close

Enter

Log in using OpenID

"A Study of History by Toynbee" 「図説・歴史の研究」

embedDownload
原著は全 498 ページありますが、既に6年強掛けて 423 ページ(84.9%相当)を対訳しています。
《今まで続けてきた更新日付の削除や各種編集をし直した後、対訳作業を再開しました。2017 年 1 月 17 日》
図説
A STUDY OF HISTORY, ILLUSTRATED
歴史の研究
ARNOLD TOYNBEE
アーノルド・トインビー著
This edition ©1972 Oxford University Press
オックスフォード大学出版部発行
and Thames and Hudson Ltd.
1972年
I arrived finally to this book, original one, my
father, ISAMU SUZUKI, read it while he was about
seventy years old at his study room.
Arnold Toynbee lived during 1889-1975, and my
father lived also during 1890-1976, they were very
near contemporary by chance.
I continued to put on my bookshelf after Ⅰ
believed myself to be presented by my father.
I don’t know the true reason why I was presented
it even though I was a youngest and unskilled son
among total four sisters/brothers.
I knew recently NDL has its translated book, and
read a little bit of it, but I was disappointed to know
a little poor Japanese translation.
So I decided to read endlessly the original
English great famous book.
YAEO SUZUKI, on September 11th, 2010
私が漸く辿り着いた本、それは原書であるが、父・鈴
木勇が亡くなる拾何年前の70歳台に、書斎でよく読ん
でいたものである。
トインビーは1889年~1975年、父は1890
~1976年と共に奇しくも同時代と、ほぼ近い。
4人兄弟姉妹の末っ子で、愚鈍な私がどういう訳か貰
い受けたような印象をもつが、そんなことも知らずその
ままに書棚に放っておいた。
最近、国立国会図書館に翻訳本が所蔵されているのを
知り、その翻訳本を少し読んでみたところ、期待したほ
どではなかったので、原書を紐解くことを決意した。
さて、この名著なる大作をいつに読み終わるやら知ら
ずに・・・・。
2010 年 9 月 11 日 鈴木 弥栄男
2017 年 2 月 6 日 最新更新 (早や6年強が経過した)
I updated on Februrary 6th, 2017. (Already 6 years passed)
-1-
アーノルド・トインビーの紹介
左側に掲載した、本書の折返し裏表紙より
★1889年生まれ
★ロンドン大学で「世界に亘る歴史の研究」の教授&
王立国際問題研究所の所長を歴任
★1915年(26歳)に初めて出版後、多くの著作
を残す
★1934年(45歳)に代表作である「歴史の研究」
第1巻を出版、1961年(72歳)に最終の第1
2巻を出版
マンチェスター・ガーディアン紙のネール・アナン
の書評によれば、《トインビー博士は、本当の意味で
の教養人であり、冷静な目で見る国際人であるが、本
書へのある種の抗議に対して、その非難から‘トイン
ビーが政治的宣伝者であることへの拒否’という領域
に足を踏み入れようとした》とある。
《現代人の生き方をきちんと分析し、人間性に満ち、
賢く、そして熱情ある研究をしたトインビーが著した
本書は、読者にとっては実に幸運なものである。著作
に30年も歳月を費やしたことに対し、先ず大いに敬
意を表したい。トインビーなる名前を一家族という言
葉でもって、古き欧州で広がっていたあの風景よりも
もっと広い地平線を必要とした無数の人々に何か新
しい風を送り込み、彼らを興奮させるような歴史を作
ってきた彼の業績に対しても称賛したい。戦争または
自分を歪めるような個人的なトラブルを決して許さ
ずに自分の仕事を完遂したその不屈の精神も褒めた
い。また彼の人間性、現代からはるか昔の時代とその
時代に生きた人々に共感したこと、加工しにくい種々
の歴史を統合するといった見事な妙技に対しても賛
意を表したい。とにかく、トインビーは、何もなかっ
たところに新しい秩序を作り上げた人だと学者たち
は呼び、何しろ誠実な教授だと言う。》とネール・ア
ナンの書評は続く。
-2-
Contents
目次
まえがき
Foreword
PART Ⅰ: THE SHAPE OF HISTORY
第Ⅰ部:歴史のかたち
1 The relativity of historical thought
2 The field of historical study
3 Some definitions of terms
4 The need for a comprehensive study of human affairs
5 The transitional societies
6 The comparative study of civilizations
7 Hellenic and Chinese models
8 A Jewish model
9 A survey of civilizations
1 歴史思想の相対性
2 歴史研究の領域
3 用語の定義
4 人間事象の包括的研究の必要性
5 過渡期の社会
6 文明の比較研究
7 ヘレニズムモデルと中国モデル
8 ユダヤモデル
PART Ⅱ: THE GENESES OF CIVILIZATIONS
第Ⅱ部:文明始源
10 The nature of the geneses of civilizations
11 The cause of geneses: race?
12 Environment?
13 Challenge-and-response
14 The arduousness of excellence
15 The stimulus of hard countries
16 The stimulus of penalizations
17 Abortive civilizations
10 文明始源の特徴
11 文明始源の因子は人種か
12 文明始源の因子は環境か
13 挑戦と応戦
14 卓越性の辛さ
15 荒廃した国土からの刺激
16 不利な立場からの刺激
PART Ⅲ: THE GROWTH OF CIVILIZATIONS
第Ⅲ部:文明の成長
9 文明概観
17 未成熟の文明
18 Examples of the arrest of growth
19 The criterion of growth
18 成長が止まった事例
19 成長の判断基準
PART Ⅳ: THE BREAKDOWNS OF
CIVILIZATIONS
第Ⅳ部:文明の衰弱
20 Is determinism convincing?
21 The mechanicalness of mimesis
22 The reversal of roles
23 Athens and Venice: the idolization of
an ephemeral institution
24 The East Roman Empire: the idolization of
an ephemeral institution
25 David and Goliath: the idolization of
an ephemeral institution
26 The Roman See: the intoxication of victory
20 決定論に説得力はあるのか
21 擬態の無意識性
22 役柄の逆転
23 アテナイとベニス:短命になる自己偶像化
24 東ローマ帝国:短命になる自己偶像化
25 ダビデとゴリアテ:短命になる自己偶像化
26 ローマ教皇庁:勝利の陶酔
PART Ⅴ: THE DISINTERGRATIONS OF
CIVILIZATIONS
第Ⅴ部:文明の崩壊
27 The nature and symptoms of social disintegration
28 Internal proletariats
29 External proletariats
30 Schism in the soul
31 The challenge of disintegration
-3-
27 社会崩壊の特徴とその兆候
28 内部から生まれた無産階級
29 外国から来た無産階級
30 魂の分裂
31 崩壊への挑戦
PART Ⅵ: UNIVERSAL STATES
第Ⅵ部:世界国家
32 Universal states: ends or means?
33 The boons of conductivity and peace
34 Communications
35 Languages and scripts…Now, updating
36 Capital cities
37 Civil services
38 Have universal states a future?
32
33
34
35
36
37
PART Ⅶ: UNIVERSAL CHARCH
第Ⅶ部:世界教会
世界国家は目的なのか、それとも手段なのか
伝播性と平和との恩恵
コミュニケーション
言語と文字
首都
文官制度
38 世界国家に未来はあるのか
39 Cancers or chrysalises?
40 Societies of a distinctive species?
41 Social responses to an illusion or to a reality?
39 癌なのか、それとも蛹なのか
40 特別種なる社会か
41 幻像への社会的影響なのか、それとも実在への
社会的影響なのか
第Ⅷ部:英雄の時代
PART Ⅷ: HEROIC AGES
42 The barbarian past
43 The image and the reality
42 蛮族の過去
43 幻想と現実
PART Ⅸ: CONTACTS BETWEEN
CIVILIZATIONS IN SPACE
第Ⅸ部:時空での諸文明の接触
44 Encounters between contemporary civilizations
45 The Modern West and Russia
46 The Modern West and Asia
47 Encounters with the post-Alexandrine Hellenic
society
48 The social consequences of encounters between
contemporary civilizations
49 The psychological consequences of encounters
between contemporary civilizations
44 同時代の文明の出会い
45 近代の西欧とロシア
46 近代の西欧とアジア
47 アレクサンダー後のヘレニズム社会の出会い
48 同時代の文明との出会いによる社会状況の変化
・・対訳開始
49 同時代の文明との出会いによる心理状況の変化
PART Ⅹ: CONTACTS BETWEEN
CIVILIZATIONS IN TIME
第Ⅹ部:文明間の
時間的な接触
50 Renaissance of institutions, laws, and philosophies
51 Renaissance of languages, literatures, and visual
arts
52 Renaissance of religions
50 制度・法・哲学のルネッサンス
51 言語・文芸・視覚芸術のルネッサンス
52 宗教のルネッサンス
PART ⅩI: WHY STUDY HISTORY?
第ⅩI 部:歴史をなぜ研究するか
53 The nature of historical thought
54 Historians in action
53 歴史的思考の特徴
*Note by translator
Black colored titles have been described already.
Red colored titles mean to be not yet described.
*訳注
黒い字の題名は対訳済み。
赤い字の題名は未対訳。
54 行動する歴史家たち
-4-
Foreword
まえがき
This book is an attempt to do what its title suggests: I
本書のタイトルとして「歴史の研究」と名づけたのは、
have tried to look at Mankind’s history as a whole. This
人類が辿ってきた歴史を世界的な観点に立って眺めた
means looking at it from the start down to the present
いという意図がある。つまり人類の起源から1972年
year 1972, and it also means looking at its globally.
の現在までを眺めることで、全世界を見ることになる。
In the time-dimension our view is bound to be out of
時間という次元でもって我々は目盛をつけることは
scale. During the first half million, or perhaps one
出来ない。ホモサピエンスから人類となって、五十万年、
million, years after our pre-human ancestors had
いや恐らく百万年もの間、人類は非常に原始的な生活を
become human, we were primitives who have left no
していて、僅かな骨片や旧石器時代の道具以外に何も痕
record except a few bones and a quantity of palaeolithic
跡を残してきていない。人類が、農業や、動物の家畜化
tools. Agriculture and the domestication of animals
や、土器作りや織物作りに手がけたのは、たった一万年
and pottery-making and weaving are only about ten
前に過ぎない。文明が起きたのは僅か五千年前に遡るだ
thousand years old; civilization is only about five
けであり、我々が文明と称するものは、比較的新しい時
thousand years old, and most of what we know about
代に限られている。地理学的な観点で世界を見ると、時
human history is limited to these comparatively recent
間という次元での目盛で見るよりはやさしい。でもバラ
times. To see history globally in the geographical sense
ンス感覚を持って世界を見ていると自分は思っていて
is less difficult than to see it in time-depth; but, in
も、自分たちがたまたま住んでいる特定の国が、供して
order to take a balanced global view, we have to rid
きた文明が、宗教が、中心的なものであり、また他より
ourselves of the illusion that the particular country,
も優れたものであるとの幻想に陥る可能性があるので、
civilization, and religion that happens to be ours is, on
その幻想から私たちは抜け出す必要がある。全世界をパ
that account, central and superior. For the historian,
ノラマ的な見方で真実を追おうとする場合に、歴史家は
his
自分の祖先からの立脚地点がその障害になってしまう
ancestral
standing-ground
is
an
accidental
impediment to seeing the global panorama in its true
ことを知るべきである。
proportions.
But why study history at all? Why concern ourselves
しかし、なぜ私たちは歴史を学ぼうとするのだろう
with anything beyond the range of our own time and
か。私たちの生きている時代から遡り、また住んでいる
place? At the present day there is a practical reason for
地域を越えてまで、なぜ歴史を知ろうとするのだろう
taking a wider view. Within the last five hundred
か。今の時代の中に幅広い知見を持つ意味が実際にあ
years, the whole face of the globe, together with its
る。最近の五百年間で、世界中で技術が驚異的に進歩し、
air-envelope, has been knit together physically by the
地球全体を包みこむ大気のように物理的に一緒に結び
amazing advance of technology, but Mankind has not
つけてきてはいるが、人類は政治的にはまだ固く結びつ
yet been united politically, and we are still strangers to
いてはおらず、各地域でお互いに異邦人としていまだに
each other in our local way of life, we have inherited
生活し、「距離感が消え失せた」現代よりずっと前の時
from the times before the recent ‘annihilation of
代から受け継いできている。そして、これは非常に危険
distance’. This is a terribly dangerous situation. The
な状況にあると考える。二つの世界大戦や、現在の世界
two World Wars and the present worldwide anxiety,
的規模に亘っている不安・欲求不満・緊張・暴力が、そ
frustration, tension, and violence tell the tale.
れを物語っている。もしも単一家族国家のようなものに
Mankind is surely going to destroy itself unless it
まで共に成長するまでに進まなければ、人類は確実に破
succeeds in growing together into something like a
滅に向うであろうと思っている。
single family.
-5-
For this, we must become familiar with each other;
従って人類はお互いに手をつながなければならない
and this means becoming familiar with each other’s
ことは自明の理である。人類が目の前にある現代にただ
history, since Man does not live just in the immediate
単に生きていないのだから、お互いの歴史に親密になる
present.
time-stream,
べきだ。私たちは過去を思い起こしつつ、また来るべく
remembering the past and looking forward—with hope
将来に向っての希望を、一方、恐れを持ちながら、精神
or with fear—to an oncoming future.
的な時間という流れの中に生きているのである。
We
live
in
a
mental
This present-day practical reason for studying history
こんにち歴史を幅広く学べば実際に役立つことは十
comprehensively is obvious and cogent. But, even if we
分に分かっている。私たちが単に欲するままに歴史を学
were not moved to study history by a concern for
ぼうとしなくても、何故か好奇心というものが擡げて来
self-preservation, we should be moved by curiosity; for
るものなのである。その好奇心とは、人間に備わった、
curiosity is one of the distinctive faculties of human
人間として際立たせる本能の一つであろう。私たちは自
nature. We should still feel curiosity about the
分たちが住む世界について、その世界がどんなに繁栄し
Universe in which we find ourselves, even if we were
ようが、たとえ安全であったにしても、それへの好奇心
completely prosperous and secure—and no human
を持ち続けてきている。でもそのように繁栄した、安全
society, at any time or anywhere, has yet come within
と思えるような、世界のどこかの理想郷に、今までは残
sight of attaining these two ideal goals.
念ながら人間は近づけないできているとも言える。
I know this from my own experience. I have been
自分の経験からしてそれを十分に承知しつつも、生涯
prompted to study history by a lifelong curiosity. I was
衰えない好奇心を持って歴史の研究に没頭してきたよ
historical-minded from as early an age as I can
うだ。思い起こせば、私は結構若い頃から歴史に興味を
remember. My mother was a historian, and her
持っていたと思う。母親が歴史家であったせいか、母親
interest in history was infectious and stimulating. I
が持っていた興味に感化されもしたし、刺激を受けたよ
was also brought up with a great-uncle who had been a
うだ。また航海士であった大叔父にも躾けられた。三本
sailor. He had been the captain of an East-Indian ( a
マストを持つ横帆船“イースト・インディアン”の船長
three-mast square-rigged sailing-ship), and his stories
であったお蔭か、インドや中国への航海話を多く聞かさ
of his voyages to India and China exited me.
れた。
So, out of curiosity, I had been studying history from
単に好奇心を持つだけでなくて歴史を最初から勉強し
the start, though I had grown up in the illusion that I
たいと思ってきていた。その頃は、道理を弁え、秩序を
was going to live out my life in a rational, orderly, and
もちながら、平和な世界の中で自分が生きようとしてい
peaceful world. It was not until August 1914, when I
るのだという錯覚さえ覚えるようになった。1914年
was in my twenty six year, that I became aware of a
の8月には既に26歳になっていたが、自分が歴史を包
practical reason for studying history comprehensively.
括的に研究する本当の必要性を初めて知ったのである。
It was the outbreak of the First World War that woke
現実を直視しなければならないと目覚めさせたのは、第
me up to an awareness of the realities. The same event
一次世界大戦が勃発した時であった。その大戦で実に膨
also revealed to me a possible method of handling the
大なる歴史情報が得られ、包括的に研究すれば、上手く
enormous mass of historical information with which a
取り扱えることを大戦が結果的に教えてくれたことに
comprehensive study of history has to cope.
なる。
I
had
been
comprehensively
educated
by
for
mother,
studying
by
my
history
uncle,
母親、叔父、トゥキディデス、そして二人の古代ギリ
by
シャの歴史家であるヘロドトスとポリュビオスから私
Thucydides, and by two other Greek historians,
は歴史研究の仕方を学び取ってきたので、彼らの視野に
Herodotus and Polybius, who had each written
入る世界の歴史を概観的に記述するという手法をとっ
panoramic histories of as much of the world as came
within their horizon.
た。
-6-
As a child, I had chafed at being made to learn the
子供の頃の私は、英国州名や諸国王の治世期間を覚え
names of the countries of England and the dates of
ることに苛立ったことがある。イスラエルやユダヤの諸
English kings. The kings of Israel and Judah, who
国王が悪戯な治世を度々行うだけで、善政を滅多にして
allegedly so often did evil and seldom did good, had
いなかったことを聞くにつけ、私はアッシリア人やエジ
aroused my curiosity about their Assyrian and
プト人の仲間として好奇心を掻き立てられてきて、英国
Egyptian
impressive
博物館に行っては、諸国王が残した遺物をじっと眺めて
monuments I could gaze at in the British Museum. An
いたようだ。歴史と同じように詩や哲学を含んでいるギ
intensive study of Greek and Latin literature,
リシャ・ラテン文学を徹底的に研究することで、自分に
embracing poetry and philosophy as well as history,
とっては精神的な面を広げる結果に結びついたと考え
had widened my mental horizon. Thucydides in August
る。自分が今までトゥキディデスに感じていたことに、
1914 had given me a shock that I am feeling still. In
1914年の8月に大きなショックを受けた。
1945 and 1916, about half the number of my school
1945年、そして1916年に、私の研究仲間の約半
fellows were killed, together with proportionate
分が、加えて交戦国であった他国の同時代の同数の人々
numbers of my contemporaries in other belligerent
たちもが戦死したのである。
countries. The longer I live, the greater grows my grief
私が生きながらえるほどに、生きし全てを邪悪に満ちた
and indignation at the wicked cutting-short of all those
辛辣さで切るように、悲痛さと憤慨さがより大きく募っ
lives.
てくるだけである。
I
neighbors,
do
not
some
want
of
my
whose
grandchildren
and
great-grandchildren to have the same fate. The writing
孫や曾孫の世代までがこのような同じ運命を辿っては
of this book has been one of responses to the challenge
欲しくない。人類が犯してきた無意味な犯罪行為が私に
that has been presented to me by the senseless
贈ってくれたものと解釈し、それに挑戦して得られたも
criminality of human affairs.
のが本書である。
I have been working on A Study of Historian from
私は1920~1972年の間、「歴史の研究」に従
1920 to 1972. In the summer of 1920 I made a first shot
事してきている。1920年の夏に、第一弾を放ったが
which missed fire. In the summer of 1921, in the train
不発に終わってしまった。1921年の夏、イスタンブ
between Istanbul and Calais, I jotted down the
ールとカレー間を走る列車の中で、「各部」の見出しを
heading of ‘Parts’, most of which will be found in the
先ずは書き留めておいたが、それらは本書の改訂図説版
present
The
で見られるものである。完本は20巻に及ぶ。1927
unabridged work runs to twelve volumes. From 1927 to
年から1939年に掛けて、来るべき第二次世界大戦に
1939 I was racing against the coming Second World
謂わば抗した恰好で仕事をした訳であり、最初の6巻の
War, and I got the sixed of the first six volumes
内の第6巻目を何と勃発直前の40日前に発行したも
published forty days before the Second World War
のである。1954年には第7巻から第10巻を、19
broke out. I published volume vii-x in 1954, volume
54年には第11巻(歴史地図と地名索引)を、196
xi(‘Historical Atlas and Gazetteer’) in 1919, volume
1年には第12巻(再考察)を出版した。
revised
and
illustrated
version.
xii(‘Reconsiderations’) in 1961.
From 1924 to 1956 I was sandwiching my work on A
1924年から1956年に掛けて私は「歴史の研
Study of History with producing, for the Royal
究」の著作と、ロンドンにある王立国際問題研究所での
Institute of International Affaires in London, an
業務という二つの仕事を股に掛けていた。後者は、現代
annual survey of current international affairs, and
における国際問題の年次報告作成と、妻の協力を得なが
then a political history of Second World War, in
ら第二次世界大戦政治史のまとめである。これらの二つ
partnership with my wife. These two large and
の膨大な、且つ長期間に亘る仕事は、お互いに補完しあ
long-continuing undertakings were complementary to
うことと相成ったようである。
-7-
each other. I could not have done either job if I had not
二つの仕事を同時並行的にしたからこそ上手く行った
also been doing the other simultaneously. I have
のであろう。私は、片足を現在に置きながら、もう一方
always had one foot in the present and other in the
の片足を過去に置いていたことになる。本書の「歴史の
past. I have kept the same footing in this revised and
研究」改訂図説版の著作を進めるときも同じように足を
illustrated version of my Study, and here I have also
置いてきた。ただここでは未来をも覗き見したようだ。
peered into the future. When one is studying the
ひとりの人間が現在と過去とを研究したとしたら、未来
present and the past, to turn a blind eye to the future
に向って盲目であり続けることは無理であり、もしもそ
would be impossible, and, if it were possible, it would
れが可能であるとするならば、それは天の邪鬼に違いな
be perverse.
い。
The present revised and illustrated version of A Study
本書の「歴史の研究」改訂図説版は、ひとつの協同作
of History is a co-operative enterprise. It has been
業と言ってもよい。オックスフォード大学出版部とテー
produced by agreement between the Oxford University
ムズ・ハドソン社との間で協定書が締結されて出版が進
Press and Thames and Hudson, and the work has been
み、ジェーン・カプラン嬢と私とが協力し合ってなされ
carried out by Miss Jane Caplan and me in
た。
collaboration.
In its present form the book differs in several ways
本書は、12巻の原本とも、また D.C.サマーヴェルによ
both from the original twelve volumes and from the
る最初の10巻の要約本とも幾つかの点で異なった構
abridgment of the first ten volumes by D.C. Somervell.
成をしている。本書は図説版を付けた初版であり、写真
This is the first illustrated version, and the
に新たに説明を加えた図説版でもって、新しい様相を呈
illustrations, with the accompanying captions, give the
する形に仕上がっている。図説版は単に本文を補強する
book a new dimension. Pictures not only reinforce a
だけでなく、言葉では十分に書き表せない多くのことを
text; they are able to convey a great deal that words
伝えることができる。図版は、テームズ・ハドソン社の
cannot express adequately. The illustrations have been
ブルックナー夫人が検索して提供され、カプラン嬢と私
founded by Mrs. Bruckner of Thames and Hudson.
が相談してその中から選び出されたものを採用してい
They have been chosen, out of a number that Mrs
る。その図版に付した説明文はカプラン嬢が書き、それ
Bruckner provided, in consultation with Miss Caplan
を私が監修したものである。
and me, and the captions have been drafted by Miss
Caplan and approved by me.
カプラン嬢は時間が経つと発見されるような間違い
Both Miss Caplan and Mrs. Bruckner had to master
を見つけては穴埋めをし、ブルックナー夫人はカプラン
the plan and contents of the book in its original form
嬢と私とが新版のために準備した図版に説明を付すな
before Miss Caplan could find and fill the gaps
どと、カプラン嬢とブルックナー夫人の二人は、原本を
revealed by the passage of time and before Mrs
尊重しながらも本書の出版企画とその内容の吟味をす
Bruckner could illustrate the book in Miss Caplan’s
る役割を担当してくれた。このように二人が協同して手
and my joint new version of it. This was a formidable
ごわい仕事をこなしてくれたことに対して深くお礼を
task, and I am deeply grateful to these two colleagues
申し上げたい。この難しい仕事を完遂してくれた御蔭
who have performed it. This hard work of theirs has
で、本書が出版できるようになったものと考える。もし
made possible the collaboration that has resulted in
も自分ひとりであったなら恐らく出版することは出来
the present version of the book. I could not have
なかったであろう。本書の出版は繰り返すが協同作業の
produced this version single-handed. It is, as I have
結実したものであるが、それをいうならば、ひとつ但し
said, a co-operative piece of work; but, in pointing this
書きをしておきたい点がある。本書の記述に関してもし
out, I have one reservation to make. Criticisms of the
もご批判があるならば、この私に向って言って欲しい。
-8-
book should be aimed at me alone. My ideas are more
協同作業者には決して非がある訳でなく、この自分に寧
vulnerable than my colleagues’ researches.
ろあると考えて頂きたい。
The
present
an
本版は、サマーヴェル版と同じく抄本であるが、異な
abridgment, but here the book has been shortened on
ったやり方で短縮化され、サマーヴェル版、若しくは最
different lines, and room has been found for topics that
初の10巻分の原本にはなかった話題を取上げる余地
were not included either in Somervell’s version or in
が出来た。
the original first ten volumes. Somervell succeeded in
サマーヴェル版は第1巻から第10巻までの構成全て
reproducing, in epitome, the whole structure of
を縮図化することが出来、私が取上げようとした論題に
volumes i-x, and inevitably he had to leave out most of
ある歴史上の事例の殆どを割愛せざるを得ない状況に
the historical examples with which I had supported my
追い込まれた。
theses. In those parts of the original that are included
新版に取り込まれた原本にあるそれらの箇所は、もっと
in the present version, it has been possible to retain
詳細に説明して残すことが出来た。新たに付け加えた第
much more of the detail. Portions of the supplementary
12巻(再考察)を補巻とした箇所は、新版の骨格を担
volume
うものになった。
xii
version
is,
like
(‘Reconsiderations’)
Somervell’s,
have
now
been
incorporated, for the first time, in the main body of the
book.
It has also been possible to take account of events and
その再考察の第12巻が発行された年、1961年以
discoveries of later dates than 1961, the year in which
降に起きた事件や発見についても新版は取り扱うこと
the volume of ‘Reconsiderations’ was published. For
が可能となった。例えば戦争に使われる特殊技術の改善
instance, the ironic history of the defeats of successive
が失敗した皮肉なる歴史について幾らか取上げること
‘improvements’ in the art of war has been carried
が出来たし(これは不幸にして未完の歴史であるが)、
several steps further, (unhappily this is still an
サハラ砂漠以南での土着文明は以前知られていなかっ
unfinished story), and the formerly unknown history of
たものなのに、他の地域文明が解明されたのと同じよう
the indigenous civilizations of Africa to the south of the
に明らかになった点などである。
Sahara has been given its due place side by side with
1927年には、私が本書の最初の10巻分の覚書を書
the other regional civilizations. In 1927, the year in
き始めた年であるが、熱帯アフリカ及び南アフリカは、
which I started making my notes for the first ten
アラブ人や西ヨーロッパ人が足を踏み入れるまでは、歴
volumes of the book, it was supposed that Tropical and
史そのものをもたない地域として考えられていた。その
Southern Africa had been a region that had no history
とき以来、アフリカの主要部分の歴史が大きく書き換え
before the arrival of the Arabs and the West
られることになり、ある部分は考古学的探求によって、
Europeans. Since then, the history of this major part of
またある部分は最も古い時代から残っていた文献上の
Af r ic a has bee n lar gely r et rie ve d, par tly by
証拠を綿密な研究によってなされたのである。熱帯アフ
archaeological exploration and party by a closer study
リカで、農業技術や冶金技術が西ヨーロッパでのその歴
of the earliest surviving documentary evidence. We
史と比較できるほどの歴史を持っていることを、現代の
know now that, in Tropical Africa, the arts of
我々は知っている。東アジアでの初期の頃の文明史や、
agriculture and metallurgy have a history that can
東アジアのあらゆる時代での経済史及び社会史もまた、
compare with their history in Western Europe. The
より一層はっきりと焦点を合わせられるようになって
early history of civilization in Eastern Asia, and East
きている。
Asian economic and social history of all periods, have
also been brought into much clearer focus. While we
我々が仕事を進めている間に、中国は世界情勢のなかで
have been at work, China has been regaining her
主要な部分において正規なる役割を演じる立場を取り
-9-
normal role of playing one of the major parts in the
戻しているように私たちは思うようになった。本研究の
world’s affaires. In the present edition of this Study,
新版で、我々は人間のいとなみに関して知識を持ち理解
we have tried to take account of these and other
するためにあらゆる追加事項を取上げるように試みて
recent additions to the knowledge and understanding
みた。
of human affairs.
古代ギリシャ二大叙事詩の二番目のオデッセイのな
In the Odyssey, the second of the two great epic
かに《トロイが包囲されたために脱出して帰還する海路
poems of classical Greece, there is a tale about the
を見失ってしまった海神プロテウスを、ギリシャの海賊
kidnapping of the sea-god Proteus by a Greek rover,
メネラオスが誘拐した》という説話がある。誘拐したプ
Menelaus, who had lost his way on his journey home
ロテウスをきちんと拘束していれば、彼の運命を告げる
from the siege of Troy. Proteus could be made to tell
ことが出来たのであろうに、そうは上手く行かなかっ
his captor’s fortune if the captor could hold him fast,
た。というのは、プロテウスは自分の姿・形を変幻自在
but this was difficult; for Proteus’s retort to being
にできるという者を捕まえてしまったからである。因み
kidnapped was to keep on changing his shape—hence
に英語の‘protean’の語源はそのプロテウスにある。歴史
the word ‘protean’ in English. History is protean. You
とは、つまり、‘protean’であり、変幻自在なのである。
have no sooner caught history in one shape than it
歴史をいくら一つの姿・形として捉えようとしても、プ
changes shape like Proteus—sometimes almost out of
ロテウスのように直ぐに変身してしまい、ときには元の
all recognition.
姿・形さえ掴めなくなるものである。
To change shape is in the very nature of history,
その姿・形を変えることが歴史の本性であるのであっ
because it is in the nature of history to go on adding to
て、歴史の本性には、自分自身に常に付け加えてゆこう
itself. History has added more than fifty-eight years
とするものが備わっているからであろう。私が初版を著
to its length between August 1914, when I had my
そうと考えたときの1914年8月から、この新版を出
first impulse to write this book, and the publication
版するときまでに、何と58年もの歴史が付け加わった
date of the present volume. Each addition changes the
のである。それぞれの追加でもって全体を変えている。
whole; for the whole of the past looks different in the
つまり、過去に見てきた全容が、私たちの生活体験を通
light of our additional experience of life. For instance,
しての光を当ててみると、違ったものに見えることがあ
Thucydides’s Greece looked different to me in August
る。例えばトゥキディデスが見た古代ギリシャは、19
1914 from what it had looked like to me in July 1914,
14年7月に私が見たものとは異なるものである。なぜ
because, in between, the First World War had broken
なら、その間に第一次世界大戦が勃発して、今までに積
out, and this was indeed a portentous addition to the
み上げてきた以前の歴史とは驚くほどの追加がなされ
previous sum of world history.
たからである。
The First World War was portentous, but its
第一次世界大戦は尋常なものではなかった、しかもそ
portentousness was not unique. There had been other
の異常さは他に類を見ないものであった。歴史の全景を
sudden events that had likewise changed the
同様に突如変えてしまうような事件は他にもある。例え
appearance of the whole historical landscape: for
ば、紀元前221年に起きた中国での政治的統合(訳註:
instance, the political unification of China in 221 B.C. ;
秦の始皇帝による統一)、紀元前334年のアレクサンダー
Alexander’s crossing of the Hellespont in 334 B.C., the
大王によるヘレスポント(訳註:ダーダネルズ海峡の古名)の
Arabs’ eruption out of Arabia in AD633, and the
横断、633年のイスラム教徒によるペルシャの征服、
Mongols’ eruption out of the north-east Asian steppes
13世紀のモンゴル人による北東アジアの大草原地帯
in the thirteenth century. There have been still
の征服(訳註:1206年チンギス・ハーンによる統一)などで
portentous events that have been gradual: for
ある。緩やかなものではあったが、その他にも異常とも
instance, the development of Greek and Chinese
思える事象がある。例えば、ギリシャや中国での哲学
- 10 -
philosophy and Jewish monotheism, and the spread of
の発展や、一神教のユダヤ教の発展、更に宗教の伝道や、
the missionary religion and of agriculture and of the
農業や水力利用技術が徐々に各地へ広がった。私たちが
harnessing of water-power. The age in which we are
現在生きている時代では、過去に起きたすべてのことと
now living is not peculiar in generating new events
は全く違って見えるような新しい事象が起きたからと
that make all the past look different. At the same
いっても、それは特有なものではない。と同時に私たち
time, our age is perhaps peculiar in two respects.
の時代は、以下の二つの点で特色があると思われる。
One peculiar feature of our age is the acceleration of
その一つの特色は、最近の技術の発達が目ざましく
the pace of change to an unprecedented degree as a
て、「距離感の消滅」の結果として、前例のないくらい
result of ‘the annihilation of distance’ through the
の変化の速さが加速している点である。歴史は今や常に
extraordinary recent advance of technology. History is
我々に対して不意打ちを食らうほどの速さで作られて
now being made so fast that it is constantly taking us
いる。
by surprise. The second peculiar feature of our age is
もう一つの特色は、過去がダブって変幻的になっている
that the past has become doubly protean. Its
ことである。過去の姿は、現在の新しい経験の光を当て
appearance has been changing not only in the light of
ることで変化して見えているだけではなく、考古学者た
our current new experience, but also in the light of
ちによる新発見という光でもっても変化している。彼ら
the archaeologists’ new discoveries. They have been
の発見は実に画期的なものであり、その中には以前の発
making revolutionary new discoveries, and they have
見した幾つかを再度解釈し直すのも含まれている。考古
also been making revolutionary new interpretations
学者たちは、方法論によって埋め合わせようと神経質に
of some of their previous discoveries. Archaeologists
なっていた。
compensate
being
そこで考古学的理論に基づいた従来のやり方を思い切
temperamental, and drastic change of fashion in
って変えて、自分たちが思い描いていた事実に対する自
archaeological theory have accentuated the drastic
分たちの持つ知識を増やすことでもって、あらゆる場合
changes in the archaeologists’ picture of the past that
に相応しい過去の姿を、劇的に変化させたことになる。
for
being
methodical
by
would have been called for in any case by the increase
in their knowledge of the facts.
The archaeologists’ discoveries, in the Americas as
1789年のナポレオンによるエジプト侵攻以来、旧
well as in the Old World, since Napoleon’s invasion of
世界とアメリカでの考古学者たちの発見は、絶対に必要
Egypt in 1789 have been indispensable, though
なものであった。それはたとえ浮ついたものであったに
volatile, contributions to the comparative study of
せよ、諸文明の比較研究という観点からして貢献してい
civilizations. Since then, the archaeologists have
るといえる。それ以来、考古学者たちは、シュメール・
disinterred the relics of some civilizations—e.g. the
アッカド文明、インダス文明、クレタ文明、ミケーネ文
Sumero-Akkadian, the Indus culture, the Minoan, the
明、マヤ文明、中国文明などの遺物や遺跡を発掘してき
Mycenaean, the Mayan, and Shang period of the
ているが、それらは完璧に忘却の彼方に行ってしまって
civilization of China—which had fallen into complete
いたものであった。彼らはファラオのエジプト文明、つ
oblivion. They have also brought to life the Pharaonic
まり巨大な遺跡はあまりにも目立ち過ぎていたにも拘
Egyptiac Civilization, whose massive monuments had
らず手を付けていなかったが、その記録を解読すること
never ceased to be conspicuous, by deciphering its
で見事に甦らせたのである。それに引き続いて、シュメ
records, and they have subsequently deciphered the
ール・アッカド文明、ミケーネ文明、中国の秦王朝の文
records of the Sumero-Akkadian and Mycenaean
明の記録を解読して行った。
Civilization and those of the Chinese Shang dynasty.
こうした考古学者たちによる努力で、歴史家たちにも近
The civilization that have thus been made accessible
づきうるようになったこれらの文明が、既知の文明の数
- 11 -
for historians by the archaeologists have increased
を増やして各種の文明の比較研究を可能にしたのだ。
the number of known civilizations to a figure at which
同時に、考古学者たちは20世紀において、科学者たち、
a comparative study of them has become possible. At
技術者たち、独裁者たち、征服者たちが、歴史の形・姿
the same time, the archaeologists have been changing
を変えてきているのと同じように、素早く文明の夜明け
the shape of history at the dawn of civilization as
のときに歴史の形・姿を変えたのである。
rapidly as the scientists, technicians, dictators, and
conquerors have been changing history’s shape in the
twenties century.
For the reasons the present version of this book
これらの諸々の事由により、本書の新版は、1934
differs widely from the original version in the ten
年~1954年に掛けて10巻分を発行した初版と比
volumes published between 1934 and 1954, and, for
べて大幅に違っている。同様の理由によって、本版もま
the same reasons, the present version in its turn is
た、相次ぐ事件の流れや知識の増大に伴ってやがては時
bound to be put out of date by the continuing flow of
代遅れとなるべく運命にあることは否めない。歴史もま
events and increase of knowledge. Neither history nor
たすべての人間の活動も人類がこの地球上に生存し続
any other human activity can be definitive so long as
ける限りは、最終的なものはありえない。人類が恐ろし
the human race continues to exist. This book will
い面を持ちながら、一方、魅惑的な面も持ち合わせるよ
have served its purpose if it helps its readers to take a
うな営みに対して、読者が包括的な見方を出来るように
comprehensive view of the formidable but fascinating
役立つのであれば、本書の発行した目的は達成できたこ
flux of human affairs.
とになるであろう。
ARNOLD TOYNBEE
アーノルド・トインビー
June 1972
1972年6月
PART Ⅰ: THE SHAPE OF HISTORY
第Ⅰ部:歴史のかたち
I begin my study by researching for a unit of
historical study that is relatively self-contained and is
therefore more or less intelligible in isolation from the
rest of history. I reject the present-day habit of
studying history in terms of national states; these
seem to be fragments of something larger: a
civilization. In so far as Man needs to classify
information before interpreting it, this large-scale
unit seems to me to be less than a smaller scale. After
defining my unit distorting, and looking at
pre-civilizational societies, I try to establish a ‘model’
for historical of civilizations, taking my cue from the
course of Hellenic, Chinese, and Jewish history. By
combining their principal features, I propose a
composite model which seems to fit the histories of
mast of the civilizations we know. I conclude by
assembling a list of civilizations past and present.
比較的必要な物がすべて揃っていて、そして残ってい
る歴史から分離しても大体理解できそうな歴史研究を
一つのユニットとして追究することで、自分の研究を始
めた。国家、つまり文明というある程度大きい断片であ
るように思える見地から鑑みて、今現在の現象を、歴史
の研究の対象から私は外している。情報を解釈する前に
それを分類したいと必要性を感じる限り、この大きい尺
度でのユニットの方が、小さな尺度でのそれよりも少な
いように私には思える。自分なりの分類ユニットの定義
をして、文明化される前の多くの社会を見た後に、幾つ
かの文明を歴史的な観点からモデル化した。即ち、ヘレ
ニズム、中国、ユダヤの歴史からきっかけを掴もうとし
た。それらの主要なかたちを結びつけることで、我々が
良く知るところの幾つかの文明の帆柱について合うよ
うな混合モデルを提案している。過去と現在の幾つかの
文明を一覧表にして結論を出したい。
- 12 -
- 13 -
- 14 -
- 15 -
1.2.3.様々な人間のイメージで表される神の姿
4.5.産業主義とナショナリズム
1.左:イスラム教徒、2.中:コンゴ人、3.右:中国人 それぞれの目を通じて
描かれたキリスト聖画像;固有の文化的・民族的背景が見られる。
上:「現代の精神」と題して人間の知性を機械化して描いたもの。
下:ドイツ皇帝ヴェルヘルムⅡ世の在位 25 周年記念絵葉書が、軍
事的ナショナリズムの光景が二重写しになっている。
6.人間とその主人
デトロイトのフォード自動車工
場が、描かさせた壁画。
産業過程で機械に隷属している
人間の地位を厳かに祝福してい
る。
- 16 -
7.人間とその主人
7.チャプリンの映画「モダン・タ
イムス」の一場面。自分が作った
機械に矮小化された人間を巧み
に風刺している。
8.9.モダナリズムの神格化
8.凱旋門、パリ、1806 年~36 年
9.ブランデンブルグ門、ベルリン、1789 年
10.11.モダナリズムの神格化
10.デューイ・ヴィクトリア・アーチ、ニューヨーク、
1899 年
11.ロシア建国 1000 年記念塔、ノヴゴロド、1862 年
- 17 -
1 The relativity of historical thought
1歴史思想の相対性
The Aethiopians say that their gods are snub-nosed and
神々は獅子鼻で黒い肌をしているとエチオピア人は言い、
black-skinned and Thracians that theirs are blue-eyed and
神々は青い目で赤い髪をしているとトラキア人は言う。牛や馬
red-haired. If only oxen and horses had hands and wanted to
がもし手を持ち自分の手で絵を描けたら、人間が美術品を創る
draw with their hands or to make the works of arts that men
ように、牛馬も創ろうとするであろう。そこで馬は自分の思う
make, then horses would draw the figures of their gods like
神々の姿を馬のように描くし、牛は牛のように神々の姿を描く
horses, and oxen like oxen, and would make their bodies on the
であろう、つまり自分の姿から想像して神々を描くに違いない。
model of their own.
IN ANY AGE of any society the study of history,
どの社会でのどんな時代でも歴史の研究は、他の社
like other social activities, is governed by the
会活動と同じように、その時代や場所を支配する特定
dominant tendencies of the time and the place. The
の傾向によって左右されるものだ。現代の西欧世界は
Western World in our age has been living under the
二つの制度のもとで営まれている。その一つは経済の
domination of two institutions: the industrial system
産業組織であり、もう一つは国民主権の独立国家にあ
of economy and a hardly less complicated system of
る議会制代議政治の略称として「デモクラシー」と呼
politics which we call ‘Democracy’ as a short title for
ばれる非常に複雑な政治組織である。
responsible
parliamentary
representative
この経済と政治という二つの制度は、西欧世界では、
government in a sovereign independent national
その時代時代に対峙してきた主な諸問題に対して暫定
state. These two institutions, the one economic and
的ではあるものの解決策を提示してきたので、現代に
the other political, attained a general supremacy in
先立つ時代の終わりには、最上の制度として捉えられ
the Western World at the close of the age preceding
てきている。これらの制度が崇められてきたことは、
our own because they offered provisional solutions for
その制度を見出し、そこに救いを求めてきた時代に完
the chief problems with which that age had been
成したことを意味しているし、それらの制度が現在も
confronted.
the
存続していることは、先人たちの創造力を証拠立てる
completion of the age which had sought and found
ものである。そして現代の私たちは、それらを創造し
salvation in them; their survival bears witness to the
たのではなく、それらの影の下で成長してきたのであ
creative power of our predecessors; and we, who did
る。我々は今もなおその産業組織と議会制国民国家の
not create them, have grown up under their shadow.
中で生活し、社会活動を継続しているのであり、それ
In the industrial system and the parliamentary
ら二つの相続してきた制度の持つ威力は、私たちの想
national state we still live and move and have our
像をはるかに超えたものである。それらの威力を、現
being; and the power of these two inherited
代の歴史家たちの仕事を進める上で殆ど全ての点で感
institutions over our imaginations. Their prestige is
じ取っていると思う。
Their
enthronement
signified
apparent at almost every point in the work of our
historians.
The industrial system has a human aspect in the
産業組織は、労働を分業化する中に一つの人間的側
division of labor and a non-human aspect in the
面を持ち、近代西欧の科学思想を人間生活での自然環
application of modern Western scientific thought to
境へ適用する中に非人間的側面を持っている。産業組
the physical environment of human life. Its method of
織を実際に運用することとは、その生産能力を最大に
operation is to maintain, up to the maximum of its
持って行くまで多くの労働者が従事して、機械的に原
productive capacity, an incessant output of such
料から物品を生産し得るよう絶え間なく製造し続ける
articles as can be manufactured from raw materials
ことを意味する。
- 18 -
by the mechanically coordinated work of a number of
産業組織のこのような特色が、20世紀の西欧思想の中
human beings. These features of the industrial
に、理論的にもまた実際に再び現れてきている。
system have been reproduced in the theory and even
in the practice of Western thought in the twentieth
century.
When I was a child I used to stay from time to time
自分が子供のころ、物理科学の分野で著名な教授のお
in the house of a distinguished professor of one of the
宅に時々泊めて頂くことがあった。そのお宅には本棚の
physical sciences. There was a study lined with
並んだ書斎があったが、自分がそこへ行く度に書棚にあ
bookshelves, and I remember how, between one visit
る書籍が並び変わっているのに気付いていた。初めて書
and another, the books used to change. When first I
斎に入ったときは、本棚には、一般文学書、一般科学書、
knew the room, many shelves were filled with general
その教授が専門とする分野の科学部門の一般書籍で埋
literature, with general scientific works, and with
まっていたのを思い出す。その後、数年が経って書斎に
general works on that branch of science in which my
足を踏み入れたところ、本棚は一つずつ、専門分野の定
host was an expert. As the year passed, these shelves
期刊行物・六種類(体裁の悪い製本の薄っぺらの本で、
were invaded, one after another, by the relentless
多くの専門家が著した研究論文を掲載しているもの)が
advance of half a dozen specialized periodicals -
容赦なく押し入っていたのを知った。これらの専門分野
gaunt volumes in grim bindings, each containing
の定期刊行物は文学的表現の少ない類の書籍であり、内
many monographs by different hands. These volumes
容的にもそれらの間には統一性が欠如していた。一つの
were not books in the literary sense of the word, for
研究論文と他の研究論文との間には、科学の分野で多少
there was no unity in their contents and indeed no
同じ内容がある程度の、非常に弱い関連性があっただけ
relation whatever between one monograph and
である。定期刊行物が入り込んだために本来置かれるべ
another beyond the very feeble link of their all having
き書籍は本棚から結局追い出されてしまった。それらが
something to do with the branch of science in
何処へ行ったのかを後になって気付いたのだが、書籍は
question. The books retreated as the periodical
何と屋根裏部屋にあったのである。シェリーの『詩集』
advanced. I afterwards rediscovered them in the
やダーウィンの『種の起源』など素晴らしい書物と一緒
attics, where the Poem of Shelley and The Origin of
にされて追放の身となり、粗末な本棚に無残にも置か
Species, thrown together in a common exile, shared
れ、ガラス瓶にこびり付いた微生物と同居していたの
shelves of a rougher workmanship with microbes kept
だ。それ以来お宅を訪ねる度に、その書斎を見るのも嫌
in glass bottles. Each time I found the study a less
になり、以前よりは住み辛くなってしまった。
agreeable room to look at and to live in than before.
These periodicals were the industrial system ‘in
これらの定期刊行物は、労働者による分業と大量生産
book form’, with its division of labor and its sustained
形態を維持しながら、原材料・紙から機械的に作り出さ
maximum output of articles manufactured from raw
れる商品として、「書籍という形式」を持つ一種の産業
materials mechanically. In many dislike of those rows
組織である。それらが書棚に並んでいるのを見るのは自
of volumes I used to regard them as the abomination
分にとっては非常に嫌で、立つべきところでないところ
of desolation standing in the place where it ought not,
《「荒らす憎むべきもの」が、自分の立ってはならない所に立っているの
but I am now ready to believe that they may not have
を見たならば、読者は良く読み取るように:マタイ伝13-14》
been out of place in a physical scientist’s work-room
と見做したのだったが、今となっては、20世紀初めの
in the early years of the twentieth century of our era.
頃の物理化学者の研究室では場違いだったのかなと思
Since the industrial system, in its non-human aspect,
っている。非人間性の側面として、物理科学に基づいた
is based on physical science, there may well be some
産業組織をみると、両者の間に一種の予定調和
- 19 -
kind of ‘pre-established harmony’ between the two;
《ライプニッツの説―モナドロジー(単子論)の立場に立つライプニッ
and so it is possible that no violence is done to the
ツからすれば、認識は主体と客体の間に生じる作用ではなく、したがって
nature of scientific thought through its being
直観でも経験でもない。》に近いものである。
conducted on industrial lines. At any time, this may
well be the right way of handling any branch of
それは、科学思想が持つ本性として進めて行くと、産
業が進む方向に沿うものになるだろう。
physical science in its early stages ― and all our
なにはともかく、これは初期段階での物理科学のすべ
modern Western science is still very young, even
ての部門―西欧社会の年齢と比較してみて、近代の西欧
compared with the age of the Western Society―since
科学はまだまだ若い―での正しい取り組み方である。
discursive thought of any kind needs an initial supply
of ‘data’ on which to work. The same method,
どんな種類の推論的な思想を持つにも、研究に必要な
データが先ず与えられる必要がある。
however, has latterly been applied in many realms of
thought beyond the bounds of physical science―to
しかも最近は、この同じ手法を、物理科学分野を超え
た多くの思想の領域に適用しつつある。
thought which is concerned with life and not with
inanimate Nature, and even to thought which is
それは、生命に関わりながらも無生物の自然本性には
無関係の思想や、人類の活動に関係する思想である。
concerned with human activities. Historical thought
is among these foreign realms in which the prestige of
歴史思想とは、産業組織が持つ威信が自己主張するよ
うになってきた異質の領域の一つである。
the industrial system has asserted itself; and here―
私たち西欧社会の歴史よりももっと長い歴史を持ち、
in a mental domain which has had a far longer
事物ではなくて人類に関わる精神的領域では、近代西欧
history than our Western Society and which is
社会の産業組織が、人類が生き、そして労働する上で最
concerned not with things but with people―there is
良の制度であると、確信を持っては言い切れない。
no assurance that the modern Western industrial
system is the best régime under which to live and
labor.
The subjugation of this ancient kingdom of
歴史思想というこの古い王国が西欧的生活の近代産
historical thought by the modern industrialism of
業主義によって服従されてきた事例が、テオドール・モ
Western life is illustrated in the career of Theodor
ムゼンの生涯に描かれている。
Mommsen. In his younger days Mommsen wrote a
モムゼンは若いころに優れた本を書いているが、その
great book, which certainly will always be reckoned
本は西欧歴史書の中では傑作中の傑作としていつまで
among
も間違いなく数えられるだろう。
the
masterpieces
of
Western
historical
literature. This book was The History the Roman
Public, published in 1854-56; but Mommsen had
1854年から1856年に掛けて出版され、
『共和
制ローマ』と名付けられている。
hardly written it before he became almost ashamed of
でもモムゼンは書き終わった後に、それが実に恥ずか
it and turned his magnificent energy and ability into
しい内容だと思ったのか、自分のエネルギーと才能を違
other channels. Mommsen made it his life work to
う分野に使うことにしてしまった。
organize
the
exhaustive
publication
of
Latin
モムゼンは、ラテン碑文の集大成とローマ法の百科全
inscriptions and the encyclopedic presentation of
書的な書物を、書きまとめることをライフワークとして
Roman Constitutional Law.
選んだのである。
- 20 -
Das
Römisebe
Staatsrecht
and
the
Corpus
晩年には、
『ローマ法』と『ラテン碑文集成』とが、
Inscriptionum Latinarum were the monuments by
自分にとって記憶されたいものに思うようになった位
which, in later life, he would have preferred to be
であったらしい。
remembered; and the volumes of his collected works –
彼が集めた書籍
―それはつながりのない研究論文
a congeries of unrelated monographs and articles –
や評論の寄せ集めであったが― は、寄稿者がたまたま
are like so many volumes of a learned periodical
一人で著述された数巻に亘る学会誌のように見えたの
which happens to have had only one contributor. In
である。
all this, Mommsen was representative of the Western
このすべてにおいて、モムゼンは自分の世代、産業組
historians of his generation – a generation in which
織が西欧世界の「知的労働者」の上に君臨するかのよう
the prestige of the industrial system imposed itself
な威信を持った世代の、西欧歴史家たちの代表者であっ
upon the ‘intellectual workers’ of the Western World.
た。
Since the days of Mommsen and Ranke, historians
モムゼンとランケが活躍した時代以降の歴史家たち
have given their best energies to the ‘assemblage’ of
は、碑文・古文書・各種文献の束ね・蒐集といったよう
raw materials – inscriptions, documents, and the like
な一次文書集成に、最大のエネルギーを注ぎ込んできて
– in ‘corpus’es and periodicals; and, when they have
いる。
attempted
to
‘up’ into
そして彼ら歴史家たちがこれらの一次文書を半製
‘semi-manufactured’ articles, they have had recourse,
品・仕掛品に仕立てようとしたときに、結局は分業に再
once again, to the division of labour and have
度頼ることになり、ケンブリッジ大学出版局が続けて版
produced synthetic histories like the several series of
番を重ねて出版する叢書のように、歴史全集の形を採用
volumes published in successive versions by the
することになった。
Cambridge
‘work’ these
University
materials
are
そのような叢書は、現代社会の、勤勉さと事実認識と
‘factual’
機械的な技能と組織力を表す、記念物のように思える。
knowledge, the mechanical skill, and the organizing
それらは、現代の巨大な、トンネル、橋梁、ダム、高
power of our society. They will take their rank with
層ビル、大型ジェット機、宇宙船と肩を並べるほどであ
our stupendous tunnels and bridges and dams and
り、編集者たちは西欧の有名な技術者たちの仲間として
high-rise
記憶されるに違いない。
monuments
of
the
buildings
Press.
Such
laboriousness,
and
giant
series
the
jet-planes
and
spacecraft, and their editors will be remembered
産業組織は、歴史思想の領域に侵略することにより、
among the famous Western engineers. In invading
偉大な戦略家たちの活動範囲を広げ、驚異的な戦勝品を
the realm of historical thought, the industrial system
与えることになる。
has given scope to great strategists and has set up
でも、私心のない傍観者に映る心には、この征服が結
marvellous trophies of victory. Yet, in a detached
局のところ力技ではなかったのではないか、勝利と思っ
onlooker’s mind, the doubt arises whether this
ていたものが、実はまやかしの妄想ではなかったのでは
conquest may not, after all, be a tour de force and the
ないか、という疑問が残るのであろう。
confidence of victory the delusion of a false analogy.
Some historical teachers of our day deliberately
現代に至っては、歴史学の、ある教授は、自分の「ゼ
describe their ‘seminar’ as ‘laboratories’ and, perhaps
ミ室」を「実験研究室」と慎重に用語を選んで表現し、
less consciously but no less decidedly, restrict the
ほとんど無意識ながらも確固たる信念を持って、「独創
term ‘original work’ to denote the discovery or
的な研究」という用語で、従来は認識されていなかった
- 21 -
verification of some fact or facts not previously
何らかの事実若しくは諸々の事実を発見した又は検証
established. At the furthest, the term is extended to
をしたことに限定してしまうことになる。
cover the interim reports upon such work which are
contributed to learned journals or to synthetic
その用語は、学術雑誌か総合歴史書に寄稿されるよう
な中間報告書にせいぜい使われるのが落ちである。
histories. There is a strong tendency to depreciate
一人の知性で創り出された歴史学の業績に対して蔑
works of historical literature which are created by
視する傾向が強くなり、
「世界歴史全集」といったもの
single minds, and depreciation becomes the more
に概ね似たものであればあるほどその蔑視は際立って
emphatic the nearer such works approximate to being
くる。
‘Universal Histories’. For example, H.G. Wells’s The
例えていうとH.G.ウェルズの「歴史概論」は、多く
Outline of History was received with unmistakable
の歴史専門家から紛れもなく敵意を抱かれた。著者ウェ
hostility by a number of historical specialists. They
ルズが長い年月を掛けて各地を旅したときに得た知見
criticized severely the errors which they discovered
の記述に関して、歴史家たちは重箱の隅を突くようにし
where the writer, in his long journey through time
て彼の誤りを見つけたと声高々に非難を浴びせ掛けた。
and
tiny
可能性を決して見いだせないようなものに対して思い
allotments. They seemed not to realize that, in
切って挑戦しようとしたウェルズが、一つの人類史を、
reliving the entire life of Mankind as a single
一つの創造力豊かに経験をして生きた証しとして書い
imaginative experience, Wells was achieving which
たのに、歴史家たちには気づいていなかったようだ。
space,
happened
to
traverse
their
they themselves would hardly have dared to attempt
ウェルズが本を著した目的を理解し、その持つ価値を
― something, perhaps, of which they had never
より多く評価していたのは、一般の読者であって、専門
conceived the possibility. In fact, the purpose and
家である当時の歴史家たちではなかったようである。
value of Wells’s book seem to have been better
歴史思考を産業組織化がここまで進んだ結果、それが
appreciated by the general public than by the
「産業の精神」として病的なほどに誇張され、再生産を
professional historian of the day.
しているかのように思えてならない。個人や社会が使う
The industrialization of historical thought has
エネルギーの用途は、電灯用や暖房用や輸送用であり、
proceeded so far that it has even reproduced the
製品や商品を生産するための材料加熱や加工に使う機
pathological exaggerations of the industrial spirit. It
械の動力源であることは誰でも知っている。そのエネル
is well known that individuals or communities whose
ギーや原材料という天然資源の発見や開発それ自体が、
energies are concentrated upon turning raw
価値ある活動であって、それらから作り出されるすべて
materials i nto light, he at, locomotio n, o r
の結果(訳注:製品や商品)は、人類には無関係だとい
manufactured articles are inclined to feel that the
う風に受け取られがちである。
discovery and exploitation of natural resources is a
天然資源のある国に住む人々が、自分たちで自由に利用
valuable activity in itself, apart from the value for
できる天然資源の開発を少しでも怠ったりしようもの
Mankind of any results produced by the process. They
なら、歴史家たちは非難に値すると感じ始めるようにな
are even tempted to feel it reprehensible in other
り、自分たちがもし天然資源のある土地にたまたま住ん
people when they neglect to develop all the natural
でいれば、その豊富な資源の開発ができるという呪物の
resources at their disposal; and they themselves
奴隷になり易くなるのである。欧州の観察者によれば、
readily become slaves to their fetish if they happen to
このような精神状態はアメリカのビジネスマンに見ら
live in a region where natural resources, and
れるあるタイプに似ているという。しかし、この種のタ
opportunities for developing them, abound. This state
イプは、概して言えば、欧州全体に見られる極端な特徴
of mind appears to European observers to be
の傾向を持ったひとつの産物であるかも知れない。
characteristic of a certain type of American
businessman; but this type is simply an extreme
- 22 -
product of a tendency which is characteristic of our
そして、現代の歴史家たちは、健全なる調和感をウェル
Western World as a whole; and our contemporary
ズの時代と同じように持たない結果からくる同様の不
European historians sometimes ignore the fact that
健全さが残っていることを時々知らないふりをして、そ
in our time the same morbidity, resulting in the same
れがまた精神構造上に認められるのである。
loss of proportion, is also discernible in their own
frame of mind.
The point may be brought home by an illustration.
この点については、実例を示せば分かってもらえるで
After Alexander the Great had broken up the
あろう。アレクサンドロス大王がアケメネス帝国(訳注:
Achaemenian Empire, the dynasty of the Ptolemies
ペルシャ王国を紀元前330年に)を滅ぼした後に、プトレマイ
built some of the fragments into a Great Power based
オス王朝が、エジプトを土台にして周辺の小国を統一し
on Egypt, while the Seleucids built up another Great
て大国を築き、一方では、セレウコス王朝(訳注:現シリ
Power out of the former provinces of the Empire in
ア)が、アジアにある幾つかの地方帝国を統一して大国
Asia. No one who studies these two Great Powers in
を築いた。この二つの大国のどちらにより関心があり、
their historical perspective can doubt which of them
より重要な国であるのかを、釣り合いのある歴史的見方
is the more interesting and important. The Seleucid
でもって研究した歴史家はいない。セレウコス王朝は、
Monarchy was the bridal chamber in which the
ギリシャ文明とシリア文明とがあたかも結婚したよう
Hellenic and Syriac Civilizations were married, and
なものであり、その愛の棲家と考えてよく、両者の結合
their union there produced titanic offspring: to begin
でもって巨大な子供が産まれたことになる。その子供と
with, a divine kingship as a principle of association
は、まず初めに都市国家間に連合・共同といった原理と
between city-states which was the prototype of the
しての神性を持つ王権であり、それは後にローマ帝国の
Ro man Empire, and t he n a who le s eries o f
原型となった。そしてミトラ教、キリスト教、マニ教、
syncretistic religions: Mithraism, Christianity,
イスラム教など一連の異なる宗教もこの地域で発生し
Manichaeism, and Islam. For nearly two centuries
た。約 2 世紀に亘って続いたセレウコス王朝は、当時の
the Seleucid Monarchy was the greatest field of
世界において最も創造的な人間活動をした地域であり、
creative human activity that existed in the world; and
その比較的短い存続期間中に勃発した動乱で王朝が滅
long after it had fallen the movements generated
んだ後も長く人類の運命を形作ったのである。これと比
during its comparatively brief span of existence
べてみると、プトレマイオス帝国におけるギリシャ文明
continued to mould the destinies of Mankind.
がエジプト文明との結婚は、実り少ないものだった。イ
Compared with this, the marriage of Hellenism with
シス崇拝とある種の経済的な、そして社会的な組織をロ
the Egyptiac Civilization in the Ptolemaic Empire
ーマ帝国に導入したことによって実際には評価されう
was unfruitful. The introduction into the Roman
るに過ぎなかった。
Empire of the worship of Isis and of certain forms of
economic and social organization is really all that can
しかしながら、ある一つの風土的な偶然によって我々が
be placed to its account. Owing, however, to a climatic
入手できるこの二つの君主国に関する生の情報量が、歴
accident, the amount of raw information regarding
史においてそれらが本質的に備えている重要性とは反
these two monarchies which happens to be accessible
比例する内容のものであった。上エジプト(エジプト北
to us is in inverse ratio to their intrinsic importance
部地域)の乾燥した砂漠は、西欧の発掘者にルネッサン
in history. The dry-as-dust soil of Upper Egypt yields
ス時代の学者に夢を与えた以上の、豊富なパピルスを用
the scientific Western excavator a wealth of papyri,
いた文書をもたらし、これらのパピルス文書が、農業、
beyond the dreams of the scholars of the Renaissance,
物つくり、交易、行政でのこれらの地方に根付いたやり
and these papyri afford minute information regarding
方に関して詳細に情報を与える結果になり、セレウコス
local methods of agriculture, manufacture, trade, and
- 23 -
public administration, whereas the history of the
君主国の歴史が、散り散りばらばらに埋もれていた貨
Seleucid Monarchy has to be pieced together mainly
幣、碑文、断片的な文字による記録を主に使いながら継
from scattered coins and inscriptions and from
ぎ合わせねばならなかった。
fragments of literary records. The only new source of
information
here
that
the
上エジプトから出土されるプレオマイオス時代のパ
Ptolemaic-Age papyri from Upper Egypt is the
ピルス文書と比較されうる新しい情報の源は、バビロニ
Seleucid-Age
アから出土されるセレウコス時代の粘土板文書だけで
clay
tables
is
comparable
from
to
Babylonia.
The
significant point is that the Ptolemaic papyri have
ある。
attracted almost all the spare energies of Western
ここで重要な事柄は、プレオマイオス時代のパピルス
scholarship in the field of ancient history, and that
文書が、西欧古代歴史学者の持つエネルギーの殆どを使
the comparatively large number of scholars who have
い果たすほどに惹きつけてしまったことと、パピルス文
been devoting themselves to elucidating the minutiae
書の些細なことを解明することに血道を上げたかなり
of papyrus texts have tended to measure the
多くの学者たちが、プトレマイオス君主国の歴史的重要
historical importance of the Ptolemaic Monarchy by
度を明かすのに、その歴史の再建に利用しうる歴史資料
the amount of raw material accessible for the
の量と、この再建の作業に費やす労働の辛さとによって
reconstruction of its history and by the intensity of
測ろうとしていたことである。
the labour which they themselves have devoted to
this reconstructive work.
I updated on Apr., 29th, 2011
傍観者である私が残念に思うことは、ここに使われた
An outside observer is tempted to regret that part
エネルギーの一部でも、セレウコス王朝史を再構成に利
of this energy was not reserved foe equally intensive
用できるように、比較的不十分な量とはいえその歴史資
work
料に基づいて研究の精査になぜ注がれなかったのかと
upon the
materials
that
relatively meagre quantity of
is
at
our
disposal
for
the
いうことである。人類の歴史をもっと紐解くには、プト
reconstruction of Seleucid history. One additional
レマイオス帝国のエジプト社会や経済体制に光を大き
gleam of light thrown upon the darkness of this page
く当てることよりも、この暗闇のセレウコス王朝史へも
might add more to our understanding of the history of
っと光を投じるべきである。更に私は、精神的な面でも
Mankind than floods of light thrown upon the social
考えたくなってしまう。つまり、プトレマイオス王朝の
and economic organization of Ptolemaic Egypt. And,
パピルス研究者となった学者が、
「プトレマイオス王朝
beyond this, the observer is moved to a psychological
のエジプトが、その特殊な社会を構成していた特殊な時
reflection. He suspects that the scholar who has
代を研究する上で、最も関心があり且つ重要であったも
become a Ptolemaic papyrologist has seldom asked
のなのか」という大きな疑問を自問自答したことは殆ど
himself the prior question: ‘Is Ptolemaic Egypt the
なかったのではないかと私は疑いたくなる。その代わり
most interesting and important phenomenon to study
に「この分野で未知の埋蔵量が豊富な鉱山(歴史資料)
in the particular age of the particular society to which
は何か」と、学者は自問自答していたのであろう。その
it belonged?’ More probably he has asked himself
答えが「プレオマイオスのパピルス文書だ」と知ると、
instead: ‘What is the richest mine of unworked raw
二度とそれについて何も考えずに、自分に残された研究
material in this field?’ And, finding that the answer
生活をパピルス学者として送ることになったのである。
is ‘Ptolemaic papyri’, he has become a papyrologist for
the rest of his working life without thinking twice
about it.
- 24 -
Thus in modern Western historical research, as in
現代の西洋における歴史の研究でもって、多量の、位置
modern Western industry, the quantity and location
付けをなす歴史資料が、現代の西洋の産業の中へ入り、
of raw materials threaten to govern the activities and
人間の活動や生活を支配しそうになるのである。しかも
the lives of human beings. Yet there is little doubt
我々が考えていたパピルス学者が、人間のあらゆる基準
that our imaginary papyrologist has made a wrong
をもとに悪い選択をしてしまったことは間違いない。歴
choice by all humane standards. Intrinsically, that
史探検家が高価な真珠のように待ち受けている領域は、
Seleucid Monarchy and not the Ptolemaic Monarchy
本質的にはセレウコス王朝であって、プトレマイオス王
is the field in which the pearl of great price awaits the
朝ではない。
historical explorer. For this judgment it is sufficient
このことは、エデゥアルト・マイヤーの出典を引用すれ
to quote the authority of Eduard Meyer ―a scholar
ば十分に証明できる。この学者は当時の風潮に抗して
who was not without honour in his own generation,
『世界史』を執筆するのに、恰もアナクの子(訳注:旧約
though he used his mastery of modern scientific
聖書・創世記6章:巨人ネフィリムの子孫)が約束された生誕
equipment and technique in order to write ‘Universal
日を過ぎて生まれてきたかのように、ヴォルテール著
History’ in the great tradition of Essai sur les Mæurs
『歴史哲学序論 諸国民の風俗と精神について』や、ギ
et l'esprit des nations or The history of the Decline
ボン著『ローマ帝国衰亡史』といった優れた作品を伝承
and Fall of the Roman Empire, like some son of Anak
しながらも、精通していた現代科学の知識や方法を駆使
born of due time.
したのであった。
This tendency for the potter to become the slave of
陶工が粘土の奴隷となりがちなのが、明らかに常軌を
his clay is so evident an aberration that a corrective
逸したことなのと同じように、その是正処置が歴史的な
may be found for it without abandoning the
思考方法と産業の方法とでもって、今はやりの類比する
fashionable
of
ことをしなくてもできるのかも知れない。とにかく、産
historical thought and the processes of industry. In
業においては原材料によって催眠術を掛けても効かな
industry, after all, to be hypnotized by the raw
い。成功した企業家とは、まず特定の商品や特徴あるサ
material does not pay. The successful industrialist is
ービスには強い経済的需要があることに気づき、次に自
the man who first perceives that there is a strong
分にとって利益をもたらすような原材料や人力を手に
economic demand for some particular commodity or
入れることで、商品を作りだし、またサービスを効率よ
service, and then lays hands just those raw materials
く提供できる人々を指している。目的に叶わないような
and that manpower with which, at a profit to himself,
原材料や人力には彼らは何も関心を持たない。言い換え
he can manufacture that object or perform that
てみれば、彼らは天然資源の主人であって、奴隷ではな
service efficiently. Raw materials and manpower
い。だからこそ彼らは産業の指揮官であり、ひと財産を
which do not happen to serve the purpose have no
作り上げるのである。
analogy
between
the
precesses
interest for him. In other words, he is a master of
natural resources, and not their slave, and so he
しかし歴史的思考とは実際には産業的な生産活動と
becomes a captain of industry and makes his fortune.
は類比できないものである。行動の世界において、動物
But historical thought is not, in truth, analogous to
や人間を丸太や石かのように取り扱えば禍を招くこと
industrial production. In the world of action, we know
を我々は知っている。どうしてこのような取扱いをする
that it is disastrous to treat animals or human beings
ことが観念の世界において少しは許されるのであろう
as if they were stocks and stones. Why should we
か。またどうして科学的思考方法―生命のない自然につ
suppose this treatment to be any less mistaken in the
いて考えるために工夫してきた方法―が、生物の研究と
world of ideas? Why should we suppose that the
か、そしてまさに人間というものの研究であるところ
scientific method of thought―a method which has
の歴史的思考に適用できると考えないのであろうか。
- 25 -
been devised for thinking about inanimate Nature ―
ある歴史学教授が、自分の「ゼミ」とか「実験室」と呼
should be applicable to historical thought, which is a
んでいるときは、自分の本来置かれている環境から自分
study of living creatures and indeed of human being?
自身を追い出しているのでないだろうか。
When a professor of history calls his ‘seminar’ a
「ゼミ」とか「実験室」という言い方は暗喩であり、
‘laboratory’, is he not wilfully expatriating himself
何れの暗喩も、各分野では適切な表現となろう。歴史家
from his natural environment?
が 使 う 言 葉 「 セ ミ ナ リ ウ ム 」( 訳 注 : ラ テ ン 語 。
Both names are metaphors, and either metaphor is
ラ テ ン 語 に 近 い ポ ル ト ガ ル 語 ; 英 語 viveiro;nursery, escola;school,
apt in its own sphere. The historian’s seminarium is a
principo;principle, origem;origin, causa;cause)は、生き物につい
nursery-garden in which living ideas about living
ての活きた考え方を教えるために植え付ける苗床のこ
creatures are taught to shoot. The physical scientist’s
とである。物理学者が使う言葉「ラボラトリウム」は、
laboratorium in – or was till the other day – a
研究成果を出した論文、もしくは研究中の論文が、生き
workshop
物でない原材料から機械的に作りだされる恰も作業場
in
which
semi-manufactured
articles
manufactured
are
or
produced
のようなものであり、いや、この間まではそうであった。
mechanically out of inanimate raw materials. No
しかし、実務家ならば苗床を工場の方針に従って処理を
practical man, however, would think of conducting a
し、または、苗床の方針に従って工場を処理はしないで
nursery-garden on the principles of a factory or a
あろう。そして観念の世界においても、学者は、同じよ
factory on the principles of a nursery-garden; and, in
うに誤った適用方法を避けなければならない。無生物に
the world of ideas, the corresponding misapplications
生命を想像して吹込むような「愁嘆的誤謬」と呼ばれる
of method ought to be avoided by scholars. We are
ものに対して、我々は十二分に警戒している。それとは
sufficiently on our guard against the so-called
反対に生物を無生物かのように取り扱う「無感情の誤
‘pathetic fallacy’ of imaginatively endowing inanimate
謬」という犠牲者に、我々は今日陥っているのである。
objects with life. We now fall victims to the inverse
‘apathetic fallacy’ of treating living creatures as if
they were inanimate.
If the industrial system had been the sole dominant
institution
in
contemporary
Western
life,
もし産業組織が近代の西欧人が営む生活の中に取り
the
込まれた唯一の支配的制度だとした場合、西欧思想に亘
influence of its prestige over Western historical
って大きな影響を及ぼしたこと自体が、それ自身の重圧
thought might have broken down under its own
によって潰れてしまったに違いない。産業組織を歴史思
weight; for the industrial system can be applied to
考に適用可能なものにするのは、かなり思い切った分業
historical thought only by a very drastic division of
でしかない。産業において分業とは、人類が物質的幸福
labour. In industry, the division of labour is readily
度への対価として躊躇なく(恐らくあまりにも容易に)
(perhaps too readily) accepted by Mankind as a price
支払っても良いというときに受け入れられるものであ
which has to be paid for material well-being; and
る。物質的世界に関する思想領域においては、それに対
there appears – or appeared till recently – to be little
して反感を買うことはまずないと思う、あるいは最近ま
repugnance to it in that realm of thought which is
ではそう見えた。
concerned with the physical Universe.
It is conceivable that, as Bergson suggests, the
ベルグソンが示唆したように、知性の仕組みとは、自然
mechanism of our intellect is specifically constructed
界の認識から自分たちが自然界に働きかけられるよう
so as to isolate our apprehensive of physical Nature in
な形に切り離されるよう特別仕立てで作られている。
a form which enables us to take action it.
- 26 -
Yet, even if this is the original structure of the human
しかしこれは人間が持つ本来の精神構造であっても、且
mind, and if other methods of thinking are in some
つこれ以外の他の思考方法が不自然なものであったと
sense unnatural, there also exists a human faculty, as
しても、ベルグソンが指摘しようとしたように、生命の
Bergson goes on to point out, which insists, not upon
ない自然を見るのではなく、生命を感じること、更に生
looking at inanimate Nature, but upon feeling life and
命を全体として感じ取ると強く言い張る性分が人間に
feeling it as a whole.
は備わっているものである。
This deep impulse to envisage and comprehend the
生命の全体を想像し、理解しようとするこの深い衝動
whole of life is certainly immanent in the mind of the
は、歴史家の心の中に確かに内在する。そして産業組織
historian; and such violence is done to it by the
に似た考えを歴史思考に強制するという分業が猛威を
division of labour which the analogy of the industrial
ふるったが、現代の西欧社会に歴史思考の産業組織化に
system imposes on historical thought, that our
矛盾なく見えるような第二の支配的な制度がなかった
historians would also certainly have revolted against
としたら歴史家はこの暴虐に対してまさに抵抗したに
this tyranny if there had not been a second dominant
違いない。
institution in contemporary Western life which has
appeared to make unity of vision still compatible with
the industrialisation of historical thought.
この第二の制度とは、現代西洋人の歴史家が持つ忠誠心
This second institution, which has peacefully divided
を産業組織でもって平和的に分け合っているもの、つま
with the industrial system the allegiance of modern
り主権国家であり、現在の‘民主主義的’時代に国家主
Western historians, is the sovereign state, which is
義を鼓舞されたものである。
inspired in our ‘democratic’ age by the spirit of
nationality.
Here, again, an institution dominating a particular
ここでもまた、ある特定の社会の、ある特定の時代に支
age of a particular society has influenced the outlook
配的であった制度が、その制度の陰でたまたま育てられ
and activity of historians who happen to have been
た歴史家たちの人生観や活動に影響を与えてきている。
brought up under its shadow. The spirit of nationality
国家主義という精神は、部族主義という古い革袋に入っ
is a sour ferment of the new wine of democracy in the
た新しいワインが発酵して酸っぱくなったようなもの
old bottles of tribalism. The ideal of our modern
であろう。近代の西欧における民主主義の理想形として
Western democracy has been to apply in practical
考えられたものは、全人類を博愛するというキリスト教
politics the Christian intuition of the fraternity of all
を実際の政治に導入することであった。しかし西欧の社
Mankind; but the practical politics which this new
会において実際に構築された新しい民主主義の典型と
democratic ideal founded in operation in the Western
見做される政治の実例は、普遍的なものでもなく、また
World were not ecumenical and humanitarian but
人道的なものでもなく、結局は部族的なものに終わり、
were tribal and militant. The modern Western
好戦的なものであったのである。このようにして、近代
democratic ideal is thus an attempt to reconcile two
の西欧社会における民主主義の理想形は、ほとんど相容
spirits and to resolve two forces which are in almost
れない反対の二つの精神を和解させようとし、そして問
diametrical opposition; the spirits of nationality is the
題解決をしようとする企てにしかならなかった。その精
psychic product of this political tour de force; and the
神とは民族主義であり、超能力を備えた政治的な力作で
spirit of nationality may be defined (negatively but
あった。そして民族主義という精神を敢えて定義すれ
not inaccurately) as a spirit which makes people feel
ば、
(否定的なものではあるが、不正確なものではない)
and act and think about a part of any given society as
人々がある一部の社会について、あたかもそれが社会全
if it were the whole of that society.
体であるかのように感じさせ、行動をとらせ、考えさせ
- 27 -
るものである。
This strange compromise between democracy and
このように民主主義と部族主義との間での奇妙な妥協
tribalism has been far more potent in the practical
は、近代の西欧社会における実際の政治において、民主
politics of our modern Western World than democracy
主義そのものよりもはるかに強いものであった。産業主
itself. Industrialism and nationalism, rather than
義や民主主義というよりはむしろ産業主義と民族主義
industrialism and democracy, are the too forces which
が、現代の西欧社会を事実上支配してきた二つの力であ
have exercised de facto over our Western Society in
る。1875年頃に終わる1世紀の間、西欧世界におい
our age; and, during the century that ended about
て起きた産業革命とそれと同時期に起きた民族主義と
AD1875,
が、協働して大国を作り上げ、それぞれの大国が、自国
the
Industrial
Revolution
and
the
contemporary emergence of nationalism in the
が一つの「世界」だと主張し始めたのである。
Western World were working together to build up
‘Great Power’, each of which claimed to be a universe
in itself.
Of course this claim was false. This simple fact that
この主張は勿論誤りだった。一カ国以上の大国が存在し
there were more Great Powers than one proved that
ていたという単純な事実が、その複数の大国の中のたっ
no single one of them was coextensive with the sum
た一国だけでは、全てを包含するような社会へと全体に
total of that society which embraced them all. Every
同一の広がりを持ち得なかったことで証明してしまっ
Grate Power, however, did succeed in exerting a
た。がしかし、いずれの大国が社会における一般人の生
continual effect upon the general life of society, so
活に対しては永続的に影響を及ぼすことには、上手く成
that in some sense it could regard itself as a pivot
功し、ある意味では、社会全体が順調に回るように基軸
round which the whole of society revolved; and every
として自らをみなすことができた。そしていずれの大国
Great Power also aspired to be a substitute for society
は、政治や経済のみならず精神文化においてでさえ自己
in the sense of being self-contained and self-sufficient,
充足し、自給自足できるという意味でもって、社会の代
not only in politics and economics but even in
役を担うものとしてもまた期待が持たれたのである。こ
spiritual culture. The state of mind thus engendered
うして諸大国を構成する各国の国民の間に生じた精神
among the people of communities which constituted
状態は、それほどの大国でない国々へと広って行った。
Great Powers spread to communities of lesser calibre.
西欧社会の歴史におけるそのような時代には、大国から
In that age in the history of our Western Society, all
小国までの全ての国民国家が、それぞれ自国に充足し、
national states, from the greatest down to the least,
且つ、残された世界の国々とは無関係だと自立した独立
put forward the same claim to be enduring entities,
国として永続していると、同じように主張しようとして
each sufficient unto itself and independent of the rest
いた。その主張はあまりにも執拗に前面に押し出され、
of the world. The claim was so insistently advanced
あまりにも広範囲に受け入れられたために、その結果、
and so widely accepted that the true duration and
西欧社会そのものの真の永続性と、真の意味での統一性
true unity of the Western Society itself were
が一時的には影が薄れたことになってしまった。そして
temporarily obscured; and the deep human impulse to
自分たちの生活を全体として感じたいという人間が本
feel life as a whole, which is perpetually seeking to
来持っている深い衝動は、通り過ぎてゆく生活環境を変
find satisfaction in the changing circumstances of life
えながら満足度をずっと追い求めることになり、自分た
as it passes, attached itself to particular nations
ちが成員となっている国家という大きな社会よりは、む
rather than to the larger society of which those
しろ特定の民族の方に結び付くものである。このように
nations were members. Such fixation of social
社会における強い感情の民族集団に結び付くことが、一
emotion upon national groups became almost
般的には普通であり、且つ、ほとんどであって、歴史家
- 28 -
universal, and historians have been no more immune
たちは他の国民ほど民族集団を心配はしていないので
from them than other people. Indeed, the spirit of
ある。民族主義(国家主義)精神は、歴史家たちに対し
nationality has appealed to historians with special
て、特別なる力を及ぼしてきているのは確かである。そ
force, because it has offered them some prospect of
の理由はというと、その民族主義は、歴史家たちの研究
reconciling the common human desire for unity of
に産業組織を適用させて、課せられる労働を分業して行
vision with the division of labour imposed upon them
きたいという理念を統一したいという人間共通の願望
by the application of the industrial system to their
を満足させようとする期待を持たせるからである。産業
work.
‘Universal History’ on
主義に関して「一般史」でもって、最高の才能を持ち、
industrial principles is so evidently beyond the
また最高の壮健なる研究者が議論に挑んでも、その領域
compass even of the most gifted and the most
を超えていることは明らかであり、そして、理念の統一
vigorous individual that, for a scientific historian, the
が「一般史」では何れも問題外であってそこに見出され
admission that unity could not be found in anything
ることは出来ないものと科学的歴史家が認めると、理念
short of ‘Universal History’ would be tantamount to
を一緒に統一することを諦めるのに等しくなってしま
renouncing unity of vision altogether –a renunciation
う。
which would take the light out of any historian’s
それを断念すると、すべての歴史家たちの見通しをぼん
landscape. If, however, he could seize upon a unit of
やりとさせてしまう。しかし歴史家たちが、ある意味で、
historical
manageable
ある宇宙というような取り扱い易い部分のような歴史
proportions yet was still in some sense a universe too,
的思考という単一体をつかむことが未だにできるとし
the psychological problem of reconciling his intellect
たならば、彼らの知性と衝動とを一致させるという心理
with his emotions might be solved; and such a
学的な問題を解決できるし、またそのような解決策は、
solution appeared to be offered by the principle of
民族主義という原理によって提供されるように思われ
nationality.
てくる。
To
grapple
thought
with
which
of
more
On this account the national standpoint has proved
このような考察によれば、国家的な立場が近代西洋歴
specially attractive to modern Western historians,
史家たちにとって特に魅力的に映ってきたであろうし、
and it has been commended to their minds through
一つだけよりも多くの分野へ彼らを仕向けてきている。
more than one channel. They have been led to it not
自分たちが育ってきた社会でそれが広く行われていた
only
the
という理由でもって導かれただけでなく、彼らが使う素
communities in which they have grown up, but also
原料(史料)の多くが別々の国家の財産という姿をとっ
because their raw material has presented itself to a
て存在していたという理由からでもあった。彼らが掘り
large extent in the form of separate national deposits.
続けてきている埋蔵量豊かな鉱山(探し続けてきている
The richest mines which they have worked have been
豊富な一次資料いわゆる史料)とは、西欧諸国の公文書
the public archives of Western governments.
史料館のことである。
because
it
has
been
prevalent
in
Indeed, the abundance of this particular natural
この特別なる天然資源の豊富さが、まさに、生産量を
resource is what chiefly accounts for their astonishing
増やすことに驚くべき成功を収めた主なる理由であろ
success in increasing their volume of production.
う。
Thus our historians have been drawn partly by
こうして現代の歴史家たちは、一部は職業的な体験に
professional experience, partly by a psychological
よって、一部は心理学的な葛藤によって、また一部はそ
conflict, and partly by the general spirit of their age,
の時代における一般的な精神によって、一つの方向へ且
in one and the same direction.
つ同じ方向へ引き寄せられてきている。
- 29 -
The lengths to which this tendency may go run can
この傾向がどこまで続き行き着くかの程度は、現代西
be observed in the work of a distinguished historian
欧で最も偉大な諸国の一国に住んでいる、ある卓越した
belonging to one of the greatest nations of the modern
歴史家の業績から理解できる。その人はカミーユ・ジュ
Western World. Gamille Jullian was one of the most
リアンであり、現在フランスという領土を構成している
eminent authorities on the ‘prehistory’ of that portion
ヨーロッパ大陸の一部分で、有史以前に関する最も卓越
of continental Europe which at the present time
した権威者の一人である。彼は1922年に『ガリアか
constitutes the territory of ‘France’, and 1922 he
らフランスへ―我々の歴史の起源』なる本を刊行した。
published a book called De la Gaule d la France: Nos
本書は歴史記述書としては第一級の作品である。しか
Origines Historiques. This book is a first-rate piece of
し、その著書を読んで行く内に、ジュリアンが取り扱お
historical writing; yet, in reading it, it is difficult to
うと意図した問題に注意を留めにくくなってしまうの
keep the attention fixed upon the matters with which
である。著者が単に歴史家の一人であるばかりか、一人
Jullian intends to deal, because the reader is
のフランス人であり、しかも第一次世界大戦の中を生き
continually being made aware that the writer is not
たフランス人であることも読者は徐々に気づかせられ
only an historian but Frenchman, and Frenchman
るからである。本書の副題―『我々の歴史の起源』―が
who has lived through the First World War. The
その鍵を与える。ジュリアンは、フランスは彼自身のた
sub-title –Nos Origines Historiques –gives the key.
めに存在しているのだという、燃えるようなフランス、
All the time, Jullian is projecting back into the past
つまり営んできた人生経験を余すところなく備えてい
his own burning consciousness of France as she exists
るような精神的な面でのフランスというものを意識し
for him –a spiritual France which furnishes him with
て、過去の中に描いてきている。
the experience of human life so exhaustively that, if
もしもフランス以外の国々すべてが滅亡し、フランスの
the
みが完全に生き延びたとしても、ジュリアンは恐らくど
rest of the world were to be annihilated and
France left solitary but intact, Jullian would perhaps
んな精神不毛状態を感じ取らなかったに違いない。
hardly
そして、国境がはっきりしているフランス国は、侵略者
have
been
impoverishment;
and
sensible
a
of
material
any
spiritual
France
with
たちによって国境を越えて何度も侵略されたが、フラン
clear-cut frontier which have been constantly overrun
ス国民の愛国主義でもっていつも再建されてきたので
by invaders and constantly re-established by the
ある。
patriotism of the French nation.
The self-sufficiency of France and her separateness
他の西欧諸国から分離しても自給自足していけるフラ
from the rest of the world are ideas which dominate
ンスという考えは、ジュリアンが想像していたものであ
Jullian’s imagination even he is dealing with the
り、フランス国の存在という一つの概念が成り立つ以前
history of this piece of territory at dates hundreds or
の、それもずっと前に遡る時代にあったフランス領土と
thousands of years before such a concept as ‘France’
いう歴史的概念をちょうど取り扱っているに過ぎない。
existed. Into however distant a past he travels back,
彼はずっと遠い昔のフランスを振り返って旅をするこ
he carries France with him –contented if he can do so
とにより、フランスを自分のもとに持ってきて、即ち、
with case, embarrassed if he cannot do so without
それが容易に出来るとすれば満足し、それが難しくて出
difficulty, but ever incapable France behind him. For
来なければ恥ずかしいと思いながら、フランスが自分よ
example, he is gravely embarrassed when he has to
り後ろにあることを決して考えなかった。その事例をあ
deal with the incorporation of the several dozen
げると、古代ローマ帝国時代のかなりの多くの独立国家
independent states of Gaul in the Roman Empire, and
群ガリアにフランス領土が併合させられたことを論じ
he does his best to make credible the thesis that, even
ねばならない時ひどく当惑し、その命題を説得性のある
during the five centuries that intervened between the
論破をしようと最善の努力を払っている。ジュリアス・
- 30 -
generation of Julius Caesar and the generation of
シーザーの時代と、シドニウス・アポリナリスの時代と
Sidonius Apollinaris, the local individuality of Gaul
に挟まる5世紀もの間、ガリアにおける各地方の独自性、
was a more important fact in the life of its
つまり地域住民の生活の方が、地中海を取り巻く「世界」
inhabitants than their membership in an Empire
全体を支配するローマ帝国内の諸国の一員であるという
which embraced the whole orbit terrurum of the
事実よりも重要なことであった。
Mediterranean basin. On the other hand, Jullian
これに反して、新石器時代の欧州という顔面にフランス
cannot contain his delight when he discerns the
という顔立ちがあると分かるとなると、ジュリアンは自
lineaments of France upon the face of Europe in the
然とその喜びが溢れてしまう。新石器時代人が放浪の途
Neolithic Age. Here is a passage which occurs at the
中に遭遇した災難の経験を通じて新石器時代のある生活
end of a brilliant reconstruction of certain aspects of
側面を見事に再建し終わったことを述べた一節について
Neolithic life through an examination of the trials
以下に紹介する。
along which Neolithic people did their travelling:
We can now speak of these essential routers by means of
フランスが広範囲に亘り、どう創造されたかを、主要な道筋を追い
which, to a large extent, France was created. Equally, this
ながら語ることにしよう。それと同時に、この交通路は後にガリア
traffic did not go beyond the boundaries which will later
諸国との国境線を越えることは一度もなかった。それらの国境線を
become those of Gaul, as if the value of these boundaries were
人々が恰も尊重するが如く、既に合意を得ているかのようであっ
already recognized in this consensus.
た。
Here, in the twinkling of an eye, the scientific
この点、旧石器時代を科学的な研究をする西欧の歴史家
Western historian of the Neolithic Age has been
が、1918年のフランス愛国主義者へとあっという間
transfigured into the French patriot in AD 1918,
に変身して「ここから中へは入るな!」と叫んでいるよ
crying: Ils ne passeront pas!’
うにも見えてくる。
This is perhaps an extreme case of the emotional and
これは、国家が感情的にも鋭い知性や高度な知識がある
intellectual substitution of a nation for Mankind. At
人類に取って替わるような極端な事例であろう。と同時
the same time, when the nation thus magnified
に、このように人類によって取って替わるような国はフ
happens to be France, the degree in which history is
ランスだけだと誇張されて言われるなら、歴史が偏った
thrown out of perspective is the least possible in the
見方で動いているというレベルはそんなことではあり得
circumstances. After all, some entity corresponding to
ない。
the same ‘France’ actually has maintained its
結局は「フランス」と呼ばれるような国家というものを
individuality within the universe of our Western
人類の歴史から実際に見ると、それほど長いとは言えな
Society for a millennium and, though a thousand
い千年間で西欧社会の中で存在し続けてきている。その
years is not a long time in the history of Mankind, it
千年間とは我々の西欧社会が歩んできた歴史をほぼ網羅
covers almost the whole lifetime of our own Western
してきているのだが、フランス自身が新しい西欧社会の
Society, which began to emerge from the ruins of the
中で一地方として出現し始めたのは、凡そ250年前の
Roman Empire only about 250 years before France
ローマ帝国の廃墟から這い出した時に過ぎない。
herself began to emerge as a distinct element in this
new Western World. Moreover, France, since her
更に言うならば、西欧社会に出現して以来、フランスは
emergence, has continuously played a central and a
西欧社会で中心的な役割を、そして指導的な役割を演じ
- 31 -
leading part in Western history; and thus, while
続けてきている。こうしてジュリアンが古代ローマ帝国
Jullian’s attempt to present the Roman Empire or the
若しくは新石器時代をフランスという言葉でもって表現
Neolithic Age in terms of France is a palpable tour de
しようとした試みは、明らかに‘強引なる力技’であり、
force, the distortion is not so apparent to the eye
そのような曲解は、近代の西欧社会の歴史が、フランス
when modern Western history is focused from the
が中心に座って他は周辺国に過ぎないというようなフラ
France standpoint, with France in the centre and
ンスの立場から見たときにそれほど目にはつかないもの
everything else on the periphery. France perhaps
である。おそらくフランスは、どの国民国家よりも西欧
approaches nearer than any other national state to
社会全体の中では共同的中心国でもあり、共同の広がり
being co-central and coextensive with the whole of our
を持つ国家に近いと言える。そしてフランスの代わりに
Western Society. If, however, instead of France, we
例えば、ノルウェー、ポルトガル或いはオランダやスイ
were to take Norway or Portugal, or even Holland or
スを選んで、それらの中の一国を軸にして西欧社会の歴
Switzerland, and attempt to write the history of
史を書こうとしたら、失敗することが直ぐに分かるであ
Western Society round any one of these countries, we
ろう。
can see at once that the attempt would break down.
As a reductio ad absurdum, let us try to imagine
第一次世界大戦が終わるまでに国民国家になり得なかっ
ourselves writing the history of the Western Society
たような、それらの国を軸にして西欧社会の歴史を一つ
round one of those national states which did not
の背理法を使って描いたとしてみよう。
attain their statehood till after the termination of the
12世紀以上もの間続いて存在してきた西欧社会の歴史
First World War. That would involve writing the
を書こうとすることは、しっかりとした国家として樹立
history of a society which has been in existence for
していないその国を軸とすることに他ならない。
more than twelve centuries round a nation whose
チェコスロバキア人或いはユーゴスラビア人の国家意識
existence is not yet securely established. Whether a
がずっと存続するのかどうかは、まだまだ異論のある問
Czechoslovak or a Jugoslav national consciousness
題である。
yet exists has hardly ceased to be a debatable
そのような国家意識というものは最近の四分の三世紀前
question.
までは確かになかった。
Certainly
such
consciousness
were
non-existent as recently as three quarters of century
欧州の発生期におけるこれらの国々でもって構成してい
ago; and even if we attempted to present the history
る部分という観点から欧州の歴史を書き表そうと試みた
of the West in terms of the constituent parts of these
場合、
・・・明確に言うならば、チェコ人、スロバキア人、
nascent nationalities—in terms, that is, of Czechs or
クロアチア人、セルビア人であるが、別々のグループと
Slovaks or Croats or Serbs, whose history as distinct
しての彼らの歴史は大分過去に遡ってしまう・・・ その
groups goes back further—the absurdity, while less
不条理さは、関連ある年代の長さから見るとより少なく
great in terms of relative age, would be greater in
なるけれども、該当する人口とか領土の広さから見ると
terms of relative population and territorial extension.
より大きなものになるであろう。スロバキア人中心の或
Western history cannot be comprehended in terms of
いはクロアチア人中心の歴史でもって西欧の歴史を書き
nationalities of this calibre. Indeed, far from being
表すことは確かに難しいし、スロバキア人を中心に据え
able to write a Slovakia- or Croato-centric history of
たスロバキア史を、或いはクロアチア人を軸にしたクロ
the West, we should find it impossible to write even a
アチア史を書くのは不可能に近いと言える。フランスと
Slovako-centric history of Slovakia or a Croato-centric
は対照的に、スロバキアとクロアチアは、自国のみで歴
history of Croatia. In contrast to France, Slovakia and
史的な世界を構成することは出来ないし、もしも切り離
Croatia fall so far short of constituting historical
して書き表そうとすると、理解できないものになるであ
universes in themselves that, when isolated, they
ろう。
- 32 -
cease to be intelligible.
It would be impossible to write intelligible histories
スロバキア若しくはクロアチアが占める領土の広さや
Slovakia or Croatia in which those territories, or their
そこに住む人々が、広い西欧舞台の中の小さな片隅で主
peoples, were given the role of protagonists, even in
役を演じて、誰もが理解できるような西欧の歴史を書こ
their own small corners of the board Western stage. It
うとすることは先ず不可能に近いと言って良い。彼らの
would be impossible, in their case, to distinguish from
場合には、彼らの外的な関係から何か特に固有なる内的
their external relations an internal history which was
な歴史を区別することは出来ない。彼らが得てきた経験
something specifically their own. It would be found
と彼らが実際に行ってきた諸活動は、彼らよりも圧倒的
that every experience which they underwent and
に大きいものを分かち合っている他の地域社会と共に
every activity into which they entered had been by
なされたものであり、その他の地域社会は彼らよりもは
them with other communities whose share had been
るかに大きいものであって、彼らが作ってきた歴史を理
greater than theirs, and in attempting to make their
解しにくいものにしようとしていることに気づかねば
history
ourselves
ならないし、他の国々の人々を相次いで取り込むように
extending our field of version to include one after
我々の視野を広げていくべきである。我々は、恐らく、
another of these other peoples. Possibly we should
西欧の社会全体を包括するような位になるまでその視
have to extend it until we had included the whole of
野を広げて行く必要がある。何れにせよ、誰もが理解で
our Western Society. In any case, the intelligible field,
きる視野を得たとしたならば、それはスロバキア若しく
when we found it, would certainly prove to be some
はクロアチア自体が小さく、それほど重要なものでなく
field of which Slovakia or Croatia itself was a small
なることであって、それは確かなことになる。
intelligible
we
should
find
and comparatively unimportant fraction.
The emergence of national states which have no
その国だけで理解できるような歴史を持たない国民
history that is intelligible in isolation signifies the
国家が出現するということは、新しい時代が始まり、そ
arrival of a new age and indicates what its character
の時代がどんな性格を持つのかを意味することになる。
is to be. The general conditions of our Western Society
have already become profoundly different from those
西欧社会という一般的な条件は、1875年頃に至るそ
which were in the ascendant during the century
の1世紀間も優勢であったし、そして西欧の歴史家たち
ending about AD 1875 and which have stamped the
が尚も抱き続けていた印象を心の中に留めていた一般
minds of Western historians with an impress which
条件からは、既に大きく掛け離れてきている。
they still retain. Down to about 1874, the two
1874年頃までは、産業主義と民族主義という二つ
do minant ins t it ut io ns o f indus t r ialis m and
の支配的な制度が、諸大国の形成に影響しつつあった。
nationalism were working to build up Great Powers.
1875年以降になると、その二つの制度は、お互いに
Af t er 1875 t he y be gan t o wor k in o ppo s ite
反対の方向に歩き始めた。産業主義は、諸大国の中で最
directions—industrialism increasing the scale of its
も大きく影響を及ぼす範囲を超えてその影響度を増し、
operations beyond the compass of the greatest of the
世界の領域に向かうような感じさえ受けるようになっ
Great Powers and feeling its way towards a
た。
worldwide range, while nationalism, percolating
一方、衰えながら徐々に広がって行った民族主義は、小
do wnwar ds , be gan t o i mpl ant a se par ate
さな威力しか持てない国々の国民に対して別々の民族
consciousness in peoples of so small a calibre that
主義を植え付け始めたので、大国には成り得なかったば
they were incapable not only forming Great Powers
かりか、政治的にも、経済的にも、文化的にも、それら
but even of forming minor states possessed of full
が意味する独立性を持ち合わすような小国ですら形成
political, economic, and cultural independence in the
することができなかった。
- 33 -
established sense of those terms.
The cumulative effect of the two world wars has
この続いた二つの世界大戦が、1914年以前の半世紀
brought to the surface a tendency which had been at
近くの間に陰に陽に作用していた傾向となり、それが見
work for nearly half a century before1914. In 1918
せ掛けのものにしてしまってきている。1914年に描
Austria-Hungary, one of the eight Great Powers
かれていた欧州の地図では八つの大国であったが、その
which had been on the map in 1914, broke up. At the
中のひとつであるオーストリア・ハンガリー帝国が19
same date the break-up of the Ottoman Empire was
18年に分裂し、その同じ年に、オスマン帝国の分裂が
completed. The Second World War was followed by
終焉している。第二次世界大戦に続いて英国、フランス、
the brake-up of the British, French, and Dutch
オランダの植民帝国が分裂し始め、大国の数は二つと減
colonial Empires, and the number of Great Powers
り、一方、法的に主権を持つ独立国の総数は増えて、そ
was reduced to two, while the total number of
の後の四半世紀の間に140ヶ国となった。名目的な主
juridically sovereign independent sta tes was
権国家が多くなればなるほど、それらの国々の平均的な
increased, in the course of the next quarter of a
国土面積、人口数、国の財産、そして経済的、軍事的な
century, to about 140. The greater the number of
能力はそれだけ小さくならざるを得なくなる。今日でも
nominally sovereign states, the smaller their average
存続しているこの二つの大国は未だに他の国々に影を
area, population, wealth, and economic and military
落としているが、新しい時代で独特の特徴を持つ国々
capacity are bound to be. Today the two surviving
は、自分たちの世界であると考えられるような単位には
Great Powers still overshadow the rest of the world,
なり得ない。それらは、軍事的な面、または経済的な面、
but the characteristic states of the new age are not
または文化的な面において、またはこれらのすべての面
units that can be thought of as being universes in
において、制限が明らかにあるような、名目的な単なる
t he mse lve s ; t he y are s t ates who se no minal
独立国家である。
independence is manifestly limited on the military or
economic or cultural plane or on all these planes
生き残っている二つの大国でさえ、経済の分野に注視し
alike. Even the two surviving Great Powers are being
てみると、産業主義に基づく諸活動を今や世界的な規模
dwarfed in the economic sphere by the worldwide
で行うようになっても縮小しようとしていることが分
scale on which industrialism has now come to conduct
かる。
its operations. Some states are still kicking violently
無駄な、そして暴力的な抵抗をして、馬鹿をみている国
against the pricks. They are attempting to salvage
も未だにある。彼らは軍事費優先の政策や、関税や輸出
their dwindling independence by pursuing militant
入などの割当て数量規定の政策や、移民政策などによっ
monetary and tariff and quota and migration politics.
