close

Enter

Log in using OpenID

会社名 ブラックロック・ジャパン株式会社 所在地 100

embedDownload
ブラックロック・ジャパン㈱
会社名
ブラックロック・ジャパン株式会社
所在地 〒 100-8217 東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
電話 03-6703-4100
ファックス 03-6703-4200
HPアドレス http://www.blackrock.co.jp
代表者 代表取締役
出川 昌人
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第375号
登録年月日 平成19年9月30日
協 会 会 員 番 号 011-00338
業 務 開 始 年 月 昭和63年6月8日
資 本 金 24.35億円
作 成 担 当 者 コンプライアンス部長
三国 美恵 電 話 03-6703-4529
1.業の種別
投資運用業
1.法第2条第8項第12号イに係る業務
③.法第2条第8項第14号に係る業務
投資助言・代理業 ①.法第2条第8項第11号に係る業務
第一種・第二種業 ①.法第28条第1項に係る業務
2.主な営業所、子法人等、提携企業
区分
名称
該当なし
②.法第2条第8項第12号ロに係る業務
4.法第2条第8項第15号に係る業務
②.法第2条第8項第13号に係る業務
②.法第28条第2項に係る業務
所在地
3.主な株主
株主名
ブラックロック・ジャパン・
ホールディングス合同会社
議決権
保有比率
株主名
%
%
%
%
%
100%
%
%
%
4.財務状況(直近3年度分)
投資顧問部門収益
決算期
24年3月期
7,962
23年3月期
9,800
22年3月期
8,178
全体収益
16,448
17,771
14,965
議決権
保有比率
経常損益
810
481
△684
(単位:百万円)
当期純損益
純資産額
△36
12,906
△38
12,942
△1,084
9,081
5.組織(証券業または信託業務を営む場合、①~③については投資顧問部門に従事している実質
人数を記載)
①役職員総数
279
名
②運用業務従事者数
51
名
名、平均経験年数 13 年 0 ヵ月
内 ファンド・マネージャー数
44
内 投信併営会社の場合の 投資顧問部門専任者 - 名、平均経験年数
年
ヵ月
投顧・投信部門兼任者 44 名、平均経験年数 13 年 0 ヵ月
内 調査スタッフ数
3
名、平均経験年数 6 年 7 ヵ月
③日本証券アナリスト協会検定会員数
54
名
- 618
(1) / 2012/09/21 10:51 (2012/09/13 14:49) / wk_12856635_126_【一任】ブラックロックジャパン.doc
ブラックロック・ジャパン㈱
<組織図>
内部監査部
代表取締役社長
常務取締役
機関投資家ビジネス担当
BRSビジネス担当
運用部門
営業部門
BRS &
アラディン部門
管理部門
リスク・クオンツ
分析部
マーケティング部
6.投資一任契約に係る資産の金融商品取引行為の状況(直近1年度分)
1.対象期間 平成23年4月1日~平成24年3月31日
2.金融商品取引行為に係る取引の割合
相手方の商号
取引額の割合
会員自らが顧客の相手方となった取引
. %
下記①に該当する
. %
法人との取引
. %
備
考
. %
下記②に該当する
. %
法人との取引
. %
. %
. %
. %
下記③に該当する
. %
法人との取引
. %
. %
①顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第15条の16に規定する親法人
等・子法人等
②顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、その取引額が年間の顧客のために行った金融商品取
引行為に係る取引総額の10%以上である法人
③顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引業等に関する内閣府令第126条第3号
に規定する関係外国法人等に該当する法人
- 619
(2) / 2012/09/21 10:51 (2012/09/13 14:49) / wk_12856635_126_【一任】ブラックロックジャパン.doc
ブラックロック・ジャパン㈱
7.契約資産
①契約資産状況(平成24年3月末現在)
(金額単位:百万円)
投資運用
件数
投資助言
金額
件数
金額
法
国
16
11,437,373
0
0
私的年金
230
2,407,592
1
46,367
その他
35
486,162
3
13,627
計
281
14,331,127
4
59,993
0
0
0
0
281
14,331,127
4
59,993
年金
3
3,993
0
0
その他
31
539,473
0
0
計
人
公的年金
内
個人
国内 計
法 人
海
外
34
543,466
0
0
個人
0
0
0
0
海外 計
34
543,466
0
0
315
14,874,594
4
総合計
59,993
注:投資助言契約欄は、顧客資産の額を前提とした契約のみ記入する。なお、全投資助言契約件数は、
5件。
②海外年金内訳(運用+助言)
米国
3件
3,993 百万円
欧州
0件
0百万円
アジア
0件
0百万円
その他
0件
0百万円
③投資対象別運用状況(平成24年3月末現在)
国内
株式特化
国内
債券特化
24
8
件数
国内
その他
海外
債券特化
54
71
0 2,387,599 2,343,969
1
金 額 1,716,515 5,929,790
(金額単位:百万円)
海外
株式特化
グローバル
株式特化
グローバル
債券特化
グローバル
その他
2
26
14
115
9,634
222,705
65,127
2,199,255
海外
その他
④契約規模別分布状況(平成24年3月末現在)
10億円未満
件数
構成比(%)
金額
構成比(%)
(金額単位:百万円)
10~50億円
50~100億円
未満
未満
100~500億円 500~1,000億円
未満
未満
1,000億円以上
100
115
39
40
6
15
31.7
36.5
12.4
12.7
1.9
4.8
49,864
268,679
266,480
955,916
403,592
12,930,063
0.3
1.8
1.8
6.4
2.7
86.9
- 620
(3) / 2012/09/21 10:51 (2012/09/13 14:49) / wk_12856635_126_【一任】ブラックロックジャパン.doc
ブラックロック・ジャパン㈱
8.運用の特色(投資哲学、運用スタイル等)
【ブラックロックの哲学及び特徴】
1988 年設立以来ブラックロックでは、「経験豊富な運用プロフェッショナルが、
秩序ある投資プロセスの下、洗練された分析ツールを用いることにより、お客様
のポートフォリオに安定した付加価値をもたらすことができる」という理念に基
づいてビジネスを展開しています。この信念の下、ブラックロックではグローバ
ルな資本市場に関する深い専門知識を有する運用プロフェッショナルで構成され
る運用チームを組成しています。
【ブラックロックが世界でご提供している商品の概要】
ブラックロックは、幅広い資産クラスに跨り、多様な運用手法・運用スタイルを
用いて、様々なお客さまのニーズに沿った資産運用サービスをご提供していま
す。
債券
オルタナティブ
インデックス債券
ロング/ショート戦略
トータル・リターン(エンハンスト及びアクティブ)
ディレクショナル・トレーディング
ヘッジファンド戦略
オポチュニスティック・プロダクト
ファンド・オブ・ヘッジファンド戦略
不動産
プライベート・エクイティ・パートナーズ 通貨&コモディティ戦略
グローバル・プライベート・エクイティ
再生可能エネルギー
マルチ・アセット
株式
インデックス株式
科学的アクティブ株式
ファンダメンタル株式
ロング/ショート戦略
ブラックロック・マルチアセット・クライアント・ソリューションズ
(投資戦略、助言、ソリューション)
アセット・アロケーション / バランス型
9.投資に関する意思決定プロセス
ブラックロックでは、前述の通り多様な運用手法・運用スタイルを用い、単一資産
からマルチ・アセット型等の複数資産運用まで多岐に亘る商品を、各運用チーム
にて各々の運用プロセスに基づき運用しています。
当社(日本拠点)において運用している商品に関しては、受託資産の適正な運用
を図ることを目的として、投資委員会を定例で開催し、運用に係る各種事項を審
議、決定します。同委員会は、運用部門チーフ・インベストメント・オフィサー
を議長とし、運用部門内の各部長、営業部門 COO、業務部長及びリスク・クオンツ
分析部長などで構成され、原則月次で開催されます。
10.運用受託報酬・投資助言報酬
1. 運用受託報酬
(1)固定報酬
運用受託報酬は、お客様の契約資産の時価残高に対して、投資対象資産の種類、
投資対象市場、及び運用戦略等により当社があらかじめ定めた報酬料率を乗じて
計算されます。ただし、契約資産の規模、契約資産の性質、投資制約等によって
は、これによらず、お客様と個別協議の上で決定する場合があります。また、投
資対象として、当社または当社の関係会社が設定・運用等行う投資信託等を組み
入れる場合には、運用受託報酬を調整する場合があります。
- 621
(4) / 2012/09/21 10:51 (2012/09/13 14:49) / wk_12856635_126_【一任】ブラックロックジャパン.doc
ブラックロック・ジャパン㈱
(2)成功報酬
運用戦略等により、お客様と個別協議の上で、運用成果に対する成功報酬を設定
する場合があります。
2. 投資助言報酬
投資助言報酬は、お客様の契約資産の時価残高に対して、投資対象資産の種類、
投資対象市場、及び運用戦略等により当社があらかじめ定めた報酬料率を乗じて
計算されます。ただし、契約資産の規模、契約資産の性質、投資制約等によって
は、これによらず、お客様と個別協議の上で決定する場合があります。
11.その他、特記事項
【ブラックロックの経営戦略】
ブラックロックの使命は、「お客様のより良い未来のために資産運用とリスク・
マネジメントにおいて世界で最も信頼されることを目指すこと」です。今日の
マーケットでは、お客様との強固なパートナーシップの構築、より柔軟でダイナ
ミックなアセット・アロケーション、ガバナンスの強化、リスク及び投資機会に
対する深い見識こそが必要不可欠であると考え、下記のテーマに注力していま
す。
1.「リスクフリー」の再考
→意図せざるリスクの低減を企図したクレジット・スクリーニング商品等の開発
2. 様々なアセットクラスにおける利回り追求
→低金利下においても高いインカムを期待できる商品の取り揃え
3. オルタナティブ戦略の新たな潮流
→PE、FoHFs、シングル HF、不動産、PE 直接投資、資源株等の戦略を提供
4. アクティブ運用とパッシブ運用の最適配分
→オルタナティブ商品及び ETF やインデックス商品を活用した運用サービス
5. 債務を考慮した運用戦略
→リスクを考慮した運用アプローチで不確実性の軽減を目指す
【その他】
当社が属するブラックロック・グループでは、グローバル・ベースで運用拠点か
ら別の地域のトレーディング拠点に対して株式・債券等の売買執行業務を事務委
託する場合があります。これは、それぞれの国・地域の取引市場について高い専
門性と強みをもつトレーディング拠点にグループとして売買注文を集約すること
により、一層の最良執行を追求する目的で行われます。
当社の運用する投資一任契約財産につきグループの拠点間で売買執行の事務委託
を行う場合には、お客様との間の取り決め並びに日本及び関係各国の法令・制度
が遵守されることを予め確認したうえで、当社の最終責任の下で実際の委託が行
われます。
- 622
(5) / 2012/09/21 10:51 (2012/09/13 14:49) / wk_12856635_126_【一任】ブラックロックジャパン.doc
フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ㈱
会社名
フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社
所在地 〒 104-0031 東京都中央区京橋二丁目14番1号 兼松ビル6階
電話 03-3535-1260
ファックス 03-3535-1310
HPアドレス http://www.franklintempleton.co.jp
代表者 代表取締役社長
松本 幸三
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第391号
登録年月日 平成19年9月30日
協 会 会 員 番 号 011-00699
業 務 開 始 年 月 平成9年3月1日
資 本 金 4.9億円
作 成 担 当 者 企画総務部
電 話 03-3535-1260
1.業の種別
投資運用業
1.法第2条第8項第12号イに係る業務
③.法第2条第8項第14号に係る業務
投資助言・代理業 ①.法第2条第8項第11号に係る業務
第一種・第二種業 1.法第28条第1項に係る業務
2.主な営業所、子法人等、提携企業
区分
名称
該当なし
②.法第2条第8項第12号ロに係る業務
4.法第2条第8項第15号に係る業務
②.法第2条第8項第13号に係る業務
2.法第28条第2項に係る業務
所在地
3.主な株主
株主名
フランクリン・テンプルトン・キャピタル・
ホールディングス・プライベート・リミテッド
(以下余白)
4.財務状況(直近3年度分)
投資顧問部門収益
決算期
23年9月期
164
22年9月期
205
21年9月期
185
議決権
保有比率
株主名
議決権
保有比率
100%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
全体収益
960
1,304
832
経常損益
△843
△765
△246
(単位:百万円)
当期純損益
純資産額
△856
218
△759
165
△247
943
5.組織(証券業または信託業務を営む場合、①~③については投資顧問部門に従事している実質
人数を記載)
①役職員総数
31
名
②運用業務従事者数
7
名
内 ファンド・マネージャー数
5
名、平均経験年数 9 年 0 ヵ月
年
ヵ月
内 投信併営会社の場合の 投資顧問部門専任者 0 名、平均経験年数
投顧・投信部門兼任者 5 名、平均経験年数 9 年 0 ヵ月
内 調査スタッフ数
