close

Enter

Log in using OpenID

平成20年3月期決算ダイジェスト[PDF:75KB]

embedDownload
平成20年5月19日
平成19年度決算ダイジェスト
伊予銀行
(注) 本資料における将来の予想は、経営環境の変化等により変動する可能性がありますので、ご留意ください。
損益状況 -増収・増益
増収・増益-- ∼ 経常利益は初の300億円台のせ
●業務粗利益・コア業務粗利益・
コア業務純益・経常利益ともに、過去最高益を計上しました。
●株価低迷により株式等償却が増加しましたが、信用コストの大幅な減少により、経常利益は初の300億円台のせとなりました。
平成19年度決算(単体)
(単位:百万円)
平成19年度
平成18年度
前年度比
① 業務粗利益
②
③
④
⑤
コア業務粗利益 (①-②)
資金利益
役務取引等利益
その他業務利益
(国債等債券関係損益)
経費(▲)
人件費
物件費
税金
一般貸倒引当金繰入額(▲)
業務純益 (①-③-④)
コア業務純益 (①-②-③)
⑥ 臨時損益
⑦
不良債権処理額(▲)
株式等関係損益
その他の臨時損益
⑧ 経常利益 (⑤+⑥)
⑨ 特別損益
うち役員退職慰労引当金繰入額(▲)
うち睡眠預金引当金繰入額(▲)
税引前当期純利益 (⑧+⑨)
当期純利益
経常収益
82,783
83,292
75,859
6,638
284
(- 509)
45,536
24,151
19,056
2,328
429
36,817
業務粗利益・・・前年度比+2,760百万円
増減率
- 9.4%
80,023
80,569
73,121
6,940
-39
(- 546)
43,846
23,726
17,905
2,214
-4,454
40,631
37,755 + 1,033 + 2.8%
-6,338 + 8,810
6,348 - 13,912
-801 - 4,594
811
- 507
30,479 + 4,996 + 19.6%
-938 - 2,288
782
+782
708
+708
29,540 + 2,707
18,295 + 1,762 + 10.7%
36,722
-15,148
20,260
3,793
1,318
25,483
1,350
26,833
16,533
108,335
+ 2,760
+ 2,723
+ 2,738
- 302
+ 323
(+37)
+ 1,690
+ 425
+ 1,151
+ 114
+ 4,883
- 3,814
+ 5,814
+ 3.4%
+ 3.4%
+ 3.9%
+ 5.7%
主な増減要因等(前年度比)
102,521
順調な貸出金の伸びにより、資金利益が前年度比2,738百万円増加
したことを主因に、業務粗利益は前年度比2,760百万円増加して
82,783百万円となりました。
業務粗利益・コア業務粗利益ともに過去最高益。
業務粗利益・コア業務粗利益ともに過去最高益
経費・・・前年度比+1,690百万円
システム投資や店舗関連費用の増加、創業130周年記念事業等によ
る物件費の増加、および人件費増加により、前年度比1,690百万円
の増加となりました。
コア業務純益は過去最高益更新
信用コスト(④+⑦)6,777百万円・・・前年度比▲9,029百万円
④一般貸倒引当金繰入額(前年度比+4,883百万円)
429百万円の繰入れとなり、前年度比4,883百万円増加しました。
⑦不良債権処理額(前年度比▲13,912百万円)
ランクダウンの減少等により、不良債権処理額は6,348百万円に
とどまり、前年度比13,912百万円の減少となりました。
株式関係損益・・・前年度比▲4,594百万円
株価低迷による株式等償却が前年度比1,086百万円増加したことや、
株式売却益が同3,509百万円減少したことにより、前年度比4,594
百万円の減少となりました。
以上により、経常利益は過去最高益・初の300億円台のせ
特別損益・・・前年度比▲2,288百万円
役員退職慰労引当金(782百万円)、睡眠預金引当金(708百万円)の新
設を主因に、前年度比2,288百万円減少しました。
当期純利益は過去2番目の水準
諸利益指標および信用コストの推移 ∼ コア業務純益は6期連続増益
●銀行業務の収益実力を表す「コア業務純益」は6期連続の増益(4期連続過去最高益)となりました。
●前年度に一時的に増加した信用コストは大幅に減少し、経常利益は過去最高益・初の300億円超、当期純利益も増益となりました。
諸利益指標の推移(単体)
12年度
コア業務粗利益
経費
コア業務純益
信用コスト
与信費用比率(注)
経常利益
当期純利益
763
463
299
173
0.68%
148
72
(単位:億円)
13年度
749
480
268
169
0.64%
95
59
14年度
755
464
291
215
0.80%
26
16
15年度
753
447
306
138
0.50%
143
113
16年度
761
447
314
60
0.22%
258
179
17年度
783
446
336
36
0.12%
299
193
18年度
805
438
367
158
0.52%
254
165
19年度
832
455
377
67
0.21%
304
182
前年度比
+27
+17
+10
▲ 91
▲ 0.31p
+50
+17
(
注)
与信費用比率・・・信用コスト/貸出金平残
(億円)
諸利益指標および信用コストの推移