て国家の独立性を損ねてでも自国を立ち直そうとする
Some states, however, are also confessing, by deeds
国もある。
that are more eloquent than words, that they cannot
また自分の国は独り立ちできないと、言葉で表現するよ
stand alone. The ‘developing’ countries are seeking
りはもっと人を動かすような行動でもって窮状を告白
financial and technological aid from the ‘developed’
しようとする国もある。発展途上国は、先進国からの財
countries, and the states of Western Europe—which,
政援助や技術援助を求めているし、西欧諸国は1945
for four and half centuries, ending in 1945, fought
年に至るこの四半世紀の間、一国が他の国々を支配しな
round after round of wars with each other to prevent
いように度々交戦してきたが、彼らはヨーロッパ経済共
any one of them from dominating the rest—are now
同体の中で、お互いに対等の立場で一つになろうと、今
trying to unite voluntarily, on a footing of equality
や自主的に試みようとしている。
- 34 -
with each other, in a European economic community.
ar
These multiple tendencies can be summed up in a
これら複雑に見える傾向も実は単純なものに見てとれ
single formula: in the new age, the dominant note in
過ぎ去った時代においては、共同体そのものの世界を熱
the corporate consciousness of communities is a sense
望していたものが殆どであったが、新しい時代になる
of being parts of some larger universe, whereas, in
と、共同体として統合的に認識をしようとするときに支
the age which is now over, the dominant note in their
配したものは、もっと大きな世界の中の一部分であると
consciousness was an aspiration to be universes in
いう感じになっている。この認識の変化は、間違いなく
themselves. This change of note indicates an
起きる「潮の干満」に喩えると分かり易い。
unmistakable turn in a tide which, when it reached
ちょうど1875年頃の「転換点の満潮」になるまで、
high-water mark about the year 1875, had been
四世紀間に亘ってある一つの方向へどんどん潮が流れ
flowing steadily in one direction for four centuries. It
てきていたことを示している。
may portend a return, in this respect, to the
西欧の歴史区分でその先立つ時代(中世と呼んでいる)
conditions of the preceding phase (the so-called
の状態へ、― それは西欧社会という意識が、ある一つ
‘medieval’ phase) of Western history, when the
の全体像としてその社会生活の諸側面を組み入れた教
consciousness of the Western Society was dominated
皇政治と神聖ローマ帝国のような制度によって支配さ
by institution like the Papacy and the Holy Roman
れ、一方、諸王国や都市国家群と封建時代の封土制や他
Empire which incorporated some aspects of its life as
の地方的諸制度が幾らか偏狭で従属的なものと感じら
a whole, while kingdoms and city-states and fiefs and
れていた ―、戻る前兆であったに違いない。とにかく、
other local institutions were felt to be something
それが今流れているように見える潮の方向である。潮の
parochial and subordinate. At any rate, that is the
流れが変わって間もないその方向を見分けることが出
direction in which the tide seems to be flowing
来る限りのことではあるが・・・。
る。
now—as far as it is possible to discern its direction so
short a time after it has turned.
今まで述べてきた見方が正しいとし、且つ、歴史家た
If this observation is correct, and if it is also true
ちが自分たちの生きていた時代における社会環境の影
that historians cannot abstract their thoughts and
響を受け、彼らの思想や感じ方を的確にまとめることが
feelings from the influence of the environment in
できないという認識をまた持つならば、西欧社会が置か
which they live, then we may expect to witness in the
れてきた一般的な条件の中に最近の変化を対応させよ
near future a change in the outlook and activities of
うと試みている西欧の歴史家たちがその特徴を取り出
Western historians corresponding to the recent
し、そして彼らの研究活動が、近い将来、大いに期待を
change in the general conditions of the Western
持てるに違いない。我々が置き去りにしてしまった時代
Society. Just as, at the close of the age which we have
が終わると同時に、歴史家たちの研究は、産業組織と、
left behind, historians’ work was brought into
民族主義という考えによって捉えられ且つ縛られた彼
conformity with the industrial system and their
らの洞察力とが衝突して為されたものであり、我々が足
vision was caught and bounded by the idea of
を踏み入れたこの新しい時代においては、歴史家たちは
nationality, so, in the new age upon which we have
歴史家がたったひとつの民族主義という境界線で限定
entered, they will probably find their intelligible field
しないような見晴らしの中に自分たちが理解できる研
of study in some landscape where the historian is not
究分野を恐らく見つけるであろうし、また彼らが採用し
restricted to the boundaries of a single nationality,
ている研究手法をより大きなスケールをもった精神的
and will adapt their present method of work to
な働きに順応させることであろう。
mental operations on a larger scale.
This raises two questions, one of immediate
interest:
ここで二つの疑問が湧いてくる。
「西欧の歴史家たちが、
- 35 -
‘What is the intelligible field of study which Western
この新時代に発見するとしたら、その理解しうる研究分
historians will discover for themselves in this new
野とは果たして何か」という疑問が一つであり、「特定
age? ’, and another of permanent importance: ‘Is there
の歴史家たちが置かれている特殊な社会的環境そのも
some intelligible field of historical study which is
のが絶対的なものなのか、或いは単に相対的なものなの
absolute and not merely relative to the particular
かのどちらの歴史研究に、理解しうる分野があるのだろ
social environment of particular historians?’ So far,
うか」という永続的で重要なる疑問がもう一つである。
our inquiry seems to have brought out the fact that
今までのところ我々が抱いている疑問とは、「歴史思想
historical thought takes a deep impress from the
が、思想家が偶然生きていた時代のある瞬間における社
dominant
social
会環境で支配的な制度から深い印象をもたらしている
environment in which the thinker happens to live. If
という事実」を明らかにしてきているように思われる。
this impress proved to be so profound and so
この印象が歴史家たちの心に深く残るような範疇の、実
pervasive as actually to constitute the a priori
際に構成要素となるような深遠なるものであり、そして
categories in the historians’ mind, that conclusion
染み透るようなものであったならば、我々が抱いていた
would bring our inquiry to an end. It would mean that
疑問は終止符を打つことになる。社会環境と歴史思想と
the relativity of historical thought to the social
の関連性とは独立したものであることを意味するし、そ
environment was absolute; and in that case it would
の場合には、変わらぬ形をした人相を見分けようとして
be useless to gaze any longer at the moving film of
歴史的な文献となるような動くフィルムを凝視するこ
historical literature in the hope of discerning in it the
とは、もはや無意味となろう。
institutions
of
the
transient
lineament of some abiding form. The historian would
have to admit that, while it might be possible for him
「ひとりの歴史家自身の心に関する形態学でもって、自
to work out a morphology of his own mind by
分が生活してきた時代のある特殊な社会によって自分
analysing the influences exerted upon it by the
の心に及ぼす影響を解析しながら答えを引き出すこと
particular society in which he lived, it was not
は可能であったに違いないけれど、その社会自身の、或
possible for him to discover the structure of that
いは別の歴史家や他の人類が別の時代に、また別の場所
society itself, or of the other societies in which other
で住んでいた、その他の社会自身の構造を見出すこと
historian and other human beings had lived in
は、不可能であった」と歴史家は認めざるを得ないであ
different times and places. That conclusion, however,
ろう。
does not yet confront us. So far, we have simply found
がしかし、そのような結論は我々とは正面切ってはまだ
that in the foreground of historical thought there is a
向かい合っていない。
shimmer of relativity, and it is not impossible that the
これまで我々は、歴史思想という前景に関連性という微
ascertainment of this fact may prove to be the first
光があったと単に見てきていたのであり、この事実を確
step towards ascertaining the presence of some
かめることが後景に潜む歴史思想というある一定のそ
constant and absolute object of historical thought in
して絶対的な対象の存在を確かめるための最初の一歩
the background. Our next step, therefore, is to take
であることを示すに違いない。
up the search for an intelligible field of historical
それだから、次の歩みは、従来我々が注目してきている
study independent of the local and temporary
地方的な、一時的な観点、そして歴史家たちの諸行動と
standpoints and activities of historians upon which
は無関係の歴史の研究で理解出来得る分野を探し出す
we have our attention hitherto.
ことになる。
- 36 -
12.イギリスが世界の諸文化に持つ根
Africa
アフリカ
Italy
イタリア
Babylonia
バビロニア
North West Europe
北西ヨーロッパ
Christianity
キリスト教
Overseas expansion
海外膨張
Egypt
エジプト
Parliamentary system
議会制度
Feudalism
封建制度
Reformation
宗教改革
France
フランス
Renaissance
ルネッサンス
General European political climate
欧州の一般的政治風土
Rome
ローマ
Germany
ドイツ
Scandinavia
スカンジナビア
Greece
ギリシャ
Slave trade
奴隷貿易
India
インド
Spice Islands
モルッカ諸島(香料諸島)
Industrial revolution
産業革命
the Americas
新大陸
Ireland
アイルランド
World economy
世界経済
- 37 -
2 The field of historical study
2歴史研究の領域
In setting out to look for some objectives ‘intelligible
「歴史研究に関して分かり易い領域」として、その研究
field of historical study’, it seems best to start with
目的とは何かを見出そうとする場合、現代の西欧歴史家
what is the usual field of vision of contemporary
たちが普段洞察している研究領域に、つまり、いくつか
Western historians, that is, with some national state.
の国民国家を視野に入れて研究を始めるのが最も良さ
Let us pick up, from among the national states of the
そうである。欧州の諸国民国家の中から現代の歴史家た
West, whichever one seems most likely, at first sight,
ちの研究領域がどうあるべきかという理想に符合する
correspond to our contemporary historians’ ideal of
のかを一見してもっともらしいのがどれかを選んでみ
what their field should be, and then let us test their
よう。そしてそこでこの場合の歴史家たちの見通しを
outlook in this instance in the light of the ‘historical
(世間一般に受け入れる感覚でもって「歴史事実」を掴
facts’ (taking ‘historical facts’ in the popularly
みながら、またこの専門語「事実」という言葉の意味を
accepted sense and begging provisionally the prior
哲学的な論点となっていることを真実とみなして話を
philosophical question as to the meaning of the word
暫定的に先へ進めながら)歴史的事実と照らし合わせて
‘fact’ in this term).
試してみようではないか。
Great Britain seems as good a choice as any. She is
グレイトブリテン(大英国)はどの国にも負けず劣ら
a national state that has been a Great Power. Her
ず良い選択のように見える。大英国はずっと大国として
principal constituent, England, who merged herself in
君臨してきている国民国家のひとつである。約 250 年前
Great Britain about 250 years ago without any breach
から途絶えることもなく、また主権の変化もなく大英帝
of continuity or change of identity, is as old a figure in
国の中に併合され且つ主要国であるイングランドは、歴
Western history as France, and on the whole as
史的な役目としては全く異質なものを演じてきたけれ
important a figure, though she has performed quite a
ども、西欧歴史を見渡してみるとフランスと同じように
different historical function. Her peculiar merit for
古い象徴であり、概して重要な象徴でもある。稀なほど
our purpose is that, to an exceptional degree, she has
までに、イングランドは分離して孤立の中にあり続けて
been kept in isolation –first by certain permanent
きており、我々が持つ研究目的に実に叶うものである。
features of physical geography, and secondly by a
その孤立の第一点目は、地勢的に変わらないものである
certain policy on the part of her statesmen in the age
ことであり、第二点目は、多くの政治家を輩出し、また
during which she has been most creative and most
彼らが力強さを誇示した時代においてそれらの一部の
powerful. As regards her geographical isolation, the
政治家たちの政策によるものである。地勢的にみて孤立
shores of an island provide frontiers which are
している点に関しては、フランスの陸地内での国境より
incomparably more clear-cut than the land-frontiers
も、島の周りの海岸による国境の輪郭がフランスと比較
of France, however precise and eternal Jullian may
できないほどはっきりしているが、フランス歴史家ジュ
have felt those land-frontiers to be. For instance, we
リアンは、フランスの陸地内での国境の方が正確で永久
should not smile at Jullian if he had made the
的なものだと感じていたに違いない。
discovery that Neolithic trails in Britain broke off
例えば、今日の国に敷設されている道路や鉄道と同じ位
along the same line at which the roads and railways
置で道路が途絶えている新石器時代の痕跡があること
of Britain break off today, or if he quoted et penitus
をジュリアンが見出したからと言って、又ローマ古代帝
toto divisos orbe Britannos in describing the position
国時代において英国の位置を「ブリタニアはローマ帝国
of Britain in the Roman Empire. As regards her
領土から全く遠いところにあった」と引用していたから
political isolation, Britain has been something of an
と言って、我々はそれを決して笑ってはいけない。
alter orbis.
- 38 -
We shall not easily discover a Western nation which
英国が政治的に孤立していたことについて言えば「別の
has been more isolated than she has been and which
世界」にあり続けているのである。大英国を除いてもっ
yet has played so prominent a part over so long a
と孤立し続け、西欧歴史という長いスパンに亘って卓越
span of Western history. In fact, if Great Britain (as
した役割を演じてきた国を簡単に見つけ出すことはで
the heir and assign of England) is not found to
きない。実際に(イングランドの継承者であり、権利を
constitute in herself an ‘intelligible field of historical
譲渡されている)大英国が「歴史研究に関して分かり易
study’, we may confidently infer that no other modern
い領域」を構成しないということになれば、現代の西欧
Western national state will pass muster.
における他の国民国家は合格できないと断言できるに
Is English history, then, intelligible when taken by
違いない。
itself? Can we abstract an internal history of England
ところで英国史とはその歴史だけを取り入れて分か
from her external relations? If we can, shall we find
るものなのだろうか。イングランドという自国の歴史を
out that these residual external relations are of
対外関係から取り出すことが出来るのだろうか。もし出
secondary importance? And in analysing these, again,
来るのであれば、これら説明のつかない対外関係は、一
shall we find that the foreign influences upon
番重要なものでなくて二番目になるものであると考え
England are slight in comparison with the English
るべきではないか。更にこれらの関係を分析してみる
influences upon other parts of the world? If all these
と、イングランドが他国に影響を及ぼすのかと比較して
questions receive affirmative answers, we may be
みて、むしろ諸外国からイングランドに影響を及ぼされ
justified in concluding that, while it may not be
るのは僅かであることが分かってくるのではないのか。
possible to understand other histories without
これらのすべての疑問に対して肯定的な答えが出てく
reference to England, it is possible, more or less, to
るとしたら、英国史を顧みず他国の歴史を理解は出来な
understand English history without reference to
いし、他国の歴史を顧みず英国史をあらまし理解するこ
other parts of the world. The best way to approach
とが可能となるだろう。これらの疑問に対して取り組む
these questions is to direct our thought backwards
最良の方法は、英国史の過程を逆に辿って我々の考え方
over the course of English history and recall the
を固めて、主要なる章を思い起こすことである。
principal chapters.
この逆の順序、主要な章は以下の通りである。
In this inverse order, we may take those chapters to
be:
(a) the establishment of the industrial system of
economy (since the last quarter of the eighteenth
(a)経済の産業組織の確立(18世紀・第四・四半期以
降現代まで)
century of our era);
(b) the establishment of responsible parliamentary
(b)責任議会制統治方式の確立(17世紀・第四・四半
government (since the last quarter of the
seventeenth century);
期
以降)
(c) the expansion overseas (beginning in the third
quarter of the sixteenth century with piracy and
(c)海外への拡大・膨張(16世紀・第三・四半期に始
developing gradually into a worldwide foreign
まり、海賊、そして世界的規模なる通商、熱帯地域の属
trade, the acquisition of tropical dependencies and
領の獲得と温和な気候地域での英語使用の新しい社会
the
の設立へと次第に発展した)
foundation
of
new
English-speaking
communities in overseas countries with temperate
climates);
(d)宗教改革(16世紀・第二・四半期以来)
(d) the Reformation (since the second quarter of the
- 39 -
sixteenth century);
(e) the Renaissance, including the political and
economic as well as the artistic and intellectual
(e) 技術や学術の面に留まらず、政治的、経済的な面も
含めたルネッサンス(15世紀・第四・四半期以来)
aspects of this movement (since the last of the
fifteenth century);
(f) the completion of the feudal system (since the
(f)封建制度の完成(11世紀以来)
eleventh century)
(g) the conversion of the English from the religion of
the so-called ‘Heroic Age’ to Western Christianity
(g)いわゆる「英雄時代」の宗教から西方キリスト教へ
の英国人の改宗(6世紀以来)
(since the last years of the sixth century).
This summary glance backwards from the present
このように現代から英国史全般を逆に概観してみると、
date over the general course of English history would
時代を遡れば遡るほど自足や孤立という証拠を見出す
appear to show that the further back we look the less
ことが少なくなって行くように思えてならない。
evidence do we find of self-sufficiency or isolation.
The conversion, which was really the beginning of all
イングランド歴史の開闢以来の改宗(英雄時代の宗教か
things in English history, was the direct antithesis of
ら西方キリスト教へ)は、初期の西欧社会での共に分か
that: it was an act which merged half a dozen isolated
ち合う幸せとかけ離れた野蛮人(先住民)の共同社会に
communities of barbarians in the common weal of a
かなり彼らがたくさん溶け込んだものとは全く正反対
nascent Western Society. As for the feudal system,
であった。
Mark Bloch has shown that a system of protective
連邦制度に関する限り、7世紀以来イングランドで保護
relationships had been developing in England since
する関係という一つの制度が発展してきており、9世紀
the seventh century, and that the furtherance of this
においてデンマーク人の侵略という外部からの刺激を
development in the ninth century was largely the
大きく受けた結果この発展が促進されたと、マーク・ブ
result of an external stimulates, the Danish
ロッホが明らかにしている。デンマーク人によって占領
invasions. After the Conquest, the imported Norman
された後、移入されたノルウェーの制度や管理手法が社
institutions and administrative practices penetrated
会全体に亘って実質的に浸透した。こうしてイングラン
virtually the whole of society. Thus it may fairly be
ドにおいて連邦制度が確立したことをどんなに評価も、
said that any account of the establishment of the
フランスやスカンジナビアが少なくとも絵に描かない
feudal system in England would not be intelligible
限り理解され難いものであるとかなり言えるのかも知
unless France and Scandinavia, at least, were also
れない。
brought into the picture. As for the Renaissance, in
ルネッサンスに関する限り、その文化的な側面も政治的
both its cultural and its political aspects it is
な側面をも一緒に、北イタリアからの「生活の息吹」と
universally admitted to have been a breath of life
して例外なく受け入れている。北イタリアにおいて、人
from Northern Italy. If , in Northern Italy, humanism,
本主義や絶対主義やまた権力の均衡が紀元後1275
absolutism, and the balance of power had not been
~1475年の間凡そ落込んでいた2世紀の間に風雨
cultivated in miniature, like seedlings in a sheltered
に晒されないように守られた苗床にある苗木のように
nursery-garden, during two centuries that fall
彩色画に練磨されていなかったならば、それらは約14
approximately between
75年以降アルプスの北部に植え付けられたことは決
AD
1275 and
AD
1475, they
could never have been bedded out north of the Alps
してなかった。
- 40 -
from about 1475 onwards.
The Reformation, again,
再び宗教改革を取り上げるが、これは何も英国で特異的
was not a specifically English phenomenon, but a
に起きた現象ではなくて、西欧州の北部地方(バルト海、
general movement in the Promethean North of
北海、大西洋沿岸諸国が新世界に向かって合図をしてい
Western Europe (where the Baltic, the North Sea,
た)でプロテスタントによるエピメーテウス(訳註:下種
and the Atlantic all beckoned towards new worlds) for
の後知恵:ギリシャ神話の一つに登場する神)的な南欧州(西地中
emancipation from the Epimethean South (where the
海諸国が死後の世界に目を注いでいた)からの解放を求
western Mediterranean held the eye fixed upon
める全般的な運動であった。
worlds that were dead and gone). In the Reformation,
England did not take the initiative, nor did she take it
宗教改革の嵐が吹いている時にイングランドは主導権
even in the competition between the European
を握っていたのではなく、大西洋沿岸諸国間の海外新世
nations of the Atlantic sea-board for the prize of the
界獲得競争においてさえも主導権を取らなかった。
new worlds overseas. She won that prize as a
列強国が数世紀の間自分の領域内で繰り広げられてい
comparatively late comer, in a series of struggles,
た一連の争いに比較的遅い参加者であったが、イングラ
which lasted for several centuries, with Powers which
ンドは最後の勝利者となった。
were her in the field. In order to understand the
history of English expansion overseas, it is necessary
英国の海外進出の歴史を正しく理解するのには、欧州全
to appreciate the consequences of all the general
体のすべての戦争の帰結を認識する必要がある。
European wars, and indeed to take into account all
また確かに、15世紀・第四・四半期頃以降における欧
the vicissitudes of the European balance of powers,
州の勢力均衡の移り変わりをすべて考慮する必要があ
from about the last quarter of the fifteenth century
る。実際に、西欧近代史という全体の範囲を見渡すよう
onwards—in fact, to extend the field of vision across
な視点でもって研究領域を広げる必要があろう。
the whole horizon of modern Western history.
It remains to consider the two latest chapters: the
第二章で議会制度と産業組織制度との起源について考
geneses of the parliamentary system and of the
察することが未だ残こされている。すなわちこの二章の
industrial system-institutions which are commonly
共通点は、英国人という土壌の下で先ず地方から徐々に
regarded as having been first evolved locally on
発展してきたものであり、またイングランドから世界各
English soil and afterwards propagated from England
国にその後宣伝されて広まったことである。私たちの研
into other parts of the world. For our purpose, these
究目的のためには、英国史においてこれらは極めて重要
are the crucial chapters in English history. Are these
な章と言える。この二つの章が単に島国的見地で理解で
two chapters intelligible in insular terms? No, they
きるのだろうか。いやそうではないと、その筋の権威あ
are not, in the judgment of recognized authorities.
る専門家は判断している。アクトン卿によると、「一般
‘General History’, Lord Acton holds, naturally
史」は、勿論国家的な歴史ではなく、より広い諸原因に
depends on the action of forces which are not
由来する力が作用した結果に依存するものと考えてい
nat i o nal , but pr o c e e d f ro m wi de r c aus e s
る。
・・・ブルボン王朝とステュアート王朝とは、異な
….Bourbons and Stuarts obeyed the same law,
った結果に終わったが同じ法体系に従っている。言い換
though with a different result. ‘In other words’ the
えてみると、イングランドで局部的に地方展開された結
parliamentary system, which was the local result in
果に終わった議会制度が、イングランドに特有なもので
England, was the product of a force which was not
はなくて、イングランドとフランスの両国に同時に作用
peculiar to England, but was operative in England
した力の産物であった。
- 41 -
and in France simultaneously. As for the Industrial
産業革命に関して限れば、それは「単にイギリス人とい
Revolution, it ‘cannot be explained in purely British
う表現でもって説明することはできない。なぜならば私
terms, for this country formed part of a wider
たちが「欧州経済」とか「欧州人による海洋諸国による
economy, which we may call the “European economy”
世界経済」と呼んでいるより広い経済の一部分をイング
or the “world economy of European maritime states”. ’
ランドが形作ったからである。
」
Thus British national history is not, never has
以上のことから、英国の国民史は他国から孤立して
been, and almost certainly never will be an
「理解できる研究領域」ではないし、過去に決してなり
‘intelligible field of study’ in isolation: and if that is
得なかったし、今後も殆どなり得ないと確信して言え
true of Great Britain, it must surely be true a fortiori
る。そして大英国がそうであれば、他のすべての国民国
of any other national state. Therefore, if we are to
家もなおさらそうであるに違いない。従って、私たちが
pursue our quest, it is clear that we must take some
自分たちの問い掛けを追究しようとするならば、私たち
larger entity than the nation as our field.
の研究領域として国民よりも大きなものの何かを取ら
A society is confronted in the course of its life by a
ねばならないことは明らかである。
succession of problems, which every member has to
社会が存続して行くときには次々と諸問題にぶつか
solve for himself as best he may. The presentation of
るが、その構成する国民すべてが彼ら自身で最良と思わ
each problem is a challenge to undergo an ordeal, and
れるやり方でそれらを解決せねばならない。おのおのの
through this series of ordeals the members of the
問題の提示が、厳しい試練に耐えるための一つの挑戦で
society progressively differentiate themselves from
あり、連続する厳しい試練を耐えながら社会の構成員は
each other. On each occasion some fail, while others
お互いに次第に分化して行く。おのおのの状況で、ある
succeeded in finding a solution; and, again, some of
者は失敗し、またある者は解決策を見出して成功する。
the solutions found are imperfect or commonplace or
更にまた、見出された解決策でも、不完全なものや、陳
inimical to success in solving subsequent problems,
腐なものや、次に起きる問題を解決するには反目するも
while others are exact or original or fertile in
のなどがある一方、正確であり、斬新さがあり、より進
possibilities of further progress. As ordeal follows
展しそうな想像力豊かなものもある。厳しい試練が次々
ordeal, some members of the society at some moment
と押し寄せてくると、ある時点で社会の構成員のある者
fail to adjust themselves, and fall by the way; others
は適応できずに途中で倒れてしまうことがある。またあ
struggle on, strained or warped or stunted; others
がいたり、健康を損ねたり、心をゆがめたり、発育が妨
grow in wisdom and stature, and in making their own
げられたりする者もいる。一方、
「知恵も身の丈もいや
way discover new avenues for a general advance of
勝り(訳註:聖書ルカ伝2の52節)」の者や、自分が所属して
the society to which they belong. Throughout, it is
いる社会全体が前進するような新しい道を自分自身で
impossible to grasp the significance of a particular
見出す者もいる。以上述べたことから見ても、ある特定
member’s behaviour under a particular ordeal
の厳しい試練に直面して特定の構成員がとる行動の意
without noting the similar or dissimilar behaviour of
味を掴むには、彼の仲間の類似な行動又は違った行動を
his fellows and without viewing the successive
注視して、また次々に起こってくる厳しい試練を社会全
ordeals as a series of events in the life of the whole
体の生活の中での一連の出来事として見る必要がある。
society.
Thus English history does not become intelligible
従って大英帝国が他の諸国民国家と一緒の構成員で
until we view it as the history of a wider society of
あることを認識し、それぞれの国が自分たちのやり方で
which Great Britain is a member in company with
あったとしても、全体としての社会が共通に経験して反
other national states, each of which reacts, though
応するより広い社会の歴史という見方が出来るまでは、
each in its own way, to the common experiences of the
- 42 -
society as a whole. Similarly, Venetian history has to
英国史を理解したことにはならない。これと同じよう
be viewed as the history of a temporary sub-society
に、ベニスの歴史は、中世時代の北イタリアのミラノや
including Milan, Genoa, Florence, and the other
ジェノバやフローレンスや諸都市国家などを含む、短期
‘medieval’ city-states in Northern Italy; Athenian
間存在した半社会の歴史も視点に加えなければならな
history as the history of a society including Thebes,
い。アテネの歴史を見る場合には、ヘレニズム時代のギ
Corinth, Sparta, and the other city-states of Greece in
リシャの諸都市国家であるテーベやコリントやスパル
the Hellenic Age. In each case we have to think in
タなどを含んだ社会の歴史として捉える必要がある。そ
terms of the whole and not of the parts; to see the
れぞれの場合に、部分としてではなく全体像を見据えて
chapters of the story as events in the life of the society
考えねばなるまい。それは、社会の中で生活していて起
and not of some particular member; and to follow the
こる出来事を記述した章を見るのであって、社会の構成
fortunes
but
する特定の人を記述したものを見るのではない。更にそ
concurrently, as variations on a single theme or as
れは、社会を構成する人々の将来を別々でなく一緒に追
contributions to an orchestra which are significant as
うものである。つまり別々のテーマの中での変化とし
a harmony but have no meaning as so many separate
て、又はハーモニーとして意味のあるものとして、バラ
series of notes. In so far as we succeed in studying
バラになった記録類では意味がなくなり、オーケストラ
history from this point of view, we find that order
の中では貢献するというべきものである。この観点から
arises out of chaos in our minds and that we begin to
歴史を研究して成果を上げまで、私たちの精神が混沌の
understand what was not intelligible before.
状態から秩序が生まれるのであって、以前には理解でき
of
the
members,
not
separately
This method of interpreting ‘historical facts’ will
perhaps be made clearer by a concrete example,
なかったものを理解し始めることが分かる。
「歴史的事実」を解釈しようとするこのような手法は、
which may be taken from the history of the city-states
紀元前725年~325年間(4世紀間)続いて崩壊し
of the Hellenic World during the four centuries falling
たヘレニズム世界にあった諸都市国家の歴史から得ら
approximately between 725 and 325 BC.
れるような具体的な事例によって恐らく明らかにされ
Soon after the beginning of that age, the society of
るであろう。
which these numerous states were all members was
その時代の初めの直後は、これらの諸都市国家が構成
confronted with the problem of the pressure of
していた社会が、人口増が食糧不足による生存問題に直
population upon the means of subsistence—means
面していた。つまり、ヘレニズム人は当時自家消費する
which the Hellenic people at that time were
食糧を多様な農業生産物を自領の中で殆どを得て自給
apparently obtaining almost entirely by raising a
していた。食糧危機が到来したとき、別の都市国家が別
varied agricultural produce in their home territories
のやり方で食糧不足問題に取り組んでいた。コリントや
for home consumption. When the crisis came,
ハルキスのような都市国家は、土着民の人口が極端に少
different states contended with it in different ways.
なくまた侵略しようとした時にあまり抵抗しそうもな
Some, like Corinth and Chalcis, disposed of their
いシシリアや南イタリア、トラキアなどの海外の農業に
surplus population by seizing and colonizing
適する領地を略奪し、植民地化して、自国の余剰人口を
agricultural territories overseas—in Sicily, Southern
移民させた。
Italy, Thrace, and elsewhere—where the native
このようにギリシャの植民地は、その特質を何も変えな
population was either too sparse or too incompetent
いで、ヘレニズム社会で地理学的に捉えられる地域にい
to resist invasion. The Greek colonies thus founded
とも簡単に領土拡大をすることができた。
simply extended the geographical area of the Hellenic
移民したギリシャ人が行った農業や住み着いて作った
Society without altering its character. The agriculture
諸制度は本国に置いてきてしまった条件を実質上再生
which they practised and the institutions under
産したものであった。
which they lived were substantially reproductions of
- 43 -
the conditions which they had left behind them in
their home countries.
On the other hand, certain states sought solutions
一方、いくらかの都市国家は自分たちのやり方で変化
which entailed a variation in their way of life. Sparta,
を求め、その解決策を探した。例えば、スパルタは、ヘ
for instance, satisfied the land-hunger of her citizens
レニズム世界の以前にあった地理的境界線の外側にあ
not by colonizing overseas territories outside the
る海外領土を植民地にしたばかりか、ギリシャに最も近
previous geographical limits of the Hellenic World but
いミケーネを攻撃して征服して、スパルタ市民の領土獲
by attacking and conquering her nearest Greek
得の野望を満たしたのである。
neighbours in Messene. The consequences were that
Sparta obtained her necessary additional lands only
スパルタは自国にとって必要で取り込もうとした土地
at the cost of obstinate and repeated wars with
を、スパルタ同胞の度量と頑強さでもって戦争を繰り返
neighbouring peoples of her own calibre; that, even
して獲得することになった。
when the conquest was completed, the retention of
そして征服がし終わっても、征服した領土を維持管理す
the conquered territories required a permanent
るため軍隊を常駐させたりした。この永続した緊張感は
military effort; and that this permanent strain bore
スパルタ自国にも生まれたが、自国の安全に対して責任
upon Sparta herself and not upon some independent
を持たせられていた海外の独立都市国家にはなかった。
daughter—state overseas who would have been
この状況を合わせるためにスパルタの政治家は、スパル
responsible for her own security. In order to meet this
タの上層者から下層者まで彼らの生活様式に軍事化導
situation, Spartan statesmen were compelled to
入を強要した。
militarize Spartan life from top to bottom—which
その軍事化は、ギリシャという共同体の一員として共通
they did by reinvigorating and adapting certain
する幾つかの根本的な社会制度でもって強さを授けて、
primitive social institutions, common to a number of
それを適合させていたし、スパルタでもその他の都市国
Greek communities, at a moment when, in Sparta as
家においてもその時は、これらの制度は消滅しかかって
elsewhere, these institutions were on the point of
いた。
disappearing.
Athens reacted to the population problem in a
アテネは人口問題に対しては別のやり方で取り組ん
different way again. At first she neglected it—neither
だ。アテネは自国内に変革しようという空気が出てきて
planting colonies overseas nor conquering the
その圧力が掛かるまで、海外に植民地を作る計画も、ギ
territory of the Greek neighbours—until the pressure
リシャに近隣の海外領土を征服するもしないでそれら
threatened to find vent in a social revolution. At that
に最初は無関心であった。他の都市国家によって求めた
point, when the solution sought by other states were
解決策が自国にはもはや適用しないと決めた時点にな
no longer to her, she discovered an original solution of
ると、輸出するための農業生産に特化し、また輸出のた
her by specializing her agricultural production for
めの産業を興し、これらの経済的な革新によって活動し
export, staring manufactures also for export, and
て生まれた新しい階級の人々に政治的制度を作り上げ
then developing her political institutions so as to give
るという独創的な解決策を編み出した。言い換えてみれ
a fair share of political power to the new classes
ば、アテネの政治家は社会的な革命が起きることを防い
which had been called into being by these economic
だとも言える。そして共通の問題に対するこの解決策を
innovations. In other words, Athenian statesmen
見出して彼ら自身に影響を及ぼすまでは、ヘレニズム社
averted a social revolution; and, discovering this
会全体のために前進するよう新しい道をアテネの政治
solution for the common problem as far as it affected
家は偶発的に切り拓いたのである。
- 44 -
themselves, they incidentally opened up a new
自国の将来の物産に危機が押し迫った時に、ペリクレス
avenue of advance for the whole of the Hellenic
(訳註:アテネの将軍・政治家で、文物を奨励しアテネの黄金時代を招来
Society. This was what Pericles meant when, in the
した)が「アテネこそがギリシャに実際的な教育をでき
crisis of his country’s material fortunes, he claimed
る」と主張したのが、まさにこれである。アテネが自ら
that she was ‘education of Hellas’. In so far as she
でひとつの都市国家として生きていたとしたら、ヘレニ
lived unto herself, as a city-state, Athens came to
ズムの歴史が終焉してしまう時代の前に、アテネは失敗
grief before that age of Hellenic history had reached
に終わっていた。アテネがギリシャを待ち望んで生きて
its close. In so far as she lived for Hellas, Pericles’
いた限りペリクレスの主張は、
《紀元前 325 年頃に始ま
claim was justified by the event; for in the next age of
ったヘレニズム歴史の新しい時代に対して、前の時代に
Hellenic history, which began about 325
the new
起きた一般的な問題に特に対処する方法を見出すため
ideas and institutions which had been worked out by
にアテネ人によって算定された新しい考え方や諸制度
Athens in order to discover a particular solution for
が、ギリシャの共通社会的遺産としてヘレニズム社会
the general problem of the preceding age were
(ギリシャ語を喋る人々が住む狭い領土より遥かに超
adopted by the rest of the Hellenic Society (which by
えて拡張したことによる)に残っていた人々によって採
then had expanded far beyond the narrow domain of
用された》という事例でもって正当化されたのである。
the Greek-speaking peoples) as their common social
ヘレニズム歴史というこの時期を「ヘレニズム時代」と
heritage. This phase of Hellenic history is commonly
通常呼ばれているが、
「アテネ的時代」の方が適切な呼
called ‘the Hellenistic Age’, but ‘the Atticistic Age’ is
び名であろう。
BC,
the proper name for it.
From this angle of vision, which takes not Athens or
アテネとかスパルタとかコリントとかカルキスとかで
Sparta or Corinth or Chalcis but the whole of the
なくギリシャ社会全体をその研究領域として視野に入
Hellenic Society as its field, we are able to
れることによって、紀元前725~325年の間これら
understand both the significance of the histories of
の幾つかの諸国家における歴史の重要性と、その時代か
these several communities during the period 725-325
ら後世への移行の重要性の両方とを我々は理解するこ
and the significance of the transition from this
とができるのである。カルキス史とかコリント史とかス
period to that which followed. Questions are
パルタ史とかアテネ史を一つ一つ吟味して理解できる
answered to which no answer could be found so long
研究領域を探そうとしている限りは、答えを出せないよ
as we looked for an intelligible field of study in
うな質問に答えるようなものだということが分かるで
Chalcidian history or Corinthian history or Spartan
あろう。このような見方をすれば、カルキス史とかコリ
history or Athenian history examined in isolation.
ント史は、ある意味で正常であったと言えるが、スパル
From this point of view it was merely possible to
タ史とかアテネ史は夫々別の方向に向いており、正常さ
observe that Chalcidian or Corinthian history was in
から逸脱していたと単に認めることができるだけであ
some sense normal, whereas Spartan and Athenian
る。このような逸脱がどう起きたのかの道筋を説明する
history departed from the norm in different
ことは出来ない。そこでスパルタ人とアテネ人とは、ヘ
directions. It was not possible to explain the way in
レニズム史の夜明け時に、他のギリシャ人とは既に違っ
which this departure took place; and historians were
ていて、生まれつきの特別な性格を持ち合わせていたの
reduced to suggesting that the Spartans and
だと、歴史家たちは示唆するしかなくなってしまった。
Athenians were already differentiated from other
これは、スパルタとアテネの発展を説明するのに、そも
Greeks by the possession of special innate qualities at
そも発展なんぞはまったく無くて、スパルタ人とアテネ
the dawn of Hellenic history. This was equivalent to
人が歴史の始まりから終わりまで特別なものであった
explaining Spartan and Athenian development by
という説明の仕方と同じであった。
BC
postulating that there had been no development at
- 45 -
all, and that these two particular Greek peoples were
as peculiar at the beginning of the story as at the end
of it. That hypothesis, however, is in contradiction
しかしながら、この仮説は実証されている歴史的事実と
with established historical facts. In regard to Sparta,
は矛盾している。スパルタに関して言うならば、例えば
for example, the excavations conducted by the British
アテネにある英国考古学院の発掘調査によると、注目す
Archaeological School at Athens have produced
べき証拠が発見され、紀元前6世紀の中頃までは、スパ
striking evidence that, down to about the middle of
ルタ人の生活様式は異常なものではなかったし、それ以
the sixth century
来、他のヘレニズム諸国家の生活様式から急激に差が認
BC,
Spartan life was not abnormal
in the ways which thereafter were to differentiate it
められるようになった。
so sharply from life in other Hellenic communities.
6 世紀の中頃以降、これから説明せねばならないような
After the middle of that century there was a
大変大きな変化があった。
revolutionary change which has to be explained, and
ヘレニズム社会全体が直面していた厳しい試練に対し
an explanation can be found only through looking at
て、特殊な局地的対応をこの時期におけるスパルタ史を
Spartan history in this period as a special local
考察することによってのみその説明が理解できるので
response to an ordeal which confronted the whole of
ある。
the Hellenic Society. The special characteristics of
「ヘレニズム時代」
(スパルタに対比して、その異常な
Athens, which she communicated to the whole
ほど曲がりくねって、ある袋小路に行き着いてしまって
Hellenic World in the so-called ‘Hellenistic’ Age (in
いる)と呼んでいるヘレニズム世界すべてと連絡を取り
contrast to Sparta, whose peculiar turning proved to
合っていたアテネが持っている特徴とは、努力して獲得
be
した性質のようなものであり、その起源は全体的な立場
a
blind
alley),
were
likewise
acquired
characteristics, the genesis of which can only be
から理解できよう。
apprehended from a general standpoint. It is the
西欧史の「中世時代」と呼んでいる北イタリアの、ベニ
same with the differentiation between Venice, Milan,
ス、ミラノ、ジェノバ、フローレンス、その他の都市国
Genoa, Florence, and the other city-states in
家との間での分化が同じようにあるし、現代におけるフ
Northern Italy in the so-called ‘Middle Ages’ of our
ランス、スペイン、オランダ、英国、他の西欧国民国家
Western history, and with the differentiation between
との間に分化が生じる。
France, Spain, the Netherlands, Great Britain, and
その部分的なものを理解するには、我々は先ずその全体
the other national states of the West in more recent
的なものに注意を傾けなければならない。
times. In order to understand the parts, we must first
なぜならば、この全体的なものが、それ自身で理解でき
focus our attention upon the whole, because this
る研究領域であるからである。
whole is the field of study which is intelligible in
itself.
I n t his pr o gr e ss ive dif f e r e nt iatio n o f t he
ある社会の構成要素がこのように分化が行われていっ
components of a society, Hellenic history, during the
た紀元前725~325年の間のヘレニズム史は、中世
four centuries 725-325 BC, displays the same
の北イタリア史も、現代の西欧史も、全体的には同じ輪
configuration as ‘medieval’ North Italian history and
郭を示している。しかし、ヘレニズム史に関するこの物
as modern Western history as a whole; but, though
話は、これらの二つの他の物話に対比されるけれども、
this episode of Hellenic history is comparable to these
同時代のものではない。年代順で見ると、それは先にな
two other episodes, it is not contemporary with them.
る。西欧社会の起源は、ヘレニズム史の最終段階にまで
Chronologically, it is anterior. The origins of the
遡ることになる、つまりグレコ・ローマンの段階であり、
Western Society can be traced back to the last phase
ただそれよりも更に前まで遡ることはない。
of Hellenic history—to its Graeco-Roman phase –but
- 46 -
not further back than that; and this chronological
そして、西欧史とヘレニズム史の年代的関係が、西欧社
relation of Western history to Hellenic history reveals
会が後ろ向きに広がる時間の限界を明らかにしてくれ
the limits of the backward extension of our Western
る。
Society in time. The spatial extension of this
この「理解しうる研究領域」の空間的範囲は、研究領域
‘intelligible field’, while wider than of any single
に属している単一の国の範囲よりもより広いけれども、
nation belonging to it, is narrower, even in its most
その空間的横断面が最大の範囲になっても、地球の全表
extensive spatial cross-section, than the entire
面よりは狭いし、その時代に生活していた全人類が占め
surface of the Earth and than the whole living
ていたものより狭い。
generation of Mankind; and we now find that its
そして、その研究領域における時間の遡行範囲は、それ
backward extension in time, while somewhat longer
に属する単一の国のそれよりはいくらか長いけれども、
than that of any single nation belonging to it, is not so
それほど長くはなく、また地下に張る根の長さをたとえ
long, even when we take into account the length of its
考慮したとして、西欧社会を代表する社会の種が存在し
roots underground, as the span of time during which
てきた時間の長さほどは長くないのである。
the species of society of which it is a representative
has been in existence.
Our provisional conclusions can be stated as
follows:
今まで我々が議論してきて得られた暫定的な結論は以
下の通りである:
(a) The ‘intelligible fields of historical study’, whose
limits we have roughly established by working
(a)「理解しうる研究領域」―その境界を、自分が所属す
outwards and backwards from the standpoint of
る現代の英国という立場に立って、国外に向け、且つ
our own country in our own day, are societies
過去に遡って研究してきて大まかに領域を立証して
which have a greater extension, in both space and
きたが―は、空間でも時間でも、国民国家とか都市国
time, than national states or city-states, or any
家とかその他政治的共同体よりもより大きい範囲を
other political communities.
持っている諸社会である。
(b) Such political communities (national states,
city-states, and the like) are not only narrower in
(b)(国民国家、都市国家等々)のような諸政治的共同体
their spatial extension and shorter-lived in their
は、それらが所属するそれぞれの社会よりも、空間的
time-extension than the respective societies to
範囲より狭く、時間的範囲より短命であるばかりでな
which they belong, but their relation to these
く、これらの諸社会との関係は、分割できない全体に
societies is that of inseparable parts to indivisible
対して分離できない関係にある。それらは、真の社会
wholes. They are simply articulation of the true
の実体と単に言えるのであって、それらだけで独立し
social entities and are not independent entities in
た実体ではない。歴史を研究する者は、諸都市国家で
themselves. Societies, not states, are ‘the social
なくて諸社会を取り扱うべきであり、それは「社会の
atoms’ with which students of history have to
微小分子」を指している。
deal.
(c) The societies of which national states like Great
(c)英国のような国民国家やアテネのような都市国家が
Britain or city-states like Athens are parts, while
部分をなしている諸社会は、それぞれが単独で(部分
they are (unlike their parts) independent entities
としてではなく)ある意味で独立した実体であって
in the sense that each of them constitutes, by
も、また同時に、
「理解しうる研究領域」は、ひとつ
itself, an ‘intelligible field of historical study’, are
の「社会の種」をすべて代表するという意味において
at the same time related to one another in the
お互いに関係するものである。
sense that they are all representative of a single
- 47 -
species of society.
(d) No one of the particular societies which we have
(d)我々が研究してきている個々の社会とは、全人類を取
been studying embraces the whole of Mankind or
り込んでいないし、また空間でいうとその人類が住み
extends spatially over the whole habitable and
着き、移動してきた地球上全体に広げてもいないし、
traversable surface of the planet or is coeval with
更に時間でいうと同年代ではなく、ひとつの代表的な
the species of which it is one representative. Our
ものでしかない。
Western Society, for example, which is still alive,
たとえば今も我々が生活している西欧社会は、ヘレニ
was not conceived until the Hellenic Society had
ズム社会が熟し切った後に生まれたものだが、そのヘ
passed
Hellenic
レニズム社会は ―(事実ではないが)それが遡って
Society—even if (as is not the case) it proved, on
追跡して種を代表する起源であると証明したとして
being traced back, to be one of the original
も― 1350年も昔に消滅してその寿命は全うして
representatives of the species—has been extinct
おり、何れの場合にも未だに全うしていない種の寿命
for thirteen and a half centuries, so that in any
はそれだけで既に短時間で尽きるであろう。
its
maturity,
while
the
case its complete life-span would fall short of the
still uncompleted life-span of the species by that
much already.
(e) While the continuity between the histories of one
(e)二つの社会の歴史間の密接な関係は、単一社会での異
society and another is very much slighter in
なる歴史の重要な区切りという間の密接な関係より
degree than the continuity between different
もはるかに微々たるものであり(その種類が異なる
chapters in the history of any single society
と、実質的にはまったく僅かである)
、違う時代で二
(indeed, so much slighter as virtually to differ in
つの個々の社会― つまり、西欧社会とヘレニズム社
kind), yet in the time-relation between two
会 ―間の時間関係において、比喩的に「両者の友好
particular societies of different age—namely, the
関係」を描写できるような、ひとつの連鎖を示すよう
Western and the Hellenic—we have observed
な容貌を我々は観察してきている。
features indicating a nexus which we may describe
metaphorically as ‘affiliation’.
- 48 -
有機体としての社会
13.リヴァイサン「誇りあるものの王」、ホッブズの著書の扉から、この像は社会を構成するのは、
人間と人間の関係ではなく、群衆であるという誤った考え方を生む。
上:15.エジプトの書記官、第 5 王朝
下:16.日本の僧侶、9 世紀
- 49 -
14.ベニン出土の戦士像、ブロンズ製の飾り板、16
~17 世紀
3 Some definitions of terms
3用語の定義
1 SOCIETY
1社会
SOCIETY is the total network of relations between
社会とは人間同士がお互いに何らかの関係を持って生
human beings. The components of society are thus
活している網状組織の全体像である。従って社会を構成
not human beings but relations between them. In a
するものは人間そのものではなく人間同士間の関係で
social structure ‘individuals are merely the foci in the
ある。ある社会構造においては、個々人は人間関係とい
network of the relationships’. The famous frontispiece
う網状組織の結び目に過ぎない。 社会を普通の大きさ
of Hobbes’s Leviathan, displaying society as a
で多くの人間として描く代わりにひとりの巨人でもっ
gigantic human figure composed of a multitude of
て描いている(訳註:48ページに示した図13)ホッブスの「リ
life-sized human figures, is an anthropomorphic
ヴァイアッサン」は有名な挿絵であるが、これは実際の
misrepresentation of reality; and so is the practice of
ことを擬人化した、間違った描写である。また人間が社
speaking of human beings as ‘members’ of society or
会の構成員とか社会を様々に構成する制度の構成員(例
of one or other of its component institution (e.g. a
えば、倶楽部、教会、学級、家族、会社)のように言う
club, a church, a class, a family, a ‘corporation’). A
ことが習慣化しているのも間違っている。目に見えて、
visible and palpable collection of people is not a
また触って知ることができるような人々の寄せ集めは
society; it is a crowd. A crowd, unlike a society, can be
社会と言えず、それは単に群衆である。群衆は社会とは
assembled, dispersed, photographed, or massacred.
異なり、集められたり、解散させられたり、写真を撮ら
れたり、大量虐殺させられることが可能な集団である。
2 CULTURE
2 文化
I agree with, and adopt, P. Bagby’s definition of
P.バグビーが、文化とは「社会を構成する人々の内面的
culture as being ‘regularities in the behaviour,
行動と外面的な行動における規則正しさであり、遺伝性
internal and external, of the members of a society,
に起因する規則正しさは含まれない」と定義しているこ
excluding
clearly
とに私は納得できるし、それを採用したい。「歴史が模
hereditary in origin’. Bagby adds that, in virtue of
型化し、繰り返す」というお蔭で、
「文化は歴史を理解
being ‘the patterned or repetitive element in history’,
するための側面である」とバグビーは文化の定義に付け
‘culture is history’s intelligible aspect’. A. L. Kroeber
加えている。A. L. クローバーは四点なる定義をしてい
proposes a definition in four points, of which the first
るが、その内の最初の三点はバグビーの定義と同じであ
three agree with Bagby’s definition. Kroeber’s fourth
る。クローバーの言う第四点目の定義は、
「文化とは価
point is that culture embodies values. I agree with,
値を具体的に表現すること」であった。私は、この定義
and adopt, this point too.
に納得するし、とり入れたい。
3 CIVILIZATION
3 文明
This pseudo-Latin word is a modern French coinage,
「文明」という疑似ラテン語は現行フランス語の造語で
and Dr Johnson refused to include the English
あり、ジョンソン博士は自分が著した英英辞書に「文明」
counterpart of it in his dictionary of the English
によく似た英語を記述することを断っている位である。
language. Since then, it has become current an all
それ以来、すべての現代語では、「ある特定の時代に存
modern language in the meaning of a particular kind
在していたある特定の種類或いは段階での文化」という
or phase of culture that has been in existence during
意味でもって使われてきている。今日の知見では文明の
a particular age. In the present state of knowledge
時代は凡そ3000年前から始まっていると考えられ
the Age of Civilization appears to have begun
る。
those
regularities
which are
approximately thousand years ago.
- 50 -
Bagby proposes that we should take out cue from
バグビーは、
「文明」という言葉の語源学から手掛り
the etymology of the word ‘civilization’ and should
を掴みだすべきで、また文明を「都市において見出され
define civilization as ‘the kind of culture found in
る文化の類」と定義すべきと提案している。更に「都市」
cities’. And he proposes to define ‘cities’ as being
とは、「食べ物を作り出す農業や漁業や畜産業などの職
‘agglomeration of dwellings many (or, to be more
業に従事していない多くの人々(もっと正確に言うと、
precise, a majority) of whose inhabitants are not
大多数、過半数)が住んでいる集団地帯」とでも定義さ
engaged in producing food’. Bagby’s definition comes
れると彼は提案している。バグビーの定義は的を射てい
near to hitting the mark. Yet it will not quite serve.
るように思える。
Nor will V. G. Childe’s coinage of the phrase ‘the
しかしまったく適ったものとは言い難い。そして「文明」
Urban Revolution’ (on the analogy of ‘the industrial
を熟知していながら文化という種の出現に対してひと
Revolution’) as a synonym for the emergence of the
つの同義として(
「産業革命」から類推して)
「都市革命」
species of culture known as ‘civilization’. There have
という言い回しをしている V. G.チャイルドの造語は、
been city-less societies that have nevertheless been in
また的を射ていないであろう。都市という形態をもって
process of civilization. But we have, to go further, and
いない社会であって、それでも文明という過程は持って
to equate civilization with a state of society in which
いるものだ。しかし我々はそれを更に一歩進めるべきで
there is a minority of the population, however small,
あり、人口の少なく、しかも小規模な社会で、食物を単
that is free from the task, not merely of producing
に生産するだけでなく、その他の経済活動に従事するよ
food, but of engaging in any other of the economic
うな仕事から解放された社会を構成している国家でも
activities—e.g. industry and trade—that have to be
同等に文明化は進むのである。その他の経済活動とは、
carried on to keep the life of the society going on the
産業や通商などであり、それらは物質面で社会生活が文
material plane at the civilization level. These
明化されたレベルに維持してなされなければならない
non-economic
soldiers,
ものである。職業軍人、行政職、とりわけ僧侶などの生
administrators, and perhaps, above all, priests—have
産活動に携わらないこういう人々は、今日我々が知って
certainly been city-dwellers in the cases of most of the
いる文明で殆どの場合が、都市居住者であったことは確
civilization known to us.
かである。
specialists—professional
I agree with H. Frankfort in rejecting the view that
H.フランクフォルトは、「食物の増産や技術的進歩と
‘such changes as an increase in food-production or
いった変化が、
(両者とも確かに文明の勃興と同時に起
technological advances (both, truly, coincidental with
きたが)
・・どうやって文明が可能になったのかを説明
the rise of civilization)-----explain how civilization
する」という見方を否認していることに私は同意する。
became possible’. A. N. Whitehead surely hits in a
A.N.ホワイトヘッドは、フランクフォルトがこの文脈に
passage, quoted by Frankfort in this context, in which
引用した一節に確かに一致させており、その中で彼は
he
world
「世界中の各時代における高度な活動には、その全盛期
distinguished by high activity, there will be found at
があるであろうし、そしてその全盛期に導いて行った諸
its culmination, and among the agencies leading to
作用の中には、宇宙論的な眺望があり、暗黙に了解され
that
たものがあるが、現に作用しているバネの上にそれ自身
declares
that
culmination,
‘in each
some
age
of
profound
the
cosmological
outlook, implicitly accepted, impressing its own type
の特徴を押し付けている」と言明している。
on the current springs of action’.
Christopher Dawson is making the same point
クリストファ・ドーソンも「すべての文明の背後には、
when he says that ‘behind every civilization there is a
将来像というものがある」という同じ見方をしている。
vision’. On this view, to which I adhere, the presence
この見解に私は支持をするが、少数の住民が経済活動に
in a society of a minority liberated from economic
activities is an identification-mark of civilization
- 51 -
rather than a definition of it. Following Whitehead’s
関与しないでおれる社会が存在するということは、文明
lead, I should define civilization in spiritual terms.
の定義というよりも文明が存在する身分証明書みたい
Perhaps it might be defined as an endeavour to create
なものである。ホワイトヘッドの模範に従って私は、文
a state of society in which the whole of Mankind will
明を精神的な用語によって定義をすべきであろう。人類
be able to live together in harmony, as members of a
全体がすべてを包み込むようなひとつの単一家族の構
single all-inclusive family. This is, I believe, the goal
成員の如く、皆が調和して生きて行けるような社会状況
at which all civilizations so far known have been
を創り出そうとする努力が、文明と定義されるべきであ
aiming unconsciously, if not consciously.
ろう。これが、私たちが知り得る限りのすべての文明と
いうゴールを、意識していなくとも、無意識に目指して
4 SOCIETIES
きていたと信じている。
I use the words ‘societies’ in the plural and ‘a society’
4 諸社会
in the singular
historical
私は「社会」という言葉を複数形で、また単数形でも使
exemplifications of the abstract idea ‘society’ which
っている。それは、前述の抽象的な概念である「社会」
has been examined above. The relation of ‘societies’ or
について固有の歴史的例証を意味している。「複数形の
‘a society’ to ‘society’ is the relation of one or more
社会」又は「単数形の社会」と「社会」との関係は、諸
representatives of a class of phenomena to the class
社会現象の中の一つの分類項目をひとつ或いは複数代
that it represents.
表の事例と、その代表事例の分類項目との関係であると
to
mean particular
Since I use the word society to mean the total
言える。
network of relations between human beings, I use the
私が社会という言葉をあらゆる人間関係という全体
words ‘societies’ and ‘a society’ to denote particular
的な網目(ネットワーク)を意味するとしてきて以来、
networks that can be analysed as being combinations
「複数形の社会」と「単数形の社会」という言葉を、
《社
of a number of institutions that are their components,
会の構成要素であるも、またそうであると同定できない
but which cannot be identified as being, themselves,
もの、更にもっと包括的な網目の構成要素など、幾つか
components of any more comprehensive network. If
の諸制度が組み合わさったものとして解析され得る固
one defines societies in these terms, one finds that
有の網目》として解釈している。もし「複数形の社会」
there are several kinds of them. In other words, one
(訳註:今後「諸社会」と表現する)をこれらであると定義した
finds that the genus ‘society’ consists of several
ら、幾種類かの諸社会が存在することに気づく。言い換
species. There are, for instance, pre-civilizational
えてみると、
「社会」という「属」は、幾つかの「種」
societies, societies in process of civilization, and
により成り立っているのが分かる。例えば、文明化前段
societies that are embodiments of higher religions.
の諸社会とか、文明化進行中の諸社会とか、高尚な宗教
The pre-civilizational societies again fall into a
にまで昇華させている諸社会などがある。文明化前段の
number of different sub-classes: Lower Palacolithic,
諸社会は多くの異なる亜・分類項目:後期旧石器-、前
Upper Palaeolithic, Neolithic, Chalcolithic. The last
期旧石器-、中石器-、新石器-、青銅器-諸社会に再
three of these sub-classes, or at any rate the last two,
び向かって行く。この亜・分類項目の内の最後三つは、
have more in common with civilizations than they
それらに先立つ旧石器諸社会とのつながりよりは諸文
have with their Palacolithic predecessors.
明との共通性の方がより大きいといえる。
Though, according to my definition, societies are
私の定義によれば、諸社会は他の諸社会の構成要素で
systems of relations that are not components of other
はない諸関係の体系となるが、ライプニッツの言うモナ
societies, they are not, in my view, Leibnizian
ド(訳註:現実に存在するものを、それを構成しているものへと分析して
monads. All societies exert a constant reciprocal
いくといつかはそれ以上分割できない非延長的な実体に到達するに違い
influence on each other. The extant representatives of
ないと考えたのがモナド:単子である)ではないと私は見ている。
the species are being influenced, in different degrees,
- 52 -
not only by all their surviving contemporaries but
「種」の古文書など現存する代表的なものは、程度の差
also by the legacies of all societies that have come and
がどうであれ、同時代まで遡って生き延びたすべての社
gone up to date.
会的な影響を受けたばかりでなく、今日まで去来してき
Every social network is the carrier of a culture, and
it is impossible in practice to study a society and its
culture apart from each other.
たすべての社会の遺産の影響があると考える。
すべての社会的な網目は、ひとつの文化を担ってお
り、ひとつの社会を研究し、その文化を他の社会から切
り離して研究することは実際には不可能であろう。
5 諸文明
5 CIVILIZATIONS
I use the word ‘civilizations’ in the plural and
前述してきたように抽象的概念「文明」の個別的な歴
‘civilization’ in the singular to mean particular
史なる例証という意味で、
「複数形の諸文明」、
「単数形
historical exemplifications of the abstract ideas
の文明」と私は使っている。「複数形の諸文明」若しく
‘civilization’ which has been examined above. The
は「単数形の文明」と、抽象的概念「文明」との関係は、
relation
to
ある種の諸現象の中の一例なのか、それとも、多くの事
more
例を代表するような分類項目との関係であるとも言え
representatives of a class of phenomena to the class
る。諸文明という言葉で表した分類項目は、「文化」と
that
by
いう「属」の下に位置付けられる一つの「種」である。
civilizations is one species of the genus ‘culture’.
すべての文明はある社会にある網目の上で育まれてい
Every civilization is carried on the network of a
るのだから、文明と社会とを切り離して別々に研究する
society, and it is impossible in practice to study a
ことは実際には不可能であろう。
of
‘civilization’
it
‘civilizations’
is
the
represents.
or
’a
civilization’
relation
of
one
The
class
or
represented
civilization and its society apart from each other.
A civilization can be defined as being ‘an intelligible
一文明とは、
《理解知り得る研究領域である》、
《多く
の異種民族がとる夫々固有の活動領域間の共通基盤で
field of study’; as being the common ground between
ある》、
《社会の特有な「ある種」を代表するものである》
the respective individual fields of action of a number
と定義できる。この三つの定義はお互いに両立するもの
of different people; and as being a representative of a
であって、そのどれかを除外してしまうと何か本質的な
particular species of society. These definitions are
ものを失うに違いない。その一番目の定義は、勿論、主
compatible with each other, and something essential
観的な用語が差し挟まれている。文明を定義しようとす
would be missing if any one of them were left out. The
れば、認識論になってしまう。他の残り二つの定義その
first of these definitions is, of course, put in subjective
ものは客観的な用語であって、これらは探求者の心に生
terms. Its approach to the definition of a civilization
じた事象の中で認識して信じ込んだ実在(私の見方で
is epistemological. The other two definitions are
は、これが正しいと思うが)を記述しようと試みている
objective. They are attempts to describe the reality
ことである。理想的に言うならば、何はともあれ、どん
that the inquirer’s mind believes (and believes
な定義であってもこの二重の形式を使ってしかるべき
correctly, in my view) that it has apprehended in the
であり、主観性と客観性という二重性を考慮すべきであ
phenomena. Ideally, any definition that we make of
り、また両者間に横たわる関係が実際にどんなものなの
anything whatsoever ought to be made in this dual
かという問題が、あらゆる思考の中では常につきまとっ
form, considering that the duality of subject and
てしまう。
object, and the problem of what the true relation
between them is, are inherent in all thinking.
一文明が、その文明の構成要素である諸社会共同
A civilization is an intelligible field by comparison
体・・・国民国家、都市国家、ミレット(訳註:オスマン帝
w i t h i t s c o m po n e nt c o m m u n it ie s — n a t io n s ,
国のギリシャ正教のアルメニア人の行政区分)、カースト、その他
city-states, millets, castes, or whatever else these
のこれらの構成要素であれ・・・それらと比較すること
- 53 -
components may happen to be. In general, a larger
で理解し得る研究領域となるのである。事実を積み上げ
unit of study is likely to be more intelligible than a
た全体に何事も到達し得ないと考えると、研究単位がよ
smaller one, considering that nothing can be
り大きなものの方が、より小さな研究単位よりも理解し
completely intelligible short of the sum total of
得ると一般的には言えるであろう。がしかし、事物とい
reality. This, however, cannot be intelligible either,
うものは心に留まってのみ理解しうるものであるから、
because things are intelligible only to minds, and, ex
これは理解され得るものではない、そしてこの事物の対
hypothesi, there would be no mind, outside the sum
象になり得る事実を積み上げた全体の外側にある仮説
total of reality, to be subject of this object. Accordingly,
が心に留まるものでも両方ないと言える。従って、いか
the intelligibility of phenomena, on whatever scale,
なる大きさの現象であれ、その現象の一部を理解したの
can never be more than partial and imperfect. This
であって不完全な理解に終わってしまう。一文明とは相
indicates that a civilization is ‘an intelligible field of
対的な意味でのみ「理解できる研究領域」に過ぎないこ
study’ in a relative sense only.
とを物語っているのである。
The common ground between a number of different
相異なる数多くの民族がとる個々の行動範囲間に共
people’s individual fields of action is an alternative
通している場とは、この章で私が数多くの人類の間に横
phrase for describing what, in this chapter, I have
たわっている諸関係という網目と呼んだようなものを
called a network of relations between a number of
言い換えた表現である。その諸関係の網目とは、時間的
human beings. A network of relations, being a
なそして空間的な次元の中にあるひとつの事象である
phenomenon in the time-dimension as well as in the
がゆえに、諸現象が数多くあり得るのであろう。記録に
space-dimension, will have phases. The civilizations
残っている諸文明なる諸々の歴史は、その起源をすべて
whose histories are on record so far are objective
持ち合わせている客観的な諸事実である。それらの殆ど
realities that have all had geneses; most of them have
は様々な時期に亘って、様々な広がりをもって成長して
also grown, over various periods of time, to various
きたのである。またそれらのいくつかは、衰弱してしま
extents; some of them have had breakdowns; and
ったのもあるし、崩壊という過程を通じて最後には消滅
some of them have then gone through a process of
してしまったものもある。諸文明の諸々の歴史はいくつ
disintegration ending in dissolution. In crediting
かの段階からなるひとつの型を持っていると私は信じ
civilizations with histories in a pattern of phases, I
るが、それらを擬人化し、擬人的用語でもって理解しよ
am not personifying them or conceiving of them in
うとはしたくない。非人間的な見方で理解し得る研究領
anthropomorphic terms. A nonhuman intelligible
域、例えば水晶は、いくつかの規則的な配列、型を持ち
field of study—for instance, a crystal—can also be an
ながら変化するようなある客観的な事象であり得るの
objective reality that changes in a regular pattern of
である。
phases.
Civilizations are invisible, just as constitutions,
文明とは、憲法とか国家とか教会のように非人間的な
states, and churches are, and this for just the same
見方で理解し得る研究領域であるがゆえに茫漠として
reasons. But civilizations, too, have manifestations
t h a t a r e vi s i b le , li k e t h e Pr u s s ia n s t a t e ’s
gold-crowned eagles and spiked helmets, and like the
いて見えにくいものである。
Christian Church’s crosses and surplices. Set side by
でもプロイセン公国の紋章に描かれている黄金の王
side an Egyptiac, an Hellenic, and a pre-Renaissance
冠を身に着けた鷲と鋲付の兜のように、キリスト教徒が
Western statue. It will be impossible to mistake
集う教会建屋の頂部に見える十字架や聖職者らが身に
which of these is the product of which school of
着ける短白衣のように、はっきりと見えるものもある。
sculptors. The distinctiveness of each of the three
artistic styles is not only visible; it is definite—more
- 54 -
definite than any of the visible products or emblems
エジプトの、ヘレニズムの、前ルネッサンス西欧時代の
of any church or state. By exploring the range, in
胸像が並んでいるとしてみると、これらがどの流派の彫
space and time, of a civilization’s distinctive artistic
刻家の作品なのか見間違えることはまず有り得ない。三
style, one can ascertain the spatial and temporal
つの芸術様式夫々の区別は単に可視的であるだけでは
bounds of the civilization that this style expresses. As
なくて、明確化できる。
・・すべての教会や国家に見ら
Kroeber points out, an artistic style is a sensitive
れる可視的な芸術品若しくは象徴よりも理解できるも
indicator of historical connexions. Within the ambit of
のである。ある文明を特徴付けるような芸術様式の時空
any one civilization the various styles ‘tend towards a
における広がりを調査すれば、この様式が表現している
certain consistency among themselves’, and ‘styles
文明の空間的な、時間的な範囲を確認できる。クローバ
are the very incarnation of the dynamic forms taken
ーが指摘したように、ある芸術様式とは歴史的な関連付
by the history of civilization’. Our ability, Kroeber
けでの敏感なる表示器に相当すると。すべての、一文明
adds, to locate an unassigned work of art to its place
という範囲内においては様々な芸術様式が「それらの中
in a style sequence implies that the development of a
である確かなる一貫性を持つ傾向がある」し、
「文明と
style follows a one-way course. ‘A style is a strand in a
は、文明史によって辿られる動的な形態のまさに権現で
culture----- It is also a selective way---- Where
ある」。どの時代の芸術作品なのかを一連の様式の系列
compulsion or physical or physiological necessity
の中に位置づけを我々が出来るかは、その様式の発展が
reign, there is no room for style.’ In being selective,
ある一定の道筋に従っているかどうかによるとクロー
a style, as well as a state, is an expression of will.
バーは付け加えている。
「様式とはひとつの文化の中に
Bagby, too, observes that ‘the art-historians have
ある撚糸のようなものだ。
・・・様式とはまた選択肢で
shown that the styles of works of art are not
もあるのだ。
・・・強制とか肉体的な心理学的な必要性
absolutely indefinable’, and that ‘something of the
が支配しているようなところでは、芸術様式は存在し得
same kind is done by the anthropologist and the
ない。」
culture historian. He too feels a common flavour in
志の表現となり得るのだ。バグビーもまた次のように言
the diverse features of a culture or a period; he too
っている。
「芸術作品の様式とは絶対的に定義できない
tries to point out the observable qualities which give
ものではないことを美術史家たちは明らかにしてきて
rise to this feeling.’ Frankfort points out that ‘we
いる」し、更に「人類学者や文化史家たちが同様のこと
recognize it [the character of a civilization] in a
を明らかにしてきている。バグビーはまた、ある文化と
certain coherence among its various manifestations, a
かある時代の多様な特徴の中に共通の味わいなるもの
certain consistency in its orientation, a certain
を感じており、この感じを引き起すところの観察可能な
cultural “style” which shapes its political and its
質・中味についてもまた指摘しようと試みている。」 フ
judicial institutions, its art as well as its literature,
ランクフォートは「文明が様々に出現する中にある種の
its religion as well as its morals’.
首尾一貫性や、その方向に見られるある種の一貫性や、
選択肢があればこそ、国家と同様に様式は意
The visible works of art that reveal so much about
そしてその政治的、法的制度、芸術や文学、宗教や道徳
their civilization are merely expressions of it. They
に見られる[ある文明の特徴]を認識するのである。
」と指
are not the civilization itself. That remains invisible,
摘している。その文明について多くのことを明かす可視
like a church or a state. When the anthropologist or
的な芸術作品は単に文明の表現に過ぎない。芸術作品は
the cultural historian tries to analyse the observable
文明そのものではない。文明は教会や国家と同じく不可
qualities that have been his clues to the diagnosis of a
視的なものであり続ける。人類学者や文化史家が、ひと
culture, he analyses them, as Bagby notices, in terms
つの文化を診断しようと見当をつけてきて観察可能な
of ideas and values.
質・内容を分析しようと試みるときに、彼らは、バグビ
ーが言うところの観念と価値という点から分析をして
いるに過ぎない。
- 55 -
宇宙の作図
17.18.物事を理解する前に分類することが求
められている。
上の図は、コペルニクスが説を唱える前に描か
れた宇宙であり、宇宙は天使の群れに守られた
一連の天球であった。
下の図は、アステカの石に刻まれた暦であり、中
央に位置する太陽が、過去と現在の世界が破壊
された象徴によって囲まれていることを示してい
る。
- 56 -
4 The need for a comprehensive study of
human affairs
4人間事象の包括的研究の必要性
THE DEMAND for a comprehensive study of human
人間事象を包括的に研究したいとする必要性の根底に
affairs is inspired by several motives. Some of these
はいくつかの動機が潜んでいる。その動機は恒常的なも
are permanent and some temporary; some are
のもあり、一時的なものもあるし、公平無私なものもあ
disinterested, some self-regarding. The strongest and
れば、利己的な動機もある。最も強く、最も尊重すべき
most estimable of these is curiosity. This is one of the
動機は、好奇心であろう。好奇心というものは、人間に
distinctive traits of human nature. No human being
備わっている本性であり、他の動物と違うところだ。好
seems to be altogether without it, though the degree
奇心の強さは個々人によって大いに異なるが、逆に好奇
of its strength varies enormously as between different
心を全く持たない人はいないだろう。人間事象の領域で
individuals. In the field of human affairs, curiosity
は、その好奇心こそが、人間に潜む精神を理解できる実
prompts us to seek a panoramic view in order to gain
在について洞察を得がんがために、パノラマ的な見方で
a vision of reality that will make it as intelligible as is
もって探そうとする動機になる。
【科学の世界で偉大な
possible for a human mind. ‘History certainly justifies
発見は、こつこつと細かなことに研究することから、よ
a dictum of Einstein, that no great discovery was ever
り包括的な洞察へと冒険をした人物がいなければ、なか
made in science except by one who lifted his nose
ったであろう】といったアインシュタインの格言は、歴
above the grindstone of details and ventured on a
史が証明している。
《パノラマ的な見方は、部分的な見方よ
more comprehensive vision.’ A panoramic view will at
りも実在を洞察する上で、少なくとも誤ったものにはならない
any rate be a less misleading reflection of reality than
であろう。人間のすべての諸活動において人間が為しうるこ
a partial view. And, while it is true that in the search
となんて決して完璧なものはないように、知識と理解力の探
for knowledge and understanding, as in all human
究も完璧ではない。しかし、人間はこのことに気づくような知
activities, human achievement are never complete, it
性を持ち、消え失せない強い興味を持ちながら努力しようと
is one of Man’s virtues that he has the intelligence to
立ち向かう精神力があり、人間の持つ天賦の才能が開くよう
be aware of this and has the spirit to go on striving,
に目標に近づこうとすることは、人間の美徳の一つでもある。
with undiminished zest, to come as near to his goal as
人間事象について、また宇宙世界の現象の全体像につい
his endowment of ability will carry him. Another
て、パノラマ的な見方を求めようとするもう一つの動機もある
motive for the quest for a panoramic view of human
が、それはもっと利己的なものである。その宇宙世界の現象
affairs, and indeed of the whole of the phenomenal
は無数に存在するし、その宇宙は無限であって、それを回
Universe, is more self-regarding. The phenomena
折している人間に内在する精神は、海図や羅針盤も持たず
appear to be innumerable, and the Universe infinite,
に広い大洋をただ漂うばかりであって、人間の持ち合わせて
to the diffracting human mind; and this experience
いる力は有限であると恐ろしい位に感じさせるのである。人
sea, without chart or compass, is terrifying for a being
間をこのように当惑させるような状況におかれた時に
whose powers are finite. In this disconcerting human
我々は、大洋は見た目よりもそれほど広いものではない
situation our first recourse is to make believe that the
と信じ聞かせることから始まるのであって、分割と省略
ocean is not as big as it looks; we try to play on it the
というトリックでもって大洋を見ようとしたがる。しか
tricks of partition and omission; but, in playing them
し、大洋を弄ぶうちにそのトリックを看過し、それから
we see through them, and then the only recourse left
残されたものでただ頼りにするのは、全宇宙に広がる網
is the formidable one of trying to fling out net over the
から飛び出そうとする手にも負えない大事業である。
Universe as a whole. Needham points out that ‘one of
諸現象を分類し、ある種の相互関係に諸現象を置き換え
the need for at least classing phenomena, and placing
るために最小限必要なものの一つが、常に再発するだろ
them in some sort of relation with one another, in
うという怖れと戦きに打ち克つために、初期の人類にと
order to conquer the ever-recurring fear and dread
っては、あまりにも物凄く圧し掛かったに違いない
- 57 -
which must have weighed so terribly on early men’.
と、ニーダムは指摘している。
》それら諸現象に直面し
This anxiety in the face of the phenomena spurs
た時に感じる不安が、いつの時代もまたどの地域でも、
human minds, always and everywhere, into ‘fixing’
人間の心を一つの型を見つけてはその諸現象を固定し
the phenomena by finding a pattern in them; but it
ようと掻き立てているのである。しかし、現代社会での
has been accentuated in the present-day world’s
急速な科学の発達や技術の進歩によって諸現象の統一
sudden unification by means of modern science and
がなされる結果になったのである。
technology.
The same unprecedented scientific and technological
このようなかってない科学の発達や技術の進歩が「距離
advance that have unified the world by ‘annihilating
を感じさせない」をもたらした世界の一体化と同じよう
distance’ have put it into Mankind’s power to
に、核兵器によって人類絶滅に向かいかねない。
annihilate itself by making war with atomic weapons.
集団虐殺に傾倒しつつある現状に直面して甘んじるの
We are now waking up to the truth that we have
か、それともこれから将来は世界に単一の家族を構築す
unintentionally put ourselves in a new position in
るよう学ぶのかという極端な二者択一を人類は迫られ
which Mankind may have to choose between the two
ている新しい立場に我々は意図的でなく置かれている
extreme alternatives of committing genocide and
という事実に今叩き起こされている。今人類がこうして
learning to live henceforward as a single family. The
地球上に生き残れるかどうか・・旧石器時代に人類が成
human race’s survival is now once again in doubt for
し遂げた偉業であるが・・人類が自分たちを含まない「自
the first time since Man established his ascendancy
然」を支配してきて以来初めて迷っているところであ
over non-human Nature—a feat that he achieved part
る。旧石器時代と異なり今日は人間性そのものが、人類
way through the Palaeolithic Age. This time it is
全滅の脅威となっている
human
with
この新しい方角から来る「いにしえの脅威」の再来は、
extinction. The recurrence of the ancient threat this
人類全体に対する挑戦であって、人類にとって伝統的で
new quarter is a challenge to all human beings to
且つ偏狭な忠義を、新しくて最高なる忠節に従属させよ
subordinate their traditional parochial loyalties to a
うとする挑戦でもある。人間の本性として潜んでいる再
new paramount loyalty to Mankind itself. The
来の脅威が、実は我々がその脅威を抑制しようとする人
recurrent threat’s source in human nature is a
間事象の研究を進めようという源になるのである。
nature
that
threatens
Mankind
challenge to us to study human affairs in order to
bring them under control.
空間と時間の両面で一体化されてきた世界の中での人
In a world that has been unified in both space and
間事象の研究は、その研究が有効的なものになるよう包
time, a study of human affairs must be
括的に進めなければならない。その研究は現代の世代だ
comprehensive if it is to be effective. It must include,
けでなく、過去の世代のすべてを含むべきである。人類
not only the whole of the living generation, but also
を救済しようとするならば、宗教、文明、民族・国家な
the whole of the living generation’s past. In order to
どに見られる差異や、階級、人種などに見られる差別を
save Mankind we have to learn to live together in
乗り越えて仲良く生きて行くべきことを学ばなければ
concord in spite of traditional differences of religion,
ならない。人類が調和しながら仲良くそして上手く生き
civilization, nationality, class, and race. In order to
て行くためには、先ずお互いに知り合うことが肝要であ
live together in concord successfully, we have to know
る。それにはお互いの過去についても知ることが必要に
each other, and knowing each other includes knowing
なる。宇宙で起きている現象の残渣のように人類の生き
each other’s past, since human life, like the rest of the
様は、時の流れの中での動きを通じて自分の姿を現すと
phenomenal Universe, can be observed by human
きのみ人間の精神によってのみ感じ取ることができる
minds only as it presents itself to them on the move
のだ。
.
- 58 -
through time.
Historical forces can be more explosive than atom
歴史が持つ力は、原子爆弾よりも強力な破壊力であると
bombs. For our now urgent common purpose of
も言える。
self-preservation it will not be enough to explore our
我々が現在差し迫って直面している共通の目標「人類保
common
The
存」のためには、私たち共通の基盤に宿っている人間の
psychologist’s work needs to be supplemented by the
本性を探究するだけでは不十分である。心理学者の仕事
archaeologist’s, the historian’s, the anthropologist’s,
は、考古学者や歴史家や社会学者らの研究で補完される
and the sociologist’s. We must learn to recognize and,
必要性を感じる。私たち人類に共通する本性が、人類の
as far as possible, to understand, the difference
培った文化、すなわち多種類の宗教や異なる文明や種々
cultural configurations in which our common human
の民族・国家などを、歴史のうちに明瞭に表現されてい
nature has expressed itself in the different religions,
るという種々の文化の輪郭を認識し、可能な限り、それ
civilizations, and nationalities into which human
を理解するよう努めなければならない。
culture has to be articulated in the course of its
「人類が作った歴史という知識は、人類の共通の財産の
history. ‘All of human history is relevant to present
一つでなければならない。
」
underlying
human
nature.
and future human needs.’ ‘The knowledge of the
history of Mankind should be one of Mankind’s
common possessions’
We shall, however, have to do more than just
しかしながら、我々はお互いの作り上げてきた文化遺産
をただ理解するだけでなく、それ以上のことをしなけれ
understand each other’s cultural heritages, and more
ばならない。
even than appreciate them. We shall have to value
我々はその文化遺産の価値を見いだし、人類共有の財宝
them and love them as being parts of Mankind’s
の一部として、我々自身が先祖伝来の家宝を共有財産と
common treasure and therefore being ours too, as
して差し出すくらいにそれらを愛さねばならない。
truly as the heirlooms that we ourselves shall be
「愛」と言う炎がなければ、人類の社会的連帯に入った
contributing to the common stock. Without the fire of
危ない亀裂を焼なますことはできない。
love, the dangerous fissures in Mankind’s social
危険であるというだけでは、たとえ今日のように我々に
solidarity cannot be annealed. Danger, even when it
とって極端なものであっても、救済のために必要な措置
is as extreme as ours is today, is never a sufficient
をとらせるような刺激とはなり得ないであろう。
stimulus in itself to make men do what is necessary
それだけでは刺激として貧弱であって、役に立たない。
for their salvation. It is a poor stimulus because it is a
便宜主義なる冷徹な算段では、人類を救済するような霊
negative one. A coldblooded calculation of expediency
感を我々に与えることは出来ない。
will not inspire us with the spiritual power to save
この力は、積極的な目標への公平無私な追求からでしか
ourselves. This power can come only from the
出てこないもので、人類の自滅を避けようとする消極的
disinterested pursuit of a positive aim that will
な目標のはるか彼方にある。
outrange the negative one of trying to avoid
この積極的な目標は、何も与えられるものでなくて「愛」
self-destruction, and this positive aim can be given to
でもって勝ち取るものである。
men by nothing but love.
- 59 -
新石器時代の技術の大変革
19.荷運びロバ使い、エジプト出土、第Ⅴ王朝
20.荷車の模型、シリア出土、紀元前3000~2000年代
21.帆かけ舟、ミノア出土、紀元前2000年頃
荷運びロバや牛車や帆かけ舟は、新技術の発明や進歩による人力以外の牛馬力を利用したものの代表である。それらの
技術は、環境を支配する人間の支配力を増大することに寄与したが、社会的心理的な面から見れば、自分たちが作り出
した文化に閉じ込められたという感覚を持ち始めた始まりでもあったのである。
- 60 -
水力と人力
大昔の灌漑という公共事業には、かなりの社会的な協力と強制とが必要とされていた。その事業が自然環境との関係
や人間同士の関係も大きく変えることとなった。
22.エジプトのさそり座の王が、灌漑水路の最初に鍬を振り落す場面。この絵は、エジプト南部の人による下エジプト
征服の後、平和と秩序が回復されたことを表徴している。
23.「はねつるべ」を用いた水汲み。支柱に蝶番でもって取付られた棹の片方には桶が描かれている。反対側には錘が
付けられていて釣り合うことでちょっとした力でもって桶に水を汲み上げることが分かる。
- 61 -
24.二人の神によって上ナイルと下ナイルとが統合されたことが描かれている。統一を象徴する真中の柱には、それぞ
れのシンボルである、パピルスと蓮をくくりつけている。
25.紀元前1300年頃のメソポタミアのニップールに近い王領の灌漑水路を表した地図。水路は農地を縦横に走って
いる。丸印は村落を表している。
- 62 -
5 The transitional societies
5過渡期の社会
The SPECIES of society with which this book is mainly
本書で主に取り上げて議論する「社会の認識種概念」は、
concerned are the civilizations and the higher
幾つかの文明と高等に進化した宗教である。これらは私
religions. These loom large in our retrospective view,
たちが過去を回顧するとぼんやりと大きく現れてくる。
because they are the major living institutions and
なぜならこれらは今も生きている大きな制度であり、そ
because we know far more about them than about
れ以前の出来事よりも私たちははるかに良く知ってい
their antecedents. The reason, however, why they are
るからである。
topical and familiar is that they are things of
これらがなぜ話題になり、親しみやすいものかを考えて
yesterday. The oldest of the higher religions are
みると、これらが恰も昨今起きたような事物だからであ
barely 2500 years old; the oldest of the civilizations
る。高等宗教の最古のものは、わずか2500年昔のも
are only 5000 years old. By far the longest epoch of
のであり、最古の文明ですらたったの5000年昔のも
Mankind’s history so far has been the Lower
のである。
Palaeolithic Age. This may have lasted for half a
今までの人類の歴史で群を抜いて最長の時代は、前期旧
million years, reckoning from the date at which our
石器時代である。私たちの祖先が人間らしくなった時期
ancestors
By
から推測して、この前期旧石器時代は凡そ50万年続い
comparison, the Upper Palaeolithic Age, which
たと考えられる。恐らく3万年前に始まった後期旧石器
dawned perhaps 30,000 years ago, was brief, yet its
時代は、それと比べて短かったが、それでもその持続期
duration was long in terms of the time-scale of the
間は文明の時間尺度からみれば長く、高等宗教という時
civilizations, and longer still on the time-scale of the
間尺度からみれば更に長かった。
higher religions. Moreover, in both the Old World and
また「文明の曙」は、
「旧世界」と「アメリカ」の両方
the Americans, the dawn of civilization was separated
において、後期旧石器時代の終わりころから一連の過渡
culturally, as well as chronologically, from the end of
的な文化により年代的にも、文化的にも分け隔てられて
the Upper Palaeolithic Age by a transitional series of
いた。
cultures. We must not ignore these earlier and longer
人間事象の包括的研究の必要性をもし私たちが認める
chapters of human history if we have recognized the
ならば、人類の歴史を研究する上で、これらの初期の時
need for making a comprehensive study of human
代について多く論究した章を無視しえないものである。
became
recognizably
human.
affairs.
Upper Palaeolithic Man had been a hunter, but, in
後期旧石器時代人は狩猟を営んでいたが、旧世界の北
the north-west quarter of the Old World, he lost this
西部においては、一連の氷河期の最後のものが後退して
means of livelihood when the recession of the latest in
いる時期に、その地域の植物相や動物相に当惑させるよ
a succession of glacial ages brought in its train
うな変化をもたらしたために彼らは狩猟という生活手
disconcerting changes in the regional flora and fauna.
段を失ってしまった。北ヨーロッパのマドレーヌ人(訳注:
In Northern Europe, that once mighty hunter,
フランス,ドルドーニュ地方のマドレーヌ Madeleine 岩陰を標準遺跡とする後期
Magdalenian Man, failed to respond to this challenge
旧石器時代最後の文化で、世界遺産アルタミラ洞窟壁画は、先史ヨーロッパ時
from
humbler
代の区分で主にマドレーヌ期(約 18000 年~10000 年前)と呼ばれる旧石器時
contemporaries to the south and south-east also
代末期にクロマニョン人によって描かれている。)は、強力な狩猟人であ
partly died out. Some of them decamped still further
ったが、環境の激変には打勝てなかった。南部や南東部に
southwards, in step with the southward drift of the
棲んでいた同時代の狩猟人の一部は死滅してしまったが、
savannahs at the expense of the tropical forest. But
その若干の狩猟人は、熱帯の密林に拡大してゆくサバンナ
some of them held their ground and made history.
の南下に伴って、更に南方して野営を引き払っていった。が
his
environment.
Some
of
his
しかし、そのうちのある者が、その土地を守り、そして歴史を
作り上げたのである。
- 63 -
I updated on June, 22nd, 2012
2012 年 6 月 22 日 和訳の追記
The type or phase of culture that was transitional
後期旧石器時代と、紀元前3000年頃のチグリス・ユ
between the Upper Palaeolithic and the civilizations
ーフラテス河下流の流域、ナイル河下流の流域に興った
of the first generation which arose in the Lower
第一世代文明との間に移り変わっている文化の形態、或
Tigris-Euphrates valley and the Lower Nile valley c.
いは様相は、新石器時代として知られている。後期旧石
3000 B.C. is commonly known as Neolithic, in allusion
器時代人の最上の道具であった薄く刻んだ、或いは薄片
to its characteristic tool, the ground-stone, which was
状の火打石よりも強力で有用な、この時代特有の磨いた
much more potent than even the finest of Upper
石器(斧など)を用いていたことから新石器時代と呼ば
Palaeolithic Man’s chipped or flaked flints. However,
れている。しかしながら、旧世界の農業発祥地では家畜
agriculture and, to an almost equal degree, the
の飼育がふつう農業に伴って同程度に行われ、農業と家
keeping of domestic animals, which was the normal
畜とが新石器時代の本質をなすものである。新石器時代
concomitant of a agriculture in the region where the
の基礎を作り上げてきた文化という意味で「より高度
agriculture of the Old World originated, are the
な」文化の様相を、この時代に続いて永久的に受け継い
essence of the Neolithic culture and are its greatest
でいる。その「より高度な」の意味は、精神的達成度と
enduring legacy to cultures of subsequent phases that
か価値から「高い」と言っているのではない。
are ‘higher’ in the sense of having been built up on
Neolithic foundations, whether or not they are higher
in terms of spiritual achievement and value.
人類の祖先が「自然」に寄生してきたように、また虫
By achieving the agricultural-pastoral revolution,
けらを除いた他の生き物のように「自然」に寄生する生
human being made themselves into active partners of
物であり続ける代わりに、人類は農牧を大変革すること
Nature instead of continuing to be parasites on her
によって「自然」を仲間として積極的に取り込んだので
like their human predecessors and like all other kinds
ある。
of living creatures except some of the social insects.
動物の飼育と植物の耕作は、先見性と予めの考慮と、忍
Both vegetable and animal husbandry are fruits of
耐と自制の賜物であり、飼育と耕作を続けるためには、
foresight, forethought, perseverance, and self-control,
これらの効能を発揮させるよう確実にしてゆく必要が
and require an unfailing practice of these virtues to
ある。
keep them going. Husbandmen have to take thought,
飼育人や農夫は、翌日のことだけでなく、翌年のことも
not only for the morrow, but for the next year; and,
考えていなければならない。農夫はお腹が空いても種穀
however hungry they may be, they must not eat the
物までを食べてはいけないし、飼育人はたとえひもじく
seed-corn or slaughter the cows, ewes, and she-goats
なってもミルクを与えてくれる牝牛や牝羊や牝山羊を
that yield them milk, besides replenishing their herds
屠殺して、畜群を新しく補充することなく空腹を満たし
and flocks. The reward of husbandry is the production
てはいけない。飼育や耕作のお蔭で、狩猟や自然に生え
of a food supply that can mai ntain a denser
ている植物を採集していた時代と比較してはるかに安
population in greater security than hunting and
全になり、より多くの人々を養い得る食糧を作り出すこ
food-gathering can. But to describe this revolution
とができるようになった。しかしこの大変革を技術的な
solely in technological and economic terms would be
観点から、経済的な観点からだけで捉えては、それを十
to give an inadequate account of it. Before the
分に評価することにはならない。高等に進化した宗教の
epiphany of higher religion led to the extrication of
出現でもって、世俗生活から宗教的な活動を解放するま
the religious activities from the secular side of life, all
では、あらゆる社会的、文化的活動が宗教的活動と同じ
social and cultural activities were religious activities
であったのだ。動物の飼育と植物の耕作は確かに宗教的
as well. Husbandry, both vegetable and animal,
な側面を持つと同時に経済的な側面を持っていた。
certainly had a religious, as well as an economic,
そして農業と牧畜という大変革は、もしもそれが宗教改
aspect to begin with; and the agricultural-pastoral 革に相当していなかったならば成し遂げられなかった
- 64 -
revolution might never have been achieved if it had
に違いない。
not been a religious revolution in one of its aspects.
Primitive agriculture had produced no surplus food
原始的な農業では、余剰の食糧を確保することも、ま
and therefore no reserves for maintaining specialists;
た専門的職業人を養えるような食糧の貯えも出来なか
the only division of labour had been men and women,
った。原始農業では男性と女性との間の分業が唯一芽生
and each local community had been self-sufficient.
えたし、地域共同社会ではそれぞれ自給自足体制にあっ
The new arts that arose in the Afrasian oases during
た。紀元前4000年から紀元前3000年頃にかけて
the fourth millennium
required male specialists,
アフラシア(訳注:Afro-Eurasia、アフリカ北部とアジア南西部を一
and this indicates that a certain surplus must by then
括した呼び名)のオアシスに興きた新しい工芸は、男性の
have been accruing. Metallurgy is a full-time
専門的職業人を必要としたし、そのことはある程度の食
occupation;
‘metallurgical
approximation
metallurgy
B.C.
to
destroys
lore
international
Neolithic
is
the
first
糧の余剰が生じてきていたことを示している。冶金術は
science’,
and
溶解作業がある故に終夜勤務を余儀なく求められ、
「冶
self-sufficient—
金術の知識・伝承は、国際的科学へ近づく第一歩である」
requiring, as it does, not only smiths, but miners,
(著者注:V. Gordon Childe: What Happened in History『歴史に何が残
smelters,
fourth-millennium
ったか』)とあり、更に冶金術が新石器時代の自給自足体
inventions—metallurgy, the wheel, the ox-cart, the
制を破壊している―というのは、今日みられるように、
pack-ass, the sailing ship—provided the technological
鍛冶屋だけでなく、鉱夫や、製錬とか運搬に従事する者
foundation for a new economic organization which
を多く必要とするからである。紀元前4000年から紀
could undertake a task that Afrasian Man had not yet
元前3000年頃にかけての発明 ― 冶金術、車輪、牛
attempted; the reclamation, for agriculture, of the
車、ロバによる荷運搬、帆かけ舟 ― は、アフラシア人
jungle-swamps in the great Afrasian basins and
が今までかって試みたことがないような新しい経済の
valleys. This work presupposed a mastery of the arts
仕組みで技術的な基礎を作りあげた。つまりそれらは、
of irrigation, and irrigation in its turn demanded an
大きなアフラシアに広がる窪地や谷間の密林沼沢地を
elaborate economic and social framework, since
農業のために開墾するためであった。この仕事は灌漑技
without them there could be no public works; and
術の習得を前提としており、逆に灌漑を実現するには練
without these the fourth-millennium technological
りに練った経済的・社会的枠組みが必要になったし、そ
inventions would not have enabled Afrasian Man to
ういう枠組みがなかったならば、公共事業はありえなか
achieve his great new enterprise.
った。これらの公共事業なくしてアフラシア人の紀元前
and
carriers.
The
No doubt every technological revolution is also a
social one in the sense that technological changes are
4000年から紀元前3000年頃にかけての発明に
よる巨大な新しい企ては不可能であったであろう。
both consequences and causes of social changes. R. J.
すべての技術大変革は、それが社会変化をもたらし、
Braidwood points out that the nature of the surviving
且つ社会変化のきっかけともなり得ることから社会の
evidence for pre-civilizational culture yields a picture
大変革とも言える。R.J.ブレッドウッド(著者注:The Near
in which technology looms too large. But, in contrast
East and the foundations for Civilization で述べている。
)が指摘した
to the Neolithic revolution, which had been a
ように前文明期の文化は、今日残っている証拠から鑑み
technological one first and foremost, the civilizational
ると技術があまりにも大きく前面に立ちはだかってい
revolution was a social and cultural one in the
る状況を我々に与えてくれているようなものだ。しかし
essence. The technological stages of history —
最初のそして優れた技術大変革であった新石器時代の
food-gathering, food-production, industrialism — do
大変革に比べて、文明の大変革は本質的に社会的・文化
not correspond to its cultural stages.
的な大変革であった。食糧採集、食糧生産、工業生産制
という技術上の歴史的な発展段階は、文化の発展段階と
- 65 -
符合するものではない。
The Neolithic technological revolution, in which
食糧の生産が食糧の採集にとって代わった新石器時代
food-production supplanted food-gathering, was a
での技術大変革は、その規模や重要性から考えると、近
technological change of the same order of magnitude
代西欧での産業革命 ― 人力や牛馬力、つまり筋肉力に
and
頼らない手段でもって製造や運搬をする方法に置き換
momentousness
as
the
modern
Western
Industrial Revolution in which muscle-power was
え ― に匹敵するものであった。
replaced by harnessed inanimate power as Man’s
新石器時代の大変革と産業革命との間の時代にはこの
material means of manufacturing and locomotion.
二つに比較しうる技術上の変化はなかった。
There was no comparable technological change
食糧の生産という面での前文明期と文明期との技術上
during the intervening age. The technological and
の、経済上の差異は程度の差にすぎなかった。
economic difference between civilization and the
pre-civilizational phases of food-production were
一方、この中間期に、先ず文明化が現れ、ついで高等に
differences of degree.’ On the other hand, this
進化した宗教が現れてきたが、その二つは、それぞれ今
intervening age saw, in the emergences first of
までの人類史上で最も偉大な文化的変化である。文明期
civilization and then of higher religion, the two
という文化の発展段階は、今上述したような食糧の生産
greatest single cultural changes in human history so
という発明と、それに付随して続いて起こる技術的進歩
far. The civilizational stage of culture could not have
がなければ、あり得なかったであろう。
been achieved if it had not been preceded by the
invention
of
food-production
and
the
other
しかし文明の出現そのものが、非技術的な面におけるあ
concomitant and subsequent technological advances
る出来事である。
that have been noticed just above. But the emergence
文明は精神的な面において発展してもたらされたもの
of civilization was, in itself, an event on a
であり、すべての新たな技術的進歩から派生したもので
non-technological plane. It was brought about by
はなく、また付随してきたものでもない。新石器時代で
developments on the spiritual plane. So far from
の技術的な大変革時期に見られた技術的進歩の動きは、
being
文明の出現によって寧ろ進行が引き止められたのであ
caused,
or
accompanied,
by
any
fresh
technological advance, it was soon followed by an
る。
arrest of the movement of technological advance that
逆に、新石器時代の技術的な大変革は、精神的な代償を
had been set going in the Neolithic technological
支払わねばならなかった。
「狩猟人の広範囲に動き回れ
revolution. Conversely, the Neolithic technological
る生活は、彼らの精神的な面を解放した。それにひきか
revolution had cost a spiritual price. ‘The hunter’s
え土地に縛られた農耕は人々を土塊の囚人へとしたの
wide-ranging life had freed Man’s spirit; agriculture
である。
made it a prisoner of the clod.’
「近東一帯で最上と言われる土地は、実は荒地を骨折っ
‘All through the Near East the best sites were
て開墾し、沼沢地を干拓したものである。」(著者注:V.
reclaimed with toil.’ The undertaking required the
Gordon Childe: Man Makes Himself『人間は自己を造る』)その開拓
production, collection, and storing of a large
事業を行うためには、膨大な余剰の食糧の、耕作作業と
food-surplus to feed a great labour-force diverted from
収穫作業と貯蔵作業とが必要となる。それは、食糧とい
food-production to large scale public works bringing
う形を変えた、つまり直ぐに見返りのない大規模な公共
in no immediate return in the form of foodstuffs. This
事業(開拓作業)に手を貸した膨大な労働力に宛がう食
labour-force had to be raised, controlled, and directed.
糧を供給しなければならないことである。
Neither task would have been possible without a
この労働力は、彼らに希望を持たせ、彼らを管理し、彼
らの方向付けをして行かねばならない。
- 66 -
governing minority possessed of both immense ability
優れた能力を持ち合わせ且つ大きな権威を持った少数
and
was
の支配者でなければ、そういう仕事を達成することは不
heart-breaking as well as back-breaking, and the
可能に近い。その仕事の中身は気骨も、骨も折れること
scale of it was so vast that the ordinary labourer can
であり、またその規模があまりにも広いので、並みの労
hardly have foreseen in imagination the fruits of his
働者では、その仕事をした結果がどうなるかは想像しに
efforts. He must have been induced to work in faith or
くいものである。労働者は信仰によって導き入れられる
have worked under coercion. More probably, he was
か、強制されて働かされるかのいずれかであったに違い
driven by both these forces simultaneously. It is
ない。いや信仰力と強制力の両方でもって導かれたので
significant that, in both Sumer and Egypt at the
あろう。歴史のあけぼの時期にちょうど当たるシュメー
dawn of history, the reclaimed land is the property of
ルとエジプトで開墾された土地は、奇しくも神の所有地
a god, and that this got is represented by effective
であり、この神の名代を務めたのは少数の支配者であっ
economic and political institutions managed by a
て、経済制度と政治制度によって実質管理されていたこ
ruling minority.
とは意味深い。
immense
authority;
for
the
task
It was this disciplined corporate effort, with a
アフラシアの河川流域で農耕用に開墾出来たのは、労
religious faith as its inspiration and with the
働者に霊感による信仰心があり、且つ、必要とされる政
necessary political authority and technological
治的権威と灌漑設備技術を支配者が自由に使えて訓練
equipment at its command, that reclaimed the
を実施した共同作業があったからである。
「紀元前50
Afrasian river basins and valleys for agriculture.
00年から4000年において降雨量や天候型が現在
‘Unless a markedly different rainfall and weather
と比べて著しい差異があると仮定出来ない限り、沖積地
pattern could be postulated for four or five thousand
メソポタミアでの広範囲にわたる生活そのものは、灌漑
B.C. ,
which was doubt, extensive life in alluvial
を抜きにしては見字通り不可能であることは疑いもな
Mesopotamia would have been literally impossible
い。
」
「大河川流域の沖積地というのは、より過酷な環境
without irrigation.’ ‘The alluvial valleys of the great
であったが、それを開拓すればより多くの物質的な見返
rivers offered a more exacting environment, but also
りをまた期待できる。その土地で銅器時代の村落から青
greater material rewards for its exploitation. In them,
銅器時代の都市に変貌したのである。」
「食糧の生産とい
Copper-Age villages turned into Bronze-Age cities. ’
う大変革は、恐らく人類が歩んできた歴史での、転換期
‘The food-producing revolution was perhaps the
であったが、しかし、その転換が実際に出来たのは、都
turning-point in the human career, but it was through
市革命を通してである。
」文明に関して初期の偉業の中
the urban revolution that the consequences of the
で最も大きく、困難であったもの ―チグリス・ユーフ
turn were realized.’ The biggest and most difficult of
ラテス下流流域の沼沢地からシュメールの国土を創り
the primary feats of civilization—the creation of the
上げた― は、また最も早い偉業でもあった。シュメー
land of Sumer out of the marshes of the Lower Tigris-
ルの国土は現在のデンマークの広さに凡そ匹敵し、紀元
Euphrates basin –was also the earliest. Sumer was
前2500年頃までに、食糧生産高は元沼地の時代の生
about the size of Denmark, and by about 2500
B.C. the
産高と比べて86倍にも達していた。ナイル河下流流域
yield from the crops grown on these ex-marshes was
から上エジプトに列するという限られた事業がのちに
eighty-six-fold. The limited enterprise of creating
完成されたのは、シュメール人が既に完成してしまった
Upper Egypt out of the Lower valley seems to have
後であり、ある程度何か刺激を受けた可能性があると言
been achieved later—possibly to some extent under
える。シュメールが創り出したものに相当する規模の事
the stimulus of what the Sumerians had already
業であるナイル河の三角州の開拓は、エジプトの初期王
accomplished. The reclamation of the Nile delta –a
朝の時代になって漸く完成されたものかも知れない。
task on the scale of the creation of Sumer –may have
been completed only in the Early Dynastic Age of
- 67 -
Egypt. If so, it will have been earlier than the
もしそうだとすれば、それはインダス河流域の開拓より
reclamation of the Indus valley. The reclamation of
も早かったということになる。東アジアに位置する諸河
the marshlands in the basins of the East Asian rivers
川流域沼沢地の開拓は、明らかに後の時期に行われたと
seems to have come decidedly later.
思われる。
Thus the reclamation of the river valleys of Afrasia
アフラシアの諸河川流域での農耕用開拓は、このよう
for agriculture was in truth a response to the
に概観してみると、現在の後・氷期若しくは間氷期にア
challenge of the progressive desiccation of Afrasia in
フラシアが徐々に乾燥してきたことに挑戦しての応え
the present Postglacial or Inter-glacial Age. The
であると本当に言えるだろう。
cultivation of the minor oases, which had been the
この挑戦で初めての応えになった数少ないオアシスで
first response to this challenge, had turned out not to
の開墾は、それだけでもってアフラシア人が後・雨期な
be enough in itself to make Afrasia permanently
る気候条件の下でその地に永住できるようにするには
habitable by Man under post-pluvial conditions. In
不十分であった。
the end he was confronted with a choice between
結局アフラシア人は以下に述べる二者択一をせねばな
emigrating, as was done by the pioneers who carried
らないことになった。一つの選択は移住であり、その農
agriculture from Afrasia to the ends of the Old World,
耕作業の先駆者がアフラシアから旧世界の端っこまで
and reclaiming the Afrasian swamps, as was done
に農耕を伝える結果になった。もう一つの選択はアフラ
eventually by the makers of the earliest Old-World
シアの沼地を開墾し続けることであり、最も初期の旧世
civilizations. The reclamation of the swamps was a
界文明の創造者として結果的になったのである。沼地の
permanent solution, because the new fields thus
開墾は永続的な解決策となった。
brought under cultivation were irrigated perennially
このように耕作が可能になった新しい耕地は、不毛地帯
by rivers whose sources rose outside the arid zone,
の外側に水源を持つ河川の水による浸食作用によって
and whose waters continually re-fertilized the soil
ほぼ無尽蔵に沈泥が供給され、肥沃な土地の土壌が河川
with silt drawn by erosion from a virtually in
の水によって、年がら年中灌漑されているに等しいよう
exhaustible supply. In the reclaimed river valleys
なものだ。開墾した河川流域で住む人々は、組織化され
Man could be sure of making a livelihood so long as he
て規律をもった重労働を継続している限りある程度の
continued to do organized and disciplined hard
生活は確保できたのである。シュメールとエジプトの国
labour. Desiccation was the challenge; the lands of
土が「乾燥に対する挑戦であった」への応えであった。
Sumer and Egypt were the response. But this bare
しかしこのような単純なる話でもってあるがままに記
statement would be a misleading simplification of the
述しては何か誤解を与えてしまう恐れがあるだろう。
story. It does not become intelligible until we have
後期旧石器時代での食糧採集や狩猟社会から初期文明
also taken account of the primitive agricultural
への過渡期を作った原始的農業社会をきちんと考証す
societies that made the transition to the earliest of
るまでは我々はそれを理解したことにはならない。
the civilizations from the latest of the Upper
後期旧石器時代の人間でさえ、密林状の沼沢地と上手く
Palaeolithic food-gathering and hunting societies.