2
名、平均経験年数 17 年 9 ヵ月
③日本証券アナリスト協会検定会員数
11
名
- 623
(1) / 2012/09/21 10:52 (2012/08/23 14:13) / wk_12856635_127_【一任】フランクリンテンプルトンインベストメンツ.doc
フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ㈱
<組織図>
企画総務部
財務部
運用管理部
海外業務部
監査役
経営会議
運用部
運用本部
株主総会
調査部
代表取締役
社長
取締役会
リスク管理部
リスク管理委員会
法務コンプライアンス部
トレーディング室
営業部
インベスターサービス部
6.投資運用契約に係る資産の金融商品取引行為の状況(直近1年度分)
1.対象期間 平成22年10月1日~平成23年9月30日
2.金融商品取引行為に係る取引の割合
相手方の商号
取引額の割合
会員自らが顧客の相手方となった取引
. %
下記①に該当する
. %
法人との取引
. %
備
考
. %
下記②に該当する
インスティネット証券
23.2%
法人との取引
野村證券
12.3%
. %
. %
. %
下記③に該当する
FT インベストメンツ アジア リミテッド
法人との取引
TEMPLETON ASSET MANAGEMENT LTD
12.7%
3.4%
. %
①顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第15条の16に規定する親法人
等・子法人等
②顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、その取引額が年間の顧客のために行った金融商品取
引行為に係る取引総額の10%以上である法人
③顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引業等に関する内閣府令第126条第3号
に規定する関係外国法人等に該当する法人
- 624
(2) / 2012/09/21 10:52 (2012/08/23 14:13) / wk_12856635_127_【一任】フランクリンテンプルトンインベストメンツ.doc
フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ㈱
7.契約資産
①契約資産状況(平成24年3月末現在)
(金額単位:百万円)
投資運用
件数
投資助言
金額
件数
金額
法
国
-
-
-
-
私的年金
6
13,433
-
-
その他
4
4,465
-
-
計
10
17,898
-
-
個人
-
-
-
-
国内 計
10
17,898
-
-
年金
-
-
-
-
その他
4
19,583
1
956
人
公的年金
内
法 人
海
計
19,583
1
956
-
-
-
-
海外 計
4
19,583
1
956
14
37,481
1
956
外
4
個人
総合計
注:投資助言契約欄は、顧客資産の額を前提とした契約のみ記入する。なお、全投資助言契約件数は、1 件。
②海外年金内訳(運用+助言)
米国
-件
-百万円
欧州
-件
-百万円
アジア
-件
-百万円
その他
-件
-百万円
③投資対象別運用状況(平成24年3月末現在)
国内
株式特化
国内
債券特化
国内
その他
件数
4
-
金額
19,583
-
(金額単位:百万円)
海外
株式特化
海外
債券特化
-
3
1
-
7,620
538
グローバル
株式特化
グローバル
債券特化
グローバル
その他
-
-
6
-
-
-
9,740
-
海外
その他
④契約規模別分布状況(平成24年3月末現在)
10億円未満
件数
構成比(%)
金額
構成比(%)
(金額単位:百万円)
10~50億円
50~100億円
未満
未満
100~500億円 500~1,000億円
未満
未満
1,000億円以上
5
7
1
1
-
-
35.7
50.0
7.1
7.1
-
-
1,938
16,369
5,035
14,138
-
-
5.2
43.7
13.4
37.7
-
-
- 625
(3) / 2012/09/21 10:52 (2012/08/23 14:13) / wk_12856635_127_【一任】フランクリンテンプルトンインベストメンツ.doc
フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ㈱
8.運用の特色(投資哲学、運用スタイル等)
当社日本株運用チームの基本的な視点は以下の通りです。
・Global Eyes - グローバルな視点/経済や産業などのグローバル化が進展した今日、日本
株式への投資にあたっても世界的な視野を持つことが必要です。国内要因に着目するにとど
まらず、投資対象をグローバルな視点で分析することが不可欠と考えます。
・Long Term View - 長期的な視点/経済・社会・産業・技術等の潮流(トレンド)を長期的
な視点で見極めることが重要です。また長期的な視点を持つことは、短期的な変化の方向
性を把握するためにも有効と考えます。
・Research Driven - 調査の重視/市場や個別銘柄の株価に影響を与える様々な変化を正し
く捉えることが重要です。そのためには、マクロからミクロに至るまで、定性、定量の両
面で調査・分析を行うことが不可欠であり、このような調査が運用の出発点だと考えま
す。
以上の3点を基本としたアクティブ運用により、中長期的にベンチマーク(TOPIX配当込み)を
上回るリターンを追求します。
フランクリン テンプルトン インベストメンツは、フランクリンやテンプルトンの株式グルー
プ、フランクリン・テンプルトン債券グループなど、それぞれ異なる特徴を持つ運用プラット
フォームによって構成されています。それぞれの運用プラットフォームは独自のプロセスと運
用手法、さらに独特のスタイルや専門性を有しており、アセットクラスごとに独立した運用
チームを有しております。これによりフランクリン テンプルトン インベストメンツは、世界
で最も多様な運用商品を提供できる運用会社の一つとなっています。各プラットフォームの運
用手法は以下の通りです。
フランクリン株式グループ
60年以上の経験を持つ同グループはチームワークを重視し、協力体制および統制のとれたボトム
アップによるファンダメンタルズ調査を駆使する運用プロセスにより、長期的な収益の獲得を目指
します。また、グロース(成長性)、クオリティ(企業基盤)、バリュエーションの3つの基準を
踏まえ、グローバルな投資機会を見出します。
テンプルトン グローバル株式グループ/テンプルトン エマージング株式グループ
1940年以来、長期にわたり受け継いできた一貫した投資スタイル(文化)、投資哲学、運用プロセ
スによりグローバル株式や新興国株式への投資を行っております。グローバル株式への投資におい
て厳格なバリュー(割安度) 重視の一貫した手法による運用を行い、バリュー(割安度)、忍耐
強さ、ボトムアップの3つの理念により、投資判断を行っております。
フランクリン・テンプルトン債券グループ
世界各地の拠点に配置された100名を超えるグローバル債券運用の専門家で構成されており、債券
の主要分野を網羅する高度な専門的知識を有しています。債券の主要分野ごとに専任のチームを配
し、徹底した市場分析に基づき魅力ある投資機会の発見を目指します。世界経済のトレンドや債券
市場のサイクルの分析といったトップダウン分析と徹底したボトムアップ調査およびクオンツ分
析・リスク管理の3つの観点から運用を行っております。
9.投資に関する意思決定プロセス
フランクリン テンプルトン インベストメンツは、前述のとおり、国内株式、グローバル株式、
グローバル債券といった多様な運用スタイル・運用手法による運用商品を提供しています。各運
用プラットフォームにおいて独自の運用プロセスを確立し、そのプロセスに基づいた優れた運用
を提供することを目指しております。各運用プラットフォームに関する意思決定プロセスについ
ては弊社までお尋ね下さい。
- 626
(4) / 2012/09/21 10:52 (2012/08/23 14:13) / wk_12856635_127_【一任】フランクリンテンプルトンインベストメンツ.doc
フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ㈱
10.運用受託報酬・投資助言報酬
主なストラテジーにおける運用受託報酬料率は以下の通りです。
日本
株式運用
契約資産額
25億円まで
25億円超
50億円までの部分
50億円超 100億円までの部分
100億円超 150億円までの部分
150億円超 200億円までの部分
200億円超 350億円までの部分
350億円超 550億円までの部分
550億円超の部分
グローバル
株式運用
グローバル・
ボンド・プラス
グローバル・
エマージング エマージング
/
アグリゲート
株式運用
債券運用
グローバル・
債券運用
マルチセク
ター・プラス
0.7350%
0.6300%
(税抜 0.70%)
0.4200%
0.4725%
(税抜 0.60%)
0.5775%
(税抜 0.40%) (税抜 0.45%)
0.8400%
(税抜 0.55%)
1.3125%
(税抜 0.80%)
0.5250%
0.5250%
0.3150%
0.3675%
(税抜 1.25%)
(税抜 0.50%) (税抜 0.50%) (税抜 0.30%) (税抜 0.35%)
0.4200%
(税抜 0.40%)
0.6300%
(税抜 0.60%)
0.9450%
0.4200%
0.2100%
0.3150%
(税抜 0.90%)
(税抜 0.40%) (税抜 0.20%) (税抜 0.30%)
0.3150%
0.8925%
0.4200%
(税抜 0.30%)
(税抜 0.85%) (税抜 0.40%)
0.8400%
(税抜 0.80%)
投資対象、運用の方法、契約資産額などを考慮し、お客様との協議により、個別に決定させて
いただきます。なお、当ストラテジーを用いて運用を行う外国投資証券に投資する場合があり
ます。この場合は、外国投資証券に係る運用報酬及び管理費用をご負担いただくことになりま
す。
11.その他、特記事項
フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ株式会社は、フランクリン テンプルトン イン
ベストメンツが長年にわたり培った伝統と組織を基盤に、日本において幅広い資産運用サービ
スを提供するために設立されました。
フランクリン テンプルトン インベストメンツは、米国において60年以上の歴史を持ち、世界
30ヵ国以上に拠点を有する独立系資産運用グループです。
フランクリン テンプルトン インベストメンツは、フランクリンやテンプルトン等のブランド
で広く親しまれており、多様な運用商品やサービスをグローバルに提供しています。
グループの持株会社であるフランクリン・リソーシズ・インク(ニューヨーク証券取引所に上
場)は、1998年4月に資産運用会社としては初めて米国株式市場の代表的指数である 「S&P500
株価指数」の構成銘柄に採用されました。
グループの運用資産残高は7,257億ドル(約59.7兆円)(2012年3月末現在)に上ります。
- 627
(5) / 2012/09/21 10:52 (2012/08/23 14:13) / wk_12856635_127_【一任】フランクリンテンプルトンインベストメンツ.doc
プリンシパル・グローバル・インベスターズ㈱
会社名
プリンシパル・グローバル・インベスターズ株式会社
所在地 〒 100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目1番1号 帝国ホテルタワー17階
電話 03-3519-7880
ファックス 03-3519-6410
HPアドレス www.principalglobal.jp
代表者 代表取締役社長
板垣 均
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第462号
登録年月日 平成19年9月30日
協 会 会 員 番 号 011-01627
業 務 開 始 年 月 平成18年8月30日
資 本 金 0.7億円
作 成 担 当 者 上田 浩司
電 話 03-3519-7853
1.業の種別
投資運用業
1.法第2条第8項第12号イに係る業務
3.法第2条第8項第14号に係る業務
投資助言・代理業 ①.法第2条第8項第11号に係る業務
第一種・第二種業 1.法第28条第1項に係る業務
②.法第2条第8項第12号ロに係る業務
4.法第2条第8項第15号に係る業務
②.法第2条第8項第13号に係る業務
2.法第28条第2項に係る業務
2.主な営業所、子法人等、提携企業
区分
名称
該当なし
所在地
3.主な株主
株主名
プリンシパル・グローバル・インベスターズ・
ホールディング・カンパニー・インク
議決権
保有比率
株主名
%
%
%
%
%
100%
%
%
%
4.財務状況(直近3年度分)
投資顧問部門収益
決算期
21年12月期
282
22年12月期
408
23年12月期
448
全体収益
737
950
1,083
議決権
保有比率
経常損益
86
104
124
(単位:百万円)
当期純損益
純資産額
35
163
39
202
53
255
5.組織(証券業または信託業務を営む場合、①~③については投資顧問部門に従事している実質
人数を記載)
①役職員総数
20
名
②運用業務従事者数
2.5
名
名、平均経験年数 7 年 10 ヵ月
内 ファンド・マネージャー数
2
内 投信併営会社の場合の 投資顧問部門専任者
名、平均経験年数
年
ヵ月
投顧・投信部門兼任者
名、平均経験年数
年
ヵ月
内 調査スタッフ数
名、平均経験年数
年
ヵ月
③日本証券アナリスト協会検定会員数
5
名
- 628
(1) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/13 19:06) / wk_12856635_128_【一任】プリンシパルグローバルインベスターズ.doc
プリンシパル・グローバル・インベスターズ㈱
<組織図>
株主総会
監査役
取締役会
代表取締役
コンプライアンス・チーム
運用委員会
情報管理責任者
トレーディング委員会
内部監査人
コンプライアンス委員会
営業部
管理部
運用部
6.投資運用契約に係る資産の金融商品取引行為の状況(直近1年度分)
1.対象期間 平成23年1月1日~平成23年12月31日
2.金融商品取引行為に係る取引の割合
相手方の商号
取引額の割合