400
コア業務純益6期連続増益
350
経常利益300億円超
300
250
200
信用コスト
150
コア業務純益
100
経常利益
当期純利益
50
0
H12年度 H13年度 H14年度 H15年度 H16年度 H17年度 H18年度 H19年度
預貸金の状況 ∼預貸金ともに11年連続増加
●預金等(預金+譲渡性預金)・・・創業130周年記念商品の発売など、地域に密着した営業活動を展開いたしました結果、20年3月末の預金
等は42,675億円と前年度比691億円(+1.6%)増加しました。
●貸出金・・・お客様のさまざまなニーズにお応えするとともに、瀬戸内圏域における新たな取引先の拡大にも引き続き注力してまいりました
結果、20年3月末の貸出金は32,375億円と前年度比1,297億円(+4.2%)増加しました。
預貸金残高推移(単体)
(単位:億円)
15年3月末 16年3月末 17年3月末 18年3月末 19年3月末 20年3月末
預金等残高
うち個人預金
貸出金残高
うち個人ローン
前年度比
増加率
37,256
25,744
27,488
38,066
25,980
27,896
39,545
26,532
28,782
41,154
26,668
30,421
41,984
27,581
31,078
42,675
28,518
32,375
+ 691
+ 937
+ 1,297
+ 1.6%
+ 3.4%
+ 4.2%
6,449
6,937
7,300
7,771
8,130
8,482
+ 352
+ 4.3%
(億円)
預貸金残高推移
45,000
(H20.3末)
40,000
預金等残高
貸出金残高
35,000
預貸金ともに11年連続増加
30,000
(H20.3末)
25,000
20,000
H5.3
H7.3
H9.3
H11.3
H13.3
H15.3
H17.3
H19.3
預り資産業務の状況 ∼年間ベースで残高・収益ともに増加
●金融商品取引法施行による影響やマーケットの混乱による影響で、下半期は販売ペースが鈍化しましたが、預り資産残高は前年度比 309億円(+8.9%)増加、また預り資産収益は前年度比2億円(+8.2%)増加しました。
預り資産残高推移
(単位:億円)
15年3月末 16年3月末 17年3月末 18年3月末 19年3月末
20年3月末
前年度比
預り資産合計
投資信託
保 険
国 債
457
34
74
348
905
106
198
600
1,602
280
362
958
2,678
1,050
413
1,214
3,476
1,550
463
1,462
3,785
1,666
515
1,603
+ 309
+ 116
+ 52
+ 141
預り資産収益推移
増加率
+ 8.9%
+ 7.5%
+ 11.2%
+ 9.6%
(単位:百万円)
15年3月期 16年3月期 17年3月期 18年3月期 19年3月期 20年3月期
前年度比
預り資産合計
129
447
962
3,500
国債
保険
3,000
投資信託
2,725
2,949
(百万円)
3,500
預 り資産残高推移
(億円)
4,000
2,007
+ 224
増加率
+ 8.2%
預り資産収益推移
3,000
国債
2,500
保険
投資信託
2,500
2,000
2,000
1,500
1,500
1,000
1,000
500
500
0
0
H15.3
H16.3
H17.3
H18.3
H19.3
H20.3
H15.3
投資信託 1,666億円
H16.3
H17.3
H18.3
H19.3
H20.3
開示不良債権の状況 ∼不良債権比率は引き続き低下
●金融再生法開示基準による不良債権比率は、前年度に比べ危険債権・要管理債権が減少したことにより2.64%となりました。
●「企業再生支援」への取組みを強化しており、今後とも地域金融機関としての使命を果たしつつ、引き続き不良債権の縮減に努めてまいります。
金融再生法開示基準による不良債権
(単位:億円)
20年
3月末
19/9末 19/3末
比
比
19年
9月末
19年
3月末
(億円)
1,600
1,400
開示不良債権額・比率推移
(%)
要管理債権
危険債権
破産更生債権
開示債権比率
6.0
5.5
破産更生債権及び
これらに準ずる債権
149
▲6
21
155
128
1,200
5.0
危険債権
481
▲ 87
▲ 140
568
621
1,000
4.5
要管理債権
260
16
▲ 48
244
308
800
4.0
開示不良債権合計
891
▲ 77
▲ 167
968
1,058
600
3.5
正常債権
32,744
1,313
1,677
31,431
31,067
合
33,635
1,236
1,509
32,399
32,126
2.64% ▲ 0.35p ▲ 0.65p
2.99%
3.29%
計
開示不良債権比率
400
3.0
2.64%
200
2.5
0
2.0
15上 15下 16上 16下 17上 17下 18上 18下 19上 19下
有価証券評価益及び自己資本比率(健全性指標
健全性指標))
∼連結Tier1比率は初の9%台
●有価証券評価益は、株価の下落等により平成19年3月末比784億円減少しましたが、
1,398億円の評価益を確保しております。
●自己資本比率(連結)は、評価益の減少により低下しましたが、11.64%と国際基準行
に求められる8%を大きく上回っております。