やっていくような、技術や組織を持ち合わせていなかっ
Even Upper Palaeolithic Man lacked the technology,
た。
as
the
人間は文明という企てに思い切って乗り出す前に過渡
jungle-swamps. Man had to put himself through a
的な見習い期間(助走期間)を自分自身に課さねばなら
transitional apprenticeship before he could venture
なかった。
well
as
the
organization,
for
coping
on the enterprise of civilization.
The intervention of this transitional stage between
「文化」という原始的段階と我々が「文明」と呼んでい
the primitive level of culture and the higher level that
る高度な段階との間にあるこのような過渡的段階は、旧
we call ‘civilization’ is not peculiar to the Old World;
世界に固有のものではない。南北のアメリカの歴史を
- 68 -
we find the same phenomenon in the history of the
紐解くと同様の現象が存在していたことが分かる。
Americas.
ヘレニズム(ギリシャ)世界全盛期の文化的統一と政治的不統一
これらの貨幣の様式は同じなるも、それぞれ九つの独立した都市国家の貨幣である。共通の文化圏で行われた実り多き競争事例。
26.ディカエア、紀元前 520 年頃 27.ペパトレス、紀元前 500~480 年頃 28.アブデラ、紀元前 520 年~515 年頃
29.マケドニア、紀元前 500 年~480 年頃 30.イタヌス、紀元前 450 年頃、31.ボエオティア、紀元前 446 年~426 年頃
32.ナクソス、紀元前 460 年頃 33.アエヌス、紀元前 455 年~432 年頃 34.マロネア、紀元前 400 年~336 年頃
- 69 -
6文明の比較研究
6 The comparative study of civilizations
to make a comprehensive survey of
人間事象の包括的研究を始めるにあたり、西欧人が最近
human affairs, I have started by questioning the
演じている実際の行動が、その時代の西欧に属する自国
recent Western practice of making all human history
を探究する中で結実させていることに疑問を私は感じ
culminate in the Western inquirer’s own country in
ている。
his own time. Since I happen to be an Englishman, I
私はたまたまイギリス人であったので、私が生きる時代
have asked myself whether it is credible that the
のイギリスが歴史的観点から全盛期に当たっており、そ
England of my time is the culmination of history, and
れが信頼できるものなのかどうかについて自問自答し
I have conducted that this view would be a
てきたが、この見方が民族主義的な幻想であったという
nationalistic hallucination. (This hallucination is
結論に達してきている。
(1972年のイギリス人に対
considerably less credible for an Englishman in 1972
して抱いた幻想の信憑性は、私が本書を書くためにノー
than it was in 1927, the year in which I started to
トを取り始めた1927年のイギリス人に対して抱い
make my notes for this book. ) I have recognized that
たものよりは少なかった。
)
England, taken by itself, is not, in fact, an ‘intelligible
私が生きる時代であれ、イギリスが政治的図表で初めて
field of study’, either in my time or at any earlier date
識別されるようになったもっと前の時代であれ、イギリ
since the time when such a thing as England first
スそれ自体が、実際に「理解しうる研究領域」ではない
became discernible on the political map. I have
ことを私は知ったのである。そこで私は、イギリスが自
therefore looked for a minimum unit, of which
己充足で対応できて理解しうる単位であり、またイギリ
England is a part, which might be found intelligible if
スが西欧文明の中の一角を占めるに違いない、そういう
treated as being self-contained, and I have found this
一つの部分であるような最小単位として見做すように
in the Western Civilization. In the act of thus
なってきた。一つの国民国家よりは大きくもあり、また
identifying my native specimen of a species of society
自己充足状態にある一つの理解しうるようなものへよ
that is not only larger than a nation-state but is also
り近づいたお蔭で、自分が生まれ育った「社会の種」の
more intelligible, in virtue of approaching nearer to
見本と同一視してみたら、自分が以下に述べる二つの関
being self-contained, I have found myself confronted
連する事実に直面していることに気づいたのである。最
by two pertinent facts. First, the West is not all the
初に、西欧は世界のすべてではないという事実であり、
world; the world is divided between the West and a
世界は西欧と幾つかの他に現存する諸文明とに分かれ
number of other living civilizations. In the second
ているのだ。二つめに、西欧と同時代の諸文明がまだ活
place, the fact that the West and its contemporaries
動中であるという事実が、それらの歴史が今もなお完結
are still going concerns signifies that their histories
していないことを意味していることである。そして少な
are not yet finished; and at least one complete
くともある文明の歴史を代表するような完璧な見本は、
specimen of the history of a civilization is a necessary
「社会の種」を研究するために先ず必要な物的証拠とな
first place of material evidence for a study of the
るのである。
IN
SETTING OUT
species.
I have therefore probed backwards in time, towards
そこで私は自分自身が生まれ育った欧州の源流に向
the origins of my own native. Western Civilization,
かって時間を遡りながら探究してみた。初期西洋文明の
till I struck the latter end of an earlier one, the
終わりに相当すると私が考えるグレコ・ローマン文明:
Graeco-Roman( alias the Hellenic), to which the
別名ヘレニズム文明と西洋文明とはキリスト教会を通
Western
the
じて密接なる関係がある。このヘレニズム文明の歴史
Christian Church. The history of this Hellenic
が、その種の完璧なる標本となりうるであろう。ヘレニ
Civilization
is
affiliated
through
Civilization is a complete specimen of its kind. It has
ズム文明は確かに終焉していると言える。なぜなら
- 70 -
certainly come to an end, for in my day there is no
ヘレニズム文明は、もはや現在、存在していないからだ。
longersors,
any but
Hellenic Civilization in existence. It has
それは、はるか昔に他の二つの文明:西洋文明とその同
long ago been superseded by two successors; the
時代の姉妹文明であるビザンチン文明によって取って
Western Civilization and the West’s sister and
代わられたのである。またヘレニズム文明の歴史は我々
contemporary, the Byzantine Civilization. The history
が理解できるほどに後世に広がってはいないと確信を
of the Hellenic Civilization also certainly does not
持っては言えない。それは、後継の文明を持っているば
extend backwards in time beyond our ken, for it is
かりか、前にあった文明:ミノア・ヘラド・ミケーネ文
known to have had, not only successors, but also a
明;別名エーゲ文明を持っていたことが知られているか
predecessors, the Minoan-Helladic-Mycenaean (alias
らだ。こうして見てみると、ヘレニズム文明の歴史は、
Aegean) Civilization. Here, then, in the history of the
私が探していた文明の標本そのものであることに気づ
Hellenic Civilization, is the specimen history of a
く。それは、一般的に言える利点を持っているし、西欧
civilization for which I have been looking. It has one
歴史の探究者にとっては二つの利点を備えている。その
general merit and two special merits for a Western
一般的利点は、その完全性である。つまり、終焉の証明
inquirer. Its general merit is its completeness. It has
が可能であり、しかも全体像が分かり、その始まりから
an identifiable and end, and the whole story, in
終焉までの記録がきちんとあり、少なくとも輪郭を描く
between, is on record, at least in outline. Its special
ことができることである。特筆できる利点は、西欧文明
merits are its link with Western history and its
とつながっている点であり、西欧人には親しみを持てる
familiarity to a Westerner. Even if he has not been
ことである。たとえギリシャやラテンの古典を知らなく
educated in the Greek and Latin classics, he will be
とも他の領域の文明の歴史よりも西欧人はヘレニズム
likely to know more about Hellenic history than about
の歴史に詳しいのである。
the history of any other civilization outside his own.
私は、ある文明の歴史を探究するのに完璧とも思える
Now that I have found my complete specimen of the
ような標本を見出してきたが、私は果たしてどんな目的
history of a civilization, how am I to use it for
でそれを使いこなせばよいのだろうか。その目的は、人
purpose? This purpose is to explore ways and means
間事象の包括的な研究をまとめる手段と方法を探究す
of organizing a comprehensive study of human
ることである。私は研究の当初から、研究して得られた
affairs; and, from the start of my inquiry, I have
時代・時期や地域・場所をひとまとめにして年代順に記
rejected the customary presentation of history that
録するような、普通の研究者が行う方法を避けた。これ
leads the whole of it up to the inquirer’s own time and
は、単一の軌跡なる歴史図表を斥けているのと同じこと
place. This means rejecting a single track chart of
を意味する。単一の線上に沿って歴史が歩んでいると確
history; for it is only by making it all lead up to
証が得られる場合のみすべての歴史を年代順に記述す
oneself that one can persuade oneself that history
ることが出来るので、単一の軌跡なる歴史図表を作れな
runs along a single line, and single-track charts of
いことになる。複数の軌跡による歴史図表とは、我々が
history will not work. Multiple-track charts are the
そのような事象に一致しそうな種類のみである。
only kind that will fit the phenomena as we find
them.
A multiple-track chart, however, presents an
しかしながら、複数の軌跡による歴史図表は単一の軌
intellectual problem that a single-track chart does not
跡なる歴史図表では起こりえないような洞察対象の問
raise: the problem of organizing the data. So long as
題点、つまり資料・事実を体系づける必要のある課題を
one is following a single track, no such problem
炙り出せるのである。単一の軌跡を追う方法に拘る限
arises. The observer has merely to take events as he
り、そのような問題点は浮かび上がらない。歴史を概観
finds them; he finds them in a sequence, and a
しようとする者は、自分が見つけ出した事実や出来事を
sequence can be reproduced in a narrative. But as
単に知るだけであり、それは連続して起こる結果であり
- 71 -
soon as he refuses to keep to a single track any longer,
その出来事は、ひとつの物語として再び創り出すことが
the observer finds himself with a number of
できる。しかし歴史の概観者が歴史の単一なる軌跡をも
simultaneous phenomena on his hands. These cannot
はや追わなくなった途端に、歴史の傍観者は同時に起き
be dealt with in a single narrative, because they do
ている多数の事象を手中に収めることが出来るように
not constitute a single sequence. A number of
なる。これら同時に起きた多数の事象はひとつの続きで
different narratives have now to be brought into some
はないので、たったひとつの物語として取り上げること
kind of relation with each other, and ex hypothesi this
はできない。こうして、仮説に従って関連する多数の異
relational one, since it is not possible to be telling
なる物語はお互いにある種の関連性を持つことになる
more than one story at a time. When we have to
ので、二つ以上の物語を一度に語ることは不可能であ
establish a relation between two or more series of
る。同時に発生した二つ以上の事象系列間の関連性を立
concurrent events, this requires us to take a synoptic
証しようとすれば、それらを概観する視点が必要であ
view of them, and that in turn requires us to study
り、同様にそれらを比較しながら我々は研究して行かね
them comparatively.
ばならない。
A comparative study of a number of specimens
means nothing their likenesses and differences with a
多くの標本に基づく歴史の比較は、抽出した標本の
view to discovering whether or not there is a
夫々が独自性を持っているにも拘わらず、それらの標本
standards
conform,
が標準的な様式に従っているであろうとの観点から、そ
notwithstanding their individual peculiarities. But in
れらの間に類似性や差異性の有無について研究するこ
order to make our comparison with any assurance we
とを意味している。しかし、自信を持って比較研究する
have also to satisfy ourselves that the specimens we
には、我々が比較しようしている歴史の標本が十分に比
are proposing to compare are properly comparable.
較し得るものなのかを先ず確かめる必要がある。自己中
Here are two intellectual operations that are required
心的で単一的な軌跡なる事象の歴史図表の代わりに複
as soon as we adopt a multiple-track chart of the
数の軌跡なる歴史図表を採り入れれば直ぐに必要にな
phenomena in place of the self-regarding and
るのは、次の二つの知力を活用した作業であり、そのあ
misleading single-track one; and this is where the
るモデルの構築作業そのものが、大いに役立つものと私
construction of a model can, I believe, serve us in good
は信じている。
type
to
which
they
stead.
A ‘model’, in the sense in which this word has come
科学研究の話を思い出すと、
「モデル」という言葉を
to be used apropos of scientific investigation, is a
用いられるようになってきているその意味での「モデ
symbol that is being used as an instrument.
ル」とは、「精密な器具」として用いられてきているひ
A symbol is not identical or coextensive with the
とつのシンボルと言える。シンボルとはそれが象徴する
object that it symbolizes. If it were this, it would be,
対象と等しくなく、若しくは、同一の広がりを持ってい
not a symbol of the thing, but the thing itself. It
ないものである。もしシンボルが同一であれば、対象と
would be an error to suppose that a symbol is
なる事象のシンボルではなくて事象そのものであろう。
intended to be a reproduction of the thing that it is
シンボルが事象の複製を目指していると想定すること
really intended, not to reproduce, but to illuminate.
自体が誤謬であり、シンボルが実際に目指しているのは
The test by which a symbol stands or falls is not
複製を作ることではなく、啓蒙なのである。シンボルが
whether it does or does not faithfully reproduce the
有効であるか無効であるかのテストは、シンボルが指し
object to which it points; the test is whether it throws
示す対象を忠実に複製しているのかいないのかを調べ
light on that object, or obscures our understanding, of
ることではない。シンボルがその対象に光を投げかけて
it. The effective symbol is the illuminating one, and
いるのか、それとも我々がそれを理解するのを曖昧にし
effective symbols are an indispensable part of our
ているのかをテストしているのである。有効なシンボル
- 72 -
intellectual apparatus. If a symbol is to work
とは、啓蒙しているようなものであり、諸シンボルとは、
effectively as an instrument for intellectual action –
我々が持つ知的装置の中の絶対必要な部分である。シン
that is to say, as a ‘model’ –it has to be simplified and
ボルが知的な活動に対する精密な器具として有効に機
sharpened to a degree that reduces it to something
能するならば -つまり「モデル」というのだが- それ
like a sketch-map of the piece of reality to which it is
は簡潔であり、そして略図―ガイドとして役立ち、U-
intended to serve as a guide –a sketch-map, not a
2型航空機(訳注:U-2はロッキード社の開発チーム・スカンクワークスが
photograph taken from a U-2 aeroplane.
同社のF-104をベースに開発し、アメリカ空軍とCIAに採用された高高度偵察
Whether a model resembles anything in the outside
機。初飛行は1955年。)から撮影したものでない、現実の断
world can be discovered only by verification. When we
片で構成された略図のようなあるものに出来る程度ま
verify a model by testing how far it does or does not
で研ぎ澄まされたものでなければならない。
correspond to the phenomena, this is, of course, not
あるモデルが世界の外側にある何かに似ているかど
an end in itself but only a means to an end. Our
うかは、相互検証でのみ分かることである。あるモデル
ulterior purpose is not to learn whether the model is
がどの程度その事象に対応しているのか、いないのか、
or not valid; it is to get new insight into the structure
をテストで明らかにしようとすると、勿論、このこと自
and nature of reality by applying a model that is valid
体が目的なのでなくて目的達成のための手段となる。秘
and is therefore an effective tool. How far the model is
めたる我々の目標は、モデルが妥当であるかを知ること
or is not valid is not a matter of any intrinsic interest
ではない。妥当であり且つ有効な道具と考えるあるモデ
in itself.
ルに応用しながら事実の構造や性質に迫る新しい洞察
The operation of constructing a model is different
を我々は目指している。そのモデルがどの程度妥当なも
from the operation of testing whether it fits the
のか否かは、それ自体として本質的な関心事ではない。
phenomena. But, so far from its being proper to
モデル組み立て作業は、その事象に当てはまるのかどう
dissociate the two operations from each other, it
かをテストする作業とは違う。しかし、その二つの作業
would seem to be impossible to obtain sure results
をお互いに切り離しては適切であるどころか良くなく、
from either of them if they are not carried out in
二つの作業を結び付けなければ、双方から確かな結果を
conjunction. The model has to be constructed out of
得られまい。モデルは、すべての資料の一部から組み立
only a fraction of the total body of data, or we should
てるしかなく、もし残っている資料から探ろうとそれを
never be able to mount it for use in investigating the
我々が使おうしても決して出来ない。しかし、まさにこ
remainder. But, just on this account, the structure
のために、我々が知りうる他の資料のすべてに適用して
will remain tentative and provisional until it has
テストされているまではそのモデル構造は試験的で暫
been tested by application to all the rest of the data
定的なものとなるであろう。逆に言えば、我々がその資
within our knowledge. Conversely, our picture of the
料の中から種の標本のパターンを明らかにするような
data as a whole will remain chaotic until we have
モデルを見出すまでは、全体の資料についての我々が掴
found a model that brings out in them a pattern of
む像は、混沌とした状態が続くのであろう。
specimens of a species.
Unless
we
bring these
two
operations
into
我々がこの二つの作業を同時に且つ相補的に作業を
conjunction with each other by conducting them
進めて互いに結びつけなければ、我々が編み出した暫定
simultaneously and interdependently, we cannot tell
的なモデルが見掛けの混沌状態の中で秩序の仕組みに
whether or not our provisional model provides a
正真正銘の糸口を与えるのかどうか、またこの特定のモ
genuine clue to some principle of order in the
デルが修正されるか、補足されるのか、他のモデルにと
apparent chaos, or whether this particular model
って代わるのかは言い切れない。子供が塊の中から「数
must be modified or supplemented or discarded in
取り遊び」を取り出すように、我々が混沌の状態の中か
favour of another. Nor can we tell whether the items
- 73 -
in a particular conglomeration of data that we have
ら取り出すような、特定の雑多な寄せ集めの資料の中に
picked out of the chaos, like a child picking spillikins
その資料項目が大きな意味を持つような共通の特徴が
out of a heap, have any significant common features,
あるのか、または一緒にくっ付いてただ単に偶然に現れ
or whether they merely happen to have hung together
たものかどうかも我々は断言できない。二つの作業を
accidentally.
two
銘々にする場合には、他の作業の結果を仮に先取りしな
operations, we have provisionally to anticipate the
ければならない。それぞれテストせずに得られる結果は
results of the other operation. The untested results of
他の作業の妥当性を確かめることと同じことであり、
each provide a test –and this the only test at our
我々が勝手に使える唯一のテストである。
In
performing
each
of
the
disposal –of the other operation’s validity.
私がヘレニズム文明史の中に見出した「モデル」でも
The test of the ‘model’ that I have found in the
ってテストすることは、この「モデル」が同じ種に属す
history of the Hellenic Civilization is whether or not
る他の諸社会の歴史に当てはまるのかどうかを見るこ
this ‘model’ proves to fit the history of other societies
とである。このテストをするために私は諸文明のリスト
of the same species. In order to apply this test I have
を暫定的に提示せざるを得ないし、そのリストについて
to take for granted, provisionally, the list of
第9章で十分なる証拠を示すことにしたい。まだテスト
civilization that I present, and seek to justify, in
していないヘレニズム文明史に私が提唱する「モデル」
chapter nine. The testing of my ‘model’ by applying it
をテストすることで、中国文明史という第二の「モデル」
to this still untested list is going to lead me to modify
とそれとを関連付けることで「モデル」自体を修正する
the ‘model’ itself by combining it with a second ‘model’
ように仕向けられていることが分かる。単一の「モデル」
offered by the history of the Sinic Civilization. It is
というのはそれがたとえ複合的なモデルであっても、す
also going to lead me to the conclusion that a single
べての資料を比較研究という形式でもってまとめるに
‘model’, even a composite one, will not suffice for
は不十分であるという結論を我々に引き出しているこ
organizing all the data in the form of a comparative
とにもなる。
study.
7ヘレニズムモデルと中国モデル
7 Hellenic and Chinese models
I
NOW
have to apply my Hellenic model to the rest of
the field of the histories of civilizations. Before
applying it, I will dissect it, and will then apply the
component parts one by one. This procedure seems
likely to be illuminating, because we shall find that
different parts fit the phenomena in different degrees
and in different numbers of instances. I shall keep in
mind M.R.Cohen’s counsel to ‘give special note to
those facts that fail to fit into preconceived patterns’.
My Hellenic model comprises more than the
internal history of the Hellenic Civilization. It also
includes
this
Civilization’s
relation
with
contemporary civilizations whose participants it
annexed to its internal proletariat; its relations with
Christianity; and finally its relations, through
Christianity, with the subsequent Orthodox Christian
私はヘレニズムモデルを他の地域で興きた文明史にこ
れから適用してみたい。そのためには一つ一つその要素
ごとに分けて詳細に吟味することが先ず必要になる。こ
れは文明を解明する作業のようなものであって、異なっ
た要素が適合する程度の違いがあったり、他の事例の中
の事象に適合するか否か大小あることが分かるからで
ある。M.R.コーヘンが言った「予め考えたパターンに適
合しない諸事実には特に注意せよ」を私は心がけてい
る。
私が提唱するヘレニズムモデルは、ヘレニズム文明の
国内史に留まらない多くのもので構成されている。それ
は、同時代の諸文明―その担い手がギリシャ国内の無産
階級に併合した―との文明の関係、キリスト教との関
係、最後にはキリスト教を通じての引続くギリシャ正教
文明との関係をもまた含むのである。
and Western Civilizations.
- 74 -
This configuration of historical events can be
このような歴史的事象の構図は、以下のような要素の中
analysed into the following elements.
で分析が可能になる。
One element is the configuration of the Hellenic
第一の要素はヘレニズム文明の政治史そのものの輪
Civilization’s own political history. At the earliest
郭である。我々が持っている記録に基づくヘレニズム史
stage of Hellenic history of which we have any record,
の最も初期の段階では、ヘレニズム社会の文化的統一と
there is a sharp contrast between the cultural unity of
その政治的不統一との間には鮮明なる差異が存在する。
the Hellenic World and its political disunity. We found
市民たちは共通の文化を分かち合いながらお互いに戦
it divided up politically into a number of sovereign
争を仕掛けないと思っていても多くの主権独立国家へ
independent states whose citizens recognize that they
政治的には分割されてしまったことに我々は気付く。時
are all partakers in a common culture yet are not
が経過するうちに、このような兄弟国家同士の戦争があ
inhibited by this from going to war with each other. In
まりにも荒廃をもたらしたので文明そのものも災難に
the course of time these of time these fratricidal wars
あってしまった。その文明が崩壊しそうになった時点で
become so devastating that they bring the civilization
ヘレニズム社会が遅ればせながらローマ帝国へ政治的
to grief. When it is on the point of dissolution it wins a
に統一されることによって死刑の執行猶予を勝ちとっ
reprieve thorough the belated political unification of
たのである。これは一時的に平和と秩序をもたらさせた
the Hellenic World in the Roman Empire. This brings
のであるが、ひとりの勝利者を生き延びさせて他のすべ
temporary peace and order, but at the prohibitive
ての政治的大国が打倒し尽されるまで連続的に「止めの
price of the series of ‘knockout blows’ ending in the
一撃」をどうあっても加えるというものであった。
overthrow of all political Powers except for the one
ヘレニズム文明の世界国家がローマによって打ち立
surviving victor. By the time when the Hellenic
てられるまでに、ヘレニズム社会は既に心身ともに重傷
‘universal state’ is established by Rome, the Hellenic
を負っていたので、その世界国家を永久に維持すること
World
は不可能であることは明らかであった。
is
already
so
seriously
exhausted
and
demoralized that it proves unable to maintain its
universal state in perpetuity; and the break-up of the
そしてローマ帝国の崩壊は、ヘレニズム文明の崩壊を
意味することになる。
Roman Empire spells the Hellenic Civilization’s
dissolution.
A second element is the configuration of Hellenic
第二の要素は、文明の崩壊後のヘレニズム文明の社会
Civilization’s social history after its ‘breakdown’. The
史の輪郭である。社会を支配する少数派は、自らの権勢
leading minority in the society comes to depend more
を維持するために、持つ権力により頼ることになり、魅
on force, and less and less on attraction, for
力を拠り所にすることが益々少なくなって行く。
maintaining its ascendancy. This change in the
少数派と多数派との関係での性格上のこの変化は、ヘレ
character of its relation with the majority alienates
ニズム文明が行き届いている領域内の臣民を支配する
both the dominant minority’s subjects within the
少数派と、以前から文明の恩恵を受けていない原始的な
Hellenic Civilization’s domain and the primitive
臣民とを遠ざけてきてしまっている。
peoples beyond its borders who have previously been
これら二つの階級のそれぞれが、国内と異国の無産階級
attracted towards it. These two classes turn
(社会の「なか」にいるが、社会に「属する」ものでな
respectively into an internal and an external
い階級という意味で)になって行くのである。
‘proletariat’ (in the sense of a class that is ‘in’ society
国内の無産階級は、軍事的侵略によりヘレニズム文明に
but not ‘of ’ it).The internal proletariat is swollen in
浴している国内の無産階級を強制的に組み入れられた
numbers by the addition of barbarians from the
異国の文明を代表するような異国の無産階級なる蛮族
external proletariat and representatives of foreign
を加えることにより、その数は非常に膨れ上がってしま
civilizations who are forcibly incorporated in the
っている。
- 75 -
Hellenic Civilization’s internal proletariat through
military conquest.
A third element is the configuration of the Hellenic
第三の要素は、同じ段階におけるヘレニズム文明の宗
Civilization’s religious history in the same phase. The
教史の輪郭である。国内の無産階級が一つの高等なる宗
internal
religion,
教、つまりキリスト教を創造しているが、その霊感の着
Christianity, that draws its inspiration from one of
想は、非ヘレニズム文明の一つから導き出されているの
the non-Hellenic civilizations whose representatives
である。その非ヘレニズム文明を代表するものは、ヘレ
have been incorporated in the Hellenic international
ニズム社会の無産階級に従前から組み入れられてきて
proletariat. Christianity converts the Hellenic World
いた。そのキリスト教が、ヘレニズム社会を、またその
and also its barbarian invaders. An attempt to
侵略者である蛮族までを改宗させてしまったのである。
organize
Neoplatonism,
土着のヘレニズムから発生しているヘレニズム的霊感
professedly drawing its inspiration from native
の着想を偽って導き出した新プラトン主義を対抗宗教
Hellenic sources, is a failure. The Christianity
にしようという企ては失敗に終わっている。キリスト教
Church, in which the Christian religion has taken
が社会的形態として用いた教会という形式は、二つの新
social form, serves a chrysalis out of which two new
文明、東方ギリシャ正教文明(通称ビザンチン文化)と
civilizations, the Eastern Orthodox Christian (alias
西方のキリスト教文明とを、文化的空白期の後に産み出
Byzantine) and the Western Christian, eventually
す準備時代(訳注:ギリシャ語の「金色の蛹」)に供していると
emerge after a cultural interregnum.
考えたい。
proletariat
a
creates
a
higher
counter-religion,
35 ペロポンンネソス戦争(紀元
前 431~430 年)の勃発は、ヘレ
ニズム世界を 4 世紀間も兄弟相
殺し合う戦いへと突き落とした。
このレリーフは、ギリシャ人同士
が戦いあっているもので、小アジ
アのギリシャ人都市の包囲を描
いている。
- 76 -
58,59,60 繰り返されるルネッサンス
紀元前 500 年から 1500 年の間に西欧文化は三
度、その源流であるヘレニズム文化に回帰して
いる。一つはカロリング朝のルネッサンス(上
の図:古典的哲人の衣を纏った聖マタイ)、二
つは 12 世紀ルネッサンス(中の図:オータン
にある聖母子)、三つは 15 世紀にイタリアで興
たルネッサンス(下の図:聖母子)である。
- 77 -
41 シナ史における統一と分裂
上の図の中央にある石刻に記
されたものは無秩序状態を表
徴し、世界国家であるシナ・
秦の始皇帝を暗殺しようと企
てていることを意味してい
る。下の図は、逆に秩序を表
徴したもので、二人の伝説上
の王が、幾何学的模様の器具
を用いており、左右対称なる
「善政」を表している。(2 世
紀)
42 農民による食糧の生産
地主であるメナ(左端)が小
作人の作業を監視している。
ひとりの小作人が刑罰を受け
ているのが分かる。その上の
絵は役人たちが報告をしてい
る様子が伺える。下の図は刈
り取った穀物を牛に踏ませて
脱穀し、それを篩にかけてい
るのが分かる。
(エジプト・第
18 王朝)
- 78 -
「文明は根無し草化である」:ユダヤ人のディア
スポラ(離散体)
伝統的な宗教儀式を頑なに厳守することでユダ
ヤ人は異質の社会においてもその共同体を維持
してきている。
43(上の図)
:18 世紀のアムステルダムで、スペ
イン系ユダヤ人家族が、一家揃っての「過越しの
祭」を祝っている。
44(下の図):バーゼルのウルマン家が伝統的な
テント小屋で、ユダヤの「収穫祭」を祝っている。
ユダヤ人のディアスポラ(離散体)
の文化
何れもがユダヤ人の伝統的儀式に用
いるもので、ハーヌカ(「宮清めの
祭」
)に用いる場合は、芸術的であり、
土地の文化を反映させている。
45:フランス;14 世紀
46:イタリア;16 世紀
47:オランダ;17 世紀
48:ポーランド;18 世紀
49:イラク;18 世紀
50:オランダ;18 世紀
51:オーストリア;18 世紀
52:エルサレム;19 世紀
- 79 -
53:タシュレク「清めの儀式」
参列している者は皆ポケットから色々なもの
を取り出し、これを流水に投げ入れている。
この絵全体に点在している人々の姿は、ユダ
ヤ人の離散に心痛む比喩に他ならない。
Ⅰ全面開化の文明
A 独立文明
●他文明と無関係
中央アメリカ文明
アンデス文明
●親文明なし
シュメール・アッカス
エジプト文明
エーゲ文明
インダス文明
中国文明
●親文明あり
シリア文明
ギリシャ文明
インド文明
ギリシャ正教文明・イス
ラム文明
B 衛星文明
中央アメリカ文明の・・
アンデス文明の・・
ヒッタイト文明
ロシア文明
遊牧文明
・・・・
Ⅱ流産した文明
初期シリア文明等
- 80 -
A fourth element is the part played by ‘the external
proletariat’
(the
barbarian).
Their
creativity
第四の要素は、外部の無産階級(野蛮族)が演じた役
割である。
expresses itself in epic poetry, and their nationalism
彼らの創造性は叙事詩でもって発揮し、異教的な形態で
in the adoption of Christianity in heretical forms (e.g.
あるイスラム教の中にキリスト教を採り入れて民族主
Islam).
義を表現している。
universal
The
barbarians
state
conquer
その野蛮族は、軍事力でもってヘレニズム社会国家を凌
successor-states on its domain. But their contribution
駕して征服し、その領域内に諸々の後継国家を打ち立て
to the creation of the new civilizations is slight
ている。
compared to ‘the internal proletariat’s’ contribution.
しかし、新しい文明を興すように彼らがなした寄与は、
The matrix of the new civilizations is the Christian
国内での無産階級がなした寄与と比較すると僅かであ
Church,
る。新文明の基盤は、キリスト教会であって、ローマ帝
the
Roman
and
Hellenic
establish
not
militarily
the
Empire’s
barbarian
successor-states.
国の諸々の後継国家ではなかった。
A fifth element is a series of ‘renaissances’ of the
第五の要素は、二つのヘレニズム文明、すなわちビザ
Hellenic culture in the course of the histories of the
ンチン文明と西欧文明の、種々の歴史が歩んだ過程でヘ
two ‘Hellenistic’ civilizations: the Byzantine and the
レニズム的文化のルネッサンスを経ているものである。
Western.
These
renaissances
are
attempts
to
draw
これらのルネッサンスは、キリスト教に含まれるヘレ
inspiration from Hellenism direct, and not merely
ニズム的な要素の表現手段としてただ単に間接的にで
indirectly through the medium of the Hellenic
はなくて、直接にヘレニズム文化から神霊感応を引き出
element in Christianity.
そうという試みである。
Let us now see how far these several elements in
私が考えたヘレニズムモデルのこれらの諸要素が、ヘ
my Hellenic model fit the histories of civilizations
レニズム文明以外の文明の歴史に当て嵌まるのかをこ
other than the Hellenic.
れから見てみたい。
The combination of cultural unity with political
ヘレニズム社会歴史の黎明期に見られるような文化的
disunity, which we find in the Hellenic World at the
統一と政治的不統一との組合せは、他の文明でも広く見
dawn of its history, appears to be widespread. It is the
られる。
situation in all known living pre-civilizational
societies, according to Bagby. Its frequency is not
surprising, for, after all, there are not two possible
alternatives: if a society is not united politically, it is
necessarily divided. So political disunity, taken by
itself, is too general a feature to have much
バグビーによれば、それは既に皆が知るところの現存
する前文明社会に見られることである。
それが数多くあることは驚くに値しないが、結局は、
可能なる選択肢は二つしかないからである。
ある社会が政治的に統一出来ないのならば、必然的に
分裂するだけである。
significance. The significant political configuration in
従って政治的不統一は、それだけを取ってみると、あ
my Hellenic model is the revolutionary change from
まりにも一般的なものであって、大きな意味を持たな
disunity to unity as a result of a series of ever more
い。
devastating wars which have brought the civilization
私が考えたヘレニズムモデルのもつ政治的輪郭に意味
to grief before political unity is achieved. And, in the
するものとは、政治的統一が達成される以前に文明を崩
histories of the civilizations, this configuration is a
壊させるような非常に大きな荒廃をもたらす、続いて起
f re que nt o ne . Fo r i nst ance, it oc c urs —i n
こる戦争の結果として、政治的不統一から政治的統一へ
u n mis t a k a ble c o u nt e r p ar t s o f t he He lle nic
の革命的変化である。そこで文明という歴史では、この
pattern—in the histories of the Andean and Middle
政治的輪郭は数多くみられる。
- 81 -
American Civilizations ( if we now regard civilization
例えば、ヘレニズム様式と見誤りそうな位によく似たも
in Middle America as being continuous and unitary,
の
and see the Aztec Empire as its universal state in the
おいてもそれは発見される(我々が中央アメリカ文明を
making). The same pattern is also unmistakable in
連続的なもので且つ単一政府制のものであると、もしも
the histories of the Syriac, Sinic, Indic, and
見做すならば、そしてアステカ帝国を建国途上の世界国
Sumero-Akkadian
Eastern
家として見るならば)
。シリア、中国、インド、シュメ
Orthodox Christian Civilization in Russia, and the
ール・アッカドの諸文明においてもまた、ロシアにおけ
Far Eastern Civilization in Japan. Syria was unified
るギリシャ正教文明と、日本における極東文明と見誤り
politically in the Assyrian Empire and its successors
そうな位に同じような様式である。シリアはアッシリア
the Neobabylonian Empire and the Achaemenian
帝国とその後継国である新バビロニア帝国とアカイメ
Empire, China in the Ch’in (Ts’in) and Han Empire
ネス帝国によって、中国は戦国時代後の秦と漢によっ
after the period of ‘the Contending States’, India in
て、インドは同胞が相争う内戦状態の同じ時代後のマウ
the Maurya Empire after a similar period of
リア帝国によって、シュメール・アッカド世界はアッカ
fratricidal inter-state warfare, the Sumero-Akkadian
ド帝国とこれに続く帝国
World in the Empire of Agade and in the subsequent
って建国された― によって、ロシアはモスクワ帝国に
Empire established by the Third Dynasty Ur and
よって、日本は徳川幕府によって、政治的に統一された。
Civilizations,
the
―アンデス文明や中央アメリカ文明―
の歴史に
―それはウル第三王朝によ
re-established momentarily by Hammurabi, Russia in
the Muscovite Empire, Japan in the unitary régime
established by the Tokugawa Shogunate.
エジプトの諸州(群)が主権を持つ多くの独立国家で
In the history of the Egyptiac Civilization the
あり、たえずお互いに戦争をし合っていた時代が存在
political configuration of our Hellenic model can be
し、それに続いて上エジプトが最初に、そしてナイル河
identified if it is accepted that there was a period in
第一瀑布(大滝)より下流の流域の全部が通称「古王国」
which the nomes (cantons) of Egypt were so many
によって政治的に統一されたと認めることができるな
sovereign independent states, perpetually going to
らば、エジプト文明の歴史においても、我々が編み出し
war with each other, and that this was followed by a
たヘレニズムモデルの政治的輪郭を浮き出させること
period in which first Upper Egypt and then the whole
ができる。この政治的輪郭はヘレニズムモデルとは合致
of the Nile valley below the First Cataract was united
するも、年代的な観点からは合致しない。ヘレニズム文
politically in the so-called ‘Old Kingdom’. This
明の歴史において、本書の最終章で出てくるが、戦い合
configuration conforms to the Hellenic model, but the
う諸国がヘレニズム文明に痛手を負わせたばかりでな
chronology does not. In the history of the Hellenic
く、政治面での不統一から統一への革命的な変化という
Civilization the revolutionary change from disunity to
ものが、消滅の淵にまで追い込んでしまった後に生じた
unity on the political plane came in the last chapter of
のである。
the story, after the warfare between the contending
states had not only brought the Hellenic Civilization
to grief but had carried it to the verge of dissolution.
エジプト文明史においても同様の革命的とも言える変
In the history of civilization in Egypt there was the
化が生じたが、最初の頃にあったのである。エジプトで
same revolutionary change, but it came at the very
古王国の諸国がお互いに争っていた時代があったとし
beginning. The age, if there was one, of the
ても、その時代は「前文明的」であるという意味におい
contending Egyptian cantons was ‘pre-history’ in the
て「先史的」であった。エジプトにおける政治的統一は
sense of being ‘pre-civilizational’. In Egypt political
文明の夜明けと同時に起こり、これに続くのはエジプト
unification was simultaneous with the dawn of
史上で最も創造的な時期であった。
civilization, and it was followed by the most creative
- 82 -
period of Egyptiac history, instead of being followed
ヘレニズム史におけるように、文明の破滅や崩壊の前に
by dissolution and preceded by breakdown and
政治的な分裂へと続いたのではない。ヘレニズム文明と
disintegration, as it was in Hellenic history. When we
エジプト文明の二つの歴史において、まったく同一の輪
find an identical configuration in the histories of two
郭が見られると我々が考えた場合、二つの歴史がかなり
civilizations appearing at quite different stages and
異なった段階で現われて、且つ、二つのまったく異なる
performing
this
機能を果たしているのであるとすれば、この二つの文明
suggests that the common feature may mask a radical
の歴史が根本的な構造で、根源的な相違があることを覆
different between the fundamental structures of the
い隠していることを、このことが示唆しているのであろ
two histories.
う。
two
quite
different
functions,
The structure of the West’s sister-civilization, the
西欧文明の姉妹関係にあたる東方ギリシャ正教、又は
Eastern Orthodox Christian or Byzantine, conforms
ビザンチン文明構造は、エジプトモデルに合致する。東
to the Egyptiac models. In Eastern Orthodox
方ギリシャ正教圏では、ローマ帝国の崩壊に続く空白期
Christendom the interregnum following the break-up
がその直後に首尾よく成功したのである、つまりローマ
of the Roman Empire was immediately succeeded by
帝国の復活を通じて政治的な統一を確立することが出
the establishment of political unity through a
来たのである。
successful revival, here, of the Roman Empire—an
この偉業は西方においてカール大帝の前進する企て
achievement that presents a sharp contrast to the
から始まって以降の一連のローマ帝国復活を流産に終
series of abortive revivals of the Roman Empire in the
わってしまったことと著しく違うことになる。
West from Charlemagne’s attempt onwards.
The second element in my Hellenic model — the
ヘレニズムモデルの第二の要素―衰弱しきった社会
disintegration of a broken-down society into an
が解体して内部と外部との無産階級に分かれる結果に
internal and an external proletariat — does occur in a
なること―は、非ヘレニズム社会のかなり多くの文明に
considerable number of non-Hellenic instances. In
おいて見られるものである。
Hellenic history this second element is closely
ヘレニズム史においては、この第二の要素は、第三の
associated with the third: the creation, by the
要素と密接に絡んでいるのである。つまり第三の要素と
internal proletariat, of a higher religion in which the
は、内部の無産階級による創造であって、外国に源を発
inspiration comes from a foreign source. This third
する「霊感による着想」に基づく高等なる宗教である。
element is a key-part of the model, since the church in
二つの新しい文明が出現し始めた蛹(過渡期)の如く、
which the higher religion embodied itself in the
ヘレニズム文明の中に高等宗教が教会に収斂してから
Hellenic case served as the chrysalis out of which two
以降、この第三の要素はヘレニズムモデルの鍵を握って
new civilizations emerged. It is therefore important to
いるのである。
discover whether the pattern of the history of the
従ってキリスト教会のその歴史が、ほかで多く見られ
Christian Church is a standard one which can be
るような標準的な模型なのか、それとも何か例外的な模
detected in a number of other instances, or whether it
型であるのかを見出すことが重要になる。
is something exceptional.
In order to test this we must first analyse this
これを試すためには、この模型を要素に先ず分析せね
pattern into its elements. The Christian Church arose
ばならない。キリスト教会は、ひとつの崩壊しつつある
amo ng t he prolet ar iat o f o ne disinte gr ating
文明の中産階級の間で興きたものである。その「霊感に
civilization; its inspiration came from a different
よる着想」は、別の文明からもたらされている。
civilization; it easily overcame a counter-church
キリスト教会は、勝ち取った領地に潜んでいる土着的
- 83 -
professedly inspired by the native traditions of the
な伝統を偽りながら鼓吹し、対抗する教会をいとも簡単
civilization in whose domain the victorious church
に打ち負かしたのである。その勝利に預かった教会は征
had made its appearance; the victorious church
服した地域の人びとを改宗させ、その地域に侵入した蛮
converted the world in which it had triumphed, and
族をも亦改宗させてしまった。それはふたつの新しい文
also this world’s barbarian invaders. It brought to
明の誕生をもたらしが、キリスト教の奥まった所に先ず
birth two new civilizations which can hardly be
出現したところの一連のヘレニズム文明が単に継続し
regarded
the
ているとほとんど見做すことが出来ないものであった。
proceeding Hellenic Civilization within whose bosom
西欧文明とビザンチン文明とがヘレニズム的であるの
Christianity had made its first appearance. It is true
はその通りであるが、両文明はキリスト教的であると共
that the Western and Byzantine Civilization are
に、始めからキリスト教的であったことからもってヘレ
Hellenistic, but they are distinguished from Hellenic
ニズム文明から区別されるのである。
as
being
mere
continuations
of
Civilization itself by being also Christian, and
Christian from the start.
旧世界で西側の端に位置するところでキリスト教の
Perhaps the closest parallel to the history of
歴史に最も相似している物は恐らく、旧世界で東側の端
Christianity at the western end of the Old World is
に位置していたところで生まれた大乗仏教(訳注:大乗(Mahā
the history of the Mahayanian version of Buddhism
(偉大な) yāna(乗り物))という語は、『般若経』で初めて見られ、摩訶衍(ま
at the eastern end of it. The source of the Mahayana’s
かえん)と音写され、一般に大乗仏教運動は『般若経』を編纂護持する教団が中心
inspiration, like the source of Christianity’s, was
となって興起したものと考えられている。)の歴史であろう。大乗仏教
foreign to the world in which the rising religion made
で言う天来妙想の源泉は、キリスト教のそれと同じく、
its fortune. Christianity made its fortune in the
身代を作るような宗教として格上げする世界とは無縁
Hellenic World but drew its inspiration from a Syriac
であった。キリスト教はヘレニズム社会に身代を作った
source; the Mahayana made its fortune in the Sinic
が、シリアという源泉からその天来妙想を引っ張り出
World but drew its inspiration from an Indian source.
し、大乗仏教はインドという源泉からその天来妙想を引
Again, the Mahayana made its way among the
っ張り出して中国社会に身代を作ったのである。
proletariat of the Sinic Society, in the sense that it
更に言うなら、大乗仏教は中国社会に住む無産階級の人
attracted native Chinese who were in revolt against
びとの心を捉えた。伝統的な儒教に反抗する土着した中
the Confucian tradition and barbarian invaders who
国人や儒教そのものに疑念を抱いていた蛮族の侵入者
were suspicious of it. Furthermore, the progress of
に対して、ある意味で大乗仏教は魅力的なものに映った
the Mahayana evoked a counter-church, the Taoist
のである。更にまた大乗仏教の進出は、対抗する寺院で
Church, which was remarkably similar to the
あるところの道教寺院の設立を呼び起こす結果になっ
Neoplatonist Church in being constructed out of a
た。それは、外来の宗教と闘うために土着的な哲学から
native philosophy to combat a foreign religion and in
創り出され、また外来宗教が惹きつける特徴を模倣する
trying to steal this foreign religion’s thunder by
ことでそれらを横取りしようとした新プラトン主義の
imitating those features of it that made it attractive.
教会に著しく似通っている。大乗仏教とキリスト教との
These resemblances between the Mahayana and
このような類似点は我々に強く印象を与えるが、二つの
Christianity are impressive; but beyond this point the
宗教の歴史を見ると、上述したもの以上に相似点はもは
histories of the two religions do not any longer run
やない。
parallel.
In the Western and Byzantine Worlds Christianity
西欧世界とビザンチン世界においてキリスト教は独
占権を獲得し、今はそれを失いつつも数世紀の間、維持
won a monopoly which it retained for centuries, even
- 84 -
if it is losing it now. The Neoplatonist counter-church,
してきた。新プラトン主義たる対抗する教会も、プラト
as well as the four established Hellenic philosophies
ン主義・アリストテレス主義・ストア主義・エピクロス
--Platonism, Aristotelianism, Stoicism, Epicureanism
主義(訳注:快楽主義;エピクロスは、哲学を概念と論証によって幸福を作り出
–have all been stone-dead by now for at least fourteen
すための活動と定義し、全生涯における幸福と快を密接に結びつけ、真の快とは、
hundred years. Hellenism has survived only in so far
精神的なものであって徳と不可分であり、節制に基づく、心の平安であるとした。)
as Christianity chose to take it over. Byzantine and
なる四つと同様に今までにすべて死滅してしまい、少な
Western attempts at renaissances of Hellenism
くとも1400年が経過してきている。キリスト教がそ
drawn direct from the fountain-head have been
れらから選り抜いたものだけを、ヘレニズム文化として
superficial and ephemeral. In so far as the Western
今まで生き延びてきている。源泉から直接汲み上げたヘ
and Byzantine Societies are now ceasing to be
レニズム文化の再興をと企てたビザンチン文化と西欧
Christian, they are still inescapably ex-Christian.
文化は皮相的であって束の間に終わってしまった。西欧
Their cultural heritage is so thoroughly saturated
社会とビザンチン社会は今やキリスト教的であること
with Christianity that it is impossible for them to
を止めつつあるも、なおまだ前キリスト教的であること
disengage themselves from their Christian past (as is
に避けられなかった。それらの文化的遺産はキリスト教
demonstrated, for example, by the transparent-ness
にすっかり滲み込まれていたので、自らのキリスト教的
of the Communist ideology’s Judaeo-Christian
過去事象(例えば、共産主義のイデオロギーにおいてユ
origins). In Eastern Asia, history has run a less
ダヤ教-キリスト教的起源が見え透いていることが、こ
revolutionary course. Here the Mahayana never
れを立証しているように)から自分たちを解放すること
succeeded, even at the height of its vigour and power,
は不可能である。東アジアにおいては、歴史は前者に比
i n d r i v i n g o f f t h e f i e l d e i t h e r t h e Ta o i s t
べてそれほど革新的ではないコースを歩んだ。ここで大
counter-church or Confucianism, which was the
乗仏教の場合、その勢力と権力が頂点に達した時でさ
established Sinic philosophy. In china at the opening
え、中国哲学として確立された道教的対抗寺院若しくは
of the twentieth century, Confucianism and Taoism,
儒教の何れをもそれらを駆逐することには成功し得な
as well as the Mahayana, were still alive, and this
かった。13 世紀初めの中国において儒教と道教は、大乗
was than eighteen hundred years after the Mahayana
仏教と同様にそれまで生き延びていた。そして大乗仏教
had made its first lodgement in China, and a
が中国に初めて拠点を作って以降1800年以上も経
thousand years since the end of the Mahayana’s
ち、更に西晋の統一体制が瓦解してから842年~84
partial ascendancy, which had lasted from the
5年の公権力による仏教弾圧(著者註:唐の武宗による
break-up of the United (Western) Ch’in (Ts’in) regime
廃仏)まで続いた大乗仏教の部分支配が終焉して100
early in the fourth century of the Christian era down
0年以上も経過しているにも拘わらず、そうなのであ
to the official persecution of Buddhism in AD 842-45.
る。
United AD 1911 the Sinic universal state was still a
1911年に中国は統一され(訳注:辛亥革命-清朝が打倒されて
going concern, and was still being administered by
古代より続いた君主制が廃止され、共和制国家である中華民国が樹立された)、今
Confucian-educated civil servants. This universal
もまだ統治は続いていると考えられるも、儒教的教育を
state, the traditional system of administering it, the
受けた公務員によって統治されていた。この統一国家、
civil service which knew how to make the system
その伝統的な統治体制を継続すべき術を会得している
work, and the Confucian-educated gentry that was
文民官らが、途切れなく採用をして補充し儒教的教育を
the civil service’s perennial source of recruitment
施したお歴々と一緒になって、単一の大きな統合制度を
constituted, together, one single great integrated
作り上げた。この制度が継続してきたことは、中国文明
institution. The continuity of this institution may be
における他の要素が継続できてきたことで、もっとも激
held to have counted for more than even the most
しく断絶したこと以上に価値があり続けてきたに違い
ない。
- 85 -
I updated on November, 26th, 2012
2012 年 11 月 26 日 和訳の追記
violent of the breaches in the continuity of other
elements of Civilization in China.
This issue of continuity versus discontinuity is raised
この「継続」対「断絶」という問題は、以前のヘレニズ
by the contrast between Christianity’s triumph in the
ム文化領域でキリスト教が勝利したことと、東アジアで
former domain of the Hellenic Civilization and
仏教が明らかに同様の「自明の運命説」を説き伏せられ
Buddhism’s failure to achieve the same apparently
なかったこととの間に見られる差異を際立たせること
manifest destiny in Eastern Asia. The same issue is
になる。インド先住民が信奉していた宗教:バラモン教
raised in regard to the history of civilization in India
が、中国に異国の宗教である大乗仏教を、西欧世界に異
by a metamorphosis of indigenous Indian religion
国の宗教であるキリスト教を導入することに匹敵する
which was so revolutionary as to be comparable to the
位に革命的に変質したことから、インドでの文明化の歴
introduction of foreign religion —the Mahayana and
史についてこのような同じ問題が提起されている。
Christianity — into China and the Hellenic World. In
中国社会では主なる行政は宗教管轄省でなされたのに、
Indian society the master activity was not the civil
インド社会でのそれは文民官統治でなかった。
administration, as it was in Chinese society; it was
紀元前 2 世紀の初め以来千年が経過する間に、インド宗
the religious ministry. The Brahman caste was
教の精神の変容を遂げ、同様に儀礼が変質してきたにも
therefore the Indian counterpart of the Chinese
拘わらず、バラモン教のカースト制度は、中国での儒教
Confucian-educated
Brahmans
的教育を施したお歴々のインド版であって、バラモン教
managed to maintain their monopoly of the religious
はインドにおける宗教管轄省による独占を維持するた
ministry
めにうまくあしらわれたのである。
in
India
gentry;
in
and
spite
the
of
the
radical
transformation of the spirit, as well as the practice, of
Indian religion in the course of a millennium running
from the beginning of the second century B C.
It will now be evident that the different elements in
ヘレニズムモデルでの様々な諸要素のすべてが、諸文
明の歴史を表徴する輪郭における統一性を明らかにす
るための手掛りとして等しくは役立たない、ということ
my Hellenic model are not all of equal service as keys
が今や明白となる。
for elucidating uniformities in the configuration of the
ヘレニズムモデルの政治的輪郭は、我々が既に推測した
histories of civilizations. The political configuration of
ように、少なくとも九つの他の文明においても繰り返さ
the Hellenic model recurs, as we have already
れている。
reckoned, in the histories of at least nine other
一方ヘレニズムモデルのこの要素は、我々が既に見てき
civilizations. On the other hand, this element in the
たように、エジプト世界の政治史にはまったく役に立た
Hellenic model entirely fails, as we have seen, to fit
ない。エジプトの政治史の輪郭は、異質だけでなくて正
the political history of the Egyptiac World. The
反対のものである。世界的国家はヘレニズム史で最終段
configuration of Egyptiac political history is not only
階にあるも、エジプト史では最初の段階にある。そして
different; it is antithetical. In Hellenic history the
蛹のような準備時代としてより高度な宗教的な活動を
universal state is the last phase; in Egyptiac history
仲介する形でもって我々が密接な関係にある文明を生
it is the first. And, when we come to the procreation of
む時に、ヘレニズムモデルが手掛りを与えることに成功
affiliated civilization through the agency of a higher
するというよりもちょくちょく失敗していることに気
religious serving as a chrysalis, we find the Hellenic
づく。モデルのこの要素は、既に見てきたように、中国
model failing to provide a key more often than it
史やインド史において、恐らくエジプト史においてもま
succeeds. This element in the model does recur, as we
た現われてきている。しかし、これらの他の事例のそれ
have seen, in Chinese and Indian history, and
ぞれについて見ると、連続性の断絶はこの断絶ののちに
perhaps in Egyptiac history too; but, in each of these
来る新しい文明の歴史であるという、私に確認させるに
other instances, the break in continuity does not seem
十分なる資格を与えるほど明白ではない。
- 86 -
decisive enough to entitle me to confirm my
provisional interpretation of what comes after the
break as being the history of a new civilization.
Since Hellenic history has turned out, on trial, not
ヘレニズム史は、テストとして、ひとつのモデルとし
to provide a model that fits the histories of all the
て他の諸文明のすべての歴史に適わないことが分かっ
other civilizations, let us see how far Chinese history,
たのだから、中国史を同じテストに掛けてみてヘレニズ
when put to the same test, will serve as an
ム史に代わるモデルなのかそれとも補完するものなの
alternative model to Hellenic history or as a
かを見てみよう。
supplement to it. If we take a retrospective view of
清(満州)朝が崩壊した年である1911年から過去
Chinese history, surveying its course backwards into
に遡って中国史の経過を辿りながら展望すると、それは
the past from
強く断言したかのような輪郭が映し出されてくること
A D
1911, the date of the fall of the
Ch’ing (Manchu) régime, we find that it displays a
が分かる。
strongly pronounced configuration. This span of
この中国史の期間 ―それは実に長い期間である―
Chinese history –and it is a long span—presents itself
は、世界的国家としての理想が次々と実現するも、その
as a series of successive realization of the ideal a
間では分裂と混乱とで何度も中断しながら「ひと続き」
universal state, punctuated by intermediate lapses
として表現できる。
into disunion and disorder. The phases of both kinds
have varied considerably in length, so that the
二種類の時期の長さはかなり異なり、そのリズムは不
規則的なる間隔で繰り返すものである。
rhythm is cyclical without having any regular
periodicity.
The succession of unitary phases runs back from the
統一して行く過程での継承権は、清朝から明朝へ、元朝
Ch’ing (Manchu) régime to the Ming and the Yüan
(モンゴル)へと遡って繋がるが、その間に生じた分裂
(Mongol), with intervening bouts of disunion that
した期間は比較的短かった。
have been relatively brief. The pre- Yüan bout of
disunion lasted for about 150 years; the preceding
元朝に先立つ分裂した期間は約150年間であり、それ
unitary Sung régime for 167 years; the bout of
より先立つ統一された宋朝が167年間、その前の分裂
disunion before that for about half a century; the
した期間は約半世紀続き、それ以前の3世紀以上の期間
three T’ang régime, with its Sui overture, for more
は、隋朝を序曲とする統一された唐朝であった。
than three centuries before that; the preceding bout
of disunion for about four centuries (reckoning back,
その前の分裂は、それ以前の秦朝を序曲とする統一さ
beyond the collapse of the United Ch’in (Ts’in), to the
れた漢朝は約4世紀(統一された晋朝の崩壊をこえて後
collapse of the Posterior Han); the previous unitary
漢朝の崩壊まで遡る)続いたが、その間に紀元後9年か
Han régime, with its Ch’in (Ts’in) overture, for about
ら25年と、紀元前207年から202年の二回の、激
four centuries, punctuated by two sharp but short
しいが短い期間での分裂により中断している。
bouts of anarchy in AD 9-25 and 207 BC-202BC.
This is manifestly the configuration of Chinese
以上のことで、統一された清朝が紀元1911年に衰
history from the fall of the Ch’ing unitary régime in
亡してから紀元前221年に秦朝が統一されるまで遡
1911 back to the establishment of the Ch’in (Ts’in)
っての中国史の輪郭(構図)を明らかにされたことにな
AD
unitar y régime in 221
BC.
After 1911 China
る。
experienced another bout of disunion, and this ended
1911年以降、中国はもう一度分裂を経験すること
in 1949 with the establishment of a new unitary
になるが、これは共産党主導による新しい統一体制が確
régime under communist auspices. However, we
立されて1949年に分裂は終わった。しかし、この
- 87 -
cannot be sure that the introduction of this alien
異質なる西欧的観念形態の導入が、中国史における決定
Western ideology has not brought with it a decisive
的な分岐点とその政治的な輪郭に変化をもたらしたの
break in Chinese history and a change in its political
かどうか確信をもっては言えない。
configuration; and thus we cannot predict whether
また、統一と分裂とが代わる代わる繰り返すという馴染
the old familiar pattern of alternating rounds of unity
みある旧パターンが、伝統的なスタイルとして作用し続
and disunity will continue to operate in the
けるかどうかは予言できない。
traditional style. It is true that China was captured
by a non-Chinese philosophy or religion once before in
中国は仏教という本来の形に一度は取り込んだ非中国
the shape of Buddhism, and that, after seeming to
的哲学若しくは宗教によって捉えられ、このインド的宗
have prevailed, this Indian religion was eventually
教が土着した中国風哲学的世界観によって結局は圧倒
overpowered
Chinese
されたのであるが、この土着した中国風哲学的世界観
Weltanschuung; but we do not know whether this
が、今一度、力を発揮して勝利するだけ充分なるものと
indigenous Weltanschuung is going to prove potent
して証明し得るのかどうか、私たちには分からない。
by
the
indigenous
enough to reassert itself victoriously once again.
China‘s future is enigmatic. On the other hand
中国将来像の謎を私たちは解けないでいる。
there is no uncertainty about the past facts in the
一方、紀元前221年に政治的不統一が終焉した中国史
span of Chinese history that ended in the political
の一時期での過去の諸事実については、不確実なものは
unification of China in 221
ないと言える。
BC.
We have noticed that,
from the Han Age inclusive back to the dawn of the
漢時代からを含めて中国文明の夜明けに遡るときに、中
Sinic Civilization, the configuration of Chinese
国史の輪郭はヘレニズムモデルと一致することに我々
history conforms to the Hellenic model. At the earliest
は気づく。中国史の記録がはっきりと焦点を結ぶように
date at which the record of Chinese history comes into
なる最古の時代
clear focus—and this is no earlier than the ninth or
紀以前には遡らないが― において、多くの地方国家か
eighth century
makes her appearance on
らなる政治的に不統一なる世界が舞台上に現れ、そして
the scene as a politically disunited world of local
秦朝と漢朝の下で結果的に達成された政治的統一は、ど
states, and the political unity that she eventually
こまでも荒廃し続けて内戦が長引いてなされた結果で
attained under the Ch’in (Ts’in) and Han dynasties
もある。
BC—China
―これは紀元前9世紀若しくは8世
was the consequence of a long-drawn-out series of
ever more devastating interstate wars. Throughout
紀元前221年になされた政治的統一に先立って、しか
the age preceding the political unification of 221BC,
しながら中国は文化面においては既に統一されていた。
China was, however, already a unity on the cultural
そしてその政治的統一がなされる前に中国で最大の知
plane; and on this plane her greatest intellectual
的で創造的な動きが、戦国時代と言われる政治的に破綻
creative work was done during the politically
した時代に現れていたのである。
catastrophic period of the Contending State, before
この動きがあったのは、孔子の思想を含む中国哲学のす
her political unity was achieved. This was the age of
べての学派が生まれた時代であり、それらの学派は古典
the founders of almost all the schools of Chinese
的学派として聖列化されることとなった。孔子は保守主
philosophy, including Confucius himself, whose school
義者であって、中国社会は政治的な形のうえで実際に統
was eventually canonized as the classical one.
一されるという夢を決して抱いていなかった。秦の始皇
Confucius was a conservative. He never dreamed of
帝の功業には、さぞかし孔子も驚愕させられたことであ
an effective political unification of the Chinese World.
ろう。そして漢の劉邦が秦の功業に加えた修正も、孔子
Ch’in Shith Hwang-ti’s work would have shocked
にとっては、厭わしかっただろう。
- 88 -
him; and Han Liu P’ang’s modification of it would
have pleased him hardly any better. Confucius, like
孔子はプラトンやアリストテレスと同様に政治的不統
Plato and Aristotle, took political disunity for
一が当り前のことと考えていた。
granted.
初期中国史のこの典拠のある輪郭
This
authentic configuration
of
early
―政治的不統一や
Chinese history—including the contemporaneity of
知的なる偉業が同時代に起きたことを含めて― は、初
political disunity and intellectual achievement –bears
期ヘレニズム史の輪郭と間違いようにもなく似ており、
an unmistakable resemblance to configuration of
それ以降に続く中国史の様式とは全く異なるものであ
early Hellenic history, and differs entirely from the
る。
pattern of subsequent Chinese history with its
その輪郭とは、知的なものとは程遠く、そして異常であ
configuration of intellectual torpidity and political
って、且つ、一時的な分裂による発作によって何度も中
unity punctuated by bouts of disunion that are
断されたような政治的統一であった。
abnormal and temporary.
However, it is this later configuration, which did not
しかし、紀元前221年以降にやっと確立されたこの
establish itself before 221BC, that has been taken by
後者の輪郭でもって、漢時代以降の中国の学者たちは、
Chinese scholars since the Han Age as their model for
全体の中国史モデルとして捉えてしまってきている。
Chinese history as a whole. Consequently, this model
従って、このモデルは、事実を曲解せずに初期中国史を
could not be applied to early Chinese history without
論じることはできなかったし、学者たちは、自己の言行
doing violence to the facts: and the scholars did this
一致と調和とを探究することを断念するよりも寧ろ事
violence
実を曲げたのであった。
rather
than
renounce
their
quest
of
self-consistency and symmetry.
Having correctly observed that the later unitary
秦漢時代以後の不統一体制は、秦・漢の統一体制を意
régimes were conscious and deliberate restorations of
識した、且つ、計画した復古体制であることを正確に見
the Ch’in (Ts’in)-Han unitary regime, Chinese
てきた中国の学者たちは、これもまたなにか古い体制の
scholars assumed that this too must have been a
復古であったに違いないと想定しつつ、それゆえに、打
restoration of some earlier régime, and accordingly
ち続いた統一の段階で、始祖的な賢者によって創建され
they extrapolated their series of phases of unity,
たと言われる周、殷、夏を経て、理想的な政治体制が復
backwards in time, through a Chou and a Shang and
古したものであると推定した。
a Hsia restoration of an ideal polity supposedly
founded by primordial sages. These sages are perhaps
これらの賢者は恐らく人間という像を持った神であっ
gods reduced to human stature; the Hsia regime is
たことであろう。夏の体制は我々が知り得る限り伝説的
legendary, so far as we know; the Shang and Chou
なものであり、殷と周が現実味を帯びている。
regimes were realities; their historicity is attested by
それらの歴史的実在性は、殷の「託宣用の甲骨」の銘文
surviving
cultures,
のような、ためになる同時代の文献をも含めて、それら
including such instructive contemporary documents
の文化に残る物的な遺物によって証明されるところで
as the Shang inscriptions on ‘oracle bones’. But there
ある。
is no evidence to suggest that either the Shang or the
しかし、殷や周の体制が秦漢やその後に続くそれらの化
Chou regime was a polity of the same order as the
身のような同等の政治体制をとったという証拠は見当
Ch’in (Ts’in) and Han regimes and their subsequent
たらない。
avatars. Pace the traditional presentation of Chinese
中国史の伝統的な提示には失礼ながら、始皇帝が統一を
history, the effective unification that Shih Hwang-ti
成し遂げ、劉邦が再生した事実上の統一は、ヘレニズム
achieved and that Liu P’ang salvaged must in truth
文明世界でのシーザーとアウグスティヌスの偉業と同
have been an unprecedented achievement, as the
じく、未曽有の功業であったに違いない。
material
remains
of
their
work of Caesar and Augustus was in the Hellenic - 89 World.
December, 26th, 2012
The Chinese scholar’s traditional model for Chinese
中国史に対して中国の学者たちが抱いてきた伝統的
history actually fits Egyptiac history better. It fits the
なモデルは、実際問題のところ、エジプト史によりぴっ
facts of Egyptiac history from beginning to end. In the
たりと合ってしまう。そのモデルは、始めから終わりま
Egyptiac ‘Old Kingdom’ we have, at the dawn of
でエジプトの史実にぴったり当てはまる。エジプトの
history, a unitary régime which is neither legendary
「古王国」では、歴史の夜明けに、夏のような伝説でも
like the Hsia nor shadowy like the Chou, but is
なく、また周のようなぼんやりしたものでもなくて、本
authentic and substantial. And, from the first beat of
物の、実態のある統一体制が存在している。
the alternating rhythm of unity and disunity in the
そして、統一と不統一とが交代するリズムが古王国で最
Old Kingdom, this rhythm marches on through the
初の音を響かせてから、このリズムは、エジプト史の第
First Intermediate Period of Egyptiac history, the
一中間期、中王国、第二中間期、新王国、そして一連の
Middle Kingdom, the Second Intermediate Period, the
新王国の復活を通り抜けて鳴り続けるのである。
New Kingdom, and a series of revivals of the New
その新王国の復活は、中国史に相対応する段階における
Kingdom in which, as the corresponding stage of the
と同様に、―エジプトの場合で言えば、リビア人、エチ
Chinese history, the empire-builders’ role comes to be
オピア人、アッシリア人、マケドニア人、ローマ人―な
filled more and more frequently by foreigners –in the
どの外国人が頻繁に帝国建設者の役割をますます果た
Egyptiac
すようになり、土着の王朝が出現するのはますます珍し
case,
Libyans,
Ethiopians,
Assyrians,
Persians, Macedonians, Romans—with indigenous
くなっていくのである。
dynasties putting in an appearance more and more
rarely.
伝統的な中国モデルが妥当性あると考えると、初期中
The application of the traditional Chinese model
国史をぶち壊したように、初期ヘレニズム史を同じよう
would make the same nonsense of early Hellenic
にぶち壊すことになる。一方、もしもローマ帝国から旅
history as it makes of early Chinese history. On the
立った測量技師が、紀元前31年から時間の流れを遡る
other hand, the model hits well enough if, starting
のでなくて下って行き、且つ、ローマ帝国の中央部及び
from the Roman Empire, the surveyor moves, not
東部、つまり、ヘレニズム世界的国家の中核地帯から目
backward, in time from the year 31
and keeps his
をそらさないならば、中国モデルは充分に妥当性が出て
eye fixed on the Empire’s central and eastern
来る。その中核地帯は、紀元後284年のディオクレテ
sections, which were the heart-land of this Hellenic
ィアヌス皇帝がニコメディアで即位し、コンスタンティ
universal state and came to be the seat of the
ヌスⅠ世が324年~330年に、その地をコンスタン
Diocletian in
284 and at Constantinople by
ティノーブルと命名し首都として定めてからのち、ロー
324-330. In this heart-land the
マ帝国の地となったのである。この中核地帯において、
alternating rhythm declares itself unmistakably. The
かの交代的リズムが見誤りようもなく表われている。紀
punctuation of disunity and disorder in AD 69 and
AD
元後69年と紀元後193年~197年の不統一と無
193-197 were repeated and intensified in an
秩序との区切りは、235年~284年まで続く無政府
agonizing half century of anarchy running from 235
状態の苦悩が半世紀にわたって繰り返され、そして強化
to 284. The subsequent Diocletianic-Constantinian
されて行くのである。その後のディオクレティアヌス皇
restoration was followed by a collapse after the
帝とコンスタンティヌスⅠ世による復活に続いて、37
imperial army’s disastrous defeat by the Goths at
8年にアドリアノーブルでローマ帝国軍がゴート族か
Adrianople in 378. But this dangerous reverse, too,
ら敗北を喫して、崩壊するに至ったのである。しかし、
was quickly retrieved by a steady recovery in the
この危険な後退もまた、紀元5世紀中における安定した
course of the fifth century. A fresh collapse was
回復によって、素早く取り戻された。新たな崩壊が、ユ
brought upon the Hellenic universal state by
スティニアヌスⅠ世(在位紀元後527年~565年)
Justinian I (imperabat AD 527-565).He overstrained
によってヘレニズム世界的国家のうえにもたらされた。
AD
Constantine I in
AD
BC
- 90 -
it through his misguided attempt at re-expansion;
彼が再び領土拡大を愚かにも目論んだ結果、この過度な
and this over-exertion was followed by a fresh bout of
る努力が602年から717年にまで続いた無政府状
the lasting
revolt offrom
the 602 to 717, which was at least
anarchy,
態を新たに引起してしまい、少なくとも235年から2
as agonizing, and was twice as long, as the bout in the
84年に及んだものと同じような苦しみを何と二倍も
year 235-84. But in 717 the universal state was
長く続いたのであった。しかし、その世界的国家は71
restored once more by Leo Syrus; and, after that,
7年にシリア出身のレオ皇帝によりもう一度復活され、
unity and order were maintained till 1071; were
その後、統一された状態と秩序のある状態が1071年
re-established in 1081; and were maintained again
まで続き、1081年に再び興国され、1186年まで
till 1186. The revolt of the Bulgars in that year, and
続いた。その年に起きたブルガリア人による反乱、12
the Western Christians’ sack of Constantinople and
04年に起きた西欧のキリスト教徒(第四次十字軍)に
partition of the East Roman Empire in 1204,
よるコンスタンティノーブルの略奪と東ローマ帝国の
precipitated a chaos that lasted for nearly two
分割は、急転直下、混沌を招いてしまい、約200年も
hundred years. But, in the later decades of the
続いた。しかし、14世紀後半にはオスマン人によって
fourteenth century, unity was restored, yet again, by
再び統一が復活したのである。
the ‘Osmanlis .
(Qaysar-i-Rum)
新しい「ローマ皇帝」
(著者註:オスマン帝国の皇帝はこのよう
re-expanded the restored universal state up to the
に称した)は、南東ヨーロッパとティグリス-ユーフラテス
limits
河流域との境界まで、再興した世界的国家として再度領
The
new
in
‘Caesar
of
Rome’
South-Eastern
Europe
and
in
the
Tigris-Euphrates basin that had been attained by the
地を拡大したが、それはトラヤヌス皇帝(在位98-117)
Emperor Trajan (imperabat
によって成されたものである。そしてこのトルコ人によ
AD
98-117); and this
Turkish Roman Empire maintained itself for some
るローマ帝国は400年ほど(1372年~1774年)
four hundred years(AD 1372-1774), with punctuations
存続したが、16世紀から17世紀に移るころと、その
of disaster and disorder at the turn of the sixteenth
後の1683年にオスマンによる第二次ウィーン包囲
and seventeenth centuries and again after the failure,
攻撃の失敗の後に起きた厄災や国内騒乱によって帝国
in 1683, of the second Ottoman siege of Vienna. The
は一旦途絶えてしまった。
defeat of the Ottoman Empire in the Russo-Ottoman
1768年から1774年のロシアとオスマン帝国
war of 1768-74 was the beginning of the end. Yet,
との戦争においてオスマン帝国の敗戦は、帝国終焉の始
even after that, there was a rally in the first half of
まりになった。
the nineteenth century. In South- Eastern Europe the
しかもなお、その後においてすら、19世紀前半の半世
Ottoman Empire did not finally break up till 1878,
紀に盛り返しがあった。南東ヨーロッパでオスマン帝国
and in South-West not till 1918. The last Ottoman
が遂に瓦解したのは1878年であり、南西アジアでは
Qaysar-i-Rum
office
1918年までは瓦解しなかった。
1922,
オスマン帝国最後の「ローマ皇帝」は、1922年―西
116 years after the renunciation of the title of Roman
欧最後のローマ皇帝(註:神聖ローマ帝国の皇帝;フランツⅡ世)
Emperor by the last holder of it in the West.
がその称号を棄ててから116年後に、―皇帝自身の臣
was
deposed
––and
the
abolished—by the Emperor’s own subjects
AD
Here, in an epilogue to Hellenic history which has
its starting-point in 31
BC,
民らの手によって退位させられて、帝位は廃止された。
we have a counterpart of
the pattern of Chinese history since 221
紀元前221年から始まったヘレニズム史のこの結
which is
末は、紀元前221年以降の中国史の結びの言葉と対を
almost as exact a replica of it as the course of
なしている。これは、エジプト史の、始めから終わりま
Egyptiac history is from beginning to end. And in the
で歩んだコースと殆ど同じくらい、中国史と瓜二つであ
Levant, as in China, this persistent rhythm does not
る。そして、レヴァント(註:地中海の東部沿岸地方)では、
BC
- 91 -
peter out till a date that, today, is still within living
中国で起きたことと同じように、この執拗なる流れは、
memory. The Hellenic universal state, however, had
今日生きる人々が記憶している年代まで、細ぼることは
some backward outlying provinces round the shores
なかった。しかしながら、ヘレニズム世界的国家の、地
of the western basin of the Mediterranean, including
中海の西部沿岸地方―イタリアと世界的国家の政治的
Italy and Rome itself, the semi-barbarian city that
中心位置を占めて、且つ、やや野蛮的都市であったロー
had been the universal state’s political nucleus. To
マを含む―の周辺には、後進的な地方がいくつかあっ
complete our test of the applicability of the Chinese
た。旧世界の西端地域の歴史に中国モデルを適用できる
model to the history of the western end of the Old
のかどうかの試みを完結させるには、これを最西端地域
World, we must apply it in the extreme west too; and
にもまた適用しなければなるまい。そして、これを試み
the experiment will show that here, from
378
た結果、紀元378年以降、中国モデルは歴史的事実と
onwards, the Chinese model fails to fit the historical
は著しく異なっており、紀元前31年までの全ヘレニズ
facts as signally as it fails in the Hellenic World as a
ム世界と、紀元前221年までの中国そのものとに適合
whole down to 31
しない。
BC.
The
BC
AD
and in China itself down to 221
traditional
Chinese model is equally
伝統的な中国モデルは、中央アメリカやアンデスの二文
inapplicable to the histories of the Middle American
明の歴史にも同じように適用することは不可能であり、
and Andean Civilizations, which the Hellenic model
むしろヘレニズムモデルの方が極めて良く当てはまる。
fits so well.
Our survey of the histories of civilizations in terms
伝統的な中国モデルの見地から諸文明について歴史
of the traditional Chinese model has shown that this,
を研究して分かったことは、ヘレニズムモデルと同様に
like the Hellenic, fails to fit all cases. Indeed, its only
すべてのケースには当てはまらないということである。
perfect fit is its application to Egyptiac history, and
その唯一当てはまる事例は、実はエジプト史であって、
this only on condition that we leave the ‘prehistoric’
しかも「先史時代」を考慮しないという条件においてだ
age out of account. The traditional Chinese model
けである。
does not fit the early history of any other civilization,
伝統的な中国モデルは、中国自身の文明を含めて、他国
not even that of civilization in China itself.
のいずれの文明の初期の歴史に当てはまらない。
Paradoxically, it can give only a negative account of
逆説的に言えば、孔子は時代の落とし子であり、見せ掛
the age in which its own revered patron-philosopher
けの懐古主義者たる革新家であったけれども、パトロン
Confucius lived, though Confucius was a child of his
的哲学者として崇められていた孔子が生きた時代を、大
age, besides being an innovator under the guise of an
して評価していないだけである。
archaist. The traditional Chinese model has to write
伝統的な中国モデルは、孔子の時代を西周と秦帝国との
the Confucian Age off as part of an intermediate
間の中間期の一部であると捉えるしかなかった。
period between the Western Chou and the Imperial
世界国家として確立した時代からは、中国モデルはヘレ
Ch’in (Ts’in). From the date of the establishment of a
ニズム史とそれに続くビザンチン史とはよく当てはま
universal state onwards, the Chinese model does fit
り、ティグリス・ユーフラテス流域とイラン史とはほど
Hellenic and subsequent Byzantine history well, the
ほどに当てはまり、インド史とはかろうじて合う。
history of the Tigris-Euphrates basin and Iran
しかし西欧史、中央アメリカ史、アンデス史には少しも
passably, the history of India barely. But it does not fit
当てはまらない。
Western, Middle American, or Andean history at all.
そして、世界的国家と世界的感のない国家が交代した
And, in a pattern that presents history as an
り、地方的国家とディアスポラ(訳注:イスラエル以外のユダ
alternation of universal states and lapses from them,
ヤ人居住地)の両方を無視するような歴史を記述するパタ
and ignores both local states and diasporás, there is
ーンにおいて、ユダヤ民族が顔を出せる場所はない。
no place for the Jews.
- 92 -
The Jews lost their local state, never managed (as
ユダヤ民族は自分たちの地方的国家を失い、(もっとも
most other peoples have never managed) to become
他の殆どの民族も出来なかった)帝国を建設することは
empire-builders, but have managed (unlike most
決してなりえなかったが、しかし(他の殆どの民族と違
other peoples) to preserve their national identity
って)ユダヤ民族は国家を持たず、すなわち、民族的郷
without having a state or even a national home. In
土ですら持つことなく、自分たちの民族的同一性を維持
world history seen through Chinese spectacles, the
することにうまくいったのである。中国という眼鏡を通
Jews would pass unnoticed both in the age of the
して見た世界史において、預言者時代の、また、パリサ
Prophets and in the age of the Pharisees.
イ人時代のユダヤ民族は、共に顧みられることはなかっ
たのだろう。
It will be seen that the shortcomings of the
伝統的な中国モデルにおける欠点が、少なくともヘレ
traditional Chines model are at least as great as those
ニズムモデルのそれよりも多くあることを後述したい。
of the Hellenic one. Yet the Chinese model, like the
しかも中国モデルはヘレニズムモデルと同じように、モ
Hellenic, is illuminating as far as it goes, and the two
デルが通用している限りは光彩を添え続け、両モデル
models, looked at in relation to each other, are more
は、お互いに関係し合っているかのように見えるし、
than twice as illuminating as each of them is by itself.
各々がそれ自身に光彩を添えるよりも倍増する位であ
The Hellenic model is as widely applicable to the
る。中国モデルが諸文明の後期歴史に適用できるのと同
earlier in the histories of civilizations as the Chinese
じくらい広範に、ヘレニズムモデルは諸文明の前期歴史
model is to the latter phase; and an improved model
に適用できる。そしてその中国モデルによる諸文明の後
can be constructed by combining the later phase
期と、ヘレニズムモデルによる諸文明前期を結びつける
according to the Sinic model with the earlier phase
ことによって、より価値のあるモデルを構築できる。諸
according to the Hellenic. This composite model for
文明歴史を紐解くこの折衷的なモデルは、政治面では統
the histories of civilizations shows these societies
一できてなくても文化面での統一した社会を起点とし
starting as unities on the cultural plane without
ていることを暗示している。この枠組みは社会的、文化
being united on the political plane. This régime is
的に進歩して行くには有利と考えられる。しかしそのた
favourable to social and cultural progress; but its
めには、諸地方国家間の慢性的な戦争という犠牲を払わ
price is chronic warfare between the local states; this
ねばならない。社会が力を増せば増すほどこの戦争は熾
warfare becomes more intense and more devastating
烈になり、より多くの荒廃をもたらし、遅かれ早かれ、
as the society grows in strength; and sooner or later it
それは社会を衰弱化するも、永く続いた「混乱期」後に
produces a social bre akdown which, after a
は、遅ればせながら、世界的国家が確立されることによ
long-drawn-out ‘time of troubles’, is belatedly
って、この破滅から救い出されるのである。
retrieved by the establishment of a universal state.
この世界的国家は無政府状態へと度々陥ることを余儀
This universal state is subject to recurrent lapses into
なくさせられたが、その中間期にあった国々の存続期間
anarchy; but, whether these intermediate periods are
が長かろうが短がろうとも、政治的な統一を回復するこ
short or long, they are apt to be surmounted by the
とによって乗越えることがし易くなった。政治的な統一
restoration of political unity. There must be some
がひとたび最初になされ、運用されてくると、崩壊して
strong force making for the maintenance and, after
も政治的な統一の回復を維持するよう、ある種の強烈な
lapses, for the restoration of unity, when once the
力が働くものである。
original achievement of unity has come to pass; for
その回復現象は何度も何度も起こるもので、その中間期
the phenomenon of restoration occurs again and
の存続期間が非常に長く且つ無政府状態であって、しき
again, and this even after ‘intermediate periods’ that
たりを打ち壊してまで回復をすることがもはや困難と
have been so long and so anarchic that they might
みなされるような事態の後になっても、そうなのであ
- 93 -
have been expected to have made an irreparable
る。
break in the tradition.
This new model fits a great majority of the
この新モデルは、我々が普段「文明」と呼んでいる「社
indisputable specimens of the species of society that
会の種」を、大部分の母集団に当てはめることが可能で
we
ある。
have
called
‘civilizations’.
The
Egyptiac
Civilization is unique in having achieved political
エジプト文明は、その黎明期に既に政治的統一がなされ
unity at the opening of its history; but, as we have
た点でユニークではあるが、私たちが既に考察してきた
observed, there was an antecedent age of political
ように、エジプト史に前文明の時代をもし考慮したとし
disunity here too, if we take into account the
たら、ここでも政治的不統一の先行時代があったことに
pre-civilization stage of history in Egypt. The Middle
なる。中央アメリカの、アンデスの、ヘレニズム文明は、
American, Andean, and Hellenic Civilizations are
世界的国家というものをたったの一回しか経験してお
exceptional in having experienced only a single spell
らず、最初の世界的国家に続く一連の回復経験を持たな
of the universal state stage instead of the normal
かった点で例外と言える。
experience of an initial spell followed by a series of
しかしヘレニズム文明の場合、その領土の西端部におけ
restorations. But, in the Hellenic Civilization’s case,
る隣接国との接続領域についてそれは真実である。
this is true of the sequel only in the westernmost
西欧の歴史家たちは、これが自分たち自身の文明の歴史
section of its domain. Western historians are apt to be
だということで、これらの辺境地で何が起きているのか
preoccupied by what happened in these backward
でもう頭の中が一杯になりがちである。
outlying territories, because this is the history of
しかもその中央部と東部の諸地方で、ローマ帝国の没落
their own civilization. But the sequel to the fall of the
に続いて起こったことは、とにかく意義深いことであ
Roman Empire in its central and eastern provinces is
た。そしてこの地域におけるその後編の歴史が中国的様
at least as significant; and in this area the sequel
式と一致することになる。紀元717に始まり1922
conformed to the Chinese pattern: there was a series
年まで続いて終わることのなかった、世界的国家の一連
of revivals of the universal state, beginning in
の復興が起きたのである。
AD
717
and not coming to a final close till 1922.
The composite Hellenic-Sinic model, which is
見たところでは標準的原型を複合させたヘレニズ
evidently the standard pattern, is explicable in
ム・中国モデルで、人類が歩んできたすべての段階を人
human terms in all its stages. For example, when we
類が編み出した条件を使って説明できる。文明が成長し
examine a civilization’s age of growth, we shall not be
た時代であるかを検証した一例として「ある共通の文化
surprised to find that a period in which a society is
を共有していたとしても、政治的には別々の多くの地方
articulated into a number of politically separate local
の共同社会があった場合、その社会が分節化されて行く
communities, all sharing one common culture, should
時期が、それこそ創造と進歩の時代である」と理解した
be a time of creativity and progress. The stimulus
としても何ら驚くことではない。個人的な霊交から直接
that comes from direct personal intercourse works
発するような刺激というものは、大きな共同社会よりも
more powerfully in a small community than in a large
むしろ小さな共同社会において、より力強く作用するも
one; life in a small community that is in active and
のである。そして、共同社会の規模や種類が同じような
competitive intercourse with neighbours of its own
隣接する共同社会と活発に、競合し合う小さな共同社会
size and kind is more stimulating still, since this is a
生活は、なお一層刺激的なものになる。なぜなら親密さ
social structure that combines the stimulus of
から来る刺激と、より広い視野に立った刺激とが組み合
intimacy with the stimulus of a wider horizon. A
わせた構造になっているからである。経済や文化の領域
classic exposition of the cultural advantages of a
では統一がなされているも政治的には不統一であるよ
régime of political disunity within a unitary economic
うな体制が、文化的には有利であると、古典『芸術と科
- 94 -
and cultural field has been given by Hume in his
学の勃興と進展について』で、ヒューム(著者註:英国の哲
essay Of the Rise and Progress of the Arts and
学者、歴史家、1711-76)が、解説をしている。しかし、
Sciences. But these blessings have their price in the
これらの祝福の言葉を受けるには、国家間での戦争とい
currency of interstate warfare; and a point may come
う通貨でもって代価を支払わなければならない。更に、
when the toll taken by this is greater than any benefit
そのための負担が、多様性と競争との刺激が授けること
that the stimuli of variety and competition can confer.
ができるいかなる幸福につながる受益よりも大きくな
If the balance becomes decidedly adverse, the society
る時点が来るのだ。もしそのバランスが崩れて決定的に
breaks down. It might be asked why a society does not
赤字に転じれば、その社会は衰弱して行く。結局は頼る
forestall its breakdown, or at any rate retrieve it, by
ことになる政治的統一という救済策を敏速に講じて、そ
promptly applying the remedy of political unification
の衰弱の機先をなぜ制しえないのか、それをどんなこと
to which it does eventually have recourse. Why do
があってもなぜ救い出せないのか、が問われなければな
people put up with a long-drawn-out ‘time of troubles’
らない。臣民は世界的国家に服従するばかりで、ながく
before bringing themselves to get rid of warfare by
続く「混乱期」を耐え忍んだ後にならないと、戦争を追
submitting to a universal state? The answer is that
い払うよう自分たちを追い込めなかったのであろうか。
human beings are creatures of habit, and that the
人間というものは「習慣」というものを引きずる生き物
régime of local sovereignties has won such a hold on
であり、地方の諸独立国の体制が差引黒字になっていた
people’s hearts in the age when it was producing a
時代において臣民の心をしっかりと掴んではなさず、そ
balance of advantage that it takes a long experience
の受益者に転じたときに、国家への忠誠を臣民に捨てさ
of its subsequent disastrous effects to induce its
せるためには、その後に続く破滅的な影響効果を長期間
former beneficiaries to abandon their allegiance to it
経験させる必要があった、がその答えである。
when they have become its victims.
When once, however, an universal state has been
しかしながら世界的国家がひとたびできてしまうと、
established, it is not surprising that this regime
この体制が今度は臣民の心をしっかりと掴むようにな
should win a hold on people’s hearts in its turn. The
るが、これは何も意外なことではない。政治的な統合が
peace and order that the achievement of political
達成されるとそれについてくる平和と秩序は、それ以前
unity brings with it are appreciated by contrast with
の、凌ぐまでは耐え難きものになっていた前述の「混乱
a foregoing ‘time of troubles’ that had become
期」と対照して引き立つことで、その良さが評価される
intolerable before it was transcended; and the loss of
ようになる。そして今やその刺激を喪失してしまうこと
stimulus now seems a cheap price to pay for the
は、絶滅の、死などに脅かされた状態から救われ、世界
inestimably precious boon of being rescued from the
的国家が続く限りこの恐ろしい脅威に再び晒されるこ
jaws of destruction and guaranteed against a
とを防止できる、という計り知れない貴重なる賜物を手
recurrence of this fearful threat so long as the
に入れるためには安い代価のように思える。
universal state lasts. With the passage of time, a
時間が経つと共に、世界的国家は、その帝国建設者が自
universal state’s hold over its subjects’ heart is apt to
らを執拗に憎むべきものに仕立てた異国人でない限り、
increase, unless the empire-builders have been aliens
その臣民の心を掌握する力は増大するのである。
who have persistently made themselves odious. It is
世界的国家とは、一旦確立されると、衰退しても繰り返
easy to understand why a universal state, once
し復活するのは何故だろうかを理解することはそれほ
established, should be restored again and again when
ど難しいことではない。
it has broken down.
- 95 -
But we still have to ask ourselves why, when once it
しかし、世界的国家が一旦確立してしまうと、世界的国
has
been
be
any
家を継続するように少なくとも臣民の大多数によって
considering
that
求められるのが普通であることを考え合すと、一体すべ
normally the maintenance of the universal state is
て「中間期」なるものが何故存在するのか、を私たちは
desired by at least a majority of its subjects.
問わななければならない。
‘intermediate
established,
periods’
there
at
all,
should
The declines and falls of universal states can be
世界的国家の衰弱と没落は、前述の「混乱期」中にそ
interpreted as being the after-effects of mortal
れ自身の社会によって負わされた致命傷の後遺症であ
wounds that have been inflicted by society on itself
るとも解釈することができる。そして消耗とまで言わぬ
during the foregoing ‘time of troubles’; and this
がこの倦怠感が、世界的国家の維持を図るうえで活力喪
lassitude, if not exhaustion, would explain the lapse
失を招くのであろう。しかもそれは、世界的国家を維持
in the maintenance of a universal state; but it would
するための活力を欠いた社会が、後になって如何にして
not explain how a society that has lacked the vitality
それを再建するに十分なる活力を奮い起こすことがで
to maintain its universal state can subsequently
きるのか、を説明することは出来ない。
summon up enough vitality to re-establish it. In
その世界的国家を初めて確立した時点から、ひとつの文
seeking to account for the alternating rhythm that
明の歴史のうちは、あの交代し続けてきているリズムが
seems normally to prevail in the history of a
通常一杯にあると思われている、を説明しようとすると
civilization from the date of the first establishment of
き、リズムが《中国哲学にある「陰陽」という根源的な
its universal state, we need not rest content with the
宇宙リズム ―それ自体説明しがたい、公理のようなも
Chinese
のではあるが― が人間事象に発現したものである》と
account
of
this
rhythm
as
being
a
manifestation, in human affairs, of a fundamental
いう中国的な解釈に私たちは甘んじる必要はない。
cosmic rhythm of Yin and Yang that is itself
リズムが世界的国家の歴史を貫通しているものではな
inexplicable and axiomatic. The rhythm does not run
く、リズムについて人を高尚にするような説明が、たと
through the histories of universal states, but there is
えば経済的な観点からの説明が必要であろう。
a human explanation of it. It is an explanation in
economic terms.
A universal state is a heavy charge on the economy
世界的国家は、文明のなかの経済的側面に大きな負
of a civilization. It requires, for its maintenance, a
担を強いられる。世界的国家を維持し続けるには、高
well-paid professional civil service and professional
給取りの専門職的公務員と職業軍人を抱えねばならな
defence force; and the cost of these services will rise if
い。そして時が経つと共に、行政と軍事にあたる人員
it is one of the laws of the history of a universal state
が、地方自治の諸制度が衰えに連れ、また、越境して
that, with the passage of time, the administrative and
くる蛮族の圧力が増すに連れ、増加しがちであるとい
military personnel is apt to become more numerous
うのが世界的国家の歴史的法則であるとすれば、これ
as the institutions of local self-government decay and
らの公共サービスに掛かるコストは増大する一方であ
as the pressure of the trans-frontier barbarians
ろう。世界的国家が、―そしてそれと共にその中に包
increases. If the universal state –and, with it, the
み込まれた社会― が、これらの増大する費用に押し潰
society in-capsulated in it –is to be able to meet these
されないならば、それは比例して増大する生産性に頼
rising costs without being crushed by them, it must
るしかないであろう。
be able to draw upon a commensurately rising
しかし、これまで存在してきた諸文明を見ると、
「世界」
productivity; but, in the Age of the Civilizations to
(著者註:ヘレニズムたるギリシャでは、人間が住むことが出来る場所
date, the economy has been more or less static most of
を Oikoumene と称し世界を意味する)の大部分の地域におい
the time in the greater part of the Oikoumene.
て、それら諸文明が存続した時代には、その経済は多
かれ少なかれ活気がなかったと思われる。
- 96 -
The deliberate application of science to technology in
西欧社会において技術確立のために科学を熟考しなが
the West is something recent and unprecedented.
ら応用展開したことは、最近のことであって、また先例
Even today, when the Industrial Revolution has been
のないことである。
in progress for some two hundred years and has
産業革命が約200年間に亘って英国から始まり世界
spread from Britain, where it originated, to the ends
の隅々まで進展した今でさえ、地球上に住む大部分の
of the Earth, the greater part of the human race is
人々は、なお前工業的段階にあるのだ。
still in the pre-industrial stage. The last economic
産業革命以前の最も新しい経済的分野での革命は、治水
revolution before this was the enhancement of the
によって齎された農業分野での生産性向上にあった。
productivity of agriculture through water-control,
治水は、紀元前4000年より少し以前のいつごろかに
sometime before the close of the fourth millennium
行われ始め、シュメール・アッカド文明とエジプト文明
BC,
の発祥地にあった荒れ果てた沼地や密林を一変させる
which transformed inhospitable swamps and
jungles into the cradles of the Sumero-Akkadian and
ものであった。
Egyptiac-Civilizations. But only a fraction of the
cultivable part of the Earth’s surface is capable of
しかしこのような収穫高を獲得できるような地表での
being made to give a comparable yield. Moreover,
加耕地に匹敵するようなものは極僅かである。更に言う
even in the most favourable environments, the
ならば、耕作が最も有利な環境下でも、穀物や家畜の増
technique of agriculture remained virtually static
産を図るための農業技術改良は、現在のような科学的応
until the beginning of the present application of
用が始まるまで、実質的には行われなかったに近い。
science to the improvement of crops and livestock;
and this, like the present Industrial Revolution, dates
従って現代の産業革命と同じように、農業への科学的応
back only to eighteenth-century Britain. Thus the
用は、18 世紀の英国にまで遡ることになる。こうして
normal economic basis of civilization, till a very
文明の通常なる経済的基礎は、極く最近まで、前文明時
recent date, has been a static agriculture at a level of
代の新石器的社会に到達したのより、それほど高くない
productivity that in most places has been not much
生産性レベルで停滞したかのような農業に殆どがそう
higher than attained in Neolithic societies in the
であった。
Pre-civilizational age. But a civilization is a much
more costly social structure than a Neolithic society
しかし文明は、新石器的社会よりもはるかに費用の掛か
is, and its costs are perhaps at their maximum when
る社会構造であり、その費用は文明が世界的国家として
the civilization is organized politically in a universal
政治的に組織化された時、その費用はこの世界的国家が
state, and when this universal state has been in
存続期間中に、恐らく最高限度に達することになろう。
existence
for
some
time.
The
inability
of
a
pre-scientific agricultural economy to bear this
科学的な応用展開のない農業経済がこのような経済的
economic load is evidently one of the causes of the
な重荷に耐えられなかったことは、あれだけ多くの世界
unwished-for collapses by which so many universal
的国家を引き続き何度も襲った、あのように望むべくも
states have been overtaken so many times in
ない崩壊の原因のひとつであることは明らかである。
succession.
The importance of the part played by the economic
世界的国家が崩壊するのか、それとも生き延び続けるこ
factor in determining whether a universal state is to
とが出来るのかどうかを決定付けるような経済的要因
collapse or is to survive can be gauged by comparing
の役割の重要性を、世界的国家ローマ帝国が支配してい
the respective fortunes of the Roman Empire in its
た、さまざまな諸地方のそれぞれの富を比較することに
different sections. The western provinces, in which
よって推し量ることができる。
- 97 -
the Empire collapsed in the fifth century of the
紀元5世紀に崩壊した帝国の西部に位置する諸地方は
Christian
backward
経済的には比較的発展途上の状態にあった。また同じ5
economically; the central and eastern provinces, in
世紀の、生き延びたローマ帝国の中央と東部の諸地方
which, in the same century, the Empire survived,
は、ヘレニズム世界の産業と貿易の主要な活動拠点であ
were the principal seats of the Hellenic World’s
り、それを比較したときの経済力は、戦略的な位置を補
industry and trade; and their relative economic
っても余りあるものであった。
strength more than counterbalanced the relative
中央及び東部は、ステップという大西部湾岸のユーラシ
unfavourableness of their strategic position. Though
ア遊牧民からと、イランやイラクのササン朝ペルシャ勢
the centre and the east were more directly exposed
力からの襲来に対して、西部よりずっと前衛で晒されて
than the west was to assaults from the Eurasian
はいたお蔭で、帝国はその地歩を固めることが出来たの
Nomads of the Great Western Bay of the steppe, and
である。そしてここでもまた帝国は7世紀に崩壊した
from the Sasanian power in Iran and ‘Iraq, the
が、もし6世紀に皇帝ユスティヌスアヌスが、遺棄され
Empire managed here to hold its own; and, though it
た西部を再征服しようと試みて国力をそれほどにも酷
did collapse, here too, in the seventh century, it might
使していなかったらば、これらの経済的なより強固な諸
have continued to survive in these economically
地方では存続し得たのかも知れない。その後8世紀に、
stronger sections if, in the sixth century, the Emperor
ヘレニズム世界国家が、アナトリア(訳注:アナトリアの名称は
Justinian had not taxed their strength too severely in
東ローマ皇帝コンスタンティノス 7 世の時代、エーゲ海に面した西岸地方に軍
a
west.
管区を置き、「アナトリコン」(ギリシャ語で日出る処の意)と名付けたこ
Thereafter, when, in the eighth century, the Hellenic
とに由来する。)での東ローマ帝国とガリアでのカロリ
universal state was re-established in the two rival
ンガのローマ帝国(著者註:715年以降カロリンガ王家がフラン
shapes of the East Roman Empire in Anatolia and the
ク王国を支配した、カール大帝が 800 年に教皇から皇帝号を授与された)
Carolingian Roman Empire in Gaul, history repeated
という、お互いに競い合う二つの形でもって再建された
itself through the operation of the same economic
時、同様の経済的な諸原因が作用して、歴史は繰り返さ
causes. The Carolingian Empire swiftly collapsed; the
れたのである。カロリング帝国は束の間に崩壊したが、
East Roman Empire survived, without any further
東ローマ帝国はその後崩壊に見舞われなくて3世紀半
collapse, for three and a half centuries (AD 717-1071).
もの間存続し得た(紀元717~1071年)
。このよ
The reason for this diversity of fortunes, this time
うに種々の運命を辿った理由は、今度もまた、この時代
once again, was that Anatolia in this age was
のアナトリアが世界的国家の重荷を背負うことができ
economically capable of carrying the load of a
るだけの経済力を持っていたのに対して、同時代のアル
universal state, whereas contemporary Transalpine
プス以北の西ヨーロッパはそうではなかったことであ
Western Europe was not. It is significant that in the
った。東ローマ帝国において、紀元1071年の厄災に
East Roman Empire, during the century immediately
遭う直前の世紀であり、帝国の心臓部に当たるアナトリ
preceding the disaster of
アにおいて社会的、経済的な不健康の症状が出つつあっ
Era,
attempting
to
were
relatively
reconquer
AD
the
derelict
1071, there had been
increasing symptoms of social and economic ill-health
たことは、それなりに意味のあることである。
in the Empire’s heart-land, Anatolia.
これらの事例は、経済的に見た生産性が持つ価値が世
These are dramatic illustrations of the survival
界的国家にとって如何に盛衰に関わっているかを説明
value of economic productivity for a universal state.
したものである。しかもこれまで世界的国家の支配者た
Yet, hitherto, the rulers of universal states have
ちは、このことに気づいていない。彼らは技術的な向上
seldom been alive to this. More often they have been
が可能性を秘めていることに無関心であったか、または
either indifferent to possibilities of technological
それに敵意すら持った方が多かった位である。つまり、
advance or positively hostile to these, on the
技術的変化はどんなものでも経済的な均衡を崩す脅威
- 98 -
reckoning that any technological changes is a menace
であると見做し、従って世界的国家の建設者があれほど
to economic equilibrium and hence also to the social
苦労して樹立して社会的・政治的な安定を確保していて
and political stability that founders of the universal
もまだ脅威として感じ取ったのである。
state have established with such difficulty. Certainly
確かに、ローマ帝国の統治者は、その歴史のどの段階に
the Roman imperial government did not ever realize,
おいても、アレクサンドリアのヘロン(著者註:紀元前 1 世
at any stage of its history, that technology, as
紀頃の科学者・数学者)によるタービン・エンジンの発明が
exemplified in Hero of Alexandria’s invention of a
例証するような技術が、ヘレニズム世界国家での財政と
turbine engine, could have solved the Hellenic
国防のもつれ合った問題をときほぐすことができたか
universal state’s intertwined problems of finance and
も知れないことに、けっして気づいていなかった。
defence. And in the western provinces in the fourth
century of the Christian Era, when the Empire was
そしてローマ帝国が生存をかけて闘っていたときの、キ
fighting for survival there, no attention was paid to
リスト紀元4世紀の西部諸地方において、機械化による
possibilities of dealing with manpower shortage and
人力不足・軍隊の兵站を処理できる可能性について論じ
with defence logistics by mechanization, thought a set
た、一連の企画『軍事について』という匿名の覚書が発
of projects for this was published in an anonymous
行されたのに、少しも注目を浴びなかった。
memorandum De Rebus Bellicis. In universal states
at both ends of the Old World the public authorities
旧世界の東西両端での世界的国家において公権力は、通
seem normally to have confined their action to
常、地租を集金し、農業の生産性が下落したか、それと
collecting the land-tax and turning the screw harder
も国家の歳出が増えたときには課税対象である耕作者
on the taxable cultivators or their landlords when
たちへ、若しくは、地主たちへの徴収を強化するに留ま
agricultural
っていたと思われる。
production has
declined
or
public
expenses have mounted.