会員自らが顧客の相手方となった取引
. %
下記①に該当する
. %
法人との取引
. %
備
考
. %
下記②に該当する
クレディ・スイス証券
18.5%
法人との取引
UBS証券
12.8%
. %
. %
. %
下記③に該当する
. %
法人との取引
. %
. %
①顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第15条の16に規定する親法人
等・子法人等
②顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、その取引額が年間の顧客のために行った金融商品取
引行為に係る取引総額の10%以上である法人
③顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引業等に関する内閣府令第126条第3号
に規定する関係外国法人等に該当する法人
- 629
(2) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/13 19:06) / wk_12856635_128_【一任】プリンシパルグローバルインベスターズ.doc
プリンシパル・グローバル・インベスターズ㈱
7.契約資産
①契約資産状況(平成24年3月末現在)
(金額単位:百万円)
投資運用
件数
投資助言
金額
件数
金額
法
国
2
125,175
私的年金
13
26,664
-
-
その他
-
-
-
-
計
15
151,839
-
-
個人
-
-
-
-
国内 計
15
151,839
-
-
年金
-
-
-
-
その他
1
1,436
-
-
人
公的年金
内
法 人
海
計
-
-
1,436
-
-
-
-
-
-
海外 計
1
1,436
-
-
16
153,275
-
外
1
個人
総合計
-
注:投資助言契約欄は、顧客資産の額を前提とした契約のみ記入する。なお、全投資助言契約件数は、
0 件。
②海外年金内訳(運用+助言)
米国
件
百万円
欧州
件
百万円
アジア
件
百万円
その他
件
百万円
③投資対象別運用状況(平成24年3月末現在)
国内
株式特化
国内
債券特化
件数
1
-
金額
1,436
-
国内
その他
(金額単位:百万円)
海外
株式特化
海外
債券特化
-
4
10
-
132,467
15,480
グローバル
株式特化
グローバル
債券特化
グローバル
その他
1
-
-
-
3,892
-
-
-
海外
その他
④契約規模別分布状況(平成24年3月末現在)
10億円未満
件数
(金額単位:百万円)
10~50億円
50~100億円
未満
未満
100~500億円 500~1,000億円
未満
未満
1,000億円以上
1
13
-
1
-
1
構成比(%)
6.3
81.3
-
6.3
-
6.3
金額
506
27,594
-
23,298
-
101,877
構成比(%)
0.3
18.0
-
15.2
-
66.5
- 630
(3) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/13 19:06) / wk_12856635_128_【一任】プリンシパルグローバルインベスターズ.doc
プリンシパル・グローバル・インベスターズ㈱
8.運用の特色(投資哲学、運用スタイル等)
【プリンシパル・グローバル・インベスターズ:PGI】
PGI は、ニューヨーク証券取引所上場のプリンシパル・ファイナンシャル・グループ®(ティッカー:
PFG)傘下の資産運用部門の総称で、2012 年 3 月末の運用資産残高は約 2,582 億米ドル(約 21 兆円)
です。米国アイオワ州デモインの本社(PGI LLC)の他、ニューヨーク、ロンドン、シドニー、シンガ
ポール、香港、東京に運用拠点を置くグローバル体制で、主に年金・退職プランや機関投資家を顧客と
して幅広い運用戦略を提供しています。また PGI はマルチブティック型経営を展開しており、優先証券
運用で世界大手のスペクトラム・アセット・マネジメントや、ハイイールド債券運用を手掛けるポス
ト・アドバイザリー・グループ、米国成長株式運用のコロンバス・サークル・インベスターズ、エマー
ジング債券運用のフィニステーレ等の特化型運用会社を傘下に持っております。
プリンシパル・グローバル・インベスターズ(PGI)の運用部門は、株式、債券、不動産の三つの部門
で構成されます。多岐に亘る資産クラス、投資スタイルの中から、グローバルな調査・運用ネットワー
クを活用して、顧客のニーズに合った投資プログラムを提供しております。
(2012 年 3 月末現在)
運用額
運用プロフェッショナル数
債券運用部門
約 1,383 億米ドル
152 名
株式運用部門
約 787 億米ドル
128 名
不動産部門
約 411 億米ドル
192 名
アセット・アロケーション部門
-
6名
PGI 合計
約 2,582 億米ドル
478 名
【プリンシパル・グローバル・インベスターズ株式会社:PGIJ】
日本に 2007 年に参入して以来、年金基金をはじめ機関投資家の皆様に株式戦略や債券戦略を提供して
参りました。日本における歴史は比較的短いものの、公的年金 2 件を含む 16 件、約 1,500 億円を受託
しており、現在、年金投資一任契約を通じて提供している商品は以下の通りです。
 先進国株式運用 : PGI LLC に委託
 新興国株式運用 : PGI LLC に委託
 米国大型成長株式運用 : コロンバス・サークル・インベスターズ社に委託
 優先証券運用 : スペクトラム・アセット・マネジメント社に委託
 短期ハイイールド債券運用 : ポスト・アドバイザリー・グループ社に委託
PGI としてはこのほかの機関投資家の資金に関しても、1990 年代から継続して受託してきた実績があり
ます。例えば、日本生命保険から受託している米国債券、商業用不動産関連等の運用は 1991 年に開始
しており、野村アセットマネジメント、日興アセットマネジメント及び三井住友アセットマネジメント
から受託している優先証券を投資対象とする国内籍投資信託はそれぞれ 1997 年、2010 年、2011 年に設
定されております。PGIJ 及び PGI は今後とも、日本の機関投資家の皆様の多様なニーズにお応えし、
グループ各社の優れた運用プロダクトを提供して参ります。
【PGI の株式運用戦略の投資哲学】
[特徴]
運用対象は、先進国及び新興国の大型、中型、小型株銘柄を網羅しており、調査ユニバースは 1 万銘柄
を超えます。全ての株式戦略に共通の投資哲学として、ファンダメンタルズ分析に基づく銘柄選択を最
重視しています。超過収益の源泉を銘柄選択に集中するために、独自開発の定量分析システムとアナリ
ストによる伝統的な調査分析を融合させた運用プロセスをとっております。
 投資機会を見逃さないために幅広い銘柄を対象とした定量分析
 経験豊富なリサーチ・アナリストによる定性分析
 焦点を絞った調査分析
[投資哲学]
銘柄選択こそが「最も信頼性が高く反復可能な超過収益の源泉」です。また、市場リスクのコントロー
ルを重視した規律あるポートフォリオ構築で安定的にベンチマークを上回るパフォーマンスを達成でき
ると考えています。
- 631
(4) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/13 19:06) / wk_12856635_128_【一任】プリンシパルグローバルインベスターズ.doc
プリンシパル・グローバル・インベスターズ㈱
[銘柄選択の基準]
PGI はリサーチ及び経験を通して、以下の 3 つの特徴を備えた銘柄群が超過収益を生む可能性が高いと
考えています。
 事業ファンダメンタルズの改善とその持続可能性
 投資家の期待の向上
 相対的に魅力的な株価水準
9.投資に関する意思決定プロセス
【PGIの株式運用の意思決定プロセス】
運用プロセスは、運用哲学である「ファンダメンタルズの持続的な改善に着目した銘柄選択」と一貫
して整合的です。PGIの運用は、超過収益を生む可能性の高い銘柄を、「幅広いユニバース」を対象
に「迅速に」発掘し、かつ「深みのある分析」を加えることを重視し、これを達成するために、独自
のシステムによる定量分析とアナリストによる定性分析を融合した体系的なアプローチをとっていま
す。
超過収益の追求:
超過収益の確保
超過収益の追求
自社開発の定量分析ツールであるグ
ローバル・リサーチ・プラットフォー
発掘
確認
ポートフォリオ構築
モニタリング
ム(GRP)は、数多くのデータ・ベン
トレンドの持続性
ファンダメンタルズの
ダーのファンダメンタルズ評価ツー
改善
最終的な
ポートフォリオの
ルや独自のファクター等を統合した
売買判断
リスク特性
もので、スクリーニング・システム
銘柄順位の解釈
投資家の期待上昇
ポートフォリオ
流動性および
として世界の1万以上の銘柄を分析し
構築ルール
取引コスト
ランキングします。アナリストはGRP
イベント・リスクの
魅力的な株価水準
評価
のアウトプットを踏まえ、そのラン
キング上位20%の銘柄群について集
グローバル・リサーチ・
アナリスト
ポートフォリオ・マネジャー
ポートフォリオ・マネジャー
プラットフォーム(GRP)
中的に定性的な分析を実施し、売買
の推奨を行います。定性分析では対
投資対象の
保有および売買銘柄
保有銘柄
全投資対象銘柄
絞込み
決定
象銘柄のイベント・リスクや経営戦
略、新商品に対する評価等、定量分
析ではカバーできない視点を重視し
定量(Breadthを追求)と定性(Depthを追求)分析の融合→規律あるポートフォリオ構築
ます。
運用哲学と整合性の取れたプロセス
超過収益の確保:
各株式プロダクトを専門に担当するポートフォリオ・マネジャーは、GRPのランキングとアナリスト
の評価に基づいて、超過収益の源泉を銘柄選択に集中させるべく、意図せざる市場リスクを排除した
形で規律あるポートフォリオ構築を行います。
10.運用受託報酬・投資助言報酬
1) 投資一任契約
主な運用戦略の料率(税込)は以下のとおりです。
株式運用
資産残高(時価ベース)
(下記以外の運用戦略はお問い合わせください)
グローバル株式
エマージング株式
日本株式
50億円までの部分
0.6300%
0.9975%
0.6300%
50億円超 100億円まで
0.5250%
0.9450%
0.5250%
100億円超
0.4200%
0.8400%
0.4200%
ハイイールド債券
ポスト短期
ハイイールド債券
スペクトラム
優先証券
0.8925%
0.8400%
0.5250%
200億円まで
債券運用
資産残高(時価ベース)
一律
2) 投資助言契約
- 上記の料率と同じです。
(注1)上記は当社の標準的な報酬料率となっており、運用対象、運用方法、運用制限等により個別協
議のうえ報酬額を取り決めることがあります。
(注2)以下の場合は個別協議のうえ報酬額を決定いたします。
 上記の株式資産残高の上限額を超える部分の報酬額
 投資信託を組入れる場合の報酬額
(注3)個別運用の場合、運用戦略毎に最低受託額を設定しております。
- 632
(5) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/13 19:06) / wk_12856635_128_【一任】プリンシパルグローバルインベスターズ.doc
ブルーベイ・アセット・マネジメント・インターナショナル・リミテッド
会社名
ブルーベイ・アセット・マネジメント・インターナショナル・リミテッド
所在地 〒 105-0001 東京都港区虎ノ門五丁目11-2
電話 03-5777-1760
ファックス 03-5777-2461
HPアドレス
代表者 北 信也
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第1029号 登録年月日 平成19年9月30日
協 会 会 員 番 号 012-02147
資 本 金 資本金100ポンド、金6000万円、
業 務 開 始 年 月 平成17年1月4日
600万ユーロ、860万601香港ドル
作 成 担 当 者 原 日吉
電 話 03-5777-2618
1.業の種別
投資運用業
1.法第2条第8項第12号イに係る業務
3.法第2条第8項第14号に係る業務
投資助言・代理業 ①.法第2条第8項第11号に係る業務
第一種・第二種業 1.法第28条第1項に係る業務
②.法第2条第8項第12号ロに係る業務
4.法第2条第8項第15号に係る業務
②.法第2条第8項第13号に係る業務
2.法第28条第2項に係る業務
2.主な営業所、子法人等、提携企業
区分
名称
該当なし
所在地
3.主な株主
株主名
BlueBay Asset Management Services Limited
4.財務状況(直近3年度分)
投資顧問部門収益
決算期
21年6月期
0
22年6月期
0
23年10月期
0
議決権
保有比率
株主名
100%
%
%
%
%
全体収益
216
266
386
議決権
保有比率
%
%
%
%
%
経常損益
21
25
3
(単位:百万円)
当期純損益
純資産額
14
48
21
87
▲14
782
5.組織(証券業または信託業務を営む場合、①~③については投資顧問部門に従事している実質
人数を記載)
①役職員総数
9
名
名
②運用業務従事者数
2
内 ファンド・マネージャー数
2
名、平均経験年数 11 年 3 ヵ月
内 投信併営会社の場合の 投資顧問部門専任者
名、平均経験年数
年
ヵ月
投顧・投信部門兼任者
名、平均経験年数
年
ヵ月
内 調査スタッフ数
名、平均経験年数
年
ヵ月
③日本証券アナリスト協会検定会員数
3
名
- 633
(1) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:21) / wk_12856635_129_【一任】ブルーベイアセットマネジメントインターナショナルリミテッド.doc
ブルーベイ・アセット・マネジメント・インターナショナル・リミテッド
<組織図>
内部監査室
取締役会
監査役
経営会議
日本における代表者
投資政策委員会
営業部
コンプライアンス委員会
運用部
管理部
コンプライ
アンス部
6.投資運用契約に係る資産の金融商品取引行為の状況(直近1年度分)
1.対象期間 平成22年7月1日~平成23年10月31日
2.金融商品取引行為に係る取引の割合
相手方の商号
取引額の割合
会員自らが顧客の相手方となった取引
.
%
下記①に該当する
.
%
法人との取引
.
%
.
%
下記②に該当する
.
%
法人との取引
.
%
.
%
.
%
.
%
下記③に該当する
.
%
法人との取引
.
%
.
