ ん は 、 子 育 て
支援センターが 市 役 所 の そ ば に
▲電子書籍ではタップすると
動画を再生します
「 僕 の 家 は、 日 当 た り が 良 く
て暖かいんだ。友達がたくさん
に話します。
い新聞記事を広 げ 、 う れ し そ う
みやび
き 誇 る 春 が 一 年 で 最 も 美 し く、
(
歳・ 広 白 岳 ) は 、 春 の 公 園
て子どもがいる人、遠くに引っ
る 場 所 に、 音 戸 大 橋 開 通
から大勢の見物 客 が 訪 れ ま す 。
年に開通し
できるほか、昭和
た 真 っ 赤 な ル ー プ 橋「 音 戸 大
橋 」、 日 本 一 短 い 航 路 と し て 知
られる「音戸渡船」など長く地
域に愛され親しまれてきたスポ
ットです。
また、平成 年には北側に第
二音戸大橋が開通し、一つの海
峡に二つの赤い橋が架かる全国
でも珍しい景観が新たな魅力と
8
あったころから の 十 数 年 来 の 知
家族って
いいな。
19
23
遊びに来ても大丈夫」
これが最後だと思い、部屋の柱
「学生たちはみんないい子ば
かりでした。私たちスタッフも
平安時代末期に平清盛が切り
開いたと伝えられています。
島
100
36
37
30
市政だより 平成28年5月号
この春中学生になった翔太くん
市政だより 平成28年5月号
31
1
2
3
45
67
25
12
40
うちに
きんさい
結成したばかりのころの子育てサークル「スマイリーズ」
(左から 2 番目がゆかりさんと翔太くん)
安田女子大学の学生が最後の合宿を記念して
寄せ書きを贈ってくれた
左から、ゆかりさん、翔太くん、
次男・陽太くん、憲司さん
呉で輝く若者たち
さん(25 歳)
小迫 元気
資金を旅費に充て東北に向かい
ました。
新幹線とレンタカーを乗り継
ぎ、 時間以上かけてたどり着
いたのは岩手県の大槌町。
しに、いつもの 人 懐 っ こ い 笑 顔
「今年はマエケンがおらんけ
ど、CS行けま す か ね 」 と 鏡 越
してやっていけるのか」と自問
ッ プ に 悩 み、
「本当に理容師と
したいこととできることのギャ
6年前のこと。当初は、自分が
を向かず、必ず乗り越えられる
た。くじけそうになっても、下
る人たちがいることを知りまし
食いしばって笑顔で頑張ってい
を絶する過酷な環境の中、歯を
よ う に な っ た 小 迫 さ ん。
「想像
被災者のケアをする小迫さんたち
(平成 年5月 岩手県大槌町)
町の体育館では、避難してい
る被災者の髪の手入れや顔そり
を 行 い ま し た。
「被災者の皆さ
んからは『気持ち良かった。あ
りがとう』と感謝の言葉を掛け
ていただいたり『せめてものお
礼に』と支援物資のパンを分け
ていただいたりして、理容師と
して被災者の役に立ててうれし
かった」
と当時を振り返ります。
で話しかけてく る の は 理 容 師 の
自答する毎日。仕事の後は下を
と信じて技を磨いていきたい」
呉 に 戻 っ て か ら は、
「人生に
当たり前なんてない」と考える
小迫元気さんで す 。
向いて帰宅する悶々とした日々
と語ります。
を切ってくれた 理 容 師 の お 兄 さ
になったそうで す 。 そ の と き 髪
久保田勝治さんの提案に、小迫
ことをしよう」
。理容室の代表
「被災地で苦しんでいる人を
助けるため、自分たちにできる
いつもゲンさんに髪を切って
もらっている子どもたちの目に
溢れていました。
たい」と話す表情は自信に満ち
そんなとき起こったのが、5
年前の東日本大震災。
を過ごしていたそうです。
始めたのは中学 生 の と き 。 ず っ
と丸刈りだった 反 動 か 、 人 一 倍
んのかっこよさ に 「 い つ か 自 分
さんたちスタッフも皆同じ気持
は、きっと「あの頃のかっこい
「もっと修行して呉の子ども
たちに憧れられる理容師になり
も同じようにな り た い 」 と 憧 れ
ちでした。
ヘアスタイルに 関 心 を 持 つ よ う
を抱くようにな り ま し た 。
て見えていることでしょう。
いお兄さん」と同じように輝い
その年の5月、理容室を1週
間休業し、社員旅行の積み立て
32
市政だより 平成28年5月号
編 集・ 発 行 呉市役所 秘書広報課 〒737-8501 広島県呉市中央4丁目1番6号 電話(0823)25-3236
FREE APP
無料
10
野球少年だっ た と い う 小 迫 さ
んが理容師とい う 職 業 を 意 識 し
23
理容師になる と い う 夢 を か な
え、今の仲間と 働 き 始 め た の は
スマホで読める! 市政だより くれ デジタルブック配信開始!
〇スマホ、タブレットで読める 〇動画も楽しめる
〇6言語で読める【日・英・中(簡体)
・中(繁体)
・韓・タイ語】
〇文字サイズを調整できる 〇音声読み上げもできる
▲このアイコンが目印
※多言語閲覧には、アプリのインストールが必要です。PC ブラウザ版は多言語には対応しておりません。
■ 再生紙を使用しています
During a digital book delivery
中文简体字电子送信中
中文繁體字電子送信中
한국어전자전송중
ในระหว่างการ จัดส่ง หนังสือดิจิตอล
見やすく読みまちがえにく
いユニバーサルデザイン
フォントを採用しています
き
げん
さこ
こ
プロフィール
理容師。理容室の先輩からは “ ゲン ” の愛
称で親しまれる。大のカープファンで常連
客とはいつも野球談義に花が咲く。7カ月
の男の子のパパで、妻と3人広で暮らす。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
9 009 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content