It is significant that, in China, the local state of
中国で、競争者を打倒して紀元前221年に遂に初め
Ch’in (Ts’in), which eventually established a
て世界的国家を打ち立てた秦は、もともと地方国家であ
universal state for the first time by overthrowing the
ったが、紀元前4世紀には人民による食糧などの生産性
last of its competitors in 221
was also the which,
を高め、この増えた生産物を政府が思い通りに処分でき
had distinguished itself
るような社会的構造と経済的構造の改革を体系化する
among its competitors by systematically
ことにより、競争を勝ち抜いたことは重要な点である。
in the fourth century
BC,
BC,
revolutionizing its social and economic structure with
a view to increasing the population’s productivity and
putting the increased product at the government’s
しかし、世界的国家の創建者である始皇帝によってこの
disposal. But it is also significant that, when this
体制が全中国に拡大されたが、彼の死後その体制は直ぐ
régime was extended to the whole of China by the
に崩れてしまい、更に彼と、秦政府の行政を進める上で
founder of the universal state, Ch’in Shih Hwang-ti’s
の理論的根拠を与えた「法家」学派の哲学者たちと共に、
death his régime was quickly overthrown; and both
その後に確立された中国的流儀において忌み嫌われる
he and the ‘Legist’ school of philosophers, whose
ようになったことにもまた注目する必要がある。
theorise had been the inspiration of the Ch’in
government’s practice, were execrated in the
漢の武帝により公認され、それ以降、紀元後1911年
subsequently established Chinese tradition. The
まで、中断はあるも、独占し続けた哲学者たちの学派は
school of philosophy that was officially established by
「法家」ではなくて孔子学派の儒教であった。
the Han Emperor Wu-ti (imperabat 140-87 BC), and that
- 99 -
maintained its monopoly, off and on, from that time
till
AD
1911, was not the ‘Legist’ school, but the
Confucian.
sympathetic
And
Confucianism
towards
has
non-agricultural
not
been
儒教は、農業や交通・通信における治水の価値に理解を
economic
示したものの、農業以外の経済的企業には共感しなかっ
enterprise, though it has understood the value of
た。
water-control for agriculture and for communications.
The inadequacy of the economic substructure goes
経済的下部構造の不十分さでもって、中国においてのみ
far towards explaining the successive collapses of
ならず同じような経済的・社会的基盤の上に世界的国家
universal states, not only in China, but in other
を建てた他の地域においても、世界的国家が続けて崩壊
regions where they have been erected on the same
したことをある程度説明できる。
economic and social basis. It explains, for instance,
たとえば、エジプトの古王国の崩壊、5世紀に起きたロ
the collapse of the Old Kingdom of Egypt, the
ーマ帝国の西部地方での崩壊、同じ地域でのカロリンガ
fifth-century collapse of the Roman Empire in its
による再興ローマ帝国の9世紀に起きた崩壊、アナトリ
western provinces, the ninth-century collapse of the
アでのビザンチンによる再興ローマ帝国の11世紀に
Carolingian avatar of the Roman Empire in the same
起きた崩壊は、それで説明できる。
region, and also the eleventh-century collapse of the
Byzantine avatar of the Roman Empire in Anatoria.
In all these four cases occurring at the opposite end of
これら四つの事例はすべて旧世界の中国の正反対に位
the Old World to China, the economic basis of the
置する地域で起こったものであり、その世界的国家の経
universal state was almost exclusively agricultural,
済的基盤は殆どもっぱら農業にのみであって、世界的国
and the burden on the peasantry of maintaining a
家を維持するために農民に掛かった負担―最善の体制
universal state—a burden that is heavy even under
であっても非常に重い負担―は、公的権威を振りかざし
the best régime —became intolerable when landlords
た地主たちが、政府の統制を断ち切り、政府の要求に彼
with official authority shook off governmental control
ら自身の私的な強制取り立てを付け加えるなど、耐え難
and added their private exactions to the government’s
いものとなった。
demands.
If the cause of the recurrent collapse of those
いままで論じたところの、興亡を繰り返してきた国家
universal states that have come and gone so far is, in
的国家の崩壊の原因が、もしも実際に経済的なものであ
truth, economic, the recent change, in Mankind’s
ったとすれば、近代西欧での産業革命による人類の経済
economic situation, thanks to the modern Western
的状況における最近の変化は、文字通り世界的な規模で
Industrial Revolution, promise better prospects for a
の将来の世界的国家にとってより良い展望を約束する
future universal state on a literally worldwide scale.
ようなものだ。
Modern technology accompanied by a deliberate
近代の技術は、出生率や死亡率の計画的低下をもたら
reduction in the birth-rate as well as in the
し、将来の「世界国家」の財政に、未曽有の浮揚力を与
death-rate would give an unheard-of buoyancy to a
えることになろう。
future
being
貧困で沈滞した農業経済に耐えがたい租税を課するこ
constrained to take an intolerable toll from a poor and
とを強制する代わりに、将来の「世界国家」は、小農的
static peasant economy, a future world-state could
農業に科学と技術を全世界に応用することによって、農
afford to subsidize a revolution in the peasantry’s
民層の伝統的な新石器時代の生活様式において大変革
traditional Neolithic way of life through a worldwide
を助成し得るであろう。
world-state’s
finances.
Instead of
application of science and technology to peasant
agriculture.
- 100 -
If this is indeed the outlook for a future world-state,
これが、もし事実、将来の「世界国家」にとっての前途
that is fortunate for the human race. For the same
であるとすれば、人類にとっては幸せなことである。よ
unprecedented scientific and technological progress
り高度な生産というこのような展望を開いた先例のな
that
of
い科学・技術の同じ進歩の中で、もしも使用されれば戦
higherproduction has already produced weapons that
争を大量虐殺に導くような武器(訳注:原爆兵器を指す)を既
would turn war into genocide if they were ever to be
に作り出してきているのだ。
used. And the possibility that they may be used will
そして、それらの武器が使用される可能性は、私たちの
remain open so long as our present-day world
現在、世界が今日のように政治面で多くの主権独立国家
remains divided on the political plane, as it now is,
間に分割統治されている限り、いつまでも残っているに
among a number of sovereign independent states. In
違いない。私たちが置かれている現在の状況下、私たち
our present situation we can no more afford than our
の祖先が「混乱期」においてしたように、この危険な政
predecessors could, in their ‘time of troubles’, to let
治的不統一を続かせておくだけの余裕は私たちにもう
this perilous political disunity continue. But we also
ない。しかし、原爆兵器の時代において、今や至上命令
cannot afford, in the age of atomic weapons, to let the
たる全人類の政治的統一を伝統的なやり方で、競争して
now imperative political unification of all Mankind
いるすべての大国がひとつだけ生き残って他の国が破
come about, in the traditional way, through war à
壊されて終焉する無制限の戦争をする余裕もまた無い。
outrance ending in the destruction of all the
人類は、
「協定」によって政治的統一を達成させねばな
competing Powers but one. Mankind will have to
らない。そしてもし政治的統一がなされたときに、それ
reach political unity through agreement; and, if and
自身を再び主張するような、衰退(訳注:不統一)と復活(訳
when this unity has once been attained, we shall not
注:統一)が交互に起きる旧来のリズムを眺めている余裕
be afforded to see the old alternating rhythm of lapses
はまったくない。
and recoveries reassert itself. For, in the Atomic Age,
原子力時代での、不統一と無秩序に向かうすべての衰退
any lapse into disunity and disorder would be a
は、人類の存在そのものへの脅威になりうるのである。
threat to the existence of the human race. This is an
これは政治家の力量を試す先例のない難問である。
unprecedentedly difficult problem for statesmanship.
しかし「世界国家」をつくる将来の建築家たちに、この
But we may take heart if it is true that the
問題を突きつける技術革命がまた彼らの前任者たちを
technological revolution which has presented this
繰り返しながらも敗退させてきた経済問題の解決を容
problem to the future architects of a world-state is
易にしてくれる、ということがもし真実であるならば、
also going to ease for them the economic problem that
私たちは希望を持っても良いに違いない。
has
opened
up
these
prospects
has repeatedly worsted their predecessors.
8ユダヤモデル
8 A Jewish model
NORMALLY the establishment of a universal state,
even for no longer than a single spell, has resulted in
a permanent obliteration of the identities of the local
states and peoples that have been incorporated in it.
A classic case is that of ‘the Lost Ten Tribes’. Today
the population of the Kingdom of Israel, a state which
wiped off the map by the Assyrian Empire in 722
BC,
is represented in situ only by a few hundred
Samaritans in the neighbourhood of Nablus. The
Israelites who were deported were completely
たとえほんのひと期間に存続したにせよ世界的国家
が設立されると、それに属する地方の諸国家や諸民族の
帰属意識を永久に抹殺してしまうのが普通である。その
古典的な実例として古代イスラエル王国の「失われた十
種族」である。古代イスラエル王国は、紀元前722年
にアッシリア帝国によって地図から抹消された民族で
あり、ナプルス近隣に住んでいた僅か数百人のサマリア
人として見做されているだけである。追放されたイスラ
エル人は、定住先の諸国の民族に完全に吸収された。彼
らはそこで帰属意識を失ったが、何も例外的なものでは
- 101 -
absorbed into the population of the countries in which
なく、常習のことであった。
they were settled. Their loss of identity was not an
その事例が名高いものになっている唯一の理由は、アッ
exception; it was the rule. It has become famous only
シリア帝国の地方国家になった後、今度は自分が、紀元
because the rule was exceptional broken by the
前586年に新バビロニア帝国によって地図からまた
history of the Israelites’ kinsmen, the people of
も抹消されてしまったという、イスラエル人の親戚にあ
Judah, after their local kingdom, in its turn, had been
たるユダヤ民族の歩んだ歴史によって、常習を破るよう
wiped off the map by the Neobabylonian Empire in
な例外を生んでしまったからである。ユダヤ民族は、ネ
586
The Jews were twice uprooted from their
ブカドネザルによって二度、ローマ人によって二度、彼
original homeland by Nebuchadnezzar and twice by
らの祖国から追い立てられた。そして紀元後135年に
the Romans. And, before their second uprooting by
ローマ人からの二度に亘る追い立てられる前に、新バビ
the Romans in
ロニア、アカイメネス、プレトマイオス、セレウコス、
BC.
Empires
in
AD
135, they had been subjects of five
turn:
the
ローマの五帝国の臣民に次々とさせられてしまった。紀
Achaemenian, the Ptolemaic, the Seleucid, and the
元後135年から1948年まで、ユダヤ国家といった
Roman. From
to AD1948 there was not no such
ものは存在せず、ユダヤ人の支配下にはなくも実質的に
things as a Jewish state and not even such a thing as
はユダヤ人が住民の多くを占めるような領地という意
a Jewish ‘national home’ in the sense of a territory
味でのユダヤ人の「民族的郷土」というものさえ存在し
that was substantially Jewish in population without
なかった。しかも、国家という政治的な枠組みも郷土と
being
political
いう領土的な土台も持たないで、ユダヤ人は紀元前58
framework of a state or the territorial basis of a home,
6年―ユダヤ王国の抹消を見た年―から今日に至るま
the Jews have managed to preserve their separate
で、民族としての独自の帰属意識を持ち続けることにど
identity, as a people, from 586
–the year that saw
うにかして上手く処理してきている。消滅したユダヤ王
the obliteration of the Kingdom of Judah –down to
国の旧国境外の国々で、そしてまた、その歴史的な首都
the present day. They have preserved it as a scattered
エルサレムから数百、数千マイルも離れた地に、ユダヤ
minority
non-Jewish
人以外が多数居住した中で散々バラバラと生きる少数
majorities in countries outside the former frontiers of
派、つまりディアスポラ(離散体)として、帰属意識を
the extinct Kingdom of Judah and hundreds or
維持してきているのだ。
AD135
Jewish
rule.
(diasporá)
the
Yet,
living
Neobabylonian,
without
BC
among
the
thousands of miles away from its historic capital,
Jerusalem.
このような事実は驚くべきものであり、例外的なこと
かも知れないが何も唯一のケースではない。ユダヤ人の
This fact is remarkable and exceptional, but it is
みが帰属意識を維持しながらも家や土地を失ってきた
not unique. The Jews are not the only uprooted
のではない。たとえば、イスラム教徒・アラブ人の征服
people who have achieved it. For example, it has also
によって、そして、イスラム教徒・アラブ人がシリア、
been achieved by the Parsees since the destruction of
エジプト、アルメニアを征服した以降に原始キリスト教
the Sasanian Persian Empire by the Muslim Arab
徒によって、更には、ローマ帝国においてギリシャ正教
conquerors; by the Monophysite Christians since the
徒の迫害者たちから亡命できるようにササン朝ペルシ
Muslim Arabs’ conquest of Syria, Egypt, and
ャ帝国の中で亡命先を見出した5世紀以降に単性論派
Armenia; and by the Nestorian Christians since the
のキリスト教徒によって、ササン朝ペルシャ帝国が破壊
fifth century, when they found asylum in the
された時からずっと帰属意識は維持されてきているこ
Sasanian Empire from their Orthodox Christian
とを上げられる。オスマン・トルコによる東ローマ帝国
persecutors in the Roman Empire. From the
の旧領土の征服し終えた時から、1821年のモレアの
completion of the Ottoman conquest of the former
「オスマン的」ギリシャ人臣民の反乱に至るまで、ギリ
territories of the East Roman Empire down to the
シャ正教徒は、その一部は追い立てられ、散々バラバラ
revolt of the ‘Osmanlis’ Greek subjects in the Morea
になったが、それでもディアスポラ(離散体)として
in 1821, the Greek Orthodox Christians were - 102 partially uprooted and scattered, yet managed, in
diaspora, to preserve their identity as a community,
機能し、ひとつの共同体として彼らの帰属意識を維持す
Jewish-fashion. In Russian Orthodox Christendom,
ることができた。
members of some of the dissenting Christian sects
ロシア正教のキリスト教圏においては、若干の異議を唱
escaped
by
えるキリスト教徒がロシア正教徒の迫害を逃れるため
migrating to the outer fringe of the Russian Empire
にロシア帝国の外縁地に、または国境外の土地に移住し
or to regions beyond the Russian frontiers. The
た。
Molokane have founded asylum in Transcaucasia and
モロカン派はトランスコーカサスや東シベリアに、スコ
Eastern Siberia, the Skoptsy in Rumania, the
ブツー派はルーマニアに、デゥクオボル派はカナダに亡
Dukhobors in Canada. In Western Christendom the
命先を見出した。
members of the Society of Friends (the Quakers),
西方のキリスト教圏では、フレンド協会(クウェーカー
whose earliest recruits came from rural districts in
教徒)は最初の信徒をイングランド北部の農村地域で獲
the north of England, have tended, in England at any
得したものの、イングランドにおいては少なくとも、郷
rate, to move from their native countryside into the
土である田園から都市部へ移動する傾向が見られた。
cities, because in an urban environment it has been
その理由は、都市環境の方が監督教会員の国教教会へ
easier for them to avoid a conflict with the authorities
「十分の一税」を支払う際に注意深く不服を申し立てで
over their conscientious objection to paying tithes to
きて当局との係争を回避できるのに都合が良かったか
the Episcopalian Established Church. The migration
らである。
of the Quakers into the cities has also been the story
クウェーカー教徒の都市への移動は、ユグノー派がフラ
of the Huguenot refugees from France in Holland,
ンスからオランダ・イギリス・ドイツへの亡命において
Britain, and Germany.
もまた見られる話しになるのである。
from
their
Orthodox
persecutors
However, the Jewish diasporá provides the best
しかし私たちが共同体の離散体というモデルを組み
material for the construction of a model of the
立てようとする場合には、ユダヤ人の離散体が最上のデ
diasporá type of community. Of all the diasporá in our
ータを提供してくれる。私たちが持っている離散体の一
list it is the most famous, the most influential, and
覧表に掲載されているすべての離散体の中で、ユダヤ人
also perhaps the most unhappy, at least so far, in its
の離散体は最も有名であり、また最も影響力があるもの
relations with the gentile majorities among whom it
であるが、一緒に生活する中で多数派を占める他の民族
has been living. It has also been in existence longer
との関係で見ると、少なくても今までのところ一番不幸
than any of the others, and has been more completely
なものでもあったと言える。そして他の離散体よりも長
divorced from the cultivation of the land in its
く続き、その元の郷土での土地の耕作をすることから完
original home.
全に分離されていたのである。
If, on these considerations, we take the Jewish
これらのことを考慮してみると、ユダヤ人の離散体が
diasporá as our model for this species of community,
この「種」の共同体に対して我々が考えたユダヤモデル
we shall find in it the following elements. First, there
として採用するならば、次に示す諸要素がそれに含まれ
is the diasporá’s determination to retain its historic
ていることが分る。第一の要素は、殆どの共同体が諦め
identity in circumstances in which most communities
て自らを見失いそうな状況に置かれたときに、由緒ある
have resigned themselves to losing theirs. Having
帰属意識を持ち続けようとする離散体としての意志決
been deprived of its state and its home and been
定が働くものである。国家と郷土とを奪われてしまい、
reduced to living as a minority—and a scattered
外国で少数派―しかも散々バラバラの少数派―として
one—abroad, the uprooted community has found new
生きる状態にはめになったのに、住み慣れた土地から追
means of maintaining its cohesion and continuity
い立てられた共同体は、これらの逆境下でも自らの統合
under these adverse conditions. It maintains them
性と持続性を維持するような新しい方法を見出した。そ
now through the voluntary observance of an exacting
れは、厳格な宗教的な儀式と律法という掟を自発的な
- 103 -
religious ritual and law. The second element is the
監視を通じて維持しているのである。第二の要素は、入
diasporá’s motive for being unwilling to merge itself
り込んで生きることになった多数派の中に融合するの
in the majority among whom it has come to live. It
を好まないという、離散体の人々が行動を起こさせる内
cherished its separate identity because it believes
部的な衝動である。自分たちが全世界で唯一の重要なも
itself to be the depository of a religious revelation of
のであり且つ価値を持つ宗教的な啓示を受けた者だと
unique significance and value. A third element in the
信じているから特異な同一性・帰属意識を大切にするの
configuration of the Jewish diasporá is its recognition
である。ユダヤ人の離散体という輪郭に潜む第三の要素
of the truth that it will fail to survive if it does not
は、十分なる経済的基礎を自分たちが持たなければ、生
provide itself with an adequate economic basis. Since
き残ることが出来ないという真理を認識することであ
it has no state of its own and no national home,
る。離散体がそれ自身国家の体を成さなく且つ民族の郷
economic power is the only form of power within its
土を持たなくなってからは、経済力だけがそれを手に入
reach; and a community must command power of
れることが出来る力となり得るのである。そして共同体
some kind in order to hold its own in the world. Even
は、世界で自分たちの地歩を固めるのに必要な、何らか
economic power is difficult for a diasporá to obtain. It
の力を意のままにしなければならない。経済力ですら、
has lost its hold on agriculture, which has been Man’s
それを獲得するには離散体は難事である。新石器時代以
primary and staple source of livelihood since the
降人類が育んできた根本の、そして主要生産物を産み出
Neolithic. Age, and, in the alien countries in which it
す農業を離散体なる共同体は手放してきている。郷土で
has been scattered, it has been excluded, more often
ない異国に追い出されて散々バラバラとなって生きる
than not, from public life, and even from the liberal
のに、異国に住む大多数の人たちが信ずる宗教を拒んだ
profession, as a penalty for its refusal to adopt the
罰として、公務員にもなれず、また自由職業にもありつ
religion of the local majority. A diasporá must make
けられないことがたびたび繰り返されたのである。ユダ
its fortune out of whatever economic occupations the
ヤ人は、異国に住む大多数の人たちが職業に就きたがら
majority leaves open to it. The least obstructed
ない、そして稼げるような、でも専門的知識が必要な職
opening has usually been retail trade. But, whatever
業(弁護士、教師、医師など)で財を築かなければなら
the economic opportunity has been, the diasporá has
なかった。最も妨害の少なかった就職口は、小売商が一
always managed to win from it the economic
般的であった。しかし経済的な機会がどれほどのもので
resources required for its survival. On the economic
あったとしてもユダヤ人は生き残るための経済的資源
as well as on the spiritual plane, penalization has
を勝ち取るのに常に上手く振る舞うしかなかった。経済
proved to be an unusually powerful stimulus.
面でもまた精神面でも不利な立場に置かれていること
The model derived from the Jewish diasporá fits all
が尋常でない位に強力な刺激を受けてきた証しである。
the other specimens on our list or less closely. In all
ユダヤ人の離散体を考察して得たユダヤモデルは、私
these cases religion has supplied the motive for the
たちが持っている世界の離散体一覧表に載っている他
will to preserve the scattered community’s identity,
のすべてに、程度の差があれ当てはまる。
while economic prowess in some non-agricultural
これらのすべてのケースにおける宗教は、離散した共同
occupation has provided the means of putting this
体の同一性・帰属意識を保持しようとする意志形成の動
will to survive into effect. If we now simplify the
機づけになり、その一方で何か農業以外での経済的な力
model, we shall find that the religious species of
量を持って、生き残ろうとする考えの実現の仕方を教え
di as por á is o ne re prese nt ati ve of a more
てきている。
comprehensive genus. Two of the most conspicuous
このモデルを単純化するならば、宗教的な離散体という
diasporás in the present-day world are the Scottish
この「種」は、より包括的な「属」の代表例になること
and t he Le bane s e. Like t he Je ws, Par see s,
に気づかねばならない。現在、世界で最も異彩を放って
- 104 -
Huguenots, and Quakers, the Lebanese and the Scots
いる二つの離散体は、スコットランド人とレバノン人で
abroad are conspicuously successful in business; but
ある。ユダヤ人、パルシー教徒、ユグノー教徒、クエー
the pressure that has moved them to seek their
カー教徒のように、スコットランド人とレバノン人は海
fortunes abroad has been economic, not religious or
外の実業界で顕著な成功を収めている。しかし、富を海
political. Neither the Lebanese nor the Scots have lost
外で求めようと彼らを動かした圧力は経済的なもので
their country; both have been masters in their own
あって、宗教的なものでも、政治的なものではない。レ
house, and neither have been persecuted, either at
バノン人もスコットランド人も故国を失ったものでは
home or abroad, for clinging to their ancestral
なく、両者ともその故国の主であって、先祖が信奉して
religion. They have been victims, not of their fellow
いた宗教に纏いついているために故国でも海外でも迫
men, but of Nature. Their native countries are poor
害を受けた訳ではない。彼らは同胞の犠牲者ではなく
countries, and they have been driven abroad by the
て、自然界の犠牲者であった。彼らの生まれ故郷はもと
difficulty of making a livelihood at home.
もと貧しい国々であり、郷土で生計を立てるのが難しく
What is common to diasporás of the religious
て海外に新天地を求めていたのである。
species represented by the Jews and the secular
ユダヤ人を典型的な宗教的離散体の「種」とすること
species represented the Scots is transformation of a
と、スコットランド人を典型的な世俗的離散体の「種」
social structure. In both cases we are watching a
とすることの共通点は、社会構造の変容にある。両事例
community changing the basis of the cohesion that
には、共同体がその特異な同一性・帰属意識を維持しよ
maintains its distinctive identity. It is changing over
うとする結合力の基礎を変えていることが見られる。
from an originally territorial basis, on which it has
民族的郷土と自らの国民政府とを持つことで結合させ
been together by having a national home and a
ていた元来の領土的基礎から、共通の記憶・信仰・風俗・
national government of its own, to a cultural and
習慣・技能を共有することで結合させるという文化的な
occupational basis, on which it is held together by
且つ職業に結びつく基礎へと共同体が変わったのであ
having common memories, beliefs, manners and
る。
customs, and skills. Both the Jews and Scots are on
ユダヤ人もスコットランド人もこの道を歩んでいるが、
this road, though the Scots have not yet travelled far
スコットランド人は出発地点からまだ遠くまで行って
from the starting-point, while the Jews have long
いないのに、ユダヤ人はずっと以前に終着地点へ辿りつ
since reached the terminus. Looked at in a wider
いている。離散民族が散り散りと住み異国人が大勢住ん
setting that includes the alien majority among whom
でいるのを含むもっと広い視野でそれを眺めてみると、
the diasporá has been scattered, this change through
ユダヤ人とスコットランド人の両者が経験したことを
which both Jews and Scots have been passing is a
通じて分かったことは、それが垂直構造の社会から水平
change from a vertical organization of society to a
構造の社会への変化であることに気づく。
horizontal one. The communication into which society
分節化されている共同社会の交通・通信は、多くの地方
is articulated are undergoing a metamorphosis from
組織形態から、原則的には、地球上に住むすべての人々
having been so many local cells to becoming so many
と共存しながらもお互いに同一性・帰属意識を持ってい
ubiquitous strata coexisting with each other over an
る地域の中で偏在している階層の形態へと変貌しつつ
identical area, which, in principle, may be coextensive
ある。
with the whole habitable surface of the globe.
We can follow the history of this metamorphosis.
この変貌の歴史をこれから見てみたい。
「文明は根無
‘Civilization is deracination.’ The Jewish diasporá
し草化である。」ユダヤ人の離散体は、
「肥沃な三日月地
was a product, in the Fertile Crescent, of two
帯」での二つの相関関係のある社会発展、つまり通商や
interrelated social developments; an intensification of
外交を含む社交の強化増大と都市化の増大との産物で
social intercourse and an increase in urbanization.
あった。
- 105 -
The growing social intercourse took the peaceful
増大する社交は平和的な形でもって商業や文化を入れ
forms of commercial and cultural exchange, as well as
替えたが、戦争とか国外追放といった暴力的な形も同様
the violent forms of war and deportation; the growing
に採られた。
cities served as melting-pots in which the intercourse
増大する都市は、社交が融合に導くように坩堝として機
could lead to fusion. As far as we know, this process
能した。
started in the Fertile Crescent earlier than anywhere
私たちが知る限りでは、この過程はよそよりもずっと早
else.
physical
く「肥沃な三日月地帯」で開始した。実際に、後氷河期
communications between the centres of settled life in
におけるこの地域での定住生活中心の間で、物理的な交
this region in the Postglacial Age is one of the factors
通・通信の相対的に容易であったことは、
「肥沃な三日
that account for the Fertile Crescent’s having been
月地帯」が文明の揺籠となったことを説明できる要因の
the cradle of civilization. Since the fifth and fourth
ひとつである。
millennia
when civilization was incubating there,
紀元前5000~3000年頃から文明が生まれたこ
the Fertile Crescent’s has always been precocious.
の「肥沃な三日月地帯」は、常に早熟であった。この苗
Time and again something that has made its first
床からより高度な文化が初めて出現したものは、再三再
appearance in this nursery-garden of higher culture
四、結局は世界的に広がった。
has eventually become worldwide. And the history of
そこで言えるのは、離散体型の社会組織の歴史とは、そ
the diasporá type of special organization is an
の他の世界を先導するという「肥沃な三日月地帯」の傾
instance of the Fertile Crescent’s habit of giving a
向を示す事例となっている。
Indeed
BC,
the
relative
facility
of
lead to the rest of the world.
The ‘annihilation of distance’ by the progress of
交通・通信の世界で物理的な手段を応用してきた技術
technology applied to physical means of
進歩による「距離感の消滅」は、人類は地球上で住める
communication opens up the vista of a future society
ところに居住し、また移動は飛行機でもって可能にな
t hat will embr ac e t he whole habit able and
り、人類をただ一つの包括的な社会に結び付けるような
traversable surface of the plane, together with its
将来社会の展望を抱けるところまで来ている。
air-envelope, and will unite the human race in a
そのような全地球的な社会においては、領土的には小さ
single comprehensive society. In such an ecumenical
くてまとまりのある地方的単位ではなくて、離散体型の
society, diasporás, not territorially compact local
方が地球社会を構成する共同体の中では最も大切なも
units, seem likely to be the most important of the
ののように思える。そしてこれらの将来形離散体の大多
global society’s component communities, and we may
数は、元は地方的であった共同体の分散化の産物ではな
guess that the majority of these future diasporás will
くなるであろうし、少数民族的なもの、若しくは宗教的
not be the products of the disposal of communities
な絆によって一体性を保たせられたものでさえなくな
that were originally local, and that they will not be
るだろうと私たちは推測することができる。それらの精
held together by ethnic or even by religious bonds.
神的な絆は、何か共通の関心事か、共通の専門職業家・
Their spiritual bond will be some common concern or
同業者であろう。世界の物理学者たちは、既に一つの大
common profession. The world’s physicists already
きな地球規模の離散体的共同体を形成している。世界の
constitute one global diasporás community; the
音楽家たちもそうである。世界の内科医と外科医たちは
world’s musicians and another; the world’s physicians
第三番目の共同体結成になるべく現在進行中である。諸
and surgeons are in process of becoming a third. Take
国際会議のプレス発表に注目すれば、長距離通話・航空
note of the announcements in the press of the
郵便・世界一周の旅客機提供によって、何か共通の関心
meetings of international conventions, and you will
事を共有化するが故に、お互いに精神的に親近感をもっ
realize that the network of global diasporán
た人たちが、それぞれの住む地域がどこであれ、効果的
- 106 -
communities is growing rapidly in a society in which
な形で連絡をし合い、協力しあうことが出来る社会に
long-distance telephone calls and air-mail and
なって、地球規模の離散体型的共同体のネットワークが
c
round-the-world
services of passenger-planes are
急速に成長しつつあるのに気付くであろう。
enabling people who have a spiritual affinity with
each other, in virtue of sharing some common
concern, to communicate and co-operate effectively,
wherever their local domiciles may happen to be.
ユダヤ人の離散体は、紀元前6世紀から始まる240
The Jewish diasporá maintained its cohesion for
0年もの間、風力利用の帆船による海上輸送、ロバ・馬・
twenty-four centuries, running from the sixth century
ラクダに乗馬による陸上輸送という人力に頼るという
BC, during which Mankind’s physical means of
方法に未だ限られていた交通・通信手段でもって、その
communication were still confined to the wind-power
結合力を維持してきている。
that drove sailing-ships and the muscle-power of
人間が生きる目的のために自分たちが多様な形でも
donkeys and horses and camels. This astonishing
って常に増やし続けてきた技術により、生命を持たない
achievement gives the measure of what can be
自然界の物理的な力つまり自然力を利用できる時代に
expected in an age in which the physical power of
おいて、この驚くべき結合力の維持が何の期待に応え得
inanimate Nature is being harnessed for human
るのかの物差しを与えてくれている。
purposes
by
human technology in an
always
increasing number of forms.
The
accelerating
improvement
あらゆる種類の交通・通信手段を加速的な改良が、ア
ッシリアの軍事支配者たちがかつて軍事力でなし得た
in
means
of
communication of all kinds may do more to promote
ものより容易にして、離散体の創出をより促進させたに
違いない。
the creation of diasporás by facilitating it than
Assyrian war-lords were ever able to do by force. In a
「距離感の消滅」を感じさせる現代社会では、全世界に
society that is “annihilating distance”, world-wide
及ぶ離散体こそが地方的な国民国家よりも、むしろ「将
diasporás, rather than local national states, look like
来のうねり」のように思えてくる。
‘the wave of the future’. The transformation of the
国際都市へと向かう世界の変容は、地方を基礎としない
world into a cosmopolis favours social organization on
社会的組織になるようしている。
a non-local basis. It is a well-known feature of urban
都市の住人たちは隣人とはあまりお付き合いをせず、都
life that city-dwellers associate, not with their
市地域を越えた他人風情の住民たちに親しみを持つと
next-door neighbours, but with kindred spirits
いうのが良く知られていることである。
scattered all over the metropolitan area. In a village
それに対して村では、好むも好まざるも、となり近所と
one must consort with one’s next-door neighbour,
付き合わねばならない。交通機関が高度に発達し大都市
willy-nilly. In a great city with a highly developed
では、友人や仲間を持つことがはるかに好都合になる。
transportation system, one has a far wider choice of
世界が一つの都市になりつつある現在、私たちは精神的
friends and companions. Now that the world is
に親しみ、すなわち、宗教的にも、また地域から独立し
becoming one city, we may expect to see associations
たあらゆる種類の他の結びつきによってお互いに結び
based on neighbourhood come to be overshadowed by
ついている世界中至る所で散々バラバラになった少数
others on spiritual affinity; that is to say, by diasporás
派を含む、最も広い意味合いでいう離散体により、他か
in the broadest sense of the term in which this
ら見劣りするような、となり近所の社会を見ようと期待
includes ubiquitous scattered minorities that are held
して良いのかも知れない。
together by religious and other ties of all kinds that
are independent of locality.
- 107 -
If this forecast is justified, we need our Jewish model
この予測が正しいとしたら、地方的な国家から世界的な
for a diasporá, as well as our Hellenic model for the
国家への移行に対してはヘレニズムモデルが、世界的な
transition from local states to a universal state and
国家が相次いで盛衰を繰り返すものについては中国モ
our Chinese model for the alternating rhythm of a
デルが必要なように、離散体に関してはユダヤモデルが
universal state’s successive lapses and rallies. Each of
必要と考えたい。これらの各モデルは、文明を比較研究
these models is an indispensable mental tool for the
する上で絶対に必要な知的道具である。つまり各モデル
comparative study of civilizations, because each of
が、今までの文明化が進んだ時代における、人間社会や
t he m give s us t he ke y to o ne of t he major
文化の主な輪郭をはっきりさせる鍵を私たちに与えて
configurations of human society and culture during
くれるからである。それぞれの輪郭は、各種の力(訳注:
the Age of Civilizations so far. Each configuration is
例えば他国からの侵略・軍事力・迫害・抑圧・圧政など)への不屈な
the product of a resolution of forces. In each case
対応成果を意味している。それぞれの場合に応じて、自
Man’s attempt to achieve an aim that is of major
分たちにとって極めて大事な目的を達成しようという
importance to him can be seen contending with the
人間の試みは、その特定の目的を追求する時に付随して
problems and the penalties that his pursuit of this
くる諸問題や諸不利益との格闘であると見做すことが
particular aim brings with it. In the Hellenic model
できる。この体制の代償としての闘争が、何も感激しな
we see Man in process of civilization pursuing the
いような均一性に身を任せる代価を払ってでも、その統
possibilities of creativity that are offered by a régime
一を通じて平和な社会を手に入れようと自分自身を無
of extreme local diversity and independence, until the
理強いさせられ、社会が見出す厳しい場面に達するま
strife which is the price of this régime reaches a pitch
で、極めて地方的な多様性と独立性のある体制により表
of intensity at which society finds itself constrained to
われてくる独創力の可能性を追求している文明化過程
purchase peace through unity at the cost of resigning
での人間の姿を、ヘレニズムモデルでもって理解するこ
itself to an uninspiring uniformity. In the Jewish
とができる。ユダヤモデルでは、その歴史で同様の区切
model we see Man in the same chapter of his history
りにおいて、人間が至高の意味と価値があると感じるよ
clinging to some revelation, discovery, achievement,
うな啓示・発見・偉業・生活様式に執着し、従ってこの
or way of life that he feels to be of supreme
高価な真珠の守衛たる「選民」としての独自の同一性・
significance and value, and therefore exerting himself
帰属意識を維持するために努力していることが分る。ユ
to preserve the separate identity of the ‘Chosen
ダヤ民族の使命である「選民」信仰は、その民族国家を
People’ that is the custodian of this pearl of great
失い、更に郷土すら無くなった後に、離散体の中でユダ
price. The ‘Chosen People’s’ belief in its national
ヤ民族自身を維持するために与えられた霊魂のような
mission gives it the spirit to maintain itself in
ものである。そして、他の社会では平和の代価である世
diasporá after losing its national state and even its
界的な統一の中に民族の個性を溶け合わせて甘受して
national home—and this in a situation in which the
きたという状況においてなのである。中国モデルでは、
rest of society has resigned itself to the merger of
自称文明人が、この世界的な統一をひとたび確立すると
national individualities in the ecumenical unity that
これを維持し、統一が破綻するとこれを復活しようと努
is the price of peace. In the Chinese model we see
力するのが分かる。不統一に付随する闘争と無秩序とが
soi-disant civilized Man exerting himself to preserve
耐え難いがゆえに、統一を復活するのである。これらの
this ecumenical unity, once established, and to restore
努力のそれぞれは、人間の根本的な要求のどれかひとつ
it each time that it breaks up. He restores it because
を満足させための試みであるといえる。しかし、現在ま
he cannot bear the strife and disorder that the return
での諸文明の歴史は、これらの根本的な要求が同時にす
of disunity brings with it. Each of these endeavours is
べて充足させ得るという保証を私たちには与えてくれ
an attempt to satisfy one of Man’s fundamental
ていない。
requirements. But the histories of civilizations down
- 108 -
to the present date do not give us any assurance that
これらの根本的な要求をお互いに一致させながらの文
these fundamental requirements can all be fulfilled
明化過程で人間がどの程度成功できるか否かが、社会的
simultaneously. The extent to which Man in process
な動物として生きる―生き延びるためにはそうでなけ
of
ればならないが―人間の能力を測る一つの物差しにな
civilization
succeeds
in
reconciling
these
requirements with each other gives one measure of
るのではないか。
Man’s capacity for living as the social animal that he
has to be if he is to survive.
9 A survey of civilization
9文明概観
IN CHAPTER SEVEN I have tried to construct an
第7章で「文明」という「種」に属する社会の典型的
Helleno-Sinic ‘model’ for the normal configuration of
な輪郭を掴むために、ヘレニズム・中国モデルを構築し
the societies of the species ‘civilizations’, and, in order
ようと私は試みてきたが、そのためには二つの前提条件
to do this, I have had to make two postulates. I have
が必要である。ヘレニズム社会と、中国社会とを代表例
not only had to recognize the existence of other
とするような「種」に属する社会が他にも存在すると認
societies of the species of which the Hellenic and the
めることは当然のことながら、それらの他の諸文明のそ
Sinic are two representatives; I have also had
れぞれに暫定的に何々文明と名付ける必要性があり、ま
provisionally to give names to some of those other
た、それらの文明がいつの時代に起き、そしてどこで発
civilizations and to assign limits to them in both
生したのかを限定する必要がある。第7章で私が提案し
space and time. The present chapter is an attempt to
たギリシャ・中国モデルの助けを借りて、この章では諸
draw up a definitive list of civilizations with the aid of
文明を最終的な形の一覧表を作成し文明概観をしたい。
the Helleno-Sinic model that I have proposed in
それらの他の諸文明をこの一覧表に組み込むかどうか
chapter seven. The criterion for the inclusion of a
の判定基準は、それがヘレニズム・中国モデルに符合す
society
るかどうかに掛かるものである。
in this
list
is
its
conformity
to
the
Helleno-Sinic model.
文明を概観する一覧表が標準的なものにしようと、あ
In the drawing up of any list of civilization that is
るモデルをテスト的に選んで適用しても、完全には客観
intended to be ‘canonical’, the application of a model
的なものにはなり得ず、従って議論の余地がなくなるこ
as a test of eligibility cannot be completely objective,
とにはならない。主観性の、従って恣意性の要素が入り
and therefore cannot be indisputable. There is bound
込んでしまい、それを取り除くことは不可能になってし
to be an element of subjectivity, and therefore of
まう。
arbitrariness, which it will impossible to eliminate.
例えば、西欧やヘレニズムや中国の諸文明には、それ
For instance, the Western, Hellenic, and Sinic
ぞれ同じ「種」の文明が同時に存在してきていた。これ
Civilizations have each had contemporaries of the
らの文明の一つひとつは、もちろん、文明そのものと同
same species. Each of these has, of course, claimed to
一の広がりを持っているものと主張するが、ユダヤ人だ
be coextensive with Civilization itself; but palpable
けが「選民」であって、他の人々は「異教徒」である、
facts prove that this claim is illusory, like the Jews’
とするユダヤ人の主張と同じように、この主張は錯覚を
claim that the Jews themselves are the unique
起こさせるものである。同時に多くの諸文明が存在し
‘Chosen People’ and that the rest of Mankind are
て、その「種」の中で本物の代表例である一つひとつは、
‘ Ge nt ile s ’. The c o e xis t e nc e o f a n u m be r o f
論証できるが、論証の余地のないこの事実からして、同
contemporary civilizations, each of which is an
時に存在する諸文明社会において、この社会の諸構成要
a u t he nt ic r e pr e s e nt at i ve o f t he s pe c ie s , is
素がお互いに完璧なほど独立したものかどうか、という
demonstrable, but this matter of incontrovertible fact
疑問が生じてくる。
- 109 -
raises the question whether, in a set of contemporary
これらのいくつかが他の文明と類似点があると私たち
civilizations,
が結論を下せるならば、その類似点の特質と、また類似
the
components
of
this
set
are
completely independent of each other. If we conclude
性の程度を私たちは検証する必要がある。
that some of them have an affinity with others, we
then have to examine the character of this affinity,
and also its degree.
いまだに「現存し、継続」している諸文明の社会にお
In the set of civilizations that are still ‘going
いて、つまり西欧文明と中国文明とがお互いに独立して
concern’, the Western Civilization and the Sinic can
いると断言できる。西欧文明はヘレニズム文明と「密接
be pronounced to be independent of each other. The
な関係」があり、その宗教のお蔭でシリア文明とも密接
Western Civilization is ‘affiliated ’ to the Hellenic, and
に関係している。キリスト教がヘレニズム・シリアの「文
is also affiliated to the Syriac in virtue of its religion,
化複合体」と呼ぶことができる起源をもっているから
since Christianity has its roots in what we may call
だ。これとは対照的に、中国文明はそれ自身の「色んな
an Helleno-Syriac ‘culture compost’. By contrast, the
種」である先行した社会の何れにも密接な関係を持たな
Sinic Civilization is not ‘affiliated’ to any antecedent
い。そして、その歴史が辿った過程において、外国で発
society of its own species, and, though in the course of
祥の宗教である一つの宗教であった仏教を採用したけ
its history it did adopt Buddhism, which was religion
れども、仏教の源泉はキリスト教の源泉とは異なってい
of a religion of alien origin, the source of Buddhism
た。
was different from the source of Christianity.
Thus the relation between the Western and the Sinic
こうして西欧と中国の両文明間の関係は、お互いに完
Civilization is one of complete independence of each
全に独立したものである。これとは対照的に、西欧の文
other. By contrast, the Western Civilization has an
明は東方のギリシャ正教文明とイスラム文明と密接な
affinity
Christian
関係があるが、それは、イスラム教がギリシャ正教と同
Civilization and with the Islamic, since Islam, as well
じく、同一のヘレニズム・シリアの「文化複合体」なる
as Eastern Christianity, has its roots in an identical
起源を持っているからである。さらに、よりいっそう密
Helleno-Syriac ‘culture-compost’. There is a still
接な関係が、中国文明と、朝鮮や日本やベトナムの文明
closer affinity between the Sinic Civilization on the
との間に存在すると一方では言えるだろう。これら三つ
one hand and the Korean, Japanese, and Vietnamian
の文明は中国文明の影響は受けたが、中国文明から借り
Civilization
three
たものを独自に十二分に発展させたので、下位の分類綱
civilizations have been inspired by the Sinic, but they
目に属する別の文明、つまり「衛星」文明と名付けるこ
have developed their loans from the Sinic Civilization
とができる。そして中国文明から「独立した文明」は、
on lines of their own that are distinctive enough to
西欧文明が密接な関係がある中国、西欧、ヘレニズム、
entitle them to rank as separate civilizations of a
シリアの諸文明とは著しく違っている。
with
on
the
the
Eastern
other
Orthodox
hand.
These
sub-class that we may label ‘satellites’, in contrast to
‘independent’ civilizations such as the Sinic, the
Western, and the Hellenic and Syriac, to both of
which the Western Civilization is ‘affiliated’.
しかしながら、「衛星文明」と別の文明とを区別する
必要がある。その別の文明とは、
「独立した文明」の一
We have, however, to distinguish between ‘satellite’
つ、
(あるいは二つの文明あるいは相次いで興るそれ以
civilizations, which are separate representatives of
上の文明)とのつながりは、極めて緊密なものではある
the species, through their link with one of the
けれども、同じ「種」に属する文明の代表例となり得る
‘independent’ civilizations (or with two or more of
- 110 -
these in succession) is very close, and the provinces of
が、
「完全に開化した」文明の如くある種の地方版のよ
a ‘full-blown’ civilization. Some of these provinces
うなものである。これらの地方版の文明のいくつかは、
may have so distinctive a provincial style that they
特色のある地方的な様相を持つので、
「衛星文明」級の
might almost equally well be classified as being
別の文明であると分類してみても良いくらいだ。たとえ
separate civilizations of the ‘satellite’ class. How, for
ば、紀元前最後の千年間と紀元後最初の5世紀間でのイ
instance, are we to classify the culture of Italy in the
タリアの文化を、私たちはどう分類すべきであろうか。
last millennium
and the first five centuries of the
このイタリア文化が、ヘレニズム文明の単なる地方版で
Christian Era? Is this Italic culture merely a strongly
あると、若しくは、ヘレニズム文明の「衛星文明」の一
pronounced
Hellenic
つとして捉えてみた別の文明であると、強く断言し得る
Civilization, or is it a separate civilization, though
のであろうか。このイタリア文化の事例にて、文明を分
one that is a ‘satellite’ of the Hellenic? In such cases
類することが主観的、且つ、恣意的なものに必ずなると
as this, the classification will inevitably be subjective,
いうことであり、従って種々の異論が出るも、相対立す
and arbitrary, and therefor opinions will differ and
る意見の中のひとつが妥当であるとし、他は妥当でない
there will be no objective criterion to validate one of
と判断を下せるような客観的な基準は存在しないと考
the conflicting opinions and to invalidate the others.
えことができる。
BC
provincial
version
of
the
We are confronted with a similar residuum of
uncertainty when we pass from relations in the
私たちが文明の発祥地域という空間的な次元での関
space-dimension to relation in the time-dimension.
係から文明の発祥時期という時間的な次元での関係へ
The history of the Western Civilization cannot be
と変化するときに、私たちは不確実性という同じような
regarded as being a mere epilogue to the history of
残留物と向い合せられる。
the Hellenic Civilization. The Western ‘Roman
西欧文明の歴史は、ヘレニズム文明の歴史の単なるエピ
Empire of the German People’ (‘The Holy Roman
ローグであるとはみなし得ない。
Empire’) has been too feeble an avatar of the Roman
西欧の「ドイツ民族によるローマ帝国」(神聖ローマ帝
Empire, and its role in Western history has been too
国)は、ローマ帝国の化身としてはあまりにも弱弱しく、
slight, to allow us, on the strength of this ghost of the
西欧の歴史におけるその役割はあまりにも小さいので、
Roman Empire, to regard Western history as being a
ローマ帝国のこの亡霊のお蔭で西欧の歴史はヘレニズ
mere prolongation of Hellenic history. Moreover,
ム文明史の単なる延長部分であるとみなすことは出来
through Christianity, the Western Civilization is
ない。
related to the Syriac Civilization as well as to the
更に言うならば、西欧文明はキリスト教を通じてヘレニ
Hellenic. Therefore, we have to classify the Western
ズム文明のみならずシリア文明とも関係がある。従っ
culture not only as an independent too, in the
て、西欧文化を、「密接な関係」の文明という下位の分
sub-class of ‘affiliated’ civilizations, but, having once
類綱目に属する一つの独立文明として分類しなければ
conceded this status to the Western Civilization, we
ならないが、ひとたびこの地位を西欧文明に与えてしま
have to concede the same status to the Eastern
うと、同じ地位を東方ギリシャ正教文明とイスラム文明
Orthodox Christian Civilization and to the Islamic,
とにも与えねばならなくなる。
since these two cultures are rooted in the same
それは、これら二つの文明が、西欧文明と同じくヘレニ
Helleno-Syriac ‘culture-compost’ as the Western
ズム・シリア「文化複合体」の中に根を持っているから
Civilization.
である。
The concession to Eastern Orthodox Christian
東方ギリシャ正教文明史がヘレニズム史のエピロー
history of an identity of its own, instead of regarding
グとみなすのではなくて、それ自身の独自性を容認する
it as an epilogue to Hellenic history, is, however,
ことは、しかしながら、問題が残る。
questionable. In contrast to the Roman Empire’s
- 111 -
shadowy avatars in the West, its avatars in Eastern
西欧におけるローマ帝国の亡霊のような化身とは対照
Orthodox Christendom have been, as has already
的に、東方ギリシャ正教圏での亡霊のような化身は、既
been noted, as substantial as the avatars of the
に言及したように、中国における秦・漢の両帝国での化
Ch’in-Han Empire in China. On the strength of this
身のように実体を伴っている。このような中国における
phenomenon in China, I have interpreted the whole of
現象をもとにして、殷時代から1911年における清朝
Chinese history, from the Shang Age down to the fall
の滅亡までの、すべての中国史が、唯一で同じ文明の連
of the Ch’ing dynasty in
続した歴史であると私は解釈し、それを私は「中国文明」
AD
1911, as being the
continuous history of one and the same Civilization,
と名付けてきている。これを認めてきた以上、ヘレニズ
which I have labelled the ‘Sinic’. Having conceded
ム文明が1922年にオスマンのローマ帝国が滅亡す
this, am I justified in our also conceding that the
るまでレヴァントに生き延びたと認めないのは、許され
Hellenic Civilization survived in the Levant until the
ることであろうか。逆に、キリスト教とイスラム教を採
liquidation of the Ottoman Roman Empire in
り入れたことが、文化的な連続性を断続してしまうこと
AD
1922? Conversely, I have conceded that the adoption
になり、西欧、東方ギリシャ正教、イスラムの諸文化を、
of Christianity and Islam brought with it a break of
別々の文明として分類する必要性があると認めてきた
cultural continuity that requires us to classify the
ことになる。中国において仏教を採り入れた以降の中国
Western, Eastern Orthodox Christian, and Islamic
文化をある限られた見地から見た変化を、中国文明と単
cultures as separate civilizations. Am I then justified
に「密接な関係」として捉え、別の文化であると分類す
in having refused to classify as a separate civilization,
ることを私が拒んできていることは、果たして正しいの
merely ‘affiliated’ to the Sinic, the phase of Chinese
であろうか。
culture that is subsequent to the adoption, in China of
Buddhism?
Thus the assignment of a particular culture to one
こうして個々の文化を一つひとつ分類するかは、それ
class or another would still be debatable in some
を分類することがたとえ合意に至ったとしても、その境
borderline cases, even if there were agreement about
界線上にある文化の場合には、まだまだ議論が必要にな
the classification itself. It might be agreed that there
るであろう。
is a breach of continuity between Hellenic history and
ヘレニズム史と西欧史との間には、連続性の点で断絶が
Western history. It might also be agreed that the
あると認めるべきであろう。
history of Pharaonic Egypt is continuous from the
ファラオのエジプトの歴史は、紀元前3千年のはじめか
date of the union of the two crowns, soon after the
ら少し後の第二王朝統一時点から紀元後2世紀まで、連
beginning of the third millennium
to the second
続性を持っているとまた合意されるであろうが、音階で
century of the Christian Era; but there two cases are
喩えれば、全音階の両極端の音階であり、その間は連続
at opposite extremities of the gamut, and, in between,
した漸次変化する音階があり、同じ精度でもってこの二
there is a series of gradations, within which it is
つの事例の音符付けをすることは不可能である。
impossible to affix labels with the same precision.
更にまた、いまもなお「現存し、継続」している諸文明
Again,
the
の中の、西欧文明、中国文明はお互いに完全に独立して
civilizations that are still ‘going concerns’, the
いる、という点では意見は一致するが、ロシア文明の、
Western and the Sinic Civilization are completely
東方ギリシャ正教及び西欧の二文明との関係は、議論の
independent
余地があるであろう。
it
might
of
be
each
agreed
other;
BC,
that,
but
among
the
Russian
Civilization’s relation with the Eastern Orthodox and
the Western would be subject to dispute.
The inclusion of the African Civilizations should be
アフリカの諸文明には何が含まれているのかを明ら
かにしなければならない。
clarified. The term is here taken to include the
- 112 -
politically organized pre-Islamic and pre-Christian
ここでは、西スーダン、中央アフリカ、東部アフリカの
societies of the Western Sudan and of Central and
イスラム教以前及びキリスト教以前の政治的に統一さ
Eastern Africa, but not those fragmentary African
れた諸社会を含めたが、経済的制度や政治的制度が未発
communities
political
達だった頃の断片的なアフリカ社会は含めていない。サ
institutions were rudimentary. It can hardly be
ハラ以南のアフリカが、その当時の西欧人が見るところ
denied that Africa south of the Sahara was ‘on the
の「地図」に、アフリカを書き加えた近代西欧人の到着
move’ long before the arrival of the modern
のずっと前に、既に「活動中」であったのは殆ど否定で
Westerners
in
きない。サハラ以南のアフリカにおいて土着文明が勃興
contemporary Western eyes. The rise of indigenous
したのは、紀元前の最後の千年間において冶金術がエジ
civilizations in sub-Saharan Africa was stimulated by
プトから普及することで刺激を受けた。そしてエジプト
the spread of metallurgy from Egypt in the last
の南でナイル渓谷の国々であり、その文化はエジプトか
millennium
and by still obscure influences from
ら少しはもたらされ、幾分かは自国の独創的文明を持っ
Kush and Meroe—countries in the Nile valley, south
ていたクシュとメロエからの、曖昧なる影響に刺激され
of Egypt, where culture had been partly derived from
たのである。
whose
who
BC
put
economic
Africa
‘on
and
the
map’
Egypt but was also partly an original creation of their
own.
The kingdoms in the Nile valley to the south of the
第一瀑布以南、白ナイル沼沢地以北のナイル渓谷の諸
First Cataract and to the north of the White Nile
王国は、14世紀にイスラム教徒のアラブ人によって征
swamps were Monophysite Christian for about eight
服され、そして改宗させられる前のおおよそ8世紀もの
centuries before they were conquered and converted
間、キリスト単性論を信ずるキリスト教国であった。
by Muslim Arab in the fourteenth century of the
Christian Era. Moreover, the major exotic influence
更に言うと、イスラム教徒のアラブ人が17世紀にエジ
on the indigenous African Civilizations to the south of
プトと北西アフリカを征服して以来、サハラ以南のアフ
the Sahara in the Western as well as in the Eastern
リカと接触してきていたところの、イスラム社会から来
Sudan came from the Islamic Society, which has been
たスーダン東方においても、サハラ以南の土着アフリカ
in contact with sub-Saharan Africa since the Muslim
諸文明への主要な外国からの影響が同様にあった。
Arab conquest of Egypt and North-West Africa in the
seventh century of the Christian Era. Indeed, the
アフリカでの土着諸文明の中で目立つ偉業は、イスラム
outstanding achievements of indigenous civilizations
の影響の浸透が、最も徹底的だった地域、例えばサハラ
in Africa are to be found in those areas in which the
以南、ナイル流域の沼沢以北の開けた地帯に、事実、見
penetration of Islamic influences has been the most
出される。
thorough –e.g. the belt of open country to the south of
the Sahara and to the north of the Nilotic swamps.
しかし、土着アフリカ諸文明は、イスラムの侵入のずっ
But the indigenous African cultures were already
と以前に成立しており、そして、コンゴ盆地とリフト渓
long since established before the arrival of Islam, and
谷の南端において、19世紀までイスラムからかまたは
in the Congo basin and at the southern end of the Rift
近代西欧からも、まったく影響されなかったアフリカ諸
Valley there were African cultures that were not
文化が、既に存在していたのである。
affected by either Islam or the modern West before
the nineteenth century.
Although the non-Islamic communities were for the
most part non-literate, and hence subject to crucial
非イスラム社会の住民の大多数が文盲であって、その
結果、経済的・政治的な拡大に決定的な限界があったと
しても、バグビーやチャイルドによれば、諸文明の
limitations on their economic and political expansion,
- 113 -
the existence of cities, which is Bagby’s and Childe’s
判定基準をなすところの諸都市の存在は、イスラム的ア
criterion for civilization, is attested in Islamic and
フリカにおいても、非イスラム的アフリカにおいても、
non-Islamic Africa alike. The needs and rewards of
同様に立証されている。
trade called into existence both cities and the
貿易の必要性と、それによりもたらされる利益とが、諸
organized and centralized administration that an
都市と都市化した社会が必要とする中央集権的な行政
urbanized society requires. The development of
の組織化をもたらすのである。集約農業による増産と商
intensive agriculture and the profits of commercial
企業がうみだす利益とが、その経済的剰余によって扶養
enterprise permitted the rise of non-productive
される非生産的なエリートたち、即ち、国王たち、行政
élites—kings, administrators, scholars, priests—who
官たち、学者たち、聖職者たちが増えること可能にした。
were supported out of the economic surplus. My own
倫理的な用語での私自身が定義する文明が、アフリカの
definition of civilization in ethical terms is also
宗教的・哲学的な遺産という豊かさであると西欧人にと
applicable to Africa, now that the richness of Africa’s
って遂に明らかとなった現在、アフリカにも適用できる
religious and philosophical heritage is at last being
といえる。
revealed to Western eyes.
A Western observer must be struck, however, by a
しかしながら、土着のアフリカ社会の中で魅惑的な多
crucial deficiency in the world-explaining cosmologies
様性を徐々に発展させてきている世界を、説明し得る宇
which have been evolved, in fascinating diversity,
宙観に決定的な欠陥が存在するのを西欧人が見ると、驚
among the indigenous African communities. These
くに違いない。人間界と非人間界との人間関係を作るた
highly integrated systems for establishing Man’s
めのこれらの高度に統合化した諸体系は、確かに前科学
relationship with the human and non-human world
的な社会に現われるデータとして、人間の物質的な・精
do certainly permit a highly practical classification of
神的な経験で得る複雑なデータを、極めて実際的に分類
the complex data of his material and spiritual
することで可能となる。
experience, as these would appear to a pre-scientific
society. Yet this very self-sufficiency, which is an
まだこの大きな自己満足的なものは、敵対関係にはある
advantage in so far as it is a solution for the problem
がしかし多少は意外性のない環境と折り合ってでも、そ
of coming to terms with a hostile but most or less
の問題を解決する限りは有利になり、首尾よく打ち立て
predictable environment, becomes a positive bane
て安定していた均衡が伝統的な経験では容易に説明で
when once the stable equilibrium which it establishes
きない諸要因によってひとたび攪乱されると、まったく
so successfully is disturbed by factors for which no
の破滅となってしまう。
explanation
is
forthcoming
from
traditional
experience. In this situation, the equilibrium ossifies
このような状況においては、均衡は硬直化し保守的にな
into conservatism, or else is so utterly disrupted and
るか、それともまったく分裂して価値が低下するので、
devalued
into
社会は解体して不確実なものへ変じてしまう。前者の場
uncertainty. In the former case, unprecedented
合、先例のない問題若しくは刺激は、社会的・精神的組
problems or stimuli will have been neutralized by
織の既存のパターンにどうにかして吸収されることに
being absorbed somehow into the existing patterns of
よって効力をなくしてしまうであろう。
social and mental organization; in other words, the
言い換えれば、その体系は、挑戦への積極的な、そして、
system shows little capacity for positive and fruitful
実り多き応答をする能力は無いに等しい。
that
a
community
responses to challenges.
dissolves
These fates of being
‘arrested’ on the threshold of growth, or being doomed
成長への敷居で引き止められている宿命、或いは、早死
to a premature death, await any society which lacks
の宿命は、革新と進取の気性との内的な能力を待ち受け
ている。
an internal capacity for innovation and initiative; and - 114
-
we may infer both from the evidence of Africa’s
そして、アフリカの歴史の証拠から見ても、並びにアフ
history and from what we know today of African
リカの哲学について現代の私たちが知っていることか
philosophies that at crucial points in the development
ら見ても、アフリカの発展という決定的な時点に、彼ら
of Africa the crippling limitations of mental rigidity
の人命を失わせるような精神的硬直という機能を失わ
took their toll.
せるほどの大きな損害を与える制限が働いたと推論で
All the same, the temporary Western domination of
きる。
Africa during the ‘colonial’ period has led Westerners
やはり、
「植民地」時代の西欧による一時的なアフリ
to underestimate the African achievement. The
カ支配は、西欧人に対してアフリカでの文化的な達成を
values of the aggressive Western Society of the
低く評価する結果をもたらした。
nineteenth century were largely determined by the
19世紀の攻撃的な西欧社会が持っていた諸々の価値
recently adopted Western objective of technological
は、技術的革新という最近設定された西欧的目標によっ
innovation, and alien societies that did not come up to
て大部分が規定されており、この恣意的に強制された技
this arbitrarily imposed technological standard were
術水準に達しないような西欧以外の諸社会は、西欧人の
classified in Western minds as barbaric, primitive,
心の中で、野蛮的、原始的、未開として分類された。今
savage. Today, however, the perpetuation of these
日では、しかしながら、こうした見解を永久に守ってい
views convicts those who hold them of obstinate
る人々は、その頑固な偏見に対して咎めを受けねばなら
prejudice. An unbiased observer will credit Africa
ない。偏見を持たない人々ならば、アフリカが、技術へ
with achievements comparable to those in other
の強迫観念的にとりつかれてその他のすべてが捨て去
societies—and such societies have been the normal
るのを許さなかった他の社会―そしてそのような社会
type, so far –in which an obsessive concern with
の方がこれまでは寧ろ普通だったのだ―のそれらと匹
technology has not been allowed to overshadow
敵するほどに文化的に達成してきていることを信じる
everything else. It will be recognized that Africa has
であろう。
made
アフリカが、社会的関係の分野、並びに非人間的な自然
a
special
recognized–
–perhaps
contribution
to
nor
yet
adequately
Mankind’s
cultural
と人間との関係の分野における人類の文化的な達成に
achievements in the spheres of social relations and of
対して、特殊な寄与―多分、今でもなお適切なる評価を
Man’s relations with non-human Nature.
受けていない―をなしてきたことは、認識されるであろ
う。
The list of civilizations cannot be conclusive and is
諸文明のリスト(訳者註:80ページに掲載)は、最終的
subject to the various reservations discussed above.
なものではないし、上述したように多くの保留付きのも
The chart shows the time-spans of all the civilizations
のである。図表は、衛星文明ではあり得るのかも知れな
except for those possible satellite civilizations whose
いが、別の一つの文明としての地位が疑わしい諸文明を
claim to rank as separate seems dubious.
除外して、すべての文明を、時系列に示したものである。
- 115 -
PART II: THE GENESE OF CIVILIZATIONS
第 II 部:文明始源
Having rounded up my horses, I may set myself to put
私は今まで駆り集めてきたので、そろそろ馬の調教に取
them through their paces. What is it that brings a
り組まなければならない。文明を生み出すものは果たし
civilization to birth? I first try race and then
て何なのだろうか。先ず「人種」について、次に「環境」
environment, and I find both these explanations
について考えようと思うが、この二つだけで「文明を生
unsatisfying, because they assume that livings are
み出すもの」を十分に説明できないことも分る。なぜな
subject to inexorable law’ of Nature, like dead matter.
らそれらの説明が、「死の問題」のように人の力では動
So I look for an explanation in terms of life, which in
かし難い「自然法則」に生き物は従わなければならない
human affaires means free will. I find this in the
ことを前提としているからだ。人間事象という自由な意
insights of mythology and religion, which show
図が働くような「人間の営み」という点から説明を試み
creation as the outcome of an encounter –a process
たい。「神話と宗教」という洞察の中に私は見る。それ
that I shall describe as challenge – and –response. I
は「挑戦と応答」として描かれる過程にある「出会い」
then try to discover the limits within which the
からの結果の「創造物」であることを示したい。次に「挑
interplay of challenge – and –response is efficiently
戦と応答」の交錯が実際に効率的な創造性のあるもの
creative in practice. I do this by examining a number
か、その中に潜む限界を見出したい。私はテストケース
of test cases, and I find that, although a strong
を幾つか確かめることを先ず行う。ある文明が誕生する
stimulus is needed to bring a civilization into
には強い刺激が必要になるが、この「挑戦」が創造性を
existence, the challenge must not be so severe as to
窒息させるほどにまで厳しいものであってはならない
stifle creativity.
ことを私は見出したい
10 The nature of the geneses of civilizations
IN
10 文明始源の特徴
my list of civilizations, I have grouped
諸文明の一覧表を作成するときに私はいくつかのセッ
these sets, and my labels for these sets show that
トにグループ分けしたが、これらのセットに名付けた呼
there are more ways than one in which a civilization
び名を見れば、ひとつの文明が存在するようになるには
can come into existence. A civilization may emerge
一つ以上の文明の派生があることが分るであろう。文明
through
some
は何か前文明社会の自然に起こる変化を通して現われ
pre-civilizational society. This is the mode of genesis
るのかも知れない。これは私が「他の文明とは無関係な
of the civilizations that I have labeled ‘unrelated to
もの」とか「他の文明とは密接な関係にあるもの」と名
others’ and ‘unaffiliated to others’. Alternatively, a
付けた諸文明始源の形態である。これとは異なって、あ
pre-civilizational society may be stimulated into
る前文明社会が何か既存の文明からの影響を受けるよ
changing into a civilization by the influence of some
うな刺激を受けて、ある文明へと変化するのかも知れな
civilization that is already in existence. This is the
い。これは私が「衛星」文明と呼んだ種類の諸文明であ
class of civilizations that I have called ‘satellites’.
る。この呼び名は文明のはじまりのことをこのように特
This label is simply a mark of this particular kind of
殊な言いまわしに過ぎなく、「衛星」文明が、文化的な
origin; it does not imply that the ‘satellite’ civilization
特質においても、又は、歴史的な重要性において、始め
is necessarily inferior either in cultural quality or in
に刺激を与えきている既存の文明に劣ると必ずしも意
historical importance to the pre-existing civilization
味するものではない。例えば、ロシア文明は、東ローマ
that has given in its initial stimulus. For instance,
帝国とブルガリアの「衛星」に始源がある。
MAKING
the
spontaneous
mutation
of
the Russian Civilization is, in origin, a ‘satellite’ of
the Eastern Orthodox Christian Civilization of the
Eastern Roman Empire and Bulgaria; it has latterly - 116 -
become a ‘satellite’ of the Western Civilization; but it
後に西洋文明の「衛星」となってしまったが、それ自体
has produced distinctive achievements of this own,
の特異な文明的な業績を作り出した。それら文明的な業
and, in some of these, it has surpassed the Eastern
績の中には、以前の前文明的なロシア社会の文明的な水
Orthodox
whose
準を引き上る影響を及ぼした東方ギリシャ正教文明を
influence the Russian Society raised its culture above
凌駕するようなものがある。前文明的な社会の変化を通
its previous pre-civilizational level. A civilization can
してではなく、より古い世代の一つ又はそれ以上の文明
also come into existence, not through the mutation of
を解体して、それらが持つ諸要素の幾つかが変容して新
a
the
しい文明の輪郭を作ることによってもまた生まれて来
disintegration of one or more civilizations of an older
るものである。これは、私が「密接な関係にあるもの」
generation and the transformation of some of their
と名付けた社会的・文化的過程である。東方ギリシャ正
elements into a new configuration. This is the social
教文明とイスラム文明は、こうした言いまわしで言うな
and cultural process that I have labelled ‘affiliation’.
らば、ヘレニズム文明とシリア文明と「密接な関係にあ
The
るもの」になる。
Christian
pre-civilizational
Civilization,
society,
under
but
through
Eastern Orthodox and Western Christian
Civilizations
and
the
Islamic
Civilization
are
‘affiliated’, in this usage of the word, to the Hellenic
and Syriac Civilizations.
もう古くなってしまった諸文明は文明始源の第三番
目になる形態に追従し、更に社会の「種」を同じくする
In this third form of genesis, older civilizations are
若い形態に取って置き換えられたのである。他の二つの
followed and replaced by younger representatives of
文明始源の形態において、社会の「種」の変化が見られ
the same species of society. In the two other forms of
る。それまで前文明的な段階にあった社会の変化を通じ
genesis, there is a change of species. A civilization
て、文明が存在するようになる。一つの「種」なる社会
comes into existence through a mutation of a society
が他の「種」に変化したのを我々が目にしたときに、二
that has previously been a pre-civilizational one.
つの「種」の間に差異がある中でどんな様相をしている
When we find one species of society changing into
のかを我々は探る必要性があると考えたい。
another, we have to look for the features in which the
differences between the two species reside.
The
difference
between
諸文明と前文明的な諸社会との間にある差異は、諸制
and
度の有無にあるのではない。諸制度とは、あらゆる社会
pre-civilizational societies does not consist in the
の存在を支えている、人間に関わらない諸関係の媒介物
presence or absence of institutions; for we find that
であって、上述した二つの「種」に内在する、すべての
institutions, being the vehicles of the impersonal
「属」に帰され、それゆえに共通の特性になるのである。
relations in which all societies have their existence,
前文明的な段階の諸社会は、それ自体の特徴的な諸制
are attributes of the whole genus and therefore
度、つまり年間に亘る季節変動の体験から得られる劇的
common
species.
とも思えるような周期性に潜む「年を基にした霊力」
;
own
例えばトーテミズム(訳注:動植物と霊的に血族関係があり、神秘
properties
Pre-civilizational
of
societies
civilizations
the
have
two
their
characteristic institutions—the spirit of the year,
性を信じる原始宗教)や族外結婚制、タブー制、加入儀式制、
with his dramatic cycle of seasonal experiences;
年齢別階層制、ある年齢になったら男女を隔離する制度
totemism and exogamy; tabus, initiations, and
などを持ち、これらの諸制度の幾つかは、諸文明の特徴
age-classes; segregations of the sexes, at certain
を示すような制度と較べてみて、確かに同じくらいに精
stages of life, in separate communal establishments –
巧なものであり、ことによると巧妙なものである。
and some of these institutions are certainly as
elaborate and perhaps as subtle as those which are
characteristic of civilizations.
N o t a r e c i v i l i z a t i o ns d is t i n g u i s h e d f r o m
- 117 -
pre-civilizational societies by the division of labour;
労働を分かち合う分業制度は、諸文明と前文明的社会と
for though in general this plays a more important
区別するものではない。分業制度は人間が生活を営むと
part in their lives, and its importance tends to
きに、一般的には重要な役割を担うし、そして文明が成
increase as they grow, we can discern at least the
長してくると分業制度の重要性は増す傾向はあるけれ
rudiments of the divisions of labour in the lives of
ども、前文明的な社会で生活を営んでいるときでもまた
pre-civilizational
instance,
分業制度が少なくともその初期段階があったと考える
primitive kings, who seem like undifferentiated
ことができる。例えば、原始社会の王たちは、文明が成
‘all-round men’ by contrast with the executive heads
長する過程にある諸社会の政治的共同体の行政の首長
of political communities in societies which are in
とは対照的に、未分化の「万能選手」のようにも見える
process of civilization, can be seen to be specialists
が、彼ら自身が置かれている社会的環境の中で、且つ部
when
social
族の平民たちとを比較して観察するときに、ある種の専
the
門家であると見ても差し支えないであろう。原始社会に
rank-and-file of their tribesmen. Primitive magicians
おける魔術師たち、鍛冶屋たち、吟遊楽人たちは、王た
and smiths and minstrels are specialists in the same
ちと同程度の専門家なのである。
we
environment
societies
observe
and
them
also.
in
compare
For
their
them
own
with
degree.
分業制度は確かに諸制度の中のひとつとして必要な
Indeed, the division of labour may be a necessary
条件であるし、それゆえに諸々の社会生活の中で「属」
condition of the existence of institutions and therefore
なる特性であると考えてよいだろう。なぜならば、制度
a generic feature in the lives of societies, since it is
というものは、特別の社会的機能を結果的に与えられて
difficult to imagine how institutions could exist
いる特定の人々に何らかの仕方でもって具現化される
without in some way being embodied in the persons of
以外に、諸制度がどうやって成り立ちうるのかを想像で
particular human beings who are thus invested with
きないからである。
special social functions.
分業制度を補い且つ矯正するものとしては、社会の模
The complement and antidote to the division of
倣とか擬態と考えられる。それによって、種々の才能や
labour is social imitation or mimesis, which may be
情緒や観念を持った人々で構成される社会的な資産を
defined as the acquisition, through imitation, of social
手に入れることと定義されるべきである。資産の取得者
‘assets’ –aptitudes or emotions or ideas –which the
は自ら創り出したものではなく、既にその資産を手に入
acquisitions have not originated for themselves, and
れている他の人々と出会い、模倣をしなければ決して取
which they might never have come to possess if they
得は出来なかったに違いないだろう。社会の擬態もまた
had not encountered and imitated other people in
社会生活のひとつの「属」である。擬態の働きは、前文
whose possession these assets were already to be
明社会や文明社会において共に見られるものである。し
found. Mimesis, too, is a generic of social life. Its
かしながら、前文明社会と文明社会なるふたつの「種」
operation can be observed both in pre-civilizational
に対して「属」なる擬態は、異なる向きに作用する。我々
societies and in civilizations. It operates, however, in
が知るところの前文明社会においては、社会の擬態は社
d if f e r e nt dir e c t io ns i n t he t wo s p e c ie s . I n
会を構成している人々の年齢が高い世代の方へ向かっ
pre-civilizational societies, as we know them, mimesis
ており、彼らが拠り所にしているところの、この世に生
is directed towards the older generation of the living
きている長老を背にしながらも、見えないが感じ取るこ
members and towards the dead ancestors who stand,
とができる、長老の権力を強め、彼らの威信を高めさせ
unseen but not unfelt, at the back of the living elders,
ている祖先の方へ向かっているのである。
reinforcing their power and enhancing their prestige.
In a society where mimesis is thus directed backward
towards the past, custom rules and the society
- 118 -
remains static. On the other hand, in societies in
このように後ろ向きに過去へと向いている擬態の社会
process of civilization, mimesis is directed towards
では、すべて慣習によって支配され、活気がない状態が
creative personalities which command a following
続くのだ。一方、文明が進展しつつある社会では、共通
because they are pioneers on the road towards the
の到達目標に向かう道を切り拓こうと努力する人々を
common goal of human endeavours. In a society
後押しさせ得るように、社会の擬態が創造的な個性の方
where mimesis is thus directed forwards the future,
へ向かわせているのである。擬態がこうして前向きに将
‘the cake of custom’ is broken and the society is in
来を見つめているような社会においては、
「型に嵌った
dynamic along a course of change and growth.
習慣」は壊され、社会は変化と成長に満ちたコースにダ
In this contrast between a dynamic movement and
イナミックに沿って進むのである。
a static condition, we have come at last upon a point
動きのある進展と活気のない状態とを対照にしてみ
of difference between civilizations and primitive
ると、文明社会と原始社会との間に横たわる相違点に私
societies; but which we ask ourselves whether the
たちは辿り着く。しかし、このように経験的に認識する
difference thus empirically observed is permanent
その相違点が、永続的で且つ基本的なものであるかどう
and fundamental, we find that the answer is in the
かを自問自答すると、その答えは否であることが分る。
negative.
If we only know of pre-civilizational societies in a
活気のない状態にある前文明社会をもし私たちが知
static condition, that is merely an accidental
るところがあるとしても、それは単に断片的な知識の偶
consequence of the fragmentariness of our knowledge.
然の結果に過ぎない。この種類の社会を研究しようとし
All our ‘data’ for the study of societies of this kind of
て集めたデータのすべては、それらの歴史における最終
happens to come from representatives of the species
局面にある「種」の標本から抜き取られてきたものであ
which are in the last phases of their histories; where
る。しかし私たちがその標本を直接見ることができない
direct observation fails us, a train of reasoning
場合には、前文明社会の歴史の中に、私たちが知り得る
informs us that there must have been earlier phases
限りいまだに躍動的な、いかなる文明よりももっとダイ
in the histories of the pre-civilizational societies in
ナミックな動きのある、もっと初期の局面があったに違
which these were moving more dynamically than any
いないと、一連の推論でもって私たちは知るのである。
civilizations have ever moved yet, as far as our
前文明社会は人間性を何よりも優先させたに違いない。
knowledge goes. Pre-civilizational societies must be
なぜならば、その時代において人類は社会的な環境にお
prior to Humanity, since Mankind could not have
いて人間的たりえなかったからである。そして人間以前
become human except in a social environment; and
の我が祖先から人間的存在へのこの変化は、記録という
this mutation of our pre-human ancestors into human
ものがない状況において、前文明社会の庇護のもとに達
beings, which was accomplished, in circumstance of
成されたのであり、人間が文明の庇護のもとに既に達成
which we have no record, under the aegis of
してきたいかなる進歩よりも、より深い変化やより大き
pre-civilizational societies, was a more profound
な成長の一歩であった。
change, a greater step in growth, than any progress
which Man has yet achieved under the aegis of
civilizations.
私たちが直接観察して知り得るところの前文明社会
とは、上も下も絶壁をなすような山腹側面にある岩棚の
Pre-civilizational societies, as we know them by
上で横たわっている人々に喩えたとしたら、諸文明は今
direct observation, may be likened to people lying
立ち上がり崖の壁面を登攀しようとして来ている「エペ
torpid upon a ledge on a mountain-side, with a
ソの眠れる者」
(訳注:新約聖書エペソ人への手紙 5:14『眠れる者よ、
precipice below and a precipice above, civilizations
起きよ、死人の中より立ち上がれ。さらばキリスト汝を照し給はん』)の
may be likened to companions of these ‘Sleepers of
仲間のように喩えることが出来よう。
- 119 -
Ephesus’ who have just risen to their feet and have
これに対して私たちは、その視野が岩棚と上の絶壁と登
started to climb on up the face of the cliff; while we,
攀隊の異なる隊員たちがそれぞれの姿勢と立っている
for our part, may liken ourselves to observed whose
位置に着いたちょうどその瞬間にこの場面を見てしま
field of vision is limited to the ledge and to the foot of
った目撃者に喩えることが出来る。
the upper precipice and who have come upon the
最初に見た瞬間私たちは、この二つの隊をまったく別の
scene at the moment when the different members of
評価をし、登攀者にはスポーツマンたちとして称える一
the party happen to be in these respective postures
方、岩棚に佇む者には身動き出来ない者として罵りたく
and positions. At first sight we may be inclined to
なるに違いない。しかし、やっぱりそのような性急な判
draw an absolute distinction between the two groups,
断をせずに慎重にすべきである。
acclaiming the climbers as athletes and dismissing
the recumbent figures as paralytics: but on second
thoughts we shall find it more prudent to suspend
judgment.
After
all,
結局のところ、岩棚に佇む者が身動き出来ないはずが
the
recumbent
figures
cannot
be
ないし、岩棚で体を支えられていたのでもない。下の絶
paralytics in reality; for they cannot have been born
壁からこの休止点にまで身体を引っ張りあげたのは、自
on the ledge, and no human muscles but their own
分自身の筋肉であってそれ以外の何ものでもない。彼ら
can have hoisted them to this halting-place up the
は身動き出来ないどころか、下の絶壁を首尾よく登攀
face of the precipice below. So far from being
し、終わったばかりの過酷な登攀後に暫し休息している
paralytics, they must be seasoned athletes who have
経験豊かなスポーツマンたちであるに違いない。一方、
successfully scaled the ‘pitch’ below and are still
この時点で登攀しつつある仲間たちは、同じ岩棚を今離
taking a well-earned rest from their recent labours.
れて、上の絶壁を登攀し始めたところである。そして、
On the other hand, their companions who are
次の岩棚は視野の外にあるのだから、次の絶壁がいかほ
climbing at this moment have only just left this same
ど高く、またどれだけ険しいのか登攀者には分からな
ledge and started to climb the face of the precipice
い。ただ分かっているのは、次の岩棚がどこに位置しよ
above; and, since the next ledge is out of sight, we do
うが、そこまで到達するまでは、止まって休むことはで
not know how high or how arduous this next ‘pitch’
きないということである。このことから言えることは、
may be. We only know that it is impossible to halt and
私たちが隊員たちの一人ひとりの体力と技量と気力と
rest before the next ledge, wherever that may lie, is
勇敢さを評価できたとしても、彼らの誰が、現在努力し
reached. Thus, even if we could estimate each present
て目指すゴールである上の見えない岩棚に到達する見
climber’s strength and skill and nerve and courage,
込みを持っているのか判断できない。しかしながら、彼
we could not judge whether any of them have any
らの内の誰かはゴールに到達できないであろうことを
prospect of gaining the unseen ledge above, which is
私たちは確信する。
the goal of their present endeavours. We can,
however, be sure that some of them will never attain
it.
過去に多くの登攀者たちがこの絶壁に挑み、ある者は
We can see many of our climbers already falling –
墜落して死に、またある者は、下にある岩棚上で引っ掛
some to their death and others to an ignominious
かって留るも仲間の死体と一緒に過ごす不面目な状況
life-in-death on the ledge below. These others lie side
になったことを私たちは知っている。
「死に幸運にも恵
by side with the decomposing corpses of their
まれた」仲間の腐敗しつつある死体と並んで横臥して生
companions who—felices opportunitate mortis—have
き延びている者は、隊員全滅という失敗の苦しみから逃
escaped the pains of failure through annihilation, and
れてきているし、絶壁を登攀するのを再度試みることを
also side by side with the recumbent forms of those
- 120 -
apparent paralytics who have not yet essayed the
既に諦めて、明らかに全身麻痺状態にある人々の横にな
‘pitch’ by which unfortunate have already been
って並んでいた。再び次の登攀に挑戦するのを止め、全
defeated. Disqualified from essaying the ‘pitch’ again
滅という「とどめの一撃」を加えられず、彼らは「陰湿
and denied the coup de grâce of annihilation, they
な暗闇に坐り込んで」
(著者註~訳注:詩篇 107-10)
、神々が彼
would lie ‘fast bound in misery and iron’, enduring
らを憐れみ、彼らを石に変えて無感覚の状態を恵み、数
the torments of Prometheus with the vulture
世紀が経つ間に、シュピロス山上のニオベのように風化
devouring his liver, if the gods did not take pity on
していくようにしない限り、肝臓を禿鷹が貪り食いちぎ
them and grant them insensibility by turning them
られるプロメテウスの苦悩に耐えねばならないであろ
into stone, to weather away, with the lapse of
う。
centuries, like Niobe on the flank of Mount Sipylus.
私たちがこの場面に行き当たるまでに、この岩棚の上の
By the time when we have come on the scene, a
絶壁に挑戦していた登攀者の殆どが、既に墜落して敗北
majority of the climbers on the precipice above our
者としての罰―化石か死滅―の何れかに遭遇しており、
ledge have fallen to meet one or other of the penalties
いまもなお登攀している者はほんの僅かである。この岩
of defeat –petrifaction or annihilation –and there are
棚の下の絶壁を見下ろしてみると、もう一段下方の岩棚
only a few to be seen still working their way upward.
を見ることが出来、この下の絶壁がまだ活動できる舞台
If we could look down the face of the precipice below
であった時代まで遡って見ることが出来るならば、岩棚
our ledge to the next ledge beneath, and translate
に辿り着き、次の上の絶壁を登攀しようとする前に、こ
ourselves back into the age when this lower ‘pitch’
れまで岩棚で休息を取っていた登攀者たちは、下の絶壁
was the scene of action, we should almost certainly
を登攀するのに同じ数の犠牲者、いや記録もされていな
discover that the mountaineers who have attained
い無数の死傷者たちがいてそれと比較すると、はるかに
our ledge, to rest from their labours before essaying
少ない数であることに私たちは気づくことであろう。
the ‘pitch’ next above, are in a still smaller minority
by
comparison
with
the
unnumbered
and
unremembered casualties which the scaling of that
‘pitch’ likewise cost in its time.
私たちが知っている、活気のない前文明社会と、文明化
We have now followed up our simile far enough to
が進んできた躍動ある社会とを比較対照すると、永続し
have ascertained that the contrast between the static
且つ根本的な相違点はなく、観察された時と場所との偶
condition of pre-civilizational societies, as we know
然の産物であることを、上述した比喩でもって辿れば十
them, and the dynamic motion of societies in process
分に確かめることが出来る。いま休息していると見られ
of civilization is not a permanent and fundamental
るあらゆる前文明社会も、かつて躍動した状態にあった
point of difference, but an accident of the time and
に違いないし、文明化が進んでいる社会も、遅かれ早か
place of observation. All the pre-civilizational
れ、何らかの方法で休息するようになるのかも知れな
societies which we now observe at rest must once
い。そのあるものは、ゴールに辿り着くのはずっと先の
have been in motion; and all societies which have
ことなのに、出発地点の原始的人間社会の水準にまで逆
entered upon the process of civilization may come to
戻りしてとっくのとうに休息している。今までの努力が
rest sooner or later in one way or another. Some have
水の泡になってしまっているこのような「旧」文明の状
come to rest already by relapsing, long before the goal
況は、かの前文明社会の状態と同様に活気のないもので
has been attained, to the level of primitive humanity
はあるが、前文明社会が今日でもなお存在しているの
from which they have started. The condition of these
は、その努力が成功につながっている証拠でもある。
ci-devant civilizations which have failed in their
- 121 -
endeavours is static like the condition of those
その他のあらゆる点で、前文明社会と文明化が進んでい
pre-civilizational societies which are extant today
る社会との間に「違いばかりがあること」に私たちは気
because they have succeeded in theirs. In every other
づく。そしてこの相違―失敗と成功との間の相違―を数
respect, there is all the difference between them; and
え上げてみると、前文明社会の方が高い点数になる。今
this difference –the difference between failure and
日私たちが観察する限りにおいて、前文明社会が活気の
success –is wholly in the pre-civilizational societies’
ない社会として映るのは、それが今も存続している状態
favour. These societies, as we see them today, are
を維持しようと効果的な努力をしながら、その緊張度を
static because they are recuperating from the strain
和らげようと休息を取っているからである。その静寂さ
of a successful effort to strain the state in which they
は、死んだような静かさではなくて、眠りについている
now persist. Their stillness is the stillness not of
ようなものである。そして、たとえこの眠りから永遠に
death but of sleep; and, even if they may be destined
目覚めないと宿命づけられていたとしても、少なくとも
never to awake, they are at least still alive. The
まだ生き続けているのである。
「旧」文明が活気のない
ci-devant civilizations are static because they have
のは、いま休息のある状態を超えようと試みるも失敗に
lost their lives in an unsuccessful attempt to
終わり活気を失っているからである。その静寂さは、朽
transcend the state into which they have now
ち果てて行く死物のようなものに近い。腐敗しつつある
relapsed. Their stillness is the stillness of dead things
死体のように急速に分解しつつあるのか、それとも朽ち
in decay; and they are dead equally beyond doubt and
て行く木の幹か、風化しつつある岩石のようにゆっくり
beyond
と崩壊しつつあうのか、どちらにせよ、その死は疑いよ
recall,
whether
they
happen
to
be
disintegrating as rapidly as a putrefying corpse or as
うもなく、呼び返しようもないものである。
slowly as a rotting tree-trunk or a weathering rock.
We have failed to find the immediate object of our
私たちが目下取り上げてきた研究対象の、前文明社会
research, a permanent and fundamental point of
と文明との間に横たわる、永続的で根本的な相違点を明
difference between pre-civilizational societies and
らかにできなかったが、偶然とはいえ、当面の最終研究
civilizations; but incidentally we have obtained some
目標である文明始源の特徴については、若干の示唆を得
light on the ultimate objective of our present inquiry;
ることはできたと思う。前文明社会から諸文明への変化
the nature of the geneses of civilizations. Starting
は、これが活気のない状態から、躍動している状況への
with the mutation of pre-civilizational societies into
変遷したものに他ならないということが分った。そし
civilizations, we have found that this consists in a
て、既存の諸文明がそれらの想像力を失ったとき、社会
transition from a static condition to a dynamic
で少数の支配者たちから引き継がれた無産階級たちを
activity; and we shall find that the same formula
通して、諸文明が出現するという新しい様式へと、同様
holds good for the alternative mode of emergence of
の状況変化がうまく機能することに気づくべきである。
civilizations through the successions of proletariats
そのように社会で少数の支配者たちが、活気がなくなる
from the dominant minorities of pre -existent
のは当然なのは、成長しつつある文明の中で創造的な行
civilizations which have lost their creative power.
為をする少数派が、崩壊しつつある文明の中で少数の支
Such dominant minorities are static by definition; for
配者たちの中へ堕落し、萎縮して行ってしまうと言うこ
to say that the creative minority of a civilization in
とは、いま議論している社会が躍動している状況から、
growth has generated or atrophied into the dominant
活気のない状態へと逆戻りしてきていると言うことに
minority of a civilization in disintegration is only
他ならないのである。
another way of saying that the society in question has
relapsed from a dynamic activity into a static
- 122 -
condition. Against this static condition, the secession
このような活気のない状況を背景として、継承した無産
of a proletariat is a dynamic reaction; and in this light
階級は、躍動感のある態度をとっている。こうして見る
we can see that, in the secession of a proletariat from
と、少数の支配者から無産階級へ引き継がれるときに、
a dominant minority, a new civilization is generated
原始社会から文明を生み出した、あの変化とちょうど同
through the transition of a society from a static
じように、社会は活気のないものから躍動感のある状況
condition to a dynamic activity, just as it is in the
へと変遷し、その変遷を通して新しい文明が生み出され
mutation which produces a civilization out of a
るのである。あらゆる文明 ―他の文明と関係しない種
primitive society. The geneses of all civilizations –the
類も、関係する種類も同様に― 始源は、世界第一次大
unrelated and the related class alike –could be
戦終結の一ヶ月後に、我々同世代の哲学者で且つ政治家
described in a sentence written by a Western
であった、ある西欧人(著者註:国際連盟のスマッツ氏)によっ
philosopher-statesman of our age one month after the
て書かれた一文を以下紹介する。
close of the First World War:
人類がもう一度動き出したことに疑いはない。土台そのものが揺
There is no doubt that mankind is once more on the move. The
らぎぐらぐらしており、万物は再び流動的になっている。テント
very foundations have been shaken and loosened, and things
は畳まれ、人類の大キャラバンはもう一度行進をし始めている。
are again fluid. The tents have been struck, and the great
あらゆる文明始源をなすところの、活気のない状態か
caravan of Humanity is once more on the march.
ら躍動感のある状況へ変遷することについて、私たちは
Can we yet say anything more about the transition
もっと何かを言えるのであろうか。私たちはこのことに
from a static condition to a dynamic activity in which
ついては既に多くのことを知っており、この変遷の事例
the genesis of every civilization consist?
が唯一のものではないことも知っている。
「岩棚の登攀」
We know
this much more already: this instance of the
という「喩え」で検討していたとき、前文明社会が眠っ
transition is not unique. When we were studying it in
ているように横臥し、
「旧」諸文明が死んで横たわって
our simile of the mountain-side, we realized that the
おり、その一方では文明が進展しつつある諸社会が上の
ledge on which we saw the pre-civilizational societies
方の絶壁を攀じ登っていることを見た。かの岩棚は続い
lying dormant and the ei-devant civilizations lying
た岩棚群の一つに過ぎず、この岩棚群の他の端は私たち
dead, while the societies in process of civilization
の視野には入っていない。現存するすべての前文明社会
were scaling the face of the precipice above, was only
は、下の方の見えない岩棚から登攀してきてこの岩棚に
one ledge in a series, the other terms of which were
辿り着いたことに相違はなく、文明が進展しつつあるす
outside our field of vision. All extant pre-civilizational
べての諸社会は、上にある見えない岩棚に辿り着こうと
societies must have reached our ledge from an unseen
努力をしているのである。そして、私たちがすべてを知
ledge below, and all societies in process of civilization
っていようと、上の方や下の方にある多くの岩棚の数
are endeavouring to reach an unseen above; and, for
は、両方向とも無限にあると言わざるを得ない。
all we know, the number of other ledges above this
and below that may be infinite in both directions.
The height of the cliff-face that towers above us is
上方に高く聳える断崖面の高さは私たちの判断能力
beyond our powers of estimation, but we do know
を越えているが、幾つかの人間社会がいま携わっている
what is the goal that we are seeking in the perilous
危険な登攀において追及しているゴールとは何かを私
climb in which some human societies are now
たちは知っている。最古の文明が出現して以降2500
engaged. Within less than 2500 years after the
年も経たないうちに、高等宗教と哲学の最古のものが現
emergence of the earliest of the civilizations, the
われた。そして、これら文明出現以降の諸社会のそれぞ
earliest of the higher religions and philosophies
れが、人類のゴールを目指し、そこへ辿りつくための方
appeared, and each of these post-civilizational
策を与えてきている。
societies has pointed out Mankind’s goal and has
- 123 -
given us prescriptions for attaining it. Thus, though
こうして人類が継続して努力を尽くしているも、ゴール
the goal of Mankind’s continuous and increasing
はいまだに見えない、しかし私たちはそれでもそのゴー
endeavours
know,
ルが何であるかを知っている。私たちは未来を占うこと
nevertheless, what it is. We can discern it, without
をせずとも、内観することで、そのゴールを見つけるこ
having to divine the future, by looking inwards; for
とができる。人類のゴールは、人間性の構造そのものの
Mankind’s goal is written large in the constitution of
中に大きく書き込まれているからである。人類の祖先で
human
pre-human
ある前人類から我々のような人類へ何が変化したのか
ancestors into human beings like ourselves was the
と言えば、
「意識」と「意志」を獲得した点である。そ
acquisition of consciousness and will. These two
れら二つの精神的な機能は、人間性という他の動物には
spiritual faculties are human nature’s distinguishing
ない特徴としてはっきり区別させるものであり、それら
marks; and their character is ambivalent. They are
の特徴は相反する意味を持つものである。それらは、私
both a treasure that gives us hope and a burden that
たちに希望を持たせる宝ものでもあり、危険に陥れるよ
puts us in peril. Their emergence in Man has split the
うな苦しみでもある。人間にそれらが現れることによっ
unity of the Universe, and broken its harmony, for
て、自意識の強くわがままなすべての人間の霊魂に対し
every conscious, wilful, human soul. The price of
て、宇宙の統一が裂かれ、宇宙の調和は破れてくるので
human knowledge and freedom is an intellectual and
ある。人間が獲得した知識と自由というものの代価は、
a moral relativity. Each of us sees the Universe
どちらかと言えば、知的なものであり、また徳があるも
divided between himself and all the rest of it; and
のである。私たちひとり一人は、自分自身とその他のす
each of us seeks to make himself the centre round
べての人々との間に、宇宙を分けて見て、自分自身をそ
which all rest shall revolve. This constitution of
の他のすべての人々の周りを回転する中心に据えよう
human nature sets human nature’s gaol. Its goal is to
と探しているのである。人間性のこのような構造が、人
transcend the intellectual and moral limitations that
間性のゴールを据え付けている。そのゴールは、相対的
its relativity imposes on it. In terms of Judaic theism,
に強制力のある知的なもので且つ徳のある限界を超越
human nature’s intellectual goal is to see the
したものである。ユダヤ的有神論の言葉で言うならば、
Universe as it is in the sight of God, instead of seeing
人間性の知的なゴールとは、神によって自己中心的に創
it with the distorted vision of one of God’s self-centred
造された人間のひとりとしての歪曲した見方で宇宙を
creatures. Human nature’s moral goal is to make the
見るのではなくて、神の目の前に現れるような宇宙を見
self ’s will coincide with God’s will, instead of pursuing
ることである。人間性の徳のあるゴールとは、人間自身
self-regarding purpose of its own. The Indian
の利己心的目的を追求するのではなく、自己の意思を神
philosophies and religions set the same goal for us in
の意志に一致させることである。インドの哲学と宗教
terms of their supra-personal vision of ultimate
は、究極的な実在についてのそれらの超個人的な見方で
reality.
もって私たちに同一のゴールを設定している。
is
nature.
still
What
out
of
sight,
changed our
we
Few, if any, human souls have been entirely
この人間が持つ精神に関するゴールにまったく気づ
unaware of this goal or entirely indifferent to it. The
かなかったり、若しくは無関心であったりするのはまず
saints have dedicated themselves to the pursuit of it,
ないであろう。ところで聖人たちは、そのゴールを追い
and some saints have come within a hair’s breadth of
求めんがために自分自身を捧げてきている。そのある聖
attaining it –as it has seemed to spectators of
人はゴールに手が届く寸前にまで行っている。普通の精
ordinary spiritual stature, though never to the
神的力量しかもたない見物人にはそのように見えたが、
spiritual athletes themselves. A human soul’s –even a
卓越した精神的力量をもった聖人たち自身には決して
saint’s –fight with self-centredness is unceasing. The
そうは見えなかったであろう。人間の霊魂の、いや聖人
saints testify to the truth of this from their own
- 124 -
spiritual experience; and this means that the next
の霊魂の、自己中心性というものとの戦いは止むことが
ledge, if some of the present climbers do succeed in
ない。聖人たちは、彼ら自身の精神的な経験からしてこ
reaching it, will not be a permanent abode for human
のことの真実を証言している。いま登攀している誰かが
souls. Like the ledge below it, that is within our field
首尾よく次の岩棚に辿り着いたとしても、人間の霊魂に
of vision, it will be only a temporary camping-ground.
対する永遠の住家には成りえないということを意味し
Even if some future generation of Mankind were to
ている。下方に見える岩棚のように、それはあくまでも
make, unanimously, a spiritual effort that would
仮のキャンプ地に過ぎない。将来を担う世代を担う者た
transfigure human society into a communication of
ちが全員の意見を一致させて、聖人たちとの交流する社
saints, rest would not be one of the rewards of this
会へ変容させるべく精神的に努力をしたとしても、岩棚
spiritual achievement. Even in a saintly society the
での休息は精神的な達成感を得ることは出来ないであ
victory
and
ろう。聖人たちが住む社会においてすら、集団的にも、
individual, would never be complete, and the effort
個人的にも、自己中心性を乗り越える成果は決して完璧
would therefore have to be unremitting. This means
なものにはなりえず、従ってその努力は絶え間ない努力
that the next ledge will be the scene of a spiritual
が必要になる。次の岩棚も、絶壁を岩棚から岩棚へと登
struggle that will not be less intense than the
攀する苦闘に劣らず、熾烈な精神的な闘争の舞台となろ
struggle to climb, from ledge to ledge, up the face of
うということを意味している。
over
self-centredness,
collective
the cliff.
次の岩棚が最後の岩棚であるとはいえないであろう。
Nor will the next ledge be the last. For all we know,
どんなにすべての情報を持っていようと、いまなお登攀
the heights above us, that are still waiting to be
しようとしている私たちの上方の高度が、既に登攀して
scaled, may be far higher than those that we have
きた高度よりはるかにあるかも知れないし、下方の谷底
scaled already, and the depths of these, which are
の深さもはかり知れないのだ。現存している前文明社会
now below us, are unfathomable. The
ですら、原始人の水準をはるかに上回っている。その大
pre-civilizational societies that are extant today are
部分は新石器人の代表である。彼らは農業を発明し、動
far above the level of Primitive Man. Most of them are
物などを飼い馴らした人々である。そして彼らのうちの
representative of Neolithic Man –the inventor of
ごく少数は後期旧石器人の代表であり、このような腕利
agriculture and the tamer of most of our domesticated
きのよい、冒険好きな狩猟者や食糧採集者は、既に動き
animals. A very few of them are representatives of
始めていた。後期旧石器人は前期旧石器時代の先人が作
Uppe r Palaeo lit hic Man, and t his able and
り上げたかなり初歩的な技能や商取引を残してきた。前
enterprising hunter and food-gatherer was already on
期旧石器人は、50万年間その岩棚に横たわって眠って
the move. He had left behind him the more
いたのかも知れない。これは人類が人間的なものをこれ
rudimentary technology and economy of his Lower
までに具現化してきた時間経過全範囲のごく一部分に
Palaeolithic predecessor. Lower Palaeolithic Man may
過ぎない。
have lain dormant on his ledge for half a million
years; and this is all but a fraction of the time-span of
前期旧石器人は、その前人間なる祖先(訳注:ホモサピエン
Mankind’s human existence so far. Lower Palaeolithic
ス、原始人、又は、亜人類を指すか?)から人間になろうとする
Man had to recuperate from his pre-human ancestors’
「離れ業」を成し遂げねばならなかった。このことは、
tour de force of becoming human; for this was not only
人類が為し得た最古の偉業だけではなく、人類がそれ以
the earliest of Mankind’s achievements; it was also a
降に遂行したどんな偉業よりもずっと大きくて猛烈な
greater and a harder feat than any that Mankind has
ものであった。私たちは人類と類人猿との共通の祖先の
performed since then. We should have to descend
水準を見つけるために、亜人類が居る岩棚から人類が居
below the ledge from which sub-man rose to Man in
る岩棚へ登攀するには、下方の岩棚まで下降しなければ
order to find the level of the common ancestor of
ならない。そして、下等の脊椎動物から哺乳類への進化、
- 125 -
Mankind and anthropoids. And how many hundreds
更に遡って生命そのものが深海から初めて出現したと
and thousands of lower ledges should we have to
きの生命という未発達の形態から脊椎動物への進化を
leave behind us in our descent if we sought to trace
辿って行くと、私たちは無数ある系図を遡って (岩棚を
the rise of mammals from the lowest vertebrates and
次々と下降して)行かねばならないであろう。
of vertebrates from the rudimentary forms in which
life itself first emerged out of the abyss?
Without venturing down that dark descent or even
allowing
ourselves
to
speculate
whether
暗闇の中危険を冒してまで下降せずに、または、岩棚
the
から絶壁へ、絶壁から岩棚へと代わるがわる辿る行程が
alternating series of ledge and precipice, precipice
無限に続くのかそれとも終わりがあるのかをあれこれ
and ledge, is infinite or finite, we can observe that the
思索せずに、私たちは山腹の水平面(岩棚)と垂直面(絶
alternation between horizontal and perpendicular
壁)とが交互に繰り返すことと、また山を登攀しようと
surfaces on the mountainside repeats itself in a kind
する人間が持つところの、活気のない状態と躍動感のあ
of pattern, and that the corresponding alternation
る状況との間に対応する交代劇は一種のリズムをもっ
between a static condition and a dynamic activity in
て生じることに気づく。このリズムについて、様々な社
the energies of the living creatures that are seeking to
会の異なる時代に生きた多くの思想家・哲学者・賢人に
scale the mountain similarly recurs in a kind of
より指摘されてきているが、彼らはすべて、このリズム
rhythm. This rhythm has been pointed out by a
を宇宙の本性に根ざす何か本質的なものとみなしてい
number of observers, living in different ages of
るところに注目したい。
different societies, who all agree in regarding it as
something fundamental
in the
nature
of
the
Universe.
Herbert Spencer sees the Universe moving from ‘an
ハーバート・スペンサーは、宇宙が一連の「統合」と
indefinite, incoherent homogeneity to a definite,
「分化」を通して「不確実でつじつまの合わない同質性
coherent
of
から、確実で筋が通った異質性へ」と動いていると、見
‘integrations’ and ‘differentiations’. Hegel sees the
ている。ヘーゲルは、人類の歴史を螺旋状の発展、つま
history of Mankind as a spiral development, a series
りひとつの統一形態から不統一の局面を通して、より高
of movements from one form of unity through a phase
い次元での再統合への一連の動きであると、見る。聖シ
of disunity and on to reintegration on a higher plane.