%
備
考
①顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第15条の16に規定する親法人
等・子法人等
②顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、その取引額が年間の顧客のために行った金融商品取
引行為に係る取引総額の10%以上である法人
③顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引業等に関する内閣府令第126条第3号
に規定する関係外国法人等に該当する法人
- 634
(2) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:21) / wk_12856635_129_【一任】ブルーベイアセットマネジメントインターナショナルリミテッド.doc
ブルーベイ・アセット・マネジメント・インターナショナル・リミテッド
7.契約資産
①契約資産状況(平成24年3月末現在)
(金額単位:百万円)
投資運用
件数
金額
法
国
公的年金
私的年金
人
その他
計
内
個人
国内
計
法 人
海
年金
その他
計
外
個人
海外
投資助言
計
総合計
件数
金額
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
注:投資助言契約欄は、顧客資産の額を前提とした契約のみ記入する。なお、全投資助言契約件数は、
0件。
②海外年金内訳(運用+助言)
米国
0件
百万円
欧州
0件
百万円
アジア
0件
百万円
その他
0件
百万円
(金額単位:百万円)
③投資対象別運用状況(平成24年3月末現在)
国内
株式特化
国内
債券特化
0
0
0
0
件数
金額
国内
その他
海外
株式特化
海外
債券特化
0
0
0
0
0
0
海外
その他
グローバル
株式特化
グローバル
債券特化
グローバル
その他
0
0
0
0
0
0
0
0
(金額単位:百万円)
④契約規模別分布状況(平成24年3月末現在)
10億円未満
件数
構成比(%)
金額
構成比(%)
0
0
0
0
10~50億円
50~100億円
未満
未満
0
0
0
0
100~500億円 500~1,000億円
未満
未満
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1,000億円以上
0
0
0
0
- 635
(3) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:21) / wk_12856635_129_【一任】ブルーベイアセットマネジメントインターナショナルリミテッド.doc
ブルーベイ・アセット・マネジメント・インターナショナル・リミテッド
8.運用の特色(投資哲学、運用スタイル等)
ブルーベイ・アセット・マネジメント・インターナショナル・リミテッドは、クレジット債の
アクティブ運用を得意とする、ロンドンを拠点とするブルーベイ・アセット・マネジメント・
グループ(以下「ブルーベイ・グループ」)に所属し、ブルーベイ・グループの運用実績とノ
ウハウを活用した投資戦略をご案内いたします。クレジット債を中心とした運用戦略をご案内
しており、ブルーベイ・グループの運用ノウハウを最大限活かせる体制となっております。
テール・リスクの大きいクレジット債の投資において、クレジット債運用の専門家としてのブ
ルーベイ・グループの運用能力と、日本の投資家のニーズをうまく組み合わせ、きめ細かな説
明・報告と高いリスク調整後リターンを投資家に提供することを目標に運用いたします。
9.投資に関する意思決定プロセス
【運用プロセス】
ポートフォリオの
レビュー/モニタリング
顧客別ポートフォリオの
構築/リバランスの承認
顧客別ポートフォリオの
構築/リバランス
投資対象ファンド
グループ
投資対象ファンドの承認
魅力的なファンドの発掘
市場・ファンド調査
■
当社は運用に関する最高意思決定機関として投資政策委員会を設けています。
投資政策委員会(月1回開催)
・
基本投資方針(運用計画)の審議・承認
・
運用リスク、運用ガイドラインの遵守状況、運用結果のレビュー・モニタリング
運用会議(月1回開催)
・
基本投資方針(運用計画)の作成・見直し
・
ポートフォリオの構築・リバランス
- 636
(4) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:21) / wk_12856635_129_【一任】ブルーベイアセットマネジメントインターナショナルリミテッド.doc
ブルーベイ・アセット・マネジメント・インターナショナル・リミテッド
10.運用受託報酬・投資助言報酬
当社の提供する投資一任業に関してご負担いただく手数料等は、お客様に委託された運用金額
や運用戦略ごとに、又は運用状況等により異なります。具体的な料率は契約内容等により個別
にお客様との協議のうえ決定されることになりますが、主な運用戦略ごとの手数料の年率の上
限は以下のようになります。
エマージング債戦略: 年率 1.215%(税込み)
ハイ・イールド債戦略: 年率 1.165%(税込み)
投資適格債戦略: 年率 0.715%(税込み)
転換社債戦略:年率 0.715%(税込)
オルタナティブ戦略: 年率2.215%(税込み) 成功報酬 20%(税込み)
なお、当社との投資一任契約は、原則、運用戦略に応じた外国籍投資信託を投資対象としま
す。上記手数料等には、お客様から直接当社にお支払いただく投資顧問報酬、外国投資信託に
対して投資した資産から控除される当該外国籍投資信託の信託報酬が含まれます。
この他、管理報酬その他信託事務に関する費用等が当該外国籍投資信託において発生し、外国
籍投資信託に対して投資した資産から控除されますが、お客様に委託された運用金額や運用戦
略毎、又は運用状況等により変動いたしますので、あらかじめその料率ならびに上限額を表示
することができません。
11.その他、特記事項
ブルーベイ・グループは、ブルーベイ・アセット・マネジメント・エルエルピー(以下「BB
AM」)を中心としたクレジット債券の運用を行うスペシャリストとして、2001年にロンドン
において設立されました。2010年12月に、ロイヤル・バンク・オブ・カナダの100%子会社と
なったことで健全性と安全性が強化された一方、ブティック型運用会社としての設立以来のマ
インドを忘れずに運用に取り組むと同時に、投資家サービスの点においても高い水準を目指し
ています。
アクティブ運用を投資スタイルとし、ポートフォリオの投資哲学は、元本毀損を防ぐこと及び
規律正しい運用方針に則って、堅調なリスク調整後リターンを継続的に得ることにあります。
クレジット債の分析は、投資アプローチの基本となる要素で、投資プロセスの全段階において
最も重視しております。社内のクレジット・アナリストによる分析を通じて、銘柄を厳選して
参ります。さらに十分に投資経験を持った運用担当者が、市場環境、マクロ経済を考慮して、
トップダウンで資産配分を行います。
BBAMのポートフォリオ運用は、以下の投資原則を持つ投資スタイルによって、行われてい
ます。
・ 専門性の重視: クレジット債に特化した運用を行っています。また資産クラスごとに、
欧州投資適格債、ハイ・イールド債及びディストレスト債、エマージング債、転換社債、と
いった専門の運用チームを持ち、各資産の運用を行っています。
・ 元本毀損を防ぐ: BBAM の投資目標は常に元本毀損を防ぐことです。
・ リターンの継続性: 高いリターン及び低いリターンを断続的に得るのではなく、継続的
に高いリスク調整後リターンを獲得することに注力します。
・ アクティブ運用の価値: BBAM の役割は、超過収益を提供することにあると考えて
います。このためには、ポートフォリオの運用を通じて、投資証券に固有な要因、市場全
体の要因といった両側面からアクティブな運用を行うことが求められると考えています。
そして超過収益を最大化するためには、投資及びトレーディングの高い能力が要求される
と考えています。
- 637
(5) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:21) / wk_12856635_129_【一任】ブルーベイアセットマネジメントインターナショナルリミテッド.doc
プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン㈱
会社名
プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン株式会社
所在地 〒 100-0014 東京都千代田区永田町2丁目13番10号 プルデンシャルタワー
電話 03-6832-7000
ファックス 03-3539-2460
HPアドレス http://www.pru.co.jp/
代表者 代表取締役社長
新田 恭久
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第392号
登録年月日 平成19年9月30日
協 会 会 員 番 号 011-01551
業 務 開 始 年 月 平成18年9月1日
資 本 金 2.19億円
作 成 担 当 者 投資企画部
電 話 03-6832-7150
1.業の種別
投資運用業
①.法第2条第8項第12号イに係る業務
③.法第2条第8項第14号に係る業務
投資助言・代理業 ①.法第2条第8項第11号に係る業務
第一種・第二種業 1.法第28条第1項に係る業務
2.主な営業所、子法人等、提携企業
区分
名称
該当なし
②.法第2条第8項第12号ロに係る業務
4.法第2条第8項第15号に係る業務
2.法第2条第8項第13号に係る業務
②.法第28条第2項に係る業務
所在地
3.主な株主
株主名
Prudential International Investments Corporation
4.財務状況(直近3年度分)
投資顧問部門収益
決算期
24年3月期
5,290
23年3月期
3,524
22年3月期
2,453
議決権
保有比率
株主名
議決権
保有比率
100%
%
%
%
%
全体収益
6,044
4,200
2,988
%
%
%
%
%
経常損益
1,406
742
306
(単位:百万円)
当期純損益
純資産額
898
2,019
382
1,267
170
885
5.組織(証券業または信託業務を営む場合、①~③については投資顧問部門に従事している実質
人数を記載)
①役職員総数
62
名
②運用業務従事者数
24
名
名、平均経験年数 19 年 2 ヵ月
内 ファンド・マネージャー数
17
内 投信併営会社の場合の 投資顧問部門専任者
名、平均経験年数
年
ヵ月
投顧・投信部門兼任者 17 名、平均経験年数 19 年 2 ヵ月
内 調査スタッフ数
7
名、平均経験年数 18 年 0 ヵ月
③日本証券アナリスト協会検定会員数
26
名
- 638
(1) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/13 19:16) / wk_12856635_130_【一任】プルデンシャルインベストメントマネジメントジャパン.doc
プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン㈱
<組織図>
取締役会
取締役会
監査役
監査役
代表取締役社長
代表取締役社長
新田
新田 恭久
恭久
業務委員会
業務委員会
リスク管理委員会
リスク管理委員会
商品検討会議
商品検討会議
運用会議
運用会議
価格評価委員会
価格評価委員会
営業本部
投資企画部 業務統括部
業務統括部 投資運用本部
投資運用本部
営業本部 投資企画部
コンプライアンス部
コンプライアンス部
(情報管理
(情報管理
責任者)
責任者)
金融法人部
金融法人部
債券運用部
債券運用部
投資顧問部
投資顧問部
国際運用部
国際運用部
投資信託部
投資信託部
ストラクチャード・
ストラクチャード・
プロダクト部
プロダクト部
法務部
法務部
内部監査部
内部監査部 業務管理部
業務管理部
インフォメーション・
インフォメーション・
テクノロジー部
テクノロジー部
経理部
経理部
人事総務部
人事総務部
クレジット運用部
クレジット運用部
株式運用部
株式運用部
6.投資運用契約に係る資産の金融商品取引行為の状況(直近1年度分)
1.対象期間 平成22年4月1日~平成23年3月31日
2.金融商品取引行為に係る取引の割合
相手方の商号
取引額の割合
会員自らが顧客の相手方となった取引
. %
下記①に該当する
. %
該当なし
法人との取引
備
考
. %
. %
下記②に該当する
BARCLAYS CAPITAL INC
17.0%
法人との取引
MORGAN STANLEY & CO INCORPORATED
13.4%
. %
. %
. %
下記③に該当する
PRUDENTIAL GLOBAL FUNDING
0.9%
法人との取引
. %
. %
①顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第15条の16に規定する親法人
等・子法人等
②顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、その取引額が年間の顧客のために行った金融商品取
引行為に係る取引総額の10%以上である法人
③顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引業等に関する内閣府令第126条第3号
に規定する関係外国法人等に該当する法人
- 639
(2) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/13 19:16) / wk_12856635_130_【一任】プルデンシャルインベストメントマネジメントジャパン.doc
プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン㈱
7.契約資産
①契約資産状況(平成24年3月末現在)
(金額単位:百万円)
投資運用
件数
投資助言
金額
法
国
公的年金
1
件数
金額
-
-
11,170
1
4,481
-
-
その他
100
10,108,793
-
-
計
102
10,124,443
-
-
-
-
-
10,124,443
-
-
-
-
-
私的年金
人
内
個人
-
国内 計
102
法 人
海
年金
-
その他
5
計
475,550
5
外
個人
1
475,550
-
1
-
海外 計
総合計
1,045
1,045
-
-
5
475,550
1
107
10,599,993
1
1,045
1,045
注:投資助言契約欄は、顧客資産の額を前提とした契約のみ記入する。なお、全投資助言契約件数は、
1 件。
②海外年金内訳(運用+助言)
米国
-件
-百万円
欧州
-件
-百万円
アジア
-件
-百万円
その他
-件
-百万円
③投資対象別運用状況(平成24年3月末現在)
国内
株式特化
国内
債券特化
12
41
-
196,280 6,598,992
-
件数
金額
国内
その他
(金額単位:百万円)
海外
その他
グローバル
株式特化
グローバル
債券特化
グローバル
その他
53
-
-
-
-
11,170 3,793,552
-
-
-
-
海外
株式特化
海外
債券特化
1
④契約規模別分布状況(平成24年3月末現在)
10億円未満
件数
構成比(%)
金額
構成比(%)
(金額単位:百万円)
10~50億円
50~100億円
未満
未満
100~500億円 500~1,000億円
未満
未満
1,000億円以上
12
25
10
29
11
20
11.2
23.4
9.3
27.1
10.3
18.7
5,046
64,417
71,222
712,098
811,314
8,935,896
0.0
0.6
0.7
6.7
7.7
84.3
- 640
(3) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/13 19:16) / wk_12856635_130_【一任】プルデンシャルインベストメントマネジメントジャパン.doc
プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン㈱
8.運用の特色(投資哲学、運用スタイル等)
プルデンシャルの資産運用ビジネスの基本理念は「顧客の投資目的達成の為に、グローバルな
