close

Enter

Log in using OpenID

第11回浦添市移民史便り

embedDownload
ファナロサのぶ子与座 城 間 69 又吉正雄
牧 港 67
宮城ファナユキエ 屋富祖 68 内間清蔵
城 間 78
宮城定雄アルベルト 屋富祖 81 粟国重信
城 間 80
27
29
24
12
▲カンポグランデの調査風景
28
南米(ペルー・ボリビア・ブラジル)調査者名簿
稲福与座ジュリアシゲコ 城 間 78 マルコ宮城みつお 屋富祖 56
11
15
上原仲宗根千恵子 牧 港 68 山城徳子
牧 港 77
安座間平敷テレサ房子 当 山 78 比嘉健男
港 川 71
嘉手苅ローサトヨコ 当 山 79 比嘉光子
牧 港 70
宮城ファン辰良
牧 港 75
港 川 74
島袋重成エドアルド 城 間 77 内間安一郎
伊 祖 73
宮城アントニオ幸太郎 屋富祖 83 仲程通二
西 原 64
与座エイ
勢理客 77
▲ボリビアの山城さん一家
比嘉ハツコエラディア新垣 小 湾 81
弟研修生との座談会を実施し
ました。
牧 港 78
海外移民調査の目的と方法
︻ボリビア︼
きは、マルコ宮城みつお氏か
と思います。彼は、屋富祖出 ボ リ ビ ア の 戦 後 移 民 は 、
1 95 4年 8月 日 、 琉 球 政
身の二世で、国際テロリスト
府 の 計 画 移 民 第 一 陣 27 5 人
の﹁グスマン﹂を逮捕した功
がボリビアのうるま耕地に入
績により、ペルーの国防警察
植したのが始まりです。浦添
関係で最高の地位に就いてい
か ら は 、 眞 栄 城 功 一 家 他 4家
ます。また、上原仲宗根千恵
族 人が入植しています。以
子氏は、牧港出身の二世で、
後、第二〇次まで 家族 人
女性で唯一ペルー国家警察大
ヒーなど数多くの作物を栽培
が入植しています。しかし、
佐に就いた方です。他に両親
したが、農業は失敗の連続で
原因不明のうるま病や洪水災
が開拓した地に野口英世学園
あ っ た と 言 い ま す 。 1 9 65
害、過酷な労働に耐えきれず
を創設し、私費で学園を経営
年頃に市街地でキヨスクを始
帰国した者、隣国ペルーやブ
している屋富祖出身二世の宮
め 、 1 97 0年 頃 に は レ ス ト
ラジル、アルゼンチンなどへ
城ファナユキエ校長など多く
ランを経営し、その頃から生
転住した者など現在では、7
の浦添出身者が活躍していま
活は安定するようになりまし
家族 人の方のみです。
す。
た 。 1 9 85年 に 日 本 企 業 の
ペ ル ー で は 、 9人 の 子 弟 研 ボ リ ビ ア で 聞 取 調 査 を し た
合弁会社に弟の健男と一緒に
修生との座談会を持ちました。 山城徳子さんは、夫・興喜さ
働くようになり、以後 年間
ん︵故人、牧港出身・第一次
一世の祖父母については、厳
働きます。今では子ども達も
移民︶の呼寄移民︵第四次移
しい面もあったが、やさしい
立派に成長し、年金生活をエ
民 ︶ と し て 子 供 3人 と 一 緒 に
イメージの方が強く、二世の
ンジョイし、移民に悔いはな
ボリビアへ渡っています。興
両親については家事の手伝い
しと話していました。
喜さんは、一時は、八〇〇町
よりも勉学に励むよう強く言
歩と言われる農地を持ち、農
われています。
︻ブラジル︼
場内にセスナ機の飛行場を持
ジュキアは、景色がやんば
つなど有名な方でした。
るに似ていることから、沖縄
比嘉秀充・健男兄弟は、叔
移民の間では﹁ブラジルのや
父で当時沖縄県知事の比嘉秀
んばる﹂と呼ばれていた所で
平知事の強い勧めもあり、第
す。サンパウロ市から約
一陣で入植しています。しか
35 0キ ロ 、 車 で 4時 間 も か
し、父と三男の弟がうるま病
