close

Enter

Log in using OpenID

ダウンロード (469kb) - nyugan.info 乳癌診療情報サイト

embedDownload
妊娠中に乳癌とわかったらどうすれば
よいですか?(妊娠期ごとの対応も含めて)
聖路加国際病院ブレストセンター
猿丸修平
妊娠中に乳癌が発見されるケースは、出産の
わたり禁忌であることに留意する必要がありま
高年齢化に伴い今後増えていくことが予想され
す(図1)。
ます。かつて妊娠期乳癌の予後は通常の乳癌よ
妊娠中の化学療法に関する報告はこれまでケ
り悪いと考えられていましたが、最近では必ず
ースシリーズなどがほとんどでしたが、FAC療法
しもそうではないとする報告が出てきています。
ベースラインリスク
乳癌では、術後補助療法を
■妊娠継続か否か
行わない場合の1年当たり
妊娠初期に乳癌と診断された場合、中絶すべ
の再発リスク(annual odds
を使用した前向き試験が MD Anderson cancer
centerより報告されています 2)。これによると妊
娠中期以降の化学療法曝露による胎児奇形リス
きかどうかという判断に迫られますが、中絶によ
recurence:AOR)をベース
クは、非曝露例のリスクと差がないとされていま
って予後が改善するというデータはありません 。
ラインリスクとして用いて
す。アントラサイクリン系抗癌剤ベースレジメンの安
1)
いる。
一方、妊娠継続下での治療により、予後を損なう
全性が高いとされ、メトトレキサートは流産や胎児
ことなく出産が可能となるケースがあります。挙
奇形発生の可能性が高いことがわかっています。
児希望の実現にあたっては、患者のベースライン
タキサン系抗癌剤やトラスツズマブに関してはデ
妊娠中期
リスク や、化学療法による胎児奇形発生リスク
ータ不足の段階で現在のところ使用すべきでな
妊娠期間を三分割した中間
などについての十分な説明と同意が必要です。
の期間で、妊娠16週から28
■妊娠期乳癌の治療
週未満までをいう。欧米の
いと考えられています。図2 に聖路加国際病院に
おける妊娠期乳癌症例の治療経過を示します。
second trimester(妊娠期
局所治療、全身治療ともに通常の乳癌に対す
間の中間の1/3)は妊娠14週
る適応に準じて行いますが、化学療法が妊娠初
から2 7週の期間のことで、
期に、ホルモン療法、放射線療法が妊娠全期に
出産時の血液学的合併症リスク回避のため、
妊娠中の化学療法の投与は 35 週までに止める
ようにします。
少しズレがある。
図 1 妊娠期別にみた乳癌の治療戦略
妊娠初期(16週未満)
妊娠中期 (16〜28週未満)
中絶 or 妊娠継続を決定
妊娠後期(28週以降)
乳房全摘または
部分切除 + 腋窩郭清
術前化学療法
乳房全摘または
部分切除 + 腋窩郭清
術後化学療法を開始
出産後に乳房全摘または
部分切除 + 腋窩郭清
術後化学療法を開始
± 出産後に放射線療法
± 出産後にホルモン療法
± 出産後に放射線療法
± 出産後にホルモン療法
± 出産後に放射線療法
± 出産後にホルモン療法
妊娠継続の場合
乳房全摘 + 腋窩郭清
妊娠中期に術後化学療法を開始
± 出産後に放射線療法
± 出産後にホルモン療法
図 2 聖路加国際病院 妊娠期乳癌9例の治療経過
1
2
3
4
5
6
7
8
9
手術(全)
AC(4)
AC療法(60mg/600mg/m2 3週毎)
T療法(75mg/m2 3週毎)
手術(局)
手術(全)
AC(1)
手術(温)
AC(4)
手術(温)
AC(4)
手術(全)
AC(3)
手術(全)
AC(3)
分
娩
RT
RT
T(4)
AC(4)
HT
AC(1)
A C:ドキソルビシン、シクロホスファミド( )内数値はサイクル数
R T :放射線療法 H T :ホルモン療法
4
乳癌診療 T IPS
& T RAPS
NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology
『Breast Cancer』
http://www.nccn.org/professionals/physician_gls/
pdf/breast.pdf
HT
AC(1)
AC(4)
AC(3)
HT
妊娠期乳癌の対応は、NCCNガイドラインに記載されています。
参考文献
手術(温)
RT
HT
T(4)
手術(全)
RT
T:ドセタキセル( )内はサイクル数
1)Nugent P,O Connell TX:Breast cancer and pregnancy.
Arch Surg 1 2 0:1221-1224, 1985
2)Berry DL,Theriault RL, Holmes FA, et al:Management of
breast cancer during pre-gnancy using a standardized
protocol. J Clin Oncol 17:855-861,1999
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
468 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content