ネットワークと豊富な運用経験を活用し、顧客の投資目的に適した運用商品並びにサービスを
提供する」ことです。資産運用ビジネスはプルデンシャル・グループの運用資産の多くを担う
運用組織、プルデンシャル・インベストメント・マネジメントが統括しており、幅広い運用
サービスをグローバルに提供しています。国内債券を中心とする国内資産の運用はプルデン
シャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン株式会社が拠点となりますが、外貨建て
運用は当社との再委任契約に基づき米国の運用組織が担当します。
9.投資に関する意思決定プロセス
意思決定プロセスは各投資プロダクトの担当組織により異なります。以下では、一例として、
当社における国内債券運用の意思決定プロセスをご紹介します。
PLAN
PLAN
DO
DO
SEE
SEE
ポートフォリオ構築
パフォーマンス測定
投資運用本部
投資戦略の決定
投資運用本部
決定責任者
チーフ・インベストメント・オフィサー
業務管理部
決定責任者
チーフ・インベストメント・オフィサー
ファンド・マネジャー
パフォーマンス分析
リスク・モニタリング
業務統括部
売買執行
投資運用本部
投資ガイドライン遵守状況
のモニタリング
コンプライアンス部
ファンド・マネジャー
運用会議
投資戦略会議
クレジット運用会議
議長 CIO
投資運用本部メンバー
投資運用本部メンバー
CIO、株式運用部長
投資企画部長、コンプライアンス部長、
債券運用部長、クレジット運用部長、
ストラクチャード・プロダクト部長、国際運用部長、
業務管理部長、業務統括部長
10.運用受託報酬・投資助言報酬
資産運用による投資顧問料(投資一任および投資助言とも共通)は、契約資産額に対して下記
料率を乗じた金額とします。
(1)
(2)
国内債券
契約資産額の
最初の10億円までの部分
10億円超40億円までの部分
40億円超50億円までの部分
50億円超100億円までの部分
100億円超の部分
年 率
0.4200% (税抜0.40%)
0.3150% (税抜0.30%)
0.2625% (税抜0.25%)
0.2100% (税抜0.20%)
別途協議
米国債券コア
契約資産額の
最初の25億円までの部分
25億円超75億円までの部分
75億円超375億円までの部分
375億円超1,000億円までの部分
1,000億円超の部分
年 率
0.5775%
0.4725%
0.3675%
0.3150%
0.2625%
(税抜0.55%)
(税抜0.45%)
(税抜0.35%)
(税抜0.30%)
(税抜0.25%)
- 641
(4) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/13 19:16) / wk_12856635_130_【一任】プルデンシャルインベストメントマネジメントジャパン.doc
プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン㈱
(3)
(4)
国内株式
契約資産額の
最初の25億円までの部分
25億円超50億円までの部分
50億円超100億円までの部分
100億円超の部分
年 率
0.7350%
0.6300%
0.5250%
0.4200%
米国株式ラージ・グロース
米国株式ラージ・バリュー
米国株式ラージ・ブレンド
契約資産額の
最初の100億円までの部分
100億円超250億円までの部分
250億円超1,000億円までの部分
1,000億円超の部分
年 率
0.7875%
0.6300%
0.5250%
0.4200%
(税抜0.70%)
(税抜0.60%)
(税抜0.50%)
(税抜0.40%)
(税抜0.75%)
(税抜0.60%)
(税抜0.50%)
(税抜0.40%)
上記の運用商品の記載は、一部についてのみの記載であり全ての運用商品についての記載では
ありません。なお、契約資産の性質及び運用方法・対象等により顧客と協議のうえ別途報酬額
を取り決めることがあります。
11.その他、特記事項
プルデンシャル・ファイナンシャルについて
プルデンシャルは1875年にジョン・フェアフィールド・ドライデンにより米国ニュージャー
ジー州ニューアークに創立されました。現在、米国有数の総合金融サービス企業として30を超
える国々において個人・機関投資家顧客向けに保険、資産運用及びその他金融商品/サービス
を提供しています。なお、2001年12月、プルデンシャル・ファイナンシャル・インクはニュー
ヨーク証券取引所に上場いたしました。
プルデンシャル・ファイナンシャル 資産運用ビジネス
プルデンシャル・ファイナンシャルは、世界の年金基金、機関投資家、投資信託、個人投資家
等多岐にわたるお客様に対して幅広い資産運用サービスを提供しています。グループの総運用
資産額は9,429億ドル(2012年3月31日現在)に達し、米国で有数の規模を誇ります。
プルデンシャル・ファイナンシャル
運用体制
◇ プルデンシャル・インベストメント・マネジメント
プルデンシャル・ファイナンシャルの資産運用ビジネスの中核を担うプルデンシャル・イン
ベストメント・マネジメントは、株式、債券からオルタナティブ資産に至る、様々なタイプ
の投資プロダクトを世界中の投資家に提供しています。
◇ プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン株式会社
プルデンシャル・ファイナンシャルの日本における資産運用拠点として、年金・機関投資家向
け及び個人投資家向けに資産運用ビジネスを提供しています。当社では、投資運用業、投資助
言業及び第2種金融商品取引業を展開しております。
- 642
(5) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/13 19:16) / wk_12856635_130_【一任】プルデンシャルインベストメントマネジメントジャパン.doc
ベアリング投信投資顧問㈱
会社名
ベアリング投信投資顧問株式会社
所在地 〒 100-6166 東京都千代田区永田町二丁目11番1号 山王パークタワー12階
電話 03(3501)6245
ファックス 03(3501)6122
HPアドレス http://www.barings.com/jp
代表者 代表取締役社長 島崎 亮平
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第396号
登録年月日 平成19年9月30日
協 会 会 員 番 号 010-00074
業 務 開 始 年 月 昭和61年1月13日
資 本 金 2.5億円
作 成 担 当 者 法務・コンプライアンス部
電 話 03(3501)6245
1.業の種別
投資運用業
1.法第2条第8項第12号イに係る業務
③.法第2条第8項第14号に係る業務
投資助言・代理業 ①.法第2条第8項第11号に係る業務
第一種・第二種業 1.法第28条第1項に係る業務
②.法第2条第8項第12号ロに係る業務
4.法第2条第8項第15号に係る業務
2.法第2条第8項第13号に係る業務
②.法第28条第2項に係る業務
2.主な営業所、子法人等、提携企業
区分
名称
所在地
3.主な株主
株主名
ベアリング・アセット・マネジメント
(アジア)ホールディングス・リミテッド
議決権
保有比率
株主名
%
%
%
%
%
100%
%
%
%
4.財務状況(直近3年度分)
投資顧問部門収益
決算期
24年3月期
319
23年3月期
318
22年3月期
421
全体収益
1,712
1,897
1,966
議決権
保有比率
経常損益
36
34
4
(単位:百万円)
当期純損益
純資産額
6
294
△11
288
△89
299
5.組織(証券業または信託業務を営む場合、①~③については投資顧問部門に従事している実質
人数を記載)
①役職員総数
28
名
②運用業務従事者数
3
名
名、平均経験年数 11 年 6 ヵ月
内 ファンド・マネージャー数
1
内 投信併営会社の場合の 投資顧問部門専任者 0 名、平均経験年数 - 年
ヵ月
投顧・投信部門兼任者 1 名、平均経験年数 11 年 6 ヵ月
内 調査スタッフ数
0
名、平均経験年数
年
ヵ月
③日本証券アナリスト協会検定会員数
7
名
- 643
(1) / 2012/09/21 10:52 (2012/08/28 10:00) / wk_12856635_131_【一任】ベアリング投信投資顧問.doc
ベアリング投信投資顧問㈱
<組織図>
株主総会
監
査
役
取締役会
運用考査委員会
代表取締役社長
リスク管理委員会
法務・コンプライアンス部
業務委員会
チーフ・オペレーティング・オフィサー
人事・総務部
情報システム部
経理部
投信営業部
機関投資家
営業部
業務管理部
本部
マーケティング
営業本部
運用本部
6.投資運用契約に係る資産の金融商品取引行為の状況(直近1年度分)
1.対象期間 平成23年4月1日~平成24年3月31日
2.金融商品取引行為に係る取引の割合
相手方の商号
取引額の割合
会員自らが顧客の相手方となった取引
下記①に該当する
備
考
該当なし
該当なし
. %
法人との取引
. %
. %
下記②に該当する
UBS AG
30.6%
法人との取引
DEUTSCHE BANK AG
12.0%
ROYAL BANK OF CANADA
10.1%
.%
. %
下記③に該当する
該当なし
.%
法人との取引
. %
. %
①顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第15条の16に規定する親法人
等・子法人等
②顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、その取引額が年間の顧客のために行った金融商品取
引行為に係る取引総額の10%以上である法人
③顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引業等に関する内閣府令第126条第3号
に規定する関係外国法人等に該当する法人
- 644
(2) / 2012/09/21 10:52 (2012/08/28 10:00) / wk_12856635_131_【一任】ベアリング投信投資顧問.doc
ベアリング投信投資顧問㈱
7.契約資産
①契約資産状況(平成24年3月末現在)
(金額単位:百万円)
投資運用
件数
投資助言
金額
件数
金額
法
国
-
-
私的年金
25
115,979
-
-
その他
1
5,156
-
-
計
26
121,135
-
-
個人
-
-
-
-
国内 計
26
121,135
-
-
年金
-
-
-
-
その他
-
-
-
-
人
公的年金
内
法 人
海
計
外
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
26
121,135
-
-
計
総合計
-
-
個人
海外
-
注:投資助言契約欄は、顧客資産の額を前提とした契約のみ記入する。なお、全投資助言契約件数は、-件。
②海外年金内訳(運用+助言)
米国
-件
-百万円
欧州
-件
-百万円
アジア
-件
-百万円
その他
-件
-百万円
③投資対象別運用状況(平成24年3月末現在)
国内
株式特化
国内
債券特化
国内
その他
件数
-
-
金額
-
-
(金額単位:百万円)
海外
株式特化
海外
債券特化
-
-
15
-
-
87,236
グローバル
株式特化
グローバル
債券特化
グローバル
その他
-
-
10
1
-
-
28,743
5,156
海外
その他
④契約規模別分布状況(平成24年3月末現在)
10億円未満
件数
構成比(%)
金額
構成比(%)
(金額単位:百万円)
10~50億円
50~100億円
未満
未満
100~500億円 500~1,000億円
未満
未満
1,000億円以上
3
17
2
4
-
-
11.5
65.4
7.7
15.4
-
-
2,828
45,260
11,039
62,008
-
-
2.3
37.4
9.1
51.2
-
-
- 645
(3) / 2012/09/21 10:52 (2012/08/28 10:00) / wk_12856635_131_【一任】ベアリング投信投資顧問.doc
ベアリング投信投資顧問㈱
8.運用の特色(投資哲学、運用スタイル等)
投資哲学
株式においては、「市場コンセンサスを上回る収益の可能性が十分に認識されていない、割安且
つ成長力のある市場・セクター・銘柄の発掘」を目指すGARP(Growth at Reasonable Price)を
運用哲学とし、債券においては、「魅力的な実質金利あるいはスプレッドを示し、インフレ率や
ファンダメンタルズが市場の認識よりも良好であると考えられる債券市場・銘柄」を発掘し投資
することが、長期的に優れたパフォーマンスの達成につながると考えています。
運用スタイル
<株式>
GARPの投資哲学に基づき、成長性から見て株価が割安に放置された銘柄を購入することにより、
損失のリスクを最小限に抑え、長期的に優れた運用成果を実現します。そのために、以下の方法
を採用しています。
 将来の成長性が市場において未だ認識されていない銘柄の発掘
 長期的な成長性が見込めるものの、短期の悪材料に過剰反応しすぎた銘柄の発掘
 成長性が認識されていない銘柄の発掘が困難な場合、安定した成長が見込める適正な株価水準
の企業を選択
 割高・低成長で投資対象から外すべき銘柄の除外
 割安であるが成長性が期待を裏切る銘柄への投資を避ける
<債券>
金利予測に基づくデュレーション戦略と市場別配分、並びに通貨予測に基づく為替戦略を重視し
た運用です。ポートフォリオのデュレーション、通貨配分、市場別配分をベンチマークからアク
ティブに乖離させ、中・長期的にベンチマークを上回る収益の獲得を目指します。デュレーショ
ン戦略、通貨配分、市場別配分により付加価値の大部分を追求するほか、イールド・カーブ戦略
とクレジット選択も機動的に利用します。通常3つのシナリオを設定し、いずれのシナリオが実現
しても極端なアンダーパフォーマンスを回避し、最低2つ以上のシナリオで、アウトパフォーム出
来るようにポートフォリオを構築します。
- 646
(4) / 2012/09/21 10:52 (2012/08/28 10:00) / wk_12856635_131_【一任】ベアリング投信投資顧問.doc
ベアリング投信投資顧問㈱
9.投資に関する意思決定プロセス
当社では運用において4段階の意思決定プロセスを採用しています。運用プロダクトにより詳細
は異なりますが、基本的には第1段階が調査、第2段階がモデル・ポートフォリオの構築、第3
段階がお客様のポートフォリオの作成、第4段階が取引の執行、となっています。明確に定義さ
れた4段階の意思決定プロセスを適用することにより、透明性が高く、一貫性のあるポートフォ
リオの構築が可能になります。また、各段階において価値を付加していくため、優れたパフォー
マンスの実現が可能になります。さらに、運用部門とは独立したチームによるリスク管理が行わ
れています。
1
調査
相対的に
投資妙味のある
市場・銘柄の発掘
2
投資戦略の
決定
3
ポートフォリオの
カスタマイゼーション
顧客の
ポートフォリオ
モデル・ポートフォリオ
4
取引の執行
一貫した効率的な
取引の執行
10.運用受託報酬・投資助言報酬
運用受託報酬
投資顧問報酬額は、原則として契約期間の預かり資産時価平均残高に応じた投資顧問報酬率と
します。投資一任契約に係る業務の年間投資顧問報酬は、計算対象期間における預かり資産の
時価平均残高に以下の投資顧問報酬率をかけて計算します。
(A)グローバル債券型/グローバル債券型(除く日本) 年率
30億円までの部分
0.52500 %(税込み)
30億円超100億円までの部分
0.39375 %(税込み)
100億円超の部分
0.26250 %(税込み)
(B)日本債券コアプラス型
50億円までの部分
50億円超の部分
年率
0.31500 %(税込み)
0.28350 %(税込み)
(C)エマージング株式型
年率
0.84000 %(税込み)
なお、上記の投資顧問報酬料率を適用しない場合は、預かり資産時価平均残高、投資目的、
投資対象及び当社(当社の関係会社を含む)設定の投資信託の組入れに応じて、顧客と別途
協議のうえ、投資顧問報酬率を決定します。
- 647
(5) / 2012/09/21 10:52 (2012/08/28 10:00) / wk_12856635_131_【一任】ベアリング投信投資顧問.doc
ベイビュー・アセット・マネジメント㈱