にかかり、弟が死亡したため、 かりました。戦前から米作と
バナナ栽培で有名な移住地の
すぐ耕地を離れ、サンタクル
一つです。
ス市へ移動しています。サン
タクルス市の郊外でサトウキ ジュキアには、戦前移民の
二世、内間安一郎さんから聞
ビや米、大豆、バナナ、コー
仲 西 77
みつえエルミシア与座 城 間 80 又吉清栄
海外移民調査の目的は、移
調査の成果
民の体験談と暮らしぶりを調
査、記録するとともに移民当
時 の 手 紙 や パ ス ポ ー ト 、 写 真 、 ︻ペルー︼
渡航証明書、渡航時の荷物な ペルーでは、浦添出身で戦
ど移民関係資料の収集を行う
前
移民の与座エイさん他 人
ことにありました。
の方々から聞取りをしました。
調査地は、ペルーのリマ市
エイさんは、仲西出身で旧姓
及び周辺地域、ボリビアのサ
は外間、城間出身の夫・与座
ンタクルス市及び沖縄コロニ
仁 明 さ ん の 呼 寄 せ で 1 95 3
ア、ブラジルのジュキア及び
年に渡航しています。現在、
サントス、サンパウロ市サン
歳のご高齢ですが、かくし
タクララ地区、カンポグラン
ゃくとして、記億もしっかり
デ市で実施しました。
していました。戦前移民の苦
調査方法は、一世及び二世
労話や戦争中の収容所の話、
に対し、海外移民調査カード
子育ての話など貴重な体験を
を用い、個人面談による聞取
お聴きしました。
調査と、浦添市南米移住者子 ペルー移民で最も特筆すべ
与座みよこ又吉ルス 城 間 74 伊智柴徳
20
23
38
屋富祖 80 又吉正行
新城菊子エウヘニア 屋富祖 81 比嘉秀充
左記の日程で、今回の移民
調査展示会を行います。
また、沖縄学講座で移民調
査の報告会も予定しています
ので、ぜひお越しください。
︻展示会︼
期間
1/ ︵水︶∼ ︵水︶
場所
市役所1階ロビー
︻報告会︼
沖縄学講座︵第7回︶
移民調査報告
日時
1/ ︵土 ︶ 午後2時
場所
図書館2階視聴覚室
講師
島袋伸三氏︵浦添市移
民史編集委員︶
受講料
無料
勢理客 72
問い合わせ
浦添市立図書館沖縄学研究室 ☎876ー4946
17
▲ペルーでの調査風景
取調査を行いました。父・安
かせていました。
の人夫として働き、後に小作
林さん︵父の呼寄せ・伊祖出 サンパウロ市サンタクララ
をし、野菜づくりを始めまし
身・組合第一二回・布哇丸・
地区は、カーザベルデ地区と
た 。 1 9 4 6年 に 家 族 一 家 で
大正8年 月 日サントス
並んで特に浦添市出身者の多
カンポグランデへ移動しまし
着︶は、ジュキアに約 ヘク
い地区です。勢理客出身の又
た 。 父 と 長 兄 は 1 9 8 1年 に
タールの耕地を開拓し、バナ
吉義雄さんと伊智春子・比嘉
サンパウロ市へ移動しました
ナ栽培を行っていました。ジ
千代子の兄妹、牧港出身の又
が、清蔵さんはそのままカン
ュキア沖縄県人会に自分の土
吉清盛・正雄兄弟の聞取調査
ポグランデに残りました。バ
地 ヘクタールを寄贈し、ジ
を行いました。南米拓殖移民
ール︵売店︶や日本へのデカ
ュキア沖縄県人会館の建立に
会社や呼寄移民、ボリビアか
セギなどを行い、現在は夫婦
貢献された方です。また、今
らの転住など移民の動機は
で年金暮らしをしています。
か ら 1 0 0年 前 の 工 工 四 教 本
様々でした。現在は年金生活 粟国重信さんは、父・誠助
を保存し、ブラジル沖縄文化
を満喫し、悠々自適な生活を
︵城間出身・第二一一回・ブ
センター内の移民資料館へ寄
楽しんでいました。中にはオ
エ ノ ス ア イ レ ス 号 ・ 昭 和 9年
贈したことが地元サンパウロ
バマ大統領の就任式にワシン
1月 7 日 サ ン ト ス 着 ︶ 、 母 マ
新聞に掲載されていました。
トンまで旅行を楽しんだ方も
ス 、 男 6人 女 1人 の 7 人 兄 弟
