close

Enter

Log in using OpenID

白い服で年越し 何事も右足からはじめよう 豆、豚、ザクロ ボン・フィン

embedDownload
ないものは七面鳥(後ろに下がる)
、カニ(横
2006年8月 GG取得
ブラジル・サンパウロ
ジョイア・ロレーナ勤務
にしか動かない)があげられます。フルーツで
石井 千草
中の種を財布に入れておくと金運がアップする
はザクロ。ザクロの小さな実を7 つ食べ、その
サンパウロのジョイア・ロレーナ
といわれています。
宝石でザクロといえば、和名にザクロ石をい
う名前を持つガーネット。一般的に金運アップと
ブラジル・サンパウロより第 5 弾のお便りです。
によっては違う色の服でも構いません。ピンク・
いえば黄色い石や水晶で、ガーネットがでてこ
2008 年 9 月の金融危機により世界経済は、
赤は恋愛成就、黄色は金運アップ。少し風水に
ないですね。なぜブラジルではザクロの種が金
困難な局面に陥っています。2009 年の年明け
似ていますね。
運アップなんだろう。と首をかしげながらも、い
いといわれることは一応、私のお財布の中にも
を迎えた今、ブラジルは先進国に遅れてはいま
すが少しずつ不況の波が押し寄せてきています。
何事も右足からはじめよう
こういうご時世、いろいろな言い伝えや、縁起
夜中の 12 時が近づくとあちらこちらで花火
を担いだり、願掛けを試してみませんか。ブラ
が上がりはじめ、カウントダウンして年が明ける
ボン・フィン
ジル流をここでご紹介します。
と同時に一斉に花火の爆音が響き渡ります。寝
サッカー少年たちが手首にカラフルな紐を巻
ている子供も起きるぐらいの音。この爆音にあっ
いているのを見たことがあると思いますが、こ
白い服で年越し
けにとられていてはいけません。年明け一番に
れこそブラジルの一般的願掛け。バイーア州に
ブラジルの年末年始、クリスマスは家族と、
は左足を地面から浮かせて、右足だけで立つの
あるボン・フィン教会「奇跡の教会」の紐を手
とずっとお手頃です。
年越しは友人と迎えるのが一般的です。よりよ
です。年が明けてからどこに入るにも右足が基
首に2 回巻きつけ、3 個かた結びをします。そ
クリソベリルといえば「猫目石」キャッツアイ。
い新年を迎えるためにいろいろな儀式で縁起を
本です。学校、
会社、
家、
真夏のブラジルではビー
の間お願いごとをします。紐が自然に切れると
高級品質の主要産地はスリランカとブラジルで
担ぎます。お正月は元日ではなく大晦日の夜が
チで年越しを迎える人も多く、海に入って 7 つ
きその願いが叶うといわれています。三ヶ月く
す。ブラジルには宝石の図鑑で見るようなボ
メインイベント。幸先よくスタートさせるには服
の波を乗り越えて願いごとをし、そのまま後ろ
らい。
ディーカラーのミルク&ハニー、そして何よりも
装が何よりも大切。年越しの際には平和を願っ
向きで海岸まで戻ると願いごとが叶うといわれ
人々を魅了する石を回したときの目の開閉も綺
て全身白い服を着るのです。12 月のブラジル
ています。
麗なキャッツアイを見ることが出来ます。
の洋服屋さんのショーウィンドーは白い服ばかり
けっして海に背を向けてはいけません。
同じクリソベリルの変種でこちらも希少石、
ザクロの種 7 粒入っています。
スフェーン
アレキサンドライトもブラジルが産出国。最も
飾られています。白が大半なのですが、願い事
4
クリソベリル
豆、豚、ザクロ
高価なカラードストーンの一つであるアレキサ
年があけたらやっと夕食を食べ始めていいの
ンドライト。宝石コレクターにとって憧れの的、
です。明け方まで食べ続け元日は家で休息です。
貴重で非常にめずらしいキャッツアイ効果が見ら
どんなものを食べるのかというとレンズ豆の
ブラジルの宝石 クリソベリル
れるアレキサンドライトキャッツアイ。ブラジル
スープ。豊作のシンボルといわれ、また豆料理
目の覚めるような爽やかな透明感を持つ、ファ
でもなかなか出会えません。
を食べると次の年に多くのチャンスを得ることが
セットにカットされたクリソベリル。綺麗ですよね。
ブラジルを訪れた際に気に入ったクリソベリル
出来るといわれています。豚肉も縁起がいい食
あまり日本で見かけないという話を聞いたので、
と出会ったら、すこし背伸びをして購入されて
べ物で、鼻を使って地面を掘りその動きは前に
今回クローズアップしてみます。ぺリドットとも
もいいかもしれません。クリソベリルは自分へ
しか進まない、一年が前進するという意味で、
ベリルともスフェーンとも違う黄緑色。お値段
のご褒美として選ばれる本物志向の若い女性が
豚肉料理は年始に食べます。逆に食べてはいけ
はキャッツアイ、アレキサンドライトよりもずっ
多いのも最近の傾向です。
5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
641 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content