会社名
ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社
所在地 〒 102-0082 東京都千代田区一番町29-1 番町ハウス
電話 03-5210-3341
ファックス 03-5210-3385
HPアドレス www.bayview.co.jp
代表者 代表取締役兼CEO
八木 健
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第397号
登録年月日 平成19年9月30日
協 会 会 員 番 号 011-00774
業 務 開 始 年 月 平成10年2月27日
資 本 金 1億円
作 成 担 当 者 管理部長兼CFO
岩田 浩明
電 話 03-5210-3342
1.業の種別
投資運用業
1.法第2条第8項第12号イに係る業務
③.法第2条第8項第14号に係る業務
投資助言・代理業 ①.法第2条第8項第11号に係る業務
第一種・第二種業 1.法第28条第1項に係る業務
2.主な営業所、子法人等、提携企業
区分
名称
該当なし
②.法第2条第8項第12号ロに係る業務
④.法第2条第8項第15号に係る業務
2.法第2条第8項第13号に係る業務
②.法第28条第2項に係る業務
所在地
3.主な株主
株主名
ベイビュー・ホールディングス(株)
以下余白
4.財務状況(直近3年度分)
投資顧問部門収益
決算期
24年3月期
315
23年3月期
506
22年3月期
641
議決権
保有比率
株主名
100.0%
%
%
%
%
全体収益
824
959
1,111
議決権
保有比率
%
%
%
%
%
経常損益
△22
16
78
(単位:百万円)
当期純損益
純資産額
△17
2,216
1
2,261
65
2,265
5.組織(証券業または信託業務を営む場合、①~③については投資顧問部門に従事している実質
人数を記載)
①役職員総数
36
名
②運用業務従事者数
9
名
名、平均経験年数 14 年 2 ヵ月
内 ファンド・マネージャー数
4
内 投信併営会社の場合の 投資顧問部門専任者 ― 名、平均経験年数 ― 年 ― ヵ月
投顧・投信部門兼任者 4 名、平均経験年数 14 年 2 ヵ月
内 調査スタッフ数
3
名、平均経験年数 17 年 1 ヵ月
③日本証券アナリスト協会検定会員数
9
名
- 648
(1) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/19 14:30) / wk_12856635_132_【一任】ベイビューアセットマネジメント.doc
ベイビュー・アセット・マネジメント㈱
<組織図>
取 締 役 会
監 査 役
執行役員会
コンプライアンス室
管
法
理
務
部
部
運 用 管 理 部
部
運 用 第 二 部
業
運 用 第 一 部
委 託 運 用 部
運 用 企 画 部
営
6.投資運用契約に係る資産の金融商品取引行為の状況(直近1年度分)
1.対象期間 平成23年4月1日~平成24年3月31日
2.金融商品取引行為に係る取引の割合
相手方の商号
取引額の割合
会員自らが顧客の相手方となった取引
下記①に該当する
備
考
0.1%
該当ありません
. %
法人との取引
. %
. %
下記②に該当する
ドイツ証券
15.7%
法人との取引
みずほ証券
16.2%
大和キャピタルマーケッツ
17.8%
. %
. %
以下余白
. %
. %
. %
①顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第15条の16に規定する親法人
等・子法人等
②顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、その取引額が年間の顧客のために行った金融商品取
引行為に係る取引総額の10%以上である法人
③顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第126条第3号に規定する関
係外国法人に該当する法人
- 649
(2) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/19 14:30) / wk_12856635_132_【一任】ベイビューアセットマネジメント.doc
ベイビュー・アセット・マネジメント㈱
7.契約資産
①契約資産状況(平成24年3月末現在)
(金額単位:百万円)
投資運用
件数
投資助言
金額
件数
金額
法
国
0
0
0
0
私的年金
39
63,651
0
0
その他
6
10,711
0
0
計
45
74,362
0
0
個人
4
3,161
0
0
国内 計
49
77,523
0
0
年金
0
0
0
0
その他
1
34,058
3
5,709
人
公的年金
内
法 人
海
計
34,058
3
5,709
0
0
0
0
海外 計
1
34,058
3
5,709
50
111,581
3
外
1
個人
総合計
5,709
注:投資助言契約欄は、顧客資産の額を前提とした契約のみ記入する。なお、全投資助言契約件数は、
3 件。
②海外年金内訳(運用+助言)
米国
0件
0百万円
欧州
0件
0百万円
アジア
0件
0百万円
その他
0件
0百万円
③投資対象別運用状況(平成24年3月末現在)
国内
株式特化
国内
債券特化
件数
8
0
金額
18,066
0
国内
その他
(金額単位:百万円)
海外
株式特化
海外
債券特化
0
0
0
0
0
0
グローバル
株式特化
グローバル
債券特化
グローバル
その他
0
0
0
42
0
0
0
93,515
海外
その他
④契約規模別分布状況(平成24年3月末現在)
10億円未満
件数
構成比(%)
金額
構成比(%)
(金額単位:百万円)
10~50億円
50~100億円
未満
未満
100~500億円 500~1,000億円
未満
未満
1,000億円以上
29
18
1
2
0
0
58.0
36.0
2.0
4.0
0.0
0.0
10,350
45,960
5,823
49,448
0
0
9.3
41.2
5.2
44.3
0.0
0.0
- 650
(3) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/19 14:30) / wk_12856635_132_【一任】ベイビューアセットマネジメント.doc
ベイビュー・アセット・マネジメント㈱
8.運用の特色(投資哲学、運用スタイル等)
専門的運用サービス
ベイビュー・アセット・マネジメント社は、日・米株式及び為替のアクティブ運用に特化した独立系ブティック・ハウス(専門会
社)です。当社は、当社自身の運用による日本株式投資のみならず、元親会社であるRS Investments社(RSIM)及び複数の米国の
独立系専門運用会社と提携関係にあり、主に米国企業を対象とした上場株式並びにプライベート・エクイティ投資、更には、為
替を対象としたオーバーレイ並びに絶対リターン追求型投資と、投資家のニーズに応じてオルタナティブを含むクオリティの高
い専門的な運用サービスを提案することが可能です。
投資哲学
投資哲学は運用責任者によって異なりますが、その代表例として日本株式運用に関しては当社ファンド・マネージャーの佐久間
康郎(ボトムアップ・アプローチ)及び髙松一郎(ボトムアップ&トップダウン・アプローチ)、米国株式運用に関してはRSIM
Growth Group及びValue Group、そして為替運用に関してはFX Concepts社、の各々一貫した投資哲学について説明します。
日本株式運用
ボトムアップ・アプローチでは、株式投資の基準は、個々の企業の価値創造ポテンシャルにあると考えています。現在優れた企
業や規模の大きな企業の投資価値が高いのではなく、将来において起りうるダイナミックな変化、つまり価値創造のポテンシャ
ルこそが投資機会であると認識しています。銘柄選別の視点としては、以下の様な条件を重視しています:
 成長市場において次世代のリーディング企業となるポテンシャル
 競合他社に比べた業界内での比較優位性とその持続期間
 業績衰退期におけるターンアランドのポテンシャル
ボトムアップ&トップダウン・アプローチでは、中・小型株式に頻発するミス・プライスを主要な投資機会と捉え、常に進化す
る運用戦略の下で、「ボトムアップ(企業分析)」による銘柄選択効果と「トップダウン(市場分析)」による資産配分効果を
融合させたプロセスを展開し、価格変動を超過収益へと変換します。
米国株式運用
Growthアプローチでは、他の市場参加者に対して、特に以下の点で凌駕することが超過収益の主たる源泉と考えています:
 Stay Ahead of Wall Street:中・小型企業の経営陣と様々なレベルの議論を交わす直接訪問等により、
ウォール・ストリートですら認識していない正確な情報を迅速に獲得
 In Search for Next Great Business:専門性と経験を必要とする次世代を担う企業や成長セクターの発見とその評価に
おいて、独自の徹底した調査・分析を実践
Value アプローチでは、企業の成長性(利益の伸び)と効率性(資本の回転)を同時に表す「投下資本利益率(ROIC: Return on
Invested Capital)」に着目し、企業の個別ビジネス・ライン毎に ROIC の改善を詳細に分析することで潜在的な企業価値を割
り出し、割安な中・小型企業へ投資を行います。
為替運用
多数の市場参加者が様々な動機をもって取引する為替市場には、ファンダメンタルズ分析では予測出来ない非効率性が常に存在
し、クオンツ分析に基づく一貫したモデル・ドリブン・アプローチによってこそ超過収益を安定的に獲得出来るという考えのも
と、以下の点に特徴を有しています:
 通貨のトレンドやサイクルに加え、通貨間の金利差やボラティリティのミス・プライシングに着目した
独自の定量分析が主体
 為替市場の構造変化等に対応するため、充実したインハウス・リサーチ体制により最先端の運用手法を開発
9.投資に関する意思決定プロセス
当社の投資方針等決定機関である毎月の運用会議では、運用責任者自らが表明している運用理念及び個別の運用方針に遵守した
運用を行っているか、等を検証しておりますが、具体的な投資に関する意思決定は原則として運用責任者に委ねられています。
その理由は、当社並びに当社の提携する米国運用会社の運用責任者は、各分野において確たるトラック・レコードを積み上げて
きた「ベスト・アンド・ブライテスト」(最優秀)集団であり、各運用会社は、彼らが信じる運用に100%フォーカスできる
“場”を確保し、その資質を最大限に生かすことを目的とすべきであると考えているからです。実際の投資に関する意思決定プ
ロセスとして、当社の日本株式運用、RSIM Growth Group及びValue Groupの米国株式運用、並びにFX Concepts社の為替運用に
おけるケースを各々紹介させて頂きます。
日本株式運用における意思決定プロセス
ボトムアップ・アプローチによるロング・オンリー戦略では、特に投資対象ユニバースを限定することなく、アイデア・ドリブン
で独自に構築されるシナリオに基づいたアクティブな運用を行います。対象企業に対しては、運用責任者とアナリストが一体と
なって調査・分析・評価を機動的に行い、運用責任者が確信を持つアイデア(個別銘柄)へ選別的に投資をします。(左下図参
照)
ボトムアップ&トップダウン・アプローチによるロング・ショート戦略においては、ロング・サイドで主に中・小型株式を、
ショート・サイドで主に大型株式をコア銘柄にすると共に、前者では日本株式の代替投資としてアジア株式をオポチュニス
ティックに組入れ、新たなアルファも追求します。日本株式についてはTOPIX時価総額上位300社と中・小型株式100社の計400社
を主要調査対象とし、ファンダメンタルズ分析及びテクニカル分析に基づく「ボトムアップ」により実体価値と株価の乖離を算
出し組入銘柄を選択、「トップダウン」によりポートフォリオ全体のエクスポージャー(ネット/グロス)とアロケーション(時
価総額、セクター)を決定します。(次ページ参照)
- 651
(4) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/19 14:30) / wk_12856635_132_【一任】ベイビューアセットマネジメント.doc
ベイビュー・アセット・マネジメント㈱
各アプローチにおいて、ポートフォリオは、産業・株価特性の分散、個別企業の投資比率、エクスポージャー比率、そして流動
性の確保等、予めリスク管理の観点から定められたモニタリング指標を事前事後の双方で日々チェックすることで、意図しない
リスクを排除するよう調整されます。また、運用内容等の報告及び検証が運用会議等で毎月詳細に行われます。
米国株式運用における意思決定プロセス
主に中・小型企業を対象とする、個別企業分析に基づいたアクティブな運用を行います。運用責任者を中心に中・小型企業専門の
アナリスト22名という米国運用業界でも屈指の調査体制の下、創業以来シリコン・バレーの間近に本拠を構える“地の利”、ベ
ンチャー・キャピタル業界との緊密なネットワーク、そして長年に亘って培われた中・小企業分析のノウハウ、等を駆使し、特に
新興セクターの発見・分析に注力しています。ポートフォリオは、産業・株価特性の分散、個別企業の投資比率、エクスポー
ジャー比率、そして流動性の確保等、予めリスク管理の観点から定められたモニタリング指標が事前事後の双方で日々チェック
され、意図しないリスクを排除するよう調整されます。また、運用内容等の報告及び検証が運用委員会で毎週詳細に行われま
す。
為替運用における意思決定プロセス
先進的なクオンツ・モデルを開発し、為替市場のトレンドやボラティリティ、及び各国間の金利差等を分析することで付加価値
を追求するアクティブ運用を行います。具体的には、独自の定量手法を用いて各通貨の期待リターン及びリスクを予測し、最適
化によりコア・ポジションを構築します。また、ポートフォリオ・マネージャーによる定性判断を加味することで、モデルでは予
測が困難なイベント・リスク等への対応と更なるリターンの向上を目指します。ポートフォリオは、コア・ポジションからの乖離
やVaR等、予めリスク管理の観点から定められたモニタリング指標が事前事後の双方で日々チェックされ、運用ガイドラインに
沿うよう調整されます。また、運用内容等の報告及び検証が運用管理委員会で毎日詳細に行われます。
10.運用受託報酬・投資助言報酬
原則、下記の基準料率を契約資産の純額に乗じた額が投資顧問料となりますが、諸条件の内容により変動することがあります。
また、運用実績に基づくパフォーマンス・フィーを別途設定することもあります。
11.その他、特記事項
顧客第一主義
当社は、クライアント・サービスを非常に重要視しております。特に、投資家へのディスクロージャーや各種レポーティングを
含むレベルの高い運用サービスの維持・向上を最優先とし、オルタナティブ運用においても極めて詳細な運用報告を実施してい
ます。また、原則として、運用責任者を含む当社並びに提携先運用会社の役職員が自らの資産を投資することで、投資家と共通
の利害に立った運用を行っております。
当社の沿革
当社は、1998年1月、米国サンフランシスコに本拠をおく米国株式の専門運用会社RSIM (Robertson, Stephens & Companyの資産
運用部門として1986年に創業)の100%子会社として設立されました。同年2月に投資顧問助言業者として登録した後、RSIMのみ
ならず複数の米国の独立系専門運用会社と提携し、主に国内の機関投資家に対して、オルタナティブ運用を含む米国株式に関す
る専門的投資アドバイスを提供してまいりました。1999年12月に投資一任契約に係わる業務の認可を受けて年金市場に参入。
2001年9月には、外貨建て資産を保有する投資家の為替ヘッジ・ニーズに応えるべく、為替運用に関する兼業認可を他社に先駆け
て取得しました。また、2002年4月、日本における運用会社として、投資家への長期的かつ安定的なコミットメントを実現する
ため、当社の経営陣並びに従業員がその過半数(90%)の株式及び経営権をRSIMより取得(MBO)しました。そして、2002年6月、投
資信託委託業務が認可されるとともに、日本の運用界でトップ・クラスの実績を誇る佐久間康郎をファンド・マネージャーとし
て迎え入れ、7月より日本株式のロング・ショート運用を開始、その後も2004年7月にはキャッシュ比率を機動的に調整する日本
株式のロング・オンリー運用を国内年金基金より受託、更に2010年7月には、佐久間と投資哲学及びプロセスにおいて大きく一線