長を務めるなど会運営の中心
ジュキアから次の調査地サ
いました。
の 四 男 で す 。 父 は 1 9 3 3年
的役割を担うと共に、今回の
ン ト ス へ は 、 約 1 20キ ロ 、 最 後 の 調 査 地 は 、 沖 縄 移 民
にモジアナ線イスペラーバの
調査に積極的にご協力をいた
車 で 約 2時 間 の 距 離 で す 。 サ
の原点とも言われるカンポグ
ファゼンダ︵農場︶オタビッ
だきました。研修生受入事業
ン ト ス は 、 今 か ら 1 0 0年 前 、 ラ ン デ で 行 い ま し た 。 内 間 清
クに最初に入植し、その後ア
の成果が大きいことを実感す
日本人移民が初めてブラジル
蔵さんは、戦前移民二世です。 グ ー ト ス で 綿 花 栽 培 、
に渡った笠戸丸の入港地とし
父は亀︵城間出身・第五回・
1 9 45年 に バ ウ ル に 移 動 し 、 ることができました。
洗 濯 業 を 開 業 、 1 95 7 年 に 調 査 期 間 中 、 ご 多 忙 に も か
て知られている港です。
博 多 丸 ・ 大 正 7 年 9 月 2日 サ
一家でカンポグランデに移動、 わらずペルー浦添同志会の宮
サントスには、西原出身の
ントス着︶、母はウタ、男5
そこでも洗濯業を営みました。 城 フ ァ ン 会 長 は じ め ボ リ ビ ア
仲程通二氏から聞取調査を行
人女7人の 人兄弟の二男で
浦添市人会の比嘉秀充会長、
いました。父は仲程通善︵西
す。父・亀さんは、当初アラ 重信さんは、 歳のとき独
立し、同じ洗濯業を始めまし
ブラジル浦添市郷友会の親富
原出身・第一三一回・布哇
サトーバに入植し、綿花収穫
た。その後、バールや菓子製
祖政吉会長、宮城茂行氏、与
丸 ・ 昭 和 5 年 8月 日 サ ン ト
造業を営みます。菓子製造業
那嶺真二氏、赤嶺磯乃子氏、
ス 着 ︶ 、 母 は 明 子 、 男 3人 女
はかなり繁盛し生活は安定し
カンポグランデ市沖縄県人会
6人 の 9人 兄 弟 で す 。 父 ・ 通
ました。現在は、家業を息子
の玉城ジョルジョ諚二会長に
善さんは、マリリーアからカ
に譲り、年金生活を楽しんで
は多大なご協力とご支援を賜
ンピナスに移動し、そこで八
います。
り、無事調査を終えることが
百 屋 を 開 き 、 9人 の 子 供 を 育
ペルーでは、浦添市南米移
できました。心より感謝とお
てました。貧しいながらも子
住者子弟研修生受入事業の研
礼を申し上げます。
ども達には高等教育を受けさ
修生がペルー浦添同志会の会 せ、それぞれ立派な職業に就
内 間 69 伊智春子
∼南米(ペルー・ボリビア・ブラジル)
移民調査報告∼
22
2010年1月1日 広報うらそえ(4)
(5)広報うらそえ 2010年1月1日
勢理客 74
島袋名幸キク
第11回
11
20
内間島袋ハルコテレサ 城 間 79 比嘉千代子
今回は、
先に実施した、
南米移民調査につい
て報告します。
昨年度のブラジル・アルゼンチン海外移民調
査に引き続き、
今年度は、
ペルー(18人)
・ボリビ
ア(5人)
・ブラジル(10人)の3カ国で計33名
から聞取調査を実施しました。平成21年9月
11日から9月30日までの20日間、
浦添市移民
史編集委員の島袋伸三調査員と編集事務局の
前津政廣(図書館奉仕係主査)の2人で聞取調
査をしました。
93
16
17
出身地 年齢
氏 名
出身地 年齢
氏 名
仲 西 93 又吉義雄
浦添市移民史便り
2.4
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
524 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content