モンは、諸文明の歴史とは「有機的な」時代と「危機的
Saint-Simon sees the histories of civilizations as a
な」時代が交代する一連のものであると見ている。18
series of alternating ‘organic’ and ’critical’ periods.
~19世紀に前述したこれらの哲学者たちが出てくる
Twenty-three centuries before the appearance of
23世紀以前の、ヘレニズム時代の科学者であるエンペ
these eighteenth-century and nineteenth-century
ドクレスは、私たちが宇宙と直面して経験的に気付いて
Western philosophers, an Hellenic man of science,
いる変化が、お互いに補足的であると同時に対立的な二
Empedocles, attributed the changes in the face of the
つの力、つまり引き潮と満ち潮が交互に繰り返す事象で
Universe, of which we are empirically aware, to the
あるとし、統合する力を「愛」と呼び、崩壊する力を「憎」
alternate ebb and flow of two forces which are
と呼んだ。「対立なくして前進はない」
heterogeneity’
through
a
series
complementary to one another and at the same time
antithetical: an integrating force which he calls ‘love’
and
a
disintegrating
force
which
he
calls
‘hate’. ’Without contraries there is no progression. ’
エンペドクレスが「愛」と「憎」と呼んだ、宇宙に見
られるリズムの中で、その二つが交代する力若しくは局
The two alternating forces or phases in the rhythm
of the Universe which Empedocles calls ‘love’ and
面は、中国の賢人もまた、ヘレニズム思想とはまったく
無関係に見出して「陰」と「陽」と名付けている。
- 126 -
’hate’ have also been detected –quite independently of
「陰」によって表象される中国的な性格を持つ核心は太
the movement of Hellenic thought –by observers in
陽を曇らせる雲に巻き付いた陰気さを表しており、一
the Sinic World, who have named them ‘Yin’
方、
「陽」によって表象される中国的な性格を持つ核心
and ’Yang’. The nucleus of the Sinic character which
は、光線を放射している雲の掛かっていない太陽を表し
stands for Yin seems to represent dark coiling clouds
ているように思える。日常的に用いていた「陰」「陽」
overshadowing the Sun, while the nucleus of the
という言葉は、当初、
「陰」は山または谷の陰になって
character which stands for Yang seems to represent
いる側を意味し、「陽」は陽に当たっている側を意味し
the unclouded Sun-disk emitting its rays. In the
ていたようである。中国の賢人たちは、
「陰」
「陽」を二
original everyday usage, Yin appears to have signified
種類のものとして描いていた。実体として、「陰」は水
the side of a mountain or a valley which is in the
であり、
「陽」は火として象徴させていた。宇宙の諸象
shadow, and Yang the side which is in the sunshine.
として、彼らは四季を表象した。毎年規則正しく四季が
Sinic philosophers pictured Yin and Yang as two
巡る事象は「陰」と「陽」とが如何にお互いに関係をも
different kinds of matter. As substances, Yin
ったものという中国的な概念を示唆するものであった。
symbolized water and Yang fire. As phases of the
「陰」「陽」のそれぞれが代わるがわる他を犠牲にして
Universe, they symbolized the seasons; and the
優勢となるが、その展開が最高潮になったときでさえ、
regular annual alternation of the seasons suggested
他をまったく覆い隠すことは決してできない。従って潮
the Sinic conception of how Yin and Yang are related
流が高水位に達した後に常にその潮は引いて行き、その
to one another. Each in turn comes into the ascendant
ときはもう一つの要素の核心がまだ残っていて、永遠の
at the other’s expense; yet even at the high tide of its
ライバルとしてまたパートナーとして結びあい、他の自
expansion it never quite submerges the other, so that,
然力が退くに連れて自由に広がり、遂にはこれもまた然
when its tide ebbs, as it always does after reaching
るべきコースを辿って正反対の転換点に達して、そこで
high-water mark, there is still a nucleus of the other
またすべての動きがもう一度そっくり再開するのであ
element left free to expand, as its perpetual rival and
る。
partner contracts, until it arrives in due course at the
opposite turning-point where the whole movement
begins all over again.
様々な社会におけるさまざまな思想家たちが、宇宙の
Of the various symbols in which different observers
リズムで、活気のない状態と躍動感のある状況とが交代
in different societies have expressed the alternation
する事象に対して表現してきた多種多様の表徴のうち
between a static condition and a dynamic activity in
「陰」と「陽」が最適なものであろう。なぜなら、心理
the rhythm of the Universe. Yin and Yang are most
学・機械学・数学などから引き出した暗喩によってでは
apt, because they convey the measure of the rhythm
なく、宇宙にあるリズムの尺度を直接私たちに伝えてく
direct and not through some metaphor derived from
れているからである。従って私たちは、当『図説 歴史
psychology or mechanics or mathematics. We will
の研究』では、これ以降、この「陰」
「陽」なる表徴を
therefore use these Sinic symbols in this Study
用いることにする。そして、この表記法が他の諸文明で
henceforward; and we shall find that this notation
の音楽にも実にうまく調和することが分っている。
「マ
lends itself readily to the music of other civilizations.
リアの讃歌」を聴くときに、「陰」の歌が「陽」に移っ
In the Magnificat we shall hear Yin’s song of joy at
ていく喜びの歌が耳に響くのである。
passing over into Yang.
My soul doth magnify the Lord, and my spirit hath rejoiced
わが心、主を崇め、わが霊は、救い主なる神を喜べり
in God my Saviour;
For he hath regarded the lowliness of his handmaiden.
これつかい女の卑しき身をも顧み給うゆえにこそ(讃美歌)
- 127 -
In the Chorus Mysticus which is the culmination of
『ファウスト』第二部でのクライマックス場面で、
「神
the Second Part of Faust we shall hear Yang’s song of
秘な合唱」にも、陽がその走路を走り終えて、もう一度
joy at passing back again, when his race is run, into
陰へ移っていく喜びの歌が鳴り響いている。
Yin:
亡びゆくものは
Alles vergängliche
すべてこれ比喩。
Ist nu rein Gleichnis;
及ばざるものが
Das Unzulängliche,
ここになし遂げられ、
Hier ist’s getan ;
言いがたきものが
Das ewig-Weibliche
事実となって成就した。
Zeit uns hinan.
永遠の女性は高い空へ
我々を導く。
In the self-revelation of the Spirit of the Earth to
自己の知的闘争の烈しさによって地霊という強力な
the scholar who evokes this mighty power by the
力を呼び出した学者への、地霊の自己啓示のうちにも、
vehemence of his mental strife, we shall hear the very
交代するリズムそのもののビートがまさに聞き取れる。
beat of the alternating rhythm itself :
In Lebensfluten, im Tatenstrum
生命の潮の中を、行為の嵐の中を、
Wall’ ich auf und ab,
大浪のうねりのように逆巻きながら、
Webe hin und her!
彼方へ行き、此方へ帰る。
Ein ewiges Meer,
誕生の床と死の墓場、
Ein wechselnd Weben,
行く手は帰る休止のない営み、
Ein glühend Leben,
燃え上がる生命、
So schaff ’ ich am sausenden Webstuhl der Zeit
かくて俺は「時」のざわめく機を織る。
Unt wirke der Gottheit lebendiges Kleid.
神の生ける衣を織る。
11 The cause of geneses: race?
11文明始源の因子は人種か
Vis inertiae, entrenched in custom, may account for
Man’s pause, at the pre-civilizational level of culture,
for perhaps half a million years; but why is it that,
within the last five thousand years, certain members
of the human race, in certain societies, have so far
overcome their inertia as to pass out of this Yin-state
into a new fit of Yang-activity? The more weight we
attach to vis inertiae as a negative retarding factor,
the greater the momentum which we must ascribe to
the positive factor, whatever it may be, which has set
human life in motion again by its impetus.
There are several alternative directions in which
this positive factor may be looked for. It may be
風習や習慣の中で埋まって生活してきた「人類の不活発
な状態」は、人類が前文明的な文化水準にあって恐らく
は50万年もの間、立ち止まっていたことを説明できる
のかも知れない。しかし、この5000年の間で人類の
ある集団が、ある社会の中で、このような活気のない
「陰」の状態から抜け出して躍動感のある新しい「陽」
も状況になって行ったのはなぜであろうか。消極的にお
互いに足を引っ張り合うような活気のなさの状態によ
り重きを置いていたとしても、積極的な要因、それが何
であれ、その刺激によって再び躍動感ある人間生活に向
けて、より大きな運動量をもたらすに違いない。
この積極的な要因を探せばよいのか、でも幾つか選択
すべき方向性がある。
- 128 -
sought in some special quality in the human being
私たちが知っている幾つかの誘因について、「陰」から
who have made this particular transition from Yin to
「陽」へ、このような著しい移行・変化を作り出してき
Yang on the occasions of which we have knowledge; or
ている人間(人種)の中に潜む、何らかの特別なる資質
it may be sought in some special feature in the
の中に探し出すことが出来るであろう。または、移行が
environments in which the transition has taken
生じた地域の環境に何らかの特異なる現象が及ぼした
place; or again it may be sought in some interaction
ことに見出すことも出来よう。更にまた、人間社会と太
between the microcosm and the macrocosm, in some
陽系との間に何らかの相互作用があった、つまり環境か
prowess of the race when confronted with some
ら何か大きな自然災害(訳注:隕石が落下したとか)に遭った
challenge from the environment. Let us explore these
人類があっぱれなことをしたということである。これら
alternatives one by one. Let us consider first the
の選択肢を一つひとつ探索して行きたい。先ず人種とい
factor of race, and second the factor of environment,
う要因を、次に環境という要因について、それぞれ、そ
each in and by itself. If neither factor appears
れ自体で作用するものとして考察したい。もしそのいず
capable, in isolation, of generating the momentum for
れもが孤立してでは、ある仮説を立てて説明せねばなら
which, ex bypothesi, we have to account, then we
ないし、その運動量を作り出せないならば、ふたつの要
must find our unknown quantity in some product of
因の結果から未知の運動量を見出さねばならないし、そ
two factors, if we are to find it at all. It may be that,
れ以外に可能性はないといえる。そのふたつの要因があ
when they interact under certain conditions, they
る条件下で相互作用が生じた場合、他の条件では個々
produce effects which do not follow from their action
別々の或いは一緒になってその効果を生み出すことも
under other conditions either separately or together –
考えられる、つまり、大気中の空気とガソリンタンク内
as air and petrol vapor, when mixed in a carburetor
のガソリンはそれぞれ不活性であるのに、キャブレター
and introduced into a combustion-chamber, produce
内で混合し、燃焼室に送られると、自動車エンジンを動
explosions powerful enough to drive the engine of a
かすに十分なる爆発力を生み出すようなものである。
motor-car, thought the air in the atmosphere and the
petrol in the petrol-tank remain inert.
「人種」という言葉は、諸生物のすべての「属」
、
「種」
、
‘Race’ is the term used to denote some distinctive
innate quality in any genus or species or other class
「それ以外の綱」又は「集まり」にある、ある特色ある
or group of living creatures. The racial elements
生得の性質を表すのに使われている。私たちがここで考
which concern us here are distinctive psychic or
える人種の構成要素とは、特有な心的若しくは精神的な
spiritual qualities, possibly innate in certain societies
性質であり、ある人間社会における生得のものである可
of human beings, which may prove to be the positive
能性がある。それは、諸社会を文明へと駆り立てるよう
factor impelling these societies towards civilization.
な積極的なる要因であることを示すに違いない。このよ
All discussions of race, so far, in which race is
うな視点から考えられる今までの人種論全容は、人間が
considered from our point of view, depend on the
具備している心的な状態で仮想した人間の諸特性と、私
postulate that there is a permanent and precise
たちの体格に表われる人種的な諸特性との間に、永続的
correlation hypothetical racial characteristic of a
できちんとした相関があるかどうかに掛かっている。身
psychic order in human beings and the racial
体の器官に表われる顕著な諸特徴は、目が肥えていなく
characteristics which are manifest in our human
ても、また、特徴の区別がしにくく、ほんの僅かなもの
bodily physique. The distinctive marks of physical
であっても、すぐ目につくものである。
race leap to the eye –even when the eye is untrained
and the distinctions are subtle and minute.
I n t he We s te r n Wor ld of o ur day, ‘r ac ial ’
explanations of social phenomena are much in vogue.
今日の西欧社会において、社会現象における「人種」
に関する論議は流行っている。
- 129 -
Racial differences of human physique, regarded as
それら自身に内在する不変なものとし、また、人間の心
immutable in themselves and as being witness to
の中にある同じような不変なる人種的相違点であると
likewise immutable racial differences in the human
考えた人間の身体的な人種的差異は、私たちが様々な人
psyche, are supposed to account for the differences
間社会での繁栄やら偉業やらで、経験的に見ることがで
which we observe empirically between the fortunes
きるものを説明するためのものと思われる。
and achievements of different human societies. The
しかしながら、現代の西欧における人種主義の流行は、
present vogue of racialism in the West, however, has
現在の科学的仮説と実は掛け離れている。
really little to do with current scientific hypotheses. A
このような強い偏見は、そうした合理的な主張によって
prejudice so strong as this cannot be accounted for by
では説明のしようがない。
a cause so rational. Modern Western racial prejudice
is not so much a distortion of Western scientific
近代西欧での人種的な偏見は、西欧の科学的な考え方の
thought as a pseudo-intellectual reflexion of Western
歪曲というよりも、むしろ西洋的な人種感情の擬似的な
race-feeling; and this feeling, as we see it in our time,
知性的考えなのである。
is a consequence of the expansion of our Western
そして、私たちが今見る限り、この感情は15世紀最後
Civilization over the face of the Earth since the last
の四半世紀以来の我が西洋文明の地球全体に広がった
quarter of the fifteenth century of our era. The feeling
結果であると考える。
has been aroused by contact, often under untoward
この感情は、ホモサピエンスにおいて見出される人種の
conditions, between societies whose representatives
身体的な面での多様性の幅の両極端にあるそれぞれの
happen to stand at opposite extremes of the range of
代表する諸社会間の、たびたび起こる不幸な条件下での
variety in physical race which is to be found in
接触によって引き起こされてきている。
physical race which is to be found in Homo sapiens.
Our modern Western race-feeling was unknown in
我が近代西欧の人種感情は、それ以前の西欧社会では
the Western Society in earlier times and has failed to
見られなかったし、今日でも西欧社会のある地域に限っ
assert itself in certain sections of this Western Society
て際立っているものではない。
down to this day. During the so-called ‘Dark Ages’ and
いわゆる「暗黒時代」ないしは「中世」
、それは15世
‘Middle Ages’ –that is to say, during the ten centuries
紀の終わりの四半期頃に終わる10世紀もの間におい
ending in about the last quarter of the fifteenth
て、西欧社会を構成する人々たちは、全体として人類を
century of our era –the members of the Western
考えるとき、私たちが今日するように、人類を二つのカ
Society, when they thought of Mankind as a whole,
テゴリーに分けることに慣れていた。
were accustomed to divide the human family into two
しかしながら、その分割のやり方は全く別のものであっ
categories, as we divide it nowadays. The principle of
た。私たちがするように人類を白人と有色人とに分ける
division, however, was utterly different. Instead of
のではなく、我が先祖たちはキリスト教徒と異教徒とに
dividing Mankind, as we do, into white people and
分けていた。
coloured people, our forefathers divided it into
そして彼らの二分法は、私たちのよりも、知的にも、ま
Christians and heathen; and we are bounded to
た道徳的にも優れたものであったことを今私たちは白
confess that their dichotomy was better than ours
状せねばならない。
both intellectually and morally. It was better
知的に優れているのは、人間が編み出した宗教というも
intellectually because a human being’ religion is a
のが人生において皮膚の色よりもはるかに重要で意味
vastly more important and significant factor in his
深い要因であり、それゆえに、分類する目的に沿った広
life than the colour of his skin, and is therefore a
く且つ優れた基準であると考える。
- 130 -
vastly better criterion for purposes of classification.
更に、キリスト教徒と異教徒との二分法が、白人と有色
Again, the dichotomy into Christians heathen is
人との二分法よりも道徳的に優れている点は、宗教的な
better morally than the dichotomy into white and
面での大きな隔たりを、人種間での大きな隔たりとは異
coloured, because the gulf between religions, unlike
なって、乗越えられないものではないからである。それ
the gulf between races, is not impassable. It is a
は、囲いの中にいる羊と山で迷っている羊とに分けるこ
division between sheep in the fold and sheep astray
とであって、羊と山羊とに分けることではないのであ
on the mountains, not between sheep and goats.
る。
In the eyes of the medieval Western Christian,
中世西欧のキリスト教徒が目を外に向けて世界を見
when he looked abroad upon the world, the heathen,
る時、荒野にあってだらしない格好で彷徨っている異教
wandering unkempt in the wilderness, were neither
徒が、度し難いほど汚くても、取り返しがつかないほど
incurably unclean nor irretrievably lost. Potentially,
迷っているのでもないように、その目には映った。潜在
they were Christians like himself, and he looked
的には、自分自身と等しいキリスト教徒であり、迷える
forward to a time when all the lost sheep would be
羊がすべて囲いの中に集められる日を心待ちしていた。
gathered into the fold. Indeed, he looked forward to
this
with
assurance
as
the
foreordained
事実、地上の歴史で予め運命づけられた極致、この世界
consummation of terrestrial history, the fulfilment of
において神が意図したものを成就できる自信を持つよ
God’s purpose in the world. In this spirit, Western
うにキリスト教徒は待ったのである。この精神から、西
artists used to portray one of the three Magi as a
欧の芸術家たちは、東方の三博士のひとりを、黒人に描
black. How different from the spirit in which the
いていた。近代の皮膚が白い西欧のプロテスタントが、
white-skinned Western Protestant of modern times
皮膚の黒い改宗者を見る心と、何と違っていることか。
regards his black-skinned convert. The convert may
この改宗者は、白人の信仰の内に精神的な救いを見出し
have found spiritual salvation in the white man’s
たに違いない。白人の文化を獲得し、
「御使いの言葉を
faith; he may have acquired the white man’s culture
語る」(著者註:聖書「コリント前書」13の1)ことを学んだか
and learnt to speak his language with the tongue of
も知れない。白人の経済的な技法を習熟したのかも知れ
an angel; he may have become as adept in the white
ないが、それでも皮膚の色が変わらない限り「我に益な
man’s economic technique, and yet it profits him
し」(著者註:聖書「コリント前書」13の3)である。確かに改
nothing so long as he has not changed his skin. Surely
宗者は、
「すべての奥義とすべての知識を知り、山を移
he can retort that it profits the white man nothing to
動するほどの技能を修得したとしても、愛なくば」(著者
understand all mysteries and all knowledge and have
註:聖書「コリント前書」13の2)白人に「益なし」と、白人
skill so that he can move mountains, so long as he has
に言い返すことができる。
not charity.
This medieval western freedom from the prejudice
人種感情における偏見から自由な立場にあった中世
of race-feeling has survived among Western peoples
西欧は、私たちの欧州文明の中世時代に多かれ少なかれ
who have remained more or less in the medieval
留まってきている西欧の諸民族内に生き延びてきてい
phase of our Western Civilization; the Spaniards and
る。スペイン人、ポルトガル人、そしてアメリカに新し
Portuguese and the descendants of Spanish and
い西欧的共同体を作ったスペイン、ポルトガルの植民者
Portuguese settlers who founded new Western
たちの子孫がそうである。
communities in America.
アラブ人及びその他すべての白人のイスラム教徒は、
The Arabs and all other white Muslims, whether
黒みがかった髪と眼で、肌も色黒または褐色のブルネッ
brunets or blonds, have always been free from
トであれ、金髪で碧い眼で、肌が白いブロンドであれ、
colour-prejudice vis-à-vis the non-white races; and, at
非白人人種に対する肌色の偏見からは常に自由であっ
the present day, Muslims still make that dichotomy of
た。そしてイスラム教徒は、西欧のキリスト教徒が中世
- 131 -
the human family which Western Christians used to
時代に行っていた人類二分法を今日でも行っているの
make in the Middle Ages. They divide Mankind into
である。彼らは人類を信徒と、潜在的にはすべて信徒で
believers and unbelievers who are all potentially
ある非信徒とに分けている。そしてこの分割法は、あら
believers;
and this division cuts across every
ゆる身体的な人種の差異を横断的に言及している。この
difference of physical race. This liberality is more
ような自由らしさは、我が中世における白人のキリスト
remarkable in white Muslims today than it was in
教徒よりも、現在の白人のイスラム教徒において著しく
white Western Christians in our Middle Age; for our
見ることができる。
medieval forefathers had little or no contact with
中世での我が祖先は、肌色の違う民族と殆ど、またはま
peoples of a different colour, whereas the white
ったく接触していなかったのに対して、白人のイスラム
Muslims were in contact with the blacks of Africa and
教徒は、アフリカの黒人、肌の浅黒いインド人と始めか
with the dark-skinned peoples of India from the
ら接触しており、この接触が着実に増えて、遂に今日の
beginning and have increased that contact steadily,
パキスタンとアフリカとの全体に亘ってイスラム教の
until nowadays whites and blacks are intermingled,
保護のもとに、白人と黒人とが入り混じってきている。
under the aegis of Islam, through the length and
このような徹底的な試練に耐えて、白人のイスラム教徒
breadth of Pakistan and Africa. Under this searching
は、人種感情から自由であることを、もっとも説得力あ
test, the white Muslims have demonstrated their
る証拠をすべて示してきた。その事例として、彼らは黒
freedom from race-feeling by the most convincing of
人のイスラム教徒との娘の結婚を認めて来ていたので
all proofs; they have given their daughters to black
ある。
Muslims in marriage.
The race which have made the most numerous and
この5000年間で現われてきた種々の文明にもっ
the most brilliant contributions to those civilizations
とも数多く、目覚ましく貢献してきた人種をもしあげる
which have emerged within the last five thousand
としたら、野蛮の、いや未開の段階というレベルさえ超
years are all of them still represented, besides, in
えられない前文明社会と言えよう。
pre-civilizational societies which have not risen above
the level of barbarism or even above the level of
もし毛髪の状態でもって人種を分類するならば、イン
savagery. If we classify by hairiness, we can confront
ド・ヒッタイト・ヘレニズム・西欧・ロシアの諸文明、
the Nordic specimens of Homo birsutus who have
そして南東ヨーロッパのギリシャ正教文明の創始を手
helped to create the Indic and Hittite and Hellenic
助けた毛深人種の北欧種と、毛深いアイヌ民族・オース
and Western and Russian Civilizations, and the
トラリア原住民・ヴェーダ・トーダ民のような今日なお
Orthodox Christian Civilization in South-Eastern
前文明的レベルに留まってきている文化的に貧乏な親
Europe, with their poor relation the Hairy Ainu and
類とを対比できる。
Australian aborigines and the Veddahs and the
Todas, who have remained on the pre-civilizational
level down to this day. If we classify by colour, we can
もし肌色によって人種を分類するならば、私たちが知っ
confront the white men who have helped to create
ている今日の蛮族、たとえば北西アフリカのリフ・アト
perhaps half the civilizations of which we know with
ラス・カビリアの高地に定住していたところに、文明が
our latter-day white barbarians; the fair-haired,
次から次へと押し寄せ追従を迫るも、それに反抗してき
blue-eyed highlanders of North-West Africa who have
ていた金髪で眼の碧い白人たち、そして北西アフリカの
defied both assaults and the blandishments of one
高地人の親族で、皮膚が灼熱の太陽で日に焼けても髪と
civilization after another in the fastnesses of the Rif
眼にある色素が不足していることを示しているサハラ
and the Altas and Kabylia; their kinsmen in the
の遊牧民、また、ギリシャとローマとをつなげる幹線道
路を見渡せる砦に住んで、文明から逃れるために長い間
Sahara, whose deficiency of pigment is betrayed in
- 132 -
their hair and eyes when their skins are tanned by a
どうにかこうにかしてきた、金髪で碧い眼をしたアルバ
scorching sun; the fair-haired, blue-eyed highlanders
ニア民、西欧の人種学者が結局のところ失敗に終わって
of Albania, who long contrived to evade civilization in
しまったが、すべての白色人種を蒼色人種という学術用
fastnesses which overlook the high road between
語で名付けようとしたくらい素晴らしい見本にされた
Greece and Rome, the highlanders of the Caucasus,
コーカサスの高地民・クルディスタンの高地人・アフガ
who are such magnificent specimens of the white race
ニスタンとインドとの国境に住む高地人、そして、もじ
that our Western ethnologists have taken their name
ゃもじゃの毛だらけからちらっと見える肌が白くても、
in vain as a scientific term for the whole breed of
日本で西欧的なアジア文明の「黄禍」(訳注:欧米人が抱く黄
Homo pallidus; the highland of Kurdistan; the
色人種による圧倒的支配の恐れ)に対して野蛮を守る戦いを挑
highlanders of the borderland between Afghanistan
んで敗れたアイヌ民族を、ここでもまた、白人蛮族とし
and India; and –once again –the Ainu who, despite
て対比することができる。
the whiteness of the skin that peeps through their
shaggy fur, have fought the losing battle of barbarism
更にまた、中国文明を創始した黄色人種について、揚子
against ‘the yellow peril’ of the Western Asian
江南側流域を中国の南部海岸から分かつ山岳地帯にば
Civilization in Japan. Again, we can confront the
らばらの飛び地に今もなお生き延びている黄色蛮族や、
yellow men who have created the Sinic Civilization
インドシナ半島の幾つかの内部孤立地域の黄色野蛮人
with the yellow barbarians who still survive, in a few
と対比することが出来る。
scattered enclaves, among the mountains that divide
the southern watershed of the Yangtse from the
southern coastline of China, and with the yellow
褐色の肌をしたインド文明の創始者を、大陸インドの未
savages in some pockets of the interior of the
開諸部族、ビル・ゴンド・その他や、スマトラとボルネ
Indo-Chinese peninsula. We can confront the brown
オの首狩り族と対比することができる。
creators of the Indic Civilization with the wild tribes
of continental India –Bhils and Ghonds and the like –
and with the head-hunters of Sumatra and Borneo.
インカ民族をアラウカニアの蛮族やアマゾンの未開人
We can confront the Incas with the Araucanian
やティエラ・デル・フエゴの未開人に対比できる。マヤ
barbarians of Chile and with the savage of Amazonia
とトルテカを優れた銅色人たる名声を打ち立てた北ア
and of the Tierra del Fuego. We can confront the
メリカの高貴な未開人と対比することができる。
Mayas and the Toltecs with ‘the noble savage’ of
North America who has established his fame as the
redskin par excellence.
このような状態で生き延びている蛮族たちは隣接す
Our records show that the barbarians who still
る文明によって同化されてしまった蛮族の生き残りで
s ur vive as s uc h as a re mnant of bar barian
あり、この同化する過程は今もなお進行中であること
populations which the neighbouring civilizations
が、私たちの記録で示されている。もし私たちが現在で
h a ve as s imil at e d, a nd t hat t his p r o c e s s o f
なくて、2世紀前に白人蛮族の調査をしていれば、17
assimilation is still going on. If we had taken our
45年以降の6世代ほどで西欧社会が完全に同化され
survey of white barbarian two centuries ago instead
たスコットランドの高地人も私たちのリストに含まれ
of today, our list would have included the Scottish
たことであろう。
highlanders, who have been completely assimilated
by the Western Society during the half-dozen
generations that have come and gone since 1745. If
逆にもし2世紀後にこの調査をしたとしたら、私たちが
the survey is taken again two centuries hence, it may ジョージ二世王の治世のとき、スコットランドの高地民
- 133 -
seem as strange then to our descendants that the
がまだ蛮族であったことをいま奇妙に思っているよう
Albanians and the Rifis should have still been
に、アルバニア民族やリフ民族が私たちの時代になお蛮
barbarians in our time as it seems to us now that the
族と見られていたということを、私たちの子孫は奇妙に
Scottish
思ったに違いない。
highlanders
should
have
still
been
barbarians in the reign of King George II. Similarly, a
survey of yellow barbarians taken about the year
同様に、紀元前1000年頃に黄色蛮族の調査が行われ
1000
would have returned as barbarians almost
ていたならば、中国文明がそのような早い時代から閉じ
the whole of the Chinese people of today except those
込められていた黄河の、下流流域と中流流域という二つ
living in two relatively small areas, in the lower and
の比較的小さな地域に住んでいる蛮族を除いて中国民
the middle basin of the Yellow River, to which the
族の殆どが蛮族であると判定されていたであろう。
BC
Sinic Civilization was confined in that early age. The
enlargement of the borders of civilizations and the
recruitment of their manpower by the assimilation of
前文明と文明との境界線拡大と隣接する蛮族との同化
their barbarian neighbours has been one of the
による人的資源の遣り取りは、社会でこの「種」が初め
constant features in the lives and activities of
て存在するようになってから、文明という生命と活動の
civilizations since this species of society first came
中に常時潜んでいる特徴のひとつであった。
into existence.
If we assume that all human beings of all races are
どんな人種であろうとすべての人間は文明を持ちう
capable of civilization, this process of assimilation,
ると仮定するならば、経験的に立証された事実に他なら
which is an empirically established fact, is also a fact
ないこの同化の過程は、理解するのにそれほど困難では
which presents no difficulties to the understanding.
ないのもまた事実である。
Retardations of the advance from barbarism to
野蛮から文明へと進歩するのを遅らせるということ
civilization can be accounted for by the interplay
は、全人類に共通に備わっている人間性と、人類のある
between a human nature which is common to all
部分が、ある時期に、そのある場所での環境において、
Mankind and certain exceptionally unfavourable
ある種の例外的に不利な状況に置かれてしまったこと
circumstances in the local environments of some
との相互作用でもって説明することができる。
sections of the human family during certain periods of
time.
The foregoing considerations will perhaps be
人類のある部分の何か特別の人類的な条件が、この5
sufficient to guard us against the error of supposing
00年の間に、
「慣習の廃止」と私たちが呼んでいる「陰
that some special quality of race in some fraction of
の状態」から人類の一部を引きずり出して、「文明の特
Mankind is the positive factor which, within the last
殊化」とこれから呼ぼうと思っている「陽の状況」の中
five thousand years, has shaken part of Mankind out
に飛び込ませてきた積極的な因子であるとの考えが実
of the Yin-state which we call ‘the integration of
は過ちであると、いままで私たちが考察してきたことで
custom’ into the Yang-activity which we will decide to
恐らく気づくであろう。
call ‘the differentiation of civilization’.
- 134 -
12 Environment?
12文明始源の因子は環境か
THE EXPANSION of a society sometimes brings its
ある社会が拡大するということは、時としてその社会の
carriers into contact with peoples that differ from in
担い手たちを異なる身体や異なる文化を持つ人々と接
physique and in culture. These differences present a
触させることになる。これらの差異から問題が生じたと
problem; and modern Westerners have solved this
き、近代西洋人は人種の概念を間に合わせ的に作って自
problem to their own satisfaction by improvising the
分たちに都合のよいように問題解決を図ってきている。
concept of race.
Hellenic minds were confronted with the same
ヘレニズム精神も、紀元前8世紀末頃に掛けて始まった
problem in consequence of a similar expansion of the
ヘレニズム社会の同様な拡大によって同じ問題と取組
Hellenic Society, which began towards the close of the
み、この場合もまた自分に都合のよいように解決した
eighth century
が、まったく異なった方向で空論的な説明でもって対処
B C,
and they solved the problem –also
to their own satisfaction –by working out a theoretical
して問題解決をした。
explanation on quite different lines.
The Hellenic solution was superior to the Western
ヘレニズム的解決方法はあらゆる点で西欧的解決方法
solution in all points. It was more imaginative, more
よりも優れている。ずっと創造力が豊かで、ずっと合理
rational, and more humane; and, above all, it was
的で、ずっと人間的であったが、とりわけ偏見的なもの
unprejudiced.
であった。
The self-regarding element which is so general, so
我が西欧的人種論には、極めて一般的で、非常に傑出し
prominent, and so ugly a feature in our Western
た、そして誠に性質の悪い論点と自尊心に彩られてお
race-theories is conspicuous by its absence here.
り、ヘレニズム的解決方法が欠けていることがはっきり
For, so far from being roused to race-consciousness by
と分かる。
contact with human beings who were not as they
自分たちとは似ていない人間と接触して、人種意識を掻
were, the Hellenes drew an influence which made
き立てられるどころか、ヘレニズム人たちは人種につい
them more sceptical about race than they had been
て以前よりずっと懐疑的になってしまうような影響を
before.
及ぼしてきた。
They explained the manifest differences between
人間性そのものに何か内在する多様性を外に向かって
themselves and their newly discovered neighbours as
明らかにするとは見ず、自分たちと新しく知った隣人た
being the effects of diverse environments upon a
ちとの間の違いが、同一の人間性に対して多様な環境を
uniform human nature, instead of seeing in them the
及ぼした効果であると説明したのである。
outward manifestations of a diversity that was
somehow intrinsic in human nature itself.
The
locus
classicus
Hellenic
ヘレニズム的「環境理論」の研究における「古典的典
‘environment theory’ may be studied is a treatise
拠」は、紀元前5世紀の日付を持っており、ヒポクラテ
the
ス系の医学学派の全集に保存されている、
『空気、水、
Situation which dates from the fifth century B C and is
状況の、影響』と題する一論文である。私たちが入手で
preserved
きる文献でもっともよく理論を提示しているので、この
among
of
which
and
entitled
Influence
in
the
Atmosphere,
collected
Water,
works
of
the
Hippocratean School of Medicine. As the best
研究論文は引用する価値がある。
exposition of the theory in any literature within our
range, this monograph deserves quotation:
- 135 -
The countries which have the greatest and the most frequent
季節による気候の変化がもっとも大きく且つ頻々に起こる国々
seasonal variations of climate also have the wildest and most
は、また、非常に荒涼とした、多様な風景を持ち、多彩な山々・
highly diversified landscape and present the greatest array of
森・原野・牧地が広がっている。それに対して季節の変動が少な
mountains, forests, plains, and meadow-lands, while in
い国々では、風景の斉一性が最高潮に達する。よくよく考えてみ
countries where the seasonal variations are slight the
ると、同じ等式が人間性に関してもぴったり当てはまることが分
uniformity of landscape is at its maximum. Consideration will
る。人相は、木や水の多い山タイプ・水の少ない痩せタイプ・牧
show that same equations hold good for human nature.
地や沼地タイプ・開墾や排水の進んだ低地タイプに分類されるの
Human physiognomies may be classified into the well-wooded
かも知れない。ここにもまた、身体に対する環境的な変化につい
and well-watered mountain type, the thin-soiled waterless
ての同様の効果が見られると考えたい。そして、もしその変化が
type; the meadowy marshy type, the well-cleared and
大きければ、身体タイプの特殊化がこれに比例して増えてくるの
well-drained lowland type. Here, too, there is the same effect of
かも・・・・
environmental variation upon physique; and, if the variation is
great, the differentiation of bodily type is increased
proportionately・・・・・
The
environment-theory
of
the
geneses
of
文明始源に関する環境理論は、人種理論のように道徳
civilizations has none of the moral repulsiveness of
的に反発を買うようなものではないが、理知的な観点か
the race-theory, yet intellectually it is no less
ら非難を少なからず受けるものである。両理論は共に、
vulnerable. Both theories attempt to account for the
人類の様々な部分の精神的な行動と行為において経験
empirically observed diversity in the psychical
を通じて観察される多様性を、評価しようと試みてい
behaviour and performance of different fractions of
る。それは、このような精神的な多様性が、その多様性
Mankind by supposing that this psychical diversity is
のある諸要素と因果関係を持ち、固定的に且つ永久的に
fixedly and permanently correlated, in the relation of
相関があると仮定し、そのうえ、自然の非精神的な領域
effect to cause, with certain elements of diversity,
において経験を通じた観察によって与えられるもので
likewise given by empirical observation, in the
ある。
non-psychical domain of Nature.
The race-theory finds its differentiating natural
人種理論は人間の身体に関する多様性に潜むさまざ
cause in the diversity of human physique, the
まな生得の因果を追究しているし、一方環境理論はさま
environment-theory finds it in the diversity of the
ざまな人間社会が活動している中の、気候学的・地勢学
climate, topographical, and hydrographical conditions
的・水路学的な諸条件に関する多様性に潜むものを探究
in which different human societies live; but this
している。この二つの理論間の食い違いは重要なことで
discrepancy
not
はない。それらは同じ未知の量に違った価値基準を割り
fundamental. They are merely two different attempts
当てて、同じ等式の解を見出そうと、二つの異なった単
to find a solution for the same equation by assigning
なる試みなのである。二つの理論が前提としている等式
different values to the same unknown quantity. The
の構造は同じであり、共通に基礎をなしている公式が考
structure of the equation which is postulated in the
察を受け得るに適するものでなければ、共に崩れてしま
two theories is identical; and neither can stand if the
う。
common
between
underlying
the
two
formula
theories
will
not
is
bear
examination.
- 136 -
The essence of the formula is a correlation between
その公式の根幹は、二組の変数間の相関関係である。そ
two sets of variations; and this correlation must be
の相関が固定的で且つ永久的であると立証されている。
demonstrated to be fixed and permanent –it must
それはあらゆる条件の下であらゆる場合にも成立する
maintain itself in every instance under all conditions
ことが必要で、これを踏まえたいかなる理論も科学的な
–before any theories founded on it can claim the
法則があるとの地位を主張しえない。この試験の下で私
status of scientific laws. Under this test, we have
たちは人種理論がたたき壊されるのを既に見てきたが、
already seen the race-theory break down; and we
環境理論も同じく上手くいかないことを今から見るこ
shall now see the environment-theory fare no better.
とにしよう。
For instance, the steppes of Eurasia and Arabia
たとえば、ユーラシア・アラビア・北アフリカのステ
and North Africa have been occupied, till within
ップ(訳注:木々のない草原)は、現存の人間が記憶に及ぶ
living memory, for perhaps nearly four thousand year
時代まで恐らく過去4000年間近く、遊牧諸民族の占
past, by pastoral Nomadic peoples whose way of life is
拠してきているが、彼らは地理的にも気候的にも他と異
both highly distinctive and remarkably uniform
なった同型の生息地のいたるところで、極めて特色のあ
throughout their physiographically and climatically
る且つ著しく同一の生活様式をとってきている。
distinctive and uniform habitat.
Then does the physiography and climate of these
それなら、これら遊牧民にとって環境なる地理や気候
pastoral Nomads’ environment account for the
が、彼らの文化の特色について説明できうるのであろう
character of their culture? If we confine our survey to
か。私たちの調査を旧世界の本土のステップにもし限定
the steppes on the mainland of the Old World, it does
するならば、同一の環境が同一の社会を常にそして至る
reveal the correlation between type of environment
所に作り出すのであって、それは擬態によってではなく
and type of society which is demanded by the theory
て、自然の斉一性の原理に基づくという理論でもって要
that similar environments always and everywhere
求される環境のタイプと社会のタイプとの間に相関が
produce similar societies, not by mimesis, but on the
あることが明らかになる。
principle of the uniformity of Nature.
Under future tests, however, the correlation breaks
しかしながら、更に試験を進めると、この相関は崩れて
down.
しまう。
For we find that the other areas in the world which
遊牧社会が成立するための環境を与えている世界の他
offer environments for Nomad societies –the prairies
の地域、つまり北アメリカのプレーリー・ヴェネズエラ
of North America, the llanos of Venezuela, the
のルラノス・アルゼンチンのパンパス・西部クインズラ
pampas of Argentina, the Australian grasslands in
ンドのオーストラリアグラスランド・西部ニューサウス
western Queensland and western New South Wales –
ウェールズは、それ自身として独立した遊牧社会を作っ
have
ておらず環境理論の必要条件を満たしていないことが
not
fulfilled
environment-theory
the
by
requirements
producing
of
the
independent
分る。
Nomadic societies of their own.
その地域が持つ潜在力は問題になるようなものになっ
Their potentialities are not open to question.
ていない。
They have been realized by the enterprise of the
その証拠に、近代において西欧社会の企業によってそれ
Western Society in modern times; and the pioneering
らが実現されてきている。先駆者としての欧米の牧夫、
Western stockmen –North American cowboys and
北アメリカのカウボーイ・南アメリカのガウチョ・豪州
South American gauchos and Australian cattlemen –
- 137 -
who have won and held these untenanted ranges for a
の牛飼は、進歩しようとしている農業や工業の先頭に立
few generations, in the van of the advancing plough
って、人の住んでいない土地を数世代のうちに獲得し、
and mill, have captivated the imagination of Mankind
それを維持して、スキタイ人・タタール人・アラブ人と
as triumphantly as the Scythian and the Tatar and
同じように意気揚々と人類の想像を掻き立てて、うっと
the Arab.
りとさせてきている。
The potentialities of the American and Australian
もしカウボーイや牛飼が、遊牧の伝統を持たないで、最
steppes must have been powerful indeed if they could
初に出現して以来、農業や工業でもって生活してきた社
transform into Nomads, if only for a generation, the
会から来た先駆者たちを、たとえ一世代の間だけであっ
pioneers of a society which had no Nomadic
ても遊牧民に変えることが出来ていたのなら、アメリカ
traditions,
の、豪州のステップが持つ潜在力は、実際大きなものを
having
lived
by
agriculture
and
manufacture ever since it first emerged.
持ってきていると言わざるを得ない。
It is all the more remarkable that the peoples whom
西欧の探検家たちが居住している人々に接して見たの
the first Western explorers found in occupation had
は、遊牧民の中にある環境の持つ潜在力からの刺激が全
never been stimulated by the potentialities of the
くなかったことであり、しかもこうした遊牧民の天国を
environment into Nomadism, but had found no better
狩猟地として利用する以外にはより良い使い方を知ら
use for these Nomads’ paradises than to use them as
ずに、牧畜の前段階での狩猟や食糧採集の経済レベルに
hunting-grounds –remaining on the pre-pastoral
最後まで留まっていたことに、より一層注目すべきこと
hunting and food-gathering level of economy to the
である。
end.
If we next test the environment-theory by a survey
ナイル河下流の流域と良く似た諸地域の調査によっ
of areas resembling the Lower Nile valley, our
てもしも私たちが環境理論を次に試験するならば、その
experience will be the same.
実験結果は同じになるであろう。
All Greeks who came into contact with Pharaonic
ギリシャ民族史のヘレニズム時代においてファラオの
Egypt in the Hellenic Age of the Greek people’s
エジプトと接触していたすべてのギリシャ人たちは、ギ
history were struck by features of the Egyptiac
リシャ人の目には特異に映ったエジプト文明の特徴か
Civilization that, in Greek eyes, were peculiar.
らは強い印象を受けたのである。
Herodotus attributes these peculiarities of the
ヘロドトスはエジプト文化のこのような特異性が、この
Egyptiac culture to peculiarities of the physical
文化が形成された自然界の環境の特異性に起因すると
environment in which this culture took shape.
考えた。
‘The climate in which the Egyptians live is alien [to
「エジプト人たちが生活している気候というものは、
the climate of the Hellenic World], and, besides that,
[ヘレニズム世界の気候とは]異質であり、そしてそのう
the nature of their river is unique. This explains why
え、ナイル河の性質は独特なものである。これにより、
the Egyptians have established for themselves
なぜエジプト人が大体のところのその他の人類のそれ
manners and customs that, for the most part, are
らとはまったく反対の風習とか習慣を作り上げてきた
entirely opposite to those of the rest of Mankind.’
のかを説明できる。」
Herodotus’s Hippocratean explanation of the
エジプト文明の諸特異性についてヘロドトスのヒポク
idiosyncrasies of the Egyptiac Civilization would be
ラテス的な説明が説得力のある論拠を持つには、同じ風
convincing if we found the same manners and
習と習慣が、この地球上のどこであろうと、ナイル河下
- 138 -
customs in force in all other countries, anywhere on
流の流域やそのデルタ地帯と匹敵できるような気候と
the face of this planet, in which the climate and
自然地理を持つ他のすべての国々において行われてい
physiography are comparable to those of the lower
ることが必要になる。
valley and the delta of the river Nile.
We cannot, of course, expect to find any country in
エジプト文明の気候や自然的地理的なものがそっくり
which the physical setting of the Egyptiac Civilization
の舞台装置を持つ国々を私たちが見つけることは勿論
is
期待できないが、チグリス・ユーフラテスの下流流域や
duplicated
exactly,
but
it
is
duplicated
approximately in the Lower Tigris-Euphrates basin
インダス流域においてはほぼ再現することができる。
and in the Indus basin.
In each of these two other region, the physical
これら二つの地域それぞれで、幾つかの鍵となる特徴に
conditions are, in several key features, the same as in
おいて、自然条件はエジプトのそれは同じであると言え
Egypt.
る。
There is the same encompassing steppe, dry climate,
ステップによって囲まれていること、乾燥した気候であ
and ample supply of water and alluvium provided by
ること、遠方には多雨・多雪の高地があってそこから発
great rivers which rise in distant rain-swept and
する大河があって水や沖積土を広々と供給されている
snow-capped highlands; and, in both of these
ことなどが同じである。そして、これら二つの地域はエ
comparable settings, civilizations resembling the
ジプトと同じ舞台装置を持っていたが故に、エジプト文
Egyptiac Civilization did arise.
明に良く似た文明が発祥している。
But when we extend our survey, the correlation
しかし、私たちが調査範囲を広げれば、その相関関係は
breaks down. The environment offered by the lower
崩れてしまう。ナイルやインダスやチグリス・ユーフラ
valleys of the Nile and of the Indus and of the
テスの下流流域に生じた自然環境は、アメリカ南西部に
Tigris-Euphrates is also offered by the valleys of the
あるリオ・グランデとコロラド河の流域の流域にもまた
Rio
同じ環境が現われている。
Grande
and
the
Colorado
river
in
the
south-western United-States.
Under the hands of the modern European settler,
世界の反対側から持ってきた文明資産を身につけてい
equipped with the resources of a civilization which he
た近代西欧の植民者たちによる管理の下では、ナイルと
has brought with him from the other side of the
ユーフラテスが、かつてエジプトとシュメールの灌漑技
world, these rivers of America have performed the
術者たちのために行ったように、アメリカのこのような
miracles
河川では奇跡が起きてきている。しかし、この魔術を、
performed
which the
for
Nile
and Euphrates once
Egyptiac
and
Sumeric
コロラドや若しくはリオ・グランデが、その技能をよそ
irrigation-engineers; but this magic has never been
のどこかで既に習得してきて熟達し、そのうえに技能を
taught by the Colorado or the Rio Grande to people
持ち合わせいる人々に、そして自分たち自身に機会を与
who were not adepts in it already through having
えられればこの技能を応用しようという気分になって
learnt it elsewhere, and who, besides possessing the
いる人々たちにもまた、決して教えることはなかった。
skill, also had the spirit to apply this skill where
opportunities offered themselves.
Many more cases could be cited in which an
ある特殊なタイプの環境がひとつの人間社会により
environment of some particular type has been turned
捉えられて変質してきたような多くの事例、例えば「他
to account by one human society when another
の人間社会が同じように潜在する諸資産の活用に失敗
human society has failed to make anything of the
してきている」でもって例証することができる。
- 139 -
same potential assets.
But the two cases of potentiality river-basins and
しかし、潜在するものとしては、灌漑が可能な河川の流
potential pastures on the steppe suffice to show that
域と、牧畜が可能なステップの二つのケースが挙げられ
environment, like race, is not the cause of the geneses
るも、環境が人種と同じように、文明始源の因子とはな
of civilization.
りえない。
‘Environment’ is a relative term. It implies the
「環境」は相対的な言葉である。それは、何かすべて
existence, the presence, and the action of some other
の当事者の、
「生存」や「他に影響を与えるようなもの」
party. This other party is some living creature; and
や「処置」の意味を暗に含んでいる。このすべての当事
the environment of every living creature is the sum
者とは、何らかの生物である。そしてすべての生物にと
total of the rest of the Universe.
っての環境は、生物以外の宇宙の総和である。
For instance, a human being’s environment consists
たとえば、ある人間にとっての環境は、生命を持つとか
of the whole of non-human Nature, both inanimate
持たないと関わらず人間以外の全自然と、それに加え
and animate, together with all his fellow human
て、その仲間なる人間(生者と同じく死者も含めて)の
beings (including the dead as well as the living).
全体から成り立っている。
Above all, a person’s environment includes the
なかでも、ある個人の環境はその人自身の人間性をも含
human nature of the person himself.
んでいる。
This last-mentioned constituent of a human being’s
ここで最後に述べて人間の環境の構成要素、つまり内的
environment –the internal spiritual constituent –is
で精神的な構成要素は、その個人のその他すべての構成
the key to the person’s relations with all the rest of
要素とその個人との関係において鍵となるのである。あ
his environment’s constituents; for, if a human being
る人間が自分の内にある自然を支配することにもし失
fails to master Nature within himself, he will fail to
敗すれば、彼の外にあるすべての全宇宙を支配すること
master it in the rest of the Universe that lies outside
にも失敗するであろう。
him.
彼は「すべての奥義とすべての知識に達し」(著者註:「コ
He may ‘understand all mysteries and all knowledge’,
リント前書」13-2)ているかも知れないが、もっとも最高
but the most highly accomplished technical expertise
な専門的技術・知識を持ったとしても彼が同時に自己に
will profit him nothing if he is not also in command of
対する支配力を持たなければ、彼にとってはまったく益
himself.
がないと言える。
As for that element in Man’s environment that
人間が直接には関わらない「自然」でもって構成され
consists of non-human Nature, this has been in
ているところの、人間が関わる環境の中にある要素に関
existence for countless aeons before the unknown
する限り、その「自然」は、私たちの祖先たちが意識と
date at which our ancestors became human in the act
いうものに目覚めたのが何時なのかを知る以前に、無限
of awaking to consciousness.
に長い時間を掛けて既に存在していたのである。
We can also forecast that non-human Nature will still
この人間が直接には関わらない「自然」は、人類がこの
be there for further countless aeons after the
地球上から滅亡してしまうであろう更に計り知りえな
unknown future date at which the human race will
い未来の後の、計算できないほぼ永遠に近い時間がずっ
have become extinct.
とあるに違いない、ということを私たちは予言できる。
In the history of non-human Nature (if we could
人間が関わらない「自然」の歴史において(この歴史の
imagine the pre-human and post-human chapters of
中で、人間になる前の、及び人間になった後の、重要な
this history being recorded by some non-human
区切りが、人間以外の何ものかの観察によってもしも記
observer) the period during which one of the
録がとられる)ともしも想像できるとしてだが)、宇宙
- 140 -
constituents of the Universe has been Mankind will
の諸構成要素の一つが人類であり続けた期間は、目の瞬
have been as brief as the twinkling of an eye.
きと同じくらい短いであろう。
But for Man, so long as he exists, non-human Nature
しかし人間が地球上に存在している限り、人間に関わり
has significance only by virtue of being a part –
のない「自然」は、人間が関わる環境の、― 最重要で
thought it is not the most important part –of Man’s
はないとは言えない考えで―、 人間にとっては一部分
environment.
であるということによってのみ、大事な意味を持つに至
When
the
Universe
is
regarded
from
Man’s
るのである。宇宙を人間の立場から見た時、
standpoint,
the facts of geography are the facts as they are approached…..
地理学で明らかにされた諸事実は、人間が取り組んで明らかにな
This world, without man, is not environment, is not our
ったことのみである。・・・この世界は、人間が住んでいなくと
world…. Without man, environment does not exist.
も存在する環境であり、私たちが独り占めできる世界ではない。
No product of nature can be considered a natural resource
自然が産み出すものは何でも、人間がそれを利用しようとし、ま
until man wants it for use and has techniques for exploiting it.
たそれを探し出す技術を編み出そうとするまでは、天然資源と認
Thus, rich, swampy land is not a natural resource unless man
識されないものである。石炭、金、ウランなどの鉱石は、人間が
can drain it and cultivate; nor were coal, or uranium ore of any
これらの利用方法を見出すまでは、何の重要性を持たなかったの
importance until man wanted them and had means of using
である。
them.
Thus Greek thinkers were mistaken in supposing
従って、ギリシャ人の思想家たちが「人類の生息環境が、
that the variety of the non-human constituent of
人間が創りだす文化の多様性の原因となり、文化の色々な
Nature which is Mankind’s habitat is the cause of the
タイプと地理・気候のいくつものタイプとの間には、ある不変
variety of human culture, and that there is an
の相関がある。」と想像したことが間違いなのである。
invariable correlation between types of culture and
types of physiography and climate.
‘The facts of geography are the facts as they are
地理学で明らかになった諸々の事実は、人間が取り組んで
approached’ by Man.
明らかになったものである。
This is true, but, if it is true, so too must be the
このことは真実であるが、もしもそれが真実であるとすれば、
converse proposition.
正反対の命題もまた真実であるに違いない。
The man who approaches the facts of geography
地理学的な諸事実を明らかにしようとする研究者は、これら
either possesses or lacks the equipment for coping
の諸事実についてうまく取り組むことができるような素養を持
with these facts; and the key part of Man’s equipment
っているか、それとも持っていないである。そして求められる
is not his technology; it is this spirit.
素養とは技術的なものではなくて、気迫とか意図のような心
If
Man
does
not
have
the
vision,
initiative,
的態度を意味する。
persistence, and, above all, self-command that are
その研究者が、いくつかの地理的な環境事象に潜む可能
required for engaging in the enterprise of taking
性を利用しようとする企てに参画するのに必要な、洞察力、
advantage of the potentialities of some geographical
進取性、持続性、そしてなかんずく自制力をもしも持ってい
fact, the best tools will not, by themselves, enable
ないとしたら、最良と思われる道具でさえ、その道具でもっ
Man to do this job.
て、この研究は成し遂げることが出来ないであろう。
In Man, the decisive factor –the factor that tips the
研究者において、決定的な要因、つまり成功するか失敗に
balance either towards success or towards failure –is
終わってしまうかの結果に決定的な要因は、人種ではない
not race, and it is not skill either, it is the spirit in
し、また技能でもない。それは人間が自ら宇宙の中に出現し
which Man responds to the challenge of the sum total
たという結果として、人間に関わる環境になった総体自然が
- 141 -
of Nature that has become Man’s environment as a
人間に挑戦してきていることに対し、人間がどうやっ
result of Man’s own appearance in the Universe.
て応ずるかという心的態度に他ならない。
This sum total includes the nature of Man himself, as
この総体は、ホモサピエンスにて、そしてこの「種」
exemplified in Homo sapient and in the individual
の個々の標本、つまり個々の人間にて、例証したよう
representatives of this species –that is to say, in
に、人間自身の特徴を内包しているのである。
particular persons.
13 Challenge-and-Responds
13挑戦と応戦
I HAVE been searching for the positive factor which,
私は、この5000年もの間生存してきた人類が「慣
within the last five thousand years, has shaken part
習の統合」から「文明の分化」へと進展してきた部分
of Mankind out of the ‘integration of custom’ into the
を取り上げ、その要因を明らかにすることを目指して
‘differentiation of civilization’.
探究してきている。
The dawn of civilization was not the first occasion on
周期的変動を持つ人類の歴史が「慣習の統合」から「文
which the rhythm history underwent this change.
明の分化」への変化を初めて経験した時期が、文明の
This had happened already when some human
曙とはならない。
societies on the fringes of the Fertile Crescent had
肥沃な三日月地帯の外辺で幾つかの人間社会が農業を
invented agriculture.
発明してきた時に、既に文明の曙はあったのである。
It had happened, before that, when some earlier
更に以前に、それよりさらに古い社会が、前期旧石器
societies had broken away from the routine –perhaps,
的な道具を作って、多分この時まで50万年も行われ
by then, half a million years old –of making Lower
ていたのに、それに背いて、それよりはるかに高性能
Pala-eolithic tools, and had invented the much more
な後期旧石器的な技術を発明した時にも起こっていた
competent Upper Pala-eolithic technique.
のである。
The most radical of all new departures in human
人間の歴史におけるすべての新たなる出発の中で最も
history had been the original one in which Man’s
革命的なものは、人間になる以前の祖先たちが人間へ
pre-human ancestors had turned into human beings.
と変わったときの始源的な出発であった。
Thus the search for the explanation of such new
従って、このような新たな出発を説明できるものを求
departures is a search for the origin, not only of
めての探究は、文明のみではなくて人間性そのものの
civilization, but of humanity itself.
始源を求めることになる。
In my search up to the present point, I have been
風習や習慣の惰性、人種、環境という霊魂のない脚本
experimenting with the play of soulless forces –vis
を用いて私は探究をし、さらに因果という決定論的な観
inertiae and race and environment –and I have been
点から思考しながら、現時点まで調べてきた。
thinking
in
the
deterministic
terms
of
cause-and-effect.
Now that these manoeuvres have ended, one after
これらの機動作戦は次々と失敗に終わってしまった今、
another, in my drawing blank, I am led to consider
こうして相次ぐ失敗が何か方法論に誤りがあるのでは
whether my successive failures may not point to some
ないだろうかと考えさせられる。
mistake in method.
Perhaps I have fallen a victim to ‘the apathetic
調査し始めた時から「無感情の誤謬」に嵌らないように
- 142 -
fallacy’ against which I sought to put myself on guard
警戒していたのに、私は多分「無感情の誤謬」の犠牲
at the outset of my inquiry.
になってしまったのであろう。
Have I not erred in applying to historical thought,
生物の研究であるところの歴史的思考に、生命のない
which is a study of living creatures, a scientific
自然について考察しようと考え出した科学的思考方法
method of thought which has been devised for
を適用したことが、誤りではなかっただろうか。
thinking about inanimate Nature?
And have I not also erred further in treating the
そして、人間同士の出会いを、因果の作用というひと
outcomes of encounters between persons as cases of
つの事例として取り扱ったのもまた誤りではなかった
the operation of cause-and-effect?
のではないだろうか。
The effect of a cause is inevitable, invariable, and
ある原因の結果は不可避であり、不変であり、予測で
predictable.
きないものである。
But the initiative that is taken by one or other of the
しかしある人間の集団同士の出会いで発揮された進取
live parties to an encounter is not a cause; it is a
の気性は、原因ではない。それはある挑戦である。
challenge.
それがもたらすものは結果ではない。それは応答であ
Its consequence is nor an effect; it is a response.
る。
Challenge-and-response resembles cause-and-effect
挑戦・応答は、諸出来事の因果的連鎖を表わしている
only standing for a sequence of events.
点についてのみ原因・結果に類似している。
The character of sequence is not the same.
その因果的連鎖の特徴は同じものではない。
Unlike the effect of a cause, the response to a
ある原因の結果とは異なって、ある挑戦への応答は最初
challenge is not predetermined, is not necessarily
から決まっていたものではなくて、あらゆる場合に画一
uniform in all cases, and is therefore intrinsically
的である必要もなく、従って本来的に予測は出来ないも
unpredictable.
のである。
I will now look at my problem with new eyes.
私は今から新しい視点でもって問題点を見てみたい。
I will see ‘persons’ where, so far, I have been seeing
これまで「効果・影響」の観点で見ていたが、
「人間」
‘forces’.
という観点でもって見ることにする。
I will picture the relations between persons as being
結果を作り出す原因の代わりに、応答を呼び起こそうと
challenges that evoke responses, instead of causes
挑戦している人間同士間の関係を、私は描くことにしよ
that produce effects.
う。
I will follow Plato’s lead: I will turn away from the
私はプラトンの教えに従うことにしたい。つまり私は科
formulae of science in order to hearken to the
学の空虚な言葉を追い払って、神話の言葉に耳を傾ける
language of mythology.
ことにしよう。
So far, by the process of exhaustion, we have made
いままでの徹底した探究により、私たちはひとつの発
one discovery: the cause of the geneses of civilizations
見をしてきている。諸文明始源の原因・根拠はそんなに
is not simple but multiple; it is not an entity but a
単純なものではなく、多様なものである。またそれは実
relation.
在物ではなくて、ある関係なのである。
We have the choice of conceiving this relation either
この関係を、自動車のエンジン燃焼室でガソリンと空気
as an interaction between two inhuman forces –like
とが相互作用するような事例の如く、人間の力が及ばな
the petrol and the air which interact in the engine of
い二つの力の間の相互作用とするのか、それとも、二人
a motor-car –or as an encounter between two
が持つ個性の間での出会いとするのか、選択をせねばな
personalities.
らない。
- 143 -
Let us yield our minds to the second of these two
これらふたつの内の後者の考え方に私たちは思いを馳
conceptions.
せたい。
Perhaps it will lead us towards the light.
それは多分私たちに光明をさしてくれるであろう。
An
encounter
between
two
superhuman
personalities is the plot of some of the greatest stories
超人的な個性を持った二人の出会いは、人間の想像
and dramas that the human imagination has
力で思いついた最大の物語の、最高の劇作物の筋書き
conceived.
となる。
An encounter between Yahweh and the Serpent is the
plot of the story of the Fall of Man in the Book of
ヤハウェと蛇との出会いは、旧約聖書の中の『創世記』
Genesis; a second encounter between the same
における人間の堕落という物語の筋書きである。同じ
antagonists
progressive
競争相手との第二の出会いはシリア人たちの進歩的な
enlightenment of Syriac souls) is the plot of the New
啓蒙思想によって神々しくなって、キリストによる贖
Testament which tells the story of the Redemption; an
罪を語っている『新約聖書』にある筋書きになる。主
encounter between the Lord and Satan is the plot of
とサタンとの出会いは『ヨブ記』の、主とメフィスト
the Book of Job; an encounter between the Lord and
フェレスとの出会いはゲーテの『ファウスト』の、神々
Mephistopheles is the plot of Goethe’s Faust; an
とデモンたちとの出会いはスカンディナヴィアンの
encounter between Gods and Demons is the plot of
『ヴェルスパ』の、アルテミスとアフロディティとの
the Scandinavian Voluspà; an encounter between
出会いはエウリピデスの『ヒッポリュトス』の、筋書
Artemis and Aphrodite is the plot of Euripides’
きをなしているのである。
(transfigured
by
a
Hippolytus.
至るところにある神話、そして永劫回帰的な神話の
We find another version of the same plot in that
中には同じ筋書きのもので別の脚色があることに私た
ubiquitous and ever-recurring myth –a ‘primordial
ちは気づく。
「原作のイメージ」という言葉に当てはま
image’, if ever there was one –of the encounter
るものが、
「処女と、その子の父親との出会い」がまさ
between the Virgin and the Father of her Child.
にそれである。
The characters of this myth have played their allotted
この神話の登場人物は、数多くの違った舞台上で無限
parts on a thousand different stages under an infinite
に近いと言っていいほどの数多くの名前で割り当てら
variety of names: Danae and the Shower of Gold;
れた役柄を演じてきている。
「黄金の雨に抱かれたダナ
Europa and the Bull; Semele the stricken Earth and
エ」、
「エウロパ姫をさらった牛」
、
「電撃された大地セ
Zeus the Sky that launches the thunderbolt; Greusa
メレーと雷電を発する天空ゼウス」、
「エウリピデスの
and Apollo in Euripides’ Ion; Psyche and Cupid;
『アイオーン』のグルーザとアポロ」、
「プシュッケー
Gretchen and Faust.
とキューピット」、
「グレートヒェンとファウスト」な
どである。
The theme recurs, transfigured, in the Annunciation.
「お告げ」(訳註:天使が聖母にキリストの受胎を告げたこと)の
This protean myth even found favour for a time with
中で、そのテーマが繰り返し、神々しくなる。
those Western cosmogonists of our own day who
この変幻自在な神話は、惑星系が太陽とそれ以外の通
propounded the theory that the planetary system was
過して行く星との間の至近距離での交合によって出来
the issue of a close conjunction between the Sun and
たという理論を提示した現代西欧の宇宙生成論者に一
another passing star.
時期受け入れられたほどである。
Their hypothesis was that in the remote past our sun was an
彼らが立てた仮説は、遥かに過去の我が太陽が惑星を持たない普
ordinary star without planets.
通の星であると、というものであった。
- 144 -
Then, about twenty million years [sic] ago, another star on its
それから、約2000年[原文のまま]以前には、他の星が宇宙空
journey through space passed very close to the sun.
間での旅の途上で太陽にえらく接近したと、ある。
The gravitational attraction between the two bodies swung
二つの天体の間には引力がお互いに作用したが結局他の星は通
them about one another and eventually the other star passed
り過ぎたと。
on.
But in this close encounter great tides of gaseous matter would
しかしこの至近距離での出会いによって、ガス状物質による大き
have been torn from the sun; some of this would fall back,
な潮が太陽から激しく押し寄せて分離し、その一部は太陽に戻
some might have followed the passing star into space, but a
り、またその一部は通過した星に付いて宇宙へ飛び去ったが、あ
certain amount would remain under the gravitational field of
る程度の量のガス状物質は太陽の重力場に残り、太陽の周りを廻
the sun, circling around it.
ることになったのである。
These gases eventually condensed into smaller fragments,
これらのガス状物質は結局もっと小さい欠けらに凝縮し、最後に
which finally accreted into larger and larger bodies to form the
はお互いにくっ付き合って大きな天体になり、やがて惑星を形成
planets. (Note: A.C.B. Lovell ‘The Individual and Universe’)
するようになった。
(著者註:ロヴェル著『個人と宇宙』1959 年)
This is no more than a restatement, in the
これは、教師のいない野放しの子供らに話聞かせたよう
incongruous accents of modern astronomy, of the
な極めて馴染みのある物語であり、太陽の女神とその凌
mythological encounter between the Sun goddess and
辱者との神話的出会いに、現代の天文学によるちぐはぐ
her ravisher that is so familiar a tale in the mouths of
なアクセントを付けた、言い直しに過ぎない。
the untutored children of Nature.
Let us try analyse the plot of this story or drama
異なる文脈で、そして様々な形で繰り返し紹介してき
which repeats itself in such different contexts and in
たこのような物語若しくは演劇の筋書きを分析するこ
such various forms.
とにしよう。
We may begin with two general features: the
私たちは先ず二つの一般的な特徴を取り上げたい。出会
encounter is thought of as being a rare or even a
いとは、稀なものであり、また唯一のものを考える。出
unique event; and it has consequences which are vast
会いとは、自然現象において習慣的なコースで大きな背
in proportion to the vastness of the breach which it
信があるとそれに比例して甚大な結果をもたらす。
makes in the customary course of Nature.
Even in the easy-going world of the Hellenic
神々が、人間たちの娘を見て美人と感じて彼女たちに
mythology, where the gods saw the daughters of men
思いのまま振る舞ったためにその犠牲者は極めて多く、
that they were fair, and had their way with so many
そして詩句に陳列されるほどであった、ヘレニズム神話
of them that their victims could be marshalled and
のだらしない世界においてさえ、出来事はセンセーショ
paraded in poetic catalogues, such incidents never
ナルな不純な恋愛事件であることを決してやめさせず、
ceased to be sensational affaires and invariably
いつも英雄の誕生という結果になったのである。
resulted in the births of heroes.
In the versions of the plot in which both the parties to
出会いの当事者が両方とも超人たちであったと筋書き
the encounter are superhuman, the rarity and
を変えた場合、事件の希少性とか重大性は、一層強く浮
momentousness of the event are apt to be thrown into
き彫りにされがちになる。
stronger relief.
- 145 -
In the Book of Job, ‘the day when the sons of God
『ヨブ記』に、
「ある日、神の子来たりて主の前に立つ。
came to present themselves before the Lord, and
サタンも来たりて中にあり」(著者註:「ヨブ記」1の6)があ
Satan came also among them’ is evidently thought of
るが、それは明らかに稀な場合であると考える。そして
as being an unusual occasion; and so is the encounter
ゲーテの『ファウスト』劇の始めのくだりに「天上の序
between the Lord and Mephistopheles in the
曲」
(勿論、
『ヨブ記』のあの箇所からヒントを得ている)
‘Prologue in Heaven’ (suggested, of course, by the
における、主とメフィスフェレスとの出会いもまた同じ
passage in the Book of Job) which starts the action of
である。
Goethe’s Faust.
In both these dramas, the consequences of Earth of
これらの劇のいずれにおいて、天上におけるこの稀なる
this unusual encounter in Heaven are tremendous.
出会いが、地上での結果に終わることはすざましい。
The single ordeals of Job and Faust represent, in the
『ヨブ記』と『ファウスト』に見られる純真で厳しい試
intuitive language of fiction, the infinitely multiple
練は、「人間に対して無限に続く多様なフィクションの
ordeal of Man; and, in the language of theology, the
試練」という直感的な言葉によって言い表すことが出来
same vast consequence is represented as following
る。そして神学的な言葉で言えば、同じような広大な結
from the superhuman encounters that are portrayed
果が、『創世記』と『新約聖書』に書かれた超人的な出
in the Book of Genesis and in the New Testament.
会いによってもたらされた、となる。
The expulsion of Adam and Eve from the Garden of
ヤハウェと蛇との出会いがもたらした、エデンの園から
Eden, which follows from the encounter between
のアダムとイヴの追放は人間の堕落に他ならず、また
Yahweh and the Serpent, is nothing less than the Fall
『新約聖書』でのキリストの受難は人間の贖罪に他なら
of Man; the passion of Christ in the New Testament is
ない。
nothing less than Man’s Redemption.
In the New Testament, the uniqueness of the divine
新約聖書において、神性なる出来事が唯一無比である
event is of the essence of the story; and this has been
とするのが、物語の本質としている。そしてこのことが
a stumbling-block to the Western intellect ever since
天動説のような物質的宇宙観が、近代西欧の天文学によ
the geocentric conception of the material universe
る諸々の発見によってはじめて疑問とされて以来、西欧
was first impugned by the discoveries of modern
の知識人にとってはずっと悩みの種であり続けてきて
Western astronomy.
いた。
Yet
this
modern
astronomical
conception
of
しかも、たった昨日まで、無比の神性なる出来事とい
immensity, which appeared, only yesterday, to confute
う老いることのない神話の誤りを立証するものと思わ
the ageless myth of the unique divine event, may
れた、無数にあるこの近代天文学の考え方は、明日にで
appear to rehabilitate it tomorrow; for the immensity
も元に戻るのかも知れない。中味のない空間の広さが無
of the extent of empty space is out of all proportion to
量に対して、世に言われる星の数の無量はまったく釣り
the immensity of the reputed number of the stars;
あいを失っている。そして、二つの惑星の間のすべての
and it follows from this that any encounter between
出会いというものは、殆んど想像がつかない位の稀な出
two stars would be an almost inconceivably rare
来事だとはっきりと理解することができる。
event.
Thus, in the portrayal of a conjunction of our Sun and
かくて、我が太陽と他の惑星との交合の記述において、
another star, which was supposed to have led on to
地球上での生命の出現を導いてきたと想定しており、そ
the appearance of life on Earth, the rarity and
の出来事が稀であり且つ重大なことであることが、出会
momentousness of the event turn out to be almost as
いが神と悪魔との間で起こり、その結果が人間の堕罪と
- 146 -
much of the essence of the story as they are in the
贖罪とであると『創世記』と『新約聖書』の場合と殆ど
Book of Genesis and in the New Testament, where the
同じ程度であり、物語の本質であることが分る。
encounters are between God and the Devil and
consequences are the Fall and the Redemption of
Man.
The traditional plot of the play has a way of
劇の伝統的な筋書きは、異国情緒な背景の中にそれ自身
reasserting itself in exotic settings.
を再び主張する方法を持っている。
The play opens with a perfect state of Yin.
その劇は完全な「陰」の状態で開演する。
In the universe, Balder keeps all things bright and
宇宙では、バㇽデルが自分の生命を維持しながら輝き
beautiful through keeping himself alive. In Heaven,
のある、そして美しいすべてのことを保っている。天
上では、
Die unbegreiflich hohen Werke
不可解で崇高な宇宙の営みは、
Sind herrlich, wie am cresten Tag.
天地創造の日と同じく壮麗だ。
(訳者註:高橋義孝訳「ファウスト」新潮文庫引用)
On Earth, Faust is perfect in knowledge; Job is
地上では、ファウストは知において完全であり、ヨブ
perfect in goodness and prosperity?
は善良さと栄達において完全である。
Adams and Eve, in the Garden of Eden, are perfect in
アダムとイヴはエデンの園において、無垢と安楽にお
innocence and case; the virgin –Gretchen, Danae,
いて完全であり、処女たち、すなわちグレート、ヘン
Hippolytus –are perfect in purity and beauty.
ダナエ、ヒポリティスは純潔さと、美しさは完全だ。
In the astronomer’s universe, the Sun, a perfect orb of
天文学者の思い描いている宇宙では、白熱なる物質か
incandescent matters, is travelling on an unimpeded
らなる完全球体である太陽が、何者にも妨げられない
course through Space.
コースを辿って宇宙空間の旅をしている。
In the biologist’s universe, the species is in perfect
生物学者の思い描いている宇宙では、
「種」はその置か
adaptation to its environment.
れている環境に、完全なほど適応している。
When Yin is thus complete, it is ready to pass over
「陰」がこのように完全なものであるとすると、
「陽」
into Yang.
へは容易に移りやすい。そのような移行をもたらすも
But what is to make it pass?
のはところで何だろうか。定義によると「陰」から「陽」
A change in a state which, by definition, is perfect
への状況変化とは、その種のものが、外部からもたら
after its kind can be started only by an impulse or
されるところの、ある推進力又はある原動力によって
motive which comes from outside.
のみ始動でき、その後、完全なものになる。
If we think of the state as being one of physical
この状態が物理的平衡状態のひとつとして考えた場
equilibrium, we must bring another star to raise a
合、他の惑星が太陽の球面上に潮を引き起すよう持っ
tide on the spherical surface of the Sun, or another
てくるか、自動車エンジン燃焼室にある不活性な空気
gas to evoke an explosion from the inert air in the
から爆発を呼び起すような別のガスを持ってこなけれ
combustion –chamber of the motor-engine.
ばならない。
If we think of the state as being one of psychic
この状態が心霊の至福又は涅槃のひとつとして考えた
beatitude or nirvana, we must bring another actor on
場合、この舞台に他の役者を連れてこなければならな
to the stage: a critic to set the mind thinking again by
い。その役者とは、疑いを仄めかすことで人々に再考
- 147 -
suggesting doubts; an adversary to set the heart
を促す評論家とか、苦悩・不満・恐怖・反感を人々に
feeling again by instilling distress or discontent or
植え付けることで心情を起こさせる敵役である。実は、
fear or antipathy; in fact, an enemy to sow tares in
それは、畑に敵が毒麦を蒔く(著者註:「マタイ伝13の24
the field; an access of desire to generate karma.
-30)ことであり、
「業」を生み出す欲望の発現である。
This is the role of the Serpent in the Book of Genesis,
これは、『創世記』における蛇、『ヤコブ記』における
of Satan in the Book of Yob, of Mephistopheles in
サタン、ゲーテの『ファウスト』におけるメフィスト
Faust, of Loki in the Scandinavian
フェレス、
『スカンディナビアン神話=北欧神話』にお
mythology, of Aphrodite in Euripides’ Hippolytus and
けるロキ、エウリピデスの『ヒッポリュトス』におけ
Apollo in his Ion, of the passing star in modern
るアフロディッテ、
『イオン』におけるアポロ、近代西
Western cosmogony, of the environment in the
欧の『宇宙生成論』における通り過ぎる星、ダーウィ
Darwinian theory of evolution.
ンの『進化論』における環境が果たす役割である。
In the language of a modern Western philosopher, ‘To
近代西欧哲学者の言葉を借りれば、
「個人を跳び上がら
jolt the individual….and also….to break up the
せ・・そしてまた・・彼が囚われている共同の枠組み
collective frameworks in which he is imprisoned, it is
を打ち壊すためには、彼は外側から揺すって、突くこ
indispensable that he should be shaken and prodded
とが不可欠である。敵がいなければ、我々には何がで
from outside. What would we do without our
きると言うのかね。」
Goethe’s
enemies?’
The role is interpreted most clearly it is played by
その役割をもっと明瞭に理解するには、メフィスト
Mephistopheles.
フェレスの演技を見ればよい。
First, the Lord propounds it in the Prologue in
先ず、主が「天上の序曲」でそれを示している。
Heaven:
Des Menchen Tatigkeit kann allzuleicht erschlaffen
人間の営為は中道にして熄みやすく、
Er liebt sich bald die unbedingte Ruh’ ;
とかく無為を欲したがるものだ。
Drum geb’ ich gern ihm den Gesellen zu,
それだからこそああいう悪戯者を人間に添わせて、
Der reizt und wirkt und muss als Teufel schaffen.
人間を突っついたり働かせたり、悪魔としての仕事をやらせ
ておくのだ。(訳者註:高橋義孝訳「ファウスト」新潮文庫引用)
Afterwards, Mephistopheles gives the same account
のちにメフィストフェレスは、地上でファウストへの
of his role in introducing himself, on Earth, to Faust:
自己紹介にて自分の役割を同じ説明をしている。
Ich bin der Geist, der stets verneinen!
私は常に否定する霊です。
Und das mit Recht; den alles, was entsteht,
それも道理に叶っておりましょう、なぜなら、生まれるとい
Ist wert, dass es zugrunde geht;
うことは、消え失せるということなのですからね。
Drum besser wär’s, dass nichit ensstünde.
だから、何も生まれてこない方がいいわけでしょう。
So ist den alles, was ihr Sünde,
という次第で、あなた方が罪だの破滅だの
Zerstörung, kurz das Bose nennt,
要するに悪と呼んでおられるものは、
Mein eigentliches Element.
みな私の領分内のことなのです。
(訳者註:高橋義孝訳「ファウスト」新潮文庫引用)
Finally, Faust explains the adversary’s role, by
最後にファウストは、死に際での台詞で、それとなく、
implication, from his own experience, in his dying
自分の経験からして、敵役の役割を次のように説明し
speech:
ている。
Nur der verdient sich Freiheit wie das Leben
「日々に自由と生活を闘い取らねばならぬ者こそ、自由と生活
Der täglich sie erobern muss.
とを享くるに値する」
- 148 -
(訳者註:高橋義孝訳「ファウスト」新潮文庫引用)
The impulse or motive which makes a perfect
完全なる「陰の状態」から新たなる「陽の状況」に移
Yin-state pass over into a new Yang-activity comes
らせるような推進力又はある原動力は、悪魔が神のいる
from an intrusion of the Devil into the universe of
宇宙へ侵入することでもたらされる。
God.
The event can best be described in these mythological
この出来事をもっとも上手く描き得るのは、神話的な表
images because they are not embarrassed by the
現である。なぜなら神話的表現は叙述を論理的な言葉に
contradiction that arises when the statement is
移し変えたときに生じる矛盾をはぐらかしてくれるか
translated into logical terms.
らだ。
In logic, if God’s universe is perfect, there cannot be a
論理的に言うと、神のいる宇宙がもしも完全なものであ
Devil outside it, while, if the Devil exists, the
るとすると、その外側に悪魔が存在することは有り得な
perfection which he comes to spoil must have been
いし、一方、もしも悪魔が存在するとしたら、悪魔が台
incomplete already through the very fact of his
無しにしてしまう完全さとは、悪魔が存在するという本
existence.
当の事実そのものによって十分に不完全であったはず
である。
This logical contradiction, which cannot be resolved
論理的には解決し得ないようなこの論理的矛盾は、全能
logically, is transcended intuitively in the imagery of
の神を褒め称えつつも、神が二つの決定的なる制限に従
the poet and the prophet, who gives glory to an
うべきだと当然のことと思っている詩人と預言者の想
omnipotent God yet take it for granted that He is
像力に潜む直感的なものでもって初めて超越できるの
subject to two crucial limitations.
である。
The first limitation is that, in the perfection of what
He
has
created
already,
He
cannot
find
an
第一の制限とは、神が既に創造したものが完全である
が故に神は更なる創造的な状況をつくりだす機会を見
opportunity for further creative activity.
出し得ないことを、指している。
If God is pictured as transcendent, then
もしも神が超越的であると描くことが出来るならば、
Die unbegreflich hohen Werke
不可解で崇高な宇宙の営みは、
Sind herrlich, wie am ersten Tag;
天地創造の日と同じに壮麗だ。
(前出)
the works of creation are as glorious as ever they
創造の営みはこれまでと同様に、栄光に満ちているが、
were but they are not ‘changed from glory to glory’.
その創造の営みは「栄光から栄光へとは変え」られない。
At this point, the principle that ‘where the spirit of
(著者註:「コリント後書3-18」)
the Lord is, there is liberty’ fails; and, if God is
るところには自由あり」
(著者註:
「コリント後書3-17」)とい
pictured as immanent, the same limitation still holds;
う原理は挫折してしまう。そしてもし神が宇宙内在的な
この点で、「主の御霊のあ
ものとして描かれるならば、同様の限界があり続けるこ
とになる。
Der Gott, der mi rim Busen wohnt
己の胸の中に住んでいる神は、
Kann tief mein Innerstes erregen,
己の心を深く揺り動かすことはできるが、
Der über allen meinen Kräften thront
己の力のすべてを支配するこの神も、
Er kann nach aussen nichits bewegen.
外へ向かっては全く無力なのだ。
The second limitation upon God’s power is that when
(訳者註:高橋義孝訳「ファウスト」新潮文庫引用)
the opportunity for fresh creation is offered to Him
神が持つ力での第二の制限は、新たな創造への機会を
from outside, He is bound to take it.
神に与えられた時、神はその機会を捉える義務も課せ
When the Devil challenges Him, He cannot refuse to
られる。悪魔が神に挑戦した時、神はその挑戦を拒む
take the challenge up.
ことは出来ない。
- 149 -
‘Live
dangerously’,
which
is
the
Nietzschian
ニーチェの『ツァラトゥストラ』の典型である「危険に
Zarathustra’s ideal, is God’s necessity.
生きよ」は、神の必然なのである。
This limitation is illustrated in the Parable of the
この制限については、毒麦の寓話により説明がなされて
Tares:
いる。
So the servants of the householder came and said unto him:
‘Sir, didst not thou sow good seed in the field? From whence,
僕ども来たりて家主にいう、「主よ、畑に播きしは良き種ならず
then, hath it tares?’ He said unto them: ‘An enemy bath done
や、然るに如何にして毒麦あるか」。主人いう、「仇のなしたるな
this.’ The servants said unto him: ‘Wilt thou then that we go
り」。僕どもいう、「さらば我らが行きてこれを抜き集むるを欲す
and gather them up?’ But he said: ‘Nay; lest, while ye gather
るか」。主人いう、「いな恐らくは毒麦を抜き集めんとて麦をも共
up the tares, ye root up also the wheat with them. Let both
に抜かん。ふたつながら収穫まで育つに任せよ」(著者註:「マタイ
grow together until the harvest.’
伝」13の27-30)
God is bounded to accept the embarrassment that
神は、悪魔によって押し付けられた厄介なことを受入
is thrust upon Him by the Devil because He can
れざるを得ない。これを拒否するためには、神自身の目
refuse only at the price of renouncing His own
的を否認し、且つ、神自身の大業を無為にするという相
purposes and undoing His own work –in fact, at the
当な犠牲を払うしかない。事実、神自身の本性を否定し、
price of denying His own nature and ceasing to be
且つ、神たることをやめるという相当な代償を支払わね
God, which is either an impossibility or another story.
ばならないが、これらは共に不可能なことであり、でな
If God is thus not omnipotent in logical terms, is He
ければ違った物語になってしまう。このように神が論理
still mythologically invincible?
的に全能ではないとしても、神話的には無敵たり得る
If He is bound to take up the Devil’s challenge, is He
か。悪魔の挑戦に応じなければならないのならば、同時
equally bound to win the ensuing battle?
に続く戦闘で勝たなければならないのではないか。
In Euripides’ Hippolytus, where God’s part is played
エウリピデスの『ヒッポリュトス』では、神の役をアル
by Artemis and the Devil’s by Aphrodite, Artemis is
テミスが、悪魔の役をアフロディッテが、演じているの
not only unable to decline combat but is doomed to
だが、アルテミスは戦いを拒みきれないどころか、敗北
defeat.
を宿命づけられている。
The relation between the Olympians –all peers of one
蛮族将軍が率いる戦団はお互いに平等であるオリンポ
another in a barbarian war-lord’s war-band – is
スの神々の間での関係は、無秩序である。
anarchic:
‘Twas the will
すなわち、これらのことはみな、キュプリスが己の怒りを晴
Of Cypris that these evil things should be,
らさんがために、謀ったことによるのである。然るに神の世
Sating her wrath. And this immutably
界の掟として、ひとりの神が望んでなすことには、いかなる
Hath Zeus ordained in heaven: no God may
神が望んでなすことには、如何なる神もこれを防ぐることを
thwart
欲せず。常に傍に避けているものである。
A God’s fixed will; we grieve but stand apart.
(著者註:エウリピデス「ヒポリュトス」1327-30行、松平千秋訳)
And Artemis can only console herself by making up
そしてアルテミスは、いつか自分も悪魔役を演じてアフ
her mind that one day she will play the Devil’s role
ロディッテを傷付けてやろうと決心して、自らを慰める
herself to Aphrodite’s hurt:
のみであった。
My hand shall win its vengeance, through and through
今度は私の手によってキュプリスの最も愛しむ人を射ち誤
Piercing with flawless shaft what heart soe’er
ることのなきこの弓で射止めて、恨みをはらしてやりましょ
Of all men living is most dear to Her.
う。
- 150 -
(著者註:エウリピデス「ヒポリュトス」1420-2行、松平千秋訳)
Thus, in Euripides’ version of the plot, the victory in
このようにエウリピデスによる筋書きの脚色では、戦闘
the battle fails to the Power which assumes the
の勝利は悪魔の役廻りを引き受ける力に屈してしまい、
Devil’s role, and the outcome is not creation but
結末は創造ではなくて、破滅となる。
destruction.
In the Scandinavian version, destruction is likewise
北欧神話の脚色によれば、破滅は「ラグナロク」(訳註:北欧
the outcome of Ragnaök –‘gods and demons slay and
神話の世界における終末の日をさす)
are slain’ –though the unique genius of the author of
しそして殺される》と同じになる。それは、『ヴェルス
Völuspá makes his Sibyl’s vision pierce the gloom to
パ』の作者の、類なき天才により、巫女の幻想が暗闇を
behold the light of a new dawn beyond it.
貫いて、その先の新しい夜明けの光を見ることになるの
On the other hand, in another version of the plot, the
だが。
combat which follows the unavoidable acceptance of
一方、別の脚色によると、挑戦を避けがたく受けざるを
the challenge takes the form, not of an exchange of
得なく戦闘が始まり、悪魔が第一撃を加え首尾よく敵を
fire in which the Devil has the first shot and cannot
仕留めるような交戦の形をとらず、悪魔のほうが明らか
fail to kill his man, but of a wager which the Devil is
に負け戦になるような「賭け」の形をとっている。
apparently bound to lose.
この「賭け」という主題が一貫している古典的な芸術作
The classic works of art in which this wager-motif is
品は、言うまでもなく、
『ヨブ記』であり、ゲーテの『フ
worked out are, of course, the Book of Job and
ァウスト』であり、そして『ファウスト』を再び取り上
Goethe’s Faust; and it is in Faust, again, that the
げるが、そこの点がもっとも明確に出ていることが分
points are made most clear.
る。
の結末《神々と悪魔たちは共々殺
After the Lord has accepted the wager with
「天上の序曲」で、主がメフィストフェレスとの「賭
Mephistopheles in the Prologue in Heaven, the terms
け」を受け止めたのちに、地上でのファウストとメフィ
are agreed on Earth, between Mephistopheles and
ストフェレスとの間で以下のような契約が取り交わさ
Faust, as follows:
れるのである。
Faust. Werd ich beruhigt je mich auf ein Faulbett legen,
ファウスト
So sei es gleigh um mich getan!
ようだったら、その時は己ももうおしまいだ。
Kannst du mich schmeichelnd je belügen
君にしても、もしこの己に取り入って己がもうこれ
Dass ich mit selbst gefallen mag,
で満足というように持って行けたら、
Kannst de mich mit Genuss betrüngen,
己を快楽でたぶらかし騙しおおせたなら―
Das sei für mich der letzte Tag!
その時は己が負けだ。
Die Wette biet’ ich !
どうだ、賭けるか。
Mephistopheles.
Faust.
もし己がのんびりと寝そべっていたいなどと思う
Topp !
Unt Schlag auf Schlag !
メフィストフェレス
ファウスト
賭けましょう。
間違いあるまいな。
Werd’ ich zum Augenblicke sagen:
己がある刹那に向かって、「とまれ、おまえはあま
‘Verweile doch! Du bist so schön!
りにも美しい」と言ったら、
Dann magst du mich in Fesseln schlagen,
己はお前に存分に料理されていい。
Dann will ich gern zugrunde gehn!
己は喜んで滅んで行く。
Dann mag die Totenglocke schallen,
そうしたら葬式の鐘が鳴るがいい。
Dann bist du deines Dienstes frei,
その時は君の奉公も終わるのだ。
Die Uhr mag stehn, der Zeiger fallen,
時計がとまり、針も落ちるがいい。
Es sei die Zeit für mich vorbei !
己のすべては終わるのだ。
- 151 -
The bearing of this mythical compact upon our
新たな旅立ちを説明するという私たちの課題に対して
problem of accounting for new departure can be
このような神話的な契りの持つ意味は、私が前述した
brought out by identifying Faust, at the moment
「登攀者たちのひと登り」なる喩えの中で、その賭けを
when he makes his bet, with one of those ‘awakened
した瞬間のファウストを、
「登攀者たちがじっと横たわ
sleepers’ who have risen from the ledge on which they
っていたのに、それから絶壁の上向きにある岩場を登攀
had been lying torpid, and have started to climb on up
し始めた、かの「目覚めた眠りひと」(「エペソ書」5-14)
the face of the cliff, in our simile of the climbers
の一人と同一視することによって明らかにされうるの
‘pitch’.
である。
In the language of our simile, Faust is saying: ‘I have
この喩えの言葉を用いて、ファウストは「私はこの岩棚
made up my mind to leave this ledge and climb this
を出て、次の上方にある岩棚を探しながらこの絶壁を攀
precipice in search of the next ledge above. In
じ登ることを決心した。この登攀をすると、私は危険と
attempting this, I am aware that I am courting
戯れて、それと知りつつ安全に背を向けていることも知
danger and deliberately leaving safety behind me. I
っている。もしここで一度でも立ち止まったら、落ちて
am aware that if once I pause I shall fall, and that if
しまうし、ひとたび落ちたら破滅してしまうことに気づ
once I fall I shall fall to destruction. Yet, for the sake
いている。それでも、登攀に成功するとの可能性を信じ
of the possible achievement, I am ready to take the
て私は不可避の危険を冒そうとしているのである。
」と
inevitable risk.’
言っている。
In the story as told in this version of the plot, the
筋書きをこのような脚色が言っている物語では、勇敢
intrepid climber, after an ordeal of mortal dangers
な登攀者は、死を賭した危険と絶望的な逆境という試練
and desperate reverses, succeeds in the end in scaling
のあとで、最後には、絶壁を首尾よく克服するのに成功
the cliff triumphantly.
するのである。
In both Job and Faust, the wager is won by God; and
『ヨブ記』でも『ファウスト』でも、賭けに勝つのは神
again, in the New Testament, the same ending is
なのである。そしてまた『新約聖書』においても結末は
given, through the revelation of a second encounter
同じになっている。
『創世記』の原型では、ヤハウェと
between the same pair of antagonists, to the combat
蛇との闘いは、この同じ両敵対者間の第二の出会いとい
between Yahweh and the Serpent which, in the
う啓示を通して、むしろ『ヒュポリュトス』にあるアル
original version in the Book of Genesis, had ended
テミスとアフロディナとの闘いと同じような結末にな
rather in the manner of the combat between Artemis
ったのである。
and Aphrodite in the Hippolytus.
Moreover, in Job and Faust and New Testament alike,
そのうえ『ヨブ記』
『ファウスト』
『新約聖書』の何れに
it is suggested, or even declared outright, that the
おいても、悪魔は賭けには勝ち得ないことや、また悪魔
wager cannot be won by the Devil; that the Devil, in
は神の業にちょっかいをしても、その間ずっとその状態
meddling with God’s work, cannot frustrate master of
を支配していることを妨げることは出来ないし、悪魔が
the situation all the time and gives the Devil rope for
自分の首吊りに使うための縄を与えるようなことを仄
the Devil to hang himself.
めかしているか、口外しているようなものである。
This seems to be implied in Jesus’s words to the chief
このことは、イエスが祭司長や宮守頭や長老たちへ「今
priests and captains of the Temple and the elders:
は難事らの時、暗黒の権威あり」(著者註:「ルカ伝」22-53)
‘This is your hour and the power of darkness’, and in
と言った言葉、ピラトへの「汝、上より賜わらずば、我
his words to Pilate: ‘Thou couldest have no power at
に対して何の権威もなし」(著者註:「ヨハネ伝」19-11)とい
all against me, except it were given thee from above.’
う言葉の内に含蓄されているように思われる。
- 152 -
And the implication is worked out in the following
そしてその含蓄は、近代キリスト教神学者のひとりが以
passage from the pen of a modern Christian
下の文章にて表現されている。
(著者註:Steuart R.H.J. 『心のビジ
theologian:
ョン』)
苦しみと敗北と死とを通じて、キリストが・・・そしてキリストの故にキ
Not through pain and defeat and death does Christ come to victory –
リストのものたる我々すべてがキリストの後に従って・・・勝利に到るの
and after Him all we are Christ’s because of Him –but …these things
ではない。そうではなくて、・・・これらのことが勝利なのだ。・・・まさ
are the victory….It is…in the Risen Christ that we can see how evil,
に復活したキリストの内にこそ、我々がなお戦おうと努めねばならぬ「悪」
against which we yet must strive, runs its course and is found at the
が、如何にして、その走路を走り終えた時に、
「善」に抗し、
「善」を破壊
end to be the good which it seemed to be resisting and destroying: how
していると見えつつも、遂には「善」と成り終わることになるかを、また、
God must abandon us in order that He may be the more sure of us.
如何にして、神が我々をもっと良く信頼しているがために、我々を見捨て
ねばならぬかを、我々はみるのである。
So, in Goethe’s Faust, in the Prologue in Heaven,
そこで、ゲーテの『ファウスト』の、
「天上の序曲」で
after the wager has been offered and taken, the Lord
賭けが提案されてそして取り上げられる場面があるが、
declares to Mephistopheles,
主はメフィストフェレスにこう言い放つ。
Du darfast auch da nur frei erscheinen,
いいとも、いいとも、またいつでも気楽にやってこい。
and announces that He gladly gives Mephistopheles
そして主は喜んで人間に仲間としてメフィストフェレ
to Man as a companion, because he
スを与えてあげると告げる。なぜなら、
reizt und wirkt und muss, als Teufel, schaffen.
人間を突っついたり働かせたり、悪魔としての仕事をやらせて
おくのだ。
Stranger still, Mephistopheles, when he opens his
さらに奇妙なことに、メフィストフェレスは、ファウス
attack upon Faust, introduces himself to his intended
トへの攻撃をし始めるにあたり、狙いを付けた犠牲者へ
victim as
の自己紹介として、
Ein Teil von jener Kraft
常に悪を欲し
Die stets das Böse will und stets das Gute schafft.
常に善をなす、あの力の一部分です。
In fact, Mephistopheles, notwithstanding the fearful
事実メフィストフェレスは、自分が愚かにも生み出して
wickedness and suffering, which he manages to
いる、恐るべき邪悪と苦悩とに直面していたにも拘ら
produce, is treated throughout the play as a buffoon
ず、間抜けの見本のように運命づけられている道化師の
who is destined to be a dupe.
立ち振る舞いを通して言及されている。
This note is struck by the Lord Himself in the passage
ちょうど今引用したばかりの「天上の序曲」にあるよう
just quoted from the Prologue in Heaven, where He
に、この調子は、主自らが打ち出されているのである。
proceeds:
主は言い続ける:
Ich habe deinesgleichen nie gehasst.
わたしはお前たち一族を憎んだことがない。
Von allen Gestern die verneinen
一切の否定する霊の中では、お前のようないたずら者が
Ist mir der Schalk am wenigsten zur Last.
私には一番御しやすい。
The same more persists throughout the first part of
同じ調子は、この劇の第一部を通して続いており、第二
the play and is intensified in the second, until, in the
部では更に強くなってくる。ついには、喜劇的な気持ち
scene of his final discomfiture, which is written in a
でわざと書かれたメフィストフェレスが最後に当惑し
deliberated comic vein, Mephistopheles is turned into
た場面では、彼は自信過剰でふざけた人物に転じてしま
a positive figure of fun.
う。
Faust repeats, in his dying speech, the very words
ファウストは臨終の時に、本当の言葉:
- 153 -
Verweil doch, du bist so schön
とまれ、お前はいかにも美しい
on which his wager with Mephistopheles turns; and
と、メフィストフェレスと彼とが賭けをしている言葉を
Mephistopheles gloats over the corpse in the belief
繰り返す。そしてメフィストフェレスは、自分が賭けに
that he is the winner; but he has congratulated
勝ったと信じて死体を小気味よさそうに眺める。しかし
himself too soon; for Faust has recited the crucial
彼が祝辞を述べるのは早すぎる。なぜならばファウスト
formula not affirmatively apropos the present, but
が極めて重要な決まり文句を朗読したことは、現在を肯
only conditionally apropos the future:
定的に見たのではなくて、ただ将来を条件付きだけでも
って見ていたのだ。
Tum Augenblicke dürft’ ich sagen
そういう瞬間に向かって、己は呼びかけたい、
‘Verweile doch, du bist so schön!‘
「とまれ、お前はいかにも美しい」と。
Im Vorgefühl von solchem hohen Glück
そういう無上の幸福を想像して、
Geniess‘ ich jetzt den höchsten Augenblick.
おれは今最高の瞬間を味わうのだ。
Mephistopheles has not won the wager after all; and
メフィストフェレスは結局賭けには勝てなかった。そし
he is ignominiously pelted off the stage with volleys of
て天使たちの合唱が薔薇をまき散らし、感覚を喜ばせる
roses strewn by a chorus of putti, who distract him
魅力でもって彼の注意を逸らしながら、死せるファウス
with their sensuous charms while they spirit away
トの不死なる部分を彼の鼻先からこっそり連れ出して、
the dead Faust’s immortal part from under his nose.
舞台から彼は面目なく引きずり降ろされる。
In his mingled self-pity and self-contempt for so much
あれほど苦労したのに、メフィストフェレスは、彼の自
labour lost, Mephistopheles cuts a poorer figure than
己憐憫と自己侮辱とが入り混じって、
『ベニスの商人』
the discomfited Shylock in the dénouement of The
の最後の場面での狼狽するシャイロックよりもずっと
Merchant Venice.
みすぼらしい人物を演じるのだ。
These ludicrously discomfited villains who have been
我が近代西欧で偉大な二人と称される劇作者が創作し
created by our two great modern Western dramatics
たこれらの馬鹿げたほどの狼狽している悪党どもは、
have their prototype in the Scandinavian Loki: a
北欧神話のロキの中に、それらの原型が見られる。こ
figure who played his part in a traditional and
の人物は、神話の方へ結晶化する前に、宗教的な儀式
anonymous drama which was performed as a
として上演された、伝統的で且つ作者不明の劇の中で
religious rite before it crystallized into a myth.
自分の役を演じている。
In this ritual drama, Loki
この儀式的な劇の中で、ロキは
was the sacral actor whose business was to draw out the
悪魔を引っ張り出し、そして親分に敵意を持ち、こうして勝利
demon,to bring the antagonism to a head and thus to prepare
することを心構えしていることが商売であった聖式の人物であ
for victory, - hence the duplicity of his nature…. Such a
った。ここで彼の二重人格が出てくる。・・・こうした人物は、
figure has to bear the blame of the tricks and feints necessary
元気さを取り戻すに必要な詐欺まがいなことや誤魔化しをして
to provoke the conquest of life, he becomes a comic figure, the
もその責任を負うことに耐えねばならず、彼は喜劇的な人物で
trickster who is predestined to be overreached.
あり、また出し抜かれるのを運命づけられているような詐欺師
にもなる。
Has the Devil really been cheated? Did God accept
悪魔は本当に騙されたのであろうか。神は負けるはず
a wager which He knew all the time that He could not
がないと常に知っていながら賭けに応じたのであろう
lose?
か。
That would be a hard saying; for, if that were true,
それに答えるのは非常に難しい。なぜなら、もしそう
the whole transaction would have been a sham.
だとしたらすべての取引はインチキであったことにな
God would have been risking nothing.
- 154 -
He would not have been ‘living dangerously’, after all;
るからである。神は何ひとつ危険を身に晒していなか
and, surely, ‘Nothing venture, nothing win.’
ったことになる。結局、確かに、「虎穴に入らずんば、
虎児を得ず」なのだ。
An encounter that was no encounter could not
出会いでないところの出会いは、出会いの結果、つまり
produce the consequence of an encounter –the vast
「陰」を引き起こして「陽」の中へ移行させるような広
cosmic consequence of causing Yin to pass over into
漠とした宇宙的な結果、を生み出すのだ。
Yang.
The truth is that, when one of God’s creatures is
真実はこうである。神が創造したひとりが悪魔によっ
tempted by the Devil, God Himself is thereby given
てそそのかされたときに、神自身がこのことで世界を再
the oppotinity to recreate the world.
び創造する機会を与えられたのである。
By the stroke of the adversary’s trident, all the
魔王の三つ又の鉾(訳註:海神 Poseidon,Neptune の標章)の一撃で、
fountains of the great deep are broken up.
「巨大な大いなる水の源が悉く張り裂ける」(訳者註:「創世
記」7-11)。
The Devil’s intervention has accomplished that
悪魔の干渉によって、
「陰」から「陽」へ、
「活気のない
transition from Yin to Yang, from static to dynamic,
状態」から「躍動感ある状況」への移行が成し遂げられ
for which God had been yeaning ever since the
た。神は創った「陰の状態」が完成された瞬間からずっ
moment when His Yin-state became complete, but
とこの移行を渇望してきていたが、神それ自身が持つ完
which it was impossible for God to accomplish by
全性のゆえに、神自身によって成し遂げることは不可能
Himself, out of His own perfection.
であった。
And the Devil has done more for God than this; for,
そして悪魔が神のためにしたことは、これだけに留まら
when once Yin has passed over into Yang, not the
ない。
「陰」が「陽」にひとたび移行すると、
「陽」から
Devil himself can prevent God from completing His
より高い段階の「陰」へ再び移行させることによって、
fresh act of creation by passing over again from Yang
神が新たな創造をする行為を成し遂げるのを悪魔は妨
to Yin on a higher level.
ぎ得ない。
When once the divine equilibrium has been upset by
神性の均衡が、魔王の移り気によってひとたび崩れてし
the Satanic instability, the Devil has shot his bolt;
まうと、悪魔は攻撃に転じてきている。そして神の目的
and the restoration of equilibrium on a new plan, in
が全うするところの、新しい計画にある神性の均衡の回
which God’s purpose is fulfilled, lies wholly within
復は、神が持つ強い力の中に全てのすべてが在るのであ
God’s power.