●Tier1比率は、基礎的内部格付手法導入による効果もあり、連結では初めて9%台
(9.05%)となりました。
有価証券評価益(単体)の推移
(億円)
2,500
2,182億円
1,968億円
18,000
17,287円
17,059円
1,500
1,000
500
1,406億円
1,294億円
12,999円 1,172億円
911億円
695億円
11,715円 11,668円
11,024円
自己資本比率(連結)の推移
34,000
32,000
16,000
1,398億円
14,000
30,000
12,000
12,525円
26,000
7,972円
0
12.16%
11.01%
10.73%
28,000 6.90% 7.02%
10,000
24,000
8,000
22,000
6,000
20,000
13/3 14/3 15/3 16/3 17/3 18/3 19/3 20/3
有価証券評価損益
信用リスク管理の高度化を背景に、これまで 以上に融資に対して積極的な対応が可能
リスクアセット(億円)
日経平均(円)
20,000
2,000
平成20年3月期より基礎的内部格付手法で
平成20年3月期より基礎的内部格付手法で
自己資本比率を算出
日経平均株価(右軸)
11.36%
11.90%
初の9%台
11.64%
12.54%
9.05% 10.0%
10.52%
7.88%
7.10% 7.41%
8.13%
8.0%
7.67%
リスクアセット(左軸)
自己資本比率
Tier1比率
6.0%
4.0%
2.0%
13/3 14/3 15/3 16/3 17/3 18/3 19/3 20/3
基礎的内部格付手法で算出
「基礎的内部格付手法」とは・・・
自己資本比率の分母となる信用リスクアセットを、銀行自らが構築した
「内部格付制度」によるリスク評価に基づいて算出する手法。
12.0%
中四国の地銀で初めて金融庁より承認を受ける
連結決算状況
【連結】
(単位:百万円)
19年度
前年度比
18年度
連単差(注1)
経常収益
123,449
+ 5.2%
117,318
15,114
経常利益
31,441
+ 15.0%
27,344
962
当期純利益
18,407
+ 10.7%
16,629
112
銀行業務
(注 1) 連結と単体の差です。
・・・本店ほか支店142店、出張所7店 連結子会社12社
いよぎん保証(株) (住宅ローン・消費者ローンの債務保証業務等)
いよぎんビジネスサービス(株)
(現金整理・精査業務、現金自動設備の保守管理業務等)
伊
いよぎんキャピタル (株) (株式・社債等への投資業務、融資業務、投資ファンドの運営等)
いよベンチャーファンド1号投資事業有限責任組合(ベンチャー企業への投資業務)
予
いよベンチャーファンド2号投資事業有限責任組合(ベンチャー企業への投資業務)
銀
いよベンチャーファンド3号投資事業有限責任組合(ベンチャー企業への投資業務)
行
(株)いよぎん地域経済研究センター
(産業・経済・金融に関する調査研究業務等)
いよぎんモーゲージサービス(株) (担保不動産の調査・評価業務等)
(株)いよぎんディーシーカード (クレジットカード業務、保証業務等)
いよぎんスタッフサービス(株) (人材派遣業務等)
いよぎん資産管理(株) (担保不動産の競落・保有・管理・売却業務等)
リース業務
・・・連結子会社1社
いよぎんリース(株) (融資業務、各種リース業務等)
その他
・・・連結子会社1社
(株)いよぎんコンピュータサービス
(情報処理受託業務、ソフトウェア開発業務、地域流通VAN業務等) 20年度業績予想 ∼過去最高益更新を予想
●20年度(年間)のコア業務純益は380億円(
前年度比+2億円)
、当期純利益は200億円(
前年度比+17億円)を予想しております。
∼コア業務粗利益・コア業務純益・
経常利益・
当期純利益いずれも、過去最高益更新を予想 ∼
●20年度(単体)業績予想
19年度実績
(単位:億円)
20年度予想
年間
年間
中間期
413
372
37
832
758
66
経費
コア業務純益
信用コスト
経常利益
当期(中間)純利益
226
186
54
139
80
455
377
67
304
182
240
185
50
140
90
+ 14
−1
−4
+1
+ 10
470
380
75
310
200
+ 15
+2
+7
+5
+ 17
経常収益
537
1,083
550
+ 13
1,120
+ 36
コア業務粗利益
うち資金利益
うち役務等利益
中間期 前年同期比
425
+ 12
384
+ 12
37
+0
前年度比
850
+ 17
767
+8
75
+9
●年間配当予想
中間期末
期末
年間
20年3月期
3円50銭(実績)
4円50銭(注1)
8円
21年3月期
4円
4円
8円
(注1) 創業130周年記念配当1円を含む
(注)上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報及び将来の業績に影響を与える不確実な要因に係る 仮定を前提としております。実際の業績は、今後の経営環境の変化等の様々な要因によって変動する可能性があります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
74 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content