close

Enter

Log in using OpenID

外来化学療法中の乳がん患者に対する タクティールケア

embedDownload
看護実践学会誌 Journal of Society of Nursing Practice, Vol.27, No.1, pp.9〜17, 2014
研 究 報 告
外来化学療法中の乳がん患者に対する
タクティールケアの効果
The effects of tactical care for breast cancer patients
receiving outpatient chemotherapy
坂井 恵子 1 ),松井 優子 1 ),酒井 桂子 1 ),小泉 由美 1 )
河野 由美子 1 ),岡山 未来 1 ),我妻 孝則 2 ),久司 一葉 3 )
Keiko Sakai 1 ),Yuko Matsui 1 ),Keiko Sakai 1 ),Yumi Koizumi 1 )
Yumiko Kono 1 ),Miki Okayama 1 ),Takanori Wagatsuma 2 ),Kazuyo Kyuji 3 )
金沢医科大学看護学部, 2 )金沢医科大学病院, 3 )福井県立大学看護福祉学部
1)
School of Nursing, Kanazawa Medical University, 2 )Kanazawa Medical University Hospital
3)
Faculty of Nursing and Social Welfare Sciences, Fukui Prefectural University
1)
キーワード
タクティールケア,乳がん患者,外来化学療法,効果,ケア
Key words
tactile care,breast cancer patient,outpatient chemotherapy,effect,care
要 旨
外来で化学療法中の乳がん患者11名を対象に、タクティールケア介入による安全性と効果を検証した。
研究デザインは準実験研究デザインで、介入日(実験群)と非介入日(対照群)の 2 条件下において、脈
拍数・血圧の前後の変化はpaird t-testで、体表温度は目的変数を体表温度、説明変数に個人、ケア、時間
を投入した線形混合モデルによる検定を行った。また、不快反応の出現の有無は観察、主観的反応は質問
調査票により検討した。介入方法は、治療のクール日程にあわせて、両足に20分間のタクティールケアを
実施した。
安全性の評価として、介入日と非介入日で、脈拍数・血圧の前後の有意差はなく、また、有害事象の悪
化や不快反応の出現はなかった。効果として、主観的反応は、「気持ち良かった」「安心できた」「眠くな
った」「癒やされた」「温かくなった」など効果があったと評価していた。体表温度は、手関節部、外踝部
が、非介入日よりも介入日に有意に上昇した。
以上の結果より、タクティールケアの介入は、外来化学療法中の乳がん患者に対するケアとして、安全
性と心理的・身体的効果があり、がん看護のケアとして有効であることが示唆された。
―9―
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
1 077 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content