る。
Thus the Devil is bound to lose the wager, not
こうして、悪魔は賭けに負ける宿命にあるのだが、それ
because he has been cheated by God, but because he
は神によって騙されたからではなく、悪魔自身が策を弄
has overreached himself.
し過ぎて失敗したからだ。
He has played into God’s hands because he would not
神に無理にやらせるという意地悪い名誉回復の機会を
or could not deny himself the malicious satisfaction of
自ら我慢しようとしないのか、若しくは、我慢できない
forcing God’s hand.
ためなのか、悪魔は神の手中に陥ってしまっている。
Knowing that God would not or could not refuse the
もし賭けをしようと申し込まれたら神は拒もうとしな
wager if it were offered, the Devil did not observer
いし、また拒めないということを悪魔は知ってはいて
that God was hoping, silently but eagerly, that the
も、神が沈黙のうちにも賭けの申込みを熱烈に希望して
offer would be made.
いるのを悪魔は見抜けなかった。
In his jubilation at obtaining an opportunity to ruin
神が一番に選り抜いた創造物のひとりを没落させる機
one of God’s choicest creatures, the Devil did not
会を勝ち取って悪魔が歓喜して、創造のすべての業を復
- 155 -
foresee that he would be giving God himself an
活させる機会を神自身に与えつつあるのだとは予見し
opportunity to renew the whole work of creation.
ていなかった。
And so God’s purpose is fulfilled through the Devil’s
そこで神の目的は、悪魔の尽力によって、且つ、悪魔の
instrumentality and in the Devil’s despite.
悪意によって達成される。
It will be seen that this dénouement of the plot
この劇の筋書きに見られるめでたい最後の場面は、賭け
turns upon the role of God’s creature who is the object
の対象であるところの神の創造物の役割に興奮してい
of the wager; and here again we find ourselves beset
るように私には見て取れる。そしてこの場面で再び私た
by logical contradiction on all sides.
ち自身が四方八方で論理的な矛盾に付きまとわれてい
ることに気づく。
A Job or a Faust is at once a chosen vessel and vessel
ヨブにせよファウストにせよ、同時に「選びの器」でも
of destruction; and, in the fact of being subjected to
あり、また「滅びの器」である。そして彼は厳しい試練
his ordeal, he has already fulfilled his function, so
に晒されなければならないどころか、彼の役目を既に果
that it makes no difference to the drama in Heaven
たしてきており、彼が火炙りされようと、もっと見事に
whether he, on Earth, is blasted by the fire or
鍛えられて立ち現われようが、天上の劇においてはどう
whether he emerges more finely tempered.
でもよいことである。
Even if the Devil has his way with him –even if his
悪魔の思い通りに例えなるとしても、つまり悪魔の破滅
destruction
is
is
が完結するとしても、神の目的はそれにもかかわらず達
nevertheless
fulfilled
purpose
成され、悪魔の目的は挫折するのである。神の創造物の
frustrated; for, in spite of the sacrifice of the creature,
犠牲にもかかわらず、創造主は生き続けるし、創造の業
the Creator lives, while, through the sacrifice of the
は進む。
complete
and
–God’s
the
purpose
Devil’s
creature, the work of creation proceeds.
Of old hast Thou laid the foundation of the Earth, and the
あなたははるか以前に地の基を据えられました。天も、あなたの
Hevens are the work of Thy hands.
御手のわざです。
They shall perish, but Thou shalt endure. Yea, all of them
これらのものは滅びるでしょう。しかし、あなたは長らえます。
shall was pld like a garment: as a vesture shalt Thou change
すべてのものは衣のように擦り切れます。あなたが着物のように
them, and they shall be changed.
取り替えられると、それらは変わってしまいます。
But Thou art the same, and Thy years shall have mo end.
がしかし、あなたは変わることがなく、あなたの歳は尽きるこ
とはありません。(著者註:「詩篇」102の25-27)
Again, this chosen vessel of destruction which is the
神と悪魔との間の賭けの対象なる、このように選ばれた
object of the wager between God and the Devil is their
「滅びの器」は、再び、神と悪魔が共通に活動する場で
common field of action, the arena in which they do
あり、神と悪魔が闘う闘技場であり、神と悪魔が演じる
battle, the stage on which they play; but he is also the
舞台となる。しかも、彼はまた、闘技場であると同時に
combatants as well as the arena and the dramatis
格闘士であり、そして、舞台であると同時に主役なので
personae as well as the stage.
ある。
Created by God and abandoned to the Devil, he is
神によって創られ、そして、悪魔に唆された彼は、預言
seen, in the prophet’s vision, to be an incarnation of
者の先見の明によれば、その創造者なる神とその誘惑者
both his Maker and his Tempter, while, in the
なる悪魔の化身として出現する一方、心理学者の分析に
psychologist’s analysis, God and the Devil alike are
よれば、神と悪魔は同じく彼の魂の中で闘っている霊魂
reduced to conflicting psychic forces in his soul –
の力、つまり、神話における象徴的な言語から切り離さ
forces which have no independent existence apart
れた、自尊心のある存在を持たないような力に化して
- 156 -
from the symbolic language of mythology.
しまうのである。
The conception that the object of the wager between
神と悪魔との間の賭けの対象が「神の托身」であると
God and the Devil is an incarnation of God is familiar.
いう考え方は、良く知っているものである。
It is the central theme of the New Testament.
その考え方は新訳聖書において中心的なテーマである。
The conception that the object of the wager is at the
賭けの対象が同時に「悪魔の托身」であるという考え方
same time an incarnation of the Devil is less familiar
は、それほど知られているものではないが、確かに、深
but perhaps not less profound.
遠なるものであろう。
It is expressed in the encounter between Faust and
このことは、ファウストと地霊との出会いの中で《地霊
the Earth Spirit, who prostrates Faust by proclaiming
は、ファウストが、その理解するところの霊、つまり、
Faust’s likeness to the spirit whom he understands –
まだ現れていないメフィストフェレスと良く似ている
the still unmanifested Mephistopheles.
と主張することによって、ファウストを屈服させる》と
表現されている。
し し
Faust. Der du weite Welt umschweifst,
ファウスト 広い世界を駆け巡る孜々たる霊よ、
Geschäftger Geist, wie nah fühl‘ ich mich dir!
己はお前を親愛せずにはいられない。
Geist. Du gleichst dem Geist den du begreifst,
霊
お前はお前に理解できる霊にこそ似ていようが、
Nicht mir! (Verschwindet).
己に似てなどおらぬ。(消える)
Faust. (zusammenstürzend). Nicht dir!
ファウスト (くず折れながら)似ていないというのか。
Wem denn?
では己は誰に似ているのだ。
Ich Ebenbild der Gotttheit!
この神似姿たるこの己は。
Und nicht einmal dir!
それが、お前にすら似ていないというのか。
It remains to consider the role of this ‘Devil-God’,
この「悪魔‐神」の、このような部分にして全体の、
this part and whole, this creature and incarnation,
この被造物にして托身の、この闘技場にして格闘士の、
this arena and combatant, this stage and player; for,
この舞台にして主役の役割について、それはよくよく考
in the wager version of the plot, the encounter
え続けているのである。なぜならば、この劇の筋書きで
between the Powers of Hell and Heaven is only the
の賭けを脚色するときに、地獄と天国のそれぞれの軍勢
prologue, while the passion of a human figure on
との出会いが単に序曲に過ぎないのに、一方、地上にい
Earth is the substance of the play.
る人間が持つ熱情が劇の本質をなしているのである。
In every presentation of this drama, suffering is the
この劇がどのように上演されようと、役を演じるの
keynote of the human protagonist’s part, whether the
が、ナザレのイエスであれ、ヨブであれ、ファウストと
part is played by Jesus of Nazareth, or by Job, or by
グレートヘンであれ、アダムとイヴであれ、ヒッポリュ
Faust and Gretchen, or by Adam and Eve, or by
トスとバルドラーであれ、ホードルとバルドルであれ、
Hippolytus and Phaedra, or by Hoder and Balder.
受難が人間という主人公たる役の、人間の基調をなして
いる。
‘He is despised and rejected of men; a man of sorrows,
「彼は蔑まれ、人々から除け者にされ、悲しみの人の病
and acquainted with grief.’
を知っていた。人の顔を背けるほど蔑まれ、私たちも彼
を尊ばなかった。
」(著者註:「イザヤ書」53-3)
‘He will be scourged racked, shackled, blinded with
「彼は、鞭打たれ、拷問にかけれれ、縛りあげられ、両
hot irons and be put to every other torment, ending
目を刳り貫かれる。挙句の果てにはありとあらゆる責苦
with being impaled.’
を受けた末、磔にされよう」(プラトン「国家」Ⅱ361E―3
62A、田中美知太郎他訳)
- 157 -
Faust
makes
utter
ファウストは人間が持つ知識に精通しながらも、それに
human
幻滅した状態でもって登場してくる。そして魔術に転じ
knowledge; turns to magic only to receive a shattering
たかと思えば、たちまち地霊の肘鉄砲に遭い粉砕されて
rebuff from the Earth Spirit; and then accepts from
しまう。そこでメフィストフェレスから官能と性の生活
Mephistopheles an initiation into the life of sense and
の手ほどきを受けるが、この生活はやがてマルガゲーテ
sex which leads him to the tragic moment in
の獄中で死んだ日の兆しという悲劇的な瞬間へと彼を
Margaret’s prison, at the dawn of her dying day, when
導きかれて行く。このとき、彼はヨブのように悶々とし
he cries, like Job, in his agony: ‘O, would that I had
て「ああ、なんということだ。生まれてこなければよか
never been born.’ Gretchen, entering carefree, is made
った。
」と叫ぶ。
「グレートヘンは、無頓着にも、死の影
to pass through the Valley of the Shadow of Death:
の谷間を通過させられることになってしまう。
」
disillusionment
his
entry
with
in
his
a
state
mastery
of
of
Mein Ruh’ ist hin,
かつての安らぎ今よりも
Mein Herz ist schwer;
この胸はただ重苦し、
Ich finde sie nimmer
かつての安らぎ今よりは
Und nimmermehr.
再び我が身に戻るまじ(著者註:「ファウスト」3376-413)
The subjective experience of the human being who is
この役を割り当てられている人間が主観的に経験する
cast for this part is conveyed with unusual vividness
事例として、麻酔薬が不十分な状態で手術を受けている
and poignancy in the following dream of a woman
女性が夢を見て、異常なほどに迫真で且つ辛辣さを伝え
undergoing an operation under insufficient ether,
ていることを、ウイリアム・ジェームス著『宗教経験の
which is cited by William James:
諸相』から今引用したい:
A great Being or Power was traveling through the sky, his foot
偉大な存在、いや、偉大な力が天空を駆け巡っており、その足は、
was on a kind of lightning as a wheel is on a rail, it was his
軌道の上にある車輪のように、稲妻のようなものの上に乗ってお
pathway.
り、その道は自分の進むべきものであった。
The lightning was made entirely of the spirits of innumerable
その稲妻は、お互いに身を寄せ合っている無数の人々の霊でもっ
people close to one another, and I was one of them.
てすべて作られており、私もそのひとつであった。
He moved in a straight line, and cach part of the streak or
彼は直線的に動き、電光石火のそれぞれの役まわりは、彼が天空
flash came into its short conscious existence only that he might
を駆け巡るであろう、その時にだけちょっと気づくような存在す
travel.
るものであった。
I seemed to be directly under the foot of God, and I thought he
私は神の足元に膝付いているように思われ、彼が私の苦痛を解き
was grinding his own life up out of my pain.
放すために彼自身の生命をすり砕いているように思われた。
Then I saw that what he had been trying with all his might to
それから、彼が一生懸命になって行きたい方向へ稲妻を服従させ
do was to change his course, to bend the lightning to which he
ようと彼が試み、進むべき針路を変えようとしているのを私は見
was tried, in the direction in which he wanted to go.
ていた。
I felt my flexibility and helplessness and knew that he would
私は自分が御しされやすく、どうすることもできない無力感を味
succeed.
わう一方、彼がうまく行くであろうことを実感した。
He bended me, turning his corner by means of my hurt,
私の苦痛によって彼の痛みは峠を越え、そして、今までの人生で
hurting me more than I had ever been hurt in my life, and at
苦痛を味わってきたもの以上に私を苦しませながら私は彼に服
the acutest point of this, as he passed, I saw.
従し、彼が通り過ぎて行くときに激痛が走ったのを私は知った。
I understood for a moment things that I have now forgotten,
その一瞬の出来事を今現在忘れてしまい、正気を失わない限りは
things that no one could remember while retaining sanity.
誰もがそれを思い起こすことはできない出来事であると考えた。
The angle was an obtuse angle, and I remember thinking as I
その見地は愚鈍なものであり、彼は、間違いのない、感覚の鋭い
- 158 -
woke that had he made it a right or acute angle, I should have
見地でそれを作っていたことに私が自覚するように考えていた
both suffered and ‘seen’ still more, and should probably have
ことを思い出し、私は未だにもっと苦痛を受け、監視され続けら
died….
れるべきであり、恐らくは死ぬまで・・・
If I had to formulate a few of the things I then caught a
glimpse of, they would run somewhat as follows:-
私がその時に垣間見たいくつかの出来事を明確にのべようと
するならば、ほぼ次のようにそれらはなるであろう:
The eternal necessity of suffering and its eternal vicariousness.
苦痛の永遠なる必要性と、苦痛の永遠なる受難。
The veiled and incommunicable nature of the worst sufferings;
最悪なる苦痛の、ベールに包まれた、そして伝達し難い本性とは
- the passivity of genius, how it is essentially instrumental
《守護神のような無抵抗、それがいかに本質的に手助け的で、無
and defenceless, moved, not moving, it must do what it does;
防備的であり、自ら動くのではなくて動かされ、なすべきことを
- finally, the excess of what the suffering ‘seer’ or genius pays
なさなければならないこと、最後には、苦悩している「預言者」
over what his generation gains.
若しくは守護神が、自分の生み出したもので得たもの以上に償い
をさせられ過ぎていること》である。
(He seems like one who sweats his life out to earn enough to
(彼は、飢饉に襲われているある地方を救うのに十分なだけの汗
save a district from famine, and just as he staggers back, dying
を流し、死にそうによろめきながらも、穀物を買える10万ルピ
and satisfied, bringing a lac of rupees to buy grain with, God
ーを持ってきて満足して戻ってきたちょうどその時、神がその金
lifts the lac away, dropping one rupee, and says, ‘That you may
を取り上げて、1ルピーを地面に落として「これを彼らに与えな
give them. That you have earned for them. The rest is for Me.’)
さい、お前が彼らのためにかち得たのはこれだ。残りは私のため
だ」という、そのように彼は思われる)
I perceived also, in a way never to be forgotten, the exess of
決して忘れることができないことだが、私たちが順序だてて説明
what we see over what we can demonstrate.
できることを、我たちははるかに超えていることもまた私は気づ
いた。
Objectively, the ordeal concists of a series of stages
客観的に言うならば、この厳しい試練は、受難者が神
which the sufferer has to pass through in order to
の意図に適うために通過せねばならない、ひと続きの演
serve God’s purpose.
劇において成り立っている。
In the first stage, the human protagonist in the
第一幕では、演劇における主役は、誘惑者からの急襲
drama takes section –in reaction to an assault from
に対する反動として行動に出て、それは、受動状態から
the temper –which sets up a change from passivity to
能動状態へ、休止状態から動きのある状態へ、凪沙の状
activity, from rest to motion, from calm to storm, from
況から嵐の状況へ、和音から不協和音へ、
「陰」から「陽」
harmony to discord, in fact from Yin to Yang.
へと変化するように実は準備しているのだ。
The action may be either dynamically base, as when
この行動は、例えば、老水夫が阿呆鳥を射るとか、ロキ
the Ancient Mariner shoots the Albatross or Loki
(著者註:北欧神話での悪神)が盲目の神ホードルの手とヤド
shoots Balder with the blind God Hoder’s hand and
リギの矢でバルドルを射るときのように、どちらも動的
the mistletoe shaft; or dynamically sublime, as when
なる卑劣なものになるのかも知れない。若しくはこの行
Jesus, in the temptation in the wilderness which
動は、例えば、イエスがヨルダン川で洗礼を受けた直後
immediately follows his baptism in Jordan, rejects
に荒れ野での呼ばれる者の声(訳者註:「マタイ伝」)からの
the traditional Jewish role of the militant Messiah
誘惑において、選民を剣によってこの世の支配者へと引
who was to raise the Chosen People to domination in
き上げようとする戦闘的な救世主という、伝統的なユダ
this world by the sword.
ヤの役割を斥けたように、動的には崇高である。
The essence of the act is not its moral character but
この行為の真髄は、道徳的な性格ではなくて、動的な効
its dynamic effect.
果をもたらす。
- 159 -
The Ancient Mariner’s act changes the fortunes of the
この老水夫の行為は、船と乗組員の運命を変えている。
ship and her crew; Jesus’s act gives the conception of
イエスの行為は、救世主という概念に新しい変わり目
the Messiah a new turn and therewith a power which
を、そして、それによって前には持っていなかった力を
had not resided in it before.
付与している。
The corresponding act in the ordeal of Job is his
ヨブが受けた厳しい試練に対応している行為は、自分の
cursing of the day of his birth –a protest which raises
生まれた日を呪った(訳注:「ヨブ記」3-1)、つまり、ヨブ
the whole issue of Job’s deserts and God’s justice.
の功罪と神の正義というすべての論点を提案しての抗
In the ordeal of Faust, the point is elaborated and
議である。ファウストの試練でのこの論点は、もっと練
brought out more clearly.
り上げられており、より明瞭に提示されている。
Before Mephistopheles intervenes, Faust is already
メフィストフェレスが邪魔に入る前に、既にファウス
making efforts on his own account to break out of his
トは自分自身の評価をすると、自分の陰の状態、つまり、
Yin-state –his unsatisfyingly perfect mastery of
人間に関する知識を完璧に精通していても満足できな
human knowledge.
い状態、から抜け出そうと努力しつつあった。
He seeks escape from his spiritual prison through the
彼は魔術を使って自分の精神的牢獄から脱獄しようと
arts of magic and is repelled by the Earth Spirit; he
探し求め、地霊によって撥ね付けられている。彼はそこ
seeks escape through suicide and is checked by the
で自殺することで脱出を試みたが、天使の合唱隊の歌で
song of the choir of angels; he is driven back from
食い止められる。それで彼は行為から瞑想へと押し戻さ
action to meditation; yet his mind still runs upon
れる。それにもかかわらず、彼の思いはまだ行為しよう
action and transposes ‘Im Anfang war das Wort’ into
と馳せ、
「はじめにことばありき」から「はじめにおこ
‘Im Anfang war die Tat.’
ないありき」へと言い直されてしまう。
At that moment, already, Mephistopheles is present
その瞬間、既に、メフィストフェレスは野獣の偽装をし
in a theriomorphic disguise; but it is not till the
て現れている。しかし、その誘惑者が人間の姿をして彼
tempter stands before him in human form that Faust
の前に立つまでは、ファウストは精神的にも肉体的にも
performs his dynamic act by cursing the whole moral
宇宙すべてを呪うことによって、動的な行為を実践する
and material universe.
のである。
There-with, the foundations of the great deep are
それと共に、大海原の礎が解き放される。そして、姿は
loosed; and an invisible choir of spirits laments and
見えぬ霊たちの合唱が、
「古き創造が打ち砕かれた」と
exults that the old creation is shattered and a new
嘆き悲しみ、そして、
「新しき創造が始まる」と歓喜し
creation begun.
て奏でる。
Weh! Wch!
傷ましきかな。
Du hast sie zerstört,
汝、荒々しく拳もて
Die schöne Welt
うるわしき世界を
Mit mächtiger Faust;
打ちて砕きぬ。
Sie stürzt, sie zerfällt!
そは壊たれ崩る。
Ein Halbgott hat sic zerschlagen!
神に近き人、そを砕きぬ。
Wir tragen
われら、そが破片を
Die Trümmern ins Nichts hinüber,
無のうちへ運び
Und klagen
かたみに嘆く
Über die verlorne Schöne.
美しき世界の今はなきを。
Mächtiger
下界の子らの中の
Der Erdensöhne,
力強き汝よ、
- 160 -
Prächtiger Baue sie wieder,
世界を築き直せ、
In deinem Busen baue sie auf!
汝が胸のうちに再び築け。
Neuen Lebenslauf
明るき心もて
Beginne
新しき生命の歩みを
Mit hellem Sinne,
始めよ。
Und neue Lieder
新しき歌の響くは
Tonen darauf.
その時なり。(訳注:高橋義孝訳「ファウスト」1607-26)
In the song of these spirits, whom Mephistophelets
メフィストフェレスが自分の手下だと主張する、これら
claimes as his own, the first note of Yang resounds.
の霊の歌の中で、
「陽」の第一音が鳴り響く。
The hymn of the Archangels –
天使長の讃歌は
Die unbegreiflich hohen Werke
偉大な創造の御業は
Sind herrlich, wie am ersten Tag –
創造の初日のような荘厳さが漂っている
is now transcended.
と、超越した状況にある。
So, too, in the Scandinavian universe, when, at
Loki’s
prompting,
blind
Hoder
performs
his
北欧神話的な宇宙においては、ロキに唆されて、盲目
のボードルが無意識のうちに躍動感ある行為をして、バ
unwittingly dynamic act and Balder is slain.
ルドルが殺されるときも、また同じである。
Life is blighted and the curse spreads from the gods to
命は損なわれ、その呪いは神々から人間の住処へと広が
the dwelling-space of human beings.
る。
The thoughts of men are darkened and confused by
人々たちの考えることは、自然界の大変動と人々たちの
the upheaval in nature and the tumult of their own
心の乱れによって暗くなり更に混乱をきたして、動揺を
minds, and in their distraction men violate the very
抱えながら人々たちは生きる原理そのものに背いてし
principles of life.
まう。
The bonds of kinship give way to blind passion:
血縁の絆は盲目の情念に席を譲る。そして兄弟はお互い
brothers fight with one another, kinsmen shed their
に戦い合い、同族は自ら血を流し、誰も同胞を信じない。
own blood, no one trusts his fellow; a new age dawns;
新しき時代が明け染める。剣の時代であり、斧の時代で
the age of swords, the age of axes; the ears of men are
ある。人々たちの耳には、盾が裂けてガンガンと鳴る喧
filled with the din of shields being splintered and of
しい音や、殺された死体の上に群がる狼の吠え声が入っ
wolves howling over the bodies of the slain.
てくる。
In the story of the Fall of Man in the Book of
『創世記』にある人間の堕罪という物語での躍動感の
Genesis, the dynamic act is Eve’s eating of the fruit of
ある行為は、イヴが蛇に唆されて知恵という樹の禁断の
the tree of knowledge at the Serpent’s prompting; and
実を食べてしまう場面である。そしてここでは、歴史に
here the application of the myth to new departures in
おける新たな出で立ちに際し、神話を直接的に応用して
history is direct.
いる。
The picture of Adam and Eve in the Garden of Eden is
『創世記』ではエデンの園でのアダムとイヴを描いてい
a
which
るが、それは前文明的な人間が地球上の動植物界のすべ
pre-civilizational Man attained in ’the food-gathering
てを凌駕した後に、経済に関わる「食糧採集生活段階」
phase’ of economy, after he had established his
に達した「陰の状態」
、つまり、
「グロノス時代」なるヘ
ascendancy over all the rest of the flora and fauna of
レニズム神話として記憶されている状態の回想になる。
reminiscene
of
the
Yin-state
to
the Earth –the state which is remembered in the
Hellenic mythology as ‘the times of Gronos’.
- 161 -
The Fall, in response to the temptation to taste the
善と悪の知恵なる樹の禁断の実を味わったらという誘
fruit of the tree of the knowledge of Good and Evil,
惑に応えた堕罪は、既に統合したものを棄て、そして、
symbolizes the acceptance of a challenge to abondon
他の統合が生み出されるかもしれないし、いや生み出さ
the achieved integration and to venture upon a fresh
れないかもしないが、そこから抜け出て新たな分化を思
differentiation out of which another integration may
い切って試みるような挑戦を受け入れることを象徴し
–or may not –arise.
ている。
The expulsion from the Garden into an unfriendly
エデンの園から敵意に満ちた抜け目ない世界へ放逐さ
cuter world in which the Woman must bring forth
れて、女は悲しみのうちに子どもを産み、男は額に汗し
children in sorrow and the Man must eat bread in the
てパンを食べねばならなくなる、ということは、蛇の挑
sweat of his face, is the ordeal which the acceptance of
戦に応じて必然的に伴った厳しい試練なのである。
the Serpent’s challenge has entailed.
The sexual intercourse between Adam and Eve, which
続いて起こるアダムとイヴとの交わりは社会を創造す
follows, is an act of social creation.
る行為そのものである。
It bears fruit in the birth of two sons who
それは、二つの生まれ出ずる文明の役を演じる二人の息
impersonates two nascent civilizations: Abel the
子の誕生によって結実する。彼らは羊飼いのアベルと、
keeper of sheep and Cain the tiller of the ground.
農夫のカインである。
The equation of civilization with agriculture, and
文明と農業の同一視、そして、発展と長く続く労苦
progress with toil, is also to be found in Hellenic
の同一視は、ヘレニズム文学でのヘシオドスの有名な
literature in the famous line of Hesiod.
文章にもまた見出される。
The price of achievement is toil; and the gods have ruled that
成就したという代価は労苦である。そして神々は、汝は前払い
you must pay in advance,
をせよと定めたもうた。(著者註:「労働と日々」289)
which is echoed Virgil’s
これは、ヴィルギリウスの中にも影響を及ぼしている。
It was father Jupiter’s will that the farmer’s path should not
農夫が辿る道は安易なものではない、が父なるジュピターの意
be easy. He gave me the lead in the laborious task of turning
志であった。彼は、土を鋤くような骨折り仕事を指導した。彼
the sod. He sharpened our human wits with anxiety. He did
は、不安によって人間の知力を研ぎ澄ました。彼は、彼の王国
not tolerate to sloth that would have let his realm decay.
を崩壊させるような怠惰を許さなかった。(著者註:「農耕詩」Ⅰ)
In more general terms and with less poetic imagery,
同じような物語がもっと一般的な言い回しで、それ
the same story is retold by Origin –a thinker who, in
ほど詩的でない形象で、オリゲネスによって語り継が
the second century of our era, became one of the
れている。この思想家は、西暦2世紀にキリスト教会
fathers of the Christian Church without ceasing to be
の教父のひとりとなり、しかも依然としてヘレニズム
an Hellenic philosopher:
哲学者のひとりであった。
God, wishing Man’s intelligence to be exercised everywhere, in
神は、人間の知が怠惰に留まることなく、また技術という考え
order to that it might not remain idle and without a conception
を抱かず、いたるところで行使されることを欲して、窮乏を持
of the arts, created Man with needs, in order that sheer need
する人間を創造し、そして、窮乏だけが人間に強制して、食糧
might force him to invent arts for providing himself with food
を獲得させ、自分の住居を獲得せんがための技術を創案させて
and providing himself with shelter.
いる。
It was better for those who would not have used their
神について哲学的知識を得よう自分たちの知性を用いえない
intelligence in seeking after a philosophic knowledge of God
人々たちにとっては、暮らしが楽で自分たちの知性をまったく
that they should be badly enough off to use it in invention of
培わずにいるようりは寧ろ、暮らしが苦しくて技術の発明に知
arts, rather than that they should be well enough off to leave
性を用いる方が良いのである。(「コントラ・セルスム」4-76-19、ノック
- 162 -
their intelligence altogether uncultivated.
による引用)
The first stage, then, in the human protagonist’s
こうして、人間という主役が厳しい試練を受ける第一
ordeal is a transition from Yin to Yang through a
幕は、敵手からの誘惑のもとに神の被造物が行う、躍動
dynamic act –performed by God’s creature under
感のある行為を通じて「陰」から「陽」への移行である。
temptation from the adversary –which enables God
これによって神自身が神の創造的な活動を再び始める
Himself to resume His creative activity.
ことができるようになるのである。
But this progress has to be paid for; and it is not God
しかしこの移行なる進歩において代価の支払いが伴わ
–a hard master, reaping where He has not sown, and
なければならず、それは、神―「ご主人様、あなたは蒔
gathering where He has not strawed –but God’s
かない所から刈り取り、散らさない所から集めるひどい
servant, the human sower, who pays the price.
方だと分かっていました」
(
「マタイ伝」25-24)―ではなく、
神の僕(しもべ)、人間という種蒔きなのである。
The second stage in human protagonist’s ordeal is
人間なる主役が厳しい試練を受ける第二幕は、人間が
the crisis.
直面した危機を表している。
He realizes that his dynamic act, which has
人間の主人であり造物主の持つ創造力を再び自由なも
reliberated creative power of his Master and Maker,
のにした躍動感のある行為が、自分の苦しみや死へ自分
has set his own feet on a course which is leading him
を導くような針路に自分自身の足を置き踏み出してき
to suffering and death.
ていることを、人間は悟る。
In an agony of disillusionment and horror, he rebels
幻滅感や嫌悪感に苦しみ悶えて、人間は自分自身の行為
against the fate which, by his own act, he has brought
によって、神の持つ力が増大するように引き受けた不運
upon himself for God’s gain.
なる運命に対してひどく嫌がる。
The crisis is resolved when he resigns himself
人間が神の抱く意思の手段であり、神の手中に収まった
consciously to be the instrument of God’s will, the tool
道具であると自分自身を意識的に甘受した時にこの危
in God’s hands; and this activity through passivity,
機は遠のく。そしてこの無抵抗を貫いた活動、この敗北
this victory through defeat, brings on another cosmic
まで含めた勝利は、更に宇宙的な変化をもたらす。
change.
Just as the dynamic act in the first phase of the
厳しい試練の第一幕での躍動感のある行為が、
「陰」か
ordeal shook the Universe out of Yin into Yang, so the
ら抜け出して「陽」の中へ宇宙を揺り動かしたのとちょ
act of resignation in the second phase reverses the
うど同じように、第二幕での忍従という行為は、動きか
rhythm of the Universe –guiding it now from motion
ら休止へ、嵐から凪沙へ、不協和音から和音へ、「陽」
towards rest, from storm towards calm, from discord
から「陰」へと、今や支配しながら、宇宙が持つ律動を
towards harmony, from Yang towards Yin again.
転換させる。
In the cry of an Hellenic poet, we hear the note of
agony without a note of resignation to follow:
ヘレニズムのある詩人が吟じた中に、諦念の音色がな
い苦悶の音色が聞こえてくる。
Would that may lot had not been cast
我が定めが、第五の人種たる
Among the race that’s fifth and last!
最後の人種に組込まれていないことを
Would that I’d died before their day
彼らの日が来る前に死ぬるか、
Or lived when they had passed away!
それとも彼らが滅ぶ後にも生き続けられますように!
(ヘシオドス「労働と日々」174-5)
- 163 -
The tragedy rises to a higher level in the
北欧神話での主神オーディンが抱いた夢のなかで、オー
Scandinavian vision of Odin, on the eve of Ragnarök,
ディンがラグナロク(訳注:神々の運命)の前夜に、自分自身
mentally striving to wrest the secret of Fate from the
の命を救う為ではなくて、万物の父たるオーディンに自
powers that hold it –not in order to save himself alive
分たちの命を守ってくれるよう期待している神々と人
but for the sake of the Universe of gods and men who
間たちの住む宇宙を救おうと、運命の秘密を握っている
look to him, the All Father, to preserve them.
権力者からもぎ取ろうと心から努力するという、悲劇に
までレベルを高く引き上げている。
In the passion of Jesus, we are initiated into the
イエスの受難の場合には、心理的な経験の全体を通じて
whole psychological experience.
私たちに伝えている。
When Jesus first realizes his destiny, in the course
イエスが、最後の旅となったガラリアからエルサレム
of his last journey from Galilee to Jerusalem, he is
への道中で、自分の宿命を初めて自覚した時には、状況
master of the situation; and it is his disciples, to
をすべて把握している。そして当惑し、狼狽させた「(山
whom he communicates his intuition immediately
上におけるイエスの)変容」
(著者註「マタイ伝」17-1~9)の直前に
before,
イエスが自分の直感を口にし、また直後にはその直感を
and
again
immediately
after,
his
transfiguration, who are perplexed and dismayed.
伝えたのは、弟子たちである。苦悶がイエスに襲いかか
The agony comes upon him, on the eve of his passion,
るのは、受難の前夜で、ゲッセマネの園においてであり、
in the Garden of Gethsemane, and is resolved in the
「我が父よ、どうしても飲まずには済まされぬ盃でした
prayer: ‘O my Father, if this cup may not pass away
ら、どうぞ御心のとおりをなさって下さい」(著者註:「マタ
from me except I drink it, Thy will done.’
イ伝」26-42)なる祈りによってこの苦悶は解決される。
Yet the agony recurs when the sufferer is hanging on
更に苦悶は受難者イエスが十字架に磔刑された時に再
the Cross, where the final cry of despair –‘My God,
び起こる。
「我が神、我が神、どうして私をお見捨てし
Why hast Thou forsaken me?’ –precedes the final
たのですか」という絶望の最後の叫びに続いて「父よ、
words of resignation: ‘Father, into Thy hands I
我が霊を御手に委ねます。
」そして「こと終わりぬ。
」と
commend my spirit’, and ‘It is finished’.
いう苦悶の最後の言葉が発っせられている。
The same experience of agony and resignation is
ローマ人への手紙において、ここでは単に心理的な表
presented –here in purely psychological terms –in the
現ではあるが、苦悶と諦念という同じ経験が書かれてい
Epistle to the Romans, where the cry –‘O wretched
る。
「ああ、私は本当に惨めな人間です。誰がこの死の、
man that I am! Who shall deliver me from the body of
身体から、私を救い出してくれるのでしょうか。」との
this death?’ –is followed by the antiphony: ‘I thank
叫びに続いて「私たちの主イエス・キリストのゆえに、
God through Jesus Christ our Lord. So then with the
ただ神に感謝します。ですから、この私は、心では神の
mind I myself serve the law of God, but with the flesh
律法に仕え、肉では罪の立法に仕えているのです。
」と
the law of sin’
いう公誦が続いている。
The same experience, again, is narrated to the
更に同様の経験、結婚式に招待された老水夫によって物
Wedding-Guest by the Ancient Mariner, who has
語られているのを取り上げる。彼は犯罪的な行為によっ
brought upon himself the ordeal! of ‘life-in-death’ by
て、しかしそれにもかかわらず、大胆にも阿呆鳥を射つ
his criminal yet none the less dynamic act of shooting
という行為をして自らを「生ける屍」なる厳しい試練を
the Arbatross:
引き寄せたものである。
Alone, alone, all, all alone,
ひとり、ひとり、げにただひとり
Alone, on a wide wider sea!
果てしない荒波に我ただひとり
And never a saint took pity on
我が魂の苦しみと悩みを
My soul in agony.
憐れむ聖者もあらざりき
- 164 -
The many men, so beautiful!
げに麗しき多くの人々
And they all dead did life:
すべて息絶え、倒れ伏せども:
And a thousand thousand slimy things
汚泥の如きももちの物は
Lived on: and so did I.
なお、生きながらう、我もしかこそ
(コウルリジ「老水夫行」4曲:斎藤勇訳)
In this ordeal, the curse is lifted when the suffer
この厳しい試練において呪いが解けるのは、受難が自分
resigns himself to the consequences of his act and has
の行為の結果であると認めて諦めるも、その心が頑なな
a vision of beauty where he had only perceived
ままで、忌まわしさしか気づかなかったところで、美な
hideoutsness so long as his heart had remained hard:
る幻想を見たときである。
O happy lining things! No tongue
げに幸多き生き物なれど
Their beauty might declare:
いかなる人かその美を称えぬ
A spring of love gushed from my heart,
愛の真清水心に溢れて
And I blessed them unaware:
思わず我は彼らを祝しぬ
Sure my kind saint took pity on me,
我が聖者我を憐れみしか
And I blessed them unaware.
思わず我は彼らを祝しぬ。
The self-same moment I could pray;
その時にしも我は祈るを得、
And from my neck so free
我が頚よりは己ずから
The Albatross fell off, and sank
阿呆鳥も解き放たれて
Like lead into the sea.
鉛のごとく海に沈みぬ。(コウルリジ「老水夫行」4曲:斎藤勇訳)
This is the turning-point in the romantic odyssey.
今がロマン主義のオデッセイアの転換期である。
The divine powers which had becalmed the ship now
これまで風が凪いでいて帆船を止めていた神的な力が
magically waft her to port and bring the villain –or
今や魔力をもって帆船を風に乗って港へ運び、そして叙
the hero –of the ballad home to his own country.
事歌なる悪役、いや主人公を故国に連れ戻すのだ。
So, too, Job humbles himself to God at the end of
ヨブも同じであり、友人たちとの会話の終わりに、ヨ
his colloquy with his friends, when Elihu has shown
ブは神の前で畏まるのであるが、それは、エリフが、神
how God is just in His ways and is to be feared
がご自身のやり方で如何に公明正大であるのか、そし
because of His great words in which His wisdom is
て、神の偉大な御言葉のうちに神の英知を求め難い故に
unsearchable,
Himself,
いかに神が恐るべきものであるを示した(著者註:「ヨブ記」3
addressing Job out of the whirlwind, has challenged
2-7)ときに、そしてまた、主自身が、大嵐の中からヨ
the sufferer to continue the debate with Him.
ブに呼びかけて、神との討論を続けよと受難者に挑戦し
and
when
the
Lord
た時のことである。
Then Job answerd the Lord and said:
ヨブは主に答えて言った:
‘Behold, I am vile. What shall I answer thee! I will lay mine
ああ、私はつまらない者です。あなたは何と口答えできましょ
hand upon my mouth.
‘Once have I spoken, but I will not answer; yea, twice, but I
will proceed no farther……
‘I know that Thou canst do everything, and that no thought
can be withholden from Thee…..
‘Therefor have I uttered that I undersood not –things too
wonderful for me, which I knew not….
う。私はただ手を口に当てるばかりです。
一度、私は語りましたが、もう口答えしません。二度と、私は
繰り返しはしません。
あなたには、すべてができること、あなたは、どんな計画も成
し遂げられることを、私はしりました。
知識がなくて、摂理を覆い隠す者は、誰か。私は、自分で悟り
きれないことを告げました。自分でも知りえない不思議を。
- 165 -
‘I have heard of Thee by the hearing of the ear, but now mine
私はあなたの噂を耳に聞いていました。しかし、今、この目で
eye seeth thee.
あなたを見ました。
‘wherefore I abhor myself, and repent in dust and ashes.’
それで私は自分を蔑み、塵と灰の中で悔いています。
(著者註:「ヨブ記」42の2―3、5-6)
In this Syriac poem, the psychology is crude. The
このシリア的な詩において、優雅さを欠いた心理状態
resignation comes, not through a spiritual intuition in
が読み取れる。魂でもって精神的なる熟視をせずに、寧
the soul, but through a physical manifestation to the
ろ、不可抗力なる神の目の前に物質的に出現すること
eye of God’s irresistible force.
で、諦念の感が生じている。
In Goethe’s version of the drama, the sequence of
ゲーテが脚色した劇作では、苦悶や諦念なる一連のシー
agony and resignation holds its place as the crisis and
ンが、筋書きの中に危機場面や最高潮場面として取り入
the culmination of the plot –Gretchen passes through
れられている。つまり、グレートヘンでは、第一部のラ
it in the last scene of Part I and Faust, in his turn, at
ストシーンで彼女が経験し、ファウストでは、第二部の
the climax of Part II –but the ethos is transformed
クライマックスで彼が自分の番になったときに経験す
beyond recognition.
るが、それらの思潮は見る影もなくなっている。
In the scene in Gretchen’s prison, in the grey dawn
グレートヘンの、獄中の場面では、彼女にとって最後
of her last day, Mephistopheles seeks to take
の日になる灰色に澱んだ夜明け時にメフィストフェレ
advantage of Gretchen’s agony in order to induce her
スは、グレートヘンの苦悶に乗じて、彼女の宿命から逃
to forgo her salvation by escaping her doom.
れることでもって自分の救済を求めることは諦めるよ
It seems the easiest enterprise that he has yet
うにと、説得し始める。それは、彼が今までに試みた最
essayed.
も安易な企てのように思われる。
His
victim is
distraught
with
horror
at
the
彼が描いた生贄は、彼女の前に横たわっているものから
imagination of what lies before her; it is the hour at
想像しうる恐怖感に打ちひしがれてしまう。人間のもつ
which human vitality is at its lowest ebb; the pains of
生命力がもっとも引き潮状態になるときである。死とい
death are imminent; the prospect of escape is offered
う苦しみは、差し迫っている。逃避できるという期待は
suddenly and unexpectedly; and it is Gretchen’s lover
突然にしかも予期せぬ時に膨らむ。そして、魔力でもっ
Faust himself who implores her to flee with him
て開けられた牢獄の扉を抜け出して一緒に逃げようと
through the magically opened prison doors.
嘆願するのは、グレートヘンの恋人であるファウストそ
Yet Gretchen, raving in her agony, seems insensible to
の人である。
Faust’s appeal, until at last Mephistopheles, in his
にもかかわらず、グレートヘンは自分の苦悶に喚きつつ
impatience, intervenes himself.
も、メフィストフェレスがいらいらしながら自ら介入す
That is the moment of the tempter’s defeat; for
るまでは、ファウストの訴えには感じないでいるように
Gretchen, recognizing him for what he is, awakes
思われる。それこそ誘惑者が負けた瞬間である。グレー
from her frenzied trance and takes refuge in the
トヘンはその正体を見抜き、狂気の麻痺状態から目覚
judgment of God –no longer to the spot in a nighmare
め、神の裁きに逃避する。もはや、アイアースのカッサ
like the Aeschylean Cassandra, but deliberately
ンドラーのように悪夢の中の点に拘束されず、プラトン
rejecting, like the Platonic Socrates, a possibility of
の『ソクラテスの弁明』のように自分が熟知している逃
escape of which she is fully aware:
避の可能性をわざと斥けている。
- 166 -
Margarete. Was steigt aus dem Boden herauf?
マルガレーテ:地面からせり出してきた、あれ、何でしょう。
Der! Der! Schick‘ ihn fort!
あ、あの人だ、あの人。追い払って頂戴。
Was will er an dem heiligen Ort?
あの人、この神聖な場所に何の用があるの。
Er will tnich!
私を連れて行こうというのね。
Faust.
Du sollst leben!
ファウスト:
Margarete. Gericht Gottes! Dir hab‘ ich mich übergeben!
お前を死なせてなるものか。
マルガレーテ:神様、お裁き下さい。この身はあなたにお任せ致
しております。
Mephistopheles (zu Faust). Komm! Komm! Ich lasse dich mit
メフィストフェレス(ファウストに):さ、早く。でないと、あ
ihr im Stich.
れと一緒に置いて行きますよ。
Margarete. Dein bin ich, Vater! Rette mich!
マルガレーテ:神様、私は神様のものでございます。お助け下さ
Ihr Engel! Ihr heiingen Scharen.
いまし。天使たちよ、浄らかな群よ、
Lagert euch umher, mich zu bewahren!
まわりに立ちめぐって、私を守って下さい。
Heirich! Mir graut’s vor dir.
ハインリッヒさん、あなたが怖い。
Mephistopheles. Sie ist gerichtet!
メフィストフェレス:とうとう裁かれたわい。
Stimme (von oben).
声(上方より)
Ist gerettet!
Mephistopheles (zu Faust).
Her zu mir!
救われたのだ。
メフィストフェレス(ファウストに):
(Verschwindet mit Faust).
早くこっちへ。
(ファウストと共に退場)
Stimmer (von innen, verhallend). Heirich! Heinrich!
声(内部より次第にかすかに) ハインリヒ、ハインリッヒさん。
In the third stage, the reversal of the cosmic
第三幕になると、第二幕で始まった「陽」から「陰」
rhythm from Yang towards Yin, which was initiated
への、宇宙の周期的な変動が逆戻して完結へと向かう。
in the second stage, is carried to completition.
ラグナノグ「神々の運命」(訳注:北欧神話の世界における終末の日の
At the climax of Ragnarök, when Thor has met the
こと)の最高潮で、トールがドラゴンとオーディンが狼とたたか
Dragon and Odin the Wolf,
う。
‘The sun is darkened, the earth sinks back into the waves,
「太陽は暗くなり、大地は波の中に沈み戻り、星は雨の如く降り、
stars rain down, and the flames leap up and lick the heaven.’
炎は燃え盛って天をなぶる。」
But then ‘the barking’ of the Wolf ‘is heard for the last time as
しかしそのとき、「世界の火が消え去るときに終末の日に聞こえ
the worldfire flickers down.’ And ‘when the roar and the voices
る」狼の「遠吠え」が聞こえる。そして、「遠吠えと声が静まり
are stilled, the earth once more rises out of the sea in
かえると、大地はもう一度、常緑の新鮮さのうちに海からせり上
evergreen freshness; brooks leap down the hills; ….. The Gods
がり、小川が丘を流れ落ちる。・・・神々は、自生の畑の中に集
meet among self-sown fields, they call to mind the tale of deeds
い、功業と昔培った知恵の作り話を思い起こし、そして自分たち
and former wisdom, and in the grass before their feet the
の足元の草上に黄金の机が横たわっているのに気づく。黄金の屋
golden tables are found lying. A new hall rises golden-roofed
根を持ち太陽よりも麗しい出来立ての館が聳え立っている。この
and fairer than the Sun. Here a race of true-hearted men will
館には真実の心を持つ人々の仲間が住み、思うがままに喜んでい
dwell and rejoice in their hearts’ desire. Then from above
る。さらにまた、力強き全能のものが、天上から舞い降りてくる。
descends the mighty one, all powerful. The dusky dragon flies
陰鬱なドラゴンは飛び去り、死体で重く撓んだその翼が大地を掠
past, brushing the ground with his wings weighted down by
め、ドラゴンは奈落へ沈み、消えて行く。」
dead bodies; he sinks into the abyss and disappears.’
- 167 -
In this new creation, which the ordeal of one of
神が創られたものの一つたる厳しい試練であるこのよ
God’s ceatures has enabled God to achieve, the suffere
うな新たな創造において、受難者自身は、誘惑者による
himself returns to a state of peace and harmony and
挑戦に対し応じたときに置き去りにしてきた状態より
bliss on a higher level than the state which he left
はより高いレベルで平和・調和・至福というある状態へ
behind when he responded to the tempter’s challenge.
と戻しているのである。「ヨブ書」においては、その達
In the Book of Job, the achievement is startlingly
成されている程度は驚くべきなほどに低い。いかなる人
crude –the Lord convinces Job that He is answerable
間に対しても自らの行為の責任を負わねばならないこ
for His acts to no man –and the restoration is naively
とを主はヨブを納得させ、そのもとの状態へ戻ること
material: ‘the Lord blessed the latter end of Job more
は、未経験であっても、重要で必須のことではないと言
than his beginning’ by giving him fairer daughters
う。ヨブが失ってしまった娘たちよりも美しい娘たち
than those that he had lost and twice as many sheep
を、そして二倍もの多くの羊・ラクダ・牝ロバをヨブに
and camels and oxen and asses.
与えることによって「主はヨブの終わりをその始め以上
In the New Testament, the agony and resignation and
に祝福された」のである。新訳聖書では、イエスの苦悶
passion of Jesus achieve the Redemption of Man and
と諦念と受難とが人間の贖罪を遂げて、それに続くイエ
are followed by the Redeemer’s resurrection.
スによる罪の贖いによってイエスは復活し昇天する。
In the Scandinavian mythology, Odin returns to life
after hanging upon a tree, and has keener vision in
スカンジナビア神話では、オーディンは木に吊るされた
his one eye than he had before he plucked out his
後に生き返り、以前に知恵の代価として彼の片目をえぐ
other eye and cast it from him as the purchase-price
りとられ投げ捨てられたものよりもっと鋭い視力も持
of wisdom.
つもうひとつの目を持つとある。
In Goethe’s Faust, the lastscene of the second part, in
which the Virgin Goddess, with her train of penitents,
ゲーテの『ファウスト』では、贖罪の女たちを連れてき
grants an epiphany to the pilgrims who have scaled
た処女神が、険しい山の頂をよじ登ってきた巡礼者の前
t he r ugge d mo unt ain to it s s ummit , is t he
にお姿を現す、第二部の最後の場面は、第一部開演時の
counterpart of the Prologue in Heaven with which the
「天上の序曲」と対をなしている。
first part of the play opens.
The two scenes corresponded, as, in the Christian
この二つの場面は、神話におけるキリスト教的な変形に
version of the myth, Man’s state of blessedness after
符合していたし、贖罪の後での人間の至福状態が、贖罪
the Redemption corresponds to his state of innocence
以前の無垢の状態と符合するのと同じである。
before the Fall.
The cosmic rhythm has come round, full circle, from
宇宙は、陽から陰へ、そして陰から陽へというリズムを
Yin through Yang to Yin; but the latter Yin-state
持ちながら回ってきている。しかし、後の方の陰の状態
differs from the former with the difference of spring
は、春が秋と異なるように、前の方の陰の状態とは違う。
from autumn. The works of creation, which the
大天使たちが讃え、ファウストの呪いで打ちのめされた
Archangels
curse
創造という行為は、光彩を放って再び始動し、沈思する
shattered, arise in splendour again, to be hymned by
神父によって讃えられる。しかし、今度の想像という行
the Pater Profundus; but this time they are in the
為は、小鎌で刈り取られる熟し切った穂ではなく、柔ら
tender shoot instead of being ripe for the sickle.
かい新芽なのである。ファウストの躍動感ある行為やグ
Through Faust’s dynamic act and Gretchen’s act of
レートヘンがとった諦念の行為を通じて、主は万物を新
resignation, the Load has been enabled to make all
しいものにすることが可能になった。
hymned
and
which
Faust’s
- 168 -
things new; and, in this new creation, the human
そして、この新たな創造において、神聖が備わるドラマ
protagonists in the divine drama have their part.
で、人間という主役たちはその役割を演じてきている。
Gretchen, whose salvation had been proclaimed by
その地上での最後の夜明けに、天上から人間を救済する
the voice from Heaven at the dawn of her last day on
というお告げを聞いたグレートヘンが、マリアの随行員
Earth, appears, transfigured as Una Poenitentium,
なる贖罪を負ったひとりの女の姿に変装して舞台に登
in Mary’s train, and the visio beatifica is vouchsafed
To
to Faust, who rises to join her, transfigured as Doctor
場する。そこで、マリア崇拝者の博士に変装して彼女に
Marianus.
けられる。
会おうとするファウストに対して「幸せなる幻想」が授
Das Unzulängliche
かつて満たされざりしもの、
Hier wird’s Ereignis;
今ここに満たさる。
Das Unbeschreibliche,
名状すべからざるもの、
Hier ist’s getan.
ここに遂られたり。
Thus the manifestation of God as a hard master
こうしてみると厳格なる主人としての神からのお告げ
proves not to have been the ultimate truth. The
は究極的には真実でなかったことが分かる。神の被造物
ordeal of God’s creature appears in retrospect as a
における試練は、神の冷酷さの啓示とか残酷さの啓示で
revelation, not of God’s callousness or cruelty, but of
はなくて神の愛の啓示としてあらわれているのである。
万能なる愛は、すべてのものを創りなし、
His love.
なべてのものを抱きはぐくむ。
So ist es die allmächtige Liebe
主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子
Die alles bildet, alles hegt.
For whom the Load loveth He chasteneth, and
に、鞭を加えたからである。(著者註:新訳聖書「へブル人への
scourgeth every son whom He receiveth.‘ –‘Pathei
手紙
mathos’.
アイスキュロス「アガメムノン
12-6」)―「苦しみによって学ぶこと」
(著者註:
186-7」)
最後には、勝利を得た受難者は先駆者と成り得る。
Finally, the sufferer triumphant serves as a
pioneer.
「命に至る門は小さく、その道は狭く、それを見出す者
‘Strait is the gate and narrow is the way which
は稀です」(著者註:新訳聖書「マタイの福音書
leadeth unto life, and few there be that find it.’ The
が備わるドラマで、人間という主役は、神が創造を新た
human protagonist in the divine drama not only
に出来るように神に奉仕するばかりではなく、すべての
serves God by enabling Him to renew His creation,
人間たちが辿るべき道をさし示すことによって同胞の
but also serves his fellow-men by pointing a way for
人間たちにも奉仕することになる。ヨブによる「神への
others to follow. Job’s intercession averts the Lord’s
とりなしの祈り」が、ヨブの友人たちから主の憤りをそ
wrath from Job’s friends. Gretchen’s intercession
らさせ、グレートヘンの「神へのとりなしの祈り」はフ
wins for Faust the visio beatifica.
ァウストに対し「幸せなる幻想」を抱かせることになる。
When Jesus first foreshadows his ordeal to his
イエスが初めて弟子たちに自分が磔刑を受けることを
disciples, he proclaims, ‘If any man will come after
仄めかした時、イエスは「誰でも私について来たいと思
me, let him deny himself and take up his cross and
うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そして私に
follow me’, and on the eve of his passion he adds,
ついて来なさい。
」と申し渡し、受難の前夜には、
「私が
‘And I, if I be lifted up from the Earth, will draw all
地上から上げられるなら、私はすべての人たちを自分の
men unto me.’
ところに引き寄せます。」とイエスは付け加えた。
7-14」)神聖
By the light of mythology, we have gained some
神話の助けを借りながら私たちは「挑戦と応戦の特
insight into the nature of challenges and responses.
徴」についていくつかの洞察を試みてきている。創造は
We have come to see that creation is the outcome of
出会いの結果であり、神話の心象を科学という言語に
- 169 -
an encounter, or –to retranslate the imagery of myths
置き換えてみると、生誕は寧ろ相互作用の関数であるこ
into the terminology of science –that genesis is a
とが分かってくる。人種と環境とを私たちは今や新しい
function of interaction. We shall now regard race and
視点で眺め、その現象に対して異なった解釈を下すこと
environment in a new light and shall place a different
になるであろう。
interpretation upon the phenomena.
常に、そして、世界の至るところで、まったく同じ影響
We shall no longer be on the look-out for some simple
を及ぼしていると説明出来うるような、込み入っていな
cause of the geneses of civilizations which can be
い文明始源を、私たちはもはや探し出そうとはしていな
demonstrated always and everywhere to produce an
い。
identical effect.
文明が芽生えて発祥するときに、同じ人種、若しくは、
We shall no longer be surprised if, in the production
同じ環境が、ある場合には実り多く、そして、他の場合
of civilizations, the same race, or the same
には、不毛になるように見えても、私たちはもはや驚か
environment, appears to be fruitful in one instance
ないであろう。
and sterile in another.
Indeed, we shall not be surprised to find this
文明の発祥に種々の反応するときの変わりやすく、多様
phenomenon of inconstancy and variability in the
であるこの諸現象を、一回だけの挑戦によって、また、
responses produced, on different occations, by one
何回もの挑戦によって見つけ出したとしても、私たちは
and the same challenge, even when that challenge is
まったく驚かされることはないに違いない。その挑戦と
an interaction between the same race and the same
は、同一条件のもとで、同じ人種の間、同じ環境の間で
environment under the same conditions.
相互作用があったとしても、を指している。
However scientifically exact the identity between two
がしかし、人種とか環境という二つ、若しくは、別の諸
or more situation may be, we shall not expect the
状況との間が、科学的見地からまったく同じものであっ
respective outcomes of these situations to conform
ても、これらの諸状況から出てくるそれぞれの影響を同
with one another in the same degree of exactitude, or
じ正確さでもって、いや、どんな程度であれ、一致でき
even in any degree at all.
ると私たちは予想することはできない。
In fact, we shall no longer make the scientific
生命力が働きうるようなある関数として科学的な見地
postulate of the uniformity of Nature, which we
から私たちの問題を考えている限りは正しかった、かの
rightly made so long as we were thinking of our
自然の画一性という科学的公理を私たちはもはや実際
problem in scientific terms as a function of the play of
に考え出すことはできないであろう。
inanimate forces.
We shall be prepared now to recognize, a priori, that,
私たちは科学的に公式としてまとめ得るような人種、環
even if we were exactly acquainted with all the racial,
境、その他のデータすべてを例え正確に精通していたと
environmental, or other data that are capable of
しても、それらの諸データが表す多くの力の間に働くで
being formulated scientifically, we should not be able
あろう相互関係の結果を予言しえないであろうと、今や
to predict the outcome of the interaction between the
演繹的証明をする必要のない自明的な事項として、認識
forces which these data represent.
する心構えが必要である。
We should be unable because, on this plane of action,
この予言が不可能であるのは、行為という面でみればそ
the ‘forces’ are persons.
の生命力とは人間そのものであるからだ。
The unpredictability of the outcomes of encounters
人間と人間との間における出会いという結果を予言
between persons is a familiar datum of experience.
できないことは、馴染み深い経験則で明らかである。
A military expert cannot predict the outcome of a
軍事専門家は、相対する参謀本部双方が持っている作戦
- 170 -
battle or a campaign from an ‘inside knowledge’ of the
計画や兵力の「内部秘密情報」を把握しても、戦闘や会
dispositions and resources of both the opposing
戦の結果を予測できないし、ブリッジの名人がみんなの
general staffs, or a bridge expert the outcome of a
手中にあるすべてのカードを知っているからと言って、
game or a rubber from a similar knowledge of all the
一番勝負の、または三番勝負の勝敗結果を当てることは
cards in every hand.
できない。
In both these analogies, ‘inside knowledge’ is not
これら二つの似た例における「内部情報」がいくら正
sufficient to enable its possessor to predict results
確なものであって、また保証できるものであっても、
with any exactness or assurance, because it is not the
その情報は完璧で同じ代物ではないがために、情報を
same thing as complete knowledge.
掴んだ者が結果の予言をし得ないものなのだ。
There is one thing which must remain an unknown
兵隊またはブリッジの名人自身が持ちうる情報をそれ
quantity to the best-informed onlooker, because it is
は超えているので、最善なる情報を持つ傍観者にとって
beyond the knowledge of the combatants, or the
は未知なる情報量に留まるしかないものが実は存在す
players, themselves; and their ignorance of this
る。そしてこの情報量を知らないことが、計算しようと
quantity makes calculation impossible, because it is
する者が解かねばならない方程式において最も大切な
the most important term in the equation which the
条件であるために、計算できなくさせているのだ。
would-be calculator has to solve.
この未知なる情報量が、試練が実際に起きたときにこれ
This unknown quantity is the reaction of the actors to
に対して行為者がどういう態度を取るかに関係する。
the ordeal when it actually comes.
「物理的な諸運動とは、我々の精神や我々の性格を形成
‘Physical causes only operate through the hidden
するのに、ある役割を演じているところの隠れた諸原理
principles which play a part in forming out spirit and
を通してのみ作用するのである。」(著者註:チェルゴーより)
our character.’
将軍とは、部下の兵隊数と武器の兵力を正確に掌握し、
A general may have an accurate knowledge of his
敵将に関して有用なる情報をほとんど持ち合わせてい
own manpower and munition-power and almost as
なければならない。また、将軍は敵軍に関して洞察力あ
good a knowledge of his opponent’s; he may also have
る作戦を持っていなければならない。そして、自分の持
a shrewd idea of his opponent’s plans; and, in the
つ情報や知識に照らし合わせて、自軍にとってもっとも
light of all this knowledge, he may have laid his own
有利になるような作戦を立てなければならない。
plans to his own best advantage.
将軍は、しかしながら、敵将または敵将の指揮下にある
He cannot, however, foreknow how his opponent, or
兵隊の誰からも、会戦が始まり、戦闘に入ったときに、
any of the other men who compose the force under his
実戦中にどう戦うのかを前もって知りうることはでき
opponent’s command, will behave, in action, when
ないし、また配下の兵隊がどう戦うのかを読み取れない
the campaign is opened and the battle joined; he
し、更に自分自身どうすればよいのかも分からないの
cannot foreknow how his own men will behave; he
だ。
cannot foreknow how he behave himself.
兵力など量的なものを読み取り、科学的に予めどう戦う
Yet
these
psychological
momenta,
which
are
か作戦を立てることなど、このように本質的に無理な、
inherently impossible to weigh and measure and
絶好の機会に遭遇したときに、実際に結論を出すには、
therefore to estimate scientifically in advance, are
更に、非常に大きな力が必要になる。
the very forces which actually decide the issue when
軍事的天才とは、予言し得ないことを推量やまたは直感
the encounter takes place.
によって見抜くことに何度も成功している将軍を指し
The military genius is the general who repeatedly
ている。そこで、歴史上の軍事的天才たちをあげるとし
succeeds in divining the unpredictable by guesswork
たら、例えば、クロムウェルとかナポレオンなどのよう
or intuition; and most of the historic military
に、気質やものの見方があれほども違う司令官のごとく
- 171 -
geniuses –commanders of such diverse temperament
彼らの大部分は、兵隊数・武器の兵力・情報・戦略と言
and outlook as Cromwell and Napoleon –have
ったものが、彼らに勝利をもたらすようなお守り札では
recognized
ないことを知ってきている。
clearly
that
manpower
and
munition-power and intelligence and strategy are not
推量し得るものや操作し得るすべての要素を、それらの
the talismans that have brought them their victories.
持つ価値でもって評価してのち、
「神は大軍の側にある」
After estimating all the measurable and manageable
「神は自ら助くるものに手を差し伸べる」
「神を信じて
factors at their full value –insisting that ‘Got is on
万一に備える」べきであると強く言いながら、とどのつ
the side of the big battalions’, that ‘Got helps those
まり勝利というものは、結局、思考によって予測できる
who help themselves’, that you should ‘trust in God
ものではなくて、また、意志によって支配されることも
and keep your powder dry’ –they have admitted
ないと彼らは素直に認めざるを得ないでいる。なぜなら
frankly that, when all is said and done, victory
ば、勝利というものは思考や意志が働きようもない、そ
cannot be predicted by thought or commanded by will
の源から発生して終結しているからだ。
because it comes in the end from a source to which
彼らがもしも宗教心を持っていたとすれば、「神に感謝
neither thought nor will have access.
すべきかな、神は我らに勝ちを与えたもう」と彼らは叫
If they have been religious-minded, they have cried
んだことであろう。もしも彼らが懐疑的な心の持ち主で
‘Thanks be to God which giveth us the victory’ ; if
あり、迷信的な言葉で表現するならば、宿命が作用して
they have been sceptical-minded, they have ascribed
いたのだ、または、彼らの一個人の幸運が強かったのだ
their victories –in superstitious terms –to the
と、自分たちの勝利の理由を意味付けていることであろ
operations of Fourtune or to the ascendancy of their
う。しかし、彼らがどんな言い回しをしようとも、彼ら
personal star; but, whatever language they have
は同じ経験をしたという事実を明らかにしてきている。
used,they have testified to the reality of the same
ある出会いの結果を彼らは予言することは出来ないし、
experience: the experience that the outcome of an
また予定されているようには見えないという経験が、新
encounter cannot be predicted and has no appearance
たなる創造と同じく、それ自身出会いという結果を生じ
of being predeterminded, but arises, in the likeness of
ている。
a new creation, out of the encounter itself.
14 The arduousness of excellence
IN
14卓越性の辛さ
preceeding chapter we decided that the cause
前の章で、文明始源の原因が、「挑戦と応戦」と称した
of the geneses of civilizations be sought in a pattern
その相互作用様式の中に見出されると私たちは結論づ
of
けた。
THE
interaction
which
we
have
called
‘challenge-and-response’.
ある原因に対する結果とは著しく違って、ある挑戦に対
In contrast to the effect of a cause, the response to a
する応戦とは、不変なるものでなく、且つ、予言できな
chakllenge is not invariable and is therefore not
いものだ。
predictable.
まったく同じ挑戦は、ある場合には創造的応戦を引き出
An identical challenge may evoke a creative response
すが、他の場合には必ずしもそうはいかないことも事実
in some cases but not in others.
である。
What
are
the
situations
in
which
creative
創造的応戦が、過去に人間が経験した証拠に基づく多
responses have actually been evoked by challenges on
くの挑戦により実際には引き出されてきている状況と
the evidence of past human experience?
は、一体どんなものであろうか。
If we turn to examine the range of stimuli to which
人間社会に晒してきた多くの刺激が、果たしてどこまで
human communities have been exposed, we shall not
及んできているかを確かめようと振り返ってみると、
- 172 -
be surprised to find ourselves rejecting the popular
人間が平穏に生活できる状況が滅多にない環境におい
view that civilizations tend to be genearated in
て文明が発祥する傾向にあるという、平俗的な見方を自
environments which offer unusually easy conditions
分自身が弾き出していることに私たちは気づくが、でも
of life to Man.
それに驚かされるべきことではない。
The fallacy of this view springs from a failure to see
このような見方の誤謬は、創造というある行為が時間的
in the genesis of a civilization an act of creation
な変化の過程を包含してきている文明の始源の中に見
involving a process of change in time.
て取り得なかったことから生じている。
The final appearance, as it looks when the drama of
文明の始源というドラマが終幕まで演じられてきたと
genesis has been played to the finish, is thoughtlessly
きに見る最後の姿は、同じ舞台での開演時の姿―偉大な
equated with the primitive appearance of the same
人間的な行為のための舞台として役立てようと人類が
scene before it was taken in hand by Man to serve as
手をつける以前の最初の姿―と、何の思慮もなく同等視
the stage for a great human action.
される。
For example,
例えば、
We are accustomed to regard Egypt as a paradise, as the most
エジプトは天国のようなものだ、なぜならば世界一の肥沃な国で
fertile country in the World, where, if we but scratch the soil
あり、土地をひっくり返して、種を蒔いてさえやれば、あとはじ
and scatter seed, we have only to awaite and gather the
っと待っていて収穫できるのだと、私たちはこの見方に慣れきっ
harvest. The Greeks spoke of Egypt as the most fitest place for
ている。ギリシャ人に言わせると、エジプトは人間が最初に創出
the first generations of men, for there, they said, food was
した文明の発祥する土地に最適である、食糧は手身近にあり、豊
always ready at hand, and it took no labour to secure an
富な食糧確保にそれほどの労働力は必要ないからである
abundant supply.
と・・・・・。
But, as the author goes on to say,
しかし、筆者はこう続けて言う、
there can be no doubt that the Egypt of today is a very
今日のエジプトが前・農耕時代のエジプトとは極めて異なった土
different place from the Egypt of pre-argriculture times. There
地であることには疑う余地はない。世界のどの国において自然科
has been a great, but gradual, change in the physical condition
学的な条件において、徐々にではあるが大きな変化が起きてきて
of the whole country….. The agricultural Egypt of modern
いるのだ。・・・近代にエジプトが農業国になり得たのは、ナイ
times is as much a gift of Man as it is of the Nile.
ル河からの贈り物と同じ位に人間のなす贈り物である。
In fact, of course, the fallacious popular view
事実、当然のことだが、誤った推論からくる平俗的な
entirely overlooks the stupendous human effort
見方は、人間が途方もないような努力を注いていたこと
involved,
についてまったく見過ごしているし、先史時代のナイル
not
only
in
once
transforming
the
prehistoric jungle-swamp of the Lower Nile valley
下流域にある密林沼沢地帯を「肥沃なるエジプトの地」
into the fertile Land of Egypt, but also in perpetually
に一度は変えて(訳注:開墾や灌漑を指すか)はみたが、この
preventing this magnificient but precarious work of
壮大なる作品、しかも不安定な人間の手つくりの作品
men’s hands from reverting to its primeval state of
は、そのまま手を付けずにしていると元の密林沼沢地帯
Nature, and in maintaining it to the present day as ‘a
の状態に戻るのを人間は絶えず阻止し続け、いまでも
going concern’.
「利用できる」状態を保持して行く必要があった。
The virgin wildernesses of the Bahr-al-Jabal in the
ナイル上流域にあるバフル・アル・ジャバルの、人の手
Upper Nile valley still testify today to the feat
が入っていない荒れ野においても、凡そ5千年前に、
performed further north by the pioneers who, some
人々を受け付けないような密林沼沢地帯に入り、上手く
five thousand years ago, succeeded in transforming
開墾し、秩序だった網目状にいくつもの堤と畑を張り巡
similar tracts of inhospitable jungle-swamp into an
らし、土壌と溜め水を目的に叶うように操るなどした開
ordered network of dikes and fields, where soil and
拓者たちによって、より北方にも開墾した偉業を今日で
- 173 -
water are subject to human control for the service of
も同様の状態をまだ確認できる。
human purposes.
特にここで取り上げて比較した事例が議論している二
A geographer may object that this particular
地域間の規模が異なり過ぎると、地理学者が反論するに
comparison is invalidated by the difference in scale
違いない。しかし、一旦は人間によって飼い慣らされた
between the two areas here in question; but he will
ように見えても、自然は壮烈であり、強情であり、再び
surely be persuaded by the spectacle of places where
暴れ出すのである。古地が文明の故郷となり、人類が為
a recalcitrant Nature, once tamed by human heroism,
した他の偉業へつながる導火線的場面にもなって、昔か
has broken loose again and actually reasserted her
ら故地を支配してきていた人類が、実質的に土地を支配
old ascendancy over some site that was once the
したいと再び主張するのを地理学者が見れば、確かに納
homeland of a civilization or the scene of some other
得することであろう。
signal human achievement.
原始的な自然の状態と、それ以降の人類が手を加えた自
We will try to clinch our argument by reviewing some
然の状態と、そしてその自然の状態が結果的には原始的
instances of such reversions, where the primeval
状態へ再び戻ってしまう「先祖返り」のような幾つかの
state of Nature and the subsequent works of Man
事例が、露出した地層の如くひとつの断面によりすべて
and the eventual reversion of Nature to her primeval
を見ることができることを説明して、この議論を決着さ
state are all displayed on onc spot like geological
せたい。
現在のメキシコの故国たるマヤ文明の現況が、もっと
strate.
One remarkable example is the present state of the
も特徴あるひとつの事例となる。
homeland of the Mayan Civilization in Mexico.
マヤ人たちの残した文明は今も継続しているどころで
Far from the works of the Mayas being ‘going
はなくて、唯一現存する遺跡は、現代のメキシコ人たち
concerns’ today, their sole surviving monumants are
が居住している地域からは程遠い、熱帯林の奥深い場所
the ruins of the immense and magnificiently
にあり、現在建っている豪華に装飾された巨大な公共建
decorated public buildings which now stand in the
造物は廃墟になっている。
depths of the tropical forest, remote from any present
その熱帯林はその廃墟を何か王蛇のように文字通り呑
human habitations.
み込んできており、今もなお建造物をゆっくりながらも
The forest has literally swallowed them up, like some
ばらばらにし、きっちり敷き詰められた石をのたうつ根
sylvan boa-constrictor, and is now dismembering
と蔓でこじ開けている。
them at its leisure: prising rheir fine-hewn, close-laid
stones apart with its writhing roots and tendrils.
マヤ人の建築家によるこれらの傑作は、熱帯林によって
But these masterpieces of Mayan architecture which
今や絞め殺されつつあるが、建造物周り約3マイル範囲
are now being strangled by the forest must have been
内の熱帯林を伐採して実り多き畑地に過去に変貌させ
built as works of supererogation with the surplus of
るのに使った余剰なるエネルギーの「余録の仕業」によ
an energy which, for leagues around, had already
って出来上がって来たに違いない。
transformed the forest into fruitful fields.
これらは自然を凌駕した人間の戦勝品である。そしてこ
They were the trophies of Man’s victory over Nature;
れらが建立したその瞬間には、敗北して遁走した熱帯林
and, at the moment when they were raised, the
という敵の退却線が、地平線上にかろうじて見える程度
retreating fringe of the vanquished and routed sylvan
であったのであろう。
enemy was perhaps barely visible on the horizon.
その見晴らしの良い地点から眺めた世界を見張った人
To the human beings who looked out over the world
間にとっては、自然に対して人間が超越し勝利したと確
from those vantage-points then, the victory of Men
信できると思えたに違いない。ところが、人間が持って
over Nature must have seemed utterly secure; and
いる「達成感の移ろい」とか「願望のむなしさ」は、森
- 174 -
transitioriness of human achievemnents and the
林が持っている本源的な回復力によって無残なものに
vanity of human wishes are poignantly exposed by
晒されるのである。
the ultimate return of the forest.
Yet that is not the most significant lesson to be learnt
コパン(ホンジュラスの廃墟)・ティカル(ガテマラの
from the present state of Copan or Tikal or Palenque.
廃墟)・パレンケ(メキシコの廃墟)の現状から学ばれ
The ruins speak still more eloquently of the intensity
るべきものもまた、もっとも重要な教訓にはなり得な
of the struggle with the physical environment which
い。
the creators of the Mayan Civilization must have
マヤ文明の創造者たちがその盛期に自然環境に勝利し
waged victoriously in their day.
たその熱烈さは、コパン・ティカル・パレンケなどの廃
In her very revenge, tropical Nature testifies
墟よりも、いわんや、雄弁に物語られている。
unwillingly to the courage and the vigour of the men
熱帯の自然というものは、その復讐そのものの中に、た
who once, if only for a season, succeeded in putting
とえ、たったの「いち季節」であっても、自然を敗走さ
her to flight and keeping her at bay.
せ、また自然災害を寄せ付けないようにしても、人々の
勇敢さや力強さを、心ならずや明らかにするのである。
The creeper-covered ruins of Angkor teach us the
蔓に覆われた廃墟アンコール(カンボジアの廃墟)は、
same lesson; and the no less arduous feat of
私たちに同じような教訓を与えてくれる。また、セイロ
conquering the
parched plains of Ceyron for
ンでの「からからに乾燥した平原」を征服して農地化す
agriculture is commemorated in the breached bunds
るという、これに劣らないくらい根気強い偉業は、イン
and overgrown floors of the tanks which were once
ド的な小乗仏教に改宗したシンハリ族によって、大掛か
constructed on the wet side of the hillcountry, on a
りな規模でもって、丘陵地の湿った側面にかつて建造し
colossal scale, by the Shinhalese converts to the Indic
た大きな水槽の、裂けてしまった堤や草に覆われた床な
religion of the Hinayana.
どを見ると、思い起こすことができる。
These missionaries of the Indic Civilization in Ceylon
セイロンにおけるインド文明のこれらの伝道者たちは、
once achived the tour de force of compelling the
かつてモンスーンが襲来する中央高地を制圧して、自然
monsoon-smittenn central highlands to give water
によって「からからに乾燥し、且つ、荒れ果てるべし」
and life to the wide plains below, which Nature had
と断罪されていた山麓に広がる平原に、水を呉れて、生
condemned to lie parched and desolate.
命を吹き込むという、
「力わざ」を成し遂げたである。
It is a remarkable fact of Ceylon’s history that it was in the
セイロンの初期の文明が栄えたのは、島の北部で平坦な箇所・
flat northern part of the island, the dry zone, that [her] early
乾燥地帯であったということは、セイロン史において注目すべ
civilisation flourished… A remarkable system of irrigation
き事実である。
・・注目すべき灌漑技術システムをシンハリ族が
was developed by the Sinhalese over many generations –a
編み出し発展させた。これは初期の土木技術において極めて驚
very astounding and admirable achievement in early civil
くべき達成した事実である。
engineering.
The irrigation system in a flat country must, of course, be
平坦地における灌漑技術システムとは、水を貯水池に溜め、周
based on the conservation of water in reservoirs and the
囲の可能な限り耕地に水を供給すべく水路を建造するのが、当
construction of channels to supply water to the maximum
然、基本となる。
possible acreage around him.
The
anchient
Sinhalese
constructed
reservoirs
with
古代シンハリ族は、注目すべき技能をもって貯水池を建造した。
remarkable skill.
Some of them were of considerable size, great artificial lakes,
その貯水池のあるものはかなりの大きさをもった人造湖であり
and many of these ‘tanks’…were skilfully connected with each
これら貯水池の多くは・・・巧みにつなぎ合わせて広大な灌漑
- 175 -
other to form a vast irrigation system.
システムを構築したのである。
Modern irrigation engineers have evinced much admiration
現代の灌漑技術者たちは、灌漑技術の現代版として適用したとし
for the way in which the ancient Sinhales succeeded in their
ても、そう簡単には立ち行かない位の灌漑システム構築を、古代
irrigation schemes, which are far from easy, even to their
シンハリ族は成し遂げているのである。・・・
modern counterparts… The construction of these early
これら初期の灌漑技術システムの建造は、注目すべき実践的な業
irrigation systems was a remarkable practical feat.
績である。
They required constant attention, and their construction and
灌漑技術システムの建造は不断の注意力を要する。そして、初期
maintenance must be regarded as the leading feature of early
シンハリ族にとって経済的な生活を享受するには、その建造と保
Sinhalese economic life…
全維持を斟酌する必要があったのである。・・・
When it is remembered that, for example, the tank known
たとえば、ミンネリアとして知られている貯水池は、かつては
as Minneriya (and has) a bund several miles long and about
(そして今も)長さが数マイル、高さ約50フィートの堤である
50 feet high, it becomes clear that a very large labour force
ことを思い起こせば、極めて大量の労働力を必要とし、且つ、極
must have been employed, and very carefully organized.
めて注意深く組織化されていたに違いないであろう。
This particular tank is 4,560 acres in extent when full of
ここで取り上げた貯水池は、満水時に面積が4、560エーカー
water… It was fed by a canal 25 miles in length, dug in the
にも及ぶ。・・・これは、紀元後4世紀に掘られた長さ25マイ
forth century [A.D.].
ルの運河によって給水されていた。
Another canal, which brought water to Anuradhapura, was 54
アヌラダプラに水を注ぐ他の運河は、長さ54マイルであり、1
miles long, and irrigated 180 square miles; for the first 17
80平方マイルの耕作地に灌漑していた。この運河の最初の17
miles of this canal the gradient is only 6 inches to the mile,
マイル分は、勾配が1マイルにたったの6インチであり、当時の
which aptly illustrates the ability of the irrigation enginees of
灌漑技術者たちの技術能力が際立っている例証である。
those times.
But this fertile countryside survived in its man-made
しかし、この肥沃な地方が、自然状態でなくて人工の状
state only so lomg as Man did not relax his grip upon
態を維持できたのは、人間が、彼らに敵対的な自然環境
his hostile physical environment.
に対する統制・制御力を弛めなかったに過ぎないことで
When the internecine wars of the eleventh century of
あった。
the Christian Era destroyed the tank-building
西暦紀元11世紀の血なまぐさい戦争が、貯水池を建造
dynasty
human
した王朝を滅亡に追い込み、自然と対決して、この奇跡
exertions which had been required to produce and
的な変化を生み出し、そして維持をするのに要した人間
maintain this miraculous transformation in the face
の不断の努力を押しとどめたとき、灌漑され、耕作され、
of Nature, those irrigated and cultivated and
人々が入植した、かの平原は、原始的な不毛地帯―それ
populated
以降、変えたいと熱望し、また、敢えて変えたいと誰ひ
and
checked
plains
the
continuous
relapsed into their
primeval
barrenness –a state which no man has since aspired
とり居ない状態―へと逆戻りした。
or dared to alter.
Can we watch Nature flaunting her ultimate triumph
自然が、こうした人間が創り上げた(文明という)作品
over these works of Man, and still doubt that the
への究極的な勝利を見せびらかすかのようにしている の
conditions in which they were performed were not
を私たちは見ながら、この作品が完成したときの条件
unusually easy but unusually difficult?
が、普通以上に容易なものであった訳ではなく、普通
以上に困難なものであったということに、疑問を持つ
者はいないであろう。
- 176 -
15 The stimulus of hard countries
15荒廃した国土からの刺激
NOW THAT we have found that a harsh environment is
過酷なる環境が文明にとって不利なものになるのでは
not inimical to civilization but rather the contrary,
なくて寧ろ有利に働くことが今までの議論で分かった。
are we warranted in formulating the further
更に言えば、環境が過酷なものになるのに比例して文明
proposition that the stimulus towards civilization
への刺激がより強くなるという、もう一歩踏み込んだ命
grows stronger in proportion as the environment
題を定式化することが、果たして私たちに許されること
grows more difficult?
であろうか。
Let us put this to the test by revieing the evidence
このことを試すために、その証拠を経験的な観点から調
empirically, first making a distinction between the
べ直してみたい。先ずは、自然的な環境と人間的な環境
stimuli presented by the physical and by the human
とによって与えられる諸々の過酷さに潜む違いを浮き
environment.
彫りしてみたい。
We shall begin by comparing physical emvironments
様々の程度の過酷さを示す自然的な環境を比較するこ
which different degrees of difficulty.
とから始めたいと思う。
The Aegean area, the birthplace of two successive
civilizations,
presents
unusal
相継いで発生する二文明の生地であるエーゲ海地域
difficulties which
は、異常とも言える過酷さが現れてくるのである。この
become fully apparent only when the area is viewed
地域は、周りの諸地方によって与える引き立て役を対照
in its geographical setting, against the foil provided
にしながら、その地理学的な自然環境を見た時にのみで
by the regions round about.
もって十二分に明らかにすることができる。
I can testify to this from personal experience.
私はこれについて個人的な経験から申し述べたい。
On my first visit to the Aegean, I came and went by
私が初めてエーゲ海を訪れたときは、海から出入りした
sea, and the abrupt transition from the terrain of
が、イングランド地域からギリシャ地域へと急遽移動す
Emgland to that of Greece had the effect of dulling
るはめになったので、想像力を働かしての比較対照をす
my imaginative appreciation of the contrast.
ることが困難に陥ったのだ。
On my second visit, I again arrived by sea, but I
二度目の時も海から到着したのだが、アテナイ(現アテネ)
broke my stay in Athens by making several
での滞在を何度か中断して、エーゲ海地域の少し外側に
reconnaisances into regions just outside the Aegean
ある地方への研究調査の旅に出掛けた。
area.
先ずイズミル(スミルナ)へ行き、アナトリの内陸部へ
First I went to Izmir (Smyrna) and into the interior of
と入った。次にアイスタンブール(コンスタンティノー
Anatolia; next I went to Istanbul (Constantinople)
ブル)へ行き、その地方からアナトリアへ再び入った。
and again into Anatolia from that quarter; and then I
そしてそれからテッサロニキ(サロニカ)へ行き、マケ
went to Thessalonike (Salonica) and into Macedonia.
ドニアに入った。最後に、イスタンブールからカレーへ
Finally, I returned to England overland, travelling by
の列車の旅をして、陸路にてイングランドへ戻った。
rail from Istanbul to Calais.
これらの研究調査のそれぞれの旅を通じて、剥き出し
In the course of these expeditions, I found myself on
の、痩せた土地の、岩だらけで山が多く、中を隔てる海
each travelling out of country that was bare, barren,
でもって幾つもの断片のように分断されている国土を
rockey, mountainious, and broken into fragments by
自分自身が見たあとに、今度は、はるかに緑濃く、豊か
the estranging sea, into country that was greener and
で、柔和な感じの国土、山脈の代わりになだらかに起伏
richer and softer, in which the mountain-ranges were
する丘があり、海水を湛えた湾や海峡や、広く耕作が可
replaced by rolling hills, and the sea-filled gulfs and
能な河川敷がある国土へ入った。
straits by broad cultivable river valleys.
The cumulative effect of these successive contrasts
これらの対照に次ぐ対照の累積効果は極めて強いもの
was very powerful, for they showed the Aegean area
であり、それらの対照をすることにより、エーゲ海地域
- 177 -
in its true colours as a region of unusual difficulty by
は、イングランドのみならず、それに隣りあうすべての
comparison not only with England but with every
地方との比較をすれば、異常とも言える過酷さを持つ地
region adjoining it.
方として、その本性が潜んでいることが分かる。
In this light I realized the deep meaning of the words
この観点から、ヘロトドスがスパルタ人デマラトスの口
which Herodotus puts into the mouth of the Spartan
から発せしめた言葉の深い意味に私は気づいた。「そも
Damaratus: ‘Hellas has a foster-sister Poverty who
そも我がヘラス(古代ギリシャ)にとっては、昔から貧困は
never leaves her; but she has brought in a guest in
生まれながらの付き物であった。しかしながら我々は叡
the shape of Virtue, the child of Wisdom and Law;
智と厳しい法の力によって勇気の徳を身につけたので
and by Virtue’s aid Hellas keeps Poverty at bay and
ある。この勇気があればこそ、ヘラスは貧困に挫けず、
Servitude likewise. ’
専制に屈服することがなかったのだ。」
Similar contrasts in the physical environment,
エーゲ海地域の地方における文明の多様性での対照
capped by corresponding contrasts in the local
を対応させてみると、自然的な環境での同様な対照事例
variety of civilization, may be observed in the interior
が、エーゲ海地域そのものの内部においても観察するこ
of the Aegean area itself.
とができる。
For instance, if one travels from Athens along either
例えば、アテナイから鉄道を利用し、または、高速道を
the railway or the speedway for cars which
車で走って旅をすれば、テッサキロニキを経由して、結
eventually lead through Thessalonike into the heart
局はヨーロッパの中心部へ通じ、旅の第一段階では、中
of Europe, one passes on the first stage of the journey
欧人の、または、西欧人の目には馴染み深い景色をあら
through a stretch of country which gives to Central or
かじめちらり見ながら、手足が伸びた国土を通過できる
Western eyes an anticipatory glimpse of their own
のである。
familiar scenery.
After climing slowly round the eastern flanks of
パルナス山の東側の山腹を回って、矮小な松の木々やギ
Mount Parnes through a typical Aegean landscape of
ザギザした石灰岩という典型的なエーゲ海の景色を眺
stunted pines and jegged limestone crags, the
めながらゆっくり登山した後に、ゆっくりとそして緩や
traveller is astonished to find himself running into a
かに起伏しながらもよく施肥された耕地の低地帯に足
lowland country of gently undulating deep-soiled
を踏み込んでいるのに、旅行者はびっくりして気づかさ
ploughlands.
れる。
This unexpected landscape is a ‘sport’; in the lifttime
このような予想外の風景はひとつの「突然変種」のよう
of the Hellenic Civilization it was called Boeotia, and
なものである。ヘレニズム文明が脈々と続いた時代に
in Hellenic minds the word ‘Boeotian’ had a quite
は、そこはボエオティアと称された地方であり、ヘレニ
distinctive connotation.
ズム人の心には「ボエオティアの」という言葉はかなり
特異な言外の意味を持っていた。
It stood for an ethos that was rustic, stolid,
その言葉は、田舎風、鈍感、想像力の乏しい、獣的とい
unimaginative, brutal –an ethos out of harmony with
う気風、すなわち、ヘレニズム文化で流行っていた気風
the prevailing genius of the Hellenic culture.
とは調和しないものを指していた。
The discord between the Boeotian ethos and
ボエオティアの気風とヘレニズムとの間に響く不協和
Hellenism was accentuated by the fact that just
音は、パルナス山の外側の角を回った直ぐのところに、
round the corner of Parnes lay Attica, ‘the Hellas of
「ヘラスの中のヘラス」たるアッティカがあるという事
H e ll a s ’ : t he c o u n t r y w h o s e e t ho s w as t h e
実によって更に強さを増すことになる。大勢を占めるヘ
quintessence of Hellenism lying cheek by jowl with
レニズム的な感受性には耳障りに聞こえる気風を持つ
the country whose ethos affected normal Hellenic
国土全体と肩を並べて、ヘレニズムの真髄たる気風を持
- 178 -
sensibilities like a jarring note.
つ国土が存在するのだ。
The point of interest for our present purpose is that
私たちの研究目的に叶う今持っている興味は、このよ
this profound cultural contrast was geographically
うな意味深い文化対照が自然的な環境における同様に
coincident with an equally striking contrast in the
顕著な対照でもって地理学的な俯瞰に符合している点
physical environment.
だ。
For Attica is ‘the Hellas of Hellas’ not only in her soul
「ヘラスの中のヘラス」が、
「こころ」の中ばかりか「か
but in her physique.
らだ」の中においてもアッティカの事例に見られる。
She stands to the other countries of the Aegean as
エーゲ海諸国がそれらの地方で存在感を示すようにア
those Aegean countries stand to the regions around.
ッティカは他のエーゲ海諸国で存在感を示している。
If you approach Greece by sea from the west, you may
西から海上をギリシャに接近すれば、あなたの眼は、
flatter yourself that your eye has grown accustomed
ギリシャ的な、つまり「美しい、けれど直ぐには近づ
to the Greek landscape –beautiful and forbidding at
き難い、風景に慣れて行くことを感じさせるであろう。
once –before the view is shut out as you pass through
その後、コリントス運河の深い切通を通過すると視界
the deep cutting of the Corinth Canal.
が遮られて行く。
Yet when your ship emerges from the Isthmus at last,
船が地峡からついに抜け出たときには、地峡の反対側
you will still be schocked by an austerity of landscape
の風景では想像できないサロニカ湾の景色の厳しさを
in the Saronic Gulf for which the scenery on the other
見てショックを受けるであろう。そして、サラミスの
side of Isthmus has not fully prepared you; and this
角を回って、アッティカの国土がペンテリコスとヒメ
austerity attaines its climax when you round the
ットスの山頂まで眼前に広がるのを目の当たりすると
corner of Salamis and set the land of Attica spread
この厳しさは、最高潮に達する。
before your eyes up to the summits of Pentelicus and
Hymettus.
In Attica, with abnormally light and stony soil, the
異常とも思えるほど軽くて石が多い土壌を持つアッ
process of denudation by erosion, which Boeotia has
ティカは、「ボエオティアが今まで経験してきていない
escaped to this day, was already complete in Plato’s
土壌浸蝕による削蝕作用の過程がプラトンの時代には
time, as witness his own account of it.
既に終わっていた」と、彼自身の叙述にて証言している。
Contemporary Attica may accurately be described as a mere
relic of the original country….. In consequence of successive
当今のアッティカは元の国土の単なる面影と表現するのが正し
violent deluges which have occurred within the past nine
いと思う・・・過去9000年もの間、連続して大洪水に襲われ
thousand years….there has been a constant movement of soil
た結果・・・土壌が絶えず高地から流れ去ってしまっている・・・
away from the high altitudes…. What remains of her
今を昔と比べてみると、病人の骨ばかりの痩身のようになり、肥
substance is like the skeleton of a body emaciated by disease,
沃で柔らかな土壌は悉く流出してしまい、骨と皮だらけの国土だ
as compared with her original relief. All the rich soft soil has
けが残されてしまっている。
moulterd away, leaving a country of skin and bones.
What did the Athenians do with their poor country
ボエオティアの若き時代の肉付きが良かったのに削げ
when she had lost the buxomness of her Boeotian
て貧しい国土になった時にアテナイ人たちはどう対処
youth? We know that they did the things which made
したのだろうか。アテナイ人たちがアテナイを「ヘラス
Athens ‘the education of Hellas’. When the pastures
の教師」として多くの事業をしたのかを私たちは知って
of Attica dried up and her ploughlands wasted away,
いる。アッティカの牧草地が干上がり、耕地が痩せてし
her
まったとき、アッティカの人々は自ら考えた方向に転じ
people
turned
to
devices
of
their
own:
olive-cultivation and the exploitation of the subsoil.
た。すなわちオリーブ栽培と鉱山開発である。
- 179 -
]
To make a living from the produce of his olive-groves,
オリーブ林での産物によって生計を立てるために、ア
the Athenian had to pack his Attic oil into jars and
テナイ人はアッティカ産のオリーブ油を壺に詰めて海
ship it overseas and exchange it on the Serthian
外に輸出し、スキタイの市場で穀物と物々交換しなけ
market for grain –necessities which called into
ればならなかった。これが、アッティカの壺焼き物業
existence the Attic potteries and the Attic merchant
や商船隊を生み出し、また、国際貿易をするには貨幣
marine, and also, since international trade requires a
経済構築が必要となり、造幣用の銀山開発が必要にな
money economy, the Attic silver-mines.
った。
All these things together –exports, industries,
こうした、貿易業、工業、商業、造幣業などすべてが
merchant ships, and money –required the protection
国からの保護を求める一方、国を守る海軍の維持費を
and defrayed the upkeep of a navy.
負担するようになった。
Thus the erosion of their soil in Attica stimulated at
このようにアッティカにおける国土の土壌浸蝕が、エー
Athenians to acquire the command of the sea from
ゲ海全域に及んだばかりかそれを越えた制海権をアテ
one end of the Aegean to the other, and beyond; and
ナイ人たちに得るべく刺激をもたらし、それに付随なが
therewith the riches that they had lost were
らて、彼らが失った国富を100倍にして取り戻してし
recovered a hundredfold.
まった。
But these riches grasped through the sea –riches
しかしこれらの国富は「海」を通じて掴んだものであり、
beyond the dream of the Boeotian ploughman whose
つまり、良く施肥された畑地を耕して決して裏切ること
deep-soiled fields had never failed him –were merely
がなかったボエオティアの農夫たちが夢想だにできな
the economic foundation for a political and artistic
い富は、政治的、芸術的、知的文化の経済的側面の基礎
and intellectual culture which made Athens ‘the
を単に為したに過ぎなく、この文化こそがアテナイを
education of Hellas’, and ‘Attic salt’ the antithesis of
「ヘラスの教師」とし、「アッティカの刺激」をボエオ
Boeotian animality.
ティアの、獣性なるアンティテーゼに仕立てあげた。
On the political plane, the Athenian industrial and
政治的側面でもって見ると、工業や航海に従事するアテ
seafaring population constituted the electorate of the
ナイ人は、アテナイの民主政治の選挙民を構成する一
Athenian democracy, while Attic trade and sea-power
方、アッティカの貿易と海軍力は、アテナイを盟主とす
provided the framework for that international
るデロス同盟によってエーゲ海の都市国家群に対して
association of Aegean city-states which took shape in
国際的同盟という枠組みを提供して規定したのであっ
the Delian League under Athenian auspieces.
た。
On the artstic plane, the prosperity of the Attic
芸術的側面で見ると、アッティカの壺焼き物業(陶器製
potteries gave the vase-painter the opportunity for
造)が栄えたことは、新しい美形式を創造する機会を壺
creating a new form of beauty; and the extinction of
絵師に与えたことにつながった。そして、アッティカの
the Attic forests compelled Athenian architects to
森林が消滅したことは、アテナイ人の建築家たちが、石
wrestle with the medium of stone and so create the
という素材と真正面から取り組むことをもたらし、ひい
Parthenon instead of resting content with common
ては、彼らが平凡な木造建築に甘んじることなく、パル
log-built structures.
テノンを創造させることになった。
And finally the Athenians were exposed to all the
そして遂にアテナイ人たちは、海岸に押し寄せて来る商
foreign intellectual and cultural currents that
人や航海者たちが持ち込む海外の知的で文化的な潮流
washed ashore with their merchants and mariners;
のすべてを身に晒した。そしてアッティカは当時のヘレ
the city gathered the whole of contemporary Hellenic
ニズム文化のすべてを手中に収め、これを「アッティカ
culture to itself in order to transmit it to posterity
の刺激」でもって味付けし、アッティカの刻印によって
- 180 -
seasoned with ‘Attic salt’ and ennobled by the Attic
高尚なものにして、後世に伝えた。
impress.
The contrast between Boeotia and Attica is not the
ボエオティアとアッティカとの対照することが、ヘレ
only illustration offered by the Aegean area in the
ニズム文明の、ある時代におけるエーゲ海地域で起き
age of the Hellenic Civilization.
た、唯一の事例ではない。
Boeotia had another neighbour in Chalcis, a city
ボエオティアにとってもうひとつの隣国は、エヴィア島
facing the mainland on the iseland of Euboea.
の本土に位置するカルキス(ハルキス)である。
In the hinterland behind Chalcis lay the Lelantine
カルキスの後背地には、レラントス平原が広がり、ボエ
Plain, a plougland no less rich than Boeotia itself; but
オティア自体にも劣らぬ肥沃な耕地であった。その耕地
unfortunately –or fortunately –for the Chalcidians
は、不幸にも、いや幸いにも、カルキス人にとっては非
the plain was narrow, and hence their farmers,
常に狭いと感じ、このため農夫たちは、新しい開拓地を
brought up short in their search for new land against
求めるとディルフィスの高く聳える峰の切り立った山
the precipitous flanks of the towering peak of
腹に遮られてしまい、海外に新しい耕地を探し求めるよ
Dirphys, were stimulated to seek their fresh
うにある種の刺激が与えられた。
ploughlands abroad.
Sailing out into the Aegean, they founded a new
エーゲ海に乗り出して、北東にあるトラキアの海岸に、
Chalcidice on the coasts of Thrace to the north and
南西にあるシチリアの海岸に、新しい都市カルキディケ
east, and another in Sicily to the south and west.
を建設した。
Of course, the Chalcidians’ response to the challenge
故国エウボイアでの土地不足という挑戦に対するカル
of land-shortage in their native Euboea is not to be
キス人たちの応答は、勿論、アッティカの浸蝕なる刺激
compared with the feats to which the erosion of
を受けてアテナイ人が成し遂げた業績とは比較し難い
Attica stimulated the Athenians; for, where the latter
ものである。アテナイ人たちが経済的に質的に大きな変
achieved a qualitative transformation of their
化をもたらしたのに対して、カルキス人たちは、畑地を
economy, the Chalcidians performed the merely
単に増やすという量的な変化を遂げた。
quantitative act of adding field to field.
Yet Chalcis too made a mark –albeit a fainter mark
しかし、カルキス人たちもまた、アテナイ人たちよりも
than the Athenian –upon Hellenic history, for it was
僅かではあるものの、ヘレニズム史上に刻印を残した。
through
the
それは、その定住していた農夫を通じて、マケドニアと
barbarians of Macedonia and Latium were drawn
ラティウムの蛮族たちが、ヘレニズム文化圏内に引き込
into the orbit of the Hellenic culture.
まれた。
In their degree the Chalcidians reacted to the prick of
分相応にカルキス人たちが止むを得ず駆り立てられて
necessity’s spur, while comfortable Boeotia cared for
応答したのに対して、快適地のボエオティアはこのよう
none of these things.
なことには何も気に掛けなかったということだ。
her
farmer-settlers
oversea
that
The enlargement of the area of the Hellenic World
c.725
– 525 BC, in which the Chalcidians played this
prominent
part,
offers
us
another
カルキス人たちがこの目立つような役割を演じた紀
元前725年~525年頃のヘレニズム世界の地域的
celebrated
な拡大は、カルケドンとビザンティウムというギリシャ
illustration of our theme through the contrast
の二つの植民地とを対照することによって、私たちが研
between the two Greek colonies of Calchedon and
究しているテーマにもうひとつの例証を与えてくれる。
Byzantium, which were planted respectively in 685
この二つの植民地は、それぞれ、ボスポラス海峡の南口
and 668 BC on the Asiatic and on the European side of
のアジア側とヨーロッパ側とに、紀元前685年と66
the southern entrance to the Bosphorus.
8年とに植民された。
- 181 -
Herodotus tells us that, about a century and a half
ヘロトドスの語るところによれば、この二つの都市の
after the foundation of these two cities, the Persian
建設から約1世紀半後に、その辺りを通ったペルシャ
stateman Megabazus passed that way and, hearing
の政治家メガバズスが、カルケドンがビザンティウム
that Calchedon had been planted seventeen years
より17年前に植民地化されたことを聞いて、カルケ
before Byzantium, he nicknamed Calchedon ‘the city
ドンに「盲人の都市」とあだ名を付けた。カルケドン
of the blind’; by this he meant that it was
が言いたかったのは「先見性のある人たちが二つの可
inconceivable that men of vision should have
能性のある候補地の中で明らかに歩の悪い方に、植民
deliberately chosen to found their settlement on the
地を建設するのを選びとったとは思いもよらなかっ
patently worse of two available sites.
た」ということであったに違いない。
But his observation was epigrammatic rather than
しかし、彼の見方は鋭いというよりは風刺的であり、ま
acute; for it is easy to be wise after the event, and by
さに諺の『愚者のあとの知恵(訳注:事後に事を悟るのは容易)
Magabazus’s day the respective destinies of the two
』である。メガバズスの時代までには二つの都市のそれ
cities were already manifest.
ぞれの運命は既に明々白々であった。
Calchedon
had
Greek
カルケドンは、地中海沿岸一帯に作られた他の多くの植
transmarine agricultural settlement, no different
民地とは何ら変わらない、ギリシャが海外で農業用開拓
from
地にした、平凡なる植民地であり続けてきたのであっ
scores
remained
of
others
an
ordinary
planted
round
the
Mediterranean coasts.
た。
Meanwhile, Byzantium was already growing into one
これに対してビザンティウムは、ヘレニズム世界で最も
of the busiest ports of the Hellenic World, and was
繁忙な港のひとつとして既に成長しつつあり、ギリシャ
fairly launched on the ultimate capital of an
正教社会が作る世界的国家の最大なる首都へと公正明
Orthodox Christian universal state.
大に乗り出すことになったのである。
Thus, by Megabazus’s time any comparison between
こうして、ビザンティウムとカルケドンとの利点を、メ
the
and
ガバズスの時代まですべてを比較したとしても、それぞ
their
れの港としての利便性有無に掛かることが当然であろ
respective facilities as ports; and on this test the
う。この利便性有無を調べてみると、ビザンティウムの
eligibility of Byzantium was incomparably the
適格性が、比較にならないほどにあることが理解でき
greater.
る。
Byzantium not only possessed the natural harbour of
ビザンティウムは、ゴールデン・ホルンという天然の良
the Golden Horn, which had no counterpart on the
港を所有しているが、対岸にあるカルケドンには、それ
opposite coastline where Calchedon stood.
に対比できるような良港を持していない。
More than that, the set of the current which comes
更に言うと、黒海からボスポラスを下ってくる潮流の方
down the Bosphorus from the Black Sea fovours any
向は、どの方向から来るゴールデン・ホルンに進もうと
vessel trying to make the Golden Horn from either
する船には有利であった。一方、カルケドンの開先状態
direction, while it impedes any vessel heading for the
の海浜へ向かおうとする船にとっては、その流れが邪魔
open beach of Calchedon.
になってしまうのだ。
The founders of Calchedon would have been blind
カルケドンを建設した人たちが、これら一対の事実に直
men indeed if, in the face of these twin facts, they had
面しながらも、港の位置をビザンチウムよりもむしろカ
deliberately chosen their location in preference to
ルケドンの方を選んだならば、彼らは確かに盲人であっ
Byzantium as the site for a port.
たと言わざるを得ないであろう。
respective
Calchedon
advantages
would
of
naturally
Byzantium
turn
upon
In reality, of course, the founders of Calchedon
現実はどうだったのか、カルドンの建設者たちがこの
- 182 -
made their historic choice on a quite different
歴史的選択を行ったのは、勿論のことだが、まったく
consideration; as they approached the coasts of the
別の熟慮があった。彼らはボスポラスの海浜に近づい
Bosphorus they looked at the landscape and chose
たとき、一帯の景色を眺めて、決して蒙昧な眼で、但
their site with eyes that were not blind at all, but
し水夫の眼ではなく、まさに、農夫の眼でもってその
were simply farmers’ eyes and not mariners’.
