close

Enter

Log in using OpenID

野鳥観察舎へ着きました チシマザサの観察 巨大なカルデラ壁

embedDownload
野鳥観察舎へ着きました
巨大なカルデラ壁の上を横切ります
ここの観察舎の周辺は湿地気味で、
この周辺の探勝路は、支笏カルデラの壁の部分に
ヤチダモ、ケカヤハンノキ、ホオノキ、
つけられていて、路から湖面まで約40mの高低
イタヤカエデなどの疎林となっています。
差があります。急勾配のカルデラ壁は水平距離で
この付近では、アオジ、
600m、水面下 340mまで
ホオジロ、イカル、などの
続いており、この道は
鳥が良く見られます。
巨大カルデラ壁の上を
又、キビタキの美しい
横切っています。
さえずりも聞こえてきます。
深山の雰囲気が漂います
チシマザサの観察
この付近にはチシマザサ
が生えていて、別名
この付近には
ミズナラの大径木
が多く、深山の
雰囲気をかもしだ
しています。
『ネマガリタケ』と言わ
れます。高さ 2mにもな
る太く丈夫な笹です。尚、
この先の路は現在通行止
めになっていますので、
来た路を戻りましょう。
エゾマツとトドマツの観察
この周辺では、北海道を代表
する針葉樹であるエゾマツ
とトドマツを観察できます。
木の見分け方は、エゾマツの
樹皮がウロコ状で、枝が下が
り気味なのに対し、トドマツ
の樹皮は灰白色で滑らかで、
枝が斜め上に張り気味にな
っています。
自然の小径を歩きましょう
休暇村園地では様々な
野鳥を観察できます。本
館前には野鳥のエサ台
を設置していて、
季節毎にたくさんの
野鳥が姿を見せてくれ
ます。
まずは展望台を目指しましょう
展望台からは四季折々の美しい支笏湖を望むことが
でき、湖を取り囲むように雄大な山々が広がります。
ここから見える恵庭岳は夕日が沈む方向にあり、
夕日の瞬間は格別に美しい景色が広がる、
●距離・・・約4Km
オススメのスポットです。
野鳥の森へ出発
野鳥の観察舎へ着きました
●所要時間・・・約80分
●解説地点・・・10カ所
木々の間から支笏湖が輝いて見えます
野鳥の森に入るとすぐに
野鳥観察舎付近のご案内
道の横には木々の間から支笏湖の湖面が輝き、
ウグイスや、センダイ
です。近くに野鳥の水浴
恵庭岳や風不死岳、樽前山などが見え隠れしま
ムシクイ、エゾムシクイ、
び場があり、たくさんの
す。季節によってシラネアオイ、
ヤブサメなどが生存して
野鳥が集まってきます。
オオバナノエンレイソウ、マイヅルソウ、
おり、美しい鳴き声が聞こえてきます。
カメラを構えて撮影する
エゾアジサイなどの花も咲きます。
それぞれ鳴き声に特徴が有り、聞き分けて区別でき
オススメのスポットでも
ます。
あります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
550 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content