close

Enter

Log in using OpenID

カジノ法案について考える

embedDownload
論点2
カジノ法案について考える
法学部法律学科
カジノが日本国内で運営されることで生じるメリット、デメリットにつ
村上勇人
いて。
問題意識
まず、初めにカジノとは、ギャンブルを行う施設の一つであり、ルーレ
ットやポーカーなどのゲームで金銭をかける場所であります。現在、日
本では刑法において賭博行為が禁止されており、国内でのカジノの設置
が認められておりません。しかしながら、東京オリンピック開催に合わ
論点3
せて、日本国内でカジノ運営を合法化させるべく、現在、カジノ法案が
ここまでの議論と参考資料をもとに日本にカジノは必要か、不必要かを
国会において本格的に審議入りするものと考えられています。国会では
考える。
カジノ法案はIR推進法案(特定複合施設区域の整備の推進に関する法
案)と呼ばれており、与党を中心に(ただし公明党は反対)今国会での
成立が目指されています。そこで、今回は日本人にはあまり馴染みのな
いカジノというものについて考えてみたいと思います。
論点 0
論点4
みなさんはカジノというものに対して、どのようなイメージを持ってい
カジノの運営が合法化された場合、日本におけるカジノはどういったも
ますか。
(カジノというものに対して具体的なイメージが浮かばない方は
のであるべきか。
資料を参考にしてみてください。)
(さきほどあげたデメリットをふせぐためにはどうすれば良いのか)
論点1
なぜカジノは違法であるのにパチンコは認められているのか。
1
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
49 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content