土地を選んだのであった。
They planted their city on a sheltered strip of fertile
彼らは、風を避けて、肥沃な土地である海岸に都市を
coast, and settled down to raise the crops that they
建設し、これまで彼らが故国で営んでいたように穀物
had always raised at home.
の栽培に勤しむべく取り組んだ。
For their purpose they could not have chosen better,
彼らの目的から考えると、これ以上優れた選択肢はな
and we may picture the founders of Byzantium –
かった。ビザンティウムの建設者たちは、17年後に
arriving from Greece seventeen years later in search
はギリシャ本土から新しい耕地を探し求めて来ること
of new land for their own ploughs –cursing the
になったのだが、カルケドン人たちの洞察力を、そし
Calchedonians for their perspicacity and themselves
て自分たちの鈍間さを呪いつつ、現在カルケドンの城
for their tardiness as they turned away from this
壁によって囲まれている、この晴れやかなビシニア・
smiling
リヴェイラを背けて、はるかに魅力に欠けたトラキア
Bithynian
Riviera,
now
crowned
by
Calchedon’s walls, towards the much less inviting
の対岸に向かった。
opposite coast of Thrace.
Moreover, these unfortunate late comers settled
その上、この不幸なる、遅れて参じた者たちは、その
down to till the soil of their little peninsula only to
ちっぽけな半島の土地を耕しに取り組んだものの、彼
see
off
らが労働して獲た果実を、何と、後背地のトラキアか
systematically year after year by the marauding
ら急襲してくる諸部族に常習的に奪われることとなっ
Thracian tribes of the hinteland.
てしまった。
The Byzantine settlers found that they were caught
ビザンティウムの植民者たちは、蛮族なる敵陣との泥
in an interminable and insoluble war with a
沼の戦争に陥ってしまった。そして、数を誇る、且つ、
barbarian adversary who was both too numerous and
強力なる敵陣を武力でもって撃退することができず、
powerful to be beaten off by force of arms, and too
また、彼らは貪欲であって、更に、決意も固くて貢物
voracious and determined to be bought off with
で買収することもできないことを、身をもって知った
tribute.
のである。
After all, the Calchedonians’ vision and perspicacity
カルケドン人たちの先見性と洞察力の方が、災厄の宿
would seem to be vindicated by the calamitous fate
命にあったビザンティウム人と比べると、何といって
which met the Byzantines.
も、優っていたように思われるに違いない。
Yet this is not the true moral of the story: the true
しかし、この言い伝えは真の教訓とはなりえない。真
moral is that, when the Byzantines found themselves
の教訓とは次の通りである。つまり、ビザンティウム
perpetually subject to this prohibitive handicap on
人たちが、陸の上ではとても生きていけないような困
land, they were stimulated to turn to the sea, and to
難から永久に逃れられないと悟って、今度は海に向か
indemnify themselves for their ruinous losses as
い、商人や水夫としてかなりの利得をあげ、農夫では
farmers by making handsome profits as merchants
一文無しになった損失を穴埋めするのに十分なほどに
and mariners.
活気づけられたことである。
Under this powerful stimulus, to which the prudent
慎重に行動するカルケンドン人たちなら決して受けな
Calchedonian farmers were never exposed, the
かったであろう、このような力強い活気状況のもと、
Byzantines made the most of their straits and
ビサンティウム人たちは一帯の海峡を十分に活用し、
the
fruits
of
their
labours
carried
- 183 -
discovered that the ‘Golden Horn’ was a cornucopia.
「ゴールデン・ホルン(黄金の角)」が豊饒の角(訳註:
Byzantium, occupying a site midway between the
幼児のゼウス神に授乳したと伝える山羊の角)であることを発見し
economic foci of the Aegean and the Black Sea, and
た。エーゲ海と黒海は、当時、経済活動の中心地であり、
dominating the narrow passage through which all
その間に位置し、あらゆる商船が通過せざるをえない、
trade must pass, held the key to the prosperity of the
狭い海路を治めているビサンティウムは、ヘレニズム世
Hellenic World –a guardianship from which she
界の繁栄への鍵を握り、海路の番人として可能な限りの
learnt to drive the treatest possible wealth and
国富を獲得し、その影響力をいかんなく発揮できること
influence.
を学んだ。
Thus the vast divergence between the destinies of
このように、ビザンティウムとカルケドンの運命での大
Byzantium and Calchedon is not explained by
きな相違は、メガバズスが言った風刺でもっては説明が
Megabazus’s epigram.
できない。
It was not the blindness of the Calchedonians but the
ビザンティウムに幸運をもたらしたのは、カルケドン人
ferocity
made
たちが蒙昧であったのではなく、大勢の蛮族が獰猛であ
Byzantium’s fortune, for she had been taught a
ったことであって、ビザンティウムに教訓を与えたの
lesson
は、実は「窮乏」であった。蛮族の急襲に避難していた
of
by
the
barbarian
necessity
hordes
which
that
the
sheltered
Calchedonians were never even set to learn.
カルケドン人たちは、その窮乏からは同じ教訓を学びと
れなかったのである。
If we turn now to the Syriac World, we shall find a
私たちはここでシリア世界に眼を転じてみると、シリ
similar correlation between the relative distinction
ア世界の住民たちが作り上げてきた他の地域と比較し
achieved by its inhabitants, and the relative physical
て優秀なものを見いだせる。しかもミケナイ時代以後の
difficulty of the environments in which they found
「民族大移動」が終わったとき、シリア人たちが身を置
themselves at the end of the post-Mycenaean
いていた相対的に自然環境の過酷さとの間にも同様の
Völkerwanderung.
相関関係が見られる。
The Syriac Civilization has above all three great
シリア文明は、とりわけ、三つの偉大な偉業があり、そ
feats to its credit.
れは実に名誉なことである。
It discovered the Atlantic Ocean; it invented an
その三つとは、「大西洋の発見」と「アルファベット文
alphabetic system of writing which is the ancestor of
字なる書式体系の発明:中国語・日本語・韓国語以外、
all systems in use today except the Chinese,
今日使われている全文字体系の祖先」と「神の概念への
Japanese, and Korean; and it arrived at a particular
到達:ユダヤ教・ゾロアスター教・キリスト教・イスラ
conception of God which is common alike to Judaism,
ム教の全てに共通であり、且つ、エジプト的・シュメー
Zoloasrianism, Christianity, and Islam, and alien
ル=アッカド的・インド的・ヘレニズム的系統に属する
alike from the Egyptiac, Sumero-Akkadian, Indic,
宗教的な思想とか宗教的な感情とは異質なもの」であ
and Hellenic veins of religious thought and feeling.
る。
But in the progress of the Syriac Civilization toward
しかし、これらの偉業に向けたシリア文明が進展する過
these achievement it was not the favoured Arameans
程で旗手を担ったのは、ダマスカスやまたは肥沃なオロ
of Damascus or of the fertile Orontes valley who took
ンテス流域の恵まれたアラム人たちではなく、ヨルダン
the lead, nor yet those tribes of Israel who halted east
川東のギレアドの豊かな牧草地に留まっていたイスラ
of Jordan on the rich pastures of Gilead.
エルの諸部族でもなかった。
More remarkable, the primacy in the Syriac World
シリア世界の卓越性は、蛮族としてでなくてエーゲ海文
was not retained by the Philistine Sea Peoples, who
明の後継者として現れ、エクロンからガザまでの広い海
came not as barbarians but as the heirs of an Aegean
辺平原を戦利品として手に入れたペリシテ人の航海者
Civilization, and took as their prize the broad
によってそれを忘れてはいなかったことに、もっとも注
- 184 -
maritime plain from Ekron to Gaza.
目すべきことだ。
The discovery of the Atlantic was not made by these
大西洋の発見は、これらのシェフェラ平原の主たちに
Lords of the Plain of Shephelah, whose ancestral
よってなされたものではない。彼らの祖先である航海
seafaring
の伝統は、新しい郷土の深く耕された耕作地の中に、
tradition
became
buried,
with their
seed-corn, in the deep ploughland of their new home.
種子穀物とともに埋められてしまった。
When they came to feel the need to expand, they
彼らが耕作地を拡張したいと感じるようになったとき
turned their backs on the sea to conquer the arid
には、海に背を向けてベールシェバの乾燥した低地と、
lowlands of Beersheba and the well-watered valleys
エスドラエロンとエズレエルの農業用水が豊かな流域
of Esdraelon and Jezreel, meeting their fate at last
を征服すべく向かい、パレスティナ支配をめぐってイ
when they challenged the hill-tribesmen of Israel and
スラエルとユダヤの丘陵地帯の諸部族に挑戦すること
Jordah for the mastery of Palestine.
に相成って、最期の運命に遭遇することになった。
The discovery of the Atrantic, and the invention of
大西洋の発見と子音アルファベットの発明は、フェニ
the
the
キア人、つまり、蛮族侵入期に、岩だらけの海岸地帯
Phoenicians, a remnant of the native Canaanite
の中央方向に後退したシリアのカナーン土着民の生き
people of Syria who had retreated during the
残りであって、彼らの偉業となった。フェニキアは、
invasions into the rugged middle quarter of the coast.
ペリシテ人の植民者たちが、南へ通過する際に選んだ
Phoenicia presents a remarkable physical contrast to
土地であって、自然環境の対照を著しくあらわしてい
the Sheohelah chosen by the Philistine settlers in
る。
their passage to the south.
この一帯の海岸には、それほど広い平原がなく、海岸
On this part of the coast, there is no broad plain and
地帯から丘陵地帯へとしだいに移行するということも
no gradation between littoral and hill-country; the
ない。レバノン山脈はほとんどが海から垂直にそそり
mountain-range of Lebanon rises almost sheer out of
立ち、海岸地帯に住む人々は自分たちがすがり拠るべ
the sea, grudging the coast-dwellers any foothold of
き足場もなくて、内陸部の平原から彼らを切り離して
their own and cutting them off from the plains of the
しまっている地勢である。
consonantal
alphabet,
was
left
to
interior.
Thanks to the unattractiveness of their homeland,
故国の、魅力の無さのおかげで、フェニキア人たちは
the Phoenicians survived the Philistine incursion
ペリシテ人たちのシリア侵入に耐えて生き延びてき
into Syria; and thanks to its ungenerous crags they
た。そして、狭量でごつごつとした岩山のせいで、フ
actually took over from their new neighbours that
ェニキア人たちが今では不用なものとして捨ててしま
tradition of long-distance navigation which the
った遠洋航海という伝統を、新しい隣人から正確に実
Philisines now discarded.
際に、学び取ることになった。
While the Philistines were browsing on Shephelah
ペリシテ人たちが、クローバーが生い茂る牧草地に放
like sheep in clover and were moving inland in search
牧されている羊のようにシェフェラで漠然と過ごし、
of fresh pastures, the Phoenicians launched outwards
新しい牧草地を探し求めて内陸部へ移動したのに対し
from their inhospitable coast into the open sea, and
て、フェニキア人たちは、荒れ果てた土地から海洋へ
won a second home for the Syriac Civilization in the
と乗り出して、地中海の西部沿岸と外洋の沿岸とに、
western basin of the Mediterranean and on the coasts
シリア文明の第二の故郷を勝ち取った。
of the Ocean beyond.
The physical discovery of the Atlantic, however, is
その大西洋の自然科学的な発見は、人間の妙技による
surpassed as a feat of human prowess by the
「あっぱれな腕前」という観点からして、神教という
spiritual discovery of monotheism; and this
精神的な発見より、しかしながら、はるかに及ばない。
- 185 -
achievement was contributed by a Syriac community
この偉業は、「民族の大移動」の過程で座礁して、
that had been stranded by the Völkerwanderung in a
フェニキア海岸よりもなお魅力に欠ける自然環境に取
physical environment which was still less inviting
り残されてきたシリアの、ひとつの共同体の貢献であ
than the Phoenician coast.
る。
Washed up on the empty hills of Ephraim and Judah,
エプライムとユダの、無人の丘上に打ち上げられた、イ
the Israelite pioneers of the Normadic Hebrew tribes
スラエル人という遊牧ヘブライ諸部族の先駆者たちは、
transformed
wandering
彷徨う牧畜者から定着して農業を営む者へと変容し、山
husbandmen,
林を切り拓いた高地の、肥沃でない、そして、石がゴロ
scratching a sparse living from the weak and stony
ゴロある土地から、乏しい生計を立てねばならぬことに
soil of the deforested heights.
なった。
Such was the obscurity of this shabby clan of
このような農夫たちの、みすぼらしい高地人の氏族は極
peasants that, even as late as the fifth century
BC,
めて目立たない存在であったが、イスラエルの偉大な預
when all the great Prophets of Israel had said their
言者たちが皆言うべきことを言い終わった紀元前5世
say, the name of Israel was unknown to Herodotus
紀になっても、まだ、イスラエルの名はヘロドトスには
and the Land of Israel still masked by Palaistine in
知られておらず、ヘロドトスの歴史概観では「パライス
the Herodotean panorama.
ティン」と隠していた。
Yet, in the power of their spiritual understanding, the
しかし、精神的な理解力においてイスラエル人たちは、
Israelites surpassed the military prowess of the
ペリシテ人たちの軍事力、フェニキア人たちの制海力を
Philistines
凌駕していた。
themselves
stock-breeders
into
and the
from
sedentary
maritime
prowess of the
Phoenicians.
In the barren and land-locked highlands of Israel
イスラエルの不毛な、陸封された高地には、この荒涼な、
there was immanent a divine inspiration which made
人目にも惹かれない国土を、そこに定住した人々にとっ
this wild and unnoticed country a means of grace to
ては恩寵の手段とし、人類最大の精神的な財宝の一つを
those who settled there, and a crucible for the forging
鍛造するための坩堝とする、天来の妙想が内在してい
of one of Mankind’s greatest spiritual treasures.
た。
16 The stimulus of penalizations
W HEN
WE PASS
16不利な立場からの刺激
from the physical to the human
environment, we find that, mutatis mutandis, the
てきたが、それに必要な変更を加えれば、その現象は同
phenomena are the same.
A social group which is penalized, for example, by
exclusion from certain fields of activity, is apt to
respond to the challenge of discrimination by
concentrating its energies on other fields and
developing an exceptional proficiency in these.
Penalization can thus have an effect as stimulating
as that produced by a physical challenge; we can
illustrate this by examining the reactions of different
groups to the challenge of religious discrimination.
自然的な環境から人間的な環境へと私たちが考察をし
じものであることを私たちは見出せる。
社会活動分野から締め出され、処罰を受けた社会集団
は、そのエネルギーを他の分野に集中し、その社会にあ
る例外的な熟達さを更に伸ばしながら、差別待遇への抗
議という形でもって、対応しがちである。
処罰は、こうして、自然環境への挑戦によって作り出さ
れた刺激を受けながら、ある効果を持つことになる。宗
教的な差別に対する抗議へのさまざまな社会集団の反
作用を検証することでもって、私たちは説明をしたい。
- 186 -
The
disabilities
suffered
by
Nonconformist
西欧社会におけるイングランドの非国教徒プロテスタ
Protestants in the Western World offer an example of
ントたちが法的な権利を剥奪されたことは、抑圧者と同
the penalization of a group which belonged to the
じ社会に属する、ある集団に対する処罰のひとつの事例
same society as its oppressors.
となる。
In England, after the Restoration of
AD
1660, the
イングランドでは、紀元1660年の王政復古ののち、
Dissenting Protestant denominations were subjected
国教反対のプロテスタント優勢派は、まったく耐え難い
to
intolerable
とは言えないが差別に苛立ちながらも、彼らが従事する
discrimination, and this had the effect of stimulating
のを許された専門職に就いて、抜きん出るように、その
them to distinguish themselves in the professions
差別は彼らを刺激する効果をもたらした。たとえば、工
which they were permitted to practise: the members
業や金融業におけるフレンド派(著者註:クエーカー教徒)、
of the Society of Friends in industry and banking, for
小売業における他の非国教派がそれらである。
example, and other Dissenters and Nonconformiists
これらのプロテスタントたちは、彼ら自身の社会におい
in retail trade.
ては、生活し繁栄することが出来た。しかし、同じ世紀
These Protestants were able to exist and prosper
の初期の頃には、イングランドのピューリタン(清教徒)
within their own society; but the more rigorous
に対して、また、200年後のアメリカのモルモン教徒
persecution of the English Puritans earlier in the
に対して、なされた厳しい迫害は、これらの宗派のそれ
same century, or of the American Mormons two
ぞれを刺激して、迫害の程度に比例した、より力強い反
hundred years later, stimulated each of these sects
作用を引き起こした。
into reaching with proportionately greater vigour.
彼らは迫害者たちの住む同じ国には住めないと判断し、
Finding no room for themselves in the same country
彼らそれぞれ独自で、自分自身の勇気と夢を頼りして、
as their persecutors, they each in their own day went
荒野に出て行き、処女地に理想の共同体を創り上げた。
out into the wilderness, with no more support than
こうして、彼らは、自分たちの信仰を守護者として、ま
their own courage and vision, to establish their ideal
た自分たちの文明の先駆者としての行動を起こしたの
commonwealths on virgin soil; and thus they acted as
であった。
pioneers of their civilization as well as guardians of
処罰を受けた宗派の信徒たちと、特権を与えられた宗派
their faith.
の信徒たちが、二つの「活発に活動し継続している」異
a
galling
though
not
wholly
Another situation arises when the respective
なる文明にそれぞれ属している場合には、別の状況が生
adherents of the penalized and the privileged
まれる。
denomination belong to two different civilizations
which are both ‘going concerns’.
これは、オスマン・トルコ帝国の「旧体制」によって説
This can be illustrated from the ancient régime of the
明ができる。そこでは、ギリシャ正教の社会が、イスラ
Ottoman Empire, where we find an Orthodox
ム教の世界的国家という相容れない社会の中に組み込
Christian Society incorporated in the alien body of a
まれていたのである。
Muslim universal state.
Here the subject Christians were excluded from the
ここでは、従属的立場にあったキリスト教徒たちは、行
practice of government, from the military and ‘liberal’
政職や軍事従事者や自由業から、そして、ある程度では
professions, and, to some extent, from the ownership
あるが、地主や土地耕作者からも、締め出されていた。
and even from the cultivation of land.
The effect of this severe discrimination was to
この厳しい差別という処罰を課せられ、刺激を受けた結
stimulate the penalized Christians into learning to
果、キリスト教徒たちは、彼ら用に残されていたところ
excel in the humbler trades, which remained open for
の、世間からは卑しい仕事とみなされていた商業に従事
- 187 -
Christian practitioners.
Among
these
Greek
することで卓越できることを学んだ。
of
コンスタンティンノープルに住むこれらギリシャ正教
so-called
徒たちの間で、テオドシウス帝の城壁の中にある市の北
‘Phanariots’ who lived in the northwest corner of the
西部に住む「ファナール人」と呼ばれる連中が、処罰と
city within the Theodosian Wall –were stimulated by
いう攻撃に対してある程度の刺激を受けてなのか、オス
the challenge of penalization to such a degree that
マン帝国による政治的な管理と政治的な統制に関わる、
they actually rose to be the virtual partners and
オスマン人たち自身の実質的な共同出資者、つまり、オ
potential supplanters of the ‘Osmanlis themselves in
スマン人たちに取って代わる素養のある人たちにまで、
the political administration and control of the
実際に、のし上がった。
Constantinople,
one
Christian
coterie
inhabitants
–the
Ottoman Empire.
Under the aegis of the re-established Orthodox
再建されたギリシャ正教の総主教区の庇護を受けて、フ
Patriarchate, the Phanar ghetto a rallying-point for
ァナール人のゲットー(訳注:強制的に居住させられた居住区)
Greek-speaking
the
は、ギリシャ語を喋るギリシャ正教徒たちの集結点とな
special
り、ファナール人少数派は、二つもの特記すべき業績を
Phanariot
Orthodox
minority
Christians;
developed
two
and
accomplishments.
展開した。
As merchants on the grand scale, their commercial
西欧世界と大掛かりな通商関係を築いた商人たちは、西
relations with the Western World gave them a
欧における種々の習慣や西欧の言語とじかに接するこ
first-hand familiarity with Western customs and
とで精通するようになった。
Western languages.
As
managers
of
the
Ecumenical
Patriachate’s
全キリスト教会総主教区の事務局長になった彼らは、全
affaires, they acquired a wide practice and close
キリスト教会総主教が持つ司法権の下にあった臣民の
understanding of Ottoman administration, since the
みならず、オスマン・トルコ皇帝とギリシャ正教徒なる
Patriarch was the official intermediary between the
臣民のすべてとの間の、公認された仲裁人であったから
Padishah and all his Orthodox Christian subjects,
こそ、オスマン・トルコ帝国の行政において広汎な実務
not merely those who were under the Ecumenical
をこなし、業務をきっちりと理解したのである。
Patriach’s ecclesiastical jurisdiction.
These two accomplishments made the fortune of the
オスマン・トルコ帝国と西欧世界との間の長い抗争して
Phanariots when, in the long-drawn-out conflict
いたとき、つまり紀元1682年から1683年にかけ
between the Ottoman Empire and the Western
ての第二次ウィーン包囲が不成功に終わった後に、オス
World, the tide definitely turned against the
マン・トルコ人が明らかに形勢不利となったとき、これ
‘Osmanlis after their second unsuccessful siege of
らの二つの業績がファナール人に幸運をもたらした。
Vienna in AD 1682-83.
The military decline of the ‘Osmanlis confronted
オスマン人は、軍事的な衰退によって、手に負えない二
them with two formidable problems.
つの問題に直面した。
They now had to negotiate at the conference-table
今や戦場ではもはや打ち負かすことが出来ない西欧の
with the Western Powers whom they could no longer
列強国と会議の机での交渉に臨まなければならなかっ
defeat in the field; and for the first time they had to
た。力尽くめでもはや抑え込むことができなくなったギ
consider the feelings of their Orthodox Christian
リシャ正教徒の臣民が抱く感情を、ここで初めて考慮せ
subjects, whom they could no longer be sure of
ねばならなくなった。
holding down by force.
In other words, the Ottoman Empire could no longer
他の言葉でいうと、オスマン・トルコ帝国は、有能な
- 188 -
dispense with skilled diplomatists and skilled
外交官や有能な行政官なしではもはや済まなくなった。
administrations;
of
そしてオスマン人が、この困っている時に自分たちに欠
experience, of which the ‘Osmanlis found themselves
けているのは経験の蓄積であり、それが必要であると気
destitute in the hour of their need, was opportunely
づき、フェナール人が思い通りに出来る権利を与える機
placed at their disposal by the Phanariots.
会を作ったのである。
In consequence, the ‘osmanlis were constrained to
その結果、オスマン人は先例を無視して、彼ら自身が枠
disregard the precedents and tamper with the
組みを作った原理原則、《オスマン・トルコ帝国の公務
principles of their own regime by waiving, for the
員として仕えたいと望む非イスラム教徒は、イスラム教
Phanariots, the condition that non-Muslim aspirants
に改宗しなければならないという条件を、ファナール人
to a career in the Ottoman public service must
に対しては免除する》を撤回して、勝手に変更した。
become converts to Islam.
オスマン・トルコ政府は、1683年の災厄によって非
The Ottoman government had taken the first steps in
イスラム教徒に強制させる以前から、この方向でもって
this direction even before the disaster of 1683 had
第一歩は踏み出してはいた。
forced their hand.
1669年と1716年との間に、ファナール人は、新
Between 1669 and 1716, the Phanariots were given
しい政治状況の下、政府の要となってきていた四つの主
the monopoly of four high offices of state which had
要大臣を独占的に与えられていた。
become key positions in the new political situation.
次の100年の間に、これらの主要ポストが及ぼす影響
In the course of the next hundred years the political
力と任命権によって、ファナール人の政治権力は着々と
power of the Phanariots was steadily enhanced by
高められ、また、オスマン・トルコ帝国が西欧からの強
the influence and patronage which these offices
まる圧力と対峙する中、「西欧化問題」を巧く処理でき
carried with them, and by the increasing need, in the
るかの本領を発揮するために、その増えつつある必要性
face of intensified Western pressure, for the services
に応じて、着実に増加した。
and
the
necessary
fund
of the one element in the Ottoman Empire which
could cope with ‘the Western Question’.
18世紀末までに、ファナール人は結局のところ自分た
By the end of the eighteenth century it had begun to
ちを、あたかもオスマン・トルコという会社で社長に確
look as if Phanariots were firmly set on a path which
実に押し上げる路線に地歩を占めたかのように見え始
would eventually lead them to a senior partnership
めてきたのである。
in the Ottoman firm.
In the event, however, the Phanariots failed to
その結果、しかしながら、ファナール人はこの「自明の
achieve their ‘manifest destiny’; they forfeited their
運命」に従うことができなかった。彼らは、自分たちの
prize because they allowed their energies to be
エネルギーをオスマン・トルコ国家への平和的な勢力伸
diverted from the peaceful penetration of the
長からナショナリズム的な反乱という暴力的路線へと
Ottoman state to the violent road of nationalist
向きを転じることを許したためにそれまでの戦利品を
revolt. The Greeks were the first to succumb to the
失ってしまった。ギリシャ人は18世紀末頃オスマン・
virus of a Western nationalism that began to
トルコ帝国に蔓延し始めた西欧のナショナリズムのウ
permeate the Ottoman Empire towards the end of the
イルスに最初に感染し、フランス革命の勃発とギリシャ
eighteenth century, and between the outbreak of the
の独立戦争(紀元1821年~29年)勃発の間に、二
French Revolution and the outbreak of the Greek
つの両立しえない「熱望」という魔力に捉えられてしま
War of Independence (gerebatur
った。
AD
1821-29) they fell
under the spell of two incompatible aspirations.
- 189 -
They had not given up the old Phanariot ambition of
彼らは、オスマン人が持つ全遺産を引き継ぎながらも、
entering into the whole heritage of the ‘Osmanils and
トルコ人による管理でなくてギリシャ人の管理下でオ
keeping the Ottoman Empire intact under Greek
スマン・トルコ帝国をそのまま保つという、いにしえの
instead of Turkish management; and at the same
ファナール人が抱いていた野望を諦めなかった。それと
time they had conceived the new ambition of
同時に、彼らは《帝国の解体された死体のひと塊以上の
establishing a sovereign independent national state
何ものでもありない国家》という、彼ら自身によって、
of their own –a state that could be no more than a
ひとつの主権国民国家を樹立しようと、新たな野望を持
gobbet of the Empire’s dismembered carcass.
ち始めていた。
The incompatibility of the two aims was conclusively
この二つの野望が両立しえないことが、1821年にて
demonstrated in 1821, when simultaneous attempts
決定的に立証された。ファナール人のイプシァンティ公
were made by the Phanarior Prince Ypselandes to
がオスマン・トルコ帝国の主人になろうという企てと、
make himself master of the Ottoman Empire, and by
マニオトの族長マブロミカリスが独立心の強いギリシ
the Maniot chieftain Mavromikhalis to carve out an
ャをオスマン・トルコ帝国から独立させようという企て
independent Greece.
が同時になされた。
The resort to arms spelled the ruin of the Phanariot
武力に訴えることが、オスマン人には電撃的な効果をも
aspirations in any case, for it produced an electric
たらした割には、いずれの場合でもファナール人の熱望
effect upon the ‘Osmanlis.
を挫折させる結果になった。
1世紀以上もかけて彼らが学んできた「葦」は、彼らの
The reed on which they had been learning for more
手を刺し通してしまった《著者註&訳者注:傷んだ葦の杖、エジ
than a century had pierced their hand; and their fury
プトに拠り頼んでいるが、これは、それに寄りかかる者の手を刺し通す
at this betrayal nerved them to break the treacherous
だけだ:旧約聖書列王記下18-21》。この裏切りに激怒した
staff in pieces and stand again at all costs on their
彼らは奮起して、裏切った職能権威の象徴である職棒を
own feet.
粉々にし、どんな犠牲を払ってももう一度自分の足で立
とうとした。
In 1821, the ‘Osmanalis retorted to Ypselandes’s act
1821年には、オスマン人はイプシランティの戦争行
of war by destroying at one blow the fabric of power
為への報復として、ファナール人が1669年以来、平
which the Phanariots had been peacefully building
和裡に築き上げてきた権力構造を、一撃で破壊してしま
up for themselves since 1669; and this was the first
う。そして、これはオスマン人の遺産という残滓から非
step in a century-long process of eradicating all
トルコ的な要素すべてを根絶してしまった。そして、こ
non-Turkish elements from the remnant of the
れは1世紀にわたる道程の第一歩であった。
‘Osmanlis’ heritage.
更に、ギリシャでのナショナリズムの、初めてのこの爆
Moreover, this first explosion of Greek nationalism
発は、トルコでのナショナリズムの最初の火花に火を点
not
Turkish
けたばかりではなかった。それは、オスマン・トルコ帝
nationalism; it had precisely the same effect upon the
国の、非ギリシャ人のように従属を強要される諸民族に
non-Greek subject nationalities of the Ottoman
対しても同じような効果を持ったのは、まさにそのとお
Empire: and thus the ‘manifest destiny’ of the
りである。
Phanariots and the future of the Ottoman Empire
かくて、ファナール人の「自明の運命」も、オスマン・
were together brought to naught.
トルコ帝国の未来も、ともに「無」に帰したのである。
only
kindled the
first
spark of
Without extending out field of vision beyond the
私たちの視野をオスマン・トルコ帝国の国境を越えて
bounds of the Ottoman Empire, we can find another
まで広げなくても、私たちが取り上げているテーマの他
example of our theme in the Roman Catholic
の事例がローマ・カソリック教徒「レヴァント人」の
- 190 -
‘Levantines’.
なかに、見出すことができる。
These immigrants from Western Europe were
西欧からのレヴァント人たちの移民は、オスマン・トル
permitted to reside within the Ottoman Empire on
コ帝国からはお情けで居住を許されたが、宗教的な差別
sufferance, and the only escape from the religious
からの唯一の抜け道は、彼らが「背教者」となることが
discrimination to which they were subject was to
条件であった。その背教者の第一歩は賤民として処遇さ
become ‘renegades’ –a step which not only raised
れる虐待から彼らを開放してあげるばかりか、オスマ
them from the degradation of being treated as
ン・トルコ国家での最高の地位を彼らに開放するもので
pariahs, but threw open to them the highest positions
あった。
in the Ottoman state.
But, in the Levantine community as in the
しかしファナール人社会におけるのと同じようにレヴ
Phanariot, apostasy was the exception, not the rule,
ァンティン社会においても、背教は、説く力強さはある
despite the strength of the inducements to it.
ものの、あくまでも異例であって、常とはならなかった。
In Galata on the north shore of the Golden Horn, and
ゴールデン・ホルン北岸にあるガラタや別の港町「エシ
in the other ‘Échelles du Levant’, the Catholic ra’iyeh
ェル・デゥ・レヴァント」において、カソリック教徒の
lived a ghetto-life which was not far different from
ライエー人はギリシャ清教徒のライエー人の生活とそ
the life of the Orthodox Christian ra’iyeh in the
れほど違わない、若しくは、フランス革命の時代に遡っ
Phanar or the life of the Jews in the West down to the
た西欧でのユダヤ人のゲットー(再掲訳注:強制的に居住させ
time of the French Revolution.
られた居住区)の生活をしていた。
The Levantines duly developed the specific vices and
レヴァント人は、ゲットーが要求していた特有の美徳と
virtues which the ghetto demands: in its stifling
悪徳とをきちんと持つようになった。つまり、ゲットー
atmosphere they must either respond to the
が醸し出している窒息しそうな雰囲気が漂う中で、宗教
challenge of religious penalization in the same
的処罰という攻撃に対して、他の人々と同じように対応
manner as other men, or succumb.
するのか、それともそれに屈服するのか、の二者択一を
せざるを得なかった。
Our final set of examples is drawn from a third
私たちが取り上げてきた例証の最後として、三番目の事
situation, in which the adherents of the penalized
例をこれから紹介したい。処罰を受けた宗派に属する宗
denomination belomg to a civilization which survives
徒たちは、時代遅れ若しくは離散体(ディアスポラ)と
only as a fossil or diasporá within another living
してのみ、他に生き続ける文明の中で生き延びた文明に
civilization.
属することである。
Let us glance at some of the diasporás of the Syriac
シリア社会とそのキリスト教徒なる後継者たちの社会
Society and of its Christian successors which have
の中には、多くの中断があったり、また、長びいたりす
been scattered, from time to time, during the
る過程があるが、それらの歴史の間にある、いくつかの
much-interrupted and long-draw-out courses of these
離散体の事例をちょっと取り上げてみよう。
societies’ histories.
The medium in which all of them have been
それら離散体のすべてに保たれていた媒体とは、宗教と
preserved is a religious medium; their religious
いう媒介物である。彼らの帰属意識を保護し、彼らの存
idiosyncraisies, which have safeguarded their
在を永続させてきた宗教的特質は、彼らが生きている異
identities and perpetuated their existence, have also
質の社会に入り込んでしまっている宗教的差別に彼ら
exposed them to religious discrimination at the
に身を晒させる結果にもなった。この処罰は、ある職業
hands of the alien societies in which they live; this
からの締め出しという普通にある形をとり、また、その
penalization has taken the usual form of exclusion
犠牲者のよくある反作用を引き起こしてきている。
- 191 -
from certain walks of life; and it has evoked the usual
reaction in its victims.
たとえば、ユダヤ人は、彼らの宗教的特質に伴うハンデ
The Jew, for example, overcame the handicap
ィキャップを、極めて多様なる人間関係やつながりを持
which their religious idiosyncrasy entailed by holding
って、商人や金融業者として、この地歩を占めるのに成
their own successfully as traders and financiers in a
功することでもって、克服した。
great variety of human environments. The Parsees,
for their part, played the same role in the Indic World
パルシー教徒もまたユダヤ人がそのほかの場所で演じ
as the Jews played elsewhere, and showed the same
たようにインド世界において演じ、ユダヤ人と同じ柔軟
elasticity and initiative as the Jews in using their
性、進取性を示して、多様な状況下でも彼ら特有の技能
special skills and experience to good effect in a
や経験を駆使して良い効果をもたらした。
variety of circumstances. The Armenian Gregorian
Monophysites too, who started their career by
ローマ帝国において、ギリシャ正教徒への迫害に耐える
holding
Christian
ことで彼らが生活を始めたアルメニア人のグレゴリウ
persecutours in the Roman Empire, revealed a
ス派の単性論派キリスト教徒もまた、同様の才能と順応
similar ability and adaptability, until at the present
性を発揮し、ついに、今日では、アルメニア商人は、パ
day
ルシー教徒の片割れとして至る所に姿を現してきてい
the
out
against
Armenian
their
Orthodox
merchant
has
become
as
ubiquitous as his Parsee counterpart.
る。
The Jacobite Monophysites in Syria and the Coptic
シリアにおけるヤコブ派の単性論派キリスト教徒やエ
Monophysites in Egypt have reacted locally in the
ジプトのコプト派の単性論派キリスト教徒は、同じ攻撃
same way to the same challenges.
に対して同じ仕方で局所的に対応した。
By contrast with the Monophysites, the Nestorian
単性論派キリスト教徒とは対照的に、ネストリウス派
Christian found life in the Roman Empire impossible,
のキリスト教徒は、ローマ帝国内で生きるのは不可能と
and they transferred their headquarters to ‘Iraq and
悟り、本部をイラクとイランとに移した。ここでの比較
Iran, where they held their own not only as men of
的寛容な、ササン王朝、ウマイヤ王朝、アッパース王朝
business but as physicians, under the relatively
の下で、実業家はもとより医師としても地歩を築いた。
tolerant
‘Abbasid
そして、彼らは、紀元1258年にバクダードがモンゴ
régimes; and they did not perish in the social
ル人によって略奪されて、アッパース王朝のカリフ国が
cataclysm which overhelmed these regions at the
崩壊し、これらの諸地域が社会的な激変に襲われたとき
break-up of the ‘Abbasid Caliphate, when Baghdad
も滅ばなかった。
Sasanid
and
Umayyad
and
was sacked by the Mongols in AD 1258.
Before this catastrophe overtook their base of
この激変がイスラム帝国内の彼らの活動拠点にまで襲
operations in the Islamic Empire, the Nestorians had
いかかる前に、ネストリウス派は既に地の果てという他
already learnt to make themselves at home in other
の悪環境下で生活できる技を身につけていた。
human environments at the ends of the earth.
In one direction, they made their way by sea along
ひとつの方向の事例をあげると、インド西岸に沿って海
the west coast of India, and established a sphere of
上を進み、インド半島の先端に彼ら自身の生活圏を確保
their own at the extremity of the Indian peninsula,
し、彼らの子孫や改宗者たち(単性論派キリスト教徒か
where their descendants or converts (captured from
らネストリウス派の捕虜となった)はケララにて「聖ト
Nestorianism for Monophysitism) survive to this day
マスのキリスト教徒」として、今日まで生き延びている。
as ‘Saint Thomas’s Christians’ in Kerala.
In another direction they ventured out overland,
beyond the furthest outposts of the Syriac and
別の方向の事例をあげると、陸上を思い切って進み、ト
ランスオクサニアのシリア世界及びイラン世界の最も
- 192 -
Iranian Worlds in Transoxania, into the heart of the
遠くて辺境な居留地を越え、大きなアジアのステップ平
great Asian steppe, and made their way across the
原の中心部に入り込み、広い荒野を踏破して、ついには
whole breadth of the wilderness until they emerged
その他の側に位置する中国に出たのである。
on the other side in China.
These continental Nestorian pioneers who once won a
かつては中央アジア及び東アジアで足場を勝ち得た、ネ
footing in Central and Eastern Asia have left no
ストリウス派の大陸でのこれらの探検者たちは、現在、
survivors.
子孫をまったく残していない。
Yet, although in this sense they have been less
しかし、彼らはインドへの海路をとった同信者よりは、
successful than their co-religionists who followed the
この意味では成功しなかったとは言うものの、その短い
maritime route to India, they succeeded in making a
期間で、人類の歴史にずっと大きな刻印を残すことに成
greater mark upon the history of Mankind in their
功したのである。
briefer day.
唐の時代(紀元618年~997年:統治)に、その東アジア
In Eastern Asia the Nestorians were an active
において、ネストリウス派は、その普及活動を活発に行
element in society in the Age of the T’ang (imperabant
った。そして、ユーラシアの大草原のオアシスで、彼ら
618-997); and in the oases of the Eurasian steppe
はウイグル族定住民たちを改宗させることに成功し、極
in converting the sedentary Turkish and came near
東地域に独特のキリスト教文明を興す寸前までに至っ
to establishing a distinctive Far Eastern Christian
た。
Civilization.
このような離れ業が失敗に終わったことは確かである。
It is true that this tour de force was abortive.
トランスオクサニアのオアシスがアラブ帝国に編入さ
The prospect was compromised in
when the
れた時期の紀元737年には既に、失敗に終わるであろ
cases of Transoxania were incorporated in the Arab
うという予測がなされていた。そして高地の大草原に住
Empire, and the coup de grâce was delivered when
む半ばネストリウス化した遊牧民が異教徒のモンゴル
the semi-Nestorianized Nomads of the high steppe
首領チンギス・カーンの前に次々と敗退して、最後の一
were successively defeated by the pagan chief of the
撃をくらってしまった。
Mongols, Chingis Khan.
たとえそうだとしても、これらの地に住む人々が初歩的
Even so, the Nestorian pioneers were able, thanks to
な高等文化を既に持っていたお陰で、ネストリウス派の
their local monopoly of the elements of a higher
伝道者たちは、遊牧民たる主人たちが崩壊した後でも、
culture, to hold their own after the overthrow of their
彼らの地歩を維持し得たのである。モンゴル人の征服者
Nomad patrons; the Mongol conqueror took them into
たちは、ネストリウス派の人たちを写本筆写者、会計係、
his service as scribes and accountants and recorders.
記録係として召し使うことになった。モンゴル帝国の中
For the best part of a century, while the centre of
心地が大草原にまだあり続け、その政府所在地がカラコ
gravity of the Mongol Empire still remained on the
ルムの「プレスター・ジョン」なる国にあった、最盛期
steppe and its seat of government in ‘Prester John’s’
と言われる 1 世紀もの間、偉大なるチンギス・カーンの
country at Qaraquorum, the achieves of the Great
宮廷に残る記録類は、ネストリウス派キリスト教徒の書
Khan’s court were kept by Nestorian Christian
記官によって保存されていた。
secretaries.
ネストリウス派は、モンゴルの名士の何人かを改宗させ
The Nestrians even made some distinguished Mongol
たほどである。
converts.
紀元1258年にバクダードを略奪し、イラクを荒廃さ
Hulagu Khan, who sacked Baghdad and devastated
せたフラグ・カーンは、ネストリウス派の妻を娶った。
‘Iraq in
そして、紀元1260年にダマスカスを攻略したフラグ
AD
AD
AD737,
1258, had a Nestorian wife; and Hulagu’s
advance-guard, which captured Damascus in
AD
- 193 -
1260, was commanded by a Nestorian general.
の前衛隊は、ネストリウス派の将軍によって指揮されて
It will be seen that the history of these Nestorian
いた。
Christian
certain
これらネストリウス派キリスト教徒のトルコ系ウイグ
resemblance to the history of the Orthodox Christian
ル族が歩んだ歴史は、ギリシャ正教徒のファナール人の
Greek Phanariots.
歩んだ歴史とある程度、似ていると解釈しても良い。
They too just missed their ‘manifest destiny’; yet, in
彼らもまた「自明の運命」の成就にあともう一歩のとこ
response to the challenge of penalization, they had
ろで失敗した。しかし、処罰の攻撃に対する応戦するう
developed certain special accomplishments which so
えで、彼らはある程度の特別な成果をあげ、人間が生活
enhanced
human
するうえの環境において社会的な価値を高め、大帝国の
environment in which they lived that they were
支配者たちとの協力関係を実質的には築きあげたので
virtually taken into partnership by the rulers of a
あった。
Turkish
their
Uighurs
social
value
bears
in
a
the
great empire.
17 Abortive civilizations
17未成熟の文明
WE HAVE NOW reached a point at which we can bring
私たちが提出した議論に追い込むことができる地点へ
our present argument to a head.
今辿りついてきている。
We have found out that civilizations come to birth in
私たちが見出したところでは、文明は、異常なほどに過
environments that are unusually difficult and not
酷で、異常と言っていいほどに快適ではない環境に発祥
unusually easy; and this has led us to establish, by
することである。そして、ここから更に議論を進め、処
an examination of the effects of penalization, a
罰というものの影響度を検証することにより、「処罰へ
general rule which may be expressed in the formula:
の挑戦・攻撃が大きければ大きいほど、それから受ける
‘the greater the challenge, the greater the stimulus’.
刺激が大きくなる」という定式で表現しうる一般的法則
However, we still have to find out whether the
を作りあげることができた。しかしこの法則の有効性が
validity of the rule is absolute or limited.
絶対的なものか、限定的なものかを見出す必要がある。
In other words, if we increase the severity of the
言い換えるとこうなる。私たちがその挑戦の厳しさを無
challenge ad infinitum, do we thereby ensure an
限にまで増大させれば、これによって私たちは刺激を無
infinite intensification of the stimulus, and, by the
限にまで強くさせ、そして同じ理由で、刺激によって引
same token, an infinite increase of energy in the
き起こされる応答に必要なエネルギーを無限大に増大
response evoked by it?
させて、それを確保できるのであろうか。
Or do we reach a point beyond which an increase in
それとも刺激の厳しさの増大がの応答を小さくさせる
severity brings in diminishing returns?
ようなものを越える点にまで私達は到達するのだろう
And if we go beyond this point, do we reach a further
か。また私たちがその先の点まで行った場合に挑戦があ
point at which the challenge becomes so severe that
まりにも厳しくなり過ぎて、それへ巧く応答できる可能
the possibility of responding to it successfully is
性がまったくなくなってしまうのであろうか。
eliminated altogether?
In order to offer a convincing answer to these
これらの問いに納得できる答えを出すには、挑戦が過大
questions, we must be able to present unequivocal
であると分かっているときに、曖昧でない事例なる証拠
evidence of instances in which a challenge has proved
を、私たちは提示しなければならない。
to be excessive.
The excessiveness of a challenge will not be
挑戦が過大であるかどうかは、特定のある当事者がある
conclusively demonstrated by the mere fact that a
特定の場合においてその挑戦に対応できなかったとい
- 194 -
particular party has failed to respond to the
う単なる事実でもって、確固たる証明はしえないであろ
challenge in question on a particular occasion.
う。
This would prove nothing in itself, because almost
打ち勝った応答とか対応を結果的に呼び起こしてしま
every challenge that has eventually evoked a
うような、殆どすべての挑戦とか攻撃は、よくよく聞い
victorious response turns out, on further inquiery, to
てみたら、応答した者を次々と挫折させたり気力を弱ら
have baffled or broken one respondent after another
せたりさせ、百番目いや千番目くらいに呼び出した挙句
before the moment when, at the hundredth or
に、勝利者が最後になって試合場に登場するということ
perhaps the thousandth summons, the victor has
が分かっているから、このことは、それ自体でもっては
entered the lists at last.
証明することはできないのである。
For instance, the physical challenge of the Northern
たとえば、旧石器人の、北欧森林という自然に対する挑
European forests effectually baffled Palaeolithic
戦は結果的には挫折に終わった。
Man.
Unequipped with the implements for felling the
木々を切り倒すに必要な道具を持たず、また肥沃な下層
trees, and ignorant in any case of how to turn the rich
土を掘り起こして耕作に利用する方法を知らなかった
underlying soil to account by cultivation, Palaeolithic
旧石器人は、そこの森林をまったく避けて、海辺の砂丘
Man simply avoided the forests there and settled on
や白亜の草原地帯に住みついた。
sand-dunes and chalk-downs.
Yet his experience does not prove that the challenge
だからだと言って、森林への挑戦が、抗し難いほどの過
of the forests was in itself prohibitively excessive; for,
大な挑戦だったとは証明できない。旧石器人が挫折した
where he remained baffled, his Neolithic and
森林に対し、新石器、青銅器、鉄器時代の後継者たちが、
Bronze-Age and Iron-Age successors were able to
より優れた道具と技術の助けを借りて挑戦して、若干の
make some impression with the aid of there superior
影響を残したし、西欧キリスト教文明及びロシア文明の
tools and technique, until, eventually, the pioneers of
開拓者たちが、大西洋からウラルまでの森林に挑戦し、
the Western Christian Cibilization and of the
やがては、森林に打ち勝つこととなった。
Russian Civilization took in hand and mastered the
forest from the Atrantic to the Urals.The political
アレクサンダー大王に率いられてのヘレニズム世界の
intrusion of Hellenism upon the Syriac and Iranian
政治的な押し付けが、シリア社会とイラン社会にとって
Worlds in the train of Alexander the Great presented
は、それに継続的に挑戦する結果をもたらすことになっ
a standing challenge to these two societies.
た。
Were they or were they not to rise up against the
彼らが啓蒙的な文明に抗して蜂起するか、いや、蜂起す
intrusive civilization and cast it out?
べきでないのか、そして、それを追い出すべきかどうか。
Confronted with this challenge, they made a number
この挑戦とか攻撃に直面した彼らは、応答しようと数多
of attempts to respond, all of which took a religious
くの企てを試みた。そこで発揮した手段としては、宗教
movement as their vehicle.
運動がすべてであった。
The Zoroastrian and Jewish reactions were failures;
ゾロアスター教徒やユダヤ教徒たちがとった反抗は失
the Nestorian and Monophysite reactions were
敗に終わった。ネストリウス派教徒や単性論派キリスト
failures; the Islamic reaction was a success.
教徒の反抗も失敗だったがイスラム教徒のは成功した。
Zoroastrianism and Judaism were expressions, in
ゾロアスター教はイラク文明を、ユダヤ教はシリア文
religious terms, of the Iranic and the Syriac
明を、それぞれ、宗教的な言葉で表現したそのものだっ
Civilizations respectively.
た。
These two civilizations, which had been thrown on
ヘレニズム文明による攻撃で守勢に立たされてしまっ
- 195 -
the defensive by Hellenism, had each successfully
たイラク文明とシリア文明は、ヘレニズム文明の強い攻
flowered long before they had been hit by the
撃を受ける大分前から、それぞれに、栄華を極めていた
Hellenic impact.
のであった。
Nestorian
and
Monophysite
Christianity
were
ネストリウス派と単性論派のキリスト教徒たちは、新し
abortive attempts to bring new civilizations to birth.
い文明をつくりだそうと企てたが、流産に終わった。
An abortive civilization may be defined as one
流産してしまった文明とは、《文明の担い手たちが、
whose adherents have, at the start, tried and failed to
あとになって他の文明の担い手たちによってうまく達
perform some particular role which has afterwards
成してしまっている、なにがしの特別な役割を、出だし
been performed successfully by the adherents of some
で、果たそうと試みるも失敗しまった文明》と、定義し
other civilization.
て良いであろう。
When this happens, the first of the two competing
このような文明の流産が起きると、競り合っているふた
incipient civilizations is eclipsed.
つの初期文明の先行している文明は影が薄れてしまう。
It either disappears completely or survives as a
それは完全に消滅してしまうか、どこかの穴とか片隅に
remnant in holes and corners.
追いやられて生き残るかのいずれかであろう。
We
have
just
and
キリスト教会とローマ帝国よりヘレニズム世界の方が
Monophysitism were two successive attempts to
優位になり、そしてそれらを振り離そうとして、ネスト
shake off an Hellenic ascendancy over the Christian
リウム派と単性論派キリスト教が相次いで行なった企
Church and the Roman Empire.
てであることを、ちょうど前に述べたとおりである。
This ascendancy had become an anachronism in the
紀元5世紀には、この優位性は時代遅れのものになって
fifth century of the Christian Era, in a world in
しまっていた。それは、その地に、それまでに、旧シリ
which, by then, the former Syriac and Hellenic
ア文化と旧ヘレニズム文化とがひとつの「複合体」に溶
cultures had blended into a ‘compost’ that had
け込み、ユダヤ人とスマリア人を除く、すべての、元の
become the common culture of all the former Syriac
ヘレニズム人とヘレニズムの人々に共通な文化になっ
and Hellenic peoples except the Jews and the
てきたのであった。
Samaritans.Neither
the
ネストリウス派教徒も単性論派教徒も、ヘレニズム世界
Monophysites proved strong enough to get the better
の「皇帝派」
(メルキト派)教徒に打ち勝てるほど強く
of the Hellenic ‘Imperialists’ (Melchites).
はなかった。
The Nestorians were driven out of the Roman
ネストリウス派教徒はローマ帝国から追い出されてし
Empire; the Monophysites were driven underground.
まったし、単性論派教徒は地下に潜らなければならなか
However, the enterprise which these anti-Roman
った。しかしながら、これらの反皇帝派教徒たちが企て
Christians had tried and failed to carry out was
て取り組むも失敗に終わり、結局は、イスラム教徒によ
eventually achieved by the Muslims.
って、その企てが達成されることになった。
In consequence the Syro-Hellenic ‘culture-compost’
その結果、シリア・ヘレニズム的「文化複合体」がイス
produced
the
ラム文明を生み出し、一方、ネストリウム派と単性論派
Nestorians and Monophysites have survived only in
キリスト教徒たちは、離散体としてか、若しくは、山塞
diasporá or in fastnesses.
に住んで生き延びるしかなかったのである。
Wherever we find that one civilization has been
ひとつの文明が他の文明に取って代わられてしまって
supplanted by another, this gives us a clue.
いると認める場合には、いつでも私たちに手がかりを与
Any supplanted civilization is a potential candidate
えてくれるものだ。取って代わられた文明は、流産して
for a place on the list of civilizations that have been
しまっている文明のリストに載せられる可能性がある。
an
noted
the
Islamic
that
Nestorianism
Nestorians
Civilization,
nor
while
abortive.
- 196 -
In the cases that we have noticed so far, we have
これまで私たちが注目してきた事例の中に、ある競合
found that a challenge which has defeated some
している文明に負けてしまった挑戦が、別の競合した文
competitors has eventually been met successfully by
明によって結局は首尾よく応じられてきているのを認
another competitor, but such sequences of historical
められるが、しかし、そうした歴史的な出来事が連続し
events do not provide us with the unequivocal
て起きることが、ある挑戦が本質的に克服されえないほ
evidence which we need in order to discover whether
どまで厳しいものであるのかを見極めるのに必要で、紛
a challenge may be so severe as to be inherently
らわしくない、証拠を私たちに与えてはくれない。
insuperable.
We may find a more fruitful approarch to this
「三項目の比較法」を私たちが採用すれば、この問題に
problem if we adopt a method of comparison in three
ついてより効果的な研究方法を見つけることができる。
terms.
If we start from an instance in which a challenge has
挑戦が巧い応答を呼び起こしたというある事例から始
evoked a successful response, and then compare this
めるとした場合、それから、それほど厳しくない挑戦と
with examples of the response of a similar party both
更に厳しい挑戦の両方を抱えている似たような当事者
to less severe and to more severe challenges, we may
の応答という事例を比較すれば、私たちのとった開始点
find that our starting-point will fall into a middle
が両極端の中間地点に位置することが分かるに違いな
place between two extremes.
い。
In other words, if we establish that the two extremes
言い換えてみると、創造的な応答を刺激することに対し
represent challenges that are respectively too weak
て、それぞれが、余りにも弱いものか、そして、余りに
and too severe to stimulate a creative response, we
も厳しいものかという、ふたつの極端に相当するような
shall have discovered where the optimum degree of
挑戦というものを立証しようとするならば、厳しさの最
severity lies, and we shall have found out that the
適の度合いはどこにあるのかを探す必要があり、挑戦と
interaction of challenge-and-response is subject to
応答との相互作用がよく知られている収穫逓減の法則
the well-known law of diminishing returns.
に従うことを私たちは気づかねばならない。
Let us look at this through the example of a series
イスラム教とキリスト教との出会いという一連の事
of encounters between Islam and Christendom.
例でもってこれらのことを見てみたい。
On various occasions, the expanding waves of these
このふたつの宗教運動の波が拡がって行くときに、様々
two religious movements collided with each other,
なところでお互いに衝突をしていた。これらの衝突を比
and, if we take a comparative view of these collisions,
較しながらみると、それら衝突は、すざましさが変化す
we shall observe that they presented a sequence of
る挑戦から、その変化に対応しながら成功に結び付ける
challenges
などのつながりがあることに私たちは読み取る必要が
of
varying
violence
which
evoked
responses of varying success.
ある。
When the Muslims made their incursion into France
イスラム教徒が紀元732年にフランスへ突然の侵入
in
732, a Western Society, which was only just
を謀ったとき、自立への闘争がちょうどそのとき始まっ
beginning the struggle to establish itself, was
たばかりの西欧社会は、地中海の南岸から支配の範囲を
confronted by a band of conquerors who had leapt
押し広げることに勝ち進んでいた征服者たるイスラム
from victory in pushing out the bounds of their
教徒の一団と対決せねばならない状況に立たされてい
dominions
た。
AD
from
the
southern
shore
of
the
Mediterranean. Yet the sequel to this striking
challenge showed that it was not excessive, for, far
しかし、応答する人々を殺してしまうほど過激ではない
from killing off its respondent, it stimulated the
が、生まれたばかりの西欧キリスト教社会を刺激して、
nascent Western
侵略者たちを撥ねのけて、政治的で文化的な自己分節化
- 197 -
Christian Society to repulse the invaders and begin a
としての成功するような生涯を送り始めることを、この
successful
ような目覚しい挑戦の結果が示している。
career
of
political
and
cultural
self-articulation.
The West, however, was only of several points at
西欧は、しかしながら、イスラム教とキリスト教との衝
which the Islamic-Christian collision occurred.
突が起こったいくつかある地点のひとつに過ぎない。
In the South, Islam was challenging Monophysite
西欧の南に位置するアフリカの事例をあげると、イスラ
Christendom in Abyssinia (the present-day Ethiopia),
ム教が、アビシニア(現在のエチオピア)の単性論派キ
and this encounter will offer us an example of a
リスト教に挑戦していて、両者の出会いは、局部的に、
response that failed because the local presentation of
余りにも弱すぎる程度で紹介したためにその挑戦は失
the challenge was too weak.
敗に終わる事例であることを私たちに提示している。
The reason for the peculiar survival to this day of the
アビシニアでは化石のような単性論派キリスト教が今
Abyssinian fossil of Monophysitism is the virtual
日でも生き延びているという特異な理由は、それが閉じ
impregnability of the highland fastness in which it is
こもった高地の山塞が、事実難攻不落だったからであ
enclosed.
る。
The waves of successive cultural invasions have
この化石のような原始的単性論派キリスト教が座礁し
washed ineffectually round the rock on which this
た岩の周りに相次ぐ文化的な侵略という波が、何の効果
primitive fossil is stranded, without either engulfing
もなく押し寄せては洗い、その岩を呑み込むのでもなけ
it or stimulating it to higher effort.
れば、より高く押し寄せるという刺激をする努力をしな
かった。
Abyssinian Monophysitism remained a stagnant and
アビシニアの単性論派キリスト教は、キリスト教の停滞
isolated fragment of Christianity; the challenge of
した、孤立したひとつの断片として残された。イスラム
Islam was ineffective here because, like all other
教の挑戦はこの地では無効となったが、それは、現代の
challenges up to the time when modern technology
最新技術でもってアビシニアの自然が持つ障害を徹底
brutally breached Abyssinia’s natural barriers, the
的に破壊するまですべての挑戦をするのと同じように、
impact of Islam on Abyssinia was weakened to a
イスラム教がアビシニアに強く衝撃を与えても、この地
point far below the optimum gegree of severity by the
方の堅固な自然環境によって、厳しさの適切な度合いを
impregnability of the local physical environment.
はるかに下回る地点にまで弱められていたからである。
On the other hand, the response of Transoxanian
一方アビシニアの東方にあるトランスオクサニアの
Nestoriunism in the East to the Islamic challenge
ネストリウス派キリスト教徒の、イスラム教の攻撃に対
was a failure for the opposite reason.
する応答は、別の理由で失敗に終わった。
Such was the severity of the challenge that it actually
その攻撃は極めて厳しく、
「極東のネストリウス派キリ
prevented a ‘Far Eastern Neostorian Christian
スト教文明」の発祥を実際に阻止した位のものであっ
Civilization’ from being born.
た。
This embryonic Far Eastern Christian Civilization in
ネストリウス派という‘蛹’に胚胎された極東のネスト
a Nestorian chrysalis was germinating in the
リウス派キリスト教文明は、オクサス・ヤクサルテスの
Oxus-Jaxarte basin before it was rendered abortive;
流域で流産する前に生まれ落ちようとしていたが、その
and the blow which robbed it of its chance of coming
運命をもたらす機会を奪ってしまったその一撃とは、紀
to life was the definitive annexation of the region to
元737年~741年にアラブ帝国がこの地域を最終
the Arab Empire in AD 737-41.
的には併合したことであった。
Before this conquest, all the local conditions in the
この併合があるまでは、その地域が置かれていた局地的
- 198 -
area conditions in the area appeared to be in favour
な条件のすべてが、そこでは、新しい文明の発祥には有
of the genesis of a new civilization there.
利かのように見えていた。
There had been a long and thorough intermingling of
cultures; Iranian and Syriac and Hellenic and Indic.
イラン、シリア、ヘレニズム、インドという幾つもの文
There had been an equally long and thorough
化が、中で混ざり合い、そして、その混合が長い歳月を
intermingling of races;
Iranian
掛けてあったのた。人種の混ざり合いも同様に時間を掛
peasantry had been overlaid by a deposit of
けてあった。土着イラン人の農民が、紀元前2世紀には
Iranian-speaking Nomads in the second century
イラン語を話す遊牧民たちの下に置かれ、更に紀元5、
an indigenous
BC,
and by two further layers of Turukish-speaking
6世紀にはトルコ語を話す遊牧民たちの下に置かれて
Nomads in the fifth and sixth centuries of the
きたのであった。
Christian Era.
This fruitful diversity of the human element was
この人間が持つ素養を十分に発揮した多様性は、自然環
preserved and accentuated by the character of the
境が持つ特性によって促進されるとともにまた強化さ
physical environment.
れた。
The concentration of the sedentary inhabitants into a
離れ離れにある、いくつもの防護を固めたオアシスに元
number of separate fortified oases had resulted in the
は遊牧民だった人々が集まって定着したことは、多くの
social articulation of the country into a number of
政治的な独立性を持ちながらも、経済的にも、また文化
politically
的にも相互につながりのある都市国家群へと、社会的な
independent
but
economically
and
culturally interconnected city-states.
These
maintained
good
relations
分節化を国にもたらす結果を生むことになった。
with
their
これらの都市国家は、そのエフタル人とその後のトルコ
Ephthanlite and subsequent Turkish overlords, who
人の大君主たちは良好な関係を維持したが、その大君主
had the sense to realize that the prosperity of master
たちは、主従ともに栄えるには、東西の隊商路に沿った
and subject alike derived from the transit-trade along
通商貿易から関税をとりのが良く、そして、それから隊
the East-West caravan route, and hence depended
商には自分たちの支配下で安全保障をし、且つ、邪魔さ
upon the guarantee of safe and unobstructed passage
れないのが良いと気づくほどの現実感覚の持ち主であ
through their dominations.
った。
To these beneficial human and physical conditions
これらのエフタル人(トルコ人)の気の利き方や自然的
was added the religious stimulus of a vigorous
に有利な条件が、ローマ帝国内での迫害を逃れてきた信
Nestorianism, carried into Central Asia as far as
徒たちによる、中央アジアや更に中国にまでにも伝道さ
China by the adherents of the faith who had fled from
れた強力なネストリウス派の信仰という宗教的な刺激
persecution in the Roman Empire.
に付け加わることになった。
Thus in the middle of the seventh century of the
こうして紀元7世紀の半ばには、トラシスオクサニア
Christian Era the new embryonic civilization in
で胎動した新しい文明は、生まれるにして産まれ出るそ
Transoxania had every prospect of coming to birth.
べての条件を満たしていた。
The cause of its premature extinction is to be found
その時期尚早とも言える死滅の原因は、イスラム教徒の
in its failure to respond to the menacing challenges
アラブ人たちの侵入がもたらした威嚇的とも思える攻
presented by the Muslim Arabs’ intrusion.
撃に対する対応の拙さ、失敗であることが分かる。
A prolonged resistance to the Arab invaders and the
アラブ人の侵略者たちに対する長期間の抵抗やチェル
devastating intervention of the Türgesh (Western
ゲッシュ人(西トルコ人)の遊牧民たちを荒廃させるほ
Turkish) Nomads threatened to produce conditions of
どの武力干渉は、隊商路を開けて維持できないほどの酷
such intense anarchy that the trade-routes could not
い無政府状態を作り出しそうであった。そしてひとた
have been kept open; and, once these were cut, the
び、これらの隊商路が切断されてしまうと、その
- 199 -
life-blood
of
Transoxania
would
flow
out
トラシスオクサニアの活きた血は、止めようもなく流れ
unstaunched.
出してしまう。
The Arabs offered a chice between an unmitigated
アラブ人たちは、容赦ない経済破綻なのか、それとも、
economic catastrophe and a moderated form of
穏やか形である政治的な隷属の、そのいずれかを選ぶか
political servitude in which the loss of local
の選択を迫った。その政治的な隷属は、その地方の独立
independence was made more tolerable by the
性は失うけれども、ホラサンから大西洋までの荒廃地に
prospect of access to the markets of the Arab Empire,
広がるアラブ帝国の商品市場に近づけるという期待感
spanning a hinterland from Khurasan to the
もあって、それほどの耐え難いものではないと考えられ
Atlantic.
た。
By accepting, as they did, a peace that was not an
従って無条件降伏ではなかったが、トラシスオクサニア
unconditional surrender, the Transoxanians escaped
人たちは隷属の方を受け入れて、二者択一のひとつであ
the alternative of economic annihilation; but at the
る経済破綻を回避した。しかし、同時に、相容れない世
same time their acquiescence in being incorporated
界的国家に組み入れられるという不本意なるその同意
in an alien universal state had the inevitable effect of
は、自分たちの文明の芽を摘んでしまう避けられない結
stifling the embryo of their own civilization.
果を持ってしまった。
In this case, the price of response to the challenge
この文明の芽を摘まれることの、イスラム教の攻撃への
had been prohibitively high.
応答に伴う支払う代価は、法外に高いものとなった。
We can now arrange our series of collisions
between Islam and the various Chistendoms in a
ここで私たちはイスラム教と様々なキリスト教との
一連の衝突という事象を順序だてて整理してみたい。
sequence.
The impact of the Islamic wave upon Abyssinian
アビシニアの単性論派キリスト教徒へのイスラム教の
Monophysitism
波の衝撃は、極めて力弱く、気づくことができるほどの
was
so
feeble
that
it
hardly
administered any perceptible stimulus.
刺激は人々に強く与えなかった。
Its stronger inpact upon Wsetern Christendom was
西欧キリスト教へのより強大な衝撃は、応答の激しさが
highly stimulating, as is demonstrated by the vigour
証明しているように、極めて刺激的なものであった。
of the response.
The impact upon Nestorian Christendom caught and
ネストリウス派キリスト教徒への衝撃は、この胎動しつ
stifled this society in embryo, while it was still too
つあった社会を捉えて圧殺したが、一方、この社会は挑
weak to make a successful response to the challenge.
戦への応答を巧くこなすには余りにも力が弱かった。
It is evident that the severity of the Islamic challenge
明らかなことは、西欧キリスト教徒へのイスラム教徒に
to Western Christendom was of the optimum degree,
よる挑戦の厳しさは、まさに最適といえる程度のもので
and that the challenges to Abyssinian Monophysite
あり、アビシニアの単性論派キリスト教徒や中央アジア
Cristendom
Nestorian
のネストリウス派キリスト教徒への挑戦は、ともに同じ
Christendom were both equally remote in degree
程度であって、中庸な程度からは程遠いものであったこ
from the favourable mean.
とである。
Here we have a criterion for distinguishing between
ここに、華となってくる文明と、流産してしまう文明と
civilizations that come to flower and civilizations that
を区分する基準を私たちは持つことになる。
are abortive.
西欧キリスト教とイスラム教がそれぞれの文明を生み
We can see why Western Christianity and Islam each
出したのに、ネストリウム派キリスト教徒と単性論派キ
gave birth to a civilization, whereas Nestorian and
リスト教徒がそれぞれで同じことをなぜ達成できなか
Monophysite Christianity each failed to achieve this.
ったのかを私たちはその基準でもって理解できる。
Islam had proved strong enough to defeat the
イスラムは、ヘレニズムの「皇帝派」が持つ支配権を
and
to
Central
Asian
- 200 -
ascendancy of the Hellenic ‘Imperialists’; the West, in
打ち負かすだけ十分なる力強さを証明してきた。また西
its turn, had proved strong enough to defeat Islam.
欧は同様に、イスラムを敗退させるだけの十分なる力を
持っていたことを立証してきた。
On the other hand, Nestorian and Monophysite
一方、ネストリウム派キリスト教徒や単性論キリスト教
Christianity had each been worsted by the ‘Orthodox’
徒は、それぞれヘレニズムの「皇帝派」の「正教」キリ
Christianity of the Hellenic ‘Inperialists’, and they
スト教徒によって打ち破られ、ギリシャ正教の支配権が
did not benefit when the ascendancy of Orthodox
イスラムによって結局は覆させられたときに恩恵を受
Christianity was eventually overthrown by Islam.
けなかった。
In Abyssinia, as we have seen, the impact of Islam on
アビシニアにおいては、既に見てきたように、単性論派
Monophysite Christianity was too slight to be
キリスト教へのイスラムによる衝撃は、刺激を与えるに
stimulating, whereas, in Transoxania, th impact of
は余りにも微弱なものであったが、一方、トラシスオク
Islam on Nestorian Christianity was so strong that
サニアでは、ネストリウム派キリスト教へのイスラムの
its effect was crushing.
衝撃は、極めて強大で、その効果は圧倒的であった。
Consequently, Islam eclipsed these two varieties of
その結果、イスラム教は、キリスト教のふたつの分派を
Christianity and entered into their heritage.
隅に追いやり、その遺産を手に入れた。
Monophysite Christianity survived only as a dispora,
単性論派キリスト教は、アビシニアとアルメニアの高地
except in the highland fastnesses of Abyssinia and
の高塞での例外を除いてやっと生き延びている。ネスト
Armenia; Nestorian Christianity survived only in the
リウス派キリスト教は、クルギスタンの高地と、インド
highland of Kurdistan and in the swamps and
の南西端ケララの沼地と密林の中で生き延びたのであ
jungles of Kerala, at the southwestern extremity of
る。
India.
PARTⅢ THE GROWTH OF CIVILIZATIONS
第Ⅲ部 文明の成長
A civilization that has successfully come to birth has
幸運にもこの世に生まれてきた文明は、初めての、しか
surmounted the first and highest hurdle, but will it
も最も厳しい困難を乗り越えてはきたが、それ以降、何
then automatically go on from strength to strength?
もせずに益々強力なものへと進むものなのであろうか。
The evidence of some societies whose growth has
文明が生まれた後にその成長がとまっている幾つかの
been arrested after birth suggested that this does not
社会を検証すると、何もせずに成長することはいつも起
always happen, and so I am led on to investigate the
こる訳ではないことが示唆されているので、文明の成長
nature of growth itself. A society contninues in
それ自身の特徴について私は更に調査を進めたい。ある
growth, it seems, when a successful response to a
社会で、ある挑戦への首尾良い応答をすることが新たな
challenge provokes a fresh challenge in its turn,
挑戦を今度は引き起こし、単なる動きが一連のつながり
converting a single movement into a series. I am then
へと変化しながら、文明の成長が続くかと思われる。そ
driven to ask, whether the successive steps in this
こで私は、挑戦と応答というこの因果的連鎖における継
sequence of challenge-and-response lead in some
続的な一歩一歩がどちらの方向に進んでいるのかどう
direction. The notion of inevitable progress towards a
かを問わねばならなくなる。予測ができるゴールに向か
predictable goal seems to me to be inappropriate in
う避けられない進歩という概念は、人間に関わる領域に
the human sphere, but I find that in a general way
おいて不適当であると私には思えるが、一般的に言うと
the growth of a society can be measured in terms of
社会の成長とは、社会の指導者たちが勝ち得た自己決定
the increasing power of selfdetermination won by the
力がどれだけ増大したかの点から測定されるものであ
- 201 -
society’s leaders; and I believe that the future fate of
るに、私は気づいた。そして、ある文明が持つ未来の運
a civilization lies in the hands of this minority of
命は、この少数の創造的な能力を持った人々の手中に握
creative persons.
られていると、私は信じている。
18 Examples of the arrest of growth
DO
THE GROWTH
of civilizations present a genuine
18成長が止まった事例
文明の成長とは、正にその名に値する問題となりうるの
problem?
であろうか。
Our inquiries up to this point have shown us beyond
これまでの私たちの研究で疑問の余地がないことを示
doubt that the problem of the geneses of civilizations
してきていることだが、文明の発祥、生誕の問題は現に
is a real one, and we have down our best to offer some
存在しているものであって、私たちはその問題を解くべ
solutions to it.
き幾つかの解を、最善を尽くして提供してきている。
But do we now need to seek any further?
しかし、今、私たちは更なる探求が必要なのだろうか。
When birth is once achieved, does not growth follow
ひとたび文明が発祥したら、文明の成長はそれに続かな
of itself?
いのであろうか。
The answer to this question seems to be that birth
この問題の答えは、文明の発祥は何もせずに成長が引き
may not automatically be followed by growth.
続きることは有り得ないということに思われる。
In addition to those specimens of developed and
私たちが既に確認してきた、発展した文明と流産した文
abortive civilizations that we have already identified,
明のそれらの事例を加えてみると、第三のタイプ、また
we can find examples of a third type of society, or of
はある社会の内部に共同体が作り上げた文明に相当す
communities within a society: namely, those which
る事例があることが理解できる。すなわち、文明がまだ
have not been abortive yet have not continued to
流産していないそれは、発展もせずに続かなかったが、
develop either, but which have been arrested after
発祥した後に発展が停止してしまっているものである。
birth.
The common feature of the arrested societies and
文明の成長が停止した社会とか共同体に共通した特徴
communities is that they have all alike been
は、それらが取り組み、「ひとつの力作」を勝ち得た結
immobilized as the result of having attemted, and
果を、そのまま静止した状態にしてきていることであ
achieved, a tour de force.
る。
They are responses to challenges which lie on the
それらは、社会を刺激しているのと、過大な挑戦を受け
very borderline between the stimulating and the
ていることの境界線に非常に近いところにある挑戦へ
excessive.
の応答である。
While the abortive civilizations have attempted a feat
流産した文明が、圧倒的なほど厳しい文明の生誕に試み
of birth which is overwhelmingly hard, and have
たとしても敗北をしてしまっているのに、文明が停止し
been defeated, the arrested societies have won this
た社会は、この一回目の勝負では勝利を収めるも、何と
first round, but have thereby their own defeat in the
それ自体によって、次の勝負では敗北が確実なものとな
next.
ってしまう。
In the imagery of our fable of the climbers’ ‘pitch’, the
私が本書の第10章で書いた、「登攀者のピッチ」とい
representative of the arrested societies are like
う寓話の比喩的な表現によれば、成長が停止した社会の
climbers who happen to have started to scale the
代表者たちが絶壁を攀じ登り始めたが、すぐに、断崖面
precipice in places where they are soon brought up
の突き出た岩に遭遇して急停止してしまった登攀者と
short against beetling projections of the cliff-face.
似ている。
- 202 -
Neither defeated not daunted, as other more timid or
もっと臆病で、または、逆にもっと慎重な人の場合の
more prudent souls might be, these over-audacious
ように、敗北したわけでもなく、挫けたわけでもないと
climbers accept the challenge and grapple with the
考える、これら大胆過ぎる位の登攀者たちは、その挑戦
jutting crag, only to find themselves, at the next
を受け止め、突き出したゴツゴツとした岩に取り付き、
moment, clinging to its projecting face in a rigid
次の瞬間にはその突き出た絶壁面にしがみついて、身動
posture from which they dare not budge.
きできなくて硬直した姿勢を取っているだけである。
All their skill and vigour and boldness is now
彼らの技量や強健さや大胆さのすべては、万一落下した
absorbed in a supreme effort to save themselves from
時の我が身を救おうという努力に殆どを使い過ぎてし
falling, and they have no margin of energy for climing
まい、並の岸壁面に再び取付くまで登攀するためのエネ
on until they have reached a normal surface again.
ルギーの蓄えは殆どなくなっている。
They are performing an astonishing acrobatic feat,
彼らは実に驚くべきアクロバット的な離れ業をやって
but a feat in the realm of statics and in the realm of
のけてはいるが、この離れ業は静止状態のものであっ
dynamics.
て、運動している状態のものではない。
Their motto –and eventual epitaph –is ‘J’y suis, J’y
彼らのモットーは、最後には墓碑銘になってしまうのだ
reste.’
が、
「我ここにあり、我ここにとどまる」である。
A society may in practice be arrested at any stage
社会というものは一旦構築されて、その後実際にそれ
in its life after it has once come to birth, and we shall
が継続したとしても、どんな段階において停止するもの
see that the phenomenon of arrest can be observed in
であり、その停止現象は社会が衰弱した後の幾つもの社
several societies after their breakdown, in the last
会で見られるものであり、それらの社会の最終局面にお
phase of their lives.
いても見られるものと、私たちは理解すべきである。
Equally, a single community within a civilization
同様にして、ある文明を享受している単一の社会共同体
may become arrested while its neighbours continue
は、その隣国の社会共同体が発展しているうちに、社会
to develop.
共同体が停止に至ることもありうる。
This happened to the Ottoman Turks when they
オスマン・トルコ人が牧歌的な遊牧民からなる社会共同
leaped from being a pastoral Nomadic community to
体から飛躍的に帝国的な大国になったときに、このこと
becoming an imperial Power.
が起きた。
They faced the unprecedented challenge of having to
彼らは膨大な傘下に置いた人々を統治し、更に、この新
govern vast subject populations, and, trying to cope
奇な政治問題を上手く処置をせねばならないという先
with this novel political problem, they created
例のない挑戦に際し、もうこれ以上の社会の発展はでき
intractable
なくするような、御ししにくく且つ変更できない諸制度
and
inflexible
institutions
which
precluded any further social development.
を彼らは編み出した。
The Spartans brought a similar fate upon themselves
スパルタ人も同様の運命を自分の下に引き寄せた。つま
when, in answer to the Hellenic Society’s common
り、紀元前8世紀に人口急増という圧力というヘレニズ
problem of population pressure in the eighth century
ム社会全体の問題が浮上しそれに対応するため、古代ギ
BC,
they expanded their territory by conquest within
リシャ内を征服して領土拡大をし、同じ民族でありなが
Hellas, and found all their creative energies absorbed
らも敵対的な住民に対する彼らの統治支配を維持する
in the effort to maintain their control over a hostile
努力でもって、創造するエネルギーのすべてを使い果た
population of their own kind.
す結果をもたらしたのである。
In addition to these examples, there are other
これらの事例に加えるならば、文明の発祥という最初
societies which seem to have embarked one or
の「ひとつの力作」作りに乗り出していた、若しくは、
performed the initial tour de force of birth, only to
それをやり遂げたが、成長の動きに耐えられないことを
- 203 -
find themselves incapable of sustaining a movement
悟っただけのように思われるような他の社会が存在し
of growth.
ている。
Such are the Esquimaus, who have developed a
そのような事例のひとつはエスキモー人である。彼らは
highly distinctive and superbly well adapted Arctic
非常に特異で、また飛び切り上等な順応力をもった北極
culture, which has, however, made them the
文化を発展させてきてはいるが、しかしながら、彼らが
prisoners of the harsh environment that they set out
征服しようと出かけるも過酷な自然環境の虜になって
to conquer, since the primary task of surviving uses
しまい、自分たちが生き残るという初歩的なやるべきこ
up all their power.
とに労力をすべて使い果たすことになった。
Such too are the many segmentary communities of
アフリカの世界における多くの部族から成り立つ社会
the African World, who live in a physical and
共同体においてもまた同様であり、大きく成長し、そし
ideological environment which seems to inhibit the
て、柔軟性のある共同体を作り難くするように見える自
growth of large and flexible communities.
然環境や考え方の影響がある中で生活をしている。
Whenever such a community threatens to become too
共同体が、部族の伝統的な慣習とか慣行によって支えら
large to be sustained by the traditional institutions
れることが大きくなり過ぎる恐れが出てくるといつで
and practices of the tribe, a section breaks off from
も、一部の部族が親の共同体から関係を断って、新しい
the parent community, and goes off to found a new
部族社会を立ち上げるために離れて行く。
tribal society.
Thus the exigencies which led to the creation of such
こうして、社会生活や実生活のそのような硬直した枠組
a rigid framework of social and practical life condemn
みの創造を導き出す切迫した事態が、共同体を孤立さ
the community to isolation and impotence.
せ、また、無気力へと持って行くのである。
The outstanding example of an arrested society is,
成長が停止した社会という目立った事例は、けれど
however, the Eurasian Nomadic Society.
も、ユーラシアの遊牧社会なのである。
The Nomads have taken up the challenge of the
極地の氷雪とか熱帯の密林に劣らないほどの対応困難
steppe, an element of physical Nature which is no
な自然現象たる自然力のひとつ、ステップ(大草原)と
less demanding than the Arctic snows or the tropical
いう、乾燥した地面がどこまで行っても広がっている地
jungles, the steppe more resemblance to another
域であり、人々を受け付けないような大洋に似た、別の
highly uncongenial element, the ocean, than it does
非常に大きな自然力である攻撃に対して、遊牧民は応戦
to any area of dry lands.
していた。
Steppe-surface and water-surface have this in
ステップの地表や水面は、ひとりの巡礼者、ひとりの逗
common, that they are both accessible to Man only as
留者のような人間には共に親しみを持つという共通点
a pilgrim and a sojourner.
がある。
Neither offers him anywhere on its broad expanse
島々とかオアシスから離れたその広々とした場所なら
(apart from the islands and oases) a place where he
どこにでも、巡礼者とか逗留者が休息をとり、留まり、
can rest and stay and settle down to a sedentary
どっかりと腰を落ち着けて住み着いてしまうことがで
existence.
きる場所を、ステップの表面や大洋の水面は共に人間に
Both provide strikingly greater facilities for travel
は提供してくれない。
and transport than those parts of the Earth’s
共同体の人間が永住する習慣を持つような地球上のそ
surface upon which human communities are
れらの部分よりも、遊牧や物資輸送をするうえで著しく
accustomed to live in permanence; but both exact
多くの便宜を両者は与えてくれる。しかし、その地に侵
(as the penalty for trespassing upon them) the
入した罰として、絶えず「移動して行く」のか、さも
- 204 -
necessity of constantly ‘moving on’, or else ‘moving
なければ、ステップの地表を、一緒になって、おのおの
off ’ their surface altogether and finding some
のステップを取り巻いている海岸地帯をはるかに越え
upon terra firma somewhere
た堅固な土地のどこかに定住地を見つけながら「その地
beyond the coasts which respectively surround
を出て行く」のかを与えられ、これら二つのいずれかの
them. Thus there is a real similarity between the
選択を迫られることになる。
Nomadic herds which range the steppe in search of
このように、
《牧草地を探し求めてステップを動き回る
pasturage, and the fishing-fleet which plies the
遊牧民の群れと、魚群を追って大洋を定期的に往復する
ocean in quest of shoals; between the convoy of
漁民の船隊との間》、
《大洋の両海岸にある産物を交換す
merchantmen which exchanges the products of the
る商人の護送船と、ステップの両海岸をお互いにつなげ
opposite shores of the sea, and the camel-caravan by
るラクダの隊商との間》、《海賊と砂漠での略奪者との
which the opposite shores of the steppe are linked
間》
、
《アカイア人・初期スカンジナビア人・十字軍兵士
with one another; between the water pirate and the
を駆って、船に乗せて、大津波の如くヨーロッパとレヴ
desert
ァントの海岸を襲ったところの爆発的な人口増加と、ア
standing-ground
raider;
and
between
those
explosive
movements of population which impelled Achaeans,
ラブ人・スキタイ人・トルコ人・モンゴル人を駆って、
Norsemen, or Grusaders to take to their ships and
彼らの活動範囲であるステップから追い出し、更に、暴
break like tidal waves upon the coasts of Europe
力に匹敵するほどで、それも急襲し、エジプトの定住地、
and the Levant, and those other movements which
又はトルコの、又はロシアの、又はインドの、又は中国
impelled Arabs or Scythians or Turks or Mongols to
のそれまでも、打ち破っての人口増加との間》には、本
swing out of their orbit on the steppe and to break,
当の意味で、類似性があると言える。
with equal violence and equal suddenness, upon the
settled lands of Egypt or ‘Iraq or Russia or India or
自然という挑戦に対して遊牧民がとった応答は、「ひと
China. It will be seen that the Nomad’s response to
つの力作」であると理解されているであろう。しかし、
the challenge of Nature is a tour de force; but, in the
考古学的な証拠が十分にあるとは言えないので、この力
absence of a satisfactory body of archacological
作を達成するための歴史的に見ての刺激・動機は推定の
evidence, the historical incentive which provoked
域に留まらざるを得ない。
this
of
問題は年代を決めることに関わる。つまり、中央アジア
conjecture. The problem is one of dating, for we have
における遊牧生活の歴史的起源、特定の場所での正確な
no information which would allow us to assign the
時点を私たちに割り当ててくれるような情報がないか
historical
らである。
achievement
origin
must
of
remain
Central
a matter
Asian
pastoral
Nomadism to any exact time in any particular place.
In exploring Man’s earlier attempts to tame and
自然環境を利用できるようにし、制御しようという人
harness his physical environment, it is possible to
間の初めの頃の試みを探求しようとするときに、経済的
apply a model of development according to which the
生産方式の発展モデルを応用することが可能である。こ
modes of economic production are assumed to have
のモデルによれば、経済的生産方式は、狩猟と採集から
become progressively more sophisticated, succeeding
動物の家畜化と植物の栽培を経て定住して農業や酪農
each other in stages from hunting and gathering
をミックスさせる各段階をそれぞれうまく継続させ、
through the domestication of plants and animals to a
徐々に洗練されて行くものと推定されている。このパタ
settled form of mixed agricultural and pastoral
ーンによれば、遊牧生活は、本質的には極めて専門化し
farming; and, on this pattern, Nomadism might be
た牧畜形態なので、動物の家畜化という段階で標準的な
supposed to be an alternative system that diverged
発展から分岐して、それに代わる体系であると推測され
from the standard development at the stage of
ねばならない。
- 205 -
animal domestication, for Nomadism is essentially a
highly specialized form of stockbreeding.
Attempts have been made, for example, to link the
例えば、この発展過程での諸段階を気候変動と結びつけ
stages in this process to climatic change, the
ようとした試みがなされてきている。乾燥の程度は増す
inference being that, as the degree of desiccation
につれて、狩猟の餌食になる野生動物の群れが消滅する
increased, so, first, the herds of wild animals hunted
方向に向かうので、それまで狩猟によってもっぱら生活
by Man disappeared, obliging communities which
してきた共同体を、実に初歩的な農業形態を取り入れる
had formerly lived entirely by hunting to eke out
ことによって、また、野生動物が自分たちではもはや手
their liveofoods under less favourable conditions by
に入れることができないような餌を人間が与えて野生
taking to a rudimentary form of agriculture and by
動物を飼いならして家畜化することによって、今までと
domesticating wild animals by providing them with
比べてずっと不利な条件のもとでの食糧で、ほそぼそと
the food that they could no longer find for
生計を立てていたと推論されている。
themselves.
Later, as the process of desiccation intensified, so, in
その後、乾燥の過程が更に進むにつれて、今度は、これ
turn, these sedentary farmers and pastoralists were
らの定住した農民や牧畜民は、この推論によれば、縮小
evicted, according to this theory, from the shrinking
しつつある可耕地域からはじき出されてしまい、周りの
areas of cultivable land and were forced to adopt a
ステップで、より移動できるような畜産形態を編み出し
more mobile form of pastoral production on the
て実行しなければならなくなり、短期間放牧できるよう
surrounding
な牧草地を求めて周期的にあちこちへ家畜の群れを移
steppe,
moving
with
their
herds
seasonally from place to place in quest of patches of
動するようになって行った。
temporary pastureland.
More
demographic
食糧の生産において繋がりのある変化について説明す
pressure has been advanced to explain the successive
るのに、最近になって、人口統計学的観点で押し通すよ
changes in production, on the supposition that, in
うな仮説が出てきている。その仮説とは、
《人口増加に
response to the growth of population and in default of
対応しようと、自分たちの生産方式を改良する能力を持
any
production
ち合わせていなかった原初時代の人間は、たとえば動植
techniques, early Man was forced to diversify his
物の飼い慣らす技能を学びながら、衣食の道を多様化さ
means of support, by learning, for example, the art of
せざるを得なかった》という推測によるものである。
domesticating plants and animals.
今まで述べてきたふたつの推論は共に、遊牧の集団生活
Either
recently
ability
of
satisfactorily
the
to
hypothesis
improve
of
existing
these
two
theories
might
for
the
institution
of
account
を充分なる説明を与えてくれてはいるが、考古学的な証
pastoral
拠があることを裏書できない場合には、それらの推論は
Nomadism, but they can be no more than unverified
未検証なる推量にしかなり得ない。
conjectures where no supporting archaeological
evidence exists; and we are not entitled to assume
あるところでの発掘によって埋め合わせられた限られ
that the limited evidence supplied by the excavation
た証拠が、ただの類推によって、いろいろの折の遊牧生
of any one site may be applied by analogy to the vast
活に利用されてきている広い地域へ適用されるのが当
areas that have been utilized for pastoral Nomadism
然だという考えには私たちは賛同し得ない。
at one time or another.
In the first place, then, we cannot date even
approximately the supposed successive changes in
だから、農業生産様式で想定された継続的に変化した年
代を第一におおよそであれ決めることは出来ない。
- 206 -
the modes of agricultural production; and if this
そして、この過程が謎に包まれているとするならば、遊
process is shrouded in mystery, then the mystery is at
牧生活の原点という場合における謎は計り知れないも
its impenetrable in the case of the origins of pastoral
のであろう。なぜなら、定義からしても、すべての先史
Nomadism, for, by definition, mobile human clans
の交通経路において、近代の考古学者が、移動して生活
and their herds are the least likely of any prehistoric
する大家族や家畜の群れの、十分に長く持ちこたえて残
communications to have left sufficiently durable
してきている住居跡や通路の痕跡をシャベルで掘り当
signs of their habitation or passage for the spades of
てて、再びそれらに白日のもとに晒すようなことはおそ
modern archaeologists to dig up and bring to light
らくもっとも少ないからである。
again. Moreover, we even have no warrant for
assuming that Nomadism began as an alternative
そのうえ、気候にせよ、人口にせよ、いやどちらにせよ、
response to environmental challenges, whether of
環境という攻撃・挑戦に対して、慣習に囚われない対応、
climate or population or anything else –that is, as
つまり、遊牧生活を採用した人々を主流の農業の発展か
response which diverted the peoples that adopted it
らそらせて、逆流させる結果になった方に転じた対応
from the main current of agricultural development
を、遊牧生活が始まったと推定できる根拠でさえ、私た
and into what eventually proved to be a backwater.
ちは持っていない。
It is also conceivable that, so far from being imported
on to the arid steppe by an exodus from farming
農業共同体から脱出した人たちによって不毛で乾燥し
communities, Nomadic stockbreeding was an original
たステップ(大草原)へ移入されるどころか、遊牧の畜
and unprecedented method devised by the ancient
産は、彼らの先史的段階には、つまりはるかに昔のこと
inhabitants of the steppe for meeting the challenges
になると思うが、彼らが頼みの綱となる飼育した動物を
by their parsimonious environment at a stage of their
手にした段階よりも大分先のもので勿論あったに違い
prehistory that may have been remote, though it
ないけれども、実に貧弱な自然環境という挑戦に遭遇し
must, of course, have been later than the stage at
たステップに古くの時代から居る住民によって発明さ
which they had acquired the domesticated animals
れた独創的な、また先例のない方法であった。
that became their mainstay.
Precise evidence on the origins of Nomadism has
遊牧生活の始まりの関した明確なる証拠は今までの
not come to light so far.
ところ明るみになってはいない。
On the other hand, there is no uncertainty about the
他方、遊牧的な生活様式という応答を呼び起こさせた挑
inherent severity of the challenge to which the
戦がもともと厳しさを持っていたこと、そしてなかった
Nomadic way of life was a response, and none, again,
こと、更には、その応答が力強くて、または、粘り強く
about the vigour of that response or about the
てそれが続けられたことを、きっぱりと言い切れる。
tenacity with which it was sustained.
The Nomad grapples with an outstandingly hostile
遊牧民は、高度に発達させた遊牧技能のお陰で、著しい
environment in the strength of a highly developed
不良な自然環境に取り組んできている。極めて苛酷な条
pastoral art; in oreder to practise this art successfully
件のもとでこの技能でもって首尾よく敢行すべく、ある
under exceedingly exacting conditions, he has to
特別の技量を磨かせる必要があり、更に、この技量を発
develop a special skill, and, in order to exercise this
揮させるには、特別な道徳観を持ち、且つ、知的な思考
skill, he has also to develop special moral and
力を持ち合わせる必要もまた出てきたのである。
intellectual powers.
遊牧生活とは、経済活動を最大限に専門化した様式のひ
Pastoral Nomadism is one of the most specialized
とつであろう。なぜならば、遊牧生活は定住地も耕作す
forms of economic activity, for –lacking a settled place
る機会もなく、家畜なる群れという唯のひとつの蓄財に
- 207 -
of residence and the opportunity for cultivation –the
ほとんどもっぱら依存しており、その家畜なる群れか
Nomad is almost exclusively dependent upon the
ら、彼らの食糧、衣服、家、燃料、輸送手段はもとより、
single resource of his herds, from which he must
同時にステップ周辺に住む人々と金属類や穀物食品類
obtain his food, clothing, housing, fuel, and transport,
のような生活必需品に交換するために供する余剰物ま
and at the same time a surplus which he can
で獲得しなければならなかった。
exchange with peoples on the periphery of the steppe
for necessities of life like metals and cereals.
遊牧民の移動性と農耕民の比較的定住性があるのとを
The Nomads’ mobility is tremendous, by contrast
比較してみると、遊牧民の移動性は凄いことに気づく
with the relative stationariness of agricultural
が、不毛で荒れ果てた自然環境の中で人々と動物が相対
peoples, but it is nevertheless limited by the immense
的に大きな集団を作りながらの移動を組織するという
logistical problems of organizing the movement of
兵站上の大問題にそれでも限定されてしまうことも考
relatively large groups of men and animals in a
えておく必要がある。
barren and inhospitable environment.
The Nomad must manæuvre himself and his family
遊牧民は、家畜の群れに餌を与えるための牧草地を続い
and his flocks and his herds over the vast spaces of
て確保できるかの見極めを、気候の年周期に従って広く
the steppe from pasture to pasture, in conformity
拡がるステップの牧草地から牧草地へと、自分や家族や
with the climatic year-cycle which determines the
仲間や家畜の群れをうまく移動させねばならない。
capacity of successive pasture-grounds for feeding his
広大な不毛の荒野で道を迷ったりしないために、また、
animals; he must calculate distance and direction
自分や家族や移動する仲間と家畜の群れが生きてゆく
with fair accuracy if he is not to lose himself on the
に必要不可欠な、広く散らばった水飼い場や牧草地を見
open
dispersed
つけ損なわないために、距離とか方角をかなり正確に判
watering-points and pasturages without which he
断しなければならない。そして、遊牧民の家長は、この
and his migrant flocks will
perish; and the
ような絶え間無い経済的な闘いを訓練も受けずに勝利
Nomadpatriarch cannot wrest victory out of this
をもぎ取るには、先見性や独立独歩の力や心身の耐久力
perpetual economic campaign without exercising –
といった徳行を実践し、家長の権威のもとで家族や仲間
and exacting from the human beings and animals
そして家畜にも同じような徳行を強要する必要がある。
under his authority –those virtues of forethought and
その徳行とは、人間が自然環境に対してではなくて人間
self-reliance and physical and moral endurance
そのものと戦う際に軍司令官が実践するような、指揮下
which a military commander exercises,and exacts
にある軍に強要するものと同じである。
wastes
or
miss
those
widely
from his troops, when Man is at war with Man and
not with physical Nature. The tour de force of
遊牧生活という「ひとつの力作」を成就するには、極め
Nomadism demands a rigorously high standard of
て高度な行動基準や体格要件が必要とされ、また、極め
behaviour and physique, and a highly developed
て進んだ忠節という本能や氏族的な連帯感も求められ
instinct of loyalty and clan solidarity; without these
る。これらの特質を持たなければ、大草原を横切ってう
characterisics the disciplined train that winds across
ねるように進んで行く鍛え上げられた遊牧の群列は
the steppe will disintegrate into atomized fragments,
粉々になった断片となって散り散りばらばらになり、孤
each incapable of keeping alive in isolation.
立しては生きていけないことになるであろう。
It is hardly surprising that the very achievement of
そのように見事と思える規律性を持った遊牧生活が、そ
such a masterly degree of discipline should have
の遊牧生活を完璧に成し遂げた社会から、それと同等の
exacted from the society that has accomplished it a
大きさを持った罰を受けることは、驚くには及ばないこ
penalty of equivalent magnitude.
とである。
- 208 -
The Nomads’ penalty is in essence the same as the
遊牧民の受けた罰は、エスキモーの場合と本質的には
Esquimaux’s.
変わらない。
The formidable physical environment which they
遊牧民が征服に成功してきたと思っていた手に負えな
have
い自然環境は、表向き彼らを主人として受け入れつつ
succeeded
in conquering
has
insidiously
enslaved them, in ostensibly accepting them as its
も、狡猾にも彼らを奴隷化しまっているのであった。
masters.
The Nomads, like the Esquimaux, have become the
遊牧民は、エスキモーと同じく、移動という周期の、永
perpetual prisoners of a cycle of movement; they have
遠の囚人となってしまった。遊牧民は、畜群が次々と牧
to be permancently in motion as their herds exhaust
草地を食い尽くして行くにつれて、永遠に移動せねばな
one pasture after another.
らなくなった。
Thus, in acquiring the initiative on the steppe, the
こうして、ステップでの主導権を獲得したことによっ
Nomads have forfeited the initiative in the world at
て、遊牧民は、もっと大きな外の世界での主導権を失っ
large.
てしまった。
It is true that they have not passed across the stage
確かに、遊牧民は諸文明での歴史という舞台を過ぎっ
of the histories of civilizations without leaving their
て、彼らの刻印を残さずに通過してはいないし、彼ら自
mark, and the internal articulation of their own
身の文明という中での内的分節化として、幾つかの著し
civilization has some outstanding achievements to its
い成果を示し、それを残してきている。
credit.
The vigorous artistic creations of the Scythians, one
西欧世界と接触を持った最古の遊牧民のひとつである
of the earliest Nomadic peoples with whom the
スキタイ人の、強壮なる芸術の創出は、彼らと同時代の
Weatern World came into contact, are as impressive
定住民が創り出したものと遜色なく印象的なものであ
as any produced by their sedentary contemporaries;
る。そして1000年後、トルコ人とモンゴル人の大帝
and, a thousand years later, the great Nomadic
国は、オゴダイ・カーンのカラコルムのような栄華に満
Empires of the Turks and the Mongols gave rise to
ちた都に礎を置き、驚くほど逞しくて、活気のある文化
astonishingly robust and vivid cultures, based on
にまで昇華させた。
thriving capitals such as Ögödei Khan’s Qaraqorum.
Yet here surely is the clue to the frailty of the true
しかし、ここに、遊牧民の文明の真の脆さの糸口がある
Nomadic Civilization: except in those periods in
のは確かである。遊牧民が自分の領域から飛び出し、近
history when it has broken out of its own domain and
隣の定住民を急襲し、ステップ外の領域に一時期な支配
burst upon its sedentary neighbours and established
をしてきたという、歴史上のある時期を除けば、遊牧民
a temporary authority over realm outside the steppe,
の社会は、自ら駆け巡る不毛なる乾燥地帯なる荒野の環
the Nomadic Society has been condemned to languish
境を、小氏族や小部隊でもって永遠に移動しつつも、そ
in the wastes of its own barren environment,
こで衰えて行く運命づけられているのであった。
perpectually on the move in small clans and bands.
The social instrument which has permitted a
人間が生活するのに適さない地域を経済的に活用して
wonderfully effective economic utilization of a hostile
驚異的な効果を上げることを可能にした社会的な方便
terrain
は、また、より高度な文化的発展に向かう時の打ち勝ち
has
also
proved
an
insurmountable
impediment to higher cultural development.
難い障害であることが分かる。
- 209 -
19 The criterion of growth
HAVING
19成長の判断基準
that the growths of
文明の成長がひとつの問題を呈示していると私たちが
civilization do present a problem, we must now try to
確認してきているので、文明の成長がどんな性質を持っ
solve this problem by inquireing what the nature of
ているのかを探究することでこの問題を解くことに今
growth may be; or, in other words, we must try to
取り組まねばならない。言い換えれば、文明の成長の判
identify the criterion of growth.
断基準を見極めることをせねばならない。
Let us start our inquiry by invoking the aid of
前の方の章にて既に私たちを手助けしてくれた神話の
mythology, a power which has already helped us in
助けに頼ってその探究を開始したい。そして、アイスキ
an earlier chapter, and see whether the insights of
ュロスのプロメテウス三部作の洞察が私たちのこの主
Aeshylus’s Promothean Trilogy can throw some light
題に何らかの光を投げかけてくれるか否かを見てみよ
on our present subject.
う。
SATISFIED OURSELVES
The myth of the Book of Job and Goethe’s Faust
ヨブ書とゲーテの「ファウスト」の神話は、文明始源の
gave us an insight into the nature of the geneses of
姿についての洞察を私たちに与えてくれたが、プロメテ
civilizations, and the Promethean myth may now
ウスの神話が、文明成長の姿の探究への糸口を私たちに
offer us a clue to the nature of their growths.
こうして与えてくれている。
In the Aeschylean version, Zeus loses his battle
アイスキュロスの脚色では、ゼウスは挑戦者に対する戦
against the challenger.
いでは敗れている。
Unlike the God of Job or of Faust, Zeus is here not
ヨブやファウストでの神とは違って、ここでのゼウス
yearning for the stimulus which will permit him to
は、新たな創造的行為をすることを許すであろう刺激を
perform a fresh creative act, but rather he is anxious
望んだりはせず、むしろ現状のままに留まること、まわ
to stay as he is and to keep the Universe around him
りの世界を静止させておくように懇望していたのであ
at a standstill; the challenge presented to Zeus by
る。プロメテウスによってゼウスに突き付けた挑戦は、
Prometheus, which calls the temper and policy of
ゼウスの気性と深慮に異議を唱えるものであり、ゼウス
Zeus in question, moves Zeus to inflict a vindictive
を動かして挑戦者に執念深い迫害を与えた。そして、心
persecution upon his challenger; and in this act,
に抱いていた平静さを打ち破るようなこの行為によっ
which overthrows his cherished equilibrium, Zeus
て、ゼウスは自ら敗北を引き寄せてしまったが、一方、
brings about his own defeat, while Prometheus,
プロメテウスは、苦しみを味わいながらも勝利の方法を
through suffering, wins his way to victory.
勝ち取ったのである。
The Aeschylean Zeus is seen for what he is in an
アイスキュロスのゼウスは、人々が「[しかしながら]、
audacious pre-classical era before people had become
偉大な開放者の如く、人間が知性と理性と自由な探求の
‘fraid of the solvent and destructive effects of free
力を未だ期待しているような、自由な思索による解決策
speculation [but were] still looking to the powers of
や破壊的な効果を恐れる」ようになる前の前・古典的な
the human intellect, to reason and free inquiry, as the
時代においてゼウスであったと見做している。
great emancipators’.
Zeus’s feat
was the overthrow of his divine
ゼウスの大業はその先王たるクロノス神をひっくり返
predecessor Cronos; and, having accomplished this
したことである。そして、この「ひとつの力作」を成し
tour de force and mounted the throne of Olympus, he
遂げてからオリンポスの玉座にのぼり、ゼウスは平伏す
has no other idea except to keep himself enthroned
宇宙の首根っこを足で踏みつけて、孤独であり、不動で
there, in solitary, motionless, tyrannical state with
あり、暴君としての振舞う以外には何も考えていない
his foot on the neck of a prostrate Universe.