を画するファンド・マネージャー、髙松一郎が運用する新たなコンセプトの日本株式ロング・ショート・ファンドを設定する
等、日・米株式及び為替の専門運用会社として充実した運用サービスの提供に努めております。尚、元親会社であるRSIMが米国
大手生命保険会社の傘下入りしたことを契機に、2007年1月、社名を「RS アセット・マネジメント株式会社」から「ベイビュー・
アセット・マネジメント株式会社」へ変更、同年3月にはRSIMが保有する当社の全株式(10%)を買取る事で役職員が完全保有する
独立系運用会社であることを明確化しました。
- 652
(5) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/19 14:30) / wk_12856635_132_【一任】ベイビューアセットマネジメント.doc
ベストミックス・インベストメント㈱
会社名
ベストミックス・インベストメント株式会社
所在地 〒 105-0004 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル コアレジデンス1008号
電話 03-6869-7770
ファックス 03-6869-7711
HPアドレス
代表者 代表取締役社長
古川 千春
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第2612号 登録年月日 2012年1月16日
協 会 会 員 番 号 012-02564
業 務 開 始 年 月 2012年1月26日
資 本 金 0.8億円
作 成 担 当 者 運用部
佐藤 紀昭
電 話 03-6869-7772
1.業の種別
投資運用業
1.法第2条第8項第12号イに係る業務
3.法第2条第8項第14号に係る業務
投資助言・代理業 ①.法第2条第8項第11号に係る業務
第一種・第二種業 1.法第28条第1項に係る業務
2.主な営業所、子法人等、提携企業
区分
名称
該当なし
②.法第2条第8項第12号ロに係る業務
4.法第2条第8項第15号に係る業務
2.法第2条第8項第13号に係る業務
2.法第28条第2項に係る業務
所在地
3.主な株主
株主名
古
佐
吉
髙
楠
川
藤
越
田
元
千 春
紀 昭
昌 治
三喜雄
弘 美
4.財務状況(直近3年度分)
投資顧問部門収益
決算期
12年3月期
0.18
年 月期
年 月期
議決権
保有比率
70.00%
16.25%
3.75%
3.75%
3.75%
全体収益
0.18
株主名
請 川 博 美
古 川 純 子
経常損益
△13.63
議決権
保有比率
1.25%
1.25%
%
%
%
(単位:百万円)
当期純損益
純資産額
△13.71
66.29
5.組織(証券業または信託業務を営む場合、①~③については投資顧問部門に従事している実質
人数を記載)
①役職員総数
8
名
②運用業務従事者数
2
名
内 ファンド・マネージャー数
2
名、平均経験年数 15 年 6 ヵ月
名、平均経験年数
年
ヵ月
内 投信併営会社の場合の 投資顧問部門専任者
投顧・投信部門兼任者
名、平均経験年数
年
ヵ月
内 調査スタッフ数
0
名、平均経験年数 - 年
ヵ月
③日本証券アナリスト協会検定会員数
3
名
- 653
(1) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:24) / wk_12856635_133_【一任】ベストミックスインベストメント.doc
ベストミックス・インベストメント㈱
<組織図>
6.投資運用契約に係る資産の金融商品取引行為の状況(直近1年度分)
1.対象期間 平成23年10月5日~平成24年3月31日
2.金融商品取引行為に係る取引の割合
相手方の商号
取引額の割合
会員自らが顧客の相手方となった取引
0.0%
下記①に該当する
0.0%
法人との取引
0.0%
備
考
0.0%
下記②に該当する
GAM Fund Management Limited
法人との取引
100.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
下記③に該当する
0.0%
法人との取引
0.0%
0.0%
①顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第15条の16に規定する親法人
等・子法人等
②顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、その取引額が年間の顧客のために行った金融商品取
引行為に係る取引総額の10%以上である法人
③顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引業等に関する内閣府令第126条第3号
に規定する関係外国法人等に該当する法人
- 654
(2) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:24) / wk_12856635_133_【一任】ベストミックスインベストメント.doc
ベストミックス・インベストメント㈱
7.契約資産
①契約資産状況(平成24年3月末現在)
(金額単位:百万円)
投資運用
件数
投資助言
金額
法
国
公的年金
件数
金額
-
私的年金
1
1,000
-
-
その他
-
-
-
-
計
1
1,000
0
0
個人
-
-
-
-
国内 計
1
1,000
0
0
年金
-
-
-
-
その他
-
-
-
-
人
-
内
法 人
海
計
外
個人
海外
-
-
0
0
0
0
-
-
-
-
0
0
0
0
1
1,000
0
計
総合計
0
注:投資助言契約欄は、顧客資産の額を前提とした契約のみ記入する。なお、全投資助言契約件数は、
件。
②海外年金内訳(運用+助言)
米国
-件
-百万円
欧州
-件
-百万円
アジア
-件
-百万円
その他
-件
-百万円
③投資対象別運用状況(平成24年3月末現在)
国内
株式特化
国内
債券特化
件数
-
-
金額
-
-
国内
その他
(金額単位:百万円)
海外
株式特化
海外
債券特化
-
-
-
-
-
-
グローバル
株式特化
グローバル
債券特化
グローバル
その他
-
-
1
-
-
-
1,000
-
海外
その他
④契約規模別分布状況(平成24年3月末現在)
10億円未満
(金額単位:百万円)
10~50億円
50~100億円
未満
未満
100~500億円 500~1,000億円
未満
未満
1,000億円以上
件数
-
1
-
-
-
-
構成比(%)
-
100
-
-
-
-
金額
-
1,000
-
-
-
-
構成比(%)
-
100
-
-
-
-
- 655
(3) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:24) / wk_12856635_133_【一任】ベストミックスインベストメント.doc
ベストミックス・インベストメント㈱
8.運用の特色(投資哲学、運用スタイル等)
1.運用の基本的な考え方
当社は、当社内で自ら有価証券を複数組み入れたポートフォリオ運用(インハウス運用)は、行
わず、相対リターン及び絶対リターンを運用目標とする優れた内外ファンドを組み合わせて、お
客様のニーズに対応した最適なポートフォリオ(ベストミックス)をご提案します。
この理念に基づき、グローバルな市場において、収益の源泉が明確かつ持続性が見込める様々な
収益機会を捉えるファンドを発掘し、お客様の様々なニーズに応える投資のご提案を行います。
2.契約方法
当社の投資一任契約には、以下の2つの契約方法があります。
1)シングル・ストラテジー契約:当社が定める投資対象ファンド・ユニバースの中から、1つ
のファンドに投資を行うものです。
2)マルチ・ストラテジー契約:当社の投資対象ファンド・ユニバースの中から複数のファンド
でポートフォリオを構築した運用を行います。
3.運用報酬の特徴
マルチ・ストラテジー契約は「成功報酬なし」型と「成功報酬あり」型があります。成功報酬あ
り型は減額報酬付きとなります。減額報酬とは、ある一定期間中に運用成果が元本を下回った場
合、その割合に応じて基本報酬を10%から40%減額する制度です。
9.投資に関する意思決定プロセス
開催頻度
(月一回、必要に応じて随時)
- 656
(4) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:24) / wk_12856635_133_【一任】ベストミックスインベストメント.doc
ベストミックス・インベストメント㈱
10.運用受託報酬・投資助言報酬
投資一任契約に係る主な報酬体系
マルチ・ストラテジー(複合戦略)契約
①成功報酬なし型
契約資産(時価)
報酬率(成功報酬なし)(税抜)
(税込)
20億円未満
1.00%
1.0500%
20億円以上50億円以内
0.90%
0.9450%
50億円超100億円以内
0.70%
0.7350%
100億円超200億円以内
0.50%
0.5250%
200億円超300億円以内
0.30%
0.3150%
300億円超
0.10%
0.1050%
成功報酬
なし
②成功報酬あり型
契約資産(時価)
報酬率(成功報酬あり)(税抜)
(税込)
20億円未満
0.50%
0.5250%
20億円以上50億円以内
0.45%
0.4725%
50億円超100億円以内
0.35%
0.3675%
100億円超200億円以内
0.25%
0.2625%
200億円超300億円以内
0.15%
0.1575%
300億円超
0.05%
0.0525%
成功報酬
顧客の運用目標を報酬控除後、上
回った場合、上回った実績に対し
一 律 20 % 。 な お 運 用 目 標 は 、 原
則、顧客が定める予定利率とし、
それを上回る場合は上限2%を加算
できるものとします。成功報酬の
計算はハイウォーター・マーク方
式とします。
減額報酬制度とは、年度末の時価が契約時元本を下回った場合、上記報酬率から以下の減額率を適用するものと
します。同制度は、契約後10ヶ月以上経過した場合に適用されるものとします。契約後10ヶ月未満で解約になっ
た場合、同制度は適用されません。同制度は、次年度以降も契約時元本を基準に適用されるものとします。契約
後、増額になった場合、増額分は増額時から同制度が適用されます。
契約時元本の減少率
減額報酬
10%未満の場合
上記報酬率から10%の減額
10%以上、20%未満
上記報酬率から20%の減額
20%以上、30%未満
上記報酬率から30%の減額
30%以上
上記報酬率から40%の減額
(報酬計算における留意事項)
・成功報酬の計算時は、契約が年度期中に始まった場合、または年度期中に終了した場合、契約期間中の実績を
年率換算(契約期間に対応する運用実績率÷契約期間の日数×365)とします。
(注)契約期間に対応する運用実績率とは、契約期間中の運用資産額の増減額÷期初の運用資産額とします。
なお、契約期間中の運用資産額の増減額の計算は、修正ディーツ法で行います。
11.その他、特記事項
ベストミックス・インベストメントは、下記の経営理念に基づき、お客様のニーズに対応した商
品、サービス等をご提供し、お客様にご満足をいただき、深く信頼される資産運用会社を目指し
ます。
1.年金資産は老後の大切な生活資金であることを肝に銘じ、予定利率の達成を目指す運用戦略を
ご提案すること。
2.知見にあふれ意欲的なシニア層の雇用拡大に資すること。
3.国内で一任登録をしていない内外運用会社の優れた投資戦略を発掘し、より多くの皆様に知っ
ていただくこと。
4.イノベーティングな運用戦略や運用報酬の開発とご提案を行うこと。
5.収益の一部をボランティア活動などを通して社会還元すること。
- 657
(5) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:24) / wk_12856635_133_【一任】ベストミックスインベストメント.doc
ヘンダーソン・グローバル・インベスターズ・ジャパン㈱
会社名
ヘンダーソン・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
所在地 〒 100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目6番5号
電話 (03)5219-8000
ファックス (03)5219-8001
HPアドレス www.henderson.com/japan
代表者 代表取締役社長
村松 隆志
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第57号
登録年月日 平成19年9月30日
協 会 会 員 番 号 第010-00124号
業 務 開 始 年 月 平成12年9月26日
資 本 金 3.5億円
作 成 担 当 者 コンプライアンス・リスク管理部
電 話 03-5219-8035
1.業の種別
投資運用業
1.法第2条第8項第12号イに係る業務
③.法第2条第8項第14号に係る業務
投資助言・代理業 ①.法第2条第8項第11号に係る業務
第一種・第二種業 ①.法第28条第1項に係る業務
2.主な営業所、子法人等、提携企業
区分
名称
該当なし
②.法第2条第8項第12号ロに係る業務
4.法第2条第8項第15号に係る業務
2.法第2条第8項第13号に係る業務
②.法第28条第2項に係る業務
所在地
3.主な株主
株主名
ガートモア・インベストメント・リミテッド
4.財務状況(直近3年度分)
投資顧問部門収益
決算期
24年3月期
757
23年3月期
1,730
22年3月期
1,156
議決権
保有比率
株主名
100.0%
%
%
%
%
全体収益
1,679
2,725
2,227
議決権
保有比率
%
%
%
%
%
経常損益
543
1,210
882
(単位:百万円)
当期純損益
純資産額
289
1,303
734
1,563
512
1,329
5.組織(証券業または信託業務を営む場合、①~③については投資顧問部門に従事している実質
人数を記載)
①役職員総数
25
名
②運用業務従事者数
4
名
名、平均経験年数 12 年 10 ヵ月
内 ファンド・マネージャー数
2
内 投信併営会社の場合の 投資顧問部門専任者
名、平均経験年数 - 年 - ヵ月
投顧・投信部門兼任者 2 名、平均経験年数 12 年 10 ヵ月
内 調査スタッフ数
2
名、平均経験年数 10 年 6 ヵ月
③日本証券アナリスト協会検定会員数
4
名
- 658
(1) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:27) / wk_12856635_134_【一任】ヘンダーソングローバルインベスターズジャパン.doc
ヘンダーソン・グローバル・インベスターズ・ジャパン㈱
<組織図>
6.投資運用契約に係る資産の金融商品取引行為の状況(直近1年度分)
1.対象期間 平成23年4月1日~平成24年3月31日
2.金融商品取引行為に係る取引の割合
相手方の商号
取引額の割合
会員自らが顧客の相手方となった取引
. %
下記①に該当する
. %
法人との取引
. %
備
考
. %
下記②に該当する
シティグループ証券
12.1%
法人との取引
ドイツ証券
10.2%
. %
. %
. %
下記③に該当する
. %
法人との取引
. %
. %
①顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第15条の16に規定する親法人
等・子法人等
②顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、その取引額が年間の顧客のために行った金融商品取
引行為に係る取引総額の10%以上である法人
③顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引業等に関する内閣府令第126条第3号
に規定する関係外国法人等に該当する法人
- 659
(2) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:27) / wk_12856635_134_【一任】ヘンダーソングローバルインベスターズジャパン.doc
ヘンダーソン・グローバル・インベスターズ・ジャパン㈱
7.契約資産
①契約資産状況(平成24年3月末現在)
(金額単位:百万円)
投資運用
件数
投資助言
金額
法
国
公的年金
件数
金額