のである。
Zeus, however, has not conquered Cronos by his own
- 210 -
unaided powers, but with the help of Prometheus;
しかしながら、ゼウスは先王たるクロノス神を独力で勝
and he has to be saved in spite of himself, as
ったのではなく、プロメテウスの援助が必要であった。
Aeschylus divined, by the challenge of his erstwhile
そして、アイスキュロスが予言したように、かつての盟
ally.
友の挑戦によって、われ知らず救われたのである。
Whereas Zeus has no other wish than to preserve his
ゼウスが静的で永遠なる世界の中に彼自身を置いて保
position in a static eternity, Prometheus is an
つこと以外に願わないがゆえに、プロメテウスは、飽く
insatiable creator, a kindler of fire, a probing
ことのない創造者、試練への挑戦者、徹底した革新的意
progressive mind –a mythical personification of the
向者、つまり、ベルクソン流「生の躍動」なる、成長過
growth process, the Bergsonian élan vital.
程における神話的化身である。
He knows that, unless Zeus keeps on the move, the
ゼウスが動き続けなければ、オリンポスの新しい支配者
new ruler of Olympus will inevitably be overthrown
が、先王クロノス神と同じく覆されるのは避けられない
in his turn, like Cronos before him; and therefore he
ことを知っているであろうし、それゆえに、彼はゼウス
gives Zeus no peace.
に平和を与えないのである。
When first he mounted on his father’s throne
初めて彼が玉座にのぼったとき、
Straightway he called the gods, and gave each one
彼は直ちに神々を呼び、それぞれの神たちに、
His place and honours. So he wrought his plan
座る席と名誉を与えた。こうして彼は自らの帝国の
Of empire. But of man, unhappy man,
計画を作った。しかし、人間、あの不幸な人間については
He had no care; he counselled the whole race
彼は何も配慮しなかった。彼は全人類を根こそぎにし、
To uproot, and plant a strange brood in its place.
また、その跡地に不思議な種族を植え付けよと勧めた。
And none took stand against that evil mind
そして悪しき心に背いたものは私以外には誰もいない。
Save me. I rose. I would not see mankind
私は立ち上がった。人類が彼によって踏みにじられ、
By him stamped out and cast to nothingness…..
無に帰せられるのを、私は見るに耐え切れなかった。
Failing to convince Zeus by power of reason that his
静的で永遠なる世界が平和な世界ではなくて、荒涼とし
static Universe is not a world at peace but a desert,
た地であるということを理屈でもってゼウスを説得し
Prometheus sets the will of Zeus at defiance, and
えなかったので、プロメテウスはゼウスの意志を無視
leads Mankind onward and upward, inspiring his
し、被保護者とか生徒たちのような人々を自らの心で鼓
protégé and pupil with his own spirit.
舞して、前進させ、且つ、向上させたのである。
A thing of no avail
彼はまったく役に立たなかった。
He was, until a living mind I wrought
私が、彼の心の中に生ける心を、
Within him, and new mastery of thought.
新たな思想の支配を吹き込むまでは。
For this thwarting of his will, Zeus takes his revenge
自分の意志を阻まれていることに対して、ゼウスは、そ
upon Prometheus by turning against him the whole
の超人的な力のすべてを打ちつけてプロメテウスに復
battery of his superhuman force.
讐している。
Mercy I had for man; and therefore I
私は人間に慈悲を持った。だから、私は、
Must meet no mercy, but hang crucified
慈悲を受けることは許されず十字架に架けられ、
In witness of God’s cruelty and pride.
神の残酷さと高慢さを見た証人である。
In this contest, Prometheus is physically at Zeus’s
この文脈から見ると、プロメテウスは、肉体的にゼウ
mercy.
スのなすがままである。
Yet the victory is in Prometheus’s hands; for no
しかし、その勝利の鍵はプロメテウスの手に握られてい
torture that Zeus can inflict is able to overcome
る。ゼウスが加えるどんな拷問も、プロメテウスの意志
- 211 -
Prometheus’s will-power; and this will-power guards
力を屈服させることはできない。そしてその意志力はゼ
a secret that Zeus fain would know.
ウスができることなら喜んで知りたい秘密を警戒する。
The secret is that, if Zeus persists in his static and
その秘密とは、もしもゼウスが、活気がなく且つ暴虐的
tyrannical posture, he is dooming himself to be
な態度を取り続けるならば、思いやりの代わりにわざと
overthrown, like his predecessor, by the brute force
玉座に据えるという暴力によって、先王と同じように自
which he has deliberately enthroned in place of
分自身が覆させられる宿命を背負っているのだ、という
thought.
ことである。
This secret is the key of Zeus’s own destiny, and in
その秘密はゼウス自身の運命の鍵であり、
『つながれた
Prometheus Bound we are shown Zeus trying, and
プロメテウス』において、ゼウスがプロメテウスの秘密
failing, to wrest Prometheus’s secret from him.
を無理に得ようと試みるも失敗に終わっていることが
Although the other two plays of the trilogy are no
示されている。三部作の他の二つの戯曲はもはや存在し
longer extant, we have enough evidence to suggest
ないけれども、結局はプロメテウスとゼウスとが和解す
that, in the end, Prometheus and Zeus are reconciled:
ることを暗示するのに十分な証拠を私たちは持ってい
Zeus learns the lesson of forgiveness, and agrees to
る。ゼウスは寛大さの教訓を学び、敵を許し、人類の発
spare his enemy and to allow the human race to
展を許すことに合意している。
develop.
So Zeus had, after all, a glimmer of the ‘Promethean
そこで、やはり、ゼウスは自らの中に完全に消すことが
light’ within himself which he could not wholly
できない「プロメテウスの光」を垣間見たのであった。
extinguish; and his conflict with Prometheus kindled
そして、彼とプロメテウスとの争いがゼウスの魂の中に
into flame a spark that was latent all the time in
ずっと隠れていた火花を、炎に燃え上がらせたのであっ
Zeus’s soul.
た。
On the plane of mythology Zeus and Prometheus
神話でのゼウスとプロメテウスは、ふたりとも別々の
are presented as two separate human personalities,
人格でもって表されているが、心理学的な分析による
but in a psychological analysis they can be seen as
と、ひとりの人間の魂の中の、互いに貫き合う二つの衝
being two impulses in a single human soul which
動として見ることができる。しかしながら、彼らの争い
interpenetrate each other, however vehement their
が如何に激烈であろうと、同一の魂とは、双方を感じ取
conflict, because it is the same soul that feels them
るからである。
both. We can apply this psychological interpretation
私たちはこの心理学的解釈を、社会の諸情勢における人
to the action souls in social situations.
間の魂の動きに応用できる。
For example, supposing that, in the infancy of the
例えば、紀元前2000年代の終わりに向かっていた頃
Hellenic Society towards the close of the second
のヘレニズム社会の幼少期は、見捨てられたエーゲ文明
millennium BC, the lethargy of the North-West
という瓦礫が残る他人の土地に無断で住みついた北西
Greek-speaking
had
部ギリシャ語を話す蛮族なる侵略者たちの、プロメテウ
Aegean
ス的な精神的エネルギーという時流によってどことも
Civilization, had nowhere been stirred by a current of
知れぬところで動かき回されてしまい、ヘレニズム全土
Promethean mental energy, then all Hellas would
が「ドリア人の」クレタのように永久に無為のうちに生
have vegetated in perpetuity like ‘Dorian’ Crete.
きることになったであろう、と想像ができる。
But in some of these barbarian souls, as in the
しかし、神話にあるゼウスと同じく、この蛮族の魂のい
mythical Zeus, the dying spark of a civilizing ethos
くつかに、文明化しつつある気風が死に瀕している火花
was rekindled, and through this Promethean élan the
が再び点火され、このプロメテウス的躍動を通して、幼
infant Hellenic Society was released from its static
児期のヘレニズム社会は、死せる社会組織に縛られた
squatted
the
barbarian
debris
of
invaders,
the
who
dérelict
- 212 -
bondage to a dead social fabric and was carried
活気のない状態から解き放たれて、発祥・生誕から成長
forward from genesis into growth.
へと前進させられたのである。
The Promethean élan of the human intellect which
アイスキュロスが神話的な形象で描いた人間的な知性
Aeschylus portrayed in mythical imagery has been
を持ったプロメテウス的躍動について、ベルクソンが哲
described in philosophical terms by Bergson.
学の言葉で述べている。
Man, as he issued from the hands of Nature, was a
自然という手中から吹き出たような人間は、知的な側面と
being who was both intelligent and social, with a
社会生活を営む側面とを兼ね備えてきてはいたが、それら
sociality which was calculated to reach its term in
はちっぽけな社会ではあるものの、個人の生活や集団での
diminutive societies and with an intellect which was
生活の両方に役立つように運命づけられていた知的な側
destined to serve both the individual life and the group
面が行き来する間柄になったと推定される。
life.
しかし、人間自身の努力によって膨らんだ知性が、予期せ
But the intellect, dilating by its own efforts, has entered
ぬような展開をしてしまった。
upon an unexpected development.
人間が持つ天性を制限するようにと運命づけてきていた
It has liberated human beings from servitrudes to
隷属から、その知性が人間を開放したのであった。
which they had been condemned by the limitations of
このような事情を勘案すると、少なくとも自分たち自身の
their nature.
ために、閉ざされていたものを再び開き、更に、完全に成
Under these conditions it has proved not impossible for
し遂げることは、特に豊かな天賦の才を持ったある一部の
certain human beings, with particularly rich [psychic]
人々にとっては不可能なことではなかったが、自然がすべ
endowments, to reopen that which had been closed, and
ての人類のためにしかねてきたであろうということが分
to perform, at least for themselves, that which it would
かる。
have been impossible for Nature to perform for
それらのお手本は、結局はその他の人々に引き継がれるこ
humanity at large.
とになった、少なくとも気のせいではあるが。
Their example has eventually carried away the rest of
Mankind, at least in imagination.
これらの洞察を、挑戦と応答という私たち自身の言葉
に表せるのであろうか。
Can we translate these insights into our own
language of challenge-and-response?
これまでの私たちの探究においては、挑戦という特徴
So for, in our investigations, we have been content to
を考えると、どちらかといえば明白なる真理と捉えてそ
note certain rather obvious truths about the nature
れで満足してしてきた。私たちが見る限り、過大なる挑
of challenges; we have observed that neither an
戦であれ、過小なる挑戦であれ、創造的な応答を呼び出
excessive nor a deficient challenge can evoke a
すことはできないし、過大なる挑戦への丁度境界線上に
creative response, and that a challenge which lies
ある、つまり、すべての挑戦の中で一見したところもっ
just on the border of excessiveness –which at first
とも刺激的挑戦らしい挑戦は、それらの展開を阻止する
sight seems to be the most stimulating challenge of
という形でその応答者か避けられない罰を科する傾向
all –will tend to exact a fatal penalty from its
を持つであろう。
respondents in the shape of an arrest in their
development.
そして、勿論、私たちが探し出そうとしている成長の秘
And here, of course, lies the secret of growth for
密がここにある。長い視野に立って見れば最適なる挑戦
which we are searching; for, on the long view, the
とは、挑戦していた関係者が一様の好結果の応答をもた
optimum challenge must be the one which not only
らすように刺激を与えたばかりでなく、関係者をもう一
stimulates the challenged party to achieve a single
歩進めるような勢いを得るように刺激を受けたのであ
- 213 -
successful response, but also stimulates him to
る。つまり、達成とか成就から次の新たなる苦悶へ、ひ
acquire a momentum that carries him on a step
とつの問題を解決してから別の問題提起へ、つかの間の
further: from achievement to fresh struggles, from
休息から何度も何度も繰り返す変動している状態へ、
the solution of one problem to the presentation of
「陰」の状態から再び「陽」の状態へ、である。
another,
from
momentary
rest
to
reiterated
movement, from Yin to Yang again.
波乱の状態から均衡した状態へ戻ってしまう、往復でな
The single, finite movement from a disturbance to a
く片道で終わるような変動は、文明の起源が成長を引き
restoration of equilibrium is not enough, if genesis is
続いて起きると考えるならば、十分とは言えない。
to be followed by growth.
変動する状態を反復性とか再現性のある律動する状態
To convert the movement into a repetitive, recurrent
へ転向させるには、挑戦している関係者を、均衡を通し
rhythm, there must be an élan which carries the
て不均衡の方へ連れて行く躍動が必要となる。その躍動
challenged
an
とは、関係者に、更に不均衡になるようにより均衡の形
overbalance which exposes him to a fresh challenge
をとって、目新しい挑戦を晒してあげ、それによって目
and thereby inspires him to make a fresh response in
新しい応答をするように鼓舞させることであり―そし
the form of a further equilibrium ending in a further
て、もしかして無限にあるであろう段階的な進歩等々を
overbalance –and so on in a progression which is
意味している。
party
through equilibrium into
potentially infinite.
In earthly language:
地上の言葉で言うと:
So tauml’ ich von Begierde zu Genuss
そこで己は欲望から享楽へとよろめき歩き、
Und im Genuss verschmacht‘ ich nach Begierde.
享楽の中で新たな欲望を喘ぎ求めるのだ。(ファウスト 3249-50)
In heavenly language:
天上の言葉で言うと:
Komm! Hebe dich zu höheren Sphären!
おいで、もっと高くお昇り。 お前だということがわかれば
Wenn er dich ahnet, folgt er nach.
ついて行きます。(ファウスト 12094-95)
Is there any direction or purpose in this continually
このような連続的に繰り返される成長なる律動の中に
repeated rhythm of growth?
は、いかなる方向や目的が潜んでいるのであろうか。
In encountering this question we shall be wise to
この問い掛けに接して、「方向」という観念は、物理学
remind ourselves that the idea of ‘direction’ can have
的分野以外では文字通りの使い方はできないことを、そ
no literal application except in the physical world,
して、この観念を霊魂の分野で使う場合には、邪道に入
and that we must be on out guard against going
り堕落しないように用心しなければならないことを、思
astray when we apply the same idea in the psychic
い起こすのが賢明と考えるべきである。
field.
進歩の中に見られるこれらの変化の段階と呼ぶことに私たちが
It goes without saying that the direction [of successive steps in
合意した途端に、[人類の進歩に見られる連続した段階の]方向が
human progress] is the same as soon as we have agreed upon
同じであるとは、俗には言われていない。
calling these movements steps in progress.
それぞれの変動は、実際に、それなら、前進している一歩である
Each movement will in fact then have to be defined as a step
と定義されるべきであろう。
forward.
しかしこれは単に暗喩に過ぎない。そこで、人類が前進すること
But this is merely a metaphor; and if there were really a
に満足してきていたことに沿って前もってある方向が現実にあ
pre-existing direction along which Mankind had been content
るのであれば、精神的な復興を予見できることになるであろう。
to advance, moral revivals would be predictable: the need of a
そのどれの場合にも創造という努力の必要性は、要らなくなるで
creative effort for each of them would not be there.
あろう。
- 214 -
The truth is that one can always take the latest of them,
人の世は最新の精神的復興を常に得ることができるのが真実で
define it by a concept, and say that the others contained a
ある。それは、ひとつの概念によって定義され、そのうえでその
greater or lesser quantity of what the concept includes, and
他の概念が大量に含んでいるとか、それとも含んでいないとか言
that consequently all of them were stations on the road to this.
われ、そして、その結果として、精神的復興のすべてが、これに
But things take this form only in restrospect.
通ずる道にある停車場となるのである。
In reality, the changes were qualitative and not quantitative,
実際に、その変化は定性的であって定量的にはつかめず、それゆ
and they therefore defined prediction.
えに予見でもってしか定義できない。
There was, however, one side on which they presented in
しかしながら、その変化がある一面においては、それ自身の内に
themselves, and not merely in their conceptual transcripts, a
あって、単にそれらを概念的な模写ではなく、それらすべての公
factor common to them all.
約数となる。
They were all of them attempts to open what was closed….
それらはすべて閉じていたものを開けようと試みているのだ。
To push our analysis further, we must add that these
私たちはこの分析を更に推し進めるためには、これらの継続的な
successive efforts were not exactly the progressive realization
努力を積み重ねたことが、ある理想を次第に実現することには繋
of an ideal, because no idea that had been forged in
がらなかったことを付け加える必要がある。なぜなら、予見の中
anticipation would be able to represent the sum of acquisitions
に模造されてきていたアイデアを持たないことが、それぞれの、
each of which, in creating itself, would be creating a special
それ自身が想像していることに、それ自身に潜む特別なるアイデ
idea of its own.
アを創り出しているものから、掘り出し物の概要を表現でき得る
Yet all the same, this diversity of efforts might well sum itself
であろう。まだ、それでも、努力というこの多様性は、それ自身
up in something unique: an élan.
を唯一無二といえるもの、つまり躍動になるに違いない。
A teleological formula might be adequate to
目的論的な方式は、発展という単一な事項を表現する
express any single term in the progression, but it
のには相応しいが、系列全体に適用しようとした場合に
would become misleading when applied to the total of
は誤解を招かねないことになるであろう。
the whole series. The continuity of growth is not
成長の連続性とは、空間的なものではなくて、加算的な
spatial but summative.
ものである。
As far as direction goes, the line of movement plotted
方向に関する限り、挑戦に対する応答が連続することで
out by the succession of responses to challenges may
軌跡を描きながら変動する線は、極めて不規則なものに
be exceedingly erratic; but this has little or no
違いない。しかし、この変動する線は、殆ど無いくらい
symbolic
continuous
のものか、若しくは象徴の意味を持たないものである。
progress that is achieved by the Promethean élan, as
なぜなら、ひとつの挑戦への応答が他の挑戦に晒され、
its response to one challenge exposes it to another
次々と・・というような、プロメテウス的な躍動によっ
challenge und so weiter [translator note: and so on],
て達成される連続的な進歩とは、ひとつの曲線の形を示
cannot be registered at all in the form of a curve.
すことは少しもできないからである。
This progress has rather to be conceived of in terms
この進歩とは、成長の過程にある一部の個人や社会にお
of control or organization, as a progressive and
いて、外に向かっている環境支配というものと、また、
cumulative increase both in outward mastery of the
内に向かっている自己決定、若しくは、自己分節という
environment and in inward self-determination or
ものの両方から、累進的に、且つ、累積的に増大するか
self-articulation on the part of the individual or
のように、「制御」とか「組織」という言葉を寧ろ想像
society that is in the process of growth.
させてきている。
significance,
because
the
The conquest of the external environment, be it
human or physical, does not by itself constitute the
対外的な環境を征服するということは、それが人間であ
れ、自然であれ、このように単純で決まりきった言い
- 215 -
criterion of growth, attractive though this simple
方は一見したところでは魅力的であるかも知れないが、
formula may appear at first sight.
それでもって成長の基準を選べない。
We can easily find examples which contradict this
この見方と矛盾するような事例を簡単に見つけること
view.
が出来る。
The Sinic Civilization, for instance, was pushing out
中国文明を例えれば、紀元前771年~221年の春秋
the bounds of its political domination, and thus
戦国時代が、激しい社会的解体なる過程を潜り抜けよう
experiencing a period of growth in terms of
としていたし、まさにそれと同時に、その政治的支配の
geographical expansion, precisely at a time when it
限界を押し広げようと、そして、だからこそ、地理的な
was
拡大をしようという意味での成長期を経験しようとし
undergoing
a
process
of
violent
social
disintegration in the period of the Contending States
ていた。
(771-221BC).
Field of technology too there is no invariable
技術(訳注:現代は工業と称す)分野でもまた新しい技能の習
correlation between the mastery of new techniques
熟と文明の進歩との間には、変化しない相関関係があっ
and the progress of civilization; we have already
た訳ではない。私たちは、成長が止まった社会の事例を
seen, for instance, in our survey of arrested societies,
概観してきたことからして、技術が改善されていても社
that societies may remain static even though
会が活気のないままになっていることが分かる。
technique improves.
Again, the sheer technical expertise which has
人類が内部から魂に影響を及ぼすような挑戦を乗り越
enabled Man to conquer and control his outer
えることがもしできないならば、自分たちの外的自然環
environment may frequently be the seal of his doom,
境を克服して、そしてそれを制御することを可能にした
if he proves incapable of surmounting the challenges
本当の技術専門知識だけが、人類の運命を決めるに違い
that impinge on his soul from within.
ない。
True growth consists in a progressive change of
真の成長とは、エネルギーの重要視と乗り換えること
emphasis and transfer of energy and shifting of the
や、地球領域から抜け出す行動の舞台から人間社会領域
scene of action out of the field of the macrocosm and
への舞台に移ることのような、前進している変化にある
into that of the microcosm; and in this new arena
と言える。そして、このような新しい活動の舞台での挑
victorious responses to challenges do not take the
戦に対する勝利を得た応答は、外的なる障害物を克服す
form of overcoming an external obstacle, but
る形態をとらず、自分自身をその代わりに漸進的な自己
manifest
分節化の中に示すのである。
themselves
instead
in
a
progressive
self-articulation.
When we watch an individual human being or a
個人または人間社会が次々と起こる挑戦に次々と応答
human society making successive responses to a
して行くのを見て、そして、挑戦への応答のこの著しい
succession of challenges, and when we ask ourselves
続きものが成長の明示として解釈できるか否かを私た
whether this particular series of responses to
ち自身に問い掛けてみると、前述の二つの領域での、そ
challenges is to be interpreted as a manifestation of
の続きものが更に進んで、その新しい活動が、地球領域
growth, we shall arrive at the answer to our question
から人間社会領域へ移る傾向があるのか、それとも、な
through observing whether, as the series proceeds,
いのかの観察を通じて、私たちは自分たちが投げ掛けた
the action does or does not tend to shift the first to
疑問の答えに辿り着くに違いない。
the second of the two fields aforesaid.
- 216 -
The presence or absence of this movement of
このような地球領域から人間社会領域へ転移する変動
transference gives us our criterion for the presence or
が在るのかそれとも無いのかが、挑戦に続いて起こる応
absence of growth in a series of responses to
答の中に見られる成長の有無の判断基準を私たちに与
challenges.
えてくれるのである。
In practice, of course, the action is not confined to the
実際には、勿論、その動きはこれら二つの領域のいずれ
one or the other of these fields exclusively, but the
ひとつに限定されるものではないが、しかし、成長の過
process of growth implies that, in each successive
程は、暗に以下のことを意味している。それぞれが連続
bout, the action on the external field is counting for
するひと勝負毎に勝敗の決定をするうえで、外的な領域
less, and the action on the internal field for more, in
での動きの大切さはより少なくなり、一方、国内領域で
deciding the issue between victory and defeat.
の動きの大切さはより増すことになる。
In
abstract
成長の特徴についてこれらの寧ろ抽象的な熟考を解明
reflexions on the nature of growth, let us turn to an
するために、歴史から事例を引き出して、その証拠から
example
思索を付け加えることを始めよう。
order
to
illuminate
these
drawn from history,
rather
and attach our
speculations to evidence.
In Hellenic history the earlier challenge all
ヘレニズム史においては、初期の挑戦はすべて外的な環
emanated from the external environment.
境から出たものである。
After the break-up of the Aegean Civilization, the
エーゲ文明が崩壊した後、ギリシャの低地に居残り続け
remaining inhibitans of lowland Greece were faced
ていた住民たちは、隣接する高地に住む好戦的な山賊に
with the challenge of achieving some security against
対して如何に安全を確保すべきかという課題に直面せ
the aggressive brigands of the adjacent highlands.
ざるを得なかった。
The lowlanders successfully solved their problem of
低地の住民たちは、隣人の山賊たちよりも軍事的優勢を
self-defence by attaining a military mastery over
勝ち取るべく自分たちでの防御という課題を首尾よく
their neighbours.
解決した。
Yet the very success of their response to this first
このような第一の挑戦に対して彼らは巧く対応すると、
challenge exposed them to a second.
今度は、彼らは第二の挑戦に晒されることになった。
A victory which had ensured the peaceful pursuit of
低地において何事もなく農業に従事し続けることが出
agriculture in the lowlands gave a movementum to
来ることを勝ち得たことが、人口増加に弾みを付ける結
the growth of population, until it reached a density
果となり、ヘレニズム本土だけではもはや人々を養うこ
which Hellenic homeland could no longer support.
とができないほどの人口密度に達してしまったのだ。
This problem of over-population was met by the
過剰なる人口というこの問題は、海外領地の拡大という
expedient of an overseas expansion which again, in
一時しのぎの便法によって処置は出来たが、それがま
its turn, exposed the respondents to a new human
た、被植民地のフェニキア人やエトルリア人というライ
challenge from the rival Phoenician and Etruscan
バルが新たに現れて、彼らの挑戦を受ける羽目になっ
colonists of the colonized countries.
た。
This challenge was actually presented when the
隣人である非ギリシャ人の対抗圧力によって約2世紀
expansion of the Greeks was checked for some two
間(ほぼ紀元前525年~325年)ギリシャ人の人口
centuries (c. 525-325
by the counter-pressure of
拡大が抑制されたときに、この挑戦が現実となって現れ
their non-Greek neighbours: in the critical year of
たのである。紀元前480年という危機の年にギリシャ
480
Greece was compelled to fight for her
は、生存を賭けて、シチリアにおけるカルタゴ人との戦
existence on two fronts simultaneously –against the
い、そして、ギリシャ本土におけるクセルクセスのペル
Carthaginians in Sicily and against Xerxes’ Persians
シャ人との戦いという、ふたつの戦線を同時に強いられ
BC
BC)
in Greece itself.
- 217 -
Thereafter,
this
formidable
challenge
was
ることになった。
triumphantly surmounted in the course of the four
その後、この手にも負えないような挑戦に対して、紀元
centuries beginning with Alexander’s passage of the
前334年におけるアレクサンダー大王のヘレスポン
Hellespont in 334 BC.
ト通過に始まる4世紀の間に、勝利のうちに終わること
Alexander overthrew the Achaemenian Empire,
ができた。
thereby opening the way for Hellenism to dominate
アレクサンダー大王は、アケメネス王朝を倒し、シリア
the main body of the Syriac World, and the Egyptiac
世界の主要部分と、おまけにエジプト、シュメール=ア
and Sumero-Akkadian and Iranian and Indic Worlds
ッカド、イラン、インドの諸国を支配するヘレニズム文
into the bargain.
明のための道を切り開いたのである。
The Romans overthrew the Carthaginians and
gained
the
upper
hand
over
the
European
ローマ人は、カルタゴ人を打倒し、ヨーロッパの蛮族よ
barbarians, thus opening the way for a fresh
りも優勢になり、かくてヘレニズム文明の新たな西方へ
expansion of Hellenism westwards.
の拡大を目指す道を切り開いた。
Thanks to these triumphs, the Hellenic Society now
enjoyed a respite of some five or six centuries –from
これらの勝利のお陰でヘレニズム社会は、外的な環境か
the latter part of the fourth century
らの苛酷な挑戦は一度も現れなかった、凡そ5、6世紀、
BC
to the early
decades of the third century of the Christian Era –
つまり、紀元前4世紀後半から紀元前3世紀初めの20
during which no serious challenge from the external
年から30年まで、の苦痛の一時的休止を今や享受した
environment was presented to it.
のである。
But this did not mean that the Hellenic Society was
しかし、これは、ヘレニズム社会がこの期間中にまった
exempt from challenges altogether during this
く挑戦を受けなかったということを意味するものでは
period.
ない。
On the contrary, this was a period of decline; that is
この期間は反対の衰弱に向かう期間であった。つまり、
say, a period in which Hellenism was confronted with
ヘレニズム文明が、首尾よく応答しそこなうような挑戦
challenges to which is failed to respond with success.
に対峙していたのである。
If we now look at these challenges, we shall observe
私たちがこれらの挑戦を今考察してみると、国外的な領
that they were all of them new versions of old
域においてこれらの挑戦が既に勝利を勝ち得てきてい
challenges which had already been met victoriously
た古い挑戦の新版であったが、その勝利の中にあっての
on the external field, but which had been translated,
これらの挑戦が、ヘレニズム社会の環境からヘレニズム
in that very act, from the environment of the Hellenic
社会そのもの自身の実体へと、別の形に直されてきたす
Society into that Society’s own life.
べてであることに私たちは気づくべきである。
For example, the Hellenic Society had resisted the
たとえば、ヘレニズム社会はペルシャ人とカルタゴ人に
external military challenge of the Persians and the
よる外からの軍事的挑戦に対して、紀元前480年に、
Carthaginians in 480 BC with two potents weapons –
ふたつの、アテナイの海軍と、シラクサの独裁政治とい
the Athenian navy and the Syracusan dictatorship;
う強力な武器でもって抵抗してきたが、当面の目的は達
but these two instruments which were so successful
成して功を奏してきていたこれらのふたつの方便はま
in
also
たヘレニズム社会全体に国内的な激しい緊張感や重圧
produced severe internal strains and stresses within
感を作り出した。それは、アテナイとスパルタとの覇権
the Hellenic body social –a competition for hegemony
争い、アテナイが持していた海上同盟国の覇権から僭主
performing
their
immediate
functions
between Athens and Sparta, a degeneration of the
- 218 -
Athenians’ hegemony over their maritime allies into
政治国への退歩、そして、シラクサが支配していたこと
a tyranny, and a Sicilian reaction against Syracusan
に対するシチリアの反抗などであるが、今度はこれらの
domination –and these in their turn presented the
突きつけられた挑戦に、ヘレニズム社会は対応すること
Hellenic Society with a challenge which it proved
ができずに、遂には、社会の崩壊をもたらす結果となっ
unable to meet and which eventually resulted in a
た。
social breakdown.
Thus a challenge which in 480 BC had been presented
こうして紀元前480年に国外での政治的な力のひと
as an impact of external political forces reappeared in
つの衝撃として顕在化した挑戦が、紀元前431年には
431 BC (in the great Atheno-Peloponnesian War) as an
(アテナイ―ペロポンネソス大戦において)社会それ自
internal conflict within the society itself.
体内での国内的対立として、再び表面化してしまった。
In the next chapter of Hellenic history, corresponding
マケドニア軍とローマ軍との行軍の跡を追って見たと
effects followed from the expansion of Hellenism, east
きに、ヘレニズム文明が東西への拡張を同様に対応して
and west, in the tracks of the Macedonian and
きた結果を、次章で述べるヘレニズム史において追って
Roman armies.
みた。
The military victories of Hellenic arms, which
凡そ500年から600年もの間、国外からの更なる挑
exempted Hellenism from any further external
戦からヘレニズム文明を保護してきた、武力の側面とい
challenge for some five or six hundred years, could
う観点で見たときの軍事的勝利は、挑戦と応答の領域
achieve this result only by transferring the field of
を、ヘレニズム文明社会の範囲の外側から内側へと移す
challenge-and-response from outside to inside the
ことによってのみ、このような結果をもたらし得たので
ambit of the Hellenic World.
あった。
The long military struggle against external enemies
外敵に対する長期間に亘る軍事的衝突は、相抗争するマ
was translated into the civil wars of the rival
ケドニア人の後継者たちや相抗争するローマ人の独裁
Macedonian diadochi and rival Roman dictators.
者たち間での内乱へと発展してしまう。
The economic competition between the Hellenic and
地中海の支配をめぐるヘレニズム文明社会とシリア文
the
the
明社会との間の経済的な競争が、東方からの大農園奴隷
Mediterranean was reflected within the bosom of the
とそのヘレニズム文明社会の支配者たちとの間におけ
Hellenic Society in the devastating domestic warfare
る途方に暮れた内乱ヘ、レニズム文明社会の奥まったと
between the Oriental plantation-slaves and their
ころに招くこととなった。
Syriac
Societies
for
the
mastery
of
Hellenic masters.
Likewise the cultural conflict between Hellenism and
なおまたヘレニズム文明と東方文明との間の文化的な
the Oriental civilizations reappeared, after the
ぶつかり合いが、ヘレニズム文化が東方文明よりも優越
Hellenic
its
しているとの首尾よく主張した後で、ヘレニズム人の魂
supremacy over the others, as an internal crisis
の内的危機として再現することになる。この内的危機と
within Hellenic souls: a crisis that declared itself in
は、イシス崇拝、占星術、大乗仏教、ミトラ教、キリス
the emergence of Isis-worship and astrology and the
ト教、その他沢山の習合宗教が出現したときにあらわと
Mahayana and Mithraism and Christianity and a
なった。
culture
had
successfully
asserted
host of other syncretistic religions.
We can detect a similar transference of the field of
今も、西洋文明とアジア・アフリカの文明との間に出会
action in the encounters between the Western
いがあり、そのぶつかり合いの領域において同じような
Civilization and the Asian and African World today.
移行を見ることができる。
The re ac tio n agais t an aggr es sive Wes t er n
攻撃的な西欧の領土拡張主義への反発が、外国の領土ま
imperialism has resulted in the successful political
たは外国人による統治からの、これらの社会の政治的な
- 219 -
emancipation of these societies from an alien
解放を首尾よい結果をもたらしてきている。しかし、政
dominion or domination; but the external impact of
治的で且つ経済的な植民地主義という、押し付けた政治
Westernism, in the shape of the imposed apparatus of
活動などの組織の姿をとった西欧主義なる外的で強い
political and economic colonialism, has dissoleved
影響力は、外国人の文明と土着の気風との狭間にあった
only to become transformed into an internal conflict
これらの社会の中で、内乱として形を変えてしまい、弱
within these societies between the alien civilization
くなってしまっただけである。
and the indigenous ethos.
Not only are the resulting culture stresses clearly
これらの社会の中に一見してそれと分かるほどに文化
apparent within these societies, but the Western
的な緊張感をもたらしているばかりか、その西欧社会
Society –which until recently had enjoyed an
は、最近まで外的な挑戦からの免除される期間を引き伸
extended
external
ばすことを享受してきており、今でもまた、西欧社会自
challenges –is also now exposed to the rebounding
身によって独自に引き起こしてきたひとつの挑戦に対
efforts of these attempts on the part of its former
して応答しようと、前からの諸属国や諸衛星国のほう
subjects and satellites to respond to a challenge
の、これらの企みという骨折りに舞い戻ってきているの
which had originally been presented by the West
だ。
period
of
exemption
from
itself.
The phenomenon of transference can be observed
人間社会同士への挑戦と同様に、自然に対する挑戦で
in the response to physical as well as human
の応答においても、移行という現象は見られるものだ。
challenges;
Western
物質的な環境を西欧文明が征服し得たことは、外的な挑
Civilization over its material environment has been
戦から内的な挑戦へと、同じような変化が後に起こって
followed by a similar transmutation of external into
しまったためであった。
for
the
triumph
of
the
internal challenges.
The problems of mastering physical Nature on the
自然が供給してくれる原材料を人間にとって役立つも
economic plane –of transforming the raw materials
のに変化させるという、経済的な側面での物質的な自然
provided by Nature into products useful to Man –
を支配するときに生じる諸問題は、西欧人・ホモサベル
have been triumphantly met by Western Homo faber;
(訳注:工作する人の意;人間観のひとつ)が首尾よく解決して
but these achievments in the technical sphere have
きているが、しかし、技術分野でのこれらの成就が、人
created immense problems in the realm of human
間同士の諸関係においては大きな諸問題を生み出す結
relations.
果になってしまった。
Economic competition has accentuated international
経済的な競争は国際間の緊張感や重圧感を高めてきた。
stresses and strains; in the domestic life of some
幾つかの共同体における国民生活での資本家と労働者
communities the tension between capital and labour
との間に漂う緊張感が、激しい動乱を引き起こしてきて
has produced cataclysmic upheavals; and these two
いる。そして、商業や金融という分野で世界的に結びつ
disruptive movements have combined on a worldwide
くことにより、お互いに経済的な相互関係を今や保って
scale to create the glaring contemporary problem of
きている人類の、さまざまな生活基準のなかでの違いが
the differences between the standards of living of
いやに目立つ現代における問題を評価しながらも、これ
different fractions of Mankind who have now been
らふたつの混乱を引き起こさせた大変動は、世界的な規
brought into economic relations with one another by
模でもって結びついてきていると言える。
the world-encompassing nexus of commerce and
finance.
軍事的な側面について言うならば、これもまた、きわめ
On the military plane, too, the crucial challenge is no
て重要な挑戦が、もはや技術的なものではなく、心理的
longer technological but psychological.
なものになってきている。
- 220 -
Our mastery of the techniques of destruction may
破壊技術を人類が支配してまだまだ洗練されたものに
still be capable of refinement, but can hardly be
なるのかもしれないが、破壊能力を高めることは殆ど有
enhanced, since we already have the capacity to
り得ない。なぜなら、私たちは自然界を、人間社会をま
annihilate the physical and human world utterly; so
ったく絶滅させる破壊能力を既に備えているからだ。だ
the challenge presented to scientific minds by the
から原子物理学で以て物質が持つ秘密を暴こうとする
material
科学者の心に突き付けた挑戦は、すべての人類に向かっ
secrets
of
atomic
physics
has
been
transformed into a moral challenge for all Mankind.
ての倫理観という挑戦へと変容させてきている。
On this showing, we may perhaps persist in the
これを示すことで、次々に起こる挑戦に首尾よく応答
view that a given series of successful responses to
してゆく定められたひと続きは、成長の兆候として理解
successive challenges is to be interpreted as a
されるという見方におそらくは私たちは主張するのか
manifestation of growth if, as the series proceeds, the
も知れない。そのひと続きが進むとすると、その筋の運
action tends to shift from the external environment –
びは、外的な環境、つまり人間社会環境か自然環境の何
whether human or physical –to thefor intérior of the
れから、成長しつつある人格(訳注:精神的内面)とか成長
growing personality or growing civilization.
しつつある文明という「心の中」へと転じがちになる。
In so far as this grows and continues to grow, it has to
「心の中」が成長し、更に成長し続けている限り、国外
reckon less and less with challenges delivered by
の戦いの場での応答を必要とすることは、外国の敵によ
alien adversaries that demand responses on an outer
って加えられる挑戦をますます少なくするように考慮
battlefield, and more and more with the challenges
をしなければならないし、国内での戦いの場では自分が
that are presented by itself to itself on an inner
自分に向けられた挑戦をますます増やすように考慮し
arena.
なければならない。
Growth means that the growing personality or
成長とは、成長している人格もしくは成長している文明
civilization tends to become its own environment and
が、それ自身の環境とか、それ自身の挑戦とか、それ自
its own challenge and its own field of action.
身の作用する場とになる傾向があることを意味する。
In other words, the criterion of growth is a progress
言い換えれば、成長という基準は自己による決定に向か
towards self-determination; and progress towards
う進歩と言える。そして自己決定に向かう進歩とは、人
self-determination is a prosaic formula for describing
類が王国の中へ入ってゆくことによって、奇跡を書き下
the miracle by which life enters into kingdom.
ろそうとするための殺風景な決まり文句である。
If self-determination is the criterion of growth, and
もしも自己決定が成長の基準であるとすれば、また、
if self-determination means self-articulation, we can
もしも自己決定が自己分節化を意味するものとすれば、
analyse the process by which civilizations actually
私たちは、文明が次第に文明そのものを分節化しようと
grow if we investigate the way in which they
するやり方を私たちが調べば、文明が実際に成長するこ
progressively articulate themselves.
とによる過程を解析することが出来る。
In a general way, it is evident that a society in the
一般的には、文明の過程にある社会が、その社会に「属
process of civilization articulates itself through the
している」個々の人間か、または、社会が文明に「属し
individual human beings who ‘belong’ to the society,
ている」個々の人間を通じて、文明自身を分節化するこ
or to whom the society ‘belongs’.
とは、明らかである。
Society itself, as we have said in an earlier chapter, is
ずっと前の章にて私たちが述べたように、社会それ自体
not a collection of persons but is a network of
は、個々人の集合体ではなく、人間関係という網目のよ
relations; it is the field of interaction of two or more
うなものである。それは、ふたり若しくはそれ以上の作
agents.
為者が相互作用をし合う場である。
It is not itself the source of social action, for a source
それは社会の作為なる源・自己自身ではない。なぜなら、
is ex hypothesi other than a field.
源とは、仮説であって、場とは違う他のものである。
- 221 -
A society is the medium of communication through
社会は、人間がお互いに影響を及ぼし合いながらのコミ
which human beings interact with each other, and it
ュニケーションを媒体としており、歴史を「作る」のは
is human indivisuals and not human societies that
人間個人であって、人間社会ではない。
‘make’ history.
This truth is stated forcibly and insistently by
Bergson in the work which we have already quoted in
この真理は、この章にて既に引用した、ベルグソンの著
作にて、力を込めて、しつこく、述べている。
this chapter.
We do not believe in the ‘unconscious’ [factor] in history: the
私たちは、歴史に内在する「無意識」[的要因]というものを信じ
‘great subterranean currents of thoght’, of which there has
ない。「思想という大きな地下に隠れた潮流」について、しばし
been so much talk, only flow in consequence of the fact that
ば語られている。しかし、この潮流とは、民衆の全体が、そのう
masses of men have been carried away by one or more of their
ちのひとり若しくは数人によって曳きずられたという事実に過
own number…. It is useless to maintain that [social progress]
ぎないのだ・・・。[社会の進歩]が、歴史の中のある一定期間で
takes place by itself, bit by bit, in virtue of the spiritual
の社会の精神的な状態のお陰で、社会自ら少しずつに行われるの
condition of the society at a certain period of its history. It is
だと主張する人がいるが、そうではない。それは、前方への飛躍
really a leap forward which is only taken when the society has
することであり、社会がある試みを敢えて取り組もうと決意した
made up its mind to try an experiment; this means that the
ときにのみ実現するのだ。これは、社会が自らに確信を持たせる
society must have allowed itself to be convinced, or at any rate
ことが必要であり、若しくは、自らを奮い立たせて、常に誰かに
allowed itself to be shaken; and the shake is always given by
よって奮い立たせてもらう必要があることを意味している。
somebody.
The individuals who perform this service to society,
社会に対してこのような功績を成し、そうすることによ
and who thereby bring about the growth of the
って自分を育ててくれた社会の成長をもたらすことが
societies in which they arise, are superhuman in a
できる個人とは、まさに文字通りの意味で超人である。
very literal sense, for they have attained a supreme
なぜなら、彼らは、稀なる自己決定力が自身に現れてお
self-mastery which manifests itself in a rare power of
り、その絶大な自己管理を成し遂げてきているからであ
self-determination.
る。
These are the souls who, to use Bergson’s language,
これらは生の躍動という動きが感じとれる魂である。ベ
have felt the direction of the élan vital; they are
ルグソンの言葉で言えば、
『選ばれた特別扱いの人間た
‘privileged human beings whose desire it is… to set
ちが、この[躍動]を人類全体に刻みつけるために、また
the imprint [of the élan] upon the whole of Mankind
彼らが気づいていることを否定することによって、本質
and –by a contradiction of which they are aware –to
的には被造物、つまり「種」である人間を、創造能力を
convert a species, which is essentially a created
備えた労作に改造するために、そして、当然、不完全な
thing, into creative effort; to make a movement out of
何かから取り出して動きを作るために、躍動したのであ
something which, by definition, is a halt. ’
る。
』となる。
The creative personality feels the impulse of
創造性のある人格者は、自分の同胞である他の人間を
internal necessity to transfigure his fellow men by
自分自身の洞察によって仲間を神々しくさせようと内
converting them to his own insight; and the
面的な衝動に駆られるものである。そして、この種の天
emergence of a genius of this kind –whether a
才、キリストや仏陀のような宗教的な神秘家であれ、レ
religious mystic life Christ and the Buddha, or a
ーニンやガンディーのような政治的な指導者であれ、彼
political leader like Lenin and Gandhi –inevitably
らの出現は、社会的な葛藤を当然にも引き起こし、社会
precipitates a social conflict, as society struggles
は、彼らの創造的なエネルギーによって作り出された、
- 222 -
to cope with the disequilibrium produced by his
不均衡とうまく対処するために努力するのである。
creative energy.
Equilibrium will be restored if the individual’s vision
もしも個人が持つ洞察力が社会の実践に移し変えられ
can be translated into society’s practice –if the
るならば、そして、もしも人間社会における創造的な移
creative mutation in the microcosm is answered by
り変わりが地球規模に適応可能な修正を施すことでよ
an adaptative modification of the macrocosm; and
い答えが出るのであれば、均衡が回復されることになる
growth will be assured if this movement proceeds in a
であろう。そして、統合から分化を通じての再統合へ、
dynamic series of continual alternations, from
それから、それでもまだその話の終わりがない再統合
integration through differentiation to reintegration
へ、と連続して交代を繰り返す活気あるひと続きの中で
and thence to a redifferentiation that is still not the
もしもこの移り変わりが進むならば、成長は確かなもの
end of the story.
となるであろう。
But what if the creative personality fails to carry
しかし、もしもその創造性豊かな人格者が社会を自分と
society with him, or allows his spiritual leadership to
ともに引きずり損ね、または、その精神的なリーダーシ
degenerate into an oppressive and sterile tyranny?
ップが抑圧的で且つ創造性のない圧政に退廃すること
If we have argued that growth is a concomitant of the
を容認したらどうなるであろうか。成長が自己決定の創
creative energy of self-determination, then we must
造的エネルギーの付きものであると私たちが論じてき
see too whether we can interpret breakdown in terms
たのであれば、私たちは、衰弱というものを、力の喪失
of the loss of this power.
という意味に解釈できるかどうかをまた確かめなけれ
ばならない。
PART Ⅳ: THE BREAKDOWNS OF
CIVILIZATIONS
第Ⅳ部:文明の衰弱
Why have some civilizations broken down in the past? I do not
幾つもの文明が何故、過去に衰弱してしまったのであろうか。私
believe that civilizations are fated to break down, so I begine
は、文明とは衰弱する宿命を負っているとは思わない。そこで決
by exposing the fallacious argument of the determinists.
定論者たちの議論が誤りに触れることから始めたい。決定論者た
Having rejected determinist explanations, I look for an
ちの説明をしりぞけながら、私はそれに代わる説明を探すことに
alternative. I find, first, that the very process by which growth
する。本質的に成長が維持されている真の過程に私は先ず注目す
is sustained is inherently: the creative leadership of a society
る。創造的な社会へともってゆくには、想像力を持たない大衆の
has to resort to social ‘drill’ in order to carry along the
間に、社会的な「教練」を講ずる処置をせねばならない。そして
uncreative mass, and this mechanical device turns against its
このような機械的なやり方は、指導者たちの創造的な息吹を失っ
masters when their creative inspiration fails. I then have to
た場合、彼らの意図に反した結果になる。そこで私は、創造性の
account for the failure of creativity, and I ascribe it to the
欠如とは何かについて説明する必要があり、そして、人間が偉大
spiritual demoralization to which we human beeings seem to
な達成を成し遂げた直後に、陥りやすいことが、精神上の気力喪
be prone on the morrow of great achievements
–a
失に帰したいと私は思う。気力喪失は私たちが屈服することを制
demoralization to which we are not bound to succumb, and for
限するものではなく、私たちは我々自身の責任でもって我慢する
which we ourselves therefore bear the responsibility. Success
ことである。成功は我々を怠惰にさせ、若しくは、自己満足させ、
seems to make us lazy or self-satisfied or conceited. I muster a
又は、自惚れさせるように思われる。現実に、これがどのように
series of notable historical examples to show how this actually
起き、そして人間がそれぞれの場合においてどのような過失を犯
happens and how human beeings have erred in each case.
したのかを示して、一連の有名な史実を集めたい。
- 223 -
20 Is Determinism convincing?
20 決定論に説得力があるか
ONE OF THE perennial infirmities of human beings is
人間とは自分自身が犯した失敗を、自分の行為を物差し
to ascribe their own failures to the operation of forces
では測りきれない位にもっぱら影響力が及ばないこと
which
だと、責任転嫁するものであり、それは人間が永遠に持
are
entirely
beyond
their
control
and
immeasurably wider in range than the compass of
ち続けている弱点の一つである。
human action.
This mental manæuvre, which promises to convert
ひとりの人間の生涯を破滅に追い込むためにわざわざ
an importunate sense of humiliation into a new
宇宙という巨大なエンジンを吹かせることによって、屈
assurance of self-importance –by setting the great
辱感を新たな自尊心へとしつこく変えさせようと請け
engine of the Universe in motion in order to break
負ったこの心理的術策は、
「哲学の慰め」
(著者註:ローマの
one human career –is among the most insidious of
哲学者ポエティウス)に描かれている中で最も狡猾なもので
‘the Consolations of Philosophy’.
ある。
It is particulalarly attractive to sensitive minds in
衰退や没落の時代に生きる敏感な心の持ち主にとって
periods of decline and fail; and in the decline and fall
は、それは特に魅力的に映るものである。ヘレニズム文
of the Hellenic Civilization it was a commonplace of
明の衰退・没落期において、その社会の衰微は、すべて
different schools of philosophers to explain the social
に普及するような「宇宙の老境」という偶発的であり、
decay which they deplored but could not arrest as the
且つ、避けられない影響であることを嘆くも、それを阻
incidental and inevitable effect of an all-pervasive
止することができないのだと、哲学の様々な学派が決ま
‘cosmic senescence’.
り文句で説明がなされたのである。
This was the philosophy of the Epicurean Lucretius
ヘレニズム社会が「アウグストゥスの平和」によって一
in the generation of the Hellenic time of troubles
時的に蘇生する前の動乱期の最後に生きたエピクロス
before the Hellenic Society obtained the temporary
派のルクレティウスの哲学がまさにこれであった。
relief of the Pax Augusta.
The Universe itself is not exempt.
宇宙自身ですらこの運命から逃れることはできない。
Its ramparts will be stormed; and this dread breach
その城壁は襲撃され、やがては恐るべき崩壊によって、荒涼た
Will make of it a foul putrescent ruin.
る廃墟を現すことになろう。
The mischief has begun. Why, our own age
禍は既に始まっているのだ。ああ、私たち自身の時代は既に死
Is broken-backed already. Mother Earth
に瀕している。母なる大地は
Has lost her strength. Today she finds it hard
疲れきっている。
To bring forth pygmies –she who once brought forth
かつてはあらゆる生物を生み出し、
The life of all the ages; hers the feat
また巨大な体格をした野獣を生み出していたのに、
Of bearing the huge frames of monstrous bcasts…..
今ではちっぽけな生物を生み出すだけだ・・・・
Our bright crops and our smiling vincyards too
大地は私たち人間に自然の恵みものを、豊かに実る穀物や収穫
Are Earth’s gift, her spontancous gift, to men.
多い葡萄畑も与えてくれた。
Hers the sweet younglings, hers the smiling pastures.
拡がる牧草地を、甘い果実をつくる若木を贈ってくれた。
Alas! Today, these hardly reach full growth,
ああ!こうしたものは、今では、私たち人間が自然の助けを借
Though human work now to Nature’s aid.
りたとしても十分には育たない。
We work our teams, and teamsters too, to death,
農夫や牛馬が死力を尽くして働いても、また鍬や鋤を磨り減ら
Wear out our tools, yet hardly match Earth’s needs.
しても、大地は応えてくれない。
Our fields demand more work, yet grudge work’s fruits.
畑は実りを渋って、私たち農夫にもっと働けとせがむのだ。
Shaking his head, the aging ploughman sighs.
老いた農夫は頭を振りふり、嘆息し、
His work has gone for nothing, he laments.
労苦も徒労だと言っては嘆き悲しむ。
- 224 -
The present? A sad contrast to the past.
現在を過去と比べて悲しみ、
He envies the good fortune of his sire.
祖先の幸運を羨む。
The ancients, he laments, were godly men.
昔の人は敬虔の気持ちが厚く、人おのおのの土地の持分は今よ
They made a living, made it with great case,
りはるかに少ないのに、
From holding that are dwarfed by ours today.
安楽に暮らせたものだと嘆く。
The wizened grape-vine’s woeful husbandman.
また、衰えて萎んでしまった葡萄畑を耕すのも同じように悲し
Arraigen time’s ruthless rush and pesters Heaven,
み、時の冷酷な移ろいを罵り、天を呪っており、宇宙万物が徐々
Blind to the Universe’s slow decay,
に朽ちて行くのだということを、また老衰のために疲労しきっ
Worn down by acons, destined for the grave.
て破滅に向かっていることを理解できないでいる。
The theme recurs in a work of controversity which
このテーマは、約300年後に西方キリスト教会のひ
was written by one of the Fathers of the Western
とりのラテン教父が書いた物議をかもした作品でも繰
Christian Church some three hundred years later,
り返してきている。この書は傷ついたヘレニズム社会が
under the impression of the stricken Hellenic
逆戻りして試練の時代に入り込んだ影響について書か
Society’s next relapse into a time of tribulation which
れている。著者のキプリアヌスは異教の学者であった
had found Cyprian a pagan scholar and which saw
が、この危機が通り過ぎる前にキリスト教の殉教者とし
him a Christian martyr before the crisis passed:
て死んでいる。
You ought to be aware that the age is now senile.
諸君は、時代が老衰していることを知るべきだ。
It has not now the stamina that used to make it upstanding,
かつてはすくっと自分を立たせていたスタミナも、かつては強
not the vigour and robustness that used to make it strong.
さを与えてくれていた逞しさや強健さはもうない。たとえ私た
This truth is proclaimed, even if we keep silence….by the
ちが沈黙を守っていても、この真実は・・・この世そのものに
world itself, which testifies to its own decline by giving
よって、公然と迫ってくるのだ。世界は衰亡過程にあるという
manifold concrete evidence of the process of decay.
多くの具体的な証拠を示すことで自らの衰退を立証してくる。
There is a diminution in the winter rains that give
蒔かれた穀物の種を育ぐむ冬季の降雨量、
nourishment to the seeds in the earth, and in the summer
豊富に穀物の刈り入れを約束する夏季の猛暑が少なくなって
hearts that ripen the harvests.
きている。
The springs have less freshness and the autumns less
春季には以前ほど瑞々しくなく、秋季も以前ほど豊饒ではなく
fecundity.
なってきている。
The mountains, disembowelled and worn out, yield a lower
内蔵を抉り出した如く、またやせ衰えてしまった山々は、大理
output of marble; the mines, exhausted, furnish a smaller
石をそれほど掘り出すことも叶わず、掘り尽くした鉱山は貴金
stock of the precious metals; the veins are impoverished, and
属を大して産出しなくなってしまった。葡萄の木々は貧弱にな
they shrink daily.
り、日毎に小さくなってしまった。
There is a decrease and deficiency of farmers in the fields, of
畑では農夫たちが、海では船乗りたちが、兵舎では兵士たちが、
sailors on the sea, of soldiers in the barracks, of honesty in the
市場では正直が、法廷では正義者が、友情では和合が、技術で
market-place, of justice in court, of concord in friendship, of
は技倆が、道徳では厳格さが、以前よりも、少なくなり、そし
skill in technique, of strictness in morals.
て、欠如してきてしまった。
When a thing is growing old, do you suppose that it can retain,
ものが年老いた時に、新鮮で元気旺盛な青春の豊かさを損なわ
unimpaired, the exuberance of its fresh and lusty youth?
ずに、なお維持でも出来るなどと諸君は思ってでもいるのか。
Anything that is near its end and is verging towards its
終わりが近く、衰退と没落に瀕しているものはどんなものでも
- 225 -
decline and fall is bound to dwindle.
小さくなって行くものなのだ。
The Sun, for instance, radiates his beams with a less brilliant
たとえば、太陽が沈んで行く時に、それが放つ光線の輝きは、
and fiery splendour when he is setting, and the Moon grows
そのキラメキも熱もずっと少なくなるし、月も欠けている時
thin, with her horns all eaten away, when she is on the wane.
は、痩せこけ、弦の先端の角も皆浸蝕されてしまうのだ。
The tree which was once so green and so luxuriant turns
かつては青々と生い茂っていた木も、時が経って枝が枯れて行
sterile later on, as its branches wither up, and grows ugly with
くにつれて、不毛となり、老木になるとともに醜くなるのだ。
old age; and old age likewise stops the flow of the spring, until
そして、老齢というのは、同様に、泉の流れを止め、遂にはそ
the bounteous outpouring of its welling source dwindles into a
の湧き出る源の豊かな奔流も、僅かな細い流れに萎ませてしま
bare trickle.
うのだ。
This is the sentence that has been passed upon the world; this
これは、この世に下された判決であり、神の法である。生まれ
is the law of God: that what has been born must die, and what
たものは死なねばならず、成長したものは老いねばならず、強
has grown up must grow old, and what has been strong must
かったものは力を失わなければならず、大きかったものは小さ
lose its strength, and what has been great must be
くならねばならず、そして、力を失い、丈の小さくなったもの
diminished; and that this loss of strength and loss of stature
は、最後には死滅せねばならないのである。
must end, at last, in annihilation.
We can perhaps hear an echo of Cyprian’s
真偽は別として私たちの世代で地球の天然資源埋蔵
pessimism in the concern voiced in our own
量が枯渇してしまうと、悲観論者であるキプリアヌスが
generation at the allegedly imminent exhaustion of
私たちに声を発してそれが木霊して聞こえているのに
our Earth’s store of natural resources; and we are
違いない。そして、地球に対する死の宣告ということを
even familiar with the idear of a cosmic sentences of
私たちは予感さえしてくるのである。なぜなら、「熱力
death, since it has been repeated by those Western
学第二法則によると、すべての物質は不可逆反応でもっ
physical scientists who have postulated the ultimate
て究極的には崩壊に向かう」と、西欧の科学者たちが繰
disintegration of all matter in accordance with the
り返して主張をしているからにほかならない。
Second Law of Thermodynamics.
But even if we are to accept this now disputed
しかし今議論している命題を、私たちがたとえ受け入れ
proposition, this sentence upon the material cosmos
るにしても、地球資源に言及したこの死の宣告は、ルク
would bear with it none of that promise of spiritual
テティウスやキプリアヌスにはそれを抱かせたが、私た
liberation
our
ちの意識を無くさせるか、でなければ、麻痺させるかし
consciousness or else through its etherealization –
て、しかも精神的な解放をするという約束もなく、我慢
which it bore for Lucretius and for Cyprian; for our
しなければならないだろう。西欧の天文学者たちが提示
Western cosmologists present a time-chart on which
している時間図によれば、人間の歴史と地球の歴史とは
human history and cosmic history are plotted on such
まったく違った尺度でもって描かれるので、実際的な立
uttely different scales that, from the practical
場から見れば、お互いにまったく無関係にあるとみなす
standpoint, they can be regarded as quite out of
ことが出来る。
–through
the
extinction
of
relation with each other.
Mankind is young…… Our civilization is still in its infancy,
人間は若い・・・私たちの文明はまだ幼児期にある。そして地球
and the Earth itself is not half-way through its career; it is
そのものも、その生涯の半ばにも達していない。地球の寿命は4
more than 4,000 million years old, but in 4,000 million years
0億年だが、今から40億年経っても、地球は恐らくなお存在す
from now it will probably still exist.
るであろう。
- 226 -
Accordingly, the latter-day Western advocates of a
従って、最近、西欧において、文明の衰退を予定説か
predestinarian or deterministic explanation of the
決定論でもって説明しようとしている人々は、波長がよ
breakdowns of civilizations appeal instead to a law of
り短い(訳者追記:身近な問題である)老境や死に関する理法
senescence and death with a shorter wave-length, for
を代わりに関心を寄せている。なぜなら、その理法は、
which they claim jurisdiction over the whole kingdom
地球を含む宇宙なる王国全体の寿命を支配しているか
of life on this planet.
らだと彼らは主張する。
One of the most celebrated members of this school,
この学派で最も著名なひとりオズワルド・シュペンダラ
Oswald Spengler, argued that a civilization is
ーは、文明とは有機的組織体と比較ができるものであ
comparable with an organism, and that it is subject
り、人間若しくは生命を持つ他の有機体と同じ過程、つ
to the same process of childhood, youth, maturity,
まり、幼年期、青年期、成年期、老年期を経ると論及し
and old age as a human being or any other living
た。
organism.
But we have already noted in an earlier chapter that
しかし、私たちは先の章で、社会とはいかなる意味にお
societies are not in fact living organisms in any sense.
いても生命を持つような有機体ではないことを、既に明
In subjective terms they are the intelligible fields of
らかにしてきた。
study; and in objective terms they are the common
主観的な言葉で言うと、社会とは誰でも分り易い研究領
ground between the respective fields of activity of a
域である。そして客観的な言葉で言うと、社会とはかな
number
りの個々人における各自の活動分野に横たわっている
of
individual
human
beings,
whose
individual energies are the vital forces which operate
共通の場であり、これら個々人が持っているエネルギー
to work out the history of a society, including its
こそが、その寿命を含めたひとつの社会の歴史を作り出
time-span.
す活力となっているのである。
Who can decree or forcast what the characters and
the interactions of all these actors are to be, or how
社会な中で活動しているすべての人々(俳優)の気質(役
many of them are to appear upon a particular stage
柄)やお互いの関係がいかなるものか、または、開幕か
from first to last?
ら閉幕までにどれだけの俳優が舞台に登場するのかを、
To declare dogmatically, with Spengler, that every
決定若しくは予言しうる者はいるであろうか。
society has a predestined time-span is as foolish as it
シュペンダラーのように、あらゆる社会が予定された
would be to declare that every play that is written is
寿命を持つと独断的に言明するには、すべての演劇がま
bound to consist of an equal number of acts.
ったく同数の幕からなるように書かなければならない、
Spengler does not strengthen the determinist case
と言明するような、馬鹿げたことである。
when he abandons the simile of an individual
シュペンダラーが、文明を「種」若しくは「属」とし
organism for the simile of a species of organisms or a
て直喩しようと、個人の有機体という直喩を捨てたとし
genus:
ても、彼は決定論者の立場を強くとろうとはしていな
い。
The habitus of any group of organism includes, among other
ある一定の寿命とか文明の発展具合などの中に加えて、有機体と
things, a definite life-span and a definite tempo of
いうすべての集団依存性が含まれる。そして歴史に関し形態学を
development; and no morphology of history can dispense with
用いて研究しようとする場合に、これらの概念を持たなければ済
these concepts.
まされない。
….. The span of a generation –whatever creature may be in
・・取り上げようとする被造物が何であろうと、いち世代の寿命
question –is a numerical value of almost mystical significance.
とは、ほとんどが神秘的で意味深長なる数値である。そしてこれ
And these relations are also valid for all civilization –and this
らの関係はすべての文明にも当てはまる。しかもそれはこれまで
- 227 -
in a way that has never before been dreamt of.
夢想だにしてこなかったやり方なのである。
Every civilization, every archaic age, every rise and every
すべての文明、すべての古代、すべての興隆と没落、すべてのこ
downfall, and every inevitable phase of each of these
れらの動静に関わるそれぞれのすべての避けられない場面は、常
movements, has a definite time-span which is always the
に同じものであり、また常に象徴的な重要点を持って繰り返さ
same and which always recurs with symbolic emphasis.
れ、ある一定の寿命を持つものである。
What is the significance of the fifty-year period in the rhythm
すべての文明に見られる、政治分野での・知的分野での、芸術分
of political, intellectual, and artistic life which is prevalent in
野での寿命という周期が 50 年であることの意味は何であろう
all civilization?
か。
…… What is the significance of the millennium which is the
・・・人間個人の寿命が70歳であることを敢えて誇張すること
ideal life-span of all civilizations, considered in proportion to
なく思うに、文明のあるべき寿命が千年の意味とは何であろう
the individual human being’s ‘three-score years and ten’?
か。
The conclusive answer to these questioning is that
シュペンダラーが問うたことに対する最終的な答え
a society is not a species or genus, any more than it is
は、社会とはひとつの「有機体以上のもの」であって、
an organism.
ひとつの「種」とか「属」でもないということである。
It is itself an individual representative of some
ひとつの社会自体が、「幾つもの社会」という「属」の
species of the genus ‘societies’, and the individual
中の、幾つかの「種」に属する個々の代表例であり、社
human beings who are the ‘members’ of a society are
会の「構成員」である個々の人間たちは、同様に「種」
reprentatives of a species or genus likewise.
とか「属」の代表例である。
But the genus of which we human beings are the
しかし私たち人間は個々人としての「属」であり、特定
individuals is neither the Western Society (or the
の西欧社会(若しくはヘレニズム社会又はその他の社
Hellenic Society or any other society) in particular
会)でもなく、一般的な社会の「属」でもなく、ただ「ヒ
nor the genus of societies in general, but the genus
ト」に属しているのである。そしてこうした純然たる事
Homo; and this simple truth absolves us from any
実から考えると、シュペンダラーが、生物学上の「諸種」
obligation to examine here the Spenglerian dogma
や「諸属」が表す個々の諸有機体を類推して、「諸種」
that genera and species have preordained life-spans
と「諸属」が寿命を予め指南しているという独断を、こ
on the analogy of the individual organisms in which
こで私たちが改めて検証する必要性はないと考える。
the biological genera and species are represented.
Even if we suppose for a moment that genus Homo
「ヒト」がこの地球上で存在する権限を限定的ながら与
has a limited mandate for existence on the face of
えられていると私たちが今たとえ想像して、生物学上の
this planet, a brief consideration of the actual
「諸種」とか「諸属」としての歴史的期間が実際に日を
historical duration of biological genera and species to
刻んでいることをちょっと考えてみると、
「ヒト属」の
date shows at once that it is as impossible to link up
寿命が与えられているという仮説的な期間の終了とと
the
this
もにすべての文明が崩壊すると結び付けることには無
hypothetical expiry of the mandate of the genus
理があることが直ぐに分かる。それは、文明の崩壊を物
Homo as it is to link it up with the dissolution of the
質的な地球そのものが崩壊して放射線となって霧散す
material Universe into radiation.
るのと結び付けることが不可能であるのと同じである。
The genus Homo is believed to have been in
「ヒト属」は、人間なる種類として認められてから既に
existence, in a recognizably human form, for between
30万年から50万年も生き続けてきていると信じら
300,000 and 500,000 years already, as against the
れている。これに対して「文明」と呼ばれる社会が初め
breakdown
of
any
civilization
with
5,000 or so years that have clapsed since the first
- 228 -
emergence of the societies called ‘Civilizations’.
て現れてから5千年くらいしか経っていない。
What warrant is there for assuming that the
「ヒト属」の寿命(「ヒト属」が本当にいくらかの寿命
mandate of this genus (if it really is subject to any
に定められているとしての話だが)が、少なくとも更に
mandate) is not good for another 500,000 years at
もう50万年あるということは信用できないと当然の
least?
ことと思うことに、どのような根拠があるのだろうか。
And, to come to grips again with our immediate
そして、文明の崩壊という目下の問題に再び私たちが真
problem of the breakdowns of civilizations, what
剣に取り組んで見た場合、これらの文明の崩壊時の社会
ground is there for suggesting that these breakdowns
にたまたま生きあわせた個々の人間において、彼らの心
are accompanied by any symptoms of physical or
身にどんな堕落の徴候が同時に起こってくるのかと予
psychic degeneration in the individual human beings
測するような理由があるのであろうか。
who happen to be alive in a society at the time of its
dissolution?
紀元前431年の破局へと襲い掛かられた、ソクラテ
Were the Athenians of the generation of Socretes and
ス・エウリピデス・トゥキゥディデス・フェイディアス・
Euripides and Thucydides and Pheidias and Pericles,
ペリクレスらの時代のアテナイ人たちが、彼らの時代よ
who were overtaken by the catastrophe of 431
り直前のまマラトン時代よりも心身ともに本質的に創
BC,
intrinsically poorer cratures in soul or body than the
造性が少ないと、どうして言えるのであろうか。
generation of Marathon, who shone in retrospect in
マラトンの時代は、それに続く時代と対比させると、実
the illusively intensified light of an age which
際以上により壮麗なものに見えるし、また振り返ってみ
appeared more glorious than it actually had been in
ると、錯覚を起こさせるほどの強烈な光の中に、ひとつ
contrast with the age that followed?
の時代が輝いている。
An explanation of the breakdowns of civilizations
優生学という科学の仮説という見方から文明の崩壊に
in terms of the supposed science of eugenics perhaps
ついての説明は、
「国家(対話篇)
」というあの有名なひ
appears to be suggested by Plato in a famous passage
とくだりの中でプラトンが、ことによるとそれとなく言
of The Republic:
っているように思える。
A society with the ideal constitution is not easily thrown out of
理想的に組み立てられた社会は、それほど簡単には均衡状態を投
equilibrium; but, after all, everything that has a genesis is
げ出すものではないものです。しかし、生まれてきたすべてのも
foredoomed to eventual disintegration, and even the ideal
のは、やはり、最後には崩壊してしまう運命にある。従って理想
constitution will not endure in perpetuity, but will break down
的な社会組織でも、不滅を持続することはなく、結局は崩壊して
in the end.
しまうものなのです。
The breakdown is connected with the periodic rhythm (with a
短い期間しか生きられない被造物は短い波長(寿命)が、長い期
short wave-length for short-lived creatures and a long
間も生きる被造物は長い波長(寿命)がそれぞれの尺度が割り当
wave-length for those at the other end of the scale) which is
てられているように、崩壊は周期的な律動と関係している。動物
the rhythm of life in the animal as well as in the vegetable
界でも、植物界と同様に、生命の周期的な律動は心身両方が豊か
kingdom, and which is the determinant of both physical and
であることを決定づけているのである。
psychic fecundity.
The specific laws of human eugenics will baffle both the
私たち人間すべてが理性を持っているのに、人間優生学なる特定
reason and the intuition of our trained ruling minority, in
の法則が、訓練を積んだ少数の支配者の理性と直感の両方をくじ
spite of all their intellectual power.
くことになるであろう。
These laws will elude them; and one day they will beget
これらの法則は人間の巧みに身をかわして避け、そして、ある日、
children inopportunely…….
折悪しく子をこしらえてしまうであろう・・・・
- 229 -
Plato contrived a fantastically intricate numerical
プラトンは人間の一生の波長(寿命)を言い表すのに、
formula to express the wave-length of humanlife, and
狂信的とも思えるくらいの複雑な数式を考案し、社会の
postulated that social disintegration would follow
崩壊は社会の指導者たちが、この優生学という数学的法
upon the neglect of this mathematical law of eugenics
則の無視を、しばらく間を置いてから続けるであろうと
by a society’s leaders. Even so, it is plain that Plato
の前提に立った。
does not represent the racial degeneration, to which
たとえその通りだとしても、プラトンが、社会の崩壊の
he attributes the social breakdown, as being an
結果に帰するであろう人間「種」の退化は、自動的にく
automatic or predetermined event, but rather as
るものであり、または、予め決まっていたものだとはし
being an intellectual mistake, a failure of tequnique:
ないで、むしろ知性の間違いや技術の不足、つまり人間
a lapse in the sphere of human action.
の行為の範囲での過ちであるとしていることは明白で
There is, in any case, no warrant for following
ある。
Plato in accepting racial degeneration as even a
いずれにせよ、プラトンに従うところの人間「種」とし
secondary link in the chain of causation through
ての退化が社会を崩壊から衰微へと導いて行く因果の
which a social breakdown leads on to a decline.
連鎖の中の第二番目の輪である、と認める根拠はない。
For although, in times of social decline, the members
社会が衰微の時代では、衰微しつつある社会の構成員た
of the declining society may seem to dwindle into
ちは、社会が成長の時代には、彼らの先祖たちが王者の
pygmies or to stiffen into cripples, by contrast with
ように、そして壮大な社会活動をしていたのと対比する
the kingly stature and magnificent activity of their
と、知的関心度が低下する方へと段々と衰え、または、
forbears in the age of social growth, to ascribe this
社会活動が不活発な方へとこわばって行くように思わ
malady to degeneration is a false diagnosis.
れるも、この病弊を退化によるものとすることは誤診と
The biological heritage of the epigone is the same as
なる。
that of the pioneers, and all the pioneers’ endeavours
亜流(訳注:ギリシャ語「後に生まれた人」の意)の生物学的遺伝
and achievements are potentially within their
形質(訳注:現代版の DNA)は先駆者のそれと同じであり、
descendants’ reach.
先駆者たちの努力と成就のすべては、先駆者たちの子孫
The malady which holds the children of decadence
たちの手の届く範囲にある。
fast bound in misery and iron is no paralysis of their
「苦難と鉄の枷とに固く縛られた (著者註:詩篇100の1
natural faculties as human beings but a breakdown
0)
」退廃の子らをいましめている病弊は、彼らが人間と
and disintegration of their social heritage, which
しての生得の能力が麻痺状態ではなく、彼ら社会の先祖
debars them from finding scope for their unimpaired
伝来のものの崩壊と解体である。それゆえに、自分たち
faculties in effective and creative social action.
が損なわれていない能力を、効果的で、且つ、創造的な
The dwarfing of the epigone is the effect of social
社会的行為の余地を見出すことができないでいる。
breakdown and not its cause.
その亜流の矮小化は、社会が崩壊した結果であり、崩壊
We have now discarded three predestinarian
の原因ではない。
explanations of the breakdowns of civilizations: the
私たちは文明の崩壊に関する以下に述べる三つの運
theory that they are the incidental consequence of a
命予定説の説明をこれまで排斥してきた。一つ目は、文
running-down of the clockwork of the physical
明の崩壊は、自然的な宇宙・地球の時計仕掛けが偶然に
Universe; the theory that a civilization, like a living
止まったことの結果であるとの理論である。二つ目は、
organism, has its own inherent life-span and
文明は生命のある有機体と同じくそれ自身の生来の寿
life-curve; and the theory that the breakdown of any
命と生涯曲線を持つとの理論である。三つ目は、一定の
given date is due to the racial degeneration of its
時点での崩壊は、それを構成する人間の人種的な退化に
human components.
起因するとの理論である。
- 230 -
We still have to consider one further predestinarian
運命予定説的な仮説はまだもう一つ残っており、私たち
hypothesis, which assume that civilizations succeed
はこれを考察しなければならない。文明の本性に関わる
one another by a law of their nature which is the
法則、つまり、それは宇宙に共通な法則であるが、それ
common law of the cosmos, in a perpetually recurrent
に従って生と死との交代という永遠に輪廻を繰り返し、
cycle of alternating birth and death.
次々と文明が続いて行くと推測する理論である。
The application of this theory of cycles to the
この周期性理論を人類の歴史に応用すれば、あのめざ
history of Mankind was a natural corollary to the
ましい天文学の発見へと自然に引き出される結論とな
sensational astronomical discovery, which appears to
った。
have been made in the Babylonic World by the end of
紀元前3千年の終わり頃までにバビロニア世界でそれ
the third millennium
はなされ、紀元前4世紀後にギリシャの天文学者たちに
BC
and which was popularized
by Greek astronomers after the fourth century
BC,
よって広められたと思われる。
that the three conspicuous and familiar astronomical
それは、毎日の昼夜の周期性、毎月の満ち欠けの周期性、
cycles –the terrestrial cycle of day-and-night and the
毎年の季節の周期性という、三つの誰もが分かる、お馴
lunar cycle of the month and the solar cycle of the
染みの、天体上の周期性は、天体上にある太陽系の動き
year –were not the only instances of periodic
に見られる周期的な繰り返しているという、単なる事例
recurrence in the movements of heavenly bodies; that
だけではなかった。
there was also a larger co-ordination of stellar
地球も月も太陽もすべて惑星として含んだ恒星の動き
movements which embraced all the planets as well as
は、より大きな一種の共同作業でもあったし、このよう
the Earth and Moon and Sun; and that ‘the music of
な天国での合唱の旋律によって作られている「宇宙が奏
the spheres’, which was made by the harmony of this
でる音楽」が、ひとつの和音から次の和音へと、一周し
heavenly chorus, came round full circle, chord for
てもとに戻る、広大無辺に続く宇宙の歳月であって、太
chord, in a cycle of great cosmic months and years
陽年が取るに足らないもののように矮小化するような
dwarfed the solar year into insignificance.
ものである。
The inference was that the annual birth and death of
太陽の年周期性によって明らかに支配されて、地上の植
the terrestrial vegetation, which was manifestly
物が茂みと枯れが毎年繰り返していると推論され、宇宙
governed by the solar year-cycle, had its counterpart
における年周期性という時間的尺度にすべてのものの
in a recurrent birth and death of all things on the
繰り返す生と死についてはその推論の対の片方となる。
time-scale of the cosmic year-cycle; and minds which
そして、この思いつきの呪文に縛られた知性の持ち主た
came under the spell of this idear were apt to project
ちは、周期性のこの模範をあらゆる思考対象に投影した
this pattern of periodicity into every object of their
がるのである。
thought.
Hellenic literature abounds in references to this
ヘレニズム文学には、このような周期性を取り上げた
cyclic philosophy.
(輪廻論)哲学を参照した作品がたくさんある。
Plato was evidently fascinated by it, for the theme
プラトンはそれに明らかに魅せられていた。彼の著書に
recurs throughout his writings.
は、このテーマが繰り返されている。
Athenian. Do you feel that the ancient legends have any truth
アテナイの異邦人
in them?
たはどう思いますか。
Cleinias of Crete. Which legends?
クレタのクレイニアス その伝説とはどんなものですか。
Stranger. The legends of repeated destuctions of the human
アテナイの異邦人
race by floods and plagues and many other catastrophes, in
人間どもに破滅が繰り返しもたらされ、その中で、極く僅かな
- 231 -
昔の伝説には真実がいかほどあるかとあな
洪水や疫病やその他幾多もの災難によって
which only a tiny remnant of Mankind survived.
種属のみが生き延びてきたという、伝説なのです。
Cleinias. Why, certainly, the whole of that body of legend
クレタのクレイニアス ええ、確かに仰るように、そのようなこ
carries conviction with everybody.
とは、すべての人たちに、悉く信じられていることなんですね。
Elsewhere Plato develops this brief exposition of the
プラトンは、周期性(輪廻)の仮説を使い、破滅と復元
cyclic hypothesis, applying it to the history of the
とが永遠に繰り返すと表現し、ヘレニズム人たちの歴史
Hellenes and to the pattern of the cosmos as a whole,
や、総括して宇宙の模範に応用しながら、この短編なる
which he represents as a perpetual alternation of
解説を展開している。
catastrophe and rehabilitation.
同じ主義は、ヴェルギリウスの詩の中でも再び現われて
The same doctrine reappears in Virgil’s poetry:
くる。
The last age of the Sibyl’s song is here.
シビュレーの歌が最後になる時代は今しかない。
The sequence of the ages starts again.
ひと続きの時代が再び始まるのだ。
The past returns –the Vergin, Saturn’s Realm –
過去が-処女座、サトゥルヌスの王国が-帰ってくる
A new race from High Heaven descends to Earth ……
新しい種族が天上から地に舞い降りてくる・・・・
Another Tiphys steers another Argo,
もうひとりのティビュスが、アルゴーのもう一艘の舵を取る
Laden with heroces; yes, and other wars
英雄たちを乗せて、そうだ、もう一度、戦いが
Bring great Achilles once again to Troy.
偉大なるアキレウスを再びトロイに呼び戻すのだ。
But where Virgil sees a triumphant renewal of a
しかし、ヴェルギリウスが意気揚々たる英雄時代の再
heroic age, Maucus Aurelius, writing some two
来を見るのに対して、約200年後の憂鬱なる時代の影
hundred years later under the shadow of a
のもとで書いたマルクス・アウレリウスは、終わりのな
melancholy age, feels only the desolation of endless
い繰り返しの侘しさだけを感じるのである。
repetition:
There is a deadly monotony about the cyclic motion of the
上ったりと下ったり、終わりなき世界・・・宇宙での輪廻する動
cosmos –up and down, world without end……. Soon we shall
きは地獄に落ちたような単調さのみがあるのだ。やがては、私た
be buried under the Earth, and next the Earth herself will be
ちは大地の下に葬られ、その次には、大地自身が別のものに変化
transformed, and then whatever has arisen out of her
し、それから、変化して出て来たどんなものでも、何度も何度も
transmutation will undergo the same process again and again
同じ過程を辿り、無限に廻って行くのである。
to infinity.
This
philosophy
intrigued,
without
of
sheer
ever
recurrence,
quite
which
captivating,
ヘレニズム世界の天才たちを虜にしたとは言えないが
the
彼らの好奇心をそそった、まったく循環するという(輪
Hellenic genius, came to dominate contemporary
廻)の哲学は、同時代のインド人の心を完全に取り込む
Indic minds.
こととなった。
Hindu thinkers had evolved a cyclic theory of time.
ヒンズーの思想家たちは、時間の循環論を展開した。
The cycle was called a kalpa and was equivalent to 4,320
その循環はカルパと呼ばれ、地上の43億2千万年に等しい。
million earthly years.
The kalpa is drived into 14 periods and at the end of each of
カルパは14の期間に分割され、それぞれの期間の終わりに、宇
these the universe is recreated and once again Manu
宙は再創造され、もう一度マヌ(原始人)が人類を産み出すとあ
- 232 -
(primeval man) gives birth to the human race.
る。
At the moment we are in the seventh of the 14 periods of the
今私たちは、現在のカルパ14期間のうちの第7期に生存してい
present kalpa.
る。
Each of these is divided into 71 Great Intervals and each of
この期はそれぞれ71の大きな区切りに分割され、この区切りは
these is divided respectively in 4 yugas or periods of time.
それぞれ四つのユガ、つまり時代に分割される。ユガ自体は、そ
The yugas contain respectively 4,800, 3,600, 2,400, 1,200
れぞれ、4800、3600、2400、1200神年(1神年
god-years (one god-year being 360 human years), and there is
は360人間年である)からなり、この間に文明の質は次第に衰
a progressive decline in the quality of civilization.
微する。
We are now in the fourth of these yugas, the kaliyuga when
私たちは今、このユガの第4番目のカリユガにあって、世界は悪
the world is full of evil and wickedness, and thus the end of
弊と邪悪さに満ちており、こうして、世界の終わりは比べると今
the world is by comparison imminent, though there are
にも起こりそうだが、この世が終焉を迎えるには、まだ数千年は
several millennia yet before the end!
ある。
Are these ‘vain repetitions’ of the Gentiles really the
これら「異邦人のように同じ言葉を繰り返してはいけま
law of the Universe and, therefore, incidentally the
せん」
(著者註:マタイ伝6-7)は、現に宇宙の法則であり、
law of the histories of civilizations?
また、それゆえに、ついでながら言うと、文明の歴史の
If we find that the answer is in the affirmative, we
法則でもあるのか。
can hardly escape the conclusion that we are the
その問いに対して、(イエスであれば)そうだと答える
perpetual victims of an everlasting cosmic practical
と私たちは分かっていても、私たちが永遠に続く宇宙の
joke, which condemns us to endure our sufferings and
悪戯の永久の犠牲者であるとの結論から逃れることは
to overcome our difficulties and to purify ourselves of
できない。苦しみに耐え、困難を克服し、罪業を清める
our sins –only to know in advance that the automatic
ことが私たちの運命である。しかも、ある無意味な時間
and inevitable lapse of a certain meaningless
が勝手に進み、それを逃れることができないでいると、
measure of time cannot fail to stultify all our human
ちょうど、私たちがあたかも何の努力もしなかったかの
exertions by reproducing the same situation again
ように、同じ状況が何度も、しかも無限に再現するので
and again ad infinitum, just as if we had never
ある。私たち人間の努力がすべて台無しにすることを予
exerted ourselves at all.
め知りながら、この宿命を甘んじて受けねばならない。
This conclusion may be tolerable to an unusually
この結論では、一風変わっていて楽天的な雰囲気があ
robust intellect in an unusually sanguine mood.
り、そして異常なほどに信念の強い知性の持ち主でし
A modern Western philosopher has even succeeded in
か、耐えることができないだろう。ところが、近代西欧
making the ‘law of eternal recurrence’ a matter for
の哲学者のひとり(訳註:ニーチェを指す)は、
「永遠回帰の
rejoicing:
法則」と、歓喜の種とさえなし得たのである。
Sing and bubble over, O Zarathustra, heal your soul with new
歌えや! はしゃげや! おお、ツァラ t ゥストイラよ! 新し
songs, so that you may bear your great destiny, that was never
い歌であなたの魂を癒せ!
yet the desriny of any man!
ったあなたの大いなる運命を担え!
For your animals well know, O Zarathustra, who you are and
あなたたち生き物はよくしっているのだ! おお、ツァラトゥス
must become: behold, you are the teacher of eternal
トラよ! あなたが何びとであり、何びとにならざるを得ないか
recurrence, that is now your destiny!
を、見よ! あなたは永遠回帰の教師なのだ! それがあなたの
運命に今なっているのだ!
- 233 -
まだ何びとの運命では決してなか
.….Behold, we know what you teach: that all things eternally,
・・・見よ! われわれはあなたの教えることを知っている! そ
and we ourselves with them, and that we have already existed
れは、万物は永遠に回帰し、われわれ自身もともに回帰すること
an infinite number of times before, and all things with us….
を!われわれは無数の回数を繰り返して既にこの世に存在して
きているし、万物も然り・・・(著者註:ニーチェ「ツァラトゥスト
ラ」Ⅲ13-2)
Aristotle, too, shows no signs of distress when he
アリストレレスは、「気象学に関する論文」の中で次の
pricks the bubble of his own philosophy by making
ようにさりげなく所見を述べ、自分自身の哲学が化けの
the casual observation, in the middle of a treatise on
皮を剥いているが、しかし、自分が苦悩していることは
meteorology, that
おくびにも出していない。
in human history the recurrence of identical scientific views
人間の歴史において、同一の科学的見方が再現することはただの
does not happen just once or twice or a small number of times;
一回も、二回も、または数回も起こるようなものではない。むし
it happens ad infinitum.
ろ、無限に起きているのだ。
In other passage, Aristotle deals with the problem of
別の一節で、アリストテレスは、トロイア戦争が再現す
periodicity in human affairs, through the concrete
るという、含みがある具体的事例をあげて、人間事象に
example of the implications of a recurrence of the
おける周期性の問題を取り扱っているが、こうした言外
Trojan War, as if these implications were nothing
の意味はあたかも知的なとんち問答以上の何ものでも
more than an intellectual conundrum.
ないかのように著述している。
He contemplates with a dispassionate calm the
アリストテレスは、「人間の一生とは生と死を繰り返す
proposition that ‘human life is a vicious circle’ of
悪循環である」という命題を、冷静で落ち着きを持って
repetitive genesis and decay, and feels no pang.
熟視しているが、そこには心の苦しみの感じがしない。
Virgil, too, in the passage that we have already
ヴェルギリウスもまた、私たちが既に引用してきた一節
quoted, dismisses the recurrent Trojan War as a
の中で、再現するトロイア戦争は、原罪の、ちょっとし
slight and momentary recrudescence of the Old
た、一時的な再発であるとし、迅速に且つ確実に黄金時
Adam, which simply serves as a foil to the swiftly and
代が再び現れるような引き立て役として務めさせられ
securely redawning golden age.
るに過ぎないと退けている。
Yet, when the poet returns from his day-dream of an
しかし、この詩人が、地上の楽園復活という白日夢から
earthly paradise regained to resume the spiritual
醒めて、苦悩する同時代の人々の精神的な重荷を再び背
burden of his own tormented generation, he confesses
負うために、ヘレニズム文明が興る前の空白期に、アカ
that the heroic warfare of the Achaeans in the
イア人たちの英雄的な戦争が、ローマの将軍たちの互い
pre-Hellenic interregnum has led on, through a
の殺し合いの戦争に至らしめたこと、それが業(カルマ)
continuous chain of karma, to the internecine
の連鎖によったのだと、告白している。
warfare of the Roman war-lords.
In full, long since, with Roman blood,
はるか前に、ローマ人の血でもって、
We have atoned for Trojan breach of faith…..
我らは、トロイア人が犯した裏切りの償いをしてきた・・・
A world where right spells wrong, and wrong spells right!
正が邪を意味し、邪が正を意味するこの世!
So many wars! So many shapes of crime!
かくも多くの戦争が! かくも幾多の犯罪が!
The plough despised! The ploughman reft away!
鋤は軽蔑されて、農夫は奪い去られた!
The widowed fields unkempt! The sickle’s curve
奪われた畑は雑草がぼうぼう!鎌の刃は
Melted to mould a sword-blade’s stiff straight edge….
溶かされて剣の刃、硬い直刀に鋳なおされ・・・
Neighbours break bonds of friendship, that up arms;
隣人たちは友情の絆を破って、武器を手に持つことに;
- 234 -
The wicked war-god rages everywhere.
邪悪の軍神は至るところで暴れまわる。
The pace is quickening like the chariots’ pace
その速さは、二輪戦車の如し。
When they burst out to speed along the course.
行く手に向かって、突然に疾駆する。
No use, poor charioteer, to draw thy reins.
哀れな御者たちよ、手綱を引いても無駄だ。
Thy chariot’s masters are thy racing steeds.
お前の二輪戦車の主人は、疾駆するお前の馬なのだ。
Is the Trojan War to recur innumerable times over,
トロイア戦争の度に、邪悪と苦悩との雪崩が長期間に亘
when it is fated each time to precipitate an age-long
って引き起こることが運命づけられているのに、なぜ数
avalanche of wickedness and woe?
え切れないほど繰り返されるのであろうか。
This question, which Virgil dares not face, is
ヴェルギリウスはこの問題に対し真正面から取り組ん
answered by Shelley in a chorus which begins as a
でいないが、シェリーは、ヴェルギリウス的な追憶で始
Virgilian reminiscence and ends on a note which is
まるも、全体ではシェリーの見方で終わっている、以下
altogether Shelley’s own:
に述べる、ある劇詩にて答えを出している。
The World’s great age begins anew,
この世で偉大なる時代が新たに始まり、
The golden years return,
The Earth doth like a snake renew
黄金の年がまた戻ってくるのだ。
大地は、蛇が脱皮するのと同じように、
Her winter weeds ourworn:
着古した冬着を新たにする。
Heven smiles, and faiths and empires gleam
天は微笑み、諸々の信仰と帝国が
Like wrecks of a dissolving dream….
消えゆく夢の残骸の如く、かすかに光る・・・
A loftier Argo cleaves the main,
アルゴー船は威風堂々と海原を突き進む、
Fraught with a later prize;
Another Orpheus sings again,
後の世への数々の戦利品を積んで;
新たなオルフェウスは再び歌い、
And loves, and weeps, and dies;
愛し、嘆き、そして死んでゆく。
A new Ulysses leaves once more
新たなオデッセイウスはもう一度、
Calypso for his native shore.
故郷の岸に向かってカリプソのもとを去ってゆく。
Oh! write no more the Tale of Troy,
おお! もうこれ以上トロイアの物語は書くな、
If Earth Death’s scroll must be!
Nor mix with Laian rage the joy
どうしても大地が死神の巻物にならねばならぬのなら、
ライオス王の怒りと、
Which dawns upon the free,
自由になりたい喜びを、混ぜることはしないでくれ。
Although a subtler Sphinx renew
明敏なるスフィンクスが、テーベ人たちが聞いたことのない
Riddles of death Thebes never knew….
死の謎をたとえかけてきたとしても・・・
Oh cease! Must Hate and Death return?
おお、止めてくれ! 憎しみと死が戻ってこねばならぬのか。
Cease! Must men kill and die?
Cease! Drain not to its dregs the urn
止めてくれ! 人間は殺し合い、死なねばならぬのか。
止めてくれ! 苦い予言の水瓶を、
Of bitter prophecy,
The World is weary of the Past:
最後に残った澱まで飲み干すな。
この世は、過去に飽きあきしている、
Oh might it die or rest at last!
おお、この世は死ぬのか、せめて休息してくれればいい!
- 235 -
If the law of the Universe is really the sardonic law
もし宇宙の法則が本当に「変われば変わるほど同じこ
plus ça change olus c’est la même chose, no wonder
とだ」という嘲笑するような法則であるならば、詩人シ
that the poet cries for the Buddist release from a
ェラーが、
「存在の車輪(輪廻)
」からの解脱を仏教徒が
wheel of existence which may be a thing of beauty so
叫んでいると考えても何ら不思議ではない。この車輪の
long as it is merely guiding the stars in their courses,
存在は、惑星が軌道上を運行するように導いている限り
but which is an intolerable tread-mill for our human
美的なものであるかも知れないが、私たち人間の足が踏
feet.
むには、耐え難き踏み車(単調な仕事)である。
Does reason constrain us to believe that the cyclic
星の循環運動が人間の歴史の運動と同じものである
movement of the stars is also the movement of
と信じるように私たちに無理強いしてまで、問うている
human history?
のだろうか。
What, ‘in the last analysis’, are those movements of
私たちが今まで見分け且つ明るみにすることで僅かな
Yin-and-Yang and challenge-and-response which we
ながらも知的な喜びを感じとってきたところの、「陰」
have taken some intellectual pleasure in discerning
と「陽」とか、
「挑戦」と「応戦」の諸運動とは、
「とど
and bringing to light?
のつまり」は何であろうか。
Certainly, in these movements of the forces that
確かに、人間の歴史という織布を織る諸力のこうした諸
weave the web of human history, an element of sheer
運動には、純然たる回帰・再現の要素が見て取れる。そ
recurrence can be detected; it stares us in the face.
れは私たちにとっては明白である。
Yet the shuttle which shoots backwards and forwards
しかし、「時の織機」を交差して、後方へ、そして、後
across the loom of time in a perpetual to-and-fro is all
方へと、永遠に往きつ戻りつ、勢いよく動く杼(ひ)は、
this time bringing into existence a tapestry in which
その間ずっと、つづれ織りを生み出している。そしてこ
there is manifestly a progress towards an end and
のつづれ織りには、杼そのものの動きに似た「終わりな
not just an ‘endless repetition’ in the likeness of the
き繰り返し」ではなく、ひとつの目的に向かった進歩が、
shuttle’s own action.
明らかに存在するのである。
The transition from Yin to Yang, in any given case, is
「陰」から「陽」への移行は、どのような事例であって
no doubt one repetition of a repetitive action; yet this
も、ある反復作用のひとつの繰り返しであることは確か
repetition is neither vain nor stale, since it is the
ではある。しかし、この繰り返しは、無駄なものでもな
necessary condition for an act of creation which is
ければ、陳腐なものでもない。これが、新しく、自然発
new and spontaneous and unique.
生的で、且つ、独自の創造行為のための必要条件に他な
らない。
Similarly, the response to a challenge which provokes
同様に、挑戦への応戦は、更に挑戦を呼び起こし、そう
a further challenge and thereby evokes a further
することで更に応答を引き起こすが、この次々の同様な
response which is likewise provocative in its turn no
挑発が、ひとつの循環運動を始めさせることは、疑う余
doubt sets up a cyclic movement.
地がない。
Yet we have seen that it is precisely this kind of
しかし、既に私たちがみてきたように、まさにこの種の
response –the response which inaugurates a cyclic
応答、つまり、自分自身の後に続くものを将来のことに
movement by providing for its own successor –that
備えて準備することで、循環運動を開始する応答こそ
releases the Promethean élan of social growth.
が、社会の成長というプロメテウス的な躍動を解き放つ
のである。
The simple truth is that, in any analysis of rhythm,
周期的変動をどんなに分析したとしても、部分的な運動
we have to distinguish between the movements of the
と全体的な運動とを、そして、手段の性質と目的の性質
part and those of the whole, and between the nature
とを、区別しなければならないことは、まぎれもない真
of the means and of the ends.
実である。
- 236 -
There is no law of pre-established harmony which
手段は目的と同一の性質を持たねばならない、また、全
decrees that the end must have the same nature as
体が、部分と同一の運動を持たねばならないと規定する
the means, or the whole the same movement as the
前から確定して一致している法則はある訳ではない。そ
part; and this is immediately obvious in the case of
して、すべてが循環するという哲学に最初から直喩され
the wheel, which is the original simile and
且つ永遠の象徴である車輪の場合には、これは明瞭であ
permanent symbol of the whole cyclic philosophy.
る。
The movement of the wheel is admittedly repetitive
車輪の運動は、車軸との関係を考えると、明らかに反復
in relation to the wheel’s own axle; but the wheel has
的なものである。しかし、車輪は乗り物の一部品として
been manufactured and fitted to its axle only in order
製作され、車軸に取り付けられただけのものである。
、
to become a part of a vehicle; and the fact that the
確かに、乗り物は車軸のまわりの車輪の円運動によって
vehicle can move only in virtue of the wheel’s circular
のみ動くことができるが、だからと言って乗り物自体が
movement round the axle does not compel the vehicle
メリーゴーランドのように円軌道を回らなければなら
itself to travel like a merry-go-round in a circular
ない、ということにはならない。
track.
The wheel is indispensable to the vehicle as a means
車輪は移動手段としての乗り物には不可欠なものでは
of locomotion, but it is incapable of dictating the
あるが、乗り物が動くべきコースまでを指定するもので
course on which the vehicle is to move.
はない。
The course depends upon the manipulation of the
コースは、運転手の手綱または操舵装置の操作によって
reins or the steering-gear by the driver.
決まる。
Indeed, if the relations between the wheel and the
事実、たとえ車輪と乗り物、または部分と全体、または
vehicle –or part and whole, or means and end –are
手段と目的、の関係が何らかの法則によって支配される
governed by any law at all, it is not a law of identity
としても、それは同一の法則ではなく、多様性のある法
but a law of diversity, under which a repetitive
則である。その法則によれば、車輪(または部分または
movement of the wheel (or the part or the means)
手段)の反復運動は、乗り物(または全体または目的)
brings about a nonrepetitive movement of the vehicle
の非反復運動を生み出す。正反対に、同じ手段の反復的
(or the whole or the end); conversely, the end attains
な利用、標準部品の反復的な並列、車軸を中心にした車
its unique realization, and the whole its unique
輪の反復的な回転によって、その目的は独自の実現を勝
individuality, and the vehicle its unique goal, through
ち取り、全体はその独自な個性を勝ち取り、そして乗り
the repetitive employment of similar means and the
物は独自の到達点に辿り着くのである。
repetitive juxtaposition of standard parts and the
repetitive revolutions of the wheel round its axle.
This harmony of two movements –a major
目立たない小さな反復運動なる両翼で支えられた非
irreversible movement which is borne on the wings of
可逆的で目立つ大きな運動という、ふたつの運動という
a minor repetitive movement –is perhaps the essence
このような調和は、リズム;周期的変動の意味が何かと
of what we mean by rhythm; and we can discern this
いう本質的な問題となりうるであろう。そこで、こうし
play of forces not only in the mechanized rhythm of
た運動力の役割が、人間が編み出した機械のリズムを機
our man-made machinery but likewise in the organic
能させるだけではなく、生命の有機的リズムにも同様に
rhythm of life.
見い出すことができる。
The annual procession of the seasons, which brings
植物が毎年、花を咲かせ、また枯れて行くという、四季
with it the annual blossom and decay of vegetation,
が毎年繰り返すことが、植物界で、長い年月をかけて進
has made possible the secular evolution of the
化することを可能にならしめたのである。
- 237 -
vegetable kingdom.
The sombre cycle of birth and reproduction and death
生と生殖と死という実に地味な循環が、人類まで至るす
has made possible the evolution of all higher animals
べての高等動物の進化を可能なものにさせたと言える
up to Man himself.
であろう。
The pumping-action of the lungs and heart enables
肺と心臓のポンプ機能が、人間が生涯を生き抜くことを
the human being to live our his life; the bars of music,
可能にしている。楽譜の小節を分ける縦線、詩句の律動
and the feet, lines, stanzas, and cantos of poetry
単位である詩脚、詩行、詩速、詩篇によって、作曲家や
enable the composer and the poet to expound their
詩人は自分たちが抱いている主旋律や題目を展開する
themes; the cyclic rotation of praying-wheel carries
ことが出来る。祈祷車(著者註:ラマ教徒が祈りに使う)の循
the Buddhist towards the goal of nirvana; and even
環的な回転は、仏教徒を涅槃の世界へ導く。そして、仏
the wheel of existence, from which the Buddhist
教徒の修行は、存在という車輪(輪廻)からの解脱を約
discipline promises release, produces the abiding
束するが、それさえもが、業(カルマ)という永久的な
burden of karma which is handed on, to be
重荷を生み出す。その業は、その重荷が更にのしかかっ
aggravated or mitigated, from one incarnation-cycle
たり、或いは、和らいだり、次々と化身の循環を繰り返
to the next and thereby transforms a trivial round
す。こうして些細な化身の循環が、悲劇的な歴史へと転
into a tragic history.
化するのである。
The repetitive ‘music of the spheres’ dies down to an
信じがたい位の速さで、明らかに、お互いに退いて行っ
undertone in an expanding Universe of nebulae and
ている星雲や星団で構成している膨張しつつある宇宙
star-clusters which are apparently receding from one
では、反復する「天上の音楽」が次第に弱まり消えて行
another with incredible velocity, while the relativity
くが、それに対して、空間-時間という枠組みの中での
of the space-time framework gives to each successive
相対性は、俳優が人間として存在することを演じた劇に
position of the vast astral arrays the irrevocable
おいて劇的な「状況」という、呼び戻せない歴史的独自
historic uniqueness of a dramatic ‘situation’ in some
性なる、広漠とした星形をした整列の中でそれぞれつな
play in which the actors are human personalities.
がった位置を与えている。
Thus
the
detection
repetitive
このように私たちが文明の過程を分析して、周期的で
movements in our analysis of the process of
反復する運動があることを見出したからと言って、これ
civilization does not by any means imply that the
ら作用した運動が役立っているその過程それ自身が、こ
process itself, to which these contibutory movements
の運動が循環的であったと同様に、循環的な整列(次元)
minister, is of the same cyclic order as they are.
であることを意味するものではない。
On the contrary, if any inference can be drawn
反対に、これら目立たない小さな運動の周期性からもし
legitimately from the periodicity of these minor
何か筋道の通った推論を引き出し得るのであれば、むし
movements, we may rather infer that the major
ろ、それら単調に昇降している両翼に担われる目立つ大
movement
their
きな運動は、別種の次元のもの、言い換えると、循環的
monotonously rising and falling wings is of the
ではなくて前進的なものである、と推論すべきであろ
diverse order, or, in other words, that it is not
う。
which
they
of
periodic
bear
along
on
recurrent but progressive.
This interpretation, of the movement of life in terms
反復的変動(リズム)についてふたつの形態の点からの、
of two modes of rhythm has been precisely expressed
生命運動についての解釈は、アフリカの諸文明の哲学
in the philosophies of the African Civilizations, and
で、まさにそのとおり述べられている。西スーダンのド
perhaps at its most sophistricated in the cosmology of
ゴン族の宇宙論が、恐らく、その中でもっとも洗練され
the Dogon people of the Western Sudan.
たものであろう。
- 238 -
Their conception of the universe is based, on the one hand, on
彼らの宇宙観は、一方では物質の振動の原理に基づき、他方では
a principle of the vibrations of matter, and on the other, on a
全体としての宇宙の一般的な運動に基づいている。
general movement of the universe as a whole.
The original germ of life is symbolized by the smallest
生命のもともとの起源は、最小の栽培された種子によって象徴さ
cultivated seed…..
れる・・・・
This seed, quickened by an internal vibration, bursts the
この種子は、内的振動によって活気づけられ、種子を包む莢(さ
enveloping sheath, and emerges to reach the uttermost
や)を破って外へ出て、宇宙の最も遠い果まで行き着く。
confines of the universe.
At the same tim