94,849
私的年金
36
66,115
-
-
その他
-
-
-
-
計
37
160,964
0
0
個人
-
-
-
-
国内 計
37
160,964
0
0
年金
-
-
-
-
その他
-
-
-
-
人
1
内
法 人
海
計
外
個人
海外
-
0
0
0
0
-
-
-
-
0
0
0
0
37
160,964
0
0
計
総合計
-
注:投資助言契約欄は、顧客資産の額を前提とした契約のみ記入する。なお、全投資助言契約件数は、1件。
②海外年金内訳(運用+助言)
米国
-件
-百万円
欧州
-件
-百万円
アジア
-件
-百万円
その他
-件
-百万円
③投資対象別運用状況(平成24年3月末現在)
国内
株式特化
国内
債券特化
国内
その他
件数
10
-
金額
19,077
-
(金額単位:百万円)
海外
株式特化
海外
債券特化
2
1
-
3,900
94,849
-
グローバル
株式特化
グローバル
債券特化
グローバル
その他
-
8
-
16
-
11,287
-
31,850
海外
その他
④契約規模別分布状況(平成24年3月末現在)
10億円未満
件数
構成比(%)
金額
構成比(%)
(金額単位:百万円)
10~50億円
50~100億円
未満
未満
100~500億円 500~1,000億円
未満
未満
1,000億円以上
11
24
-
1
1
-
29.7
64.9
0.0
2.7
2.7
0.0
7,820
46,348
-
11,947
94,849
-
4.9
28.8
0.0
7.4
58.9
0.0
- 660
(3) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:27) / wk_12856635_134_【一任】ヘンダーソングローバルインベスターズジャパン.doc
ヘンダーソン・グローバル・インベスターズ・ジャパン㈱
8.運用の特色(投資哲学、運用スタイル等)
ヘンダーソン・グループは、英国を本拠とするブティック型の上場運用会社であり、資産運
用業に特化し事業を行っています。各運用部が独立した形を採用しているため、全ての運用
チームは独自の投資哲学に基づいた運用を行っています。このため、ヘンダーソン・グループ
全体において適用される、運用哲学及び運用スタイルはありません。しかし、大手運用機関と
しての優れたインフラを活用し、全社的により良い運用成果の獲得に努めています。尚、各種
資産、戦略の運用を行っていることから、投資判断や今後の見通し等においては、公式及び非
公式の会議等を通じ、様々な情報交換が行われています。
ヘンダーソンで行われる投資判断は、そのすべてが、投資家の皆様の利害に直接関わる結果
に結びつく事から、ビジネスの中核に「権限ある投資決定」を据え、組織の構築を行っていま
す。この事は、有能な運用者を採用するために極めて重要であると同時に、有能な運用者が優
れたパフォーマンスを生み出す事を促進し、それが会社としての成長にも繋がると考えていま
す。このため、運用チームは、コンパクトかつ機知に富んだ組織として構成されており、チー
ム内で迅速かつ適切な投資決定が可能です。
また、運用チームは、ヘンダーソン・グループのインフラを活用し、適切な分析ツールやリ
サーチ結果を用いた付加価値の追求を行っているとともに、運用チームからは独立したコンプ
ライアンス部門、リスク管理部門などが法規制を含めた様々な観点から、厳格なリスク管理を
行っています。
9.投資に関する意思決定プロセス
ヘンダーソン・グループでは、様々な資産クラス及び運用戦略においてブティック型の運用
を行っています。従いまして、日々の運用において全社的な意思決定プロセスを共有はしてい
ませんが、運用状況の確認等も含め、運用戦略策定・運用リスク管理・最良執行等、各種委員
会などにより運用チームを支える総括的な体制構築を行っています。そして、各運用チーム
は、運用戦略にとり最大限の付加価値を追求できるような、独自の意思決定プロセスを採用し
ています。
<投資方針等意思決定プロセス(例:株式運用戦略)>
(1)アイデア構築:
運用チームを中心に様々な情報源
からの投資アイデアをチーム内で日々
検討し、妙味ある投資機会及びリサー
チの重点に置くテーマ等を発掘しま
す。
アイデア構築
リサーチ
売却の原則
(2)リサーチ:
業界分析(成長性、収益性等)と
事業評価(売上、利益率等)の二方向
から分析します。
ポートフォリオ構築
(3)ポートフォリオ構築:
発掘された投資機会について、
ポートフォリオに対するリスク貢献度
を考慮し、投資の有無及び投資比率を
決定します。
ポートフォリオ・
モニタリング
(4)ポートフォリオ・モニタリング:
投資後は目標株価とストップ・ロス・ルールを基に投資の継続あるいは手仕舞いを念頭とし
たモニタリングを行います。さらに、運用チームから独立した運用リスク管理部門が、リスク
管理の観点から、厳格なモニタリングを日次で実施しています。
(5)売買執行:
売買執行は、経験豊かであり、かつ、独立したディーリング・チームが最良執行に努めま
す。グループ全体の売買執行を集約することにより、効率化が可能となるとともに、すべての
顧客に対する利益の最大化を図ります。
- 661
(4) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:27) / wk_12856635_134_【一任】ヘンダーソングローバルインベスターズジャパン.doc
ヘンダーソン・グローバル・インベスターズ・ジャパン㈱
10.運用受託報酬・投資助言報酬
投資顧問料率
項
目
株式国際投資型
その他の資産
区
分
1年契約で契約資産額
100億円以下
100億円超~200億円以下
200億円超~300億円以下
300億円超~500億円以下
500億円超~1,000億円以下
別途協議の上決定
報
酬
年率
年率
年率
年率
年率
0.840%
0.735%
0.630%
0.525%
0.420%
の
額
( )内税抜料率
(0.800%)
(0.700%)
(0.600%)
(0.500%)
(0.400%)
※実際の契約では、投資顧問料・契約期間ともに、お客様との個別協議の上、決定します。
11.その他、特記事項
<幅広い資産クラスにおける運用経験>
ヘンダーソン・グループは、1934年設立の独立系運用会社であり、80年近くの長きに亘り、
幅広い資産クラスにおける運用経験を有しています。そして、グローバル・マネジャーとし
て、日本を含む、世界19拠点で運用サービスを提供しています。多岐に渡る運用戦略は様々な
お客さまのニーズにかなった戦略提供を可能とすると共に、市場環境の変化に対しても迅速な
対応が可能です。
<英国有数の運用資産規模>
運用資産は約1,000億米ドル(約8.8兆円※)と、英国有数の運用資産規模です。現在約67億
米ドル(約5,500億円※)の運用資産を有するヘッジファンドについても、1999年より優れた運
用実績を残しています。
<顧客の目標である運用パフォーマンスの最大化という目標を共有>
ヘンダーソン・グループの最高経営責任者は、ヘッジファンドのファンド・マネジャー経験
を有しており、良好な運用成果を獲得するために、運用担当者にとって必要な運用環境をいか
にして確立すべきか、会社として何を提供すべきか、といった点に深い造詣を有しています。
社員も一丸となり、顧客の目標である運用パフォーマンスの最大化という目標を共有してい
ます。
<独立した体制を整えている運用チーム、各運用チームを支える組織体制>
企業家精神を持ったブティック型の運用会社として、運用部門はチーム毎に独立した体制を
整え、業務、法務コンプライアンス、リスク管理等その他の部門は全ての運用チームを横断的
にサポートしています。この様な企業体質により、有能な運用者にとり魅力的な職場環境が提
供できる企業であると自負しており、企業としてのヘンダーソンの成功にも繋がると確信して
います。
<日本での運用及び顧客サービスの提供実績>
ヘンダーソン・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社の前身は、1986年7月に設
立しており、日本において20年以上、年金基金及び機関投資家向けに高水準の運用および顧客
サービスをご提供しています。
※2012年3月末現在。1米ドル=82.295円で換算
- 662
(5) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:27) / wk_12856635_134_【一任】ヘンダーソングローバルインベスターズジャパン.doc
ホライゾン・アセット・インターナショナル㈱
会社名
ホライゾン・アセット・インターナショナル株式会社
所在地 〒 107-6337 東京都港区赤坂5丁目3番1号 赤坂Bizタワー
電話 03-6700-1500
ファックス 03-6700-1550
HPアドレス 該当なし
代表者 代表取締役
大沢 理枝子
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第465号
登録年月日 平成19年9月30日
協 会 会 員 番 号 011-01611
業 務 開 始 年 月 平成18年12月1日
資 本 金 1億円
作 成 担 当 者 西賀 啓力
電 話 03-6700-1500
1.業の種別
投資運用業
1.法第2条第8項第12号イに係る業務
3.法第2条第8項第14号に係る業務
投資助言・代理業 ①.法第2条第8項第11号に係る業務
第一種・第二種業 1.法第28条第1項に係る業務
2.主な営業所、子法人等、提携企業
区分
名称
営業所
本店
②.法第2条第8項第12号ロに係る業務
4.法第2条第8項第15号に係る業務
2.法第2条第8項第13号に係る業務
2.法第28条第2項に係る業務
所在地
東京都港区赤坂5丁目3番1号 赤坂Bizタワー
3.主な株主
株主名
Horizon Asset Holdings Limited
4.財務状況(直近3年度分)
投資顧問部門収益
決算期
24年3月期
1379.9
23年3月期
2369.3
22年3月期
1872.9
議決権
保有比率
株主名
100%
%
%
%
%
全体収益
1379.9
2369.3
1872.9
議決権
保有比率
%
%
%
%
%
経常損益
14.1
54.5
31.6
(単位:百万円)
当期純損益
純資産額
10.1
150.1
31.8
140.0
21.6
108.1
5.組織(証券業または信託業務を営む場合、①~③については投資顧問部門に従事している実質
人数を記載)
①役職員総数
22
名
②運用業務従事者数
13
名
名、平均経験年数 10 年 5 ヵ月
内 ファンド・マネージャー数
13
内 投信併営会社の場合の 投資顧問部門専任者
名、平均経験年数
年
ヵ月
投顧・投信部門兼任者
名、平均経験年数
年
ヵ月
内 調査スタッフ数
名、平均経験年数
年
ヵ月
③日本証券アナリスト協会検定会員数
9
名
- 663
(1) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:30) / wk_12856635_135_【一任】ホライゾンアセットインターナショナル.doc
ホライゾン・アセット・インターナショナル㈱
<組織図>
取締役会
監査役
代表取締役
運用部
総務部
業務部
コンプライアンス部
6.投資一任契約に係る資産の金融商品取引行為の状況(直近1年度分)
1.対象期間 平成23年4月1日~平成24年3月31日
2.金融商品取引行為に係る取引の割合
相手方の商号
取引額の割合
会員自らが顧客の相手方となった取引
. %
下記①に該当する
. %
法人との取引
. %
備
考
. %
下記②に該当する
モルガン・スタンレー
30.1%
法人との取引
ニューエッジ
17.5%
バークレイズ・キャピタル
10.7%
. %
. %
下記③に該当する
. %
法人との取引
. %
. %
①顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引法施行令第15条の16に規定する親法人
等・子法人等
②顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、その取引額が年間の顧客のために行った金融商品取
引行為に係る取引総額の10%以上である法人
③顧客のために行う金融商品取引行為の相手方となった法人で、金融商品取引業等に関する内閣府令第126条第3号
に規定する関係外国法人等に該当する法人
- 664
(2) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:30) / wk_12856635_135_【一任】ホライゾンアセットインターナショナル.doc
ホライゾン・アセット・インターナショナル㈱
7.契約資産
①契約資産状況(平成24年3月末現在)
(金額単位:百万円)
投資運用
件数
投資助言
金額
件数
金額
法
国
-
-
-
-
私的年金
-
-
-
-
その他
-
-
-
-
計
-
-
-
-
-
-
-
-
計
-
-
-
-
年金
-
-
-
-
その他
3
147,141
-
-
人
公的年金
内
個人
国内
法 人
海
計
147,141
-
-
-
-
-
-
海外 計
3
147,141
-
-
3
141,147
-
-
外
3
個人
総合計
注:投資助言契約欄は、顧客資産の額を前提とした契約のみ記入する。なお、全投資助言契約件数は、 0件。
②海外年金内訳(運用+助言)
米国
-件
-百万円
欧州
-件
-百万円
アジア
-件
-百万円
その他
-件
-百万円
③投資対象別運用状況(平成24年3月末現在)
国内
株式特化
国内
債券特化
件数
-
-
金額
-
-
国内
その他
(金額単位:百万円)
海外
株式特化
海外
債券特化
-
-
-
-
-
-
グローバル
株式特化
グローバル
債券特化
グローバル
その他
-
-
-
3
-
-
-
147,141
海外
その他
④契約規模別分布状況(平成24年3月末現在)
10億円未満
(金額単位:百万円)
10~50億円
50~100億円
未満
未満
100~500億円 500~1,000億円
未満
未満
1,000億円以上
件数
-
-
2
-
-
1
構成比(%)
-
-
66.67
-
-
33.33
金額
-
-
14,243
-
-
132,898
構成比(%)
-
-
9.68
-
-
90.32
- 665
(3) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:30) / wk_12856635_135_【一任】ホライゾンアセットインターナショナル.doc
ホライゾン・アセット・インターナショナル㈱
8.運用の特色(投資哲学、運用スタイル等)
上場株式など流動性の高い有価証券を主たる対象とした運用を行います。
リスクとリターンの最適化を意識したダイナミックな運用を行います。
要望に応じてマルチ・ストラテジー、マルチ・マネージャーのポートフォリオを構築します。
9.投資に関する意思決定プロセス
1.顧客との協議により運用の基本方針を設定し、
2.基本方針に基づいて具体的な投資対象、運用戦略、運用手法を選定し、
3.選定された投資対象、戦略、手法に対して投下資本あるいはリスクを割り当て、
4.経済、市場環境の変化に応じて割り当て資本を調整します。
10.運用受託報酬・投資助言報酬
契約資産額あるいは運用資産評価額に一定率を乗じた基本報酬を原則として、場合により運用成
果に基づいて計算される成功報酬を組み合わせた報酬体系とします。
基本報酬は最低契約資産を1億円として、年率税込み2.1%(税抜き2%)を基準として、運用又
は助言対象とする資産や運用又は助言方法など、個別あるいは特段の事情に応じて協議のうえ決
定します。
成功報酬は合意した運用成果の計算方法による運用成果の税込み21%(税抜き20%)を基準とし
て、個別協議のうえ決定します。
11.その他、特記事項
当社は日、英に拠点を置く独立系投資顧問会社グループの一員です。
- 666
(4) / 2012/09/21 10:52 (2012/09/12 14:30) / wk_12856635_135_【一任】ホライゾンアセットインターナショナル.doc
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
25
File Size
1 498 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content